2014年11月アーカイブ

狐罠

user-pic
0

北森鴻の狐闇が面白かったので、その前編である「狐罠」講談社文庫も買って読むことにした。

すると、「狐罠」は、「狐闇」よりもずっとストーリーが緻密で濃厚であり、主人公の宇佐見陶子のキャラクターがより個性的に描けているので、絶賛したくなった。

「狐罠」は、陶子が、同業の橘薫堂から仕入れたお椀が贋作だったことに気づき、なんとしても意趣返ししたくて壮大で稠密な作戦を練るところから始まる。そのために、元夫で芸大教授のDを訪ねさえする。

しかし一方で、橘薫堂の外商の田倉俊子が殺されるという事件が起きる。それと同期するように、橘薫堂には、大英博物館の名キュレーターだった細野が就き、橘薫堂にいろいろと知恵を授ける。

陶子はというと、D教授に紹介された贋作作りの名手の老人に入れ込み、絶妙の漆器を仕上げようとする。

さらには、鄭という青年が陶子の前に現れ、陶子はその青年に魅了されてしまう。こうしてストーリー全体が互いに連動する壮大なプロットとして動く有様が見て取れようとしたとき、第2の殺人が起きる。

ストーリーは一貫して、古美術取引における贋作をテーマとして渦を巻き続けて、何十年の前の事件も通時的に因果が絡む。

こうして、決して善とも言い難い、深い情念の陶子のキャラクタがストーリーを燦然と彩る。それにしても、人間の深い欲と業を嫌でも感じさせる作品であった。けだし、名作である。

最近マイブームになっている順位戦の確率計算であるが、今週B級1組の対戦があったので、11月15日の計算の続きとして、値を更新してみた。下記の表のとおりである。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1屋敷伸之九段 62178241.5%0.0%
2谷川浩司九段 1716380.0%48.2%
3豊島将之七段 5418393.5%0.0%
4松尾 歩七段 4417570.8%0.0%
5丸山忠久九段 4418131.3%0.0%
6山崎隆之八段 72175573.9%0.0%
7橋本崇載八段 5317090.3%0.0%
8木村一基八段 62176350.9%0.0%
9畠山 鎮七段 2616120.0%49.6%
10藤井 猛九段 3617000.0%6.8%
11飯塚祐紀七段 0815790.0%94.9%
12佐藤天彦七段 72178527.8%0.0%
13村山慈明七段 4417150.0%0.5%

この表と前回のそれを比較すると、次のことが分る。まず、昇級候補からみてみると、昇級確率は以下のように変わった。

  • 屋敷 23.6% → 41.5%
  • 山崎 84.2% → 73.9%
  • 木村 27.1% → 50.9%
  • 佐藤 55.2% → 27.8%

この表をみて感じるのは、順位戦で2/13のという少ない椅子を争うのは、金融でいうところのボラティリティがとても高いということである。何しろ、1つ負けることが10%以上の確率変動をもたらしてしまう。特に佐藤天彦は、順位が低いので、一気に四番手に後退してしまった。今更ながら、順位戦では順位が大きいということを痛感する。なお、同じ勝敗なのに木村の方が屋敷より昇級確率が高いのは、木村の残りの相手の方が、レーティング的に屋敷の残りの相手より与しやすいからである。また、二人の直接対決が残っているということもある。

降級確率の方は次のとおりである。考えてみると当たり前であるが、少ない椅子を争うという意味では同じなので、降級確率は昇級確率とボラティリティが同等という意味で双対性がある。この結果から分るのは、藤井はこの一勝でかなり安全圏になり、降級争いは実質三人になったか、ということである。三人といっても、飯塚はほぼ決まりだろうが。ところで、今回飯塚は対局がなかったが、ライバルが負けたことで降級確率が少し下がった。これも考えたらまあ、当たり前である。

  • 谷川 39.5% → 48.2%
  • 畠山 39.7% → 49.6%
  • 藤井 21.5% → 6.8%
  • 飯塚 97.2% → 94.9%

レビュー

user-pic
0

レビューというのは普通の単語で、検討するという意味があるが、私が以前に勤務していた外資系の会社では、レビューといえば、上司が部下の仕事内容をチェックするという意味だった。

そういう意味で、上司にチェックされるのが好きという人はあまりいないので、私がレビュー嫌いだと言っても誰も意外に思わないだろうが、私の場合、特に理由があって、それは仕事の内容も全く分かっていない上司に単なる職分としてレビューされたくないという職人的意地だった。

そもそもが、それが職分だとしても、事前に全く調べもせず、思いつきで適当なことを言って、部下を虐めるのである。そのレビューで微塵たりとも仕事の質が上がるわけではない。上司の気分転換のための時間かもしれないが、無駄以外の何ものでもない、と私はいつも渋い顔をして上司に嫌われていた。

なので、何かの間違いで私が管理職になると、部下の仕事のレビューは最小限にとどめた。私は、面と向かってレビューしないというだけで、書庫に行って部下がした仕事を密かに読んだりした。また、上位管理職への報告のため私のレビューが必須ということになると、私は事前に時間をかけて調べてレビューに臨み、付加価値のある発言ができるように尽力した。

そこまではまあ、よい。私が管理職を降りてから、空前絶後のようなレビューが始まった。すなわち、ある案件のレビューということで管理職が複数人総出で出席する。そして、簡単な案件なのに、10時間以上、下手したら数日間に亘ってああでもない、こうでもないと時間を浪費しているとしか思えないので、私は堪らず管理職の一人に言った。

すなわち、あなたはまともに実務なんてやったことがないではないか、それなのにどうして単なる地位に便乗して、レビューをするのだ、と。しかも、と私は指摘した。大名行列でもあるまいし、大勢でしかも、前準備もなく、いきなり集まって部下を困らせるだけのためのようなレビューに何の意味があるのだ、と。

まあ、そんなこと言ったら管理職たちに嫌われるのは当たり前で、正統派を自認する私も次第に抵抗勢力になっていった次第である。

まったく、日産の会議の爪の垢でも煎じて飲んでほしいと何度思ったことか。

先日、TBSの番組を観ていたら、芸能人が、オセロの世界チャンピオンとかいう青年にハンディ付きでチャレンジしていたが、あまりにも俗すぎると思ったのは、挑戦する芸能人がいかに高学歴かが強調され、高学歴だから頭を使うことが得意、だから盤上ゲームも得意、という論理である。

しかし、私は異なる盤上ゲームがいかに互いに互換性がないか、よく知っているつもりである。例えば、将棋のプロで、囲碁で県代表になれそうな人は河口七段くらいである。逆に、囲碁の棋士で、将棋が道場で五段を指せる人もいないのではないか。

将棋の故真部九段は、真部九段の囲碁に書いたように、すさまじい努力を囲碁に傾けた。そこまで囲碁に努力するなら、もうちょっと将棋に努力すればよかったのに、と誰もが思うだろうが、それは真部九段なりの自己主張だろう。多分であるが、芹沢流に、自分の将棋の才能に絶望したのだろう。

しかし、腹いせにそこまでの努力をしても、真部九段の囲碁の棋力は三面打ちでプロ棋士に三子だったというから、それが真部九段の囲碁の限界だったのだろう。それではせいぜいが、ちょっと大きい囲碁クラブの力自慢のアマチュア程度である。

逆に、将棋よりも自己完結な世界にいる囲碁棋士は、囲碁以外の盤上ゲームに大きな努力を傾けることは少ない。むしろ、9路盤、13路盤と囲碁の中でバリエーションを楽しんでいる。なので私程度に将棋が指せる囲碁棋士も、極めて少ないだろう。

ましてや、芸能人に続きオセロ世界チャンピオンに挑むチャレンジャーとして出てきたのは、将棋の豊川七段だった。しかし、上述の盤上ゲームの非互換性により、私は全く勝負にならないとおもった。実際、やはり結果もそうだった。まあ、テレビだから話題性があればいいのだろう。

そういえば、会社の研究員に、私は、趣味として将棋がアマ四段だと軽い気持ちで話すことがよくあったが、どうもいらぬ反発を研究員から買ったものだった。なぜなら、会社の研究でなく、単に頭脳ゲームにすぎない将棋で抜きんでられることさえ、彼らのプライドに障るのだった。

なので、何度でもいおう、頭を使うことは、ちょっと分野が違うともう互換性がない。例えば将棋が強いからといって、数学もできるなどと勘違いしてはいけない、全く関係ない。いや、全く関係がないと言い放つのもちょっと違うかもしれない。例えば、東大将棋部はたしかに、全国の大学の将棋部の中で、必ずしもトップではなくても上位の強さを維持している。

ともかく、このような特異性は、盤上ゲームに限らず、頭を使う技能全般に共通である。世間に、何をやっても得意という人がいるというかもしれないが、それは飽くまでも世間平均レベルからみた場合であって、単一の人にあって、卓越した頭脳スキルというのはそんなにいろいろな面で発揮されることはない。なんとかそういう人がいると思いたいのは一種の都市伝説なのであった。

そういえば、羽生がチェスも日本チャンピオン並みに強いが、あれはごく例外であって、将棋の棋士はチェスをやればすぐに強くなる、という命題を立てるのも都市伝説なのである。

レイト・バインディング(late binding)というのは、遅延バインディングとも呼ばれるが、到底日常用語ではなくて、コンピュータ専用の用語である。

すなわち、プログラミングで、ある変数があって、代入されるまでどんな変数か決まっていなくて、代入時に型が決まる、というのが、典型的なレイト・バインディングである。

卑近なところでは、Perlで$xと書いても、整数なのか実数なのか、あるいは文字列なのか全く決まっておらず、$x = 'This is a pen.'; のように代入することで、文字列に決まる。

逆にC言語では、必ずint i;のように事前に型を宣言するので、遅延バインディングの逆で事前バインディングと呼ばれる。

ところが、C++となると、クラスに対して引数の型毎に異なるメソッドを定義でき、実行時にどのタイプの引数をとるかで処理が変わってくる。これもまた、遅延バインディングと呼ばれる。

プログラミングで遅延バインディングが許されると、プログラミングの自由度が高まる。一方で、遅延バインディングだと、どうしても処理のオーバーヘッドが増え、パフォーマンスが落ちる。なので、パフォーマンス的には、事前バインディングであるに越したことはない。

では、人生はどうかというと、やはり事前バインディングの方がパフォーマンスがよい。例えば、三歳から将棋を始めて、小学校一年でもアマ四段という人がいたりするが、これなど事前(早期)バインディングの最たるもので、そのままプロになれれば、これほどパフォーマンスのいいことはない。そして、将棋の渡辺明や囲碁の藤沢里菜がそうであるように、棋界では早期バインディングは、確実な成功への道が開けている。

一旦早期バインディングで決まると、人生迷わなくていい。なので、世の親は、なんとか早期バインディングを達成しようと躍起になる。

もちろん私も早期バインディングを目指したのだが、バインディングを達成するに足りる才能がなく、その場凌ぎでなんとかここまできた。それを遅延バインディングと呼ぶのは違うような気がするが、ともかくも明確なアイデンティティなく、なんとかここまで生きながらえてきた次第である。

コンピュータの世界だけでなく、実生活でも、遅延バインディングは、オーバーヘッドがかかり非能率である。

それでも、なかなか世間における確立された地位をもたなかった私は、他に選択肢がないので仕方なく、レイト・バインディングの途を模索しているのだった。それもいうなら、老期バインディングか。

マタハラ

user-pic
0

先月だったか、妊娠を理由に降格された女性が、勤務先を訴えて最高裁で勝訴したという記事を新聞でみた。東洋経済オンラインの記事から抜粋して引用する。

10月23日(木)、マタハラ(マタニティハラスメント)問題について、最高裁判所が画期的な判決を出しました。
「同意のない降格は違法」
広島に住む理学療法士の女性が原告となり、勤務先に損害賠償を求めていた訴訟です。女性は妊娠を理由に業務の軽減を求めたところ、管理職を外されてしまいました。
判決文にはこのように書かれています。少し長くなりますが、引用します。
「男女雇用機会均等法は...(中略)...女性労働者につき、妊娠、出産、産前休業の請求、産前産後の休業その他の妊娠又は出産に関する事由であって厚生労働省令で定めるものを理由として解雇その他不利益な取り扱いをしてはならない旨を定めている(9条3項)...(中略)...女性労働者につき、妊娠、出産、産前休業の請求、産前産後の休業又は軽易業務への転換等を理由として解雇その他不利益な取り扱いをすることは、同項に違反するものとして違法であり、無効であるというべきである。」
要するに、妊娠や出産後に業務軽減を求めることは法律で認められており、そうしたことを理由に不利益な取り扱いをすることは法律違反であると条文に書かれています......という意味で、素人目にもわかりやすい、きわめてシンプルな判決なのです。

私は、複数の女性を部下にもつ管理職だったこともあり、妊娠したり育児休暇になった女性が差別を受けないことに賛成である。実際、私が管理職になる前に、会社の業績が悪化してリストラの嵐が吹き荒れる頃、育児休職中の女性が複数人、退職を示唆されて、ほぼ断れない状況で辞めていったことに私は心を痛めたものだった。なんとか会社に残れるようにする方策はないものかと考えたこともあったが、特に休職中でもない男性社員でさえ、少し仕事のパフォーマンスが低いだけでリストラ勧告されるような雰囲気で、仕方ないかも、と私は諦めモードでもあった。

そういう前提で、上記判決にコメントするなら、退職でなく降格なら、まだましなのではないかという、感想を私はもった。

私が以前勤務していた外資系の会社は、女性にとって働きやすい会社という評判の一方で、リストラも少なくないという評判もとっていた。私がとても怪訝だったのは、その二つが鋭い論理矛盾になりえるのに、そのことを真面目に考えてみる人がほとんどいなかったことである。

それで結局どうだったかというと、女性にとって働きやすい会社という看板の裏で、妊娠した女性、育児に大変な女性は、結局リストラのリストに載ってしまいがちだった。実はとても優秀な部下なのに、育児のため勤務時間の制約がある女性をリストラせざるを得なかった記憶が今、蘇ってきた。もちろん男女雇用均等法を盾に居残ることもできただろう。もしそうするなら、私は、一生懸命社内の別の部署を探しただろう。しかし、そこまで頑張るメンタリティの人ではなかった。

一方で、私にとってよく分からない(あるいは、ある意味分かりやすい)理由で、上位管理職に覚え目出度く、育児休暇などで休職しても普通に復職でき、しかも妙に威張っている女性もいた。そういうとき、女性にとって働きやすい会社という看板が輝いて見えたりする。このあたりの心理は、余裕にも微妙に書いた。

で、私のコメントというか問いかけは、男女雇用均等法と、リストラ吹き荒れる現場との折り合いをどうつけるか、ということである。

で、特に結論もないのであるが、強いていうと、リストラが横行する職場なら、男女雇用均等法に多少抵触しても仕方ないのでないか、ということである。私寧ろ、多少の減給、降格で、厳しい状況でも育児に忙しい女性が辞めなくて済むなら、それで会社の施策は立派だと思う。

そうしておいて、育児休暇の履歴を将来に持ち越さず、子供があまり手がかからなくなった段階で頑張れば、きちんと昇進できる仕組みを作っておく必要がある。

一方で、安易にリストラに頼らない経営施策を考えるべきである。私は、リストラされる理不尽さを訴えながら辞めていった社内の友人の怨嗟の声を昨日のことにように思い出す。リストラの前には、マタハラも脇に押しやられてしまうのである。

古書店の百円均一コーナーをみていたら、原尞という作家の「そして夜は甦る」ハヤカワ文庫というハードボイルド・ミステリーがあったので、なんとなく買ってみた。そして、積読エリアにそっと置かれた。

数ヶ月の積読期間の後に、読んでみようと思いたった理由は、著者の原尞(はら りょう)の経歴もあるかもしれない。そこで裏表紙の経歴から抜粋してみる。

1946年佐賀県鳥栖市生まれ。九州大学文学部美術史学科を卒業して上京、70年代は特にフリージャズのピアニストとして活躍。30歳頃からは意識的に翻訳ミステリーを乱読、特にチャンドラーに心酔した。

過去の学歴なんてどうでもいいと言いつつ、やはり九大卒というのは気になるし、佐賀県鳥栖市というのは、大学将棋部の偉大なる後輩、古賀一郎君の出身地でもあるのだった。そもそも、九大文学部美術史学科を卒業して、フリージャズのピアニストというのもいい。早稲田の仏文だった方がもっと相応しいような気がするが、そのミスマッチもいい。

それで読み始めると、主人公は、私立探偵の沢崎。渡辺探偵事務所の所員なのだが、所長であるはずの渡辺はなかなか姿をあらわさない。なんでも、ある事情があって雲隠れしているらしい。

そんな渡辺探偵事務所にあるとき、唐突な依頼があった。ルポライターの佐伯という人を知っているか、というものである。探偵事務所なので、特定の人物を探してくれ、という依頼なら分かるが、特定の人物を知っているか、というのは依頼としてあまりにも奇妙である。

その奇妙な出だしから、またストーリーは奇妙に展開する。ある弁護士から依頼がきて、それがなんとルポライターの佐伯を探してほしいという、ある意味まっとうな依頼がきたのだが、なぜ奇妙かというと、佐伯が妻と離婚するその手続きの場が設定されており、離婚を持ち出した佐伯の方が莫大な慰謝料をもらうというのだから、訳が分からない。もっと分からないのは、折角莫大な慰謝料をもらう場に佐伯があらわれないということで、失踪あるいは誘拐が懸念された、という次第である。

しかし、私がもっと奇妙だと思ったのは、主人公の沢崎のいちいちのセリフである。素直に応えることはまずなく、大抵、相手の癇に障るようなひねった言い方をする。で、読んでる私まで途方に暮れたりする。

そういう斜に構えた沢崎は、結構顔が広く、警察にも暴力団にも知り合いがいて、事件解決に向けて、何気に援助を仰いだりする。もちろん、沢崎なので、相手の神経に触るような言い方の連発である。

こうして、ともかくも、事件は都知事狙撃事件の裏事情につながっていることが次第に明らかになるのだが、結局、最後まで沢崎のセリフには馴染めなかった。

小説の後記のところで唐突に、「男はタフでなければ生きていられない、やさしくなければ生きる資格がない」という有名なセリフが引用された。これは、フィリップ・マーロウという男の発言らしいのだが、フィリップ・マーロウとは、レイモンド・チャンドラーという作家の小説の登場人物らしい。

なるほど、それで、「そして夜は甦る」は、いささか自明にも、チャンドラーの主題による変奏曲なのだった。すると、「そして夜は甦る」に対する違和感は、私がチャンドラーの作品を全く読んだことがない、ということに起因するのかもしれない。これはチャンドラーも「読み」だな、ということになった。

で、一貫した違和感にも拘わらず、私は「そして夜は甦る」らを、明日も仕事という夜なのに、深夜12時近くの時間まで、読み通した。普通はどんな面白い本でも、私は次の日が仕事なら、読書を中断してストイックに10時半には寝る。なので、「そして夜は甦る」に独特の魅力も感じていたのだろう。ただ、何が面白かったか、どうしてもうまく表現できないのであるが。

とりあえず、チャンドラーの「長いお別れ」清水俊二訳を読んでみるとしよう。

竜王戦は第3局で森内が1勝を返して俄然タイトルの帰趨は分からなくなった。

さて、第4局は森内の先手。普通に考えたら、糸谷の一手損角換なのだが、次の図1をご覧戴きたい。

【図1】
持ち駒:先手森内=なし、後手糸谷=なし

なんと、森内は、3手目でいきなり角道を止めた。これは一昔前なら、先手番をもった振飛車党の常道だったが、今や振飛車党でもこんな手は見かけない。角交換振飛車の可能性をなくしてしまうからである。これは糸谷の一手損角換を単に避けたという意味なのだろうか。すると気合負けのような気もするが、そういう言い方も最近はあまり聞かない。



















【図2】
持ち駒:先手森内=なし、後手糸谷=なし

なんと、糸谷の中飛車になってしまった。森内はここから居飛車にする選択肢と、相振飛車にする選択肢があるが、どちらなんだろう。ところで、糸谷は振飛車党ではないが、一手損角換で42飛と回って四間飛車にする変化がよくあるので、典型的な振飛車にも苦手感はないはずである。というよりも力戦タイプでなんでもこい、なのであった。



















【図3】
持ち駒:先手森内=なし、後手糸谷=なし

結局、森内は居飛車になった。糸谷側は部分的にはゴキ中であるが、森内側が飛車先を突いていないので、あまり例のない局面になっている。





















【図4】
持ち駒:先手森内=なし、後手糸谷=なし

この局面で、普通は83歩から銀冠に組むだろう。しかし、糸谷は力強く、74歩から打開していく。金が上ずるのを厭わない。ここから、74歩、同歩、同金、78飛。以下、図5に続く。 





















【図5】
持ち駒:先手森内=歩、後手糸谷=歩

ここから、糸谷は75歩、森内が76歩と合わせて、糸谷は65歩。糸谷が、数が少ないのに綾を求める指し方は独特である。以下、75歩、同金、65歩、同金、68飛、74飛、76歩、73桂を図6として示す。



















【図6】
持ち駒:先手森内=歩、後手糸谷=歩

ここで一日目の差し掛けとなった。この局面をみたとき私は、なんとなく森内がよさそうに思えた。なぜなら、金がうわずって、73桂とはねた形がいかにも薄いのである。森内の封じ手は当然の78金。以下、54飛、98香、64金、99玉、65歩、85歩、63金、86角、53銀と糸谷は自陣を見事にまとめた。それを図7として示す。



















【図7】
持ち駒:先手森内=歩、後手糸谷=歩

ここから、森内は88金であるが、そこからの35歩がなんとも糸谷の不思議な手だった。検討陣はこの手あたりから、糸谷が盛り返してきた、という。そこから、同歩、64銀、26歩、85桂、45銀、51飛、34歩、24角、25歩、35角、56歩。いよいよ決戦である。



















【図8】
持ち駒:先手森内=歩2、後手糸谷=歩2

森内は、56歩を無視して、35飛。やりすぎではないのだろうか。なぜなら、普通に57歩成がきびしい。以下、森内が62歩と味をつけると、糸谷は同金上。以下、42角、52飛、64角成、同金、ここで森内は単に64角と金を取るのではなくて、53歩。64角で何が悪いのだろう。ともかく、糸谷が同金と取ったとき、森内は57金と、と金を払った。すると糸谷は63金寄。以下、54歩、同金寄、同銀、同飛。ここで急所の森内はがっちり56金打。ここでは流石に森内が優勢である。ともかく糸谷は、79銀と急所の金に働きかけた。これを図9とする。



















【図9】
持ち駒:先手森内=銀、後手糸谷=角、歩6

いよいよ勝敗を決する場面となった。森内は、79銀に相手することなく65飛。それに対して糸谷は当然に64歩のような平凡な手は指さず、74角。森内も強気で64歩。ただ、これは65角と飛車を取られてどうなるかということも考えなくてはならない。ちなみに、激指は、88銀成、同玉、73金と平凡に指していて後手がいいのだという。ともかく64歩以下、糸谷は65角と飛車を取った。以下、63歩成に、糸谷は88銀成、同玉、38飛、78金と決めてから、63銀と、と金を払った。以下森内は65金、それに対して糸谷は57飛成。ここで68銀と一旦入れるのがいい手で、森内の方がいいらしい。ここで攻め合いは無理とみて、糸谷はじっと58龍と辛抱した。ここで27角も見えるが、森内は74銀と抑えて言った。激指もこの手を推す。以下、同金、同金に、糸谷は73歩とさらに辛抱した。ここで森内の64角に糸谷は62金。62銀では薄い。激指も62金で後手有利だという。森内は63銀とかぶせた。ここを図10とする。

















【図10】
持ち駒:先手森内=角、後手糸谷=金銀歩6

ここで糸谷は68龍と取った。まさに激指の読みどおりである。以下、73角成、同金、同金、同玉、74金、82玉、46角、93玉、68角、66角。いよいよ終局近くなった。





















【図11】
持ち駒:先手森内=飛歩、後手糸谷=金2銀2歩6

ここで森内は77桂だが、これは以下即詰みである。まだしも77角ではないか。なぜなら、同角成、同桂の状態は後手が詰めろになっている。実際、77桂以下、97銀、同香、77角成、同角、89金、同玉、77桂不成、88玉、99角で森内が投了した。



















激指は、図9の森内の64角を敗着と指摘する。ここは64角と出るのでなく64角打でなくてはならず、すると互角なのだという。また、図11で、66角に77桂もおかしい。上述のように77角の方が綾がある。案外、これが最後の敗着かもしれない。検討陣がこれらの手を指摘しないのが不思議である。

さて、例によって確率を計算してみると、

  • 糸谷が4-1でタイトル奪取が45%
  • 糸谷が4-2でタイトル奪取が25%
  • 糸谷が4-3でタイトル奪取が13%
  • 森内が4-3で防衛が17%
となって、ともかく糸谷がタイトル奪取の確率が83%もあるのだった。

精神の貴族

user-pic
0

確か約1ヶ月半くらい前に、皇族の女性と出雲大社の宮司が結婚したよね、と急に思い出した。時事ドットコムの記事を引用すると以下のとおりである。

高円宮家の次女典子さま(26)と出雲大社(島根県出雲市)権宮司の千家国麿さん(41)の結婚式が5日、出雲大社で行われた。新婦側は母の久子さま(61)、姉の承子さま(28)、妹の絢子さま(24)ら8人、新郎側は千家さんの両親ら13人の計21人が参列。二人は「縁結びの神様」の前で夫婦の誓いを立てた。

なぜそれを急に思い出したか自分でも分からないが、そのとき確か私は、拙い日本史の知識で、確か出雲は、天皇家の仇敵だったよね、と思い出した。そんなことは誰にとっても自明なのだろうが、目出度い宴に、そんなことをあからさまに話題にする人はいない。

実はそのとき、私は、精神の貴族という言葉も頭に浮かんでいた。その意味するところはおそらく、自分は皇族ではもちろんないし、宮司でもないが、自分だって、徹頭徹尾庶民の生まれながら、精神の貴族なのだぞ、というありえないくらいの負け惜しみだったような気がする。

そんな恥ずかしい負け惜しみなど内に秘めて、知らん顔しておけばいいのに、こんなブログにわざわざ書いて、恥の上塗りするとはどういうこと?とつい自問してしまう。そもそも精神の貴族って何よ?と自分に聞いても、明確な定義は返ってこない。

で、ふと今思い出したのだが、「精神の貴族」の出典は、若い頃耽読した、ハマトンの「知的生活」、渡部昇一、下谷和幸訳、講談社刊だったかと思い、書棚の当該の本をめくってみたが、それらしい箇所を見つけられない。それで自ら、「精神の貴族」の定義を考えてみたところ、多分であるが、金銭や地位、出自などの世俗的な価値観よりも、知的真理に価値を置く者という意味らしい。

しかし、単に知的なことに価値を置くだけだと、それは単に知的生活人というだけの話で、貴族とは呼べない。貴族というからには、何かしらノブレス・オブリージュもまた必須であるところ、私は電車の中で折角座ったのに、老人がきたらすすんで席を譲るということもない。結果的には席を譲ったりするのだけれども、いかにも渋々であって、何がノブレスだということになる。

ただ、ノブレスではないけれどもやはりどうしても今更痛感するのは、生まれだの、地位だの、あまり意味がないのではないか、ということである。典型的にはノーベル賞であって、何かのはずみにノーベル賞を貰おうものなら(中村氏のことである)、急に無謬性が想定されて、偉人に祭り上げられてしまう。こんなのもう止めようよといいたいのだが、もしかして、そういう幻想を取り去ると、世間は化粧のはげた老婆のようになってしまうのかもしれない。

まあともかく、間違っても、自分を精神の貴族などと呼ばないようにしよう、違うから。

サバイバ

user-pic
0

最近、ある知り合いがサイババの本を読んでいるというので、はて、サイババってどんな人だったっけ、と考えてしまった。新興宗教の教祖のような人かと思っていたら、どうも心霊能力を駆使する人だったらしい。それで、あれはトリックだと指摘する人もいて、毀誉褒貶もあるようであるが、ある種の聖人であったのは確からしい。

しかし、不遜にもサイババの名前を聞いて、ついもじって、サバイバという言葉が浮かんだ。すなわち、どんな会社にも、どうしてあんなに仕事ができないんだろう、という人がいるものである。何もしないでじっと、狸の置物のように机に座っていてくれればまだよい。下手に仕事をすると問題を引き起こして、周囲が後始末に大変になる。私が上位管理職なら、シベリア送りにして、給料だけ払い続けるところなのだが、スターリン下のソ連でもあるまいし、そんな人事制度があるえるわけがない。

ところが、仕事はできないはずなのに、なぜか、幾多のリストラを経て、じっと会社に居残る。最初はなんで彼が辞めないのか、と怒っていた周囲も、状況により他人のことを云々している場合でもなくなって、知らない間にうやむやになってしまう。

実は、サバイバは決して漫然と生きているのではなくて、もてるすべてのエネルギーを生き残りに懸けている。そうなると、多剤耐性菌ではないが、これほど強かな者もいない。

会社側には、ロックアウト解雇と言う手もありえるが、会社側の法的ライアビリティも小さくないので、そこまで踏み切れない。

会社側が期待することは、下手に良識を使ってくれることである。ここまで言われて、大の男が会社に残れるか、と粋がってくれれば最高である。ある意味、私も下手なプライドであっさり、早期退職を呑んだのであり、私はサバイバとしては失格だった。

実は、真のサバイバは、みかけ以上にはるかにしぶとい。うまく上司に取り入り、気の弱い同僚をうまく利用したりもする。どうみても本当にリストラになる人達の方がはるかに会社にとって重要であったりする。

多分であるが、スターリン政権下で粛清を免れた人達は確実にサバイバであったはずである。

ともかく、サバイバの生態学は、あまりにも研究がなされていないのだった。

私は今まで、プロ編入試験第1局プロ編入試験第2局と、今泉氏を応援してきた。具体的には、ニコ生のWeb中継にログインして、何度も接続から追い出されながらも、手に汗握って、見守ってきた。

その甲斐あって、というのも変だけど、首尾よく二連勝したので、これは一気にプロになれるな、と私は楽観した。

で、第3局は今までと違って、平日の火曜日。なんで?と思ってしまった。いくらなんでも、休暇をとってまでニコ生で応援する気にはなれない。でも、11月18日の火曜日、仕事しながら、どんな将棋になっているのだろう、と気になっていたのも確かである。

ところが、会社から帰ってみると、もう今泉氏が負けてしまっていた。

以下、朝日新聞のWebからの引用:

戦後の将棋史上、最年長のプロ入りをめざす朝日アマ名人、今泉健司さん(41)=広島県福山市=は18日、東京・将棋会館であったプロ編入試験五番勝負第3局に臨んだが、三枚堂(さんまいどう)達也四段(21)に敗れた。シリーズ初の敗局で通算2勝1敗。残る2局で1勝すればプロになれる。第4局は12月8日、同会館で石井健太郎四段(22)と対局する。

今更のようにC級2組の星取表を眺めてみた。すると、第1戦の宮本広志四段は1勝4敗、第2戦の星野良生四段は3勝2敗、第3戦の三枚堂達也四段は3勝2敗。こうしてみると、今泉氏にとって、3勝2敗の成績の人は、綾がある、すなわち、勝つか負けるか分からない。そして、次の相手の石井健太郎四段は4勝1敗、さらに次の竹内雄悟四段も4勝1敗、と手強さが微妙に増している。

そして、心配性の私は、今泉氏、大丈夫か、とちょっと不安になってきた。おいおい、お前が指すんじゃないぞ、百戦錬磨の今泉氏なんだぞ、と改めて自分に言い聞かせた。

ここまで私が今泉氏を応援するというのは、ある面では今泉氏の出身が福山ということでほぼ私と同郷というのもあるし、結局人生万事中途半端で何一つ初志貫徹できなかった私の代わりに貫徹してほしいという思いもあるし、ややマンネリ気味の将棋界に新風を吹き込んでほしいというのもある。

で、なんとか次で決めてほしい。石井四段は手強いが、勝てない相手でもなかろう。まあ、これも綾か。

尊厳死

user-pic
0

先日、知り合い二人と新宿のとある大衆酒場に飲みに行ったとき、米国人らしき人達がそばにいた。私以外の二人は、何やら英語で米国人に話しかけていたようであるが、私は黙っていた。

その様子をみていた二人は、後で、「お前は少しは英語がしゃべれるのかと思ったぞ、失望した。」と私に言うので、私は困ってしまった。そもそも私は確かに20年以上も外資系にいて、少なくとも10年は米国人の上長をもつ管理職として、仕事で否応なく英語で打ち合わせなくてはならなかったので、生きていくため仕方なく必死で英会話を学んだ。しかし、英会話のセンスがないので、なかなかうまくならなかった。それでも5年以上毎日1時間以上、FENだのEnglish JournalのCDだと聴くという努力を続けてやっとなんとかしゃべれるようになった。それでも聞き取りは本当にネイティブのペースでしゃべられるといつまでも苦労した。しゃべる方がまだしも自分のペースでやれるので、楽なのである。

しかし、2006年に管理職を降りてからは、急速に英会話をする機会が減り、それから8年経ってみると、もともとメッキ程度の英会話力だったのだから、知り合いに嗤われるレベルなのも仕方ないのだった。

ただ、言い訳だが、英語の読み書きとなると、まだましだと思っている。というのは、28歳の頃から英語の雑誌TIMEを読み始め、今に至るまでずっと購読を続け、忙しくて読まない週もあったが、基本的には真面目に読んできた。そうやって日常的に英語を読んでいると書く方も自然になんとかなるものである。だから米国出張に行ったとき、知り合いのイギリス人にある文章を書いてみせたとき、君は会話は相当下手だが、文章は自分が知り合いのフランス人よりいい、と褒めてくれたのも必ずしもお世辞ではないと思っている。

なので私は今でも通勤電車でTIMEを読んでいるのだが、先日、TIMEで、'Death with dignity' advocateと題する短い記事をみつけた。ああ、日本でも話題になったあの'事件'なのだな、と勘が鈍い私でも察しがついた。そこで私なりに改めて記事をまとめてみて、必要に応じてコメントする。

ご当人は、Brittany Maynard. おそらく、仮名表記では、ブリタニー・メイナードなのだろう。そこで以下、メイナードで通すことにする。

メイナードは、今年の1月に末期の脳腫瘍と診断され、カリフォルニアからオレゴンに引っ越してきた。その理由は、オレゴンが、医師による安楽死が認められている数少ない州だからである。キリスト教が浸透している米国では、安楽死が認められている州はオレゴン以外にあと2つしかない。

そして、望みが叶って、メイナードは、医師に処方された安楽死薬を飲んで、11月1日に自らの意志であの世に旅立ったのだった。享年、まだ29歳だった。

メイナードが安楽死を選んだ理由は、日々悪化する末期癌の苦しみを避けたかった、ということである。私は一応スピリチュアリストなので、シルバーバーチの教えにより、死のタイミングは神に委ねるべきで、自ら選ぶべきでないと概念的には知っている。実際、世の中の良識あると言われる多くの人は、場合により声高に、メイナードのやり方に反対するだろう。しかし、私はどうしても自信をもってメイナードに反対できない。もちろん、私が末期癌になったとしてメイナードのやり方に倣うという自信もない。そういう曖昧な態度ではいけないのかもしれない。

米国では1990年代に、ジャック・ケヴォーキアンという医師が積極的に安楽死の処置を行い、議論を巻き起こした。自殺幇助の殺人罪で告訴され、収監されたほどである。

しかし、ケヴォーキアンの啓蒙活動の結果、安楽死に共鳴する人達が米国に増えているのも確かのようである。メイナードは、元教師として、死ぬ前の最後の数週間を、安楽死の啓蒙活動に充てた。それは、メイナード自身の最後の日々のイメージのビデオを発信するものだったが、決して死の影を強調するものではなく、家族との生活を楽しみ、訪れたたかった場所を訪ねてみるという、死よりも寧ろ生をイメージさせるものだった。

それを観た安楽死反対派の人たちは、メイナードに、意志を考え直すように訴えたのだが、メイナードは聞き入れず、自らが決めたとおりに死んでいった。

そういえば、私が尊敬する作家の一人、吉村昭氏は、晩年末期癌になったとき、自ら死期を早めたのだった。こちらのブログから、引用させて戴く。

そして手術から半年過ぎたある日、突然点滴の管のつなぎ目を外し、中心静脈に入れたカテーテルと胸に埋め込んであるカテーテルポートをむしり取る行動に出る。看護師や家族の静止に、末期がんの病人とは思えないような激しい力で抵抗する。延命治療を望んでいなかった夫の強い意志に、夫人も娘も「もういいです。」と涙声で看護師に告げるのです。そして数時間後に他界します。佐藤泰然のような死を選んだのです。

ある意味、メイナードと似ていないだろうか。

ロゼッタ

user-pic
0

日本ではもうすぐ、はやぶさ2はやぶさ2が打ち上げらるが、読売新聞の記事によると、欧州宇宙機関(ESA)が2004年3月に打ち上げた、彗星探索機「ロゼッタ」が、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の付近に今年8月に着いて、観測しているという。

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星は、地球から5億キロメートル離れた火星と木星の間にあり、長さ約4キロメートルで、氷とちりなどがくっついた形をしている。

そして現在、彗星から20キロメートルの距離にあって、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の表面に向けて着陸用小型機を放出したという。着陸用小型機は、7時間かけて降下し、彗星表面の様子を撮影したり、ドリルで地表に穴をあけて物質を調べたりする。これが成功すると、世界で初めての彗星着陸となる。

というのだが、読売新聞Webに以下のような続報があった。

欧州宇宙機関(ESA)は15日、「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星」(長さ最大約4キロ・メートル)に降下した彗星探査機「ロゼッタ」の小型着陸機が、システムのほとんどを停止し、「休眠状態」に入ったと発表した。
小型機の太陽電池に十分な光が当たらず、必要な電力が得られていないという。
小型機は、彗星表面に含まれる物質などを調べ、太陽系の起源などを探るロゼッタの探査計画で重要な役割を果たす。小型機が着陸直後に行った初期観測のデータは、彗星上空のロゼッタに既に送られたが、このまま休眠が続くと、今後の調査は、計画通りに進まない恐れが出てきた。

当たり前だが、特に宇宙では、予定外のことが起きるものである。一方で、面白いのは以下のITMediaの記事である。

史上初の彗星着陸ミッションを成功させた探査機「ロゼッタ」は、チュリモフ・ゲラシメンコ彗星が発する不思議な"歌"をとらえていた。欧州宇宙機関(ESA)がその"歌"をSoundCloudで公開している。
その"歌"に気付いたのはロゼッタが同彗星に到着した8月。彗星周囲のプラズマを調べる「RPC」(Rosetta Plasma Consortium)の科学者が、同彗星の地場の振幅の中に、不思議な"歌"を見つけた。それは40~50mHz(ミリヘルツ)と人間の可聴範囲よりかなり下だったが、SoundCloudでは人間に聞こえるように加工した音源を公開している。
科学者はこの現象について、中性粒子を放出する彗星の活動と関連している可能性を指摘しているが、はっきりしたことは分からないという。科学者は「全く予想もしていなかったことだ。何が起きているのか理解するために研究を進めている」と話している。

当たり前だが、宇宙には信じられない現象が未発見で潜んでいるようである。面白い。

はやぶさ2

user-pic
0

もう4年以上も前に、はやぶさ2の記事を書いたが、読売新聞科学欄の記載によると、いよいよ、はやぶさ2が完成し、11月30日に種子島宇宙センターから打ち上げられるという。

はやぶさ、帰還確定などにも書いたように、はやぶさが目指して無事帰還したのは、イトカワだったが、今回はやぶさ2が目指すのは、1999JU3という小惑星である。52億キロメートルの行程である。

太陽系には無数の小惑星が飛び交っているが、ほとんどは火星と木星の間の軌道にあって、地球から探索機を飛ばすには遠すぎる。ところが例外的にそこから外れて比較的地球の近くまでやってくる小惑星もあり、イトカワや1999JU3がそうである。イトカワが長さ535メートルで動物のラッコのような形であるのに対して、1999JU3は直径約900メートルの、サトイモ形である。

イトカワが実質的に岩石からなる惑星であるのに対して、1999JU3は岩石、有機物、水からなるので、宇宙生物学的にも探索の意義は大きい。

さて、はやぶさ2は、1メートル×1.6メートル×1.25メートルで重さ600キログラム。はやぶさより少し重いが、実質的な違いは、探索用の衝突装置にある。衝突装置は重さ9.5キログラムで、爆薬を仕込んであって、小惑星の上空数百メートルで爆発させ、銅製の蓋を秒速2キロメートルで地面にぶつける。これによってクレーターができるので、地中の岩石も採取できる。もし1999JU3に住人がいたら、なぜか関西弁で、「なにすんねん!」と怒るだろうが、流石に住人はいない(多分)。

衝突装置の爆発の間に、はやぶさ2は地上からの破片が当たらないように退避しているが、分離カメラが地上に残り、監視する。

ここまでの記述では、岩石をどうやって採取するのかがまだない。読売新聞科学欄に続編があるというので、期待する。

ところで、今更であるが、参照性とは、私にとって、読みやすさや面白さよりもまず、目に付いた情報を詰め込むことを主眼とすることなのであって、見たことはないが、警察の調書、あるいは刑事の聞き込みメモもそうなのかな、と推理小説を沢山読んでいるので、思った次第である。

思考の蓄積

user-pic
0

若島正氏の「華麗な詰将棋」光文社を読んでいて、敬服することは多いのだが、一番感心したのは、若島氏が中学生のとき、五手詰の詰将棋に1ヶ月も悩んでとうとう降参し、回答をみて、妙手にショックを受け、それから詰将棋の魅力に憑りつかれたというくだりである。私は、1ヶ月も考えるのかと、その思考の粘り強さに頭が下がった。

それから私は、ともかく分からなくても考え続けることが一番の修行だと、1つの詰将棋に何時間も考えるようになった。尤も仕事があるので、一旦思考を頭のレジスタに退避して仕事にとりかかり、仕事が終わって帰路の電車に乗ると、レジスタから取り出すのだが、コンピュータでなく生身の頭なので、ちょっと記憶があやしくなっている。

ともかくそうやって、分からないと丸二日くらいは1つの詰将棋を考えるようになった。ただ、丸二日が私には限度で、それを過ぎるとギブアップしたくなるのだが、今のところ、36題考えて、ギブアップしたのは一題だけである。なんだ一題ギブアップしたのかと言われそうだが、私にしてはそれが精いっぱいなのである。

そういうモードだと、一題に5時間くらい考えるのはまあましな方であるが、そうやってなんとか解けた問題を、例によって携帯メールで棋友に送ってみた。その棋友は私より詰将棋が得意なので、流石に5時間ということはないが、それでも20分くらいは考えるのではないかと思っていたら、メールを送ったかと思ったらあっと言う間に返事が来て、もう解けたという。3分もかかっていない。5時間と3分ではあまりにもなのであって、私がしばらく呆然としたのは言うまでもない。

しかし、下手な考えてでも長考する癖をつけた私は、最早簡単にはへこたれなくなった。棋友は棋友、自分は自分でまた帰りの電車で、「華麗な詰将棋」を解き始めた。なぜへこたれないかというと、私は最早、考えることそのものに価値を置くようになったのである。

そして私が気づいたのは、私に不足しているのは思考の蓄積なのだった。すなわち、どんなことであれ、延々と考える時間が必要なのである。例えば、田舎から東京に出てきて、東京の地理を理解するにはともかく、迷ってもいいので、いろいろ歩いてみなくてはならない。

ただ、例えば自宅と会社の間だけ往復するような(それは、私なのだが)行路では、同じことの繰り返しで、蓄積にならない。

付言すると、棋友が3分で解けるものを私が5時間かかることがある、というのは、私の思考が局所最適に陥りやすい、ということなのだ、ということを改めて発見した。確かに私は、思い込みが強くて、一旦思い詰めたとき、思考を転換するのが苦手である。なので、詰将棋でも1つの変化に迷子になって、いつまでもそこから抜けられないので、詰将棋を解くのが苦手、ということなのだった。そして私は今、長考することで、局所最適の山から下りて、隣の山に登る方法を模索しているところなのだった。こういうのも、辿り来て未だ山麓というのだろうか、多分違う。

順位戦の勝敗に進展があったので、例によって、A級順位戦とB級1組順位戦の昇降級確率を計算してみる。先ず、A級からみてみる。

すると、以下の表から見てとれるように、順位戦男であるはずの森内竜王が、実質的に挑戦権から脱落したことが分る。普通なら、この段階で2勝3敗なら、まだ十分目があるのだが、行方、深浦、広瀬の三人が4勝1敗で突っ走っている、という極めてハイレベルの戦いになっている。

順位棋士名レーティング挑戦権の確率決定戦になる確率降級確率
1森内俊之竜王2317672.2%2.2%10.0%
2行方尚史八段41180543.5%25.5%0.0%
3渡辺 明二冠2318812.2%2.2%12.4%
4佐藤康光九段32179416.4%12.3%1.3%
5深浦康市九段41182243.7%25.2%0.0%
6三浦弘行九段1417290.0%0.0%53.6%
7久保利明九段32178114.1%11.3%3.7%
8郷田真隆九段2318352.5%2.5%25.2%
9広瀬章人八段41181041.2%25.9%0.9%
10阿久津主税八段0516870.0%0.0%92.7%

次に、B級1組であるが、ここでも山崎と佐藤天彦が7勝1敗で突っ走っていて、屋敷と木村が5勝2敗で追走する。コンピュータで下手な計算しなくても誰がみたって、この四人の中から昇級者が出ててくると考えるのが妥当である。

降級の方は、飯塚、畠山、谷川、藤井の順に苦しい。そしてその他はほぼ昇級にも降級にも関係ない。漁夫の利を得る可能性があるのは、丸山だけである。本命視されていた豊島も、その他大勢に押しやられてしまった。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1屋敷伸之九段 52177523.6%0.0%
2谷川浩司九段 1616500.0%39.5%
3豊島将之七段 4418511.7%0.0%
4松尾 歩七段 3417580.3%1.1%
5丸山忠久九段 4318057.3%0.0%
6山崎隆之八段 71176784.2%0.0%
7橋本崇載八段 4316990.1%0.1%
8木村一基八段 52175327.1%0.0%
9畠山 鎮七段 2516170.0%39.7%
10藤井 猛九段 2617000.0%21.5%
11飯塚祐紀七段 0815790.0%97.2%
12佐藤天彦七段 71179555.2%0.0%
13村山慈明七段 4317210.5%0.8%

日輪の遺産

user-pic
0

鉄道員を読んで、浅田次郎氏が練達のストーリー・テラーであることに舌を巻いた。

それでいきなり浅田次郎のファンになるかというと、そこは人間心理とは分からないもので、人間関係でも、いい人だと分かったからといって、直ちに好きになるというものでもない。

それで、古書店で浅田次郎の「日輪の遺産」講談社文庫を見かけたときも、まあとりあえず買っておくか、くらいの軽い気持ちだった。

なので、朔立木の「深層」光文社文庫を読み終えた後、「日輪の遺産」を通勤にロードしたのは、一種の気まぐれでしかない。

ところが、読み始めていきなり、頭の中で、ガガーンという音がしたような気がした。場面は、終戦直前、横河電機の三鷹工場に動員されている女学生たちの会話から始まる。まさに毎日三鷹に通っている私は、親近感を感じたのだが、うまく言えないが、何か運命のようなものを感じたのも確かである。

そんな女学生たちの辛い作業の日常を破る出来事が起きた。なんと、トラックが女学生たちを迎えにきたのである。軍の密命を帯びてやってきたらしい。トラックに乗ってやってきたのは、到底軍人にはみえない官僚のような少尉だった。少女たちは、まるで遠足に行くような浮き浮きした気持ちでトラックに乗り込んでいく。

軍の密命とはまさに、日本の忍び寄る敗戦と深く関係するものだった。そしてそれは、日本軍の最高首脳部、すなわち、阿南陸軍大臣、梅津大将、杉山元帥、田中軍司令官、森近衛師団長によって画策されたものだった。すなわち、マッカーサーがフィリピンに隠した、現在の価値で200兆円にも相当する財宝を、山下大将と本間中将の部隊が日本に密かに運び込んでいたのを、ポツダム宣言受諾後、米軍が進駐したきたときに目につかないように隠密裏に山中に隠匿する作業であって、その使命遂行に密かに選ばれたのが、近衛師団の真柴少佐、小泉中尉、そして敢えて名前が示されない曹長の三人だった。

そしてその実作業に選ばれたのが、横河電機の三鷹工場に動員されている女学生たちなのだった。作業は、B29の空襲を掻い潜って着々と進められていく。しかし、日本軍の内部にすさまじいクーデターが起きた。軍の首脳部がポツダムを受諾することを知った主戦派が、天皇を擁して軍部を乗っ取り、戦争を継続しようとしたのである。その一部は、例えば、これは、2.26事件など生易しいものに思えてしまうほどすさまじいものであり、森近衛師団長斬殺事件は、その一部である。阿南陸軍大臣も自害した。当然に上記軍の密命は甚大なる影響を受けるのだが、真柴少佐、小泉中尉、曹長の三人は、異常ともいえる責任感で、与えられた任務を遂行していった。動員された少女たちも、である。

しかし結局、一方の強大な流れにより日本はポツダムを受諾するが、真柴少佐は日本軍消滅後、彼なりのやり方で、与えられた密命を引き受け続ける。

その軍部の圧倒的リアリティと、時間を超えて終戦直前の事件が平成の世に反映する有様は、否応なく興味を誘う。

終戦後、日本に進駐してきたマッカーサーは、当然に、自分がフィリピンに隠匿した宝物を日本軍が持ち去ったことを知っており、進駐軍独特の傲慢さで、それがどこに隠されたかを強引に捜査を開始した。その過程は、このストーリーの白眉なので、敢えて書かない。

そして、時を隔てて平成の世で、知らないうちに密命に関与しはじめるのは、丹羽という不動産屋と、海老沢という市のボランティア。その二人を密命に引き込んだのは、突然死してしまった真柴元少佐なのだった。

この歴史的リアリティと、それに弄ばれる人々の運命と、関与する人々の日常の、浅田次郎による記述の巧みさは、圧倒的である。

そして単なる戦争小説、歴史小説、あるいは宝探し小説に留まらないスケールの大きいストーリーも感服である。浅田次郎、おそるべしである。

読売新聞によると、いまどき定年のない会社があるという。それは、藤沢にあるオグニ精機という切削工具の会社で、「健康であれば、何歳まで働いてもらっても構いません。」と社長がいう。

すると自然に考えると加齢による衰えから、仕事に支障はないのかと考えるが、年配者には過去の蓄積があって、即戦力になる。若手に対する刺激にもなる、という。

すなわち、若手なら一人前になるのに5年かかるが、年配者は経験、技術があるので、1ヶ月で十分なのだという。

まあ確かに、伝統工芸などの分野では、亡くなるまで名人芸を発揮する人は少なくない。切削工具の分野もおそらく、伝統工芸と同様に、急な技術革新がないので、年配の人が深く静かに専門技能を熟成させ、力を発揮しやすいのだろう。

社長は、体力はいくらでもカバーでき、なにより素晴らしいのは、年配者は生きる力があることである、というのだが、ここでいう生きる力というのは、経験を活かしてその場で機転をきかせて工夫する力のことのようである。

そのようなスキームが成立する理由はどうも、採用方針にあるようである。というのは、社長は大手メーカーを退職するめぼしい社員に声をかけ、来てもらうのだそうである。そうやって採用するのは2~3年に一人、というのだから実はその時点でかなり人選を絞っている。

そういう第一級の人材なので、何歳になっても力を発揮できる、ということのようであり、もともといる社員が何歳まででも自由に働けるというのはちょっと違うようである。

ともかくそうやって採用した年配者は責任を果たすならいつ会社に来てもよく、なのでウィークデーに旅行に行く人もいる。これは、高給ではないにしろ、フェローのような地位だと思う。

それに、定年を本人が決めるとあるが、普通はそんなことしたら老害社員がはびこってしまい、大変なことになる。これも推測であるが、社長が選んだ人材は、志が高いので、自分で進退を判断できるのであろう。

そういう前提をわざと隠すような記述なので、誤解を招くのではないか。なので相当に例外的な条件でしか成立しないと思う。

本音をいうと、私も歳をとっても働きたい。しかし、オグニ精機に定年後に採用してもらうような人達のスキルと志の高さが私にあるのかどうか自信がない。しかも、一旦リストラを導入するとオグニ精機のようなやり方は破たんする。なぜなら、若い人を切っておきながら、老人はいつまでもいてもいい、というスキームはありえないからである。

よって、業績がいいこと、コンピュータ化など急速な技術革新がないこと、老人がスキルが高く呆けない人で志が高い、などの条件付きで初めて成立するのだと思われる。

深層

user-pic
0

朔立木の死亡推定時刻が私が今まで読んだ中でも上位の面白さだったので、同じ作家の「深層」光文社文庫を読んでみた。

「深層」は短編集で、いずれもどこかで聞いたことがあるような事件を題材に、朔立木が独自の味付けを施したものである。その短編とは、「針」、「スターバート・マーテル」、「鏡」、「ディアローグ」の四編である。

「針」は、大学病院の担当医師が、超過勤務で多忙なときに、朦朧として院内感染を抑える薬の分量を間違えてしまう、というものである。確かにそういう事件はあったような気がする。私が知っている事件というのは、医師が抗癌剤の分量を間違えて結局患者が死んでしまった、というものだが、この話では患者そのものはそこまで深刻なことにはならない。

そもそも、患者が悪化したのは、必ずしも薬の分量を間違えたことではなくて、別の医師の不首尾だったりした。それなのに、ある意味人がいい担当医師は、知らない間に陰謀のように他の医師の責任を押し付けられて、次第に追い詰められていく、というものである。そこまで深刻ではないにしても、外資系の会社にいた時代、いつも他人の尻拭いをさせられていた私も、ちょっとそれに似ている。そのときはまあツキをためているんだ、そのうちにツキを使っていいこともあるだろうと思っていたら、なんか早目に退職することになってツキはリセットされてしまった。担当医師も追い詰められる一方なのだった。いかにも割り切れない。

「スターバート・マーテル」は、まるで池田小殺人事件の犯人のような男の妻の独白という形をとる。あれっ、池田小殺人事件の宅間被告に奥さんはいたっけ、と考えたら、いなかったような気がする。あれっ、Wikiをみたら獄中結婚とある。ともかく、現実の事件の模写ではないので、「スターバート・マーテル」では、本当に暮らした妻である。その妻の独白が、いかにも矛盾にみちた、一種宗教的な色合いを帯びた格調の高さで、私は却ってとまどってしまった。ドフトエフスキーの罪と罰がそうだったっけ、と思い出そうとするのだが、そもそもドフトエフスキーの罪と罰、まともに読んでいないのだから、思い出せるわけがない。

「鏡」は、高速道路で手錠をはめられた女子中学生が車から落ちて亡くなった事件があったが、それを題材にして、朔立木が変奏曲を奏でる。すなわち、亡くなった女子中学生と微妙にあやしいモードで付き合いがあった中学校の先生が、亡くなった女子中学生と付き合った日々を回想して切なくなっていく、というものである。一方で中学校の先生は、捕まった犯人と他人の空似のように似ていて、周囲からからかわれて困惑する。

「ディアローグ」は、有名放送作家の主人公の妻と息子が実は重度の鬱病で、それで台本書きながら家事もこなすという努力を続けるのだが、家族の面倒に押しつぶされそうになるうちに悲劇が訪れるといういかにも救いのないストーリーなのであった。これはもしかして現実の事件を題材にしていないのかもしれないが、逆にいうと、世間にありそうな、それていて悲痛な話なのだった。特に妻が大学時代マドンナで、才色兼備、それを田舎者だった主人公が射止めるという、禍福あざなえる物語なのだが、結局、禍多くして福はどこにいった、ということになる。

読み終えて思ったのだが、死亡推定時刻と違って、どのストーリーも現役弁護士の法律スキルをわざとのように全く使っていない、それでいて一線級のストーリーに仕上がっている。まるで、帚木蓬生が医学の知識を盛り込まないですぐれた小説を書くような懐の深さだと思った次第である。

ただ、朔立木がストーリーをハッピーエンドとしないところは、好き嫌いが分れると思う。私はというと、この世は仏教的にいうならもともと苦界なので、朔立木的ストーリーがリアリティがあっていいと思っている。

矢作直樹

user-pic
0

新聞の書籍広告を眺めていると、ときどき、矢作直樹という人の著書が目につく。どうも私に比較的なじみのあるスピリチュアルなテーマなのだが、その肩書きをみて驚いた。東大医学部の教授で、東大病院救急部の集中治療部部長でもある。そんな人がスピリチュアルな本を書いても学内で批判されないのか、と怪訝になった。

私がそう考えてしまう理由は、東大助教授だった福来友吉博士のことがあるからである。福来博士は、明治時代に、心理学の研究を通じて、超能力に興味をもち、超能力をもつといわれる女性に依頼して、念写や透視の公開実験をしたが、普段はうまくいくのに公開の場では失敗してしまい、イカサマ師であると非難された。それでもめげず実験を続けて、「透視と念写」という本を出版したが、東大の教官として、そのような本を出版するのはいかがなものかと警告され、結局居づらくなって東大を去った。

矢作氏の著書は、それよりもはるかにスピリチュアルな内容なので、それでも特に文句を言われないとしたら、時代の流れというか、世間が以前よりもスピリチュアルな思考になじんできている、ということかもしれない。

ただ、新聞の書籍広告だけでは詳しい内容は分からないので、矢作氏の代表作かどうか分からないが、「人は死なない」バジリコを買ってみた。そして読んでみると、予想外に真面目な調子で、こうすれば幸せになれる、みたいなよくあるスピリチュアル本の安易な調子ではないので、ある意味拍子抜けしたというか、一方で安心した。

そこで簡単に内容について触れてみる。すると、矢作氏が小学校のとき車にはねられて瀕死の重傷を負ったというところに注目した。交通事故で車に轢かれて亡くなるというのはよく聞く事件なので、矢作氏は生き延びる運命だったかと、この時点で考えた。

ところが、なぜ医者になったのか、という理由はとても安易で、医師の資格があれば何かと有利なのではないか、というとても常識的なものであった。もちろん、金沢大学という国立大学の医学部に合格できるのだから成績もよかったのだろう。それにしても、困った人を助けたいとかそういう構えた様子が何も書かれない。

そして矢作氏の最大の趣味は、登山なのだった。金沢大学はもしかして場所柄で選んだのかもしれないが、なにしろ授業がないときは山にこもりっきりだった。そういう職業があるかどうか知らないが山岳関係の医師になれればいいと思っていたくらいである。

しかし、ありがちなのだが登山で二度も遭難してしまう。どちらも死んでいてもおかしくないほどのひどい状態なのだが、不思議に一命を取り留めた。一度目の遭難では懲りなかったが、二度目の遭難では助かったとき、どこからかもう山に登るな、と声が聞こえたような気がした。それで登山はその後完全に止めた。

これに関する私の解釈は、どうも矢作氏はあの世からスピリチュアルな伝道師の役割を任じられているのではないか、というものである。すなわち、眠っているスピリチュアルな性質を呼び覚ますためには、子供のときの交通事故と二度に亘る登山での遭難という経験が必要だったのかもしれない。どれも死んでもおかしくない程度なのだが、何か生きなくてはならない使命が生きさせたのだろう。

そういうスピリチュアルな感性をもって医師の仕事をすると、普通の医師が見過してしまうことが見えてしまう。しかも矢作氏は日々人が死んでいくような救急医療の現場にあるのである。

そこで矢作氏が特に疑問に思うのは、生死の分かれ目である。大した症状でもないと思われる人が簡単に肺炎などの感染症で亡くなるかと思うと、一方で、医学的な常識では到底助からないと思われる重傷の人が助かって、次第に回復したりする。

また、患者から臨死体験の話を聞いたりする。多分矢作氏ご自身は、霊が見えたりする、いわゆる霊能は強くないのかもしれないが、日々の医療現場で患者と接してスピリチュアルな思考を深めていらつしゃるようである。

矢作氏には、名誉欲のようなものもあまり感じられない。東大教授になったのも、世間的知名度があった方がエヴァンジェリストとして何かと都合がいいという霊的配慮なのだろうか。

女流本因坊

user-pic
0

数ヶ月前に、藤沢里菜が中堅クラスの男性棋士にも普通に勝っていると書いた。そのとき、向井千瑛女流本因坊に挑戦が決まっていたが、流石にタイトルを奪取するだろう、とは断言しなかった。というのは、向井女流本因坊も男性と比較しても決してひけは取らず、NHK杯戦で柳時薫九段に勝っているからである。

ところが、蓋を開けてみると、下記の朝日新聞の記事にあるように、3連勝で藤沢里菜がタイトルを奪取したので、流石に日に日に強くなっているのだと感心した。

囲碁の第33期女流本因坊戦五番勝負(共同通信社主催)の第3局は7日、東京の日本棋院で打たれ、挑戦者の藤沢里菜二段(16)が向井千瑛(ちあき)女流本因坊(26)に233手までで黒番5目半勝ちし、3連勝でタイトルを奪取した。女流本因坊は序列1位の女流タイトル。80人以上いる女性プロの中で、最年少の藤沢二段がその座に就いた。女流本因坊獲得者としても最年少となる。

世間のいろいろな分野で、小さいうちから才能を発揮する分野というのは結構あるが、囲碁や将棋で、年齢が比較的低いときから正式なプロになれたような人で大成しなかった人はほとんどいない。将棋では谷川、羽生、渡辺明、囲碁では趙治勲、井山六冠、村川七段などである。ほとんど外れがない。少なくとも私の知る範囲では、中学生くらいのうちにプロになれた人は少なくともタイトルは取っている。

その法則からいくと、藤沢里菜は、今は男性棋士の中堅レベルであるが、今からもっと伸びることは間違いない。なんとか山下敬吾や高尾紳路のような一流プロに肉薄してほしいものである。

一方、将棋の方で先日言及した西山二段であるが、二段になった直後の奨励会で三連敗してどうしたのかと心配していたら、11月の奨励会で三連勝して、そのうちなんとか三段にはなれるのではないかと思わせるものがある。

とはいえ、将棋界では、女性が男性にも混じって中堅クラスに位置づけられるようになる日が簡単に来るとは思えない。そこには何か見えない大きな壁があり、里見三段もその壁にぶつかって悩んでいるのかもしれない。

将棋界におけるこの男女格差の理由は何なのだろうか。それは世間で喧伝されている、男女雇用均等法云々という問題ではない。もっと能力の本質に根差すものである。それで、何一つ私のオリジナルな意見はないのだが、その理由らしきものを並べてみる。

  1. 男女の数理能力の才能の差。女性初のフィールズ賞に書いたように、少なくとも数学の実績では、男女間に相当の差があるのは否めない。
  2. 数学や科学の才能と、将棋や囲碁の才能は少し違うが、将棋や囲碁にも男女間の才能の差があることも厳然たる事実であろう。
  3. それならなぜ、囲碁の方が将棋より女性が活躍しているのか。囲碁の方が、まだしも将棋より女性に向いているのか。
  4. 囲碁より将棋の方が激しいゲームと言われるが、囲碁だってきりぎりの攻め合いなど、厳しさは、ちょっと性質は違うかもしれないが、将棋に劣らない。
  5. 女性を育成するシステムの違いだろうか。多分であるが、将棋と同じシステムでプロを登用するなら、囲碁でプロになる女性は減るだろう。しかし、それだけではないような気がする。

竜王戦はサイクルが早くて、もう第3局である。自分自身による7番勝負の計算にバイアスされて、このまま糸谷が寄り切ってしまうような感覚に捉われているが、実際の勝負となると分からないのだろう。

さて、第3局は糸谷の先手。糸谷は居飛車党であるが、あまり矢倉を指しているのを見たことがない。先手なら角換わり、後手から一手損角換わりか、普通の角換わりがメインである。果たしてこの将棋も糸谷の角換わり腰掛銀となった。

なお、今まで自己参照用として棋譜だけで手順を記述してきて、後からみて自分でも分かりにくいと感じたので、局面の図面を入れてみることにした。やり方の概略は、Webの棋譜再生画面で、棋譜を私のPCにダウンロードし、ダウンロードした棋譜を激指10で再生しつつ、スナップショットの画面をスクリーンキャプチャする。こういうやり方でいいのは、激指10に次の手は何がいい?と尋ねることもできる。

持ち駒:先手糸谷=角、後手森内=角

さて、局面は淡々と進み、40手目のこの画面をご覧戴きたい。なんと、同形であって、このまま普通に指すと、先手必勝というのが富岡定跡なのだった。なのでもちろん、森内が富岡定跡を踏襲するわけがない。以下、45歩、同歩、15歩、同歩、75歩、同歩、35歩のとき、森内は86歩と変化した。下記にその局面を示す。



















持ち駒:先手糸谷=角、後手森内=角、歩3

へえ、こんな手があるのかと驚いていたら、とっくに中田宏樹八段が指した新手なのだという。ここで激指は、同銀、16歩、74歩、17歩成のような手を推奨するが、正解なのだろうか。ちなみに、本譜は、86同歩、76歩、同銀、86飛、87銀、81飛、82歩、71飛、74角、62金、83角成と進んだ。すなわち、糸谷が手を渡した。下記にその局面を示す。



















持ち駒:先手糸谷=歩、後手森内=角、歩4

ここから森内は、77歩、同桂、86歩、76銀と味をつけておいてから、35歩と手を戻した。ここから糸谷が攻める番である。24歩、同歩、23歩に、森内は36歩と反撃する。以下、45桂、37歩成。ここでの先手の次の手は、激指によれば33桂成であるが、それでもここでは後手が有利なのだという。で、糸谷は単に29飛であるが、森内は45桂を銀で食いちぎって、38角。ここでは最早後手がいいらしい。下記にその局面を示す。糸谷、どこが悪かったのだろう。



















持ち駒:先手糸谷=銀歩2、後手森内=桂歩4

ここで糸谷は、38馬、同と、69飛とするのかと思ったら、いきなり22銀と打ち込んで、42玉、33銀成、同金、43歩、同玉、44歩、42玉としてから、38馬と取った。同とに、糸谷は69飛でなく26飛と浮いた。すると、当然ながら49角が厳しい。























持ち駒:先手糸谷=角銀、後手森内=桂歩5

以下、67金右、75桂、36飛、87歩成、75銀、35歩、同飛、34歩、同銀に44金とかわすが、森内の側も相当怖い。以下、33銀打、51玉、44銀不成で、激指はここでは先手が優勢になったという。本当かな。しかし、67馬が必至級である。一方糸谷は、42金。これは取れない。以下、51玉、43角、72玉に87角成、76銀。ここで激指は76馬を推奨するが、糸谷はなんと、86馬! 以下、78馬、同玉、67金、88玉。以下、87歩、97玉、77銀不成に、84桂、82玉、83歩、93玉。ここでは先手玉は詰めろになっている。で、糸谷は95歩。これが見事に詰めろ逃れになっている。で、森内は86銀成とし、糸谷は同銀。ここではどちらがいいのか。激指は83玉で後手が優勢というが。しかし、森内は88歩成、同玉として77角が厳しい。



















持ち駒:先手糸谷=角銀歩3、後手森内=金桂歩4

以下、87玉、86角成、同玉、77銀、87玉、86金、で最後に65桂。先手は受けなしで後手は詰まないので、ここで糸谷が投了した。激指は、詰めろ逃れの95歩を敗着だという。しかし、ここではどうやっても糸谷が負けのようである。実は、本当の敗着は、112手目の87歩に97玉とした手であって、これを87同馬としておいたら、勝敗は分からなかった。くしくも、感想戦の検討結果と激指の指摘が一致した。
なお、森内が1勝を返した段階で、7番勝負の計算の計算をしてみると、森内の防衛確率が、12%から40%と一気に回復した。内訳は以下のとおりである。

  • 4-2で森内防衛: 17%
  • 4-3で森内防衛: 23%
  • 4-1で糸谷奪取: 20%
  • 4-2で糸谷奪取: 22%
  • 4-3で糸谷奪取: 18%

今年のノーベル物理学賞で述べたように、名城大学の赤崎勇教授、名古屋大学の天野浩教授、およびカリフォルニア大学の中村修二教授の三人が青色LEDに関する業績でノーベル物理学賞を受賞したのは誠に慶賀すべきことである。

ただ、私がどうしてもひっかかるのは、中村修二氏が日亜化学を含む日本の社会を意図的としか思えない言い方で貶めているからである。私は日本が理想的な社会とは思わないが、中村氏が称揚する米国社会がそれほど素晴らしいとも思えない。少なくとも25年以上も米国系の外資系に勤務していて何度も米国を訪れたことがある私は、必ずしも観念的でない意味で米国のことはある程度知っているつもりある。

実は私は、2001年だったか、古書店で買った中村氏の「怒りのブレークスルー」を読んで、なるほど不屈の精神で頑張ったのだな、とそのときは感銘した。でも、それは全く偶然なのだが、「怒りのブレークスルー」を読んだ確か次の日に、例の9・11が起きて、中村氏の怒りが妙な形で発現したような錯覚に捉われた。

その後の特許報奨金を巡る裁判は、私も特許業界の端くれにいたので多大の関心をもって眺めたのだが、どうしても中村寄りの視点の記事が多くて、日亜化学寄りの記事はないのかと探したのが、「青色発光ダイオード」テーミス、という本である。確か数年前に古書店でみかけて買っておいたのだが、私の悪い癖で書棚に放置されていた。このノーベル賞の機会にきちんと読んでみた。

以下、この本が提示する命題を、私なりにまとめてみる。
  1. 中村修二氏は、日亜化学で恵まれていてた。待遇的には怒る客観的な理由は見えない。小川社長の優遇により、海外留学させてもらったり、外部で頻繁に講演したり、論文の筆頭者になることが多かった。辞めたときの年収は2000万に達していたし、それ以外に特別報奨金ももらっていた。
  2. 日亜化学は、青色発光ダイオードの開発に中止命令は出したことがない。むしろ、当初から実験設備も整えて、世界に冠たる研究環境を整えていた。
  3. 特別報奨金の裁判で中村氏が提示した特許は、いわゆるツーフロー特許の特許第2628404号だけであったが、日亜化学はそのツーフロー特許は、サンプルを使うために使用したが、実際の製造工程には使用していない。なので、ツーフロー特許の貢献度はゼロである。
  4. 青色発光ダイオードを工業化に乗せるために本質的であったのは、ツーフロー特許でなく、p型アニール技術と、InGaNのダブルヘテロ構造である。p型アニール技術に本質的な貢献があったのは、日亜化学の妹尾氏他の研究者であり、ダブルヘテロ構造に本質的な貢献があったのは、日亜化学の岩佐氏他の研究者であり、そこに中村氏は含まれていない。
  5. 青色発光ダイオードの後の短波長レーザーダイオードについては、中村氏は完全に蚊帳の外だった。
  6. 中村氏が日亜化学を辞めたのは、ライバルの米国クリー社から、破格の待遇でスカウトされたからである。中村氏が去ったあと、辞職時の機密保持契約にサインしなかった中村氏は、日亜化学から機密保持違反で訴えられ、それで、ある人のアドバイスに基づきクリー社に行くのを断念して、カリフォルニア大学の教授になった。
  7. 中村氏が日亜化学を特許報奨訴訟で訴えたのは、中村氏が非常勤研究員になったクリー・ライティング社との契約にそうあったからである。確かに、訴えられると、日亜化学は痛手である。クリー社からみると、ライバルを痛めつけることになる。訴訟費用もクリー・ライティング社が払うことになる。

これは、日亜化学サイドで書かれた本なので、そのまま鵜呑みすることはできないが、特に特許報奨裁判のあたりは、なるほどと頷けるものはある。ともかく、特に日亜化学の特許出願の内容の側面を中心として、別途私なりに考察してみることにする。

私の今のところの感触では、中村氏が優れた研究者である、という点は否定できないと思う。ただ、その思想というか人生観が、素朴な米国成功主義に染まりすぎていて、あまりにもナイーブであるような気がする。

そして勿論、日亜化学で、青色発光ダイオードの開発は、中村氏以外の多くの研究者・技術者の創意工夫で完成したのであり、中村氏の貢献はゼロではないが限定的だろう。それが証拠に、中村氏が去った後、日亜化学の研究開発が一瞬たりとも滞った様子は見てとれない。

数ヶ月前に、警察小説で、誉田哲也の「ソウルケイジ」光文社文庫がそれなりに面白かった、と書いた。

しかし、それは生憎、姫川玲子シリーズの第2作で、第1作の「ストロベリーナイト」も読まねば、と買っておいたのだが、例によって当然のごとく積読の運命となった。

ところが、カーリン・アルヴテーゲンの「裏切り」を読んだあと、日本の警察小説にまた戻りたくなった。すると、買っておいた「ストロベリーナイト」が改めて目に付いた、という次第である。

ストーリーはいきなり、美人警部補である姫川玲子を巡る部下たちの葛藤から始まった。なにしろ女性刑事というのは少ないので、部下や同僚の男たちからそれなりにマークされている。

そんな微笑ましい光景もつかの間、殺人事件が起きた。なんでも、青いビニールにくるまれた死体が普通に民家のそばに遺棄されていたのである。その死体の傷を眺めているとき、姫川にアイデアが忽然と浮かぶ。なんと死体は濠に沈められる予定だったはずだ、というものである。

姫川玲子はこのように、論理の積み重ねではない、するどい直観とでもいうべきアイデアがよく浮かぶ。それが正解であることも多いのだが、地道や敷鑑や推理の積み重ねを重ん出る警察社会で、姫川は浮いてしまう。そのことを露骨に揶揄する口うるさい刑事も沢山いて、姫川はうんざりする。

そんな中でも、ガンテツこと、勝俣刑事は、公安あがりということもあって、情報のキャッチが巧みというだけでなく、何かと姫川に絡んでくる。その毒舌があまりにもひどいので、姫川は気を失いそうになる。実は姫川は、警察を目指すきっかけとなった、トラウマのような身に降りかかった事件が昔あったのである。

ともかく事件の聞き込みが進み、姫川達は、「ストロベリーナイト」という、一見メルヘンチックな言葉を聞いた。しかし、調査を続けていくとそれは、メルヘンなんてとんでもなくて、禍々しい事件のキーワードなのだった。

「ストロベリーナイト」というキーワードが出てきてからは、事件は一気に進展した。ここからはネタばれになるので書かないが、アマゾンでのいまいちの評価にも拘わらず、私は前作の「ソウルケイジ」以上の出来のように思われた。

私はどうも、アメリア・サックスのようなスーパーレディーでもなく、葛藤とトラウマと自意識過剰をもてあまして、あまりに人間臭い、姫川玲子というキャラクタがすっかり気に入ってしまったようである。

それで、ちょっと強引な感もあったが、私は、誉田哲也の小説がまた読みたいと他の作品を漁っているところである。

勝率の計算の続きで、一応レーティングを使った確率計算の手法は実装してみたので、それよりはるかに簡単であるが、実際上の興味に従い、7番勝負の計算をしてみた。なにしろ、明日から竜王戦第3局が始まる。

すると、以下の表に示すように、この段階で、糸谷がタイトルを奪取する可能性が88%もある。しかも、4タテの可能性も3割ある。ちょっと偏りすぎのような気もするが、これは、何しろ先行で2勝することのアドバンテージが大きいとともに、糸谷のレーティングの方が高いからである。ちなみに、糸谷と森内のレーティングを交換して計算してみると、森内の防衛確率が、12%から、25%に一気に増えた。

森内からみて、別の観点でいうと、以下のとおりとなる:

  • 0-4で糸谷タイトル奪取 30%
  • 1-4で糸谷タイトル奪取 28%
  • 2-4で糸谷タイトル奪取 18%
  • 3-4で糸谷タイトル奪取 12%
  • 4-2で森内タイトル防衛 4%
  • 4-3で森内タイトル防衛 8%

蛇足ながら、計算に使用したPerlのソースコードも示した。

第1局第2局第3局第4局第5局第6局第7局森内勝数糸谷勝数森内勝ち確率
0430.0%
1414.0%
1414.0%
246.0%
246.0%
246.0%
424.0%
343.0%
343.0%
343.0%
343.0%
432.0%
432.0%
432.0%
432.0%

$R1 = 1766; #森内のレーティング
$R2 = 1802; #糸谷のレーティング

$C = log(10);
$threshold = 1/(1+exp($C * ($R1 - $R2)/400)); 

for ( $i = 0; $i < 100000; $i++ )  {
 $PAT = 'X00';  #勝敗パターン
 $W1 = 0;     #森内の今の勝ち数
 $W2 = 2;     #糸谷の今の勝ち数
 while ( $W1 < 4 && $W2 < 4 )   {
  $p = rand(1);
  if ( $p > $threshold )   {
  # 森内勝ち
   $W1++;
   $PAT = $PAT . '1';
  } else                   {
   $W2++;
   $PAT = $PAT . '0'; 
  }
 } # end of while

 $PAT = $PAT . 'X';
 if ( $W1 == 4 )           {
  $PAT = $PAT . '1';
 } else                    {
  $PAT = $PAT . '0'; 
 }
 
 $WL{$PAT} = $PAT;
 $WL{$PAT}->{N}++;
} # end of for

foreach $x ( sort keys %WL )     {
 $i = 1;
 $w1 = $w2 = 0;
 while (( $c = substr($x,$i,1)) ne 'X' )  {
  if ( $c == 1 )    {
   printf "○\t";
   $w1++;
  } elsif ( $c == 0 )   {
   printf "●\t";
   $w2++;
  }
  $i++;
 }
 while ( $i <= 7 )  {
   printf "\t";
   $i++;
 }

 printf "%d\t%d\t",$w1,$w2;
 $z = substr($x,length($x) - 1,1);

   if ( $z == 1 )    {
   printf "○\t";
  } elsif ( $c == 0 )   {
   printf "●\t";
  }
 printf "%6.2f\n",$WL{$x}->{N}/100000;
}
 

才能の種類

user-pic
0

あるとき、ふと才能の定義を思いついた。すなわち、スキルAがあり、ある人がスキルAを活用して利得を得ることができるとき、その人はAの才能がある、という。

今更なんと当たり前のことを言うのかと言われるかもしれないが、その利得とは何か、改めて書き下すと、先ずAで世界のトップランカーになり、有名になる、というのがある。典型的には最近ノーベル賞をもらった赤崎教授であったりする。

しかし、利得はそれだけではない。Aでビジネスし稼げる、というのも才能である。それはもしかして、ビジネスの才能が前提としてあって、そこに特定の才能(例えば将棋の才能)で味付けするだけなのかもしれないが、何にしても特定の才能がよほど好きである必要はあるだろう。

それとちょっと似ているのが、Aという才能がある人を集めて使いこなす、というのも才能である。その際、本人はAに卓越した才能をもっている必要はない。使いこなすのは別の才能である。これも一種のリーダーシップなのだと思う。多分であるが、弟子を養成する能力にも通じている。

また、Aを分かりやすく語れる、というのも別の才能である。普通はAを分かりやすく語れるということは、Aに関する学識が深いとは限らない。しかし、加藤和也氏のように、数学自体の才能が第一級なのに、語り部としても一流の人もいる。将棋界では、前にも言ったかもしれないが、勝又清和六段の語りの才能が卓越している。

意外に侮れないのが、Aで一流の才能があるように喧伝する能力である。本当は才能は相当怪しいので、その分野の専門家には三流であることがバレバレなのだが、そんなことは全く意に介さず、素人相手に知名度を稼ぐ。すると、世の中には非専門家の方がはるかに多いので、人気で食っていけたりする。それはもしかして芸能人的才能なので、いくら本当にAの才能があっても努力して誰でもなれるものではない。容姿やコミュニケーション能力、演技能力も必要なので、やはり半端な能力ではない。ただ、間違ってもその人に、Aという分野で意味のあるアドバイスを期待してはいけない。そこは決して間違えてはいけないが、間違える人が多すぎる。

あと、私が目指しているのは、Aという分野で、ろくな才能がないのに楽しく遊ぶ能力である。私がいう数楽者も、それかもしれない。ただ、数学の才能がないのに飽きずに楽しく勉強するというのもそんなに簡単ではない。数学といっても結構広い分野があるので、その中で、私のように数学的思考力が弱い人間でも咀嚼できるネタ探ししなくてはならない。私にその才能があるのかどうかも全く分からないのであるが、人生は、幸いにも、そんなことを見極めように思っているうちに途中でターミネートしてしまう程度には短いのであった。

竜王戦第1局に続き、竜王戦第2局をネットでみてみた。仕事があるので、リアルタイムではない。

ところで、読売新聞の将棋欄によると、森内竜王は、弟弟子の野月七段に、糸谷将棋の棋風が分からないので、対策を打てなくて困っているという。これを聞くとなるほど、森内が何度も名人戦で羽生の挑戦を斥けてきたのも、羽生将棋を徹底的に研究し尽くした成果だと分かる。それを認識したか今年の羽生は、意図的にノイズを入れた将棋に導き、森内が戸惑っているうちに4タテしてしまった。

糸谷はというと、「天然」でノイズの入ったような将棋なので、やはり森内はとまどっているのだろう。

さて、竜王戦第1局の最後で「次は糸谷の一手損角換わりとみる」と書いたが、実際に、竜王戦挑決第2局と似た、一手損角換わりになった。この戦法は一時、島九段など採用する棋士が結構いて流行ったが、今では糸谷くらいしか採用しないのではないか。

森内は、37銀、26銀からの棒銀に出た。これに対して糸谷は、棒銀そのものを受けずに45歩、15銀に46歩。同歩に47角。そういえば似た将棋がNHK杯の羽生対山崎であった。

これに対して普通なら58金右なのだが、森内は48金。36角成に37金。なるほど、これを上がりたかったのか。しかし、金銀が玉から離れるので、一般的には指しにくい。

以下、森内は、35馬に26角と角をあわせて、馬を消した。26馬に同銀。14歩、16歩の交換のあと、糸谷は42飛と回った。当然なのだが、得意形でもある。

森内は、14歩、同歩、14歩と端にアヤをつけた。糸谷が一旦16歩と突くと、森内は同香。この手がどうだったか。ともかく糸谷は一旦12歩。

森内は15銀と2筋を攻める。いままだ玉は68のままで、金も69のままである。なぜ一旦78玉と寄らないのだろうか。なぜなら、糸谷に22銀と常用の手筋で受け止められると、それ以上攻められない。

ともかく森内は2筋の歩を交換した。一方、糸谷は62玉、72金と構える。得意の陣形であるといえる。

一方、森内は、26銀、47金と、右側の凝り形を解消した。そして78玉かと思ったら78金。別に8筋を攻められているのではないので、なんか変である。

ここから9筋を突きあい、解説の森下は41飛と引きたいという。そして、森内は79玉。糸谷はじっと84歩。そこからが森内はちょっと変で、また2筋から攻めていったので、27歩と飛車頭を叩かれ、同飛は38角なので、18飛と逃げると28角と糸谷に打たれた。どうみても森内が好んで選ぶ順とは思えない。

ここからが勝負どころで、森内は23歩と打って銀を下がらせ、66角と1筋の香を狙った。すると、糸谷は39角成とおもいきや、46角成と急に激しい変化を選んだ。これで自信があるのだろうか。

ここで、43歩とかいろいろ手はあるところだが、すべてを含みに残して、森内は単に46金と取った。当然の同龍に、森内流が出た。じっと58角。宮本四段は、ここでは森内がいいという。しかし、俗に28金と打ったらどうなるのか。

実際に糸谷は28金と打った。17飛に48飛成。そして25角に44歩。検討陣の指摘どおりである。ここで森内が13歩成とすると、糸谷は33桂と跳ねた。あまりみない手順である。以下、34角、42銀、22と、43金、同角成、同銀、33銀成、54銀と一気に進んだ。

ここで森内が34成銀と引いたとき、25角が厳しかった。44成銀に65歩で角を追われると54成銀。森内は、53成銀、同玉、33角成だが、これで成算はあるのだろうか。解説陣は誰も指摘しないが、どうみても森内、変調である。

当然の糸谷の69銀に、森内は一旦68金と打ったが、78銀成、同金、85桂の追撃である。一旦森内が45歩とすると、62玉、ここで森内は11とと、香を手に入れたが、そんな手しかないのだろうか。

糸谷は悠々と95歩。これは同歩と取るよりない。95同香に同香。そして98金。挟撃形が完成した。68銀と受けると58龍で受けなしになり、あっさり森内投了。

やはり森内が24歩と攻めていったのがよくなかった。糸谷の25角が決め手だった。森内、かなり調子が悪そうである。熊坂五段に負けたのも、仕方ない。

もしや、今期の森内は、名人戦と棋聖戦に続き、タイトルの番勝負がストレート負けに終わるのだろうか。流石にそうとは思えないのだが。

前回、勝率の計算で、通算勝率に基づくスキームを提案したが、どうもまだいまいちしっくりこないと考えていたら、将棋の各プロ棋士のレーティングを掲載したサイトを見つけた。そこで、このレーティングを使わせて戴くことにした。

しかし、レーティングをどう相対勝率に換算するのだろうとさらに探すと、こちらに、その計算式もあった。それで、巨人の肩に乗ることで、容易にレーティングに基づく計算を実装することができた。

実際、以下のようにする。すなわち、棋士1のレーティングをR1、棋士2のレーティングをR2とする。すると、棋士1の、棋士2に対する相対勝率WRは、以下の式で与えられる。
WR = 1/(1+10(R2-R1)/400)
この式では、指数の底が10であるが、指数を自然対数の底eに置き換えると、式は次のように書かれる。
WR = 1/(1+elog10・(R2-R1)/400)

Perlのソースコードの書き換えは自明なので、特に示さない。要するに、Perlの組み込み関数exp()を使用する。exp()は、指数が自然対数の底なので、上記変形した式を用いる。

そこで早速、この式をB級1組の計算に適用してみた。結果は、以下のとおりである。

レーティングに基づく確率計算

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1屋敷伸之九段 42177526.8%0.0%
2谷川浩司九段 1516510.0%37.4%
3豊島将之七段 43187022.5%0.0%
4松尾 歩七段 3317612.9%1.0%
5丸山忠久九段 3317995.5%0.4%
6山崎隆之八段 61175974.4%0.0%
7橋本崇載八段 3317000.2%4.2%
8木村一基八段 42174722.3%0.1%
9畠山 鎮七段 2416190.0%40.6%
10藤井 猛九段 2517170.0%17.8%
11飯塚祐紀七段 0715720.0%96.7%
12佐藤天彦七段 61178744.7%0.0%
13村山慈明七段 4317210.8%1.7%

この表をみて分かるように、そんなにドラスティックな確率の値の変化はないが、それでも、B級1組で最高のレーティングの豊島の昇級確率が、8%も上昇したことが見てとれる。

比較のため、通算勝率に基づく表を再掲する。

順位棋士名通算勝率昇級確率降級確率
1屋敷伸之九段 420.62919.1%0.0%
2谷川浩司九段 150.6190.0%27.1%
3豊島将之七段 430.71314.3%0.1%
4松尾 歩七段 330.6383.6%1.9%
5丸山忠久九段 330.6494.4%1.6%
6山崎隆之八段 610.65976.5%0.0%
7橋本崇載八段 330.6160.4%4.8%
8木村一基八段 420.65125.2%0.1%
9畠山 鎮七段 240.5650.0%33.0%
10藤井 猛九段 250.5860.0%36.5%
11飯塚祐紀七段 070.5690.0%93.4%
12佐藤天彦七段 610.69854.1%0.0%
13村山慈明七段 430.6562.3%1.7%

自己変革

user-pic
0

よく、自己変革などという言葉が世間で安易に使用される。今の自分をがらっと変えて、新しい自分になるというものだが、あまりにも耳に馴染んだ言葉なので、私は特に疑問をもったことはなかった。

ところが、最近ある知り合いから、自己変革なんて無理だ、人間なんて変わるわけがないと指摘されて、ううん、そうかもと改めて思ったのは、自分の詰将棋ノートを眺めてみたときである。なにしろ、最初に詰将棋ノートを書き始めたのは大学生のときだというのに、文体といい、書かれている内容といい、今私が書いていることとほとんど差がない。

それは私が内向的で保守的で、変わろうとしないので進歩がない人間だからなのではないかというと、そうではないとは言えないが、改めて考え直して、自己変革なんてありえないというのは、次のようなことではないかと思った。

すなわち、自己変革という言葉に特に疑問をもたない時代、私は本を読んだり、仕事でOJTをしたりして知識やスキルを身に着けると、自己変革できると素朴に考えていた。その一つの根拠が、マルクスがいうところの、量が質に転換する、である。知識の蓄積も、ある閾値を超えると、質の変化という意味で自己変革をもたらすのではないか、ということである。

しかし、それは、車に乗るようなもので、500ccの軽自動車から、1500ccのセダンに乗り換えると、確かに馬力は上がっているが、到底変革と言えるものではない。すなわち、知識やスキルをパワーアップしても、単に力をつけただけ、ということになる。

それなら、次のような例はどうか。例えば、ある人は、若い頃は暴走族でちっとは知られた存在だった。ところが、あるとき飛ばし過ぎて大事故になってしまい、重傷で九死に一生を得た。幸い半身不随にはならなかったものの、流石に以前のように車で飛ばす気もしなくなって、暴走族から足を洗い、その後針灸の学校に通って、マッサージ師になった。不思議にそちらの才能があって、今ではカリスマ・マッサージ師である。このように事故や病気などで九死に一生を得ると、確かに人生観が変わる。新たな才能が発現したりする。

それでも自己変革ではないかも、と思うのは、新たな才能と言っても、眠っていた持ち駒の自分の才能の一部にすぎない、ということである。すなわち、酸による刺激で細胞がSTAP化することが正しいと仮定しても、それは要するにもともと細胞がそのようになるポテンシャルをもっていた、というだけのことである。ない才能は振れないのである。

言い換えると、犬がいくら努力しても猫になれないのと同様に、才能のセットも、DNAのように所与で、辛い体験も、眠っていたいくつかの才能を呼び覚ます効果しかない。例えば、もともと将棋の才能が大したことない私は、どんな艱難辛苦を経験しようと、絶対に、将棋で羽生名人に勝つようにはならない。

逆にいうと、どんなに狂ったほど努力してもできることは、既にある知識やスキルをわずかに拡げることだけ、ということになる。なので、数学をいかに教えるかで、志村五郎氏は、「ゆとり教育や創造性教育なんというけど、勉強なんて結局やりたい者だけがやるのであって、創造性も結局、素質なのだから教えられるものではない」と仰るのである。

おそらくであるが、安易に自己変革を唱える人達は、「創造性を高める方法」という本を安易に書くのだろう。副題が、「面白いほど発想が湧く本」だったりする。

なので、自己変革なんて無理だ、人間なんて変わるわけがないと唱える知り合いは、やはり多分正しい。そう信じたら、世の中相当平和になりそうなのに、これを金儲けのネタにしている人達が黙っていないか。

王座戦のスケジュールのせいで、B級1組の谷川九段対豊島七段戦が後回しになっていたが、それが昨日終了して(豊島勝ち)星が揃ったので、一応、例によって昇降級確率を更新してみた。以下のとおりである。

順位棋士名通算勝率昇級確率降級確率
1屋敷伸之九段 420.62919.1%0.0%
2谷川浩司九段 150.6190.0%27.1%
3豊島将之七段 430.71314.3%0.1%
4松尾 歩七段 330.6383.6%1.9%
5丸山忠久九段 330.6494.4%1.6%
6山崎隆之八段 610.65976.5%0.0%
7橋本崇載八段 330.6160.4%4.8%
8木村一基八段 420.65125.2%0.1%
9畠山 鎮七段 240.5650.0%33.0%
10藤井 猛九段 250.5860.0%36.5%
11飯塚祐紀七段 070.5690.0%93.4%
12佐藤天彦七段 610.69854.1%0.0%
13村山慈明七段 430.6562.3%1.7%

この表をみて、あまり意外なことはないが、強いて挙げると、この段階で屋敷はあと全敗しても落ちないといえることと、村山は昇級にも降級にもほぼ関与しないといえることくらいだろうか。

また、通算勝率の数字のため、木村の昇級確率が屋敷のそれよりも高くなっているが、正しいのかな?と怪訝になってしまう。

ともかく、この段階の確率は、かなりあてにならない。なので、そのあてにならなさも数値化してみたいのだが、私の数学の知識では、それをどうやって計算していいのかわからず、途方に暮れている次第である。

このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2014年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。