2013年11月アーカイブ

今期の竜王戦は、第1局第2局第3局、そして第4局と、なぜか可能なかぎりちきんと内容をみてきた。竜王戦そのものというよりも、エントロピー的不調に書いたように、渡辺にとって象徴的な場である竜王戦において、最近どこが渡辺が不調なのか確認してみたいという興味なのかもしれない。

さて、タイトルが移動するかもしれない竜王戦第5局である。先手番の森内はためらうことなく矢倉に導いた。矢倉は矢倉でも、後手番の渡辺は、このカド番に、羽生の挑戦を受けて三連敗から四連勝で防衛した象徴的な戦法である、阿久津流を採るものと思われた。ところが16手目で△53銀右でなく、△52金。おっ普通の矢倉か、とギャラリーはどよめく。

そして戦型は第4局と同じ、1つの典型である、46銀形になった。岐路がきた。45手目、通例は宮田新手の▲65歩。それはそれで難解なのだが、森内は単に▲25桂。なんと第4局と同じで、意地を張ったのだろう。そうなると当然に渡辺も△45歩で、以下、▲同銀、△19角成、▲46角、△同馬、▲同歩、△59角、▲37角、△同角成、▲同飛、△19角、▲38飛、△46角成、▲44歩までは一本道である。

ここで最も普通の手は、△45馬であって、第4局もそうであったのだが、後手は△44同金と変化した。ありえる変化の一つなのだが、比較的珍しい。

先手の当然の▲71角に、後手は△43金引。ここで先手の手がいろいろある。そこで森内に決断の一手が出た。▲57金である。おそらく森内の研究の一手に違いない。これに対して渡辺は、△73馬と引けば普通だが、なんと短考で△57同馬と取り、以下▲82馬となった。そこで、△44歩、▲34銀、△同金、▲51飛、△42銀、▲81飛成、△69銀となった局面が一日目の差し掛け図だったと思うのだが、私の素人目には△69銀がなんともうるさくて、後手が少しいいような気がした。もちろん先手が森内なので、そこらあたりは当然の読み筋なのだろう。

森内は、△79銀に▲68金と強く受ける。升田語録では、強い受けのことを責めというのだった。私のようなヘボは▲68金に△47馬のような手も考えるのだが、プロ的にはそんな手はないのだろう、ずばりと△68同馬と切って、▲同飛、△58金。ここで普通は▲67飛なのだが、森内は▲46馬。ええっ、という感じである。なぜなら△45歩と突かれると決戦になる。以下、▲35歩、△46歩、▲34歩、△68金で先手は必至で、後手は詰むのだろうか。

しかし渡辺は、単に△68金と取った。これなら決戦にならない。△45歩でいけないのだろうか。しかし、森内ともあろう者が単純に悪くなるなら▲46馬とするわけがない。

△68金以下は▲同馬、△48飛、▲79金、△58銀成、▲78馬。確かにこれでどちらをもっても難しい。ここまで双方に悪手らしい手はみつからない。ともかく渡辺は△69金と食らいつく。こんな手で私なら焦るのだが、流石に森内。▲69同金、△同成銀、▲57角。ここで渡辺は非勢を感じたという。一体何が悪かったのだろう。以下、△18飛成に▲48歩。まさに鉄板流である。

ここで普通に考えると後手は△58金なのだが、それだと▲24角から殺到される手を嫌がったのか、渡辺は△27龍とした。▲24角に渡辺は仕方のない△同金。▲46桂が厳しいからである。そこで落ち着いて森内は▲69馬。いよいよ優勢がはっきりした。78手目の△68金からここまでほぼ一本道であってみれば、△45歩の決戦でなければいけなかったのだろうか。

ともかく渡辺は△67香と食らいつく。森内はこれに手堅く▲68銀打と受けて、△同香成、▲68馬、△57銀にいきなり▲33桂打と攻めていった。詰めろなので以下、△同銀、▲同桂成、△同玉。そこで▲35香があった。△同金、▲同歩、△68銀成は後手が詰むので仕方ない△34歩に、▲21龍。これは詰めろなのだが、△31金打と打たれたらどうなるのか。するとなんと森内は余裕で▲11龍。金を使わせたことで後手の攻めが緩和されたとみているらしい。大した落ち着きである。

ここで渡辺が△68銀成、▲同銀、△64桂と一旦詰めろをかける。森内は▲67銀打とがっちり守り、渡辺は△35歩と香を取る。入玉模様をつくる大きい手である。

そこで森内は狙いの▲53銀なのだが、あまり自信がなかったようである。一方の渡辺は終始、不利だと思っていたようである。そして△36龍と指してしまうが、▲25桂が厳しかった。仕方のない△43玉に▲64銀成、△同歩、▲33金、△53玉、▲32金。ここで先手玉に詰めろをかける手があればいいのだがそうもいかないので仕方なく△32同金。ここで他にも▲34香とか手があったはずだが、森内は▲55桂。この手で森内は勝ちを確信したようである。△同歩に▲51龍で受けがない。ここからなら流石に私でも勝てる。

以下、△52香、▲54香、△同玉、▲52龍、△45玉、▲47香で終わった。以下、△同龍、▲同歩、△36玉、▲38銀で投了である。まあ最後は、指してみただけといえる。

渡辺は終始、悲観的なコメントが目立った。本当はまだ難しいのに、どうも駄目だと思ったりする。こういうのをいわゆる、不調というのだろう。羽生に言わせれば不調というのは風邪を引いたようなものだというが、渡辺の今の調子は本来の強さに鑑みると風邪どころか、インフルエンザレベルかもしれない。しかし、いずれにせよ一過性のものだろう。次に控えている王将戦で羽生の挑戦が見ものである。

双子素数の予想について述べたので、ついでにゴールドバッハ予想について若干計算してみた。復習すると、ゴールドバッハ予想とは、4以上の偶数は2個の素数の和であらわされるという予想なのであった。

そこで、4から100000までの偶数について、ゴールドバッハ予想が確かに成立することを確かめるため、C++で簡単なプログラムを書いてみた。下記にリストするとおりである。このプログラムで、primex.txtとは、2から999983までの78498個の素数を、エラトステネスの篩により、予め計算して保存したファイルである。アルゴリズムはシンプルなので、特に説明の必要はないだろう。さらに計算結果の一部を、プログラムの下に示す。

このプログラムは、一つでもゴールドバッハ予想が成り立たない偶数Nがあると、Goldbach's hypothesis doesn't hold for N.とメッセージを出してプログラムが終了する。最後までプログラムが走ったということは要するに、4から100000までの偶数について、ゴールドバッハ予想が確かに成立しているということが示された次第である。ただおそらく、偶数を二つの素数の和に分解する分け方は一般的には一意的ではない。下記のプログラムは、たまたま成立するケースがあったらそこで追求は止めて、次の偶数に移行している。

こう書くとあっけないが、じっくり考えると、ゴールドバッハ予想とは、なぜ成立するのかよく分からない、結構意外な内容の予想なのであった。


#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int Goldbach(int n);
int Prime[80000];

int main() {
FILE *fi;
int i,n,max;

if ((fi = fopen("primex.txt","rt")) == NULL ) return -1;
i = 0;
while (fscanf(fi,"%d",&n) != EOF) {
Prime[i++] = n;
}
max = i;

n = 4;

while ( n <= 100000 ) {
if (Goldbach(n) == 0 ) {
printf("Goldbach's hypothesis doesn't hold for %d.\n",n);
return -1;
}
n += 2;
}

return 1;
}

int Goldbach(int n) {
int i,j,max;
i = 0;
while ( Prime[i] <= n ) {
i++;
}
max = i;
for ( i = 0; i <= max; i++ ) {
for ( j = 0; j <= max; j++ ) {
if ( n == Prime[i] + Prime[j] ) {
printf("%d = %d + %d\n",n,Prime[i],Prime[j]);
return 1;
}
}
}
return 0;
}


4 = 2 + 2
6 = 3 + 3
8 = 3 + 5
10 = 3 + 7
12 = 5 + 7
14 = 3 + 11
16 = 3 + 13
18 = 5 + 13
20 = 3 + 17
22 = 3 + 19
24 = 5 + 19
26 = 3 + 23
28 = 5 + 23
30 = 7 + 23
32 = 3 + 29
34 = 3 + 31
36 = 5 + 31
38 = 7 + 31
(中略)
99970 = 41 + 99929
99972 = 11 + 99961
99974 = 3 + 99971
99976 = 5 + 99971
99978 = 7 + 99971
99980 = 19 + 99961
99982 = 11 + 99971
99984 = 13 + 99971
99986 = 79 + 99907
99988 = 17 + 99971
99990 = 19 + 99971
99992 = 3 + 99989
99994 = 3 + 99991
99996 = 5 + 99991
99998 = 7 + 99991
100000 = 11 + 99989

藁の楯

user-pic
0

「BE-HOP-HIGHSCHOOL」という漫画の存在は知っているが、読んだことはない。ましてやその作者の木内一裕という人も知らない。

なので、もともと漫画家の木内一裕が、「藁の楯」という作品で小説デビューしたとあっても、あっそう、という程度なのだが、ともかくどんな作品なのだろうと読み始めてみた。

するといきなり、ある男が少女を凌辱して惨殺したという事件から始まる。そういう場面は、雫井脩介の「犯人に告ぐ」とか、貫井徳郎の「慟哭」にもあり、ミステリーとしてはありふれているが、そこから急展開するのは、殺された少女の祖父が、日本でも屈指の電機メーカーの会長で資産何百億ともいわれている実業家というところである。そして、その実業家はなんと、犯人を殺した者には巨額の賞金を与えると広告したのであった。

世の中に金に目がくらむ者は多い。そこで、犯人はそれこそ日本中の人から命を狙われることになり、堪らず福岡県の警察に自首してきた。すると、犯人は犯罪を犯した管轄地の東京まで移送しなくてはならないが、問題は、移送中にあらゆる人から賞金目当てに命をつけ狙われる可能性がある、ということである。

普通ならそんな犯罪者がたまたま恨む人から殺されても世間は当然だとの思いで済ませるが、警察庁はなぜか、警察以外の手で犯人が処分されると沽券に係わるので、福岡から東京まで護送しなくてはならない。そこで、警視庁警護課の係員五人が護送に指名された。もともと警護課とは、総理大臣や外国からの要人などの周辺を警護するのが役割であるのに、なんで凶悪な殺人犯を警護しなくてはならないのだと担当警官はまったくもってモチベーションが上がらない。

それでも、ただ一人の犯人を福岡から護送するだけなら、多少の民間人が迫ってこようとなんとかなるはずだが、問題は警察内部にあった。すなわち、武器を帯びており捜査権ももつ警察というのは敵に回すとこれほど怖いものはない。それは、佐々木譲の「笑う警官」でもみたとおりである。

こうして、心情的には到底護るに値しない犯人を、信じられないほど困難な周囲からの攻撃に耐えて、いかに東京に護送するかというある意味分かりやすいストーリーなのだが、劇画的と分かっていても手に汗握る。

俗にエンタメ小説と言われるが、私はエンタメ小説と、いわゆる純文学の境界は結構曖昧であると考えている。なぜなら、松本清張なども、推理仕立てであっても文学性を重視していたからである。

とはいえ、「藁の楯」は、相当にエンタメ小説の極北にあるだろう。ともかくも、通勤の満員電車の混雑を忘れさせてくれる、ここまでの緊縛度の小説はなかなかないのであった。

双子素数

user-pic
0

以前に、双子素数について具体的に計算した結果を述べたが、「21世紀の新しい数学」黒川信重×小島寛之 技術評論社を眺めていたら、双子素数の予想について記述があったので、簡単にメモしておく。

双子素数の定義は簡単で、要するに差が2の素数の対であり、(3,5)、(5,7)、(11,13)、(17,19)、(29,31)、(41,43)、(59,61)、(71,73)、(101,103)、(107,109)などがその例である。

双子素数の予想というのは、双子素数が無数にあるという予想なのだが、問題の分かりやすさに比べて、証明はとてつもなく難しい。

19世紀にブルンという人が、まるでエラトステネスの篩のように双子素数のようなものを取り出す篩を考えつき、その逆数和の収束性を示したが、そこからは双子素数の無限性は出てこない。ちなみに、双子素数でなく普通の素数の逆数の和をオイラーの無限和と呼び、オイラーはそれが発散することを示した。ただ、恐るべき緩慢な発散であるが。

ちなみに、リーマン予想が証明されると、素数定理がより少ない誤差で計算できたり、剰余位数で述べたアルティンの予想が肯定的に証明されたりするが、双子素数の予想にはあまり貢献しないという。

双子素数の予想に関連して、ニューハンプシャー大学の数学者によって、差が2でなく7千万以下の素数の対が無限にあることが証明されたが、双子素数の予想の証明にはまだ距離がありすぎる。

しかし、双子素数よりもさらに難しいのは、メルセンヌ素数の無限性である。世界最大の素数で述べたように、巨大素数はメルセンヌ素数であると相場は決まっている。数学者のコミュニティでは、メルセンヌ素数の無限性の証明が完成するのは、2500年頃と予想している。2050年の間違いではない。なんと、フェルマがフェルマ予想を提示して、それが証明されるまでにかかる時間よりもさらに長い時間が今からかかると見積もられている。

あと、4以上の偶数は2個の素数の和であらわされるというゴールドバッハ予想というのもある。私は双子素数で、ゴールドバッハ予想=双子素数予想と勘違いしていた。謹んでここに訂正しておく。

ゴールドバッハ予想も証明されていない。しかし、素数の和でなく、素数と素因数が2以下の数の和というように緩和すると、緩和されたゴールドバッハ予想は証明されるという。そういう意味で、差を2より広げるなど、緩和された双子素数の予想もありえる。

双子素数の予想とゴールドバッハ予想は双対の関係にあるというのだが、どういう意味で双対なのか私には全く想像もつかない。

街の灯

user-pic
0

「街の灯」というのはチャップリンの映画らしいが、映画に疎い私は観たことがない。そしてなんとなく、北村薫という作家の「街の灯」という小説を手に取った。

北村薫の文章を初めて読んだのは、貫井徳郎の慟哭の解説である。ここまで絶賛する解説がありえるのだろうかと、怪訝になるほどだった。

さて「街の灯」の舞台は昭和初期の東京である。その頃はというと日中戦争で日本が泥沼に陥りつつある頃だったと思うが、そんなそぶりは全く描かれない。なぜなら、出てくる人物は華族であったり伯爵夫人であったりするからで、主人公も大会社の社長を父に持つ大富豪の娘だったりする。

主人公は花村英子というのだが、流石に大富豪の娘だけあってどこに行くにもお抱えの運転手の車で行く。事情があって新しい運転手が雇われたのだが、会ってびっくり、その運転手は女性だった。名前を別宮みつ子といい、少なくとも当時、女性の運転手は極めて珍しかった。

英子は、凛とした別宮が気に入り、「虚栄の市」のヒロインにちなんで、ベッキーさんと呼ぶようにした。すると別宮は、二人だけのときはそう呼んでもいいが、人前では避けてほしいときちんとけじめをつけた。

その別宮はなかなか半端ではなく、刀を構えた荒くれ男どもに、一歩も怖じないで気合い勝ちしたこともあるほどである。それでいて英子の話し相手になり、推理好きな英子の謎解きの問いかけに機転や知恵をもって応じるという面もあった。そして英子の推理好がご嵩じて、いろいろな事件の謎を解いていくというのがこの本のストーリーなのだが、これは果たしてミステリーと呼ぶのだろうか。

というのは昭和初期の上流階級の華やかな暮らしの記述がメインで、謎解きはほんの付け足しだからである。それにしても北村薫は本格推理小説の書き手と聞いていたが、なんという柔らかい描写なのだろう。女流作家と勘違いするほどである。それでいて、華族の娘が敢えて清濁併せのんで、実業家の息子に嫁入りする様も描く。なかなか簡単な感想を許さない佳作なのだった。なんとなく夏目漱石の「彼岸過迄」の現代版のような気もするのだが、漱石をきちんと読み込んでいない私がいうと、当たらずともやはり遠いか。

なお、この作品はシリーズになっているようで、「玻璃の天」が第2作、「鷺と雪」が第3作のようである。それとなく読んでみることにしよう。

分身育成

user-pic
0

新聞の書籍広告をみていたら、「忙しい上司の分身育成術」というタイトルの本があり、苦笑してしまった。もう管理職を降りて10年近くたつが、管理職の時代忙しすぎて、部下や同僚からもっと部下に任せろ、分身となって任せられる人を育成しろと言われていたからである。

しかし当時、そうはいうけどね、と私は言葉を飲み込んだ。任せるというけど、任せるためにはある程度教えなくてはならないので時間が必要なのだが、私には部門のありとあらゆる雑用が回ってくるので、そんな余裕がない。しかも、時間ばかりかかる雑用を部下に押し付けても育成にはならない。単なるトラブル処理だからである。さらに、もっと仕事を任せろと言ってくれる部下に、そういうならではありがたく、雑用だけど仕事を任せようとすると、もう定時で帰宅していたりする。そうして私はまた一人夜11時近くまで会社に残って、予算の計算や、部門の人達のちょっとしたセキュリティ違反の後始末の書類作成、そして部門の人のパソコンのOS導入までも忙殺されるのだった。

もっと文句を言いたいのは上位管理職にだった。というのは自分の分身というか後任をつくろうにも、しかるべき人材を用意してくれないのである。それこそない袖は振れないのであって、ただ雑用を投げてくるばかりの上司にいつも反発を感じていたのだった。

そうはいっても私は手を拱いていたわけではなく、少なくともシスタンと部分と、特許実務の部分は、分身という言い方は相応しくないが、部下に才能を見出してうまく育成というか委譲できた。すると言い訳だが、「忙しい上司の分身育成術」というけど、我に人材を与えたまえ、そうすれば部分的に分身を育成してみよう、ということになる。

実はもっというと、私は、ライオンが我が子を谷底に落とす式の部下育成方式をとることができない。それは優しいというよりも、それで部下がめげたときのフォローをする勇気がないのだろう。私を管理職に登用してくれた上司は確かに、私を、谷底まではいかないが、丘底に落とす程度の鍛え方はしてくれた。それでひ弱だった私もある程度力をつけた。その勇気がなかったことが私をB級グルメならぬB級管理職に留めてしまったというか、私の管理職の技量は所詮その程度だったということのようである。

正統科学をドロップアウトした経歴のせいか、現代科学のパラダイムを素直に信じられない私は、科学ですごい発見があったけど、それでは現役の科学者の面子が立たないので握りつぶされたみたいな話が好きである。それで、徳間書店のそれっぽい本も愛読書の一部なので、最近も「超不都合な科学的真実」ケイ・ミズモリ著、徳間書店5次元文庫を買って読んでみた。

だいたいこういう本のトピックは、フリーエネルギーとか、UFOとか、超能力などがメインなのだが、この本は最初に医学ネタから始まる。すなわち、オーストラリアの医学博士サム・チャチョーチワが開発した療法は癌の免疫治療に関するもので、なんと99%の患者に対して効果を発揮したそうである。それは誘導消失法(Induced Remission Therapy)といい、死んだバクテリアの血清をがん細胞のような標的にくっつかせ、免疫機構がそれを攻撃するというものである。

この方法が極めて有効に働いたので学会は注目したが、大学病院は陰謀によりチャチョーチワ博士を陥れ、裁判にまで持ち込んだ。疲弊したチャチョーチワ博士は実質的に引退を余儀なくされた。実際、誘導消失法のような有効ながんの治療法があらわれると、製薬会社や従来のがん専門の医師が打撃を受ける。失職の危機に陥るのである。

次は、生物学者のガストン・ネサンが発見した不死身の微小生物ソマチッドである。これこそが生命の根源であると考えられ、健康なソマチッドをリンパ内注射することが、がんなども含む病気の治療にきわめて有効であることが分かった。しかしガストン・ネサンも、誘導消失法と同様の理由で医学界、学会から排除されてしまう。

その他、この本では、電子レンジでチンすることの、誘導電磁波よりもむしろ食べ物に対する危険性、HAARPによる陰謀、電気自動車の封じ込めと比較的既知の話題になったが、音による治療、テープを逆回ししたときあらわれるリバース・スピーチにこめられる無意識の感情、昆虫が利用する反重力の力、と個々に興味深いテーマがあらわれ、場合によりまた個別にとりあげてみたい。

私は、羽生が登場しない限り、竜王戦であっても流し見するだけに留めるのだが、今期の竜王戦はもしかして渡辺がタイトルを失うかもしれない節目になりそうで、つい注目している。

そこでいよいよ第4局である。渡辺にとってこれを負けると1勝3敗と防衛に赤信号が灯る。そこでこの将棋、渡辺は先番でやはり、一番納得のいく矢倉を選んだ。そういえば私が見るところ、渡辺が横歩取りや角換など選択するのはほとんど後手番である。ただもちろん、先手番であっても、相手が飛車を振ったり、一手損角換わりなどやってきたら素直に受けて立つのが渡辺である。間違っても振飛車も相振飛車もやらない。

後手番の森内は、今局も1~3局と同様に阿久津流急戦かと思ったら、流石に飽きたのか普通に追随して、渡辺にあっさり46銀戦法に組ませた。これ、先手矢倉の一つの理想形なのだが、なぜか最近、研究が進み、後手番の勝率が上がっている。羽生が今期の名人戦の最終局で森内に惨敗したのも、この形の先番のほうをもってである。

戻って、45手目に岐路がきた。ここで普通は宮田新手の▲65歩なのだが、渡辺は敢えてオールドファッション(というほどでもないか)の▲25桂。統計的に単に▲25桂は先手が少し分が悪いとされる。渡辺はなにか研究があるのだろうか。すると森内は△45歩と反発した。それに対して渡辺は▲同銀と取り、後手は△19角成とする。この形は最早古典的といえる。私の記憶では典型的には佐藤康光が谷川から名人を奪った将棋で、佐藤が先手をもって勝ち切った。一体何年前だろう。

その後は定跡どおりに進み、▲44歩に△45馬、▲43歩成、△同金、▲19角となるよくある変化に進んだ。これに対して普通は△46歩なのだが、森内は敢えて単に△64歩とした。以下、▲48飛に△46歩、▲同角。そこで△44歩かと思ったら△44馬。森内は微妙にアクセントをつける。ここでも普通は▲65歩なのだが、渡辺は単に▲37角。微妙なバリエーションが交錯する。ともかく△45歩、▲65歩となってもとの形に戻った。

ここで森内に好手が出る。△75歩である。これが微妙な味付けになるのだというが、私には理解できない。渡辺は堂々と▲同歩。そして森内は△46銀でなく△35歩。このあたり、解説のプロにもよく分からないらしい。それに対して渡辺は▲64歩と取り込み、森内は当然の△36歩。以下、▲19角に△62飛。ここでやっと私にも△75歩の意味が分かった。▲63歩成△同飛として91の香を角で取りたいのだが、△76歩の反撃が怖い。

なんと、ここで解説の羽生は後手がいいという。そこで渡辺は▲32歩。よく分からないけどいかにもプロ的である。ここで森内は△66歩。強気の反撃に出た。▲同銀に羽生は△37銀、▲68飛、△64銀で先手困っているというが、森内は強気に△65銀。ここで渡辺に83手目で▲55銀という妙手が出た。なんと銀の只捨てであるが、羽生は好手と褒める。

以下、△32玉、▲63金、△42飛、▲53金、△同馬。一体どちらがいいのだろう。

渡辺は▲33歩から攻める。以下、△同桂、▲63歩成、△同馬、▲34歩、△同金、▲35歩。これに対して森内は△44金。普通は△35同銀だが、これの方が受け切れると読んだのだろうか。その後、▲44同角、△同飛に▲34金は予想されたとおりだが、▲55銀の方が正解だったというのだから分からない。

以下森内は△53馬でなく△53金と一枚入れる。それでも検討陣は先手がよくなる変化を多く示す。先手有利なのか。以下、▲44金、△同金、▲61飛。素人目には後手が受けにくそうだが、森内は△52角。これが受けの好手だった。以下、▲11飛成に受けないで森内は△66歩の攻め合い。渡辺は当然の▲12龍。さて後手はどう受けるのか。

森内は△43玉と躱す。そして▲64歩に森内は△同馬。なんとなく後手がよくなったのではないだろうか。以下、▲34銀、△53玉、▲33銀不成となって、大詰めである。これを森内は一旦△同銀と取り、▲同桂成にいよいよ△67歩成。以下、▲42龍、△62玉となって後手よさそうであるが、先手は秘策があるのか。

これに渡辺は▲71銀。取る手もあるのかもしれないが森内は△63玉。渡辺は▲44龍。なんとなく▲55龍が嫌なので森内は手厚く△54金。以下▲62金、△73玉に▲52金と単に角を取る。森内に下駄を預けた格好である。森内は△78と、▲同飛に△67金。詰めろである。以下一旦▲43龍と入り、△53歩に▲74香。△83玉に▲61角も決めて、△93玉に▲68歩と渡辺は催促する。そこで森内は△78金、▲同玉、△77歩、▲同桂に△67銀、これを渡辺は▲同歩と取ってあっさり詰まされたが、▲同玉だと例えば△66銀打で▲58玉には△57銀成、▲同玉、△46馬以下、▲78玉には△77銀成、▲同玉、△79飛以下詰みである。64馬がよく利いている。

渡辺の敗着はなんなんだろう。101手目の34金なのだろうか。私には難しすぎる。ともかく森内が冴えているだけでなく、渡辺はいまいち本調子ではないとみる。いいときの渡辺なら、この将棋、攻めきっていただろう。

MSオフィス製品のうちの表計算ソフトであるエクセルをばりばりと使いこなす人をエクセラーと呼ぶが、私はエクセルだけでなくワードやパワポなどMSオフィス製品を駆使する人に対して深いコンプレックスをもつとともに、自分はC++やPerlの使い手なんだと必死に屈折したプライドを保ってきた。

実は私だってMSオフィス製品を使いこなそうと何度も本を買ってきて努力した。しかしC++が一応書けるはずのは私は、なぜかいつも挫折してしまうのだった。そしてエクセルの関数を使えばよい場合でも、わざわざPerlで値を計算し、HTMLやcsvを生成してエクセルに取り込むことでデータを作成していたのだが、私が作成したエクセルの表をみて、合計欄なのに関数が入っていなかったりして、何これ?と怪訝がられていた。

ところが最近仕事が変わり、ついにエクセルから逃げられなくなった。何しろ、きちんとエクセルの表で結果をまとめて、場合によってはグラフもつけて完成させないと仕事にならないので焦った。

そこでついに背水の陣でエクセルに取り組むことになった。例によって易しいものからちょっと高度なものまでマニュアル本を複数冊買って、本にある例を試すだが、サンプルのデータがないので、仕方なくPerlでcsvを乱数関数など使用して生成させて、関数やグラフ、ピボット・テーブルなど試していった。

土日ずっとエクセルの勉強をしていたら、もしかしてようやく初心者を脱して中級者になったかと錯覚できるところまできた。ただ、関数はほとんどまだ覚えているわけではなく、マクロも全然知らないので、やはり初心者から脱することができていないかもしれない。

私の知り合いのある研究員は、エクセルを駆使して随分高度なことが実現できるので、エクセラーと呼ばれて尊敬されていた。昔の歌で、♪まんまる顔の女の子って幸せになれるって、わたしってなれそう♪というのがあったが、ちょっとまだ「わたしってなれそう」なんて言えない。そもそも、以前に私がC++でGUIのアプリを作成したら、ある知り合いから、どうやったらこんなセンスの悪い画面にできるのか、と真面目な顔して首をひねられたことがあった。するとどうもGUI的なアプリ-エクセルだってそうであるのだが-は私には基本的に向かないようである。エクセラーへの道は遠すぎる。

沈底魚

user-pic
0

こちらに書いたように、約9ヶ月前、曽根圭介の「本ボシ」という警察小説を読んだが、どうもストーリーがすっきりせず、しっくりこなかった。

ところが最近古書店でたまたま、曽根圭介の「沈底魚」講談社文庫というのを見つけて、ああこれが曽根圭介の江戸川乱歩賞作なのだと思いだし、買って読んでみることにした。

「沈底魚」の主人公は、警視庁公安部外事第二課の刑事、不破である。外事第二課はアジア担当で特にメインの対象は中国である。すなわち対中国の防諜などを担当する。

その外事第二課に、現職国会議員で次期総理大臣の呼び声が高い芥川健太郎が中国のスパイかもしれないという驚くべき情報が入り、騒然となる。

不破は後輩の若林とともにこの事件を担当しようとするが、警察庁から送り込まれた辣腕の女理事官、凸井の指揮により自由な捜査を阻まれる。凸井の存在は、ただでさえ独立不羈の外事第二課内の刑事たちの中に波風をたて、不破と若林は他の刑事たちの反発を受けて翻弄される。

公安部なので、外事第二課も中国大使館などにS、すなわちスパイを抱え、独自に情報を入手しようとするが、外事第二課内に二重スパイがいるらしくて、情報が錯綜し、不破はだれがスパイで誰がこちらの味方なのか分からなくなり、米国への亡命を希望する中国外務省の職員の扱いを巡り、不破も含め外事第二課が何者かに暴力を受けたりする。

読んでいて、誰がスパイで誰がスパイでないのか、スパイでも実は二重スパイ、三重スパイではないのかと疑問が出てきて、すべてが信じられなくなるという意味では、馳星周の「不夜城」に匹敵するハードボイルド小説である。面白いかといえばそうでなくもないが、なぜこれが江戸川乱歩賞作なのかという素朴な疑問は残るのだった。

たまたま読んだ「ロボットのしくみ」新星出版社に戦争ロボットのことが記述されていたので、私なりにまとめてみる。

戦争ロボットが以前によりも必要とされるようになった理由として、戦争様式の変化がある。すなわち、総力戦でなく重要施設に絞った攻撃が主流になってくるに従って、偵察や情報収集の必要性が増してきた。そのような役割は、人間よりも寧ろロボットが向いている。様々なセンサや通信機器を活用できるからである。

また、地雷などの爆発物処理の問題もある。人間が爆発物処理を担当すると、処理が失敗したときに危険が大きすぎる。

さらに、人材育成の問題もある。例えば有人軍用機が撃墜された場合、高価な戦闘機が失われるだけでなく、場合によりパイロットの命も失われる。パイロットを一人養成するのに約6億円かかると言われている。しかも3年から5年かかる。戦闘パイロットの命を容赦なく浪費した旧日本軍はあまりにも妥当性を欠いたのだった。

このような理由から米議会は、2015年までに軍事用地上車両の3分の1を無人化するように国防総省に提案している。

軍事用ロボットの典型的な例として、フォスター・ミラー社のタロンがある。タロンは、無線で遠隔操作され、クローラとカメラをもち、爆発物処理用のマニピュレータをもつ。タロンは2000年のボスニア紛争に投入され、2003年のイラク戦争にも使用された。タロンのような装備は、UGV(unmanned ground vehicle)すなわち無人地上車両とも呼ばれる。

もともと爆発物処理などの防御用だったタロンは、2008年に攻撃用としてもイラクで試用されたが、味方に銃を向けるという問題が発生してたった11時間で撤収された。敵と味方の識別がロボット兵器の課題である。

UGVとして分類されるロボットにはいくつかの種類があり、そのうちの1つにMTRS(man transportable robotic system)、すなわち個人携帯ロボットシステムがある。MTRSは攻撃用というよりも寧ろ主として索敵や偵察用である。MTRSの例として、アイ・ロボット社のバックポット、米海兵隊の四輪駆動装備のドラゴン・ランナー、イスラエルの無人偵察・戦闘ロボット、バイパーなどがある。

さらに山岳地帯などで荷物搬送に威力を発揮する四足歩行のビッグドッグがある。35度の傾斜でも荒地でも平気で登る強さがある。

さらに、最近特に問題となっているのは、UAV(unmanned air vehicle)、すなわち無人航空機である。有人戦闘機との値段の比較はどうかというと、無人航空機のRQ-4グローバルホークが約200億円、RQ-1Aプレデターが約20億円と必ずしも安価ではないが、通常戦闘機のF-15Jイーグルが約125億円、F-117ナイトホーク・ステルス戦闘機が約300億円とコストの比較は微妙であるが、パイロットの損失を考慮しなくていいのは朗報である。

UAVのうち特に戦闘能力をもつものをUCAV(unmanned combat air force)がある。またUAVには次のような分類がある。

  • 高高度長時間滞空:HALE(high altitude long endurance)、主としてRQ-4グローバルホークで運用。
  • 中高度長時間滞空:MALE(medium altitude long endurance)、主としてRQ-1Aプレデターで運用。
  • 低高度長時間滞空:LALE(low altitude long endurance)、主としてRQ-1Aプレデターで運用。

それでは今後の戦場はどうなるかというと、兵士とロボットの共同戦線になる。すなわち有人車両に付随して、MTRS、MULE(multifunctional utility/logistics equipment vehicle)すなわち多機能ロボット車、UAV、UGS(unmanned ground sensor)すなわち無人地上センサー、NLOS-LS(non-line of sight - launch system)が戦闘に加わるのだが、最早ロボットの方が主力に見えてくる。しかしこの無機質なおぞましさは一体何だろう。

今から3年以上も前にマルチスレッドという駄文を書いたが、人間はどうしても所詮シングルプロセッサなので、マルチタスクやマルチスレッドを実現しようとすると、頻繁にコンテキストスイッチングしなくてはならない。そのコストは半端ではないはずなのだが、つい見過ごされて、世間ではマルチスレッドな人間が万能だともてはやされることになる。

マルチスレッドではないが、プルリリンギストすなわち多言語主義者で、10か国語以上ペラペラという人がいたら尊敬されるかもしれない。しかし10か国語以上を所定レベルに維持するだけのメンテナンスで一生終えてしまうだろう。それでもいいならいいんだけど。

私はというと、別にプルリリンギストではなくて日本語の他に英語が多少理解できるだけだが、ほとんど病的に知的な多様性を求めてさすらっている。

すなわち、物理学、数学、哲学、将棋、囲碁などであってもともと才能というか知的リソースが少ないのにそれを細分化すると一層各々が手薄になり、惨めなほどである。

これは丁度、CPUが遅くメモリも少ないのに無理してパソコンで沢山のアプリケーションを開いていることに対応する。すると、タスクスイッチングのコストが半端でなくなるとともに、ディスクの仮想領域への書き出しが頻繁になり、一種ハングしたような状態になる。私がときどき意味もなく茫然としているのはそのせいである。

最近少し自分でもほっとするのは、ミステリーなどの読書を通じて読書の楽しみを再発見したことである。ただこれはこれでリソースは消費するので、そんなに多読はできないにしろ、全体の読書の潤滑油の役割を果たしている。

しかし無意味に知的に貪欲な私はなんとかミステリーなどの読書を知的刺激に活かせないかと考えている。例えば、蓬莱から徐福伝説に興味をもったのが一例である。

また歴史の初心者である私には、ハプスブルグの宝剣ののような優れた小説は、ヨーロッパ史に対する導入、あるいは触媒としてぴったりである。

こうして何の成果もない私のジプシーのような知的生活は続く。吹けば飛ぶよな将棋の駒に賭けた命を笑わば笑えという歌の文句が急に浮かんだ。しかし私は特に命は賭けていない。その軽さに再び苦笑いなのだった。

竜王戦第2局で渡辺が負けると、いかに竜王9連覇とはいえ、流石に今期は渡辺の防衛は危ないのではないかとプロ棋士たちも思っているようである。なにしろ内容がよくない。あるいは、森内が攻守に冴えているともいえる。

好不調は誰でもあるが、もしかして渡辺が本質的な不調なのではと推測してしまうのは、渡辺が今やエントロピー的不調ではないかとみえてしまうからである。

エントロピー的不調というのは聞きなれない用語であるが、それもそのはずで私の造語である。経営学的にいえば、例えばGMが典型的にそうであるように、成功したエクセレント・カンパニーは、その成功パラダイムゆえに、特定のパターンから抜け出すことができなくなる。要するに情報的に新規さがなくなり、組織のエントロピーが増大するという次第である。

渡辺竜王は、決して飛車は振らないで、矢倉、角換わり、そして横歩取りという比較的限られた戦法の範囲で緻密に研究してここまで成功してきた。居飛車であっても、相懸系もそんなに指さない。

そして緻密な研究と、卓越した中終盤センスが渡辺を一流棋士にしたと言っても過言ではない。しかし、どんな物事にもエントロピーは溜まる。渡辺といえどもその宇宙の法則を逃れることはできない。

実はどんな一流棋士もエントロピー的不調から逃れるためにスクラップ&ビルドを繰り返してきた。例えば大山康晴。大山は若い頃正統な居飛車党でしかも攻め将棋であったが、兄弟子の升田に受けつぶされてしまうので受け将棋に転じた。そして次第に振飛車を取り入れていった。ある年代からはほとんど振飛車一本であった。するとエントロピー的不調に陥りそうなものだが、大山の振飛車は定形がなく、アメーバ、あるいはインフルエンザ・ウイルスのように変幻自在、掴みどころがなかった。それでも山田道美など、打倒大山を宣言して振飛車破りを研究し、一時は成果を得たこともあったが、結局はワクチンが効かなくなり、トータルでは負け越した。すなわち大山は蓄積するエントロピーを放出するルーチンを内在させている。

全く異なる方法でエントロピーを捨てているのが羽生である。あらゆる戦法を研究し、どんな戦型も厭わず指す。すると特定の戦法の権威にはならない代わりに、やはりエントロピーが増えない。

ところがエントロピーの増大を厭わない棋士というのもいる。将棋では加藤一二三。囲碁では武宮正樹である。加藤や武宮は何十年にも亘って同じような方針で将棋、あるいは囲碁に接しているように見える。なのに不思議にエントロピーの増大を感じさせないで第一線を維持している。天才とはこういう人のことをいうのではあるまいか。ただどうしても加藤も武宮も、真のトップ棋士には一歩実績で劣る。将棋の大山、中原、羽生などである。囲碁なら趙治勲、小林光一といったところか。

戻って渡辺は加藤や武宮の道を採るのだろうか。そうには見えなくて羽生、大山を志向しているに違いない。なぜなら史上初の永世竜王なのである。その時点で加藤一二三的ではない。ならばどうやってこの世の憂さでなくエントロピーを捨てるか、それが渡辺の大きな課題になってきているように思われる。

毀誉褒貶はあっても、私は基本的に志村五郎氏を尊敬していて、分かりやすくいうとファンなので、著書をみつけたらなるべく買うようにしている。ちくま学芸文庫の「数学をいかに使うか」、「数学の好きな人のために」、「数学で何が重要か」の三部作ももちろん買った。

これらのシリーズは必ずしも数学の専門家でなく私のような単なる好事家も対象としているようであるが、しかし、きちんと数式を使って本格的に数学の内容が解説されており、よほど気合いを入れないと理解が大変である(少なくとも、私のようなレベルの者にはである)。

特に「数学で何が重要か」に志村氏の数学に対する価値観が滲み出ているように思われるので、私なりに簡単にまとめてみる。

最初に先ず、コの字型の原理というのが言及される。これは、数学的対象AとBがあって、AとBがともに性質Pをもつ。そこでAとBにある作用を施してCをつくったときに、Cが性質Pをもつということの証明の原理がコの字型の原理なのだという。コという文字は上から右に進み、降りて左に行くからそれが論理の道順らしい。なるほどそれは本質的だと感じるのだが、こんな重要なことがきちんと教えられず、大学数学の前提となっているのに、相当優秀な学生でもこれを理解していないのだという。きっとこれに類することは沢山あるに違いない。

次に、実数論は教える必要があるのか、というのだが、確かに私が高木貞治の「解析概論」を読んだとき、デデキントの切断で実数を説明する章があって、流石に格調が高いと感心したのだが、その後の展開にはあまり関係なかった。志村氏が指摘するように、コーシー列さえ記述すればεδ論法にもなんとかなるのかもしれない。

次のピタゴラスの定理では、志村氏が一番簡明な証明を与えて、それがあるので別の冗長な証明は不要ではというのは確かにそうかもしれない。しかし歴史的な証明もみたいと思うのも人情なような気もするのだが、そんなの勉強する暇があったらもっと現代数学を学びなさいということになるのだろうか。

次に数学オリンピックに言及して志村氏は、そもそも将棋の高校選手権と将棋のプロとではレベルが違うだけでゲームの質としては同じであるところ、数学オリンピックと数学者とは違うのだという。何が違うのかというと、数学者は与えられた問題を解くだけでなくて自発性を続けなくてはならないということである。ただ、ペレリマンのように、数学オリンピックのチャンピオンからそのままフィールズ賞まで突っ走る人もいる。分からないものである。

次にガロア理論が言及されるが、志村氏は、いくらガロアが悲劇的な生涯だったといってもそんな勿体つけることはない、普通に使われる定理にすぎないと冷静に言う。まさにそうなのであって、私のようにガロア理論のシナリオなどと恰好つけても仕方ない。

それから話は代数的整数論になり、このあたりは志村氏の専門にかなり近いのだろうが、代数的整数論とそれから類体論となるとどうしても高木貞治は外せないと思うのだけれども、志村氏はよほど高木貞治が嫌いなのか見事なまでに高木貞治の名前が出てこない。そして次に、代数群における類と強近似定理と専門分野が言及されている。これはまさに志村氏の専門で、この分野を重要と思っているということだろう。

私は志村氏のファンなのでいいけれども、このような展開に顔をしかめる数学者もいるのだはないだろうか。

ともかくあいにく、志村氏の説く、数学の大局観というか正統筋というのは私は到底分からないが、それが正統なんだろうと私は信じる次第である。

メタボ薬

user-pic
0

以前に、メタボはなぜよくないかでメタボの病理を簡単にみたが、その後もヘパトカインなどメタボ関連のホルモンの記事は折に触れてフォローした。最近読売新聞の記事で、メタボ薬に関する記述があったので、簡単にメモしてみる。

東大の門脇孝教授(代謝内科学)の研究チームは、メタボでありながら心臓病などの合弁症で運動や食事制限ができない人の飲み薬の候補を発見した。

すなわち、肥満の人では、アディポネクチンという善玉ホルモンの分泌が減り、糖尿病やメタボにつながることが知られている。よってアディポネクチンを薬にできればメタボ薬として使えると期待されたが、アディポネクチンは構造が複雑なため、飲み薬として量産することが難しかった。

そこで研究チームは、飲み薬として使えそうな数百の化学物質を試し、アディポネクチンと似た働きをする物質を発見した。そして脂肪の多い食事で太らせたマウスにその物質を飲ませて効果をみたところ、マウスの食べる量や体重に変化はなかったものの、血糖値や中性脂肪の濃度が下がった。また肥満による筋力低下を抑える効果も見られた。

また、マウスに高脂肪の食事を続けると、120日後に7割が亡くなるが、この物質を併せて飲ませると死亡率が3割に減った。よってこの物質は、将来のメタボ薬として期待されている。

アディポネクチンは、住友病院院長の松沢祐次氏が1995年に発見したホルモンである。脂肪細胞から分泌されるホルモンで、運動や食事制限で増える。不足するとがん、心臓病、肝臓病、アルツハイマーなどの成人病が発生しやすくなる。長寿者ではアディポネクチンの血中濃度が高いという。

公開特許公報をみると、資生堂、ライオン、大正製薬、ファンケルなどが既に経口のアディポネクチン産生促進剤を開発しているようである。それは例えば、キャベツやある種のマメなど、普通の食品からアディポネクチン産生促進剤を抽出するものである。すると普段の野菜などにアディポネクチン産生促進剤がもともと含まれているということになるが、それではまだ効果が薄いので直接、アディポネクチンに効果が似た物質を投与するということになるのだろうか。

一応の推定

user-pic
0

古書店でたまたま、「一応の推定」広川純著、文春文庫を見つけて手にとってみた。どうも保険ミステリーらしい。私の知る保険ミステリーといえば、貴志祐介の「黒い家」がある。ともかく、松本清張賞受賞作とあるので、あるレベルにはあるんだろうと思って買って読んでみることにした。

一応の推定というのは、生命保険契約法の判例における専門用語で、遺書がみつからないなどの理由により、ある人が死亡した原因が自殺であると直接立証することが困難である場合、典型的な自殺の状況が立証されれば、裁判で自殺の立証としてそれで足りるとする判例のようである。

この小説で、一応の推定がなされるのは、鉄道事故。いわゆる人身事故といわれるものである。関東圏ではほとんど毎日のように人身事故がおきて、列車が遅れる。なので私はどうしても遅刻してはいけない約束がある場合、少なくとも1時間くらい前に着ける予定で家を出たりする。

その人身事故であるが、みんないちいち指摘しないが、ほとんどは自殺であると思っている。まさに一応の推定である。それでもときどき酔っ払いが酔って線路に落ちる場合もあるし、ホームでの混雑で押されて人が落ちる場合もある。意図的に突き落す、すなわち殺人事件になるような場合は極めて稀であろう。

よって警察の観点からは人身事故はあまり問題にならず、寧ろ問題とするのは生命保険会社である。なぜなら、普通の生命保険では、契約から1年以内の自殺した場合は保険料が支払われない。傷害保険での死亡時支払条件をもつものについては、契約から何年たっても自殺には保険金は払われない。よって自殺かどうかの認定が必要になる場合があり、このような調査を行う保険調査事務所というものがある。「一応の推定」では、保険調査事務所の定年間際の村越という調査員が主役であり、どうみても自殺としか推定することのできない傷害保険における鉄道事故の事案について、村越が探偵か刑事並みの推理を進めていく。

すなわち本来は自殺だからと簡単に処理してしまえた案件が、亡くなった被保険者の孫が難病で、治療に莫大な費用がかかるという事実を村越が知ってしまったことから、村越の気持ちが動く。そして鉄道事故に目撃者はいなかったか、被保険者に何か重大な病気はなかったか、と追求して、知り合いの知り合いまで聞き込みが広げられ、意外な事実が集まる。

このあたり、冷静にみるとちょっと出来すぎのように感じられる箇所もあるが、ストーリーの質に影響するほどではない。寧ろ、保険の調査という地味な仕事を淡々と記述して飽きさせない手腕は相当であるとみた。

それにしても、保険の調査はいかにも微妙な仕事だと痛感した次第である。

白馬非馬

user-pic
0

中国の古来からの議論として、白馬は馬にあらず、という命題はよく聞くが、諸橋轍次の「荘子物語」講談社学術文庫に簡単な紹介があったので、私なりにまとめてみる。

白馬は馬にあらず、すなわち白馬非馬を唱えた人として有名なのは公孫龍であり、その論旨は次のとおりである。すなわち、白い馬は馬ではない、なぜなら、われわれが馬を買うというとき、黄色い馬でも黒い馬でも買うことができる。然るに、白い馬を買うときは、最早、黄色い馬や黒い馬を買うことはできない。よって白い馬は馬ではない、という次第である。

多分に詭弁であるが、公孫龍より前に、墨子は、白い馬は馬である、と述べた。漢文だと、白馬是馬と書くのだろうか。その論旨は常識に近く、次のようなものである。すなわち、白い馬は馬である、なぜなら、白い馬に乗るということは馬に乗るということである。白い馬を買うということは馬を買うということである。なので、白馬は馬である。

ここで、「荘子物語」から離れる。20世紀の前半に、ヒルベルト、ホワイトヘッド、ラッセルなどが集合論の矛盾に端を発する数学の危機というか矛盾をどう扱うか頭を悩ました。これを解消しようと、ラッセルはタイプ理論を提案したが、ここではそんな高級な議論を持ち出すまでもなく、集合論の基本的な考え方により、白馬非馬を説明することができる。

先ず、馬全体の集合をXとする。そして、白馬全体の集合をA、黄色い馬全体の集合をB、黒い馬全体の集合をCとする。斑の馬もいるので、馬全体の集合を色で直和分割できるのかどうかわからない。ともかく、明らかにA⊂X、B⊂X、C⊂Xであるが、決してA=Xではない。なぜなら、白馬だけでなく黒い馬も存在するからである。これが白馬は馬ではない、ということの論理的表現である。

ところがである、A⊂Xが成立するとき、個別の白馬a∈Aをとってみると、a∈A ⇒ a∈Xが成立する。この議論をもって墨子は、白馬は馬であると言った次第で、これはこれで妥当である。

すると要するに、問題は、白馬は馬である、というときの「~である」の定義なのであった。公孫龍は「~である」を「=」と定義し、墨子は「~である」を「⊂」と定義した。すると、X=Xは、X⊂Xでもあるので、墨子の定義の方が広い。流石、博愛主義者である、ということになるのであった。

このような議論をすると、折角の中国哲学の格調がなくなってしまう。なのでつまらなくなるのだが、このように哲学を陳腐化させることは、ヴィトゲンシュタインの意図だったのではないだろうか。

奥田英朗については、「イン・ザ・プール」、「空中ブランコ」、「最悪」と読んできて、あまり例のない作家なので最初はちょっと違和感を感じつつも奥田英朗の半端でない才能を認識し始めていたところ、今度は、「サウスバウンド」という作品を紹介された。

そこで早速アマゾンで注文して読み始めた。すると最初は、東京の中野あたりに住む平凡な家庭の二郎という小学生が主人公で、学校で友達とゲームセンターに行ったり、不良の中学生にからまれたりと、あれっ、平凡なホームドラマかと思ってしまった。

しかし読み進めていくと次第にそうでないと分かる。実は二郎の父親、上原一郎は、元学生運動の闘士で、いわゆる元過激派なのだった。

学生運動の闘士というのは、基本的に行動力があって頭がよく、人望があったりするので、過去を封印して一流企業に就職することができれば、結構出世する。どうしても過去を封印できないのは、リーダーで目立った人達である。具体的に名前を挙げると秋田明大、塩見孝也などである。こういう人達は結局、まともな仕事にありつけず、なんとか糊口を凌いでいった。そういえば数々の名著をものにしている山本義隆もそうである。学生運動に関与していなければ、その学殖に鑑みると、山本義隆は確実に有名大学の教授だったろう。

戻って、上原一郎は、学生運動から下りたものの、決して世間に妥協せず、自称アナーキストとして、まともな仕事に就かず、作家の真似事をしていた。すると生活費を稼ぐのは妻のさくらであったが、この妻がまた半端でなく、重信房子ではないが元女学生運動家なのだった。

こんな両親によって、二郎と妹の桃子は、放任というかあまり親らしく面倒をみてもらえず、貧しく育てられる。

ともかくも二郎と桃子は、苛めを受けたりしながら健気に生きていくのだが、いつも、それをぶち壊しにするのは、父親の一郎だった。なにしろ役所にも学校にも一切妥協しない。公安警察からは未だにマークされている。

しかしあるとき、父と同じ組織の後輩が居候として転がり込んできて起こした事件によって上原家は東京の住まいを追われ、父の故郷の縁で石垣島を経由して西表島にたどり着く。

島といえば私も曲がりなりにも島の出身であり、上原家とは逆に島から東京に出てきたのでその意味でも違うのだが、より大きい違いは僻地度である。東京に比べたら僻地とはいえ私の島は目の前が本土であり、西表島よりも遥かに便利である。そういえば以前に知り合いで配偶者が種子島の出身という人がいた。その本人は京都の出身なので、種子島に帰省すると夜き真っ暗でなにもなく唖然とするという。西表島は「もっと」であろう。

そんな西表島に来て、二郎と桃子は一刻も早く東京に舞い戻りたかったが、元過激派の一郎とその妻は、むしろ生き返ったように日々働いた。次第に二郎と桃子も西表島に馴染んできたころ、問題が勃発する。再開発計画により、上原一家は仮の宿を追い出されそうになる。そこで一郎の元過激派の血が騒ぐ。さくらの血もである。

それで島を挙げての大問題とはなったが、所有権をもつ企業には勝てず、結局一郎とさくらは、船で西表島を脱出するのだが、そこでようやく題名の「サウスバウンド」の意味が明らかになるが、それは言わずもがなだろう。

先日も将棋の社団戦に参加させてもらえるという幸運に浴したが、ああいう場にいて心地よいのは、将棋にそれなりに打ち込んだ者だけが参加できるコミュニティに自分も属しているという帰属意識である。そこでは特定の戦法名や棋士の名前をジャーゴンのように口にすると、たちどころに反応が返ってくる。それはまるで、合言葉を使った秘密組織のメンバー同士のやりとりである。

そういう帰属意識としてのアイデンティティは感じるものの、一方で、私程度の棋力ではほとんど注目されるに値しない。そこで一目置かれるためには最低限でも東京都か関東のある県で代表になった経験があることが必要条件で、私には到底無理な目標なので、単に将棋コミュニティに没入する以上のアイデンティティをもつことができない。

そういう一抹の寂しさを紛らすために、せめて広く読書して、教養をみにつけているふりをするのだが、どれも中途半端なので、私の寂しさは通奏低音になっている。

ただ一方で、将棋にあまり興味がない人からみると、私のような弱小アマチュアと、県代表以上の一目置かれるアマ強豪の見分けさえつかないだろう。なにしろ、駆使する表面的なジャーゴンは同じである。

しかしその内実は大きく異なる。私からみてアマ強豪と呼ばれる人達は、私が楽しみ、あるいは教養のために費やす読書の大部分の時間が将棋に投入される。なぜなら、アマ棋士として第一線を保つには、日々プロによって生産される新定跡に目を配らなくてはならない。ちらっと眺める程度なら私だってやっていないこともないが、きちんと手順の意味を理解し、自分でも実戦で使ってみれる程度になるためには毎日数時間の勉強が必要で、するともし会社に勤務していると、余暇のほとんどを将棋に投入しなくてはならない。

棋書だって、私なら年にせいぜい何冊か、気が向いたものを買うだけだが、ある知り合いのアマ強豪に聞くと、よほど初心者向けでない限り、出た棋書はすべて買うのだそうである。読んだことがない棋書がある、というのはありえないようである。

このような努力を維持して保つアマ強豪のアイデンティティとは何だろうか、それは一つには私のようなアマ弱豪?など眼中になくてプロを見据えているというプライドだろうか。これもあるアマ強豪の発言であるが、自分はC級2組に所属する棋士のうち、伸び盛りの若手、すなわちC級2組が単なる通過点でないような棋士には勝てる自信があると言っていた。事実がそうなのかどうか確かめようもないが、最近のアマプロ戦をみていると、それがそんなに妥当性を欠くものではないとは思う。

それにしても、アマ強豪というアイデンティティは、弁護士のような特定の資格ではないので、日々の努力で維持していかなくてはならない。それはシジフォスでなくてなんだろうか。そんなことを言っているから私はますます、アマ弱豪なのであった。

嗜好

user-pic
0

還暦近くまで生きてきて、嗜好とは不思議なものだとつくづく思う。例えば、私にとって卑近な例を挙げると、勝負事がある。将棋は私にとって一番の趣味で、しかし身内に将棋が好きな人なんていないので、少なくとも遺伝や環境のせいにはできない。

世間的にみて将棋と類似する勝負事に囲碁があるが、将棋が好きな人は囲碁も好きかというとそれはあまり一般的にはいえない。その逆も同様である。例えば、私の将棋仲間の囲碁もかなりたしなむという人は少数である。相対的には私は、一応弱い二段を自認していて、棋友の中では囲碁にも興味がある方だろう。

そういえば、昔の将棋のプロ棋士は、結構な比率で囲碁の高段者であった。大山、升田、米長などである。米長など調子に乗って囲碁の本まで出したほどである。ところが最近の将棋の若手棋士は、そんなに囲碁が強いようには思えない。先崎は、奥さんが囲碁の女流棋士であるからかもしれないが、アマ六段はあるようである。囲碁将棋チャンネルで、小林覚九段に五子で指導対局受けていたが、途中から乱れて完敗していた。それでも局後に、なかなか力強いですね、努力すればもっと強くなれるのにと褒められたら、いえ、これ以上努力するのは大変なので、これくらいでいいんです、と照れていた。将棋のプロ棋士なのに囲碁も狂ったように努力するというのは真部あたりが最後であろうか。

真部といえば、昔ライバル視されていたのは青野だったが、青野は、私の知る限り、囲碁はおろか将棋以外の勝負事に全く興味をもたない。やはり一般的にはプロ棋士は囲碁、麻雀、競馬、競輪、バックギャモン、チェスなど広く勝負事に興味をもつ。当たり前かもしれないが、広く勝負事に興味をもつ棋士の方が一般的に勝負強いようである。渡辺竜王の競馬好きは有名である。

ただ、チェスはやはり特殊で、少なくとも日本では、普通に暮らしていたら自然にチェスに馴染むということはない。そういう意味で、羽生や森内のチェス好きはかなり特殊である。私はチェスを指すと感覚的に将棋がおかしくなってしまうと思うのだが、羽生や森内の実績がそうではないと雄弁に語っている。

さて、将棋に限ってみても、嗜好のバリエーションは多様である。分かりやすいのが、居飛車党か振飛車党かの区別で、どちらでも指す棋士もいるが、大抵はどちらかに偏る。

居飛車党と言ってもなかなか手広く、矢倉党、横歩取り党、角交換党、相懸党とあり、矢倉の中でも本格的な持久戦が好きな人もいれば、矢倉中飛車のような急戦が好きな人もいる。

振飛車党も、中飛車・三間飛車派と、四間飛車派に分かれるとしたものだったが、最近のように角交換振飛車がでてくると、ごきげん中飛車派、石田流派もあって、いよいよ錯綜してくる。

このような戦法別だけでなく、受け将棋、攻め将棋、軽い捌きの将棋、腰の重い将棋などという特性があり、将棋だけに限っても嗜好はあまりに多様である。

一体何がこの嗜好の多様性を生み出しているのかという問いほど、カオス的戸惑いを誘うものはない。

最近、みずほ銀行が暴力団に不正融資したとして問題になったが、一流企業といえども、組織を構成する人間の欲望や我儘が渦巻き、また天候、景気、付き合う外部のクライアントなどの環境の影響を受ける。

そこで組織の健全性を保つため先ず行われるのが、コンプライアンスの遵守である。すなわち監査部門を作って権限を与え、会社法、その他の経済刑法、さらには社内規則などに基づき、組織内の健全性を監査し、問題が発見されたら是正措置を考え、場合により処罰もする。

ところが多くの組織では、コンプライアンスの遵守を義務付けることで組織の健全性は担保されるとみなす。なにかコンプライアンス事故があると、単に監査の頻度を増やしたり、より厳密なルールの適用に走り、組織の効率やモラールの低下を招いたりする。

このようなコンプライアンスの重視は、所謂コンプライアンス不況の原因となるだけではない。監査コストを浪費し、組織内で別の放埓の跳梁を招く。

それでも、コンプライアンスの遵守は組織に必要であるが、組織が留意すべき別の問題があり、それは、制度の脆弱性である。監査部門は、コンプライアンス違反が発現しないなら問題とみなさない。

しかし、コンピュータのオペレーティング・システムの脆弱性と同様に、制度の脆弱性にもパッチを当てなくてはならない。典型的な脆弱性の例が思いつかないので、自分が作った業務用プログラムを例にして話す。

私が作成した最も実用的なプログラムと言えば、特許の年金支払いシステムである。これは社内特許データベースから、特許番号、請求項の数、出願日、特許日、審査請求日の情報をダウンロードし、基本的には特許日から支払年分を計算し、出願日と審査請求日からどの料金テーブルを参照するかを決定し、決定した料金テーブルに基づき、支払年分と請求項の数を引数として料金を計算し、特許番号と支払年分と料金をアウトプットとしてHTML形式でインターネット出願システムにかけられるファイルを生成する。

こう書くと少し面倒であるが、アルゴリズムは四則演算だけでそんなに複雑なコードを書いた訳ではない。問題は脆弱性、すなわちデータの不完全性で、特許番号、請求項の数、出願日、特許日、審査請求日のうちのどれが間違えていても該当特許の支払いは行われず、権利が消えてしまう。

そこで私は、ある商用特許データベースからCSV形式でデータをダウンロードして、支払い前の特許年金データとマッチングすることにした。こう書くと簡単なようであるが、結局、C++でマッチング・プログラムを書くことは私のスキルでは無理と諦めて、Perlを使うことにした。しかも、マッチングの結果要検討とリストされたデータは、個別に商用特許データベースの審査経過データを眺めて確認する必要があった。

結局、私の特許年金支払いシステムは、書類生成システムに対して、データチェックプログラム作成の手間が4倍くらいになった。コンパイラだって、エラーチェックルーチンは、コード生成ルーチンの何倍も大きいらしい。

このように組織であっても、業務遂行のための制度の何倍も、監査手続の制度は複雑になりえる。

さて、このような前提で、私が長年勤務してきた外資系企業の組織をみると、業務遂行ルーチンの部分が合理化され効率がよかったりするが、一方で特定の人物に業務遂行と監査の権限が集中して、その特定の人物にモラル、あるいは業務遂行スキルなどで問題があると、監査されないまま肥大して大変なことになるという惧れがある。要するに、エラーチェックルーチンが、特定の人物の有能性・完全性を前提として軽量化されているのであった。そこには、特定の人物が完全から遠かったときどうするのだ、という基本的な問いかけが欠如している。

こういう問題人物の上司がまた問題人物だっりすると、ブートストラップ効果により、組織は悲劇的なまでに腐敗する。まあこんな抽象的な話をしても仕方ないので、このあたりにしておく。

竜王戦第2局に続いて、竜王戦第3局をネット上で並べてみた。渡辺復調なるかと期待したからである。

すると戦型は、矢倉で後手番53銀右から△55歩、▲同歩、△同角と捌く渡辺得意の形になった。第1局からずっと互いの意地の連採である。尚この戦型は、「木村の矢倉・急戦、森下システム」木村一基著、日本将棋連盟によると、阿久津流急戦と呼ぶらしいのだが、他で聞いたことがない。一般的なのだろうか。

さて、第2局と同じ手順を辿り、38手目森内が33桂だったところ、渡辺は33銀と変化した。第2局では33桂が45桂と跳ねるのが好手になったのだった。

▲75歩、△84飛、▲74歩、△同飛という馴染みの手順で森内は決戦の▲65歩、以下△同銀、▲73角成、△同桂、▲82角となって、これは香が拾えるので先手よしという結論が出ているそうである。なのに渡辺は平然と△22玉。この戦型でじっと△31玉と寄るのも渡辺新手なのだった。さらに▲91角成と取らせても平然と△42金上。とりあえず玉を堅くするというのだが、なんという現代感覚なのだろう。

50手目△75歩はプロも驚く意表の攻め。そして▲同歩に△64飛。▲73馬で先手桂香得であるが、玉の堅さの差で形勢は難しい。以下、△76歩、▲88銀、△56銀、▲64馬、△67銀成、▲同金、△64歩となってみると、先手が受け切るのは素人目には容易ではないが、なにしろ先手は名うての鉄板、森内である。

しかし、いかに森内といえども、受け一方では勝てない。それで▲24歩、△同歩、▲51飛と攻め合いに持ち込んだ。

プロなら当然の渡辺の△44角に、森内は▲55歩と辛抱した。△65歩にも▲56銀打と辛抱。いかにも辛い。それでも渡辺は△73角と55の位置に数を足してこじあけにいく。

72手目の△55角に森内は▲79角とさらに辛抱した。流石に後手よしか。82手目△67銀と、かち込まれて流石の森内も弱った。

しかし、94手目の自然な△66金出を渡辺は後悔した。いきなり△77金打ちだったという。ううん、そんなもんなのか。

実際、森内の▲25歩の継ぎ歩に渡辺は△77金といよいよ打ち込んだ。以下、▲同桂、△同歩成、▲24歩、△同銀、▲77銀、△同金、▲23歩、△同金、▲25歩、△27歩、▲同飛、△78金と進んだが、▲24歩が詰めよではないならここでは後手が勝ちのようである。果たして、上記▲23歩では、▲24角、△23歩、▲46角と辛抱した方がよかったのだろうか。

最後の見せ場は113手の森内の65桂。なんと詰めろ逃れの詰めろかと検討陣は沸いたが、渡辺は読み切っており、△69角からきっちり即詰みに討ち取った。少なくとも検討陣は森内の具体的な悪手を指摘できていない。渡辺の終盤の強さが光った。いよいよ渡辺復活か、その答えは次局にある。

賞の柩

user-pic
0

ドロップアウトした元物理学生である私は、当然に科学者に対して屈折した思いを抱いており、そのため、若い頃は、ズッカーマンの「科学エリート―ノーベル賞受賞者の社会学的考察」などという本を、独身の汚いアパートの部屋で寝転がりながらであるが、読んだりした。

ただ、その後結婚したり、外資系企業に入社して多忙になってくると、そのような科学社会学などの道楽に耽っているわけにもいかなくなり、日常生活に埋没してしまった。

それでもノーベル賞の科学社会学的側面にはまだ微かな興味があり、そのせいか、今年の3月頃たまたま古本屋で見つけた、「賞の柩」帚木蓬生著、新潮文庫を買って自宅に積読しておいた。これはタイトルからも自明なように、ノーベル賞にまつわるスキャンダルを描いた小説なのだった。

この本は私の多くの蔵書と同様に、永久積読の運命を辿るはずであったところ、ふと私の心を動かしたのは、意外にもヒッグス博士のノーベル賞受賞だった。ミーハーな物理ファンの私は、予想どおりの受賞に喜んだが、受賞直後にヒッグス博士が連絡がつかなかったことがちょっと怪訝だった。その後、ヒッグスのノーベル受賞の背景でヒッグス博士の貢献が思ったほどではないのではないかと少し疑念をもちはじめた。実際、ヒッグス博士自身もノーベル賞受賞のあと、ヒッグス博士は、ヒッグス粒子のことを考えた時間は数週間しかないので貢献があったように言われるのは恥ずかしい、みたいに謙虚に応えていたように思われる。

実際、アングレール博士の方が論文を提出したのが先だったとか、ヒッグスの論文に南部陽一郎がコメントを示唆して、ヒッグスが論文に修正を加えたのが本質的だったとかいろいろあるがこの程度は許容範囲で、ヒッグス博士の謙虚な性格を仄めかすエピソードだといえよう。

一方、小説「賞の柩」の主人公は、ヒッグス博士と同じイギリス人のアーサー・ヒル、筋肉生理学が専門で、ノーベル医学・生理学賞を単独受賞したのだった。

ところが、アーサー・ヒルの研究分野には、優れた先達や何人ものライバルがいた。しかしなぜか、もし生きていればアーサー・ヒルを差し置いてノーベル賞をもらえたであろう優れた先達や複数のライバルは、ことごとく同一の病気で病死していた。

それだけではない、アーサー・ヒルのノーベル医学・生理学賞の受賞研究の内容も、学会の権威としてアーサー・ヒルが査読した無名若手研究者の業績を剽窃し、査読した論文は没にしたのだった。

ライバルのうち、もしかしてノーベル賞に一番近かったかもしれない日本人研究者の弟子は、師の病没の原因を疑いはじめ、アーサー・ヒルに近づいていく。こうして疑惑が真っ黒なアーサー・ヒルは、現実の、ある意味お人よしのヒッグス博士とは真逆のキャラクタなのだが、どんなキャラクタであれ、ノーベル賞そのものが極めて味の悪いものなのだと「賞の柩」から感じ取った次第である。もちろん、「賞の柩」は、日本推理サスペンス大賞佳作の優れたミステリーなのであった。

ヒッグス粒子を発見したのは、CERNの円形大型加速器LHCだが、次世代加速器である国際リニアコライダー(ILC)の記事が読売新聞科学欄にあったので、私なりにまとめてみる。

ILCは、地下深くに作られた約31~50キロの直線状のトンネルで、電子と陽電子を光速近くまで加速して正面衝突させるもので、その衝突のエネルギーで、誕生直後の熱い宇宙を再現する。

陽子同士を衝突させるLHCと比べて、ILCは余分なものが飛び散らず、狙った粒子を調べやすい。これによってヒッグス粒子を多数作って調べ、さらにはダークマターの解明を目指す。

ILCの建設地であるが、資金面や技術面で、日本が最有力候補とみられている。特に日本において候補地として東北の北上山地と、九州の背振山地が挙げられ、結局北上山地が最適と判断された。

問題は資金で、建設費は10年間で最低でも8300億円と見込まれている。さらに実験機器を含めると1兆270億円にも上ると試算されている。

日本学術会議は、実施体制や国際分担について不確定要素があるのでまだゴーサインだせないと提言する。文部科学省は5000万円かけて、経済波及効果など本格調査するが、まだ各国の交渉相手さえ決まっていないという。なので、今後どうなるかまだ未定というところである。

道鏡

user-pic
0

出家に書いた、講談社現代新書の「日本の奇僧・快僧」今井雅晴著には、道鏡の記述もあったが、有名な僧の割にはこの本では記述が薄いのでつい、今東光の小説「弓削道鏡」徳間文庫を読んで、併せて参照してみた。以下、私なりの要約である。

道鏡は、おそらく西暦700年頃、物部氏の一族である弓削氏の息子として生まれた。物部氏は一時隆盛したが、崇峻天皇の頃、蘇我氏に討たれてからは河内の国に押しやられ、一族は窮乏を極めた。

そんな中で道鏡は、人並み外れた体格と野心をもち、当然に女性に対する強い欲望があったので、当時の習慣に従い、他家の娘に夜這いを仕掛けたが、なんと女性とうまく交わることができなかった。俗説によれば、巨根すぎてうまくいかなかったらしい。

そのことに大変なコンプレックスを抱いた道鏡は、女性に対する強い興味を封じ込め、出世欲に転換した。当時貧しい者が出世するとなると、僧になるよりなかったが、然るべき僧に弟子入りしようにも伝手が全くなかった。

そして都に出たもののやることもなく沸々と日々を送っていた道鏡は、天皇一家の行啓に出会い、女性皇太子である阿部内親王をみて一目惚れし、ある構想を抱いた。それは、阿部内親王の御顔に似せて如意輪観世音菩薩の像を彫ることである。器用な道鏡は、見事な仏像を彫り、高僧の良弁の許を訪ねた。何の伝手もないのであるが、持ち込んだ如意輪観世音菩薩の像が効果を奏し、なんとか口利きで、義淵僧正の弟子になることができた。

義淵僧正は流石慧眼、道鏡の燃えるような野望を見てとった。そして、やはり義淵僧正の弟子である、玄昉と同じような危険な臭いを感じた。

ともかくも目出度く弟子になった道鏡は、必死で仏教経典を勉強した。もともと体力もあり、頭脳明晰だった。

義淵は、道鏡を手元に置くと野心が燃え上がるのを恐れ、山中に籠って修行するように指示した。行った先は、人里離れた葛城山山中であった。そこにある金剛山寺を訪れると、犯罪逃亡者のような人たちが屯していたが、肝が据わった道鏡は、動じることなく彼らを駆逐していった。そして一人、金剛山寺で修行していると、一種神通力のようなものを得て、訪ねてくる猿たちとも心を通わせるようになった。

そこでしばらく修行していると俗事が恋しくなり、山を下りると道鏡は、薬師寺を訪れ勉学に励んだが、そこの雰囲気に飽き足らなくなり、東国へ向かった。それから何年かして、名馬を連れて都に戻ってきた。なんと市で馬を売るのだという。そこで道祖王と藤原仲麻呂の両方から申し出があり、より高値をつけた仲麻呂が落札した。

それを機会に、出世の野望に燃える道鏡は、仲麻呂を介して女帝の考謙上皇に近づき、神通力で病を治すことで信頼を得た。道鏡にとって考謙上皇こそは、かねてより夢にまでみた如意輪観世音菩薩の化身、すなわち阿部内親王その人であり、道鏡は渾身の愛情を考謙上皇に注いだ。このような純粋な愛に感激した考謙上皇は、次第に道鏡と深い関係に陥った。これも俗説であるが、考謙上皇は、道鏡の巨根を受け入れることができる特異な体だったという。

考謙上皇は、最愛の愛人である道鏡のために、権力を惜しみなく使い、道鏡は恣に地位を得た。道鏡の権力は、弓削一族郎党にも及び、皆が富と地位を得た。

そのことに危機感を抱いた仲麻呂は、密かに兵を挙げて道鏡を排除しようとしたが寧ろ返り討ちにあい、殺されて晒し首になった。こうして考謙上皇と道鏡のペアには怖いものはなくなった。

ここで不思議なことが起きる。藤原雄田麻呂の策略で、九州宇佐神宮に赴任した神主、阿曽麻呂の神託が、道鏡をして天皇に就けさしめよというものであり、これは道鏡と考謙上皇の両方を唖然とさせるものであった。そもそも道鏡は法王の地位で十分であり、実質天皇と同等の権限をもっていたからであり、考謙上皇もいかに最愛の男とはいえ、血筋でもないのに天皇につけるなど論外と思っていた。ここで、道鏡は本当に野心があり、よって天皇になるという神託をわざと出させたのだとか、考謙上皇がまさに道鏡を天皇にしようとしたのだという別の説もあるが、果たしてどれが本当だろうか。

その後、宇佐神宮を訪れた和気清麻呂は、天皇は必ず天皇家の血筋より出すべしという神託を持ち帰ったが、道鏡も考謙上皇も全くこのような神託に配慮することなく、二人の愛は不変だった。

転機が来たのは、考謙上皇が53歳という高齢で、おそらく道鏡の子を身籠ったときである。考謙上皇は子を産もうとしたが高齢に耐え兼ね、母子とも亡くなった。

女帝亡き後の道鏡は最早宮中において法王の権力を失い、幽閉された。当然に道鏡は処刑されるところ、道鏡が今まで採ってきた庶民目線の政策の結果、庶民に絶大の人気があり、道鏡を処刑することによる民衆の混乱を避けるため、薬師寺別当の地位に就けられた。最早地位よりも女帝の愛が全てだった道鏡は、抜け殻のような日々を送り、亡くなり、別当でなく庶人の礼を以て下野の配流地で葬られた。

今東光は精一杯好意的に道鏡を描いているように思われる。道鏡をラスプーチンのように思っていた私も少し認識を変えた。果たして史実はどうなのだろうか。

今年のノーベル化学賞は、ハーバード大のマーチン・カープラ名誉教授、スタンフォード大のマイケル・レビット教授、南カリフォルニア大のアリー・ワーシェル教授の三名であった。その受賞した研究の内容を、読売新聞に科学欄に従い、記述してみる。

その受賞内容を一言でいうと、計算化学である。より具体的に言うと、多数の原子でできたタンパク質などがからむ複雑な化学反応を、まるごと再現しようとするとコンピュータの計算量の限界を超えるため、この三人の受賞者は、1970年代から、反応の核心部分は量子力学を用いて精密な計算をする一方で、周辺は簡単な計算で済ませるという二段構えの手法を開発した。

ただ、私の素朴な感想では、計算化学の手法の確立というのは寧ろ、応用数学というか計算機科学の業績であって、ノーベル化学賞としてはどうなのか、というものである。しかし化学者にとって、コンピュータは試験管と同じくらい重要な道具なのだそうである。このあたり、計算物理が物理学に占める役割とどうも微妙に違うようである。

例えば、物理学でも、場の量子論は膨大な計算量を要する。スーパーコンピュータの典型的なアプリケーションの一つに、量子色力学(QCD)の計算パッケージがあるほどである。だからといって、QCDの計算を画期的に高速化する手法が物理学の業績になるとは思えない。

戻って、京都大福井謙一記念研究センターの諸熊奎治博士は、この三人の受賞者の手法を広く使えるように拡張した。すなわち、化学反応の重要度に応じ、何層にも研究範囲を分けた。その層構造をタマネギに喩え、オニオム法と名付けた。この手法は世界中の化学ソフトに搭載され、タンパク質などの巨大分子の反応を探る基本的な手法となっている。ふと思ったが、今の時代にこのような手法は確実に、アルゴリズム特許として権利化でき、特許権者は巨額の利益を得ることができるかもしれない。

よく考えたら、このような手法は、スーパーコンピュータを使った計算機創薬の基礎技術でもあるはずであるが、アマゾンで検索する範囲で、ブルーバックスレベルの易しい入門書がない。困ったものである。

楽天日本一

user-pic
0

ついに楽天が日本シリーズを制した。創立わずか9年だから快挙である。最近すっかりプロ野球に興味をなくしていた私も昨日は、ずっとテレビ中継で、楽天対巨人の日本シリーズ第7戦を観戦していた。もともとアンチ巨人でもあるので、当然に楽天に肩入れである。

とりあえず、毎日新聞のWeb記事を引用しておく。

降りしきる雨の中、指揮官と不動のエースは抱き合って初優勝の喜びを分かち合った。星野仙一監督にとっては監督4度目で初の日本一。そして、前夜「不敗神話」は終わりを告げたが、田中将大投手の物語には、続きがあった。
九回、場内に「田中」の名前が告げられると、大歓声がわき起こった。今季初黒星を喫した前夜は160球を投げ、疲労や肩への負担を考慮すれば2日連続でマウンドに上がることは考えられない。しかし、星野監督は「どうしたって田中が『行く』と。彼がいたからこそ日本シリーズに出られた。最後はあいつがふさわしい」と託した。

そうそう、観戦していて、9回の田中投入は、情としては分かるのだが、常識的にはかなり無理がある起用である。そもそも前日に田中は160球投げ、完投して負け投手になっている。体力的に無理である。もし9回に打たれて点を取られでもしたら目もあてられない。結果オーライだったのだが、野村だったらどうしただろうな、と6年も前に書いた、野村 楽天という記事を思い出した。その記事を読むとまさに野村こそが楽天の育ての親であり、また当時からマー君が、不思議に勝てるラッキーボーイだったことが分かる。

ここで「野村ノート」野村克也著、小学館文庫を眺めてみると、「決断」と「判断」は違う、とある。昨日の最後のマー君の起用は明らかに「決断」だった。

また、野村の監督論では、星野はあまりいい監督として認識されていない。その星野が結局日本シリーズの胴上げ監督となった。これも結果論だが、星野はやはり平均以上の監督なのだろう。

さらに、野村監督の手腕をみると、2009年の段階で、楽天がCSに進出するレベルまで達していたことが分かる。最早弱小球団ではなくなっていた。

野村の後任の楽天監督は、広島の監督だったブラウン。しかしブラウンの下での成績は散々で、野村のレガシーを活かしきれなかった。2011年の東北大震災の後楽天を率いてついに日本一まで達した星野はやはり並ではなかったのである。

今年のノーベル生理学・医学賞は、カリフォルニア大バークレー校のランディ・シェックマン、エール大のジェームス・ロスマン、スタンフォード大のトーマス・ズトーホーフの三名に決まった。その受賞した研究の内容を、読売新聞に科学欄に従い、記述してみる。

この研究は、一言でいうと、細胞内の輸送システムにある。すなわち、細胞は日々、タンパク質やホルモンを作り、できた生産物はまるで宅配便のように集荷され、適切なタイミングで目的地に届けられる。

その際の担体となるのは、小胞というミクロの袋である。小胞は、荷物を中に包むと、表面に特別な形をつくる。これが届け先をあらわす荷札にあたる。これにより、小胞は、指定された届け先以外の場所で荷物を下ろせなくなる。

シェックマンとロスマンは、この仕組みに重要な23個の遺伝子群を発見し、小胞と特定の細胞膜を融合させるたんぱく質の働きを解明した。

ズトーホーフは、上記の仕組みでは説明できない、超特急の宅配便の仕組みを解明した。ここでの超特急の宅配便とは、例えば神経細胞が痛みなどの情報を瞬時に脳に伝える仕組みである。これによると、神経細胞の端では予め、別の神経細胞を刺激する荷物を積んだ小胞が待機している。刺激で神経細胞にカルシウム・イオンが入ると、それが警報となって小胞が細胞にくっつき、隣の神経細胞に荷物を渡す。それが次の刺激になり、電気信号となって情報が伝わる。

このような細胞内輸送システムがなんらかの原因で乱れることがあり、それが、糖尿病、アルツハイマー病、免疫の病気などの原因となることがあるという。小胞による輸送システムにはまだ解明が待たれる多くの謎があるという。

久しぶりにといっても数ヶ月ぶりか、藤原伊織の作品を読んだ。「蚊トンボ白鬚の冒険」新潮文庫 上下2巻である。

今まで読んだ範囲で藤原伊織の作品はどれも質が高いが、この小説ばっかりはあまり期待していなかった。なにしろ題名がぱっとしない。また、アマゾンの評価もいまいちである。

それでもこの本を手に取ったのは、やはり藤原伊織ブランドに対する信頼感なのだろう。でも、蚊トンボ白鬚が主人公の配管工、倉沢達夫の頭に取りつくあたりは、SFとしてはちょっとがっかりだった。きっと最近、質の高いSFである星を継ぐものを読んだせいだろう。

そんな落胆を吹き飛ばしたのは、達夫のアパートの隣の部屋の住人、黒木が、暴力団らしき一味に車で連れ去られようとしたときである。蚊トンボ白鬚のせいで達夫が超能力を得て、暴力団を蹴散らすことによって黒木を救うと、俄然ストーリーが展開し始めて、ハードボイルドの様相を呈してきた。

そして次は女の登場である。達夫は、藤原伊織小説の定番の、スーパー強力女性、真紀と出会い、ものすごい広い定義でいえば恋に落ちる。

しかしもちろんそれに留まらない。一流のファンドマネジャである黒木は、そのスキルゆえに暴力団から付け狙われ、なんとか達夫を巻き込もうとするが、達夫は全く恐れを知らないタイプでどんどん積極的に黒木に加担していく。

恐れを知らないといえば真紀もそうで、達夫が嫌がっているのに、どんどん達夫に接近していく。

しかし達夫ほど命知らずはおらず、自ら暴力団事務所に討ち入りし、そこにあるパソコンなどの備品を壊して凱旋するのだが、その際に、悪魔のような天才プログラマ、カイバラの逆鱗に触れ、このことが一層達夫を窮地に陥れるのだが、達夫は病的といえるほど自らの命を顧みず、どんどん深みにはまっていく。

それにしても流石、藤原伊織というか、黒木が延々と語る金融仕掛け人の薀蓄や、暴力団の幹部の瀬川のエピソードが鼻につくといえばつくかもしれないが、私は経済小説としても純粋に楽しんだ。

あと、蚊トンボ白鬚のせいで発揮されるスーパー技も毎回期待で、超越的な格闘シーンは異色のハードボイルドぶりを醸し出す。

そして、最後の達夫とカイバラの対決は圧巻であった。到底客観性評価ではないが、藤原伊織のハードボイルドとしてぴか一ではないかと感じた次第である。

先日、「ニュートリノでわかる宇宙・素粒子の謎」鈴木厚人著、集英社新書を私なりに簡単に要約してみたが、その最後の章の「これからのニュートリノ研究」にはまだ触れていないので、要約してみる。

すると先ず、反物質の消滅との関与である。小林・益川理論では、CP対称性の破れで反物質の消滅が説明されていることになっているとは、そこにも述べたとおりであるが、実際は、クォークのCP対称性の破れだけでは10桁も足らない。すなわち、説明できていない。

そこで期待されるのが、ニュートリノのCP対称性の破れである。なにしろ宇宙には、クォークの100億倍の数のニュートリノが存在すると予測されている。ニュートリノは原子を構成しないので、物質や反物質に関与しないと思われそうだが、ビッグバン直後の高エネルギー状態では、どの粒子にも同じ力が働いたはずで、するとレプトンとクォークの間に対称性があってもおかしくない。そこで、大量のニュートリノがクォークになると、物質の方が多くなる。そうやってニュートリノからクォークを導き出す理論は、柳田勉氏と福来正孝氏によって提案されており、レプトジェネシスと呼ばれる。

さて、クォークでは三世代あるので混合の状態が変わり、以てCPを破るとされた。ニュートリノの場合、電子型、ミュー型、タウ型と3種類あるが、これはCP非対称性の説明に使えるのだろうか。ともかくニュートリノ振動によってニュートリノに質量があることは分かった。しかし、ニュートリノは電子と比べても極端に質量が小さい。このようなニュートリノも同様にヒッグス機構で質量が与えられたのだろうか。

ヒッグス粒子は、例えば左巻きのスピンの粒子がやってくると、右巻きの反粒子と粒子のペアを生成し、それをやってきた粒子にぶつけることで対消滅させて、右巻きの粒子を残す。

ところがニュートリノは、スピンが左巻きの粒子と、右巻きの反粒子しか見つかっていない。左巻きの粒子、左巻きの反粒子、右巻きの粒子、左巻きの反粒子という4つのセットが揃った粒子をディラック粒子と呼ぶが、すると、ニュートリノはディラック粒子でなくマヨラナ粒子なのか、という疑問が湧く。マヨラナ粒子だと、質量はもつが左巻きの粒子と反粒子が同一となる。

ニュートリノがマヨラナ粒子であるかという疑問は、二重ベータ崩壊を観測することで分かる。すなわち、ニュートリノがマヨラナ粒子であるなら、一方の中性子から出た反電子ニュートリノを、他方の中性子が電子ニュートリノとして吸い込むことで帳尻があい、その結果、反電子ニュートリノは観測されない。よってニュートリノを放出しない二重ベータ崩壊が観測されたなら、ニュートリノがマヨラナ粒子であると示されたことになる。

これは今後のカムランド禅での観測に期待されることだが、ニュートリノがマヨラナ粒子であると確認できたとしても、それはヒッグス機構による質量付与の仕組みには整合しない。なので質量の起源にも書いたように、標準理論では説明できない。

そこで現れたのが、軽い左巻きニュートリノに加えて、重い右巻きニュートリノの存在を仮定する説である。この場合、重い右巻きニュートリノの質量をなんと1016GeV以上と想定することで左巻きニュートリノの軽さを想定できるというのだが、いくらなんでも重すぎではないだろうか。

ともかく重い右巻きニュートリノはレプトン数0で、それが崩壊してレプトン数1の左巻きのレプトンになりえるので、それによって宇宙全体のレプトン数が増える。ところが宇宙においてレプトン数とバリオン数は同数でなくてはならないので、結果的に宇宙全体のバリオン数が増えて、反バリオン数を上回り、対消滅後反物質よりも物質が大いに優勢になったということになるらしい。

別の説として、ヒッグス粒子の存在で述べたように、複数種類のヒッグス粒子が存在する、というものがある。この説によれば、重い右巻きニュートリノは想定する必要がない。ILCのリニアコライダーは、このような仮説に結論を与えることができるかもしれない。

さらに別のトピックとして、宇宙背景ニュートリノの観測がある。すなわち、ニュートリノはクォークや電子の影響を受けにくいので、宇宙誕生から0.1秒後の情報を含んでいるかもしれない。さらにもし宇宙背景重力波が観測できると、宇宙誕生から10-44秒後の様子をみせてくれることになるかもしれない。

このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。