2014年5月アーカイブ

道を歩いていてふと、関係のマルコフ性という言葉が浮かんだ。例によって意味は説明されないので、自分で考えるよりない。それで考えてみると、ここで関係というのは人間関係のことである。

一方、マルコフ性とは、時間の経過に従って確率変数が変化するとき、現時点の確率変数が、一つ前の状態にのみ依存して決まる、というものである。

すると、人間関係にマルコフ性が成立するとは、過去の長い経緯(短くてもよいが)がどうであれ、現在の状態の確率が、人間関係における直近のトランザクションにのみ依存する、ということである。

卑近な例を挙げると、ときどき女性の銀行員が、あまり性質のよくない男性に入れ込んで、端末を不正操作し、そうやって得たお金を貢ぐという事件がときどきある。男性は女性が犯罪行為にまで手を染めてお金を貢いでくれるのだからさぞかし感謝しているかと思ったらさにあらず、何かの拍子に女性が期待に応えられないと、まさにマルコフ性により、女性を見限ってしまう。

仕事でもそうで、こつこつと真面目に仕事をして組織内で信頼を得ても、一度うっかり出来心でセクハラでもしようものなら、一瞬にして社会的信用を失う。今までの経緯なんて関係ない。これを世間では、信頼を失うのは一瞬だからね、のように言う。

このように人間関係でマルコフ性が成立するのは、近代社会の特徴のような気がする。それはある意味線形的な関係であり、そうやって人間関係を近似すると、ともかく民法や商法のような法典で、とりあえず解を求められるということなのだろう。

親子関係というのは、普通のドライな線形の人間関係とは異なるが、それでも、民法はなんとか線形的に割り切ろうとする。例えば、姉妹がいて、たまたま妹が母と同居し、姉が遠方に嫁いでいるとする。やがて母は年取って病気がちになる。同居している妹は病院に連れていったり、面倒をみるが、最後には甲斐もなく病院で亡くなってしまう。それから姉妹で残った財産の相続するということになるが、普通に民法を適用すると、母を面倒をみた妹の方に多く遺産相続させる、ということにはなかなかならない。逆に姉は、妹に、あなたは母の年金をもらっていたのでしょ、その分遺産相続から差し引くわよ、などといって、一方妹は何をいうのよ、私は毎日介護で大変だったのよ、年金くらいで足りるわけないわ、と次第に泥沼に陥る。ここでもマルコフ性が働き、「私は毎日介護で大変だったのよ」というヒストリカルな主張が法律的にサポートされることはなかなかありえない。

一方、いかに親子とはいえ別人格同士の関係なのだが、自分自身に対する自分の関係ということになると、最早線形性もマルコフ性もほとんど成立しない。例えば、昨日あったことは覚えているが、一昨日以前のことはすべて忘れる人がいたとしたら、それはマルコフ的かもしれないが、まず社会生活は無理であろう。確か、「博士の愛した数式」、小川洋子 (新潮文庫)はそんなストーリーだったと思うが、なにしろこの小説は読んでいないので詳細は知らない。

ともかく、他人との間の線形性と、自分に対する非線形性の間の相克で、人は苦しむ。それはまさに近代社会的悩みなのだろう。

それでは、人間関係の間をマルコフ性より濃い非線形な関係を導入するとどうなるかというと、それはまさに前近代的な義理人情の社会になる。人口が少なく閉鎖的な田舎ではある程度そういう傾向が残る。そこでは、過去に世話になったことがいつまでも現在に引きずられ、それに報いることが期待される。家族は祖父も祖母も、場合によっては曾祖父まで同居する大家族となる。それは、そのようなパラダイムを是認すれば心地よいが、精神的自由を希求する立場からすると、息苦しくて仕方ないということになる。

私はというと、18歳までそういう濃い、非マルコフな世界で育ち、それなりに快かったが、やはり精神的自由を求めて故郷を出ていき、ときどき物理的に帰省しても、心は東京に置きっぱなしだった。

なのに、仕事関係や人間関係では、つい他人を過度にサポートしてしまい、そうして非マルコフな濃さを期待して、ああ、ここはそんな場ではないのだと何度苦笑したことか。

私のそういう「濃さ」は一時、中国や韓国の仕事の同僚との間で、有利に働いた。すなわち、中国や韓国がいかに経済発展していようと、その裏には非マルコフな濃さが通奏しているからである。

そのような関係をもたらしてくれた外資系の会社を退職してみると、そういう関係も幻影だったのだなと苦笑する。で、幻影じゃない人間関係などあるの?とも自問するのだが、そうすると最早、マルコフ性だの非マルコフ性だのどうでもよくなるのであった。

聖職

user-pic
0

毎日新聞Webをみていたら、次のような記事があった。

女性教諭:のど自慢か、授業参観か 中部の50代、年休取り出演
中部地方の公立中学校に勤務する50代女性教諭がNHKの番組「のど自慢」に出演するため、担任のクラスの授業参観と学校行事を欠席していたことが関係者への取材で分かった。年休を取っており手続き的に問題はないが、埼玉の県立高校で今春、自分の子どもの入学式に参加するため職場の入学式を欠席した教諭の行動を巡り、賛否の議論が巻き起こったばかり。仕事と休暇について、今回はどう考える?

この記事をみて、流石にまずいだろうと私は思う。その理由は、公優先に書いたことに基づく。すなわち、俸給や社会的地位とは独立に、職業によって公的性質の程度が異なる。

世間にはいろいろな会社があって、今までの功績なのかどうか知らないが、役員として週何日か会社に行き、自分の机で新聞読んだり、居眠りしてても、毎月結構な給料をもらっている人もいるという。

例えば、電車の運転手が、たまたまそういう例を聞いて、こんな給与で真面目にやっていられるかと手抜き運転したら、その災厄は目も当てられない。

だから、特に公的性質の程度が高い仕事には、給与に拘わらず馬鹿馬鹿しいと思わないで、使命感をもって取り組む人が是非とも必要である。

学校の教師も、将来の日本(外国かもしれないが)を支える人材を養成するという意味で、公的性質の程度が高いといえる。なので、担任のクラスの授業参観と学校行事よりも、のど自慢大会を優先したいなら、その前に、もっと公的性質の程度が低い仕事に移るべきである。一般的に企業のOLならば、予め仕事の段取りをつけておけば、業務よりのど自慢大会を優先してもオッケーである。

ところが、中学校がある自治体の教育委員会は「校長が許可したのであれば、それが適切な判断だったと理解している」としている、のだそうである。このコメントをみて思わず笑ってしまった。それは、私が外資系の会社にいたとき起きたことである。

私が管理職を降りたあと、部内にあまりにも勤務態度が杜撰な社員がいたので、いくらなんでもどうかと、私の元同僚にあたる、その社員の上司に、なんとか指示してほしいと伝えた。しかし、あれでいいのだと何もアクションをとってくれない。それで、担当人事に、いくらなんでもあれが放置されてはおかしいのではないかと説明したところ、その上司がいいといえば適法なのだ、管理職でもないのに余計なことを言うなと逆切れされた。それで私は手続き的正当性ね、とつぶやき、そのあと絶句して、30分くらい茫然としていたような気がする。

また、労働法に詳しい弁護士も、教師は聖職というが、休暇は認められるべきであり、正式な手続きを経て上司から許可を得ているのであれば法律上の問題はない、という。

これにも私は待ったと言いたい。すなわち、あなたは弁護士なので、こういうと釈迦に説法であるが、どの職業にも職業倫理というものがある。そして一般的に法律というのは、倫理よりもレベルの低いことしか規定しない。できないというべきかもしれない。なので、法律的に問題ないからいいというのはおかしい。法律をみたすことは必要条件なのであって、十分条件とは限らない。職業の公的基準というのは法律だけで規定できない。

そもそもが、「正式な手続きを経て上司から許可を得ているのであれば法律上の問題はない」というなら、上司の判断の妥当性が次は問われるべきである。それとも、「上官の命令は天皇陛下の命令と思え」という旧帝国陸軍的プロトコルが適用されるのだろうか。

こうして私的には結論は出ているのだが、世間は今後も、個人の権利を尊重して、私生活優先を助長し続けるだろう。それを世も末だ、などと安易にいうつもりはない。ただ、ちょっと顔をしかめるだけである。

あ、もう一つ付け加える。別の箇所で、<「ワークライフ・バランス」といいながら、結局、ワークばかりが重視されている。欧米では、個人生活の方を優先させる生き方も重視されており、そういう多様性があるのが好ましい。>みたいな意見があり、それはそれで納得だが、見事に忘れられていることが一つある。それは、誰かが私的生活を優先して休暇を取ったりすると、別の誰かが、もしかして彼氏とのデートだったのにそれをリスケして代わりの仕事を渋々させられているかもしれない、ということである。そこをどう調整するか、その制度も盛り込むべきである。多分であるが、他人が抜けたのをサポートする側に回る人の評価を上げることになるのだと思う。それが公平である。

経済小説

user-pic
0

私は基本的に、読んだ本の感想を書くときは一応一通り読み終えてからなのだが、今読んでいる「小説 金融庁」江上剛著、講談社文庫があまりにも面白いので、この本の感想というより、経済小説ってそんなに面白かったっけ、と自分でも驚いている。

そこで考えてみると、理系の学問はともかくとして、文系の学問は、伝統的な分け方では、人文科学と、社会科学となる。人文科学というのは、いわゆる文学、語学、社会学、歴史学、哲学、論理学、心理学などであろう。一方、社会科学というと法律学、経済学、経営学、ということになろうか。

そういえば、大学時代に社会科学と聞くと、専攻だった物理学の対極にあるような気がして、避けたい学問、ナンバーワンだった。それでも教養部で仕方なく法律学や経済学など取ったのは、社会科学の科目を一定以上取らないと進級できないからなのだった。

そんなに忌避している社会科学なのだが、本当に嫌いなのかと自問してみると、微妙にニュアンスは違っていて、例えば、司法試験を受けていたことがある知り合いから、木村亀二の「刑法総論」とかいう本を借りて読んでみると、これが不思議に面白いのだった。ほんの3秒くらい自分も司法試験を受けようかと思ったくらいである。

ところが経済学となると、どうもしっくりこない。気合いを入れて買った「マンキュー入門経済学」東洋経済も、54ページまで読んで挫折した。全体で400ページくらいあるのでこれでは読んだことにならない。

それでもリーマン・ショックのときは、経済学の一分野である金融論の入門書を随分読んだ。沢山読んだので、一時、金融論をちゃんと理解したような錯覚に陥った。そうではなかったことに気づくのにそんなに時間はかからなかった。

経営学となると、もうちょっとましかもしれない。というのは、一応10年くらい企業で管理職を勤めており、組織の運営で随分迷って、いろいろな経営学の本を読み漁ったからである。一番感銘を受けたのは、「虚妄の成果主義」とかいう本だった。

こう考えると、社会科学は意外に嫌いではない。嫌いではないのだが、よく考えてみると、ジェロの曲にあるように、社会科学は私にとって「海雪」なのであり、いくら勉強しても、まるで海に降る雪のように決して積ることがない。

で、社会科学に才能がないことは明らかなのだが、少なくとも社会科学は私にとって、スポーツとは違う。すなわち、スポーツは、昔なじんだ卓球も含めて、やらないで済むなら、是非ともそうしたい。

しかし、社会科学となると、少なくとも嫌ではない。ただ、努力が集積されないだけである。と思い出したら、私にとって囲碁がまさにそうなのだった。すなわち、いくら定石や手筋を覚えても囲碁は何十年も全く強くならなかった。せいぜいがアマ2級程度である。ところが、最近になってようやく、囲碁の棋力が立ち上がって、なんとか弱いアマ二段まできた。それなら社会科学も、かじり続ける意味はあるかもとふと思った。

まあともかく、「小説 金融庁」を読み続けるとしよう。金融論の知識も得られることだし。

鉄道員

user-pic
0

私は読書傾向が偏っているせいか、世間の人がよく読んでいたりするような本を意外に知らないということが少なくない。つい最近読んだ「鉄道員」浅田次郎著、集英社文庫もそうだと思う。

こんな有名な作家の小説をこの歳になるまで読んだことがないなんて、と恥ずかしく思った。それにしても、浅田次郎は、なんという練達の書き手なのだろう、と読みながら感嘆頻りだった。

「鉄道員」は、「ぽっぽや」という副題もついているが、これは要するに収録されている短編小説の一つであり、この本には他には「ラブ・レター」、「悪魔」、「角筈にて」、「伽羅」、「うらぼんへ」、「ろくでなしのサンタ」、「オリヲン座からの招待状」が収録されていて、それぞれ色合いの違う小説なので、どれが一番面白いかというとかなり意見が分かれるようである。

私はというと、ベタかもしれないが、やはり「鉄道員」だろうか。そういえば、「鉄道員」は映画にもなっていて、確か高倉健主演ではなかったか。ただ、どうみても高倉健が相応しいストーリーではないと思う。といっても俳優の名前をほとんど知らない私は、イメージであの俳優が相応しいと思っても、名前で示すことができない。

「鉄道員」で哀しいのは、主人公の乙松は、身寄りがなく、勤め上げた路線が廃線になろうとしているのに、健気に生きていることである。そんな実直な乙松には、とってもスピリチュアルなプレゼントが贈られるのだが、ここらあたり涙なしでは読めない。流石、浅田次郎は泣き落としの名手であるが、電車読みに相応しいかどうか。

泣けるという意味では、「ラブ・レター」もそうである。偽装結婚の中国人女性がたまたま病死したから、身柄を受け取りに来いと言われた男は、そもそも一度も会ったことがないのだから、迷惑千万の反応を示す。ところが、あるきっかけから本当に一緒に暮らしたみたいな錯覚にとらわれ、次第に情が移る。これもまたやりきれなく、哀しい。

「悪魔」は、不気味な家庭教師がやってきて、次第に家庭が崩壊する様がとても暗いが、切ないというのと違う。私にはちょっと中途半端かな、と思えた。

「角筈にて」の、角筈とは、今でいう歌舞伎町のあたりのことらしい。そこで両親に見捨てられた男の子が、親戚に引き取られて頑張って一流大学をでて出世するのだが、サラリーマンの世界も非情で、左遷をくらう。その救いようのなさがやりきれなくなるが、浅田次郎はそこをなんとか、気分を一新して頑張る人達を描く。

「伽羅」は、ブティックの美人女主人を嵌めようと画策した男に天罰が下る話である。でもそれは、作品中にあるように、「女の生霊」と呼んだほうが相応しい。私もそういえば、「生霊」に酷い目にあったような気がする。私は他人に辛く当たらないつもりなのだが、無神経なところがあるので、知らない間に相手を傷つけ、生霊を活性化しているのかもしれない。おお、こわ。

「うらぼんへ」は、ある意味、田舎から離れようとしている私には辛いストーリーである。主人公は身寄りのない女性なのだが、その優柔不断な夫は私のようでもあり、苦笑するよりない。それにしても、なんで浅田次郎の小説の主人公は救いがない状況に直面し、且つしたたかなのだろう。

「ろくでなしのサンタ」は、この中では異例なほど前向きなストーリー。「オリヲン座からの招待状」は、ありえないほど冷え切った夫婦が、オリヲン座をきっかけに、雪解けになるかもしれない、というほのかなストーリー。

スピリチュアルで人情味あふれた一群の小説なのだった。

薄倖美人

user-pic
0

昔、会社から派遣されて、特許協会(現在は、知的財産協会)の委員をしていたとき、東南アジアの特許見学ツアーというのがあった。そんな物見遊山のツアーに、仕事の名を借りて出張するなどありえないと、私は全く興味をもたなかったのだが、日本の自動車メーカーや化学メーカーなどの何人かの方は参加されて、特許管理という機関紙に報告書を書かれていた。

当時はアジアの特許は担当していなかった私は、報告されていたタイだのベトナムだのの特許制度に特に興味をもたなかったのだが、恒例の所属委員会の宴会でツアーに参加した人が話すのを聞いて興味をもったのは、バンコクの歓楽街に行って、マッサージのサービスを受けたところ、すごい美人が揃っていて感激したという内容である。本当に単なるマッサージだけなのかどうか怪しんだが、とりあえず突っ込まなかった。それにしても、タイ美人は世界一だとおっしゃったその言葉が頭に残ったのだが、私はその後、仕事で韓国に行くようになり、むしろ韓国美人の方に関心が移った。

ところが最近、新聞の記事をみて目を瞠った。なんでも、タイでクーデターが起き、インラック首相以下の閣僚がクーデターの軍隊に拘束されているというのだが、私が目を瞠ったのは、インラック首相が女性で且つ、相当な美人である、ということである。それで、もう20年近く前の知的財産協会での会話が蘇った次第である。なるほど、これがタイ美人なのか、と。

そして私の記憶はなぜか高校時代に起きたあさま山荘事件に飛ぶ。そのとき人質であり、無事助けられた女性は、牟田泰子さんという方らしいのだが、高校時代に学校で、助けられた牟田泰子さんの写真を新聞でみて私は、おお、なんと美人なんだろうとつぶやき、周囲の級友たちは私を、お前不謹慎ではないかと咎めるように私を見た記憶が甦った。

しかし今冷静になって改めて牟田泰子さんの写真をネット上で眺めてみると、確かに美人は美人かもしれないが、瞠目するほどでもないかもしれない。すると、私は特に、状況の時間微分係数が大きい(特に、負の係数にある)状況を以て、薄倖美人だと認識して、それに異常に反応してしまう癖があるようである。

ただ、このような傾向は恋愛感情に普遍的なもので、ドキドキ感情が恋愛につながるというのはよく聞く話である。ただ、私は薄倖状態に選択的特異性をもつというだけのことなのだった。

そういえば、私はそうでないのだが、病弱な女性につい惹かれて結婚し、その後、寝込みがちな奥さんのせいで苦労しているという男性の話も聞く。薄倖美人が好きな私は、ついそういう気持ちに同情できてしまう。

戻って、タイのインラック元首相は薄倖美人なのだろうか、それは今後の帰趨を見届けないとなんともいえない。と思っていたら、インラック元首相は解放されたらしい。なんだか急に興味が薄れた次第である。

羽生の勝因

user-pic
0

今期の名人戦であるが、いくらなんでも今期は羽生が勝つだろうと漠然と思っていた。というのは、森内に名人戦で4回続けて負けるのはあまりにも辛い。

そうはいっても、独特の羽生シフトをもつ森内である。他棋戦で10連敗してもきっちり名人戦に焦点を合わせてくる森内であるから、最後は羽生が勝つのだろうけど、相当混戦にはなるのだろうと予想していた。

ところが蓋を開けてみると、羽生があっさり四連勝で奪取で、いくらなんでもここまでの結果を予想した人はいないのではないだろうか。もちろん私も予想外である。

それで、なぜこんな結果になったのだろうと考えてみた。そりゃあ、羽生が強すぎるからさ、と言ってしまえばそうなんだけど、それでは思考停止なので、もうちょっと実のある理由を考えてみた。

すると先ず、羽生が意識的に、定跡外れの相掛りの力戦形にもっていったということが挙げられる。なにしろ羽生は、未知の局面で手が見える能力でピカイチである。だからこそ、どんな戦法でも指しこなす。

一方の森内はというと、ある局面を深く掘り下げるのが得意である。延々といくらでも考えられる。もしかして、羽生以上に、である。すなわち、よくある定跡形になると、事前研究をしておくことで、羽生を凌駕することができる。

それでも、今までの名人戦では羽生は、相手の得意を外してはいけないと、森内の研究の真っただ中に飛び込み、持ち前の中終盤の強さで森内を追い詰めたが、最後は研究にしてやられることが多かった。

それを反省してか、羽生は今季の名人戦では、第3局の後手の矢倉以外、完全に森内の研究を外すことに成功した。そして、地の中終盤力で森内と戦ったので、最後はどれも森内を抜き去った。

おそらくであるが、2011~2013年と続けて森内に名人戦で敗れてきて、相当に許しがたい精神状態だったのだと思われる。なんといっても実は、羽生は執念深いのである。執念深さで、沖縄のハブも敵わないだろう。

例えば、今から10年以上も前、山崎はNHK杯の決勝で羽生に圧勝した。その後、山崎は信じられないくらい羽生に勝てていない。あっさり見切られたというのもあるのかもしれない。

そこいくと、渡辺も森内も、羽生にとって難敵で、見切るのに時間がかかった。渡辺など、当初は羽生に終盤でいつも競り勝つので、仲間の棋士も、羽生はもう渡辺に勝てないのではないかと噂した。

森内も、鉄板のように羽生を名人戦で下し続けた。私など、森内は羽生ワクチンをもっているので、勝つコツを知っているのだと思った。

しかし、羽生には秘密兵器があった。手将棋である。王座戦で挑戦したとき、羽生は渡辺に、プロは絶対しないような不利とされている角交換型の横歩取りを試み、渡辺に勝った。渡辺は、こんな形知らないと、当惑を隠さなかった。

今回の名人戦では、第3局以外、全くの経験外で当惑したと森内が言ったそうである。そう、改めて言うまでもないが、棋界随一のオールラウンダー羽生は、棋界随一の手将棋の名手なのだった。

ここで羽生は、大山や升田とダブるのである。そして羽生は今季は、森内流を少し使った。何かというと、名人戦の直前の王将戦で、微妙に手加減して、名人戦に焦点を合わせた。それを肌で感じた渡辺はおそらく、王将を防衛してもあまり喜ばなかったはずである。

一方の森内はというと、以前と違って、どの棋戦もそれなりに勝つようになった。要するに羽生シフトを敷かなくなったのである。それはもしかして以前の講演中に、心無いファンから、名人戦だけ勝ってるんじゃねぇよ、と罵声を浴びせられたこともあるのかもしれない。平然としていた森内であるが、内心堪えたのかもしれない。

そして竜王戦で宿敵、渡辺に勝ったことで一皮むけたのかもしれない。なにか吹っ切れて、そして何かを得ると何かを失うのが人生、ということである。

もしかして森内は、攻め将棋に変身中なのかもしれない。というのは、名人戦の最中の王位戦で豊島に対して中盤相当有利になり、がっちり受けておけば楽勝なのに、短兵急に攻めて、逆転され負けてしまった。まさに、名人戦第4局と同じパターンなのである。

これはある意味、トランジショナルな不調ともいえる。こうして負け続けることで学んでいる、新装開店なった森内が見ものである。名人再奪取もありえる、と敢えて予想しておく。

コモディティという言い方は、あまりいい言葉ではないかもしれない。それで、意味を調べてみると、例えば、Webを検索すると、「コモディティとは一般化したため差別化が困難となった製品やサービスのことをいう。 」なのだという。

この、ややネガティブに響くコモディティという言葉を痛感したのは、長年勤務した外資系の会社を辞めたときである。というのは、その外資系の会社にいたとき、私は独特の存在感を発揮しており(と、自分で思っていただけかもしれないが)、少なくとも、どこにでもいるような人間でないと自負していた。ここらあたりが私の傲慢さであろう。

ところが、一旦会社を離れてみると、私の存在感は全く意味がなくなった。そもそも、いわゆる有名大学卒ではないし(九州にいたら、多少はニュアンスが違ったかもしれないが)、資格はないし、学位もない。TOEICの点数もありきたりである。将棋が一応アマ四段だといっても、それは自称であって、将棋連盟で認定された段位ではないし、将棋の実績は全くないに等しい。詰将棋を作成して何度か専門雑誌に投稿したが、一度も採用されたことがない。

こうして、実にコモディティな人間であることを改めて感じた次第である。コモディティで悪いかと開き直ってみても、別に悪くないよ、単に採用しないだけだ、と相手にされない。

そんな私が外資系の会社にいて努力していたことは、特許の明細書を書くことであった。どんな難解な発明でも臆さず明細書を書いて、なんとか特許査定がとれるレベルに仕上げた。そういう件数を積み上げたが、再就職に際しては、専門家からみたらそれは吹けば飛ぶよな件数であって、私のコモディティぶりが際立つだけだった。結構難しい発明を処理したのですよ、といっても、それで?という感じである。

再就職に際して、なんとか特許実務をやりたいと思っていても、私のコモディティな性質のため、埒が明かない。ところが、可能性がありそうなのは、特許調査なのだった。意外だったのは、特許調査会社は世間に結構ある。もちろん特許事務所より多いということはないが、特許調査会社というのは、面接に行ってみると、どうも特許事務所より敷居が低い。

なぜかと考えたら、特許調査の仕事というのは特許明細書を書いたりする仕事よりも世間的にコモディティなのであった。もっと詳しくいうと、特許調査は誰でもできそうに思われている。

私は自分のコモディティ性を棚に上げて、特許調査の仕事のコモディティ性にちょっと悩んだ。ただ、そんなにも悩んでいられなくなった。というのはハローワークの給付金の期限がそんなに長くないということが分かったからである。そこが切れてまだ仕事がないとちょっと辛い。

で、高望みはあまり好きでない私は、結局、自分のコモディティ性と仕事のコモディティ性の両方に従って、特許調査の仕事に従事することとした。すると、コモディティにはポジティブな意味もあることを発見した。それは仕事があちこちにあるのである。ユビキタスと呼んでもよいかもしれない。すると、何かあったときの再就職にも有利である。

こうして特許調査の仕事のコモディティ性の意味を再発見した私は、知り合いの弁理士他の特許関係者何人かに特許調査の仕事も悪くないですよ、と勧めたが全く相手にされなかった。

で、他人はともかく自分を顧みると、コモディティと思った特許調査の仕事には実は細部が縮退していて、必ずしも特許実務より容易でないということが分かった。そもそも、特許分類体系というのは細部まで理解するのは大変で、検索式を適切に立てるのもクレームを作成するのと同等くらい難しい。

そこで、職業の貴賎に書いたWさんの言葉を思い出した。私の意識がすっかり垢にまみれていたようである。生きていくうちに垢にまみれるのは仕方ないが、ときどき心を洗う必要がある。といいつつ、私は、ある意味特許調査の仕事よりコモディティ性が高い、特許翻訳の仕事のことも考え始めた次第である。私の人生最後の職業が特許翻訳の仕事なら、私のコモディティ性にふさわしいと思うのだが、そうは問屋が卸してくれるのだろうか。

私が管理職を担当していたとき、庶務的な仕事が責任範囲だったので、どれがメインということもないのだが、比較的時間を使っていたのは、外部特許事務所管理である。今では考えられないのだが、1990年代の後半は、出願をどんどん増やそうという傾向にあり、すると社内のリソースでは足りないので、なんとか仕事を引き受けてくれる外部特許事務所を探さなくてはということになった。

特許出願だけでなく、実は困っていたのは、急激な中間処理の増大である。ある事情で審査請求のタイミングを調整していたため、中間処理の件数が溢れそうになり、それを担当してくれる特許事務所を探すのも私の役割となった。

まず出願の方であるか、以前に某大手特許事務所に外内の出願を依頼して、その質に呆れたことがあった。それで、どうも大手特許事務所はルーチン的に適当に処理するので、質は期待できない、という偏見をもってしまった。本当はスキルのある弁理士を抱える大手特許事務所もあるに違いなく、偏見であることは自分でもわかっていたのだが、一つには所属する会社が外資系で、基本的に大手日本企業がライバル関係にあるので、大手日本企業の息がかかっている大手特許事務所には仕事は頼めないだろうという思いもあった。

そう思っていたら、たまたま、新規に開業したばかりの特許事務所が何件か、営業のため私にコンタクトしてきた。私は、渡りに船とばかり、トライアルの出願案件を任せてみたら、これがなかなか質がいいのだった。尤も、当時、実務を離れて数年だった私に、どれくらい実務の鑑識眼があったか、今考えると怪しいのであるが。

結局、そういう小さくて新しい特許事務所に依頼して、少なくとも日本発の新規出願は回るようになった。そもそも、日本発の新規出願は社内の弁理士が作成するのが建前で、あふれたものだけでよいので、そんなに沢山出す必要はない。

問題は、中間処理である。こちらは背に腹は代えられないので、大手特許事務所にも打診してみたが、コンフリクトの懸念、技術的な面倒さ、中途受任の料金の折り合いなど、なかなか話がつかず、困っていた。当時は特許事務所業界は今よりずっと売り手市場で、当然ながら弁理士はいまよりずっと希少価値があった。

それでも、いろいろコネを辿ってコンタクトしてみると、なんとか中間処理を担当してくれる特許事務所も見つかった。今にしては信じられないのだが、その料金ですか、まあ受けてあげますよ、というニュアンスだった。

そういう時代が10年近く続いたろうか、もう長年管理職をやったのでいいだろうということで下してもらって実務屋に戻っても、昔のコネで、外部特許事務所関係のサポートはしていたのだが、例のリーマンショックあたりから潮目が変わってきた。外部特許事務所が私に、仕事はありませんかと、打診してくるのである。ついその数年前までは、手一杯なので受けられませんと何度も断られ、どこかの事務所に押し込むのが私の仕事だったのに。

そういう不景気とリンクして、米国本社は、外部特許事務所の整理統合を図るようになった。中小の多数の事務所を使っていると、管理コストがかさむということにらしい。大手特許事務所だと、ボリュームディスカウントも利く。ただ、質はどうなのか、と実務をやるようになって少しは鑑識眼がましになった私は、スポットチェックしてみて唖然とした。あまりに形式的に明細書が書かれているのである。それを米国本社に伝えてみても、相手にされない。要するに件数が第一なのである。そんなチェックに時間をかけるな、みたいにも言われた。

こういう傾向は、社内だけでなく世間一般の傾向でもあると聞いた。すなわち、リーマンショック後、日本の市場価値が米国や欧州企業などからも軽視され始め、外内の出願は激減した。すると、日本に出すより中国に出すみたいな傾向が促進されたのだが、そうはいっても日本にも多少出願はしなくてはというとき、米国や欧州企業は今まで使っていた中小の特許事務所から大手特許事務所に乗り換えた。理由は上にも書いたが、ボリュームディスカウントもあるし、あるいは知名度や安定性ということもある。すなわち、今まで使っていた特許事務所が突然破産するということがあってはかなわないからである。

この傾向は、少なくとも日本において、中小の特許事務所を廃業させ、大手特許事務所に統合させることを促進している。実際、常時弁理士の募集があるのは、ほとんどが大手特許事務所である。

するとどうしても再び気になるのは、大手特許事務所の仕事の質である。そして何件かスポットチェックしてみる限りにおいて、どうも発明者が書いてきた資料からあまり付加価値がないような内容にしか見えない。私の偏見だろうか。

事情通の人に聞くと、外国企業から仕事を受けるためには、都内のいい場所にオフィスを構える必要があり、ある程度所員も抱える必要がある。すると、維持費が膨大なので、一件一件丁寧に仕事していては利益が上がらない。よって、仮に担当弁理士にスキルがあっても、時間がかけられないとなるとどうしても高い質の明細書は書けないのだという。

すると、少なくとも電気・機械・情報などの分野の特許明細書の大部分は、あまり高い質は期待できないものとなるのだろうか。もちろん私は、幹細胞などのバイオ、化学、医薬などの分野の特許が決して件数主義でなく、1件あたりに膨大な手間がかかるという事実を知っている。ただ、そういう分野の特許を担当する機会もスキルもないので、想像の面もなくはないが。

何にしても、特許明細書の分野で、悪貨が良貨を駆逐するような傾向はとても憂えることである。明日のパンの心配をしている人には、そんな「高級」なことを憂えている暇はないのだろうが。

伊坂幸太郎の「バイバイ、ブラックバード」を読んで、違和感一杯だったが、なぜか最後まで読み終えることができた。次第に面白くなったから、ということだろう。

なぜなら、続いて、予め買ってある、伊坂幸太郎の「フィッシュストーリー」も間断なく読み始めたからである。そして、最早違和感はなく、ストーリーに惹き込まれた。違和感がないのは多分、「バイバイ、ブラックバード」で慣らしたから、という訳でもないのだと思う。

「フィッシュストーリー」は短編集であり、「動物園のエンジン」、「サクリファイス」、「フィッシュストーリー」、「ポテチ」からなる。

「動物園のエンジン」は、主人公たちがなぜか夜の動物園にやってくる。なんでも、飼育係と知り合いで、独特の雰囲気を味わいに動物園にやってくるらしい。しかし、夜来ても、動物たちは見えない。独特の息吹が聞こえるだけである。なぜか、動物が逃げた檻で寝ている元飼育係がいたりする。「バイバイ、ブラックバード」もそうであるが、伊坂幸太郎の小説には、人生を捨てたような、とても変わった人達が出てくる。それ自体、人間動物園と呼んでもいいくらいである。それがとてもシュールな色合いを帯びて、私の厭世観をくすぐる。

「サクリファイス」は、黒澤という男がある東北の村に迷い込み、その村の、こもり様という習慣を知る。なんでも厄除けに当番の村人がある期間洞窟に籠る儀式らしいのだが、そういう伝習の陰に、村人の陰謀というか思惑が潜む。黒澤はなんでも、職業は泥棒らしくて、伊坂幸太郎通の知り合いに聞くと、伊坂小説のキーの人物の一人なのだという。確かになかなかしたたかで、抵抗にあいながらも、村の秘密に少しずつ切り込んでいく。それがまるでちょっと、八つ墓村ようなミステリーにもなっている。

「フィッシュストーリー」は、「僕の孤独が魚だとしたら、そのあまりの巨大さと獰猛さに、鯨でさえ逃げ出すに違いない。」という、おそらく架空の小説の一節から始まる。それを思い出す男は、車で、ある曲をカセットテープで聞くのだが、意味不明の無音時間の存在が、不思議な運命をもたらす。「フィッシュストーリー」は、短編なのだが、それ自体が短い掌編からなっていて、互いに関連づけられている。私は、一群のサブルーチンからなるプログラム・モジュールを思い出した。一群のサブルーチンは、1つのサブルーチンが別のサブルーチンを呼ぶようになっており、互いに呼び合っていると、もう全体としてどんな処理をしているのか分からなくなる。そして、各々のサブルーチンには、僕の××が魚だったとしたら、で始まる文字列の宣言が配置されている。ともあれ、これは伊坂のいささかの趣向らしい。そんな駄洒落を織り込みつつ、「僕の駄洒落が魚だとしたら、そのあまりの馬鹿馬鹿しさに、鮪たちは深海に潜んでしまうだろう」。

「ポテチ」は、黒澤の孫弟子かもしれない泥棒、今村と、全く出番のないプロ野球選手との不思議な縁をベースとしたストーリーを描く。今村の彼女、大西は、飛び降り自殺しようとしたところを今村に説得され、なんとなく付き合うようになった。そのうち今村の母親も登場する。そのやりとりがおかしくて、しかしなぜか突然哀愁を帯びたりする。みんなそれなりに変わった人達なのだが、伊坂の世界にある程度浸った私はもう、そこに違和感を感じることなく楽しんでいる。

しかし、知り合いに聞くと、この冴えた短編小説群も、伊坂の作品の中では地味で暗い部類なのだそうである。ともかく、「死神の精度」で打ち止めにしておかなくてよかった。改めてそう思う。

名人戦第3局で羽生が三連勝したとき、流石に羽生が名人を奪取だと思った。まあ誰だってそう思うのだけれども、特にこの二人はそうである。先行した方がだいたい、タイトル戦で勝つ。

羽生は流石に大山に比べると、タイトル戦での追い上げ力は劣るかもしれないが、それでも棋聖戦で2連敗のあと3連勝は結構あったような気がする。特に最近の羽生は勝負に辛い。年齢が上がってきて、気を抜くと負けると思っているのだろうか。

一方の森内だが、覆す力などという本を出している割には追い上げが得意ではない。それで、名人戦第4局もおそらく羽生が勝つだろうと思った。

そして、名人戦第4局が始まった。私は、角換わり腰掛銀を予想した。それはきっと私が、「これからの角換わり腰掛銀」吉田正和著、マイナビを読んでいるせいかもしれない。しかし、今期の名人戦、羽生が相掛りにかける思いは深いようで、またしても先手番26歩で相掛りになった。

森内が34手目、36銀の進出を阻んで33桂と跳ねると、羽生は56角と打った。桂頭を狙う意味である意味当然の手かもしれないが、結局この角が働かないで、羽生は苦労することになった。

森内は一歩損して、銀冠を完成させた。あとは淡々と互いに駒組みを進める。しかし、50手目54銀と森内に出られてみると、やはり56角が負担である。あまり使えていない。それで羽生は仕方なく、25歩、同歩、24歩と攻めていったが、ここらあたり攻めさせられているという感じで、森内の作戦勝ちである。羽生の後の感想もそうで、このあたりでははっきり悪いと思ったそうである。

森内は2筋、3筋を銀で抑えるかと思っていたら、急に95歩と端攻めして、一転局面が急になった。このあたり、どうだったか。らしくないような気がする。なんとなく森内の優位がはっきりしなくなってきた。

そして、角を切って83手目で羽生が23に龍をつくると、次第に紛れてきた。それで森内は54歩と玉の逃げ道を開けたが、ここではもう微差になっている。

羽生は85手目、64歩と嫌味な歩を垂らした。森内は12角で、龍に当てるとともに遠く78金も睨む。羽生は一旦41金を決めてから、12龍。森内は当然のごとく34角の詰めろ龍取りである。羽生も当然、45角と合わせる。

そこで森内は勇躍、87に飛車を成り捨てて12角だが、どうだったか。というのは羽生に88玉と躱されると、意外に後手からの寄せが難しい。もしかしてここで逆転したか。森内は45角と取って、同歩に78飛、97玉、58飛成。この状態で羽生玉は一応詰めろなのだが、ここで羽生から42角があった。仕方ない62玉に82飛で詰めろを消されてしまった。ここでは流石に羽生がはっきり勝ちになっている。以下、71玉、86香で森内は42金と角を取るよりなく、後は81飛成で簡単な詰みである。

森内、優勢だったのに終盤焦って、ぽっきり折れてしまった。受けを基調にしているはずの森内らしくなかった。こうして私の予想どおり、今期名人戦は羽生の4タテ勝ちとなってしまった。

しかし、覆す力にあったように、森内は負けから学ぶ棋士である。かならずや捲土重来があるだろう。目前にある、羽生に挑戦する棋聖戦には間に合わないかもしれないが。

創作の病

user-pic
0

ニュースによると、チャゲ&飛鳥の飛鳥が覚せい剤所持の疑いで逮捕されたという。本人は否認しているらしいが、尿から薬物反応が出たとなっては言い逃れできまい。

私はというと、このニュースをきいて、今更のようにYouTubeで、チャゲ&飛鳥の曲をいろいろ聞いてみたのだが、今更何をいうかと言われそうなのだが、実に名曲が多い。飛鳥の歌唱力もいい。

チャゲ&飛鳥の持ち歌のうち、ヒット曲はどちらかというと飛鳥の方が作詞・作曲している。それでふと、創作の病という言葉が浮かんだ。

実は、創作するというのは、ストレス解消になる。いろいろな籠った情念も、創作するとそこに昇華できそうな気がする。ドフトエフスキーなど、小説を書かなかったら憤死していたのではないだろうか。

実は、私のこの拙いブログでさえも、ある種の昇華で、ストレス解消になっている。毎日ブログを書くのはちょっと大変と思うことがないではないが、一応書くネタは、電車でぼうっとしてると降ってくるので、それを掴まえて、ノートにメモしておくだけでよい。おそらくであるが、お笑い芸人のネタもこのように作られていると思う。以前にあるお笑い芸人のネタ帳がテレビで公開されていたが、私が使っているのと同じ小型のノートだったので、思わず苦笑してしまった。

さて、創作するというのは、ストレス解消になると言ったが、ここでも中庸の原理が働く。すなわち、創作もあるレベルを超えて強いられると、大変に心身に対するダメージとなる。

チャゲ&飛鳥くらいの人気歌手になると、常にヒット曲を飛ばす必要がある。そして全国ツアーもあったりする。心身の消耗は本当に半端ではないだろう。そんな状態で、つい覚せい剤の誘惑に駆られてしまうのではないだろうか。

それを私は是認するつもりはもちろんない。しかし、資本主義の稼ぎの論理に組み込まれると、もういい、ヤーメタと簡単に降りることはできない。もちろん酒も飲むだろう。しかし、もっと強烈な刺激に惹かれるのだろうか。

ビートルズも、インド思想に染まり、麻薬を摂取していた時期があった。Lucy in the Sky with Diamondsなどもそうした状態で作られた曲であるという噂がある。

経験もなく想像でいうだけなのだが、単なる肉体の疲れならそれこそ、山谷ブルースではないが、♪あとは焼酎をあおるだけ♪で済むのかもしれない。しかし、過度に創作の才能を酷使すると、単に飲んで寝るだけでは癒されない何かの疲れが溜まるのかもしれない。

どこかの薬品メーカーが、創作の病に効く、合法的な薬を発明しないのだろうか。もちろん、市販でなく精神科医が処方するタイプでもいい。まあ、私には関係ないんだけど。

1980年代の終わり、まだ昭和と呼ばれていた時代の最後の頃の2月のある日、NHKで2.26事件の特集番組を観た。その番組を観るまで私は、2.26事件とは、政府上層部に不満をもつ兵士たちが決起して、閣僚を暗殺したにすぎないと思っていた。

ところが、これをきっかけに文献をいくつか読んでみると、軍部には統制派と皇道派という二つの派閥があって対立しており、2.26事件の兵士たちは皇道派に与することを知った。

2.26事件の兵士たちは楽観的にも、決起したら皇道派の将官、士官、兵士たちが呼応し、一種のクーデターが起こると信じていたのである。実際、2.26事件の兵士は決起後、奇怪にも、一時的に正式な首都警備隊として認知されたほどである。皇道派の勢力の隠然たる存在を示唆する。

しかし、皇道派にとってとても意外な事態になった。天皇が2.26事件の兵士たちに対して激怒したのである。これは考えてみれば、政府の重要な役割を担う文字通り重臣を殺害したのだから、当然に予測されることであるはずなのであるが、2.26事件の兵士たちは天皇にも認知されると楽観していた節がある。天皇の背景には統制派の根回しもあったのかもしれないが、ともかく皇道派にとって事態は暗転し、2.26事件の兵士たちとその思想的背景にあるとされる北一輝、西田税は即決の裁判で死刑となり、それは事件の起きた年の7月に執行された。

そして何気なく古書店で手に取った「妻たちの二・二六事件」澤地久枝著、中公文庫。軽い気持ちで読み始めたのだが、2.26事件について有意義な視点をもたらすものであると知り、とても興味をもった。

最初に採り上げられたのは、田中勝中尉。一年間の婚約ののちに田中中尉が久子さんと結婚したのは、昭和10年(1935年)12月27日。そして2.26事件が勃発したのは昭和11年2月26日なので、もう2.26事件の実行部隊が綿密な計画を練っていた頃である。久子さんは事情を知らないとしても、田中中尉は、こんな状況で結婚するのだろうか。

実際、田中中尉は事件後獄中にあるとき面会にきた妻に対して、「お前のことを考えたら、おれ、死にきれねえ」と言った。2.26事件に連座したのは、止むない義理だったのだろうか。

次は磯部浅一。比較的裕福な家庭環境の子弟が多い2.26事件関係者にあって、不遇な生い立ちであった。昭和9年の陸軍士官学校事件で陸軍から追放された。それから仲間の村中孝次のところに転がり込んだ。村中孝次は妻帯していた。すると、磯部浅一も村中孝次も不在のとき、村中夫人は、磯部の婚約者と称する、登美子という女性の訪問を受けた。磯部夫妻は昭和10年10月末、千駄ヶ谷に居を構えたが、同居は二ヵ月足らずだった。磯部は最早陸軍を追い出された身であるので、扇動する側に回った。結局捕えられて死刑判決を受けると、獄中にあって、政府に訴える手記を縷々と書いた。同情的な看守の協力により持ち出された手記は、登美子夫人の手によってしかるべき筋に届けられた。それにしても憲兵にみつかると夫人自身も投獄される、決死の使命だった。結局磯部は地獄のような監獄の日々のあと、決起部隊から約1年後れて、昭和12年8月に銃殺処刑された。登美子夫人は保母の資格をとって働いたものの、結核を病み、昭和16年3月に病没した。

次は、丹生誠忠中尉。丹生は麻布中学出身で、軍人一筋ではなかった。しかし結局、皇道派に共鳴して活動に参加した。そんな丹生は、森コンツェルンのエンジニアの娘と見合いして二ヵ月で結婚した。丹生は逞しくにこやかな風貌に魅せられた。夫人の側も一目ぼれだった。夫人の名前は、寸美奈子といった。かの本間雅晴中将夫妻が媒酌人を務めた。実際、短いが甘美な結婚生活だったようである。丹生は昭和11年2月25日も淡々と出て行った。ところが知らない間に夫が反乱部隊に参加していると知って、それは衝撃だった。優男らしく、丹生の獄中手記は、諧謔も含む淡々とした、思いやりに満ちたものだった。結局夫人は再婚しなかった。

次は、野中四郎大尉。結婚して2年にもならない妻美保子夫人には、お腹に誕生前の娘がいた。野中大尉は苦悩する人で、何日も眠れぬ夜を過ごした。結局野中は、決起の後自決した。野中大尉の父も、美保子夫人も元軍人で、事件の後、両家の中は険悪になった。美保子夫人は苦悩の余り、やはり決起した栗原元中尉の自宅で、睡眠薬自殺を図った。栗原元中尉の夫人、玉枝さんが発見して医師を呼び、なんとか一命を取り留めた。

中橋基明中尉は、大木戸ある芸妓O女と深い仲だった。はっとするような美貌の女性だった。中橋中尉らの一行は、高橋是清蔵相を暗殺した。事件の後、軍人相手のお座敷に出ることが極端に辛くなった。結婚しなかったので、中橋の遺族は、中橋中尉が処刑された後も長らく、O女の存在を知らなかった。O女は、中橋を忘れられない日々を送りつつも結婚もしてみた。しかし、続かなかった。

坂井直中尉は、なんと事件の半月前に結婚式を挙げたばかりだった。たった半月で未亡人となった坂井夫人は、今度は浦中佐と再婚した。しかし浦中佐は、今度は例の泥沼のようなインパールで戦死した。二度も未亡人になりながら、夫人は二人にとてもよい思い出を抱いていた。

香田清貞大尉は、昭和5年に冨美子さんと結婚した。香田大尉は我儘息子で、親がなんとか落ち着かせようと、見合いさせた。それから昭和7年に子供が生まれると、香田大尉は政治的傾向を強めていった。事件が起きると、香田大尉は蹶起部隊中の最先任と見なされた。夫が投獄されると、冨美子さんは幼い子供二人を連れて面会に行った。結局、事件をきっかけに、香田大尉と冨美子さんの実家同士が険悪になり、それは最後まで尾を引いた。

北一輝とともに蹶起部隊の黒幕と目された西田税は、2・26事件が起きることを知らされ、止めようとしたが、最早どうしようもないことが分かった。そして事件が本当に起きると、西田は身を隠した。はつ夫人は後に、何かの本で、西田が結婚したということで、渋川善助から、革命に当たる者が妻帯してどうする、と詰られたことを知り、確かにそういう立場の者は結婚しないほうがよかろうと感じた。しかし、はつ夫人は、西田の革命活動を地道に支援した。収入は、北一輝が集めた資金から提供されたが、大した金額ではなく、極貧だった。西田は、国家改造活動の仲間からも命を狙われた。いろいろ誤解されたようである。それで何度も瀕死の目に遭うので、はつ夫人は思い極まって、そんなに政治から離れられないなら、別れてくれと言ったら、西田は、ハラハラ涙を流して泣いたのだという。結局2・26事件後、西田は捕まって、37歳で銃殺された。

それにしても、蹶起部隊の兵士たちのほとんどはなぜ、蹶起が目前に迫っているのに、慌てて結婚したのだろうか。最後に甘い新婚生活を送りたかったのだろうか。それとも、陸軍の上層部に追認されて、何事もなかったかのように、普通の勤務に戻れると期待したか。その純粋性というか、別の言い方をすると、観測の甘さがみてとれる。

ともかく結果的に、未亡人たちは、親戚や世間から、冷たく扱われながらも、健気に生きていったのだった。しかも、陸軍内にも賛同者はいたので、完全な犯罪者の家族扱いでもなかった。

知の巨人

user-pic
0

新聞の週刊誌の広告をみていたら、「知の巨人」立花隆が、STAP細胞に物申す、みたいな記事のタイトルがあった。私は、またまた~、と思った。

実は新聞の週刊誌の広告をみたのは、朝の食卓で、またまた~、と思ったのは、時間差で通勤電車中なのだった。というのは、そのとき電車の中で、MPEG教科書という、無味乾燥の極北みたいな本を眺めていて、いらついていたのだった。そして、心の中で、「おい、きょうび知の巨人と呼ばれるためには、MPEG1、MPEG2、MPEG4、そしてMPEG7くらいは一通り知っていて、自動制御理論の基礎理論と現代制御もある程度知っていて(一体なんの文脈で、自動制御理論なのか)、尚且つ、類体論とは何かくらいも知っていなくてはならないんだぞ」と滅茶苦茶なことをつぶやいた。もちろん、こんなこと口に出さない、出したとしても周囲は必死で無視するだけであるが。

自動制御理論だの、類体論を持ち出したのは、今の時代、いかに知の巨人たることが困難であるかを言いたかったのである。おそらくであるが、プラトンは間違いなく知の巨人で、それに劣らずアリストテレスもそうだったろう。時代は下って、ライプニッツも間違いなく知の巨人だと思うが、さらに時代は下ってガウスは、数学の巨人であっても、知の巨人ではない。現代に、将棋の巨人(羽生のことか?)、野球の巨人(これは意味が違う)はいても知の巨人は最早ありえないのである。

言い換えると、もし知の巨人と呼ばれる人がいたとしたら、それは間違いなく香具師なのであり、南の島のヤシの木なのである。

ただ、立花氏は、椰子だとしても私よりもはるかにたわわに実っているので、まあいいかな、といつになく甘い私なのだった。

ジェフリー・ディーヴァーに飽きたということもないのだが、なんとなく奥田英朗とか、伊坂幸太郎とかに目が向くようになった。伊坂幸太郎といえば、このブログにコメントをよく戴く山椒魚さんのお勧めでもある。

伊坂幸太郎といえば今まで、決して主著ではない「死神の精度」しか読んだことがない。それで、何の脈絡もなく「バイバイ、ブラックバード」双葉文庫を読むことにした。単に古書店の入り口の百円均一コーナーにあったからなのだが。

ところがこれがなんとも不思議な小説なのだった。主人公は星野一彦。天性のナンパ男というか、気に入った女性がそばにいるとつい、あることないこと話術を使って知らないうちに魅了している。容姿も女好きするタイプらしい。

どうも節操がない性格のようで、知らない間に五人もの彼女を作って、同時並行的に付き合っている。二股ならぬ五股なのだから恐れ入る。

しかし、節操がない性格が災いしてもしかして金銭トラブルに巻き込まれたか、もしかして借金のカタにどこか遠いところに連れ去られることになった。ソルジェニーツィンの収容所列島かと突っ込みを入れたくなったが、こんなのいまどき誰も知らないか。

ところが、節操がないのに妙に律義な一彦は、五人の「彼女」一人一人にお別れの挨拶をしたいと言い出し、最後だからまあその我儘を聞き入れるかということになった。しかし、逃げ出されては困るので監視付きである。その監視役が、奇怪というか魁夷な大女、繭美。なんでも金髪でハーフらしいのだが、どうみても美人ではないらしい。私なんか、この本を読む前についアマゾンで書評を先にみてしまい、そこに、繭美=マツコ・デラックスとあったので、その刷り込みが強烈で、未だにそのイメージを払拭できないでいる。

その繭美がやたら押しが強くて品がなくて、しかも暴力も振るう。しかし、意外に一郎はうんざりしながらもなんとか付き合っている。

実をいうと私は、このあまりにもありえない設定に違和感を感じて、何度も途中でこの本を放り出しそうになった。しかし、その都度、次々に現れる一郎の彼女が可愛くて切なくて、また読み進めるのだった。

そうそう、繭美でおかしいのは、何やら辞書をもっていて、気に入らない文字をマジックで塗りつぶしている。そして、私の辞書に○○はない、というのだが、それってわざと計算されたベタなギャグで、却って笑える。「時代の寵児、村田兆治」というオヤジギャグもそうである。

結局、違和感を感じつつも最後まで読み進めると、一郎だって逃げようと思えば逃げるチャンスはあったのに、従順に出迎えのバスに乗ったのだった。どうみてもいい運命が待ち受けているはずはないのに。

そして確かにこのバスは、まさに死のメタファーなのだった。すると、死ぬときは死ぬがよろしいという良寛の言葉どおりなのだろうか。

読み終えると、伊坂幸太郎のロングインタビューがあった。まるで、ソウル・コレクターにあった、ディーヴァーへのインタビューみたいなものである。

それによると、「バイバイ、ブラックバード」は、伊坂の実験小説らしい。郵便小説といって、募集した一定数の読者に定期的に一篇ずつ小説を郵送するという試みも面白い。

実はこの小説の違和感はまだ消えていない。ちょっと二日酔いにも似ている。二日酔いが醒めた頃、伊坂の別の小説を読んでみることにしよう。

知識と思考

user-pic
0

ショーペンハウアーのどの本だったか忘れたが、読書ばっかりしていると、借り物の知識に依存するようになって却って馬鹿になる、みたいなことが書かれていた。それを読んで本の虫である私は、それはそうなんだろうけど、そういわれてもなぁ、とまたひたすら本を読むのだった。

一方で、受験勉強が嫌いな私は、丸暗記というのも当然にできれば避けたいと思っているが、東大医学部卒で受験アドバイザーでもある精神科医の和田秀樹氏が、丸暗記は実は精神衛生にもいいのだ、そもそもが知識がなくては思考なんてできない、なので丸暗記を否定してはいけないというステートメントを述べていたときは、それは極論だろうと思いつつ、確かに先ず知識がなくてはどうしようもない、という意見には同意せざるを得なかった。

その知識ファーストに同意せざるを得ないのは、自分の将棋学習経験に基づく。将棋を始めようとしたら当然であるが、駒の動き方をはじめとして、二歩が駄目とか、どうやったら成るとか、玉を詰めるなど、一見、ええっこれを記憶するとかと思わせるくらいうっとおしいルールを勉強して記憶する必要がある。

ともかくルールを覚えると、一応将棋を指すことはできる。そして、将棋を覚えたばかりの子供達が指すのを見る機会があるが、これは実はちょっと将棋とは呼べない。しかし、その段階で酷評もしていられないので、なんとか持ち上げつつ私が教えるのは定跡の初歩である。

そして大甘の将棋の先生である私が、なんとか将棋と呼べるなあと思うのは、子供たちが少なくとも振飛車、矢倉くらいの初歩の定跡を覚えたときである。ここまで達するの必要なのは、主として記憶力と若干の理解力であり、なんで銀は後ろに下がれないのかなどという下手な思考力?はこの段階で発揮しない方がいい。

ところが記憶力というのは実はみかけ以上のパワフルなツールであるようであり、受験数学は暗記科目であると上記和田氏も豪語し、そのやり方で東大入試を突破したのだという。また、ある記憶術の達人は、学校の成績がよくなかったのに記憶術を駆使したら一流大学に合格し、司法試験にも受かったという。なるほど、一番難しい国家試験にも記憶力で対応できるのだ、と思ったものだった。

だからといって、記憶力セントリックな方針を続けていては多分まずい。というのは、大学に合格したり、弁護士になった後も何かを記憶することで乗り切ろうとすると、どうしてもそうもいかない場面に遭遇する。典型的には未知の場面である。ここで初めて、思考力が必要であることを人は知る。しかし、記憶力以外の思考力を鍛錬していないと、スキルをスクラップ&ビルドとないと先に進めなくなる。

私が知っているある人は、記憶力にすぐれ、一流大学に合格したが、どうも大学での勉強に馴染めなかった。それで一般企業に就職したが、自分の強みは記憶力を駆使して資格を取ることだと知り、実際短期間で難しい資格をとったのだが、実務というか応用力がなくて困っているという。

これは将棋の世界にもあてはまり、今の時代奨励会を突破しようとすると、山のような膨大な定跡を覚え、最新の変化でアップテートし、最新形をマスターする必要がある。しかしそれは、場合により、四段になった時点で燃え尽きている、ということにもなりかねない。

なので本当は、理想的な勉強方法は、定跡の細部を記憶することよりも、難解な詰将棋を解くなどの方法で読みの力をつけることなのだろうと思う。あとは、実戦でも、可能なかぎり無駄ともいえる長時間手を読むことで思考力を鍛える。

加藤一二三は、当たり前のような局面でも、もっと他の手はないかと考え、時間がなくなってミスをし、負けてしまったことは一度ではない。それをみて他の棋士は、もっと時間配分に配慮すべきだと指摘するが、頑固なヒフミンは耳を貸さない。

それから何十年かたって、時間を残すべきだと言っていた棋士たちがとっくに引退に追い込まれても、まだヒフミンは現役である。それは長年の長考で鍛えられた、思考する力の蓄積があるからである。

こうして記憶力は電磁気のような短距離力であり、思考力は重力のような遠達力であることが分かる。

ここでいう記憶力と思考力は、粗くではあるが、2種類の知性で述べたインテリジェント能力とインテレクチュアル能力にそれぞれ対応する。

そして、記憶力も思考力も、ある程度は素質に依存するので、修練によって伸びる面もあるが、あるレベルからは才能に基づく限界がある。なので、知的に生きるにしても、インテリジェント能力とインテレクチュアル能力のどちらを主として駆使して生きていくか、自分をよく知り、決めなくてはならない。

私はというと、決してインテレクチュアル能力に卓越しているわけではないが、ある段階から自分のインテリジェント能力に見切りをつけ、仕事で必要とされるレベルしかインテリジェント能力を駆使しないと決めた。そこから生じる損失は甘受しようとした。これは世知辛い世の中で、下手したら仕事を失うかもしれないリスキーなやり方であるが、幸いにしてインテレクチュアル能力をニッチに活かすことでなんとかここまで破綻しないでやってこれた。

ただ、本当にインテレクチュアル能力がメインなのか、あれだけ本を読んでその知識に依存しているのだから、やはりインテリジェント能力派ではないか、という自問には答えられないでいるのであった。

ま、ともかく私は、暇さえあれば、何かを記憶するよりも寧ろ、夢想したり妄想したりする傾向にあるのは確かである、それが果たしてインテレクチュアル能力と呼ぶに値するかどうかはともかくとして。

新規開拓

user-pic
0

新規開拓というのは例えば、営業マンが新しい顧客を探すことだったりするが、ここでは脳の働きの話題である。

すなわち、還暦近くになってきて、どう転んでも私の人生はあと数十年以内なのだが、それでも生きている間は可能なかぎり活き活きとした精神活動を維持したいものだと願っている。

そうはいっても、肉体の生理というか病理は、私にとって全く闇の中の世界であって、突然脳溢血や心臓病などで倒れる可能性をゼロにすることはできない。そうなったら運命なのだが、とりあえず可能な範囲で酒量をコントロールしたり、栄養のバランスをとるようにして可能なかぎり健康を維持するようにするだけである。一方、精神的活動の方は、錯覚かもしれないが、肉体に比べるとまだしもコントロール可能性が高いような気がしている。

ところでよく、一日に十万個の脳細胞が死滅していると言われる。そして脳細胞は新規に増殖しない。それだけ脳は自然に機能低下しているという例でもある。それを聞いて私は暗澹たる気持ちになったことは一度ではないのだが、一方で朗報は、脳には一生かかっても使いきれないくらいの予備の脳細胞が控えているという。要するに巨大な在庫というか埋蔵資金があるのである。なんでこんな余剰の脳細胞があるのかというと旧約聖書やその他の古文書にあるように、人間の寿命が千歳以上だったときの名残なのかもしれない。

ともかく、一日に十万個の脳細胞が死滅しても脳の機能が低下しないようにするには、死滅する細胞から余った細胞に機能の引き継ぎをすることが必要なのだと考えた次第である。ただ厳密には引き継ぎというよりも、別の脳細胞たちが、死滅した細胞たちとは少し違った個性で代替えを果たすということなのだろう。そういう習慣をつくることが呆けないための必要条件なのだと信じている。なお、もちろん、呆けないための十分条件なんてない。ともかくそうやって使っていない脳細胞たちに代替え機能を実施させることを新規開拓と私は呼ぶ次第である。

では、新規開拓にはどうような方法があるか、私が考えたのは以下のようなことである。

  1. 創作:私の場合、創作というとつい、プログラムを書くとか、このような雑文を書くことだったりするが、一般的には俳句や短歌を作るようなことなのかな、と思う。ずっと俳句や短歌を作っているとマンネリになるような気もするが、基本的に創作なので、常に新しい発想が盛り込まれている。創作といえば、以前に作っていた詰将棋創作をまた再開してみたいが、どうも気が進まなかったりする。必要な精神エネルギーが見かけより大きい。そうやって言い訳するのはボケ防止的にはどうかと思う。
  2. 深化:馴染んだことを掘り下げたり、復習して何かを再発見することである。例えば、大学のとき教養で学んだドイツ語の教授は、大学で学んだ力学や電磁気学を折りに触れて復習しなさいと言った。なぜそういうかというと、クラス全体が物理学科の学生だけだった。これは結局まだ実行できていない。ただ本だけは力学の本や演習問題集も買い揃えているのだが。そういえば大学時代に精読した山内恭彦の「一般力学」は再読しようと思いつつ、本が紛れてしまった。
  3. リセット:これは全く新しいことを初心者として始めることである。例えば、将棋をやっていた人が囲碁を始めるとか、法律学を学んだ人が経済学というように、あまり距離が遠くないことでもよい。語学の好きな人なら、全然知らないハンガリー語の勉強でもよい。
  4. 転化:これは同分野内で少し違うことをすることである。例えば、将棋でいえば、今まで居飛車一辺倒だったのに、振飛車もやってみる、などである。これ、所詮将棋の範囲内だからと甘くみていたら、思った以上に大変であることを、やればやるほど感じたりする。

あと一般論として、手を使う雑用は必須である。単に思考するだけではいけない。単なるルーチンのような単純作業も厭ってはいけない。そういう意味では、散歩など体を使うのも必要である。肉体が弱ると、少なくとも現世にあっては、脳も弱る。

そういう意味では私は、数式の計算のような作業も是非ともやるべきと思いつつ、これも面倒なのでまだやっていない。なんだ結局自分を甘やかしているじゃん、と改めて感じる。

特許実務屋から特許調査屋に転進して、もう半年以上経つ。ここで、転進というのは正しく、旧帝国陸軍の用法に従っている。

なので最早特許実務屋ではない私なのだが、それでも、特許調査の傍ら、特許明細書を読み、自分の特許明細書スキルを棚に上げてつい、なんだこの痛い明細書は、残念な明細書は、と感じることがしばしばあるので、徒然なるままに、そこらあたりの感想を書いてみる。

まず、とてもよく目につくのが、特許明細書とほとんど同じ内容が、【課題を解決するための手段】のところにそのまま書かれている場合である。こんなことをして何が楽しいのか、何の意味があるのか、私には全く理解できない。そもそも、特許明細書とほとんど同じ内容がそこに書かれていると分かっても、改めて読む気になるだろうか。おそらくであるが、【課題を解決するための手段】を独自に書き起こす手間を厭うのだろう。しかし、この程度の手間さえ厭うなら、労働集約的な明細書作成業務なんて担当しないほうがいい。

次によく目につくのが、コンピュータ・ソフトウェア関連の発明で、ハードウェアの関連付けをしなくてはならないということで、定形のハードウェアのブロック図を用意し、CPUがあり、メモリがあり、ハードディスクがあり云々の記載を、申し訳程度に実施例の末尾に単にコピーして知らん顔している特許明細書である。こう書かれると、前段の発明の要点たるソフトウェア・モジュールが、ハードウェアのどこで実行されるのか全く自明ではない。

私も実は、コンピュータ・ソフトウェア関連の発明の明細書を書くとき、定形のハードウェアのブロック図は使った。ただ、目的に応じて、あるいは気分に従い使い分けるために数種類を用意はしていたが。ただ、定形のブロック図を使うとはいっても、導入するOS、使うツールなどの相違に応じて、ハードウェアの説明は毎回かなり変えていた。ここを毎回コピーして使い回すというのは私の概念ではちょっとありえない。

あと、明細書作成担当者が、きちんと専門書を読んだりして背景知識を予め蓄積することなく書かれた明細書をよく見かける。どういうことかというと、研究者なり技術者なりである発明者がもともと用意したドラフトを単にコピーして「てにをは」を変えただけのような明細書が横行している。これも要するに明細書作成者が手間を省くためであろう。なぜきちんと専門書を読んだりするような余計な時間をかけなくてはならない、そこまでの手数料をもらっていない、というのが言い分だろう。しかし、研究者なり技術者なりは普通、その分野の専門家で、その専門知識からの差分としてしか発明を記述しないので、専門家でない特許担当者には、読んでも理解できないことが多い。そこで私は、きちんと入門書なり専門書なりを読んで、前提知識を得てから、発明者に質問し、質問した結果を実施例の記述に盛り込むようにしていた。こうすると、多分当該分野の専門知識で私と同レベルと想定される審査官にも理解しやすいものになるだろう。少なくとも発明者がもともと用意したドラフトを単にコピーして「てにをは」を変えただけでは、特許法36条を克服することが困難になることがある。

それと、【発明の効果】の記載である。米国系の明細書には発明の効果の記載がなく、中間処理で引用例との関係で進歩性を主張することが難しいときに困る。というのは、一見進歩性が厳しいそうでも、これこれこういう効果があると意見書でうまく主張できれば、特許査定にもっていける可能性が高まる。ところがである、【課題を解決するための手段】が特許請求の範囲丸写しだと、なぜそこから、かくかくしかじかの発明の効果が得られるのかが、さっぱり分からない。すると、発明の効果に関して、絵空事感が漂い、発明に対する信憑性が揺らぐ。すなわち、なぜその効果が得られるかを示す程度には、【課題を解決するための手段】に記述すべきであろう。

あと、ぐっとマイナーな指摘であるが、特許明細書の中で数式を平気で全角で書く人がいるが、これは私の審美眼に大いに悖るのであって、それを見ただけで私は、もう明細書を読む気がしなくなる。ほとんど趣味のような私の要望をいうなら、数式はなるべく、TeXのような美麗ツールで作成して、GIFイメージで貼り付けてほしい。似たような指摘だが、本質的に単なるテキストファイルである、プログラムのソースコードをわざわざイメージにして図面として明細書に載せる人がいる。これなども私はがっかりである。もしかしてそのソースコードを流用されるのを嫌っているのだろうか。だったとしたら、なんともせせこましい。

以上ほとんど趣味のような指摘をしてきたが、基礎研究所関係の発明の明細書を多く手掛けてきた私としては、特許明細書に、技術論文の夢をみてほしいのである。すなわち、技術論文は専門家向けなのだが、特許明細書は、亜専門家(慣用的な言い方では、当該技術分野の当業者という言い方になる)ともいうべき審査官に読んでもらい、その後企業の担当者や、場合により裁判官にも読んでもらうことになる。その専門家向けと亜専門家の間のつなぎが特許明細書作成担当者のエクスパティーズであるというのが私の主張なのであるが、ところでね、その「つなぎ」というのは、ハンバーガーのミンチ肉をハンバーガーたらしめているものと同じなのだよ、と意味不明のことを言い出して、唯でさえ相手にされないのに一層、周囲から敬遠されるのであった。

権限の制限

user-pic
0

道を歩いていてふと、極めて当たり前のことを思いついたので、ちょっと書いてみる。それは権限の制限という古典的命題である。

権限の制限で私が思い起こすのは、政治学における、いわゆる三権分立である。確か、モンテスキューの発案だったか。そこでは、理想論として、司法・立法・行政の三権が互いに監視しあい、暴走を防ぐということになっているのだが、相当に建前感が漂う。

いくら建前だといっても、なんらかのチェック機構は必要である。ところで、政治の世界は民主主義ということになっているが、会社組織は民主主義でないとよく言われる。すなわち、一々社員全員の合意で物事を決めていては、会社は回らないからである。それで、ある代表者を選んで権限を与え、代表者が組織をリードできるようにする。

そこまでは理解できるのだが、次長レベルのベテラン社員をしてきて突然、派遣社員として組織内で底辺の地位になって、改めて感じたことは、組織における権限の大きさと、与えられた自由度が比例することである。すなわち、派遣社員だと基本的に残業はできないし、与えられる仕事も限られている。一方、組織内をみていると、地位が高くなるほど自由度が高く、恣意的に何かしても、直ちに咎められることがない。

一方、会社組織が民主主義でないということは本質的であって、すなわち、会社組織には、三権分立に相当するものが、内在的にビルトインされないのである。

それではいけないと最近、組織の内部監査が叫ばれて喧しい。しかし、上記したことから、どうしても内部監査そのものが非民主的組織には違和感がある。

それでも、健全に運営されている組織では、トップが内部監査の重要性をよく理解しているので、問題があっても組織に、いい意味の揺り戻しが働く。ところが組織が健全性を失い、あるいは業績が悪化すると、真っ先に内部監査的なコストが削減されてしまう。

例えば、私が以前に所属していた会社は、2年に一度サーベイをして、部下が上司を査定することが一つの特徴で、これにより、今でいうパワハラのようなことを日常的にしていた管理職は間違いなく降格あるいは左遷された。これはとてもいい制度だと思っていたら、会社業績の悪化に伴い、特にアナウンスなく、この制度は廃止された。その代わりに、申し訳のようにミニサーベイが実施されたが、それは管理職にアクションプランの実施を義務づけないとても形式的なもので、さらにはミニサーベイでさえもほどなく廃止された。

こうなると頼れるものは個々のマネジメントの常識だけになり、それだけに依存するのはあまりにも不確かで組織は健全性の危機に晒されてしまう。そもそもおかしいのは、経費削減の一環としてサーベイを廃止したことで、部下の不満に全く耳を貸さず、のうのうとノンワーキング・リッチを決め込む管理職が出てきたことで、それは管理職の人件費だけでなく、やる気を失くした部下のパフォーマンス低下ということで、経費削減とは逆効果になってしまっていることである。

このような構造的な組織の緩い崩壊をどうやって防ぐのか、これは組織の構造的問題なのではないかと思ったりする次第である。

将棋連盟のホームページにある同一カード記録は、二人の棋士で対戦の多い順に並べた記録であり、見れば誰でも分かることなので、いちいちコメントを述べるのも芸がないが、ともかく蛇足の感想を述べてみる。

すると、へぇと思ったのは、同一カード記録の一位は中原対米長で、中原の106勝80敗。全盛期の中原に、米長がいかに全力でぶつかったのかが、今更分かる。言うまでもなく、米長は単に女たらしだけでなく偉大な棋士だったのだ。そして、タイトルで米長は随分中原に叩かれたと思っていたら、この成績なら随分善戦していたことになる。

なぜそう思うかというと、同一カード記録の4位で、中原は大山に対して、107勝55敗と、ほぼダブルスコアで勝っている。死の直前までA級に君臨し、米長の目の上のたんこぶだった大山に対してダブルスコアがいかにすごいか、ちょっといい表せない。やはり中原の偉大さはいくら賞賛しても賞賛したりない。林葉スキャンダルがものすごく足をひっぱっているということはあるが。

次に目につくのは、ヒフミン。なんと、対大山、対中原、対米長、対二上と、いずれも負け越し側で登場する。いうまでもないが、将棋で沢山負けるためにはまず勝ち上がらなくてはならないので、まず沢山勝たなくてはならない。なので、この記録自体ヒフミンの偉大さを証明する。ヒフミンが勝ち越し側にあらわれないというのは単に、ヒフミンが、偉大な勝負師である前に、偉大な将棋指しであった、というだけのことである。

さて羽生であるが、当然のごとく、谷川、佐藤、森内、郷田、深浦に対して勝ち越し側にあらわれている。特に佐藤、郷田に対してダブルスコアであり、谷川に対しても大きく勝ち越している。一時羽生と五分の戦績だった深浦は、その後連敗し、10勝以上差をつれられてしまった。

羽生がからむ同一カード記録で、ここになくて今後必ず出てくるのは、羽生対渡辺である。たしか今、30対30程度のほとんど五分ではなかったか。年齢差からして、次第に渡辺が追い上げて羽生を抜き去るのでなくてはおかしいが、そうなっていないので、予断を許さない。

それでは、中原が大山に対してそうだったように、百局以上指して、羽生にダブルスコアで勝ち越す棋士があらわれるだろうか。それを達成しそうな棋士は全く見えてこない。天才豊島をもっても、である。

囲碁の登用にも書いたように、将棋の登用システムはやはり少しおかしいのではないだろうか。

大域的

user-pic
0

大域的とは、英語でいえばglobal、すなわち、一時流行ったグローバル・スタンダードとは、大域的基準ということになり、言い換えると、世界で通用する基準、という意味となる。

ところが、数学セミナーの2014年5月号を眺めていたら、幾何学的に大域的とは、次のような意味になる。すなわち、アインシュタインの一般相対性理論ではないが、宇宙が曲がった空間だとすると、宇宙全体をユークリッド空間のような単一の座標で表現することはできなくて、局所近傍がユークリッド空間と同相であるような局所座標をなめらかに貼り合わせたものとして、大域的であると定義される。

こうして直ちに、グローバル・スタンダードなるもののインチキさが露呈する。すなわちそれは、たかが英米の局所座標で世界を記述しようとする無謀な試みだからである。例えば言語一つをとってみても、所詮英語でしかなく、宗教も、キリスト教の、下手したらピューリタンでしかなかったりする。

ある多国籍企業では、比較的うまくいっているときはまさに、複数の局所座標をなめらかに貼りあわせた多様体として運営されていた。すなわち、営業拠点がある国々で、その国の言語や文化を考慮したビジネスがなされ、文化の押し付けも最小限にとどめられていた。

ビジネスの基礎アルゴリズムのようなものは本国からもってきて、それが他のローカル企業に対する隠し味というかノウハウになるのだが、インターフェースというか作り込みのところで、上記した意味の大域性がうまく活かされ、個々の国の文化に適合したものに作り変えられる。そこにもちろん手間はかかるが、そういう手間は国々で人手を必要とし、雇用も作り出した。

ところが、その多国籍企業にあって、業績に翳りが生じると、基礎アルゴリズムにどうして別途の作り込みが必要なのか、という疑問を抱く人達があらわれた。余計なコストをかけることなく、無骨な基礎アルゴリズムを世界に適用するだけでよいばずてある、というローカリストが幅を利かせるようになった。まさに、古代ギリシャのプロクルーステースのベッドの寓話である。

とてもおかしいのは、それは何よりもローカリストであるのに、自らグローバリストを僭称し、それを金科玉条のごとく信じる輩が陸続と現れたことである。その偏頗なローカリストぶりをつつましやかに指摘した私は、さりげなく周縁へと追いやられた。

こうしてローカルのビジネスで業績が悪化した当該企業は、あろうことか、業績の悪化は、自ら唱えるところのグローバリズムと称するローカリズムの適用が不徹底なせいであると強弁し、ついにはローカルの文化も言語もしらない外国人経営者をローカルの社長に据えることまでした。

人は改めて、幾何学の大域的という定義を振り返るべきである。別に難しい数式を理解する必要もないのだから。誰もそんなことに配慮しないことが分かっていて、言うのであるが。

名人戦第2局にも書いたように、羽生の2連勝となり、名人戦第3局の日が来たが、羽生対森内の7番勝負はどれも、最初に2連勝した方が番勝負も勝っている。なので記録的にも羽生に相当な有利、ということになる。

森内は粘り強い棋風ということになっているが、番勝負では先行逃げ切り型で、大山がそうだったように、最初の2連敗くらいでは全くへこたれない、という逞しさは感じない。

さて、第3局は森内得意の先手番。まさかもう相懸はないだろう、それなら矢倉か、角換わり腰掛銀かと思っていたら、やはりここ一番の矢倉だった。

対する羽生は、数年前だったら、46銀戦法に組ませて、反撃を狙ったかもしれない。しかし、46銀戦法は一旦先手が一方的に攻める展開になるので、羽生でさえもあまり歓迎しないのだろう。で、後手でも攻勢がとれる、53銀右型の急戦を選んだ。

そして、22手目から、55歩、同歩、同角、79角、73角、46角、64銀、75歩、84飛という、定跡化された手順を踏襲した。

そこからは74歩、同飛、56歩、31玉(渡辺新手)、25歩、51金、76歩、33銀と、後手陣はまさに渡辺好みの玉を固めるかたちとなった。

そこからいきなり森内は65歩と突き、角交換して82角と打ち、とりあえず香を拾いに行く手順をとった。それでも羽生は、あいかわらず渡辺流で平然と玉を囲い続ける。

面白いのは、47手目、まだ攻め込まれていないのに森内が取った香車を58に打ったことである。それに対する羽生の84角も、局面の決めすぎのような気もするが、代わる手も難しい。

その後、森内は玉を入場し、羽生は穴熊に入った。こうしてみると、具体的善悪というわけではないが、羽生の方が手が分かりやすいようである。

この後、森内が59手目でわざわざ65桂で両取りになる57に銀を上がったのが話題になった。しかし、羽生はすぐには65桂を決行しない。結局、互いに4筋を突きあい、そちらに焦点が移った。そして羽生は、45歩、同歩、46歩から手を作った。それを森内が27飛と受けると、ついに65桂、ようやく本格的な闘いである。

以下森内が馬で飛車を取って単に82飛と角取りに打つと、羽生は単に49角、飛香両取りである。以下、28飛に47歩成。当然に森内は84飛成と角を取るが、羽生は慌てず57と。この手が意外に森内の意表だった。

ここで同香かと思ったら森内は同金。当然の同桂成に、なんと森内は同香。すると83金で龍が詰むではないか。このあたり森内ちょっと変調ではないか。私は先の竜王戦での渡辺の変調を思い出す。

そして83龍、同銀、44桂と森内待望の反撃。加藤一二三はなんと、ここでは若干森内がいいのではないか、という。しかし、佐藤天彦は羽生もちだとう。私は気鋭の若手に与したいが、どうなんだろうか。ともかく44桂は早い手なので、羽生も67銀と食いつく。

ここで一旦79金かと思ったら、森内は32桂成。すると、当然に羽生は一旦78銀成とはがす。ここらあたりで羽生が優位を確立したか。以下、78同飛に32金と一旦手を戻す。

以下、41銀、31金、32金、41金、同金となって、羽生は何枚渡しても絶対詰まないかたちになった。そこで羽生は、67銀と飛車取りに打つ。どうもこれが詰めろらしい。なので森内は一旦68金と粘る。すると羽生は86歩。これが利くと厳しいが、どうも一旦取らざるをえないようでは、やはり森内が負けか。

以下、87歩、同玉、59飛。流石に羽生の勝ちがはっきりしたのかもしれない。以下、69歩、78銀不成、同金、57飛成。ここで有効な詰めろが羽生の玉にかからない。51角は何気に詰めろらしいが、72飛が詰めろ逃れの詰めろ。

実は、ここからでも、そんなに簡単でなく、プロでも並み以下なら間違えるのかもしれない。そこで羽生は、85歩。これが詰めろになっている。一旦同歩でも羽生が勝ちなのだろうが、私の棋力程度ではそのあとどうするのか、簡単にはわからない。

しかし、森内は羽生を信用して、32金とかたちを作った。そして、86歩、96玉、84桂以下、詰まされた。

こうして羽生が三連勝。森内が去年や一昨年の名人戦に比べて格別不調とは思わない。なぜなら森内は他の棋戦も含めて結構勝っているからである。むしろ名人戦だけにフォーカスしていない印象がある。

一方、羽生はというと今年は気迫が違う。ここずっと森内に名人戦で負け続けている悔しさが蓄積しているのかもしれない。この分だと、四タテもありえそうである。

OUT

user-pic
0

桐野夏生ついては、江戸川乱歩賞という「顔に降りかかる雨」や、その続編である「天使に見捨てられた夜」を読んでみたが、それなりに面白いのだけれどもどうもいまいちピリッとしないでいると、やはり「OUT」が凄いと、知り合いに紹介された。なんでも猟奇的なストーリーらしくて、私はそういうのは特に嫌いではないのだが、どうも気が進まないでいた。多分であるが、アマゾンの古本でみても、人気があるせいか、あまり安くなっていないからである。自分の中では、桐野夏生の本をあまり高く買うインセンティブがなかなか出てこないのだった。

ところで、再就職した勤務先から歩いて2分くらいのところに、今年の2月に古本屋がオープンした。いまどき、古本屋は次第に閉鎖される傾向があるのに、新しくオープンというのも珍しいと喜んだ。それで昼休みの休憩時間中にちょっと覗いてみると、ちょっと私の本の好みとは微妙にずれているような気もしたが、折角なので、月に何度かのペースで覗いてみることにした。すると本が入れ替わっているので、好みの本を見つけられるかもしれないという期待がある。

先日も昼休憩にその古本屋を覗くと、店頭セール品に、「OUT」上下二巻、講談社文庫が一冊100円で売っていたので、迷わず買った。そして突然この本の優先順位を最高にセットしてその日の帰りの電車でいきなり読み始めたら、何とも暗くて絶望的な雰囲気のストーリーなのだった。

主人公は四人の主婦。年齢は異なるし、それぞれ家庭に問題を抱えていて、金銭的に余裕がないので、仕出し弁当の工場の夜勤のパートの仕事に通う。夜勤は辛いがその分、時給が昼間より少しいい。四人の主婦は、必ずしも仲良しではないが、利害関係が一致して、チームワークで弁当づくりに励む。

ところが、四人のうちの一番若くて器量がいい主婦が、ギャンブルとキャバクラに入れ込んで家庭を崩壊させようとする夫に恨みをもって、つい突発的に夫を殺してしまった。そこで、四人のうち一番度胸の据わった主婦である香取雅子の提案で、四人の奇妙な連携プレーが開始され、殺された夫の死体をバラバラにして遺棄するという企みが開始された。

これは間違いなく殺人と死体遺棄の刑事犯罪なのだが、悪が悪を呼び、元ヤクザの高利貸しだの、性的倒錯者であるキャバクラ経営者、佐竹光義の情念にスイッチが入り、四人の主婦の運命は暗転する。

ところが、雅子は、運命の暗転をエネルギーにするかのように、悪事のサイクルをさらに回し、佐竹と交錯して、四人の主婦は、運命にも翻弄されて、いよいよ抜き差しならぬところに落ち込んでいく。

それにしても四人の主婦たちのこの救いようのなさは何だろう。まるで、救いようのなさを極めていくと、突然オセロのように逆転するといわぬばかりの運命。

OUTとは、蟻地獄のような、失敗することが必然の、運命からの虚しい脱出劇なのだろうか。これもまた、間違いなくイヤミスである。

救いようのない小説といえば、ハードボイルド小説に書いたように、馳星周の「不夜城」と、こちらで挙げた、貴志祐介の「黒い家」あたりが私の中で極北なのだが、OUTもまた、壮絶な救いがたさを醸し出しているといえる。

今まで、教養の価値教養などで、徒然なるままに教養について論じてきたが、今更であるが、教養の第一義の意義は、知足である。

多分であるが、ノーベル賞を目指して真剣に努力する科学者というのは、おそらくであるが教養に該当しない。教養がないといってもいいのではないだろうか。

そもそもがノーベル賞を貰って偉くなったような気持ちになるのが、浅ましい。あ、実は私に思いつくのはもっと別の例なのであった。例えば、ろくにお金もないのに、無駄に借金して浪費し、首が回らなくなるのは教養から遠い。

同僚が先に昇進してしまって、やきもきするのも教養がない。こうなってくると、教養の意味がだんだんシフトしてしまう。ちょっと仏教的な色合いを帯びてくるのかもしれない。

私がこのような教養の定義にすがるのは、自分が収入や社会的地位で次第に先細りになってくることが自明だからである。

ただ、そのうち古書店の店頭にある100円のセール品しか買えなくなっても満足できるかというと、ううん、流石に今は無理、というよりない。

そういえば、教養の権化ともいえる、アナトール・フランスは、赤貧洗うがごとしの中で、爪に火を灯すように毅然と生きた。

そう、私が今やっている訓練は、いまいち面白くない本でも、それなりにイマジネーションを働かせて面白く読むことなのだった。

その方向性からいくと、少ない煩悩で淡々と生きることが教養なので、女性の色香に迷うのは教養の趣旨に反する。一方で、学を好むは色を好むなり、というあまり一般的でない諺もあり、するといよいよ学は教養ならず、ということになる。

ううん、教養、もうええねん、とそのうち言いかねないのだった。

エクセラーへの道に書いたように、エクセラーの道を邁進していたはずなのに、知らない間に、サービスエリアに入った後、一般道に降りていた。結局、エクセラーへの道はほとんど歩まないで止まっている。

それでもセルの属性を変更する程度の最低限のことはなんとかなると思えるようになってきたが、どうしても苦手なのは、エクセルのグラフである。例えば、バブルチャートを描こうとしてフリーズしてしまう。もちろんフリーズするのはコンピュータでなくて私の頭である。

しかし、いくら苦手だからといって逃げ回っていては話にならない。そこで仕方なく、アマゾンで探して、「見せる統計グラフ Excel 2010/2007」近藤宏/末吉正成著、秀和システムというのを買った。アマゾンの評価が全く入っていなかったのがちょっと気になったが、説明が詳しいことと、いろいろなグラフが網羅されているので、コツコツやってみることにした。

ただ、コンピュータの操作は、私にとって車の運転よりずっと慣れていて苦手感もないはずなのに、どうもエクセルでグラフを描くのがいまいちしっくりこない。これはどうも、私の空間認識の欠如に起因しているようである。というのは、エクセルでグラフを描くためには、まずここをクリックして、次にここを右クリックして、みたいに場所が決まっていて、空間認識を駆使しなくてはならないからである。

そういえば思い出した。以前に、カルキングという数式処理ソフトを使っていたのだが、すると、分数の数式を書くのにもいちいちGUIで操作するのがやはり苦痛だった。ところが、TeXソフトを使って数式を書くことになると、俄然私は張り切った。例えば私は、下記のようなTeXのスクリプトを書くのが全く苦痛ではない。大抵の人は、こんな式を書くなら、GUIの方がはるかにまし、と思っているはずである。

\[
a_{i,j} =  \left \{
 \begin{array}{cc} \displaystyle
 \frac {1}{2} + \frac{ \Delta^\mathrm{T}(e_i)\Delta(e_j) }
 {2 ||\Delta(e_i)|| \, ||\Delta(e_j)|| } & \mathrm{if} \, u_i = v_j \, 
\mathrm{or} \, v_i = u_j \\
 0 & \mathrm{otherwise}
 \end{array} \right .
\]

だから本当は、エクセルのグラフも、スクリプトで書ければいいのだが、と言うと、どこからか、ならマクロで書けばいいではないか、という声が聞こえてきたような気がした。実際そうなのかもしれないが、エクセルのマクロも私にはGUI臭がまだ強い。

そんなこと言っていたら、C++ Builderさえも苦手なはずであるが、そこは、C++ BuilderのGUI加減もちょっとうんざりなのだが、実はそれ以上に、コードだけで書くウインドウプログラミングに挫折したトラウマの方が大きいのであった。

そういえば、Lotus NOTES DBの作成のためのGUIも結局挫折したなぁ、と思い出した。口ではコンピュータは得意だとか強がっているが、正直言って、私のプログラミング経験は死屍累々なのだった。

木村の読み

user-pic
0

確か久保九段だったか、盤の前に座ったら相手は関係ない、盤上に集中するだけだ、という発言をしたことがあり、なるほど、そういうものかとそのときは納得した。

しかし、最近愛読している真部一男の「升田将棋の世界」を読んでいて、へえっと思う内容があった。それは、「名人木村義雄の真骨頂」と題する記事である。すなわち、真部の蔵書の一冊に、昭和26年刊で名人木村義雄著の「勝負の世界」があって、そこに次のように書かれているのだという。

木村は、ある局面で三つの指し手に見当をつけ、その中でどれが最善か、それぞれ20手くらい読んでみて、どれが最善か分かれば問題はない。それなら時間はあまりかからないのだが、優劣がはっきりしない場合長考となる。

すなわち、相手の作戦意図、それから相手の得意形と、不得意形を考慮に入れて考えなおす。なるべく相手の得意形でないもので、しかも他の二つの読み筋に劣っていないものを選ぶ。

それでも決まらない場合は、この形は誰か指していたかどうかを考える。すなわち、天野宗歩の棋譜も、最近指された将棋も、記憶を甦らせて頭の中で比較する。すなわち、名人木村義雄は、その地位にあっても、棋譜など膨大な勉強をしていたということになる。当然に、渡辺二冠がそうであるように、木村名人も抜群の記憶力をもっていた。

木村の真骨頂はそこからで、それでも手が決まらない場合は、この将棋はだいたいどの辺まで戦線が広がって、どの辺でだいたいの形勢が分かれるようになるか考える。そして自分も持ち時間はどうか、相手の時間はどうか、比較して、自分の調子と相手の疲労状態にも注意を向ける。その結果、急戦模様にするか持久戦模様にするかを決めつつ、その間相手の得意形、不得意形も織り込んで検討する、という。

ううん、とうなる。すなわち、久保九段だって十分に一流棋士なのだが、流石に大名人ともなると、ここまで勝負にこだわるのかと改めて感心した。そういえばきっと、番外作戦を多用する大山名人だってそうなのだろう。孫子の兵法というなら、久保のそれより木村のそれが一層相応しい。間違いないのであった。

世界卓球に気を取られていて、世界コンピュータ将棋選手権のことをうっかりしていたのだが、読売新聞の記事によると、この連休中に開催された世界コンピュータ将棋選手権では、以下のようにAperyというソフトが優勝したのだという。

将棋ソフトの強さを競う第24回世界コンピュータ将棋選手権(コンピュータ将棋協会主催)が3日から5日まで千葉県木更津市で行われ、「Apery」(開発者・Aperyチーム)が初優勝した。

では決勝リーグの対戦成績はどうなのか。コンピュータ将棋協会のページによると、以下のとおりである。

プログラム名1234567SBMD順位
1激指6○7○4○2○431175
2NineDayFever8○7○6○3○431274
3ツツカナ7○1○4○34737
4Bonanza6○2○7○34846
5ponanza1○3○4○7○2○5214102
6YSS3○8○7○5○431383
7N4S07008
8Apery4○3○1○5○7○5215101

それにしても、Aperyというソフトは聞いたことがない。なんでも、去年の電王戦の予選ではぎりぎりで予選を通過できず、悔しい思いをしたようである。なにしろ、屋敷九段を終盤でねじ伏せたponanzaを破ったのだから大したものである。

作者は平岡拓也さんで、ニコナマの将棋電王戦のところに書かれているAperyのプロフィールは以下のとおり。

開発者
平岡拓也
将棋は5歳くらいからやってます。将棋大好きです。でもまだアマ二段くらいです。
(将棋倶楽部24でR1600くらい。将棋ウォーズで三段くらい。)
  • 名前の意味は「猿真似」で、設計方針を表しています。 現在は流行の狭く深い読みと、流行の3駒の位置関係を基本にした局面評価を行います。
  • 今回はBonanza Methodで評価関数を学習させました。Bonanzaライブラリ不使用です。
  • 現在のAperyは半年前の第23回世界コンピュータ将棋選手権に出場したときのAperyに対して勝率70%くらいです。
  • 第23回世界コンピュータ将棋選手権時のアピール文書は以下のURLを参照して下さい。
    http://www.computer-shogi.org/wcsc23/appeal/Apery/appeal_wcsc23.html
  • ちなみに、第24回世界コンピュータ将棋選手権のアピール文書は、こちらであって、読み比べてみると面白い。

    参考までに、私の、世界コンピュータ将棋選手権の去年の記事はこちらである。

    世界卓球

    user-pic
    0

    卓球の変遷に書いたように、卓球は、スポーツ嫌いの私がたしなんだ唯一のスポーツなのであって、それだけに思い入れもある。なので、卓球を観戦することは私にとって格別のものがある。

    今年はたまたま、世界卓球選手権の団体の部が日本で開催され、それをテレビ東京が独占中継するというので、時間の許す限り、なるべく観戦してみた。

    団体戦の男子のメンバーは、水谷 隼、丹羽 孝希、松平 健太、岸川 聖也、塩野 真人
    女子のメンバーは、石川 佳純、平野早矢香、石垣 優香、田代 早紀、森 さくら

    なにしろ常時卓球の試合の様子をウォッチしているわけではない俄かファンなので、えっそんな選手もいるのかと、よほどの有名選手でないと知らない。

    実は女子は中心選手の一人の福原愛が怪我で出場できず、ピンチヒッターで急遽、石垣 優香の起用となった。ところがこのピンチヒッターが望外のいい働きをして、日本チームの快進撃に貢献した。

    男子は最初の予選リーグで格下のギリシャに負けてしまったものの、あとはなんとか勝ち、決勝トーナメントに進んだ。女子は予選リーグは1セットも落とさないで危なげなく全勝で通過した。

    男子は決勝トーナメントの一回戦でポルトガルに勝ち、銅メダルを決めた。女子も一回戦でオランダになんとか勝ち、こちらもとりあえず銅を確保した。

    しかし、男子は二回戦でドイツに1-3で敗れ、銅どまりとなった。女子は二回戦で香港になんとか競り勝ち、決勝に駒を進めた。第三試合の平野の大逆転が見事で、あれを負けていたら日本は危なかった。しかし女子も決勝では中国に全く歯が立たず、銀どまりであった。中国に勝つためにはまだ時間がかかりそうである。

    試合全般をみていて気づいたのは、サーブの技術が向上し、サービス・エースが増えた。一方で、サーブを弾き返して逆襲するチキータという技術も開発され、細かいところで随分卓球は技が増えた。

    女子の決勝をみていて感じた中国の強さは次のとおりである。

    1. 常に冷静で、点を取っても取られても、あまり感情が出ない。
    2. ミスが少ない。ミスしてもすぐに気持ちを切り替えてくる。
    3. 当然であるがコースのコントロールがよい。そして隙を逃さない。
    4. 球を捉える動体視力が抜群である。瞬発力などの基礎運動能力も同様である。

    そして中国の強さはやはり圧倒的な国内の層の厚さでの切磋琢磨である。前提として選別された母集団の質と数からして凄い。どう考えても、最も勝ち抜くのがタフなのは中国国内なのであって、外国人(中国人以外)にはもう何年も負けていないという選手が何人もいる。

    あと、もう一つ重要なのは、中国では、卓球で若い頃世界でも上位の成績にあると、生涯を通じて、政治的に有力な地位にも就けたりする。荘則棟がその例である。日本では、世界ランクが一桁の石川佳純だって、将来第一線から退いたら、卓球のコーチになるくらいが関の山である。それだって、選手の才能と指導する才能は別である。このあたりが変わりそうもないということは、日本が卓球で中国を凌駕することは原理的にありえないと思わせるものがある。

    ところで、改めて感じたのは、カットマンというのは希少価値があり、意外に相手が動揺する。福原の代わりに出場した石垣のカットが実に有効であった。石垣はカットマンでありつつ、攻撃も得意で油断がならない。ただ、その攻撃の強さが却って仇になり、カットに徹しきれないところがあったような気がした。このあたり改善の余地があるかもしれない。

    あと感じたのは卓球の観戦は他のスポーツよりもラリーの周期が短くて、とても疲れるということである。その分、緊迫したシーンが楽しめるという意味でもある。

    そして観ていても華やかで、特に石川佳純など華がある。こういうスーパースターの存在が子供たちを惹きつけ、日本の卓球のレベルを底上げしている。囲碁でいう「ヒカルの碁」のようなものである。

    ともあれ日本は、まだ中国には及ばないにしても、第二グループの先頭を走っている有望な位置にあるといえる。

    最近、駅や電車の中の広告で、「なんで私が東大に」というのをよく見かける。某受験予備校の広告で、要するに、とても東大なんて無理と思っていたら、独特のメソッドで努力したら、なんと東大に受かってしまったという趣旨である。こういうの見ても、もともと受験の苦手な私は、そういうところに通ったら東大に受かったとは思えない。やはり、高いモチベーションで地道に努力できる人でないと無理だろう。

    そういう広告を知っていて、最近、研究所に勤務する知り合いと飲んだとき、いまどき「なんで私が東大に」レベルだと、厳しいよ、という。すなわち、その研究所は、以前から東大卒の人が多くて、昔は確かに優秀な人が沢山きていた。しかし、今では、会社の知名度が下がったせいもあるのか、やはり東大から応募はあるのだが、どうも成績下位の人しかこないという。それで、あまり採用するのは気が進まないレベルなのだが、他に応募者もいないので、仕方なく採用してみたら、案の定どうも活躍が期待できないのだという。

    だから「なんで私が東大に」では通用しないと私に言われても、地方国立大学にやっとラッキーで受かった私は、そうですか、と蚊の鳴くような声でしか応えられない。で、心の中でつぶやくのは、そもそも入試というのは能力の一面しかみないので、「なんで私が東大に」で受かっても、その後の努力で大化けすることもあるのではないか、ということである。

    でも、と一方で思う。以前テレビで放映されていた、東大数学科の教授、河東泰之氏は麻布中学時代から、大学入試模試で全国トップの成績をとるほどの秀才で、当然のごとく東大に受かり、そのまま普通に努力して、フォン・ノイマン創始に係る作用素環論の権威になった。

    また、複合天才で述べた長尾健太郎氏は、開成高校開学以来の天才と言われ、やはり東大入試なんてものともせず合格して、数学者として大成する半ばで、残念ながら夭折した。

    すると、少なくとも理工系の研究者として大成するためには、受験テクニックにこだわらなくても入試の成績もある程度上位にあることが必要条件なのかもしれない。アインシュタインやポアンカレの例は一応措く。

    ところで一転して、別の知り合いから、今年朝日新聞が一人も東大を採用できなかったというニュースがあると聞き、ええっと思った。例えば、以下のようなマイナビの記事がある。

    2014年春に朝日新聞社に入社した新入社員で東大卒がゼロだったという報道が話題になっています。ネット上では、「新聞社の凋落を考えれば当たり前」「大学名にこだわるのはナンセンス」など様々な意見が飛び交っているようです。学歴は日本人にとっては一大テーマなのですが、そもそも学歴とはいったい何なのでしょうか?

    これは流石に、朝日新聞社に東大生の応募が押し寄せたが、採用に値する人がいなかったという意味ではないだろう。きっと、ほとんど東大生の応募がなく、あったとしても常識を欠くなど、いくらなんでも採用できないという人だったのだろう。

    すると、これはどうも、東大生が、由緒あるマスコミの権化である朝日新聞社を敬遠していることを意味する。実際、東大生はいまや、伝統ある会社よりも寧ろ、ベンチャー企業を目指しているという。その方がもてる力を発揮できる。すなわち、学歴でなく実力で勝負というのだから、その意気やよしである。

    ただ、理工系なら、NTT、日立製作所、富士通、三菱電機などの日本の伝統的な会社も依然として東大生に人気があるようである。文系なら銀行などである。東大にもアントルプレニュール派と、コンサバ派がいるというのも、ある意味当然である。それにしても、そのコンサバ派からも朝日新聞社などのメディアが忌避されているというのは、新聞社が将来的に衰退すると思われてしまっているのだろう。実際、ウェブ媒体が増えてくると、紙媒体の新聞の価値が相対的に低下するのは明らかである。どうやって新聞社ヴァリューアッドするか、それが容易でないのは誰の目にも明らかである。

    居場所

    user-pic
    0

    ここでいう居場所というのは、住んでいる場所のことではなくて、例えばある組織の中における存在感みたいなものである。

    組織内で地位が高ければとか、すごいスキルがあるとか、そういうことがあれば居場所があるかというと、そういうものでもない。単なる派遣社員のような地位の人でも、しっかり居場所がある人がいる。逆に、地位があっても、周囲から毎日何しに来ているのかと怪訝がられている人もいる。地位と人事権があるので、誰も表だって反抗できないだけである。

    では、強面だと居場所があるのかというと、それは居場所があるというより、周囲を押しのけて無理やり居場所を作り出している。何かの加減でいなくなると、その居場所はすぐに埋まる。そんなの居場所ではない。

    そして、居場所があるということの第一の定義は、周囲から信頼されている、ということである。信頼されているだけでなく、実際に周囲から頼りにされていることも必要かもしれないが、必須ではない。例えば、乃木大将のように、いるだけで組織の規律を正すような人もいる。彼が軍事的に有能だったかどうかはあまり関係ない。こういう形で居場所をつくるには、相当の人格が必要で、稀有であろう。

    そこでぐっと卑近に、私が組織で居場所を作り出した方法について述べる。改めて述べるというよりも、シス担を雑用係と呼ばないであたりを読んで戴いた方が話が早い。要するに、自分の損得とかあまりこだわらないで、周囲がうまくいくように尽力する、ただそれだけで、自分の居場所ができる。

    そんな居場所ができて何がうれしいのか、ということになるのだが、確かに会社組織で居場所ができても地位も給料も別に上がらない。ただ、周囲の人が自分を見る目が温かいので、心地よい。そして、ときどきであるが、我儘言っても周囲に聞いてもらえる。これは濫用してはいけない。

    そして居場所ができると、健康にいい。私は確固たる居場所を確保できていると自負していた10年くらいの間、毎日夜10時、11時の激務だったが、一度も病気で休暇を取ったことがなかった。確か、一度も風邪さえ引かなかった。多分であるが、周囲の思いやりみたいなものが、ホルミシス効果となって健康にいいのだろう。組織に確実に役立っているみたいな自負もある。

    ただ、私が自分の部下よりも倍の年収をもらっているような、部門一の高給取りだったらどうだったろう。周囲は、あれくらい貰っているのだからあれだけ働いて当然と感じたりする(といいつつ、上司の年収なんて部下には分からない)。なので、居場所があるということは、労働時間なり、サポート努力なり、持ち出しでなくてはならない。最小限の努力で最大の周囲の人望を集めたいみたいな、経済学的原理をここに持ち出す人は決して居場所は広がらない。

    居場所があるということの別の定義は、その人がいなくなったとき、ぽっかり穴があく、ということがある。余人をもって埋めがたいということが居場所がある、ということである。

    そう私がいうと、組織なんだから、誰かがいなくなっても代りの人がいて、きちんと回るようでなくてはならない、と訳知りにいう人がいる。私はそんな人と議論しても無駄なので、内心せせら笑いながら、ああそうですね、と適当に合わせて、完全に会話に興味を失う。

    というのは、考えてみてほしい。ある強いプロ野球チームがあったとして、先発メンバーで、いなくてもすぐ代りがいて困らないような選手がいるだろうか。もしいるなら、それは二軍落ち候補である。レギューラーの一人一人が、余人をもって代えがたい選手であって、あとに続く人が、それを手本に努力するのがよい組織である。そして、有望な後任がいても、決して先輩を置換しない。単に自分自身の、代えがたい別の世界をつくりあげるだけである。

    そうやって居場所がある人が沢山いると組織は強い。ゆとりがある。何か困ったことがあっても相互に助け合いながら、なんとか切り抜ける。ただ、善意で運営される組織になってしまうので、なにかの間違いで狡い人が管理職に就くと大変なことになる。居場所がある人はある意味人がよくて、フリーライドされやすくて、その結果ちゃっかり利用されて放り出されるということにもなりかねない。

    そんな様を傍でみていると、頑張って居場所を作っても結局あれは何だったか、とつい人生の構造を考えてしまう。まあ要するに、人生の特異点はいろいろなところにある、ということである。

    ということで何の結論もなく、この稿を終わるとする。

    ガール

    user-pic
    0

    ガールといえば、とりあえず思い出すのは、ビートルズの"Girl"で、♪Is there anybody going to listen to my story♪で始まる歌だった。あとは、懐かしきグループサウンズ、オックスのガール。いや、こちらは、ガールフレンドなのだった。♪僕の可愛い友達はmy girl、my girl♪で始まる。私と同年代で、この歌を知らないのはモグリである。

    でも、私が今読んでいるのは、ベストセラー作家の奥田英朗の「ガール」。これが軽いようでいて、なかなか秀逸なのだった。

    この本は、「ヒロくん」、「マンション」、「ガール」、「ワーキング・マザー」、「ひと回り」の5つの短編からなる。いずれも若い女性が主人公である。ただ、ここで「若い」というのは、私からみて相対的に若いということであって、実質的な意味はほとんどない。

    「ヒロくん」は、あるキャリアウーマンが異例で課長に抜擢された話である。若い女性ではないが、やはり課長に抜擢されて、周囲からとても怪訝な目で見られた私には他人事ではない。で、無理してややこしい部下と談判して、結局、言い負かされたり、これって私の経験そのままで、やはり到底他人事とは思えなかった。でも私はこんな上司がいてほしかったな。私だったら間違いなく上手に補佐しただろう、若干の下心とともに。しかし、私の下心は決して成就しないのだった。あ、ヒロくんとは、そのキャリアウーマンの最高の夫なのだった。

    「マンション」は、ある女性が都内のマンションの購入に憧れて、いろいろ画策するのだが、一方でキャリアウーマンであることとの相克に苦しむというもので、ううん、これもマンションも戸建も買ったことのある私にはあまりにも分かりすぎてしまう。それにしても、なんで奥田英朗は、女性というよりも人間心理をこんなに巧みに描くのだろう。

    「ガール」は、まさに女性たちが次第に歳とっていき、でもそれなりに魅力的で、一方で、それなりに若い女には勝てないわ的な葛藤を絶妙に描く。きっと、ここまで書かれたら女性はこんな小説、読む気しないよね、と思った。私はというと、こんな女性の心理がもっと早く分かっていたら、もっともてていたのにね、とも思う。それはナイナイ絶対ないから。

    「ワーキング・マザー」は、シングル・マザーの獅子奮迅ぶりを巧みに描く。そういえば、私の周囲にはたまたまだけど、シングル・マザーはいなかったな。いや、いたけど気づかなかっただけかも。なんというか、私はシングル・マザーで頑張っているのよ、的な頑張りをわざと全面に出して頑張っている人もいるにはいるんだろう。でも、そういう人に出会ったら、私は妙に構えて、普通に頑張りな、とつい厳しいのかしれない。それは私のコンサバぶりの発露かもしれなくて、どうもいけない。

    「ひと回り」がまた泣ける。これって、「オヤジの心に灯った小さな灯」の女性バージョンなのである。でも、女性でも年下の格好いい若い男性みたら、そう思うこともあるのかもね。そういえば私は若い頃、意外に年上の女性から好感をもたれた。まあ、だからなんなの?レベルなのであった。それにしても、年下の女性に勘違いする男性は単にキモいが、年下の男性にときめかす女性はなんとなく哀愁を帯びていていい。その中から、イチローや落合のような夫婦が生まれるのもまたいい。

    で、ここまで読んで解説を読んで愕然とした。すなわち、解説の吉田伸子さんが、「内容は勿論だが、ここに登場する女性のファッションが、完璧なのである。」と指摘する。ええっ、そうだったのか、知らなかった。ていうか、私はファッションなんか全く興味がないし感性もない。このあたりの感性も奥田英朗の人気の秘密なのだろう。こんなに私と感性がした懸隔した小説を私が楽しく読めてしまうというのが、奥田英朗の太陽光のような広汎なスペクトルなのであった。

    以前に欠点主義を書いたとき、自分でもその書き方が寓話的であまりにも根拠に乏しいと思った。

    ところが、真部一男の「升田将棋の世界」日本将棋連盟を読んでいたら、もっと科学的に欠点主義を説明する箇所があったので、その趣旨を説明してみる。

    すなわち、真部が理解するところでは、ヒトは胎児の頃みんな女性で、その後男性ホルモンであるアンドロゲンがシャワーのように注がれ、男性としての機能が生じる。その際、左脳の機能が抑制され、それを補うように右脳が活用される。

    その後、普通は左脳と右脳は、バランスよく使えるようになるのだが、何かの加減で右脳に偏る人たちがてでくる。少なくとも棋士たちがそうで、異様に右脳を駆使し、左脳があまり使われない。

    するとイメージ指向の頭の使い方になるが、以前に渡辺三冠の脳を脳科学者が測定したときも、右脳があまりにも優勢であった。

    ところが、アマチュア強豪の中川慧梧は、どこを切っても将棋の血しか出ないと思われるほど将棋一色の人であるが、それでも左脳が優勢であり、すると中川慧梧はどう努力しても、一流プロの域までは達することができない、ということになる。

    しかし、右脳が優勢すぎるというのは、画家などの芸術家にもあるのかもしれないが、一種の精神的な奇形なのであって、これは欠点主義の根拠になりえると思う。なので一流棋士はどこかしら、超俗である。

    一方で、谷川や羽生のあの「まとも感」は何なんだろう。なんの才能もない私よりも、よっぽど常識人にも思えてしまう。

    するってえと何かい、おいらみたいに、単に精神的にちょっと偏っていて、その偏りが何の精神的アドバンテージにもなっていないということがあるのかい、と僻みたくなった。

    どうも精神や才能のことは特に、一筋縄ではいかない。

    静寂の叫び

    user-pic
    0

    例えばもし、今の羽生に、あなたの生涯ベストの将棋は、C級2組のときのXX四段戦ですね、と言ったとしたら、仮にそれが事実だとしても、憮然とするか唖然とするか分からないが、あまりいい気持ちはしないだろう。

    ジェフリー・ディーヴァーの「静寂の叫び」飛田野裕子訳、ハヤカワ文庫を読み終えて、それと似たようなことを言いたくなった。

    あるきっかけから、文春文庫のジェフリー・ディーヴァーの作品を読んで惹かれ、まだ読み尽くしてはいないけれども、少なくとも8割方は読んだ。ある人は、「コフィン・ダンサー」がいいというが、私は、「魔術師」と「12番目のカード」あたりが気に入っている。また、それらの訳者である、池田真紀子氏の、適度にカジュアルな文体も私の感性にあっている。

    ところが、ウェブでジェフリー・ディーヴァーを検索していて、池田真紀子氏のジェフリー・ディーヴァー入門、みたいなページに出会った。そこでは当然にリンカーン・ライム・シリーズを一押ししているのかと思ったら、なんとお奨めは、「静寂の叫び」であって、しかもそれは池田真紀子氏の訳になるものではない。

    そもそもハヤカワ文庫でディーヴァーの作品があるのも意外だったが、実は初期の作品は、ハヤカワ文庫に収められているのだった。そこに才能の萌芽はあるもののまだつぼみだったりして、ブレークしたのが「静寂の叫び」なのである。

    前置きが長くなったが、「静寂の叫び」は、聾学校の生徒のスクールバスが、三人組の脱獄犯に乗っ取られ、廃業になった元食肉加工場に聾学校の生徒を人質にして立て籠もる事件を描いたものである。

    当然ながら警察に通報され、元食肉加工場はあっという間に多くの警官に取り囲まれた。そして現場には、FBI危機管理チームのアーサー・ポターが、犯人たちと交渉するために着いた。そして、ポターは、脱獄犯の三人組の首領のルー・ハンディと電話を通じて交渉を開始した。もともとポターは人質籠城事件での交渉の専門家なのだった。

    ところが、ルー・ハンディはずるがしこくて、しかも冷酷である。ディーヴァーの作品では、「襲撃の森」のハートを彷彿とさせる。

    しかし、ポターの敵はハンディたちだけではない。連邦組織の所属のポターに対して、州組織の警察は何かと反発し、州知事も妨害してくる。邪魔なマスコミも押し寄せてくる、でポターの苦労は絶えない。

    脱獄犯の三人組はそんなことお構いなしで、人質の聾学校の生徒たちを容赦なく虐め、傷つけた。これに対してポターは、もてる交渉スキルを活かして、飴と鞭を使い分けて必至でハンディたちを切り崩そうとするのだが、なぜかハンディたちは、常に一歩先んじている。

    そして例によってディーヴァー得意のどんでん返しもあるのだが、この作品のそれは、リンカーン・ライム・シリーズほどは洗練されていない。その分、ストーリーは委細を尽くしたものになっており、決してディーヴァー初心者でない私もつい、おお~っと、心の中で叫んでいた。

    そして、ううんこれがディーヴァーのベストかもと思ったとき、最初に書いた羽生のベストの将棋の比喩が受かんだ次第である。

    なぜこれがベストなのかというと、主人公のポターは全くシリーズ化されておらず、常連感がない。なので最初は読んでいて距離感がつかめないのだが、カオスのような揺れのあるプロットで引き込んでいく様は、絶妙なのだった。

    また、人質になっている聾学校の女子学生や教師の個性も多彩でいい。

    そう、ディーヴァーは、この作品から絶賛され始めたのだった。

    このアーカイブについて

    このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

    前のアーカイブは2014年4月です。

    次のアーカイブは2014年6月です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。