2014年9月アーカイブ

私は、自他ともに認める内気な性格であるが、それどもときどき自分がジャーナリスティックだと感じる。

例えば、趣味の将棋では、どんなプロ棋士がどんな趣味で、どんな交友関係であるかということに興味をもち、頭の中に棋士に関するデータベースを作り上げる。

囲碁を勉強し始めると、囲碁の定石などの勉強よりもむしろ、日本棋院のホームページなどの緻密にチェックし、どんな棋士がいてどんな成績なのかということのマップを作り上げようとする。

そんなことをして何が楽しいのか分からない。ただ、棋界の情報を集めることそのものが楽しいのである。そんな私は、サラリーマンとして行き詰ったとき、将棋の観戦記者になろうと何度も考えた。

しかし、冷静に考えると、棋界にもマスコミにも、コネは全くない。そして、観戦記者なんてまさにコネの世界なのであり、それは夢想でしかないことは明らかだった。

しかもである、孤独癖のある私は、一日中他人の中にいると心が酸欠になって、意識が朦朧としてくる。便意はないのにトイレに籠りたくなる。そんな私がいかなる意味でも観戦記者に向くわけがない。

それでも地球は回っている、ではなくて、それでも私はジャーナリスティックなのであって、例えば、物理学を勉強していても、深く極めるのではなくて、浅く留めて、科学一般を広く知りたいとつい思ってしまう。深さでなく広さでなんとかできないか、と思ってしまうのは、やはりジャーナリスティックではないか。

それで、観戦記者よりもむしろ、自然科学の出版社の編集者になりたいと次に思った。例えば、数学セミナーを出版している日本評論社とか、シュプリンガーフェアラークあたりである。

そう思うなら、落ちてもいいので出版社に応募してみればいいではないか。ところが思うだけである。その行動力のなさは、ジャーナリスティックでは到底ない。それで私は渋々、特許実務において科学ジャーナリスティック性を発揮してみた。そこでは明らかに、広く浅い技術的知識が活きる。やっぱり特許実務は天職なのか、いやそうではあるまい、そうではないので、天職でなく転職を余儀なくされてしまった。お後がよろしいようで。

書棚で本を探していたら、何やら古いノート二冊が見つかった。一瞬おお、と声を上げそうになったのは、それが私の詰将棋ノートだったからである。

実は去年、前に勤めていた会社を退職したとき、暇ができたので、あまり読まない本を大量に処分した。そのとき、古いノートもついでに捨てたのだが、そのときうっかり詰将棋ノートも捨ててしまったような気がしていた。残っていてよかった。

そこで懐かしくなって古い方の詰将棋ノートをみてみると、最初の日付が1977年8月6日となっていて、なんとまだ大学生だったときである。そのときの作品をみてみると、いかにも形が悪くて稚拙なのだが、それを素直に稚拙と笑い飛ばせない理由があって、それは今の私が当時より詰将棋創作力があるわけではないことである。

また、1978年9月10日付で、「限りなく失格に近いサラリーマンライフ」という書き込みもある。それは就職したばかりの年で、その頃既に、上司と喧嘩ばかりしていたのだから、まあ確かに失格サラリーマンに近かったのだろう。よくぞここまで生きてこれたものだと、他人事のように思ったりする。

ざっと数えてみると、詰将棋ノートの古い方には約120題、詰将棋ノートの新しい方には約30題が書かれているが、きっと余詰や不詰のオンパレードだったりするので、ぎりぎりの意味で詰将棋になっているのは、なんとか100題くらいかもしれない。

それでも自分が作った問題を眺めていたら少しだけ創作欲が復活し、先日の羽生・豊島の王座戦の終盤を題材に1つ作ってみた。あまりに手軽な作品とは思ったが、折角なので携帯で棋友に送ってみたら、一瞬で解かれてしまっただけでなく、変化もなくてどうか?みたいに流されてしまった。やはりあまり他人様に出せるレベルではなかったようである。

でも、本当に何年かぶりに詰将棋を作ってみて感じたのは、解いているときと作っているときは、脳の別の箇所を使っている、ということである。そして、作りながら変化手順を検討したりするので、解く脳の方にも切り替えなくてはならない。それで詰将棋を作るというのは、脳に対する負荷という意味ではなかなかいいのかもしれない、と改めて感じた。

ただ、あまり愚作を棋友に見せすぎたら、うんざりされて人間関係にも悪影響が出そうなので、よほど自信作に限り、ときどき見せるという程度にしておこう。

王位戦第7局があったのでネットで観戦してみた。ここまで羽生の3勝2敗1持将棋。持将棋を挟むというのは、結構珍しい。

羽生の先手番で、矢倉になった。「木村の矢倉」全三巻の著者としては避ける理由はない。しかも、本シリーズの第1局で、矢倉の後手番で木村は完勝している。

局面は典型的な矢倉46銀戦法で、後手が95歩、85歩と突いている形になったので、そこから見てみる。すると、羽生は65歩の宮田新手。今更新手でもないと思うのだが、そういう言い方が慣用的なので、仕方ない。そこから、先手25桂、後手42銀となった。これはまさに「木村の矢倉」第三巻の128ページ、第7節の「現代の主流」にあるのと同一局面になった。

以下、35歩に同銀、同銀、同歩となった。35歩に同歩は55歩が入るのでよくないと木村の本にも変化が書いてある。

ここから15歩、同歩となったのも定跡。さらに64歩、同歩、35角も定跡である。どこで定跡を離れるのか。なお、64歩に同角もあり、それだと35飛から65飛とまわる将棋になり、別の変化となる。

35角を放置すると13銀が怖いので、木村は一旦34歩。そこで羽生は57角。68角との比較は難しい。

ここから、よくある変化は24歩、12歩、同香、24角のような順であり、確かこのシリーズの第2局もそうなったが、木村は攻めてこいと、65歩。ここから、「木村の矢倉」から離れた。当たり前で、いつまでも本の通りなわけない。

そこで羽生は、14歩。ここは13歩とたらし、12銀を狙う方が普通らしい。しかし、14歩も前例がないわけではない。

14歩には普通24銀と受けるものだと思っていたら、木村はなんと37銀の顔面受けである。端を放置してちょっと危険であるが、攻めさせて反撃を狙っているのか。

これに対して羽生は13歩成かと思ったら、なんと飛車取りを放置して15香。ええっ、端からだけで寄るのだろうか、と怪訝になった。これに対して木村は死んでも12歩とは受けない。なぜなら、18飛と回られてゲームセットである。で、当然の38銀不成であるが、57角に47銀成が当たるのでどうなんだろう。

以下、13歩成に一旦同香成として13玉。そこで羽生は12銀だが、私の棋力だと、木村の陣形の左側が空いているので、後手玉を寄せきれそうにない。

そこで木村の66歩が意味深である。それに対して羽生が68金と引くと、後手は待望の47銀成。羽生は角をどうするのだろう。

羽生は角も見捨てて、23成香。これで本当にいいんだろうか。木村が57の角を取り、一旦86歩、同銀を入れて、18飛と据えると、木村が優勢に思えてきた。放置すると69角が厳しい。

で、羽生は68歩と受けたが、ここで木村はどう指すか悩んだ。で、木村流で22歩と強く受けたが、32成香、同玉、21銀不成、同玉、24桂が結構厳しい。そうなるのか?

ところが羽生は、32成香、同玉に、すべてを含みに残して単に83香。誰も気づかなかった手である。62飛に、21銀不成、同玉、24桂と進んだが、23銀と受けられたとき、私の棋力では寄せはみえない。いや、12銀で寄っているか。

そこで、受け師木村は、33銀と上がった。そこで、12銀、31玉、33銀成、53銀とした。この手自体は詰めろではないので、木村は69角と詰めろをかけた。さあ、羽生、どうする。

羽生は、一本32歩、同金を決めてから、79金打。すると、78角成、同金に69銀のお替り。当然の攻めである。

ここで羽生は32桂成と一旦金を取り、羽村は安全第一に同飛。飛車が6筋から移動したので、羽生玉がかなり安全になった。でさらに79金打。しかし、78銀成、同金、43金で、後手玉は寄るんだろうか。

実際そうなり、羽生は33歩。ぎりぎりの攻めである。同飛に24銀、32飛、44銀成。ついに羽生が優勢になった。同金は53角なので、木村はなんと42玉。これまた顔面受け。そこで43金、同玉、21角と羽生が迫る。

そこで木村は69銀とひっかけるが、実はこれは形作りなのだった。というのは、羽生に32角成と取られると、同玉は、52飛で簡単な詰み。玉が逃げると一旦飛車で王手して、48歩とでも受けられていると、どうしようもない。

で、直接の敗着は69銀なのだが、例えば31金と受けても33歩、21金、32歩成、同金で先手がいい。でも、結構まだ先が長そうである。

こうして王位戦は予想どおり羽生の防衛で終わった。木村八段、お疲れ様である。

以前に、サラブレッドという記事で、将棋の藤森四段に言及したが、最近、よりサラブレッドと呼ばれるべき棋士がいることが分った。

それはあいにく将棋でなくて、囲碁の小山空也初段である。小山初段の父は小山竜吾六段、母は小山栄美六段で、両親がれっきとしたプロ棋士なのである。

両親がプロ棋士ならサラブレッドかというと、普通はなかなかそうは問屋が卸さない。私が以前勤務していた外資系の会社には、囲碁の杉内九段の息子という人がいた。杉内九段の奥さんも有名なプロ棋士なのであるが、その杉内九段の息子が囲碁が強いという話は聞かなかった。きっと杉内九段は、息子にはプロ棋士になる素質はないと見抜いて、修行さえさせなかったのだろう。

ところで、私が小山初段をサラブレッドと呼ぶのは、両親がプロ棋士だから、というだけではない。それはいわば必要条件でしかなく、十分条件ではない。十分条件というのは、プロ棋士のレーティング・サイトをみて分かった。というのは、小山初段はプロになったばかりなのに、もうランキングが全体で59位なのである。先日NHK杯で坂井八段に勝った山田規喜九段よりも上である。なにしろ囲碁の棋士は400人以上もいる。それにしてもなぜ囲碁はこんなに有望な若手が多いのだろう。

戻って私は当初、藤森四段の将来性に疑問をもっていた。というのは、順位戦でせいぜい指し分けだったからである。これではC級2組どまりではないか、と思ってしまった。しかし、その後、新人王戦準優勝だけでなく、竜王戦本戦出場など次第に頭角を現してきた。

その攻め120%という姿勢がなかなか凛々しくて、つい藤森四段の新刊である「藤森流急戦矢倉」マイナビを買ってしまった。

それを買ったのは別の理由もあって、低段の棋士の著書は買うべし、という私の方針もある。最近、吉田正和五段の「これからの角換わり腰」マイナビ、瀬川晶司五段の「横歩取りマップ」マイナビ、金井恒太五段の「ひと目の仕掛け」マイナビを買って、どれも力の入った好著だったからである。まあ、デビュー作を一生懸命書くというのは作家だってそうであろうけど。

その「藤森流急戦矢倉」であるが、これは米長流急戦矢倉の変奏曲である。しかし、木村の矢倉第2巻によると、米長流急戦矢倉は、羽生名人や渡辺二冠など錚々たるメンバーがよってたかってボコボコにして今は指す人が激減しているらしい。そんな中で、食えないと言われている米長流急戦矢倉を焼き直しするなんて、なかなか藤森四段もやるじゃん、と見直した。サラブレッドであるかどうかなんてもうどちらでもいい。それにしても、私の棋力では、「藤森流急戦矢倉」を読んでも、どの手順が藤森四段のオリジナルなのか、いまいち分からないのであった。弱いということは哀しい。

解説

user-pic
0

将棋番組などで、あるいはもっと典型的に野球放送でもいいのだが、解説者というのが登場する。要するに、実戦の進行にあわせて、場面の次の一手を予想したり、場面の形勢を論じたり、場合によっては登場するプレーヤーの私生活のトピックを披露したりする。

まあ言ってしまうと、観ている人が面白いと思えて、あまり品性を逸脱しなければそれでいいのだが、いつも思うのだが、解説者としていかにも立派そうに感じられる人が、実はプレーヤーとして二流ということがありえる。

その逆に、その分野の第一人者のような人が解説者として登場すると、観ている方は、そのブランドで、おお、どんな立派な解説が展開されるのか、と期待していたら、話す内容は意外に凡庸で、落胆したりすることが結構ある。

なぜこんなことが起きるかというと、その理由はあまりにも当たり前で記述するのがためらわれるほどなのだが、一応書いてみる。

まず、その場合、解説者が相手にしているオーディエンスが、基本的に素人だ、ということがある。なので、あまりプロ的な薀蓄を陳述しても、聴いている人達のほとんどには理解できない。すると、解説者は原則的にその分野のプロという人達なのだが、その分野のアマチュアの平均レベルまで落として話さなくてはならない。

そうすると、解説者にプロとしての高度さは必要でなく、むしろ、アマチュアが何を望んているかを知る人達でなくてはならない。おそらくであるが、プロとしてランクの高い人達はそういう指導経験をあまりもたない。なので、例えば羽生名人が解説があまり得意でないとしても、意外ではない。

また、解説者の役割の一つに、次の一手を当てるということがあるが、一流同士の対局者の対戦で、あまりランクの高くない解説者の方が正解をいい当てることがある。なぜそういうことが起きるかというと、解説者は対局者ではないので、結果に対する責任は基本的にない。すなわち、目に付く手を試行錯誤的にどんどん探して、そこでの局所最適みたいな手をオーディエンスに提示すればよい。

そういう状況をみていると、オーディエンスの多くは、解説者はなかなかすごい人かもしれない、と錯覚する。将棋だったら段位や順位戦の所属クラスも周知なので、そのあたりの錯覚は少ない。しかし、世間だと、順位戦に相当するような実質的なランキング付けは存在しないので、学歴や肩書が立派で、実はあまり中身のない疑似専門家の跳梁を許すことになる。

私が以前に勤務していた外資系の会社は、昔はエクセレント・カンパニーと称揚されていたが、内部での官僚化が進んだことと、ビジネス形態が時代の流れと齟齬をきたしてきて、著しい経営危機に陥った。

そうなった原因の一つは、上記したような、プレーヤーとしては二流の解説者が社内に蔓延るようになったことにある。すなわち、実力もないのに偉そうに振る舞ったりプレゼンしたりする能力だけ発達した人が増えても、実際の仕事にはプレーヤーとしての資質がまさに要求されるわけであるから、経営が傾くのは理の当然である。

そこで、再建のためにに外部から呼ばれた経営者は、現場主義に徹して、無責任な解説者を排除しようとした。そして大規模なリストラを敢行したが、その中には二流の解説者だけでなく一流もプレーヤーも混じってしまったのは、まあ仕方ない。

ところが折角、その経営者が大ナタを振るって体質改善したのに、経営者が生え抜きのお坊ちゃま君みたいな人に戻ると、折角鍛え上げた体質は急速に劣化していった。

なにしろ、私がその外資系を去る頃には、管理職が、部下が用意したプレゼンチャートを、美麗でないとか、分かりにくいという理由で平気で却下して、それだけでなく、上級管理職が、プレゼンにはできるだけ委細を尽くすように、とまでお達しを出すところまできてしまった。

私はその傾向に対して、以前に外部から辣腕経営者が来た時代のことを話したのだが、みんな苦笑いして私の発言をやり過ごすだけだった。

こうしていよいよ、プレーヤーとしては二流で解説は一流の、きらびやかな人達がもてはやされる時代になってしまった。そんな会社は私には、過去の資産を食いつぶすだけのように思われる。もちろん、プロジェクトを獲得するためには、分かりやすいチャートは必要である。説明下手でいいわけではない。しかし、プレーヤーとしての実質性まできちんとみないなら、それは経営とは呼べない。現場に行かないと。

前から注目していた、プロ編入試験の第一局が始まった。プロ編入を目指すのは、言わずと知れた今泉健司氏である。相手は四段になったばかりの宮本広志氏。

ニコ生で放送があるので、その日が休日だったこともあって、私は観戦し始めた。すると、あららと思ったのは、宮本四段が相手のお株を奪って、中飛車左穴熊をしている。今泉氏は、石田流で普通の美濃囲いである。

しかし、今泉氏は、中飛車左穴熊が得意ということは、振飛車側からどう指されたら嫌なのかもよく知っているはずなのである。果たして今泉氏は、42の銀を攻めに使うのではなく、51銀、62銀と右に集結し、美濃囲いを変形して四枚穴熊を完成させた。

その後、宮本四段が一筋の香を犠牲に33に角を成ると、今泉氏はその代償に19に飛車を成った。しかし、宮本四段は33の馬を引きつけると手厚いので、模様は宮本四段の方が少しいいようである。

その後、玉頭からの端攻めを嫌って84歩と突くと、そこを宮本四段がつけ込んで壮絶な玉頭戦になった。それで有利だと思って油断した宮本四段は、龍の利きで強襲されて慌て、金駒を損するという悪手を指した。それで少しだけ今泉氏が優勢になった。

しかし、宮本四段が頑強に粘るので、今泉氏は少し辟易としてきた。局面は混沌としてきた。ただ、折角いいところなのに、私はニコ生でプレミア会員ではないので、終盤になって何度入りなおしても追い出されてしまう。それで、私はあまり粘り強くない性格なので終盤を観戦することを諦めた。プレミア会員になろうなんて一秒も考えなかった。なんともケチである。

最後に追い出されたとき、今泉氏の玉に対して、いやらしい攻め筋がいろいろ見えたので、容易でないと思っていたら、流石に今泉氏、勝ち切ったらしい。

今泉氏にプロになってほしい私としては、とりあえず一勝したのでほっとした。この後は、星野四段、三枚堂四段、石井四段、竹内四段だが、私が見るところ、星野四段、三枚堂四段までが比較的与しやすく、石井四段が一番手強い。竹内四段も去年いきなり降級点をとったときは、負け組かと思ったら、最近随分勝っていて、最早今泉氏が勝つのは容易ではないと思う。なので、できれば三枚堂四段までで決めたいところである。

それにしてもちょっと気になるのは、今泉氏が勝つために戦法の決め打ちをしているところであり、それはあまりプロ的なやり方ではないのだが、なんとしても勝つためには仕方ないのだろう。人生がかかったような将棋を指したことがない私に、それを批判する資格はない。そういえば、森下九段でさえ、奨励会で勝つために、なりふり構わず穴熊を連採したと言っていた。特に今泉氏は、プロへのチャレンジを二度まで絶たれて、昔流行った小林麻美の「初恋のメロディー」の歌詞を借りると、これ~が最後の~チャレンジなのに~♪なのだった。ふざけている場合ではない。

仕事の量

user-pic
0

ナイーブに考えると、会社で、楽していい給料を貰えるのがいいに決まっている。すなわち、仕事も忙しいよりも暇な方がいい。

しかし一方で、サラリーマンなら誰でも、干されることほど辛いものはないということを知っている。例えば、何かのプロジェクトで失敗して、突然、プロジェクトを外される。すると、会社に行ってもやることがない。しかし、勝手に会社を休むと無断欠勤になるので、とりあえず会社に行って時間をつぶすよりないが、会社で何もやることがないことほど辛いものはない。

私は最初に入った会社で、いきなり干されるという洗礼を受けた。もともと研究開発の仕事に就きたかった私は、実はもう少し大きい会社の役員面接の段階まで行っていて、多分であるがそちらも受かっていたと思う。しかし、より小さい会社の方が融通が利くだろうと思って、大阪の河内にある会社に決めたのだが、それは私にとって最悪の選択だった。

そこの技術担当役員は、私が理論的志向が強すぎて、実際の研究開発には向かないと思ったようで、しばらく修行させようという意図で特許部門に配属した。それで落胆したという話は何度も書いた。人間がこなれていない私は、面白くないせいもあって、上司に知らないうちに反発していたようで、最初は特許調査の仕事を依頼されていたのに、あるときから全く仕事が来なくなった。

最初はたまたま仕事がないのかと思ったが、よくみると周りは結構忙しそうにしている。それで最初は書庫に行ってそこにある本を読んだり、特許公報を整理したりしていたのだが、いよいよ時間がつぶせなくなってきた。

ところがおかしいのは、パートできていた主婦も仕事がないと、私に相談にきたことである。それで仕方ないで私が特許公報の整理を指示したりしていた。仕事がないなら、パートを雇う意味もない。いよいよ上司が何を考えているのか分からなくなった。

そんな状態が半年も続くと、明らかに精神的におかしくなってきた。当時は土日になると将棋道場に出かけて必死で将棋を指したが、それが唯一の自分を保つすべだった。

それでも私は随分我慢強い性格のようで、そんな状態を2年半も続けることができた。しかし、いよいよ精神的に限界がきて、このまま続けると上司に暴行を加えるような犯罪を犯しそうだったので、大学の先輩から、ある東京の機械メーカーの募集を知らされると、ノータイムでそこを受け、幸い受かると逃げるように上京した。

しかし、今でも、2年以上も干された経験は深いトラウマとなっている。すなわち、今の特許調査の仕事は、コンスタントに仕事があるわけではなく、かなりムラというか波がある。とても暇になると、干された経験のトラウマがうずき、何か仕事はありませんかと上司にすぐに相談に行くのだが、ないものはないのであって、仕方なくPerlのツールでも作ったりする。

そのお蔭て、随分沢山の凝ったツールが揃い、繁忙時にはツールが活躍するのだが、Perlのツールというのはかなり癖があって、作った私しか使いこなせないのが、なんともである。

ともかく、2年以上も干された経験といい、結婚生活といい、人生から忍耐をとったら何が残るのだろう、と最近しみじみと考えるのであった。

西山二段

user-pic
0

新聞をみていたら、女性奨励会会員である、西山朋佳初段が二段になった、という記事があったので、改めてWeb検索したら、朝日新聞のページに記事があった。以下、引用しつつコメントする。

将棋のプロ棋士養成機関「奨励会」の対局が21日、東京・千駄ケ谷の将棋会館であり、西山朋佳(ともか)初段(19)が2連勝して通算12勝4敗の成績を挙げ、昇段規定を満たして二段に昇った。現行規定で奨励会二段になった女性は、里見香奈三段(22)=女流二冠=に続いて2人目。関東奨励会では初めて。

この記事をみて、あれっ、加藤桃子も確か二段じゃなかったっけ、と思ってしまった。こういう記事があるくらいなので、私の勘違いのようである。

私が勘違いした理由は、里見三段で書いたような一連の出来事で、女性奨励会会員の有段者の存在が、当たり前に感じられたからだろう。そういう意味で、先駆者としての里見の意義は大きいが、それはまた里見に過大なプレッシャをかけることになってしまったのだろうか。

西山新二段は大阪府大阪狭山市出身。2010年に6級で奨励会入会し、現在は慶応大学1年。「目標とする里見さん(21歳で二段昇段)より早く上がれて、うれしい。三段昇段に向けて頑張りたい」と話した。

へぇ、奨励会で将棋の努力しながら、ちゃんと慶応に現役合格しているんだ、と感心する。私が頭の切り替えが苦手で、学校の勉強と将棋をうまく共存させられなかったので、余計にそう思う。しかし、ある棋友によると、囲碁の対局料にも書いたような事情で、将棋界も遠からず、一部のトッププロを除くと、将棋だけで生活するのが難しくなるので、そういうリスクをヘッジするために、大学で学び、他の職業に就く可能性を高めるのだという。確かに、囲碁界と違って、将棋のプロは、糸谷七段の大阪大学、中村太地六段と広瀬八段の早稲田大学など、大学に進学するのが割合当たり前になっている。

奨励会を勝ち抜いて四段に昇ればプロ棋士になれるが、これまで女性の棋士は誕生していない。棋士の制度と、女性同士だけで競う「女流棋士」の制度は別。里見三段は女流棋士として活躍しながら棋士をめざしているが、西山新二段は女流棋士にはなっていない。(深松真司)

なるほど、西山二段は、女流棋士にはなっていないというのは賢明である。女流棋士と奨励会員を兼務すると、メディアで注目されるし対局料が入るのはいいかもしれないが、その分雑用にも追われる。本当は里見もそうすべきなのかもしれないが、将棋界で時代の寵児となってしまい、芸能界のアイドルがそうであるように、周囲の都合に左右され、自分の意志で行動できなくなってしまった。そのことが、里見の休場に書いたように、現在里見を苦しめていると思われる。

ともかく、奨励会において、初段から二段になるポテンシャルバリアと、二段から三段になるポテンシャルバリアはそれほど違わないようにも思われるので、西山二段も三段まではいけそうな気がする。

問題はその後で、四段になれるかどうかだが、ここはどうみても楽観できない。しかしまだ19歳なので、なんとかなると希望的に考えたい。天野貴元さんなど、16歳で三段になったのに、結局届かなかった。結局、西山二段も地道に努力して、結果を俟つよりない。そういえば、囲碁の高尾十段によると、藤沢秀行の絶筆は、「強烈な努力」なのだという。

火と戯れる女を読み終えた後、既に買ってあったミレニアム3である、眠れる女と狂卓の騎士をノンストップで読み始めた。

すると、ミレニアム1である、ドラゴン・タトゥーの女と、ミレニアム2である火と戯れる女の間には、前にも書いたがサマセット・モーム的な小休止があったが、ストーリー的にもミレニアム2とミレニアム3とは続いているのだった。

すなわち、ミレニアム2の終盤で瀕死の怪我をしてしまったリスベットは、ミカエルの手配で救急ヘリコプタで病院に搬送されるのだが、ミレニアム3ではリスベットはかなり危険な状態から手術を受け、なんとか一命をとりとめる。しかし、安静状態が続き、起き上がることもできない。

そんな状態にあるリスベットに対して、公安警察の陰謀が動き始めた。すなわち、リスベットを物理的に死に至らしめるか、精神病院に隔離することによって社会的に死に至らしめるかの陰謀である。

何しろ相手は国家権力なので、対抗するのは大変である。そんな中、命知らずのミカエルは、リスベットのために必死の思いで活動を始めた。その一方で、リスベット関係の事件を記事にしようと原稿も書き始めた。なにしろミカエルは、根っからの社会派編集者なのである。

しかし、渡る世間に鬼はなしではないが、リスベットを信頼する警備会社社長、ドラガン・アルマンスキーや、入院している病院の外科部長である、アンデルス・ヨナゾンが協力してくれて、リスベットの知らないところで次第に状況が改善してきた。

一方、公安警察も然る者で、あの手この手と、非合法な手段も取り混ぜて、包囲網を築こうとする。

そうしているうちに、リスベットの傷が癒え、リスベットは父親に対する傷害容疑で検察から告訴され、裁判が避けられないことになった。そこでリスベットを弁護することになったのは、ミカエルの妹の弁護士、アニカ・ジャンニーニだった。

こうして、ミレニアム3の白眉は、裁判に至る事前工作と、裁判での法廷戦術なのだった。

すなわち、解説にもあったのだが、ミレニアム1は密室ミステリー、ミレニアム2はハードボイルド・ミステリー、ミレニアム3は法廷あるいは政治ミステリーと色分けされる。

実はミレニアム3で完結というわけでなく、続編が用意されていたようであるが、作者のスティーグ・ラーソンが2004年11月に享年50で心筋梗塞で急死し、結局、ミレニアム3で打ちきりになってしまった。実に残念である。

ただ、想うに、ミレニアム・シリーズは、早世したスティーグ・ラーソンが、生きているうちにすべてを絞り出した渾身の小説だったと思えてならない。リスベット・サランデルというキャラクタは、そんな作者が考えだした絶妙のキャラクタだった。リスベットなしではこんなに印象的な小説には決してならなかっただろう。

そういえば、スティーグ・ラーソンは私と全く同い年である。その作者と違い、私の人生が平板で薄いのは、私の人生が比較的長いことが保証されているということなのだろうか。だとしても、なぜかあまりうれしくないのだった。

母性本能

user-pic
0

動物の渡来に書いたように、私の出身地の百島では、イノシシが跋扈しているらしい。それで、特に子連れのイノシシは怖いと言われているが、その命題はどうもピンとこない。なぜなら、それは子連れのヤクザは怖いというのと似たような命題であって、どうせもともと怖いではないか、ということになる。普段おとなしいウサギのような動物が、子連れのときはなりふり構わず襲いかかってくるのでなくてはならない。

で、私が何かいいたいかというと、私は前いた外資系で、抵抗勢力だった時期があった。特にヘルメットを被っていたわけではないが、ことあるごとに部門長にも食ってかかっていた。

そんな私にも、多少仲間がいたが、私が部門批判したとき、その仲間にさえも、どうも、一体何を言っているのだ、と相手にしてもらえないことがあった。

それを私は、何で分かってくれないのだと密かに憤慨したこともあったのだが、ちょっと考えてみると、それはこういうことなのだった。

すなわち、特許部門なんてもともと、会社にとってマイナーな組織なのだが、その中でも事務方の人達はさらに地味で、日陰の存在だった。

ところが、1990年から特許出願が電子的になされるようになると、日陰の特許の事務方は、相当のITスキルを要する仕事となった。若干のコンピュータ・スキルをもつ私は、事務方をサポートしたが、そのことで知らない間に、事務方のマネジャに指名されてしまった。

管理職なんてなる気は全くなかったが、任命されたからには全力を尽くすのが私の方針である。ところが、一旦事務方のマネジャになってみて、システムだけでなく、何も体制がないことに愕然とした。そこで私は、部下となった人達に声をかけて、一歩一歩体制を整えていった。

部下には私より年上のお局もいて手に負えず、それはなんとも大変な仕事だったが、私は散々愚痴を言いつつ、システムを作っていった。その間、弁理士達も、私を雑用係とみなして勝手なことを言ってくる。

それはまさに、生まれて間もない子供の面倒をみる母親と同様に、巨大な我儘に立ち向かう艱難辛苦なのであった。

そういう経験をすると、部門が、血を分けた我が子のように思えてくる。私は男なので、子供を産んだ経験は勿論ないが、疑似的に子供を産んだような錯覚にとらわれた。

あまり出来のいい子ではなかったかもしれないが、ともかく私は、なんとか自活できるようになるまで部門を育成したつもりである。ところがそうやって育てあげたものの、私の後任の管理職の人達は、私が手塩にかけた子供を放置して、全く面倒をみてくれない。そうしているうちに、子供はぐれて、手がつけられなくなった。

産みの母であり、育ての母である私は、悔しくてたまらなかった。くりかえすが、私は明確に男性であるが、部門をつくるというところでは確実に母であった。なぜなら、我が子のためと思えば、理不尽な要望も我慢した。深夜まで面倒をみた。なんとか例外を認めてもらえるよう、社内セキュリティ部門に土下座に行ったこともある。どうみても父親的な対応ではない。

流石の抵抗勢力の仲間も、そこのところでは、一特許部員にとどまり、私ほどは部門育成に関与していないので仕方ないのであるが、部門の理不尽さに、私は、少なくともイノシシの母、いや狸の母程度には怒りを覚え、顕わに抗議したのだった。

それを単に大人げないというは多分、ちょっと違うのであった。

読売新聞を眺めていたら、次のような記事があった。

囲碁の関西棋院(大阪市中央区、棋士131人)は来年1月から、前年の獲得賞金ランキングで90位に達しない棋士に支払う対局料を半減する。
対局料にあてる契約金が増えない中、引退制度のない囲碁界で棋士間の競争を促すのがねらい。勝負師の世界にも経営改革の波が及ぶことになる。

これをみて、囲碁の世界の台所も苦しいんだな、とつい思った。何しろ、新聞社の契約金は頭打ちで、囲碁は将棋よりも約三倍の数の棋士がいる。いくらなんでも囲碁の契約金が将棋の三倍ということはないはずで、すると、一人あたりの平均対局料は、囲碁の方が将棋より低く抑えられている、と推察する。

それにしても、囲碁には引退制度がないのか、なんということか。将棋の場合は、フリークラスというのがあって、引退規定は、将棋連盟のホームページによると、以下のとおりである。

  • 宣言によるフリ―クラス棋士は原則として65歳、その他のフリ―クラス棋士は原則として60歳で定年となり、引退することになります。
  • その他のフリ―クラス棋士はC級2組から陥落(もしくは三段リーグ次点2回で四段昇段)後10年以内にC級2組に昇級できないと引退になります。なお、10月1日付でフリ―クラス四段に昇段した棋士の場合は、10年半以内に昇級できないと引退になります。

この規定により、例えばまだ56歳の大野八一雄七段も、今年4月に引退した。一時は有望視された櫛田陽一六段など、2012年に、まだ40台半ばで引退させられた。普通の民間企業からみても結構大変と思われるが、やはり将棋連盟の財政的事情で、多くの棋士を抱えられない、という事情があるのだろう。なので、囲碁界の対応は遅きに失したのかもしれない。

しかも引退勧告でなく対局料半減であり、多少節約すれば、何歳まででも現役棋士でいることができる。時代感覚としてどうなのだろう。

それにしても、上記記事には、関西棋院内の昨年の獲得賞金1位は、結城聡九段の3100万円だった、とあるが、NHK杯三連覇の結城九段にしてその金額は安すぎないか。

引用を続けると、

予選の初戦で敗退するような下位層の棋士は1局平均6万円。半減措置を対象者に課すと、およそ年間500万円が浮く。それを勝ち数の多い棋士にボーナスなどの名目で分配し、若手育成につなげるという。今村俊也・関西棋院常務理事(九段)は「改革は伸び盛りの若手にとって好機で、中堅とベテランには刺激になるはずだ」と話している。

今回の措置は、若手には朗報だろうが、下位の中堅とベテランは、刺激を受けるどころか、落胆するだけだろう。普段、別に負けたくて負けているわけではない。どう頑張ってももう若手に勝てなくなっているだけなのだから。つい自分になぞらえて、同情する。

王座戦第2局があったので、ネット上で並べてみた。ここのところちょっと羽生は下り調子かもしれないが、豊島もあまり好調とはいえない。

さて対局は、豊島の先手で、角換腰掛銀となった。豊島が58金を68→58と手損している間に、羽生は74歩を突いて12香と穴熊をめざした。このまま座視していると後手だけ穴熊が完成するので、豊島は48飛と回って攻めをみせると、羽生は65歩の先攻である。ちょっと竜王挑決の第1局に似ていないでもない。

豊島はすかさず64角と打ち、92飛と換わって45歩。以下、同歩、同銀、同銀、同桂、44銀、24歩、同歩、25歩、同歩、15歩、同歩と味付けしてから82銀と打った。

羽生は悠然と66歩と取り込み、81銀不成、62飛、73角成、65飛も予想された手順である。以下、74馬に、羽生は45飛とぶつける。飛車交換は、58金が浮いているので羽生がいいのだろう。それで豊島は46歩、55飛と先手をとって、待望の24桂を打った。

素人目には豊島が好調だが、実際はどうなのだろう。羽生は69銀と攻め合う。

そこで、豊島は香でなく金を取った。香を取って56香もやってみたいが、金をはがして67からばらされるのも嫌か。

豊島は取った金を68に埋めた。手堅い。羽生は78金の方をとって、じっと33銀と引く。ここらあたり微妙に後手が味が良い。

豊島は45歩。こうやって飛車を活用するよりない。羽生の37角も、これくらいしかないのだろう。49飛に54飛。角筋を通し、飛車をくつろがせるのでこれも味がよい。

65馬に67金。こうして嫌味をつけておきたいところである。同金右、同歩成、同金に64馬。流れるような手順である。角交換は58角がある。

それでも豊島は64馬と角交換して、同飛に68歩。いかにも辛そうな手順である。ここで55桂かと思ったら、羽生は65桂。ちょっと意外である。

豊島は78金と入れる。羽生は何も取らないで単に55桂。これも厳しい。そこで豊島は、15香と走って、同香に24歩と嫌味をつける。なるほどこういうのが勝負手か。

そこで羽生は、58角、29飛、67桂成、同歩と攻める。そして77桂成。同金に68銀。羽生の一手勝ちか。

豊島は41角。筋ではあるが、31玉と引かれた。52銀とつなぐと、羽生は手堅く42金打ち。ここで豊島は投了した。角を渡すと詰んでしまうのだから仕方がないのか。

もしかして、豊島が32金を桂馬で取って68金打ちとしたあたりが平板すぎたか。そのあと流れるような手順で自然に羽生が優勢になった。羽生に負けるのは仕方ないにしても、豊島、本調子でないとみた。

おゆき

user-pic
0

朝、通勤電車に乗っていると、ふと、座席の向かいで、ある女性が目に付いた。美人好きな君のことだ、また美人を見つけたのかと聞かれるかもしれないが、違う。

独身なのか既婚なのか分からないが、雰囲気は主婦である。多分あまり若くないが、もちろん私よりはずっと若い。

誤解を懼れずいうと、別に私の好みのタイプではない。では何故注意を引いたかというと、妙に雰囲気が暗くて、不幸を背負っている風なのである。夫にいつも虐待されているとか、あるいは夫が不治の病で、毎朝病院にお見舞いに行っているとか、ともかくあまり幸せそうではない。

そういう不幸のオーラが私の注意を引いてしまう。おっと、今まで書いたことは私の妄想であって、事実とは関係ない。私の勝手な思い込みにすぎないかもしれない。

すると、言われるかもしれない、君はそういう他人の不幸を餌に生きているのか、なにしろ他人の不幸は蜜の味というではないか、と。

私は人品があまり高級ではないで、そういう面が皆無とはいえないかもしれないが、いいわけではないが、悩みを抱えている人を見つけ出して、何か相談に乗ってあげて、励ましてあげたい、と考える本能も少しだけ備えている。ただ、そう思ってしまう相手は誰でもいいのではなくて、どうもある種の性格があるらしい。

そう思い込んで声をかけたら、実際にそうで感謝された、という経験が実はある。大抵はやはり男性であって、女性というのは何かと誤解をまねきやすいので、私はつい、声をかけるのをためらう。

その女性をたまたま一度見かけただけなら、なんとなく気になりつつも、それで終わりなのだが、幸か不幸か、朝の時間が同期していて、結構なタイミングで出会う。で、私はつい意識するのだが、向こうは全く気にする様子もない。なにしろ、電車に乗るなり、すぐに寝てしまうからである。

今日など、乗り換えで電車を待つとき、私の前にその女性が立っていたので、そのまま電車に乗って、その女性の隣に座った。なんとなく落ち着かないので、詰将棋の本を取り出して集中した。

目的地についても、その女性は目を覚まさないので、つい起こしてあげようと思ったが、下手に触って痴漢と間違えられても困るので、そのままにしておいた。おじさんが寝ていたら、大抵起こしてあげるのだが。

そして、また私の妄想が始まる。すなわち、電車で、あのう、とつい私が声をかける。すると多分、は?と反応があるだろう。そこで私が言う、あのう、どこか不幸が取りつきやすくありませんか、と。するときっと、私のことを頭がおかしいか、変な新興宗教の信者だと思われて、どちらにしても完全に避けられるだろう。

なので、実際は何も起きない。ウィトゲンシュタインはいう、諸事態の成立・不成立が現実である、と。

スティーグ・ラーソンのドラゴン・タトゥーの女を読んだら、実に面白かったので、何の迷いもなく、その続編である「火と戯れる女」ハヤカワミステリ文庫、ヘレンハルメ美穂 山田美明訳を買って読み始めた。

すると、とても傷つきやすいリスベット・サランデルが、ミカエルのちょっとした対応に嫌気がさして南の島に逃避するところから始まった。なんとなくサマセット・モームの南の島シリーズを彷彿とさせ、それはそれでいいのだが、ドラゴン・タトゥーの女から続くミステリとしてはちょっと退屈だな、というのが正直な感想だった。

ところが、ミレニアムの契約ライターとして、ダグ・スヴェンソンと、その愛人であるミア・ベルイマンが登場してくるあたりから、何やら不穏な空気が漂い始めた。というのは、ダグがジャーナリストとして追求しているのは、少女買春で、そのような行為を仕切っている裏組織を取材したり、買春した当人にぶつかり取材して本にしようというのだから、当然に物議を醸すのは必至である。

そうしていると、流石に外遊に飽いたリスベットがスウェーデンに戻ってきた。そして、何かを伝えるためにダグとミアの住まいにリスベットが訪れるということがあった。なぜそんなことがと思われるのだが、もっと怪訝なのは、その直後にダグとミアが何者かに拳銃で射殺され、しかも現場に落ちていた拳銃からリスベットの指紋がみつかる、という事態になり、リスベットの嫌疑が濃厚になった。

当然にリスベットは逃避を続けるが、メディアは、リスベットが犯人であるとか、リスベットの過去の行いを面白おかしくスキャンダル風に書き立てる。それによってスウェーデン中が、極悪犯リスベットのイメージを膨らませていった。

しかし、リスベットを強く信じるミカエルは、犯人は別にいると信じて、独自に調査を始めた。まさに孤独な戦いである。

そうやって粘り強くミカエルが調査を続けると、次第にミカエルの意見に耳を傾ける者もでてきた。

ただ、調べていくと、ダグやミアが追求した売春組織の背後にいる者たちとリスベットに何かの関係があるとミカエルが気づいてきた。

一方のリスベットは、その過去に決着をつけるために、単身で捨て身の討ち入りを試みた。こうしてストーリーは緊迫の度合いを強めるのであった。

このような息もつかせぬというハラハラ度は、ミレニアム1のドラゴン・タトゥーの女を上回るものがある。それは一つには、ドラゴン・タトゥーの女ではとりあえず登場人物や背景を説明する必要があるが、ミレニアム2の火と戯れる女では、前提を想定したうえで話が進むので、話が早いということもある。

そういう意味で、絶対にいきなり火と戯れる女から読み始めてはいけない、ということになる。かなり間が抜ける。

ともかく、決してミステリー初心者ではないはずの私にも、このミレニアム・シリーズと出会ったということは、一つのエポックであった。世界に何千万人の読者がいる、というのも頷ける。

それにしても、みかけの性格の違いにも拘わらず、私とリスベットの妙な類似性はなんなんだろう。すなわち、数学が好きで、人付き合いが苦手で、勝手な思い込みで依怙地になってわざと孤立するところがあって、到底他人とは思えないのだった。尤も、よくも悪くも私にリスベットの行動力と喧嘩っ早さはない。

里見の休場

user-pic
0

私は、里見香奈のファンであって、このブログでも、里見初段里見二段里見三段とその成長を見守ってきた。

特に、去年の暮に、最短距離で三段に達し、今年4月から奨励会の三段リーグに参加することが決まったときは、一期抜けは流石に無理にしても、何期かいれば必ず、女性初のプロ四段になれると期待した。

なので、今年の三月に里見が体調不良で8月末まで休場すると聞いたときは、とても落胆した。しかし、去年の5月から高熱や吐き気があったというので、そんな状態でよく、すんなり奨励会で三段まで進んだものだと感心したりもする。

私は上記したように里見のファンなので、休場の8月末という期限をしっかり頭に叩き込んだ。そして、8月半ばになると、9月から復帰して10月からの三段リーグを戦ってくれるんだよね、と期待した。なにしろ休場延長のアナウンスは特に何もない。

しかし、ぎりぎりの8月29日になって、将棋連盟から次のアナウンスがあった。

2014年3月1日~2014年8月31日まで休場中の里見香奈女流王座・女流名人(さとみ かな、22歳、奨励会三段)より体調不良を理由に、さらに4ヶ月間の休場届が役員会に出され、役員会はこれを受理いたしました。(休場期間は2014年9月1日~2014年12月31日)

これにより里見女流の休場棋戦等は以下の通りとなります。

  • 第4期リコー杯女流王座戦 五番勝負
  • 第8期マイナビ女子オープン本戦 
  • 第56回奨励会三段リーグ戦

これにより里見は、女流王座のタイトルを自動的に失うことになる。それは仕方ないとして、私はつい自分のカオス的行動という記事を思い出した。すなわち、私の元部下が、特許実務の仕事に対して不適合を呈し、そのことが精神的な異常を疑わせる行動となって顕れたということである。

私の元部下と里見の決定的な違いは、休場前の状態のパフォーマンスである。私の元部下は、平均的な大卒理系の社員なら普通に達成できる特許実務の水準を発揮するのに難渋していた。元部下は、旧帝大の工学部を卒業し、弁理士試験にも比較的短期に受かっているので、決してポテンシャルが不足していたとは私は信じない。結局、適性を欠いたのだろうと今でも信じている。特許実務といえども、万人に向く仕事ではないということである。

一方、里見はというと、三段に早々に到達したという点をもってして、パフォーマンスは卓越していると普通に認定される。なので私は長らく、里見に適性の欠如を適用していいのかどうか迷った。しかし、今回の休場延長をみて、やはり適性が足らないのか、と感じはじめた。

天野貴元さんのオール・インを読むと、奨励会で戦うことの壮絶なプレッシャがひしひしと感じられる。並みの神経では押しつぶされてしまう。そこではある種の鈍さが必要で、それもまた将棋の才能の重要な要素ということになる。

里見が体調の不良を訴え始めた去年の5月といえば、プロ二段として奨励会で厳しい戦いをしていた真っ盛りである。そのプレッシャが精神の許容限度を超えてしまったのだろう。

そして、休場になった後も、奨励会で指すと考えただけで精神的に不安定になるのではあるまいか。すると、折角三段まで到達したものの、奨励会は退会して、女流棋戦一本で指すようにでもしない限り、体調不良は解消されないような気がする。

しかし今の段階で、周囲の期待をよそにそんなことが安易に決められるはずものなく、日々悩んでいるのではあるまいか。私の考えが杞憂であることを願うものである。

仙人試験

user-pic
0

優雅性で言及した、「道教百話」窪徳忠著、講談社学術文庫であるが、一話ずつ完結しているので、通勤電車で気が向いたら少しずつ読んでいる。

その「道教百話」に、仙人試験について記述があったので、私なりにまとめてみる。

すなわち、五斗米道を開いた張陵の許に、趙昇という人物が、奥義を授かるためにやってきた。ところが、趙昇が門に着いたとき、門番は一切取り次がないばかりでなく、散々罵った。何度取次を申し込んでも断られてしまうので、付近に野宿して40日あまり取次を申し込み続けた。これが第一の試験。

やっと取り次がれると、畠にやってくる動物を追い払う仕事をやらされた。ところが夕方になると突然、絶世の美人があらわれ、道もわからず泊まるところもないので、泊めてほしいと趙昇に頼んだ。そして趙昇が寝ていると勝手に部屋に入ってきて、隣で寝た。美女は足が痛いといって居座り続け、その間、手練手管で趙昇を誘惑したが、趙昇は拒み続けた。これが第二の試験。

次に、大金が道に落ちていたが、趙昇は全く気にしなかった。これが第三の試験。

第四の試験は、虎に食われそうになったこと。

第五の試験は、嘘いつわりの言いがかりをつけられ、それでも我慢して一言もいい争わなかったこと。

第六の試験は、病気もちの汚い乞食を世話すること。

第七の試験は、足を踏み外せば確実に落命する絶壁にある桃の実をとることであった。

要するに、忍耐と、勇気と、欲望を絶つこと、弱者に対する思いやり、これらすべてに卓越することで、趙昇はやっと仙人の奥義を学ぶことを許されたのだった。

仙人試験はなんと困難なのだろうと痛感するのだが、そうやって中国では、仙人がいかに俗人を超越しているか、示したかったのだろう。

王座戦第1局竜王戦挑決第3局と、活きのいい若手相手にたった数日しかあけないで続けざまに対戦しなくてはならない羽生は本当に大変である。

そう思っていたらもう、羽生は木村との王位戦第6局を迎えた。ここまで羽生の3勝1敗であるが、持将棋を1つ含むので、第6局であるという次第である。

木村の先手番で、76歩、84歩の出だしなので、矢倉にするか角換わり腰掛銀にするか、木村に選択肢がある。果たして木村は流石に矢倉に飽きたか、角換わり腰掛銀に進んだ。

いわゆる後手74歩型となったが、羽生がいきなり変化球を投げた。後手から35歩と逆襲する形である。これは去年の中村太地との王座戦で羽生が採用して、確か不利になりそのまま負けてしまった戦型である。なので、前例があるかと思ったら、解説陣は新手なのだという。ん?と思って、私の指南役の吉田正和の本の「後手の桂頭攻め」という章をみてみると、先手と後手が58金、52金のかたちで指すのが普通らしい。互いに68金、42金と固めた形でそう指すのが新手らしい。そういえば、羽生には、決して升田幸三賞はもらえないような新手が沢山ある。

ともかく以下、この形の定跡のような、同歩、24銀、34歩、27角と進んだ。これに対して木村は58角と打つのとか思ったら、単に47銀。薄くないか。

以下、35銀、28飛、59角成、58金。次は29飛で馬が詰む。羽生はどうする?

すると、39馬、27飛に羽生は55銀。木村の63馬に、羽生は43金左! なんと驚愕の金上がりである。当然の25歩に羽生は34金。どんどん出てくる。

以下、木村が56歩と呼びこむと羽生は66銀。抜き差しならない攻めとなった。

当然、木村は36歩。これで羽生の駒損が確定した。77銀成、同金、26銀打ちもこうなるところ。以下、35歩、27銀成に木村は、34歩かと思ったら一旦27角成。あくまでも柔らかい指し手である。すると羽生は当然に35金。

ここでじっと63馬と、木村はあくまでも渋い。羽生は意表をつく69飛であるが、どうも先手が優勢らしい。以下、78銀、49飛成、64馬、62飛、63歩、92飛、74馬、82飛とあくまでも羽生は辛抱である。

そこで木村は、23歩、同玉、21馬、37歩成と、後手がいいのではないかという変化に飛び込んでいく。どういう秘策があるのだろう。

すると木村は43銀。当然のようだが、厳しい。33金とかわすのかとおもったら、羽生は同金、同馬に、一旦79銀。98玉に羽生は一旦33歩。これで後手が優勢なのだろうか。

当然の42銀に、羽生は21桂の犠打。しかしこれは41桂が正解だったというのだから、将棋はわからない。なぜなら、以下32金、95歩、33銀成、13玉と進んだ時、25桂の絶妙手があったからである。

仕方ない同歩に、34馬、同成銀が詰めろになる。以下、31桂に24金、12玉、31金、22玉、43桂で必死がかかり、木村が勝った。

なお、21桂のところ41桂なら、あとの変化で21玉があるので後手が勝ちなのだそうである。将棋の内容は、押しつぶされたような竜王戦挑決第3局よりはいいのだが、普通の羽生なら41桂は発見できたと思うので、やはり羽生さん、お疲れ、と思った次第である。まあ次の対局まで空いているので、英気を養って次は勝って防衛するだろう。

理研のチームが世界で初めて、iPS細胞を使った眼の手術を成功させたという。以下、毎日新聞Webの記事から引用しつつ、コメントする。

理化学研究所などが進めるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を目の難病治療に使う臨床研究で、iPS細胞から作った網膜色素上皮細胞を移植する手術が12日、共同研究機関の先端医療センター病院(神戸市中央区)で実施された。患者は兵庫県在住の70代女性で、手術は無事に終了した。iPS細胞から作った細胞を患者に移植したのは世界で初めて。

あれっ、iPS細胞から作った細胞を患者に移植したのは世界で初めてというけど、そうだったっけ、と怪訝になって自分の過去ログを辿ってみた。

すなわち、最近怠っているが、今までに私が集めたiPS細胞関係の記事へのリンクを並べてみる。まず、2011年2月の時点までの記事へのリンクは、iPS細胞不完全にまとめられている。

その後の記事は、以下のとおりである。

すると確かに、iPS細胞から作った細胞を患者に移植した例はまだないようである。記事によると、今回の治療対象の病気は、老化に伴って視野の中心が暗くなり、悪化すると失明の恐れもある「滲出型(しんしゅつがた)加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)」なのだそうである。

以下、記事の引用を続ける。

手術は、異常な血管ができて傷ついた色素上皮を専用の器具で取り除き、縦1・3ミリ、横3ミリの色素上皮細胞のシートで置き換えた。先端医療センター病院の栗本康夫・眼科統括部長(53)ら眼科医3人が執刀し予定通り2時間で終了。高橋リーダーが立ち会った。

執刀チームは「多量出血などのトラブルはなく、成功したと言っていい」としている。患者は元気な様子で、約1週間後に退院できる予定。計6人の手術を計画しているが、2人目以降の時期は未定だ。

(中略)

研究チームによると、色素上皮がiPS細胞治療の最初の臨床研究対象に選ばれたのは▽移植する細胞の数が少なくて済む、がん化しにくい、移植後の詳細な観察が可能、などが挙げられる。しかし、第1号だけに、iPS細胞や細胞シートの安全性の確認は慎重に行われ、患者の皮膚採取から細胞シート作製まで約10カ月かけた。

なるほど、いろいろな意味でiPS細胞の安全性を確認するために好適な手術のようである。ともかくこの成功が、STAP細胞で失った理研の信用を多少なりとも回復するのではないだろうか。理研に優秀な人材が多数いるのは間違いないのだから。

別の戦い

user-pic
0

甲子園の高校野球は、大阪桐蔭の優勝で終わったが、高校野球というとどうしても思い出すのは、早実の斉藤祐樹と、駒大苫小牧の田中将大の戦いである。

一応の高校野球通を自認する私は、それを結構拮抗した戦いと見てとったが、その後斉藤は大学に行き、田中が楽天に入ったとはいうものの、今となっては斉藤は、田中に挽回不可能な差をつけられてしまった。

もちろん私は、こうなることが予想できたわけではない。なぜなら、大学野球でも斉藤は十分に活躍していたからである。

しかし、こうなっては結果論だが、甲子園で戦っていた時点で、斉藤と田中は別の戦いをしていた、ということになる。

どういうことかというと、斉藤は、大学野球で活躍できる野球を甲子園でしていたのであり、一方、田中は粗削りのプロ野球を甲子園でしていた、ということである。

別の言い方をすると、人間というのは一般的に、高校時代に高校野球をしていて、大学に入って大学野球にモードチェンジできるほど器用ではない、ということである。そして高校野球で一番勝てるのは、甲子園でまさに、高校野球を戦っている人達である。そういう人こそが甲子園で一番優勝できる。

斉藤はまだしも、大学野球で甲子園を戦っていた。私の記憶にある、一番高校野球を戦っていたのは、1973年に広島商業で甲子園を制覇した佃投手である。軟投型の佃は、達川とのバッテリーで難敵を次々と打ち破ったが、結局佃は、法政大学に進むも、大学野球でさえ通用しなかった。一方、女房役の達川は、粗削りのプロ野球を甲子園でしていたんだと思う。なぜなら、広島カープでも立派に通用したからである。

このアナロジーは、あまりにも大学入試にもあてはまる。東大だろうと京大だろうと、何パーセントかは、高校モードで受験勉強を戦って入試を突破する人達がいる。多分、そういう人達はかなり模試の成績がよかったりする。何しろ入試に特化しているからである。

そういう人達は、どの大学に進学しようと、途端に失速する。何しろ、高校の受験勉強モードでしか戦えないからである。大学に進学すると、決まった基本書だけを丸暗記し、あるいは繰り返しマスターして試験を凌ぐというモードがなかなか功を奏さない。

それでも、日本というのはいい国で、そういう人でも学歴でなんとかなったりする。ある種の資格試験は大学受験モードで対応できるので、意外に困らなかったりする。

サラリーマンやってて、こいつ未だに大学受験モードで仕事しているな、という、いわゆる高学歴の人に何人も出会った。はっきり言って、おそろしく仕事ができない。しかし、そういう人に限って、やたら出世欲が強くて、変にマインドコントロール力もあったりして、馬鹿にしていたら、何度もえらい目に遭わされた。

そういう私は一応、大学受験モードでなく、大学勉強モードでやってきたつもりなのだが、そもそもが大学での勉強が成功していないのだから、大学受験モードの人を馬鹿にする資格はないのであった。

まあ、私自身のことになるは旗色が悪いので話をそらすしかないのだが、世間というものは同じ土俵で、各々随分違うモードで戦っているのだ、そしてあまり目先の土俵に最適化しすぎないほうがいいのだ、というある意味当たり前のことを今更言っているだけなのだった。

組織の病理

user-pic
0

エボラ猖獗を書いてから、ふと、組織の病理に思いを馳せた。ここで組織というのは、細胞組織でも人体組織でもなく、企業組織のことである。

穏やかでない言い方だが、組織を破壊するというとき、つい、昔あった、丸の内の三菱重工ビル爆破事件のことを思い出す。以前に、知的財産協会の委員会で、丸の内の三菱電機知財センターのビルを訪問したときその話題になって、当時いかに怖かったかという話につい聞き入ってしまった。

それはあまりにも論外として、普通組織破壊とまではいかなくても、組織をダメにするというと、セクハラ、パワハラ、横領、背任、インサイダー取引などがある。最近では、その方面のコンプライアンスの社内制度が充実してきて、社内教育も盛んである。それでも、人間の哀しい性として、セクハラもパワハラも決してなくならないのだが、内部告発などにより取り締まる道筋がきちんとある。

しかし、どのような厳重な社内規約とコンプライアンスが整備されようとも、組織の病理は蔓延し猖獗する可能性がある。それは、属人主義に基づくものである。

例えば、ある一見スマートにみえる人物が、鳴り物入りで管理職に登用されたとする。実際、仕事はできるのかもしれない。しかし、仕事ができるということと、人物登用の鑑識眼がある、ということは違う。それが世間ではあまりに誤解されていて、なので例えば、ノーベル化学賞をとると理研の理事長の職に推されたりするが、ノーベル化学賞の専門知識と組織運営、あるいは人物の資質を見極める目の相関がどれくらいあるというのだろう。

そして、ときどきであるが、わざとやっているのかと思うほど、人物を評価する資質が欠けている人がいる。おそらく何らかのアフィニティにより、自分と似た偏った資質の人を選んでしまうのだろうが、そこに実務スキル、組織運営スキルの見極めが全くなされていない、ということがある。

こうして、グラフ的にというと、その管理職の親ノードの下に、いくつかの無能な子ノードが作成されることになる。それは生物の病理学に喩えると、体内の細胞がウイルスに感染したのと同じである。

問題はここからなのであって、普通は、その感染は体内の免疫システムにより発見されて攻撃される。そうしないと、組織が駄目になることを生物は知っているのである。しかし、属人主義ウイルスの症状は、組織内の免疫に捉えられることがない。そこで密かに社内で跳梁することになる。

まず破壊されるのは、能力主義の指標である。実務能力を欠くマネジャは、スキルとは無関係の属人的人事施策を遂行し、部門の著しいスキル低下及び有為の人材の離反を招く。

その副産物として、仕事の間違えた優先順位づけがなされる。例えば、例のSTAP細胞の事件も、功を焦る理研が、STAP細胞の研究で、京大などのiPSで先行する陣営に一打逆転を狙ったことによるが、そのために小保方さんはきちんと資質を見極められないで理研に登用された。その後、笹井氏による擁護など、まさに属人的に不適切に運用された。

多分であるが、下手にマスコミに宣伝しなければ、STAP細胞の研究は、衆人の監視にさらされることはなかったのではあるまいか。

実際、「優れた」属人主義管理者は、ステルス政策を採る。すなわち、一切の情報を管理し、部門を情報飢餓の状態に保つ。そのとき有効な資質が、マインド・コントロール能力である。私は、「優れた」属人主義管理者は皆、一流のマインド・コントロール能力をもつと信じる。すなわち、怪訝だった周囲の人達も、保身のため一旦我慢すると、その我慢した状態がベースとなり、エコー・キャンセリング能力により、次第に見て見ぬふり状態に陥る。

そうなると、組織は、エボラに感染した人体のように衰弱する。ならば、一旦組織は解体されてスクラップ&ビルドされればよいのだが、属人主義管理者のステルス能力は、組織維持にも威力を発揮し、結局理研も解体されることはないだろう。

エボラにさえ治療方法が次第に出てきているというのに、属人主義にはまだ有効なワクチンが見つかっていない。組織における属人主義の研究の権威の岡本浩一氏の著書をみても、属人主義の現象論についての記述は力強いのに、その解決法になると途端に歯切れが悪くなる。それほどに属人主義というのは難物ということだろう。社内規約に、セクハラ、パワハラはいけませんと書けても、属人主義はいけません、能力主義を壊してはいけません、仕事の重要度の優先順位を恣意的に変更してはいけません、とは書けないし、書いても実効させることは難しい。

要するに、ある種の節度と常識をもって運用することが期待される場面で、厚顔無恥に常識を裏切る人達がいたら、手のつけようがないということである。整った、ある意味硬直した制度に則っていたインカ帝国の人達は、自分たちの常識を悪用して便乗する少数のスペイン人たちにあっという間にほろぼされてしまった。無神論ここに極まれり、ということになる。

東京ダモイ

user-pic
0

疲れてくるとつい、またミステリーが読みたくなる。いきつけの古書店に行くと、鏑木蓮「東京ダモイ」講談社文庫が目に入った。で、私は、鏑木?と思った。なぜかというと、今から30年近く前に、自動車学校に通っているとき、大抵の教官はあまり恐くなかったが、一人だけ怒鳴りちらす教官がいて、それが鏑木という姓だった。

まあ、そんなことはいいかと、裏表紙をみると、第52回江戸川乱歩賞とある。実は、赤井三尋の翳りゆく夏、池井戸潤の果つる底なきを読んだあたりから、私の江戸川乱歩賞作品に対する評価がすっかりポジティブになり、直近の、渡辺容子の左手に告げるなかれも私には手に汗握る佳作だった。

こうして期待しつつ「東京ダモイ」を読み始めたら、一気にストーリーに引き込まれ、鏑木という名前も、江戸川乱歩賞もどうでもよくなった。シベリア帰還兵の手記という形式が真に迫っていたからである。

しかし小説が直接手記の形で進むわけでなく、シベリア帰還兵だった高津という老人が、シベリア時代の回想と句集を自己出版したいと、自己出版を扱う薫風堂出版というところに話を持ち込んだのだった。そういえば、倒産した新風舎という自費出版の会社のニュースが昔あった。薫風堂出版というのは新風舎のもじりだろうか。

そこで、槙野という薫風堂の担当者が、高津のみすぼらしい家を訪れて原稿を見せられ、最初は怪訝に内容を読んでいたら、あまりにも切実で悲惨なシベリア収容所の記述に魅せられていくのだった。

ところが、突然、シベリア収容所時代に高津がお世話になった当時のロシア人看護婦が日本にやってきて、しかも殺されるという事件を高津がたまたま知り、その現場の舞鶴の地に急行した。

置いてけぼりをくった槙野は戸惑いながらも、上司の女性、朝倉晶子に叱責されて、高津を追う。すると、また別の殺人が起きて、ストーリーが佳境を迎える。

途中から、高津の句集の俳句の語句が深い意味があることを、槙野も、警察の担当者も知るようになるのだが、過去と現在をつなぐプロットという意味では、小杉健治の灰の男にも似ている。

ストーリーの最後でも句集と関係が浮き彫りされて、シベリア収容所の記述と相俟ってあまり類のない作品に仕上がっていると思った次第である。どうしても戦争の爪痕は切なすぎる。

三連敗

user-pic
0

昨日は、竜王戦挑決第3局だった。先手が糸谷六段、後手は羽生名人。実績と勢いからして、羽生が挑戦を決めると思った。

戦型はというと、横歩取りになった。なんでも指す羽生であるが、後手番で比較的頻度高く使う戦法である。

そして、流行形の一つ、後手は84飛、52玉、72銀、61金、23銀のかたち、先手は58玉、48銀、38金のかたちである。

後手が24飛とぶつけるのが最近の定跡で、同飛、同銀、84飛と先手が打つのも流行である。

以下、74歩、82飛成、55角、46角、同角、同歩、14角、36角、25銀、47角、これも最近の定跡。

そこから先手は、82の飛車と金銀を2枚替えして、馬を自陣に引きつけ、厚みで圧倒した。羽生は93角の利きを利用して、55香と攻めるのだが、68金と受け、あまり響かない。23歩から24香と攻めて、そのまま寄り切ってしまった。

その瞬間、今期こそは羽生が森内の竜王位に挑戦して永世竜王になるものと信じて疑わなかった私の期待が裏切られた。

ネットで羽生・糸谷戦を観戦しつつ私は、CATVで、井山棋聖と小林覚九段の竜星戦も観戦していた。勢いからして井山が勝つと思っていたら、井山が序盤で失敗し、追い込んだのだが、手厚く打った小林に追いつけず、井山が負けてしまった。

最後は言わずと知れた、全米オープン・テニスの決勝戦である。ここまで勢いのある錦織圭に期待したのだが、決勝でクロアチアのマリン・チリッチに敗れてしまった。

こうして舞台も軽重も違うのだが、私が勝ってほしいと願う戦いはすべて裏目に出て、いささか残念な週のはじめになったのだった。

私的には目下の一番の注目対局は羽生と糸谷の竜王(棋聖ではない)の挑戦決定戦であるが、別の観点でそれに劣らないのは、羽生に豊島が挑戦する王座戦である。なぜなら、将来羽生に置き換わるべき次世代のヒーローといえば、豊島が一番の候補であろうと考えられるからである。それが証拠に、棋士ランキングなどをみても、若手では豊島が一番上位にいるからである。

そこで対局を、リアルタイムではないが、ネット観戦してみた。第1局は羽生の先番で、矢倉になった。

典型的な矢倉37銀の戦型なので、思いっきり端折って、先手が46銀、37桂、38飛、後手が24に銀が上がっていて、95歩と突き越している形になったところからみてみる。

そこで25桂と跳ねたとき、後手の豊島は45歩と突いてきた。これは昔からある角交換のかたちでしばらく指されていなかったが、去年の渡辺対森内の竜王戦でリバイバルした。

すなわち、以下45同銀、19角成、46角、同角、同歩、59角、37角、同角成、同飛、19角、38飛、46角成、44歩、45馬、43歩成、同金、19角、46歩、48飛、64歩、46角、44歩と定跡どおりの手順を辿った。

そこで先手の羽生は当然の65歩に後手の豊島は36馬。依然として定跡どおりだが、どこで豊島は変化するのだろう。後手に工夫がないとおかしい。

以下、33歩、同桂、64歩、37銀と、依然として前例を踏んでいる。そして24角、同歩、63歩成、48銀不成、31銀、同玉、53と。あれれ、ずっと既存の手順ではないか。どうした豊島。

ここで豊島は83飛打ち。前例は93飛だというのだが、いくらなんでも83飛打に独自の工夫はないのではないか。なぜなら、63歩、53金、33桂成、63飛と前例どおり進んだからである。

ここで66桂が、永瀬六段の研究手で、羽生の呪いに書いたように、この手で永瀬は羽生を破った。羽生も66桂を踏襲する。

そして豊島は69銀とひっかけるのだが、ここまでは前例どおり。そこで前例では68金引だったが、羽生は68金寄。前例を離れたのは羽生の方だった。

豊島の43金に、羽生は64金。以下、33金、63金と局面は急にゆるやかになった。そして豊島は22玉。ところがこの局面は、ほとんどの棋士は後手もちなのだという。へぇ、そうなのか、と私にはさっぱりわからない。

ここで豊島は、96歩、同歩と端歩を突き捨ててから、59銀不成とすりよった。豊島は勝ちを読み切っているのか。するは羽生は平然と74桂。これには一旦92飛とかわす。

そこで羽生は81飛成と桂馬をとる。次の狙いは31銀、13玉、92龍、同香、21飛である。なので32金なのかと思ったら、豊島は66歩。

それから、31銀、13玉、92龍、同香、21飛の詰めろがついに実現してしまった。

これを豊島が32金で受けると、羽生に、69金と銀を補充されてしまった。そこで69同馬は明らかに詰めろだが、22銀打、23玉、11銀不成、13玉、22飛成以下、後手は簡単に詰む。それで仕方ないので33角と受けたが、すると最早69馬が詰めろにならないので、羽生は41銀で間に合う。ここでは完全に逆転してしまった。

以下、31金、同飛成、22銀と入れたが、32銀不成、23桂、43金で豊島が投了した。69馬は依然として詰めろでないので、次は33金でよい。

もしかして、32金でなく66歩と攻め合いしたのが豊島らしからぬ誤算だったか。実は直前のB級1組の順位戦で豊島は木村に敗れている。もちろん元A級の木村に負けることも当然にあるが、豊島の内容がよくなかった。この将棋の終盤も変調である。タイトル奪取に暗雲である。

2の立方根

user-pic
0

類体論の流れで言及した、「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著、岩波書店を読み進めていたら、2の立方根(3乗根)の計算の話が出てきたので、コンピュータで計算させてみることにした。

立方根なんて何を今更、と思うかもしれないが、ここでの計算は、pを素数としたときの、Fpという有限体におけるものである。例えば、43≡2 mod 31なので、4は、F31の世界で、2の立方根となる。

ここで問題となるのは、Fpにおける2の立方根の個数なのであって、なんと、0個、1個、3個の場合しかないのだという。

そこで例によって、簡易にPerlでプログラムを書いてみた。


open FI, "<primex.txt" or die "primex.txt not found.";

while (<FI>)     {
 chomp;
 $p = $_;
 if ( $p <= 5 )  {
  next;
 }
 if ( $p > 1000 )  {
  last;
 }
   printf "number of cubic root of 2 for F<sub>%d</sub> = %2d\n",$p,CubicRoot2($p);
}


sub CubicRoot2   {
my $p = shift;
my $i = 1;
my $k = 0;
my $m = 0;

 for ( $i = 1; $i < $p; $i++ )   {
  $m = ($i * $i) % $p;
  $m = ($m * $i) % $p;
  if ( $m == 2 )   {
   $k++;
  }
 }

 return $k;
}

計算結果を、便宜上5から200までの素数で示すと以下のとおりで、実際に0,1,3の場合しかない。この数がどういう意味があるかというと、非可換類体論によれば、Qに2の立方根(これは、普通の意味の立方根)を加えた拡大体を考えたとき、

  1. 2の立方根の数が3のとき、pはその拡大体において、3個に分解する。
  2. 2の立方根の数が1のとき、pはその拡大体において、2個に分解する。
  3. 2の立方根の数が0のとき、pはその拡大体において、分解しない。
なのだそうである。ただ、どのような式で分解するか、全く自明でない。コンピュータでうまく数式処理する方法があるのかどうかも知らない。

実は、この本には、2の立方根に関する保型形式の無限乗式が示されていたので、その係数をコンピュータで計算させようとして、難しいので、ともかくこのような計算でお茶を濁してみた。

number of cubic root of 2 for F7 =  0
number of cubic root of 2 for F11 =  1
number of cubic root of 2 for F13 =  0
number of cubic root of 2 for F17 =  1
number of cubic root of 2 for F19 =  0
number of cubic root of 2 for F23 =  1
number of cubic root of 2 for F29 =  1
number of cubic root of 2 for F31 =  3
number of cubic root of 2 for F37 =  0
number of cubic root of 2 for F41 =  1
number of cubic root of 2 for F43 =  3
number of cubic root of 2 for F47 =  1
number of cubic root of 2 for F53 =  1
number of cubic root of 2 for F59 =  1
number of cubic root of 2 for F61 =  0
number of cubic root of 2 for F67 =  0
number of cubic root of 2 for F71 =  1
number of cubic root of 2 for F73 =  0
number of cubic root of 2 for F79 =  0
number of cubic root of 2 for F83 =  1
number of cubic root of 2 for F89 =  1
number of cubic root of 2 for F97 =  0
number of cubic root of 2 for F101 =  1
number of cubic root of 2 for F103 =  0
number of cubic root of 2 for F107 =  1
number of cubic root of 2 for F109 =  3
number of cubic root of 2 for F113 =  1
number of cubic root of 2 for F127 =  3
number of cubic root of 2 for F131 =  1
number of cubic root of 2 for F137 =  1
number of cubic root of 2 for F139 =  0
number of cubic root of 2 for F149 =  1
number of cubic root of 2 for F151 =  0
number of cubic root of 2 for F157 =  3
number of cubic root of 2 for F163 =  0
number of cubic root of 2 for F167 =  1
number of cubic root of 2 for F173 =  1
number of cubic root of 2 for F179 =  1
number of cubic root of 2 for F181 =  0
number of cubic root of 2 for F191 =  1
number of cubic root of 2 for F193 =  0
number of cubic root of 2 for F197 =  1
number of cubic root of 2 for F199 =  0

また、-3の4乗根の場合も、この本にあったので一応計算してみた。プログラムはほとんど同じなので特に示さない。示されているように、0個と2個と4個の場合しかない。素数分解の場合分けは複雑なので、省略する。

number of biquadratic root -3 for F7 =  2
number of biquadratic root -3 for F11 =  0
number of biquadratic root -3 for F13 =  0
number of biquadratic root -3 for F17 =  0
number of biquadratic root -3 for F19 =  2
number of biquadratic root -3 for F23 =  0
number of biquadratic root -3 for F29 =  0
number of biquadratic root -3 for F31 =  2
number of biquadratic root -3 for F37 =  4
number of biquadratic root -3 for F41 =  0
number of biquadratic root -3 for F43 =  2
number of biquadratic root -3 for F47 =  0
number of biquadratic root -3 for F53 =  0
number of biquadratic root -3 for F59 =  0
number of biquadratic root -3 for F61 =  4
number of biquadratic root -3 for F67 =  2
number of biquadratic root -3 for F71 =  0
number of biquadratic root -3 for F73 =  0
number of biquadratic root -3 for F79 =  2
number of biquadratic root -3 for F83 =  0
number of biquadratic root -3 for F89 =  0
number of biquadratic root -3 for F97 =  0
number of biquadratic root -3 for F101 =  0
number of biquadratic root -3 for F103 =  2
number of biquadratic root -3 for F107 =  0
number of biquadratic root -3 for F109 =  0
number of biquadratic root -3 for F113 =  0
number of biquadratic root -3 for F127 =  2
number of biquadratic root -3 for F131 =  0
number of biquadratic root -3 for F137 =  0
number of biquadratic root -3 for F139 =  2
number of biquadratic root -3 for F149 =  0
number of biquadratic root -3 for F151 =  2
number of biquadratic root -3 for F157 =  4
number of biquadratic root -3 for F163 =  2
number of biquadratic root -3 for F167 =  0
number of biquadratic root -3 for F173 =  0
number of biquadratic root -3 for F179 =  0
number of biquadratic root -3 for F181 =  0
number of biquadratic root -3 for F191 =  0
number of biquadratic root -3 for F193 =  4
number of biquadratic root -3 for F197 =  0
number of biquadratic root -3 for F199 =  2

最近、知り合いからミレニアムというミステリーのシリーズが面白いと紹介された。そして読むなら、その第一巻の「ドラゴン・タトゥーの女」から読まないと中途半端である、ともアドバイスされた。

ジェフリー・ディーヴァーを粗方読み尽くすまで読んだのに、私はどうも翻訳もののミステリーに未だに微妙な苦手感があるようで、ちょっと怪訝な気持ちになりながら「ドラゴン・タトゥーの女」ハヤカワ文庫をアマゾンで買ってみた。なにしろ上下2巻であるのを知らず、上巻だけ買って、それで完結していると誤解するほど軽い気持ちだった。

ところが、読み始めると、いきなりストーリーに引き込まれた。実はこの作家は、スティーグ・ラーソンといい、スウェーデン人であり、ストーリーもスウェーデンを中心に繰り広げられる。

私のスウェーデンの印象はというと、昔は性道徳が解放的という印象があったが、いまでは開放的でない国の方が珍しく、いまやそのことは特異性にならない。むしろ私の印象に残っているのは、世界でも有数の安全な土地柄なのに、ときどきびっくりするような事件がある、ということである。例えば、スウェーデンでなくノルウェーであるが、ノルウェー連続テロ事件がそうである。なので、「ドラゴン・タトゥーの女」のストーリー展開にもつい期待した。

さて、「ドラゴン・タトゥーの女」の主人公は、ミカエル・ブロムクヴィスト。エリカ・ベルジェという恋人と共同で、「ミレニアム」という雑誌を発行している。実はエリカにはきちんと夫がおり、それでいて夫はエリカがミカエルと付き合うのを黙認しているというので、驚いてしまった。どの国だって浮気というのはありえるが、あまり黙認ということはない。むしろ、殺傷沙汰に発展するのがおちであって、やはりスウェーデンは別格なのか、とつい思ってしまった。

「ミレニアム」は政治や経済のスキャンダルを暴くのが一つの方針であるが、ミカエルは、ヴェンネルストレムという大物実業家のスキャンダルを入手し、それを追求する記事を書いたところ、それは実は罠で、虚偽情報だった。そのせいで名誉棄損で訴えられ、裁判でも負けてしまった。それで「ミレニアム」は存亡の危機に陥るのだが、そんなミカエルに趣旨不明の仕事を依頼してきたのが、スウェーデンの古参大手財閥、ヴァンゲル・グループのヘンリック・ヴァンゲルだった。

その依頼内容が、40年も前に行方不明になった兄の孫娘、ハリエットを探してくれ、というのだから、何を今更、とミカエルは怪訝になりつつも、次第に興味を引かれていく。

ところで、ドラゴン・タトゥーの女って誰よ、と思っていたら、ヴァンゲルがミカエルにこの仕事を依頼するにあたって、素行調査を依頼したのがミルトン・セキュリティーという警備会社で、そこで調査の仕事を請け負ったのが、リスベット・サランデル。不幸な生い立ちで社会不適応児として育ちつつも、独特のコンピュータ・スキルと人脈で、天才的な調査能力をもち、ミルトン・セキュリティーの社長、ドラガン・アルマンスキーにも一目置かれていた。

そのリスベットが、顔にピアスをし、まさに龍の入れ墨をしている。日本だと確実に、ヤクザの姉御というキャラクタになる。その非社交性と我儘さは、あらゆる人を寄せ付けない。なるほど、この強烈なキャラクタに匹敵する人物は、ジェフリー・ディーヴァーの作品でも見かけなかった。

さて、ヴァンゲルの依頼に難渋するミカエルはふと、自分の素行調査書をみてしまう。そしてその調査の担当者が誰か無理やりヴァンゲル家の担当者に聞き出すと、リスベットの自宅に打ち込みを試みた。是非調査を手助けしてほしいという強引な依頼で、普通ならリスベットがそんな依頼に応じるわけはないのだが、ミカエルの人徳なのか?なぜか応じてしまう。

そこからストーリーは、ミカエルとリスベットの二人三脚で大車輪で展開する。まさに、ストーリーの白眉といっていい。

もし主人公がミカエルでヒロインがエリカだと、ああ面白かったで終わり、特に印象には残らず、今まで読んだミステリーのワン・ノブ・ゼムに留まるだろう。しかし、リスベットという特異なキャラクタがストーリーに絶妙のスパイスを提供している。そういう意味で、リスベットがもう少しミカエルに妥協せず困らせてほしかった、と思うのは贅沢だろうか。

ともかくこの本の帯にある「今世紀最大のミステリ三部作」というメッセージに私はあえて異議は唱えないつもりである。

岩壁の母

user-pic
0

このブログのタイトルをみて、ん?仮名漢字変換の間違いではないかと思われるかもしれない、正しくは岸壁の母ではないか、と。

その指摘はもちろん正しい。しかし、私はある意図があって、岸壁を岩壁と書いた。というのは、最近のある日、私は自宅のパソコンの激指10と指していた。激指がゴキゲン中飛車できたので、私は、一直線穴熊にした。

私なりに一生懸命読みを入れて指すので、結構攻めが続くのだが、どうしても足りない。そして投了すると、激指は敗着を指摘してくれるのだが、それがなんと随分と序盤の手なのである。で、そこはこう指すところです、その局面から差し直しますか、と聞いてくるので、くやしいけどそこから指摘どおり差し直す。

そしたら、やっぱり負けてしまう。そんなことを5回くらい繰り返すと流石にもう自己嫌悪に陥る。で、思うのが、激指は岩だ、岩壁だ、というものである。

それは偏に私が弱いからだが、元奨励会三段の天野貴元氏のブログをみていても、やはりコンピュータ将棋と指していて、ありえない猛攻を食らい、天野氏でさえ撃沈しているようである。天野氏でさえ、こいつと100番指しても勝てないかもしれない、と弱音を吐く。ただ、天野氏がもっているコンピュータ・ソフトは、私がもっている激指より新しくて香一本強いのかもしれないが、それはまあ、よい。

ともかく天野氏はそうやって岩壁にぶつかっていっているのは偉い。もっと偉いのは、かなりステージの進んだ癌と闘っていることである。少なくとも気合いでは癌に負けていない。これも岩盤にぶつかっていっている。

私が何がいいたいかというと、この世にいかに岩盤が多いか、ということである。そういえば今日、「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著の非可換類体論の章を読んていたら、有理数に2の立方根を付加した拡大体の場合にそれの分解の判定が、普通の類体論のようにある数で割った余りで判別するのでなく、保型型式の無限乗積の有理多項式の係数で決まる、という命題をみて、激指に負かされる以上の巨大な岩盤をそこに見てとった。要するに、なんじゃ、こりゃ?の無限乗積なのである。

しかも私は、それ以前の問題として、可換の普通の類体論でさえ、今からじっくり学ばなくては、と思っている。そこに至ることさえ、日暮れて道遠しなのである。その先になんというくるめき世界が広がっていることか。

このように、一見穏やかな、平和な世の中にあって、一歩踏み込むと、そこにはぶつかっても微動だにしない岩壁があちこちに広がっているのである。そして跳ね返されても跳ね返されても、岩盤にぶつかっていくのが人生なのであって、そうやって我々を厳しく育ててくれるから、岩壁の母なのである。

その港の名前は舞鶴ではないけれども、待てど暮らせどシベリアから、待ち人が帰ってこないという意味では同じである。それでも待ち続けるのが岩壁の母なのであった。

私は、志村五郎氏のファンなので、ちくま学芸文庫の「数学をいかに使うか」、「数学を好きな人のために」、「数学で何が重要か」をすべて買った。ただ、ちゃんと読んだかと聞かれると、そうだ、なんてとても言えない。なぜなら、数式の記述は私には骨がありすぎる。それで、数式は一応眺めるだけにして、普通の文章のところだけを読んだが、それでも面白く読んだ。

そんな私なので、アマゾンでたまたま、そのシリーズの最新刊「数学をいかに教えるか」が最近発行されたのを知ると、迷わず購入して読み始めた。

すると、まさに「数学をいかに教えるか」なので、どのようにして志村氏が大学教授として数学を教えてきたかが書かれている。峻厳を以て知られ、アメリカ数学界でも畏れられている志村氏であるから、さぞかし学生にも厳しいとかと思っていたら、さにあらず。学生が出来が悪いと思ったら、解ける問題を用意して再試をしてあげる。要するに真面目にやっていたら通してあげようというわけで、特に鬼教授なわけではない。

そういう意味では、なんで私が東大にという記事にraktiさんからコメントにあった河東教授のスタイルの方がはるかに厳しいのだが、私には河東教授のスタイルは、趣味的に厳しすぎてついていけない。時間を厳守したり、原稿をみないで話せることは、数学そのものの実体と少し違うのではないかと思うからである。おそらく、志村氏も、あまりこういうやり方には賛成しないのではないだろうか。

なぜなら、志村氏は「数学をいかに教えるか」の中で、ゆとり教育や創造性教育なんというけど、勉強なんて結局やりたい者だけがやるのであって、創造性も結局、素質なのだから教えられるものではない、と私が普段考えているのと同じ意見を書いている。

英語教育については、英語がしゃべれないのは要するに英語の力がないからで、読み書きできれば、しゃべるのはなんとかなるだろうというので、笑ってしまった。確かに、発音だけネイティブとかいっても、ボキャブラリや文法が分かっていないとどうにもならない。私の経験でも、その前提があって会話するというのはそんなに自明でもないのだが、少なくともボキャブラリや文法を後付で学ぶよりましなはずである。

志村氏は、英語について、thatやwhichを厳密に使い分けなくてもいいのではないか、という。要するに、志村氏は意味のない趣味的な厳密性を敬遠する。しかし、知名度が高く権威がある人が不正確なことを放置したり、ちゃんと理解していなかったとしたら、厳しい。このあたりが、一部の数学者から嫌われる所以なのだろう。

一方で、「数学をいかに使うか」、「数学を好きな人のために」、「数学で何が重要か」などの読者で、きちんと演習問題も解いたりしている人は極めて少ないだろうとも喝破する。おっしゃるとおりで、私はまさにそうだが、まあ私は数学者でもない一読者なので、適当に許してもらえそうな気がする。私が志村氏の学生だとしたら、私でも解けそうな問題を探してくれるのだろうか、それは相当大変なような気がする。

付録1の「谷山豊全集」の編集については、知らないエピソードが書かれており、なるほどと思った。亡き同僚である谷山氏に対する愛情が滲み出ている。

付録2の「いのちながらえて」では、入院して手術したことの経験が描かれている。畏れられている数学者であっても、歳をとると入院して手術することもあるのだあ、と感じた。ともかく、あまり生きることに執着していない様子が窺える。

多分であるが、このシリーズの続編はもう書かれないのだろう。せめて、何か一般向けの数学の専門書を書いてほしいのだが、そういう役割は他に任せると言って、それもないのだろう。

竜王戦挑決第1局に続いて、羽生対糸谷の竜王戦挑決第2局をネット観戦してみた。

第2局は、糸谷の後手番、すると、「現代将棋の思想~一手損角換わり編~」マイナビの著者である糸谷としては、やはり一手損角換わりを選ぶのだろうか。

普通に考えたらYESのはずなのだが、なんとなくそうも言いにくいのは、私の聞き違いでなければ、先日木村八段が、一手損角換わりに対して決定版のような指し方が発見されて、どうもうまくいかないと分かったと言っていた。

それが正しいかも、と思わせることがあって、最近、一手損角換わりを指す棋士をあまり見かけない。一時、一手損角換わりで勝ちまくっていた佐藤康光も最近では指さないし、それのスペシャリストのような丸山九段も最近控えているような様子がある。

一方で、一手損角換わりといっても、84不突、32金など様々な形があり、それらが特定の工夫で一掃されるとも思えない。そう思っていると、果たして糸谷は、84不突から四間飛車を組み合わせる、一時よく指されていた戦型を採った。

後手が72金、73桂、63銀で、玉が62に露出しているこの形は一時プロで流行になった。なのに、糸谷の本には、この形はカバーされていなくて、もどかしい。

例に従って、糸谷は84不突で64歩から63銀。すると羽生は棒銀に出る。そうすると、後手の四間飛車は定跡化されており、先手が銀を37に引いたとき、後手が33金と受けるのも定法である。

羽生は矢倉に囲い、糸谷は、34銀を35に出て、逆襲を目指す。これも定跡になっている。それには26銀とぶつけるものらしくて、羽生もそう指した。それには44銀と引く。

ここで糸谷の勝負手が出た。44手目、49角。狙いは38歩のたらしである。羽生は68金と寄る。あまりない形らしい。38歩には57角で受かる。

実際そういう展開になって、糸谷は65歩、がんがん攻める。全く羽生に臆するところがない。羽生が37銀と引くと、糸谷は54銀と出てくる。あくまでも強気である。

羽生は、24歩を一本入れてから、48銀と引く。流石に陣形の差で羽生が優勢なのでは、と思えてきた。以下、46歩、同角、45銀直に羽生は35角。自然に指していて、よくなるのではないか。

そこで糸谷は、39歩成。当然の羽生の同銀に、36銀とすりこむのかと思ったらなんと、34金。これは羽生に24角と出られて困らないのだろうか。しかし、羽生はそれを含みに残して、単に57角。プロの将棋は、もどかしい。

糸谷はここで85桂とあくまでも奔放である。86銀に46歩と糸谷があわせると、素人目には糸谷の方が優勢にみえてきた。しかし、羽生の48銀がぎりぎりの受け。プロが検討すればするほど、先手に望ましい変化が出てくる。どうやら48銀は名手だったようである。

そこから、すごいねじり合いになった。すなわち、単に糸谷は84歩と桂馬にひもをつけたが、羽生は65歩で57角で84歩を狙い、糸谷は、じゃあ84角と出てみろと65銀と歩を取った。

そこで羽生は46歩と突いて、わざわざ銀を同銀と進出させた。そこからは当然の84角、73金、同角成、同玉、85銀で一応二枚替えになったものの、中段玉で後手玉は簡単に寄るとは思えない。

そこで糸谷は、66歩、77金を交換して、56銀。66金と出られてもいいのか。33角と打つのか。

実際以下、66金、33角、44歩、同角に羽生は一旦77金と入れる。ぎりぎりの攻防である。

そこで糸谷は66歩、69金と交換して、羽生の57銀を防いで、55銀。そこで羽生は44歩。これに対して糸谷は33角、そして羽生は56金、同銀、35歩とした。同金なら44銀の狙い。なので45金に羽生は34歩。それに対して糸谷は55角。ついに飛車が待望の24進出である。

ここで糸谷が84飛とすると、検討陣の本線は84銀打だったが、羽生は74銀と捨てて、33歩成、ううん華麗。83玉に75桂となっては、流石に寄ったか。

糸谷の92玉に検討陣は95歩を予想したが、羽生は明快に83銀、同飛、同玉とばらす。そして85飛、21飛成と羽生は桂馬を手に入れた。また、55の角も質駒になっている。

64に歩が効かないと困るので、糸谷は68歩成だが、これは実質的にかたちづくりであった。以下、81龍、63玉、55飛と角を取ったのが詰めろでは終わった。以下、69歩成と本当の意味の形づくりをすると、75桂、64玉、73角で詰んで、羽生の勝ちとなった。ぎりぎりのわずかな持ち駒で中段玉に対するこんな華麗な寄せも珍しい。ありきたりだが、流石羽生である。

会社を休んで観戦した甲斐のあった名局だった。糸谷のどの手が具体的に敗因というよりも、少し羽生が作戦勝ちだったということか。

たまたま古書店で、朔立木の「死亡推定時刻」光文社文庫というのを買った。私は広い意味では法務部に属し、法律的な仕事をしてきたのに、経済小説にも書いたように、社会科学を敬遠しており、法律学も得意ではない。

しかし、下手の横好きというか、ヘボのくせに法的な議論は嫌でなく、昔、弁護士志望の大学の後輩に、筋悪の法律の質問を投げかけて、呆れさせていたものだった。それで法廷小説というのも嫌いでなくて、弁護士作家である和久俊三の小説をよく読んだものだった。

最近では、やはり弁護士作家であるの中島博行の検察捜査も、軽いエンタメの乗りで面白く読んだ。

朔立木も、随分と変なペンネームだが弁護士らしくて、まあ検察捜査程度に楽しく読めればいいや、と気楽に読み始めた。

小説は、いきなり事件で始まる。すなわち、ある成金実業家の一人娘が誘拐され、身代金を要求される。身代金は結局、犯人に渡されることはなく、人質の娘は空しく殺されてしまうのだが、そこには警察の不手際と、地元の有力者である成金実業家と警察との関係も絡み、複雑な様相を呈する。

そしてあるとき、若干の犯罪歴のある若者が山に野草を取りに出かけたとき、なんと、静かに横たわる一人娘を発見してしまう。そのまま警察に通報すべきところ、過去に警察に捕まって酷い経験をしたことがあり、結局、財布からお金を盗んで逃げてしまった。

その財布に指紋を残してしまったことから、捜査により容疑者として割り出され、犯人逮捕を焦る警察に、犯人に仕立てられてしまう。まさに冤罪の典型のような事例であるが、もがけばもがくほど蟻地獄のように犯人に仕立て上げられ、容疑者の母親が必死の思いで依頼した私選の弁護士もほとんど弁護らしいことをしてくれず、結局一審で死刑が確定してしまう。

そこから、新たな国選弁護士に指名された川井倫明の、無罪へ向けての獅子奮迅の闘いが始まるのだが、努力しても、裁判官と検察官の厚い壁に阻まれてしまう。

こう書くと、いかにもありきたりの冤罪ものであり、真犯人も普通に読めばわかってしまうので、その謎解きにも意味はない。むしろ、この小説の醍醐味は、粗筋になく、圧倒的な法手続きのリアリティーと、被害者心理、冤罪者心理の叙述にある。

もう推理小説を何百冊も読んで、それなりにすれているはずの私は、読み終えて、不覚にも泣いてしまった。それは感動したというのとは少し違うかもしれない。おそらくであるが、自分が人生で経験した理不尽さとだぶらせて考えてしまったのだと思う。そして、この小説の理不尽さと重なる経験をもたない幸福な人、というのは世間にあまり多くないはずである。

先日テレビを観ていたら、動物に倫理観はあるか、というテーマの番組があり、実際そのテーマで研究している米国の学者がしゃべっていた。その学者は、例えば犬が何か悪戯して飼い主に叱られたとき、実に申し訳なさそうな顔をする、ということから動物に倫理観はあるに違いないと確信しているといっていた。ところが、周囲のほとんどの人の反応は否定的で、困っているという。

このような西洋人の反応はおそらく、動物を機械に喩えたデカルトに由来していると思われる。すなわち、特に犬などに関して、ヒステリックなほどまでに動物愛護を叫ぶのに、そのどこかで動物にはまともな心がないと信じているらしい。

子供の頃から仏教というか、多神教に染まって生きてきた私にはどうしても、人間と動物にはそんなに大きな差がないようにしか思えない。例えば、猫というのは、犬と違って極めて我儘な動物であるが、それでも、ついうっかり蹴飛ばしてガラスコップを割ってしまったときに叱ると、とてもバツが悪そうな顔をして、神妙にしている。

それをもし、君の単なる思い過ごしで、猫は何とも思っていないよ、という人がいたとしたら、その思いを周囲の人間にも適用してみればいい。きっと猫よりずっと、演技ですまなそうな顔をして、実は腹の中ではなんとも思っていない人の方が多いだろう。

動物に倫理観がないと信じさせる別の要因として、羆嵐のような事件のせいもあるのかもしれない。確かにそこでは、羆に理性や倫理があるようには思えない。しかしそれは、寒波などで獲物が極端に少なくなり、餓えたという事情のせいだろう。そして、たまたま人間を食べてしまったら、とてもおいしくて病みつきになったということで、そういう反応は人間的であるともいえる。

私が動物に倫理観があると信じる別の理由は、動物は同じ群れの仲間を無意味に殺害することはなく、秩序を保っているということがある。哺乳類だけでなく、風の中のマリアで述べられているような蜂の集団もそうである。自己犠牲まで図って集団を維持しようとする。これが倫理観でなくてなんだろう。

寧ろ、本能が壊れてしまい、理性という乗り物に乗ってしまって歯止めが利かなくなった人間の方が怖い。倫理という意味で簡単に道を外れてしまいやすい。特に麻薬などの快楽に溺れると、倫理などどこ吹く風となる。

河合隼雄の「影の現象学」講談社学術文庫によると、理性により抑圧された、分身としての影の反逆が描かれている。いくらコントロールしようとしてもすり抜けてしまう情念の持ち主である人間は、倫理的にずっと動物より脆い。人間が倫理観で動物と争うのは、逆に手合い違いと言ってよいのである。

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。