2013年5月アーカイブ

老化現象

user-pic
0

いくら自分では若いと思おうとしても、還暦近くになって、生理的な衰えは避けられない。自然の摂理である。では具体的に何が衰えているのか、あまりにも自明なことを書き連ねてみる。

まず当然に、若い頃のような性的な欲望は最早ない。私と同年代の郷ひろみなどの様子をみていると、このあたりは相当人によるようであるが、強すぎる性的欲望は悦びよりもむしろ苦しみにつながると考えるという意味で、私はエピキュリアンである。なので、このことは私に失望をもたらさない。一方で、学と色で述べたように、異性に対する関心が、知的好奇心にリンクしている面もある。ファウスト的だったりする。

その好奇心であるが、おそらくであるが、まるで花壇の花のように、水をやり肥料をやり、太陽にあてたりして育てないと、加齢とともに次第にしぼんでしまう。なので私は金銭的財産よりもむしろ、好奇心を育成することを重視している。そんな、知的財産でさえない好奇心を重視することを、世間の多くの人は怠っているように思われる。好奇心を育成するということは世間的安逸さを少しだけ犠牲にしなくてはならない。ただ、私が好奇心の育成に成功しているかどうか分からない。ともかく加齢との戦いであることは確かである。

趣味の将棋という意味では私は若い頃、棋力はさておいて、早見え早指しだった。一定の持ち時間で指して、そこそこの手を指して、秒を読まれることがほとんどなかった。しかし今はどうだろう。早指ししたら全く手の質が維持できなくなった。悲惨といってよい。加齢は知的瞬発力のところに一番ヒットするようである。

また将棋で、私が若い頃比較的得意であったのは、戦法の本を買ってきて読み、それを実戦に試してみることであった。すなわち、オリジナリティはないが適応力がいささかあった。ところが今はどうだろう、一応、「よくわかる横歩取り」野月浩貴著、マイナビ、「現代将棋の思想-一手損角換わり編」糸谷哲郎著、マイナビなどを買って、一応読むには読むのだが、全く頭の中で戦法が体系化されない。よって全く実戦で試してみることができない。それで、日本酒で書いたように、過去の戦法を今更採用して、それでさえうろ覚えなので、ド完敗したりするのである。これにも加齢が寄与していることは間違いない。それは加齢による保守性の増加ともいえる。

保守性といえば私は、若い頃は、新しいOSやアプリが発売されたら、ガイド本を隅から隅まで読んで、書かれている機能を試していた。しかし今はどうだろう、Windows XPからWindows 7に移行しても、Windows 7固有の機能がほとんど使えておらず、Windows XPライクに機能をなぞっているだけである。コンピュータ言語の習得も、1999にPerlを勉強して少しだけ使えるようになって以来、全く新しい言語に触っていない。Java、Ruby、Pythonなど興味をもっている言語はいろいろあるのだが、手が出せない。これも加齢による陋習である。

ともかく、加齢との戦いは、まるでプロ棋士と平手で指すようにかならずいつか私の敗北で終わることが決定づけられているのだが、それでも闘うのが人生なのであった。ああ、なんと当たり前のことを言っているのだろう。

疑心

user-pic
0

今野敏の隠蔽捜査果断と隠蔽捜査シリーズを読んできて、あまりに面白いので、その第3弾である「疑心」も当然のごとく読んでみた。

「疑心」は、米国大統領の来日に際して、主人公の竜崎が、羽田空港を含む第二方面警部本部長に指名されて当惑するところから始まる。というのは、本来、第二方面本部長という人が別にいるので、そちらが担当するのが筋だからである。

しかしこれは、本庁警護部からの指示らしい。しかもである、本庁は竜崎の補佐として、本庁の美人キャリアである畠山美奈子を送り込んできた。その畠山美奈子に、朴念仁の竜崎が一目惚れしてしまい、話は錯綜する。狂おしい恋心で夜も寝られなくなってしまう。

それだけでも竜崎には大変なことなのに、さらに面倒なことには、米国大統領のシークレットサービスのメンバーが先遣隊として日本に乗り込んできて、警備に当たる警視庁の首脳部と対決する。ところが警視庁の首脳部は、シークレットサービスとの対応を竜崎に委ねてしまい、恋心を持て余して疲れ果ててしまった竜崎はさらに打ちのめされる。

さらには米国大統領を狙うテロリストの存在も浮かび上がり、竜崎はどうしていいものか万事窮しそうになり、そこをどう切り抜けるかという極めて緊迫した物語であった。

その間の恋心と仕事への不安感に苛まれる様は、多くの人が経験しており、共感を呼ぶだろう。このあたりの心理描写は、今野敏は実に巧みである。

しかし、第二方面警部本部長の指名と美人補佐の派遣は、元警察庁エリート官僚として筋を通してきたことで敵を作った竜崎を落としいれようとする陰謀だったのか、そう考えたくなるのだった。

しかし、恋心というのは病気以外の何ものでもない。恋をしないという幸福に書いたとおりである。分かっちゃいるけどどうしようもないものなのだった。

育成

user-pic
0

例えば野球の巨人軍を想定してもよいが、現有メンバーが充実していて常勝なら、何も他球団からのトレードを考える必要はないし、二軍からの引き上げも当面考えなくてよい。

しかし、それで本当によいのだろうか。というのは常勝メンバーのようでも毎年じりっじりっと加齢による戦力低下や怪我などによる戦線離脱がありえる。なので、どんな野球チームでも、スカウトは高校野球や社会人野球を鵜の目鷹の目でみて、新人の発掘に余念がない。

なぜなら、将来の球団を支えるのはそういう新人たちなのであり、しかも鳴り物入りで入団した新人もものになるかどうか歩留まりは結構低く、しかも育成に時間がかかる。契約金だけではなくいろいろな意味で莫大なコストがかかる。

野球チームだと選手寿命が比較的短いので育成が急がれるが、一般のサラリーマンなどの組織ではどうたろう。そこでも採用や育成コストは大きいし、人件費も考えると、回るならなるべく現有の人員でやっていこうとするインセンティブが野球の球団より多い。すなわち、野球ほど勝敗が明確でないし、勝つことを要求もされない。

そういう組織でも、定年でメンバーは当然に減るが、すると嘱託などという形で人的リソースを維持することになる。しかし、野球ほどではなくてもやはり加齢による能力の低下は避けられない。そして次第に組織は没落していく。

そもそも組織が生体に擬せられるとすると、生体の細胞における周期を考慮しなくてはならない。すなわち、細胞は所定回数分裂すると、例えばアポトーシスというかたちで死滅させられる。機能的にはまだ使えるのに、である。なぜなら、まだ機能できる細胞でも、存在していると、若い細胞が育つのを邪魔することがあるからである。

これは野球チームでも同じで、まだある程度活躍できるロートルが、代打要員にまわされて、若者に出番を与える。最初はへましている若者も次第にスタメンになれてきて、成長する。代打要員にまわされたロートルは、知らないうちに退団していたりする。

なので組織でも、まだまだ働けるとしてロートルは、後進に道を譲るために、第一線から退けらるべきである。そして、定年を待つか別の機会があれば、アポトーシスのように会社を去る。第2の人生である。ロートルがいつまでものさばっていては組織が濁ってしまう。

このような育成とアポトーシスのモデルは、個人のスキルにも当てはまる。いくらある個人が過去に成功を収めて、昔取った杵柄といつまでもそれを振り回していては、新しい知識やスキルが身につかない。そういう古いスキルはあえてアンラーニングという形で忘れて、新しいスキルを自らの中で育成すべきである。こうしないと確実に人間はボケることになる。ボケやすい人物の典型は、一流大学を卒業して官庁に入り、昇進して実務は部下に任せ、定年後は一流大学卒と官庁の職歴にしがみついて生きることである。

私も歳をとってきて、しがみつく栄光の過去はないにしても、新しいことを学ぶのが億劫になってきたので、これではいかんと自分を叱咤するために書いてみた次第である。何にしても定年後の自分の活動をどうするか、なかなかチャレンジなのであった。まあ、分かりやすくいうと、一生稽古というか自分の育成なのだろう。

隠蔽捜査とそれに続く果断を読んだことで、すっかり今野敏のファンになってしまったのだが、その今野敏に、ベイエリア分署シリーズというのがあるのを聞き知った。

そう思って古書店に行くと、今野敏の「残照」ハルキ文庫というのがあったので、手に取ってみると、東京湾臨海署事件簿とある。あれっ、ベイエリア分署≠東京湾臨海署なのかなと思ったが、まあいいやと買って調べてみると、実はこの2つは同じものらしい。

早速「残照」を読み始めると、これがまた小気味よいストーリー展開で面白い。ベイエリア分署というのはお台場のあたりにあって、お台場に集まってくるガラのよくない人達をクライアント?にしている次第のようである。私は最初ベイエリアとは、横浜のことかと思っていた。ベイスターズがあるからである。それはまあ、どうでもいいか。

主人公は、ベイエリア分署の強行犯係の安積警部補。強行犯係には、須田、村雨、黒木、桜井というメンバーもいて、それぞれ個性的である。

しかし、「残照」で特別にフィーチャされるのは、ベイエリア分署の交通機動隊の速水小隊長。なぜなら、追っ手が伝説の一匹狼マル走(どうも、暴走族の車を警察用語でそう呼ぶらしい)だからである。

お台場には、カラーギャングと言われる複数のクループがあって、黒のグループのリーダーが抗争で殺された。そこで事件の始まりである。容疑者として上げたのは、伝説の一匹狼マル走、風間。黒のスカイラインG-TRを乗こなし、天才的なテクで、誰の追跡も許さない。

そこでファイトを燃やしたのが、速水である。パトカーのスープラを駆して、風間に優るとも劣らないテクで追跡が始まる。パトカーに同乗する安積は、ものすごい過激な運転に晒され、生きた心地がしなくなる。

そうやって追ううちに、風間と速水の間に独特の連帯感というか信頼感が生まれ、それは安積にも伝染していく。

速水は、暴走族の少年がそのまま大きくなったような純なキャラクタで、警察組織を屁とも思わない強烈な矜持に溢れる。そんな速水に呆れて、安積は、速水に「大人にならなくていいのか」と聞く。もちろん速水は、「なる必要ない」と応える。

久しぶりにこんな爽快な小説を読んだと、感銘した次第である。

猿丸幻視行

user-pic
0

私は意外な漫画ファンで、大学生はおろか、サラリーマンになっても毎週のように少年ジャンプなど読んでいた。そこで、なにかの漫画雑誌に「猿丸幻視行」という歴史ミステリーが連載されていて、私はとても面白く読んだ記憶がある。しかし、どんなストーリーだったか全く記憶にない。

それでも井沢元彦氏の日本史に関する啓蒙書を読んでいるうちに、「猿丸幻視行」が井沢元彦氏の著書で、江戸川乱歩賞までもらった作品だと知った。それで、最近ミステリーに傾倒しているので、「猿丸幻視行」講談社文庫を読み始めた次第である。

すると主人公が今の時代なのであれっと思った次第である。その主人公がSF仕立てで遡るのは平安時代や奈良時代ではなく、なんと明治の折口信夫。私がかろうじて名前は知っている民族学者である。

その折口信夫が、柿本人麿に関して残された、万葉仮名のいろは歌にこめられた暗号を解くという設定になったきたので、私の違和感が増してきた。なぜなら私は、万葉仮名なのかもしれないが漢字の並びに強い苦手感をもつ。また、間に挿入される和歌にもいつも馴染めなさを感じている。しかも理系のくせに私は暗号を解くのが苦手で、到底作中で暗号を解いてみようという気にならない。

それで半分くらい読んだ段階で放棄しそうになったが、後半から謎解きよりもむしろ、折口信夫が、柿本人麿の子孫という友人の家に訪ねていくあたりから次第に面白くなり、ミステリーらしく殺人事件も起きた。

ところがその背景が日本史の知識なのであって、私は今更のように日本史初心者であることを痛感せざるを得なかった。ともかく次第にわかってきたのは、作者の井沢氏が、梅原猛のファンで、怨霊信仰でも言及した、梅原猛ばりの怨霊史観がここでも通底していると感じた次第である。

巻末の参考文献によると、「猿丸幻視行」は、梅原猛の「水底の歌-柿本人麿論」、「いろは歌の謎」篠原史憲著などにかなり拠っているようである。

当然かもしれないが、梅原猛はプロパーの日本史学者には相手にされていないようである。ただ、井沢元彦氏がこうやって採り上げるというのは何ほどかのことがあるのだろう。

日本霊異記、菅原道真、藤原不比等そして、柿本人麿、あ、それから折口信夫、いろいろ読んでみなくては、と今更感じた次第である。

ヒッグス粒子の確証ヒッグス粒子の最終確認と見てきたが、数学セミナーの6月号に東大素粒子物理国際研究センターの小林富雄氏の「ついに姿をあらわしたヒッグス粒子」という記事があったので、私なりにまとめてみる。

すなわち、2012年7月の段階のヒッグス粒子の最終確認では、もう少しデータが必要と認識されていたので、LHCはその後も稼動し、ほぼ2.5倍のデータを取得し、今年の3月にその結果を発表した。

この最新結果は、2012年7月の段階の発表と比べてはっきりとしたピークを示し、ZZ崩壊やWW崩壊モードでもより確実な結果が得られた。新たに発表されたのは、ヒッグス粒子自体がもつスピン・パリティの性質を決める解析結果であり、これによると、ヒッグス粒子のスピン・パリティは真空と矛盾しない0+であった。

しかし、このヒッグス粒子が、標準モデルのヒッグス粒子であるかどうかは、データ不足で断定できない。また、ヒッグス粒子がクォークやレプトンにも質量を与えていることを確認する必要があるというが、そこまでしなくてはならないのだろうか。

LHCは今後、2013年と2014年に運転を停止し、加速器の部品の補修工事を行う予定で、再開後は衝突エネルギーを約2倍に高めた運転を行うという。すると、今年のヒッグス博士のノーベル賞受賞もお預けなのだろうか。これでは一体にいつになるのか不明である。

ノーベル賞云々はともかく、物理学者がヒッグス粒子のデータをさらに集めるのは、それによって標準理論の未知のパラメータを決めることができるのではないか、という期待である。それによって標準理論が完成しても説明できるのは宇宙の4%だけで、それにカバーされないダークマターやダークエネルギーは未知のままなのであるが、ともかく標準理論の基礎を固めることで見えてくるものがあるだろうという期待に違いない。

週刊東洋経済4/27-5/4号に、「死んでたまるか! 日本の電機」という特集があったので、私なりにまとめてみる。

特集によると、以下のような再生策があるという。

  1. 埋もれた特許収入を掘り起こせ
  2. ものづくり幻想から脱皮せよ
  3. 参入障壁高いB2Bに突入せよ
  4. 付加価値高い設計日本に残せ

まず、埋もれた特許収入を掘り起こせの例として、地デジ関連の特許管理を行うアルダージの例がある。アルダージは、シャープ、ソニー、東芝、ケンウッド、パナソニックなどの14社が出資し、地デジ関連の特許を供出して特許プールをつくり、ある意味エンドユーザであるテレビ局からライセンス料を稼ごうというものである。企業で特許関連の仕事をしている私としては、メーカーでなくクライアントに権利行使していいのかと不安になるが、そのあたりの配慮はどうなっているのだろうか。

ものづくり幻想から脱皮せよ、というのは誤解を招く表現かもしれない。というのは、ここで「ものづくり」というのは、コモディティ商品のことである。すなわち、ここでは、三菱電機の人工衛星技術をとって、他社にない高い技術を盛り込んだ、コモディティでない独特の製品を売ることを意図するものである。ともすれば、独特の高い技術の製品というのは市場が狭いという問題があるが、そこは世界を広く眺めて、売れそうなところに売り込むのだろうか。軍事転用可能な技術なので、輸出法には神経質にならなくてはならない。

ただ、先日読んだある雑誌の記事では、米国のメーカーが敢えて、電池のようなコモディティ製品を国内で生産することで利益を上げ始めたという。製造産業の非空洞化とでも呼ぶのだろうか。ただ、それによって雇用が十分促進されるということはないかもしれない。なぜなら、極度にオートメーションされた工場で、極めて少人数で24時間体制で大量のコモディティ商品を製造して輸出し、あるいは国内で消費する。そこに採用されるのは、システム・プログラミングなどの高度なスキルをもったエンジニアばかりである。

参入障壁高いB2Bに突入せよ、というのは典型的には、自動車エレクトロニクスに対する、電機メーカーの参入である。すなわち、21世紀では、家電でもなく、コンピュータでもなく、自動車こそがメカトロニクス・エレクトロニクスの精鋭とされる。それで、パナソニナックなど、自動車関連の顧客を指向することで業績回復を目論む。

付加価値高い設計日本に残せ、であるが、さて果たしてそういう高度な設計スキルがまだ日本にあるとかと私はつい問うてしまう。なぜなら、中国や韓国のメーカーの追い上げが激しいのではと推察するからである。いやそうではない、製造の品質とコンセプトで中国や韓国は、日本の足許にも及ばないというなら幸いであるが、ここらあたり私は、勉強不足なので、すこし調べてみるとする。

生田哲著「がんとDNAのひみつ」サイエンス・アイ新書、ソフトバンククリエイティブはなかなか示唆に富む本であると感心したが、その関連で、生田哲氏の「食べ物を変えれば脳が変わる」 (PHP新書)にも注目した。

その本によると、「脳と心を最適な状態にするために、今すぐ始められる食習慣とは何か。例えば青魚を食べること、コーヒーを控え目にすることだ」なのだという。ああ、コーヒーかと、この文面に反応したのは、先日のコーヒーにまつわる失敗談のこともある。

私は実は社会人になってから長く、コーヒー党で、コーヒーのもつ精神高揚効果、覚醒効果を楽しんできた。といっても決して高級なコーヒーを味わうというのではなくて、デニーズのようなファミレスで、お替り自由だと、何時間も粘り、10杯以上、出がらしのような味わいでも飲んで、得をしたような気持ちになっていた。

また、哲学者のカントがコーヒーを好んで飲んでいたらしいことや、数学者のエルディシュが、ベンゼドリンや、強いエスプレッソやカフェインの錠剤を助けを借りて、一日19時間、問題を解き続けた、という事実にも着目して、コーヒーが知者の飲み物であることを信じて疑わなかった。

しかし、コーヒーにまつわる失敗談のあと冷静に考えてみると、確かにコーヒーを飲んだときは気分が高揚するのだが、あとで妙な失望感というか気分の悪さに襲われることがある。

コーヒーは麻薬に指定されていないが、成分としては軽度の麻薬なのだろうと改めて思った。そして気分の悪さは一種の禁断症状なのだろうと理解することにした。

今まではそういう禁断症状があらわれると、まさに麻薬中毒のアナロジで、追加のコーヒーを飲んでいた。麻薬と違ってコーヒーはどこでも安価に手に入る。

ところが私は、「食べ物を変えれば脳が変わる」の示唆により、唐突にコーヒーを断つことにした。生涯初めてである。実は、酒とコーヒーのどちらを断つかと自分に迫り、ちょっと今は酒を断つ気にはなれないので、コーヒーを犠牲にすることにした。

私は昔から、酒でもコーヒーでも、後で気分が悪くなったりするので、いくらそれをたしなんでも幸福の総量としては増加しないのではないかという思いはあった。

実際にコーヒーを断って2週間がすぎるが、思考力が低下したような気はしない。むしろ精神的には安定を得た。ただ、もともと大した思考力はなく、しかも老化により思考力は低下してきているので、エルディシュ先生、コーヒーに頼らなくても思考はできますよといえるわけでもない。

あと、予想されたことかもしれないが、コーヒーを飲まないと、会社で特に昼食後、異様に眠くなることがある。流石に席で眠るわけにはいかないので、そういうときだけ1杯のコーヒーを飲むようにしている。すると、コーヒー漬けでないので、コーヒーの覚醒効果が大きい。ただ、コーヒー酔いというわけでもないが、ちょっと気分が悪くなったりする。この程度にとどめておくほうがいいのだろう。

羽生の完勝で終わった名人戦第3局の後、いよいよ大一番の名人戦第4局となった。羽生からみて、ここで勝って2勝2敗にするか、負けて1勝3敗になるかでは天地の違いである。

さて、森内の先番で第1手は26歩。これは第1局、第2局と同じ戦形の相懸にしようという誘いか。しかし羽生は、振飛車ライクな出だしで、田中寅彦ばりの「うそ矢倉」に導いた。

これをみて、ああっと私は落胆した。第1局、第2局との同じ戦形を避け、うそ矢倉にした時点で気合負けではないか。しかもである、NHK杯戦の決勝で渡辺竜王と対戦した羽生はやはりうそ矢倉にした。ところが見るも無残な惨敗であった。今回もそれを再現しようとするのか。

果たしてやはり一貫して先手の森内の方が模様がいい。羽生が75に馬を作ったものの、先手は58飛車から中央を制圧して、素人目にも勢いがある。羽生が遊んでいる73銀を活用したのは苦肉で、なんとか先手の飛車を奪ったものの、53にと金を作られ、森内が分かりやすい勝ちになった。

この将棋みていると、NHK杯戦の決勝の頃から羽生の芯は疲れてしまっているようである。それをある人は、どの棋戦も手を抜かない羽生の全方位外交のせいであるというが、棋戦の帯域を狭める森内の技法も、戦法の帯域を狭める渡辺の技法も羽生にはできない。いや、できないのではなく人生観にあわないだけなのだが、結果的に同じである。

それでも若手売り出し中の佐藤天彦にはちゃんと勝つ。このあたりの隙のなさは依然として羽生なのであった。

参照読書

user-pic
0

私は読書が一番の趣味といって間違いないが、より厳密には、本を買うのが趣味というべきだろう。というのは、ともかく読みたい本を買ってよもうと思えば読める状態にしておくことで満足してしまい、単に本を積み上げておく。

そうやって積み上げた本の果たして何%を実際に読むのだろう。その割合は確実に、数%にしかならないはずである。すると残りの九十何%の読まれない本は壮大な無駄ではないか、と自問して、そうではないと言い切る自信はない。やはり買ったからにはちゃんと読むべきだよね、と自分に言い聞かせる。

しかし歳のせいもあってか、そういうのが次第に辛くなってきたので、思い切ってパラダイム転換することにした。それが「参照読書」という概念である。

今の私のサラリーマンとしての主要な仕事の1つに、特許明細書を作成する、ということがある。対象とする技術分野はおおまかには情報処理なので、それほど広汎というわけでもないが、それでも、それなりの企業内研究者の方が出してくる発明なので、いきなり読んですぐに理解できるなどということはほとんどない。それどころか、その前提となる技術さえも理解できないので、何が分からないのかさえ分からない。それで、まず発明者に質問する前提で入門書を何冊か買ったり、特定のトピックの専門書を買ったりすることになるのだが、仮に入門書といっても、まともに理解しようとすると大学工学部情報工学科で週一回半年の抗議をうけなくてはならないほどであり、1つの発明の特許明細書を作成するのにそんな予備的時間をかけることは無理である。

それで私はどうするかというと、入門書を通勤の行き返りで合計4時間かけて、眺めるだけである。もちろん演習問題の一つも解かない。そのレベルの読書に何の意味があるか自問しつつ、とりあえず、その分野の専門用語の概要は知ったということにして、何とか発明者に質問をできるレベルに達したことにする。

それで発明者からの回答を得てなんとか特許明細書を書き始めるのだが、書いているうちに、とても専門的な技術分野のフィーチャが出てくることがある。それは上記したような入門書では到底カバーされない。それで仕方なくその専門的な技術分野の本を探すのだが、どうみてもあまり売れない本のせいか、ページが薄い割に高かったり、洋書しかなかったり、あるいはGoogle ScholarなどでみつかるWeb上での論文にしかなかったりする。

特許明細書のディテールに拘る私は、そういう場合、少々高くても、その狭い分野の専門書を買うようにしている。薄給なので痛いのだが、これもプロ意識だと自分を納得させる。

そうやって買ってはみたものの、ページをめくってみると、当該の発明の関係ありそうなページは、特定の1ページの半分だけのことがある。そこで悔しいので私がすることは、背景知識を増やすためにその本をかなり大まかにページをめくって通して眺めることと、特許明細書の所定箇所に、「例えば、XXXの第236ページに記述されているように、」と買った本の著者と文献名をXXXとして挿入しておく。

なんだ単なる気休めか自己満足かと自問したら、まさにそれ以外の何物でもない。こういう極めて粗い、必要に迫られてする読書を参照読書と呼ぼう。

そこで、次のような問いを発してみよう。すなわち、参照読書は所詮単なる自己満足意味か、というものである。そんなの問うまでもない当たり前だと普通人はいうのだが、私は客観的な?データを以って、そうではないと反論しておく。

すなわち、参照読書の隠し味を散りばめた特許明細書は、私の経験では、確実に特許査定率が高い。ほぼ勝率100%といってもよいほどである。信じられないのだが、私はこの不敗神話を信奉している。

そんなの単に発明の進歩性が高いだけではないか、特許請求の範囲が狭すぎるだけではないかというかもしれないが、勿論、参照読書の隠し味を散りばめたにも拘らず、箸にも棒にもかからず放棄を覚悟したケースは数件ある。ところがなぜか、目に見えない隠し味が意見書で不思議な議論を醸し出す。そこでは進歩性というよりも発明の成立性のような議論になっているのかもしれないが、ともかく高度な発明であると審査官を説得して、なぜか特許査定になるのである。

これは理屈ではない、しかし統計的な有意さをもって私に迫る事実であり、これをもって私は、参照読書の非無意味性の証明となす次第である。なにしろ特許庁の審査という公的機関の行政判断というお墨付きである。

一旦参照読書の非無意味性が証明されると、後は、この定理に裏打ちされてスペースが許すだけ、資金が許すだけ、興味に任せて買いたいだけ本を買えばいい。そうして、粗く眺めるだけでもよい、さいあく背表紙を眺めるだけでもよい、本は何ほどかの便宜を与えてくれるだろう。

こんなことを私が、分かりきったように書くのは、私が結局理系ベースのディレッタントだからなのだろうと思ったりする。すなわち、もし文系ベースのディレッタント、例えば郷土史家なら、沢山の資料を買い込み、それらを部分的に眺めて、郷土史を纏めるのはお手の物であり、よりプロフェッショナルの大学の哲学や歴史学の教授も、基本的手法としてはそういうものなのではないか、と考えたりする。

まあともかく独学というものは無駄が多い。それは実は才能がないからなのだという別の定理があるが、それはさておくことにする。

犯人に告ぐ

user-pic
0

最近読んだ小説で述べたように、雫井脩介については、「火の粉」を読み、その緻密な心理描写に感心したのだったが、雫井脩介といえばやはり、「犯人に告ぐ」だろう。

そう思っていたところ、たまたまブックオフの100円コーナーに、「犯人に告ぐ」の上下巻 双葉文庫を発見したので、迷わず買った。

「犯人に告ぐ」の主人公は、神奈川県警の巻島史彦警視。優秀な警察官なのだが、どちらかというと優男で、ヤクザ以上にヤクザっぽい容貌の警官もいるなかで、「ヤングマン」と揶揄して呼ばれる。

そんな巻島警視が、町田での児童誘拐事件の捜査に関与した。町田は東京都下であり、一応警視庁の管轄である。しかし、地理的には限りなく神奈川県警である。そのため、警視庁と神奈川県警の縄張り争いが起こってしまい、とっかかりからぎくしゃくした捜査となってしまった。そのせいだけでなく、様々な要因が重なり、犯人を取り逃がしてしまうのだが、巻島警視だけのせいではなくても、巻島にも確かに非はあるので、巻島は、上司からの指示で、きちんと記者会見で発表することになった。

しかし、巻島は記者会見で逆切れして、失言してしまい、それが原因で、ついには左遷されてしまう。

それから6年後、川崎で連続児童殺人事件が発生し、神奈川県警の捜査はまたしても座礁してしまった。犯人は、メッセージをマスコミに送りつけてくる、グリコ森永犯的劇場型犯罪に持ち込んできた。そこで起用されたのがなんと、かつての敗戦投手、巻島史彦警視。君に敗者復活のチャンスを与える、というものである。

そこで巻島が目論んだのは、劇場型犯罪に対抗する劇場型捜査であった。警視自身が進んでテレビ番組に出演して、捜査で得た情報を小出しにしながら、情報提供を呼びかける。もちろん、裏では犯人自身からのメッセージも期待する。

それは賛否両論、毀誉褒貶あってともかく話題をとることには成功したが、本当に捜査に貢献することになるか、全く効果不明であった。

すると果たして、犯人らしき人物からメッセージが届いたが、真贋のほどは不明で、一層混迷を深めた。

このあたり、神奈川県警、マスコミ、視聴者、そして巻島の微妙な心理を雫井が、ある意味絶妙のタッチでうんざりするほど描いていく、佳品なのであった。

生田哲著「がんとDNAのひみつ」サイエンス・アイ新書、ソフトバンククリエイティブを読んで、がん発生の仕組みについて、なるほどと思ったので、自分なりにまとめてみる。

まず、がん発生の仕組みにおいてキーとなるのは、p53と呼ばれる、がん抑制たんぱく質である。

すなわち、DNAというのは、さまざまな原因で変異してしまう傾向があるが、p53たんぱく質は、DNAの変異を発見すると、それが修復可能かどうか判断する。もし変異の程度がある閾値を超えて修復不可能であると判断すると、細胞をアポトーシス(自死)させる。

p53たんぱく質がDNAの変異が修復可能であると判断すると、p53たんぱく質は、Rbたんぱく質と協働して、その細胞の分裂サイクルを一旦止める。そして、その間にDNAを修復し、修復が確認されると再び、細胞の分裂サイクルを開始させる。

問題は、p53たんぱく質が壊れ、あるいは欠損した場合である。この場合、DNAが変異していても、細胞分裂は止まらず、変異したDNAをもつ細胞が増え続ける。これががんである。

p53たんぱく質が壊れ、あるいは欠損したがん細胞の問題点は、抗がん剤や放射線療法があまり効かない可能性がある、ということである。すなわち、抗がん剤や放射線療法でDNAを破損させても、p53たんぱく質がその破損を検出してくれないので、アポトーシスが働かず、一層凶暴化したがん細胞が荒れ狂うことになりかねない。

がんには、治りやすいがんと、治りにくいがんがあることが知られているが、p53たんぱく質の働きが維持されているかどうかが、その分かれ目なのかもしれない。また、治りにくい、すなわち悪性のがんの場合、手術や抗がん剤などの治療で却って悪化することがあるというのも、経験的に知られていることである。

NineDayFever

user-pic
0

コンピュータ将棋選手権で彗星のようにあらわれ、いきなり決勝リーグで5位に入賞したNineDayFeverであるが、調べてみると、その作者は、金澤裕治という人のようである。ウェブでその方のプロフィールを調べてみると、以下のとおりである。

金澤裕治(かなざわ ゆうじ). 1990年東京大学大学院工学系研究科. 情報工学専攻修士課程了。同年(株). 富士通研究所入社。以来オペレーティングシステム・実装CADの研究. に従事。

へぇ、この人も東大なんだと軽く驚いた。東大将棋の棚瀬氏も、ponanzaの山本氏も、GPS将棋の田中氏も、Puellaαの伊藤氏も、激指の鶴岡氏も東大出身で、東大が優秀なのは自明だとしても、コンピュータ将棋という、情報科学的にある意味マイナーな分野に集結するんだ、という感想だったりする。そういえば、Puellaαの伊藤氏は富士通研究所勤務で、金澤氏の同僚である。当然に付き合いがあるのだろう。

さて、NineDayFeverはBonanza Ver.6をベースとする。よくBonanzaファミリという言い方がなされるが、作者の保木氏がオープンソースとしてBonanzaを公開したことは、コンピュータ将棋における一大エポックと言っていい。ただ、私はいま「オープンソース」と言ったが、Bonanzaは以下のような使用条件であり、その「非営利」という縛りで、厳密にはオープンソースに該当しない。Viral Effect条項もない。このあたり、BSDライセンスなどのもっと自由度の高いオープンソース・ライセンスにしなかった理由がよく分からない。尤も、保木氏に許可を得れば商用にも使えるのであるが。

本プログラムを無断で営利目的に利用することは禁止します.また,本プログラムを使用した上で生じたいかなる損害についても作者は責任を負いません.自己の責任において使用してください.

NineDayFeverについて、そのリンクから抜粋してみる。

・概要
機械学習結果の改善でどこまでいけるかに挑戦しています。教師データを学習するのではなく、「機械学習結果が誤っているところを見つけ出す」という方針に基づいた機械学習結果改善手法を実装しました。

プログラムはオリジナルの bonanza ほとんどそのままで、機械学習結果を強化した slug.bin (kppテーブル配列を3次元化した fv.bin) が本体になります。

・機械学習結果の改善について
 多数の局面を与えて、その局面の評価値間の矛盾を発見し、それを解消するように kkp・kppテーブルをアップデートしています。教師データを学習するのではなく、誤った評価値の解消を目標とすることで、自分の対戦結果を含め、任意の局面を解析対象とすることができるようになりました。また、読みを浅くして弱くして得た棋譜には、評価値に問題がある局面が対局中に現れるので矛盾を確実に発見できるという特徴があり、一局数秒で終わるような対局を多量に生成して解析に使っています。これによって解析対象とする棋譜の数が大幅に増えています。現在は、一回のアップデートに 60万局程度の棋譜を使っています。

へぇと思ったのは、私の半端な理解では、機械学習のデータというのは所与であって、機械学習結果が誤っているところを見つけ出すということがとても新鮮であった。また、条件に従い棋譜を生成しこれも解析に使うというのは、新定跡発見にも使えるのではないか。ただ、新定跡と認定してもらうためには、しかるべきプロ棋士の鑑識眼と吟味を要するかもしれない。

ともあれ、さまざまな既存の情報科学のツールやアルゴリズムを適用してみる可能性という意味で、コンピュータ将棋は飽和から遠いようである。

えれじい

user-pic
0

かなりの空白期間をおいてミステリー好きのマイブームを復活させた私は、水平展開というか、まだ読んだことがない作家に版図を広げようとしている。結構ミーハーな私は、アマゾンの上では星の数とコメントの数で示される、人気度とクオリティに相当勘案するが、特に古本屋でミステリーを選ぶ際は、長年培った本に対するテイストだけが頼りである。

そうやって古本屋で一本釣りした、小杉健治「灰の男」講談社文庫は、東京大空襲をプロットにしたスケールの大きいストーリーで、個人的には大変感銘を受けたのだが、アマゾン的にはたった一人しかコメントがなく、実に寂しい。

でも「灰の男」はまだよい。本屋で私に流し目をくれて、いわば私を本の方から見初めてくれたのだから。ところが、鳴海章「えれじい」講談社文庫となるとどうだろう。読むか読まないか全く分からないがとりあえず買っておこうと、半分渋々買った次第である。

そもそも、「鳴海」という姓で私に思い浮かぶのは、鳴海清である。なにしろ、山口組三代目 田岡組長を銃撃するという、蛮勇を奮ったことで、一躍有名になった。結局、田岡組長には軽症を負わせただけであったが、当然に山口組の組員が放置しておくはずはなく、それを振り切るように鳴海清は逃亡した。しかし鳴海清は、襲撃から2ヶ月後、暴行をうけた腐乱死体として山中で発見され、当時サラリーマンで大阪に出てきたばかりの私は、なんかどえらい事件だと、肝をつぶした。

私が鳴海章「えれじい」をつい買ってしまったのは、そんな深層心理的伏線があったのかもしれない。そして「えれじい」は、状況は違うものの、鳴海清ばりの激しさでストーリーが始まる。

すなわち、主人公の警官の佐倉と、その同僚の婦人警官、狩谷鈴子の二人が追いかけた覚せい剤の売人が、覚せい剤の幻覚症状のまま逃亡して、マンションの窓から飛び降りて亡くなった。

それから息をつく暇もなく、佐倉と狩谷は別の事件現場に動員され、やはり覚せい剤中毒の元暴力団組員が、元妻とその息子を銃で撃って殺し、自分も銃で自殺するという無理心中事件を目の当たりにして、大変なショックを受けた。

その後、仲がいいのか悪いのか分からない佐倉と狩谷は、打ち上げと称して、狩谷の行きつけの店で、ビールを浴びるように飲み始めた。そこで佐倉は、狩谷鈴子の意外な内面を知ったのだが、場が盛り上がってきたとき、狩谷の携帯にメールがきた。そのメールをみて慌てて狩谷は飲酒運転もかまわず、出かけていった。

それが、佐倉が、ライブで狩谷をみた最期となった。なんと数日後、空き地内で自分の車に銃弾を打ち込まれて死亡している狩谷が発見されたのである。そこから弔い合戦だと警察本部は色めき立ち、結局、狩谷鈴子殺しを軸としてストーリーは息もつかせない展開となった。

そこからさらに、銃の入手経路の探索、そして味方のやくざ跡見の協力、とストーリーが輻輳し、とても満足して読み終えることができた。私の素直な感想は、今野敏、横山秀夫、堂場瞬一と遜色がない面白さなのだが、それにしても、アマゾンにおける、「えれじい」の乏しいコメントは何だろう。コメントの乏しさに反比例する個人的な面白さの程度は、小杉健治「灰の男」に匹敵する。

私は、少なくともミステリーに関しては、決して天邪鬼ではなく、東野圭吾のようなベストセラー作家の作品も喜んで読む。なので自分ではノーマルな小説感性だと思うのだが、時折このように比較的マイナーな作品に感応してしまうのはどうしてだろう、とまだ分からないでいる。

ゴールデンウィークの頃は個人的にいろいろと多忙で、コンピュータ将棋選手権があったのをうっかりしていた。最新の週刊将棋をみて気づいた次第である。

さて、どこが優勝したのだろうとみてみると、下記の表のように、ボナンザとある。意外、ポナンザの間違いかと思った。

プログラム名 1 2 3 4 5 6 7 SB MD 順位
1 激指 5○ 7○ 8○ 3○ 4 3 11 5 4
2 ponanza 8○ 7○ 4○ 5○ 1○ 5 2 15 9 2
3 GPS将棋 7○ 5○ 8○ 6○ 2○ 5 2 14 8 3
4 Bonanza 6○ 8○ 5○ 1○ 3○ 5 2 16 10 1
5 ツツカナ 7○ 8○ 6○ 3 4 6 2 6
6 NineDayFever 1○ 2○ 8○ 3 4 10 4 5
7 習甦 4○ 6○ 2 5 8 0 7
8 YSS 7○ 1 6 2 0 8

電王戦で前回の上位5チームは、プロ棋士に対しても互角以上の戦いができることを実証した。すると、この決勝リーグは、ほとんどA級順位戦にも匹敵するレベルなのか。

ところが、週刊将棋の記事によると、電王戦第4局のPuellaα対塚田九段で露呈した、入玉に対する弱さとは別の意味で、コンピュータ将棋が弱点を晒したのだという。

まず、2次予選のponanza対GPS将棋、終盤でGPS将棋の手が止まってしまった。800台ものクラスタをまとめているコンピュータが混乱して活動を停めたのだという。GPS将棋は無念の投了となった。

また、新規参入し、いきなり1次予選を全勝で切り抜けたNine Day Feverであるが、激指にいきなり銀挟みに遭ってしまった。機械学習用のプロの棋譜に単純な銀挟みなど出てこないからだという。

決勝リーグでもGPS将棋に痛恨のバグが出た。GPS将棋1敗、ボナンザ2敗で臨んだ最終戦、勝った方が優勝である。果たして局面はGPS将棋の勝勢になり、即詰みまで読みきったのだが、ここでも時間に追われて複数のPCからの情報整理にとまどい、詰ましそこなった。結局、ボナンザが優勝を拾った。

ただ、ここで読んだ範囲では、GPS将棋のバグは設定ミス程度で本質的なものではないので、解消は容易だろう。なので実質的にはやはりGPS将棋がチャンピオンということになる。あと、複数台のクラスタというのは、うまく役割分担や並列計算を活かせれば強いが、処理ユニット間の調整コストというのはどうしてもある。ここらあたり、コンピュータ・システムの大企業病のようなものだろうか。

あと、電王戦との決定的違いは、電王戦が各4時間の持ち時間で秒読みもありだったのに、コンピュータ将棋選手権は25分の切れ負けということにある。

また、コンピュータ同士が戦うと、電王戦でプロ棋士に対して見せつけたような圧倒的な読みの力が埋没してしまう。互いに相殺するからである。このあたり、観戦には注意を要する。

最後に、コンピュータ将棋の特徴は、先手の勝率が圧倒的に高いこと、また、定跡選択に難があるという。定跡選択には定跡の手の意味を知らなくてはならないが、それをコンピュータに教えるのはなかなか難しいようである。すると定跡の選択が活用が、コンピュータ将棋の次なる飛躍のキーなのだろうか。

遺伝子に関する教科書によると、DNAはエクソンと、エクソンをつなぐイントロンとからなる。エクソンは、遺伝子の発現に関与し、具体的にはRNAに転写されて、たんぱく質合成に寄与する。

すなわち、DNAは、エクソンもイントロンも含めて、未熟メッセンジャRNAに転写され、そこでRNAスプライシングと呼ばれる、イントロンを切り出す操作が行われて、成熟メッセンジャRNAになり、成熟メッセンジャRNAをベースにたんぱく質合成が行われる。

すなわち、従来において、DNAにおいて、エクソンの部分だけが遺伝子と呼ばれていた。そして、DNAから成熟メッセンジャRNAに最終的に転写される砂漠におけるオアシスに譬えられるほどDNAの部分はほんの一部と想定されていた。DNAにおいて、エクソンは、それほどマイナーなのである。

しかし、読売新聞科学欄の記事によると、昨年9月という比較的新しい研究によると、成熟メッセンジャRNAに転写されるのは、ゲノムの7割にも及ぶことが分かったという。すなわち明らかに、イントロンと呼ばれる部分も大部分コピーされていることになる。

このような余剰部分の一部は、遺伝子の働きを制御するなどの役割が解明されているが、ほとんどの99%の機能は未知である。

理化学研究所のピエル・カルロ氏は、もしRNAの未知の部分の役割が明らかになれば、たんぱく質合成に寄与する部分だけを遺伝子と呼ぶことに意味がなくなる、という。

しかしこれは解釈レベルの問題なのかもしれない。なぜなら、国立遺伝学研究所の斉藤成也教授は、大半のRNAの部分に働きはなく無駄に読まれているだけではないかと指摘する。

この命題は、カール・ポパーの文脈で十分に反証可能である。なぜなら、遺伝子の発現に関与しないRNAの部分の機能を順次解明していけばよいからである。

コンピュータ・サイエンスのアナロジからいくと、遺伝子の発現に関与しないRNAの部分の機能のほとんどが意味があるだろうと想定される。なぜなら、コンピュータ初心者は、エクセルで財務計算などをするとして、エクセルがすべてと思ってしまう。それが、遺伝子でいうところのエクソンである。しかし、コンピュータ・システムにおいて、エクセルのコードが占める割合はほんの一部にすぎず、あとは膨大なオペレーティング・システム、BIOS、そしてマイクロプロセッサやI/Oの機能が支えている。それらがイントロンである。

私のSF的トンデモを付け加えると、イントロンの部分には、ハイパーリンクが埋め込まれていると思う。それはどこに対するハイパーリンクなのだろうか。霊界のアカシック・レコードなのか、異次元宇宙なのか、あるいは単に先祖なのか。ともかく、DNAは、ハイパーリンクの仕組みによって、DNA自体のもっている情報の何万倍もの情報にアクセス可能という次第である。これもまた、コンピュータ・システムからの類推なのであった。

私はなぜか革命家が好きであり、トロツキーにも興味がある。私の浅い理解では、学生時代にアジビラなどで、トロツキストというのは裏切り者ような貶称として用いられていたようであるが、なぜトロツキーが否定的に言及されるのか、私は今でも疑問に思っている。

そんなトロツキーが逃亡した先がメキシコであるということとは関係ないが、私はなぜかアルゼンチン出身のチェ・ゲバラにも関心があり、そのせいで、随分前に、三好 徹の「チェ・ゲバラ伝」を買ったのだが、私の悪い癖でなぜか読む気にならず、もう何年も放置されたままである。

なのに、たまたま古書店で戸井十月著「チェ・ゲバラの遥かな旅」集英社文庫を買うと、いきなり読み始めた。本当に自分の気持ちでさえわからないものである。以下、この本に基づき、私なりにまとめてみる。

さて、チェ・ゲバラの本名は、エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。1928年6月14日に、アルゼンチンのロサリオ市で生まれた。1928年生まれということは、私の父とほぼ同年代であり、今生きていてもまだ85歳なのだから、すごく高齢というわけでもない。

チェ・ゲバラは肺を鬱血させた未熟児として生まれた。そのため脆弱な体質で、早速肺炎にもかかり、喘息性気管支炎に罹った。これは完治することはなく、生涯を通じて持病としてゲバラを苦しめた。

一方で、ゲバラ一家は、進歩的で生活も裕福だった。ゲバラ8歳のときスペイン内戦が起き、ゲバラは世界に対する関心を啓いた。

知的好奇心に富むゲバラは、父の膨大な蔵書を片っ端から読み漁った。それでいて、快活な性格でスポーツも好み、反抗心と腕白の気質をもつゲバラは、人気があり、いわゆるよく遊び、よく学び、だった。

ゲバラの運命的な出会いは、コルドバのディーン・フネス学院に進学したときである。そこで同級生が、コルドバ大学医学部の学生であるアルベルト・グラナドスの弟であり、その縁でアルベルトと出会うと、一気に影響された。

アルベルトは、学生運動の闘士であり、ゲバラはアルベルトを通じて、社会正義と、行動と、未知の世界への思いを広げていった。

そして、ディーン・フネス学院を卒業すると、一旦大学への進学を保留して、道路建設局の仕事に就いた。物分りのいい両親は、基本的にゲバラのやりたいことに反対せず、むしろ支援してくれた。

おばあさん子で、癌に苦しむ祖母の看病にブエノス・アイレスに向かったゲバラは、祖母がついに亡くなると、もともとのエンジニアの志望を医者に切り替えた。そしてものすごい集中力で受験勉強して、ブエノス・アイレス大学の医学部に合格した。

大学でもゲバラは、勉強と、遊びと、アルバイトに超多忙な日々を送った。そして大学の休みを利用して、原付バイクで、アルベルトと旅に出た。1951年のことである。アルゼンチンからチリを抜け、北米大陸にも抜けようという遠大な旅の構想であったが、資金も乏しく、所詮原付バイクではそのパワーは知れていた。どうみても無謀な旅であった。

そんな旅を挫折させなかったのは、行く先々の人々の親切と人情だった。ゲバラはいささかのつかの間の恋愛もした。チリで原付バイクが完全に壊れてしまうと、二人はヒッチハイクに切り替えた。資金が底をつくと、バイトをした。チリからペルーに入り、コロンビアを経て、ゲバラは一旦アルベルトに別れを告げ、大学に戻って勉強することにした。

そして大学に戻ると、例によってものすごい集中力で勉強し、一気に試験に合格して、医学部を卒業した。これでゲバラは医師の資格は得たわけだが、臨床経験に乏しいゲバラは、生涯を通じて、医師としては十分なスキルをもつには至らなかった。

医学部を卒業しておとなしく勤務医に落ち着くゲバラではない。早速友人を伴って、ボリビアに出かけた。そこで弾圧される多くの民衆をみた。もともとアルベルトが居るベネズエラに向かう予定だったが、友人の示唆で、グアテマラに進路を変更した。コスタリカ、ニカラグア、ホンジュラスを経て、1953年11月、ついにグアテマラに着いた。

グアテマラでは、大統領が反米政権であったため、ゲバラはとても生きがいを感じた。しかし弾圧されも処刑されそうになって、ゲバラは必死で逃亡した。そしてメキシコに入った。

そこで運命の出会いがあった。キューバのバチスタ政権打倒のリーダー、フィデロ・カストロである。その人格に魅了されたゲバラは、カストロと行動をともにするようになった。

そしてゲバラは、カストロたちとゲリラ訓練に明け暮れた。そして、カストロとゲバラを含む、たった82人の部隊は、船でキューバに向かった。1956年11月のことである。たったこれだけで、バチスタ政権を倒すためである。ありえない無謀さである。

果たして、カストロたちの上陸はバチスタ政権の軍隊にばれており、待ち伏せさせ襲撃された。そして82人が一気に12人になってしまった。みんな疲弊して這う這うの体である。

しかしキューバの農民たちは反バチスタだった。学生たちも反政府運動が盛んだった。こういう機運に乗じて、カストロたちはじりっじりっと、力を蓄えていった。こうしてついに、幾多の戦闘ののち、1959年1月1日、カストロたちはキューバの政権を握った。

新政権でゲバラは、旧政権の残党たちを処刑する役割を担った。政権が安定すると、カストロはゲバラに、外務大臣のような役割を与え、ゲバラはアフリカ、中東、日本を含むアジアなど歴訪していった。日本ではゲバラは、予定にないのに、広島の原爆慰霊碑を訪れた。

ゲバラは国立銀行総裁に任命され、キューバ紙幣にはゲバラのサインが入ったものが使われることになった。ゲバラの日常は超多忙になった。それでも週末にはサトウキビ畑で自発的に勤労奉仕し、夜には経済学や数学を勉強し、さらには合間には読書した。あいかわらず馬車馬のように精力的だった。

そのままキューバでの政府高官に収まらないのがゲバラである。1963年9月にゲバラは、ハバナ大学医学部に留学していた日系ボリビア人、フレディ・マエムラ・ウルタードと出会って、革命家の血が再燃してきた。

一方で、アルジェリアでのゲバラの発言が、ソ連の反感を買い、キューバを窮地に立たせた。カストロは表立ってゲバラを批判しなかったが、次第にゲバラはキューバに居づらくなってきた。

そして1965年3月に、ゲバラは一切の公務から退いた。再びゲリラ闘士に戻るべく訓練を始めた。ゲバラとその同志が向かった先はコンゴだった。しかし、コンゴは革命的成熟がなく、作戦は失敗した。ゲバラは焦った。自分は一体何だったのかと自問した。

一旦キューバに戻ると、コンゴでの失敗にも拘わらずゲバラは再び訓練し、ボリビアに潜入することにした。依然としてキューバでの成功体験が頭にあり、自分が死ぬことになろうと革命はうまくいくと信じて疑わなかった。

変装して潜入したボリビアでは、ゲバラの思惑はことごとく外れた。農民たちは平気で自分たちを裏切り密告する。政府軍のゲリラ討伐の前に、ゲバラたちは打つ手がなくなった。そして、捕虜になったゲバラはあっさり処刑された。1967年10月9日、日本が平和と高度成長を享受している頃である。

果断

user-pic
0

今野敏の「隠蔽捜査」新潮文庫があまりにも面白かったので、その続編である「果断」も早速手配して読み始めた。

前回の「隠蔽捜査」では、東大法学部出のキャリア官僚で、警察庁の総務課長だった竜崎伸也が、家族のスキャンダルで、大森署長に左遷されたのだが、「果断」では、大森署長として所轄内での事件に対応することになる。

金融機関襲撃事件が起き、犯人の三人組が逃亡する。二人は捕まるが一人は小料理屋で従業員の身柄を拘束して立てこもる。犯人は銃をもっており、発砲の音がするので、竜崎は特殊犯捜査係(SIT)を動員して犯人説得に当たるが埒があかず、人質の安全が危なくなってきたと判断して、特殊急襲部隊(SAT)をも動員した。

ところが、SITとSATの確執もあり、現場で指揮をとる竜崎は苦悩の決断を迫られる。事件は解決をみるのだが、日ごろの竜崎の正論の対応に反発を抱く監察官の悪意の報告で、竜崎は一気に責任問題に陥った。

竜崎はまさに、大森署長からさらに地方への都落ちを覚悟していたのだが、普段から態度の悪い署の刑事のふとした示唆に反応し、そこから局面は展開を始めた。

「隠蔽捜査」シリーズの第2作目として、事件の展開の面白さという意味で、「果断」は前作を上回る。そして、竜崎のスクエアな態度も一層磨きがかかるが、前作に続いて読んだことで違和感が減ったのはよしあしである。

ともかく、「隠蔽捜査」シリーズが出色の警察小説であることは疑いがない、竜崎というキャリア警察官僚のキャラクタも、である。

以前にこのブログで、ビッグデータについて触れたが、日系情報ストラテジーの2013年6月号に、データサイエンティスト特集があったので、自分なりにまとめてみる。

先ず日本航空は、データ分析により、JALサイトでの売り上げ増加を図った。そのため会員サイトの閲覧動向を分析し、サイトをみているにも拘わらず、旅特集をみていない会員がいることを発見した。こういうサイトのアクセス履歴は、データログにより簡単に取得できる。そこで、6種類のバナーを用意することで、数万人のアクセス増加を果たした。

全日本食品は、ハムとソーセージの共同販売を企画した。POP広告で1000人に一人が反応した。その比率は小さいが、リピート客に注目した。そこで試食を実施してリピート率を高めた。さらには夕方に絞ってPOP広告を増やした。これによって顧客増が達成できた。

楽天は、従来のデータベースと、ストリームコンピューティングを駆使して、お勧めと、最近見たものを表示できるようにした。

企業のデータサイエンティストたちの大学時代の専門分野は、情報工学よりもむしろ、純粋数学、気象学、物理学などの理学であることが多い。すなわちかなり高度な統計数学を駆使するようである。例えば、この分野の名著とされるC.M.ビショップ著、パターン認識と機械学習、シュプリンガー・フェアラークの著者は、統計の悪魔にも書いたように、エジンバラ大学で、あのヒッグス機構で有名なヒッグスの下で、量子論に関する論文で博士号を取ったのだった。

戻って、上に挙げたデータ・アナリシスの例は、ビジネス・センスがある人なら直感で感知するようなことである。ただ、その裏づけとして、ビッグデータに基づく統計データ処理が必要だったのだろう。

私の知る他の例として、プラントなどで、多数のセンサからプラントの異常を数値計算で検知する。これには、ガウス・カーネル法などを使い、数千万の次数の巨大疎行列を計算する。

だからデータサイエンスはすごいのだと感じようとしている私は単に、ミーハーなだけだろうか。

氷の華

user-pic
0

面白い本を探して古本屋を訪れるというのは、最近の私のほとんど唯一の楽しみといってよいが、先日もある古本屋で本棚を眺めていると、私の注意を引こうとする本があった。天野節子「氷の華」幻冬舎文庫である。

こういう本との出合いは例えば、小杉健治の「灰の男」がそうであって、その著者に対する予備知識も評判も何もしらないのに、本の方から直感で訴えてくる。

そういう直感に従って買うと、かなりの確率で自分の感性にあう本である。万が一期待を裏切られても高々数百円のことである。

そうして天野節子「氷の華」幻冬舎文庫を買ったのだが、読む前に天野節子のプロフィールを確認してみた。すると、幼稚園教諭と幼児教育教材会社いう経歴をへて、60歳にして書いたデビュー作が「氷の華」なのだった。

天野は、もともとミステリーファンで1000冊以上読んでいるという。ベストと評価するのはアガサ・クリスティの「アクロイド殺人事件」と松本清張の「眼の壁」。そして定年後の孤独と向き合うために書くことを選び、4年半の構想ののち書かれたのが、「氷の華」。折角だからとコンクールに応募しても落選を繰り返し、自費出版を試みたら、出版社が倒産し、払ったお金も戻ってこなかった。それで普通は終わりなのだが、なんと幻冬舎が救って出版してくれた。おそらく編集者に見る目があったのだろう、「氷の華」は売れ、天野節子は晴れて作家デビューを果たし、その後も「目線」、「烙印」などの作品を書いている。

「氷の華」は、エリートサラリーマンの美貌の妻が、夫の浮気を知らされ、逆上して浮気相手を毒殺することから始まる。それだけなら単純なのであるが、そこに至る陰謀、複線、女性心理、執拗な刑事の推理と追及、と息もつかせぬ展開で、確かに、天野節子の好きな松本清張の作風を受け継いでいるといえる。

アマゾンの「氷の華」の書評をみると、素人的なところがあると、60歳にして作家デビューしたことを先入観とするような記述も見受けられるが、単純なストーリから次第に輻輳していく手法は、極めて斬新というわけではなくても十分手馴れており、東野圭吾のような熟練した作家と比べても遜色ないというのが私の印象である。ここらあたり定年を間近に控えて焦っている私が、天野節子に感情移入しているところがなくもない。

ともかく、63歳で哲学者デビューしたホワイトヘッドと、60歳で作家デビューした天野節子は私の希望だったりする。相当な思い込みであるが。

羽生の不調を書いた後、新聞広告で、週刊新潮の「さらば 我が黄金時代」という特集記事の1つに、「桜が咲いて勝てなくなった「羽生善治」に迫る影」とあるのを見つけて、つい苦笑してしまった。

苦笑する理由はいろいろあって、先ず、あれほど無敵ともてはやされた羽生も、渡辺に追い上げられてマスコミも最早羽生を帝王とはみなさなくなったのかということと、「桜が咲いて勝てなくなった」というのは今期の名人戦で森内にいきなり二連敗したことをいうのだろうが、たった二連敗くらいでガタガタいわないでね、という羽生ファンの思いと、そうはいいつつ自分だって羽生の不調などと書いているではないかという矛盾等々である。

ともあれ、「桜が咲いて勝てなくなった「羽生善治」に迫る影」という記事が羽生の目に入らなかったはずもなく、その後迎えた名人戦第3局、羽生はどんな思いで闘うのか、という興味をもって名人戦第3局を眺めてみた。

名人戦第3局は羽生の先手番、第1局第2局と、相懸りだったので、いよいよ矢倉かと期待したら、角換腰掛銀だった。角換腰掛銀は前回の名人戦の第6局で羽生が先手番だったのに、後手番の森内に絶妙に指されて完敗し防衛されたといういわくつきの戦法である。なのにここで採用するというのはそれなりの研究があるのだろう。言うまでもないか。

角換腰掛銀であるが一時プロでも木村定跡ライクな同型の形が流行ったが、最近はなぜかそうはならない。どうも先手必勝に近い手順が発見され、それで後手が同型に追随するのを回避するようになったから、ということらしい。

それで局面は最新形の先手48飛とまわる形になった。糸谷の「現代将棋の思想-一手損角換わり編」に似た局面があるが、後手は84歩に止め、73桂と跳ねたかたちなので、プロ的には天地の違いである。

すると羽生は、45歩、同歩、同桂、44銀、37角と打つ変化を採択した。その後羽生は、18香、25歩と間合いをとり、15歩、同歩、同香、13歩と進んで、ここで羽生は、55手目、35歩。現代将棋は気が抜けないが、この35歩以下、後手が勝つ変化はなさそうというのだから、プロの将棋は怖い。

結局、この後一方的な形勢になって羽生が押し切った。最近の羽生対森内戦では、前期のNHK杯戦が羽生の完勝だったがそのレベルの一方的な戦いであった。

勝負の一般論では、あまり一方的な勝ちは流れを変える力が弱い。それを知ってか森内は悪粘りしなかったのかもしれない。ともあれ羽生は週刊新潮の記事に盤面を以て軽くクレームをつけた。

問題は次の第4局、羽生の後手番である。秘策はあるのだろうか。安易に横歩取りだと、森内に押し切られそうな気がする。

おとり捜査

user-pic
0

こう書いても何ら私のオリジナリティはないのであるが、人生というものはつくづく、おとり捜査だと感じる。

おとり捜査というのは、私が説明するまでもないが、それでもあえて例を挙げると、コンピュータ開発で後発のメーカがあったとする。その会社は、先行する会社のコンピュータのコンパチ・マシンを開発したくてならないのだが、その仕様は高度に機密で、まともでは入手不可能である。

ところが、何らかの理由で先行する会社を辞めたあるエンジニアが機密資料を持ち出していて、後発のメーカに売り込みにきた。後発メーカはその資料を買い取るとともに、追加の資料もほしがった。

その動きをかぎつけた警察が、完全な仕様書をもっていると後発のメーカの担当者に打診し、それにひっかかってホテルのロビーに現れたところを逮捕されるというのが、おとり捜査の典型的なシナリオであるが、実はこういうモードは人生全般にありえる。

輪廻転生理論によれば、この世に人間が生まれてくること自体、解消すべきカルマ、あるいは罪果を帯びているといえる。そういう疑わしき者に、人生は容赦なくおとり捜査を仕掛ける。

例えば、生まれおちた家庭が王宮であったりする。そこで、皇太子として大事に育てられると、自分が生来の重要な人物であると勘違いする。そして横暴に振る舞い、そのまま国家の屋台骨を危機に陥らせる。そこではおとり捜査の逮捕は、腹心のクーデターで、皇太子が処刑されることだったりする。

別の例では、極貧の家庭でたまたま買った宝くじが当たり、3億円が手に入ったとする。さあ、おとり捜査の発動である。そこから家庭は悦楽奢侈を極め、謙虚だった性格も粗暴に傲慢になってしまう。気がつくと、あっというまに3億円は蕩尽して、人望も失うことで前の赤貧の状態よりも悲惨になる。

このように人生にはあまい囁きによるおとり捜査が頻発する。それを仕掛けるのは神か、悪魔か、はたまた天使か。いや、罪深き人間の心そのものにおとり捜査を起こす機構があるのかもしれぬ。

だが、よく分からないのは、おとり捜査で逮捕されたと思ったら、実は一見味方のような人たちが、竜宮城に連れていき、そこで鯛やひらめの舞い踊りとさらなる悦楽に晒される。おお、この世は極楽なのかと勘違いする。

人生はなぜこんなまだるっこしいことをするのだろう。もしこの世が文字通り修行の場であるなら、生まれてくる人を一様に貧しい家庭に生まれさせ、一生懸命努力させ、周囲にも気を配らせればよい。それでこそこの世は道場であろう。

なのにこれでもかと現ナマやハニートラップもどきの攻勢をかけ、一旦堕落させてそこから更正するか、人生はみようとするのだろうか。

そんなことをするから歴史上、極悪至極な輩が英雄として歴史的偉人に祭り上げられ、大いなる誤解を撒き散らかす。また、只でさえ多い堕落した人たちの数を加算させる。

なぜ人生がこんな素直でない修行構造になっているのは理解に苦しむのだが、私に与えられる示唆は、天の論理は地上の者には理解できないというものだけである。考えても無駄だと、突き放す。それは、それでも考えろという反語なのか。もちろんそれにも答えはないのであった。

隠蔽捜査

user-pic
0

ミステリーファンの知り合いから、今野敏の「隠蔽捜査」新潮文庫を紹介された。「隠蔽捜査」というからには明らかに警察小説だが、横山秀夫、堂場瞬一など、一連の警察小説の名手たちの作品に馴染んできている昨今、正直言って、今野敏にそれほど多くを期待した訳ではない。

しかし、読み始めてみると、私の知らない質感で迫ってくるものがある。主人公の竜崎伸也は、東大出身の警察官僚で、警察庁の総務課課長。ばりばりのキャリアのエリートである。そして堅物で冗談も言わず、東大以外は大学ではないと時代錯誤の本音を平気でいう。こういう人物が世の中に本当に結構いるのを知っている私は、苦笑するよりない。

竜崎は警察官僚で仕事に忙殺され、家庭を省みず、妻から仕事ばかりで家庭的には無能と揶揄される。仕事の有能さはさておいて、10年以上も仕事漬けで家庭をあまり省みなかった私に、この言葉は突き刺さる。山のような仕事をこなすだけで俺は精一杯だったんだといういい訳は、線香花火のように空しい。

さて、隠蔽捜査とは、捜査しているという事実を外部に知られないで捜査を続けるという意味ではない。警察内部の犯行を隠蔽するという意味で、警察のスキャンダルでも述べたように、そんな事例は、それこそ犬に食わせるほどある。

ある意味官僚の権化である警察組織は、保身という意味でも堅固である。オウム真理教に関与して、國松警察庁長官が狙撃された事件もどうやら警察の内部犯行だったらしいが、懸命の内部工作で揉み消されたらしい。

そういう事件に直面して、官僚の権化である四角四面の竜崎と、現場の捜査指揮者であり、竜崎の幼馴染でもある、警視庁の伊丹刑事部長との葛藤に溢れたやりとりはまさに醍醐味で、そこから意外にも、朴念仁の竜崎の正義感が静かに浸み渡るのだった。

犯人を追い詰めるのとは違った意味で緊張感に満ちた展開は最後まで目が離せなかった。これはまさに出色の警察小説なのであった。

シュレッダ

user-pic
0

仕事柄、扱う書類の大部分が機密であるが、パソコンの画面で読むだけでは辛いので、どうしてもその一部は印刷して読むことになる。

ところが、読み終えて要らなくなっても、そういう紙の機密書類をそのままゴミ箱に投入できない。それで仕方なく社内のシュレッダにかけるのだが、シュレッダというのは詰まりやすく、またシュレッダにかけた屑がすぐに一杯になって、止まってしまう。それで毎日、苦労しながらシュレッダを使っている。

さて昨今では、通勤が遠いので、自宅勤務も取り入れるようになった。すると当然に自宅でも紙の機密書類が発生する。田舎だとこういう書類は自宅の庭のドラム缶などで燃やせばいいのだが、住宅街となってはそうもいかない。下手に庭で燃やすと、消防署から注意されてしまう。

それで、自宅で紙の機密書類が溜まると、それを仕方なく会社にもっていってシュレッダにかけていたが、どうみても馬鹿馬鹿しいのでついに、パーソナル・シュレッダを買うことにした。

とりあえず近所の家電店にいって、3280円だかの松井技研という会社のパーソナル・シュレッダを買って、早速使ってみた。自宅に機密書類の紙が溜まっていたからである。

ところが使いにくいのなんのといって、先ず、紙がシュレッダの刃に巻きつき、すぐに留まってしまう。それでも、紙を手で除きながら使い続けていると、警告ランプついてモータが動かなくなった。マニュアルをみると、過熱状態になったのだという。ええっと思った。まだ10枚もシュレッダにかけていない。しかも、マニュアルによると、一度過熱すると、少なくとも30分は待てという。気が短い私は20分で再開し、なんとかモータは動いた。

そしたら今度は、屑入れが一杯になってしまった。当たり前であるが、シュレッダにかけると、容量が増えてしまい、数枚の紙でも膨れ上がる。

それで慣れていないのもあるが、高々30枚くらいをシュレッダにかけるのに、2時間もかかってしまった。よく考えたら、会社の本格的なシュレッダでも直ぐに詰まったり、一杯になったりするのに、パーソナル・シュレッダが一層そうであることはちょっと考えたらわかりそうなものである。で、折角パーソナル・シュレッダを買ったのに、また自宅の機密書類を処分のためわざわざ会社にもってきた次第である。

そういえば昔、なにかの外部の会合の飲み会で、リコーの人が、紙の扱いなんて簡単と思うでしょうけど、実はなかなかノウハウが要るのですよと話していたことがある。そのときは、所詮紙なんてと真面目に聞かなかったが、パーソナル・シュレッダを使ってみて、そのことが身につまされた次第である。

例えば、下村海南著「終戦秘史」講談社学術文庫によると、日本国政府はポツダム宣言を受諾したが、軍部の一部は終戦を受け入れず、クーデターを起こして戦争を継続しようとした。

それは一連の互いに必ずしも連動していない複数の事件からなるが、そのうちの1つの事件に、森近衛師団長斬殺事件がある。そこで、飯尾憲士著、「自決-森近衛師団長斬殺事件」集英社文庫に従い、森近衛師団長斬殺事件に関わるある側面について記述してみる。

ポツダム宣言を受諾に反対して、皇居を占拠して天皇を擁し、徹底抗戦のクーデターを企画した陸軍省軍務課、椎崎二郎中佐と畑中健二少佐は、森師団長とその傍にいた参謀の白石中佐を斬殺し、その後直ちに自決したが、それに加わった士官がいたらしいという噂が流れる。

それが、当時陸軍航空仕官学校の生徒であった飯尾憲士氏には大変ショックであった。なぜなら、その噂の仕官、上原重太郎大尉であったからである。上原大尉は飯尾氏の指導教官であり、森近衛師団長斬殺事件に関与した後、埼玉県豊岡の陸軍航空仕官学校に戻り、周囲からの説得で自決するに至ったというものである。

しかし、当時軍部で利用可能であった木炭自動車の速度に鑑みると、犯行のあと、上原大尉が、豊岡の陸軍航空仕官学校で帰還した時間には到底間に合わないのではないか、あれは冤罪ではないかという疑念が飯尾氏に強烈に湧いてきた。

さらに調査を進めていくと、上原大尉以外にX少佐も、森近衛師団長斬殺事件に関与していたらしいと分かってきた。すると、自明な論理で、以下のような可能性がありえる。

  1. X少佐は犯行に関与しているが、そもそも上原大尉は現場にいなかった。
  2. X少佐も上原大尉もどちらも犯行に関与している。
  3. 上原大尉は現場にいたが、犯行には関与していない。

このことの種明かしは、例えば、上原重太郎をキーワードとしてWeb検索して出てくるWikiの「宮城事件」などをご覧戴きたい。すると、X少佐が窪田兼三少佐であることが分かる。また結局、上原大尉が犯行に関与したことも分かる。アリバイは、木炭自動車でなくガソリンエンジンのサイドカーが利用可能であったことで崩れた。

結局、窪田兼三少佐は自決することなく戦後まで生き延びた。このことの意味は誰がみてもあまりにも釈然としないであろう。

悪党

user-pic
0

薬丸岳は、「天使のナイフ」がなかなかの佳作だったので、それでファンになり、続いて読んだ「虚夢」も期待を裏切らなかった。

そういう経緯で、本屋で薬丸岳の「悪党」角川文庫、を見つけたときも、迷わず買って早速読み始めたが、これもまた期待を裏切らない力作だった。

例えば黒川博行は、華麗な文体なのだが、必ずしも読みやすいわけではない。薬丸岳の1つの特徴は、どの作品もとても読みやすいことである。それでいて扱うテーマはとても重い。これは、薬丸岳がその作品を読んでミステリー作家になったという、高野和明に通じるところがある。

「天使のナイフ」は少年犯罪の被害者・加害者の心理、「虚夢」は精神病者による犯罪に対する加害者心理、そして「悪党」は、犯罪の被害者心理に直裁に迫る。

「悪党」の主人公は佐伯修一。自らも身内を殺された犯罪被害者であり、紆余曲折をへて探偵事務所の調査員を勤める。普通の探偵事務所は、浮気調査、素行調査、失踪者探しなどを請け負うが、この探偵事務所の特徴は、典型的には犯罪被害者から依頼を受けて、犯罪加害者の行方を捜す。

犯罪加害者は通常、少年院や刑務所に一旦収監されて、ある期間を経て社会に復帰する。すると、その前歴を隠すため、なるべく目立たなく生きていくことになる。しかし、犯罪を犯したという事実は周囲の友人や知り合いなどが知っているので、探偵の粒度で探索すると、犯罪加害者の行方を探ることは著しく困難というわけでもない。

それではなぜ、犯罪被害者が犯罪加害者の行方を知りたがるのか。その理由を考えるのに、ほとんど想像力は要さないだろう。その理由にドライブされて、ストーリーは急展開し、自らも犯罪被害者であるは、佐伯修一は悩みに悩む。

その佐伯の究極の問いの一つに、犯罪加害者がどのような有様を見せれば、犯罪被害者が犯罪加害者を赦すか、というものがある。それはほとんど解のない方程式であり、そもそも、方程式として論理的に定式化できるのかどうか甚だ怪しい。この本を最後まで読み通した読者は自らその答えを考えてみようと試みるはずである。

TIMEという雑誌のTHE 100 MOST INFLUENTIAL PEOPLE IN THE WORLDという特集号を、所在なく眺めていたら、チェスの若手のホープ、マグヌス・カールセンについての記事を、元チェス・チャンピオン、ガルリ・カスパロフが書いていたので、これに基づき、私なりにまとめてみる。

カスパロフによると、チェスの歴史は、19世紀のロマンチックな時代と、20世紀初頭の超近代的な時代と、第2次大戦後のソビエト・スクールの時代に分けられる。

しかし現代にあって特定のチェス・スクールが有力ということはない。それは、今のチェス・チャンピオンがインドのヴィスワナタン・アナンドであり、アナンドに対する挑戦者が、ノルウェーのマグヌス・カールセンであるということによって例証される。

カスパロフはまさに、2009年にカールセンにチェスを指導したのだが、カールセンの棋風は直感的で、チェスの神秘を帯びたものだったという。おそらく、将棋でいえば、渡辺竜王よりも羽生に近い棋風なのだろう。

カールセンは、チェスのジャスティン・ビーバーと呼ばれているという。で、ジャスティン・ビーバーって誰よ?と調べてみたら、どうもカナダの人気若手ポップ・シンガーらしい。きっと今若手ですごく人気なんだろうけど、私が知らないのでピンとこない。ということで、カールセンは女性にも人気なのかもしれず、いよいよ羽生に似ている。

そんな甘いマスクのカールセンであるが、世界チェス・レーティングは2872で、これはカスパロフのもっていたチェスの歴史上の最高記録、2851を上回るものである。いろいろな意味で半端ではない。

既知のように、カスパロフは、当時の世界チェス・チャンピオンとして1997年にディープ・ブルーと対戦して破れた張本人なのだが、そんなカスパロフだからこそ、人間的な、あまりに人間的な、カールセンのような棋風の持ち主の台頭を喜んでいるようにみえる。

すると、電王戦の結果から、将棋のプロ棋士がコンピュータに凌駕されてしまう日がカウントダウンになったと予測されるようになったとしても落胆することはない。一時の衝撃のあと、プロ棋界に平穏が戻るだろう。そしてコンピュータ将棋は、敬して遠ざけられ、話題にも上らなくなるだろう。

趣味

user-pic
0

帚木蓬生の「カシスの舞い」を読んでいて感じたのは、帚木蓬生にとって剣道という趣味が、私にとっての将棋と同程度に意味をもつのではないか、ということである。

実際、「カシスの舞い」では、主人公が剣道を教えることで知遇を得たフランスの警察官たちが、スキャンダルの捜査に活躍するし、もっているがまだ読んでいない帚木蓬生の「ヒットラーの防具」も、当然に剣道がフィーチャされている。

藤原伊織においては、趣味はおそらく美術なのだろう。高校時代に美術部に属し、活動していたようで、そのことが、ひまわりの祝祭ダナエに結実した。

そういえば、車を運転しながらラジオを聴いていたとき、俳優の渡辺徹がインタビューに応えて、しゃべっていた。そして、渡辺さんの趣味は?と聞かれて、それは将棋です、というので、私は思わず目頭が熱くなった(大げさか)。そして羽生のことを絶賛し始めた。羽生を絶賛するネタは事欠かないのでなんの話かと思ったら、羽生さんがね、100面指ししたのですよ、と言い始めた。へぇ、そんなことあったかと思ったら、それが羽生さんはすごいんです、と続ける。ああ全勝かと思ったら、いえそれがね、一敗したんです、という。まあ、100局も指せば1局くらい負けるわなと思ったら、実はその1局も勝ちだったんです、という。で相手は小学生で、くるっと回って帰ってきたら相手が盤の向きを入れ替えていた。それを見た羽生さんは、あっと思ったけど、にこっと笑って負けましたといい、それが一敗なんだという。へぇ、そんな話があったとは知らなかった。

で、特にファンでもない渡辺徹に親近感を抱いた次第なのだが、こういうインタビューで滔々と語る趣味というのは、かなり精神の血肉となっているんだろうな、と感じた次第である。

趣味なんて誰でもありそうなものだが、精神の血肉となるというレベルまで達する趣味というのは万人がもっているとは思えない。

趣味をそのレベルまでもっていくにはやはり、お金や努力を、ある期間注ぎ続ける必要があると思う。そしてそれと引き換えに、それだけのお金や努力を仕事や勉強などに注いでいれば得べかりし地位なり財産を多少なりとも犠牲にしたということがあると趣味として一層本格的である。

長く私はそう信じてきて、それはある程度正しいと今も思うのだが、渡辺徹については、将棋のために何かを犠牲にしたくすぶり、というのはあまり感じられない。

若い頃の私なら、くすぶりを伴わない趣味なんて旦那芸であると一蹴したかもしれないが、ある程度馬齢を重ねて思うのは、そんな価値感はあまりにも一面的である、ということである。

すなわち、私は今後定年になって明らかに無聊を託つ日々が増えてくることが明らかだが、そこでタイムキラーとしての趣味となると、くすぶり度とはまた違うかもしれないと思えてきた。

要は、趣味の有限な時空からどれだけ汲めども尽くせぬ楽しみを引き出すかという能力となると、趣味そのもののレベルやくすぶり度とはまた違う次元の感性が要求されるかと感じるのである。

例えば、一世を風靡した梅田望夫氏は、IT起業コンサルタントであるが、趣味は将棋であると明言している。しかし、棋力となると多分初段程度でしかも指さないことも謳っているので、ある側面では旦那芸である。では、将棋から楽しみを汲む能力となるとどうかというと、彼の書く将棋関係の著書から推察するに、梅田氏はすばらしい将棋鑑賞能力をもっておられるようである。それは将棋以外のスキルをそこに投入しているからともいえ、そこで私は太刀打ちできない。

ここで趣味の要素を唐突に列挙してみる。

  1. その趣味のスキル-将棋でいえば段位など
  2. その趣味の背景知識
  3. その趣味から楽しみを汲み取る能力
  4. その趣味で時間を潰す能力
  5. その趣味で仲間をつくる能力
  6. その趣味を自分の別の趣味に転用する能力

こう並べてみると、これらの要素が互いに独立かどうか分からない。ただ、将棋もさることながら、自分で勝手に趣味と宣言している数学について私はひたすら、その趣味のスキル、すなわち、大学の数学科3年レベルを目指してきたが、簡単な練習問題も解けず、ほとほと才能のなさに呆れているのも確かである。そこで最近目指すのは、数学から楽しみを汲み取る能力、数学で時間を潰す能力であって、それは数学そのもののスキルとは独立であるというのが私の仮説なのだが、どうも依然として自信はない。ただ今は、最低限数学を楽しむための基礎訓練をしている次第である。そんな訓練は仮説に矛盾するのかもしれないが。

癌標的薬

user-pic
0

癌という病気が遺伝子の狂いであることは周知である。読売新聞の記事によると、この文脈で、国立がん研究センター研究所の柴田龍弘・がんゲノミクス研究所長は、「がんの研究と治療は、ゲノム研究の恩恵を最も受けている」と述べる。

ゲノム創薬に関連する文脈では、日米欧などの研究機関は、2008年に、50種類の癌についても500症例のゲノムを解読し、遺伝子の異常を調べる国際プロジェクトを立ち上げた。

これらの成果を踏まえ、癌を引き起こす遺伝子を狙い撃ちし、その働きを抑える「分子標的薬」も登場している。

しかしその解明度合いは、癌の種類によって著しく異なる。例えば、乳癌だと、その70%の遺伝子に分子標的薬が存在し、10%の遺伝子は標的として同定されているが分子標的薬はまだなく、20%については、標的遺伝子は見つかっていない。

肺癌は、その60%の遺伝子に分子標的薬が存在し、10%の遺伝子は標的として同定されているが分子標的薬はまだなく、30%については、標的遺伝子は見つかっていない。

胃癌となると、60%の遺伝子は標的として同定されているが分子標的薬はまだなく、40%については、標的遺伝子は見つかっていない。

肝癌となると、標的として同定されている遺伝子は10%だけで、それ以外は標的すら見つかっていない。要するに、分子標的薬による治療の目途はたっていない。

肝癌というのは、このように、遺伝子的には大きな壁で、遺伝情報の変化が1万箇所もあり、標的が絞れないという。

また、上記のように肺癌には比較的分子標的薬が有効であって、知られているイレッサはそういう分子標的薬の一種である。確かにイレッサは肺癌に著効のある症例もあったが、重い肺炎を引き起こす症例もあって、医療機関は扱いに慎重である。

ともかく、ゲノム創薬は、癌治療の本命であろうと見なされている。

以前に、世界の独裁者で、世界にはいろいろなひどい独裁者がいることをみてきたが、しかし、ヒットラーがそれに劣るものではないことは、同意する人は少なくないだろう。

なにしろヒットラーは、ユダヤ人を多数虐殺したのである。ただ、ユダヤ人政策以外になにがあったか、あまり知らないと思っていたところ、「ナチスの陰謀」彩図社という本をたまたま見つけたので、この本に従い、まとめてみる。

まずヒットラーは、クーデターのような手段で強引に政権を簒奪したのではない。ヒンデンブルク大統領に取り入り、ひたすら恭順の意向を示し、信頼を勝ち得ることで、首相に任命された。そのため、ビスマルクやフリードリッヒ大王など、ドイツの歴史的偉人の遺品や習慣などをもうまく利用した。こうして、ヒンデンブルク大統領が病没すると、自然なかたちで平和裏に、総統の地位に就いたのだった。

その後採った経済政策が卓越していた。まず失業者救済のため、大規模なアウトバーンを建造した。これには多数の仕事が発生し、失業者は実質的にいなくなり、国民は豊かになった。まさにケインズ政策そのものだった。ヒットラーには優秀な経済のブレーンがいた。

国民の信頼を得る政策はこれだけではない。勤務日数や労働時間を定め、労働者が健康的に働けるようにした。また、住宅ローン制度を整備し、マイホームをもちやすくした。さらには中高年の優先採用制度を設け、低所得者に対する減税措置を実施した。また、貯金を奨励し、女性は家にいて育児や家事に専念することをよしとする政策を進めた。

また、国民に、野菜を中心とする健康的な生活を勧めた。ヒットラーは酒も飲まず、タバコも吸わない健康主義者だった。また、国民にきちんと教育が行き渡るようにした。

さらには、中小企業の保護、議員や公務員の天下り禁止など、有意義な政策を採った。

一方で、ラジオやテレビ電話など、当時の先端技術を駆使して、国家の方針の宣伝活動に勤めた。また、フォルクスワーゲンなどの大衆車を開発して、国民が車をもてるようにした。これにより、国民は洗脳され、豊かになったことと併せて、ナチスの人気はうなぎのぼりだった。

ヒットラーは科学技術にも力を入れ、伝統的なドイツの化学の技術を駆使して、人造石油の合成に成功した。合成した人造石油は実際に戦争にも使われた。同様に化学技術により、合成ゴムも開発した。また、世界に先駆けてテープレコーダーも開発していた。

さらには、典型的にはV2ロケットと呼ばれるロケット技術である。これは結局、ドイツから米国に亡命した科学者たちによって、アポロ計画に貢献することとなった。

そんなドイツの科学技術をもってすれば、原爆も世界初で開発できていたはずであった。実際、原子核物理学の泰斗はほとんどがドイツ人である。しかし、結局それが第二次大戦に間に合わなかったのは、皮肉にもドイツの反ユダヤ人政策であった。それによって、アインシュタインなどの有力な科学者が米国に亡命し、原爆開発を遅らせた。そのうち、ドイツの重水製造施設が英国爆撃されて破壊され、原爆の製造は完全に不可能になった。

ここまではナチスの正の側面であるが当然に負の側面がある。その典型は反ユダヤ人政策であるが、純粋ドイツ人でも、不健全なDNAは排除しようとしたのか、精神病者を安楽死させるという非人道的処置を実施した。

また、囚人を使って、病気に罹らせ、ワクチンを試すことで、ワクチンを開発した。結果的にそのように開発されたワクチンは多くの人を救ったのだが、非人道的にみて著しく妥当性を欠く施策であった。

このように、極端に合理的且つ冷酷なナチスの政策であるが、科学技術やアウトバーンなど、現代のドイツやその他の社会に貢献している面があるのも確かである。

われわれはナチスとは全く異なるパラダイムの政策を採っていると人々はいうであろう。しかし、その科学主義、合理主義、エリート主義は一歩間違えるとわれわれの根幹のパラダイムと通底しており、われわれは常にナチス化しないような歯止めを要求されているともいえる。

こちらに書いたように、私は近視用と老眼用の一対のメガネを必要に応じて使い分けるのだが、道を歩くときや車の運転は近視用、本を読むときやパソコンは老眼用と切り替えるので、メガネ・ケースから頻繁にメガネを出し入れしなくてはならない。

そのとき、近視用はメガネ屋で買ったスナップ・アクションの堅牢なもの、老眼用は百均で買ったプラクチックのちゃちなもの、と使い分けていたのだが、使用頻度が高いせいか、わずか8ヶ月程度で、スナップ・アクションの堅牢な方のスナップ動作が不十分で、閉まりが悪くなった。

それで、メガネ屋でメガネ・ケースを買おうと思ったのだが、そもそもメガネ屋に行くのがかったるい。そこで、アマゾンをみたら、どうも安いので500円くらいである。普通はそれで妥協するのだろうが、私は一度だけ百均巡りをしてみることにした。

すると、何件目かの百均で、一見メガネ屋で売っているのと同等の、ハードケースでスナップ・アクションのものを発見した。おおっと、内心快哉を叫んだことはいうまでもない。おろかにも私は4個も買い溜めしてしまった。

改めてメガネ屋で買ったケースと比べてみたが、どうみてもあまり見分けがつかない。仮に多少手抜きして作ってあるとしても、2ヶ月程度の寿命で壊れるはずがない。安物買いの銭失いのアンチテーゼとして百均の法則というのがあって、品質/値段であらわした価値は、ほとんどあらゆる物で百均が優るということになる。と思いつつ、百均で買ったメガネ・ケースの寿命をモニタすることにしよう。

メガネ・ケースが話題に出たついでに、バナナ・ケースに言及する。私は会社にバナナを持参するのが日課である。軽いランチの副食のつもりである。ところが、本などに押されてバナナが鞄の中でつぶれてはいけないと、家人が買ってくれたのが、バナナ・ケースである。色は黄色と緑があったらしいが、なぜか緑になった。熟れる前のバナナという雰囲気である。

そのバナナ・ケースであるが、感心したのは、所定の曲率で作られていて、もしかしてコンピュータ・シミュレーションで、どんなバナナも収まるように設計されたのではないかということである。実際大抵のバナナはピタリと収まる。ところがその仮説は早々に破られた。パリティ非保存のようなものである。少なくともまっすぐなバナナは収納不可能であることが分かった。それからは、バナナ・ケースに収まるような曲率のバナナを選んで買うようにした。これはまさに、ギリシャ神話でいう、プロクルステスのベッドであるが、それくらいは人生、大いに許容範囲なのであった。

ちなみに、バナナ・ケース以外に、ハンバーガー・ケース、ドーナツ・ケースなど様々なケースがあるという。ケースの世界は経済学的にも、微分幾何学的にも、トポロジ的にも、そして神話的にもなかなか興味深いのである。

このアーカイブについて

このページには、2013年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年4月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。