2014年8月アーカイブ

知のストーカーという言い方はあまり世間ではしないと思うが、ここでの私の意図は、ジェフリー・ディーヴァーの青い虚空ソウル・コレクターにあるようにコンピュータ・スキルを駆使してストーカー行為を行うということではなくて、人間の心に潜むストーカー性に言及することである。

恋愛したことがある人は分かると思うが、その瞬間、暇さえあれば相手を思い詰める、ストーカーの予備状態になっている。それで相手に忌避され、それに納得がいかず相手を追求し続けると、次第にストーカー化してくる。

このように人間というのは、捉えた対象を追求し続ける傾向があったりする。そこで私が気づいたのは、人間をストーカーの相手に選ぶと、いろいろとトラブルの原因になる、ということである。そもそも、相手が自分のことを好きになってくれる可能性は一般的に高くない。

そこで知のストーカーの出番となるが、要するに、知的技芸をストーカーのように追求するなら比較的健全ではないか、ということである。

例えば、現在の将棋のアマチュア強豪の一人に、早咲さんという方がいる。大分県に住んでいて、周囲にアマ名人クラスの強豪がいないのに、一気に全国レベルの強豪になった。その秘訣は、踏込の深さにある。すなわち、中学生のとき、将棋の魅力に憑りつかれると、一日に14時間も勉強する、という努力を数年に亘って続け、一気にアマチュアトップレベルに到達した。

これが私がいう知のストーカーである。とても踏込が深い。仮にであるが、早咲さんが女性好きで、あの踏込の深さで特定の女性にアプローチを仕掛け、しかも相手が嫌がるのにそれを続けたら、これは立派なストーカー行為となる。早咲さんはとても紳士なので、こんな仮定は失礼であるが、あくまでも仮定である。

そこで私が思うのは、人はなんとか、人間でないストーキング対象をもつべし、ということである。普通、将棋に打ち込むことを将棋に対するストーキングとは呼ばない。そこを敢えて私は、ストーキングを、特定のことに打ち込むこと全般に対する行為として一般化してみた。

そして、対人でなく、知のストーカーになることは、それなりに修練を要する。すなわち、好きな女性がいて、ストーキング的に追及することは精神的な病気といってもいいくらいだが、そうなるために特に修練は要さないだろう。むしろ、そうならないことに修練を要する。

そうならないために一番いいのは、仏教の中庸や空の概念を学ぶのがよいが、迂遠というか、一般受けしないだろう。それで次善の策として、ストーキング心に迂回路を作ることが、知のストーカーになるための修行であって、これは以前に書いた、教養論の言い換えにすぎないのかもしれない。

知のストーカーの対象は、小説を読むことでも、囲碁・将棋でも、対人性が少ないなら何でもいいのだが、ある意味対異性以上にまずいのが、金銭がからむ、ギャンブルやリスクの高いビジネスがある。

そう書いてしまうと、世間の起業や投資まで否定してまうので、自分のコンサバぶりには今更のように呆れるのだが、ふと思い出すと、このような知のストーカー概念の原点は私の子供時代にある。当時、一風変わった子供であったので、なかなか周囲の子供に相手してもらえず、仕方なく一人遊びの技法を開拓していった。それは二つの石をぶつけて、どちらが割れるか競うというやや野蛮なものもあったが、大抵はノートに野球シミュレーションを書いたり、単に夢想したりしていた。ある意味、驚くほど今と変わっていない。ただ、当時はまだ将棋を憶えておらず、顧みると、将棋だの囲碁だのというゲームは、人生の暇つぶしとしてなかなかであり、改めて人類の偉大なる発明であると感じるものである。

そういえば、本物のストーカーよりもおぞましいものがあって、それは合法的に殺し合う戦争である。将棋や囲碁などの闘争ゲームは、ストーキングよりむしろ、そういう戦争行為に対するいささかのバイパスなのかもしれない。もちろん、戦争の流れは巨大すぎて到底バイパスしきれない。

棋聖挑決第一局という記事で、竜王戦を棋聖戦と間違えていると、はれほれさんから指摘されたときは、いくら夏バテとはいえ、こんな自明な間違いをするとは、と流石にがっかりした。普通はそういう間違いは訂正するのだが、この場合自戒の意味も込めて、このままにしておく。

そのせいというわけではないのだが、その後王位戦第4局があったときも、ざっと一通りならべてみて、よくある形で意外な変化になったんだね、とおもいつつ、特にブログに書かなかった。

しかし、その後週刊将棋でみてみると、矢倉37銀戦法の後手の95歩を交換したかたちで、単に64歩と後手が角道を止める手が、地味なようでいて意表をつく手で、その後もがっちりと中央を制圧して羽生が圧勝したことを確認した。竜王戦挑決第1局(もう、流石に間違えない)で、優勢の将棋を終盤のミスで糸谷に負けたときは羽生が夏バテで不調になったかと思ったが、この将棋をみていてそうではない、と感じた。尤も、羽生は、研究会仲間の木村とは波長があうのだろう。異常感覚の糸谷とはやや不協和音を感じる。

さて、王位戦第5局、羽生は角換わりに誘導した。気づいた点は、後手の木村が74歩をなかなか突かなかったこと、42金右と固めるのが普通のところ、あえて43金右と上がったこと、それに対して羽生が25歩と突いたこと、遅れて木村が74歩と突いたこと、羽生の48飛に結局42金引きとしたことである。この局面は実は、「ひと目の」シリーズで述べた、「ひと目の仕掛け 相居飛車編」金井恒太著の135ページ目と同一局面である。なので、なさそうで結局ありそうな局面という次第。

以下は当然、45歩、同歩、同桂、44銀、37角と進むが、そこから木村はプロなら当然の75歩。この変化は上記金井恒太の本にも、吉田正和の「これからの角換わり腰掛け銀」にもないが、実戦とはそうしたものであって、棋書は基底ベクトルのいくつかを用意するにすぎない。それらをどう線形結合するかに妙味がある。

以下、64角、92飛、75歩、95歩、同歩、86歩、同歩、96歩と後手は綾をつける。いうまでもなく、96同香には63角が狙いである。

しかし、なんと羽生は、平気で96同香と取って、63角を甘受するのだった。いいのかな?

木村は当然のごとく、45銀右、同銀、同角と2枚替えだが、別に必然の手順でもなかったらしい。羽生が83銀と打っては、羽生もちの人が多くなった。

以下、93飛、94銀成、73飛、84成銀に、72桂かとおもったら、意外にも単に71飛。これ、正解なのだろうか? そのあと、91角成、36角、37馬、35銀に予想どおり39香。これで羽生が優勢になった。

以下、33金右に36馬、同銀、同香、37角、38飛、19角成に、34香と出れるのにあえて35歩と打つのが妙手。以下、同歩に、34歩。以下あぶなげなく羽生が寄せきった。

地味ながら、木村の71飛が敗着だろうか。ともかく、これなら、来週の竜王戦挑決第2局も熱戦が期待できそうである。実はその日は休暇をとる予定なのだが、流石にネット観戦が目的、というわけではない。

計算

user-pic
0

囲碁の詰碁や将棋の詰将棋を日常的に解いていると、とりあえず少しだけ囲碁や将棋が強くなったような気がした。それは錯覚かもしれないがともかく、テレビでプロの対局をみていても、以前より手に対する感性が増して、いい手に一層感心できるようになった。

それでああよかったね、で満足できないのが私の悪い癖で、数楽者を自認するのに、将棋における詰将棋の努力を数学においてしなくていいのか、という疑問が心の内部で響いた。

そういう疑問が出てきたのは理由がある。「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著、岩波書店を眺めていて、有理数にN円分体を付加した拡大体の部分体における素数pの分解の仕方は、pをNで割ったあまりで決まる、という定理のいくつかの結果の計算を確認しようとして、すると円分体の計算はオイラーの定理により、cos(2Π/N)+i sin((2Π/N)が出てくるので、どうしても三角関数の計算が避けられない。ところが、せいぜい高校の数Ⅱレベルの三角関数の計算に手こずっている自分を再発見して、ああ情けないと、計算の基礎訓練をやらなくては、痛感した次第である。

問題は三角関数だけではないので、とりあえず、手許にある、矢野健太郎、石原繁著、「大学演習 解析学概論」裳華房を解くことにした。最初は常微分方程式の基礎なので、計算も簡単だと踏んだ。詰将棋でいえばせいぜい五手詰といったところか。ところが、実際に問題を解いてみると、どんどん簡単な計算間違いをする。これでは、どんな大学の数学の期末試験も落ちると、ひどく落胆した。

その間違え方がある意味詰将棋と同じで、要するにこんなもんだろうと適当に計算して、緻密度が足らないのであった。一時間くらいああでもないと計算していたら、ある程度慣れてきたが、基礎訓練というからには、常微分方程式だけではなく、ベクトル解析、複素関数、ラプラス変換、フーリエ変換、線形代数など、考えるだけでうんざりしてきた。

基礎訓練というからには、英会話だってすっかりなまっている。読む英語という意味ではとりあえずTIMEを毎週読んでいるので、まあなんとかだが、会話となると、以前はある程度聞き取れていた電車の中のアメリカ人同士の会話が最近はすっかり聞き取れなくなっている。

こうして基礎訓練のメニューは沢山あるが、時間もやる気も明らかに不足である。こうして、基礎訓練もうええねん、とすぐに弱気になるのが私の駄目なところなのだった。

もぐら闘

user-pic
0

ある日、例によって古書店に行き、面白そうなミステリー本を漁った。すると、矢月秀作、「もぐら闘」中公文庫というのをみつけた。

矢月という作家の作品は読んだことがない。ただ、iPS細胞の実用化に関わるスキャンダルのストーリーと裏表紙にあったので、とりあえず買ってみた。

ところがである、その次の日、笹井氏自殺の事件があった。これをシンクロニシティーと呼ぶのはあまりにも純度が低いのだが、何かしらの運気が動いたいたのかもしれない。

さて、「もぐら闘」では、再生医学の研究者が新宿のビル街の広場で爆殺されるという事件から始まる。その解決に手を焼いた警視庁の幹部、垣崎が、主人公の影野竜司に相談する。すると、影野は、ある人物を情報源として紹介する。

影野はもともと警視庁にいたのだが、ある事件をきっかけに辞め、今は事件処理屋のようなことをしている。爆弾事件にも詳しい。

そもそも、影野は爆弾事件で家族を失い、恋人のような女性事務員も意識を失う重症となった。その女性事務員のリハビリで浜松にある施設を訪問しているうちに、警察の捜査は、影野が紹介した人物からの情報に基づき、進展していった。

すると、ヤクザ、再生医学のベンチャー、大学の研究施設などがからんだ巨大なスキャンダルであることが分かった。そうまさに、再生医学は儲かるのである。疑似的な神になれる。STAP細胞のからむスカーミッシュもまさに、研究者のプライドと、再生医学のビジネスの巨大なポテンシャルが一つの原因なのだった。

ストーリーが終盤になってくると、主人公の影野が超人的な命知らずぶりを発揮する。このあたり、エンタメの典型なのだが、ストーリーは小気味よく展開する。

ラッシュライフのようにちょっと斜に構えたストーリーもいいが、ときにはこのようなストレートなハードボイルドもいい。それにしても、笹井氏は本当に自殺なのか、とこの本を読んで改めてふと思った次第。

詰将棋

user-pic
0

前にも書いたが私は詰将棋を解くのが苦手である。実戦でも、比較的自明な詰みが見えなくて負けたことは数しれない。

ただそれでも、一番将棋の活性度が髙かった、大阪の正棋会にいた頃と、大阪から東京に出てきてからの1~2年は、近代将棋という雑誌の詰将棋コーナーの8問が、なんとか2~3時間で解けていた。詰将棋が得意という人は、この8問を30分あるいは1時間程度で解くらしいので、その当時でも私の詰将棋を解く力はそれほど大したことがなかった、ということになる。

そうはいっても、当時独身で、サラリーマンとして大した仕事もなく、当然に彼女がいてデートするということもないので暇をもてあましていた。それで、詰将棋は結構創った。なにしろあまりちゃんと検討しないので余詰や不詰もときどきあったが、自分でいうのもなんだが、これは冴えている、と自賛するものもあった。それで、特に気にいったものを二度ほど専門雑誌に投稿してみたが、採用されなかった。がっかりしてそれでその後投稿しなかったが、しつこく投稿していればそのうち載ったのかもしれない。粘り強さを欠く性格には困ったものである。

その後外資系に転職したり、結婚したりして、詰将棋どころか将棋そのものからも遠ざかってしまった。詰将棋は、週刊誌やスポーツ新聞の10分で2級とかいうレベルでも、あれっ?と戸惑うほどまで力が低下した。

今から1年半くらい前だろうか、ある棋友と飲んだとき、メモのような紙を渡された。なんでも、二上だったかの詰将棋が5題ほど書いてあって、解けるかと聞かれた。詰将棋に対して常時苦手感のある私は逃げたくなったが、とりあえず受け取って、後で電車の中で必死で考えて二題はなんとか解いた。しかし、そこで息切れしてあとの三題は結局解かなかった。

ううん、これは基礎からやり直さなくてはと買った本が、勝浦修著、「詰将棋道場」マイコミで、これならなんとか解けると踏んだが、それでも10分で初段とかいうのに1時間以上悩むこともあり、おいおい大丈夫かと自分でも自信をなくしそうになった。それでまた詰将棋から遠ざかったのだが、詰将棋への興味が復活したのは、天頂の囲碁に書いた囲碁と将棋の両面作戦を採ってからだった。

すなわち、初歩の詰碁を解く傍らで、勝浦の「詰将棋道場」を電車の中で解くと、あれよと思ったのだが、10分で二段とかいう11手詰もちょっと眺めていると作意が見えて5分くらいでどんどん解ける。それで嬉しくなって、会社の昼休みまで詰将棋を解いているような次第である。多分であるが、上記した自分としてのピークのレベルまで詰将棋の力が復活したのではないだろうか。

とはいえ、勝浦の「詰将棋道場」より少し難易度が高い、二上詰将棋「金剛篇」と、若島正の「華麗な詰将棋」光文社文庫にチャレンジしてみたら、案の定やはり手こずるのだった。やっばり自分の詰将棋の力なんて知れているわい、と苦笑している次第である。

転落

user-pic
0

古書店で、永嶋恵美の「転落」講談社文庫という小説を手に取ったとき、そんなに面白そうな気がしなかったのだが、著者の経歴が、福岡出身で広島大学哲学科卒というのをみて、なんか親近感をもった。広島から福岡の大学に行った私と逆パターンなのである。

その乗りで「転落」を読み始めると、なんと、主人公はいきなりホームレスに陥ってしまった。どうしてそうなったのか、なかなか説明されなくてじれったい。いや、じれったがる暇はなくて、ホームレスの身なのに親切に?食べ物をもってきてくれる小学生の女の子があらわれて、局面は錯綜してくる。錯綜する理由は、小学生の女の子が、いろいろな悪戯に加担するよう主人公に要求してくるからである。

主人公は、その女の子と付き合って、食べ物にはありつけたものの、次第に悲惨な状況になっていった。あるきっかけから昔の知り合いと出会い、その知り合いも会いたくなかったようだが、次第に腐れ縁のように付き合いが復活してしまった。

その知り合いを第二の主人公としよう。すると、ストーリーの中で過去が振り返られて、家族との関係、親戚との関係、近所との関係の記憶が今更のように棘のように突き刺さる。第二の主人公は病院の配ぜん係をしているのだが、そこでも嫌な患者がいて、気持ちが暗く沈む。

読みながら途中で分かったのだが、この本も湊かなえの「告白」とは少し違う種類だとはいえ、間違いなくイヤミスなのだった。

ところで作者の永嶋恵美ってどんな人?と思ってWebで探してみたら、結婚して子供がいるのだが、なんでもゲームオタクらしい。そのブログの文面をみても軽い乗りなのであって、とてもイヤミスを書くような人には思えない。

きっと、女としての憂さや情念を思いっきりこめて書いたのが「転落」なのだろう、間違いない。

マイナビの囲碁・将棋関係の本で、「ひと目の」シリーズという文庫本サイズの本のがある。このシリーズで私が買った最初の本は、渡辺明監修という、「将棋・ひと目の手筋」だった。この本が嬉しかったのは、詰将棋であれ、次の一手であれ、問題を解くのが得意でない私でも、ほとんど瞬間的に眺めるだけで解けたことである。当時将棋の勉強がおろそかになっていて、職団戦などのために調整しなくては、と思っているときにこの本は好適だった。あまり本を繰り返し読むことはしない私だが、この本はおそらく五順は読んだ。なにしろ、1時間もあれば最初から最後まで読めてしまう。

そんな経験があったので、囲碁の勉強を再開しようと思いたったとき、買ってみたのが「ひと目の詰碁」趙治勲著である。棋書の裏話をいささか知っている私は、本当に趙治勲が書いているかどうか怪しいものだと思ったが、そんなことはどうでもよくて、全然詰碁なんて解いたことのない私でも、「将棋・ひと目の手筋」ほどではないにしても、結構どんどん解けてしまう。それで少しずつ囲碁の読みに慣れて、この本も少なくとも三順は解いたような気がする。

その効果が出たと思ったのは、井山六冠に書いた、碁会所経験で、弱いアマ二段と誤認してしまう程度に勝てたことだった。

そこで、今年の5月から以前よりも本格的に囲碁・将棋に取り組む一環として、以前より棋書を買い始めたとき、囲碁の方は、趙治勲のものを「ひと目の定石」、「ひと目の攻めと守り」、「ひと目の布石」と順次買い揃えて読んでいった。まだ棋力向上の手ごたえがあまりないのは、まあ仕方ない。それでも、ううんなるほどと頷くことしきりで、少しずつ囲碁の風景が変わってきている。

それらの棋書が有用だったので、将棋の方でも「ひと目の仕掛け 相居飛車編」金井恒太著を買ってみた。買った根拠は、金井恒太が超真面目な性格だと知っているからである。趙治勲ならともかく、世間の知名度が低い金井恒太を看板にするわけがない。

で、読んでみたら、それは新たな再認識だった。というのは、本当にプロの最先端の局面での次の一手が網羅されているのである。もちろんサービス問題もあるが、いくら考えてもさっぱりわからない問題が頻出していた。ううん、ひと目シリーズもここまで進化していたのか、と一瞬感慨に耽った。今二順目を読んでいるが、依然としてあまり次の一手がわからない。しかし、ひと目シリーズが端倪すべからざる存在になったことは確かである。今後、ひと目シリーズを私は買い続けるだろう。そして私の読書生活を確実に豊かにしてくれるだろう。そう思っている次第である。

藤沢里菜

user-pic
0

もう4年以上前に、囲碁の最年少棋士として取り上げた藤沢里菜であるが、順調に力をつけてきているようである。

すなわち、私は奨励会はともかくとして、将棋のプロ棋士についてはおおまかに、どんな戦法が得意で、どの程度の強さかということをほぼ全般把握しているつもりだが、囲碁はトップ棋士や人気棋士以外はほとんど知らないので、最近、暇があると日本棋院のホームページをみて、どんな棋士がどんな戦績なのか眺めている。これを機械学習ならぬ、棋界学習という。あまりのおじさんギャグに言っている本人が寒くなる。

さて各棋戦の予選からつぶさに見ていると、その戦績に目を瞠るのが、藤沢里菜なのである。例を挙げていく。

棋聖戦の予選では、茅野 直彦九段、神田 英九段、小長井 克八段、謝 依旻六段に勝ったが、望月 研一七段に負けて、予選通過ならなかった。

名人戦の予選では、楠 光子七段、玉井 伸三段、上田 崇史四段に勝ったが、大垣 雄作九段に負けて予選通過ならなかった。

本因坊戦の予選では、マイケル・レドモンド九段に勝ったが、秋山次郎九段に負けて予選通過ならなかった。

王座戦の予選では、泉谷 英雄八段に勝ち、まだ次がある。

天元戦の予選では、前田 良二七段と、戸沢 昭宣九段に勝ったが、田原 靖史七段に負けて予選通過ならなかった。

碁聖戦の予選では、戸沢 昭宣九段と村松 竜一八段に勝ったが、女流の小山 栄美六段に負けて予選通過ならなかった。

十段戦の予選では、東京本院予選で、シードされ一勝すれば最終予選に進める位置にいる。これは前回の成績が良かったことを示唆する。

阿含・桐山杯 全日本早碁オープン戦では、鄒 海石七段に勝ったが、劉 順宇アマに負けて予選通過ならなかった。

竜星戦予選では、石倉 昇九段に勝ったが、金 秀俊八段に負けて予選通過ならなかった。

ここまで男性棋士に普通に勝っている女流棋士は、私の観察では他におらず、明らかに藤沢里菜は実質女流ナンバーワンの実力であるのみならず、男性棋士にまじっても、十分中堅クラスの実力だと思われる。

なので、藤沢里菜が6月に会津中央病院杯という女流タイトルを取ったのも、つい先日、奥田あや三段に勝って、向井千瑛女流本因坊への挑戦権を獲得したのも、私には全くもって当然と思われる。

私としては、とりあえずは女流本因坊などのメジャーなタイトルを獲得するとともに、数年以内に、一流棋士のラベルである、棋聖リーグ、本因坊リーグ、あるいは名人リーグに入ってほしいと願うものである。流石に、そのタイトルに挑戦してほしい、までは願わないけれども。

エボラ猖獗

user-pic
0

私が、エボラ出血熱の記事を書いたのは、今から7年近くも前だが、今回のエボラ出血熱による死者は、当時の数をはるかに上回る。どうしてここまで広がったのかという合理的な説明はなされていないように思われる。

TIMEの8月25日号をみていたら、エボラ出血熱を防ぐ教訓が書かれていたので、これに基づき、私なりにまとめてみる。

まず最初は、動物に気をつけることである。今回のエボラ出血熱流行のもととなった最初の犠牲者は、ギニアのゲケドゥのそばで、去年の12月に亡くなった2歳の子供だったらしい。

最近出現してきた、鳥インフルエンザやSARSのような病原体と同様に、エボラも動物原性感染症である。どの種がもともとの病原体源かは知られていないが、ありえる候補としてオオコウモリが挙げられている。

アフリカでは、コウモリや猿が主要なタンパク質源であるので、それらを食べたとき感染するようである。本来、そういう動物は人間がいるところには現れないのだが、森林開発により、そういう機会が増えているようである。

次の教訓は、アフリカが、伝染しやすいところである、ということである。現在、アフリカではどんどん人口が増加しており、移動も激しい。以前はエボラは、中央アフリカで発生していたのだが、近接する西アフリカにも広がっていった。

感染者が市街地にいると、病気の拡散を止めるのが困難になる。特にリベリアやシエラネオネなどの国では、防疫システムも不備である。そこでは薬品が不足しているし、訓練を受けた人も乏しい。

次の教訓は、母国の防疫体制を強化せよ、ということである。アフリカでの犠牲者が1000人に達しても、米国人は気に留めなかったが、二人の米国人がエボラに感染したことが分ってからは、嫌が応でも米国でも関心が高まった。

次の教訓は、治療薬を急生産せよ、ということである。かつて、エボラ出血熱にはワクチンはなかったが、ちょっと古いが、エボラ出血熱のワクチンという記事があり、また、エボラ出血熱の治療という記事もある。次第に治療が可能にはなってきている。今回も、二人の米国人エボラ患者に、ZMappという未承認の薬が使われた。ZMappの有効性は実験的にまだ実証されていないが、ともかく一応、今回は効いたようで、患者は快方に向かっている。しかし、問題は製薬会社が増産体制をもっていないことであり、これでは緊急に対応できないことがありえる。

ここまで書いて、以下のような共同通信のニュースがWebで見つかった。

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は22日、西アフリカで流行するエボラ出血熱の死者が、20日までに感染の疑い例も含め4カ国で計1427人に達したと発表した。18日までの死者は計1350人だった。19、20日の2日間で77人増えた。
20日までに感染が確認されたか疑われる患者は計2615人。死者の内訳はリベリア624人、ギニア406人、シエラレオネ392人、ナイジェリア5人。リベリアの増加が目立っている。
一方、WHOは22日の声明で、感染規模が把握しきれておらず、実際の感染者ははるかに多いとの見解をあらためて強調した。

果たして、いつ終息するのだろうと、日本にいてさえ不安になってくるのであった。

類体論については昔から興味があって、今から2年くらい前に、約1年かけて、「類体論へ至る道」足立恒雄著、日本評論社を、ノートをとりながらきちんと読んだのだが、どうも理解があやしく、結局ほとんど何も分かっていない。

それで、今年の3月頃だったか、新宿のブックファーストをうろついていたら、「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著、岩波書店というのをみつけて、これは面白そうだと迷わず買って、しばらく積読しておいたのだが、最近やっと読んでみる気になった。仕方ないこととはいえ、数学の本は、どうしても推理小説よりは読み始めるのに気合いが必要である。

それで気づいたのだが、これは「類体論と非可換類体論」というシリーズの第1巻で、その後「古典類体論」、「非可換類体論」、「類体論・非可換類体論研究の諸相」という全4巻のシリーズらしいのだが、なぜか第1巻から5年が経過しても、2巻以降が全く刊行されていない様子である。おそらく、著者の加藤和也さんが忙しすぎるか、本格的な内容なので、執筆が大変なのか、その両方なのかもしれない。

ともかく、この第1巻は、入門的な概説書なのであるが、特にその第1章の「類体論の流れ」というところの箇所は、概説の概説として、大まかに見通すのに好適な内容となっているので、その内容を私なりにまとめてみる。

まず、おおまかな類体論のクロノロジーを与えてみる。

  1. フェルマーの研究(17世紀前半)
  2. 平方剰余の相互法則(ガウス、1796年)
  3. 類体論(高木貞治、1920年)
  4. 非可換類体論の定式化(ラングランス、1970年)
  5. フェルマーの定理を証明したワイルスの仕事を突破口として、非可換類体論の大きなうねり、佐藤-テイト予想の大部分解決(2006年)

類体論の文脈でのフェルマーの研究というのは典型的には、4で割って1余る素数は、x2+y2(x,yは整数)とあらわされるのに、4で割って3余る素数はそうではない、という知見である。このシンプルな結論に比べて、厳密な証明はなかなか難しく、約100年を要してやっとオイラーが証明した。

フェルマーは類似の定理にも気づいていて、それは、8で割って1または7余る素数は、x2-2y2(x,yは整数)とあらわされるのに、8で割って3または5余る素数はそうではない、というものである。

このようなバリエーションは実は無数にあって、それは、有理数Qに√m(mは、平方数でない整数)を付加してできる拡大体をつくることと等価なのだった。

すなわち、素数であっても、Q(√m)の世界では、分解できて素数でなくなることがある。

平方剰余の相互法則における平方剰余というのは、mod pの有限体Fpの世界の話で、a2=bとなるaが存在するなら、bはFpで平方剰余をもつといい、ルジャンドルの記号(b/p)=1と書き、そうでないなら、(b/p)=-1である。実はルジャンドルの記号というのは楯に数字を分数のように並べるのであるが、ここでは便宜的にa/pと書いている。

mod 5でみると、3a2=4なので、(4/5)=1であり、一方、a2=2をみたすaはF5には存在しないので、(2/5)=-1。また、4=-1なので、(-1/5)=1であり、なんと、F5には-1の平方根が存在するのであった。

平方剰余の相互法則とは、(a/p)と(p/a)の間の関係式であり、これこそガウスが愛した数式なのであり、ガウスはこれの証明を何種類も与えた。

戻って、類体論とは、Q(√m)のような拡大体における素イデアルの分解法則なのだった。ただ私の稚拙な理解では、そこで平方剰余の相互法則がどのような役割を果たすのか分からない。それは追々理解していくことにする。

類体論で扱うことができる素イデアルの分解法則は、Q(√m)のような拡大体に限らない。拡大体のガロア群が可換であるような拡大をアーベル拡大というが(正しいか?)、高木貞治はQのアーベル拡大体を拡張して、一般の代数体のアーベル拡大体における素イデアルの分解理論を提示した。特定の条件で素イデアルに分解するという類別をするということで、高木はそれを類体と呼び、なので類体論なのであった。ここでようやく、4で割って1余る素数は、x2+y2(x,yは整数)とあらわされるのに、4で割って3余る素数はそうではない、というフェルマーの知見が類体論の一部なのだと理解した。私はなんと察しが悪いのだろう。

こうしてアーベル拡大体の、すなわち可換の類体論が完成されると、非アーベル拡大体の、非可換類体論というものが、目が見えない人が象のしっぽに触るように微かに理解される。

谷山豊や志村五郎は、非可換類体論上で例の谷山・志村予想を提示した。特にそれは2次の非可換類体論に関するものであり、ワイルスのフェルマーの定理の証明もまた、2次の非可換類体論の枠組みにおいてであった。

佐藤-テイト予想の大部分解決は、もっと拡張したn次の非可換類体論におけるものであった。

類体論には別の拡張があり、それは数の世界の類体論を関数の世界の類体論に拡張したいわば幾何版である。1990年のドリンフェルトのフィールズ賞受賞は、2次の幾何版非可換類体論に関するものであった。

幾何版の非可換類体論というのは場の量子論のような物理学とも関係するらしいが、私の知識では全くもって想像もつかない。もしかして、私がたまたまもっている「弦理論の代数的基礎」高橋篤史著、サイエンス社という本はそのあたりのことを言っているのだろうか。違うような気もするが、ともかく機会があったら、一流レストランの傍を通りがかって匂いだけでもかいでみるようなことをしたみたいものである。

私は会社では、昼食は大抵自席でコンビニ弁当を食べる方針で、今の勤務先のそばにはセブンイレブンとローソンストア100があるので、気分によりどちらかを利用してきたが、ポンタカードを入手してからは、専らローソンストア100を利用するようになった。理由はやはり、ローソンストア100の方が割安感があって、しかも副食としてのサラダなどのバリエーションが多いのもうれしいからである。

ところで、どんなコンビニもそうなのかもしれないが、なにげにBGMが流れていたりして、ローソンストア100は当初、ポンタカードの歌が流れていた。これはなんというか、コメントする気もしない曲である。その後、ごめんね税込105円(今は、108円)の歌になって、これもどうかと思っていたが、今年の6月あたりから、ポップス系の曲が流れるようになった。

AKBだの桃色なんとかだの、最近の曲にはいまいち興味がもてないのだが、この曲は乗りがいいので、誰が歌っている、なんという曲だろうと気になった。そこで、「ローソンストア100 曲」というキーワードで検索してみたのだが、どうしても突き止められない。

しかし、副産物があった。すなわち、他にもローソンストア100で流れているらしい曲がわかって、YouTubeで聴いてみると、おおこれは冴えてるじゃん、と嬉しくなった。

そのうちの1つは、SHISHAMOの「君と夏フェス」である。女性三人のグループで、大学の軽音出身ぽいのだが、とても乗りがいい。ボーカルの女の子もなかなか可愛くて、ついアルバムを買いたくなったほどである。

ただ、こういうポップス系の女性ボーカルで、ホワイトベリーと、いきものがかりと、SHISHAMOの見分けが私はついていなくて、こういう分野の私のおそるべき初心者性を物語っている。せやからおっさんはあかんのや、となぜか大阪弁になったりする。

もう一つの収穫は、WHITE ASHである。そのCasablancaをYouTubeで聴くと、軽く背筋に電撃が走ったほどである。なにやら英語の歌らしいのだが、何いっているかさっぱり分からない。私がよほど英会話力がないのかと思ったら、なんでもデタラメ英語らしい。そうやって英語を道具に使うなんて粋である。その絶妙のボーカリストは誰、と調べてみると、のび太というらしい。のび太というとドラエモンの相方であるが、私はなぜか横須賀もかぶる。ともかく、その歌唱力と名前のギャップも冴えている。

さて、具体的目標だが、WHITE ASHは無理だが、「君と夏フェス」あたりをカラオケで歌えるように密かに練習してみようか。やめときいな、おっさん。

笹井さんが亡くなられて、STAP細胞の話題もしぼみがちだが、STAP細胞スキャンダルの初期の頃、知り合いの弁理士が、小保方さんの特許出願が公開になっているよ、と教えてくれた。ああそうですか、ではそのうちみてみようと思いつつ、なんとなく億劫で、そのままにしておいた。

で、ここでやっと重い腰を上げる気になったのだが、小保方さんの特許出願は、国際出願であるPCTらしいので、調べるには、ヨーロッパ特許庁のEspacenetか、PCTの本家、PATENTSCOPEのどちらか、ということになる。ここらあたりは、一応私の専門分野である。

そこで、PATENTSCOPEの方にアクセスしてみた。そこでキーワードを入れるのだが、もし小保方さんが、田中とか鈴木のようなありふれた姓だと、姓をキーワードにして辿れないので、仕方なくSTAP細胞の学術的な英語での言い方を調べてキーワードで入れる必要がある。ところが、小保方という姓は比較的稀なので、キーワードとして、Obokataと入れるだけでよい。

すると、11件がヒットした。Obokata Satoshiとかいう人も居るらしい。しかし、筆頭にリストされたのが、"GENERATING PLURIPOTENT CELLS DE NOVO"というタイトルの特許出願で、どうもこれが当たりらしい。

それを開いてみると、公開番号WO2013/163296で、去年の10月31日に公開になっている。発明者は、VACANTI, Charles A.; (US).VACANTI, Martin P.; (US).KOJIMA, Koji; (US).OBOKATA, Haruko; (JP).WAKAYAMA, Teruhiko; (JP).SASAI, Yoshiki; (JP).YAMATO, Masayuki; (JP) で、筆頭が例のヴァカンティ氏、小保方さんも入っているし、若山氏の名前もある。

最初に米国に2012/4/24に出願し、それの優先権でPCTとして出願されたことが分かる。

請求項は74個あって、この手の出願としては、特に多いとはいえない。請求項1は、" A method to generate a pluripotent cell, comprising subjecting a cell to a stress. "と話にならないくらい曖昧であるが、ちゃんと請求項13に、" The method of any of claims 1-12, wherein the stress comprises exposure of the cell to at least one environmental stimulus selected from: trauma, mechanical stimuli, chemical exposure, ultrasonic stimulation, oxygen-deprivation, radiation, exposure to extreme temperatures, dissociation, trituration, physical stress, hyperosmosis, hypoosmosis, membrane damage, toxin, extreme ion concentration, active oxygen, UV exposure, strong visible light, deprivation of essential nutrition, or unphysiolosically acidic environment. "というのもあるので、それなりにまともな内容かもしれないと示唆する。

あとは、この分野の技術に全く疎いので、まともな発明なのかどうか、私レベルでは全く判断できない。

ただ、特許の実務屋として気になるのは、細胞に刺激を与えたら、細胞が万能化するとはいえ、それ自体、特許的にはあまりにもありふれたことなので、よほど前処理や条件を厳密に記述しないと特許にならないだろうということである。

そこで、STAP細胞のライバル?、iPS細胞の特許の請求項を、自分の記事から引用してみる。

【請求項1】体細胞から誘導多能性幹細胞を製造する方法であって、下記の4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2を体細胞に導入する工程を含む方法。

これをみると、4種の遺伝子:Oct3/4、Klf4、c-Myc、及びSox2というのが極めて特徴的で、これに比べると、STAP細胞の特許出願では、細胞に刺激を与えるとSTAP化するのですよ、その刺激は、trauma, mechanical stimuli, chemical exposure, ultrasonic stimulation, oxygen-deprivation, radiation, exposure to extreme temperatures, dissociation, trituration, physical stress, hyperosmosis, hypoosmosis, membrane damage, toxin, extreme ion concentration, active oxygen, UV exposure, strong visible light, deprivation of essential nutrition, or unphysiolosically acidic environment.のうち、どれでもいいのですよ、といえばいうほど、当たり前じゃん、という印象を与えてしまう。それだけ厳密なレシピを特許明細書に記述する必要がある、ということが特許実務的には当然のごとく、要請されるのであった。

基本

user-pic
0

私が将棋のルールを覚えたのは、確か小学校6年のときだから、ほとんど半世紀前といってよい。それでどれだけの棋力かと自問すると、はなはだ心もとないのだが、それでもアマチュアとしてはなんとか平均より上だろうと思ったりしている。

しかし、テレビの将棋対局でプロの解説を聞いていると、私の予想はなかなか当たらないのに、プロの常識ではこの一手で、当たらなかったらプロじゃありません、などということがある。

一局を通して私がそう感じる手は結構沢山あるということは、いかに私がプロから遠いかという、当然のことを今更感じる。実は、野球であれ、ゴルフであれ、熟練してくるとぶれなくなる、というのが学習心理学というか学習生理学の法則のようなものである。

ゴルフのプロはどんな状況でもコンスタントなフォームで打つことができる。大抵のプロがそうだとすると、どこで差がつくのかということになるが、私の観察ではプロの98%はそういう常識というか基本に忠実な動作で、残りの2%の独創で差をつけている。

升田幸三の棋譜をみていても実際そうなのであって、ほとんどは、プロのレベルではあるが、普通の手の積み重ねである。2%の独創も98%の土台の上に成立している。逆にいうと、98%の基本の手に活を入れるのが、2%のスピリットである。

そして、いうまでもないが、私はその基本ができてないので、アマ四段クラスのアマチュアに対しても、なかなか勝てない。私もときに冴えて、500局に一局くらいアマ名人クラスに圧勝することがあるのだが、その場限りなのはやはり基本の欠如である。

そういうプロの将棋というのは実はとても高度な世界なのだが、私がいまから20年近く前に管理職に指名されたとき、全く管理職のなんたるかが分かっていなくて、仕方ないので「課長になったら読む本」みたいなのを必死で読んだ。プロの将棋とは比べようもないとてもレベルの低い話である。

管理職の初心者として私は、その基本さえもなかなか実行できなかったが、少なくとも基本に忠実でなくてはならないと意識し、部下の意見をよく聞いた。ただ、部下をうまく叱れず、いつまでたっても二流の管理職だったが、少なくとも課長のためのハウツー本のようなものはよく読んていたので、知識としての基本は少なくとも分かっていた。

また、たまたま元部門長のOBの方を知遇を得たので、私の管理職としての考えや施策を述べて、添削してもらった。なかなか合格点はもらえなかった。

ともかく将棋でいえば、悪手も指したが、その後なんとかフォローの手を指して、局面をそんなに悪化させなかったという自負はある。それにしても要領が悪すぎて、いつも深夜労働だったのは、感心しなかった。

ともかくそういう基本の上に、私は自分のITスキルや、メールを通じたコミュニケーションで、仕事を進めていった。

で、私が遺憾に思ったのは、後任管理職の人達が管理職の基本ということを学ぶ気持ちがあまりなかったように思われることである。別にドラッガーを読めとはいわない、私も一応ドラッガーは読んだが、あれは私には高度だった。別にブックオフで100円で売っているような管理職のハウツー本でもいいのである、そういうのを読んで、自らのマネジメントを反省する、ということが少なすぎたのではないか。

後任管理職の反論は、時代が変わったのだというものである。しかし、時代が変わっても基本はほとんど変わらない。変わるのは2%の独創のところである。98%の基本のところがおろそかになっては、結局マネジメントは回らない。

現役時代でさえ、私の言葉は届かなかった、なのでこんなブログに書いたところで負け犬の遠吠えにしかならない。それで、ある友人は、もうそんな過去にことに拘っても仕方ないだろう、と諭してくれた。そうなんだけど、それが人生の基本なのかもしれないが、私も人生全般の基本ができていない、ということなのだった。

LAT

user-pic
0

私のネクタイをしない哲学者という記事をみて、ある友人が、「ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む」野矢茂樹著、ちくま学芸文庫を紹介してくれた。野矢茂樹は有名な哲学者で、岩波文庫版の「論理哲学論考」の訳者でもあり、一応私はその本ももっている。

それで、早速買って読み始めると、流石に解説書なので、「論理哲学論考」を直接読むよりは分かりやすいのだが、電車で読んでいて、「二・O一 事態とは諸対象の結合である。」というところで早速考え込んでしまった。で、早速躓いたと、この本を紹介してくれた友人に携帯でメールしたところ、そんなに早く躓いたのか、というので、いや実は、とその理由を書こうと思ったのだが、私は携帯で延々とメールを書くのが苦手である。

それで、このブログを借りて、私の「二・O一 事態とは諸対象の結合である。」に対する疑問を説明してみることにした。

まず、野矢氏によると、「事態」という語は可能的な事実である、という。もしそうなら、私の解釈はこうである。ともかく、事態を構成するために、事実の集まりである世界を分解して、対象の集合、すなわち、数学でいう基底ベクトルの集まりを得る必要がある。そうやって基底ベクトルの集まりVを得ると、その結合法則Lをもって、可能的世界W≡W(V,L)と構成される。こういうストーリーで進むのと思ったら、野矢氏は、言語をもちいた設計図によって、この命題を説明する。それで、私が考えていることと、野矢氏の説明が等価なのかどうか考えているうちに、頭が暴走してわけがわからなくなった、という次第である。

暴走した頭は、「言語がなければ可能性は開けない」という野矢氏の説明にもひっかかった。すなわち、私の基底ベクトルと結合法則という発想は、自然言語よりもむしろ、数学言語志向である。よくも悪くも、ブルバキの数学原論の「集合論」を熟読したことの影響がある。

しかし、もともとウィトゲンシュタインは、数学言語にも関心があるのではなかったか。もしかして私の上記の議論と似たようなことを考えたのではないか。

そして自分のCATという記事も思い出した。そして、computer-aided thinkingがあるなら、EAT = equation-aided thinkingというのもありえるのではないか。ありえるどころか、物理学者は、ある直観から方程式をたてると、あとは方程式に初期条件を与えて考えさせるのではないか。

そのように数式に考えさせるなら、自然言語だって、LAT = language-aided thinkingというのがありえるのでないか。おいおい待てよ、LATというけど、言語は思考を助けているだけなのか、思考は言語そのものではないのか、と思考は巡る。

そもそも戻って、事態を構成するために、事実の集まりである世界を分解しようとしたとき、事実の原子性はどうなるのだ、事実に複合事実と、単子事実があるのか、とか収束しなくなってきたので、このあたりにしておく。今の私に必要なのは、エポケーなのかもしれない。すなわち、疑問は疑問として、虚心に「ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む」を読み進めてみよう。

黒川博行

user-pic
0

直木賞で言及した黒川博行氏であるが、読売新聞にインタビュー記事があったので、私なりに内容をまとめてみる。

黒川氏は大阪の公立高校で美術の教師をしているとき「キャッツアイころがった」という小説を書いて、サントリーミステリー大賞を受賞した。次の「海の稜線」が出版されたとき、思い切って教師を辞めた。今にして思えばよく辞めたものだと思っているという。

小説が売れて金になるし、暇ができるので、ハーレーでも買って北海道にでも行ってみようと楽観して考えていた。ところが、専業作家になってみると、プレッシャで却って書けなくなった。3年で貯金が底をつき、教師を辞めたことを後悔した。

それでも奥さんは黙って仕事を続けてくれていたので、助かった。そうしていると「迅雷」という小説が雑誌の連載になり、なんとか生活水準が戻った。

日本推理作家賞の「カウント・プラン」が直木賞の候補に残ったとき、受賞を意識した。その後何度か直木賞の候補に挙がったが、「国境」では意識し、落選したときはがっくりして仕事が手につかず、立ち直るのに半月かかったという。このあたり、浅田次郎とも似ているが、悔しがり方は浅田次郎の方が上のような気がする。

「破門」が候補になったのは青天の霹靂だったという。ともかく受賞はうれしくて、とはいえ、美術がらみの信用詐欺、実際の犯罪をモデルにしたノワールの路線は変更しないという。

この記事を読んで私も、黒川氏に馴染みがでてきて、とりあえず、積読になっている「悪果」でも読んでみようかと思った次第である。

棋聖戦挑戦者決定三番勝負が始まった。羽生名人対糸谷六段である。羽生の強さは当たり前として、糸谷六段の勢いは凄い。こういう番勝負を争うときコメントを求められると、いやあ羽生さんは全く隙がありませんから相当大変ですけど、なんとか頑張ります、みたいに半ば儀礼的にいうのがいまの将棋界の常識である。

しかし、糸谷はそのような最低限度の追従のそぶりも見せなくて、数年前のNHKの決勝で羽生さんに負けた借りを返したいと、何も水で割らない原液のままの闘志を顕わにする。

対局があった8月15日、お盆ということで会社を休んだので、棋聖挑決第一局をネット観戦した。

戦型予想は、糸谷が後手なら一手損角換、羽生が後手なら横歩取りか角換腰掛銀、となぜか後手番のキーに戦型予想してみるのが面白い。そういえば、先日木村八段が、一手損角換はなにかまずい変化がみつかって、プロが最近あまり指さなくなったというが一体どんな順なのだろう、と考えたりした。

果たして第1局は羽生が後手で角換腰掛銀になった。到底理解できていないが、私は一応「これからの角換わり腰掛銀」吉田正和著を読んでいるので、角換腰掛銀といっても相当多数のパターンがあることを知っている。それで、どの角換腰掛銀なのだろうとその本をめくりながら観戦していると、なんと、ちょっと変な出だしながら、局面は同型腰掛銀へと進んでいる。これって富岡流の変化で、先手がいいのではと思っていたら、羽生が変化球を投げた。

すなわち、先手の糸谷が25歩と突いたとき、普通に33銀と上がると同型が完成して、いよいよ富岡流の仕掛けが始まるはずなのだが、羽生は33銀とあがらないで、いきなり38手目、65歩と先攻した。ええっ素人みたいな手ではないかと思っていたら、プロでも数局前例があり、やはり先手の方が分がいいのだそうである。

だろうね、と思った。だいいち、65歩と先攻されても、それはまだ先手に対してすごくインパクトがあるわけではない。で、私だったら、33銀と上がってないので、とりあえず飛車先交換するよね、それで何が悪い?と思っていたら、糸谷は堂々と65同歩、羽生は急にここで33銀と戻し、それに対して先手は66銀。部分的にこの形の定跡を踏襲している。

羽生はそこで75歩と、あくまでも先攻モード。糸谷も付き合ってもいられないので45歩と攻め合う。羽生はじっくり45同歩

そこで糸谷は、先に24歩を入れることで同型を回避した。以下同歩、45桂、44銀に46角と据えた。これは45の地点の数の足せないので怖い手であるが、ともかく後手も一旦51角と受けるよりない。

そこで糸谷は25歩と継歩。へぇ、こう指すものなのか、と感心した。当然の羽生の同歩に24歩かと思ったら、23歩の垂らし、へえ、流石糸谷変わった感覚だと思った。解説のプロにも意外だったようである。

先手が75銀と歩を補充すると、羽生は45銀直と二枚替えした。そこで先手は24歩と打ち、同金、同角、同角、25飛として一応十字飛車が実現した。以下、23歩、45飛と駒損を回復すると、羽生は44歩かと思ったら54角。この形は桂馬が先手に入ると44桂で32金を狙われる。しかし、ともかく飛車に当てて先手をとるのは意味がある。

糸谷が48飛と引くと、羽生は一旦47歩と叩くのかと思ったら、65桂とあくまで攻め合いである。そこで糸谷は66銀と受けるべきところは受ける。

羽生は86歩、同歩、74桂と嵩にかかって攻めた。先手は65銀、同角に一旦45飛。ここでは糸谷は少し苦しいと感じたいたようである。羽生が54角と引くと、糸谷はいよいよ44桂。後手は42金かと思ったら、43銀。それの方がいいのだろうか。

糸谷は75飛、73歩を交換して、55銀。後手はいろいろな応手があるが、44銀と桂馬を外した。そして後手の54銀に66桂打ち。この両取りに期待した。

ここでは後手がいいらしい。そこで糸谷は43銀と打って攻め続けた。これを羽生は同金と取ったが、32銀と受けた方がよかったようである。

羽生は78桂成、同玉、66桂と金2枚をはがしたのだが、自陣も結構怖い。すなわち、77玉、58桂成、65飛となってみると、これが詰めろで逆転したのではないかとの声も出てきた。

後手が32銀と受けると、42歩、同角に61角と糸谷はつないだ。観戦していてこれはいい手だと思ったのだが、本当はよくなかったらしい。ともかく羽生は43銀、同角成に32銀。もしかして、一旦糸谷がよくなったものの、61角がよくなくて再逆転したのかもしれない。

糸谷が61飛成と王手すると、羽生は51金。これは私は単に41歩かと思った。ともかく44馬に33角、51飛成、41金と羽生は金を使い果たしてしまった。

それでも、33馬、同桂で、飛車に金が当たっているので、羽生が優勢と思われた。そこで糸谷は53龍、羽生は待望の反撃で68角、以下66玉、57角成、77玉、66歩だが、これが詰めろではない。すると糸谷が勝ちか。

そこで糸谷が64角。これが決め手か。羽生は57歩成、87玉を交換して21玉とかわすが、22歩が厳しい。12玉に、57龍と切って、46角打としては完全に羽生が受けなしになった。

多分であるが、102手目51金と弾いたのが最後の敗着ではないか。41歩でよかったはずである。どうも羽生は少し夏バテではないかと思った。これでは棋聖挑戦は黄色信号である。

共同通信の記事によると、初めて女性がフィールズ賞を受賞したという。以下、引用:

国際数学連合は、数学のノーベル賞と呼ばれるフィールズ賞の受賞者に、女性で初となるイラン出身のマリアム・ミルザハニ米スタンフォード大教授(37)ら4人を選び、韓国ソウルで始まった国際数学者会議で13日、発表した。

フィールズ賞は、1936年の設立以来、これまで52人が受賞したが、いずれも男性だった。イラン人の受賞も初。

ミルザハニ教授は77年生まれ。世界の高校生らが実力を競う国際数学オリンピックで、94、95年に連続で金メダルを獲得し、「イランの天才少女」と呼ばれた。同国のシャリフ工科大で学士号を取得、2008年から現職。

しかし、具体的にどんな数学の分野なのだろうと、数学関係のページをみてみると、ミルザハニの専門は、幾何学と力学系らしい。以下、この記事に基づき、私なりにまとめてみる。

すなわち、リーマン面と、そのモジュライ空間に関する研究が、双曲幾何、複素解析、トポロジ、そして力学系を繋いだ、ということである。

ミルザハニの初期の興味は、双曲面上の閉測地線だった。閉測地線は、変形しても長さを変えられない閉曲線である。長さL以下の閉測地線の正確な数を与える定理が50年前に証明された。Lの大きさに従って、長さL以下の閉測地線の数は、指数関数的に増大する。すなわち、大きいLに対して、漸近的にeL/Lとなる。この漸近性をもって、それは、測地線の素数定理と呼ばれた。

ミルザハニは、Lの増加を観察して、それが指数関数でなく、リーマン面の種数をgとしたとき、L6g-6のオーダーになることを見出した。

ミルザハニの研究は、モジュライ空間に関連し、それは超弦物理学者、エドワード・ウイッテンの予想の望外の証明にもつながった。すなわち、モジュライ空間は、内部に多数の特殊な軌跡をもち、それは特定の性質をもつリーマン面に対応し、それらの軌跡は交わりえる。

ウイッテンは、物理学者としての直観に基づき、その交点についての予想を提出し、数学者の関心を引いた。それを証明したのは、1998年にフィールズ賞を受賞したマキシム・コンセヴィッチであったが、その15年後、ミルザハニは、ウイッテンの深淵なるモジュライ空間に関する予想を、個々の面における測地線の数え上げ問題に関連付けたのである。

ミルザハニの別の研究として、モジュライ空間上の力学系がある。モジュライ空間における非閉測地線は、極めて異常で病的ともいえるものであり、その構造を理解することは困難であった。しかし、ミルザハニは、モジュライ空間における複素測地線とその閉包が、不規則でなくて極めて正則であることを証明した。すなわち、複素測地線は、解析と微分幾何で定義された超越的対象なのだけれども、その閉包は、多項式で定義された代数的対象であり、それゆえに厳密な性質をもつ、という次第である。

以上、訳も分からず翻訳も兼ねて紹介してみたが、数学オリンピックで金メダルを連続受賞したイランの天才少女は、そのままoutstandingな天才数学者に成長したのだなあ、と感慨深いものがある。

要するに、圧倒的な才能があれば、国籍も性別も関係ない、ということである。ともすれば才能を妬むかのような意地悪な測地線を用意する運命も、イランの天才少女に対しては黙って見守る程度に寛容だったということである。まあ、運命の力学系なんて、誰も解けはしない。

夏バテ

user-pic
0

夏の暑さという意味では去年の方が上だったような気がするのだが、なぜか今年の方が夏バテというか、疲れを感じる。おそらくであるが、去年の今頃は就職浪人中で、なんのかんのといっても仕事してないのだから、体力的には余裕があった、ということなのだろう。

そして昨日の8月13日、私の田舎も含めて関西地方ではお盆であり、先祖の霊が戻ってくるといわれている。そのせいか、朝起きたら妙に頭が重い。微妙に朦朧としている。昨日は水曜日なので週刊将棋が配達される日なのだが、いつもはなんとか解ける次の一手も詰将棋も、全く暗闇のように解けない。

それで先祖がお盆ということで、何か私にお怒りになっているのかと急に線香をあげたりした。それでも朦朧とした気分は晴れない。

そういえば、と思い出した。私は夜暑い時、エアコンでなく扇風機の風をあてながら眠る癖があって、それを知り合いに話すと、そんなの風邪をひかないのかと怪訝がられるのだが、数日前、妙に気温が低い夜があって、扇風機の風を寒すぎると感じたことがあった。それでどうも風邪をひいたらしい。それが証拠に、トイレにいったとき、鼻水がだらーっと垂れてきて、あわててトイレットペーパーで拭った。

そしてこの程度の風邪でも、詰将棋を解けなくするのだと思い出したのは、今週観た、銀河戦の豊島七段と田中悠一四段との対戦である。普通に考えたら、豊島七段が格上で、勝つとしたものである。ところが、この対局があったのは6月らしいが、豊島七段が珍しくマスクをして咳き込んでいる。少し苦しそうである。しかし、流石に序盤・中盤・終盤と隙がない豊島である、田中四段の中飛車に対して無条件で龍をつくって優勢になり、このまま逃げ切りかと思った。ところが中盤になって田中四段の猛チャージを受け、変な対応をしたために局面が難しくなり、それでも豊島ならなんとかするだろうと思っていたら、なんともならず、あっさり土俵を割ってしまった。やはりちょっとした風邪でも、思考力に悪影響があるらしい。

ちなみに昨日は私は、ある友人と中央林間で飲む約束があり、昔馴染みの店で飲みながら仕事の話などしているうちに、今日はなんとか元気になった。

ともかく、簡単な詰将棋の解け具合というのは健康のバロメータとしていい指標であると改めて分かった。おそらくであるが、意識はあるがもう寿命が尽きそうというときは、簡単な三手詰めも解けなくなっているだろう。それはある意味、能力も、地位や財産と同じように虚しいということなのだろう。

無線LAN

user-pic
0

今でこそ自宅にWiFi環境があるといっても普通だが、2001年頃は、無線LANはおろか、ブロードバンドでインターネットがある家も稀だった。私の友人の一人に、パソコンが強い人がいて、特にハードウェア環境ではいつも後塵を拝しているような気がするのだが、その友人は真っ先に自宅をブロードバンドにするとともに、早々に2001年頃無線LANも導入して、快適にネットライフをエンジョイしていた。

ブロードバンドという意味では、2000年に自宅を建てたとき、タイタスとかいうプロバイダのチラシが入っていたので、ついでに自宅でブロードバンドを申し込んだ。ちなみにタイタスはJCOMに買収されて、我が家はそのままJCOMのユーザーであり続けている。

その友人の勧めで、私も自宅を無線LAN環境にすることにした。確かヨドバシカメラに買いに行った記憶がある。いまでこそ無線LANの親機なんて数千円で買えるが、当時は、バッファローの無線LANのセット、すなわち親機と子機の組み合わせが3万円以上した。しかし当時は、大したスペックでもないノートパソコンが10万円近くしたので、相対的には割高感はなかった。

しかし、今でもそうだが、パソコンのセットアップが苦手な私は、無線LANのセットアップに大変苦労した。何しろ、当時のパソコンはWindows 98 SEのThinkPadだったが、通信環境の設定に失敗して、どうやっても通信環境が直らず、泣く泣くリカバリーから導入し直した。

また、当時の無線LANは最近のそれとは違って、自動設定機能なんてなく、ホスト名やゲートウェイのIPアドレスなどすべて手動で入れなくてはならず、それが全く分からなくて何度もJCOMのサポートセンターに電話した。それでもうまくいかず、泣きそうになっていたら、突然つながってびっくりした。どうやってつなげたのか全く分からないので再現性が全くないが、ともかく喜んで、無線LANを薦めてくれた友人に苦労談も含めて連絡したら、ちょっとあきれながらも、ああ、よかったね、と喜んでくれた。

ところが、私が買った無線LANはたった1年半で壊れてしまった。ちょっと家族で田舎に帰るので、無線LANの電源を抜き、田舎から帰って電源を投入してもネットワーク接続できなくなっていた。仕方ないので、ヨドバシに行き、懲りないでまたバッファローの別の機種の無線LAN親機を買った。

この無線LAN親機は幸い壊れないで、10年以上も使い続けていたのだが、最近、会社から帰って突然、ネットワークがつながらなくなった。こういう場合は、JCOMもモデムと無線LANの電源を抜き、1分くらい放置して電源をつなぎなおすと直ったりするのだが、この場合3回くらいそれをしてもどうもつながらない。パソコンと無線LANの間は接続できているので、無線LANのルーター機能が駄目になったようである。

しかし私は心配していなかった。一昨年の年末、上記の友人と飲んだとき、友人にバッファローの無線LAN親機の新品を一台もらっていたからである。私がいつまでも古い、11bの規格の速度11MBの無線LANを使っているので、せめて速度56MBの11gに替えたら、という親心なのだった。なにしろ、パソコンのハードウェアで私の師匠に当たる人なのである。

これは新しい機種なので、自動設定モードがあり、以前のような苦労もないはずである。ところがそれが甘かった。単にケーブルを接続してパソコンに設定ソフトを導入した走らせただけではどうしてもつながらない。困ってガイドをよくみたら、自動設定モードといっても、無線LAN親機のセキュリティボタンを一旦押さなくてはならないのだった。

なあんだ、と無線LAN親機のセキュリティボタンを押したのだが、やっぱりつながらない。がっかりして、まさかと思い、LANケーブルを確認したら、なんと、無線LANのルータに出ていくほうに、モデムからの入力を接続しており、このままでは100年たってもつながるわけがない。

LANケーブルを正しく接続したら、流石にインターネットがつながった。あとは、ASUSのもう一台のパソコンであるが、これは無線LAN接続メニューで、設定した無線LAN親機の番号をみつけて、無線LAN親機に書かれているキーを打ち込んだら、あっさりつながった。

結局、すんなりいった場合に比べて、1時間くらいの時間のロスだったが、仕事で帰った後だったので、どっと疲れた。いつもながらパソコンに設定に苦労しており、こんなスキルでよくも、元いた会社でシスタンを名乗っていたものだと苦笑した。

一方で、無線LAN親機を新しくしたことで、通信速度は数倍速くなったはずだが、体感的にはそんなに変わらない。まあ、そうしたものである。ともかくネットは今や命なので、つながってよかった、と素直に喜ぶところなのだった。

リカ

user-pic
0

最近、しばらく数学の本を読んでいないので、たまにはと思い、格調高く、加藤和也の「類体論と非可換類体論I」岩波書店というのを通勤鞄に入れた。しかし、バックアップとして、五十嵐貴久「リカ」幻冬舎文庫も追加した。

ここでバックアップというのは、数学書は途中で訳が分からなくなって必ず一息つきたくなるので、気分転換に、という意味である。

ところが最近の暑さで参っていて、ちょっとだけ「リカ」を読み始めたら、軽いタッチで引き込まれていった。すなわち、中年のおじさんが、出会い系サイトで若い女性にメールして、できれば援助交際じみたこともしてみたいという、軽いエッチ系のストーリーかと思い、これなら疲れなくていいや、と気楽に考えた。

実際、最初の1/3くらいは、メールの書き方がよくなくて返事がもらえなくて不安になるという、ある意味おじさんの悩みがつづられており、作者の実体験なのかなと、ほのぼのと思った。

そのとき、主人公は、リカと名乗る女性とメールで打ち解けた。とても清楚な文面で、看護師なのだという。おお、白衣の天使かとつい、思う。

最初は互いに探りを入れるように節度を保っていたのだが、ある日突然、リカから山のような多数のメールが来ていることに作者は気づく。うむ、ストーカーかまずい、と蒼くなって出会い系サイトに詳しい友人に相談して、携帯を変えるなど手を尽くし、なんとかリカを振り切った。

と思ったら、しばらくして、リカから壮絶ともいえるアプローチがあり、唖然とし、局面は一気に暗転していく。そこから先は、このストーリーのコアなので敢えて書かないが、しかし、私が今まで読んだ中で一番怖いホラー小説である、貴志祐介の「黒い家」をも上回るのではないかと思われる怖さで、電車の中で背筋が寒くて仕方がなかった。

途中で何度も読むのを止めようとしたのだが、怖いもの見たさというか、激辛ラーメンに病みつきになって止まらなくなるような、そんな感じでもあった。

実は、あまりにもパーソナルなので詳細は書けないが、もう10年以上前知り合いで、女性からストーカーじみたアプローチを受けて困っている事件があって、相談を受けたことがあった。そのときの大変だった記憶が、この本を読んで蘇り、怖さが倍加した。

なんにしても、暑い夏の夜に相応しい?ストーリーなのだった。

CAT

user-pic
0

CATというのは、言うまでもなく、猫という意味の英単語なのだが、それとは全く関係なく、computer-aided thinkingのアクロニムでもあるよね、とふと思った。

なぜそう思ったかというと、新聞の将棋の観戦記を読んでいて、コンピュータに解かせたら即詰がある局面で、棋士が詰ませないで、ともかく別の手順でなんとか勝ったということに関連して、将棋の研究にコンピュータを積極的に活用する棋士と、コンピュータを活用することに強い嫌悪感を覚える棋士とに分かれるという話題に言及されていたからである。

コンピュータを活用することに強い嫌悪感を覚える棋士が時代遅れかというと多分違う。要するに気質の違いに過ぎない。例えば、先日詰将棋回答選手権で優勝した若島正氏など、コンピュータ嫌いであり、おそらく詰将棋の余詰の検討にコンピュータを使うことなど、思いもよらないと思っているに違いない。

もし人間の思考の尊厳ということを考えると、それがコンピュータ嫌いにつながってもおかしくない。多分であるが、文系・理系を問わず、文学的ということに価値を置く人はそうなる傾向があるのかもしれない。若島正氏が英文学の泰斗であることは多分、偶然ではない。

私はというと、口では物事を根源的に考えるといいながら、実はcomputer-aided thinkingに染まってしまっている。堕落もいいところだが、どうしてもその方が楽なので、安易に流れてしまう。私は猫好きであるが、同様にコンピュータ好きでもあるので、computer-aided thinking、すなわちCATに安易に心を任せてしまうところがある。

言い訳すると、私のCATの嚆矢は、最初に買ったシャープのMZ-2000で計算させた力学の三体問題の軌跡にある。なにしろ誤差が大きいので、想定していたカオス軌道にはならなかったが、ともかく二体問題の楕円軌道とは似ても似つかない複雑な軌跡になって、私は初期条件を変えては軌道を眺めて悦に入っていた。当時もちろん恋人はいなかったが、もしいてもこんなことばかりやっていたら、恋人は去るよね、と例によって「恋人と分かれる50の方法」の曲を思い出したりしていた。

ともかく私のCATの原点が、コンピュータに計算させると意外な結果が出る、というところにあることは間違いない。例えば、ささやかながらリーグ戦の数理やその応用としてのB級1組での計算はその典型である。

実は現在担当している特許調査の仕事でも、CATを地で行っている。私はどうしても特許調査よりも明細書を書いたりするような特許実務の方が好きなのだが、CATという意味では圧倒的に特許調査が優る。

すなわち、特許明細書を書くときのCATというと、せいぜいが段落番号の自動付与とか、もうちょっと高度なものとして、私でなく知り合いが作成したツールである、クレームツリー解析などがある。

なぜ特許調査にCATが似合うかというと、特許調査という仕事が、特許検索システムを相手にする仕事だからである。

私の特許調査におけるCATの心強い相棒は、JP-NETという検索システムと、Perlというスクリプト言語である。これさえあれば、大抵のことはできる。ちょっと紹介してみる。

  1. 特許分類の自動検索。これは、極めて粗い、分類を含まないキーワードだけの検索結果の特許分類をランキングづけてリストする、というものである。実際の分類の妥当性は、個々にIPDLをあたって調べる。
  2. 検索式の生成。複数行からなる検索式は、他の検索式の結果を行番号で組み合わせて結果を利用するのであるが、式を練り直して途中に式を入れると、式番号がずれてしまう。そこで、コンピュータのアセンブラの初歩のようなアルゴリズムで、行番号の相対指定、あるいはラベルにより絶対指定できるようにした。
  3. 検索結果はエクセルの表でレポートにするのだが、その表作成の補助ツールを作った。
  4. Perlが一番威力を発揮するのは、巨大データの解析である。まさに、下手なパテントマップ・ソフト顔負けのような処理ができる。

サラリーマンとして凡庸な私が今までなんとか特異性を発揮できたのはまさに、CAT指向性というか、CATを臆面もなく駆使する能力ゆえであった。自分でいうのもなんだが、心優しい?性格の私であるが、ときとして酷薄な面をみせてしまうのは、CAT故なのであった。

佐世保

user-pic
0

笹井氏自殺に話題を奪われた格好ではあるにしても、佐世保市の高1女子生徒殺害事件は、その猟奇的色合いからして、衝撃的事件であった。

そして私は、事件そのものも然ることながら、佐世保という都市にも注目してしまう。前に書いたが、外資系企業に勤務しているとき、部下のうちの一人が佐世保出身で、なかなかユニークな個性の持ち主だったので、佐世保という都市にも興味をもった。

旅行嫌いなので佐世保に行ったことはないが、ウェブで見る限り、私の出身の尾道と、実に景観が似ている。港があって、そこからすぐに坂になり、高台のようなところに公園があったりするところは、郷愁を誘うほどである。

一方で、第2次大戦の戦史を中心とした軍記ものが好きな私は、佐世保が海軍の要地の一つであることも知っている。日本の三大軍港といえば、佐世保、呉、横須賀であるが、佐世保は、南方に向かう軍艦の寄港地として独特の重みがあった。

私は歌謡曲が好きなので、当然に長崎にゆかりのある曲が沢山レパートリーに入っている。その典型は、思案橋ブルースであったり、長崎は今日も雨だった、だったりするのだが、そういう文脈で部下に長崎のことに言及すると、部下は、長崎市と佐世保市は違いますから、と二つの都市を類似視することを拒んだ。分厚い歴史にまみれた長崎市を引き入れることはとりあえず名誉ではあっても、切り分ける必要はあるまいと私は思ったのだが、そのストイックさに気圧されたのか、私はその後、他の長崎県出身の人と話しても、決して佐世保を長崎に汎化しないようにした。ちなみに、広島県にあっても、尾道市と県庁所在地である広島市とは、文化が相当異なるので、私は本当は尾道市を広島として汎化したくない、というのが本音である。

そうやって佐世保市を眺めると、決して大都市という訳ではないのに、佐世保市はなかなか人材を輩出してる。ちょっと並べてみると、元部下はさておいて、先ずときどきこのブログにコメントを下さるNBLさんがいらっしゃる。そして次にくるのは、将棋の深浦九段、囲碁の溝上八段、サル弁の西田研志弁護士あたりである。あと、これはWikiで知ったのだが、平浩二と前川清も佐世保市出身というのはなにげにうれしい。

戻って、佐世保市に言及したインセンティブは実は、都市の規模に比べて、犯罪報道が結構ある、というところにある。たしか2003年頃、駐車場で子供が突き落されて亡くなるという事件があったかと思ったら、2004年に小学生が同級生を殺害するという事件があった。そして、これは極め付きだと思ったのは、佐世保銃乱射事件である。この事件のあと、ある友人と飲んだ時、その友人は、これは何かの電磁波による精神攪乱作用なのではないか、という。そんな馬鹿なと思ったが、HAARPを知るに及んで、それは絵空事ではないと思い始めた。

しかもである、佐世保は米軍基地があるところで、するともしかしてそこにHAARPまがいの秘密兵器であるのではないか、そう思ったのが、今回の佐世保市の高1女子生徒殺害事件である。いよいよSF的なのであるが、私は、佐世保市を、スティーブンキングのITに出てくる、メイン州デリーのような魔都として認識しつつある。これはもちろん禍々しいのではなく、微妙にファンタジーめいたポジティブな認識なのだった。そういう妖しさが人材をうみだす、こうしていよいよ憧れの佐世保になるのだった。

以前に、エコー・キャンセラーという記事を書いたが、先日、音声工学の専門家である知人と飲み会でたまたま会う機会があったので、酔った勢いでその私の記事の内容を話してみたら、意外に受けたのでうれしかった。

私も工学書の読書を通じて、音声工学ではノイズを低減することがいかに重要か知っている。なにしろ、今までのノイズを0.2%減らしただけですごい技術だと言われるような世界である、エコーをキャンセルしないということがどれだけ馬鹿馬鹿しいか、話にならない、ということで受けたようである。

しかし、とそこから私の真骨頂である。会社って、アホな上司っていますよね、そしてアホほど威張る、と私は続ける。ん?とその方は反応する。実は私は、その方が、上司と相性がよくなくて会社を辞めることになり、いまはたまたま某国立大学の教授の地位にある。それを知っていて、そういう話に水を向けるとは私も人が悪い。

だいだいですね、とさらに私はいう。世間にはアホな上司に、内心はともかく表面的にはゴマすって取り入る人は沢山います。そうでない人の方が珍しいくらいです。その場合に使われる心理テクニックがエコー・キャンセリングなのですよ、と言うと、私が何か言いたいか流石に直ちに察して戴いた。

そしてさらに、人間はときに、エコー・リプロデューシングが必要だというと、これも意味が分かってもらえた。周囲との差分、昨日との差分で考えない、ということなのだが、これはきっと哲学的思考の基本でもあるのだろう。

すなわち、どんな哲学の本を読んでも、普通はもう解決済みというか今更考えるに値しないような時間や空間、言語の問題などが新たに問われる。そういう思考の訓練をしていると、組織に勤めていても、組織とは何か、管理職とか何かと問い直すことにより、ノイズのような、思考のうなりが音をたてる。

老境に差し掛かるにつれて、たんに静謐な日々に憧れることが増えてきて、やはりときにはエコー・リプロデューシングが必要なのだと、改めて感じたりするのであった。

再就職

user-pic
0

暑い日々ながらつい思い出したのは、前に勤務していた外資系を辞めたのが、約1年前だったということである。早期退職を打診されて、気合いで応じたものの、打診を受けた日からわずか1ヶ月半で退職という、あまりにも急なスケジュールで慌てた。

そうやって所属組織がなくなる、という不安はもちろんなのだが、早期退職に同意するや否や、人事からどんと書類が届き、それにきちんと記入するのは結構大変だった。しかし、記入ミスがあると退職金などの支払いが遅れることにもなるので、必死できちんと書いた。

所属部門は、恒例に従い送別会を企画していたらしいが、とてもそれを受ける気になれなくて固辞した。ただ、記念品や色紙は気持ちで用意して戴いたので、ありがたく戴いた。

それで辞めたら、退屈な日々が続くのかと思ったらとんでもなくて、ハローワーク、年金手続き、市民税の支払い、健康保険など、多数の手続きが押し寄せてパニックになった。

特に面倒だったのはハローワークで、相模原の職業安定所は、自宅からかなり遠く、バスで行くと30分はかかってしまう。車で行くと駐車場がすぐに一杯になって置けなかったりするので、困るのだった。

ともかく、少し羽を伸ばそう、将棋クラブでも通おうかと思っていたら、友人は、そうやってのんびりするのを世間では充電というらしいがとんでもない。放電にすぎない、なぜならどんどんスキルが低下していくからだ、とアドバイスしてくれた。それで、精神的な不安をかかえつつも、勤務していた会社から紹介された就職斡旋会社に通うことにした。

そこで分かったのは、私は現代の就職の作法というかフォーマットを何も知らない、ということである。履歴書だけでなく職務経歴書というのも書かなくてはならないのだが、何を書いていいか全く分からず、その書くための材料を集めるための自己分析講座というのを就職斡旋会社で受けた。おそるべき猛暑の中を横浜駅の方まででかけて受講するのは苦痛だったが、そもそも職務経歴書などを揃えなくてはスタートラインにも立てないので、仕方ない。

こうして書類が揃うと、特許実務の仕事が希望だったので、特許事務所に何社か応募してみた。ところが、資格や職歴よりまえに年齢で撥ねられてしまう。あまりにもとりつく島がないので、茫然としていたが、ああそういえば、と特許専門の別の就職斡旋会社から、某日本企業の特許調査の仕事の紹介があったのを思い出した。どうしても特許調査というのは、それ専門にやる気がしなくて気が乗らなかったが、そんな贅沢を言っている場合ではないと判断した。

それで、応募することにしたら、指定されていた三鷹の事業所にすぐに来いという。なんとも急だと思っていくと、特にペーパーテストもなく、簡単な面接があっただけだった。そして、自宅に戻ると、もう採用することにした、というメールが来ていた。なんと安易なのだろうと怪訝になったが、ともかく就職できるのがとてもうれしかった。

あとで分かったのだが、なぜそんな簡単に採用されたのかというと、私が一応、世間で名前が知られた会社の特許部門で管理職をしていたという経歴が信頼されたようである。それで面接して、よほど無礼な奴だったり常識はずれでなければとりあえず採用して、試用期間にかければいいという判断だったようである。というのは、入社してみて、別の有名どころの会社の特許部門の管理職だった人が私より少し前に入っていたからである。

そういうやり方は、採用コストが低くて、悪くないかもしれないと、まあ採用された立場なので都合よく解釈しているのかもしれないが、思った次第である。

とはいえ、入社したら入社したで、私がいた外資系とは真反対のカルチャーのコテコテに日本企業で、ものすごく戸惑った。カルチャーだけでなくて、人脈がゼロということも苦痛だった。というのは、外資系にいたときは、社歴が長いので、知り合いは随所にいた。何かあったら、チャットで雑談したりしていくらでも気分が紛れた。しかし、そういう手が全く使えない。完全に異郷の地に来たな、と苦笑した。

とはいえ、とても安心したのは、社内保険完備というところである。年金も健康保険も税金もすべてケアしてもらえる。それは外資系にいたときは当然だったのだが、一旦退職するとそれを自分で対応しなければならないことの大変さを痛感した。金銭的にも手続き的にもである。

あと、仕事内容も、特許実務に比べると特許調査は、あまりにも経験が浅すぎた。何をやるにしても戸惑いばかりだった。担当技術も、今までは、Java、コンパイラなどコンピュータ・システムがメインにやってきたのに、今度は通信系、環境システム系、など似て非なるものばかりで、相当な勉強を強いられた。

長くなったので、特許調査の仕事に関するコメントは別稿とする。

以前に知り合いから、伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」がなかなか冴えていると聞いたので、とりあえずアマゾンでその新潮文庫を買ったのだが、例によって積読として置いておいた。

そして今週、私愛用のソーラー電波腕時計が、きちんと電波を拾って調時できないということが一週間も続いた。すなわち、普通朝起きてみると、ソーラー電波腕時計の液晶画面にパラボラアンテナのようなアイコンが表示されていて、夜のうちに時刻合わせがうまくいったことを示すのだが、それがない、ということが一週間も続くと、自慢の10万分の一の精度が、数秒の誤差にも広がって、困ってしまう。まあ、実害はゼロであるが。

なんでそんなことが起きるのだろうと考えたら、多分であるが地磁気の加減なのだろう。その地磁気のせいでもあるまいが、なぜか「ラッシュライフ」を読んでみたくなり、例によって通勤鞄にADDした。

読み始めるといきなり、大富豪の画商と、画家の若い女性のカップルが登場する。なんだ不倫の話かと思ったらさにあらず、次は、配偶者の妻を殺してその夫と結婚しようなどという無茶なことを言い出すカップルとか、新興宗教の教祖を崇拝するがうっかり殺人してしまった青年とか、リストラになって妻にも見捨てられた男とか、野良犬とか、そしてプロの泥棒、黒澤とか交錯して、まるでストーリーのバトルロイヤル状態である。

こういうのは群像劇というらしいのだが、そういえば、奥田英朗の最悪も群像劇なのだった。そして、ラッシュライフでは、突然死者が蘇ったり、バラバラ死体がくっついて歩きだすなど、ちょっとオカルト的になったりするが、そこはやはり奥田英朗のウランバーナの森を思い出したりする。

しかし、伊坂幸太郎を奥田英朗から分かつ最大のキャラクタは、泥棒の黒澤なのではあるまいか。決して残虐ではなく、むしろ紳士的な泥棒といっていいのだが、妙に醒めていて、まさに斜に構えている。

そしてつい、すべてのストーリーが黒澤のフィルターを通して流れ出ているような錯覚に陥り、死体をばらばらにするというとてもグロい行為も、シュールな仮想の色合いを帯びる。

マルチスレッドのように交錯する登場人物たちは、次第に窮地に陥るのだが、なぜかあまり悲壮感がない。

この小説がいいたいことは、もしかして人生は悲惨であり、かつどうでもいいものである、みたいなメッセージなのだろうか。それともメッセージなんて何も込められていないのか、そう考えくなるのはやはり、黒澤の存在なのだった。

ある意味(相当広い意味であるが)、カミュのようなカフカのような小説でもあるのだけど、どうしてこの小説が一般受けするのだろう、ととても不思議なのだった。ちなみに私は十分楽しんで読んだ次第。

森毅

user-pic
0

森毅というと有名な数学者であるが、彼の書いた数学の本というのは読んだことがないので、数学者としての森毅というのが私にはあまりピンときていない。

一方、数学セミナーで、梅田亨氏が「森毅の主題による変奏曲」という連載がある。これは森毅氏の数学の著書を題材に微積分やベクトル解析を論じており、今更のように、森毅が画期的な数学の本の書き手であったことを知った。

ただ一方でつい、森毅氏の軽い著書を読みたくて、「まちがったっていいじゃないか」ちくま文庫を読むことにした。すると、単に、「ええかげんでええんや」と言っていた森毅氏は実は一本筋が通っているんだ、と改めて知った。

どういうことかというと、森毅氏は多分私の父とほぼ同年代の戦中派であるが、すると当然に軍事教練もあるのだが、反抗してゲートルも巻かないような学生だったらしい。静かな、しかし根性の入ったツッパリである。

一応多分、まだ徴兵されるほどの年齢ではないので、まだなんとかなったんだろう。そうやってつっぱっていても、森毅氏は決して孤高ではなかった。むしろ、勉強のできない子供、柄の悪い子供たちともよく付き合った。むしろ、権威には反抗していた。

長じて京大教授にまでなったので、どうみても森氏は権威の側だったが、なんとか権威に染まらないようにした。根性を入れていい加減さを通した。

森氏は勉強できないなら仕方ないという。それでも何かできなくてはならない、という。決して、ええかげんのままでいていいとはいわない。

勉強も、男女関係も、孤独と交友関係も、なんとか折り合いをつけ、距離を置いて考えなさいという。そういえば、この本は中学生向けに書かれたのだという。道理で森氏の中学時代のエビソートが沢山入っている。

あと、自由がいいかというと、自由にはちゃんと危険が伴うとも指摘する。森氏は徹底的な現実主義者、リアリストで、しかし彼なりに理想主義なのだった。しかし、彼の理想主義は分かりにくい。

結局自分が人生の主人公なのだから、その自分のドラマに対して誠実であれ、という。こんなこといって中学生には理解できるかな。今の私でも微かに分かるだけである。私の周囲にはこんなことは関係ないというような大人が沢山いる。

そういう意味では、森氏はずっと誤解され、しかし、数学者のコミュニティでは、きちんと存在感を主張してやってきたんだろう。

志村五郎的でなくこういう数学者の偉さというのが私にはまだわかっていない。追々、理解していかなくては。

ASUSのパソコンを買ったので、家人が使っていたXPパソコン、すなわち、レノボのR61eが余ったのだが、私はある計画があった。すなわち、ディスクを向上出荷時の真っ新なXPの状態に戻して、オフラインでプログラミング専用に使う、ということである。

とはいえ、そのXPパソコンにはパワーポイントなどが導入されているので、できれば初期化したくなかった。それで、そのパソコン用にキープしている、もう一つのハードディスクに差し替えることにした。そのハードディスクは、PCの不調に書いた、ファンの故障で使えなくなって知り合いに引き取ってもらったパソコン用のものだった。

ところが、試してみると問題があった。というのは、そのハードディスクはもともと会社用に使用していたので、PGPで暗号化されている。しかし、ハードディスクを工場出荷時の内容に初期化しようとすると、暗号化のパスワードを入れなくてはならないのであるが、それが全く分からない。いろいろメモを辿って何種類か入れてみたが、全くだめで、仕方ないので、もとのままのハードディスクに差し戻した。こちらは特に暗号化されていないので、問題ない。

それで2時間近くはかかったが、なんとかOSを再導入できて、真っ新なXP SP3の状態でPCが立ち上がった。そこで、Borland C++ Builder 3.0を導入しようとCD-ROMを入れたのだが、全く認識されない。おかしいと記憶を辿ると、このパソコンはCDドライブが壊れているのだった。

そこで、USB-HDDにBorland C++ Builder 3.0の中身をコピーして、USB-HDDをR61eに差してつなげると、なんとかBorland C++ Builder 3.0が導入できた。これで基本的にオフラインでプログラミング専用に使うパソコンが得られた次第である。

XPパソコンでネットにも全くつながってないなんて、時代錯誤も甚だしいが、少なくとも放置しても勝手にウイルスが入ってくることはなく、余計なアプリも導入されていないので、60GB以上ディスクの空きがある。これだと、Borland C++ Builder 3.0でプログラムを書く分にはほとんど無尽蔵の容量といってよい。

よおし、あと10年このパソコンを使うぞと自分に言い聞かせたら、お前の寿命とどっちが長いかわからんぞ、とどこかから声が聞こえたような気がした。

それに対して私は、なんだと、上等じゃないか、とちょっと反発してみた。計画がとりあえずうまくいったので、私なりの喜びの反応である。猫がゴロゴロ喉を鳴らすようなものである。

さあて今から何のプログラムを書こうか、それが問題なのだった。

笹井氏自殺

user-pic
0

昼休みに、STAPをキーワードとしてGoogleを検索したら、ええっ、と見間違えかと思う記事に行き当たった。すなわち、笹井氏が自殺なのだという。それは、小保方さんであれ、笹井氏であれ、自殺してもそんなに違和感ない状況だったのかもしれないが、ここまで粘っているのだから、今更自殺しないよね、とちらっと思っていた。

しかし、こうなっては、今更のように笹井氏の自殺は痛い。なにしろ、iPS細胞でノーベル賞をもらった山中教授に優るとも劣らない人材だからである。もしかして先日NHKスペシャルで赤裸々にSTAP細胞の内幕を報道されたのが痛かったか。

ここで私は、全くもって不謹慎な意見を思いついた。それは、笹井氏の趣味が将棋だったら、まだ死んでいないよね、というものである。根拠はないのだが、その根拠を説明すると、将棋が趣味だと、どんなに学問が優秀だとしても、将棋では、工員のようなおっさんにも負けるかもしれない。確かに東大将棋部は最強に近いのだが、将棋の才能というのは勉強とはちょっと違う。それで、いい意味で軽い挫折が味わえる。

付言すると、私は、東大や京大卒の研究員がひしめく研究員たちを相手にして、つい自分が将棋がアマ四段だと開示した。私が期待したのは、将棋なんてどうでもいいじゃん、というスルーである。ところが反応は違った。彼らからして、頭脳を使うことで、少しでも負けることがあっては許せないのである。しかし、申し訳ないけど将棋の才能と学問の才能とは違っていて、たいていの研究員は飛車落ちで私に勝てないたろう。それで私は、理不尽な敵意に晒されたことがある。

別の面では、例えば理研が将棋部のチームをつくり、職団戦に笹井氏にレギュラーとして出場するとする。すると、既に誰か二人が負けたとすると、自分も負けるとチームが負けてしまうので、死んでも簡単に投了するわけにはいかない。そういう経験をすると簡単には投了しなくなる。こうして、頭金が乗るまで投了しないというメンタリティーができあがる。

みていると、今の笹井氏の状況は頭金でもなければ、必至でもない。少し不利なだけである。ちょと力のない小保方氏をスタッフに抱えているにしても、いくらでも持久戦で粘る手はあり、アマ二段あればなんとかなっただろうに。

尤も普通、エリート学者は将棋なんて興味がない。なので、ありえない喩えなのであった。

天頂の囲碁

user-pic
0

PonaXと天頂の囲碁で言及した天頂の囲碁であるが、PonaXに決定的な不具合があったこともあって、この際天頂の囲碁を活用してみようと思った。少なくとも9500円の元をとろうというせこい考えである。

それで、囲碁が自称弱い二段の私は、公称アマ五段という天頂の囲碁に三子で打ってみると、最初はビギナーズラッキーで勝ったものの、その後10連敗くらいして、これは流石に手合い違いだと認識するよりなくなった。

ちょっと悔しいけど四子で打ってみると、確かに置石の一子の違いは大きく、なんとか五分の戦績を残せるようになった。ただ、それは最初の数局であって、どんどん打って疲れてくると、急に負けが混んでくる。その後雪崩のように負けてしまうので、これはいかんと思って、囲碁の棋書を読むようにした。幸い、今まで買っておいたものが何冊かあり、もっと基本を重視するために初心的なものも追加で買った。

そして簡単な詰碁などを少しずつ毎日のように解いていると、本当に牛歩なのだけれども読みの力が少しあがり、依然として天頂の囲碁で勝ち越せないのだけれども、少なくとも疲れてきて連敗したときに、うんと気合いを入れて、押し返せるようになった。

そうやって囲碁に馴染んでいると、やはり囲碁と将棋は脳の比較的近いところを使っているのか、将棋関係の脳細胞も活性化され、試しに詰将棋を解いてみると、明らかに以前より解けるようになっていた。

そこで私は囲碁と将棋で車の両面作戦をとることにした。すなわち、本屋で棋書を買うときは必ず、囲碁の本と将棋の本をペアで買う。棋書を読むのにかける時間も、輪番というわけではないが、結構同じくらいの時間を使う。ただ、天頂の囲碁と週末の一日はほとんどの時間を対局に使うので、やはり囲碁にかける時間の方が多い、ということになる。

そういう努力を続けてみると、囲碁が一目の半分、すなわち将棋でいえば、香半分くらい強くなったような気がする。なんだたったそれだけかと言われるかもしれないが、将棋で香半分というと、かなり苦戦していた相手になんとか五分の戦いができるようになる、ということであって、かなり本質的な進歩である。

こういう両面作戦を採って分かったのだが、複数のことをしてみると、若芽のスキルと成熟したスキルがあると、若芽のスキルが成熟したスキルにも活を入れるという流れが本質的で、なかなかその逆ではないということである。

すると、囲碁をやるときに、そこに将棋的発想を活かすというよりも、囲碁を中級者として学んで、まだ稚拙なスキルとはいえ現時点でスキルの活性度が高いわけであるが、その活性度を将棋に取り入れる、という方が賢明なのではないか、と思えてきた。

そういえば、羽生も森内もチェスの名手でもあるのだが、羽生も森内もチェスを通じて得た活性度を取り入れることで将棋脳に刺激を与える意図もあったと考えると納得がいく。

ともかく努力するからには具体的な目標を掲げるのだが、囲碁は天頂の囲碁の五段モード(最強モード)に二子でなんとかいい勝負ができるようにすること、将棋は、一番活性度が髙かった大阪の正棋会にいた頃のレベルまで戻すこと、くらいが妥当だと思っている。

狐闇

user-pic
0

私は古書店で本を買うのが趣味だが、当然ながら一冊一冊吟味しながら買うので、無意識のうちに買ってしまう、ということはまずない。ところが、知らないうちに書棚に潜んででいたのが、北森鴻の「狐闇」講談社文庫である。

ある意味積読の名手?である私が、そんな本をピックアップして読み始めるというのも極めて考えにくいのだが、なんとなくそこに眼が行くというのも何かの縁なのだろうか。全く借り物の心が何をするのか私にはさっぱり分からない。

で、何気なしに読み始めた「狐闇」であるが、主人公は骨董屋の宇佐見陶子。なんでも怜悧な美人らしい。それで、美人と骨董屋という意外な組み合わせがなまめかしくて、いや珍しくて、惹き込まれていった。

事件は、ある骨董の競り市で、陶子が競り落とした青銅鏡から始まった。それは後で気づくと、とんだ魔鏡だったことに陶子は気づくのだが、それを待っていたかのように得体のしれない人物からのコンタクトがあり、それと並行して、関係者が事故なのか自殺なのか、あるいは殺人なのか分からない理由で亡くなっていった。

さらには陶子自身にも危害が及び、陶子は大怪我するとともに骨董屋としての商売ができなくなってしまう。これは絶対絶命かと思ったら、強い味方が現れる。親友でカメラマンの横尾硝子と、気鋭民俗学者の蓮丈那智である。蓮丈那智は、北森鴻の別のシリーズの作品の主人公らしいのだが、何しろ北森鴻の本を読むのは、これが初めてなので、土地鑑はない。

ともかく、この作品は北森鴻の骨董や民俗学の膨大な教養を駆使して描いた壮大なミステリーなのだった。それだけでも私は感得したのだが、北森鴻はプロットを南北朝と明治維新の日本史のエピソードに結び付けて大風呂敷を広げた。

将棋でいえば、それはオイオイというような指し過ぎなのであるが、北森鴻の手腕でなんとか無事収束をみたのは幸いだった。

また、いろいろ悩んだり間違えたりする宇佐見陶子が結果的にスーパースターのように仕上がってしまっているが、まあ美人だからいいかな、とつい納得してしまう。そういう風に作中の人物だけではなく読者も納得させてしまうのが、陶子の不思議な人徳なのだった。

サラリーマン適性に書いたように、私はなんとか周囲の人々の暖かい支援でここまでサラリーマンをやってこれているのだが、それにしても、何度も感じたのは、お世辞を言う能力がいかに重要かということである。

それはもちろん、営業などの対人的なスキルで重要になるのだが、上司や会社のキーパーソンに対するお世辞を使う能力があんなに功を奏するとは思ってもみなかった。もちろん私だって、歯の浮くようなお世辞は言えなくもないが、言っている傍から自己嫌悪に陥って落ち込んでしまうので、結局続かない。

それでもお世辞あるいは追従の能力は私の想像の範囲内である。子供のとき虐められっ子だった私は、追従能力を駆使することで、寧ろガキ大将に取り入ったりしたからである。

私がサラリーマンとしてどうしても理解できなかった能力は、スキルを誤認させる能力と、他人支配能力である。

まず、スキルを誤認させる能力とは、どうみても、せいぜいが初心者に毛が生えた程度のスキルしかないのに、なぜか世間で権威があったり、その分野で第一人者のように誤認させる能力である。

この能力が幅を利かせる理由は、真の実力というのは、その分野の熟練したベテランのような人でないと、基本的に判断できないということが多いからである。特許明細書でも、少なくとも百件は明細書を書いた経験がなくては、他人の明細書のことをどうこう言えない。すると、根拠のない世間の評判に任せることにより、高い評判を維持することができる。私からみてそれは綱渡りのようなものだが、それを綱渡りと思わない猛者がいたりする。世間は広い。

それでも、スキルのなさがばれる可能性を最小限にしたい猛者は、決して実務に手を染めようとせず、他人がした仕事をレビューする立場に就こうとする。何かの間違いで、管理職に就くと、それは容易に達成される。そして、ときとして辛辣なコメントをすることで、そのスキルの高さを示唆するが、その分野の熟練した専門家には、コメントのピントのずれ具合により、なんとなくばれてしまう。だからといって、専門家は普通、そのことをどこかに告げたりしない。そんなことをしても自分の価値を上げられるわけでないと知っているからである。

なので私は、巷間を賑わしているSTAP細胞の事件をとても意外にみる。どうしてばれてしまったのか、おそらく幹細胞の分野は今が旬で、成功すると巨万の富にもつながる可能性があり、その分注目度が高すぎたのだろう。iPS細胞の研究の陣営からのチェックも厳しい。

一方、他人支配能力は、スキルを誤認させる能力とは別であるが、意外に互いに関連している。というのは、スキルを誤認させる能力を維持するために、他人支配能力を駆使して自分の周囲に、協力してくれる人を集めておく、という次第である。

それは、マインド・コントロールの一種なのかもしれないが、しかし、身近な人たちを馬鹿呼ばわりして、言われた方がマゾ的に一層隷属するような関係をさりげなく築いてしまう、というのは私には最早超能力としか思えない。

そうやって周囲に原子の周りの電子雲のごとく取り巻きを形成すると、取り巻きを実作業部隊のように駆使することでいよいよ、スキルのごまかしを促進することができる。すなわち、基本的に職人的に自分でやらないと気が済まないような私のようなタイプは、どうしてもスキルのごまかしテクニックは上達しないということになる。おそらくであるが、他人支配のマインド・コントロール力を基本的に欠いているのだろう。

そういう達人たちの他人支配能力は、取り巻きにしか及ばないかというとさにあらず。実はより本質的に上長にも及ぶのであって、部下たちには自分たちの上司の無能ぶりが痛すぎると感じて、上長にもそれとなく進言するのだが、上長は、彼に限ってそんなことがあるはずがない、と全くとりあわない。こうして、数々の放埓な行動にも拘わらず、また、ある意味無能さは誰の目にも明らかなのに、上司には受けがよく、世間一般にも有名だったりする人が存在することになる。

そういう人たちの存在は私にとっては、他人の心が読めたり、猫と話せたりするような能力の持ち主よりもはるかに超能力と呼ぶに相応しい。

読み

user-pic
0

囲碁を勉強していると、どうしても詰碁も解く必要があるが、詰将棋だって解けないのに、簡単な詰碁も解けるわけがない。

ただ、転んでも只で起きないというか、なぜ解けないのかと考えてみたところ、要するに手筋を知らないからなのだった。すなわち、手を読むということは、主として、知っている手筋を組み合わせていくことなので、手筋を知らないとそもそも手を読もうにも読めない。

では詰将棋はどうかというと、流石に詰碁よりは解けるが、そこでも躓くのは、手筋を知らないというよりも、読みのパワーが足りないということなのだと思う。

そういえば、囲碁の井山六冠の奥さんである、将棋の室田女流初段が井山にときどき簡単な将棋の三手詰めを出題するのだが、なかなか解けないのだという。なので流石の井山も将棋は初心者らしいのだが、流石井山だと思うのは、将棋の三手詰めを延々と考えるのだそうである。

これから推察するのは、井山は囲碁で鍛えた読みのパワーそのものはたっぷりあって、そのせいで延々と思考できるのだが、如何せん、将棋の手筋をほとんど知らないので、頭の中で虚しく探索し続けるのだろう。

こうして、将棋や囲碁の読みというのは、手を探索するパワーと、蓄積された手筋の知識からなる、というものだが、正しいだろうか。いや実戦を戦うためにはそれだけでは不十分で、大局観が必要になる。すなわち部分で損をしても、他のところに対する影響を考えるという意味で、実戦抜きではそのような力は鍛えられない。

ただ、その基礎としての読みの二要素の手筋の知識の蓄積と、蓄積した手筋の探索力という二つの力が、詰将棋や詰碁で一度に鍛えられるので、これが上達の最良の方法である、ということらしい。

まあそうはいっても、それはプロレスでいうヒンズースクワットのようなもので、すごく楽しい作業というわけではなく、疲れる。

あと、手筋という要素の数は、囲碁でも将棋でも、そんなに膨大というわけではないので、数年もやっていれば大抵の手筋は頭に入る。それでも詰将棋や詰碁がやっぱり解けないとなると、結局不足しているのは読みのパワー、あるいは思考の体力ということになるのかもしれない。

で、結局、私が簡単な詰碁が解けないのは手筋の知識さえも絶対的に不足しており、簡単な詰将棋は解けるけどちょっと込み入った詰将棋だと躓くのは、思考の体力が足らないということで、原因が違うのだった。

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。