電王戦リベンジマッチ

user-pic
0

今まで電王戦リベンジマッチは、私の記憶によると、2013年年末の船江五段対ツツカナ、2014年7月19日の菅井五段対習甦の2回があったが、たまたまうっかりしていて、私はどちらも観戦していない。ただ、結果は、船江五段対ツツカナは船江五段が勝ち、菅井五段対習甦は習甦が勝ったことは知っている。

さて、2014年年末の電王戦リベンジマッチは、森下九段対ツツカナとなった。このご時世である、戦前の予想は、ツツカナ有利というところが大勢だろう。私もそう思っていた。

多分去年の菅井五段対習甦の、菅井五段のすさまじい消耗戦を観戦していたからだろう、森下九段は人間に有利な新ルールを提案した。それは、持ち時間は3時間と短くするものの、時間が切れると一手10分まで時間を使うことができ、且つ継ぎ盤を使うことができる、というものである。継ぎ盤というのは、正式の将棋盤以外に、検討用に使う将棋盤のことで、頭で読む代わりにそこに具体的に並べて、ああでもない、こうでもないと駒を進めては崩し、ということができるので、すべて頭の中のイメージでこれをやらなくなてはならない、いわゆる「読み」よりもはるかに有利である。そうやって自明なヒューマンエラーの可能性を減らそうというのが、森下九段の意図だったのだが、普通の対局ではこんなことが認められるわけがない。

しかし、そもそもコンピュータ将棋がプロ棋士の棋力を総体的には凌駕してしまった、ということと、コンピュータは基本的に疲れないということが大きなハンディキャップであるということに鑑みると、このように、人間側が一歩引いたような提案も理解できる。

そして実際に対局が始まると、戦型は森下九段の得意な矢倉になり、序盤はツツカナがやや有利な形勢になったものの、局面は矢倉特有の膠着状態になり、打開策に窮したツツカナが、隙を作る手を指してしまった。そこを森下九段が鋭く追及し、ツツカナは穏便に受ける変化があったのに、なんと銀を取って飛車を成る変化を森下九段に与えてしまった。

こうなると、一人相談将棋ができる森下九段はもう間違えない。ツツカナは局面を複雑にする手を織り込んで森下九段を困惑させるのだが、森下九段は変な誘いには乗らず、着実に駒得を図ってツツカナを追い込んでいく。

私は、紅白歌合戦も観ないで(というか、大抵例年も観ないのだが)、深夜1時半まで、年を越してニコ生で観戦していたのだが、とうとう力尽きて寝てしまった。

それにしても、解説の金井五段、中村太地六段、そして佐藤康光九段の深夜に亘る熱心な解説と、たった一人で20時間ぶっとおしで棋譜読み上げをした貞升南女流初段も印象的だった。管理職時代に女性の勤務に関して配慮していた私は、こういうのをみるとつい、読み上げを、例えば男性奨励会員が途中で代わるべきと思うのだが、もしかして、敢えて完遂させてあげるのが別の意味での将棋界での思いやりなのかもしれない。

で、朝起きて、いくらなんでも大差だったので、森下九段が勝ったよね、あるいは、疲れて意識朦朧で信じられないようなミスをして森下九段が負けてしまったかと思ったら、なんでも、1月1日の朝5時26分の時点で、長時間の対局が予想されるため、152手を持って後日指し掛けとなり、指し継がれる日時は現時点では未定となっているという。

ううん、棋譜を最後まで見ていないので正確なことはいえないが、相当な大差らしいから、そこで立会人のような人がいて判断し、森下九段の判定勝ちということにできないのだろうか。なんとなく割り切れないものを感じる。

まあでも、今年、電王戦ファイナルが行われて、人間対プロ棋士のガチンコ対決はもうなくなると、電王戦リベンジマッチもこれが最後なのだろうか、それとも、「森下ルール」ならやってもいいという棋士が出てくるのだろうか。なにしろ、森下ルールの有用性は明らかになったので、などといろいろ思考は巡るのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/3663

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2015年1月 2日 09:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「研究家」です。

次のブログ記事は「狩人は都を駆ける」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。