プロ棋士の詰将棋作家

user-pic
0

週刊将棋を眺めていたら、二上九段の幻の名著「将棋魔法陣」が限定復活されるのだという。で、読みきれないかもしれないのにとりあえず買っておく癖のある私は、購入を申し込んでみようと思ったのだが、5184円という値段をみて、引いてしまった。そもそも限定1000部で、既に受付を開始しているというので、もう予約は完了しているかもしれない。

「将棋魔法陣」の81題は、盤面の81升のすべての箇所に玉を配置し、すべての作品に「不成」の趣向が入っている。手数は15手詰から70手詰まで収められている。

羽生名人は、二上九段の弟子であって、弟子入りのとき、「将棋魔法陣」を手渡され、とても難しい宿題を出されたような気持ちになったのだという。果たして全部解いたのだろうか。

今回刊行される「将棋魔法陣」には、今までの作品から厳選された珠玉の100題と曲詰などの盤外19題が追加されている。また、羽生名人が序文を寄せ、内藤国雄、勝浦修、若島正が二上詰将棋を語る文章もあるという。

若島氏は、ここで、「二上達也さんは、古今のプロ棋士の中で、詰将棋作家と呼ばれるのに最もふさわしい棋士ではなかったか、と私はかねてより考えている。」と述べているという。

これはちょっと内藤国雄には煙たいコメントではないか。なぜなら、内藤国雄は、どこかに書いていたように、指将棋よりも詰将棋にアイデンティティを見出す棋士なのであって、苦笑するのではないか。

ただ、若島氏がいうこともそうなのかと思わせることが最近あった。すなわち、最近棋友が21手詰の二上詰将棋を示してくれた。なんでも今まで見た中で一番難解な21手詰の詰将棋なのだという。私に解けるかなと怪訝になりながら間断的に数日考えたのだが、結局解けなくて、ギブアップして、自宅のコンピュータソフトである激指10に解かせてみたところ、ううんとうなってしまった。というのは最初の数手は私が考えたとおりなのだが、その後角の王手に中合など発生して、その手の意味さえも分からないのであった。

そして思ったのは、このように一見平凡なかたちから、難解な手順を編み出すのはやはり、並みではない、ということである。若島氏の詰将棋にもそういう傾向はあるが、二上詰将棋の場合、普通の実戦型からそれを達成している点で、却って意外性が高い。

で、何をもって詰将棋の質を評価するかは難しいのだが、プロ棋士の詰将棋作家のランキングを独断と偏見でつけてみると、二上達也、内藤国雄、谷川浩司、勝浦修、という感じだろうか。後も挙げるなら、中田章道、伊藤果とここまでは曲りなりにも作品をみたことがある棋士なのであるが、ここからは単なる推測となる。すなわち、詰将棋作家として知られているプロ棋士を追記すると、浦野真彦、北浜健介、船江恒平くらいであろうか。この他にもスポーツ新聞に詰将棋コーナーをもっている棋士は他にもいるが、少なくとも詰パラに投稿しようというくらいでないと、詰将棋作家とは呼ばれないだろう。

結局、プロ棋士で詰将棋作家と呼ばれるような人はあまり多くないということになるが、指将棋と詰将棋、特にその創作は世間で考えられているよりもずっと相関がない。なので、これも意外ではないのであった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/3665

コメント(6)

| コメントする

あやたろうさん
>少なくとも詰パラに投稿しようというくらいでないと、詰将棋作>家とは呼ばれないだろう
う~ん、詰パラはハードルが高いですね、まさにマニュアックな世界で・・・・・
古い棋士で詰将棋と言えば、「塚田正夫元名人」なんでしょうか
難解では無く、簡単明瞭、解読感あっさりのお茶漬け流(笑)
枯淡の味という評価ではありますが、今となってみれば
アンチ難解派という意味で変わった詰め将棋作家ではありました。

user-pic

山椒魚さん

> 古い棋士で詰将棋と言えば、「塚田正夫元名人」なんでしょうか
> 難解では無く、簡単明瞭、解読感あっさりのお茶漬け流(笑)

ああ、そうですね。塚田元名人は、詰パラに投稿するような難解な作品はあまり作らないにしても、膨大の作品がある人で、二上も内藤もそのようです。まるで呼吸するように詰将棋を作れるようで、やはり稀有な才能です。

あやたろうさん
>まるで呼吸するように詰将棋を作れるようで

塚田さんは、升田幸三と仲が良くて(二人とも酒好きで・・)
飲みながら、「升田君、こういうの作ったけどどうだ?」って塚田さんが作品を披露して、升田が「ああ、良いんじゃない」なんてやってたそうですが、なんともうらやましいというか至福の時間だったんじゃないかと思いますね

user-pic

山椒魚さん

それは楽しいですね。
実は私もごくたまに詰将棋を作るのですが、私だったら、飲みながらこれはどう?と示したら、なんだこの筋悪は、綾なしじゃないかと馬鹿にされて、却って酒がまずくなりそうです。

昔の詰将棋作家棋士なら清野静男八段と高柳敏夫八段も忘れてはいけない存在だと思います。明解な作風の塚田に対して、清野は難解、というより複雑で、巧妙な技巧作品を作っていく人でした。その人気と才能ぶりに贋作も数多く出回ったといわれてます。また、高柳八段もセンスある作り手で、構図はシンプルなのに紛が多く、精密な作品の作り手だと見受けられます。

あと五十嵐豊一九段、桐山清澄九段、中原誠十六世名人なんかも面白い問題を作っています。個人的には北村昌男九段が好きですけどね。

user-pic

旅烏さん

> 昔の詰将棋作家棋士なら清野静男八段と高柳敏夫八段も忘れてはいけない存在だと思います。

ああ、そう言われてみるとご指摘のとおりですね。そもそも私は、古書店で「高柳詰将棋選集」というのをみつけて解きながら、なかなか冴えていると感心しているので、高柳八段にも言及すべきでした。

清野八段も、確かに昔詰将棋の本を見たことがあります。ただ、相当昔なので、あいにく記憶があまり残っていません。

> 五十嵐豊一九段、桐山清澄九段、中原誠十六世名人なんかも面白い問題を作っています。個人的には北村昌男九段が好きですけどね。

そうでしたか。そこらあたりは、私の勉強不足で、知りませんでした。アマゾンあたりで作品を探してみます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2015年1月 4日 06:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「狩人は都を駆ける」です。

次のブログ記事は「科学コミュニケーション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。