2013年12月アーカイブ

私は昔から筒井康隆のファンで、ドタバタのSFなど何冊も読んだ。ところが随分前、「文学部唯野教授」が話題になったとき、なぜかこれは読まなかった。その理由は不明である。

ところが最近本好きな知り合いが、「文学部唯野教授」を読んでいるという。へぇ、今更と思ってそのままにしておいたら、たまたま古本屋の前を通ったとき、「文学部唯野教授」のハードカバー版が百円で売られているではないか。これは読めという天の命令だと理解して、早速買って読み始めた。すると基調は大学内部のドタバタを織り込んだ騒々しい、いかにも筒井らしい小説なのだが、そういいつつ、筒井康隆の深い文学的薀蓄を感じさせる文芸論が、唯野教授の講義の形で展開されるのであった。

それはまず、印象批評から始まる。それはどうも文芸批評というものの始原らしい。要するに、小説のニュアンスを解釈して、どういう意図で作者がこれを書いたと説明するというものらしいのだが、いかにもナイーブで、そのために文芸批評は哲学だの言語学だので次第に武装していくのだった。それはまるで、理論物理学が最初は力学理論だけだったのが、群論だの、トポロジーだの、挙句の果てには数論や圏論まで取り込んでいったのに似ているかもしれない。

そして、印象批評を克服するものとして新批評があらわれた。それはケンブリッジ大学あたりで、小説を切り刻むように科学的に分析する人達があらわれた。

次はロシア・フォルマリズム。異化作用というのが出てくるのだが、なんとも文芸評論というのは難解である。

そして次は現象学で、なんとフッサールが出てくる。これって哲学だと思うのだけれども、文芸評論は何でも利用するのだろうか。

そう思っていたら、解釈学、受容理論と文芸評論らしくなってくる。そう思っていたら、記号論、構造主義、ポスト構造主義とまた哲学にぶれる。

半分ふざけた口調ながらも、ここまでいろいろな説を展開できる筒井康隆は相当勉強しているに違いない。実際私は、筒井康隆が編集した、極めて真面目な内容の精神分析学の本をみたことがある。そのように実際に学問に関心があるので、このような大学を舞台にした本を書いたのかもしれない。

こういう唯野教授による深い薀蓄の講義の合間に、大学内のドタバタが描かれる。それはある程度事実なんだろうなあと推察するのは、昔、西部邁が東大を辞めたとき、多少は誇張も入っているだろうが、いろいろ酷いことを書いていたからである。

もし大学の先生が、少なくともサラリーマンよりもひどいとしたらそれは、大学の先生が互いに独立で専門も違うので、チェック機構を欠くからであろう。

では、典型的な文系である文学部はそうかもしれないが、工学部でも「文学部唯野教授」の向こうを張って、今野浩の「工学部ヒラノ教授」がある。これは実は本屋でちょっと立ち読みしただけなのだが、やはり大学暮らしの大変さが描かれている。筒井康隆はもともと大学人でなく綿密な取材で「文学部唯野教授」を書いたらしいのだが、今野浩は地の大学教授なので、一層実感がこもっている。

ともかく、こういう一連の本で私の大学教師への憧れはかなりしぼんだが、かといってサラリーマン生活に満足しているわけでもない。せめてどこかの短大の物理講師でもなって、誰も真面目に聞いてくれない物理概論の講義でもしてみたかった、と今更思わないでもない。人生は二度ない、三度あるとはいうが。

双連結素数

user-pic
0

連結素数の自然な拡張として、双連結素数(dual concatenated prime number)について考えてみた。

定義は簡単で、(p,q)が連結素数だとすると、(q,p)も連結素数になる場合をいう。例えば、(3,7)がそうで、37も73も素数である。

2から1000個までの素数についてペアをつくってみて、双連結素数かどうか確認したら、なんと25002個もあった。重複を考えると、本当の個数はこの半分で、すなわち、1000000個の組み合わせ中、12501個もある。約1%強で、決して稀とはいえない。

とはいえ、連結素数が無数にあると予想できても、双連結素数も無数にあるとは、ちょっと言いにくい。いや、1000000個のうち約1%強ならやはり無数かもしれない。

ともかく、双連結素数の例をいくつか示しておく。それにしても、連結素数という概念をGoogleで探してもみつからないのが怪訝である。誰でも考えそうなことだからである。単に別の用語になっているのか、あるいは、数学者たちの琴線に触れないのか、もしかして後者なのかもしれない。すなわち、ここから数学的豊穣が生み出されそうな感覚がないのだろう。

-----(1)-----
(3,7) -> 37
(7,3) -> 73
-----(2)-----
(3,11) -> 311
(11,3) -> 113
-----(3)-----
(3,17) -> 317
(17,3) -> 173
-----(4)-----
(3,31) -> 331
(31,3) -> 313
-----(5)-----
(3,37) -> 337
(37,3) -> 373
-----(6)-----
(3,59) -> 359
(59,3) -> 593
-----(7)-----
(3,67) -> 367
(67,3) -> 673
-----(8)-----
(3,73) -> 373
(73,3) -> 733
......
......
-----(25000)-----
(7919,6323) -> 79196323
(6323,7919) -> 63237919
-----(25001)-----
(7919,7793) -> 79197793
(7793,7919) -> 77937919
-----(25002)-----
(7919,7907) -> 79197907
(7907,7919) -> 79077919

知り合いから、逢坂剛の「カディスの赤い星」上下二巻、講談社文庫をもらった。逢坂剛といえば、私が読むミステリーの解説でときどき現れて薀蓄を傾けるベテラン作家で、そのうち読もうと思いつつ、なんとなく手を出すことなくこの歳まできた。当然であるが、本をもらうことはそういうちょっとしたバリアを乗り越えることになる。

そこで早速、通勤電車の中で、「カディスの赤い星」を読み始めたのだが、最初にカディス?と自問してみた。すると、確か帚木蓬生で、「カディスの舞い」という作品があったよね、と調べてみたら、実は「カシスの舞い」だった。あまり関係ないようである。

さて、「カディスの赤い星」の主人公は、PR事務所の所長の漆田亮。頭がよくて、美男子で、しかも喧嘩も強いときている。漆田は実は、さらにスペイン語がしゃべれるのだが、たまたまある楽器の会社のPRを担当しているとき、うってつけの仕事が舞い込んだ。すなわち、スペインから有名なギター製作家、ホセ・ラモスが担当会社のイベントで日本にやってきて、昔スペインで出会ったある日本人ギタリストを探してほしいのだという。

そうなった経緯はちょっと強引なような気がするが、ともかく漆田とその所員は、まるで探偵のように、サントスというギタリストを探すことになった。その過程で過激派に襲われたり、フラメンコギターの店を回ったり、あるいはライバルPR会社の美女社員と恋に落ちたりと、八面六臂、漆田は大忙しいなのであった。

ところで、PR事務所ということだが、PRと広告は違うのだろうか。PR事務所ということではまさに、戦争広告代理店に出てきたのがそうだった。すなわち、大衆のイメージ操作がPR事務所の役割なのだった。

あと、「カディスの赤い星」を読んでいるとどうも、藤原伊織の作品との類似を感じる。と思って調べてみると、逢坂剛は博報堂に勤務していたことがあるのだった。道理で電通社員だった藤原伊織と共通点があるはずである。一番の共通点は、主人公がこれでもかと格好良すぎることなのであった。

それでもなんとか読ませる筆力は大したものである。「カディスの赤い星」に戻って、これはとてもスペインの色合いが濃い作品であるが、私としてうれしいのは、クラシック・ギターやフラメンコ・ギターの描写が多く出てくるところである。というのは子供の頃昆虫少年であった私は、大学生の後半は確実にギター青年で、教室にも通っていたくらいである。なんか暇さえあればギターの練習をしていたので、ソルの「月光」、タルレガの「アデリータ」、やはりタルレガの「アルハンブラ宮殿の思い出」あたりをなんとか弾けるまでになったのだが、一応の才能が足らなくて、潰えてしまった。それでもタルレガ、ソル、テデスコ、ユパンキ、セゴビア、ジュリアン・ブリームなど一連のギター曲作家やギタリストの名前は今でも覚えている。

その乗りで読むと「カディスの赤い星」はまた別の興味も誘うのであるが、それにしても漆田がスペインに乗り込んでからは、あまりにも危ない橋の連続であって、命がいくらあっても足らない。なにしろ、スペインの秘密警察や右翼のゴロツキに追われつつ、左翼過激派からラモスの孫娘を取り戻すというのだから。それでも何度も九死に一生を得つつ、漆田は日本に帰還した。そのあたり不自然だと顔をしかめないで、素直にハラハラするのがエンタメとして楽しむ秘訣なのだろう。その点、私も無粋ではない。

さて、日本に戻って、意外な人物がサントスであると分かる。そこからはまた話が急展開して、最後は悲劇のストーリーで終わるのだが、読み終わると息つく暇もなくどっと疲れた。

まさに力作なのだが、アマゾンの評価は圧倒的とまではいかない。それはきっと、フランコ総統時代のスペインがあまりピンとこないからかもしれない。そのあたりが少しだけ、広い人気を獲得する妨げになっていると思われる。

ともかく逢坂剛の実力はこの小説で、相当なものだとはっきりわかったのだが、「カディスの赤い星」ですっかりスペインづいてしまったので、次に読むなら、あまりスペイン的でないものを選ぶとする。

大学のウソ

user-pic
0

就活で言及した、「最高学府はバカだらけ」石渡嶺司著、光文社新書の仲間の大学ウォッチャで、山内大地氏という人がいて、下流大学にも書いたように、私は山内氏の「一流大学より未来が開ける - 下流大学に入ろう」山内太地著、光文社も面白く読んだ。

なので、山内太地著「大学のウソ-偏差値60以上の大学はいらない」角川ワンテーママガジンを買って読んでみた。尚、「偏差値60以上の大学はいらない」というのは本を売るためのキャッチコピーで、額面通りとってはいけない。

ただ、「偏差値60以上の大学はいらない」を敢えて説明すると、次のようになる。すなわち、偏差値60以上の大学というと日本でいう、いわゆる一流大学、すなわち、東大、京大、阪大、東工大、一橋、早慶などということになると思うが、それらの大学に入れる学力があるなら、今や海外の一流大学、典型的には米国のハーバード、プリンストン、MITなどを目指すべきというもので、そんなに目新しいことを言っているわけではない。

山内氏がそういう根拠は、米国などの一流大学は、教育熱心で、双方向的というか対話的で面倒見がよく、宿題も山ほど出して鍛えるので、日本の大学よりも実力がつくのではないか、ということを実例をもって説明している。

その実例の一つは、米国の一流大学のカリキュラムである。米国の一流大学のカリキュラムは、日本の大学のそれと違って、少ない科目を徹底的に教える。語学だったら、月から金まで毎日1時間とかである。しかも、ネイティブが話しかけていて、その言語で答えなくてはならないので、勉強しないと対応できない。教養科目も、あまり科目を増やさず、じっくり受講する。また、ティーチングアシスタントが充実していて、双方向で対話的に授業を反復するので、理解が深まるし、対応力がつく。

一方、日本の大学はというと、私も経験したが、特に教養課程で細切れの科目を受けさせられて、何も身につかないうちに終わってしまう。それでも単位を取らないとまずいので、粛々と言われたようにレポートを出したりする。

なので、日本と米国のどちらの一流大学が実力がつくかいうと、おそらくは米国の一流大学なのだろう。

ただ私は、一方で、想起の技術に書いたように、あまり学校教育の意義を過大視していない。すなわち、一応の才能があって、勉強する時間があれば、独学でかなりのレベルに到達できるはずなのである。当たり前であるが、学校教育は才能を引き出すことはできるが、才能を作りだすことばできない。もちろん、学校教育は、才能を抑圧することはできる。

と言いつつ、矛盾するかもしれないが、私は、自分が学んだときの九州大学理学部の体制については今更のようにとても残念に思う。というのは、ほとんど演習がなく授業は午前中で終わってしまい、午後は暇で何をしてよいか分からなかった。当時それを暇でいいと歓迎していたのだが、今にして思えば、力学演習や電磁気学演習などでどんどんしごいてほしかった。九州大学理学部も私が入学する以前は演習を沢山課す時代もあったのだが、それでは学生の自主性が伸びないと、カリキュラムを減らしたのだそうである。何のことはない、単に教師が楽をしたかっただけではないか。

そういう意味では米国大学方式の濃くて面倒見がいい教育体制は有効ということになる。でもね、とまた私は意地悪なことを考える。MITといえば文句なく米国のトップ大学のうちの一つであるが、そこの卒業生という米国人をたまたま何人か知っている。しかし、そんな人たちが全員凄いかというと否である。傲慢な私がいうので相当に割り引いて聞いてほしいのだが、どうみてもまだ私の方がましではないかと思われるMITの卒業生もいた。

すなわち、昔の演歌の歌詞を借りると、一流大学出たと騒ぐじゃないよ、あとの態度が大事だよ、となる。大学でいかに濃厚なカリキュラムをこなそうと、卒業してから自己研鑽しないなら意味がない。また、若い時は線香花火のように才能が輝いて、晩年は全く泣かず飛ばずという人もいる。

このように教育というのは難しいのだが、山内氏が指摘する別の正論は、まあ日本の一流大学はよい、もっと危機感をもってほしいのは、そういう一流以外の日本の大学だ、ということになる。すなわち、マスプロ教育で単位を安易に与えて卒業させていては、アジアのフィリピンのあたりの新興大学にも勝てなくなってくるという。というのは、フィリピンの大学で、米国一流大学と提携してカリキュラムを組むところが出てきているという。なんと米国の一流大学も日本をスキップしていきなりフィリピンである。一つには英語の問題だろうか。

で、私はまた元の命題に戻る。すなわち、勉強は所詮独学ではないか、一生勉強ではないか、才能があれば独学でも結構やれるが、私のように才能がなければ単なる数楽者にとどまってしまう。それでも、いいじゃないの幸せならば。あ、別に元の命題ではないか。

羽生の呪い

user-pic
0

将棋連盟のホームページで、棋戦情報をみていて、おおっと思った。それは棋王戦でのことである。棋王戦の本戦トーナメントで、羽生対永瀬という組み合わせがあり、進境著しい若手の永瀬とはいえ、まだ羽生には及ばないだろうというのが大方の見方である。しかし、永瀬はなんと、羽生に圧勝してしまった。

そこまではまあいい。敗者復活トーナメントに回った羽生は、郷田を破って勝ち上がった。一方永瀬は、本戦トーナメントで三浦に負けて敗者復活トーナメントに回り、再び羽生と当たった。

で、いくらなんでも直近で負けた永瀬を羽生はもう許さないと思った。本気で勝ちにいくに違いないのである。なぜならここで永瀬に負かされると業界用語でいう往復ビンタで、ちょっと耐え難い。しかし永瀬はここでも羽生を負かしてしまった。なんともである。

そしてテレビでNHK杯をみていると、ここでも羽生が登場して相手は大石六段。これも若手のホープである。大石六段というと先の行方八段とのNHK杯戦で必敗に近くなり、行方八段のプロにあるまじき見落としで拾ったような具合であるから、流石に羽生には歯が立たないと思った。

ところが、大石は少しの作戦勝ちをそのまま押し切って、完勝した。羽生の手がぬるかったような気がしたが、それよりも大石のうまさを褒めるべきだろう。すると羽生は、永瀬からの往復ビンタに続き大石にも負けたとなると、有望若手に連敗である。郷田や屋敷などにはきっちりと勝つので、きっと若手の将棋にちょっと感覚の違いを感じているのだろう。

それは、先の王座戦でも見てとれた。中村太地の挑戦を受け、羽生は相当翻弄されているように見えた。下手したら力負けしているようでもあり、なんとか防衛したものの、満身創痍だった。ともかく郷田や佐藤康光などと違って、相手のペースに合わせる傾向のある羽生は、若手の感覚に飛び込むので、このようなこともありえるのだろう。そして必ずや、何かを若手との対戦から掴んで、次の肥やしにいているはずなのである。

で、ここからが本題である。若手が羽生に勝つというのはそれはそれは凄いことで、いくらたまたまだと自分に思い込ませようとしても、どうしても嬉しさが滲む。そして自然に気持ちが緩むことになる。

昔、深浦が羽生キラーだと言われた。それは、深浦の軽率にも書いたとおりである。しかし今となっては深浦は直近で羽生に10連敗近くして対戦成績に大きく水をあけられた。こうなることを羽生の呪いと呼ぶ。下手に羽生に勝ったことで、不振に陥ったりする。

別の例では、橋本八段のケースがある。橋本八段はA級に昇級しようという頃、竜王戦でやはり羽生に往復ビンタをくらわせた。飛ぶ鳥を落とす勢いというのはこういうことをいうのだと思った。ところがA級に昇級してからの橋本八段の成績は、ご存じとおりである。一期であっさり陥落した。

こうして、下手をすると、永瀬にも大石にも羽生の呪いで不調が来かねない。それでは羽生に負け続けると呪いがかからないのかというとそれも違う。例えば、NHK杯の羽生対大石の解説をしていた山崎がそうで、たまたま昔NHK杯の決勝で羽生を破って優勝してから、ほとんど羽生に勝たせてもらっていなくて、今や完全に羽生フォビアに陥っている。

このように、勝っても負けても始末に負えないのが羽生で、羽生の怖さは将棋の強さだけではないのであった。そのワクチンをもっているのは今や、森内しかいないように思われる。

難解力

user-pic
0

難解力と書くと、典型的にはガロア理論のような難解なことを必死で努力してなんとか理解する力だと思われるかもしれないが、少なくとも私が意図する意味は違う。

例えば、極めて難解な発明の内容を渡されて、あと二週間以内の特許出願してほしいと頼まれたとする。それは、そんなにありえない状況ではなく、今まで少なくとも五度くらいはあったような気がする。

そういういうとき私は、たった二週間しか期限がないというのに、悠長に背景知識の本を本屋に買い求めに行く。そうして本をざっと読んで、発明者に質問に向かう。そもそも、背景知識の本を読まないと、何が分からないかさえ分からないからである。

そうやって発明者に質問に行くと、少し見えてくるものがある。しかし、そうはいっても、その分野の研究者ではないので、完全に発明の内容を理解することはできない。昔私のある上司が、そもそも特許の仕事に携わるからには、担当する技術分野を完璧に理解しなくてはならないと訓示したが、私はこいつはアホだと相手にしなかった。なぜなら、ここで技術の完璧な理解とはどういうことか全く定義がないし、しかも非研究者の勝手な定義は意味がない。

私はこれに対する腹案があって、それは要するに、研究者ならぬ身、発明を完璧に理解することなど、所詮一特許担当者には無理なのであって、ちゃんと理解しなくてもよい、すなわち、フッサールの用語というわけでもないが、括弧入れできる箇所を見極めることが重要となる。

それを見極めるとおのずと発明者に聞く内容が次第に明らかになる。その見極めのために背景知識が必要で、そのために本を買って読むという次第である。

具体的にどうするかというと、一連の発明の記述があったとする。それを頭から読んでいって、どうしても理解できないところに括弧を入れる。それは文字通りそうする、というよりも寧ろ、「資料のXXページのN行目に実験により値を求めるのが困難とありますが、なぜ困難なのか説明して下さい。」と質問をテキストファイルなどにとりあえず書き連ねる。

そういう質問リストができたら、あまり推敲もせず発明者にメールで投げる。期限が近いと特に、発明者は早めに回答をくれるので、その回答を自分で明細書なり図面に書き下して、記述の体裁になっているか確認する。

記述の体裁になっているかどうか、というのはどういうことかニュアンスが難しい。それでも説明すると、難解なアルゴリズムなどに基づくのできちんと理解は難しいが、なんとなく正しそうだ、と説得力をもつ、ということである。このあたりは特許の中間処理を何百件も処理した実務感覚というよりない。

それで、ちょっとまだ説得力に欠けると思ったら、発明者に記述を足してもらったり、あるいは何かの根拠となる論文を紹介してもらって、明細書中に挿入したりする。すると、特に有名な学会誌の論文だったりすると、審査官は無条件に信じたりする。

こういうスキルで、なんとかいままで、書いた明細書が決定的な36条違反になることは一度もなかった。尚且つ、進歩性もなんとかクリアできたが、これはある意味ラッキーだろう。ただ私は、一見あまり本質的でない箇所でも発明者に説明の追加を求めたりするので、何か引例が突きつけられたら、そのあまり本質的でない箇所に補正して逃げたことも結構ある。ただ、そのようにした取得した特許権が何ほどの価値なのか、という別の疑問はあるが。

ともかく、私の難解力の定義は、あまり細部までは理解していなくても、科学的に、あるいは技術的に説得力のある文章を書く能力のことである。私の場合特許明細書だったが、世間の科学ジャーナリストという人達もそういう能力を駆使しているに違いない。

百田尚樹というと、私にとって何といっても永遠のゼロであるが、百田尚樹はその後も数々のベストセラーを続けているようである。しかし作家デビューしたとき既に50歳であったわけで、このあたりの遅咲きは、松本清張を彷彿とさせるほどである。

そこで私は、百田尚樹の別の作品を読んでみようと思って選んだのが、「風の中のマリア」。ちょっと不安がよぎったのは、これって主人公がオオスズメバチなのである。というのは、昆虫少年だった私は、夏休みなど毎日、朝早く起きて、ブナの木にカブトムシを取りに行った。ところが、ブナの木の樹液が出るところにはカブトムシよりも寧ろ、スズメバチが屯して、木の汁をすすっているのだった。当時から、スズメバチに刺されると死ぬといわれていた。なので、なるべくスズメバチを刺激しないようにそっと立ち去るのだが、何度出会ってもスズメバチは嫌だった。

ところが、「風の中のマリア」では、主人公のオオスズメバチが、マリアという華麗な名前をもつ。誰か人間が名づけたわけではない。ひたすら擬人的に描かれているので、昆虫同志で会話があったりする。そのあたりからして、童話のようなストーリーかと甘くみてはいけない。なにしろ、マリアは女戦士なのであって、女王蜂とその子供たちを養うために、ひたすら戦う。

すなわち、マリアの日常は、巣から飛んでいって、手ごろな昆虫を見つけると針で刺して容赦なく殺し、その肉を巣に持ち帰る。なにしろ幼虫は育ちざかりなのである。どんどん肉を与えないと成長しないし、下手したら飢え死にしてしまう。一方、マリアたち女戦士は、狩りはするものの、自分たちは昆虫は食べない。どうするかというと、育てている幼虫が分泌する蜜を舐める。あるいは、私が子供のとき出会ったように、木の樹液を飲みに行ったりする。

マリアたち、戦士たちはとても寿命が短い。せいぜい30日も生きればいいほどである。その間、ひたすら昆虫を狩り、ライバルのスズメバチやカマキリたちと死闘を繰り広げる。マリアたちは折角女と生まれても、恋もラブロマンスもない。もちろんそのことを疑問に思うこともない。小説の中では一瞬恋が芽生えそうになるが、マリアたちには恋という意味も分からない。

そもそも、ススメバチもミツバチも、ハチの世界はおそるべき女性社会なのであって、男性は見る影もない。男性はわずかに女王蜂と交尾するためだけに存在するが、そんな男蜂も、精子の貴重な供給源であるはずなのに、交尾するため女王蜂に近づこうとすると、周囲の女戦士たちに撃退されてしまう。下手したら女戦士の針で殺されてしまう。なぜそのようなことになるのかというと、そういう女戦士の防御を突破した勇敢な男蜂だけが子孫を残す価値があるのだという。そういえば、昔、そんなテレビ番組もあったような。

普段は御しやすい昆虫を狩しているマリアたちも、食料が不足してくると、ミツバチの巣や、もっと窮まると、別のススメバチの巣にさえ殴り込みをかける。そして、敵のススメバチの幼虫さえも殺戮して自分の巣にもってくる。なんという残虐ということになるが、生き残るためには背に腹をかえられないのである。

こうして、まさかと思うようなすごいシーンも出でくるのだが、昆虫同士で会話することを除けば、蜂の行動の生態は実は驚くほど適切であり、現実を反映している。それが達成されているのは、百田尚樹は、きちんとスズメバチの複数の専門家のアドバイスを得ているのであった。このあたりの周到さも心憎い。

ただ、どんなに脚色したとしても、オオスズメバチを主人公にして面白く描けるだろうか。それが成功しているかどうか私には分からない。なぜなら、私は元昆虫少年であって、昆虫の話に違和感がない。この本の解説も、昆虫オタクの養老孟司だからである。ところがアマゾンでみると、結構この本の面白さは普遍的のようであり、意外なのだった。

里見三段

user-pic
0

私はつい二ヵ月ほど前、里見二段で、

二段昇段後の成績もなんと8勝2敗。三段への昇段の条件は12勝4敗なので、あと4勝2敗でよく、これは今の里見にとってけっしてチャレンジングな目標ではない。
と書いた。すると、あっさり12勝3敗で里見は女性初、プロ三段への昇段を決めた。以下、産経新聞Webから引用する。

将棋の女王など3つの女流タイトルを持ち、日本将棋連盟のプロ棋士養成機関である奨励会員(二段)も兼ねている里見香奈さん(21)が23日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた関西奨励会の例会で1勝をあげ、直近の成績が12勝3敗と昇段規定を満たし三段昇段を決めた。女性奨励会員が三段に進んだのは史上初。4月から最終関門の三段リーグに参加し、女性初のプロ棋士(四段)を目指す。

三段までは来ると思っていたが、果たしてここからどうなのか。元奨励会で今アマチュア棋界でもしかして最強かもしれない今泉氏も、三段リーグは突破できなかった。

なので、里見が三段リーグを突破するのも大変だと思われるが、一方でつい、C級2組の竹内雄悟四段のことが気になる。すなわち、竹内雄悟四段は早くも1勝6敗で、速攻でフリークラス転出の危機にある。もしかして竹内四段よりも里見はましなのではないかというと不謹慎だろうか。

一方で、次のような見方もある。すなわち、今の将棋界に必要なのはスターなのだが、もし里見が女流初のプロ四段になると、ニュース性が大きい。すると、将棋連盟では谷川会長以下こぞって里見を四段にもっていきたがるはずで、するとその空気を感じ取って、三段リーグのライバルたちは、いまいち本気で里見を負かしにいかないはずなのである。

これは決して八百長ではない。今まで、谷川も羽生も、そうやって敬意を表されて、鬼粘りされず順位戦を比較的楽に勝ち上がった。それはもちろん、そうしないと、谷川や羽生が勝ちあがれなかったという訳でもない。エリートとは下手に争わないというのが棋界の常識なのである。

里見は流石に、谷川や羽生レベルの実力があるわけではないので、ちょっとニュアンスは異なる。ただ、人気のリソースになるという意味で、里見は、谷川や羽生と同じである。

よってともかくは、里見の三段リーグの戦いをみてみようではないか。もしあまりに三段リーグで苦戦するようなら、谷川会長はそれとなく助け舟を出すだろう。そう書きつつ、私の限られた想像力ではどんな助け舟かとんと想像もつかないのだが。

契約

user-pic
0

古書店で、明野照葉という女流作家の「契約」光文社文庫を手に取ってつい買ってみた。普通はなんか法律みたいなタイトルで詰まらないと思いそうなものだが、以前にやはり法律的なタイトルの一応の推定が結構面白かったというのがあるのかもしれない。

さて、「契約」の主人公は牧丘南欧子。そこそこ美人で頭も悪くないはずなのに、転職を繰り返してちょっとずつじり貧になっている。そもそも、南欧子は学校時代は女王様のような存在だった。成績抜群で輝く容姿で人気抜群、先生の受けもよかった。そんな陰で割を食う人もいたはずだが、南欧子はもちろんそんなこと気にしない。

現在の南欧子は、昔の栄光が忘れられないのだが、彼氏といっても不倫相手の中年とか、チャラいシティーボーイしかおらず、安月給でカードローンで買い物すると、銀行口座が残金不足で通知がくるほどである。

ところが突然、そんな南欧子のところに、とある司法書士が代理人としてコンタクトしてきた。要するに、南欧子の経歴と潜在能力を調べ上げて、ある事業にスカウトしたいと申し出てきた。シェイプアップしたり教養を身に着ける準備講座まで用意してくれるという。

南欧子は怪訝になりながらも、やっぱり世の中には見ていてくれる人はいるんだわ、と次第に幸福感に満たされてきた。そしてついに、その事業に加わるための正式契約を結んだ。その契約は分厚いものだったが、通り一遍のもので、不利になるような条項は見当たらない。

そうして南欧子はついに新会社で働き始めるのだが、次第に怪訝になってくる日々がつづいた。誰がなんのために私にこんな内容の仕事を割り当てるのか、と悩み始める。

そういえば私も、しがない会社生活で、誰かいい地位をオファーしてスカウトしてくれないかなと夢見ていたことが何度もあった。会社の自席に英語でヘッドハンターが電話をかけてきたこともあった。英語のメールをもらったこともあった。しかし、もしかして南欧子のようになるのを警戒して、引いたのかもしれなかった。

あと、私と南欧子との決定的違いがある。それはもちろん男女の性の違いではない。私は学校時代もサラリーマンになって当分も、ずっと日陰だった。虐めさえ受けていた。そういう私からみて、この小説は、イヤミスなのだった。もちろん、湊かなえの「告白」のような悲惨なストーリーではない。それでも、いろいろと身につまされる小説なのだった。

明野照葉は、ストーリーテラーとして、なかなかの名手なのかもしれない。

攻め

user-pic
0

将棋を指す人で、攻め将棋という人は多い。私も一応そうかもしれない。まあ攻めていかないと勝てないので、どんな人でも攻めないということはないのだが、何かの岐路で受ける手を選ぶか攻めの手を選ぶかの違いだったりする。

ところで、攻めが好きな人の言い訳というか理由づけに、攻撃は最大の防御というものがある。確かに、少なくとも将棋では、攻めている間は攻められないことが多い。うまくいくと一方的に攻めつぶして勝てることもあり、自陣が手つかずに勝てると気分がよかったりする。

しかしいつもそうは問屋が卸してくれない。攻めるためには、歩を突き捨てたりして一旦損をしなくてはならないので、コストがかかる。さらに攻めすぎると、切れてしまう可能性もある。ここで切れるというのは、カッとなるという意味でなく、攻めが受け止められてどうしようもなくなる、という意味である。

ボクシングなどでも、相手に無駄にパンチを繰り出させて、疲れさせるという戦法もある。すると、あまり攻めていくというのは一般に得策でないということになる。

なので、将棋は攻め将棋でも私は、人生一般では、あまり怒鳴ったり怒ったりしない。なるべく我慢して、それでも男かといわれても耐えている。

そんな私がどうしても我慢ならないことがあって、それは、然るべき責任がある地位なのに、責任を果たそうとしないし、責任を果たすための努力もしない、という場合である。それなら地位を降りるべきだと思うのだが、単にいつまでもその地位に安住したりして、温厚な私も心穏やかでなくなる。

それで一種の正義感から私はきちんと抗議するのだが、そこでも攻めがコストがかかるという原則は変わらない。特に会社の管理職は、私もその地位にあったから分かるのだが、一応上位管理職から性善説でみられていて、一部員の立場で上司を悪し様に言うことはとてもネガティブにとられてしまう。

すると、私がうるさい部下だとすると、その上司は、私を弱らせるために、一層無責任で放埓な施策を採ればいいということになる。すると、私は一層怒り、その様子を見ている周囲は私のことを、クレイマーで問題のある人間と見なすかもしれない。

実はこのような、支配者側がわざと下手を打つという戦術は昔からよくあるのであり、典型的には9.11のテロがそうである。9.11のテロを仕組んだのは私は、アルカイーダではないと思っているが、そうだとしても、芸術的なまでに杜撰な組み立てで、突っ込みどころが多すぎる。ここまで突っ込みどころが多いと、攻める方もどこから突っ込んでいいか分からなくなる。これも攻めさせて疲れさせる有力な手であろう。

9.11テロほど大掛かりではないが、ケネディ大統領暗殺もやはり、突っ込みどころが多すぎる。これって、将棋でいう、不利なときは戦線を拡大せよ、というのと同じ意味なのだろうか。多分違うと思う。

こういう世の中だと、いちいち義憤することなく、見ても見ぬふりをして保身に努める方が賢明である。そういう見ても見ぬふりをしても、少なくとも物質的には何も失うものはない。寧ろ物質的には豊かになるであろう。そしてそれで失うものはスピリチュアルといっていいものなのだが、そのことの価値は現世ではあまりに微妙すぎる。

最近、純文学についてつい、いろいろと考えるところがあった。そもそも、私の文学論は、所詮数楽者にすぎない私の数学的談義に比べても、あまりにナイーブである。なにしろ数学や科学に比べて不勉強すぎる。それでも、今後文学論について思索していくためのベースとして、既存の文学論なども参照して、偏見や誤解を懼れず、特に純文学について述べてみたい。

まず、とても端的な質問を与える。それは、純文学とは何か、ということである。その答えというか定義は多様であるが、1つの定義として、純文学は私小説である、というものがある。

するとさらに私小説とは何かということになるが、それは作者が直接に経験したことに基づき書いた小説ということになり、自叙伝的なものとか、日常のちょっとした経験したことをテーマに書いた小説ということになる。そういえば、私は若い頃から渡部昇一氏のファンであるが、渡部昇一氏は、私小説だと書くテーマが限られているので、次第に枯渇するのではないかと、私小説に対して批判的だった。それでつい私も、私小説的な小説を避けてきたところがあるが、ちょっと一方的だったかもしれないとこの歳になって反省している。自分の個人的な体験から壮大にテーマを描くというのは十分にありえるからである。

別の純文学の定義として、面白さよりも芸術性にフォーカスされた小説というものがある。そういえば大学時代にある知り合いが、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を読んでみたが、何が面白いかさっぱり分からないといっていた。今の私なら、そういうならと読んでみたかもしれないが、当時は松本清張一辺倒で、純文学っぽいものは読む気がしなかった。ともかく、「ライ麦畑でつかまえて」が純文学なのかどうか知らないが、文学の芸術性というのは私は、ある程度の教養がないとその意味とか面白さが理解できないもの、と定義してみる。違うだろうか。そういう意味で、ノーベル文学賞をもらった大江健三郎なども私には芸術性が高い純文学と映る。なにしろ、読んでもさっぱり理解できなくて、途中で投げ出してしまう。そしてその背景に単なる荒唐無稽ではなく、何かの思想があるんだろうとは推察する。

さらに別の純文学の定義として、面白さよりも人生の意味とか人間性の探究にフォーカスされた小説というものがある。例えば、吉村昭氏は歴史的事実をもとに小説を書き起こすことに卓越した手腕を発揮するが、人々の内面にほとんど触れない。そういう意味では歴史小説の名手だった司馬遼太郎の小説もそうだろう。司馬史観といって独特の観点で小説を書くが、あまり個人の懊悩や恋愛などにフォーカスしない。私は実は妙に戦争小説を好むが、戦争小説だと当時の軍部の方針や戦闘場面が主となってなかなか純文学的にならない。ただ、聞いた話だが、大岡昇平氏の「俘虜記」は、戦争をテーマとしているが、アマゾンの紹介にあるように、「乾いた明晰さをもつ文体を用い、孤独という真空状態における人間のエゴティスムを凝視した点で、いわゆる戦争小説とは根本的に異なる作品である。 」とあって、すなわち人間の心理にフォーカスしているということなのだろう。そういう意味では、同じ大岡昇平氏の「レイテ戦記」は、記録文学的で流石に純文学の範疇には入らないだろう。

ここでなぜ殊更に純文学などという分類があるのだろうと、今更の疑問を呈してみると、それはどうも、一群の小説家たちが、大衆小説の書き手たちと一緒にされたくないというプライドを主張したかったのだと推察する。大衆小説とは例えば、エロ・グロ・ナンセンス小説、歴史小説、SF小説、推理小説、犯罪小説、サラリーマン小説、政治小説、経済小説など実にさまざまなものがある。これでは、大衆小説を、純文学の補集合と定義した方がよさそうである。

ところが、調べてみると、中間小説という範疇も存在する。これは純文学と大衆小説の中間にある小説だそうだが、純文学の定義も明確でないのにとつい苦笑したくなる。いまふと思いついたのだが、もしかして中間小説とは、出自が純文学である作家が書いた大衆小説のことなのだろうか。そういう意味では、或る「小倉日記」伝で芥川賞を受賞してその後推理作家に転じた松本清張が書く小説がまさに、中間小説なのだろうか。

大衆小説だの中間小説だのという言い方は明らかに、純文学に対して一段低くみているのだと思うが、攻めれば攻められるで、当然に大衆小説や中間小説の陣営から反撃がある。

それは、Wikiによると、大正時代に芥川龍之介が「"筋の面白さ"は、小説の芸術的価値とは関係しない」と主張したのに対して、谷崎潤一郎が「筋の面白さこそが、小説という形式の特権である」と主張したのが一つの典型である。それにしても私は、谷崎潤一郎も純文学の陣営だと思っていたのにとても意外である。

私個人的には、渡部昇一、松本清張、そしてサマセット・モームなど、小説の面白さと読みやすさにフォーカスした陣営の人達の作品を若い頃から多く読んできたので、どうしても中間小説というか大衆小説に与してきた。ただ、私の純文学に対する距離の置き方は決して蔑視や酸っぱい葡萄ではなく、どうも馴染めないという敬遠だった。

といいつつ、大学時代によくわからない青春の悩みにとらわれたとき、救いになったのはカミュ、カフカやソルジェニーツィンなどの作家の作品だった。ただ、カミュの「異邦人」やカフカの「審判」は確かに純文学だろうが、ソルジェニーツィンの「ガン病棟」が純文学だろうか。分からない。

長くなってきたので、結論もなくそろそろ終わりにしたいが、私の本音は、純文学だの大衆小説だののジャンル分けなどどうでもいいではないかというものである。もちろん面白ければいいではないかという単純な意見に私は与しないが、自分の波長にあう小説を選ぶと、今は主として警察小説で、ときどきSFも入るという感じである。実は小説の物語性に疑問をもって、ほとんど小説を読まない時期が何年もあった。篠田節子のゴサインタン - 神の座を読んだのが、本当に久々に読んだ小説だった。そのあたりで自分に転換点があり、少しずつであるが次第に小説を読み始めてきた。

で、私の結論は、小説を忌避しないで、もちろん純文学も忌避しないで、読書を楽しみ、読書で学ぶということである。特に気分転換としての小説は貴重である。人生全般で私はとても経験が狭いので、せめて読書に広さを失っては私らしさがなくなってしまう。

もう5~6年も前になるだろうか、近所の神主兼占い師という人に人生相談に行ったとき、真顔で聞かれたことがあって、それはあなたには信仰がありますか、ということであった。

それは私にとってちょっと意外な質問だったので、ちょっと考えたが、私は次のように答えた。すなわち、キリスト教、仏教、イスラム教などの特定の宗教ではありませんし、私が信じているのは汎神論のようなものかもしれませんが、ともかく私にも一応、信仰はあると思います、と。

そのとき私が想定していたのは、典型的にはシルバーバーチが唱えるようなスピリチュアリズムだったのだが、いくらなんでもそれは口にするのがためらわれて、それ以上何も補足しなかった。

そのとき私は、あるいは今でも考えは同じであるが、その人がいいたいことは、何か超俗的な理念というか価値観に従い生きているか、ということだったのだと思う。言い換えると、地位だの名誉だの異性だののではない、利他的な道徳律をもっているか、ということになる。

ただ、信仰をもっているとは答えたものの、自分が示す道徳律とか利他性がどれほどのものか、甚だ自信がない。すると、私が信仰をもっているというのは、単なる努力目標にすぎない、ということなるのかもしれない。

というのは、先日通勤電車で座席に座って本を読んでいたら、いかにも体調の悪そうな人が乗ってきた。それでどうしようかと迷っていたら、隣の席の人がすかさず立って席を譲った。私はバツの悪い思いをして、自分の信仰のあやしさを恥ずかしくなった。

一方で、私が信仰のあやしさを恥じるのは、単に私が道徳的にあやふやな人間だからだけではない。もっと端的にいうと、私の信仰なるものが公認された宗教に基づくものではないということがある。

例えば私が、どこかの教会で洗礼を受けたキリスト教徒だったとしよう。するともうそれだけで自分の信仰の危うさに疑いを挟むことはなくなる。

そのことで私は嫌な記憶がある。ある米国人の上司がいて、敬虔なキリスト教徒だと聞いた。ところがその上司はあまりにも身勝手で、私のことが癪に障るのか何度も私に理不尽な仕打ちをした。

いよいよ思い余った私は、Are you really a Christian ?と喉まで出かかって必死の思いで止めた。もしそんな言葉を発していたら、上司に対して最大の侮辱となり、私の社会的生命はかなりの確率で終わっていただろう。

ただ私は、今でも世間でいう既存宗教の意味をあまり信じていない。なぜなら、少なくない人が、既存宗教の権威に乗りかかって、宗教性とか信仰について思考停止状態に陥っているからである。無神論に私は与しないが、少なくとも汎神論は信じて、常にその意味を問い続けたい。汎神論などというと中世ならたちまち火刑であるが。

もう半年以上前かもしれないが、古書店に行ってたまたま、高村薫の「マークスの山」講談社文庫、上下二巻を買った。それでちょっと読み始めたのだが、なぜか読み進めるのがうっとしくなって、書棚に戻した。こうなると大抵は永久積読の運命なのだが、最近なぜか通勤電車用読書のキューに入れて、前の本を読み終えたので、いよいよ「マークスの山」を読み始めた。

前に既に30ページくらいまで読んでいたので最初の方は記憶にあるのだが、流石に記憶は曖昧なので最初から読むことにした。すると、車で山に行き、一家心中するという話から始まる。すなわち、排気ガスを車内に取り込んで自殺するというよくある話で、それで夫婦は死亡したが、10歳になる息子はひどい一酸化炭素中毒になりながらも救出され、一命を取り留めた。しかし、後遺症は残った。

一方で、アル中のような土木作業員が、山から下りてきた登山者を、獣と勘違いして、スコップで殴り殺すという事件があった。また、たまたま山から地中に埋められた白骨死体が発見され、これもその土木作業員の仕業かと警察は疑った。

さて、一家心中を逃れた息子は、一酸化炭素中毒の後遺症で健忘症など、ひどい精神障害が残った。それで精神病院で治療を受けたいたのだが、そこで献身的な看護婦に出会い、面倒をみてもらった。一方で、入院患者に虐待を繰り返していた男性看護士に決定的な逆襲を与えた。それも精神障害のためか、切れて自分を失うのだった。

やがて治療が一段落して、一家心中を逃れた息子、水沢という姓なのだが、は退院し、豆腐屋の夫婦に養子として育てられるようになった。しかし、ちょっとした窃盗で水沢は警察に捕まり、刑務所に入れられた。

刑期を終えて刑務所を出た水沢は、たまたま出会った、かつて献身的な保護を与えてくれた看護婦のアパートに住むようになった。荒廃した水沢の唯一のオアシスともいえる。

これだけなら、悲劇の主人公の犯罪小説に終わるのだが、どっこい、もう1つのプロットがあって、それは、私立の名門、暁成大学の登山部の面々が北岳に登山したときのスキャンダルに深く関与しており、水沢の家族が一家心中した場所と時間が重なるようなのである。そこから水沢は、消え入りそうになる記憶を辿って、弁護士だの、検事だの、会社社長だの社会的に高い地位にある暁成大学の登山部のOBを強請にかかる。そのうちに水沢は殺人も犯す。

そういう二つのプロットが入り組んで複雑系をなす。しかし、これは推理小説ではない。なぜなら、犯人はもう誰か分かっているからである。アリバイ崩しもない。また、暁成大学の登山部のスキャンダルは当初全く手がかりも与えられないのだから、推理しようもない。

それでは犯罪小説かというと、部分的に然り。警察小説なのかというと、複数の警察署が縄張り争いするのでそれも然り。しかし、結局どれにも収まらない何かか残る。そういう意味ではドフトエフスキーの小説と比較したらやりすぎだろうか。ただ、やたら会話が多く、記述が濃厚で、ときどきストーリーを見失いそうになるという意味でドフトエフスキーである。

この小説の分量ならふつう、通信時間の行きかえりで一冊読めるので、2日で読了する。しかし、結局マークスの山は読了に5日もかかってしまった。それなりに充実した読書だったといえるが、どうも割り切れないものが少なくない。敢えて割り切りたい私は、マークスの山をミステリー小説だと思いたがっているようである。

粛清

user-pic
0

スターリンの例を挙げるまでもなく、独裁政権で側近が粛清されるというのは珍しくないが、流石に張成沢氏が処刑されたと聞いたときはびっくりした。というのは、金正日の死亡の自己レスで引用したように、「金正恩体制は、〈1〉金総書記の妹の金敬姫(キムギョンヒ)氏(政治局員)と、夫の張成沢(チャンソンテク)氏(同候補)を中心とするロイヤルファミリー〈2〉金日成(キムイルソン)時代の抗日遊撃隊員の子孫〈3〉李英ホ(リヨンホ)人民軍総参謀長ら軍部側近――の相乗り体制で、「運命共同体」として結束は固いとみられる。」ということだったからである。

しかし、今回の張成沢の処刑を、その妻で金正日の妹の金敬姫が推したという話もある。その真偽もわからない。

もともと金正日死亡説で書いたように、張成沢氏は一旦失脚したのだった。

そこから復活したことで張成沢氏は北朝鮮における鄧小平と言われた。金正日亡き後は、金正恩の後ろ盾として頼りにされた。なんといっても実務を取り仕切れるのが大きい。そいうい意味でも、中国の習近平との太い人脈もあったが、こうして張成沢を粛清したことで、金正恩は中国に頼らない路線を選択したことになる。

ところで個人的に、張成沢の粛清は他人事のような気がしない。というのは、長らく所属部門の管理職としてインフラを整備してきて、一時は海外の部門からみても私は最大の人望を享受してきた。しかし、米国本社のマネジメントや、新しく任命された部門内の管理職と意見があわず、私は次第に疎外され、一実務家に戻った。尤もそのことは私は不愉快ではなかったのだが、結局私は次第に居場所をなくして、到底粛清と呼ぶほどのことではないが、早期退職に追い込まれてしまった。

北朝鮮ほどでなくてもどこにいても、地位をまっとうすることは難しい。ただ私にも驕りがあったことは確かである。部門で一番目立っていた頃の栄光が体に染みついてしまっていたようだった。養生という意味ではもっと地味な会社生活を目指さなくてはいけなかった。

OJL

user-pic
0

OJLというのは聞きなれないだろうが、私の造語で、要するにon the job learningのことである。これは説明を要さないだろう。すなわち、仕事を通じて学ぶ、ということである。

そんなの当たり前と思うかもしれないが、そんなに自明な概念ではない。例えば、特許明細書を書くとき、別にとりたてて勉強しなくても、発明者に内容を説明してもらい、あとは適当にWeb検索すれば必要な情報は集まり、支障はない。

しかし私はあえて、少しだけ過剰投資する。すなわち、前に似たような発明を処理していて既に該当書籍を持っているのでない限り、必ずといってよいほどその分野の技術書を買う。

ただ、その分野の技術書といっても、馴染みのない分野なので、どの本がいいのかさっぱり分からない。そこで、ある程度気安そうな発明者なら、この分野の知識を得るにはどの本がいいですか、と聞いてみたりする。すると、この分野は論文しかないと思いますとか、一冊数万円もするような英語の本を紹介されたりして、流石にそこまでは、と絶句したりする。そこで、ともかく本を買う建前の私は、どうみてもあまり参考にならないような一般的な入門書を買ってお茶を濁したりする。それでも私の経験では、読まないよりましである。少なくとも、前向きに仕事に取り組んでいるという気持ちになれる。

こういう努力をすると何がいいかというと、仕事に情が移る。ちょうど、たまたま子犬をもらってきて特に可愛いと思っていなかったのに、夜吠えたりするのにうんざりしながら手間をかけて育てているうちに、まるで我が子のように思えてくる、というのと似ている。

言い換えると、これも私の造語だが、労働精神の私物化である。すなわち、仕事しているはずなのに、遊んでいる境地になる。ここで遊ぶというのは、ディズニーランドに行くのとちょっと違う。仕事の質を高めるという遊びなのであって、いくら努力してもなかなか完璧にはならないので、可能な範囲で努力して仕事の質を高めるのであるが、そういう意味では、本を買って読むというのもその一環にすぎないのかもしれない。

また、誤解を招かないように説明しておくと、労働精神の私物化というのは、労働の私物化というのとは全く異なる。労働の私物化というのは、典型的なのは仕事の利権を使って私財を増やしたりする。あるいは、管理職の権限を駆使して、親戚や取り巻きに地位をふるまったりする。労働精神の私物化というのは、まるで遊びのように楽しく仕事をするというのであるから、何も咎められることはない。いや、咎められないというのは嘘で、私など仕事を遊びとみなして没頭し、自宅でも特許明細書を書いたにしていたので、そのせいで仕事の質と量は達成したが、家人からは仕事のやりすぎだと咎められた。その指摘は妥当だろう。俗な言い方だと、たいがいにしとけよ、ということになる。

OJLという用語に戻って、要するに、仕事をトリガにして知識を増やし、それを仕事以外の人生一般、それを遊びと呼んでもよいが、に活かすというのが私の趣旨である。実際省みて、私のもっている知識のかなりの部分が仕事を通じた勉強で得たものである。それは私の知識自発性が乏しいということなのだろうか。そうなのかもしれないが、そんなことどうだってよく、主体的に活きているという実感があればいいのだと思う。

ペトラルカだったか、私は学ぶこと以外から喜びを見出せないといった。それはある程度私もそうで、もしかしてアスペルガー的な性格なのかもしれないが、仕方ない。ある歌謡曲の歌詞で、もしも生まれ変わってもまた私で生まれたい、というのがあるが、私はとんでもない、今度生まれるときはもうちょっとお気楽な性格で頼みたい。でも、今のアスペっぽい性格だと、こうやってOJLなどという造語を考えつつやっていくしかないのであった。知識魔だとしても、通り魔やストーカーよりましではないか、と詰まらないことを書いて、これくらいにしておく。

まどろみ

user-pic
0

不眠症で書いたように、私はどんなに辛いことがあっても、不眠症で苦しんだことがない。精神科医にかかったこともかく、なので、精神安定剤を処方されたこともないが、それは必ずしも私が精神医学的にみてノーマルな人間であると意味するとは限らない。

とはいっても、不眠症とはいえないかもしれないが、夜中の2時か3時くらいに目が覚めて、トイレにいって布団にもぐりなおしても、なんとなく眠れないことはときどきある。午後8時など早く就寝しすぎたり、あるいは何か心配事があったりしたときなのかもしれない。なにしろ、とても心配性な性格なのである。

そんな眠れないとき私は、ついいろいろなことを考える。一応、考えるネタは沢山あって不自由しない。しかし、そのとき何を考えるかは私の意思ではなく、別の何かか決めているような気がする。一番納得いく回答は、私の深層心理が決めているというものである。そういうと心理学的に納得がいったような気がするが、実は何も答えていない。

実は上記のようなことも、そのまどろみの時間に考えた。そうしてみると、歳のせいかつい夜中にトイレに行くため深夜起きる傾向のある私は、意外に日常的に深夜のまどろみを経験しているのかもしれない。

ともかく、布団に入って何を考えるでもまどろんでいると、新聞配達のバイクの音など耳に入るので確かに起きているのだが、意識は朦朧として、寝ているようでもある。こんな、中途半端な状態があるのかととても意外だった。

こういう、起きているのか寝ているのか分からない状態を確か荘子は、胡蝶の舞と書いたんだったっけ、と寝ているか起きているか分からない状態で考える。

ただ、PN接合というかショットキーバリアというか、起きているのか寝ているのか分からない状態というのは意外にアイデアの宝庫で、すばらしいアイデアから魑魅魍魎までいろいろなことが頭に浮かび、ネタに不自由しない。きっとであるが小説家も作曲家も作詞家も、こういう状態を大事にしているに違いない。

とはいえ、まどろみは眠りとしては浅く、次の日寝不足感が残る。自由業の作家ならともかく、サラリーマンにまどろみはちょっと辛い。

連結素数

user-pic
0

先日、素数の日に対して、るりおさんからコメントを戴いたことで、連結素数なる概念に想到した。到底私のオリジナルであるはずはないが、その定義について述べてみる。

まず、連結数を定義する。自然数a,bがあったとき、aとbを連結した数をCC(a,b)と表記し、それを連結数(concatenated number)と呼ぶことにする。例えば、CC(21,67) = 2167である。bの桁数をnとすると、CC(a,b) = a×10n + bと書ける。

そこで、素数p,qをとり、CC(p,q)が素数になるとき、(p,q)を連結素数と定義する。実際に下記のようなプログラムで連結素数を計算してみる。
#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <stdlib.h>
#include <math.h>

int IsPrime(int n);
int Prime[80000];

int main()    {
FILE *fi;
int i,j,n,max;
char temp[20];

if ((fi = fopen("primex.txt","rt")) == NULL ) return -1;
i = 0;
while (fscanf(fi,"%d",&n) != EOF)  {
 Prime[i++] = n;
}
max = i;

for (i = 0; i < 1000; i++ )   {
  for (	j = 0; j < 1000; j++ )  { 
	sprintf(temp,"%d%d",Prime[i],Prime[j]);
	n = atoi(temp);
	if (IsPrime(n))   {
		printf("(%d,%d) -> %d\n",Prime[i],Prime[j],n);
	}
 }
}

return 1;
}

int IsPrime(int n)   {
 
 int LIM = (int) sqrt((double) n) + 1;
 int i = 2;
 while ( i < LIM )   {
	if ((n%i) == 0 ) return 0;
	i++;
 }
 return 1;
}

計算結果は以下のとおりで、1000000程度の素数ペアの組み合わせに対して、連結素数になるのは107850とおりもあった。一方、双子素数で述べたように、ある範囲で素数ペアが双子素数である割合は、0.088程度であるから、連結素数の割合107850/1000000 = 0.107の方が大きいということになる。このことから、連結素数も無数にあると予想される。
(2,3) -> 23
(2,11) -> 211
(2,23) -> 223
(2,29) -> 229
(2,41) -> 241
(2,71) -> 271
(2,83) -> 283
(2,113) -> 2113
(2,131) -> 2131
(2,137) -> 2137
(2,179) -> 2179
(2,239) -> 2239
(2,251) -> 2251
・・・・・
(7919,7247) -> 79197247
(7919,7457) -> 79197457
(7919,7793) -> 79197793
(7919,7829) -> 79197829
(7919,7907) -> 79197907

それでは、pを素数としたとき、(p,p)が連結素数になる場合があるだろうか。これは成立しないことが明らかである。なぜなら、pの桁数nでもって、CC(p,p) = p×10n + pであり、これはp(10n+1)だからである。

さらなる考察として、果たして、(p,q)が連結素数であり且つ双子素数である場合はあるのだろうか。それは、ざっと計算する限りでは、(5,3)しかないように思われる。

そこで改めて、根拠のない予想を掲げる。

  1. 連結素数は無数にある。これは多分正しい。
  2. 連結素数であり且つ双子素数であるのは、(5,3)しかない。これは多分間違いで、反例が簡単にみつかるだろう。

仮想能力

user-pic
0

テレビの将棋番組をみていて、仮想能力という概念を思いついた。どういうことかというと、ある芥川賞をもらった小説家の女性が実は将棋ファンで、棋士の大ファンだったりするので、とうとうタイトル戦の観戦記まで書いたのだそうである。

そこまで観戦記が書けるなら、おそらく最低でもアマチュア初段はあるのだろうと普通推察するが、そんなことは全くなくて、駒の動かし方もやっと知っている程度なのだという。なのになぜか将棋に感情移入し、観戦に没頭できる。

その程度の棋力で観戦記が書けるのかというと、実はしかるべきプロ棋士が技術的にきちんとサポートしている。なので、観戦記の文学的?表現に没頭できるわけであって、なかなかユニークで文学性の高い観戦記に仕上がったそうである。

そういう能力をみていてこれは、仮想能力なのでは、とつい思った。この用語の意味をきちんと理解するには、コンピュータのオブジェクト指向の概念を少し理解する必要がある。すなわち、オブジェクト指向の仮想クラスというのは、メソッドが十分に実装されていなくて、それだけでは使えない。ではどうするかというと、その仮想クラスを継承して、状況に応じて継承したクラスでメソッドを実装して、実用的なクラスとして使う。

しかしともかく、仮想クラスが用途の方向付けしているので、元の仮想クラスのコンセプトで使うことになる。この類推でいくと、上記の小説家の女性がもっている仮想クラスは、プロ棋士が継承して実装できるものなのかもしれない。なので、何もメソッドを実装していなくても、プロ棋士に親和性を感じるという次第である。

私のように、アマチュア有段者であっても、もっているクラスがプロ棋士が継承して実装できるものではないので、案外、ほとんど将棋を知らなくても上記の小説家の女性の方が私よりも将棋の一面が見えているのかもしれない。

そう思わせる他の人物として梅田望夫氏がいる。彼は将棋はアマ初段程度らしくて、観戦専門で指すことはないそうだが、とても素晴らしい棋士論を書く。もしかして下手なプロ棋士も書けないようなものを書く。これなども、なかなか筋のいい将棋の仮想クラスをお持ちであると推察する。

ただ、なかなか筋のいい仮想クラスをお持ちですね、という言い方は、口頭で伝えると意味不明であるだけでなく、馬鹿にしていると誤解を招いて怒り出される可能性もある。なので、せいぜいがここに書くだけに留める。

特許明細書

user-pic
0

以前にこのブログで何度も、最初に入った大阪の会社で特許の仕事を割り当てられ、渋々ながらもう定年近くまで続けてきたと書いた。今でもそんなに楽しい仕事とは思わないが、しかし、ある程度の適性はあるのだろうと、そこは楽観的に考えている。

最初に入った会社では、特許の仕事といっても、ほとんどが特許調査であった。当時は、今と違って、インターネットベースの特許検索システムなんてないので、特許庁や、大阪の夕陽丘図書館など、特許公報が閲覧可能な場所に行って、手めくりで検索していた。特許分類に従って本を何冊も台車に載せて席に持ってきて、めくって調べるのだが、特に昼食後では眠くて仕方がなくなる。ただ、ああいう場所では上司がついてくることはまずなく、それで監視する人もいないので、仮眠をとるという誘惑に勝てなくなる。ときには、閉館時間まで爆睡するという猛者もいるようだが、少なくともそれは、私には該当しなかった。

そんなわけで、特許調査の仕事はまあいいのだが、ほどなく特許明細書を書く、という仕事があるのを知り、通信教育で、特許明細書の書き方を勉強した。そして当時の上司に、社内の特許出願の特許明細書を書かせてほしいと頼んでみたら、それはすべて外部の特許事務所に依頼することになっていると、あっさり断られた。どうも、その上司は、特許の仕事一筋だったのに、特許明細書を書くスキルがなかったので、部下にも書かせるという気にならなかったのだろう。

もともと文章を書くのが好きな私は、断られると一層、特許明細書を書きたいという思いが募ったが、どうしようもなくて、結局、その大阪の会社は、上司とウマがあわなくて、東京にある機械メーカーに転職した。そこでも特許室というところに所属したが、運がいいことに、そこではほとんどの特許明細書を内製するという方針だったので、未経験の私も先輩から、徒弟のように特許明細書の書き方を教わるようになった。ただ、今から思うと、その先輩はとても頑固で大したスキルがなかったようにであった。すなわち、最初は確かに私が要領を得ないので真っ赤になるまで直されていたが、3年くらいたってかなり明細書の作成に慣れてきても、やはり同様にケチをつけられていた。しかし、ある程度経験を積んだ今の目でみても、あのときのケチはかなり独善で乱暴な内容だった。ただ、人生の法則があって、あまりいい先生に就かなくても、一応の才能があれば、自ずとスキルは磨かれるのである。馬鹿だチョンだと言われて反発心をもって努力するだけでも意味がある。何しろ私が特許明細書を誰かに教わったというのは、このときの三年間しかない。

それから外資系に会社に転職して、ここは社内で特許明細書を書く仕事があったが、最初はともかく英日翻訳をするのが修行のコースだったので、何年も我慢して翻訳にいそしんだ。それである程度なれてきたとき、特許明細書を書きたいと上司に申し立てたら、弁理士でもないと無理だと、あっさり断られた。弁理士であるかどうかは、この際関係ないと思ったが、どうしようもなかった。ただ、その代わり、その上司には、中間処理でみっちり絞られた。なにしろ、前の機械メーカでは意見書など書いたことがなかったので、最初はメタメタだった。それでも数年やっていると慣れてきた。すると上司はもう、レビューしなくていいといってくれて安堵した。後で誰かに聞くと、別に私のことを一人前と認定したわけではなかったらしい。単にレビューが面倒になっただけのようである。

私についに特許明細書を書くチャンスがやってきたのは、部門長が代わり、しかも部門全体が研究所に移転してきてからである。そこでは私はようやく、エンジニアや研究者に話をきいて特許明細書を書けるチャンスを掴んだ。機械メーカで特許明細書の修行をして、ほぼ10年のブランクがあったが、全く違和感なく特許明細書が書けた。してみると、少なくとも特許明細書を書くというスキルは自転車に乗るようなものなのかもしれない。

折角特許明細書を書くという幸運に恵まれたのに、たった2年で管理職に任命され、特許実務はできないし、部下には突き上げられ、インド人の上司には奴隷のようにこき使われで、地獄の日々だった。それでもともかく、なんとか大過なく11年の管理職を終えて再び特許実務に戻ると、再び猛然と特許明細書を書き始めた。ブランクは全く感じなかった。結局、管理職から復帰後140件程度の特許明細書を書いたところで、外資系の会社は退職することになった。定年扱いである。残ろうとすれば残れないでもなかったが、1つのけじめだと思った。

その後、ハローワークに通ったりしたが、なんとか再就職先を見つけた。結局、特許明細書を書く仕事は見つけることができないで、今度は特許調査の仕事の担当となった。それで思い出したのが、自分が特許調査の仕事でサラリーマンのキャリアが始まったことである。世間では、サラリーマンとして、外国に転勤になって画期的なプロジェクトを立ち上げたり、研究者として画期的な研究をする人もいるというのに、自分は結局、原点回帰の特許調査マンで、明細書も機械メーカー勤務のときからの通算で、高々200件程度書いて特許庁に出願しただけ、ということになる。Ars longa, vita brevis.とはこのことか、と人生の終盤になって少しだけ分かってきた。それでも、ここでいうarsとは、特許明細書のスキルではなくむしろ、特許調査スキルのことかもしれない、なにしろ原点回帰なのだから。

小杉健治といえば、私にとって灰の男が印象に残っている。かなりためらいながらも、これを私が今までに読んだベストの小説だと推したいくらいである。

なので、たまたま古書店で、小杉健治の「父からの手紙」光文社文庫を見つけたとき、あまり迷わず買って読み始めた。

「父からの手紙」では、両親と、長女と長男の、幸福な家庭の記述から始まる。貧しいながらも、強い絆でなんとか楽しく生活している。ところが、何を思ったか、夫が突然失踪してしまう。なんでも外に女を作って駆け落ちしたらしい。そんな馬鹿なと思うのだが、夫が、そして父がいなくなったのは現実なので、残された家族は大変困惑する。

父がいなくても生きていかなくてはならない、残された家族に、父から、相応の仕送りと、娘や息子に対する思いやりに満ちた手紙が届く。父を今でも愛している子供たちは、手紙をもらって喜ぶ。どうして出て行ったのだという思いは断ち切れないで。

妻は、夫はどこかの女とどこかで楽しく暮らしていると思っている。それは辛いことだが、生きているならまだしも、である。

一方で別の家族が言及される。兄と、その腹違いの弟。そこでは父が病気で亡くなったあと、兄が結婚する。弟は兄嫁に密かな恋情を抱いて、胸を焦がす。

しかし、兄の商売はうまくいかず、ついに兄夫婦は仲違いして、兄は焼身自殺してしまう。兄嫁は姿を晦まし、誰かと再婚したらしい。

この全く関係なさそうな家族が、実は交錯し、ストーリーが展開する。失踪した父との関係はどうなのか。このあたり、東野圭吾の「白夜行」とも奥田英朗の「最悪」とも、微妙に似ていて、しかも、親子の情とか絆のことをあまり前面に出したくない私には、なんとなくしっくりこないストーリーだったのだが、アマゾンの評価では、灰の男よりずっと高い。

ということで、ミステリーとしても、家族小説としても、まあまあの水準かと思うのだが、小杉健治にはもう少し上を期待してしまう私は、欲張りなのだろうか。

街の灯に続いて、北村薫のベッキーさんシリーズである、「玻璃の天」と「鷺と雪」を一気に読んでみた。以下、私なりの感想である。

まず、「玻璃の天」だが、「幻の橋」、「想夫恋」、「玻璃の天」の三篇からなる。「街の灯」を読んだ後で馴染んだか、こちらの方が「街の灯」よりも面白かった。次第に筆がこなれてきた、とでもいうのだろうか。そして、「街の灯」では呑気な上流階級の暮らしだったのに、次第に戦争の翳が深くなってきた。流石に憲兵には捕まらないにしても、自由主義思想の花村英子も、一本芯が通ったベッキーさんも、生きにくさを感じ始める。「玻璃の天」では、ベッキーさんの家族のことが分かってしまう。とても悲しい過去なのだが、それはここに書いたらネタばれになってしまう。

そして、折角「玻璃の天」で気分が高揚したのに、「鷺と雪」では気持ちが少し沈んできた。次第に戦争が抜き差しならぬものになり、流石のベッキーさんも如何ともし難くなってしまったのだった。しかし、戦争といいつつ、「鷺と雪」の「獅子と地下鉄」では、中学受験が大変な様が描かれる。なんと、あんな昭和の初期もそうだったのかと怪訝になったが、時代考証に細かい北村薫が、いい加減なことを書く訳もない。

そして極めつけは、「鷺と雪」である。なんと松本清張の「昭和史発掘」がきっかけになって書かれたのだという。ヒントは服部時計店への間違い電話。そう、ベッキーさんシリーズ自体が、「鷺と雪」という、詰将棋でいえば煙詰の最後のような場面に導くように逆算して書かれたのだった。すると、ベッキーさんシリーズの個々の短編ではミステリーの要素は弱いものの、全体としてはこれはこれで壮大なミステリー仕掛けということになる。いや、小説より奇なりという事実をうまく利用した昭和ロマンというところだろうか。

健康診断

user-pic
0

健康診断なるものが私は嫌いで、なので、経費削減なのか、会社の健康診断がどんどん形骸化するのを私は歓迎していた。会社だってあんなことにコストを使いたくないので、安全衛生法なのか何なのか知らないが、法律に従う最低限で、なるべくおざなりに済ませたいはずなのである。

ところが、ある理由によりモードが変わって、突然、ストロング・スタイルの健康診断を受けざるを得なくなった。何しろ、今まで受けたことのない眼底の写真撮影とか、肺活量とか、挙句の果てに肛門に何か太い装置を注入されて、直腸まで検査された。私は断じて、そこに倒錯的な悦びを見出すような変態ではない。

で、結果的に案の定であるが、コレステロールが少し高いが、血圧が正常で糖尿病でもないので、リスクは低いということになった。めでたしである。特許的に言えば、ちょっと広いクレームの公開公報が見つかったが、それより前に似たような自社出願があるので、まあ問題がないかということになる。かなり意味は違うか。

私が言いたいのはそういうことではなくて、このような負荷の高い健康診断を毎年受けていると、体へのインパクトがとても大きいということである。いわゆるハイゼンベルグの不確定性原理ではないが、観測としての健康診断は確実に、心身に重大な影響を与える。

別の要因として、体は複雑系なので、どんな緻密な検査項目を集めても、健康状態の実態は分からない。それでも、公的機関の発表のように健康診断の結果として問題ないと太鼓判を押されると、大抵の人はそうなのか自分は病気ではないのかと、手放しで喜んでしまう。

しかし、健康診断というかいかなる予防医学といえども、その限界は高くないのであって、一応の推定として健康が言い立てられるに過ぎない。そこを過度に信頼して、もう自分は大丈夫だと羽目を外したりするので、却って少し問題のある健康診断の報告のほうがましということになる。

下手に受かれて、健康診断で問題なかったからと酒を日々飲んでいたら、どうしようもない。

私の本音は、健康診断など受けなくて、どうしても調子が悪くて医者に行ったら手遅れというのでも構わない、というものである。それはどうみても、検診に書いたことに基づいていたりする。しかし、これは現代のパラダイムに反するので、あまり公言すると爪弾きにされる。これ以上孤立するのは御免なのだが。

勉強

user-pic
0

勉強というと普通は、学校の試験勉強であったり、大学の受験勉強であったりするが、会社に入ってからは昇進試験の勉強、ステップアップのための勉強などがある。

もちろん企業の研究者であれば、勉強というか研究が仕事であり、論文を読んだり書いたりしていないなら、何をしているのかということになる。

その他、仕事に必要な勉強というのもある。資格を取るまでいかなくても、法務部にいれば著作権法や営業秘密の保護の判例も勉強しなくてはならない。

ではそういう必要性がなくなるともう勉強しないのかというと、多くの人で結構そうなのではないだろうか。知識を得てそれでステップアップしたり仕事を有利に進めるのでないなら、最早勉強など必要ない。むしろ、ゴルフのレッスンにいそしんだ方がよい、ということになる。

そういう人はもしかして勉強の一面しか知らないのではないかと思うので、僭越ながら少し勉強についてのコメントを書いてみる。すなわち、勉強とは究極の健康法なのである。

ここで藤沢秀行の例を挙げる。藤沢秀行は若い頃から破滅的に酒を飲み、かつ妾がいて、ギャンブル狂いだった。どうみても盟友の芹沢博文の方がましなくらいである。

ところが早くに逝ったのは、秀行でなく芹沢だった。生活の無軌道ぶりはどうみても秀行の方が上である。

私のみるところ、秀行はどんなに酔って帰っても碁の勉強だけは怠らなかったのに、芹沢は一体どれだけ晩年将棋の勉強をしたのか。

ここから私は、勉強そのものに健康維持の作用があるとみる。すなわち勉強は脳を活性化させ、活性化した脳は体をも活性化するのである。

このとき、受験勉強のように、目標が達成されたらそれで終わりになってしまう勉強ではいけない。いつまでも飽くなき勉強でなくてはならない。しかしそれだと、定年後は何を勉強するのかということになる。

そういう意味で囲碁・将棋の趣味はなかなかである。なぜなら、誰かに勝つとか、なんとかという戦法をマスターするとか、いくらでも分かりやすい目標を立てることができる。

ともかく、もちろん囲碁・将棋でなくてもよいが、生涯教育としての勉強は見かけより重要であると思う次第である。

大学で物理学を勉強して、研究者と呼ばれる人の端くれになりたかった私は、全くその思いが果たせなかったことで屈折した気持ちはあるものの、研究所という施設の建物を眺めると、まるで踊りの好きな少女が宝塚劇場を眺めるような純粋な憧憬を抱いたりする。

随分屈折してひねくれてしまったはずなのに、自分の心の中にふとそういう純粋な部分を発見するのは妙に照れくさい。

さて最近、たまたま所用で横須賀に出かけた。横須賀というと、佐世保、呉と並ぶ日本三大軍港の一つなので、昭和史の好きな私は、そのうち旧海軍の施設でも見学に行こうかと思い、まだ果たせていなかった。一方、私が住んでいるそばの座間神社に行く途中には、今は自衛隊と米軍が駐屯している基地があり、そこはもともと旧陸軍士官学校だったので、私の軍事的歴史趣味をある程度満足させてくれる。

ところが私が降り立った駅の駅名は、京浜急行のYRP野比という。なんと横須賀という文字はなく、しかも駅名にアルファベットが入っているなど、見たことがない。調べてみると、YRPとは、横須賀リサーチパークの略なのだという。ならば、横須賀リサーチパーク前という駅名にすればいいではないかと思ってしまった。小田急線だって、昔、大根(だいこんではない、おおね、である)という駅名があったが、東海大学前という駅名に変わった。京浜急行は、野比という旧駅名に敬意を表したのだろうか。野比というと、私はドラエモンに出てくる、のび太以外に思いつかないが。そういえば、のび太の姓は野比なのだった。横須賀の地と何か関係があるのだろうか。

YRP野比駅からバスに乗ると、両側にいろいろな企業の研究所がある道路を上っていく。昔訪れたことがあるシリコンバレーの雰囲気に似ていると感じた。横須賀リサーチパークのホームページをみると、153もの企業が参加しているようであるが、道路沿いに目に付いた研究所は、富士通、NTTドコモ、パナソニックなどの研究施設であった。

眺めていて羨ましくなったのは、こんな辺地に研究所をもてるなんて、なんと贅沢なのだろうということである。皮肉ではない、真面目に言っている。もう何年前になるか、田園都市線の電車に乗っていて、宮崎台に日本電気の中央研究所があるのを、やはり憧憬をもって眺めていた記憶がある。しかし、業績悪化による経費削減により、日本電気の中央研究所は閉鎖されてしまった。

ところで、私の科学史というか技術史的偏見であるが、世の中を変えるような画期的な発明は、中心でなく、周縁から出てくるものだという思いがある。それは文化人類学的な感慨だったりもする。

そういう偏見でみると、いかに横須賀という、東京から外れた郊外に位置するとはいえ、白堊の殿堂のような研究設備を眺めていると、これは紛うことない科学の中心であり、そういう研究施設の生産性はいかに、と考えてしまった。

ただ一方で思うのは、いかに経費削減であれ、先端技術のメッカである研究所を縮小するのはいかがなものか、ということである。画期的な発明でなくても、手堅い技術的ヒットを連ねるためにはやはり、きちんとした研究設備は必要だろう。

で、いろいろ矛盾した気持ちを抱きつつ、このようなリサーチパークで働けるのはなんという優雅なことだろう、と遠くに見える富士山を眺めながら、用件を済ませると、YRP野比駅から逃げるように横浜方面行の電車に乗った。どこまで行っても自分の気持ちが分からない一日だった。

以前に、数学セミナーの特集に基づき、P≠NPという記事を書いてみたが、あれからほぼ4年がたって、数学セミナーに「P≠NP予想最前線」という特集が組まれた。よく世間でドッグイヤーという言い方がなされるが、あれは、ムーアの法則でドライブされた記憶装置の発展や、わざとアプリケーションの互換性を途絶させてしまおうとするソフトウェア・ベンダの陰謀や、浮薄な世間の評判がそれに該当するだけで、純粋な精神的プロダクツにはあまり関係ない。そうでなければ、フェルマーの定理の証明に、300年もかかるわけがないのである。

数学というか情報科学の精華であるP≠NP問題のような世界だと、4年ではなかなか顕著は発展はないのではないか、では一体どんな内容なのか、と必ずしも興味津々でなく、記事を覗いてみた。以下は私なりの単なる感想である。

まずおさらいとして、Stephen Cookの定式化を述べる。すなわちCookは1971年に、命題論理の充足性問題に多項式アルゴリズムが存在すれば、すべてのNP問題に対して多項式アルゴリズムが存在することを証明した。すると、P=NPであることを示すには、命題論理の充足性問題が多項式アルゴリズムで解けることを示せばよい。

しかし、Cookは、命題論理の充足性問題に多項式アルゴリズムが存在しない、すなわち、NPであることを証明した。

さて、問題Aから問題Bへの多項式時間計算可能な変換が存在するとき、AはBに還元可能であるという。そして問題SがクラスNPに属し、且つクラスNPに属する任意の問題XがSに還元可能であるとき、問題SをNP完全であるという。例えば、与えられたグラフが3色彩色可能かという問題と上述の命題論理の充足性問題は互いに、還元可能であり、どちらもNP完全問題である。

さらに、任意の3色彩色不可能グラフに対して、多項式時間検証可能な3色彩色不可能性の証拠が存在するとは限らないという命題を、NP≠coNPと呼ぶ。これも成立すると予想されているが、P≠NPよりも強い命題である。

P≠NPに対する1つのアプローチは、量子計算によるものである。1994年にShorは、従来のコンピュータでは多項式時間で解くことができなかった整数の素因数分解の問題を解くための、多項式時間量子アルゴリズムを提案した。これは、公開鍵暗号アルゴリズムが大きい整数の素因数分解の困難性に依存しているので、世間に衝撃を与えた。

これはもちろん、任意のNP問題が多項式時間量子アルゴリズムで解けることを意味しないが、ある種の、従来NPと見なされていた問題に量子アルゴリズムが活路を与えることがあるのは確かである。

さらに別のアプローチとして、NP問題に対する近似アルゴリズムと、数理計画法がある。すなわち、あるNP問題に対して多項式アルゴリズムは存在しないけれども、数理計画法を駆使することにより、最適解と予想される解の8割か9割程度の性能の多項式解が得られることがある。このような1より小さい値は、整数性ギャップ、あるいは近似比と呼ばれる。

MAXCUTという問題に対して、GoemansとWilliamsonは、整数性ギャップが0.878となる多項式時間のアルゴリズムを提示したが、これより整数性ギャップは改善できないのではないかという、一意ゲーム予想がある。

次は機械学習とP≠NPの関係である。P≠NPだと仮定すると、PAC(probably approximately correct)学習モデルで学習困難になる場合がある。

次は聞きなれないが、定数検査のテーマである。すなわち、何か未知の関数fがあって、ある値xを与えるとf(x)が返ってくるとする。もしfの線形性を厳密に確認しようとすると、fの定義域の集合すべての元について確かめる必要があるが、ある高い確率で調べるためには、もっと少ない有限回でよい。それを定数時間での検査と呼ぶ。ただ、ここでP≠NPがどう関わってくるのか、私の理解力では説明できない。

次はゲームの複雑さである。あるゲームの解法を求めることがNP完全であるなら、命題論理の充足性問題に還元可能となるはずである。しかし、実際はそのような還元を構成することは難しいことが多い。そこで登場するのが制約論理モデルで、ゲームとの親和性が高い。制約論理モデルを使うと、面白いと言われるゲームが実はNPであることが示唆される。すなわち、もしPだとコンピュータで地道に追及すると解けてしまう。ここでNPであることは、コンピュータのブルート・フォースでは解きにくいということだけを意味するのでない。指数関数的に増大していく組み合わせの中で、はっと驚く、将棋で言う妙手の解が存在する。そうでないと人間は面白いといわない。将棋も当然にNPで、なので人間は必死の努力で、機械学習その他のアルゴリズムを駆使して少しでもコンピュータ将棋を強くしようとする。

ちゃんと理解しないままにメモしてきたが、要するに、今回の数学セミナーの特集は、前回の特集の発展というより、別の切り口なのだった。

奥田英朗というのは私にとって不思議な作家で、私の感性にすごくフィットしている訳ではないのに妙に読ませる。それで、「イン・ザ・プール」、「空中ブランコ」、「最悪」、「サウスバウンド」と、ある程度の冊数を読んできた。おそらくであるが、すごくファンでなくてもつい読ませるというところが、奥田英朗の才能というか、ベストセラー作家としての所以なのだろう。

そこで、奥田英朗の原点を垣間見たくて、デビュー作の「ウランバーナの森」講談社文庫を読んでみた。すると、いきなり主人公がジョンなのだという。あれっ、外国人の設定なのかと怪訝になった。そして、その妻がケイコ。ジョンは日本に住んでいて、妻が働くので専ら主夫なのだという。息子が一人。そしてもと、偉大なる音楽のアーティストだった。

ここまでくると、いくら鈍い私でも、ジョン・レノンがモデルになっていると分かる。しかし、ジョン・レノンの妻はヨーコであり、晩年住んでいたのはニューヨークであって、日本ではなかった。なのでこれはまさに、奥田英朗による、ジョン・レノンの主題による変奏曲なのだった。

ここで、ジョン・レノンを離れて、「ウランバーナの森」のジョンに戻る。ジョンは妻の軽井沢の別荘に滞在しているとき、原因不明の腹痛に陥った。そしてひどい便秘になってしまう。そこで医者に行くのだが、「空中ブランコ」の伊良部医師ほどではなくても、やはり少し変わった医者がでてきて、適当な治療をほどこす。もともと単なる便秘と腹痛なのだから、大した処置をするわけもない。

それで出された薬を飲んで自宅で寝ているのだが、どうも具合がよくない。夢で過去の辛いことを思い出したりする。そうして腹痛というか腹部膨張感と便秘が一向に快方に向かわないので、妻の紹介で別の病院に行くのだが、その病院の帰りの森を通るとき、夢とも現実とも、過去の亡くなった知り合いがあらわれてきて、ジョンはいよいよ贖罪の思いに駆られていく、というとてもスピリチュアルなストーリーなのだった。死と生の区分が不明確になるというのはほとんど荘子の世界なのだが、ウランバーナとは仏教用語なのだそうである。

そして最後に主人公は、ジョン・レノンのように悲劇的な最期を遂げるのだろうか、そこは敢えて明かさないでおくことにする。

羆嵐

user-pic
0

私は人生全般で、なるべく小欲に生きることを心掛けているが、一つだけ例外があるのは読書である。面白い本、有意義と自分が考える本に貪欲で、よってアマゾンから本の紹介メールが来たら、どんなものでも一応アマゾン上で内容を確認して、気に入ったら即、買う。このあたりアマゾンにとっていい顧客の一人であると自負している。

最近アマゾンから、吉村昭の「羆嵐」新潮文庫の紹介が来た。はて、熊谷達也の「漂泊の牙」を読んだせいかと思ったが、「漂泊の牙」はアマゾンでなく古書店で買ったのだった。そもそも、アマゾンの本紹介システムのアルゴリズムはさっぱり分からない。しかし、こういう動物ミステリーものも嫌いではないので、迷わず買って読むことにした。

すると、吉村昭だから当然なのかもしれないが、これはミステリー小説というよりも、実話に沿ったドキュメンタリー・ミステリーなのだった。事実は小説より奇なりで、実話に基づこうとそうでなかろうと私はあまり気にしない。

事件は、大正4年の12月、北海道天塩山麓の開拓村で起こった。すなわち、突然、羆が人間を襲ったのである。普通熊に人間が襲われるのは、山を歩いていて、たまたま人間が熊に出会ったときである。熊だって人間が怖い。なので普通は人里に熊が降りてくることはあまりない。それでもたまたま山中で熊に人間が出会って、特に子連れの熊だったりすると防衛本能から、熊が人間を襲う。

そういえば、空手の達人、大山倍達が熊と闘って修行したという伝説がある。しかし、ある空手を習っている知り合いによると、熊は強すぎて、どんなに修行した人間でも素手では太刀打ちできないという。小熊で犬くらいの大きさでもまず人間は対抗できないそうである。

それと熊に出会ったら死んだふりをすればいいという俗説があるが、あれは全く嘘である。なぜなら、熊は雑食で普通は木の実なども食べるが、動物も好物で、人間だって食べる。生きていようと死んでいようと関係ない。すると、死んだふりはまさに自殺行為となる。

「羆嵐」の事件はそんな生易しいものではない。というのは、腹をすかせて冬眠に入りそこねた巨大な羆が、空腹に耐え兼ねて、風雨や雪をかろうじて凌ぐだけのあばら家に体当りして壊し、中にいる人間を食ってしまったからである。特に女性が美味ですっかり味をしめてしまったというのは、なんという変態熊なのかと思ってしまうが、その部落に住む女性は他人事ではない。

その惨殺現場を訪れた男たちは驚愕して、猟師を手配して熊狩りすることにした。しかし、小動物を気晴らしに撃っている程度の猟師では、巨大な羆には全く対抗できない。そうやって手を拱いているうちに、別の家も被害にあった。なんとたった二日で六人もの人間が羆に殺されてしまった。

そこで人々が目をつけたのが、熊狩りの名人、銀四郎だった。銀四郎は酒乱で素行が悪く、みんなから嫌われていた。しかし、そんなことを言っている場合ではない、緊急事態とあっては、頼み込んで銀四郎を駆り出した。そこからは、銀四郎と巨大羆の一騎打ちとなった。

このドキュメンタリー小説を読んで分かったのは、猟師も将棋と同じということである。すなわちヘボが何人集まっても埒があかない。たった一人の名人の前に烏合の衆と化してしまう。

それにしても羆でなくても熊は怖い。日常的に熊が出没する寒村に住んでいなくてよかったと今更思うのであった。

升田将棋

user-pic
0

エントロピー的不調への山椒魚さんのコメントで、真部一男の「升田将棋の世界」日本将棋連盟を再読してみた。その本の「新手一生」と題するエピローグからしてとても興味深いので、私なりにまとめてみる。

まず、升田が「新手一生」というときの「新手」の意味であるが、例えば、横歩取の定跡で最近では、わざわざ後手が23銀と上がり、24飛ぶつけを狙う手があるが、あれも最初に考えた人は新手ということになる。

升田の「新手」の意味は全く異なり、初めから全体の構想を描き、将棋の流れをリードしていくということである。都市構想でいえば、特定の場所に独特の建築物を建てるのではない。都市全体を自分の構想でデザインするのである。言うまでもなく、後者の方がはるかに難易度が高い。

とはいえ、升田といえども、すべて独自で新手を構想した訳ではない。その先達として、偉大なる名人、木村義雄がいた。その木村を打倒しようと、定跡を緻密に研究する人達がいた。金子金五郎であり、あるいは花田長太郎もそうかもしれない。それはまるで、後年の大山に対する山田道美の努力を彷彿とさせるが、ともかく、部分では木村を撃破することはあっても、トータルでは木村を凌駕することはできなかった。

升田は木村のパラダイムを辿るのではなく、常に既知のものに対して、懐疑の姿勢で臨んだ。そのために升田は大変なエネルギーを傾注した。自分の欠点を見つめるべく、自分の過去の棋譜を延々と並べることさえした。

そのような升田をして、真部は、モーツァルト型の天才ではないという。モーツァルト型の天才とは、自然に奔流のごとく、アイデアが次々と浮かんでくることをいう。升田はというと地道な積み重ねをへてようやく、構想を立てる境地に達した。

ただそれは、升田とモーツァルトとの違いというより、将棋と音楽の違いではあるまいか。すなわち、相手がある将棋では、アイデアをほとばしらせるがままにしておけない。そういう意味では、独りで考えることができる数学は、音楽に近いかもしれない。

そうやって新手一生の路線を構築した升田であるが、結局トータルで大山を凌駕することができなかった。なぜなら、一直線に作戦のグランドデザインを作る升田に対して、大山は局面毎に断続的に考え、軌道修正できたからである。囲碁でも、局面修正派だった坂田栄男はやはり高い勝率を誇った。

構想派で新手一生の路線を歩んだ升田は結局、悲運の棋士たる運命だったのかもしれない。そのことは升田の天才性をいささかも損なうものではない。

ゴールドバッハ予想でもちらっと述べたように、4以上の偶数が2つの素数の和で表されるといっても、それは一般的には一意的ではない。

例えば、分かりやすい例でいくと、一意的になるのは、下記の場合だけである。
4 = 2 + 2
6 = 3 + 3
8 = 3 + 5
12 = 5 + 7

その他はすべて、複数の場合をもつ。例えば、
10 = 3 + 7
10 = 5 + 5
14 = 3 + 11
14 = 7 + 7
16 = 3 + 13
16 = 5 + 11
などである。

数が増えてくると、組み合わせも以下のように、増える。
34 = 3 + 31
34 = 5 + 29
34 = 11 + 23
34 = 17 + 17
36 = 5 + 31
36 = 7 + 29
36 = 13 + 23
36 = 17 + 19

そこで、もう少し大きい偶数について、組み合わせの数だけ求めてみた:
9980 : 136
9982 : 135
9984 : 211
9986 : 103
9988 : 110
9990 : 269
9992 : 102
9994 : 98
9996 : 255
9998 : 99

今、4以上の偶数nがあったとき、このゴールドバッハ予想を満たす2つの素数の和の組み合わせの場合の数を、GB(n)と表すことにすると、

  1. 任意の自然数mをとったとき、4以上の偶数nが存在して、m = GB(n)だと言えるだろうか。
  2. n → ∞とすると、GB(n) → ∞だろうか。
私の予想では、このどちらも正しくない。もちろん、証明は私の能力を超える。

なお、4から998までのGB(n)のグラフを下記に示す。このグラフからは、nを増やしていくと、GB(n)も緩やかに増えていく様子が見てとれる。ただ、これも見てとれるように、それは決して単調増加ではなく、明らかに大きく増減しつつである。上の包絡線の約半分の、下の包絡線もみてとれる。

ところで、こうやってゴールドバッハ予想に想いを馳せていると、天から命題が降ってくる。すなわち、会社の通勤の帰り、駅から歩いて帰宅する途中で、7以上の任意の素数は、3つの素数の和であらわされる、という命題に想到した。

ところがWikiをみていると、7以上の任意の素数でなくてよくもっと一般的に、7以上の奇数の場合にそれは既に提案されていて、弱いゴールドバッハ予想と呼ばれているそうである。弱いゴールドバッハ予想は、普通のゴールドバッハ予想から次のようにして、簡単に導ける。すなわち、Nを7以上の奇数とすると、N - 3は4以上の偶数なので、N - 3 = 素数1 + 素数2

すなわち、N = 3 + 素数1 + 素数2

あるいはもっと一般的に、7以上の奇数 = 偶数 + 素数と自明に分解できて、やはりこの偶数部分に普通のゴールドバッハ予想を適用すればよい。

勝負心

user-pic
0

竜王位のタイトルを失ったのに、あるいは失ったからなおかもしれないが、急に渡辺の著書の「勝負心」文春新書が読みたくなって、本屋に行ったら、平積みとまではいかないが、複数冊置かれていた。

その本の帯には、天才・羽生善治が最も恐れる男が明かす「勝つ」極意とあって、思ったのは、このタイミングで、こんな本を出すのか、ということである。このタイミングというのは言うまでもない、森内との竜王戦の最中という意味である。

そもそも、天才・羽生善治が最も恐れる男が渡辺なのかどうか、分からない。少なくとも羽生はそんなこと公言していないはずである。

むしろ、この本は一貫して羽生に対する賞賛に満ちており、天才・渡辺明が最も尊敬する男が羽生というならわかる。あと佐藤康光と郷田真隆にも言及されるが、必ずしも肯定的な調子ではない。そして、ときの名人である森内には全く触れていない。どう見ても、森内も、この本できちんとカバーすべき存在のように思われるのだが。森内は竜王戦で挑戦してきているので遠慮したというのなら、こんなタイミングでこのような本を出すことの意味がいよいよわからなくなる。

あと、羽生に対する賞賛は、本当に渡辺は前からそう思っていたのだろうか。というのは、2010年頃、羽生が三タテで王座のタイトルを渡辺から奪われたとき、一部の、そんな少なくない棋士が、羽生はもう渡辺に勝てないと噂していた。その声は当然に渡辺の耳にも入っていたはずであり、そのとき、渡辺は、羽生与しやすしと思っていたのではないだろうか。

すると、羽生に対する賞賛が本音だとすると、その気持ちが起こってきたのは、2011年に王座を奪回され、2012年で棋聖を防衛されたあたりだろうか。その間もA級順位戦ではすべて渡辺は羽生に負かされている。

そうはいっても、渡辺が、一番読み筋が合うのが羽生だ、というのは多分本音だろう。どちらも結構正統派である。ただ羽生がなんでも指すのに、渡辺は使う戦法をある程度限定している。そして、対局に当たっては必ずきちんと調べて、研究して臨む。羽生がそうでないわけではないが、準備なく局面に出会ったときの当惑は、渡辺の方が大きいのだろう。

そういう意味で、渡辺は自分の意志を通す度合が大きい。もちろん渡辺は礼儀正しいので、無意味に先輩に逆らったりしない。しかし言うべきことはきちんと言うのであって、棋界で広まっている米長哲学なるものにも与しない。

関係ないかもしれないが、渡辺は、詰将棋を解くのはあまり好きではないが、プロなので訓練として仕方なくやる、といっている。羽生はというと、もっと詰将棋に、構えないで普通に取り組んでいる。

また、渡辺は、調子というものはない、すべて実力というのだが、これは多分、棋界の通説とは異なる。もちろん棋界は、実力主義なのだが、一方で棋は運の芸とさえも言われたりする。そんな渡辺は、好きな趣味である競馬でさえ、実力だという。ここまでくると、実力ということと運ということの再定義のような気もする。私には羽生の、不調はもちろんあるが、それは、風邪を引いたようなものだと思っている、という定義の方がしっくりくる。

あと、後悔は時間の無駄と渡辺はいうが、これは大山も言っていたような気がする。敗因が分かったら、さっさと忘れて頭を切り替える。

ただ、羽生は、若い時のかなり割り切った指し方から、次第に曲線的指し方に換わってきた。大山ライクだといえる。渡辺も今後、今の強さを維持していくには、割り切り路線を変更しなくてはならない。そのモデルチェンジ、あるいはパラダイム・シフトと呼んでもいい、がきちんとできるかどうかが、今後の渡辺の発展に影響を与える。

人工光合成

user-pic
0

光合成というのは、太陽光のエネルギーを使って、水と二酸化炭素からでんぷんや糖、酸素を作り出す作用で、それなしでは生物の存在が脅かされるほど重要なものであるが、今のところ葉緑素をもつ植物の専属事項である。しかし、読売新聞の科学欄によると、大阪市立大学の神谷信夫教授らは、人工光合成の研究を進めているという。

すなわち、光合成を進めるためには、(1) 光エネルギーを使って水分子を酸素と水素イオン、電子に分解すること、(2) 二酸化炭素と水素イオン、電子から糖を合成すること、という二段階の化学反応を促進する触媒の存在が必須である。すると、人工光合成の研究の中心は、そのような触媒の開発ということになる。

神谷教授らは、上記(1)の反応で、光エネルギーを使って水を分解する触媒の構造を解明し、2011年4月に発表した。これは科学雑誌サイエンスがその年の世界十大科学発見の一つにリストした。

大阪市大は今年6月、人工光合成研究センターを設置した。そして2020年までに人口光合成を実現したいと目論む。

他大学も手を拱いていない。東京理科大は今年4月に、光触媒国際研究センターを設立した。そこでは工藤昭彦教授が効率よく水を分解する粉末の光触媒を開発中である。さらに水素と二酸化炭素を反応させる研究も行っている。

企業では、豊田中央研究所が、2011年9月に、光合成の前半と後半に似た反応を起こす触媒を開発し、水と二酸化炭素から、蟻酸を作ることに成功した。

パナソニックの先端技術研究所は、昨年7月に、窒化ガリウムを前半の触媒に使用して、豊田中央研究所の5倍に当たる、植物並みのエネルギー変換効率で蟻酸を作ることに成功した。さらに同研究所は、メタンガスの生成にも成功した。

ところで、特許庁の検索データベースで、人工光合成のキーワードで検索してみると、豊田中央研究所以外に、マツダ、電力中央研究所、東洋大学、奈良先端科学技術大学院大学、国際石油開発帝石株式会社など様々な組織が人工光合成に関する特許出願をしている。今後メインストリームになっていく研究分野かもしれない。

家族主義

user-pic
0

今野敏でも、その他の警察小説でも読んでいて、大抵主人公の刑事は、仕事は辣腕であっても、いや辣腕であるほど却って家庭的には幸せではない。すなわち、大抵奥さんと別居していたり、離婚していたりする。それは小説の中だけではなくて、実際にもそうなのだろうと思う。

それを読んで、刑事が人間的にできていないとか、あるいは刑事の妻が至らなすぎるとか、安易な理由づけを見出す気にはなれない。例えば、結婚して子供が生まれ、成長して幼稚園生になる。すると幼稚園の運動会というのは家族にとって重要なイベントであって、両親にとって父兄としてのデビューであったりする。父親としてもそれは、何があっても最優先で出席しなくてはならない。

ところが、刑事だと、そういうときに限って凶悪事件が発生する。折角今日の運動会のお弁当を妻が張り切って作っていても、夫は急に携帯に電話がかかってきて、慌てて出動である。残された妻と子供は唖然として、それでもなんとか、幼稚園に出かけていく。

妻は仕事だから仕方ないのよと、子供に言い聞かせる。子供は納得しない。他のサラリーマン家庭ではまずそんな緊急事態はない。太郎君ちはちゃんとお父さんが張り切ってきているのである。

そんなことが一度ならいいが、積み重なると、夫婦の溝は埋めがたいものになる。そして、別居あるいは離婚である。そして場合により子供は、ぐれる。刑事の子供が、警官に補導されるというのはしゃれにならないが、案外にあるのではないだろうか。

しかし、だからといって、刑事が家族主義では、社会的に責任が果たせない。子供の幼稚園の運動会だから聞き込みにいけませんなどと、係長からの指示を無視していては確実にクビになる。

警察でなくても、程度は少し低くても、サラリーマンでもある程度そういうことはある。家にいても、外資系だったら一家団欒のときに緊急の電話会議が入ることもある。上司は、そのときニューヨークの昼間かもしれないのである。

ただサラリーマンは警察や自衛官ほど仕事のミッションに縛られないので、ある程度の自由裁量はあり、より家庭中心になるか、より仕事中心になるか、ベクトルが異なる。

私はサラリーマンとして悪い癖があって、どうしても仕事に入れ込んでしまう。管理職だったときは、家族の面倒も当然みなくてはならないが、部下に対する責任も果たさなければならない。その葛藤にいつも苛まれていた。

それで私は家庭人として決して褒められた人間ではないが、しかし、よきパパであり、よき夫であれば、それだけで社会人として立派なのだろうか、そのような皮肉を言いたくなることもある。

例えば、私が管理職のとき、ワーク・ライフ・バランスが重要といいながら、私に雑用を押し付けて早々に帰ってしまう管理職の同僚がいた。また、別の知り合いは、子沢山で、子供は宝だと標榜していた。それは子供は宝でないはずがない。家族は最重要である。しかし、標榜するのだろうか、と私はつい思う。

会社で自分中心で我儘な人がいると嫌われる。が、子煩悩で、家族との時間を大事にするために早々と帰るなら大目に見られる。しかし、もしかして、自分中心で我儘であることと、家族の都合を優先することは、そんなに距離がないのではないだろうか。

私は、とても冷酷で、部下に厳しかったり、とてもバランスを欠くマネジメントをするのに、家族をとても大事にする人を、何人も知っている。その思いやりの一部をなぜ他人にも与えないのだと憤る私は、おかしいのだろうか。

そういえば数か月前に、線路にいる老人を助けようと踏切に飛び込んで、老人は助かったが本人は亡くなってしまった女性がいた。究極の自己犠牲とは、ああいうのをいうのだろう。

私にはとてもそんなことはできない。私はものすごく自己中心的で、しかもやはり家族主義の範疇に入る。少しでも否定してくれる人がいるとうれしいのだが。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。