コンピュータ、一勝

user-pic
0

朝日新聞ディジタルによると、将棋電王戦の第2局は、コンピューターソフトのポナンザが佐藤慎一四段を破った。以下、引用:

【村瀬信也】将棋のプロ棋士とコンピューターソフト(プログラム)の対局が30日、東京・千駄ケ谷の将棋会館であり、ソフトが勝った。現役プロがコンピューターに公式の場で敗れるのは史上初めて。

対戦したのは、佐藤慎一四段(30)と、会社員、山本一成さん(27)が開発したソフト「ポナンザ」。序盤から定跡を外れた進行で一進一退の大熱戦だったが、最後はポナンザが佐藤四段の玉を正確に寄せ切った。

現役プロがコンピューターに公式の場で敗れるのは史上初めて、というが、GPS将棋への挑戦でみたような、アマチュアトップ棋士に対する、ぶっちぎりの勝ちっぷりをみると、今まで現役プロがコンピューターに公式の場で敗れたことがないのは単に、そういう機会が少なかったにすぎないと断言できる。

一方、将棋電王戦の第1局の棋譜を改めてみたが、阿部光瑠が巧みだったというよりも、習甦が無理攻めだった。ただ、それをきっちりとがめたのはプロの芸だった。

ただ、将棋電王戦の第1局をみて、持ち時間各4時間というプロの公式戦に近い条件だと、持ち時間10分であと30秒以内のような超早指しとは本質的に将棋の質が違うので、プロ側に大きく有利に働くのではないかと思った。

その思いを抱きつつ、自分では初めて、一般会員として、将棋電王戦の第2局を観戦してみた。すると、序盤からポナンザが、雁木模様の出だしから、一方的に飛車先の各交換を許すという展開になった。これは私のような力のない定跡党にとって、ポナンザ側のかなりの作戦負けにみえてしまうのだが、実際は全くそうではないらしい。そして、ポナンザ側は左美濃、佐藤側は矢倉というがっぷり四つの展開となった。

佐藤側の飛車のコビンを狙って、ポナンザが46角と打ち据えたのが当然ながら好手で、ポナンザ側が少しだけ作戦勝ちになったように思われた。しかし、佐藤慎一も流石現役のプ棋士、決め手を与えないで複雑な局面に導いた。こうなると最早、プロ棋士側の有利かと思っていたら、観客が増えてきて、一般会員にすぎない私は、追い出されてしまった。一瞬、プレミアム会員になろうと思ったが、電王戦以外にニコ生を観るつもりはないので、そこまではしないことにした。

ともかく、私がみた最後の局面は、十分に複雑化された力のねじりあいのような局面だったので、勝手な先入観で、これはプロの勝ちだねと思い込んで、その後フォローしなかった。しかし、深夜のWebニュースをみて、ポナンザが勝利を収めたことを知り、そうかと唸った。すなわち、コンピュータは、終盤の詰みの読み切りで強いだけではない。中盤の難所の手どころでも、いい意味で無難な手を続けて離れないのである。

電王戦もいよいよ佳境に入ったといえる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/3014

コメント(4)

| コメントする

第2戦は途中まで佐藤四段がよかったですね。佐藤にはponanzaの事前貸与はなく代わりに第3戦で登場すうるツツカナが渡されたようです。ですのでコンピュータ将棋がどういうものかは分かるが対戦ソフトの癖までは把握できなかった。

その上、開発の山本氏は最初の角道を開けるだけの指示であとは定石を使用させなかった為、定石通りの序盤にはならず終盤は力勝負でponanzaに軍配が上がりました。

第3戦は船江五段vsツツカナですが研究用としてソフト貸し出しがされていてかつ先手ですので人間側の優位で始まる可能性が高いです。問題は終盤までその優位が保たれているかだと思います。

user-pic

ISSEIさん

> 佐藤にはponanzaの事前貸与はなく代わりに第3戦で登場すうるツツカナが渡されたようです。

なんと、それって意図的なのでしょうか。では、佐藤慎一は、事前研究なく戦わなくてはならなかったということで、随分ハンディですね。

> 第3戦は船江五段vsツツカナですが研究用としてソフト貸し出しがされていてかつ先手ですので人間側の優位で始まる可能性が高いです。

第1戦の例をみると、確かにそうなりそうです。それにしても第1戦は、コンピュータ側が序盤が下手すぎました。

>なんと、それって意図的なのでしょうか。では、佐藤慎一は、事前研究なく戦わなくてはならなかったということで、随分ハンディですね。

開発の山本氏の意向です。これがハンディかどうか議論のある所です。彼からすれば勝負は互いに正々堂々と行うものであるという考えではないでしょうか。

user-pic

ISSEIさん

> 開発の山本氏の意向です。これがハンディかどうか議論のある所です。彼からすれば勝負は互いに正々堂々と行うものであるという考えではないでしょうか。

なるほど、それなら分かります。ところで、山本氏は事前のインタビューで、佐藤慎一強いよね、序盤、中盤、終盤隙がないよね、をやってました。あれやって勝った人はいないと、野月七段が言ってましたが、なんとかシンクスを破ったという感じです。


コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2013年4月 1日 21:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「てのひらの闇」です。

次のブログ記事は「原始根」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。