火曜クラブ

user-pic
0

アガサ・クリスティの「メソポタミアの殺人」早川書房を読み終えて、巻末を見ると、ミス・マープル・シリーズというのがあるのを知った。それを、アガサ・クリスティ・ファンの知り合いに話題に出すと、ミス・マープル・シリーズなら「火曜クラブ」がとっかかりにいいのではと紹介してくれた。

それで「火曜クラブ」中村妙子訳、早川書房を買って読み始めると、ミス・マープルとは、イギリスの静かな田舎に住み、編み物が好きな平凡な老婦人だった。

それで突然、10年前に亡くなった、母方の祖母のことが記憶に甦った。私はおばあさん子で、娘がお嫁にいって寂しいので、ちょっと泊まりに来てくれと祖母に頼まれて、下宿のように、祖母に家に寝泊りするようになり、とうとう大学に入るまで6年もそこで過ごした。

そんな祖母は、どうみてもミス・マープルに似ていないが、私が生まれたところも随分な田舎で、そういうところではプライバシーが概念が稀薄で、それこそいろいろな噂話が日々入ってくるのは、イギリスの静かな田舎と似たようなものなのであった。

「火曜クラブ」は、英語の原題が"The Thirteen Problems"で、13話の短編小説からなる。最初の小説がまさに「火曜クラブ」で、そこで小説家、元警視総監、弁護士、牧師、画家などが集い、迷宮入り事件のことを話して楽しむことになった。こうやって集まった人が順番に話すのは、プラトンの「饗宴」などにもあるように、西洋の伝統である。

そうやって、答えを自分が知っている迷宮事件を話して、他の出席者が推理して楽しむのだが、単なる編み物好きな老婦人と思われたミス・マープルが、実は毎回、絶妙の推理をしてみせて、ついに元警視総監にさえ、一目置かれるようになる。それは、第十三話の「溺死」で如何なく発揮される。

なぜミス・マープルが絶妙の推理ができるかというと、まずどんな細かい兆候も見逃さない観察力と、村のいろいろな出来事を昔から今に亘るまで多数知っていて、今の出来事に類推適用できる能力なのであった。それは丁度、将棋のプロが大局観に優れるだけでなく、今までの棋譜をすべて記憶し、たちまち思い出して頭の中で再現することに似ている。

まさに、迷宮事件推理の辣腕なのだが、緻密な推理も然ることながら、人間性の洞察をメインにする推理は、エルキュール・ポアロとも一脈通じるものがある。このあたり、アガサ・クリスティのミステリー小説観の発露なのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/3327

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2014年2月 4日 21:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テキスティエ」です。

次のブログ記事は「謙虚」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。