2013年10月アーカイブ

逃亡者

user-pic
0

最近すっかりミステリーというか推理小説を読むことが生活の一部になったが、ちょっと毛色を変えて、たまたまアマゾンでみつけた「逃亡者」折原一著、文春文庫を読んでみる気になった。

この本は、松山ホステス殺害事件の福田和子をモデルとしているらしいが、その福田和子の事件をあまり知らないので、イメージとしてはピンとこない。それでもWikiなどで前提知識は得ることはできるが、あまり予断をしない方がいいので、敢えて事前には松山ホステス殺害事件は調べなかった。

さて、「逃亡者」の主人公は友竹智恵子。私生児として生まれ、やはり福田和子と同様に不幸な生い立ちを背負う。紆余曲折を経て祖母との二人暮らしとなる。しかし友竹智恵子は勉強が好きで成績もよかった。そのため奨学金もえて、進学校に進むことができた。国立大学にも進学できるほどの成績だったが、祖母が倒れてから人生の歯車が狂い始めた。

祖母が亡くなってから母に引き取られ東京に出てきて、転向した新しい高校に通い始めるが、あるきっかけから学校を退学してしまい、どんどん人生は暗転していった。こうしていろいろな仕事を転々とするうちにある実業家と結婚できたのはよかったのだが、その夫はとんだDV男で大変苦労した。保険の外交セールスをするうちに、知り合ったある婦人との話し合いの奇縁でうっかり殺人を犯してしまう。そうして警察に逮捕され取り調べを受け自白するのだが、千載一遇のチャンス?を利用して智恵子は逃亡を図り、成功させた。監視していた担当刑事は地団駄を踏んで悔しがるのだが、鉄道を使って逃げたので杳としてその行方は掴めない。

そこから友竹智恵子の逃避行が始まる。北陸、東北、大阪、中国地方。もともと頭がよく真面目な性格で、必ずしも美人とはいえなくても男好きのする雰囲気の智恵子は、行った先々でホステスとして信頼され人気を得る。真面目に結婚したいと申し出る男もあらわれる。しかし、ワイドショーなどでときどき友竹智恵子の特集が組まれると、なんとなく素性が周囲から疑われた。そこで智恵子は危険を感じて夜逃げする。そういう繰り返しでいつも危機一髪逃げおおせた。智恵子に好意を寄せる男が逃亡を手伝ってくれたこともあった。

こういう一連のストーリーを読んで、私も切なくなって智恵子に感情移入している自分を見出した。逃げろ、時効まで逃げおおすんだと。

智恵子は途中の整形外科で顔を整形した。それが失敗でひどい顔になったが、そのことで一層素性がわかりにくくなった。

読んでいる途中で気持ちの切なさが嵩じて、つい何度も本を閉じた。そして気分転換に別の本を読み始めたりした。それで一気に読めばせいぜい2日で読めるはずのこの本の読了に、1ヶ月もかかってしまった。

しかしこのストーリーは単なる逃避行ではない。折原一の仕掛けた一流のプロットが最後に織り込まれていたのだった。よって、「逃亡者」は、松山ホステス殺害事件の主題による絶妙の変奏曲なのであった。

竜王戦第1局は、渡辺の反撃を森内が絶妙の受けでかわして、勝利をものにした。渡辺にいつもの終盤の切れがないように感じたが、しかし冷静にみるとかなりぎりぎりの勝負だった。

それでは竜王戦第2局はどうか。そろそろ渡辺の本来の強さが見られるのではないか、と期待しつつネット観戦してみた。

第2局は渡辺の先手。またしても矢倉だった。両者得意の戦型であり、避ける理由がないといったところか。策戦家の森内が採った後手番の戦法はなんと、第1局と同じ、後手番53銀右型急戦である。

そして△73角に▲46角、△64銀、▲75歩と進む手順は、渡辺対羽生の竜王戦でも出てきた順である。

流石の研究家森内は、38手目、△33桂の行方新手で応じる。比較的後手が勝っている例が多い。

43手目、渡辺は76金と出る形にした。堅い玉が好きなのに珍しい。しかしこの金はこのあと、受けにも攻めにも全く利くことがなかった。

封じ手の渡辺の51手目、18飛は検討陣の意表を衝いた。しかしいい手なのだろうか。少なくとも誰も褒めていないようである。その後後手が66に角が出て77歩と受けさせ、45桂と跳ねると、これは森内の作戦勝ちではないか。なによりも渡辺の歩越しの金と銀があまり受けに効いていない。

61手目の▲14歩に対して同歩と同飛の2通りの対応があるが、渡辺は同飛をうっかりしたのだという。こんな手をうっかりするとはやはり依然として不調なのではないか。

それでも渡辺は65手目、▲12歩と攻め、△同香、▲13歩、△同香、▲35角、△22玉と力強く森内は受ける。ここで何か先手にありそうだが、渡辺は▲13角成、△同玉に▲14香、△22玉、そこで渡辺は▲36香に期待したが、△34歩、▲同香、△33銀と受けて、なんとか受けているようだ。

86手目、森内が△18飛と打ったのが攻防手だった。ここで▲17飛などで局面を複雑化する手はあるものの、渡辺は▲13歩成と指し、以下△同飛成となった。どうも渡辺の淡白さが目に付く。

そして▲65歩と銀を追う手に対して無視して森内は△69銀とかけた。どうもここでは大勢は決しているらしい。すると少しずつ森内が終始優勢だったか。このあと▲64歩、△78銀成、▲同玉、△18龍となったとき、渡辺が66でなく84に角を打ったのが意外だったが、ともかくここでは大勢は決していた。

結果的に第1局よりも渡辺の終盤の淡泊さが目に付いた。ここからでもなんとかするのだろうと思わせるのが、竜王戦における渡辺ブランドなのである。

今から1年3ヵ月以上前に、高エネルギー・ニュートリノと題して、新聞記事を引用した記事を書いたとき、はれほれさんから、以下のようなコメントを戴いた。

>大気中などで発生する高エネルギーのニュートリノより10倍以上高いエネルギーのニュートリノ
この場合の「高エネルギー」というのは何を指すのでしょうか?電磁波なら高振動数、ニュートリノの場合は高運動エネルギー?つまり速度が大きい?でも相対論との関係は?もともと光速に近い速度でニュートリノは飛んでるんじゃなかったかな?うーん、わからんことだらけだ。(笑)

この疑問に対する回答を得ようと、グーグル検索を駆使してみたが、とうとう回答が見つからなかった。ニュートリノ振動というのがあるので、電磁波とのアナロジでその振動数が多いほどニュートリノのエネルギが大きいのかとも考えてみたが、その根拠はどうしても見つからない。

それで一旦諦めて放置することにした。そうしているうちに、「ニュートリノでわかる宇宙・素粒子の謎」鈴木厚人著、集英社新書が発行されたことを知り、買って読むことにした。鈴木厚人氏はノーベル賞候補でもリストされており、斯界の権威である。果たしてこの本は、研究の臨場感溢れる好著なのだった。

鈴木氏は、「カミオカンデ」、「スーパーカミオカンデ」、「カムランド」の三代すべてに関わっているので、この本に記述されている三代記から述べてみる。

ニュートリノは極めて測定しにくい粒子なので、検出器をできるだけ大きくし、しかも雑音を避けるために地下深く設置される。すなわち、深く設置することで大半の粒子は途中の岩盤で遮られ、反応しにくいニュートリノが届く。

ところが、カミオカンデとスーパーカミオカンデは媒質として水を使い、カムランドは油を使っているので、それらから出る放射線もノイズとして考慮しなくてはならない。

カミオカンデはもともと、大統一理論で予測される陽子崩壊を観測することを目指していた。しかし、陽子崩壊は全く観測されず、大統一理論はそのままでは正しくないらしいということになった。

陽子崩壊の検出という目標がなくなって、カミオカンデは、ニュートリノの検出に矛先を変えた。しかし、そのニュートリノは大気ニュートリノではなく、太陽ニュートリノである。しかし、バックグラウンド・ノイズに悩まされた。その主要な原因が水に含まれるラドンだった。そこでラドンを濾過するフィルタを用意した。こうして、高エネルギー・ニュートリノでも述べた、超新星爆発によるニュートリノを検出することができた。このことは、ニュートリノ天文学の新しい扉を開けるものだった。何しろ、宇宙全体でニュートリノは、クォークの1010倍の数があると推定される。

次に問題となったのは、太陽ニュートリノの欠損である。これは太陽から届くニュートリノが明らかに理論値より低すぎるというものである。これは最初、太陽の活動が弱っているということかと懸念されたが、そういう事実は観測されず、寧ろ、ニュートリノそのものの性質ではということになった。その鍵は、ニュートリノに電子ニュートリノ、ミューニュートリノ、タウニュートリノの3種類がある、ということに関与する。

そこで問題となるのはニュートリノ振動で、すなわち、飛行中にニュートリノが別のニュートリノに変身する。それは、異なる質量をもつニュートリノの状態の混合という意味で、ニュートリノの質量の存在を想定する。しかし、標準理論ではニュートリノには質量がないということになっている。

このような問題に取り組むために、カミオカンデをバージョンアップした、スーパーカミオカンデが建造された。そこで分かったのは、ミューニュートリノがタウニュートリノに変わることでタウニュートリノが観測されなくなり、よって観測上、ニュートリノが欠損したように見えるということである。これはニュートリノ振動を実験的に裏付けるものだった。

しかし太陽ニュートリノの問題はまだ決着がついておらず、それは三世代目のカムランドに持ち越された。カムランドは原子力発電所から出るニュートリノを観測する、というものである。また、カムランドではバックグラウンドを減らすために、純水でなく油を使うようにした。カムランドの意図はバックグラウンドを減らして比較的低いエネルギーのニュートリノを測定するものであった。

ここで、ニュートリノのエネルギーについて私なりに考えた答えを書いてみる。すなわち、超新星爆発のような短時間で大きなエネルギーが放出される核反応から出されるニュートリノのエネルギーは大きく、原子炉など比較的ゆっくりの核反応から出されるニュートリノのエネルギーは小さいということになる。ただ、いくらニュートリノが粒子と反応しにくいといっても、長い距離を飛んでいるうちに途中で粒子と反応して次第にエネルギーを失うことになる。平均自由行程が10光年だといっても、である。

カムランドがある神岡は、平均175キロメートル遠方に多くの原子力発電所があるので、そこから毎秒100万個以上のニュートリノが様々な方向から飛来する。それはニュートリノの測定に極めて有利である。このような利点を活かして、カムランドでは観測された反ニュートリノの数が理論的な数の6割しかないことが判明した。これは太陽ニュートリノ問題のLMA解と一致し、これによって太陽ニュートリノ問題がきちんと実験的に説明できるようになった。

また、カムランドは、ニュートリノ振動のパターンを世界で初めて検出し、これによって反ニュートリノがニュートリノ振動を起こすことも分かった。これは、反ニュートリノにも質量があることを裏付ける。

さらに、地球内部では原子核反応が起きており、それによって地熱が生じているとされる。すると地球内部からニュートリノが発生するが、地球内部からのニュートリノは原子炉からのニュートリノよりもエネルギーが低いので、観測が難しい。しかし、カムランドなら地球内部からのニュートリノを測定可能である。これによってニュートリノ地球物理学への扉を開いたのだった。

大学時代、将棋部に所属していて、そこにはなぜか数学科の人が多く、何かと付き合うことになった。そこで聞いた話としては、宮野悟氏のような卓越した人はともかくとして、平均的な数学科の学生にとって、ガロア理論や、それを応用した、5次以上の代数方程式が、一般的には代数的には解けないということの証明などを理解することが1つの目標で、しかもそれはなかなか困難だということだった。

そのときは、へぇ、と思っただけだったが、その後も気になって、「数Ⅲ方式 ガロアの理論」矢ヶ部巌著、現代数学社を買ったりしたのだが、例によって積読のままだった。

ところが、勤務が遠距離になった昨年の5月をきっかけに、今までも何度も言及した「類体論へ至る道」足立恒雄著、日本評論社を電車で読み始め、それから1年半近くたって、日々読み進めていたのではないにしても、約210ページまで読み進め、やっとガロア理論のところまで達したので、ちゃんと理解しているわけではないが、以下自分なりにメモしてみる。

ガロア理論の前提となるのは、拡大体である。例えば、有理数体Qに、√2を付加して拡大体Q(√2)を作ることができる。K=Q、L=Q(√2)としたとき、L/Kと書く。

L/Kの同型写像の集合において、L/Kの共役体がすべてLに一致するとき、LはK上ガロア拡大と呼ぶ。そのとき、L/Kの自己同型写像の全体をG(L/K)と書き、これはガロア群とも呼ばれる。

すると、ガロアの基本定理は、次のように記述される:
L/Kをガロア拡大、G=G(L/K)とし、Gの部分群Hに対して、その固定体LHを対応させる写像は、Gの部分群全体のなす集合とL/Kの中間体全体のなす集合の間の全単射を与える。

この定理の意味するところはおぼろげながら見えるものの、数学的意味というか有難味がさっぱり分からない。

次に、有理数体に基本対称式を付加した体に対して、有理数体にn個の変数x1,x2,・・・,xnを付加した体がガロア拡大であり、そのガロア群がn次の対称群Snであることが示される。

次に、n次の一般代数方程式F(X)の係数をa1,a2,・・・,anとして、有理数体Qにa1,a2,・・・,anを付加した体K上のF(X)=0の最小分解体Lを考える。このようにして用意された最小分解体Lは、有理数体にn個の変数x1,x2,・・・,xnを付加した体との間で同型写像が存在することが示され、以て、n次の一般代数方程式のガロア群がn次の対称群Snであることが示される。

次に、次の定理が示される。すなわち、体K上の既約方程式f(X)=0が代数的に可解、すなわち解が四則演算と冪乗であらわされるためには、f(X)の最小分解体のガロア群が可解群であることが必要十分である。

これは言い換えると、一般代数方程式の次数がnであるとき、そのガロア群はn次対称群Snになるが、対称群Snは、n≧5のとき群論の定理によれば単純群になって可解ではない。よって、5次以上の一般代数方程式は代数的に解けない、という有名な命題が示されたことになる。

以上、理解しているわけではないが、見取り図として書いてみた次第である。登山でいえば、山を眺めて登攀ルートを地図上で確認しただけである。

IT関係者にはWindows XPが来年4月でサポート切れであることが周知であるが、読売新聞によると、サポート終了後も、全国966の自治体で、20万台以上のパソコンがXPのままで使われ続けるという。

その理由は次のとおりである。

  1. パソコンのリース契約が残っており、中途解約すると清算金が発生する。
  2. 介護保険などのシステムがXP対応のため、パソコンのOSを更新できない。
  3. 技術に詳しい担当者がいない。
  4. 予算管理担当者に予算要求したが、必要性が低いと拒否された。
  5. 新しいOSが使いこなせない。

パソコンのリース契約が残っているというのは確かに重い。リース業者が置き換え費用や移行費用を無料にしてくれるはずもなく、これは避けがたいのではないだろうか。

また、当然に既存のアプリケーションの互換性の問題がある。例えば、私はXPの時代に、Borland C++ BuilderのVer.3を使用してきたが、Windows 7はBorland C++ BuilderのVer.3の導入を許さない。このあたりの事情は、子プロセスWindows 7の壁に書いたとおりである。最近も、自分のWindows 7のパソコンにEmbacadero C++ Builder XE4を導入したが、これはBorland C++ BuilderのVer.3の後継のコンパイラであるにも関わらず、おそろしく互換性が低く、そのままではエラーなしにコンパイルすることがほとんど不可能である。このため、Borland C++ BuilderのVer.6を導入した自分の旧いXPマシンをキープしているが、これがいつまでもつか不安である。それが壊れると、私の古いプログラムたちは全くメンテできなくなる。おそろしい。

また、ITに詳しくない予算管理担当者にしてみれば、まだ使えるのになぜWindows 7なり8なりに移行しなくてはならないか理解できないだろう。IT担当者と予算管理担当者の両方を経験した私は、このあたりの両方の気持ちが分かる。

ただ、使い勝手の問題は、XPのユーザであれば、ある程度訓練すればWindows 7なり8を使いこなすようになるのにそんなに努力は要さないだろう。どちらもWindowsなのである。

で、結局は互換性の壁とセキュリティである。互換性の壁はユーザとしてどうしようもないのでXPでしか動かない必須アプリがあるなら石にかじりついてもXPを使い続けることになるが、セキュリティはどうなんだろう。素朴な疑問であるが、XPは10年以上に亘って使い続けられ、その間にSP2、SP3そして山のようなセキュリティ・パッチが当てられ、相当「枯れた」のではないだろうか。枯れたというのは、コンピュータ用語では安定したという意味で、肯定的に使われる。

すると2013年4月以降セキュリティ・パッチがマイクロソフトによって提供されなくなっても、ウィルス・チェック・ソフトの方でアップデートすることでなんとかセキュリティのガードを固められないだろうか。

ここで、同じ穴の貉理論に言及する。すなわち、ソフトウェアメーカは、マイクロソフトであれ、ウィルス・チェック・ソフト・メーカであれ、XPを後継OSに移行してほしい強いインセンティブをもつ。その方が明らかにソフトが売れるのである。要するに同じ穴の貉なのであって、XPのまま使い続けるとセキュリティ・ホールで酷いことなりますよと口裏を合わせることになる。

おっとそんな不用意な発言をして私はそれでも元シスタンなのだろうか。ただ、お金儲けがからむと平気で口裏を合わせるというのは世のあまりにもありふれた慣行であるので、私はどうしても眉に唾をつけるのである。そもそも、ソフトウェア・ベンダーはそろいもそろって、なぜ嫌がらせのように前OS対応版との互換性を剥奪するのだろうか。

ええ加減にせんかいといいたいところだが、ソフトウェア・ベンダーも仙人ならぬ身、霞を食べていきていくわけにはいかないのだった。

掏摸

user-pic
0

例によって本屋をうろついていたら、「LAタイムズ文学賞最終候補作」という帯の「掏摸」という本が目に付いた。作家は中村文則とあって、少なくとも私は読んだことがないし知らない。

比較的短い小説なので、万が一そんなに面白くなくても読み通せるだろうと買って、読み始めた。すると、まさに文字通り、掏摸をする男の話なのだった。

どうも主人公は天才掏摸師のようで、街を歩いていてお金をもっていそうな人を本能的に嗅ぎ付け、まるで手品師ぶりの絶妙の指技で百発百中、掏摸を成功させる。本当かよ捕まらないのかよと思ってしまうのだが。

しかし、ストーリーは単に掏摸に終始せず、寧ろ、序章にすぎなかったことが分かる。すなわち、知り合いの掏摸師とのしがらみである犯罪グループが計画する犯罪に加担し、抜けられなくなる。

それを計画したグループは相当な計画力をもつ反社会グループのようだが、全く正体不明である。主人公はふと、スーパーで万引きする母子と知り合い、何かと深い関係に陥っていく。

深いといえば、反社会グループは、主人公を徹底的に監視し、その掏摸のスキルを利用しようとする。

それはまさに、旧約聖書の神がユダヤ民族を翻弄するかのような運命の操り方で、その救いのなさは、馳星周の「不夜城」にも匹敵するが、底に流れる不条理は、カミュにも通じているかもしれない。

で、読後感は、これはこれでイヤミスなのかも、と思った次第である。旧約聖書的香料の匂いは、西欧人には受けるかもしれず、それで「LAタイムズ文学賞最終候補作」なのかもしれないが、平均的日本人にはどうなんだろう。ともかく私はそれなりに面白く読んだ次第である。

里見二段

user-pic
0

棋戦ニュースをみてちょっとびっくりしたのは、里見女流王将が、香川愛生女流二段に1勝2敗で敗れ、女流王将のタイトルを奪取されたからである。

香川愛生といえば、以前はおかっぱ頭で眼鏡をかけ、いかにも真面目な高校生風だがあか抜けないので、なんだかな、と思っていたことがある。ところが、東京から関西に出てきて立命館大学に入学すると、髪を少し伸ばして眼鏡も外し、俄然容姿で光ってきた。見方によっては、相当主観であるが、女流将棋棋士の中でもトップクラスの美貌ではないかと感じたりする。

で、これまた偏見であるが、「色男金と力はなかりけり」の女性版で、美人の将棋はいまいち、と私はつい思ってしまう。

さて一方の里見香奈はというと、容姿はともかくとして(個人的には好きなタイプの一つだと思う)、関西将棋連盟の奨励会に属し、女流初の奨励会二段になって話題になった。そして二段昇段後の成績もなんと8勝2敗。三段への昇段の条件は12勝4敗なので、あと4勝2敗でよく、これは今の里見にとってけっしてチャレンジングな目標ではない。そんな里見に香川愛生はまず勝てないのではないかと考えても私は特に非常識とは言われないのではないか。

しかしである、前に何かの番組でみたのだが、香川愛生は立命館大学に通うだけでなく、全国の大学でもトップレベルの立命館大学将棋部にも所属し、そこの学生たちと腕を磨いているのだという。

そして、立命館大学将棋部の象徴的存在というと、中川慧梧。16歳でアマチュア王将位大会で史上最年少優勝するなど、才能を喧伝されているが、先日、銀河戦の伊藤能六段と中川慧梧の将棋をみていて愕然とした。というのは、伊藤六段の先番で26歩から相懸に導いたのだが、これを淡々と受けてたった中川慧梧は、自然な指し回しで作戦勝ちになり、伊藤六段の反撃をいなして完勝してしまった。どちらがプロかとつい思ってしまうほどである。

こんな中川慧梧がいる立命館大学将棋部で、香川愛生は、虎の穴のように厳しく鍛えられているに違いないと思ってしまった。それなら里見香奈に勝ったとしても不思議ではない、ということになる。ううん、おそるべし、立命館大学将棋部。

そういえば里見は、女流王位戦でも甲斐智美にタイトルを奪取されてしまった。プロ三段を狙おうという里見が簡単に勝てない女流棋士のレベルってどんだけ~、と時代遅れのギャグを引っ張り出してしまう次第なのだった。

急にであるが、前から買っておいて積読になっていた「潜入ルポ ヤクザの修羅場」鈴木智彦著、文春新書を読む気になった。微かなヤクザへの興味が疼いたのだろうか。

それにしても、著者の鈴木智彦氏は変わっている。よく分からない理由で大学を除籍になると、広告カメラマンを経て入ったのが、ヤクザ雑誌の「実話時代」だった。たまたまというより、明らかにヤクザに対する興味があったようである。

そこからのプロ意識がすごい。ヤクザの入居率が7割という歌舞伎町のマンションに敢えて部屋を借り、日常的にヤクザと付き合うようになる。そんなところにいるとヤクザとの抗争もしょっちゅうで煩わしいだけでなく場合によって命の危険もあるはずだが、鈴木氏は寧ろ、ヤクザに関する情報が集まると喜ぶ。根っからのヤクザ記者なのであった。

マスコミを敬遠し、あるいは警戒していたヤクザも、鈴木氏が足繁く組事務所に通うことによって次第に打ち解けていく。しかし、鈴木氏はヤクザの組員になるわけではないので、打ち解けるといっても自ずと限界がある。しかも、記事の内容によっては必要以上にヤクザの恨みを買い、殺すぞと脅される。

しかし、いちいち脅しに屈していては記事など書けない。そうはいっても書ける限度があるので、しばらく付き合ううちに鈴木氏は加減を見極めるようになる。ヤクザの神経をなんとか逆なでしない範囲で意味のある記事にするのである。

そうはいっても、ヤクザ相手だけだと新鮮味がなくなる。そこで鈴木氏は、元愚連隊の伝説のヒーローである、加納貢氏と付き合うようになる。しかし、昔は羽振りのよかった加納氏も今や無一文になり、鈴木氏はどっぶりと加納氏と付き合う度に費用が持ち出しになる。それでも記事を書く足しになればと頑張り、加納氏の死の直前まで付き合う羽目になった。

鈴木氏はさらに版図を広げた。大阪の西成地区に住んで取材するようになった。そこでは売春、博打、麻薬の売人など、それこそぎりぎりの付き合いになり、怖い思いをする。しかし、鈴木氏は決して根を上げず、寧ろ上質の情報が手に入ったと喜ぶ。

このように生まれついてのヤクザ記者である鈴木氏はヤクザを、国家に必然的に生じる闇を担う必要な汚れ役であると定義して、愛情を注ぐ。それは私もある意味同感なのだが、行動派ではない私は単に、概念的に同意するだけである。

あえて左翼的言い方をするなら、暴力装置としての国家という概念はどうしてもぬぐえず、すると国家と組織的暴力集団との関係も国家論として本質的に研究に値するのではあるまいか。

要領

user-pic
0

世の中には要領のいい人と、要領の悪い人がいる、という命題に反対する人はいないだろう。そして、どうみても私は後者に属する。というのは、先日の雨が降る日、ちょっと手続きがあって、ある役所に出かけた。入口にロック式の傘立てがあって、傘をそこに施錠して役所内に行こうと思うのだが、どうしてもどうやって施錠するのかやり方が分からない。10分くらい格闘してやっと施錠方法が分かったが、こんなの普通、70歳の老人でも迷わないのではないか。いつものこととはいえ、自分でも情けなくなる。

また別のとき、会社の同僚と高校時代の勉強の話題になって、同僚は高校のとき授業で出された練習問題のレベルで解けない問題なんてなかったよね、と私に同意を求めた。確かにその同僚は世間的にみて明らかに秀才に属するが、なぜか私も同レベルの秀才だと勘違いしているようだった。でも、自分は全くそうではなかったと否定するのも話の腰を折るようで、「えっ、いや・・」と言葉を濁すよりなかった。

実際のところ、高校時代、教科書レベルの数学や物理の練習問題でも、きちんと解けた記憶はあまりない。いつも計算ミスしたり勘違いしたりしていた。今更言うのもなんだが、それは勉強方法の要領が悪かったのだと思う。教科書を読んで、どこが要点なのかなかなか見抜くことができなかった。それで、演習問題があっても、ここの解き方はええとどうだったっけ、といつも戸惑っていた。

考えてみると、私の勉強方法は、単に参考書を買ってきて、最初の方から練習問題を解きつつ進んでいくのだが、いつも途中で挫折し、本に線を引く習慣もないので、私の参考書はいつも真っ新できれいだった。

比較的当時得意だった英語も単に、真面目に辞書を引くだけが勉強法だった。試験に出る英単語のような有名な本も買ってみたが、肌に合わず、ほとんど使わなかった。要するに勉強の要領が悪いのである。ある意味頭が悪いといっても間違いではない。

勉強の要領の悪さは私にとって本質的で、結局、社会人になっても、資格らしい資格をとっていない。いくら私が社会常識がないといっても、資格があった方が有利というか、少なくとも邪魔にならないくらい分かる。が、そのための勉強が嫌というか、やろとうしても自分の勉強の要領の悪さにもろにヒットして、異様なストレスになってしまうのである。

ただ、要領の悪い私にもなんとか取り柄があって、それは、短期的にはせっかちであるのに、ロングレンジでは意外に辛抱強い面があり、本当に好きなことなら何年も続けられるということがある。それで、英語は何十年もTIMEという雑誌を購読し続けているし、英会話のテープというかCDも何年も毎日1時間ずつ聞いた。そういうちりも積もれば式の努力ができるなら受験勉強にも応用できそうなものだが、そうではないのが自分でもわからない。ともかくそのちりも積もれば式の勉強で、TOEIC専用の勉強は一切しないで、なんとか会社から要求される点数をとった。でもやはり要領が悪いと言わざるをえない。なぜなら、半年くらい英会話学校に通ってTOEIC用の講習を受ければ、私の点数くらい簡単に凌駕するはずだからである。

そんな要領の悪い私がなんとか東京で切磋琢磨して生き残れたのは、意外にも仕事における要領の良さのせいである。すなわち、資格勉強はおろかロック式の傘立てにも戸惑う私なのに、会社の仕事となると、ある程度慣れると俄然、合理的な仕事のやり方を自分で考え始める。そして、やってみて駄目なら別の方法を考え出して、数年間たつと、暴走族の改造車のように、ぎりぎりにチューンされたやり方で、仕事を処理するようになったりする。

それは、変なコンピュータのツールを駆使したりするので人によっては邪道とみる向きもあるが、その要領のよさでなんとかここまでやってこれた次第である。日常生活と学校の勉強における要領の悪さの補償というか双対として、仕事の要領のよさがあるというのは自分でもよく分からない。一体それはインチキなのかと自問しつつ、もうこの歳までやってこれたので、いいのかもしれない。

最後に下手な自己分析をしてみよう。私が資格勉強が苦手なのは、個々のポイントで要求される水準に応えられないからである。すなわち、律義にポイントを抑えて進むのが得意でない。しかし、仕事となると、沢山のいい加減さの集合体として勝負できる。言い換えると、沢山のいい加減さを掻き集めた大数の法則というか柔構造で与えられた課題を包み込んで処理してしまえる。アメーバといっていい。これはもちろん、京セラのアメーバ経営とは何の関係もない。一体何がいいたいか分からなくなってきた。

異常心理

user-pic
0

心は病気に書いたように、私はどんな人間も、ある程度精神を病んでいると思う。精神科にかかっているかどうか、あまり関係ない。それは程度問題にすぎない。

そういう観点で、「あなたの中の異常心理」岡田尊司著、幻冬舎新書を読んで、なるほどと思ったので、私なりにまとめてみる。

まず最初は、「本当は怖い完璧主義」である。これは私も分かる。とても杜撰な性格なようでいて、私には極度の生真面目さがあり、自分で疲れてしまう。それは自己分析すると、田舎から出てきて東京で、私よりもはるかに秀才の多くの人達に出会い、なんとか私なりに対抗しなくてはという空しい努力というか心構えなのかもしれない。

しかし、この本に挙げられている三島由紀夫は、はるかにその上のレベルをいく。まず約束事や時間などを守ることに極端に厳密であった。少しでも相手が遅れるとさっさと帰ってしまう。少しでも約束と違うと取りつく島もなく契約を破棄してしまう。

岡田氏は、完璧主義の裏に、幼児的反復傾向があると指摘する。殺害された東電OLは、おそるべき律義さで夜な夜な売春した。これもまた完璧主義の一面である。

完璧主義の原因はなんなのだろうか。ある種のコンプレックスの裏返しなのだろうか。あるいは過剰な成功体験なのだろうか。満たされぬ愛情の補償なのだろうか。

次は、「あなたに潜む悪の快感」。実際、どんなに善良にみえる人にも、万引き、虐待、いじめなど、悪への誘いはやってくる。やってこなくても、心自体に悪のジェネレータをもつ。他人が不幸になることはみていて心地よい。場合により少しだけ手を下して、他人を貶めたくなる。そんな欲望がどんな人間にもある。しかし普段は理性で抑えている。理性が崩れるのは例えば、ストレスが過剰になるときである。あるいは不幸な幼児体験に基づいたりする。そしてたまたましでかした悪事が異様な快感だったりする。そこに嵌まり込むと、快楽行動の回路ができあがってしまう。抜け出すのは容易ではない。

次は、「敵を作り出す心のメカニズム」。苛められたり迫害されたりすることが続くと、人はその原因を周囲のせいにする。そしてひがみ根性に染まってしまう。ここらあたり、会社生活でもいろいろと苛めにあったきた(と自分で思い込んでいる)私はあまり他人事でなくて苦笑である。ただ、漱石であれ、ユンクであれ、そういうひがみ根性というか被害妄想をうまく昇華させて知的生産活動を行った。

次は、「正反対の気持ちがあなたを翻弄する」。人間は、思っていても逆のことをつい言ってしまう、という面もあるが、好きと嫌いの両方の気持ちを抱くことができるのも人間で、一方を抑えつけると、他方が反逆する。以下、「あなたの中のもうひとりのあなた」、「人形しか愛せない」、「罪悪感と自己否定の奈落」と続くが、これらの主要な原因が、幼児の時代の愛情の欠乏だったり、偏りだったりする。そういう愛情の偏りを補償するために人間は知的活動を続けるが、一方で精神的な偏りの重みに耐えかねて、ニーチェのように崩壊してしまう人もいる。

一体どうすればいいのだと問うのだが、回答などあるはずがないのであった。

English Journalの11月号を眺めていたら、"オバマは、自ら開いた「パンドラの箱」を閉じられるか"という、越智道雄氏の記事があった。えっ、なんだろうと思いつつ読んでみたので、以下、私なりに要約する。

それは2012年2月26日夜のことである。フロリダ州サンドファドで、保険査定業者のジョージ・ズィマーマン(当時28歳)が、ボランティアで地元監視中、丸腰の黒人少年トレイヴォン・マーチン(当時17歳)を射殺した。

ズィマーマンの父親はドイツ系、母親はペルー系だが黒人の血も混じる。ただ、ズィマーマンの外観はラティーノそのものであり、住民登録もラティーノだった。

トレイヴォンは、父親のガールフレンドの家を訪問中で、勝手がわからず迷っているところを、ズィマーマンに怪しい奴と目をつけられた。そして尾行して接触するうちに争いになり、丸腰のトレイヴォンをズィマーマンが射殺した。

いかに被害者が黒人だったといっても、丸腰の人を射殺したとあっては世論が厳しくなり、検察官はズィマーマンを第2級殺人で告発した。

これに反応したのが、オバマ大統領だった。オバマは、「私に息子がいれば、トレイヴォンに似ていただろう。」と発言し、恒例のように白人がそれに反発した。例えば、ギングリッチ元連邦下院議員は、「では、撃たれたのが白人だったら、大統領に似てないのでOKだとでもいうのかね。」とからんだ。

空気が激変し、加害者側は大急ぎで弁護用費用をかき集めた。すなわち、オバマが大統領であることで白人たちは却って、もう黒人に遠慮は無用という態度を示したのであった。これがまさに、オバマがパンドラの箱を開けたということだった。

ズィマーマンの裁判は2013年6月22日にようやく始まり、7月13日にズィマーマンは無罪放免された。要するに趣旨は、トレイヴォンが馬乗りになって殴りつけてきたので、正当防衛として銃で撃った、ということである。ズィマーマン側の主張が全面的にうけいれられた。

勿論これに対して黒人側は黙っていない。全米有色人種地位向上協会は、特定の人種、民族、宗教などの属性の個人や団体への憎悪が引き金になる犯罪に対処する、ヘイト・クライムによる告発を断固要請した。しかし、法律家たちは、人種の差別が引き金となった事件でないと認定した。

判決後、全米に憤懣が渦巻き、オバマ大統領は、白人側からの一層の反発を避けるため、トレイヴォンの死を「アメリカの悲劇」と呼ぶに留めた。

しかし、オバマの気持ちがそれで済んだわけではない。オバマは7月19日、「トレイヴォンは35年前の私だったかもしれない。」と問題を再燃させた。

このようにオバマがトレイヴォンに与する発言をしていることで、黒人の気持ちがある程度収まっているせいか、判決に対して暴動は起きていない。

法律専門家でもあるオバマは、トレイヴォンが白人で武装していたら正当化されていだろうかと問うことで、判決に疑問を呈した。

ともかく、オバマは、自分の世代に比べて人種問題は改善しつつあり、われわれの性質の内なる、より優れた天使を目覚めさせるために、あらゆる努力を傾注すべきだと言った。大統領ともなると、ルサンチマンから否定的なことばかりも言っていられないというところだろうか。

渡辺の不調の続きで、竜王戦第1局を観戦してみた。とりあえずニコ生の実況中継にログインしてみたら何回入っても、混雑しているとかで押し戻されてしまう。おかしい、電王戦の三浦八段対GPS将棋では押し戻されなかったのにと怪訝になりながら、仕方がないので竜王戦サイトの棋譜中継をみることにした。

さて、竜王戦第1局は振り駒で森内の先手となった。相矢倉の出だしから、後手の渡辺は53銀右の戦型を採った。羽生との竜王戦で、三連敗から四連勝で防衛した第7局の戦型で渡辺にはゲンがいい。

ところが、森内は57銀右から総矢倉風にがっちり構え、前例にない形となった。渡辺はこの形の常道である、55歩、同歩、同角から73に角を引き、53の銀は結局、44に収まることになった。

渡辺が84角から73桂、65歩の攻めの形を作ろうとすると、森内は86歩から逆襲し、銀2枚で玉頭から反撃していった。自玉の玉頭が手薄になるので怖い指し方である。ましてや相手はなうての強腕の攻め、渡辺である。

それにしても71手目の森内の74銀はちょっとやり過ぎではないだろうか。ともかくこの日の森内は、恐れず強い受けの手を出して敢えて渡辺の攻めを呼び込んだ。それは駒得だからこれでいいのだという、鉄板流の深い読みに基づくものだった。

飛車取りに49角と打たれたのに対して無視して84歩と敵の打ちたいところに打ったのが森内流の白眉だった。それでも、検討陣からみても森内の方が危ないような変化はいろいろあったのだが、結局駒損がそのまま響いて渡辺はあえなく投了した。いつもの終盤の妖しさが感じられなかった。具体的にどこがどうと私の棋力では指摘できないが、依然として渡辺はモードチェンジしておらず、不調が続いているとみる。

リーマンといえば、典型的にはリーマン予想の業績で知られているように、19世紀最大の数学者であるといってよい。ところで、志村五郎氏の鳥のようにを再読していたら、「勝事は空しく自ら知る」と題した随筆に、リーマンの妻のエピソードが紹介されていたので、簡単に書いてみる。

すなわち、リーマン没後何年かたって、ある若い数学者がゲッチンゲンを訪ねて、しばらく滞在していた。その街で知り合った老婦人が「自分の亡き夫も数学者だったから、あなたもことによるとその名前を知っているかもしれない」というので聞いてみると、なんとリーマンだという。それで若き数学者は、リーマンがいかに偉大な数学者だったかを説くと、夫のことを「おおベルンハルト、あなたって本当に勉強家だったのねぇ」と感激したという。

これをどう解釈するかであるが、1つの解釈は、いかに一緒に暮らしていても、あるレベルの数学的な資質がないと、夫の業績は理解できず、ただ真面目な勤勉家としてしか夫のことを思い出すしかないということである。ただ、夫婦というのはキュリー夫妻でもあるまいし、共同研究者ではないので、それで何がいけないかということになる。

それを将棋に例えると、羽生の奥さんは、将棋における圧倒的な名声により、夫が偉大な棋士であると感じているだろうけど、羽生が将棋に対して感じていることは、多分、一アマチュア将棋指しの私の何分の一も理解できないだろう。それでよいのであり、いや、そんなことはどうだっていいのだ、というのがともに生活する、ということだろう。

逆の例もあって、アインシュタインの最初の妻ミレーバは、数学者であったので、アインシュタインの研究のことも理解できたが、そのことで却って数式などでアインシュタインの研究に注文をつけ、結局不仲になり後に離婚した。こういうことがあると、下手に夫の仕事を理解できないほうが夫婦は円満ということもありえると思われる。

私はというと、若い頃は、エミー・ネーターのような天才数学者のような妻(尤も、エミー・ネーターは美人から遠かった)がいたら素晴らしいと思ったことがあるが、アインシュタインの例を知って、それでは私の駄目さが一瞬で見破られると分かった。それで東京に出てきてからは特に、私よりも秀才の女性が沢山いることを知り怯えていたが、そもそも、秀才云々よりも女性と知り合いにさえなれないので杞憂といえばそれほど杞憂もないのであった。

戻って、「勝事は空しく自ら知る」とは、勝事、すなわち何かの業績があっても、それは所詮自分だけのことで、夫婦だろうと友人だろうと分からないということのようである。ここで「空しく」というのは、~のみ、みたいな意味で特に、儚いとか、空虚を意味しないそうである。

井山六冠

user-pic
0

囲碁の井山棋聖がすごい記録を打ち建てた。以下、朝日新聞の記事を引用する。

第38期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)の第5局は17日、甲府市の常磐ホテルで2日目が打ち継がれ、午後8時3分、挑戦者の井山裕太棋聖(24)=本因坊、天元、王座、碁聖をあわせ五冠=が山下敬吾名人(35)に258手までで黒番4目半勝ちし、名人位を奪取した。名人位獲得は3期ぶり3回目。

井山は棋聖、本因坊をあわせ三大タイトルを独占。趙治勲二十五世本因坊(57)=初の達成は26歳=以来、史上2人目の「大三冠」となった。また史上最年少の24歳4カ月で「名人本因坊」=8人目=となった。およそ半年ぶりに六冠にも復帰。残るは十段だけとなった。これで七大タイトルの全てを関西の棋士が独占したことになる。

これをみてううん、と惜しまれるのは、今年4月に、結城聡の挑戦を受けて、十段位の防衛に失敗したことである。十段位をもしキープしておけば、将棋の羽生に匹敵する、七冠の全タイトル独占であった。もちろんそんな記録を打ち建てた囲碁棋士はいない。

ところで、連勝記録で述べたように、勝までの手間がかかるほど連勝、あるいはタイトル独占が難しいという法則がある。その法則によると、囲碁の方が将棋よりも手数がかかるので、タイトル独占が難しいということになる。それで今まで囲碁棋士では、六冠はおろか五冠独占もいなかったのではないか。井山がいかに凄いか、ということになる。

私の囲碁の棋力程度では到底、棋譜をみても井山の強さをきちんと理解できないが、それでも、テレビ対局などで井山の対局をみていると、私には他の囲碁棋士との違いを感じる。それは、いい意味でとても石が軋んでいて、解説のプロ棋士がみてもええっという局面でどんどん踏み込んでいく。それで無理にみえるのだが、深い読みで手にしてしまう。

果たして羽生も七冠時代そうだったのだろうか。私の記憶では、羽生は七冠時代でさえ、敢えて踏み込まないで相手に手を渡すような指し手が多かったような気がする。

それはもしかして、囲碁と将棋のゲームの違いによるのかもしれない。すなわち、将棋では囲碁よりも一手の価値が大きく、よって余程確信がないと踏み込む手順をとることができない。それで寧ろ、囲碁の方が戦いの棋風が自己主張しやすいのではないか。

そのような囲碁の特質を自分なりに感じてみて、急に何十年ぶりに囲碁を打ってみたくなり、自宅の近くの碁会所に行ってみた。といっても自分はせいぜいアマ一級だと認識しているので、三段くらいの人とで四子で打ってもらった。ただ打ち方は井山の真似ではないが、切れるところはどんどん切って戦いに可能なかぎりもっていった。すると置石を利してあちこちの石が死に、大差になった。四子の手合いではないということで三子にしても同様に圧勝してしまう。それで相手は気分を悪くして帰ってしまった。

次に、ちょっと無理かと思ったが、周囲の勧めで四段という人と二子で打ったら、なんと二連勝してしまった。ところがそこから読みが雑になって、二連敗してしまった。それでも、元気のいい碁だからあんたと打つと面白いね、といってもらえた。

別の機会には六段という人と四子で打ってみたが、これは読みの浅さを衝かれて、私の大石が頓死してしまい、あえなく投了となった。このように私の碁はまだ経験が浅くてあまりに粗削りなのだけれども、なんとなく井山の影響を受けて、甘いけど、なんとか二段に達したかな、と自己満足している次第である。

渡辺の不調

user-pic
0

去年は勝率8割を誇り、絶対の最強者であると喧伝された渡辺であるが、最近明らかに調子がおかしい。羽生の言い方では不調なんて風邪をひいたようなものなので、自然に治るのかもしれないが、それにしても、である。

その典型がNHK杯での広瀬との相穴熊戦である。広瀬の研究範囲とはいえ、全く粘りを欠いて、ほとんど例をみない完敗だった。

それがたまたまだったとしたら、将棋日本シリーズの羽生との準決勝はどうだろう。矢倉の銀損定跡になり、これはもともと先手をもった羽生側が勝ちにくいとされている戦型なのに、全くいいところなく後手の渡辺が押し切られた。

そして羽生とのA級順位戦。渡辺は後手番で横歩取りを採用したが、これもまったくいいところなく羽生の前に土俵を割った。

もちろん勝負だからこのように連敗することは誰でもあるが、なにしろ内容が悪すぎる。なので、近々始まる森内との竜王戦はかなり防衛が難しいのではないかというのが常識的判断だろう。

しかし、と一方で思い出すこともある。それは2007年、渡辺がエキシビション・マッチとしてコンピュータのボナンザと対戦した年である。当時のボナンザは今のボナンザよりもしかして香一本半くらい弱かったかもしれないが、それでも渡辺は簡単には勝てないと肌で感じ、ボナンザ・シフトとでも呼ぶべき、コンピュータ向けトレーニングを積み重ねた。それでも実戦ではぎりぎりの勝負になり、ボナンザ側の緩手でなんとか渡辺が勝った。

しかしそのあとが渡辺はいけなかった。将棋をコンピュータ向けに訓練したため、肝心の人間向けがおかしくなり、確かB級1組で5連敗し、A級昇級どころかB級2組への降級を心配しなくてはいけなくなった。

そしてその年の竜王戦の挑戦者は、渡辺にとって苦手の佐藤康光だった。これは流石に防衛は難しいだろうと誰でも思った。しかし、周囲の予想を裏切って見事防衛を果し、今の永世竜王資格者の地位がある。

さて、今日から竜王戦、第一局。このような経緯があると、どんなに不調でもきっと竜王戦で立ち直るだろうという妙な信頼感が渡辺にある。ここまでの特定棋戦での信頼感というのは流石に羽生にもなく、これは一体何だろうとつい考え込んでしまうのであった。ともかく、渡辺のモード・チェンジあるいはトランスフォーメーションとして、竜王戦の帰趨を見極めるとしよう。

低燃費娯楽

user-pic
0

8月に亡くなった藤圭子であるが、周知のように、ジョン・F・ケネディ空港で、大金を持ち込もうとして、税関で没収されたことがあった。税関の規則によれば国内に持ち込めるキャッシュの金額は、あまり高くない上限がある。それなのに大金を持ち込もうとしたのは、米国のカジノで豪遊するつもりだったらしいが、別にキャッシュを持ち込まなくても、クレジット・カードで決済すればいいので、なんとも変なことをしているのだが、どうやら金融機関に対するある種の不信感から、藤圭子は自宅でも、大量の箪笥預金だったらしい。

それはともかく、私は一度だけラスベガスに行ったことがあるが、カジノというところは独特の蠱惑的雰囲気があり、そこでお金を賭けるというのはとても刺激的な娯楽である。何ほどかのお金を賭けると、何倍にもなって返ってくることもあり、わくわくさせる。しかし大抵は一瞬で大金を蕩尽してしまう。いわば、高燃費娯楽の最たるものである。

カジノではないが、大学時代、あまりに暇だったので、友人と一緒に雀球に通ったことがあった。雀球というのは、パチンコのように玉を弾いて、その玉が入ったスロットで牌を積もることになる。そうして役を作っていき、上がると役に応じた数のチップが出てくる。雀球は、普通のパチンコよりペースがスローなので、あまり大金を投入しなくても長らく楽しめる。私は家庭教師などのバイトで稼いだお金を投入したのだが、一度も勝った記憶がない。一方、友人はというと、毎日コンスタントに5000円を稼いでいた。それで夏休み毎日通うことで、生活費以上のものを稼いでいたというのだから、ほとんどプロだった。

あと私は大学時代、麻雀にも凝った。大学になってしばらくは麻雀のルールもしらなかったので、同僚との付き合いに困るほどであったが、あまりに暇で困ったので、ルール本を買って麻雀を覚えた。最初は初心者だったのでいいカモだったが、しばらくたつとそれなりに麻雀に慣れてきた。それでも、あまり勝った記憶がない。

サラリーマンになってからも、麻雀はよく打った。そのとき、将棋では会社で私に勝てる者がおらず、周囲の人は私を勝負事全般の達人だと勘違いしていた。しかし、一度私と雀卓を囲むと、私がカモであることがすぐばれた。なんでも本から入る私は懸命に麻雀の戦術書を何冊も読んだが、惨めなほどに全く強くならなかった。

こうして私は次第に、ギャンブルと名がつくものから遠ざかり、必然的に孤独を好んで読書に耽るようになった。そして結婚してからも、その傾向は続き、生活費がかかるので、自分の娯楽はなるべく低燃費になることを心掛けた。

それを低燃費娯楽道と呼ぶと、私の低燃費娯楽道は次第に完成しつつある。以下、それについて述べてみる。

するとまず、基本的に旅行に行かない。旅行にいかなくても、本を読んで異国の地を訪ねたつもりになれる。そんなことを言っていると呆れて付き合ってもらえなかったりするが、構わないと開き直る。

趣味は将棋、読書、パソコンと低燃費に徹する。将棋はときどき棋書を買うが、大した額ではない。コンスタントに払う費用は、名人戦棋譜速報のための毎月の500円だけである。

読書は、決して豪華本、稀覯本の類は買わない。基本的に古本ベースであるが、それでも冊数は少なくないので、費用はある程度嵩む。唯一の道楽かもしれない。

パソコン・ソフトは基本的に、フリーウェアを使う。時間つぶしは、何かのツールを作成することで行う。

ともかく、一人でできる趣味というのが基本である。

生活では、株は決して買わない。貯金があっても決して運用しない。単に定期で置いておくだけである。

そのように資金を全く運用しないと、もちろん一切殖えない。それでもいいと思っているのは、地道に仕事をして稼ぐからである。なので私にとって仕事の実務スキルはキーである。仕事で稼ぐのはリスクがほとんどない。最近わかってきたのは、折角研鑽して培った特許実務のスキルは、意外に活用の場が限られているということである。弁理士でないので事務所をもつこともできない。まあ、弁理士だとしても顧客をみつけるのはきっと大変である。それよりは特許調査の仕事の方が汎用性がある。いや、もっと自由度が高いのは特許翻訳である。特許翻訳こそが、死ぬまでできる仕事だと思い始めている。

低燃費娯楽を目指す理由は簡単で、その方が景気が悪化しても生きていきやすいからである。あと、必要になるかもしれない医療費と交際費を確保しておきたい。交際費というのは気の合った友人と飲むための費用である。私は基本的に自分から誘わないので、あまり飲む機会は多くない。ただ、気の合った友人から誘われると基本的に応じる。そうやって飲んで話すのは地味な私の人生の華である。誘ってもらえるのはありがたい。いろいろな事情で、誰も誘ってくれなくなる日が来るかもしれないからである。

そんな低燃費娯楽な日々が何が楽しいのかと思われるかもしれない。しかし、高杉晋作がいうように、つまらない人生を楽しく生きるのはそれなりにテクニックなのである。もちろん波乱万丈を作り出してもいいが、私には似合わない。やはり静謐ベースの生活が似合っている。形式的にはカント先生のように生きる、ということころか。

渡辺竜王のテレビ番組をみたことがきっかけで、積読だった「先を読む頭脳」、羽生善治、伊藤毅志、松原仁著という本を読んでみた。この本はもともと、情報科学者である伊藤氏と松原氏が、羽生の思考中の脳の働きを測定したり、情報科学の観点から羽生にいろいろ質問するという趣旨のものであるが、羽生が将棋に対する考えを述べた箇所がとても興味深かったので、以下、私なりにまとめてみる。

羽生は10代の頃は、将棋の知識ということにはあまり留意していなかった。もちろん棋譜並べはしたが、それよりもむしろ力を入れたのは、深く読む力を養うために100手を超える長い詰将棋を一日眺めて考えたりすることだった。若い頃の勉強方法としては今でも有効だと思っている。詰将棋は最近は100手を超えるものは避けて、20手前後のものを解いている。

とはいえ、最近では、知識や情報量の勝負という比重が高まっており、普段の勉強でも知識を最新のレベルまで引き上げることにかなりの時間を費やしているのも確かである。そして最近では、対局が始まって勝負がつくまでの時間が短くなっている。知識や情報量の勝負なので、知らないと番狂わせでやられてしまう。

羽生が奨励会の時代は、そんなに序盤の勉強をしないでも済んだ。今はそれではとてもプロになれないだろう。

将棋の勉強として、コンピュータで棋譜を検索することは最早必須のツールとなっている。ただ、検索した棋譜は実際に盤駒で並べてみることにしている。その方が自分には確実に勉強になる。

一方で、古典ともいうべき昔の棋譜も並べる。それは定跡という意味では役に立たないが、混戦になったときの指し方という意味では非常に勉強になる。

また、プロ同士の研究会も有用である。研究の過程で思いついたのだが、いきなり実戦で試しにくいという場合に研究会で指してみる。そうやってプロ同士で問題意識を共有する。ただ、勝つための直観や注意力は、実戦でしか養われない。

実戦においては、ある局面で、指し手を2つか3つに絞り、さらに直観で一番よさそうな手から読んでいく。普通に決まった応手がある場合でも、それ以外の手を考えてみて、無理だと考えたら、決まった手に戻る。

序盤では、構想を立てるために長考したりする。この場合、速く、あるいは深く読むことはできない。相手が一手指すと、また構想が変わって再度長考することがある。序盤では、自分が何がやりたいかということよりも、たくさんの可能性を残すようにしている。

また、注意しなくてはならないのは、将棋では却ってマイナスになる手が多いということである。なので、この手は却って指さないほうがいいという手を見極めることで、手の選択肢を減らすことができる。

実感として、手を読む力は、20代半ばがピークである。今では、過去に指した将棋の蓄積にも依存したりする。また、若い頃より迂回する手順を選ぶことが多くなった。若い頃なら一直線に勝ちにもっていったような場合でも、いまならわざと一度、緩やかな展開に戻すことがある。

自分は選択の幅を沢山残しながら、相手の手は限定されるようにもっていくのが理想である。

また、最近の将棋では、自分の指したい手というよりも、相手の狙い筋を封じ込めていく指し方が多くなっている。

形勢判断は、その時点の局面の駒の損得、働き、玉の堅さなどの絶対評価をまず考え、ある程度先を読んでみて想像される局面の優劣を考える相対評価を次に考える。また、1つの局面だけで判断するのではなく、それまでの手の流れの中で判断するようにしている。

形勢が不利なときは、羽生は、他力に頼らざるをえないと考える。そのときは多少危ない手でも指せたりする。ただ、なるべく博打のような手は避けて、形勢がそれ以上離れないようについていって、チャンスがきたら逆転できるようにする。また、一直線の斬り合いは選ばないようにする。

対局で一番持ち時間が長いのは、名人戦の9時間であるが、それ以上持ち時間が長くても、結局指し手を促すものは時間の切迫なので、将棋の質が上がるわけではない。また、長考の中身は、その局面でプラスの手がみえないので、単に何かないかと時間がただ過ぎているだけのこともある。

羽生は基本、相手によって指し手は変えない。その反対は、大山十五世名人であった。すなわち、相手をみて指し手を変える。現代の棋士で、大山的である人はまずいない。羽生の棋風は、主導権をとりにいくというものである。

羽生が天才だと感じるのは、将棋では谷川浩司、あとチェスのボビー・フィッシャーである。

羽生は、勝率を意識したことはない。勝率が7割だといっても、特別なトレーニングをしているわけではない。不調はもちろんあるが、それは、風邪を引いたようなものだと思っている。

羽生は、戦法として、これは絶対にやらないと思っているものはない。ただ、この形にはしないと思っているかたちはある。

羽生は、オフの過ごし方は、対局がないときは疲れているとなるべく休む。そうでなければ、頭の中のアイデアを整理整頓しておく。例えば、現在流行の戦形を理解しようとするとそれなりに時間がかかるので、そのための準備は休日を充てるよりない。また、将棋のことを考えない日もつくるようにしている。あと気分転換に水泳をしたり、チェスの勉強もしたりする。チェスと将棋は羽生にとっては全く異質である。

全く経験がない形を指そうとしたら、実戦で試して負けることが必要だったりする。そのために授業料を払うつもりで対局に臨むことがある。

また、対局の後の感想戦は、勝因や敗因を言語化するという点でとても意味がある。

以上、一見常識的で、随所に独自の考えが含まれているのが、羽生の将棋観なのである。

たまたま本屋をうろついていたら、「世界を変えた哲学者たち」堀川哲著、角川ソフィア文庫をみつけて、思わず買ってしまった。私が知らない哲学者もカバーしており、しかもとても分かりやすく思想を要約してあるからである。

ただ、そうはいっても、この本にリストされている哲学者が本当に世界を変えたのだろうか、とふと疑問をもった。それで一人ずつみていくことにした。

まずニーチェ。「神は死んだ。」という標語は確かに、何ほどか世界に影響を与えたであろう。また、わざと誤解を招くように書かれたニーチェの著作は、ナチスに利用された。寧ろ、ニーチェの亡き後、ニーチェの妹のエリザベートが、ヒットラーに近づいたという話もある。そういう意味で、ニーチェは確かに世界を変えたのだった。

次にハイデガー。ハイデガーがナチスの党員であったことは有名であるが、しかしそれがどれほど世界を変えたのか。そもそも、In Der Welt Seinとはなんなのか。むしろ戦後、ハイデガーはナチスとの関与で非難され続けた。そこのが果たして世界を変えたのかどうか、わからない。

次にレーニン。レーニンが世界を住みにくくする方に変えたのは疑問の余地がない。ただ、レーニンは哲学者といえるのか。もしそうなら、毛沢東だって哲学者だろう。そんな馬鹿な。

次にケインズ。ケインズが世界を変えたのは論を俟たない。今でも財務省にケインジアンがいて政策決定に関与しているだろう。しかし哲学者か。

次にウィトゲンシュタイン。その「論理哲学論考」は確かに一世を風靡したが、本当に世界を変えたのだろうか。「論理哲学論考」が出て、哲学界で形而上学的議論が一掃されただろうか。そんなことはないはずである。ただ、一世を風靡することが何ほどか世界を変えることになるというなら、それもありかもしれない。

次にフロイト。精神分析医の跋扈という意味では、世界を変えたのだろう。あと、性の抑圧とそれからの解放は20世紀のテーマともなった。

次にマルクーゼ。このあたりになってくると私の勉強不足で全く土地鑑がない。あまり記憶にないのだが、学生運動喧しき頃、闘士たちはマルクーゼを引用していただろうか。

次にハーバーマス。やはりその著作さえ読んだことがない。元共産主義者で、学生運動が盛んな頃は、対話的理性を唱えて、カームダウンさせようとしていたというのだから、少なくとも世界を変えようとしていてのだろう。

次にフーコー。何かの著作を読みはじめて、ついていけなくて放棄した記憶がある。ただ、自由主義や倫理を説くという点で、世界を変える意図はあったのだろう。

次にアーレント。なんと、ハイデガーの弟子で一時、ハイデガーと不倫関係にあったという。その後アメリカに移り住み、全体主義、フランス革命、アメリカ革命などに考察を与えた。フランス革命に対置してアメリカ革命を称賛した時点で、世界を変えたのだと思われる。

次にハイエク。自由主義者という意味で私の好きな思想家であるが、そのくせ私は、ほとんど著書を読んだことがない。ともかく、レーガンやサッチャーに好かれたという時点で、戦後世界に隠然たる影響を与えたことになる。

次はポパー。私が論理実証主義にかぶれたとき、ポパーは確かに私の英雄だった。でも、私が好きなプラトンを貶めるのは我慢ならなかった。で、ポパー主義は世界にどれほど影響を与えたのか。その残滓は、物理学者たちに否定的に引用されるところに見てとれる。

次はロールズ。正義論が有名らしいが、勿論(と自慢するものでもないが)、私は読んだことがない。このような理念的な政治哲学を論じているとアメリカでは世界を変えることになるのだろうか。そうだと思わせるものが確かにアメリカにはあって、私はついていけない。

次はサンデル。ああ、いけない、例の「正義を語ろう」という本が積読のままである。私は実はあまり正義など語りたくないのであった。

次はローティ。知識不足からくる、ついていけなさが限界に達したので、積読になっている「集中講義! アメリカ現代思想」仲正昌樹著、NHKブックスを読まねば、といよいよ思ったのである。

そうやって私に勉強しなくてはと思わせてくれる、「世界を変えた哲学者たち」はとてもよい本なのであった。

最近、ミステリーだの、もしかしてユーモア小説に分類されるかもしれない、奥田英朗の「空中ブランコ」などを読んでいたが、唐突にハードコアSFを読んでみたくて、「星を継ぐもの」、J・P・ホーガン、創元SF文庫を手に取ってみた。

すると最初は、21世紀(今だってそうである)の近未来科学技術の記述にちょっとうんざりしたが、月面で発見されたという、宇宙服を着た死体が、地上の人間とまったく同じ人類で、しかも5万年前の時代の人であることが分かった、というあたりから俄然、興味が湧いてきた。

その死体は、月面で見つかったので、ルナリアンと呼ばれた。ルナリアンのそばには、メモや電子媒体に格納された文献などがみつかったので、生物学者、化学者、物理学者、地質学者、言語学者などが集められ、ルナリアンのルーツを解析する巨大な国家プロジェクトが始まった。

ルナリアンは、あまりにも地球人に似ているので、地球起源説が唱えられた。すなわち、地上では古代文明が栄え、核戦争などで何度も滅びた、というものである。

それは空想科学としてはよくあるが、きちんとした科学的根拠はどうか、ということになった。そこで、まるでゼカリヤ・シッチンの唱えるニビル星のように、太陽系内の別惑星起源ではどうか、という説が出てきた。これもいかにもありそうな説であるが、すると、ルナリアンが地球人とあまりにも似ている事実と整合しにくくなる。すなわち、ルナリアンに母星があったとして、地球とよほど環境が似ていないと、地球人と同等の体躯になるはずがない、という意見が出された。

こうして、ルナリアンのルーツ探しがいよいよ混迷している間、木星の衛星の一つであるガニメテで、高度な科学に基づき建造されたと思われる、遭難した宇宙船がみつかり、そこに死体があり、それは人類とは似ても似つかなかったことから、ガニメアンと呼ばれた。

そこで、ルナリアンのルーツがまだ解明されていないのに、ルナリアンとガニメアンの間の関係も解明すべき新たな問題として上がった。こうして問題は錯綜していく。

このように、まるで推理小説の犯人捜しのようにいろいろな仮説が出ては否定され、泡沫のように別の説に置き換わる。こうして次第に核心に近づくのだった。確かにこれは、ページ数はあまり厚くないものの、科学技術の記述にインチキのない、本格的ハードコアSFなのだった。これには続編の「ガニメテの優しい巨人」、「巨人たちの星」もあるようなので、読んでみることにする。

こちらの自己レスに書いたように、ノーベル賞受賞直後に連絡がつかなかったヒッグス博士であるが、共同ニュースによると、ヒッグス博士は路上で知人の女性から祝福されるまで自らの受賞を知らなかったという。以下、引用:

【ロンドン共同】今年のノーベル物理学賞受賞が決まった英エディンバラ大のピーター・ヒッグス名誉教授(84)は11日、同大で記者会見し、路上で知人の女性から祝福されるまで自らの受賞を知らず「何のニュースですか」と聞き返したことを明らかにした。

英メディアによると、受賞決定後、ヒッグス氏が公の場で話すのは初めて。受賞決定については「うれしいし、ある意味ほっとしている。この時が来るまで長かったから」と心境を語った。

受賞発表の当日は、同氏がエディンバラで昼食を終えて歩いている時に、知人女性から祝福の言葉を掛けられたものの状況がのみ込めず、聞き返したという。

別の読売新聞の記事によると、ノーベル賞受賞の発表時、ヒッグス博士はビール付きの昼食に出かけていて、携帯電話ももっていなかったので、連絡がつかなかったということらしい。また、ノーベル賞受賞の発表直後の喧騒を避けたらしい。

それにしても、絶対の本命視されている発表の時間に、わざわざ連絡がつかない場所に避けているというのは常識としていかがなものか。周囲に余計な手間と心配をかけるからである。常識なら、自宅でそわそわしながら電話を待つのが普通ではないだろうか。

どうみてもパフォーマンスとしてわざと退避したとも思えず、理論物理学者として超俗ということだろうか。ともかくも解せない行動なのだった。

ボイジャー

user-pic
0

すっかり忘れていたのだが、読売新聞科学欄の記事をみたら、36年前に地球を旅立ったNASAの探査機ボイジャー1号が、昨年8月、宇宙開発史上初めて、太陽圏を飛び出して星間空間に入ったそうである。

ここで太陽圏とは、太陽風が届く範囲のことで、太陽から約180億キロメートルであるという。そして今やボイジャー1号は、太陽から約190億キロメートルのところを、時速6万キロメートルで飛んでいる。

星間空間は太陽の光がほどんど届かず、水素などがわずかにあるだけの場所であるが、太陽風の影響がないため、宇宙のさまざまな場所から飛んできた電子の密度は却って太陽圏より高いと予測されていた。探査機ボイジャー1号の観測はそのことを裏付けたという。

それにしても190億キロメートルもの彼方にある飛行物体と地上から依然として交信できるのだろうか。だとしたら、どの距離にボイジャーが遠ざかるまで交信できるのか、興味がある。

ボイジャー1号が打ち上げられた1970年代は、SETI計画が盛んで、1972年と1973年に、惑星探査機パイオニア10号、11号がそれぞれ打ち上げられた。パイオニア10号、11号には、太陽系外の知的生命体に見つけられたとき、人類のメッセージを伝えるため、男女の姿や、水素原子の構造、太陽系の並び順などを描いたアルミニウム合金板が積まれた。

パイオニア10号、11号に続いて、1977年8月20日にボイジャー2号が、同年9月5日ボイジャー1号が打ち上げられた。ボイジャーの目的は木星と土星の観測で、ボイジャー1号は、木星の衛星イオの火山活動を観測するなどの成果を上げた。パイオニアと同様に、ボイジャーにも太陽系外の知的生命体にメッセージを伝えるためのアイテムが積まれている。これはゴールデンレコードと呼ばれ、直径約30センチの銅製円盤に金メッキを施したもので、動物の鳴き声、波の音、各国の挨拶、ロックやクラシック、日本の尺八曲など音楽が収められ、カバーの表面には減期約45億年のウラン238が塗られ、録音された時期がわかるようになっている。しかし、たまたまこれを入手した知的生命体がどうやって再生するのだろうか。そもそも興味をもってもらえることさえ怪しいような気がする。

ボイジャー1号は動力が尽き、惰性で飛んでいる。通信用の電池の寿命も2025年になくなる。

今後のボイジャーの行程であるが、太陽から数兆~10数兆キロメートルにある、氷やちりが集まったオールトの雲の淵に達するのが300年後、オールトの雲を過ぎて太陽の引力が及ぶ範囲である太陽系から抜けるのが3万年後だというから、普通の方法では、恒星間旅行がいかに困難かわかる。SFといわれても、生きるのに適した惑星で述べたような、空間の高次元性を利用した惑星間航法しかないのだろうか。

Not Even Wrongにヒッグスのノーベル受賞の背景ついて記述されていたので、文責私で、私なりに文章を補いつつまとめてみる。

するとまず強調されることは、これは何よりも実験物理の業績である、ということである。なぜなら巨大な装置と、何千人もの人たちの工夫と検証を経てようやくヒッグス粒子の存在が確認されたからである。しかし、実験物理学者たちには賞は授与されないままである。実験物理学者たちの失敗は、単一の代表的人物を立てることなく、比較的民主的に進めたことであった。

LHCがテストに用いたモデルは、アングレールとヒッグスのものでなく、ワインバーグとサラムのものだった。尤もワインバーグとサラムは既にノーベル受賞を貰っているのであるが。

ヒッグスの質量発生モデルは、フィリップ・アンダーソンが最初に考え出したものである。アンダーソンは物性物理学者として既にノーベル受賞を貰っており、アンダーソン局在などの理論で有名である。アンダーソンの質量発生モデルは非相対論的であると議論されているが、この場合相対論はあまり関係ない。

ヒッグス機構は、BEH機構とも呼ばれるが、上記の理由でこれは、アンダーソン・ヒッグス機構とも呼ばれるべきだろう。さらに、ヒッグス機構のアイデアへの貢献として、ボブ・ブルート(Bob Brout)が挙げられる。実際、アングレールとブルートはヒッグス機構に重要な貢献があった。

以上が、ヒッグスのノーベル受賞の背景である。私の知識不足により誤解があるかもしれないが、ご容赦戴きたい。

読売新聞に、スパコン「京」の広告記事があったので、私なりに内容をまとめてみる。

理化学研究所計算科学研究機構機構長の平尾公彦氏のコメントによると、2011年に世界一になった「京」は、今年6月には世界四位に落ちたが、外国のスパコンは軍事用であり、民生用としては以前として「京」がトップクラスである。「京」を使った成果をいくつか挙げると、東大の藤谷秀章特任教授らが、抗がん剤の候補を、薬物とタンパク質のと結合の強さの計算に基づき発見した。今までのスパコンだとこの計算に2か月かかっていたが、「京」だと2日で済む。

次世代半導体の可能性を切り開いたシリコンナノワイヤの解析や、リチウム電池の性能を決める被覆の形成過程などの解析に「京」が利用された。

海洋研究開発機構では、全地球を14キロ四角の格子で区分した気候モデルを使い、2004年8月の台風17号の発生を10日前に60%の確率で予測することができた。南海トラフ巨大地震による津波発生予測も、「京」によってきめ細かなシミュレーションが可能になった。

自動車産業では、走行する車の周りの空気の流れを1ミリ以下で解析でき、年間数百億円分の燃料の節約につながる開発ができるという。

以上が、平尾公彦氏のコメントの要約である。次は株式会社ローソンの新浪健史氏のコメントを要約してみると、要するに、スパコンの性能が上がれば、気象の予測などを通じてお客様の要望にあった商品を前もって提供できる。健康食品は予防医学の分野でも新しい市場を開拓できるだろう。また、企業では膨大な購買データをもちこれを今でも販売戦略策定に利用しているが、スパコンの性能向上はお客様の感覚のような「右脳」的判断もできるようになるのではないか、というものである。

次に、文部科学省研究振興局の下間康行氏によると、米国、EU、中国は、2020年頃エクサスケール、すなわち「京」の100倍レベルの能力のスパコンを目指し、ロシア、インド、韓国もこれを追っているという。日本も2020年までにエクサスケールのスパコンを開発する。一方でアプリケーション開発にも力を注ぎ、宇宙の起源の解明、衝突しても重傷者が出ない自動車の開発、などを目指す。

あと、パネルディスカッションで筑波大学数理物理系教授の宇川彰氏が、脳科学の分野で、「京」すべて動かして脳の神経細胞10億個のシミュレーションをしたところ、実際の脳が1秒ですることに40分かかっている、しかも神経細胞10億個でも脳細胞全体の100分の1に過ぎないと言っていたのが興味深かった。

そういえば、ともかく速いスパコンに注目しているが、一時流行した、非フォン・ノイマン型のコンピュータ・アーキテクチャの研究はどうなったのだろうか。人口知能の話題もすっかり影を潜めた。確かに量は質に転化しえるので、速さは力なのは確かなのであるが。

読売新聞によると、ついにヒッグス博士にノーベル賞が授与された。以下、引用:

スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2013年のノーベル物理学賞を英エディンバラ大学名誉教授のピーター・ヒッグス博士(84)とベルギー・ブリュッセル自由大学名誉教授のフランソワ・アングレール博士(80)に贈ると発表した。

賞金800万スウェーデン・クローナ(約1億2000万円)は、2人で分ける。

2人は、宇宙誕生後、物に質量(重さ)が生まれた仕組みの理論を1964年に相次ぎ発表。質量を生み出した粒子は、後にヒッグス粒子と呼ばれた。昨年7月、日本の16機関が参加したスイスの加速器実験で粒子の存在が確認され、受賞につながった。装置の開発にも日本企業が多く貢献した。

ヒッグス博士に義理はないが、でもやっと受賞してなぜかほっとした。ただ、私が第一声で言いたいのは、同時受賞者のフランソワ・アングレール博士って誰よ、ということである。なぜなら、私は物理学の啓蒙書に比較的まめに目を通すほうであるが、アングレールという名前は一度も目にしたことはなかった。

そして、新素粒子提唱に対するノーベル物理学賞受賞には一つの原則があって、理論物理学者Aが新素粒子を提唱し、実験物理学者Bがその新素粒子の存在を観測で確認し、その後AとBがノーベル賞を受賞する、というものである。中間子理論の場合、湯川秀樹がAであり、セシル・パウエルがBである。

ところがヒッグス粒子の場合、ヒッグスがAであるのは間違いないが、Bはというと、アトラスとCMSという各々が約3000人からなる2つのグループがあり、ノーベル賞委員会はBについて的を絞れなかったのでないだろうか。しかし、ヒッグスの単独受賞はちょっとバランスを欠く、それでとってつけたようにアングレールを持ち出したということだろうか。

しかし、もしそうなら、2009年のノーベル物理学賞で、光通信でカオ博士が受賞したとき、西澤潤一氏が外されたこととのバランスがとれない。

そういえば昨日、ちらっとWebページで見たのだが、今回のノーベル物理学賞選考委員会では最終協議が異例に長引き、予定よりかなり遅れた時間の発表になったという。上記のようなことも含め、いろいろ議論があったに違いない。

将棋の強さ

user-pic
0

先日、もう寝ようと思って、それでもちらっとテレビを観たら、なんと将棋の渡辺竜王が出演していた。そして、渡辺竜王は羽生三冠を超えた現代将棋界の最強棋士であり、その強さを探る、みたいな企画であった。

確かに数年前、羽生は渡辺にもう勝てないみたいな議論は将棋の一部のプロの間でもあったようである。特に、竜王のタイトルに挑戦して二度まで退けられたあたりそういう傾向があった。

しかし、昨年、羽生は渡辺から王座のタイトルを奪回し、今年は棋聖戦で渡辺の挑戦を退けた。このあたりから、羽生は渡辺にもう勝てないみたいな議論は自然消滅したと思う。ただ、勿論であるが、渡辺の強さを疑う者は誰もいない。なので、このようなテレビ企画はありだろう。

さて、この番組によると、渡辺の強さの秘密はその抜群の記憶力にあるという。何月何日の誰それとの対局の113手目は何ですか、という問いに、数十秒考えて、ええとそれは、23銀成です、などと答えるのだが、それがことごとく正解になる、という具合である。

また、脳科学者が渡辺の頭にプローブをあてて、将棋思考中の脳の働きを調べてみるシーンがあったが、イメージ記憶の領域が活発であった。一方、アマチュア強豪の中川慧梧氏について同様の状況で思考中の脳の働きを調べてみたところ、イメージ記憶というよりもむしろ、言語記憶の領域が活発であった。中川氏はプロと互角に指すことができる強豪アマチュア棋士の一人であるが、奨励会を受験して落ちたことがある。すると、イメージ記憶を駆使できること、別の言葉でいうと、感覚が優れていることがプロになる必要条件なのだろうか。

戻って、渡辺の強さの要素の一つにその記憶力があるというのだが、盤面の記憶力というのは大抵のプロ棋士は卓越しており、その棋力に比例して渡辺が記憶力で棋界ナンバーワンなのかどうかわからない。

例えば、将棋のプロ養成機関の奨励会では、次のような逸話がある。すなわち、電線に留まっている雀が何匹いるか数えるというとき、普通の人なら、電線を見上げながら一匹二匹と数えるのだが、奨励会員は、電線に留まっている雀のイメージを一瞬で頭に焼き付けて、あとでそのイメージを思い出して一匹二匹と数えるのだという。プロの卵たる所以だろうか。

ここまでみてきて言えることは、イメージ的記憶能力がプロ棋士の必要条件であることである。手を沢山読めたり、難しい詰将棋を頭の中で解けたりすることは確かに将棋の強さの要素であるが、そのこととイメージ的記憶能力との因果関係は自明ではない。

戻って、渡辺竜王のイメージ的記憶能力は、確かに我々のような一般人と比較すればすごいが、プロ棋士の中では、イメージ的記憶能力は普通ではないだろうか。それは渡辺竜王自身もわかっていて、自分は普通ですよ、と強調していた。多分、渡辺の凄さはそこになく、絶妙のバランス感覚というか勝負術という、とても測定や数値化しにくいところにあるに違いない。羽生も然りである。

すると、一流棋士はすべからく、ヴィトゲンシュタインのいう、語りえぬ特徴をもっていることになる。語りえぬものについて語ろうと沈黙しようと、それは自由である。

ところで、先日のNHK杯は、渡辺対広瀬だったが、広瀬得意の相穴熊の研究に飛び込んだものの、渡辺の指し手がまずく、信じられないような完敗だった。あれは語りえぬというより、語ってはいけない拙戦だった。まあ、そういうこともあらあな。

今年もノーベル賞の時期がやってきた。読売新聞の記事に基づき、リストしてみる。

生理学・医学賞

  • 大隅良典・東工大特任教授、水島昇・東大教授:細胞内の不要物を分解し、有用なたんぱく質を作り出すオートファジー作用の解明
  • 竹市雅俊・理化学研究所発生再生科学総合研究センター長:細胞同士を接着する物質であるカドヘリンの発見
  • 小川誠二・東北福祉大特任教授:MRIの基本原理の発見
  • 遠藤章・東京農工大特別栄誉教授:高脂血症の治療に使われるスタチンの発見

物理学賞

  • ピーター・ヒッグス・エディンバラ大学名誉教授:ヒッグス粒子の存在の提唱。なんといっても、今年の大本命である。
  • 梶田隆章・東大宇宙線研究所長:スーパーカミオカンデで、ニュートリノに質量があることを発見した。
  • 鈴木厚人・高エネルギー加速器研究機構長:ニュートリノの性質を詳しく調べた。
  • 細野秀雄・東工大教授:鉄系超伝導体の発見
  • 赤崎勇・名城大教授:青色発光ダイオードの開発
  • 中村修二・カリフォルニア大教授:青色発光ダイオードの開発

化学賞

  • ジョン・グッドイナフ・テキサス大教授:リチウムイオン電池の研究
  • 水島公一・東芝リサーチ・コンサルティング:リチウムイオン電池の研究
  • 吉野彰・旭化成:リチウムイオン電池の研究
  • 藤嶋昭・東京理科大学長:酸化チタンの光触媒反応の研究
  • 本多健一・東大名誉教授:酸化チタンの光触媒反応の研究
  • 北川進・京大教授:気体分離技術に使用される多孔性素材の開発
  • 柴崎正勝・微生物化学研究所長:気体分離技術に使用される多孔性素材の開発

果たしてこの中に何人、今年の受賞者がいるだろうか。

最悪

user-pic
0

「イン・ザ・プール」と「空中ブランコ」に続き、奥田英朗の「最悪」を読んでみた。すると、「イン・ザ・プール」や「空中ブランコ」のコミカルなタッチとは完全に決別した、シリアスなストーリー展開に圧倒された。

「最悪」の第一の登場人物は、川谷信次郎。自動車部品などを作る下請けの町工場の社長である。なにしろ零細企業なので社長も自ら製造作業に従事しなくてはならず、納期に間に合わせたり、不良品対策など日々躍起である。

第二の登場人物は、藤崎みどり。銀行員である。日々、窓口で嫌なお客に対応したり、上司に叱られたり、それなりに苦労している。家庭では、妹のめぐみとの関係が複雑である。

第三の登場人物は、野村和也。定職をもたず、現場作業員をしていたこともあったが、今では日々、パチンコ屋に通う。ナイフを常にもち、お金に困ったらカツアゲするのも辞さない。ちょっとしたワルである。

事はまず、和也の周辺で起きた。というのは、和也が知り合いのチンピラにそそのかされ、金庫破りのような犯罪に手を染めたからである。そこで下手を打って、ヤクザから追われる羽目になった。そしていよいよ大金を入手せざるをえなくなり、さらには知り合いに裏切られ、「最悪」への階段を下りていく。そして、窮鼠猫を噛むの暴挙に出る。

川谷はというと、事業拡張のための設備投資が結局、失敗して茫然自失となる。藤崎みどりはというと、支店長との諍いで、いよいよ会社に居づらくなる。

こうした中で、和也の暴挙は、川谷をも、藤崎みどりをも、その妹まで巻き込み、一団となって、「最悪」へのスパイラルを下っていく。たまたま知り合った仲間が運命共同体として悲劇に巻き込まれるというのは映画などでよくあるストーリーであり、こういうのは専門用語で、群像劇というらしい。

その「最悪」に至る映画的アクションも魅力だが、奥田英朗が巧みなのは、各登場人物の心理描写である。このあたり、さりげない心理描写を得意とする今野敏にも通じるものがある。

さて、「最悪」まで堕ちるかと心配してみていると、一団はなんとかぎりぎりの基底状態に留まった。そこからは、多くの問題が山積みながら、各登場人物は、少しずつ回復への手立てをうっていく。ぎりぎりの線でハッピーエンドなのではないだろうか。

「比類なき犯罪小説」という、この本の解説に同意である。伊良部シリーズのドタバタ路線と、最悪の悲惨路線を垣間見たので、別の作品でもう少し奥田の多様性を眺めてみたくなった。

共同通信によると、「ヒッグス粒子」発見のデータをまとめた論文が、このタイミングで正式に報告されたという。以下、引用:

東大などが参加する欧州合同原子核研究所(CERN)の実験チームが、物質に重さを与えたとされる「ヒッグス粒子」発見のデータを論文にまとめ、欧州の物理学専門誌フィジックスレターズBに正式に報告した。7日付で掲載される。8日発表のノーベル物理学賞は、粒子の存在を予言した英エディンバラ大のピーター・ヒッグス名誉教授(84)らが最有力候補とみられており、追い風となりそうだ。

ここで、私のブログの比較的最近のヒッグス粒子関係の記事をリンクをリストしてみる。

この最後の記事に基づき私は、今年もヒッグス博士のノーベル賞は見送りかと思ったのだが、どうもある程度見切りにより、今年こそはヒッグス博士にノーベル賞が授与される段取りになったと期待する。去年の量子コンピュータの受賞はちょっと地味だったが、まああれもありだろう。しかしやはり本命はヒッグス粒子である。数日後を期待するとしよう。

乱雑

user-pic
0

私は子供の頃から片付けが苦手で、机はいつも乱雑だった。それで母によく叱られていたが、そういう母自身がまた片付けが苦手なのだから、これはもう遺伝だろう。

学校の勉強でも、乱雑さが有利になることはなく、例えば先生から配られた宿題のプリントを見失ったりして慌てたことは何度もある。

ただ、私は勉強自体は好きで、言い訳であるが、私の勉強好きの属性と乱雑さは本質的に関連付けられていたと思う。すなわち、下手に整頓されると勉強する気が起きなくなるのである。

その乱雑さであるが、実はまったくランダムという訳ではない。自分なりに、どの本がどこにおいてあるというマップが頭脳の中にあって、見かけほどは困っていない。本当に困るのは、乱雑さを見かねて、誰かが気を利かして勝手に片付けることである。すると、頭にあるマップが完全に無効になる。コンピュータにおける、キャッシュ・インバリデーションである。

そういえば、今野敏の小説で、ST警視庁科学捜査班シリーズがあるが、その科学捜査班のメンバーの一人、青山は、乱雑でないと落ち着かない。それを読んで、なにか得たりと私は思ったのだが、青山の乱雑さは計画された、いわば疑似乱雑なのだった。私の乱雑さはもう少し適当である。

さて、私の乱雑さはサラリーマンになっても一向に改まらず、周囲の中で私の机だけが本が積みあがったりしていて乱雑だった。それでも、自分でいうのも何だが私は実務に独特の要領のよさがあり、そこそこのパフォーマンスを示していたので、上司から乱雑さをあまり強く指摘されることはなかった。

その乱雑さが極限状態になったのは管理職に就いたときである。何しろ捌くべき雑用の量が圧倒的で、机の上の書類は収拾困難なほど乱れた。それでも必要な決済は迅速にこなしていたので、仕事に支障はなかった。ただ、その乱雑さは、一部の几帳面な部下には許容範囲を超えていたようで、私が米国出張から帰ってきたら、一部の部下が私の机の上をきれいに整理していて驚いたが、そこで、なんという余計なことをするのだと怒鳴るのは私のキャラクタではなく、むしろ、そうやって部下に心配を与えたのが申し訳なかった。

その後は乱雑さはすぐに回復したが、部下に悪いので、少なくとも以前のレベルの極限的な乱雑さには戻らないようにした。

しかし意外なことが起きた。管理職を降りて特許実務専門職に戻ると、私は驚くべき緻密さで書類を整理し始め、部門内で一番整頓された机の主となった。そして、ストリームライン化されたやり方で仕事のパフォーマンスも最適化した。

そうなったのは少し理由がある。それは、自宅で専用の書斎室をもったからである。そこで私は好きなように本を並べ、寝転がって掴んだ本を眺めては、妄想に耽ることができた。その乱雑さでとりあえず満足したのだった。あるいは歳をとったせいで、乱雑さに対する欲望が減ってしまったのかもしれない。エントロピーの増大は一般的にはいいことではないが、歳をとるとエントロピーが減ってしまう面もあるようである。

以上、何の脈絡もない乱雑に関するエッセーであった。

奥田英朗の「イン・ザ・プール」の続編で、伊良部博士シリーズの「空中ブランコ」文春文庫を読んでみた。すると、「イン・ザ・プール」よりさらにバージョン・アップされていて、楽しめた。

「空中ブランコ」も短編集で、「空中ブランコ」、「ハリネズミ」、「義父のズラ」、「ホットコーナー」、「女流作家」の5編からなる。

は、空中ブランコの技を得意とするベテラン・サーカス団員の話、「ハリネズミ」は債務取り立てを得意とする暴力団幹部の話、「義父のズラ」は大学医学部の学部長の娘と結婚した医者の話、「ホットコーナー」はプロ野球のベテラン内野手の話、「女流作家」は文字通り、流行女流作家の話である。

共通するのは、どの主人公もその分野で十分な実績をもつベテランで、しかし、あるきっかけでキーとなる技芸においてある種の不能(インポテンツ)を呈する点である。実際世界でも、「あるある」だと思うのだが、当然にそのようなことは表に出ない。

「空中ブランコ」ではサーカス団員が突然空中ブランコができなくなり、「ハリネズミ」では暴力団員が尖端恐怖になって刃物をみることさえできなくなり、「義父のズラ」では医者が義父のカツラが気になって仕方がなくなり、「ホットコーナー」では名三塁手のはずがどうしても一塁に球が投げられなくなり、「女流作家」では、女流作家が過去に既に書いた記事とのカブリが気になって書けなくなる、というものである。そうしてみんななぜか伊良部総合病院の神経科に行き、変態医師である伊良部の術中にはまってしまう。

すなわち、伊良部は全く臆することなく、その道のプロである患者の技を自分もやってみようとする。すなわち、ある意味相手の懐に飛び込むのだが、どうみても相手に合わせるというより、自分の土俵に無理やり引き寄せる、という感じである。

最初は一様に、こいつアホかと呆れていた患者は、途中で実は伊良部はすごいのではないかと勘違いする。いや、本当にすごい瞬間はなくはないのかもしれないが、そんな期待は一瞬で裏切られる。

そうやってドタバタ劇を演じているうちに、患者は、ハテ何が問題であったと茫然とし、気持ちが相転移する。これはある意味、禅の悟りのようなものなのではないだろうか。そういう意味で、極めて仏教的であるともいえる。もし伊良部に会ったらそんなバカな、で終わってしまうのであるが。

ともかくlike no otherな小説で、これが直木賞を受賞したのも頷けるのであった。

理論物理学者の大栗博司氏は最近、何冊も物理学の啓蒙書を書かれていて、気になっていたのだが、なぜか敬遠して今まで一冊も買っていなかった。ところが、最近、講談社ブルーバックスから出た「大栗先生の超弦理論入門」は、大栗博司氏が関与するトポロジカルな弦理論というのも紹介されているらしくて、迷わず買った。

そして、読みながら、場合により、スモーリンの超弦理論小史あたりと比較しながら見ていくことにした。

まず、第1次超弦理論革命の前であるが、大栗氏は、Ⅱ型の閉じた弦だけの理論では、パリティを破れないことに言及する。

では、開いた弦も含むⅠ型の理論はどうかというと、量子的なゆらぎで理論の整合性がとれなくなるというアノーマリーに苦しんでいた。それを1984年に解決したのが、ジョン・シュワルツとマイケル・グリーンのアイデアだった。より具体的にグリーンは、32次元の回転対称によりゲージ対称性が一意的に決まるのであった。これが第1次超弦理論革命の始まりであった。

しかし、アノーマリーを相殺するためのゲージ対称性は実はもう一つあって、それは数学的には例外群と呼ばれる。プリンストン大学のディビッド・グロス、ジェフェリー・ハーベイ、エミール・マルチネック、ライアン・ロームは、9次元+グラスマン数の通常の超弦理論と、南部・後藤の25次元の弦理論を融合させることを思いついた。時計まわりの波が9次元+グラスマン数の空間で、反時計まわりの波が25次元の空間で振動しているという次第ある。これはヘテロティック弦理論と呼ばれる。

さらなるアイデアが、1985年、フィリップ・カンデラス、ゲアリー・ホロヴィッツ、アンドリュー・ストロミンジャー、そしてエドワード・ウイッテンによってもたらされた。カラビ・ヤウ空間を利用するアイデアである。すなわち、Ⅰ型の理論においても、ヘテロティック弦理論においても、カラビ・ヤウ空間を利用して3次元にコンパクト化させると、三世代のクォーク、三世代の電子とニュートリノ、電磁力、弱い力、強い力、ヒッグス粒子など、すべての要素が現れることが示された。

もっと言うと、カラビ・ヤウ空間のオイラー数のようなトポロジー的な性質によりクォークの世代数などが決まるのであるが、問題は超弦理論小史で述べたように、カラビ・ヤウ空間は10万以上の種類があり、そのそれぞれが異なる素粒子物理に対応することである。結局、第1次超弦理論革命は決め手を欠いたのであった。

大栗氏の最初の仕事は、まさに超弦理論において、カラビ・ヤウ空間を用いて3次元の素粒子模型を導くことだった。しかし、カラビ・ヤウ空間には、距離の測り方さえわからない、という問題があった。これに対してウイッテンが示唆を与えた。すなわち、弦の振動の仕方を少し変えることで、距離の測り方によらず量子効果の計算が可能になるというのである。

ハーバード大学のカムラン・バッファと、イタリアからバッファのグループを訪問していたセルジオ・チコッティがそのとき、異なるカラビ・ヤウ空間の間の関係を調べていた。ボストンを訪れた大栗氏はそこに合流し、共同研究し、ある方程式に想到した。しかし、その方程式をうまく解くことができない。さらにそこにミハイル・ペルジャドスキーも加わって、四人で議論し、ついにファインマン図を使って方程式を解き、上記ウイッテンの示唆に意味を与えることができた。1993年のことである。このカラビ・ヤウ空間の距離によらない技法は、トポロジカルな弦理論と呼ばれ、超弦理論において活用されるようになった。

そして1995年、第二次超弦理論革命が起こった。立役者はウイッテンである。その時点で問題になっていたのは、9次元の超弦理論に5つの選択肢があり、3次元へのコンパクト化を行うためのカラビ・ヤウ空間にも多数のバリエーションがある。このうちのどの選択が正しいのか、という疑問である。

ウイッテンは当初、9次元の超弦理論の5つの選択肢のどれか一つだけが正しいと信じていた。しかし、突き詰めていくと、下記の5つの選択肢のどれも等価だと分かった。

  1. I型超弦:閉じた弦と開いた弦の両方を含む
  2. ⅡA型超弦:閉じた弦だけを含み、9次元空間でパリティを破れない
  3. ⅡB型超弦:閉じた弦だけを含み、9次元空間でパリティを破る
  4. ヘテロ型超弦 - SO(32)ゲージ対称性
  5. ヘテロ型超弦 - E×E

5つの選択肢のうちの最も簡単な関係は、ⅡA型超弦とⅡB型超弦の間の関係で、T双対性(Tデュアリティ)と呼ばれる。これは、サイクリック宇宙論でも述べたように、ⅡA型理論における半径Rにコンパクト化した状況は、ⅡB型理論における半径1/Rにコンパクト化した状況と等しい、ということである。

ここまでだと、ⅡA型超弦とⅡB型超弦の間だけの関係であるが、ウィッテンは、5種類の超弦理論の間すべてに、T双対性と同様の関係をみつけた。そのときヒントになったのが、10次元の超重力理論だった。もともと、9次元の超弦理論も、重力理論を含んでいるという意味で、9次元の超重力理論であるといえる。ただ、10次元は、超対称性をもつ理論の最大次元である。その観点で、10次元の超重力理論は特殊な意味をもつ。

遡って1987年に、イギリスのポール・タウンゼントが10次元の超重力理論を研究した。すると、9次元の超弦理論で1次元の弦が基本単位になるように、10次元の超重力理論では2次元の膜が基本単位になることが分かった。

そこで、イギリスのマイケル・ダフと稲見武夫は、10次元の超重力理論と9次元の超弦理論で1次元の弦の間に重要な関係を見出した。そこから、10次元の超重力理論こそが本質的で、9次元の超弦理論はそこからコンパクト化により導き出されると考えた。しかし、当時はそれ以上に問題が深堀されなかった。

ウィッテンはそこをさらに追及し、10次元の超重力理論の半径Rの円をコンパクト化したものが、9次元のⅡA型超弦理論の弦の間の結合定数に対応することを見出した。これは、弦の間の結合定数が大きくなると、10次元の超重力理論の、より大きい半径Rに対応し、すなわち、コンパクト化しない10次元の超重力理論に帰着される。ウィッテンはさらに、このような10次元の超重力理論との関係を5種類の超弦理論の間すべてについて見出した。これこそがM理論なのであった。

このように10次元の超重力理論を考えると、2次元の面が基本単位としてあらわれてくるのであるが、そのことをさらに発展させたのが、ジョセフ・ポルチンスキーだった。すなわち、ⅡA型超弦理論において2次元の膜上を端点として弦が動いているというのである。そのような2次元の膜は、Dブレーンと呼ばれた。

その後、Dブレーンに張り付いた開いた弦は、ブラックホールの分子だと解釈されるようになった。これで、超弦理論できちんとブラックホールが扱えるようになった。

Dブレーンの応用として、ブラックホールの事象の地平線の内部の性質を、表面に張り付いた弦だけで説明できるという事実がある。この対応関係を、アルゼンチン出身の物理学者、ファン・マルダセナがきちんと定式化した。その理論によると、9次元のⅡB型超弦理論と、3次元空間の(重力を含まない)場の量子論が対応づけられる。そして、3次元空間の(重力を含まない)場の量子論によって、9次元空間における重力理論がすべて説明できる。これは、Ads/CFT対応とも呼ばれる。Ads/CFT対応は、空間の次元のあやふやさを示唆する。

このように超弦理論は、空間の次元について示唆を与えるが、では時間についてはどうだろうか。それはもしかして、サイクリック宇宙論で述べたような、ビッグバン/ビッグクランチに関連しているのだろうか。ただ、大栗氏の議論には、空間の次元ほどには時間に対する超弦理論の貢献が窺われない。

ともかく、啓蒙書としてこれだけ中身の濃い超弦理論は珍しく、大変勉強になった。理論物理学者としてだけでなく、サイエンスライターとしても、大栗氏は並々ならぬ手腕をもつことが分かった次第である。

ただ、スモーリンの超弦理論小史にあった、ゲアリー・ホロヴィッツ、トマス・ヘルトーク、前田健吾が示した、6次元のカラビ・ヤウ空間を含むすべての解に不安定性がとりつく問題はどう解決されているのだろう。なんとなく超弦理論史は、2003年以降が荒野というか迷路となっているような気がするのだが、錯覚だろうか。

疑似理系

user-pic
0

粗い二分法で、君は理系か文系かと聞かれたら、文句なく理系ですと私は答える。なぜなら、暇をみてつい数学の本を眺めるくらいだからである。すなわち、自分が理系であるというアイデンティティは数学や物理に対して今でも興味があるという点に基づくのであり、大学で学んだのがたまたま理系だったから、ということではない。

大学で物理学を学んで就職するとき、比較的小さい会社を選んだのは、大きい会社だと優秀な人が沢山いて、自分のような者の希望が通りにくいだろうという理由である。本当の理由は、大きい会社には相手にしてもらえなかったというのが正しいのだが。ともかく、なのに、そうやって妥協で入った中小企業で希望する研究開発の仕事でなく、特許の仕事を担当させられたときは、ショックで即辞表を出したいくらいだった。

そんなわけで周囲ともうまくいかず別の会社に転職するとき、まだ大学を出て日が浅いので、やりたいと思っている研究開発の仕事にチャレンジする方法もあったと思うのに、なぜかまた特許の仕事で転職した。このあたりのコンサバぶりは自分でも嫌になる。

で、今に至るまで特許の仕事に携わってきたのだが、会社ではどんな仕事をしてきたのですかと聞かれたら、あまり親しくない人には、まあ事務です、と応えるようにしている。すると相手は法務や経理のような仕事を想像するらしいのだが、あえて説明するつもりはない。なぜなら、数学や物理が好きな私にとって、特許の仕事というのは理系知識を駆使しているような実感があまり湧かないからである。

そうはいっても、まるっきり理系の勉強をしたことなのい人はやはり特許明細書は書けないだろうと思う。なので、自分は疑似理系なのだと思うことにした。

例えば外部の特許サーチャーや翻訳者の人と話すことがあるが、自分は電子回路の特許調査が得意です、原子核工学の技術文献の翻訳ができますといっても、別に電子回路や原子炉の設計に携わったことがあるとは限らない。場合により大学での専攻は理系ではなくて、多数の文献を読むことでその分野の特許サーチや翻訳ができるようになっただけだったりすることもあるが、それでも結果的に所定の品質の仕事ができればいいのであって、今までの経歴は、能力を推定させるパラメータにすぎない。

そして疑似理系をもう少し丁寧に定義すると、理系的知識を活用するものの、結果の生産物が理系的でないこと、と言えるだろうか。

それでは真性理系はどうかというと、理系的知識を活用して理系的生産物の生産に携わるということになろうか。私の頭の中では、真性理系の最たるものは、大学や研究所で研究して、科学分野のオリジナルなアイデアを思いつき、論文を書くことである。あるいは企業で画期的な製品の開発に携わったり、画期的でなくても、普通の製品開発やトラブル対応でも真性理系だろう。

といいつつもう一方の自分がささやく、疑似理系だろうと真性理系だろうと、仕事として生活費をそれで稼げるならどうだっていいではないか、と。実際、仕事に必要な体力や集中力、オリジナリティなどの要件を考えると、疑似理系の方が真性理系よりも息がながく、お得であるともいえる。私は今まで疑似理系のメリットを活かし、真性理系よりも楽して稼げてきたというのも事実である。

なら疑似理系で何がいけないかということになるが、人間というものは素直でないもので、少しでも真性理系的なこともやろうと職務分掌にないのにコンピュータのプログラミングに没頭して仕事のツールを作成したり、数学の本を読んで分からんと悩んだりと、空しい抵抗をしてみる。「神々の山嶺」などの山岳小説を読むと、山に憑りつかれて命も顧みずひたすら登山に挑戦する男の話が出てくるが、私は少しだけそういう気持ちが理解できるのであった。

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。