2015年1月アーカイブ

多冠理論

user-pic
0

約1ヶ月前の読売新聞の記事に、囲碁の棋聖戦特集があり、これから戦う井山棋聖と、挑戦者の山下九段の談話があった。

それによると、当然かもしれないが、井山棋聖は、年末に王座と天元のタイトルを失ってまだそのショックが残っている状態で、なんとか調子を戻して頑張りたいというものであった。

一方の山下九段は、井山さんはちょっと調子を落とされているようであるので、こちらは頑張りたいみたいな、微妙に相手の不調に乗じるようなニュアンスのことを言われていた。

そのコメントをみて私は、ははぁ、山下さんは私の多冠理論を知らないな、と笑ってしまった。しかし、まさか山下さんが私のブログを読んでいるわけないので多冠理論なんて知るわけないし、もし知ったとしても、冷笑とともに無視するくらいのものだろう。

げんに、義理で私のブログに目を通してくれている私の友人も、多冠理論を単なる冗談だと思っているようであるが、私は案外真面目なのである。なので、井山が昨年二冠を相次いで失ったとき、おっ、これはアルファ崩壊で、質量数が減ったことにより井山原子核はぐっと安定感をましたね、と自分に頷いた。

それでも、多冠理論という仮説にいまいち自信がもてない私は、新年から始まった棋聖戦を見守った。すると、第1局で、形勢はなんども入れ替わりながらも井山棋聖が黒番半目勝ちを収めた。

そして第2局、井山棋聖は今度は白番で中押し勝ちした。これで私は、多冠理論にある程度自信をもってきた。

そこで、この機会に、多冠理論についてきちんと要約してみる:

  1. 棋士は、その才能のキャパシティに応じて、固有の最適なタイトル数Nをもつ。大抵の棋士は、N = 0である。
  2. なにかのきっかけに、固有の最適なタイトル数Nを超えてタイトルを保有すると、タイトル保持挙動が急激に不安定になる。まさに原子核の半減期の理論とのアナロジである。例を挙げると、張栩九段は一時期、五冠にまで達したが、それはまさに臨海値Nを超えた暴挙だった。その後急速にタイトル数が崩壊して、0になってしまった。別の例では、羽生名人は、七冠達成の後、スランプに陥り、あやうく無冠になるところまで追い込まれた。
  3. では対策はどうするかというと、あまりしゃかりきにタイトルを獲りにいかないことである。そんな馬鹿な、手を抜くのかというかもしれないが、プロ棋士が意図的に手を抜くということはありえない。それではどうするかというと、日ごろ研究している、難解で勝ちにくい局面にわざともっていく。あるいは、相手の土俵に飛び込んで教えを乞う気持ちになる。それでも勝つなら、Nがまだ臨界値に達していないのである。
  4. 多分であるが、羽生も井山も、臨界値Nは3か4なのだろう。将棋の渡辺はN=1か2。すると、2月の渡辺対羽生の棋王戦は、臨界値Nを巡る戦いであって、羽生は、なんとなく渡辺にタイトルを保持させるように指すのが賢明だろう。
  5. 多冠理論は、森内前名人あるいは前竜王の不調をも見事に説明する。すなわち、森内が一昨年渡辺から竜王を獲ったことで、竜王・名人となり、将棋界の画然たる第一人者になった。しかしそのときから、森内原子核が著しい不安定な状態になったことを誰も知らなかった。森内においてNの臨界値は1なのである。それが2になった瞬間、すさまじい勢いで原子核は崩壊し、森内にとっての土俵であるA級順位戦でさえ、今年は冴えないのだった。

朝霧

user-pic
0

北村薫の「六の宮の姫君」を読んだあと、予め買い置いておいた「朝霧」を読み始めた。「六の宮の姫君」の驚嘆すべき文芸的謎解きを堪能しつつも、正直いって少し辟易していた、いつまでたっても文学の入門者であり続けている私は、「朝霧」になって、またもとの路線に戻ったことに安堵した。

「朝霧」では、「私」はもう大学を卒業して、アルバイトから働いているみさき書房の正社員として働いている。「私」がブキッシュで呼吸するように本を読むのは変わらないけど、社会人ともなるとどうしても、仕事最優先で、自由時間は多くない。そうして「私」は確実に成長を遂げている。

さて、「朝霧」は、「山眠る」、「走り来るもの」、「朝霧」という3つの短編からなる。

「山眠る」は、俳句がテーマで、さまざまな有名な俳句が引かれ、ストーリーが進んでいく。哀しいことに俳句や短歌、あるいは詩全般にテイストを欠く私としては、数学が嫌で仕方がない女子高校生が、数式の羅列にとまどうほどではなくても、ちょっと当惑するのだが、美文と薀蓄に促されて読み進めると、この短編の主人公は、俳人でもある校長先生の本郷さんのことなのであった。人格者である本郷先生が地元の本屋でエロ本を買い漁ることに当惑した「私」は、本郷先生の「山眠る」で始まる俳句に、深い意味を知り、下手な詮索を止めて遠くをみる。

次の「山眠る」は、この3つの中で私が一番好きな小説であり、それはこの小説が、謎を解き明かさないでそのまま終えてしまう、リドル・ストーリーを基調とするものだからである。そして、ある本の編集会社の担当者の女性が、ほとんどカタルシスのためだけに書いたリドル・ストーリーがテーマとなる。それは錯綜し交錯する男女の愛をベースに、語られなかったセリフを突き止める問いかけとして、円紫さん、「私」他何人かが答えあわせするという問題として、人間性の普遍的とでもいうべき感情の意外さを描く。

そして、最後の「朝霧」。「私」の姉が結婚して、姪にあたる娘が生まれたかと思ったら、みさき書房の先輩編集者も結婚してしまい、焦る「私」。しかし、「私」には艶聞はおろか、ちょっとしたデートもない。そんなとき、自宅で祖父の日記を読んでいたら、まるでお経のような漢文の列から現れ、意味を解読しようとしたがどうしても解けない。そこで例によって、機会をみつけて円紫さんに相談した。すると、流石に円紫さん、ヒントは与えてくれたのだが、わざと答えは教えてくれず、私が必死で自分で考える羽目になった。ヒントは泉岳寺。そうして1つの和歌が浮かび上がったのだった。

こうして、「私」シリーズは、終わってしまった。その終わり方が、次に続くようなネタを沢山仕込んだままなので、もしかして北村氏は、続編を書こうとしていたのかもしれない。ただ、まさにリドル・ストーリーがそうであるように、そう思わせておいて、このまま終わってしまうのが、北村氏の意図だったのか。

ともかくも、「私」シリーズは、私の読書にとって、1つのエポックとなった。

三か月以上前の古新聞を整理していたら、「日立 年功序列を廃止」という記事があり、あれっと思った。日立ってまだ年功序列だったのか、という素朴な驚きである。

すなわち、昨年の10月1日から日立はようやく、成果主義になったらしい。従来は、給与のうち役職に応じた分が25%、勤続年数や年齢に応じた分が75%でこれで100%なのだが、ボーナスのところで、個人や部門の業績が反映していた。

それが、給与の部分で、期待される成果の達成率だけで給与が決まり、ボーナスは従来どおりである、という。

達成率だけで給与を決めるというのは乱暴な、と思ったら、この成果主義は管理職だけに適用されるのだという。なるほど、それなら安心した。というのは、管理職の達成度というのは部門の達成度で測ることができ、それなら比較的客観的に評価できる。

では、日立の管理職はどれくらいいるのかというと、なんと全社員の1/3もいるという。ちなみに、私がいた外資系では、管理職が1/10程度で、なので私がたまたま管理職に登用されたときは、ちょっぴりエリート意識をもったりした。まあ、激務だったが。

日立が管理職を成果主義にした理由は、会社がグローバル化して海外の比率が45%までに増えたからだという。すなわち、年功序列だと、海外の人材に対応できないということだろう。

記事によると、富士通は、1993年にいち早く成果主義を導入して、先進的と称賛されたとあるが、ちょっと待てである。というのは、富士通の成果主義は実は大失敗に終わり、「虚妄の成果主義」という本になったくらいである。私は管理職時代にこの本を読み、アンチ成果主義になってしまった。

素直に考えると、成果を上げたものが昇級・昇進するというのは当たり前と思われるかもしれないが、問題は、目標設定と、その評価方法にある。すなわち、主として目標設定は上司と部下の間で決まるので、部下はなるべく容易に達成できる目標をたてようとする。また、他人をサポートするみたいな目標は普通ないので、自分さえよければというやり方になる。

また、達成率も、営業部門ならともかく、普通はなかなか、明確に評価できず、下手したら上司の恣意で決まったりする。なので、日立の、成果主義を管理職だけに限定する、というのは妥協案としていいかもしれない。

なんにしても、成果主義は取扱い注意で、適用する必要があるのだった。

北村薫の「夜の蝉」に続き、同じ「私」シリーズの「六の宮の姫君」を読んでみた。本当は、「夜の蝉」の次は秋の花なのだが、そちらは既読なので、1つスキップした次第である。

ところで、「六の宮の姫君」とは何かというと、芥川龍之介の小説であって、青空文庫にも収録されている。

そういえば、「秋の花」で、「私」は卒論のテーマに芥川龍之介を選ぶ、とあった。ここで「六の宮の姫君」が出てくるのは、それとも関係がある。

「六の宮の姫君」とはどんなストーリーなのかというと、私が粗く要約してみると、貧しい家に生まれた娘がいて、大層美人であった。ところが、両親が相次いで逝ってしまった。そこを支えてくれたのは乳母であった。そして、あるとき娘は、ある身分の高い男に見初められ、付き合い始めた。ところが、今でいう転勤で、男は遠い地に行ってしまった。なんでも現地で妻を娶ったらしい。娘は、悲嘆に暮れて乳母と細々と生きていったが、男はなかなか戻らない。何年もたって男が戻ったが、娘は悲嘆と貧乏のあまり、瀕死の有様だった。結局男の目の前で娘は斃れて亡くなってしまう。この世を恨んで死んだ娘は、なかなか成仏もできなかった。

というように、「六の宮の姫君」は、ハッピーエンドから遠い、哀しい物語なのだが、実は、今昔物語に同様のストーリーがあり、芥川は、それを翻案したらしい。そこで私がたまたまもっている角川ソフィア文庫のビギナーズ・クラシック「今昔物語集」をみてみると、「人妻、死して後に、本の形となりて旧夫に会ひし語」とあって、どうもこれらしい。もともと今昔物語は膨大な物語を収めたもので、このような小さい文庫に収録されるというからには、おそらく有名な話なのだろう。ただ、ビギナーズ・クラシック「今昔物語集」には、「六の宮の姫君」という言葉はでてこない。これは、ビギナーズ・クラシックが抜粋だからのようである。

北村薫の「六の宮の姫君」に戻って、「私」は、大学の先生に紹介されて、ある出版社のアルバイトを始める。単に書類をコピーするだけの単純作業であるが、小遣いに困っている身にはちょっとした収入でもありがたい。そうしていると、出版社の編集者が「私」に、ある文壇の長老を紹介してくれた。その長老は若い頃芥川に会ったことがあるらしいのだが、話が「六の宮の姫君」に及び、なんでもそれは、玉突き、あるいはキャッチボールなのだという。そのことを謎解きと受け取った「私」は、謎解きを解き明かすことを決意したのだった。

もちろん円紫さんにも相談し、国会図書館に通い、神田に本を探しに行き、自宅にある蔵書も調べているうちに、次第に、菊池寛、谷崎潤一郎などの文壇の関係者との書簡などにも注目し、次第に核心に近づくのだった。

このように、北村薫の「六の宮の姫君」は、緻密な書誌学的ミステリーなのだが、文学の素養に乏しく、芥川や当時の事情にも疎い私は、ちょっとついていけないものを感じたのも確かである。ただ、あまりにも私が知らない話が沢山出てきたので、大層勉強になった。

そして、あとがきをみると、北村薫の「六の宮の姫君」は、早稲田大学第一文学部の学生だった北村薫が、在学中に書いた、幻の卒業論文なのだという。ここまで立派な内容なら、卒業論文として使えばよかったと思われるのだが、どうして幻に終わったのかも、謎である。

ともかく、決して分厚くないこの小説は、私にとっていかにも読み応えがあり、充実の時を与えてくれたのであった。

モスクワでなく東京にさえ雪が降りえる季節となった。そう思って駅のポスターをみると、「答えは雪に聞け」とある。これってもしかして、去年のぜんぶ雪のせいだの今年版だよね、と自分に言い聞かせた。

言い聞かせた理由は、ちょっとつまらなくない?という問いかけでもある。確かに私は去年、ぜんぶ雪のせいだにいちゃもんをつけた。それは丁度、小学生がクラスのちょっとかわいい子を茶化すようなもので、なんとなくポジティブなニュアンスもある。

しかし、「答えは雪に聞け」とはなんなんだ。それも言うなら、「終盤は村山に聞け」あるいはこれの現代版として「序盤は村山に聞け」だろうが。と将棋ファンにしかわからない愚痴を言った。

要するに、「答えは雪に聞け」は私的にはコメントをいうに値しないつまらなさなのである。ただ、私がスキーを全くしない人間ということに鑑みると、もしかして、スキーによく行く人なら、「答えは雪に聞け」もしっくりくるコピーなのだろうか。

ただ、非スキー人としての私が、このためのコピーを書くなら、どうみても「雪はなんでも知っている」となる。そしてJASRACからライセンスしてもらって、「星はなんでも知っている」のメロディーで、♪雪はなんでも知っている、今夜あの子の見る夢も♪と歌う。

えっ、これもベタすぎて駄目? やはりそうか。ともかく、今年は大雪は降らないでほしいものである。雪はなんでも知っているので、答えは雪にきけば、いつ、どこに何センチ積もるか教えてくれるのだろう。

なんとなくアマゾンで本を探していると、「ビブリア古書堂の事件手帖」三上延著、メディアワークス文庫というのが目に付いた。うむむと内心うなったのは私が独特の古書好きだからである。また、主人公が美人で超内気な女店主である、というのもいい。

ただ、何か軽そうだよね、と内心の声がした。これはいわゆるライトノベルというジャンルらしい。というのは、本だけには見栄を張る私は、小難しそうな本を読んでいるふりをして格好つける癖がある。しかし、それが単なる虚栄であることは、40台後半のときでさえ、毎週少年ジャンプを読むのが習慣だったということからも示される。

そうやって自己弁護しつつ本を注文すると、思ったより早く本が着いた。そしてまさに、少年ジャンプを読むように読み始めたら、あっという間に本の世界に引き込まれた。

ひとつにはやはり、主人公の篠川栞子というキャラが絶妙なのである。なにしろあまりにも内気なので、お客さんに対してもまともに話せない。それでいて、本のことになると超詳しくて、急に雄弁になる。

そして、栞子の相方になるのが、プータローをしていて就職もないので仕方なく、ビブリア古書堂の店員になった、五浦大輔。なぜか、読書が苦手なのに古書店の店員になるとは、なんともである。

ところで、面白いのは、実際の本を話題にストーリーが展開することである。第一話は、夏目漱石「漱石全集 新書版」岩波書店。なんでも、この本を中心に、栞子が大輔の出生の秘密を暴いていくのが興味深い。

第二話は、小山清「落穂拾ひ・聖アンデルセン」新潮文庫。この話には、せどりでホームレスという志田という変わった男が手でくる。その志田を中心に高校生やいろいろな人がからむ。

第三話は、ヴィノグラードフ・クジミンの「論理学」青木文庫。論理学と聞くと、目をぱちくりさせて少し前のめりになる私だが、この本は流石に知らない。論理学といいつつ、それとは全く関係なさそうな仲睦まじい歳の差の夫婦が出てくる、というミスマッチがいい。

第四話は、太宰治の「晩年」砂小屋書房。なんでも、一冊数百万円の価値のある稀覯本を巡って、栞子の身に危険が迫る。それを柔道有段者の五浦が身を挺して護るのだが、ふとしたきっかけから、互いに憎からず思っているはずの栞子と大輔の仲が決裂してしまった。

その仲直りを示唆して第2巻に続くのだった。これは自明にも連載漫画の手法ではないかと思いつつ、ついアマゾンで第2巻も注文してしまった。

それにしても、本というものは要するに内容だと思っている私は、高い稀覯本の価値が理解できない。要するに、あちらの世界に「いっちゃっている」栞子さんに私は到底仲間と思ってもらえない、非正統の本好きなのだった。ちょっと寂しい。

解析概論

user-pic
0

ときどき、数学者が学生時代のことを回想して、高校のときは実は数学は苦手だった、みたいに書くことがあるが、それはいまそれなりのプロの数学者になっている人が書くから意味があるのであって、例えば普通のOLが、私って高校のとき、数学なんて苦痛でしょうがなくて、授業中、ただ外の景色を眺めていたわ、と言ったとしても、あそう、で終わりである。

私もどちらかというと後者に近く、なので、大学に進学するとき、私が理系の中で比較的数学を駆使する学問である、物理学を学ぼうと思ったのかは今でも不可解である。

で、最近のことであるが、なにげにビッグテータの解析というものに最近興味があって、でも特許データ解析はビッグテータにならないのかな、などと考えているのであるが、ともかくも折角数年前に高い金出して買ったのだから、C.M.ビショップの「パターン認識と機械学習」上・下、シュプリンガー・フェアラークを改めてきちんと読んでみようと思った。

私にしては珍しく最初の方から真面目に式を追いながら読んでいると、当然ながら、確率分布としてのガウス分布の式が出てきた。確率分布というからには、(-∞,+∞)で積分したとき1にならなくてはならない。すると、exp(-x2)を(-∞,+∞)で積分した値で結果を割って正規化する必要があるが、それてどうやるんだっけ、と考え、x2 = tと変数変換したりするのだが、全く埒があかない。詰将棋と同様なのだが、私の問題を解く力のなさには困ったものである。

そのときふと、ああそういえば、高木貞治の「解析概論」岩波書店にこれの解き方があったよね、と本棚の奥で埃をかぶっていた、フルにB5サイズの「解析概論」を何十年かぶりに開いた。

なにしろ本を置くスペースの都合で、今まで相当量の本をリストラしてきた。よくぞ「解析概論」が生き延びたものだ、と戦友にそれこそ何十年に街でばったり出会ったかのような気持ちになった。「解析概論」の解法は、exp(-x2)をxでテーラー展開して不等式をつくり、両側から挟み込んで収束させる、というものであったが、流石に全く記憶にない。

で、記憶は、「解析概論」を真面目に読んでいた18歳の頃に遡った。超ラッキーで大学に受かった私は、今から猛勉強しないと、それなりの秀才として入学してきている学科の同僚たちに対抗できないと焦っていた。それで、確か数学Iだったか、教養課程の解析学の授業で、教授が夏休みに入る前に、もし興味があったら高木貞治の「解析概論」を買って読んでみて下さい。大変勉強になります。まあ、寝転がって読めるような本じゃありませんけど、というので、おおこれだ、と早速生協の本屋で「解析概論」を買った。そして夏休みに帰省する前に自宅に宅配する荷物としての箱にこれを詰めた。

そして、夏休み、クラスの同僚たちがおそらくバイトや旅行、サークル活動など、青春を謳歌している間に、私は自宅で、朝早く起きて、「解析概論」を読み始めた。もちろん、ノートを取って計算したりメモしたりしながら、である。

私の予備知識は、特に高校3年の数Ⅲの微積分の知識だけである。すると、最初のコーシーの判定法のあたりでいきなりめげそうになったが、何度も読み返して、理解したことにしたんだと思う。そして、一日4~5ページ毎日読み進めた。なんとか読めたのは、「解析概論」が、定理と証明の繰り返しの厳密なスタイルでなく、話しかけるような講義スタイルだったからだろう。流石にあのときは、ブルバキの数学原論は受け付けなかっただろう。

で、自分に甘いといわれても仕方ないのだが、あの頃の自分も偉かったと思うのは、結局、全体で470ページもある「解析概論」を夏休みで、394ページまで、すなわちルベーグ積分の手前までなんとか読んだことである。すごい根気であるが、当時の私は若くて気力もあったということなのだろう。

それで今更思うのだが、どんな理由であれ、ひと夏をかけて「解析概論」を読み通せるというのは、私はもしかして、一応の数学の才能があったのではないか。それで挫折してしまったのは、マラソンでいえば、最初からスパートするような走り方をしていたというのもある。田舎者で、適切な勉強のアドバイザーも全くいなかった。少なくとも両親のどちらかが、今の私程度でもいいので教養レベルがあれば、一時的に勉強をやりすぎると却って挫折すると言ってくれただろう。

そうやってペース配分して勉強することのアドバイスを受けていたら、私の才能からして独創的な業績なんて絶対無理だが、なんとかぎりぎりで大学院は卒業して、九州の無名私立大学あたりで物理概論の講師または准教授くらいには収まったのかな、そして教え子の女子学生と結婚していたかな、としょうもない想像をしたりする私は、単に歳とったということである。

私の十九の春理論によれば、私が「解析概論」を読んでいた頃がピークということもありえる。絶対認めたくないが。

夜の蝉

user-pic
0

北村薫の「空飛ぶ馬」が面白かったので、続編の「夜の蝉」も読んでみた。それで、つい感じたことがある。

というのは、ちょっと倒錯的かもしれないが、私は自分が女だったら、とときどき考える。すると、多分であるが、今の自分が男性として、女性にほとんどもてなかったことに比べると、女性である自分は、とびぬけた美人ということはないが、そこそこ魅力的で、いい寄ってくる男もいるだろう。ただ、私は尽くし過ぎるタイプなので、きっと飽きられて捨てられてしまうんだろうな、とも考える。

なぜそんなことを考えたかというと、北村薫の「私シリーズ」の主人公は、あまりにも私の女性バージョンに似ているのではないか、と感情移入してしまったからである。

例えば、「私」は、極端にブキッシュである。まるで呼吸をするように本を読む。so do Iではないか。

また、「私」は、あまり服装に拘らない。また、とても異性に晩生で、ときどき淡い恋心を抱いても発展しない。うんうん、わかる。

さて、「夜の蝉」は、「朧夜の底」、「六月の花嫁」、「夜の蝉」からなる。

「朧夜の底」は、ある意味では他愛ない話である。「私」がある男性から、評判の本を借りる。ところが、友人から教わった名前が実は本名でなくて、恥ずかしい思いをする。そして、珍しく「私」がその男性につい淡い恋心を抱く。そして、なんとなく友達がアルバイトしている本屋に出向き、本の並びに「異変」をみつける。まるで囲碁のプロ棋士が、ちょっとした形の崩れを気にするようなものである。そして、そのことを例によって円紫さんに相談すると、なるほどというような人間の深淵な悪意をあぶりだしてくれたのだった。

「六月の花嫁」は、「私」が仲間たちと軽井沢の別荘に行ったときの話である。そこでみんなでチェスをしたり、料理を作ったりして楽しく遊ぶのだが、ここでも、他愛ない悪戯が発生した。その悪戯そのものの犯人を割り出すことがメインなら本当に他愛ない話で終わるのだが、「私」はそこに意味をみつけようとしてもがく。例によって円紫さんに相談すると、今度は円紫さんは悪意ではなく、密やかな愛をあぶりだしてくれた。「私」は呆気にとられたのだった。

私が一番気に入ったのは、「夜の蝉」である。それは、「私」の姉の話である。実は姉は、ファッションモデルのように美しい。「私」はというと、同じ親から生まれたのに、姉には似ていない。私だって、そこそこ可愛いのよと自分に言い聞かせるのだが、ちょっと哀しい。そんな姉が、美貌を駆使して人生を謳歌しているかというと、誰もが知っているように、人生は必ずしもそうなっていない。微妙な嫉妬が燻り、姉は失意の底に落とされてしまう。困った「私」は、姉がそうなった原因を探ろうとする。そしたらヤケ酒をあおって帰宅した姉は、なぜか昔話を持ち出す。それは「私」がまだ小さかったときのことであまり記憶にない。しかし、美人でもてはやされてきたはずの姉が、妹の「私」に、親の愛を占有されたと深く絶望したことがあったと聞かされ、驚く。それから、「夜の蝉」の話へと続く。いろいろな嫉妬と和解の出会い。埋めきれない溝。そんな話なのだった。

私は、微妙に近藤誠氏のファンだったりするので、あまり医者にかからないほうがいいという趣旨の本を出している中村仁一氏も気になっていたが、著書を買うまでいかなかった。読まなくても趣旨は自明だろうと思っていたのかもしれない。

ただ、たまたま古書店で中村仁一氏の「医者に命を預けるな」PHP文庫をみかけたので、とりあえず買って読んでみた。すると、思っていたよりもやや過激であった。私なりに趣旨をまとめてみる。

まず、医者を過信してはいけない、というのは分かるのだが、中村氏は救急車が嫌いで、脳溢血や心臓発作になっても救急車に乗りたくない、それで放置して死んでも運命である、という。いくらなんでも、それは行き過ぎではないだろうか。というのは去年、50台半ばの知り合いの知り合いが、突然心筋梗塞で倒れて救急車で運ばれて一命を取り留め、今はペースメーカーを入れて元気に働いているという。もし救急車で運ばれなかったら確実に死んでいたはずで、それが不要だったというのは流石に同意できない。

ただ、基本的な医療の原理として、病気を治すのは体本来の自然治癒力であって、医療はそれを補助する脇役である、というのは、よく言われることであり、この「医者に命を預けるな」もそれをベースとしている。

そして中村氏は、病気はいろいろあるが、治らない病気の方が圧倒的に多いのだという。そして、平均寿命が延びたのは、必ずしも医学の進歩でなく、栄養状態がよくなって自然治癒力が高まったせいだという。ううん、そうなのか。私は流石に平均寿命が延びたのは、医学の進歩のせいだと思っいていた。というのは最近、癌にかかったけど入院手術して今は元気でやっている、という人のことをよく聞くからである。ただ、統計的に調べたわけではない。また、医学が発達したはずなのに、あっけなく死んでいく人が結構いるのも確かである。

また、最近の医療は、糖尿病などの生活習慣病の治療にシフトしており、これらの病気は、治るものではないという。そういえば、高血圧の知り合いは、血圧を下げる薬をずっと飲み続けなくてはならないという。要するに、治す薬ではないわけである。

さらには、風邪などで熱が出ても、それはウイルスと闘う体の反応なので、解熱剤は飲む必要がないと中村氏はいうのだが、ここは私はどうしても、高熱で脳がやられるという説が気になって、熱を下げる薬を飲まないでいられない。

こうして、総論では医療を軽量化することに賛成なのだが、各論では、自分の経験に鑑み、流せる医療と、そうもいかない医療がある。例えば、私は、ストレプトマイシンの存在で結核を治癒できたと思っており、根っこに医学に対する信頼というか、依存がある。

戻って、中村氏の「医者に命を預けるな」という趣旨は、自己責任で医者に依存しないというか、依存を減らした生き方を選ばなくてはならず、すると、いろいろと困ったことがあっても自分で考え、あるいは運命に勇気をもって委ねる必要があるので、実はなかなか大変なのであった。なので、思考停止して苦しい抗癌剤でも甘受する、というのが世間一般の反応なのだろう。

ともかく自分の人生の投了図、あるいは形作りをどうするか、今からの重い課題なのだった。

空飛ぶ馬

user-pic
0

北村薫の秋の花が面白かったので、そのシリーズの第1作の「空飛ぶ馬」創元推理文庫を買って、読み始めた。すると、やはり期待を裏切らぬ好作なのだった。

「空飛ぶ馬」は短編集で、「織部の霊」、「砂糖合戦」、「胡桃の中の島」、「赤頭巾」、「空飛ぶ馬」の五篇からなる。

「織部の霊」が、ひたすら一人称で語られる女子大生である「私」のデビューということになる。「私」は文学部の学生で、呼吸をするように本を読む読書家。当然に文学作品に詳しい。

そんな「私」は、大学構内で教授に呼び止められ、コーヒーをご馳走になった。そのとき、先生は、織部の柄のコーヒーカップに拘りをもっていることを知り、その謎を解明したいと思う。

すると、大学の先輩に当たる噺家である、円紫さんを先生から紹介され、このときからまるで師弟のような、「私」と円紫さんとの付き合いが始まる。

ところが、この円紫さんが、まるで横溝正史の小説における金田一耕介のような名探偵であることが次第に分かってくる。それからというもの、謎に出会うため、「私」は円紫さんに相談する。妻子がある円紫さんも、花の女子大生である「私」に会うのは満更でなさそうである。

ただ、「織部の霊」での円紫さんの推理は、私にはいまいち切れが悪いと思われた。ところが、「砂糖合戦」では、円紫さんの推理は冴えわたった。すなわち、喫茶店にやってきて紅茶に競うように砂糖を入れる三人の女性たちの行動からその意図を見抜いたのだった。

「胡桃の中の島」では、蔵王に招待された円紫さんが、地元の人との付き合いで多忙だったので、あまり推理が発揮されることはなかったが、蔵王の旅館で不可解な行動をとる三歳の子供が主人公だった。

「赤頭巾」では、夜に公園に赤頭巾の子供が現れるという近所の噂を怪訝に思った「私」が、円紫さんに相談すると、おおっと驚くような推理が示される。女の情念が哀しい。私は「赤頭巾」が一番気に入っている。

表題にもなっている「空飛ぶ馬」は、設置した木馬が一晩だけ消えたという謎なのだが、やはり円紫さんが快刀乱麻のごとく解答して、いろいろな意味でめでたしなのであった。

それにしても、知らなければこの小説を読んで、作者のことを若い女性だと誰でも思うだろう。それほどに乙女のリアリティ溢れた、それでいてピリリとミステリーのスパイスの効いた小説なのだった。

エボラ猖獗に書いたように、私はエボラ出血熱に一定の興味をもち続けている。なぜなら、まだエボラの伝染は終息しておらず、日本に飛び火してきたら大変なことになるからである。

同様の懸念は世界的であって、年末のTIMEの特集もやはりエボラだった。そういう状況なので、本屋で「エボラvs人類終わりなき戦い」岡田晴恵著、PHP新書をみたときは、ほとんどノータイムで買った。

この本の「はじめに」によると、エボラ感染者の70%を医療施設に収容し、エボラによる死者の70%を二次感染なしに埋葬することが、エボラを終息の方向にもっていくための条件だそうであるが、実際は、2014年9月の時点でリベリアではエボラ感染者の18%しか医療施設に収容できておらず、実際その後感染者は増え続けた。

このようにエボラが流行している理由は、今までと違って、アフリカの都市部で流行したからである。さらにはリベリアなどの社会情勢もあった。すなわち、リベリアでは長く続く内戦で、社会保障や医療体制が瓦解しており、医師が極端に不足していた。

このような状況では、感染者が出ても病気の知識のない家族がつききっきりで看病して、二次感染が増大する。

また、都市部だと、航空機で出入りする者が少なくなく、感染者が渡航する可能性もどうしても出てくる。

さて、エボラ出血熱とはどんな病気かというと、ラッサ熱、マールブルグ病などと同様のウイルス性出血熱と呼ばれる急性感染症であり、感染してから発病するまでの潜伏期間は、平均すると7から10日である。

エボラウイルスは、先ず免疫の機能を司る樹状細胞やマクロファージをターゲットに攻撃する。こうして免疫機能が低下すると、さらに増殖することで、多くの細胞が死滅してタンパク質分解酵素などが漏れ出て、細胞外器質を破壊する。血管も脆弱化する。また、エボラウイルスは肝臓機能を低下させ、血液凝固因子を減少させる。また、サイトカインを大量に産生させ、多くの臓器に過剰反応をもたらす。すると、血管壁が破壊されて、内出血や外出血を生じる。

エボラウイルスにはいくつかの亜種があるが、今回流行したのは、一番致死率の高い、ザイール株だった。

一方で、治療薬も出始めている。ZMappという薬は、エボラが細胞に侵入するのを阻む働きがある。インターフェロンが治療に有効でうることもある。

AVI-7537は、エボラウイルスのRNAに結合して機能を阻止する働きがある。富山化学のT-705はもともとインフルエンザの薬なのだが、エボラにも効くといわれている。BCX4430は、ウイルスがコピーをつくるのを阻止する。これ以外にも、rVSV-ZEBOVという薬も知られている。

さて問題は、日本ではこのような感染症の対策が弱い。そもそも、十分な隔離施設もない。エボラはインフルエンザと初期症状が似ているので、アフリカから戻って発病した人が知らずに一般の病院に行った時点で、医師などに感染するおそれがあり、すると下手するとアウトブレークになるのであった。

なので、「エボラvs人類終わりなき戦い」という本で注意を喚起するのは意義が大きいと思われる。

イスラム国

user-pic
0

テレビを観ていて、イスラム国はなにか、という素朴な疑問が湧いた。そもそも、去年の夏あたりからオバマ大統領がイラクのISISの爆撃を指示した、というニュースが報道されていたりしたが、ISISとは何かという素朴な疑問さえもたず、適当に聞き流していた。

そこで、私のいつもの手で、本屋に行ってみた。私が普段よく行くのは新刊本の書店よりもむしろ古書店なのだが、コンテンポラリーなトピックだと、どうしても新刊本の書店、ということになる。

そこで「イスラム国の正体」国枝昌樹著、朝日新書というのを買って、読み始めた。国枝昌樹氏は、元シリア特命全権大使で、私は平凡社新書「シリア」という著書を読んだことがあるが、現地に滞在していた強みで、現地に即した情報を盛り込んだ好著だと感じたので、この本を選んだ次第である。

この本によると、イスラム国というのは、もともと、ISIS = "Islamic State of Iraq and al-Sham"と名乗っていた、イスラム教スンニ派の過激派武装グループが、IS = "Isramic State"と改名し、2014年6月29日に独立宣言したものである。

しかし、欧米国家は当然ながら、他のイスラム国家でさえも認めておらず、さらにはアルカイーダとも決別している、というのだから、国際政治的に相当な荒くれというか、はみだし集団である。

そんなイスラム国であるが、その前身は、2004年頃、イラク国内でザルカウィが組織化した「タウヒードと聖戦軍団」である。2004年というと、まさに米国によるイラク戦争たけなわの頃で、喩えはよくないが、がんの手術をしたせいで、余計健康が悪化したようなものではないか。

「タウヒードと聖戦軍団」は、2004年10月に、アルカイーダに忠誠を誓い、「メソポタミアのアルカイーダ」に改名した。しかし、2006年にザルカウィが殺され、アブ・オマル・バグダディが後継者になり、2006年10月に、「イラク・イスラム国」に改名した。

ところが、2010年4月に、アブ・オマル・バグダディが殺され、後継者が、アブ・バクル・バグダディとなった。当たり前であるが、イラクあたりはなんとも物騒な場所である。

2011年11月、シリア内戦の勃発とともに、「イラク・イスラム国」のシリア支部として、ヌスラ戦線の存在が知られるようになった。「イラク・イスラム国」は、「イラク・大シリア・イスラム国」に改名してヌスラ戦線と対立し、さらにはアルカイーダと絶縁し、2014年6月29日に「イスラム国」と改名した。こうしてみると、「イスラム国」は尖鋭化の極みのような気もする。

さて、イスラム国の最高指導者、バグダディは、カリフを名乗る。イスラム国の主要なメンバーはイラク人であるが、外国人ももてるスキルに応じて要職に就けている。外国人としては、チュニジア人が一番多い。

イスラム国は意外にも、資金的に潤沢である。その理由は、自国内に油田があるからである。また、きちんと税金を集めて、財政源ともしている。イスラム国にいて、税金など払わないと突っぱねることは確実に命の危険性が大きいだろう。なので、みんなきちんと払う。

イスラム国は場合により、銀行を襲ったりもする。また、イラク政府軍が敗走した後の武器を奪ったりもする。

イスラム国は、SNSやツイッターなどのITツールを通じて、常時世界中からリクルートしている。これに呼応して、欧米人も応募していることが話題になっている。そこに行くと自爆テロの尖兵にもなったりするので、なぜ応募するのかいかにも怪訝なのだが、どうも自国にあって居場所がないというか、疎外感に苛まれている人達が応募するようである。確かに、イスラム国に行くと同胞意識をもてるというか、疎外感はなくなるのだろう。

また、タリバンがそうであるように、イスラム国は、極端なイスラム原理主義を敷き、イスラム法である、シャリーアを厳密に適用する。そして、欧米の民主主義に敵意を示すとともに、女性の社会化を抑圧する。

こういうやり方で、安定した国家を維持できるのかどうか私にはわからないが、中東の地が今後、カオス理論のように、目まぐるしく変化していくことは間違いないだろう。例えば、TIMEの記事によると、仇敵であったイスラエルとアラブの伝統的なイスラム国家であるサウジアラビアが会談を始めているそうである。それは共通の敵であるヒズボラに対する対応らしいが、イスラム国などの存在によりボラティリティが高まった中東の状況のせいもあるだろう。

それにしても、2011年頃アラブの春と呼ばれて、中東が民主化すると期待されたが、逆にカオス化、泥沼化しているのはどうしたことだろう。そして、咲いた仇花が、イスラム国なのだった。まさに、チャゲアスの「ひとり咲き」である。

と、そのうちブログにアップしようと数日前に書いていたら、今日になって、以下のようなニュースが飛び込んできた。朝日新聞のWebから引用する。

AP通信は20日、過激派組織「イスラム国」が日本人2人を人質に取ったと、インターネット上のビデオで主張していると報じた。72時間以内に2億ドル(約236億円)を払わなければ2人を殺すと脅しているという。
報道によると、人質は、ゴトウ・ケンジさんとユカワ・ハルナさんとされる。
シリア国内では昨年8月、千葉市の湯川遥菜(はるな)さんとみられる男性が、「イスラム国」に拘束されている。また、映像通信会社「インデペンデント・プレス」のジャーナリスト、後藤健二さんは昨年4月、シリア取材中に湯川さんとみられる男性に接触している。報道が正しければ、人質はこの2人の可能性がある。

イスラム国に拘束されるとは、あまりにもお気の毒であるが、流石に日本政府も、2億ドルは払わないだろう。彼らは異教徒を処刑することをほとんどためらわない。実に困ったものである。

山椒魚さんのお奨めもあって、マルタの鷹に続いて(といっても、他の本を読まないでいきなり、という意味ではないが)、ギャビン・ライアルの「深夜プラス1」菊池光訳、ハヤカワ・ミステリー文庫を読み始めた。

実は、「深夜プラス1」と聞くと私は、将棋界の名コンビ、深夜A時を思い起こすのだが、そんなネタを知っている人は世間一般ではあまり多くないと思うので、その話題はこれくらいにしておく。

さて、「深夜プラス1」の主人公は、ルイス・ケインこと、元フランス・レジスタンスの闘士、カントン。そんなカントンが、知り合いの弁護士、アンリ・メランから、資産家でビジネスマンのマガンハルトをリヒテンシュタインに護送するという仕事の依頼を受けた。

用があるならマガンハルトが勝手に行けばよさそうなものだが、なんでもマガンハルトは、あらぬ嫌疑で、フランス警察から追われているらしい。また、より危険にも、マガンハルトのリヒテンシュタイン入りを実力で阻止する一派がいるらしい。

その報奨額が魅力的だったことと、やはりカントンは危険が絡む仕事だと血が騒ぎ、引き受けた。但し条件を1つ付けた。それは、名うてのガンマンが加勢することである。結局、その道では有名なハーヴェイが加わった。

しかし、マガンハルトだけを護衛するはずが、その秘書のヘレン・ジャーマンも同伴することになった。危険な道中に明らかな足手まといである。

実際、道中は危険が一杯で銃撃を受け、車が大破してしまった。こうなるといよいよリヒテンシュタインに行くことはミッション・インポッシブルになってきた。ところが、カントンには強い味方がいた。レジスタンスの仲間がヨーロッパの随所にいて、血の盟約のごとく絶対に信頼できるのだった、そういう仲間に助けられながら、危険を冒しつつ、リヒテンシュタインに近づくというハードボイルドなのだが、なんといってもカントンのキャラがいい。やる気なさそうで、いつも智謀を巡らせている。また、役に立たなそうで、なかなか凄腕のガンマンである、ハーヴェイ。いかにも裏切りそうな美貌の秘書、ジャーマン。みんな個性が強くて、危機にもめげず活き活きしている。

といっても、マルタの鷹と同様、面白くなるまで随分読み進める必要があった。こういうのが古典というものなのか。しかし、「深夜プラス1」は、松本清張の初期の作品とそんなに時期は変わらない。すると、独特の欧州の雰囲気に馴染むのが時間がかかる、ということらしい。

一方で、ジェフリー・ディーヴァーの作品にあまり違和感を感じないのは、一応とりあえず現代のアメリカ社会に対する馴染みがあるからだろう。するとどうも私は、読書における想像力が足りないのかもしれない。

勤務規定

user-pic
0

私が以前勤務していた外資系企業は、勤務規定がかなり緩く、出社時間や退社時間が厳しくチェックされず、まるでテレビ局かと思ったこともあったが、多分テレビ局では、遅く出社したら深夜まで勤務しなくてはならないなど、労働時間は決して短くないはずである。

ところが、遅く出社して早く帰宅する人などもいて、どうやって帳尻を合わせるのだろうと、傍でみていて怪訝だった。

こういうのは、ここ10年くらいの変化で、要するに勤務規定を緩くして、少しでも魅力的な職場にすることにより人材を惹きつけようという意図もあったのだと推察する。

ただ、私は結構真面目すぎる人間であって、勤務規定を緩くするなら、その分仕事の効率を上げないとおかしいと考えるタイプの人間であった。一方、私は本来、雑談が好きな人間であって、仕事中に、どうでもいい会話で時間を無駄にすることも結構あった。このあたり確かに、私も緩い勤務規定に甘えていたといえる。

言い訳として私は、雑談時間をカバーして余りあるくらい長時間仕事した。例えば、土日はほとんどの時間を特許明細書作成にあてていた。そうしないと、自分が立てたプランを達成することができなかった。また、深夜もよく働いた。それは一つには、そうするとメールやチャットで米国の人とリアルタイムにやりとりできるというメリットもあったからである。

自分が頑張るだけでなく、周囲の人にも、ある程度長い時間働くように勧めていたので、呆れられてあまり相手にされなかった。しかし、少なくとも私くらいのペースでやらないと、力がつかないと私は信じていた。実際、私のライバルは社内ではなく、特許事務所の知り合いの弁理士だったりした。どうみても仕事を処理した経験で、外部の熟練した弁理士には太刀打ちできないので、少しでもそちらに近づきたかったのである。

ところが、あるきっかけでその外資系を早期退職し、典型的な日本の会社に転職すると、急に勤務規定が厳しくなった。朝はきちんと9時には出勤していなくてはならない。その他も全く融通が利かない。しかし、厳しいのは勤務規定であって、幸い仕事そのものではない。寧ろ、契約社員のような立場なので、基本的に残業はない。また、仕事を持ち帰ることも許されないので、今まで特許明細書を書いて過ごしていた土日がぽっかり空いてしまった。

そこで、仕方なくというのも変であるが、土日にまとまった本を読むことにした。ミステリーだけでなく、哲学も、数学も、工学書も含む。また、将棋だけでなく囲碁も勉強を始めた。

そうしてしばらく経つと、なんとなく以前よりは生活の幅が広がったというか、いい意味で余計なことも考えるようになった。先日も、特許事務所に応募してみないかとある人に誘われたとき、確かに特許実務に戻りたいのが本音なので、かなり悩んだが、どうみても特許事務所だと、場合により大変そうで、また、仕事にミスがあったり、顧客が減ったりすると、とあっさり切られる可能性もかなりありそうで、結局、余裕のある今の生活を続けることにした。もちろん、今の職場でも、会社が不景気になると切られることは十分ありえるが、そうなっても仕方ない、今はこの時間的余裕が貴重なのだ、と自分を納得させた。

もしかして、これは予定調和というか、ありえる大局観なのかもしれない。すなわち、将棋の終盤は駒の損得よりも速度なのだが、人生の終盤は、お金の損得よりも余裕なのだった。

A級順位戦

user-pic
0

A級も、7回戦が終わったので、例によって確率を計算してみた。すると、以下に示すように、5勝1敗だった行方と広瀬が敗れたので、阿久津が降級が決まって一人蚊帳の外になった以外は、確率的には、全員に挑戦の目がある。

順位棋士名レーティング挑戦権の確率決定戦になる確率降級確率
1森内俊之九段3417660.2%0.2%14.3%
2行方尚史八段52180653.7%38.3%0.0%
3渡辺 明二冠43189414.4%14.0%0.2%
4佐藤康光九段3417850.4%0.4%15.4%
5深浦康市九段43179814.5%14.1%0.7%
6三浦弘行九段3418020.4%0.4%23.2%
7久保利明九段52177353.4%38.1%0.0%
8郷田真隆九段3418100.1%0.1%46.1%
9広瀬章人八段52180053.1%38.3%0.0%
10阿久津主税八段0717010.0%0.0%100.0%

といっても、実際上、5勝2敗の行方、久保、広瀬の挑戦確率が約5割、4勝3敗の渡辺、深浦の確率がその約1/3、というのだが、ここまでくると、この5人の誰が挑戦してもおかしくない、という気になる。一方、森内、佐藤、三浦、郷田の挑戦の可能性はゼロでないにしても、相当ありえない。

降級の残りの1つの席は、やはり郷田と三浦がきわどいということになる。

魚屋の猫

user-pic
0

猫というのは、少なくとも日本では魚が好きということになっていて、確かにうちの飼い猫もそうなのだが、おかしいのは、猫は熊のように自分で川や海に行って魚を獲るということは決してしない。なのに魚が好きというのは、昔から猫は餌として魚を与えられてきて、それが自然に嗜好になったと思うしかない。なぜなら、米国の知り合いで猫を飼っている人に聞くと、向こうでは、チキンやビーフを猫は好むというのだから、どうみても生来の嗜好というわけではない。

ところが、魚屋が猫を飼っていたらどうなるだろう。何しろ、目の前には好物の魚が目白押しである。そんなとき、飼い猫が気の向くままに商品の魚に手を出したらどうなるだろう。確実に飼い猫は半殺し(あるいは全殺し?)の目に遭うだろう。よって多分、子猫の時代に飼い主に折檻されて学習し、「商品には手を出すな」の鉄則を叩きこまれたことだろう。

すなわち、ラッセルのタイプ理論ではないが、商店にあっては、店側と顧客は別タイプに属し、互いに互換性がないとあれば、別の行動を採るよりない。そして、生憎、飼い猫が魚屋に属するとあれば、「商品には手を出すな」の鉄則には逆らえない。いや、そんなに悲観することもなくて、魚屋では、当然に売れ残りの魚も出てくるわけだから、しおらしく振る舞っていれば、飼い猫といえども、店じまいのあとは、たっぷり魚のご馳走にありつけるのである。それを待つことくらいの知恵は猫にはある。そういってはなんだが、猫は忠犬ハチコーに劣らぬ知性がある。

さて、「商品には手を出すな」の原則は人間社会で結構普遍的で、例えば魔女の盟約で述べられているような世界も間違いなくそうなのであるが、私が現実に経験したことではないので、以前私が外資系の会社の特許部門に勤務していたときのことを書いてみる。

私が勤務していた外資系の会社の特許部門では、研究開発部門から提出される発明を、特許出願前にきちんと評価するというシステムが整備されていた。すなわち、どんな発明に対しても、特許部門で先行技術調査をして進歩性を見極め、特許出願しても無駄と思うなら、きちんと、評価を終えてそれ以上の処理を進めないという勧告をする。その勧告はかなりの重みがあって、普通はそのとおりの決定がなされる。

ところが、特許部門に所属する人というのは、進歩性の見極めができるのであって、すると特許部門ながら思いついた改善策を適用すると、発明が改善されるということも判断できる。

見かけによらずアイデアマンである私も、このような改善をすると進歩性が出てくるのに、というアイデアはよく思いついたものだが、それこそ魚屋の猫の原理で、私は決してそれを発明評価の場では持ち出さなかった。

しかし、そんなことは些細なことと、自分のアイデアを盛り込んで、発明者に加えてもらう特許部員もときどきいた。それが駄目という規則は全くない。そもそも、発明をしてはいけないというルールは主張してはいけない。

それで、私がアイデアを思いついても発明者としてリストしてもらわなかったのは、「商品には手を出すな」の鉄則に拘ったせいである。

結局、発明者としてリストしてもらった特許部員は、後に特許出願報奨も、特許登録報奨もきちんともらっていた。ほとんどボーナスに準じるような額だった。

紺鯖というか、我慢だけが取り柄の私は、そのような報奨を預かることを潔しとせず、猫もすなる辛抱、われもするらむ、と古文的に内心つぶやき、やせ我慢したのだった。当時体重が80キロ近くあったので、やせ我慢という言葉は相応しくないが、まあニュアンスとしては、「商品に手を出すな」なのであった。

考えてみると、私は随分つつましやかに、且つ忍耐強く生きてきたものである。今となっては、それくらいしか取り柄がない、ということであった。

羽生善治論

user-pic
0

本を買うとき結構逡巡する傾向のある私なのだが、古書店の100円均一コーナーで、加藤一二三の「羽生善治論」角川ワンテーマ21をみたとき、ノータイムで買いだと思った。そして直ぐに読み始めた。

ところで、なぜ加藤一二三が羽生善治論を書くかというと、それは天才は天才を識る、ということなのである。何しろ加藤一二三は、神武依以来の天才である。

加藤一二三が将棋の天才と考える資質は何だろうか。それはまず、「無から有を生み出すことができる人」ということである。ただ、そういう意味では、加藤一二三も羽生も、新手のデパートという印象はあまりない。少なくともアマチュアの私がみて、加藤新手、羽生新手というのは、多少は思いつくが、中座流とか、藤井システムのような鮮烈な印象はない。

次は早見えというか、直観でどんどん手が見える、ことがある。これはわかりやすい資質であって、時間がなくてもいい手を指せるというのは、まさに加藤も羽生もどちらも備えている。

別の天才の資質は、未知の局面にも対応できる、ということがある。加藤によると羽生はこの能力が抜群ということなのだが、それは誰も疑わないところであろう。

別の資質として、努力だけでない、ということがある。別の言い方をすると、将棋以外のことにも努力できるということである。羽生が将棋以外のいろいろな勉強をしており、加藤もクリスチャンであり、将棋一本ではない。それが将棋に行き詰ったとき、別の発想を得る源泉となる。

さらに別の、これは羽生に特有の資質かもしれないが、天才であると同時に秀才である、ということがある。これは、上述した「羽生が将棋以外のいろいろな勉強をしており」にも通じる。別の言い方をすると、天才でありながら、研究がスタイルになっているということである。すなわち、きちんと継続的に研究することが習慣になっている、ということである。このことが、現代将棋をきちんとフォローし、若手にも最新形を試す、ということにつながっている。このような羽生の傾向を加藤は、「秀才型の天才」と呼ぶ。これに対して、加藤は、大山は「対応型の天才」なのだという。すなわち、大山は、タイトル戦に備えて集中的に研究する。確かに、以前に、闘志を燃やして新研究で挑戦してきた山田道美を打ち負かした大山は、山田に対応して研究していたに違いない。

さらに別の資質として、直観ですぐに手がみえるのが天才なのだが、大長考ができるのも天才なのだという。加藤はまさに大長考できるのだが、羽生もそうなのだという。そして加藤は、大山より羽生の方が長考できる、という。このあたり大山と羽生の両方をよく知る加藤の面目躍如である。

さらに別の資質として、劣等感も挫折もないというのが、必須ではないが天才の資質という。これもそうなのかもしれない。加藤は、中原に負け続けたときも、中原に劣等感を抱いているという感じはなかった。

それでは、羽生に弱点はないのかというと、加藤のみるところ、森内のように羽生将棋を研究されて、その攻めを見切られると、羽生将棋はぎりぎり攻めをつなぐタイプなので、攻めを余されることがある。それが、名人戦で森内が羽生で負け続けた理由なのであった。しかし、羽生は去年、基本的に森内の研究範囲外の戦法を選ぶことで、森内の裏をかいた。

加藤が指摘する羽生の別の弱点は、対局数が多すぎることである。羽生が森内に負け続けていたのも、森内が対局数がはるかに少ないので、体力を温存できていた、というのもある。私が多冠への誘いに書いているように、羽生もこのあたりある程度、選択と集中を半ば無意識のうちに行っているようである。

大学病院

user-pic
0

最近、書斎のように使っている自分の部屋で、大した量の本があるわけではないのだが、何しろ狭い部屋なので、手狭になってきて本を整理していると、おお、こんな本もあったんだとちょっと感激して、つい立ち読みを始めるので、本の整理が進まなかったりする。

で、そういうのを逆手にとって、今年は意図的に読む本の選択をある程度ランダマイズしようと思った次第である。実はこういうことは何十回と考えて、その都度、次第に元の木阿弥に戻っているような気がするのだが、それはそれでいいとしたものである。

そんな風にして選んだ本として、「大学病院のウラは墓場」久坂部羊著、幻冬舎新書がある。久坂部氏は、世間に比較的よくいる、医者兼作家という人で、阪大医学部出身で、平成版の「白い巨塔」と言われている「破裂」という小説の作者でもある、という。

さて、「大学病院のウラは墓場」という本の題名は刺激的だが、そこに書いてあることは、よく読むと極めて常識的というか、言われてみると当たり前のことである。

すなわち、大学病院というところは、医師の教育、研究、治療という3つの側面がある特殊なところである、ということである。

大学医学部で学んで医師国家試験に合格すると、資格的には医師であるが、その時点ではまだ、医師としての経験がないわけであるから、そこから実質的に一人前の医者になるまでに様々な臨床経験を経る必要がある。

その過程で、大学病院では、どうしても、経験が十分でない若い医師が患者を診るということが起きる。言い方はよくないが、患者が一種の練習台のようになる。もちろん、ベテランの医師が指導し、あるいはフォローするが、ベテランの医師も忙しいのでつきっきりで指導するというわけにもいかない。そこに医療ミスの可能性がやや高まるということになる。

このことは、私が経験してきた特許実務に照らすとよく理解できる。すなわち、特許の世界では、特許出願をすると、ほとんどのケースで特許庁から拒絶理由通知というものがきて、それに応対する意見書・手続補正書を書く必要がある。これは、医師ほどではなくても、独特のスキルを要し、少なくとも三年の経験は必要である。もちろん何年経験していてもミスは避けられないが、普通は経験とともにミスは減る。

そして、優秀な若者であっても、弁理士試験に合格してもいきなり意見書・手続補正書をスラスラと書けるわけではないことは、医師の場合と同様である。そこでベテランの指導を受けて書くのだが、その場合でも、慣れてない段階で担当する案件はまさに練習台のようなものである。ベテランがレビューするといっても、限度がある。最初は、がっかりするような内容であることが多い。よって、権利が取れるはずなのに、結局放棄しなくてはならない羽目になることもある。なので、当然であるが、最初は比較的重要度の低い特許の案件を担当することになる。

特許ならまだよい。一応出願してみただけとか、どうせ権利がとれそうにないという出願も結構あるからである。しかし、入院患者となると、何かの基準で軽重をつけたくなる気持ちは分かるが、人命がかかわると、建前上、まあ放棄してもいい、ミスしても仕方ないと言うわけにはいかない。

一方で、昨今の世間の風潮は、依然として行政不況のようなことが横行している。すると、病院や医師に対しては、医療ミスに極端に神経質になる。こうして、防衛のため、特に先進的な病院とされる大学病院では、ミスの隠蔽が図られる。もちろん隠蔽はいけないが、あまりにも医療ミスに対する訴訟に神経質になって、医師が余計なペーパーワークに忙殺されたり、訴訟リスクや負担の大きい産婦人科、小児科、脳外科などの医者の成り手が激減しているという問題がある。

こういう過度のコンプライアンス遵守は、むしろ医療崩壊につながるのだが、現在にあってコンプライアンス遵守は不可逆過程であって、後戻りできない。

大学病院の別の側面は、研究機関でもある、ということである。典型的にはiPS細胞の研究がそうであるように、基礎医学の研究というのは臨床とは全く異なる。それでも、臨床医で基礎医学の研究をする人がいるのは、その方が医学博士の学位がとりやすいからである。例えば、私は、整形外科医なのに、大学院でウイルス学を研究して医学博士を取得した人を知っている。多分ウイルス学の知識は、整形外科医としての医療活動にあまり貢献しないだろう。それでも、研究の内容に拘わらず医学博士の学位は、将来の昇進や、ポストに大きな影響を与える。こうして、治療よりも学位取得に躍起になっている医師がいるところも大学病院なのであった。

あと、医局制度の変化もある。以前は、大学病院の医局というところは、教授が絶対の権力者で、その弊害もいろいろあった。まさに「白い巨塔」はそのような弊害を扱った小説であった。それで、そのような階層的しきたりの弊害を重くみすぎて、医局制度を形骸化させるような制度変更が行われた。その結果、以前は医局の教授が、医局員を地方も含めていろいろな病院に派遣していたのが、新しい制度では、医師本人の希望で勤務する病院を選ぶので、小さい病院で医師不足なるところが増えてきた。このような医師不足は、明らかに全体の治療水準の低下となる。しかし、これもエントロピーの増大と同じで、元の制度に戻ることはまずありえない。

この本を読むまでは、私は、重い病気になったら、地元の比較的有名な大学病院にかかろうと思っていた。しかし、この本を読んでからは、自宅に比較的近い国立病院の方にしようかな、などと思い始めている。要するに、未熟な医師の練習役になったり、あまり実績のない薬の実験台になるのもあまり気が進まないからだが、本当はもうちょっと大きい心で、そうやって広い意味で世間に貢献するのもいいというのでなくてはいけないのかもしれない。

少なくとも会社では、私は未熟な新入社員に丁寧に仕事を教えたり、誰もやりたがらない面倒な雑用を率先してやってきたのだった。

そんなことしても馬鹿らしいよ、というのがまさに昨今の風潮ということになる。そして、それでいいのかというのが、久坂部氏の主張の一部でもある。

それにしても、改めて思うのだが、医師というのは、責任が重くてなんと大変な仕事なのだろう。世間の偏差値エリートは利に聡く、競って医学部を目指すのだが、それは本当に賢明な選択なのだろうか、と大した責任でもないのに管理職を経験して疲れ果ててしまった私は思うのであった。

アマとプロ

user-pic
0

以前、アマチュアがプロに全く歯が立たない分野として、相撲、将棋、囲碁、野球が挙げられていたが、今はどうなんだろう。これは、程度問題であるが、依然として正しいように思われる。

ところで、アマ、プロ、将棋の三題噺というと、今一番旬なのは、12月にプロ試験に合格したばかりの、今泉氏だろう。確かに、朝日や銀河戦などの、アマチュアが参加できるプロ棋戦で、最も良いところから見て10勝以上、なおかつ6割5分以上の成績を収めた結果、新四段との5番勝負に臨み、ものすごいプレッシャの中、見事3勝1敗でプロに合格した。これは名実ともにプロ四段に匹敵する力があるといえるだろう。

しかし、と最近ふと思ったことがある。それは、囲碁の竜星戦で、アマチュアのホン・ソッキさんが、囲碁の若手有望株の一人、望月七段に完勝したのをみたときである。実は、その前の対局でもホン・ソッキさんは、やはり若手のホープの一人三谷七段に競り勝った。

それだけではない。ホン・ソッキさんは、囲碁の竜星戦での対プロの成績が12勝1敗なのであって、これは将棋の今泉氏以上の成績といえる。もちろんホン・ソッキさんは、アマ大会ではほとんど無敵に近い。

それだけではない。私が例によって囲碁の週間対戦結果の欄を眺めていると、囲碁の棋聖戦の予選の1回戦で、アマ対プロの対局が4局あって、すべてアマが勝った。将棋の方でも、プロ棋戦の予選でアマ対プロの対局はあるが、ここまで一方的にアマが勝つことはまずない。

ただ、囲碁のプロは将棋の三倍ほど人数がいて、囲碁は将棋のような順位戦がなく、年齢と成績を加味した強制引退制度もない。すると、トップクラスはともかく、下位のクラスは将棋のプロの方が囲碁のプロよりレベルが高いと言っても間違いではないだろう。すると、囲碁の方でアマチュアがプロを連破してもそんなに意外ではない、ということになる。

一般論ではそうであっても、ホン・ソッキさんは別格である。なにしろ、韓国で囲碁の修行をして日本に来た。そこでプロ試験を受けて日本のプロになることも当然にできたはずである。今でも、ホン・ソッキさんがもしプロになったら、いきなりタイトルを争うような棋士になると言うプロ棋士もいるほどである。なので、なぜホン・ソッキさんがプロになろうとしないか、不思議である。人生観というかメンタリティなのだろうか。

で、ともかく言えることは、囲碁でも将棋でも、棋力という点でアマとプロの境界が次第に曖昧になってきている、ということである。それは情報化社会で、プロとアマの情報量の差が相当縮まっている、ということもある。

すると、プロとアマの差は何か、という素朴な疑問になってきて、それは、儀式としてのプロ試験を通過したかどうか、ということになるのだろう。

なので、棋力だけでなくプロという肩書にこだわる人たちが現れるのも理解できる。最近、天野貴元さんと中川慧梧さんが、三段リーグ編入試験受験という意味で、プロを目指すことになった。これは、今泉さんの場合よりも受験資格として軽い、アマ全国大会優勝者という条件である。ただ、三段リーグ編入までの足取りでさえ大変であるが。

それにしても、ここまでプロという肩書にこだわる気持ちというのが私にはわからないが、きっとある種のアイデンティティなのだろう。私の場合、資格や肩書よりむしろ、なにかのスキル・レベルというのが私のアイデンティティになっていると思われる。尤も私の場合、囲碁や将棋でプロを目指すような人達のレベルとはお話にもならないくらい、レベルが低いのであるが。

ある古書店で本を眺めているうちに、「光市母子殺害事件」文庫ぎんが堂という本を発見した。例の光市母子殺害事件の一連の顛末が書かれている本だろうな、なら、死刑確定に書いたように、だいたい知っているからいいや、とスルーしようとした。しかし、著者は、本村洋 宮崎哲弥 藤井誠二の三人とある。宮崎哲弥氏と藤井誠二氏の二人は聞いたことがあるような気もするが、あまり記憶にない。それより、本村洋さんといえば、被害者の夫であり父親、すなわち、犯人を除けば事件の一番の当事者なのであって、私は本村さんをテレビのニュースなどでみて、加害者が一旦無期懲役の判決を受けたとき、「出所してきたら自分が殺す」みたいな言い方をされていたのが印象に残っている。全く違和感はなくて、私が本村さんの立場なら、周囲の誤解を懼れず、やはりそう言っただろう。

そこまで思い出して、そういえば、本村さんのもうちょっと詳しい意見を読んだことがないことに気づき、この本を読むことにした。

ちなみに、宮崎哲弥氏は評論家、藤井誠二氏はノンフィクションライターで、光市母子殺害事件の後、本村さんとも何度も会って、記事にしたりした。

この本によると、本村さんは、事件のあと茫然自失のような状態だったが、その後、神戸連続殺害事件の被害者の父親である土師さんと会ったりして、次第に、司法によって事件がうやむやにされてしまうのではないかと危惧を抱き、メディアを通じて社会問題として訴えていくようになったという。

しかし、メディアというものは玉石混交で、共感してくれる者もいれば、神経を逆撫でするようなことを言う人もいる。要するに諸刃なのであり、それで本村さんは大変苦労したようであるが、ともかくメディアを通じて突破口とした。

本村さんが問題とした点は以下に要約される。

  • なぜ被害者ではなく加害者の救済の方ばかり目がいくのか
  • なぜ犯罪の責任を社会情勢や、生育環境のせいにし、責任をあいまいにするのか

また、犯罪心理学者や精神医学者などの鑑定で、加害者に有利になるものもいろいろ出された。それで、本村さんは大変違和感を感じた。

しかし、地道なメディアを通じての発信活動が次第に世間を動かし、最高裁から広島高裁に差し戻され、光市母子殺害事件で書いたように、死刑判決となった。

ところで、昔からある議論で、死刑は犯罪抑止効果がないとものの本にもある。すなわち、死刑がある国と死刑がない国で、犯罪率があまり変わらない、などという議論である。ただ、そこに一貫して欠けているのは、被害者の救済である。

すなわち、疑わしきは罰せずの論理で、よほどでないと死刑にしないのが通例となっている。おそらく、暗黒裁判で専制君主が恣意的に死刑にした暗い過去の反省もあるし、ベッカリアなどの影響もある。また、世界的にみて死刑制度は廃止されつつあって、死刑を残しておくと野蛮な国といわれかねない。

そして議論は、犯罪被害者の救済に戻る。そのような議論は、例えば、薬丸岳の天使のナイフ悪党でも典型的になされていて、結論は出ないが難しい問題である。

当たり前かもしれないが、犯罪事件というのは結構起きているようでも、犯罪被害者の遺族という人は世間からみて圧倒的に少数である。で、一般の人は、ニュースや映画や小説でみて一時的にひどい話だと憤慨するが、次の日にメロドラマを観たらもうその感情は忘れている。それでも、ええ、ひどい話だと思います。わかります、などと安易に言う。そして悪意ではなく、犯罪被害者の神経を逆撫でいるようなこともつい言ってしまう。しかし、人間は実際に経験したことがないことに、なかなか実感をもって共感できない。共感できないということさえ、自分で理解できない。そういうことを身を以て知るために、輪廻転生で何度も生まれてくる必要があるという説は、結構説得力がある。

ともかく、これらのことも含め、本村洋、宮崎哲弥、及び藤井誠二の三人が、本気で話し合った内容がこの本で、あんな事件の後なのに、本村さんが意外に冷静で、いろいろ勉強していることがよく分かった次第である。

さらに付け加えると、この本には広島高裁の死刑判決の判決文の全文と、それの上告を棄却した最高裁の判決文の全文が掲載されている。最高裁のホームページから閲覧できるとはいえ、あまりこういう文章を読む機会もないので、私なりに丁寧に読んでみた。すると、結局、死者を甦らせる儀式とか、自殺した母親を思い出したなどという詭弁が却って、裁判官の心証を悪くしているということが分った。このような陳腐なストーリーがオリジナルには加害者によって案出されたものだとしても、練達のはずの弁護団がなぜ、陳腐な論旨をそのまま採用したのだろうか。どうやっても負けと思って、破れかぶれだったのだろうか。ともかく将棋のプロの指し手に比べて、弁護士の論旨というのは粗すぎないかと余計なことを考えてしまった次第である。

典型的には、人類月面着陸問題に関する本がそうなのだが、私は、副島隆彦氏の著書のファンだったりする。思い込みが激しいというか、相当決めつけてしまっているような気もするのだが、そこに一片以上の真理も含まれていると思わせるものがある。

そこで、本屋でたまたま見かけた「闇に葬られた歴史」PHPも、つい買ってしまった。そもそも私は、科学に十分な知識をもつわけではないが、ともかく、サラリーマンの平均レベルはあると思う。ところが、文学となるとミステリーに偏っているし、歴史となると、偏る以前に、知識の絶対量が不足している。そこで、この本を買ったのは、知識の砂漠地帯に、一輪の花でも植えられれば、みたいな気持ちであったりした。

この本は、以下の章からなる:

  1. 信長を殺したのはイエズス会勢力だ
  2. 徳川家康の正体
  3. 本当の戦場とはどういうところか
  4. 松尾芭蕉とは何者か
  5. 天皇とは「天の煌めき」という意味で「北極星」のことである
  6. 日本は漢代の華僑が作った
  7. 聖徳太子は蘇我入鹿である

「信長を殺したのはイエズス会勢力だ」で先ず思い出すのは、明智光秀の子孫である明智憲三郎氏が独自に調べて提示した説である。例えば、こちらに、次のような説が披露されている。すなわち、光秀は、信長から徳川家康を討つように指示されていた。一方で、信長の中国侵略計画の一翼を担うことも期待されていた。どちらにしても明智一族は滅亡の危機に陥るので、徳川家康と結託して、信長を討ったという次第である。

一方、副島氏は、立花京子「信長と十字架」集英社新書、及び八切止夫の歴史小説「信長殺し、光秀でない」講談社を引き、イエズス会が信長を殺した、と断じる。すなわち、信長は、日本支配をたくらむイエズス会と結託し、その支援で日本統一も成し遂げたのだが、信長の野望は、イエズス会の意図の次第に齟齬をきたしてきたので、イエズス会は、邪魔になった信長を暗殺した、という次第である。だとしても、光秀の関与はないのだろうか。また、邪魔者を排除したはずのイエズス会は、その後日本に対する影響力を弱めたように思えるのはなぜなのだろうか。ともかく、立花京子と八切止夫の本は、読んでみるに値すると思われる。

次の「徳川家康の正体」は、村岡素一郎の「史疑」に基づく。すなわち、Wikiによれば、村岡素一郎は徳川家康の影武者説を唱えた。要するに、桶狭間の戦い直後に家康が別の人と入れ替わったという説である。すなわち、徳川家康にすり替わった者は、世良田元信という卑賤の生まれで、忍者のような荒くれどもの中で子供の頃から揉まれたようである。世良田元信は、松平清康の長男、元康をどさくさに紛れて殺害すると、すり替わった。そうやってすり替わると、後の信長による長男、信康の殺害指示も、もともと他人なのだから、偽家康にとっては、痛くも痒くもなかった次第である。分からないけど、その後の抜群の家康の智謀は、毛並のよい武家らしからぬものがあり、これも検討を要する説である。

次の「本当の戦場とはどういうところか」は、藤木久志「雑兵たちの戦場-中世の傭兵と奴隷狩り」朝日新聞社は、戦国時代当時の文献に基づき、当時の悲惨でなりふり構わぬ様を描く。これも機会があったら一読する価値がある。

次の「松尾芭蕉とは何者か」とは、特定の文献に依拠するわけではないが、松尾芭蕉が徳川幕府の公儀の隠密だったという説である。これ自身、特に新規性の高い説ではないが、徳川家康が、もと忍者出身の世良田元信だったとすると、その後の、服部半蔵など、徳川幕府と伊賀忍者の関係も納得がいく。伊賀忍者は、今の米国のCIAやNSAのように、強大な情報能力で、徳川幕府を支えたのである。松尾芭蕉もそんなエージェントの一人だったに違いない。

次の、天皇とは「天の煌めき」という意味で「北極星」のことである、は、例えば、岡田英弘の「日本史の誕生」弓立社、あるいは斎川眞の「天皇がわかれば日本がわかる」ちくま新書に基づく。要するに、日本の天皇といえども、アジアで強大な権力を誇った中国の皇帝に任命された、一国王にすぎなかったというもので、うむ、さもありなん、とも思うのだが、一方で、万世一系の日本というものを想定したいという気持ちもある。尤も、中国から任命されたということと、万世一系ということが両立しないわけではないのだが。

次の「日本は漢代の華僑が作った」は、岡田英弘の「日本史の誕生」弓立社に基づく、というのだが、ここまで来ると流石に、違和感が募る。すなわち、華僑が何か中国皇帝の親書をもってきて天皇を任命するというならまだしも、華僑が日本をつくったというのはちょっと無理がないか。まあ、邪馬台国が下関あたりにあった、というのはそんなに違和感はないのだが。それにしても、副島隆彦氏の論舌の鋭鋒にはいつも感心するのだが、こと中国のことになると、途端に甘くなって、絶賛に終始するのはどういうわけなのだろう。もちろん中国は偉大な帝国なのだが、当然にすさまじいまでの毀誉褒貶があり、手放しで絶賛できるものではない。怪訝である。

「聖徳太子は蘇我入鹿である」というのは、聖徳太子は実在したかに書いたように、谷沢永一「聖徳太子はいなかった」新潮新書を読んだので、一応知識はあるのだが、どうもそのオリジナリティは、歴史作家の関裕二「天武天皇 隠された正体」KKベストセラーズらしい。副島隆彦氏は、蘇我氏も華僑だったという方向にもっていこうとする。

ともかく、いろいろと歴史の疑問を提示するという意味で、「闇に葬られた歴史」もなかなか勉強になる本なのだった。ここに示された参考文献をいくつかを自分で読んでみる必要がありそうである。

B級1組

user-pic
0

年末にB級1組順位戦の9回戦があったと思ったら、年始にもう10回戦があった。なにしろ、13人もいて総当たりなので、忙しい。

そして、下記に示すように、あと2回戦を残して、佐藤天彦七段が昇級を決めた。一番の昇級候補だった屋敷に直接対決で勝ったのが、あまりにも大きい。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1屋敷伸之九段 73179168.6%0.0%
2谷川浩司九段 3716310.0%40.1%
3豊島将之七段 5518320.0%0.0%
4松尾 歩七段 6417724.5%0.0%
5丸山忠久九段 4617810.0%1.9%
6山崎隆之八段 7417441.8%0.0%
7橋本崇載八段 6417061.2%0.0%
8木村一基八段 73176223.9%0.0%
9畠山 鎮七段 4616230.0%7.3%
10藤井 猛九段 3716790.0%50.6%
11飯塚祐紀七段 01015600.0%100.0%
12佐藤天彦七段 921795100.0%0.0%
13村山慈明七段 5517160.0%0.0%

それにしても、山崎はどうしたんだろう。一時は明らかに昇級の最有力候補だったのに、最早確率的にもほとんど昇級の目はなくなってしまった。昇級確率では、松尾にさえ後れをとってしまった。ともかく山崎は最後の豊島に勝って、8勝4敗にしておいて、いわゆるキャンセル待ち状態にしておかなくてはならない。

そして昇級は、いうまでもなく屋敷が一番有利である。ただ、次の屋敷対木村が昇級の大一番である。木村は、これを勝って最後の松尾にも勝てば、自力で昇級を決められる。

降級の方は、谷川が踏ん張って、なんとか星数で藤井に並んだ。そして順位の加減で藤井が危なくなった。次の谷川対藤井が、まさに降級の鍵を握る、いわゆる地獄対決である。4勝の畠山といえども、そんなに安泰ではない。流石に順位からして丸山は落ちないだろうが。

こうしていよいよ、B級1組順位戦は、鬼の棲家にふさわしい修羅の様相を呈するのであった。

デビッド・ボームの「全体性と内部秩序」井上忠他訳、青土社の第4章の「量子論における隠れた変数理論」というところを読んでいて、隠れた変数理論というのが、現在の量子論と矛盾なしに成立しえるというのはなんとなくわかるのだが、隠れた変数理論を想定することの有難味がどうもよくわからなくて、心の中でう~んとうなってしまった。

そして目をつぶって沈思しているときふと思いついたのが、神の疑似乱数という言葉である。どういうことかというと、量子論における確率は、実は神が予め用意している疑似乱数で決まっている、といういかにも素人くさいアイデアなのだった。

すなわち、一見ランダムにみえても、神が用意した疑似乱数の関数で確率が決まっている、ということで、自然はある意味、整然たる雑然状態にある、ということになる。

すると、もしなんらかの手段で、その疑似乱数の具体的関数形が求められると、ある瞬間に原子核のアルファ崩壊が起きるかどうかも、完全にきちんと計算できる。だとすると、例のシュレーディンガーの猫も議論も成立しない。

しかし、システム同定ではないが、生成された乱数列から、その疑似乱数の関数形を求められるのだろうか。それこそ極めて困難で、結局、確率論的にしか関数形を同定できない。

で、神の疑似乱数理論は、結局観測にはかからないのだけれども、それを想定することによって、一応、神はサイコロを振らないというアインシュタインの問いかけに対する答えにはなっている。

神の疑似乱数理論を想定することによってさらに、現在の宇宙が、実は神が用意した巨大なシミュレーション・システムであることが分る。そしておそらくであるが、神の疑似乱数の周期は、少なくとも宇宙の年齢と等しいかそれ以上であり、シミュレーション・システムのクロック幅は、プランク時間なのである。

ということで、なんとなく、ありえるけど、ありえない理論なのだった。

なんか、自宅にいてビールで酔っぱらうと、ついYouTubeで音楽を聴いて、声を出して歌ってしまうのだが、案外というべきか、結構気に入っているのが、ショッキング・ブルーのビーナスだったりする。

で、そのビーナスを聞き飽きたとき、次に聞くのが、同じショッキング・ブルーの「悲しき鉄道員」なのだが、なんと今更知ったのだが、「悲しき鉄道員」の原題は、"Never marry a railroad man,"なのだった。まあ、要するに、昔の軍歌をもじって言うなら、「鉄道員には娘はやれぬ、やれぬ娘が行きたがる、ダンチョネ」なのだった。

なぜ鉄道員には娘はやれぬのか、それは例えば浅田次郎の「鉄道員」を読んでみればよい。すると、鉄道員が、個人的な都合よりもむしろ、列車の運行に生活が拘束されていることがよく理解できる。要するに、娘が生まれようと、結婚しようと、きちんと定刻にホームに立たなくてはならない、因果な稼業なのだった。

戻って、ショッキング・ブルーのボーカルの女性だが、Wikiでみると、マリスカ・ヴェレスという名前らしい。もしかしていわゆる典型的な美人ではないのかもしれないが、不思議な魅力を湛えている人である。

さらにWikiをみると、以下のとおりである。

1974年6月1日にショッキング・ブルーは解散し、彼女はソロ歌手に転向した。
2006年12月2日、マリスカは、がんが原因で死去した。59歳。独身を通し、子供がいない彼女は猫とお茶とケーキを愛した生涯を終えた。

2006年の時点で59歳というのは、私より数歳年上であるが、なぜ結婚しなかったのだろう。当然に男遍歴はあったはずだが、もしかして男に興味がなかったのだろうか。

しかし、これでは、"Never marry a railroad man,"ではなく、"Never marry a solo singer,"ではないか。それにしても、結婚の大変さを、偏差値60くらいで知り抜いているはずの私が、結婚することをポジティブに表現するなんて、ふっ、俺もヤキが回ったぜ。

と、格好良くつぶやいてみたが、どうしても私はフィリップ・マーロウになれないのだった。

数ヶ月前、野矢茂樹の「ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む」ちくま学芸文庫を読んでいたときのことである。ちょっとうんざりしながら、論旨を追っているうちに、突然、軽い閃光が頭をよぎった。それは、「論理哲学論考」の6.031に言及する箇所である。引用してみる:

集合論は数学ではまったくよけいである。
このことは、数学において要求される一般性が偶然的なものではないことと結びついている。

なんだこれは、ととても怪訝になって、野矢茂樹訳の「論理哲学論考」を改めて当たってみたのだが、その前後に関連する命題はない。

ちょっと待ってよ、どういうこと?と女子高生の口調で問い詰めてみた。通勤で通う総武線で三鷹に行く途中で、女子高生が乗りこんでくるので、なんとなくその口調が頭に残っている。

で、改めて言う。集合論が余計って、どういうこと?いい加減にしてよ。普通に考えると、集合論が果たす役割は、数学において余計どころではない。むしろ数学は、集合論の言葉で書かれている、と言ってもよい。すると集合論というのは、英語の文章を考えたら、英文法のようなものといってよい。英語でなくてフランス語でよい、と言ってもよいのだが、だからといって、どんなに控え目にいっても、英語はオールターナティブであって、余計なんかではない。なぜなら、英文法でないなら、仏文法とか、独文法が必要なのである。

それでも、ウィトゲンシュタインに何か意図があるのかと思って、次の文章をみると、「このことは、数学において要求される一般性が偶然的なものではないことと結びついている。」となっていて、これも分からない。

そもそも、「数学において要求される一般性」って、なに?なのである。例えば、位相空間の公理にしても、それは要求される一般性なのか? 違うんじゃないの?

ましてや、それが「偶然的なものではないことと結びついている。」って、どういうこと?とこれほど意味が分からない命題もない。もちろん、というべきかどうか、「ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む」にも全く解説はない。

「論理哲学論考」の6.031は、孤立した命題なんだよ、と誰か言ってくれないかな。そしたら、別の興味に移行できるのだが。

紺鯖な私は、当然にコンピュータ・ウイルスにも神経質である。それは一方で、長年シスタンを担当してきて、部門全体のコンピュータ・セキュリティや監査に対応してきた、という経験のせいもある。

なので、自分が使うパソコンでも、ウイルスチェックソフトの更新を怠らないのだが、最近ついうっかりコンピュータ・ウイルスの感染を許してしまったので、自戒の意味もこめて、その経緯と回復措置についても記述してみる。

すなわち、日常的にパソコンをつかっていると、かなりの頻度で、アドビ・アクロバットやアドビ・フラッシュプレイヤのアップテートが来る。コンピュータ・セキュリティの施策でも、これらのソフトは最新版にしておくことが望ましいので、基本的に私もそれらの更新は受け入れる。そうしないと、それらのソフトが、セキュリティ・ホールというか脆弱性をもっているかもしれないからである。

で、最近も、アドビ・フラッシュプレイヤの更新をしたのに、それから数日しかたたないのにまた、アドビ・フラッシュプレイヤの更新催促がきた。きちんとアドビのアイコンが表示されていたので、特に怪訝に思わなかった。しかし、それが罠だったのである。

導入後、パソコンに導入しているスーパーセキュリティ・ゼロがどんどん感染されたファイルの存在と、感染されたサイトへの自動アクセスを警告するようになった。怪しいサイトへの自動アクセスは一応ブロックされるし、感染ファイルは駆除されるのだが、それでも駆除しきれないファイルがあるなどというので、困ってしまった。このままでは自宅のパソコンがいかなる意味でもセキュアでなくなってしまう。

さらに困ったのは、ブラウザを立ち上げると、ポップアップブロックが設定されているのに、すさまじいまでのポップアップやサイド・フレームがあらわれて事実上使用不可能になってしまう。よくみると、ブラウザの一種であるオペラが勝手に導入されている。そこでともかく、オペラはアンインストールした。

あと、履歴をみると、スーパーセキュリティ・ゼロが、感染されたサイトへ頻繁にアクセスしていると警告したソフトに対して、通信許可していた。それで、おいおいなんでこんなソフトに通信許可したんだ、怒鳴りそうになった。そして、通信許可したプログラムがあるパスを確認して、導入されているプログラムを突き止め、それをコントロールパネルからアンインストールした。

それで、ブラウザの意図しないポップアップやサイド・フレームは一応収まったが、検疫できないファイルがあるとスーパーセキュリティ・ゼロがまだ言う。そこで思い出した。確か、スーパーセキュリティ・ゼロには無料バージョンアップサービスの通知が来ていた。そこで、改めてバージョンアップしてスーパーセキュリティ・ゼロを使うと、なんとか検疫できなかったファイルも、隔離できるようになった。

これで万事解決と言いたいところだが、1つ問題が残った。Google Chromeを立ち上げたときに、毎回妙なエラーメッセージが出るのである。そこで、Google Chromeを一旦アンインストールして新規に導入し直したのだが、やはり直らない。Googleでこのエラーメッセージを検索していたら、これを修正する、というプログラムが見つかった。しかし、フラッシュプレイヤのアップテートで嵌められた私は、用心深くなっていた。その修正用プログラムというのをさらにGoogleで調べると、実はこれもマルウェアなのだという。で、Google Chromeのエラーメッセージは無視することにした。一旦OKをクリックすると後は普通に使えるからである。

以上の作業は、書いてみると大変そうでもないが(そうでもないか)、結局試行錯誤もあったので、ほとんど一日を要した。こんな罠にかかるとは、元シスタンも怪しいものということになるのだった。ともかく、ダウンロードには注意すべしである。

読売新聞によると、東大と、北大と、早稲田大に、「科学コミュニケーション」という分野のコースがあるという。要するに、科学と社会の架け橋となる分野というが、具体的にどういうことをするのだろう。

ある人は、大学院の副専攻で科学コミュニケーションを学び、終了後は出版社で、科学に関する書籍の編集をしているという。また、行政関係やマスコミで、科学と社会をつなげる仕事に携わっている人もいる。

別の人は、科学の魅力を伝える事業を始めた。科学に関するイベントを請け負ったり、子供向けの科学教室を開いたりしている。

早稲田大は、科学報道に関する人材を育成しているという。最近では大阪大や東工大でも、科学コミュニケーションの人材育成を本格化させた。

以上からは、科学コミュニケーションとは、科学報道や科学の啓蒙活動の専門家のように思われるが、実は、地球温暖化や原子力発電の是非などの社会的な問題で、意見の異なる科学者や市民の対話を促して合意形成につなげていく役割もあるというのだが、それは科学というよりも、高度に政治的な作業なのではないか。

この記事から全く見えてこない疑問として思いつくのは、一体どんな教育が科学コミュニケーションでなされるのか、ということである。そもそも科学コミュニケーションの前提となる科学知識はどうするのか、という疑問もある。もしかして、少なくとも学部が、理学部または工学部である必要があるということなのだろうか。そうしておいて、科学コミュニケーションの講座では、科学の教育方法、説明方法のような方法論を学ぶのだろうか。

ただ、思うに、科学といっても、生物科学、医薬、数理科学などで、コミュニケーションの方法論も全く違うのではないだろうか。そんな個別のことは関係ないともし、いうとしたら、随分皮相的なことを教えていると、つい思ってしまう。

また、長年特許実務を担当してきて、特許明細書の作成や特許実務全般もまた、科学コミュニケーションなのではないかと感じる。すなわち、専門的な発明を、その分野の専門家ではない特許担当者が、さも分かったように文章として記述するのは、それなりのノウハウを要する。そういうノウハウがなく、ただ発明者が書いた文章をそのまま消化不良に使って特許明細書を書いている例をときどき見つけるが、かなり残念である。なので、科学コミュニケーション論の一環として、特許明細書論も論じてほしいものである。

また、科学コミュニケーションというとどうしても、専門の科学者に比べて、一歩格下のようなニュアンスがあり、このあたりどうやって折り合いをつけるのかも知りたいところである。

週刊将棋を眺めていたら、二上九段の幻の名著「将棋魔法陣」が限定復活されるのだという。で、読みきれないかもしれないのにとりあえず買っておく癖のある私は、購入を申し込んでみようと思ったのだが、5184円という値段をみて、引いてしまった。そもそも限定1000部で、既に受付を開始しているというので、もう予約は完了しているかもしれない。

「将棋魔法陣」の81題は、盤面の81升のすべての箇所に玉を配置し、すべての作品に「不成」の趣向が入っている。手数は15手詰から70手詰まで収められている。

羽生名人は、二上九段の弟子であって、弟子入りのとき、「将棋魔法陣」を手渡され、とても難しい宿題を出されたような気持ちになったのだという。果たして全部解いたのだろうか。

今回刊行される「将棋魔法陣」には、今までの作品から厳選された珠玉の100題と曲詰などの盤外19題が追加されている。また、羽生名人が序文を寄せ、内藤国雄、勝浦修、若島正が二上詰将棋を語る文章もあるという。

若島氏は、ここで、「二上達也さんは、古今のプロ棋士の中で、詰将棋作家と呼ばれるのに最もふさわしい棋士ではなかったか、と私はかねてより考えている。」と述べているという。

これはちょっと内藤国雄には煙たいコメントではないか。なぜなら、内藤国雄は、どこかに書いていたように、指将棋よりも詰将棋にアイデンティティを見出す棋士なのであって、苦笑するのではないか。

ただ、若島氏がいうこともそうなのかと思わせることが最近あった。すなわち、最近棋友が21手詰の二上詰将棋を示してくれた。なんでも今まで見た中で一番難解な21手詰の詰将棋なのだという。私に解けるかなと怪訝になりながら間断的に数日考えたのだが、結局解けなくて、ギブアップして、自宅のコンピュータソフトである激指10に解かせてみたところ、ううんとうなってしまった。というのは最初の数手は私が考えたとおりなのだが、その後角の王手に中合など発生して、その手の意味さえも分からないのであった。

そして思ったのは、このように一見平凡なかたちから、難解な手順を編み出すのはやはり、並みではない、ということである。若島氏の詰将棋にもそういう傾向はあるが、二上詰将棋の場合、普通の実戦型からそれを達成している点で、却って意外性が高い。

で、何をもって詰将棋の質を評価するかは難しいのだが、プロ棋士の詰将棋作家のランキングを独断と偏見でつけてみると、二上達也、内藤国雄、谷川浩司、勝浦修、という感じだろうか。後も挙げるなら、中田章道、伊藤果とここまでは曲りなりにも作品をみたことがある棋士なのであるが、ここからは単なる推測となる。すなわち、詰将棋作家として知られているプロ棋士を追記すると、浦野真彦、北浜健介、船江恒平くらいであろうか。この他にもスポーツ新聞に詰将棋コーナーをもっている棋士は他にもいるが、少なくとも詰パラに投稿しようというくらいでないと、詰将棋作家とは呼ばれないだろう。

結局、プロ棋士で詰将棋作家と呼ばれるような人はあまり多くないということになるが、指将棋と詰将棋、特にその創作は世間で考えられているよりもずっと相関がない。なので、これも意外ではないのであった。

我孫子武丸というと、有名なミステリー作家だが、私はまだその作品を読んだことがない。そこでいつか作品を読もうと思っていたら、たまたま古書店で我孫子武丸の「狩人は都を駆ける」文春文庫があったので、とりあえず買ってみた。

普通はこうやってなんとなく買った本は当分積読なのだが、そのときたまたま気軽に読める本が他に手許になかったので、意外に早く「狩人は都を駆ける」の当番となった。

ここで「気軽」というのはいろいろな意味があって、その一つの意味は、「狩人は都を駆ける」は我孫子武丸にとってマイナーな作品なので、もし面白くなくても、ああイマイチだった、で終わればいいからである。

ところが、プレッシャがかからないと案外力を発揮するのが世間一般で、結構面白く読めたのだった。

面白かった一つの理由が、これは異色の動物というかペット・ミステリーなのだった。そもそもがこの小説も探偵が主人公である。そこで最近最近読んでいる一連の探偵小説である、原尞の「そして夜は甦る」や、長いお別れが甦った。

しかし当然ながら、ペット・ミステリーの方がメインである。なぜ探偵小説とペット・ミステリーが結びつくかというと、主人公の探偵のそばに、沢田という獣医がいて、その沢田を介して、ペットがらみの依頼、典型的には犬や猫のペットがいなくなったので探してほしいという、探偵らしからぬ依頼が舞い込むからである。

「狩人は都を駆ける」は実は短編集であって、「狩人は都を駆ける」、「野良猫嫌い」、「狙われたヴィスコンティ」、「失踪」、「黒い毛皮の女」の五篇からなる。

「狩人は都を駆ける」は、誘拐されたドーベルマンを探してほしいという依頼を探偵が受けた話であって、たかが犬の誘拐と思っていたら、次第にえらいことになって探偵が大変な目に遭うという話なのだった。

「野良猫嫌い」は、野良猫の連続惨殺事件の裏に潜む別の犯罪の話、「狙われたヴィスコンティ」は犬のチャンピオンシップをもつ飼い主に脅迫状が届く話、「失踪」は文字通り猫の失踪の話、「黒い毛皮の女」は、題名から想像がつくように、黒猫のメス猫の話なのだった。

犬が2篇で猫が3篇なのだが、どうしてもミステリーには猫の方が相応しい。なぜなら、猫は謎を深める立場だが、犬は普通、謎を解決する立場だからである。

あと実は、読者がペットを飼っているという事情にもかなり依存する。丁度夫婦間の心理ドラマみたいなミステリーを独身だといまいちピンとこないようなものである。

さらには舞台が京都というのもいい。これが例えば、東京の高円寺あたりだと、もっと月並みな雰囲気になってしまう。私は実は個人的にはどうも京都はあまり好きではないのだが、それは私が京都にいろいろとやっかみをもっているせいかもしれない。ともかく、京都を舞台に繰り広げられる物語は、すこし非日常的になって、そこに猫がからまって、いい味が出ているのだった。

私にとって、なかなか好適な「我孫子武丸・入門」であった。

今まで電王戦リベンジマッチは、私の記憶によると、2013年年末の船江五段対ツツカナ、2014年7月19日の菅井五段対習甦の2回があったが、たまたまうっかりしていて、私はどちらも観戦していない。ただ、結果は、船江五段対ツツカナは船江五段が勝ち、菅井五段対習甦は習甦が勝ったことは知っている。

さて、2014年年末の電王戦リベンジマッチは、森下九段対ツツカナとなった。このご時世である、戦前の予想は、ツツカナ有利というところが大勢だろう。私もそう思っていた。

多分去年の菅井五段対習甦の、菅井五段のすさまじい消耗戦を観戦していたからだろう、森下九段は人間に有利な新ルールを提案した。それは、持ち時間は3時間と短くするものの、時間が切れると一手10分まで時間を使うことができ、且つ継ぎ盤を使うことができる、というものである。継ぎ盤というのは、正式の将棋盤以外に、検討用に使う将棋盤のことで、頭で読む代わりにそこに具体的に並べて、ああでもない、こうでもないと駒を進めては崩し、ということができるので、すべて頭の中のイメージでこれをやらなくなてはならない、いわゆる「読み」よりもはるかに有利である。そうやって自明なヒューマンエラーの可能性を減らそうというのが、森下九段の意図だったのだが、普通の対局ではこんなことが認められるわけがない。

しかし、そもそもコンピュータ将棋がプロ棋士の棋力を総体的には凌駕してしまった、ということと、コンピュータは基本的に疲れないということが大きなハンディキャップであるということに鑑みると、このように、人間側が一歩引いたような提案も理解できる。

そして実際に対局が始まると、戦型は森下九段の得意な矢倉になり、序盤はツツカナがやや有利な形勢になったものの、局面は矢倉特有の膠着状態になり、打開策に窮したツツカナが、隙を作る手を指してしまった。そこを森下九段が鋭く追及し、ツツカナは穏便に受ける変化があったのに、なんと銀を取って飛車を成る変化を森下九段に与えてしまった。

こうなると、一人相談将棋ができる森下九段はもう間違えない。ツツカナは局面を複雑にする手を織り込んで森下九段を困惑させるのだが、森下九段は変な誘いには乗らず、着実に駒得を図ってツツカナを追い込んでいく。

私は、紅白歌合戦も観ないで(というか、大抵例年も観ないのだが)、深夜1時半まで、年を越してニコ生で観戦していたのだが、とうとう力尽きて寝てしまった。

それにしても、解説の金井五段、中村太地六段、そして佐藤康光九段の深夜に亘る熱心な解説と、たった一人で20時間ぶっとおしで棋譜読み上げをした貞升南女流初段も印象的だった。管理職時代に女性の勤務に関して配慮していた私は、こういうのをみるとつい、読み上げを、例えば男性奨励会員が途中で代わるべきと思うのだが、もしかして、敢えて完遂させてあげるのが別の意味での将棋界での思いやりなのかもしれない。

で、朝起きて、いくらなんでも大差だったので、森下九段が勝ったよね、あるいは、疲れて意識朦朧で信じられないようなミスをして森下九段が負けてしまったかと思ったら、なんでも、1月1日の朝5時26分の時点で、長時間の対局が予想されるため、152手を持って後日指し掛けとなり、指し継がれる日時は現時点では未定となっているという。

ううん、棋譜を最後まで見ていないので正確なことはいえないが、相当な大差らしいから、そこで立会人のような人がいて判断し、森下九段の判定勝ちということにできないのだろうか。なんとなく割り切れないものを感じる。

まあでも、今年、電王戦ファイナルが行われて、人間対プロ棋士のガチンコ対決はもうなくなると、電王戦リベンジマッチもこれが最後なのだろうか、それとも、「森下ルール」ならやってもいいという棋士が出てくるのだろうか。なにしろ、森下ルールの有用性は明らかになったので、などといろいろ思考は巡るのであった。

研究家

user-pic
0

以前に、瀬川五段の「横歩取りマップ」マイナビを買って読んだとき、横歩取りの初期の頃からの推移までカバーした好著だと思った。ただ、少し不満があったのは、最新形に触れたページが少なかったことである。それは、全体を俯瞰するような本なのだから仕方がないと思うべきなのだった。

なので、村田顕弘五段の「現代横歩取りのすべて」マイナビが出たときは迷わず買った。まさに最近の変化にフォーカスした本なので、私の要望を充たしている。

その「現代横歩取りのすべて」の帯に、棋界随一の研究家村田五段が自らの全研究を明かす、とあって、うん、確かに村田五段が研究家だと思ったのは、この本でも随所に自分の新研究を披露しているのである。

プロなんだから誰でも新研究くらいあるだろうと思ってはいけない。例えば、瀬川五段の「横歩取りマップ」で瀬川五段のオリジナルな手というのは皆無ではないかもしれないが、決して目立っていない。寧ろ、瀬川五段は水準の手順を紹介することに徹している。

そういえば、研究家というか、棋界のアイデアマンとして知られているのは、星野四段であって、なにしろ、有名な、対ゴキゲン中飛車の超速46銀の創案者なのだった。

また、長岡五段は、羽生名人の研究のパートナーとして知られている。もしかして将棋の研究という意味では、羽生名人より優れているという可能性もある。指将棋と強さと研究能力は、決して負の相関があるわけではないが、少なくとも独立である。

さっき決して負の相関があるわけではない、と書いておきながらいきなり覆すのであるが、やはりもしかして、負の相関があるのかもしれない。というのは、将棋界で研究家と呼ばれる人達は、C級2組を脱出するのさえ容易でない。今年、村田五段はうまくいくと脱出できるかもしれない。それにしても流石にA級まで駆け上がりそうな気はしない。

ほとんど唯一の例外は、B級1組にいる山崎八段だろう。横歩取りの新山崎流を始め、沢山の新手や新戦法を編み出しつつ、B級1組にいて、しかもA級をうかがう成績なのは立派である。

ただ、もし山崎八段がA級に上がるとしても、今の広瀬八段のような活躍をしそうに思えない。研究家やアイデアマンは、どこか不安定で、ぎりぎりの勝負師の資質に欠けるような気がするからである。

そもそも、冷徹な勝負師は、夢想しない。しかし、研究家やアイデアマンは、茫洋として夢想する要素が必須となる。

このことはサラリーマンにもいえる。アイデアマンは、仕事そのものを楽しむかもしれないが、野望やバイタリティに欠け、あまり昇進しない。これは、研究部門に所属する研究者もそうで、どうしても営業部門で業績を挙げる人ほどには昇進できない。

実際、私がいた外資系の会社でも、研究部門には私が憧れるような秀才がひしめいていたが、地位は私の方がかなり高かったりして、もし昇進を人生の最重要なことと考えるなら、研究者なんか目指すべきでない、ということになる。

実際、研究者というのは、学会で名前を上げるなどの名誉欲はあるかもしれないが、社内政治にそんなに興味がなかったりする。なので、大抵の研究者は発明報奨にも恬淡としていたりする。中村修二氏のような研究者は比較的マイナーである。

で、結論というほどでもないが、世間的な利得という意味では意外に研究家は恵まれないのだけれども、マイペースで有意義に生きるには研究家やアイデアマンになるのも悪くないということになる。

ただ、どんな努力しても誰もが羽生のようになれるわけではないというのと同じくらいに、努力しても村田顕弘のようになれるわけでもない。このあたり、世間で誤解されていると思う。

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。