2014年7月アーカイブ

日曜日は、10時からNHK杯の将棋を観て、その後12時からNHK杯の囲碁を観て、そのままテレビをつけていると、日本の話芸になる。

先日観ていると、その番組として出ていたのは、桂米丸である。私が子供の頃から知っているので、随分なお年のはずであるが、果たして膝を悪くしていて、正座できないので、椅子に座って落語なんて、情けないと恐縮していた。

そういえば昔、升田幸三が体を悪くして、椅子で対局させてくれないかと連盟に申し出て、受け入れられないので引退したことがあった。桂米丸が許されているのだから、升田も許されるべきだった、と今更思う。

ところで、年をとると大抵老人は膝や足を痛めて歩くのに難儀する。そういう年になると頭もボケているのだが、桂米丸は矍鑠としたものである。で、話を聞いていると、その年になっても新作落語を創るのだという。そのためにいつもノートを持ち歩いていて、アイデアを思いつくとすぐに書き留める。そうしないと、あとで思い出そうとしても大抵思い出せないというのを聞いて、落語を面白ろがるのとは少し違う意味で笑ってしまった。

というのは、私がこのブログのネタを考えるのと全く同じだからである。落語家のネタと私のブログでは、あまりにも重みが違うが、アイデア出しという意味では、ノーベル物理学者のアイデアだって違わないのだと、敢えて言っておく。違いが出てくるのは、アイデアをどう料理するかというところなのである。

そこで私がアイデアとして思いついたことがある。それは、老人ボケを防ぐ決め手が、このアイデア出しなのではないか、ということである。実際、この程度のブログでも、ネタを思いつくのはそんなに自明ではない。

というと大変かというとそうではなくて、構えず自然体でいるとアイデアは降ってくるのだが、実は微妙に不安な気持ちでいる、というのが重要である。あまり精神的に安定しない方がいい。

ここからが私のスピリチュアル的な考察なのだが、精神の健全性は、どこかしら精神的な世界とつながっていることが必要なのではないか。そういう世界からエネルギーのように流れてくるものしてアイデアもある。なので、アイデアを考えるという行為が、精神的なエネルギーを浴びることになる。

アイデアに対して一番有害なのは、安泰感であろう。例えば、私の出身の島で、T大法学部を出て広島県庁に入ったという、まさに安泰の人生を送った人がいたが、定年後、どうしようもなくボケてしまって、うちの父も会話が成立しなくて困っていた。それは勿論、T大出身であることが問題ではなくて、そこに安住してしまったのが悪かったのである。

これは私が前に聞いた旅の者にも通じる。

そしておそらくであるが、アイデア出しは、精神だけでなく健康にもいい。囲碁の橋本宇太郎は、毎日のように詰碁を創作していて、それが新聞に載っていた。そして87歳で亡くなるまで現役を通した。少なくともボケとは無縁だった。

アイデア出しは、短歌でも、俳句でも、ブログのようなエッセーでもいい。当然に作曲でもいいし、戯曲でも小説でもいい。作品の質は問われない。これがボケ防止の決め手なら、簡単でいいのではないだろうか。

久々に読売新聞の科学欄に基づき書いてみる。今回は、クリプトビオシスということで、乾燥しても生き続ける昆虫の話なのだった。

クリプトグラフとは暗号文のことであるが、単にクリプトという接頭辞は、隠れたとか、秘密の、などの意味のようである。すると、クリプトビオシスとは隠された生命活動という意味となる。

クリプトビオシスの具体例としては、アフリカ大陸の半乾燥地帯にいる蚊の仲間の昆虫であるネムリユスリカの幼虫が挙げられる。その幼虫は、通常は岩の上のわずかな水たまりに生息し、通常は2~3週間でさなぎになるのだが、水が干上がっても縮こまって眠り、数ヶ月生き続けることができる。17年後に水を与えて蘇生した例もあるという。

ネムリユスリカの幼虫は、乾燥に強いだけではない。106度で3時間、マイナス270度で77時間生き、放射能にも人間の数百倍強い。宇宙空間でも1年以上生き続ける。

なぜこのようなことが可能なのかというと、ネムリユスリカの幼虫は、水分が失われると、体内の特殊な糖であるトレハロースが細胞膜を覆って固まり、体を保護する。

クリプトビオシスの別の例として、クマムシがある。クマムシも、高熱でも固まらないタンパク質をもち、100度の高温やマイナス250度でも生き、人間が即死する放射線でも耐えられる。

さらに別の例として、線虫の一種、ヌマエラビルがある。ヌマエラビルは、クリプトビオシスにならなくてもマイナス196度で一日凍結しても死なない。

このような極限生物の仕組みは、将来の宇宙旅行に活用できるのかもしれないが、乾燥しても眠り続ける人間というのはどうしても想像できない。まだしも冷凍睡眠というのは考えられなくもない。

ちなみにトレハロースというのは、でんぷんから合成できて、でんぷんの劣化を防ぐために菓子や麺類の添加物として使われているという。まさか体に塗ったら防寒になるということはないよね。

とにかく、極限生物学はなかなか面白そうである、機会があったら勉強してみよう、とブログには書いておくことにする。

給湯器

user-pic
0

家庭電化製品で必須であるものは、冷蔵庫、電気釜、洗濯機などいろいろあるが、給湯器も間違いなくそうである。

給湯器は、ガスを燃やしてお湯を沸かすので、厳密にいうと純粋な電気製品ではないが、その制御は電気的に行うので、一応電化製品だと思っている。何しろ、スイッチ一つでお湯が沸き、お風呂にも入れるので、とても便利である。私が子供の頃は、薪を焚いてお風呂を沸かしていたので、一時間近くも薪を燃やす必要があった。なので当時と比べて隔世の感がある。あまりにも当たり前であるが。

今自宅で使っている給湯器は、自宅を新築したとき設置したので、もう十数年使い続けているのだが、一度も壊れたことがない。ときどきあれっ、と思ったことはあるのだが、スイッチを押し直したりして、その都度なんとかなっていた。

ところが突然、給湯器が使えなくなった。電源が入って、風呂自動モードにするとお湯張りを始めるのだが、エラーコードを出してすぐに止まってしまう。

仕事から帰ってのんびり風呂に入ろうと思っていたので、とてもがっかりした。それで何度トライしても結果は同じなので、これはいよいよ修理というよりも交換かと思った。

ときどきチラシで入るパンフレットをみていてると、給湯器を交換すると、工事費込みで15万円くらいかかるようで、ちょっと痛い出費である。なので、未練たらしく屋外に設置してある給湯器本体を眺めてみても、まさに完全にブラックボックスで手の出しようがない。

その日は家人がコンロでお湯を沸かしてくれて、それをバケツに汲んで、水で冷ましながらなんとか風呂に入ったが、不便極まりなかった。それでともかく家人と相談して早目に給湯器の業者に連絡して見積もりをとることにした。その間、銭湯に行って凌ぐことにした。駅前にたまたま銭湯があって、まあたまに銭湯に行くのもいいかと、毎日のように銭湯に通った狛江のアパート時代を思い出した。なにしろ風呂もない安アパートだった。

で、次の日、会社で仕事をしていたら、午前中に家人から携帯に電話があって、なんと急に直ったのだという。直った?もしかして速攻で業者がきて交換してくれたのかと思ったら、経緯はこういうことだった。

家人は業者に電話して、早速見積もりにきてもらう予約をした。そこで、向こうの受付の女性がふとこう言ったらしい。すなわち、でもなんか電源を入れ直すと直ることもあるらしいですよ、と。

それで家内は、駄目もとと思い、給湯器の電源をプラグから一旦抜き、差し直すことで給湯器が復活したので、見積もり依頼はキャンセルしたのだという。それを聞いて、ああと、私は嘆息した。私も自宅の給湯器を見に行ったとき、何かリセットスイッチがあるものと思っていた。ところがそんなものは全くないので、がっかりした記憶がある。素朴に電源を抜いて差しなおすというのは、元シスタンとしては、極めて例外的で基本的に禁じ手なので、盲点になったようである。

それで、その程度のことも分からないのかと家内に言われて、ううんと元シスタンは、もともとあまり高くない信頼の程度をさらに下げたのだった。

それにしても、昔聞いた話では、自動販売機のコントローラに使われているOSは、MS-DOSだったことがあるというが、すると、給湯器だって、MS-DOSなのか、Linuxなのか知らないが、何かのOSで走っているはずである。で、電源の差しなおしを要したということは、要するにパソコンで頻発するところの、メモリリークからくるシステムリソースエラーに違いないと推察するのだが、だとしても、14年間もハングしないOSだというなら、きっとLinuxだよな、あるいはTRONかな、と推察してみた。

一方で、そうはいうけど、人工衛星のOS(組み込み機器の場合は、リアルタイムモニタとも呼ばれる)では、何十年も働き続けなくてはならないわけで、OSも特別の頑健性を要する。このあたりどうなっているんだろう、いちいち立ち上げ直すことはできないし、とかいろいろ考えてみる次第だった。少なくとも、工学書読書の一環で数年前に読んだリアルタイムモニタの本には、システムリブートのトピックは書かれていなかった。

なにしろ、電気釜からミサイルまで、組み込み機器制御というのは日常的且つ奥が深いと改めて感じた次第である。

ブレイク

user-pic
0

ここでいうブレイクというのは、壊れるという意味ではない。急に躍進する、という意味である。

例えば、将棋のプロで、中村太地六段は、四段になった直後から有望視されていたが、しばらくの間、成績はいまいちだった。しかし、おそらく大学を卒業したタイミングだったか、俄然勝ち始めて、羽生名人を王座戦でぎりぎりまで追い詰めたりした。

そういうブレイクの例は枚挙にいとまがないが、そういうのを見るにつけ、どういうきっかけで、あるいはどういう理由でブレイクが起きるのか、その都度考え込んでしまう。それは最早私にとって、ブレイクダウンはありえても、ブレイクはありえなないからだろう。

そこでブレイクの現象論のようなことを書いてみようと思ったのだが、アイデアがまとまらないので、仕方なくお茶を濁すために、自分自身の将棋におけるブレイクの経験を書いてみる。

私が大学の将棋部に入部したとき、その棋力はせいぜい初段程度だったろう。高校時代は将棋で無敵だったが、それは単にレベルが低すぎたにすぎない。その程度の棋力だと、大学の将棋部のレギュラークラスの先輩に全く勝てなかった。数えたことはないが、おそらく30連敗はしただろう。それでもなんとかめげなかったのは、私程度の棋力の部員も少しいて、ときどき勝たせてもらえていたからである。

私にブレイクのときが訪れたのは、入部して一年半たった、大学2年の夏頃である。部内の順位戦でA級に昇級した私は、並居るレギュラーを総なめにして、全勝優勝し、部内名人に挑戦した。その名人戦でも2連勝して新名人誕生かと自分でも信じたのだが、そこで力尽きて3連敗し、その後も部内名人に就くことはなかった。

ブレイクの理由は、今でもよくわからないのだが、最初に連敗したことで負けずぎらいの精神に点火され、近代将棋などの雑誌を熱心に読んで勉強しては、先輩との実戦でぶつけ、フィードバックして蓄積した、という平凡なことの繰り返しだった。

そして量は質に転化する、の法則により、ブレイクしたのだと思う。自分でいうのもなんだが、アマとして有段者になれる才能がなんとかあった、ということだろう。

すると、ブレイクというのは、才能をベースとして、努力の量を質に変えるというだけなのだろうか。それでは何も説明していないような気がする。

そこでキーとなるのは、STAP細胞のような辛酸体験ということになる。すなわち、STAP細胞のセオリーが正しいかどうか分からないが、私は細胞自身に、刺激に応じてリセットというか、質的に相転移する性質があると信じている。

辛酸体験は、病気、リストラ、失恋、なんでもいいのだと思う。しかし、辛酸体験に至る間にちゃんと努力の量を積み重ねることは必要で、そうしないと量が質に転化しない。

しかし依然として不透明なのは、ブレイクのシーズたる才能が、あまりにも隠れたパラメータであるからである。普通は才能は、活躍した結果論としかみえない。また、別の隠れたパラメータとして、運ということがある。

戻って、私のブレイクが哀しいのは、その後部内で泣かず飛ばずになってしまったことである。突然順位戦で優勝して思い上がってしまったということもあるかもしれない。

ただ、それも、要するに私の才能が足りなかった、というのが私の解釈である。それにしても、将棋で達成した程度のブレイクも、物理や数学で果たせていないのだ、と思い起こして、落胆している次第である。

私には、読むか読まないか分からないけどとりあえず買っておくという一群の本があり、渡辺容子「左手に告げるなかれ」講談社文庫もそのうちの一冊だった。

ただ、これは一応、江戸川乱歩賞受賞作で、その賞の作品は当たり外れが大きいので、この本はどちらだろうとアマゾンをみると、かなり酷評が並んでいる。なぜかこの場合、その酷評がスパイスとなって私を読書へと誘い、例によってROADMで通勤鞄にADDされた。

ところがページをめくってみると、いきなりストーリーに惹き込まれた。主人公は、八木薔子で、職業は保安士。なんでもスーパーなどで万引きを捕まえた仕事らしいのだが、そういう職業がその名前で呼ばれることを初めて知った。

保安士は、捕まえた万引き者を警察に突き出すこともあるので、警察とも若干縁がある。そんな薔子を刑事が訪ねてきて、なんだろうと思っていると突然、アリバイを聞かれた。

ええっ、私が疑われているの?怪訝になった薔子は、刑事になにかあったのかと聞く。それで次第に分かったのは、薔子の浮気相手の妻が殺害されたのだという。浮気に対する慰謝料を巡る壮絶な裁判があった後なので、当然に薔子が疑われる。

ここで薔子の過去が開示され、それは、エリート官僚の父をもち、名前の通った大学を優秀な成績で卒業し、大手証券会社に入り、女性ながら総合職として期待されていたのだが、上司と不倫関係に陥り、そのことで裁判も起こされ、結局会社にいられなくなり、現在は保安士をして糊口を凌いでいるという次第なのだった。

そこで薔子は、保安士をしつつ、仕事の合間に犯人を探す聞き込みを始めた。すると、コンビニの店主が殺された浮気相手の妻と不仲だったことが分かり、次第にコンビニ業界の内情も絡んできた。

妻よりも飼い犬を大事にするという男も出てきて、みんなそれぞれに問題を抱えるのだが、ストーリーに陰影を与えている。

薔子の住んでいるアパートが中央林間にある、というのも、私には親しみが感じられる。

こうしてコンビニ業界の事情や、様々な人生模様が絡んで、最後まで息もつけないストーリーで、私が今まで読んだ江戸川乱歩賞受賞作の中でも上位の面白さなのだった。

それにしても、戻って、この本のアマゾンの評価の低さは何なんだろう。この本は何気にコンビニ業界の内情を暴いているので、コンビニ業界の人が酷評したのかもしれない。ともかく、アマゾンの評価は単なる参考程度に考えておくにとどめるべきだと改めて感じた次第である。

優雅性

user-pic
0

私がもう10年以上前、知的財産協会の情報委員会の副委員長をしていたときのことである。私はその委員長だったIさんと妙にウマがあって、Iさんが会社の上司ならどんなにいいかと何度も思っていた。

そのとき、Iさんとときどき話していたのは、確かガス会社から来ているNさんだったか、優雅でいいよね、ということである。すなわち、ガスや電気などのインフラを担う会社は、黙っていても定収入が入ってくる。特許侵害という話も基本的にない。なので、そこの特許部というのは特にやることもなくて、毎日のように外部の委員会活動に専念できる、というのであった。

実際Iさんは、日本でも代表的な事務機器メーカーの特許部で特許管理システムの責任者をしており、特にシステム刷新のときなど大童で、そちらが多忙になってくると委員会活動どころではなかった。

一方私はというと、Iさんほど切実な理由は会社になかったはずであるが、ある事情から、あるアジアの部門が閉鎖になると、その事務的対応に忙殺され、やはり知的財産協会の活動どころではなくなった。

それで、惜しまれながらも(それは一応、本当である)知的財産協会から引退したが、意外に私の能力を買い被る人もいて、その後も何度も、委員会の委員長をやってほしいと依頼を受け、その都度、実務が大変なので時間がないと断った。そのとき委員長を引き受けていたら、もしかして知的財産協会の常務理事くらいにはなれたかもしれない。しかし、私はそんな地位に全く魅力を感じなかった。

そもそも私がいた外資系の会社は、決してガスや電気のようなインフラ企業ではなかったが、確かに一時は大型コンピュータでシェアの大きさを誇り、疑似的に優雅な時代があった。それでも、当時の部門長Tさんは、私の上司が銀行などから請われてブームだったビジネス特許のアドバイスに行っていると、そんなことをしていては管理職の役目が果たせないとよく諌めていたものだった。

そんな経緯を知っているので、私は、管理職としてアジアの部門の面倒をみなくてはならなくなると、さっさと外部委員会活動に見切りをつけた。まあ惜しまれて去るのが華である。

一方、景気が悪化してくると、会社の財務状況は余裕がなくなり、部門全体の予算の責任者でもあった私は、最早昔のような優雅さは望むべくもない、とはっきり悟った。

その後も会社の状況は苦しくなる一方だったが、私が管理職を降りたあと不思議なことが起きた。すなわち、ときの管理職たちが忽然と優雅になったのである。

なぜなら、もともと直接会社の業績に貢献しないはずの外部委員会活動の優先順位が最高位に置かれるようになった。みていると週のうち三日や四日も外部委員会活動に出かける管理職がいた。また、管理職自ら、こぞって外部講演や知的財産協会の研修の講師を引き受けるようになった。

はて、いつから優雅な会社になったのだろうと、当時の管理職たちに疑問を呈してみたものだが、時代が違うのだ、今はそうやって名前を売る時代なのだと不機嫌に言われ、応対してもらえなかった。

私が退職した後も、その優雅さには磨きがかかって、一層エスカレートしているという。予算は厳しくなっているというのに、どんなマジックがそこにあるのだろう。

私は今、「道教百話」窪徳忠著、講談社学術文庫という本を読んでいるが、そこには不思議な術を駆使する仙人が出てくる。それで理解したのは、後任の管理職たちは仙人に違いないというものである。そうでなければ、このリーマンショック後の厳しい時代に、あんな優雅さを出現させることができるわけがない。最早私には関係ないにしても、あの優雅さの源泉はなんなのか、といまでも疑問なのだった。

王位戦2局

user-pic
0

王位戦第1局は、信じられないほどの羽生の変調で、挑戦者の木村八段が圧勝だった。

それをプロ棋士たちが評していうには、羽生は森内シフトから木村シフトにチェンジできなかったのだという。確かに、森内と木村では、どちらも受け将棋とはいえ、ニュアンスが違う。ではどう違うのだと自問したみたのだが、どうしても私はそれをうまく説明できない。分かってないなら言うなよな、と自嘲して、王位戦2局をみてみる。

第1局が矢倉で完敗だったので、羽生は後手番で横歩取りだと思っていた。木村八段もは横歩取りが得意なので、きっとそうなるだろうと思っていたらなんと、またしても矢倉。しかも、37銀戦法である。

矢倉37銀戦法も結構広く、森内も木村も、それに一冊の本をフルに投入して、全然記述し尽くせていない。それでどんな戦型にるなのかとおもったら、後手が85歩、95歩と伸ばし、25にはねた先手の桂馬に対して一旦24歩と突き、同角に23銀と打ち、先手の角が引いたとき24歩と打つという、かなり昔からあって、微妙に先手がいいという形に羽生が平然と誘導した。

詳しくは、「木村の矢倉」第3巻、日本将棋連盟刊の135ページあたりをみてほしいのだが、先手が63金と角にあてて打ち、これを木村は、後手が受けきるのは容易でないと評する。

実際私はこの戦型をNHK杯戦でも少なくとも2局はみていて、すべて先手が最後は完勝している。なので羽生が研究があるのだろう。

それにしても、これを負けるとタイトル防衛が黄信号になるこの将棋でよくこんなぎりぎりに戦法を選ぶよね、と思うのだが、そう思うのは素人で、囲碁の井山がいうには、いつも勝負はぎりぎりで競っていなくてはならないのだそうである。なので井山の碁はみていても一手間違えると潰れそうなのばっかりで、それで流石の井山も人の子でときどき読み違えて中押し負けする。碁聖戦の第1局、河野臨に負けたのもそうだった。

その事情は羽生も全く同じで、どんな状況でも楽勝なんて全く目指していない。77手目63金と打たれた後も、平気で25歩と桂馬を取って平然としている。

ところがその後、羽生が80手目42銀と打って辛抱すると、検討陣はもう羽生をもちたいという。単に羽生ブランドなのだろうか。

実際、88手目86歩、同歩、87歩、同金となるともう羽生が優勢なのだという。これってそういう将棋だったっけ。

羽生が自陣の金で先手を角を取りに行く強い受けをしたせいで、知らない間に検討陣は木村が優勢だということにしてしまった。そして119手目の41とで、決まったかと思われたのだが、ますます羽生が開き直って強い受けを続けるので、知らない間に木村が迷路に入ってしまったらしい。

はっと気づくと、羽生がはっきり一手勝ちになっていた。なにかおかしい、やはり羽生マジックなのだろうか。しかし、井山も羽生も囲碁と将棋とで分野は違えど、やっていることは同じだと思った。危機に面しても決してひるまず、きっちり読んで強い手を続ける。まさに王者しかできない指し方なのだった。

生成文法

user-pic
0

中村昇さんの「ウィトゲンシュタイン ネクタイをしない哲学者」白水社を読んで、言語学に対する興味が復活し、それならソシュールあたりに興味が向かいそうなものだが、なぜかチョムスキーに関心が向かい、それで、ちょっと安易なのだが、町田健著、「チョムスキー入門」光文社文庫を読むことにした。

安易という意味は、「生成文法の企て」というチョムスキー自身の本ももっているからである。

ところが、「チョムスキー入門」光文社文庫はアマゾンで随分評判が悪い。例えば、それはマチケンが理解する生成文法にすぎないみたいな批判がある。

でも、私に言わせれば、マチケン流の生成文法の理解で何が悪いと思ってしまう。むしろ私は、自分の理解はこうである、と言ってほしい。これがきっと客観的な理解でございます、なんて言ってほしくないのである。

で、マチケン流によると、生成文法とは、英語の句構造規則をベースにして、それを表層構造ということにして、その表層構造が深層構造から導き出される、ということにする。

人間の心理の奥底にある深層構造を仮定して、そこから、ある生成規則に基づき実際の文章に対応する表層構造が生成される、というストーリーは理論として美しい。

ところが、マチケンは、それを恣意的であると批判する。私もそれに大いに与するのは、外資系企業にいるとき、親しい研究員の人から、言語工学の限界をくどいほど聞かされていたからである。

実は生成文法も、コンピュータサイエンスのオートマトン理論に留まる範囲では至って平和で美しい。そこには一点の曖昧性もない。なぜなら、文脈自由文法など所与の文法を公理として生成された世界だからである。

おそらくチョムスキーも、生成文法を構想するとき、コンピュータサイエンスを範にとったのではないか。それは分かるのだが、言語の曖昧性ということを甘くみたのかもしれない。

マチケンの生成文法批判もまさにその路線である。その批判をかわすために、生成文法の陣営は、Xバー理論、θ理論など委細を尽くす。しかし、どんなに委細を尽くしても、言語そのものの曖昧性が解消されるわけではない。

もちろん、生成文法の理論は無意味ではなく、例えば、コンピュータによる構文解析や機械翻訳などの理論に貢献したに違いない。しかし機械翻訳一つをとっても、自然言語の魔物性に捉えられて身動きできなくなってしまう。

そういえば、米国人のある上司が、英文和訳に機械翻訳を使えと私に指示してきたので、無視していたら、別の人にその推進を振っていた。彼は確か、カリフォルニア大学の電気工学科の出身ではなかったか。自然言語の本質を全く弁えていないと私はただ、呆れていたが、そういう私の率直さは渡世の知恵としては賢明とはいえない。

戻って、マチケンがアマゾンで酷評されたのは、生成文法の徒がコメントを書いたのかもしれない。しかし、私は、コンピュータサイエンスの常識もふまえて、マチケンは妥当であると思う次第である。とはいえ、折角なので、「生成文法の企て」岩波書店にも目を通すとしよう。

学習

user-pic
0

勉強の双対というわけでもないが、学習についてもいろいろ考える。

例えば、以前に機械メーカーにいたときに、どこか外国の会社から特許侵害のレターが来て、返事を書かなくてはならない、ということがあった。ところがたまたま英語を書ける人が部内にいなくて、なぜか私に白羽の矢がたった。

それで、いままで英語でレターを書いた経験のない私は仕方なく、ビジネス・レターの例文集のような本を買ってきて、例文の主語述語を適当に置き換えるようなかたちで、形式上はなんとかレターを作成した。上司に見せたが、これでいいとも駄目とも言わずにそのまま相手の会社に出した。結局、そのレターが功を奏さなかったのは、レターの内容以前の問題だった。

その後も見よう見真似で、例文をコピーしては英文レターを書いていたが、不思議なことに、何度もコピーしていると、少しずつ、オリジナルな文章が書けるようになってきた。この経験はその後外資系に入っても役に立ち、英文メールを書くのにもそんなに不自由しなかった。

このように、地図上に点を打つような離散的な勉強なのに、なぜか間をつなぐような補間したスキルを発揮できる、ということが人間の潜在能力にはある。点が面になる。これは実は、人間の幼児が言語をマスターするのと同じ原理であって、例えば、幼児が母親と交わす会話は、とても卑近な限られた会話だけであるのに、幼児は多様な場面に対応した会話ができるようになる。まさに幼児は誰でも語学の天才である。ともかくこれは、学習の補間の原理である。

このような補間学習能力は、衰退したとはいえ、大人になっても誰にも残っている、ということである。このような離散的な努力が次第につながった面になるなら、例えば、将棋を勉強していても囲碁も自然に強くなってもおかしくない。ある意味似たような棋道だからである。

ところが、将棋に対する努力は、ほとんど囲碁に影響を与えない。すると努力する分野にはドメインがあり、1つのドメインにおける努力は、別のドメインには影響を与えない。これは学習のドメインの原理である。

さらに、学習の反復の原理というのがある。すなわち、受験勉強で、様々な参考書を読み漁るより、一冊を何度も解く方がよいと言われる。私はいろいろな参考書に浮気して失敗した。

あと、丸暗記の原理もある。シュリーマンが採った方法であるが、まとまった文章をまるごと暗記することで急速に語学が上達した。そういえば、プロの囲碁の棋譜を丸暗記させている、囲碁教室もあるらしい。とても有効らしいが、生徒は音を上げているそうである。

また、基礎訓練の原理がある。例えば、将棋において、上達法は、下手に定跡を憶えるよりも、コツコツと詰将棋を解く方が有効だったりする。基本的な努力が全体に及ぶというのは、上記した補間の原理の別の態様なのだろうか。

さらに、学習のドメインの原理と矛盾するようであるが、離れ小島の原理もある。例えば、純粋数学を勉強することで、あまり関係ないような、今まで眠っていたプログラミング能力が呼び覚まされたりする。

多分であるが、STAP効果の原理というのもある。すなわち、細胞が酸による刺激でSTAP化するように(でも、そうなんだよね?)、人間も、九死に一生を得るような経験をすると、超能力のような能力が発現したりする。

このように学習というのは、意外性に満ちている。脳内のニューロンの加減なのだろうか。しかし、意外だと思っているのは私だけで、世間のそれなりの人にはどれも常識なのかもしれない。

自分が老境に差し掛かるにあたって、ときどき一つの命題を考える。それは、「老人ボケは、頭の使い方だけで防げるか。」というものである。

もちろん、脳血栓などの器質的障害が生じる場合を除く。そして私はやや楽観的に上記命題を正しいと想定している。理由は、落語家や医師などの様子を観察してのことである。例えば、落語家でボケて噺ができなくなったという人は、私は知らない。大抵、矍鑠として高座に出ている。しかし、それは単にボケてしまった噺家が、視野から消え去るだけのことなのかもしれないが、少なくとも観察している噺家が、脳血管障害のような病気以外で引退する例は知らない。先代の円楽はまさにそうだったが。

もしそうだとすると、世間で行方不明になったりして困らせているボケ老人は、老後の、あるいは若い時からの頭の使い方の誤用(misuse)の結果なのだろうか。そうだとすると、多すぎないか。

しかし、もう亡くなったが、私の両親のように、どうみても頭に負荷を与える生活の習慣がないのに、とりあえずボケなかったという例もある。ボケに遺伝的要因もあるということになる。

そんな疑問を抱いているので、「老後も進化する脳」リータ・レーヴィ・モンタルチーニ著、齋藤ゆかり訳、朝日新聞出版という本を見つけて、即買った。著者は、ノーベル賞まで貰った脳生理科学者なので、上記の私の疑問に答えてくれそうに思った。

実際この本の前半は、脳生理科学に基づき、脳が神経系の迷路であると説く。ここはなるほど、と思って読んだ。しかし、ボケの機構にはあまり触れられない。それで、後半で、具体的に老境になっても活き活きとした精神活動をして具体例を以て、ボケの脳科学が説明されるのかと期待した。

挙げられた人達は、ミケランジェロ、ガリレオ、ラッセル、ベン・グリオン、そしてピカソ。ところが、読んでみると、普通の伝記であって、多少私にとって知らないことも出てきたが、いかなる意味でもボケない秘訣や脳科学との知見との関連性に言及した記述はなく、失望した。

羊頭狗肉というのは、こういうのをいうのだろうと思って奥付をみてみたら、この本を書いた時点で著者は89歳なのだった。確かに89歳でここまでの本が書けるというのは偉大である、と改めて認識したが、後半の失速は歳のせいもあるのだろうか。

ということで、どうしても歳をとるとどこかガタがくるので、精神活動にも多少の翳りが生じるのは仕方ない、ということになる。100歳で死ぬ間際まで論文を書き続けたレヴィ・ストロースなど、超例外なのだろう。

模倣の殺意

user-pic
0

一年くらい前、文教堂やいくつかの書店でキャンペーンが打たれて平積みにされていたのが、「模倣の殺意」、中町信、創元推理文庫だった。キャンペーンものをつい忌避してしまう私の性格により、ちらっと横目で眺めただけだったが、ただ微妙に気になっていたのもたしかだった。

ところが最近、古書店でこの本に「再会」した。このパターンは、池井戸潤の果つる底なきとある意味同じで、本の神様からの読め、という指示だと解釈して、迷わず買って読み始めた。

読み始めると、ちょっと違和感があった。それというのも、私が馴染んだ警察小説や犯罪小説と違って、本格推理ものだったからである。典型的には鮎川哲也がそうかもしれない本格推理ものというのを私はほとんど読んでいない。これはもしかして、私が将棋において、詰将棋を得意としていないことにも関係あるのかもしれない。

しかも、この本が書かれたのが昭和46年。なんと私が高校生だったころで、いまから40年も昔のことである。それでウェブも携帯も当然に出てこないし、古臭さを感じさせるのも確かである。

ただ、文体は簡明で読みやすい。ストーリーもある意味シンプルで、坂井正夫という新進作家が施錠された自室で服毒自殺するのだが、どうも自殺する理由はないという、典型的な密室殺人のプロットなのだった。

それが自殺でないと考える理由を知る二人の人物、すなわち、出版社に勤める中田秋子と、ルポライターである津久見伸助が、全く独立に真相究明に乗り出す。そして二人の行動は次第に網を絞るように接近して、ついに津久見が中田を知るようになった頃にはストーリーが随分煮詰まっている。

なにしろプロット依存性の高い本格推理なので、これ以上のプロットをいささかでも開示することがためらわれるので、これくらいにしておくが、古い時代背景にも拘わらず、少なくも本格推理初心者の私にはなかなか冴えたプロットであるように思われた。

果たして既知の手筋なのだろうか。もし仮に既知だとしても、詰将棋のような優れたパズルに仕上がっており、そういう意味で、これは一つのエポックであるといえるのではないだろうか。まあ、個人によって評価は分かれそうであるが。

変調

user-pic
0

将棋で変調というと、言うまでもないことだが、手の調子がおかしいという意味で、明らかにネガティブなトーンがある。これは英語でいうと、いまいちしっくりこない訳ながら、out of orderのような感じかもしれない。

しかしここではあえて、将棋の文脈で、変調を工学的なmodulationの意味で使ってみる。すると、大抵の人は、は?という反応を示すかもしれない。

私がいいたいことは、説明してみると極めて明快である。すなわち、将棋を指すということは要するに相手に勝ちたいからだが、より具体的には、相手の攻めを受け止めるとか、なんとしても攻めつぶすとか、明確な、あるいは明確でない意思表示に裏付けされている。そういう思いを将棋という搬送波に変調するというのが、将棋の手を見出すことである。

さて、変調というと、TDMAだの、FDMAだの、CDMAだのいろいろな方式があって、将棋の手に感情を込めるのがどの変調方式なのか分からないが、ともかく実際に込められた感情を取り出すのは自分でなく、相手との間で成り立つ将棋場である。そこで込められた感情がうまく復号化されれば、局面を有利に運ぶことができる。

従って、将棋場での感情再現性を高めるコード化のテクニックというのが当然にあるのであって、それを手筋と呼ぶ。その裏には膨大な読みがあったり、状況場のパラメータを判断する大局観という環境測定関数もあったりする。

そして将棋が強いということは、感情が手としてうまくコーディングされて、将棋場での感情再現性が高い、ということを意味する。ノイズやクロストークが少ないのである。

なのでプロ棋士はよく、ある手をみて、気分が出ている、などという。まさに、感情再現性が高いコーディングがなされた手である、という次第である。

このような状況は当然に囲碁でも同様で、ある囲碁のプロ棋士のブログをみていたら、ある局面と実際に打たれた手が示されていて、一言、「愛がない」とコメントされていた。愛というのも感情であってみれば、手に愛が込められているかどうか、というのはプロ棋士にとって重要なことなのだろう。

また、手に泣きが入っている、というのもそうである。私が奨励会の棋士と指して、歯が立たないとしたらそれは、愛の不足もあるが、泣きの不足もある。私は将棋のために泣いたことが少なすぎる。人生の大事なものを将棋のために失ったことなど、もしかしてないかもしれない。

ちょっと話題は変わるが、渡辺明が電王戦の後、コンピュータ将棋選手権の対局を観戦して、次のようなことを言っていた。すなわち、コンピュータというのは実際に対戦してみると実に手強いのに、コンピュータ同士の対戦だと強くみえないのはなぜだろう、と。

それは一つには、コンピュータ将棋選手権は運営の都合で、電王戦よりも極めて短い持ち時間に設定されている、ということがある。すなわち、持ち時間が短いと、コンピュータといえども、どうしても手の練度が下がる。

しかし私はそうではないと思う。強くみえない理由は、コンピュータの手には感情が込められていないからである。評価関数と読みに基づく手の計算は確かに何かメッセージを表出するのであるが、人間からみて感情と感じるようなものではない。もっと正確にいうと、感情のような気もしないではないが、違和感がぬぐえないというところか。そのような手を人間はどうしても、強いと感じられないのだろう。

一方、人間とコンピュータが対戦したとき、少なくとも人間の手には、愛や憎悪がコーティングされていたりする。それがコンピュータに投影されて反射され、自分に返ってくる。よって、錯覚かもしれないが、コンピュータの手に感情を見出したような気になる。

よく、アンドロイド(スマホのOSのことではない)やロボットと人間の間に愛情は生じるかという問いがなされるが、以上の文脈からいくと、間違いなくイエスである。多分私は美人ロボットをも愛することができる。そしてロボットからの何がしかの感情を感じることができる。それは所詮、私がロボットに向けた愛が反射して返ってきているだけなのかもしれないが。それはチャゲアスの歌でいくと、「ひとり咲き」なのかもしれない。

そこで、ひとり咲きでない恋なんてあるのか、という命題を立てるのは言い過ぎだろうか。おっと、変調の話題からすっかりずれてしまった。これこそ、将棋本来の文脈での変調なのであった。

直木賞

user-pic
0

ニュースによると、第151回芥川賞と直木賞の選考会があって、芥川賞に柴崎友香さんの「春の庭」、直木賞に黒川博行さんの「破門」が選ばれたという。

私は賞などいうものにあまり興味がなくて、少しだけ注目するのはせいぜいノーベル賞だったりするので、芥川賞や直木賞にも基本的に興味がないが、直木賞に黒川博行さん、というのを見て、ん?と思った、黒川博行って、あの黒川博行なのかな?と。

なぜなら、もし私が知っている黒川博行だとすると、押しも押されもしないベテラン作家で、今更直木賞でもあるまい、と思ったからである。

しかし、やはり私の知っている黒川博行なのだった。だとしたらますます怪訝である。なぜなら、私が知る黒川博行の文章は格調が高く、ストーリーも委細を尽くしていて、とっくに直木賞くらい貰っていてもおかしくない作家だからである。

そういえば、鉄道員で言及した浅田次郎も、かなり名前が売れてから直木賞をもらった。浅田次郎は直木賞の選考に落ちる度に落胆して、ようやく直木賞をもらったときは、随分と喜びを顕わにしたようである。

そういう意味では、黒川博行も、ここでなんとか直木賞をもらってほっとしているのだろうか。今まで何度も作品が候補にあがってきた経緯もあるようだし。

ところで、鉄道員に対する山椒魚さんのコメントによれば、伊坂幸太郎は、直木賞のノミネートを辞退したというのだが、確かに私が今まで読んだ伊坂のいくつかの作品には人生に対して斜に構えたような登場人物がでてきて、それが何ほどか伊坂の分身だと考えると、あまりありえない直木賞のノミネートを辞退、という行為も頷ける。

黒川博行というと、伊坂幸太郎に比べるとある意味普通の作家なので、まあ普通に直木賞の受賞を喜んでいるのだろう。ちっ、いまいち黒川博行の作品を読む気がしなくなったぜ、とつぶやく私も、人生に対して斜に構えているのかもしれない。私に言わせれば、斜に構えているのは人生のほうであって、私ではないのだが。

警察小説

user-pic
0

長年勤めていた外資系を退職して、約一年が経過しようとしている。辞めても生活に困るというわけでもなく、切実感はそんなになかったが、いまいち不自然な辞め方で、あまり気持ちの切り替えが得意でない私は、今でも多少引きずっているものがある。

それにしても大企業というのはぬるま湯で、困ったものである。すっかり世間知らずになっていた私は、いささかの実務に対する自負を以て、引く手数多とはいわないにしても、再就職にそんなに苦労するとは思っていなかった。

ところが実際に就職活動をしても、全く相手にされない。そもそもが年齢で足切されて、面接のステージさえいかない。それで次第に精神的に不安定になってきた。

実は退職したら暇になるので、長編小説を読もうとか、数学をちゃんと勉強しようとか、いろいろ構想だけは立てていたのだが、組織を離れるということがあれほど精神を不安定にさせるとは思ってもみなかった。

そんな状態でできることといえば、イージーリスニングならぬ、イージーリーディングな本を読むことだけで、具体的にいうと警察小説を読み漁ることだった。当時読んでいたのは今野敏で、確かST科学捜査班シリーズであった。それは委細を尽くしたストーリーとはいえず、結構ワンパターンだったが、水戸黄門ライクにワンパターンのストーリーに安堵するという心理が確かに人間にはある。

そういえば、ビル・ゲイツだったかスティーブ・ジョブズだったか、それ以外の有名ビジネスマンだったかもしれないが、高級なレストランではなく、無性にジャンク・フードが食べたくなることがあるといっていた。私は今野敏を尊敬しているので、その作品を決してジャンクフードに喩えるつもりはないが、メンタリティとしてはそんなものなのかもしれない。

さて、プリエンプティブ読書で読書の版図を広げたのだが、巡りあわせで会社の仕事が忙しくなった。忙しいといっても、外資系の時代に比べると全然大したことないのだが、なにしろ残業が原則なしで、仕事を持ち帰って土日に働くこともできないとあっては、結構切迫した気持ちになってきた。

そこで、夏の暑い日にビールを飲みたくてたまらなくなるように、心が警察小説を渇望していることに気付いた。しかしなあ、警察小説と言ってもなあと買い置きした本を見回すと、誉田哲也の「ソウルケイジ」光文社文庫が見つかった。誉田哲也か、読んだことないしなあ、どうなんだろうと思って裏表紙の粗筋をみると、姫川玲子ら捜査一課云々とあって、おお、と内心で快哉を叫んだ。警察小説だ、と。

警察小説ならなんでもいいや、と思って読み始めたのだが、うれしい誤算があった。発泡酒だと思ってぐいっと呷ると、プレミアモルツだった、という次第である。

まず主人公の姫川玲子警部補であるが、一応美人という設定で、部下からもあからさまにデートに誘われたりするのだが、決してスーパースターではないし、凡ミスもする。同僚の刑事から鋭く論理の矛盾を衝かれてたじたじになったりする。

不幸な生い立ちの少年がでてきたり、そこにやはり不幸な生い立ちの彼女ができたり、ヤクザ崩れがいやがらせしたりと、配役がいまいちベタだったりするのだが、独特の死体トリックは、みたことのない手法で感心した。ストーリーも緻密で、誉田哲也なかなかやるじゃん、とすっかりファンになった。

実は「ソウルケイジ」は姫川玲子シリーズの第2作で、第1作は「ストロベリーナイト」。買おうと思ってアマゾンでみると、どうもいまいち評判が。まあいいか、とこれも買うことにした。気分転換だものな。

神の棋力

user-pic
0

プロ棋士でも、アマチュア棋士でも、将棋の神様がいたら、どれくらいの棋力なのだろう、羽生とはどんな手合いなのだろう、という話題に一度くらいは加わった経験があるだろう。

羽生自身はそのあたり冷静に、香では無理で、おそらく角と香の間の手合いだろうと言っている。それはいかにも妥当そうだが、今日電車に乗っていたら急に、「疲れない羽生」という言葉が降ってきた。

大抵は降ってきた言葉の解釈で悩むのだが、これは分かりやすい。すなわち、神の棋力を云々するなら、先ず、疲れない羽生という仮想的な存在を考慮しなさいということのようである。

疲れない羽生というのは、ミスをしない羽生という意味ではない。単に、どんなに長考しても長時間が経過しても76歩と指したときと同じ、全く疲れていない羽生という意味で、長引けば長引くほど、有利になる。

疲れないだけではない、焦れない、慌てない、動揺しない、そんな羽生がいたら、ナマ羽生(なんか、生ハムみたいだ)との棋力差は到底香落ちではない、それこそ、角と香の間の手合いだと思われる。

実は、疲れない羽生というのは、そのアイデアは、コンピュータ将棋にあるようである。まさにコンピュータ将棋が疲れない、慌てない存在だからである。

なのになぜか、電王戦では、純粋に指し手とか棋力そのものの比較で論じられていた。全く疲れないというハンディが考慮された様子はあまりない。

戻って、疲れない羽生という仮想的存在を考えたのとき、これは当然にナマ羽生と神の間に位置する存在であるが、それでは疲れない羽生と神の間に何もないかというとそんなことはなく、明らかに間違えない羽生という存在がくる。

間違えない羽生とは神と同じではないかと言われるかもしれない。しかし違うのであって、正着を指している羽生だけを寄せ集め、悪手や緩手を差している羽生を除外したら現出するのが間違えない羽生なのであって、やはり神ではない。

このような操作を繰り返すと、ナマ羽生と神の間にいくつか仮想的な存在が想定され、次第にナマ羽生と神の手合いが角落ちでもないような気がしてきた。

しかしやはり決してナマ羽生と神が角落ち以上ということはありえない。その間に何人の仮想的存在を置こうと、それは薄皮のような縮退した差なのであろう。

しかし待てよ、間違えない羽生とナマ羽生の差が本当に薄皮なのか、いよいよ自分でも分からなくなってきた。なんとなくゼノンのパラドックスに似ているような気もするが、少なくとも加算無限の要素を羽生と神の間に想定することはできないのであった。

激指10

user-pic
0

PonaXと天頂の囲碁に書いたように、PonaXに不具合があるということで、PonaXをパッケージごと送り返したら、マイナビが9500円を振り込んでくれた。というのは、PonaXと天頂の囲碁のセットで、19000円だったからである。

もちろん、PonaXを返送するや否や、PonaXはパソコンからアンインストールした。これでもうパソコン将棋は指せなくなったかというのさにあらず。実は去年の10月に激指10を買っておいたからである。

実はBonanza 6.0がフリーでダウンロードできるので、どう転んでもパソコン将棋が指せなくなることはないのだが、自宅のパソコンを前の会社用に使っていた経緯で、退職するや否や、一旦リカバリーでハードディスクを初期化したので、Bonanzaはもう一旦消したことになる。

もちろんまたBonanzaをダウンロードすればいいのだが、それも芸がないと思っていたら、Bonanzaの製品版がソースネクストから発売された。これを買おうと一旦思ったら、少し型落ちした激指10が安かったので、そちらにしたという次第である。

激指10は、数年前のソフトなので、おそらくプロには勝てない。勝てないという言い方は、勝ち越せないというべきで、そんなに簡単にプロに負ける強さではない。というのは、もう数年前のこと、激指10は週刊将棋の企画で、ときの清水上アマ名人と対戦したことがあったが、中盤のちょっとした緩手を咎めて、あっという間に清水上を寄せきったのだった。それで私はその強さに舌を巻いた。清水上を完膚なきまでに破るなんてプロでもかなり上位の棋士なのであって、やはり激指10は半端でない。当時でも、奨励会三段はあると言われていた。

そういうわけで、当然なのかもしれないが、私は激指10に数十局指して一度も勝てていない。ただ、意外にいい勝負になるのであって、もうちょっとで勝てたのにと何度も思った。取りつく島のなさは、Bonanza 6.0の方が上かもしれない。

そういえば、以前は、コンピュータ将棋と指すと、相手がポンポン早指しなので、ついこちらもつられて早指しし、全く将棋にならないで、どんどん負けた。それで最近は、プロに教わるつもりで、じっくり指すことにした。しかも、本で定跡を勉強し、そこで学んだ手を試してみるのである。

そうすると、激指10には、あらゆる定跡が組み込まれているわけではないので、本にない手を指してくることになる。で、しめたと思うのだが、私の棋力では全く咎められない。そこでああでもない、こうでもないと長考するのが実に勉強になる。

コンピュータ将棋と指すことをもっとポジティブに考えていいのではと最近思うのは、森下九段をみていてである。森下九段は実に本格的なじっくりした、駒得を基調とした手厚い将棋なのだが、3月の電王戦に出て、ツツカナに敗れはしたものの、その後情熱の将棋に変化した。その成果は最近のNHK杯で出た。すなわち、大方の予想を裏切って、天才広瀬八段に完勝してしまったのである。

そこで私も激指10に教わって、少し将棋を熱くしたいと思った次第である。ただ、今更であるが、プロのA級にも匹敵するというPonaXと対戦したみたかった。PonaXは少しだけちゃんと動いたことがあって、何局か指したのだが、一度完勝した。これは私の棋力からしておかしく、いろいろな意味でPonaXは機能に問題があった、ということであろう。

なので、PonaXの開発チームは捲土重来で頑張ってほしい。私は見捨てていない。

さいきん、クールビズで書いたように、クールビズということなので、ドレスコードがビジネスカジュアルでもないのに、仕方なくネクタイなしで通勤しているのだが、家人でさえも、白い半袖カッターでノーネクタイというのは、しまりがなくてみていられない、という。ここらあたり、凛々しくなさがどうしても前面に出てしまう私の欠点でもある。私がモテない50の理由の一つに加えておく。

ところで、なぜか急に哲学書、それも中村昇さんの本を読みたくなってウェブで検索したら、「ウィトゲンシュタイン ネクタイをしない哲学者」白水社が見つかった。もちろん、いくらクールビスだからといって、「ネクタイをしない」というキーワードで検索した訳ではない。

ここで突然まだ社会人になって何年しかたっていない独身時代の話に戻る。当時、大学の先輩で、中国哲学の研究者である人とときどき二人で神田の古書店に買い出しにいって、喫茶店に立ち寄って雑談するのが楽しみだった。といっても知識量は圧倒的に先輩の方が多いので大抵は私が教わる立場である。

その先輩がいうには、もし今まで読んだ本の中でベストの一冊を推せ、というなら、ウィトゲンシュタインの「論理哲学論考」なのだという。それで早速、藤本隆志、坂井秀寿訳、法政大学出版局を買って読み始めた。しかしである、このとりつく島のなさは一体なんだ、と困惑頻りだった。それは私が抽象的思考能力がないからであろうか。その命題の羅列は、私に比較的なじみがある数学書に似ている。じっさい私は、その当時既に、このとりつく島のなさ一つの極北である、ブルバキ数学原論の第一巻「集合論」の巻を克明にノートにとりながら演習問題をすべて解いて読んでいた。なので、一応の抽象思考能力はあるはずなのに歯が立たない。

そこで私は、講談社の「人類の知的遺産」シリーズなど、比較的読みやすいものから、ウィトゲンシュタインのイメージを探ろうとした。すると、兄弟が何人も自殺したりして複雑な家庭だったことを知った。

ウィトゲンシュタインを遠巻きにみるという意味で、ラッセル、ライヘンバッハ、カルナップ、ポパーなどの数理哲学者、科学哲学者の著作も読んでみたが、ウィトゲンシュタインとの位置づけが未だに理解できていない。例えば、ウィトゲンシュタインは結局ラッセルと訣別したというのだが、その立場の違いは何なんだろう。

そんな想いを引きずりつつ、「ウィトゲンシュタイン ネクタイをしない哲学者」を読み始めると、うれしいことに、これは何とか読める。ときどき挿入される冴えた、あるいはわざとすべるようなジョークも気分転換になっていていい。しかし、内容は決してレベルを下げておらず、すらすら分かる訳ではない。

なので、例によって電車の中でこの本を読んだのだが、これはどういうことを意味しているのだろうと沈思して目をつぶり、下手な考え休むに似たりではないが、そのまま寝てしまうことが何度もあった。特に考えたのが、言語ゲームとは何かということである。

すなわち、ウィトゲンシュタインが唱える言語ゲームが、(1) 「知る-知らない」と言える領域、(2) 「知る-知らない」以前の領域、(3) 「私的」な領域の三層構造であるというのだが、すると、レガシー哲学の迷妄なるものは、(2)または(3)にあるものを無理やり(1)に引きずり出そうとすることで生じているのだろうか、と考えてしまい、わからなくなった。

あと、この本を読んでいるとき、突然命題が降ってきた。それは、将棋というのは言語と違って上記三層構造が成立しないので、言語ゲームには該当しない、というものである。私は例によって、ええっ、違うだろうと降ってきた命題に反抗した。そもそも、そんなことをウィトゲンシュタインは主張していないはずだし、この中村さんの本の帯にも「ルートウィッヒには日本の将棋がよく似合う。」とある。しかし、所詮は借り物である私の心は、私自身の人格とは全く似なくてとてもぶっきらぼうなので、何もその意味を示唆してくれない。

もしかして、将棋から言語ゲームへの、(当然に全射でも単射でもない)写像が存在して、そこで疑似的に将棋の言語ゲームが成立するのだろうかとか、どんどん変なことを考え始めて収束しなくなった。

そういえば、先日この本を読んだと知り合いに見せたら、「ふうん、でも最後まで読んでないだろう。」と言われた。その推論は一般的には極めて妥当であるが、この本に限り、最後まで、しかも熟読できた。「ネクタイをしない」文体のせいもあるだろう。

そしてまた、ウィトゲンシュタインを探る旅に出ることにした。今までと違うのは少なくとも、この本のおかげで、自分が何が分かっていないかのマップがある程度出来上がったことである。まず中村さんお勧めの丸山圭三郎の「ソシュールの思想」、そしてレヴィナスの著書を読んでみよう。この本にはまた、ポアンカレの回帰定理のごとく、いつか戻ってくるだろう。

それにしても、中村さんが佐世保市出身で、鹿児島ラサール卒というのをみてううんとうなってしまった。というのは、前の外資系にいたとき、佐世保市出身の人と、ラサール卒の人で、全く別の人であるが、私にとって何かと印象的な知り合いがいたからである。それぞれどういう人達なのか、ここではとくに説明しない。

福翁自伝

user-pic
0

もう一年以上前、まだ外資系企業に勤務していた頃である。会社を定年になった私の元上司は、外部特許事務所に所属して、特許の翻訳や中間処理などの仕事をしていたのだが、70歳になったのを機会に、もう完全に仕事から引退する、というので、飲みに行きましょうと誘った。

その元上司は、私が途中入社とはいえ新入社員の頃、私の仕事をチェックして、結構酷評された。実際当時、処理すべき仕事が沢山あるので合理的といえば聞こえがいいが、紋切型で処理していて、それが杜撰にみえたのだろう。実際指摘どうりだと頷くよりないことが結構あった。

その後私は多少は実務の実力をつけ、当時より少しはましになったはずであるが、その元上司からみると私はいつまでも半人前に思えるらしく、全く褒めてもらえない。少なくとも私の書いた特許明細書くらいは読んでほしいのだが、今更そんなこと言っても仕方ないのだった。

で、その元上司と飲んでいるとき、ふと、福沢諭吉の話題になった。それで私がつい、福沢諭吉は偉いけど、いろいろ毀誉褒貶がありますからね、と言うと、急に元上司はキッと私を睨んで、「何を、毀誉褒貶とはどういうことだ、何が問題なのか指摘してみろ、論破してやる。」というので、私はあきれて相手にしなかった。

その元上司は、高校から慶応で、慶応の特徴の一つかもしれないが、OBのつながりが密接で、今でも当時高校や大学の同級生との付き合いを大事にしているという。そして、当然かもしれないが、福沢先生を教祖のように尊敬しているので、地方国立大学出身の私なんぞに福沢先生の毀誉褒貶などと言われて、黙っておけなかったのだろうと思う。

私も、そうは言ってみたものの、実は福沢諭吉のことはあまり知らない、ということを改めて感じたので、古書店で「福翁自伝」角川ソフィア文庫をみた時は迷わず買って、読み始めた。そこで、この本に従い、私なりに簡単にまとめてみる。

福沢諭吉は1834年に大阪の中津藩屋敷で生まれた。しかし、その2年後に父が急死し、大分に帰った。

栴檀は双葉より芳しで、福沢諭吉は勉強が得意で、手先の器用な子供だった。生まれつきの合理精神の持ち主で、12歳の頃には神仏に疑いをもった。今と違って、迷信が横行する時代なので、これはすごいことである。ともかく漢学をまなびたちまち上達した。

二十歳の頃、蘭学を志して長崎に遊学した。ところがあまりにも能力があり、且つ能ある鷹なのに爪を隠さないので妬まれて、長崎に居れなくなった。そして、生まれ故郷ともいえる大阪の緒方洪庵の塾に入って、オランダ語や科学技術の文献などを猛勉強した。

福沢諭吉は実直な学生で、女遊びなどしないのだが、唯一酒が好きで、飲み過ぎによる失敗は生涯に何度かあった。基調は大秀才で真面目なのだが、このあたりの俗っぽさはなんとなく憎めない。

その後、藩の命令で江戸に出て、横浜に行ったところ、そこで英語に出会い、これからは英語だと痛感するものの、オランダ語の知識が全く通用しないのがショックだった。ともかく先生もいないので、文献を入手してこつこつと英語を勉強し始めた。このあたりの先見の明は一貫して福沢諭吉の特徴である。

さらに咸臨丸に乗って米国に行くという機会を得た。そこでいろいろ見学するうちに、すっかり西洋文明に魅せられた。そして、内心で完全に開国派になった。尊王攘夷が喧しい頃とて、とても危険なことではあった。

帰国後は幕府の翻訳方に雇われ、まさに職人のように翻訳にいそしんだ。

27歳で結婚し、子供が生まれると、酒を節制するようになった。このあたりのバランス感覚というか意志の強さも諭吉の特徴である。

再度米国に行くと、英語の原書を買い漁り、広大な敷地を買い取って、慶応義塾とした。明治元年のことで、今に至る慶応義塾大学の始まりである。そこで生徒を集め、授業料をとって教えることが生涯の仕事となった。

この間、明治政府から政府の役人に出仕するように乞われるが、固辞している。このあたりの非政治性も諭吉の特徴である。野心がないというよりも、自分の分をよく知っているというところなのだろう。しかし、出仕せずとも諭吉は、その著書を通じて世間に絶大なる影響を与えた。著書は飛ぶように売れた。

諭吉の心配は、攘夷派の元武士たちに命を狙われたことである。攘夷派の人達にとって、西欧文明にかぶれた開国派など到底生かしておけない者であった。そこで慎重に慎重を重ねて諭吉は刺客を逃れた。運がよかったというよりない場面もあった。変な言い方だが、天が諭吉を必要としたのだろう。

そういえば諭吉は、武士の生まれであるが、剣を抜いて闘ったことはない。血を見ることが大嫌いだった。それはある意味臆病ともいえるが、私には特に欠点とは思えない。また、妻との間に九人の子供をもうけたが、浮気やおんな遊びを全くしなかった。当時、妾を何人ももつのは男の甲斐性でむしろ普通だった。これも実直な諭吉の性格をあらわすが、そういっては何だが、要するに異性に対する興味が、manageableな範囲であるに過ぎないということで、私もまさにそうである。もし虎のような性欲をもってしまうと、それこそどうしようもないだろう。

ともかく諭吉は新政府に信頼され、家族を大事にして、慶応学舎の基礎をつくり、天寿を全うした。幕末から明治に移行する波乱万丈の時代を、あれだけ波乱万丈でなく実直に生きるというのは凄い手腕である。練達の実務家であった。

福翁自伝は、もちろん自慢している箇所もあるが総じて正直で、俗な面もあることを隠していない率直な記述である。改めて感心した。そこて、積読になっている「文明論之概略」などを読んでみることにする。

soelの世界

user-pic
0

ゴールデン思案橋を書いた後、何気なくウェブを検索していたら、S君の奥様の、ハンドルネームsoelさんの作品展の記事が見つかった。

S君自身が書いた記事によると、奥様は2009年1月に、小腸がんという、10万人に一人という珍しい病気で、3年の闘病の後、亡くなられたのだという。私は美術の方がとんと疎いので知らなかったのだが、S君の奥様は、結構有名なイラストレータだったらしい。それで、S君は、奥様が亡くなられた後、その作品を紹介することを半ば自分の義務にしたのだろう。

私がS君の立場だったら、ともかくふさぎ込んで、隠遁してしまうだろう。事務的に大変な作品展を興す気力なんて出るとは思えない。ただ、そのときS君もそんなに寿命が永くない体だとS君自身が悟っていたようで、すると、いろいろな意味で冥土の土産に最後の気力を振り絞ったのだろうか。

私は決してソウル・コレクターではないのだが、さらにWeb検索を続けていると、soelさんが長崎南高校出身だと知った。あれっ、するとS君と同じ高校だから、クラスメートだったのか、と思ったりした。

そこで私はまた想像を逞しくした。すなわち、我々が大学時代にS君のアパートで徹夜でナポレオンに興じていたとき、実は既にS君とsoelさんは付き合っていて、我々が押しかけないとき、密かにアパートで逢引きしていたなんてことしないよね、と考えてみるのだが、少なくとも意外な女物の小物がS君の部屋にあった、なんてことは決してなかった。尤も、彼女がいる部員なんて私も含めて一人もいなかったので、そんな勘も働く訳はないのだが。

戻って、soelさんが亡くなられた10万人に一人という病気だが、私は実は5月の半ば、昔の知り合いの奥様の葬儀に出席する、というなんとも悲しい機会があった。昔は近所付き合いしていたのだが、向こうの家族が引っ越したので、自然に疎遠になっていた。その後、風の便りで奥様が病気で体調がよくないと聞いた。

ところが葬儀で知ったのだが、その奥様が亡くなられたのは、筋肉が次第に衰えて次第に使えなくなるという、これも10万人に一人の難病なのだった。

10万人に一人というのは、この広い東京でもせいぜい百人くらいしかいない超稀なケースで、神に召されるという言い方が適当とは思えないのだが、何か運命的なものを感じる。

スピリチュアルの本で、シルバーバーチが、この世の論理というのは、あの世の論理とはまるっきり違っていて、あの世の論理は皆様には想像もつかないでしょう、と述べている箇所があったが、10万人に一人という死に至る病が、あの世の論理ではどう意味づけられるのか知りたいものである。尤も、それこそ、ウィトゲンシュタインのいう、言語ゲームの外にあって、語りえぬものなのかもしれない。

実はS君は全くスピリチュアル気のない、科学的合理性の塊みたいな人だったが、なぜか深い霊格を感じてしまう。夫婦で早世してしまったからそう思うのだろうと言われると、そうでないともいえないのだが。

棋聖戦第3局で私は、"羽生はいつ止まるのだろう。案外、次に始まる木村八段との王位戦で1敗くらいはしそうな気がする。"と書いたが、果たして王位戦第1局が始まった。

羽生の先手で矢倉志向。「木村の矢倉」三部作の著者としては、矢倉を避ける理由もなく、戦型は棋聖戦第2局と同様に、飛車先不突の矢倉となった。しかし、木村は森内の指し手を踏襲することはなく、後手ながら積極的に95歩から端攻めした。渡辺明も好む手法である。

一方の羽生は、一旦26銀と出ながら、また37銀と引いて、後手の45歩に狙いをつけた。羽生に敬意を表する検討陣は、ありえない展開に驚愕しつつも、流石羽生さん、柔軟な指し方だととりあえずいうのだが、その後羽生が飛車角交換したのはまあいいとして、92にいた木村の飛車をわざわざ42まで呼んで、自陣に成り込ませたというのは、サッカーでいえば自殺点のようなものではないか。こうして自ら二枚飛車で攻められる羽目になっては、ネイマールと主将のチアゴシウバを欠く、ワールドカップのブラジルチームもかくやあるらむ、というところである。

結局羽生は、全くいいところなく惨敗した。名人戦からずっと緊迫した指し口を見てきたので、こんな不甲斐ない羽生をみるとがっかりだが、おそらく、森内に圧倒的に勝つためにエネルギーを使い果たしたのだろう。

というのは、羽生の呪いに書いたように、森内だけが羽生に勝てるワクチンをもっていると思わせる時期が数年は続いた。

羽生は、それを払拭して余りある7連勝を森内に対して果たしたのだったが、そのために費やしたエネルギーも大きかったに違いない。そこで挑戦者は、羽生研のメンバーの一人、木村八段。身内であり、なんとなくふっと気を抜いてしまったような指し方だったように思う。

羽生さん、しばらく安らかにお休み下さい、過ちはもう繰り返しませんから、と妙なパロディーのような文句を思いついた。過ちを繰り返すというけど、その主語は誰なんだよ、と自己突っ込みしてしまうのだった。

無神論

user-pic
0

私が幼稚園上がる前の頃、いろいろ家庭的な問題があったと推察されるのだが、母は私を連れてよく実家に帰った。すると、祖母が私をよく可愛がってくれた。祖父は戦争で亡くなったので、もちろん写真でしか知らない。

今思い起こすと、当時祖母は、今の私くらいの歳だった。しかし、随分年取って感じたのは、私がまだ子供だったからだろうか。多分それだけでなく、今は栄養状態もいいので、私くらいの歳でも、当時より若く見えるはずである。

そんな祖母が毎日神棚にご飯を供えるのをみて、好奇心の強い子供だった私は祖母に、なんでご飯を供えるのかと聞いた。すると神様がいるからだというのだか、子供だった私には神様というものがどういうものかピンとこず、なにかちゃんとお供えしたりしないと祟られるのだ、くらいにしか思えなかった。そして、神様は他にどこにいるのか、みたいな質問をしたのもまだ憶えている。

すると祖母は、山には山の神様がいて、海にもいる。畑にもいる、どこでも神様がいるというので、なんと賑やかなと思ったのだが、その様子は私にはピンとこなかった。ともかくそれは原始的かもしれないが多神教の典型的形態で、祖母を無神論と呼ぶことはどう考えても適当ではない。

その教えを受けた私も多分多神教に染まったが、子供だったので、いろいろ悪戯をした。微妙に神様のお叱りを受けたかもしれないが、無礼まではいかないだろう。

そうやって神道の流れを汲んでいるのかもしれないが多神教だった私は知らないうちに、一時的な無神論を経て、汎神論に自然に解析接続された。

しかし、私は汎神論である、などといったら中世のヨーロッパでは確実に火あぶりの刑だったろう。

ところで米国はキリスト教の教えが篤い国で、ある意味宗教国家なので、米国出張に行ったときはよく、どんな宗教か聞かれた。公式に聞くのは問題なので、ある程度親しくなつたら雑談として聞かれるのである。そこで多神教(polytheism)などと応えると下手したら物議を醸すので、私は仏教だと応えることにしていた。確かに葬式は仏式なので、仏教徒と言えないこともない。

多分大抵の日本人は私と似たような状況だろう。ところが世界的には日本人は無宗教だということになっている。それはおかしいと私はいつも思っていた。なぜなら少なくとも私は多神教なのである。もちろん日々礼拝することはないが、少なくともここ10年意図的に昆虫さえ殺したことはない。あ、二度ほど蚊を叩いてしまったかもしれない。

あとは、世界に遍くおはします神のご意向になんとか沿いたいと思って生きている。そんな私がふと気づいたことがあって、それは、神の名前の下で、恣意的に物質的享楽に耽ったり殺生したりすることは、実は無神論である、ということである。

もしかして立派な法服を着ていたり、洗礼を受けていたら立派なキリスト教徒いうことに世間ではなるのかもしれないが、そんなのはどうでもよくて、日々の行いが神の名に恥じないものでなくてはならない。

しかし典型的には、インカ帝国を襲ったスペインの一行のように、キリスト教徒であるはずなのに、平気で残虐にことをする人が後を絶たない。よく考えると、これは絶望的なまでの無神論なのである。なぜなら神とは全く関係ない物質的利害だけで動いているからである。それは神の冒涜なのであり、神など意識のどこにもいない。

なのに信心深いふりをして、仮装の宗教心をまとう。キリスト教徒だといいなすが、なんのことはない、日曜に教会に行くだけだったりする。他人に対する思いやりもなく、無暗に自分の家族を大事にする。それは要するにエゴなのであり、他人に対する冷酷さは無神論以外の何物でもない。

実はいくら人が無神論や物質主義を唱えようと、汎神論により神のご意向が浸み込んでくるので、基本的に人は無神論にはなれない。唯一の例外が、神の名を騙って悪事を働くことで、丁度レーザー発振のとき負温度という概念が生じるのと同じで、そのときだけ無神論状態が現出する。

このような無神論の定義は物議をかもすので決して口外することなく、そっとブログに書くだけである。そして、明日も道を外れないようにと、そっと神の世界を思いやる。何教でもない。

どんなスキルであれ、どんなレベルに達しようと、磨かないと錆びる。錆びすぎると、エンジンと同じで、作動さえしなくなる。

それを世間の誰もが知っているがゆえに、逆にスキルの錆びを一旦考えなくても済むように、学歴だの、地位だの、資格だのというものがある。仮想的に時間の流れを止めるわけである。

そうすると、場合によって、学歴だの、地位だの、資格だのと、実務的な能力がどんどん乖離することがありえるが、それはさておいて、と開きなおれるというのが大人になるということなのだろう。

ただ、そのような乖離も、その分野の素人にはなかなか見破ることができない。すると、スキルに自信がない肩書き人間は、大衆だけを相手にするそうやって人気を博し、経済的にも潤う。

そんな理由により、私がある程度見破れる、似非専門家といえば、特許の専門家と数学の専門家、あるいは将棋の棋士くらいしかいない。あるアマ強豪がプロを僭称しても、少なくとも私は見破れる。

そうはいっても私は、あまり確度は高くないにしても、スキルの活性度とでもいうべきものを判定する一般的な方法を知っている。それは、ともかく当該分野の話題を振ってみることである。

そして、スキルの活性状態にあれば、ほぼ間違いなく目が輝き、当該スキルの雑質問にも答えてくれる。逆に、そういう質問を嫌がるようであれば、かなりの確度でスキルは不活性、あるいはほとんど死んでいる。

一つ注意点を述べると、スキルが活性状態だからといって、高いレベルにあるとは限らない。まだ初心者で、学び始めて面白くてたまらなくても、スキルが活性状態にあるといえる。

例えば私は、今でも特許明細書スキルが活性状態にあるといえる。その理由は、もし特許明細書の書き方、クレームの書き方を誰かに聞かれたら、延々と興味をもって話すことができるからである。明細書を書くための工学書の読み方、理解できない発明のブラックボックス法、質問リスト、図面の構成法など、ばんばひろふみのサチコの不幸話のように尽きない。

何度もいうように、スキルの活性度判定は、駄目であることは判定できるが、スキルが本当にあるかどうかは判定できない。しかし、駄目なものをスクリーニングするためには使える。

例えば、世間で、知的財産の分野で第一人者のように言われている人がいるが、私はその人に、クレームのドラフト法のような特許実務の質問をしたことがある。しかし、全く意味がある返事が返ってこず、むしろ、共同出願の権利の帰属だの、発明報奨の規約だの、特許実務からみるとマイナーな議論に話題を変えられてしまった。当時から活性の法則を知っていた私は、早々にその人を見切ってしまった。なぜなら、特許実務の経験をベースにしないで知的財産の分野で第一人者だなんて、ちゃんちゃらおかしいからである。

それでも、世間の大部分は大衆からなっており、しかも直接会って話すのではなければ、スキルの不活性度もなかなかばれない。こんなことを考えている私は、ソフィストを軽蔑したソクラテスの不肖の弟子くらいにはなれそうである。まあ、根性がないので、また美男子でもないので、ソクラテスには相手にされないのだが。

工学書

user-pic
0

私の読書の中で特異的な位置を占めるのは、工学書の読書である。例えば、半導体工学、機械工学、電気工学、電子工学、情報工学など多岐に亘る。しかし、特異的というのは分野のことではない。そこに読書の内発的動機がほとんどないということである。

ではなぜ工学書を読むかというと、サラリーマンになって一貫して特許の仕事を担当してきたからである。意匠や商標でなく、特許というからには、担当する技術分野の知識は必須である。もともと大学で工学を専攻していればともかく、専攻が物理学であり、しかもその物理学でさえまともに勉強していないとなっては、ある技術の特許に遭遇したら、その分野の基礎的な工学書を買って読むよりない。

そういう読書がある意味邪道かもしれないと思うのは、かなりの頻度で面白くもなんともなかったりするからである。無味乾燥を絵に描いたというべきか。しかし、仕事のために仕方なく読んでいる、というところである。喩えはよくないが、水商売の女性が、仕事なので、好きでもなんでもない男と酒を飲んで愛想を振りまくようなものである。

そんな面白くもなんともない読書を今まで自分に課してきた理由は、そうやって工学的知識を蓄える以外に私がサラリーマンとして生き残る道はないと思っているからである。

そんな私が以前勤務していた外資系に入社したとき、名うての厳しい上司の下に配属された。なんでも私と同じ出身大学だというのだが、その割にはいつも私に辛く当たる。例えば、特許出願の意見書を書いてその上司にレビューしてもらうのだが、その上司がいつも問うのは、当該特許の技術の理解である。どういう原理でそうなるのか説明しろというのだが、結構難しい内容で記載不備すれすれのようなものだと説明にも大変苦労する。

ところがわざとなのかもしれないが、その上司は、そんな記載不備のような明細書であることを考慮せず、そんな説明では支離滅裂である、もう説明はいいから出直せ、と突き返す。

そんな繰り返しでいつもうんざりしていたのであるが、あるとき部屋に呼ばれて、君は幹部候補なのだから、是非とも弁理士試験を受けなさいという。そうしないとこの部門では決して日の目をみない。君ならなんとかなるだろうという。どうも、単に同じ出身大学というだけで私のことを買ってくれていたようであるが、そういわれても私の試験嫌いは筋金入りであり、試験はどうしても苦手なんですと断ったら、そうか、とうんざりしたような顔をしてアドバイスしてくれたのは、そうかじゃ分かった、せめて技術だけはちゃんと勉強しろよ、それが最後の拠り所になるだろう、と興味をなくして向こうを向いてしまった。

私はちょっと茫然としつつも、「技術」というところが耳に残り、それでせめて、習慣になっている工学書の読書を強化した。私が今までなんとか生き延びられているのはそのせいなのかどうか、分からないのだが。

それにしても、工学部の学生でもなく、エンジニアでもなく読む工学書というのは、なんと半端なのだろうとときどき溜息をつきたくなる。今日も、IPTVの本を読んでいたのだが、TSヘッダのフォーマットがどうのとか、砂漠のように無味乾燥で、それでもページをめくって、苦い薬なのだが体のためになるから、と無理して飲むような気持ちを続ける。

それでも、工学的読書に多少にインセンティブが働くのは、私の興味の数学やアルゴリズム、プログラミングなどに記述が及ぶ場合である。そこから微妙に知識が広がることもあるので、砂漠のような工学書読書にも、多少のオアシスはある。

あとは、特許査定に書いたように、工学的読書が特許査定率の向上に貢献することがある。

実際のところ、工学的読書と特許査定率との相当因果関係なんて分かりはしないのだが、あってもおかしくないということにしておく。それが、もう亡くなってしまった、いまいち相性のよくなかった元上司の遺志に沿っている。それだけのことかもしれないが。

そうそう、最後に付け加えておきたいのは、工学的読書というのも、文学に劣らず極めて広汎な広がりをもっているということである。なにしろ、電子工学から、農業土木、建築学、半導体工学、遺伝子工学と全く統一というものがない。一を理解しても他のことが分かるわけではない。この広汎さと上記した無味乾燥さを組み合わせるとまさにそれは砂漠なのであり、読書空間の中では私は案外、ハリネズミのように砂漠に住む動物なのかもしれないのであった。

ワールド

user-pic
0

ワールドというのは、要するに世界ということなのだけれども、将棋や囲碁の世界では、独特の意味がある。

例えば、将棋の窪田六段は、角道を開けたままの33角戦法など、他の振飛車党が指さない独自の感覚をもち、駒の持ち方、しゃべり方など、どれをとっても強烈な個性が滲みでており、ときどき失笑を買ったりする。

将棋の中田功七段は、コーヤン流と呼ばれる華麗な三間飛車の使い手で、A級棋士に、コーヤン流に憧れているんですと言われたりする。ただ、それが本音だとは思えない。なぜなら結局コーヤン流なんて試みないからである。

囲碁では、王銘エン九段が、独特のゾーンプレスと呼ばれる棋風で、メイエン・ワールドと呼ばれる。

王銘エン九段は明示的にワールドと呼ばれるけれども、窪田六段や中田功七段が必ずしも窪田ワールド、コーヤン・ワールドと呼ばれるわけではない。しかし、そう呼んだとしても、誰も違和感はないだろう。

ではワールドとは何かというと、棋譜の指し手、打ち手を伏せても、その本人であることがすぐに分かるほど、独自性(特異性と呼んでもいい)が大きいということである。そして、独自性が強すぎるので、生憎誰も真似しようとしない。そして、残念ながら、超一流とはラベルされない(王銘エン九段は、本因坊のタイトルを取ったこともあるので、超一流なのかもしれないが)。なので、ワールドの主は、一目を置かれ、存在感を示すのだが、どこかしら悲劇の、あるいは喜劇の主人公の雰囲気が漂う。

なぜ私がワールドを今更採り上げるかというと、何を隠そう、私がある世界のワールドの主だからである。私は特許査定に書いたように、アルゴリズム系の特許明細書に独特の強みを示すので、そこが私のワールドかというと、さにあらず。というのは、広い世間にはその分野で私以上の猛者が沢山いると私は知っているからである。

私のワールドはというと、それは特許管理の分野なのであった。そこで私は、なけなしのコンピュータ・スキルを駆使して独特のワールドを営々と築いていった。

最初は、Bbaseという1990年代のデファクトのデータベース・システムの記述言語であるXbaseを駆使して、特許ポートフォリオを可視化した。そんなことは、属していた外資系で誰もやっていなかったので、特許ポートフォリオの責任者が一々、私に現状の数値を聞いてきたりした。その功績で私は、何十万円かの報奨金をもらった。良き時代であった。

Xbaseのシステムに限界を感じているとき、代わるシステムとして、ロータス・ノーツがあることが分かったが、こちらはどうも私の才能が足らないと思っていたら、ある一人の部下がそちらにスキルを有することがわかり、部下にノーツ・ワールドを築くに任せた。うまく棲み分けられたと思う。

その後、私のワールドでは、C++で多数の特許管理システムを構築することにエネルギが費やされた。例えば、ある代理していた弁理士が会社を辞めるとなると、多数の代理人辞任届を出さなくてはならず、その手間は大変なのであるが、ちょっとしたアイデアで、C++を使うと極めて簡単に一気にフォームを生成することができることが分かった。

知的財産協会の委員会の同僚と会話しているとき、代理人辞任届の話になったので、そのアイデアを話してあげたら、ううんと困った顔をしていた。というのは、その同僚は大手事務機メーカー勤務で、それこそ知的財産部には何百人もいるというのに、部内にMSオフィス系マクロを使える人がいても、C++が使える人はいないというのである。

ええっ、と私は思った。C++は確かに高度なプログラミング言語かもしれないが、私レベルは、本当に基本的な機能しか使っていない。それこそ、1ヶ月もあれば誰でもマスターできるのに、と怪訝だった。

その後私は、Perlも武器に加えて、自分のワールドを強化していった。しかしである、私がいた会社はコンピュータ・メーカで、C++もPerlもスキルのある人なんて、それこそ掃いて捨てるほどいるのに、知財部でそんなこと勉強しようとする人はあらわれてこなかった。私のワールドを継承しても幸せになれないと思ったのだろう。

実際、私のワールドは一定の有効性は認められつつも、次第に異端視されるようになった。というより、知財部なのにせっせとC++やPerlでコードを書くことに主要に時間を使うなんて、当初から異端であった。もちろん私だってそれで評価されるとか昇進できるとか思ったことはない。純粋に楽しかっただけである。

こうして、ワールドの属性を改めて記述すると次のとおりである。

  1. その作品をみただけで、その本人のものだと分かる。
  2. 一定の実績は評価されている。
  3. しかし所詮は二流である。
  4. 一流の人がワールド内で本気で打ち込めば、ワールドなんて一気に瓦解するかもしれない。しかし、一流の人はそんなことしているほど暇ではない。
  5. 結局、誰もワールドを真似しようとしない。真似するインセンティブもメリットもみえない。
  6. いいじゃないの、幸せならば。

ある会社が、以前はメインであった部門を事業分割して、関連特許も売りに出す、ということがあった。それを見てマスコミはいう、流石見切り千両だと。そうやって高収益部門にフォーカスするとは、流石に先進的な経営の会社だと賞賛する。

しかし、事情を少しでも知っている人は、これは高コスト体質のせいだと、看破している。それが証拠に、その会社は何年かするとまた別の部門を売りに出している。こういうのは、普通の言い方では、タコが自分の手足を食べて生きているという。

そういうのをみてて、やはりおかしいのは、不採算部門を売りに出しても、何年たっても決して高収益企業に転換できないことである。それは要するに、高コスト体質に全くメスが入れられていないことを意味する。

それでは、高コスト体質とはどういうことなのか。それは典型的には平均的に人件費が高く、その給料に比べて仕事ができない社員に高い給料を払い続けている、ということである。すなわち、どう贔屓目にみても、会社に貢献しているよりもはるかに高い給料を享受する人達が多数存在し続けている、ということである。

なぜそういうことが起きるかというと、組織内のノンワーキング・リッチたちを監視して、降格を言い渡すためには膨大なコストがかかるからである。すなわち、少なくともそういう人達を降格させようとすると、猫に鈴をつけるではないが、大変な作業になる。蜂の巣をつついたような、とはこういうことをいうのだろう。そもそも、言い渡そうとする本人が実はノンワーキング・リッチだったりする。するとコスト云々というより、そもそも反撃が怖くて何もいえない。

そういうノンワーキング・リッチの管理職たちは、コストに配慮しているんだぞ、とポーズを示すために、あまり文句を言わない、しかも自分たちとあまり仲のよくない人達をリストラする。それで人件費を削減しているというポーズを示すのだが、実は全くコスト削減になっていない。というのは、リストラした人達の仕事を、ノンワーキング・リッチが代わりに担うわけではなく、そのまま外注されるだけだからである。もともとノンワーキング・リッチの人達はもうすっかり働けない頭と体になってしまっている。そういう人達がリテインされているという現実があまりにも痛い。

働けない人を抱えるということのコストは、人件費だけに留まらない。結局仕事をしなくてはならないのだが、社内で処理しきれないので、外部にアウトソースされる。当然にそれが追加のコストになる。スキルの留保もできない。

そして以前はあった、部下が上司を逆評価するというサーベイもすっかりなくなってしまっている。それはなんでも、リストラが横行して、下手にそんなサーベイをすると炎上してしまうからだというのだが、かりに炎上したとしても、働かない高収入の人達を沢山抱えるのとどちらが問題なのだろうか。

そうしていると、鳴り物入りで新しいCEOが登場する。なんでも、たるみきった体制を立て直すのだと激を飛ばし、ノンワーキング・リッチたちは戦々恐々となる。ところが蓋を開けてみると、それはポーズだったのだと分かる。いや、ポーズではなく最初は本当に建て直そうと思ったのかもしれないが、まるでビラミットの巨石を動かすような作業だと分かって、諦めたのかもしれない。

そして突然、なにかのキックオフに、ポジティブなメッセージを出し始める。社内にはスキルある人材が山ほどいる。力を合わせればどうにでもなる、と。もちろん、どうやって力を合わせるのか示されることはない。不可能だからである。

そしてまた、社内の不採算部門が選び出され、まるで癌細胞の組織の摘出のように売られるのだが、そもそも癌細胞を買う人はいないはずで、元気な細胞が売られるのだとすると、依然として癌細胞が残されたまま、ということになるのかもしれない。ともかく、高コスト体質はいよいよ猖獗するのであった。

棋聖戦第2局に続き、棋聖戦第3局をネット観戦した。どんな戦形になるのだろうと思っていると、第1局に続き、羽生は横歩取りに誘導した。しかも、84飛、52玉形。これは、瀬川五段の好著「横歩取りマップ」マイナビによると、横歩取りの最新形らしい。

しかも、羽生は、52玉から一旦42玉と寄る形を選んだ。これも「横歩取りマップ」で、「高等戦術の42玉」として紹介されている。私は先ず実戦で横歩取りを指すことはないが(というか、難しすぎて、指せない)、「横歩取りマップ」はプロの棋譜の観戦に恰好のガイドでもある。

この形はどこかで見たと思ったら、竜王戦1組決勝の、屋敷九段対羽生だった。やはり羽生が後手で、屋敷に勝った。どうも羽生が好む戦型の一つらしい。

途中まで、その屋敷九段対羽生と同様に進んだが、45手目に岐路が来た。すなわち、屋敷はそこで36歩を選んだが、森内は77銀。しかし、これはどうだったか。というのは、羽生が54角と打って、微差ながら羽生が最後まで優勢を保ったように思われるからである。

ともかく、54角以下、86飛、同飛、同歩、65桂、68銀、88歩、同金、45桂と、両桂を57に利かすことができては、羽生に不満はない。作戦勝ちと言ってよいだろう。

しかし、そこでの森内の79歩が渋い。すると、羽生は57で、桂2枚と銀を交換して、27銀。単純だが分かりやすい攻めである。もし39金、38歩、49金、28飛となっては羽生がはっきりよい。それで森内は48金。そこで羽生の39飛に森内は一旦46桂、45角を交換して、さらに52歩といやらしく味付けする。

同玉にさらに秘術を尽くした69飛。これは同飛成、67角成に、63歩の反撃をみたもので、流石に肉を斬らして骨を断つ森内らしい勝負手である。

なので羽生は、69同飛成、同玉としても、67角成とはせず、87歩。これは78金となって67に利くので、よしあしである。

そこから互いに飛車を打ち合って、桂香を拾い、55香と羽生が打っては勝負あったかとおもいきや、森内は76桂としがみつく。流石に森内は気合いが入っている。

羽生は57の銀を取り、22銀で森内の飛車を捕獲した。しかし、64桂から、11角、そして2枚の香を駆使して羽生に楽させない。

羽生は安全勝ちの順を選ばす、攻め勝とうとする。今年の名人戦からの一貫した方針である。しかし検討陣は、どうも混沌としたきたようだと困惑を隠さない。

しかし羽生はきっと勝ちが見えていたのだろう。着実に森内の玉に迫っていく。森内はまるで、敗勢に陥ったコンピュータ将棋がそうするように、駒損を重ねて攻めていく。そして森内は王手飛車取りを決めたが、これは一つの形づくりであった。

最後は分かりやすく羽生が森内玉を即詰みに討ち取って、大方の予想かもしれないが、3タテで棋聖を防衛した。羽生は今期負けなしである。ヤンキーズのマー君も、連勝が一旦止まった。羽生はいつ止まるのだろう。案外、次に始まる木村八段との王位戦で1敗くらいはしそうな気がする。流石に木村のタイトル奪取はちょっと考えられないが。

李歐

user-pic
0

高村薫は、以前にマークスの山を読んでいまいちピリッとしなかったので、古書店で「李歐」講談社文庫をみたときも、いまいち気が乗らなかったが、とりあえず買って置いておくことにした。

それから、自らROADMと称する読書のローテーション方式をとるようになったとき、なぜか小説として選ばれたのが「李歐」なのだった。他にも、ジェフリー・ディーヴァーの「ウォッチ・メーカー」など読みたい小説は沢山あったのに、微妙な潜在意識が働いて、なぜか「李歐」が通勤鞄にロードされた。

そして読み始めると、あれっ、これは白夜行に似ているな、と思った。というのは、主人公の吉田一彰が両親がとうとういなくなる悲しい生い立ちであるが、町工場の主人に親代わりに育ててもらって、なんとかやっていくからである。

場所は大阪で、一彰は貧しいながらも勉強ができて、大阪大学の工学部に入学できた。しかし、アルバイトに明け暮れて単位をとるのもままならない。それにしても、一彰は運送会社とナイトクラブを掛け持ちして、大忙しなのだった。

そこでふと思い出したのは、数年前、阪大の学生で、ホストクラブを経営して恐喝して人がいたことである。堅実な阪大とホストクラブの組み合わせがどうも違和感があったが、似たような設定になっているのが面白い。

結局、一彰は大学を辞めてアルバイトに専念するのだが、勤務先のナイトクラブで大事件に巻き込まれた。なんと、プロの殺し屋が風のようにあらわれて、数人を銃撃して去っていったのだった。その殺し屋の名前が李歐、おそろしいまでの美形で、女にもてるのだが男性にも興味がある一彰は、李歐に惚れてしまった。ところがそこで相思相愛が成立して、このあと、一彰は、李歐に導かれて闇世界に関係をもつようになる。

李歐は結局、東南アジアに新天地を求めて行ってしまった。李歐は一彰にも付いてくるように言ったが、そういう決心はまだできず、日々の仕事に埋没した。しかし、そこから、一彰は李歐に憧れながらも、見の周りにいろいろな困ったことが起き、彼女もできて、大童となる。

一方、李歐は香港などでビジネスを起こし、大活躍する。単なる殺し屋なのでなく、頭がよくてビジネスの才能があるのだった。

こうして、白夜行のように始まったストーリーは、香港だのスイスだの国際的に広がって、大車輪となる。そこからはストーリーの中心なので書かないが、なんともスケールの大きい話で、まさに感動巨編、最後に、ううん名作であったと呟いたのだった。

そういえばこの小説は初めて、プリエンプティブ読書のスキームで読んだ。すなわち、工学書や、数学書、哲学書と輪番で読むので、途中なんども別の本に切りかえるのだが、そうすると、本来なら通勤電車で三日で読めてしまうこの本が、なんと10日以上もかかってしまった。それで小説の面白さが削がれたかというと、意外にそうでもなく、じっくり煮込んだシェフのカレーのような味わいになったのだった。

学長

user-pic
0

前にも書いたが、私は田舎の中学では成績がいい方だった。しかし、そんなこと、この東京に来て言っても何も意味はない。所詮レベルの低い中学での話である。ともかくその中学で、私よりも一学年下で、やはりその学年では成績がよかったH君という人がいた。

よくある話であるが、だいたいこういうとき、後輩は先輩を意識するが、先輩はあまり後輩を意識しない。ともかく、その中学で成績が上位の人が行く高校というのは決まっているので、H君は高校でも一年後輩になった。

この段階でH君は私よりも成績がよくなったはずである。なぜなら私は、毎日卓球部の部活で、通学の船で英語の辞書を引く以外、全く勉強しなかったからである。H君は確か部活をしていなかった。

そうやって高三の夏まで部活していた私がろくな受験勉強できるわけもなく、なので、たまたま現役で第一志望の国立一期(当時はそう呼ばれていた)に受かったのは、ラッキー以外の何物でもない。しかし、受験とはそうした水ものである。

その様子をみて、当然にH君はライバル意識を燃やしたに違いない。そして、猛勉強したはずで、何度も言うが、確実に私より成績がよかったはずなのに、運悪く第一志望の国立一期に落ち、結局、第二志望の国立大学に行くことになった。きっととても悔しかったろう。それで、捲土重来で、大学時代は猛勉強したはずである。

一方私はというと、折角大学に受かったのに、ある時期から迷走し始め、その迷走は今でも続いているような気もするのだが、ときどき聞く話ではH君は結局、第一志望だった大学の大学院に行って、米国留学もし、結局三十台にして、四国の中堅私立大学の教授になった。

サラリーマンとして迷走した私からみると、大いなる出世で、もともとライバル視していた私を抜き去って余りあるものがある。ところがである、最近たまたまH君の名前をグーグルで検索してみると、当該の中堅私立大学で学長にまで登りつめているではないか。これには流石に畏れ入った。

今の時代、地方の短大だったとしても教授になるのは容易ではない。それがれっきとした中堅私立大学であり、学長にまで登りつめたということは、努力がぶれなかったのだろう。大したものである。

私はというと、勉強などと書いてみたものの、場当たり的なインコヒーレントな雑学にすぎず、結局屈折しているに過ぎない。

それにしても私にコヒーレントな努力を重ねる手はなかったのだろうか。そのような手はどうしても思いつかない。そもそもが地味なので、自分の方が味がある人生だと開き直ることもできない。

得意の、いいじゃないの幸せならば、でなんとなく終われないのであった。

前の勤務先で、昼ご飯をコンビニ弁当にすることに決めた。近くにセブンイレブンがあったからである。で、セブンイレブンで小銭を払うのが嫌というか、200ポイント・サービスというのに釣られて、ナナコカードを申し込んだ。それで地道にチャージしてはナナコカードで買っていると、2ヶ月くらい使っているとポイントが250くらい溜まる。それをポイント交換と称して、お金として使えるので、少し儲けたような気になって喜んでいた。

一方、自宅のそばにローソンストア100ができたとき、ポンタカードというのを申し込んだ。これは200円でやっと1ポイントなのでナナコカードより率が悪いのだが、なにしろローソンストア100に行く度にポンタカードお持ちですかと聞かれて、もってませんと応えるのがうっとおしくて作った次第である。

ところが今の三鷹の会社に転勤すると、なぜか会社のそばにローソンストア100とセブンイレブンが並んでいる。それでナナコカードをもっている私はセブンイレブンを常用したいのだが、一つ困ったことがあってそれは、どうしてもセブンイレブンの方が商品が割高なのである。

あるときセブンイレブンで、工作のりであるアラビック・ヤマトを買った。すると、なんと160円もしたが、これはローソンストア100では108円で買える。この差は大きい。それでローソンストア100にいったら、案の定、「ポンタカードお持ちですか」攻撃がきた。私はとても気が弱くて、もってませんというのも嫌なのである。しかし、自宅のポンタカードは家人が使っているので、私は持ち出せない。

それで仕方なく、インターネットでポンタカードを申し込んだ。住所やeメール・アドレスだけでなく年齢まで書かなくてはならないので面倒だったが、仕方ない。それで申し込んだらたった1週間でポンタカードが届いた。これで晴れてローソンストア100に行けるとうれしくなったが、ふと冷静になって考えると、自分はいい歳して何やっているだろう、ということである。

そもそも、「ポンタカードお持ちですか」と聞かれたら、一言、「いえ」といえばいい。しかも、200円でやっと1円である。しかし、心理学的に、この程度のことが、つい私をローソンストア100に誘うのである。

ふと思って私の財布をみると、ヨドバシカメラ、つたや、コジマ電気、JAF、アオキと随分いろいろなポイントカードがある。そして、そのカードのせいで販促の葉書がきて、嬉々として店を訪ねて、大して要らない物を買ったりする。こういうのはアニマル・スピリッツというよりも、チャイルド・スピリッツかもしれない。というのは私は子供の頃、よくグリコのおまけを集めた。お菓子を食べるためでなく、おまけのため買ったりした。誰でも経験があるだろう。

しかし、ポンタカード程度に振り回されるとは、私は随分ナイーブな生活をこの歳になるまでしてきたんだ、と苦笑すること頻りである。確かに私は切った張ったのような切迫して事態はなかった。でも、随分な苦労もしたような気もするのだが。そんなことは関係なく、自分のイノセンスを確認しながら生きている次第である。もちろんここでのイノセンスは、無罪という意味でなく、素朴程度の意味なのだった。

勉強

user-pic
0

大学時代はろくに勉強しなかった私は、社会人になって、勉強しなきゃ、とやっと思うようになった。そして私の癖なのだが、経理の本とか、担当している特許の本とか、あと英語の本とか買い揃えて勉強し始めた。ともかく何かあったら本を買いそろえなくてはと思うのが私のワンパターンで、実は私にはこれ以外の方法論がない。

特許の仕事をやるからには弁理士になるべきだと知り合いから言われ、例によって私は弁理士試験の参考書を買いそろえるのだが、勉強仲間がいるでなし、何かいいゼミもしらないし、結局弁理士試験の勉強は立ち消えになった。

そしたらまるで一旦は振られた恋をやり直すかのように猛然と物理学を勉強したくなり、土日は図書館に籠ってなぜか一日中一般相対論の本を読んでいた。当時大阪にいたので、もしかして、阪大の大学院でも行こうとしていたのかもしれない。

それから、数楽者の友人からブルバキの数学原論を紹介されたのをきっかけに、急に数学に乗りかえ、一日中数学の本を眺める日々となった。この無規律な勉強ぶりには自分でも呆れるが、基本的に今でもこのペースは変わっていない。

世間では勉強というと、MBAの資格をとったり、司法試験や弁理士試験、あるいは中小企業診断士の勉強だったりするが、私はこういう形あるものを残す勉強が苦手で、いつもワンダー勉強なのだった。これはワンダーフォーゲルと同じでさまよう勉強という意味である。

だいたいがそういう適当な読書だけの独学というのは世間ではなかなか勉強とは認定してもらえない。口の悪い人は、君は本を読むしか芸がない、でもただ読むだけで行動しないし意味がない、みたいにいうのだが、あまり自信をもって生きていない私はめげそうになった。

ただ、単に読みたい本を買って、それを読むことを勉強と認めてもらえるなら、私ほど勉強している人は、学者は除外してサラリーマンに限るなら、なかなかいないと自負する。なぜなら、人付き合いを最小限にして、映画を見に行ったり、旅行にもいかずひたすら本を読んでいるからである。

前に勤務していた外資系は途中入社の入社試験はなかなか大変という噂があったのだが、なんとか合格できたのは、そういう闇雲な勉強の成果だと自負する。私の勉強というのはワンダーなのだが、特に目的がない代りに結構万能でいろいろな分野に役に立つのである(本当か、本人でさえ聞いていない)。

そんな牛歩の勉強なのだが、私がみていると、他の人が残念なのは、頑張って資格試験に受かったりすると、もうあまり勉強しなくなる。それはそうで、受かってしまえば、よほど倫理的に問題ない限り、資格を剥奪されることはない。なんで勉強する必要があるの?というところだろう。

私にとって本を読んで勉強するというのは呼吸と同じなので、資格を取って私に先んじたはずの人は、実はじりっじりっと私に差を詰められているのである。例えば私は、明細書を書くとき、知らない分野だと必ず最低一冊は本を買う。二冊も三冊も買うこともある。買う割には読まないのだが、それでもどうしても買ったら目は通す。そういう方針でやっていたら、特許査定に書いたように140件の明細書を書くために書いた本を買うのに、もしかして50万円くらい費やしたかもしれない。

そういう話を誰かにしたら、馬鹿じゃんと言われた。というのは、今の時代、グーグルで検索したら何でも情報はある。それで十分だというのであった。

しかし、と私は反論する。君はフェルマーの定理のn = 3の場合の証明をウェブでみたことがあるか。ないだろう。私はその証明が載っている本をもっている。

そういっても、それで?と言われるだけである。結局、私流のさまよい的な読書勉強スキームはなかなか賛同を得られない。一番のネックは、私に確たる地位とか、学位とか、知性の証明になるものが何もないからだろう。

そして私は反論する。君も一応、知識労働者の端くれなのだう。それならプロではないか。プロ棋士を例にとると、勉強しないプロはいない。もし普段勉強しないで、ただ会社にくるだけで知識労働者と言えるか、と言ってみても私は相手にされない。

でも私は日々勉強する、よく生きるため、そしてよく死ぬためである。格好つけすぎ、だっちゅうの。

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。