2013年8月アーカイブ

創作度

user-pic
0

以前に、面白法人カヤックに関して、そこの経営理念が、「つくる人を増やす。」であることをみた。

実は私は、サラリーマン生活をしながら、つくることとはどういうことかを考え、つくることを重視してきた。

例えば、知的財産部門という比較的狭い世界でもいろいろな仕事があって、特許明細書の作成、特許庁への応答としての意見書作成、契約レビュー、特許ライセンス・サポート、ITサポート、特許管理などが挙げられる。

このうちどの仕事を重視するかは部門の方針によるが、例えば、ある方針では、契約レビューと特許ライセンス・サポートがトップ2の重要な仕事で、このどちらかを経験しないとあるレベル以上には昇進できないとされる。

ところが私はどうしても「つくること」に対する拘りから離れられなかった。もちろん、契約レビューと特許ライセンス・サポートにおいても、決まりきったルーチンでもない限り、その都度工夫し、やり方を考えていかなくてはならないので、何かをつくることになる。なので、どんな仕事だって「つくるのだ」といわれればそうである。

しかし、真っ白な紙に自由に書いていいというのと、あらかじめ線が引かれていて、その隙間に何か書いたり色をつけたりするというのでは、自由度が違う。ここではあえて、自由度を創作度と言い換えてみる。

そうしてみると、私見だが、知的財産部門の仕事において、一番創作度の高いのは、特許明細書の作成である。特許明細書の方式というのは、かなりきまりきっているので、特許明細書の作成というのは、真っ白な紙に自由に書いていいというのよりはかなり自由度が小さい。それでも、発明を理解し、どう明細書や図面を構成するかというのはかなりの自由度があり、図面配置の構想だけでも私は三日以上悩むことはざらだった。

一方で、例えば契約レビューだと、契約書のドラフトがまず与えられるので、それをレビューするという意味ではどうしても、特許明細書の作成よりは創作度は高くならない。そうでないというなら、小説の創作よりも小説の評論の方が創作性が高いということと等価なことになり、合理性を欠く。

しかし、企業における仕事の重要度と、創作度は全く関係がない。例えば、ある重要なプロジェクトを他社から請け負う場合の契約のレビューの仕事は、たとえ成果物の権利の帰属だけが問題になっているとしても、依然として、大抵の特許明細書の作成より重要であろう。

このように、仕事の創作度が重要度と乖離しているにも拘わらず、依然として創作度に執着するのが私のこだわりであった。そうやって創作度を重要度と切り離してみると、私にとって特許明細書の作成よりも創作度の高い仕事は、電子出願明細書生成ツールの作成などのプログラミングであった。なにしろ、どんなプログラミング言語を使用するか、どんな機能を盛り込むか、自由度は極めて高い。そこで私は、ツール作成のプログラミング作業にも時間を費やしたが、当然にそのような作業が意味ある仕事とはみなされず、道楽と謗られるのがオチだった。しかし冷静に考えるとご尤もである。いかなる意味でもプログラミングなんて職務分掌にない。

このように創作度を自分の仕事の要因に加えると、私は自然に発明を重視するようになった。知的財産部門が保護すべき知的資産であるからであるのは勿論であるが、創作度という意味でも、発明は知的財産部門のどんな仕事よりも創作度が高いのだった。もちろん、私のツールづくりよりもである。

さて、面白法人カヤックのように「つくること」を重視してみた会社生活がどうなったかというと、当然ながらあまり出世できなかった。それどころか、上司と方針があわないで人事的に差別措置も採られたりした。

しかし、「つくる」方針は私の会社生活を豊かにして、中国の知り合いからは、華があるというか、カラフルな存在であるとさえ褒めてもらった。私はこれでよかったと思っている。言い訳がましいだろうか。

先日テレビを観ていたら、オペラ歌手の中丸三千繪さんが出演していて、なんでも、イタリア人以外で初めてマリア・カラス・コンクールで優勝した世界的な人なのだという。

それはすごいと思ったら、もっと驚いたのは、世界的な格の高さから、オペラの1ステージでギャラがなんと2000万円もあるという。そういう講演が月に何度かあると、もしかして月収が1億円を超えたりするのではないかと推察した。

それを裏付けるかのように、中丸さんは、世界の10箇所以上に別荘をもち、極め付けはヨーロッパの湖のそばにある昔からの由緒あるお城を、何十億円だったかそれこそ金に糸目をつけないで購入したのだそうである。そしてこの巨大なお城を根城にして、独身なので一人で住んでいるというので、いよいよ驚いてしまった。

ここでアメリカ流で、収入の多さが人間の偉さをあらわすとすると、中丸さんはとてつもなく偉大であるということになるが、天邪鬼の私はついこんなことを考える。

すなわち、才能の稀有さという意味で、中丸さんと将棋の羽生三冠の比べたらどうなのか、という掟破りみたいな比較をしてみた。ここにくると全く主観なのだが、将棋ファンの偏見でいうと、どうみても羽生の才能は中丸さんに世界的なランクとして遜色があると思えない。しかし流石に羽生が一気に何十億円を駆使する財力があるわけもなく、職業の非ユークリッド幾何学は大域的に極めて不斉一だと感じざるをえない。

そもそもが中丸さんは、財産目当てでオペラの世界に飛び込んだわけではないのだろう。結局は好きだったからということになる。そこで努力してみたら、オペラの世界の勾配が結構急峻で、要するに微分幾何的に局所曲率が大きく、たまたま、努力に対する稼ぎの度合が大きい分野だったということである。

で、特に結論はないのだが、職業というのは、あまり稼ぎの非ユークリッド幾何学に留意することなく、好きなことをやればいいということである。たまたまたどりついた場所の勾配が大きければ少しの努力が大きな稼ぎにつながることもあろう。ただ、それは金は世間の回りものであることの例証にすぎず、必ずしも職業やそれに携わる人の偉大さを示すものとは限らない。

それにしても職業の局所曲率のマップはなんと非自明なのだろうと改めて感じる次第である。

私の日常生活をみていると、実に工夫がない。いつも同じコンビニで同じ物を買ったりしている。また、車の運転をしてどこかに行くときも、道を知っていてもナビに任せて、遠回りになるのにナビのとおり走ったりする。

こういう様子をみていて、大丈夫かとか、なんと言う創意工夫がない硬直した頭脳なのだと思うのはそれはそれで正しい。

ただ、その文脈で思い出すのは、今野敏のベイエリア分署シリーズに出てくる、須田という刑事である。須田刑事は感情表現が苦手で、何か言われたら、こういう場合はこういう反応をすると自分で決めているようで、まるでロボットのように大袈裟に反応したりする。それがぎこちなくてロボットのようなので、大丈夫かと見ている方はつい思うのだが、実は須田はとても知識が豊富で、捜査に対する直感も鋭い。そのことを安積警部補は熟知するので、須田に対する信頼はとても厚い。

こういうストーリーをみて、つい自分自身を須田に喩えてしまうのは、あまりにも身贔屓だろうか。ただ、確かに私も、あまり本質的でないと自分で勝手に看做すことは、全く工夫せず、ルーチンに任せる。いや、ルーチンを駆使して暮らしているので、一体なんなんだと思われているのは上記のとおりである。

では私が徹頭徹尾創意工夫に欠けるかというと、そうではないだろうとつつましやかに反論する根拠はある。例えば、このブログである。2007年3月からもう6年以上、ほとんど欠かさず毎日ブログを書いてきた。一応トピックは多岐に亘る。ブログは1000個書くと一応何かが変わると言われるが、もう3000個は超えていると思われる。

会社の中でも私は創意工夫を重ねてきた。C++やPerlを駆使してツールを多数作ってきた。自分自身の仕事は、まるで改造車のようにぎりぎりまでチューンされ、コストパフォーマンスを誇ってきた。

そうやってコアのところで工夫するコストを使うので、どうしてもそれ以外のところは、何も工夫しないで既存のルーチンというかモジュールを呼び出すだけで終えてしまう。そこだけみて、ダサく写るのも仕方ない。

そうやって言い訳してきたが、私が思考や手続きのモジュールを過度に駆使する問題があるのも確かである。いつかモジュール化された行動だけになるときが私の熱的死である。アイデアは果たしていつ枯渇するのだろうか。

今野敏については、隠蔽捜査シリーズ、東京湾臨海署安積班シリーズ、ヴィクトル・タケオビッチ・オキタをフィーチャしたロシア・シリーズ、特殊防諜班シリーズなど、かなりの冊数を読んできたつもりだが、まだ読んでいなくて是非読んでおきたいと思ったシリーズに、ST警視庁科学特捜班シリーズがある。

ST警視庁科学特捜班シリーズの萌芽は、「陽炎」に含まれる「科学捜査」という短編にあると思われる。これには、心理学を応用したプロファイリングを駆使する青山という独特のキャラクタの人物が登場する。

これの発展形である「ST警視庁科学特捜班」では、青山以外にも、四人の科学捜査専門家が登場する。改めて紹介すると、次のとおりである。

まず、リーダーの赤城左門。法医学が専門の医師で、男の色気溢れるが、なぜか女性恐怖症である。

次が第一化学担当の黒崎勇治。鼻で化学物質を特定してしまうほど嗅覚が発達している。さらに古武道の達人でもある。

次が、青山翔。男性でも見とれるほどの美貌の持ち主で、文書からプロファイリングする専門家なのだが、潔癖症の裏返しで、乱雑さを好む。この点だけは私に似ているか。

次が、音声解析の専門家、結城翠。絶世のグラマー美人で、常にむさ苦しい刑事たちの度肝を抜く。遠方の微妙な会話も聞き取って、意表をつく。ただ、閉所恐怖をもつ。

最後が、第二化学担当の山吹才蔵。薬物の専門家であるが、一方で実家が曹洞宗のお寺であるため、僧衣のまま現場に駆けつけることもある。

そして、このST警視庁科学特捜班を束ねるのは、キャリアの百合根警部。個性が強すぎるSTのメンバーはほとんど常に現場の刑事や捜査本部のメンバーと軋轢を生じるが、懸命にそのインターフェースをする。

「ST警視庁科学特捜班」では、全く独立にみえる3つの殺人事件を、STのメンバーの一見意味不明の解析により次第に解明していく。普通の刑事の推理では決して解明されないような事件であるのが興味深い。

ST警視庁科学特捜班の別のシリーズである「黄の調査ファイル」も読んでみたところ、ここではSTのメンバーのうちの山吹才蔵がフィーチャされていた。そして山吹才蔵の僧籍が最大限に活かされ、やはり凡そ非刑事的な手法で意外な解決が図られる。

このような斬新な面白さを見出したので、「黄の調査ファイル」以外にも、青、赤、黒、緑の調査ファイルも読了した。シリーズを一気に読むというのは私には甚だ珍しい読書傾向なのだった。

数論の問題

user-pic
0

日々という訳ではないが、少しずつ読み進めている「類体論へ至る道」足立恒雄著、日本評論社を眺めていたら、次の問題は、もし解決すればフィールズ賞クラスの大問題であるという。

  1. 2がmod pの原始根となるような素数pは無数にあるか?
  2. nを自然数としたとき、n2+1という形の素数は無数にあるか?

問題の難しさというのはなんとなく雰囲気で分かるが、フィールズ賞クラスの大問題かどうかという感覚は、私のような数楽者には到底分からない。それでともかく、コンピュータでお茶を濁すような計算をしてみた。

まず、「2がmod pの原始根となるような素数pは無数にあるか?」であるが、原始根で使ったプログラムで計算したところ、予めエラトステネスの篩で計算してある3から1000000までの78497個の素数のうち、2を原始根としてもつ素数は29341個もあり、これは37.4%にもなるので、2を原始根としてもつ素数はかなり多いということになる。そんな感想は意味ないのだが、まあ、2を原始根としてもつ素数は、これなら無数あってもおかしくないということになる。

一方、n2+1という形の素数であるが、やはり、3から1000000までの78497個の素数について簡単なプログラムで調べてみたところ、なんと下記の111個しかないのであった。圧倒的少なさである。まあ、22+1=5, 42+1=17, 62+1=37あたりは、誰でも思いつくだろうけど、そのあとはそもそも素数が何かというのさえ暗算では難しい。ともかくこの少なさから、無数性を想像するのはちょっと難しい。 

22+1=5
42+1=17
62+1=37
102+1=101
142+1=197
162+1=257
202+1=401
242+1=577
262+1=677
362+1=1297
402+1=1601
542+1=2917
562+1=3137
662+1=4357
742+1=5477
842+1=7057
902+1=8101
942+1=8837
1102+1=12101
1162+1=13457
1202+1=14401
1242+1=15377
1262+1=15877
1302+1=16901
1342+1=17957
1462+1=21317
1502+1=22501
1562+1=24337
1602+1=25601
1702+1=28901
1762+1=30977
1802+1=32401
1842+1=33857
2042+1=41617
2062+1=42437
2102+1=44101
2242+1=50177
2302+1=52901
2362+1=55697
2402+1=57601
2502+1=62501
2562+1=65537
2602+1=67601
2642+1=69697
2702+1=72901
2802+1=78401
2842+1=80657
3002+1=90001
3062+1=93637
3142+1=98597
3262+1=106277
3402+1=115601
3502+1=122501
3842+1=147457
3862+1=148997
3962+1=156817
4002+1=160001
4062+1=164837
4202+1=176401
4302+1=184901
4362+1=190097
4402+1=193601
4442+1=197137
4642+1=215297
4662+1=217157
4702+1=220901
4742+1=224677
4902+1=240101
4962+1=246017
5362+1=287297
5442+1=295937
5562+1=309137
5702+1=324901
5762+1=331777
5842+1=341057
5942+1=352837
6342+1=401957
6362+1=404497
6442+1=414737
6462+1=417317
6542+1=427717
6742+1=454277
6802+1=462401
6862+1=470597
6902+1=476101
6962+1=484417
7002+1=490001
7042+1=495617
7142+1=509797
7162+1=512657
7402+1=547601
7502+1=562501
7602+1=577601
7642+1=583697
7802+1=608401
7842+1=614657
8162+1=665857
8262+1=682277
8602+1=739601
8642+1=746497
8902+1=792101
9062+1=820837
9102+1=828101
9202+1=846401
9302+1=864901
9362+1=876097
9462+1=894917
9502+1=902501
9602+1=921601
9662+1=933157
9862+1=972197

「nを自然数としたとき、n2+1という形の素数は無数にあるか?」という命題は、(a,m) = 1とすると、初項a、公差mの等差数列a+km (k∈Z)は無数の素数を含むという、ディリクレの素数定理の発展形である。これ自身も実は大変な定理なのであり、ここを起点にして、n2+1という形の素数の無数性の証明の困難を想像してみるのもよい。

因みに、n3+1という形の素数は存在しない。なぜなら、n3+1=(n+1)(n2-n+1)と因数分解されてしまうのであった。

教祖的殺人

user-pic
0

以前に、北九州連続監禁殺人事件について取り上げたが、テレビでたまたま放映されていた、「教祖」江藤幸子による殺人事件があまりにも北九州連続監禁殺人事件に似ているので、唖然とした。

江藤幸子による殺人事件を例えば、Yourpediaの記事などによって見ると、以下のとおりである。

1994年の暮れから1995年の6月まで、祈祷師・江藤幸子宅にて「キツネが憑いている」などとお告げを受けた信者7人を、江藤幸子の娘・裕子(当時23歳)と信者の男で江藤の愛人の根本裕(当時21歳)と同じく信者の男関根満雄(当時45歳)が中心となって、『悪魔払い』や『御用』と称して殴る蹴るなどの暴行を加え、4名を殺害、2名を傷害致死、1名に重傷を負わせる。

江藤幸子ももともとは平凡な主婦だった。それが夫が腰を痛めて働けなくなってから、人生が変わった。すなわち、それによって生活が困窮すると、ある新興宗教に夫婦揃って入信した。それで、幸子が新興宗教の真似事をしていると破門され、そのうち夫が失踪すると、幸子は、手かざしなどによって近所の人達の体の不調を治すなどの行為を通じて評判を得るようになった。

そして教祖として信者を集めるようになると、特に熱心な信者の家族に幸子との同居を勧めた。そこで普通なら、狭いに家にもともと他人の複数家族が住むというプライバシーのなさに閉塞するのが嫌で断りそうなものだが、意外にもあっさり同居に同意してしまう。それは信仰ゆえか、それとも暗示性の強い性格のゆえか、私には後者だと思われる。

そうやって閉鎖空間内で、幸子は、自らを絶対の神と名乗り始める。そして、同居家族の中の若い男を自分の愛人にしてしまう。このあたり、オウム真理教の麻原とも似ている。

あとは閉鎖空間の中で、幸子は教祖として恣の暴虐を始める。すなわち、ある同居人の言動が気に入らないと、狐がついているので除霊すると称して、他の信者に自ら殴りつけ、他の信者にも加勢させるのである。それが程度を超えたために、六人もの死者を出すことになったが、幸子は、死んでいないと嘯いて、単に死体に布団をかけ横たえていた。

ここで、北九州連続監禁殺人事件との類似点を列挙してみる。

  1. 北九州連続監禁殺人事件の松永太、この事件の江藤幸子が強いカリスマをもっていること。
  2. 複数家族を呼び寄せ同居させてしまうこと。
  3. 特に施錠監禁しているわけでもないのに、なぜかみんな逃げ出そうとしないこと。
  4. カリスマ主人の極めて非合理な、恣意的な主張が通ってしまうこと。
  5. 同居人は、倫理が麻痺して、カリスマ主人の言いなりになって殺人まで平気で犯してしまうこと。

これを極めて特殊な事件であると看做すのは容易だが、私は人間そのものに、このようなカリスマに操られやすい性質が胚胎するとみる。

すなわち人間は、家族であれ、擬似家族であれ、閉鎖的な人間関係の空間を作るのが好きである。そこには、心理的な閉鎖空間でカリスマになりたい主人公がおり、自ら判断停止してカリスマの判断のまま委ねる構成員がいる。どうもそこは、カリスマにとっても構成員にとっても桃源郷らしい。

桃源郷といったが、実は、カリスマの恣意に蹂躙され、構成員は精神的・肉体的苦痛を受けていたりする。ところがなぜか、人間一般の性質なのかもしれないが、苦痛を与えられると一層従属してしまう性質があったりする。このあたりも、どういう条件下なのか私はよく理解できない。

さらに、一旦閉鎖空間ができあがると、その空間から逃れようとする人に、儀式が要求されたりする。通過儀礼ならぬ、脱出儀礼である。それを回避しようとする者は、尋問、あるいは場合によっては懲罰に晒される。

このような理由で私はなるべく、淡々たる人間関係をよしとしている。

カット打法

user-pic
0

田舎に住んでいた頃、スポーツといえばソフトボールか野球だった。その乗りで、プレーに加わるのも好きだったが、何しろ圧倒的な運動音痴、遊びでさえ出場させてもらえることは稀だった。

それで、せめて観戦に徹して、自分なりの野球理論を妄想して一人悦に入った。そんな私だから、プロ野球でも高校野球でも、テレビで観戦することは無上の楽しみだった。

サラリーマンになって一時野球熱は冷めたが、贔屓にする広島カープの全盛期は野球熱が再燃した。江夏が抑えの切り札の頃たまたま大阪にいて、広島対近鉄の日本シリーズを、当時の日生球場に観に行って盛り上がったのは今でも記憶に鮮明である。

そして広島カープが落ち目になるとともに野球熱は低下していったが、高校野球は今でも興味深く観戦する。

今季の夏の甲子園、広島の地元の瀬戸田高校が早々に敗退し、中国地方の他のチームも退散してしまったので、仕方なく四国や九州のチームを応援していた。それにしても長らく相模原に住みながら、地元の野球の雄、東海大相模さえも応援しようとしないのは、もしかして何年住んでも、相模原は仮の宿なのかもしれない。

そんな乗りで、準々決勝の、鳴門対花巻東は、当然に鳴門を応援していた。鳴門は、静岡の強豪、常葉菊川を17-1の圧倒的大差で下し、打力では花巻東を上回ると思われた。

ところが、花巻東に伏兵がいた。2番の千葉翔太である。抜群の選球眼で、臭い球はカットしてファウルにし、ボールは見送る。これは、相手としては嫌な作戦だが、どうみてもありえる作戦だと思われた。実際、この作戦で、千葉は4打席とも出塁し、しかも鳴門の投手は、千葉のためだけに何十球も余分な投球を強いられ疲弊した。鳴門を応援する私には小憎らしい存在だったが、ここで小憎らしいというのは当然に褒め言葉である。

しかし、千葉は、準決勝の延岡学園戦では沈黙した。どうしたんだろうと思ったら、以下のような経緯があった。産経新聞Webの記事を引用する。

高い出塁率で活躍した花巻東の2番打者・千葉が準決勝前に、持ち味のファウルで粘る"カット打法"について大会審判部から注意されていたことが21日、明らかになった。注意によって準決勝でカット打法を封印した千葉は4打席とも出塁できず、チームは敗退。「自分の野球ができなかった」と号泣した。

千葉は19日の準々決勝でも粘って5打席5出塁と活躍。審判部はこの準々決勝後に、千葉の打法について「打者の動作(バットをスイングしたか否か)により、バントと判断する場合もある」と定めた高校野球特別規則があることを佐々木監督らに伝えた。このため千葉は準決勝でもカット打法を続ければ、2ストライクと追い込まれるとファウルがバント失敗(三振)と見なされる可能性があった。大会本部は指摘のタイミングについて「3回戦までは問題なかったが、準々決勝で(バントと)紛らわしく思える打ち方があった」と説明している。

私は野球ルールを知悉しているわけではないが、カット打法というのは選球眼を要する高度な技で、何もルール違反ではないと思う。それに高野連がクレームをつけるというのは、何か特別ルールを設定する必要があるが、やはりそうだったのか、と愕然とした。

そもそもが、カット打法をバントに擬するのは間違いである。ファウルを狙うバントなんてないし、バントだとしても、いつも確実に当てるのは難しい。また、何度もいうが抜群の選球眼も要する。カット打法は高度に熟練した技なのである。それが証拠に、真似する人は少ない。しかもである、カット打法に対する投手側の工夫が足りない。緩急つけてスローボールを織り交ぜれば、カット打法の側は戸惑うはずなのに、そんな工夫も投手は試みなかった。

このように、上記高校野球特別規則なるものは、高校野球の技術の健全なる発達を阻むものであり、反対である。アドホックなルールの追加はゲームの興味を削ぐ。当然だと思うがいかがだろうか。

電紋

user-pic
0

新しく導入したEmbarcadero C++ Builder XE4を試してみようと、コマンドラインの下記のような簡単なプログラムを、コマンドライン・コンパイラbcc32にかけてみたところ、どうしても実行可能ファイルがディスク上に生成されない。

おかしいと調べたら、導入しているスーパーセキュリティZEROが、実行可能ファイルが特定のウイルスのパターンを含むからと勝手に隔離しているようである。

しかし、明らかに下記のような単なるサンプルプログラムがウイルス的な害を及ぼすわけがない。警察的には、単なる善良な田舎者なのにたまたま人相が指名手配の人と似ていただけである。それなのに職務質問から留置場に入れられ、出してもらえないとは、スーパーセキュリティZEROはなんと余計なことをするのだと、情けなくなった。

とはいえ、手を拱いているわけにもいかない。それで、下記のソースコードのreturn 1;をreturn 0; に変更してみた。それはおそらく結果の実行可能ファイルに、1バイト程度の変化しかもたらさないのかもしれないが、しかしコンパイルしてみると、見事に、実行可能ファイルがディスク上に生成された。ちょっとしたソースコードの変更が、バイナリのパターン、いわば電紋を変更して、なんとか誤認逮捕を免れたと思った次第である。

これってやはり、スーパーセキュリティZEROのバグなんだろうか。


#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <stdlib.h>

int main() {

FILE *fi;
char buff[100];
int N;

if ((fi = fopen("primex.txt","rt")) == NULL )
 return -1;

 while (fgets(buff,90,fi) != NULL )  {
	N = atoi(buff);
	
	printf("%8d\n",N);
 }
 
 fclose(fi);
  return 1;
}

最近なにかと話題になっている、近藤誠氏の「がん治療で殺されない七つの秘訣」文春新書を読んでみた。文責私でまとめてみると以下のとおりである。

まず、がんには、「がんもどき」と「本物のがん」がある。「がんもどき」は、一応がんなので、次第に増大することもあるが、そのまま変化しないこともあり、自然に消滅することもある。一般的に「がんもどき」を放置していてもあまり危険ではない。

「本物のがん」の方は発生した段階から転移する性質をもっているので、どこかの臓器で「本物のがん」が見つかったときは、他の臓器に転移してい可能性が高く、すると、治療のほどこしようがない。

「がんもどき」と「本物のがん」は、それの発生のもととなる、がん幹細胞の性質による。がん幹細胞の性質は変えられないので、「本物のがん」はどうやっても「本物のがん」のままである。

がんに対して、臓器やリンパ腺を摘出する手術は一般的に、免疫力や体力を低下させるという意味で体に害の方が大きい。実際、放置しておけばまだ生きていたのに、手術したために却って寿命を縮めたという例はたくさんある。

がんの化学療法も、基本的に抗がん剤は毒性が強いので、がん細胞を殺すことができても正常な細胞も痛めてしまう。なので化学療法は却って寿命を縮めてしまう。

すると、がんにはピンポイントの放射線療法をほどこすのが一つの手である。また手術も、がんが増大して臓器を圧迫するなどの場合には正当化される。その場合、ステントを入れたり、パイパスを作ったりすることも行われる。いずれにしても、必要もない臓器全摘は人体に悪影響が大きすぎるので、なるべく避けるべきである。

一時、先進医療としてもてはやされた「重粒子線治療」は、意外に効果がないことが分かった。一方で、従来のエックス線による放射線療法は、装置の進歩で、保険が利く範囲で、重粒子線治療と同等の効果を与える。なので重粒子線治療に頼る必要はない。

その他の免疫療法やビタミンCの大量投入なども効果は期待できない。

以上から、近藤氏の説く7つの秘訣は以下のとおりである。

  1. 手術医と抗がん剤治療医を信じてはいけない
  2. 初診で元気なのに、「余命三ヶ月」はありえない
  3. 治療には必ず選択肢がありえる
  4. 無医療が最高の延命策
  5. セカンドオピニオンは違う病院の別の医療科を訪ねる
  6. 検査を受けないのが最高の健康法
  7. かんとの共生をモットーにする

私のコメントはというと、やや極端な論旨で一方的な点も見受けるが、総論は賛成である。なので、もし直らないがんと宣告されたら、手術や抗がん剤はなるべく遠慮して、なるべく楽しく生きて、死を待ちたいものである。そんな達観した気持ちには到底なれないかもしれないが。まあ私としては、そうなったらせめて、好きなお笑い芸を見まくって、笑いと医療で述べたような効果でも期待することとしよう。

プロの条件

user-pic
0

敗戦処理投手で挙げた、「衆愚の病理」里見清一著、新潮新書に基づき、改めてプロの条件について記述してみる。

すると先ず、プロは情報開示に慎重にならなくてはならない。すなわち、プロであるということは、アマチュアであるクライアントにいい尽くせぬ深い見識と知識があるのだが、クライアントが理解しようとすまいと情報開示が大事だからと、なんでも伝えてしまうのはどうか。例えば、ある患者が全身に転移していてもう助からない癌だとして、それを本人に縷々と説明して何になろう。余計な不安を掻き立てるだけである。それなら、まあとりあえずこの治療を施しておきましょうと淡々と説明するのがいいはずである。

医者と患者の関係というのがあまりにも微妙なら、企業の新製品開発の担当者と、社長の関係でもいい。すなわち、企業の新製品開発の担当者は、新製品の機能とその特徴、欠点についふ知り抜いている。それをすべて話しても社長には理解できないし、そもそもそんな時間は社長にはないかもしれない。そこで敢えて少しだけ欠点についての情報も織り交ぜて、社長に新製品の機能の説明もする。このあたりプレゼンが本質的に下手な私には想像もつかないのだが、ともかくプロならなんとか果たすべきだろう。

次はプロの惰性である。これはプロを批判しているのではない。むしろ、プロであるがゆえに、体にしみ込んだスキルを惰性のごとく使用して淡々と仕事をこなすのである。例えば、飛行機のパイロットが、特に懸念すべき問題もない場合に、淡々とルーチンとして操縦をこなすのは頼もしい。もちろん、不測の事態が発生したら手持ちのスキルを駆使して、解決に当たる。そうでなければ、何事もなかったように淡々と仕事をこなしてしまえるのがプロである。よく初心に帰れというが、いちいち初心に帰られていたら、クライアントは不安で仕方がない。

次はプロの敵としての民主主義である。医者に戻って、ある患者の病気に対する治療方針を民主主義だからと、病院のスタッフ全員の投票で決めていたら話にならないだろう。ごく限られた専門スタッフだけで話あうならもちろんありである。そういう意味で、巨大な(いい意味でのビューロクラシーの)装置である政治がプロの塊であるとしたら、膨大なクライアントの衆愚性とどう折り合いをつけるのだろう。このあたり、政治学にあまりにも無知な私は語る言葉をもたない。

別のプロの敵として組織の階層がある。私が何度も垣間見たのは、きわめて多くの場合に、組織の階層を上ることと、専門技能の高さはまったく関係ないということである。それでも一旦階層を上るとなぜか階層が上であるほど、専門技能も高いと世間的には想定され、未熟な組織では、容赦なく高い階層の人が部下の専門的技能に基づく決定に容喙し、すべてを駄目にしてしまう。

そうやって絶望しつつも淡々と何事もなかったかのようにルーチンで仕事をこなしていくのがプロなのであった。

含み

user-pic
0

囲碁や将棋で、含みを残すという言い方がある。要するに形を決めないで、放置しておく。すると後で味が残ったりして、局面が広くなる。そういうのがプロ的だったりする。

日常生活でもそういうのはあって、例えば、転勤や退職などの別れの挨拶がそうである。一般的には、そういう場合、きちんと送別会や歓送会などしたり、そこできちんと挨拶して一言言うというのが礼儀というか慣習だが、敢えてそういう場にでないというオプションがある。

それは何か底意があるのだろうか。実際、何か面白くないという感情の発露である場合もあろう。例えば、ヤンキースタジアムでの松井の引退セレモニーは壮大だったが、チームメートであるはずのイチローはあえてこれに出なかった。そこに底意をみてとるのは容易だが、出席しないことによる、肯定の表現というのもありえるのではないだろうか。

例えば、転勤や退職などで最終日に、仲のよかった人があえて休むことがある。あるいは、そこにいても一切儀礼めいたことは何も言わない、ということがある。そういう何かのアブセンスから、言葉や態度で言い尽くせない感情を感じるということがありえるのではないだろうか。もちろんそこに至るまでに日常のさまざまな会話ややりとりがあったろう。そういう蓄積があれば、下手な終末儀式で決め付ける必要もあるまい。

別の例でいうと、ある親しい人が亡くなったとき、敢えて葬式に出席しないという行動も意味があることがあるのではないか。そういう含みは世間では非礼とみなされるだろう。しかし、あくまでも感情第一主義で、欠席による表現というのもやはりありえるはずである。

あえていうなら、無用の用ならぬ、非礼の礼であるが、それは無用の用よりもはるかに高度で誤解を招きやすいテクニックなのかもしれない。

少し前であるが、諸般の事情により、自宅でメインに使っているPCである、ソニーのVAIO SVS311AJをリカバリー、すなわち、ソフトウェアレベルで出荷時の状態に戻すということがあった。

VAIOの場合、ASSISTキーというのがあって、PC立ち上げ時にASSISTキーを押すと、リカバリーモードとなって、ディスクのフォーマットに続きOSなどの導入が始まる。

私が知る範囲では、リカバリーというのは、初期導入アプリも含むイメージとしてディスクに導入されるのであるが、VAIOの場合、最初に導入されるのはOSとディスプレイ・ドライバなどのドライバ群だけであり、その他の付属アプリは個別導入される。個別導入がなぜ困るかというとその都度リブートを要するのである。それは時間を浪費するのであり、実際何回リブートさせられたか数え切れない。

結局、とりあえずリカバリーが完了するまでに、なんと2時間もかかってしまった。ThinkPadなどの私が知っている機種だと、リカバリーだけだとせいぜい、30分程度だったはずである。

こうしてともかく最初のセットアップが終わると、何はさておいても導入しなくてはならないのは、ウィルスチェックソフトである。当初の予定では、ウイルスバスターを買うはずだったのに、つい安物買いで、実売3000円以下のソースネクストのスーパーセキュリティZEROにした。ソースネクストには、もっと廉価のウイルスセキュリティ・ゼロがあるが、以前これを使っているとき、愛用のTeXWorksが誤認逮捕され、とうとう留置所から出してもらえなかったので、ウイルスセキュリティ・ゼロはもう導入しないことにした。あ、この事情は既に書いたか。実はスーパーセキュリティZEROも困った挙動があることが分かったのだが、それは別稿とする。

さて、ウィルスチェックソフトを導入して、はっと気づくと、Windows Updateがなんと101個も押し寄せていた。リカバリーなのでOSは初期状態である。当然とはいえ、Updateのためダウンロードしなくてはならない。これにも2時間たっぷり。

あとは地道にアプリの導入だが、当然にMSオフィスなど導入するわけもないので、そこは無料のOpenOfficeでもいいのだが、多少付加価値があるのだろうと、有料のThinkFreeを導入してみた。これもソースネクストである。ところがである、どうみてもOpenOfficeに対する付加価値が見えないのである。さらには、極めてエクセルに対する互換性の高い様式を作成する必要性が出てきて、これはいよいよ、純正を買うのかという決断に迫られている次第である。

そうそう、言い忘れていた、それはブラウザ問題である。別のパソコンでは、自分のブログの投稿システムは、確かにIE10.0で動いていたのに、リカバリー後のPCでは、IE10.0でブログ投稿が動作しなくなった。では、FireFoxはというと、投稿するブログのカテゴリが選べないという問題が依然としてある。それで仕方なく泣きついたのは、AppleのSafariだった。アップルユーザではないこともあって、Safariなんて使ったこともない。導入したが、インターフェースに違和感一杯である。しかしブログ投稿はちゃんと動作する。

このようにいつも、つまらない努力を重ねて、新しいPC環境に馴染んでいくのであった。

安物買い

user-pic
0

よく、安物買いの銭失いというが、私は典型的にそうである。例えば、どんな品物でも、百均で間に合うよね、と問うてみて、答えがYESなら迷わず百均で済ませる。

先日も、新しくセットアップするパソコンにウィルスチェック・プログラムを導入しなくてはと、ヨドバシカメラに出かけた。どれを買うかはもう決めていて、一番人気のウイルスバスターである。こういうキーのソフトにかけるお金を惜しむのは馬鹿だとさえ考えた。

そもそも、2000円以下のウイルスセキュリティゼロは絶対買うまいと誓っていた。なぜなら、ウイルスセキュリティゼロは、以前に、私愛用のTeX作成ツール、TeXworksを、誤認逮捕して駆除してしまった実績があるからである。

ところが、ウイルスセキュリティゼロと同じソースネクストの製品である、スーパーセキュリティゼロに目が留まってしまった。値段は3000円+αで無期限に使える。で、結局、ウイルスバスターでなくスーパーセキュリティゼロにした理由は、AV-TEST検出率100%という謳い文句だった。いや実はどんな理由でもよかったのかもしれない、ウイルスバスターでなくスーパーセキュリティゼロにしたと自分を納得させるためには。

その乗りで、MSオフィス互換の、ソースネクストのThinkFreeという2000円台のソフトも買った。実はここは、完全無料のオープンオフィスでもよかったのかもしれない。ただ、オープンオフィスはいままで互換性でときどき難があったので、安くても有料なら互換性でもう少しましかと思った次第である。別の人の指摘では、互換性を重視した安価オフィス互換製品なら、キングソフトではないかということだが、確かにそれが正解かもしれない。

このように、コストパフォーマンスを追及すると、安物買いの世界も奥が深い。安物買いの別の原則があって、それは単にコストセービングだけを金科玉条にしないということである。

すなわち、自分のスキルアップ、あるいは、他人との付き合いにおいて、惜しまない。そのために日常的な有限のリソースを節約するために安物買いすることを特異点とする。そうはいっても、特異点においても超関数のような無限大は不可能なので擬似超関数を設定し、積分したら妥当なリソースの範囲になるようにしなくてはならない。結構安物買いの数理も複雑なのであった。本当か?

怪談

user-pic
0

私が子供のとき、他の友人たちと少し違っていたのは、小学校に上がる前に何年も親許から離れて結核で病院に入院しており、そこでうっかり、血を吐いて死にそうな人を見たりしたことである。

だからといって私は、独特の死生観も、心霊感も培わなかった。ただ、子供の頃住んでいたところが大層な田舎で、トイレが屋外にあって満足な電燈もないくらいだったので、夜真っ暗な中で一人トイレに行くことは大変なチャレンジであった。今だって度胸のない私は子供の頃、お化けに対してなど、人一倍怖がりだった。

もちろん都会でも、廃業した病院など、心霊スポットがあったりするが、田舎では、山の中で首吊りがあった、どこそこで人魂をみたなど、幽霊話に事欠かず、ときどき私は友達に誘われて肝試しなどしたものである。

しかし、生憎というか幸いにもというか、私には霊感が今に至るまで全くなく、幽霊らしきものをみたことはない。それでも不思議に高校生に頃、心霊世界に興味をもち、ムーとかその手の本を読んだりした。

そして当時、中学以来の友人と霊の話をしたりしたが、全く相手にされなかった。その友人は、ランニングが趣味で、深夜農道を走るのだが、そのそばに墓地があっても平気だった。怖くないのかと私が聞いても、なんで?と聞き返すほどであった。

そんな私だから、怪談も好きで、小泉八雲、牡丹灯籠などよく読んだ。私のミステリー好きも、怪談のスリラーの延長戦上にあるともいえる。

その乗りで最近、アマゾンから紹介された「私の家では何も起こらない」恩田睦著、MF文庫ダヴィンチを読んでみた。いままでに書かれた最も恐ろしい幽霊屋敷の話のひとつです、とあるのだが、読んでみて、一人称で語っているのは誰か、また語っている人が生者のか死者なのか、分からなくなってきた。台所での凄惨な姉妹の殺し合い、子供をさらってきて調理し、食べて一部を瓶詰めにしておくこと、死者の霊が乗り移って子供たちを一度に三人も自殺させることなど、ここの事件がわざと残酷さを緩和するように仮想仕立てになっており、怖さをわざと希釈している。ある意味メルヘンでそれなりに美しい物語なので、私はこれが怪談として成功なのか失敗なのか分からない。

屋敷系の怪談といえば、私が思い起こすのは、貴志祐介の「黒い家」である。これにはいささかの心霊的要素もなく、ただひたすら残酷な主人公の暴虐が描かれており、どうみても幽霊屋敷話ではないが、怖さでは「私の家では何も起こらない」を何倍も上回る。ここまで人生を生きてきて、幽霊よりも生きている人の方が何倍も怖いという事実を改めて確かめる次第なのだった。

がん幹細胞

user-pic
0

読売新聞の科学欄に、がん幹細胞に関する記事があったので、私なりにまとめてみる。

がん幹細胞は、1997年に、カナダの研究チームが、白血病の細胞の中で発見した。その後、胃、大腸、肝臓など、臓器のがんからも次々にがん幹細胞が見つかった。

がん細胞のうち、がん幹細胞の占める割合は高々数%に過ぎない。しかし、自らも分裂しながら、通常のがん細胞の増殖を加速させる機能をもつ。すなわち、がん幹細胞自体し司令塔のような役割を果たすのだが、問題は、がん幹細胞自体は活動があまり活発ではないので、抗がん剤のターゲットになりにくい。なので、抗がん剤でがん細胞を叩いても、残ったがん幹細胞自体が後でがんを増殖させる。

九州大学生体防御医学研究所の中山敬一教授らは今年3月、休眠するがん幹細胞を揺り起こしして退治する方法を考え出し、これによりマウスの白血病を治療したという。すなわち、がん幹細胞では、増殖にブレーキをかけるたんぱく質の働きが強くなって休眠状態に陥りやすいことを突き止めた。

そこで、そのブレーキ役のたんぱく質を止める薬を使ってがん幹細胞を活動化させ、そこで抗がん剤を投与することで、がん細胞とがん幹細胞を一網打尽にし、治療するのが目標であるという。

慶応大学の佐谷教授らは別のアプローチを採った。すなわち、細胞にとっての最大の攻撃は活性酸素であるが、これに対処するのは抗酸化物質であり、特にがん幹細胞は抗酸化物質を大量に作る仕組みをもつ。この仕組みをスルファサラジンという薬でブロックすると、がん幹細胞は無理やり抗酸化物質をつくり続けようとして消耗しついには消滅してしまう。そこで国立がん研究センター東病院と共同で胃がん患者に対するスルファサラジンの臨床実験を開始した。

スルファサラジンはもともと、潰瘍性大腸炎などに使われており、副作用は少ないと期待されているという。

一方、中山教授によると、がんの末期では、がん幹細胞に限らず、ほとんどのがん細胞において抗がん剤や放射線などが効かなくなるという。すると、がん細胞は抗酸化物質以外にも別の有効な防御手段をもっているということが予想されるが、それを解明して新たな攻撃をすることが果たして人体にとってどれほどいいことなのか、素人である私はなんとなく危ういものを感じたりもするのであった。

老いの才覚

user-pic
0

曽野綾子さんについては、小林昭七先生の記事で、「二次方程式なんて、なんの役にも立たない。」と言ったということで、数楽者にすぎない私は、それはちょっと、と反応するよりない。一方、数学者であられる小林昭七先生は流石に数学に対する思い入れがはるかに深く、許しがたいレベルまで達していたと思われる。

だから曽野綾子さんの本など読まない、というというと私はそんなに狭量でもない。特に最近、老人の品格的な本を何冊か出されていて、ちょっと似たようなことばかり書いているなという感想はあるものの、その趣旨には私は総論賛成である。そこでとりあえず、「老いの才覚」ベスト新書というのを読んでみた。以下、私なりのまとめである。

まず、老人の「くれない指数」が高まってしまっているという件がある。これは私も同感であって、私よりも年上の世代はもしかして終戦の混乱も経験して、食うや食わずの目にも遭っているはずなのに、ここにきて「○○してくれない?」といちいち周囲を頼る人達がいる。これは私も苦笑せざるをえない。

その文脈で、老いの基本は「自立」と「自律」という趣旨に賛成である。もちろん老弱男女他人に頼らないで生きていくことは不可能であるが、自分でできることは自分でやることを主義にしておく。私は決して老人とは呼ばれない三十台の頃から会社で、自分でできることは自分でやることを主義にしていた。すると必ずこういうことを言う人がいる。そういう雑用のような付加価値の低い仕事は、事務の女性などにまかせて、もっと付加価値の高い仕事に時間を割くべきである、と。それはいかにも尤ものようであるが、私に対してそのような言い方をした人で、私より高い生産性を発揮した人をみたことがない。仕事というのは雑用も含めてやって高度なこともできるのである。そんなことがわからない人が多すぎる。

それは老人でも同じである。長年老人として生きていたことの功績を傘にきて、周囲に頼り雑用をこなしてもらう。自分は楽して好きなことだけやる、というのだろうが、それでは却って感性が麻痺して人生を楽しめない。いつも楽しくないと愚痴を言う老後になってしまう。

次は人間は死ぬまで働かなくてはならないというのだが、これは望むところである。しかし、作家でもない身、どうやって死ぬまで働く仕事を見つけることができるのだろうか。なんとか65歳までできる仕事を探し、あとは年金で安楽に働ける方法を考えている私はちょっと恥ずかしくなった。

次は孤独と付き合い、人生を面白がるというのだが、確かに孤独の時間を黄金の時間に変えるという時間の錬金術は私のたっての課題であった。それゆえ、今まで培ったそういうノウハウがいよいよ今から真価を発揮するはずなのだが、自分なりに開き直ってみると、どうも自信がない。しかし、豊富な人脈があるわけでもない私は、いやでも孤独と付き合わざるをえないのである。

次は病気や死と馴れ合うことであるが、これは死へ向かって必然の道程であり、もって回った言い方をすれば、結局は特攻隊なのである。だからといって自暴自棄になってはいけない。病気と折り合いをつける日も来るに決まっているが、まだ覚悟は定まっていない。覚悟など関係ないのだろう。

最後は神の視点である。すなわち亡くなったら多分、現世より一段だけ非物質性の高い世界に行くらしいのだが、そこは今よりも少しだけ神に近いのだろう。このためにスピリチュアルに馴染んできたはずなのに、これもまだ神の世界との折り合いはつけていない。

このように私は老人入門生としてあまりに未熟な自分を改めて再発見した次第である。老いの才覚よりまず、老いの自覚で、そうして大局観を変えるよりないのであった。

動機

user-pic
0

横山秀夫については、「第三の時効」や「半落ち」で、その練りに練ったストーリーに関心してきたので、アマゾンで「動機」文春文庫の紹介メールが送られてきたとき、ノータイムで注文した。

「動機」は短編集で、「動機」、「逆転の夏」、「ネタ元」、「密室の人」という4つの短編からなる。

「動機」は、警察内部で、保管していた警察手帳が一度に多数紛失するという、あまり類のない事件を巡るものである。どうみても内部犯行としか思えない状況で、警察手帳の一括保管を企画した警務部と、それに反発する刑事部の内紛がクローズアップされる。当然に達人、横山秀夫がそんな単純なストーリーで済ませる訳がない。やがて犯人がクローズアップされるが、その理由に注目である。

「逆転の夏」は、元殺人犯の主人公に、見知らぬ人が殺人を依頼するという重い展開となる。一体誰が依頼しているのか、殺人に至った経緯との関係はどうか、主人公の元妻の関係はどうか、と短編ながら錯綜したストーリーが展開される。

「ネタ元」は、今野敏のアルファ癒しで言及した「開花予想」のように、警察担当の女性記者が主人公だが、横山秀夫のストーリー展開は、今野敏よりも錯綜して翳を帯びる。どちらがいいというのは趣味の問題だが、後味としては今野敏の方がすっきりしている。

「密室の人」は、まるで雫井脩介の「火の粉」のように、裁判官とその家族の関係がテーマであるが、裁判官の妻が、病死した先妻の後釜で、しかも絶世の美人とあっては、その後妻を巡る背景に何か裏がありそうと推測される。

このように、表面の事件としては比較的地味だが、裏の背景や心理描写で読ませるというのは、今野敏のベイエリアシリーズと似ているが、上にも書いたが、今野敏の陽に対して横山秀夫の陰、もちろんこれは私なりのほめ言葉なのであった。

相伝

user-pic
0

例えば、有名な有機醸造の醤油を買ったとする。そして、そこに付いていた説明書きに、当醤油は、○○家十二代に亘って相伝の伝統製法で作られた極上の醤油でございます、と当主の口上があったりする。

これを見て、おおなるほど、流石に伝統の品は違うと感激するのもありだが、よく考えると私はつい、相伝というところに疑問をもってしまう。すなわち、私が考えた一般的法則では、運動神経、音感などの肉体的属性はある程度遺伝するが、数学や将棋などの知識能力に関しては、あまり遺伝しない。

しかし、相伝というからには、技能を受け入れる子の側にある程度の才能が必要であり、もし子の才能がある閾値に足らないと、相伝は実質的にそこで途絶えてしまう。一旦途絶えると、もし孫が相当の才能があってもそこから構築し直しとなる。相伝がこういう才能の伝言ゲームだとすると、十二代に亘る相伝となると、相当に伝わる技芸は劣化していると考えるのが相当であるはずなのに、むしろ、代の古さを尊ぶような気風があるのは、世間の錯覚なのではあるまいか。

もしその技芸が将棋だとすると、単に親子関係で相伝されると、伝わるうちに技芸は実質的に途絶えてしまうことは火を見るより明らかである。

これを少しでも防ぐためか、江戸時代、将棋の家元は、大橋家と伊藤家の二本立てだった。こうすると、どちらかが駄目でも他方において相伝がさなれれば、全体からみて技能は継承される。将棋においては、天野宗歩もそうだが、在野の人材の豊富さも相伝の冗長性を高める。なおここではコンピュータ・サイエンスでそうであるように、冗長性という単語をポジティブな意味で使っている。

ただ、将棋などは純粋頭脳的才能ゲームであるが、醤油の醸造となると、設備や麹など、非属人的要素が多くなり、すると、才能閾値の厳密性も緩和されるのかもしれない。すなわち、与えられた設備と麹があれば、平均の才能があり、ある程度覚悟を決めて努力すれば相伝の品質を維持できるというものである。

これが歌舞伎や能などの伝統芸能となると、再び属人的要素が多くなり、するとその相伝は将棋と似てきて代々の相伝の品質に疑問が出てくるが、もしそこに将棋ほどの不安定性が伺えないとすると、才能評価システムに属人性ならぬ、属家性があることになる。それは将棋や数学の才能を究極のものと見る私のような人間には、一種耐え難い様相を呈するが、それは単に私の世間知らずの例証にすぎず、世間には伝統芸能の相伝の品質を担保するメカニズムがあるに違いない。

子供のときから内気で非社交的だった私は、友人は多くなく、それでも数少ない友人との付き合いで満足していた。なにしろ、友達と遊ぶよりも、一人で図鑑(なぜ図鑑なのか考えたら不明であるが)を眺めるのが一番の楽しみだったりした。

そんなペースは中学までそれでよかった。というのは、狭い離島に住んでいるので、中学といえども小学校と同じメンバーだからである。これは小中一貫教育と呼んでもよい。

ところが、本土の高校に進学してから、状況は変わった。進学した高校に、同じ中学から四人しか行かなかった。しかも残りの三人は、特に私と仲良しではない。そこで俄然孤独になり、しかも、市街地の秀才(ばかりではなかったが)と伍しなくてはならず、精神的にも脆い私は、心が折れそうになった。

ただ、冷静に見渡すとそれなりに気の合う奴もいるもので、却って島の狭い社会で見つけるより、変人の私の個性に適合する人物を若干みつけられた。それでも、知らない土地の学校に通うということは、いつどんな人にアドバイス求める必要があるか分からないので、交友条件の閾値はある程度下げて、妥協して交友関係を広げた。といっても、向こうは向こうであわせてやっていると思っていたのだろう。

高校はまだよかった。大学はほとんど意図的に、同じ高校から誰もいかないような大学に進学したので、とても孤独だった。ただ、2年上で同じ高校から医学部に進学した先輩がいて一度だけ挨拶として会った。面白いことに、高校の同級生で学年一の秀才だった女性がやはり一浪して医学部で入学してきた。しかしとうとう、一度も会わなかった。不思議である。

こうして自ら求めた孤独だったのに、本当に頼る友人もなく、同じ下宿の仲間とは適当に付き合っていたが心が通じるということもなく、孤独に倦んで門を叩いたのが将棋部だった。そこから私の狭く濃い付き合いが始まった。

このような、孤独を願いそれでいて孤独に苦しみ付き合いを求めるという私の矛盾した性格は今に至るまで変わっていない。それでもいまから10年以上もまえ、管理職だったときは私の仮想的付き合い能力を全開させ、それこそ外資系企業の中でワールドワイドなコミュニケーションを楽しんだものだった。

ところが管理職を下りて特にここ数年、交友特異性が高まった。というよりも単に、私の表面的な仮想的付き合い能力がすっかり萎えて、相性のよい友人としか付き合えなくなってしまったのである。そうやって付き合いを限定することが何ほどか社会的な不利益になることは明らかなのに、非社交性は高まるばかりである。私の人生はまだ先は長いはずである。孤独を求める一方でとても寂しがりやな一面もある私が果たして安定した精神状態を保てるものか、かすかに不安を感じるのだった。

ハミルトン

user-pic
0

私の数学趣味は、大学で高木貞治の「解析概論」を眺めたあたりから始まっていると思っていたが、思い出すに、確か高校生の頃から、E.T.ベルの「数学を作った人々」田中勇、銀林浩訳をいつもカバンに入れて読んでいた。

その中でなぜか一番印象に残っているのは、ハミルトンであった。ハミルトンの業績を、力学のハミルトン・ヤコビの方程式として知るようになるのは、大学に入学してからである。

なぜ一番印象に残ったのか、自分でもよく憶えていないのだが、どうも、子供の頃の天才ぶりと、壮年以降の凋落の対比が際立っていたからかもしれない。

その曖昧な記憶をきちんと確認しようと、藤原正彦著、「心は孤独な数学者」新潮文庫で、改めて、「アイルランドの悲劇と栄光」と題するハミルトンの章を読んでみた。以下、私なりのまとめである。

さて、ウイリアム・ロウアン・ハミルトンは、1805年、ダブリン市内で、法律事務所を経営する父の9人中4番目の子供として生まれた。三歳のとき、牧師である叔父のジェームスに預けられ、この叔父によって幼児から天才教育を施され、そして見事にハミルトンは天才ぶりを発揮したのだった。

すなわち、五歳までに英語、ラテン語、ギリシャ語、ヘブライ語を読解できるようになり、十歳までにイタリア語、フランス語、ドイツ語、アラビア語、サンスクリット語、ペルシア語が加わった。まさに語学の天才だった。それだけでも十分な天才だが、詩作りの才能もあり、そこから次第に数学の才能が発現してくる。

すなわち、ユークリッドの「原論」を読み、十二歳でニュートンの「プリンキピア」を読み、天文学に傾倒していった。

ジェームスの英才教育は徹底しており、ハミルトンに野山で体を鍛えることも課したので、ひ弱な天才にとどまらなかった。

十五歳のときには、ラグランジュやラブラスの著書も読解し、既に第二のニュートンとの噂まで立つほどだった。そして18歳で大学に入学すると、あらゆる試験で一位になるとともに、さまざまな賞も得た。既に社交界の寵児となっていた。

スーパー順調少年のハミルトンに蹉跌が訪れたのは、大邸宅に住む十八歳の娘、キャサリン・ディズニーに恋したときである。相思相愛で、キャサリンの母にさえ祝福されていたのに、ありがちであるが、キャサリンの父に反対されて、生木を引き裂かれるように恋は終わらされた。無一文の学生に大事な娘はやれなかったのである。しかし、ハミルトンは、キャサリンへの想いは一生引きずり続ける。

一時は不調に陥ったハミルトンであるが、復活して、数学、物理学、詩作にエネルギーを注いだ。21歳のとき「光線系の理論」を論文として提出した。ここに含まれる特性関数はまさに、後年力学に応用されたそれである。

大学を卒業するとハミルトンは迷ったが、結局、天文台長の仕事を選んだ。天文台長に就いてからは、ワーズワースとも交友し、詩作について語り合った。

ある意味惚れっぽいハミルトンは、良家の娘エレンと恋に陥り、これも相思相愛となって周囲も賛成しているので結婚に対してなんの障碍もないと思われた。ところが、理論的すぎるハミルトンは、エレンの何気ない言葉に過剰反応し、結局、結婚は成就しなかった。これも運命だろうか。全くハミルトンのような才能はない私だが、ここらあたりなんとなくハミルトンの気持ちが仄かに分かるような気がする。

そしてハミルトンはなぜか、特に愛してもいないのに、病弱のヘレンと結婚した。これもまた運命である。やはりそれは幸福な結婚ではなく、ハミルトンは次第にジリ貧に陥っていった。それでもハミルトンの名声は高まり、32歳でアイルランド学士院長に任じられた。

この後ハミルトンの関心は、光学や天文学から、次第に代数学に移り、四元数の理論に想到した。しかしあいにく四元数の理論は当時は賛同者を得ず、ほとんど注目されなかった。

これは四元数の理論が重要でないことを意味しない。実際後になって四元数の理論は、スピノルとして素粒子論に本質的に利用されている。

しかし、失敗した結婚と、四元数の理論に対する世間の無視がハミルトンを苦しめた。その苦しみの中でハミルトンは、初恋の人キャサリンとの文通を試みた。キャサリンは人妻だったので、まさに禁断の恋である。

キャサリンは病気で早世し、絶望と罪の意識で酒に溺れたハミルトンは、60歳でひっそりと亡くなった。早熟の大天才の、人間的な、あまりに人間的な生涯であった。

特殊防諜班

user-pic
0

たまたま古書店で、単なる惰性で、今野敏のかなり初期の作品である、特殊防諜班シリーズを2冊、すなわち、「標的反撃」と「凶星降臨」を買ってみたが、これはおそらく積読になるだろうと予想した。

ところがなぜか今まで今野敏が積読であった時期は極めて短い。せいぜい数週間であり、積読の自己統計値でいくと、数週間なんてほぼゼロに近いといってよい。

そしてやはり、いささかの退屈が私を今野敏へと誘った。まず「標的反撃」を手にした。面白いだろうとは期待しなかった。アマゾンでの評価数がたった1と、極小だったからである。

主人公は、元自衛隊の特殊部隊の真田武男。自衛隊を除隊になって浪人なのか何をしているのかわからないが、実は政府の密命を帯びたミッションをもつ。その実体は、真田本人さえもあまり知らない。

別の登場人物は、イスラエルのモサドの諜報部員であるヨセレ・ザミル。なぜ唐突にモサドなのかという問いかけは措くとして、真田の味方となって敵と戦う。

さらに特徴的な登場人物は、出雲出身の超能力者、芳賀舎念とその孫娘、芳賀恵理。トンデモ本の愛読者だった私は当然に、イエスキリストが日本にやってきて青森で死んだとか、ユダヤの失われた十支族の子孫が日本にいるなどという伝説は読んだことがあるが、なんと、芳賀舎念の一族はユダヤの失われた十支族らしいという設定になっているので、ううんとうなってしまった。その荒唐無稽さにうなったのか、あるいはその大掛かりな劇画的設定なのか、私はよくわからない。

そして敵対するのは、ドイツに本部を置き、旧ナチスの流れを汲む、新人類委員会。そのミッションは、日本で、芳賀舎念の一族を抹殺することにある。なるほど、それでモサドのヨセレ・ザミルが登場するのか、と納得する。

ここからは劇画的常套手段が採られる。すなわち、新人類委員会が次々と送り込んでくる刺客から、真田武男とヨセレ・ザミルが芳賀舎念の一族を守るために戦うのである。その際、出雲から東京にでて高校に通っている芳賀恵理が強い超能力で真田とヨセレを援助する。また、出雲の遠方から、芳賀舎念も支援する。

「標的反撃」では、刺客は、ドイツから送られた、カール・シュトルム。そして、カール・シュトルムからの依頼で仕事を請け負ったミハイル・イワノビッチ・コワルスキー。明らかにロシア系であり、後年の今野の作品の曙光の街を彷彿とさせる。

「凶星降臨」では、刺客は、日本人パレスチナ・ゲリラ三人組である。これは、隠蔽捜査3の疑心を思い出させる。

上述のように、特殊防諜班シリーズは初期の作品であるがゆえに粗削りで、ベイエリアシリーズや隠蔽捜査シリーズのような精妙な心理描写がなく作品の完成度はいまいちであるが、しかし、粗削りであるがゆえの躍動感もあり、また、後年の作品のプロットも垣間見れて、別の興味も湧くのであった。

非集中力

user-pic
0

「人間はどこから来たのか、どこへ行くのか」高間大介著、角川文庫をみていたら、その「はじめに」のところに、以下のような趣旨のことが書かれてあった。すなわち、生きるということは、絶えず変化する環境の中で、生命システムを維持・発展させることである。だから、どんな生物でも、周囲のいろいろなところに注意を向けて生活してきた。こうして周囲を探索する必要から、脳は勝手に切り替えを起こす、というのである。

すると、日頃もてはやされている集中力なるものも、ごく最近になって人類の美徳としてとりあげられてきたもので、もしかして生物というものは、非集中力こそが本質的なのではないか、と考えた次第である。

なぜ非集中力に私が注目するかというと、実は安易な自己弁護のためだったりする。すなわち私は、子供の頃から落ち着きがなくて飽きっぽく、ある本を読んでいても15分で飽き、別の本を眺めたりする有様であった。この傾向は実は今でもそんなに変わっていない。

そういう傾向はどう考えても、知識社会を生きていくには不利である。すなわち、知識社会にエントリするためにはどうしても、ある程度の知的基礎訓練と学歴が必要であり、そのための修練には集中して学ぶ精神力が必要である。

実際、大学時代、私が目指した物理学一つをとってみても、例えば場の量子論だと、難しい方程式の計算を含む修行を何年もしないとマスターできない。そして場の量子論をマスターしても、やっと物理学者の卵になっただけである。集中力を欠く私は、そういう基礎理論をマスターする前に早々に挫折してしまった。しかも精神のバランスを崩して、おかしくなってしまった。

そういう挫折体験は今にして思えば、人生トータルでみるといい経験だったが、しかし、どうしても哀しいのは、集中力を欠く私は、物理学だけでなく、将棋、コンピュータ、どんなことをしても、どうしても浅いレベルにとどまってしまうのである。

そのことに今に至るまで納得しているわけではないが、ある時点から開き直ったのは、集中力の陰画のような非集中力に着目してみようと思ったことである。例えば私は、本を読んでいて、よほど面白い本でもないと、15分で飽きて別の本に目が行ってしまう。そうやって短時間で何冊も本を読んでいるとディレッタントにはなれるかもしれないが、知識のコアを欠く単なる無力な知識人で終わってしまうのではないかという懸念はあった。

ところがサラリーマンという仕事はなかなか間口が広く、案外に私の非集中力が活きる。すなわち、管理職になると、日々膨大なメールが来るが、非集中力を発揮すると、個々のメールにある程度妥協した内容で次々に答えられる。そういう私の行為をもしかして、集中力でメールの応答をこなしていると思うかもしれないが、深い知的レベルを駆使して処理しているわけではなく、また、1つのメールをじっくり読む訳でもないので、それは飽くまでも非集中力なのである。

また、専門的技能とみられている特許実務でも、非集中力を最大限に活かした。すなわち、受け取る発明は毎回新規で、背景となる技術についてまったく知らないものばかりなので、その分野の入門書を買うのだが、到底きちんと理解している暇はない。それで非集中力を駆使して、次々にいろいろな専門書を眺めて、知識の概要を得た。それによりアウトプットとしてあるレベルの特許明細書を書くことができた。

ただ哀しい事実はあって、世に言う一流の人材は、集中力と非集中力の両方を使い分けられるのである。すなわち、大学入試や資格試験では集中力で突破し、企業の仕事では、非集中力で日々の仕事をこなす。

なので、私のように非集中力しかない人材は所詮二流なのだが、それでも、企業でそこそこ通用はするんだな、と自己弁護かもしれないが、思った次第である。そして非集中力について生物学的に裏打ちしてもらえるなら幸いである。

ただ、そうはいいつつ、集中力と非集中力のどちらを選ぶかといわれたら、私は集中力を選ぶ。いくら自分の非集中性に着目しても、何か狭い分野で権威になりたかったなあという憧れはどうしても消せないのであった。

知り合いから、「愛しの座敷わらし」萩原浩著、朝日文庫上下二巻を紹介されたので、読んでみることにした。ミステリーや警察小説でない小説を読むのが新鮮だったりする。

物語は、食品メーカーに勤める高橋家の主人、晃一が左遷になることから始まる。左遷される場所がどこか明示されないが、どうも東北らしいと推察される。そしてその地で晃一は家族に下見にいって家族に無断で、ある古い一軒家を住処と決めてしまう。

晃一の家族は、妻・史子と、長女・梓美と、長男・智也と、晃一の母の澄代の五人家族。そんな家族はみんな、晃一の決定に反対で、その急先鋒は史子だったりするが、なんとなく晃一に押し切られてしまう。

都会暮らしからこの古い家に引っ越してきて、もともと信州出身である澄代以外は不満たらたらだが、次第に田舎暮らしのよさも悟り始める。そんな中、一番幼い智也と、最年長の澄代が、座敷わらしを発見するのだが、予備知識がないので、座敷わらしとは気付かず、驚いて観察を始める。

その間、田舎暮らしの違和感はどうしても家族をギクシャクしたものにしてしまうのだが、ある人には見え、ある人には見えない座敷わらしの存在が、次第に家族を結束させる。

私個人としては、田舎から東京に出てきたことはあってもその逆はないので、田舎の風物に驚くという気持ちが実感として沸かない。ただ、確かに田舎には、幽霊でも出そうな廃屋はいくらでもあった。それでも、座敷わらしの宿にあるような、妖怪が幸福をもたらすという伝説は私の田舎にはなく、そういう福の神みたいな座敷わらしがいるという東北地方がちょっぴり羨ましくなるのだった。

羨ましいといえば、座敷わらしを軸にして、次第に家族間のコミュニケーションが増え、互いに助け合うようになる高橋家はいいなあ、と思ってしまった。あれっ、私は淡々とした人間関係に憧れていたんじゃなかったっけ。言い訳だが、「愛しの座敷わらし」がそれだけ佳品だったということである。

本屋でなんとなく、「衆愚の病理」里見清一著、新潮新書を読んでいたら、その第一章に、「敗戦処理」はエースの仕事である、とあるではないか。ううんとうなってしまった。

因みに里見清一氏は、本名、国頭英夫で、肺癌治療が専門の内科医である。このようなペンネームがあるくらいなので、里見氏は、筆が立つ。立ちすぎるほどである。

「衆愚の病理」によれば、ロッテの小宮山投手は、メジャーリーグに渡ってロッテに戻ってきたあと、自ら敗戦処理投手を買ってで、チームの優勝にも貢献した。そうはいうが、私の敗戦処理投手に対するイメージはこうである。すなわち、例えば高校野球で優勝候補と初出場のチームが当たる。すると、甲子園に出場したチームといっても高校野球では力の差が如実にあらわれ、5回で10-0になったりする。そこで負けている方の監督は控えの投手を敗戦処理として起用する。お情けで晴れ舞台を経験させるためである。ところがもともと力がないのか緊張しているのか、さらに打ち込まれ、16-0になっていよいよ観客は興味を失うが、敗戦処理投手は顔をくしゃくしゃにしながら、ともかく全力で頑張る。

高校野球のファンである私はこういうシーンを幾度となく見てきた。そして敗戦処理投手が無駄な苦役としか思えなかった。しかし、敗戦処理投手が無駄な苦役のように見えてしまうとしたらそれは、高校野球が所詮、アマチュアだからであろう。これがプロ野球だと、どんな大差の試合も、少しでも観戦に足る試合に維持しなくてはならない。そのためには敗戦処理投手の意義は大きく、一流の技量を要するというのが、小宮山投手の言いたいことだろう。

このように、野球においては敗戦処理投手の意義はなかなか分かりにくいが、もう少し分かりやすいのは戦争である。例えば、第2次大戦のインパール戦で圧倒的な劣勢の中、最小の被害で兵を引いた宮崎繁三郎など、敗戦処理の名投手といえる。

いや、里見氏は、福島第一原発の事故のあとの東京電力の対応も、なかなかの敗戦処理投手だという。実際、放射能被害はとりあえず最小限に抑えられ、特に報道されることなく今もその奮闘は続く。

もっというと、里見氏によると、医師こそが敗戦処理投手の役割を役割を日常的に果たしているという。そもそもが、癌の末期の医療など、敗戦処理以外の何だろう。

おそらく、素人には分からない、地味ながらも超絶のスキルを隠し持つのがプロなのである。そして、敗戦処理に当たっても淡々と技を駆使して、被害を最小限に食い止める。あるいはきちんと形づくりする。なかなかプロの技は隠微なものなのだった。

人間の器官の中で脳がダントツに複雑で重要な器官であることは論をまたないはずなのに、どうもいまいち脳に興味がもてなくて、その結果、脳に関する知識もほとんどない有様である。そこで、これを少しでも改善しようと、ブルーバックスの「進化しすぎた脳」池谷裕二著を読んでみたら、これがなかなかの快著なのだった。以下、私なりのまとめである。

これは、池谷裕二氏が米国に留学している間に、慶応義塾ニューヨーク学院高等部の生徒に講義した内容をまとめたものである。従って、エリート学生とはいえ高校生向けなので、分かりやすい。それでいて先端の話題も取り入れて刺激的だったりする。

先ず第一章では、「人間は脳の力を使いこなせていない」という題で、脳というのは場所によって機能が著しく局在化しているという話題が語られる。例えば、視覚野でも、色に反応する視覚野と動きに反応する視覚野は別である。ここまでは私でも既知だが、驚くのは、まずI/Oとしての身体や臓器ありきで、メモリマップドI/Oの概念よろしく、それらの機能が脳にマップされている。すると、千手観音のように手が千本あると、それらの操るための機能野と、それらを制御するためのソフトウェアとしてのニューロンのつながりが脳内に形成され、脳は著しく発達することになる。そういう意味で、現在の脳は、今の身体をコントロールするためにはオーバースペックであるといえる。

第二章は、「人間は脳の解釈から逃れられない」。これはまさに、エルンスト・マッハが「感覚の分析」で述べたことである。結局、自然法則なるものも、脳が解釈する現象の範囲の法則を定式化したものにすぎないということになるが、この本は、もともとそういう趣旨ではないのか、あまりそこにはフォーカスされない。また、「人間は言葉の奴隷」という命題も提出されるが、これも言われてみるとご尤もである。

第三章は、「人間はあいまいな記憶しかもてない」。すなわち脳は本質的に記憶が苦手なのであって、いつも苦労している。ところが、記憶が明敏すぎると人間は却っておかしくなる。一度みた数字を決して忘れないというのは一種の精神病である。すると、世間で言う常識的な博覧強記というのは、あいまい性を残しつつ、想像で記憶を補っていることになる。そういういい加減さが、ある意味脳の健全さだったりする。

第四章は、「人間は進化のプロセスを進化させる」というものだが、実は脳内物質、及びアルツハイマー発生メカニズムの話だったりする。

ともかく、この本は脳に対する興味をビルトインするに十分だった。それだけでなく、池谷氏自身も自賛するように、この本はとてもよく書けていて再読する価値も十分なのだった。

甘やかし

user-pic
0

最近、ある人に、お前は付き合う人を甘やかして、堕落させてしまうと指摘された。あ、ここで付き合うというのは別に男女の付き合いではない。単に仕事の上の付き合いだったりするので、男女でなくて同性である場合もある。

確かに私は基本、あまり相手の欠点を指摘しない。なるべく面倒なことも依頼しない。すると、それで相手が増長してスポイルされることがあっても不思議ではない。

ただ言い訳ではないが、私はそういうスタイルで、管理職として、なかなか強いチームを作れたと自負している。そこでは甘やかすというのは、相手の長所をみてそれを褒めることだったりする。そして、言いたいことを言わせる。さいあく罵倒されても耐える。そうやって信頼感を培う。結局、多様性のあるチームが出来ているという次第である。甘やかしたことで却って、自発的に創意工夫する強いチームになった。ただ、ある部下に相対的に厳しい評価を年末にしたら、あれだけ褒めてくれたのにこの評価は何だと問い詰められた。やはり私のやり方にも問題があるのは確かである。

それでも私が甘やかしスタイルを捨てないのは、子供時代に母方の祖母に溺愛されて育ったからである。ここの溺愛の定義は、溺愛に書いたとおりで、決してベタベタしたものではない。そういう意味で私の甘やかしなるものも決して猫なで声を使うということはない。そもそもいいおじさんが猫なで声を使ったら変態である。

私のやり方に当然に欠点があるので、欠点を指摘し矯正するというストロング・スタイルに一日の長がある場合もある。ただ、甘やかしに比べて、ストロング・スタイルは、副作用も大きい。すなわち癌に対して私の方法は単に免疫療法や温熱療法を試みるだけだが、ストロング・スタイルは、手術や激烈な化学療法も駆使する。それがうまく当たると著効があるが、副作用も大きい。そこで私は穏やかな方法を施し、なんとか長所を伸ばす。

さて少なくとも将棋界で、優れた弟子を多数育てた人は大抵、最初だけある程度厳しく、その後は甘やかしというか自由放任のようである。ストロング・スタイルで成功させるためには将棋でいえば急戦で相手に攻め込み、揺るぎない手順で一気に詰みまで進めることである。それがたまたまうまくいくと賞賛されるが、確率は低い。するとやはり、持久戦模様で少しずつ形勢を広げていくほうがよくないか。ただ、それが甘やかすこととどう関係あるのだと聞かれると私は困る。

やはりナイーブな甘やかしは駄目なのである。私の甘やかしはもう少しソフィスティケーテッドのような気がするが、どのように?という質問に答えられない。

南木さんのお薦めにより、「傷だらけの天使 - 魔都に天使のハンマーを」矢作俊彦著、講談社文庫を買ってみた。

この本は伝説のヒーロー、木暮修が東京郊外でホームレスとして現れるところから始まる。で、私はいきなり戸惑うのである、伝説のヒーローって、なんのことよ?

そこで本文も読み終えないで解説をみてみると、「傷だらけの天使」は、1974年10月5日から1975年3月29日まで、日テレ系で放送された伝説的テレビドラマとある。ショーケンが木暮修で、水谷豊が乾亨だったらしい。といっても当時の私は大学生活の真っ只中、あまりテレビを観ることはなかったように思う。なので、「傷だらけの天使」に関する土地鑑はまったくないまま、本文に戻って読み進めた。

さらに登場するのは、東東京市なる架空?の市の市役所職員。なぜかシャークショと訛って発音される。このシャークショが、一見緩いキャラなのに、困ったときは必ず現れ、絶妙のタイミングで木暮修を助ける。

すると、仲間の浮浪者が殺されるという事件が起き、木暮修は居ても立ってもいられず、伝手を頼って、古巣の新宿歌舞伎町に乗り出す。そうしているうちに木暮修は旧知の人物がヤクザとして成功している姿に出会う。そして、澪とかいう妙な小娘にも出会い、不思議な運命に翻弄されていく。

そして宿敵?綾部貴子が姿を現す。ここで、「傷だらけの天使」を観ていれば、おおっと喝采したのだろうが、私は目を点にして、誰?とつぶやく。

しかし、私の戸惑いが次第に緩和されてきた。それは、フォースワールドと呼ばれる仮想空間世界が登場してきたからである。そういえば、「傷だらけの天使 - 魔都に天使のハンマーを」が刊行されたのは2008年6月、まさに当時、Second Lifeと呼ばれる仮想空間が大ブームで、仮想空間の土地やアイテムの売買で稼ぐ人もいるとニュースになったほどである。因みに、Second Lifeは今でも閉鎖されていないようである。

戻って、実はフォースワールドがストーリーの本質的な意味を担うのだった。綾部貴子の一味は、フォースワールドを通じて東京を操作しようと遠大な計画を立てる。

実は新宿歌舞伎町が出てきたあたりは、「不夜城」ばりのハードボイルドを期待した。しかし、ストーリーはどちらかというと、これまた私好みの筒井康孝ばりのドタバタなのだった。それにしても、「傷だらけの天使」の元ネタを知らない私には、終始ベータ読みのエンタメなのだった。

私は学生時代、松本清張や横溝正史、江戸川乱歩などの推理小説や怪奇小説を好んで読んだ。なのでもちろん、横溝正史の「八つ墓村」も印象深く読んだのだが、なぜかその背景に、ある実際する悲惨な事件がモデルになっていると知らなかった。

なので、大学を卒業して最初に入った会社の新入生歓迎の宴会で、津山出身の人が、「ええと、私はいろいろと問題のある津山出身なのでして、」と苦笑いしながら自己紹介したときも、えっ、なんのことだろうと想像だにしなかった。

その後、その悲惨な事件、すなわち津山三十人殺しのことをはっきり知ったのは、外資系企業に勤務するようになって、同僚社員から聞かされたからである。その同僚社員は精神的に辛い境遇にあって悩んでいたのか、人間は追い込まれると、あんな事件さえ起こしかねないと、津山三十人殺しの事件ことに言及した。聞いた瞬間、背中がぞっくとしたのを憶えている。その事件のことか、その同僚に対してだったか、あるいは両方か。

それで私は、津山三十人殺しは、ある気の弱い青年が村で何年にも亘って虐められ続け、ついに切れたのだと思い込んでしまった。それでも、最近になってようやく、その事件の概要を知りたくて、「津山三十人殺し」筑波昭著、新潮文庫を読んでみる気になった。以下、私なりの概要のまとめとコメントである。

事件は、昭和13年(1938年)5月21日の深夜の午前1時40頃、岡山県苫田郡西加茂村大字行重部落において、22歳の青年、都井睦雄によって引き起こされた。黒詰襟にゲートル、猛獣狩用口径十二番九連発の猟銃を手にし、日本刀を腰に差し、短刀をポケットに入れ、予め部落の電線を切ることにより部落全体を暗黒にした上で、ナショナルランプを腹に、頭に懐中電灯二個をくくりつけ、まず手斧で祖母の首を刎ねて即死させるだけでなく銃弾をさらに打ち込み、隣家の丹羽イト方に侵入して二人を日本刀と猟銃で惨殺し、続いて寺井政一の一家五人、寺井好二方の一家全員を全滅させ、さらには付近民家の住人を片っ端から射殺または惨殺し、血まみれのまま付近の山林間に逃走し、結局山中で自殺して果てた、というものである。

それでは、都井睦雄とはどのような育ちだったのだろうか。都井家はもともと夫婦仲は良好で、父の振一郎は日露戦争に出征した。ところが不幸にも、睦雄が2歳のとき父を結核で亡くし、3歳でさらに母を結核で亡くし、両親がいなくなってしまった。そこで、睦雄は祖母と姉に甘やかされて育った。

8歳で小学校に上がると、成績はクラスで二番と、優秀であった。ところが病弱であったせいもあり、祖母の指示でとても欠席が多かった。10歳になると欠席は減り、級長に選任され、これが自慢となった。「少年倶楽部」という雑誌にのめり込んだ。

14歳の高等科1年のとき、やはり成績優秀で操行もよいと学校からは認識されていたが、そのとき既に好色さがあらわれ、学校の一級下の女性と問題を起こしつつあった。

16歳くらいから睦雄は次第に挫折し始める。まず、中学進学断念である。祖母を残して岡山に出ていくのが忍びなかった。また、肋膜を患い、自宅療養となった。そうしていると悪友が自宅に遊びに来て、睦雄の好色がいよいよ昂進してきた。

19歳になると、専門学校への進学のため受験勉強したりした。この間、悪友に誘われて大阪に出て遊興に耽ったりした。そうやって遊ぶ一方、近所の子供たちに、冒険小説を自分なりに改作して話し、人気をとるという意外な面もあった。

20歳になると好色が募り、村の女性に情交をせがみ、あるときは受け入れられ、あるときは拒絶された。

21歳になると、警察署から許可を得て猟銃を手にした。まとまった財産を祖母から得ていた。そして猟銃片手に情交を迫り、当然であるが、女たちは怯えて離反した。

22歳になると、村人からの訴えにより警察が睦雄宅を訪れ、日本刀や猟銃を没収した。こうして村人は一旦安心したのだが、睦雄は大阪に出て、再び猟銃や弾薬を入手した。さらに日本刀や匕首も入手した。

そして1938年5月になると、睦雄は遺書をしたため、大量殺人計画を周到に用意した。そして5月21日の未明についに犯行に及んだのだった。

こうしてみてみると、私の思い込みとは違い、都井睦雄は決して弱気で内気な青年ではなく、好色で攻撃本能むき出しの性格のようである。確かに早くに両親を亡くしたのは不幸だったが、頭がよく地道に努力すれば道は開けたのに、と怪訝にならざるをえない。ましてや、何故猟銃で武装したのかも理解困難である。そもそも、村人から嫌われたのも、気が弱いことや容姿などの理由で虐められたことではなく、あたり構わず女性に情交を迫ったからで、いかに性的に緩い地方とはいえ、そのような放埓が歓迎されることはまずありえない。

結局、なぜありような凶行が決行されたのか、合理的な説明はできないのであった。

折角アルファ三昧したのに、しばらくするとまた気が滅入ってきた。生きているといろいろ辛いことが多い。それで、東京湾臨海署安積班の「夕暴雨」に続いて、同じシリーズの最新刊である「烈日」を読んでみた。

「烈日」は、ベイエリアシリーズの短編で言及した、「陽炎」と「花水木」と同様の短編集である。

「烈日」では、最初の「新顔」で、安積班に美人の女性刑事、水野が加わるのが特徴的で、この後の短編でも、なにかと水野が登場する。今まで男性部下だけだったのに、突然加わった美人の女性刑事の登場で、安積はなにかと気を使う。他のメンバーの黒木、須田、村雨、桜井もそうである。特に須田は、水野が同期で、何かと因縁があるらしい。

ともかく、なんとか水野が次第に馴染んできたと思ったら、「開花予想」では、東都新聞社会部の女性記者、山口友紀子が仕事に悩んで、馴染みの安積班にお門違いの相談にやってくる。何かと安積はこうして女性を持て余すのだが、山口記者も魅力的で、安積は内心、うれしくなくもない。

その間に、交通部の速水小隊長が例によって登場して、いい味を出す。こういう馴染みのメンバーが多数いて、期待どおりの反応をするという意味で、東京湾臨海署安積班は、少なくとも私にとって、アルファ度が隠蔽捜査シリーズよりも高い。

これは例えば、心身ともに疲れて場末の馴染みの酒場を訪れたら、特になんの特徴ある料理があるわけではなくても、常連の客が声をかけてくれて、次第に癒されていくことに似ている。

「烈日」に含まれる各短編でも、起こる事件は平凡な殺人事件でとりたてて特徴はないといえる。しかし、水野刑事と山口記者という女性陣が登場することで、配役の彩りが増し、今までのベイエリアシリーズに劣らず一層興味深く読めて、気分が癒された次第である。

濱嘉之

user-pic
0

最近、横山秀夫、今野敏、佐々木譲など、警察小説に凝っているが、たまたま本屋で濱嘉之という作家の「警視庁情報官」講談社文庫を手にとって、ん?と怪訝になった。

それは、濱嘉之氏の経歴を見たからである。中央大学法学部法律学科卒業後、警視庁巡査。警備部警備第一課、公安部公安総務課、警察庁警備局警備企画課、内閣官房内閣情報調査室、生活安全部少年事件課係長を経て、2004年警視庁警視というバキバキのエリートの道を歩み、2007年に「警視庁情報官」で作家デビューした、という次第である。

で、「警視庁情報官」を読んでみると、濱嘉之氏の経歴を活かした知識がふんだんに盛り込まれた小説であり、特に、ゼロと呼ばれる公安部のエリートのストーリーは興味深いのだが、そこに出てくる黒田という主人公に作者の思いいれが強すぎて、完全無欠のキャラクタになりすぎている。それがどうも鼻について、結局最後まで読み通せなかった。ただ、流石に警察組織の記述はとても示唆に富んでおり、教科書として読むにはいいのかもしれない。

それで濱嘉之氏の作品はもう読まないはずだったのだが、本屋でたまたま「鬼手-世田谷駐在刑事・小林健」というのを手にして、また買ってしまった。それは、制服捜査の双対として気になったのかもしれない。すなわち、制服捜査では、札幌にいたばりばりの刑事が、田舎の駐在として転勤されられ、苦労するストーリーであるが、「鬼手-世田谷駐在刑事・小林健」では、暴力団担当刑事として「鬼コバ」で全国の暴力団に恐れられた辣腕の小林健が、同僚の殉職にショックを受け、現役刑事のまま希望して、都心のど真ん中の世田谷に駐在として勤務しつつ、刑事として捜査活動もする、という対極のストーリーになっている。こちらは「警視庁情報官」よりもストーリーとしてずっと読めるものになっているが、やはり気になるのは、主人公の小林健が格好良すぎるのである。捜査スキルが一流であるだけでなく、人情もあり、女にもモテる。ただ、実際にあった世田谷一家四人殺人事件の捜査に実際に関与した経験から書いた、一家三人殺人事件についての「面影」という章は、流石元警察官と読ませる。

思うに、濱嘉之氏は警察官としてエリート街道を歩みすぎて、下積みの苦労をあまり知らず、よってスーパーキャラしか書けないのではないだろうか。そういえば最近、林真理子の『野心のすすめ』という本の書評をHONZで読んだ。

田舎の本屋の娘で、自己顕示欲だけは人一倍。イジメにあいながら逃避先を画策し成功を収める。しかし就職試験は40社も落ち続け、屈辱感をバネに、コピーライターとしてのし上がる。デビュー作で『ルンルン~』が大ベストセラーとなり、マスコミに引っ張りだこ。しかしそれは、才能を認めていた人ばかりではなく、イロモノ的な意味合いも強かった。

ううん、やっぱり作家はこうでなくちゃ、と思った。目線がトップダウンでなく、ボトムアップだもの。一体どういう意味で自分は書いているのだろう、適当なことを言うんじゃないよ、と自分に軽く釘刺した。

警察小説を読んでいて、捜査四課、すなわち暴力団を相手にする組織犯罪対策課の刑事は、パンチパーマでエナメルの靴を履いたりして、本物の暴力団以上に暴力団ぽいとよく言われる。

これはおそらく、暴力団と似たような感性をもたないと捜査できないとか、気後れするとか、あと、立場を利用して利権にもありついたり、また、ハトと呼ばれるスパイを養っておくなど、暴力団と密接しすぎて、素人目には見分けがつかなくなるのだろう。

尤も、見分けがつかないのは素人から見てであり、暴力団なら、組員と担当警察官を見誤るわけがない。よほどの新米でもない限りである。

ともかく、組織犯罪対策課の刑事が、そのクライアントというか、カウンターパートの暴力団組員に似てくるということのアナロジでいくと、特許の処理担当員である私が、カウンターパートの研究員に、少なくとも部外者からみたとき、多少似てくることがあってとしてもおかしくないだろう。

そもそも私は、そういう情報処理分野の研究員と発明の処理を通じてもう、6年以上続けていて、部外者が知らない、それっぽい専門用語やジャーゴンにかなり通じているので、もしテレビ番組で、本物の研究員に混ざって数人で、どれが本物の研究員でしょうという企画があったりしたら、案外私は、少なくとも主婦レベルならごまかせるかもしれない。

それこそ、朱に交われば赤くなるで、研究員に似るならいいけど、暴力団に似たらいけないというだろうか。そんなこともなくて、どうみても暴力団そっくりだったら、少なくとも恐持てして、下手にからまれることもないだろう。一方、表面的に研究員に似たからといって、なんの得があろう。いくら研究員に似たって論文一本書けるわけではない。また、芸能人に似るわけでもないし、女性にもでるわけでもないとついいろいろ考えてしまうのであった。

ただ、最近読んだ年金関係の本は、大学教授でもなく、社会保険庁の役人でもなく、年金の取材を何年も続けて、玄人はだしに年金制度に詳しくなった新聞記者が書いたものだった。これなども、カウンターパートとして大学教授や厚生労働省、社会保険庁などに取材を続けるうちに、年金の専門家に似てきてそれなりに結実したということにならないか。すると、研究員に似てきた特許担当者として、私なりの出番はないか、と自分の書いた特許明細書を読んでみるのだが、駄目かこれでは。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。