2013年6月アーカイブ

割算判定

user-pic
0

黒川信重氏は、日本におけるリーマン予想のエヴァンジェリストであって、リーマン予想に関する多くの著書があるが、当然かもしれないが、どれもちゃんと理解することは難しい。とてつもなく難しいといって差し支えない。

その最近の著書である、「リーマン予想の先へ 深リーマン予想-DRH」東京図書の最初の方に、私のような初心者のためのサービスかもしれないが、初等的であるがしかし私には興味深い話題があったので、私なりにまとめてみる。

さて、算数の有名な定理で、3で割り切れるかどうかの判定がある。これは誰に教わったか知らないが、私でも随分昔から知っている。何かの教科書にあったのかもしれない。すなわち、例えば、287136が3で割り切れるかと聞かれたら、普通は実際に3で割ってみる。暗算の達人なら一瞬だろうが、普通の人ならちょっと時間がかかって、はい割り切ります、答えは、95712です、となる。

しかし、判定定理によれば、287136の各桁の数字だけ足して、2+8+7+1+3+6=27で、27が3で割り切れるので、287136は3で割り切れます、となる。じゃ、割った結果は?と聞かれると、そんなの知らない、となる。なんと無責任ということになるが、別に割算の結果まで与えますとはいっていない。これでは下手な保険の約款である。ともかく、割算が実質的に足し算になるので、判定が楽になることは言える。

同様の判定定理は実は、9で割る場合にも同様に使える。287136が9で割り切れますかと聞かれたら、やはり287136の各桁の数字だけ足して、2+8+7+1+3+6=27で、27が9で割り切れるので、287136は9で割り切れるといえる。

それでは、rで割ったとき、このように桁の数字の加除だけに着目して割算判定を行う方法としてrにどんな数があるかというと、他には11しかない。

すなわち、一般に、n桁の整数の十進表記を、a1a2...anとする。0 ≦ ai ≦ 9 for i = 1,...,nで、一応、a1 ≠ 0としておく。

すると明らかに、あらわされるn桁の整数の値は、
a110n-1+a210n-2+...+an

ところで、一般に、k ≧ 1のとき、10k = (9+1)kで、これを2項展開すると、(9の倍数部分) + 1となる。すると、a110n-1+a210n-2+...+an

は、(9の倍数部分)+a1+a2+...+anで、a1+a2+...+anが9で割れれば、a110n-1+a210n-2+...+an

が9で割れるといえる。

こうしてみると、3による割算の判定は、9による割算の判定の特殊な場合にすぎないと分かる。すなわち、(9の倍数部分)が3で割り切れるのは明らかなので、a1+a2+...+anが3で割り切れるかどうかみればよい。

11による割算判定は、10kを、(9+1)kでなく(11-1)kと2項展開する。すると、a110n-1+a210n-2+...+an

は、(11の倍数部分)+(-1)n-1a1+(-1)n-2a2+...+anとなる。よって、正負の符号を気にしなれば、a1-a2+a3-...+(-1)n-1anの判定部分が11で割れるかどうか、みればよい。

例えば、10857は、1-0+8-5+7=11となる。10857を11で割ると、確かに987で割り切れている。一方、15686だと、1-5+6-8+6=0となる。0もまた11で割り切れるので、15686も11で割り切れると判定される。判定部分が0になる場合と11の非零倍数になるとでどう違うのだろうと考えてみたが、流石にそこに数論的意味はないだろう。

ともかく、10kを、(9+1)kや(11-1)k以外の、例えば(8+2)kと展開してみても、桁表記に基づく分かりやすい判定部分を得る、という点で全く意味がないと分かる。よって、3、9、11に関わる割算判定だけがありえるのだった。

評価の経済

user-pic
0

友人から、インド映画「ALL IS WELL」を観て面白かった、と感想を書いたメールをもらった。そこでこのメールの内容を文責私でまとめて、その後、コメントをつけてみる。

その「ALL IS WELL」であるが、Webで調べてみると、アーミル・カーン演じる主人公が映画で呪文のように唱えるのは、「ALL IS WELL」でなく「AAL IZZ WELL」らしい。ああ、と昔、インドにある部門と毎週テレコンをして、聴き取れなくて困った経験が蘇った。半分は私の英語力のなさなんだけど、半分はインド英語の訛りのせいである。ともかく「AAL IZZ WELL」の方がインド英語らしい。

さて、「ALL IS WELL」は、インドの一流工科大学に入学した天才青年やがり勉秀才青年たちの物語なのだという。そういえばインドの特徴は理系、特に数学の重視と、その峻烈な受験勉強なのだった。小学校から2桁×2桁の掛け算を暗記し、それの素晴らしさを称揚して日本でも取り入れるべきと言っていた日本の教育者もいた。そんな激しい競争でインドの数学がレベルが高いかというと、2009年の調査では、学生の数学部門のコンクールで、インドの数学は、参加74カ国中72位(日本は9位) 科学部門でも72位(日本は5位)なのだという。

なぜ厳しい競争があるのにその結果かというと、インドではあまりに理系偏重、数学偏重で、理系でいい成績を得ることがよい就職口をみつけることの必要条件となり、その他の文系学問が完全に等閑視されたため、却って数学や科学の創造性が乏しくなってしまっているのだという。

さもありなんである。数学というのは、競争になじみやすい計算問題の群も確かに含むが、きわめて抽象的な、雲をつかむような概念もあり、案外後者の方が数学の本質なのかもと私は思っている。もし方程式をがりがり解くことだけが数学だけだとしてしまうと、確かにそれでは衰退する。

また、数学の成績だけが能力の指標ということになってくると、数学ができないばっかりに未来が閉ざされたと絶望し、自殺する者もでてくる。しかし、どんな分野でもそうかもしれないが特に、数学ほど才能依存のスキルはちょっとない。暗記物なら無闇な努力も功を奏するかもしれないが、数学ができない人に数学を理解しろというのは、犬に猫の真似をして木の上に駆け上れというくらい無理である。

こうして数学志向のインド教育は行き詰っている次第である。ただ、それはインドだけの問題かというと、案外に人類に普遍的なことだと考えたりする。例えば、中国で科挙を導入したのは、どんな人に対しても試験の能力で政府高官に登用される道を開いたという点で画期的であったが、それは結局、四書五経などの知識に偏り、政治運営の知識には全く関与していなかった。

日本の受験制度は、インドほどは数学などの理系偏重でないので、まだしもバランスがとれているが、それでも結果の偏差値という極めて限られた指標が一人歩きする。人間心理で、どうしても数少ないパラメータで評価したいという、評価の経済の傾向が顕れる。

なので常に、複眼的評価の必要性が生じるが、それ自身コストがかかるので、なかなかそちらに向かわない。そもそもが評価自体に、単一指標への傾向が潜んでいるようである。エネルギーのエントロピーの増大と逆で、評価のエントロピーは単純化に向かうようである。

役割の原罪

user-pic
0

昨今の不景気では、リストラが横行しているが、例えば、上からの指示で泣く泣く部下を切った管理職が、責任を感じて後で辞めてしまうという話もよく聞く。

そういうリストラを担当する管理職だった私は、他人事ではないのだが、確かにリストラされる方は安定した収入を絶たれるわけだから辛いのは当然であるが、リストラをする側はノイローゼになりそうなくらい悩んで部下にリストラを言い渡すだけではなく、さらに嫌気がさして辞めてしまうのだろうか。そもそも、リストラを決めたのは上位管理職であって、当該管理職ではない。

それでも世間は、部下を切ったんだから、本人も辞めるのも当然だろうと第三者的に言われたりする。すると、部下をもつ管理職になった瞬間に、その役割になにか原罪がついて回るのだろうか。

しかし一方で、職業的割り切りで部下を切って平気な管理職もいる。確かに上からの指示でリストラやっているのだから、忠実な実行者として振舞えばいいともいえる。そういう立場に立つと、役割は所詮役割であって、そこに原罪が付随するということはないといえる。

それならなぜ、ある人は部下をリストラしたら自らも辞め、別の人はそうではないかというと、どうも、ある人はリストラすることが自らの倫理的感性にヒットし、別の人は、リストラは単なる仕事と割り切れる、ということになる。

すると、職業や仕事の種類で、倫理的感性に抵触しやすい仕事と、そうなりにくい仕事があるということであるかというこになるが、書いてみると当たり前である。

すなわち、他人に作用することが大きい職業や役割で、倫理的感性が問題になってくる。例えば、他人の身体という意味で医者だったり、他人の法的権利という意味で弁護士だったり、検事であったり、判事であったり、また、部下の生殺与奪を握るという意味での会社の管理職だったりする。

そのように倫理的感性が重要なのに、いつも職業的スキルだけが重要視されて、より本質的かもしれない倫理的感性が等閑視される。倫理的感性は、その人が育った家庭環境などという極めてあやふやなものに依存してしまっている。

そこで、倫理なき者は去れという判定ルーチンを作るよりない。はて、誰が判定するのだろう。

心の掃除

user-pic
0

私は子供の頃から掃除が嫌いで、自分の部屋には物が乱雑に置かれて、埃をかぶっていた。それでも気にしないで放置していたので、次第に部屋は耐えがたい様相を呈してくる。一番最悪だったのは、狛江のアパートにいた頃だろう。なにしろカップラーメンを食べたらまだ汁が残っている状態でそのまま数ヶ月放置し、腐敗して異様な臭いを呈していた。それに乗じるかのようにゴキブリたちは乱舞し、ネズミたちは走り回っていた。それでも平気だったのは、部屋だけでなくきっと心も汚れていたのだろう。ひどく鬱屈した日々だった。生き延びたのが奇跡のように思ったりする。

そんな埃で汚れきった心が少し晴れたのは、相手も決まっていないのに、結婚するからと、柿生のアパートに引っ越したときである。どうもガラクタを沢山捨てると、多少心の掃除にもなるらしい。

その柿生のアパートに引っ越してからは、心が少し晴れたせいか、以前のように部屋がカオスになることはなかった。

そんな記憶から、最近また心の掃除について考えるようになった。すなわち、確かに部屋を掃除したりすると、心は少し綺麗になるのだが、それだけでは十分ではない。いくら物理的に部屋を掃除しても、見えない塵が心に降り積もり続けるようである。でも部屋と違って、心の塵や埃に気づく人はあまりいない。

心の塵や埃はどんな働きをするのかというと、先ず、倫理の窓を覆ってしまう。それによって、正邪の判断が確実に狂う。掃除しないとどんどん塵が降り積もり、心は暴走を始める。まさに心の炉心溶融である。

心の塵の別の働きは、満足する心を麻痺させる。お金、性欲、物欲、名誉欲をこれでもかと昂進させる。欲望が膨らむほど、なぜか塵の量も増える。

で、心を掃除するにはどうするかというと、日々少しずつ、塵や埃を払うよりない。でも、畳を掃くのとはわけが違う。どうやって払うかというと、日々湧きがった情念や欲望をなにか見えない箱に放り込んで、少なくとも前の日のレベルに戻すという地道な作業しかない。

あまりやったことがないが、座禅は心の掃除に役立つのだろう。私が好きなのは、延々と何時間ものんびり歩くことである。そうすることで、心は確実に洗われる。

戻って、欲望といえば、昔貧乏だった時期を思い出して、欲望を抑えることで少し心が洗われる。倫理については、あえて、嘘をつかない、欠点を認めるなど、原点復帰してみる。

そんな心の掃除がどうしてもできないという向きには、取っておきの方法がある。それは天変地異に遭うことである。例えば、津波から命からがら逃げ切ったら、心は怯えているがなにほどか洗われているだろう。ただ、洗われすぎて、PTSDになるかもしれないが。

天変地異は論外としても、毎日少しずつ心を掃除しよう。さて、どうやってやるか、いつも迷うのだった。

遺伝子特許

user-pic
0

読売新聞の記事によると、遺伝子について、自然の状態では特許を認めないとする判決が米連邦最高裁で出たという。引用すると、以下のとおりである。

【ワシントン=中島達雄】米連邦最高裁は13日、乳がんや卵巣がんの原因となる遺伝子について、自然の状態では特許を認めないとする判決を出した。

遺伝子検査用など人為的な操作を加えた遺伝子は、特許に値すると認めた。米国での遺伝子特許に一定のルールを示した判例で、企業にとっては、DNA技術の利用がしやすくなり、この分野への参入が活発化する可能性もある。

乳がんや卵巣がんは「BRCA1」「BRCA2」と呼ばれる遺伝子に変異があると発症しやすい。米ユタ州のミリアド・ジェネティクス社がこれらの遺伝子に関する特許を取得しているが、米市民団体「自由人権協会」は、特許のため、乳がんの遺伝子検査費用が高くなっているとして、2009年に提訴していた。

私は、長年特許実務に携わっているとはいえ、担当分野は情報処理技術がほとんどで、遺伝子はまったくの素人である。なので、遺伝子の特許は、少なくとも米国では、発見レベルで権利を取得できるはずだ、くらいの認識しかない。

そこで、日本の特許庁の審査基準をみると、「ATGTAC・・・TGCCTGで表されるDNA配列からなる遺伝子」や「Met-Tyr-Met...Cys-Leuで表されるアミノ酸配列からタンパク質をコードする遺伝子。」というレベルで権利が取得可能のようである。要するに、このように記述される遺伝子が、産業上の利用可能性を有すればいいのだろう。これは明らかに、自然の状態のままの遺伝子に権利を認めることであり、上記米国最高裁判決より広い。

ただ、研究者にしてみれば、有用な遺伝子を特定すること自体、膨大な解析や実験の努力を重ねなくてはならず、そうやって特定した遺伝子自体を権利化できないと辛い。もし遺伝子を特定しても、それ自体を権利化できないなら研究者は、その遺伝子を使った、製薬のような応用研究で特許を取れる段階まで、論文などでの発表を控える。すると技術の秘匿化傾向が生じ、遺伝子を使った医療技術の発展も阻害されないだろうか。特に日本以上に製薬技術の進んだ米国では、この判決は一層の議論を呼ぶのではないか。

ちなみに、USPTOのサイトでみてみると、ミリアド・ジェネティクス社の名前で出ている米国特許は、7,939,087と、8,431,139しかない。

7,939,087も8,431,139も以下のような同一のAbstractなので、関連出願なのだろう。

The invention provides proteins from group B streptococcus (Streptococcus agalactiae) and group A streptococcus (Streptococcus pyogenes), including amino acid sequences and the corresponding nucleotide sequences. Data are given to show that the proteins are useful antigens for vaccines, immunogenic compositions, and/or diagnostics. The proteins are also targets for antibiotics.

これらはどちらも2011年以降に発行された特許なので、米市民団体「自由人権協会」が2009年に提訴したという乳がん関連の特許ではない。すると、それはミリアド・ジェネティクス社の名前で取得されたものではないようである。企業買収などでミリアド・ジェネティクス社の社名が変わったか、あるいはミリアド・ジェネティクス社が他社や大学などから当該特許を買い取ったか、なにしろ業界が違うとまったく土地鑑が働かなくてどうしようもないのであった。

節約

user-pic
0

私は定年近くになって、若い頃より節約を心がけるようになった。若い頃のほうが収入が少なく、かついろいろ経費もかかったはずなのになんで今更というと、定年が近づいてきて、収入が途絶えることになりそうだからである。

定年後しばらく辛抱すれば年金も出るはずなのだが、国家財政はみるからに不安定で、今後きちんと年金が支払われるのか到底信頼できない。なので貯金を大事にしている。

もちろん、国家が破綻してしまえば、貯金も紙くずになってしまうので、そのときは呆然自失することになるのかもしれないが、今更異様に生きることに執着すべき年齢でないのは確かである。

そんな私だがもちろん、節約してはいけない場合があるというのを知っている。日常でなく、あえて将棋を例に出す。将棋では、相手に攻められたとき、玉をかわすか、盤上にある駒を移動するか、持ち駒を打って受けるか迷うことが多い。特に初心者のうちは、相手を攻めることばかり考えるので、手駒はなるべく打たないで節約しようとする。しかし、初級から中級に至るある時点で、盤上にある駒を移動すれば済む場合でも、敢えて持ち駒を投入するほうが望ましいことが多いという事実を知る。特に金銀を投入すると、自陣が強化され潰されにくくなる。何度も攻め潰されて、やっと自陣に過剰に金銀で手を入れる価値を悟る。私などそれを知ったとき、嬉しくて、攻めてこないのに過剰に金銀を自陣に投入し、すると棋友が、よっ、鍛えが入っているね、とおだてるので、いい気になってその傾向を強めた。ただ、駒を自陣に入れすぎて攻めが切れたことも数限りない。

ともかく、将棋を通じてだが、惜しんではいけない、惜しむと致命的に評判が下がる場面があることを私は学んだ。例えば、葬儀での香典費用とか、結婚式のご祝儀費用などである。それを相場を維持しないと立ち上がれないくらいのダメージを受ける。

そういえば、私の出身の島で、どういうわけか縁がなく一生独身で80歳になったという女性がいた。なにしろ、OLになったこともなく、現場工事のアルバイトのようなことで生計を立てていたので、年金が毎月3万円と極小であった。それで、町内会で誰か亡くなったとき香典を集めるのだが、周囲の人はその人の年金の少なさを知っているので、気持ちだけでいいと話していた。しかし、その女性はプライドがあって、わずかな貯金から捻出して、きちんと周りの、比較的裕福な人と同じ額を払っていた。惜しんではいけない場合というのを知っているからであった。

きっと人生には、金銭的支払い以外にも、場合により惜しんではいけないものがあるのだろう。それは何かな、と今更のように考えてしまう次第である。

元警視庁の捜査一課長だった、久保正行氏の「君は一流の刑事(デカ)になれ」東京法令はもともと、久保氏が後輩刑事育成のために書いた本であるが、もちろん刑事志望でなく普通の人が読んでも面白い。

この本は、久保氏が刑事として実際に経験した事件を題材に、刑事としての基本的な心構え、技術などを切々と説くという内容になっている。

まず、よく「罪を憎んで人を憎まず」というが、刑事は徹底的に犯人(ホシ)を憎み、アタックしていく。ただ、憎むからといって、がむしゃらに行動してはいけない。警察法も刑事訴訟法もある。コンプライアンスに沿った捜査を行う必要がある。

最初に必要なのは刑事としての体力、知識、使命感、正義感、責任感、その上でさまざまなノウハウを蓄積していかなくてはならない。

刑事は粗野な体育会系では務まらない。まず要求されるのは、基礎力としての鑑識眼、そして、いくらなんでもまさかこれはないだろうという「まさかの坂」を超える執拗な推理である。

そのためには捜査は粛々として行う。捜査の基礎があればやるべきことを淡々とやるのである。淡々とやる、というのは、どんな証拠もないがしろにせず調べるということである。ゴミの山でも、トイレの中でも臆さず調べる。

刑事は足まめでなくてはならない。警察手帳をあえて出さないで聞き込みもする。また、足まめだけでなく、筆まめである必要もある。その場でメモしておかないと忘れてしまうからである。

刑事はもちろん犯人を落とす必要がある。被疑者の取調べは、コロシ3年、アカ(放火)8年というように、それだけでも熟練するのは大変なテクニックである。しかし一方で、検察を現有の証拠で説得して逮捕状を出させなくてはならない。これが意外に難事でどうしても検察が同意してくれなかったりする。

鑑捜査というのもある。事件発生場所やその近辺を知るものを「土地鑑」といい、被害者と面識がある者を「敷鑑」という。兼ね合いが強いものを「濃鑑」、薄いものを「薄鑑」と呼ぶ。

捜査の各論として、あぶり出し捜査がある。犯人手配のビラを配ったり、ポスターを貼ったりすることである。そのために似顔絵を描く専門家が警察にいる。

また、張り込みもある。指紋やDNA鑑定、ポリグラフなどの科学捜査も駆使される。

外国人の被疑者の場合には翻訳官を使う際の問題もある。

マスコミに対する情報漏えいの問題もある。マスコミの記者は、鵜の目鷹の目で事件の情報を探ろうとする。

さらには誘拐事件の身代金引き渡し、人質監禁事件や立てこもり事件の強行突破のタイミングなど、その都度リアルタイムの判断を要求され、刑事というのがいかに難しい仕事か改めて浮き彫りにされる。

このように複雑な刑事の仕事なので、囲碁・将棋の修行のように刑事は徒弟で修行しなくてはならない。お茶汲み三年である。その間先輩刑事から何度も怒鳴られる。

一人前と呼ばれる経験を積んできても日々の勉強は欠かせない。それこそ科学捜査、心理学、その他雑学である。聞き込みのためには話術も鍛錬しなくてはならない。推理を働かせるには頭脳を絞らなくてはならない。

あと、この本には書かれていないが、刑事がいつも凶悪事件や死体や暴力団員などの相手に晒されていたら、次第に心がすさんでこないのだろうか。そのあたりどう中和し、心の平安を保つのだろうか。なんにしても刑事は実に難しい職業である。

棋聖戦第1局に続き、棋聖戦第2局を迎えた。渡辺の先手番である。

ところで、棋聖戦第1局で羽生に負けた後、渡辺の調子がちょっとおかしい。まず6月14日のA級順位戦で、深浦に負けた。完敗であった。そして6月19日の郷田との王座戦挑戦トーナメントでも負けた。

渡辺に関して感じるのは、モードチェンジである。すなわち、もともと居飛車党の渡辺は振飛車はまず指さないが、ここ数年は、先手なら76歩から矢倉か角換腰掛銀、後手でも84歩で矢倉か角換腰掛銀で圧倒的な勝率を誇ってきた。

ところが、最近になって渡辺は、その常勝パターンを捨て、先手で26歩から相懸、後手なら34歩から横歩取りと意図的にモードを変えてきた。そうした中の最近の不調である。

これを世間は、不調であるがゆえに目先を変えてモードチェンジしたと思うかもしれないが、多分違う。囲碁の例で、当時圧倒的強さを誇っていた趙治勲が、その本来の地に辛く凌ぎの棋風をあえて、武宮ばりとはいかなくても、厚み重視の棋風にモードチェンジしたことがあった。その結果調子を崩し、趙治勲は負けが混んだ。なんで勝っているのにモードチェンジするのかと当時思ったが、今にして思えば、超一流棋士というのは、目先の勝利よりも大事な何かがあるらしい。それを求めて、不調になるのも省みず脱皮するようである。それをしないと超一流棋士の感性を維持できないようである。それを敢えてしている渡辺もやはり超一流棋士ということになるが、ともかく渡辺の不調はもう少し続くのだろう。

そう考えているうちに棋聖戦第2局になり、渡辺は果たして先手番で26歩、矢倉を選ばなかった。

棋聖戦第1局でした私の戦形予想は全く外れた。

羽生は後手番で横歩取りに誘導した。当然に85飛戦法かと思ったらなんと、角交換型の横歩取り、もう何十年も前から指されている戦形である。ところが、19手目、この戦形でよくある77銀という手を渡辺は敢えて避け、77桂と変化した。あまり指されないかたちである。

結果、互いに飛車を8筋、2筋に回る展開になった。そこで羽生が仕掛けたのは、42手目、わざわざ相手の銀が65銀と出ているのに、74歩を取りなさいと84銀と出たことである。取ってこないので羽生は、73桂とあくまでも取れと催促する。

渡辺は気合で74銀と歩を取り、後手の24飛に56角とつないでみると、83銀成が簡単には防げず、素人目には渡辺がよさそうである。

そこから羽生が64角と切り返し、50手目76歩と桂馬頭を攻め、52手目55角とと金を作りに行くに及んで、足を止めての激しい打ち合いになった。

難解な攻め合いとなったが、64手目、78金に当てて86桂と羽生が打ったのがありそうでなさそうな意表の好手で、これに渡辺が79歩と打って辛抱しなくてはならないようでは、少し羽生がリードを奪った。羽生の玉は薄いようでも意外に耐久力があるのである。

その後、69手目、当然のように渡辺が63銀成としたのがよくなかった。ここは不成だった。直後に74飛と活用する余地を残したのである。24飛がいなくると自分を玉頭が危なくなるのを羽生は知っていたが、これで一手勝になるのを羽生は見切っていたようである。

誰でも見える96角には、ニコ生で塚田九段が指摘しいていた羽生の58龍がある。こうして渡辺にしてはいかにも迫力のない終盤で、以下危なげなく羽生が勝ちきった。渡辺のトンネルはもう少し続くのだろう。そして早晩脱皮するに違いない。

転迷

user-pic
0

今野敏の隠蔽捜査シリーズ3の疑心に続き、隠蔽捜査シリーズ4の転迷を読んでみた。すると、隠蔽捜査シリーズ3が、竜崎と恋愛感情という、いまいち座りの悪いテーマを含んでいたせいかやや緊張感を欠いていたのが、隠蔽捜査シリーズ2の果断と同等以上の出来に仕上がっているので、満足できた。

すなわち、果断では、まだ大森署長に就いたばかりの竜崎が、勝手が分からずとまどいながら学んでいく様が描かれているが、転迷では、すっかり大森署長が板についた竜崎としてあらわれる。

しかし、そんな竜崎を待ち受けるのは、目撃者のいないひき逃げ事件で、捜査に難渋した。そうしていると、大森署長が暴力団の麻薬取引の売人を逮捕したことに関連して、厚生労働省の麻薬取締部から横槍が入った。さらに大森署の隣の大井署管轄内で外務省の職員が殺されるという事件が発生し、また、大森署管轄内で放火事件が起き、竜崎はてんてこ舞いとなった。

ひき逃げ事件には本庁の交通捜査課が関与し、大井署の事件に関連して外務省との綱引きが始まり、厚生労働省の麻薬取締部は何度も関与してきて、流石の竜崎もパニックになりそうになってきた。そこで仕方なく、本庁刑事部の伊丹部長に相談した。

やがて麻薬取引は南米との関連が浮かび上がり、殺された外務省の職員が果たしていた役割が調べられた。

このように、今までの隠蔽捜査シリーズになく、転迷は国際色を帯び、また、大森署、警視庁だけでなく厚生労働省、外務省、さらには警察庁との折衝をなぜか一手に引き受けることになった竜崎は、苦悩しつつも八面六臂の活躍であった。ちょっと竜崎が、藤原伊織ばりに格好よすぎるような気がしたが、まあ許容範囲か。

結果主義

user-pic
0

所用で車を運転していてふと、将棋はどんなに優勢でも、最後にヘマして負けたら意味がないと言われるが、本当にそうかと思った。いやむしろ、結果主義の前提ではそうに決まっているのだが、それはあくまでも一つの立場にしかすぎず、そうでない立場も是認すべきできないかと、何を今更と思うようなことを考えた。

結果主義に傾いているのはなにも、将棋が趣味だからだけではない。例えば、勉強しても学歴や資格につながらなくては意味がない、女性に親切にしても付き合えないなら意味がない、特許出願しても特許査定につながならなくては意味がない、営業マンが足を棒にして売り歩いても売れなくては意味がない、等々である。

その当然のような結果主義の前提を疑問に思ったのは、私のサラリーマン生活がごく終盤に近づいたからかもしれない。

すなわち、結果主義の反対は過程主義なのだが、解析力学のラグランジアンでは確かに2つの状態の間をつなぐ経路全体の最適化という意味で一見過程主義のように見える。しかし、結局、過程の変分という形で結果主義に名をなさしめてしまう。

私は一体何が言いたいのだろうか。言いたいことは、末尾をして過程を代表せしめてはいけないということである。具体的に言うと、一生を通じて権勢を誇った人が、最後に捕虜になって絞殺されたとしても、人生全体としては優雅な人生だったということである。逆に、一生を極悪非道に過ごした人が死ぬ間際に改心して念仏を唱えたからといって、それが何ほどのことがあろう。人生の末端点は所詮末端にすぎない。

もっと言うと、人生を金だの、偏差値だの、学歴だの、地位だの少数のパラメータだけで記述してはいけない。たとえ便法であってもである。

要するに、人生の変分法には然したる意味がない。はて私は一体何が言いたいのだろうか。

例えば、東日本大震災の津波で、夫と子供と孫を一気に失った人がいたという話を聞くと、なんと悲惨な事故だろうと誰もが思い、共感したように気になる。しかし、実は多分、家族が似たような災害に遭った人しか、理解というか共感と呼べる領域に達しない。

例えば、娘を犯罪者に殺された人の気持ちは、津波被害者の遺族はもう理解できない。もちろん、何もなく無事暮らしている家族よりは分かるだろうが。

このように、理解や共感のスコープは本当は極めて狭いのだが、往々にして、君の気持ちも分かるけど、いつまでもくよくよしていても仕方ない、元気だせよ、などと安易にいう。善意なのだが、言われた方はいい迷惑である。そこには何の共感も伴っていない。むしろ、情けない奴だと思っているという侮蔑を感じるかもしれない。あるいは、他人の不幸は蜜の味だったりする。

それではなぜ、世間は、経験の差に関わらずなんとか共感できると錯覚するのだろうか。それは、大衆世界の公理なのだろう。すなわち、共通の対象に対して、大衆は概ね同様に反応するという公理である。それは単に言語を表面的に理解するという意味では、ほぼ正しいのだろう。しかし、悲痛、コンプレックス、諦めなど感情がからむと途端に通約不可能になる。

そこまでは誰もが分かるのに、東日本大震災の津波災害などと、平易な言葉で災厄が記述できると、まるで小説でも読むように共感できたことになってしまう。

これが数学あたりになると、通約不可能性は大抵の人に自明となる。しかし、数学に馴染みのない人は、偉い数学者はどんな分野の数学にも通暁していると簡単に誤解する。そこでも、数学の分からなさの対偶として、専門家の理解の一様性を仮定してしまう。それは災害被害者をひと括りにして共感の錯覚に誘われるのと相似である。

人生に生まれてくる意味の一つはおそらく、理解や共感の一様性の迷妄を破ることにある。そのためいろいろな体験をしてその辛さの構造に想到する。しかしそれは意外に難事のようで、相当な年齢に達してもそれが分からない人がいる。それが幸福な人生の定義だったりする。

心霊特捜

user-pic
0

隠蔽捜査シリーズと、ベイエリア分署シリーズが面白かったので、すっかり今野敏のファンになってしまった。それで、たまたま古書店でみつけた、今野敏の「心霊特捜」も読んでみることにした。これはどちらのシリーズにも属さなくて、登場人物もニューである。

心霊特捜というのは、よくFBIなどで超能力で行方不明者や犯人を捜す捜査官のことかと思っていたら少し違う。担当するのは神奈川県県警の鎌倉署に駐在する、R特捜班である。チーフの係長は、番匠京介。いつもぼやっとしているが、なかなかいリーダーシップを発揮する。主任は数馬史郎。それから、鹿毛睦丸。女性警官のメンバーがいて、比謝里美。最後に、連絡係の岩切大吾。この五人のうち、霊感があるのは、数馬、鹿毛、比謝の三人である。

数馬は古神道の修行をした。鹿毛は密教系の寺の生まれで、密教の修行で超能力を身につけた。比謝は沖縄出身のノロで霊を体に乗り移らせて成仏させる特技をもつ。

こんなR特捜班は、本庁の所属であるが、鎌倉署にあるのは、古い寺社が多くて、なにかと霊に縁があるから、ということらしい。

さて、読み進めてみて、流石今野敏だ面白い、となるかというと少し違う。というのは霊は警察と折り合いがつけにくい。霊は犯人にも被害者にも参考人にもなれない。なので霊感で感じたことを調書にも書けない。それで最初、靴の底から痒いところを掻くようなもどかしさを感じた。

今野敏は霊のことをよく調べていて、あまり霊を表に出さない。その性質も、私がシルバーバーチなどのスビリチュアルの本を読む範囲と矛盾しない。ただ、その分ストーリーにいまいちパンチが効かなくなるのも仕方ないのだった。

これは短編集であって、最初は怪訝だったのだが、4つ目の「ヒロイン」を読むあたりから、独特の味わいに慣れてきた。そして、警察小説にも拘らずほとんど残虐な場面の出てこない、まったりした癒し系の雰囲気が次第に楽しくなった。霊があくまでも隠し味に徹しているのがいい。

ただ、死者が生き返るという生ける屍の死という実験的な推理小説にほとんど類作がないように、心霊をフィーチャした警察小説もなかなかないのであって、名手、今野敏も流石にR特捜班は、隠蔽捜査シリーズベイエリア分署シリーズのように発展させられていない。

なので、これはこれで特異点の小説なのだが、スピリチュアル好きな私には続編歓迎である。やはり書かれないかな。

易行

user-pic
0

仏教というのは、釈迦仏教→小乗仏教→大乗仏教という流れがあるが、まるでエントロピーの増大のように次第に、修行が易しくなる。

なぜ修行を易しくするかというと、そうしないと大衆を取り込めないからである。大衆の支持をとりつけ、経済的にお布施など得ないとお寺の経済基盤が成り立たない。それで、簡単な行で覚りをひらける、極楽浄土に行けるというように教義を改変する。

天台宗は、最澄によりひらかれた宗派であり、法華経を最高の経典と定めた。ところがである、天台宗の比叡山で修行した僧の中で、法然の浄土宗、親鸞の浄土真宗など、阿弥陀仏をフィーチャして、南無阿弥陀仏と唱えればいいという易行に教義が改変された。

そうはいっても、法然であれ親鸞であれ、法華経だけでなく様々な仏教経典を必死で勉強した。ただ聴講すればいいというセミナーの講師は流石に、MBAはもっている、というような次第である。

日蓮は、浄土宗や浄土真宗を激しく批判した。それでは易行のスキームを変えるのかというとそうではなく、自らが法華経の説く四人の菩薩の筆頭の生まれ変わりとし、「南無妙法蓮華経」と唱えればいいとした。やはり易行ではないか。

私が易行を納得がいかないと思うのは、例えば、アインシュタインの特殊相対性理論を私はきちんと理解してないので、一度ちゃんと勉強しなくてはならないと思っているのだが、ローレンツ変換だのでてきて、あまり簡単ではない。一応物理学科を卒業した私でもそうなので、全く数学の素養がない人はもっと難しいと思う。これを、特殊相対性理論を易行化して、E = mc2さえ憶えてしまえば、特殊相対性理論はマスターしたことになると言ってしまうと、ほとんどの人は特殊相対性理論教の信者になれる。しかし、それでいいわけない。

こういう観点で世間を眺めると、多くの事柄が、複雑な核を易行の衣で包んだテンプラになってしまっている。すると、易行だけをかき集めた調子いい人達がジャーナリスティックに世間でもてはやされてしまう。昔からそうだったんだよと思うのだが、どうしても納得がいかないのであった。

鳥のように

user-pic
0

志村五郎批判に関して、アマゾンのコメントでは、必ずしも足立恒雄氏に与する人は多くないように思え、私はなぜか安心した。そうしているうちに、志村五郎氏に「鳥のように」という、「記憶の切絵図」の続編があることを知って、迷わず買って読んでみた。

すると、志村五郎氏が、芸術特に美術や骨董の趣味がある人だということが改めて分かった。そもそもが、「鳥のように」という本の題名も、志村氏がはっと驚くような美を感じたイランの陶磁器に基づく。鳥の絵が描かれた陶磁器が表紙を飾り、確かにこれは不思議な絵である。私の感覚では、美というのとは少し違うが。

「鳥のように」は、志村氏の美術や文学に対する感性を感じさせる記述に溢れているが、もちろん数学に対する思いもにじみ出てくる。当然に志村氏はオリジナリティというかアイデアの本質性にこだわり、世間の評判には関知しない。だから、有名大学の教授だろうと、世間で権威といわれていようと、単にいままでの斯界の業績をまとめたような仕事を評価しない。

その文脈で、大学では、いかに学び学ばなかったという点にも言及する。古臭い射影幾何学や、小学校の鶴亀算など、最早却って学ばないほうがいいとい指摘は傾聴に値する。もちろんその分、新しいことを学び、オリジナルなことを考えるのである。単なる怠惰の勧めではない。

「鳥のように」の白眉は、丸山真男批判である。東大教授として一世を風靡し、今でも伝説的な政治学者と祀り上げられている丸山真男と会話したときの印象から、その中国文学や古典に関する知識の基礎のあやしさに気付き、彼は結局ジャーナリスティックだと決め付けた。

超一流であるが、一介の数学者である志村五郎の丸山真男批判など、世間はあまり相手にしないだろう。しかし、私は志村氏の学問全般に対する厳しい姿勢をここに看てとる。

志村氏の丸山真男批判は、志村氏の中国文学に対する深い造詣に基づく。そうやって自負を淡々と語るところは、謙譲を重視する日本人のメンタリティに合わない。なので、あまり好ましく思わない人も多いかもしれないが、本当に一流の域に達しているなら、鷹は爪を隠す必要もないのではないだろうか。

数学に戻って、志村氏はフェルマの定理の証明に本質的寄与をした、谷山・志村予想を提出した本人なのだが(実は、志村氏単独の寄与という話もある)、谷山・志村予想を提出しておきながら、その予想を自ら証明しようとしなかった。「鳥のように」で志村氏は、次のように述べる。

数学者はこのようにはっきりと定式化された問題を解くことのみを仕事としているわけではない。「あまりはっきりとは言い表されない混沌の中から秩序を探し出し、必要とあれば新しい概念を導入して理論を構成し、新しい原理または事実を『定理』として証明して示す」と言ったほうがより適切であろう。すでにある問題はその出発点あるいは手がかりを与えてくれるものであって、もとの問題は必ずしも解けなくても困らないのである。

このように志村氏は、既知の数学の予想の証明に血眼になる人ではない。そういう人がいてもいいが自分は違うと淡々と述べている。だから、谷山・志村予想が証明されましたね、とメディアから聞かれたときも、私はそういいましたよね、みたいに淡々と応じるだけで、興奮したりもしない。

そんな志村氏は米国数学界でも毒舌を以て恐れられたようであるが、「鳥のように」によると、大学院生などの指導は、なんとか解ける問題を探してあげようというもので、案外に思いやりに満ちたものである。決して峻厳な教師というわけでもない。

志村氏の考え方は筋がとおりすぎていて、世間にはあまり受け入れないだろうと思われる。ただそれだけのことなのであった。私は志村氏にあやかって、少しだけ筋を通して生きたい。

NHK杯将棋トーナメントのあと惰性でそのままNHK杯囲碁トーナメントを観るのであるが、どうみても不自然だと思うことがあるので、誰にも自明かもしれないが指摘してみる。

まず、将棋の方では、対戦前に両対局者が一言挨拶する。それで、佐藤紳哉の、「序盤・中盤・終盤・隙が無いと思うよ。」という迷言?が出た。確か、囲碁の方でも両対局者の挨拶があったと思うのだが、いつの間にかなくなった。囲碁棋士から、止めてほしいと苦情があったのだろうか。

世界に対する普及度などに鑑みて、囲碁の方が将棋より進歩的ではないかと言われたりする。しかし実はそうでもない。例えば、将棋では、橋本八段や野月七段など、平気で茶髪の棋士がいたりする。しかし、囲碁では茶髪での対局は禁止だそうである。囲碁の方が進歩的なのは椅子席での対局を許すことである。将棋の升田九段は椅子席での対局を主張して受け入れられず、引退した。

しかし、そんなことは表面的であって、NHK杯囲碁トーナメントで一番不自然なのは、対局の終わり方である。例えば、番組終了まであと2分しかないという1時58分になって、素人目に優劣不明でどうするのだろうとみていると、少し不利な方が投了する。中押しというわけだが、解説の棋士も、あれっここで投げるのですか、という。これは明らかに、番組の都合で無理やり投了させられている。

昔は、NHK杯囲碁トーナメントで、手数が長い対局で、途中は手順のみ進めるという方法が採られていた。そして最後のほうになって実時間で対局し、最後まで打たせる。竜星戦ではいまでもその形式が採られていて、明らかにこちらの方が自然である。もし番組ディレクターによって囲碁棋士が投了を強いられているとしたら、問題ではないか。

あと、NHK杯将棋トーナメントとNHK杯囲碁トーナメントの共通だが、対局日が明示されない。一方、囲碁将棋チャンネルの銀河戦と竜星戦ではちゃんと、実際の対局日が明示される。このあたり、NHKのブライドなのだろうか。しかし、めっきり率直さを重んじるようになった私にはNHKのやり方に欺瞞を感じる。言いすぎだろうか。

初陣

user-pic
0

今野敏の疑心に続く隠蔽捜査シリーズとして、「初陣」を読んだ。ここまでの隠蔽捜査シリーズと違い、「初陣」は短編集であるが、ベイエリアシリーズですっかり短編の秀逸ぶりを見せ付けられた私は、短編であるがゆえに一層、期待してしまう。

この短編集は、一貫して、竜崎の幼馴染である、警視庁刑事部長の伊丹の視点から書かれている。最初の「指揮」は、伊丹が前任の福島県警から警視庁に異動する様が描かれている。

次の「初陣」は、伊丹の警視庁で最初の事件を扱う様が描かれる。

次の「休暇」は、たまにはのんびりとと、伊丹が温泉旅行に行った間に事件が起き、てんてこ舞いになる様が描かれる。

次の「懲戒」は、選挙違反にからむ不適切な行動をとった捜査二課の警部補の処分を巡る葛藤のストーリーである。

次の「病欠」は、伊丹がインフルエンザでダウンしてしまう顛末が描かれる。

次の「冤罪」では、捜査員に誤認逮捕の疑いがかかり、刑事部長の伊丹が慌てる描かれる。

次の「試練」は、前の「疑念」で、本庁の美人キャリアである畠山美奈子が竜崎の元に送り込まれた経緯が説明される。それは広義のハニートラップだったのかどうか、読んでのお楽しみである。

「静観」は一見大変そうなトラブルの連鎖に、竜崎が平然としている様が描かれる。

「試練」を除き、葛藤と不安を抱く伊丹が、進退窮まり竜崎に相談し、快刀乱麻と解決に至る。ちょっと竜崎が格好よすぎるかもしれない。

そういう意味で、「試練」で伊丹が竜崎を助けることになるのは、一方の快哉である。

それにしても今野敏は、ありきたりのプロットに、心理描写を施し、一流の読み物に仕立て上げるのが巧みである。そもそもが、「初陣」に出てくる短編のどれにおいても、事件そのものは普通、警察小説のテーマになりえないほどありきたりのものである。それに不安、優越感、劣等感、葛藤などの心理描写の味付けをほどこすと、あら不思議で、ぐんぐんひきつけられる小説になっている。絶妙のソースというか調味料といえる。

強いて難癖つけるなら、今野敏の小説は、読み易すぎて、面白すぎて、後に残る印象が、高村薫などと比較してちょっと薄い。しかし、読後爽快になるので、重厚な読書感を期待するのはないものねだりだろう。

もう随分前のことのような気がするが、将棋電王戦の対戦内容と結果は以下のとおりであった。なお、蛇足ながら、私のブログ記事へのリンクもつける。

  • 第1局 3/23】▲阿部光瑠(こうる)四段-△習甦(しゅうそ)→阿部勝ち
  • 第2局 3/30】▲ponanza(ぽなんざ)-△佐藤慎一四段→ponanza勝ち
  • 第3局 4/6】▲船江恒平五段-△ツツカナ→ツツカナ勝ち
  • 第4局 4/13】▲Puella α(ぷえら・あるふぁ)-△塚田泰明九段→持将棋引き分け
  • 第5局 4/20】▲三浦弘行八段-△GPS将棋→GPS将棋勝ち

週刊将棋を眺めていて、これら将棋電王戦闘士たちのその後成績がどうなっているか気になったので、調べてみた。いずれも、4月1日から5月末までの実績である。

  • 阿部光瑠四段:2勝3敗
  • 佐藤慎一四段:0勝1敗
  • 船江恒平五段:3勝2敗
  • 塚田泰明九段:0勝0敗
  • 三浦弘行八段:0勝3敗

このように、三浦八段は明らかに不調に陥っている。比較的若い人はあまりコンピュータ将棋との対戦の後遺症はないようであるが、それでもゼロではないようである。おそらく、何ほどか感覚を破壊されてしまうのだろう。

対戦はしてないが、羽生の4月1日から5月末までの実績は、なんと2勝6敗である。短期間とはいえ、こんな不調の羽生をみたのは久しぶりである。やはりコンピュータ将棋の圧倒的な力にショックを受けたようである。

一方で、6月に入って三浦は、A級順位戦で屋敷を破り、羽生は棋聖戦第1局で難敵、渡辺を破った。してみると、コンピュータ将棋の呪縛は2ヶ月たってやっと解けてきたようである。草津の湯でも癒されないコンピュータ将棋患いは、時間しかないのであった。

引退の作法

user-pic
0

最近、会社の定年が近くなってきて、どうしても引退ということを意識する。そこで、思いつくままに、引退の作法について述べてみる。

典型的な引退は定年であって、要するに、能力があろうがなかろうが、健康だろうが病気だろうが、一定の年齢、例えば60歳で定年というのは、私は悪くないと思っている。その双対は、20歳の成人である。天才でも秀才でも平凡でも魯鈍でも、20歳になったら一応一人前扱いする。その数理的客観性がいい。

なぜそんなことを今更いうのかというと、サラリーマンを長くやってきて、年齢とはあまり関係ないような昇進システムに晒されてきたからである。後輩に地位で追い抜かれるのはまあ仕方ないが、仕事の実力という面で納得がいかないことが多い。いろいろな面でどうみても自分の方が優秀と思う例が少なくなかった。単なるやっかみだろうか。ともかく、なので、年齢でずばっと決めるのが小気味いい。

あと、定年までまっとうできればいいが、どうしても会社都合、その他の理由で、会社を去らなくてはならないこともある。まあ縁が尽きたと思って、他を当たるべきである。

年齢とは別の引退の作法は、能力主義である。例えば、将棋連盟では、あるレベルの成績を達成できないことが続くと、年齢に関係なく引退に追い込まれる。逆にいうと、成績が維持できるなら80歳でも現役が続けられる。こういうのも客観性があってよい。

それでは主観的な引退とは何かというと、典型的には自営業である。自営業だと年齢に関係なく、自分でやれるうちは続ければいい。これなど、無限自己責任なので、好きなようにやるのは自由で、そのせいで負債を負うのも自由である。

また、やや特殊なのだが、無限自己責任ではないのに、引退は自分で決めていいというケースがある。例えば、プリンストン大学の数学の教授だった志村五郎氏は、定年が68歳なので、丁度そこで辞めようと思っていた(数学の研究というのではなく、教授の地位という意味だと思う)。ところが、州の法律が変わり、年齢による定年がなくなってしまった。普通だとラッキーと好きなだけ大学教授を続けるのだろうが、志村氏は、69歳のとき、教えることに飽きてきたので、そこで辞め、あとは中国文学など好きな本を読んだり、書きたいと思っていた本を書くことにした。当たり前であるが、現役と同じパターンの生活をずっと続けられるわけがない。それを健康や能力の衰えの理由で変えるというよりも、自発的に自ら選んで変えるというのが積極的で好ましいと思う。

要約すると、きちんとした年齢制限があれば、それに従えばいいし、そうでなく自分で選べる裁量があるなら、周囲から期待されるより少し早く引退し、別のモードに切り替えて生活する、これが引退の作法の基本だと思う。そこで当然に趣味や興味、そして交友関係の問題が出てくる。そこはある程度事前に時間をかけて投資しておかなくてはならない。重要なのに見落とされやすい点である。

食べ物と脳

user-pic
0

以前に、脳の栄養や、ブレインフードで、脳によい食べ物について記述してみたが、「食べ物を変えれば脳が変わる」生田哲著、PHP新書に追加の情報があったので、私なりにまとめてみる。

まず、脳によくない食べ物、飲み物あるいは栄養素として次が挙げられる。

  1. トランス脂肪酸
  2. タバコ
  3. アルコール
  4. 白砂糖
  5. ぶどう糖
  6. コーヒー

トランス脂肪酸というは、リノール酸などの液体の不飽和脂肪酸に水素を加えて固形にした脂肪酸のことである。典型的にはマーガリンがそうだし、ポテトチップス、サラダドレッシング、シュークリーム、キチンナゲットなどにも使われる。トランス脂肪酸は脳に入り、DHAの働きを阻害する。また心臓病のリスクも増大させる。

タバコは、肺癌の原因となるだけでなく、IQも下げるという。タバコは活性酸素を増やしてDHAやコレステロールを酸化させ、心筋梗塞を促進するだけでなく、カドミウムを体内に導入する。カドミウムは亜鉛と類似する金属であるがゆえに、体内の亜鉛の働きを阻害する。

アルコールは昔から百薬の長といわれるくらいで、少しならむしろ健康によいとされる。しかしアルコールは、脳内で必須脂肪酸がDHAやプロスタグランジンに変化するのを阻止し、このことは精神的な不安につながる。また、ビタミンの吸収も阻害するので、飲酒時には沢山ビタミンをとる必要がある。アルコールは特に妊婦に有害とされる。

白砂糖は血糖値のコントロールを困難にする。また、白砂糖は体内に取り込まれるとき体内のビタミンとミネラルを消耗してしまう。また、白砂糖は脳を攻撃的にする。学習障害も引き起こす。

ぶどう糖も過剰になると、たんぱく質と結合し、脳内では信号伝達に支障をもたらす。

コーヒーは、飲んだ瞬間気分がよくなったような気がするが、あとで離脱症状で却って気分が悪くなる。それでも習慣性で飲みたくなる。コーヒーに含まれるカフェインは、脳と副腎を疲労させ、ドーパミンやアドリナリンの産生に悪影響を与える。カフェインは、コーヒーだけでなくチョコレート、紅茶、緑茶、コーラにも含まれるので注意が必要である。

ということで、トランス脂肪酸を含む食品や、タバコや、甘いものや、酒、コーヒーはほどほどに控えるのが賢明ということになる。

脳にいい食べ物ということで、脳の栄養や、ブレインフードでカバーされていない項目についてみてみると、イワシに含まれるDMAE(ジメチルアミノエタノール)、魚類や乳製品に含まれるピログルタミン酸、ツルニチニチソウから抽出されたビンポセチン、納豆に含まれるフォスファチジルコリンなどがある。

あと脳内の活性酸素を処理するコエンザイムQ10、グルタチオン、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンEなども重要である。

笑う警官

user-pic
0

「笑う警官」という警察小説の存在は前から知っていたのだが、「笑う」という語句がどうも「警察」とマッチせず、読んでみる気にならなかった。ところがたまたま古書店で「笑う警官」佐々木譲、ハルキ文庫を手に取って、裏表紙の粗筋を読んでから急に読んでみる気になった。

「笑う警官」は、北海道警察における美人婦人警官殺しの事件で、生活安全部に勤務する、津久井巡査部長が罪を着せられて身を隠すことから始まる。なにしろ、津久井は、拳銃摘発に関して業績をあげ、その後汚職で逮捕された郡司警部の部下だった。そのせいでその事件との関与を疑われ、しかも覚醒剤所持の疑いもかけられ、さらには美人婦人警官殺しの罪も被さられで、姿をくらましたのだが、津久井をよく知る佐伯警部補は、それが冤罪であると判断して、津久井を救うことを決意する。

そして信頼できる同志の警察官を募って、真犯人を探す捜査を内密に始めるのだが、これはまさに隠蔽捜査なのであった。

しかし問題は、北海道警察内部にあって、ある意味組織を敵に回して隠密捜査するので、行動は困難を極めた。改めて、捜査権と合法的な暴力行使権をもつ警察というものが敵に回すとどんなに怖いか身に沁みる。

そのスリルとサスペンスで終始一貫、息もつかせぬストーリーだった。ここで私は今更のように、佐々木譲が、横山秀夫、今野敏、堂場瞬一などと並ぶ、警察小説の名手であることを知った。

この小説は実は、2002年に北海道警察で、銃器対策本部に所属していた現職警部が覚醒剤取締法違反で逮捕されたという事件を題材としたものである。しかし、北海道での事件のせいか私は全くその事件を知らなかった。

2003年には北海道警察で、裏金疑惑が露呈した。一連の事件は内部告発で明るみに出されたものであるが、その内部告発は、業界用語で「うたう」とも称される。そもそも、「笑う警官」はもともと、「うたう警官」という題名だったのを、それでは分かりにくいからと、出版社の方から「笑う警官」にしてはどうかと打診され、従ったそうであるが、これは改悪であって、余計誤解を招く。そもそも、警察小説に馴染んだ者なら、「うたう」が、カラオケを歌う意味でないことくらい常識である。その意味で、この改題は失敗であった。「うたう警官」なら私はもっと早くこの本に着目していただろう。

Bonanza 6.0

user-pic
0

久しぶりにパソコン上でコンピュータ将棋と対戦してみたくなったが、自宅のWindows 7のパソコンには何かコンピュータ将棋は導入されていない。そういえば、2005年に、東大将棋のVer.4だかを買っていたので、そのCD-ROMが探せばどこかあるはずだが、探すのも面倒である。

そこで、ああそうだ、BonanzaがフリーウェアであったはずだとGoogle検索したらすぐに見つかった。そこにはいろいろなバージョンが置いてあったが、折角なのでと、そこでの最新版であるBonanza 6.0を導入してみることにした。

そういえば、Bonanza 6.0は、NineDayFeverも準拠している、コンピュータ将棋の1つの標準クラスライブラリなのであった。

ともかく、お手並み拝見と、私が先手で指し始めた。私が先手の居飛車穴熊、後手が旧来の四間飛車。気鋭の若手、阿部健治郎五段に四間飛車激減の理由 (マイナビ将棋BOOKS) という著書があるが、別に旧来の四間飛車を指して必ずしも作戦負けになるわけではない。現に、鈴木大介八段など、いまでも普通に旧来の四間飛車を指しこなして普通に勝っている。

ともかく弱小アマチュアである私には、四間飛車激減の理由なんて関係ない。淡々と駒組みを進めて、あれっ?と思った。Bonanza側の駒組みが、ケレン味がないというか、あまりにも普通なのである。なぜそう思うかというと、昔のバージョンのBonanzaは、見るからに、そんな手はないだろうという無理攻めを平気で敢行してきた。それで私が全くもう、なんという下手なプログラムなのだろうと余裕で受けているつもりが、細い攻めをつながれて、はっと気づくと必敗になっている、というのがいつものことだった。それでも、以前のバージョンでは、無理攻めをきちんと咎めて、7番に2番くらいは勝てていたような気がする。

ところがBonanza 6.0では無理攻めしてこないので、またあまり工夫しないで淡々と駒組みを許すので、私の方が、少しだけ作戦勝ちになってしまった。はて、ガイドによるとBonanza 6.0はある将棋対戦サイトで、レーティングが2400相当だとあった。一方の私はというと、ある意味棋力の全盛期、大阪の正棋会にいるとき、レーティングが2180だった。当時はレーティングがあまり普及していないこともあって、私は全国ランキングで100位以内に入っていた。もし大学入試の模試で全国ランキングで100位以内なら東大にも受かるよねなどと超身勝手なことを当時考えていたものである。当時でさえ、そんな私の思いあがりが打ち破られるのにほとんど時間はかからなかった。

さて戻って、Bonanza 6.0との対戦であるが、折角中盤までいい模様が作れるのだが、そこからが岩のように隙がない。手がないので下手に手待ちしていると、私がうっかり作り出してしまったわずかの隙をついてBonanzaが手を作ってした。それて意表を衝かれた私の応接が悪く、一気に敗勢になってしまった。

投了して次を指したら、今度は矢倉になった。きちんと戦法をランダマイズするのだと思った。矢倉の46銀の典型的なかたちに導こうとしたら、53銀から変化してきた。まるで私の心を見透かすようである。そして、その形に不案内な私は、いいところなく完敗した。

やはり強いかと、今更当たり前のようなことをつぶやいてまた開始したら、今度はBonanza側がごきげん中飛車だった。こちらは当然のごとく超速46銀である。それで角交換になったあと、バランスは悪いがあえて穴熊にしてみた。すると、あっさり馬を作られて、相当ひどい作戦負けになった。なんか破れかぶれで馬に対して角を打って交換を迫ったら、当然に向こうは馬を逃げた。その後の応接がまた巧みでいよいよ不利になったので、乾坤一擲、角を只捨てて、1筋を破るという暴挙をしたら、なんと、これが意外な勝負手で、私が優勢になったではないか。プロ棋士の棋譜を学習して強くなったBonanzaはこんな異筋の手は読みにないのだろう。

そうしてはっきり優勢を築いたと思った瞬間、私に緩手が出て、一気に形勢を損ねてしまった。これはもう勝てないと戦意を喪失して、終盤の入り口あたりで投了した。

強い、強すぎるとつぶやいた私は、何事もなかったかのように、仕事関係の処理をパソコン上で始めた。少なくとも私の心は、情けなさに泣いていた。おいおい、あの圧倒的な実力差の前に泣く資格なんてないぞ、と別の自分がつぶやいた。うるさい、誰に負けようと悔しいものは悔しいんだ、と応えて、心を封印した。

私は、去年の5月に転勤、というよりも所属している部門が移転して遠距離通勤になったのをきっかけに、前からちゃんと理解したいと思ったいた類体論を勉強するために、通勤電車の中で足立恒雄著、「類体論へ至る道」日本評論社を読み始めた。

きちんと数学を勉強している、大学数学科の学生のような人たちにはそれほど難しい本ではないのだろうが、なにしろ単なるアマチュアで、簡単な練習問題も解けないで苦労する非プロブレム・ソルバである私には、この程度の本でも理解は大変である。果たして、転勤して丸一年が経つのに、全体で274ページあるこの本の、146ページまでしか読み進められていない。

ところどころに手抜きも見かけるこの本が良書とは到底思えないが、しかし、数多の(でもないか)類体論の入門書のなかでとくにこの本を私が選んだのは、お会いしたことはないが、なんとなく足立恒雄氏に親近感を抱いているのだろう。げんに私は、足立恒雄氏の「ガロア理論講義」日本評論社というのも少し読んでいて、難しいので挫折して途中で止まっている。それで「類体論へ至る道」で仕切りなおし、みたいな意味もある。

アマゾンの書評だったか、そんな足立恒雄氏が、志村五郎氏を痛烈に批判しているツィートがあると知って、Webで検索してみた。すると、以下のような内容がみつかった。

以下、適宜引用してみる。

これから書くのは学者として偉いということと人格的に問題があるということとはまったく独立であるという証拠のつもりである。ただし私は志村さんとは何の面識もないし、何かお世話になったというような関係ではないことを断わっておく。もし関係があったら恐ろしくて書けない。

なんと、随分痛烈に志村氏を批判するのかとちょっと身構えた。

話だけなら文章になっていないので文句の言いようもないが、志村さんの著書『記憶の切り絵図』は公刊された書物なので、証拠のない陰口ではない。

なるほど、やはりあの本のことか。志村五郎という記事で私は、『記憶の切り絵図』に言及した。そのときの感想を再現すると、高木貞治や岩澤健吉に対する批判は確かに、ちょっと言いすぎであろうと今でも思う。少なくとも私は、基本的に一流数学者の条件を充たしている高木貞治や岩澤健吉に対する、あのような批判を他でみたことがない。

志村さんの書いていることは二度読みたくないほど誹謗中傷、独善に満ちているが、中でも許されないのは、死者を鞭打っていることであり、それも何の根拠も示さずにやっていることである。

いえいえ、いくら足立氏の仰ることでも、『記憶の切り絵図』もそこまでではないと、私は弁護したい気持ちになる。それは志村氏が世界的な数学者であるということもあるが、適当に抑制の利いた文章は人格を疑わせるようなものでもないからである。

(その2)高木貞治に2度しか会っていない、それも遠くから話し声を聞いたことがあるだけだと書きながら、「高木貞治は下らぬ小人である。」、「自分は士である。」と何度も書いているが、根拠が何も記されていない。

これは、確かに高木貞治批判はしていても、それに対して自分を士だと、志村氏はもちあげていないと思う。

(その3)ヘッケという(志村さんよりはずっと偉い)歴史的大数学者がいるが、ヘッケにはできなかったことを自分がやったというだけのことで「ヘッケに死に恥をかかせてやった」と書いているが、死に恥とは何だ!

ここに対応する『記憶の切り絵図』の記載は次のとおりである:

私がこの研究を始めた時には「ヘッケに死後の恥をかかせようという意図は全くなかったことを読者に保証する」と書いた。これは文章に面白く色をつけたのである。しかし、私がこの理論を完成した時に、「ヘッケが生きていたらなあ」と思ったのは事実である。

これは、足立氏のいうニュアンスとは全く異なる。

(その4)志村さんが数学は問題解きの学問だと心得ているのは結構だが、ヒルベルトについて「趣味も悪く、程度も低く、人の目をつまらない方向にむけさせるという意味で反動的であった」と断じている。あまりに偏狭な数学観を振りかざすのは他に対する影響を考えない行動だ。

これについては、

数学には、数学者なら理解できるはっきりした問題がいくつもあって、その問題を解こうとする人も大勢いる。私のしようとしたことはそれとは違う。
とある。

なので明らかに足立氏はやりすぎであるが、世間の常識からみて、志村氏が、日本初の世界的数学者である高木貞治に対して批判したというのは、かなり礼儀を失することなのだろう。

だから、このようなツィートがあろうと、私の志村五郎氏に対する尊敬は不変であるし、足立恒雄氏のファンであり続ける。

その根底に、私の、他人に対するちょっと厳しすぎる鑑識眼がある。一見穏やかで物議をかもすことを嫌う私が、何かを批判するときの激しさで他人を狼狽させることがある。それは私の人格を下げてしまうことかもしれないが、ともかく私は、誠実さや公平さに対する無関心が我慢できないのである。また、自分の能力を維持するために常に自分のスキルを吟味し続けるというメンタリティを保つと、そうでない人に対する批判の気持ちもいくら抑えてもこぼれて出てしまう。それで孤立してしまうのは仕方ないのであった。尤も私は志村氏とは志さえ比較にならない俗物なのであった。

以前に、ベータ読みとして、未知を読む読書について言及し、そこでは、既知を読む読書としてアルファ読みにやや否定的な意味で言及したかもしれないが、歳のせいなのか、アルファ読みを肯定したくなった。

すなわち、基底読書でも述べたように、悩みや病気などで精神エネルギーが低下すると、中学生でも楽に読めそうなエンターテイメント小説さえも読めなくなると書いたが、もしかしたらその状態でも、究極のアルファ読みはできるのかもしれないと考えた。

究極のアルファ読みとは例えば、最近マイブームの今野敏の「隠蔽捜査シリーズ」、「ベイエリア分署シリーズ」などがある。そこでは、登場人物とそのキャラクタが既知であり、すなわち、馴染みの俳優が沢山登場する映画を観ることに相当する。読み始めるポテンシャルが極めて低い。また、ストーリーそのものは予想がつかないとしても、登場人物のキャラクタが明確で、どう行動するかある程度予想がつく。例えば、隠蔽捜査の竜崎は、きわめて形式ばった対応をするに違いないと読める。そして実際そうなると、なんとなくうれしい。ここまでくると、水戸黄門モードなのかもしれないが、だからこそ楽しいのである。

すなわち、究極のアルファ読みとは旧知の友人たちに出会うような読書である。人生に疲れたときはアルファ読みによって癒されるがよい。

ただ単に人生に疲れただけでなく、惨めだったり悲しかったりすることも人生少なくない。その場合は、馴染んだアルファ読みの中でもとりわけ、主人公が悲惨な目に遭う小説がよい。すると、ああもっと哀しい人がいるんだと、なんとなくカタルシスになる。ただその際、ある人はハッピーエンドを求め、ある人は悲しい結末のアルファ読みを求める。悲しい結末のアルファ読みとはもしかして、湊かなえの「告白」のようなイヤミスなのかもしれない。そういう小説が人気なのは、時代がイヤミスを求めている。なんとなく気持ちは分かる。

といいつつ私は、究極のベータ読み、例えば、ヴィトゲンシュタインの「論理哲学論考」のような本を読んで癒されたこともある。アルファ読みによって癒される心理状態と、ベータ読みによって癒される心理状態は違うのだろうか。多分違うのだろうが、どう違うのかうまく説明できない。

ともかく私の読書方針の一つは、軽いベータ読みを通じて、アルファ読みの版図を広げていくことである。

最近、今野敏にすっかりはまっている。そうなったきっかけは、隠蔽捜査がとても面白かったからだが、それ以外の東京湾臨海署安積班、すなわちベイエリア分署シリーズも読むと、なかなかである。

例えば、「残照」はさわやかな佳品である。そこで、同じシリーズの「陽炎」と「花水木」を買ったところ、ちょっとあれっと思ったのは、これらは短編集だったことである。私の経験では、サマセット・モーム以外、短編の名作というのを知らないので、まあどんなもんだろうと、陽炎」と「花水木」を読んでみた。

先ず、「花水木」には、「花水木」、「入梅」、「薔薇の色」、「月齢」、「聖夜」が収められている。

次に、「陽炎」には、「偽装」、「待機寮」、「アプローチ」、「予知夢」、「科学捜査」、「張り込み」、「トウキョウ・コネクション」、「陽炎」が収められている。

私はこの2冊をもって、ある飲み会に出かけた。例によって電車の中では読書なのだが、なぜか「花水木」の本では、「花水木」をスキップして、「入梅」から読み始めた。そして、「薔薇の色」を読み終えたところで目的地に着き、飲み会となった。

そして飲み会の帰り、続きを読もうと無意識的のうちに取り上げたのは、「陽炎」の方である。これは、陽炎」と「花水木」とも、どちらも装丁も色も似ているからであった。しかも少し酔っていた。そして続きを読むつもりで、「陽炎」の「予知夢」から読み始めた。そうして「陽炎」まで読み終えたのだが、比較的薄い本とはいえ二冊読んだにしたは随分早いなと感じた。

ところが念のためにページをめくってみて、「陽炎」の本の「偽装」、「待機寮」、「アプローチ」はまだ読んでいないことに気づいた。さらには、「花水木」の本の、「花水木」もである。

ここで急に自信喪失になり、「陽炎」と「花水木」をどちらも最初から読み直すことにした。そして読了済みと分かった時点で途中で止める。そうして読み進んでみたら実に記憶が曖昧で、もしかして二度読んだのもあったかもしれない。私は他はともかく本に関しては一度読んだ本の内容は比較的記憶に残るほうで、いよいよボケが進んだかと落胆した。

ただ、そういう落胆はともかく、今野敏は短編小説の書き手として、名人芸に達していると感じた次第である。というのは比較的短い作品の並びで、テーマの多彩性、ストーリー性、情緒が溢れていて、まったく飽きさせない。そして安積警部補、須田、村雨、黒木、桜井、速水という面々の個性も活き活きしている。

これなら読んだ直後にストーリーを度忘れして再読してもまあいいか、そう言い訳した次第である。

あと1つ付け加えると、これら一連の短編のうち、コアとなるのはなぜか、「科学捜査」なのかな、と感じた。そこに出てくる、心理学者のような科学捜査官がいかにも特徴的だったからである。そう思って別の今野敏の著書の解説を読んでいたら、今野敏は心理描写をもって自分の小説の特徴と任じているようである。私の直感は当たらずとも遠からずだったかなと少し自信をもった。

森田将棋

user-pic
0

読売新聞によると、「森田将棋」の開発者、森田和郎さんが亡くなっていることが分かったという。以下、引用:

コンピューター将棋ソフト「森田将棋」を開発したプログラマーの森田和郎(もりた・かずろう)さんが、2012年7月27日に亡くなっていたことが、3日分かった。
57歳だった。喪主は妻、幸子さん。
コンピューター将棋の草分け的プログラマー。1980年代半ばのパソコン用ソフト「森田和郎の将棋」に始まる「森田将棋」シリーズが、人気を集めた。

森田将棋というのは、私がWindows98パソコンを使っていたとき、初めて購入したコンピュータ将棋ソフトである。確か2000年頃だったと思う。そのときのソフトの棋力は1級程度ではなかったか。それでも平手で指して中盤までは結構押されたりした。終盤が駄目で大抵私が圧勝した。あまりに勝つのでつまらなくなって、こちらが飛車角落ちにした。それでも、何度指しても圧勝してしまうので、やはり次第につまらなくなってきた。しかし、流石に6枚落ちでは勝てなかった。ともかく、最近のコンピューター将棋ソフトと指してまったく勝てないのでつまらないというのとは天地の差である。

当時は、パソコンの性能が低かったのもあって、コンピューター将棋ソフト側の指し手が異常に遅かった。下手したら10分も考えていたので、いつもいらいらしていた。最近のコンピューター将棋ソフトの、ほぼ瞬間的に指して且つ鬼のように強いというのと雲泥の差である。

この森田将棋のことが頭にあったので、2002年頃でさえ、私程度のアマチュアを負かすソフトでさえ、私が生きている間出てくるだろうか、といま考えたら噴飯ものの発言したりしていた。それでも周囲の棋友で私の発言を否定する人はいなかった。本当に未来予測は難しい。

ところでなんで今頃森田和郎氏の死去が話題になるのだろう。やはり、電王戦の盛り上がりの影響だろうか。それで始祖たる森田氏が注目されたという次第か。それにしても亡くなって1年もたってやっとニュースとして上がってくるとは。その理由もよく分からない。

名人戦が終わったと思ったら、息つく間もなく棋聖戦第1局が始まった。羽生は名人戦の傷を癒す暇もなく最強の挑戦者、渡辺を迎えた。

羽生の先手番、後手番の渡辺はほとんどの場合2手目が84歩だったが、ここでは34歩、果たして渡辺は、もう9年も前に森内から竜王を奪取したときの旧得意戦法、横歩取りに導いた。

ところが後手は52玉でなく41玉、先手は33角成から77桂、古典的というほどでもないが、数年前に流行った戦形になった。当時、佐藤康光や木村一基らが多用していたような気がする。

羽生は72歩とたらす、この形の常用の手筋で攻めたが、渡辺は、83飛など、飽くまでも渋く追従する。途中から渡辺が反撃して追いつこうとしたが、ずっと微差で羽生がよかったようで、なんとか押し切った。

なんか羽生は、名人戦の不調が嘘のようである。少なくとも、いまの渡辺にあれだけ指せる棋士は羽生を措いて他にいない。もしかして持ち時間の短い一日制の対局だからだろうか。すると、二日間考えなくてはならない名人戦は、加齢により思考体力が落ちてきている羽生には不利ということになる。羽生とほぼ同年代の森内は、羽生よりも思考体力があるということはなく、単に他の対局を省エネモードで戦い、エネルギーをセーブしているのだろう。

ともかく、羽生が第一局を勝ったことで、棋聖戦が面白くなった。渡辺もこのまま手を拱いていない。第ニ局の戦形予想を私は、矢倉とみる。もしかして、名人戦第5局の後手番を渡辺にぶつけるのではないか。渡辺は当然、それに策があるはずで、今度は矢倉特有のコクのある将棋が楽しめると期待する。

三角関数

user-pic
0

例によって、足立恒雄の「類体論へ至る道」日本評論社を読んでいたら、三大作図不能問題に関して、三角関数の三倍角の公式というのが出てきた。次のようなものである。

cos 3x = 4cos3x - 3cos x

高校のときから数学は、好きだが苦手な科目だったが、なぜか三角関数の加法定理は比較的得意だった。加法定理を使うと二倍角の公式は簡単に求まるが、三倍角の公式は、cos 3x = cos(x+2x)として加法定理を適用しなくてはならない。

それでもなんとか上記計算は導けたのだが、ああそうだ、オイラーの公式を使えばもっと見通しがいいのだと今更のように気づいた。すなわち、以下のようにする。

オイラーの公式によれば、
(cos x + i sin x)3 = cos 3x + i sin 3x
そこで左辺を展開して実部だけみると、
cos3x - 3 cos x sin2x = cos 3x
ここで、sin2x = 1 - cos2xを上式に代入すると、三倍角の公式が求まる。

なぜ三大作図不能問題で三倍角の公式が出てくるのかというと、三大作図不能問題の一つが、定規とコンパスだけで与えられた角の三等分をもとめなさい、というものだったからである。そのとき、角の三等分作図問題は、三倍角の公式から導かれる所定の3次多項式のQ[x]における可約性を示すことに帰着される。そして代数体の定理を用いて非可約性が示され、角の三等分作図問題は解がないことが示される。

同様の論法で、やはり代数体の定理を用いて、与えられた立方体の2倍の体積をもつ立方体を作図せよ、という問題が定規とコンパスだけでは解けないことが示される。

さらに補足すると、定規とコンパスだけの操作で得られる点は、代数的には2倍の拡大体を得るに過ぎない。なので、定規とコンパスだけの操作を続けても、2nの拡大体しか得られないので、角の三等分や立方体にまつわる三乗根のような、3の拡大体は作図不可能なのだった。

三大作図不能問題の第三は、与えられた円と等しい面積をもつ正方形を定規とコンパスだけで作図せよというものだが、そもそもドイツのリンデマンにより、1882年にπが超越数、すなわち、非代数的数であることが示されたので、いかにπの平方根を求めようと、それは依然として非代数的数であり、定規とコンパスだけの作図を依然として拒否する。

約2年前に、米国で、マーキングトロール関連の訴訟が増えていると言及したが、「新旧対照米国特許法実務マニュアル」河野英仁著、現代産業選書をみていたら、マーキングトロールに関する改正法について言及があったので、メモしてみる。

それは、「虚偽表示違反に対する制裁の緩和」という章であって、従来は、特許権存続期間満了後に製品に引き続き特許表示がなされている場合、虚偽表示として罰金を求める訴訟が頻発したというのが、マーキングトロール問題なのだった。

これは米国で大きな社会問題になったので、米国政府は改正法でこれに対処した。まず改正された米国特許法第292条で、合衆国のみが罰金に基づく訴訟を提起できることとした。さらには同条で、特許権存続期間満了後に特許表示を行っていたとしても、虚偽表示にならないことになった。

さらには、米国特許法第287条で、直接特許表示を製品に書く代わりに、バーチャル表示として、特許表示を含むURLを製品に書いてもいいようにした。

先願主義への移行とは異なり、これは2011年9月16日から施行されている。

ただこれは、2011年9月16日以降の米国出願のみに適用されるのだろうか。もしそうなら、当面実効はないということになる。

それと、製品に明らかに虚偽の特許表示をみつけた場合は、どうやって米国政府に罰金に基づく訴訟を起してもらうのだろうか。検察に対する告訴制度のようなものが設定されていないので、ここらあたり不透明である。米国政府(現実的には米国特許商標庁だろうか)の言い分は、虚偽特許表示に対する訴訟など、必要に応じてこちらでやるから国民は気にしないでくれたまえと言い置いて、実際は、虚偽特許表示なんて放置するのだろうか。まあそうなんだろうと思う。なぜなら虚偽特許表示が世間に多大なる迷惑をもたらす可能性は多くなく、世間にはもっと喫緊の問題があるので、構わないでおけばいいということなのだろう。要するに、マーキングトロールが防げればよい。しかし、マーキングトロールの代理で荒稼ぎしていた弁護士にしてみれば、残念である。

捨石

user-pic
0

捨石というのはもともと囲碁用語であるが、日常用語としても使われる。手許の新明解国語辞典、三省堂によると、「他日他の目的のために利用する、無駄なように見える投資や、大事を行うためのやむをえない犠牲」とある。

将棋用語の「王手」なども、もともとの将棋での意味と少し違う意味で使われるので、いちいちめぐじら立てても仕方ないのであるが、私は上記の捨石の定義は、どうしても、囲碁の捨石というよりも、将棋の捨て駒に近いような気がしてならない。

なぜそんな曖昧な感想を述べるのかというと、現実世界でまるで、囲碁初心者のような振る舞いをする人をときどき見かけるからである。例えば、現実世界で議論になったとき、相手の意見を全く認めず、自分の意見がすべて正しいと押し通す人がいる。

これは囲碁でいえば、アタリになると全ての石をつなぎ、あるいは逃げることに対応する。そうやって一切石を取られなければ囲碁に勝てるのではないか、と初心者のうちは考える。

しかし、囲碁は取った石の数で勝敗を競うゲームではない。囲った地の数で勝敗を争うゲームなのに、目下の石を逃げることに気を取られて、本来の目的を忘れている。

日常の議論だって、全て自分の意見を通していては、囲碁の初心者と何も変わらない。相手をその場で言い負かすことに気をとられてもっと大事なものを見失っている。

囲碁の捨石であるが、逃げようと思えばいくらでも逃げられるが、逃げても幸せになれそうもないとき、敢えて捨てるということが、囲碁の対局にある。これは事業でいくと、見込みのない事業は早めに撤退する、ということに対応する。

ところが実際の囲碁の対局では、捨石というのは単に要らないから放棄したという以上のものがあって、相手に無理やり取らせようとして、相手も取りたくないと取りかけにいかないことがある。このあたりになると現実において、そういう状態を考えるのは難しい。

さらには、取られた石がまだ取りきるまでに手数がかかる場合、囲碁棋士は、効きがあるという。すなわち、取りきっていない石を取るという意志が相手にある場合、石を逃げるような手に相手は応じないわけにはいかない。これは現実世界では、ある、相手の利益になりそうなことをわざと相手に譲っておいて、しかし、ディールをわざとクローズさせないで、なにか事があると、そちらの捨石案件を引き合いに出し、下手したらディールは完了しないぞと脅す。

あるいは、ディールがクローズしても、捨石にしたことを相手に恩に着せる。こうして、現実世界でも捨石を最大限に利用できる。現実世界でなるべく欲を掻かないで恬淡に生きていく方針の私の片隅にはこういう囲碁の捨石の概念がある。ただ、囲碁や将棋だけでなく現実世界でも、おそろしく戦略的思考を欠く私は、捨石はするけどもなにも活かせない、初心者のままなのであった。

名人戦第4局に続き、名人戦第5局がやってきた。羽生の1勝3敗であるが、待望の先手番である。ここで勝って2勝3敗とすると、番勝負の行方は分からなくなる。

と書いてみたものの、基本的な気分のモードとしていつも悲観的な私は、現時点で羽生が森内に勝てるような気がしなかった。もちろん羽生の気持ちとは全く独立の一ファンの心理にすぎない。

果たして戦形は、羽生の誘導で、典型的な矢倉定跡の一つである、46銀戦法になった。この戦形はたしか先手の勝率が6割程度で分がいい。それでもこの戦形に森内が追従したのは、3勝1敗と勝ち越していることの余裕と、さらに独自の研究があるのだろう。

さて、羽生が宮田新手の65歩をからめた、典型的な進展になった。64歩と突き捨てる変化で多くの例では同角と取るが、じっと同歩と取り、60手目森内が65歩と突き出したのが工夫だった。新手ではないと思うが、あまり見たことがない。65歩は66桂と打ち込み、先手陣を薄くするのに効果があった。森内はさらに、羽生のコビンで継ぎ歩し、陣形を弱体化させた。

それでも形勢は五分なのだろうが、羽生にミスが出た。13桂取りに14歩と打ってしまったのである。それが只取りで跳ねた25桂を誘発し、十字飛車があるので同銀と取れないようでは一本取られた。

好調のときの羽生なら、粘って局面を複雑化する手をひねり出しただろう。しかし、形勢やや不利の局面であっさり指してあっさり投了してしまった。持ち時間も2時間以上余している。もう羽生が不調と断定していいだろう。この不調は深刻で、もうすぐ始まる渡辺との棋聖戦も防衛できないだろう。それでもじっくりと復調し、竜王戦あたりで復活し、渡辺を苦しめることになるのかもしれない。ともかく羽生にも加齢の重みがずっしりと圧し掛かっている。人間の宿命である。

下山事件

user-pic
0

下山事件というのは戦後の疑惑の事件の一つで、1949年7月6日に、国鉄の初代総裁、下山定則氏が、常磐線五反野駅で、轢死体となって発見されたものである。自殺、他殺の両面で捜査が行われたが、公式見解では自殺として処理されている。しかしそれを額面どおり信じる人は少ない。

そんな突っ込みどころ満載の下山事件について、放送禁止歌の著者の森達也氏が新潮文庫として「下山事件」として書いている本をみつけたので、買ってみた。

するとやはり、下山事件は限りなく他殺の線の濃い事件なのであった。1949年7月5日の朝、下山総裁は、午前8時20分、いつもどおり公用車のビュイックで自宅を出た。

ところが途中で下山総裁は、「佐藤さんのところに寄るんだった」とつぶやき、運転手が戻ることを示唆すると、今後にすると言った。その「佐藤さん」とは、当時運輸次官で、後の総理大臣、佐藤栄作らしい。

そのあとなぜか、下山総裁は、三越によってくれと、運転手に頼んだ。三越に行ってみるとまだ開店していなかったので、千代田銀行に立ち寄ったあと、再び三越を訪れた。戻ってくるから待っていてくれと言われた運転手はいわれたとおり待ったが、そのまま下村は戻ることがなかった。

三越のそばには実は、ライカビルがあり、そこには亜細亜産業が入っていた。亜細亜産業とは矢板玄によって設立された会社であり、紙パルプ製造販売と貿易を業としていた。それだけではない、ライカビルには、悪名高きキャノン機関も入居していた。そこで突然、亜細亜産業及びキャノン機関の下山事件との関連が疑われる。

当時、下山総裁は、国鉄の3万7百人にも及ぶ一次解雇を通告したばかりで、共産党をベースとする組合の突き上げに遭遇していた。そこで、共産党への対策を相談するために、亜細亜産業またはキャノン機関を訪れた可能性がある。

そもそもが、技術屋であった下山定則氏は、総裁になるつもりはなかった。しかし、運輸大臣からのどうしてもという依願で、運輸次官の地位から、国鉄総裁に就いた。もとより人員整理のためのワンポイント当番であった。

さて、下山総裁の轢死体は、なぜか生体反応が見られず、血を抜かれていて、しかも油にまみれていたという。自殺にしてはあまりにも怪しい。それで警視庁の捜査第二課は他殺の線で捜査を進めたが、捜査第一課はさっさと自殺と結論づけて捜査を終了した。捜査を継続しようとした捜査第二課のメンバーは異動させられた。明らかに政治的な操作があったものと思われる。

一方で、事故現場付近を前日、下山総裁らしき人がうろついていたという証言がある。それはあまりにも存在を強調するような言動だったので、自殺とみせかける替え玉だった可能性もある。

森達也氏は、執拗な取材で、千葉県勝浦の亜細亜産業の缶詰工場で、下山総裁を殺害したと告白する人物に遭遇した。こうして状況は限りなくクロなのだが、歴史的には依然として自殺のままである。

下山事件に続いて、三鷹事件、松川事件と鉄道関係の事件が続き、これにより、共産党の関与が疑われた。しかし、これもキャノン機関などGHQがらみの謀略である可能性があった。

マッカーサーで述べたように、マッカーサーは、日本の旧軍事勢力の力を弱めるために、自由な労働運動を許容した。それで、一旦は共産主義が跋扈しようとしたが、本来反共のマッカーサーは日本の赤化を防がなくてはならないと焦った。

そういう意味で、規模は違うにしても、下山事件は、9.11と似ている。誰がスケープゴートで、誰が捨石になったか、そして誰が得をしたか、どちらにしても簡単な練習問題である。また、政治権力が絡むと事件は必ず迷宮化するという迷宮化の法則にもここで言及しておきたい。

そういえば、森達也氏が、下山事件に興味をもったのは、柴田哲孝氏に会って話を聞いたことから始まる。そこから広がる取材を通じての森達也氏の希望、葛藤や絶望も興味深いが、ここではそれについては触れていない。

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。