2014年2月アーカイブ

投影

user-pic
0

他人の話をそれとなく聞いていると、あれっと思うことがある。例えば、私がある人物を、とても我儘でちょっと付き合いたくないと思ったとしよう。ところが、そういう人物に限って、他人の我儘ぶりが許せなくて、どうしようもない我儘な奴だとこぼしていたりする。私は内心、お前の方がよっぽど我儘だぞ、と思いつつ黙っている。

そんなことは他人はあっても、自分は自分の欠点を他人に投影したりしないぞと今まで勝手に思ってきたが、これは案外普遍的な法則なのかもと最近思うようになった。すなわち、私も例外ではない、ということである。

例えば、私は自分は傲慢だと思っているが、それでも、他人の傲慢さにはある程度寛容だと自分では信じてきた。それは、謙虚で書いたような考察である。

そこでは私が研究者に対して謙虚になれると書いているが、そうはいってもどうしても我慢のならない人達がいるのであって、投影の法則を用いると、私が我慢ならない人達とは自分と同型の傲慢さの持ち主かも、と思うようになってきた。

すなわち例えば、コンピュータのエクセルのスキルを例にとると、そこにある程度自負をもち、私がエクセルが得意でないと知ると、そこにつけ込んで何かと私を馬鹿にするような人である。そんなのどうってことないと思っていたのに、そのような馬鹿のされ方に過剰反応してしまう自分を見出し、がっかりしたことがある。

結局、欠点を同じくするという意味の類似性はひたすら絶望へとつながるようである。欠点でなく長所が共通しているならいいのかと考えると分からない。ともかく今日も東京中で膨大な数の他人への投影が生じ、そのうちのいくつかは壮大なる憎悪の炎を引き越しているのだと、見てきたようなことを言ってしまうのだった。

誘拐児

user-pic
0

今まで、江戸川乱歩賞の作品をいろいろ読んで、いまいちだったことが結構あって、江戸川乱歩賞の質に疑問を感じていたのだが、赤井三尋の「翳りゆく夏」を読み、さらには池井戸潤の「果つる底なき」を読んで、一気に私の中で江戸川乱歩賞は名誉挽回を果たした。

そこでさらに別の江戸川乱歩賞の作品である、翔田寛の「誘拐児」講談社文庫を読んでみると、題名からしてあからさまな誘拐を扱った推理小説なのだった。

時代は、小杉健治の「灰の男とも少し近い終戦直後、どさくさに紛れて、子供が誘拐され、身代金が要求される。ところが、身代金の受け渡しの場所で警察が張り込んでいるのに、一方で別の警察が闇市の取り締まりに入り、場所が混乱して、身代金を受け取りに来た犯人を取り逃がしてしまう。人質の子供も行方不明のままである。普通はそのまま殺されてしまったと考えるのが普通であるが、はて、である。

時代は下り、ある青年の母親が亡くなり、青年は死ぬ直前の母親から、お前は私の子供ではなく誘拐された子供なんだと告白されて、驚天動地のショックを受ける。

一方で、ある家政婦をしていた女性が惨殺されるという事件が起きる。それと、過去の誘拐事件はどう結び付くのか。いかにも犯人らしい人が分かるのだが、果たしてアリバイはどうなのか、警察や、青年や、青年の彼女も必死で真相を追おうとして錯綜し始める。

親子の情や、人間の欲望、感情などいかにもおどろおどろしくて、力作であると感じた。江戸川乱歩賞、やるじゃん、それが最近の感想なのであった。

5次元宇宙

user-pic
0

例の美人すぎる物理学者、ハーバード大教授のリサ・ランドールが5次元宇宙論を提唱していると、読売新聞の科学欄の記事にあった。そこにリサ・ランドールの最近の写真があったが、流石にちょっと老けてきたかなと思ったら、もう51歳なのだった。日本人なら、吉永小百合ではないが、50歳でも若々しい女性はいくらでもいるが、欧米人はどうしても老化が早い。

さて、5次元宇宙論であるが、超弦理論によれば、普通に9次元だの25次元だという話が出てくるので、5次元宇宙論と聞いても、たった5次元?と思ってしまう。

しかし、超弦理論が9次元だといっても結局、この世の4次元になんとか縮退させるのであって、ランドール教授が5次元だと指摘するのは、高次元の理論が落ち着く先が4次元ではなく5次元だ、ということになる。

すなわち、ランドール教授の説明によると、重力、電磁気力、弱い力、強い力の4つの力のうち、重力だけが極端に弱いが、この世の4次元宇宙が5次元の宇宙に埋め込まれていると考えると、辻褄があうという。5次元の宇宙では逆に重力が他の3つの力より強いのだという。

ただ、人間は5次元の宇宙を直接見たり感じたりできないという。すると、霊界のようなものであって、ランドール教授の説もある意味新規性に乏しいのだが、5次元の宇宙を想定することで、素粒子の性質を予測できるので、そうやって予測した素粒子の性質が実験的に確認できれば、間接的に5次元宇宙の存在を証明することになるという。

私は寧ろ、超弦理論の落ち着き先としての5次元宇宙論がどうなっているのか、ということを知りたい。すなわち、4次元でなく5次元に縮退するなら、相当に超弦理論も様変わりするのではないか。そこらあたりについてランドール教授に説明を期待したいのであった。

定値バイアスというのは、私の造語だが、次のような例を出すと分かりやすい。すなわち、今から数年前、「クライメートゲート」事件があった。ハッカーが暴いた地球温暖化学者のスキャンダルで、流石に地球温暖化論はもう終わりだと私は信じた。

ところがどうだろう、あれから地球温暖化論者は依然として跋扈し、世論もみんなそれに与する。どうもコンスタントにバイアスを与え続けるグループがあって、それに世間が動かされているようである。

すなわち、y = aという定数をxで積分すると、それはaxとなり、xを大きくすれば、どんな値でも超えてしまう。それを私は定値バイアスと呼ぶ。ディラックのδ関数は、瞬間的に∞の値をとり、その領域を含む区間で積分すると、有限な値になる。しかし、定値バイアスを計算する積分区間を広げれば、どんな有限値も凌駕するので、定値バイアスというのは腐敗、いや不敗なのである。

会社でもこんなことがある。すなわち、ある管理職に贔屓にされている若手社員がいて、決定的なへまをしでかしたとする。もともとその若手社員のことを能力がないと思っている周囲の社員の一部は、この機会にと徹底的にその若手社員をこきおろそうとするが、管理職が必死で庇うので、降格することはない。降格するどころか、何も業績がなくても管理職が一貫して定値バイアスで、贔屓で高い評価をつけ続けるので、若手社員は、知らないうちに随分高い格付けまで達していたりする。

それと、定値バイアスが幅を利かせるのは、世間の人というのはつい、過去との差分で考える傾向があるからである。すなわち、一度それでよいと理解すると、何も変えない。周りの社員も管理職が怖いので、あわせる。

結局、長い間に少々まずいことがあっても、ロングレンジで定値バイアスの輩は確実に世間に地歩を固める。そうなるには、かなりの鈍感さと、マイペースと、正義感の欠如が必要である。

ただ、見方によっては、定値バイアスを出し続けるには、高い地位や絶対のカリスマが必要だったりする。なので、高い地位に就くまでは、なんでもやります、贅沢はいいません、と必死で頑張る輩がいる。そうして晴れて高い地位に就くと、公害のように一貫して定値バイアスという、瞬間的な効き目は少ないが確実に組織を弱らせる害毒を流し続ける。

定値バイアスを出す人は地位だけではない、ある意味強い他人巻き込み力をもつ。どんな批判にも耐えて、バイアスをかけ続ける。それはもしかして、他人支配力の発露なのかもしれない。

人を見る目

user-pic
0

人を見る目というのは、言うまでもないが、ある人物が一般的に優秀であるかどうか、誠実かどうかなどを判断する鑑識眼のことである。恋愛や結婚、会社組織での採用、昇進など、さまざまな場面で鑑識眼というのは極めて重要な役割を果たすのに、鑑識眼養成講座とか、聞いたことがない。

世間一般では、有能と判断される人は、少なくともその分野の鑑識眼があるとみなされる。これはある程度正しい。すなわち、将棋のプロは一般的に、アマチュア棋士よりも、ある子供棋士が将来有望かどうか見抜く能力において優れる。

しかし、それは極めて粗い法則であって、少なくない見込み違いがある。それがあまり表に出ないのは、見込み違いでした、といちいち報告されないからである。

将棋のような才能オリエンテッドな技芸はさておいて、会社の業務のようなより一般性のあるスキルだと、ある管理職の有能さと、その管理職の鑑識眼の確かさにはほとんど相関がないといってよい。その実例は、あちこちの会社で、なんであんな奴が部長なんだとか声が聞かれたりして、掃いて捨てるほどある。

元管理職だった私も人物の鑑識眼において忸怩たるものがある。すなわち、この仕事が向いているだろうと任せたら全く駄目だったという例は、今思い出しても赤面ものである。私が管理職のままで相手が部下なら、私にいささかの人事権があるので、機会をみて不適切な担当者を外すことができる。しかし、私が後任の管理職を選んで私が専門職に戻るようなパターンだと、人事権が向こうに渡ってしまっているので、私にはもうどうしようもなくなる。私が元管理職風を吹かせて勝手なことを言い続けたりしたら、逆に私がひどい目に遭いかねない。このように失敗を取り返すすべがないというのは、困ったものである。

それでも、自分でいうのも変だが、私の人を見る目が最悪でないとしたらそれは、自分のした評価を絶対視しないで、何度も再評価することである。それによって、あまり特定の人物に入れ込まないようにしているつもりである。

ところが、一連の属人主義についての考察で述べたように、世間に属人主義は跋扈している。それは、特定の、一般的に権力をもつ人物の個人的な嗜好で人事を左右したとしても、社内規則には属人主義に基づく人事は無効である、などとは書かれていないので(そもそも、そんなルールは曖昧すぎて書けない)、鑑識眼などどこ吹く風のような恣意的な人事はとどまることを知らなかったりする。

なぜ属人主義が蔓延るかというと、家族主義を会社に持ち込んで平気な人が少なくないからである。すなわち、例えば米国であれば、自分の親の時代に外国から移民してきたような人だと、どうしてもいじめにあったりするので、家族で団結して苦難を乗り切る。そこでは非身内と身内を峻別し、身内だけを大事にする習慣がつく。そういう環境で育ってももともと優秀だと特に米国のような実力社会だと昇進できるが、どうしても身内だけを大事にする習慣から組織内でも脱却できず、社内においても相性のよい人達をみつけて、疑似ファミリーを社内において作ろうとする。

そこでは相性のよさと優秀さはほとんど相関がない。いや寧ろ、優秀な人は、貞観政要にあるように、諌言する傾向があるので、疑似家族主義を組織内に持ち込むとほとんど必ず、優秀な人を排除して非効率な組織になる。

このような傾向を長年みているので、私は家庭内でよき父親であり、よき夫であるような人をあまり信じない。親戚付き合いを重視しすぎる人を信じない。これは単に私が、よき父親でもなく、よき夫でもないからだからだろうか。親戚付き合いをあまりしないからだろうか。そう自問すると、自分のアイデンティティの自信も揺らぐ。

それでも機能主義を主張するというストイシズムは私にはない。私はただ、行き過ぎた属人主義に辟易し、その根源が過度の家族主義にあると指摘したいだけである。

先日、iPSに続く第三の万能細胞として、STAP細胞が作成されたとあった。これは一体何なのかと思っていたら、読売新聞の科学欄に紹介記事があったので、簡単にまとめてみる。

まず、STAP細胞とは何の略かというと、stimulus-triggered acquisition of pluripotencyなのだという。細胞を酸性の液に漬けたり、細いガラス管を通過させたりする刺激が、細胞に、受精卵に近い多能性を発現させるのだという。

その程度の刺激であるなら、細胞が胃液に触れたりする程度の刺激でもSTAP化するのではないかという当然の疑問が湧くが、体内では完全なSTAP化は発見されていないそうで、体内では、そのようなことが起きないような制御がなされているのではないかと推察される。

あるいは、炎症や傷の刺激が成功すればSTAP化し、失敗すれば癌化するという推察もなされている。また、若い細胞ほどSTAP化しやすいので、成熟した細胞では、STAP化しないように鍵が堅牢なのではないかという予測もある。

STAP細胞は、iPS細胞と比べて、成功率が30%(iPSは0.1%)と高いこと、作成にかかる時間が2~3日と短いこと(iPSは2~3週間)、胎盤へ変化する能力をもつ点などの特徴がある。ただ、まだヒトの細胞では成功していない。

イモリやプラナリアなど、切られると断片から再生する能力があるが、そこにもSTAP細胞が関与している可能性がある。

細胞でも人間でも、ストレスがかかるとなんとかしようと頑張るのが、STAP化のアナロジなのかもしれない。そういえば、STAP細胞研究のリーダーは、まだ31歳の小保方晴子さんなのであった。この若さでリーダーとは、理化学研究所もなかなかである。

それにしても、STAP細胞も特許出願されているのだろうか。今の時代なので、おそらくそうなのだろう。当然にまだ、公開前なので特許データベースでも確認不可だろうけど。ちなみに、IPDLで発明者=小保方で検索すると、76件の特許出願がヒットしたが、意外にいるんだと思った。というのは、以前に会社で、ある研究者が、僕は結構珍しい姓なんですというので、その研究者の目前でその姓をもつ発明者で検索したら、2件の特許出願がみつかった。それで、他にもいるんですねといったら、その研究者は、その人は僕の叔父ですよ、と笑っていた。その研究者も、とっくに辞めてしまった。

互換ソフト

user-pic
0

私は基本的にMSオフィスが苦手というか嫌いで、もしかして一番嫌いな理由は、値段が高すぎるということなのかもしれない。

それでも自宅でWORDやエクセルのファイルを開く必要は皆無ではないので、仕方なく、無料のオープンオフィスを自宅のPCには導入してきた。ただ、それだとときどき、微妙に文字がずれたり、化けたりして困ることがあった。

それで去年の夏、長年勤務していた会社を早期退職したきっかけに、せめてキングソフトでも買うかと考えてヨドバシカメラをうろついていたら、ThinkFreeというオフィス互換ソフトが目に付いた。なんでも韓国の会社が作っているらしい。3000円くらいと、キングソフトより少し安い。それでも只のオープンオフィスよりましだろうと思っていたら、なかなかそうでもない。例えば、再就職の活動をしようと、元の勤務先から紹介された再雇用支援会社から渡された職務経歴書のフォームがエクセルだったので、ThinkFreeの表計算ソフトで開いたら、一応開けるものの、ふりがなオプションがうまくいかなかったり、文字がどうしてもずれたりで、ついにさじを投げて、正式のMSのエクセル2010をわざわざ買った。これでは何のためにThinkFreeを買ったのか分からない。

それでもThinkFreeのWORD互換のWriteとかいうプログラムは、なんとか普通に使えるので、簡単な文章を書くために使っていたが、あるとき、ThinkFreeのWriteをふと全画面モードにしたら戻らなくなった。それで何が困るかというと、メニューバーが一部しか表示できないで、機能がほんの一部しか選べなくなってしまった。それでは使えないので、仕方なくまたオープンオフィスに戻ったが、いよいよThinkFreeを買った意味が分からなくなってきた。

ここまで互換ソフトに裏切られるとは、である。実は私の長いパソコン人生ではもっとひどいことも何度もあったが、やはりソフトは純正を買わなくてはいけないのだろうか。

ところで、一般的な互換ソフトというのと違うが、私が愛用しているFireFoxでブログを入力すると、カテゴリが選べないというバグがあることが分かった。バグというのはおそらくFireFoxのバグである。というのは別のブラウザだときちんとカテゴリが選べたりしたからである。

ところが、自分のパソコンのインターネット・エクスプローラではそもそもブログ入力さえ許されない。それなら、Google Chromeを導入しようとトライしてみると、変なエラーメッセージを出して導入さえできない。仕方なく、土地鑑のないSafariを導入してみたら、なんとかブログ入力ができるようになった。

あれっ、このブラウザのトピックは既に書いたような気がするが、まあいいか。そのFireFoxであるが、ソースネクストのサイトで、会員ログオンのパスワードを変更しようとして、どうしてもできないので困った。何度変更しようとしても、うまくいかない。困ってソースネクストに相談したら、パソコンの機種、OS、などいろいろ聞かれて面倒なので、もう止して、Safariで入ってみたら、きちんとパスワードが変更できた。

そこで知らないうちにSafariに頼っている自分を発見したのだが、自分のパソコンのデスクトップを眺めると、知らないうちにGoogle Chromeがはいっている。どうも、フラッシュの自動更新時にGoogle Chromeも併せて導入するというオプションをクリックしていたらしい。

なんで以前にGoogle Chromeが導入できなかったか全く不明であるが、折角Chromeがあるなら、とブログの入力とソースネクストのログインをChromeでやってみると、難なくうまくいった。それで恩人のはずのSafariを裏切って、最近ではもっぱらChromeを使っている次第である。

で、何が言いたいかというと、私は、何度安価な互換ソフトに裏切られても、今後も安い互換ソフトを買い続けるだろうということである。それとブラウザの互換性談義と何が関係あるかというと、別に何もないのであった。

デカルト的発想と聞くと普通、デカルトの主著の1つ「方法序説」が想起される。しかし、私がここでデカルト的発想と呼ぶのはそんな高級な話ではない。

私の数少ない取り柄は、朝早く起きることである。通勤のため毎朝5時に起きているが、休みの日でもやはり5時に起きて、メールをみたり、本を読んだり、散歩したりする。まさに、早起きは三文の得を地でいっている。

そんな早朝の読書でつい、中公世界の名著のデカルトの巻を手に取った。そして最初のデカルトの生涯のところを読んだ。この箇所は今まで何度も読んだはずなのであるが、ふと、デカルトが、スウェーデン女王からの招きではストックホルムへ到着し、朝寝の習慣を捨て、1月から、朝の5時から女王のために講義したというくだりが目に付いた。そして、寒いスウェーデンで風邪を引き、肺炎をこじらせてデカルトが亡くなってしまった、というところで私に閃くことがあった。

それは、デカルトと逆に、早起きの習慣を部分的に捨てて、朝寝の習慣を取り入れることである。やってみると、朝寝する方が早起きより楽なので、難なく取り入れられた。そうはいっても、いつも早く起きているので、朝寝しようにも簡単には二度寝できない。

それでなんとなく目をつむっていろいろ考えていると、以前にブログに書いたまどろみのような状態になった。ただ、深夜なんとなく眠れないまどろみはどこかおどろおどろしいが、早朝のまどろみは論理性の光が当たっている。強いていうなら、深夜のまどろみは文学的・哲学的であり、早朝のまどろみは、理系的である。

そして突然思いついたのが、例のリーグ戦の数理のアルゴリズムなのであった。そう書くと、なんだ、あんな子供だましのアルゴリズム程度のものなのかといわれそうなのだが、哀しいかな、今の私ではあの程度のものでも、思いつけてうれしいのである。

しかもその後が情けない。私の朝寝の習慣は、本当に二度寝して、普段の仕事の疲れを癒すためだけのものになってしまった。こうして私の発想は次第に枯れていく。人生というのは、それでいいのだと受け入れることなのだろう。

ジェフリー・ディーヴァーの「青い虚空」を読み終えて、それがコンピュータ・オタク的作品だったのでそれなりに満足したのだが、ふと本来のリンカーン・ライム・シリーズに戻りたくて、アマゾンでいくか他の作品を探ってみて、比較的評判がよさそうな「魔術師(イリージョニスト)」を読むことにした。

なお、原題は「The Vanished Man」であって、直訳すると「消された男」であるが、この原題も「魔術師(イリュージョニスト)」の重要なプロットの一つとなる。

ところで、イリュージョニストとは、英語ではillusionistと書くのだろうが、辞書をみると、手品師、奇術師とあって、別の英語ではconjurerとも書くようである。そちらも手品師、あるいは魔法使いという訳がある。

このようないろいろな訳をみてみると、キリスト教圏では根底に悪魔の概念があって、イリュージョニストというのはそういう悪魔の使いというか、単なる指先の器用な芸人以上のものがあるようである。

そういえば、地元の中学は年に一度、学校行事として地元で一芸をもつ人を呼んで、催しを行うことになっているが、私も一芸というほどではないが将棋で中学を訪れることになっている。そのとき、手品が趣味というサラリーマンの方が来ていて雑談してみると、アマチュアとはいえ、少なくとも人前で手品を披露するということは、結構高い道具を購入して何度も練習するのだと聞いて、自分の将棋の芸はそれほどのものではないなと引け目を感じてしまった。果たして、将棋コーナーは、手品コーナーに比べていまいち人気がなかったが仕方ない。

手品にはそういう憧れの記憶があるので、ディーヴァーの「魔術師(イリュージョニスト)」も期待して読み始めたが、最初は音楽学校の女子学生が密室殺人されるという出だしで、ううんちょっとベタ、と私は少し不満になった。しかし、最初はグーではないが、そこにアメリア・サックスが鑑識に現れて、リンカーン・ライムと会話をし始めると、俄然面白くなってきた。

捜査が進むと、犯人はどうも、イリュージョニストらしいと分かってきた。しかし、犯人がイリュージョニストであるからといって特段の対策も取らないライムとサックスは、どんどん魔術のように裏をかかれてきて、ついに手品師の修行をしている女性をアシスタントに依頼する。その女性、カーラの知識は大いに活きるのだが、それでも犯人のイリュージョニストの技は冴えわたり、魔術師のスキルを駆使して、捜査陣を物理的、心理的に翻弄する。残虐度はコフィン・ダンサーほどではないものの、変わり身、脱出技、腹話術、縄抜け、ピッキングと、八面六臂、神出鬼没、読んでいて訳がわからなくなってきた。

訳がわからなくなってきた理由はもともと、ディーヴァーの作品自体がイリュージョニスト的幻惑に満ちているのに、この作品では、イリュージョニスト的幻惑の搬送波上に、イリュージョニスト自体が変調されているというのだから、復号不可能に陥りそうになる。そもそも、物理的・心理的に誤導するのがイリュージョニストの手口なのであり、ここでは何重にも誤導が入っていて、何も信じられなくなるのであった。

しかし、そのまま発散しては物語が成立しなくなると思っていたら、次第にリンカーン・ライムの反撃が始まる。野球でいえば、大変な癖球に苦しんでいたバッターが、回を重ねるに従って、目が慣れてくることに対応する。

そこで熟慮を重ねたイリュージョニストは最後の大勝負に賭けるのであった。そこで、カーラが意外に重要な役割を担う。このように錯綜したストーリーのミステリーというのもなかなか珍しく、ちょっとついていけない感もなくはなかったが、ディーヴァー白眉の作品であることは間違いない。

青い虚空

user-pic
0

最近のマイブームで、ジェフリー・ディーヴァーの一連の小説を読んでいるのだが、「青い虚空」土屋晃訳、文春文庫は、ハッカーが主人公=犯人であるという意味で、私にとって意味がある。なぜなら、私は大したスキルはなくても、長年のコンピュータ・ファンだからである。

特に、「青い虚空」の時代背景が、まだWindows 2000がメジャーでなくて、Windows 95の末期というかWindows 98の黎明期というか、尚且つインターネットが次第に普及してきた時期で、ある意味私が一番コンピュータに興味をもっていた時期であるともいえる。あの頃はautoexec.batだのconfig.sysを最適化したりして、カスタマイズ感が実感できる最後の時期だった。懐かしい。

そして「青い虚空」のストーリーの組み立てはというと、犯人である天才ハッカーである<フェイト>が、いろいろなサイトにハッキングして情報を盗み出したり、サーバのデータを書き換えたりして、その情報をもって殺人するというものであるが、コンピュータ用語がてんこ盛りで、しかも、私レベルの大したことないオタク度でも、その程度の用語ならフォローできるので、なんとなく自分がハッカーの仲間入りしてような錯覚に陥ることができて、うれしいのである。

一方で、コンピュータがエンタメ化されすぎていることに戸惑いを覚える。すなわち、ハッキングのためのスクリプトが、どんな名人の手になるにしても、たった5分で書かれることはないし、国防総省のサイトがいともたやすくクラッキングされることも、現実的ではない。

といいつつ、日本の官庁のサイトのホームページの情報が、何者かによって書き換えられたことがあるというのも事実で、「現実的でない」と直前に書いたのも、現実的でないか。ただ、最近では、情報を盗むクラッキングよりも、サーバを単に物量で機能不全に陥らせるDoDがメインだよね、と思ったりするが、「青い虚空」の設定がインターネットがブームになる比較的初期の時期なのだから仕方がない。

ところで、「青い虚空」で犯人逮捕に活躍するのは、カリフォルニア州のコンピュータ犯罪課のメンバーなのだが、そこでふと思い出したのは、最近読んだ「情報セキュリティ入門」慶応義塾大学出版会という本なのであった。なにしろこの本の著者は、警察庁情報管理課長の羽室英太郎氏、ばきばきの警察官僚エリートなのだが、この本は、ある大型書店でコンピュータ・セキュリティ関係のコーナーに行って類書をあたったとき、幅広いテーマをカバーしている点でピカイチであった。

実際、サイバー戦で述べたように、米軍が、サイバー攻撃は戦争行為とみなすと宣言する時代なので、警察組織もそれなりの人材の質と量をコンピュータ・セキュリティに投入する時代なのだった。

ところが、「青い虚空」では、インターネット流行の初期の時代のせいか、コンピュータ犯罪課の面々は、非主流のオタクのようなあぶれた人達から構成され、スキル不足なので、刑務所に入っているハッカーを助っ人に担ぎ出す有様である。

そのあたり、面々が苦心惨憺する有様には共感できる。そういう意味で、コンピュータ・スキルやクラッキングがエンタメ化されすぎているという気がするとはいっても、では、将棋の棋力がエンタメ化されすぎているハチワン・ダイバーが詰まらないかというとそんなことはなくて、やはり私は面白いのである。

もちろん、こういうオタク的エンタメを敬遠する人はいるだろうけど、どんなテーマでもディテールを追求するディーヴァーらしくていいではないかと感じた次第である。

前にも書いたが、私のサラリーマンとしてのキャリアの最初は、特許サーチャーであって、なので現在、特許サーチャーをやっているのは原点復帰なのだが(必ずしも本意ではない)、そんな私にとって、PATOLISというオンラインの特許検索システムに出会ったときは、なかなか刺激的だった。

というのはそれまで、特許調査というと、特許庁資料館とか、大阪の夕陽丘図書館に詰めて、一日中紙の特許公報をめくるというのが相場だったからである。それでは効率も精度もよくないが、仕方ない。

ところが1985年頃であろうか、電話に接続した音響カプラで、PATOLISという検索システムが使えるようになった。それで私も必死でPATOLISのコマンドを覚えたものであった。ただ、300ボーの通信速度で、異常に遅かった。

ただ、オンラインで特許の検索ができるといっても、時間チャージと件数チャージがとても高くて、頻度に制約がありすぎた。なので、依然として紙での調査も併用していた。

1990年代になると、PATOLISでの電話接続は、音響カプラでなくて、モデムになり、そのための通信ソフトも購入した。当時からシスタンだった私は、マニュアルをみて見よう見まねで通信ソフトのスクリプトを書き、審査経過の照会が自動的にできるようにした。これはみんな随分使ってくれたと思う。例によって、水道のようで特にありがたがられもしなかったが。

今世紀になって、インターネットが普及しても、日本特許の検索はPATOLIS、外国特許の検索はquestelやORBITで、依然としてダイヤルアップ接続だった。特許情報業界は動きが遅かった。それは言い訳すると、特許データが膨大なコンテンツなので、サーバを組むのが費用がかかるからなのかもしれない。

ともかくPATOLISは長らく独占企業で競争がないので、すっかりぬるま湯体質になってしまった。そうしているうちに、発明通信社や野村総研など有力なベンダがインターネットベースの特許検索システムを用意したので、PATOLISもあわててインターネットに対応した。

しかし、旧態依然の体質は抜けがたく、ついに今年の2月になってPATOLISは、サービス停止を決めたのだった。

もちろん個々に見ると、PATOLISは、フリーキーワードなど人手をかけた細やかなサポートを売りにして、昔からのファンの心を掴んできた。しかし、ドライにユーザーをインターフェースを構築した最近の特許検索システムには、価格面でも性能でも到底歯が立たなくなっていた。やむなしであろう。

そういえば、PATOLISの社長の加根魯さんは、もとトヨタの社員で、私が知的財産協会の電子出願の委員だったときの委員長で、大変お世話になった。それにしても、火中の栗を拾うようなものだったと思うが、よくPATOLISの社長を引き受けられたものである。図らずも、PATOLISの幕引きの役割を果たされたことになる。

B級1組で昇級・降級確率を計算して、2月13日の対局の結果を待った。すると、以下のとおりとなって、私はいたく失望した。

  • 高橋九段●-○藤井九段
  • 飯塚七段●-○松尾七段
  • 丸山九段●-○広瀬七段
  • 鈴木八段●-○阿久津七段
  • 橋本八段●-○山崎八段
  • 畠山七段●-○木村八段

失望した理由は、後手番がすべて勝ったからではない。昇級・降級確率計算が収束してしまい、広瀬と阿久津の昇級確率と、高橋と鈴木の降級確率が100%になったからである。

このように対戦につれて確率が決まってくるということは、リーグ戦において、対局は、量子力学における観測に似ていることになる。ただ、量子力学と違うのは、確率ベクトルを収束させてしまう観測と、そうでない観測があるということである。そうはいっても、将棋の対局と量子力学を比べるのは無理があるよね、とB級2組の対戦結果を見ていて、ん?と思った。

なんと、青野九段が、今をときめく有望若手である、稲葉七段を破っているのである。青野九段といえば、私より2歳年上の61歳、それでいてB級2組を維持している。誰も騒がないが、これは相当すごい。

そこで、まだ順位戦に残っている高齢棋士をみていくことにした。ここで高齢というのは、私を基準にして申し訳ないが、私より年上という意味である。

するとまず、C級1組に、桐山九段がいる。桐山九段は66歳、それでいてC級1組を維持というのは、かなり稀有である。稀有という意味では、74歳のヒフミンこと、加藤一二三九段がC級1組を維持しているのはもう別格である。流石神武以来の天才というよりない。

C級2組となると、まず森九段がいる。森九段は67歳、よく頑張っているといえる。次に、内藤九段。内藤九段は、ヒフミンと同じ、74歳。これも相当に稀有である。さらに、田中魁秀九段。こちらは66歳。

結局、青野、桐山、加藤、森、内藤、田中魁秀のたった6人なのだった。この6人に共通するのは何かと考えてみたが、先ず女性関係に恬淡としている、ということがある。確認したわけではないので、私の推察にすぎないが、きっとこの6人は浮気したことさえないだろう。

すなわち、女性関係は、心身ともに何かを相当消耗するのである。その典型が米長で、千人斬りなどと豪語していたが、あれは別の見方だと無駄なエネルギーの使い過ぎである。

本来なら、中原誠も、ここにリストされるべき人だった。なにしろ中原は、桐山と同い年なのである。その才能からいって、まだB級2組にいてもおかしくない。原因は勿論、例の林葉スキャンダルである。あの事件で中原が消耗したエネルギーは計り知れない。米長の陰謀だったという説もあるが、だとしてもハメ手にひっかかるのは、やはり未熟なのである。

あと、酒豪でないというのも条件になるかもしれない。青野、桐山、加藤、森、内藤、田中魁秀の中で酒豪なのは、私の知る限り、内藤だけである。それでもこの歳まで強さを維持しているのは、よほど肝臓が強いのだろう。そういえば、花村九段は、60歳になってもB級1組を維持しており、その秘訣はと聞かれて、酒を飲まないこと、と答えていた。ただ、そういう花村は、肺炎になってあっさり亡くなってしまった。

そうそう、B級1組で思い出した。大野源一九段は、67歳で鉄道事故で亡くなったが、そのときたしかまだ、B級1組を維持していた。これも相当にすごい。大野九段といえば、升田、大山と同じ木見一門で、どうしても弟弟子たちが偉大すぎて、影が薄いが、本当はすごい才能の持ち主なのである。

才能といえば、女と酒という2つのファクターを挙げたが、当然であるが、才能こそが長らく棋歴を維持させる最大のファクターなのであった。

おっと、別格の棋士を忘れていた。それは、大山である。なにしろ、69歳の時点でA級を維持していた。そこで癌で亡くなったのだが、これは空前絶後であろう。谷川浩司は、51歳にしてA級から降級することになったが、ここまで一度も降級しなかったのがむしろすごいのであり、大山と比較しても仕方ない。

では、羽生はどうなんだろう。才能はもちろん抜群で、女と酒には多分、溺れない。すると、長寿棋士の候補ということになるが、なぜか長寿棋士になるような気がしない。どこかで将棋を見切って、チェス三昧で余生を送るのだろうか。そんなはずはないと思いつつ、分からなくなるのであった。

火の壁

user-pic
0

昔から、神事と火の関係は切っても切れない。例えば、密教では護摩を炊くし、火葬なども火の儀式といえる。

一方、特に田舎では、ゴミは大抵、自宅の庭のドラム缶などで焼く。すると、ゴミが焼けるところを目の当たりにすることになるが、私はそういうとき、陶然としながらいつまでも火を眺めていたりする。そして、私はそんなことは決してしないが、少しだけ放火魔の気持ちが分かったりする。

伊野上裕伸の「火の壁」文春文庫は、そんな放火魔が犯人のミステリーである。もっと言うと、「黒い家」や「一応の推定」のような保険ミステリーである。

ところで火事で、焼け太りという言い方がある。古い住宅に火災保険を掛け、それが燃えて火災保険で巨額のお金が降りると、立派な新築を建てたりする。世の中には保険金殺人もあるくらいだから、意図的に建物に火をつけて、火災保険の保険金をせしめようとする輩もいるかもしれない。

しかし、「火の壁」の犯人、樋川は度を越している。何しろ、自宅が燃え、その度に火災保険金を得る、ということを五度も繰り返しているからである。そういう自宅放火魔にとって都合がいいのは、自宅が完全に燃え尽きてしまうと何も証拠が残らない。警察といえども、証拠がないので、嫌疑で真黒の犯人をなかなか追い詰められない、ということになる。

そのような事態に備えて、火災保険などの損害保険の調査員というものが存在する。「一応の推定」では、損害保険での死因が自殺か事故かを調査員が徹底的に追及した。しかし、「火の壁」では、犯人の樋川の自宅の火災が単なる失火ということはまずありえない。なにしろ、商売の寿司屋がうまくいかなくて、その都度店を燃やしてしまって、スタートオーバーしようとする。単なる放火だけではない。焼死する者もいたりして、殺人事件の様相も呈する。要するに凶悪度が半端ないのである。

主人公の保険調査員、相川は、尊敬する先輩調査員、中井が樋川の調査の件で行方不明になったことから、なんとかしなくてはと義勇心で調査を引き受けた。そして、悪辣なる放火魔、樋川と、身の危険を感じながら対決していく。

調べていくと、樋川が住む現地である、群馬県霧生市(これは、桐生市をぼかしてあるのだろう)の旧赤線地帯と、樋川の哀しい生い立ちに行きつく。それでもなぜ放火魔なのか、分からないが、暗く燻る情念が、現実の表現として放火として現れることに私は共感を覚えてしまう。

そういう意味で、人間的な、あまりに人間的なミステリー小説なのであった。

私は、学者ではない一介のサラリーマンとしてはよく本を読む方だと思うが、ジャンルはそんなに多岐に亘っているわけではない。それでも、興味がない分野なら読まなくてもいいのだが、興味があって、しかしとても知識が乏しいという分野だと、少しでも本を読んで、知識の欠乏を埋めたいというインセンティブが働く。

そのような分野の一つに歴史がある。すなわち、興味があるのに、あまりにも知識が薄すぎて、知識の点をつなぐ線さえ引けていない。なのでいつもよい歴史のガイドの役割を果たす本を探しているのだが、たまたま本屋で見つけた「歴史を見る眼を養う世界史」山内昌之著、朝日新聞出版を迷わず買った。

私はもともと山内昌之氏のファンであって、山内昌之著、「歴史の想像力」岩波現代文庫で引用されていたハプスブルグの宝剣も面白く読んだ。そこで「歴史を見る眼を養う世界史」も期待して読み始めた次第である。

この本は、次の章からなる。

  1. トゥキディデスが見た古代ギリシャ世界
  2. 「春秋左氏伝」から司馬遷へ、戦う古代中国の歴史家
  3. "背徳の都"コルドバとエル・シド伝説
  4. 中世の美を描く歴史、ホイジンガと原勝郎
  5. 19世紀とランケの歴史学 君主制と人民主権の間で
  6. ゲリラ戦術の先駆者、源義経とアラビアのロレンス
  7. 危機のリーダー、ウィンストン・チャーチル

第1章では、科学的歴史学の祖としてのトゥキディデスが言及される。すなわち、トゥキディデスは、ペロポネソス戦争に指揮官として参加し、その原因を科学的に考察した。しかも、戦争の悲劇を事件性を同時代史として描いた。ギリシャの歴史家といえば、ヘロドトスが有名であるが、神話で伝説を重視したりして、科学性はちょっと怪しい。私はそれはそれで、歴史文学として読むなら、面白いのであるが。ともかくトゥキディデスは、人間性に対する懐疑心とペシミズムの洞察をもち、それは時代を経ても変わらないのではないかという見解につながる。

第2章では、まさにトゥキディデスの中国版ともいえる存在として、司馬遷が取り上げられる。そして、司馬遷の先駆として「春秋左氏伝」が挙げられ、そこでは、崔子が主君を殺したことを歴史家の大史が歴史書に記述したことを崔子が見咎め、大史を殺してしまったことが書かれているという。ところがそれだけに留まらず、大史の弟もまた同じことを記録し、やはり崔子に殺された、というのだから相当根性が入っている。逆に言うと、それだけ当時の歴史記録家は、使命感が強かったということである。司馬遷もその精神を継ぎ、敗軍の将であり匈奴に捉えられた李陵を庇う発言を武帝に対して行い、死罪を言い渡された。そして死罪を逃れるために宦官になる道を選んだ。特に中国にあって、歴史家は森厳なものである。

一転して第3章では、悦楽奢侈を極めたコルドバが描かれる。すなわち、750年の大虐殺でウマイヤ朝のほとんどの人達が殺されたと思われたとき、アブドゥラフマーン一世だけは虐殺を逃れ、コルドバに辿りついてそこで、後ウマイヤ朝を打ち建てるとそこはなんと、数世紀に亘って、ヨーロッパ文明の中心となるべく栄えた。そしてコルドバはイスラム教世界であるはずなのに、キリスト教教会の存在も許し、なんとキリスト教教会は飲酒と淫乱の巣窟となった。インターネットがそうであるように、淫乱と背徳は寧ろ文明を進化ざせる。コルドバは単に文明糜爛の地であるだけでなく、巨大な人口と多数の建築群と圧倒的な蔵書の図書館を誇った。なぜか西洋史では普通、イスラム教圏の繁栄はあまり描かれない。

第4章では、かつて一度読もうとして、訳もわからず早目に投げ出してしまった、ホイジンガの「中世の秋」を思い出した。ヨーロッパの中世が実はそこそこ希望に満ちた場所であったというのは、確かなのだろう。それはさておいて、原勝郎なる人物は初めて聞いた。原勝郎は、私は全く知らなかったのだが、戦前、鎌倉時代史の研究で31歳で東京帝国大学で学位を取ったという大変な秀才であった。そこから政府の命令でヨーロッパに留学し、西洋史も修め、そのまま京大教授になった。ともかく、原勝郎の「日本中世史」は、読に値するに違いない。

第5章では、歴史学の泰斗とされるランケが登場する。ランケは素朴な進歩史観を否定し、史実を重視した。そう書くとあまりに当たり前であるが、それだけ日本の史学がランケの影響を受けたということである。

第6章では、源義経がゲリラ戦法の先駆者だったという。ううん、なんと興味深い説だろう。そして、ロレンスの「知恵の七柱」が最高の戦略書として挙げられる。ううんなるほど。

第7章は、ヒットラーに対抗した、戦う首相、チャーチル。現代史の一つの特異点であろう。とりあえず、補足として、「チャーチル」河合秀和著、中公新書あたりを読んでみることにする。

ということで、この本はあくまでも入門書で、その後のフォローアップが必要なのだが、触媒としては優れた本ということになる。

対人関係を含め、人生全般で不器用な私であるが、なぜか会社の仕事は、自分では要領がいいと自負している。これは、私が決して会社に向いた人間というわけではなく、たまたま担当するようになった特許関係の仕事が私に向いている、ということなのだろう。例えば、私が営業や購買の交渉担当者だったら、かなり惨めな結果しか出せないだろうということは、自分のパーソナリティから推察できる。

ともかく、私が普段心掛けている仕事の段取りというか、進め方について書いてみる。世間でばりばり仕事をやっている人にとっては、当たり前のことだけ述べるので、そういう人は読まないで戴ければと思う。時間の無駄だからである。

先ず、他の人の回答を要する仕事があったら、高い優先順位で質問事項を作成し、早目に投げる。あまり完璧な質問をつくることは考えない。ある程度拙速でも構わないことにしている。なぜなら、許容範囲の変な質問だと、相手が疑問を呈してくれるからである。質問の投げ方は大抵メールだが、面談する場合もある。そうして質問を投げておくと、その間に別の仕事を進めることができる。質問が返ってくると、その段階で、そちらの仕事に切り替える。これは一種の疑似並行処理であり、時間が稼げる。

そうは言っても、質問するにも知識不足で自分が想定するレベルの質問が投げられないことがある。その場合は急いで入門書を買って目を通し、ウェブで関連知識を確認する。そうしてある程度煮詰まったら、質問に移る。もちろん期限が近い場合は煮詰めていられないが、仕方ない。ともかく、そんなときでも、仕事から学ぶというか、仕事を知的興味の源泉にするという、「労働意識の私物化」は心掛けている。

次に、私が心がけているのは、単純作業でも厭わないということがある。私は基本的に、スクリプト言語を活用して身近なことはコンピュータ化するようにしているので、そんなに単純作業に時間を費やすことはない。しかし、どうしても単純作業は避けられないことがある。例えば、Aというデータベースは全般的に使い勝手がよいのだが、ある項目だけは、使い勝手が相対的によくない別のBというデータベースに依存しなくてはならないことがあった。その場合私は、Aというデータベースの出力をエクセルに落として空フィールドをつくり、それからBというデータベースを逐一調べて、結果を空フィールドに埋めるという作業をした。実に退屈な作業であったが、それを丸一日やっていると、少し精神の霞が晴れたような気がした。これは、私が勝手に呼ぶところの、レンズ磨き効果なのかもしれない。すなわち、昔スピノザは、レンズ磨きをしながら、思索を深めた。アガサ・クリスティが描くところのミス・マープルは、編み物をしながら絶妙の推理をする。

次に私が心掛けているのは、仕事のサブセット化である。例えば、ある人が、1件で2ヶ月かかる仕事があるので、他の仕事は受けられないといっていた。しかし、それはやり方なのであって、どんな大きい仕事でも、ある単位のサブセットに分割できる。そうして、例えば午前中は新しく来た仕事に対応し、午後はもともとの仕事のサブセットに対応するということをすると、長い仕事の合間にうまく別の仕事を組み込める。これは、弁護士などの複数クライアントを抱えている場合は必然的にそうなるのだが、普通の特許実務などだと意外に明示的に意識してそうやる人は少ない。

最後に、私の特徴は、Perlなどのスクリプト言語を駆使して仕事を効率化することである。世間には私より優れたプログラマというのはあまりにも多すぎて数えきれないが、しかし、ちょっとした手近な仕事にまでスクリプト言語を駆使している人はあまり見たことがない。そこは、エクセルのマクロでもいいのだけど、エクセルのマクロは、エクセルの範囲で閉じているような気がして、そこが私は気に入らない。まあ要するに、エクセルに熟練していないことの言い訳にすぎない。

光学

user-pic
0

大学時代の不勉強を今更後悔しても仕方ないし、逆に、特許実務や特許調査で利用する程度なら、独学でなんとかなると豪語したりもするのだが、先日、研究所に出向いて研究者自らの言葉で技術を説明してもらったら、いくら本を読んでも腑に落ちないことが、目からうろこで理解できた。それで、やはり大学時代に講義に出てればよかった、と今更思ったりする。

特にしまったと今更思うのは、固体物理学の授業である。大学時代は応用物理的であまり興味がないので授業も出なかったのだが、今更思うのは、半導体物理などでバンドギャップ理論が出てきたとき、理解に苦しむことである。あのとききちんと授業でバンドギャップ理論を学んでおけば、と今更思う。ただ、実際は、そのときどんなに真面目に勉強していても、その後フォローしないと結局今の段階で固体物理学の知識なんて雲散霧消していたに違いないのだが。

ところが最近、仕事の関係で光学の知識が要求されると、そもそも光学なんて、大学の授業にさえなかったことに気付いた。どう考えても光学の方が、固体物理学よりも身近であり、ある意味本質的であると感じた。そしてなぜ大学の物理学科の授業で光学がなかったのか考えてみると、その身近さが仇になっているようである。要するに、物理学科の学生なら、光学なんて常識で、今更学ぶに値しないみたいな偏見があるようなのである。

それで、ともかく買った光学の本は次のとおりである。どれがいい本なのか分からないので、とりあえず、である。

  • 基礎物理学選書「光学」石黒浩三著、裳華房
  • 「光工学入門」小川力、若木守明著、実教出版株式会社

これらの本を眺めて最初に分かったことは、光学は、幾何光学、波動光学、電磁光学、量子光学に分けられるということである。

幾何光学というのは、界面に光が入射するときの反射や屈折を扱うもので、アリストテレスの昔から研究され、フェルマーなども研究した。そして幾何光学を集大成したのは、かのニュートンなのであった。こうなると、幾何光学というのは、力学よりも歴史が古く、多くの賢人の興味を引き付けてきたことが分かる。ニュートンなど、ユークリッドの向こうを張って、幾何光学の公理をつくったほどである。

ところが、光の回折という現象に出会うと、最早幾何光学ではどうしようもなくなる。そこで波動光学の登場で、波の干渉という概念が入る。そこでフレネルの帯板、ホイヘンスの原理、ホログラフィーなども現れる。偏光の概念も波動光学である。通常の光学系では、幾何光学と波動光学で十分であろう。

電磁光学では、マックスウェルの方程式から、光の波動方程式が導かれる。そして、物質の比誘電率が媒質中を通る光の速さに影響を与えることも電磁光学により計算される。

そして量子光学であるが、まさに私が軽視してしまった固体物理学にも関連する。ここではバンドギャップを移動する電子から光が発生し、うまく増幅というか負温度の概念が導入されると、レーザーになる。

このように、光学もなかなか肥沃な大地なのであって、光通信など、現実に膨大な応用をもつのであった。これもまた当たり前であるが。

B級1組

user-pic
0

リーグ戦の数理でアルゴリズムを確かめたので、最早数理的興味はないのだが、あとは勝負的興味で、A級の降級確率を計算し、それだけでは満足できなくて、蛇足としてB級1組の昇級・降級確率も計算してみたのが、以下の表のとおりである。

順位棋士次の相手最終の相手昇級確率降級確率
1高橋九段19藤井松尾0.00%95.31%
2橋本八段65山崎-0.00%0.00%
3山崎八段55橋本広瀬0.00%0.00%
4松尾七段64飯塚高橋4.30%0.00%
5丸山九段73広瀬藤井34.77%0.00%
6木村八段37畠山飯塚0.00%10.94%
7畠山七段46木村阿久津0.00%0.00%
8広瀬七段82丸山山崎74.22%0.00%
9阿久津七段82鈴木畠山71.09%0.00%
10鈴木八段28阿久津豊島0.00%84.38%
11飯塚七段46松尾木村0.00%4.69%
12藤井九段46高橋丸山0.00%4.69%
13豊島七段83-鈴木15.63%0.00%

これを眺めて気づくのは、以下のとおりである。

  1. 計算しなくても自明なのは、昇級に有利なのは、広瀬と阿久津である、ということであり、実際、7割以上の昇級確率である。それに続くのは豊島かと思ったらそうでなく、丸山。ここでも順位がものを言っている。豊島の昇級確率は、15.63%であり、現実問題、かなり苦しい。前局で橋本に負けたのが痛すぎる。なお、計算しないと分かりにくいのは、松尾にも少しだけ昇級の目がある、ということである。現実的にはほぼないと言っていいが。
  2. 昇級にも降級にも無関係なのは、橋本、山崎、畠山の三人だけである。橋本、山崎はともかく畠山もそうである、というのはよく眺めないと分かりにくいかもしれない。
  3. 高橋の降級は、谷川と同様に決まってしまっているのかと思ったら、これは偶然であるが、松尾の昇級確率とほぼ同程度、高橋の残留確率が残っている。ただ、それはあまりにも薄い。鈴木の降級確率は84.38%でこれも苦しい。木村の降級確率は10.94%であり、普通はここまで届かないだろう。そして、飯塚と藤井にも、理論的には、というべきわずかな降級確率がつきまとう。

今まで計算に使ったプログラムのソースコードを示さなかったのは、整理できていなかったというのもある。ある程度分かりやすくPerlのソースコードを整理できたので、以下に示す。アルゴリズムは簡単であるが、逆順位インデックスRnnを作成し、棋士毎に勝ち数とともにストリングを生成し、降順ソートしたところが、ささやかな工夫である。昇級確率などと言っているのは、この場合全体で4096個の勝敗パターンを作成し、そこで昇級になった、あるいは降級になった回数を数えておいて、集計し終わったら4096で割る、というものである。以下のソースコードでは、4096で割るところが省略されているが、それは自明だろう。


@Name = qw/Takahashi Hashimoto Yamazaki Matsuo Maruyama Kimura Hatakeyama Hirose
           Akutsu Suzuki Iizuka Fujii Toyoshima/;

@Taisen = ();  #match array

@R1 = (12,3,2,11,8,7,6,5,10,9,4,1,0); # matches before the last
@R2 = (4,0,8,1,12,11,9,3,7,13,6,5,10); # last matches

$I = 1;

#Preparing for matching hash arrays and so on
for ( $i = 0; $i < 13; $i++ )    {
 $k = sprintf "K%02d", $i + 1;  #ranking index
 $r = sprintf "R%02d",13 - $i;  #reverse ranking index
 $Kishi{$k} = $Name[$i];
 $Kishi{$k}->{R} = $r;
 $Kishi{$k}->{K} = $k;
 if ( $i + 1 < $R1[$i] )    {
  push @Taisen, ($i + 1,$R1[$i]);
  $I = $I * 2;
 }

 if ( $i + 1 < $R2[$i] )    {
  push @Taisen, ($i + 1,$R2[$i]);
  $I = $I * 2;
 }

}

#simulating matches
for ( $z = 0; $z < $I; $z++ )    {
$Kishi{K01}->{W} = 1; $Kishi{K01}->{L} = 9;
$Kishi{K02}->{W} = 6; $Kishi{K02}->{L} = 5;
$Kishi{K03}->{W} = 5; $Kishi{K03}->{L} = 5;
$Kishi{K04}->{W} = 6; $Kishi{K04}->{L} = 4;
$Kishi{K05}->{W} = 7; $Kishi{K05}->{L} = 3;
$Kishi{K06}->{W} = 3; $Kishi{K06}->{L} = 7;
$Kishi{K07}->{W} = 4; $Kishi{K07}->{L} = 6;
$Kishi{K08}->{W} = 8; $Kishi{K08}->{L} = 2;
$Kishi{K09}->{W} = 8; $Kishi{K09}->{L} = 2;
$Kishi{K10}->{W} = 2; $Kishi{K10}->{L} = 8;
$Kishi{K11}->{W} = 4; $Kishi{K11}->{L} = 6;
$Kishi{K12}->{W} = 4; $Kishi{K12}->{L} = 6;
$Kishi{K13}->{W} = 8; $Kishi{K13}->{L} = 3;


    $n = 0;
    $S = $z;
    foreach $x (@Taisen)  {
     if (($n%2) == 0 )  {
      $k1 = sprintf "K%02d",$x;
     } else             {
      $k2 = sprintf "K%02d",$x;
     if ( ($t = ($S%2)) == 0 )   {
       $Kishi{$k1}->{W}++;
       $Kishi{$k2}->{L}++;
     } else               {
       $Kishi{$k1}->{L}++;
       $Kishi{$k2}->{W}++;
     }
         $S = ($S - $t)/2;
    }

    $n++;
   }
   
   undef @K;
   
   foreach $x (sort keys %Kishi )  {
    # calculating scoring string for each player
    $P = sprintf "%2d%2d%s%s%s",$Kishi{$x}->{W},$Kishi{$x}->{L},$Kishi{$x}->{R},$Kishi{$x}->{K},$Kishi{$x};
    push @K,$P;
   }
   
   @Juni = sort {$b cmp $a} @K; # sorting score strings to save the sorted strings in @Juni
   $J = 0;
   foreach $x ( @Juni )    {
    $J++;
    
    $kk = substr($x,7,3);
    
    if ( $J <= 2 )        {
      $Kishi{$kk}->{PROMOTE}++;
    }
    
    
    if ( $J >= 12 )  {
     $Kishi{$kk}->{DROP}++;
   }
  }
}
# end of simulation matches

foreach $x ( sort keys %Kishi )  {
 printf "%s\t%d\t%d\n",$Kishi{$x},$Kishi{$x}->{PROMOTE},$Kishi{$x}->{DROP};
}

悪魔の涙

user-pic
0

ジェフリー・ディーヴァーも、スリーピング・ドール、コフィン・ダンサーと読んできて、隅におけないストーリー・テラーであることがいよいよはっきりしてきた。そこで私が次の選んだのは、「悪魔の涙」で、原題は、The Devil's Teardrop. 翻訳でも英語をカタカナ読みしたままの題になっているものがほとんどだが、流石に、デビルズ・テアドロップでは座りが悪い。かといって、より原題に忠実に「悪魔の落涙」では、まるで黒岩涙香の小説のような時代がかったものになる。それで「悪魔の涙」になったようであるが、まあそんなもんだろう。

実は、「悪魔の涙」を選んだ理由は、主人公が、元FBI勤務で文書検査士のパーカー・キンケイドだからなのだった。本好きな私は、文書とくると、なんとなく親近感がある。すなわち、犯人は、ワシントンDCの地下鉄で乱射事件を起こしておいて、2000万ドルの身代金を払わないとその日の決まった時間に別の繁華街で乱射事件を起こすと脅した。

その脅迫状が手書きだったので、当代一流の文書検査士であるキンケイドが犯人のプロフィールや意図を読み取るために招聘された。

ところで、今まで読んだ範囲だが、ジェフリー・ディーヴァーの小説で定番なのは、登場人物が家庭的に幸福でない、ということがある。例えば、パーカー・キンケイドは妻と離婚して、なのに二人の子供を自分で引き取って育てている。そして、親権の引き渡しについて、元妻にチャレンジを受けている。

別の定番は、家庭的に幸福でない美女が登場する。リンカーン・ライム・シリーズでは、アメリア・サックス。あと、キャサリン・ダンス・シリーズでは、キャサリン・ダンス自身。そして、「悪魔の涙」では、マーガレット・ルーカス。事故で家族を失い今は一人暮らし。そしてパーカー・キンケイドに惹かれるのだが。

そしてコフィン・ダンサーと似ているのは、冷酷な殺し屋が登場することである。「悪魔の涙」で登場するのは、ニックネーム、ディガー。何か精神に異常をきたしているらしくて、急に「マークスの山」の主人公との類似性も帯びてくる。

全体的にみて、ちょっとストーリーのつくりでコフィン・ダンサーより粗さが目立つものの、どんでん返しのテクニックという意味では、コフィン・ダンサーより優れているような気がした。

ということで、「悪魔の涙」もジェフリー・ディーヴァーの水準の小説、すなわち電車で読んで時間を忘れさせるレベルなのであった。

降級確率

user-pic
0

2月5日のA級順位戦のラス前一斉対局の結果は、以下のようであった。また、最後の対戦相手も併せて記す。

順位棋士勝数負数最終の対戦相手コメント
1羽生71郷田挑戦決定
2三浦35久保
3郷田35羽生
4渡辺53佐藤
5屋敷35行方
6佐藤44渡辺
7深浦53谷川
8谷川17深浦降級確定
9行方53屋敷
10久保44三浦

この表をみると、3勝しかできていない棋士のうち、屋敷が一番順位が低いので、既に降級が決まっている谷川を除けば、屋敷の降級確率が一番高いことは自明であるが、それでは具体的降級確率はどのようか、リーグ戦の数理で使ったアルゴリズムで計算してみた。

すると、以下のとおりとなった。
谷川 100%
屋敷 50%
郷田 25%
三浦 12.5%
久保 12.5%

やはり、屋敷の降級確率は、谷川を除けば一番大きい。また、同じ3勝5敗でも、順位が1つ違うだけで降級確率は半減する。さらに、4勝挙げている久保と、3勝しか挙げていない三浦の降級確率が同じとは、順位は場合により1勝分あるという俗説に合致するのであった。

羽生のトークショーを聞きに行った棋友から、羽生は、王将戦で負けた次の日なのに、それを引きずる様子もなく、その場の雰囲気を楽しんでいた、と聞いた。要するに、負けても敗因が分かればそれで納得し、次に向けて気持ちを切り替えられる、ということである。

それは確か、大山も同様のことを言っていたし、渡辺もそんなことを言っていた。実際渡辺は、竜王を取れらた直後なのにあまり落胆した様子もなく、復活して王将戦を始め、各棋戦で勝ち始めている。

それを聞いて私は、あ~~と唸るよりない。というのは、私ほど、ちょっと嫌なことがあると、それをいつまでもひきずる人はなかなかいない。また、嫌なことを言われたらそれをいつまでも忘れないし、意外に執念深かったりする。

しかし、将棋を指す以上、羽生でさえも3割近くは負けるのであり、ましてや凡人だと、半分勝てればよしとしたものである。それが、私のように、一回の敗戦を何週間もひきずっていたら、勝てるものも勝てなくなる。よって、勝負師として一番の資質は気持ちの切り替えの能力だ、ということになる。

一方で、こんな話も聞いた。すなわち、森内がまだ竜王を奪取する前、あるところでスピーチ人していると、名人だけやっているんじゃないよ、と随分の酷い罵声を浴びせる人がいたという。普通、そんなことを言われると逆上して、おい、その発言待った、いい加減にしろよ、とか切れるものだが、森内は平然と、聞く人もほとんどいないスピーチを淡々と続けたという。

すると、別の資質として、詰られても表面的には平然と振る舞う辛抱が勝負師には必要ということになる。しかし、そこまでいくと、例えば升田ならどうか。講演中に罵声を浴びせられたら、怒って怒鳴り返すか、気を悪くして帰るのではないか。

よって、ここでいう勝負師の資質は、コンスタントにタイトルを維持するような、それこそ超一流棋士の資質ということになる。誤解なきよういうと、升田がそうでなかったということではない。ただ、升田は健康的にも常時タイトルに登場するように自らを律しなかった。

あと、中原の例がある。すなわち、大山は盤上だけでなく、盤外でもいい意味で鈍感を貫いた。大山が盤外作戦を仕掛けても、そんなの関係ないというか無視することさえない、関知しないのである。これには大山も参った。結局、大山はその鈍感力に負け、中原に大いに負け越し、中原に奪取された名人位を二度と取り戻せなかった。

すると、森内も、鈍感力を発揮して、罵声をなんとも思わなかったのだろうか。なぜかとうもそうとは思えない。どう考えても、異常な忍耐力を発揮したとしかいえない。すると、天然の鈍感力の中原の方が森内より上ということになる。

ここまで書いてきて、勝負師の資質というのは、流石にサイコパスとは違うが、いわゆる世間でいう立派なものなのかわからなくなってきた。まあ、一流の科学者というのも実態は変人だったりするので、世の中というのはそんなものなのかもしれない。

理想の戦法

user-pic
0

将棋を指す者は、強さに関係なく、必勝戦法があるかどうか、誰でも一度は考える。一時期それは、ひねり飛車だと言われた時期もあったが、私は、もしそうだとしても、ひねり飛車というのは相当に双方の合意がないと成立しない戦法なので、万が一必勝法だと証明されたら後手が避けるだけの話で意味がないと思っていた。

その後、ともかく玉は堅い方がいいのだと、穴熊戦法が猖獗を極めるようになった。それはプロであっても実戦的に特に終盤になって一路遠いという意味で有利であるという認識も一つの理由のようだが、おそらくであるがほとんどのプロは穴熊戦法を理想の戦法と思っていない。

すなわち、穴熊戦法は、プロであっても人間なので、人間の間違いやすさに依存した戦法だと言える。パスカルではないが、人間は考える葦であるとともに、間違える葦なのだった。

以上のような考察は、去年の電王戦での、多分であるが船江五段の発言に基づく。すなわち、船江五段は確か、コンピュータに普通に、角道を止める四間飛車をされて、大山名人のようにじっと構えられると完封されると恐れたと言っていた。

すなわち、大山のようにミスが少ない棋士が指すと、平凡な四間飛車が一番困る、ということになる。実際、NHK杯戦を観戦していると、豊島七段対西川五段だったが、西川が平凡な四間飛車で、先手の豊島が棒銀戦法だったので、そのオールドファッションについにんまりしてしまった。

それでふと、棋友から、ヒフミンが大山に対する敗因はもっと棒銀を使わなかったことだったと反省していると聞いた。いかにもヒフミンらしい発言であるが、それでさらに閃いたのは、もしほとんどミスをしないコンピュータのような棋士の平凡な四間飛車に対抗できるのは、やはりほとんどミスをしないコンピュータのような棋士が指す、棒銀戦法なのかもしれない、ということである。

もっと分かりやすく言うと、羽生を超えるようなコンピュータ将棋が開発されたとき、そういうコンピュータ将棋同士が対戦すると、まるで大山対加藤一二三を彷彿とさせる、四間飛車対棒銀になるのではないか、ということである。すなわち、全くノーミスの四間飛車は、岩のように堅牢であるが、ノーミスの棒銀戦法は、岩を穿つ硬度10のダイヤモンド刃なのであって、まさに中国の故事にある矛盾の世界が現出する。

ただ、間違える葦である人間同士だとどうしても、棒銀側の方が間違えやすい。果たしてNHK杯戦の豊島七段対西川五段戦は、難解な終盤を制して、西川が勝った。

しかしである、高い無謬性を備えた神のごとき棋士同士が指すと、やはり四間飛車対棒銀になって、恐ろしく難解な終盤をかいくぐって棒銀側が勝つのでないだろうか。

そういう発言をしたら、得たりとヒフミンは深く頷くであろう。私は日々三鷹に通っているので、しらないうちにヒフミン教に染まってしまっているのかもしれない。

熱戦度

user-pic
0

NHKのテレビで将棋の対局を観戦していて、あることに気付いた。書き下すと自明かもしれないが、敢えて書く。

  1. 見ていてハラハラどきどきする程度を熱戦度と呼ぶことにすると、熱戦度は、概ね実力の相対差だけに依存する。
  2. すると、アマ名人戦の決勝とプロの名人戦が同程度の熱戦度で、観戦する面白さが同じ程度、ということがあり得る。
  3. 勝負には、熱戦度以外に、技術の駆け引きや形勢判断の微妙さ、最新形での新手など、高度な要素も多々ある。それも観戦の興味に入るかもしれないが、熱戦度に比べるとあくまでも付加価値である。ただ、通にとっては、その付加価値こそが滋味というか妙味である。

もしかして世間では、熱戦度は、絶対技量の関数であると誤解しているかもしれない。しかしそれは、絶対技量ではなく、上記実力の相対差と、人気の関数なのである。例えば、伝統の巨人対阪神戦だと、妙に盛り上がったりする。

対戦者の相対的な実力差が小さく、よって熱戦度が高いと、みんな一様に熱気を帯びるので、その勝負の価値についてあまり議論にならない。素晴らしい試合だね、とみんな興奮する。問題は、相対的な実力差が大きい場合である。その場合、形勢が大差になって強い方は一層強く見え、弱い方はどうしようもなく弱くみえる。

例えば、羽生と誰か下位棋士が対戦したとき、羽生が圧勝してしまうと、負けた方の棋士には、私でも勝てそうな気がすることがある。しかし、そんなことは実はないのであって、現在C級2組で一番成績が悪いのは、石川陽生七段と竹内雄悟四段の1勝7敗なのだが、その竹内雄悟四段は、竜王戦で、アマ竜王の伊ヶ崎博氏にきっちり余して圧勝した。すなわち、普通の鑑識眼では、熱戦度だけから実力の絶対値は推し量れない、ということである。

もって回った言い方をすると、非熱戦度から棋力を推し量るのがプロとしての名伯楽である。例えば、ある少年がプロ棋士に駒落ちで指導将棋を指してもらって、ボロボロに負かされたのに、プロ棋士が、うん、この子は見どころがある、と評価するようなケースがそれである。

サラリーマンの仕事だと、熱戦度というのは、中心的プロジェクトにおける責任ある仕事に対応するかもしれない。そういうところで活躍すると上司の覚え目出度いが、実は予めお膳立てされた仕事を普通に処理しただけだったかもしれない。それよりも、どうやってもうまくいくはずのない仕事を担当させられて、やはりボロボロに失敗した部下をみて、おっ、こいつは見どころがあると見抜く上司こそが最高に見る目がある上司ということになるが、私はあいにくそのような人物に出会ったことはない。ただ、中心的プロジェクトにおける自明な仕事を担当させられて、それでも失敗してどうみても駄目な人を、必死で素晴らしいと評価する上司というのは知っているが、そういうのはなんなんだろう、現代の妖怪だろうか。

謙虚

user-pic
0

もし人間を、謙虚と傲慢の2つのタイプに分けるなら、私は確実に傲慢の方に属する。しかし、ときどき私のことを謙虚だと勘違いしてくれる人がいて、傲慢な私はそういわれるとうれしくなって、あえて否定しない。

例えば、企業の研究所の研究員から出た発明について、特許出願をするために研究員に質問に行くとき、私はほとんど100%謙虚である。それは、研究員と特許担当者という役割がはっきりしているからなのかと聞かれると、そういう面は確かにある。しかし形式的ではあれ、私なりに能力テストを知らないうちに相手に課している。すなわち、発明に関する質問をしてみて、ある程度妥当な回答だと、私はもう安心して、謙虚のスイッチを入れて、あとは決して傲慢にならない。

そういうモードで相手に敬意を表して研究員と付き合うと、大抵、そんなに険悪にはならない。研究員の中には、人格的にどうかと言われている人もときどきいて、特許担当者泣かせというか、その研究員と大喧嘩して、研究所の担当から外される特許担当者がいたりすると、私がその後任に指名されるのだった。すると、何の問題もなくうまく回る。ただ、傍でみていると私は妥協しすぎらしくて、それはそれで問題らしい。ただ少なくとも、謙虚さは装えている。

ごく稀に、研究者で私の初期テストにフェイルする人がいる。例えば、ある発明で、数値を求めるために高次方程式を解く必要があったとする。そのとき、高次方程式の次数が5次以上だと代数的に解けないから、4次以下と想定するなどと言おうものなら、私の初期テストにフェイルしてしまう。すなわち、情報処理分野の発明で、高次方程式を代数的に解く状況なんてまずない。ほとんど100%、ニュートン法のような数値解析の技法で解を求めるのであって、数楽者にすぎない私にとってさえ、そんなのは常識である。

そして、その特定の発明者に対してだけ、傲慢のスイッチが入ってしまう。そうすると、その後出てくる発明も、どうせ大したことないのだろうと色目で見てしまう。本当にいい発明がでてきたときだけ傲慢のスイッチをリセットする。

一方、私が管理職のとき、おそらく私は管理職としてパワハラの危険性が比較的少ない、ある意味謙虚な上司だったと思う。滅多に部下を怒鳴らないし、面倒もよく見る。それは、管理職というだけで自分を部下に対して優位に置き、そういう優位性があると決して傲慢スイッチをオンにしない。そう書くと、もし部下に威張らない管理職だったとしても、あまり褒められたものでなかった、ということが分かるが、事実なのだから仕方がない。

ということで、私に傲慢スイッチが入りやすいのは、上司に対してである。すなわち、上司であるからには、私よりも広い見識と、深い知識を期待する。ただ、その上司が謙虚なら私は何も感じない。そういう言い方はよくないが、無能であっても面倒見がよい上司というなら私は決して腹を立てない。むしろ、人間味もあったりすると、密かにサポートしたりする。

問題は傲慢な上司の場合であって、あるスキルで威張っていながら、実はそのスキルが低い上司というのがいたら、私は決定的に馬鹿にする。もちろん私は口頭で馬鹿にする発言はしないが、ことあるごとに、それは違うのではないかと正論を突き付ける。

そんな方針で会社生活を送っていたらどうなるか、大抵の人は想像がつくだろう。確実に人事的に割をくう。疎外され、場合により降格される。しかし、私は殉教者のように傲慢さを取り下げない。こういうときだけ、柔和で日和見のはずの私が、ストロング・スタイルに変身する。ただ、自分の本質はそういうところにあると自分で思っているので、自分は本質的に傲慢だと認めている次第である。

ただ、私の謙虚/傲慢のスイッチ切り替えの適切さを支えるものは、評価の適切性である。もちろん私は生身の人間なので、他人とのスキルの比較で、どうしても身贔屓の評価をしてしまう。それでも、努力目標として評価を適切に保つために、暇さえあれば勉強し、実務にいそしむ。私には、そういう地道な方法しかないのである。

そういう私も、亡き父譲りで、妙に調子がよい発言をして相手に阿ることはある。が、ゴマをすって昇進するというのは趣味に合わない。そこは一本筋を通したいといつも思っている。

そうはいっても、私がそうしてきたのは、今まで比較的風通しがよい組織に属していたからであって、極端な話、北朝鮮のような組織にいたら私のようなやり方では、即刻粛清される。すると、いくらなんでも私だって命が惜しいので、大人しくしようとするだろうが、傲慢の血は抑えがたく、暴発してしまうかもしれない。それで今ふと、私の前世は、2.26事件の決起部隊に属していた兵士だったのかなと思ったが、2.26事件の皇道派にシンパシーは感じないので、やはり違うようである。

火曜クラブ

user-pic
0

アガサ・クリスティの「メソポタミアの殺人」早川書房を読み終えて、巻末を見ると、ミス・マープル・シリーズというのがあるのを知った。それを、アガサ・クリスティ・ファンの知り合いに話題に出すと、ミス・マープル・シリーズなら「火曜クラブ」がとっかかりにいいのではと紹介してくれた。

それで「火曜クラブ」中村妙子訳、早川書房を買って読み始めると、ミス・マープルとは、イギリスの静かな田舎に住み、編み物が好きな平凡な老婦人だった。

それで突然、10年前に亡くなった、母方の祖母のことが記憶に甦った。私はおばあさん子で、娘がお嫁にいって寂しいので、ちょっと泊まりに来てくれと祖母に頼まれて、下宿のように、祖母に家に寝泊りするようになり、とうとう大学に入るまで6年もそこで過ごした。

そんな祖母は、どうみてもミス・マープルに似ていないが、私が生まれたところも随分な田舎で、そういうところではプライバシーが概念が稀薄で、それこそいろいろな噂話が日々入ってくるのは、イギリスの静かな田舎と似たようなものなのであった。

「火曜クラブ」は、英語の原題が"The Thirteen Problems"で、13話の短編小説からなる。最初の小説がまさに「火曜クラブ」で、そこで小説家、元警視総監、弁護士、牧師、画家などが集い、迷宮入り事件のことを話して楽しむことになった。こうやって集まった人が順番に話すのは、プラトンの「饗宴」などにもあるように、西洋の伝統である。

そうやって、答えを自分が知っている迷宮事件を話して、他の出席者が推理して楽しむのだが、単なる編み物好きな老婦人と思われたミス・マープルが、実は毎回、絶妙の推理をしてみせて、ついに元警視総監にさえ、一目置かれるようになる。それは、第十三話の「溺死」で如何なく発揮される。

なぜミス・マープルが絶妙の推理ができるかというと、まずどんな細かい兆候も見逃さない観察力と、村のいろいろな出来事を昔から今に亘るまで多数知っていて、今の出来事に類推適用できる能力なのであった。それは丁度、将棋のプロが大局観に優れるだけでなく、今までの棋譜をすべて記憶し、たちまち思い出して頭の中で再現することに似ている。

まさに、迷宮事件推理の辣腕なのだが、緻密な推理も然ることながら、人間性の洞察をメインにする推理は、エルキュール・ポアロとも一脈通じるものがある。このあたり、アガサ・クリスティのミステリー小説観の発露なのであった。

前にも書いたが、私はMSオフィス系のソフトが苦手で、要するに文章を書くときでさえ一旦秀丸などのテキスト・エディタで書き、それを最後にWORDなどに貼り付けて最小限の修飾をほどこす程度である。

そういう主義の人は多分、プログラマを中心として世間に結構いると思うのだが、そういう人をなんと呼んだらいいのかと考え、テキスターというのも、テキスティストというのもしっくりこなくて、思案していたところ、ぼやっとテレビを観ているとき、松本潤主演の「失恋ショコラティエ」という番組があるのを知って、これだと思った。

すなわち、ケーキを作る職人をパティシエというが、特にその中でもチョコレート加工の専門家をショコラティエと呼ぶらしい。それで、そのひそみで、コンピュータでテキスト・ファイルを偏愛する人をテキスティエと呼ぶことに勝手に決めた。なんとなく響きがいいからである。

、そこでエクセラーとのからみで、テキスティエがどう振る舞うか、私の若干の経験を書いてみる。

基本的にテキスト・ファイルからエクセルに取り込むには以下の4つの形式がある。

  1. プレーンテキスト
  2. csv
  3. tsv
  4. HTML

プレーンテキストというのは、構造化されていないので、単一のセルに文章を貼り付ける以外は向かない。

そこで私がよく使うのは、カンマ区切りの構造、すなわちcsvである。大抵はこれで間に合う。セルに色をつけたり集計したり、要するに「お化粧」は大抵エクセル上で行う。エクセルの「ど初心者」だった私も、必要に迫られて必死で解説本を何冊か読み、やっと中級者に入口まできた。将棋でいえば、アマチュア3級くらいか。

ただ、csvだと、セルの内容にカンマを含むとき、デリミッタ文字を別のもので置き換えるなど配慮が必要である。そういう場合に私は、タブをデリミッタとしたtsvを用いる。csvのファイルだと、エクスプローラでダブルクリックするなどしてエクセルを起動させるが、tsvだと私は、テキスト・エディタで一旦開いてその全体をクリップボードに入れ、それをエクセルに貼り付けるようにしている。

HTMLというのは、セルの色やフォントなどの属性を指定してエクセルに取り込めるので便利だが、テキストファイルを加工するためのPerlなどのプログラムが面倒なので、よほどのことがないと使わない。

逆にエクセルからの出力だと、ほとんどcsv一辺倒と言ってよい。すなわち、csvで保存して、Perlを用いてカンマでsplitして処理するのが常道であるのだが、最近になってエクセルを勉強してみると、Perlなんか使わなくてもエクセルの関数でもっと便利にできたよね、と反省したりして恥じ入るのだが、そんな経験しても依然としてエクセルの関数やマクロよりもcsvとPerlのプログラムを駆使するのが、筋金入りのテキスティエなのであった。

そういえば私は、WORDで書く際にも、気合いが入ったときはHTMLをテキスト・エディタで書き、構造付きでWORDに取り込む。

世間にテキスティエは、実はいるようであまりいない。コンピュータに強いからといって、テキスティエになる人はあまりいない。すなわち、折角ExcelやWORDでいろいろできてしまうのに、何を好き好んでスクリプト言語で操作するのだ、ということになってしまう。そもそも、本格的なデータ処理でなく、日常的な文書作成処理にPerlなど使うというのがかなり変わっているのかもしれない。

今から数ヶ月前、半沢直樹が主人公のテレビ番組が大人気で、私はあまり観なかったが、なんとなく共感は覚えていた。それで転職して通勤していると、帰りに新宿駅で中央線から小田急線に乗り換えるために構内を歩いていると、右手にBOOK EXPRESSという本屋があった。

なんとなく立ち寄ると、本からの気配を感じた。それが、池井戸潤の「果つる底なき」講談社文庫である。面白そうかもと手に取ったものの、一度目のチャンスは見送る傾向のある私はそのまま書棚に戻して帰路を急いだ。本が私の後ろ姿を見つめていたような気がした。

それから約2ヶ月して、行きつけの古本屋で、「果つる底なき」講談社文庫と再会した。ああお前さんかい、と私は迷わず買った。どうも私に接近するチャンスを狙っていたようなのであった。

そして、「果つる底なき」を買うと、一気に優先順位を最高レベルにセットして読み始めた。これは元三菱銀行の銀行マンだった池井戸潤が、サラリーマン生活の経験を活かして渾身の努力で書いたミステリーなのだった。

主人公は伊木。多分であるが、池井戸潤の分身というか理想の姿を投影した人物なのだろう。一流銀行の二都銀行(多分、三菱銀行がモデルなのだろう)でエリートコースだったのに、上司の指示に反して下手に正義感を発揮したものだから、渋谷支店に左遷してきたら、同期で仲良しの坂本が債権回収の外回り担当だった。それで安心したのだが、あるとき坂本は、謎の言葉を残して不審な死を遂げた。

そこから一気に事態は急展開し、真相を解明しようとする伊木に、副支店長がなにかと邪魔をする。伊木が地位が危なくなるのも省みず真相を追求する理由の一つは、銀行が救済しなかったばかりに倒産に追い込まれた会社の娘と伊木が個人的に親しいからだった。

公平を要する銀行マンにそんなことが許されるのかと怪訝になったが、男女の感情はビジネスとは別というところか。

ともかく伊木が追求していくと、周囲の人が不審な死に巻き込まれていき、伊木自身も瀕死の目に遭う。伊木は別に武道の達人でもなく、警察のような権限もないのに、命知らずでどんどん踏み込んでいき、瀕死の目に遭う。ここらあたりの蛮勇は、後の半沢直樹につながっているのだろう。

実は最近、ジェフリー・ディーヴァーだの、アガサ・クリスティだの、珠玉のような小説を読んでいるので、どうしても初期の池井戸潤の作品である「果つる底なき」の粗が目立つのだが、ただ、妙に力強く読ませるところがあり、その勢いで江戸川乱歩賞を取ったのだろう。

で、結構面白く読んだので、次は池井戸潤の何を読むか考えているところである。

人間的同型

user-pic
0

例えば私が、自分をアインシュタインやポアンカレに似ていると人前で言ったら、どんだけ自分を優秀だと誤解しているのか、頭がおかしいんじゃないかと非難されるか、馬鹿馬鹿しすぎて単にスルーされるかのどちらかだろう。

でもそれは、世間というものが、ユークリッド空間なのかリーマン計量なのか分からないが、距離が入った量的な世界で考えているからそうなのであって、それが証拠に、世間では偏差値だの年収だの、量的な目安で評価する。

そういう量的な世界では、ドーナツと、箱根の彫刻の森あたりにありそうな、穴が一つあいただけの巨大な建造物がトポロジカルに同型だという議論しても、やはり誰も相手にしない。

私が自分をアインシュタインやポアンカレに比較するのも、あくまでもトポロジカルな比較である。例えば、アインシュタインやポアンカレは深く考える能力があるわりには試験が得意でない。つまらないケアレス・ミスをよくする。また、運動神経が極端に悪かったりする。特にポアンカレは中途半端なアイデアをどんどん出し、自分ではそれを精密に追及することはしない。そういう一般的傾向というのは結構私に似ていると思うのだけれども、世間は、いくらアインシュタインやポアンカレが試験が苦手だといっても、お前なんかとは比較にならない、比べるべくもないと切り捨てるだろう。

実際、量的なメジャーを入れるとそうなって、全く私なんかお呼びでない。しかしである、世間をみていると、人間関係にしても、いろいろな職業的適性にしても、計量を入れないトポロジカルな同型が意外に重要なのではないかと思ったりする。

うまい例がみつからないが、よくアイドルとかに、どんな男性が好きですかと聞く質問があって、そのとき、笑うツボが同じ人がいいという応答があったりするが、ああいうのはどちらかというと、ドーナツに開いた穴の数のようなトポロジカルな性質に近いかもしれない。少なくとも、年収4000万以下の人とは結婚しないと仰った某女医のような応答よりはしっくりくる。

ただ、そうは言っても世間では、結婚紹介サイトのプロフィールのような、学歴、年収、趣味などを連ねた量化された特徴ベクトルを用いるのが普通である。そして、量的な特徴ベクトルであるがゆえに距離が定義され、この距離に基づき相手検索も、クラスタリングもできる。まさに、最強の道具と自らを喧伝する統計のお出ましである。

戻って、このような生き馬の目を抜くような計量の世界のうらに、ひっそりとトポロジカルな同型性があると思うのだが、それがどんな意味をもつのか、ポアンカレ先生もあきれてものもいえない程度にしか、そのアイデアは私にとって粗いままなのだった。

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。