2014年10月アーカイブ

転々

user-pic
0

ちょっと変わったミステリーを読みたいと思って、藤田宜永の「転々」新潮文庫を買って読み始めた。

すると、貧乏学生の文哉が主人公で、なんでも借金を作って借金取りから逃げ回っているという。こういう小説によくあるのだが、文哉は、子供時代に、母親に逃げられ、父親に捨てられ、その後継母に育てられるも継母も病没してしまう、という悲惨で身寄りのない身である。

それでも開き直って生きていると、世間の風は冷たく、借金取りに追われる身であることを良からず思う大家の老婆は、文哉にアパートから出て行ってくれ、という。出ても身を寄せるあてもないのだが、仕方なく荷物をまとめていると、間が悪いことに、どうみても借金取りとしか思えない、ヤクザのような風体の男が訪ねてきた。

今は返す金はないが待ってくれと決まり文句をいう文哉に対して、男は何とも怪訝なことをいう。それは、都内までここから歩いていくので、一緒に散歩しろ、そしたら百万円やる、というものだった。

当然に文哉は疑心暗鬼になるのだが、そもそもそれにノーというオプションはない。何しろお金はない、住むところもない、なのである。それでどうみても気が進まないのだが、文哉は荷物をもって、男と都内に歩いていく。

ところで、都内に歩いていくというけど、文哉は一体どこらあたりに住んでいるのだろうとみてみると、どうも吉祥寺あたりらしい。すると、今現在通勤で中央線で三鷹に通っている私は微妙に土地鑑があることになるが、それは建前であって、実は一度健康診断のため荻窪に降りたことがあるだけで、そのあたりの地理は全く知らない。それでも微妙に親近感を覚えつつ読み進めていった。

すると、旅は道づれ世は情けなのであって、無骨な男といえども、いろいろ世間話をしてくれて、文哉は興味深く感じる。歩きながら、途中でスナックのようなところに入ると、男の昔の彼女がいて、懐かしんでくれたりする。スナックで突然ストリップ・ショーが始まったかと思ったら、警察が踏み込んできたりする。

そんな珍道中で、文哉はまさに、ストリップ・ショーにまつわる個人的な話を男に打ち明ける。それは、ストリップ・ショーの売れっ子のダンサーに文哉がぞっこんになってしまい、通いつめ、告白した、という話なのだった。それでなんとか付き合うところまで漕ぎ着けたのだが、なにしろお客がダンサーと付き合うのはご法度、当然に悲恋となる。

すると男が突然、漢気を出して応援してやろうということになった。ここからがストーリーの中心なので、これくらいにしておくが、ううん、なんとも切ない物語だとしみじみとした気分になった。意外な結末も、なかなかである。

それにしても、文哉のように、子供時代に十分な愛情を受けられないで育つと、愛情を求めて止まないものらしい。作者の藤田宜永自身、母親からまともに愛されなかったと感じていたようで、なので、文哉は作者の投影なのだった。

私はというと、もちろん完璧な親なんて世間にいるわけがないが、両親と祖母から受けた愛情は、まああんなもんだったと思っている。すると、「あんなもんとはどういうことか、もっと言い方があるだろう。」とあの世から母の声が聞こえたような気がしたが、口下手なのはまさに母譲りなのである。仕方がない。

以前にガロア理論のシナリオで、「この定理の意味するところはおぼろげながら見えるものの、数学的意味というか有難味がさっぱり分からない。」と正直な感想を書いた。

ところが、最近愛読している「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著、岩波書店に、「ガロア理論の心」と題して、なるほどという記述があったので、私なりにまとめてみる。

まず、1の20乗根をζ20と書く。すると、Q(ζ20)の部分体は、Q(i,√5)、Q(ζ5)、Q(cos(2Π/20))、Q(√-5)、Q(i)、Q(√5)、Qだというのだが、それはQ(ζ20)そのものを調べても自明ではない。しかし、ガロア理論は、それに見通しを与える。

まず、L = Q(ζ20)と置き、LからLへの写像の集合をGとおくと、Gは群になる。このときLの部分体が、Gの部分群と一対一に対応している、というのがガロア理論の心なのだった。言い換えると、Lの部分体は見通しがよくないが、Gの部分群は比較的に見通しがよい、というものである。

さて、体Lを体Kの拡大体とすると、LのK上の自己同型とは、自己同型写像L → Lで、Kの元を動かさないものをいう。LのK上の自己同型全体は、写像の合成を群の演算として、群になる。この群をLのK上の自己同型群と呼び、Aut(L/K)と表記する。

例えば、K = Q、L = Q(√2,√3)とすると、Lの任意の元は、a,b,c,d ∈ Qとして、a + b√2 + c√3 + d√6とあらわされる。よって拡大次元は4であり、[Q(√2,√3):Q] = 4と表記する。

LがKの有限次元拡大であるとき、Aut(L/K)は有限群であり、一般的に#(Aut(L/K)) ≦[L:K]が成立する。特に、#(Aut(L/K)) =[L:K]であるとき、LはKのガロア拡大であるという。

そしてそのとき、Aut(L/K)をガロア群と呼び、Gal(L/K)と表記する。K⊂M⊂Lとなる体Mの集合をΦ、Gal(L/K)の部分群全体の集合をΨとすると、Φの元とΨの元の間に一対一が存在する、というのが改めて書くガロア理論の主定理なのだった。

Gal(L/K)が可換群のとき、LをKのアーベル拡大と呼ぶ。上述した例はすべてアーベル拡大であったが、例えばQ(21/33)は、Qの非アーベル拡大であるという。非アーベル拡大を判別する方法を今後の学習の課題としておく。

裏切り

user-pic
0

スティーグ・ラーソンのミレニアム・シリーズが実に面白かったので、別のスウェーデン作家の作品も読んでみようと思ったのだが、なにしろ土地鑑がない。そこで、Wikiでスウェーデンの小説家のところをみて、ある意味適当に選んだのが、女流ミステリー作家のカーリン・アルヴテーゲンである。

なにしろ読んだことがない作家なので、どの作品がよいかも分からない。そこでこれも適当に、比較的最近の作品である「裏切り」を選ぶことにした。スウェーデン語の原題が「SVEK」で、もちろんスウェーデン語は知らないが、感じが出ている。

さて、ストーリーであるが、主人公はヘンリックとエーヴァという夫婦。なんでも、エーヴァがキャリアウーマンでしっかり者であり、ヘンリックは甲斐性がなく、主夫のようなことをしている。

ヘンリックはそうやって常に妻に主導権を取られていることを大変に不満に思い、もっと自分を頼りにしてくれる女性と出会い、惹かれていく。それにつられて、エーヴァに対して次第に冷淡になっていき、家庭はぎすぎすしてくる。ここらあたりの心理描写は、長年結婚生活を送ってきた私には身につまされるものがある。あ、それは別に私が浮気して別れようとしたことがある、という意味ではない。

あるきっかけから、エーヴァは、ヘンリックの浮気相手が誰だか知る。すると、よくも悪くもとても行動的なエーヴァは、浮気相手を追い詰める方策を練る。それでもヘンリックが翻意することはなく、寧ろ気持ちが離れていくと、エーヴァは浮気も止む無しと覚悟し、あるとき茫然として一人で街に出て行った。あるバーに入り酒を飲んでいると、ある若い男に声をかけられた。エーヴァはもともと美人なのである。そして、酔った勢いで、その若者と一晩、寝てしまった。ある意味ちょっとした気まぐれに過ぎないのだが、その若者が変質者だったことが静かに、しかし深く波紋を巻き起こし、エーヴァを、そしてヘンリックをじわじわと奈落の底に引きずり込んでいく。

アルヴテーゲンは、複数の箇所で、ある場面を、一方の心理描写と他方の心理描写を続けて記述し、それが実に有効に憂鬱な雰囲気を醸し出す。

これは、第一級の心理ミステリーなのだった。確実にホラーである。私の知る典型的にホラー小説というと、貴志祐介の「黒い家」であり、五十嵐貴久の「リカ」であり、桐野夏生の「OUT」 なのだが、この「裏切り」は、決してそれらの小説のように次々に殺人の場面が出来るわけではないのだが、肺腑に滲みとおるような、独特の怖さなのだった。

このような心理ホラー小説は、万人には受けないかもしれないが、確かに絶妙の作品であると感じた。畏るべし、スウェーデン小説。

詰将棋ノートに書いたように、最近詰将棋づいてきた私は、勝浦九段の「詰将棋道場」マイコミを読み終えたあと、別の詰将棋の本を読みたくなった。

ちなみに、「詰将棋道場」を読み終えたといい、解き終えたと言わなかったのは意味がある。かなりの数で、どうしても解けなくて、ちらっと回答をみた問題があったからである。それでも流石に学習効果で、最後の19手詰の問題はけっこうすんなり自力で解き終えて、有終の美を飾った。

で、ちょっと迷ったが、次に選んだ詰将棋の本は、若島正の「華麗な詰将棋」光文社文庫である。随分昔に買っておいたもので、「盤上のラビリンス」というサブタイトルもある。

ちなみに、盤上の~、というタイトルは若島氏のお好みで、「盤上のラビリンス」以外にも「盤上のパラダイス」と「盤上のファンタジア」という詰将棋関係の著書がある。

もともと詰将棋は得意でないのだが、それでも普通は詰将棋の本は、積読にしないで、買ったらそれなりに解こうとする。しかし、「華麗な詰将棋」はほとんど解いていない。どうも、若島ブランドに幻惑されて、自分には解けるわけないと敬遠したようである。

しかし、勝浦の本で練習した私は、以前よりも脱幻惑の気分で、「華麗な詰将棋」に向かった。するとまあ、勝浦の詰将棋よりも簡単で、結構すらすら解けてしまう。軽い幻滅さえ覚えた。

また、結構大したことないと思わせる作品があって、それでも若島氏は、これでも苦労したのだ、みたいな感想があって、末席を汚すことさえしていない詰キストである私は、少し自信をもった。

しかしそれは罠だった。12番目に、岩盤にぶつかるような難解な作品があった。駒数が少ないのに全く詰む気がしない。延べ7時間くらい考えて、どうしようもないので、私より詰将棋が得意な棋友に図面を送ってみた。あっさり解かれたら、仕方ないと思った。しかし、棋友は図面の配置間違いではないかとさえ言う。それで、一種の私に対する思いやりかもしれないが、ギブアップしてくれたので、少し元気が出てまた「華麗な詰将棋」を解き続けることにした。

それにしても、確かに若島氏の詰将棋は、華麗で独自の才能を感じさせる。その特徴は以下のとおりである。

  • 個々の詰将棋に、明確な意図がある。すなわち、作品が明確な意図あるいは狙いで変調されている。私のように志が低いと、ともかくきれいに詰めばいいではないかと思ってしまうのだが、それは凡人なのである。
  • 基本的に駒数が少ない。詰将棋を作っていると、余詰を防ぐため、私などごちゃごちゃと醜く駒を配置してしまう。少ない駒数で意味がある作品を作るのはとてつもなく難しい。
  • 簡単な作品もあるのだが、基本的に思考の盲点をつくような手順を含む。

この若島流に魅せられて、「盤上のファンタジア」河出書房新社も買ってみた。するとなんと帯に、内藤國雄、羽生善治、谷川浩司の三人の推薦文があり、内藤國雄など若島氏がプロに入っていたらビッグタイトルをとる一流棋士になっていたというけど、それはちょっと違うんじゃないと笑ってしまった。ともかく、若島氏の詰将棋がプロにも高く評価されていることを改めて感じた時代である。

参照性

user-pic
0

参照性とは、ありそうであまり聞かない言葉なので、説明が必要である。

私の意図は典型的には特許明細書なのであって、その文脈で参照性とは、特許法36条的に強い明細書になる、ということと、後願排除効果が強い明細書を書く、ということである。

そのために特許担当者がやることは単純で、可能な限り発明者に資料を出してもらって、それを特許明細書に盛り込む、足らないと思ったら臆さず要求する、ということである。

そうやって苦労して特許明細書を作成しておくと、後で似たような発明が出てきて特許明細書を作成しなくてはならなくなったとき、詳しく書いてあるので何かと好都合である。

そして私は、そういう参照性を高める方向で仕事をしてきた。具体的にどうするかというと先ず、ある発明の特許明細書の作成を担当することになると、その分野の専門書を買う。工学書に書いたとおりである。どのレベルの本を買うかは、自分の現在の知識レベルによる。

そうやって周辺知識を身に着けると、特許明細書を書く際に、もともとのストーリーの流れを邪魔しない程度に得た知識を盛り込む。少しでもself-containedな内容にしたいという意図だったりする。

そんな方針だとときどき、レビューにまわした発明者から、こんなことまで書く必要があるのか、と文句を言われることがある。確かにあまりにも冗長だと思うと削除するが、大抵はなんとか説得して記載を残す。

あるとき、一様乱数を生成するアルゴリズムの発明を扱ったとき、発明者が、定理の証明なく結論だけ説明に使っていたので、この定理の証明も盛り込みたいので書き下してくれませんかと頼んだこともあった。流石に断られてしまった。

そのような参照性の方針は、少なくとも特許庁の審査的には意味があったと思う。特許査定に書いたことが1つの指標である。

しかし、私の意図は審査に通りやすくするだけではない。周辺知識も含めて冗長に書いておくことは、類似の発明が将来出てきたとき、その元の特許明細書を再利用しやすくする。私の意図は寧ろこちらにある。

さらに別の意図もあって、それも特許庁の審査に関連するのだが、上述したように、明細書に書いてある内容が詳しいと、後願排除効果が高まる。例えば、私が書いたシミュレーション関係の特許出願が公開されて、それ以降に出願された2件の特許出願に従来技術として引用されていた。その拒絶理由をみると、本文の実施例の記載に言及して、引用例のここにこう書いてあるとなっていた。そしてそれに対して後願はどちらとも、拒絶理由に応答することなく拒絶査定になっていた。私の参照性を高めるという意図は一応成功した次第である。

参照性の方針はこのブログにもあって、なるべく他のブログで言及しない珍しいことに言及できればという思いはある。そうすると、場合によりグーグルで検索して引用してもらえる。また、iPS細胞を使った手術で述べたように、既存知識のリンクを集大成しておく、という意味の参照性の向上もある。

地味ながら、これも私のジャーナリスティックな一側面なのであった。

羽生が2つ先勝した後、豊島が二連勝と盛り返してきて、王座戦の帰趨は分からなくなった。こうなってくると、羽生ファンの私も、豊島が王座のタイトルを取るのも面白いか、と思ってきた。なにしろ、囲碁界では、豊島とほぼ同年齢の井山が六冠と絶対の優位を築き、盛り上がっている。Why not Toyoshimaである。

対局は、10月23日の木曜日。事前告知では、将棋連盟で渡辺二冠が午後6時半から解説会をする、とあったので、たまにはプロの解説を生で観るのもいいかと、行ってみたくなった。特に、渡辺二冠の解説は明快で小気味良く、私はファンである。なにしろ午後6時半だと、仕事を終わって三鷹から総武線で1本、時間的にも余裕である。しかし、迷った挙句、次の日も仕事だから、と見送ることにした。いろいろな意味で前職よりも勤務の規則の自由度が少ないので、どうしても気をつかう。しかし、休暇は普通に取れるので、まあ単に消極的な自分の性格の言い訳をしているだけだったりする。

それで、将棋連盟に行くのは見送って、仕事が終わると早々に帰宅の途に就いた。そして、帰宅すると早速ネットの棋譜中継を開いて、あらっと思った。羽生が先手で、豊島振り飛車なのだった。第4局で豊島は、中飛車で完勝したので、また振飛車を採用したのかと思った。

それにしてもおかしいのは、羽生の囲いが矢倉で、それだけなら加藤一二三九段もときどき採用するかたちなのだが、もっとおかしいのは先手の7筋の歩がないことである。もちろん7筋を突き捨てた様子もない。

それで、まだ局面が中盤なので、一旦棋譜を最初に巻き戻してみて、驚いた。なんと、戦型は横歩取りなのだった。後手の豊島は、第3局が51金、62銀、52玉の形だったが、今回はより最新形の61金、72銀、52玉の形を採った。

この形の常道で、豊島は23銀から24飛とぶつけるが、羽生は36歩と突いてあるかたちで25歩と飛車交換を拒否した。そこで豊島は74飛と76歩を狙ったが、これを受けず37銀と上がった。すると、豊島は76飛と取るのではなく、62玉。なるほど、72銀、61金のかたちはそのまま美濃囲いにもなりえる。51金、62銀のかたちではこういう変化にはなりようがない。

で、羽生は飛車を28に引き、次に77角と上がって、あくまでも76歩を受けない。で、いよいよ豊島は76飛と歩を取った。これが、76歩がない原因なのだった。

ここからは端折る。豊島は82と玉を囲い、羽生は矢倉に囲う。羽生が49金を右に上がっていなかったのが好便だった。

こうして、私が最初に見た局面になった。すなわち、羽生が76歩がない矢倉で角が68、豊島が美濃囲いで、32金、43銀、33角のかたち。羽生が37銀のかたちのとき豊島が24飛とぶつけると、羽生は飛車交換は不利なので、26銀と受ける。

羽生が37桂とはねると、豊島は38歩とたらして、催促した。羽生が25桂とはねきんて角を42に逃がし、38飛と歩をはらうと、豊島は24歩と25桂を取りにいった。一方羽生は、端攻めし、56歩と突いて角道を通した。

数手進み、豊島は58歩と垂らしておいて、入手した桂馬を75桂と打った。金が76に上がると、豊島は右辺で銀を交換して、67銀と打った。以下75金、78銀成で駒損だが、ともかく羽生の玉が薄くなった。こうして勝負にかける。

豊島が46歩と飛車を捌きにでると、羽生は無視して95歩の端攻め。普通は47歩成と成られて無理だが、豊島の58歩が却って邪魔になっている。なによりも豊島の角が71にいて、壁になっている。

そこで豊島は45飛と邪魔になっている角を捌きにいく。羽生はそれでも平然と94歩と取り込む。これは一応、93銀から詰めろになっている。豊島は35角だが、羽生は平然と同飛。これに同飛だと93銀で羽生が勝ちらしい。

しかし、豊島は56角、67桂を交換して92歩。こういう粘りが局面を難しくする。羽生し45飛、同桂、96香打つと端に狙いをつけたが、71玉と早逃げされて、羽生は後で、ここで負けになっていてもおかしくないという意味のコメントをした。どの手が緩手だったのだろう。

ともかく羽生は44角、62金打を交換することで豊島の逃げ道を防いでおいて、93銀打ち込んだ。単純な詰めろなので、同歩と取るよりない。

以下、同歩成、同桂、同香成、同香だが、先手は98飛を警戒する必要がある。なので羽生は、同香成としないで91飛。81香と合駒させて93香成。またしても詰めろである。

豊島は98飛車で王手。銀を引くのか、合駒するのか。羽生は76に駒を利かせる変化を読んで88に桂馬を合駒した。豊島は93飛成と外す。同飛成に豊島は82銀。これに流石に龍は逃げていられないので、同龍、同玉となった。さあ羽生どうする?

局後の検討では、93銀で羽生が勝勢だったらしい。同玉なら71銀、同金で91飛からあぶりだして羽生の勝ち。しかし、羽生は、は?と反応したくなる91銀。それで寄るのか。

同玉に93歩。92歩は82玉とかわされるので仕方ない。82玉に92歩成、同玉、94歩と詰めろで迫る。82玉に93歩成だが、同玉は91飛の変化になるので、豊島は71玉だが、羽生は91飛と追撃。

ここで最後に豊島に敗着が出た。51金である。なんと、54香が詰めろになってしまった。受けても一手一手である。なので、仕方なく57桂成とかたちづくりだが、62角成、同玉、53銀で以下、簡単な詰みである。51金は52金ならわからなかった。もしかして豊島が勝ちだったかもしれない。

羽生が137手目の91銀で間違え、最後に豊島が間違えた。これも指運だろうか。こうして、いつか必ずタイトルを取ると言われている期待の大物若手、豊島のタイトル獲得は先延ばしになった。

熊坂五段

user-pic
0

最近、将棋連盟のホームページをみていて、目を瞠った。というのは、なんと王位戦の予選で、熊坂五段が森内竜王を破っているではないか。

以下、ねとらぼの記事を引用してみる。

将棋界史上最速でフリークラスに陥落し「史上最弱の棋士」と呼ばれていた熊坂学五段が、10月22日に行われた王位戦予選で棋界最高位の森内俊之竜王に勝利し、ネット上の将棋ファンを驚かせています。

へぇ、熊坂学五段が将棋界史上最速でフリークラスに陥落していたとは知らなかった。藤倉勇樹五段もかなり早くフリークラスに陥落したとは思っていたが、それでも順位戦には7期在籍していた。

そういえば、今期のNHK杯で、もしかして初めて熊坂五段を見かけた。香川愛生女流王将との対戦だったが、ぎわどい終盤を読み勝って、プロらしい勝ちだった。

そんな熊坂五段の通算勝率は、0.437。これより通算勝率が低い現役棋士として、上村四段、田丸九段、森信雄七段、東七段、伊藤博文六段、伊藤能六段、中尾五段、上野五段、藤倉五段、島本五段がいるので、単に将棋界史上最速でフリークラスに陥落したという事実を以て「史上最弱の棋士」と呼ぶのは正しくない。間違えたラベル付けである。誰が最弱か、私なりに腹案はあるが、少なくとも熊坂五段でないのは確かである。もちろん、いちいち書かない。

ところで、熊坂五段の通算勝率 = 0.437に対して、森内竜王の通算勝率 = 0.637なので、相対勝率を計算してみると、熊坂五段が森内竜王に勝つ確率は、0.31。しかし、普段の対戦相手はどう考えても森内の方が強い相手に当たっているので、熊坂五段の相手の平均勝率を0.5、森内竜王の相手の平均勝率を0.6と仮定して補正*(下記参照)を入れると、熊坂五段が森内竜王に勝つ確率は、0.23となる。なので、確かに金星であるが、今期の森内の勝率は0.41なのである。これはどうも、名人戦と棋聖戦で続けて7タテを食らった羽生の呪いの後遺症なのであって、熊坂が強いのではなくて、森内がまだ、羽生の毒気をデトックスできていないということなのだった。すると竜王防衛にも黄信号が点っているということになる。

*あと、平均勝率の補正について補足しておく。相対勝率で使用した式によると、平均勝率pの棋士が、平均勝率qの棋士に勝つ確率は、p(1-q)/(p(1-q)+(1-p)q)なのだった。そこで、p(1-q)/(p(1-q)+(1-p)q) = rとおいて、式を変形すると、p = qr/((1-q)(1-r)+qr)。この式を、平均勝率qの棋士に対して、勝率rを達成するために必要な勝率pはどれほどか、というように読むことにする。このように補正した勝率pを実効勝率(effective winning rate)とでも呼ぶことにする。ただ、qの方も実効勝率で考えると、無限後退しそうで、とりあえずqは平均勝率と考えておく。このあたり、私の確率論の知識の未熟さがどうしても出てしまう。

私は前に、詰将棋が苦手だと書いた。それは要するに、詰将棋を解くのが得意でない、という意味なのだが、なんとなくニュアンスとして、詰将棋が嫌いだ、という雰囲気もある。

しかし、本当に詰将棋が嫌いなら、詰将棋ノートなど作るわけがない。

そこでちょっと考えてみたのだが、詰将棋を解くのが苦手というのは厳然たる事実であってどうしようもない。それでさらに考えてみると、詰将棋を解くのが苦手なので、詰将棋を眺めていると、解けない・分からないという状態が続いてイライラしてきて、次第に不愉快になるということのようである。すると、根本原因は、詰将棋を解くのが苦手ということよりもむしろ、分からないという状態に対する耐性がない、ということなのだった。

それにふと気づいて、馬鹿じゃないの、と思わず口に出してしまった。誰かにでない、自分に対して言ったのだった。というのは、世の中を見渡してみるがいい、分かることなんてほとんどない。分かったつもりになることさえ難しい。以前に、人生の可解性という記事を書いたが、それはある意味、人生はほとんど至るところで不可解である、ということを言おうとしたにすぎなかったのかもしれない。

分かったつもりになる一つの方法は、人生から、ある狭い論理空間への写像を用意し、その写像が与える像の中で生きてみることである。そのような狭い論理空間の例として、一瞬で解ける三手詰詰将棋の世界がある。それだと千題あっても1時間で解けてしまう。下手したら、俺って天才?と錯覚に陥ることもできる。

しかし、人生には別の陥穽がある。飽きである。それは動物にとって本質的な脳の性質のようで、猫でさえ、ペット用玩具にすぐに飽きてしまう。すると人間も、いずれ三手詰詰将棋の部屋から脱出するよりない。部屋の中は退屈、部屋の外は分からないという苛立ちである。前門の虎、後門の狼か。

詰将棋を考えていて、どうしても詰まないので別の妄想をしていたら、上記のようなことを知らない間に考えていた。そしていきなり閃いたのが、分からないという愉悦、というフレーズである。

どうして還暦近くになるまで、そんなノウハウが分からなかったのだ、と自分でも呆気にとられた。すなわち、分からないという愉悦、という境地に達すると、何しろ世間は分からないことだらけなので、荒涼たる砂漠をして、黄金の沃地に変えることができる。

具体的にどうするか。例えば私は毎朝納豆を1パック食べるという習慣がある。納豆を容器に移してタレと辛子を入れかき混ぜる。そしてメカブをいれてさらにかき混ぜ、最後にネギを入れて完成である。

そこで納豆をかき混ぜる時間を少しだけ延長してみた。すると、納豆が糸を引いておいしくなった。そうだ、と少し悟った。空ぶかしでもいいので、思考をかき混ぜればいい。すると、思考が糸を引き始めるだろう。

そこで修練として、数学セミナーを、思考空ぶかしモードで読んでみた。一行ずつ、ああだこうだと考えながら読む。考えること自体に価値を置く。すると、電車の中で一時間読んでいても1ページも進まないのだった。しかも、意外にも充実感がある。ほとんど理解できなかったのに、である。別にプロの学者でもないのだから、こういう思考の無駄使いも悪くないと思うことにした。

分からないという愉悦、の修行は始まったばかりである。

魔女の盟約

user-pic
0

古書店で、大沢在昌の「魔女の盟約」文春文庫というのを見つけたので、とりあえず買っておいた。

それで、ミレニアム3をとても興味深く読み終えて、しばらくたって読もうと思ったのが、「魔女の盟約」なのだった。

ところで、大沢在昌といえば、私的には「新宿鮫」なのであり、昔、「新宿鮫」を買ったこともある。ところが、警察小説だからエンタメだから気楽に読めるだろうというと、その時の気分で必ずしもそうでないことがあり、そのときは結局「新宿鮫」は読まず仕舞いで、いつのまにか紛れてどこかに遺失してしまった。

それで一種の挽回の意味で「魔女の盟約」を読み始めたのだが、濃厚なミレニアム3の後なので、最初はちょっと物足りなさを感じたのが正直なところである。

主人公は、林英美という女性で、水原という別名ももつ。なにしろ小説の中でさえ本名が明かされることがない。そこで以下水原で統一する。水原は祖母に恨まれて、14歳のとき、九州の、韓国にも中国にも近い島に送り込まれてしまった。なにしろ売春島なのだというから、いかにも時代ががった設定である。ここらあたりちょっとどうか?と少し引けてきた。ともかく売春というからには暴力団の管理下にあり、しかも場所柄、韓国の暴力団や中国のマフィアのターゲットにもなる。

水原はそんな島で売春に身をやつしながら、こつこつと捲土重来を狙った。なにしろ、不幸にも売春婦になってしまったが、本当はものすごいポテンシャルをもったスケールの大きい女性なのだった。

そこで、懸命の画策で、不可能といわれていた島抜けを果たし、東京に出てくると、東京の暴力団にコネをつけ、自らは非合法なコンサルタントに収まって稼いでいると、売春島の権益を奪回しようとする九州や韓国の暴力団に利用され、その後売春島で起きた抗争事件に関与されられたことになり、日本に居れなくなった。ここらあたりは「魔女の盟約」の前編の「魔女の笑窪」に書かれているらしい。

ともかく水原が日本に居られなくなって釜山に身を隠しているとき、たまたま出会ったのが上海からきた女警官、白理。釜山で別の抗争事件に巻き込まれた水原はたまたま、白理に助けられ、上海に連れてこられた。そこでなんと、白理の敵討ちを手助けするよう依頼された。

ニヒルで怜悧なようでなぜか義理堅い水原は、仕方なく白理と日本にやってきて、白理の仇を探すのだが、日本の広域暴力団、警視庁の公安、中国マフィア、中国諜報組織などの厚い壁に阻まれてにっちもさっちもいかない。

そこで水原の「魔女」ぶりが発揮される。すなわち、互いにからみあう巨大組織を狭間とパワーバランスをみつけてつけこみ、手を作っていく。囲碁でいえば、どうみても手のなさそうな相手陣地に打ち込み、劫にして手にしてしまう。さらに劫材が絶妙なのである。

そこにエンタメ特有の無理を見てとるのは容易なのだが、それにも拘わらずストーリーに惹きこまれるのは、大沢ワールドの圧倒的ディテールでありリアリティなのであった。すなわち、日本、韓国、中国での犯罪組織の現状、中国での上海と北京の政治組織の抗争、上海の街並み、役人と犯罪組織の癒着などである。どうみても緻密な取材に基づき書かれている。実は、ミレニアムを支えるのも、分厚いリアリティの裏打ちなのだった。

ところで、白理は当然、仇を討つために自分の命はもう完全に捨ててかかっているのだが、たまたま知り合っただけの水原も、いつ死んでも仕方ないと開き直っている。なので銃を突きつけられても臆することはない。これ以上失うものはない、といつも思っている。そうやって捨て身でヤクザの親分とも一歩も引かず対峙していく。

そんな、ある意味ニヒルの塊のような水原であるが、人望があって、サポートする人達が随所にいる。このあたり、リスベット・サランデルと似ていなくもない。

というわけで、客観的にはミレニアムに及ばないけれども、これはこれで壮大なスケールの大沢ワールドなのだった。「新宿鮫」も読むべしである。

ヘンリー・チェスブロウの著書をきっかけに、オープンイノベーションに興味をもち、こちらにコメントを書いた。私の意図は、技術をオープンにして互いに持ち寄れば、うまくいく、みたいな楽観論を、あまりにもイメージだけで語っていないか、と批判するものだった。すなわち、暗黙知やノウハウの価値も、無意識のうちに貶められていると感じた。

それに続くオープンビジネスモデルに対するコメントでも、私は、グーグルがトヨタを凌駕したという記事を批判した。そこでも、ものづくりのノウハウのようなことがあまりにも等閑視されていると感じた。そもそもが、グーグルだって巨大なノウハウの塊なのであり、単にオープンになっている技術を拾い集めて製品をつくっただけのような会社が生き残れるわけがないと書いた。

さらにその2年後に私は、オープン・イノベーションで、オープン・イノベーションのオープンさは極めて限定的だと述べた。特許権がからむのだから、ちょっと考えてみれば自明である。

その少し後には、イノベーションは語れないで、語りえぬはずのイノベーションを、語りえぬはずの人達が安易に語りすぎていると、批判した。

さらに、妹尾堅一郎でも、妹尾堅一郎氏のイノベーションの分類論はよいのだが、結局、あまり意味のある命題は提出しえていないのではないか、とコメントした。

また、ある専門雑誌の記事に特集があった、ソフトIPについても、自分なりにまとめてみた。しかし、今やソフトIPのこともあまり聞かない。

そして、原点に戻って、こちらで研究の重要性を確認した。単にぐるっと回って元の場所に戻ってきただけのような気がする。ただ、複素関数論の留数定理のように、ぐるっと回って元の場所に戻ったとき、何かの値が変わっているともいえるが。

そして、いまやオープンイノベーションがどうなっているかというと、例えば、ナインシグマのページによると、以下のとおりとなっている。

顧客の要望が高度で多様化する近年、競合企業との競争は激化し、研究開発部門に対する要求は急激に高まっています。しかし一方で、研究開発に許される開発期間は年々短縮される傾向にあり、投入できるリソースも限定され、「やるべきこと」と「できること」のギャップが徐々に広がりつつあります。そこで、これらのギャップを埋めるため、「外部の知見を活用する」という新たな発想が生まれました。これまでにも、サプライヤーやグループ会社、あるいは付き合いのある大学に相談して共同で開発するという取り組みは行われていましたが、要求されるレベルを満たすには、必ずしも十分ではありませんでした。そこで、「社内や取引先に足りないのであれば、必要となる新しい外部の技術やスキルをグローバルに見出し、活用しよう」という新たな発想が芽生えたのです。これが、オープン・イノベーションという考え方です。

ここでは、技術のお見合いの相手探しみたいなニュアンスでオープンイノベーションが定義されているが、もともとのチェスブロウのニュアンスとはかなり違ってきていないか。すなわち、当時、研究開発無用論のようなニュアンスがあったような気がしたのだが、私の勘違いなのだろうか。

みてみると、ここでのオープンイノベーションにおける「オープン」は、広く世界から技術を探すという意味であって、知的財産権でカバーされていないとか、誰にでもライセンスされるものである、という意味ではない。

すると、「オープン」は単にイメージ標語のようなものになってしまっているとしか思えない。とはいえ、技術のお見合いの相手探しが社会的に意義のある仕事であることは間違いない。

いよいよ竜王戦第1局が始まった。私としては、羽生に竜王戦に登場してほしかった。そして永世竜王を目指してほしかった。今の羽生なら、少なくとも森内に対して、鎧袖一触で倒してしまいそうな雰囲気がある。

一方、糸谷はというと、鎧袖一触どころか、全く未知数である。少なくとも羽生のように森内に勝てそうな気はしない。

さて、第1局は糸谷の先手で、76歩に森内は84歩。基本的に矢倉はしない居飛車党である糸谷は、26歩から角換わり腰掛銀となった。

紆余曲折を経て、68と42にそれぞれ金を寄った形となった。先手は37桂とはねているが、26歩のままで、後手は74歩は突いているが、73桂とははねていない。似たような形は、先日のNHK杯の木村対森内でも出てきた。それにしてもなかなか打開策がなくて、後手が42金を43と42に上下して手待ちし続けるとき、ふとこの戦法がとてもつまらなく感じてしまうのは私だけだろうか。少なくとも矢倉はこんなことはない。

先手が26歩のままで、25歩を保留しているので、森内は24銀と出た。放置すると、35歩と突こうというのだろう。それで、一旦25歩かと思ったら、すべてを含みに残して糸谷は28飛。あらゆる読みを無化させる力をもつような手である。森内も、無化に付き合うように、33銀と引く。

そこで糸谷は18香。後で角で狙われやすくなるので、意味不明である。森内が43金直とすると、糸谷は48飛。いつ戦いが始まるのだろう。ここで森内が42金と引いたとき、糸谷は98香とした。穴熊狙いである。放置しておくと先手だけ堅くなるので、森内はついに35歩と仕掛けた。これでもう千日手はない。

以下、同歩、24銀、34歩、27角となった。36に馬をつくられては困るので、糸谷は47銀。そこで森内は43銀。そういえば、羽生は今期の王位戦では、43金として34歩を取りに行ったが、それは破れている。

糸谷はここで45歩、以下34銀に糸谷は強引に36歩と蓋をした。すると、森内は35歩とこじ開けに行く。それに対して糸谷は28飛、必然の49角成にじっと44歩。あとで55角を狙いにする。

すると森内は、49馬の利きを活かして75歩。糸谷はそれに対して99玉と穴熊に入って、77銀を引く余地をつくる。流石穴熊世代で、穴熊が体に滲み込んでいる。ところが、森内は95歩。これは結構怖い。なにしろ穴熊といっても不安定である。

糸谷はともかくは55角で、43歩成を狙う。森内は33銀。糸谷は35歩、同銀、34歩、44銀上、64角、92飛となったが、92飛が端に利いてくるのも怖い。

それでも糸谷は9筋を放置して45歩の銀取り。森内は96歩と取り込む。44歩で銀を取ると、97歩成。つぶれていないのか。香の頭に飛車がいるので、あまり厳しくないようである。

以下、97同香、96歩、同香、98歩、88玉、96飛、97歩、94飛と森内は、64角に当てた。

ここで糸谷は一転、29飛。48馬に58金で一応、馬は取れているが、47馬、同金、76歩、同銀、64飛で、森内が銀得になった。

しかし、糸谷は、43歩成、同金直、55角の王手飛車に期待した。といっても、44香と合駒されて、64角に47香成と金を取られた。ここでは当然、取られそうな37桂を25に跳ねるものと思っていたら、糸谷は91角成。自玉への脅威を緩和したか。

しかし、森内は37成香とせず、57成香と迫ってきた。ここで糸谷は98玉と歩を払う。確かに98歩を残していては指せない。しかし、森内は47角とあくまでも追撃してくる。糸谷は79飛。そこで、森内は68銀と迫ったが、56角成の方がよかったのではないかという検討陣の意見があった。

いちいち受けてもいられないので、糸谷は33香と攻め合いに持ち込んだ。私程度の棋力ではどうしても後手の方が勝っているとしか思えないのだが、どうなんだろう。

で、ともかく森内は79銀不成と取って、糸谷は一旦同金。そこで49飛と森内が下すと、糸谷は59歩の中合。これが実に有効だった。同飛成に、一旦32香成、同玉を交換してから、88銀と入れた。そこで森内は56角成だが、銀がないとまだ詰めろではない。

で、糸谷は、82飛、42歩、81飛成とした。これは詰めろなのか。しかし、89金と攻めると一旦69桂と受けられて、金を補充されると森内が詰む。

なので、森内は34金と粘る。しかし、糸谷は33歩、同桂として、21銀とあえて玉を上に誘う。解説の佐藤康光でさえ、こんな手は見えないという。

そこで、41龍。森内が46銀と上部を開拓すると、32銀成、44玉、36金と縛った。これは受けがないか。仕方なく森内は89金と形づくりした。

以下、42龍で即詰みである。ここで森内は投了した。糸谷は複雑な指し口で森内を破った。なんとなく、10年前に渡辺が森内から竜王を奪った戦いを思い出す。少なくとも今の糸谷は、あの頃の渡辺よりは力強いような気がする。その後の渡辺となるとまた別であるが。

次は糸谷の一手損角換わりとみる。また複雑な戦いになりそうである。

意識的にプリエンプティブ読書を開始して、約3ヶ月が経過した。それで何かご利益があったような気はしないが、一つ弊害があったのは、読書の速度が全般に遅くなってしまったことである。

例えば、以前は、文庫本で400ページくらいの推理小説なら、通勤時間を使ってだいたい一日で読了できていたが、最近はその半分しか読めない。これはかなりの変化である。

しかし、冷静に考えて、それが何が悪いのか、実はよく分からない。その分、推理小説の備蓄が少なくてよいことになる。

実は推理小説を例に出すべきではなくて、仕事のために読む工学書を例に出すべきだった。すなわち、工学書の読書が滞ってしまって、知識の発展が鈍ってしまった。

ただ、やはり悪いことばかりではない。読む速度が低下したということは、それだけ考えながら読んでいるので、深く理解できるようになった。とはいえ、「ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む」野矢茂樹著、ちくま学芸文庫を読み始めてもう1ヶ月半くらい経過するのに、まだ半分も読めていない。しかも読みながらどんどん疑問が出てきて先に進めない。まあ、遅読の勧めみたいな本もあるので、こういうのもありだろう。もともと、ちょっと読書において軽薄な傾向はあった。

ところが、自発的プリエンプティブ読書の破れ、というべき事態が発生した。原因は、スティーグ・ラーソンのミレニアム・シリーズである。各々が文庫本500ページ近くあって、全6冊ものボリュームは結構なものだが、めくるめき面白さに、その本を読んでいるときは、全く他の本を寄せ付けなかった。

延べ2週間くらいかけて、ミレニアム・シリーズを読了すると、その余韻を楽しみつつ、やっとプリエンプティブ読書に戻るかな、と思ったらそうは問屋が卸さず、その隙間を埋めたのが詰将棋の本だった。何しろなかなか解けないので、電車の中の時間を無限に消耗する。

このまま放置しては詰将棋に占領されてしまうので、国連軍のように介入して、「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著、岩波書店を割り込ませた。しかし、詰将棋を解きたい気持ちもおさまらないので、数学の本と詰将棋の本との間で、なんとか微妙な停戦協定が成立した。

まあ所詮読書のことだ、かりに中東のように紛争になっても、大勢的には大したことはあるまい、と開き直っている次第である。

もう5年以上前に、岩波新書「タンパク質の一生」永田和宏著という本に基づき、タンパク質の世界という記事を書いたが、それと関連する話が、読売新聞の科学欄にあったので、私が理解できる範囲でまとめてみる。

それは、京都大学の森和俊教授が、ラスカー賞という、ほとんどノーベル賞に準じるような賞をもらった研究に関するもので、小胞体ストレス反応と呼ばれる。

すなわち、細胞内で、小胞体はリボソームとともに、DNAに書かれた遺伝情報に基づき、タンパク質を生産する。

しかし、工場などでもそうだが、タンパク質を生産し続けると、不良タンパク質も生じる。それを放置すると、本来の働きをしないだけでなく固まって細胞に有害になることがある。

森教授が酵母を使って実験したところ、小胞体がタンパク質の品質管理を行う機能をもつことが分った。すなわち、小胞体は、この目的のために、PERK、ATF6、IRE1という三種類の分子を駆使する。これらの分子は普段は、不活性の状態にとどまっている。

しかし、不良タンパク質を見つけると、まずPERKがタンパク質の生産ラインを停止する。次に、ATF6が分子シャペロンの生産を増やす指示を出す。分子シャペロンは、タンパク質の世界に書いたように、タンパク質に一時的に結合し、親水性と疎水性の部分をうまく使い分けて、構造が形成されるのを助ける。タンパク質が高次構造を成功裡にとると、黙って遊離していく。最後に、IRE1が残った不良タンパク質を分解する。

アルツハイマーなどの脳神経疾患は、アルツハイマー発生の仕組みに書いたように、アミロイド・タンパク質前駆体の蓄積が原因で起きる。糖尿病では、やはり不良タンパク質の蓄積で、インスリンをつくる脾臓の細胞が死んでしまうことによって起きる。

このため、小胞体ストレス反応を治療に使うことができないか、と注目を集めつつつある。

不良タンパク質を処理する他の仕組みとして、ノーベル賞候補に挙げた、大隅良典・東工大特任教授、水島昇・東大教授の、細胞内の不要物を分解し、有用なたんぱく質を作り出すオートファジー作用がある。

そういえば、タンパク質の世界に対して、けんすけさんという方から、以下のようなコメントを戴いている。

タンパク質はそれぞれの寿命があり、寿命が尽きばらされ、再利用されるという分解の流れだけではなく、もっとバルクに生まれたても老いぼれも分解するという流れも存在しますよ。
ユビキチンとオートファジーの二つの流れです。
ちなみにオートファジーの研究は日本が優れているのではないかと密かに自慢に思っています。
時々、シャペロンは誰に助けられてシャペロンになったのだろうかと悩みます。

なるほど、その道の専門家には、このあたりの話は常識のようである。知識の世界はあまりにも広い。ときどき、気が遠くなりそうになる。

そういえば、小胞体ストレス反応も、オートファジーも、ノーベル賞候補になっている研究成果なのだった。それで私は密かに今年のノーベル医学・生理学賞を期待したのだが、青色発光ダイオードで日本人グループが受賞したので、流石に今年、日本人がノーベル医学・生理学賞をもらうのはtoo muchだろう。村上春樹の文学賞も同様である。

とりあえず、勝率の計算に示すように、二人の棋士の通算勝率が与えられたとき、二人の間の相対勝率を計算する技法を考え出したので、早速実装することにした。

幸い、今週号の週刊将棋に、順位戦のクラス毎の棋士の通算勝率のデータが掲載されていたので、それをそのまま使用することにした。

ソースコードに対する変更はかなり自明なので、要点だけ示す。

先ず、@R13 = (13,7,9,8,12,0,2,4,3,11,10,5,1);とある行の次に、以下の行を挿入した。要するに、順位1位の屋敷から、順位13位の村山まで、左から順に勝率を並べたのが、勝率(winnig rate)の配列である。

# winnig rate for each Kishi
@WR = (0.629, 0.619, 0.713, 0.638, 0.649, 0.659, 0.616, 0.651, 0.565, 0.586, 0.569, 0.698, 0.656);

次に、 $Kishi{$k}->{K} = $k;とある行の次に、以下の行を挿入した。要するに、{P}というラベルに勝率の値を順次入れていく。

 $Kishi{$k}->{P} = $WR[$i];   # winning rate

次に、

$k1 = sprintf "K%02d",$Taisen[$i];
$k2 = sprintf "K%02d",$Taisen[$i+1];
$i += 2;
とある行の後に、以下のコードを挿入した。ここで注意を要するのは、$k1の棋士からみて、$k2の棋士の相対勝率を$thresholdとして用いる、ということである。すなわち、0.0から1.0までの疑似乱数を生成するとき、(0.0,$threshold]が棋士$k2の勝ち、($threshold,1.0)が棋士$k1の勝ちと判定するので、棋士$k1にとっては、$thresholdの値が小さいほど、勝率が高いことになる。こうして計算した$thresholdを、以前のコードの$p > 0.5の、0.5に置き換える。
# determine relative winnig rate
$p1 = $Kishi{$k1}->{P};
$p2 = $Kishi{$k2}->{P};
$threshold = $p2*(1-$p1)/($p1*(1-$p2) + $p2*(1-$p1));

以上を反映して計算した結果を以下の表に示す。違いを示すため、前の値も並べて示す。


順位棋士名通算勝率昇級確率(新)昇級確率(旧)降級確率(新)降級確率(旧)
1屋敷伸之九段 320.62914.9%19.3%0.7%1.0%
2谷川浩司九段 140.6190.4%0.7%19.5%22.7%
3豊島将之七段 330.71312.0%7.4%0.8%3.0%
4松尾 歩七段 320.63811.5%16.1%1.2%1.7%
5丸山忠久九段 320.64912.8%14.9%0.8%1.6%
6山崎隆之八段 510.65964.0%62.3%0.0%0.0%
7橋本崇載八段 330.6160.5%1.2%4.9%5.0%
8木村一基八段 410.65141.1%41.7%0.1%0.1%
9畠山 鎮七段 140.5650.0%0.0%55.7%47.2%
10藤井 猛九段 240.5860.1%0.3%24.3%24.6%
11飯塚祐紀七段 060.5690.0%0.0%86.0%83.6%
12佐藤天彦七段 510.69841.1%34.1%0.0%0.1%
13村山慈明七段 330.6561.5%2.0%6.0%9.4%

この表から分かることは、当たり前であるが、ドラスティックな値の変化にはなっていないということである。勝率が高い人はさらに昇級確率が上がるとともに、降級確率が下がり、勝率が低い人では逆のことが起きている。

折角なので、A級についても同様に計算してみた。


順位棋士名通算勝率挑戦権の確率(新)挑戦権の確率(旧)決定戦になる確率(新)決定戦になる確率(旧)降級確率(新)降級確率(旧)
1森内俊之竜王220.6379.4%8.9%7.6%7.2%4.9%6.0%
2行方尚史八段300.62742.4%47.1%22.3%23.4%0.5%0.4%
3渡辺 明二冠130.6742.1%1.4%2.0%1.4%18.9%28.4%
4佐藤康光九段310.63727.3%30.1%17.1%18.4%0.9%1.1%
5深浦康市九段310.65133.5%29.8%20.3%18.7%0.9%1.5%
6三浦弘行九段130.5860.6%1.3%0.6%1.3%44.7%34.3%
7久保利明九段120.6224.3%5.4%3.6%4.5%30.2%26.9%
8郷田真隆九段220.6368.9%9.5%7.2%7.6%15.7%15.6%
9広瀬章人八段310.66433.5%27.8%21.2%18.3%2.9%4.3%
10阿久津主税八段040.640.0%0.0%0.0%0.0%80.5%81.6%

特にコメントはないが、三浦より勝率の高い阿久津が、少しだけ降級確率を下げたことが見てとれる。実は前回A級の確率を計算した後、行方対久保の対戦があり、それは久保が勝った。そこで、それを反映した表を、勿論勝率適用で最後に示しておく。


順位棋士名通算勝率挑戦権の確率決定戦になる確率降級確率
1森内俊之竜王220.63710.9%8.7%5.7%
2行方尚史八段310.62728.7%18.3%0.9%
3渡辺 明二冠130.6742.5%2.5%21.1%
4佐藤康光九段310.63730.7%18.8%1.1%
5深浦康市九段310.65137.2%22.2%1.2%
6三浦弘行九段130.5860.9%0.9%49.3%
7久保利明九段220.6227.7%6.4%17.9%
8郷田真隆九段220.63610.0%7.9%17.3%
9広瀬章人八段310.66438.3%23.3%3.3%
10阿久津主税八段040.640.0%0.0%82.2%

勝率の計算

user-pic
0

今年度のB級1組の計算は、そこに書いたように、モンテカルロ法を使うとともに、便宜上、棋士の勝率はすべて0.5と仮定した。しかしこれは明らかにあまり現実的ではない。

一番いいのは、二人の対戦履歴の勝敗の数を使うことかもしれないが、そのようなデータは、私の知る限り、普通にWebでアクセスできるところに置かれていない。

それで妥協であるが、こちらに、現役棋士の通算成績と勝率のデータがあるので、それを使うことを考えた。

しかし、通算成績は必ずしも最新の状態の強さの指標ではないし、そもそも対戦の相性など全く考慮していないので、どれほど妥当なのか疑問ではある。それでも、一律に勝率を0.5とするよりましかもしれない。

そこで、通算勝率がpの棋士Aと通算勝率がqの棋士Bが対戦したとき、二人の間にどのような勝率を推定すべきかという問題を考えてみた。

例えば、棋士Aが勝つ確率という視点でみると、二人の対戦なので、棋士Bが負ける確率をそれに掛けることになる。その確率は、p(1-q)である。

逆に、棋士Bが勝つときは棋士Aが負け、その確率は、(1-p)qである。引き分けがないとすると、棋士Aが勝ち棋士Bが負ける場合と、棋士Bが勝ち棋士Aが負ける場合で尽きている。

すると、棋士Aが勝つ確率は、p(1-q)/(p(1-q)+(1-p)q)であり、棋士Bが勝つ確率は、(1-p)q/(p(1-q)+(1-p)q)となる。

具体的に、棋士Aの勝率が0.7、棋士Bの勝率が0.6だとすると、二人が対戦すると棋士Aの推定勝率は0.61、棋士Bの推定勝率は0.39となる。流石の勝率6割の棋士Bも、勝率7割の棋士Aにはなかなか勝てないということである。棋士Aの側からみると、棋士Bは平均より強いので、通算勝率の0.7を発揮することができない。

棋士Bの勝率が0.5だと、棋士Aは通算勝率の0.7をそのまま発揮できる。一方棋士Bは、勝率0.3とさらに凹む。

それでは、棋士Aも棋士Bも勝率10割だとどうなるか。上式にp = q = 1を代入すると、0/0となって、これは数学でいう、いわゆる不定値で分からないということになる。これはまさに、中国古典の矛と盾の喩えである。

このアルゴリズムで妥当かどうか自信ないが、インプリしてみることにする。

私はサプリメント・オタクなので、このブログでも何度もサプリメントの記事を書いているかと検索してみたが、意外に少ない。せいぜいアミノ酸程度かもしれない。

それは決して、サプリメント・オタクを止めた訳ではなくて、知り合いにサプリメントを摂っているというと、そんなの邪道だ、きちんと野菜や普通の食べ物から栄養をとるべきだと諭されるからで、次第にサプリメントのことをあまり口外しなくなった。

でも、と私は内心で思うのは、そうやって私を諭す人達が実は、高血圧の薬、コレステロールの薬などを医師の指導どおりきちんと真面目に摂って、疑問をもたなかったりするのは変ではないか、ということである。

コレステロールの薬や高血圧の薬について、医師の浜六郎氏などから、副作用に関して相当に批判がある。サプリメントだって摂りすぎたら有害に違いないのだが、限度を弁えれば、少なくとも普通の医薬よりましではないか、と私は正当化している。

正当化するのは多少根拠があって、私のサプリ摂取歴は、多分、やずやの香醋をネットか何かの広告でみたときである。これにある意味一目ぼれして、注文して飲み始めるようになった。

そして飲み続けると、プラセボかもしれないが、疲れにくく感じた。当時管理職で毎日少なくとも夜10時まで会社にいるような激務だった。それでも、やずやの香醋のせいかどうか分からないが、管理職であった11年間、一度も風邪などで休んだことがない。もしかして風邪を引いたことさえなかったかもしれない。

こうして自分の中でサプリメントに対する信頼感が高まり、やずやのにんにく卵黄、など次第に版図を広げていった。

やずやだけに飽き足らず、ファンケルのマルチビタミン、マルチミネラルなどのシリーズにも手を広げた。自分でもちょっとやりすぎかと思ったが、止まらなかった。こういうのも一種の中毒なのかもしれない。

ただ、ファンケルにちょっと割高感を覚えたので、ドラッグストアで、大塚製薬が代理店になっているネイチャ・メイド・シリーズに切り替えた。

特に最近は、頭の栄養に配慮し、DHA系のサプリメントに凝るようになった。それでネイチャ・メイド・シリーズでDHA系のサプリメントを摂るようにしたのだが、不満な点が二つでてきた。一つは、粒が大きすぎるということである。うまく飲み込まないと喉につまりそうになる。あとは妙な魚の生臭さがある。魚が原料なのでそうなのかもしれないが、文字通りちょっと鼻につく。

そこで別の製品を探してみたところ、アサヒフードアンドヘルスケアという会社の一群の製品をドラッグストアでみつけて、ネイチャ・メイドより割高だが買ってみた。すると、変な臭いは全くないし、粒が小さくて飲みやすい。

そこで、アサヒのマルチビタミン・ミネラルと、アサヒのDHAと、やずやの香醋と、やずやの海藻七選が最近の布陣である。そんなに飲むのかと普通の人なら顔をしかめるだろう。

ちなみに、アサヒフードアンドヘルスケアというのは、アサヒビールの子会社である。サントリーもサプリメントに力を入れているが、老人社会になって、サプリメントを含む健康産業というのは、確実に成長産業であるようである。

あと、ディスクレーマのようなことを書く。すなわち、毎日健康のためサプリメントを飲んでいるという私は例えばアラフォーくらいで、突然死するとか病気で倒れることがあると、因果関係は不明でも、不自然なサプリメントの過剰摂取が疑われるだろう。

しかし、私のように還暦近くになると、典型的にはスティーブ・ジョブズがそうだったように病気で亡くなるというのはそんなに稀なことではない。なので例えば今急に病気で倒れることがあっても、多分であるがサプリメントのせいだと言われないだろう。なにしろ、今までほとんど医者のお世話にならないでやってきている。

ただ、なんでそこまでサプリメントを庇うのか、自分でも意味がわからない。単なる意地か。

B級1組に続き、A級順位戦についても計算してみた。以下のとおりである。

順位棋士名挑戦に絡む確率決定戦になる確率降級確率
1森内俊之竜王228.9%7.2%6.0%
2行方尚史八段3047.1%23.4%0.4%
3渡辺 明二冠131.4%1.4%28.4%
4佐藤康光九段3130.1%18.4%1.1%
5深浦康市九段3129.8%18.7%1.5%
6三浦弘行九段131.3%1.3%34.3%
7久保利明九段125.4%4.5%26.9%
8郷田真隆九段229.5%7.6%15.6%
9広瀬章人八段3127.8%18.3%4.3%
10阿久津主税八段040.0%0.0%81.6%

この表で、留意すべきは、以下のことである。

  1. 名人挑戦の確率は、順位に関係ない。関係あるのは現在の勝ち星の数と、残りの相手である。A級順位戦特有である。なので、同じ勝敗なのに、郷田の方が森内よりも微妙に名人挑戦の確率が高いことがありえる。ただ、降級の方は他の順位戦と同じで、降級確率は郷田の方が森内よりもかなり高い。
  2. この表で、挑戦に絡む確率とあるのは、全局終わって、挑戦権に留まっている確率のことである。決定戦になる確率というのは、最後に複数の人が挑戦に絡む確率に絡んでいるので、優勝決定戦を行う必要がある、ということである。すなわち、挑戦に絡む確率から決定戦になる確率を引くと、決定戦なく単独で挑戦する確率となる。見てとれるように、渡辺も三浦も挑戦する確率は少しあるが、単独挑戦の目はない、ということになる。

一応、こちらにPerlのソースコードを示す。

最近、「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著、岩波書店を私としては結構真面目に読んでいるのだが、谷山-志村予想に言及する箇所が出てきたので、可能な範囲で私なりにまとめてみる。

先ず、有理数体Q上の楕円曲線Eを考える。すると、このEに対して、"問題がある"素数を除くすべての素数に亘る無限乗積として、ゼータ関数L(s,E)が定義される。

一方で、いろいろな楕円曲線Eについて調べてみると、対応する保型形式を見出すことができ、その保型形式をあらわすゼータ関数L(s,f)が定義される。

このような観察から、以下のような谷山-志村予想がなされた:

Q上の楕円曲線Eに対して、上半平面上の重み2の保型形式fで、
L(s,E) = L(s,f)をみたすものが存在する。

谷山-志村予想の嚆矢は、数学史的には、1955年に日光での代数的整数論の国際会議で谷山豊氏によって提出された「谷山の問題」ということになっている。

それを生のまま記述すると分かりにくいので、上記の本で、加藤和也氏が分かりやすく言い換えたものを引用すると、以下のとおりである。

L(s,E)が複素平面全体に解析接続されるであろうというハッセの予想を証明することが、L(s,E) = L(s,f)をみたす保型形式fを見い出すことによって可能だろうか。

見てとれるように、ここは確かに粗い形で、谷山-志村予想の原型がある。

ところで、東京工業大学世界文明センターフェローである桜井進氏が書かれた、近世日本人数学者列伝~志村五郎に、以下の記述がある。

しかしだ、志村は言う。私がやってきた論文をちゃんとみればあの予想はすべて私が一人でつくってきたものとわかる、と。君はちゃんと調べて私にものを言っているのか、と志村に何度も言われた。確かに谷山は1955年日光で開催された代数的整数論国際会議で「有理楕円曲線はモジュラーである」と言った。そして、それにはある条件が必要とも言っていた。この言説は精確な予想というよりステートメントに近いものだった。志村はその谷山の言説とは全く関係なく自らの計算を行っていたのだった。そして、ついに「すべての有理楕円曲線はモジュラーである」との精確な予想にたどり着いた。谷山が言っていた「ある条件」は必要ないのである。そのとき語るべき相手谷山はこの世を去っていた。

今改めて気づいたのだが、志村五郎で言及した「記憶の切絵図」筑摩書房を私はもっているので、改めてその付録三に、そのあたりの事情がきちんと書かれているのを見出した。

そこに書いてあることは要するに、ヘッケの結果によれば、楕円曲線Zに対応する保型形式があるはずだ、ということは当たりまえで、それを指摘したことに谷山の創見はない、ということらしい。

また、谷山は、保型形式がモジュラーであるだけでは不十分で、だからヘッケの保型形式を想定していたが、それは扱いにくいものであって、それがモジュラーであるという条件だけで十分であると気づいたのは志村氏である、という。

そもそも当時、モジュラー関数や保型形式の知識は一般的でなく、志村氏や谷山氏は、そのことに当時関心があった数少ない人達だったという。そして志村氏は、上記問題で志村氏と議論したことはなく、自分独自で考え続けていたという。

「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」に戻って、加藤氏はそこで、L(s,f)におけるしかるべきfが与えられたとき、L(s,E) = L(s,f)をみたす楕円曲線Eが存在する、という定理を早くから証明したのも志村五郎氏である、という。

また加藤氏は、1950年代後半から1960年代にかけて、志村氏がいろいろな論文で、楕円曲線と保型形式の対応を含め、保型形式やゼータ関数で類体論を超えていく動きで、中心的な役割を果たしたと述べる。

ここまで書けばもういいだろう。谷山-志村予想は本当は、志村予想なのであった。しかし、それを今更、声高に主張するのもどうかと、志村氏ご自身も沈黙しているのだろう。そもそも、将棋の戦法名ですら、一旦確定した通称を変更するのも難しいこともある。

今年の2月に、かなり煮詰まった段階でB級1組の昇降級確率を計算してみたが、まだ折り返し地点も過ぎていない段階で、今年度のB級1組の昇降級確率を計算してみた。その結果は、以下のとおりである。

順位棋士名昇級確率降級確率
1屋敷伸之九段 3219.3%1.0%
2谷川浩司九段 140.7%22.7%
3豊島将之七段 337.4%3.0%
4松尾 歩七段 3216.1%1.7%
5丸山忠久九段 3214.9%1.6%
6山崎隆之八段 5162.3%0.0%
7橋本崇載八段 331.2%5.0%
8木村一基八段 4141.7%0.1%
9畠山 鎮七段 140.0%47.2%
10藤井 猛九段 240.3%24.6%
11飯塚祐紀七段 060.0%83.6%
12佐藤天彦七段 5134.1%0.1%
13村山慈明七段 332.0%9.4%

この結果をみて言えることは、次のとおりである。

  1. 数字的に一番有利なのは山崎であり、なんと6割以上の昇級確率である。しかし、これは例えば、高三の夏の段階の模試で志望校のA判定を取るようなものであり、その後の努力を怠ると、あっという間に確率は下がってしまう。あくまでも暫定的な確率である。
  2. 一方、山崎の降級確率はゼロであり、これはあと全敗しても降級しないことを意味する。この数字は暫定的でなく、絶対に正しい。なお、降級確率がゼロなのは山崎だけであり、屋敷、豊島、松尾、木村、佐藤にさえ、理論的にはというべきわずかの降級確率がある。
  3. 昇級に有利なのは、山崎>木村>佐藤>屋敷>松尾>丸山>豊島である。7番手の豊島は、昇級はかなり苦しい。
  4. 降級は、飯塚>畠山>藤井>谷川>村山である。最初に負けが混んだが、順位が上なので谷川はまだそんなに危なくない。しかも、今回の順位戦で、谷川は往年を忍ばせる光速の寄せで、畠山を破った。谷川復活の兆しがある。

この計算に使用したPerlのソースコードは、次のとおりである。

  • 基本的に今年の2月に使ったコードをベースにしているが、一番の変更は、モンテカルロ法を採用したことである。すなわち、今年の2月に使ったコードでは、残り2回戦だったので、残り12局だった。すると、シミュレーション的には212の場合の数で、せいぜい103のオーダーである。ところが、現時点でB級1組順位戦はあと42局も残っており、場合を尽くすと242は、1012のオーダーである。それは、パソコンレベルでは、許容できない長い計算時間を要するので、Perlのrand関数で(0,1)の範囲の疑似乱数を発生させ、その値が0.5以上なら一方の勝ち、そうでないなら他方の勝ち、と判定する。このようなシミュレーションで、リーグ戦の勝敗を埋めると、勝数と順位に従って昇級する人と降級する人が一意的に決まる。昇級すると、棋士の{PROMOTE}というラベルの値を増分し、降級すると{DROP}というラベルの値を増分する。
  • このような計算を、ある程度多数回数試行する。今回のコードでは、一応、100000回試行してみた。そして、100000回試行した結果の各棋士の{PROMOTE}の値と{DROP}の値を100000で割ると確率が計算されるという仕組みである。
  • 疑似乱数を使うので、100000回の試行を行う度に、計算結果が微妙に違う。しかし、それは10-3のオーダーの変動だったので、許容範囲と判断した。
  • 1000000回の試行にしても、実質的な計算値の違いにはならなかった。
  • なお、ソースコードにおいて補足すると、@R7 = (10,3,2,9,6,5,0,12,4,1,13,8,11);と書いたのは、7回戦の対戦相手を番号で並べたものである。すなわち、順位1位の屋敷から、順位13位の村山まで、左から順に、相手棋士の順位を並べた。プログラムでは、このような配列を処理して、対戦リストを生成する。すなわち、i番目の対戦者の番号$R7[$i]をみたとき、i + 1 < $R7[$i]であるときのみ、(i + 1,$R7[$i])というペアを対戦リスト@Taisenに追加する。iでなくi+1とするのは、@R7の配列インデックスが0番から始まっているからである。また、i + 1 < $R7[$i]とするのは、対戦を重複カウントしないためである。
  • 蛇足ながら補足すると、上記で0は、抜け番を示す。
  • このようなモンテカルロ法に変更することにより、大所帯のC級2組にも適用できるようになった。尤も、計算時間はいいのだが、大所帯だとプログラム・データを打ち込むのが面倒ではある。
  • なお、上記したように、今回は疑似乱数の勝敗判定の閾値を0.5とすることで、どの棋士も勝率が0.5であると仮定した。これは明らかに実際とは違うが計算の簡易化のための便法であり、この閾値に対戦棋士の勝率などを反映させるべきだろうが、妥当な方法が今のところ分からないので、今後の課題とする。

瑕疵の測度

user-pic
0

以前に、松岡正剛の千夜千冊を読んでいて、基本的に氏の深い学殖に畏敬の念を抱くのだが、ちょっと、ん?と思ったのは、升田幸三の「名人に香を引いた男」の書評である。そこに以下のような記述がある。

だいたい定跡(定石は囲碁)をおぼえない。ろくに知らないといっていいらしい。ではどうしてきたかというと、新手を工夫しつづけた。局面を打開する逆転の独創に賭けた。だから升田の将棋人生は「新手一生」といわれる。

これには流石に疑問符が浮かんだ。なぜなら升田が既存の定跡を知らないなんてとんでもない。知悉しているといえる。そのうえで、既存の定跡のパラダイムを破る新手を案出した。

また最近、スティーグ・ラーソンの火と戯れる女を読んでいるときに、主人公のリスベット・サランデルが、フェルマーの定理をみつけてなんとか解こうとして、よいアイデアを思いついた、みたいな記述があった。そしてそこに示されている数式をみて唖然とした。なんと、x3+y3=z3と示されている。しかし、フェルマーの定理というからには、三乗でなく一般にN乗でなくてはならない。三乗の場合は18世紀にオイラーがとっくに証明している。三乗だと数学者を悩ますには値しない。

これらはある意味瑕疵なのだけれども、私が思うのは、まあ別に目くじら立てることはないではないか、というものである。おそらく、私が、松岡正剛とスティーグ・ラーソンに対して、肯定的な印象をもっているからだろう。

客観的にみても、その程度のことで全体を否定するには値しない。数学の解析学でいえば、実数の中の有理数のようなもので、有理数なら1、それ以外はゼロという関数をどんな区間で積分してもゼロになってしまう。測度論の基本的な考え方である。

しかし、ある個人を否定しようとすると、往々にして局所的な議論になり、こんなこともちゃんとわかっていないならあとは推して知るべし、のような議論となる。

おそらくであるが、瑕疵が著者の専門分野以外ならまあいいのではないだろうか。もしかして、至るところで間違いだらけの私の自己弁護なのかもしれないが。

王座戦第3局の最後のところで、「豊島、復調のきざしか。しかし羽生は次で決めるだろう。戦型は矢倉か。」と私は書いたが、果たして当たるか。

そこで、期待を込めて王座戦第4局を観戦してみた。それにしても、タイトル戦の対局から次の対局までのスパンがやけに短いような気がする。もしかして、ノーベル賞発表などいろいろな出来事があったせいかもしれない。

第4局は、豊島の先手。76歩に羽生は84歩と応じて、矢倉にしますか、角換わりにしますかと問うたが、豊島は意表を衝いて56歩。もともとなんでも指すのだが、やはり振飛車の頻度はあまり高くない。

結局、羽生が55歩の位を許したので、豊島は中飛車にした。もちろん、ゴキゲンにはならない。それでも最近は、居飛車側が一直線穴熊にし、中飛車側も呼応して穴熊にするという、よくも悪くも現代的な戦法があるのだが、羽生は63歩、47銀と構えて、一旦33銀と角道を止めて、74銀と出て先手の76歩を狙うという、ちょっと非本格的な戦いとなった。

そして、ゴキゲンと同様に、豊島は76銀を受けずかわす戦法を採った。すなわち、一旦78金と上がり、65銀、75歩、74歩、同歩、72飛と進んだ。もともと、角道は通ってないし、銀単騎で攻めつぶせるわけがない。

そこで序盤の転機が訪れた。すなわち、豊島が48角と出て84歩を狙ったとき、羽生は堂々と14歩と突いた。すると、16歩と受けるか84角と取るか、相手は迷うことになる。果たして豊島は、20分考えて84角と取った。以下、この角をどう捌くのだろう。

ともかく羽生は65歩と突いた。74銀との協力で、いい形である。すると豊島は56飛。78金が一旦浮くのでこわい形である。羽生は当然に83銀と飛車筋を通すが、豊島は当然に73歩と止め、以下71飛に86飛と回った。おお、と声を出したくなる展開である。

プロ的には85歩と打って73桂のような筋なのだろうが、羽生はなんと素直に84銀と取った。同飛に羽生は83歩。同飛成なら73飛とぶつけて飛車交換を迫る狙いだが、結局実戦もそう進行して、豊島は単に73同龍と飛車交換に応じた。

73同桂のところで、基本的に先手は、71飛と74歩の二択である。豊島は結局、74歩を選んだ。すると羽生は55銀と銀をぶつけた。角を活用しないと勝てないという大局観なのだろう。このあたり、渡辺が羽生を称賛する所以だろう。

これに対して豊島は、73歩成と自然に桂馬をとる。と金が大きい。羽生とともかく自然に、46銀、同歩、99角成とした。

自然な72飛に羽生は71歩だが、単に69飛と据えておいて、63と、81角、52と、72角、41ととするような過激な順もあったようである。

71歩、同飛成に羽生が57角として48香を狙うと、豊島は58銀と惜しまず投入した。46角成に一旦62と、42金寄を交換して、47銀打。これは相当負けにくい手厚さである。

そして55馬と逃げると、豊島は52歩。2枚のと金攻めをみせて、厳しい。羽生は73飛と飛車交換を迫る。以下、同飛成、同馬、51歩成と進行した。

そこで62馬、41と、同金となるが、次に豊島は77桂。なるほど、そう活用するのかと思わせる手であるが、羽生は72香と攻防に据えた。

豊島が81飛と下すと、羽生は開き直って77香成。当然の44歩の攻めに、71歩、82龍、72馬、43歩成、同玉、44歩、同玉、72龍、同歩、22角、54玉、11角成でどうみても豊島が厚い。

羽生の48歩のジャブに、豊島は57香を利かせて63玉としてから、依然として48歩に相手しないで75桂。金一枚で寄せがあるのだろうか。

74玉に豊島は77馬と香を取りつつ、角交換を迫る。羽生は49歩成と、金を取ったが、一旦同銀左ですぐには寄らない。

角を渡すと寄せが早くなるので、羽生は89馬と逃げたが、豊島が76香と打った手が決め手だった。羽生の46歩に63桂成、同玉、86馬に74桂と受けたが、53香成。ああ、57に香がいるのをうっかりしていた。

以下、73玉に75馬でほとんど必至である。以下、62桂、同成香、同玉、54桂、71玉、74馬が詰めろとあっては、勝負は決まった。以下、ほどなく羽生の投了となった。

結局、豊島の84角、86飛の構想が功を奏した、ということだろう。ここまでくると羽生ファンの私も、第5局で防衛するだろうと断言しにくくなった。ここらあたりで豊島がタイトルを取る、というのも面白そうではある。

私は小学校6年の頃から将棋を指しているので、随分長いこと将棋に馴染んでいるともいえるが、一方で、大した努力はしていないので、遠藤正樹氏などのアマ強豪と比べると、吹けば飛ぶよな将棋の駒のような存在でしかない。

そうは言っても、将棋的思考はそれなりに体に浸み込んでおり、人生観に少なくない影響を与えている。サンプル数は少ないのだが、大学の将棋部の先輩や後輩など何人かを観察すると、私と人間的なタイプはかなり異なるが似ている点がいくつかあり、それは将棋による影響と考えるのが妥当であろう。そこで、私の観察に基づく将棋的人生観なるものを簡単に記述してみる。

先ず第一は、責任感である。将棋指しは日常生活ががさつのなで無責任な印象を与えるが、将棋を指すということは自分の落ち度を受け入れて投了しなくてはならない、ということであり、逃げられない。嫌でも責任感は発達する。この責任感は、サラリーマンとして仕事をする上でもプラスに働くだろう。なので、将棋部の先輩や後輩で、サラリーマンとして落伍した人はいないはずで、寧ろ平均以上に活躍しているはずである。

なのに企業組織であまり高いレベルまで昇進しないのは、決して無能だからではない。それは筋が通らないことを見過せないからである。普通なら仕方がないと我慢することがどうしても見過ごせない。将棋には絶対見過してはいけない急所があるからである。このとき、会社における相対的地位の差など関係ない。それが相手が地位が高く、しかも根性が悪い場合(そういう管理職は沢山いる)、冷や飯を食わされることになる。それでがっくりきても、決して反省することはない。

あとは徹頭徹尾、実力主義である。ここでも相手の地位は関係ない。なので、地位が高く能力のない管理職(そういう管理職は沢山いる)を馬鹿にしまくって、やはり冷遇される。

しかし、一方で、無意味に威張ることはなく、相手の方が実力が上だと認めたら、相当謙虚である。おそらくであるが、自分が実力を認める人が上司なら、結構円満な会社生活となるだろう。あるいは、とても有能でなくてもきちんと部下の実力を認めてくれる上司でもいい。しかしなかなかそうは問屋が卸さない。そういう人に限って昇進しないとしたものである。よって上司として得難いということになる。

無意味に威張らないという意味では、部下にもそうであり、ただ人間味に富むかどうか分からないので間違っても上司になってほしいナンバーワンみたいなタイプにはならないが、無暗に怒鳴ることはないし、熱心に部下をサポートするので、少なくとも平均的な上司にはなるだろう。

また、仕事においても平均以上の努力をする。努力し続けないと実力を維持できない、ということが身に染みている。

あと、これは私の傾向であって将棋人間全般には当てはまらないのかもしれないが、少なくとも、どんなことでも可能なかぎり自分で処理しようとする。管理職であっても決して部下に丸投げすることはない。将棋人間に案外一般的かと思ったのは、佐藤康光九段の談話を聞いたときである。将棋連盟の役員に任命されたとき、なるべく自分で処理しようとして抱え込んで忙しかった、と言っていた。団体競技ではないので、自分一人で処理する傾向があるのは当然かもしれない。

ということで、もしサラリーマンになってもちょっと変わったタイプくらいで、一時的に左遷されたり冷遇されても、なんとかしぶとく生きるのであった。

再定義

user-pic
0

大学の将棋部にいたとき、ある部員が、一敗を挟んで十連勝という冗談を言っているのを聞いて、ううんとうなってしまった。これは、引き分けをはさんで十連勝という言い方のパロディーなのだった。

いや、パロディーというよりも再定義なのだが、その再定義は、連勝の意味をないがしろにする定義なのである。

将棋部での会話は所詮は冗談なので、真面目に突っ込むのは意味がないが、私はかなり真剣に悩む再定義に出会ったことがある。それは、以前勤務していた外資系でのことであって、私がいた部門は特許部門なので、一応メインの業務は特許出願や中間処理なので特許実務であるはずであった。

そして特許実務には技術の知識が必須なので、私が入社したとき上司は、技術ももっと勉強しろ、といつも部下に言っていた。

ところが、今世紀に入った頃だったか、米国から来た管理職が急に、特許部門における契約レビューの仕事を重視する方針を打ち建てた。実際、契約レビューの仕事が次第に増えてきた、という事情はあるのだが、もともと契約レビューは法務が主幹なので、法務に任せる手もあったはずである。

しかし、よく分からない事情で特許部門なのに契約レビューがメインの仕事になり、なんと幹部候補への登用も、契約の仕事に経験があることが条件になった。で、いよいよ私は怪訝になった。なぜなら、幹部候補になるためには部門の仕事全般に通じている必要があり、契約レビューの仕事はその一部に過ぎないからである。

それで特許をメインにやっている担当者にも契約レビューの仕事が課されるようになったが、当然かもしれないが、あまり好んで契約の仕事をする者はいなかった。

ところが逆に、契約担当者は特許もやれ、とは言われなかった。するといつの間にか契約担当者が幅を利かせるようになり、特許実務を重視する弁理士で辞める者もあらわれた。

要するにこれもまた、特許部門の仕事の再定義なのであった。しかし、何度考えても、これはありえない再定義なのである。

他の例を挙げよう。例えば、数学と物理学は、ある意味に似たような学問であり、文系の人からみたらどちらも数学を使うので同じだと思うかもしれない。しかし、数学者や物理学者にとっては混同されてはかなわない。

で、よくみると、物理学は数学を駆使する。数学、特に幾何学が物理学の影響を受けないこともないが、基本的には物理学が数学を駆使することほど、数学が物理学を駆使することはありえない。

それで何が起きるかというと、物理学者のうち、超弦理論家など激しく数学を使う人達が次第に、数学者のふりをするようになる。それで理論物理学者の中には、もっと数学を、と言いだす人も出てくる。

しかし、物理学者のコミュニティは、決して似非数学者が物理学のドメインで跳梁するのを許さない。なぜなら、自然を記述する、ということを離れて、抽象的な数学だけで物理学を論じられると、物理学が堀り崩される(undermined)されるからである。空理空論になって空中分解してしまう。

なのに、上記したように、特許部門で、きわめてナイーブに、法務に属するような仕事に特許部門本来の仕事が主導権を奪われてしまった。技術と法律のアマルガムであるはずの知的財産の仕事が、特許も技術もケアしない契約レビュー屋に支配されてしまった。

なぜそんなことが易々と許されたのか、なぜ反対する人々は封じられてしまったのか、私は未だに分からないでいる。何かがおかしい。少なくとも私は未だに、エコー・キャンセリングしていない。

概念の構築

user-pic
0

たまたま、「フェルマ予想入門」平松豊一、宇津木博著、槇書店を眺めていたら、志村五郎批判で引用した、志村五郎氏の「数学には、数学者なら理解できるはっきりした問題がいくつもあって、その問題を解こうとする人も大勢いる。私のしようとしたことはそれとは違う。」という言葉を思い出した。

それで、到底まとまっていないが、考えたことを徒然なるままに書き連ねてみる。先ず、今更言うまでもないが、一見簡単に解けそうで、しかし超難解なこのような予想を提示したフェルマは冴えている、ということである。類体論の流れに書いたように、フェルマは、類体論の先駆者でもある。

上記「フェルマ予想入門」によれば、フェルマ予想というハニー・ポットに惹き寄せられた数学者は、少なくない。挙げてみると、オイラー、ガウス、ルジャンドル、ソフィー・ジェルマン、ディクソン、クンマー。あれっ、そんなに多くはないか。本当はもっと多いはずであるが、この本は枚挙を意図していない。

さて、この中で、特に志村氏が評価している学者は、クンマーである、とウェブを検索していてたまたまどこかで記事をみつけたことがあるような気がする。実際、クンマーは、フェルマ予想を解決するための道具立てとして、イデアル論を構築し、奇素数pが正則な素数であるとき、xp+yp=zpは、整数解をもたない、というところまで解決に迫った。

そして、ウェブの記事にはたしか、志村氏は、フェルマ予想を最終的に解決したワイルスよりも、クンマーの方をはるかに高く買っている、という記述もあった。そこで私が思ったのは、概念の構築である。すなわち、モチベーションはどうあれ、クンマーは現代整数論に使われる必須の概念を構築した。よほど初等的でないかぎり、イデアル論抜きの整数論は考えられない。

片やワイルスはどうか。谷山・志村予想、岩澤理論などを利用して、ついにフェルマ予想を解決したのだが、もしかして志村氏は、ワイルスが、クンマーに匹敵するような概念を創らなかったことが気に入らなかったのだろうか。

実際、フェルマ予想の文脈で、志村氏は谷山・志村予想を生成したジェネレータで、ワイルスはコンシューマであった、ということになる。なので、志村氏ならではの感想であった、ということになる。

ところで、フェルマ予想、今やフェルマの定理であるが、その証明は一生かかっても私にはきちんと理解できないことは明らかであるが、そこに至るモチベーションというかインセンティブは、理解可能である。そして、その過程で、画期的な数学の道具が生み出されたこともある程度知っている。

一方、志村氏の採った、数学者なら理解できるはっきりした問題を解こうとしたのでない、氏の数学的活動のモチベーションが、私のような数学の初心者にはどうも分からないので、いろいろと考えてみたいと思った次第である。

まさかと思っていたのだが、今年のノーベル物理学賞は、青色LEDということで、名城大学の赤崎勇教授、名古屋大学の天野浩教授、およびカリフォルニア大学の中村修二教授の三人に授与されることになった。こういうのを望外と呼ぶのだろう。

個人的には、赤崎勇教授の貢献が最大で、中村修二教授はそれをインプリメントしただけと理解していたのだが、それは多分違うのだろう。というのは、以前に、半導体技術に詳しい知り合いから、中村修二教授のアイデアは素晴らしい、画期的だと聞いたことがあるからである。

それにしても私は、不明にも、名古屋大学の天野浩教授という名前は初めて聞いた。Wikiでみると、赤崎勇教授と一緒に研究していた弟子のような存在らしい。

赤崎勇教授と天野浩教授の主要な業績は、窒化ガリウム (GaN) の結晶化に関する技術を開発し、世界初の高輝度青色発光ダイオード(青色LED)を実現させたことである。中村修二教授は、それを日亜化学での量産に乗せたということである。

中村修二教授については、こちらに書いたようにその後も新しいアイデアに頑張っているようであるが、若干よからぬ噂もあって、そのことが私の嫌悪感の理由だったりする。まあ要するにやっかんでいるだけかもしれないが。

私は、西澤潤一氏がノーベル物理学賞から外されたのと似たニュアンスで、青色LEDにノーベル物理学賞は巡ってこないと勝手に思い込んでいた。なので、after all、よかったと思うことにする。

天罰だの、天のレイテンシだの、天罰に対して考察をしてきたのだが、あるとき、その考察に相転移が訪れた。

それは、シルバーバーチの示唆による。すなわち、天の尺度とこの世の尺度は違う、とシルバーバーチは言う。例えば、この世でとんとん拍子に出世したり、宝くじが当たったりすることがまさに現世の幸せの一部なのだが、それが天の論理からみたとき、幸福とは限らない、ということである。

言い換えると、事故に遭ったり、リストラされたり、世間からみて悲惨な目に遭うということは、魂の練磨なので、天の論理では幸せという可能性がある。

そう思い始めてから私は、一切占いにも行かないし、おみくじも買わなくなった。宝くじはもともと買わない方針である。どういうことかというと、占いもおみくじも、現世のメトリックというか価値観に基づき作成されている。すなわち、現世の幸福=普通の幸福という価値観である。

しかしちょっと視点を変えて、天の論理のようなものを想定してみると、突然分からなくなる。すなわち、辛い、試練の多い人生が、天の論理では幸いというのだから、全く訳が分からない。

ただ、現世的にみても、会社で昇給したり昇進したりしたことが却って災厄を招いたという経験は誰でもあるだろう。すると、天の論理なるものも、意外に現世に解析接続されている、ということになる。

なら、その双対で、現世の享楽的な価値観も、天に解析接続されているのか、と問うてみると、天は、そんなことは考える必要はない、とアドバイスしてくれる。なら、どう考えればよいのか、と聞いてみるのだが、そんな問いかけに答えが返ってくることはない。

別の観点で、とても高名な霊能者が、こうすれば現世で成功が得られるなどのような、卑近なアドバイスをすることがあって私はそれにとても失望するのだが、それは、霊能者がインチキなのか、あるいは分かっていて、現世に阿っているのか、とつい考えてしまう。

そういう意味では、イエス・キリストは、現世の論理に阿らなかったので結局磔にされてしまったのかもしれない。それはまあ仕方ないとして、私にとって痛恨なのは、その後のキリスト教の進展なるものは、がちがちの俗物たちが現世の論理で壁塗りしただけではないのか。

それに対するシルバーバーチのアドバイスは明確であって、そんなことをごちゃごちゃ考えている暇があったら、他人を助けなさい、ということである。そうやったら現世のご利益があって金持ちになれるとは限らない。それこそ天の論理で逆に津波にさらわれてしまうかもしれない。それはそれでただ嘆くしかない。ということで天の論理は実に難しい。

プロ編入試験第1局 に続いて、プロ編入試験第2局をニコ生で観戦してみた。

実はNHK杯戦の将棋と囲碁を見ていたので、ニコ生にログインしたとき、午後2時をすぎていた。第2局の今泉氏の相手は、星野良生四段。今泉氏の先手番である。

観戦し始めたとき、先手の今泉氏は中飛車で、玉の囲いは普通の美濃囲い。飛車が58にいて、68金がある。1筋は15歩と詰められている。

一方、星野四段は居飛車戦法で、玉が22にいて、飛車が53にいる。33が開いている。後手の歩が56に進んでいる。34に今泉氏の金が進出していて、54に星野四段の銀がいる。これだけなら星野四段が優勢なはずなのだが、実は今泉氏の角が82にいて、星野四段が手を拱いていると、9筋側の桂香を取る意向である。

なので星野四段は、34の金にあてて、45銀と出た。飛車筋も通すので、ほとんどこの一手である。これに対して、解説の石田直裕四段は、一旦54歩と叩くなどの手を予想したが、今泉氏は黙って91角成と香を取り、34金を見限った。好手だった。

以下、34銀、55香、57歩成、同飛、79角、58飛、68角成、同飛、54歩と進み、さらに65桂、51飛、52歩、同飛、53歩、32飛、54香と攻勢を続けた。この後の手順は具体的には憶えていないのだが、後手の星野四段が上部に金銀を打ちまくって厚くした。それにしても、こんな偏った頑張りは普通あまり将棋でみたことがない。

なぜ偏っているかというと、後で後手が32香、31玉の状態のとき、今泉氏に64馬と王手され、そのときは22玉と逃げるしかなく、41金と俗に打たれて、寄り形になってしまった。

それで結局、最後は比較的大差で今泉氏が星野四段を寄り切った。見ていると、今泉氏が溜息ばかりで非常なプレッシャに苦しんでいるのは理解できるのだが、星野四段の側は、プロとして負けたくない、しかし、これは言わば片真剣であって、負けたとき失うものが、あまりにも今泉氏側が大きい、という複雑な心理もある。

ともかく、今泉氏のプレッシャがあまりに大きいので、次の三枚堂四段で決めないと、混沌としてくるに違いない。

このブログを書き始めて、毎年書いているような気がするが、今年もノーベル賞の時期がやってきた。そこで、昨年の記事と同様に、読売新聞科学欄の記事に基づき、今年のノーベル賞候補についてまとめてみる。

まず、医学・生理学賞であるが、去年にはリストしていなかった京大の森和俊教授が挙がってきた。森教授は、小胞体ストレス反応の研究で、今年ラスカー賞を受賞した。ラスカー賞は、ノーベル医学・生理学賞の半数が受賞すると言われている権威がある賞で、iPS細胞の山中伸弥教授も受賞している。なので森教授も有力候補である。

高脂血症の治療に使われるスタチンの発見の遠藤章・東京農工大特別栄誉教授と、MRIの基本原理の発見の小川誠二・東北福祉大特任教授と、細胞内の不要物を分解し、有用なたんぱく質を作り出すオートファジー作用の解明の大隅良典・東工大特任教授、水島昇・東大教授は去年に続き、候補に挙がっている。

去年候補だった竹市雅俊氏は、STAP細胞のスキャンダルのせいか、今年は挙がっていない。まあ、仕方ないだろう。

さらに、本庶佑・静岡県公立大学法人理事長も挙がっている。もともと有名な医学研究者である。Wikiをみてみると、その業績は、リンパ球が抗体をつくる仕組みらしい。

物理学賞では、先ず、私のブログで2008年の候補に挙げた十倉好紀氏が有力である。電子型高温超伝導体の発見など物性物理の分野で顕著な業績がある。

また、青色発光ダイオード関係で、赤崎勇氏と中村修二氏も挙がっている。個人的には中村修二氏はちょっと違うんじゃないの?と思うのだが、候補は候補である。

さらに、やはり2008年の候補に挙げた、光ソリトン通信など、超高速光通信の研究の中沢正隆・東北大教授も再登場である。

個人的には、ニュートリノの実験物理の権威、鈴木厚人・高エネルギー加速器研究機構長が受賞するとうれしい。ニュートリノについてで言及した著書が大変面白かったからである。今年は物性物理の番らしいので、ちょっと難しいだろうけど。

次は化学賞であるが、私にとって化学も医学も無知の程度は同じくらいなのに、なぜか化学を一層遠く感じる。それでも読売新聞科学欄の記事に従い、リストしてみる。

すると、先ず挙がってくるのが、東芝リサーチ・コンサルティングの水島公一博士と、旭化成の吉野彰博士。なんとリチウムイオン電池の発明者なのだという。確かにこのモバイルな時代、リチウムイオン電池の意義はあまりにも大きい。あ、そういえば去年も候補だった。

去年も候補だった人達として、藤嶋昭・東京理科大学長:酸化チタンの光触媒反応の研究、本多健一・東大名誉教授:酸化チタンの光触媒反応の研究、北川進・京大教授:気体分離技術に使用される多孔性素材の開発がいらっしゃる。なんか最後の方になってきて、十把一絡げ的になって申し訳ない。私は化学に対する「愛」があまりにも足らない。

あと、目的の有機化学化合物を効率よく作り出す手法を開発した、向山光昭・東大名誉教授も候補なのだという。

これだけリストしたけど、きっと今年は一人も該当しないのだろうな、とつい中島みゆき的に絶望的な観測をしてしまうのが、私の悪い癖なのだった。

ちょっと時間差になってしまったが、王座戦第3局をネットで観戦してみた。王座戦第3局が始まる前、私は羽生のストレート勝ちを予想した。理由は単純で、なにしろ豊島の調子がよくない。もともとA級昇級の一番手とみられていたのに、2連勝のあと丸山、木村に2連敗し、この将棋の直前、佐藤天彦にも負け、順位戦は2勝3敗。他に勝ちが先行している人が複数いるので、昇級はかなり厳しい。

さて、王座戦第3局は羽生の先手で、後手の豊島は矢倉でも角換でもなく、横歩取りに誘導した。もともと、羽生と同様に豊島は何でも指す棋士である。

横歩取りといえば、後手の最近の定番は、84飛、52玉と構える戦型なのだが、その後手の陣形は、51金、62銀と構えるかたちと、61金、72銀と構えるかたちの2種類があり、前者は最新形として瀬川五段の「横歩取りマップ」でカバーされているが、後者のかたちは瀬川五段の本にもない最新形である。

豊島は前者を採った。羽生は58玉、48銀、38金のかたち。経験豊富であろう。

そこで豊島が少し捻った。普通74歩と突くところを94歩とした。しかし、前例は7局あるらしい。羽生が36歩と突くと、豊島は86歩とあわせて76歩を取りに行く。内藤がこの戦法を考案したときからある仕掛けである。

以下、86同歩、同飛、35歩、85飛と定跡どおり進む。ここでよく指されているのは36飛であるが、羽生は37銀。

豊島は35飛と取るのではなく、じっと86歩と垂らす。羽生は単に33角成、同桂としてじっと88銀。そこで豊島は35飛であるが、羽生の次の手が難しい。

そこで羽生が34歩と飛び道具を放った。同飛か45桂か。果たして豊島は45桂。以下、36銀、25歩、16飛、34飛、56角と羽生が打ったとき、豊島は軽く87歩成。同金は78角なので、同銀に豊島は55角。どちらが優勢なのか。

以下、一旦45角に豊島は44飛。先手が優勢という棋士もいるが、私は確実に馬がつくれる後手をもちたい。

羽生の37桂に、豊島は一旦86歩を決めてから、99角成とした。羽生の77桂に豊島は14香。羽生は15桂と受ける。どうみても苦しい手だが。

豊島は89馬、68金、79馬と、馬をにじり寄せてゆく。そこで羽生が35銀と出ると、豊島は45飛とすぱっと切った。そして49角。一応見える筋だが、これで寄るのだろうか。

このままだと67馬で王手で桂馬を取られるので、羽生は48玉。そこで豊島は15香と桂馬を補充する。これを同飛と取ると36桂で終わるので、羽生は36飛と逃げる。豊島は34歩と追撃する。同銀に44桂、35飛となった。ここで豊島から決め手が出るか。

ここで私だったら筋悪に24金とか打ちそうであるが、豊島は軽快に56桂。快調である。37玉に59馬。ここで羽生は46玉だが、28玉の方が難しかったらしい。

ここで単に56歩と桂馬を取る手もありそうだが、羽生は単に66角。44金を嫌ったのだろうか。そこで豊島は飛車を35馬と取り、23銀とぶつける。素人目には豊島が勝ちやすいようには見えるが、どうなんだろう。

羽生は23銀成、同銀にじっと46玉と引く。しかし豊島からの35金が来た。同玉は34飛で38金を抜かれる。しかし、35金に逃げるのも大変なので、同玉、34飛、46玉、38飛成となってみると、先手はどうするのか。

以下、56玉に54銀と抑えられると、後手に対してなかなか嫌味がつけられない。46銀と支えたものの、あっさり45銀と桂馬を取られて、64桂、65玉、35龍となっては必至がかかってしまった。

結局、59馬に羽生が46玉と逃げてからは、羽生に勝機はなかった、ということになる。豊島、復調のきざしか。しかし羽生は次で決めるだろう。戦型は矢倉か。

将棋の愛

user-pic
0

今泉健司氏の挑戦をみていて、なぜか「将棋の愛」という言葉を思いついた。

どういうことかというと、要するに今泉氏は将棋に対する愛がとても深い、ということである。例えば、相思相愛の男女がいたとしたら、結婚という形で添い遂げたいと普通思うだろう。それが不倫だったら、駆け落ちというかたちをとる。

今泉氏の場合は、将棋と結婚したいのである。それは晴れてプロ棋士になることで達成させる。将棋だけ指して暮らしていける。

愛し合う男女は、もし結婚できるなら、それだけで何もいらないと思う。愛がすべてである。しかし、そうは問屋が卸さない。いくら愛があっても、生きていくにはお金が必要である。住むところも必要である。貧乏すると愛も翳る。

今泉氏も、ともかくプロになれればいいと考える。しかし、プロになれたとしても、最初はフリークラスである。なんとか規定の勝率を挙げて、順位戦にエントリーされなくてはならない。一定期間以上フリークラスを続けると、規定により、オートマチックに引退を強いられる。

しかし、今はプロになる憧れと、将棋への愛で、何もみえない。見ようとしない。今はそれでいい。

それで今更考えるのは、将棋の愛である。少なくとも私は、ものすごく将棋を愛しているわけではない。例えば、読書と将棋のどちらを取るかといわれたら、少し迷いながらも読書をとる。私にとって読書は呼吸のようなものだが、将棋はそうでない。

一方、プロ棋士にとっては将棋こそが呼吸のようなものらしい。木村八段がそう言っていた。呼吸のように思うということは、まさに将棋と一緒に暮らしていることになる。まさに夫婦である。今泉氏もおそらくそうだろう。

で、私が思うに、将棋への愛は、必ずしも強さと比例しない。大学の将棋部の後輩で、折角そこそこの大企業に入社したのに、将棋に打ち込みたいがために会社を辞めて、将棋の講師一本に絞った人がいる。もちろん私よりはずっと将棋が強い。アマチュアの全国大会で優勝したこともある。しかし、so what ?なのである。

要するに、将棋に接する時間を最大限にしたいと思うのが、将棋への愛なのである。しかし、逆によく理解できないのは、アマチュアでトップクラスの指し手である清水上氏も早咲氏も現職を捨てて、将棋一本の生活に飛び込もうとしないことである。すると、清水上氏よりも早咲氏よりも、大学の将棋部の後輩は将棋に対するより深い愛をもっているのだろうか。愛の定義によるのかもしれない。

ところで、最初に将棋の愛といい、将棋への愛と言わなかったのは、意味がある。それは将棋からの愛も考慮に入れていたからである。将棋からの愛とは何かというと、神から将棋の才能を賜ることである。

将棋への愛は、努力すれば深まることがあるかもしれない。しかし、将棋からの愛は、いくら努力しても埋めることはできない。すると、清水上氏も早咲氏も将棋からの愛がそれほどでないほどでもないと分かってしまったのかもしれない。

しかし、将棋からの愛がどうであれ、愛がすべてさ、と歌の文句のように、将棋を愛してやまないのが今泉氏なのであった。このあたりの心理は、将棋だけでなく人間の異性に対しても、愛を貫いたことがないので、私はいよいよ理解できない。

なぜそんなに将棋を愛する人がいるのか、分からない。羽生のように将棋からも深く愛され相思相愛の人なら分かるが、将棋から邪見にされても、一層深く将棋を愛する人がいるのは、本当のところは分からない。冷たくされるほど燃え上がるのも愛なのだろうか。段々下手なラブソングみたいになっていく。

もしかしてこういうことかもしれない。普通に考えると、人間は将棋の才能に以外に家族や友人、社会的地位、仕事のスキルなど、いろいろなものをもっている、あるいは恵まれていることを知っている。そこを何かの心理的メカニズムで将棋以外のものがマスクされると、将棋しかみえなくなる。そうは書いてみたものの、その心理的メカニズムが何か私には説明できないので、依然として意味がある命題になっていない。

桜井美南

user-pic
0

ローソンストア100の曲で言及した気になる曲だが、その後もローソンストア100で結構流れるので、曲が流れた日と時間を記憶しておき、流れていた曲名を探すサイトで検索する、という努力を地道に続けたのだが、どうしても探す曲に行き当たれない。

それで、SHISHAMOなど、魅力的なアーティストが見つかったのだから、いいんじゃない?と自分を慰めるのだが、そこは私は案外に頑固で妥協しない。

そして今日、朝昼食用の弁当をローソンストア100を買っていると、またしても私が探している曲が流れた。そこで私は作戦を考えた。テンポが速い曲なので、しかも英語交じりなので、歌詞がちょっと聞き取りくいのだが、懸命に耳をすませて、歌詞を聞いているとどうも、「君のいない朝焼け」という歌詞が含まれているような気がした。

そこで、後でパソコンで、「君のいない朝焼け」というキーワードでグーグル検索してみると、桜井美南の「今かわるとき」という曲の歌詞がヒットした。うん、これだねと思ったが、念のためYouTubeで探して聴いてみると、まさに当たりだった。

それにしても、何度聴いても、桜井美南の歌唱力は抜群で何度も聞き惚れてしまう。容姿もスタイルもいい。

そこでWikiでみてみると、桜井美南はもともと女優であり、「なぞの転校生」という番組で主演だったという。なにしろ、テレビ、特に連ドラの類を一切観ないので、私はその方面の事情にあまりにも疎いのであった。

ともかく、私の目標が一つ達成されたので、今度は別の曲をローソンストアで探すとしよう。

王者の戦い

user-pic
0

今の棋界を眺めていて、将棋の王者が羽生であり、囲碁の王者が井山であることは、流石に誰も異論がないだろう。ただ、囲碁については、日本では、というドメイン制約修飾子が必要なのだが。

それで、私なりに観察して、羽生と井山の共通点を見てとったので、少し記述してみる。あまりにもありきたりの命題であるが、何を今更当たり前、と言われるのを懼れないことにする。

さて、その第一は、妥協しないことである。形勢がいいからといって、店じまいのような手を指さない(打たない)。まるでわざとのように、ぎりぎりの読みを要する局面に誘導し、そこは神ならぬ身なので、見落としや勘違いで負けることもある。例えば、先日の竜王戦挑戦決定第一局の糸谷対羽生の戦いがそうである。糸谷も羽生も、途中で羽生がいいと認めていた。羽生には手堅く優勢を確保する手がいろいろとあった。なのにぎりぎりの攻め合いにして、羽生が間違えてしまった。

井山もそうである。その対局を観戦していると、とりあえず開いておけば普通、というような局面で、わざと険しい手を打つ。局面が嫌が応でも緊迫する。まるで、緊迫することを楽しんでいるかのようである。そして、やはり人の子なので、ときどき読み間違えて負ける。そうなっても決して次の対局で安全策に流れることはない。

そしてもちろんであるが、王者のモードは、険しさのモードだけではない。一転してギヤをローに切り替えた、第二のモードがある。これを追従モード、あるいは辛抱モードと呼ぶ。

すなわち、険しい流れを作ると、上記したように人間なのでどうしてもミスが避けられないので、不利になることがある。決定的な間違いなら、羽生や井山といえどもそこで投了するよりない。しかし、多くの場合、なんとか決定的に不利になる前にぎりぎりでとどまる。

そうなっても、普通のプロ棋士がみていて、ここからどうやって挽回するのでしょうね、と首を捻ることになる。

しかし、羽生や井山は、そこから差を拡げないで追走する辛抱強さが卓越している。すなわち、マラソンでいえば、トップランナーは、後ろを振り返って、二位の選手がまだあんなところだと安心する。これなら、普通に走っていれば、確実に余裕でゴールに駆け込めると安心する。

ところが、10分後に再び後ろを振り返ると、さっきより少しだけ二位の選手が近づいているような気がする。いや、そんなはずでは、と打ち消そうとする。なぜなら、まだまだ距離は離れている。私はこの局面で決定的な決め手が見つからないのは確かにもどかしいが、向こうだって苦しいはずだ、と自分に言い聞かせる。

しかし、ゴールの競技場に入ってみると、二位の選手はなぜか、すぐ後ろにいるのである。そこからデッドヒートになるが、なぜか最後は相手がわずかに抜き去ってゴールしてしまう。こうなるなら、もっと早くスパートしていれば、と後悔するのだが、もしそうしていても、やはり相手は追走していただろう。

もしかして、一流棋士の本質は、険しく戦う能力よりもむしろ、確実に加点して、ぴたっと後ろについていく能力にあるのかもしれない。まさに、張栩のいう、勝利は10%から積み上げるである。そういえば、その記事は約4年前のものだが、張栩はどうしてしまったのだろう。タイトル無冠になり、格下には負けないはずが、最近は結構とりこぼす。私がみるところ、張栩自身が天才であるがゆえに、井山の天才性を理解して評価してしまうのだろうか。そして、なにかの諦観に達しているように思われる。趙治勲や小林覚も、井山別格発言のようなことをよく言う。まさに天才は天才を知るのだろう。単に私がミーハーで井山は凄いといっているのとは本質的に異なる。

戻って、私には険しさと追走能力は異なる能力でその関連が見てとれない。しかし、羽生や井山の中では、それらは矛盾することなく存在しているのだろう。波動性と粒子性である。

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。