2013年7月アーカイブ

頭脳マゾ

user-pic
0

ときどき自分は、頭脳マゾではないかと思うことがある。どういう意味かというと、ただ自分の頭脳を虐めるためだけになにかしたりするからである。

例を挙げると、若い頃から数学の本を眺めるのが趣味の1つだが、特に抽象的な代数の本など、とりつく島がないくらいさっばりわからない。それでもさっぱりわからんといいつつただ数時間眺めている。それが何一つ身についていない証拠はいまの私の知的レベルである。

これが頭脳マゾなのは要するに、ただ頭脳を虐めるために虐めているだけなのである。それでもじわっと感じる悦楽というのは、何か高度な知的作用に携わっているという錯覚というか、ぺダンチックな自己満足なのだろうか。

ただ、そういう頭脳マゾをやっていると生身の体なのでやはり精神的に疲れてくる。それで若い頃それを緩和するために濫読していたのは、愚にもつかないハウツー本だった。会社からの帰りに本屋があったので、「1時間で分かる刑法」のような安易なハウツー本を買って、流石に1時間では読み通せないで、2時間くらいで読了し、知らない間に寝入っている。当時はお気楽な独身生活だった。

ところが管理職になって仕事に精神的エネルギーの大部分をとられるようになってくると、頭脳マゾなどと言っていられなくなった。部下との対応など、もっと具体的な事々に精神的エネルギーをとられ、頭脳を鞭でしばく頭脳マゾができなくなったのは、辛い限りだった。

頭脳マゾが復活したのは、管理職を降りて、特許実務に専心できるようになってからである。そこでは発明を理解して特許明細書を書くことが頭脳マゾの対象になった。さっぱり理解できない発明に出会うと、困ったと呻きつつ、どこか心は悦楽で弾んでいる。そして、必ずしもその発明と関係ないかもしれない背景技術の専門書を買い込み、さっぱり理解できないと、悦楽の境地で本を眺める。

そして頭脳のマゾにはそれの中和剤が必要なので、以前の安易なハウツー本が、今ではミステリー本になったという次第である。ミステリー本を読むようになったのは確かに周囲の人の影響というのはあるが、もともと大学時代も中和剤はミステリー本だった。それもある友人から勧められた、松本清張一辺倒であった。松本清張をほとんど読み尽くすと、自律的に横溝正史に向かった。最近ではそれが今野敏であったり、佐々木譲であったりであって、お勧めと自分固有の好みを混在させてランダマイズさせるのが中和剤の秘訣である。

この頭脳マゾであるが、当然に私のオリジナルではない。作家の遠藤周作など、小説を書くことは面苦しいことなのだという。すなわち、知的な作業を続けるためには、苦労したあげくの結果としてほのかに楽しみを感じるということが必要で、それはまさに頭脳マゾに通じる。頭脳マゾの間に安易な気晴らしを求めるのも頭脳マゾの性質である。

この頭脳マゾであるが、何を頭脳マゾの対象とするか、当然に人による。私の場合数学であるが、ある人は難解な哲学書かもしれない。別の人では、純文学の小説かもしれない。さらに別の人では、難解な詰将棋を解くことかもしれない。

別の人では、頭脳マゾでなく、運動マゾだったりする。ひたすら毎日何キロも走る。別の人は、命の危険に晒されながら登山マゾする。さらに別の人は、師匠や周囲の人との相克に耐えながらお稽古事に励む。

それで思うのだが、ある程度内容のある趣味というのは須らく、頭脳マゾと同型なのではあるまいか。運動マゾでも、登山マゾでも、お稽古事マゾでもである。そう思うのは、食べ物と脳で述べたことによる。すなわち、急速に燃えてカロリーを放出してしまうような砂糖のようなマゾ的要素の少ない栄養素はあまり脳によくない。玄米のように、何がおいしいのか分からないマゾ的食物の方が実は脳によかったりする。良薬は口に苦しとはこのことかと思うのだが、相当に牽強付会のようでもある。

孔子伝

user-pic
0

若い頃なぜか、ギリシャ哲学、特にプラトンに興味をもち、プラトンの対話編を多く読んだ。その中には一見読みやすいものもあるので、一読してそのままにしてあるものが多く、到底ちゃんと理解しているとはいえない。そこでこの歳になって再読したいと考えたりするのだが、どうも億劫だったりする。

ともかくもある程度の読書経験があるギリシャ思想に比較して、本来の身近な古典であるはずの中国思想については、世を捨てたような老荘思想にある程度馴染みはあるものの、その正統中の正統であるはずの儒教、あるいは孔子について恐ろしく無知で、60歳近くになっていまさらのように儒教についてキャッチアップを試みている次第である。

その孔子であるが、数年前に、斯界の名著とされる、白川静の「孔子伝」中公文庫を買っておいたのに、悪い癖で積読放置中に、しらない間に書庫の隙間に紛れて、行方不明になり、捜索願を出す気にもならず放置している。

そこで、仕切りなおしとして、加地伸行氏の「孔子」集英社文庫を買って読むことにした。すると、意外にも読みやすいではないか。懸念したがなんとか読了できたので、簡単に私なりにまとめてみる。

孔子が生きた時代は、今から約2500年前の周王朝の没落後、春秋と呼ばれる時代だった。Wikiの記載を借りると、紀元前770年、周の幽王が犬戎に殺され洛邑(成周)へ都を移してから、晋が三国(韓、魏、趙)に分裂した紀元前403年までである。孔子の祖国は魯という比較的弱小国で、内紛に苦しんでいた。

司馬遷による孔子の伝記によると、孔子の父は武人として著名であった。しかし、孔子の母に関する記述はない。孔子は野合によって生まれたとあり、母とは子供の頃から別居状態であった。暮らした父の家もなんということはない農家で、貧しかった。しかし栴檀は双葉より芳しで、子供の頃から才気煥発であったようである。

孔子といえば、儒教の完成者であるが、その前身となる原儒は、土俗宗教というかシャーマニズムに近いものだった。孔子は母方から原儒を受け継いだらしい。礼楽もそうである。孔子の一生は、一面では、土臭い原儒を、純化された儒教に高める生涯だったといえる。

一方で孔子の生涯は、そのような学究の徒では到底割り切れない。すなわち、貧しく生まれ、才能に満ちた青年が採る典型的な途は、立身出世である。十有五にして学に志す、で、原儒を治世の根拠たる君子儒に高めようと努力した。そして地方公務員の仕事を得て、周の国に留学し、世に立つ自信をある程度得て、魯の国に戻ってきた。三十にして立つ、である。

そこから孔子は、一流の矜持をもつ者として、世に出る機会を窺った。しかし頼るべき係累もない孔子には、地位を得ることは大変に困難なことであった。ともかく、既にある程度の弟子を抱えてい孔子は、希望をもって斉の国に向かった。

ところが斉の国では結局しかるべき地位を得ることができず、結局魯の国に戻ることとなった。36歳の頃である。その後、魯の国内の擾乱に乗じて孔子は、安易に反乱軍掃討に赴こうとして弟子の子路に制止されたりしている。そしてともかくも、五十をすぎ、魯の国で大臣相当の地位を得ることに成功した。56歳のとき、魯国の首相格だった。そこで民の人気をとるような治世を行うとともに、反対派を粛清することもした。

ところが政変が起き、孔子は失脚した。孔子はまだ魯国での地位に未練があったが、子路、子貢、顔回の高弟たちが説得して、魯国を出、衛の国に向かった。それから諸国を遍歴して、楚の国の昭王に迎えられた。孔子の名声は届いていたのである。ところが、昭王は子西という重臣の進言に従い、孔子の登用を止めた。孔子の周王朝回帰の礼的体制という根本のイデオロギーの批判に基づくものであった。このことの孔子に対する衝撃は大きく、求職に対する意欲そのものを失わせしめるほどだった。ともかく孔子は魯に帰った。最早68歳の老境だった。

しかし、魯の国に帰って孔子は隠居然としていたわけではなく、魯国の国公にアドバイスしたりしていたのだから、隠然たる政治力は保持していた。こうして死の直前までボケることなく活動していた孔子だが、病には勝てず、ついに73歳の頃仆れ、弟子に見守られて亡くなった。

こう書いてみると、孔子は煩悩と野心に溢れ、私が考えている聖人像から遠い。後世の操作により、聖人化され、神格化されたのだろうか。もうそうだとすると、それはどの時代か、誰によってか。斯界の専門家にはそれは自明なのかもしれないが、私には全く分からないので、調べてみることにする。

有名なディラックの量子力学の教科書を読んでいると、オブザーバブルという概念が出てくる。関連箇所を抜粋してみると、「実の力学変数でその固有状態が完全な組を作っているものをオブザーバブルとよぶ。従って測定できる量ならそれはオブザーバブルである。」とある。

私が普段している仕事に関して、これの単なる語呂あわせとして、レビュアブル(reviewable)という概念を思いついた。どういうことか具体例で説明する。

まず、発明の記述を受け取り、明細書をどう書くか構想を練るのだが、この段階ではレビューする実態はないので、当然にレビュー可能(レビュアブル)ではない。

そこで、とりあえず従来技術の欄を書いたとする。すると、従来技術の欄の範囲ではレビュー可能といえなくもないが、まだ特許明細書の体をなしていないので、レビュアブルではない。

そもそも、特許明細書の体をなすためには、発明をきちんと理解して、特許請求の範囲の構想、図面を含む実施例の構想を固めなくはならない。その構想をもって全体を書き上げるとやっとレビュアブルとなる。すなわち、レビュアブルとは、最早構想力をあまり要さないで中身を検討し、改善できるような状態なのである。

一旦レビュアブルRができあがると、レビュープロセスをFという関数とすると、R ← F(R)というループを回すことになる。ここからが肝要なのだが、R ← F(R)というループを回すと、急速に中身の改善が進む。人間が処理しているのに、まるで機械で処理するかのように進んだりして、一気にあるレベルの完成に向かう。

これを知ってから私は、とりあえず、粗くてもレビュアブルな内容を用意することに努力するようにした。すなわち、まだ中途半端な状態のとき、非レビュアブルなドラフトをより精緻にするか、とりあえずレビュアブルとして仕立てあげるかの選択肢に迫られるが、私はほとんどの場合、とりあえずレビュアブルとして仕立てあげる方を選んだ。そうして、レビューループという全自動洗濯機に放り込むのである。

明細書がなかなか書けない人はどうも、レビュアブルを完成する手前で足踏みしている。そして一気に完璧なレビュアブルを用意しようと空しい努力を重ねる。

ただ、なるべく早めにレビュアブルを作るという私の戦略は、もちろん陥穽もある。それは局所最適に陥ってしまうのである。すなわち、R ← F(R)というレビューループで、記載要件は確実に充たす明細書は完成するのだが、では強い権利のクレームになっているのかというと、ここは自信がない。そこは単なるレビュアブル以上の工夫が必要で、私のスキルも完成には日暮れて、道遠しなのだった。

頭脳が9割

user-pic
0

新聞の書籍広告をみていたら、「高校野球は頭脳が9割」後藤富著というのを見つけて、またまた~と、苦笑いしてしまった。

後藤富氏は、東映のプロ野球選手と、広島県・瀬戸内高校で甲子園出場の経験をもつ。「指導者もプレイヤーも、読むだけで勝てるようになる。」というのだが、それがあまりにも建前であることは、ちょっと考えると誰でもわかる。

すなわち、野球の基本は走塁、捕球、投球などの身体的技能であり、そこを徹底的な訓練で鍛える。それは瞬発力、持久力、動体視力などの運動神経の集積であり、そういう巨大なスキルセットの上にようやく、頭を使うインサイドワークが成立する。なので、実際のところは、高校野球は頭脳が1割というところだろう。

さらにである、その頭脳が1割というところも、そこでいう頭脳とは決して、大学受験偏差値的頭脳とは同じでないはずである。例えば、野球界でトップクラスの野球頭脳の持ち主は野村克也氏かもしれないが、彼の頭のよさは学者的なそれではない。むしろ、徹底的に状況を読んで自分で考え施策を打つという点で、軍隊の司令官のそれである。そこをきちんと理解しないと、大学入試の有名受験校が高い偏差値の頭脳を駆使して高校野球を勝ち進めるはずだ、という妙にねじれた議論となる。

さて、「高校野球は頭脳が9割」と双対の命題をつくってみると、例えば、「将棋は体力が9割」となる。実際、長時間将棋を指していると、確実に注意力が散漫になって単純な見落としも増える。体力のない私は、もともと将棋が弱いせいもあるが一層そういう傾向が強い。ところが、一見私よりもひ弱に見える痩せぎすの人で、長時間将棋を指しても集中力がほとんど落ちない人がいる。これなど、長時間歩けるとかそういう体力と頭の体力が少し別であることを示唆する。そういえば、筋骨隆々で体力が有り余っている人が将棋を少し指すとああ疲れたと私よりもはるかに短時間で音を上げることがあって、これなども頭の体力と体の体力は違うということを示唆する。そういえば私は会社の仕事の頭脳労働なら平均よりも長く続けることができる。長い特許明細書を書くなどである。

このアナロジでいくと、「将棋は体力が9割」は正しくは、「将棋は頭脳的体力が9割」となり、「高校野球は身体的頭脳が9割」となって、命題としてはより不明瞭になる。

そういえば、新聞をみたら、甲子園の広島県予選で、瀬戸内高校は久々に決勝まで残っているようである。まあ、たまたまだろう。

例えば将棋で、形勢が有利なのに、自ら緩手や悪手を指して、あるいは相手の手に幻惑されて形勢が混沌としてしまうことを「紛れる」という。

具体的にどういう場合があるかというと、実際は形勢は難しいのに、大局観が悪いので優勢と楽観して、平凡な手を重ねて形勢を損なったり、逆に、形勢は微妙なのに、無理して攻めて、形勢を損なうなどである。

将棋でもそうなのだから、人生が紛れないはずがない。そして人生の紛れ方は、少なくとも将棋よりもはるかに多様なはずである。

一番典型的な人生の紛れ方は、情勢や自分の能力を過信してしまうことである。そして、イケイケの計画を立て、一気に損を重ねる。

あるいは、自分を信頼してくれていた人に裏切られて一気に紛れることもある。さらには突然病気になったり、頼りにしていた人が亡くなったりと、人生は紛れに満ちている。

そもそも完全情報ゲームである将棋で、あれほど紛れるのだから、不完全情報ゲームである人生で、紛れないはずがない。なので人生はもともと本質的に紛れやすいものだから、いちいち人生の紛れ方などという言い方をしない。

しかし、別の観点からみると、将棋が紛れるのは二人ゲームだからである。一人でいくら完璧な構想を描いても、他方がそれをぶち壊してしまう。そのアナロジからいくと、人生も然りであって、山に一人こもるなら、人生といえども紛れは少ない。もちろん山にもこもると、雪崩や熊に襲われるなどの別の災難がありえるが、それは多分紛れではない。

すなわち、全ての災厄は人が一人でいられないことから生じるという、ショーペンハウアーの法則がここでもクローズアップされる。

ところがである、ここでも不条理の構造で述べた心身の乖離があらわれてくる。すなわち、いかに独居しようとも、心は体の随意にならず、体は心を無視して動き続けるので、独りでいても内部に分裂を抱え、次第に紛れてしまう。これが俗にいう、敵は自分の心中にあり、というものなのだろう。要するに、紛れるのが人生、なのであった。

正義感

user-pic
0

私は、大学時代から結婚する前頃までの約10年くらい、自堕落ではあったが、警察のお世話にはなっていないという意味で、正義感に悖ってはいなかったとはいえる。もちろん、許されない場所での立小便くらいのことはあった。

では正義感が強かったかというととんでもない。国家の暴虐(とは書いてみたが、一体なんのことか?)に憤ってデモ行進に参加したことはないし、電車で誰かか虐められていても見てみぬふりしてきたし、要するに自分さえよければ、という態度だったので、正義感を口にすることは到底許されないような状態だった。

それでも、少しずつ正義感の観念が育成されてきたのは、管理職に登用されてからである。それはもちろん、管理職として、渋々でも部下に対して規範を示さなくてはならないという意味もあるが、もっと言うと、ITを含めていろいろな体制が整っていなかったので、関係各位と協力してシステムや制度を作っていかなくてはならなかったからである。

そうやって何もないところから構築していくと、まるでわが子のように、部門に対して情が移ってしまう。思いいれが生じるのである。それは、未熟な男女が結婚して子供をもうけ、苦労して育てているうちに、人間的に成長するのに似ている。

私も管理職として、ITや制度を構築し、部下を育成していくうちに、何ほどか人間的に成長し、責任感、正義感も養われたと思う。

ところが、その正義感が裏目に出た。すなわち、部門全体の育成を行ううちに部門はかくあるべしという規範が自分の中で目覚め、すると積極的に意見を言うようになるが、それで上司と意見が合うならいいが、意見が合わなくても、培った正義感が、後に引くことを許さない。それで人事的に随分ひどい目にあった。

培った正義感というのはなかなか萎えることがなく管理職を降りてからも、後任の管理職と部門の運営に関して衝突したことがあった。どうしても自分が育てた部門という意識が先に立ってしまうのである。そこらあたりは、一緒に部門を育てあげた同僚というか戦友でないとその気持ちを分かってくれないが、あいにく当時の戦友はほとんど既に会社を去ってしまっている。こうして私は、老いぼれた抵抗勢力に成り下がってしまったのだが、下手に正義感を振り回さない方法はいろいろあったよね、と今更のように反省してしまう次第なのであった。

宰領

user-pic
0

今野敏の隠蔽捜査シリーズ4の転迷に続き、同シリーズ5の宰領を読んでみた。すると、今までのシリーズの緊張感を保った好作であった。羽生の将棋のように毎回信頼感がもてる。

外務官僚と公安が関わる転迷と打って変わって事件は、国家議員の誘拐事件である。しかもそれが、竜崎の管轄の大森署内とあっては、関わらざるをえない。

ところが、国会議員の運転手が殺害されて専用車が放置されているのが見つかった。さらに事件は進展して、犯人が直接警察に電話をしてくるという、犯人に告ぐと同様の劇場型犯罪の様子を呈してくる。

犯人に告ぐとさらに似ているのは、警視庁と、宿敵神奈川県警の対決となったことである。

捜査本部長を図らずも任された竜崎は、息子の大学受験での問題を抱えながらも、神奈川県警に乗り込み、猛反発を受けながらも次第に自分の方針を貫いていく。そうしているうちに、警視庁の伊丹とも方針の軋轢を生じていき、竜崎の決断力が問われる。

これだけ隠蔽捜査シリーズ、いや今野敏の作品を読み進むと、水戸黄門モードといえなくもないが、その分安心して読めるアルファ読みとなる。隠蔽捜査6もおそらく読むことになるだろう。

剰余位数

user-pic
0
剰余位数

数学セミナーの7月号の村田玲音氏の記事に、剰余位数の話があったので、紹介しつつ、自作のPerlのプログラムによる若干の計算を試みる。

剰余位数とは何かを述べる前に、1を7で割る割算を考える。すると、0.142857142857...と、142857という周期6の循環小数になる。このような周期を剰余位数(residual order)と呼ぶ。一般に素数pを与えて、1/pが割り切れない場合(実際、p = 2と5の場合、割り切れてしまう)、剰余位数はp-1の約数となる。そして、p-1を剰余位数で割った値を、剰余指数(residual index)と呼ぶ。

このような割算の循環小数の周期の考察は、ガウスを淵源とする。

pの剰余位数を考えることは、a mod pで巡回群を考えることであるともいえる。特に割算の結果の循環小数を考えることは、a = 10kとおいた場合である。例えば、a = 10、p = 7とおくと、mod 7の世界では、10 ≡ 3である。そこで、3によって生成される巡回群をmod 7で考えると、巡回群の位数が6であることが確かめられる。なお、aによって生成されるmod pでの巡回群の位数がp-1とは、aがpの原始根であるということを意味する。

さて、下記のようなPerlのプログラムにより、実際に適当な素数について、剰余位数と剰余指数を計算してみた。なお、下記のprime.txtとは、私が予め、エラトステネスの篩の方法で、百万までの素数を計算した結果のテキストファイルである。

すると、100から1000までの素数の剰余位数と剰余指数は以下のとおりである。

101 : residual order = 4, residual index = 25
103 : residual order = 34, residual index = 3
107 : residual order = 53, residual index = 2
109 : residual order = 108, residual index = 1
113 : residual order = 112, residual index = 1
127 : residual order = 42, residual index = 3
131 : residual order = 130, residual index = 1
137 : residual order = 8, residual index = 17
139 : residual order = 46, residual index = 3
149 : residual order = 148, residual index = 1
151 : residual order = 75, residual index = 2
157 : residual order = 78, residual index = 2
163 : residual order = 81, residual index = 2
167 : residual order = 166, residual index = 1
173 : residual order = 43, residual index = 4
179 : residual order = 178, residual index = 1
181 : residual order = 180, residual index = 1
191 : residual order = 95, residual index = 2
193 : residual order = 192, residual index = 1
197 : residual order = 98, residual index = 2
199 : residual order = 99, residual index = 2
211 : residual order = 30, residual index = 7
223 : residual order = 222, residual index = 1
227 : residual order = 113, residual index = 2
229 : residual order = 228, residual index = 1
233 : residual order = 232, residual index = 1
239 : residual order = 7, residual index = 34
241 : residual order = 30, residual index = 8
251 : residual order = 50, residual index = 5
257 : residual order = 256, residual index = 1
263 : residual order = 262, residual index = 1
269 : residual order = 268, residual index = 1
271 : residual order = 5, residual index = 54
277 : residual order = 69, residual index = 4
281 : residual order = 28, residual index = 10
283 : residual order = 141, residual index = 2
293 : residual order = 146, residual index = 2
307 : residual order = 153, residual index = 2
311 : residual order = 155, residual index = 2
313 : residual order = 312, residual index = 1
317 : residual order = 79, residual index = 4
331 : residual order = 110, residual index = 3
337 : residual order = 336, residual index = 1
347 : residual order = 173, residual index = 2
349 : residual order = 116, residual index = 3
353 : residual order = 32, residual index = 11
359 : residual order = 179, residual index = 2
367 : residual order = 366, residual index = 1
373 : residual order = 186, residual index = 2
379 : residual order = 378, residual index = 1
383 : residual order = 382, residual index = 1
389 : residual order = 388, residual index = 1
397 : residual order = 99, residual index = 4
401 : residual order = 200, residual index = 2
409 : residual order = 204, residual index = 2
419 : residual order = 418, residual index = 1
421 : residual order = 140, residual index = 3
431 : residual order = 215, residual index = 2
433 : residual order = 432, residual index = 1
439 : residual order = 219, residual index = 2
443 : residual order = 221, residual index = 2
449 : residual order = 32, residual index = 14
457 : residual order = 152, residual index = 3
461 : residual order = 460, residual index = 1
463 : residual order = 154, residual index = 3
467 : residual order = 233, residual index = 2
479 : residual order = 239, residual index = 2
487 : residual order = 486, residual index = 1
491 : residual order = 490, residual index = 1
499 : residual order = 498, residual index = 1
503 : residual order = 502, residual index = 1
509 : residual order = 508, residual index = 1
521 : residual order = 52, residual index = 10
523 : residual order = 261, residual index = 2
541 : residual order = 540, residual index = 1
547 : residual order = 91, residual index = 6
557 : residual order = 278, residual index = 2
563 : residual order = 281, residual index = 2
569 : residual order = 284, residual index = 2
571 : residual order = 570, residual index = 1
577 : residual order = 576, residual index = 1
587 : residual order = 293, residual index = 2
593 : residual order = 592, residual index = 1
599 : residual order = 299, residual index = 2
601 : residual order = 300, residual index = 2
607 : residual order = 202, residual index = 3
613 : residual order = 51, residual index = 12
617 : residual order = 88, residual index = 7
619 : residual order = 618, residual index = 1
631 : residual order = 315, residual index = 2
641 : residual order = 32, residual index = 20
643 : residual order = 107, residual index = 6
647 : residual order = 646, residual index = 1
653 : residual order = 326, residual index = 2
659 : residual order = 658, residual index = 1
661 : residual order = 220, residual index = 3
673 : residual order = 224, residual index = 3
677 : residual order = 338, residual index = 2
683 : residual order = 341, residual index = 2
691 : residual order = 230, residual index = 3
701 : residual order = 700, residual index = 1
709 : residual order = 708, residual index = 1
719 : residual order = 359, residual index = 2
727 : residual order = 726, residual index = 1
733 : residual order = 61, residual index = 12
739 : residual order = 246, residual index = 3
743 : residual order = 742, residual index = 1
751 : residual order = 125, residual index = 6
757 : residual order = 27, residual index = 28
761 : residual order = 380, residual index = 2
769 : residual order = 192, residual index = 4
773 : residual order = 193, residual index = 4
787 : residual order = 393, residual index = 2
797 : residual order = 199, residual index = 4
809 : residual order = 202, residual index = 4
811 : residual order = 810, residual index = 1
821 : residual order = 820, residual index = 1
823 : residual order = 822, residual index = 1
827 : residual order = 413, residual index = 2
829 : residual order = 276, residual index = 3
839 : residual order = 419, residual index = 2
853 : residual order = 213, residual index = 4
857 : residual order = 856, residual index = 1
859 : residual order = 26, residual index = 33
863 : residual order = 862, residual index = 1
877 : residual order = 438, residual index = 2
881 : residual order = 440, residual index = 2
883 : residual order = 441, residual index = 2
887 : residual order = 886, residual index = 1
907 : residual order = 151, residual index = 6
911 : residual order = 455, residual index = 2
919 : residual order = 459, residual index = 2
929 : residual order = 464, residual index = 2
937 : residual order = 936, residual index = 1
941 : residual order = 940, residual index = 1
947 : residual order = 473, residual index = 2
953 : residual order = 952, residual index = 1
967 : residual order = 322, residual index = 3
971 : residual order = 970, residual index = 1
977 : residual order = 976, residual index = 1
983 : residual order = 982, residual index = 1
991 : residual order = 495, residual index = 2
997 : residual order = 166, residual index = 6

ついでに、100000から100300までについて計算してみると、 

100003 : residual order = 50001, residual index = 2
100019 : residual order = 100018, residual index = 1
100043 : residual order = 50021, residual index = 2
100049 : residual order = 50024, residual index = 2
100057 : residual order = 100056, residual index = 1
100069 : residual order = 100068, residual index = 1
100103 : residual order = 100102, residual index = 1
100109 : residual order = 3452, residual index = 29
100129 : residual order = 25032, residual index = 4
100151 : residual order = 50075, residual index = 2
100153 : residual order = 33384, residual index = 3
100169 : residual order = 25042, residual index = 4
100183 : residual order = 100182, residual index = 1
100189 : residual order = 100188, residual index = 1
100193 : residual order = 100192, residual index = 1

これらを眺めて気付くのは、pが大きくなるとそれにつれて剰余位数も次第に大きくなるが、剰余指数の方はほとんど小さいままである、ということである。

また、pを大きくしていっても、剰余指数が1となる素数はほぼ一定の割合で出現する。これは、剰余指数が1となる素数が無限にあることを示唆する。ガウスがその予想を与えたらしいが、文献には見当たらない。

アルティンはこれを拡張して、「aが完全平方数でないなら、a mod pが原始根になるようなpは無限に存在する」という予想を与えたが、まだこれは証明されていない。しかし、リーマン予想が正しいとするなら、この予想をもっと強い結果で示すことができる。さらにリーマン予想が正しいとするなら、任意の自然数nについて、aの剰余指数 = nとなる素数は無限にあるという命題も成り立つというのだが、上記の結果の剰余指数のばらつきの少なさを眺めると、これは到底信じられない。

では、一方の剰余位数はどうかというと、剰余指数よりも扱いにくいようである。これに関して次のような定理がある。すなわち、aを固定してpを動かすとき、a mod pの剰余位数全体は自然数全体を覆う。これは、上記実例の剰余位数の現れ方を眺めていると当然のようであるが、この分野の専門家であられる村田氏にはとても意外なのだという。

しかし、私にはこちらの方がはるかに意外である。すなわち、任意の自然数nについて、aの剰余位数 = nとなる素数は有限個である。どうみても剰余位数の方が活発なのである。

数学セミナーの記事には、原始根の分布など、その他の話題もカバーされているが、ちょっと私の理解に余るので(といっても、今までのところが理解できているわけではない)、このあたりまでにしておく。


open FI, "<prime.txt";

while (<FI>) {

chomp;
$s = $k = $n = 0;
$r = $_;

next if ( $r < 100 ); # start number

if ( $r > 1000 ) { # end number
last;
}

undef @X;

$d = 1;
while ( $r > $d ) {
$d *= 10;
}

$X[$d] = 1;

do {
$s = ($d % $r);
$X[$s] = 1;
$k = ($d - $s)/$r;
# printf "%d",$k;
$d = 10 * $s;
$n++;
} while ( $X[$d] == 0 );

printf "%d : residual order = %d, residual index = %d\n",$r, $n,($r-1)/$n;
}

アルファ読みに書いたことの続きだが、最近いろいろと鬱屈することがあり、ついアルファ三昧することになった。

まず、私にとって定番の今野敏の「フェイク」講談社文庫。音楽業界にまつわるストーリーで、今野敏には珍しいと思っていたが、実は彼は、大学卒業後に就職した会社が、東芝EMIなのだった。よって業界人としてこの小説を書いたことになる。ところがこの小説、今野敏にしては乗りがよくなく、どうも読みにくい。その理由は今野敏にとって三作目ということで、練達度が高くない。すなわちアルファ度は高くないのだが、半分くらい読んだ段階でようやくストーリーに乗れて、最後は一気だった。

次に手に取ったのは、「発覚 仮面警官Ⅱ」弐藤水流著、幻冬舎文庫。弐藤水流なんて読んだこともなければ聞いたことさえない。よってこれもアルファ度は高くない。軽い意志の力で読み進めると、主人公の南條刑事の複雑な背景が理解されるにつれて、仮面警官とはどういうことかわかってきた。えれじいばりの複線ストーリーでついていくのに少し苦労したが、これも半分くらい読んだ段階で筋が見えてきた。佳境を迎えてもいまいちストーリーについていけないでいたが、なんとか面白く読み終えることができた。

しかし私の気持ちはまだ晴れない。アルファ度が不足しているのである。そこで特効薬である、今野敏の「東京湾臨海署安積班 夕暴雨」ハルキ文庫を読み始めると、アルファ度満開で一気に気分が和んだ。

こうして気を取り直した私だが、私がアルファ度が足らないと感じた今野敏の「フェイク」と、弐藤水流の「発覚 仮面警官Ⅱ」は、アマゾンでもコメントが極小だった。はて、私のミステリ本感覚は世間とかなり共通なのかと怪訝になった。

考えてみると、アルファ度の高さというのは世間での評判度と、個人的趣味での馴化性という2つの側面があるのだった。そしてもちろん、アマゾンのコメントは、世間での評判度に大きく関連する。

そうかと、ハタと思いついた。先日友人と話しているとき、純文学だけでなく、ミステリー関係の本でさえ、私の読書の厚みが薄いことを指摘された。尤もなので反論しなかったのだが、どうも、そのことが私の読書のアルファ度の成分にあらわれているらしいとやっと理解した次第である。

非社会性

user-pic
0

例えば、テロリストは反社会性集団とも呼ばれる。学生運動盛んな頃でも一切学生運動に与しなかったノンポリ学生であり、社会人になっても、強制加入の労働組合に入る以外は一切政治活動にも関与せず、また一切の犯罪からも無縁だった私は、反社会性と呼ばれることからは遠いが、反社会性と似て非なる概念に非社会性があり、どうも私は非社会性の色合いを強めてきている。

具体的にはどういうことかというと、社会的行事の軽視である。結婚式や葬式などは最低限にしか対応しない。会社内の行事もである。

そもそも私は儀式に潜む形式性、虚偽性が昔から嫌いである。すなわち、世間の多くの人は、全く信心や誠実の心がなくても、あるいはないがゆえに形式に拘る。そして形式性を軽視して実質を重視する私のような人は常識がないと爪弾きされる。

ただ、儀式に潜む形式性が嫌で儀式を嫌うといっても、果たして私が、それを補うように内面を充実させているかというと、それは自信がない。要するに単に社会的なことに無関心なだけかもしれなかったりする。

非社会性の別の側面として、一銭にもならないことに没頭する、ということがある。例えばなんの意味もない純粋数学をただ暇つぶしのためだけに勉強するなどである。そんな暇があるなら、投資の勉強でもしろと世間からみると思われるだろう。あるいは、ボランティアでもやれ、と。

非社会性の別の側面は、単に孤独を、孤独であるがゆえに大事にすることである。孤独に遊んで空想にふける。ある意味悦楽であり、いや、孤独を悦楽に変える方法はそれなりのノウハウなのだが、それは世間では一顧だにされない。

結論として、非社会性は、それに起因するリスクを負うという意味で勝手にやればいいのだけれども、100%孤独では人間は生きていけないので、どう折り合いをつけるか、すなわち地域のコミュニティだったり、配偶者だったりする。そこのバランスは古典的且つ本質的な中庸の問題となり、非社会的生活といえども簡単でないのだった。

面接

user-pic
0

世間一般では、採用する際の人事権は、人事部や所属の担当役員がもっている。ここでいう人事権とは要するに、採用するかどうかの決定権である。

ところが、私が所属する会社では、個別の部門の課長レベルに人事権が与えられる。すなわち、外部からその部門に応募する人の応募書類を書類審査し、面接すべき人を選考し、さらには面接を実施して最終候補を残すところまで権限を与えられる。もちろん最後は、人事部門の形式的基準、例えばTOEICの点数などをクリアしていることが確認され、また上位役員の形式的承認が必要なこともある。その段階で思わぬ拒否権にあうこともある。

ということで、私が管理職であった時期に、何度も採用面接を経験した。その経験を一言でいうと、たかが20分程度の面接では何も分からないということである。

例えば、ヤクザのように邪悪な雰囲気をまき散らかしている人がいたら、20分程度の面接で見抜くことができるだろう。しかし、そんなあからさまな邪悪人間と面接したことはない。とはいえ、最近の経済ヤクザだったら、下手な堅気より愛想がよかったりするかもしれない。

明白に面接で落としたのは、明らかに覇気がない人だった。とても困窮しているようなのにぎらぎらしたものがなく、なんでここまで生きてきたのかが分からないような人だった。もしかして聖人なのかもしれないが、流石に企業に採用することはできない。

一方、面接での印象がよかったので採用したところ、とんだ外れだったという経験は沢山ある。ある人は将棋が趣味で、当時流行していた藤井システムを賞賛していた。私は馬鹿だから、将棋が強い人に悪い人はいないと気に入り、同僚の管理職を説得して採用したが、散々な目にあった。

だいたいが、面接で好印象を与えるに長けた人は宣伝がうまいのだが、採用した後、自己中心的であったり、わがままであったりして手を焼くことが多い。実力もかなりサバを読んでいる。

そう考えると、組織の地の塩になれるような人を、私は面接で評価せず何度も落としてしまったかもしれない。印象があまりにも地味だったりするからである。

一方、面接のときでもどうしても有利な要素とみてしまうのは、学歴、TOEICの点数、あと、あまりおおっぴらにいえないが容姿だったりする。それが実務力に比例しない例を何度みてもこの悪癖は直らない。困ったものである。尤も、女性の部下を沢山もつ管理職である私は、女性で美人すぎる人は警戒した。私は構わなくても他の女性の部下と軋轢を生じてしまう。しかしそれはあくまで仮想事例で、美人すぎる女性が応募してきたことはない。私の単なる妄想だったりする。

あと、外資系企業として困るのは、外国人上司が、あまりに英語力を偏重してしまうことである。応募する人がたまたま英語力があると、実務そのものも卓越していると勘違いして強力に推してくる。課長レベルの私が辟易するほどである。期待するほど実務力がなくて、そういう人を採用して苦労するのはこちらなのである。ここのところがどうしても納得がいかない。

ということで私は、面接による選別効果をほとんど信じない。本当はある程度ゆるい基準で採用して実務を数ヶ月やってもらい、基準を充たさないなら辞めてもらうようにするのが一番いいのだが、コストがかかりすぎるだろう。また、採用した当時はなんだ外れかと落胆していたら、2年くらいたって次第に頭角をあらわす例もあって、実に人物の見極めは難しい。

とはいえ、なにもしないで単にくじ引きで人を選ぶわけにもいかない、よって、採用試験は、それがベストではなくても、書類選考、筆記試験、面接という慣用的なやり方からなかなか脱却できないのだろう。

組織の維持

user-pic
0

がん発生の仕組みを改めて眺めると、組織の維持の要諦が示唆される。

すなわち、がん発生を防止するために、人体ではp53と呼ばれる、がん抑制たんぱく質が活躍するが、まさに、p53は人体において、組織における管理職のような役割を果たす。

p53の役割を改めて書き下すと、次のとおりである。

  1. DNAの変異を発見すること
  2. DNAの変異を発見すると、細胞分裂サイクルを一旦止める
  3. DNAの変異が修復可能であるかどうか、判断する
  4. DNAの変異が修復可能であると判断したなら、修復作業を指示する
  5. DNAの変異が修復可能でないと判断したなら、その細胞をアポトーシスさせる

これは組織でいうなら、管理職が問題社員をチェックし、問題社員を発見したなら、組織の活動を一旦停止して、問題社員が教育や訓戒などで矯正可能か判断する。もし矯正ならば訓戒や再教育などの手段をとり、矯正可能でないなら、問題社員は辞めてもらうか、他部門に異動させる。

このような働きによってなんとか、健全な組織が維持できる。ところがである、いくら担当部員が優秀でも、p53に相当する管理職がきちんと機能していないと次のようなことになる。

まず、問題社員がいても、問題であると認識されない。他部門から苦情がきても、機能していない管理職は意に介さない。

問題社員は問題のまま仕事を続けるので、不具合の仕事だらけとなる。その様子をみている周囲の社員も、それでいいのだと認識し、問題を助長するように加担する。

依然として管理職は問題解決の手を打たないので、問題は拡大再生産され、組織のがん化が始まる。

こうなってしまうと、組織を一旦潰してスクラッチから再建するような、外科手術的手段が必要になる。p53に相当する管理職がいかに重要か改めて分かる。

ところで上では、管理職の業務知識やリーダーシップについは何も言及していない。単に、問題社員発見能力と、問題社員矯正/排除能力を問題にしただけだが、そこのところがおかしくなるだけでも、組織はがん化してしまうのだった。

先日友人と、酒を飲みながら、カミュのシーシュポスの神話だの、カフカの城など、あるいはドフトエフスキーだのに言及しながら、人生の不条理について議論した。酔っていたのもあって、自分の純文学の読書の手薄さを隠すように、私も分かっているようなことを言ってしまった記憶がある。

哲学的談義したのが肝臓によかったせいもないはずだが、次の日の朝、不思議に寝覚めがよく、二日酔いもなかった。そして起きざまに、不条理の構造について簡単なアイデアを思いついたので、書くと自明だが、メモとして残しておく。

まず補題となるのは、悲しいのは体という命題である。これによって、心的な論理あるいは因果関係と、物質的肉体的な論理あるいは因果関係が、互いに独立とはいえないまでも、極めて緩くしか関連づけられていないことが分かる。

2つの異なる論理が錯綜する結果、局所近傍では可解性が成立するものの、ほとんど至るところで微分不可能な、不条理の世界構造が現出する。ここらあたり、ロシア数学の伝統の、特異点をもつアレクサンドロフ空間を彷彿とさせる。

より具体的には、物質的論理に、心的論理が局所的に畳み込まれているらしい。

もし心的論理が関与することなく、物質的論理だけなら、岩石が沸騰しようと、X線バーストが放出されようと、ビッグバンが起ころうと、そこには些かの不条理もない。言うまでもない。

しかし、ビッグバンが起きる前の虚数時間そのものに心的論理が胚胎しているようである。そして心的論理がある飽和点を迎えたとき、ビッグバンが起きる。すると、時空そのものに心的論理が撒き散らかされて、不条理が埋め込まれる。

そんな不条理の世界で生物たちは、わずかな可解近傍を求めて彷徨う。それこそが生物の活動なのであった。

一方、心的論理だけからなる天界には不条理はないのか。そんなことはない、一見一様にみえる心的論理も、多数の周波数成分の重畳であり、物質論理と心的論理の絡み合いのような錯綜がそこでも生じ、結局、そこにも不条理が現出している。むしろ不条理こそが世界のジェネレータらしい。

そして、心的論理の粒度をあげていくと、いつか不条理のない、すなわち、世界そのものが存在しない領域に至り、そこに神はいらっしゃるようなのだが、矛盾にも神こそが最大の不条理なのであった。

棋聖戦第3局に続いて、棋聖戦第4局をネットでみてみた。

棋聖戦第4局での私の関心は、棋聖戦第3局のきわどい終盤を渡辺が制したことで流れが変わったのかということと、渡辺が、相懸・横歩取り系から、矢倉・角換系に原点復帰するのかということである。実際、棋聖戦第3局では角換系で勝ったので、渡辺が先手番で矢倉を採るかと思ったら、第一手目は26歩だった。やや意外である。

すると、最近は羽生は振飛車はしないので、84歩の相懸追従か、34歩の横歩取りかということになるが、結局、34歩から横歩取りとなった。それも85飛ではなく、84飛と52玉、51金、62銀の新旧混合横歩取りである。このあたり、一アマチュアの私にはどう指しても同じに見えてしまうのだが、プロ的にはいろいろ意味が違うらしい。

さて羽生は、16歩、同歩、17歩と歩切れを厭わず、端から手をつけていく。これに対して27金が考えられるが、渡辺は堂々と同香と取り、あっさり羽生に馬をつくらせた。流石に王者の貫禄である。

56手目、55馬に37桂で渡辺は味の良さを感じていたが、そこで羽生はひらりと44飛、どこか冴えている。45歩に54飛で88馬と34歩の両方をみて、既にここでは羽生が優勢なのだろうか。

28飛の受けに、羽生はやはりふんわりと65馬。56歩と渡辺が受けたとき、同馬に58飛。これが渡辺の勝負手だったのだが、47馬、同銀、36歩に、55歩、24飛、36銀、46金と絡まれて、渡辺が忙しくなった。

渡辺が54歩から反撃し、羽生が36金と銀を取ると、53歩成から71角、ここで羽生がじっと54歩と受けて、どうやら羽生の優勢が確定したようである。

ここでじっと79玉が渡辺一流の落ち着き。羽生は37金と桂馬を補充。渡辺は玉を広くしつつ77桂と活用すると、その後羽生は、相手の手に乗って44まで玉を繰り出し、55歩と相手の飛車を抑えた。最後の100手目54飛が検討陣も気付かない好手で羽生が勝勢。ここから渡辺は一手も指さないで投了した。

これで3勝1敗で羽生が棋聖位を防衛。一時囁かれた、羽生の渡辺苦手説はもうこれで完全に払拭されたのではなかろうか。

中学生

user-pic
0

年に一度、地元の中学校にボランティアで呼ばれて、将棋の体験教室のお世話をさせて戴いている。体験教室といっても、ある教室の席に板の将棋盤を並べ、2時間くらい、中学生同士で雑談しながら将棋を指しているのを眺めたり、銀って横にいけますかという素朴な質問に、淡々と答えたりして時間が過ぎるというものである。私としては縁台将棋風に楽しんでいる様子をみるだけで満足である。

私が手持ち無沙汰そうに見ていると、将棋を指しませんかといってくれる中学生もいて、私は臆さず平手で相手する。私は決して無慈悲ではないと思うけど、大抵身も蓋もなく負かしてしまう。それでも終始穏やかな雰囲気は絶やさないので、中学生もそんなに嫌そうでもない。

ともかくもそうやって将棋を指すと、打ち解けるものがあり、中学生と他愛ない話をしたりする。そこでいつも感じるのは、中学生といえども、気遣いとか気働きで、特に私が会社で付き合っている人たちとあまり変わらないということである。また、事務局を任されている中学生たちをみていると、その段取りは、元管理職だった私も含めて、私が知っている数人の管理職よりもどうみても巧みだったりする。

なので、私は日頃思っている仮設が正しいのだと改めて感じる。その仮説とは、大抵の人間は、小学校6年あたりで、Ver.1.00が完成するということである。

中学や高校ではかなりのバージョンアップが行われて、Ver.1.10くらいになるかもしれないが、社会人になってもせいぜいVer.1.20で、その後は私のみるところ、セキュリティパッチを当てて、あまり使いもしないアプリケーションを導入するだけである。決してWindows XPが、Windows 7になるような、君子豹変は起きるわけがないのである。

定年になったら、社会人として導入したアプリケーションをアンインストールするのだが、OSレベルは、バグが減ってVer.1.23くらいかもしれない。高校のときからほとんど進歩していないし、新しい機能も導入されてない。

こう書きながら私は、そんな馬鹿なと、自分で自分に反論している。例えば、中学のときから数学は憧れの対象だったが、当時、和をあらわすΣの記号をみて、なんだこれは?と魔法のようでチンプンカンプンだった。今では、部分的があるが、大学3年レベルの数学で理解できる内容もある。これはたったバージョンで0.13程度の進歩なのだろうか。

あと、私なりに酸いも甘いも噛み分けて、涙しながら酒を口にした夜は数え切れない。そんな人生経験の蓄積が、素朴な中学生から、やはりたったバージョンで0.13程度の進歩なのだろうか。

するとそんなの関係ないと、なにかがつぶやく。そんな人生の非本質的なことに捉われてはいけない、と。なぜなら、中学のVer.1.10で倫理観や責任感のバグを修正できていないと、いくらセキュリティパッチを当てても、追加のアプリケーションを導入しても、OSは不安定なままである。

自分自身に納得できないで自分自身に説得される私はどうも、ひどく疲れているようである。

最後の戦慄

user-pic
0

最近、今野敏の作品を中毒のように読んでいるが、私が読んだ小説はほとんどが警察小説だといっても、隠蔽捜査、ベイエリアシリーズ、警視庁公安部外事第一課の倉島シリーズなど多様で飽きさせない。しかも私はその鉱脈を半分も掘っていない。

ところが、たまたま古書店で買った、今野敏「最後の戦慄」となるとどうだろう。これは近未来のSFの形式をとっているが、実は、武闘ものの劇画でよく採られる手法が踏襲される。

すなわち、たった四人で米国陸軍特殊部隊、米国空挺部隊、反政府ゲリラ、南米の政府軍を一気に殲滅したという、おそるべき強敵があらわれる。それは実は、高度な武器を体に埋め込まれたサイボーグたちなのだった。

その強敵に立ち向かうべく組織されたのは、サイボーグではなく生身の人間たちなのだが、超人的スナイパー、天才的外科医、中国拳法の達人というこれまた、戦いのエリートたち。

その両陣営は、ウルティマな戦いに向けて着々と準備していくのだが、その有様が、連載劇画的で、私の少年的な心が躍ったりする。そうやって少年的に心踊りつつ、一方で、私の老成した感性がつぶやく。ううん、今野敏にしては完成度高くないよね、と。

それはまあそうなんだけど、これもまた今野敏の感性の発露であると思いたい。すなわち、ある意味で想像力の遊びなのである。このような、いい意味での少年的想像力があるので、緻密なプロットの心理的警察小説も書けるのだろう。

そして期待したとおり、たった四人で米国陸軍特殊部隊、米国空挺部隊、反政府ゲリラ、南米の政府軍を一気に殲滅したという、おそるべき強敵も最後は実にあっけない。このあたり、杜撰に結末してしまった、魁!男塾的でいい。これは決して揶揄しているのではない、褒めているのである。それが証拠に、私は今後も今野敏は読み続けるだろう。

責任感

user-pic
0

長らくサラリーマンをやってきて、責任感とは何なのか、つい考えてしまう。広辞苑をみると、責任感とは、「責任を重んじ、それを果たそうする気持。」とあるが、これではトートロジーであり、適切な語釈になっているとは思えない。

そこで私の責任感の定義を与えてみると、必ずしも自分の利害に拘らず、目先にある、自分の影響下にあることを、きちんとした帰着に導くように努力すること、となる。

責任感といえば思い出すのはある知り合いである。その知り合いは明らかに私よりも優秀で、リーダー的な役割を果たしていたが、一方で我侭な態度で目に余ることがあり、私は一歩引いて付き合っていた。

しかし、その知り合いを見直すことがあった。特に艶聞もなかった知り合いであるが、旅行先で出来心か、地元の若い女性と一夜をともにしてしまった。その結果命が一つ誕生したのだが、そのまま行方をくらますことができたかもしれないのに、知り合いは責任をとって結婚した。随分な歳の差だったと思う。その女性の写真をみせてもらったが確かに天使のように美しく、私がいささかの羨望も覚えなかったといえば嘘になる。その女性と結婚することで、様々な誤解や苦労に遭遇したようであるが、知り合いはきちんと責任を果たしてきているように思われる。

私が果たしてそこまで責任をとれるかどうか自信がない。そもそも特に異性関係の行動力に欠ける私がそういう状況になるとは考えにくい。異性ではなくても、人生全般にコンサーバティブでリスクテーキングに引いてしまう傾向のある私は、重い責任を果たすことを回避してきた。

そもそも私は子供のときから、理屈っぽくて、自分の利害に聡すぎ、計算して小悧巧に立ち回りすぎる、自分勝手すぎると母親から批判されてきた。その傾向はいまもあるだろう。ただ、東京に出てきて、大した能力がないにもかからわず、大きく身を持ち崩さなかったのは、小悧巧さが幸いしたかもしれない。

そうやって、自分の母親からも批判される程度の責任感の持ち主なのに、サラリーマンとして会社に勤務して驚いたのは、私の責任感がなんとか平均レベルはある、ということである。すなわち、少なくない人たちが、自分の業績評価に関わる人たちに対してしか責任感を果たさないのである。それ以外の人たちから依頼されたことは適当にこたえて済ましてしまうか、あるいは全く無視してしまう。無視するどころか、催促されたら、そんなことやっている暇はないと逆切れする。

そんなことをしていたら周囲の評判が悪くなり昇進できないとみていると、意外にも、ピンポイントで上司のためだけに責任を果たす方が覚えめでたく、昇進が早いのだった。果たして昔からそうだったのかと記憶をたぐってみるのだが、確かにそうだったようなそうでなかったような、自分でも分からない。

平均レベルの責任感しかない私だが、管理職になってから、建前とはいえ、自分のためよりも部下のため、部門のため、奮闘努力した。このままでは困ると思ったら、購買担当者とも、セキュリティ担当者とも、経理部門の責任者とも、剰え、ニューヨーク本部の副社長とも膝詰め談判した。今にして思えばやりすぎのような気もする。なぜなら私はその後、要注意人物としてマークされたからである。もしかして責任感を意識するあまり、限度を超えてしまったのかもしれない。

そうなった結果も自分のせいだと引き受けるのがまたしても責任感なのであるが、ともかくもこれで人並み以上の責任感の持ち主であると自信をもった次第であった。

そういう責任感の淵源であるが、もって生まれた性格というよりも、家庭環境にあるのだろう。少なくとも私の両親は、世俗的な意味で立派な人たちではなかったが、子供の養育に対しても、周囲の人たちとの約束に対しても、責任感を放棄する人ではなかった。軍隊式に厳しい家庭ではないので、ごく普通だったが、私は普通の責任感の必要性は肌で感じていたのだろう。

ただ下手な責任感が仇になる局面に何度も出会うたびに、私がもう少し頭がよく、もう少し責任感が少なければ、少しは昇進していたのかもしれないと皮肉な思いに捉われないでもない。ただそれは人生の一面に過ぎないのだろう。たかが60年弱生きたくらいで人生が理解できるわけがない。

曙光の街

user-pic
0

私は、かなり無軌道に本を読むので、折角のシリーズものなのに後のほうを先に読んで、微妙な齟齬を感じることがある。例えば、桐野夏生の「天使に見捨てられた夜」を先に読んでから、江戸川乱歩賞をもらった、その前編である「顔に降りかかる雨」を読んだ。

ここで感じる齟齬というのは2とおりあって、1つは前編で既に述べられていることが当然後編で想定されていて、後編を読むとき、ちょっと情報不足感があるということ、もう1つは、前編を読むとき、既に後編を読んでいるので、ネタバレ感がちょっとあるということである。

実は、今野敏の「白夜街道」を読んだ後で、その前編の「曙光の街」があることに気付き、急遽アマゾンで注文した。例の元KGB特殊部隊にいたヴィクトル・タケオビッチ・オキタのストーリーである。ヴィクトルは、日本人の父とロシア人の母の混血である。なので、容貌は日本人のようにみえなくもない。

そしてそのカウンターパートは、警視庁公安部外事第一課の倉島達夫。

白夜街道」である程度練達の公安刑事としてあらわれる倉島も、「白夜街道」ではいかにも覇気のない、なんとか楽をしたいと思っている駄目刑事としてあらわれる。そのせいで、先輩の上田係長にはいつもどやされている。

そんな警視庁公安部外事第一課が、ある人を暗殺するためにヴィクトルが日本にやってくるという秘密の情報を得た。そのために敢えて投入されたのが未熟な倉島。なぜ公安とはいえ秘密の情報が得られたのか、なぜ経験の乏しい倉島が担当するのか。そのような疑問をよそに、日本人として来日したヴィクトルは暗殺を実行すべく、標的に一歩一歩迫っていく。その緊迫のストーリーは、「白夜街道」以上である。

ヴィクトルは、暗殺計画の行きがけの駄賃のように、ロシア美女を救う。そういえば、Youtubeでみた、"Москва слезам не верит"を歌う女性はやたら美しかった。うん、今野敏のロシアものも悪くない、そう改めて思った次第である。

心美人

user-pic
0

絶対美人など、愚にもつかぬ美人論を書いて失笑を買ってきた私だが、ふと、心美人というキーワードが浮かんだ。

これがどういう意味なのか自分でも分からないので例によって考えてみる。するとどうも、普通の美人を姿美人と呼ぶことにして、その対極の概念が心美人らしい。

姿美人の対極の概念が心美人というなら、心美人とは容姿は劣るけれども、親切であるとか思いやりがあるとか、教養があるとかという意味かと問うと、そうではなく、姿美人であることと、心美人は独立であるという。

また、心美人というのは心がきれいである、という意味でもないというのだから、いよいよ分からなくなってきた。なお、一体誰が誰に問うているのだという疑問は当然の疑問であろう。私が問うているのだが、誰が答えているのか私も分からない。

で、心美人というのは実は単なる相性なのだという。私は反論した。美人というのは、ある程度最大公約数的なもので、Aさんが美人という女性は、Bさんからみても大抵美人である。しかし、もし相性というなら、Aさんが心美人と感じる女性は、Bさんにとって心美人ではないということがありえる。それでいいのかと聞いたら、それでいいのだという。

さらに聞いてみると、姿美人は、電磁力のような遠達力であり、心美人は、核力のような近接力なので、姿美人は遠方からでも男性を惹きつける力がある。一方、心美人は、近づいて会話したりしないと分からない、という。

すると、と私はさらに聞いてみた。いわゆる恋愛というのは、姿美人+心美人で惚れることなのか、と。するとそうではないという。世間の恋愛というのは、姿美人をベースとし、肉体的、感覚的であり、心美人とは相容れないという。

そういえば社交的ではない私は見ず知らずの人と話すのが極端に苦手だが、男女を問わず、ごく限られた人間に対して私は、話題に困らないという経験をすることがある。なんとなく相性がいいということである。心美人というのはその異性版であるが、心美人的に相性がいいというのはある意味魂の共鳴かもしれないが恋愛ではないという。心美人的な相性のよさは決して燃えあがることがない。淡々としたままである。恋愛に発展しない。すると心美人なる概念を掲げる意味がいよいよ分からなくなってきた。

私は建前ではあっても正直に生きることを旨としているので、なるべく嘘はつきたくないのだが、現実問題そうもいかない。一方、作ったような見え見えの嘘に遭遇することは少なくなく、その都度辟易するのだが、これまた、そうもいっていられない。そう思っていたら、「嘘の見抜き方」若狭勝著、新潮新書を見つけたので、買って読んでみることにした。

若狭氏は元検事で、長年、取調べに携わってきた。そこで被疑者は当然嘘をつくことがありえるわけで、そういう意味で、若狭氏は嘘についての語り部として適任ということになる。以下、私なりにこの本に基づき嘘についてまとめてみる。

まず、嘘については、以下の4種類に分類される:

  1. 防衛の嘘
  2. 背伸びの嘘
  3. 欺瞞の嘘
  4. 擁護の嘘

防衛の嘘とは、自分を守るための嘘であり、火の粉が飛んできたら本能的に目を閉じるようなものだという。なので、防衛の嘘をあまり非難してはいけない。

背伸びの嘘というのは例えば、テストが90点だったのを95点だったと嘘をつくようなものであり、これはプライドと恥が動機となる。結構見栄っ張りの私もときどき、背伸びの嘘をついたりする。場合によるが、それほど悪質ではない。

欺瞞の嘘というのは、他人を陥れるための嘘であり、嘘として最悪である。

一方、擁護の嘘というのは他人を庇うための嘘であり、場合によっては人道的な響きさえもつ。組織の人間関係における擁護の嘘はなかなか崩れない。

さて、嘘を見抜くということは、嘘を解体することである。それは、嘘に勘付く→嘘を確かめる→嘘を断定する、というステップをとる。嘘が解体されていく過程で嘘は変化する。

あと、嘘つきがよく使うセリフに、「覚えていない」、「記憶にない」がある。あと、「えっ?」とかわざと聞き取れないふりする人もいる。自明なこといっているのに、「意味わかりません。」という人もいる。そんな、と思うような内容を記憶にないと言われた経験は私には沢山ある。あと、話をすりかえたり、逆質問したりする。

それから、答えを固定化させることも重要である。ある嘘の証言したら、それが前提になるようにその内容で宣誓させる。そうした上で、嘘を切り崩していく。

そのための質問は、yes/noでは答えられないオープン・クエスチョンがいい。また、同じ質問を繰り返してはいけない。

ここから、嘘であることを認め、真実を語らせる、の自白に方法と進むのだが、検事ならぬ、ちょっとした口げんかにも勝ったことのない私にはどうみても無理そうである。

せめて、いくら正直を貫こうとしても嘘をいわざるをえなくなることがあるということを認識したのが、私には意味がある。カント先生はこのあたりどう妥協してくれるのだろう。

同期

user-pic
0

同期といっても、ここでいうのは、シンクロナイズのことではない、同じ時期に入社したり、資格に合格したような関係である。例えば、弁理士の方は同じ年に試験に合格した人達と仲間意識があるようであるが、何十年も学校の同窓会さえ出たことがない私にはそういう気持ちは理解できない。

さて、マイブームである今野敏の「同期」講談社文庫を読んでみた。暇なので本屋をうろついていたら、なぜかこの本が輝いてみえたので、迷わず買った。

主人公は、警視庁捜査一課に配属された若手刑事である、宇田川亮太。その警察学校の同期は、蘇我和彦である。最近よくいるタイプなのであるが、宇田川は出世欲漲る若手。一方、出世欲があまり見えない蘇我はなぜか、警視庁の出世コースの公安部に配属されている。そのことで宇田川はなにかと面白くなく思っている。

さて、暴力団の組員の死体が発見される事件が起き、これが、なぜか殺人事件というよりも暴力団の抗争事件としてフィーチャされた捜査本部が立ち上がった。すなわち、捜査四課が主導である。捜査一課に人員を割くように指示が下り、宇田川とその先輩である部長刑事の植松義彦が派遣された。上司の名波係長も同行した。なんで暴力団の抗争事件に捜査一課が駆りだされるのかと不満を抱きつつである。

捜査本部では宇田川は、下谷署の強行犯係の土岐達朗とペアになった。なんとも気難しいベテランと組まされたと悩む宇田川は、付き合ううちに、土岐が練達の刑事であることを次第に思い知る。

そうしているうちに宇田川は、同期の蘇我が懲戒免職になり姿をくらましたことを知る。それを怪訝に思って探っていくうちに、警視庁公安部から横槍が入った。それでも納得がいかず、聞き込みを続けていると、警察庁警備局警備企画課という超エリートの部署から呼びつけられ、左遷または懲戒解雇を示唆される。それでも宇田川が名波、植松、土岐に励まされながら勇気をもって、捜査を続けると、外国諜報機関の手配によるヒットマンの存在が明らかになったり、右翼の超大物があらわれたりといよいよストーリーが公安じみてきて、息もつかせぬ展開になった。

隠蔽捜査4の転迷にも劣らぬ面白さで、今野敏はいよいよ冴えている。ただ、同期ってそんなに拘るものかよと私は疑問に思った。同窓会など全く無視の私には理解すべくもないのであった。

昔、講談社新書だったか、「レギュラシオン理論―経済学の再生 」山田 鋭夫著という経済学の入門書を読んだ。しかし、経済学に疎いせいか、「調整」ということがキーワードとして出てきた以外に全く記憶にない。

ところが、そんな本を読んだ記憶が頭の片隅にあったせいか、レギュレーションシップという単語が頭に急に浮かんだ。英語の綴りはregulationshipであるが、そんな単語は辞書にない。どうもfriendshipのもじりらしい。

そこで例によって、レギュレーションシップという単語の意味を後付けで考えてみた。friendshipが友情という意味であってみれば、レギュレーションシップというのは調整マインドみたいな意味にあたるのだろうか。

それで私が思い当たるのは、お局様に書いたことである。すなわち、複数の女性の部下をもつ管理職として私は、対立する2つのグループの各々に対して交渉して、争いが全体に波及しないようにした。それは妥協したり、きちんと聞くふりして聞き流したり、私なりに懸命の調整策なのだった。もちろん私はイスラエルとパレスチナの間に永続的な平和を構築することはできなかったが、一次的な停戦を含め、なんとか全面戦争にならないようにした。

私のレギュレーションシップの活動はそれだけではない。当時業務用のPCはよく壊れたので、社内のPC開発部門とコンタクトをとって、予備のPCを可能な限り沢山抱えるようにした。このため、代替PCを使うことにより、PCの故障が業務を止めることにならになかった。

そうやって手に入れたPCはOSが導入されていないことが多く、管理職なのに一日10台以上私がOSを導入したりした。当時のOSはWindows 2000だった。これにより、各部員は、ほとんどロスタイムなく新しいPCで業務にとりかかれた。

また、プリンタのインク、コピー用紙など在庫を定期的に確認し、早めに注文・補充することにより在庫切れにならないようにした。

さらに、知的財産協会のシステム情報委員だった電子出願の知識を活かして、かなりの数の業務用ツールを作成した。これにより、能率よく特許用のフォームを生成することができる。これの一部は今でも使われているはずである。

このように多方面にレギュレーションシップを発揮したのだが、レギュレーションシップというのは丁度、車を運転するとき、瞬間のハンドル移動量が小さいように、刻々の作業量が小さいので、傍からみてほとんどなにもしていないように見える。なので、レギュレーションシップの結果、みんなが円滑に仕事ができていたとしても、レギュレーションシップを発揮している本人はほとんど感謝されることがない。感謝どころか、少しだけ調整の不手際があると、今までが順調だっただけに余計に非難を浴びる。

周囲の人達にさえ評価されないのだから、レギュレーションシップを発揮する人は決して上位管理職に評価されることも、ましてや昇進の対象とされることもない。それはもしかして、現世における修行の一つの理想的な形態なのかもしれないが、少なくとも私レベルの霊格では、レギュレーションシップを淡々と務めるということはできない。

それでも、何かの都合で組織からいなくなったら多少はその価値が分かってもらえるのだろうか。そんなことを考えることさえ不遜である、と神の声が微かに響くのであった。

制服捜査

user-pic
0

佐々木譲の笑う警官が結構面白かったので、その続編として、「制服捜査」を読んでみた。するとこれがまた、なかなか秀逸なのであった。

「制服捜査」は、「笑う警官」にもあった、北海道警察の無理な配置転換策のとばっちりで、札幌で刑事をしていた川久保篤巡査部長が、釧路方面、広尾警察署志茂別町駐在所にたった一人の勤務として赴任してきたところから話が始まる。

なぜこのような無理な配置転換策を北海道警察が採ったかというと、2002年に北海道警察に起きた不祥事で、拳銃摘発担当の刑事が捜査費用の裏金捻出のために、覚醒剤密売に関与したことに端を発する。長年同じ部署に置いておくと癒着してスキャンダルの温床となると危惧した北海道警察は、今まで交通課にいた刑事を平気で殺人の捜査をする強行犯係に移動させるような暴挙に出た。川久保もそんなとばっちりを受けたという次第である。

さて、川久保巡査部長は、志茂別町駐在という、ローカルな場所にいて、地元の防犯協会会長、郵便局長など様々な地元有力者とのしがらみに捉われてしまった。そういう地方では、犯罪者を出さないことが旨とされ、少々の事件ではもみ消すよう圧力を受ける。

そんな馬鹿なとおもわれるかもしれないが、私は離島出身で、そこにたった一人いた駐在のおまわりさんと、地元有力者の関係をよく知っている。例えば、高校生などが煙草を吸ったり、バイクの無免許運転するなど、私の出身地では日常茶飯事であったが、問題が起きるとその親は、元町長、郵便局長など地元の有力者に相談にいったものだった。すると、警察は、説教して、もうするなよ、と訓示しただけで開放する。

そんな体質は志茂別町駐在でも同じで、いじめや喧嘩など些細な事件はあるものの、殺人事件など凶悪犯罪はないとおもっていた川久保巡査部長は、実は必ずしもそうではなく、隠蔽され闇に葬られていただけたったと知り、愕然とする。裏には殺人や誘拐など凶悪犯罪が潜んでいたのである。私の出身でよっぱい同士の喧嘩はしょっちゅうだったが、殺人事件は聞いたことがない。もしかしてやはり隠蔽されていたのだろうか。

あと、この小説で連続放火事件が出てくるが、僻地の村では空き家が多く放火魔には絶好なのであって、私の出身の島でも、放火魔が横行し、尾道署の刑事が訪ねてきたことがあった。そのせいで警戒のため、動物嫌いの私の実家も渋々番犬を飼うようになったという経緯がある。

ともかく、僻地で繰り広げられる地味なようでいて心の奥底に響くような事件の数々は、いろいろな意味で私には他人事のような気がしないのであった。流石に佐々木譲、逸品である。

読売新聞の記事によると、Winnyの開発者である金子勇氏が死去したという。以下、引用:

ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を開発した東京大学元助手の金子勇(かねこ・いさむ)さんが6日、急性心筋梗塞で亡くなった。42歳だった。

金子さんはウィニーをインターネット利用者に提供し、ソフトの違法コピーを手助けしたとして、2004年、京都府警に著作権法違反(公衆送信権の侵害)のほう助容疑で逮捕された。京都地裁で有罪判決を受けたが、2審・大阪高裁で逆転無罪となり、最高裁で確定した。

自分のブログを辿ると、金子氏の無罪が確定したのは、ウィニー無罪確定で述べたように、2011年12月19日のことだった。それからたったの約1年半で金子氏が急逝されるとは、まさに人生の儚さの典型をみるようである。

急逝で個人的に思い出すのは、葬式で述べた友人の死去である。彼の場合、それは誘引に過ぎないとしても、転職に伴うストレスが、ある本質的な影響を与えたと思われる。私は彼の辛かった内面をいささか知っているからである。そのアナロジでいくと、2004年から始まり7年にも亘るWinnyの裁判の顛末が金子氏の心身に重大なるストレスを与えたということは想像に難くない。以て合掌。

棋聖戦第2局に続き、棋聖戦第3局、俗な言い方だがこれで羽生が防衛を決めるかどうかである。

羽生の76歩に対して渡辺は84歩、最近34歩で負けが混んでいるので原点回帰である。対して羽生は26歩で矢倉を避けた。先の名人戦第5局の敗戦以来、矢倉の先手番にいまいち自信がないのだろうか。

こうして局面は、角換腰掛銀となった。後手65歩、先手47金形である。そこから局面は膠着状態になって互いに飛車を横に移動して手待ちした。羽生は結局、48金、47銀、56歩、69飛と組み替え、後手は64角というあまり見たことない展開となった。

ともかく、羽生が83角と打ち込んで、膠着状態は打開された。以下、角成を受ける63銀に66歩、そこで後手は86歩、そこから同銀、66歩、同飛、ここでじっと52金と寄ったのが渡辺の新手である。羽生は勢いで64飛と切ったが、これはどうだったのだろうか。尤も、そうしないと83角の捌きが難しい。

以下同銀に、71角と飛車取りに打つが、後手に39飛から37の桂馬を取って66桂を狙われるのが痛い。しかし羽生は、飛車に37桂を取らせたあと、64馬と銀を取って66桂の両取りを甘受する方向を選んだ。どうも仕方ないらしい。

87手目羽生が59桂と打って辛抱するようでは、形勢は渡辺ややよしか。そしてこの局面で落ち着いて19龍と香を補充しておくのが渡辺一流の終盤の落ち着きである。

ここで俄然、羽生は32馬と金を取って馬を切った。同玉に22歩、果たして羽生に成算はあるのか。しかし渡辺は堂々の同玉。42飛の金の両取りを甘受して、32金と受け、62飛成、61歩、同龍、66歩、41銀と進んで、検討陣は羽生の必勝になったのではないかと感じた。

以下、43角、32銀成、同角、31金、43角、32金打、13玉、33金、同桂、32金と引いて決まったようだが、22銀という頑強が受けがあった。検討陣もこの手に後手玉の寄せが見えない。羽生がそうして攻めあぐんでいる間、渡辺は詰むや詰まざるやに羽生玉を見事詰め上げて、なんとか望みをつないだ。

原点回帰した渡辺は次の先手番で、26歩でなく76歩から、矢倉あるいは角換腰掛銀を目指すだろう。羽生は矢倉を受けて立つだろうか。あるいは横歩取か。注目である。

相性

user-pic
0

人間の相性というのは、分かっているようでよく分からない。それでも自分と相性のいい人間というのはなんとか考えることができる。その特性を列挙してみる。

まず第一に内向的なタイプである。私が内向的だからそうなのかもしれない。もちろん私の友人には社交的というか外交的なタイプもいるが、それでも少なくとも思慮深いような気がする。

次の特性は読書好きである。私が比較的深く付き合っている友人で、読書好きでない人はいない。ただ、読書傾向は私と違っていてもよい。そもそも私のような無軌道且つ系統だっていない読書傾向の人はあまりいない。

上記二つが満たされていれば学歴は関係ない。むしろ私より高い学歴の人だと私が引いてしまう。それでも向こうから声をかけてくれて、付き合っている友人はいる。

これも本質的であるが、誠実性というか公平性がある人でないと私は親しくならない。潔癖なほど私は嘘を嫌う。だから私は、人間的にこなれていないといわれる。

そして重要なのが野心家でないことである。企業指向、地位指向の人は私はまず相性がよくない。尤も基本的に向こうが相手にしてくれないので、これはあまり問題にならない。

そして容姿であるが、私は基本的にとても地味な容姿なので、美人やイケメンの人がいたら自分から避ける。美人の場合もちろん興味がないわけではないが、どうせ相手にされないだろうと付き合ってもらうことをチャレンジしない。それでも、美人で性格的に相性がいい人に出会う確率というのは、ゼロでないのだろうくらいに楽観的に考えているところもある。

あと、私と相性がいい人というのはおそらくどこかしら私と似ているのだろうが、やはり相補性があるはずである。これは丁度DNAの塩基配列で、アデニンとチミン、グアニンとシトシンが結合するようなものである。

また、上記属性を列挙したとき、そんなに稀な属性ではないので、私の相性のいい人達というのは結構いそうなものであるが、実は稀である。それは必ずしも能力が高いとかそういう属性ではないのに稀なのは、現世の構造がそうだからであろう。すなわち、野心と誠実性のところでスクリーンされてしまう。いつもつい損な目に遭っている人達が私の友人候補なのである。

だから私は少なくとも友人と人生をあまり肯定的に語らない。前向きなどとも言わない。また、水のごとく淡い関係ともいえる。

私は基本孤独がベースなのだが、ビタミンのように相性のあう友人が少しだけいてほしい。それが随分な贅沢であることを最近次第に思い知りつつある。

元警視庁の捜査一課長だった、久保正行氏の「君は一流の刑事(デカ)になれ」東京法令に、刑事のこだわりについて書かれていたので、私なりに纏めてみる。

まず、刑事は、うどんやそばのことを「長しゃり」と呼ぶ。「しゃり」とはもともと、米のことである。その長しゃりであるが、刑事は、特別捜査本部開設から三日間を「さんがにち」と呼んで、その間には決して長しゃりを食べないのだそうである。長しゃりは延びるから、ということらしい。一方、ホシを挙げるということにゲンを担いで、揚げ物である、天丼やカツ丼を好んで食べる捜査員がいるらしい。

そんなことに拘ってどうすると思うのだが、特別捜査本部が開設されたとき、つい長しゃりを食べてしまい、キャップの逆鱗に触れ、特別捜査本部から外された巡査部長までいるという。それだけではない、そのうち捜査一課から所轄に異動されてしまうらしい。長しゃり程度でなんとも苛酷な人事である。

刑事はビールにも拘る。アサヒビールでは、朝日が眩しすぎてホシが見えなくなってしまう。キリンビールだと、ホシが麒麟のように駆けて逃げてしまう。そこで、何を飲むかというと、真ん中にでかくホシが描かれたサッポロビールを飲むのだという。

それだけではない。普通なら叱られるが、デカ部屋では叱られない行為があるという。それは、誤って湯飲みを割ることである。刑事にとってホシを割ることはいいことだから、ということらしい。もちろん故意に割ったり、頻繁に割るのは論外である。

あと、迷宮入りになるのでお宮に参らない刑事もいるらしい。そもそも刑事は死体に頻繁に直面するので結構信心深いようである。「君は一流の刑事(デカ)になれ」には、久保氏が寝ていたら、殺された被害者の幽霊が出てきて、なんとしても犯人を捕まえてほしいと懇願するというシーンが出てくる。すると、心霊特捜というのもそんなに荒唐無稽でもないのかもしれない。

白夜街道

user-pic
0

小説のタイトルが「白夜街道」だと聞くと、東野圭吾の「白夜行」の勘違いかと思うかもしれない。しかし、「白夜街道」は実は、今野敏の小説なのだった。

しかしこれは、隠蔽捜査シリーズとも、ベイエリア分署シリーズとも違う。

そもそも、「白夜街道」の主人公は、警視庁公安部外事第一課の倉島達夫なのだった。そして、問題となるのは、ロシアの元KGB特殊部隊で今は警備会社勤務のヴィクトル・タケオビッチ・オキタ。

そのヴィクトルがロシアから警備のクライアントを伴って日本にやってきたとき、外務省の職員が亡くなるという事件が起きる。これに関して、外務省と警視庁の間で例によって腹の探りあいが起きる。隠蔽捜査シリーズでは、外務省と警視庁の公安と警視庁の刑事部で相克があった。そのあたりの葛藤は「白夜街道」でも似ている。

しかし、「白夜街道」では、ロシアに帰国したヴィクトルを追って、倉島と警視庁捜査一課の牛島係長がロシアに出向くというところから、国際色を帯びてくる。平凡な事件ながらも独特の心理描写が活きるベイエリア分署シリーズとは全く様相が異なってくる。

この後はモスクワ近郊で、笑う警官ばりの緊迫した展開となる。はて、今野敏はこんな国際ハードボイルド小説も書けるんだと思ったら、私が知らないだけで、国際系のミステリーも沢山あるようである。今野敏を読みつくすのはなかなか大変である。

がん発生の仕組みでみたように、がんの原因は、DNAの変異なのだが、そこでどのようなDNAの変異があるのか、生田哲著「がんとDNAのひみつ」サイエンス・アイ新書に基づきみてみる。

DNAの変異は、小さな変異と、大きな変異に分類される。

小さな変異は、(a)ミッセンス、(b)ナンセンス、(c)フレームシフト、(d)ニュートラルの4つの変異(ミューテーション)に分けられる。

ミッセンス・ミューテーションは、DNAの1個の塩基対が他の塩基に置き換わり、mRNAの塩基配列に変化が起こり、その結果、1個のアミノ酸だけが、正常な配列と異なるタンパク質をつくる。たった1個のアミノ酸の違いくらいと馬鹿にできない。その結果、結果のタンパク質の働きが本質的に変わることがあり、がん発生の原因となりえる。

ナンセンス・ミューテーションは、1個の塩基対が他の塩基に置き換わることによって、アミノ酸を指令していたコドンが停止コドンに変わるというものである。この結果、異様に短いタンパク質ができてしまう。

フレームシフト・ミューテーションは、1個の塩基対がDNAに挿入されることで、mRNAの読み枠がずれてしまう、というものである。これにより、全く異なるタンパク質の生成につながるので、細胞に悪い影響がおきる。

ニュートラル・ミューテーションは、DNAの1個の塩基対が他の塩基に置き換っても、コドンの解釈としては変わらないというものである。これは実害はない。

大きな変異は、大きな塩基列がブロックで移動することであり、(a)欠失、(b)増殖、(c)挿入、(d)転座に分けられる。

欠失というのは、ある遺伝子の一部が失われることであり、例えば遺伝子Aが1000個の塩基対からなるとして、100個程度の塩基対が失われることである。

増殖とは、ある遺伝子が複数コピーされて増えることであり、これ自身は冗長性を高めて望ましいこともあるが、白血病やリンパ腫の原因になることもある。

挿入とは、他の染色体にあった遺伝子が別の染色体に移動することである。このタイプの変異は、典型的にはウイルスの感染で起こる。

転座とは、染色体の一部が切断され、その断片が、同じ、または異なる染色体に移動することをいう。

それではDNAの変異の原因はというと、内的と外的がある。内的とは、DNAポリメラーゼによるDNAコピー時にミスである。それは、30臆個の塩基対のコピーにつき、たった3個という正確さであるが、それでも、小さな変異が場合によりがん化につながる。

外的原因は、(1)化学的、(2)物理的、(3)生物的の3種類に分けられる。化学的原因は、たばこ、化学薬品などの変異原物質にさらされること、物理的原因は紫外線、放射線にさらされること、生物的原因はウイルスによるものである。

DNA鑑定

user-pic
0

「君は一流の刑事(デカ)になれ」東京法令の一節に、科学捜査の章にDNA鑑定の話題があったので、簡単にまとめてみる。

まず、DNA鑑定には、核DNA鑑定、ミトコンドリアDNA鑑定などがある。警察におけるDNA鑑定は、平成元年に警察庁科学警察研究所で実用化したらしいが、実は平成2年11月の段階でもまだ研究段階だった。そこでそのとき起きた事件のナイフについた血液のDNA鑑定は、東大方法医学教室、石山教授に委託された。

この段階では、ミトコンドリアDNA鑑定で、個人識別能力が10人に一人程度だった。そこでABO式血液検査と併せるのだが、それでも個人識別能力は数十人に一人で、捜査の証拠能力としては参考程度にしかならなかった。

平成17年にDNA鑑定委託したときは、平成15年から新たに取り入れた9種類のSTR型で、個人識別能力が一気に1100万人に一人の個人識別能力になり、フラグメントアナライザーの導入もあって処理のスピードも上がった。

平成18年からSTR型の検出を15種とすることで、個人識別能力は4兆7億人となり、これは地球上の人口よりはるかに多いので、鑑定資料が犯人のものだと断定できれば、即逮捕も可能となった。

ここまで精度が高まると、DNA鑑定結果そのものに疑問はなくなるので、むしろ鑑定資料の採取方法や取り扱いが問題になる。これは指紋の場合と同じである。

もちろんDNA鑑定に当たっては、鑑定資料はなるべく速やかに持ち込む、時間がかかる場合は腐敗や細菌の繁殖に注意を払う、素手で触ったり唾液など混入させない、などの注意が必要である。

しかし、久保氏によると、どんなに科学が発達しても、科学捜査はあくまでも、科学を活用した、人間による捜査なのだという。

久保氏はさらに、捜査の経験から、生体血と死体血の判定ができる方法があればいいという。なぜなら、生きている生体から流れた血と、死体から流れた血の成分は違うそうである。ただ、それをきちんと判定できる研究はまだないそうである。

読売新聞に、鳥インフルエンザH7N9型の記事があったので、私なりにまとめてみる。その前に、自分のブログのインフルエンザ関係の記事を引用しておく:

さて、鳥インフルエンザH7N9型は、今年3月に中国で人に感染したことで、初めて確認された。これまでに上海、北京、浙江省、台湾で計133人が罹患し、39人が亡くなっている。

鳥インフルエンザH7N9型は、A香港型(H3N2)や2009年に大流行したH1N1型と同じA型に属する。A型は、人だけでなくニワトリや豚など様々な動物に感染する。

鳥インフルエンザH7N9型は、3種類の鳥インフルエンザが混交してできたと考えられている。特に中国で感染したのは、中国には、ニワトリやカモなどを生きたまま販売する業者がいるからである。そこには鳥肉を調理する飲食店関係者や一般人も出入りする。このような中で、鳥から人に鳥インフルエンザが感染したと考えられている。

鳥インフルエンザH7N9型の症状としては、発熱や咳などで、普通のインフルエンザと変わらない。ただ、新型インフルエンザで述べた場合に比べて、高齢患者の割合が多く、患者の平均年齢は61歳で、65歳以上が47%にもなる。8割近くの人がICUでの治療を要するほどだった。

中国の場合、医療機関が充実していないのか、治療の開始時期は、発病から7日たってからだった。発病から48時間以内に抗ウイルス剤を使用すると効果があると期待されている。

鳥インフルエンザH7N9型の治療に当たって注意を要するのは、従来の季節性インフルエンザがタミフルを1日2回で5日間でいいのに、鳥インフルエンザH7N9型では1日2回で10日間も必要であることである。また、点滴薬のラピアクタも、従来の季節性インフルエンザなら一日一回でいいのに、鳥インフルエンザH7N9型では倍量且つ場合により反復使用が必要になる。吸入薬のリレンザとイナビルは、効果が十分でないため鳥インフルエンザH7N9型には推奨されない。

なお、中国での感染者の報告は終息傾向にあるが、日本でも感染はありえるのでまだ気が許せない。

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。