2014年12月アーカイブ

A級順位戦

user-pic
0

対局数が多いB級1組ばかり注目していたら、週刊将棋をみて、A級順位戦も6回戦が終わっていることに気付いた。そこで急遽、順位戦の計算に続き、A級順位戦の方も計算してみた。

すると、以下のとおりとなった。

順位棋士名レーティング挑戦権の確率決定戦になる確率降級確率
1森内俊之九段2417570.0%0.0%19.5%
2行方尚史八段51182358.3%33.3%0.0%
3渡辺 明二冠3318813.9%3.9%3.2%
4佐藤康光九段3317884.1%4.0%3.2%
5深浦康市九段42180619.8%16.0%0.1%
6三浦弘行九段2417870.0%0.0%27.4%
7久保利明九段42177420.0%16.1%0.1%
8郷田真隆九段2418170.0%0.0%47.8%
9広瀬章人八段51180958.0%33.2%0.0%
10阿久津主税八段0616970.0%0.0%98.8%

これを眺めて先ず思うのは、順位戦に限ると7割近い勝率を誇る森内九段が2勝4敗と大きく負け越し、今期の挑戦がなくなってしまったことである。

そして、当たり前のことを言うと、挑戦は行方、広瀬、深浦、久保の4人にほぼ絞られ、降級は阿久津が当確、あとは郷田と三浦の争いなのだが、順位の低い郷田がどうしても苦しい、ということになる。

確率計算を離れて、挑戦者を予想すると、広瀬が一番の候補というのが、衆目の一致するところだろう。最近、行方がめっきり力をつけているのだが、なぜか勝負強くないという印象を与えている。不思議である。

読売新聞によると、特許権侵害訴訟で、日亜化学が三洋電機に勝訴したという。以下、読売新聞のホームページから引用する。

ブルーレイディスクの読み取りなどに使われる半導体レーザーダイオードで特許権を侵害されたとして、日亜化学工業(徳島県)が三洋電機(大阪府)に製品の生産差し止めなどを求めた訴訟で、東京地裁(長谷川浩二裁判長)は25日、特許権侵害を認め、生産の差し止めと製品の廃棄などを命じる判決を言い渡した。
判決によると、日亜化学は「窒化ガリウム」を使った高出力で長持ちする発光素子を発明し、2007年に特許を取得。三洋電機は07~11年、この発光素子と共通の特徴を持つ製品を製造・販売し、約2300万円を売り上げたが、判決は、「技術的に日亜化学の発明の範囲内にある」とした。

もっと具体的にみてみようと思い、最高裁の判例検索のページで調べてみたところ、「平成26年9月25日判決言渡 同日原本交付 裁判所書記官 平成23年(ワ)第26676号 特許権侵害行為差止等請求事件」というのがヒットした。これは、よくみると、原告が三洋電機で、被告が日亜化学なのだった。

すると、12月25日判決という案件はまだ新しすぎて、データベースに載っていないようである。

結局、平成26年9月25日判決の裁判は、原告が敗訴している。この裁判で三洋電機が使った特許第3933592と、特許4180207には、日亜化学が無効審判をかけていて、無効審判には三洋電機が勝ったのだが、これらを駆使した特許権侵害訴訟に対しては、日亜化学が勝った。そして、12月25日の特許権侵害訴訟にも日亜化学が勝ったとなると、ここらあたりは日亜化学が連勝ということになる。

ここからは私の単なる感想なのだが、例の中村訴訟で鍛えられた日亜化学は、艱難特許部を玉にする、でなかなかアクティブな特許管理をしているものだと、感心した。

それにしても、上記平成26年9月25日の判決文を読んでいて改めて感じたのだが、そこに書かれている論旨は、私が以前に日々処理していた特許中間処理の延長線上にある。よって、きちんと意見書・手続補正書を書けるということが特許のスキルのすべての基本なのに、これを疎かにしたり、なんの実務経験もなく勝手なことを言っている輩がいたなあ、と今更苦笑している次第である。

もう2ヶ月以上前のことである。プロ編入試験第2局をニコ生でみていたとき、確か解説が瀬川五段だった。そのとき、瀬川五段が、対局のとき甘いものを食べると言っていたのが、当たり前のはずなのになぜか感心した。

そこで私が採用したのは、仕事中に飴をなめることであった。ローソン100で例えば、大阪屋の「トマト塩飴」というのを買って仕事中になめると、錯覚かもしれないが、仕事の能率が上がるような気がした。

ところが、塩飴というのはもともと、夏の塩分補給のためのものだったりするので、秋が深まると、次第にコンビニなどでも出回らなくなってきた。

そこで困って、なんとかネットでも買えないかとアマゾンでいろいろ調べているうち、はちみつ100%という飴が人気らしいと分かった。メーカーは扇雀飴本舗で、そう言われてみると昔聞いたことがあるような気がする。

そして、どうもスーパーやコンビニで売ってないと考えて、アマゾンで注文した。6袋入りで1000円ちょっとだったが、送料が500円かかるのがちょっと悔しかった。

そうして届いてみると、本当にはちみつ100%の成分らしくて、ちょっと地味な味のキャンディーである。それでも、砂糖特有の後味の悪さがなくて、自然にファンになった。

で、ん?と気づいたことがある。それははちみつ100%には特許があるらしくて、わざわざ袋に「特許製法」と書かれている。そこで職業意識が働き、どんな特許か調べてみることにした。

キーワードとしては、出願人に扇雀飴本舗と指定するだけでよい。ところが驚いたことに、たった2件の特許しかヒットしない。すなわち、特許第3066913号と、特許第3242636号である。しかし、特許第3242636号は実は、特許第3066913号の分割出願なので、もともとは一件の特許なのだった。

特許第3066913号の特許請求の範囲は次のとおりである。

【請求項1】単糖類を主成分とする天然液状物の固型化物の製造方法において、単糖類を主成分とする天然液状物が蜂蜜であり、この蜂蜜を減圧下にて110~130℃に加熱しながら水分を脱去することにより、0.5~1.5%の水分含有量に高濃縮し、ハードキャンディ用の形成装置を用いて成形することにより粒状の固型蜂蜜を製造することを特徴とする単糖類を主成分とする天然液状物の固型化物の製造方法。

要するに単にはちみつに温度を加えて水分を除くことでは権利が取れないので、温度などの数値限定を入れたということなのだろう。

特許第3242636の特許請求の範囲は次のとおりである。

【請求項1】 単糖類を主成分とする天然液状物を固型化したものにおいて、単糖類を主成分とする天然液状物が果汁であり、この果汁は、酸量0.1%未満且つアミノ態窒素量5mg%未満に調整されたものを、600~700mmHgの減圧下にて110~130°Cに加熱しながら水分を脱去することにより、0.5~1.5%の水分含有量に高濃縮したものであり、さらに、濃縮されているが未だ固化していない状態の果汁に対して酸味料を含む副成分を加えたものを、ハードキャンディ用の装置を用いて成形して粒状の固型果汁としたことを特徴とする単糖類を主成分とする天然液状物の固型化物。

特許第3242636の特許請求の範囲は、はちみつ100%からはすこしずれてきているような気がする。なお、参考までに、これらの特許の対応外国出願は存在しないことを確認した。そもそもが特許第3066913号は、国際出願として出願されているので、もともとは世界各国にも出願する意図だったのだろうが、費用がかかるので止めたのだと思われる。

面白いのは、特許第3066913号に対して異議が申し立てられた、ということである。しかも異議申し立てを提出したのが、ダミーの会社でなくビーケー株式会社という、扇雀飴のれっきとしたライバル企業なのであった。

というのは、ビーケー株式会社の製品には、天然100%と称する固形はちみつが含まれているのであって、これは扇雀飴の特許の権利範囲ではないのかどうか、気になる。

ともかく異議申し立ては認められず、扇雀飴の権利は維持された。しかし、問題は、扇雀飴のはちみつ固形化特許は、2016年7月19日で権利が切れてしまうことであって、するとその後は、扇雀飴の「はちみつ100%」の「特許製法」の装丁は変わるのだろうか、とかいろいろ考えるのであった。

クモの糸

user-pic
0

唯仏与仏などと書く私が、クモの糸などと言い出すと、また仏教説話か抹香臭いと嫌われるかもしれないが、ここでは直球で、文字通りクモの糸のことである。

で、クモの糸がどうした、ということになるのだが、読売新聞の科学欄によると、奈良県立医大の大崎茂芳特任教授は、35年以上クモの糸の研究を続けていて、クモの糸15000本でバイオリンの絃を製作し、そのバイオリンの音がプロの音楽家をも驚かせる深みのある音を醸し出すのだという。

すると、クモの糸が役に立つなら、大量にクモを飼育して、糸をつくらせ、それを集めればよさそうなものであるが、クモは一緒に飼うと共食いしてしまうので、人工的に飼うのは難しいのだという。確かに、クモの巣には一匹のクモしかいなくて、複数匹のクモが力を合わせて獲物を捕獲するというシーンは見たことがない。

そこで、農業生物資源研究所の桑名芳彦主任研究員は、カイコの遺伝子にクモの遺伝子を組み込んだ。これにより、カイコの糸に0.4~0.6%のクモの糸のたんぱく質が含まれ、糸の強度が1.5倍になったという。

すると、人間にクモの遺伝子を組み込んだら、毛髪の強度が上がるのだろうか。多分であるが、カイコは一応昆虫であるが、哺乳類の極北である人間にクモの遺伝子は互換性がないだろう。なかなかスパイダーマンは難しいということになる。

そのようにして生産されたクモ糸成分含有のシルクは、洋服や手術用縫合糸などの応用がある。

ところが、クモ糸成分含有のシルクに対してさらなる改良が構想されている。それは、慶応大学のベンチャー企業でスパイバー株式会社で、次世代バイオ素材開発、DNAタグ技術開発、DNA情報記録技術開発に係る事業の会社であり、そのうちの1つがクモの糸なのであった。同ホームページに次のようにある。
クモの糸を実用化する
世界一強い虫は?その問いがきっかけでした。どんな虫でも強靭でしなやかな巣で捕え、食べてしまうクモ。クモの命綱である牽引糸は、鋼鉄を上回る強度と、ナイロンを上回る伸縮性を併せ持つ、「世界で最もタフな繊維」です。

すなわち、カイコでなく、遺伝子を組み込んだ微生物を活用するのだという。現在は、クモの糸を生産するように微生物に組み込む遺伝子を探している段階だという。これが成功すると、強度や色をコントロールした糸をつくりだすことができるようになる。

B級1組

user-pic
0

年末のぎりぎりになって、B級1組順位戦の10回戦があったので、例によってまた昇降級確率を計算してみた。なお、プログラムのアルゴリズムではなく、対戦表のところに若干インプットミスがあり、ちょっと怪訝な結果だったのを、無理やり言いくるめていたのだが、今回それを訂正して、見るからに妥当な数値となった。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1屋敷伸之九段 72179978.4%0.0%
2谷川浩司九段 2716280.0%60.7%
3豊島将之七段 5518320.0%0.0%
4松尾 歩七段 5417643.3%0.0%
5丸山忠久九段 4517930.0%0.4%
6山崎隆之八段 73175227.1%0.0%
7橋本崇載八段 63171318.0%0.0%
8木村一基八段 63175512.1%0.0%
9畠山 鎮七段 3616160.0%18.9%
10藤井 猛九段 3616870.0%16.7%
11飯塚祐紀七段 0915670.0%100.0%
12佐藤天彦七段 82178761.1%0.0%
13村山慈明七段 4517080.0%3.3%

さて、表から見てとれるように、意外なのは山崎で、ぶっちぎりで昇級を決めるかと思ったら、いつの間にか負けが混んで、佐藤と屋敷の後塵を拝するようになってしまった。ここというときの勝負強さが山崎の課題である。しかも、すぐ後ろを、橋本と木村がヒタヒタとついてくる。

一方、飯塚が谷川に負け、早々に降級が決まってしまった。それでも谷川は、降級の二番手のままである。あとは畠山と藤井で、この二人もそんなに安泰とはいえない。

その他の人は一応、昇級も降級も関係ないのだが、特に豊島は、数学的にも昇級も降級も確率は完全にゼロなのだった。まあ今期は死んだふりで、来期での躍進に力を溜めておくフェーズということになる。

ところで、飯塚の降級が既に決まっていることは、複雑な計算をしなくても、リーグ表を目視すれば簡単に分かる。というのは、谷川以外は全員が3勝以上しており、しかも飯塚より低い順位の佐藤と村山が4勝以上しているからである。

しかし、佐藤がトップの8勝であっても、一位で7勝の屋敷よりも昇級の目が少し小さいことは多分自明ではない。ただ、私のアルゴリズムが与える情報は、それがどうした(subtle)というレベルで、あまり有難味はないかもしれない。尤も、トトカルチョをやるような人には、このような確率計算も意味があるのかもしれないが、紺鯖でギャンブルが嫌いな私にはそういうのは全く想像もつかないのだった。

私は新聞の書籍広告や書評欄を眺めるのが日課になっているが、それ以外にも、作家の紹介のような記事が新聞に載ることがある。

先日新聞で見かけたのはたしか、天才ミステリー作家、連城三紀彦という記事だった。あまりにそういう機会が多いので、私は自分が知らない作家が紹介されることを今更驚かない。

それでWikiでもみてみると、連城三紀彦は1948年生まれだから、私より6歳年上で、あまり実質的な年の差ではないと思われる。ところが、約2年前、65歳で亡くなった。ちょっと早死かもしれない。たまたまであるが、その頃、将棋の米長九段が亡くなったはずである。

平均寿命よりも早く亡くなった作家で、私が印象が残っているのは、藤原伊織、北森鴻、スティーグ・ラーソン、そしてアルベール・カミュだったりする。しかし、いい作家って早く逝くんだよね、などといってはいけない。例えば、松本清張に失礼である。

そこで、連城三紀彦の比較的初期の作品で面白そうと思われる、「黄昏のベルリン」文春文庫を読み始めたのだが、いきなりちょっとしまった、と思ったのは、この作品の時代が冷戦末期で、まだ東西ドイツに分かれ、ベルリンに壁があった頃で、状況がいまとかなり違う。しかもこの小説のプロットは、東西ドイツの分断に本質的に依存している。

それでも、この本を読み続けたのは、風景描写や女性の記述が巧みで、文学性に富んでいると思われたからである。女性の記述が巧みというのもある意味当然で、連城三紀彦は恋愛小説の名手でもある。

登場人物は、東ドイツの謎の美人エルザ、日本人画家の青木、エルザの恋人で米国人のマイク、そしてエルザを強く慕う東ドイツ人のブルーノ。これらの登場人物を核にストーリーが展開する。

まず、日本に留学してきたエルザが青木に近づき、青木の驚愕の過去を告げる。そのあと、青木はフランスに赴き、紆余曲折をへてドイツに引きつけられる。その間、青木のエルザに対する恋情がポテンシャルとなって青木を操る。

こうして読み進むにつれて、秘められたナチスの壮大な秘密が一歩一歩開示されていくのは圧巻である。

冷静にみて、ちょっとプロットに無理がなくはないが、ミステリーというのはプロットの微妙な無理攻めを通してしまうところに意味がある。そういう意味で、私は連城三紀彦の構想力を堪能したのだった。

今度は氏の初期の代表作である 「戻り川心中」を読んでみることにしよう。

つい先日、井山、四冠に後退を書いて、井山ファンの私が残念な気持ちを表明したのだが、どうも気まぐれな多冠の妖精(spirits of multiple titles)は、井山から羽生に乗り移ったらしい。

というのは、12月22日の棋王戦挑戦者決定戦で、羽生は深浦九段を下し、渡辺棋王への挑戦を決めた。例によって、角換わり腰掛銀の難しい戦いだったが、ちょっとした深浦の緩手を衝いて、羽生が寄せきった。

もちろんそれだけではない。本日は羽生は、郷田九段と、王将戦挑戦者決定の戦う。今日はたまたま私は休暇なので、気合いいれて観戦することになる。ただ、今までの対戦成績からして、羽生がやはり郷田に勝って、王将戦挑戦者になる可能性が高い。

こうして、先週の1週間で王座と天元の2つのタイトルを一気に失った井山と対称的(対照的かもしれないが)に、羽生は1週間のうちに、棋王戦と王将戦の両方の挑戦権を決めるかもしれない。

すると、井山が6冠から4冠へ、そして羽生が4冠から6冠へ、ということになるのかもしれない。しかし、私は、羽生ファンとしてこの動きを必ずしも喜ばない。なぜなら、私は最早、多冠の困難の原理を知ってしまったからである。

すなわち、タイトルを取ることによって、心の原子核に中性子が1個入り込み、原子核物理学の原理により半減期が短くなって、多冠であるほど、速く無冠に近づく。

私は今の名人、王位、棋聖、王座の四冠の羽生でちょうどいいと思う。これくらいならあまり半減期は短くならない。

実は、今年の2月の渡辺対羽生の王将戦は、あまり勝ちに行かない羽生がいた。どういうことかというと、相手の得意形や定跡形に導き、渡辺に教えを乞う態度で臨んだのが、その王将戦で、そうした理由はいうまでもないたろう。後の名人戦を視座に入れていたのである。

今回もまた、王将戦の後で、本命の名人戦がある。羽生はやはりそこに焦点をしぼっているはずである。なので、棋王はもう挑戦者になってしまったが、もしかしたら、王将は微妙に挑戦者にならない可能性がある。もちろんそれは意識してのことではない。無意識の反応である。

当たり前だが、多冠の困難と恐ろしさを、誰よりも知り抜いているのが、羽生なのだった。

マイ国家

user-pic
0

知り合いから、星新一の「マイ国家」というショートショートが面白いと聞いたとき、ああ星新一かと思った。

実は今から30年以上も前、一応のSFファンで、筒井康隆だの、フレドリック・ブラウンだのよく読んでいて、そのついでに星新一のショートショートも何冊か読んだはずなのだが、どれを読んだか記憶にない。といいつつ、「マイ国家」は読んだことがないのは確かである。

そこで、新潮文庫の「マイ国家」を買って久しぶりに星新一を読むに当たって、星新一のことをウェブで調べてみた。30年前には想像だにしなかったが、今はWikiという便利なものがある。

星新一が星製薬の御曹司であることは以前から知っていたのだが、Wikiで改めて知ったのは、星新一がやむを得ず星製薬の社長に就いて、筆舌を尽くしがたい苦労をした、ということである。

そして、社長を降りた後、一種のカタルシスとして星新一氏は小説を書き始めたということらしい。星新一氏ほどでなくても、私は以前勤務していた外資系の会社でいろいろと苦労して、その結果としてブログを書くようになったので、星新一氏の気持ちが少しだけ分かるような気がする。

その延長線上で自分のブログと星新一氏のショートショートを比較する、という不遜なことをしてみると、当たり前であるが、時代と、そして私という個性にあまりにバインドされたブログに比べて、星新一氏のショートショートはずっと陰影に富み、また超時代的だと改めて感じた。

その超時代的という言葉で、一般的には不朽の文学作品などを想起するのかもしれないが、私はなぜかコンピュータのアルゴリズムのことを想ったりする。すなわち、コンピュータのハードウェアやOSはドッグイヤーで変化するものの、ソートだのグラフだのの基本的アルゴリズムは微動だにしなくて、時代を超えて不変である。

星新一氏のショートショートは、時代の抽象としての人間や社会のアルゴリズムだけを題材にして書かれているので、時代を経ても全く錆びないのだった。

「マイ国家」には、31篇のショートショートが含まれているが、ロボットもの、宇宙もの、社会風潮を題材にしたもの、幻想的なもの、などいろいろなテーマが書かれており、いわゆるハードSFではないので、テクノロジーの詳細が語られることはない。

そんな中で私の一番のお気に入りは、意外にもサラリーマン小説のような「いいわけ幸兵衛」なのだった。すなわち、駄目サラリーマンが意外に存在感を発揮するというもので、私には他人事でないような気がしてつい感情移入してしまった。ただ、星新一氏の経歴を知ってしまった今では、氏の複雑な思いがこのストーリーに込められているような気がして、逆にちょっと襟を正したくなる。

ところで、知り合いの一番のお気に入りは「雪の女」という幻影的な美女の話であって、私はもちろんこういうストーリーは好きなのだけれども、どうしても私には美女イコール幻みたいな観念があって、なんか恒等式を見せられたような当惑を逆に覚えたりする。きっと、普通に美女が周りにいる人はまた別の感慨でこのストーリーを読むのだろう。

戻って、私のブログとの比較であるが、私はどう転んでも、これらのショートショートのようなアブストラクションを構想することさえできない。なので、改めてこれらのストーリーに感銘する次第なのだった。

ただ、31篇すべてが珠玉の作品とは敢えて私は言わない。若島正の詰将棋集だって、唖然とするような凡作もある。創作とはそうしたものであって、ある作品は冴えている、ある作品はちょっといまいちかな、と素朴に感想を述べればいいのだと思う。

アウェイク

user-pic
0

週刊将棋の記事をみていると、第2回将棋電王トーナメントで、アウェイク(AWAKE)というコンピュータソフトが優勝したというので、この分野の新手の登場には慣れているはずの私も、ちょっと驚いた。

なにしろ、今年の世界コンピュータ将棋選手権でAperyの登場に驚いたばかりである。その一年前にも、NineDayFeverの颯爽たるデビューに目を瞠った。

こういう状況をみていると、高校野球でいえば毎試合毎にヒーローが違うチームのようなものであり、科学史的には、改良版がどんどん出てくる、パラダイム的に確立されたフェーズということになる。雨後の筍のようにどんどん論文が量産された超弦理論の隆盛期にも相当する。これをパラダイムのバブルと呼んでみよう。

してみると、コンピュータ囲碁の方は、モンテカルロ法で新しいパラダイムに乗ったものの、なぜかまだ、パラダイムのバブルに至っていないようである。

戻って、アウェイクの作者は巨瀬亮一さん。小学校6年のとき将棋を覚えたというから、ちょっと遅いが、地元の将棋道場に通い、アマ五段になった。中学三年で奨励会に合格したというので、これもやはり遅いが、ともかく合格し、一級まで昇級したが、20歳で退会した。

但し、退会したとき将棋のソフト開発に興味があり、しかし、プログラミングに全く知識がなかったので、オープンソースのボナンザのソースコードを参考にして、プログラミングを独学した。

これ、一見簡単に思えるが、アマチュア・プログラマの末席を汚す私は、ソースコードを読んで独学できることが半端でない才能を前提としていることは分かる。ともかくそのスキルで、巨瀬さんはボナンザのデリヴァティブ(2次著作物)としてアウェイクを開発し、今回の栄冠となった。

それにしても、自分の棋力を抜いたのは昨年の春頃というが、元奨励会一級ってそんな強いのか、と聞いたら失礼だろうか。しかし、アウェイクはなかなか半端でないのであって、第2回将棋電王トーナメントの決勝で、ボナンザに対して、評価値が圧倒的に不利となる局面から、逆転したのだった。これは皆無ではないにしても、コンピュータ将棋の世界で結構珍しい。一体どんなノウハウがアウェイクにあるのだろう。

私が気になるのは、元奨励会一級の棋力がコンピュータ将棋ソフトの開発にどう影響しているか、ということであるが、初心者であってもプロに匹敵するソフトを開発できる、ということが自明であっても、棋力の高さが邪魔になることはなく、強いに越したことはない、とはいえると思う。

ともかく、出でよ、強豪ソフト開発者である。

マルタの鷹

user-pic
0

私のそして夜は甦るという本の感想文に対して、山椒魚さんから、

必読古典てのがありまして、レイモンド・チャンドラーの「ロング・グッバイ」、ギャビンライヤル「深夜プラスワン」ダシール・ハメット「マルタの鷹」ジャックヒギンズ「鷲は舞い降りた」
とコメントを戴いた。

「ロング・グッバイ」は、既に清水俊二訳の方の長いお別れで読んだことはブログに書いた。

基本的に薦められた本は特段の理由がなければ買っておこうと考える私は、あとの3つの本も一応買った。そして、次に読み始めたのが、ダシール・ハメット「マルタの鷹」ハヤカワ文庫である。

こういう古典的なミステリーとしては、これも薦められて私は、アガサ・クリスティを何冊か読んだ。そして、三冊目あたりからやっと雰囲気に慣れてきた。

「長いお別れ」を読んだとき私はこれは、ミステリーというよりハードボイルドと呼ぶ方が相応しいのだろうと思いつつ、フィリップ・マーロウのキザなセリフにはとうとう慣れなかった。それでも最後の方でやっと面白くなった。

その面白さの勢いで、「マルタの鷹」のページをめくった。このような古典に馴染みがない私は、「マルタの鷹」も「長いお別れ」と似たような雰囲気なのだろうと軽い気持ちでいたのは確かである。ところが、読み始めてみていきなり、「マルタの鷹」の主人公の探偵、サム・スペードは、フィリップ・マーロウとは全く違うと感じた。

というのは、フィリップ・マーロウはときどき手荒なこともするが基本的に紳士で、探偵料をふっかけたりしない。ところが、サム・スペードときたら、探偵料をふったけるだけでなく相手の財布をまさぐったりまでする。下品といってよい。ただ秘書のエフィ・ペリンはスペードを信頼しているようである。

しかし、読者である私の、サム・スペードに対する不信感は拭えない。不信感といえば、美人の依頼人である、ブリジット・オショーネシーもそうだし、ジョエル・カイロも、キャスパー・ガットマンも、そしてガットマンの手下のウイルマーもそうなのであって、どこまでが真実で、どこまでがはったりかさっぱりわからない。

そうしているうちに、サム・スペードが抜け出す。知らない間に、マルタの鷹を手に入れて場を支配しているのだった。

そうそう、こういうぎりぎりの折衝できわどく全体を支配できるのは、大沢在昌の魔女の盟約に出てくる、鉄の女、水原なのだった。してみると、大沢在昌も、ダシール・ハメットの影響下にあるのか、なぜかそう思ってしまった。

ところがさらにどんでん返しがあって、サム・スペードが凄いのか凄くないのか、さっぱりわからなってしまうのだった。

こんな「マルタの鷹」を、大学の講義に通ってまで知識を仕入れ、訳者の小鷹信光氏は、以前に一度翻訳していながら、70歳以上の高齢になってまで、一から改訳したのだった。ここまで入れ込んだ小鷹氏も、最初に「マルタの鷹」を読んだときは、何が面白いのか分からなかったそうである。

私はといえば、最後まで飽きずに読めたのだから面白かったのだろうけど、でも何が面白かった?と自問しても分からない。こういう曖昧さが古典なのかもしれない。丁度、将棋の天野宗歩の棋譜が、それを鑑賞する人の棋力にあわせて、アマ四段にも、プロ十三段にもなるように、「マルタの鷹」も変幻自在なのだろう、そうふと思った次第である。

棋友から、羽生名人が「若手に負けぬための秘密の習慣」と題してプレジデント誌で述べた内容がWebにあると聞いたので、実際に読んでみた。文責私で、適当に要約してみる。


先ずは、「「こうすればうまくいかない」と知っている」である。棋士の勉強というのはやはり、実戦から学ぶものが大きい。全体の方向性をおおざっぱに捉えて、そこから細かいところのロジックを詰めていく。この方針自体若いときと変わらないが、年齢が上がってくると、全体局面をとらえるところの比率があがってくる。

最初から細かいところにこだわると効率が悪い。それよりも、最初の段階から、方向性を決めてそこに集中する。ある程度見切りをつける。それには経験を要する。

経験知を活かすとは、経験をそのまま適用するのでなく目の前の問題に対して何が一番いいアプローチなのかを選んでいくことである。

それは経験を積むにしたがって精度があがっていくのだが、それでは経験を積んだベテランがそういう面で若い人よりも有利かというとそうともいいきれない。

若い人は、体力と記憶力と勢いがある。冒険もできる。自分は若い頃より選択肢は増えているのだが、それをうまくまとめきれるかどうか分からない。なので、経験知が活かせる局面をつくれるかどうかが勝敗のカギになる。

さて、最近が過去と決定的に違うのは、IT技術が格段に発達していることである。それによって情報共有が進み、新しい手がでているとあっという間に研究し尽くされてしまうということが起きる。 すなわち、知って学ぶ環境は格段に進歩しているのだが、自分で考える力はその中で寧ろ落ちるかもしれない。なので、若手が未知の局面で対応する力は、昔の世代の人より低下しているかもしれない。

最近、コンピュータ将棋が話題になっているが、コンピュータとプロ棋士の勝敗にあまり意味はない。なぜなら、人間の対局は、心理的な要素が大きいからである。コンピュータ将棋はむしろ、人間の思考から外れた手を提供することにある。

ところで、40台は、いままで蓄積してきたことを具現化する時期だと思う。それでも迷うしどこに重きを置くか悩むこともある。そこで最近訓練しているのは過去の経験が活きない状況に自分を置いて野生の勘を養うことである。


以上要約してきて私は、今年の森内対羽生の名人戦を思い起こした。そこで羽生は、去年までとうって変わって、まさに野生の荒野に森内を誘い出し、完膚なきまでに森内を倒した。そのあおりは、今年の竜王戦まで尾を引き、糸谷新竜王の誕生となったのだった。

それで、若手に負けぬための秘密というのは、野生の荒野に若手を導くことなのだろうか。しかし、腕力に優る若手に荒野で勝つためには圧倒的な経験値活用能力を要し、羽生以外にそれができる人はいないのではないのだろうか。

つい二日前に、多冠の困難で、多くのタイトルを維持することがいかに困難かという当たり前のことを書いたばかりなのだが、さらに井山は、四冠に後退してしまった。例によって日本棋院のホームページから引用する。

井山裕太天元に高尾紳路十段が挑戦していた第40期天元戦五番勝負【主催:新聞三社連合】第5局が、12月19日に徳島県徳島市の「ホテルクレメント徳島」で行われた。
結果は212手まで白番の高尾が中押し勝ちをおさめ、シリーズ3勝2敗で天元を奪取した。高尾は初の天元位獲得。井山の天元4連覇は成らなかった。
終局は16時58分、持ち時間3時間のうち残り時間は黒番の井山天元が1分、白番の高尾十段が2分だった。

結果をみて言うのもずるいのだが、なんとなく高尾十段に天元のタイトルを取られそうな気はしていた。というのは、通算成績では井山は高尾にまだ勝ち越しているものの、ここ1、2年ではかなり負け越し、準天敵状態になっているからである。

それにしても井山のファンである私は、井山がタイトルを失うと、羽生がタイトルを失ったときと同じくらい残念である。考えてみると、将棋は羽生のファン、囲碁は井山のファンというのは、昔でいうところの巨人、大鵬、玉子焼きなのであって、一応マイナー志向の私には、それはめまいがするほどのベタさなのだが、まあ仕方ない。

戻って、タイトルとかけて中性子と解く、という下手ななぞかけを思いついた。そんな自明ななぞかけがあるかと自分でも思うのだが、要するに、ウランでも、原子核にたった一つ中性子が入ってくるだけで、半減期が極端に短くなってしまう。するともしかして、多冠を目指すと長い目でみて却って獲得タイトルが減るということがないか、などとパラドキシカルなことを考えてみるのだが、羽生の現在の活躍をみていると、そんなこと、ないない、とあっさり否定してみたりする。

ということで、全然井山四冠に対するエールになっていないのだが、一ファンとして、捲土重来(という言い方は、四冠でも普通のひとからみたら大したものなので相応しくないのだが)を期待したいと思う。

紺鯖

user-pic
0

私は、どう考えても、いろいろな面でコンサバなのだが、ふと道を歩いていて、コンサバに漢字を当てるなら、紺鯖だよね、と思いついた。

ところが、当たり前かもしれないが、Webで検索すると、紺鯖という語句は私のオリジナルであろうはずもなく、多くはないがある程度の数がヒットする。だいいち、鯖は紺色だといえないこともないし、海の近くで育ったせいで魚料理が好きな私は、紺鯖という文字をみると、おいしいしめ鯖が頭に浮かんできて、よだれがでるほどである。

さて、私がどれくらい紺鯖かというと、もちろん結婚した後だが、オフィスのある女性に、僕は浮気はしないんだ、と宣言して呆れられたことがある。心理学的にはその人と浮気したいという下心があったのかもしれないが、だとしてもいちいち宣言する意味は全くない。なぜなら向こうはその気が全くなさそうだからである。

別の面では私は、投資のようなことは全くしない。株は買ったことがないし、パチンコも大学時代にあまりにも暇だったから少しやって以来、全くやっていない。競馬も競輪も興味ない。

頭脳競技でも、囲碁や将棋などの完全情報ゲームならそこそこたしなむが、麻雀はトランプのような不完全情報ゲームとなるとどうしても引いてしまう。実は麻雀は、二十代前半にかなり凝ったことがあり、戦術書などもかなり読んだのだが、惨めになるほど強くならなかった。麻雀仲間は、お前は将棋が強いのだから、麻雀もきっと手強いんだよねと言ってくれたのだが、そんなことは絶対言わなくなるまでほとんど時間はかからなかった。

仕事でも基本的に転職は苦手である。なのに、30歳になるまでに2回も会社を変わったのは、環境や周りの人達とうまくいかなくなって、転職しないと精神がおかしくなりそうだったからである。本当は転職はできればしたくなかった。

58歳のとき転職したのは、一種の早期退職であって、これはちょっと意味が違う。しかし、紺鯖な私は、その歳で別の会社に入って、慣れるまでに異様に大変だった。歳とって適応能力が下がったから、というのもあるだろう。

また、コンピュータが好きといいつつ、未だに携帯はガラケーだし、パソコンのOSも周囲が使い込んで十分枯れた頃でないと移行しない。

ただ、そうだよね、お前は何やっても紺鯖だよね、と他人に言われるのは実は抵抗がある。というのは、私が日常的に紺鯖なのは、自分の言い訳としては、心の新規性を貯金しておくということである。

例えば、私はスピリチュアルや心霊に関心があるし、科学技術にも比較的関心は広い。本も、あくまでもサラリーマンが基準だが、いろいろよく読む方だろう。ある程度知識の刷新は怠っていないつもりである。

確か数学者の広中平祐だったか、生活は地味に、アイデアは斬新にということを言っていた。世間ではよく、日常的に奇を衒う方がアイデアも出ると勘違いするかもしれないが、そういう面もなくはないが、そうしていると普通は、奇抜性のリソースを日常で浪費してしまうと思う。

紺鯖だと、沈思しているといろいろアイデアが出るのだと、私は思っている。陳腐なテーマだとしても、私は日々のブログのネタにあまり困ったことがない。

といいつつ、努力しないと日常が紺鯖で埋め尽くされて、エントロピーが増え、精神が熱的死を迎えるのかもしれない。そうならないために却って紺鯖にする、というのは一種の逆説かもしれない。

多冠の困難

user-pic
0

多冠というのは、聞いたことがない言い方なので、一応私のオリジナルのつもりである。ただ、意味は明確で、要するに、タイトルを全部もっているかまたは、全タイトルを独占するような勢いにあるという意味であって、囲碁の井山六冠がそれに該当する。

いや、井山六冠というのは最早正しくない。以下の記事を日本棋院のホームページから引用する。

井山裕太王座に村川大介七段が挑戦していた、第62期王座戦五番勝負【主催:日本経済新聞社】の第5局が、12月16日に三重県鳥羽市の「戸田家」で行われた。
結果は249手までで白番の村川が1目半勝ちをおさめ、3勝2敗でタイトルを奪取した。
村川は初の七大タイトル獲得となる。また、王座戦で関西棋院棋士がタイトルを獲得したのは1981年第29期の橋本昌二九段以来33年ぶり。
井山は昨年10月に名人位を獲得し2度目の6冠に返り咲いた後、王座、天元、棋聖、本因坊、碁聖、名人と6つのタイトル戦で防衛していたが、1年2ヵ月ぶりに5冠に後退した。

この記事を改めてみて、へぇと思うのは、「名人位を獲得し2度目の6冠」というくだりである。普通、一旦六冠に達して五冠に後退すると、まず六冠に復活することはありえない。しかし、井山なら、3度目の六冠復帰もありえる、と思わせるものがある。

それにしても、村川大介は、最近進境著しいとはいえ、井山にはまだ届かないと思っていた。今回の王座戦も、井山が2勝1敗とリードを奪い、そのまま押しきるかと思われた。しかし、村川に2連勝されてしまった。

実は天元戦も高尾十段の挑戦を受け、同様の経過を辿って、2勝2敗のカド番。今週の金曜日にもう第5局がある。

で、表題の多冠の困難の意味は、あまりにも自明で、説明するのも恥ずかしいほどである。すなわち、タイトルを沢山もっていると、予選から戦う必要がないので、対局数自体は減るのだが、その分、勝ち上がってきた挑戦者と、番勝負を戦わなくてはならない。それは、予選とは重みが違いすぎるので、次々にタイトル戦を戦っていると、その疲労は半端ではないはずである。

多分であるが、王座戦と天元戦の日程が近すぎて、休む間もなく、体力・精神力が限界に達したのだろう。すると、金曜日の天元戦第5局の高尾戦も、かなり危機である。もしかして四冠に後退してしまうのだろうか。もっと言うと、来年から始まる棋聖戦も、相手が剛腕、山下である。

このように最強の相手と次々に戦わなくてはならないのが、多冠者の宿命である。

では、将棋の羽生がどうだったかというと、七冠を達成した後、棋聖戦で三浦五段(当時)に敗れ、わずか半年で六冠に後退してしまった。そこから羽生はどんどん失冠し、ついに王座の一冠だけまで後退した。その後、複数冠に復活したが、六冠はおろか、五冠まで復活したこともないはずである。

天才羽生をしてそのような様子なので、井山はよくやっていると思う。なにしろ囲碁は、国際棋戦もあるので、将棋よりも年間対局数が多い。だから、井山の大変さは余人に測りがたいものがある。

ところで、先日言及した、格闘技性の概念によると、囲碁よりも格闘技性の高い将棋では、勢いでタイトル独占しやすいが、その一方で、タイトルを失いやすいともいえる。

逆にいうと、囲碁は将棋に比べて、勢いでタイトルを奪取するのが困難である一方で、タイトルを維持しやすいということになる。だとしても、手数の長い囲碁は将棋よりも連勝が困難なのであり、やはり囲碁でタイトルを次々に取るのは将棋よりも決して楽ではない、ということになる。

なので、日本棋院90周年の記念で、棋士と識者にアンケートで日本棋院の90年間でのトピックを挙げてもらったところ、一番が井山の活躍なのであった。それほどに棋士にとって、井山の活躍は凄いということになる。

十九の春

user-pic
0

私は、バタヤンこと、田端義夫のファンで、一番好きな曲といえば、父も好きだった「かえり船」だが、次に好きな曲というと案外、「十九の春」だったりする。

ところが、「十九の春」はあまり有名ではなくて、大抵の人にこの曲のことを話しても、何それ?みたいに大抵知らない。なんでももともと奄美の民謡らしくて、♪私があなたに惚れたのは丁度十九の春でした♪ではじまる。

なぜ今更「十九の春」かというと、典型的には将棋の屋敷九段だったりする。と思ってWikiでみると、屋敷九段がつくった最年少タイトル獲得記録は18歳で、私が意図していた「十九の春」の語呂合わせとちょっとずれてしまったが、まあ私が言いたいことは、人間って案外、十九くらいでピークを迎えるよね、ということなのである。

だいたい、「十九の春」の主人公の女性だって、十九のとき花のように可憐で、主(ぬし)さんに見初められて、要するに不倫の関係に陥ったという次第である。ただ、「十九の春」の舞台の沖縄に不倫という言い方はなんとなく合わなくて、しかし沖縄の雰囲気は知らないので適当な代替えの言葉も浮かばない。

戻って、屋敷九段にもしも、十九の頃がピークでしたよねと言ったら不愉快になるに決まっている。今の方が強いと思います、というに決まっている。なぜなら、そう言ってしまうと、十九のときから今まで何してたの?ということになってしまう。

今の方が強いという言い方は、一種の年齢進歩史観に染まっているからである。すなわち少なくとも棋士は、30代か40代でピークを迎えるというのが世間一般の常識である。

じゃあ、と意地悪な人が聞くかもしれない、なぜ十八でタイトル取れたのにその後、取れてないの?と。それには屋敷九段も苦笑するよりない。今のタイトル保持者である羽生、渡辺、糸谷は強くて、と言ってみても当時の中原だって鬼のように強かったはずである。

で、結論から言ってしまおう、人間は十九でピークを迎えるということが珍しくないのである。そこでピークに達してしまうと、その後の人生どうしていいのか、ただ迷走したりする。それが屋敷九段がしばらく昇段を足踏みした理由である。

実は、上記とほぼ同じ趣旨を、このブログでも自己変革でも書いた。要するに、人間はなかなか変わらないので、十九のピークからまず進歩はない。

こうして十九にして重いテーマが課される。すなわち、ピークに達したら、あとは人生をどう凌ぐかということである。そうなったら正解は、折角きれいに積みあがった積木を崩して作り直すしかない、ということである。しかし、積み直してもとどおりになるということはまずない。下手すると、あるいは下手しなくても、最早ピークは二度とないかもしれない。こうして、十九の春、三十路の夏、アラフォーの秋、五十路の冬、ということになる。

すると、五十路の冬ならぬ、還暦の私としてはどうすればいいのか、還暦はシベリアなのかと聞くと、どこからともなく、そんなもん知るか、自分で考えろ、と声が聞こえる。

実は、「自分で考えろ」というのは、人生の春夏秋冬、オールシーズン正しいのだった。もちろんシベリアの還暦のときも、である。

それでも十九の春がある人はまだよい、何もピークがなくそのまま人生が退潮になったりして、実に難しいのだった。

放任主義

user-pic
0

よく、鉄は熱いうちに打てとかいって、厳しく教育することの必要性を説くための喩えとして使われる。こういいながら、塾に追い立てながらスパルタで子供を鍛える親もいて、そうやって立派になる子供もいれば、ぐれてしまったり、ノイローゼになってしまう子供もいる。

正解は分からないけど、子供を厳しく教育する親は、それなりに一目置かれたりする。

ところが、次のようなケースがある。すなわち、知り合いから、プロポーカー・ブレイヤーの木原直哉さんのことを聞いた。なんでも、北海道の高校時代秀才で、一浪して東大に合格した。合格したときは夢があり、理系で、大学院に進学し、ノーベル賞が取れるような研究者になるつもりだった。

しかし、授業が始まると、講義内容がつまらないと感じ、将棋部に入り、将棋と麻雀に明け暮れた。なんでも、現在はプロ六段の片上大輔が将棋部の先輩にいて、麻雀を教えてくれたのだという。

ところで、頭脳ゲームには、囲碁や将棋のような完全情報ゲームと、麻雀やブリッジ、ポーカーのような本質的に運の要素が入る、不完全情報ゲームがあるが、木原さんは特に不完全情報ゲームに才能を示し、麻雀があっという間に強くなり、バックギャモンも覚えて、これも世界の強豪が集う大会でベスト4に入るほどの実力になった。

そういうゲームが楽しくで没頭しているうちに、授業に出ないものだから卒業できなくなり、一旦休学した。そこでポーカーに出会い、これもあっと言う間に世界レベルの強さになり、ラスベガスのカジノに出入りすることで生活の糧を稼ぐまでになった。

普通はそんな生活していたら、親は烈火のごとく怒り、勘当されるのがオチである。ところが、木原さんの母親は、息子を信じて任せ、何も文句を言わなかった。ポーカーのプロになったこともしばらく知らなかったらしい。

すなわち、木原さんは結構な放任主義の下で育ったといえるが、それでいて、東大に合格し、結局好きな道を見つけて努力した。そういう親の期待に応えるためか、ともかく休学しながらも10年かけて東大を卒業した。

放任主義といえば、プロ試験についに合格した今泉氏もかなり放任主義で育てられたようである。なにしろ、将棋のプロ棋士になりたいといえば、好きなように受けさせてくれたし、結局プロを一度断念したときも、再度三段リーグに入りなおしたときも、今回プロ試験を受けるときも、好きなようにやらせてもらえたようである。

こうしてみると、放任主義というのも悪くないと思う。放任主義で育てられると子供は、利害損得でなく、好きなこと、やりたいことを追求するようになる。それで才能があれが開花する。才能がなければ、・・・どうなんだろう。才能がなければ、利害損得を容れてサラリーマンになるくらいのものである。サラリーマンなら、特異な才能がなくてもなれる。必要なのは若干の忍耐力だけである。

こうやって放任主義を擁護するのは、私も放任主義で育てられたからである。ただ、私の場合貧乏だったので、塾に行かせるお金もなかったということでそうなったという面もある。ただ、子供の頃結構厳しかった母親は、私が中学になったころから何も言わなくなった。将棋に凝って勉強がおろそかになったときもである。

大学で一年、意味もなく留年したときは流石に親に怒られたが、私は木原さんのように根性を入れて、好きなことに打ち込む勇気はなかった。結局は才能なんだと思う。すなわち、物理学であれ将棋であれ、才能がなかったので、生きていくためには、サラリーマンになるしかなかった。サラリーマン処世の才能もあったとは思えないが、他に道はなかった。でも、やっぱり、もうちょっと物理学か将棋の才能があったらなあ、と思わないでもない。ないものねだりか。

青色青光

user-pic
0

講談社新書の「仏教のキーワード」紀野一義著によると、浄土三部経に、次のような文章がある。

また舎利弗よ、極楽浄土には、七宝の池あり。(中略)池中の蓮華、大いさ車輪のごとし。青色には青光、黄色には黄光、赤色には赤光、白色には白光ありて、微妙・香潔なり。

この記述を読んで私はつい、LEDのイルミネーションをイメージした。どうも日亜化学は、極楽浄土も顧客らしい。特に、青色には青光は、先日のノーベル物理学賞である。

そういえば私は、一度だけ極楽浄土をみたことがある。まだ大学生の頃である。下宿であまりに暇なのでつい横になって昼寝していると、夢の中でお花畑がでてきて、言葉ではいいあらわせないほどの幸福を感じた。しかし、そのときは昼間のシーンで、極楽浄土名物のLEDのイルミネーションはお目にかかれなかった。

そのうち夜の極楽浄土も訪れてみたいのだが、その後立花隆の「臨死体験」の本など読んでいると、私が学生時代に夢にみた光景はどうみても臨死体験であり、その後の人生の紆余曲折でもあのような夢は一度もみたことがないことに鑑みると、私はあのとき、一時的に心肺停止で死にかかっていたのだろうか。別に心筋梗塞の発作になった覚えもない。実に怪訝である。

ともかく、LEDが極楽浄土の重要なアイテムだとすると、案外、煩悩の塊のような中村修二氏が、本当は菩薩ということもありえる。まあ、冗談で言っているのだけれども。

秋の花

user-pic
0

私は、ベッキーさんシリーズなどを通じて、北村薫のファンである。ちょっと古風な味を出した繊細な文章で、けだし名文というか美文といってよい。

それで、古書店で北村薫の「秋の花」創元推理文庫を見かけたので、迷わず買って、かなり短い積読期間の後、読み始めた。

基本的に主人公の女学生の一人称で語られる。普段は、正ちゃんと江美の仲良し三人組で行動している。

そんな三人にとって、大変な事件が起きた。それは、母校の高校の後輩のことである。なんと学園祭の準備をしていて、学校の屋上から転落して亡くなった女子生徒がいたのである。自殺か、あるいは他殺か、あるいは事故かと学校中は大騒ぎになり、結局事故として処理されたのだが、学園祭は中止になってしまった。

亡くなった女子高生は津田さんといい、津田さんには親友で和泉さんという人がいた。津田さんが亡くなったことで、和泉さんは大変なショックを受け、不登校になるほどだった。

和泉さんの自宅も、津田さんの自宅も、主人公の近所で、小さい頃からよく知っている仲なのであるが、和泉さんが何かと主人公に話を聞いてほしいそぶりをしてくる。構ってほしそうである。和泉さんは、主人公が気づくところで、わざと自虐的に雨に打たれていたりする。

それで、親切な主人公は、自宅に和泉さんを呼んで、いろいろと面倒をみてあげるのだが、どうもいつまでたってもすっきりしない。それで、どうしたものかと主人公は仲良し三人組で議論したり、母校の先生と話したりと、思案するのだが、なかなか解決に至らない。

そして、ほのぼのとした学園ドラマの雰囲気だったのに、次第に切実な心理ドラマになってくるのだった。ここからはストーリーの核心なので、これ以上書かないが、文学少女で、文学部の学生であり、芥川を卒論のテーマにしようという主人公は、暇さえあれば本を読んでおり、フローベルだの、日本児童文庫だの手当たり次第で、とても感性豊かに読書に感じ入る。

その豊かな感性で、悲劇の和泉さんに感情移入していく様が痛々しい。ともかく、これもまた北村薫の佳作小説なのだった。

格闘技性

user-pic
0

3年以上前にブログに書いたように、私は囲碁の小林覚九段のファンである。その小林覚九段であるが、最近随分頑張っている。例えば、棋聖リーグでも挑戦するかという勢いだったし、前期の竜星戦では、決勝トーナメントで井山六冠に見事な打ち回しで勝ったし、先日も下記の日本棋院ホームページの記事にあるように、再度井山に勝って、七冠を阻止した。

第53期森ビル杯十段戦【主催:産経新聞社】の本戦準々決勝・井山裕太棋聖VS.小林覚九段が28日に大阪市の日本棋院関西総本部で行われた。結果は白番の小林九段が半目勝ちをおさめ、準決勝進出を決めた。

このような小林覚九段の活躍をみて私が目を瞠るのは、55歳という年齢に鑑みてである。その活躍の秘訣は?と思っていたら、読売新聞の囲碁欄によると、あるとき一念発起してここ数年、お酒も絶って囲碁を勉強しているのだという。おそらくであるが、井山六冠の活躍に触発されたのではあるまいか。井山六冠の才能を高く評価するとともに、それに本気で挑んでみたいと思ったのではないか。

そこで私はふと思ったことがある。決して小林覚九段の努力を軽んじるわけではないが、どうも囲碁というのはやはり、年齢による棋力の低下の程度が小さい競技だな、ということである。すなわち、囲碁で50歳以上で棋聖、名人、本因坊リーグに入るなどの意味で第一線で活躍している棋士として、小林覚九段以外に、趙治勲九段と山城宏九段がいる。棋聖、名人、本因坊リーグには入っていなくても囲碁で50歳以上でかなり活躍している棋士として、王銘エン、王立誠がいる。ここらあたりは、将棋でいくと、順位戦B級1組以上または竜王戦2組以上といったところだろう。

将棋はというと、それに該当するのは、谷川九段と高橋九段くらいしか見当たらないが、谷川九段はB級1組で、高橋九段はB級2組でかなり苦戦していて、活躍している、という言い方は相応しくない。

で、昔から分っていることだが、将棋はどうしても加齢による棋力の低下が大きいということである。その理由を考えるために、格闘技性という概念を案出してみた。

格闘技性の高い頭脳競技の条件を列挙してみる:

  1. 思考の瞬発力を要する。
  2. ちょっとしたミスでがらっと形勢が変化する。
  3. 広さよりも寧ろ、狭く深い思考力が要求される。
  4. 短期記憶力を駆使する。
  5. 直観にたよりにくい。
  6. 過去の経験にたよりにくい。

このような性質において、将棋は囲碁よりも格闘技性の高いという命題が成立すると思われる。では、格闘技性が高いとどうなるかというと、

  • 低い年齢から始めないと一流になれない
  • 加齢による力の低下が大きい
  • 女性が上達しにくい
  • アマチュアでも、ある程度歳をとって覚えても、上達しにくい

格闘技性は、車でいえば排気量だったりする。あるいは4WDだったりする。すなわち、格闘技性の高い頭脳競技は、まるで険しい山道を車で登って行くようなものである。ある程度の排気量と強いトルクがないと絶対に登れず、途中でエンストしてしまう。

おそらくであるが、オセロもチェスも、将棋よりさらに格闘技性が高い。より逆転しやすいゲームである。

また、同一の競技でも、持ち時間を短くすると、格闘技性は高まる。10秒将棋が、将棋とは別のゲームであると言われたりする所以である。

格闘技性が高い競技のプレイヤーが、より格闘技性が低い競技に馴染む方が、その逆より容易である。理由は言うまでもないだろう。なので、一般論として、将棋指しの囲碁の方が、碁打ちの将棋より高いレベルにあるということになる。

戻って、女性が格闘技性の高い頭脳競技が苦手なのは、もともと育児に馴染むように、狭くて深い集中力よりも、万遍なく長い時間注意を払えるという性格だからであろう。車でいえば燃費がいいエコカーであり、その分、ここというときの集中力に欠ける。

頭脳競技ではないが、数学、物理学、コンピュータサイエンスなども、格闘技性が高いかもしれない。実際、数学のフィールズ賞を受賞した女性は一人しかいないし、ノーベル物理学賞もキュリー夫人以外に何人女性がいるのだろう。また、チューリング賞を受賞した女性はいるのだろうか。

もちろん、格闘技性の高さと、競技の優秀性、面白さは関係ない。ある意味では、格闘技性が高すぎると、芸術性や格調を出しにくいということはあるかもしれない。

新宿鮫

user-pic
0

魔女の盟約のところで、大沢在昌の「新宿鮫」を読むべし、とか書いたが、フットワークの重い私は、そう書いてもなかなか実現しない。ところが、意外に早く「新宿鮫」を読む機会が訪れた。

最近はあまり新刊書の本屋に行かないのだが、久しぶりに訪れた自宅の近所の文教堂で、「新宿鮫」の光文社版の新装版をみて、つい買いたくなったのだった。そして、積読の得意な私にしては珍しく、買ってすぐに読み始めた。すると、いきなり主人公の鮫島警部がでてきて、ストーリーに引き込まれた。

「新宿鮫」は、ある意味、今野敏の隠蔽捜査と似ている。というのは、「新宿鮫」の鮫島も、「隠蔽捜査」の竜崎も、キャリアの警察官であり、特にスキャンダルなどがなければ、出世間違いなしなのである。竜崎は一旦は警察庁の課長を務めるなど、確かにエリートで、息子の麻薬事件の責任をとって警察署長に降格になった。

一方、鮫島はというと、折角エリートなのだから当たり障りなくやっていればいいものを、ある意味竜崎と同様に正義感が強すぎて妥協を許さず、警察機構の中で軋轢を生じて新宿署に流れ着き、周囲から無視されて一匹狼として、防犯課に勤務しているのだった。

鮫島が竜崎と違うのは、実際に捜査の現場に出て行って、銃は撃つし、犯人と揉みあって半死半生の重傷を負ったりもする。また、女にももてて、バンドのボーカルの女性とできていたりする。

なにしろ新宿なので、事件に事欠かないで、鮫島といえども忙しい。その中で鮫島は独特の存在感で、ヤクザからも怖れられていた。そもそも全く妥協や癒着がないのである。

私が読んだのは「新宿鮫」の第一作であり、鮫島が新宿で起きた連続警官射殺事件に遭遇し、銃の密造犯を追うという設定だった。

その地道な捜査と、犯人を目指して獲物のように追う姿勢が子気味よくて、流石有名な警察小説だと感心した次第である。

魔女の盟約でもそうだったが、「新宿鮫」も大沢在昌の圧倒的なディテールが織り込まれた隙のないストーリーに仕上がっている。これでは、第二作以降も読むのが楽しみである。

ところで、「新宿鮫」を読んでいてふと思い出したことがある。それは前に勤務していた外資系の会社で、新入社員として入社してきたおしとやかな女性が、入社の挨拶で、実は私の父は新宿警察の署長なんです、と恥ずかしそうに言っていた。それで、私を含めた馬鹿な男たちが、おお、下手に手をだしたら逮捕されるぞ、とあまりにベタな冗談を言っていたのだった。

しかし、新宿警察の署長というのは冗談抜きで半端な存在ではなく、「新宿鮫」によるとその階級は警視長、あるいは警視監であり、警視総監もうかがえる地位なのだった。なにしろ東京でも最大の警察署なのである。都合があって早くに辞めてしまったあの、署長の娘という女性は今はどうしているだろうか、きっと早々に結婚しているんだろう。なにしろなかなか好感度高い、和風美人だった。ちょっと父親の職業には引くけど。

唯仏与仏

user-pic
0

私は寝る前にも儀式として本を眺める癖があって、その本は将棋の本であったり、囲碁の本であったり、そしてなぜか仏教の本だったりする。間違ってもそれが聖書ということはない。

ただ、仏教の本といっても、寝る前なのであまり本格的なものは敬遠して、例えば、講談社新書の「仏教のキーワード」紀野一義著などである。

「仏教のキーワード」を眺めていて、特に面白いと思った言葉として、唯仏与仏がある。これは、唯仏が仏に与える、と読むのではなくて、「与」を、英語の"and"と読んで、ただ、仏と仏のみ、のように読むのが正解らしい。

さらに解説を読むと、法華経によると、仏を成就することは難しくて、ただ仏と仏だけがそれを極められる、という意味らしい。

すると私の想像はなぜか、2003年に遡る。そのとき、米国から、知り合いのMさんが日本に来た。Mさんは結構分かりやすい英語を話してくれるので、当時日常的に英語を仕事で使っていた私にはほとんど会話に苦労しなかった。一方上司のP氏もクリアな英語で、こちらも普段聞き取りにあまり苦労したことはなかった。なので、Mさんと旧知の間柄であるP氏が私を誘って食事に行こうと誘ってくれたとき、私はとてもうれしかった。

うれしかった理由は俗なもので、ニューヨークの本社機構に属するMさんと、その旧知のP氏と三人だけで食事をするという機会が私に与えられたということは、自分が出世の本道を進んでいるような錯覚に捉われたからである。他の日本人は呼ばれないのだから、ある意味独占である。

あと、折角なのでネイティブ同士の何も引かない、何も足さない本物の英語が堪能できるという期待もあった。今では信じられないのだが、当時の私は外資系にあっても、結構英語ができると自惚れていたのである。今にして思えば勘違いも甚だしい。

ところが二人の会話が始まって急に愕然とした。ほとんど理解できないのである。それは速さではない。速さについてはなんとかついていけていた。語彙なのである。私が聞いたことがない単語と言い回しがどんどん出てきて圧倒された。それで申し訳なさそうに、それはどういう意味?と聞いたら、えっ、お前はこんな英語も分からないのかと説明したくれたのだが、それもまた理解できない。で、今にして思えばそれは、唯米与米なのだった。

こういうお呼びでないみたいな体験を私は随所でしていて、例えば、SE同士のコンピュータの専門用語を駆使した会話についていけなかったり、弁護士同士の法律論にも置いてけぼりをくらったりと、まあそういう経験が私にいかに多いことか。

それでやはり私は、唯独与独で、一人で過ごす時間をつい好むのだった。多分だが、あの世に行ったら、高級霊同士の交信に私はついていけないのだろう。そのあたりが本来の唯仏与仏なのだろう。すると、専門家同士の中にいて孤立してしまうのも、何かしら意味のある修行であるに違いない。

逃走

user-pic
0

薬丸岳は、最初に読んだ天使のナイフが面白かったので、その後も「虚無」、悪党と、それなりにポジティブな印象を以て読んできた。

なので、古書店で「逃走」講談社文庫をみかけたときも、あまり迷わず買って、比較的高い優先順位で読み始めた。

薬丸岳の小説の一つの特徴は、前にも書いたが、文体が軽くて読みやすく、それでいてテーマが重い、ということがある。私は「刑事のなまざし」シリーズは読んだことがないので一部しか読んでいないのというべきだが、それでも、犯罪の加害者、被害者、その家族の懊悩というテーマがメインになっているような気がする。

「逃走」は、極めて身近な親族である両親が関与する犯罪で、不幸のどん底に落とされ、その後養護施設を経て社会人として互いに支え合って暮らしている兄妹が主人公である。

その兄の方である小沢裕輔は、当時まだ幼かった妹とは違い、両親が絡む事件の記憶がまだ鮮明に残っており、それから21年たった今でも、当時の真相を追求し続ける。そこで何かの事実を確認するためにとあるラーメン屋を訪ねたとき、急に激情に駆られて、傷害致死事件を引き起こしてしまう。この時点で、冤罪などではなく本当に犯罪を犯してしまったので、自首するというオプションはあったのだが、警察に出頭する前にどうしても確認したい重い事実があって、裕輔は、警察の追手を避けつつ、逃避行に赴く。

その事実がいかにも薬丸岳らしい人生の宿命的なテーマとなっていて、私は毎回考えさせられるのだが、人によってはワンパターンと思うかもしれなくて、この本のアマゾンの評価はあまり芳しくない。

しかし、ワンパターンかもしれなくても、それなりに委細を尽くし、且つ読みやすくて入り込みやすい薬丸岳の小説を私は好み続けるだろう。

そういえば、アマゾンの評判がいまいちでも私がつい面白いと感じるエンターテイメント小説として、誉田哲也の姫川玲子シリーズや、渡辺容子の左手に告げるなかれなどがあって、こういう、ある意味ベタなストーリーを好む私にコンサバ性を見てとるのは容易である。神経質で苦労性の私は、こうやってバランスをとっているのだった。ちょっと言い訳がましいか。

会社で、私の昼休みの日課は、自席で将棋連盟のホームページと、日本棋院のホームページをチェックして、最新の棋士の戦績をみることである。

で、あれっ?と思ったのはなんと、「今泉健司氏、プロ合格」とあるではないか。そこで将棋連盟の記事を引用しておく。

本日12月8日、アマチュアの今泉健司さんのプロ編入試験第4局が、東京・将棋会館で行われました。結果は今泉アマが石井健太郎四段(22歳)に勝利し、これでプロ編入試験3勝目をあげ合格しました。今泉さんは2015年4月1日付けでプロ棋士となります。
今泉さんの41歳でのプロ棋士合格は1957年北村文男七段の四段昇段年齢37歳(戦後の記録)を更新し最年長となります。

私はプロ編入試験第4局は12月11日あたりだと思っていたので、とても意外だったが、今泉氏、プロお預けで書いたように、なんとしても今泉氏にプロになってほしかったので、いい意味で拍子抜けした次第である。実は石井健太郎四段に対しては少し分が悪いと思っていたので、勝ててよかったとほっとした。

最近今泉氏についてちょっと心配したのは、銀河戦で八代四段に惜敗し、アマ王将戦で中川慧梧氏に負けて準優勝だったからである。しかし、よく考えると、コアの将棋以外は負けてツキを貯めるというのはまさに森内流で、去年など羽生との名人戦の前に10連敗したのが真骨頂だった。

ところが最近の森内はどうしたことだろう。NHK杯で羽生に完勝したと思ったら、竜王戦第5局で、必勝だった将棋を負け、糸谷にタイトルを取られてしまった。少し前なら確実に、NHK杯で負け、竜王戦で代りに勝っていたはずなのである。

すると森内流を真に採用しているのは今泉氏で、本当にコアな対局はプロ編入試験なのだから、そこを勝つため他を捨てるのがいいのである。まさに囲碁でいうところのタネ石とカス石の概念である。

これで今泉氏が来年4月からプロになることが決まったが、果たして活躍できるだろうかと考えたとき、それは分からないというしかないが、瀬川五段と比べて、なんとなく本格感が乏しい。言い換えると勝負にこだわりすぎというか。

そこは今から、勝負でなく内容に拘る将棋を、知り合いのプロ棋士と指すことにより、洗練していくよりない。多分であるが、今泉氏が親しいという菅井五段のように、振飛車から横歩取りや、相懸、腰掛け銀などに芸域を広げればいいのだろう。

ともかく、来季から今泉四段が公式戦に登場するのが楽しみである。プロ棋界に旋風を巻き起こしてほしいものである。

囲碁の竹清勇四段のブログ記事を読んでいたら、興味深かったので、紹介させて戴く。

すなわち、竹清四段が今回対戦したのが、ゼン(Xen)という電通大のソフトで、私が現在自宅で三子を置いて教えてもらっている天頂の囲碁5がやはりXenベースの思考エンジンなので、つい興味をもって読んだ。ただおそらくであるが、天頂の囲碁5は昨年発売された製品であるので、竹清四段が対戦したのは、それより少し後の改良されたバージョンなのだろう。

以下のような記述は、竹清四段が対戦したバージョンは、私が対戦している天頂の囲碁5よりかなり強いことを示唆する。

私とゼンの手合いは開発者の希望により4子局。プロが本気を出したデータがほしいとのこと。
今回のゼンはコンピューターを4台つないだもので、1台のゼンよりも2目ほど強いらしい。
これ以上は2000台まで増やしても強くならないと、開発者の方は言う。理由は台数を増やして並列に分析させても、コンピューター同士が分析結果をうまくディスカッション出来ないらしい。

また、次の記述も興味深い。

碁の内容は、布石から中盤にかけて、私もミスなく的確にゼンの悪手に付け込んで猛然と追い込んだ。ゼンに詳しい大橋プロも「ゼン相手にはベストな打ちまわしだった」と言ってくれていた。
それにも拘わらずヨセに入って猛烈に細かい。人間相手なら中盤にあそこまで追い込めば10目はこちらに残りそうな碁の流れだった。そこがコンピューターの不気味さを感じるところでした。

これは私程度の低い棋力の者でも、天頂の囲碁5と対戦していて感じることである。例えば、ラッキーなのかもしれないが、私が中盤で天頂の囲碁5の大石をうまく仕留めて、中押しのような大差になることがある。で、あとはどう寄せてもと普通に打っていると、終盤で冷静に眺めてかなり細かいことに気づく。そして、終わってみて一目負けだったということが結構起きる。もしかして、大石を取らせたのも予定の行動だったのか?と不気味ささえ感じる。

一方、コンピュータ将棋ではこういうことはあまり起きない。私はBonanza、ponanza、激指10と何度も対戦してほとんど勝った記憶がないが、少なくとも中盤の相手の落手で決定的に優位になったと錯覚させてもらえたことさえほとんどない。いつも、岩にぶつかるかのようなどうしようもない負け方である。

これも興味深い。

最終的には小ヨセで、4目の手がある局面でゼンが2目の手を打ったので逆転勝ち。もしミスが出なければおそらく私が1目程負けていました。

すなわち、私は何かの本で、コンピュータ囲碁は、序盤や中盤はともかく、ヨセの正確さでは全く人間が太刀打ちできないレベルになった、と読んだことがあるからである。もしかしてあれはまだ都市伝説なのだろうか。

ただ、これはどうなんだろうと怪訝である。

終局後、私が「これだけ飛躍的に強くなれば10年で追いついてきそうですね」と、開発者の方に聞いたところ「コンピューター自体の性能は理論的にほとんど限界まできている。たぶん追い付けないし、革命があっても20年はかかる」とのこと。
(中略)
なぜ囲碁だけ、コンピューターが勝てないのか。それは人間に備わっている「大体こんな感じ」という言葉で説明できない感覚を囲碁はフルに使ったゲームだからだと開発者の方は言う。

これには私は同意できない。というのは、コンピュータ囲碁を今のプロに四子のレベルに留めているものは、決してコンピュータのハードウェアの能力の限界ではなく、アルゴリズム的なものだからである。コンピュータ将棋は、何十年にも亘るコンピュータチェスの研究をうまく利用することができた。そういう意味では、コンピュータ囲碁の歴史は若すぎる。それでもモンテカルロ木探索法のアイデアでコンピュータ囲碁は四子か五子一気に強くなった。ここ数年の出来事である。そのブレイクスルーがもう一度起きると、一気にプロレベルに到達してしまう。

よく分からないで言っているのだが、マルコフ決定理論とか、金融工学のリスク計算で利用されている確率微分方程式の手法などがコンピュータ囲碁にも有効であるような気がする。すると、コンピュータ将棋がそうであるように、人間思考法の延長ではない、新しいパラダイムを供えたコンピュータ囲碁の世界が席巻するかもしれない。

予想どおり、というのは言い過ぎだが、第5局で、ついに糸谷新竜王が誕生した。実は竜王戦の第5局の二日目は、たまたま、ではなく対局をネット観戦するために、休暇をとって腰を据えた次第である。その内容をみてみることにする。

さて、戦型は、糸谷が先手なので、予想どおり角換腰掛銀となった。前にも書いたが、糸谷は、居飛車党なのに矢倉はしないお兄さんなのだった。

【図1】
持ち駒:先手糸谷=なし、後手森内=なし
通いなれた道なので、一気に40手まで進める。すると、図1は現在流行の形なのだった。先日のNHK杯戦の羽生対森内もそうだった。さて、図1の4二金から, ▲8八玉, △2二玉, ▲6八金, △2四銀, ▲2八飛, △3三銀, ▲9八香, △7三桂, ▲9九玉と糸谷が無造作に穴熊ったが・・・ 






















【図2】
持ち駒:先手糸谷=なし、後手森内=なし

△6五歩と先攻されて、既に作戦負けのような気がする。以下、▲6五同歩, △9五歩, ▲同歩, △7五歩, ▲2五桂, △6五桂, ▲8八銀, △3七角, ▲2九飛, △8六歩, ▲同歩, △9七歩, ▲同香, △4八角成, ▲6五銀, △同銀, ▲3三桂成, △同桂



















【図3】
持ち駒:先手糸谷=角桂歩4、後手森内=銀桂

ここで▲8七銀打は、解説陣によると、先手は35歩だけを一点狙いにしているという。以下、△7六銀, ▲3五歩, △7四桂, ▲9八桂, △4七馬, ▲7九飛, △8七銀成, ▲同 銀, △6五馬, ▲5六角, △8七馬, ▲同 金, △7六銀, ▲同飛と飛車も切ってしまった。△同 歩に対して、



















【図4】
持ち駒:先手糸谷=角銀歩4、後手森内=飛銀2歩

▲8八銀と投入するが、△7七銀, ▲同桂, △同歩成, ▲同金, △7六歩, ▲同金, △6四桂, ▲8九銀, △5六桂, ▲同歩, △3九飛, ▲7八銀, △6八銀, ▲6九歩となると、糸谷が攻め込まれているようでも、後手をもって攻め続けるのは大変のようである。
しかし森内は以下、 △6九同銀, ▲同銀, △同飛成, ▲7八銀打, △1九龍, ▲3四歩, △7五歩, ▲同金, △9五香と厳しく攻める。



















【図5】
持ち駒:先手糸谷=角桂歩6、後手森内=角銀香歩

なんと先手は、9同五香と取らないで、▲6九歩であるが、△6六銀と追求は厳しい。仕方がないので先手は、 ▲3三歩成, △同金, ▲2五桂 , △7七銀成, ▲同 銀, △9七香成, ▲3三桂成, △同金, ▲2五桂と攻め合いを図る。



















【図6】
持ち駒:先手糸谷=角金銀歩5、後手森内=角金桂香2歩

先手はいかにも危ないかたちなので森内は攻め合うかと思ったら、一旦△3二歩と受ける。これでどうも糸谷が足らなそうである。それでも糸谷は、▲3三桂成, △同歩, ▲3四歩, △同歩, ▲5一角と攻め,森内は △2一桂とがっちり受けた。実は後で▲5一角が効いてきた。



















【図7】
持ち駒:先手糸谷=金銀歩5、後手森内=角金桂香2歩2

ともかく糸谷は▲4三金としがみつく。さて、ここから問題の局面である。 






















【図8】
持ち駒:先手糸谷=金銀歩5、後手森内=金桂香2歩2

ここで森内は、△6七角。これ、敗着ではないのだろうか。すなわち、12玉の早逃げとか、54角など、他の手もあったはずである。本譜に戻って、以下、▲8八銀, △8六桂, ▲6七銀, △9八桂成, ▲同銀, △6九龍, ▲8九歩, △9八成香, ▲同玉となってみると、



















【図9】
持ち駒:先手糸谷=角金桂香歩4、後手森内=金銀桂2香2歩4

森内は△9七歩だが、▲同玉で▲5一角が利いていて先手に詰みはない。すると、森内は一旦3一香と受けておく方がよくなかったか。しかし、森内は、△9七歩, ▲同玉, △9六歩, ▲同玉, △9五歩, ▲同角成, △9四歩, ▲同馬, △9一香, ▲9三歩, △同香, ▲同馬, △9一香, ▲9四歩, △9三香, ▲同歩成, △9四歩と戻れないところまで突っ走ってしまった。



















【図10】
持ち駒:先手糸谷=角桂香3歩6、後手森内=角金銀桂2

ここで糸谷は意表の▲3二金打。森内はこれを同飛とは取らず△1二玉, ▲8二と, △9五金, ▲8七玉, △6七龍と森内は形づくりした。 






















【図11】
持ち駒:先手糸谷=飛角桂香3歩6、後手森内=角銀銀桂2

ここで、糸谷の▲1三香で森内投了。女流棋戦では自明な投了図はよくあるが、男性のビッグタイトルでこんな分かりやすい投了図はちょっとない。 






















さて、【図8】での△6七角が敗着かと思ったら、もしかして真の敗着は、【図9】での△9七歩かもしれない。ここで、一旦△93香を利かせてから41金と受けるとか、単に31香と受けるとか、いろいろややこしく指す手があった。森内にしては、一直線すぎた。もしかして、糸谷があまりにも頻繁に席を離れるので、イラついたのだろうか。

長いお別れ

user-pic
0

原尞の「そして夜は甦る」を読んだとき、どうもいまいちしっくりこなかったが、ともかく一応面白いといえたので、原尞が一番影響を受けたという、レイモンド・チャンドラーの本も読もうと思った。

それにしても、と自分でも思う、ミステリーファンの端くれなんだから、還暦になるまでレイモンド・チャンドラーを読んだことがない、というのはありえなくないか、と。仕方ないのである、読書量の割には私の読書傾向は偏っている。

で、結局、レイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」ハヤカワ・ミステリ文庫を買って読み始めた。フィリップ・マーロウ。私立探偵らしい。今までレイモンド・チャンドラーの本を一冊も読んだことがない私も、名前くらいは聞いたことがある。

そうそう、「長いお別れ」には、清水俊二訳の版と、村上春樹訳の版がある。どうも村上春樹を敬遠してしまう傾向がある私は、迷わず清水俊二訳版を買った。

ストーリーは、マーロウが、テリー・レノックスというだらしない酔っ払いがその彼女らしい女性においけてぼりにされるシーンに出会うところから始まる。いきなり凄惨な殺人シーンから始まるミステリーを多く読んできた私には物足りなかったりする。

普通はそんな酔っ払いがいても無視のはずなのに、マーロウはなぜかその酔っ払いに友情を感じ、自宅に連れて帰る。そして面倒をみてから帰らせるのだが、マーロウは後で、捨てられたはずの女性とよりを戻したと知らされる。実はその女性はやはり妻で、妻の父親が政界にも顔がきく大金持ちらしくて、そのせいというわけではないが、テリーは妻の許に帰り、豪邸に住んでいるという。

そうやってしばらくたつと、テリーがマーロウの自宅に訪ねてきて、せっぱつまった原因でメキシコに逃げるので、空港まで送ってほしいという。長年の探偵生活で、なにやら事件がらみかもしれないと直観するが、そこはそれで、淡々とマーロウは言われた任務を果たす。

あとからどうも、テリーには殺人事件が関与していたと分かる。そして、マーロウは、警察に呼ばれて散々油を搾られる。犯罪幇助の疑いである。剰え、テリーが自殺したと聞き、事件が無理やり幕引きされる。

結局マーロウは釈放されて本来の仕事に戻るのだが、知り合いのヤクザの親分が訪ねてきて、テリーの件からは手を引けと脅す。勿論マーロウは、そうするとも、そうしないとも応えない。

そうしているとマーロウのところに、妙な依頼がくる。なんでも、アルコール中毒の作家が行方不明になったので探してほしい、というものである。

あまり延々と書くとネタバレになってしまうのでこれくらいにしておくが、要するに、一見ドライで個人主義のようなマーロウは意外に義理堅くて、かなり奇妙な依頼でも誠意をもって対応するし、かなり面倒なことや危険なことも避けない。そして、依頼を受けている間もテリー・レノックスのことが気になり、独自に調査を進めていく。

そう書くとフィリップ・マーロウは普通の探偵だが、独特なのは、常に一言多く、余計なことをいうので相手を苛立たせてしまう。しかし、そのセリフが妙にキザで格好いいのも確かで、そのあたりがマーロウの独特の魅力になっている。

一方で、ジェフリー・ディーヴァーのテンポの速いトリックを駆使した作品に慣れた私は、レイモンド・チャンドラーのこの小説に物足りなさを感じたのも確かである。

すなわち、教養ある名士の老人の話を聞いていると、時代背景の違いもあって、次第に退屈になって注意力が散漫になってくる。本だと、もうそこで読むのを止めて別の本に移ろうかという気持ちになってくる。ところがそう思っていると、ちょっと面白そうなトピックが湧きあがって、興味が再度喚起される。

そうやって2/3くらい読んだ段階で、本来のミステリーぽくなり、そこからは一気に読んだ。読み終えると、結構清々しくて、いわゆるイヤミスとは違う、何か格調を感じたのも確かである。

それにしても、ミステリー・ファンを自認する私が、還暦になってようやくレイモンド・チャンドラーに出会うのか、と改めて苦笑いしてしまった。まあ、人生そうしたものである。十分に歳をとったからいろいろな経験をし尽くしたと考えるほど馬鹿馬鹿しいことはあまりない。

呉清源

user-pic
0

囲碁のレジェンド、呉清源が100歳で亡くなられた。日経のWeb記事から引用する。

戦前から戦後にかけて日本の囲碁界に君臨し、「昭和の碁聖」とも称された棋士、呉清源(ご・せいげん)さんが11月30日午前1時11分、老衰のため神奈川県内の病院で死去した。100歳だった。お別れの会を行うが、日取りなどは未定。喪主は次男、昌樹氏。

私は、囲碁にもそこそこ興味があるので、昔から呉清源のことも気になっていた。確か90歳すぎてからも、21世紀の布石と題して、革新的な布石の話をしていたのがとても印象的で、流石にこの人はいつまでたってもボケないんだ、と感心した。

なぜか、というべきかもしれないが私は、呉清源の打碁集をもっている。誠文堂新光社1968年刊の「現代の名局5・呉清源 上」である。下巻の方はもっていない。この本の裏の方をみると、「明倫館書店」というラベルがあるので、独身時代に神田の古書店巡りをしていたとき買ったものらしい。それがどれほどの値打ちなのかしらないが、この本には、呉清源自身の署名と捺印がある。

この本の末尾に簡単なクロノロジーがあるので、私なりにまとめてみる。呉清源は、大正3年5月19日に福建省で生まれた。父が囲碁が好きで、日本留学中に購入した数十冊の棋書が自宅にあった。呉清源はこれらの棋書で子供のときから独学した。9歳で、当時のアマ初段(いまよりずっと辛い段位のはずである)だった父と同じくらいの棋力だった。

12歳のときには、北京のアマ強豪に先で勝てるほどだった。その頃、日本棋院の岩本六段、小杉四段が訪中し、呉清源は三子で勝ち、二子では惜敗する程度まで上達していた。

昭和2年、13歳のとき夏井五段が訪中して呉清源と打ったときは、二子の手合いだったが、呉清源が優勢のまま打ちかけだった。この棋譜をみた瀬越憲作七段は、独学にもかかわらず十分な力量をもつ少年の棋才に感心し、日本に呼んで修行させたいと、当時の有力者に働きかけ、それは実現した。

昭和4年に来日すると、本因坊秀哉名人に二子で勝ち、村島四段にも勝ったので、審査会は飛びつけ三段を認めた。当時から、日本棋院の五段、六段、七段陣に十連勝するほどで、力量は卓越していた。

その後大手合でも優等の成績を挙げ、昭和6年には五段に昇段した。当時、やはり新進気鋭の木谷五段と一緒に新布石を考案した。新布石とは例えば三連星であって、今では普通であるが、当時は布石といえば、秀策流などの小目をベースとしたものだった。このことからも、呉清源が現代碁の骨格をつくった一人であることがわかる。

その後過度の対局で健康を害していた呉清源は、体調が戻ったせいか、昭和14年から木谷七段と十番碁を打ち始めた。当時呉清源も七段になっていた。

木谷との十番碁は6-4で打ち込んだ。その後木谷實七段、雁金準一八段、藤沢庫之助六段、橋本宇太郎八段、本因坊薫和、本因坊昭宇、藤沢庫之助九段、坂田栄男八段、本因坊秀格とも十番碁を打ってことごとく制した。

こうして呉清源には相手がいなくなってしまったのだが、交通事故の影響で療養している間に名人戦が始まった。名人戦リーグでは常に上位につけるも、結局名人位には就けなかった。

結局、70歳で引退したが、囲碁の研究は続け、囲碁界への影響力を及ぼし続けた。

そういえば、藤沢秀行が亡くなったとき、毀誉褒貶があったが、呉清源については悪くいう声を聞かない。例えば、趙治勲は辛口で有名で、多くの棋士が強さを称える江戸時代の名人、本因坊などに対しても現代の棋士の方が強いと思う、と断言して憚らないほどであるが、新聞の囲碁欄によると、呉清源については

先生の囲碁を一言でいうなら自由といういうこと。それまでの古い形をぶちこわした。先生の打碁集はぼろぼろになるまで並べた。伸び悩んでいたとき飛躍できたのは、そのおかげだと思っている。
と称賛を惜しまない。

新聞の書籍広告を眺めていたら、中村修二氏の「好きなことだけやればいい」バリジコが掲載されていた。またまた、ノーベル賞便乗本かと思ったら、この本の初版は2002年らしい。

この本を読むつもりはないが、おそらく中村氏の主張したいのは、自分は会社で冷遇されて強い怒りを感じたが、会社の方針に反してやりたいことを貫いたので、大成した、ということなのだろう。

なので会社でなるべくやりたくないことはやらず、好きなことだけやるように努めて、それで会社に居られなくなったら、辞めて他の会社に行って頑張ればいい、ということなのだが、本当にそれでうまくいくのだろうか。

私が前いた会社で、イチゴのショートケーキの例を出して、私はイチゴのショートケーキのイチゴだけを食べたいのに、どうしてスポンジの部分も食べなくてはならないのだ。その方が自分は最高のパフォーマンスを発揮できるのに、と主張する人がいた。

私はそれを聞いてなんということをいうかと顔をしかめていたら、それを絶賛する同僚管理職もいて、私は唖然とした。

私が顔をしかめるのは当然である。なぜなら私は同時、事務方の管理職として、いわゆる部門の雑用を一手に引き受けていたからである。私の部下の人達も、専門職の人達をサポートするのがメインの職責だった。私には、仕事の目立つおいしいところを独占して評価され、その裏にある地味な目立たない雑用はすべてやってね、と言われているような気がしたからである。

中村修二氏がいいたいこともそれと似たようなものだろう。すなわち、会社に対する不満や怒りをバネに、やりたいことに対して鬼努力して成果を上げたということなのだが、やりたいことをやるべき、という人達は例外なく、周囲との協調とか依存関係を軽視して、自分一人で成果を出した、と言いたがる傾向にある。青色発光ダイオードの顛末に書いたことは、それが100%事実ではないかもしれなくても、それを例証する。

会社でも、その他の組織でも、王侯貴族でない限り、やりたいことだけをやるためには、厳密な成果主義の下にある必要がある。すなわち、やりたいことをやっていいよ、好きなようにやっていいよ、雑用はサポートしてあげる、でも失敗したら降格または最悪、クビだからね、というのなら理解できる。

しかし、やりたいことをやると宣言する人達は往々にして筋金入りのフリーライダーなのであって、始末におえない。責任逃れも巧みである。

ともかく仕事というのは、やりたくもない雑用もこなしながら、やりたいことを見つけて実現していく、それしかないと思う次第である。まあ、当たり前なのだが。

苫野一徳

user-pic
0

知人から、苫野一徳という人の著書を紹介された。なんでもヘーゲルの思想に言及してあるそうなのだが、へーゲルにはほとんどなじみがないだけでなく、科学哲学のライヘンバッハの著書などの影響で、へーゲルには偏見がある。とはいえ、知人から、苫野という人が、ヘーゲルを再評価して、実際にその思想を活かそうとしていると聞いたので、興味をもった。そして、とりあえず苫野氏の「どのような教育が『よい』教育か」講談社メチエを買って読んでみることにした。苫野氏は哲学者であるとともに、教育学者なのである。

そこで私なりにこの本の要約というか、感想のようなことを書いてみる。何しろ不案内な分野なので的外れになるだろうが、仕方がない。

さて、教育というと、個性重視や自由放任の方針と、きちんと規範を教え込み厳しく躾けるという方針があり、どちらにも一理あるので、どちらが正しいとはいえない。それで異なる意見がぶつかるだけでは進展がなく、結局はアポリア、あるいはどちらでもいいのだという悪しき相対主義に陥ってしまう。

そこで苫野氏は、フッサールの現象学を援用して、相対化の論理を堰き止めることを提案する。すなわち、現象学の確信成立の条件と構造の解明を通して、相対化の論理に切り込んでいく。

苫野氏が拠るもう一つの視点は、ヘーゲルの自由論と相互承認論である。すなわち、人間はもともと自由を欲するが、他人がいるので気儘な自由は通用しない。そこで、努力して相互に自由を認め合うように承認しあうことを目標とする。

こうして苫野氏は、一種の応用哲学として、教育学を再構築しようとしているのだと私は理解した。それは丁度、電子工学や電気工学が、電磁気学や固体物理学を使った応用物理学として理解されることとのアナロジであろう。電子工学や電気工学固有の得べき課題はあるにしても、アポリアに遭遇したとき、物理学にたちかえり、そこから再構築する必要がある。

そこからさらに苫野氏は、現象学の欲望相関性の概念を援用する。そして教育論を欲望相関的に捉えなおす。すると、自分と、他人の欲望がぶつかる場として教育を理解し、そこに自由の相互承認論を持ち込むことで、少しずつ見えてくるものがある。

さらに苫野氏は、すべての人の意志を代表すのものとしての、ルソーの一般意志の概念を導入する。教育においても、施策は、一般意志に適うならば正当化される、ということである。すなわち、社会を、自由の相互承認の原理によって構想すること、権力を、一般意志を代表するものたらしめること、を指針とする。

これに基づき、教育の実践理論を展開するのだが、ここまで来ると、教育学に疎いせいもあって、上記理論と実践理論とが頭の中で結びつかなくなった。

ともかく、フッサールにしても、ヘーゲルにしても、またルソーにしても私の理解が足らな過ぎるので、時間をかけて外濠を埋め、また考えてみることにする。

CSV

user-pic
0

自称テキスティエとしては、テキストエディタと、Perlと、C++コンパイラとだけ付き合っていれば幸せなのだが、そうもいかなくて、他のアプリとも折り合いをつけなくてはいけない。

そして、他のアプリというと、どうしてもExcelの頻度が高い。テキスティエがExcelと話すインターフェースというと、それはもう圧倒的にcsvである。なぜなら、csvなら簡単にPerlなどで生成できるし、Excelはcsvのファイルをそのまま開くことができる。

私にとって実務的にもっと重要なのは、特許検索システムは必ず、csvの形式でデータを出力できることである。よって、私としては、特許検索システムが出力したcsvをPerlで加工してExcelに取り込むことが頻繁にある。

csvの区切り文字はカンマ','であるが、実はカンマは偉大なのである。というのは、他の区切り文字の候補としてパイプ'|'があるが、パイプは、2バイトコードの前半か後半のコードと重なるので、例えばPerlのsplit関数を日本語の文字が含まれる行に適用するとき、うまくいかないことがある。カンマはそんなことはないので、平気なのだった。

さて、csvというのは典型的には、以下のような形式である。
AAA,BBB,CCC,DDD

また、次のようなcsvもある。
"AAA","BBB","CCC","DDD"

Excelはどちらの形式でも同様に取り込めるが、特許検索システムは、後者の形式で出力することが多い。理由は、下記のように、内容にカンマを含むことを許すからである。
"AAA","BBB","CC,C","DDD"

後者のような形式の場合私は、Perlでは、カンマでなく、","という単位でsplitしている。すると、セル中のカンマをそのまま処理できる。これを単純にカンマでsplitすると、セルが分割されて、大変なことになる。しかし、","でsplitすると、先頭と末尾には、"が残り、これを削除する処理が必要になる。

但し、普通にExcelが出力するcsvは前者である。ところがそのつもりで普通にカンマでsplitしようとしていると、痛い目にあう。次のような場合がある。
AAA,BBB,"CC,C",DDD

すなわち、Excelは、セル中に,があるときだけ、""で囲う。ちなみに、セルの中の"は、csvで出力すると、""となっている。要するに、Excelにとって、"はエスケープ文字なのだった。

あるいは、こういう形式もありである。 AAA,BBB,"CC
C",DDD

これは、セル内改行の場合を示す。こういう例をみると、最早splitで分割できないので、一時真剣に、Perlで自前の汎用splitサブルーチンを書くことを考えた。実際、C++ではsplitのような関数はないので、自前で関数を書いていた。

しかし、Perlは、組み込み関数は充実しているが、自分でサブルーチンを書き下そうとすると、却ってC++より融通がききにくい。それで、諦めて、tsvを使うことにした。

tsvとは、タブで区切られた形式であり、Excelの表を範囲指定してコピーしてクリップボードに入れ、それをテキストエディタに貼り付けると、tsvになる。一旦そうすると、セル内に何があっても、タブでsplitすればよい。とはいえ、セル内改行はそのままではうまくいかない。

こうして、csvとPerlの夜は更けていくのであった。決してめくるめかない世界である。

猫の野生

user-pic
0

新聞の書籍広告をみていたら、「猫の科学」という本が広告されていて、その副題が、「飼われていても決して野生を失わない」とあり、本当にそうか?と思ってしまった。

何をもって野生というかの定義にもよるが、飼い主に仕込まれた芸や躾けを忠実に守るということをもって野生の反対の文化性と呼ぶとすると、確かに猫は下手なエンカルチュレーションを拒否して野生に留まっているといえる。

しかし、私がその野生に疑問を呈するのは、意外に精神的に洗練されているように思われるからである。例えば、うちの飼い猫のトラは、餌がほしいとき、二階の私の部屋でパソコンを使っている私の背後にじっと佇んで、私が気づくのを待っている。私がその存在に気づいて振り向いても、なにも自己主張しない。仕方なく私が一階に降りると、じっと後ろについて降りてくる。そして私が餌をあげても興味がないふりをして、なんだ要らないのかと思った頃、やおら仕方なくみたいな態度で食べ始める。

この間合いといい、興味なさそうな振る舞いといい、飼い主に躾けされた犬とは全く別の意味で洗練されているといえないだろうか。

また、多分多少テレパシーの能力があるのかもしれないが、猫はいつも飼い主の心を読んでいる。普通はただ読むだけで、何も意味がないが、例えば私が家内と夫婦喧嘩になると、膝をひっかくなどして、微妙に宥めにかかる。少なくともうちのトラの仲裁が功を奏することはないが、一旦宥めようとして効果がないと分かるとあっさり諦めて向こうに行って寝てしまうのも、人間的でいい。

ここまで適当に意味のない行動を織り込んだりすることは犬にはなく、しかし、この冗長性が、特に具体的に人類に明示的な貢献をすることなくここまでペットとして繁栄してきたコツなのではあるまいか。

ともかくスピリチュアル的には、人間に可愛がられた猫は、人間に生まれかわるというので、次には人間になれるように私はトラをそれなりに可愛がっている。しかし、私の可愛がり方もいかにも非自明で、トラの気のない行動といかにも相似なのだった。

さて、「飼われていても決して野生を失わない」という命題に反論しようとしたのだが、さっぱり反論になっていない。この曖昧さが猫的である、と言い訳しておこう。

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。