2014年4月アーカイブ

公優先

user-pic
0

先日の韓国のフェリー、セウォル号の事故で私が一番驚いたのは、最終的に300人以上の乗客の命を奪うことが確定されるかもしれないのに、イ・ジュンソク船長(68)らを含め操船担当の乗員計15人が安全に救助されたことである。

この様子を知るとどうしても私は、タイタニックの事故に思いを馳せる。タイタニックの事故では少なくとも、乗組員の避難は最も低い優先順位となったはずである。実際、船長、機関部員34名全員他、ほとんどのタイタニックの乗組員が海の藻屑となった。映画にもあったが、バンドメンバーも避難しようとせず、そのまま没した。

この意識の違いは何かというと、時代背景もあろう。タンカーの乗組員だった父が生きているときに聞いた話だが、船乗りというのはずっと海上で過ごさなくてはならないので、滅多に家にも帰れない。荒波がくると命が危険に晒される。すなわち、今の時代3Kの職場ということになって、なかなか有為の人材が集まらない。それで仕方なく、フィリピン人などの日本語が分からない人材を採用したりする。ある一定以上の乗員を集めないと、船を出せないのである。また、仕方ないので、一旦定年で辞めた人を一定期間乗員として採用したこともあったという。それくらい乗組員を集めるのに苦労している。

そういう事情はおそらく韓国も変わらないのだろう。するとどうしても、高いモラルの人材を集めにくいということになる。なかなか高い給与も払えないのだろう。

私が担当している特許の仕事というのは、もちろん手抜きしてよいということはないが、少なくとも何かミスがあって人が死ぬということはない。そういう意味でも、船、バス、鉄道、旅客機などの乗務員の責任はあまりにも重い。その重さの割に給与が高いという話は、旅客機以外はあまり聞かない。

それでも、待遇とは別に、ほとんどの人が事故もないように日夜努力されいるのは立派である。それはまさに、公優先という意識というか職業的矜持であろう。

それほどまでの公優先意識はないにしても、私は管理職時代、何とか公優先意識を自分に徹底させようとした。日々、部門がうまく回ることが第一で、自分が安楽であることは優先順位が低いと自分に言い聞かせていた。でもそれは決して自慢できることではなくて、日々自己中心主義が鎌首をもたげるので、そう言って必死で抑えつけていただけである。それが口先だけでなかったのは、部門の全員のPC置き換え時期になって、OSが入っていなかったので、連日一人で深夜12時くらいまで各人用のPCにせっせとOSを導入していったことでも例証される。まあ、冷笑される、でもいいけど。

ところが、米国に2年赴任していて、いわやる帝王学を学んできたはずの同僚管理職が日本に帰ってきいいきなり採った施策は、毎金曜日の午後休暇をとることであった。そうやって管理職が余裕をつくると部下も休みやすいというのだが、もともと休暇がとりにくい職場ではない。そもそも、その人が不在のとき何か他部門から依頼があったらすべて私や他の管理職が受けるのである。リーダーシップの履き違いもいいところだと私はうんざりであった。

また、別の管理職は、仕事を切り上げて早く帰るようにすることで、work life balanceを達成して、部下に見本を見せるのだというが、帰る前に私に余計な依頼を出し、私を一層忙しくさせるのだから、あまりに理不尽だと思った。

このように、公優先意識というのは実に取り崩すのがたやすい。しかも、会社の職務規定に公優先意識をもて、なんて一言も書いてない。私が矛盾だと思ったのは、意図的あるいはうっかりで出張旅費の精算を間違えるというのは、会社の職務規定によれば結構罪が重い。常習犯なら馘首もありえる。

しかし、管理職が公優先意識を没却し、会社から与えられた権限を私物化して人事を恣にし、管理をないがしろにし、人材育成も全くしないとなるなら、どう考えても出張旅費の精算のちょろまかしより数百倍罪が重い。

これが船の船長なら、上記のような事故となって船は沈没する。しかし、会社組織の沈没はあまりにも分かりにく、深く静かに進むのであった。エコー・キャンセリングしていると、結局は気づかないだろう。

燃料電池車

user-pic
0

3年前に毎日新聞から読売新聞に切り替えて失望したのは、将棋欄がA級順位戦や名人戦でないことだけではなかった。事件や政治経済の記事全般もどうも読みにくい。最初は単なる慣れのせいかと思ったが、一読したときの分かりやすさで、どうしても毎日新聞に軍配が上がってしまうような気がする。

それでも、正当化しているのかもしれないが、読売新聞の記事で嬉しいのは、科学関係の記事、特に日曜日に科学欄が充実していることである。あと、何気にあまり反原発を唱えないのも好ましい。

そんな科学記事の中でたまたま、燃料電池車の記事が目に付いた。それによると、水素燃料電池の車が2015年にいよいよ国内でトヨタとホンダによって、販売されるのだという。以前に私がこのブログで燃料電池車の記事を書いたのは2009年8月のことで、もう5年近くも前のことである。当時は燃料電池車は1台1億円と言われていたが、それでは市場性があるわけがない。それが、ここにきてなんとか1台1千万円以下までなりそうということで、それなら、リッチな物好き?なら買うかもしれない。

記事によると、トヨタは1992年に燃料電池車の開発を開始した。現在はSUV(スポーツ多目的車)タイプが企業や自治体に貸し出されている。ガソリン20リットルに相当する水素を積む構造で、ガソリン車よりエネルギー効率が3倍ほどよい。高圧水素タンクを日本搭載したタイプでは、満タンの航続距離は700キロにもなるというのだから、なかなかである。

水素型燃料電池車の燃料補給は、水素ステーションで行う。だいたい、数分で満タンになる。航続距離も燃料補給時間も、電気自動車より有利である。なぜなら、電気自動車はフル充電に30分もかかり、しかも200キロしか走れない。そして言うまでもなく、水素が燃えると水になるだけで、全く二酸化炭素を出さない。地球は本当に温暖化するのか、その原因は二酸化炭素なのかという議論はあるが、ここでは掘り返さない。

また個人的に懸念なのは、水素の燃えやすさである。子供のとき、水素を発生させてそれを貯め込む理科実験をしたことがあったが、何かのとき引火してすさまじい爆発音で、怯えたことがある。多分であるが、ガソリンの比ではないのではないか。当然に、そういうネガティブな記載は記事にない。

ともかく燃料電池車運用のキーとなる水素ステーションを政府は全国100箇所に設置する計画を立てている。このために政府は今年、72億円の予算を計上している。

べつの懸念は水素燃料の値段である。おそらく水素は、水を電気分解して発生させるのだろう。すると、そのための電力は半端でなく、普通に考えると航続距離あたりの燃費はガソリンより安くできるのだろうか。おっと水素エネルギーという自分の記事があるのを思い出した。主要な水素の発生方法は決して電気分解ではないのだった。

あと、自分のメモのため補足しておくと、水素型燃料電池車というのは決して、水素でタービンを回して、それで直接車輪を駆動するのではない。一旦水素燃料で電気を発生させ、それを貯め込んでおいてモータを駆動するのだった。こうなっているのはおそらく、水素がガソリンよりも激しく燃えやすいので、直接の動力としては使えないからなのだろう。

もう2年以上も前、2つの平方数の和からなる素数と、2つの平方数の和からなる素数(続)で、若干の計算をしてみたが、飯高茂著、「環論,これはおもしろい」共立出版の21ページあたりを眺めていて、別に素数でない場合でも2つの平方数の和は論じられるのだと分かり、例によって若干計算してみた。

この計算に使ったC++のソースコードは、こちらに置いた。といいつつ、このソースコードは、2つの平方数の和からなる素数で使ったコードに最小限の変更を加えたものにすぎない。

この計算結果を眺めていて、分かったことを列挙してみる。
  • 素数に限らず、奇数一般として、2つの平方数の和であらわされるのは、4で割った余りが1のときだけである。
  • 奇数であって、4で割った余りが1であり、しかも素数でない場合は、2つの平方数の和が複数とおりある。例えば、65 = 5 × 13であり、65 = 72 + 42, 82 + 12
  • 偶数の場合は、4で割った余りが2のときだけ2つの平方数の和であらわされる。例えば、34 = 2 × 17 = 52 + 32
  • 偶数で2つの平方数の和であらわされるというのは実は、4で割った余りが1の奇数を2倍したものに限定される。例えば、521 = 202 + 112, 521×2 = 1042 = 312 + 92。実は、2つの平方数の和であらわされる奇数の2倍がやはり2つの平方数の和であらわされるというのは、全く自明ではない。
  • 奇数の場合、その数の素因数分解の個数をnとしたとき、2n-1とおりの2つの平方数の和をもつ。例えば、1105 = 5×13×17であり、1105 = 312 + 122, 322 + 92, 332 + 42 742 + 332, 792 + 182, 812 + 22。他の例として、6565 = 5×13×101であり、6565 = 662 + 472。 これを観察して思うのは、2つの平方数の和であらわされる奇数は、素因数分解したとき、各々の素因数が4で割った余りが1の奇数でなくてはならない。
  • 偶数の場合、その数の、2を除く素因数分解の個数をnとしたとき、2n-1とおりの2つの平方数の和をもつ。例えば、12370 = 2×5×1237で、12370 = 932 + 612, 1112 + 72
  • 4で割った余りが1の奇数だからといって、常に2つの平方数の和であらわされるとは限らない。例えば、69自体は4で割った余りが1の奇数であるが、69 = 3×23で、23は4で割った余りが3の奇数である。これは、素因数分解したとき、各々の素因数が4で割った余りが1の奇数でなくてはならないという上記の条件に合致しない。

    このように記述してみると、現象論としてはなかなか複雑であり、おそらく類体論の力を借りないと、統一的に理解できないのだろう。

囲碁の若手

user-pic
0

囲碁の登用の続きであるが、新聞の囲碁欄をみていたら、活躍する囲碁の若手のことが書かれていた。

言わずと知れた井山六冠がまだ24歳。前期に棋聖戦の挑戦者まで進出した村川七段が23歳。本因坊挑戦を決めた伊田篤史八段がまだ20歳。そして、全日本早碁オープンで準優勝した志田達哉七段が23歳。この若さは一体何だろう。他にも、16歳9ヵ月で史上最年少棋聖戦リーグ入りを決めた一力遼四段がいる。

一方、将棋ではどうか。タイトル戦の組み合わせをみてみる。括弧内は年齢である。一瞥して明らかなように、囲碁で活躍している若手に比べて、相当な年上感は否めない。なにしろこの中で一番若い中村太地でさえ、上記したどの囲碁の若手よりも年上である。

  1. 竜王戦:渡辺竜王(30)-森内名人(43)
  2. 名人戦:森内名人(43)-羽生三冠(43)
  3. 王位戦:羽生王位(43)-行方八段(40)
  4. 王座戦:羽生王座(43)-中村太地六段(25)
  5. 棋王戦:渡辺棋王(30)-三浦九段(40)
  6. 王将戦:渡辺王将(30)-羽生三冠(43)
  7. 棋聖戦:羽生棋聖(43)-渡辺二冠(30)

こうなっている理由はやはり、将棋における奨励会と順位戦の多重階層昇進システムにあるのだろうか。

そういえば、囲碁の名人戦で林海峰が23歳で、当時45歳だった坂田栄男名人に挑戦したとき、坂田名人は、20代の若者ごときに、自分が負けるわけがない、と平然と応えた。囲碁のような深みのある技芸は、40台になってようやく最高のレベルに達するのであるという、経験を踏まえた自信だったのだろう。

しかし、今は情報化社会で、子供の頃からどんどん先端の知識に触れることができるので、囲碁でも将棋でも、才能があって努力すれば、あっという間に第一線の棋力に達することができる。

いやいや、林海峰が23歳で名人位に挑戦したのは、1965年で、その頃は流石に情報化社会ではなかった。すると、今も昔も、才能と努力で若者が第一線に達するのは変わらないということになる。

こうして、将棋で若者の台頭を妨げているのが奨励会制度と順位戦である、という命題が正しそうな気配がしてきたが、いかがだろうか。分かっていても、経済的理由で奨励会制度と順位戦は撤廃できないというのが将棋界の本音だろう。これ以上棋士をどんどん増やす訳にはいかないのである。

中庸

user-pic
0

私は若い頃から、ユニークに、エキセントリックにならないといけないと自分に言い聞かせていた。そうやって個性を尖らせないと、大阪や東京のような都会では、私のような平凡な能力しかない者はやっていけない。

ところが、中国哲学でも、ギリシャ哲学でも、あるいは仏教でも、なぜか中庸が説かれる。私は若気の至りで、当時、中庸なんて生ぬるいと相手にしなかった。

しかし、中庸の真の価値をついに知る日が来た、それも科学的に、である。それは、例えば放射線の影響でしたような議論である。

それは次のような命題としてまとめられる。

  1. あるレベル以上の放射線は、致死である。例えば、東海村臨界事故がその典型である。
  2. あるレベル以下の放射線は、人体に全く影響を与えない。
  3. ある中間的レベルの放射線は、むしろ健康によい。それは、ホルミシス効果とも呼ばれる。
  4. 放射線が影響する閾値は、人毎に、また生物種毎に、相当に異なる。その例は、放射線障害に挙げたとおりである。

そして私が言いたいのは、「ある中間的レベルの放射線は、むしろ健康によい。」というのがまさに、中庸に当たるということである。

上記の基準は、放射線障害以外にも、飲酒、運動、勉強など多くのことに該当する。まず飲酒を例にとると、ある基準を超える飲酒は致死となる。例えば、学生の入学祝い歓迎の会の一気飲みでときどき死亡者が出るのがこれである。一方で、ある中程度のレベルの飲酒は却って健康によい、すなわち、百薬の長といわれるゆえんもこのあたりにある。

勉強だって、ストレスだって、過度だと死に至る。今たまたま、陸奥宗光の『蹇蹇録』岩波文庫を読んでいるのだが、縦横無尽にもてる外交手腕を発揮した陸奥は、54歳にして亡くなってしまった。ある意味燃え尽きたのだろう。そういう意味では、日露戦争の児玉源太郎もそうである。

中庸の理論が貴重なのは、大抵のことに、望ましさをもたらす臨界的中間レベルがあることを示唆するからである。すると、下手に安逸を求めず、老人はそこそこの不便さ、ストレスなどにさらされ、あまり完璧に心地よくはない環境で生きていくのがベストということになる。

老婆は、若い頃の嫁いびりの反撃を晩年食らうとしても、ある程度なら呆け防止になるのである。程度問題として、であるが。

以前、シス担を雑用係と呼ばないでという記事を書いて、シス担としての我が身の大変さを嘆いたのであったが、幸い私は、シス担の後継者を部門内に見つけることができ、大変安堵するとともに、その後継者に対する感謝で気持ちで一杯になったのだった。

それで、ある程度の規模の部署だと、潜在的にシス担をするためのポテンシャルがある人を見つけることは不可能ではない、と確信するようになった。なにしろパーソナル・コンピュータなのである、ハードウェアの詳細な仕様を知る必要はなく、APIの詳細を理解したりすることはなく、ただある程度コンピュータが好きであることと、コンピュータやソフトウェアのガイド本を好んで読むことと、ある程度他人に対して親切でサポーティブでありさえすれば、誰でもシス担はできると私は信じていた。なにしろ、私のような不器用な者でもなんとかシス担が務まったからである。

私がどれほど不器用かというとまず、PCのシャーシを明けて、カードを差すことさえ一苦労だった。ほとんど毎回、カードを留めるネジを回路ボードの上に落として、このままではショートすると、必死でシャーシを揺すって、ネジを取り出したものである。

また、フロッピーディスク・ドライブに接続するケーブル・コネクタを誤って引っ張って切断してしまい、とうとうフロッピーディスク・ドライブが使えない機能不全のパソコンにしてしまったこともたしか一度ではない。

実をいうと、当然ながら私よりもコンピュータに詳しく、且つ指先も器用で、自宅で何台も自作のPCを使っている猛者もいた。それでも私が仕方なくシス担をやっていたのは、シス担なるものが全く評価されない汚れ仕事だったからである。私は当時一応管理職だったから、具体的に何件明細書を書かなくてはならないという数値目標のようなものはなかった。それで、一応コンピュータが好きであるということで、私がシス担の雑用を務めることが部門の特許実務担当者が主要な時間を特許実務に費やすことを促すという意味で有意義だと信じていた。

そのときの部下の一人は、コンピュータ雑誌を暇さえあれば眺めていて、話すとどうみても私よりもコンピュータのソフトウェア/ハードウェアに詳しい。それで私が手に負えないときは、その部下の人にPCサポートを依頼した。こうしてほとんど必然的にシス担の後継者は決まってしまったような気がする。そのとき私の頭の中を、♪コンピュータの傍で過ごせたら、幸せそれとも不幸せ♪というザ・ピーナッツの大阪の女の替え歌が流れていたような気がする。

それから幾星霜、私はいろいろあって会社を早期退職することになった。そして、紆余曲折あって、ある典型的な日本の会社になんとか拾われると、早速感激したのは、きちんと課長職でシス担がいらっしゃることだった。みんなその方に一定の敬意を払っており、自分や、その後任のシス担の人が云われなく蒙ってきた雑用係視もそこにない。流石日本の伝統的な会社である。それで私は、シス担をするのでなく、シス担からサポートしてもらうという、自分にとって最高の贅沢を密かに味わった。

そして4月1日、人事異動があった。長年外資系にいた私にとって、年度末というのは12月末だった。4月から新年度というのが妙に新鮮だった。しかしショックだったのは、シス担の方が別事業所に転勤になったことだった。でも私は心配していなかった。シス担が正式に認定される組織なのだから、公認の方もれっきとしたシス担のスキルをもつに違いないのである。

ところが、後任の方は、聞いてみるとどうもコンピュータが詳しくない。普通のPCユーザであって、殊更に他人をサポートするまではいかない。部門のPCサポートはどうするんですか、と管理職の人に聞いても、黙って首を振るだけである。

ここで私は悟った。どんな会社であれ、シス担が組織的に配置されることはないのだ、と。もちろん、コンピュータのハードウェアを開発していたりする部門や、ソフトウェアを開発していたりする部門では、シス担的スキルに事欠かない。そもそもがみんなが自前でPCサポートできたりする。しかしそれはあまりに特殊なのである。

例えば、外資系の渉外部門では、まずほとんど全員がそこそこ英語がしゃべれる。そうしないと仕事にならない。ところが私がいるような典型的な日本の会社だと、英語がしゃべれる人というのはほとんど出会わない。そもそも英語なんてしゃべる必要がないのである。

英語は不要だとしても、今の時代PCを使わないでは仕事にならない。ところが結局シス担という地位は認知されない。コンピュータ開発部門以外は、個人のPC趣味に依存してしてしまっていて、コンピュータのスキルの持ち主の存在は甚だ確実性が低い。それが結構普遍的であるという事実を、外資系から典型的な日本企業に転職して改めて知ったのだった。

それで自分に問いかけるのは、お前は、不器用ながらPC的には結構部門に役に立つ存在だったのかもよ、ということである。現実問題、役に立つ存在だったかどうかはともかく、便利な存在だったことは確かのようである。そして、PCサポートに追われていた日々を思い出すだけでどっと疲れている自分に気づく。単に還暦近くなって、息切れしているだけなのかもしれない。

バッファ・オーバーランというのはコンピュータ用語であって、例えば、C言語で書くと、char buff[200]と宣言されている領域であるbuffに、300の長さの文字ストリングをコピーしたときなどに起きるエラーのことである。このため、コピーする文字の長さが予め分からないときは、length = strlen(buff); char *p = new char[length]; のようにするのかもしれない。

ここまで書いたとき、それで?と言われそうであるが、実は最近ちょっとプログラムを書く機会があって、まさについ、バッファ・オーバーランを起こしてしまったのだった。

バッファ・オーバーランというのはコンパイル時には起きず、実際に処理している途中で想定外の長い文字列がやってくると起きるのであるが、大抵はメモリ保護違反でプログラムがトラップされるので、すぐに気づくのであるが、場合によって特に分かりやすいエラーにならず、単に処理結果が微妙におかしいだけだったりすることがあるので、却って困ったりする。

そこで気づいたのは、以前に指摘したカオス的行動も心のバッファ・オーバーランではないか、というものである。すると、さらに話を広げると、人間の心は、誰かがプログラミングしたもの、ということになる。そもそも、「心はプログラムできるか」有田隆也、ソフトバンククリエィティブという本もあるくらいである。

で、誰がプログラミングしたかというと、欠点主義で書いたことによると、もしかして自分自身で生まれてくるときに書いたのかもしれない。ただもちろん、閻魔様なのかもしれないが、いろいろとプログラミングのコツは指導してくれている。

ところが、人間の心のプログラミングというのは丁度、貧弱なメモリしかもたない組み込み機器のプログラミングのように、リソース制約がきついので、メモリも合理的に使わなくてはならない。このことが一つの長所が別の短所につながることになる。長所がリソースを使うので、短所はリソース不足に悩むということになる。すると短所というのは本来、長所と何も変わるところはなく、単に予め与えられるリソースが少ないだけ、ということになる。

よって、こんな短所のところに仕様に予定していないリソースが要求されると、心のバッファ・オーバーランが起きて、一見意味不明なカオス的行動が起きえる、ということになる。

そういう暴走が起きたら一旦システムをリセットして立ち上げ直すよりない。しかし、立ち上げ直しは手間がかかる。それで、小保方さんのように、いろいろ手を尽くして、私は正しいです、と意地を張ることになる。そうすると、バッファ・オーバーランがバッファ・オーバーランを呼んで、心が暴走し、収拾がつかなくなる。

君、見切り千両だよ、とどうして責任者がタオルを投げないのだろうか。とりかえしがつかなくなる前に。

ここ何年か、森内対羽生の名人戦が続いていて、正直いって少し食傷気味なのであるが、羽生ファンの私にとって詰まらないのは、いつも森内が先勝して、羽生が追いかける展開になっていたことである。

ところが今期は、久々に羽生が先勝して、俄然興味が湧いてきた。それでつい想定してしまうのは、森内がタイトル戦前に覆す力という本を出版してしまったことと、珍しく他棋戦でも結構勝っていることである。すなわち、棋聖戦でも決勝まで進み、昨年度は年間7割も勝っていた。これでは明らかに名人戦に費やすリソースが不足してくる。

そして名人戦第2局。先手の羽生は、26歩からの相懸にした。みていると、46歩と64歩を互いに突きあって、なんともレトロな相腰掛銀。かと思ったら違った。なんと羽生が36銀と出て、斜め棒銀ライクに飛先を攻めていく。

結局羽生は強引に角金交換で飛先を突破し、22歩と後手が受けた時に23歩とあわせた。なんとなく気が利かないような気がするが、少し先手がいいらしい。これに対して森内は予想された92角。プロなら一目である。

それに対して羽生は、がっちりの48金打。森内の45歩にも堂々と同歩。そこで森内はなんともの74角打。あれれ、森内はそんな棋風だったっけ。羽生の39金引に畳み掛けるように38銀のぶちこみだが、いかにも筋が悪い。

あっさり羽生は、金2枚と角銀の交換し、44銀と打てば、どうも羽生が一手勝っているようである。森内の47馬にも恐れず53銀成。羽生は当然に読み切っている。

以下は短手数で羽生が森内の玉を即詰に討ち取った。終わってみれば一方的で、森内の拙戦であった。

森内は流石に第3局では矢倉か角換など、戦法を変えるだろうか。それにしても、この流れをもとに戻すのは大変なような気がする。要するに去年竜王を奪取した時点でツキを使い果たしたのだろう。

覆す力

user-pic
0

去年の竜王戦の直前、渡辺は、勝負心という本を出版したが、私はタイトル戦を前にして本を出すのはいかがなものかと思っていた。すると、案の定というわけではないが、渡辺は結局竜王10連覇を果たすことができなかった。

ほら見たことかと思ったら今度は、森内が名人戦を前にして、本を出した。「覆す力」小学館新書である。ただ、名人戦を前にして、といったが、実際は正月頃出版したのだから、前にしてというわけでもないかもしれない。

しかも私がこの本を見つけたのはたまたま最近のことなのであった。で、例によってアマゾンで買ってこの本を読み始めたのだが、読んでみると、いかにも森内らしさが滲み出ている。

最初にそう思ったのは、次のような内容に対してである。

自分よりも強い相手だと普段以上の力が出せるが、自分が有利ではないかという自覚をもつと、途端に安定しなくなる。

なるほど、このステートメントは、森内が格下に対して結構取りこぼすことと、名人戦で羽生に対して強さを発揮することの両方を説明している。

実際森内は、一貫して先を行く羽生の背中を追いかけて強くなった。また、先輩の島朗に声をかけられて、島、羽生、佐藤と切磋琢磨した。こうやって相手の手に乗ってうまくやっていくのが森内の真骨頂で、その一方で、ときに頑固で無骨で、無理やりこじ開けるような手を指すのも森内なのだった。

しかし森内は、何事も周到に用意するタイプで、棋力を伸ばすためにも周到な準備が必要だと言ってはばからない。すごい努力家に違いないのだが、がむしゃらではない。

また、独特の「負け」に対する哲学もある。すなわち、負け方を大事にし、負け続けてもいまは充電期間だと、あまりは気にしない。むしろ、不調のときこそ普段やらない実験のような手を指す。それが蓄積になってスランプからの脱出につながる。

森内の別の長所は、いくらでも長考できることである。集中力があって延々と何時間でも手を読むことができる。一方で、早見えでないので、時間がないと慌てることがある。

ともかく羽生と違って地味なキャラクタなので、才能が外にほとばしらない。その地下水脈のような才能が実は森内をして、羽生より先に永世名人に就かせしめた。当たり前だが本当はすごい才能なのである。

天才芹沢

user-pic
0

真部一男の「升田将棋の世界」日本将棋連盟を読んでいたら、「天才芹沢博文」という記事があった。これは決して揶揄しているのではない。というのは、昭和30年に四段になると(それ自体は異常に早熟ということもないが)、いきなり才能を注目された。すなわち、芹沢が四段になったとき、誰が次世代の名人かというテーマの座談会で、筆頭が加藤一二三、対抗に二上達也、次に芹沢、四番目に有吉だった。

四段で名人候補に挙げられるとはまるで、今でいう羽生や森内レベルである。実際芹沢は、その期待に違わなかった。なにしろ、芹沢は、C級1組で1年足踏みした以外は、ストレートでA級に駆け上がった。名人候補というのもあながち言い過ぎではない。

しかし、そこで芹沢は何かを悟ってしまったらしい。急に将棋に情熱を失くして、A級からも陥落してしまった。ここらあたり、なぜか大学時代の若島正を彷彿とさせる。なぜなら、相当の才能を認められながら、自分よりはっきり上の存在を認識するや否や、もうやる気をなくしてしまった。なぜ一番でなくてはならないのだろうか。多分答えられないだろう。芹沢もあるとき、名人になれないと悟った。そして努力を止めた。しかし見てみるがよい、有吉は名人になるとかなれないとか関係なく、火の玉のように努力した。そして芹沢よりずっと長くA級の地位を保った。

なぜ芹沢にそれができないか。若島が数学者から足を洗うのと同じだろう。説明できない。もしかして、才能には、ある技芸自体の才能とは別に努力するという才能もあるのだろうか。そう考えていたらふと、才能の三次元構造というアイデアが浮かんだ。すなわち、才能とは、技芸自体の才能と、努力の才能と、運という立体構造なのだと。

そう思わせるのは、電王戦に対する豊島の努力を知ったからである。というのは、棋友から聞いた話だと、豊島は、電王戦に出場するにあたって、4ヶ月も住家の実家から離れて別宅を借りて引きこもり、コンピュータと1000局指したそうで、こんな努力、しかも見方によってはたかがコンピュータに対して、こんな努力を芹沢だったら絶対しないだろう。

まあ、中原ならするよね、となぜか、芹沢の弟弟子の中原の名前が浮かんだのだった、だって中原には、芹沢にはない、いい意味の鈍さがあるもの。

林葉直子

user-pic
0

林葉直子の復帰にも書いたが、昔、大学将棋部の後輩たちから聞いた話もあって、林葉直子はなんとなく気になる存在で、それはファンという言い方には該当しないで、疑似的な知り合いのような錯覚というべきかもしれない。

それでも私は、福岡で、大学将棋部の友人の結婚式の来賓としてきていた林葉直子の、コマネチ・ライクな透明感のある容姿を今でも思い出す。そして、その後将棋界を離れ、中原名人と不倫関係に陥ったことも、ヌード写真集を出したことも、無理やり人格のデュアリティと言いなして納得しようとしていた。しかし、デュアリティはどんな人間にも付き物で、それでどうして納得できるのか自分でも分からない。

そして最近新聞の書籍広告をみて驚いた。林葉直子が、「遺言 最後の食卓」中央公論新社刊という本を出している。もともと、小説も出していたくらいなので文才があるのは知っていたが、不治の肝硬変を患い、余命があとどれくらいか分からないくらい悪いとは知らなかった。しかも、その状況を本にするなんて。

人生に絶望して、あるいは人生の意味が見いだせないで、酒を浴びるように飲んで緩慢なる自殺のような人生を歩んだのは、芹沢博文だった。それに倣ったわけでもなかろうが、林葉も、毎日ボトルを一本空けるほど飲んでいたことがあるらしい。

顧みると、林葉は、ライバルだった清水市代には将棋の才能でわずかに及ばなかったかもしれないが、地道に努力すれば、なんとか女流棋士としてやっていけたに違いない。

そういえば、天野貴元氏も、舌がんで人生の終わりを見通し、本を出版したのだった。

実をいうと、こういう状況で本を出版する気持ちが理解できないでいる。ただ、本というものは出版しようと思っても、商業ベースに乗りそうもなければ本を出してくれる出版社があるはずもなく、すると、そこそこ有名人が余命を数えるような状況は、読者の共感を呼ぶということなのか。

先日、電王戦が終わったが、プロ側の1勝4敗と惨敗だった。この結果をみて、大抵の人は、プロは情けないと思うかもしれないが、長年コンピュータと深く関わってきた私としては、どうしてもコンピュータに肩入れしてしまうので、コンピュータやるじゃん、と、顰蹙買うかもしれないが、つい目を細めてしまうのである。

こうなってくると、電王戦に出場してくるほどのコンピュータともなると、プロでいえば、A級八段の力があるといっても過言ではない。

それではもし、コンピュータ同士が対戦したら、A級順位戦と同等以上に面白いだろうか。それは間違いなく否である。なぜなら、そこでは決して血が通った指し手が現出しないからである。そこでは、冷たく、あるいはぎりぎりの読み切りで勝ってしまう。

こんなことからして、どんなにコンピュータ将棋が発達しても、人間同士が指す将棋の方が、コンピュータ同士が指す将棋より面白いといえる。

実際、先日の名人戦も意表の手順で、相懸で森内が意表の角飛交換を仕掛けた。ただ、それはどうもよくなかったようで、森内が自陣飛車を打つ羽目になった。

そこからが森内はしぶとい。決め手を与えないで、じりっじりっと追いついていった。難解な局面が続いたが、一歩先んじた羽生は、ついに森内を抜き去った。少なくとも名人戦の番勝負で、羽生が先勝するのは久々なのではないだろうか。

私のみるところ、森内はフォーカス力が下がっている。例年なら、棋戦成績は五分より少しいい程度で、低迷している。しかし今年は、森内は他の棋戦でも6割以上勝っている。こんな森内をみるのは珍しい。

羽生はというと、先の王将戦で、3-3と追い込んだのに、最後に渡辺に押し切られてしまった。明らかに、他棋戦ではわざと決め手を欠き、今年は名人を狙うという思い入れが感じられた。

そして名人戦の第一局では、羽生は積極的指し手で序盤早々、飛角交換して、森内に自陣飛車を強いた。羽生の方が有利だという解説陣の意見だったが、森内は得意の粘りで、じりっじりっと追いついていった。そして最後に抜け出したのは羽生だった。手に汗握る熱戦で、同時並行して進んでいる電王戦に負けるものかと意気込みを感じた。やはり人間同士の戦いは興味深い。創意と意地で火花が散るからである。コンピュータだと、手を帰納するだけである。

今のコンピュータは棋力で、羽生・森内にはわずかに及ばないかもしれない。しかし、来年になるともう分からない。この一年でも、深く静かにコンピュータは手厚さを増した。多分今年で電王戦は自然消滅するのではないか。そして、まるで仕組まれているように、来年から名人戦はもっと盛り上がる。それでいいのだと無理やり思い込もうとしている私は、やはりどこかコンピュータに与しているのだった。

音声工学の本を読んていると、比較的最初の方に、エコー・キャンセラーというシステムが出てくる。これは、スピーカとマイクをもつハンズ・フリーの電話会議システムなどがもつ機能であるが、スピーカとマイクが音響的に結合されて閉ループとなり発振するハウリング現象や周辺雑音を拾うことを防ぐために、スピーカとマイクの間のインパルス応答を推定し、それをマイク出力から差し引くように適応フィルタを動作させるものである。

その機能を改めて考慮して、ああっと思ったことがあった。それは、見て見ぬふりにも関連する。すなわち、人は不合理な、あるいはありえない環境におかれていて、下手に警鐘を発すると酷い目に遭うような状況だと、その状況に対する自分の応答を推定し、自分の気持ちから差し引くことで次第に状況に適応し、それで仕方ないのだと思ったり、これはこれで幸せなのだと次第に自分を正当化し、現実がみえない状態に自分から陥る。

それを怯懦であるとか卑怯であるとか直ちに呼ぶのは適切でなくて、そうやって周囲のノイズを推定してキャンセリングしていかなくては、精神的に平静を保てないだろう。しかし、何でも程度問題なのである。

過度に周辺雑音をキャンセリングしてしまっては、悪意のある施政者の思う壺となってしまう。すなわち、次々に新手の悪意の施策を繰り出しても、配下の人々がそれに対してすぐに適応フィルタを推定してキャンセリングしてくれると、何でもやりほうだいとなる。逆に、極端な全体主義的体制では、キャンセリング能力に優れる人こそが適者生存する。

ただ、キャンセリング能力に優れる人たちが主要になってくると、社会や組織のシステムに対する適切なフィードバックがなされなくなる。制御システムの原理によると、フィードバックを欠くシステムは暴走するか停止するかのどちらかで、よほどの僥倖がないとうまく動くということはありえない。なので、例えば千年王国を喧伝したヒットラーの帝国もあっけないほど短期で崩壊した。

すると、このようなことを防ぐためには、敢えてノイズ・キャンセリング能力を不完全にし、ノイズに耳を傾ける能力が必要になってくる。能力というよりも一片の勇気なのかもしれないが、状況によってはそれはかなり困難であることを私は知っている。それをある意味知りすぎていたのは、故アンナ・ポリトコフスカヤであろう。しかし、ポリトコフスカヤの鋼鉄の意志(遺志というべきか)は今のロシアにあっても、金字塔である。

さて、精神的なエコー・キャンセリング能力は、組織論的な意味以外に、私がみるところ、哲学的意味と、精神医学的意味がある。それを簡単に説明する。

先ず哲学的意味であるが、私はあまり友達から相手にされない孤独な日々を、自宅の暗い天井を眺めて、自分はなぜここにいるのか、何かの錯覚なのかなどと哲学的思考に耽っていた。しかし、今の自分ほど語彙をもたなかったので、それをうまく記述することができなかった。それでだけではない、中学に進学すると、目先の勉強に没頭するようになり、いつのまにか、微かな哲学的思考をエコー・キャンセリングしてしまった。今にして思うと、ギリシャ哲学者が哲学の意義を「驚き」と表現したのは、まさに下手に周囲のノイズをキャンセリングしないで、それに取り組むということなのであろう。

次の精神医学的意味とは、精神病における妄想や幻聴などである。私は精神病者が知覚する妄想や幻聴は、実はある種の高次元空間には実在していると思っている。それが健康な人に知覚できないのは、健康人が極めて健全なエコー・キャンセリングをもっているからである。実際、エコー・キャンセリングしないで妙な亡霊が日々見えては、日々が苦痛で仕方なくなる。

精神病ではないが、数学者のラマヌジャンの湧き出るような数学的アイデアは、ある種のエコー・キャンセリングの欠如により、高次元空間から受け取っていたのだと私は今や信じる。

こうして次は、エコー・キャンセリングのキャンセリングをするにはどうすればいいか、ということになるが、まだ自分の中でそれは煮詰まっていないので、また後日とする。

最近次々にジェフリー・ディーヴァーの作品を読んでいるので、その勢いで、「獣たちの庭園」土屋晃訳、文春文庫も読んでみた。この作品はディーヴァーとしては異色で、時代が1930年代の、オリンピックがベルリンで開催された頃のドイツである。

その頃というと、言わずと知れた、ヒットラーがドイツで実権を握り、まさにヨーロッパを席巻しようとする頃なのであった。そして、この小説の主人公は、ポール・シューマン、ニューヨークの殺し屋である。それだけだと、なんだ、コフィン・ダンサーのようなものなのか、と既視感が漂うが、いかにも戦時らしく、ポール・シューマンは、米国海軍の高官からある密命を帯びる。すなわち、オリンピック選手団に紛れてドイツに潜入し、ヒットラー配下の要人を暗殺してほしい、というものだった。

なにしろ全体主義国家で秘密警察が跳梁するドイツなのである、そこでヒットラー配下の要人を暗殺するなどいうことがどれほどミッション・インポッシブルかちょっと考えたら分かるが、いろいろな罪で追われ、またギャングに命を付け狙われているポール・シューマンは、どうせ捨てた命と、この無茶苦茶な申し出を受けることにした。報奨金の多さと、今までの罪科を免罪にしてくれるという破格の提案も加味した。

そしてともかく、スポーツ記者にふりをしてオリンピック選手団とともに船舶でドイツ入りしたものの、早速ある犯罪に巻き込まれて、ゲシュタポや警察に執拗に追われる羽目になった。

ただ、地獄に仏のように、反ナチスのドイツ人が現れて、物質面でポールは随分と救われた。また、米国の外務省筋からポールのミッションを支援する役割の米国人も当然にポールを支援する。そういう様々な人達に助けられて、ポールは暗殺のターゲットである要人に一歩ずつ近づく。

この小説が興味深いのは、当時のドイツの、自由の抑圧された暗い雰囲気をとてもうまく描いていることである。当然にゲーリンク、ゲッペルス、そしてヒットラーもてでくる。このリアルさは一体?と思っていたら、ディーヴァーはこの作品を書くのに、他の作品の倍である2年もの歳月を費やしたそうである。実はこういう地道な下調べがディーヴァーの真骨頂である。

また、あまり詳しく書くとネタバレになるが、私が1/3まで読んでストップしている、「アメリカはなぜヒットラーを必要としたのか」菅原出著、草思社文庫に書かれてあることがこの小説のプロットの一部を構成している。ううん、それを使うか、流石ディーヴァーと再度感心した次第である。

ともかく、あまりディーヴァーらしくなく出発したこの小説は、後半から次第に「らしさ」がでてきて、最後はディーヴァーらしくないどんでん返しで、見事に着地したのだった。

先日、元奨励会三段、天野貴元さんの「オールイン」を読んだことはブログに書いたが、書きながら何度も思ったのは、私はこのように壮大な夢を抱いて必死に努力したこともあまりなく、1か0かのような切羽詰まった局面に自分を追い込んだこともなく、なんという安易な生き方をしてきたのだろう、ということである。

すなわち、奨励会から四段になれないで、年齢制限で放逐されるとすべてはリセットで、0から再出発しなくてはならない。そこでは将棋が世間の平均より(かなり)強いということがあまり意味をなさない。囲碁ならレッスンプロの道は沢山あるが、将棋ではレッスンプロの道も狭き門である。

で、自分に戻って、私もかつてはそれに近い考えをもっていたことを思い出した。大学を受験するとき、先生や親は、就職のいい工学部を志望するようにアドバイスしてくれた。実際、電子工学を専攻したいと思っていたこともあった。しかし、物理学の方がより根源的で面白そうだった。田舎で育ったため、周囲に大した秀才もおらず、自分の知的ポテンシャルの程度を全く客観視できていなかった、ということもある。

それで大学に入ったあとは、物理学者なれるように、それなりに努力していたのだが、あるときから行き詰ってしまった。いろいろ理由はあるが、一言でいうと、物理学に対する一応の才能を欠いていたという、ただそれだけのことだろう。

で、当然のごとく挫折感を味わい、急に人生がどうでもよくなった。ただ、平均的な奨励会員の力の何十分の一かしか努力していなかったので、ものすごい絶望ということもない、ただ虚しくなっただけともいえる。しかし、このことは私の人生にとって大きい意味があり、すなわち、その後大きな目標に対して地道に努力するということができなくなってしまったのだった。

それが分かったのがサラリーマンになって、特許部門に配属されたときである。この分野にいて弁理士の資格をとった方がいいのは誰でも分かる。よって私も一念発起して資格勉強してみようと思った。ところが、どうしても勉強に身が入らず、弁理士のことを考えれば考えるほど、急に数学がやりたくなった。それで、特許法の本に比べて決して読みやすいとも思えないブルバキの数学原論を買って、読み始めた。すると妙に楽しいのである。数学そのものというより、ニッチ性、周縁性に惹かれたというべきか。誰にも相手されない孤独な思考に耽る孤高に酔った。かっこよく言い過ぎか。

数学をただ空しく勉強していて、意外に実用的な意味もあった。すなわち、大学時代、コンピュータなんて興味がなく、プログラミングも全く駄目だったのに、知らない間にプログラミングのメタスキルのようなものがついていた。こういうのが一般教養として数学を勉強する意味の一つなのかもしれないが、そうやってはっと気づくと、日常的な特許業務は次第にOA化されて、極めつけは特許出願がオンライン化されたことである。そこで、なけなしのプログラミングをスキルをそこに投入する日々となった。このあたりのことは、エキスパートにも書いたので繰り返さないが、そもそもプログラマでもないのにそんな仕事が部門で認知されるはずもなく、仕事中にコンピュータで遊ぶんじゃないと、あからさまに上司に叱責されたこともあった。

しかし、道ならぬ恋ではないが、反対されるほど燃え上がるというのも一つの人情である。私は努力し続けた。そして、一群のツールを作りあげることで、有無をいわせぬ居場所を作った。ただ、当たり前であるが、歌の文句を借りると、今日までそして明日からも、特許専門家の風下であり続けている。

昇進するという点では意味がなかったが、居場所をつくるという意味ではこれは私には一つの成功体験だったのだろう、一応、特許分野の情報処理というニッチな専門家になれたと自負する。

こういう経験を通して私は、ニッチや周縁を訪ねる旅を続けている。その理由はそれが地位やお金(もちろん異性でさえない)のような分かりやすいリソースを獲得することにはつながらないものの、ある種のクリエイティビティを刺激するということを発見したからである。そのクリエイティビティの一つの発露がこのブログだといったら、あざ笑われてしまうかもしれないが、私にとって人生というものはその程度のものだったりする。ちょっと卑小的すぎるだろうか。

WDMというは、光通信の用語で、Wavelength Division Multiplexingの略である。すなわち、様々な波長の光を混合した状態で光ファイバを通して通信し、それを回折格子などで分散(disperse)させ、必要な光の波長成分を取り出して、MEMSやLCOSなどで所定方向に指向し、光信号処理する。

そして私が思いついたのは、読書のWDMである。どういうことかというと、いろいろなジャンルの本を読むことで、読書の無色性(achromaticity)を達成しつつ、分散性(dispersability)も維持するというはなはだ贅沢なことを考えている。

現実問題、無色性なんて無理で、どうしてもジャンル的に思想的に、読書傾向は偏る。しかしそれをあえて、例えば、今更のように9.11の陰謀論の本を読み直したり、エーリッヒ・フォン・デニケンの宇宙人飛来説を読み、急に光情報ネットワークの本を読んだかと思うと(その本こそが、読書のWDMという与太話の淵源だったりする)、突然、ジェフリー・デーイヴァーの本にはらはらしたりする。

なぜ無色性が重要かというと、可能限り、物事に偏りなく思考できなくてはならないからである。一方、ジェフリー・デーイヴァーの本に没頭している間にも、必要に応じて仕事の本に目を通すことができなくてはならない。それが分散性なのであって、いろいろな本を読んでいて頭が混乱しているようでいて、必要に応じて特定の光の波長の光を取り出すように、知識が分散できなくてはならない。

ただ、そうやってWDMで読書していると、異なる波長成分の間で干渉というかクロストークが生じて、成分が歪んでしまう。若い頃から無規律な読書をしてきた私は、無色性はともかくとして、分散性には自信があった。そこで最近、分散性の図に乗って、2つの小説を並行して読むということを試みたが、流石にこれはクロストークがひどくて話にならなかった。多数の人の話を同時に聞き分けたという聖徳太子なら、複数の小説もクロストークを起こさないで並列的に読めるのかもしれない。聖徳太子が実際したらの話であるが。

実は今から6年くらい前、立花隆や成毛眞などの影響を受けて、全く小説を読まない時期があった。そのとき本屋に行ってふと感じたのは、全く小説を読まないと本屋の書棚の2/3くらいが全く関係なくなって、achromaticityを重んじる感性には耐え難いものになってきた。

あるきっかけから小説の版図を取り戻した私は、やっと読書というガラスの無色性が高まって向こうが透けてみえるようになり、ほっとしているところである。ただそうすると、数理的な本の読書が手薄になる。そこで、共立出版の「環論、これはおもしろい」飯高茂著、共立出版を眺めて、バランスをとっている。実は去年の8月に長年勤めていた会社を早期退職してから、精神的な安定性を欠き、その後も再就職した会社でついていくのがやっとで、最近ようやく数学書が眺められるようになってほっとしている。

まあでも、ミステリー小説が一番の息抜きかな、と思ったりして、何が無色性なのか、何が分散性なのか、わからなくなってくるのであった。

複合天才

user-pic
0

世の中には複数の分野で天才的な能力を発揮する人は結構いると思うのだが、少なくとも私が興味がある棋道と数理科学の両方で才能を発揮する人となると、かなり数は限定される。

私が先ず思い出すのは、このブログでも何度も取り上げたことがある若島正氏である。将棋が全国のアマチュアでもトップレベルで、詰将棋では日本でも有数の達人、そして京都大学理学部数学科で教授に見込まれるほどの才能がありながら、クラスに自分以上に数学の才能がある人がいたのに嫌気がさして英文学に転進した。そちらでも京大教授になっているのだからすごい。そういえば、若島氏は最近、詰将棋回答選手権で、並み居るプロを退けてぶっちぎりで優勝した。もともと、創るだけでなく解く方も得意なのだが、そそちらはあまり表に出なかっただけである。

次は徳山豪氏。同じ会社の研究部門にいて、たまたま将棋サークルで対局したことがあるが、将棋は流石にいまいちだった。しかし、囲碁では東大時代に囲碁部で関東地方でも有数の強豪だったという。そんなに囲碁に打ち込んでいたというなら専門の方は大したことないのかな、と偏見をもっていたら、東北大の教授として採用された。これは、専門の数学というか情報科学でも半端ない能力があることを示す。

ただ、一般的に将棋や囲碁などの棋道は頭のリソースを大幅に消費するので、普通は棋道と学術のどちらも相当なレベルにいく、というのは極めて稀である。大抵は私のように、どちらもお話にならないレベルである、というのがほとんどである。

ところが、テレビを観ていて、長尾健太郎という方がいらっしゃるのを知った。子供の頃から囲碁を習い、アマ七段の腕前、それだけならよくあるが、勉強も大秀才で、開成高校に進学し、開成高校開学以来の天才とまで呼ばれた。何しろ数学オリンピックで金メダルを連覇した。当然のように東大に合格してからは、勉強にも邁進、京大大学院に進み、博士号を取った。その後、囲碁を通じて知り合った美人囲碁インストラクターの押田華奈と結婚。これだけみたら人もうらやむ人生だが、長尾さんには宿痾があった。胞巣状軟部肉腫という筋肉の癌で、それを知りつつ押田さんは周囲の反対を押し切って結婚した。このあたり、今野浩の「すべて僕に任せてください」新潮社で言及された白川浩氏を彷彿とさせる。その長尾健太郎氏の専門であるが、Google scholarでみてみると、3次元Calabi-Yau圏と量子dilog関数とあって、幾何学なのだろうか。

結局、長尾健太郎氏は専門の数学でも賞をもらうなどして有望だったのだが、31歳にして去年夭折された。若くして才能を迸らせ、流星のようにこの世を去ったのだろうか。私が知る他の棋道・数理科学の複合天才が健在なので、余計に印象に残るのであった。

棋友から、オール・インという新刊本を紹介された。なんでも、元奨励会三段の人が書いた本だという。著者の名前は、天野貴元。それを聞いて、ん?と思った。私の知らない名前だったからである。

というのは、今から20年以上前の独身時代に遡る。当時棋友と、こんな雑談をしていた。「将棋の知識って、将棋以外に全く関係ないよね。例えば僕は、プロ棋士の名前も、奨励会員の名前もすべて知っているけど、そんなの全く意味ない。」そういうと棋友は、確かに意味ない、と同意してくれた。

ここで「意味ない」というのは、昔、ラマヌジャンを見出したイギリスの数学者、ハーディーが、数学というのは応用分野がないほど価値があるのだ、と言ったことに少しニュアンスが似ていて、一種の韜晦なのだが、もちろんハーディーの格調がそこにあるわけもない。

ともかく私は、よく考えると実は、四段以上はともかくとして、現時点で奨励会員までは全く名前を把握していないことが分かった。思い込みというのはある意味おそろしい。

戻って、天野貴元さんは1985年立川市生まれ。私とは親子ほども年齢が違う。きっとこの人の両親と私がほぼ同年代なのだろう。そんな天野さんは、あるきっかけから、小学校になったとき、自宅近くの八王子将棋クラブに通うようになった。なんと、羽生三冠を輩出した名門道場である。そこに通うようになって、小学校一年で早くもアマ初段に達した。これは相当な才能を示唆する。そして小学校二年でアマ四段、低学年の部で全国で二位に入るほどだった。これをみて将来はプロだと思わない人は少ないだろう。しかも、そのときの一位が奮っている。なんと、今をときめく渡辺明。多分このときから、渡辺二冠のことはずっと天野さんの意識にあったはずである。

流石に八王子将棋クラブが名門だなあと思うのは、知っている棋士の名前がどんどん出てくるところである。例えば阿久津主税、長岡裕也、佐藤慎一、村山慈明、中村亮介などである。こういう才能がある人たちに鍛えられて、天野さんはどんどん強くなり、小学校四年のときは小学生名人の本命候補にまでなった。ところがどうみても優勝する力があったのに、なぜか決勝で余計なパフォーマンスをやってしまい、負けてしまった。どうもここらあたり、人間性がありすぎるというか、勝負師としての資質に微妙な翳りを感じる。

ともかくその後奨励会に無事入会し、ギャンブル、飲酒、麻雀など芹沢ライクな遊びを覚えたが、将棋も精進し、16歳にして三段に達した。あと年齢制限大会まで9年もある。流石に四段になれないなんて夢にも思わなかった。

しかし、最初の三段リーグで負け越しスタートだった。その後もなかなか三段リーグで勝ち越せない。天野さんはそれなりに努力していたが、遊びもそれなりに織り込んでいた。もしかして鬼努力しなくてはならなかったのだろうか。あと、妙に勝負師として楽観的な面が気になる。そうして数少ない昇段のチャンスも逃してしまった。そしてついに痛恨の退会の日を迎えた。

ところが天野さんは、あくまでも楽観的で、社会人としてなんとか生きていこうと努力する。そんな天野さんを悲劇が襲う。舌がんである。とりあえずこれを克服したのだが、言語障害になってしまった。しかもいつがんが再発するかわからない。多分であるが、この病気が天野さんをしてこの本を書かせたのだろう。

それにしても三段リーグでプロになれなくて去っていく話は何度読んでも切なすぎる。それに、死に至る病が関与するとは、なんたる悲劇なのだろう。それを前向きに生きるというのは、究極の勇気のような気がするが、そんなに構えた様子もない。

そういえば、四段になるのをほとんど諦めた佐藤慎一が、退会になる寸前に昇段を決めたという件を読んで、去年の電王戦で最初にコンピュータに敗れた棋士が佐藤慎一だったことも思い出した。掛け値なしに天野さんの方が佐藤慎一四段よりもプロになることについて有望だったはずである。

それは単に運命なのだろうか。また、天才と周囲から呼ばれつつ、奨励会の三段に上るや否や退会して別の道に進んだ人もいるという。将棋の魔界に魅せられるということはどういうことか、自発的にそれを見切るということはどういうことか、いよいよ分からなくなる次第である。

ソウル・コレクターを読んだ後で、ジェフリー・ディーヴァーの作品で、ロードサイド・クロスを読むことにした。これは、リンカーン・ライムでなくキャサリン・ダンス・シリーズで、スリーピング・ドールの続編にあたる。

しかし、路線としては、青い虚空ソウル・コレクターに続くコンピュータものである。

青い虚空では、比較的初期のインターネットの時代で、サーバがクラックされやすい環境で、犯罪者が個人情報をサーバからクラックして知り合いを装って、ターゲットとなる人に近づくというものだった。それは、社会工学(social engineeing)と呼ばれる。もちろん、カール・ポパーが言う意味とは全くことなる。

ソウル・コレクターでは、犯罪者が、さらに精緻にビッグデータを駆使して、一層ソフィスティケーテッドなやり方でターゲットを追い詰めていく。

そして、ロードサイド・クロスでは、ブログあるいはSNS。おっと私自身がブロガーの端くれなのだった。下手なこというと自らに唾することになる。ただ、私のような人気のないブログというのはお気楽なもので、ほとんど炎上することがない。一度か二度、記事を削除するよう要求されただけである。

一方、ロードサイド・クロスに出てくるのは、いわゆる世間を動かすようなアルファ・ブロガーである。ある自動車事故に関して、ある少年がブログ上で責められ、そこで少年のことを非難した人が見せしめのようなひどい目にあっていく。すると当然にその少年が疑われる。しかし、少年は巧妙に姿をくらまし、全く行方が分からない。

こういう事件にキャサリン・ダンスが駆り出されるのだが、どうも頼りない。なぜなら、犯人を拘留して尋問するわけではないからである。キャサリン・ダンスは、アメリア・サックスのようなグラビア・アイドル美人ではないし、射撃は下手で、運転もうまくない。それでいて料理も得意ではない。それでもよき母親をやろうと努力し、また親孝行でもある。

そんなダンスは、コンピュータの苦手な分野で困り、その分野の専門家の大学教授を顧問に雇う。するとこの大学教授が、ブログに、SNSに、オンライン・ゲームに、獅子奮迅の活躍をみせる。

ロードサイド・クロスの犯人は、見る限り、スリーピング・ドールに出てきたダニエル・ペルよりは手強くないのかもしれない。しかし、キャサリン・ダンスの身内に面倒な問題が起き、ダンスはパニックになりそうになる。そして周囲の援助でなんとか立ち直っていく。

こういうキャサリン・ダンスのアンチ・ヒーローぶりは、スリーピング・ドールではカルトの教祖を尋問で追い込んだだけに、ちょっと情けなかったが、読み終えて、まあこういうのもありかと思った。ディーヴァーの多様性ともいえる。

管理職の役割に関連する記事であるが、少し前に言及した、童門冬二著「非常の人間管理学」旺文社文庫に、管理職の必要条件が書かれていたので、あまりにも当然の条件であるが、今更のように列挙してみる。

  1. 率先垂範
  2. 先憂後楽
  3. 公生活優先

私が管理職のときとりあえず実践したといえるのは、率先垂範である。ただ、私の場合やりすぎで、部下に振ればいい雑用まで、可能な範囲で自分で処理してきて、却って部下に文句を言われた。確かに、雑用に追われすぎて、部下の人事管理さえおろそかになるほどだった。そうやって部下に適切に仕事を割り振れなかった私の管理職の資質としてどうだったか、ということになるが、言い訳ではないが、ほとんど全部部下に丸投げして、何もしないよりましだろう。そんな管理職が本当にいるかどうか、私は知らないが。

先憂後楽というのは、概念的には意味が分かるのだが、具体的にはどういう意味なのだろう。すると、広辞苑によると、「人より先に憂え、人より後に楽しむ」というそのままの意味で、依然として具体的に分からない。考えていたら、少しだけ例が浮かんだ。私が管理職だった頃、比較的予算に余裕があったので、海外からも人を招いて、2年に一回くらい日本でセミナーを開催するのであるが、開催場所の確保、ホテルの予約、空港に出迎えに行くスケジュール、セミナーのアジェンダの作製と、一人の部下と私の二人だけでほとんどを仕切った。確かに心配事が多くて先憂であった。そして無事セミナーが終わったとき、最後に担当の部下と二人で顔を見合わせてほっとした顔をした。それだけのことであるが、一応後楽であった。それ以外では、私は、先憂後憂であった。なんのことはない、単に軽い強迫神経症だったか。

公生活優先というのは基準が分からない。当時、会社全体が繁忙だったせいもあるが、管理職というのはエンドレスのように働くのが慣例だった。OSやノートパソコンを開発する部隊はまるで不夜城のようだった。私はほとんど毎日夜10時、あるいは11時半になることもあったが、いつも不夜城を眺めつつ、申し訳なく思いながら帰路についた。正直いって、平日は一家団欒とか家庭を顧みる余裕なんてなかった。それでも、自分は楽なほうだと思っていた。土日は確実に休めていたのだから。

それで改めて、一応管理職として最悪でなかったと言い訳するだけである。

ただもちろん、管理職の条件は、率先垂範、先憂後楽、公生活優先だけではない、リーダーシップ、構想力、そして情を備えつつ、情に流されないで場合により非情の人事も遂行できなくてはならない。

何度考え直しても、管理職というのは難しすぎる。よほど私がそちらの資質がなかったからだろう、と思うよりない。

私が好きな歌謡曲の1つに、つボイノリオの「名古屋はええよ!やっとかめ」があり、その歌詞は、♪東京はまああかん・・・これからのパフォーマーは名古屋で決まり♪で始まる。

読売新聞の記事で、桂歌丸師匠の記事を読んだとき、なぜかその歌詞が連想された次第である、すなわち、ううん流石パフォーマーだ、と。

歌丸師匠は1936年に横浜市で生まれ、1951年に五代目古今亭今輔に入門し、後に桂米丸門下へ移り、1968年に真打ちに昇進。1966年に始まった「笑点」のレギュラーになり、その後一貫して50年近くレギュラーを務めているというのだからすごい。

そんな歌丸師匠にとって当然に「笑点」は一つの晴れ舞台なのだろうけど、やはり真剣勝負は寄席の舞台。若いうちは寄席でトリは取れないからと、自宅のそばの三吉演芸場で、独演会を始めた。それが年に5回のペースなのだが、独演会というのは2席やらなくてはならないので、もちろん新作もやるのだけれども、毎回新作というのは難しい。

そこで師匠から教わった古典落語の覚えなおしをしていった。それで驚くのは、昔は1、2回聞けばたいがい覚えてしまった、というのだが、落語というのは一曲の歌の歌詞よりはるかに長い。なので私はとてつもなく記憶力がいいのだと思ってしまうのだが、才能というものはそうしたものなのだろう。

落語というのは、噺百遍と言われて、繰り返し何度も練習しないと身に付かないという。それで、古典落語の採掘の際は、速記本から拾って手直しまでやる。

独演会で若いうちに覚えた噺をひっくり返して何度もやるというのは嫌だという。寧ろ、懐かしむ人もいるからいいと思うのだが、そんなのは嫌だと平気でいう。もう76歳なのである、楽をしたいと思っても誰も文句言わないと思うのだが、楽をしたいなら苦しまなきゃ駄目、とまでいう。こういうストイシズムが実はエピキュリニズムにつながっていることを私は少しだけ知っている。

ともかく、毎週観ている笑点に出てくる歌丸師匠を改めて見直した次第である。

Windows XP

user-pic
0

期限切れXPで述べたWindows XPの期限切れ問題であるが、ついにそのリミットが来てしまった。

世間はこのままXPを使い続けると危険だとさかんに喧伝するが、私にはこの騒ぎは、1999年の2000年問題を彷彿とさせる。思い出してほしい、あのとき、2000年対応でないコンピュータが停止したり暴走して、世間はパニックになると盛んに報道されたが、パニックになったのはコンピュータでなく、人間心理だった。

私がこのままXPを使い続けるとまずいと思ったのは、私のXPのパソコンで使っているウイルスチェックプログラムのサポート切れがXPのそれと同期すると以前からアナウンスしていたからである。

しかし最近のアナウンスによると、私のXPのパソコンで使っているウイルスチェックプログラムは2015年末までウイルスパターンファイルを提供し続けるという。それを知って私は、あれっ、それなら意外に平気なのでは、と思ってしまった。というのは、最近のウイルスチェックプログラムは、ウイルス駆除だけでなく、ファイアーウォール機能もあるからである。

すると、問題はXPにセキュリティパッチが当たらなくなることであるが、私の知る限り、最近XPのセキュリティパッチはあまり発行されていない。で、XPかなり枯れていない?というのが私の素朴な問いである。

こんなことを書いていると、このご時世、非国民と思われかねない。でも、ぞんな世間の風評にも、本当にそうなのか、と自問してみることは必要ではないか。

そういう君はでは、今までどおりXPをネットにつないで使い続けるのかと聞かれると、確かに私にはXPを使い続けるインセンティブがあると答える。というのは、Windows 7用に買ったエンバカデロC++ Builder XE4が私にはあまりにも使いにくいし、今まで書いたコードとの互換性が乏しすぎるからである。それで、XPパソコン上のBorland C++ Builderは手放せないのだが、流石にネットから切断してXPを使うことになるのだろう。なんだ弱虫と馬鹿にされそうである。まあ言い訳であるが、私が使うパソコンが多少おかしな目にあうのは仕方ないとして、他人に何か送るメールや添付ファイルなどに問題があったら申し訳ないからだ、と言い訳しておこう。

それって、最初からXPのサポート切れは問題だと言っている世間のメディアと結局何が違うの?と自問してみて答えられないで、自沈するのであった。

といいつつ、最後に1つだけ指摘しておく。XPサポートの最後のときであるさっき、自分のXPパソコンを立ち上げ、Windows Updateをかけてみた。最後のセキュリティパッチが当たるに違いないと思ったからである。しかし、空振りだった。すると、もし明日から即危険というなら、ここ1週間だって同様に危険だったはずである。なぜならもう10日以上XPのセキュリティパッチは来ていないからである。このあたりどうしてマイクロソフトなりITの専門家なりが説明しないのか、私は理解に苦しむのだった。

空間認識の補足で述べたように、私は空間認識を著しく欠くが、時間認識の方はまだましで、そういう意味で時間認識の技芸である音楽も、決して卓越していないが、ぎりぎり一応の才能はあると自負している。実際、小学校でも中学校でも、縦笛やハーモニカの演奏はまあまあだった。特に練習しなくてもなんとなく吹けてしまう。あるいは一度耳で聞いた曲を、ハーモニカで再現することもできた。この能力は父がもっていたので、これは遺伝かもしれない。

しかし、ピアノをきちんと習うなどという経験がなかったので、音楽の基礎は全くできていない。小学校で習う程度の音楽理論もちんぷんかんぷんであった。やはり、音楽の一応の才能さえ怪しい。

まあ、歌を歌うのは好きで、酒を飲んで歌う父の曲を自然に覚えたりしていた。それで自然にいろいろな曲を覚えて、私のデビューは、子供会で誰かが私に歌えというので、みんなの前で歌った、美川憲一の「柳ケ瀬ブルース」だった。小学校6年のときで、歌詞の意味なんてあまりわかっていなかった。それでも意外に受けてうれしかった。

そんなこんなで、耳で聞くだけでどんどん歌謡曲を覚えていった。私の記憶力は世間の普通だと思うが、歌詞も自然に記憶した。今でも、3番まで全部歌詞を記憶できている曲は結構ある。

記憶はあやしいが、私が大学生の頃はカラオケなんてなかった。東京や大阪にはもうあったのかもしれないが、少なくとも私がいた福岡ではそうではなかった。それで大阪の会社に就職して、上司に宴会で歌えと言われたときは、喜んで歌い、それなりに人気を博した。生意気で使えない会社員だったが、歌と将棋というのが私の特徴で、こういうのを芸は身を助くというのだろう。

それから東京に出てきたとき、知っているはずの曲の歌詞があやしいのでと、500曲の歌詞が載っている歌謡本を買った。ざっとみてほとんど知らない歌謡曲がなかった。それで、俺のレパートリーは500曲はあると当時豪語していたが、その後カラオケ仲間ができると、そんなもんで自慢できるわけではないということが分かった。井の中の蛙だった。

そうやって27歳くらいになるまでも、一応の流行歌はフォローしていたはずなのであるが、次第にレパートリーの増え方が低下した。どうも、何年もテレビを観なかったのが影響したらしい。テレビで歌番組を観ることもなく、レコード(当時はCDなんてなかった)もあまり買わなかったので、結果的に私の歌謡曲のレパートリーは、ほとんどが1980年代前半以前のものとなってしまった。

あと、若い頃は覚えるともなく自然にどんどん曲を覚えられたのに、30代になると意識して何度も聞かないと曲を覚えられなくなった。なので、実家に帰省して父と話しても、父の方が最近の歌謡曲をよりフォローしているような状態であった。父は本当に歌が好きで、70代後半になっても、一二度曲を聞いただけでだいたいマスターできると豪語し、実際そうだった。まあ、演歌に限定されるが。なので、曲を覚える才能で私は父に全く及ばないことを痛感した。

私は今でもカラオケは好きなので、誘われるままに年に5~6回は行くだろうか。そこに女性が加わるパターンはほとんどないので、それが寂しいといえば寂しいがまあ歌えるだけでもいいとしなくてはいけない。

それでやはり痛感するのは、私のレパートリーのレガシー性である。私のレパートリーは、コンピュータでいえば、メインフレームの時代にとどまっており、16ビットのパソコンにさえフォローできていない。500曲も知っているんだぞ、と豪語した蛙のような時代が懐かしい。それで私が今やっていることは、年に1~2曲なんとか、新しく歌を覚えることだろうか。ところが私のコンサバの性格があって、ある程度慣れるまで何十回も歌いこんでからでないとカラオケデビューしない。私のカラオケ仲間は、ある程度のレベルでもどんどん歌って失敗してもチャレンジし続けるので、英会話の原理ではないが、上達が早い。レパートリーで私と圧倒的な差をつけてしまっている。私は彼らの背中が見えないほどである。

それで最近は、YouTubeを何度も聞いて曲を仕込むのだが、曲の覚えの悪いこと、嫌になるほどである。AKBだの、ももいろクローバーZだのだってできれば歌いたいのだが、全くついていけていない。こういうのは老化現象という一言で説明できるのだろうか。

マインド・コントロールというと、何やら怪しげで、想起されるのはスパイの世界だったり、心理学だったり、新興宗教だったりするが、私はマインド・コントロールをもっと、人間性の本質に根差したものだと思っている。

とはいえ、きちんとマインド・コントロールについて書いた本を読むのも有意義であろうと思い、「マインド・コントロール」岡田尊司著、文藝春秋を買ってみた。以下、私なりの要約である。

先ず最初に、典型的にはオーム真理教の幹部がそうであったように、なぜ優秀で真面目な人達が、倫理的にも問題があるグルに従うのか、という疑問が提示される。その1つの鍵は、「トンネル」だという。すなわち、真面目で人生の意義について行き詰った若者は、すべてを説明できるかのような教義を提供するグルに出会って、眼を開かれた思いになる。若者がそういう統一理論の存在を信じるというのは、ある意味哲学的で別の意味ではとても理系的で、私も分からないではない。

そうやって、小集団に属し、パラダイムを共有していくうちに、狭いトンネルの中を歩くように目的意識が純化され、視野狭窄に陥り、目的のため手段を選ばないというテロリストの思考方法が身についている。

そういうカルトの教祖は、例えば家族的に不幸な生い立ちから、強烈な自己愛性の性格をもつ。そして、どうもある種の愛情不足で育った境遇が、マインド・コントロール力を高めるようである。

それではマインド・コントロールされやすい要因はというと、以下の4つがあるという。

  1. 依存的なパーソナリティ
  2. 高い被依存性
  3. 現在、及び過去のストレス
  4. 支持環境の脆弱さ

私は、依存的なパーソナリティではないと自負しているのだが、自分の世界に籠るための便法として、適当に相手をやりすごすために相手に妥協し、それが疑似的に依存的なパーソナリティのように振る舞うことになってしまうことがある。一般的には、家族的に不幸な生い立ちだと愛情を得るために依存的なパーソナリティになったりする。すると、家庭的な不幸は、マインド・コントロールする側とされる側の両方の人間を作り出すことになる。このデュアリティはなんなんだろう。

高い被依存性というのは、騙されやすい、安易に信じてしまうパーソナリティのことで、そういうのは確かにある。こういうタイプの人は、現実と空想の区別が曖昧で、演技性、自己愛性、反社会性、妄想性などの性質をもつ。嘘を平気で言って周囲を唖然とさせるが、本人は嘘を言っているつもりでもなかったりする。まさにマインド・コントロールされやすいのだが、なぜかこういう人がマインド・コントロールを高めて、精神的に弱い人を巻き込むことがある。

現在、及び過去のストレスはマインド・コントロールされやすくする。そして周囲に知り合いがいないこともそうである。田舎から出てきて大学に入った私が、まさにそうだった。学生運動さかんな頃で、左翼グループにオルグされないように私は必死で距離を置いていた。なんとか将棋部の仲間で救われたのかもしれない。

さて各論に入る。特にマインド・コントロールされやすい人でなくても、催眠療法による暗示を駆使すれば、程度によるがマインド・コントロールされる。それはフロイトやユンクによる精神病の治療にも利用された。

それ以外にも、パブロフの犬に代表される条件反射の刷り込みと、行動心理学のスキナーによるスキームもある。

他には、全体主義国家での洗脳技術である。すなわち、狭い部屋に他人との接触も絶って何週間も閉じ込めると、確実に誰でも妄想状態になる。そのとき特定の思想を吹き込めば、洗脳される。

さらには、テレビ・コマーシャルへの活用で知られている、サブリミナル効果がある。

極め付けは、HAARPの電磁波による人心攪乱術である。昔、佐世保銃乱射事件があったとき、私のある知り合いは、これは米軍による電磁波を使った人心攪乱の実験だと指摘するので、唖然としてそんなことがあるのか、と思った。当時私は、HAARPのことは知らなかった。しかし、岡田尊司氏も、電磁波による脳の制御可能性を肯定する。

私が結論として述べたいのは、人間がいかにマインド・コントロールされやすい存在か、ということである。それはまさに、人間の学習性、別の言葉でいえば、programmabilityであり、それは 仏教的には心は病気ということである。

もちろん人間の脳がhardwiredされていれば、マインド・コントロールされることもない。しかし、それは当然人間ではないし、ロボットでさえないかもしれない。

電王戦第3局に続き、電王戦第4局をニコ生で観戦した。先手がコンピュータのツツカナ、後手が森下九段である。

ツツカナといえば、去年の電王戦で船江五段と対戦、無理攻めからツツカナ側がかなり不利になったが、あっと驚く手(実は落手)から形勢が混沌とし始め、三転四転したのち、ツツカナが勝利をもぎ取ったというものだった。尤も船江五段も勝負師、去年の暮は再戦してツツカナにきっちり借りを返したのだった。

そんなツツカナに森下九段ではちょっと荷が重いと思った。なぜなら、よくも悪くも本筋で意外性がないのが森下将棋だからである。駒得は裏切らないというのが有名な森下語録であるが、そういう計算思考はコンピュータが得意とするところである。それで誰だったか、神吉のような意外性のある棋士の方がコンピュータと戦うにはいいと言っていたが、いくらなんでもそれはないと思ったことがある。

さて、電王戦第4局であるが、ツツカナの好意?で、局面はがっぷり四つの相矢倉となった。先手は37銀戦法、後手は45歩を突いて53銀右、44銀右から52飛と回る、私でさえもよく経験した形である。もちろん森下に不満があろうはずもなく、山ほどの経験を活かして、微妙な優勢を築いた。

角で68金と49飛に割打ちをかけて59角と打ち、58飛、68角成、同飛、47金と46銀にあてたときは、流石に森下が優勢になったと思った。で、私は28角と受ける手が見えたが、まさかツツカナはそれはやらないよね、と思った。しかし実際にツツカナがそうしたので、ちょっと驚いた。本当に受け一方だからである。続いての森下の57歩にもツツカナは69銀としぶとく受ける。ここでは森下が優勢だと思うのだが、58歩成、同銀から38金として次第に局面が錯綜してきた。

そしてしばらく目を離して局面に戻ってみると、最早、ツツカナが優勢になっていた。去年の船江対ツツカナ戦とはモードが全く違い、ツツカナが全局で押すような、まるで森下が乗り移ったような指し方であるのが印象的だった。

終盤になったとき印象的だったのが、どうみてもツツカナが優勢なのに、藤井九段、行方八段など錚々たる検討陣が決め手を発見できないことだった。結局難解ということであった。しかし、コンピュータならこの局面なら短期間で読み切れるのではないかと思っていたら、ツツカナも長考している。はて、ツツカナにも何か勘違いがあったか、と怪訝になった。実際、やねうら王対佐藤紳哉六段戦でもやねうら王が終盤読み間違いで角香交換に甘んじるという局面があった。

そして長考ののち、ツツカナは森下を必至に追い込んだ。観念して森下は形作りし、最後は詰まされた。力を出し切り、ああすればよかったというところがない、森下の力負けではなかったか、違うだろうか。

検察捜査

user-pic
0

最近、ミステリー小説といえば、専らジェフリー・ディーヴァーの一連のシリーズを読んでいるが、未読のディーヴァーの手持ちの本が一旦途絶えたところで、何かミステリー小説が読みたくなり、あまり期待もせず手に取ったのが、中島博行の「検察捜査」講談社文庫である。

期待もせずといながら、これは一応、江戸川乱歩賞の作品である。自分の中でまだ、江戸川乱歩賞は名誉回復を果たしていないようである。

ところで中島博行氏は、現役の弁護士であり、弁護士兼作家というのはとても珍しいというほどでもない。 私は昔、やはり弁護士兼作家の和久峻三氏の作品をよく読んだものだった。

そして「検察捜査」は、検察志望者が圧倒的に不足していることと、弁護士がだぶつき気味であるという話題から始まる。しかし、この小説は今から20年前に書かれたのであって、その問題は今では一層深刻化しているのではないだろうか。

そういう問題が次第に深刻になろうというとき、突然、大物弁護士が殺される、という事件が起きる。しかも、惨殺であった。

その事件の担当となったのは、横浜地検の美人検察官・岩崎紀美子。普通、女性の法曹といえば、一見大人しくて芯が強いというタイプが多いが、結構無鉄砲でじゃじゃ馬だったりする。それでやっていることは上司の指示を無視したり無謀のようでも、ツボは外さず、相手を次第に追い込んでいく。

この岩崎紀美子のキャラは、いかにも藤原伊織、あるいは逢坂剛が描くところといったところだが、その岩崎検察官との絶妙のコンビが、事務官の伊藤である。二人は妙にプライベートでも仲良しだったりする。

ところが岩崎が問題を追及していくと、問題は検察や弁護士会にもまたがって次第に深みにはまっていく。その陰で、殺人犯が暗躍する。

そこにどんでん返しはあるものの、ジェフリー・ディーヴァーに慣れた身にはそのほどでもない。それよりもむしろ、刑事訴訟法など、弁護士ならではの精緻な法律の議論が醍醐味であった。

それにしても、岩崎と伊藤はなかなかの名コンビで、ディーヴァーのリンカーン・ライムとアメリア・サックスほどではなくても、次の作品も読みたいものである。

囲碁の登用

user-pic
0

少し前のことであるが、日本棋院のホームページに、以下のニュースがあった。

第39期棋聖戦リーグ入りをかけた最終予選決勝が3月21日に東京・日本棋院で行われ、一力遼四段が張栩九段を下し、16歳9ヵ月で史上最年少リーグ入りを決めた。

丁度将棋の豊島七段がそうであるように、囲碁の一力遼四段も、アマチュア時代から別格視されていたので、このような実績をみても意外ではないが、それにしても、井山六冠の例を挙げるまでもなく、囲碁の方が若手で活躍する人が多いように見える。

それにひきかえ、とつい私は将棋のC級2組の順位戦の成績が目に付く。すなわち、C級2組の下の方をみると、上村亘四段と竹内雄悟四段が、参加したしょっぱなでいきなり降級点をとっている。昔はこんなことはなく、少なくとも奨励会からC級2組に昇級したしょっぱなは大抵快進撃で勝っていたものである。

なぜこんなことになったのか。私の分析は以下のとおりである。すなわち、羽生も以前言っていたが、羽生が奨励会の頃は、そんなにしゃかりきになって序盤を勉強する必要がなかった。ゆったり棋譜を並べたり詰将棋を解いたりして、棋力を蓄えられた。

ところが最近では、序盤の定跡が発達して、情報が爆発しているので、それを学ぶだけでも膨大な努力を要する。なにしろ、知らないと一発ではまってどうしようもなくなる。すると、まるで東大に合格することですべてのエネルギーを使い果たし、合格した後は抜け殻になる学生のように、C級2組に昇級したら、気力を使い果たしているのかもしれない。

囲碁だって、そのあたりの事情はあまり変わらないのではないかと考えると、多分であるが、囲碁の布石や定跡は、将棋の、典型的には横歩取り定跡のように、はまるとどうしようもなくなることが少ないのかもしれない。おそらく囲碁だと、仕掛けられても穏健策をとりやすい。

ただ、囲碁と将棋の決定的な違いは、登用システムにある。囲碁だと初段になるともうプロなので、11歳でプロということもありえる。そして一旦プロになるともう、受験勉強的な、目先の勝利にこだわるトレーニングはしなくてよくなる。これはどう考えても、棋力向上に有利である。

将棋だと、日々の戦いで昇級・昇段してなんとか三段まで達して、そこでさらに三段リーグで上位につけなくてはならない。どうみても囲碁より将棋の方が、プロになるのが大変である。なので上記のように、よほど精神エネルギーが豊富でないと、四段になるまでに消耗してしまう。

ただ、囲碁の初段が全員活躍しているかどうか知らない。むしろ、将棋のプロの方が少数精鋭で、平均レベルは流石に将棋の方が高いであろう。

それでも、事情が許すなら、将棋だって初段でプロになるようにした方がよい。その方が、プロになるまでに疲弊する程度が少ない。才能をつぶす可能性が減る。しかしそうはできないのは、初段でプロになるようにしたら、プロが増えすぎて困る。では給料を安くすればよいではないか、ということになるが、将棋は囲碁ほどレッスンプロの需要がない。それでは木見金次郎のようにうどん屋でもやるか。今の時代、なかなかそれでは食えない。

結局、財政的・インフラ的基盤の欠如により、将棋では、昇級するための階梯を多くつくるしかない。典型的には順位戦あり、竜王戦の組ありである。

結局、貧するがゆえに将棋界では、天才を優遇するfast pathが作れない。私は何か勘違いしているだろうか。

たまたま古書店で見つけて何気なく買った、童門冬二著「非常の人間管理学」旺文社文庫は、単なるビジネス書かと思い、それでも適用に流し読みしようとページをめくったら、これは歴史上の人物が制度や人事に翻弄された事件を扱ったもので、なんとなく他人事でなくて引き込まれた。そこで私なりに、気になった人物だけ、簡単に内容をメモしてみる。

まず、大塩平八郎。一揆の首謀者として有名であるが、実はベテランの大坂町奉行所の与力だった。今でいう、警察署の生き字引のような老練刑事のようなもので、歴代の管理職も、大塩に顧問のように敬意を払い、意見をきいた。というのは、大塩が庶民の圧倒的な人気を集めており、大塩の人望を借りないと、施策が回らなかったからである。

ところが、新しく大坂町奉行に就任した跡部山城守は今までと違い、徹底的に大塩を無視した。そもそもが大塩が前任の高井山城守のアドバイスに従い、職を辞して幕府への登用を期待したことが間違いであった。幕府からは一切声はかからないし、退職後もOBとしていろいろ意見を言ってそれなりに容れられていたのが、跡部山城守はあえてこれを峻拒したのである。時代の流れとしては必要な措置だっのかもしれないが、大塩としては憤懣やるかたなく、ついに一揆に及んだ次第であった。

次は、栗山大膳。福岡、黒田家の筆頭家老であったが、トップが酒色に耽り、藩内の経営が乱れ、このままでは立ちいかなくなるまでになった。栗山は何度も諫言するが全く聞き入れられない。そこで思い余って家老の職を辞し、藩主を幕府に直訴するという強硬手段に出た。しかし、一旦幕府の前に出ると、普段は栗山に意見を合わせてくれている家臣どもも一斉に栗山を非難した。結局、喧嘩両成敗ではないが、幕府は一応黒田家に対して疑念をもち、栗山は普通なら切腹のところ、幕府は、南部藩預かりとした。私自身のサラリーマン経験に鑑み、こういう経緯は分かるような分からないような、である。

次は会津藩家老、堀主水。なんと突然、一族両党300人を連れて城を出奔し、出がけの駄賃のように城に発砲した、というのだからあまりにも不穏な行動である。当然に藩主、加藤嘉明は追手の陣を放ったが、予め計画していた堀主水の一行は巧妙に逃げ、治外法権の高野山に逃げたりしながら、なんとか江戸に潜入し、時の大目付、井上筑後守に主君の犯した罪について訴えた。しかしその内容は、主水自身が長年加担してきたことで、大罪と呼ぶほどの内容ではなかった。これはどうも、過ぎ去った戦国時代を懐古する堀主水の愚痴であり、出奔してまでそれを幕府に訴えるというのはなんとも我儘であるが、加藤嘉明もそのことは微妙に共感を覚えていたらしいうのだから、なかなか人間心理は複雑である。

次は、松平定信。賄賂で悪名高き田沼意次が栄えていた頃、松平定信は、老中に取り立ててもらえるよう具申するために、わずかばかりの土産をもって、田沼意次を訪ねた。人慣れた田沼は表面的にはきちんと対応したが、実際は、その程度の土産で、と定信など相手にしなかった。田沼にとっては取るに足らないことだったが、定信には深く怨みとして残った。そして田沼意次を寵愛していた将軍が亡くなり、政変で老中に就いた松平定信は、怨みの気持ちを決して忘れず、田沼派を一掃するとともに、田沼意次の領地を実質的に没収することまでした。なんとも人間の怨みは恐ろしいという例である。

次は間宮林蔵。私の中では樺太の地理を確定した偉人なのであるが、どうも実際は、相当に狷介な性格だったようで、何しろ上司である幕府天文方、高橋景保までも告発し、死に追いやってしまった。間宮林蔵の才能を見出し、育て、樺太探検隊に推挙したのが高橋景保だったのに、である。そんな間宮林蔵を幕府は、その晩年、密告者としてだけ利用した。なんとも淋しいことである。

次は水戸黄門。人気番組の水戸黄門は実際の歴史上の人物とはあまりにもかけ離れていることは有名であるが、それにしても実際の水戸黄門は、才能はあったが、陰険かつ陰謀家で、幕府との相克で、腹心までも死に至らしめた。少なくとも名君からは遠い。

次は、原一之進。聞いたことがなかったが、なんでも幕臣で、反勝海舟の急先鋒らしい。勝海舟は徳川家茂に重用され、軍艦奉行にまで抜擢された。しかし、徳川家茂が急逝すると、家茂の出身の紀州派と、一橋慶喜派に分かれて争った。その一橋慶喜派のブレーンが原一之進なのであった。なので当然に海舟の仇敵となる。その原によって、長州とも薩摩とも通じていることを暴露された海舟は、完全に立場を失った。そんな原は当然に敵も多く、37歳にして暗殺されたが、原亡きあと徳川慶喜になっても、海舟は原の亡霊のような影響力に悩まされた。

次は新井白石。当代随一の学識を謳われた白石であるが、ある意味菅原道真と似ているのかもしれないが、高い学識ゆえに、道理に外れた人物がいたら、幕府高官だろうと容赦なく詰った。そうしていると、将軍家継が急死した。その後を継ぐ吉宗は、白石を買っていると思われたが、白石が辞意を表明すると、意外にも辞表を受理するのではなく罷免した。おそらく反白石派が跳梁していたに違いない。その後白石は次第に酷い目に遭う。屋敷を追い出され、娘の縁談まで壊れた。その失意の中で、自伝「折りたく柴の記」を書いたというがそんな経緯は全く知らなかった。改めて「折りたく柴の記」を読んでみることにしよう。

次は、林子平。ロシアに対する警鐘を鳴らす独特の国防論を説いたが、誰にも相手にされず、自費出版した「海国兵談」も発禁処分を受け、失意と不遇のうちに亡くなった。しかし、蒲生君平、本多利明、平山行蔵、中山履軒など、その遺志を継いで日本の海防を論じる者が現れた。

次は、大久保長安。知らなかったが、知識と技術で徳川家康に仕えたのだという。特に徳川家に貢献したのは鉱山の採掘技術である。石見の銀山、伊豆の金銀山、佐渡の金銀山、などである。長安の特徴は、プロジェクトチームを作り、牢人なども採用した。チームの待遇を破格にし、遊女も呼び入れて、モラールを上げた。このようなやり方は当然に、徳川家の家臣などからの反発を受けたが、超然として寿命を全うした。しかし、病気で亡くなると、一族郎党が弾圧された。

次は、中根正盛。この人も知らなかったが、徳川幕府のCIA長官のような人だったらしい。関係ないけど、中根というとどうしても私は、囲碁の中根直行八段を思い起こす。そして、中根直行八段の金太郎のような顔と徳川幕府のCIA長官という地位のギャップに勝手に当惑する。余談はさておいて、中根正盛は、由井正雪事件を追求しているのだが、実は由井正雪事件はダミーでなんら脅威ではなく、実は真の狙いは、紀州の徳川頼宜であった。ありもしない由井正雪との関係を捏造し、徳川頼宜を江戸に幽閉してしまった。

最後は遠山の金さん。遠山の金さんこと、遠山金四郎は実は、エリート官僚であったが、カウンターパートの鳥居耀蔵を悪者にして、清廉潔白に振る舞った。そして水野忠邦の没落にも距離を置いて、後世の人気をつないだ。

他の人物もカバーされているが、またの機会とする。

STAP細胞疑惑を書いた後、マレーシア航空機の事件や、クリミヤ独立など様々なことがあって、ついそちらに気をとられていたが、STAP細胞疑惑にも動きがあったので、遡ってフォローしてみる。

先ず、3月22日の読売新聞によると、論文の撤回を拒否している、共著者のチャールズ・バカンティ教授が所属する、プリガム・アンド・ウィメンズ病院のウェブサイトに、STAP細胞のより具体的な作製方法が記載されていた、という。特に記名はなかったそうだが、高い確率でバカンティ教授自身が書いたのではあるまいか。

その方法とは、体の細胞を細い管に通した後すりつぶして酸性の液で処理するというもので、こうすることが必須なのだという。オリジナルの論文では、細胞を酸で処理することしか書かれていない。

特許の実務を経験した人なら誰もが、細胞を酸で処理するというだけでは、いわゆる「進歩性」が足らないと思うのではないだろうか。なぜなら、胃酸にさらされるなど、細胞が体内で酸の処理を受けることは普通にありえるからである。もし、細胞を細い管に通した後すりつぶして酸性の液で処理することが必須なら、そこでようやく進歩性らしきものを感じることができる。

しかし、特許実務に従えば、もともとの論文に書いてないことがもし必須だとすると、後から必須事項を論文に追加することは新規事項となり、却下の理由となる。そういう意味でも一旦論文を取り下げるのが妥当と思うのだが、論文と特許はそうい慣行が違うのだろうか。

さらに、大阪大学准教授の中村征樹氏は、読売新聞の3月30日の記事で、ヤン・ヘンドリック・シェーンの事件との類比を指摘する。すなわち、若手研究者が、一流の研究者との共著で、画期的な内容の論文を発表した点で似ている。その後誰も追試実験に成功しなかった点もである。

私は次のように考えている。すなわち、ベテランの知名度の高い研究者も、なんとか更に名を売りたいと思っている。そのためには、若手の研究者を登用するのは意味がある。その際注意を要するには、一見優秀のように見えても、本当に優秀かどうか見極めるのは時間がかかる、ということである。

特に小保方さんのように女性研究者だと、一層マスコミ受けがよい。ただ、私の見るところ、小保方さんは知的能力そのものはあると私は思うが、少なくとも幹細胞研究においては、一応の才能に欠けていたのではないかと推察する。

そして私の持論と経験によると、特定の技能に一応の才能に欠ける人が、その特定の技能に努力し続けると、次第にカオス的行動に走るようになる。例のコピペもそういうカオス的行動の一環なのかもしれない。すなわち、コピペはインチキに無神経な倫理観の現れではなくて、才能のなさによる補償行動にすぎない、というのが私の意見である。

そして行動にカオス性があらわれるようになったら、直ちにその業務から外すよりない。そうしないと本人も周囲も不幸である。重ねていうが、早目に、小保方さんは別の仕事を探した方がよい。私の欠点主義の主張によると、双対的に必ず能力を発揮できる仕事があるはずである。分からないが、もしかしてそれは文系の仕事で、弁護士や公認会計士などなのかもしれない。

そこまで書いて今日の読売新聞をみてみたら、理研の野衣理事長が、STAP細胞の論文の取り下げを依然として勧告する予定だという。なぜなら、STAP細胞疑惑で懸案であった6項目のうち、「遺伝子解析の画像に加工の疑い」が改竄と認定され、「小保方リーダーの博士論文と似た画像」が捏造と認定されてしまったからである。ここまで来ると、将棋でいえば必至というか即詰だろう。

ところがなんと、小保方さんは、弁護士を立てて、論文取り下げに対して不服申し立てをするのだという。一体どういう法律の根拠なのだろう。民法の不法行為なのだろうか。こういう妙な権利意識ははからずも、半ば皮肉に小保方さんが弁護士や公認会計士などに向いていると指摘したことに符合する。一方で、無理やり弁護士などに相談するというのもカオス的行動の一つの兆候である。

さらに小保方さんの実験ノートは、3年間でたった2冊だけで、専門家によれば、この分野の研究者としてあまりにも少なすぎるという。

一方で、野衣理事長が厳然たる態度なのに、小保方さんの上司にあたる、理研の再生総合研究センターの竹市センター長が妙に庇う言い方をするのが気になる。誰か黒幕がいるのかもしれない。そうでなれば、小保方さんらが不毛ともいえる粘りを図るわけがない。粘れば粘るほど傷が深まるようにしか見えないのだが。

マレーシア航空機の捜索を書いてから10日近くなるが、まだ決定的な事実は分かっていない。

その間、TIMEの2014年3月31日号が、"THE MYSTERY OF FLIGHT 370"と題してこの事件の特集号だった。普段はあまり丁寧にTIMEは読まないのだが、この記事だけはきちんと読んだ。ところが、いくら読んでも、航空機の通信システムが旧式で簡単にスイッチが切れるだの、インド軍やパキスタン軍は経費削減のため普段はレーダーのスイッチを切っているので、付近を当該のマレーシア航空機が飛んでも把握できないだの、結局分からないということを延々と書いてあっただけだった。

そうしているうちに、マレーシア首相が、インドに墜落したことが確定したと発表したので、私は興味を失った。それを知り合いに伝えたところ、そんなのは信じてはいけないといい、また頭をリセットした。実際どうなのか。

そこで3月29日付の産経新聞Webの記事でアップデートしてみる。そこで語られている最新の説は、飛行機がパイロットらの手を離れて自動操縦で飛び続けた末、燃料切れになったという説である。

3月15日の時点では、何者か、すなわちテロリストがトランスポンダやエーカースを切ったという説だったが、そういう操作は専門知識を要する。そこでこれは棄却された。

さらに、民間の人工衛星が拾った信号によると、飛行機は南シナ海上空を絶ってから7時間近く飛び続けていたことが判明した。そこで捜索範囲はなぜか、タイ北部からカザフスタン、トルクメニスタン国境地帯の北方ルートと、インドネシアからインド洋南部の南方ルートの広大なエリアに拡大した、というのだが、何故カザフスタンのルートもありえるのか。

なんでも、一部の欧米メディアは、タリバンと機長とが通じていて、自らハイジャックしてアフガニスタンまたはパキスタンに着陸しているという説を紹介しているという。しかし、そんなことをしたら流石にどこかのレーダーに把握されそうなものである。

さらに別の説も出てきて、それは、前輪のタイヤが離陸時にバーストしたせいで格納後に燃え始め、煙が操縦席に充満し、機長はただちに機を最寄りの空港に緊急着陸させるため、機を大きく西方に変針させたが、機長らが煙に巻かれて死亡し、後は自動運転で飛び続け、墜落したというものである。しかし、限られた私の航空機事故の知識でもそういう事例は知らない。

纏めると、以下のようになろうか。まず原因は:

  1. ハイジャック説(タリバン? ウイグル族ではないのか)
  2. 機長自身がテロリストと通じていて、どこかに着陸しようとした。
  3. 事故説。特にタイヤの火災が広がって、煙に巻かれて機長らが気を失った。

墜落場所は:

  1. インド洋沖
  2. オーストラリア西部の沖
  3. 実は墜落しておらず、アフガニスタンまたはパキスタンなどに着陸

そもそもが、マレーシア航空機の残骸に当たると確定できるものは見つかっていないと現場の捜索責任者が言うのに、マレーシアの首相だかが、衛星による情報に基づきインド洋に墜落したと同定された、と断言したりする。一体これは何なのかと、怪訝である。

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。