2015年3月アーカイブ

霊呼

user-pic
0

例えば、夫婦で夫の方が先に亡くなると、ほどなくして妻の方も後を追うように亡くなる、ということはそんなに珍しいことではない。まさに、私の両親がそうだった。

それを、配偶者が亡くなってがっくりくるのだ、という解釈はありえるが、一方で、夫が亡くなっても少なくとも表面的にはであるが、健気に生き続けている妻の例も沢山ある。

また、配偶者の一方が亡くなった後、他方が後を追うように亡くなると、先に亡くなった方が呼び寄せるのだ、という言い方もなされることがあり、それは一種の喩えかもしれないが、そんなことあるわけないだろう迷信だ、みたいに頭から否定する人もあまりいない。みんな程度問題であるが、そういうこともありえるかも、と少しは思っているのかもしれない。

それをあえて、霊呼と呼ぶことにすると、知り合いから紹介された次の2つの例はまさに、霊呼の典型ではあるまいか。

その1:

愛知県一宮市開明の交差点で2月、主婦の杉本久子さん(82)が車にはねられ、亡くなった。夫の勇さん(当時79)も4年前、この交差点で事故に遭い、命を落としていた。一角には夫婦が毎日のようにお参りしていた地蔵堂。悲劇をなくそうと、市は今月中にも交差点内の路面をえんじ色に塗装する。(朝日新聞デジタル)

夫婦で、時間差で同じ場所で交通事故死する、ということがありえるのだろうか。私は今までそういう例を知らなかった。

その2:JNNニュースから

大変痛ましい子どもの死です。水深3メートルと非常に深い池で、24日夜、5歳の男の子が死亡しているのが見つかりました。実はこの男の子のお姉さんも5年前、同じこの池に転落して亡くなっていました。果たしてこれは偶然なのでしょうか。
24日午後7時ごろ、三豊市豊中町に住む矢野龍毅くん(5)が、自宅から午後5時半ごろに出たまま戻らないと、30歳の母親から警察に通報がありました。龍毅くんは1時間半ほど経って、家のそばのため池「裏新池」に浮いているのが見つかり、死亡が確認されました。水深は3メートルあまりで、急な斜面になっている土手には部分的にフェンスが建てられていました。

幼い姉弟なので、上の例よりも一層悲しい事故である。それにしても、大人でも登っていくのが大変な場所らしくて、龍毅くんがわざわざそこに行って亡くなったというのは、やはりお姉さんに呼ばれたのだろうか。

ところで、私が普段通勤に使っている中央線というのは、人身事故が多いので有名だが、それでも数ヶ月前に、ええっと思ったのは、確か八王子駅だったと思うが、一日に2件も人身事故があった。これなども、先に亡くなった人が、後の人を呼びこんだということなのだろうか、と多分多くの人が思うだろう。

霊呼に関して私が考えるのは、魂の波長ということである。典型的にはラジオがそうであるように、波長をチューニングしないと受信できない。すると、霊的に呼び、呼ばれるというのは、波長がある程度合っているということである。なので、先に亡くなった人の霊に呼応するというのは、魂の波長がチューンするということであり、魂の波長は、体調や精神状態でも変わるので、あるきっかけから魂の波長が変わり、霊に引き込まれるということがあるのだろう。

霊呼という意味では、死者から誘われるというのは意味が違うが、私がときどき、なんであんなことを思いついたのだろうというテーマでブログを書くこともあるが、あれなども、何かしらの霊の示唆なのだろうか。もっと一般的に、クリエイティブなことは、何ほどか霊界からの思念が含まれているのだろうかと考えたりする。

と、検証も反証もできないことを延々と考えてみるのであった。そういえば、自然霊という自分のブログ記事もあった。

3月28日は、電王戦final第3局、稲葉七段対やねうら王だった。やねうら王というと、去年の電王戦第2局の佐藤紳哉六段との対戦を前に何かと物議を醸し、ひと悶着あったが、サンデープログラマでもある私は、根っからのプログラマであるやねうら王の作者、磯崎氏の言うことにも、多少シンパシーを感じたりする。

それで、朝から観戦しようとしていたのだが、あいにく午前中、公民館で会合があり、午後から歯医者の予約があるとあっては、なかなか観戦に辿りつけない。やっと歯の治療を終えて自宅に帰ると、もう4時近かった。

しかし、将棋電王戦FINAL第2局で、脱神秘化というか脱魔術化されたと感じた私は、コンピュータ将棋に最早妙な幻影は抱いていなかった。

しかも先手は、気鋭の稲葉七段である。いかにも何かやってくれそうである。そして盤面をみると、何やら横歩取りで、やねうら王が銀を犠牲に先手陣に成りこんでいるのだが、やねうら王の玉は82あたりにいてそれなりに安定していて、素人目にはやねうら王が良さそうである。

でも、ここから稲葉七段の本領発揮だよね、とみていると、ニコニコから追い出されてしまった。まあ、プレミア会員ではないので仕方ない。それで一旦パソコンを離れてしばらくして再びニコニコにログインすると、稲葉の玉が上部に誘い出されて、香で王手されている。

ん?と思って画面を眺めれば眺めるほど、どうみても稲葉が悪くなる変化ばかりみえてしまう。そもそも検討のプロ棋士たちも最早真面目に検討しようとしない。しかし、あまり駄目というと白けてしまうので、なんとなくバツの悪そうな顔をしている。

それでも稲葉は、駒損しながらも懸命に入玉を狙った。どんな犠牲を払っても入玉すれば、相手は入玉が苦手なコンピュータだぞ、と思ったのだが、稲葉は闘志が萎えてしまったようで、あっさり即詰みを甘んじて受けた。

終わってみるとやはり、やねうら王は強かった。なんでも、横歩取33桂というマイナーな戦法だったらしいが、事前にソフトに対してトレーニングしていた稲葉七段は、この戦型も想定内だったらしい。

しかも事前の研究対戦でやねうら王にほぼ五分の戦績だったという稲葉七段は、本番であるがゆえの緊張感と体力というハンディが大きかったということになる。いくら脱魔術化しても、コンピュータに対するこの人間のハンディは本質的で、どうしようもない。人間は緊張するし、疲れるのである。

終わった後の会見で、やねうら王の開発者の磯崎氏は、全く勝つ自信はなかった、入玉対策はしたが、実際入られたらどうなるかわからなかった、みたいに発言していたが、勝ったとき、わざと謙虚を装って発言するのは、一つのテクニックなので、私は磯崎氏が必ずしも謙虚とは思わない。しかし、入玉に対する不安は、本音だろう。

それにしても、稲葉七段が気負い過ぎたのは残念だった。しかし、コンピュータ将棋相手に自然体で指せと言われても、こういう公開対局の場では無理だろう。

ということで、次の村山七段の相手はponanza。村山七段には、序盤巧者ぶりを発揮して、序盤から有利な局面を築き、押し切ってほしいものである。

本日テレビを観ていて、急に不具合があったので、単にinformation purpose onlyに、ブログとして記録しておく。

私はJ-COMのユーザで、ネット、テレビ、電話というパックで契約しているのだが、自分の部屋のテレビは、地デジも、BSも、CATVも、すべてJ-COMから貸与されているSTB(set top box)を介してテレビに入力されている。

ところが、リビングにあるテレビは、BSとCATVはSTB経由だが、地デジだけは、なぜかTBを経由しないで直接J-COMからのLAN回線で接続されている。その違いが未だによく分かっていない。

そして本日の午前10時、NHKの教育放送で、3月1日の将棋界の一番長い日の特集をリビングにあるテレビで観ているとき、突然画面が消えてしまった。え?と思って、テレビのマニュアルを開いてみた。すると、タイマー設定をしてあるとき、ときどきこういうことが起きる、とある。しかし、タイマー設定なんてした記憶はない。ともかく、タイマー設定の画面を開いて、何も設定されていないことを確認した。

そうしていると画面が再び復帰したので、そのまま観ていると、また画面が消えた。そういうことが何度も起きるので、マニュアルにあった三菱電機のサポートセンターに電話してみた。うちのテレビは三菱電機のものだった。ところが、電話が全くつながらない。そこで仕方ないので、地デジのサポートセンターに電話してみると、すぐにつながったので、係員に何かトラブルですか、と聞くと、ええ、突然画面が消えてしまうという報告があちこちから来ています、という。

なんと、地デジ固有の問題なのだ、と認識した。ところが、自分の部屋のテレビを観てみると、特に画面が消えることはない。STB経由の地デジだと話が違うようである。ただ、そうはいっても、なぜそうなのか理由は分からない。

困ってJ-COMのホームページをみてみると、三菱電機と船井電機のテレビで、地デジ受信に不具合が出ているという。そして、各メーカに問い合わせてください、書いてあるのだが、電話がつながらないのだよ、と独り言を言って、三菱電機のホームページもみてみたが、なんの不具合の情報もない。それで、仕方ないので、自分の部屋で番組を観ていた。

それで12時近くになって、J-COMのホームページをみると、三菱電機と船井電機のテレビで、地デジ受信に不具合が出ているという報告のエントリが消えていた。そして、テレビの不具合も自然に直っているようである。

で、あの地デジの不具合は、全国で起こったみたいなのだが、一体なんだったのか、と探ろうにも何も情報が残っていないのだった。それで、忘れ去られるに決まっているので、とりあえず書き留めた次第である。

職業適性

user-pic
0

ニュースによれば、フランス南東部のアルプス山中で24日に墜落したドイツの格安航空会社ジャーマンウィングスの旅客機の事故は、なんと、機長がコックピットの外に出た後、副操縦士が意図的に機体を降下させたのだという。

以下、適宜読売新聞のWeb記事を引用させて戴く。以下でロバン氏とは、仏検察当局の検察官である。

ロバン氏によると、回収されたボイスレコーダーから、墜落前30分間の会話が判明した。機長がルビッツ副操縦士に操縦を任せ、コックピットを出た後、同副操縦士は扉を開けるのを拒否し、機長を閉め出した。ジャーマンウィングスの親会社ルフトハンザ航空によると、墜落機のコックピットのドアは、外側からコードを入力すれば開けられる仕組みだったが、内部から阻止することもできたという。
ルビッツ副操縦士は管制官の問いかけに応じず、墜落直前までの10分間は、同副操縦士の呼吸音だけが聞こえた。機長がコックピットを出る前に同副操縦士と交わした会話は、着陸についての説明で、異変はなかった。
ロバン氏は、ボイスレコーダーの分析から「最後の瞬間になって乗客の叫び声が聞こえた」と述べ、墜落の直前まで乗客が墜落の危険性に気付かなかった可能性を指摘した。

これが事実だとすると、まさにルビッツ副操縦士による重大な大量殺人である。

ルフトハンザ航空のカーステン・シュポア最高経営責任者(CEO)は、この後、独西部ケルンの同社本社で記者会見した。シュポア氏は、ルビッツ副操縦士が意図的に機体を降下させたとする仏当局の発表について、「我々全員にとって、非常にショックなことだ」と語った。
ルビッツ副操縦士は2008年にルフトハンザ社の育成施設でパイロットとして訓練を受け始めたものの、一時中断。その後、改めて健康診断や適性検査を受け直したという。客室乗務員などを務めた後、パイロットになった。シュポア氏は「どれほど洗練された育成システムを持っていても、悪意のある個人を排除することはできない」と述べた。

それに関して思い起こすのは、能力検査という自分のブログの記事である。それはまさに、適性に問題がある機長による事故であったが、今回は副操縦士の故意の犯罪である、大違いではないかというのが普通の反応だろう。

私の解釈は少し違う。それは、カオス的行動に書いたことに基づく。すなわち、ルビッツ副操縦士は、なんとか努力してこの地位までたどり着いた。おそらく、基本的な職業適性が足らなかったのだろう。すると、日々の訓練や勤務に心が軋む。悲鳴を挙げてくる。一方、航空機のパイロットというのはそれなりに今でも花形なので、おいそれと降りるわけにはいかない。で、一層責任を果たそうと頑張る。このスパイラルで、次第に鬱病になる。奇矯な行動も増える。

別の更なる問題は、航空会社のチェック体制である。能力検査にも書いたが、一度一応合格レベルと見なされると、その後きちんと能力や適性が吟味されることがない。

ところが、才能や適性がないと、いくら経験を積んでも、満足なレベルまでスキルが向上することはなく、寧ろ、どんどん行動が迷走していく。それでも、普通の事務系や営業系のサラリーマンなら、なんだあいつ冴えないな、で済む。いや、管理職やキーマンに職業的適性がないと、部門、あるいは会社そのものの存亡にも関わるので、実は大変なことになる。しかし、原発ブラントのオペレータ、バスや電車の運転手、旅客機のパイロット、医師などでは、適性のなさが嵩じると、組織の存亡よりもより直接的な、目下の人々の人命に関わるので、より重大性は大きい。群馬大医学部のケースも、これが原因なのだろうか。

シュポア氏は「どれほど洗練された育成システムを持っていても、悪意のある個人を排除することはできない」と述べた。
この言葉を、改めて噛みしめたい。

ああまたか、と言われそうだが、小さなリスク理論に関して私が思い出すのは、私が以前所属していた外資系の組織である。

何しろ管理職がリスクをとらない。例えば、判断を下すことが少しでも自分の責任になることだと、必ず外国にいる上司に判断を委ねる。部下はすぐに回答が欲しくて、そうしないと仕事が回らないのに、そんなことは意に介さない。

そもそも、そこで回答を引き延ばすことが、部門そのものをリスクに晒すのだが、自分にさえ責任が降りかからなければいい、ということらしい。私は一応先輩の元管理職なので、管理職というのは責任をとってなんぼではないかときちんとアドバイスするのだが、そういうことを言えば言うほど、敬遠され疎まれる。

そうやってリスクをひたすら回避し続けることは、より大きなリスクを招来することになる、というのが小さなリスク理論でも述べられている法則なのだが、果たして何年も大きなリスクは来ないままである。

これはどこかにリスクのバイバスというか迂回路があるに違いないと見まわしてみたのだが、なかなか見つからなかった。ただ、会社の業績といい、部門の活力といい、誰がみても右肩下がりで、そういう業績の低下にリスクが流れ出ていた、と考えると妥当なのかもしれない。

で、私は仕方なく、替え歌を作って溜飲を下げることにした。大昔に流行った、フォー・セインツの「小さな日記」の替え歌である。

小さなリスクもとらないで
小さな部門のことでした
私と彼との過誤でした
忘れたはずの故意でした

なんとも冴えない替え歌になってしまったが、そもそも「小さな日記」なんて、若い人は知らないだろうな、「小さな喫茶店」も。

森山愛子

user-pic
0

もう7年以上前、亡くなってしまった父がまだ元気だった頃である。美空ひばりと、大山康晴という記事を書いた。

それは、歌の分野では私も一目置く父から、誰が歌謡界のヴィルトゥオーソなのかと評価を聞き、それは美空ひばりであると確認されたので、ううん美空ひばりは大山康晴なのか、と改めて確認した次第である。

そこで普通は終わるのだが、凝り性の私は、では誰が歌謡界の升田幸三なのかと更なる探究を続けた。すると、歌謡界の塚田正夫や丸田祐三はいても、歌謡界の升田幸三なる人物はどうもいないらしい、との結論に達し始めた。

ところで、と聞かれるかもしれない、歌謡界の塚田正夫や丸田祐三って誰よ?と。それはまあ腹案はなくもないのだが、けっこうしょうもないので開示しないでおく。本当は腹案なんてないのかもしれない。

それがである、自宅で酔っぱらってYouTubeでいろいろな曲を聞いているうちに、なぜかやたら森昌子の歌に出会うようになった。ともかくどんな曲でもきちんと歌いこなし、他の歌手の物まねも絶妙もうまい。そういうのをみていて、急に森昌子こそが歌謡界の升田幸三なのだ、とどこかから声が聞こえたような気がした。

もちろん私はそれに対して異議を申し立てる、すなわち、森昌子は確かに抜群の歌唱力である、しかし独自戦法で席巻した升田幸三にどうして森昌子が喩えられるのだと。

そんな私の問いかけに返事があるはずもなく、数年が過ぎた。父も病没してしまった。そんなある日、YouTubeで、イムジン河の曲を探しているとき、森山愛子が歌うイムジン河がヒットした。

森山愛子?誰よ?森山良子の娘か、と無知な私は適当に想像してしまったが、それよも何よりも私は、森山愛子のイムジン河をYouTubeで聞いて、電気に打たれたようにフリーズしてしまった。歌唱力があまりにも抜群なのである。もしかして、私の基準では、歌謡界の升田幸三と言われている(誰も言っていない)森昌子以上かもしれない。

こうして私は、YouTubeで森山愛子を聞く度にすっかりファンになり、その歌唱力にぞっこんになってしまったのだった。何しろどんな曲でも、オリジナルの歌手よりも上手く歌いこなすのである。蓋し天才である。そして内心に、森山愛子こそがやはり歌謡界の升田幸三なのか、と問うてみると、ちょっと沈黙があって、いや、歌謡界の豊島将之なのだという。

それで私は、えっ、佐藤天彦でなく豊島将之なのか、と聞くと、何も返事がないのでそうなのだろう。私は益々歌謡界の評価というのが分からなくなってきた。

ただ、豊島将之に喩えるとかそんなのどうでもよくて、森山愛子こそベストの演歌歌手だと私には思えてきた。根拠はなくて、一握りの感性だけである。確かに歌のうまさだけなら、カラオケバトルの女王、城南海の方が上なのかもしれないが、多分私との波長があうだけなのかもしれない。それにしても、森山愛子に対するYouTubeのコメントが皆、ポジティブで暖かいのが私の主観だけでないものをうかがわせる。

そんな私の思いとは全く関係なく世の中は動いていく。あまりにも当然である。

要人警護

user-pic
0

今まで聞いたこともない、渡辺容子という作家の左手に告げるなかれというピンクの装丁の文庫本を行きつけの古書店で見つけたのは、去年の7月だった。

私の性格だとピンクの装丁だけで、こりゃあ安っぽい本だ、と無視するところであるが、裏表紙に、江戸川乱歩賞とあるのをみて、まあいいかと買った。いろいろ偉そうに言う割には私は、ミーハーというか肩書きやラベルに拘ったりする。

それで、たまたま横須賀に出張に行く際に読んでみたら実に面白い。約1時間半の京浜急行の行程がとても短く感じられた。その後、読了してアマゾンで評価をみると芳しくない。ううん、なぜ?とつぶやきながら、左手に告げるなかれの主人公の八木薔子というキャラクタに強い印象をもった。

その後、アマゾンで渡辺容子の作品をチェックするうち、エグゼクティブ・プロテクションという作品の評判がよいことが分った。さらに、その本は、「要人警護」と題名を変えて、講談社文庫から出ていることが分り、早速アマゾンで注文した。流石にたまたま古書店で見つける可能性は少ないし、新刊書店にもないと思ったからである。

さて「要人警護」、八木薔子がパワーアップしていた。左手に告げるなかれでは、スーパーの万引きを摘発する保安士だったが、業務としてより難易度が高い警備部門に異動し、アメリカでの厳しい訓練を経て、警備部門のチームリーダーとして活躍していた。

今回警護するのは、人気女子マラソンランナーの日比野真姫。あるゲーム機メーカーのイメージキャラクタであるため、そのゲーム機メーカーからの依頼で真姫を警護するのだが、女性の警護は何かと女性の警護員が都合がいい。なぜなら、トイレに一緒に同行したり、合宿所やホテルの部屋に入るのは、男性だと都合が悪いことが多い。

それで、八木は、女性だけの警護チームを編成した。警護対象の要人、今回は日比野真姫、がある場所を訪れる前に、盗聴、テロ、怪しい人物など、事前チェックし、OKだと、完全クリアランスを意味する「完クリ」と無線で連絡をとる。その様子は、実際の警護の実情にかなり即したものらしく、渡辺容子、流石によく調べている。

しかし、真姫は、恋人に会うために無断で外出するなど、八木たちのチームを困らせる。そうしていると、真姫のコーチが殺され、真姫にも脅迫状が届くという事件が起き、警護チームの緊張は最大となる。

こうして、裏社会にも通じるような人物も現れ、誰が悪役で誰が見方か錯綜するような状況で、局面は最大の危機を迎えるのだった。

以下は読んでのお楽しみだが、それにしても渡辺容子の小説は実に私の波長によく合う。ストーリー入り込むのに全く抵抗がない。横山秀夫のような絶大な人気ではないが、個人的にはベストに近い作家である。

それにしても、警護の世界では、警護対象の要人をマル対と呼ぶなど、実に警察の警護部と似ている。実際、武道や爆弾処理などの訓練も必要で、それでいて基本的には忍者のように目立たなく振る舞わなくてはならないが、場合により、ハイプロファイルと称して、わざと警護してます、と顕示する場合もある。何にしても、私ができる仕事から最も遠い職種の一つであるとともに、私は間違ってもSPで警護されるような身分になることはありえず、いろいろな意味で遠い世界の出来事なのだった。

ガウスの定理の最後で、mが素数でないとき、乗法群Zm*は原始根をもたないことを示した。そこで話を終わってもいいのだが、コンピュータで合成数の位数を計算させたとき、少しだけ面白い性質をみつけたので、示してみる。

まず、その計算のためのC++のソースコードを示す。このプログラムは、見てとれるように、mのオイラー関数φ(m)と、乗法群Zm*の位数が等しい場合をリストしている。

下記のリストの意図は、素数pの乗法群Zp*はp-1なので、φ(p)とZp*の位数が等しくなるが、ではφ(m)とZp*の位数が等しくなるのはmが素数の場合だけか、という問いかけなのであった。

その答えは勿論noなのであって、例えばm = 6, 9, 10, 12, 18, 22, 25, 27, 34, 38, 46,など多数ある。このように、素数でもないのに、φ(m) = 位数となるmを、亜素数とでも呼ぼう。阿蘇数ではない。すると、観察すると、6,10,14,22など、素数の2倍が必ず亜素数になっていることが分る。そもそも、オイラー関数のところで述べたようにmが素数なら、φ(m)=φ(2m)=m-1なのである。

しかし、もちろんそれに尽きない。例えば、9, 18, 25, 49, 50, 81などである。君たちは一体どういう資格でこの会議に出ているのだね?と聞くと、下手な企業小説になってしまうが、もしかして素数の2乗も亜素数になっているようである。すると50は?と悩みは尽きないのだった。今までのところであるが、多分:

  • 素数の2倍は亜素数
  • 素数の2乗は亜素数
  • 素数の2乗の2倍は亜素数

これに尽きているのだろうか。とてもそうとは思えないのだが。引き続き、考えてみる。

phi(5) = 4, order = 4
phi(6) = 2, order = 2
phi(7) = 6, order = 6
phi(9) = 6, order = 6
phi(10) = 4, order = 4
phi(11) = 10, order = 10
phi(13) = 12, order = 12
phi(14) = 6, order = 6
phi(17) = 16, order = 16
phi(18) = 6, order = 6
phi(19) = 18, order = 18
phi(22) = 10, order = 10
phi(23) = 22, order = 22
phi(25) = 20, order = 20
phi(26) = 12, order = 12
phi(27) = 18, order = 18
phi(29) = 28, order = 28
phi(31) = 30, order = 30
phi(34) = 16, order = 16
phi(37) = 36, order = 36
phi(38) = 18, order = 18
phi(41) = 40, order = 40
phi(43) = 42, order = 42
phi(46) = 22, order = 22
phi(47) = 46, order = 46
phi(49) = 42, order = 42
phi(50) = 20, order = 20
phi(53) = 52, order = 52
phi(54) = 18, order = 18
phi(58) = 28, order = 28
phi(59) = 58, order = 58
phi(61) = 60, order = 60
phi(62) = 30, order = 30
phi(67) = 66, order = 66
phi(71) = 70, order = 70
phi(73) = 72, order = 72
phi(74) = 36, order = 36
phi(79) = 78, order = 78
phi(81) = 54, order = 54
phi(82) = 40, order = 40
phi(83) = 82, order = 82
phi(86) = 42, order = 42
phi(89) = 88, order = 88
phi(94) = 46, order = 46
phi(97) = 96, order = 96
phi(98) = 42, order = 42
phi(101) = 100, order = 100
phi(103) = 102, order = 102
phi(106) = 52, order = 52

私は子供の頃、一人でぼうっとすることが多かったが、そのせいで家の手伝いをうっかりすることもあり、それで母には、お前は自分さえよければいいのかとときどき指摘された。

自分ではそんなに自己中の性格だとは思っていなかったが、近所の人からの依頼を損得とかあまりこだわらずサポートしていた母にしてみれば、私も自分勝手な部類にクラス分けされたのだろう。

確かに私は、ボランティア活動というものに携わったことがほとんどない。東北の復興支援のツアーにも参加しなかった。私が担当するボランティア活動というと、年に数回、将棋を中学生や小学生に教える程度で、微々たるものである。

外資系の会社にいた頃は、それでも、ボランティアのように、いろいろな人から相談を受け、時間を惜しまずサポートした。部内の人からはPCサポートの依頼が多かった。研究開発部門からは、特許調査の依頼や、発明処理の相談事が多かった。

しかしそれをボランティアと呼ぶことはできない。なぜなら私は、多少なりとも見返りを期待していた。実際、私が普段サポートしている人に、私の方から頼むことがあると、大抵優先して対応してくれた。そういう、サポートを通貨とするような付き合いは、私が育った田舎のソサエティがまさにそうで、違和感はないのだが、ちょっと純粋性に欠ける。

まあ確かに、サポートを必死ですることで、何度もアワードももらったし、多少なりとも昇進もできた。そういう現世的な見返りで動くというのは確かに強力なインセンティブになる。

しかし、母に自己中と批判された私も、流石に最近になってくるとちょっとモードを変えなくてはと考えるようになった。すなわち、何か私のスキルが活きることで依頼を受けたら、時間の許す範囲でなるべく対応するとともに、一切見返りを求めないようにしようと、最近考えるようになった。お礼をすべきかどうか曖昧な状況では、一切お礼は受け取りませんと宣言する。

また、サポートがうまくいかなくて却って状況が悪化した場合でも、サポートなんて引き受けなければよかった、となるべく考えないようにする。

そういう風に考えやすくなったのは私が最早、60歳過ぎて、昇進や昇給や社会的名誉などにこだわらなくなってきたからである。もちろんそういうシフトチェンジをしないで、歳とっても貪欲に利益を追求している人もいて、それはそれで生き方なのかもしれないが、私は次第に年金ももらえるようになるし、するととりあえず生活はできるので、見返りを期待しない生活が容易になったといえる。また今まで社会から受けた恩義に応えるために、ボランティアと呼べないかもしれないが、スキルを社会に少しでも還元できれば、と殊勝に思うようなってきた。いや、殊勝になろとうしてなりきれていないというべきかもしれない。

「群論、これはおもしろい」飯高茂著、共立出版に関連して、オイラー関数に続いて、ガウスの定理に触れる。

ガウスの定理といってもいろいろあるが、ここでは、pを素数とするとき、乗法群Zp*が、位数p-1の巡回群になる、というもので、言い換えると、法pの下では原始根が存在する、という定理である。

この定理をみて私は、いろいろな意味で驚いた。まず1つ目の理由は、以前に私が書いた原始根の記事に基づく。すなわち、「p = 10103のときは、いちいち示さないが、原始根は、5050個もある。なんと、2つに1つは原始根である。このあたりどうも、原始根という名前にそぐわない。」と書いたのだが、それは、pを素数とするとき、法pの下の原始根はなんとありふれているのだろう、という、ちょっとうんざりした気持ちである。

なので、えっ、それが定理だって?しかもあの大ガウスが証明した定理だって?というのが私の素朴な感想である。すなわち、東京でも名古屋でも京都でも、街を歩くと女性に必ず出会うといってよい。美人かどうか、若いかどうかなんてここでは問わない。それが、「都市には女性が存在する。」と定理になってきて、これを証明しろと言われると、誰もが却って戸惑うのではないだろうか。

実をいうと、これの何倍も驚くことがあって、この命題が成立することをオイラーが予想していたのに、オイラー自身はこの命題を証明できず、ガウスを以てやっと証明された、という事実である。一体そんなに難しい証明なのか、と「群論、これはおもしろい」に記述された証明の論旨を追ってみた。その論旨を粗く要約してみると、乗法群Zp*の任意の元aをとって、そのaが原始根でないとし、その位数をrとするとき、それより大きい位数の元zが存在し、それを繰り返すと位数が最大のp-1の元に行きつくというもので、確かに私には理解が困難な証明の論理であるが、オイラーが手に負えないレベルのものなのかどうかは、私にはわからない。なお、志村五郎氏による、短縮された別の証明もあるようである。わざわざ志村氏が別証明を与えるくらいなので、整数論的にも本質的な定理なのだろう。

さて、ガウスの定理は、pを素数とすると、乗法群Zp*は必ず原始根をもつ、であるが、これの対偶は、乗法群Zp*が原始根をもたないなら、pは素数でない、ということになる。

それでは、pが素数でないとき、乗法群Zp*は原始根をもたない、といえるかと問うてみると、これはガウスの定理から自明に導かれる命題ではない。それでコンピュータで計算した範囲ではどうみてもこれは正しそうなので、これを証明しようと三日くらい悩んでみたが、埒があかなくて困っていると、次のようなラグランジュの定理があることを知った。すなわち、群Gの位数をnとするとき、Gの元xの位数はnの約数となる、というものである。

ああそうかと、これを知って証明が簡単にみえた。すなわち、乗法群Zm*の位数は、オイラー関数φを用いると、φ(m)とあらわされるが、mが素数でないとき、φ(m) < m-1である。このとき、乗法群Zm*の任意の元の位数は、φ(m)の約数であるので、それらは必ずm-1より小さい。よって、原始根はもたない。

そこで、合成数mのときの乗法群Zm*の位数について計算した結果をそのうち、別稿で示すことにする。

つい最近の将棋の話題で述べたように、先週の電王戦FINAL第1局、斎藤慎太郎五段対Aperyは、うっかり見過してしまった。それで、第2局はそんなことがないようにと、ちゃんと忘備録にメモした。忘備録といっても、A4のコピー用紙を、百均で買った紙クリップボードに留めておき、手許に置いておくだけのものであるが。

ただ、言い訳であるが、プロ棋士五人とコンピュータのガチVSの電王戦は、今年で3回目になって、どうしても最初ほどの新鮮味というか感激が薄れてきたのも確かである。

観ていると、先手がSelene、後手が永瀬拓矢六段、Seleneがなんと、先手番なのに消極的にも、相懸の出だしから右玉をしている。一方、永瀬六段は銀冠で玉形で優っている。それでも、永瀬六段の飛車側の桂頭に嫌味があり、そこをSeleneに突かれると、結構難解に変化になる。それで解説のプロ棋士たちの評価もほぼ五分だった。

それで長い戦いになりそうだったので、夕食休憩のとき私も食事した。ついビールを飲みすぎて2時間くらいの長い夕食になってしまった。食事が終わって、さてどんな局面になったかな?とパソコンに戻ってみると、あれっ?と思った。もう永瀬六段とSeleneの開発者の西海枝さんのインタビューが始まっている。永瀬六段のバツの悪そうな、照れているような様子からして、永瀬六段が負けたのかな?と思った。しかし、よく聞いてみると、永瀬六段があまり普通でない勝ち方をしたらしい。ははあ、コンピュータのバグだな、と思ったが具体的な内容はよく分からずじまいだった。そこで今朝になってWebでみてみた。

少し長い引用で申し訳ないが、ねとらぼのWebページから引用する。

3月21日、プロ棋士と将棋ソフトによる5対5の団体戦「将棋電王戦FINAL」の第2局・永瀬拓矢六段対Seleneの対局が行われ、Seleneがプログラム上の問題で「角成らず」を認識できず反則負けになるという異例の結末を迎えました。
将棋は一進一退の攻防が続きましたが、終盤、永瀬六段が王手で「2七角不成」という手を指したことで解説陣やニコニコ生放送の視聴者から大きなどよめきが。成ることで明らかに駒が強力になる「飛車・角・歩」は、「打ち歩詰め」という反則を避けたいというごく一部の例外を除き、実戦ではまず登場しない異例の手。そのためSeleneにはこの3駒の「成らず」がプログラムされておらず、別の指し手を入力してしまったため、「王手放置」で反則負けと判断したとのことです。
コンピュータ将棋ソフトは無駄な手を読むことを省略することでより深く手を読めるため、一部の駒の「成らず」を認識する機能を搭載しないソフトもあるそうです。永瀬六段はこの問題を事前の研究段階で認識しており、この手を指した直後に「角不成りを認識できないと思います」「放っておくと投了するのでは」と指摘。ただし、「勝敗に直結するので本番では修正されているかもと思っていた」ためこの局面で選択したとのこと。普通に指した場合でも永瀬六段の勝ちは有力だという局面で、終局後には大盤解説会場で詰みへの読み筋なども披露していました。

なるほど、そういうことか。いかにもありそうなことであるが、普通に指しても永瀬六段の勝ちは有力だったというのはなんとなくほっとする。

それにしても、コンピュータ将棋ソフトは、私のような一アマチュア将棋指しには分厚い鋼鉄の板のような手に負えなさであるが、トッププロたちはもしかして、コンピュータ将棋ソフトの切っ先を見切りつつあるのかもしれない。そしてそのきっかけはおそらく、電王戦リベンジマッチにある。森下九段は、身を挺してコンピュータ将棋ソフトを何ほどか脱神秘化(Entzauberung)したのである。

そういえば今、かなり前に、インデペンデンス・デイという米国のSF映画をみたことを思い出した。宇宙からやってきた侵略者たちに最初人類は手を拱くしかなかったのであるが、あるきっかけからコンピュータ技師が宇宙人たちをやはり、脱神秘化してみせたのだった。

コードのエイリアンと闘う将棋のプロ棋士たちに、インデペンデンス・デイは訪れるのだろうか。

今から2ヶ月ほど前のことである。当時新進気鋭?の多冠理論者だった私は、新らしすぎる理論を提唱する者が受ける運命であるかのように、世間から無視されていた。

そう、私は6冠から4冠に後退した井山は、今から勝ち続けるだろうと予想したのだった。ところがどうだろう、井山はあれよあれよと棋聖戦で、山下を相手に3連勝した。私が内心にんまりしたのは、蓋し当然である。

その時点で山下は、せめて一番くらい勝ちたいですね、と力弱くコメントするのがやっとだった。私は井山の4連勝の防衛を予感した。

しかし、勝負の流れは分からないものである。第4局から急に流れは山下に移った。それだけではない、第5局も第6局も、山下が勝ち、多冠理論そのものもぶっとんでしまった。一体どうしたのか。ふと、去年の年末に井山が、王座、天元と連続失冠したことが思い出された。それがまた再現するのか。そもそも井山の安定な質量数は4ではなく3なのか、と思いは巡った。

実は将棋の方では、7番勝負で3連勝4連敗というのは、渡辺対羽生の竜王戦、深浦対木村の王位戦しかない。

しかし、これは将棋でなく囲碁のタイトルなのであり、囲碁では3連勝4連敗なんてざらである。なので、3勝3敗になったところで、井山は負けてしまうのか、そして多冠理論は短い命だったか、と覚悟を決めた。

ところが流石井山である。日本棋院のホームページから引用する。

井山裕太棋聖に山下敬吾九段が挑戦していた、第39期棋聖戦挑戦手合七番勝負【主催:読売新聞社】の第7局が3月19、20日新潟県南魚沼市の「龍言」で行われた。 結果は216手までで黒番の井山が5目半勝ちをおさめ、3連勝3連敗1勝でタイトルを防衛した。これで井山は28個目のタイトル獲得となり、棋聖3連覇、名人、本因坊、碁聖の4冠を維持した。
終局は19時7分、持時間8時間のうち残り時間は黒番の井山が2分、白番の山下が6分だった。

井山もそうに違いないが、私も安堵した。ぎりぎりのところで多冠理論も持ちこたえた。そんなもん最初からありえないのだ、なんて当然のことは言わないでほしい。なぜなら、羽生はきちんと多冠理論の教えにより、棋王位はあっさり見送って、名人戦に備えたのだから。

ラーナブル

user-pic
0

最近棋友と、なぜ藤井九段が次第に鳴かず飛ばずになったのか、と議論した。分かりやすい説明は、藤井は対居飛車穴熊の藤井システムで一世を風靡したが、藤井システムが研究され尽くされると、それに代わる新機軸が枯渇してしまった、というものである。

言い換えると、藤井は誰もまだ使っていないガジット(gadget)を駆使して世間を席巻するのが得意で、時間がたってそれの免疫ができると、そんなに簡単に勝てなくなる、ということのようである。

道を歩いていてふと、藤井の敗因は、藤井システムがラーナブル(learnable)だったことにあるのではないかと思えてきた。

実は藤井は、テレビ解説の名手で、独特のプロの感覚を、アマチュアにも分かりやすい言い方で表現するのが得意である。言い換えると、暗黙知を明示知に変換することが得意ということである。

誰もが知っていることであるが、藤井は大山の棋譜を並べることで強くなった。しかし、大山の棋譜は、私も一時熱心に並べたことがあるが、実に分かりにくい。攻めと受けの切り替えのタイミングがアマチュアが理解できる範囲を超えている。

藤井は独特の才能で、大山の棋譜からエキスを抽出した。そして、ついに藤井システムを編み出した。大山のエキスの主題による変奏曲で、藤井独自の世界なのであるが、如何せんそれは、ラーナブル(学び得るもの)だった。学習能力に長けた一流棋士や若手棋士たちが藤井システムを自家薬篭中の物にするには何年もかかったが、結局数年がたってみると、藤井システムを採用する棋士は激減し、それに比例して藤井の成績も低下していった。

その後藤井は、藤井流矢倉、角交換四間飛車と模様替えしたが、どうしても以前ほどは勝てなかった。

なぜなのか、という説明は難しいが1つの説明として、藤井システムが数学でいうところの縮小写像であったから、ということがある。すなわち、複雑な局面に縮小写像を適用すると、局面がコンパクトになって分かりやすくなる。そこでは、藤井は無敵で誰にも負けない。

しかし、羽生や佐藤康光は、局面を複雑化しにとりかかった。そうなると、縮小写像や得意のガジガジ攻めが功を奏さず、空を切ってしまう。

そう、藤井が学ぶべきは、局面複雑化のテクニックなのだが、でもそんなの学べるのだろうか。それこそが才能なんじゃないだろうか。こういうと藤井が才能がないみたいだが、そんなことは全くなくて、藤井ほど鋭い才能の持ち主もいない。しかし、大山に学び、結局大山にあまり似ない将棋になってしまった。いや、大山的な将棋って、大山以外にいただろうか。羽生も然りである。

すなわち、藤井に必要なのは、水中のイカのように、墨を吐いて視界を閉ざしてしまうような暗黙化のテクニックなのだが、そこってラーナブルなのだろうか、どうしても問いはそこに戻り、分からなくなってしまうのだった。

化学探偵

user-pic
0

古書店でたまたま、「化学探偵Mr.キュリー」喜多喜久著、中公文庫というのを見つけた。表紙がイラストなので、あれっライトノベルか、と思った。へえっ、中公文庫にもライトノベルがあるんだ。

しかし、ビブリア古書堂の洗礼を経た私は、最早ライトノベルに抵抗はない。いや、もともといい歳して少年ジャンプの読者だった私は、ライトノベル云々なんて関係なくて、単にちょっと恰好つけていただけなのだった。

心の中で儀式のようにそういう言い訳して「化学探偵Mr.キュリー」を買うと、ただちに通勤の電車読みのローテーションに組み入れた。で、読み始めると実にあっさりと本の世界に入り込めた。

「化学探偵Mr.キュリー」の主人公は、四宮大学理学部化学科の准教授、沖野春彦。そしてその相方の、庶務課の係員、七瀬舞依。

パターンはビブリア古書堂と比較似ていて、誰かが問題が起きると、それが七瀬に相談に持ち込まれ、大抵七瀬が自分で解決できないので、沖野に相談する。

その際、大抵の問題は化学がらみで、沖野が快刀乱麻のごとく、化学の知識を利用して問題を解決する、という次第である。

例えば、小学生が空き地で、老人が実験していたテルミット反応の謎、沖野の研究室の冷蔵庫から盗まれた過酸化水素水の謎、本当は違うのだけれども青酸カリのような妙な薬の謎、幻想をもたらすペットボトルの水の謎、人魂のように光る化学物質の謎、などである。

前にも書いたが、私は運動が極端に苦手で、基本的に苦手=嫌いということなっている。ところが数少ない例外があって、化学は苦手なのだが、あまり嫌いではない。なので、外資系の会社の特許部にいた頃も、翻訳の仕事を依頼されたとき、フォトレジストなどの有機化学関係の特許明細書の翻訳も喜んで担当していた。

しかし、知識不足は誰の目にも明らかで、あるとき部内の応用化学出身の人とちょっと化学用語に関する会話をしていて、そんな適当な知識でよく、化学の明細書の翻訳をやってきたものだ、と呆れられ、流石にあまりいい気はしなかった。

それでともかく、モリソン・ボイドだったか、有機化学関係の定番の参考書も読んでみたのだが、どうもしっくりこなかった。

ところが、「化学探偵Mr.キュリー」は、私の消えかけた化学への興味を呼び起こしてくれて、小説自体も、少なくともビブリア古書堂程度に、とても面白く読めた次第である。

ここで、ビブリア古書堂や化学探偵Mr.キュリーを読んだ範囲の、ライトノベルの特徴を記述してみる。

するとまず、出てくるキャラクタが結構極端だったりする。例えば、栞子さんのようなキャラは流石になかなか現実にはいない。また、ストーリーが相当強引で、また相当偏った価値観、すなわち古書の価値が絶対のところで話が進む。また、主人公が男女のペアで、二人は何気ないようで次第に惹かれあう。栞子と大輔は結構あからさまだが、沖野と七瀬も密かにそうである。

私は、だからライトノベルなんて、という意味でこれを書いているわけではない。まだ独身時代で、外資系の前の機械メーカーに勤めていた頃、狛江駅のそばの「やっぺい」という飲み屋に友達とよく通った。特に料理が冴えているというのでもなかったが、マスターがとぼけた味で、いついっても気がおけなくて楽しかった。

そういうコンスタントな気のおけなさ、というのは本では案外、ライトノベルでしか味わえなかったりする。それだけではスパイスが足らないが、ビブリア古書堂では様々な古書の知識、化学探偵Mr.キュリーでは聞いたこともない化学物質の不思議な性質、そういう薀蓄が独特のソースになっているのだった。

こうして私は、精神の安息所として、ときどきライトノベルを読むことにしたのだった。一応、ときどき、と言っておく。

数学の効用

user-pic
0

先日、自宅で囲碁将棋チャンネルを観ていたら、家人が、算数を教えてほしいと声をかけてきた。算数?、それなら、電卓で叩けばいいではないかと思っていたら、どうもこういうことらしい。

すなわち、長方形の布を2つに切って、一方をさらに長手方向に半分に切ってつなぎ、一本の長い布にする。そして、長い布が、他方の布の三辺の合計と同じ長さにするにはどのように切ればいいかという問題だった。

問題を解くのが苦手な私は、即答できないで、紙に図を描いて考えた。そして5分くらいかかって、やっと次のような連立方程式をたてた。すなわち、もともとの布の短い辺の長さをaとし、長い辺の長さをbとする。そして、長い辺をxとyの長さに切るとする。yの方が長手方向に切ってつなぐ方の布である。すると、x+y=b, 2y=2x+aという式になり、あとはこれを解くだけである。

私は普段日常的に数学を勉強しているはずなのに、この程度の問題に5分もかかるとは、とちょっと冷や汗が出た。この程度の問題は、少しできる中学生なら一瞬で解けるはずである。

そして茫然と夢想し始めた。それは私が独身でまだ、機械メーカーに勤めていた頃である。その頃も合間をみて数学を勉強していた。そもそも私が大阪から東京に出てきた理由は、大阪に仲間がほとんどいないので孤独であるという理由だったので、東京に出てきてからは、大学の将棋部の先輩たちとときどき付き合ってもらって、ほっとしていた。

ところが、ある時のこと、ある先輩が、私がちょっと数学の本を眺めているのをみて、何の本か見せろという。それは確か、力学系の本だったと思うが、えっ?と思って見せると、先輩は厳しい顔になって、こう言った。「お前なあ、こんな道楽みたいな勉強しても意味ないぞ。それより、英語を勉強するとか、何かの資格試験の勉強するとか、将来を考えろよ。」

それは、決して私を虐める意図ではなく、不甲斐ない後輩を叱咤するありがたい言葉だったはずであるが、私はとてもショックを受けて、しばらく先輩たちに会うのを避けたほどだった。

で、私がどうしたかというと、よくも悪くも私は頑固で融通が利かないのであって、数学は捨てなかった。捨てなかったのだが、たまたま気分転換でシャープのパソコンMZ2000を購入すると、コンピュータのプログラミングが麻薬的に面白くなって、ほとんど睡眠時間を削ってプログラミングに没頭した。そうやって私がアパートに引きこもり、先輩たちから誘われても出て行かないでいたので、ある先輩は心配になって電話をかけてくれたりした。それは別に先輩に会いたくないのではなく、単にプログラミングに費やす時間が一瞬でも惜しかっただけだった。

で、我田引水だが、そのとき身に着けたプログラミング・スキルは、のちに外資系のコンピュータ・メーカに転職したあとも、確実に役に立った。そして、私のプログラミング・スキルの背景には、数学好きのテイストが潜んでいた。そもそも、当時比較的合格が困難と言われていたその外資系のコンピュータ・メーカの入社試験を受けた日に、私のカバンの中に入っていたのは、代数学の入門書一冊だけだった。休憩時間の合間にも、眺めていたのはその本の群論の定理だった。一体お前は何を考えていたのだと自分でも問いたくなるほどだが、私の能力ではまともにぶつかっても勝てないので、それは私なりの懸命の差別化だったのだろう。

だからやっててよかった数学を、というのとはニュアンスがちょっと違う。例えば、イスラム国で不幸にも処刑されてしまった湯川さんと後藤さんは、納得ずくで中東に行き、残念な結果になった。

それとはレベルが違い過ぎて比較するのは申し訳ないのだが、弁理士絶対の特許部門で資格試験の勉強をせずプログラミングと数学にうつつを抜かした私は、確実に冷遇され、半端ない割をくった。先輩のアドバイスは、間違いなく正しかったのだった。

で、言いたいのは、家人から頼まれた簡単な連立方程式の計算さえ戸惑う程度の数学のスキルでさえ、私の不退転の決意が籠められている、ということである。結局、「数学の効用」について書くまでには至らなかった。また、別稿とする。

誤認逮捕

user-pic
0

今から1年半以上も前、電紋に記したように、私が書いた、何の変哲もないプログラムをコンパイルしたところ、スーパーセキュリティZEROに誤認逮捕される、という事件?があった。

そんなことはもうないだろうと思ったら、以下に示すソースコードをコンパイルしたら、スーパーセキュリティZEROに捕まえられ、EXEファイルさえ作らせてもらえなかった。

電紋のときは、return 1;をreturn 0; に変更しただけで簡単に司法当局を説得できたのに、今回はそのような小手先では全く説得できず、留置所から出してもらえないので、とりあえず、Perlで同等のソースコードを書いて、お茶を濁した次第。簡単なプログラムなら、C++とPerlはほとんど等価なので、書き換えに苦労はないのだが・・・。


#include <stdio.h>

int GCD(int a, int b);

int main()           {
 int i,j;
 int first;
 for ( i = 5; i < 1000; i++ )     {
   first = 1;
   printf("%d = {",i);
   for ( j = 1; j < i; j++ )    {
      if ( GCD(j,i) == 1 )   {
	    if ( first == 0 )   {
		  printf (",");
		  first = 0;
		}
		printf("%d",j);
	 }
	}
  printf("}\n");
 }

return -1;

}

int GCD(int a, int b)  {
 
 if ( a == b )   {
	return a;
}
 while ( a > 0 && b > 0 )	{
	if ( a > b )    {
	  a = a % b;
	} else if ( b > a )     {
	  b = b % a;
	} else                  {
	  break;
	}
 }
	if ( a == 0 ) return b;
	if ( b == 0 ) return a;
	 
	 return -1;
}

つい最近の将棋の話題などという、間が抜けたタイトルになってしまったが、他に思いつかないとは哀しい。

先ず最初におおっ、と思ったのは、こちらである。朝日新聞のWebから引用する。

将棋のプロ棋士とコンピューターの五番勝負「電王戦FINAL(ファイナル)」第1局が14日、京都市中京区の二条城二の丸御殿で指され、斎藤慎太郎五段(21)がコンピューターソフト「Apery(エイプリー)」に勝った。
得意の詰将棋で培った読みの深さを武器に臨んだ斎藤五段と向かい合ったのは、自動車部品メーカー・デンソーが開発した「電王手さん」。敵陣に侵入して駒が成る際、裏返すこともできるマシンが、エイプリーの選んだ駒を動かし、着手する。双方の陣形が固まる前に戦いが始まり、斎藤五段が制した。「厳しい勝負になると思っていた。勝ててホッとした」と話した。

棋譜はみていないが、コンピュータ側は、コンピュータに本気を出されると一番人間が勝ちにくいと言われる四間飛車だったらしい。まさに斎藤五段の研究の勝利だろう。この調子で他の棋士も勝つなら、別に電王戦はFINALでなくてよくない?

これはいいニュースだが、残念だったのはこちらである。将棋連盟のホームページから引用する。

この度、「平成27年度前期奨励会三段リーグ編入試験」を受験しておりました天野貴元さんは、3月15日(日)に行われた編入試験第7回戦で負け、この結果、天野さんは試験成績4勝3敗で不合格となりました。

私はいつも天野さんのブログをみているのだが、初日1勝1敗、次も1勝1敗になって、するとあと4連勝しかないので、流石に天野さんは観念したようであった。ところが、次で2連勝。これはもしかして、いけるのでは、と思ったのではないか。ところが最終日はいきなり負けで、天野さんは相当がっくりきているようであった。

ちなみに、同時にチャレンジしていた中川慧梧さんは、天野さんよりも一足先に失格になってしまっていた。アマ最強の呼び声の高い中川さんも、奨励会相手だと勝手が違うのだろうか。

そして最後は、今戦われている、A級順位戦の最終プレーオフ。先手が久保で後手が行方だが、なんと意表をついて行方は相振に出た。純粋振飛車党の久保に対して、いい根性である。ただ、みていると久保の方がよさそうだ。それにしても、「久保&菅井の振り飛車研究」マイナビでは、久保は金無双はしないと言っていたのに、この将棋は金無双ではないか。まあ、勝てばいいんだろうけど。

以上、取り留めのない将棋の話題だった。

囲碁で、女流の藤沢里菜が中堅以上の男性棋士にかなり平気で勝っているのをみて、将棋のプロに換算したら、誰くらいの強さなのだろうと素朴な疑問をもった。そんな野暮な疑問はもつべきでないという意見もあるかもしれないが、以下のサイトの情報を利用できないかと考えた。

これをみると、将棋のプロの人数がほぼ160人であり、囲碁のプロの人数がほぼ460人であることが分る。

ここで、囲碁のプロのランキング・サイトで藤沢里菜を確認すると、127位なので、単純に127×160/460を計算してもそんなに間違いではないだろう。すると、ほぼ44となって、それは、阿部隆八段に対応する。しかし、いくら藤沢里菜が強いといっても、流石に阿部隆八段の域にはまだ達していないような気がする。

ここで、ある仮定による補正を入れる。それは、囲碁のトップ30人と、将棋のトップ30人はそのままのランキングを使う、というものである。すると、将棋の佐藤天彦八段と囲碁の村川大介王座、将棋の千田翔太五段と、囲碁の松本武久七段のランキングがほぼ等価となり、なんとなく妥当な雰囲気を醸している。

この仮定により、囲碁の31位以降のランキングnを、次の式で将棋のランキングに換算する:
30 + (n-30)*(160-30)/(460-30)

すると、藤沢里菜の将棋換算ランキングは61位となり、それは、野月浩貴七段に相当する。藤沢里菜を野月浩貴七段に対応させたとしても、そんなにありえないランキング換算でもないと思われるのだが、どうだろうか。

上記の式によると、将棋の31位以降のランキングmは、次の式で囲碁のランキングに換算する:
30 + (m-30)*(460-30)/(160-30)

すると、例えば将棋の今泉健司四段は80位であるが、これを囲碁のランキングに換算すると195位で、安藤和繁四段や植木善大八段あたりに対応し、これも「相場」ではないだろうか。

まあ、もともと比較しにくいものを無理やり比較しているので、単なる参考と思って戴ければ幸いである。

「群論、これはおもしろい」飯高茂著、共立出版は、私にとってとてもしっくりくる好著で、折に触れては通勤電車の中で眺めては、悦に入っている。

その原始根あたりの記述が気に入ったので、飯高先生の教えに従い、原始根の主題による変奏曲を書いてみようと思ったが、そんな大層なことが私に書けるはずはなく、ただ気の向くままに本の内容を書き写すようなことをしてみる。

まず、前提として、ある自然数mに対する剰余環Zmを挙げる。すなわち、整数の世界をmの法に限定して考える。すると、Zm = {0,1,2,...,m-1}である。加法に関して、普通に可換群になっていることは見やすい。また、乗法については、結合法則を満たしているので、以上から、Zmが環になっているのも見やすい。そこで、Zmを剰余環と呼ぶことが正当化される。

次に、Zmの加法の方は一旦忘れて、乗法だけに着目する。なんとか乗法についても群にしたいというモチベーションを抱いてみる。群ということは、典型的には、あらゆる元に逆元が存在するということで、すると真っ先にパージしなくてはならないのは、0である。

では、0だけ除けばいいのかというと、そうもいかない。例えば、m = 4とすると、2×2 = 4 ≡ 0 mod 4となって、2には逆元が存在しないので、Z4は乗法について群にならない。

ここで、天下り的に次のユークリッドの補題を掲げる。
自然数nとmの最大公約数をdとするとき、d = an+bmを満たす整数a,bが存在する。

これの証明を私の独力で与えるのは難しいので、とりあえずgivenとする。そこで、ユークリッドの補題を、nとmが互いに素の場合に限定すると、1 = an+bmを満たす整数a,bが存在する、となる。この式のmod mをとってみると、1 ≡ an mod mとなり、これは、aがmod mの世界で、nの逆元になっていることを意味する。

これは、言い換えると、Zmにおいて、mに対して素なnは逆元をもつという訳なので、Zmにおいて、mと互いに素な元だけを残すことにより、Zmは乗法について群となる。それをZm*と書いて、剰余環Zmの乗法群と呼ぶ。

そこで、Zm*を、m = 5から20まで例示してみる。
Z5* = {1,2,3,4}
Z6* = {1,5}
Z7* = {1,2,3,4,5,6}
Z8* = {1,3,5,7}
Z9* = {1,2,4,5,7,8}
Z10* = {1,3,7,9}
Z11* = {1,2,3,4,5,6,7,8,9,10}
Z12* = {1,5,7,11}
Z13* = {1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12}
Z14* = {1,3,5,9,11,13}
Z15* = {1,2,4,7,8,11,13,14}
Z16* = {1,3,5,7,9,11,13,15}
Z17* = {1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16}
Z18* = {1,5,7,11,13,17}
Z19* = {1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18}
Z20* = {1,3,7,9,11,13,17,19}

オイラー関数φ(n)は、Zn*の元の個数として定義される。言い換えると、φ(n)は、1からn-1までの整数のうち、nと互いに素なものの個数である。

オイラー関数には、次のような定理というか公式がある。すなわち、整数nの約数全体dに亘ってφ(d)を加えると、nになる。例えば、n = 6の約数は、6、3、2、1なので、
φ(1) + φ(2) + φ(3) + φ(6) = 6

素数pに対して、φ(p) = p - 1であるのは自明。

素数p、qの積について、公式を適用すると、φ(1) + φ(p) + φ(q) + φ(pq) = pq
よって、φ(pq) = pq - (p-1) - (q-1) -1 = (p-1)(q-1)

素数pについて、2p = φ(2p) + φ(p) + φ(2) + φ(1)であるので、
2p = φ(2p) + p - 1 + 1 + 1、よってφ(2p) = p - 1 = φ(p)
これは案外面白い性質である。

さらに、素数pについて、3p = φ(3p) + φ(p) + φ(3) + φ(1)であるので、
3p = φ(3p) + p - 1 + 2 + 1、よってφ(3p) = 2p - 2 = 2φ(p)
また、4p = φ(4p) + φ(2p) + φ(p) + φ(4) + φ(2) + φ(1)であるので、
φ(4p) = 2φ(p) = φ(3p)

素数pに対して、φ(4p) = φ(3p) = 2φ(p)というのは、関数としては結構奇妙な性質なのだが、コンピュータで素朴にオイラー関数の値を計算していて、たまたま発見したのだった。

本日は、ここまでとしておく。

私のように古いパソコンユーザは、1985年頃のMS-DOS時代からパソコンを使っている。尤も、いちいち言うまでもないが、パソコン歴が長いからといって、それはスキルがあることを全く意味しない。そもそもがMS-DOS時代に培ったスキルなど、Windows7やWindows8.1にはほとんど関係ない。

ところが、MS-DOS時代に培ったスキルで、今のWindowsで使えるスキルが少しだけある。そのうちの1つが、バッチファイルである。

すなわち、MS-DOSで、コマンドラインでC:\>program1というプログラムを実行し、それが終わったらC:\>program2を実行するものとすると、例えば以下のような内容を、SS.batというテキストファイル名で保存する。

program1
program2

そして、C:\>SSとすると、SS.bat中に書かれたプログラムが順次実行される。このSS.batのようなファイルをバッチファイルと呼ぶ。

バッチファイルは、Windowsでも、一連の処理を実行するために使用することができる。例えば私は、c:\src\PerlSrcのフォルダを開くとともに、コマンドプロンプトを開いて、カレントフォルダをc:\src\PerlSrcにしたいという要望があり、この処理を一気に実行するために、以下のようなバッチファイルを書いた。そして、それをc:\src\batchというフォルダに、work.batとして保存した。

@echo off
explorer c:\src\PerlSrc
cd c:\src\PerlSrc
cmd /k

すなわち、フォルダを開くには、explorerというプログラムを呼び出し、フォルダを指定するには、MS-DOS時代からある、cd (change directory)というコマンドを指定し、コマンドプロンプトを開くには、cmdを呼び出す。なお、cmdの後の/kがないと、一瞬コマンドプロンプトが開いて、すぐに閉じてしまう。また、explorerを含む行を複数書いておくと、一気に複数のフォルダを開ける。

こうして、c:\src\PerlSrcでコマンドプロンプトを開き、そこでPerlを実行するのである。

なお、work.batを実行するためにいちいちc:\src\batchというフォルダを開くのは煩わしい。そこで、c:\src\batch\work.batのショートカットをデスクトップに貼り付け、そこをダブルクリックするとwork.batが起動されるようにしておく。

また、このように書いたwork.batを編集したいという必要性があるので、例えば、c:\src\batchにbedit.batという以下のような内容のファイルを書いておく。
@echo off
"c:\Program Files (x86)\Hidemaru\Hidemaru.exe" c:\src\batch\work.bat

そして、c:\src\batch\bedit.batのショートカットをデスクトップに貼り付け、そこをダブルクリックすると、work.batの内容を秀丸で編集できるようになる。

まあ、知っている人は知っている、どうってことないバッチファイルのテクニックなのだった。

コンピュータ・セキュリティの本を読んでいたら、ゼロディ攻撃という用語が出てきた。どういう意味かというと、典型的にはWindowsであるが、オペレーティング・システムなどのソフトウェアで脆弱性が見つかって、そのセキュリティ・パッチが用意される前に、その隙をついて攻撃が行われることをいう。

なぜ今更、ゼロディ攻撃という用語を引くかというと、去年の名人戦は、羽生の森内に対するゼロディ攻撃だったよね、と思いついたからである。

すなわち、羽生から常に実績で一歩遅れていた森内は、羽生に負ける度に、必死の研究で自分の将棋の脆弱性にパッチをあててきた。脆弱性の箇所は沢山あるので、最初はパッチをあてても羽生になかなか勝てなかったが、長年のセキュリティ・パッチで、森内将棋は、羽生に対する脆弱性をほどんど解消したかに思えた。

その成果は、羽生に対する名人戦での連覇となって顕れた。しかし、セキュリティ・パッチを作るのに時間がかかることを見てとった羽生は、脆弱性に対して未知のパターンのゼロディ攻撃を仕掛け、森内はパッチを当てる暇もなく、あえなく敗れてしまった。

その有様を一種の驚きをもって眺めていた私は、素朴な疑問を抱いた。すなわち、羽生は生来、不定形の将棋が得意なので、その気になればいつでもゼロディ攻撃を仕掛けられたはずなのになぜ何年も満を持したのだろう、ということである。

そのことの一つのヒントは、羽生のスタイルに書いたことにあるのかもしれない。すなわち、そこにあるように羽生は、「全く経験がない形を指そうとしたら、実戦で試して負けることが必要だったりする。そのために授業料を払うつもりで対局に臨むことがある。」という。

すると、ここぞというときのゼロディ攻撃の秘密は普段の、一見定跡形のような対局にあるのだろうか。もしそうだとしても、どういう仕組みで負け将棋から何かを掴むのか、私にはまったく想像もつかない。ともかく言えることは、ゼロディ攻撃は何らかのリソースを消耗するのか、あまり濫用できないということである。なので今の棋王戦であっさり渡辺に負けているのは、何かの貯金中、ということのようである。

ゼロディ攻撃で思い出す他の棋士は、故大山十五世名人である。ただ、大山の場合、ゼロディ攻撃というよりも、ゼロディ受けなのかもしれない。すなわち、山田道美などが懸命の研究してきた戦法に意表の受けを繰り出して、研究を無効化してしまう。それはまるで、ころころとDNAを変化させ、ワクチンを無効化させるインフルエンザ・ウイルスを彷彿とさせる。

棋友から教えられたのだが、大山は、特に破られた訳ではないのに、一度使った変化は二度と使わなかったという。すると、大山は、ゼロディを思いつく発想力がとても豊かであった、ということになる。すると羽生は、大山ほどゼロディ的リソースがないので、濫用できないのだろうか。そうとも思えないのだが。

書きながら思ったのだが、そもそもが私自身、あまりにもゼロディ的なものから遠い、パターン化人間なので、どうも羽生だの大山だの、あまりにも私の想像を超えた存在なのだった。

変な特許実務のところにも書いたが、やはりどんなことでも、プラクティカル・ミニマムというべきことはあると思う。これは、ロシアの有名な物理学者である、ランダウが提唱したことの捩りである。すなわち、かりにも物理学の専門家を志すなら、セオレティカル・ミニマムとして、これくらいはマスターしておくべき、とランダウとリフシッツが執筆したのが、「理論物理学教程」で、確か東京図書から翻訳が出ていた。力学、電磁気学、流体力学、量子力学など数巻からなり、私が学生の頃は人気だったので、私も一応買うには買った。ただ、私のようなヘボ学生には手に負えず、これくらいちゃんと理解できないと専門家にはなれなのか、と落胆したものだった。

私が唱えるプラクティカル・ミニマムというのは、到底そんな高度なものではない。何しろ本当の意味でミニマムなのであって、私の将棋の棋力程度でも、一応プラクティカル・ミニマムを満たしている、とみなせる。

もっと言うと、梅田望夫氏は、ITの専門家だが、「なんで羽生さんだけが強いんですか。」という著書もあって、将棋ファンでもある。もともと将棋の実戦は指されないそうで、流石に私の方が将棋そのものの知識は多いと思うのだが、それでも私の基準では、将棋のプラクティカル・ミニマムを満たしているような気がする。

すなわち、私のというプラクティカル・ミニマムは、一通りの実戦経験があって、一通りの知識があり、そして何よりも大事なのだが、少なくとも一片の愛がそこにある、ということが条件である。

別の例では、NHKの囲碁フォーカスに戸島 花さんという女性が聞き手で出てくるが、花さんもやはり、囲碁のプラクティカル・ミニマムを満たしていると思う。すなわち、日々囲碁を勉強していて棋力は日進月歩であり、やはり囲碁に対する愛がある。

なんでそんなことを私がいうかというと、ある意味私の元専門分野といってもよいのだが、知的財産管理の講演のようなセッションが特許庁主催で開催されたりする。そしてそこに、私もある程度知っている人が登壇したりするのだが、本当にプラクティカル・ミニマムを満たしているのだろうかという問いかけに、肯定的に応える気がしなかったりする。

すなわち、特許のプラクティカル・ミニマムとは、明細書作成、中間処理、特許サーチ、年金管理、発明評価、電子出願システム、特許管理システムなど、少なくとも花ちゃんが囲碁に関してもつ程度の知識を一通りもっていることだからである。

ところが、知的財産関係のセミナーな講演において、特許のプラクティカル・ミニマムが本当にあるかどうか、分かりにくい。もし欠如するとしても、なかなかばれない。

ところが、特許のプラクティカル・ミニマムに欠けることがなかなかばれないのは、第一に、一方的に参加者に向かって話すだけで、双方向の会話でないからである。第二に、すべての参加者が実は十分にプラクティカル・ミニマムを備えているとは限らなかったりする。こうして、知的財産の世界というのは、最低限のプラクティカル・ミニマムに欠ける人がときとして、その道の権威で通ってしまう、なんとも不可解な世界、ということになる。

それはこの業界に構造的なもので、例えば特許の世界では、会社の社内出願は、弁理士である特許部門の管理職が代理人になっていて、実は日頃全く出願内容の一センテンスさえみたことがない、ということはそんなに稀ではない。

プラクティカル・ミニマムを備えない人による、さも分かったような意見が堂々とまかり通ってしまう、なんとも困った業界なのだった。

棋友から、羽生名人の本に書いてある、羽生の持論なるものを紹介してもらった。私は直接その本を読んでいないし、又聞きになるので私が勘違いする可能性もあるが、いかなる勘違いも文責は私にある、として紹介させて戴く。

それは要するに、十年後に勝つためには、リスクを取らなくてはいけない。具体的には、大きいリスクというよりも、小リスクを取り続けるということである。今勝つために得意戦法や得意の指し方に拘っていると、確実に弱くなる、というものである。

これを聞いて私が苦笑いしてしまうのは、自分の将棋大会の経験を思い出して、である。すなわち、最近では多少日常的に棋書を読むようになったが、以前は全く普段将棋の勉強をしないで将棋大会に臨むことが多かった。それは当時管理職で仕事が多忙だったとか、いろいろ理由は思いつくのだが、まあ言い訳である。

そのように日常的に将棋の勉強しないで将棋大会に出るとどうするかというと、過去に経験した、比較的馴染みがある戦法に誘導するか、穴熊のような、ともかく玉を堅くする戦法に依存しようとする。要するに、低リスク戦法である。それでうまくいくこともなくはなくて、ああ、普段勉強しないのにこれだけ勝てるとは、俺って意外に才能あるのかなと自惚れたこともあったりして、全く馬鹿につける薬はないとはこのことである。

しかし、正直いって、そういう低リスク戦略を続けていると、平均的にはじり貧であり、勝率はよくない。まさに、羽生先生ご指摘のとおりである。

それでも、なんとか安易に勝とうと、ハメ手戦法の本をちらっと読んで将棋大会に臨んだことがあったが、準備不足で、却って低リスク戦法よりもさらに惨めな負け方になってしまった。敗因は、準備不足よりもむしろ、なるべく低コストで勝とういう発想がいけなかったようである。

その後プロ棋界で、ゴキゲン中飛車が流行するのをみて、私も見よう見まねでゴキゲン中飛車を将棋大会で使ってみた。小さいかもしれないが私としては、精一杯のリスクをとったつもりである。

すると、意外に私の棋風にあったのか、結構勝てた。一つには、ゴキゲン中飛車流行の初期だったので、あまり有力な対策が研究されていなかった、というのもある。しかし、私が勝ち星を稼げた時期は長く続かなかった。一番大きいのは、超速などの対策が進んでゴキゲン側が苦労するようになったことだが、そもそもが一時期勝てたからと、やはり低リスクでゴキゲン中飛車を採用し続けたのがいけなかった。

こうしてみると、私のヒストリは、勝つためには小リスクを取り続けなくてはならないという羽生理論を、ネガティブな実例として実証していることになる。

戻って、羽生名人は最近、渡辺棋王に挑戦して、3タテで防衛されてしまった。なんだ羽生は情けないではないか、渡辺には勝てないのかというのが素朴な見方であるが、私の見解は少し違う。これが羽生流のリスクの取り方なのである。すなわち、棋王戦の戦法をみてみるがよい。第1局は、渡辺の先手で典型的な角換腰掛銀。第2局は羽生の先手で典型的な矢倉。第3局も、渡辺の先手で典型的な角換腰掛銀。すべて渡辺の想定内であり研究範囲である。

それでは羽生が手を抜いたのかというと、勿論違う。羽生は与えられた局面で自分なりに一生懸命考え、最善手を選ぼうとしたはずである。ただ、たまたまその局面で、渡辺に羽生を上回る研究があったということである。ある意味、渡辺の研究を実戦の場で観察したという意味がある。

タイトル戦でそんなことをするのかと問う向きもあるかもしれないが、羽生理論だと、タイトル戦であろうとなかろうと、目の前の将棋に勝つよりも、10年後にも勝てるための栄養補給、すなわちリスクをとることが重要なのであった。

その際、羽生は手を抜いているわけではないので、棋王のタイトル保持者が渡辺でなければタイトルを奪取しただろう。要は、渡辺が強かったということでもある。

ともかくこうやって少しずつリスクを取りながら学習して変容していくのが羽生流なのだが、それは一流の勝負師には必然なのであって、囲碁の趙治勲は、地に辛い、しのぎ重視の棋風をわざと一旦壊して模様の碁に変容することで一時スランプになり、加藤正夫も、殺し屋加藤からヨセの加藤に変容して一時的に雌伏期間があった。

ただ、小さなリスク理論で分からないのは、将棋の加藤一二三と、囲碁の武宮正樹である。私が見ている限り、彼は、驚くほど棋風が変わらず、何十年もの間、同じような棋風であるように思われる。それはリスクを取っていないのではないかという見方もあるが、別の見方では、変わらないことがリスクなのであり、そういう意味でリスクを取り続けているのかな、とも思ったりする。

やはり、小さなリスク理論は難しい。

山椒魚さんから紹介されたシリーズとして、マルタの鷹深夜プラス1と続いて読んできた。正直いって、時代背景も違うせいか、なかなか小説の世界に入り込めなくて、面白いと感じたのはかなり最後の方になってからだった。

そして残るは、ジャック・ヒギンスの「鷲は舞い降りた」ハヤカワ文庫。今までの経緯からして、そんなにすごく期待してよみ始めたわけではない。ところが、これは違った。魚釣りでいうと、釣り糸を海に投げ込むと、いきなりぐぐっと引っ張られる感じである。

その理由の一つに、ナチスやヒットラーが関与している、ということがある。私はいかなる意味でもネオナチみたいな思想の持ち主ではないが、歴史的にヒットラーには興味があって、多くはないが何冊か関連書籍をよみ、ある程度背景知識もある。そういう前提が、ストーリーに入り込むバリアをぐっと下げている。

そういう前提の上に、なんと、イギリスの海辺の寒村にチャーチルが保養に訪れる計画を事前に入手したので、ドイツの落下傘部隊が密かにその地を襲い、チャーチルを拉致または殺害する計画を立てるというのだから、なんともすごいと興味をそそられる。

興味をそそられると、早く作戦を展開しろよと期待してしまうのだが、いかにもイギリス小説らしく、前提の、段取りとでもいうべきストーリーが長い。普通はそれで退屈してしまい、忍耐力があるようでない私は飽きてしまい途中で投げ出したりするのだが、この小説は違う。段取りのところでも、脇役のような人までが、いわゆるキャラが立って、活き活きしている。

例えば、チャーチル訪問予定地のそばに住む女スパイのジョウアナ・グレイ。英語をネイティブのように話し、完全にイギリス社会に溶け込んでいるが、南アフリカ出身で、その体験からイギリスに深い恨みを抱き、ドイツに忠誠を誓ってせっせと情報を提供している。

そして、ジョウアナからの情報に基づき、作戦をたて遂行する責任者に任命された、ドイツ国防軍情報部のマックス・ラードル中佐。ナチスに面従腹背の上司の下で、ゲシュタポの長のヒムラーから直接指示を受けて、翻弄される。

さらに、IRAの闘士でアイルランド人、リーアム・デヴリン。練達のテロリストで、一足先に現地に行き、ジョウアナとのつなぎ役という重要な役割を任命される。基本的に使命感溢れるのだが、悪戯心が過ぎて、現地で余計な波紋を巻き起こす。

さらに極め付きは、ドイツ落下傘部隊隊長のクルト・シュタイナ中佐。ソ連侵攻のバルバロッサ作戦で偉大なる武功を挙げ、勲章をもらうのだが、その人道主義からユダヤ人を救って戦犯扱いを受け、一転してシュタイナとその部下は、自殺攻撃に近い危険な任務を与えられる。緩慢なる死刑といってよい。そんな捨て駒のような部隊であることと、作戦遂行の能力が買われて、舞い降りる鷲の役割を与えられたのだった。

役者はそれだけではない。オランダの基地から鷲達を現地に運ぶという重要且つ危険な任務を担う練達のパイロット、ゲーリケ大尉。デヴリンと戯れのようで深い恋愛関係に陥った村娘モリイ・プライア。その他書ききれないほどの人達がいて、各々がまるで主役のように存在を主張する。

こうして、ついに、細い線を繋ぐように作戦は静かに深く遂行されていく。ここからが白眉なので、あとは読んでのお楽しみである。

それにしても、実在の多数の人物と史実に想像を取り混ぜ、コトコト煮込んで絶妙のシチューをつくりあげた、ジャック・ヒギンズの力量は凄い。蓋し、戦後最高の冒険小説と言われる所以である。

あと、原題は、"The eagle has landed."なのだが、どうして単数なのだろう。私の英語力では理解できないのだった。

私は一応長年特許実務をやってきたが、どうしても限界があるのは、特許事務所などでお客さん相手の仕事をしたことがないところだろう。なので、長年勤めていた外資系の会社を辞めて、ある特許事務所に応募したとき、特許事務所経験がないという理由で断られたのは、そのときはがっかりしたが、今にして思えばわかるような気もする。

そんな私だが、一応若い頃、厳しい上司や先輩にうるさく鍛えられたので、theoretical minimumならぬ、practical minimumのようなものは身についていると思っている。そして外資系に勤務していた頃は、教育と思って若い人の仕事に意見してきた。そうやって意見するのも結構大変なので、後輩からみたらありがたいはずなのである。

ところがいつからか、実務経験がほとんどない人達が管理職に就き、すると自信がないのか、同僚や後輩に実務的な指摘をするのは好ましくないという風潮をつくってしまった。そしていよいよ、若い人は実務の常識から遠くなるのだった。

ともかく、今特許調査の仕事をしていて、昔特許実務をやっていた日々を懐かしく思い出すのだが、特許調査の仕事が幸便なのは、いろいろな特許明細書をみれるということである。そして、見ていると、なかなかよく書けている特許明細書というのは少ないものだ、と思うのだが、特許明細書の中身となると多分に趣味によるところもあって、なかなか客観的なことも言いにくい。

ただ、どう形式的、あるいは客観的にみても変だよね、と感じたことがあるので、ちょっと書いてみる。

まず、明らかに変だと思うのは、拒絶理由通知に対して、手続補正書しか出さない案件があることである。もちろん、意見書だけ、という方針はありである。進歩性が明らかで記載不備もないなら、意見書だけで進歩性を説明すればいい。

ただ、拒絶理由通知が記載不備だけだったら、手続補正書だけで対応するのもありだと思う人があるかもしれないが、それでも、意見書で、何かの申し開きを書くべきである。審査官の心証も違う。

それが場合によりぎりぎりありだとしても、それでは、いわゆる29条第2項の、複数引例とつきの拒絶理由通知に対して手続補正書だけで対応するのはどうだろう。それでいいのだ、という弁理士はもしかして日本にほとんどいないのではないか。しかし、こういうことをする弁理士も日本にはいるのである。もしその理由が、意見書に何か書くと、禁反言になるので、手続補正書だけで対応するのがベストだという人がいたとしたら、私は特許業界から速やかに足を洗うべきだと勧めたい。

しかし、特許調査していて、それさえもまだましだと思わせる例に出会った。それは、基本的に外内のケースなのだが、請求項1の記載を、「本願明細書に記載の発明。」とだけ書くことである。これを最初にみたとき私は、何かの間違いではないかと何度も明細書をスクロールしてみた。そもそも、特許調査やっていて、請求項1を「本願明細書に記載の発明。」とだけ書かれると、まったく権利範囲が分からない。

特許請求の範囲の翻訳時間の手間を省くためなのかもしれないが、少なくとも実施例などの記載はちゃんと書かれているので、そこだけ手を抜く意味も分からない。

そもそも、IPDLで調べてみると、請求項1の記載を、「本願明細書に記載の発明。」としているのは結構特定の特許事務所のようで、すると特許庁から行政指導されないのか、と怪訝になった。

もうこうなったら、特許調査しながら、奇妙奇天烈な特許実務の例でも収集するかと開き直ってみる次第である。

インレー

user-pic
0

インレーというのは聞きなれない用語であるが、歯の詰め物のことである。私はこの用語を最初、歯科医師がアシスタントに指示する用語として聞いた。専門用語なので、歯科医師が普通、患者に使うことはないはずである。

一般的に、インレーというのは金属である。例えば、虫歯になって歯科に行くと、虫歯の箇所を削って、型をとる。その型を使って、歯科技工士が、後で金属を流し込んで被せ物をつくる。

しかし、金属の被せ物をつくるのは時間がかかるので、その日は削った箇所にプラスチックを仮詰めして、次回の診療時に、出来上がった金属の被せ物が、専用の接着剤で接着して被せられる。ただ、型から金属の被せ物を形成するとはいっても、どうしても形状や大きさの誤差が生じる。すると、歯科医は、被せる前に被せ物と歯の一方または両方を削る必要があることが多い。また、被せた後も、高さ調整のため、被せ物のかなりの部分を削る必要があったりする。おそらくであるが、低すぎるように作ってしまうとそこから高くするという調整はできないので、少し高めに作ってあるはずである。

ところが、インレーにも技術革新が起きた。すなわち、金属でなくプラスチックのインレーを使うのである。ここ数年のことではないだろうか。

最初にプラスチックのインレーで処置されたとき、私はてっきりこれは、金属の被せ物を作る前の仮詰めだと思った。ところが型をとる工程がない。怪訝な気持ちになっていると、なんと、このプラスチック・インレーは、恒久的な詰め物なのだという。今まで金属を使っていたところに、プラスチックが代用できるのだろうか。

そういう疑問を抱いていたら先日、詰め物がとれてしまったので歯科に行ったとき、歯科医師から直接、プラスチック・インレーのことを説明して戴く、という幸運をえた。そこで、自分用のメモとして記述してみる。

そもそも、プラスチック・インレーが現れるインセンティブとして、金属のインレーをつくる工程の困難さがある。型をとって金属を流し込み、その後研磨したりして金属のインレーを作成するのは大変に手間とコストがかかる。また、折角作ってもどうしてもうまく合わなくて作り直す必要があることもある。すると保険治療では赤字になりかねない。

プラスチック・インレーだと、そういう困難はない。すなわち、柔らかいプラスチックを歯に被せ、特定の波長のLEDで光を当てて硬化させる。ただ、誰でも考えるように、課題は硬度、そして接着性である。歯というのは、噛み合わせで物凄い応力がかかる。たかが?ブラチックがそれに耐えられるのか。

歯科医師によると、日本におけるプラスチック・インレーのトップ・メーカーの一つにクラレがあるという。具体的にはクラレ・メディカルという会社である。ウェブ検索してみると、製品名は、クリアフィルというらしい。

試しに特許庁のホームページで、"歯科 AND インレー AND クラレ"というキーワードで検索してみた。すると、80件のヒットがあった。そのうちの1つ、特開2012-77009の請求項をみてみると、次のとおりである。

【請求項1】
重合性単量体(A)と、重合開始剤(B)と、リン酸カルシウム系微粒子(C)とを含有する歯科用硬化性組成物であって、
前記リン酸カルシウム系微粒子(C)の平均一次粒子径が5~200nmである歯科用硬化性組成物。

なるほど、リン酸カルシウム系微粒子を加えることでインレーの強度を高めるのか。でも、リン酸カルシウムって確か、もともと歯のエナメル質の成分だよね、と生半可な知識で考えた。

なお、特開2012-77009の従属項に記述されているのは、リン酸カルシウム系微粒子の表面処理剤であり、それは例えば、10-(メタ)アクリロイルオキシデシルジハイドロジェンホスフェートらしくて、このあたりがミソなのかな、と元特許実務屋の感性で感じるのだが、技術分野が私の得意なところから遠すぎるので、多分思い過ごしだろう。

プラスチック・インレーの分野はとても技術革新が激しく、最近では、金属に匹敵する硬度を公称とする製品も現れたそうなのだが、実際のところ、どうなんでしょうね、と歯科医師の方は笑っていた。

こういうプラスチックの分野の巨人といえば、帝人や東レなのだが、プラスチック・インレーの分野ではクラレが先行しており、市場が巨大とはいえなくても極めて高付加価値商品であり、同社の売上の主要部分を占めるまでになっているそうである。

それにしても、こういう分野こそ特許は重要だよねと痛感する。なぜなら、特許がないと、他社のインレーのサンプルを購入して、解析し、それをコピーした商品を開発することが容易だからである。今更何を寝ぼけたことを言っているのだ、と笑われそうである。

カラ鉄

user-pic
0

頻度は多くなくても、カラオケ歴の長い私は、やはりカラオケに行くということは、とても楽しいイベントの一つである。

で、いろいろなカラオケの店に行っていて、今まで流石と思ったのはやはり、カラ鉄こと、カラオケの鉄人である。なにしろ、まさかこんな曲はないよね、と思っている曲が、ちゃんと入っている。

昔と違って今は通信カラオケなので、カラオケ館とか、ビッグエコーとか、他のカラオケ屋でも今は同じだろうと思っていたら、実は店によってレパートリーは均一ではない。何らかのカスタマイズがある。

で、それでもカラオケ屋はカラ鉄だよね、と思ってきたのだが、それが次第に揺らいできた。このあたり、私が以前勤務していた外資系のコンピュータの評判とよく似ている。

何が言いたいかというと、こういうことである。すなわち、先日、カラオケ仲間数人と、昼間からカラ鉄に行った。平日の昼間なので流石にほとんどお客がいなかったが、ちょっと気になったのは、店の受付のおねえさんが持ち場を離れて、要するに、受付ががら明きだったのである。あらっ、と思い、すいません、と声をかけたら、レスポンスいまいちだったけど、なんとかやってきた。

そういえば、数年前は、平日の昼間でももう少し混んでいたような。アベノミクスで好景気になっているんじゃなかったっけ。

ともかく、部屋に入ってともかく歌おうと、入れようとした曲がヒットしない。具体的にいうと、ヒカチューの「20世紀の終わりに」と、たまの「そんな僕が好き」である。ちょっと変わっていて好きな歌なのだが、他のカラオケ屋ではちゃんとあった。なんでこんな曲がないのかと私ちょっとむっとした。

私がモタモタしているので、見かねて、仲間の一人が高倉健の「唐獅子牡丹」を入力した。なんでも健さんの追悼らしい。じゃ、ということで私は、やはり健さんの「網走番外地」を2番目に入れた。

ところがである、「唐獅子牡丹」を差し置いて、2番目のはずの「網走番外地」の方が先に始まってしまった。

ここにきて、カラ鉄、大丈夫か?と思ってしまった。というのは、曲が入ってないのは、JASRACに払う契約金を渋ったので、包括パックで曲数が少ない方になっているのではないか。

また、入力した曲の順番が入れ替わるのは、通信カラオケのネットワーク環境がおかしいのではないか。

で、もしかしてカラ鉄は、経営が悪化して資金不足になっているのだろうか、とつい邪推するのだが、考え過ぎだろうか。

ロクヨン

user-pic
0

横山秀夫は、おそらく日本でもトップクラスの推理作家なのだろう。私が最初に読んだのは確か、第三の時効で、初めて見るトリックにいたく感心した。それで、有名な「半落ち」も読んだが、ちょっとこれは私としては、評判ほどではないと思った。

そして次に読んだのは「動機」と「陰の季節」で、これらはD県警の警務部人事課の二渡警部が主役である。二渡は、警部とはいえ実際の捜査など一度も経験したことがない、完全に内勤の役割で、よって刑事たちから馬鹿にされている。しかし、人事権をもっているので、みんな煙たがり、あるいは畏れる。そんな二渡の苦労は、特許部門にあって事務方のマネジャが長かった私はとても共感することができた。ただ、犯人逮捕のシーンが出てくるわけではないので、ちょっと不完全燃焼になったのも確かである。

そんなとき、横山秀夫の新刊が発売された。なんでも「ロクヨン」という題で、やはりD県警の警務部の担当者が主役らしく、なんとなく積極的に読む気がしなかった。

ところが、何かのニュースをみていたとき、安倍首相がG8サミットかなにかで外国に出かけたとき、もっていった本が「ロクヨン」らしくて、飛行機の中やホテルで読んでいたらしい。へぇ、じゃ私もやはり読もうかな、と思ったのは私の生来のミーハーさである。

ただ、電車読みするにはやはり単行本よりも文庫版がよく、なのでじっと「ロクヨン」の文庫版が発売されているのを待っていた。そして、発売されたと分かると、週末に急いで自宅のそばの文教堂に行った。売り切れを恐れたのだが、ちゃんと数冊平積みになっていた。

そして、読み始めると、D県警の警務部の広報担当の三上が主役だった。三上はもともと刑事部にして、なかなか辣腕の刑事だった。ところが、同期の二渡の仕業なのか、警務部に異動させられて、それを今でも不満に思っている。

そんなときある交通事故の加害者の実名を出さないという決定が警務部によってなされ、D県警詰の記者たちはそれに対して大層な不満を表明し、三上はその対応に追われた。

そうしているうちに、近日中に警察庁長官がD県警に視察に来るという計画が伝えられ、ロクヨンの被害者の自宅に警察庁長官が弔問に訪れるので、その段取をつけるようにと、三上は上司から伝えられた。

ロクヨンとは、たった8日間しかなかった昭和64年にD県で起きた誘拐事件で、D県警総力を挙げた捜査にもかかわらず、誘拐された娘は殺され、身代金も奪われてしまった、というD県警痛恨の事件なのだった。実は三上も当時、刑事として深くロクヨンに関与していた。そして今になってロクヨンのことを調べていくと、わからないがD県警にとってスキャンダラスなことにつながっているようで、刑事たちは一様に口を閉ざしてしまうのだった。

一方でD県警詰の記者たちとの対立が深まり、日々険悪化していく。元の同僚である刑事たちからも疎外され、警察庁から出向しているキャリアたちからも疎んじられ、さらには自分の家庭にも深刻な問題を抱え、まさに四面楚歌の状態のとき、D県に新たな刑事事件が起き、必死の思いで三上が立ち向かっていくという、かなり息苦しくなるようなストーリーで気が重くなった。

ここからはストーリーのキーで、ネタばれになるので書かないが、確かに濃厚なスープのようなプロットは、横山秀夫の畢竟の話題作といえるだろう。

私がつい手に汗握ったのは、警務部=私がマネジャだった特許部門の事務方、刑事部=弁理士を含む特許実務担当のグループ、警察庁=米国本社という読み替えを頭の中でして、一人で盛り上がっていたからである。おそらくであるが、大抵のサラリーマンなら、組織的にこのような三角関係はあてはまるのだろう。それが、この小説の絶大なる人気の秘密なのかな、とふと思った次第である。

知の編集術

user-pic
0

私はもう30年以上前から松岡正剛氏を尊敬していて、それでいて、何か正体不明の人だなあ、という怪訝さも感じていた。要するに興味を抱いていた、ということなのだが、なので書店でたまたま、「知の編集術」講談社現代新書をみつけたときは、とりあえず買っておいた。

そうやって「知の編集術」は、私の書棚の見やすい位置に配置され、その背表紙は何年も私を眺めつづけてきたのだが、さっぱりわからない理由で私はこの本を手に取ろうとしなかった。

そしてさらに分からないのは、突然この本を読んでみる気になったことであるが、読み始めて次第に、なぜ私がこの本を読むことを今まで無意識のうちに避けてきたかが分かり、苦笑した。

その理由とは次のとおりである。すなわち、私がこのブログを書いている理由の一つは実は、編集の練習という意味もある。例えば、ある本を読んで自分なりに要約してコメントをつけるというのも、思いついたアイデアを膨らませて一本の記事にするのも自分なりの編集作業であり、沢山ブログ記事を書くことで、自分なりに我流ではあれ、編集手法を確立した、という自負があった。

そこで「知の編集術」を読んでみると、私が確立したと勝手に思っている編集技法は当然に網羅されているだけでなく、私が全く思いつかなかったような、相撲の技や将棋の定跡のような、まさにめくるめきとでも言うべき編集技法が言及されていて、ううんそうなのかと唸るとともに、今までそのような編集手法を勉強しないで適当に我流でやってきたことが恥ずかしくなったきた。

そしてさらに考えてみると、私が数多の編集手法を無視してきた理由も分かってきた。すなわち、この本にもあるように、典型的に編集手法が駆使される領域として、映画の製作や、俳句や短歌、詩などの創作がある。しかし、何の知識が不足しているかといって、映画や詩歌ほど私が敬遠しているものもなく、このあたりが私の精神の極端な偏食にもつながっており、そのあたりも私が無意識のうちにこの本を読むのを避けてきた理由のようである。

では今から映画や詩歌に馴染むようにするかと自問すると、どうもその気になれないのだが、その一方で、めくるめき編集手法は、私が興味がある、アイデアをブログ記事にする手法や、本の要約技法、本の読み方にも広い応用があることがわかり、まさに目から鱗なのだった。

例えば、この本には、本の目次だけ眺めてどんなことが書いてあるかを想像してみて、そこで中身をみて、想像したことと実際の中身のギャップを確認したりするのも有意義だと書かれていて、なるほどと思い、この技法を、無味乾燥この上ない「基礎数学 統計学通論」北川敏男、稲葉三男著、共立出版に適用してみたところ、統計学という学問が、具体的なイメージとして浮かび上がり、にんまりしてしまった。かくのごとく、「知の編集術」は有意義な本なのだった。

そこで、この本の最初に書かれている、編集のスローガンを記しておく:

  1. 編集は遊びから生まれる
  2. 編集は対話から生まれる
  3. 編集は不足から生まれる

  1. 編集は照合である
  2. 編集は連想である
  3. 編集は冒険である

実は私は、松岡正剛氏の「知の編集工学」朝日新聞社ももっていて、これは「知の編集術」の数年前に刊行されたものであり、「知の編集術」よりも具体的で本格的な内容になっている。で、なぜ編集「工学」なのだ、コンピュータで実装するのかみたいな野暮な疑問をもってしまうのだが、それは措いて、ともかくこちらも読むとする。

大企業病

user-pic
0

駅の売店で、何かの雑誌か夕刊紙の広告だったかもしれないが、大企業病を打破する、というタイトルで何か記事があるという趣旨のことが書いてあった。そして、日立、NTTなどのいわゆる大企業の例が示されていた。

それを見て私はつい苦笑いしてしまったのだが、それは必ずしも、大企業というのは困ったもんだ、という趣旨ではない。確かに、東京電力の3.11の大地震とその後の原発事故に対する対応について、後手に回ったり、言い逃れしたり、迅速な対応ができなかったりして、あれは明らかに大企業病ではないかと、知り合いと話したりしたのだが、その後、原発を止めたことで明らかに不足する電力を、なんとか火力発電の増強で乗り切った。

地震があった年の夏も大変な猛暑で、エアコンをつけないと熱中症で死ぬ人が出てくるほどであったので、電力消費量は限界に達しそうになったが、ともかくも東京電力は停電にしないで凌ぎ切った。大企業病だったかもしれないが、よく頑張った、と見直した。

私が東京電力を見直した別の理由として、比較の問題がある。すなわち、私が当時所属していた外資系の部署で、スキル、期限管理、社内規則の遵守という極めて基本的なところが一部の人達の恣意に翻弄され、青息吐息だったからである。

それで、いくらなんでもと、元管理職の立場で意見を具申したりしたのだが、却って問題社員扱いされる始末で、これは到底大企業病でさえなく、組織のアノミーであると嘆息した。というのは、もし少なくとも大企業病であるなら、最低限の統制はとれていて、前例に則り石橋を叩いて決定がなされるので、妙な例外は起きないはずなのである。

もちろん大企業病だと、時代の流れから後れて、次第に会社の経営が傾くので、最初に引用した記事の趣旨は、異分子のような社員を大事にしなさいという趣旨なのだが、それはあくまでもベースの統制を維持しつつなのである。多少緩めるとしても能力主義のタガは緩めてはならず、実績と適性はきちんとウォッチしなくてはならない。

要は、常にチェック&バランスを怠らないことである。どんな制御システムもフィードバックがないと有限の時間のうちに確実に暴走する。そこに陥らないなら、大企業病を漸近的組織工学で改善していけるはずなのである。別にトリックスターも要らないのではないか。要するに、アノミーに達しないなら、大企業病も最悪ではないのである。

A級順位戦の最終日の一斉対局の日を俗に、将棋連盟の一番長い日と呼ぶが、去年のように、羽生がラス前で挑戦を決めていては、長さも中くらいなり春の宵、ということになってしまう。

しかし、今期は明らかに違う。挑戦が決まっていないだけでなく、勝敗の帰趨によっては四人プレーオフもありえる。しかも、この日は日曜で、嫌が応でも観客も多い。長さもひとしおである。

そういえば私は、2月のA級順位戦のとき、以下のように最終日の勝敗予想をした。そこで、赤字で自己採点してみた。

  • 行方 - 森内(今季の森内の調子からして、行方が勝つだろう):ここは外れてしまった。NHK杯でも決勝に進出したことからも分かるように、眠れる巨人である森内が次第に眠りから覚めつつあるように思われる。私はまだ当分眠っていると思ったのだが。
  • 渡辺 - 久保(久保は比較的に渡辺に分がいいのだが、やはり渡辺が勝つのではないか):久保は最近、菅井と共著で、振飛車談義の本を出した。その中で、四間から三間に振り直した石田流で24歩と振飛車の方から突ければいいと書いていたが、まさにそこを逆に渡辺に衝かれた。あの本で手の内を開示したのは失敗だった。
  • 広瀬 - 三浦(広瀬が勝つと思われる):三浦の新研究により一時、三浦がかなりいいように思えたのだが、広瀬の終盤力が光った。
  • 佐藤 - 深浦(ここはほぼ五分であるが、強いていうなら、深浦の粘りが功を奏するか):ここは、深浦の深い情念を感じさせるに十分な熱戦だった。佐藤に勝つ変化は沢山あったような気がするが。
  • 郷田 - 阿久津(郷田が有利にみえるが、阿久津が最後に意地をみせて1勝すると予想したい):阿久津は結局最後まで波に乗れなかった。誰も、阿久津の全敗は予想していなかったはずである。

結局、渡辺、久保、行方、広瀬の四者プレーオフとなった。こうなっては、渡辺、広瀬が有利か。

ところで、私の前回の勝敗予想は、3勝2敗だった。5割以上だからいいともいえるが、急所の行方-森内を外してしまっては何にもならない。

そして名人挑戦は、勢いのある渡辺とみる。すると、羽生も安閑としていられない。

凶笑面

user-pic
0

北森鴻については、狐罠狐闇を通じて結構ポジティブに評価している。

そして、狐闇で、蓮丈那智とかいう、とてもユニークなキャラが出てきて、そちらをフィーチャーした作品もあったよね、と思い、Wikiで北森鴻を項目を確認し、蓮丈那智シリーズの第一作である「凶笑面」新潮文庫を買って読み始めた。

するとこれは実は短編集なのであって、「鬼封会」、「凶笑面」、「不帰屋」、「双死神」、「邪宗仏」の五篇からなる。どれもいかにも不吉なタイトルだが、もちろんどれも、狛江にあるという、東敬大学の民俗学の助教授である蓮丈那智と、その助手の内藤三國のコンビが活躍する。

それにしても狛江にある大学というと、慈恵医大くらいのもので、どうみても東敬大学のモデルにはなりえない。すると、隣の区にある成城学園なのだろうか。

それにしても、蓮丈那智というのは美人で異端の少壮学者だというのだが、中性的で到底女性らしくない記述は流石に私も萌えない。また、助手の三國を奴隷のようにこき使うのだが、ほとんど女王様のようなものである。

また、私は一般に文系的学問に疎いが、特に民俗学というのはほとんど馴染みがない。民俗学の有名な人としては柳田國男くらいしか知らないし、その著書もほとんど読んだことがない。なので私は、民俗学と、歴史学と、考古学の区別がつかない。よって、この本を読むのは私にとって、民俗学入門という趣もある。

さて、まず「鬼封会」であるが、岡山で、正月の行事に鬼が加わる、鬼封会という行事があるというので、那智と三國が早速岡山に赴く。そして、いろいろ地元の人に聞き込みをしているうちに、この情報を提供してくれた東敬大学の学生が殺されたと聞き、那智はその学生の彼女だったという人に会い話を聞き、次第に深層が明らかになる。

「凶笑面」では舞台を長野に移す。そこで、骨董ブローカーの安久津が、旧家の倉を仕切っていた。その中にあったのが、なんとも不気味な凶笑面。そうしているうちに、まるで完全犯罪のような殺人が起きる。

「不帰屋」は、東北の雪深い村にある、女性を閉じ込めておくための部屋の話である。なんでも、女殺し油地獄にも関係してくる、というのだからいかにも不吉である。そうしていると、本当にある朝、その部屋で女性が死んでいた。それをみて那智の推理が冴える。そういえば、伊坂幸太郎で、これに似た短編があったような。フィッシュストーリーの「サクリファイス」だったかな。

「双死神」のテーマは、「だいだらぼっち」。すなわち、巨人の話だが、どうも実は、古代の製鉄のことらしい。で、読んでいくと、狐と称する女性が出てくる。ここで、「狐闇」との接点が出てくるのだった。確かに狐闇では、那智と三國が「狐」に加勢する。

「邪宗仏」は、北森鴻の出身地の山口が舞台で、キーワードは「聖徳太子はイエス・キリストだった?」というものだが、どうみてもそれは、なんだそれは?である。実は仏教とキリスト教の出会いの可能性がそこで論じられるのだが、読んでのお楽しみである。

ところで、このように五編の短編といっても、どれも民俗学のネタに基づいており、材料集めが大変なので、北森鴻も「あまり量産がきくものでもない」とちょっと弱音を吐いているようである。じっさい、凶笑面を書いた当時、ちょっと北森鴻はスランプ気味だったようである。それで、蓮丈那智シリーズで突破口にしたかったようである。

そのせいというわけではないかもしれないが、どの作品も民俗学臭が残っていて、いまいちこなれていないということと、殺人の場面が唐突の感は否めないが、民俗学のネタの質がいいので、私としては許容範囲である。ということで、勉強も兼ねて、蓮丈那智シリーズの続編も読んでみよう。

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。