2014年1月アーカイブ

コフィンダンサーを読み終えて、面白かったのだが、ちょっと印象が強烈だったので、ちょっと静かな小説を読もうと思ったら、手許に、前に買ってあったアガサ・クリスティの「メソポタミアの殺人」があるのが目に付いた。

そして例によって、通勤に使う鞄に本を忍ばせて、電車で読み始めると、場所はイラクの遺跡発掘現場なのだった。そこである意味、「杉の柩」と同様に、中心となるのは、魅力的であるが何処か翳のある美女、ルイーズ・ライドナー。遺跡発掘チームのリーダーであるライドナー博士の妻である。

遺跡発掘チームの居所には、妻帯者は妻とともに住んでいるので、何かと軋轢が起きる。ルイーズは美女であるがゆえに、男たちを魅了し、女たちを嫉妬の渦に巻き込む。なのに女王のような神経質な態度を止めようとせず、なんともやりきれない雰囲気が漂う。

妻の精神状態がおかしいので、ライドナー博士は、エイミー・レザランという看護婦を雇った。そして事件は、「アクロイド殺し」と同様に、エイミー・レザランの手記というかたちで綴られる。

果たして、不思議な方法でルイーズが殺害されると、いよいよ、エルキュール・ポアロの登場となるが、「アクロイド殺し」と同様に、ほとんどすべての登場人物に、ルイーズを殺す動機があるのだった。なので、ポアロは、とても無神経とでもいうべきやり方で、各々の人に話を聞いていく。なにしろ、レザランさえも侮辱されたと感じるほどだった。

しかしポアロは結局、その無骨さをカバーするかのように絶妙の優しさで事件を解決へと導く。この細やかさがアガサ・クリスティの魅力である。

あと、シュメールなどのオリエント好きな私の趣味を満足させるエキゾチックな雰囲気にも溢れていたのがいい。

そういえば、アガサ・クリスティは最初の夫に裏切られてオリエント急行に乗って、バグダッドへと旅立ったのだった。その経験がこの作品に如実に活きているといえる。

例によって、スキルの文脈などと訳の分からない言い方をしてみるのだが、それがどういうことかとちょっと説明しただけで理解してもらえると思う。

例えば、タクシーの運転手を考える。タクシーの運転手の典型的スキルとは、普通に考えるとドライビング・スキルであって、停止時に急ブレーキを踏まないでなめらかに停止するとか、カーブでうまく加速して、あまり加速度を感じさせないとか、巧みに車線変更して、混んでいても前の車を追跡するとか、である。

しかし、これは基本スキルなのであって、これ以外に文脈スキルとでもいうべきものがある。すなわち、タクシーの運転手において、地理的知識は必須であって、例えば駅から、ある病院に行ってくれと頼まれると、迷わず経路が頭に浮かぶようでなくてはプロではない。

そうはいっても、新しい施設ができたり、廃止されたりするので、地理的知識は常に更新する必要がある。よって、場所を記憶するスキルも必要になってくる。さらには、どの日時のどの時間は、どこが混むかとか、どの日本料理店が評判がいいかとか、そういう知識も必要になる場合がある。そういう基本スキル以外の知識というかスキルを、文脈スキルと呼ぶ。

多分であるが、いくら基本スキルとしてのドライビング・テクニックがA級ライセンス並みだったとしても、タクシー・ドライバーが普通に市街地を走るだけなら、文脈スキルの方がずっと重要である。このことがなぜかつい等閑視されることがある。

特許明細書の作成などもそうである。いくら私は1000件の特許明細書を書きました、高い比率で特許査定になりましたといっても、どういう技術分野のものを扱ったのかが極めて本質的である。ここでいう技術分野というか技術に関する知識が文脈スキルなのであって、この場合も、特許請求の範囲の表現や、図面の構成立てなどの基本スキルよりも寧ろ、技術知識という文脈スキルが本質的になる場合が多い。例えば私が書いた特許明細書はほとんどがコンピュータ・ソフトウェアのアルゴリズムや統計処理などであって、CPUのキャッシュ構成などのハードウェアになってくるともう、ちょっと苦手感が漂う。

それでもコンピュータのハードウェア、そして機械の発明なら、多少の経験はあるので、なんとかこなせる。それが、化学やバイオとなるともうお手上げである。

よって文脈スキルというのは、多くの場合に極めて重要なのだがつい、世間では基本スキルだけを重視しすぎる。どういうことかというと、基本スキルさえあれば、文脈スキルなんてなんとかなる、安易に思ってしまうのである。

安易に思ってどうするかというと例えば、グーグルで検索して済ませる、その分野の専門家に聞いて、それで済ませるなどてある。しかし、仮にもある分野の技術の特許明細書を書くということは、当該技術の専門家をエミュレートするということなのであって(ここらあたり相当、私の主観である)、相当技術の勉強を要するというのが私の意見である。そうやって技術を血肉化しておかないと、満足のいく品質のものはできない。

実は文脈スキルというのは、医者だろうと弁護士だろうととても重要である。ただ、税理士や司法書士のような仕事だとある程度自分の土俵に持ち込めるが、弁理士や特許実務家だと相当に相手の土俵に出向かなければならない。なので相手の土俵に普段から馴染んでおく必要性が高いのでは、というある意味当たり前の主張なのであった。

ベトナム症候群というとき、それは例えば、松岡完氏の「ベトナム症候群」中公新書などの著書にあるように、米国の勝利への飽くなき執念を意味する。すなわち、江戸の仇を長崎で、ではないが、ベトナムで戦略的に敗北したことのトラウマを、アフガニスタンやイラクで癒そうと、無謀ともいえる軍事活動を今世紀になって採った。それがどのような結果をもたらしたか、私が説明するまでもない。

私がここで定義しようとする「南ベトナム症候群」というのは、上記ベトナム症候群に比べると、ミクロ且つローカルな問題にみえるかもしれない。しかしなかなかどうして、南ベトナム症候群は、ベトナム症候群につながる根本的な問題の一つに思われる。

ここで、自分のブログ記事であるマクナマラを引用してみる。これに基づき私が南ベトナム症候群の端緒として指摘したいのは、米国のベトナムに対する鋭い無関心と、その一方で南ベトナムにおける共産主義のドミノ理論を十分な研究もなく仮定し、それを疑おうともしなかったことである。

そこから米国は、手間を最小限にとどめて、ドミノ理論を変更しないで済む道を模索した。とりあえずゴ・ディン・ジェムをサポートし、これで乗り切れると判断しようとした。ところがゴ・ディン・ジェムが仏教徒を弾圧する動きを見せると、米国には、CIAなどの操作によりクーデターを組織して、ジェムを排除すべしという意見も出てきた。

しかし、ケネディ大統領は、ジェムを排除する意図はなかった。ところが南ベトナムで内紛によるクーデターが起こり、ゴ・ディン・ジェム一族はあっさり排除されてしまう。なのに米国は、ゴ・ディン・ジェムに代わって出てきた軍人あがりの指導者を精査することもなく信用し、適切な施策を採ることなく泥沼に突き進んでいった。

そこで、私のサラリーマンとしての体験もふまえ、南ベトナム症候群を以下のように定式化してみる。

  1. ヘッドクオーターにある部署は、南ベトナムに相当するローカルな地域の言語や文化、風習など全く理解しようとせず、ただヘッドクオーターの(牢固な)考え方で乗り切ろうとする。
  2. ローカルな地域の人物を、イエスマン性や表面的な前向きさだけで評価しようとする。
  3. ローカルな地域の急な状況変更に対して、弥縫策で乗り切ろうとする。しかも、きちんと状況把握しようとしないので、問題ないという報告に安易に依存し、安心しようとする。
  4. ローカルな事情の専門家が、意図する方針と異なる意見を出してきたとき、無視するか押さえつけようとする。
  5. ローカルな事情の専門家が、このままではまずいと、ローカルなリーダーの資質に疑問を呈してくると、逆にローカルな事情の専門家が問題人物として排除されることになる。それは、1つには、提示された問題にきちんと対応しようとするとコストがかかりすぎ、とてもそんなことはしていられない、という意味であったりする。別の言い方では、当該の地域は、そんなコストを掛けるには値しない程度の地域であるに過ぎないという意味なのかもしれない。理由はどうあれ、見て見ぬふりが横行し、表面的には平穏に事が進んでいき、問題はどんどん先送りされる。

私の見るところ、どんな組織にも南ベトナム症候群の危険性は胚胎しているが、特に米国ベースの組織にその傾向は強いように思われる。これはグローバルスタンダードという名の米国スタンダードを押し付ける傲岸さにも、その一端がみてとれる。

ただ、私の観察では、ベトナム戦争の頃は米国を支配するものは超大国としての傲慢さだったかもしれないが、今となっては米国を支配するものはある種のリソースの不足であるように思われる。それが、表面的にあらわれてくるものにおいて40年前と同様にみえてしまうのは、現象論としてなかなか興味深い。

私は自称数楽者なので、一応数学史も好きなのだが、その割には、折角買ったブルバキの数学史も、デュドネ編の立派な数学史全三巻も、部屋の片隅に放置されたままである。

そんな私でも、一刀斎こと森毅の伝説の数学史本「異説 数学者列伝」の存在は知っていて読みたいと思っていて、なら、アマゾンで注文すればいいのに、なんとなくそのままにしていた。

ところがたまたま立ち寄った本屋で、「異説 数学者列伝」ちくま学芸文庫をみつけて、パラパラとめくってみたところ、森毅の絶妙の文体に魅了され、迷わず買って読み始めた。

「異説 数学者列伝」には、次の数学者が収められている。

  • タレス、ピタゴラス
  • ツェノン、ユークリッド
  • アルキメデス
  • フォンタナ、カルダノ、フェラリ
  • ケプラー
  • デカルト
  • パスカル
  • ニュートン
  • ライプニッツ
  • ベルヌーイ
  • オイラー
  • ダランベール
  • ラグランジュ
  • モンジュ
  • フーリエ
  • ガウス
  • コーシー
  • ボヤイ
  • ヤコビ
  • ハミルトン
  • ガロア
  • シルヴェスター、ケイリー
  • ワイエルシュトラス
  • コワレスカヤ
  • ポアンカレ
  • ヒルベルト、ミンコフスキー
  • ラッセル
  • ラマヌジャン
  • ウィナー
  • ノイマン

この中に流石に私が知らない数学者はいないが、書かれているエピソードは、知らないことがてんこ盛りだった。例えば、ベルヌーイ一家では、当然に兄弟が業績で張り合うだけでなく、父親が息子の業績を平気で剽窃したり、美人数学者コワレスカヤが夫への面当てに、列車で知り合ったカッコいい男性を誘惑して一夜の恋を楽しんだり、などで、結構楽しめた。

この本では、子供の頃から神童でとか、その業績は20世紀にも多大なる影響を与えているとかほとんど書かれない。みんな有名な数学者なので当然というところか。

そういう意味では、いろいろ変わったところがある普通の人が数学もする、というモードで一貫して書かれているのだが、すると逆にかすんでしまうのが、ガロアとハミルトンなのだった。というのは、普通の数学史でもこの二人は、いろいろと問題児として描かれており、折角の一刀斎をもってしても、この二人については、普通っぽくなってしまう。

あと、もしかして20世紀の時代を画した数学者の一人であるヒルベルトも、ミンコフスキーと「相席」となっており、形無しである。

そうそう、ちょっと数学者じゃないんじゃない、というラッセルも挙げられているが、ラッセルは、「あなたの中の異常心理」岡田尊司著、幻冬舎新書によると、平気で友人の妻でさえも誘惑し、離婚までさせてしまう。それで、その女性が自分についてくるともう女性に興味を失い、追い返したそうで、それは相当に問題な性格だが、流石に一刀斎はそこまで知らなかったか、そこまでいうと貶めることになるからか。そう思って見直すと、「異説 数学者列伝」は確かに数学者をほとんど持ち上げてはいないが、欠点を並べすぎることもない。それなりに愛情をもって人間らしく記述しているといえる。

ちょっと前に、「スリーピング・ドール」で書いたように、知り合いからのお勧めで、ジェフリー・ディーヴァーという作家の「コフィン・ダンサー」という作品を読もうと思っていて、なんとなく洋物を敬遠する癖で見送っていたら、たまたま本屋で「スリーピング・ドール」を見つけて、それが面白かったので、一気にジェフリー・ディーヴァーに対するバリアが下がったのだった。それで迷わず、「コフィン・ダンサー」上下巻、池田真紀子訳、文春文庫を買った。「スリーピング・ドール」もそうだったが、池田真紀子さんの翻訳は、実にこなれていて読みやすい日本語でいい。

「スリーピング・ドール」で活躍するのは、カリフォルニア州捜査局の尋問の天才と呼ばれる捜査官、キャサリン・ダンスだったが、「コフィン・ダンサー」では、これまた天才科学捜査専門家、リンカーン・ライムと、その弟子で美人警察官のアメリア・サックスなのだった。

しかし、難敵が現れる。それは伝説の殺し屋、コフィン・ダンサーなのだった。天才的な射撃の名手であるばかりではなく、爆発物も扱いが巧みで、指紋など決して証拠を残さない。しかも盗聴も卓越していて、どんなに逃げてもいつも隠れ家を見出す。

殺し屋に狙われているのは、ハドソン・エア・チャーターズの社長、パーシー・クレイと、その夫で副社長の、エドワード。そして、パイロットのブリット・ヘイル。どうもあるヤクザな会社の秘密を知ってしまったせいらしいのだが、実はそのあたり、はっきりしない。

ともかく、コフィン・ダンサーらしき殺し屋は、遠方から射撃するかと思えば密かに爆弾を仕掛けて、爆殺する。その目的の遂行のためには関係ない通行人を行きずりで殺すことも平気である。

リンカーン・ライムは、事故で四肢が不自由なのだが、それでも天才的な頭脳と、手足となって活動するアメリア・サックスの、命を顧みない活動により、次第にコフィン・ダンサーを追い詰めていく。

ともかく、変幻自在、プレデターとでも呼ぶべき殺人マシーンのコフィン・ダンサーと、リンカーン・ライムの一進一退の攻防は手に汗握る。また、よくできた詰将棋のように、あっと驚く捨て駒のような妙手も沢山出てくる。少しでもその一部を書くとネタバレとなってしまうので、何も書けないのが悔しいが、まあ、読んでのお楽しみである。

読み終えてみて、基礎研究所の若手の俊英研究員が「コフィン・ダンサー」を推す理由が分かった。メカニックあり、コンピュータ・サイエンスあり、科学捜査の粋の記述ありで、理系的な、あまりに理系的なミステリーなのだった。もちろん、リンカーン・ライムとアメリア・サックスの間の愛憎や感情の揺れも大きい部分を占めるが、それよりもつい、科学捜査や爆弾の成分、飛行機のジェット・エンジンなどの記述に目が行ってしまうのは、やはり私が理系だからだろうか。

あと、私としては「コフィン・ダンサー」はとても秀逸なミステリーだと思うのだけれども、アマゾンをみると、コメントは8個程度で、奥田英朗、東野圭吾、百田尚樹などの人気作家のように何百もコメントがつくのとは比べようもない。まああまりに理系すきる小説なので仕方ないのだ、と改めて思った次第である。

酒癖

user-pic
0

亡くなって約1年が経つが、うちの父は昔、友達を家に呼ぶのが好きで、あまり招待するものだから、次第に呼ばれなくても我が家に父の友達が集まってくるようになった。そうやって人が来るということ自体はあまり悪いことでないのかもしれないが、実は母の苦労は並大抵ではなく、当時貧乏だったので、振る舞う酒にも、その肴にも苦労していたはずである。まあ当時は子供だったので、そんな苦労は分からなかった。私はというと、よくビールを買いに行かされたものである。今だったら小学生にはビールは売らないのかもしれないが、同時はそんなことなく、おお、お使い感心だと、店の人に褒められたりした。ただ、褒められてつい気が緩み、手が滑ってビールを落として瓶を割ったこともある。

それにしても、当時から思っていたのだが、まあ大の大人が酔っぱらってなんという馬鹿な真似をするんだろうと子供ながら呆れていた。例えば、父の友達は、トイレに行けばいいのに、酔った勢いで、縁側から豪快に庭に放尿するのであった。それが、アルコールを含む尿なので特に、後で臭いこと臭いこと。また、肴がなくって私の晩御飯の貴重なおかずを持っていかれたり、次の日学校があるというのに、深夜の3時になっても延々と飲み続けてときどき叫んだり、と母と私はいつも困り果てていた。

しかも父の友達にはやたら酒癖の悪い人がいて、やたら怒鳴りまくったり、喧嘩を売ったり、ガラスを割ったりする人がいた。まあでも今にして思えば、ああいう酒癖の悪い大人を子供のときから観察できたのは、反面教師としてよかったかもしれない。

私の父はというと、息子の私がいうので多少身びいきもあるのかもしれないが、比較的陽気な酒で、酔って気分がよくなって歌うくらいだったと思う。本人も自分は、いい酒飲みだと自認していたようであるが、ただ、ときどき飲みすぎて寝てしまったり、多少は失敗もあったようである。許容範囲であるが。

あと、うちの父を酒豪だったように言う人がいるが、本人は別に酒豪ではないと正直に言っていた。おそらく、酒を五合飲むと気分がよくなって寝てしまう程度なので、多分であるが私と同程度の酒の強さだったのだろう。そして私程度の酒飲みを普通、酒豪とは呼ばない。

実は私の酒癖も、結構父に似ている。どうしても親子の血は争えない。すなわち私も酒によって喧嘩したことはほとんどない。まさに父と同様に、つい歌を歌ったりする程度である。陰気な性格にも拘わらず、一応陽気な酒と言えなくもない。

ただ、酒癖というよりも本質的に私の性格のせいなのかもしれないが私は、酔っぱらっても知らない人とあまり打ち解けることができない。すなわち、酔った状態で目の前に知らない人がいると、どういう話題を振っていいか分からなくなり、考え過ぎて妙なことを言って一層場の雰囲気を悪くしたりする。

それと、自分としてもまずいと思うのは、酔ってきて目の前に女性がいるとつい、セクハラぎりぎりのようなことを言ってしまうことである。まあ一応、凄い美人ですね、みたいに褒めたりするので、なんとかセーフだったりするのだが。

あと、自分は酒癖は悪くないとは言ったものの、そうでもないと感じざるをえないときもある。それは、私が酔っているときに、侮辱されたり、罵倒されたりしたときである。これが素面なら私は、大抵のことはぐっと我慢する。しかし、いくらちょっとスケベになるだけで陽気な酒と言っても、どうしても酔うと我慢の閾値が下がってしまう。それで大喧嘩になったこともある。流石に殴り合いになったことはないと思うが。

さらに、これは酒飲みに共通の特性かもしれないが、特に私は酔うと飲む限度を忘れてしまい、際限なく飲もうとしてしまう。あれは大学生のときだったと思うが、実家で友達と飲んでいたとき、水のように日本酒をぐいぐい飲み、短時間で2升くらい飲み、あとでひどい二日酔いで本当に死ぬかと思った。その後は流石に2週間くらいは一滴も酒を飲まなかったはずである。たった2週間ともいえるが。

それでこの歳になって酒について思うことは、付き合いで飲む分には酒は楽しいのだが、普段飲まないで済むならそれに越したことはない、ということである。亡くなった父も私に、あまり飲みすぎるなよ、そのときはよくても後で酒は確実に体に影響があるから、と言っていた。それで私は抑制しながら飲んでいるつもりなのだが、ときどき飲酒の制限速度を超えることがある。まあ、酔っ払いで書いたようなことがなければ、いいとすべしなのであった。

山下奉文

user-pic
0

歴史音痴の私もなぜか、軍記ものはまあまあ読んでいて、かろうじて日本人の平均レベルはあるのではないかと自負している。なので山下奉文にも一通りの興味はあるのだが、そんな私が山下奉文について知っていることといえば、2.26事件で皇道派に与したこと、マレーの虎と呼ばれてシンガポールのイギリス軍を落としたこと、そしてフィリピンの軍事法廷で戦犯として死刑になったこと、くらいである。

流石にそれでは山下奉文について知っているとはいえないと日頃思っていると、つい本屋で、「山下奉文」福田和也著、文春文庫を見つけて、ほとんど迷わず買った。なぜなら、同じ著者の「乃木希典」がなかなかの好著だったからである。

そこでこの本に従い、山下奉文の生涯を辿ってみる。山下奉文は1885年に高知県香美郡で生まれた。アガサ・クリスティが1890年生まれだから、少しだけ山下奉文の方が年上ということになる。自分でも、なんなんだその唐突な比較は、と自己突っ込みしてしまう。

さて、山下奉文の故郷には樹齢何千年という大きな杉の木があり、それが故郷の自慢であった。山下奉文の家は決して裕福ではなかったが、それでも父親が教員から奮闘して医者になったので、近隣の農家よりはまだ豊かだった。実際、あたりの農家は極貧で、薄いおかゆを啜って、やっと生きているような家が多かった。それで山下奉文は、貧農に理解があり、後年、貧しい農村の出身者が多い皇道派に与したのではないか、と言われている。

ともかく、体が大きく、頭もよかった山下奉文は、海南中学、広島幼年学校、陸軍士官学校、陸軍大学校と、陸軍のエリートコースをひたすら歩んだ。そして陸軍大学校を卒業すると、エリートの常道で、軍事研究のためスイスに駐在した。1932年には陸軍省軍事課長に着任し、このままいくと末は陸軍大臣、あるいは総理大臣も夢ではないと思われた。

ところが、1936年に2.26事件が勃発し、皇道派として、決起部隊に檄を飛ばしたりしていたのが、完全に天皇の癇に障った。流石に決起部隊に連座して軍事裁判を受けることはなかったものの、歩兵第四十旅団長として朝鮮に出された。完全に左遷である。そこから北支那方面軍事参謀を経て、太平洋戦争が勃発すると、1941年12月、マレー作戦軍司令官としてコタバル上陸を指揮した。マレーの虎と呼ばれたは、その頃である。しかしその呼称を山下奉文は好んでいなかった。

1942年2月には、シンガポールを落として、パーシバル中将と会見した。まさに、軍歌の「戦友の遺骨を抱いて」である。私は大学受験のとき、自宅に軍歌のテープがあったので、勉強しながらよくこの曲を聞いたものだったが、何度聞いても涙が出て仕方がなかった。

ともかく山下奉文は、パーシバル中将に強気に降伏を迫り、勇名を馳せたのだったが、実は内心は戦力不足を痛感しており、相当強がっていたようである。なぜならこの後、華僑のゲリラの掃討作戦を敢行して、無実かもしれない民間人も相当粛清した。そうしないと今後、寡兵ではシンガポールを維持できないからである。

そんな功績があっても、天皇の怒りはまだ冷めず、山下奉文を日本に戻すことなく、何の脈絡もなく第一方面軍司令官として満州に遣られた。

1943年には陸軍大将に昇進したものの、1944年9月には、フィリピン防衛のため第十四方面軍司令官に任じられた。そのあとレイテ海戦が起きるが、栗田艦隊謎の反転で、米軍に一泡吹かせる夢も潰え、なすすべもなく9月3日に陸軍大将として降伏文書に調印した。

そして捕虜虐待などの責任をとって、軍服も剥がされ、1945年12月8日に軍事法廷で死刑判決を受け、1946年2月23日に、マニラ郊外ロス・バニョスで絞首刑になった。そういえば、バターン死の行進の責任を取らされて、本間雅晴中将もフィリピンで死刑になったのだった。

山下奉文であれ、本間雅晴であれ、軍人として優秀で敵に苦杯を舐めさせた軍人は報復のように死刑に処せられ、まるで利敵行為のような作戦を敢行した、インパールの牟田口廉也中将はお咎めもなく戦後寿命を全うした。何度このような例を見ても、その理不尽には唖然とするばかりである。

私は人生をつい斜に構えて眺める癖があるので、たまたま数年前に本屋で、岩波文庫の「ラ・ロシュフコー箴言集」二宮フサ訳をみつけたとき、早速買っていつくかの箴言を吟読し、なるほどと感じ入った。ただ、ちょっと薬味が効きすぎているというか皮肉すぎるような気がして読むのを中断し書棚に置いておいたら、最近また読もうと探しても見つからない。整理の悪い私にはよくあることだが、困ったものである。

それで、岩波文庫の「ラ・ロシュフコー箴言集」をアマゾンで買い直すかと思っているうちに古本屋を覗くと、新老人の思想のコメントでも述べた、「ラ・ロシュフーコーと箴言」田中仁彦著、中公新書をみつけたので、とりあえずこちらを読んでみるこことにした。

すると、これはこれでラ・ロシュフーコーの生涯や、箴言が書かれるようになった経緯が書かれているので、有意義なのだった。以下、私なりにまとめてみる。

ラ・ロシュフーコーは1613年、ラ・ロシュフーコー公爵家の嫡男として生まれた。そして、マルシャック公子と呼ばれた。1628年にはポアトウ州の貴族の娘、アンドレ・ド・ヴィヴォンヌと結婚した。わずか16歳になったばかりであるが、そうやって両家が決めたとおりに早々と結婚するのが当時の習慣だった。

そんなに早く結婚したら青春なんてないではないかと思われるのだが、どっこい結婚してから妻を差し置いて、恋の遍歴をするという、今とは真逆の風習が当時はあったのだった。

さて、当時の貴族は戦争に出征する義務があった。それで、ラ・ロシュフーコーも、1635年にフランドルの戦いに参加したのだが、この戦いを批判したため、領地で謹慎を命じられた。もしかしてなにかと素直でない性格のようで、いかにも後の箴言の著者にふさわしい。

1637年になると、王妃とオートフォール嬢をブリュッセルに逃がそうとして逮捕され、バスチーユに投獄された。これらのことから、マザラン枢機卿と敵対するようになる。そして、王家に次ぐ名門で反マザランの旗手であったコンデ家と手を結ぶようになり、そこから半ば計略的に、コンデ家の長女ロングヴィル夫人と恋愛関係、わかりやすくいうと不倫関係になり、一子までもうけた。

そしてついにラ・ロシュフーコーは、マザラン陣営と戦争関係になった。そして1646年のマルディックの戦いで重傷を負い、担架で運ばれた。

しかし、ラ・ロシュフーコーは不屈の闘士なのであって、これくらいではへこたれない。1648年にロングヴィル夫人に呼ばれて反乱の謀議に加わり、再び戦いを挑んだ。これはフロンドの乱と呼ばれる。ところが1649年にブリー方面の戦闘で瀕死の重傷を負った。なにしろ至近距離で何発もの銃弾を浴びて倒れ、そこに六人の兵士がやってきてラ・ロシュフーコーを殺して金品を奪おうとした。絶体絶命である。その瞬間、後方の兵士たちが攻撃を開始して六人の兵士が退散したから一命をとりとめたものの、これは単に運がよかったとしかいえない。

それでも懲りないのがラ・ロシュフーコーである。逮捕を逃れるためロングヴィル夫人と逃げ、コンデ家とともに反乱を準備した。こうして一旦はマザラン陣営を国外に追い出すことに成功するのだが、マザランがドイツの傭兵を引き連れて戻ってくると、サン・タントワーヌ門の戦いで、眼の下に銃弾を受けて怪我をして一時的に失明し、ラ・ロシュフーコーは実質的に戦闘から手を引かざるをえなくなった。またロングヴィル夫人も失意のうちに修道院に身を隠した。ときにラ・ロシュフーコーが40歳、ロングヴィル夫人が34歳だった。

まさに傷だらけの天使とでもいうべきラ・ロシュフーコーもついに武運つたなく、1653年、領地のポウトウ州ヴェルトウイユに引きこもり、ここで誰に読ませるでもなく「回想録」を書き、その合間に手にしたのが、セネカの「ルキリウス宛書簡」。それを読んで、高邁な人間の美徳を説くセネカに猛反発して書き始めたのが、箴言なのだった。

実際、裏切らられ、失恋し、文字通り傷つきっぱなしだった前半生を以てすると、ラ・ロシュフーコーにとって、一片の哲学らしきもので死を克服するなどという安っぽい文句を書き連ねるセネカは許せなかったのである。もしかして、プラトンのパイドンにも嫌悪感を示したかもしれない。そのアンチテーゼの最たるものは、「太陽も死も直視できない。」という箴言である。どんな人間も、死をまともに考えられるはずがないという信念である。何度も死に瀕したラ・ロシュフーコーが言うと、重みがある。

こうしてラ・ロシュフーコーはセネカを離れ、当時蛇蝎のごとく嫌悪されていたエピクロスの思想に接近していく。また、ラ・ロシュフーコーは自己愛の存在を発見した。これは19世紀のフロイトの無意識の発見にも相当するものである。そして自己愛の存在下ではどうしても悲観的な箴言を連ねることになる。

このような背景を知った上でラ・ロシュフーコーの箴言を読み直すとまた少し違った感想も出てくると思った次第である。

谷川の降級を書いた後、急に気になることがあった。それは現時点で、4勝3敗ながら順位が9位の行方に降級の目はないのか、ということである。

頭の回転が速い人ならそれは、ちょっと考えれば分かるのだろう。しかし私はそうではない。そこで、コンピュータを使ってすべての場合を当たってみることにした。それを私は格好つけて、「リーグ戦の数理」と呼ぶ。

A級順位戦はあと、全部で10局しかない。すなわち、2月3日が5局、3月7日が5局である。そのあらゆる勝敗のパターンの組み合わせを考えると、たった210とおり、すなわち、1024しか場合の数がなく、コンピュータにとっては朝飯前である。

朝飯前でないのは私のプログラミング能力で、アルゴリズムの設計になんと1時間もかかってしまった。で、思いついたのは、0から1023までの数字について、2進数展開して、10桁の2進数を生成することである。すなわち、

0000000000
0000000001
0000000010
....
1111111111
のようになる。そして、1桁目を例えば、2月3日の羽生対深浦に対応させ、その桁の数が1なら羽生が勝ち、0なら深浦が勝ちとする。このように対応づけることで、すべての勝敗パターンを網羅することになる。そして結果的に得られた勝敗の数を現時点の勝数と負数に加え、順位を勘案して勝数でソートすると、下位2名が降級となる。

これを私はPerlで書いたが、自明なのでコードは示すまでもないだろう。そうやって、1024のパターンを計算してみたところ、谷川が降級するパターンは1024通り、すなわち、谷川の降級確率は100%なのであった。

同様の計算で、三浦の降級確率は37.5%、久保は28.1%、屋敷は12.5%、佐藤は12.5%、郷田は9.3%である。三浦は順位が2位だが、流石にここまでで2勝しかしていないのが痛い。久保も屋敷も佐藤も郷田も、全員が3勝4敗なのだが、順位がものを言って、久保の降級確率は屋敷と佐藤の倍以上であり、郷田は屋敷と佐藤より安全である。

なお、屋敷は佐藤より一つ順位が上なので、普通に考えたら屋敷の方が残留には有利なのに、ラス前で直接対決があることが、屋敷と佐藤の降級確率を等しくしてしまっている。

そして1024パターンのうち、行方が降級するパターンは1つもなかった。よって、行方は順位が9位なのに、絶対降級しないということを意味する。このように、リーグ戦の数理というのは、直観と少し違っていて、興味深い。残り2回戦でなく、残り3回戦あたりで同様の計算をしてみると、さらに直観と違う確率計算となりそうである。残り3回戦だとしても計算する組み合わせの数は、215 = 32768なので、コンピュータにとっては楽勝の計算量である。

そう思って、C級2組をみたら、なんと46人もいる。それで同様にして最後の2回戦全部を網羅するように計算したら、場合の数は292とおりで、これは10進数では27桁になる。すなわち、100億×100億×1千万の桁で、流石にコンピュータも計算は大変そうである。この場合は、乱数など使って、間引いて計算するのかもしれない。

怒り

user-pic
0

私は若い頃から、セネカやエピクテトスなど、ストア派哲学者の著書を読んできた。その理由は、若い頃から生きることがどうも苦しくて辛くて、何か救いを求めていた、というだけのことなのだが、果たしてそういう本を読んだことがどれほどの効果があったのか、分からない。一つだけ言えることは、なんとか今まで生きている、ということだけである。

ストア派の趣旨は比較的明確で、自分でどうしようもない運命を嘆くなとか、名誉に拘るなとか、怒りなるべく抑えなさい、とかそんなものだった。それで私は、本当は短気な性格なのだが、あまり安易に怒鳴ったりしないように注意した。その結果、一応なんとか、我慢強い人の末席を汚しているような気はする。実は、本当は短気だと見破られていたりするが。

ともかく、怒りというのは私にとって、性欲と並んでコントロールすべき主要な課題であって、湧き上がる怒りをどうやって鎮めようと、何度苦労したか知れない。前にも書いたが、最初に入った会社で1年以上仕事を干されて、殺意に近い感情をもったことがあったし、お見合いの後、信じられないような侮辱の言葉を投げつけられたりして、まあよく暴発しなかったものだと、今でも冷や汗ものである。

そんなとき、私の怒りの鎮め方は甚だ間接的で、本を読んでそこで妄想の世界に浸り、その妄想空間で怒りを発散させるというものだが、そんな方法でなぜ怒りが鎮まるのか、自分でも分からない。しかも、上記お見合いの後で怒りが込み上げてきたとき読んだ本はなぜか、中国現代史の本で、毛沢東が無茶苦茶をしたという内容がメインであり、なんでそんな本で気が済むのか、いよいよ理解不可能だった。

そうやって、ともかくも怒りに付き合ってきた私は最近本屋で、「人はなぜ突然怒り出すのか?」北川貴英著、イースト新書を見つけて早速買った。普通に怒りを鎮める本というのは、仏教の僧侶が書いたものが多いが、これはなんと、ロシア特殊部隊の感情コントロール法であるシステマをマスターした人による著書なのだった。実際、特殊部隊では、ちょっとした感情のこだわりが直ちに命に係わる。なので確かに怒りのコントロールというのは極めて切実なのだろうと感じる。

この本によると、怒らないようにするというのは人間にとってとても難しいようである。だから、訓練するのは、怒らないようにするところではなく、怒った後にそれを鎮めるテクニックということになる。そしてこの本の要諦は、呼吸や体をリラックスさせる、などの肉体的なことで怒りを鎮めるのだという。すなわち、一旦怒ってしまったら、自分で自分に気持ちで言い聞かせても仕方ない、ということになる。

怒ったとき有効なのが、ブリージングといって、鼻から息を吸い込んで口から吐き出す呼吸法である。それを何回もやってみると、確かに落ち着く。あと、筋肉のこわばりをほぐすことである。動きも緩慢にする。そういう繰り返しが有効なのだという。

ただ、以上は自分の怒りをどう鎮めるかであるが、この本にはもっと高度なことが書いてある。すなわち、怒れる相手をどう鎮めるかである。それはまず、こちらの怒りを鎮めること、というのであるが、確かに双方が怒ると相乗効果で怒りはどんどんエスカレートする。そして、自分を鎮めたら距離をおく、というのだが、当たり前でもなかなか難しい。

さて、この本によると、なぜ人間が怒るのかというと、あらゆる怒りの根っこには恐怖心があるのだそうである。自分の怒った経験を顧みて、そうだったかな?とちょっと分からない。というのは例えば、ナイフを突きつけられたりしたら、恐怖にすくんで、怒るに怒れない。例がよくないか。

寧ろ、この本にある別の例として私に分かりやすいのは、威嚇としての怒り、の方である。犬が吠えるのはまさにそうで、弱い犬ほどよく吠えるとなると、確かに怒りの根っこには恐怖心がある、というのも分かる。例えば、私なども心理的に痛いところを衝かれるとつい、怒る。これなども、何かに怯えているのだろう。

別の怒り方に、正当化の怒りというのもあるかもしれない。すなわち、怒ることで、自分には怒るだけのちゃんとした理由があるんだ、と主張する。これは例えば、自分が不利な状況のとき怒ることで、却って相手が悪いのだと責任転嫁できる。ただ、これは一歩間違えると決定的に人間関係を壊すので注意が必要である。

この本には他にも、怒れる自分から他者を守るとか、他者の怒りから身近な人を守るとか、なかなか難易度が高いことが書かれている。まるで、SPの訓練のようである。私にはやはり、あまり効果がなくても、ストア哲学的なのがよい。でも、それじゃあ、だめじゃんということになってしまうかもしれないが。ともかく特殊部隊なんて、私に最も縁遠い世界なのだった。

例によって新聞の書籍広告を眺めていたら、「職場のIT化が会社員の精神的健康に及ぼす影響」石津和子著、風間書房という本が目に付いた。今更?というのが私の正直な感想であった。ちなみに内容は、「会社員のメールのやりとりに焦点を絞り職場のストレスの実態と対処方略を提案する。」とあった。

私がこの本を買って読むことはありえないが、もしかして次のようなことを著者は言いたいのだろうか。すなわち、会社員のコミュニケーションが、実際に会って話すよりも、電子メールでのコミュニケーションに偏り、人間関係がいびつなものになった、という趣旨である。

長らく職場のIT化推進担当だった私は、当然に、特に年長者たちからそのような批判を受けてきた。それは確かに妥当な面はあった。実際、職場は以前に比べて互いに干渉しない、困っている人がいても見て見ぬふりする、あまり一体感のない職場になってきつつあったからである。

しかし、それはIT化のせいだろうか、と私はいつも自問していた。というのは、本質的に内向的で直接話すよりもメールなどを通じた非同期的コミュニケーションを好む私は、一方で、電子メールを駆使して、いろいろな人と密にコミュニケーションし、そんなに深くないかもしれないが、海外も含めて、多くの人達と信頼関係を築いていた。なので、どういう手段でコミュニケーションをはかるかというのはあまり本質的ではないのではないか、というのが私の意見なのであった。

ただそれは、私が一応、IT化に全く抵抗がないということも勘案しなくてはならない。例えば、どこかに行くのに、車で行こうと電車で行こうと関係ないとサラリと言ってのける人は、少なくとも車の運転に一応の才能を有する。私だったら、運転はなるべくしたくないので、電車で行きます、とちょっと緊張して言うかもしれない。

私はITを使いこなすのが苦手という人の気持ちが分からないので、メールでコミュニケーションを図ることの抵抗感というのがピンとこないが、きっと、それにストレスを感じている人もいたのであろう。

それはさておいても、メールでのコミュニケーションというのは、次のような欠点がある。すなわち、議論が紛糾して、険悪になってくると、議論したことがそのまま文面に残っていることの欠点が露呈してくる。そして、今までの文面を読み直して、そこに意図的に悪意を読み取り、攻撃してくる、という事態になる。言われた方も同様に反論し、泥沼になる。では実際に面と向かって会話したらそんなことは決しておきないか、というとそうでもないのだが、メールで険悪になった後実際に会って話すと、なんだそうだったのか、とあっさり納得することもあり、いくらIT化が好きな私でも、これはやはりメールの欠点よね、と認めざるを得なかった。

ただ言い訳すると、私が長く勤めた会社は外資系であって、指示する主体の人達が米国にいたりするので、電子メールなしではにっちもさっちもいかない。それは私も当時毎日夜10時や11時まで残業していたが、それでも、リアルタイムに米国に電話して指示を受けるというわけにもいかないので、大抵はメールだった。そうやって海外とメールのやりとりが普通になると、あまり多様なコミュニケーション策をとりたくもないので、下手したら向かいの席にいる部下とも、出向いていくよりもメールになったりする。これはまあ私がずぼらということか。

ただ、そうやって日常的にメールを駆使していると、次第にスキルがついてきて、少なくとも私はあまりメールでのコミュニケーションで険悪になったことはない。寧ろ使いこなすほど、これは便利なツールだと一層信じるようになったきた。

メールは確かに便利だが、即時性という意味ではちょっと問題がある。いつ読んでもらえるか、分からないのである。そこで会社は、社内チャット・システムを導入した。これだと、電話で話すようにメッセージで即時的に会話できる。それで社内チャット・システムは大流行した。ただ、どれほど仕事の実質的会話が占めているか分からない。相当、雑談も含まれているはずである。私はそれでも、雑談でも、人間関係のつながりができるならいいではないかと思っていた。

それでも、社内チャット・システムでは、メッセージだけで相手の顔や声の調子が分からないので、コミュニケーションとして十分ではないという人がときどきいたが、私に言わせれば、ジェフリー・ディーヴァー描くところのキャサリン・ダンスではないが、メッセージが返ってくるまでの間、使う語彙などで相当相手の心理が分かる。こういうのは、キネクシスでなくて、なんと呼ぶのだろう。

実際、社内チャット・システムで、社内の複数人の知り合いと、日々コミュニケーションをとるのが楽しみであった。退職して、最早それができないことが一番残念だったりする。

社内チャット・システムには別の利点もある。例えば、米国から中国に赴任したある米国弁護士が、IT化は素晴らしいね、というので、今更どういうこと?と聞くと、アジアにやってきて、インドのクライアントともコミュニケーションをとらなくてはならないが、いくら電話で話しても、インド人の英語は実に聞き取りにくい。それがチャット・システムだと文字なので、理解できる、うれしい、というものだった。確かに私もインドの部門の面倒をみていたことがあるので、聞いても半分も理解できないインド人の英会話に辟易していたが、それは偏に私のリスニング能力のなさだとあきらめていた。ネイティブの米国人でもそうなのか、というのはちょっとした救いだった。ここらあたりも、外資系というか多国籍企業でIT化がいかに本質的であるかが分かる。

で、結論だが、確かにメールでのコミュニケーションはストレスがたまるし、誤解を招く点もあるが、では実際にフェイス・ツー・フェイスだと問題はおきないのかと問いたい。同様に、あるいは別様にフェイス・ツー・フェイスはフェイス・ツー・フェイスで問題はあるのであり、要するに人間同士が互いにきちんと理解しあえるのはいかに大変か、というところに帰着される。

ナース症候群について述べたついでに、逆ナース症候群についても簡単に述べておく。どういうことかというと、看護婦が特定の患者に対して、甲斐甲斐しく面倒をみているうちに、情が移ってしまう、というものである。

ここで特定の患者というのは、言うまでもなく、その看護婦が好みのタイプのイケメン男性だったりする。ただ、いくら面倒をみているうちに情が移ってしまうといっても、ナース症候群と同様に、好きになってもらう保証はない。

会社の仕事では、私は結構八方美人で、いろいろな人の面倒をみていた。面倒をみている人をクライアントと呼ぶことにすると、私は多数のクライアントを抱えていた。で、原則的に私はどんなクライアントでも一生懸命サポートするので時間がかかり、いつも遅くまで残業していたが、そうは言っても私も人の子で、どうしてもサポートの兼ね合いに軽重はでてくる。例えば、相互的にこちらから頼んだこともちゃんとやってくれる人、親切な人、魅力的な女性、などに対してはどうしてもサポートが篤くなり、返事が遅い人、つっけんどんな人にはサポートが薄くなった。

で、逆ナース症候群として、特に相手が魅力的な女性だったりすると、サポートしているうちに、なんとなく疑似的な恋愛感情に似たものを帯びてきたりする。それで一層サポートのレベルが上がったりするが、これは人生全般に言えると思うのだが、もし10倍サポートしたとしても決して10倍ありがたがられるということはない。対数スケールでせいぜい1.2倍程度かもしれず、逆にサポートしすぎて、有難迷惑がられることもある。そういう事実がみえなくなってきているとしたら、まさに逆ナース症候群が昂進している。

なので、他人をサポートする仕事をするということは、サポートすることで自分の居場所をつくらせてもらっている、と冷静に自分で理解するよりない。なので、目先の損得に拘る人は、他人をサポートすることがメインになる仕事にはまず就かない。

ただ、前にも書いたかもしれないが、まさに情けは人のためならずで、他人をサポートしていると自分も救われる面があって、鬱病などなりにくい。それで私は、随分辛いことがあってもなんとかブレークダウンしないでやってこれた。それは別の言い方をすると、サポートさせてもらっている人から無言の(あるいは有言の)励ましを得た、ということである。

また、逆ナース症候群には次のような現象も起きる。すなわち、私の知り合いが病気で入院したとき、ナース症候群なのか逆ナース症候群なのか分からないが、ともかくある看護婦と相思相愛になった。その知り合いは既婚だったので、なかなか微妙であった。ただ、非常に重い病気という訳でもないので、数ヶ月で退院予定となった。ところがである、退院予定の前日になると38度の熱が出て具合が悪くなり、退院が延期になった。

知り合いの奥さんは、夫と看護婦との間の恋愛感情をそれとなく推察し、苦々しく思っていたが、病気とあっては仕方ない。ただ、そんなことが4~5回続くと流石に業を煮やして、強制退院させたが、すると夫は元気になった。女の情念は恐ろしいという、いかにも日本霊異記的(?)な話なのであった。

谷川の降級

user-pic
0

約1週間前にニュースで、早々と谷川九段のA級からの降級が決まった、とあったが、なんでそうなのか考えているうちに、三浦八段対郷田九段の対戦もあり、郷田が勝った。そこから、今更のように谷川の降級を確認してみよう。

最早、降級する可能性があるのは、実際に降級が決まった谷川も含め、以下の6人である。
順位. 名前 勝-負, 対戦相手, 対戦相手
2. 三浦八段 2-5, 渡辺( ), 久保( )
3. 郷田九段 3-4, 久保( ), 羽生( )
5. 屋敷九段 3-4, 佐藤( ), 行方( )
6. 佐藤九段 3-4, 屋敷( ), 渡辺( )
8. 谷川九段 1-6, 行方( ), 深浦( )
10. 久保九段 3-4, 郷田( ), 三浦( )

谷川の現時点での降級決定を証明する。ここで降級争い仮定を入れる。すなわち、なんとか谷川を救おうとし、他の人はなるべく落とそうとする星を付けると以下のようになる。ここで、リストされている人同士の対戦は、とりあえず空欄にしておく。
順位. 名前 勝-負, 対戦相手, 対戦相手
2. 三浦八段 2-6, 渡辺(●), 久保( )
3. 郷田九段 3-5, 久保( ), 羽生(●)
5. 屋敷九段 3-5, 佐藤( ), 行方(●)
6. 佐藤九段 3-5, 屋敷( ), 渡辺(●)
8. 谷川九段 3-6, 行方(○), 深浦(○)
10. 久保九段 3-4, 郷田( ), 三浦( )

ケース1:三浦が最終戦で久保に負ける
順位. 名前 勝-負, 対戦相手, 対戦相手
2. 三浦八段 2-7, 渡辺(●), 久保(●) →降級
3. 郷田九段 3-5, 久保( ), 羽生(●)
5. 屋敷九段 3-5, 佐藤( ), 行方(●)
6. 佐藤九段 3-5, 屋敷( ), 渡辺(●)
8. 谷川九段 3-6, 行方(○), 深浦(○) →降級
10. 久保九段 4-4, 郷田( ), 三浦(○)

ケース2:三浦が最終戦で久保に勝つ
順位. 名前 勝-負, 対戦相手, 対戦相手
2. 三浦八段 3-6, 渡辺(●), 久保(○)
3. 郷田九段 3-5, 久保( ), 羽生(●)
5. 屋敷九段 3-5, 佐藤( ), 行方(●)
6. 佐藤九段 3-5, 屋敷( ), 渡辺(●)
8. 谷川九段 3-6, 行方(○), 深浦(○) →降級
10. 久保九段 3-5, 郷田( ), 三浦(●)

こうして、谷川が助からないことが証明された。やはり順位は大きい。折角なので、ケース2をもう少し分岐させてみよう。

ケース2の分岐1:ラス前で郷田が久保に勝つ
順位. 名前 勝-負, 対戦相手, 対戦相手
2. 三浦八段 3-6, 渡辺(●), 久保(○)
3. 郷田九段 4-5, 久保(○), 羽生(●)
5. 屋敷九段 3-5, 佐藤( ), 行方(●)
6. 佐藤九段 3-5, 屋敷( ), 渡辺(●)
8. 谷川九段 3-6, 行方(○), 深浦(○) →降級
10. 久保九段 3-6, 郷田(●), 三浦(●) →降級

ケース2の分岐2:ラス前で郷田が久保に負ける
順位. 名前 勝-負, 対戦相手, 対戦相手
2. 三浦八段 3-6, 渡辺(●), 久保(○)
3. 郷田九段 3-6, 久保(●), 羽生(●)
5. 屋敷九段 3-5, 佐藤( ), 行方(●) →どちらか一方が降級
6. 佐藤九段 3-5, 屋敷( ), 渡辺(●) →どちらか一方が降級
8. 谷川九段 3-6, 行方(○), 深浦(○) →降級
10. 久保九段 4-5, 郷田(○), 三浦(●)

こうなると、ラス前の屋敷対佐藤戦が、まさに雌雄を決する対戦となる。尚、ここまでのシナリオで郷田の落ちる目はなかったが、可能性としてはもちろんある。郷田の降級は可能性は低いが、上記した降級ありえる組と、上記以外の降級ありえない組との対戦にかかっている。

それにしても、永世名人資格者でA級から降級しても指したといえば、中原誠の例があるので、とても珍しいというほどでもないが、やはり異例である。しかし中原は結局2期だけ順位戦を指してフリークラスに転出した。谷川は、将棋連盟会長の職が相当に負担になっていると思われる。一応名人経験者が将棋連盟会長の職に就くのが暗黙のルールとはいえ、戦績を犠牲にしてまでやるものなのだろうか。米長などちゃっかり、引退してから会長になっている。

まあでも私は、そういう目先の損得に拘らない谷川が好ましいと思う。そこが煩悩の塊だった前会長と違うところである。ただ、会長職には煩悩も必要なことがあるのであり、そこは痛し痒しである。なんにしても、今の将棋連盟には、会長を務めるという意味では、人材不足であるのが明らかである。管理的な能力をもつ後進を、米長が潰したというのもあるのかもしれない。

もしかして、ナース症候群という用語は正式にあるのかもしれないが、ここでは私が独自に定義した意味で使うことにする。どういうことかというと、それは私の実体験に基づき説明するのが分かりやすいだろう。

A型肝炎に書いたように、私は1983年だったと思うが、不摂生が祟って、A型肝炎で入院した。A型肝炎というのはちょうど、ひどい二日酔いが続くようなもので、食べたものをすべて吐いてしまうなど、とても辛い。ちょっと生きている心地がしないほどである。

しかし、点滴で所定の薬を投与されると、肝機能はすぐには戻らないものの、一応吐き気は1週間程度でおさまる。そうやって症状が楽になると、日々接する看護婦さんが気になる。というのは私は当時まだ20代で独身だった。

そもそも、白衣の天使といわれるように、看護婦の制服に身を包むと、気品が感じられ、心なしか美人にみえる。それだけでなく、仕事柄であるが、例えば衰弱してトイレに行けない場合には、尿道に管を通してくれるような、とても恥ずかしい処置もしてくれる。そういういろいろな面倒をみてもらうとつい、疑似恋人のような親近感を感じてしまう。それを私は、ナース症候群と呼ぶ。

そうやって、意外に惚れっぽい私は、複数人の看護婦さんに好意をもったが、もともとシャイなので、告白するわけもない。ただ、どの人も、どうみても私に好意をもっているように思われなかった。当時、私の母は、お見合いおばさんのような人に相談して、私の相手を探していたので、病院にお見舞いに来ると、よさそうな看護婦さんはいないか、と私に聞くのだった。私はいつも、まあいるけどね、と言葉を濁すよりなかった。

さて、私の主張は、ナース症候群というのは、病院以外でもありえるという当たり前のものである。例えば私は、会社の仕事において、結構面倒見がいいので、どんな人に依頼されても一生懸命努力する。そうやると、普通の人は、ああよくやってくれるね、で終わりだが、時々、ここまでやってくれるのは友達だから、と思う人がいたりする。

実際、そうやって個人的にも親しくなり、飲みに行ったりして、今でもときどき付き合っている人はいなくもない。ただ、大抵は仕事の上だけで終わるし、そういうものだろう。

さて、私は前職の会社を辞めたとき、社内のほとんどの人との付き合いを、自然に終息させた。そこに別に悪意はなく、物理的にもう日常的に付き合わなくなるのだから、自然だろうと思った。私はその時点で二度転職していたが、いずれもそうだった。

ところが、私が前職の会社を辞めた直後、仕事の付き合いがあった人から私の個人メールアドレスにメールをもらった。すなわち、君が急に退職したと聞き驚いている。事情を話してほしい。なんならここに電話してほしい。どこかで飲みながら話そう、という趣旨だった。それで私は唖然となった。というのは、その人とは単に仕事だけの付き合いだと思っていたので、個人メールアドレスも教えなかった。誰かが勝手に教えたということになるが、困ったものである。

で、私は、退職したら基本的に関係は終息させるのが私の方針で、また、退職に当たっていろいろ不愉快な経緯もあったので、会って話す気にはなれない。そっとしてほしいと返事した。

普通はそれで終わりだと思っていたら、その人は、実は自分は最近こんな辛いことがあったが、なんとか乗り切った。そんな経験をした自分ならあなたの辛さが理解してあげられる。なので、是非会おう、とメールが来たので、それはいくらなんでも無神経では、と無視した。

私はメールの返事を重視するタイプなので、よほどでないと来たメールに応答しないことはない。なので、無視するというのは私としてはかなり強い拒絶である。ところが、それから約2ヶ月後にまた、一緒に食事をしようとメールがきた。うんざりして今度も無視した。

いくらなんでも、もうメールはこないと思っていたら、12月末になって、なにやら懇願調のメールがきた。すなわち、あなたは私のために負荷の大きい仕事をしてくれて、大変助かった。あれはまさに、あなたが真の友人である証拠である。なので、会いたくてたまらない。是非会いたい、とかなり誤解されるような調子なので、むしろ怖くなった。

自慢ではないが、私は容姿にしても人格にしても極めて地味で、男女問わず、熱狂的に好かれた経験がない。女性からラブレターをもらったことも、もちろんない。高校のとき、女性に人気がある同僚が羨ましくて仕方がなかった。それが、こんな歳になって、しかも同性から、ラブレターめいたメールをもらってもね、と困惑することしきりだった。当然、返事はしない。

で、考えたらこれもナース症候群なのであった。すなわち、たまたまであるが、米国本社の管理職から直接指示されて私は、その人のために、確かに大変重い仕事を扱い、なんとか成功させた。そのことは、その人から大変感謝されたが、それはそれで所詮仕事である。しかし、その人は、あまり友人がいないタイプで、なんとか私を貴重な友人の一人と思いたがったのだろう。そういう気持ちは分かるが、私が最早会社を去ってしまった現在、義理で付き合うのさえ遠慮したいのである。

まあでも、冷静に考えると、その人が同性なのがまだしも幸いかもしれない。なぜなら、もしその人が女性だと余計な吸引力が働く。そして私の好みのタイプであっても、好みでないタイプであっても、どっちにしても面倒なことになりそうである。

そういう意味では、自分が女性にもてないタイプであることを、神に感謝したいほどである。これは決して負け惜しみではない。

転職して約2ヶ月が経つが、前職の基礎研究所には、私がその学殖を尊敬する研究員が何人もいた。私は単なる一特許担当員なので、親しくなった研究員というのはほとんどいないが、ある若手の俊英研究員が、ジェフリー・ディーヴァーという米国作家の小説のファンだと聞いた。

そもそも、私は翻訳物のミステリーや犯罪小説の類のレパートリーが極めて貧弱で、もしかして米国作家となるとスティーブン・キングくらいしか知らないかもしれない。なので、ジェフリー・ディーヴァーと聞いても誰?という感じだったし、その作家の「コフィン・ダンサー」がお勧めと聞いても、洋物にちょっと苦手意識がある私の読書欲はそそられなかった。

それが、アクロイド殺しの読了などを通じて翻訳物のミステリーに対する抵抗が薄れてきたときまた、「コフィン・ダンサー」のことを知り合いから聞いた。

これが日本のミステリーなら即、アマゾンで注文していただろう。しかし、翻訳物となると、将棋の大山ではないが、なぜか一回目のチャンスは見送ってしまう。ところが、たまたま古本屋を覗くと、ジェフリー・ディーヴァーの「スリーピング・ドール」上下二巻、池田真紀子訳、文春文庫がみつかった。なんだ、「コフィン・ダンサー」ではないのかと軽く失望した。しかも、各々の巻が430ページ程度もある。まあでもとっかかりとして、「スリーピング・ドール」からジェフリー・ディーヴァーの世界に入ってみることにした。すると、いきなり中身の濃さに圧倒されたのだった。

「スリーピング・ドール」の主役は、カリフォルニア州捜査局の捜査官、キャサリン・ダンス。名前から分かるように女性である。そこそこ魅力的な女性らしいのだが、あまりその点にフォーカスした記述はなされない。

さて日本では、被疑者が逮捕されると、刑事または検事に尋問される。自白させることを、「落とす」などという。そのために日本では、ベテラン刑事が、宥めたりすかしたり、怒鳴ったりと精神的に追い込んで、自白に導く。かなり手荒なこともするらしい。それで、自白の任意性が問題になったりする。

キャサリン・ダンスは、その尋問のための専門家である。日本で尋問の専門家の捜査官というのは聞いたことがない。きちんと心理学など学んでいる、という意味でである。そういえば、検事だった人が書いた嘘の見抜き方という本もあるにはある。ともかく、キャサリン・ダンスは、科学的訓練を受けた尋問の専門家であり且つ、その分野の天才と言われている。そして、いろいろ質問して相手が答える様子をみながら、相手の嘘を見破り、必要な事実を探り出す別の質問を構築して相手に与える。そのためにキャサリンは、ボディー・ランゲージや身振りなどの非言語行動、声の高さや速さの変化などの言語の態様、そして言語の内容などに着目して、被疑者が真実を話しているときのベースラインを見極め、そこからの逸脱として嘘を見破る。

ところが、今回のキャサリンの尋問の相手は、他者の心理を操って籠絡することが巧みなカルトの教祖、ダニエル・ペルだった。ダニエル・ペルは、一家三人殺人の罪で、絶対に脱獄不可能なキャピトーラ刑務所に収監されていたが、一計を案じて、新たな尋問が必要になる事態を作り出し、比較的警備の緩い、キャサリンがいるオフィスに移送されてきた。その手法はネタばれになるのでここには書かないが、それこそ、周囲のあらゆる人を信用させて利用する天才的人たらしのペルの手法だった。

外部の共犯者の計略で、尋問中に火災を引き起こしたペルは、どさくさに紛れて、共犯者が用意した車で逃走した。なにしろ、天才的に女性を魅了して味方にするのが得意なペルは、共犯の女性をみつけるのになんの苦労もない。

そんなペルは、逃亡しながら逃亡に邪魔になる人達は脅したり、容赦なく殺したりするのだが、殺人狂でもなく、無意味に殺したりはしない。ただ、他人をコントロールすることがペルにとって最重要なので、尋問を通じてペルをコントロールしようとしたキャサリンに激しい憎悪を抱く。

もちろんカリフォルニア州捜査局は、近隣の捜査局とも協力して、逃亡するペルたちに対する包囲網を絞ろうとするのだが、相手の心理を読んで裏をかく天才でもあるペルは、いつもぎりぎりのところで逃げおおす。

一方、キャサリンは、ペルの元カルト・メンバーなど関係者に対して尋問することにより、必死でペルの行動パターンを読もうとする。

ペルはというと、単に逃げるだけでなく、キャサリンや自分を訴えた検事など、自分のコントロール権を奪った憎き敵に復讐するために、その住まいを突き止め、家族までに危害を及ぼそうとする。なんとも恐るべき不気味な敵なのだった。

それでも次第に包囲網は狭まっていくのだが、それは逆にペルに窮鼠猫を噛むの反撃を許すことになり、犠牲者が増えていく。

そして最後は何重ものどんでん返しが仕組まれていて、最後まで息がつけない展開であった。尚、題名の「スリーピング・ドール」とは何のことか、読んでのお楽しみである。知れば、なるほどで一瞬で意味がわかる。まさしく極上のミステリーといえるが、内容が濃すぎてちょっと胸焼けしたところもある。こういうところが私が外国ミステリーを敬遠している一つの理由なのかな、と苦笑したが、「コフィン・ダンサー」も読んでみることにしよう。そして、キャサリン・ダンスの他のシリーズも、である。

それにしても、キャサリン・ダンスと付き合う男は、ちょっとした会話から嘘がばれるので、おちおち会話もできないのではないか。私だったら不安で仕方がなくなるところである。それとも、そういうときだけ、尋問のスイッチを切ってくれるのだろうか。

正月の後の初めての三連休に、ぼうっとしていたら、なんとなく今、渡辺対羽生の王将戦第1局があるということを思い出した。竜王戦と王将戦では賞金も、タイトルの格も段違いだが、しかし渡辺対羽生となると、そんなの関係ない。華という意味では、渡辺対羽生の王将戦というのは、渡辺対森内の竜王戦以上なのである。

そして観戦していると、王将戦第1局は、永瀬が往復ビンタで羽生を破った、温故知新の矢倉の戦型へと進んだ。そして永瀬の66桂まで進んだ。ああ、と思い出した。この局面で後手の羽生が間違えて、あっさり永瀬に土俵を割ったのだった。それを懲りないでここで試すというのは当然、羽生に研究があるはずである。もしかしてパートナーの長岡五段と研究したのだろうか。

追随する渡辺も立派である。羽生を上回る研究があるのかもしれない。みていると、72銀と捨てて同飛、83角と攻めていったところは流石に渡辺と思ったが、素人目には71銀で後手がよさそうである。しかし、72角成、同銀のあと、23銀が鋭い。同玉に42飛、33角、72飛成、45歩と角で王手して羽生がよくなったように感じた。そこで渡辺は55歩だが、同角と羽生が取ったのが危険だった。解説にあったように、一旦52銀と受けるのだったか。

羽生の55同角に、渡辺の66金が好手だった。解説は66銀を予想していた。66金のあと同飛、同銀、同角、77金と上がられて羽生が苦悩し始めた。もしかしてここではもう羽生が負けなのかもしれない。仕方なく羽生が85桂と打ったが、66金と角を取られて、どうしても微妙に渡辺の玉は詰まない。見事な渡辺の終盤で、一時の不調から完全に脱却したといえる。今竜王戦なら、もっと接戦だったろう。

いや、渡辺は、「勝負心」で書いていたように、羽生だと読みが噛みあって力が出るのだろうか。ともかく、復活なった渡辺が王将は4-2あたりで防衛しそうな気がする。羽生は最近、どうも疲れが感じられる。全方位外交なので、40歳を過ぎた羽生には最早辛いのではないだろうか。60歳間近の私がいうのもなんだかなのだが。

どんな駅でも、電車が来るときと、電車が発車するときは、ブサーやチャイムのような音で知らせる。それはプラットホームにいる人に、黄色い線の内側まで下がって下さいと通知したり、ドアが閉まるので駆け込み乗車しないで下さい、という意味だったりする。

それは要するに報知機能があればいいので、よほど不愉快でないなら、どんな音でもいいはずなのだが、あるとき小田急線の本厚木駅で電車を待って電車が到着するとき、どこかで聞いたメロディーが流れた。ああ、いきものがかりの「sakura」だと、最近の流行歌に疎い私も分かった。それが私が駅で、通報代りのメロディーを聞いた最初だった。

それがいい意味で妙に耳に馴染むので、なぜ「sakura」なのだろうと考えたら、いきものがかりのメンバーはここらあたりの出身者なのだった。そういえば、小田急線の海老名駅でも、ちょっとフレーズは違うがやはり、「sakura」のメロディーが流れる。

しかし、座間駅となるともう、メロディーは流れない。あれっ、いきものがかりって座間出身じゃなかったのかと調べてみたら、吉岡聖恵が厚木出身、水野良樹と山下穂尊が海老名出身なのだった。それで本厚木駅と海老名駅に特化しているのかと納得がいった。

ただ、このように駅のメロディーとして使うということは当然、音楽著作権使用料の問題が生じる。ここらあたり、小田急はいきものがかりが所属する会社に年間契約で、例えばJASRACなどを通じて使用料を払っているのだろうかと考えてみた。すると、多分無料なのではないかと想像した。なぜなら、これは本厚木駅や海老名駅で乗降する人たちに対する格好の宣伝になるからである。

そんなことがあって中央線に乗って三鷹駅で降りると、やはりメロディーが流れてきた。「めだかの学校」である。で、素朴な感想であるが、既に「sakura」のメロディーを流す駅があるのを知っているので、ちょっとダサくないかい、と思ってしまった。これは、本厚木や海老名が相対的に私にとって地元に近いのに三鷹がアウェーである、という意味の身贔屓もある。

それから、中央線から横浜線に乗り換えるため八王子駅で降りたら、そこでは、「夕焼け小焼け」のメロディーが流れてきた。三鷹の例があるので最早ダサいとは思わなかった。実際、こういう童謡だと著作権の問題もない。なので私としては、いろいろな駅がどんどん、いろいろなメロディーを採用してほしいのだが、単にチャイムの音を流すことに対してプラスアルファの設備投資が必要になるので、面倒なのだろうか。

本屋でたまたま、「相模湾上陸作戦」大西比呂志、栗田尚弥、小風秀雅著、有隣新書という本をみつけた。そもそもが有隣新書なる本をみたのもこれが初めてである。言うまでもなく、大型書店の一つである有隣堂が出版している。

この本によると、米軍には、オリンピック作戦とコロネット作戦という2つの本土上陸作戦が存在した。

オリンピック作戦は、1945年の秋、九州南部に三方面から攻撃する作戦で、宮崎、志布志湾、鹿児島西海岸が上陸予定地とされていた。一方、コロネット作戦は1946年の春、関東平野に上陸し、京浜地区を占領する目的で計画され、欧州で勝利の先鋒となった第一軍もあとから上陸する予定だった。特に、コロネット作戦の主要な上陸地は、茅ケ崎ビーチであった。それはまさに、欧州におけるノルマンディー上陸作戦にも匹敵する最終作戦なのだった。

どちらの作戦も、もし実行されたら、日本人の民間人も含む夥しい犠牲者が出たと考えられ、想像するだにおぞましい。

これについて米軍に、犠牲者の予想がある。米軍の予想なので米軍兵士の犠牲者の数なのであるが、レーヒ統合参謀本部長の予想は26万8000人、マッカーサの予想は5万800人、陸軍参謀総長マーシャルの予想は、3万1000人だった。

ところが、原爆投下作戦の正当化の根拠として、百万人の米軍の命が犠牲になるので、日本軍の戦意を喪失させるための原爆投下は、広島・長崎での犠牲者を勘案しても妥当だった、というものであったが、流石に百万人の米軍の命は過大な見積もりであった、ということになる。

そして、いかなる意味でも原爆投下は道義的に正当化できるものではないが、もしオリンピック作戦あるいはコロネット作戦が本当に実行されていたら、日本人の犠牲は民間人も含め、到底百万人では済まなかったはずであり、そこに地獄絵が現出したに違いないのである。

米軍の日本本土上陸作戦は、日米開戦の年である1941年の翌年の5月にはもう構想されて始めていた。米軍は、日本の無条件降伏には本土上陸作戦が必須だと考えていたが、その時期は1947年後半か1948年だと想定されていた。すると、日本軍は米軍が考えていた以上に脆かったということなのだろうか。

アミダサマ

user-pic
0

古書店でたまたま、沼田まほかるという作家の「アミダサマ」新潮文庫、という不気味な本を見つけて、なんとなく買って読み始めた。

そもそもが、沼田まほかるという作家は知らなかった。で、Wikiでみると、大阪文学学校というところで修行していて、住職の夫と結婚後離婚し、僧侶でもあるという。道理で「アミダサマ」の仏教の雰囲気は本物ぽい。

「アミダサマ」の出だしは、あるサラリーマンの男性、すなわち工藤悠人に、声なきコエがまるでテレパシーのように届く、という心霊的なものである。そのコエは、産業廃棄物処理場から届き、工藤はどうしてもそこに行かなくてはならないという強い使命感に捉われた。

一方、産業処理場のそばにあったお寺の住職も、職業的直観からコエの存在に気づき、産業処理場に出向くと、そこで工藤と鉢合わせした。そしてコエが聞こえる廃冷蔵庫から少女を救い出した。なぜそんなところに少女が閉じ込められているのか、そして生きているのかが不思議だった。

それは、貧困で育てられないと諦めた父親が冷蔵庫に閉じ込めたものだが、確実に犯罪になる行為だった。ともかく救出された少女は、ミハルと名付けられ、お寺の住職とさの母親によって育てられた。

知恵遅れのようなミハルは、お寺の住職の母親の溺愛により、なんとか元気になったのだが、暗い独特の雰囲気は変わらない。ミハルは一方、お寺の飼い猫のクマをとても大事にし、いつもクマを可愛がっていた。しかしクマは老齢で寿命が近い。クマの寿命が消え入ろうとするとき、ミハルはクマを必死でこちらの世界に留めようとした。それは自然の摂理に背くのだが、一方で霊的には、クマの霊をこの世に彷徨わせることになる。これはある意味、極限の生を生き抜いたミハルならではの超能力なのであった。ともかくも住職は必死の念仏でクマを成仏させた。

このようなミハルの超能力は、近隣の人々にじりじりっと災厄をもたらした。誰かが突然自殺したり、寝たきり老婆が嫁に虐待されたり。しかしそもそも、ミハルの超能力との相当因果関係は不明である。

そのうち、ミハルの父親が戻ってきてお寺に訪ねてきた。そして父親は、お寺の住職の母親と妙な関係に陥る。そこから次第に住職の母親が追い込まれる。

一方、工藤悠人は、たまたま電車で出会った祖父を追ううちに、律子という娼婦と出会い、暮らし始める。こうして、一旦ミハルと離れた工藤は、最後に、ミハルの呼ぶコエに誘われて、律子を伴って、お寺の住職たち及びミハルと決定的な再開を果たすという、不思議な物語で、意外にも冥界とこの世の境目という意味で、ウランバーナの森につながる。

ただ、「アミダサマ」も「ウランバーナ」も仏教の用語なのだが、不思議に仏教の香がしない。むしろ不思議な呪術の匂いがある。

呪術といえば、急に去年の9月の暑い夜のことを思い出した。それに先立つ8月末の頃、会社の元同僚が脳出血で突然入院した。友人の一人だったので特に心配したが、とりあえず緊急入院して一命を取り留めた。様子をみて手術すると聞いていたので、時間はかかってもなんとか退院できるのだろうと信じていた。

そうして9月になったある日の夜、8時くらいだったか、自宅にいると、外から誰かかが読経のようなものを上げる声が聞こえた。実は私の自宅のすぐ前は畠で、結構広い。そこで外をみてみると、老婆が髪を振り乱して手を左右に振りながら祈祷している。と思ったら、老婆が読経を一旦止め、私の方を振り向いた。白い顔が夜叉のようで、夏なのにぞっとした。そして、私は、見てはいけないものを見たような気がして自宅で本を読み始めた。そうしているうちに読経が止んだので外をみたら老婆はもういなかった。

その次の朝である。自宅でメールを開いてびっくりした。脳出血で入院していた友人の容態が急変して亡くなったのだという。その時間は、葬儀に出席して関係者に聞くと、老婆が髪を振り乱してうちの前の畑で祈祷していた時間に対応する。老婆が向いていた方向も、友人が入院していた病院の方角である。これは一体偶然の一致だろうか。もしかして老婆は何か「コエ」を聞いたのだろうか。ちなみに例の老婆は、ときどき自宅付近で見かけるが、あとにも先にも人前で祈祷していたことはないのだった。これもまた、「アミダサマ」と呼びたいところであった。

TIMEを眺めていたら、ミハイル・カラシニコフが昨年12月23日に、94歳で亡くなったとあった。カラシニコフは、彼の名前を冠した銃により、あまりに有名である。といいつつ、別にミリタリー・オタクでもない私は、カラシニコフという銃を、一連の警察小説で知った。実際、カラシニコフは、20世紀後半で最も有名で、世界に流通した銃だった。

もともと戦車の射撃手だったカラシニコフは、第2次大戦の末期、銃のプロトタイプを作った。AK-47がそれで、軽量且つ取扱いが容易だった。

ソ連軍が初めてカラシニコフの銃を採用したのは、1956年のハンガリー動乱の頃だった。それから瞬く間にカラシニコフの銃は、ソ連軍関係者を通じて、ベトナム軍、アフリカの反政府軍、そしてアフガニスタンの過激派組織にも流布されていった。あ、日本の暴力団にもである。

カラシニコフはいつも、銃は母国を護るためだけに作るのだと言っていたが、そんなこと誰も信じない。それにしても文字通り武器設計者なのに、カラシニコフはよく、スターリンの時代やその後のソ連の混乱期、あるいはペレストロイカなど、生き延びたものである。まさかこの歳まで生きて、日本流にいうなら、畳の上で死ねるとはと思ってしまう。

それはしかし、武器設計者であるにも拘わらずではなく、武器設計者であるがゆえだからだろう。よく煩悩を駆使するものは、よく生きるのである。そんな諺は聞いたこともないが。

電波時計の不調についてブログに書いたのはもう4年以上前であるが、その後電波時計に特に問題はなかった。ところが、壁掛け電波時計でちょっとしたトラブルがあったので、報告してみる。

私が自宅で使用している壁掛け電波時計は、Dimpleというブランドのもので、製造会社は、安価な電波時計のメーカーで知られているマルマンである。自宅にあるDimple壁掛け電波時計は、単三乾電池を2本使用する。一本は時計駆動用で、もう一本は温度・湿度計用である。

不思議というほどでもないが、時計駆動用の乾電池の方が先になくなる。それである朝、壁掛け電波時計は、温度・湿度を表示した状態で時針が10時40分くらいで止まっていた。前の日はちゃんと動いていたので、夜のうちに止まったらしい。

そこで新しい単三乾電池を2本を用意して、折角なので時計駆動用だけでなく温度・湿度計用も交換した。普通だったら電池を入れ替えたらいきなり時針が動き始める。ところが、電波時計はそうではない。それで、マニュアルを探したがみつからないので、時計の裏にあるリセットボタンを押した。すると、時針が動き始めて、12時で止まった。ここで待っていると自動的に電波を受信して、正しい時刻まで時針が移動し、時計が始動するのかと期待して待っていても何も起きない。

で、困って、RCVと表示された電波受信ボタンを押してみた。すると、長針が12回回転して再び時針が12時で止まった。そのまま放置していたら、10分くらい経過して時針が動き始めた。そこで、やっと正しい時刻まで針が移動してそこから正常に時を刻み始めるのかと期待した。

しかしがっかりで、時針は1時20分まで進み、そこから時針が動き始めた。なぜがっかりかというと、その時は朝の7時25分くらいだったからである。全く話にならない時刻の狂いである。

そこでいよいよ困って、Googleでマニュアルを探すことにした。すると、マルマンのホームページにそれは見つかった。そこにある注意書きによると、電波の受信状態が悪いと、正しい時刻にならないそうで、するとそれが原因かと思った。そこでもう一度RCVと表示された電波受信ボタンを押してみたところ、またしても長針が時針が12時で止まった。10分くらい待つと今度は、1時10分まで進み、そこから時針が動き始めた。却って悪化している。

それでとりあえず、M-SETというボタンを押して手動で正しい時刻に一旦セットすることにした。それで時針が動き始めたのだが、時刻を設定した後時針が動き始めるまでに少し時間がかかるので、時刻が微妙に遅れてしまう。そこで、わざと進めるように時刻をセットしたところ、今度は1分進みすぎてしまった。面倒なのでこのまま放置することにした。

マニュアルによると、Dimpleは、午前と午後の1、3、5、7、9、11時の12回電波を受信して時刻を合わせるらしい。しかし、手動で時刻を合わせた場合は、午前1時まで電波受信による時刻合わせはしないらしい。そんな、すぐに時刻をあわせてよ、と思ったが、仕様なので仕方ない。

それで、一夜明けて朝7時に、テレビのニュースの時報と電波時計を比べたら、ぴったり合っていた。深夜の一時に時刻合わせに成功したらしい。一応目出度しなのだが、なんとも迂遠な時計合わせなのであった。

旅の者

user-pic
0

以前に、尾道の、母が入院している病院にお見舞いに行ったとき、同室にMさんという、母と同じ島出身の老婦人の方も入院していた。

Mさんは、母よりも年上であるにも拘わらず、母より元気で、毒舌さえ飛ばすほどであった。それで、あるときMさんに、どうしてそんなに元気なのですか、と聞いてみたことがある。すると、Mさんの答えは、私は旅の者だから、ということだった。

旅の者という言い方は、この文脈では旅行者という意味ではなく、一種の方言で、私の島においては、島以外の出身者である、ということになる。Mさんはもともと、島でなく、その対岸の本土の出身で、たまたま私の出身の島との人の間で縁談が生じたのだけれども、Mさんの周囲の人は、島なんかにお嫁に行くと、閉鎖的なところで苦労するから、と反対したのだという。確かにそういうニュアンスは分かる。

それでもなんとなく結婚して島に住むようになったMさんであるが、事あるごとに、「旅の者」だから、虐められる。あるとき誰かが大事な物を取られるという事件が島で起こった。そのとき、Mさんは勿論身に覚えがないことであったが、これまた、旅の者である、ということで、犯人ではないかと疑われた。そうやっていちいち虐めに遭うのが、死ぬほど辛かったという。それでも、渡る世間に鬼はなしで、やさしく声をかけてくれる人もいた。その後ご主人に先立たれたりして苦労しながらも、なんとか島に馴染むようになり、次第に旅の者だとか言われないようになってきた。

ともかくそういう艱難続きの人生だと、めげてしまうか強くなるかのどちらかで、気の強いMさんはなんとか突っ張ってきたので、80代後半でもボケないでやってこれた、という次第であった。

そのことがあったので、7月に長年勤めた会社を早期定年退職になると、私も「旅の者」になろうと思った。ただ、退職してみると、長年馴染んだ大企業体質で、世間の風は冷たかった。ハローワークの手続きは面倒で、なんとか特許実務の仕事にありつこうと、応募を試みた特許事務所にはどれも門前払いをくらった。また弁理士でもないし、結構な歳だし、大した経験がないと見なされてしまうので、仕方がない。

そうしてようやく、特許調査の仕事で、なんとか企業に入ることができたが、そこは典型的な日本の会社で、ほとんどの人が生え抜きで、私のような外資系から途中入社するというのは、外様というか、まさに旅の者なのであった。

その会社は伝統的な会社で、流石に私の島の人達よりも紳士淑女揃いなので、虐められることはないのだが、カルチャの違いの違和感はなかなか解消できず、大層ストレスが溜まっている。ただこの違和感こそが私に活力を与えるのだと、Mさんを思い出すのだが、ただ、私が果たしてMさんのようにタフな人間かどうか、全く自信がない。なにしろ私は、弱気なことばかり言って、Mさんにどやされていた母にとても性格が似た人間なのであった。

先日友人と飲んで、将棋の羽生、野球のイチローなどのその業界の一流の人は、友達はいないのだろうという議論になった。そういうと、ここでいう友達の定義が問題となるが、要するにある程度対等の立場で、個人的な悩みでも相談できるような関係、とでも定義しておこうか。

そういえば、最近出た将棋の良書で「長岡研究ノート」という本がある。それは長岡裕也五段が丁寧に最新の定跡研究を披露した本なのであるが、その本によると、長岡五段は羽生の将棋の研究のパートナーなのだそうである。すると、かなり広い定義では長岡は羽生の友達ということになるが、それは将棋だけの付き合いで、どうみても個人的な悩みを共有するような関係とは思えない。

そこで独断と偏見で、友達のいない人というのを私なりに類別してみる。

  1. まず最初に業界で一流の人。羽生もそうだし、囲碁では、今や七冠制覇をうかがう井山裕太もそうである。そういう人は、子供のときから修行一本で友達をつくる訓練をしていない。挫折はあっても乗り越えるので、苦悩までいかない。
  2. 次は、あまりにも自己中心的な人。すなわち、誰かと友達になろうとしたら、どうしても相手にある程度歩み寄らなくてはならないが、それが全くできない人は友達をつくるなんて無理である。
  3. 次は、無趣味な人。全く趣味がない人というのがときどきいるが、そういう人には、他人と交際するためのとっかかりをつけられない。
  4. 次は、他人との付き合い方を知らない人。結局、自動車の運転でいうと、教習所の中でしか運転したことがない、というイメージである。公道に出たら、車線変更一つできない。それって、オレのこと?
  5. 次は、友情の必要性を感じない人。友達なんて、どうして必要なのさ、と言われると、孤独癖があるのに実は寂しがり屋の私は、困ってしまう。
  6. 次は、人望中毒の人。これは説明を要する。すなわち、あまりにも友達からの人望に渇望していて、例えば、百万人の友達がいても、この中に真の友達はいない、などと叫んで、孤独を感じる。友達のε-δ論法なのであった。意味不明か。

では、お前はどうなんだと聞かれて、一応上記のどれにも該当しないつもりではいる。子供の頃、昆虫図鑑に耽溺していたネクラ少年であったが、運よく近所の何人かの子供たちが慈悲深く私を見捨てなかったので、一応友達はいて、その頃友達づくりの基礎訓練は一応できた。ただ、それは所詮第一段階で、ちょっと複雑になると今でも人間関係は対応できない。特に第二段階の異性関係のコースを履修しなかったので、未だに異性とどう付き合っていいのか分からない。異星人パピーなどと適当に誤魔化している場合ではないのである。

ふざけるのはこれくらいにするとしても、趣味は実は結構重要である。というのは、私の友人の数はどんな甘い基準で選んでも片手で足りるが、それでもじりっじりっと減っていくかもしれない。そんなとき、趣味の将棋を駆使して、将棋道場に行けば、最低限の人間的付き合いの欲望は満たせる。逆にいうと私は濃厚な人間関係なんてなくてよく、下手したら月の大気程度の薄い空気のような人間関係でも生きていける(それは言い過ぎ)。

そこで問題になるのは寧ろ、中島みゆきの歌にある、「ひとり上手」である。すなわち、「ひとり上手」の技術を身に着けないと、何人の友人がいても孤独に潰されそうになる。おいおい、それは孤独死する技術なのかと皮肉を言われそうなので、これくらいにしておく。要するに私は、「ひとり上手」の歌詞にあるように、♪一人が好きなわけじゃないのよ♪なのである。

翳りゆく夏

user-pic
0

今まで、桐野夏生の「顔に降りかかる雨」であれ、曽根圭介の「沈底魚」であれ、江戸川乱歩賞受賞作というのにあまり深く感激した記憶がない。なのにまたつい、別の江戸川乱歩賞受賞作の作品を読むというのは、高偏差値の大学から採用した学生が期待外れであっても依然として高偏差値の大学から採用し続ける、コンサバの人事部長のようなものだろうか。

しかし、赤井三尋の「翳りゆく夏」講談社文庫は、江戸川乱歩賞受賞作でありながら、いい意味で期待外れ、すなわち本当に面白く読めた。

「翳りゆく夏」では、読売や朝日レベルという日本の一流新聞社の想定である、東西新聞に内定が決まった女子大生の出自が週刊誌によって暴かれ、スキャンダルになったというところから始まる。

女子大生の名前は、朝倉比呂子。一橋大生なのだという。あれっ、この小説は大学名に実名を用いるんだ、とちょっと意外だった。そもそもが東西新聞のライバルとして、読売、朝日、産経なども出てくる。そのようにしてまずいことはあまりないはずだが、なぜか普通は大学名などわざと作った名前を使う。ちなみに「文学部唯野教授」では、早治だの、立智だの、束大だの、実際の大学名をもじった変な名前が出てくる。

戻って、朝倉比呂子の何がスキャンダルなのかというと、父親が誘拐犯なのだという。確かに普通、一流新聞社だと、分かっていれば父親が誘拐犯の子息というのは採用しないだろう。しかしそもそもが個人情報を重んじる時代に、採用に当たってそのような探りを入れること時代が逆にスキャンダルになる。

そこで東西新聞は、社会の木鐸であることを理由に、父親が誘拐犯だろうが優秀な学生なら採用するのだと断固主張しつつも、20年前の誘拐事件に何か裏があるのではないかと自社の社員を使って内偵を始める。警察のような国家的な捜査権をもたないので、新聞記者などによる当時の事件の追求は難航するが、次第に驚愕の事実が明るみになってくるのだった。

個人的には、朝倉比呂子が悲劇のヒロインなのに妙に冴えていて、それでいて天然ボケで、さらには「直観像素質」などという、観たことをイメージのように焼き付ける棋士のような能力をもっているのが興味深かった。

一方で、東西新聞の社長が、準県代表クラスの囲碁アマ六段であるとともにやはり「直観像素質」の持ち主であり、しかもその妻が元日本棋院の院生だったなど、いかにも囲碁づいているのも面白い。

そのようなさまざまな要素も含めて、「翳りゆく夏」はとても面白く仕上がっていて、上質の江戸川乱歩賞受賞作である、という感想をもった次第である。

杉の柩

user-pic
0

アガサ・クリスティの代表作の一つかもしれない「アクロイド殺し」がどうも、私の感性にはいまいちしっくりこなかったので、アガサ・クリスティ・ファンの知り合いに聞いて「杉の柩」を紹介してもらった。

そこで「杉の柩」恩地三保子訳、早川書房を買って裏表紙をみると、「婚約中のロディーとエリノアの前に現れた薔薇のごときメアリイ。彼女の出現でロディーが心変わりし、婚約は解消された。激しい憎悪がエリノアの心に湧き上がり、やがて彼女の作った食事を食べたメアリイが死んだ。」とある。ええっ、そんなベタなストーリーなのかとちょっと唖然としたが、本文を読み始めると、複数の男女の間に愛憎の心理戦が織りなす、結構複雑なストーリーだった。

ともかく絶体絶命の嫌疑に染まったエリノアはどうなるのか。そこで、エリノアに想いを寄せる医師のピーター・ロードが、エルキュール・ポアロにエリノアの嫌疑を晴らしてくれることを依頼し、例によって灰色の脳細胞が活動を始める。

「杉の柩」が「アクロイド殺し」と似ているのは、遺産相続がからむこと、そして登場人物のそれぞれが、話したくない謎を抱えていることである。

しかし、動機という意味で、恋愛と憎悪というのは分かりやすく、いわばリビドーのダイナミズムを感じる。エルキュール・ポアロは、そういうリビドーをかいくぐって、各人からの謎を解釈して組み立てていく。

それにしても、冷静で知的な、それでいて暗い情念を潜めたエリノアよりも私はなぜか、天真爛漫なメアリイの方に加担してしまう。悲劇のヒロインだからだろうか。しかし、メアリイが本当に天真爛漫だったのかどうかも謎のままである。

また、意外な殺人手法、そしてポアロの法廷での陳述も白眉であろう。

読み終えて、細かい証拠が緻密に組み立てられた、ポアロの見事な推理であった。アガサ・クリスティの本も二冊目で、かなり馴染んできた。今野敏は目に付くものは大抵読み尽くしてしまったが、アガサ・クリスティはまだまだ、未開の大地なのであった。

一応の才能

user-pic
0

よく人間は切羽詰まれば何でもできると世間で言われる。本当にそうなのかなと私はつい怪訝になるのだが、それは私が切羽詰まると、必死で努力するよりも寧ろ、パニックになってどうしていいかわからなくなるタイプだからなのかもしれない。

ただ、言い訳ではないが、切羽詰って意味がある行動を取れるためには条件があってそれを私は、一応の推定に倣って、一応の才能と呼ぶ。

こう書くと、今更なんという当たり前のことを言うのかといわれそうだが、このことは意外に分かっているようで分かっていない人が多い。

典型的には語学の才能がある。例えば、英語をマスターするには、米国など現地に住んで、日常的に英語を使わざるを得ない状況に追い込むのが一番よいなどと言われ、確かにそれは妥当そうである。

ところが私が観察していると、何年米国に住もうと、いつまでもブロークンでジャパニーズ・イングリッシュから脱出できない人が意外にいる。こういう例をみていて私は、一応の才能が足らないのかな、と思ったりする。あ、別に私がしゃべる英語がジャパニーズ・イングリッシュでないわけではない。完全に自分のことは棚に上げている。

それでは一応の才能とは何なのかというと、決して卓越したものである必要はなくて、例えば英語でいうと、どうってことない公立中学であまり苦手意識はなかったかな、程度でいい。クラスでトップである必要もない。なので一応の才能はとてもつつましやかな才能であるともいえる。

車の運転でいえば、相模原から品川プリンスホテルまで車を運転してきてほしいと言われたら、私だったら、町田横浜インターから東名、首都高を通っていかなければならないと考えるだけで憂鬱で食事も喉を通らなくなる。こういうのが典型的に、車の運転に関して一応の才能が欠如しているということである。しかし、普通の人なら、そんなに構えないで、分かったと応えて、車を転がしていくだろう。

一応の才能といえども天賦のものなので、基本的に鍛えて身に着けることはできない。だから、緊急事態になっても、一応の才能が十分でないと、あまり役に立つことができない。

一応の才能の別の分かりやすい例として、例えば私のプログラミングの能力がある。私は、仕事であれ他の理由であれ、比較的簡単なツールを作成してくれといわれると、喜んで作る。場合により自発的にAPIのマニュアルなども参照する。そのように嫌がらないで普通に努力できるということが一応の才能の性質である。ただそれは所詮は一応の才能であって、ハッカーのような人には遠く及ばない。間違っても誰かが私程度のプログラミング能力を凄いと呼ぶことはない。

プログラミングならまだよい。ここで、受験を取り上げる。今の日本で、将来それなりの地位に就こうとしたら、小学校のときから塾に通い、有名中学に合格し、中高一貫で受験勉強に励み、一流と言われる大学に入るのが一番効率的だと思われている。それはそれほど的外れではないはずである。

ただ、そこで完全に無視されていることがあってそれは、受験にも一応の才能があるということである。さらに言うと、受験の一応の才能と、知的に物事を考えるための一応の才能は、ある程度の相関がありつつ、微妙に異なる。

私は、荒唐無稽なことも含めて、様々なことをオリジナルに考えたりするので、知的に物事を考えるための一応の才能はあるだろうと自負している。ただそれはもちろん、卓越していない。なので、しがないサラリーマンで今までやってきた。

一方で出世のための特急券になりえる受験はというと、一応の才能と呼ぶのさえ不足しているように思えてならない。例えば、私が特許の仕事を始めたとき、当然に弁理士の資格を取得することを考えたが、どうみても私の能力では無理そうな気がして、深入りしなかった。私に平均レベルの知的能力はあるだろうと期待してくれる人たちは、受験のための一応の才能の不足なんて想像もできないようだった。

それから20年くらい経過して、今の弁理士受験は当時よりは随分楽になったと言われる。定員が増えたり、どこかのスクールに通うと短答式免除があったりと、バイパス経路もある。なので今なら私に受験の一応の才能があればなんとかなるのにと思いつつ、依然として自信がもてないので看過しているうちに歳をとってしまった。

私はそれでも、サラリーマンとして大企業で課長レベルの管理職に到達できたのでまあいいのだが、今の若者で、それこそ一応の知的能力はあっても、一応の受験能力に欠けるために割を食う人達も結構いるのかなと思ったりする。

結局、自分に一応の受験能力が十分でなかったことが私の運命を大きくコントロールし、ルサンチマンにもなっているという次第である。まあ誰でも何かで一応の才能に不足し、大変な目に遭うのだろう。 山には山の愁いあり、海には海の悲しみや、である。

最近、新聞広告をみたり本屋に行くと、やたら老人向けの本が目に付く。それは明らかに私が老人に向かってまっしぐらだからであるが、そういう私の個人的な事情よりもむしろ、日本が老人大国になりつつあるから、そういう本が売れるというのが実際のところだろう。

その中でも特に目につくのが、曽野綾子氏の本と、五木寛之氏の本である。私は、曽野綾子氏の老いの才覚を読んで、それはそれで納得した内容だったのだが、それにしてもその後も同工異曲の本を陸続と書かれていて、出版社もこの手の本が売れるので依頼するのたろうけど、こうまで沢山出版するというのは「老人の品格」としては、いかがなものかと思ったりもする。

五木寛之氏の老人本は、曽野綾子氏ほど多数出ているわけではない。それで、仏教的色合いに親近感を感じる私は、最近出版された「新老人の思想」幻冬舎新書を本屋で探して買って読んでみたのだが、これはどうかな?というのが感想であった。

この本はまず、老人の団塊のことを「高齢者層」ではない、「老人階級」である、と定義するのだが、そのように再定義することがどのような意味があるのだろうか。すると、「老人階級」と定義することで、「非老人階級」との階級闘争である、という議論に持ち込むためのようである。

ただそれは確かに、言葉の遊びにすぎない、というわけではない。例えば、私が今後高齢になってもらう年金給付は、私が今まで払った年金納付から支払われるわけではない。「非老人階級」が額に汗して働いた年金納付から支払われるのであって、すると、冗談じゃないぜ、なんで俺たちが老人を食わせなくてはならないんだと、年金を払おうとしない若者がいるらしいが、それも分かるような気がする。

すると、「老人階級」は、若者よありがとう、と感謝して生きるのだろうか。私が若者のときそうやって感謝された記憶はないが、それでも感謝するというのもありだと思う。

ただ、口でなんといおうとあまり大した意味はないので、感謝するよりもむしろ、「老人階級」はできるだけ若者に迷惑かけないように、自立して生きるべき、ということになる。

自立という意味では、特定老人養護施設などに行くと、老人に絵を描かせたり、何か作品を作らせたりと、要するに感性が枯渇しないように訓練してるのをみかけるが、それはそれでいいのだが、なんとなく寂しいと感じることもある。というのはまさか、90歳を過ぎても死ぬまで一線で論文を書き続けたレヴィ・ストロースのようになれるとはいわないが、今まで仕事あるいは趣味としてやってきたことの延長で、精神的活動をし、それが少しでも世間に役立つということもあるのではないか、と思ったりする。

そのためには定年後も、あるいは仕事の第一線から引いても、精神的、且つ身体的に努力を続けなくてはならない、ということである。単にゴルフ三昧で楽しく暮らすというのでもいいのだろうが、それは単に何かを消費しているだけで、世間に働きかけているわけではない。

とはいえ、五木寛之氏も指摘するように、歳をとるということは確実に老化していく、ということである。それはエントロピー増大の法則であって自然の摂理である。そして歳をとると、確実に精神的にも生理的にも能力が低下する。どんなに努力しても、緩慢にかカタストロフ的であるかわからないが、健康は確実に失う。そのときどうするかというと、確実な方法などない。というのは病に倒れて面倒をみてくれる人がそばにいるとは限らない。一人暮らしでマンションの一室で孤独死したらどうするのか。

どうするかもない。仕方がないというよりない。そのための覚悟はできているかといわれても、やはり仕方ないではないかというよりない。

「新老人の思想」の副題は、「もう甘えるわけにはいかない。」である。世間でときどき、どうみてもありえないような制度の恩恵に浴している人がいる。私は滅多に他人に指摘しないのだが、どうしても思い余って、そんなことしていていいのか、と指摘することもある。すると大抵相手を不愉快にさせるのだが、相手は「こうすることが権利として許されているのになぜ利用してはいけないのか。」と反論してくる。「もう甘えるわけにはいかない。」とは権利意識よりも寧ろ道徳的格率に従い、敢えて面倒な道でも択ぶことである。

すると、老人として生きていくための要諦というか基底は、道徳的格率なのであって、そこから諸々の行動が生成される、ということになる。そんなことが「新老人の思想」に書かれていたような気がするのだが、私の勝手読みかもしれない。

分離素数のところで定義した完全分離素数であるが、簡単な計算により、1000000以下の素数78499個について下記しかないと分かる。そして明らかに、桁が増えるほど、完全分離素数は減少していく。

23 : (2,3) 
37 : (3,7) 
53 : (5,3) 
73 : (7,3) 
313 : (3,13) (31,3) 
317 : (3,17) (31,7) 
373 : (3,73) (37,3) 
797 : (7,97) (79,7) 
3137 : (3,137) (31,37) (313,7) 
3797 : (3,797) (37,97) (379,7) 
739397 : (7,39397) (73,9397) (739,397) (7393,97) (73939,7)

これをみると、5桁の素数について完全分離素数は存在しないので、「任意の自然数n≧2をとったとき、n桁の完全分離素数は存在する。」という命題は正しくないことが直ちに分かる。

また、完全分離素数は上記で尽きている可能性もある。流石にそれを「予想」とするまでの確信はないのだが。

以前にアガサ・クリスティがファンだという知り合いから、「アクロイド殺し」を薦められた。大抵の場合薦められると本を買う私もなぜかためらった。そうしているうちに、氷の華の作者の天野節子がアガサ・クリスティの「アクロイド殺人事件」と松本清張の「眼の壁」をベストだと思っているとどこかのWebページでみた。それで、二つの推薦が重なり合って私はついに重い腰を上げて、「アクロイド殺し」ハヤカワ文庫、田村隆一訳を買った。

なお、「アクロイド殺し」と「アクロイド殺人事件」の2つのタイトルがあるようだが、原題は"The murder of Roger Ackroyd"で、やはり「アクロイド殺し」の方が妥当かと思い、こちらを使うことにした。

ところが買ってからがまた腰が重い。なんと半年以上も「アクロイド殺し」は放置されていた。その理由を自分なりに考えてみると、どうも大学時代に遡るようである。すなわち数学科の友人に松本清張を薦められた私は、すっかり松本清張に心酔し、その小説論も読んだりした。すると、小説は読みやすくなくてはならない、小説は面白くなくてはならない、推理小説であったとしてもトリッキーでなく自然なストーリーでなくてはならない、とかそんな説だったりした。

それで私は、読んでもピンとこないのでいわゆる純文学を敬遠した。また、トリックに凝った海外の探偵小説を敬遠した。典型的にはアガサ・クリスティだったのかというと、そもそもアガサ・クリスティの本を手に取ることさえなかった。なので典型的な食わず嫌いということになるが、それがずっとこの歳になるまで尾を引いた。

でももうそういう偏見はいいのではないか、と囁く声が聞こえたような気がして、通勤鞄にそっと「アクロイド殺し」を忍ばせた。

読み始めるとキングス・アボット村というイギリスの田舎での出来事を、ジェイムス・シェパートという医師が手記のようにストーリーを書き進めるという形で進んでいくのだった。

動きの激しい警察小説を読んできた私には、キングス・アボット村という田舎のゆったりとしたスキャンダルの記述がいささか退屈に思われた。しかし事態は動いた。ある婦人が不審な自殺を遂げ、風雲急を告げ、ロジャー・アクロイドが自宅の書斎で何者かにナイフで刺され、殺害された。検視により殺害時間が特定されてみると、ロジャーの周囲にいる人は皆アリバイがあり、一方でロジャーを殺す十分な動機がある。一瞬してみんなが容疑者になったような気がして、錯綜してきた。

ここで鳴り物入りで登場するのが、エルキュール・ポアロ。いろいろな人を煩わせて聞きまわるうちに次第に事件の核心に迫っていく。

ここでまた松本清張に入れ込んでいた頃の偏見が蘇ってきた。すなわち、なにやらエルキュール・ポアロが万能すぎないか、という批判が自分の中に湧き起ってきた。ただ、もしかして横溝正史描く金田一耕助もそうなのかもしれない。

ともかくなんとか「アクロイド殺し」を読み通すと、やっと少しアガサ・クリスティの波長が分かってきた。三つ子の魂百までで、松本清張の呪縛はまだ残っているが、一方で私はイギリスの有名な作家であるサマセット・モームを沢山読み込んだ歴史もある。そういうイギリス作家の雰囲気を思い出して、もう数冊アガサ・クリスティの作品を読むと、もしかして今野敏レベルまでアガサ・クリスティに馴染めるかもしれない、そしてエルキュール・ポアロの個性にも、である。

ロシアの自爆テロ関係の記事を2件、朝日新聞のWeb記事から引用してみる。

【モスクワ=関根和弘】ロシア南部ボルゴグラードの鉄道駅で起きた爆弾テロ事件で、ロシア連邦捜査委員会は29日、当初女としていた容疑者を男と訂正した。事件での死者は16人となった。
【ボルゴグラード=駒木明義、モスクワ=関根和弘】ロシア南部ボルゴグラード中心部の路上で、30日午前8時半(日本時間同午後1時半)ごろ、走行中のトロリーバスが爆発した。インタファクス通信によると、少なくとも乗客ら14人が死亡、約40人がけがをした。ロシア連邦捜査委員会は男による自爆テロと断定。近くの鉄道駅で前日に起きた自爆テロに続く、連続テロ事件とみて調べている。

この記事をみて、手許にある「コーカサス 国際関係の十字路」廣瀬陽子著、集英社新書をみてみると、やはりこの一連の自爆テロは、コーカサス独立運動と関係している。なぜなら、ボルゴグラードはコーカサス地方と近いからである。実際、この一連の自爆テロは、北コーカサス地方の分離独立運動で家族を亡くした遺族によるものと考えられているからである。

別の記事によると、ダゲスタン共和国の武装グループによるものなのだという。「コーカサス 国際関係の十字路」によると、ダゲスタン共和国は1999年にロシアとの間で短期的な紛争を起こした。ダゲスタン共和国にはチェチェン人も多く、チェチェンとの関係も深い。ダゲスタン共和国国内には、イスラム教から発生したバーブ教徒の武装勢力がおり、チェチェン国内のバーブ教徒と共闘している。ロシア軍はダゲスタン共和国内に時折攻撃を仕掛け、チェチェン人を殺したりしているので、ダゲスタン共和国内では、ロシアに対して反感が強い。

ところで、「世界の宗教を読む事典」講談社現代新書によると、バーブ教とは、1840年代にミルザー・アリー・ムハンマドが創設したメシア主義新興宗教である。バーブ教の由来は、ミルザー・アリー・ムハンマド自身がイスラム教十二イマーム派の「隠れイマーム」と霊的交信可能な「バーブ」すなわち、門であると称したことによる。バーブは、自らの著書をコーランに代えるものとしたため、徹底的に弾圧され、壊滅状態となった。そのためバーブ教徒たちはバハー・ウッラーのもとに結集してコスモポリタン的平和主義のバハーイ教を形成し、国外に逃れるが、一部はイランに残っている。

ということで、バーブ教が異端のイスラム教であることが分かったが、それでいて他のイスラム過激派と共闘できるのだろうか。ダゲスタン共和国内のバーブ教徒の武装勢力が比較的孤立した勢力なのかどうか、気になるところである。

分離素数

user-pic
0

連結素数について考察してみたが、その双対として分離素数を考えてみる。

すなわち、ある10より大きい素数αをとり、α = CC(p,q)をみたす素数p,qが存在するとき、αを分離素数(separable prime number)と呼ぶことにする。

例えば、

73 : (7,3) 
113 : (11,3) 
137 : (13,7) 
173 : (17,3) 
などである。

連結素数での議論からも明らかなように、分離素数もかなりありふれている。1000000以下の素数78499個について計算してみたところ、分離素数は21274個もあった。なんと27.1%である。このことから、証明は難しそうであるが、分離素数は無数にあると予想される。

また、ゴールドバッハ予想の追記でしたのと類似の議論により、分離素数においても多重度を考えることができる。

例えば、313 : (3,13) (31,3) のように、2とおりに分割される場合がある。
また、3137 : (3,137) (31,37) (313,7) のように3とおりに分割される場合があり、
796337 : (7,96337) (79,6337) (7963,37) (79633,7) のように4とおりに分割される場合があり、
739397 : (7,39397) (73,9397) (739,397) (7393,97) (73939,7) のように5とおりに分割される場合がある。

これらを多重分離素数(multiple separable prime number)と呼ぶことにすると、1000000以下の素数78499個について多重分離素数は、2648個しかない。わずか3.3%である。

ついで定義しておくと、n+1桁の素数は最大n個の分割をもちえるので、そのすべてが素数になる場合、完全分離素数(completely separable prime number)と呼んでもいいかもしれない。上記739397がその例である。

ここでまた、例によって問いかけしておく。

  1. 分離素数は無数にあるか?
  2. 多重分離素数は無数にあるか?
  3. 任意の自然数nをとったとき、n重分離素数は存在するか。
  4. 任意の自然数n≧2をとったとき、n桁の完全分離素数は存在するか。
  5. 完全分離素数は無数にあるか? これはいくらなんでも厳しいか。

尚、上記計算に使用したC++のプログラムを示す。


#include <stdio.h>
#include <string.h>
#include <stdlib.h>
#include <math.h>

int IsPrime(int n);
int Prime[80000];

int main()    {
FILE *fi;
int i,j,n,n1,k,max;
char temp[20],temp1[20],temp2[20];
char buff[500];
int d;

if ((fi = fopen("primex.txt","rt")) == NULL ) return -1;
i = 0;
while (fscanf(fi,"%d",&n) != EOF)  {
 Prime[i++] = n;
}
max = i;
i = 0;
while ( i < max )     {
   sprintf(temp,"%d",Prime[i]);  // store Prime[i] as char string
   if (( k = strlen(temp)) < 2 ) {
    	i++;
	    continue;
   }
    d = 0;
    buff[0] = 0;
	for ( j = 1; j < k; j++ )      {
		strcpy(temp1,temp);
		n1 = atoi( temp1 + j);
		temp1[j] = 0;
		n = atoi(temp1);
	if ( IsPrime(n) && IsPrime(n1))  {
		sprintf(temp2,"(%d,%d) ",n,n1);
		strcat(buff, temp2);
		d++;
	 }
	}
	 if ( d > 0)   {
		printf("%s : %s\n",temp,buff);
	 }	
 i++;
}

return 1;
}

int IsPrime(int n)   {
 
 if ( n == 1 ) return 0;
 if ( n == 2 ) return 1;
 
 int LIM = (int) sqrt((double) n) + 1;
 int i = 2;
 while ( i < LIM )   {
	if ((n%i) == 0 ) return 0;
	i++;
 }
 return 1;
}	

このアーカイブについて

このページには、2014年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年12月です。

次のアーカイブは2014年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。