2014年3月アーカイブ

電王戦第1局電王戦第2局とみてきたが、電王戦第1局は若手のホープ菅井五段をもってしても完敗であり、電王戦第2局は佐藤紳哉六段が終盤肉薄したが、最後は力で押し切られてしまった。

そして月並みな言い方であるが、プロ棋士側は、後がなくなった。しかし、私よりも電王戦の事情に通じている知り合いは、次の豊島は勝ちますよ、という。確かに、佐藤紳哉をして序盤中盤終盤隙がないといわしめた豊島七段はある意味別格であるが、コンピュータの中終盤力もまた別格と言わなくてはならない。それで私は次の豊島も危ないのではないかと危惧した。私はだいたいが、中島みやきの歌にあるような悲観派なのである。

そして電王戦第3局が豊島七段の先番で始まった。後手はYSSである。戦型はなんと、横歩取り33角戦法となった。電王戦初ではないだろうか。典型的な進行と思ったら、なんだこれは?と思ったのは、22手目、普通は41玉か52玉とするところ、62玉。いくらなんでもこれは悪手ではないの?と思った。というのは、いきなり33角成、同桂、21角で困った。玉が62なので、一手で32金にひもをつけられないのである。

そこで苦肉の31銀だが、32角成、同銀、22飛成としては先手がよかろう。後手はこれまた苦肉の14角だが、48銀と一旦受けて、44角と打ったとき流石豊島、平然と11龍と香を取り、あっさり99香を取らせる。果たして、99角成に77桂と蓋をしては早くも豊島がよさそうである。

そこでYSSの24飛がどうみてもよくない。13龍と引かれて、14角が受かりにくい。仕方なくYSSが29飛成とすると、豊島は14龍。この角桂交換は大きい駒得である。YSSは88歩となんとかしがみつくが、それを同金や同銀だと千日手の可能性があるので、豊島は39金と寄り、YSSの19龍に29金打と龍を殺し、はっきり優勢になった。

そのあと、豊島の龍が15にいて、YSSの歩が13にあるとき、YSSは14金と打った。これは並み居るプロが唖然とする愚手だった。龍は只でさえ8筋に回りたいところである。しかも14金は後で全く働かない。この後、手数はかなりかかったが、後は全く危なげなく豊島が押し切った。

この将棋をみて感じたことは二つある。一つは、序盤のYSSの62玉が相当な悪手であったことである。豊島の力に鑑みると、これで将棋は終わったといってもよい。そして、序盤の不用意な一手で瓦解するような、コンピュータ向きでないカオティックな戦型をYSSが選んでしまったことである。いい意味で、豊島は力の出しようがなかった。

もう一つは、研究の結果そういう戦型にもっていったのは、豊島の優れた策戦である、ということである。それは膨大な事前研究の成果とはいえ、豊島の孫子的、戦わずして勝つ、の老獪な戦い方も印象的であった。

このような神出鬼没的な戦い方は、屋敷にできても、森下にはどうか。すると、プロ側はよくてあと一勝ということになると思われる。

最小公倍数

user-pic
0

平均的な教養がある大人が、最小公倍数(least common muptile : lcmとも呼ばれる)のことを知らないことはないと思うが、では例えば16と18の最小公倍数は144です、と即暗算で答えられる人は多くないのではないか。いくら暗算能力があっても、アルゴリズムが分からないと計算できない。

ましてや、例えば124575と14949の最小公倍数を計算しろと言われたら、多くの人は、フリーズしてしまうのではないか。私がそう聞かれたら、コンピュータ使っていいですかと聞き、いいですよと言われたらちょっと安堵する。しかしそこからさらに困る。すなわち、私は2つの自然数の間の最大公約数(greatest common divisor : gcdとも呼ばれる)を計算する、ユークリッドの互除法は一応知っていて、ABC予想の計算でも、int gcd(int x, int y)という関数でそのアルゴリズムを使用した。でも、最大公約数は最大公約数であって、最小公倍数ではない。

ところが最近買った飯高茂著、「環論,これはおもしろい」共立出版を眺めていたら、次のような定理が掲げられていた。すなわち、2つの自然数をa,bとして、その最大公約数をd, 最小公倍数をLとしたら、ab = dL。これをみてへぇ、と思った。今までこの定理を全く知らなかった。この定理があれば、最大公約数がもとまると、コンピュータで最小公倍数を計算するのは自明となる。

でも証明はどうやんのと思っていたら、その本に素因数分解を用いるとある。そこでそれだけのヒントから自分で証明を考えてみた。以下のとおりとなる。

aとbをそれぞれ素因数分解すると、以下のようになる。ここで、pi、qiなどは素数である。
a = Πpiri
b = Πqjsj

そこで、abを計算する。ここで同じ素数はまとめて、改めてqjをpiとする。
ab = Πpiri+si

ここでpiは、aとbのどちらかに属する素因数をもちよったものである。なので、例えばpjがbの素因数でないなら、sj = 0とおけばよい。このような準備をすると、以下の式もすぐ理解できる。

a,bの最大公約数d = Πpimin(ri,si)
a,bの最小公倍数L = Πpimax(ri,si)

すると、dLは以下のとおりとなる。
dL = Πpimin(ri,si) + max(ri,si) ところが、min(ri,si) + max(ri,si) = ri + siなので、dL = abが示された。

そこで、この結果を用いて、124575と14949の最小公倍数を計算してみよう。上記gcdをこれらの値を代入して呼び出すと、gcd(124575,14949) = 4983。すると、最小公倍数は、124575×14949÷4983 = 373725となる。

ただ、現実問題、最大公約数はときどき計算するが、最小公倍数の計算というのはほとんど出番がない。少なくとも私は想像がつかない。ここらあたりにも最小公倍数のとっつきにくさの原因がある。

最初に知り合いから、ジェフリー・ディーヴァーの小説を薦められたとき、なんとなく読む気がしなかった。それは私の翻訳小説に対する偏見というか食わず嫌いもあるかもしれない。

別の理由もあって、それは、絶賛されて薦められたスティーブン・キングのミステリー小説が、いまいち私の感性にあわなかった、というのもある。なんか、妙な薀蓄というか脱線が多すぎるのである。一方、今野敏の「隠蔽捜査」など、すっきりしていて、日本料理的で好みに合った。

それでジェフリー・ディーヴァーは、どうみても今野敏的であるよりもむしろ、スティーブン・キング的だろうと勝手に決めつけて、読まないで静観しておいた次第である。ところが、古書店でディーヴァーの「スリーピング・ドール」をみつけて、あるいみおっかなびっくり読み始めたら、これが最高に面白くて、一気にのめり込んだ。ディーヴァーはもちろん、今野敏とは違うが、スティーブン・キングとも全く似ていない。

どう違うかうまく言えないが、スティーブン・キングはストーリーを、自分が書きたいように書いている。自分が面白いのだから、読者も面白いに違いないみたいな、いい意味の思い込みがあって、それはそれでいいと思う。一方、ジェフリー・ディーヴァーは、自分で面白がっていないというわけではないが、どうやって読者に受けるか必死で考えているように思われる。昔流行った言い方を借りると、customer firstというところか。

そう書くと、ジェフリー・ディーヴァーのストーリーは作為的で人為的で、受け入れがたいという感想なのかと聞かれると、まあそういう面もなくはないが、それにもまして、仕組まれたプロットが見事で、感心の方がうわまっている、というのが私の本音である。

さて、ソウル・コレクター。犯人は、入手可能な膨大なデータを駆使して、ターゲットとなる犠牲者に近づく。ここまで書くとどうしても、ディーヴァー作の青い虚空との類似点が気になる。実際、青い虚空では、犯人は社会工学(social engineering)と称して、ウェブをハッキングすることでターゲットとなる犠牲者の趣味や交友関係などの情報を徹底的に集めて、旧知の知りあいのようにターゲットに近づくことで安心させる。

そこまではソウル・コレクターも同じなのだが、ソウル・コレクターの犯人のデータ・ソースは、単なるネットのハッキングだけでなく、今流行のビッグ・データ。すなわち、サーバに格納されているビッグ・データには、単なる個人のプロフィールだけでなくクレジット・カードの購買記録、訪れた店や場所、犯罪履歴など、ありとあらゆる情報が格納され、よって、ソウル・コレクターは、情報の厚みにより、青い虚空の犯人よりはるかに手強く、ライムとサックスも崩壊寸前まで追いつめられる。

ただ、意図的にディーヴァーが伏線を最初から張っていたので、どんどん返し度は今までの作品ほどではないにしても、「すべてを知る者」として情報を武器にした攻撃の迫力は半端ではなく、最後まで緊迫の連続だった。

読み終えて、当たり前の感想かもしれないが、ビッグ・データは危険だと感じた。最近特に、ウェアラブル・コンピュータなどで、生体情報をリアルタイムに24時間記録して、それをサーバに蓄積しておけば、健康管理にも利用できるなどと喧伝されているが、私はついそこに、まがまがしいものを感じてしまう。少なくとも私は、あまり生きていたという痕跡なくこの世を去りたい。といいつつ、こんなブログを書くというのも矛盾であるが。

ソウル・コレクターの末尾には、付録としてディーヴァーと、ディーヴァーのファンという児玉清氏の対談が掲載されていた。児玉清氏が、小説というのは面白くなければならない、そういう意味でディーヴァーの作品のあまりの面白さに憧れた、という感想が俳優らしくて面白かった。

そこで述べられているディーヴァーの作品づくりについて記してみる。すると先ず、作品をつくるに当たって、膨大な量の取材をするという。ここまでだと、多くの作家が採っている方法と同じである。しかし、凝り方が半端ではない。例えば、ある作品のためだけにウェブサイトを立ち上げたりする。

より詳しくいうと、約7ヵ月かけて朝から晩までフルタイムで梗概を書く。それを紙に書き出すと140ページほどになる。これには誰がどこで登場して、どこで死に、どこでどんどん返しが入るかも全て記述する。

ディーヴァーの作品の一つに登場人物の多彩さがある。これは、日常的に街やホテルなどで人間を観察することにより養う。

戻って、約140ページの梗概が出来上がると、ディーヴァーはこれに基づき、1~2ヶ月で一気に作品を書き上げる。しかしこれで終わりではない。原稿を出版社に渡した後、なんと十数回も推敲を繰り返し、担当編集者は音を上げてしまう。こんな我儘が許されるのは、ディーヴァーがベストセラー作家で巨大な利益をもたらすからであろう。

ここまでみてきて、ディーヴァーは作品を面白くするためにものすごい努力をしているように思われる。実際本人も、自分のためよりもむしろ、読者にために書いていると公言する。

このような作品作りだと、1年に1本くらいしか書けない。今野敏がデビューして20年くらいで100本以上の作品を書いたと言っていたのと比べると、1/5程度寡作ということになるが、その分ディーヴァーの作品は密度が高いということになる。

ある囲碁の一流棋士が、次のように言っていた。最近は将棋ソフトが強くなって、プロ棋士でもなかなか勝てなくなってきている。しかし、囲碁ソフトはまだ四子でプロといい勝負で、アマトップにも達していない。囲碁の方が局面が広くて、コンピュータにも手に負えないからであろう。それで、私が生きているうちにコンピュータがトップ囲碁棋士を負かすことはないように思える。

それを聞いて私はムッとした。なぜなら、囲碁の方が将棋よりも複雑で優れたゲームだといわんばかりだったからである。このように思いたい気持ちは分かるが、その手の発言は少なくとも公的にはしない方がよい。

実は全く同じような発言を、20世紀末に、将棋の棋士がチェスに対してしていた。すなわち、チェスと違って一旦取った駒を使える将棋は、チェスよりもはるかに変化が多くて、コンピュータに簡単に手におえるとは思えない、みたいな感じである。

ここで二つのことを指摘しておきたい。第1に、ゲームの場合の数の多さは、ゲームの優秀さと関係ない。習得しやすさとも関係ない。例えば、将棋よりチェスの方が短期間で強くなれるとは限らない。また、面白さというは主観的で、もしチェスが変化が少なくて人間にとってつまらないゲームだとしたら、もうとっくに廃れているはずであるが、そうなっていない。

第2は、アルゴリズムの威力である。例えば、あるリストにある物品があるかどうかを調べるには普通に考えると線形探索して、端から端まで順にみていくよりない。これが人間が普通に考えることである。ところが、一旦ソートして二分探索すると、log2 nで探索できる。格段の違いである。一旦ソートする手間はどうなのかということにはなるが、それは一度だけでよいので措いておいて、ちょっとの工夫でnがlog2 nになるアルゴリズムによる改良は、人間の想像をはるかに超える。囲碁の方が局面が広くて、コンピュータにも手に負えないからであろう、などというのは線形探索のナイーブな世界観で生きている。そもそもがゲームの場合の数とは独立に、人間の読める範囲なんて知れている。その有限の範囲を見通して、ある種のヒューリスティックを入れて闘っているに過ぎない。

それで私は、囲碁の方でも、あと数年もあればコンピュータが人間を凌駕するのでは、と予測する。そもそもヨセの正確さでは今でも人間はコンピュータに勝てないらしい。まあでも人間を凌駕するためには、委細を尽くしたモンテカルロ法以外にも何か画期的なアルゴリズムが必要かもしれない。

と思って、「コンピュータ囲碁」共立出版を眺めていたら、著者の一人がYSSの山下宏氏なのだった。豊島七段との対戦が楽しみである。

電車読み

user-pic
0

ここで言う電車読みというのは、電車の中の吊り広告を、眼を皿のようにして読むことではない。そんなことをしても人生、幸せになれない。

私のいう電車読みというは、電車の中で静かに本を読むことである。もっと言うと、電車の中で本を読むことに無上の価値を与えることである。

例えば私は、正月に家にいて、テレビを観てもろくな番組がないので、駅までいって電車に乗った。当然にカバンを帯行し、その中には数冊の本が入っている。なにしろ通勤定期があるので、最寄りの駅から新宿まで乗り放題である。

最初の頃は、新宿駅についたら、そのまま降りないで、また下り方面の電車に乗って最寄りの駅まで戻った。そのとき発見したのは、新宿駅で一旦降りないで、定期で最寄りの駅まで戻ると、定期がエラーになってしまうことである。なので、例えば私は、一駅を歩いて、最寄りの駅より一つ新宿に近い駅から乗って、最寄りの駅に戻ってくるようにした。

それはともかく、折角毎日長時間電車に乗って通勤するので、私は電車では集中して、且つ楽しんで読書をするようにした。どれくらい集中しているかというと、周りの人がいても気にしないで、いい意味で孤独に浸れる。そうはいっても、よほど疲れたときは寝たりする。

このため、電車では必ず座るようにしている。そんなことができるのかと怪訝になる向きもあるかもしれないが、先ず朝は6時台前半の時間の各駅停車に乗ることで、ほとんど100%座っている。帰りも各駅停車、あるいは何本か待って新宿から急行に乗ることより、ほとんど必ず座って帰っている。

このような状況だと、通勤電車の時間が、時間をして輝かしむる(let time glitter)とでもいいたくなる。ただときどき困るのは、小さいお子さんが騒ぐことである。私は子供は嫌いではないが、黄金の時間を邪魔されるのは辛い。よってもしお子さんが泣いたり騒いだりするなら、躊躇なく別の電車に乗り換える。そこでは座れないことが多いが、それでも集中して本が読めるなら、大して不満でもない。

子供よりさらに困るのは、マナーの悪い人である。ときどき些細なことで別の乗客に噛みつく人、あるいは精神的におかしいのか延々と独り言をつぶやき続ける人がいたりするが、このときも私は直ちに電車を乗り換える。

このように通勤時間を輝かせることに優先順位を置き過ぎると、会社の勤務時間よりも通勤時間の方が重要になる、という逆転現象が起こる。それはレーザーの負の温度の概念にも似ていて、人生のレーザー発振の始まりである。私の場合は人生を楽しく生きるためにはこういうほんのわずかな倒錯を必要とするようである。

私は太平洋戦争の戦史も含めて、昭和史が好きなので、2.26事件にも興味がある。それで、2.26事件の首謀者かもしれない?北一輝にも興味があるので先ず、定番の松本健一著「北一輝論」講談社学術文庫を買い、それを読まないうちに川合貞吉著「北一輝」新人物往来社も買った。

ところが気まぐれな私は、このどちらの本も、なかなか読む気になれない。そういう放置が数ヶ月たったとき、古書店でたまたま、松本清張著「北一輝論」講談社文庫を見つけて心が騒いだ。しかし、一回目のチャンスは見送る私は、そのときは買わないで帰った。

それから1週間後、その古書店を再び訪れた私は、松本清張著「北一輝論」講談社文庫が売れないで残っているのを確認して、すかさず買った。そして、自宅に帰ると、いきなりその本を読み始めた。何しろ、読みやすさで天下一品の松本清張である、北一輝について分かりやすく解説してくれて、この本を読んだあと適宜、松本健一や川合貞吉の本に進んで、知識を広ければよい。ともかく松本清張の本が触媒の役割を果たしてくれると期待した。

ところがである、「国体論」の粉本、史的「乱臣賊子」論、明治天皇と天智天皇、と章が進んで、天皇に対する尊重があるようなないような、矛盾があらわれてきて、理解不可能になった。もともと北一輝の思想が矛盾に満ちてたのかもしれないが、松本清張は、北一輝の著書の思想に密着しすぎ、矛盾に引き回され、異様にくどく批判するので、もう止めてくれと言いたいくらい読みにくい文章になってしまっている。もしかして、松本清張ともあろうもの、時間がないので未消化のまま書いたのだろうか。

松本清張著「北一輝論」を読んで思い出したのは、ヘーゲルの「精神の現象学」である。といいつつ、松本清張の「北一輝論」はなんとか111ページまで読み進めてそこで力尽きたが、ヘーゲルの「精神の現象学」は確か3ページで討ち死にした。でもここにきて、ヘーゲルさん、あんたも混乱して書いたのかい、と絡みたくなった。

ともかく、ここにきて、分かりにくく書く才能は誰にもある、ということが分かった。それをみんな必死の思いで払拭して本にしてるのだ、ということも。

手配師

user-pic
0

かつて隆盛した企業が、すっかり落ち目になる、ということはよくある。例えば、米国でいえばGMであったりする。その原因は何かというと、一つには高コスト体質であって、分かりやすくいうと、あまり実質的仕事をしていない人達に高い給料を払っている、ということである。

なぜあまり実質的仕事をしていない人達に高い給料を払うかというと、組織の体質がビューロクラティックになると、コードを書いたり、特許明細書を書いたりという実務を担当するよりも、実務をする人に仕事を頼み、あるいは依頼する、いわゆる手配師が幅を利かすことになるからである。

手配師が幅を利かすようになる理由は簡単で、沢山の仕事をこなしている体裁をつくるためには、自分で仕事を担当するよりも、アウトソースして手配師になる方が効率がいいからである。

私が知っているある会社でも、SEといいつつ、やっている仕事はパワポでプレゼン資料をつくるばかりで、コードは書けないし、製品知識は通り一遍だったりする。そして外部のソフトウェア会社に対して態度がでかく、やたら注文が多い。顧客から何か要望がきても、単に、外部のソフトウェア会社に要望を投げるだけである。

そもそも、そのような手配師に大したスキルが必要とは思えない。電話やメールで依頼するだけだからである。そのくせ、年功で随分年俸がよかったりする。まさに高コスト体質絶好調である。

ところで、コンピュータというのは、本来ハードウェアがあって、その上にソフトウェアが乗っかるものであって、あくまでもハードウェアが主で、ソフトウェアが従である。そのため、昔からコンピュータ・メーカは、ディスプレイ、メモリ、CPU、ハードディスク、光ディスクなどのいわゆるハードウェアを内製してきた。なぜなら、そうすることで、ハードウェアに関するノウハウを維持し、今後の性能向上も図ることができるからである。

ところが、ハードウェアを内製するためには、工場などの設備投資が嵩み、特に高コスト体質の下では経費が耐え難いものになってくる。するとどうするかというと、事業分割という形で、ある製品を作っている工場とそこの従業員をセットで他者に移管してしまう。一時的に、結構高いお金を払ってもらえたりする。

そのようなことをすると、社員が減って人件費が削減されるので、コストが下がるが、優秀な社員を失ったり、残った社員もモラールが下がったりして、利益を上げられなくなるので、再び業績が低下する。そして別のハードウェア部門を売却したり事業分割する。こうして、いよいよソフトウェアやサービスの部門しか残らなくなる。

ところが、物と違ってソフトウェアやサービスに高いノウハウを籠めることは難しい。付加価値の高いソフトウェアやサービスを提供しようとすると、分野を特化して、内製することが必要条件である。なぜなら、アルゴリズムやデータ構造まで自分たちで案出しないと、他者のソフトウェアやサービスに対して差別化できない。ソフトウェアで成功するためには、マイクロソフトのように巨大なスケールメリットを築くか、マスワークスのように他社の追随を許さないノウハウの塊りのようなソフトウェアを作るかのどちらかである。

しかし、手配師が跋扈する会社では、そんな地道なノウハウなど見向きもされない。派手は社内イベントや、外部委員会や、学会活動で名前を上げ、有名になった手配師たちが組織を牛耳っているので、手配師による、手配師のための組織を作り出してしまう。

そのようになった会社でもなんとか生きながらえられるのは、過去の内部留保があるからである。すなわち、過去の資産の切れ目が組織の切れ目となる。

これは特定の会社のことを言っているわけではない。該当する会社は世間に山ほどあるだろう。なぜなら、手配師や評論家になるのは、無責任で、年俸もよく、とてもお気楽な商売だからである。実績なんて、スキルなんて、どうでもいいのである。社内政治と、世間に対する知名度を維持できるなら。

欠点主義

user-pic
0

世間でよくあの人は、優秀だけどこんな欠点がある、という言い方をする。しかし私は最近、こんな寓話を考えてみた。

人間は生まれてくるとき、神様の前で打ち合わせをする。そこにはいろいろな能力を表すチップが置いてあって、そこにあるチップに対応する能力をもって生まれてくることになっているので、人間はできればすべてのチップをもったまま生まれてこようとする。

しかし神様は、そのうちの何枚かのチップを捨てなさいという。それは美貌であったり、人望であったり、数学の能力だったりする。あまりに強く言われるので仕方なくまあいいか、と数学の能力のチップを捨てたとする。すると確かに数学が苦手な人間として生まれてくるのだが、神様はその報いに例えば、絵画の能力を授けてくれる。

私が考えたこの垢抜けない寓話は、欠点こそが人間のコアで、役に立つ能力というのは、欠点の裏返しとしてしかあらわれてこない、という私の信念に基づく。

この原理をもってすると、就職の面接ではまず、君はどんな欠点があるか、と聞かれることになる。そう聞かれて、なんと意地悪な質問と思いつつ学生は、ええと、僕はなんでも器用にこなせるのが特徴で、そんな大した欠点はないと信じています、と応える。するとその学生は間違いなく落とされる。

ここでのありえる一つの回答は例えば、ええと私は、整理整頓が苦手で、絵を描かせても下手で、映画にも興味がないんです、というものである。すると面接官は、おおっ、なかなか筋のいい欠点ではないかと認識し、ある程度の数理的能力を想定する。そして、プログラマとして採用しようかと次により具体的質問をする準備に入る。

私がみるところ、このように自分の欠点を正直に言えること自体、相当な能力を示唆する。しかし、偉大な欠点を伴わない偉大な能力はないのだから、実際問題として、どんな欠点があるかをきちんと申告する面接がフェアでよいと思う。

が、今の時代、自己宣伝のスキルも重要視することになってくると、面接で自分の欠点を正直に話すことはなくなる。結局、欠点主義というのは、人間の本性に背き、この世に相容れないようである。

電王戦第1局が終わったあと、次に登場する、やねうら王のことをWeb検索していて、気になる情報があった。すなわち、コンピュータ将棋選手権に出場したやねうら王には動作不安定になるバグがあるからと、作者がバグを修正したバージョンを佐藤紳哉 六段に提供したところ、どうも思考ルーチンまで手が加えられていて、実質的に強くなっていたので佐藤六段が抗議したという件である。

それでも、本番でハングするなどのトラブルが起きてはいけないので、この改良したやねうら王で電王戦を戦うことに、将棋連盟と作者と佐藤六段とで同意していたところ、いろいろと横やりが入って、ドタキャンで旧バージョンのやねうら王がやはり、電王戦に出場することになった。

なんとも味の悪い経緯で、佐藤六段としては落ち着かない雰囲気で電王戦に臨むことになったが、そんな様子はおくびにも出さないのは流石であった。

対戦は、やねうら王の先手。私は旧バージョンってハングするバグがあるんじゃなかったっけ、と懸念した。ハングしたら多分負けになるのだろうが、人間だってそんな勝ち方はしたくないだろう。

そんな懸念をよそに、やねうら王はいきなり▲16歩、ちょっと不穏な動きである。そこから、△34歩、▲76歩、△84歩にさらに▲15歩と付き越し、挑発した。そして△85歩に▲77角。△同角成とする手はもちろんあるが、佐藤六段は挑発に乗らず△42玉、それで▲68銀となって、穏やかな流れになった。その後、先手が平凡な四間飛車、後手が居飛車穴熊と極めて普通のかたちに戻った。

先手は56銀形なので角頭が弱い。そこで佐藤六段は、△86歩とした。▲同歩ならそこで△45歩で決戦である。ところがやねうら王はなんと、▲同角とした。佐藤六段がそこで△75歩とすると、▲25桂がいい手だった。こうなるなら△86歩のところ先に△75歩だったかもしれないが、それだとまた別の変化である。

結局、やねうら王は25桂を犠牲にして、その間▲74歩と角筋を通し、▲64歩、△同歩、▲65歩、△同歩に、▲64歩が意表をついた。それに△83飛と受けたのがどうだったか。▲73歩成が人間が気づかない好手で、△同飛、▲65飛に△78飛成と63にと金づくりを許し、このと金が53銀と43金を取る間に先手玉の端から綾をつけて、ぎりぎりの勝負になった。流石の佐藤六段の踏込である。

と金が53銀と43金を取ったのだから先手が圧倒的な優勢かと思ったら、かなり微差らしい。それで佐藤六段は必死で迫るのだが、いかんせん時間がない。序盤で時間を使いすぎたのである。

それで、最後に佐藤六段が間違えて、まさにぎりぎりでやねうら王が勝った。なんとコンピュータの二連勝である。一体今回は、人間は勝てるのだろうか。次回はいよいよ、天才。豊島の登場である。豊島七段は、強くなるために電王戦の出場を申し込んだと平然という。実際、最近電王戦にそなえてコンピュータで鍛えているので、本番も調子がいいとまでいう。

そういえば一週間前に習甦に負けた菅井五段は、その後の棋聖戦で、佐藤天彦という脂っこいところにきっちり勝っていた。すると豊島七段がいうように、コンピュータと対戦して準備することは、棋力向上に意味があることになる。まさに大リーガー養成ギブスといったところか。

ところで、今回の電王戦から採用された、デンソーの電王手君であるが、第一局では特にトラブルがなかったのに、第二局では数回、フリーズしたように動作が停止したことがあり、関係者をやきもきさせた。ロボットが指すという趣向も確かに面白いが、ダミーとはいえ人間が指す方が安心してみていられる。代指しを公募したら、アマ強豪など沢山応募があるのではないか。

なぜか分からないが、最近、ジェフリー・ディーヴァーの小説の掴みをちょっと弱く感じてしまったりする。例えば、「石の猿」がそうだった。中国人の不法入国の話題は私にはありふれていて、興味をあまり引かれない。しかし、途中から、ニューヨークのチャイナタウンを舞台にしたオリエンタリズムと、ゴーストの血も涙もない犯罪の織りなすストーリーに魅了された。

そして、「12番目のカード」。黒人の女子高校生、ジェニーヴァ・セトルが理由なく命を狙われるというのはミステリアスであるが、やはりちょっと掴みとしては弱い。

しかし、ジェニーヴァの先祖で、140年前の解放奴隷の先祖、チャールズ・シングルトンの話題が登場し、公民権運動もからんできて、次第に興味が深まっていく。

そういえば、事件の舞台はニューヨークの山谷?、ハーレムなのだった。この本によると、ある意味ハーレムよりもブロンクスの方が治安が悪いというが、外資系の会社にいたとき知り合いになった女性のMさんは、ブロンクスの出身なのだった。私がブロンクスって安全なのか、と余計なことを聞いたら、別に事件なんてなにもないわよ、と睨まれてしまった。そういえばMさんが日本に出張できたとき、私が鎌倉など案内したのだが、そうやって女性と二人きりで行動しているのは家内に誤解を与えると思って、相模大野のレストランで家内を呼んで三人で食事したことがあった。すると、家内とMさんが意気投合してほっとした。二人は同い年なのだった。

戻って、ジェニーヴァの追手は複数人いて、どれも手強い。みんな二重三重の仕掛けをしてくる。それを、リンカーン・ライムの推理が切り崩していく。

そんな中で、最初は単なる枕詞のようだったチャールズ・シングルトンと、その子孫ジェニーヴァの関係が次第に浮彫にされてきて、プロットの絶妙の収束へと向かう。

ジェフリー・ディーヴァーのどんでん返しはもう沢山出会ったが、最も壮大な、あるいは最も華麗などんでん返しで、絶妙の読後感なのであった。

マレーシア航空機消息不明の後、なかなか意味のある続報がないと思っていたら、やっと毎日新聞の記事に、マレーシア航空機の捜索の情報があったので、引用しつつコメントする。

航空機の捜索に参加しているオーストラリア海上保安局(AMSA)は20日午後、首都キャンベラで記者会見を開き、インド洋で発見された同機と関連する可能性がある物体の詳細を明らかにした。豪空軍や米海軍の哨戒機など計4機が確認作業を進めたが、この日は発見できないまま捜索を終えた。

AMSAのジョン・ヤング緊急対応部長は、「複数の衛星写真を分析した結果、(マレーシア航空機の)残骸である可能性がある」と指摘。場所は豪州西部パースの南西約2300キロの海上で、発見された物体は二つ。大きな方は長さが24メートルあると明らかにした。

この物体が残骸だとすると、同機がこの地点で燃料切れを起こして墜落したとみる専門家もいる。マレーシア当局などは、残骸を発見することで不明となった原因解明に直結するコックピットの音声や飛行データを記録するボイスレコーダーとフライトレコーダーの回収を急いでいる。

なるほど、不明のマレーシア航空機は、空中で爆破されたのではなく、なんらかの理由で別の航路をとり、飛び続けるうちに燃料切れに陥り、墜落したようである。それにしても、オーストラリア西海岸から約2300キロの海上というのは、もともとの経路であるベトナム沖とは真逆の経路である。一体何があったというのか。

ところで、前の記事で私は、大韓航空機爆破事件のことを思い出したと書いたが、当然に似たようなことを考える人はいるものである。それにしても、なんと韓国では、この事件のコメンテータに、大韓航空機爆破事件の犯人の一人、金賢姫が呼ばれたそうで、いくらなんでも当時の事件の被害者の遺族が韓国内に沢山いるのに、と驚いた次第である。大韓航空機爆破事件では確か、事件から数週間でインド洋で残骸が見つかったが、今回はどうか。

機体の残骸が見つかったとしても、既に漂流している可能性が高く、実際の墜落場所を特定するのは容易ではない。2009年6月にエールフランス機が大西洋に墜落し、乗客乗員228人が死亡した事故では、フランス政府が原子力潜水艦まで使ってフライトレコーダーとボイスレコーダーを捜索し、回収できたのは約2年後だった。

なるほど、2年もかかることがあるとはと思うのだが、深海に沈んでしまうと、広い海だと困難を極めるのだろう。それにしても問題は、行方不明になった原因である。毎日新聞の記事には以下のようにある。

一方、マレーシア機が不明になった原因を巡り、焦点は操縦室内で何が起こったかに絞られている。同機が民間レーダーから消えたのは8日午前1時半ごろ。同1時21分には機体の識別番号を送る「トランスポンダー」が切られていた。米メディアは政府高官の証言から、何者かが操縦席で飛行ルート変更のプログラムを入力した可能性が高いと指摘する。機体はルートを外れ同2時15分には、マレー半島を横断したマラッカ海峡上空で軍のレーダーから消えた。

同機失踪直前の操縦室の様子を探る数少ない手がかりの一つは、航空管制と最後に交わされた無線通信だ。マレーシア航空によると、同1時19分、副操縦士(27)と思われる声で「了解、おやすみ」と連絡があった。マレーシア当局は16日、この会話が地上との交信装置「エーカーズ(ACARS)」が停止した後だと発言。副操縦士が異変を知りながら会話をしていた可能性が浮上したが、翌日の会見では「エーカーズが停止した時間は不明だ」と修正。しかし、米CNNは19日、捜査関係者の話として操縦席での飛行ルート変更が最後の会話の「少なくとも12分前」だったと報じ、再び副操縦士が異変を知っていた可能性を指摘し、情報が混乱している。

これによると、ハイジャッカーがなんらかの手段でコックピットに侵入したと思われるのだが、それなら、ハイジャッカーがどこかの空港に着陸するように誘導するはずで、どう考えてもハイジャッカーの言うことを聞くよりも墜落の方がまし、ということはないはずである。まさか9.11のように、どこかの施設に突入するように命じられたわけでもあるまい。

私が今までに聞いた説として次のようなものもある。

  1. パイロットに精神的疾患があって、自殺を試みたという説。しかし、いくらなんでも、そんな壮大な「無理心中」を試みるものだろうか。
  2. 航空機を奪うため、どこかの空港に着陸させ、乗客乗員を降ろさせ、全員を殺害したという説。これもすさまじいが、そこまでするインセンティブは何だろうか。

他にも別の大韓航空事件のように、領空侵犯してどこかの国の戦闘機に撃ち落されたというのも私は考えたが、それなら延々とオーストラリアの西の海まで飛んでこれるわけがない。

こうして、流石に9.11よりは地味にしても、現時点で航空機事件史上、最も謎に満ちた事件の一つなのではあるまいか。

人間の成熟

user-pic
0

最近、ちょっとした用件で、20年近く前に書いた自分のプログラムのソースコードを眺めていたら、アルゴリズムが拙劣だったり、コメントがなくて可読性が最悪だったりするのは今も同様なのだが、力任せに書ききっている箇所もあって、ああ昔は馬力があったのだなあと、つい歳を感じた。私は若い頃から決して食は細くないのだが、今日なども、朝食に好物のカレーパンをかじったら、半分で満腹してしまい、残りの半分は明日食べることにした。それでは頑張りが利くはずもない。

このように、若い頃に比べてとみに衰えを感じる日々なのだが、いくらなんでも、大学を卒業して就職した23歳の頃に比べて少しは賢くなった点があるのではないかと長考してみた。しかし、どうもあまり思いつかない。

それでも無理やり挙げるとしたら、それは世間の評判というものがいかにあてにならないか、ということを知ったということかもしれない。私が最初に入った会社は、あまり世間に名が通った会社でなかったせいもあって、世間的な意味で立派にみえる人がほとんどいなかった。それで、評判と実力のギャップということを考える必要もほとんどなかった。

それが25歳にして転職し、花の東京に出てきてからは、ここは日本の中心だから、世界に冠たるような人もいるだろう、そういう人とも出会えるだろう、と胸を膨らませた。その頃も今も、私は抜けるような秀才・天才が好きで、いつでも憧れている。

案の定、大手の外資系に再転職してからは、有名大学卒の弁理士だの、工学博士だの、米国本社でもバイス・プレジデントを兼ねる役員だの、目を瞠るような肩書きの人達と出会って、ミーハーな私は胸をときめかせる日々だった。

ところがその外資系に入手してから管理職に登用されると、その肩書きを尊敬するような人達と直接会話する機会が増えた。そして、一部の人と話すとき、微妙に違和感を感じるようになった。どのような違和感かというと、妙に現実から遊離しているのである。

そこで、会話を続けると、有名人といえども、細かい実務が全く分かっていないことがわかった。それは落胆させることだったが、もっと落胆したのは、私でさえも見抜けることを見抜ける人が意外に多くない、ということだった。

それはなぜなのかと考えてみると、みんな上昇志向であるがゆえに、実務をおろそかにしていて、それゆえに他人の実力を測ることができないのだった。そこで私は、実際にプログラム・コードを書いたり、管理職ながら、特許の意見書を書いたり、日々部下の意見を聞いたりして鍛錬した。

ところがそういう努力をすればするほど、周囲から浮き上がり、上司に疎んじられるようになった。今にして思えば、もう少し上司に阿るべきだったが、どうも直球勝負を続けすぎたらしい。

こうなるくらいなら、いくらでも変化球でかわす手もあったと悟ったがもう遅かった。そしてさらなる反省は、地位の高い人を、その地位の高さゆえ信じてしまい、本音で相談してしまったことだった。

私の意見具申の内容は、マネジメントの方針とは相いれず、私が部門の中心的役割から外れていくことが決定的になった。

それで懲罰のような人事の後で考えた。どうも世間というのは、実際に有能であることよりも、有能にみえること、信頼できるようにみえること、追従、そして単なる人間的相性のようなもので動いているようであると。

そう思ってみると、単なる人気取りや、ゴマすりのようなことに終始している人も目に付くようになった。平然と嘘をついて誤魔化す人も少なくないことも分かった。そして、そのような不誠実なことをしても、なんの天罰も下らないことも。

それは、私がいた会社が伏魔殿だったからなのだろうか。それでも私は、みんなにペースをあわせることができなかった。田舎者のだささを捨てず、無骨に努力した。いよいよ上司には相手にされなくなった。

そして最後に分かったのは、そういう無骨な努力の方針も悪くない、ということである。それは確かに辛い。棘の道かもしれない。しかし、平均的な忍耐力があれはなんとかなる。当時はかろうじてブラック企業でなかったからだろう。

こうして私が想定する人間の成熟とは、ああなんとか人生を直球でやってきたのに、ともかくここまで生きられてよかった、と安堵することである。もっと酷い会社にいたら生きていけなかったかもしれない、と悲観してみてみることである。間違っても若者に、分かったようなことを言ってはいけない。若者に相手にされなくても落胆してはいけない。

そうして静かに人生を去る日に向けて、煩悩を枯らしてゆく日々であるべきなのだった。

毎日新聞の記事によると、大野宗祐・千葉工業大上席研究員が、恐竜絶滅の原因は隕石衝突の影響で降った硫酸の雨であるという新説を発表したという。以下、引用しつつコメントする。

恐竜絶滅:新説...原因は隕石衝突の影響で降った硫酸の雨

約6500万年前の恐竜絶滅は、巨大隕石(いんせき)衝突の影響で強い酸性雨が降ったことが原因だとする新説を、大野宗祐・千葉工業大上席研究員(惑星科学)のチームがまとめた。硫酸の雨で海の植物性プランクトンが死滅し、食物連鎖が崩壊して頂点に立つ恐竜が生存できなくなったという。9日付の英科学誌ネイチャージオサイエンス(電子版)に発表された。

恐竜の絶滅は、隕石衝突でちりなどが巻き上がり、太陽光が遮られて大規模な気候変動が起きたためとする説が有力だった。しかし、太陽光が遮られた期間は長くても1カ月程度で、大量絶滅は起きないのではないかとの見方があった。

チームは、高出力レーザーで金属を秒速15-20キロに加速させ、岩に当てて隕石衝突時の高温、高圧力状態を再現。隕石が落ちたメキシコ・ユカタン半島の岩石には硫酸塩が3割程度含まれ、衝突によって三酸化硫黄として大量放出されることを突き止めた。

新説というから、どんな説かと思ったら、要するに恐竜隕石滅亡説の一種にすぎないようである。ただその原因が、粉塵が太陽光を遮ったというよりも寧ろ、隕石落下の結果生じた硫酸雨が海中の生物を死滅させ、食物連鎖を破壊した、ということなのか。

粉塵が太陽光を遮ったという説に対して特徴的なのは、硫酸塩を含む岩石の存在の必要性である。すなわち、そのような種類の岩石が身近にないと、硫酸雨の発生につながらない。

それでも、このローカリティはむしろ、恐竜は滅びたけど結構な人類が生き残ったり、UMAとして知られる恐竜が山の中にある湖なので生き延びているかもしれないことは説明するのかもしれない。

一人二役

user-pic
0

ジェフリー・ディーヴァーのコフィン・ダンサーを読んでいると、出てくる殺し屋が、例えば、「新兵、あのターゲットを撃てるか?」、「イエッサー、こう構えて腰を落として撃つであります。」とつぶやくみたいな会話のシーンが出てくるが、これは殺し屋が内心で自問自答しているだけである。

殺し屋に対して内心で指示しているのは、フロイト流に言うと、スーパーエゴなのだろうか。実はその殺し屋は、子供のとき、まさに軍隊式に父親から銃の扱いなど、決定的に仕込まれたのであった。なので、内心で指示しているのは、スーパーエゴというよりも、父親に仕込まれた記憶なのかもしれない。

実は私も似たような経験がある。大学時代、みんなが遊んでいるのに、私に勉強を強いる何者かが精神に巣食っていて、それを私は当時、内なるファラオと呼んでいた。なぜファラオなのかさっぱ分からない。なぜなら私は特にエジプト文明が好きでもないし、知識もなかったからである。

ともかく、ファラオの命令により仕方なく勉強していたら、まるで今のウクライナのように、内心で何かがクーデターを企て、ファラオが追放された。その後私は、ピタッと勉強しなくなった。その後、ファラオの一味は地下に潜伏し、ときどきゲリラ活動し、それに従い、私は少しずつ勉強するようになったが、如何せんそのとき私は学生でなくサラリーマンになっており、会社を辞めて大学院を目指すなんて根性もなく、合間に気分転換で勉強する程度だった。

ともかく最早ファラオが政権を握ることはなくなったのだが、最近特許調査の仕事をするとき、仕事が多くて期限が厳しいので、あえてコフィン・ダンサーの殺し屋の真似をしてみた。もちろん武装するというのではない、一人二役の会話を内心でしてみる、ということである。それは例えば次のような会話である。

「おい新兵、この調査項目のところはなんとか今日中に調査を完了するんだぞ、いいか。」「サー、それは無理であります。」「馬鹿もん、期限まであと何日だ。」「三日であります。」「それだと、本官の指示どうり処理しないと無理だろうが!」「はっ、分かりました。なんとか敵陣突破します。」みたいなやりとりである。

これをいちいち口に出したら、確実に会社を首になるか休職を命じられる。しかし、内心の一人二役ロールプレイであるなら、なんとかありではないだろうか。実際、このように自己命令してみると、仕事がはかどるような気がした。このような内心の会話は誰でも、ある程度はしているはずであるが、ここまで意識的にやり続けると、ちょっと精神が歪んできそうで、よほど緊急性のあるとき以外、こんな方法は採らないことにした。そうでなくても、精神的にちょっとヤバいと自分で感じることがあるくらいなので。

私のSTAP細胞の記事に対して、はれほれさんやXさんからコメントを戴き、なるほどと思っていたら、それから一か月もたたないうちに、STAP細胞疑惑が炎上し、小保方氏が論文撤回に同意するまで行った。そこで特に3月15日付の読売新聞の記事に基づき、私なりにまとめてみる。

最初に出てきた疑問は、さまざまな細胞に変化する多能性をもつSTAP細胞が本当に作成できたかどうか、ということであるが、理研は当初、STAP細胞が作製されたという論文の根幹は揺るがないと主張していた。それがここにきて、第三者による検証を待つよりないと、慎重な判断の方向に転じた。

疑惑の指摘を受け、理研は先月18日から、組織内の有識者三人と、外部の有識者三人からなる調査委員会を組織し、下記の点について検討した。

  1. 細胞の画像の不自然な歪み
  2. ネズミの胎盤の画像2枚が酷似
  3. 遺伝子解析の画像に加工の疑い
  4. 他論文から盗用の疑い
  5. 実験手順と異なる記載
  6. 小保方リーダーの博士論文と似た画像

検討の結果、「細胞の画像の不自然な歪み」と「ネズミの胎盤の画像2枚が酷似」は不正なしと判定され、後の4項目は、調査を継続とした。

記者会見で、理研の野依理事長は、論文著者に対して、「ずさんで無責任。反省してもらいたい。」と強い口調で論文の撤回を求めたというが、調査継続項目が4つもあることとの整合性がとれていない。

検討項目の各論であるが、細胞の画像の不自然な歪みは、ネイチャー誌掲載のための画像処理が原因なので、問題ないとされた。

ネズミの胎盤の画像2枚が酷似の件は、不要となった画像を一枚削除するのを忘れたのだという。そこに悪意はないというが、甘くないか。

遺伝子解析の画像に加工の疑いの件は、画像を縦方向に引き伸ばして、別の画像を切り取って重ねたというのだから、問題である。しかも、これは、体内のリンパ球から、さまざまな細胞になるSTAP細胞に変化したという証拠だというのだから、論文の根底を揺るがす。

他論文から盗用の疑いの件は、結局、ドイツの論文からのコピーだと認定された。なんと疑惑、ありありではないか。

実験手順と異なる記載の件は、論文著者の一人である若山照彦・山梨大学教授が、実際とは異なる記述が論文に記載されていることに気づき、修正を申し出たという。小保方リーダーが実験の詳しい手順を知らなかったのでそのような記述になったというのだが、叩いて埃が出過ぎである。

小保方リーダーの博士論文と似た画像の件は、小保方リーダーらが画像の取り違えだと認めたという。

以上のように、あまりにも綻びが多すぎ、理研の竹市雅俊・再生科学総合研究センター長も、論文を批判した。そして小保方リーダーらに論文の撤回を求めたところ同意したが、依然としてSTAP細胞の作製に成功したとい主張は曲げなかったという。

しかし、今まで他の誰も、STAP細胞の作製を再現できていない。それで、STAP細胞の存在そのものに疑問を呈する専門家も出てきている。

驚くのは、小保方リーダーが、画像の加工をやってはいけないという認識はなかった、と言ったことで、研究者のモラルとして杜撰すぎないだろうか。

今年も待望の電王戦が始まった。去年の対戦相手はこちらのとおりで、終わってみたら阿部光瑠四段が習甦に勝っただけだった。

特に三浦八段がGPS将棋に完敗したことは、現役のA級棋士ということもあって私には衝撃的で、私は今でもその印象を引きずっている。はっきり言うと、もうプロ棋士はコンピュータに勝てないのではないか、という思いである。

そして今回の電王戦は次のような対戦となった。

  • 第一局 3月15日(土)/有明コロシアム(東京)
    菅井竜也五段(▲先手) 対 習甦(竹内章氏)
  • 第二局 3月22日(土)/両国国技館(東京)
    佐藤紳哉六段     対 やねうら王(磯崎元洋氏)(▲先手)
  • 第三局 3月29日(土)/あべのハルカス(大阪)
    豊島将之七段(▲先手) 対 YSS(山下宏氏)
  • 第四局 4月 5日(土)/小田原城(神奈川)
    森下卓 九段     対 ツツカナ(一丸貴則氏)(▲先手)
  • 第五局 4月12日(土)/将棋会館(東京)
    屋敷伸之九段(▲先手) 対 ponanza(山本一成氏・下山晃氏)

このメンバーだと、確かに1年前よりブースト・アップしている。特に若手気鋭の菅井五段と豊島七段が期待がもてる。佐藤紳哉六段も、順位戦はC2だが、竜王戦は2組であり、才能はもともと折り紙つきである。屋敷九段はA級から降級したとはいえ、三浦と同等の重みがある。あまり対コンピュータ向きでないと思われるのは森下九段であるが、去年の塚田九段よりは期待ができるだろう。

そして3月15日、菅井五段(▲先手) 対 習甦の対戦が始まった。菅井五段が先手番で中飛車にすると、習甦はあっさり五筋の位を取らせて、じっくり玉を囲った。そういう指し方は人間同士なら作戦負けになりやすいが、コンピュータはあまり意に介さないようである。この形では普通、居飛車側は43銀形をとるが、微妙に意表をついて習甦は43金形をとった。融通性がないようにみえるが、その分玉は堅い。

習甦はさらに、63銀形で、73桂は跳ねず、72飛と構えた。局後菅井は、この形は意外だったというが、そんなに意外だろうか。ともかく菅井が78飛と受けて、五筋で銀交換になった。そのあと6筋をまもるために菅井は67金と上がり、ここでは解説の鈴木八段も形勢は五分といっていたが、習甦が53銀と上がり、さらに42飛と回った構想が秀逸だった。

これに対抗して菅井は48飛と回ったが、習甦は54銀、55銀、45銀という三枚の銀を中央に集め、厚みで全局を支配し、先の菅井の65歩の突き捨てまでも利用した。

菅井が少しでも後手陣を薄くしようと53金と打ち込むのだが、52歩と催促したのが、なかなか人間が思いつかない好手で、これを同金と取るしかないようでは菅井の苦戦は誰の目にも明らかになった。

35銀で26の飛車を取られ、その飛車を自陣に下されて89桂を取られ、その桂馬を35に据えられては完全に勝負あった。菅井が完全に負けを悟って苦悶する表情が痛々しかった。

こうして習甦は、去年の唯一の敗戦の仇を、もしかして今回のメンバーの中で対コンピュータ戦に最も期待のもてる菅井から、取ったのだった。

コンピュータの指し手の手厚さ、勝負どころの強さに関しては、もう去年十分に痛感したので、今更驚かない。しかし、解説のプロも指摘していたが、去年よりもずっと形勢判断、すなわち大局観が向上していた。手の選択が大局観に基づきなされるのであれば、コンピュータは去年よりもさらに手強くなっている、ということになる。

観戦していてふと思いついたことがある。それは、自明ながら、数学と将棋の比較、及びそこでのコンピュータの関与である。すなわち、数学における、多様体の概念など、人間でなければ思いつくことができない。将棋における藤井システムなどの新戦法もそうである。ところが、数学においても特に数論など具体的な計算をしてみることが理論を支えるということはあるものの、コンピュータのそこでの役割はあくまでも支援的なものである。

一方、将棋ではどうか。画期的な戦法を思いついても、それを勝利にリダクションさせるためには、緻密な、しんどい読みを必要とする。そこにコンピュータを持ち込んだとき、到底人間の思考が敵うはずがない広々とした荒野が現出する。

例えば、B級1組での議論を再掲してみる。すると、リーグ戦であと2番あるという状況で、コンピュータの計算により6勝4敗の松尾七段にも昇級の可能性が4.3%ある、というとことが分かったが、それを人間の頭が考えて読み切ることは可能だろうか。松尾七段が昇級する勝ち星の組み合わせを作ってみることは可能かもしれないが、それを網羅することさえ、人智では相当困難である。将棋の中終盤を読み切ることは、それよりもはるかに困難で、コンピュータに一層名をなさしめてしまわないか。

こうして私は、一層悲観論を募らせていくのであった。

技術革新が進んで、航空機の信頼性、安全性が高まったせいか、飛行機事故というのはほとんど聞かないが、それでも、ヒューマンファクターである人為ミスや整備ミス、多数の部品から構成されることによる部品の不具合などにより、飛行機事故が起きる確率はゼロにならない。それにしても、1週間前に起きたマレーシア航空のMH370便のように、完全に消息を絶って、機体の残骸さえ見つからないというケースは極めて稀である。

時事通信による最新のニュースによると以下のとおりである。

【ワシントン時事】米CNNテレビは14日、クアラルンプールを8日に飛び立ったまま行方不明になっているマレーシア航空機について、米国とマレーシア両当局による情報分析の内容として、インド洋に墜落した可能性があると報じた。ベンガル湾か、より南方のインド洋に墜落した恐れがあるという。
CNNによれば、米、マレーシア両当局は、機体から人工衛星に送られた信号やレーダー情報の解析を進め、マレーシア航空機の進路を推定した。その結果、同機はマレー半島東方沖を北上する航路を外れ、西に向かって半島を横断。さらに北西のベンガル湾方面か、南西方向のいずれかに飛行した可能性がある。
複数の米メディアは、マレーシア機が消息を絶った後も約4時間飛び続けたもようだと伝えている。マレーシア機をめぐっては、ハイジャックのほか、積み荷のリチウム電池に問題が起きたことを疑う説など、さまざまな臆測が浮上している。
一方、米国防総省はマレーシア機捜索のため、沖縄県の米軍嘉手納基地に昨年配備された最新鋭の対潜哨戒機P8をベンガル湾に派遣すると発表した。半島東方から移動した駆逐艦1隻もベンガル湾で活動する予定で、米軍は捜索の焦点をインド洋に移しつつある。

このようなケースをみて思い出すのは、1987年11月29日に起きた大韓航空機爆破事件である。そのWikiの記事にあるように、大韓航空機858便はアブダビを午前0時01分に離陸、午前11時01分、"TAVOR"には午前11時21分に到達の予定」と報告したのが858便の最後の通信となった。この通信途絶が、今回のマレーシア航空のMH370便のケースと似ている。

すると、Record Chinaに、続報があった。

2014年3月15日、AP通信によると、マレーシア政府関係者は同日、8日に消息を絶ったクアラルンプール発北京行きのマレーシア航空機について、捜査当局がハイジャックと結論づけたと発表した。人民日報(電子版)が伝えた。
マレーシアの捜査当局は、1人あるいは複数の操縦経験者が同機をハイジャックし、通信を断ち、飛行コースを変更したと結論づけた。ハイジャック犯の動機や要求、飛行先などは明らかになっていない。

うむ、爆破ではなく、ハイジャックなのか。確かにパスポート偽造の乗客が二人いたが、それがそうなのか。もしそうだとすると、MH370便に乗っていたのがほとんど中国人だったことに鑑みると、中国政府に反感を抱く少数民族と関係をもつ過激派なのかと推察してしまう。

それにしても、ハイジャック犯が通信を絶たせ、飛行先を変えたとしたら、どうして指示された空港に着陸しなかったのか、乗客が反撃を試みて機内が混乱したのか、など想像がふくらむ。そして乗客が反撃を試みて機内が混乱したのなら、9.11でペンシルヴァニア州に墜落したユナイテッド93便と似ていることになる。しかし、9.11の暴露本によると、あれは作られた話で、現実は全くそうではなかったという。すると、そもそもそんなことは不可能なのではないかということになって、MH370便も謎が深まる。

世間には、イリュージョニストと呼ばれる人達がいて、典型的には奇術師だったり、手品師だったりする。

物理学の双対性の原理によれば、イリュージョニストに対してディスイリュージョニストとでも呼ぶべき人達がこの世にいて、あまりにもこなれていない言い方なので、適当な日本語をあてると、幻滅師とでも呼ぶべきかもしれない。

イリュージョニストに出会うためには劇場に行く必要があるが、ディスイリュージョニストに出会うために特定の場所に行く必要はない。なぜなら、周囲にいくらでもいるからである。すると当然に、消えた反物質と同様の議論が生じる。というのは、なぜ世間にディスイリュージョニストは沢山いるのに、イリュージョニストは稀にしかいないのかということになるからである。

場の標準理論によれば、宇宙ができたときに、イリュージョニストとディスイリュージョニストは同数発生したはずで、それなら対消滅して、イリュージョニストもディスイリュージョニストもどちらもこの世にいないはずであるが、ディスイリュージョニストの方が圧倒的に多いのはどういうことかという疑問にきちんと答えられる理論は未だに提示されていない。

そこでともかく、あまりにもありふれたディスイリュージョニストの特性について記述してみる。典型的には、誰かが才能を発揮し、あるいは運よく成功を収めたとしよう。すると、早速ディスイリュージョニストたちが蠢動し始める。すなわち、少しでも粗をみつけて欠点を衝きはじめる。より以上の成功例を持ち出して大したことがないと言い始める。あるいは、単に無視する。ひたすらケチをつける。こうして成功者であったはずの人は次第に自信を失い、自己不信にさえ陥る。これは、ディスイリュージョニストたちのミクロ的ふるまいの一つである。

その一方で、ディスイリュージョニストたちは、追従者のとりまきを作る。そこでは、児戯にも等しいことが素晴らしいことだと賞賛され、属人主義が蔓延する。すると、ディスイリュージョニストたちが所属する組織では、周囲に静かに幻滅がはびこり、確実に組織のモラールが下がる。これは、ディスイリュージョニストたちのマクロ的ふるまいの一つである。

ところで、消えた反物質に関係して、Bファクトリと呼ばれる、B中間子を大量に作り出す高エネルギー加速器施設が実験に使用される。

まったく同様に、ディスイリュージョニストの研究のために、Dファクトリと呼ばれる、幻滅子を大量に生成する実験施設がある。そこでは、ある建物に日本でもトップクラスのディスイリュージョニストが蝟集するらしいのだが、何しろ政府の高度な機密組織らしくて、その実態は私もよく知らない。

私が書いた空間認識の記事は、ISSEIさんが誤解されたように、どうも説明不足だったようで、ちょっと補足させて戴く。

私が空間認識で先ず意図したのは、空間から何かのインスピレーションを得て、あるいはそのインスピレーションを空間に反映する能力である。典型的にはインスピレーションを絵として表現したり、彫刻として表現したり、ということである。

円空だったか、仏像を彫るときに、予め既に仏像のイメージがあって、そのイメージに沿って木を削ることで仏像を現出させるだけである、というな記述をどこかで読んだことがある。それなど典型的な空間認識である。

私の前の記事が誤解を招いたのは、そういうインスピレーション・オリエンテッドな空間認識と、道路の方向感覚のような通常の空間認識を混同してしまったからである。私はそれがつながっていると信じているが、どうみてもその間の関連性は自明ではない。誤解されない方がおかしいのかもしれない。

ところで、空間認識の双対概念として、時間認識というものもあるはずである。例えば私は、特許関係の仕事をするときに、期限に異様に神経質である。期限が一日でも過ぎたらアウトという手続きが特許にはいろいろあるので、期限に神経質になるのはある意味当然なのであるが、それにしても、あと期限まで2週間もあるのにちょっと焦ったりすることがある。ここまでくると、軽い強迫神経症といえなくもないが、私はそれを時間認識の発達といいくるめる。

空間認識が絵画や彫刻に関わるとすると、時間認識は、音楽に関わる。私の音楽の才能は、どうみても平均並みにすぎないが、それでも絵画の才能よりは優る。それで、私は空間認識の徒であるよりも寧ろ、時間認識の徒なのである。

そして私の時間認識は、数学にあっても、幾何学や解析よりも寧ろ、代数や数論へと誘う。ここまで書いてきて分かったのは、絵画の芸術家が空間認識に優れているがゆえに論理性がないとは限らない。すなわち、時間認識・空間認識の傾向と、数学や論理を好む傾向は完全に直交するとまではいえないが、斜交しつつある程度独立に存在しえる傾向なのである。数学的にいうと、時間認識の傾向ベクトルと空間認識の傾向ベクトルの内積のノルムは、ゼロより少しだけ大きい実数である。

ここで唐突に、リサ・ランドールの5次元宇宙に言及する。あるいは超弦理論を挙げてもよい。これらに記述されるように、現世の4次元空間は実はより高次元が縮退したものであって、しかし、実際のところは縮退しきれておらず、微妙に空間次元のほころびがある。ここで空間というのは、文字通り建物が存在する入れ物ではなくて、特殊相対性理論のミンコフスキー空間を考えると分かるように、いわゆる空間の次元と時間の次元をあわせたものである。

そして空間認識というのは、高次元の空間的ほころびからこぼれ出る概念を検出するのであり、時間認識というのは、高次元の時間的ほころびから概念をピックする。

そうして得た概念は、空間認識の場合、絵画、彫刻、建築物になる。何ほどかの時間認識もあわせれば、幾何学のイメージにもなる。時間認識の場合は、音楽作品や、数論の理論になり、何ほどかの空間認識とあわせると、ストラディヴァリウスのような楽器になる。比喩の粗さに自分でもうんざりしてきたので、ここらあたりで止しておく。

石の猿

user-pic
0

最近ジェフリー・デーヴァーをよく読んでいるので、その勢いで、リンカーン・ライム・シリーズの「石の猿」を読んでみたところ、これはなかなか異色なのであった。

どう異色かというと、他のリンカーン・ライム・シリーズでは、殺す側も殺される側も西洋人なのであるが、「石の猿」では、殺し屋が中国のギャングであり、ゴーストの異名をもつ蛇頭であり、命を狙われるのも中国人なのであった。

それだけではない、ゴーストはなぜか、密航船を手配して中国からニューヨークに連れてくる手配師でもあり、それでいて、湾岸警備隊が迫ってくると、自ら船を難破させてしまう。

その結果、密航船には多数の人がいたのだが、救命ボートでなんとか岸にたどり着いたのはゴースト以外には、家族を構成している人を含む10人しかいなかった。

そういえば私の経験であるが、私が管理職のとき、会社でセミナーを開催し、米国や中国、韓国、インドから参加者があった。そのとき私は、主催者として、中国からの出席者のために招待状を書いた。その書き方には決まったフォーマットがあって、経験がなかったので外務省のホームページをみたり、外務省の担当者に電話で聞いたりした。そこで聞いたことに基づき書類を作成し、私が責任者としてサインするのだが、私の責任には、招待した中国人がきちんと日本から出国したことを確認することもあった。なので、もし招待した中国人が日本で雲隠れしたら私の責任はどうなるのだろうと心配したことがあった。ともかくそういう招待状がないとビザが下りないのであった。中国人が米国に入国するときもそういう招待状が必要なのであって、結局あちこちで中国人は警戒されているということになる。

戻って、ゴーストは、なんとか米国への不法入国を果たした10人をなんとか殺そうとする。何かゴーストのまずい事実を知ってしまったのか。

一方、不法な密航船がニューヨークの沖に近づいたときから、リンカーン・ライムは状況監視に駆り出された。もちろん、アメリア・サックスも、である。そして犯人が中国人であると知ると、なんとか中国語が分かる刑事に手助けを求めた。

そして現れた中国人刑事、ソニー・リーが、リンカーン・ライム顔負けの存在感で活躍し、最初は怪訝だったライムも、次第にリーと打ち解けてきた。

そして「石の猿」に特有なのは、ソニー・リーなどが語る中国の政治的事情や、古来からの諺なのである。それが沢山てでくるので、オリエンタル情緒に満ちてきた。

一方、ゴーストはというと、コフィン・ダンサー並みの神出鬼没姓はなく、凶悪であるがある意味普通のギャングなのだった。

こうして、中国情緒の趣旨としては成功してるけど、例のどんでん返しは流石にないのかとちょっとがっかりしてたら、ちゃんと独特のモードでどんでん返しが仕込まれていた。

また、アメリヤやライムと中国人の間の友情もなかなか印象的で、この本は9.11の事件に影響されて書かれた小説なので、何か人種を超えた連帯を説こうとしたのかもしれない。

読書の限界

user-pic
0

特に大した専門知識もなく、単に読書好きな一初老男性にすぎない私だが、それでも読書好きであるがゆえに、今更のように読書の限界、ということを考える。

そのように考える一つのきっかけは、立花隆氏だったりする。そして立花隆批判に書いたようなことにも改めて想いを馳せてみる。

例えば、立花隆氏が物理や数学について書いていることについて、私はどうみても分かっていないのではないかという箇所を見つけたりする。確か医師の人で、立花隆氏が遺伝子のことで誤解していて、唖然としたというような話も聞いたことがある。それをもって、立花氏を衒学と徒である、と切り捨てるならそれもありであろう。

一方で、私がその学殖を尊敬するような文系の知り合いは、立花隆氏の知識というか、知的馬力は凄いという。私はそれも分かる。なぜなら、私も何ほどか衒学の徒であり、分かっていないことを知ったげに書いて煙に巻くこともなくはなく、その程度になるにも私は相当の努力をしたのであるが、少なくとも立花氏は、私の何十倍(何百倍かもしれないが、流石に何千倍ではないだろう)の読書の努力を重ねて、衒学の巨魁といってもよい存在だからである。

そしてもし、本当に衒学の巨魁であるなら、社会科学的にも、文学的にも、哲学的にも、なによりもジャーナリスティック的でも、世間で意味がある、ということになる。世間とはそうしたものなのである。理系的には、その専門分野の基本的知識で根本的な誤解があるなら、少なくともその分野では失格である。しかし、ジャーナリスティック的にはそんなのあまり関係ない。志村五郎氏が鳥のようにで展開している、丸山真男批判も、志村氏の数学者としてのストイシズムに根差しているのだろう。

で、次第に私が何が言いたいかわからなくなってきたが、今回のテーマは読書の限界である。その命題は言い換えると、膨大な読書はどんな能力は伸ばし、どんな能力には影響を与えないか、という問いかけである。

そこで先ず論語にも書いてある古典的命題を掲げる。すなわち、読書をして考えないなら身に付かないし、学ばないで自分で考えるなら、危険である、というものである。

よって、沢山読書すると、少なくとも知識不足によるあやうさは逃れられるかもしれない。しかし、依然として、沢山読んでも実はあまりわかっていない、という状態に陥ることがありえる。

では、読んで考えればいいとかというと、いくら考えても進展しないことはいくらでもある。そこで次の方法は、読んで書くことである。確かに読んで、その考えを自分で書いてまとめてみると、何ほどか考えがまとまる。これはまあ、私もかなり実行しているといえる。なにしろ、写経のように単に書き写すことさえあり、それでも有効だということも私は知っている。

次は、読んで、そこに書いてあることを実行することである。とはいえ、民事訴訟法の本を読んで、裁判をしてみるだろうか。普通はしないだろうが、もし実際に訴えてみれば、これほど勉強になることもない。

次は、読んで作ることである。例えば、ログハウスの本を読んで実際に作ってみるのもいい。ただ、不器用な私だと、物をつくるのではなく、学んだアルゴリズムを使ってプログラムを書くというところに帰着される。

次は、読んで計算することである。これは実は物理・数学系の本に極めて特徴的で、多分立花氏はこれをやっていない。しかし、単に数式を飛ばして物理・数学系の本を読んだとしても、その理解は相当表面的なレベルにとどまる。ここまで書くと、じゃ、お前はきちんと数式も計算しているのかというと、恥ずかしながら否である。私の物理・数学の理解は、ジャーナリスティックなレベルにとどまっている。なので立花氏の批判なんてできないので自戒の意味で書いている次第である。

結局、膨大な読書の量を質に転化させる方法はあまり自明ではない。この短い命題がこの内容の要約なのであった。

賞味期限

user-pic
0

先月のこと、ある知り合いと数年ぶりに会って話していて、過去に素晴らしい実績で昇進し、現在部門長レベルの地位にある人のことの話になった。私はその人のことは昔から知っている。私より少し若くて、初めて会ったときはまだ入社間もなかったが、才能にあふれていた。そしてその後幹部候補となり、順調に昇進していった。

ところが、最近は、あまりにもコンサバぶりが目立つようになった。もともと実務家肌だったのに、管理職をやっているのが向かないのだろうか。それとも、いわゆる、人は無能になるレベルまで昇進するというピーターの法則なのだろうか。

知り合いはそんな私の話を信じてくれない。あんなに優秀な人なのに、と怪訝なままである。そこで私がふと思いついたのは、月並みであるが、賞味期限という言葉である。これは、どんな人間にも賞味期限があるという意味かというと少し違う。

ここで人をスーパーに喩える。ある時期、新鮮な野菜や魚や肉を仕入れて並べ、評判のよいスーパーというのがあったとする。これが優秀な人材に対応する。

しかし、一時の隆盛にかまけて、新鮮な素材の仕入れを怠るとどうなるか。たちまち商品は賞味期限切れとなってくる。ところが特に組織にあっては、一度評価されると、商品の鮮度が問われることがあまりなくなる。そもそも、そのスーパーから買うという作業があまりなくなるのかもしれない。

このようなことが続くと、いかに一時は隆盛したスーパーでも、なんの魅力もなくなる。組織の惰性は、そんな没落したスーパーのような、賞味期限切れの商品を並べたような人材を重用してしまう。

このような劣化を防ぐにはひたすら、個々人が鮮度のよい商品を仕入れ続けるよりない。その方針で私は努力しているのだが、どうも内蔵の冷蔵庫の性能が低下して、ちょっと放置すると手持ちの商品価値がどんどん低下して、売り物にならなくなってくる。一方で、仕入れのスキルも低下している。これではいかんと思いつつ、歳をとるとはこういうことかと痛感せざるをえない。よって、あまり他人の賞味期限のことを云々しているような余裕はないのであった。

翻訳

user-pic
0

ときどき英米の小説を原書で読むという人がいる。私も英語には一応の才能はあると自負をもっているので、一度だけ、英語のペーパーバック小説を読むことを試みたことがある。それは確か、仕事でニューヨークに出張に行ったときで、ホテルの売店にあった"A Simple Plan" Scott Smithという小説をみて、New York Times Best Sellerとかという宣伝文句につられて買った。すると、意外に平易な単語しか出てこなくて、読んでいるとぐんぐん引き込まれた。そして、帰りの飛行機の中でも読み続け、日本に帰ってから成田エクスプレスで読み終えたような気がする。

確かにとても秀逸なストーリーで感心したが、その後英語のペーパーバック小説を読むことにトライすることを再び試みていないのは、やはり英語を英語で読むということに疲れたからなのだと思う。単に時差だけではなく、英語を読んでそれをいちいち日本語にしないまでも、何かの中間言語に一旦頭の中で変換しているようで、そこはどうしても英語を読んだ絶対量が足らないからなのだろう。一応の才能はどうした?と自己つっこみしたくなる。

それでその後は、外国の小説はやはり当然ながら翻訳で読むようになったが、すると気になるのはどうしても翻訳の質である。

私が翻訳に関してまるっきり素人ではないと言い張れる理由があって、それは、29歳で外資系の会社に採用されて、そこで英語特許明細書の翻訳を数年間担当することになったからである。おそらく通算5000ページは翻訳した。

外国出願人が日本に特許を出願するときは、翻訳して日本語の明細書にしなくてはならないが、読んだことがある人は分かると思うが、おそろしく質が悪いものが多い。何度読んでも、どれが主語なのかさっぱりわからなかったりする。それでも特許の文章はわかりにくいものと相場が決まっていて、そういう分かりにくさを言い訳にして劣悪な翻訳がまかり通っている。

私はささやかながら、そういう傾向に抵抗した。すなわち、もともとの英語がひどい文章であっても、可能な範囲で分かりやすい日本語に置き換えるようにした。すなわち、長い英文は、適当に切って、接続詞でつなぎなおす。適当に、「しかし」とか、「そうはいっても」などと言葉も補うようにした。それでも当時はパリ優先権だったので、原文の意味を損なわなければ、そのような言い換えは抵抗がなかった。PCTになって、直接翻訳が建前になってくるとそのような微妙な意訳もやりにくくなったが、PCTが増える頃には私はもう翻訳の実務を離れていたので、そういう苦労はあまりしていない。

すなわち、私が理想とする翻訳というのは、翻訳であるという跡があまり残らないものなのであるが、そういう意味で最近読んでいる、ジェフリー・デーヴァーをメインに翻訳している池田真紀子氏の翻訳に私はとても気に入っている。要するに、読みやすいのである。

一方、ジェフリー・デーヴァーのノン・シリーズは、池田真紀子氏でなく土屋晃氏が翻訳を担当しているのだが、どの箇所というのではないが、ちょっと翻訳が堅い。言い換えると、翻訳の自然性が少しだけ低い。

そうはいっても、私の翻訳のささやかな経験からして、文芸翻訳というのは私にとって、アルプスの山に登るほどチャレンジングである。せいぜいが丹沢に登る程度の特許翻訳でさえ私は、青息吐息である。そもそも、適当な訳語が見当たらないとき、特許翻訳だと括弧で原文をいれてごまかせるが、文芸翻訳だと、文学性を損なわないような訳語を必死でみつけなくてはならない。私のような疑似理系には荷が重すぎる。

とはいえ、ジェフリー・デーヴァーの小説だと難解性はそんなにないが、例えば、 「アルジャーノンに花束を」になってくると、知能が足らない主人公の幼稚な会話が次第に知性を帯びてくる様をうまく訳しきらなくてはらない。翻訳者の小尾芙佐氏は、このとてつもない難事をこなすことに成功していると思われる。

その上を行くのは、フィネガンズ・ウェイクを翻訳した柳瀬尚紀氏である。もともとの英語が翻訳を拒否するような代物なので、これはほとんど、頭の中で概念をいちから再構成することを要したであろう。

ここまで書いてきて、頭では分かるのだが、感情のところで、翻訳技能というものが奥深いスキルだとどうしても信じられないでいる。それは私の翻訳なるものが特許翻訳しか知らず、それでいて、業界の平均程度のスキルしかないからである。そんな貧しい窓を通して一体何が見えるというのか。こういうのも人生の数多ある制約の一つである。

逆米長流

user-pic
0

将棋の世界で米長流というのは、自分にとって消化試合で、相手にとって昇級の一番というとき、全力を尽くす、というものである。

えっ、プロなんだからどんなときでも全力を尽くすんじゃないの?と聞かれたら、プロは一応、勿論です、と応えるであろう。しかし、それは建前なのであって、生身の人間なんだからどうしても気合いの入れ方に濃淡が出てくる。

それにしても最近プロ棋戦の結果をみていて、落胆したことがあった。それは、C級1組で最後の対戦を残して昇級を決めた糸谷が、最後に富岡に負けてしまったことである。

それだけならたまたまともいえるが、B級1組で昇級を決めた広瀬と阿久津がそれぞれ、最終戦で山崎と畠山に負けてしまった。こういう傾向をみると、最近の若手は、順位戦であっても昇級が決まったらもう、気合いを入れないのかと皮肉をいいたくなる。

すなわち、昇級が決まっているのに最後も勝って、昇級の花道を飾ったとよく観戦記に書かれるが、そういうとき勝つというのは、相手が降級の一番でもない限り、米長流とは呼ばないのだろうか。いや、寧ろ自分が昇級候補の主体なので、逆米長流と言えるのではないか、とふと思った次第である。

だから、もう昇級が決まったんだから、と気合いの入り方が足らなくなるような棋士は一流にはなれないのではないかと思っていたら、渡辺が書いた本で、米長流なんて関係ないとあっさり切り捨てている箇所があった。

すると、渡辺だと、もう昇級が決まっているのにさらに全力を出すなんて馬鹿馬鹿しいというのかもしれない。それが現代の若者気質である、というなら、まあ仕方がないと思うことにしよう。

といいつつ、昨日のA級順位戦の最終戦を観戦していたら、既に挑戦を決めていた羽生がきっちり、郷田を負かした。こういうときにきっちり勝つ羽生と、糸谷・広瀬・阿久津との差かというと、叱られるだろうか。

それとちょっと不思議と思うことがあって、B級1組で広瀬と阿久津の昇級確率が最大だと計算したらいきなり広瀬と阿久津が昇級を決めてしまい、降級確率で、谷川を除けば屋敷の降級確率が最大であると計算したら、本当に屋敷が降級してしまった。私の計算は棋士間の相性や相対的強さを全く考慮に入れない単なる組み合わせ論理によるものなので、いちいち当たったらおかしいのであるが、もしかして私が確率計算することで、確率空間が収縮してしまうのかな、と科学的な用語を使って非科学的思考をしてみたりする初春の日々なのだった。

創作

user-pic
0

書店の推理小説のコーナーに行くと、内田康夫とか、西村京太郎とか、多数の作品が並んでいる。私はこれらの作家のファンではないが、ファンであるという知り合いに聞くと、例えば西村京太郎など、作品が多数あるので、どうしても似たようなものも出てくるそうである。それはそうで、一人の人間の発想には限界があるので仕方がない。別に西村京太郎に限らないはずである。

そういう状況をみて、純文学に与する人は、だから量産される推理小説なんて所詮エンタメで、芸術性はないと言う。私はそれにも反対しない。確かにそういう推理小説は、手作りの工芸品よりもむしろ、コモディティな家電製品に似ているかもしれない。

普通はそれで話は終わるのだが、私の問いかけはそこから始まる。すなわち、量産される推理小説がコモディティな家電製品だとして、君にそのような推理小説が書けるか、というものである。するとちょっと考えたら分かるように、たとえ陳腐なものだとしても、推理小説のプロットを考えだし、それに肉付けして一冊の本に仕上げることは極めて大変である。

実際、本を書く人と読む人の間には、著しい非対称性がある。小説であれその他の本であれ、書かないけど読む人というのは、私も含め何百万、あるいは何千万いるだろうか。

しかし、どんな内容であれ、一冊の小説を書ける人というのは、何万人のオーダーにすぎないのではないだろうか。こういう考察を以て私は、小説の量産性、コモディティ性を才能の発露とみる。もっと直截に言うと、量産性は才能なのである。

小説を量産する人を、儲け主義、拝金主義と揶揄する人もいるかもしれない。しかし、儲け主義で小説を書くことはできない。そうして私は改めて創作という才能の希少性に思い至る。

さて、神がこの世を創造したとすると、創作の才能は、最も神に近い才能なのだろうか。しかし一転私は、創作の才能を特別視しない。なぜなら、話し、考え、憶測することを含むすべての才能は、走ったり、座ったりする運動能力と比較するとどれも超能力のようなものである。

創作の才能の希少性の理由は実は分からない。何かのインスピレーションに駆られる作業であるので、そこに霊的なものをつい私は想定してしまうのだが、実際のところ分からない。ただ、希少性を以て貴重だとみなすのは経済学の原理であって、スピリチュアルな原理ではない。案外、創作は人類に普遍的で、小説という形態が特殊すぎるのかもしれない。

追撃の森

user-pic
0

ジェフリー・ディーヴァーの魔術師を読んで、それなりに面白かったのだが、ある意味カラフルすぎて、もうちょっと地味なディーヴァーの作品を読んでみたくなった。すると、派手な道具立てのない「追撃の森」文春文庫などぴったりかと思い、買って読み始めた。

どう地味かというと、事件かもしれないと湖の畔の別荘に出向いたのは、女性保安官補ブリン。そこで殺人現場に遭遇するというのはよくある設定である。そしてそこにいたのは、二人組の殺し屋。対決モードになるが、一対二ではブリンは押されてしまい、結局、一命を取り留めて逃げることになる。そのとき、現場に居合わせた女性と二人で逃亡することになった。なにしろ乗ってきた車は湖に落ちて、もう二度と運転できる状態ではなくなった。ここで地味というのは、二人の殺し屋は決してコフィン・ダンサーのような神出鬼没姓はなく、イリュージョニストでもないということである。

しかし、逃げるというが湖と深い森しかない。屈強な男二人と女性二人の対決では普通なら勝負にならない。が、女性保安官補ブリンのたくましさと知恵は半端ではないのだった。道なき道をひたすら逃げる。ブラフで右に行ったとみせかけて、左に行ったりする。

一方、殺し屋の一人、ハートも半端ではない。ブリンの仕掛けた罠をことごとく見破り、追撃の手を緩めない。

そうしていると、人里離れた辺鄙な山奥とはいえ、別の人達が関与してくる。いや何よりも、ブリンと連絡がつかなくなって心配した保安官の同僚も救助にくる。そのような外的な力の影響を受け、男二人対女二人の対決は、二転三転する。

そういう一連のやりとりで十分面白いので、もうディーヴァー流のどんでん返しは不要だと思った。ところがサービス精神というか本能というか、それでもディーヴァーはどんでん返しを仕掛けてくる。

詰将棋でいえば、前に読んだ「魔術師」は趣向作で、もしかして伊藤看寿ばりの煙詰かもしれない。一方、「追撃の森」はというと、ありきたりの材料を使った実戦型であり、それでいて、手順の妙手性は十分なのだった。

強いて言えば、勧善懲悪が最後まで曖昧で、2値的思考を好む私には、このあたりをはっきりさせないと多少欲求不満が残らないでもないが、総合的にみて、リンカーン・ライム・シリーズに劣らない緊迫した作品だったと思う。

機龍警察

user-pic
0

私はアマゾンの熱心な顧客なので、頻繁にアマゾンから、本の紹介のメールがくる。最近来た案内の中に、月村了衛著の「機龍警察」ハヤカワ文庫があった。

大抵こういう本の紹介は無視するのだが、なぜか買ってみる気になった。どこに惹かれたのか自分でもさっぱり分からない。

本が届いても私は大抵、長く放置する。その長さが無限に発散してしまうこともある。ところが、「機龍警察」は、比較的短時間放置しただけで読みはじめた。どうも、仕事のストレスが溜まっていて、とりあえず解消したかった、という心理らしい。

「機龍警察」を読んでいきなり思い出したのは、今野敏の「ST科学捜査班シリーズ」である。そこには個性的なキャラクタが何人かでてくる。みんな不思議な特技がある。

しかし、「機龍警察」では、特殊な組織を形成している点でST科学捜査班シリーズと同じであるが、ST科学捜査班シリーズでは単にその特殊な組織は無視されているだけなのに、「機龍警察」では、素性が知れない男女が特殊な傭兵の才能を買われてかき集められ、蛇蝎のごとく他の警察のメンバーから嫌悪されているところも違う。

階級社会、縦社会である警察で、従来の慣習に全く従わない組織だからである。そこでは、戦争ロボットに出てきたような、被り物の兵器を纏った犯人が現れる。そのような犯人に対応するには、半ばサイボーグのような機龍警察の特殊スキルが必要になる。今までの警察組織では相手にもならないということがある。

このパラダイムシフトは完全に警察組織の想定外で、機龍警察のメンバーは独特の使命感とともに疎外感ももち、懸命に自分に言い聞かせるように業務に打ち込むのであった。

そういうメンバーの悲哀を考慮すると、単なるミリオタではない、一歩踏み込んだ面白さになっている。それは私がどの組織にあっても、中心からずれたアウトサイダーで、そのためせめて、自分独自にスキルを磨かなくてはと剣士のように努力して独自の世界をつくり上げたものの、そのことが一層自分を孤立させ依怙地にさせる、という経緯もある。

しかし私は、「機龍警察」に出てくる元傭兵のように、自分のプロ性を意識し研鑽していくより、生きがいはない。才能も根気もない私には、なんともしんどい世界なのであった。

D-Wave

user-pic
0

少し前のTIMEを読んでいたら、D-Waveというコンピュータが紹介されていたので、私なりにまとめてみる。

D-Waveという会社は、普通でない(unusual)会社であり、その旗艦マシンであるD-Wave Twoもまた、普通でないコンピュータなのだった。まず、D-Waveは、たった114人の社員からなる小さい会社で、サイズだけならベンチャー企業としてよくあるのだが、その居所はシリコンバレーから離れた、カナダ・ブリティッシュコロンビア州バーナビーにある。

そして、D-Waveの資金提供者が凄い。Skypeに投資したDraper Fisher Jurvetson、アマゾンの創始者Jeff Bezos。顧客がロッキード・マーチン、NASAとGoogle、それからD-Waveが名前を明かすのを拒否するある米国諜報機関(もしや、NSAか)である。

D-Waveが普通でないというより本質的な理由は、製造するコンピュータが、量子コンピュータである、ということである。もう何年も前から、量子コンピュータは巨大な整数の素因数分解など、通常のコンピュータが膨大な計算時間がかかる処理を高速で処理できると喧伝されてきたが、現実問題、まだ現実的なソリューションに使われたことはないはずである。

D-Wave Twoは、絶対零度付近で動作するニオブチップを有し、512qubitをもち、理論的には2512個の処理を並列実行できる。これは、宇宙にある原子の数より多い。

これは見るからに画期的なマシンなのであって、垂涎の的である。なぜなら今や、ビッグテータの時代なのであって、検索エンジン、遺伝子データ、通話記録、販売記録、気象データなど多くの応用が見込まれる。

ところで、今までの量子コンピュータは、従来のコンピュータのアーキテクチャを継承するゲート・モデルの手法を採る。すなわち、概念的には、1つのqubitが従来のコンピュータのトランジスタに対応する。しかしそれだと、21qubitまでしか実現できていない。

そこで、D-Waveの創始者、Geordie Roseは、ゲート・モデルの代わりに断熱的(adiabatic)量子コンピュータという手法を採った。そしてD-Waveのマシンは、このモデルに従い実現できるqubitを増やしてきた。今や512qubitまで達したことは上述のとおりであり、D-Waveのコンピュータが世界最高の性能を達成するのは時間の問題であるとD-Waveのメンバーは豪語するが、当然にトレード・オフがある。すなわち、断熱的量子コンピュータは、離散的組み合わせ最適化しか解けないのである。それでも、巡回サラリーマンの問題とかは解けそうであるが、応用としては豪語するようなものではないと思われる。そもそもが、インフラとして新しすぎる。断熱的量子コンピュータのためのコンパイラをどう書くか、誰もがno ideaであろう。コンピュータのハードウェアの指数関数的ともいうべき発展に比較して、プログラミングの発展はあまりにも遅々としているのである。その典型を人は、フェルマーの定理の証明にみるであろう。

こうして私は保守的にも、D-Waveやその他の量子コンピュータを有望視しない。どんなに喧伝されても従来型のフォン・ノイマン型コンピュータの牙城が堅牢すきるのであった。しぶとすぎる、というべきか。

空間認識

user-pic
0

先日、ある美術大学の卒業作品展というのを見学に行って、レベルの高い作品に圧倒された。いや、レベルの高い作品というのは私が状況から推定したに過ぎない。ただ、作品のもつ迫力というのは、美術の素人でも感じられた。駒の動かし方を知らない人でも、森内対羽生の名人戦に気圧されるようなものか。

そうやって作品を眺めているうちになぜか、空間認識という言葉が浮かんだ。例によって私の造語であるが、これも例によって意味は自明でなく、自分で考えるよりない。

実は、空間認識という言葉は、美術作品のデッサンのタッチや彩色などについて浮かんだ言葉である。すなわち、どんな必然性でこんな作品が描かれたのだろうと想像してみること自体、もし作者がそこにいたら困惑するだろう。いや、私にとって美術作品のデッサンのタッチも、コンピュータ・グラフィックのスプライン曲線だのベジエ曲線だの、ラグランジュ補間だの計算されるものとしか認識されなかったりする。それは私が、空間認識ともいうべき感性を欠いているからではないかと感じて、少し不安になった。

空間認識という言葉は、なぜか急に車の運転の話題になったりする。すなわち、私は極端に車の運転が下手で、特に縦列駐車など、きちんと車を位置決めするのが、異様に苦手である。運転免許がとれたのが奇跡だと思えたりもする。

空間認識の欠如は当然に、方向感覚のなさにもつながる。昔、「話を聞かない男、地図が読めない女」という本があったが、私が「話を聞かない男」かどうかというとそうかもしれないが、しかし確実に「地図が読めない男」である。実際、ナビが普及するまでは私は、車を運転してどこに行くにも道に迷わないではいられなかった。

あと、空間認識のなさは、対人関係にも及んでいるようである。すなわち、人付き合いがとてもぎこちない。ただ、それと空間認識がどう関係があるのか、ちょっと筋道立てて説明できない。ともかく空間認識の欠如により私は、対人関係が煩わしくなり、孤独を好む。

その空間認識の欠如と引き換えに私が得たものは、若干の論理思考である。例えば、以前勤めていた会社で、有名美術大学出身のインダストリアルデザイナーと話すと会話が感覚的で楽しいのだが、ちょっとした、三段論法程度の論理的な話にもついてこれないので唖然とした。ただ、その論理思考で私が何をやっているかというと、どうでもよいようなプログラムを書いているだけである。その得失には納得してないが、まあ人生とはそんなもんかも。

なんとか3月に入ったが、今年の2月は、なんともすごい雪だった。まず、2月7日の夕方から雪が降り始めたが、本格的になったのは次の8日の土曜日で、交通機関が止まるほどだった。それでも、一日おいた次の日曜日の午後にはかなり除雪が進み、車も走れるようになった。

そして2月14日、もともと天気予報は雨の予想だった。その日私は、ある友人と東京駅付近で飲む約束をしていて、雨だったら2月8日の雪の残った分も融かすだろうと楽観していた。ところが2月14日の朝、予想に反して雪になった。次第に雪は強くなるが、最初の方は水っぽい雪で、地面に落ちてもすぐに融けていた。しかし、午後に入る頃から本格的に積もり始めた。飲む約束をした友人とはメールでやりとりして、大雪注意報が出たのをきっかけに、流石に帰れないとまずいので飲み会は中止しようと、どちらからともかく言い出した。正解だった。

というのは、2月14日の午後3時くらいになると電車が動かなくなる心配が出てくるほどだった。会社でも流石にこれはまずいと判断して、午後3時半には早退の指示があった。幸いあまり遅れないで自宅に帰れた。

ただ、そのときたまたま、中央線が別の理由で止まっていて、少し足止めをくったのだが、そこで駅で目に入ったのが「ぜんぶ雪のせいだ」というJRのスキーのキャンペーンのポスターである。私は個人的にスキーはしないせいもあるが、なぜかこのポスターの女性は、客観的には美人かもしれないがどうも好きになれないでいた。そして、「ぜんぶ雪のせいだ」というコピーをみて、当たり前だろ!うるせえよ、と心の中で叫んで、井の頭線への乗り換えを急いだ。言いがかりもいいところである。

2月15日の朝起きると、信じられないくらい雪が積もっていた。車の上に積もった雪り厚さを見積もってみると、どう考えても70センチはありそうである。こんなに降るとは新潟か?と突っ込みたくなった。あまりにも当たり前すぎるので、「ぜんぶ雪のせいだ」というコピーが頭に浮かぶことはなかった。

ともかく仕方なくスコップをもって雪かき作業をし始めた。隣に住む米国人の人も出てきたので、I just made a pathway.としゃべったら、怪訝な顔している。いくらなんでもこの程度の英語も通じないとは、と自分の英会話力の低下にがっかりした。

結局、2時間くらい雪かきしただろうか、普段運動していないので、疲れ果てた。そして次の日も3時間くらいかけて雪かきした。それで少なくとも自宅の車の進出路だけは確保した。

みんな、自宅の車が出せるように自己中心的に努力するので、2月16日一日で、かなり雪かきが進んだ。自分さえよければいいという努力が公共のメリットにつながる。これはアダム・スミスの原理なのだろうか。

そこから日々、雪は次第に日光で融かされていった。それでもしぶとく残っていた雪を、2月27日に降った雨がかなりの程度流した。2月28日になると、雪かきで特に高く積まれた雪以外は消滅した。

ぜんぶ雪のせいだったのか? 違うと思うけど、ぜんぶ雪のせいにして融かして用水路に流してしまいたい2月なのだった。

週間将棋をみていておおっと思ったことがあった。それは、渡辺二冠が佐藤九段相手に、後手番でごきげん中飛車をしたからである。羽生とは好対照で、公式戦でほとんと飛車を振らず、採用する戦法も、事前にきちんと研究したものばかりで、全くみたことがないような力将棋は避ける。

渡辺にとってごきげん中飛車というのは当然に、全くみたことがないような戦法ではないが、それでも、私の知る限り今まで、少なくとも公式戦で居飛車側をもってしか指したことがないはずである。

私の限られた経験でも、基本居飛車党で、それでも芸域を広げるために振飛車をやるというとき、まず普通の人が考えるのが、ごきげん中飛車なのであり、もしかして居飛車に感覚が近いのかもしれない。そういう意味では、角交換四間飛車、ダイレクト向飛車あたりもそうなのかもしれないが。

しかも渡辺は、上述のように未知の戦法を嫌い、なんとか定跡形にしようとする。このあたりの用心深さは実は私に似ているが、それはあくまでも人間的同型というトポロジカルな意味で言っている。

いくら渡辺でもごきげん中飛車は熟練していないようで、連採して佐藤康光に負け、羽生に負け、しかし、棋王戦で三浦には勝った。で、王将戦第5局で羽生に対してどうするかというと、先手番であることもあって、角換りに誘導し、渡辺はきっちり羽生を負かした。

今更言うのもなんだが、渡辺はやはり矢倉/角換り系が得意で、ここでの強さが竜王九連覇の原動力だった。するとそこについ頼ってしまい、次第に硬直化するのは、クリステンセンが指摘する、経営学でいうところの「イノベーションのジレンマ」である。そこで今更のようにごきげん中飛車を採用し、「イノベーションのジレンマ」から脱出しようとする渡辺は、勝負の天才であっても、将棋の天才ではない。

例えば、ヒフミンは、誰がなんといおうと対振飛車の棒銀を止めようとしない。「イノベーションのジレンマ」どころか20連敗しても意に介さないヒフミンは、やはり神武以来の天才なのだった。

尤も、振飛車も指してみるという渡辺のイノベーションが成功するかどうかは今後様子をみるよりない。羽生であれ、大山であれ、日々イノベーションなのであり、逆に、升田新手などとイノベーションの舞台裏が見えてしまう升田は、やはり勝負の天才というよりもむしろ将棋の天才である。渡辺は大山型でもなく、升田型でもない。それでも無理やり分類するなら、繰りかえすが、羽生に憧憬を抱く渡辺はどちらかというと勝負の天才である。ただ、あまりにドライすぎる。時代が生み出した新しい天才ともいえる。

このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。