2013年9月アーカイブ

批判精神

user-pic
0

人生長年生きていると、どうしてもいろいろ辛いことがある。意に沿わないこともある。それで大抵の人は愚痴をこぼす。もちろん私もである。

辛いことの原因は、病気であったり、事故であったり、自然災害だったりする。病気や事故の場合、自分の明らかなミスによることもあるが、典型的には地震や津波などのように、どうしようもないこともある。

ところが組織内では、半沢直樹のテレビドラマに例示されるように、普通に仕事をしているだけでも上司や同僚などの思惑により、意外な人事的な冷遇を受けたりする。ドラマの中では「倍返し」することになっているが、実際にはほとんどの場合返り討ちにあい、大抵の場合は会社を辞めざるをえなくなるだろう。

この不景気な時代にもし会社を辞めたら次の会社が容易にみつかるわけがない。それで大抵の場合人々は、保身のため、多少の不満があってもせいぜい内輪で愚痴を言う程度で、つつましやかに生きる。一部の人々にあっては、単に不満を言わないだけでなく、権限をもつ人達に積極的に阿ることによって自らの昇進をはかる人もいる。

このように組織が保身に染まると、同僚や先輩、あるいは後輩の仕事のやり方やスキルに対しても何もコメントしないことが妥当であると思われがちになる。なぜなら、自分の仕事のやり方を批判されたり、スキルの質を問われたりすることは、一時的に不和をもたらし、平穏な組織の雰囲気を乱すからである。

しかし私はというと、若輩の頃、容赦なく先輩社員や管理職に仕事のやり方の指導を受けてきた。それは必ずしも快い経験ではなかったが、スキルを高めるためには必要なコストだった。その経験をすると、自分がある程度シニアになると、一種の恩返しとして(倍返しとはいわない)、後輩を指導すべきという認識になる。そして指導するためには、仕事のスキルの基準というか、どうしても批判精神が必要である。指導するためにはどうしても、ここはいい、ここは駄目という基準が必要である。

ところが、極端に保守的な組織にあっては、そのような指導も組織の和を乱すとして忌避される。淡々と自分の仕事だけしていればいいのであって、他人の仕事の批判など、同僚に対してであれ後輩に対してであれ、好ましくないとされる。そしてスキルを維持し高める努力は、各人が各様にすればいいとされる。

ところが、自分のスキルを維持し、あるいは高めるためには、自分に対する批判精神は必須である。これは議論の余地がないと思うのだが、どうだろうか。

しかし私は問う、他人に対する批判精神を欠いて、自分に対する批判精神を発揮できるのだろうか、と。なぜなら明らかに、一般に自分に対する批判精神<他人に対する批判精神という不等式が成立するからである。

自分に対する批判精神の例として、最近引退した宮崎駿氏のケースがある。周囲から惜しまれつつも、自分に対する批判精神を発揮して引退してしまった。するとおそらく、宮崎駿氏は他人の作品に対する鋭い批判精神ももちあわせていたに違いないが、それはあまり聞いたことがない。おそらく、自分の作品を作るのに忙しすぎたのだろう。

文庫本を買うと、新刊本であれ古本であれ、今月の新刊という発行予定の小説の紹介が載ったパンフレットが挟まれていることがある。気が向いたら私はそれをみて、面白そうな本を見つけると、アマゾンでその本の評判を確認する。あるときなぜか、奥田英朗という作家の「最悪」という本が目に付いた。そしてアマゾンでとても高い評価だったので買おうと思いつつ、なぜかそのときは見送った。その確認の過程で、同じ作家の「イン・ザ・プール」と、「空中ブランコ」にも着目したが、買うのはまたにしようと思った。

それから数ヶ月して知り合いから、たまたまであるが「イン・ザ・プール」と「空中ブランコ」を紹介された。すごく面白いという評価ではなかったが、既に一度自分で目をつけているので明らかにポテンシャル・バリアが下がっており、とりあえず「イン・ザ・プール」文春文庫をアマゾンで注文して、読み始めてみた。

すると、なんと「イン・ザ・プール」というのは実は短編集で、伊良部総合病院の神経科医、伊良部一郎の抱腹絶倒の診療記なのであった。

最初の「イン・ザ・プール」は、心身症的な体調不良を訴えてきた患者が治療の一環としてプールに通い始めてそれに没入していく話である。

次の「勃ちっぱなし」は、勃起したまま収まらなくなった男に対する、伊良部の治療の様を描く。

次の「コンバニオン」は、結構いそうな、自意識過剰の美人女性に対する伊良部の対応を記述する。

次の「フレンズ」は、携帯中毒の高校生に対する伊良部の対応を描く。

そして最後の「いてもたっても」は、強迫神経症の男の話である。

どれも伊良部の対応は基本的にワンパターンで、まず看護婦に注射させてそれを眺める。どうも注射フェチらしくて、このあたりから伊良部は危ない医者と分かる。そして看護婦がなぜか美形で露出狂で、平気で太ももを晒したりする。それで男性患者はつい期待したりするのだが、実は極端に無愛想なのである。

伊良部は基本的にとてもわがままで、マザコンで、マイペースの男で、患者にもマイペースを勧める。それでいてなぜか患者の趣味というか行動に意気投合して過剰にのめり込んでいく。

こうしてストーリーはいつも収拾困難にみえて最後はきちんと収まっている。してみると、伊良部は本当は名医なのか、いやとてもそうとは思えない。単に極端にラッキーであるにすぎないのだろう。

ともかく、この小説は会話がいちいち掛け合い漫才みたいで笑えた。しかしユーモア小説で括るのもすっきりしない。ということでこの小説は、私の読書感性に対するささやかなチャレンジを提供したのだった。続編の「空中ブランコ」も読んでみよう。

ブルバキ

user-pic
0

数学セミナー10月号に、ブルバキの主要メンバーだった、ピエール・カルチエ氏が梅村浩氏と、ブルバキについて語った記事があったので、以下、この内容を私なりにまとめてみる。

ブルバキの起源は、アンドレ・ヴェイユが1933年にストラスブール大学に赴任したときに始まる。当時、アンリ・カルタンも同じ大学にいて、二人は微分積分の講義をしなくてはならないのに、よい教科書がなかった。

二人で議論するうちに、新しく微分積分の教科書を作ろうということになった。同じような問題は他大学でもあったので、みんなで集まって微分積分の教科書を作ることになった。これがブルバキの最初の目的だった。

ヴェイユはアルティンやジーゲルなどとの付き合いを通じてドイツ数学に通じており、教科書を書くにあたって、ドイツ数学の理念を導入しようとした。そのために微分積分の前準備から始めようとした。そして、集合、代数、トポロジをそれぞれ1巻ずつとし、第4巻を微分積分学としようとした。

この計画によれば、初学者がブルバキの本で微分積分学を理解するところまで到達するためには、なんと4000ページの本を読んで、集合、代数、トポロジを理解しなくてはならない。実数に関する議論が3000ページでようやくでてきて、素数よりも先にイデアルが出てくるとあっては、建前としてはそうなんだろうけど、理念的な、あまりに理念的な構成ではあるまいか。このように緻密な微分積分学であるが、なんと、オイラーが1750年に書いた本にほとんどを拠っているという。

このようなブルバキの活動に対して批判はほとんどなくそもそも、無視されていたといってよい。しかし、ブルバキのグループは静かに、政治力を発揮していった。学会を席巻したのである。具体的にはセールがコレージュ・ド・フランスを制覇し、カルタンがエコル・ノルマルを、シュバルツがポリテクニークを押えた。こうしてブルバキはフランス数学会を完全に牛耳った。これをブルバキ・マフィアと呼ぶ。

第2次大戦の間の中断を経て、戦後になると、ヴェイユは20世紀数学の大百科事典をつくることを構想した。いかにもフランスの伝統に沿った活動である。その一環として、位相線形空間の本やルベーグ積分の本が書かれた。

ブルバキの別の計画がたてられ、それは、数学の現在の発展について記述することであった。この計画に従い、リー群のシリーズと、可換環論のシリーズが書かれた。

リー群のシリーズはそれなりに成功を収めたが、なにしろ新しい分野なので、書ききれない内容も沢山あった。

可換環論の本は、グロタンディークとの妥協の結果出版された。すなわち、グロタンディークは、カテゴリー論(圏論)に基づき今までの本を書き直すべしと主張した。それには、ブルバキの中の他のメンバーも同意したが、現実問題、そんなことはあまりにも大変である。そこで、可換環論の本は代数幾何学には踏み込まない、グロタンディークは可換環論は扱わず代数幾何学に専念するということで休戦協定が成立し、結果的にグロタンディークはブルバキと袂を分かった。

ブルバキは1970年頃までに数学のスタンダードを確定し、それはトポロジ、微分幾何学、代数幾何学、数論を主とし、解析学、確率論、その他応用数学を十分カバーするものでなく、そのせいで、フィールズ賞の受賞者も長らくトポロジ、微分幾何学、代数幾何学、数論の分野の数学者が主であった。

このように数学にスタンダードを導入し、一世を風靡したブルバキであるが、今ではもうすっかり休眠状態となってしまった。既にその役割を終えたのかもしれない。

地球空洞説

user-pic
0

トンデモ好きな私は、地球空洞説にも興味があり、UFOは地底人の乗り物であるという話にも目を輝かせたりする。しかし、その手の文献を読んだことがなかったので、「地球内部を旅した男」ウィリス・ジョージ・エマーソン著、田中雅人訳、5次元文庫、徳間書店を読んでみた。以下、私なりの要約である。

実際に地球内部を旅したと言うのは、エマーソンではなく、オラフ・ヤンセンというノルウェー人である。エマーソンは、100歳に近いヤンセンから信頼を得て、臨終が近い状態で、ヤンセンから話を聞き、手記を渡されたのだった。

ヤンセンが地球内部を旅したのは、19歳の頃で、父親とともに北極方面に漁に出たときである。それは1829年4月3日という昔のことである。沢山の氷山をかわしながら航行していると、暴風雨と巨大な波が襲いかかってきた。船は翻弄された。やっとのことで無風状態になると、嵐のせいで貯蔵していた飲み水がほとんど失われていることを発見して、パニックになった。ともかくヤンセンが手を洗おうと海水に手を入れると、飛沫が口にかかった。なんと海水は、塩辛くなく真水だった。みると、海は緑色で、空は紫だった。太陽の光はぼんやりしていて、のどかだった。

それから10日くらい航行すると、突然、大きな船に出会った。そしてボートを下して、6人の男たちがこちらに向かってきた。殺される、とヤンセン父子は思ったが、どうしようもない。なんと男たちはみんな、身長3メートル以上の巨人だった。そしてその体の大きさにも拘わらずみんな親切で友好的だった。言葉は理解できなかったが、ヤンセン父子は巨人の国に連れていかれた。行くとまさに別天地で、金や宝石に飾られた建物、巨大な動物と驚くことばかりだった。木々も高さ200メートル以上と巨大で、ブドウの房でさえ、1.5メートルもあった。

父子は、リニアモーターカーのような乗り物で運ばれ、巨人の国を旅した。国王のような人にも謁見が許された。

父子はまるで竜宮城にきた浦島太郎のように、地底世界を楽しんだのだが、結局地上世界が次第に恋しくなり、戻りたくなる。そしてその旨を告げると、地底人たちは別れを悲しみつつも、帰路を用意してくれた。しかし、地上から地中に入ることも、地中から地上に出ることも、船舶の航行上大変危険なことで、無事の帰還が懸念された。

果たして父子は帰路遭難し、結局父は亡くなってしまう。オラフ・ヤンセンはある捕鯨船に救助されたが、つい地中の国のことに言及し、狂人扱いされてしまう。その後も本国に帰ったあと、やはり地中の話をして精神病院に何十年も幽閉されてしまう。その後、精神病院を出て漁師として働いて蓄財し、米国のカリフォルニア州に引っ越してそこで生涯をまっとうしたのだった。

流石のトンデモ好きの私も、地球空洞説をナイーブに信じるというのは難しい。地球の重力場の理論との整合性も気になる。しかし、古くはプラトンの唱えるアトランティス大陸説から始まって、未知の国の神話は星の数ほどあり、中世の時代から地球空洞説は繰り返し提唱されたきた。なにしろ、ハレーやオイラーのような当時の第一級の学者さえも、地球空洞説に与してきたほどである。科学ロマンとして、未だ封印しなくてもよいのではないかと思われる。

神の数式

user-pic
0

先日、ある友人からメールで、興味深そうなNHK特集の番組があるのを教わった。それは、「神の数式」と題するもので、9月21日と9月22日の二日に亘って、夜9時から10時までの1時間ずつ放映された。私はテレビ番組をきちんとチェックすることを怠って、見たい番組を見落とすことがしょっちゅうである。それで、メールを受け取ったらすかさず、番組の録画予約した。そして観てみると、物理学ファンの私にとって、これは必見とでもいうべき素晴らしい内容であった。

以下、私になりこの番組の内容を要約してみる。ただ、思い入れのある分野なので、番組の内容を超えて自分なりのコメントが自然に入ってしまうかもしれない。

まず最初に物理学の数式の意味から始まる。すなわち、物理学は、自然を数式で記述することを目的とするので、いかに正確に自然を記述する方程式を求めるか、ということが重要視された。ある意味当然である。

ところが、自然を記述する方程式の美などと言い出す物理学者があらわれた。アインシュタインである。アインシュタインは、一般相対性理論の式に美を追求し、宇宙項を不純なものとした。そしてその美の方針により、重力と電磁気力を含む統一理論を追求し、刀折れ矢尽きた。

普通の物理学者からしたら、数式の美なんて、数学者の言いそうなことだと嗤うだろう。ただ物理学者も、数式の美はともかくとして、対称性にはこだわる。すなわち、回転させても変わらない回転対称性、並進させても変わらない並進不変性は物理学の式の基本的な要請であった。

一方、量子力学は当初、シュレーディンガーの方程式で記述されていた。しかし、シュレーディンガーの方程式は美しくないと考えた物理学者がいた。イギリスのポール・ディラックである。苦労の末、ローレンツ対称性を導くようにシュレーディンガーの方程式を書き換え、美の方針により、ディラックの方程式を導いた。

次に、ゲージ対称性に基づくゲージ理論が提唱され、光子の放出を含む量子電磁力学が完成された。

ところが、それでは、クォークなどのハドロンが記述できない。それで、楊振寧とロバート・ミルズがハドロンの記述も可能な、非可換ゲージ理論を提唱した。

こうして、電子やハドロンを記述する方程式が完成したが、問題は、理論的に、それらの素粒子の質量がゼロになってしまうことだった。そこで南部陽一郎の登場である。南部は自発的対称性の破れの概念を思いつくことで、ハドロンの質量獲得を説明した。

ただ、依然として問題なのは、電子などのレプトンの質量獲得の仕組みが説明されていないことである。これに対しては、スティーブン・ワインバーグが、ヒッグス粒子によるヒッグス場の自発的対称性の破れとしてレプトンの質量獲得を説明した。ここで怪訝だったのは、折角ヒッグス粒子に言及されたのに、その提唱者であるピーター・ヒッグスには何も言及がなかったことである。番組編成の時間の都合かもしれないが、ヒッグス博士に少しでも言及してほしかった次第である。

こうして紆余曲折をへて、ハドロンとレプトンを含む素粒子を記述できる、標準理論の一応の完成をみた。ところが大きな積み残しがあった。それは重力場である。どうしても標準理論と、重力場を記述する一般相対性理論との折り合いをつけることができなかった。

ここで突然、ロシアのスターリン統治下での、天才物理学者、マトヴィ・ブロンシュタインが言及される。ブロンシュタインは1930年代、独学で一般相対性理論と場の量子論をマスターし、それらを融合させようとした。すると、どんなに頑張っても、すべての粒子の質量がゼロになって、世界が成立しなくなるのだった。失意のブロンシュタインをスターリンの秘密警察が襲う。逮捕されあっさり銃殺されてしまったのだった。まだ、30代である。

そこで、もしかしてこの番組の主役である、超弦理論の登場である。弦理論それ自体は、南部陽一郎やレナード・サスキンドなどによって1960年代に提唱されたいたが、結局お蔵入りになっていた。それを取り上げたのが、ジョエル・シェルク、ジョン・シュワルツである。この二人は、超弦理論に、標準理論と重力理論を統一させる鍵を見出したのである。ただ、依然としてアノーマリがあり、そのせいで理論は注目を集めなかった。

そういえば、番組で、ジョエル・シェルクの紹介があった。シェルクはフランス人で、きわめて優秀な理論物理学者であったが、糖尿病の持病をもち、それが悪化してフランスに帰国した。その後もシュワルツとアイデアのやりとりはあったが、糖尿病が悪化して、シェルクは30代にして夭折した。ブロンシュタインもそうであるが、一部の天才はなぜか早死にする。

戻って、アノーマリは、1984年に、ジョン・シュワルツとマイケル・グリーンによって解消され、そこから雪崩のように、超弦理論が理論物理学の主流になった。

そこに果然と挑んだのが、イギリスの異端物理学者、スティーブン・ホーキングである。詳細は私もわからないが、「ブラックホールの底」の矛盾で超弦理論陣営に挑み、これに対するよい反論を超弦理論陣営は返すことができなかった。

それに対するブレークスルーを与えたのは、カリフォルニア大学サンタテレサ校のジョセフ・ポルチンスキーである。ポルチンスキーの提唱したDプレーンの概念は、結局、ホーキングに対するより回答になっており、結局、ホーキングは自分の負けを認めた。

ここで、超弦理論の「万物の理論」性を謳いながら、番組は終わる。ウイッテンなど、この分野のカリスマの登場が少ないのがやや不満であったが、番組編成上、どこにフォーカスをあてるか決めなくてはいけないので、仕方がないだろう。また、結果的に超弦理論のよきプロパガンダの番組であったが、それも学会の趨勢がそうなので、結局自然なのかもしれない。

徐福伝説

user-pic
0

今野敏の蓬莱に出てきた徐福伝説に興味をもち、蓬莱に参考文献の1つとして挙げられていた、「徐福伝説考」逵 志保著、一季出版を読んでみた。以下、この本に従い、私なりにまとめてみる。

徐福伝説とは何かというと、例えば「史記」秦始皇本記によると、徐福(徐市とも呼ばれる)は、BC219年に始皇帝に上書し、蓬莱という、海上(海中)にある仙境に不老長寿の薬があるので探しに行くと申し立てた。そうして数千人のスタッフを割り当てられ探しに行ったが、結局見つけられなかった。

徐福は9年後に一旦戻ってきて譴責を恐れ、蓬莱の薬を見つけたが、大鮫がいて取りに行けないので、よい射手を用意してほしいと嘯いた。

「史記」の別の記述では、徐福が一旦戻ってくるところまでは同じだが、薬が得られない理由が、大鮫ではなく、始皇帝の礼が薄いことになっている。そこで追加の男女とともに再び徐福を遣わしたが、徐福はそのまま戻ってこず、どこかで王になったというものである。その後も、「漢書」、「唐詩」などで繰り返し徐福が取り上げられる。

ところが何故か、徐福が日本にやってきたのだ、という記述が、五代の後周の「義楚六帖」にある。そこでは、蓬莱山が富士山ということになっている。五代の後周の頃は、中国と日本の国交が盛んで、日本と中国のどちらの側が言い出したのかわからないが、徐福日本渡来説が出来上がったようである。

しかし一方、古事記にも日本書紀にも、徐福の記述はない。平安時代の980年頃、「宇津保物語」に徐福の記述があらわれる。この頃には徐福伝説が日本にもある程度浸透していたようである。その後、「平家物語」、「神皇正統記」などにも徐福伝説が現れるようになった。

さらに、徐福は紀州熊野に来て住み着いたとする説がある。そもそもが和歌山県新宮市には、秦徐福之墓なるものがある。しかも新宮市の阿須賀神社には徐福宮もある。

佐賀市金立町にも徐福信仰があり、神として祀られている。それだけではない、安芸厳島、尾張熱田、三河小坂井、秋田男鹿半島、津軽小泊、富士山など全国に徐福伝説は広がっている。

さらには、徐福が神武天皇になった、という説さえある。実際、徐福でなくても、その頃中国から一群の人たちが日本にやってきて文化を伝来し、帰化したという可能性はある。その頃日本は、縄文時代から弥生時代への転換期であり、日本開化のためには有意義だった可能性もある。

1つの結論として、始皇帝が徐福とその一団を、不老長寿の薬を求めて派遣したというのは事実の可能性が高い。しかし、徐福が日本に渡来した可能性は低い。のちの中国での徐福伝説が日本に入り、日本に徐福伝説が根付いた、ということなのかもしれない。

宇宙の開闢に関連して、「はじめての<超ひも理論>」川合光著、講談社現代新書に、サイクリック宇宙論が記述されていたので、紹介してみる。

まず、サイクリック宇宙論は、著者らが構築した超弦の行列モデル(ⅡB行列モデル)に基づく。ここでⅡBとは、M理論で言及した、ありえる超弦モデルの一つである。

著者らが構築した超弦の行列モデルは、IKKT(石橋・川合・北沢・土屋)モデルとも呼ばれる。このモデルによると、超弦の系が行列であらわされ、それによって作用Sが与えられる。このために、10次元の時空をあらわすために、10個の∞×∞の行列が用意される。そして作用Sは、行列の間の非可換性の計算式のトレースを用いて記述される。このモデルを使うと、10次元のうち6次元はきちんとつぶれて、4次元になるのだという。ここでは、カラビ・ヤウ空間のコンパクト化は使わないのだろうか。

筆者らは、おそらく上記の成果も駆使して、以下のようなサイクリック宇宙論を展開する。まず、宇宙の膨張の仕方は、宇宙項と、宇宙に存在する物質の密度によって決まる。宇宙項とは、真空がどの程度のエネルギーをもっているかをあらわす定数である。宇宙項は宇宙の膨張を促し、物質の密度は宇宙の収縮を促す。

宇宙が膨張するか収縮するかの境目にある物質の密度を、臨界密度と呼ぶ。現在の宇宙の物質密度は、臨界密度にかなり近いと観測されている。しかし宇宙項が物質密度の効果を少しだけ上回っており、宇宙は膨張したまま終焉を迎えると予想されている。

しかし、超弦理論によると、ビッグバンに続いてビッグクランチが起こり、宇宙は収縮に向かう。宇宙が収縮してくると、晴れあがっていた宇宙は次第に光がとおりにくくなり、曇ってくる。次第に温度が上がってくると、元素において陽子と中性子がばらばらになり、クォークに帰着される。さらに高温になりヒグス場が発生したときの温度になると、クォークの質量がなくなる。すなわち、ゲージ対称性が回復する。

そして、上限の温度であるハゲドン温度のまま、宇宙はつぶれていく。ところが、超弦理論によると、プランク長まで収縮した宇宙は、虚時間を経ることなく実時間のまま跳ね返り、新しいビッグバンを始める。その根拠の一つが、T双対性である。T双対性とは、9次元空間におけるⅡA型理論とⅡB型理論の間の関係を示すものであり、ⅡA型理論における半径Rにコンパクト化した状況は、ⅡB型理論における半径1/Rにコンパクト化した状況と等しいというものである。T双対性により、宇宙の終焉であるビッグクランチは、宇宙の開闢であるビッグバンに等しいとみなされ、こうしてビッグクランチが次のビッグバンにつながる。

さて、宇宙の温度は、宇宙のエントロピーとも関連するが、現在の宇宙がもっているエントロピーをどこで稼いだかということになると、超弦理論によると、ビッグクランチとビッグバンを経験することによる、ということになる。そして現在の宇宙は、50回のビッグクランチとビッグバンを繰り返した後の宇宙である、ということになる。

なぜなら、最初のビッグバンでは、まだエントロピーがたまっていないので、膨張の後すぐにビッグクランチに転じる。こうしてビッグクランチとビッグバンを繰り返す度毎にエントロピーが蓄積され、ビッグバンの後ビッグクランチに転じる時間が長くなる。だいたい36回目のビッグバンで元素が合成できる程度の温度に達することができるようになる。クォークの閉じ込めが起こるのは30回目くらいのビッグバンであり、宇宙が晴れあがり銀河が形成されるようになるのは44回目のビッグバンである。

そしてこの理論により、現在の宇宙が50回目のビッグバンにより生成されたと予測される。ただ、次第にビッグクランチが起こり、51回目のビッグバンが起こるかどうか、わからないとされる。

ここまで壮大な科学理論もなかなかないと思われるが、まあこんなこともありえる程度にみておくことにする。

なお、LIMITING TEMPERATURE, LIMITING CURVATURE AND THE CYCLIC UNIVERSECyclic Universe a la string theoryなどが関連論文の例である。

「岳人列伝」を読んだあと、いよい期待して「神々の山嶺」作・夢枕獏、画・谷口ジロー、集英社文庫全5巻に読み進めた。

「岳人列伝」を読んだ後なので、最初はストーリー展開がスローなような気がしたが、ネパールの首都カトマンズにやってきた日本の山岳カメラマン、深町誠が古道具屋でみつけた古いカメラからストーリーが急展開していく。そうしているうちに突然現れたのはどこかで見たような日本人、しかし地元では毒蛇(ピカール・サン)と呼ばれていた。ここらあたりの怪しさは、篠田節子の弥勒につながるものがある。流石、夢枕獏である。

さて、ピカール・サンの正体が明らかになる。それは伝説の登山家、羽生丈二。普通、羽生は「はにゅう」と読むのだが、流石、将棋ファンでもある夢枕獏、羽生を「はぶ」と読ませる。すると羽生丈二の伝説ぶりがいよいよ神々しく輝いてみえるから不思議である。

しばらくは羽生の生い立ちと、その個性の強さというか空気の読まなさと、超絶的な困難な登攀の実績が語られる。そしていくつかの悲劇も。そして忽然と現れるのが、将棋でいえば羽生対する森内名人、あるいは渡辺竜王のような天才登山家、長谷常雄。羽生と長谷の両天才の火花を飛ばすライバル意識で、互いに技を高めあう。

そんな羽生だが、独特の登山に対する拘りで、エベレスト登山隊に参加したときどうしても周囲と折り合えず、姿を晦ましてしまう。深町誠は、そんな羽生を追って再びネパールへ、そして必死の思いで、羽生の写真を撮り続ける。そうするうちに、最初に戻って古いカメラの謎も次第に解明される。これ以上述べるとネタばれになるので、これくらいにしておくが、「神々の山嶺」を夢枕獏の原作の小説で読んでも面白かったはずであるが、劇画というのは画像がビジュアルで与えられるので、とてもイメージしやすい。それで一層印象づけられる面があることを改めて発見した。

ただ、ドフトエフスキーの作品を翻案した劇画があるらしい。そしてカントの純粋理性批判やニーチェのツァラトウストラも劇画があるらしい。ここまでくると、私の読書保守主義がもたげてきて、ついていけなくなる。

岳人列伝

user-pic
0

もう数ヶ月前になるが、ある友人から、「岳人列伝」村上もとか作、小学館と、「神々の山嶺」作・夢枕獏、画・谷口ジロー、集英社文庫全5巻をもらった。

昔は確かに劇画のファンだったのだが、長いブランクの後、なぜか劇画に距離を置くようになった。単に食わず嫌いなのかもしれない。そこで例によって自分の部屋に積んでおいたのだが、あるとき、「岳人列伝」を手に取って読み始め、迫力に圧倒された。

「岳人列伝」は、平たくいうと登山漫画なのであるが、いずれも極限状態を描き、ほとんどが悲惨な結末となる。

第1話「南西壁」は、雪崩で多くの隊員が遭難する中、シェルパが無理やり雇い主を山頂まで運ぶ話である。

第2話「裸足の壁」は、物心ついてから必死でシェルパの技術を磨きつづけた少年が、ついに難関の壁を征服する話である。

第3話「北壁」は、8年前に遭難した長男の遺体を探しに山にやってきた父と、その次男である息子の話である。

第4話「遠い頂」は、家も仕事も捨ててエベレスト登山に賭ける男と、無理やりついていく女性の話である。

第5話「ザイル」は、極限状況でもザイルを切り離すことなく互いに助け合う登山家の話である。

第6話「ヒマラヤの虎」は、タイガーと呼ばれた伝説的シェルパに鍛えられた少年が立派に高所シェルパを果たす話である。

第7話「吹雪」は、山に未熟な青年が、有名な女性登山家に助けられ、その後数奇な運命を辿る話である。

第8話「K2」は、エベレスト以上の難関と言われるK2を征服しようとして強行する登山隊の有様を描く。

私は登山漫画というのは今まで、ほとんど読んだ記憶がないが、登山の極限状態の記述の迫力は圧倒的であった。これならまた劇画も読み始めようと思っている次第である。

次は、「神々の山嶺」の感想を書いてみる。

矢内の婚約

user-pic
0

少し前の記事になるが、私が女流棋士の中で一番ファンである矢内さんが婚約したというニュースがあって、がっかりした。以下、スポーツ報知の記事から引用してみる。

将棋の矢内理絵子女流四段(33)が結婚することが3日、分かった。関係者によると、相手は30代の一般男性。4日にも日本将棋連盟から正式発表される見込みだ。

実力、人柄、美貌を兼ね備え、女流将棋界の顔として男性ファンからも随一の人気を誇ってきた矢内がついにゴールインすることになった。

関係者によると、お相手は、将棋界とは接点のない30代の一般男性。既に婚約しており、来月にも入籍するという。今冬には式や披露宴を行い、直接関係者に報告する。

といえば、極めて間接的ながら、最近の思い出は、女流棋士で述べた職団戦でのことである。女流チームはAクラス、私が所属するチームはBクラスだったので、対戦はありえなかったが、それでも、ちらっと矢内さんを見に行って私は感激したのだった。なんというミーハーだろう。

あまりベタなので言及するのも憚られるが、矢内さんといえば、こちらに書いたように、山崎八段との仲が噂されたのであるが、私はそれが実現するといいカップルだと思った。いかなる意味でも山崎は悪い男ではない。

それは根も葉もないことではなかったにしろ、山崎を断ったのだから、私の勝手な思い込みで矢内さんは結局、清水市代のように独身を通すのではないかと想定していたら、今回の婚約で少し驚いた次第である。

しかも相手は将棋界ではなく「一般男性」だという。でも、一般男性って何よ?と改めて疑問に思う。例えば、女流棋士の中村桃子が、将棋のアマ強豪の清水上と結婚したが、ここで清水上は一般男性に該当するかどうかというと否だろう。少なくとも将棋界ではメジャーな存在だからである。

それでは私程度の将棋の棋力で普通のサラリーマンだと、間違いなく一般男性に該当する。それで矢内さんのフィアンセは当然に将棋ファンである程度将棋も指すのかと思ったら、「お相手は、将棋界とは接点のない30代の一般男性」だという。いよいよ分からなくなった。長年NHKの番組に出ているので、NHKの番組スタッフかとも思ったが、するとマスコミ関係ということで微妙に一般男性でなくなる。いよいよなれ初めが不明なのであった。

中村太地が羽生王座に挑戦が決まったとき、まだまだ羽生には太刀打ちできないだろうと見越したので、王座戦第1局にはあまり注目しなかった。ところが太地が第1局で完勝したことで、第2局は俄然注目となった。

対局は羽生の先手で▲76歩、そこで太地は△84歩。これが太地にはとてもレアなのだという。なぜなら太地は、居飛車党でありながら後手番ではほとんどが△34歩で横歩取を志向する。これに対して羽生は一目散に矢倉に誘導する。避ける理由はなにもない。

太地は△53銀右から急戦矢倉かと思ったら、なんと雁木に構えた。さらに33桂とはね、端に隙を作った。羽生は当然に15歩から仕掛け、26角、37桂の攻めの理想形を築いた。流石に羽生の作戦勝ちだろう。しかし太地は金銀四枚と飛車角まで受けに利かして徹底抗戦である。

羽生は急いで攻める必要もないので悠々と穴熊に固めた。ただ待つだけではじり貧かと、太地は△11飛、△14歩と打開していった。こうして角桂交換で駒割りでは太地が得なものの、依然として玉の堅さが大差で、45桂と羽生が活用できては羽生が優勢である。

以下、羽生が一方的に攻め、太地が入玉に賭ける展開となった。そこで羽生が間違える。すなわち、101手目の羽生の▲33飛成では、▲15歩と玉を抑えるのがよかったようである。これを逃して、太地は△15玉と立ち、いよいよ入玉の線が濃厚になってきた。

もちろん羽生は諦めないで、▲29桂と馬に当て拠点を築く。懸命の入玉阻止である。馬が逃げると羽生は▲13歩を利かせて、▲17歩と拠点を固める。太地は下手に受けないで△19歩成と開き直る、いい度胸である。すると羽生は▲16銀。包囲網が狭まってきた。

118手目、太地が△33金を24金とかわしたところで、入玉の線、いよいよ濃厚である。入玉が完成すると羽生の玉は姿焼き確定である。で、羽生は▲33角、△31飛に一手バスのような▲54歩、これには解説のプロも恐れ入った。なんと、△16歩と虎の子の銀を取られてしまうではないか。

123手目の▲53歩成に、△33飛、▲同桂成、△17歩成となっては、流石に太地の玉は捕まりそうにない。それでも羽生は▲11飛、駒不足は否めない。それからさらに太地に△29とと取られてしまった。とはいえ、▲13龍の王手に、14への合駒は銀か飛車しかない。飛車を合駒したら、後で点数の目標にされるのだが、しかし、羽生の穴熊も穴から出てこなくてはならず、そうするといつ果てるとも知らない長い戦いになってしまうだろう。それで太地は銀を合駒した。もしかして飛車が正解か。

ともかく羽生は▲36銀としがみつく。ここで後手が△21香と打ったのが気合いの入った受けだった。これに対して羽生は22歩と打ったが、47銀上が正解だったようである。ここで後手が△23香と打ったのがもしかして敗着である。正解は単に△36玉であった。以下、▲24龍、△25銀打ちで先手大変だった。△23香と打ったので、▲同成香、△36玉、▲24龍、△25銀打ちで後の変化で先手が香一本まるまる得である。羽生はじっと▲17歩とと金を減らす。冷静である。

太地が△27玉と逃げても羽生は落ち着いて▲13成桂、ううんなかなかできない手である。そこから△23歩、▲35龍、△26角、▲同龍でこれを△同玉と取るよりないのであれば、▲63角がきびしい。ようやく先手の有利がみえてきたか。

以下、△38玉、▲18角成、△48玉と裸玉になると、▲29馬でいよいよ網が絞られてきた。△38銀の抵抗に羽生は単に▲59金と打ったが、▲39金、△同銀成、▲59金のほうがよかったようである。それでも、▲59金、△同玉、▲68銀、△58玉に、▲49香の好手があって、ここで△48歩しかないようなので、先手の勝ちは動かない。

結局、持将棋模様でもないのに203手の長手数であった。破れたりとはいえ、中村太地もおそるべしである。

山内昌之著、「歴史の想像力」岩波現代文庫を眺めていたら、「歴史・文学論」のところで、藤本ひとみ著、「ハプスブルグの宝剣」が言及されていた。そういえば、と私は思い出した。自分の膨大な積読リストの中に、「ハプスブルグ家」江村洋著、講談社現代新書がある。ヨーロッパ史においてハプスブルグ家は重要なキーワードだと思うのだが、なかなか興味を維持して読めないので、小説仕立ての本なら読めるかなと楽観的に考え、「ハプスブルグの宝剣」文春文庫上下二巻を購入してみた。

実をいうと、「ハプスブルグの宝剣」も読み通せる自信はなかった。それでもどんなストーリーなのだろうとページをめくるとなぜか一気に、ストーリーに引き込まれた。

主人公はエリヤーフー・ロートシルト。本当はさる高貴な方の落胤らしいのだが、ふとしたきっかけから、ユダヤ人の夫婦に引き取られ、ユダヤ人として育てられた。幼少から才気煥発で、名門パドヴァ大学医学部に進学し、医者の資格を得た。しかし、在学中にイタリアの自由な雰囲気にすっかりなじんでしまったエリヤーフーは、ユダヤ教のラビにも反抗し、見放される。さらには、名門のドイツ人の家庭の娘と恋に落ち、駆け落ちのような真似をして、娘の許婚の男性から決闘を申し込まれる。決闘に応じることはユダヤの律法に背くことになるので避けようとするが無理やり誘い込まれてしまう。こうして仕方なく決闘に応じてしまったものの、相手を殺してしまい、相手方の親戚に瀕死の重傷を負わされ、死者を擬され、完全に行方を晦ました。そういうストーリーにすっかり私は感情移入してしまった。

エリヤーフーは、ロートリンゲン公国の君主、フランツ・シュテファンに認められ、臣下として抱えられた。そしてユダヤ人の痕跡をなくすため、エデュアルト・アンドレアス・フォン・オーソヴィルと改名した。そこからエリヤーフーこと、エデュアルトの活躍が始まる。

すなわち、智謀を認められることでサヴォイア公子オイゲン公に取り立てられ、ハプスブルグの宝剣と命名された。一方で、プロイセンのフリードリッヒ二世とは終生のライバルとなり、何度も激烈な戦闘を経験した。

ところがエデュアルトは、フランツの許婚でハプスブルグ家大公女のマリア・テレジアと禁断の相思相愛に陥るのであった。

そこからは、マリア・テレジアがエデュアルトの素性をユダヤ人かもしれないと疑い、一方でエデュアルトに強烈に惹かれ、そのアンビバレンツでエデュアルトは翻弄されていく。

すなわち、エデュアルトが圧倒的な計略で何度もオーストリアを救うのだが、その都度マリア・テレジアはエデュアルトに辛く当たり、次第にエデュアルトの気持ちが離れていく。

戻って、「ハプスブルグ家」江村洋著、講談社現代新書を参照してみると、マリア・テレジアは女帝として人材登用に巧みで、無名だった青年、ハウクヴィッツの提出した改革案に着目し、ハウクヴィッツを抜擢した。藤本ひとみ氏は、ハウクヴィッツをエデュアルトのモデルとしたのだろうか。

マリア・テレジアは稀に見る美貌の女王であった一方で多産で、フランツとの間になんと16人もの子供をもったが、医学の発達していない当時のこと、6人は病気で夭折した。フランスのルイ16世と結婚しフランス革命で刑死したマリー・アントワネットもまた、マリア・テレジアの娘であった。

東洋経済の、経済学者、安田 洋祐氏の記事によると、下記の条件をすべて満たすゲームは、①先手必勝、②後手必勝、③少なくとも引き分けには持ち込める、のどれかに必ずあてはまるのだという。これを、ドイツの数学基礎論学者、ツェルメロが約100年前に証明したのだという。ちなみに、現代数学の基底をなす集合論の公理は、ツェルメロ・フランケル(ZF)の公理と呼ばれる。大御所なのである。

  • 【条件1】最終的なゲームの結果が「先手の勝ち」「後手の勝ち」「引き分け」のいずれか
  • 【条件2】必ず有限回の手番でゲームが終わる
  • 【条件3】それぞれの手番で選択を行うのはどちらか片方だけ
  • 【条件4】各手番において、これまで相手がどんな選択をしてきたかをすべて知ることができる
  • 【条件5】ゲームの中に偶然の要素が入っていない

これをみて、将棋を例にとって考えると、【条件1】はまあよい。【条件3】も【条件5】文句なしである。しかしまず、【条件2】はどうか。囲碁だと手数が進むと次第に盤面が埋まるので必ず有限手数でゲームが終わるが、将棋だと、相手陣地に攻めていかないで自陣の駒だけ動かしていると、無限手数の棋譜をつくることができる。ただ、千日手のルールに違反しないで無現手数の棋譜をつくることは可能だろうか。できそうな気もするが、証明は難しい。ちなみに、双方入玉になると、駒数判定ルーチンが働き、無理やり終局させられてしまう。

次に問題は【条件4】である。これは、指し手が今まで指してきたすべての棋譜の記録があり、それにアクセス可能である、という意味なのかもしれないが、必然的に記録された棋譜の数は有限であり、従ってカバーする局面の数も有限である。ということはツェルメロの定理に従い必勝手順の存在を判定しようとするとき、ほとんど必然的に未知の局面に出会うことになる。この未知の局面を、既存の棋譜を機械学習した評価関数で判定するならば、当然そこにはprobabilityが生じ、deterministicではなくなる。このような考察によりツェルメロの定理は実は、ある種の完全情報ゲームの必勝法不存在定理なのではないかと邪推するのだが、いかがだろうか。

単為生殖

user-pic
0

単為生殖とは、生物個体が単独で繁殖することであり、無性生殖(アナモルフ)とも呼ばれる。無性生殖の反対は、有性生殖(テレモルフ)と呼ばれる。

微生物では、無性生殖と有性生殖を繰り返すものがある。例えば、子嚢菌類や担子菌類では、無性生殖ではカビと認識され、有性生殖ではキノコと認識される形態をとる。

ところで、クラゲを例にとると、クラゲは刺胞動物門として雌雄異体であり、すなわちオスとメスがいる。そして繁殖期になるとオスは体内で精子をつくり、メスは卵子をつくる。オスとメスがそれぞれ精子と卵子を海中に放出することで、受精が行われる。

ところがクラゲは単為生殖も可能である。そのうちの一つの方法が出芽で、ポリプの時代に、芽を出して自分のコピーをつくる。このコピーを切り離すのが単体型ポリプで、切り離さないで新しいポリプと一緒に暮らすのが群体型ポリプである。鉢クラゲは、ポリプが移動するとき、元いた場所に体の一部を残し、それからコピーを発生させるという落し物方式を採る。

クラゲは出芽以外にも単為生殖の方法をもつ。それは分裂で、自ら体を切り裂いて2倍に増える。

ハシゴクラゲはさらに変わっていて、メスしかおらず、卵だけで卵割りして新世代の個体を産み出す。クラゲ一般で、単為発生する卵には、すぐに卵割りしてポリプになるタイプと、大型卵でシストとなって休眠してからポリプとして遊離するタイプがある。

このように、いわゆる下等動物では、無性生殖と有性生殖を併用するのは結構普通のようである。人間でも、もし無性生殖と有性生殖が併用できるなら、人口減に悩むことはなくなる。しかし、自分自身が部屋で単為生殖で二人になるというシーンは絶対イメージしたくない。どうみても悪夢である。

雑力

user-pic
0

私の一番の趣味は何かと聞かれたら、文句なく将棋と応えるが、ではそれに対してどれほど努力しているかというと甚だ心もとない。

例えば、アマ棋界でトップクラスと言われる清水上氏は、一日三時間の将棋の勉強を欠かさないというが、実際、アマトップ棋士はみんなそういう努力をしているのだろう。

一日三時間のコンスタントな努力というのは将棋に限らず、どんな対象であっても私には無理だが、それでも将棋が趣味というからには、一日30分程度ならなんとかなりそうなものである。実際、将棋の試合で悔しい負け方をしたときなど、一日1時間程度の努力を将棋に傾けることがある。

しかしそれも1週間程度である。1週間経つと私の悪い癖で、もう別のことに興味が移っている。まさに、非集中力の面目躍如である。興味の運動方程式を書き下すと、1つのことに対する集中が却って別のことに対する興味への散逸を促す。別にベルタランフィの理論ではないが。

こうして、いろいろなことは広く浅く知っているが、何一つ極めていないようなディレッタント人間ができあがる。当然かもしれないが、世間では、特定の分野の専門の深さがアイデンティティなので、私のような浅薄なディレッタントは、なかなか安住の地を見出せない。知的ジプシーと呼ぶと恰好つけすぎだろうか。

ただ、人間というものは懸命に自己正当化に努めるもののようで、雑力という概念を考え出した。すなわち、広く浅い知識を実用に転化する力である。

そこで灯台下暗し、はっと気づいたのは、担当している特許実務というのが実に、雑力が使える分野なのである。典型的には特許明細書の作成である。いろいろな技術分野のものが押し寄せてくるので、いちいちその分野の専門家なることはできない。それでもある一定以上の、少なくとも特許査定がとれる内容のものを書かなくてはならない。そこに私は自分のアイデンティティを見出した。

そこで世間を見渡すと、雑力が発揮できる分野はもちろん特許実務だけではない。典型的にはジャーナリストと呼ばれる職種だったり、会社でも総務部と呼ばれる部署だったりする。

しかし、いくら雑力を誇るといっても、私にジャーナリストが務まるだろうかと考えてみると、相当厳しそうである。そもそもが行動力や社交性を欠く。会社の総務部なら務まるだろうか。確かに管理職をしていたときは、ほとんど総務部的で雑用を一手に引き受けていた。

私の雑力の本当の意図は、哲学なのであった。すなわち、プラトンにしても、アリストテレスにしても当時の学問全般に関心があり、それを哲学に昇華させる力量があった。現代にあっては、プラトンやアリストテレスの時代よりも知識の量は指数関数的に増大している現状に鑑みると、広く浅い知識を哲学に昇華させるなど夢物語なのだが、それでも雑力を卑小な実務への貢献以上のものであってほしいと願う、ほとんど空想にも似た気持ちはぬぐえないのであった。

携帯の紛失

user-pic
0

私が携帯をもつようになったのはおそらく、2000年頃である。当時はドコモなどの携帯は通話料金が高かったので、私はプリペイド式のツーカーを使っていた。度数が減ると、プリペイド・カードを購入して番号を打ち込むことにより度数を貯める。ただ、プリペイド・カード式の携帯は匿名性が高く犯罪に使われるということで、今では販売されていないのではないか。そういう経緯はなんとなく元プリペイド携帯のユーザーであった私には苦笑ものである。

さて、携帯というのは落としたり置き忘れたりしやすいので、携帯を失くしたという話はよく聞く。一方で私は慎重なようでとても粗忽な面があり、13年も携帯のユーザーをやっていると、一度や二度携帯を失くしたことがありそうなものだが、意外に今まで一度もなかった。尤も、飲みに行ってテーブルの下に自分の携帯が落ちているのを発見し、急いで拾ったことは何度もあるので、ニアミスは結構あった。

ところがついにやってしまったのである、携帯の紛失を。それも飲み会のような、いかにもそれらしい場ではなく、バスの中である。

ある暑い日、所要でちょっと出かけた私は、駅前のスーパーで食料を買い込んだ。たまたま家人が出かけていたので、自分で自炊しようとした。それで買い込んだ食料がちょっと重いので、駅前からバスに乗った。バスは比較的空いていたが、優先席に座るのは気がとがめて、運転手のすぐ後ろの高い位置の座席に座った。

それでバスが着いて自宅に帰ったのだが、はっと気づくとポケットに入れていたはずの携帯がない。私は帰宅すると所定の場所に携帯を置く癖があるので、そこに無意識のうちに置いたかと確認したが、そこにもなかった。

自宅を隈なく探しても携帯がないことがわかると、どうも携帯を落としたらしいと結論づけざるをえなくなった。それでまず、携帯のサービスセンターに電話して、自分の携帯の通信機能を一時的に停止してもらった。その際弱ったのは、自分の携帯の4ケタの数字を忘れてしまっていたことである。一応、生年月日と住所を正しく伝えることで本人確認を了承してもらった。

そして思いめぐらすと、場所としては駅前のスーパーと、バスの中以外ありえなさそうだった。駅前のスーパーに電話して確認したら、そういう落し物は届けられていません、とあっさり返事があった。すると、携帯はバスの中で落としたに違いないと推察した。運転手のすぐ後ろの高い位置の座席は、膝を抱えるような窮屈な姿勢になるので、ポケットの中のものが落ちる可能性があると思った。

そこでバスのサービスセンターにも電話して、乗ったバスの時間、バス停、携帯の特徴などを伝えた。今のところそういう落し物の報告はありませんが、バスはまだ運行中ですので、もしそれらしいものを発見した連絡します、というので一応電話番号を伝えた。

携帯がないととても不安になり、バス会社から連絡を待つのだが、なかなか連絡はない。落ち着かない気持ちでテレビなどみて時間を過ごし、最初にバス会社に電話して3時間くらいたったとき、バス会社から電話があった。遺失物の携帯が上がってきたそうである。バス会社の担当者は、私に携帯の特徴を詳しく聞く。記憶をたどって説明していると、私の携帯であると納得してもらったので、バスのサービスセンターに車で取りにいくことにした。幸いにも自宅から車で20分程度の近い営業所だった。なんでもバス会社の車庫らしくて、何台もバスが停まっていた。

行ってみるとバスのサービスセンターは、男性も女性もグレーの制服を着ており、まるで警察署のようであった。私が免許証をみせると担当者は、あまり疑いもなく私に携帯を渡し、受領書に署名捺印するようにいう。そうして携帯を受け取ると、その足で携帯のサービスセンターに行った。そこでも携帯のパスワードを要求されたが、忘れているので、改めてパスワードを設定しなおすことにした。そうして案外あっさりと携帯は復旧した。

考えてみると、携帯を落としてこんな短時間で戻ってくるというのはまずありえないのではないだろうか。混んでないローカルバスで携帯を落としたというのが不幸中の幸いだった。これが新宿だの渋谷だので電車やバスで携帯を落としていたらおそらく、決して携帯は出てこなかったと思われる。

もしそうなっても、携帯のサービスパックによれば、7000円くらい払うことで同一機種の携帯をセットして送ってくれるらしいが、それではアドレス帳やメールの履歴など完全に真っ新なので、辛いところであった。そもそもサービスパックを利用するには、警察署に行って紛失届を出すのも要件に入っている。考えただけで気が重い。

ともかく、不幸からの速やかなリカバリーということで、こういうのは幸運ということになるのだろう。

考えの蓄積

user-pic
0

新聞囲碁の観戦記をみていたら、趙治勲対高尾紳路だった。それで例によって趙治勲は、たった68手なのにもう持ち時間の半分以上考えている。高尾はというと、その半分も考えていない。

趙治勲は若い頃確かに中盤あたりで早々に秒読みになってしまい、そのせいでときどきミスをして破れたりしていたが、この歳になってもその傾向が変わっていないとは知らなかった。

こういう傾向はどう考えても勝負として損だが、序盤で納得しないでこんこんと考える方針が、趙治勲をして今でも第一線で活躍せしめていると観戦記に書かれると、そうかもと思えるものはある。

囲碁の一流プロでも、張栩は、序盤から割り切って早打ちである。むしろ張栩は、後半に時間を残すと宣言して憚らない。それで駄目なはずがない。

それでも趙治勲のようなやり方が私は気になるのは、無駄かもしれないことを延々と考えることが明らかに何かの厚みになるのではないかという思いが断ち切れないからである。

将棋では、加藤一二三が、若い頃から延々と考える人だった。どうしてこんな局面で、というところが長考し、終盤は秒読みになる。その方針だと、大山や中原のような超一流棋士にはなかなか勝てない。しかし、加藤一二三は73歳にして今だ現役のC級1組である。若い頃の長考の蓄積なのだろうか。

なぜ私が趙治勲や加藤一二三に拘るかというと、私はいかにも非集中力の輩なのであって、それこそ15分も考えていたら飽きてしまう。しかしそれでは、思考の蓄積にならないのではないか、歳とってからの思考の頑張りの蓄積にならないのかとむしろ悩む。

そういえば、稀代の将棋名人、大山康晴は、晩年でも一線級の力を維持していたが、少なくとも晩年はあまり長考せず、勘で指していたらしい。それでも思考の蓄積で不足していたような気がしない。癌で倒れなげば、80歳までA級を続けたと思わせるものがある。

すると、序盤から延々と長考するという、趙治勲や加藤一二三の方針の意味が分からなくなってきた。結論は特にないがどうも、彼らは損得で長考しているのではないようである。ただ、そうする内的必然性があるだけなのだろう。その副産物として、何ほどかの思考の蓄積になり、それが晩年になって頭脳にポジティブな効果がある、ただ、頭脳にポジティブな効果をえるには長考以外の手段もいくつかあるのだろう。

専門職

user-pic
0

世間で専門職と呼ばれる職業がある。典型的には医師や弁護士である。その他の国家資格に関わる、税理士、弁理士、司法書士なども世間的に専門職である。ここでは、難しい試験を突破した結果、国家が専門性を証明することになっている。

国家資格でなくても、大学や企業の研究者は、例えば博士の学位をもっていたりして、これもまた間違いなく専門職である。

そういう資格に関与しなくても、企業の法務部員や経理部員などのように、高度の知識と長年の経験がないと満足いく仕事ができないとしたら、それもまた専門職である。

それでは、特許関係の事務職は専門職であるか。私はそうであると信じる。なぜなら、特許の事務関係のマネジャを10年以上務めたが、特許の方式一つをとっても、全く闇のように理解できなかったからである。例えば、特許法30条の申請書類ってどうやって作るんだっけ、とその都度大汗をかいて、方式集と首っ引きだった。少し傲慢な言い方をすれば、頭脳を使う仕事で私がその都度大汗をかいて調べなくてはならないような技能が専門職でないはずがない。ところが世間は必ずしもそうは見ない。特に特許実務に矜持をもつ人たちは、特許事務を軽くみる。決して専門職とは呼ばない。

で、世間で専門職と呼ばれることが公認みたいな仕事に就いている人をみていて、意外にいるのが、日常的に最早勉強しない人たちである。すなわち、過去の一定期間努力したことで得た知識なり資格と、あとは日常的なオン・ザ・ジョブ訓練だけをもって専門職を維持できていると自認する人たちをみて、おかしいんじゃないかい?と私は疑問を呈する。

なぜなら、過去に学んだ知識は確実に風化する。日常的なオン・ザ・ジョブ訓練は狭い範囲のスキルの維持にしかならない。すなわち、プロのメンテで述べたように、専門職を維持するには、基礎訓練/研究/実戦の三拍子が必要なのである。しかし、日常的なオン・ザ・ジョブ訓練だけでは、実戦しかやらないことになる。

私の趣味の将棋だって、ただ実戦だけでは棋力は錆びる。新しい戦法に確実についていけなくなる。そこで定跡書を買って読んだり、自分なりに未知の局面でどう指すか考えたりする時間をもたないと、あっという間に通用しなくなる。

それがもし、日常的なオン・ザ・ジョブ訓練だけで専門性が維持できているとしたら、それは確実に、たかが趣味である私の将棋以下ということになってしまう。そんな技能を私は専門職と呼ばない。

逆に、常に基礎訓練/研究/実戦で練磨してないと通用しなくなる、どのような技能も、私からみて専門職である。ほとんど特許方式を網羅し、日々それをアップデートするような第一線の特許事務の仕事は確実に専門職である。

このような私の専門職の定義はきっと、世間一般ではないだろう。なぜなら、若いうちに努力し地位や資格をえて、人生の後半は楽をしようといる人たちから決して受け入れられないからである。

それでせめて私は、自分の定義に従い、専門職を維持するように努力するだけである。その努力ができなくなったとき、潔く引退することにしよう。

数論の蛇足

user-pic
0

数論の問題に関連して、nr+1型(rは2以上の自然数)の素数についてもう少し拘って考察してみた。

まず、簡単な定理を述べておく。

  • 定理1:nr+1は、rが奇数のとき、約数である、すなわち奇素数にならない。
  • 定理2:nr+1は、rが奇数の素因数をもつとき、約数である、すなわち奇素数にならない。

証明は簡単である。まず定理1であるが、rが奇数のときn = -1を代入すると、nr+1は0になる。よって、nr+1 = (n+1)(nr-1-...)と因数分解される。証明終わり。

定理2は、定理1から簡単に導かれる。tを奇数の素因数として、r = tuとあらわされる。すると、nr+1=(nu)t+1。nuをnと見なせば、定理1に帰着される。証明終わり。

すると、定理2は次のように言い換えられる。nr+1が素数である必要条件は、r = 2kとあらわされることである、ただしkは1以上の自然数である。もちろんこれは必要条件にすぎず、十分条件であるはずがない。

そこで、r = 4の場合を、予めエラトステネスの篩で計算してある3から1000000までの78497個の素数について調べてみると、以下のとおりである。
24+1=17
44+1=257
64+1=1297
164+1=65537
204+1=160001
244+1=331777
284+1=614657
n4+1型の素数は、78497個中、7個。

また、r = 8の場合だと、以下のとおりである。
28+1=257
48+1=65537
n8+1型の素数は、78497個中、2個。

このように、rを増やしていくと、nr+1が素数になる度合が、それこそ指数関数的に減っていく。

そこで、次のような予想をたててみた。

  • 予想1:nr+1で且つ、r = 2k(kは2以上の自然数)とあらわされる数は、任意のrについて、nr+1が素数になるようなnが少なくとも1つ存在する。
  • 予想2:予想1で、任意のrについて、nr+1を素数にするnの個数は有限である。

局所優位

user-pic
0

「世界で活躍する脳科学者が教える! 世界で通用する人がいつもやっていること」中野信子著、アスコムというのを読んでみたが、アマゾンでの評価は結構高いにも拘わらず、私としてはあまりいい本とは思えなかった。

すなわち、世界に通用する人は、空気を読まないとか、何をやるよりも何をやらないか考えるなどというのであるが、それはたまたまある分野で周囲から卓越した人材として評価された結果として、周囲にわがままが通るというだけである。

例えば、唐突であるが、将棋連盟の谷川会長を例にとると、その地位にあっては、当然に空気を読まなくてはならないし、会長としてやるべきことを選んでいられない。その結果として現役棋士としての対局に響くとしても、それが役割に伴う義務というものである。

では、谷川氏が世界に通用する人材かというと、そういうニュアンスではない。谷川氏は将棋界にあって確かに超一流の人材であるが、世界を股にかけていない。では、世界の学界で有名な、例えば物理学のウイッテンなどみても、この本でいう世界で通用する人に該当するかもしれないが、それは単に対象とする数理物理分野が、比較的国境のない、世界中に研究者がいる分野であるからにすぎない。

また、中野信子氏はIQの高さを知性の尺度にしているけれども、ナイーブすぎないだろうか。それは記憶力とかパターン認識など、知性の要素的な能力の尺度であり、科学者に必要な想像力などをあらわす尺度ではない。

さらに、IQを知性の尺度だと認めるにしても、上位2%をもってエリートと認定するのは妥当なのだろうか。例えば、日本の将棋人口を仮に1000万人とすると、その上位2%というと、20万人もいる。すると、いくら私が弱小アマチュアだといっても、いくらなんでも将棋の棋力で、日本でベスト20万には入るはずである。それが大したレベルでないことは私がよくわかっている。

で、私がいいたいことは、別に世界で通用する人ことを目指さなくても、局所優位でいいということである。すなわち、自分は何が強みかということがわかったら、それが発揮できる、あまり大きくなくてよいドメインを特定し、その中で通用するように努力すればよい。卓越していなくても、通用すればよいのである。そのためには空気もよまなくてはならないし、嫌でもしなくてはならないことは沢山ある。

卓越していなくても、通用すればよいとしておくと、たまたま該当するドメインが世界のあちこちにカウンターパートをもつと、自然に世界で通用する、ということになってしまう。すると、世界に通用するということもあまり大層に考える必要はないということになる。違うだろうか。

ピック病

user-pic
0

お盆休み中に、松山市内のホテルで朝食のバイキングを食い逃げした愛媛大学の40歳の女性准教授のニュースがあり、ある程度の社会的地位のある人がなぜこんなことをするのか理解できないと思っていたら、J-CASTニュースによると、ピック病の疑いがあるという。

記事を引用すると以下のとおりである。

准教授は2013年8月16日朝、ホテルに入って朝食のバイキング会場で食事をとり、支払をしないまま立ち去るのを見つかって通報され、建造物侵入の疑いで逮捕された。所持金はなかったという。准教授は広島在住だが、ホテルに宿泊しておらず、朝食券を持たないまま朝食会場に入ったため従業員が注意して見守っていた。
准教授の社会的地位や年齢を考えれば、食い逃げや建造物侵入という行為はふつうにはあり得ないことだろう。そこでクローズアップされているのが、若年性認知症の「ピック病」だ。働き盛りの40~50代が発症のピークとされ、感情や思考などの精神作用を支配する前頭葉が委縮するため感情の抑制がなくなり犯罪や反社会的な行為を行ってしまうようになる。

なるほどと、うなってしまった。長年サラリーマンをやってきて、今まで真面目に働いてきたのに、突然精神的に壊れる人たちを多くみてきたからである。私は単に仕事のストレス、あるいは、本質的に仕事に対する適性を欠くのかと思っていたが、そのうちの一部はピック病だったのかもしれない。

健康長寿ネットというところでピック病について調べてみると、具体的な症状は、以下のとおりである。

進行に伴い自制力低下(粗暴、短絡、相手の話は聞かずに一方的にしゃべる)、感情鈍麻、異常行動(浪費、過食・異食、収集、窃盗、徘徊、他人の家に勝手にあがる)などがはっきりし、人格変化(無欲・無関心)、感情の荒廃が高度になります。
人を無視・馬鹿にした態度、診察に対して非協力・不真面目、ひねくれた態度など対人的態度の特異さも目立ちます。その他、意味もなく同じ内容の言葉を繰り返したり同じ行動を繰り返したりする滞続症状もみられます。 病識はありません。

明らかに、これに該当する社員が周囲に目につくはずである。前頭葉・側頭葉に目立つ局所性の脳萎縮が認められるというのだから、CTなどで検査すれば、物理的に病気を同定可能である。しかし、病識はないというのだから、自分から医者にかかることはないだろう。あくまでも仮定であるが、もし会社の管理職でピック病に罹った者がいたら、部門は確実に荒廃するだろう。しかし、管理職が職権で地位を守ったら病気の発見は遅れるだろう。想像するだに恐ろしい。

昨日突然新聞の号外が届けられた。ブエノスアイレスで開かれているIOC総会で、2020年の夏季オリンピックの開催都市が東京に選ばれた、というものである。日本国民としては悲願が達成され、快哉を叫ぶべきなのだろう。しかし私の気持ちは複雑である。

今から数年前、東京に対抗して、福岡が五輪開催地に名乗りを挙げたことがあった。大学時代をそこで送った地であることから贔屓の気持ちがある私は、是非とも福岡に立候補してほしかった。しかし、石原都知事の政治力もあって、結局国内予選で東京に敗れ去ってしまった。

福岡を推す気持ちは単に贔屓だけではない。東京はもう1964年に五輪を経験しているので、地方都市でいいのではないか、ということである。一種の公平の感情である。そういう意味では、「名古屋はええよやっとかめ」の歌にあるように、別に名古屋が立候補してもよかった。十分に五輪を開催するポテンシャルをもつだろう。

記事によると、今回のIOC総会で、開催都市の候補に残ったのは、東京と、トルコのイスタンブールと、スペインのマドリードだった。1回目の投票で東京とイスタンブールが残り、2回目の投票で東京が勝ち残った。記事によると、イスタンブールは、イスラム圏初の五輪を目指した、とある。これには私は驚いた。なんと、今まで一度もイスラム圏で五輪が開催されたことがないのである。

顧みると五輪は、ギリシャのアテネで開催されていたスポーツ競技大会を淵源とするので、すぐれてギリシャ・ローマ的、あるいは西欧文明的であるといってもよい。西欧文明に深くキリスト教文明が化体していることに鑑みると、イスラム圏で未だ五輪が開催されたことがないという事実を以て私は、五輪が文化多様性を阻害する壮大なる行事ではないかとみてとる。

東京五輪決定を受けて、既に開発され尽くした感のある東京において、屋上屋のような都市計画が立てられ、開発ラッシュが始まる。それにより、東京の下町の伝統がまた、静かに廃れる。ただ、不景気にあえぐ日本は、東京五輪決定を受けて、何ほどかの経済効果を享受するのだろう。それは確かに、関東圏に住む一人としてうれしいのであるが。

「思い過ごしも恋のうち」は、サザンオールスターズのアルバムの名前であるが、このフレーズを思い起こす度に私は苦笑してしまう。なぜなら、特段の理由がない限り周囲にいる人に親切というか、サポートする傾向がある私は、特に相手が魅力的な女性であると、当然かもしれないが一層熱心にサポートする。

そうすると、感謝してもらえて会話も弾んだりするので、つい好意をもってくれているのかと勘違いしてしまうのだが、それがその場の感謝以上のものであった経験がない。それはまさに、「思い過ごしも恋のうち」の典型なのだが、何度そんな経験をしても全く学習せず、その都度つい相手の好意を期待してしまう。

この「恋」というのはもう少し拡張した概念でも例示することができて、例えば、会社である事業所に勤務しているとき、そこがあった場所は比較的住宅街で、周囲にあまり大企業の事業所はないので、駅前のどの飲み屋にいっても大抵、同じ会社の社員がいた。それで、この町では飲みに行って会社の悪口は言えないよね、といいつつ私など平気で悪口を言っていたものだが、ともかく、「思い過ごしも恋のうち」傾向の私は、この街の繁栄は、われわれの事業所の社員でもっている、と平気で思ったのだった。

それで、われわれがいた事業所の社員がまるごと、遠隔に移転すると分かったとき、私はああこの街の繁華街も終わりだとまで思った。なぜならほとんどの飲み屋は、われわれでもっていると信じて疑わなかった。

遠隔の事業所に移転して約半年後、たまたま用事があって、元の事業所があった街を訪ねてみた。ああきっと飲み屋は潰れて、閑古鳥が鳴いているだろうと思いつつ。ところが閑古鳥どころか、街は予想に反して賑わっており、新しくカフェさえできているではないか。ううむ、と私はうなってしまった。ただ、時々通っていた馴染みの店に行ってみると、そこは弊社ご用達であったせいか、確かに窮乏しており、それでも細々と潰れないで経営を維持していた。

ただこれもやはり、「思い過ごしも恋のうち」なのかなと私はつぶやいたのだが、最早それでは恋とは何なのか、またどんな文脈でこのフレーズを口にしているのか、さっぱりわからなくなったのであった。

先日、将棋の棋友と話していて、次のような話を聞いた。すなわち、ある新手や新戦法を量産することで有名なプロ棋士が、高い学歴をもつ弟弟子に、お前は頭がよく記憶力もあるが、そのせいで既存の定跡をただ記憶し、思い出して指すことに頼っており、それでは大成など覚束ない、と甚だ本質的な厳しいアドバイスをしたのだという。

将棋のプロ棋界にある程度詳しい人なら、誰が誰に言ったのかほとんど自明であるが、それでも敢えて名前は出さないでおく。

そのアドバイスに私もただ苦笑せざるを得ないのは、実に私に、将棋のみならず人生全般でそういう傾向があるからである。すなわち私は、無類の読書好きなのはいいが、ただ本を読むという行為に延々と時間を費やし、ショーペンハウアーが「読書について」でいみじくも批判しているのように、本の知識で仮に考えいるふりをしてすっかり自分オリジナルの思考を忘れてしまっている。

そのような私の皮相的な知識主義の欠点が露呈してしまうのは、例えば、将棋においてである。大学時代に将棋部で指していた頃は、今よりも暇で、今よりも記憶力があり、そして今よりも開示され、あるいは量産される定跡の量が圧倒的に少なかった。

そこで私は、矢倉定跡の一隅を詳しく研究し、そこに導くと、県代表や学生名人クラスでも互角以上に戦える自信があった。といいつつ顧みると、その矢倉定跡の中に私のオリジナリティ、すなわち独自に考えたことはなく、要するに沢山知識を詰め込んだにすぎなかった。そしてこう来ればこう指すという、コンピュータでいえば、if then elseの命題を複数ため込んだに過ぎなかったのである。

そんな私は、サラリーマンになって少し忙しくなると、将棋の棋力が一気に瓦解した。すなわち、定跡の知識のインプットでなんとか勝っていたのに、そのインプットが途絶えると、未知の局面で考える力がないので、うろ覚えの賞味期限が切れた定跡の手を指し、ガタガタになってしまったのだった。例えば、日本酒で述べたような場合である。

ただ、私にも少しだけ意地があるので、単なるひ弱な定跡党でない面もあることを指摘されていただく。すなわち、私は将棋大会で、なぜか個人戦より団体戦で力を発揮するタイプで、団体戦で意に反して未知の手将棋の局面になることがあるが、そんな局面で定跡党の私は途方に暮れる。そうはいっても、団体の他の人の手前、ムザムザとそのまま押し切られるわけにはいかない。そこで私のオリジナル思考ルーチンのスイッチが入る。なけなしの頭のCPUのリソースを駆使して、なんとか局面をリードしようと懸命に手を考える。そうやって努力すると意外や意外、私でもときどき素晴らしいオリジナルの構想が浮かぶ。そして、ぶっちぎりで押し切ったりすることがある。私は下手したら銀一枚は違うかもしれないアマ・トップクラスの人たちに勝った棋譜が数局あるが、すべてオリジナル思考ルーチンを駆使したときだけである。

なんだこんな力も私にはあるのだとうれしくなるのもつかの間で、非集中力が頭をもたげる。要するに、オリジナル思考ルーチンを使うと急速に思考のリソースを使い果たして、消耗してしまうのである。

先日、社団戦に出場させてもらえるという幸運をえた。第1局では、不本意にも、まったく実戦例のない、一手損角換に導かれ、ほとんど定跡を知らないので、否応なくオリジナル思考ルーチンを発動させた。そして懸命のオリジナル手順で優勢になったのだが、実戦不足による中盤力の欠如から駒損して、相入玉の点数不足で負けてしまった。

第2局では、角交換の相懸模様になったので、裏ワザの右玉をやってみようと思ったら、早繰り銀をやられて一気に作戦負けになった。そこで右玉は止めて未知の手将棋にした。ここでもオリジナル思考ルーチンを発動させた。ずっと不利だったが、相手の見落としでなんとか勝つことができた。

そして第3局、オリジナル思考ルーチンを使いすぎたので、ウルトラマンのカラータイマーが点滅した。ゴキナカの菅井流をしてきたので、うろおぼえの対応をすると、果たして必敗になってしまった。あ~あ、またやっちゃたという定跡のまずい適用である。

で、この記事の結論は特にないのであるが、オリジナル思考ルーチンの少ないリソースを一体どうするのだという仕方のない嘆きなのであった。

心理学などで、催眠術など、他人に暗示をかける方法があると言われているが、何も催眠術のような技を使わなくても、マインド・コントロールはどんな人間でももっている潜在能力であると思われる。

例えば恋愛がある。異性に惹かれると人間は、信じられないような愚かなことも平気でする。三和銀行の伊藤素子の例を挙げるまでもないだろう。

もう少し詳しく述べると、どんな人間にも、他人をマインド・コントロールするプラスの触手と、他人からマインド・コントロールされるマイナスの触手がある。

日頃どうしても目につくのは、プラスの触手の方である。例えば、会社内で、私からみておそろしく仕事ができないのに、なぜか高い地位に上ってしまえる人たちがいる。人事的な権限をもつキーパーソンを巧みにマインド・コントロールしてしまえるのである。

その能力のなさにより、仕事上で信じられない失敗をするが、依然としてマインド・コントロールを駆使して、キーパーソンの目を晦まし続けるので、決して失敗が咎められることはない。これが超能力でなくて何だろうか。

マインド・コントロールは当然に部下にも及び、多数の部下の心をつかむことに成功する。

このようなマインド・コントロールの名手として、アドルフ・ヒットラーの右に出る者は多くないだろう。しかし、圧倒的人気を誇ったヒットラーにも不満分子はいて、それが証拠に何度もヒットラー案作計画が実行され、その都度、ヒットラーは超絶的な運と危機予知能力で暗殺から逃れた。こういう事例があるので私は、マインド・コントロールを、超能力の一部と見なしたくなるのである。

マイナスの触手の方も巷間で見かける。それはいつも詐欺にあったり、お金をだまし取られたり、犯罪に巻き込まれたりなどのように、他人の思惑に振り回され続ける人たちである。

他人のマインド・コントロールを防ぐ方法は2つあって、1つはより強いマインド・コントロール力を発揮することである。もう一つは、マインド・コントロールの触手を、プラス/マイナスとも引っ込めてしまうことである。すなわち、世捨て人を志向する。

基本的にマインド・コントロール力が乏しいので、私は後者の方法をとることにしている。すると、少なくとも付和雷同でなくなって、少数意見をもち続けることができる。ただ、それでは組織で孤立することがある。冷遇もされる。自己がしっかりしていないと辛くなることがある。そこはなんとか、独楽力で乗り越えなくては、といつも自分を励ましている。要諦は、封印したマインド・コントロール力を自分に適用することなのだろうか。

相性の理論相性相性などで相性について論じてきたが、結局、相性とはパラダイム共有なのではなないかと思いつき、その当たり前のような理論を簡単に論じてみる。

パラダイム共有とは、書き下してみると、以下のとおり自明である。

  1. 共通の趣味をもつ。例えば、私であれば、将棋が趣味という人とは大抵、共通の話題が沢山あって、会話が盛り上がる。
  2. 同じ趣味というなら分かるが、似た趣味でもパラダイム共有することができる。それは例えば、囲碁と将棋である。一方の人の趣味が囲碁で、他方の人の趣味が将棋だと、それほど多くの共通の話題はないかもしれないが、それでもなんとなく分かり合えることは多い。
  3. もう少し抽象度を上げて、芸事というカテゴリにしても意外に分かり合える。例えば、将棋が趣味の私が、お茶や華道、踊りなどの芸事、あるいは剣道などの武道を習っている人と、その修行過程について話しても意外に分かり合えたりする。ただ、あくまでも抽象度の高いパラダイム共有なので、気をつけないと話題を見失う。
  4. 別の側面で、心霊感という意味で共通する人とは、かなり分かりあえる。例えば、シルバーバーチ心霊感を是認する人がいたら、文句なしで私はわかりあえる。ただ、この世に極めて少数である。この少数性が重要で、単にキリスト教や仏教に篤いというだけではちょっとパラダイム共有としては弱い。
  5. また、同じような災厄に遭った人同士は、パラダイム共有として結束が強い。例えば、社内人事で冷遇された者同士などである。
  6. パラダイム共有としては少し弱いかもしれないが、単に内向的性格同士というだけでも分かり合える面がある。例えば、最近亡くなられた藤圭子と、前川清が以前に結婚したとき、これは内向性により惹きあったと周囲はみたかもしれない。それが短期間で破たんしたのは別の理由があるに違いない。

パラダイム共有が相性につながる、という意味で、共有する部分が大きいほどよい、というものでもない。あまりに似ていると却って反発することがある。では少し違うといいかというと、少しの違いが、イスラム教のシーア派とスンニ派のような増幅する憎悪をもたらすこともある。このあたりの愛憎の力学はかなり微妙であり、難しい。

また、パラダイムというものは時間とともに変化する。経験したこと、出会った災難、あるいは心に内在する本質的な移ろいやすさなど様々な要因があって、一度達成されたパラダイム共有が続くという保証はない。

そういえば、最近亡くなられた藤圭子であるが、何度も結婚と離婚を繰り返し、最後は、20歳以上年下の男性と同棲していた。そういう性格は、パラダイムの移ろいやすさだけで説明できるとは思えない。寧ろ、強すぎる独占欲なのだろうか。おっと、パラダイム共有と話題がそれたが、極めて唐突ながら、私にとって過去の一ファンに過ぎないのに藤圭子に気になってしまう私は、藤圭子に微妙な性格的なパラダイム共有を感じているのかもしれない。

読売新聞の記事に触発されて、「クラゲの不思議」jfish著、技術技術評論社を読んでみたところ、「プランクトン」の定義があったので、メモしてみる。

普通プランクトンというと、水に浮かぶ微小生物というのが一般的なイメージだが、本来の定義は、「遊泳能力がないか、あっても弱いため、水の流れに逆らえず、水中で浮遊生活を送る生物のこと」である。すなわち、水中での遊泳能力の程度がプランクトンの定義であり、体のサイズは関係ない。

実はクラゲは、その定義により、プランクトンに該当する。たとえ体調が40メートルもあるクダクラゲであっても、である。

そして、プランクトンとは逆に、水中で流れに逆らって移動できる、例えばマグロのような生物は、ネクトンと呼ばれる。一体何語が起源なのだろう。

プランクトンとネクトンを総称して、ペラゴス(漂泳生物)と呼ぶ。要するに水中に漂うか移動して暮らす。

ペラゴスに対比的な呼称がベントスで、水底で付着、あるいは匍匐生活を送る生物であり、サンゴ、カニ、海藻、貝、ゴカイなどが該当する。なんとなく自分のサラリーマン生活を彷彿としてしまった。

ほとんどのクラゲは、サンゴやイソギンチャクと同じ刺胞動物に属する。刺胞動物は基本的に、プラヌラ幼生と呼ばれる漂浮時代と、ポリプと呼ばれる水底に付着する時代を経る。前者はプランクトンであり、後者はベントスである。

ところがクラゲはポリプからプランクトンに変化し、サンゴやイソギンチャクは、ポリプのまま暮らす。なんとなく、大学に行って、一方は卒業してサラリーマンになり、他方は大学に残って教授になるようなものか。

クラゲのより詳細な分類は別稿とする。

蓬莱

user-pic
0

今野敏は、今年に入って一体何冊読んだだろう。どう考えても20冊は下らないはずである。ここまでくると、今野敏の作品を読むことは、読書の醗酵状態というか、いわゆるアルファ読み的悦楽となる。旧友状態ともいえる。

ここしばらく、今野敏のST科学特捜班シリーズである、青、黄、赤、黒、緑の調査ファイルの至芸を堪能してから、以前に買っておいた今野敏の「蓬莱」講談社文庫を読み始めた。

すると、あるゲームソフト・メーカの社長が、突然暴力団の組員に暴力により恫喝されるシーンからストーリーが始まった。そこで関与しているゲームの名前は、「蓬莱」、一時一世を風靡した、シムシティーというソフトの日本版である。

ある意味、単なるゲームソフトである、蓬莱の発売に対して、ゲームソフト・メーカの社長は、暴力団だけでなく、銀行筋、製造メーカ、警察などを通じて、様々な妨害を受け、ある意味青息吐息となる。その裏に巨大な政治権力を感じるようになる。

そんな中で唐突に登場するのが、神南署の安積警部補とその部下たちである。この本はもともと、ベイエリア・シリーズでもなければ、神南署シリーズでもないので、この登場には意外な場所で友人に出会ったような意表を衝かれることとなった。

安積警部補たちは、突き放すようでいて、次第にゲームソフト・メーカの社長とその部下たちをサポートし始める。そうしていくうちに、なぜ巨大な政治権力が蓬莱に着目するのか思索を進めるうちに、中国の伝奇世界と日本史の交点が浮かびあがる。

ここで私が軽く、ワォと声を上げるのは、このように伝奇を織り込んだ手法は、猿丸幻視行にあるように、決して斬新とはいえないが、それを、典型的な今日的アイテムであるゲームソフトに結びつけたところに、今野敏的冴えを見出したからである。

この作品の犯罪動機づけのところでちょっと無理がなくもないが、大沢在昌が、ゴルフの前夜に読み始めて、明日のプレーがあるので寝ようとしてとうとう寝られなかったと絶賛したそうだが、私もやはりこの作品でつい夜更かししてしまった。今野敏の新しい側面を見つけた次第である。

玉砕

user-pic
0

玉砕というと私が思い起こすのは、硫黄島であるが、「玉砕島テニアン」石上正夫著、徳間書店によると、マスコミ報道における「玉砕」の嚆矢は、1943年5月31日の朝日新聞記事である。そこには、「アッツ島に皇軍の神髄を発揮」、「山崎部隊長ら全将兵 壮絶・夜襲を敢行玉砕 敵二万・損害六千下らず」とあった。

以下、「玉砕島テニアン」に従い、サイパンとテニアンの玉砕についてみてみる。

1944年6月9日、マーシャル諸島の基地を発進した機動部隊を含む米軍進攻部隊は、途中マリアナ諸島および小笠原諸島に猛烈な砲爆撃を実施したあと、6月11日朝7時40分、大挙してサイパン島に上陸した。

サイパン島は、軍部の絶対国防圏の一翼を担う軍事的な要地で、東條英機は、「敵がサイパンに上陸したら思うツボだ」と豪語していた。根拠もなく、帝国陸軍の不敗を掲げていたのである。

戦陣訓は、一兵になろうとも敵と戦うため獅子奮迅することを要求した。この気風は、民間人も全力で戦闘に協力することを要請した。それが民間人を含めた、ほぼ全滅につながった。

サイパン島への敵上陸の情報を受け、大本営は、サイパン島奪回Y号作戦を敢行した。すなわち、6月19日に第一次攻撃隊が出発したが、待機していた米機動部隊によってほとんどの戦闘機が撃ち落された。また、旗艦「大鳳」と「翔鶴」も敵の魚雷に沈められた。空母「飛鷹」は撃沈され、空母「隼鷹」、「瑞鶴」、「竜鳳」、「千代田」も被爆損傷。

この被害により元帥会議は、サイパン島奪回作戦を中止し、結局サイパンの守備隊は見捨てられたのであった。

米軍は16万7000名の兵をもってサイパン島を攻撃した。迎え撃つ日本軍は、4万3000人、わずか1/4の兵力しかないだけでなく、武器や弾薬も不足しがちであった。

サイパンはもともと、南洋興発株式会社がおかれ、民間人も2万人と多かった。それが、戦争が逼迫してくると、飛行場整備などに徴用された。

米軍は6月11日からサイパン島に6万発の砲弾を撃ち込み、これにより兵隊だけでなく多くの民間人が死亡した。実際、日本軍は完全に殲滅されたと思われた。しかし、無血上陸を果たした米軍に対して、潜んでいた日本軍は一斉に集中砲火を浴びせた。

しかし結局多勢に無勢、日本軍と民間人たちは追い詰められていった。タッポーチョ山に逃げ込むのだが、婦女子は進退窮まって身投げ自殺する者が多く出た。日本軍の兵隊に射殺してくれと懇願する民間人もいた。

7月8日にバンザイ突撃が行われると、日本軍の組織的戦闘は完全に不可能になった。ただ、タッポーチョ山に籠り、終戦までゲリラ戦をした一部の日本軍がいたらしい。

こうしてサイパンを制圧すると、米軍は今度は7月23日、テニアン島上陸作戦を敢行した。テニアン島の守備隊もよく戦ったが、なにしろ寡兵であって、圧倒的な兵力の差の前になすすべもなく、8月3日、組織的戦闘が不可能になった。日本軍の戦死約5000人、民間人の戦没者約3500人、テニアン島のジャングルには、1万2000人の民間人と、満足な装備ももたない4000人の兵士が取り残された。

一方で、テニアン島からアギガン島へ脱出を試みた人たちもいた。11人の海軍兵士たちである。厳密には脱走罪で軍法会議で死刑だが、背に腹はかえられない。

必死の思いでアギガン島に上陸すると、当然にそこの守備隊に警戒されたが、次第に打ち解けてきた。アギガン島は小さい島なので米軍の目こぼしがあり、ほとんど空襲も砲撃を受けなかった。そしてアギガン島では安全裡に終戦を迎えられた。運命の岐路だった。

クラゲ

user-pic
0

子供のとき、あまり友人もいない私は、一人で図鑑を眺めるのが一番の楽しみだったが、ではどんな図鑑かというと、それは少ない家計の中で親に無理を言って買ってもらった、昆虫図鑑、植物図鑑、岩石と鉱物の図鑑、そして魚類の図鑑だった。

しかし実は一番わくわくしたのは、保育社の「海岸動物の図鑑」である。そこにはタツノオトシゴ、ウミウシ、藤壺など、様々な海岸小動物が掲載されていて、離島に住んでいた私は、ちょっと足を延ばすと海岸だったので、そこに掲載されている小動物たちのいくつかを確認するのも容易だった。それはなんともいえない愉悦だった。ただ、一番妖艶なウミウシの現物をとうとう確認できなかったのは残念だった。

ただあいにく、保育社の「海岸動物の図鑑」は、親にねだって買ってもらうには高すぎたので、小学校の図書館で眺めるしかなかった。級友たちが運動場で遊んでいる間に一人だけ図書館で図鑑を眺めるというのはいかにも隠微な楽しみだった。

読売新聞の科学欄で、海洋研究開発機構の技術研究副主幹、ドゥーグル・リンズィー氏のクラゲに関する記事を読んだとき、ふとそんな昔が甦った。以下、私なりにこの記事をまとめてみる。

すなわち、潜水船で海の中を潜ると、見えてくる生物はクラゲばかりなのだという。クラゲの仲間は9000種類以上知られているが、まだ調べ尽くされていない。1回潜る度にクラゲの新種が必ず1、2種みつかるほどである。

リンズィー氏は、地球をクラゲの惑星と思えるほどだというが、それはいくらなんでも言い過ぎではないだろうか。

クラゲは非常にシンプルに見えるが、シンプルだからこそ深海に対する適応力があり、生活スタイルを進化させている。例えば、クラゲの食糧であるプランクトンは深海では発光するものが多い。すると、そういうプラクントンを捕食すると、クラゲは体内が光って天敵から発見されやすくなる。そこで、クラゲは胃袋の色を濃くして、体内の発光性プランクトンの光が外に漏れないようにしている。

また、魚などの天敵に襲われると、クラゲは触手を切り離す。魚が触手を食べている隙に逃げる。

水深200メートルから1000メートルでは、岩など体を安定させる場所が見つかりにくいので、ヤドリクラゲは他のクラゲに子供をくっつけて育てる。まるで赤ちゃんポストである。アカチョウチンクラゲの幼生は、海中を漂う小さな巻貝の殻に付いて育つ。

さらに、クダクラゲの仲間は、最も長いものだと40メートルにもなる。これはシロナガスクジラの倍近くにもなるので、クラゲこそが最長の地球生物だというのだが、そういうもんだろうかと思ってしまうのだった。

陰の季節

user-pic
0

横山秀夫の「動機」を読んだついでに、その前作で、松本清張賞を受賞したという「陰の季節」文春文庫を読んでみた。

すると、「動機」が、警察組織における管理部門である警備部を中心としたストーリーだったの対して、「陰の季節」は、警察の人事を担当する警務課をフィーチャーしたストーリーである。

「陰の季節」は、「陰の季節」、「地の声」、「黒い線」、「鞄」の4つの短編からなる。

「陰の季節」は、刑事部長から警察の外郭団体に天下りした人が、慣例に従い三年で退職することを拒んだことから騒動が起きた話である。すなわち、警察組織の巨大な配置図は、それぞれがプランに従い人事異動するという当たり前の想定で動いているが、一応、外郭団体は指揮系統の外にある。しかし、OBも含め警察一家であるという概念によれば、警察は辞めても辞めておらず、歯車の一部として与えられた役割を演じなくてはならない。外郭団体から規定の年数を超えて居残ることを決断する元刑事部長の意図に、警務課の二渡警視は敢然と挑む。それは、刑事の犯人追及とはまた異なる、重苦しいドラマである。

「地の声」は、生活安全課長が管轄のパブのママとできているというタレコミを扱う警備課の担当員の新堂のストーリーである。新堂は、最初はガセネタに違いないので無視しようと思っていたのだが、どうしても気になる。それで調べていくと、段々核心に近づきつつあるのを感じ、あと一歩というところで、とても悲哀に満ちたどんでん返しに遭う。

「黒い線」は、ある模範的若手婦人警官の突然の失踪を描く。果たして誘拐されたか、あるいは男ができて駆け落ちしたか、まさかと思いつつ、婦警担当係長、七尾友子の追跡が続く。そのうちに、厳然たる男社会である警察における婦人警官の微妙な立場が浮き彫りになる。

「鞄」は、県議会で、警察に対して爆弾発言すると公言する県会議員に、県警側が大童でその発言内容を探ろうとするストーリーである。その探索を任された担当の柘植警部は、まさに捜査の手法を駆使して迫っていくのだが、当該県会議員に翻弄されるばかりなのであった。

私は長年サラリーマンをやってきたので、普通の会社組織内の人事話やスキャンダルには共感することができる。しかし、警察組織となるとあまりにも民間会社と違いすぎて、感情移入できないと思っていたところ、横山秀夫の筆力は、一見なじみのないトピックを絶妙に仕上げ、読ませるのだった。

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。