2014年6月アーカイブ

ハメ手

user-pic
0

最近囲碁を勉強しているのだが、どうも将棋とは感覚が違って、勉強方法が具体的に分からないので、「誰も言わなかった碁の上達法」白江治彦著、マイナビというのを買ってみた。

それで、勉強方法として共通するのは、読みを鍛えるための詰碁(詰将棋)の修練、筋と形を習得するための定石(定跡)、あとは地道な実戦というところだが、似て非なるのは定石(定跡)だと思う。

すなわち、囲碁の定石というのは将棋でいうと例えば、この形なら15歩、同歩、13歩とたらしておくみたいな部分の折衝であって、ある程度知らないと打てない(指せない)という意味では同じだが、囲碁の定石はあくまでも全体の一部であって、実戦は定石からのデビエーションから局面が進展したりする。当たり前であるが、定石形の線形結合で実戦がなりたつ訳ではなく、典型的にはシチョウ関係などで遠くとも関係がある。

将棋ではそもそも最初から、盤面全体が定跡なのであって、その切実性は一般的にどうしても囲碁より大きい。それでコンピュータ的には順列組合せが囲碁の方が将棋より大きいとはいっても、ある程度モジュール化思考が利くのは囲碁の方であって、そういう意味では将棋より囲碁の方が体系的に学びやすく、老後の楽しみとしてはどうしても囲碁の方がとりつきやすい、ということになる。

そこで「誰も言わなかった碁の上達法」をみていて、へぇと思ったのは、「プロが徹底研究するハメ手の方法」という章である。囲碁では院生の修行にハメ手の研究が必須であるとそこにはあるのだが、将棋で、奨励会員がプロになるために鬼殺しのようなハメ手の研究が必須なのだという話は聞いたことがない。

しかも、「プロが徹底研究するハメ手の方法」では、「ハメ手は、それらの俗筋とはおよそ無縁で、手筋ばかりの集団なのです。」ともある。またしても、へぇ、である。というのは私の知る将棋のハメ手というのは、典型的には角頭歩戦法がそうであるように、見るからにヤクザの格好をしていて、無茶苦茶なことを言ってくるのだが、はっと気づくと、最早警察にも駆け込めず、仕方なく泣く泣く高い金払って言い分を聞くしかないようなものである。

すると、囲碁のハメ手とは、ぱっと見は紳士か淑女で、口当たりのいいことを話しかけてくるのだが、うっかり話に乗ると巨額のお金を巻き上げられている、というものなのかもしれない。そしてそこには華麗なる詐欺のテクニックが盛り込まれているというのだが、そもそも囲碁も将棋も策略のゲームであってみれば、将棋だってもっと堂々とハメ手が重要だと喧伝すればいいではないかと思うのだが、将棋でそうしないのはなぜなんだろうと今更考えこんでしまった。

そこでである、ではプロの実戦はどうかとみると、囲碁ではプロ棋士は院生時代にもうハメ手の免疫を経たせいなのか、囲碁の実戦をみると、変化としてハメ手のような手が隠されているのかもしれないが、割合におだやかな変化から次第に激しくなっていくものが多いように思う。

前世紀の末期頃は、将棋もそのような礼節を保った実戦が多かったような気がした。すなわち、ハメ手のような変化はあくまでも暗喩なのである。ところが今世紀に入った頃からだろうか、急に将棋の戦法が、米国占領下のバグダッドのようにアナーキーになってきた。居玉のままガンガン攻める、隙あらば無茶苦茶な攻めを敢行する、などなんでもありで、それこそヤクザも顔負けの米軍海兵隊、もといアルカイーダのようなものである。

そこでは、かつてのハメ手の花形であった角頭歩戦法なんて、大人しすぎて相手にされない。そもそも、チンピラヤクザみたいな戦法であった石田流は、升田幸三の手でカタギになりスーツを着て通勤するようになったが、最近また尖鋭化し巨大な武闘集団になった。

私の拙い知識では、韓国が囲碁を武闘化し、日本を抜き去った。中国然りである。多分井山が六冠なのは、日本の囲碁のよいところにを基礎としつつも、うまく武闘化、先鋭化したからだろう。

そういえば、棋書のコーナーに行っていつも感じるのだが、将棋の方は、アマ四段の私には難解すぎて理解できないような高度な技術書が陸続と出版されているのに、囲碁の方は立派な定石事典のようなものはあっても、プロもうならせる高度な技術書をまず見かけない。アマの高段者は将棋より囲碁の方がはるかに多いはずなのに、不思議である。

戻って、なぜ今世紀に入って日本の将棋界や、韓国や中国の囲碁界で武闘化が起き、日本の囲碁界で一部のプロ棋士を除いてそうなっていないのか、これは私にはとても不思議なことなのであった。すっかりハメ手の議論から離れてしまった。この粗い議論は、もっと熟成させて、また書いてみることにする。

先日友人と飲んでいて、お前がよくサラリーマンとしてここまでちゃんと務まったな、みたいに言われたが、それに対して私はむかつくこともなく、ただ苦笑いするよりない。自分でもそう思っているからである。

そもそも子供の頃から、スーツを着て、上司に叱られ、お客様回りして神経をすりつぶすようなサラリーマンが自分に務まると思ったことはない。それでその消去法というわけでもないのだが、当時暇さえあればボロボロになるくらいまで図鑑を読んでいたので、将来、植物や岩石などを研究する学者になろうと思った。今考えると呆れるのだが、サラリーマンは務まらなくても、学者ならなれると思っていたというのは、いかにも世間知らずの田舎の子供である。

ともかく、真剣に学者になろうと思っていたわけでもないが、中学になると真面目に勉強するようになった。本を読んで理解するということに一応の適性があったようである。そんな様子をみて母は、勉強ばっかりするとろくな人間になれないといった。ただ、真面目に学校の勉強することは親として安心感は抱いていたようである。一方で、何をやっても不器用で要領が悪いので、この子は世間でやっていけるのかとも心配していた。

それでも、渡る世間に鬼はなしというが、ここまで生きてきて、思ったほど大変ではなかったが、それでもいくつか人生というのは難所があった、というのが正直な感想である。

子供の頃、サラリーマンは向かないと思ったという直観は正しく、確かにずっとサラリーマンとして強い違和感を抱いてここまでやってきた。しかし、子供の頃決して分かっていなかったのは、サラリーマンというのは結構間口が広いということである。上司に毎日ガミガミ叱られて客先を回るだけの仕事がサラリーマンではない。

例えば、私がやっている特許の仕事というのは、基本的にエンジニアと特許庁審査官と、あとは膨大な書類を相手にしていればよい。社交的である必要はなく、寧ろ、社交的な人は嫌になってしまうだろう。

サラリーマンとして特許の仕事でなければ、自分に何ができただろうと想像してみるのだが、エンジニアも経理も総務も、ましてや購買や営業など私には到底無理としか思えない。間違ってそういうところに配属されていたら悩んで、今はもうこの世にいないかもしれない。

実は子供の頃の学者の夢というのはずっと心の底にあって、サラリーマンになってあまりにもつまらない日々なので、そこから一念発起して大学院に行って学者になろうと何度も思った。しかし、行動力というか生活力というか、知力、たくましさ、すべて私には欠けていた。それでルーチンのようにただ仕方なく特許の仕事をここまでやってきたという次第である。

それにしても私のみかけの頼りなさというのは相当なもののようで、外資系の企業に勤務しているとき、ある信販会社の人から突然電話があった。それで、何の用件ですか、と聞くと、Nだよ、という。Nさん?と聞き返すと田舎で中学の卓球部の一年先輩だったNさんなのだった。たまたまお前がその会社にいると知って、まあよくその会社に入るまでいけたものだ、あの頼りなかったお前が、というので、そんなことをいうために一々電話してきたのかと思ったが、言い返しても仕方ないので、いやまあ、と電話を切った。

その外資系の中でもこんなことがあった。たまたま管理職になって数年たち、やっと課長職が板についてきたと思っていたとき、数年ぶりにある社内の先輩に会った。で、今はライン(その会社では管理職をラインと呼ぶ)をやってますというと、へぇ~、君がラインねぇ、笑えると言いながら去っていった。無礼な奴と思ったが、まあ黙ってみていた。

それで最初の友人との会話に戻るのだが、何十年も付き合っていて私の長所も短所も相当に知り抜いている友人でさえ、君がよくサラリーマンとしてやってこれたね、と思うのだなぁ、どんだけ私は、サラリーマン向きませんオーラを出しているんだろうと困惑した。

しかし仕方がなかったのである、学者になろうにも大学院をうける前に大学生活でドロップアウトしてしまったし、真面目に公務員試験を受ける気もしなくて、目をつぶってえいっと開いたリクルートの会社案内の会社を気まぐれで受けたにすぎなかっただけなのである。人生をなめているのかと叱られても仕方なかった。

裏社会で生きていくような器量はなく、頑張って難しい国家試験や公務員試験にチャレンジする根性も知力もなく、デモシカでサラリーマンやってきたのだが、悪いか、いかにも頼りなさそうな雰囲気で悪かったな、と内心毒づくのだが、もちろんそんなことは口に出さない。

G線上のアリアではないが、狭~い仕事だけ一生コケのようにやってきたが、とりあえず務まったので、結果的にサラリーマン適性はあったのだ、ということにしたい。なんだよう、その自信のなさは。

以前に、心のオーナーシップという記事を書いたが、「阿含経入門」友松圓諦著、講談社学術文庫を読んでいて、次のような仏陀の言葉にはっと思った。それは、「色はこれ我に非ず。若し色これ我ならば、色に於て病苦の生ずるあらず。」という語句である。

色=肉体が自分のものでないからこそ、肉体が病気になるのだ、という命題は論理的に突っ込めないことはないのだが、心のオーナーシップのことを考えている私には、突っ込むよりもつい考えてしまう。すなわち、心が自分のものでないのと思ったら、体もそうなのか、と。

実際、そう考えると、心より体の方が、「とりあえず借りている感」は強いかもしれない。なぜなら、心より体の方が自分からの距離が遠いからである。

というや否や、その距離を測る原点の自分とは何か、という質問が心の中で飛び交った。実際、心も体も自分のものでないとしたら、では自分とは何か、ということになる。

そこで自分とは何かを追求するより前に私は、では、私の持ち物でないとされた体と心はどこから来たのか、と問うてしまう。

当然に答えはないので自問すると、どうも私自体はあの世というところにいるらしい。そして生まれてくるときに心と体をセットで借りて、この世に「ログイン」する。

ところが借り物の心も体も無垢ではなくて、以前誰かが使っていた因果と因縁が浸み込んでいる。そんなんじゃなくて、真っ新な心と体を貸してよ、と生まれてくるとき閻魔様に頼むのだが、いや、これはルールだから、と全く融通が利かない。そもそも無垢な在庫などないのだろう。

そうは言っても、使い古しの心と体もいいところはあって、前に使っていたスキルも継承できる。なので、その心と体で生活してると、幼稚園なのに囲碁がアマ六段に達したりする。知らない間に碁が打てている。

知らない間に碁が打てているのはいいのだが、一方で知らない間に急性白血病になり、19歳にして骨髄移植も間に合わずこの世を去ることになることもある。この場合、周囲の悲嘆をよそに、あの世で「私」は、早く戻れてよかった、と安堵する。

そもそもが、心と体がペアというけど、丁度、帽子とスーツを揃えようとしたら、帽子屋と洋服屋を順次回らなくてはならないように、心と体は別のところから借りるらしい。それで心と体がハーモナイズするとは限らず、とても軋んだりする。

お釈迦様は、そんなことは枝葉末節なので気にしないほうがいいというのだが、つい気になってしまい、泥沼に巻き込まれてしまう。それが人生の修行なのだった。でも軽やかなサバキのように、心も体も自分のものでないと知ろう、というのがお釈迦様の教えなのだった。

脳内鼻歌

user-pic
0

私は瀬戸内海の孤島の出身で、島には高校がないので、毎日船で、尾道市内の高校に通った。千光寺公園を下ったところにあって見晴がよく、風光明媚な高校なのだが、どうも高校生活をエンジョイした記憶がない。

ところで、電車通勤で書いたように、意外に日常に楽しみを見出す傾向があるエピキュリアンの私なので、当然に船での通学にも楽しみを見出そうとした。

といいつつ、船で自宅に帰ると、食事して風呂に入ると疲れ果てて寝てしまう日々だったので、せめて船の中の時間を予習にあてた。英語の黒瀬という先生がそれは厳しくて、毎日必死で英語の辞書を引いていた。それで私の平凡な学力では、英語がまだしもましな成績だった。

といっても、ふと辞書を引くのに飽きて、外の景色を眺めることがある。なにしろ瀬戸内海国立公園なのである。見慣れていてもやはり目を楽しませてくれるものがある。そうやって眺めていたら、通奏低音のように響く船のエンジンの音が変調されているように錯覚した。なんというか、エンジンの音が演歌の曲に聴こえるのである。

なんとなくクールファイブの「長崎は今日も雨だった」のように聞こえた。で意識を切り替えて別の曲を想定したら、今度はエンジンの音が想定したメロディーに聞こえはじめた。

ははあ、と私は察知した。私の脳内がエンジンの音を取り込んで、私の意思に従って音楽に変調している。これは私の特技なのだろうか。いや、到底そうは思えず、誰にもある能力なのだろう。しかし、なぜか気恥ずかしくて、今に至るまでこの隠微な能力のことを話題にしたことはない。ともかく私は、ともかく私はこの能力を、脳内鼻歌と呼ぶことにした。

そして、船のエンジンの音をソースにして脳内鼻歌を響かせる訓練をするうちに、特に船のエンジンの音がなくて静寂でも、脳内鼻歌ができるようになった。どうもこの能力が私が歌を練習する一つのスキルらしい。

例えば、先日も、会社で特許調査の仕事をしながら脳内鼻歌で、チャゲアスの「ひとり咲き」をずっと歌っていた。もちろん、一言も声は発しないので、誰も私の脳内鼻歌のことなど気づかない。しかし、注意深く私を観察すると、膝が微妙に貧乏ゆすりしているのが見てとれたかもしれない。リズムをとっていたのだった。

そしてまた疑問が出てきた、これは私の特技なのか、誰にもある能力なのか、あるいは単なる私の錯覚か、何にしてもあまりにも隠微の能力なのだった。

微妙な差

user-pic
0

数学、特に代数学を勉強していて、先ず出てくるのは群の概念であり、その後、加法群と乗法とをもち、そこに結合律と分配律が成り立つと環となる。ここまで知ると、なるほど、環というのは整数演算を拡張したものだと分かる。

そして、環の次に出てくるのは体であるが、では環と体の違いは何かというと、単に乗法が群になっているのが体なのだった。私は最初これをみたとき、ええっ、それだけ?とえらく失望したものだった。たったこれだけの違いでなんであんな大層に数学者は騒いているのかと思ったことは一度ではないが、しかし、その差は数学を勉強すると次第にじわっと分かっきた。

例えば、なんで私が東大にで言及した、天才数学者の河東教授であるが、その専門は作用素環である。しかし、作用素体というのは私は聞いたことがない。Googleで検索しても、数学用語としての「作用素体」には全くヒットしない。「可動フィギュア自作用素体キット」にヒットするが、それは可動フィギュア自作用/素体キットであって、作用素体ではない。

将棋では、三間飛車と四間飛車はたった一路しか飛車の位置が違わない。それで初心者のうちは、まあどこに飛車を振っても同じだが、今日は気分で四間飛車にするか、なんてことになる。しかし、私程度の者にも三間飛車と四間飛車のニュアンスの差は大差なのであって、三間飛車は華麗なる捌き、四間飛車は攻防にバランスのとれた堅実な構え、ということになる。まあ、現代戦法だと、一旦四間飛車にしておいて、すぐに三間飛車に振り直すという戦法もあって、混乱するのだが。

最近私が勉強を再開した囲碁では、例えば小目に対する一間高ガカリと、小ケイマガカリの差がやはり、単なる気分の差くらいにしか思えなくて、やはり数学の環と体の差と同じ轍を踏んでいる。

このように、基本的概念の分別がつかないというのが初心者の哀しさなのであるが、一方で、以前にニーチェの「ツァラストラはかく語りき」を読んだとき、ツァラストラが通りがかりである学者に、「貴殿は線虫の心臓の研究が専門であるか」と尋ねたら、学者は、「滅相もない、線虫の心臓全般が私の専門なんてとんでもない、私は線虫の心臓の弁膜の生理作用の専門家であるにすぎない。」みたいに応えた一節があったように記憶するが、多分私の記憶は正確ではない。ともかく、ツァラストラは専門性の狭窄を揶揄したのだろう。このことは、オルテガの専門人批判にも通じるのかもしれないが、私としてはとりあえず、専門知識の微妙な差に潜む深淵性に神経質でありたいと願うものである。

一方で、専門家はときどき、その専門性を、de-expertise(ドイツ語なら、Entspezialisierungか)してみる時間があってもいいような気がする。そこでは、環と体の差や三間飛車と四間飛車の違いも縮退してしまうのかもしれない。

クールビズ

user-pic
0

前の外資系に勤務しているときは、もう10年以上も服装は、ビジネスカジュアルだったので、クールビズの風潮のことを聞いても、何のこと?という反応だった。

それで今の会社に転職して、最早服装(以前は、ドレスコードなどと気取って言っていたものだった)がビジネスカジュアルでなくなると、本当に久しぶりにスーツを着てネクタイをするようになったが、実は私はスーツとネクタイという格好が意外に好きで、なんとなく気が引き締まるような気がするのだった。

ところが今の会社では、5月に入ってまだ肌寒い日もあったりするのに、入口にクールビズだと貼り紙がしてあり、一斉にみんなネクタイをしてこなくなった。私はよくわからないのでネクタイで通勤を続けていたのだが、そういえば通勤電車の中でも、スーツであってもノーネクタイの人が目立つようになった。それで私も仕方なく、ノーネクタイで会社に行くようになった。

ただ私は、ドレスコードがビジネスカジュアルでもないのにノーネクタイというのが未だにしっくりきていない。以前のビジネスカジュアルのときは、流石にアロハシャツは着ないものの、結構ラフな格好をしてリラックスしていた。それで単にクールビズだノーネクタイだと言われても、抑制の利かせ方が私は未だにわかっていない。

そもそも、冷房の設定温度を上げたければ勝手に上げればよく、私はネクタイをしていようがいまいが、多少の厚さは持ち前の忍耐力で凌ぐだけである。それなら、一応クールビズですが、ネクタイもありですよ、くらい言ってほしいものである。

そもそもが、ちょっとネクタイしないくらいで、電力消費量を抑えることに貢献しているのだと思うとしたら、割り箸の代わりにマイ箸を使うから森林資源の保護に貢献しているのだと勘違いするのとあまり変わらない。それって、私があまり好きでない、欺瞞というものではないか。

しかし私は一体何に憤っているのだろう。単に暑苦しいので不愉快になっているだけかもしれない。

以前に、読書のWDMで、どうやって読書の無色性と分散性を達成するかという議論をしたが、読み返してみて今更であるが、どうして無色性や分散性を達成する必要があるのか、全く説明になっていない。

そこで、もうちょっとありきたりであるが、プリエンプティブ読書について論じてみる。このプリエンプティブという用語は、コンピュータのオペレーティング・システムにおけるものである。すなわち、ある優先度に従うものの、基本的には時分割でタスクをスイッチする。

なぜこのようなタスク・スイッチが必要かというと、典型的にはWindows 95がそうだったようなノン・プリエンプティブな方式だと、ある一つのタスクがCPUリソースを独占するなどして他のタスクにリソースがほとんど付与されないということが起き、他のタスクは結果的に処理が止まってしまう、ということが起きる。

共用で同時に使っているならともかく、個人で専有して使っているパソコンがノン・プリエンプティブであることがそんなに困るだろうかと考えると、そうでもないのかもしれないが、ただ、場合によってはバックグラウンドで印刷させながら、表で文章を編集するくらいのことはしたいわけで、ノン・プリエンプティブだとそれが達成されないことがある。

例えば、私は、今はほとんど知る者もない、OS/2のVer.1.00を使ったことがある数少ない人間の一人であるが、OS/2のVer.1.00は、印刷タスクをフォアグラウンドにもってこないと完全に印刷が止まるのであった。なんともひどいOSだと思ったが、OS/2が絶滅種になったのは、多分そのせいではなくもっとビジネス的な理由によるものである。

なるほど、OSがプリエンプティブでないと困ることがあるのはそれで分かるが、依然として読書の無色性と分散性がなぜ必要かの説明になっていない。そこでまず、分散性の必要について自分の読書というより買書傾向から説明する。

私は一応、読書の無色性を理想として、いろいろな分野の本を買うようにしている。ただ、そうやって買った本に対する興味の濃淡はかなり偏っている。すると何が起きるかというと、せっかく買ったのに巨大な積読の在庫が生じるのである。そこで最近意を決したのは、自分の興味にドライブされるだけではこの傾向を改善できないということである。それがプリエンプティブ読書のモチベーションである。

で、そのプリエンプティブ読書の方法論であるが、驚くほど簡単で、単に電車に乗り換えるタイミングなどで、読む本を切り替える。折角面白いところだったのに、という自己弁護を許さない。

そうやって読む本を切り替えるためには、鞄に複数の本を格納しておかなくてはならないが、そこでは光工学のROADM(reconfigurable optical add/drop multiplexer)の概念を使う。要するに、読了を待つことなく、積極的に鞄に積む(loadと呼ぶ)本をadd/dropして切り替えるのである。

こうすると確かに、多様な本が読めるようになり、私の蔵書で今まで積読で終わったかもしれないものに出番が与えられるようになった。二軍でベンチウォーマであった選手にも出番が与えられ、きっと本は喜んでいるだろう(ありえるか?)。

もちろんprosとconsはあり、consは、折角面白い推理小説なのに、途中で強制的に寸断されると、面白さが半減する。しかし、それでも気を取り直して次の日続きを読むのがプリエンプティブ読書である。

更なる懸念は、こんなことをしていると、私の興味のリソースが減ってしまわないか、ということであり、実は今までいろいろな資格試験を忌避してきたのも、嫌々資格試験に努力してしまうと、私の興味たちが壊死してしまうのではないかということを恐れたのが一番の理由である。

あと、読みたい本があってもプリエンプティブにタスク・スイッチするというけれども、だいたいがROADMを恣意的に仕切っている別のスーパーエゴがあるのであり、よく考えたら、スーパーエゴが一体なんなのかということは私の若い頃からの問いかけの一つであった。まあ、あの世にいったら、誰か高級霊に聞いてみることにしよう。

随分昔に、サイモンとガーファンクルに、「恋人と別れる50の方法」という曲があり、当時というかその後今に至るまで恋人というのがいたことがない私は、恋人と別れるなんてなんとも勿体ないことだと、なんともとぼけた感想をもつだけだった。

この「~50の方法」とか「~50の理由」という言い方は、少なくとも日本人が習慣的に用いる言い方ではない。日本人なら、一本締めとか、三題話とか、なんとかの7つの理由など、1、3、7を用いたりする。

50の理由でいえば、数年前に、「広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス」という本があったが、この本も著者は米国人である。

私は実は地球に宇宙人は来ているに決まっていると思っている方なので、そんな理由が50もあると言われても困るのだが、別の意味でもっと詰まらない50の理由を考えてみた。それが、「私がモテない50の理由」である。まさに、それがどうした?であろう。

こんな下らないテーマでエッセイを書いたら、どんな雑誌でも確実に没である。ところが幸いにも、このブログの編集長兼執筆者が私なので、私がいいと思えば、公序良俗に反しないかぎり、掲載されてしまう。

さて、前置きはこれくらいにして本論に入る。いろいろ考えてみるのだが、私がモテない最大の理由は、男性ホルモンのエストロゲンが不足しているからである。以前にある元刑事が書いた本を読んだことがあるが、現役時代辣腕刑事で、暴力団の幹部にも一目おかれていた。そういう人は確実にエストロゲンに溢れていて、女性が向こうから寄ってくるほどだそうである。同様の理由で、暴力団の組員も大抵モテる。これはある意味生物的本能であって、強い男と結婚して強い子孫を残す必要が人類にあるようである。

次の理由は、チャクラの偏在である。私はヨガの達人に、チャクラが眉間に偏在してしまっているので、どうしても行動が頭脳的になってしまうのだと指摘された。だからもっとチャクラを下腹部に下しなさいと、そのための体操も教わったが、あまり気が乗らなくて、そういう体操はしていない。それでチャクラは眉間に偏在したままである。チャクラが下腹部に十分あることとエストロゲンが溢れていることは同じかと思ったことがあるが、よく考えると少し違う。あえて図式的に言うと、男らしさで女性を魅了するのがエストロゲン、独特の男性的色気で魅了するのが下腹部のチャクラなのだろう。

チャクラといえば、私が学者になれなかった一番の理由は才能がなかったからであるが、別の理由にチャクラのこともある。すなわち、チャクラが眉間に偏在していると、何かを考えはじめると、錐もみのように思考が回転し、次第に発振し始める。そういう性格は、短距離的にはなにほどか知的成果を出せるのだが、長い時間考えようとするとバランスを崩してしまう。どんな学問であれ、きちんとマスターするには膨大な時間がかかるので、思考のバランスも重要なファクタなのだと思う。それで、きちんと知的成果を出している学者はみな、私よりもチャクラのが多いだけでなく、バランスもとれていてるのだろうと思う。

さらに次の理由は、私のアスペルガー的な機転の利かない性格である。以前に今野敏のベイエリア・シリーズを読んでいたとき、須田という刑事が出てくるのだが、その須田がある意味私によく似ていて、当然に女性にモテない。どのように似ているかというと、こういう場合にどういう発言をするか機転が利かないので、予め本を読むなどして学習している。それで、こういう場合はこういう発言をしなくてはならないんだと決まり文句をしゃべったりすることなって、それがわざとらしさというか、ぎこちなさを醸し出してしまう。

私が大阪にいる頃、友人にそそのかされて恋愛修行をしようと、好きだと思った女性にアプローチしたことがあった。基本的に脈はなさそうだか、何度もデートに誘ったら、そういうならと渋々一度だけ応じてくれた。そのデートでも私は、こういう映画にいかなくてはならない、どこに食事にいかなくてはならないなど、すべて準備していって、まるで学芸会のような準備の下にデートに行ったので、案の定惨敗だった。こういうやり方はもちろん、仕事では結構有効だったりする。私の性格は少なくとも特許明細書を書いたり、特許調査するなどの実務には向いている。しかし、その長所がそのまま、女性関係には欠点となっている。

そのアスペルガー的な性格と決して独立ではないと思うのだが、前に書いた空間認識の欠如も、女性関係には不利である。どう不利なのか説明することができないのだが、これも一種の機転の欠如だというよりない。

さらにいうと、私が生涯好きになった女性というのはそんなに多くないと思うのだが、私はどの人も今でもきちんと憶えていて、そのときの感情のスレッドは心の底流を走っている。そんな感情のスレッドをバックグラウンドで走らせて、気軽に恋愛ができるわけがない。そんな非現実なことがなぜ起きるかというと、私が理念的な、あまりに理念的なで、現実離れしたところで恋愛を考えているからである。そして私の恋愛感情はいつもコンスタントで変化がない。しかし、時間微分してゼロになるような恋愛感情はあまり意味がない。ノイズで変調していなくてはならない。

あと、女性は優しい男が好きだというが、優しいといえば私くらい優しい男はあまりいない。しかし、律義すぎるし、真面目すぎる。決して裏切ったり暴力を振るったり、暴言を吐くこともない。しかしそれも、あまりにも定常流の感情なのであって、恋愛的には定常流の感情は、結局ないことになってしまう。なので、結局私は嫌われるというよりも寧ろ、無視され忘却されるのである。

私がモテない50の理由の「50」というのは単なるごろ合わせとして使っただけだが、こう書いてみると、モテない理由はいくらでもある。女性に対するのに固有の理由と、男性との付き合いにも共通する理由がある。例えば、孤独癖があったり、独楽を偏愛する傾向だったりする。しかし、あまり書いても虚しいので、これくらいにしておく。

棋聖戦第1局のあと、森内は大丈夫かと思ったら、先日のA級順位戦で、難敵渡辺の角交換四間飛車を完封して勝った。なるほど、森内は不調というか、羽生以外には名人戦の前も勝っていた。しかも、長年の渡辺に対する苦手意識は、去年の竜王戦で払拭した。

そして、棋聖戦第2局が始まった。ここで私の事前の感想は、到底森内が羽生に勝てそうな気がしないというものと、どんなに強い棋士でも勝ち続けることはできない、そろそろ森内が勝つ流れになるのではという両面の、言ってみれば当たり前のものであった。

戦形予想はというと、流石にそろそろ角換わり腰掛銀ではないかと思っていた。というのは、今回の名人戦にも、棋聖戦第1局にも、一回も登場しなかったからである。

ところが、先手の羽生が採った戦形は矢倉、しかも、正統の37銀戦法である。ああ、46銀戦法になるのかと思ったら、森内が53銀と早目に上がったので、羽生が15の端歩を突き越す、飛車先不突矢倉となった。田中寅彦草案になる、古くて新しい戦型で、電王戦の森下対ツツカナにも登場した。

棋譜をみていると、単純に35で銀が交換された。あれっ、そんな変化ってあったっけ、と困惑した。長年の勉強不足で、私の将棋の知識は惨憺たるものである。

へぇと思ったのは、銀交換のあと、53手目で羽生が75歩、同歩、74歩、84角に66銀打ちとした手である。素人目にはやたら厚がっているとしか思えないのだが、プロでも意外だったようである。普通の感覚では、ここは単に66銀と出るところである。

その後羽生は、75銀と角を追って、66角と相手の玉を見据える。渡辺がその著書で指摘していたように、羽生は基本的に正統派である。この角の使い方など、特にそうである。例えば福崎がそうであるように、異端派は長続きしないのだろうか。

森内は森内で、頑固である。例えば、36歩と垂らし、37歩成から桂馬を呼び込んで、再度の36歩でと金を作る指し方をするが、これは25桂から13の端攻めされて、結構危険である。もしかしてこういう、肉を斬らして骨を断つような硬派の受けが案外一番有効だと知っているのかもしれない。それは少なくとも、去年の竜王戦では功を奏した。

しかし、羽生の攻めはあまりにも的確である。しかも67銀引きなど終盤の柔軟性をきちんと発揮する。もしかして今見ている羽生は、七冠時代の羽生を超えた至高の羽生だろうか。そして、この全く隙のない羽生の指し方をみて、却って不安を感じるのは私だけだろうか。すなわち、頂点を極め尽くすと後は、次第に落ちていくだけみたいなペシミズムである。きっとまだ、私の杞憂なのだろう。

ニュースなどでよく出生率が下がっていることが報道される。そもそもが今の若い人はあまり結婚しない。結婚しても面倒なので子供をつくらないという選択肢をとる人も結構いるらしい。

結婚しても子供をつくらないという理由の一つに職場環境のことがある。例えば女性が会社に勤務していて妊娠し、出産ということになるとどうしてもある期間休職しなくてはならない。すると、不景気なご時世で、休職して元の職場に戻れるとは限らない。他の部門も受け入れてくれるとは限らない。また、運よく職場に復帰できても、育児のため早退しなくてはならず、職場で白い目でみられたりする。

女性を多数抱える管理職を長いこと勤めたのでて私はこのあたりの事情が痛いほど分かる。そういう女性の辛さも、そういう女性を周囲から見る側の目もである。

私が勤務していた外資系の会社は、そこで、女性が働きやすい会社になるよう、勤務規定を改めた。例えば、会社にこないでも自宅で仕事する日が週に何日かあってもいいようにした。VPNなど、IT環境の整備がそのような勤務形態を支援した。

また、ダイバーシティと称して、女性が、女性であるという理由で評価や昇進などで後れをとることがないようにした。女性管理職の割合の目標を決め、管理職の候補が男女を含む複数いるとき、女性を優先的に登用するようにした。こうして私が勤務していた会社は確実に、世間で働きやすい会社の上位にリストされた。

ところが、会社というのは基本的に営利企業なのであって、景気が悪化すると仕事が減る。するとある部門では明らかにスタッフの数がだぶつく。そうやって余った人員を他部門が吸収できればいいのだが、そうもいかなくなるとレイオフも止むなし、ということになる。

すると、働きやすい職場というファクタと、そこでレイオフがありえるというファクタの間で鋭い矛盾が生じる。例えば、働きやすい職場といいつつ、出産のため休職しているような女性はどうしてもリストラの対象になりやすい。病気などの理由で休みがちだったり、休職している人も然りである。そういう多様な人がそれなりに働けるのが、働きやすい会社だったはずである。

管理職として私は、そういう状況に、病気になりそうなくらい悩んだ。私は基本的に他人を追い詰めるのが嫌いなので、部下をリストラするなんてとんでもないと思っていた。一方で、組織のパフォーマンス維持ということも常に考えていた。それで私が考えたのは、いろいろな理由でフルに働けない人は週に何日かしか勤務しなくてよく、その分給与を減らすというワークシェアリングがよいのではないか、ということである。すると、あの人は相対的に給与が安いのだからと周囲の人も納得がいく。当人だって、会社を放り出されるよりその方がずっといいはずである。実際、ドイツの部門ではそういう施策がとられていた。

しかし、日本ではヘッドカウント(人員数)にこだわり、そういう柔軟な施策が採られなかった。一方で、会社の業績が悪化するにつれ、おかしなことになってきた。すなわち、働きやすい職場ということで、会社に来る人がいたり来ない人がいたりすると、管理する立場は結構大変である。シフトを組んだり、メールやチャットなどで勤務ぶりを監視したりしなくてはならない。私自身はパフォーマンス指向なので、そういう手間は厭わなかったが、確かに職場にみんないたほうがはるかにやりやすいよね、と何度も溜息をついたものだった。

ところが、業績が悪化するにつれて、そういう管理コストまでがセーブされるようになってきた。すると何がおきるかというと、働きやすい職場という建前だけが先行して、現実問題、会社にいない社員が何しているか把握してないこということが起きる。それでも真面目な社員は自宅でもきちんと働いていたが、中には自宅勤務と称して、実はデパートに買い物に出かけたりする者もあらわれた。

そういう傾向が続くと何が起きるかというと、業績評価をきちんとするのが大変なので、管理職が単なるイメージだけで部下を評価する傾向が出てくる。例えば、上司に愛想がいいとか、飲み会の付き合いがいいとか、理不尽な指示でも黙って従う、目立つ仕事しかしない、などである。

そこにリストラが勧告されると、リストラで指名される社員もまた、管理職のイメージで決められる、ということも起きる。部門をよくしようときちんと諫言するような社員は寧ろターゲットにされてしまう。

私が勤務していた外資系企業は、今から20年以上も前、真に存亡の危機に陥った。それで優秀な先輩たちがごっそりと会社を去った。私のような幹部候補でない社員が管理職になれたのもそういう背景がある。上がいなくなってしまったのである。

一方で、生え抜きでない、雇われCEOは、周囲から怪訝な目でみられながらも、世界の事業所を訪ね歩き、現場の声を聴き、多くの画期的な施策を断行し、業績を改善させた。それは痛みをともなう改革だったが、組織を維持するためには必要だった。

私は、いまや当時のような思い切った施策をとる人があらわれるべきだと思った。最早、働きやすい職場という看板も、ある程度見直すべきと思った。しかし世間の評判に阿る気風はどうしても改善されなかった。公平性とはどういうことか、能力主義とはどういうことか、効率とはどういうことか、そういう基本的思考が停止したまま、組織が運営されていくというのはどういうことなのだろうと、じっと掌を見つめる日々だった。

電車事故

user-pic
0

昨日、私なりのルーチンに従い、新宿駅で、相模大野行きの急行に並んで待っていると、聞き取りにくいアナウンスがあった。なんでも、相模大野駅で車両故障があり、しばらく運転は見合わせる、というものだった。

どうしようと迷っていると、相模大野行きの急行の一本前の藤沢行の快速急行がなかなか発車しない。またアナウンスがあり、相模大野駅での事故は、脱線で復旧の見通しが立っていないという。それで、藤沢行の快速急行は新百合ヶ丘の折り返し運転だというので、とりあえず新百合ヶ丘まで行ってみるかと思いつつ、家内にメールしてみたら、他の路線に乗り換えた方がいいという。

他の路線といっても、思いつくのは、新宿から山手線で渋谷、渋谷から田園都市線で中央林間か、新宿から中央線で八王子に出て、そこから横浜線で町田のどちらかである。迷ったが比較的なじみがある田園都市線を選ぶことにした。

それで、振り替え輸送というのを利用するのだが、何か新宿駅で証明書をもらうのかと思ったら、新宿駅の改札で駅員に聞くと、単にパスモの定期を見せるだけでいいという。ただし、出るときに改札にパスモをタッチしてほしいという。それで、新宿駅をきちんと出たことになる。本来は、一旦新宿駅に入ってそのままパスモで出ることはできない。

再度JRで山の手線に乗ろうとしたら、もう小田急の脱線事故は知れ渡っていて、改札はフリーパスだった。ただ、新宿から渋谷に行く乗客の多いこと。当然に、本来小田急で帰るはずの膨大な人数が含まれている。

渋谷から田園都市線に乗り換えるときもそうで、本当に駅が混雑している。もちろん普段のこの時間の渋谷駅は相当に混んでいるのだが、今日はワンランク混み具合が違う。それで必死の思いで渋谷駅で、中央林間行きの急行に乗った。

これがまたすごい混みようで、なんとか予定より10分遅れで中央林間に着いた。家内には予め連絡していたので、中央林間のロータリーに迎えにきてくれるように頼んでいたのだが、なかなか着かない。そうしているうちに携帯に電話があり、混みすぎていて中央林間のロータリーになかなか進入できないので、100メートルくらい歩いてほしいと、場所を指定された。そこまで歩いて、なんとか車に拾ってもらい、無事家に帰るとどっと疲れた。

そして今朝であるが、昨日は夜11時には小田急が復旧している予定だというのに、今朝になってもまだ復旧が確定していないようである。朝6時半には復旧する予定というのだが、あてにならないので、家内に町田まで車で送ってもらった。そうすると、JR町田駅からの経路が保険となる。

町田駅の改札で駅員が立っているので、小田急は動いてますか、と聞いたら、ええ動いてますよと平然という。よく考えたら、振り替え輸送でJRを使ってもらっても一円も入らないので、できればJRを使ってほしくないはずである。

で、ともかく小田急の町田駅に行ってみると、なんでも新宿行準急が急に来るというので、急いでホームに駆け上がった。それで乗ってみると、間引き運転なので、普段よりはるかに多数の人が乗ってきて、超混雑した。

それで、なんでも臨時で経堂までは各停なのだという。そうしているうちに誰かが途中で降り、幸いに座れた。電車読みを方針としている私は、疲れて本も読まないで寝てしまった。そして、あまり退屈しないで新宿に着いた。

会社に着くと、普段静かな職場なのだが、私の顔をみると、おお、よく来たなと言われて話題に花が咲いた。他の話題は、サッカーワールドカップのギリシャ戦であった。

私のもう一つの懸念は午後の厚木の研究所への出張であったが、午後に新宿駅に行くと、ロマンスカーを除くともう完全に復旧していた。

こうして結局大したことなく生活は元に戻ったのだが、ニュースで見ると、事故当時、相模大野から小田急相模原間で電車に突然閉じ込められて、電車から降ろされ線路を歩いて帰った人もいたらしい。

考えてみると、小田急を通勤に使いはじめて30年、ここまでの事故はなかった。すると案外小田急の安全対策は悪くないということになる。

一瞬、電車空間などという馬鹿な記事書いたので、バチが当たったかとも思ったが、そんなわけもなく、ともかく電車の重要性を改めて感じた次第である。

以前に外資系の会社に勤務していたとき、コンサルタントの部門があった。もともと別会社で給与体系が違っていたので、今でも我々とはベースの給与水準が違うと聞いて、当然に面白くなかった。

そんなコンサルタント部門の人が、あるとき、特許部門の私を訪ねてきた。なんでも、どこかの組織の特許の仕事のコンサルタントをするのだという。それで私に、特許業務の実務の概要を話してほしいというので、当時管理職として日々特許管理の実務を担当していた私は、まあなんでも聞いてよ、みたいなモードでミーティングに臨んだ。

それで、特許の仕事のコンサルティングをするというからには、既に勉強して基礎知識はかなりあるのだろうと思ったら、あまり何もご存じなくてちょっと失望したのだが、それはまあいいとして私がカチンときたのは、汎コンサルティング・メタ知識みたいなのがあるんです、みたいな言い分だった。

そういわれて、私が以前読んだ「コーチングの秘訣」だったかの本の内容を思い出した。それによると、あるスランプに苦しむ野球選手がいて、いくらコーチが指導してもなかなかスランプから脱出できなかった。それを、野球は素人の、あるコーチングのスタッフがいろいろ面談していって、問題点を見出し、ついにスランプから脱出させるのに成功したのだという。

大抵の人は、こういうストーリー読んで、なるほどと納得するのだろう。しかし、ある意味プロフェッショナル専門知識に信頼を置く私は、ついこういう話に眉に唾をつけてしまうのだった。私の言い分は、それはビギナーズ・ラッキーのごとく、ある客観的な意見がスランプから救うことはあるだろう。しかし、それはたまたまなのであって、常時は通用しないのではないか、ということになる。そうでないなら、プロ野球のチームは選手あがりのコーチでなく、野球に素人のコーチング・スタッフを雇えばいいことになるが、そうした話は聞いたことがない。

やはり本格的なコンサルティングには、本格的な当該の専門知識が必要なのである。例えば、野球におけるノムさんのようなものである。私はそう信じている。

そういう私なので、汎用コンサルタント・スキルの威力を説くコンサルタントと私の会話はどうもぎくしゃくしたままだった。

なぜそんな話を思い出したかというと、「発明」という雑誌を眺めていて、ある弁理士が、知財で企業を喜ばせようとか、企業の各部門がいかに知財に関わるべきかとか、まあ「発明」という雑誌なので当然なのかもしれないが、どうも私は、知財を経営の前面に出すのはどうかと思えてならない。というのは、そのような言い方は、知財を、まるで上記汎用コンサルタント・スキルのように言いなしているように思えてならない。

私が言いたいのは、経営には経理や技術など、より喫緊の知識というかスキルが沢山あり、そこに知財を持ち出すと、どうしても間接的で、経営を助ける効果は曖昧である。ただ、知財が経営にとって喫緊になる場面も確かにあって、それは例えば、グーグルが、その膨大な無線関係の特許権を取得するためにモトローラを買い取ったというようなことである。グーグルはそうやって、ディープポケットでグーグルを特許で訴えてくる会社に、カウンターの特許をぶつけたかったのである。

ここまでくると最早一介の弁理士には荷が重すぎるだろう。するとやはり、弁理士には弁理士の本分があって、それは、対特許庁処理である。どの段階で、どういう請求項で分割するかとか、本来のエクスパティーズが活躍する場はいくらでもある。

しかし、それでは差別化しにくいと思ったか、私は弁理士だから契約書が書ける、技術系を大学を出てエンジニアの経験があるので技術が分かるなどと安易にいうと、また私は眉に唾をつけたくなる。なぜなら、契約書を書くのは民法に詳しい弁護士とか、練達の法務部員であって、弁理士はその本分でない。もし契約書が本当に得意なら、長年企業で契約書レビューを担当してました、とかきちんと背景を話すべきである。資格と経歴だけでスキルを信頼させようとしてるとしたら、それが通用するのは、相手が素人のときだけである。

要するに、私が言いたいのは、専門家が専門家を助く、のではなくてはならず、汎用コンサルタントは、せいぜいが専門家が蛸壺に嵌らないように見張るだけである、ということである。

もう一点蛇足を付け加えると、守りの駒は美しいのである。どういうことかというと、知財は一歩引いて、経営を陰で支えていくのが本分で、それこそ守りの知財は美しい。情報・電気業界では、98%の特許出願は、権利になっても、ライセンスにも侵害訴訟にも出番なく虚しく権利満了する。それでいいのだ、無用の用なのだ。そこから隠然に滲み出てくるものが知財の価値なのである。見過されてこそ花である。

電車空間

user-pic
0

前に電車通勤にも書いたが、私は必ず座るために、よほど急ぎでなければ、朝新宿から三鷹に行くのに、中央線でなく総武線に乗る。

そして、閑散としてきた電車の中で本を読んでいると、ふと隣にいる若い女性が気になった。旅行用のハードケースを前に置いているのだが、なんか上を向いて寝ている。もしかして海外旅行からの帰りで、時差疲れなのかもしれない。それを見て、心の中で、ああ~っ、と叫んだ。

どういうことかというと、こんな若い女性の寝姿を間近で見るなんて、その女性と相当に親しい関係か、あるいは、こういう電車の中だけであると悟ったからである。もちろん会社のオフィスでもこんなことはない。

もしかして君は、閑散とした電車の中で、いくらでも席が空いているのに、どうして君はそんな女性のそばに座ってままなのだ、何か下心があるのか、と聞くかもしれない。

もちろん私に下心などあるわけがない。そんなものはとっくに涸れている。私は単に読書に夢中で、周囲の席が閑散としてきたのに気付かなかっただけである。それにしても、と私は思った、電車の中は、特殊な空間なんだと。それを私は電車空間と呼ぶ。

そうなのである、別にあられもないわけではないが女性の寝姿に出会えるし、混んでいると若い女性と密着して座ることができる。公園のベンチで、見ず知らずの女性と密着して座ることができるだろうか。

君は電車の中でしょっちゅうそんなことを考えているのかと、君は聞くか。何度も言うように私の下心は涸れ果てている。私は砂漠のような心で、電車空間に溶け込んでいる。

実は単に、私にとって電車空間が妄想の場である、というのに過ぎないのである。そして私にとって妄想というのは、空想とか想像と同じ意味で、イマジネーションを羽ばたかす止まり木なのである。これもつまらない世の中を面白く生きるための一つのテクニックなのだった。

洪道場

user-pic
0

NHK杯の将棋トーナメントに続いて、囲碁トーナメントを観ていたら、依田九段の対戦相手として、洪清泉二段が出場していた。洪二段は、韓国でプロ修行して、日本に来てアマチュアのタイトルを取った後、入段して関西棋院に所属しているが、有名なのは、洪道場で、有力なプロを複数人養成している。

有力なプロとして誰がいるかというと、平田智也、藤沢里菜、一力 遼、姚 智騰。こんな若手が四人もいるのはすごい。一力 遼(今は七段)については、囲碁の若手でも述べたように期待のホープであり、藤沢里菜は言うまでもなく最年少女流プロである。

洪二段は、トーナメントプロなのであるが、一番の目標は歴史に残る囲碁の指導者になりたいということで、おそらく囲碁を打つことも然ることながら、教える方に才能を感じているのだろう。

洪道場の門下生たちは一様に、先生は優しくて面倒見がいいというのだそうである。これはもう法則と言ってよいと思うのだが、沢山いいプロを育てた師匠はみんな優しくて面倒見がいい。そして、弟子のことを自分のことより優先して心配したりする。

将棋でも、すぐれた指導者として定評がある森信雄七段も同様である。いくら多数の弟子を育てても、育成者がタイトルホルダーの棋士より高く評価されることはまずない。そして、欠点の法則により、育成する才能と棋士としての才能がいささか逆相関の関係にあるので、育成者はトーナメントプロとして二流に終わる覚悟がなくてはならない。

しかし、冷静に考えると、一流棋士を育成することは、一流の実績や棋譜を残すことより価値が低いとは限らない。このあたり、人生の矛盾である。

育成と並んで、別の観点から重要なのはよき解説者である。この観点で私は、囲碁・将棋界を通じて、勝又清和六段以上の解説者を知らない。あれほどの微に入り細を穿つ、私にさえも分かりやすい解説を他に知らない。私は、これが大学なら差し詰め、名講義と話題になり、名物教授になるであろう。しかし、解説の才能も棋士としての才能と逆相関にあり、勝又六段はC級2組で、降級点をとっている。

囲碁界の方が将棋界よりも優れていると思うのは、そういう才能の多様性に寛容であることである。これが囲碁の若手が将棋よりも活躍している一因でもあると信じる。

以前に、「アニマルスピリット」ジョージ・A・アカロフ, ロバート・シラー, 山形 浩生訳、東洋経済新報社という本を、池田信夫氏のブログの紹介で買って、読んだことがある。趣旨は確か、経済学というのが、人間の投資本能みたいなものを鼓吹することで活気づくというものだったような気がするが、何しろ、経済小説にも書いたように、社会科学の本の内容は、あっという間に忘れてしまうのだから、始末におえない。

それで、私がここから書くことは、それと関係があるようなないような話で、私のように投資に興味がなく、ビジネスにリスクを全く取らないような人ばかりから世間が構成されているとしたら、そもそも投資というか資本主義そのものが成立しないだろうとある友人に話したら、まさにそうであると同意された。

実際、私のような人間だけから構成される社会ではそもそも誰も株を買わない。株式会社さえ成立するわけがない。しかし、社会というものは誰かがリスクを負わなくてはならないわけで、典型的には軍隊が、民間人の何倍もの死のリスクを負って活動している。私が日本国防衛のリスクの何ほどかを自衛隊の人達に担ってもらっているとしたら、資本主義の投資のリスクを、例えば投資会社のビジネスマンや民間の投資家たちに担ってもらっているわけで、まるで神に祈るように、そういう人達に感謝する時間を一日に少なくとも何分かもつ必要があるだろう。

別の観点からは、私は若い頃からナンパということが苦手で、親の勧めで渋々お見合いしてなんとか結婚した次第であるが、世間でナンパし、それに応じる若い男女というのも、アニマル・スピリットの発露として実に好ましい。なぜなら、そういう人達がいて、やがてカップルをつくり結婚してくれないと、子孫が増えない。もし世間が私のような男(女でもよいが)だけからなっていると、放置していてはなかなかカップルにならない。多少は互いに恋心を抱いても、シャイなのでそのままで、事情により自然に遠ざかったりする。

なので、私のようにアニマル・スピリットが乏しい人間は、それこそ分を知ってひっそりと生きていくべきなのだった。それなら私のような人間は現世で不要かというと、そこは身贔屓でいうのだが、こんな非アニマル・スピリット人間にも、決して司祭のように生きるという意味ではなくても、固有の存在意義はあるのだろうと思い、日々ではないにしてもときどき考えたりする。神は私のような人間にも何かのミッションをお与えになったに違いない。

一方で、顧みると、私が心配する必要なんて全くなく、この世でアニマル・スピリット人間に事欠くことはまずありえず、いろいろな愛憎や欲望がぶつかり合い、せめぎ合い、資本主義というよりももっと広い意味で、この世のダイナミズムを醸し出している。

そこに不正も犯罪も社会コストとして起きえるのであるが、警察であれ、裁判所であれ、監督機関であれ、弁護士であれ、ヤクザであれ、アニマル・スピリットはそういう人達に巨大な食い扶持を与えている側面もある。なので別の意味でも、アニマル・スピリット万々歳なのである。

この文脈でいうと、以前に、ある女流作家が自分は生きていて二次方程式など一度も使ったことないので、数学など不要といったと紹介したが、それなどもまさに、フリーライドしているだけなのである。すなわち、その女流作家が非数学的に文筆業に励んでいる間に、別のエンジニアたちが、二次方程式といわず、微分積分、線形代数、確率過程などを駆使して航空機を設計し、金融リスクを計算している。そういう活動なくしては社会的活動は維持できないのに、自分の狭量な数学への偏見を振りまわすとはもっての他で、寧ろ、それで済んでいることに感謝すべきなのだった。

それは私が、高い買い物をして景気促進することの効果を、好奇心あふれてリッチな購買層にフリーライドしているのと同じ論理なので、少なくとも一日一分くらいはそういう人達に感謝してもバチはあたらないだろう、ということなのだった。

5月のある号の週刊将棋をみていて、PonaXの特別販売という広告があった。電王戦で、ポサンザがPonaXとして製品版として発売されるという放送があったので、もともと興味をもっており、この際買ってみるかと、重い腰を上げて、インターネットで注文した。

折角なので、PonaXだけでなく、囲碁ソフトの天頂の囲碁5がついて19000円というセットで買うことにした。そんなにお買い得感はないのだが、この際囲碁ソフトもほしかったというのもある。

それでパッケージが届いたので、導入してみた。導入する際に気づいたのだが、意外にも媒体はDVDではなくCD-ROMで、しかもシリアル番号を入れろだの、オンライン・サインアップしろだの、面倒なことを一切言ってこない。いや、天頂の囲碁5ではシリアル番号を求められたが、それとてもオプションだった。

そうやって導入はすんなり終わったのだが、PonaXでいきなりつまづいた。なんと、対戦画面が起動できないのである。パッケージに同封してあったメモをみると、どうもこれは初期不良らしくて、すでに修正モジュールがWebにあるらしい。

そこで修正モジュールを当てたのだが、やはり起動できないので、とりあえず立ち上げ直してみた。するとなんとか起動できた。そこで、肩慣らしに一番弱い1級というモードで指してみたのだが、1級なんてとんでもない、いくら指しても負けてしまう。

まあBonanzaにも全く勝てなかったので、全く以外ではなかった。折角なので天頂の囲碁の方も試してみようと思い、一番強い5段というモードにして、自称囲碁は弱い二段の私は、3子置いてみることにした。

そしたら結構いい勝負になって白熱してきた。しかしやはり勝てない。石を置いているので、当然に中盤まで優勢なのだが、ちょっと気を許すと、こちらの弱い石の目をこっそり奪ってくる。そして気づくと一眼しかない。

結局、7連敗してやっとお情けで1番勝てた。これでいけると思ったら、また連敗して、5連敗してやっとまた1番勝った。本当に私の囲碁が二段なのかあやしくなってきた。

ここでPonaXに戻ろうとしたのだが、またもやPonaXの対戦モードが起動しなくなった。修正モジュールは当てたのにと、耳を澄ますと、PonaXを終わってもずっと、PCのファンが動き続けたままである。ははぁ、と納得した。これはPonaXのバグなのである。すなわち、PonaXはそのプログラムを終わっても何か計算するスレッドを走らせ続けたままなのだった。CPUが虚しく酷使され続けている。それが走っているとPonaXで再度対戦できない。

実際、PCを立ち上げなおすと、PCのファンは止まり、私は急に冷静になって、やっとPonaXから1勝を勝ち取った。あれっ、Bonanzaより弱いじゃん、と思った。ともかくPonaXはそのプログラムを終わっても何か計算するスレッドを走らせ続けたままなのはバグなので、開発者に通知しておくことにした。といいいつつ、まだしていない。

ここで振り返ってみると、相当にアバウトな言い方であるが、私の将棋の棋力とPonaXの強さと、私の囲碁の棋力と天頂の囲碁5の強さの相対的な差はだいたい同じくらいかと思った。そして、おそらくであるが、囲碁の段位の甘さに鑑みると、天頂の囲碁5の棋力は、私の将棋の棋力程度であろう。すなわち、どこかの比較的大きい会社に囲碁部というのがあれば、そこで強豪として社内に知られる程度であるが、県代表には届かないというレベルで、世間にはごまんといるだろう。

それで根拠のない確信は、私の将棋の棋力は、棋書を読んだり、詰将棋を解いたりしても、今から上昇させるのは極めて困難で、下手するとさらに落ちる可能性が結構あるだろうということである。

一方、囲碁の方は、何年かかるか分からないが、地道な努力により、天頂の囲碁5の棋力であるアマ五段程度にはいけるのではないかという私にしてはえらく楽観的な確信がある。まあ、私の気まぐれな性格に鑑みると、相当に怪しいともいえるが。

もちろん囲碁も将棋と同様に、あるレベルを超えると強くなることが異様に難しくなるが、私が目指しているのはそんなレベルではない。しかも囲碁はなぜか、将棋よりもモジュール化した勉強が可能なようで、これが将棋だったら、今の年齢でアマ二段だったら、アマ四段程度になるのは、ほとんど無理かもしれない。将棋の内藤九段も以前にそういうことをおっしゃっていた。

ここまで書いたとき、PonaXの発売元のマイナビからメールが来た。なんでもプログラムに不具合があったので、パッケージを着払いで返却して戴きたい。代金は返すという。なんとも、と思った。パッケージを着払いで返却するためには、簡単でも梱包して郵便局までもっていかなくてはならない。それより、修正パッケージを再度送ってくるのが筋だと思った。ともかく、PonaXの開発チームは基本的なバグをもったまま出荷した。根本的なミスであり、ちょっとこの信用を回復するのは大変だと思った。折角電王戦の大将のソフトだったのに、残念である。

弱面

user-pic
0

弱面は、よわもてと読み、私の造語でなくて、強面(こわもて)の逆の意味で既知の用語のようであるが、私は少なくとも何かの本で使われているのをみたことはない。ちなみに、手許の広辞苑には、この単語は載っていない。ところで、弱面ったあ、誰のことだ、あたしだよっ、というのが、もう流行らない、ピン芸人、にしおかすみこ流の決まり文句なのだった。

それにしても、自分の弱面には、いつもながら文字通り弱ってしまう。我儘な人達の我儘を咎められもせず、言いなりになっていつも損している。大阪にある会社に入ったときは、たまたま友人が研究部門にいたので、実験室に行って友人と雑談していたら、私と明らかにウマがあわない研究主任が、お前、○○病院(そのあたりで有名な精神病院だった)にいったほうがええんちゃうか、と馬鹿にしたように言うので、どういう意味ですか、と言い返した。

あれっ、その会社でそれなりに地位のある人に、新入社員の分際で言い返すとはなかなかいい根性ではないか。本当に弱面なのだろうか。

いやいや、本当に私は弱面なのである。そもそも、普段何か不満があってもじっと黙っているし、そういう私の態度をみて、相手はどんどんつけあがる。そうやって私の人生で何人が私を甘く見て、うまく利用しただろう。そういう相手に私はほとんど仕返しをした記憶もない。

剰え、私の味方であるはずの周囲の人達も、いくらなんでも、あの状況で言い返さないのはおかしいだろう、男がすたるだろうとまで言ってくる。それはなにかい、私を励ましているのかい、それとも叱咤しているのかい、何にしても私は余計落ち込むだけではないかと内心一層むかつくのだが、依然として何も私は言い返さない。

そんな私だが、外資系の会社にいるとき、部門がこのままでは駄目になると思い、たまたま米国出張があるタイミングで、担当副社長にアポイントメントをとり、米国で会って直訴した。それは一度ならず二度もあった。普段私に偉そうにいっている強面の周囲の誰も、そんなこと一度だってしたことはない。

すると私はやっぱり強面なのかというと、やはり違う。私が言いたいことは、私が本当は強面なのである、ということではなくて、弱面でいいではないか、ということなのである。逆の観点で、自分でいいたいのは、本来弱面なんだから、そんなニューヨーク出張の話なんか引き合いに出さなくて、老子流に弱面に徹すればいいではないか、ということである。

実際、私の人生の失敗は、弱面路線から俄然強気になったときをその淵源としている。実は、上記副社長との面談も、却って私の人生を暗転させただけだった。

まあ言い訳だが、人生は不思議なもので、弱面だと将棋でいえば、駒をボロボロ取られていくような目に遭うが、不思議に人生のバランスを失うことはなくて、それなりに形勢は均衡を保っている。もしかして渡る世間に鬼はなし、か。

ともかく、まあいいではないかという弱面も、人生の最悪の戦法ではない、実は私は案外したたかなのだ、と誰も言ってくれないので、自分に言い聞かせて、例によって何が言いたいのかっぱり意味不明なのであった。弱面の、弱面による、弱面のためのステートメント。なんなんだよ?

自分で言うのもなんだが、私は世間の平均より少しだけ記憶力はあるのではないかと思う。なぜなら、ある人と共通に経験した昔話があったとして、その人と話すと大抵、私の方が細部まで記憶しているからである。

将棋が好きな人は大抵、局面をイメージ的に記憶する能力に長けるが、私は大抵の棋友と比べても、過去に指した局面を思い出す能力でそんなに遜色があったことがない。こんな記憶力をみて、私のことをあまり知らない人は、そんなに記憶力がいいなら、試験だって強いよね、と半ば真面目な顔して言われたりすることがあるが、すると私は苦笑して、いやぁと誤魔化すよりない。

そんなとき私が思いつく言葉は、能力の随意性である。あまり一般的な言い方ではないが、意味は自明であろう。すなわち、分かりやすくいうと、普段の練習ではそこそこ力が出せても、肝心の時、あるいは本番で力が出せないのである。

いや、私の場合、その言い方もあまり正しくない。肝心だとか、肝心でないとか関係なく、いつ能力が発揮されるかは、私の意思と結構無関係だったりする。それで、私の能力なるものは、寒いので他人から借りている外套みたいなものかな、と思ったりする。すなわち、私の意図とは関係なく、他人の思惑で、外套は引きはがされてしまう。

将棋でもそういうことがあって、私はもともとはあまり強くないアマ四段程度で、都内の将棋クラブで吹けば飛ぶよな程度の強さであるが、それこそ何年に一回か、私の意思とは無関係に、突然アマ名人レベルに強くなり、それで、遠藤正樹にも勝ったことがある。その棋譜は、棋友に見せたところ絶賛されたが、いかんせん、その後全く続かない。

すなわち、記憶力であれ、将棋の棋力であれ、放射性物質の崩壊のように気まぐれに能力が発揮されるだけなので、こんな人間が間違っても、何かの分野で卓越することはありえない。それで私は、多様な能力のポートフォリオみたいなことも考えたりする。

以前に私は、読書のWDMという記事で、読書の無色性(achromaticity)などと書いた。それはまさに、特定の分野に特化すると弱みが出てくるという自分の能力の欠点を無意識のうちに知って、補おうとしているのかもしれない。

あと、小粒の才能の集積体であるということは、才能間がクロストークするというか、リミックスが生じて、独特の味を出すこともある、ということである。私が書く数学関係の記事は、決して深くはないが、独自の味を出せているものもある。それだけでなく、普段の文章にも数学的思考が隠し味になっている。

こうしていよいよ私らしくなってきた。すなわち、何がいいたいのかさっぱり分からなくなってきたのである。

あと、どうしても分からないことがある。それは、才能のドライバは何か、ということである。欲なのだろうか、リビドーなのだろうか、そして私は本質的に欲が足らないのだろうか。確かに私が異様に生に執着していないのは確かである。ただ、そんなに死にたいわけでもないのも確かなのだった。

特許査定

user-pic
0

最近、昼休みに、自分が前の会社にいる間に書いた明細書の特許出願の審査経過をみてみた。前の会社を辞めるときに、自分の書いた明細書の特許出願の出願番号リストをもってきたわけではないので、特許データベースで出願人検索して、あとは発明者の住所の欄をみたりして、一件一件、自分が書いた明細書かどうか確認してマークしていった。

私は2006年に管理職を降りて、2013年7月に辞めるまで、確か約140件程度の特許明細書を書いた。実は10年も管理職をして実務から離れていたため、特に基礎研究所の情報処理技術の難解な発明の明細書をきちんと書ける自信は全くなかった。しかし、自分を鼓吹して逃げることなく、ときどき難解すぎて頭痛になり、2~3日寝込んだりしながら、なんとか特許明細書を書いたのだった。

さて、件数を集計してみると、現時点で公開になっているのが111件で、そのうち66件が特許査定になっており、いかなる意味でも権利を放棄した案件は一件もなかった。これはある見方では、66勝0敗ということで、まあまあの戦績だろう。

しかし、ベテラン特許実務家の人は、ある程度進歩性がある発明を扱うなら、鎧袖一触、特許査定にできなくてはおかしいというだろう。まさにそうで、ある程度以上のレベルの人が明細書を書けば、誰でも66連勝は容易というか、当たり前である。

そのことを一層容易にしたのは、私が扱った発明は、ほとんどがアルゴリズムものだった、という事実である。それは逆ではないか、アルゴリズムの発明だと理解が難しいので、なかなか記載要件をみたす明細書は書けないのではないかというかもしれないが、実は数式をもちいたアルゴリズム発明は、審査官にきちんとした発明であるという印象を与えやすいので、却って特許になりやすいのである。

それだけではない、数式を駆使した明細書は、審査官から、正しく記述されているだろうと善意の推定を得やすい。それは、数式を駆使した明細書をきちんとチェックしようとすると、数式をじっくりみて理解しなくてはならないが、それは審査官にもハードなので、善意の推定をしてくれる、という次第である。

さらに言うと、情報処理分野の発明は、特許出願であれ、論文であれ、絶対に小保方さんが受けたようなチェックを受けることはない。それは、情報処理分野の発明が、STAP細胞より理解が容易というわけではなく、幹細胞の分野の発明に比べると、多少根拠があやしい発明であっても、社会に対するインパクトがあまりないので、見過されるということである。

それが証拠に、インターネットの初期の時代、外内の発明であるが、インターネットで使われる基本的アルゴリズムの発明の中間処理を担当したところ、異様に厳しい審査に遭ったことがあった。結局、社会的インパクトが少なくなる程度まで特許請求の範囲を縮減しなくては許してもらえなかった。そのあたりの事情は後で、ある事情通の弁理士先生に教わった。

この分でいくと、66連勝といっても、もしかして結局毒にも薬にもならない発明だったのか、と考えるとあまりうれしくない。

あと、審査の易化ということもある。というのは、特許事務所もそうなのだが、特許庁も今、出願件数の激減に苦しんでいる。明らかに手数料収入が減っている。それで、出願人に甘い顔するために審査を易しくしているという噂がある。そう考えると、昔の審査の厳しい時代なら、66連勝のところ、50勝16敗でもおかしくなかったかもしれない。実際、これは流石に拒絶査定だと諦めたのに、特許査定をもらった案件が何件かあった。

まあ私としては、たった140件程度の箱庭のような件数の特許出願たちの行方を見据えるとしよう。できれば、審査未請求取り下げだけは避けたいが、私がその会社を去った以上、最早どうしようもないのであった。

電車通勤

user-pic
0

電車読みの続きであるが、還暦近くなってかなり長い時間を電車通勤するのはちょっと辛いので、なんとか楽をしようとする。

まず、朝き早く起きて各停に乗ることで、100%座れる。例外なしである。しかし、新宿から三鷹に行く場合は、中央線がかなりの確率で座れなくて、それはまあ仕方ないと思っていた。

しかし、灯台下暗しで、渋い好手を発見した。それは、新宿から中央線でなくて、総武線に乗ることである。すると、三鷹行きなので、ちょうどよい。快速でないといっても、大久保と東中野に余分に停まるだけで、追加の時間は数分程度で、これがなんと、100%座れるのである。

帰りも時間の余裕があると、三鷹発の千葉行きという総武線に乗ると、始発なので必ず座れる。あと、上記に灯台下暗しと言ったのは、総武線のホームが小田急線から乗り換えたときの直近なのである。こんなに近い乗り換えで却って気が付かないのであった。

そして新宿からの帰路であるが、以前は、必ず座るために、地下ホームに降りて、各停に乗っていた。しかし、時間がかかりすぎるので、相模大野行の急行に乗ることにした。すると当然ながら、早くに並んで待つ必要がある。最大、25分くらい待つ必要があるが、本を読みながら待っていると特に苦痛ではない。

ところが、先日の帰路、急行に乗って思わぬことがあった。すなわち、早くに待ったので、一番先頭に並ぶことができ、それで一番隅の席に悠々と座った。それから一気に混むのだが、立っている人に対してそこはかとなく優越感を感じたりして、自分はあまり上等な人間でないと改めて思っていると、目の前に若い女性が立って、スマホを熱心に見始めた。ところが、ミニではなくて膝より少し下くらいのスカートをはいていて、そのスカートが座っている私の膝を覆うようなかたちになり、私の膝に女性の膝が当たるほどになった。それでも女性は下がらないというか、満員電車で下がれないのである。

そういう状態が妙に刺激的で、私は困り果てた。下手に動けないし、スカートを手で払えない。そして、つい女性の膝を触りたいような衝動にかられた。そこでふと思い出した。前に外資系の会社に勤務しているとき、プロジェクトのリーダーだった優秀なSEが、電車で痴漢して、退職金ももらえないで辞めさせられたことがあった。そして、もし本当に仕事のストレスが溜まって疲れているとき、今の状態なら、自分は無事ではないよね、と内心苦笑した。

幸い私は大して切羽詰まった仕事しているわけではないので、大したストレスが溜まっているわけではない。そして自制心が発動して、ともかく目を閉じて眠ったふりをすることにした。その間にさらに、若いお坊さんが未亡人に誘惑されて、なんとか振り切ってお寺に戻ったという話が今昔物語にあったよね、と思い出した。私が遭遇している状況とはかなり違う。

そうやって夢想(妄想?)しているうちに電車が成城学園前に着き、目の前の女性が降りたので、なんとか虎口を脱したのだった。全く、これは逆セクハラではないか、と考えたりもした。

ま、そんなこともあって、電車通勤ライフもなかなか彩りがあるのだった。ちなみにこれを将棋用語で、アヤがある、という。似て非なる言い方にアヤをつける、というのがあって、これは将棋用語ではなく、由緒正しいヤクザ用語なのだった。

自宅には、ほとんどネットサーフィン専用のように気軽に使っているXPパソコンであるレノボのThinkPadがあり、Windows XPで述べたように、サポート期限が過ぎてしまっても、とりあえずはXPパソコンをネットサーフィン用に使い続けてきた。

しかし、いかにXPの危険性をあまり過大視していないにしても、いつまでもXPを引っ張るわけにもいかないので、自宅のそばのコジマ電気にちょっとパソコンを覗きにいった。そしてパソコンをみて、いまいち高いなあとつぶやいていると、いると店員がやってきて、もっと安いのがありますよと案内されたのが、ASUSのパソコンである。これは今までヨドバシあたりでよくみかけて、安いんだけどもどうかな、と思いつつ、スルーしていた。

で、説明を聞いていると、ディスプレイが外れて、タブレットとしても使えるというので、スマホコンプレックスがある私は逆に、タブレットもいいかと思ってしまった。いままであんなにスマホだのパッドを敬遠してきたのに、である。それでつい衝動買いしてしまったのが、ASUS T100シリーズである。それも、Windows 8.1、メモリ2GB、ディスクがSSDで32GBというかなりエントリモデルなのだった。なお、ASUSは、英語読みでエイサスかと思ったら、エイスースなのだという。エイがつくと、ついエイサーを思い出す。どちらも台湾メーカで、もう10年以上前から、台湾のPC=高性能という刷り込みがあるので、ASUSもデフォールトで信頼してみた。

まあともかく、Windows 8.1なので、適当なガイド本として「できるWindows 8.1」インプレス・ジャパンというのを買い、あと一台に一本の必需品、ウイルス・ソフトとして、ソースネクストのスーパーセキュリティを買った。

するとまず、Windows 8.1の初期画面の大きな四角が何個も並ぶインターフェースで戸惑った。つい、ロータスノーツかと、分かる人にしか分からない突っ込みいれた。

あと、セットアップした直後にうっとおしいのは、Windows Updateが嵐のようにやってくることである。一度入れて立ち上げ直すと、また時間差でやってくる。一方で、インターフェースが不慣れなので、ちょっとトイレに行くのもどこにあるのか分からないというような、知らない家にいるモードで、ガイド本に首っ引きだったりする。

少し慣れてくると、なぁんだ、Windows 8.1とは、Windows 7のデスクトップ環境に、パンダの被り物をかぶせただけか、とちょっと高をくくった。本当はそれだけではないのだが、ちょっと自分を安心させようとした。

また、困ったのは、着脱可能なディスプレイをキーボードに装着した際に、結構な頻度でキーボードが認識されないことだった。これは初期エラーかと何度も悩み、サポートセンターに電話することさえしたのだが、結局、キーボードのコネクタにきちんとディスプレイを嵌合していないのが原因だった。全くもう、これは機械的な欠陥ではないのかと愚痴をいってみたが、単に私が不器用なだけなのかもしれない。ともかく、自分の不器用さには何度呆れても、呆れすぎることがない。

こうしてほぼ8時間くらい要して、なんとか使えるようになった。普通はこういうパソコンのセットアップというのは、だいたい1週間くらいかかるものなのだが、それは古いパソコンのデータを移行したり、沢山アプリを入れたりするからである。今回はとりあえず、追加でfirefoxだけを入れて、ブックマークをインポートしただけである。

で、感想としてはASUSもWindows 8.1も、使い勝手は悪くないのだが、自分のパソコンの理想から次第に遠ざかっているという思いは否定できない。といいつつ、じゃ、その理想って何なのという自問に答えられないのであった。

決してチェ・ゲバラがフィデロ・カストロに対してそうだったとは思わないが、血の盟約でともに闘ってきた仲間も、一旦功成ると、最早不要になるというか、仲違いするという例は歴史で、枚挙の暇がない。

そして、自分をチェ・ゲバラに喩えるまでの不遜さを私はもたないつもりなのだが、それでも、ささやかな自分の半生をふりかえって、あれはなんだったのだろう、と回想することはときどきある。

例えば、大手特許事務所にも書いたように、私は外部特許事務所管理にかなりの時間を費やしたが、それ以外にも予算管理、外部翻訳業者管理、IT管理など、大抵のインフラ的なところを担当したので、まさに時間がいくらあっても足りないような状態であった。

そういう状態は、ある意味自分の存在感を確認できるので、不愉快ということはないのだが、何しろ忙しすぎて、ほとんど自分の時間をもてない有様で、誰か代りをやってくれるなら、いつでも大歓迎だった。そうして本来やりたい特許実務に専念できるなら、それは誠に幸いである。

そう思っていたら、あるとき、米国人の上司から、渡り船のような申し出があった。それは、ある事業部が会社から切り離されて独立するので、そこの特許の仕事を担当しないか、というものであった。部門のインフラを一から作ってきた私は、守備範囲が広く、そういう役割が適任とみなされたらしい。

それを聞いて私は、天にも昇る気持ちになった。なぜなら、日々膨大な雑用に振り回され、同僚の管理職たちからもさらに雑用を押し付けられて、うんざりしていたからである。ここを離れてまた一から、今度は、自分がしがらみなく、しかもやりたいように、仕組みを構築できる。おそらく、ボリビアに最後に向かったゲバラの気持ちもこうだったのかもしれない。

ところが、その願ったりの人事は結局、握りつぶされてしまった。おそらくであるが、同僚管理職が、私がいないと代わりに膨大な雑用を追うことになり、それはあまりにも辛いので、米国本社に上訴したのだと推察する。

また雑務に引き戻された私は、半分ふてくされながらも、それなりに熱心に役割を果たした。一応、責任感は水準のレベルだろうとは思っている。

そうやって長年管理職をやったので、ようやく降ろしてもらえる日が来た。普通、管理職からの降格というのは辛いものなのかもしれないが、ある意味私ほどそういう日を待ち望んだ人もいないかもしれない。もともと根っからの実務屋なのである。

しかし、管理職から降りても、依然として私はインフラ的雑用に関与し続けた。もしかして雑用の量はあまり減らなかったかもしれない。それでいて管理職でないので、予算権限もなくなった。まあ、それは仕方ない。

で、私が苦労してインフラを作ってきたので、後任の管理職には、私の仕事をベースにして(ベースにしなくてスクラッチからでもいいのだが)、新たなインフラを構築してほしかったのだが、依然として私に依存してくるので、私は元管理職として先輩面して、いろいろとうるさくアドバイスした。もちろん言うからには、それなりに汗もかいたつもりである。

私にアドバイスされるのは愉快ではなかったようだが、とりあえず私のヘルプなしでは回らないのであからさまに文句はいわれなかった。私の方としても実務に専念したいので、そんなにうるさい先輩を続けるつもりもあまりなかった。

しかし、と私は何度も感じた。部門を本当に運営するという観点で、私が取り組んできた姿勢と比べて、無責任すぎると感じた。こうして私は次第に、抵抗勢力化していった。

それでも、自分なしでは部門のある部分は回らないので、とりあえず定年までは会社に居れるだろうと楽観していた私は、すっかりソ連共産党の歴史を忘れていた。例えば、「赤軍大粛清」ルドルフ・シュトレビンガー著、守屋純訳、学研によると、スターリンは、トハチェフスキー元帥以下赤軍最高幹部八人を粛清し、このことはソ連軍の著しい弱体化につながり、その結果、ソ連軍は後のバルバロッサ作戦で、ドイツ軍に大敗を喫するのである。一体スターリンは何をしていたのかということになるが、その答えは明らかで、スターリンは何よりも保身のことを考えていたのだった。国家より我が身、その究極の保身主義だったのだが、こんな例は極端にしても、ふと、煙たさはすべてに優先して忌避されるという、あまり筋のよくない格言が浮かんだ。そして流れるバックグラウンド・ミュージックは、なぜかダウンタウン・ブギウギ・バンドのスーモキン・ブギ。曲の軽快さと、現実の重さのチグハグさがなんとも小気味よい?のだった。

以前から知り合いに聞いていた、遭難したマレーシア航空と、ディエゴ・ガルシア基地の関係であるが、日刊大衆の5月29日の記事に掲載された。以下、引用しつつコメントする。

3月8日に、北京を目指しクアラルンプールを離陸、消息を絶ったマレーシア航空370便。失踪からすでに2か月以上が経つが、その行方は依然不明だ。
「現在もオーストラリア、中国を中心とした国々による捜索が行われているが、規模は縮小されている。うち(海自)もP3-C哨戒機を出していたが、先月末に捜索を打ち切った。はっきり言って万策尽きた感がある」(防衛省関係者)
事故発生以降、衛星、巡視船、海軍艦艇、潜水艦、各種航空機を用いた合同捜索が行われたが、成果は"機体残骸らしきもの"を衛星がとらえた程度。
つまり、まったくの成果なしなのだ。

そこまでは、既知の前提である。

事故から3週間が経過した3月末に、ロシアの国営ラジオ放送『ロシアの声(旧モスクワ放送)』が、興味深い報道をしている。
〈マレーシア航空のボーイング機は米国に捕まえられ、ディエゴ・ガルシアの米軍基地に着陸させられたとの浮説が流れている〉

私がディエゴ・ガルシア基地とマレーシア航空機の関連性の記事を読んだのは確か、リチャード・コシミズのブログだった。そこには、マレーシア航空機に乗っていたIBM社員がスマホで撮影したというディエゴ・ガルシア基地の様子が掲載されていた。

「ロシアの声」によれば、米国は、370便に搭乗していた研究者のチームに目を付けたという。
〈彼らは中国の研究者だった。最近彼らは飛行機を100%見えなくする技術で特許を取っていた〉

そんな理由で研究者を拉致するなんて、いまどき北朝鮮でさえそんなことしないだろう。いくらなんでも牽強付会ではないか。

ディエゴ・ガルシア島の北にあるモルディブ諸島の住民の多くが、370便が失踪した当日、「超低空飛行で南に飛び去る旅客機」を目撃している。
機長の自宅にあるフライトシミュレーターからは、同島の滑走路のデータも発見された。

すると、マレーシア航空機の機長がスパイだったのか、ということになる。

全く別の話題であるが、私が気になっている別の記事は、張成沢生存説である。例えば、下記のような記事である。

2014年5月6日、仏AFP通信の報道によると、米プロバスケットボールNBAの元スター選手、デニス・ロッドマン氏は米誌・DuJourの取材に応えた際、処刑されたと伝えられている北朝鮮のナンバー2だった張成沢(チャン・ソンテク)氏が処刑されなかったと発言した。7日付けで環球時報が伝えた。
報道によると、デニス・ロッドマン氏は、「私が今年の1月に北朝鮮を訪問した際、メディアはすでに金正恩が張成沢を処刑したと伝えていたが、私は確かに彼の姿を確認している」と発言。記者は同氏の発言に驚きを見せ、すでに北朝鮮当局が張成沢氏の処刑を発表していると指摘したが、デニス・ロッドマン氏は「彼は私の後ろに立っていた」と強調した。

この記事といい、マレーシア航空機失踪といい、世界の情報が結構錯綜していることを垣間見るためのよきサンプルである。ちょっと眺めただけでこのような情報のほつれが目に付くということは、過去何千年もの間に集積された歴史的事実なるものの信憑性も如何に、と思ってしまう次第である。

私は学生として福岡に5年間いたが、なにしろ旅行があまり好きではないので、九州内の旅行といえば、学生将棋大会で熊本に行ったり、合宿で九重に行くくらいだった。そういえば鹿児島にも一度学生将棋大会で行ったような気がする。

しかし、もし観光の好きな人がいたら、絶対に外さないのは長崎であろう。なにしろ、オランダ人がいた街があったり、出島があったり、市内には観光名所が沢山ある。それで、大学時代の後半のあるときに、将棋部の仲間で長崎に旅行しようということになった。実を言うと、将棋部の他の仲間から、長崎に行くけど、お前も来ないかと誘われたのだった。私は内心はあまり気が進まなかったのだが、断ると仲間外れにされそうな気がして、仕方なくついていった。

ところが、長崎に行ってみると、意外だったのは、街の雰囲気がとても暖かいのだった。心から歓迎してくれている感じがある。これと似たポジティブな感じは、後に静岡に行ったときもそうで、実は私は、長崎と静岡以外に、あまり暖かい感じを受けたことがない。旅行好きならいろいろ行くうちに自分に合ったところを発見するのだろうが、自分の出不精にも困ったものである。

さて、なぜ長崎に行ったかというと、観光の名所ということもあるし、当然ながら将棋部の部員に長崎出身の人が複数いた、ということもある。そういう人がいると、当然に詳しいので、いろいろ案内してもらえる。

そんな長崎出身の部員に、私よりも3年後輩のS君がいた。そのS君が入部してしばらくして話してくれたところでは、彼の実家は、ゴールデン思案橋というレストランだという。場所は当然に、長崎市の繁華街の思案橋にある。みんな、へぇ~と軽く叫んだ。私は頭の中で、コロラティーノの名曲「思案橋ブルース」が響いた。

そして長崎にいって、いろいろ観光しているうちに、S君がみんなをゴールデン思案橋に招待してくれるという。ラッキー。行くとS君のお父さんだというオーナー支配人が出てきて、息子がお世話になってます、と挨拶してくれた。こちらは学生なので、まともな挨拶もできないが、ともかく、ゴールデン思案橋で鍋か何かをごちそうになり感激した。ビールも一人一本くらい出たような気がする。

ゴールデン思案橋は何階建てかの立派な建物で、感心していると、後でS君に聞くと、自分は後を継ぐ気はないし、親もそれを期待していないという。S君は一人息子なので、すると、ゴールデン思案橋は有限の時間のうちに終わってしまうことになる。勿体ないと思ったが、仕方がない。

そのS君は、われわれ貧乏学生が安アパートに住んでいるのに、高級な鉄筋マンションに住んでいた。なんでも、ゴールデン思案橋の福岡事務所に扱いだといっていた。税金対策なのかなんだか知らないが、なんともリッチだと羨ましかった。それで妬んだ、というわけではないが、将棋部の仲間は、将棋部の部室で将棋を指して、何人か集まると、S君のマンションに無断で押しかけていくのだった。チャイムを鳴らしてわれわれを顔をみたS君は、比較的忙しい工学部機械学科に所属しており、ええっ、学校の課題があるのに、と文句をいいつつ、いつでもわれわれを部屋に入れてくれた。そして、始まるのはいつもトランプゲームのナポレオンである。最下位になった人が降りて、交代でスコアをつけて、これが朝まで盛り上がった。われわれが朝過ぎても帰ろうとしないので、S君は「課題があるのに、もう、犯された~」、とか過激な表現を使って嘆くのだが、そういうことにとりあうほど、みんなナイーブではない。

そんなS君は、勉強しない人達の集まりである将棋部では例外的に優秀で、なんと国家公務員の上級試験に受かり、科学技術庁に入った。そして確か一貫して、原子力関係の仕事をしていた。東京でOB会があると、必ずきてくれて、エリートなはずなのに会うと昔のままだった。もともとS君は童顔で、しゃべり方もせっかちでどうみても立派にはみえない。

あるとき、S君と会ったときだったか、もうゴールデン思案橋は閉鎖してしまったのだと聞いた。思わず、思案橋ブルースの♪夢は捨てたのさ、今のこの夢♪というメロディーが頭の中で響いた。

ところがそれよりももっと驚いたことがあった。去年だったか、なんとS君が亡くなったのだという。確かにもともと、会うたびに顔色がよくなかった。私はあのゴールデン思案橋でのこととセットでつい追憶に耽った。人生が虚しいことは知り抜いているつもりだが、それでもつい、天を仰いだ。

前にも書いたような気がするが、Windows 7に移行してから、私が使い慣れたBorland C++ Builder 3.0が導入できなくて困った。ともかく、完全に導入を拒否されるのである。そこで、手許にあったBorland C++ Builder 6.0を導入してみたところ、これはなんとか導入まではできるのだが、開発環境で、ボタンなど画面オブジェクトを追加しようとすると拒否されてしまう。それで、今まで作成したソースコードをBorland C++ Builder 6.0で開くと、一応上位互換なので、コードの最低限のメンテナンスはできる。

こんな状況を続けるのもどうかと思い、去年の9月に、Borland C++ Builderの後継である、Embarcadero C++ Builder XE4を購入して、自分のWindows 7パソコンに導入した。ところが、開発環境のインターフェースが違いすぎて、とまどいが大きかった。インターフェースはともかく、もっと困ったのは、Borland C++ Builder 6.0に対してもソースコードレベルの互換性が低すぎることだった。すなわち、私が10年以上も前にBorland C++ Builder 3.0で書いたコードは、Borland C++ Builder 6.0上で全く問題なくコンパイルできるのであるが、その同じコードが、Embarcadero C++ Builder XE4上では、すさまじいまでの数のエラーメッセージとともにコンパイルエラーとなってしまう。もちろん私は、Embarcadero C++ Builder XE4が準拠しているという最新のC++の規格である、C++11の本も買って、なんとか対応させようとソースコードを書き直す努力をしてみた。

すると、そこで学んだことに基づき、ちょっとした箇所の修正で、エラーの件数はかなり減った。これはなんとかなるかと楽観して、コードの修正を続けたのだが、どうしても解消しきれない数箇所が残り、淡泊な性格もあるのかもしれないが、私は既存のソースコードを、一部シンプルであまり互換性を気にしなくていいコードを除き、Embarcadero C++ Builder XE4に対応させるのを諦めた。そして、私の古いXPパソコンを維持し続けることにした。そこではなんとか、Borland C++ Builder 3.0も動く。

こんな状況に一種敗北感を感じながら、ネット検索しているときたまたま、秀丸の開発環境という記事に出会った。2006年頃のもので、そこには、秀丸の作者の斎藤さんが、いまだに古い開発環境である、Visual C++ 5.0を使っているとあった。これはなんと、1997年に出されたものである。作成したコードが、古いOSやパソコンの上でも動くようにと古い開発環境を維持しているとのことだった。なるほどと思った。

また最近、勤務先でライセンス条件の理由で秀丸が使えないので、代りに使っているTeraPadについても、開発環境について調べてみた。すると、なんとBorland Delphi 3, 4, 6を使い分けているようであるが、Delphi 3は1997年、Delphi 6でも2001年に発売されたものなので、やはり古い開発環境である。

それで改めて考えてみたのだが、古い開発環境を使い続けるというのは確かに、作成したアプリが古いOSやマシンでも動くようにする、という意味もあるのだけれども、慣れもあるのではないかと思った。というのは、開発環境というのはプログラマにとって手足のようなものであって、新しい開発環境に移行して操作の互換性だけでなくコードの互換性もなくなるとすると、それに適応するのは相当苦痛であろう。

あと、古い開発環境だと当然に、その後出た新しいOSのAPIの機能など使えないのだが、実はWindows 95レベルのAPIでも随分豊富な機能が取り揃えられており、APIオタクの私は、Windowsの古いAPIブックを眺めて、その圧倒的なAPI関数の機能に茫然というか陶然としていたのだった。実際、それだけあれば大抵のことはできるのである。

しかし、OSメーカー(ほとんど、それはマイクロソフトの代名詞である)は、古いOSをそのまま使われ続けては商売あがったりである。それでどんどん新しい機能を盛り込んだOSを出す。

しかし、OSメーカーよりもっと辛いのは開発ツールのメーカーで、なにしろOSやオフィスソフトに比べて、あまりに少ない本数しか売れない。プログラムを職業であれ趣味であれ書く人なんて、世間のほんの一部だからである。

そこでまず、古い開発ツールを新しいOSには導入できなくする。1本あたりの値段を上げる。次々にバージョンアップする、など開発ツールのメーカーの苦労が窺える。

さて、いくら開発環境のツールのメーカが腐心しようとも、古い開発環境で作成したコードが新しいOSで動かないようにはなかなかできない。そこはOSメーカーの領分だが、そこまでばっさり過去のレガシーを切っては、特に古い業務アプリを使い続ける要請のある企業などがそっぽを向く。

で、私も、当面、プログラムを書くメインのマシンを古いXPパソコンにし続けることにした。そう思ったら、ついにWindows XPの期限切れの問題が出てきた。

私は喧伝されているその脅威をあまり深刻には考えていないのだが、そうはいっても、踏み台になどされたら目もあてられないので、とりあえず自分の古いXPパソコンは、ネットワークから切断した状態で使うことにした。もともと無線LANでつないでいたのだが、繋ごうと思っても繋げないように、無線LANアダプタそのものを抜き去った。内蔵型でないからである。

こういうのは私のコンサバな性格としては嫌いではないのだが、果たしていつまでこの調子で引っ張れるのだろうと思う次第である。

人間関係

user-pic
0

以前に友達で、「どこにいっても友達ができる」みたいに豪語?したことがあったが、最近になって、そうも言っていられないかな、と思い始めていた。

というのは、その記事を書いた当時は、まだ30年近く勤務した外資系の会社にいて、メールやチャットのやりとりをする知り合いが結構いて、少なくとも知り合い不足に陥ることはなかったからである。

ところが、去年の11月に別の会社に再就職してみたものの、気軽に飲みに行くような関係になる人は未だにできていない。おそらくずっと無理かもしれない、と最近思い始め、上述の自信は次第にフェードアウトしていった。理由はいろいろあるが、60歳近いという年齢もあるかもしれない。

そして、結構親しいつもりでいた、以前に勤めていた会社の知り合いも、私が別の会社に再就職すると、時間が経つにつれて、微妙にメールのやりとりにもよそよそしさが漂うようになったきた。要するに、同じ環境に属していることから得られる雰囲気というか情報を共有できないからである。あえていうなら、昔流行った太田裕美の「木綿のハンカチーフ」の歌詞のようなものか。まあ、私には涙拭く木綿のハンカチーフはいらないが。

こういう環境の違いからくる途絶というのは、仕方がない。例えば、互いに独身で仲がよかった友達も、向こうが先に結婚し、あるいは私の方が先に結婚するなどして、知らない間に合わなく(まさに、会わなくでもある)なっていった。

ただ、若い頃は比較的、入れ替わり立ち替りいろいろな人が現れるので、人間関係の儚さをあまり感じることがなかったが、最近のように他人との関係が次第に薄くなっていくとそれを意識し始めた。

関係の切れ方も、どちらかが引っ越すとか会社を変わるなどしてなんとなく会わなくなるパターンと、あるとうでもいいようなきっかけで、そのまま別れて二度と会わないパターンもある。例えば、若い頃、ある親しかった友人と渋谷で会い、友人は見たい本があるので、新宿の紀伊国屋に行って一緒にみないかと提案した。私は、ちょっと早く帰りたかったので、また今度にしようといったら、何か心の中でカチッと音がしたような気がした。そして、その友人とはもう二度と会わなかった。その後、互いに会いたいとも思わなかったのか、連絡もしなかった。なんとも不思議である。

私は実はそういう別れのモードに敏感で、ある意味敏感すぎるのかもしれない。例えば、あるお見合いで、私は気に入ったのだが、どうみても脈がなさそうで何もそのあとアクションをとらなかったら、そのまま終わってしまった。しかし、後で聞くと、向こうは私からアプローチがあるのを少しだけ期待していたそうで、こういう駆け引きが私はあまりにも苦手である。

そういうメンタリティなので、私はストーカーのようなやり方も全く理解できない。すなわち、大阪にいる頃、ある恋愛の達人と話したとき、恋愛とは押しの一手なんだそうである。それで、まあそういうならと駄目かもしれない人に、無理やり何度か押してみたとことがあるが、全く埒があかないので、やっぱり駄目ではないかと引き下がった。虚しさが募った。ところが大阪から東京に転職することになって、急に会ってお別れを言いたくなった。それで、会ってくれませんか、と連絡したら、奇跡だと思ったのだが、指定した喫茶店になぜか来てくれた。でも私は、「では、さようなら」としか言えなかった。あまりにも恋愛初心者なのであった。

そして、私がストーカーが理解できないという理由は、待ち伏せするなど、手を尽くして無理やり強引に会っても、相手が嫌がっているなら交際は成立するわけがなく、無意味ではないかという、合理的な、あまりにも合理的な理由による。むしろ、ストーキングは、嫌悪感を増大させるだけだろう、という次第である。

戻って、以上のような経緯で、私の交際範囲が次第に減っていくことはほとんど必然である。以前の楽観的な時代には、付き合う相手はなんとか見つかるだろうと高をくくっていたが、最近になるといよいよ、趣味にすがるしかないかな、と思い始めた。趣味というのは将棋である。すなわち、将棋道場にいけば、とりあえず誰かに口をきいてもらえて、時間も共有できる。もしその将棋道場が社団戦などに出場するなら、よほど強力なメンバーがそろっていない限り、私だって出れるだろう。そうしたら、一日の対戦結果を肴に飲みにいって会話に花も咲くだろう、そう思って今更のように将棋を勉強し直しているのだった。

前にブログで書いた、ハーディが療養中のラマヌジャンを見舞った件の計算をパソコンにやらせている間、私のVAIOのファンがやけに大きな音をたてているのに気が付いた。もともと、私のVAIOは、ThinkPadと違ってあまりファンの音がしない。

そこでふと気づいたことがある。昔、Windows 98を使っているときだったか、単純だが時間的には連続する足し算のような計算を延々とやらせたら、CPUの使用率がほぼ100%くらいまで跳ね上がったことがあった。

そこで、上記の計算をさせている間、デスクトップ・ガゼットのCPUメータを起動してみたところ、CPUの使用率は25%だった。あれっ、100%になるんじゃなかったっけ、とよく考えてみたら、Windows 98はノンプリエンプティブなマルチタスクで、特定のタスクがCPUリソースを独占できるが、Windows 7は言わずと知れたプリエンプティブなマルチタスクなのであって、同時並行に走る他のタスクの手前、特定のタスクには25%以上のCPUリソースをOSが提供しないのだと思った。

その25%の使用率でも、CPUはかなり発熱するのだろう。そして、その温度を検出して、冷却するためにファンが自動的に起動されるのだろう。そう思っているとなんとか計算が終わった。I/Oアクセスを伴わないCPUに閉じた計算なので、直ちにCPUが解放されるのかと思ったら、少し遅延時間がある。すると、CPUの使用率は一旦5%に落ちて、それから1%にまでなった。

よく考えたら、大抵のパソコンは科学技術計算のようなことはしていないのだから、CPUのリソースが酷使されることはほとんどない。すると、大抵はCPUの使用率は、ずっと1%のままということになる。ああ、これがなんてったってアイドルなんだとやっと理解した。

しかし、おかしいのは、アイドルのとき、ファンは騒がないのである。アイドルじゃないとき、ファンは何が辛いのか呻き始める。私は、わけわかんない~と女子高校生のように叫ぶのであった。気持ち悪いか。

名人戦が終わって間もないが、また羽生対森内のタイトル戦が始まった。第1局は、森内の先番。

どんな戦型になるかと思ったら、羽生の横歩取り。しかも、85飛でなく、84飛と引く。それも最近は結構ある。そして、玉は52、それも結構ある。ところが羽生は、流行の72銀でなく、62銀から72金。なんと内藤の時代に逆戻りではないか。

内藤の時代は空中戦といって、84飛を使って、86歩と合わせて76歩を狙ったりした。しかし羽生は全く新しい感覚で、73銀を64銀と出ていく。

すると、後手玉は41でなく52なので、どうしても21角の含みが生じる。それで羽生はやむを得ず25歩と止めるのだが、どうみても陣形は先手がしっかりしている。剰え、後手の飛車は追われて14に蟄居させられた。そして、先手の飛車を58に転回して、薄い羽生の玉頭を狙うと流石に先手がいいのではと思ったら、検討陣のプロは難しいとか、羽生の方が少しいいのではというが、私にさっぱり形勢が分からない。

終盤も綾が一杯で、森内が77金を76金でなく86金と出たのが微妙によくないのではということだったが、このパターンは名人戦から一貫している。

どういうパターンかというと、昔からある形なのだが、微妙に違っていて、結局前例がない手将棋、それでよく分からないけど、羽生がいいとはいえない。しかし、研究将棋でないせいか、森内もとまどい続ける。

こういう裸一貫の局面が続くと、羽生の終盤力が少しだけ森内を上回るようである。そしてこの将棋も、微妙に羽生が森内を、マラソンでいえば、競技場のゴール手前で抜き去った。

こんな、ありそうでなさそうな局面なんて、将棋には掃いて捨てるくらい沢山あるので、羽生は次の第2局も選ぶ戦法に苦心することはない。こうなったら森内、開き直って飛車でも振るか。

そういえば、森内は今、本格的に不調のようである。というのは、王座戦の佐藤伸哉六段戦で、森内がオーソドックス矢倉の後手番になったのだが、伸哉が持ち時間2分まで考えて頑張っていたのに、森内は持ち時間2時間半も残し、それでいて中盤の急所であまり時間を使わず指した手が悪手だった。これはまさに不調の証拠で、やはり名人戦4タテのショックから癒えていないようである。いくら敗戦を糧にできる不屈の性格といっても、回復には時間がかかりそうである。

もう10年以上前になるが、会社の同じ部門に所属していたけど、今は独立している若手弁理士と二人で飲んでいて、何かの文脈で、次のように言われたのにびっくりしたことがある。それは、私はあなたとは違う別格のエリートなんです、というものであった。

その理由は、私が弁理士の資格をもたないということよりもむしろ、学歴なのだった。すなわち、彼は京大理学部から東大大学院に進み、大学院にいる間にたった1年で弁理士の資格をとった。目から鼻に抜けるような秀才というのは、こういうような人のことを言うのだろう。

ただ、基本的に礼儀正しい後輩なので、私との信頼関係でそこまで言ってよいと思ったのに違いない、互いにかなり酔っていたし。もちろん私も、なんということを言うのだと怒ったりしなかった。まあ確かにそうだよね、と静かに頷くだけである。これは私のコンフォーマルな性格の発露なのだけれども、このキャラクタのせいで、私は世間でいう秀才といわれる人達と安心して付き合うことができる。

そして、単にコンフォーマルであるだけでなく、私も科挙的メンタリティというかパラダイムを共有しているからだ、と今更考えたりする。

科挙的パラダイムが何なのか今更説明する必要もないと思うが、あえて蛇足の説明をすると、あるステータスを与える試験を定義しておいて、それに合格すると一生そのステータスを享受できる、というパラダイムである。

その試験は一般的にペーパー試験であり、家柄や個人的信条など問われない。また、一般的にかなりの労働集約的勉強をしないと合格できない。もちろん、世間にはいろいろな人がいるので、大した努力もしないで難なく合格できる少数の人達がいて、それは別格であるとして一層尊敬される。

その試験に合格するとラベル付され、ラベルのない人とは別の路線を進むことになる。一般的にそれは特急と言われ、ある職場では、ラベルのない人が20年かかって、一部の優秀と目される人だけが就ける地位に、ラベル付された人は、ほとんど例外なく3年で就けたりする。

ラベル付された人は、科挙的パラダイムにおいては、スキャンダル耐性も高い。その典型は、海軍乙事件にみることができる。すなわち、海軍においてラベル付されたエリートである福留中将は、過誤により超重要機密書類を米軍に渡してしまうという、軍事法廷的には最高レベルのミスを見過ごされて、第二航空艦隊司令長官という要職に任命された。おそるべき人事であるが、場合により、ラベル付された人のミスがラベルのない人に責任転嫁されてしまうこともある。

科挙的パラダイムは、変化の激しい時代には当然に弱まる。なぜなら、時代に必要とされるスキルと、科挙的パラダイムでラベル付されるスキルとの間にずれが生じるからである。

しかし、どのように時代の流れが急になっても、科挙的パラダイムは、評価ファクタとなりえるいろいろなスキル、あるいは要因の一つにとどまり、決して消え去ることはない。なぜなら、支配者階級のほとんどが科挙的パラダイムでラベル付された人達だからである。

ちなみに、科挙的パラダイムに並列して評価ファクタになりえるのは、容姿、閨閥、実家の資産、追従能力、芸術的能力などいろいろある。

科挙的パラダイムが世間で意外に根強いのは、科挙的パラダイムでラベル付けされた人達がもつ能力が、並列する評価ファクタと正の相関があったり、ほとんど相関がないことはあっても、明確に負の相関があるといえる場合が少ないからである。例えば世間で、エリート官僚なのにイケメンで、詩作の能力もあるということはざらにある。そういう事象は科挙的パラダイムを補強することになる。

そして、科挙的パラダイムに深いルサンチマンをもつ人達は、そこそこの知的才能をもちながら、あと一歩で科挙的パラダイムを享受できなかった人達である。それで私が一番に思いつくのは、ポル・ポトである。教養人だったポル・ポトは、なぜか他の知識人たちに深いルサンチマンをもち、権力を握ると、知識人たちを諸悪の根源として根絶やしにしてしまおうとした。そのせいで、今のカンボジアでは、基礎的な大学レベルの数学を教える人材にも事欠いて、日本のある数学者がわざわざ講義しにカンボジアに招聘されているという。もしかして、毛沢東下の文化大革命もそうなのだと思われる。

疑似教養人という意味ではポル・ポトに似ているかもしれない(誤解なきようにいうと、似ているのはそこだけである)私は、科挙的エリートにルサンチマンを抱いたことがないとはあえて言わないし、それを克服できているとも思わない。しかし私は、自分のルサンチマンに過度に餌付けしてはいけないということを知っている。

適度にルサンチマンを是認しつつ、科挙的パラダイムもある程度是認するという微妙なバランスの下で私は生きている。妙な野望が枯れつつある今となっては、あまり微妙でないかもしれないが。

経済小説でも述べたように、「小説 金融庁」江上剛著、講談社文庫を読んでみた。すると、意外にも面白くてたまらず、一気読みとなった。なにしろ、帰りの電車で読んでいたら、目的地の駅に着いても読み終わらず、つい、目的地の駅のベンチに座り、最後まで読み終えたほどである。

「小説 金融庁」のストーリーはある意味単純で、主人公である松嶋哲夫率いる金融庁の検査官のチームが、いかにも問題がありそうな大東五輪銀行に検査に入るというとのやり取りを描いたものである。

単純でないのは、松嶋哲夫の実弟の直哉が、大東五輪銀行の実質的な権限を握る倉敷専務の側近で務めるからで、すると、哲夫と直哉は互いに、深い葛藤を抱えることになる。

さらに、単純であるとかないとか全く関係なく、この小説に圧倒的なリアリティを与えていることがあって、それは、この小説が、実際にあったケースを忠実にモデルにして描かれていることである。私のつたない知識では、大東五輪銀行=住友銀行である、というものだが、果たして正しいだろうか。

ともかく、住友銀行の磯田会長がそのワンマンぶりで中興の祖と呼ばれたように、小説における大東五輪銀行の倉敷専務は、実質的権限を握り、松嶋哲夫率いるチームに真っ向から対抗していく。

しかし、強引な経営により、大東五輪銀行は叩けば埃が出過ぎであり、しかも、いつも冷遇され続けている大東銀行からの内部告発も出てきて、そこを哲夫に突かれて、倉敷は一旦は苦境に陥る。

それでも強気一辺倒の倉敷は、経済産業省やその他のキャリアとのコネを駆使して、側面から金融庁を揺さぶりにかける。哲夫たちはそれにたじろきながらも、原理原則を路線からぶれず、淡々と厳しい査定を下す。

その淡々ぶりに一旦は安堵して勝利したかに思えた倉敷なのだが、果たして、というのがこの小説の結末なのだが、それは伏せておく。

前にも既に書いたような気がするが、奨励会からC級2組に昇段して、いわゆるプロに認定された棋士の成績が二分している。あまり好きではないが、分かりやすさのため、あえてダイコトミーを用いる。C級1組以上の棋士は除く。

まず、勝ち組:

  • 永瀬拓矢六段、通算勝率0.713
  • 千田翔太四段、通算勝率0.750
  • 阿部光瑠四段、通算勝率0.646
  • 八代弥四段、通算勝率0.625
  • 石井健太郎四段、通算勝率0.727(局数が少ないので参考)

次に、負け組:

  • 上村亘四段、通算勝率0.425
  • 竹内雄悟四段、通算勝率0.419
  • 三枚堂達也四段、通算勝率0.375(局数が少ないので参考)

ちなみに、千田翔太四段は、王位戦リーグ紅組で、広瀬に敗れたものの、森内、澤田、豊島、行方という超脂っこいところを撃破して紅組で、広瀬と再度、紅組優勝決定戦を争い、見事広瀬を破った。その将棋の内容がまた実にユニークで、横歩取りなのに、後手で飛車を82に引き、52金と指し、全くみたことのない戦型となった。それから銀冠にしたが、攻め合いで千田が少し不利になった。しかし、終盤の広瀬の一手の緩手をついて抜き去った。相当に半端でない若手である。ただ結局、木村八段に敗れて、王位の挑戦はならなかった。

戻って、昔の高橋や郷田など、C級2組にいても活躍する棋士というのはそこそこいたので、そういう意味では珍しくないのだが、C級2組に上がっていきなり、勝率が5割を切ったり、降級点を取る棋士はいただろうか。と思って調べたら、藤倉勇樹、熊坂学、本間博などがいた。なので別にこういう2極化も珍しくないのであった。

そういえば、もう引退した桐谷七段の例を思いついた。桐谷七段は、広島県の高校時代、県でもトップクラスの秀才だったという。広島県には開成レベルの進学校はないが、それでも、広島大付属、広島学院など、東大に2桁合格する高校が複数ある。すると棋士としては大成しなかったがおそらくは、桐谷七段も東大に進学して高級官僚の道も目指せたのではないだろうか。まあ、そういう発想が私の俗っぽさなのであるが、私はこのことから次のような仮説を提示する。

すなわち、将棋の若手プロとしていきなり鳴かず飛ばずの成績を取る人は、単に他に偉大な才能があり、才能のミスマッチである、というものである。これは、欠点主義の補題でもある。もともと、将棋のプロになれたというのは、あるレベルの強い地頭を保証している。

なので、将棋の若手プロとしてあまり勝てない人は、才能をカウンセリングしてもらって、他の有力な分野に転進した方がいいような気がする。

といいつつ、将棋連盟ホームページの現役棋士 通算成績で、対局数が100局以上の棋士について集計してみると、勝率5割以下の棋士は全体の25%なのであって、この人達は、白星を貰うより与える方が多い。これは笑点流にいうと、今日も座布団と白星を運ぶ山田君ということになる。そういう慈悲にあふれる棋士は、貴重なのであった。

有名な話なので、いろいろな本に載っているが、例えば、「夭折の数学者・ラマヌジャン 無限の天才」ロバート・カニーゲル著、田中靖夫訳、工作舎の295ページに、病気療養中のラマヌジャンを、ハーディがお見舞いに行った場面がある。

そのときハーディはラマヌジャンに、「今日はロンドンから乗ったタクシーのナンバーが1729だった。つまらない数字だったね、特に縁起が悪いわけでもないけど。」と言うと、ラマヌジャンは、「そんなことありませんよ、1729は2つの立法数の和で2通りにあらわされる最小の数ではありませんか。」と答えたのだという。それでハーディは驚嘆したのだった、どうしてそんなことをラマヌジャンは瞬時に分かるのだろうと。

実際、下記に示すプログラムで計算すると、
1729 = 13 + 123, 93 + 103であることが分かり、それより小さい数字はこの条件をみたさないので、確かにこれが2つの立法数の和で2通りにあらわされる最小の数である。

この本の著者は、ラマヌジャンがその場で計算したのではなく、以前にノートに計算して記憶にあったのだろうと推察する。おそらく、2つの立法数の和であわらす暗算はできても、最小性とか2とおりとか、瞬時に分かるとは思えないからであろう。

ちなみに、同じ条件をみたす次に大きい数は4104、次に大きい数は13832、次は20683と結構疎らである。タクシーのナンバーが1729でなく4104だったら、確かにつまらない数ですね、2つの立法数の和で2通りにあらわされる2番目に小さい数ですものね、とラマヌジャンが応えれば面白いのだが、流石にそれはありえないだろう。これは、トーナメントで、優勝した人だけが記憶に残って、準優勝以下は忘れ去られるのと同じ原理である。

また、37000000くらいまで見た範囲では、2つの立法数の和で3通りや4通りにあらわされる数はなかった。当たり前であるが、N =an + bnのような式は、任意の自然数nで解をもつが、2とおり以上の解があるかという問いに対して、俄然難しくなる。

ところで、この本にはないが、別の本によると(多分、森毅の本だった)、ハーディはラマヌジャンに、それでは2つの4乗数の和で2通りにあらわされる最小の数は何かと聞いてみたらしい。すると、ラマヌジャンは、少し考えて、複雑すぎて分からないと応えたそうである。

実際、下記のプログラムを少し変えて、2つの4乗数の和であらわされる数の計算に変更してみたのだが、少なくとも500000000までの数で、2つの4乗数の和で2通りにあらわされるという条件を満たすものはみつからかった。道理でラマヌジャンをもってしても答えられなかった訳である。


#include <stdio.h>

int IsCube(int x);

int main()           {
	
int a,b,d,i,k;
d = 0;

for ( i = 8; i < 100000000; i++  )  {
 a = 1;
 k = 1;
 while ( a * a * a <= i )  {
   if ((b = IsCube(i - a * a * a)) > 0 )  {
    if ( a <= b )    {
       if ( k == i )   {
        d++;
       } else            {
        d = 1;
       }
     printf("%d = %d<sup>3</sup> + %d<sup>3</sup> : %d\n",i,a,b,d);
     k = i;
    }
   }
   a++;
 }

}

return 1;

}

int IsCube(int x)
{
int n = 1;
int m;
 while ((m = n * n * n) <= x )   {
   if ( m == x ) return n;
   n++;
 }
return -1;
}

このアーカイブについて

このページには、2014年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。