電王戦と名人戦

user-pic
0

先日、電王戦が終わったが、プロ側の1勝4敗と惨敗だった。この結果をみて、大抵の人は、プロは情けないと思うかもしれないが、長年コンピュータと深く関わってきた私としては、どうしてもコンピュータに肩入れしてしまうので、コンピュータやるじゃん、と、顰蹙買うかもしれないが、つい目を細めてしまうのである。

こうなってくると、電王戦に出場してくるほどのコンピュータともなると、プロでいえば、A級八段の力があるといっても過言ではない。

それではもし、コンピュータ同士が対戦したら、A級順位戦と同等以上に面白いだろうか。それは間違いなく否である。なぜなら、そこでは決して血が通った指し手が現出しないからである。そこでは、冷たく、あるいはぎりぎりの読み切りで勝ってしまう。

こんなことからして、どんなにコンピュータ将棋が発達しても、人間同士が指す将棋の方が、コンピュータ同士が指す将棋より面白いといえる。

実際、先日の名人戦も意表の手順で、相懸で森内が意表の角飛交換を仕掛けた。ただ、それはどうもよくなかったようで、森内が自陣飛車を打つ羽目になった。

そこからが森内はしぶとい。決め手を与えないで、じりっじりっと追いついていった。難解な局面が続いたが、一歩先んじた羽生は、ついに森内を抜き去った。少なくとも名人戦の番勝負で、羽生が先勝するのは久々なのではないだろうか。

私のみるところ、森内はフォーカス力が下がっている。例年なら、棋戦成績は五分より少しいい程度で、低迷している。しかし今年は、森内は他の棋戦でも6割以上勝っている。こんな森内をみるのは珍しい。

羽生はというと、先の王将戦で、3-3と追い込んだのに、最後に渡辺に押し切られてしまった。明らかに、他棋戦ではわざと決め手を欠き、今年は名人を狙うという思い入れが感じられた。

そして名人戦の第一局では、羽生は積極的指し手で序盤早々、飛角交換して、森内に自陣飛車を強いた。羽生の方が有利だという解説陣の意見だったが、森内は得意の粘りで、じりっじりっと追いついていった。そして最後に抜け出したのは羽生だった。手に汗握る熱戦で、同時並行して進んでいる電王戦に負けるものかと意気込みを感じた。やはり人間同士の戦いは興味深い。創意と意地で火花が散るからである。コンピュータだと、手を帰納するだけである。

今のコンピュータは棋力で、羽生・森内にはわずかに及ばないかもしれない。しかし、来年になるともう分からない。この一年でも、深く静かにコンピュータは手厚さを増した。多分今年で電王戦は自然消滅するのではないか。そして、まるで仕組まれているように、来年から名人戦はもっと盛り上がる。それでいいのだと無理やり思い込もうとしている私は、やはりどこかコンピュータに与しているのだった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/3400

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2014年4月20日 07:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エコー・キャンセラー」です。

次のブログ記事は「林葉直子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。