2015年2月アーカイブ

勝負する心

user-pic
0

囲碁の竹清四段のブログをみていたら、李昌鎬の「勝負する心」日本囲碁連盟という本がとても面白いと紹介されていた。李昌鎬が囲碁の棋書以外の本も書くんだ、と興味をもったので、早速買って読み始めた。以下、私なりにまとめて、適宜コメントしてみる。

李昌鎬は1975年に韓国の全州で生まれた。男ばっかりの三人兄弟の二番目である。小学校の低学年の頃は囲碁は知らず、韓国の相撲であるシルムやゲームセンターが好きな普通の子供だった。しかし、たまたま囲碁を知ってからは、一気にその魅力に憑りつかれた。

李昌鎬の家庭はとてもいい雰囲気で、一切うるさいことは言わず、全面的に愛情をもって子供達に接した。それで李昌鎬は、親のそばでないと不安で寝れないような甘えっ子になった。

囲碁は特に祖父が応援してくれた。なにしろ、自転車の後ろに乗せて、碁会所に連れていってくれた。そうして大人たちと碁を打っているうちに、李昌鎬はメキメキと力をつけていった。

そして紆余曲折を経て、当時韓国棋界の第一人者であった、曺薫鉉の内弟子となった。曺薫鉉は一見鈍重そうな李昌鎬に光るものを見出したのだった。

しかし、藤沢秀行も絶賛する天才、曺薫鉉に比べて、李昌鎬はどうも才気煥発ではなかった。例えば、囲碁のアマチュア有段者でさえたいてい、一局を打った後並べ直せるが、李昌鎬は必ずしもそうでなく、曺薫鉉も呆れていた。しかし、李昌鎬は着実に強くなっていった。

そして周囲からも強さを認められていたのに、なかなかプロ試験に合格できなかった。李昌鎬は強迫的に緊張する癖があり、これは高段になってからも抜けなかった。

それでも、1986年、11歳でついにプロ試験を通過し、初段となった。そのとき周囲のプロの李昌鎬に対する評価は、11歳にして老成している、というものだった。

その後、紆余曲折を経て勝ち上がると、そこに立ちはだかるのは、師匠の曺薫鉉なのだった。こうして師弟対決が何度もあり、最初は勝てなかった李昌鎬も次第に勝てるようになってきた。そしてついに、1990年、最高位のタイトルを師匠から奪取した。

そこからは李昌鎬の快進撃が始まったが、そんな李昌鎬にも悩みがあった。国内では圧倒的に強いのに、日本や中国の棋士と対戦するとどうもあまり分がよくない。神経質なので、初手合いにもどうも負けることが多い。例えば、しばらく後までも、依田九段を苦手とした。しかし、師匠の曺薫鉉は、依田九段を翻弄していたというのだから、相性は分からない。

ところで、1990年の初めの頃は、韓国棋界は日本にはまだ勝てないと言われていた。しかし、1993年に日本を抑えて韓国棋士が優勝すると、次第に韓国の方が優勢になり、それは今に至っている。まさに曺薫鉉がひっぱり、李昌鎬が後に続く若手の目標になり、イ・セドルなど有望な若手棋士が陸続とあらわれた。

そんな李昌鎬にもスランプがやってきた。2005年の頃である。国内棋戦で連敗して、どん底の気持ちになった。そんなとき、日本・中国・韓国の国別対抗戦、すなわち団体戦である応氏杯が始まった。韓国の他の棋士がどんどん負けて残るは李昌鎬だけになった。まだ中国にも日本にも有力棋士は複数人残っている。一人で全員に勝たないと韓国の勝利はない。しかし、李昌鎬は絶不調である。

そこで李昌鎬は開き直ってホテルで必死で相手の棋譜を研究した。そして、相手のミスもあってすべての棋士を撃破し、大逆転を果たした。

そんな李昌鎬も、2011年、36歳になったとき、すべてのタイトルを失って無冠となってしまった。将棋の羽生が40台でまだ四冠を保っていることに比べると、不甲斐ないようにも思われるが、それだけ韓国囲碁界の層が厚いということなのだろう。若手の進境が著しすぎるのである。

さらに李昌鎬に転機があった。2010年に、11歳年下の新聞記者だった女性と結婚したのだった。結婚して、子供の頃から囲碁一筋だった李昌鎬はも人生に幅ができた。今までほとんど読まなかったいろいろな本も読むようになった。

そんな李昌鎬が今後、どういう活躍をするか見ものである。師匠の曺薫鉉は、40台でも第一線にいた。慎重な李昌鎬のことである、今後また活躍できる道を探っていることだろう。それにしても、冷静で沈着そのものだと思っていた李昌鎬の、人間的な、あまりに人間的な、そしてやはり天才である、半生記なのだった。

東大出

user-pic
0

新聞の書籍広告をみていたら、新刊で、『「東大出たら幸せになる」という大幻想』三浦朱門著、青萠堂という本が出たらしい。

今更なんでこんな本出すの?ということと、あなただって東大でしょ?と三浦さんに聞きたいところであるが、ともかく私はこの本は買わない。

で、「東大出たら幸せになる」は、yesでもありnoでもある。それでも人は、東大に受かる受験能力があれば東大を受験するだろうし、ちょっと偏差値が足りなくても、努力すれば埋められるなら、頑張って東大を受けるだろう。

私だって、いままで何度も書いたように、東大に合格できる実力があれば間違いなく受けたのであり、別に東大が嫌だから受けなかったわけではない。

で、「東大出たら幸せになる」がyesなのは、それがプライドの根拠なるからである。将来なにか不遇な目に遭ったとき、なんだあいつら所詮□□大学卒じゃないか、話にならん、みたいに見下すことができる。ただ、そこで見下しても現実に自分が不遇なら却って不幸になるかもしれないが。

さらに「東大出たら幸せになる」がyesなのは、組織の中で抜擢されやすいからである。人間の真の実力というのは結構分かりにくい。すると、付いている値札というかラベルがものをいう。東大卒というのはやはり、ラベルとして目立つ。目立つという意味では、そういうラベルは、女性が美人というのと似ている。美人が優秀で気立てがよいかどうかわからない、そうかもしれないし、そうではないかもしれないが、どうしても美人だと目を引きやすい。人は見た目が9割という本もあった。その論理を適用すると、人は学歴が9割ということになる。それを本当か?と疑うなら、人は見た目が9割という命題も疑うべきである。

「東大出たら幸せになる」がnoなのは、東大を出たばっかりに、いらぬ嫉妬を買うことになるからである。何か失敗をすると、へへん、東大なんてその程度かと、足を引っ張られる。これも美人の女性と似ている。女性は美人であると男性からちやほやされることが多いが一方で、同性から執拗に嫉妬を受ける。これは場合により半端なく辛い。目に余るような例を私は知っている。

三浦朱門氏の論旨は、東大出=受験秀才で、世間に出ると受験の能力など通用しない、というものらしいが、それは多分あまり妥当な論旨ではない。例えば、東大より偏差値が低い大学(例えば、私の出身大学)だと、受験秀才の程度が低い分、より人間味あふれるとか、創造性に富むとか、必ずしもそうなっていない。これも女性の例でいくと、美人でないからといって人間性がすばらしいとは全く限らない。

ところで、「東大出たら幸せになる」という命題に関して私が感じるのは、多分東大卒の人のあまり大きい割合を占めないと思うのだが、学歴というラベルを極めて巧みに活用できる人がいる。そういう人に限ってたいてい仕事の実力はあまりないが、寧ろ仕事の実力がないからこそ、ラベルの活用に実に巧みである。ある意味天才的なラベル使いの人がいる。そして高い地位に就いて一生安楽に暮らす。そういう人にこそ、「東大出たら幸せになる」という命題は正しい。ただ、多分ラベル使いの才能は先天的なもので、学んでも身に着くものではない。そこがネックである。女性の容姿の場合もそれがあって、とびぬけた美人というわけでもなくちょっと可愛いだけだったりするのに、やたら男性に取り入るのが巧みな女性がいる。そういう人は会社でも実力者に気に入られて、高い地位に引き上げられる。もし銀座のホステスだとするとトップの人気を誇る。きっとそういう人は、絶世の美人ではない。ちょっと美人だけかもしれないが、そのわずかな美貌を実に巧みに使う。

ちなみに、私が比較的親しく付き合う人の中にも若干、東大卒の人がいる。しかし、私と親しく付き合うような人は基本的に実務肌というか、上記ラベル使いとは真反対なのであって、なんか割をくっているような人である。はっきり言って、東大卒の学歴があまり活きていない。勿体ないと傍でみていて思う。なぜなら、私がみてもほんとうの意味で頭がよくて、流石東大だと感心することも結構あるからである。

ということで、東大の学歴というのは、囲碁でいえば厚みのようなもので、まあ厚いに越したことはないけど、それを実利にするのはなかなか難しいということなる。なので、東大に行けるなら行くほうがいいけど、あまり無理して行くものでもない、という極めて穏当な結論になる。

筋場理論

user-pic
0

アマゾンで囲碁の本を適当に探していたら、依田九段の「筋場理論」講談社という本が、やたら評判がいい。それで、依田九段のファンであることもあって、早速この本を買ってみて驚いた。本の帯からしてすごい。

まず、「中国・韓国のプロも驚愕の新理論!! 入門者から高段者まで使える「強化書」 3目強くなることを私が保証します(依田紀基)」とある。

さらに、本の表紙には、「囲碁400年の歴史を変える究極の打ち方」とある。ここまで大風呂敷な本というと、私が思い出すのは、副島隆彦氏の本と、リチャード・コシミズ氏の本くらいであるが、どこか子供じみたところがある私は、こういう言い方が嫌いではない。

それでは囲碁において筋場とは何かというと、石が2つ縦か横に並んで、そこに打つとアキ三角の愚形になる箇所のことらしい。そして筋場に相手に打たせるようにするのが囲碁の手筋で、依田九段の知見によると、囲碁のほとんど手筋に、この考え方が当てはまるという。

そして、手割りの説明から始まって、筋場理論の基本、実戦、上級と進んでいくのだが、私の囲碁の棋力が低いせいか、どうも難解でピンとこない。それでも一応、最後まで読み通したが、どうみても3目強くなったとは思えない。なぜなら、天頂の囲碁と打っても特に勝率が上がっていない。そもそもが、自分で筋場に打たないようにというのは、ある程度意識して達成できるが、相手に筋場に打たせるというのは、柔道でいえば、相手の力を利用して投げるようなもので、私の技量を超えていると感じたりした。

ただ、筋場を意識して打つようにすることで、少なくとも私の碁が少しだけ形がよくなったのは確かである。

そして筋場理論について改めて考えてみた。すなわち、これはプロ棋士の暗黙知を明示知に変換した気づきであり、それ自体は確かに立派な理論だと思うが、アマチュアでも、県代表クラスなら、体に滲み込んでいるような感覚であり、いかなる意味でも、呉清源の新布石のような、プロ棋界をも震撼させるような理論ではない。むしろアマチュアの上達法の新理論ということになる。

あと、私は囲碁のことを考えるときは、双対的に将棋のこともつい考えるのだが、将棋ではこのような大風呂敷の理論が提示されたのを見たことも聞いたこともない。それは将棋の棋士がなぜか大風呂敷を嫌うからであろうか。それとも囲碁と将棋の競技としての性質の違いだろうか。私はどうも後者のような気がする。すなわち、囲碁では、厚みや勢力などがまるで電磁気力のような遠達力なので、場の線形性が比較的生じやすい。よって、大域的な理論が打ち建てやすい。例えば、私は棋力が低いことと不勉強なのでよく知らないが、布石の梶原理論などというのもそうだろう。

おそらく将棋はより非線形で、物理学でいう核力のような強い力に支配されたりするので、時間・空間を見通せるような理論が打ち建てにくいのだろう。なのに、機械学習のアプローチが有効で、最早コンピュータ将棋がもしかしてプロ棋士を凌駕してしまったのは興味深い。

さて、コンピュータ囲碁において、筋場理論や梶原理論などはどう活かされるのだろうか。ここらあたり時間をかけて考えてみたい。

生酒

user-pic
0

私は一応酒が好きであるが、特に強い訳でも、通である訳でもない。たまたま飲んだ酒がおいしいと、ああうまい、と感激するだけである。なんともつまらない人間、ということになる。

そんな私であるが、今年の正月に相模大野のボーノで買った生酒は、大げさにいうと、いわゆる大吟醸とか名酒というのとは違って、異次元のおいしさで感激してしまった。すなわち、名酒というのが有名女優だとすると、生酒というのは、AKBからデビューしたばかりのアイドルのような初々しさに溢れている。全然適切な比喩になっていないが、私の日本語の表現力なんて所詮こんなものである。

その生酒を買ったとき、店の人が、生酒は加熱処理していないのでできれば冷蔵庫に保管してほしい、という。しかし、常識で考えて、普通の家庭に一升瓶の日本酒を収納できる冷蔵庫なんてない。それで、できるだけ日が当たらず、暖房の及ばないところにそっと置いて、ちびちび(でもないけど)飲んでいた次第である。

その味が忘れられなかったが、あれは正月限定だよね、と思っていたところ、我が家の最寄の駅のそばに、中澤酒造という会社の直営店みたいな酒屋があり、そこに「新米新酒 本格醸造生原酒 しぼりたて」というのが販売されていると聞いたので、買ってみることにした。

そのパンフレットから一部引用してみることにする。

新米が10月下旬に届き、11月上旬に岩手県から蔵人たちが蔵に入り、蔵の中の掃除・殺菌・お祓いをし、本年度の酒造りが始まります。早春までの5ヵ月間杜氏や蔵人がまるで我が子を見守るような眼差しで優しく、厳しくモロミを育んでいます。

すなわち、生酒とは、割水や加熱処理をせずにビン詰めした酒らしい。なので冷蔵庫または寒い所に保存することが必須なので、冬季限定なのだった。

この酒は、先日書いた、酔っ払いプログラミングに関連して飲んだ酒なのだった。そのときも、飲んだ量の割には随分と酔ったな、年取って酒に弱くなったかな、と思っていたら、弱くなったのはまあ事実だろうけど、そもそも、この酒はアルコールが19度もあって、普通の日本酒の1.5倍程度強い。なので、仕方ないのであった。

ところで、この生酒のお蔭で、発酵食品の生一般に興味が湧き、典型的には火入れしていない生醤油も買うようになった。流石に生酒ほどのインパクトはないにしても、生醤油も風味があっていい。

それでは生味噌も買おうと思ったが、これはなぜかなかなか売っていない。どこに行けば買えるのだろう。もっと広げて考えてみると、納豆もヨーグルトも発酵菌が活きているので、本当は生納豆、生ヨーグルトなんだろうけど、流石にそうは呼ばないよね、とつい余計なことを考えてしまうのだった。

私は、世間の平均でみると、沢山本を読んでいるほうだと思うのだが、本の鑑識眼となるとどうも自信がない。それで古書店で「ファントム・ピークス」北林一光著、角川文庫というのを見つけたときも、なにしろ知らない作家だし、題名をみてもどんな本なのか全く想像もつかず、とりあえず奥付をみるとたった2年で13版も出ているので、まあ面白いんだろうと買ってみた。アマゾンで買うときだってやたら、評価欄を気にする。私は本について生意気なことをいう割には、あまり自信がないようである。

それで、自宅に持ち帰ったのだが、積読リストには結構沢山の本が並んでいるはずなのに、比較的早く「ファントム・ピークス」を読み始めた。すると、ストーリーにぐいぐい引き込まれた。

すなわち、東京でサラリーマンをやっていた三井周平は、妻とともに長野県の安曇野に引っ越してきた。おお、先日読んだ梓林太郎の「北アルプスから来た刑事」と同じ場所ではないか。偶然か。まあ、偶然だろう。

この地で周平は、妻とともに自然豊かな田舎暮らしを楽しんでいた。土木作業の仕事も次第に板についてきた。ところが、突然の悲劇が周平を襲う。山に茸取りに出かけた妻が行方不明になり帰ってこないのである。捜索隊が懸命に探すが見つからない。

まさか自発的に失踪した訳もないと失意の日々を送る周平に、大変ショックな知らせがくる。なんと、妻とおぼしき頭蓋骨が、行方不明になった地点から遠く離れたところで見つかったのである。

最初は皆、変質者の犯罪かと疑っていたのだが、今度は恋人同士で山にきていたカップルが、男の方がちょっと目を離した隙に女の方が行方不明になるという事件が起きた。ほぼ同時に、母子が行方が分からなくなるという事件も起き、これは単なる変質者の仕業ではないと人々は怖れ始めた。どうみても人間技でないのである。

そしてその山の怪物が、ついに人の前に現れる日が来た。そこで、村人は、罠を仕掛けて怪物を捕まえにかかるのだが、一旦罠に入れたはずの怪物を仕留め損ねて、暴れる怪物の前にさらに犠牲者が出た。

ハンターが撃った弾がかすめて手負いとなった怪物は一層凶暴性を増し、民家に押し入って主婦を殺傷した。

こうして村はパニックに陥っていく。そこで起死回生、捨て身で怪物に迫っていく人が現れた。そこからがクライマックスなのだが、ネタバレになるので、これくらいにしておくが、静かな不気味さから騒々しいパニックになるまで、ストーリーをコンスタントに運ぶ著者の手腕は大したものである。

そう思っていたら、著者の北林一光氏はもともと映画宣伝会社のプロデューサだったらしい。なるほど、それで映画の場面を描くような文章の巧みさなのか、と思った。

しかし、驚いたのは、北林氏が癌で46歳にして早世したことである。なぜか「ミレニアム」の作者のスティーグ・ラーソンがやはり50歳くらいで突然死したことを思い出した。旗師・冬狐堂シリーズなどの著者でもある北森鴻もそうである。

すると、一群の早世する作家は、思いを濃縮させた名作を死の前に残すもののようである。それは本当に自らの死期が近いことを悟ったゆえの集中なのかどうかわからないが、そういう濃密さは世間のファンをして、どうしてもっと生きて、より多くの佳作を残してくれなかったのか、の思いを募らせるのだった。

ああっ、私としたことがと思うことがあった。なんと、土曜日の棋王戦第2局を完全に失念していたのである。自分でいうのもなんだが、こういうのを忘れたことはあまりない。

棋譜を並べてみる前に、将棋連盟のホームページで、第2局も渡辺が勝ったことを知った。なあんだと、いまいち気が乗らないまま、ネットの棋譜をみると、下記の68手目△46歩のところで、なんか棋譜をみる緊張感が途切れた。

【図1】 68手目 46歩まで
持ち駒:△渡辺=金銀香


持ち駒:▲羽生=角銀歩
すなわち、△46歩があまりにぴったりで、まだ難しいのかもしれないが、この二人ならもう逆転はないのではないか。
こんな矢倉の一直線の変化を選んで、羽生が気合いが入っているとはとても思えない。例えば、去年の森内との名人戦の不定形の戦法を思い起こしてみればいい。もうはっきり言っていいだろう。羽生は4月の名人戦を視座に入れて、省エネモードに入っている。
渡辺は苦笑いしているのではないか。高い賞金の朝日オープンはしっかり意表の戦法で勝ちをさらわれたこともあるし。

知り合いから、コレステロールは心筋梗塞や動脈硬化の原因ではない、というニュースが発表されたと聞いたので、どんな記事だろうと、Web検索してみた。Yahoo!ニュースによると、以下のとおりである。

【ワシントン時事】健康維持のため食事による取り過ぎには注意が必要とされているコレステロールについて、米当局は19日、摂取量を制限する必要はないという新たな見解を発表した。「コレステロールは過剰摂取を心配する栄養素ではない」と明言している。
 米厚生省と農務省が設置した「食事指針諮問委員会」が報告書を公表した。各種調査結果から「食事によるコレステロール摂取と(動脈硬化などの病気の危険を増すこともある)血清コレステロールの間に明らかな関連性はない」と結論付けた。

これを読むと、血清コレステロール値が、食事から摂るコレステロール値とは明確な関連性がない、と言っているだけで、血清コレステロールの値が動脈硬化の原因ではない、とまでは言っていないと思われる。

例えば、卵は栄養に富むがコレステロールが多く含まれているので、高コレステロール症の人はあまり卵を食べてはいけないと言われてきたが、そういう配慮は今後は必要ない、ということがいえるだけで、医師は依然として、血清コレステロールの値が高いと危険で、食べ物に気をつけてもその値はコントロールできないので、コレステロールを下げる薬を飲む必要がある、と言い続けるのではないか。医師にとっても、製薬会社にとっても、そう言うことは経済的なインセンティブがある。

一方、この記事をみても、私のコレステロールに関する意見は、高脂血症コレステロール論争に書いたことから変わっていない。

すなわち、私の家系はほとんど皆、コレステロールが高く、それでいてあまり呆けないで比較的長く生きている。ただ、2年前に私の両親が、80台前半で亡くなったので、今の基準では必ずしも長寿といえず、長寿の家系とは必ずしもいえなくなってきた。

で、自分でも何を言おうとしているのか分からなくなってちょっと困っているのだが、要するに私は、決してコレステロールの薬は飲まず、野菜や青魚を中心とした食事にし、あまり食べ過ぎないようにしよう、という極めて穏当なことを考えているだけである。

本音をいうと、ニュース記事が、コレステロールは心筋梗塞や動脈硬化の原因ではない、というものであることを期待していたのだが、そうでないのでちょっとがっかりしている次第である。

先日、久しぶりに旧知の知り合いに会ったとき、私がビブリア古書堂の事件手帖の各々の巻に関していちいちブログ記事を書いたのは、ちょっと冗長ではないか、とコメントを戴いた。

実は私も、あの一連の記事を書きながら、これってちょっと冗長だよねと自分でも感じていたので、ある意味「得たり」のコメントなのであって、大抵の人は私のブログ記事なんて適当に流して特に言及もしないので、こうやって関心をもってもらえることはありがたいことである。

ただ、自分でもわかっていながら冗長性に甘んじた理由も一応ある。すなわちビブリア古書堂の事件手帖には、各巻で様々な本が言及されていて、普段私が好んで読んでいる本とはややジャンルが異なるものの、そのうち読んでみたいと思う本も結構あって、すると、とりあえずブログに書いておくと、後で、「commutative ビブリア」のようなキーワードでGoogle検索することにより、簡単に私のビブリア古書堂の事件手帖関係のブログ記事を探し出すことができる。もともと意図してそういう名前にしたわけではないのだが、数学関係の記事でないかぎり、commutativeというキーワードはまず出てこないので、この方法を自分の記事を検索するためによく使う。

実はあるブロガーが示唆していたことなのだが、自分のブログ記事を自己メモのように使うことができる。主として後で参照するために、とりあえず記事にしておく、という次第である。すると、その記事だけ読んでも面白くもなんともなかったりして、それって何?という印象を与えたりするが、それもまあ仕方ない、ということがある。

これは、数学の本の書き方のアナロジでもある。すなわち、数学の本で、突然、何かの補題が出てきて、とりあえず証明もつけられる、ということがある。流石に唐突の感は否めないのだが、後で別の命題の証明にその補題が使用され、それによって証明がすっきりした記述になる、という合理化が図られる。これは、よく使う機能をサブルーチンまたは関数として予め書いておくという、プログラミングの基本テクニックでもある。

私のブログには、そういうサブルーチンのような、一見趣旨不明の記事もあるのだが、そうでない記事も沢山あり、数年前に自分が書いた記事を検索して読むというのも私の楽しみの一つになっている。

それってちょっとナルシスティックと思われそうだが、ミステリー作家の内田康夫も自分の作品を読むのが好きだと公言しており、案外文章を書く人に共通の特性なのではあるまいか。

そうやって自分の過去のブログ記事を読んでいると、今の自分との考えの違いが興味深かったり、自分の知らない一面を窺い知ったりする。まさにジョハリの窓で、案外に人間は自分のことを知らないものである。

また、なかなかユニークな発想だねと自画自賛したり、どうみても今の自分より冴えていると感心したりすることもある。ううん、やはりナルシスティックか。ただ変な言い方だが、私はブログ記事を私のオリジナルで書いていないと思っている。それは、何かの本を読んで、それを要約したりして編集して書いているというだけ以上のものがある。すなわち、どうみても何か知らないアイデアが降ってきて文章を書いている。

もしかして、誰が書く、どんな文章も、何らかの言霊の示唆によるのかもしれない。すると、アンテナを磨く努力を怠ってはならない、ということになる。

B級1組

user-pic
0

去年の10月くらいから、B級1組の昇降級確率を計算してきた。最近の3つのヒストリは、以下のとおりである。

  1. 2011/11/29日版
  2. 2011/12/27日版
  3. 2015/1/10日版

そして今週のB級1組の対局は、いわゆるラス前だったが、ここで昇級者と降級者が完全に決まってしまった。以下の表のとおりである。

順位棋士名
1屋敷伸之九段 83
2谷川浩司九段 47
3豊島将之七段 56
4松尾 歩七段 74
5丸山忠久九段 47
6山崎隆之八段 84
7橋本崇載八段 74
8木村一基八段 74
9畠山 鎮七段 56
10藤井 猛九段 38
11飯塚祐紀七段 011
12佐藤天彦七段 92
13村山慈明七段 56

今回のB級1組の戦いに関して、いくつかのキーワードを無理やりあてはめてみると、以下のとおりである。

  • 天彦の一気呵成
  • 山崎の追い込み不足
  • 屋敷の底力
  • 谷川の土俵際の頑張り
  • 豊島の休火山
  • 藤井の落日

酔っ払い運転はもちろんいけないが、酔っ払いプログラミングもかなりまずいということを痛感したので、その経験について記述してみる。

私の趣味というと、読書と将棋とプログラミングが三大アイテムで、他に囲碁とカラオケもあるが、ちょっとボリュームが下がる。

読書と将棋は結構日常的に接しているので、とりあえず、錆びつくということはないだろうと楽観している。しかし、プログラミングとなると、日常的にPerlで簡単なツールを作るくらいなもので、それはプログラミングとは呼べない。

なので、思い出したように、C++ビルダで、リハビリと称して、典型的には土日に、少しだけ凝ったプログラミングをするようにしている。なぜプログラミング・スキルをメンテしたいかというと、お金を稼ぐ仕事から次第にフェードアウトして自由時間が増えるにつれて、やりたいプログラミングがあるからである。

それは、常微分方程式や偏微分方程式を所定のアルゴリズムによりプログラム・コードにして、物理学のドライラボを実現することである。それ以外にも、カオスのアトラクタや、数論の勉強のために巨大整数を取り扱うことなど、やりたいことは目白押しで、足りないものは知識とスキルだけである。

ある土曜日、そのような趣旨で地道にコードを書いていたら、家人が帰ってきた。日本酒の一升瓶を床においた。みると生酒である。私は目を瞠った。なぜなら、正月にデパートで買ってきた生酒が、この世のものと思えないくらい?うまくて、それ以来すっかり生酒のファンになったからである。

そこで、プログラミングしていることを一旦忘れて、昼間なのであるが、いきなり生酒を飲み始めた。つまみは、板わさと、あたりめだけであるが、それで十分である。

そのときふと思ったのは、もし将来仕事をすべて引退して暇になっても、決してこうして昼間から酒を飲むのだけは止めようということである。そんなことしたらいっぺんに堕落してしまう。といいつつ、生酒を、ううんうまい、と言いながらどんどん飲むのはなんという矛盾だろうか。

それで、2合半くらい飲んで、軽くほろ酔い気分になったとき、流石に後ろめたくなったので、飲むのを止めてプログラミングに戻ることにした。気分的にほとんど素面のつもりだった。

そのとき、引数が9個ある関数を書いていて、コンパイルしてみるとなんか、10個くらいエラーが出たが、きちんと注意力を払って一つずつ潰していって、一応その関数については、シンタックス的にはエラーがなくなった。

なんだ、やっぱり酔ってないじゃん、と気をよくして、その関数を呼び出す側のプログラムを書き始めた。そして、ある程度書いてコンパイルするとエラーにならないので、安心していると、リンカのエラーだという。ええっ、と慌てた。もしかして、引数が9個ある関数のソースコードが、プロジェクトに追加されていないのかと確認して、何度も一旦プロジェクトから削除して追加し直したりした。それでもどうしてもリンカのエラーが直らない。

困っていると急に酔いが回ってきて、寝てしまった。なんか夢の中にもコードがでてきてうなされたような気がする。

その後起きて食事をしたのだが、もうその日はプログラミングする気がしなくなって、そのまま寝た。そしてあまりに早く寝たので深夜目が冴え、またプログラミングのことを考え、なんかどうやっても駄目なような気がしてきた。

そして次の日の朝、起きるといきなりプログラミングを再開した。すると、リンカのエラーというのは実は、よくみると、関数の引数の不一致なのだった。すなわち、C++では、同じ関数名で引数だけ異なる関数を複数使えるので、その関数がプロジェクトに指定されていない、というリンカ・エラーなのだった。

それを合わせたらきちんとコンパイルできたが、走らせてみると、結果がメタメタだった。要するに、引数が9個ある関数は、単にシンタックス・エラーがないというだけで、オペレーショナルにはガタガタで、結局一から書き直さなくてはならないということになった。

こうして、飲酒は、車の運転と同じくらいプログラミングに悪影響を与えることが分った。将棋だと、ほろ酔いくらいだとそんなに手の質は落ちない。しかしそれは、単に相手も酔っているので、相対的に差が減殺されているだけかもしれない。なにしろ、コンパイラ君は酔ってくれないのである。

プロ試験

user-pic
0

去年の今泉さんのプロ試験は大きなイベントだったが、実は今も別の将棋のプロ試験が進行中である。

スポーツ報知のホームページから引用する。

将棋のプロ棋士養成機関「奨励会」三段リーグ編入試験の第3・4局が15日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、受験者のアマチュア強豪・天野貴元さん(29)=東京都八王子市=が1勝1敗、同・中川慧梧さん(22)=京都市=は2連勝し、ともに通算成績2勝2敗で「8局で6勝」という合格ラインクリアに望みをつないだ。
ただ、2人とも残り4局を全勝することが編入への絶対条件。第5・6局は3月7日に行われる。
仮に編入を決めても、プロ棋士になるには三十数人が参加する半年ごとの三段リーグで上位2人に入り、四段に昇段しなくてはならない。
編入試験合格者に与えられる期間は4期(2年)で、それまでに四段に昇段できない場合は退会となる。

すなわち、天野さんは赤旗名人、中川さんはアマ王将という資格で、この三段リーグ編入試験を受けているのだが、これは今泉さんのプロ試験の受験資格よりは緩いものの、先ずプロ二段相手に6勝2敗というのは、どうみてもプロ三段の実力を要するし、うまく三段リーグに入れても、たった4期でそれを通過するのがまた至難である。今泉さんも、なんとか三段リーグに編入できたものの、結局突破できなかった経験をもつ。

で、天野さんと中川さんであるが、私は寧ろ中川さんに期待していた。というのは、天野さんは確かに元プロ三段なのだが、ヘビーな闘病中でどうしても体力に難がある。一方、中川さんは、銀河戦でプロ相手に、ほとんど手合い違いのような連勝をした。そもそも、今泉さんがプロになる予定なので、いまやアマチュア最強を喧伝されている。それでも、ここまで2勝2敗とは、プロの壁は厚い。

で、やっぱり、今泉さんの後に続くのは大変なようである。かりに中川さんが今後対プロで戦績を積んで、今泉さんと同じモードでプロ試験を受けるにしても、新四段五人と指して3勝というのも、相当に大変である。

ところで、将棋でなく囲碁の話題だが、桐山杯で、小松秀樹九段の息子の大樹二段が、アマ最強のホン・ソッキさんに勝っていたので、おおっ、と思った。プロがアマチュアに勝つのは当然なのだが、何しろプロに勝ち続けているホン・ソッキさんは、私的には別格である。一方、伸び盛りの若手は、未知数の強さを秘めているということなのだろう。

誰も私のことなんて聞いていないが、若手どころかロートルで、未知数の弱さを秘めている私は、なんとなく寂しい。

古書店でたまたま、「北アルプスから来た刑事」梓林太郎、光文社文庫というのを見つけて、なんとなく面白そうだと思い買った。裏表紙に山岳ミステリーとあったからである。

というのは私は若い頃、森村誠一の小説が好きでよく読んだものだったが、ホテルだけでなく山岳ミステリーもあり、楽しめたからである。

それで数ヶ月の積読の後読み始めたのだが、読み始めてなんとなくほっとした。というのは、その前に読んだ、連城三紀彦の「造花の蜜」が、それなりに面白かったとはいえ、あまりにもトリッキーでついていけなさも感じてしまったからである。

そこいくと、「北アルプスから来た刑事」の主人公は、長野県の安曇野署の刑事、道原伝吉。アルプス山中の近くの警察とあっては、遭難の捜索が主な仕事で、殺人などの凶悪事件が起きることはまずない。それで普段は暇にしているのだが、刑事が暇というのは、それはそれでいいことである。

そして、たまたま登山者が遭難者を発見したというので行ってみると、死亡していた。それで滑落死かと思ったら背中に蹴り跡の靴跡がある。これはどうも、蹴落とした殺人だということになって、道原とそのチームの活動が始まる。

遺体には身元を示すものはすべて抜き取られていて、まったく手がかりはなかったが、背中に残っていた靴跡が特殊な登山靴だったということで、そこから道原の地道な聞き込みが始まり、紆余曲折をへて、被害者は、成城学園に近い上祖師谷あたりに住まいがあることを突き止めた。そして道原たちは、東京に出張し、成城署に出向いて上祖師谷に行くと、そこは偶然にも、世田谷四人一家殺しの現場の近くなのだった。

しかし、上祖師谷から荻窪、北海道と関係地が広がりをみせて道原たちが困惑していると、北アルプスで第二、第三の殺人が起こり、道原たちは大童になる。

このように、わずかな証拠を積み上げて犯人を追及していく本格推理ということで、読んでいて安心感がある小説なのだが、ある意味ベタなのか、アマゾンではほとんどコメントさえ書く人がいない。紺鯖な私はこういうベタさがあまり苦にならない。

ところで、著者の梓林太郎であるが、もう80歳を超える高齢なのに今でも推理小説を書いており、著者のホームページをみると、随分多数の著作がある。まるで松本清張のようだと思ったら、梓林太郎はなんと、一時松本清張のアシスタントをしていたことがあり、その過程で多くのものを松本清張から学んだのだという。

なるほどそれでストーリーの骨格がしっかりしていてぶれないのだと、納得した。梓林太郎には、「回想・松本清張 私だけが知る巨人の素顔」祥伝社文庫という作品もあり、松本清張の裏話を知るのにも好適なので、今度読んでみようと思っている次第である。

クライアントというのは要するに顧客なのであって、弁護士にとっての依頼人であったり、医者にとっての患者であったり、システム・インテグレータにとっての発注主であったり、いろいろな場合があるが、特に説明は要さないだろう。

今私は、特許調査の仕事をしているが、これなども、私が直接依頼を受けるわけではないにしても、私は調査の依頼主のところに出かけていって面接し、調査内容を確認するのも仕事の一環であり、その際、依頼主のことはクライアントだと思っている。

なぜ急に今更クライアントなどと言い出したかというと、先日ちょっと所用で虎の門の方に出かけた。そして時間があったのでちょっと散策してみると、私が以前勤務していた外資系の本社ビルがあったあたりを通りがかり、昔のことをつい追想してしまったからである。

当時も私は、知的財産の発明処理関係の仕事をしていたので、私の真っ先のクライアントというと、研究開発部門の研究者や技術者だったりした。

それ以外にも私は副業として、海外の特許管理責任者とやりとりして、特許出願プランニングのサポートをしていた。そういう意味では、海外の特許管理責任者も私のクライアントであった。

それから、管理職になると、米国本社の上位マネジメントをクライアントとして意識するようになった。そのような呼び方あるいは意識は、外資系特有かもしれない。私はなにかのきっかけに、部門の元特許部長だった人と知り合い、飲みながらそのあたりのことを教わった。

さらには管理職として、自分の部下もクライアントと意識していた。すなわち、仕事をきちんとアサインし、不満があれば聞いて可能な範囲で解決し、モラールを維持して働いてもらわなくてはならない。

こういう複数のクライアントを抱え、それらの間の要求が矛盾したり、リソース的に競合したりすることはしょっちゅうであったが、私は悩みながら、なんとか最適化するように努力した。競合するリソースが私の労働時間であるなら、長時間労働を惜しまなかった。

こう書くと立派なことを言っているようであるが、別に普通のサラリーマンがみなやっていることである。まあ、言うは易くで、私の能力不足もあって思ったことの半分もできず、部下を含むクライアントから随分失望されたことがあるが、ともかくできる範囲の努力は惜しまなかった。

そういうやり方は、米国本社からもそれなりに評価されてきたのも事実である。なので、自分でいうのもなんだが、長い間、海外部門と国内の研究開発部門に対する私のプレゼンスは際立っていた。

ところが、私が管理職を降り、リーマンショックを経た頃から状況が変わってきた。そしてあるとき、私の元同僚だった管理職の次のような発言に耳を疑った。すなわち、米国本社は確実にクライアントだが、現場の開発部門の発明者はクライアントなのか?というものであった。

もともと常識と違うことをよく言う人なので、またつまらない個人的見解かとがっかりしていると、次第に、それは意外にも全社的傾向だと理解するのに、流石にすこし時間を要した。

理解してみると何のことはない、グローバル・スタンダードという美名の下に米国本社が身勝手なことを押し付けているだけなのだった。そのようなパラダイムでは、ローカルのクライアントの意向を見事なまでに無視し、クライアントの仕事のサポートがうまくいかなくなっても意に介さないという傾向となった。

そんなやり方で仕事がうまく回らないことは、小学生でも理解できる。なのに米国本社はまったくやり方を改めようとせず、ローカルの子会社の業績は毎年悪化していった。いや、米国本社as wellである。

そうして観ていると、個人スキルよりも、クライアントをきめ細かくサポートする能力よりも、英語がしゃべれて、立派なプレゼンテーションができ、米国本社に対してyes-manである人が重用される傾向が加速した。

これは私が南ベトナム症候群と暗喩的に記述したことでもあるのだが、最近、米国のITウォッチャという人達のブログをまとまって読んでみると、私が考えていたこととほとんど同じ内容のことが書かれていて、自分の感想があまり的外れでなかった、と安心した次第である。まあ一線から引いた身、今更自己満足にしかならないのであるが。

造花の蜜

user-pic
0

連城三紀彦は、黄昏のベルリンが面白かったので、そのうち、「戻り川心中」を読もうと思っていたら、たまたま古書店で「造花の蜜」ハルキ文庫というのを見つけたので、決して仕方なく、という訳でもないが、とりあえずこちらを読むことにした。

すると、死亡推定時刻がそうであるように、これも誘拐ミステリーなのだが、どうも最初から雰囲気が妙な小説なのだった。

すなわち、香奈子という主婦である女性は、夫であった歯科医の男性と離婚して、息子の圭太を連れて実家に帰っているのだが、スーパーに買い物にいった際、ちょっと目を離していると、息子が知らない男の車に乗せて連れ去られそうになった。

圭太が隙をみて逃げ出したので、とりあえず難を逃れたのだが、普通は誘拐は未遂であっても大事件なので、警察に届けるものである。しかし、いろいろ迷った挙句、香奈子は警察に届けるのを思いとどまった。

しかし、やはり警察に届けるべきであったと思われるのは、その後のある日、幼稚園に香奈子に変装した女性が迎えにいってそのまま、圭太が誘拐されてしまったのだった。

そして犯人から電話があるのだが、どうも普通の犯人と違うのは、特に身代金の請求もない。身代金ではないのかと聞くと、ああそれなら一千万、それとも二千万だの、甚だ要領をえない。

結局、渋谷の駅前の交差点のど真ん中で身代金と人質の交換をする、ということになったたのだが、そこからのトランザクションもあまり例のないものだった。これ以上書くとネタバレになるので、興味があったら是非ともこの小説を読んで戴きたい。なんとも不思議な手触りで、あまりすっきりしないのだが、聞いたこともないトリックなのだった。

どういうことかというと、誘拐された側の親が、なぜか誘拐した側みたいになっており、甚だ味が悪い。

そして事件の後、思ってもみなかった人に罪が被せられる。警察も完全に出し抜かれ、面子を失う。

それから少したって、今度は仙台で、模倣犯のように似たような犯罪が起きる。果たして最初の事件と同じ経緯を辿るのか、それにしても、単なる模倣犯なのか、それとも前と同一犯人なのか、などさっぱり経緯がつかめないうちに、小説は終わってしまった。

この追わり方の不完全燃焼はやはり、これもリドル・ストーリーなのではないか、と思った。そして、これは誘拐ミステリーの新手筋で、連城三紀彦はやはり天才だと信じる。まあ、この小説が成功しているのかどうか、それは「成功」という用語の定義によるのだろう。

こちらに書いたように、昨日は羽生対渡辺の朝日杯将棋オープン戦決勝戦をネット観戦したのだが、本質的なことではないにしろ、今まで盤面付きで棋譜の記事を書いてきたレイアウトは、盤面イメージを、imgタグのalignをleftにして、無理やりその右側にテキストを挿入していたので、位置合わせに一苦労で、無駄に改行を入れてレイアウトを誤魔化していた。しかし、冷静に考えると、当然にtableタグを使うべきで、そのレイアウトをブログで試してみたくなった。そして折角なので、朝日杯将棋オープン戦決勝戦を記述してみることにした。I hope this will be better.

【図1】 9手目 ▲48玉まで
持ち駒:△渡辺=なし


持ち駒:▲羽生=なし
図1にあるように、羽生は渡辺の意表をついて先手中飛車にした。この戸惑いを渡辺は最後まで払拭できなかったようである。

【図2】 55手目 ▲77桂まで
持ち駒:△渡辺=歩


持ち駒:▲羽生=なし
羽生は、54歩を突き捨てて、77桂と跳ね、次に31角成と切って52銀を狙う。いかにもアマチュア好みの攻めだが、意外に厳しい。ここでは、羽生が少し作戦勝ちなのではないか。

【図3】 63手目 ▲52銀まで
持ち駒:△渡辺=角歩3


持ち駒:▲羽生=なし
そしてついに52銀の割打ちが指された。ここで飛車が横に逃げたりしたら、▲43銀成、△同飛、▲54飛で捌かれてしまう。そんな甘い手を渡辺が指すはずはなく、放置して以下、△9九香成,▲6三銀,△5五香,▲同飛,△同歩,▲8二飛,△9三角打,私は見ていて、▲8二飛は△9三角打と重ねられるのが怖いと思っていた。しかし、羽生はそんなことは意に介さず踏み込む。そして渡辺が78飛と攻めてきたとき・・・。

【図4】 73手目 ▲75香まで
持ち駒:△渡辺=歩3


持ち駒:▲羽生=桂
なんと、▲75香で二枚角が止まってしまった。こんなことになるなら、△78飛と打つ前に、△48角成、▲同銀、△同角成、▲同金と二枚角を切ってしまうのが穴熊らしく、これで優勢とはいえないが、まだしも二枚角を止められるよりましだった。渡辺も、▲75香ではっきり劣勢を悟ったようである。以下、△5六歩,▲8五桂,△7五角,▲同歩,△同角,▲5八歩,△5七歩成,▲同歩,△5六歩,▲同歩,△5七歩,▲7六歩,△9七角成,▲5二銀成,△5八歩成,▲3八金,△7九飛成,▲5五桂,△3三金,▲5三角打,△同馬,▲同成銀,△4九と,▲4三桂成,△3九と,▲同銀,△9七角打。この手順で、一旦▲7六歩と打って、75角の利きをそらすのが当然ながらうまい。

【図5】 101手目 ▲42角まで
持ち駒:△渡辺=金香歩2


持ち駒:▲羽生=歩2
以下、▲42角となっては、完全に羽生が食いついた形である。以下、ほどなく渡辺の投了となった。

こうなったら悔しいので、渡辺は必死で王将と棋王のタイトルを防衛にかかるだろう。羽生は果たして、どれくらい本気で棋王を獲りたいのだろう。

ということで、とりあえず、新レイアウトは一応成功ということにしておく。

先日の2月11日の建国記念日、渡辺棋王対羽生四冠の棋王戦第1局があったので、ネット観戦してみた。すると、羽生は後手で52玉、51金、62銀の典型的な現代横歩取りになった。そこで、46手の17歩まで一気に進める。

【図1】
持ち駒:先手 渡辺=歩4、後手 羽生=歩
この△17歩はプロなら、まあそれもあるよね、という手なのかもしれないが、厳密には指し過ぎなのではないだろうか。しかし、後手をもって代わる手も難しい。ここからさらに81手まで進めると、手順は以下のとおりである。
▲1七同香, △7七角成, ▲同金, △7四飛, ▲5六角, △8四飛, ▲8五歩, △同飛, ▲8六歩, △8四飛, ▲1四歩, △1二歩, ▲1九飛, △5四歩, ▲2九飛, △3三桂, ▲6八玉, △9三桂, ▲2五歩, △同歩, ▲同桂, △同桂, ▲同飛, △2四歩, ▲2九飛, △5五歩, ▲同銀, △1八角, ▲1九飛, △3六角成, ▲1三歩成, △同歩, ▲同香成, △3七歩, ▲3九金で、図2である。


















【図2】
持ち駒:先手 渡辺=桂歩5、後手 羽生=桂歩2
ここで、解説のプロは△54歩を予想して後手がやや、いいのではと言っていた。確かに、△54歩に銀が流石に66に逃げるくらいだろうけど、すると△44桂で次王手なので、56角を65に逃げるくらいしかない。そこで△34銀くらいで、まだ難しいにしても、後手の楽しみが多くないか。なのに羽生は、単に△34銀。以下、76桂から飛車を追われて、あっと言う間に羽生が負けになった。いくらなんでも羽生が△54歩を見落とすわけはない。なんなんだろう。そういえば、王将戦の挑戦者決定戦で、郷田に対してかなり優勢になりながら、一旦歩を打って65銀を追い払って攻めていくところを、いきなり攻めていったので、65銀の利きで76桂と打たれて一気に敗勢になった。


















敢えて手抜きしているとは言わないが、どうも怪訝な気持ちで昨日、朝日杯将棋オープン戦の羽生対渡辺の決勝をネット観戦していたら、羽生が意表をついて先手中飛車から穴熊にし、渡辺も居飛車穴熊にしたが、75香から二枚角の利きを止めた羽生は、53桂成から一気に渡辺玉を寄せきった。最後まで羽生の意表が効いた感じだった。こうしていよいよ、羽生が大山的に正体不明になってきた。

実務家たち

user-pic
0

友達に書いたように、私は数は多くないものの友達に不足しないのだと豪語してきたが、以前勤務していた外資系を退職してからは、なかなかそうも言えなくなってきた。明らかに友達が減ったのである。

してみると、以前友達だと思っていた人のうちの何割かは、単に仕事の上の付き合いだったのだろう。それはそれで意外ではない。

それで友達の数が減ってみると、友達として残っている人達の共通のファクタが次第にみえてきた。それは、実務志向というか、人間関係よりも個人スキルを重んじるタイプなのだった。

どういうことかというと、私の友達であるような人は、かりに企業の研究所にいても、昇進して研究をマネジメントするよりもむしろ、自分のアイデアを出し、パフォーマンスを上げようとする。

特許の世界にいる友達は、世界に通用する知財管理がどうかなどという雲をつかむような話をするのではなく、ひたすら特許明細書を書き、意見書に取り組む。

しかし、ある程度の人生経験がある人なら分かるだろう。そういう実務路線をいつまでも続けていては昇進できない。また、実務志向ということは責任感も強く、他人の失敗のとばっちりで、降格したりする。

なので私の友達はみんな、ちょっと鬱屈したような人ばかりである。なぜそうなのか説明する必要もあるまい。私がまさにそのタイプだからで、類は友を呼ぶの類体論なのだった。

それにしても、典型的には大学入試がそうであるように、この世は個人のスキルの優秀性で渡っていけると誰もがつい思うのであるが、偏差値エリートだって、賢明な人はそれに気づき、他人を使うレバレッジを利かした生き方に転身する。

いや、もともと個人スキルがベースにあって、それからレバレッジの方に進むような人だと私とも会話は成立するし、通約可能である。

しかし、何度も書いたような気がするが、個人スキルをベースとしないで、まるで浮草のように漂いながらレバレッジを利かせて出世する人達がなんと多いことか。若い頃は私も勘違いしてそういう人に憧れていた。ところが、私もある程度世間をみる目ができて、分別がつくと、そういう人達を異様に毛嫌いするようになった。それだけではないが、それが私の孤立を深めているのも確かである。

そういえば、拓郎に、♪やるせない思いを胸に友達は去りました♪という曲があった。かなりコンテキスト違うけど・・・。

今から15年くらい前、今住んでいる家を新築してマンションから引っ越してきたとき、タイタスというケーブルテレビの会社のチラシが入っていた。そこで、テレビとブロードバンド込みで契約した。今でこそ当たり前であるが、当時は自宅にブロードバンドを引いている人がほとんどおらず、私はあさましくも、いろいろな人に自慢したものである。

タイタスはほどなくしてJCOMに併合されたのであるが、タイタスのときから、ケーブルテレビには囲碁将棋チャンネルという、一日中囲碁か将棋の講座や対局だけのチャンネルがあって、最初は物珍しかったので、ときどき観ていたのだが、当時は会社の管理職が激務で、あまり将棋をじっくり指すような日常でもなかったので、結局囲碁将棋チャンネルはほとんど観なくなった。NHK杯の将棋番組を観るので精一杯だった。

それでも2006年に管理職を降りると、なんとなく囲碁将棋チャンネルを観る時間が増えた。一番見たのは、将棋の銀河戦と囲碁の竜星戦である。NHK杯と違って週に2回もある。

実は囲碁も、大学時代少しだけ勉強していて、アマ2級くらいはあった。それでブランクがあってアマ2級からアマ4級くらいまで落ちたが、将棋の番組と交互に囲碁の番組があって自然に囲碁の番組の方も観ていると、1年くらいたって、囲碁が1級くらいまでに上達したような気がした。

こうしてテレビ番組といえば、囲碁将棋チャンネルとNHK杯の囲碁・将棋番組以外はほとんど観ない日がきてしまった。そういいつつ、本人としてはそれがなかなか楽しいので、棋友の一人に、是非とも囲碁将棋チャンネルを契約したらと勧めてみたところ、いやあ、と断られてしまった。なぜ?と聞くと、自分だったら、そんなの契約したら一日中囲碁将棋チャンネルを観そうで、そうなったらまずいという。

まあ、言われてみればそうで、私は昨年の年末から新年にかけて、正月番組を完全に無視してずっと囲碁将棋チャンネルを観ていた。囲碁将棋チャンネルでも、わずかに正月番組はあるがほとんどの番組は、盆も正月もない、一年中コンスタントな番組編成である。

で、正月になって、囲碁将棋チャンネルの囲碁の番組を観ているときに、流石にこれでいいのかと普通の正月番組に切り替えてみたが、タレントの馬鹿騒ぎのような内容に嫌になってまた、囲碁将棋チャンネルに戻った。

そんな囲碁将棋チャンネルのファンの私であるが、1つだけ不満がある。それは、以前は銀河戦が木曜日と土曜日で、竜星戦が金曜日と日曜日だったので、平日はともかく土日の夜に銀河戦と竜星戦をじっくり観る楽しみがあった。

ところが、去年から、銀河戦が火木、竜星戦が月水で、土日の夜に目玉の番組がなくなった。このように番組を組まれると、平日、会社から帰って食事して風呂に入って銀河戦や竜星戦を観るのはどうも余裕がない。

そういえば、以前に将棋大会の後で棋友と飲みにいっていたら、田中寅彦の息子という人がいて、顔があまりにも似ているので驚いたのだが、聞くと奨励会を退会した後、囲碁将棋チャンネルに就職されているようである。当時は銀河戦と竜星戦の時間帯は以前のとおりだったが、今の時間帯だと、その田中さんともし会ったら、一視聴者として、何とかして下さいよと文句いいたいところである。まあ、適当に流されるだろうけど。

ただ、老後仕事から引退して、一日中囲碁将棋チャンネルを観るのだけは止めよう。変化がなさすぎて、流石に呆けてしまうだろう。きっとそういう危険性があるので、棋友は囲碁将棋チャンネルに契約しないのだろう。

典型的には解析概論に書いたようなモードにより、私は勉強というものは基本的に独学だと思っている。すなわち、大学生以上になると誰も手取り足取り教えてくれない。なので、私の知的スキルの水準が低いのは独学のせいではなくて、自分の努力や才能が足らないのだと私は思っている。

それはそれで一面の真理だと思うのだが、本当にそれだけか、と最近ふと気づいたことがあった。それは将棋のことである。

私が将棋のルールを覚えたのは小学校六年で、決して早くない。では覚えてすぐに強くなったかというとそんなことはなくて、要領が悪いので、最初はあまり勝てなかった。しかしなんでも本を買って読む癖のある私は、本屋で、将棋の新戦法とかいう、佐藤大五郎七段の本を買った。当時はいい入門書がなく、その本もどうみても初段くらいないと理解できない内容で初心者の私には役に立たなかった。それでもいつも眺めていたら、次第に、少なくとも周囲の人達にはあまり負けなくなった。

ところが、田舎なのに、私と同等かそれ以上に将棋が強い同級生がいた。M君とT君である。M君は私と同じくらいの強さであったが、T君は明らかに私やM君より強かった。なにしろ、私やM君が将棋世界という雑誌をさらっと斜め読みするだけなのに、T君はボロボロになるまで将棋世界を読んでいた。

M君は大阪の大学に進んだが、T君は福岡大に進み、そこで将棋部に入った。私も九大で将棋部に入ったので、ときどき学生将棋大会で会って話したものだった。ところが、私がレギュラーになる前にT君は、当時九州の大学で最強だった福大でレギュラーになるだけでなく、なんと学生新人王にもなっていた。私より一歩も二歩も先を行っていた。

なにしろ私は、大学に入学した時点で、アマ初段くらいしかなかったのだから、話にならない。

で、私が何がいいたいかというと、もし大学でもし将棋部に入らず、将棋雑誌を眺めて棋譜を並べる程度しかやっていないなら、今でも私の棋力はせいぜいアマ二段程度だっただろうということである。

それが、曲がりなりにもアマ四段程度にまでなれたのは、将棋部で先輩や後輩と切磋琢磨したからに他ならない。なのにである、私の物理学や数学は、その将棋程度の試練というか切磋琢磨さえ経ておらず、自己満足のような独学でここまで来ているだけである。それって、上で「もし大学でもし将棋部に入らず、将棋雑誌を眺めて棋譜を並べる程度しかやっていないなら、今でも私の棋力はせいぜいアマ二段程度だっただろうということである。」と書いたことと何が違うのだろう。

東大や京大のように秀才がひしめく訳ではないが、私が行った大学でも多少は、なかなか冴えている秀才がいた。私はそういう秀才から、物理学のゼミの勉強を一緒にやらないかと声をかけられたことがある。迷った挙句、将棋部に逃避してしまった。人生は何が幸いかわからないので将棋をしたのが敗因というほど人生は単純ではないが、なんとか勉強と将棋の両立もできたのではないか、少なくとも将棋程度の切磋琢磨は物理学でもすべきできなかったか、と今更のように人生を振り返っている次第である。

ともかく、独学だけでもなんとかなるのだ、という命題は正しくないといわざるを得ないと感じつつある次第である。

江戸川乱歩一色だった第4巻から、第5巻で普通の短編集に戻ったかと思ったら、第6巻ではまた、一人の作家一色に戻った。その一人の作家とは太宰治。第1巻にもクライマックスとして出てきた。おそらく作者にとって、北村薫における芥川龍之介のような位置づけなのだろう。

さて、第6巻では、第1巻で栞子にひどい怪我を負わせて、刑事罰まで受けることになった田中が、仮保釈で出てきて、祖父がもっていたはずの稀覯本、太宰の「晩年」を探してほしいと、ぬけぬけとビブリア古書堂に現れた。そのときの経緯を知り抜いている大輔はひどく警戒するとともに、そんな依頼は断ろうとするが、本の謎を探ることにほとんど中毒のようになっている栞子は、そんな加害者からの依頼も受けてしまう。

大輔は、最初、田中のいう太宰の「晩年」が、栞子が大事に保管しているそれかと勘違いしたが、どうもよく聞くと違うらしい。

ともかく手がかりを求めて知り合いの古書店などに問い合わせているうちに、ロマネスクの会なるものの存在を知った。それは、田中の祖父、太宰研究家を目指したことがある小谷、古書店店主の杉尾という三人からなる会で、集まっては太宰のことを語り合っていた。また、富沢という文学部の教授の家にその三人が訪れ、教授から講義を受けることもあった。

ところが、富沢の極めて大事にしていた太宰の別の稀覯本が見当たらなくなるという事件が起き、ロマネスクの会を疑った富沢は出入り禁止を言い渡し、ロマネスクの会も散会になってしまった。

それらの事実を知った栞子と大輔は、今度は、栞子の祖父が以前働いていたことがある久我山書房の家族の人達にも、質問しに行った。

それでも謎は混迷を深めていく。そうしていると、大輔が何者かに襲われる事件が起きた。柔道有段者の大輔は、怪我しながらも懸命に犯人と争うが、ついに倒れてしまう。そうして次第に、太宰の稀覯本の謎も解明されていく。

ただ最後は、ちょっと(かなり)強引なストーリーだったが、今まで随分無理のあるストーリーのミステリーを沢山読んだので、この程度ならまあありかな、とも思う。

全体を通して、最初軽い気持ちで読み始めたビブリア古書堂の事件手帖シリーズであるが、本好きによる本好きのための小説ということで、思いの外入れ込んでしまった。

ちょっと前に読んだ、北村薫の「私」シリーズも、本好きによる本好きのための小説という趣きはあるが、ビブリア古書堂ほどは、本そのものに焦点をあてていない。そもそも、これは本とその所有者にまつわる古書店ミステリーなのだった。

しかも、主人公は若くて美人で、超内気、しかも父が亡くなり母が失踪してしまっているという独特のキャラクタであることが成功している。

それだけでなく、本の薀蓄にかなりディープに突っ込んでおり、古書店の実務もかなり実際に忠実に再現しているのではないかと思われる。このような細部のリアリティと登場人物のキャラクタ付けが、このシリーズの爆発的人気につながっている。

そういえば、知り合いの古書店主に伺うと、最近、就職が厳しいせいか、古書店を経営しようという若者が結構いるという。もしかして、「ヒカルの碁」が囲碁を目指す子供を増やしたように、ビブリア古書堂も、古書店を目指す若者を増やしているのだろうか。

そうでないとしても、本離れが激しいといわれる昨今、こういう愛書家にフィーチャーした本が売れて、本離れに少しでも歯止めがかかるなら、一本好きとして幸いである。

そういえば、あとがきで作者は、あと一冊か二冊でビブリア古書堂の事件手帖シリーズは完結だという。それなら次は、是非とも大輔と栞子が結婚した新婚生活の様子を描いてほしいものである。それはある意味ぎこちなくて普通の結婚生活とは違うかもしれないが、懐の広い大輔のサポートでなんとかなるのだろう。

あるときふと、思考のwwwという言葉を思いついた。要するに思考のworld wide webなのだが、そう書いたからといって、何も説明になっていない。

で、背景を書く。前にも書いたように、私は将棋が好きなのに、詰将棋が得意でない。なのに最近なぜか詰将棋を結構解こうとしていて、なかなか解けないので、困って棋友に、携帯などで詰将棋を送って解いてもらったりする。もちろん解答を得るだけなら、パソコンに打ち込めばいいのだが、自分としては、どれくらい困難な詰将棋か知りたいという要望がある。

そうして、それを何度か試してみると、私が5時間かかってやっと解いたか、結局解けなかったような詰将棋を、棋友はそれこそ3分くらい考えてあっと言う間に解いてしまうことがある。

そういうことがあっても、もともと棋友よりも私の方が詰将棋が苦手なので、特に違和感はないのだが、ときどき逆にこんなことがある。すなわち、棋友が20分くらいかかってやっと解けた9手詰というのがあり、半ば私を試すためにその内容を私に携帯などで送ってくることがあるのだが、私はそれをなんと10秒くらいで、ほとんど一目で解けてしまうことがある。

これって、どう考えてもおかしいというか、私の詰将棋力ではありえないはず、とその理由を考えたとき、牽強付会かもしれないが、考えた理由が、思考のwwwである。

すなわち、別に詰将棋でなくても数学の問題でもいいのだが、延々と考えていると、その考えたことが、思考のwwwと呼ばれる、もしかしたらアカシック・レコードがもしれない領域にアップロードされる。そうしておくと、誰かに考えた問題を、解いてみないかと提示した段階で、メールにURLのリンクをつけるように、その思考のリンクがつけられる。

問題を受け取った側は、その問題に波長があう精神状態であるなら、URLの思考を取得することができ、すると提示側の思考を一気に取得して、そこからjump startできるので、一気に解けるという次第である。

実は世間で学問が発展するのは、思考のwwwを経由してアイデアが伝搬するから、なのであった。ただ、思考のwwwを利用するには、独特の精神的波長のチューニングを要するので、凡百の人々に広まらない可能性がある。そこで、特許や論文データベースなどのより卑近な媒体を使って、より現世的にアイデアが流布されるのであった。

ライトノベルと最初は軽くみていたビブリア古書堂の事件手帖であるが、どうも私にとってこの本との出会いには意味があったようである。すなわち、本を読むことの純粋な楽しみをきちんと思い出しなさい、ということらしい。

大学生の頃私は確かにそれを知っていた。それなりに面倒な期末試験が終わると、喜びいさんで、横溝正史や松本清張の小説を耽読した。ちょっと気取ったときは、阿部公房だった。

しかし社会人になってからは、自分がいかに一般教養がないか痛感した。そして、楽しみの読書から自己啓発の読書にスライドしていった。図らずも管理職になってからは、組織論だの、リーダーシップだの、そういう本ばかり読んでいた。

そして、立花隆や池田信夫の影響で、ほとんど小説を読まなくなった。専門書やドキュメンタリーの本がほとんどだった。小説に回帰したのは、もしかしてゴサインタン - 神の座あたりからかもしれない。

おっと、ビブリア古書堂の事件手帖の第5巻なのだった。実は、第1巻から4巻まではアマゾンで購入したのだが、第5巻と第6巻は早く続きが読みたくて、新刊本の書店に赴いたのだった。

さて、第5巻。栞子に告白した大輔は、なぜか答えを保留されて、戸惑う。その戸惑いの中でも、ビブリア古書堂に例によって謎解きのような依頼がくる。

その第1話は、聞いたことがない「彷書月刊」がお題である。「彷書月刊」とは何かというと、古書を紹介している雑誌らしい。古書店主もよく読むという。なぜ「彷書月刊」が話題に上ってきたかというと、知り合いの古書店から、「彷書月刊」の集まりを古書店に売ってはしばらくしてまた買い戻しにいく不思議なご婦人がいると栞子が聞いた。そうしていると、本当にそのご婦人が「彷書月刊」をもってビブリア古書堂にやってきた。それを普通に買って店頭に並べた栞子であるが、そこにやってきた常連の一人が、その彷書月刊に独特の関与があることを見抜き、思い切った行動に出るのだった。

第2話は、手塚治虫の「ブラックジャック」。おお、私がよく知っている本が出てきた。この章では、偉大だった手塚治虫も落ち目の時期があり、「ブラックジャック」はその起死回生の作品なのだという。ストーリーは、その手塚治虫の膨大なコレクションを父がもつ家で、弟が大事なコレクションを持ち出したのではないかと疑う姉が、栞子に相談に来たのだった。しかしそこには、両親のコレクションに関する過去の経緯がからんで複雑な様相を呈したのだった。

第3話は、寺山修司の「われに五月を」。ううん、メジャーな作家だが、私は寺山修司を一冊も読んだことがない。ともかく、ビブリア古書堂から出入り差し止めをくらった男がわざわざビブリア古書堂にやってきて、栞子の課題を出す。それは、亡くなった兄が自分に稀覯本を贈呈したことを証明してほしいというものだった。なにしろビブリア古書堂から出入り差し止めをくらった男は、親戚の間でも鼻つまみ者で、誰も彼のいうことを信じない。それを栞子は、独自の観点で解決にかかる。

こうして、様々な課題を解決した栞子の前に、母があらわれた。もとより、栞子のリクエストでもある。母との対決の結果、栞子は大輔との関係に1つの結論を出す。さあ、その関係はどう発展するのか、というのが第6巻への期待なのだった。

科学コミュニケーションという記事を書いたので、そちら方面の知識を掘り下げようと、「科学コミュニケーション」岸田一隆著、平凡社新書を買って読んでみた。

岸田氏は、専門が、素粒子論、原子核物理学、科学コミュニケーションと移ったのだという。すると、今は科学コミュニケーションが専門ということになる。

ところが、この本を読んでみて、どうも歯切れが悪い。それは決して、岸田氏のせいでなく、まだ若い学問で、定義が曖昧な箇所がいろいろあるのだろう。そこで私の方から疑問を呈してみる。すなわち、なぜ科学コミュニケーションが必要なのか、という疑問である。

しかしどうもその答えをこの本の中にうまく見いだせなかった。私の読み方が粗すぎたのかもしれない。そこで私なりにこの本を読んで、自分で解答をつくってみると、こういうことだろうか。

まず、人間は生まれながらにして文系であって、論理を学ぶことによって理系になる。なので、普通にやっていたら、世間は文系が大多数となる。

それでいいかというと、それは望ましくない。なぜなら、パソコン、スマホ、テレビ、自動車、航空機、医療機器など日常は科学技術の精華なのであり、文系だから知らなくていい、というものではない。

しかし、数学は嫌いだ、理系なんてとんでもない、という人が世間に多いのも確かである。そこで、科学コミュニケーションの出番となる。すなわち、根から文系という人に共感を示し、雑談的でもいいので、理系の話をとりまぜ、科学に共感してもらえる雰囲気をつくるのが、科学コミュニケーターである。間違っても、こんなことが理解できないのか、などと言ってはいけない。自分がしゃべるよりもむしろ、聞き手に回ってもいいので、文系と人達と共感できる能力が必要である。

するってえと、科学コミュニケーターというのは、科学のエヴァンジェリスタなのだろうか。

ちょっと話は変わるが、科学コミュニケーターと科学哲学者、科学社会学者とはどう違うのだろうか。

そもそも、科学哲学者は、科学者に蛇蝎のように嫌われるか、あるいは徹底的に無視されている。例えば、カール・ポパーが好きだという物理学者はほとんどいないはずである。

ただ、どちらも反超弦理論学者として知られる、Not Even Wrongのピーター・ウォイトと、リー・スモーリンもやはり、一種の科学コミュニケーターだと言ってくれるなら、科学コミュニケーターも悪くないが、それは違うのだろうか。

そもそも、科学コミュニケーターは、科学者の側からは、科学啓蒙書の編集者くらいにしか思ってもらえず、科学哲学者からは、科学者の使い走りくらいに軽く見られないのだろうか。

あと、コミュニケーターが必要なのは、なにも科学だけではあるまい。哲学コミュニケータだって、文学コミュニケータだって、「あらまほし」ではないのだろうか。

さらにいうと、科学のフラグランスを嗅がしてもらえるのはそれでいいが、やはり科学は、特に物理学などは、紙と鉛筆で実際に方程式を書き下して解いてみなければ、理解といえるレベルにならない。そしてそうするには、あるレベルの決意をもって科学に興味をもたなくてはならない。

以上のように、「科学コミュニケーション」の本から脱線して、ついいろいろ考えてしまった。それはおそらく、私が、特許実務屋という、審査官に対する工学コミュニケータ(科学コミュニケータの一種)だったからだろう。

と、いろいろ考えさせてくれる、「科学コミュニケーション」岸田一隆著、平凡社新書は、とてもよい本なのだった。

A級順位戦

user-pic
0

昨日、A級順位戦の一斉対局があり、5勝2敗で挑戦の有力候補である行方、久保、広瀬のうち広瀬が負け、一歩退いた。

一方、渡辺は、三浦との将棋で、終盤やや不利になったが、勝負手を放ち、三浦が間違えたので押し切り、5勝3敗と挑戦の目を残した。

意外なのは森内で、郷田に負けて3勝5敗になり、降級の目がかなりある。森内が、順位戦で最後に降級する可能性があったことはないのではないか。

ここまで押し詰まると、目視でだいたいわかるので、コンピュータによる確率計算があまり有意義ではないが、それでも習慣的に、一応計算した表を示す。

順位棋士名レーティング挑戦権の確率決定戦になる確率降級確率
1森内俊之九段3517530.0%0.0%25.0%
2行方尚史八段62179874.9%49.9%0.0%
3渡辺 明二冠53190124.9%24.9%0.0%
4佐藤康光九段4417940.0%0.0%0.0%
5深浦康市九段4418090.0%0.0%0.0%
6三浦弘行九段3517910.0%0.0%62.5%
7久保利明九段62177275.0%49.9%0.0%
8郷田真隆九段4418230.0%0.0%12.5%
9広瀬章人八段53180412.5%12.5%0.0%
10阿久津主税八段0816960.0%0.0%100.0%

さて、3月1日の最終対局(いわゆる、将棋界で一番長い日)の組み合わせは以下のとおりである。私の独断による勝敗予想も併記してみた。

  • 行方 - 森内(今季の森内の調子からして、行方が勝つだろう)
  • 渡辺 - 久保(久保は比較的に渡辺に分がいいのだが、やはり渡辺が勝つのではないか)
  • 広瀬 - 三浦(広瀬が勝つと思われる)
  • 佐藤 - 深浦(ここはほぼ五分であるが、強いていうなら、深浦の粘りが功を奏するか)
  • 郷田 - 阿久津(郷田が有利にみえるが、阿久津が最後に意地をみせて1勝すると予想したい)

この結果、行方が挑戦し、三浦、阿久津が降級ということになる。

さて、もし行方が羽生に挑戦したらどうなるかというと、大方の予想がそうであるように1-4か2-4で、まだ届かないだろう。今のA級で羽生にとって一番手強いのは、言うまでもなく渡辺であり、来期あたりはいよいよ渡辺の挑戦がありそうである。

そして来々期、いよいよ豊島がA級に降臨し、A級は佳境を迎えるだろう。

続いて、ビブリア古書堂の事件手帖の第4巻である。第4巻から変わったことがある。それは、今までの巻が別の本でフィーチャライズされた複数の短編の集合体だったのに、第4巻は、まるごと一冊、江戸川乱歩に充てられている、ということである。

ストーリーは、ある富豪の御曹司だった人の蔵書を売りたい、という申し出なのだった。なぜ売るかというと、御曹司だった人は病気で亡くなり、その蔵書を、御曹司だった人の妾の女性が遺産として分与されたという次第である。

その蔵書というのが、江戸川乱歩関係の初版本を含む膨大な本というのだから、栞子、すなわちビブリア古書堂にとって垂涎なのだった。

ではタナボタかと喜んでいたら、そうは問屋が卸さない。栞子に宿題が課される。すなわち、妾の女性が御曹司だった人から、いかにも大事な物が入ったような金庫を渡され、この金庫は鍵とパスワードがないとと開けられないのだが、鍵が見当たらないし、パスワードもわからない。なので、鍵を探すとともにパスワードも突き止めてほしい、そして見事金庫が開いたら蔵書は譲ろうという、ある意味無茶苦茶な課題を栞子たちは突きつけられる。そこで、超内気なはずなのに妙な蛮勇がある栞子は決然と引き受けるのだった。そこから、栞子は、大輔にアッシー君をしてもらって、あちこち駆け回る。

ところで、第4巻は、今まで読んだこのシリーズの中で一番私にはしっくりくる。なぜなら、大学時代私は、熱心な江戸川乱歩ファンだった。確か角川文庫の青い背表紙の本だったと思う。今もある程度そうだが、当時の私は極端に人見知りする性格で、メランコリーに沈んでいた。そして、江戸川乱歩だの横溝正史など猟奇的な小説を下宿で暗く読みふけっていた。こう書くと、まるで変態で犯罪予備軍のようであるが、確かに私は当時ちょっとやばかった。まあ一過性の青年の病だったかもしれない。

小説に戻って、江戸川乱歩の本を収集していた御曹司は、表では堅い事業家でありつつ、裏では江戸川乱歩ばりのトリックを仕掛けて遊ぶような、子供心のある人で、妾にはそういう面をみせていたのだった。まるで、手堅いビジネスマンでありつつ、想像の世界だけ猟奇を追求した江戸川乱歩本人のようである。

この本には、江戸川乱歩なら大体知っていると思っていた私が聞いたこともないような江戸川乱歩の珍しい小説やエピソードの話も出てくる。薀蓄に、ううんそうなのか、と思わずうなる。

一方で、第4巻の後半を彩るのは、栞子の母親の出現である。すなわち、栞子と容姿や声が酷似しているが、本の知識は栞子を上回り、しかも内気な栞子とは違い、行動的で策謀も巡らす。

また、決してつけたりでないのが大輔と栞子の関係で、ちょっとした青春小説の様相も呈する。アマゾンの書評の中には、この本で恋愛なんて余計と書く人もいたが、まあ華を添えていていいんではないだろうか。

囲碁の棋聖戦、井山棋聖対山下九段の第3局が始まったが、その会場がベラビスタ境ガ浜だというので、ああ、と思った。

なぜかというと、ベラビスタ境ガ浜は、私の故郷の島、百島から、向かいの本土側に見えているホテルだからである。最初にこれが建てられたとき、コンクリートの地肌のままなので、まだ完成していないのかとずっと思っていた。しかし、それはそういう意匠だったようで、そのまま完成しているということだった。

もともとは、地元の常石造船の迎賓館だったようであるが、それだけだと勿体ないので、ホテルとして利用することにしたらしい。

実はベラビスタ境ガ浜は、今回だけでなく、囲碁や将棋のタイトル戦でよく使われる。私が一番印象に残っているのは、1993年の中原対米長の名人戦である。米長の3勝0敗での第4局がベラビスタ境ガ浜で戦われ、見事中原に勝って名人位を奪取した米長は、この会場のことを終生忘れなかったはずである。そして勝利の翌日、対岸の百島も眺めたはずであるが、流石にそれは米長にとって、瀬戸内海の一光景以上ではなかったであろう。なぜなら、百島は、特に目を引く特徴があるわけではない。

ベラビスタ境ガ浜は、尾道市と福山市のほぼ境界に位置するが、ぎりぎり尾道市側にある。なので、今回の棋聖戦第3局は、「尾道対局」と銘打たれている。

その「尾道対局」という言い方は、特に囲碁にとって意味がある。というのは、今や尾道市は因島市を併合したが、因島はかの、本因坊秀策の故郷なのだった。それを記念して、尾道市では、本因坊秀策杯や、女流アマ囲碁都市対抗戦を開催している。

ともかく、しまなみ海道ができても、いまいち人気を四国側にもっていかれているきらいのある尾道が囲碁で盛り上がるのは、尾道出身者としてうれしいのだった。

8冠対談

user-pic
0

日本棋院のホームページをみていたら、井山・羽生の8冠対談が週刊ポストに掲載されているという。すなわち、井山が四冠、羽生が四冠で合わせて8冠という次第である。

そこで、多冠論学者?としてはそれは外せないね、と基本的に週刊誌は読まない私なのだが、会社からの帰路、コンビニで週刊ポストを買った。すると当然だが、イスラム国の話題が満載で、羽生・井山対談はどこだと懸命に探さないと分からないほどだった。

アイドルのヌード写真などのページを経て、末尾に近いページにやっと、8冠対談があったが、対談の内容は実質2ページだけである。こんだけ~と思ったが仕方がない。

そこで私なりに対談の内容を要約してみる。実は羽生は囲碁はたしなむ程度で、井山も奥さんが将棋の女流棋士とはいえ、あまり将棋は強くない。なので、お互い新鮮な気持ちで相手の領分に接することになるのだが、それはそれ、羽生が井山よりも年上なので、羽生の方が問いかけるようなかたちをとる。

そこでまず羽生が井山のことでびっくりしたのは、タイトル戦が終わった後でも井山が延々と相手棋士と検討していることだという。少なくとも将棋のタイトル戦では、終わった後は打ち上げで、長々と感想戦をすることはまずない。それは、井山がそれだけ、囲碁に対する探究心が強いというところだろうか。

で、問題はどれだけ手を読むかだが、井山がぱっと局面をみて具体的に5通りくらい検討すると応えると、羽生は、えっ、それだけ?と驚く。羽生は2つか3つに絞って、80種類くらいの手を検討するのだという。それはもしかして、将棋の方が落とし穴のような局面が多いので、沢山読まなくてはならない、ということなのだろうか。しかし、流石に井山の読みの量が少ないということはないと思うのだが、そのあたりは不明である。

あと、井山は師匠の石井九段にそれこそ沢山打ってもらい、ともかく打ちたいように打ちなさいと言ってもらったので、今でも基本的に打ちたい手を優先するようである。

しかし、羽生が指したい手を指しているようには思えない。このあたり、囲碁と将棋の違いだろうか、それとも羽生と井山の性格の違いだろうか。

多冠論者の私としては、羽生も井山も四冠のままでいい、これ以上タイトルを取ってはいけないとアドバイスしたいところだが、そんな話は対談でもちろん出るはずもなく、むしろ司会者は、井山の七冠を師匠も期待しているのでは、と当然のごとく水を向けた。

私は、そんなおっとろしいこと言わんといてんか、と内心思ったが、ともかくその程度の内容で記事は終わったのだった。羽生と井山だからもっといろいろ話したに違いないが、棋界に疎い人には面白くない、専門的な話題になってしまって、カットされたのかもしれない。

結論にはなっていないが、囲碁と将棋の特性の違い、羽生と井山の年齢の違い、性格の違い、環境の違いなどあまりにも違いのファクターが多すぎて、羽生と井山を比較しようにも全く基準点が見いだせないのだった。

ライトノベルということで軽い気持ちで読み始めたビブリア古書堂の事件手帖シリーズであるが、思いもかけずすっかりはまってしまって、第3巻も読んでしまった。この分だと最後の6巻まで一気に読む勢いである。

それにしても、なぜこんなに入れ込んでしまったのかというと、だいいちに古書店の話、というのが私には何よりも魅力的なのである。結構リアルと思われる古書店の仕事ぶりの紹介も興味深い。

それに加えて、美人で超内気という、栞子のキャラクタもいい。能天気なようで意外に繊細な大輔もいい。

と絶賛しつつ第一話の本は、ロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」集英社文庫。これはSFである。ストーリーは、古書交換会である。なんでも、古書店どうしが集まって本を出品しあう会合らしい。大輔と栞子が会場に行くと、栞子と親しい人もいれば、栞子に反発している人もいる。反発している人は、栞子の母親がビブリア古書堂の店員だったときの強引なやり方に嫌悪感をもって、今に至っている人らしい。そこでロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘」集英社文庫を巡って会場でとても面倒な事件が起きたのだった。そこで、栞子が懸命に推理するのだが・・・。

第二話は、知り合いの坂口夫妻の妻の方の、坂口しのぶから、「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの」を探してほしいという依頼が栞子にあった。これをみて、ん?因幡の白兎ではないか、と私は思った。しかしである、因幡の白兎に確かにワニは出てくるが、あとの登場人物はウサギであって、タヌキも犬も出てこない。タヌキはそもそも、かちかち山だった。この本を巡って坂口しのぶは、ほとんど絶縁状態の両親に会いにいくので、栞子と大輔にも同伴してほしいと依頼する。どうみても古書店の職分を超えているが、友人としての依頼なのだろう。ともかく、坂口しのぶの深刻な親子喧嘩は、栞子の仲介にもかかわらず激化するのだが、最後はなんとか収まるのだった。

第三話は、超レア本である、宮澤賢治の「春と修羅」の話。ううん、こちらの方面が不勉強な私は、宮澤賢治といえば、「銀河鉄道の夜」と「注文の多い料理店」くらいしか知らないし、まともに読んでいない。ともかく話は、ある婦人から、蔵書の「春と修羅」が盗まれたので、取り返してほしいという依頼だった。いくらなんでも探偵ではないのだから、そんな依頼は受けないのではと思っていると、栞子は受けてしまう。なんでも、栞子の母親の智恵子がやはり、そういう依頼を受けていたという。そして、そういう要望を聞きながら、しっかり商売につなげていた、ということで、やり手だったのだった。実は、この依頼の解決に栞子の母親が微妙に関与していて、エピローグでは栞子の母親がいよいよ現れてきそうな兆しが出てくる。

一方で、一緒に飲みにいくくらいまで親しくなり、仲がよさそうな栞子と大輔であるが、いまのところ仕事だけの関係であるともいえる。一体深まるのだろうか。

ともかく、ビブリア古書堂の事件手帖は、ライトノベルといいつつ、なかなか本格的なストーリー展開で、三上延、やるではないか、と感心した。肩入れしすぎだろうか。

才能と努力

user-pic
0

多冠理論の記事に関して、健太さんから、私が「先天的な天性を過大評価し後天的な努力を過小評価してる点に疑問を感じます」とコメントを戴いた。

確かにご尤もであって、私は淡泊な性格のため、もうちょっと努力していればなんとかなったことでも、簡単に諦めてしまうことが結構ある。私がもっと粘り強い性格なら、社会的地位と資産の少なくともどちらか一方がいまよりまし、ということはありえる。

それなのに、才能主義の私は、自分に受験の才能などからっきしないと思っていて、社会人になっていかなる資格試験も受けなかった。おっと、普通自動車の免許の試験は受かったけど、これはあまりにも月並みである。

なら、私が努力が嫌いかというとそんなことはない。私は間違いなく努力家である。というのは、暇さえあれば本を読んで勉強している。そういう努力は、どんな分野であれ必要だと思っていて、なので、特許の実務をやっている同僚が、あまりにも勉強不足で手抜きのような仕事をしていたので、飲み会の席で、もっと勉強しろと指摘して、喧嘩になったことがある。

ならなぜ、努力より才能の方に傾くのかというと、それは偏に将棋が趣味だからである。そして努力家である私は当然に将棋も相当努力した。ただ、努力したといっても、アマチュア強豪の遠藤正樹氏や美馬和夫氏などに比べるともしかしてその努力は、百分の一、いや千分の一かもしれない。

そんな半端な努力しかしてないのに、すぐに才能を持ち出すのはあまりにも尚早ではないか、という指摘はあまりにも正しく、私自身にさえもいつも、自問している。

それでも、結局努力よりも才能ということになってしまうのは、将棋の対局での経験があまりにも鮮烈だからである。すなわち、学生の頃から、部内や大会で、どうしても才能で足許にも及ばないという人達に出会ってしまう。九州でそういう人がいたかと思うと、そういう人が九州の代表になって全国大会に行くと、今度はそういう人が全く歯が立たない人が全国にいくらでもいる。上には上がいる、どんだけ~ということになってしまう。しかも、その上にプロがいる。

全国クラスのアマチュアに揉まれた、という一番の機会は、私が大阪の正棋会というところで、アマ名人の沖さんや、長谷さん、小林さんなどに教わったときである。小林さんには少しだけ勝てたが、沖さんや長谷さんにはまるで岩にぶつかるように勝てなかった。

このように将棋は、強さの差をあまりにも鮮烈に映し出す鏡なのである。なにしろ鬼努力が、まるで海岸で波に洗われる砂のように才能によって翻弄されてしまう。将棋に限らず、囲碁でも、相撲でも、要するに二人のがちんこ勝負なら、多分どれも同様であろう。

このためか、将棋仲間に私が努力よりも才能だ、みたいな発言をしても、ほとんど反論された記憶がない。むしろ、あまりに当たり前なので、誰も反応しないくらいである。

そして、少なくとも私は、であるが、こうして将棋において才能主義を確立すると、それを解析接続して他の分野にもあてはめてしまう。数学など、それがうまく適用できる好例である。ただ、芸術だとそのあたりが曖昧になってきて、将棋的なナイーブな才能主義が通用しなくて、とまどってしまうのであるが。

そうそう、私は志村五郎氏の著書数学をいかに教えるかを引用して、次のように書いた:

なぜなら、志村氏は「数学をいかに教えるか」の中で、ゆとり教育や創造性教育なんというけど、勉強なんて結局やりたい者だけがやるのであって、創造性も結局、素質なのだから教えられるものではない、と私が普段考えているのと同じ意見を書いている。

これなども、世間では、どうやって創造するのか、うまいやり方を教えられるはずだ、と思っている人たちが大部分なんだと思う。

才能主義の私は、自分の創造性のレベルの低さはさておいて、志村氏に必要以上に共感してしまうのだった。

で、いくら言葉を費やしても、健太さんを説得できそうもないので、これくらいにしておく。

ビブリア古書堂の事件手帖が面白かったので、ほとんどためらいなく、その第2巻をオーダーした。そして、届くと直ちに、電車読みのルーチンに入れた。

そもそも、第1巻の終わりで、一旦ビブリア古書堂を衝動的に辞めた大輔が、また栞子の許に戻るのかという懸念があり、まさに連載漫画の原理で、待たれよ次号、という感覚で第2巻を急いだ次第である。

しかし、冷静に考えると、それ以外の変化はありえない。よって、急いで第2巻を買うというのは、いわゆる、騙されたふりなのかもしれないが、そのあたりは、長年のコミック読みで、ある程度私にとって習慣化しているともいえる。

さて、第2巻のプロローグでは、坂口三千代の「クラクラ日記」文藝春秋が引用される。何の本?と思ったら、坂口三千代というのは坂口安吾の妻で、坂口安吾が亡くなった後のいろいろな顛末を綴った本だというのだから、へぇである。そういう薀蓄がストーリーにコクを与える。実は、「クラクラ日記」に深い意味があることが後でわかる。

まず、第1話は、アントニイ・バージェスの「時計じかけのオレンジ」ハヤカワ文庫。なんでも、悪ガキだった少年が、一通りの悪事に染まった後、ついには更生するストーリーらしい。

どういう文脈で「時計じかけのオレンジ」が出てくるかというと、ませた小学生の読書感想文としてこの本があらわれる。すなわち、こんな本を小学生が読んでは教育上よろしくないよ、ということである。しかし、栞子は、その感想文の裏を鋭く見破る。どうやって?というところが華なので、そこは読んでのお楽しみである。

第2話では、福田定一「名言随筆 サラリーマン」六月社という本が言及される。福田定一って誰よ?と思ったら、なんと司馬遼太郎らしい。このあたりはWikiにも確かにある。なんでこの本が出てくるのかと思ったら、まず、大輔の元恋人が出てくる。なんでも高校時代の同級生らしい。その人の父親が亡くなり、形見の蔵書をビブリア古書堂に売ってほしいという話になってきた。そこで、大輔の運転で、栞子と大輔の二人が屋敷に買い取りに出かけるのだが、その蔵書に含まれるのが、「名言随筆 サラリーマン」なのだった。生前仲のよくなかった父娘であったが、父の思いやりがそこにあらわれる。

第3話では、足塚不二雄の「UTOPIA 最後の世界大戦」鶴書房が引用される。足塚不二雄とは誰だろうと思っていたら、なんと藤子不二雄の最初のペンネームらしい。こういう薀蓄の連続が小気味よい。この本は、貧しい父子の父親の方が宝物のように大切にしていたもので、それをどういう経緯で入手したかというところあたりが焦点になる。そしてその経緯になんと、栞子の母親が関与してくる。今では家出してどこかにいる母親は、実は栞子を上回る本の達人なのだった。

そしてエピローグで再び、「クラクラ日記」が出てくる。なんとこの本は、栞子の母親ゆかりの本で、そこに栞子の愛憎が凝縮されている。それを恐る恐る大輔が聞き出し、また一歩、大輔と栞子の心理的距離が短くなるのだった。

ううん、ビブリア古書堂の事件手帖(3)も読みだっ。

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。