2015年4月アーカイブ

アマゾン不活性(Amazon inactiveness)とは、聞きなれないだろうが、それもそのはず、私の造語である。しかし、意味するところは明らかであって、アマゾンでリストされている本のコメントがほとんどないか、あってもネガティブなコメントばかり、という意味である。

先日も行きつけの古書店に訪れて、特に面白そうと思ったわけではないけれども、「はぐれ捜査」南英男、祥伝社文庫というのを買ってみた。南英男は、今まで読んだことはないが、警察小説の書き手らしい。それで、アマゾンで、どのような作品があり、どのようなコメントが寄せられているか確認してみたところ、ほとんどコメントがなく、ときどきあってもかなりネガティブなものであり、これはまさに、アマゾン不活性だと痛感した次第である。

他に沢山読む本は溜まっているので、好き好んでアマゾン不活性な小説を手にとる必要はないのであるが、どういう側面で不人気なのか、あるいは詰まらないのかみてみようという変な天邪鬼精神がもたげてきて、自宅で読み始めた。

すると、警視庁などで、他の部署で上司と喧嘩したり、不祥事があったりなど、辞めさせられる一歩手前みたいな刑事をかき集めてつくられた、特命遊撃班の活躍を描くものだった。こういうはみだし刑事の組織というのは、堂場瞬一にも、今野敏にもあり、他にもライトノベルで、樹のえるの警視庁刑事部捜査零課などというのもあったりして、結構ベタなテーマなのであるが、それだけに安心してアルファ読みできる、という面もある。

そして、読み進めていくと、「はぐれ捜査」はなかなか面白いのだった。すなわち、特命遊撃班は、警視庁の他の部署から邪魔者として疎んじられているのだが、それだけにチームとしては結束は固い。すなわち、警視の地位にある成島班長の下、風見警部補、岩尾警部、佐竹巡査部長、そして紅一点の八神警視である。ここにはいちいち書かないが、それぞれ、懲戒免職に近い失敗をしたり、明らかな降格人事をくらって、吹き溜まりのようにこの部署に流されてきた。

特に前面にでて活躍するのは、イケメンで一見優男、女たらしの風見警部補と、風見とコンビを組んでいる、女優も顔負けの美人、八神警視である。八神警視は東大法学部卒のキャリア警察官僚でもある。しかし、警察組織で筋を通し過ぎて疎んじられ、ここに流れ着いた。

女たらしの風見とコンビを組むとは、まるで狼の前の赤頭巾かと思われるが、流石に風見も、相棒の刑事には手は出さない。セクハラぎりぎりの軽口はしょっちゅうだが。

そんな特命遊撃班に出動指令が下った。捜査一課の手助けである。すなわち、ホテルの一室で、東京地検特捜部の検事と、テレビの人気美人気象予報士が、全裸の薬物死体として見つかったのである。普通に考えると、恋人同士の情死なのだが、いくら探っても二人には面識がない。それで、捜査一課は困って特命遊撃班に出動指令となったわけである。

そこで特命遊撃班は頑張るのだが、特に風見警部補と八神警視の活躍が際立っている。なにしろ風見警部補は、許容範囲ぎりぎり、あるいは法律を少し逸脱した範囲の捜査を仕掛け、八神はそれを制止するのだが、ときに煽ったりすることもあり、なかなかに絶妙のコンビなのだった。

そういう活躍が痛快で面白いのだが、アマゾンに特にコメントもないのは、ストーリーが安易に流れていき、唐突に犯人が捕まったりして、コクを欠くからなのかもしれない。

私がそんな細かい粗を気にしないでストーリーを楽しめるのは、劇画モードで読めているからである。なので逆に、どうしてこの小説があまり顧みられないのか、私は不思議である。

そういえば、以前読んだ、梓林太郎の「北アルプスから来た刑事」も、私は面白いと思ったのだが、やはりアマゾン不活性だった。すると、私は、小説に関して、精妙な審美センスを欠くということになる。それはあまり愉快ではないが、美術や芸術全般に疎いつけがそこに来ているのかもしれない。

以前、中田芳子という記事で、中田さんが出演されているテレビ番組の内容を記述させて戴いたところ、その記事にご本人からコメントがあって、驚いたことがあった。

その旧ブログの方に、中田さんご自身から最近コメントがあったので、こちらで引用させて戴く。

以前、中田芳子のことを取り上げていただいたまま、ずっと見ないでいました。
久々に辿っていって、失礼申し上げていたことを知り、恐縮しています。
申し訳ありませんでした!
相変わらず逆さ歌にのめっております。
ごく最近、YouTubeにもUPしました。

これからもよろしくお願い申し上げます。

甚だ個人的であるが、前にも書いたが、中田さんは私の母と同い年であり、前回コメント戴いた2010年は、父が病気になり入院したものの、両親とも健在だったなあと、ちょっと感傷的になりながら思い出した。

しかし、2013年に両親が相次いで亡くなってしまい、剰え、そのあと私が早期退職する羽目になり、なんとも激動の年だった。

ところで、中田さんのホームページのリンクをここに置かせていただく。

中田さんほどでなくても、私も中田さんにあやかって、歳とっても呆けないで活発に生活できたらと思っています。今後の一層のご活躍を期待します。

隻眼の少女

user-pic
0

古書店で、麻耶雄嵩の「隻眼の少女」文春文庫をみかけたとき、これは、宮部みゆきの「クロスファイア」のようなものかとふと、思った。すなわち、隻眼の陰気な少女が、自分を虐めた男を、何かの超能力でやっつけるストーリーなのかと勝手に想定して、そういうのは嫌いではないので、ともかく読んでみようと買った。

ところが、最初に出てくるのは、まるでビブリア古書堂に出てきた、五浦大輔のように冴えない学生、種田静馬。しかし、静馬は両親を亡くしてしまい、もちろん恋人もいなくて天涯孤独で、生きる希望を失くして、自殺しようと、琴乃湯という温泉郷がある、栖苅村という、しなびた村を訪れた。

そこで、死場所を求めて、龍の首という場所を探し出した。ここで初雪が降る頃、死ぬのがいいと静馬が決めて通っていると、なんと、そこで少女首切り殺人事件が発生してしまう。毎日龍の首に通っていたことは多くの人が知っているので、静馬は、事件発生後、やってきた刑事に、犯人かと疑われてしまう。

そこに現れたのは、御陵みかげ。まだ17歳なのだが探偵らしくて、水干という装束。どんな装束なのか聞いたこともないのでWebで調べてみると、神社の巫女さんのような装束らしい。そんな格好でうろうろしていると、要人警護の文脈でいうところの、ハイ・プロファイルで滅茶苦茶目立つ。

しかし、御陵みかげというのは、伝説の探偵らしくて警察にも信用が篤い。実は今の御陵みかげは2代目で、先代の母である御陵みかげが伝説の探偵であり、今の御陵みかげは、探偵デビューといったところである。

そんな御陵みかげの口利きで、静馬はとりあえず警察の容疑者リストから外され、それだけでなくなぜか、みかげの助手ということにされてしまい、みかげの捜査の下働きに駆り出された。

実は、殺されたのは、この村の名家、琴乃家の娘、春菜で、琴乃家伝承の伝説の神、スガルを継ぐ予定だったという。

そもそも、琴乃家で誰が神としてのスガルを継ぐかは当家の最大関心事であるが、複雑な家系で利害が入り組み、いろいろな人が春菜の殺人者でありえる。

そんなレガシーを背負う御陵みかげは、懸命の推理で犯人を絞り込んでいくのだが、犯人を特定して警察送りにし解決したと思った途端、別の殺人が起き、みかげは裏切られる。

それでも、みかげは最終の結論に達して解決したとみなしたので、琴乃家を離れたのだが、なんと17年後に琴乃家で、同一犯によると思われる殺人が再開されたのだった。

このような古来からの言い伝えを織り込んだ日本的なミステリーは、横溝正史的であるが、麻耶雄嵩はそこに全く新規なアイデアを盛り込んだ。

そのトリックには賛否両論あるだろうが、私は実験的ともいえる麻耶雄嵩の試みに、喝采を送りたい。

ところで、麻耶雄嵩は、京大推理小説研究会に所属した。京大推理小説研究会とは、綾辻行人、有栖川有栖、法月綸太郎、我孫子武丸などを擁する推理小説界の一大派閥である。

私は昔から、松本清張の「実戦型」推理小説が好きなのだが、京大推理小説研究会はどちらかというとトリッキーな趣向ものに傾いており、そういう意味では麻耶雄嵩も間違いなく、京大推理小説研究会の伝統を継いでいる。

海上捜査

user-pic
0

マレーシア航空機失踪から1年以上が経過したが、信じられないことに全く手がかりが見つかっていない。職業適性で言及した、ドイツの格安航空会社ジャーマンウィングスの旅客機の事故は、あまりにも腹立たしい原因だったわけだが、それでも、原因はあまりにも明白である。少なくともミステリー性は低い。

そういえば、マレーシア航空機失踪の場合、海に墜落したと想定して、随分と船で海上捜査が行われた。そして、何やら遺留品のようなものが見つかったらしいとの報道もあったことがあるが、勘違いだったらしくて、結局決め手になっていない。

そんなことを思い出すうちに、そうか、海上捜査かと思い当たることがあった。何か捜査の手がかりでも思いついたか、というと全く違う。実は自分の日々の活動も結局は海上捜査かな、という感想なのだった。

どういうことかというと、私は、余程の時化や濃霧でなければ、知的探索の海に船を出すことができる。例えば、数学の本を読んだり、哲学の本を読んだりして、いろいろ考える程度の意味である。

そうやって航海すると、氷山がみえたり、島が見えたり、山が見えたり、とそれはそれで勉強になるのだが、典型的には数学がそうであるように、より深淵な実態は実は海中にある。なので、より深い数学的真理に到達するには、所定の装備をして海に潜らなければならないのだが、あいにく知的探索の海には酸素ボンベが使えない。なので、素潜りで深い海に降りていかなくてはならないのだが、私の場合、数メートル潜っただけでもう息切れしてしまう。なので、例えば群論の初歩的な定理を理解する程度でもう、息継ぎに海面に戻ってこなくてはならない。

ところが、例えば志村五郎氏のような数学の達人となると、息継ぎしないで何百メートルも、フェルマーの定理が沈んでいるあたりまで潜れるようなのである。そして、この潜水能力こそが、知的な才能というかポテンシャルそのものなのである。

これは自分で言うのもなんだが、あまりにも適切な比喩なのであって、私は難解な数学の本を読んでいると、次第に息苦しくなって、酸欠になったような錯覚に陥り、過呼吸症候群のようになる。そしてあまりに苦しくなって、ついには本を眺めるのさえ止めてしまう。

要するに、数学の世界で活躍するには、数学の海で少なくとも海女でなくてはならない。自由に潜って、海底からアワビを拾ってくるように定理を紡ぐのである。ああ、なんと私から遠い世界なのだろう。こうして私は今日も、ただ父の形見のポンコツ船で海面を航行するのであった、そんなことをしても真理を垣間見ることさえ叶わぬと知りつつ。

受験勉強の苦手な私だが、流石に高校生で大学受験追い込みのときは、通学の船に乗る合間にも英単語を覚えたりしていた。まあ、当然である。

しかし、大学受験が終わってからは、大学の期末試験はあったが、今に至るまで受験勉強の真似事さえしたことがない。そんな甘いやり方でよくここまでサラリーマンとしてやってこれたものだと、今更呆れる。

ところが、今から数ヶ月前、棋友から結構頻繁に詰将棋の問題を出されて、なかなか解けないので悔しくて、通勤電車の合間に自発的に詰将棋を解くようになった。

何しろ詰将棋の苦手さは私にとって本質的なものなので、いくら半受験勉強モードで詰将棋の本を眺めても、詰将棋を解くスキルはつかないが、寝る前にもしらないうちに詰将棋の本を眺めたりしているで、詰将棋を解く習慣だけはついたようである。

そうはいっても、詰将棋だけでは飽きることもあるので、詰碁の本も眺めるようになった。今眺めているのは、「必殺力のつく詰碁」林海峰著、マイナビである。この本のレベルは初段程度らしくて、私の囲碁は自称であるが、二段か弱い三段なのでこれくらいは解けなくてはおかしいのであるが、これが信じられないくらい解けない。おそらく詰碁は五級くらいかと最初思った。

そして、本の前書きで林海峰先生が、3分考えて解けなかったら、とばして次の問題に行きなさいと書いてあるので、本当にとばしていたら、なんか、本の半分くらいまでほとんど解けないで到達してしまったが、本の半分を過ぎた100問あたりからちらっ、ちらっと解けるようになってきた。ちょっとだけ詰碁の筋というものが分ってきたので、最近ではある程度目途がたつまで、20分でも30分でも1つの問題を考えるようになった。果たして詰碁初段に到達しただろうか。

こうして、詰将棋と詰碁の二枚看板で通勤時間のニッチな時間を埋めて、これをミニミニ・エクササイズと呼ぶことにした。ところが、自分の部屋の中を眺めているとき、ゆうメールの梱包のまま放置されている一群の雑誌をみかけた。よくみると、イングリッシュ・ジャーナルで、最近では英語をまったく仕事で使わないので、英語に興味をなくして、イングリッシュ・ジャーナルの梱包を解くことさえしていない。なんと勿体ないと今更思って、梱包をあけて中をあけると、別冊付録で、「日本人が知らない英語表現」というのがあった。それで私は、まあ普通の人は知らないかもしれないが、自分は数年前まで米国人と日常的に仕事でチャットしていたんだぞ、普通の人とは違う、なのでこれくらいはきっと知っていると自負して「日本人が知らない英語表現」を開いてみたら、軽くショックを受けた。これがなんと、私がみたことがない表現ばかりなのである。例えば、bromance = 性的関係のない男性同士の親密な関係とある。ううん、見たこともない英語だ。

あっさり負けを認めると謙虚に努力するのが、将棋から学んだ、私の傾向である。イングリッシュ・ジャーナルとその付録を、ミニミニ・エクササイズのレパートリーに追加することにした。

実はこの方針はそれなりに一貫しているのであって、将棋や囲碁を以前よりも真面目に勉強するようになったのは、仕事から引退したとき、将棋や囲碁を使って、交友を広げられるだろうと思っているからである。英語だって、勉強し直してブラシュアップしておけば、何かと役にたつことがあるだろうということである。先日も、三鷹の駅で、主婦みたいな人がアメリカ人の夫婦から、市ヶ谷に行くのはどうすればいいですかと英語で尋ねられて困っていたので、お節介かと思ったが、私が割り込んで説明したら、なんとか通じて、アメリカ人の夫婦が納得してくれてほっとしたのだった。

欲が深い私は、ミニミニ・エクササイズのレパートリーに数学も加えようと画策している。が、数学セミナーなどには、イングリッシュ・ジャーナルの付録に相当する、ミニミニ・エクササイズに相応しい問題集のようなものはない。それで、例えば、手許にある、裳華房の「大学演習 解析学概論」の中の問題をノートに手書きで写しておき、電車の中で解くのである。あくまでも計算の練習なので、そんなに難しいものは写さない。例えば、「-1+iの三乗根を計算せよ」程度でよいのである。

こうして表面的には、私はプロブレム・ソルバに変身したつもりなのだった。

名人戦第2局が始まった。名人戦第1局で、行方があまりにあっけなく負けたので、これは羽生の一方的な名人戦になると思ってしまった。しかし、勝負師たるものはそういう発想をしてはいけない。

先手をもった羽生の第1手は▲26歩で、基本的に飛車は振らない行方は(といいつつ、名人戦挑戦者決定戦の久保戦は相振飛車を採用したが)、相懸りに追随する。

【図1】 26手目△34歩まで
持ち駒:△行方=歩



持ち駒:▲羽生=歩
始まってみると、羽生の▲96歩に相手せず、△74銀と出た行方が先手をもったみたいな雰囲気になった。それが互いに意外だったか、序盤での長考の応酬となった。それにしてもこんな序盤で封じ手というのは、ちょっと例がない。これに対して羽生は、▲36歩か▲36飛か。

【図2】 35手目▲77銀まで
持ち駒:△行方=歩



持ち駒:▲羽生=歩
【図1】で、羽生は結局、▲36飛だったので、△33金から、最近では珍しいひねり飛車模様となった。▲97角と出れては羽生の作戦の顔が立ったのではないか。しかし、【図2】の▲77銀はどうなのか。▲77桂だと、羽生はあとで△92飛とされて千日手になるのを嫌ったというが、▲77銀はこのあと駒組みを進展させるのが難しい。そういえば、対ひねり飛車に、△92飛は比較的新しい指し方で、ひねり飛車が指されなくなった一つの原因かもしれない。

【図3】 42手目△32玉まで
持ち駒:△行方=歩



持ち駒:▲羽生=歩
羽生は結局、▲76銀、▲77桂のかたちを作ったものの、争点がつかめていない。それから、▲86歩、△72飛となっては後手の方が模様がよさそうである。

【図4】 46手目△74歩まで
持ち駒:△行方=歩



持ち駒:▲羽生=歩
結局、【図4】となっては、羽生の陣形が逆に行方に狙われるかたちになっており、どうみても行方が模様がいい。先手の58玉も中途半端である。ここから、▲74同歩、△同銀、▲84歩、△75歩、▲65銀、△64歩、▲73歩、△同飛、▲64銀と双方手順を尽くすが・・・・。

【図5】 56手目△87歩まで
持ち駒:△行方=歩



持ち駒:▲羽生=歩2
△87歩は行方の意表の一手。しかし、▲87同金、△93飛となったとき、△87歩の意味は? ともかく、△93飛の次の羽生の手が注目されたが・・・

【図6】 59手目▲56飛まで
持ち駒:△行方=歩



持ち駒:▲羽生=歩3
この羽生の▲56飛は評判が悪い。検討陣は、単に▲48玉ではないかという。でも、激指10も▲56飛を推す。激指10は数年前の版なので仕方ないか。そもそも激指10には、次の△54歩が読めていない。

【図7】 64手目△65銀まで
持ち駒:△行方=なし



持ち駒:▲羽生=歩3
【図6】から、△54歩、▲76歩、△86歩、▲同金となって、ついに△65銀が実現してしまった。

【図8】 74手目△87銀まで
持ち駒:△行方=金



持ち駒:▲羽生=金歩4
【図7】から、▲46飛、△76歩、▲同金、△同銀、▲同飛、△63歩、▲72銀、△64歩、▲61銀不成から△87銀としたのが、【図8】だが、△87銀はソッポにみえて私は打てない。しかし、▲71飛成には△73飛をみている。飛車交換は、58玉の弱点が出てしまう。

【図9】 79手目▲89金まで
持ち駒:△行方=金



持ち駒:▲羽生=歩4
【図8】から▲71飛成、△73飛、▲72銀成、△76飛に【図9】の▲89金は凄い頑張りだが。

【図10】 83手目▲62成銀まで
持ち駒:△行方=角金桂



持ち駒:▲羽生=飛歩4
【図9】からばっさりと△77飛成、▲同角、△同角成に、羽生は▲62成銀と開き直った。

【図11】 90手目△37金まで
持ち駒:△行方=歩



持ち駒:▲羽生=飛歩4
【図10】での行方の応手は△76角打でこれが詰めろ。以下、▲48玉に△67馬がまた詰めろ。▲36歩と逃げ道をあけるが△45桂、▲39玉、△37金となっては流石の羽生も受けがない。

【図12】 94手目△57馬まで、羽生投了
持ち駒:△行方=桂歩2



持ち駒:▲羽生=飛歩4
手順は示さないが以下、ほどなく羽生が投了。行方が快勝だった。やはり、【図6】の▲56飛あたりが敗着と思われる。ちなみに、激指10は、【図7】から【図8】に至る71手目▲72銀が敗着なのだという。すなわち、▲72銀に代えて▲75銀と引き、すると△65金、▲同桂、△88角成となって、私にはやはり後手がいいように思うのだが、桂馬が65にはねているので、本譜よりましなのだろうか。

今年の1月末頃、IBMで大リストラがあるというニュースを聞いた。もととなるニュースソースを辿ると、Robert X. Cringelyという人が書いたもので、どうもITジャーナリストらしい。

それで彼のブログを読むと、IBMのことだけでなくて、いろいろな話題にも言及していて面白いのだが、あいにくなのは、お忙しいのか、あまりブログの更新がない。それで、しばらくブログを見ないで、久しぶりに覗いてみると、自分の"The Decline and Fall of IBM"が日本で出版されて、うれしい、と書かれている。

Cringelyのブログにはいつも"The Decline and Fall of IBM"が表示されるので、読みたいとは思っていたが、何しろ電子本なのである。で、私はとても紺鯖なので、キンドルの類は買う気がなく、この本は諦めていたのだが、日本で翻訳が出ているならと、早速アマゾンでみると、昔でたガースナー本の「巨象も踊る」のもじりで、「倒れゆく巨象」とある。もちろんノータイムで注文して、届いたら早速読み始めた。

今ではすっかり、リストラはIBMの代名詞になったが、この本にもあるように、IBMは創業以来、1993年まで一人たりともレイオフしたことがなかった。それがまるで急患のように会社の状態が悪化して、世界で10万人もリストラしたのは、エイカーズ会長のときだった。

それを私は、エイカーズの失態かと思ったら、Cringelyによると、エイカーズのせいではなくて、前任のオペル会長の責任なのだという。すなわち、折角PC事業が立ち上がりそうだったのに、メインフレームとの抱き合わせにして、会社の業績を一気に悪化させてしまった。

まあ確かに、メインフレームを一台売れば数億円なのに、おもちゃみたいなPCをちまちまと売れるかと、営業マンが言っていたような気がする。

ともかく、救世主のごとくガースナーが現れ、荒療治もあったが、なんとかIBMを立て直したが、後任のパルミサーノが凡庸で、ガースナーの再建したベースを次第に掘り崩してしまったのだ、と私が思っていたら、Cringelyは、ガースナー自身もその後のIBMの衰退の種を蒔いていたというのだから、分からないものである。

ただ、パルミサーノはやはり横暴なのであって、経営委員会のようなものを廃止してしまい、経営権を独占してしまった。そしてもしかして最悪の施策かもしれないのが、株価至上主義にしたことと、役員報酬を株価に連動させたことである。

すると採られる施策は、コスト削減と、短期の人気取りのようなものばかりである。全体としてみるとマイナーなものであるが、ともかくも特許の件数を一位にする、というのもその一環である。こんなの、特許管理をちょっとかじったことがある人なら、相当危ないことが分るはずなのに、みんな称賛するのはどうしたことか。

で、おかしいのはコスト削減が、アメリカ国内の有能な人材をレイオフして、中国やインドの安い人材にシフトすることで達成されたことである。もしかして、トーマス・フリードマンの「フラット化する世界」、あたりがうまく利用されたのかもしれない。

グローバリズムが嫌いな私は、そんなことしたらサービスレベルが低下するばかりではないかと文句いった。すると周りは、だからお前は古いのだ、というのだが、Cringelyによると、IBMのサービスレベルは惨憺たるもので、ディズニーなど主要な顧客をどんどん失っているのだという。そりゃそうだろう。インドにいる人にサポートされて満足がいくのは難しい。目の前の人件費を削減したとて、そうやって重要な顧客を失っていき、全体の利益率が上がるとは思えない。

さらにおかしいのは、コスト削減といいつつ、役員報酬が、株価、具体的に言うと一株あたりの利益に連動してうなぎ上りになったということである。そのからくりは、IBMによる自社株買戻しで、そのためにわざわざIBMは資金調達さえしたのだという。そういえばいつからか、社内で取締役だの理事だのやたらポストが増えていった。実績主義でなく、この地位にいれば自動的に理事にする、みたいなやり方で、明らかに人件費がかさむ。その一方で末端社員をリストラしているのだから、全く一貫性がとれない。

また、キャッシュを得るため、液晶部門、ハードディスク部門、PC部門、プリンタ部門、PCサーバ、半導体と、数えきれないくらい事業分割した。これは、併せて付随する人員削減できるというメリットもある。それにまつわる多数の怨嗟の声を私はまだ忘れない。

しかし、本当はIBMを心から愛しているCringelyは、再建策さえ提示する。それは、コモディティ・サプライヤーになることであり、AIXをインテル・チップ用に移植することであったり、ソフトウェア自動化を進めることだったり、ある意味当たり前のことなのだが、それができないのがIBMなのである。何しろ小回りが利かない。さらには、2008年以降、オピニオン・サーベイも廃止され、社員の生の声が上層部に届くこともなくなった。無理して声を届かせようとする社員は、リストラのターゲットになる。

で、今更思うのだが、ガースナーがどうであれ、パルミサーノやジニがどうであれ、過去の強烈なメインフレームの成功体験がIBMのプライドになるとともに呪縛になっていないか。今跋扈しているのは、ガースナーが一旦壊したはずの手続主義、形式主義である。それが著しく時代後れになっているという当然の指摘は決して届かない。

結局、Cringelyは最後に、「ゆえに、IBMは破綻するという私の見解は、今も変わっていない。」というのだが、だとしても、うまく破綻して、超新星IBMとして立ち上がる手はないのだろうか。最早IBMとは呼ばれないとしても。何しろまだ人材は沢山いるのである。一部の駄目な人達が足を引っ張っているだけである。なので、破綻のついでに駄目な人達を川に流してしまえないか。甘いか。

ともかくIBMは、私にとって我流経営学の生きた教材なのだった。

鈴木歩

user-pic
0

いまから3年以上前、里見初段という記事を書き、そこで里見香奈が女流初のプロ初段に到達し、今後の活躍も期待できる、と述べた。その後里見は三段まで順調に昇段したが、体調不良で休場して足踏みするなんて、誰が予想しただろう。今は女流には復帰して、また勝ち始めているが。

その記事の中で私は、囲碁の鈴木歩六段にも触れ、以下のように述べた。

ところで去年、囲碁の鈴木歩六段が、女流ながら、河野臨九段に最後は破れたものの、棋聖戦リーグに入る一歩手間まで行ったという快挙を達成した。そういう例をみると、里見だって男性棋士に伍してやれる日がきてもおかしくないのである。

その鈴木歩が、棋聖戦でまた快挙をなしとげた。すなわち、予選で、萩谷和宏六段、奥田あや三段、片岡聡九段、三谷哲也七段に勝ち、Cリーグに入った。

ちなみに、日本棋院のホームページによれば、囲碁の棋聖戦は今季から新制度で、S・A・B・Cリーグの4段階制。リーグ優勝者をS準優勝者がパラマス戦を行い挑戦者を決める。挑戦者決定戦はS優勝者1勝アドバンテージの変則三番勝負を行うというもので、今までのような、A・Bに分かれてリーグ戦を戦い、両リーグの優勝者が挑戦者決定戦を戦うという、将棋の王位戦方式から、将棋の竜王戦のような階級を折衷した方式に変わった。

ところが、このように男性棋士相手に活躍する鈴木歩六段であるが、女流最強戦での優勝はあるが、なぜか女流タイトルを取ったことがない。不思議である。

一方、やはり女流相手よりもむしろ男性棋士相手に勝っている棋士として、藤沢里菜二段がいるが、藤沢里菜は、会津中央病院杯と女流本因坊という2つのタイトルを取り、鈴木歩に先んじた。そんな藤沢里菜も、棋聖戦Cリーグの予選で小山秀雄五段、石倉昇九段を破り三回戦まで進んだが、大場惇也七段に敗れた。

ところで、鈴木歩六段であるが、2013年に、囲碁の若手有望棋士、林漢傑七段と結婚した。林漢傑といえば、囲碁の才能が有望視されているだけでなく、性格が温厚で謙虚で、詰碁作りも得意。また、鈴木歩六段は、いわゆる際立った美人というわけではないかもしれないが、一歩引いたような大和撫子で、好感度が高い。男性棋士にも人気がある。ということで、傍目でみていてなかなかに理想的なカップルなのである。

そんな林漢傑は、今期のNHK杯の一回戦で、藤沢里菜と対戦する。これは相当に必見である。

私は、定期的というわけでもないが、思いたったら自宅から歩いて15分くらいのところにある古書店を訪れることにしている。店主の方とはもう長年の顔なじみなので、世間話をしたりする。そして当然ながら、良さそうな本がないか、店内を眺める。

実は、色川武大のうらおもて人生録を買ったのも、この古書店である。あの本をたまたま読んでから、そのうち色川武大の小説もそのうち読んでみようと思ったが、そんなに積極的に思ったわけではない。

ふと、本の方から呼ばれたような気がしてそちらを見てみると、色川武大の「離婚」文春文庫と、「百」新潮文庫があった。ああ、君たちかいと思い、早速それらの本を手に取った。この2冊だけでは寂しいので、「渤海国」上田雄著、講談社学術文庫と、「易経」経営思潮研究会も併せて買った。私はもちろん新刊本屋にも行くが、古書店が嬉しいのは、通時的で、いろいろな時代の本が一同に会している。一同に会しているといっても、軍隊のように整列しているわけでなくて、いかにも雑然としていたりするのだが、前に書いたが「雑」という言葉は私の中でポジティブ・ワードなのであって、そういう思いに浸れるのも古書店にいる意味だったりする。

あ、そうそう、色川武大の小説について書くのだった。たまたま買ったのは「離婚」と「百」だったが、とりあえず「離婚」を読んだので、その感想を書いてみる。

「離婚」は実は短編集で、「離婚」、「四人」、「妻の嫁入り」、「少女たち」の四篇からなる。

私は色川武大の私生活がどうだったかほとんど知らないし、Wikiをみたらある程度分かるのかもしれないが、今は敢えてみないでおく。「離婚」の主人公は、どうみても色川武大の若い頃であるような羽鳥誠一である。そしてその妻が、会津すみ子。それがいきなり、小説は、「私たちは、離婚しました。」の宣言から始まる。

すなわち、フリーライターである羽鳥誠一は、生活が不規則かつ不安定なのだが、それでも多少の女関係はある。厭世的で刹那的でもある誠一は、まともに結婚する気なんてさらさらないが、それでも、付き合っているうちの一人のすみ子は、そこそこ可愛かったというか魅力的だったのだろう、なんとなく成り行きで、籍まで入れてしまう。

ところが、そういう女性は世間にあまりに多いと思うが、すみ子は、身勝手で、見栄っ張りで、地道に家事をすることもできない、事務能力も低い、ということで、結婚したはずが、結婚生活はあっという間に破綻してしまう。

いや、破綻というからにはもともと、破綻でないまともな状態があったことになる。しかし、成り行きの結婚には最初から秩序というものがなかった。それを一方的にすみ子のせいにしてはいけない。誠一は誠一で、マイペースにそれなりに身勝手にすみ子をあてにして生きているところがある。「離婚」では、そんな壊れそうでなんとか続く生活の様を描く。真面目なようで自己中且ついい加減なところもある私は、なんとなく身に覚えがあって、切なくなってきた。

「四人」では、誠一とすみ子が協議離婚したはずなのに、依然として互いの住まいを行き来していることから始まる。そんなとき誠一は、ある夫婦と知り合い、その奥さんと気が合い、仕事の経理などの手伝いを依頼して快諾された。すると、奥さんは、誠一の仕事場にずっと入り浸ってつききっり。奥さんは英語が堪能なので、誠一が海外に取材にいくと、同伴する、それで不倫はしてない、すなわち肉体関係は全くないというのだが、そんなことはありえるのか。まあ、他でもない色川武大がいうのだから、ありえるのだろう。ともかく、三角関係ならぬ四角関係もややこしい。

「妻の嫁入り」では、すみ子が若い男をみつけて結婚する話である。それで、誠一は済々したといいつつ、やや複雑な思いに耽ったりするのだが、すみ子がそのあとどうなったか、説明する必要もないだろう。

すなわち、「離婚」、「四人」、「妻の嫁入り」は独立した3つの短編というよりも続きものとみたほうがいいが、「少女たち」は、色川が実名で登場する。そして、アルバイト募集と称して、複数の若い女性を自宅に呼び寄せ、家事をいいつけたりするのだが、それは普通に考えたらハーレムを自宅に現出させており、絶倫男なら、昼間っから少女たちを相手によからぬ行為に耽るのだろうが、色川武大だったら、そんなことは絶対ないよね、という変な安心感がある。

結局、この「少女たち」の中から、上記のすみ子に該当する女性があらわれたようなのだが、それにしても、どこまでが実体験に基づき、どこからが創作なのか、分からない。そもそもが小説の形式なのだから、そんなことを詳らかにする必要もないのだろう。

そういえば、この作品は直木賞受賞作だそうで、直木賞で私が典型的に思い出すのは、浅田次郎の鉄道員である。しかし、敢えて場違い感を覚悟で、詰将棋作家に喩えると、浅田次郎は技巧を凝らした駒場和夫なのであり、色川武大は、技巧を全面に出さず、実戦的な手順を重ねる塚田正夫なのだった。

すなわち、色川武大の「離婚」は、結婚生活や男女間の機微を一見ベタに組み合わせたような小説であるが、そこに非凡な手筋も含まれていることを私が看取するのは、私も曲りなりにも結婚生活でいろいろと苦労したからなのだった。

先日、地デジの不具合が起きたとき、私が観ていた番組は、NHKのA級順位戦特集なのだった。

番組の中で、過去にも名人挑戦が四者で争われたことがあるとして、大山名人がまだ生きていた時代が言及されていた。そのとき大山は、ガンの手術の病み上がりの69歳でA級にまだ在籍していただけでなく、名人挑戦にもからんだ。そして、谷川九段をも下し、あとは高橋道雄を下すと中原名人に挑戦というところまできた。

これはおそらく前人未踏で、羽生でさえも、69歳でA級にいるということはイメージしにくい。

これだけでも、大山の怪物性を例示するに十分であるが、怪物性はそれだけではない。思いつくままに列挙してみる。

まず、大山は、今の若手のように、最新戦法を研究会などで研究したわけではない。いつも流行とき関係ない独自の戦法を選んでいた。独自の戦法といっても、加藤一二三の棒銀のように、決まりきった作戦を選んでいたわけではない。振飛車を基調として、いつも変幻自在にバリエーションをつけていて、相手は焦点がしぼりにくかった。

もっというと、大山は、中終盤、特に中盤が強く、序盤から圧倒的に不利にでもならないかぎり、中盤以降粘り倒すことができた。なので、要するに研究にはまりさえしなければいい。

そんな大山は、好んで超多忙な将棋連盟会長を務めた。そして、将棋連盟ビルの建立資金を集めるために、財界の偉い人を行脚した。対局の途中で電話がかかってくるなどして、中座することもしょっちゅうだった。そんな忙しさが将棋に有利に働くわけがないことは、現在の谷川会長の将棋の成績が一番物語っている。なのに、大山は好成績を維持し、A級から一度も落ちなかった。

こうやっていろいろ書いてきたが、大山の怪物性の一番の理由は、抜群の将棋の才能だけでなく、体力、精神力、貪欲さ、などであろう。私は大山は、ラスプーチンや道鏡に比するべきと思う。やたら生き様の線が太いのである。

羽生はというと、将棋の才能だけなら大山以上かもしれないが、やはり勝負に対する執念とか、体力とか、リビドーの強さとか、大山には引けを取るのではないだろうか。なので、羽生も、不定形の局面に強いという大山との共通点はあるが、不定形の局面に導くのも体力を要し、そのゆえに、去年の名人戦のようなモードの指し口は決して濫用しない。例えば、今年の渡辺との棋王戦も、まるでわざとのように定跡型を選び、渡辺に力を出させた。

大山だったら、不定形にするのに体力を出し惜しみする必要はない。なにしろ力が有り余っているのである。このリビドーの強さがまさに、大山を不世出の名人にまで押し上げている。

忘れてはならないのが、当たり前であるが、抜群の棋才である。早見えだし、詰むか詰まないかも一瞬で感知できる。そうやって分かりやすい局面では体力を温存できるので、より中終盤で力が発揮できるのだろう。

という、なあんだ、という極めて当たり前の大山将棋論なのだった。ただ、蛇足だが、というよりもこの記事全体が蛇足の塊だが、ホーキング効果で山椒魚さんにコメント戴いたことを援用すると、芸にドライブされた藤沢秀行とは異なり、大山は、どちらかというと世俗的な欲にドライブされていた。そのゆえに、癌の進行も速かった、というと牽強付会だろうか。

そういえば、私のブログには大山の勝負観という記事もあった。参考までにリンクを置く。

例えば、私が、ブログを立ち上げたくて、どこかのプロバイダと契約して、http://www.ayataroh.netというURLをもらったとしよう。このURLは仮のものなので、探そうとしないでほしいのだが、ともかくそうやってURLを立ち上げたとして、それがGoogleですぐに検索できるかというと、NOである。

Googleの検索欄に、www.ayataroh.netと入れてエンターを押しても、最初は何もヒットしない。そんな状態は、約3週間くらい続くが、そのあと急に、www.ayataroh.netがヒットするようになる。

何しろGoogleの検索クローラは、全世界のウェブをクロールしているので、新たにウェブに登場してきたURLをきちんとインデクシングするには、それくらい時間がかかるのだろう。このように、グーグルできちんと検索できるようになることを私は、グーグル・デビューと呼ぶ。もちろん世間で認知された言い方ではない。

なぜグーグル・デビューが意味があるかというと、グーグルを使ってサイト内検索をやらせたい、という動機づけがあるからである。それをHTMLとしてどう記述すればいいのか探してみると、例えば、結城 浩さんのサイトに、以下のようなコードの例がある。

<form action="http://www.google.com/search">
<input type="hidden" name="hl" value="ja" />
<input type="hidden" name="ie" value="Shift_JIS">
<input type="hidden" name="oe" value="Shift_JIS">
<input type="hidden" value="hyuki.com" name="as_sitesearch" />
<input type="text" name="q" size="31" maxlength="256" value="" />
<input type="submit" name="btnG" value="検索" />
</form>

これを実際に書いてみて、"hyuki.com"のところを所定のサイトに書き換えたら、一応動作するのだが、どうしても入力したキーワードが文字化けしてしまい、その文字化けで探そうとするので、ヒットしない。

そこで、泥縄というか闇雲というか、<input type="hidden" name="ie" value="Shift_JIS">を削除したら、文字化けがとりあえず直って、きちんと検索できるようになった。しかし、全く意味が分からず、とりあえずやってみたらうまくいきました、というのは、昔からシスタンやっていて結構頻繁にあったような気もするのだが、あまり気持ちがいいものではない。それで今更のように、ウェブの初歩から勉強し直している次第である。

以上は、知り合いから頼まれて、ホームページを別のサイトに移行する手伝いした際の一経験なのだった。こういう機会は、自分のスキルの棚卸にもなるので結構貴重なのだった。

災いの古書

user-pic
0

長年、米国の外資系の会社に勤務していたくせに、いや、そういう会社に勤務していたせいかもしれないが、私は米国的なものがあまり好きでない。

例えば、日本のミステリーは黙っていても延々と読むのに、米国のミステリーは、紹介されないとまず自発的に読むことはない。

なので、古書店で、ジョン・ダニングの「災いの古書」ハヤカワ文庫、横山啓明訳を自発的に買い、さらには読み始めたのは、私としては極めて異例の変わったことなのだった。

その理由は実は、ビブリア古書堂の事件手帖を読んだことにある。すなわち、古書のミステリーが面白かったので、そのアメリカ版のようなジョン・ダニングに期待してみた。

ビブリア古書堂の事件手帖の作者の三上延が一時、古書店に勤務していたことがあるのと同様に、ジョン・ダニングも一時、古書店を経営していた。なんでも、作家をしているとき、出版社とトラブルになって、一時作家を辞めて古書店で、凌いでいたのだった。

「災いの古書」の作中の主人公は、クリフ・ジェーンウェイ。やはり古書店主であり、ジョン・ダニングの思い入れが色濃く反映している。しかし、クリフは作家でなく、元警察官で、何かの事件に巻き込まれて警察を辞めざるをえなくなったらしい。

「災いの古書」では、クリフの恋人で辣腕弁護士のエリンが登場する。そのエリンが弁護の依頼を受けるのは、幼馴染のローラ。とても複雑な経緯なのだが、ローラは、エリンの元恋人のロバートを寝取ったのだった。剰え、二人は結婚した。なので、エリンとローラの仲はとても複雑である。

それだけではない。ローラの自宅で、ロバートは銃撃を受け、殺されたのだった。当然にローラの嫌疑が濃い。そもそもがローラが、自分が殺したと自白している。しかし、状況は、ローラの養子のジェリーが怪しい。

こうして事件は複雑な様相を呈し、弁護を依頼されたエリンも困惑する。そこで、クリフの出番である。古書店の店主というよりも、元警察官の血が騒ぎ、真相究明に蛮勇を奮って出かけていく。

ところが、ローラの自宅には、有名人の署名がある、稀覯本が多数あり、クリフは古書店主としての職業意識を刺激される。

その後、ローラの自宅に立ち寄る古書店主たちがいることを知り、クリフは追求を始めた。そこからは、クリフの地道な推理と捜査のような活動となった。

そしてローラの自宅にはなんと、多数の署名本があった。ここからがいよいよ古書店主としてのクリフの活躍である。

このように古書の話題というのは、ビブリア古書堂と違って、やや付けたり感は否めないのだが、それでも、ミステリーとしてのストーリーは佳境を迎え、はらはらどきどきのシーンとなっていくのであった。

これなら、ジョン・ダニングの他のクリフ・ジェーンウェイ・シリーズもなかなか期待がもてるのだった。

私のブログの記事を期待している人なんてまずいないだろうが、それにしても普段は、万が一誰かが読んでくれればいいな、と考えている可能性がゼロではない。しかし、今日今から書く内容はどうみても、単なる日記以上のものではなくて、それでも一応書いてみたくなったことがある。

それは大学の物理学科の同級生のことである。非社交的な性格であっただけでなく、将棋部に入ってしまったことで、余計クラスの同級生との付き合いが減ってしまい、大学の物理学科の同級生に関する思い出はゼロに収束してしまいそうであるが、それでも一応、宇宙輻射のバックグラウンドノイズ並みにはゼロでないようで、その微かな記憶を増幅して何か書いてみる。

大学の物理学科の定員は60人だった。ただ、実際のメンバーは、結局59人だったと思う。その来なかった一人は、私の記憶が正しければ、鹿児島大学医学部を併願していて、そちらが受かったので、医学部に行ったようである。まあ、当然か。

で、物理学科であるが、女性でまさに紅一点、Fさんという人がいた。最近たまたまWeb検索してみると、産業医大の産業保健学部 環境マネジメント学科の助教となっていた。ただ、2006年のデータなので、今でもライブなのかどうかわからない。物理学科なのに医学博士をとって、産業医大にいるとは、とちょっと驚いたが、単なる特許サーチャーの私が意味があるコメントができるわけがない。

しかし、2006年というと、私と同年齢だとすると、52歳で助教というのは、恵まれているとはいえない。やはり物理学科というのは、生活手段としては決して有利な学科ではない。

ところで、物理学科で紅一点というと、意外に女好きな私の記憶に残ってないはずはないのになぜか記憶にない。私の記憶に残っているのは寧ろ、数学科のIさんで、教養の英語の授業で一緒になったとき、太田裕美ばりの容姿で、軽く一目ぼれしてしまった。ああ、だめもとで告白すればよかった。今更遅いが。

戻って、物理学科としてそこそこ成功したのは、大学院博士課程までいって、日立中央研究所に入ったT君だったと思う。T君は、お父さんが九大の応用力学研究所の教授で、そういう意味で大学院に進学することも応援してもらえたのだろう。私はT君を一時、勉強のライバルと思っていたが、そんなこと言っている場合でなくなるのにあまり時間はかからなかった。

実は、物理学科で一番の秀才と私が思ったのは、東大大学院に進学したK君である。ところが、論文氏名検索でも、特許発明者検索でもK君の名前を探し出すことができず、するとどうもK君は研究者としては成功しなかったと認定するよりない。まあもともと歩留りの悪い社会なのであるが。

それ以外の同級生については、全く行方は分からない。私だって誰もその行方は大学の同級生は知らないだろう。知られたくもないし。それでも私はなんとか日々をしのげている。

そして、ここまで書いて、学科は違うが、宮野悟氏がいかに実績で抜きんでているか、改めて痛感する。それでも結局人生どう生きてもいっしょやん、というのは少なくとも私のように大学卒業生の中で底辺のような実績と地位にしかない人がいうべき言葉ではない。私がいうと、愚痴とひがみ以外の何にも聴こえない。

ということで、思い出す意味がどうみてもよく分からない大学時代の同級生の思い出なのだった。

感染遊戯

user-pic
0

どんな導体でも、電気抵抗はゼロでないように、どんな本でも、読み始めるには少しバリアがある。なので、前もって興味を喚起するような媒体を、私は触媒と呼んでいる。

私にとって、バリアが限りなくゼロに近い本というと、将棋の本と、誉田哲也の小説と、渡辺容子の小説あたりである。

バリアが限りなくゼロに近いはずなのに、私は、ちょっと前に買った誉田哲也の「感染遊戯」光文社文庫をしばらく放置していた。その理由は決して読む気が起きなかったのではなく、バリアがほとんどゼロに近いので、読もうと思えばいつでも読めるがゆえに、ちょっと寝かせておこう、というものだった。

そして、そろそろいいかな、と電車読みのルーチンに入れたら、案の定、あっと言う間に本の世界に入れた。

「感染遊戯」は、姫川玲子シリーズなのだが、なぜか姫川が端役でしかなく、むしろ、葉山やガンテツが出張っている。そんな刑事たちに持ち込まれたのは、元厚生省の役人の家族が殺された犯罪なのだった。すなわち、元厚生省の役人の手落ちでエイズウィルス入り血漿剤が出回り、性交渉がなくてもエイズに罹る患者が何人もあらわれた。その線で、元厚生省の役人が怨みをかった。

ところが、元厚生省の役人の案件だけでなく、他の省庁のOBをターゲットにした第二、第三の犯罪が起き、警察は右往左往した。

個々の点のように点在する複数の殺人事件なのだが、共通点があった。それは被害者がみんな、元高級官僚で、天下って甘い汁を吸っているのだった。

そして、ガンテツたちの懸命の捜査で、バラバラのような殺人事件を束ねる何かが次第にみえてくる。

私は基本的に姫川玲子が好きなキャラなのだが、「感染遊戯」では姫川玲子は目だっておらず、また、いかにも成熟した大人の女性で、その分面白みはちょっと減っている。

一方で、もしかして元厚生官僚襲撃事件を題材にした小説なのかもしれないが、ストーリーの趣旨はかなり違う。ともかく、姫川玲子がメインでなくても、ストーリーは委細を尽くしており、複数の話が一つにまとまる、ラッシュライフのような面白さなのだった。

週刊将棋

user-pic
0

週の通勤の少なくとも一日の片道は、週刊将棋を読むことになっている。先日も、電車の中で、週刊将棋を眺めていて、自分はいつから週刊将棋を読んでいるのだろうと思い起こすと、まだ20代の独身の頃だったような気がする。

ホームページもない時代で、週刊将棋なるものが発行されるとどこからか聞いて、新聞社に注文したはずである。それで、肝炎で入院しているとき以外、毎週必ず、週刊将棋を読んでいた。

当時はまだ狛江に住んでいて、国領にあった機械メーカーに勤務していた。今私が契約している新聞配達の店は、なぜか水曜日に週刊将棋を配達するのだが、本当は日曜日には発行されている。狛江にいたときは、ちゃんと日曜日の朝週刊将棋が配達されていたので、それをもって10分くらい歩いでデニーズに行き、500円でモーニングセットを注文し、2時間くらいかけてじっくり週刊将棋を読むのが習慣だった。

どこから読むかというと、段級位認定次の一手のところからである。級位コースから四段コースまで計6問すべて解き、詰将棋も3題解く。ときどき分からない問題もあったが、大抵そんなに苦労しないで、段級位認定次の一手も詰将棋もすべて解けていた。

そんな問題をすべて解き、記事も隅々まで読むのだが、そこで、お替り自由のコーヒーを追加で注文し、さらにもってきていた別の本も読む。なぜアパートに帰らないのかというと、帰ってもやることがないのである。当然に当時も彼女もいなかった。いや、微妙にいたような気もするのだが、少なくともデートするような関係になっていなかった。結局、その人とは縁がなかったようである。

その後、お見合いで今の家内と結婚してからは、生活パターンも変わり、週刊将棋は依然として購読していたのだが、段級位認定次の一手を考えたり、詰将棋を説い解いたりすることもなくなっていった。

家庭も仕事もどんどん忙しくなり、週刊将棋がほとんど積読になるような状態が何年も続いた。

最初に書いたように、昔は確かに、段級位認定次の一手も詰将棋も、そんなに苦も無く解けていたのである。ところが、どうせ解けないだろうと週刊将棋の詰将棋を解こうともしなかったのはわずか2年前のことである。言い換えると、真の意味で将棋に回帰したのは約1年前である。

そこからリハビリして、週刊将棋の段級位認定次の一手や詰将棋が、昔のようにやっと解けるようになった。随分長い暗黒時代だったわけである。

棋友の示唆により、詰将棋を真面目に解く修行をしてみると、週刊将棋の詰将棋はむしろ簡単な部類に属することを改めて認識した。といいつつ、ときどき手こずるのは困ったものである。

ともかく、電車で週刊将棋をじっくり読んでいると、ふと独身時代にデニーズでコーヒーを飲んでいた頃に戻ったような気になった。そして、決して楽しくなかったあの頃にふと戻りたくなった、ほんの一瞬だが。

太閤暗殺

user-pic
0

古書店で、岡田秀文「太閤暗殺」双葉文庫をみかけたとき、面白そうとは思ったが、最近ではすっかり日本の歴史ものの小説を読まなくなって久しいので、これも読まないかもしれない、と思いつつ買った。

なので、約2ヶ月間の積読期間ののち読み始めたのは、自分でも意外だった。ところが、あまり期待しないで読み始めたはずが、次第にぐんぐんストーリーに引き込まれていった。

ストーリーは、豊臣秀吉に、お捨という息子が突然生まれるところから始まる。のちの秀頼である。そもそも、秀吉の甥の秀次は、関白の地位にあり、老齢の秀吉が老衰で無くなった後は、秀吉の太閤の地位を継ぐ予定であった。ところが、秀吉に息子が生まれたとあっては、完全に予定が変わる。

寧ろ、秀次が、お捨の邪魔者になる。すると、もともとあまり出世欲のない秀次は、すすんで関白の地位を譲るかということになるのだが、秀次の家臣たちはそうは問屋が卸さない。

その先鋒は、秀次の重臣、木村常陸介である。しかし、このままだと秀吉にいちゃもんをつけられて、秀次が滅ぼされかねない、すると自分の身も危ういと危機感を抱いた常陸介は、なんと天下の大泥棒、石川五右衛門一味を味方に引き入れ、秀吉暗殺を持ちかけた。先攻あるのみだった。

しかし、秀吉の部下で、京都所司代の地位にあった前田玄以が、常陸介の不穏な動きを察知し、捜査を始めた。もちろん、石田三成も手を拱いていない。

そして、常陸介はじりっ、じりっと追い込まれていき、石川五右衛門に、秀吉暗殺の予定を早めるように催促した。

そこで、石川五右衛門一味は、秀吉が居住する伏見城に潜入する計画を立てていった。そこからがこの小説の白眉で、石川五右衛門一世一代の獅子奮迅の戦いとなるのだが、ジェフリー・ディーヴァーも顔負けのような意外なストーリー展開に、快哉を叫ぶことになった。

石川五右衛門の忍者のような活躍も凄いが、戦国大名たちの百戦錬磨の智謀もそれに負けていない。力の入った歴史ミステリーなのであった。

日経のWeb記事に、「ついに人工知能が銀行員に『内定』IBMワトソン君」というのがあったので、えっ、どういうことと興味をもって中身を読んでみた。以下、文責私で要約しつつ、コメントしてみる。

私は一応、IBMワトソン君がどういうシステムなのか、ある程度知っている。確か米国内でのクイズ番組で、クイズが得意な人間とワトソン君が正答を争い、ワトソン君が勝ったのだと思う。

回答を得るために、コンピュータが理解しやすい形式、例えばSQLなどで問い合わせるなら、何も新しくない。ワトソン君の特徴は、コンピュータが理解しやすい形式、典型的には自然言語の音声による問いかけを理解できることにある。すなわち、ワトソン君は、入力された自然言語を音声認識し、テキスト文に変換する。ここは慣用技術である。また、そのテキスト文を構文解析して、意味するところを取り出す技術も昔からある。

ここからは私の推測だが、ワトソン君の本当の特徴は、以下にあるのだろう。

  1. 人間の曖昧な質問を、なんとかベストエフォートで、それが意味するところを認識する。
  2. 質問に答えるための知識ベースを、膨大な質問応答事例集を読ませることによって構築できる。
  3. 正答率を高めるためのカスタマイズが可能である。

ここまで書いても、依然としてワトソン君が慣用技術の延長線上にあるように思るのだが、それは一旦措いて、日経の記事に戻る。

それによると、ワトソン君を正式採用するのは、三井住友銀行。ワトソン君が任されるのは、顧客からの質問に回答するコール・センターでのカスタマ・サポートの仕事である。例えば、「ATMの手数料を知りたいのですが」という質問を受けると、何の手続きのことなのか、自行なのか他行なのかなどの条件で手数料が変わってくるので、おそらく顧客に問い合わせする必要が出てくる。

ただ、私がちょっと誤解していたようなので、記事の一部を引用する。

ワトソンは利用者が入力した文章を自然言語処理の技術で解釈し、ビッグデータ分析などの技術によって質問の答えを導き出す。三井住友銀のオペレーターが顧客から受けた質問をキーボードで入力すると、ワトソンは5つの回答候補を瞬時に出す。回答は確からしい順に、その確率を付けて表示する。オペレーターは候補と確率を参考に、顧客に応答する。

あっ、そうなのか。音声認識でなく、オペレーターが顧客からの質問を打ち込むのか。そして、回答は、確からしい順に複数与えるのか。すると、正解が筆頭にくるとは限らないので、どれが正解なのか、オペレーターもある程度知識をもっていなければならない。すると、ワトソン君はあくまでも、回答支援システムということになる。

ワトソン君が使う知識ベースを構築する処理は、以下のとおりである。

質問から回答を導くために必要な業務は、ワトソンにあらかじめ読み込ませる。1500項目の質問応答集、表計算ソフトで800シート分の業務マニュアル、過去の質問応答履歴などだ。
さらに正答率を高めるための工夫を盛り込む。最たる例が「役立ったボタン」。顧客への応答が正しかった場合に該当する回答のボタンを押すと、ワトソンが「この質問に対する答えとしてはこれが正解だった」と学習する。この繰り返しで正答率がさらに高まる。
回答を絞り込むためのキーワードも設定できるようにした。外貨預金や両替、小切手などを用意。「手数料」という質問にも対象を絞ることで正答率を高められる。

なるほど、実はその学習プロセスのノウハウがキーであるに違いない。記事によれば、三井住友銀行は、2014年9月から12月末までに技術検証を済ませ、実用化の手応えをつかんだのだという。

応答の速度は、あまり業務に詳しくない社員には勝つけど、熟練した経験のある社員には負けることもあったという。当初は正答率が70%未満だったが、専門用語の同義語などを学習させることで、正答率は80%にもなった。これで正式採用の目途がついたのだという。

三井住友銀行は、現在システムの構築中で、これが完成するとコールセンターで実装される。それはそれで納得なのだが、なんと三井住友銀行は、将来は融資業務にも使いたいのだという。すると、単に質問に答えるシステム以上のものが要求される。ワトソン君、大丈夫なのだろうか。

ところが、日本郵政は、かんぽ生命保険の保険金の支払業務にワトソンを活用すると発表したそうである。それって、あくまでも保険金支払業務担当者の支援システムだよね。ワトソン君に全面的に任せられるはずがない。

ただ、ソフトバンクが考えている、予備校と組んで学生の成績などから苦手分野を見つけ出すサービスや、体調がすぐれない時に症状から診察を受ける必要のある診療科目を指南する「家庭の医学」のスマートフォン(スマホ)アプリなどの開発などというのなら、十分理解できる。

それにしてもである、人間の質問に意味がある答えを返す、というのは、チューリングテストがそうであるように、コンピュータにとって古典的ともいうべきアプリケーションであり、知識ベースの構築は、あまり成功しなかった、日本の第5世代コンピュータのテーマだった。それが今回、使えるシステムとしてリバイバルするというのは、主としてムーアの法則によるハードウェアの圧倒的な性能の拡張のせいなのだろうか。そういう素朴な疑問をつい抱くのだった。その質問こそ、ワトソン君に答えてほしい。

2日前に、名人戦第1局という記事を書いたが、その記事を昨日、会社のパソコンで休憩時間にみてみて、ちょっとがっかりした。先手の持ち駒の位置が、盤面の右側にきてしまっているのである。

これは、HTMLタグを正しく解釈するなら、盤面の下にこなくてはならず、実際、自宅のFireFoxでも、Google Chromeでも、Safariでも、正しく見える。会社のブラウザはIEなので、これは多分IEのバグなのだろうと思い、昨日の夜、自宅のパソコンで確認しようと、IEを立ち上げた。普段はIEは、Windows Updateのとき立ち上げるだけである。

そして、IEで私のブログを立ち上げようとすると、ずっと待機状態のままで、ブログが立ち上がってくれない。おかしいと思い、Google Chromeで私のブログを立ち上げようとしても同じ症状である。Safariも然り。なぜかFireFoxは即時に立ち上げてくれるのだが、リンク先の他のブログ記事を開こうとしたらなかなか開かない。あとで考えると、FireFoxが即時に立ち上げたのは、単にキャッシュしていただけなのだろう。

ただ、10分くらいかかって、やっと開けるので、サーバは落ちていないようである。それで考えたのは、私が使っているプロバイダのサーバが、DoS攻撃を受けているのでは、ということである。今DoS攻撃を受けてますと告白するプロバイダはいないので、本当のところは分からない。

で、もしやと思い当たることがあった。それは、昨日の朝アップロードした、電王戦final第5局の記事である。ある意味、どうってことない記事なのだが、21手で終わるというハプニングがあってニュース性が高まった。また、投了図の局面図を入れたが、それで状況が分かりやすくなった。

で、私の手前味噌の推察は、電王戦final第5局の記事が一時的に人気を博したのではないか、というものである。実際、私のブログ記事が他の箇所でリンクを張られることはあまりないのだが、それでも、コンピュータ将棋関連の記事は、比較的リンクを張られやすいようである。

だとすると、電王戦final第5局へのアクセス数が一時的に増え、サーバの限界に達したのだろうか。確かめようもないので、なんともいえない。

ともかく、私のブログへのアクセスは、夜9時半くらいは困難だったが、夜10時には普通に戻った。

こんな経験は初めてなので、原因は不明だが、弱小ブログとしては、一瞬でもアクセスが殺到したと思いたい。真夏の夜の夢ならぬ、春の宵の夢とでもいうべきか。

電王戦finalは、第4局までで2勝2敗と勝ち星の上では拮抗しているが、特に第4局を観戦して、やはりプロ棋士側が勝つのは厳しいかと感じた。何しろ、村山七段が、プロ的には有利なはずの序盤から、ponanzaにまさに力負けしてしまったのである。

しかも、コンピュータ側に最後に控えるのは、大将格のAWAKE。もちろん、プロ側の阿久津八段は半端ではないが、苦戦するのではないかと思っていた。

で、朝からニコ生で観戦といきたいところだが、生憎4月11日は、朝10時から歯科の予約があった。それでもまあ、正午前には戻ってこれるので、そこから観戦すればいいだろうと思っていた。

歯科がちょっと予定より時間がかかったが、自宅に戻ってくるなり、パソコンを立ち上げてニコ生にログインすると、どうも様子がおかしい。対局しているはずの阿久津八段が何やら苦笑しながらインタビューしていて、AWAKEの作者の巨瀬さんがいない。

もしや、電王戦final第2局と似たようなことになったのか、と推察した。しかし、詳しい実態が分からない。

しばらく待っていると、プロ棋士(誰だったか忘れた)が、電王戦final第5局の手順を解説してくれた。なんと、21手でAWAKEが投了したのだった。その投了図を以下に示す。

【図1】 投了図、21手目16香まで
持ち駒:△AWAKE=なし



持ち駒:▲阿久津=角
恥ずかしながら、ぱっと見、なぜこの局面でAWAKEが投了しなくてはならないか分からないので、解説を聞き入っていた。すると、次のような手順らしい。すなわち、△19角成には、▲38玉とする。それでもう、後手の馬は動けなくなる。それで、持ち駒に角がない後手から先手に対して手を作ることができないので、先手は、▲17桂、▲58金左、▲48金上、▲69飛のような手順を、妨げられることなく採ることができる。その手順が完成すると、恐ろしいことに、後手は馬で歩を取ることしかできない。なので、もっと早く、29桂を馬で取って(あるいみ、食いちぎってというのだろうか)、同玉とするのだろうが、序盤でそんな無条件の角桂交換をしていては、先手をもつのが私ならともかく、かりにもプロ棋士相手に、万が一にも勝ち目はない。なので、証明終わりなのであった。
なんでこんな人工的な手順を阿久津八段が採ったかというと、アマチュアがAWAKEに挑戦するという企画があって、唯一勝ったアマチュアが採ったのがこの指し方なのだという。阿久津八段は、ちゃっかりその情報を利用したのだった。これは、孫子の兵法でいう、謀攻というか、知彼知己者、百戦不殆、なのだった。

ただ、阿久津八段の戦略には当然に賛否両論あろう。ねとらぼの記事から、AWAKEの作者の巨瀬さんのコメントを引用させて戴く。

記者会見で投了の意図を問われた巨瀬さんは、「ハメられる形の中でもかなり損している局面。あのまま指し進めても勝ち目はなかった」と説明。また阿久津八段の指し手に対しては、「すでにアマチュアが指して知られているハメ手をプロが指してしまうのは、プロの存在意義を脅かすことになるのでは」「一番悪い手を引き出して勝つというのは、何の意味もないソフトの使い方」と厳しいコメントを寄せました。

まあ確かに、巨瀬さんとしては、せこくAWAKEのセキュリティホール?を衝くのではなく、正々堂々と力で対抗してほしかったところだろう。ただ、コンピュータ将棋は、手の選択に乱数を用いるので、誘いに乗ってこない可能性もある。阿久津八段としても、あの指し方でAWAKEが誘いに乗ってこないと、そもそも変則的な指し方なので、作戦負けに陥る可能性もある。

ところで、私のパソコンに導入されている激指10も、あの投了図の局面を後手不利だとは認識できず、むしろ馬を作っている後手が有利、と形勢判断していた。コンピュータ将棋は、難解な即詰も一瞬で読めるのに、どうしてあの手順が読めないのか不思議である。ともかくも、早くセキュリティホールにパッチを当てることを期待するものである。

4月になって、いよいよ名人戦が始まった。A級順位戦が始まる前は、渡辺が本命、広瀬が対抗、くらいに考えていたら、最初渡辺が一気に3連敗した。ありゃ、今期はもう渡辺は駄目か、と思った。

広瀬は予想どおり星を伸ばした。その広瀬に対抗するように星を伸ばしたのが、行方だった。確かに行方は、結婚して一皮むけたが、40歳過ぎて急にここまで進境著しいとは予想だにしていなかった。

A級順位戦の後半になって、渡辺が実力を発揮し、3連敗のあと全勝した。こうして、かなり珍しい四者プレーオフとなった。広瀬、久保、渡辺、行方である。私は、こうなっては挑戦は渡辺かな、と思った。A級後半6連勝の勢いである。

しかし、渡辺は、王将戦、棋王戦を並行して戦うという負担があった。順位戦及び名人戦を必ずしも神聖視しない渡辺は、むしろ王将戦と棋王戦を防衛する方に力を入れていたように感じた。

そのタナボタというわけでは決してないのだが、勝ち上がったのは行方だった。ただ、2年連続でA級上位の成績というのは文句ない実力なのだが、対羽生となるとどうか。羽生に勝つためには、もてる力を一点に集めて、コヒーレントな攻撃を仕掛けなくてはならない。渡辺にはまさにその力がある。広瀬にもそれがあるが、行方は、ケレン味なさが目立って、一点集中突破の凄味がいまいち感じられない。私の思い過ごしだろうか。

ということで、行方に厳しい名人戦かな、というのが私の意見である。

【図1】 25手目68玉まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲行方=なし
さて、25手目まで進んだ局面からみていく。
戦型は、角換腰掛銀か矢倉のどちらかだろうと思っていたら、矢倉だった。行方は、予め作戦をたてていたのか、68玉の早囲いだった。ただ、私の記憶では、プロで早囲いで勝った棋譜をあまりみたことがない。以下、△75歩、▲同歩、△同角、▲78玉、△64角、▲35歩と進んだ。

【図2】 31手目35歩まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲行方=歩
▲35歩は、ここで行くのか?というのが正直な感想である。なぜこんなに険しく指さなくてはいけないのか。羽生に対して気後れしていることの裏返しか。
ともかく、以下△35同歩、▲65歩、△42角、▲35角。ここで羽生は、当然だが34歩などとは打たず、△64歩。

【図3】 36手目64歩まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲行方=歩2
△64歩とすると、盤面の左側が争点になってしまう。すると、行方の玉の不安定性が問題になってこないか。以下、▲64同歩に、単に△同角とせず、じっと△85歩。いかにもプロらしい手である。そして、行方は▲68飛。次の狙いは▲76金か。しかし、37銀が遊んでいるのが、いまいち気になる。

【図4】 39手目68飛まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲行方=歩3
ここで羽生は、△34歩かと思ったら、△43金左。ここで先手は、▲76金とかが目に付くが、検討では、▲88玉から玉を囲っておくのが正解なのだという。しかし、行方はやはり強気に▲76金と出た。なにか焦っていないか? 羽生はすかさず△55歩。以下、▲同歩、△34銀、▲57角。ここで羽生は△53金寄。ううん、そう指すものか。

【図5】 46手目53金寄まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲行方=歩4
行方の局後の感想では、ここで先手は参っているのだという。するとやはり、▲76金の構想が悪かったのか。先手は、△53金寄に▲46銀と、遊び銀の活用である。これに対して羽生は、△45歩。以下、▲54歩、△64金、▲66角、△33歩、▲55銀、△75歩。

【図6】 54手目75歩まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲行方=歩4
△75歩で羽生の金得が約束されている。以下、▲64銀、△76歩、▲同銀、△64角、▲44角、△43銀となって、行方が投了した。

【図7】 投了図、60手43銀まで
持ち駒:△羽生=金銀歩



持ち駒:▲行方=金歩5
早いようだが、以下進めるなら、▲64飛、△44銀となって、あとは▲71角、△同銀、▲61飛成、△51歩、▲71龍、△55角となると、行方は攻防ともに見込がない。この将棋は、行方の完敗だった。次はどう立て直すのだろう。

毎日新聞のWeb記事によると、米国インディアナ州で成立した、宗教の自由回復法が、同性愛者を差別することを容認するものだとして、多くの人達から反対されているという。以下、記事を適宜引用する。

【ワシントン西田進一郎】米中西部インディアナ州で3月26日に成立した「宗教の自由回復法」(7月1日施行)が全米に波紋を広げている。宗教の実践に対して州政府などが「大きな負荷」をかけてはならないとする内容。これに対し、宗教的信念から同性愛者らへのサービス提供を拒否する権利を企業などに認めるものだとの批判が出ている。著名人らが反対の声を上げ、同州への出張を禁じる自治体まで出てきた。

多くの人の懸念というのは、米国というのは、原理主義というべきキリスト教の国であり、キリスト教は本質的に同性愛者を差別する教義なので、宗教の自由に任せていては、同性愛者が恣に差別される、ということだろう。

しかし、何故にキリスト教は同性愛者を差別するのだろう。もともと、ギリシャの時代は、ホモセクシュアリティと、ヘテロセクシュアリティは渾然一体で、俗な言い方をすると、両刀使いみたいなのが普通だった。プラトンの「饗宴」は、あるいみエロス談義なのだが、もちろん、ホモとヘテロを分けないで議論している。

それがなぜ、キリスト教の下で同性愛者が差別されるのだろうか。おそらく、聖書は、そのことにサイレントであるはずである。

おそらくであるが、堕胎を罪とみなすキリスト教の保守性は、同様に同性愛的性行為をも、種の維持に貢献しない行為として罪とみなすのだろうか。

しかし、問題は、私の知る限られた医学的根拠では、同性愛的か異性愛的かは、生まれたときのホルモンの具合かなにかで決まってしまう、ということである。すると、同性愛者は、生来の傾向を罪や恥ずべきことと言いなされては、立つ瀬がないということになる。

なので、最近の、同性愛婚も認める、という世間の傾向は、世間の自由度を高める上で望ましいと私は考える。

同性愛者であることを公表している米アップルのクック最高経営責任者(CEO)は3月27日に自身のツイッターで「深い失望」を表明。法人向け顧客管理ソフトを提供するセールスフォース・ドットコムのベニオフCEOは、同州への投資削減を明らかにした。

このように、大企業の要職にある人も、オフィシャルに「カミング・アウト」できる時代になったようである。

ただ、もし会社の同僚男性から、付き合ってほしいと「告白」されたりしたら、やはり私は当惑を隠せないだろう。しかし、その程度の当惑は、より自由な世界に暮らすことの必要なコストだろう。幸い、私は、発散するリビドーが乏しいせいで、女性からも男性からも「告白」された経験は皆無に近い。それはそれで一抹の寂しさはあったりする。

昭和の定跡

user-pic
0

「久保&菅井の振飛車研究」マイナビというのを読んでいて、なかなか参考になるのだが、参考になるというよりも別の意味で興味深いのが、終章の「昭和の定跡」である。

そこでカバーされているのが、以下の戦法である。

  1. 山田定跡
  2. 鷺宮定跡
  3. 45歩早仕掛け
  4. 棒銀戦法

昔から四間飛車も指してきた久保九段がこれらの定跡に知悉しているのは全く意外ではないが、ええっと思ったのは、菅井五段が、これらの古典的ともいえる急戦の振飛車破りの定跡を全く知らなくて、下手したら私よりも知らなかったりするほどである。

棋界でも指折りの勉強家と言われる菅井五段なら、当然に昭和の定跡を十分勉強しており、それを踏まえて、現代将棋を研究しているものだと思いこんでいた。

久保九段は、過去の実戦経験で、昭和の定跡で痛い目に遭ったことも多数あり、この局面で振飛車は容易ではないのだとよくいうのだが、昭和の定跡を知らないはずの菅井五段が、なぜか久保九段の見解に同意しない。

で、久保九段が、あのね、菅井君、この局面はね・・みたいに説得しにかかるのだが、ぱっと見で菅井五段が、こうしたらどうするんですか、と切り返すと、久保九段が、えっ、と驚き考え込んだりする。

菅井五段からみると、普段居飛車穴熊や左美濃などの堅い玉と戦っているので、船囲いが弱弱しく思えて、中盤以降なんとでもなると思えてくるらしい。

しかし、全盛期の山田九段や中原十六世名人を連れてくることができるなら、菅井五段が昭和の定跡の振飛車側をもってそんなに簡単に勝てないのではないか。そういう意味では、この本は、振飛車党同士の掛け合いというか馴れ合いの様相を呈していたのかもしれない。

そうはいっても、やはり菅井五段も正しいかなと思うのは、昭和の定跡は正確に指せば居飛車側がよくなるはずなのだが、振飛車側がややこしくからんでくると、薄い船囲いで勝ち切るのはトッププロをもっても大変なのではないか。なので、渡辺二冠など、基本的に振飛車に急戦はしない。

すなわち、現代将棋は、相手に間違えさせるようにもっていくテクニックが発達しており、それで堅い玉形が何より好まれるのだろう。それは、人間のヒューマンファクタに根差しているとしたら、昭和の定跡が今後リバイバルする可能性は極めて低そうである。

週刊将棋をみたら、詰将棋解答選手権の記事があり、まだ12歳の奨励会の藤井聡太二段が優勝した、とあった。そのことは事前に、天野さんのブログをみて知っていたのだが、12歳での優勝とはすごい、と改めて感じる。

そして去年は、若島氏が優勝したんだったよね、と思い出した。そして、流石に今年は若島氏は出ていないのか、と思った。なぜなら、一位が藤井二段、二位がアマチュアの山田康平氏、三位が常連の宮田六段だったからで、若島氏が出ていれば当然に優勝戦線に食い込んでいたはずである。

ところがどっこい、若島氏はちゃんと出ていて、今回は14位だった。あれっ、と思って成績をみると、前半5問、後半5問の併せて10問なのだが、前半5問で完全に解けたのは一問だけだった。詰将棋は創るのも解くのも天才の若島氏にしてどうしたんだろう。

ところが流石若島氏、後半はきっちり5問完全正解だった。もしかして、前の日、仕事か何かで夜更かしして前半は眠く、後半で目が覚めたのだろうか。

あと、優勝の常連、宮田六段の成績をみていてちょっと怪訝になったことがある。すなわち、宮田六段は、前半が4問正解で、後半が5問正解、併せて9問正解だったのだが、前半90分の持ち時間のところ、たった53分で打ち切っている。これはもしかして、5問全部できたと勘違いして、早々に退席してしまったのだろうか。するともうちょっとだけ腰を落として考えていれば、前半も5問正解で、時間は最短なのだから、宮田六段が優勝していたに違いないのである。これはちょっと鎧袖一触モードに陥ってしまったのだろうか。

出場した他のプロ棋士の成績をみると、及川五段が4位、広瀬八段が6位、北浜八段が7位、甲斐奨励会三段が8位、伊藤真吾五段が同率8位、行方八段が11位、上村四段が15位、青島四段が17位。きっとこれらの棋士は、プロ棋士の中でも詰将棋が得意な方なのだろう。

他にも関西の船江五段と斉藤五段も詰将棋が得意だが、今回は所用で出場しなかったらしい。流石にプロは層が厚い。

他にも今泉四段、佐藤紳哉六段、黒沢四段、佐々木勇気五段、瀬川五段が出場しており、プロ棋士にとっても一大イベントなのだった。

ただ、A級棋士である広瀬八段と行方八段でも、なかなか上位に食い込めず、一方、常に詰将棋解答選手権上位の宮田六段も、前期のC級1組ではあやうく降級点だったというあたりからして、将棋の強さと詰将棋を解く力に微妙に正の相関がない面もある。優勝した藤井二段も、関西奨励会の成績表をみてみると、今のところすごく好調ということはない。このあたり、指し将棋も詰将棋もどちらも苦手な私には全く様子が窺い知れないのだった。

古書店で早瀬乱の「三年坂 火の夢」講談社文庫というのをみつけたとき、あまり面白そうでなかったが、とりあえず買っておいたのは、江戸川乱歩賞受賞作だったからである。

そんな買い方をすると、高い確率で積読なのだが、うまく電車読みのローテーションに組み入れられたのは、何かの偶然なのだろう。

そして読み始めると、明治初期の時代の話なのだった。歴史の知識に欠ける私もなぜか、明治時代と第2次大戦の頃の話には抵抗なく入っていける。この本も同様である。

ストーリーは、東京の大火事の話から始まる。確かに昔は、東京といえども火事が多かった。それだけならよくある話なのだが、火事の中を車引きが凄い勢いで走り回っていたとなるとちょっと異様さを帯びてくる。なんだこいつ、放火魔なのかということにもなる。

そこから話は、ある一家のことになる。そこの家は元士族だったが、父親が理由も知れず出て行って帰ってこない。それで一家は妻の実家の奈良に引っ越した。

その家には男二人兄弟がいて、兄は秀才で、東京帝大の建築科の学生になった。ところが、何かの事情で大学を辞めて帰ってくると、兄は、腹に怪我をしており、怪我が悪化して「三年坂で転んでね」の言葉を残して、亡くなってしまう。

弟の実之は、その謎を知りたくて、一高を受けるためと言い訳して、東京に出てきた。そして、暇があると坂を探訪して、東京に複数個所の三年坂があることを突き止めた。

一方で、予備校の英語教師でイギリス帰りの高嶋鍍金と、その予備校教師の同僚の立原総一郎という二人も独自のルートで三年坂を探しているのだった。

そして次第に分ってきたのは、三年坂が東京の秘孔に当たるらしいということである。すなわち、そこを突くと東京が崩壊するらしい。なんだそれは、と実之も、鍍金も、立原も独自に真相に迫る。そして、謎の車屋は実は、実之の父親らしい。

このように、まだ渾然とした東京の古都を舞台として繰り広げられていくストーリーは、ちょっと意味不明だったりするのだが、不思議なノスタルジーに満ちて、希望もみえたりする。

その理由の一つが、この小説は、実之が謎を探究していくうちに次第に成長する教養小説(Bildungsroman)でもあることによる。

実をいうと、この小説は読みながら、面白いのか面白くないのか分からなくなった。それでいて惰性でなく、普通に最後まで読めた。将棋で強いか弱いか分からないのに、なんとなく自然に負かされるという相手がいて、そういう人は実はものすごく強いといいうのが相場だが、そこいくと、早瀬乱は相当な力量の作家であるに違いない。

何しろ、とても異色の歴史ミステリー小説なのだった。

つくずく、ホーキング効果ってあるよね、と思う。すると、なんだそれは?ブラックホールの蒸発のことか、宇宙開闢前の虚時間のことか、と言われるかもしれない。

そうだ、といいたいところだが、生憎私はもっと卑近な話をしている。すなわち、物理法則の近似性に書いたように、ホーキングが1963年、21歳で筋萎縮性側索硬化症を発病し、医師からあとせいぜい5年しかもたないといわれつつ、それから50年近くも生きているという奇跡がある。

しかし、そのような例はそんなに稀ではない。例えば、元奨励会三段の天野貴元さんは、かなり重篤な舌癌になったが、懸命の治療の後、将棋の赤旗名人や都名人になり、三段リーグに編入間近まで頑張った。

要するに、私が勝手にホーキング効果と呼ぶのは、医者から見放されるほどの病気になっても、頭を使う目標をもって努力することで、医者が見立てたよりもはるかに長く延命する、ということである。

その生理的メカニズムは私にはよく分からないが、目標をもって努力することが健康にいいことは昔から知られている。例えば、藤沢秀行は、大酒を飲みまくってアル中になり、一時は絶望視されるほどの癌になったが、囲碁への情熱を失わず、毎日必死で囲碁の勉強することで、80歳以上まで生きた。

藤沢秀行で思い出した、藤沢秀行とよく付き合っていた芹沢博文は、なぜ藤沢秀行ほど長生きできなかったのだろう。もしかして、芹沢は、秀行の囲碁に対する真摯な努力と同じものを将棋にぶつけられなかったのか。しかし、なぜか。

そういえば、やけでバーボンの飲み過ぎで肝硬変になってしまった林葉直子は、いよいよブログの更新もできなくなり、今は故郷の福岡で一人暮らししているらしい。

別の例として、小池重明はどうしてあんなに早く死んでしまったのだろう。

こうして、ホーキングと藤沢秀行を、芹沢と、林葉直子と、小池重明と分かつものは何なんだろう。列挙すればするほど、分からなくなるのだった。

鎧袖一触

user-pic
0

私は、鎧袖一触という単語を確か、太平洋戦史を読んでいて憶えた。すなわち、相手は弱いので一撃のもとに倒せるという意味で、マレー半島にいるイギリス軍など、わが軍にかかれば鎧袖一触だ、みたいに使う。

しかし、現実問題として、鎧袖一触は兵法として極めてまずい。なぜなら、相手を甘くみて、最小の手間と最小の時間で打ち負かせると高をくくるからである。

一方で、つい傲慢になって、そんなもん鎧袖一触だ、と思いたがるのが、人間の傾向である。例えば、スポーツ新聞かなにかで、5分で2級という詰将棋があったとしよう。私くらいの棋力なら普通は楽勝で一目で解けるのだが、つい思いあがって、こんなもん考えるに値するか、と鎧袖一触モードに入るともういけない、能力はどんどんスパイラルをえがいて墜落してしまい、機能不全に陥ってしまう。そして下手したら、5分で2級が1時間かけても解けないということがある。

それはお前が弱いからだ、精神力がないからだ、と言われたらそのとおりである。ただ、プロ棋士でも、たしか三浦九段だったか、どこかの料亭の部屋に掲げてあった、比較的初心者向けの詰将棋がふと目に留まり、簡単に解こうとしたら、迷路に陥ってしまったことがあった。

すると、どんな冷静でスキルのある人間でも、鎧袖一触ルーチンが働き、泥沼に陥ることがあるのだ、ということになる。

すると、動物はどうか、例えば、ライオンはウサギを倒すにも全力を尽くすと言われる。少なくともライオンには、鎧袖一触モードはないものと思われる。

ただ、鎧袖一触モードではなくても、本当は強い相手を弱いと見誤ることは動物でもあるのではないか。しかしそれは鎧袖一触モードではなく、単に見誤っただけなのだろう。

例えば、体が小さいとつい弱く見えるが、例えばラーテルのように見かけは小さくても半端なく根性のある動物もいて、文字通り動物的勘に富む獣たちといえども、錯覚するということになる。

人間の鎧袖一触はそれ以下であって、相手の力を測ろうともせず、根拠なく相手を弱いと思いこみ、自滅の道に突き進む。決して獣たちの選ばない愚かな途なのだった。

電王戦final第3局では、稲葉七段が残念ながらやねうら王に負けてしまったが、序盤巧者の村山七段に期待しようと、勇躍?電王戦final第4局を観戦した。

しかし、ponanzaもやはり強いかな、とちょっと弱気になったのは、前回、稲葉七段が完敗したのをみたからだろう。

今回は、ponanzaの先手。ところが第1手が▲78金。明らかな挑発だが、コンピュータなので、これも悪くないと思っているのだろう。中飛車にされようと、石田流でもなんでもこい。

しかし、村山七段はマイペースで△34歩。で、結局、珍しい相横歩になった。角交換して、先手だけでなく後手も△76飛と取るのである。これは、後手に選択権があるので、村山七段の作戦だろう。そこで普通は▲77銀か▲77桂なのだが、▲77歩。その手は随分前に米長だかが指したのだが、プロ的にはあまり筋がよくないとされて、その後指されていない。

その後、△74飛、▲同飛、△同歩、▲46角みたいになって、難解なのだが、ponanzaは△74飛になんと、驚愕の▲36飛。▲77銀か▲77桂の場合はありえる手だが、▲77歩と▲36飛の組み合わせがあまりにもミスマッチ。

そこで、村山七段は、▲22歩を避けて、△33桂。そこで▲26飛、△25歩に普通は▲86飛なのに、なぜか途中下車の▲56飛。そして、△42銀とさせてから、▲86飛。そこで、△82歩なら、▲83歩、△72金、▲82歩成、△同銀、▲83歩。そんな荒攻めでいいのかと思うが結構うるさい。で、村山七段はponanzaに敬意を表して、△84歩。すると、▲83角と馬をつくって、もう少しponanzaがいいらしい。そんなことがありえるのか。

ところが、ponanzaが玉のこびんを▲46歩と突いたことで、分からなくなった。数手進んで、村山七段は、△14角と相手の玉の筋を狙った。勝負手である。しかし、△14角も▲68玉と筋を外されると、微妙に空を切ったか。

しかし、はっと気づくと、微妙ながら絶対追いつけない差がついていて、稲葉七段がやねうら王に押し切られたのと同様に、寄り切られてしまった。

ponanzaくん、それは将棋にない手だよ、と芹沢九段に断言されそうな、相横歩の局面から押し切るとは、ponanzaはなんたる剛腕なのだろう。戻って、村山七段が▲86飛に、△84歩と受けたのが弱気で、やはり△82歩の方がよかったのではないか。

それにしても、ponanzaは、流行形から遠い、またあまり多様な変なが期待されていない相横歩の世界に、確かに新境地を拓いてみせたのだった。

棋道と数学

user-pic
0

道を歩いていて、棋道と数学という、世間の大部分の人にとってどうでもいいようなトピックを思いついた。あまりにもどうでもいいトピックなので、義理にでも、それってどういうこと?と聞いてくれる人さえいそうにない。それで、文字通り問わず語りに書いてみる。

まず、ここでいう棋道とは、囲碁と将棋のことである。オセロ、チェス、象棋、麻雀なども含めて、世間で知られた盤上ゲームを棋道と総称しようとしたら、囲碁と将棋のプロパーの人達はちょっと顔をしかめるかもしれない。別にそういう人達に気を遣う意味ではなくて、議論を簡単化する意味で、ここでは棋道を囲碁と将棋に限定する。

一方、数学であるが、以前に数学の序列でのべたような数学のクラス分けを採用する。

以上の前提のもとに、次のような命題を立てた。

  1. 数学者のうち、代数学を専攻する人は、もし棋道をたしなむなら、将棋を選ぶ可能性が高い。
  2. もし数論を代数学の一分野とみなすと、数論を専攻する人は、詰将棋を好む。
  3. 数学者のうち、幾何学を専攻する人は、もし棋道をたしなむなら、囲碁を選ぶ可能性が高い。
  4. 将棋を趣味とする人が数学を勉強するなら、代数学を好むであろう。
  5. 特に詰将棋が好きな人が数学を勉強するなら、数論を好むであろう。
  6. 囲碁を趣味とする人が数学を勉強するなら、幾何学を好むであろう。

以上の考察はまず、複合天才で述べたことに基づく。

すなわち、東北大理学部の徳山豪教授は、大学時代、囲碁部で強豪だったが、その専門は計算幾何学であり、これは幾何学の一分野である。

また、子供時代から囲碁でも天才的だった長尾健太郎氏の数学者としての専攻は、改めてGoogle Scholarで調べると、3次元Calabi-Yau圏と量子dilog関数とか、Mapping class group, Donaldson-Thomas theory and S-dualityとかあるので、やはり幾何学なのだろう(牽強付会か?)

さらに、アインシュタインと囲碁で述べたように、アインシュタインは囲碁のファンだったのであり、一般相対論というのがリーマン幾何学の一種でもあるなら、囲碁と幾何学の関係を示す例となる。

おいおい、囲碁と幾何学はよいが、将棋と代数学の例がないではないかといわれるかもしれないが、アインシュタインと囲碁には、付け足りのようにかもしれないが、志村五郎氏が将棋好きで詰将棋も作っていたと述べた。

数学者の矢ケ部 巌氏も将棋ファンだったが、ガロア理論の入門書があるくらいだから、代数学の専攻でいらっしゃるのだろう。

また、数理論理学者・情報科学者である野崎昭弘氏には「ロジカルな将棋入門」筑摩書房という著書がある、ということは、論理学者もどちらかというと囲碁より将棋に馴染むという可能性がある。すると、竹内外史氏も将棋ファンなのかとつい思うのだが、そもそもが棋道をたしなむ数学者なんて圧倒的に少数派なので、統計的に有意な数の例を挙げるのが難しいのだった。

上記の議論では、数学のうち代数と幾何しかカバーしておらず、では解析の分野はどうなのかということになるが、実例がないので分からないが、やはり将棋よりも囲碁になるような気がする。

このような命題を思いついた発端は、いかなる意味でも数学者ではないにしても、子供の頃から将棋をたしなんできた自分が、どうして数学のうち、特に代数学と数論を好むのだろう、という素朴な疑問である。

その因果関係までは分からないにしても、それらの間に相関はあるらしいとは思った。そして、京大数学科出身で、詰将棋の大家でいらっしゃる若島正氏が、もし英文学の方面でなく数学の専攻を続けていれば、きっと専攻は数論だったはずで、きっと今は日本でも中堅クラス以上の数学者で、もしかしてリーマン予想を証明しようと格闘していたかもしれないと、自分でもよくそこまで勝手に想像するね、と苦笑するほどの空想に耽るのであった。

引退棋士

user-pic
0

読売新聞の将棋欄をみていたら、熊坂五段が引退、と書かれていた。えっ?と思ったのは、今期の熊坂五段はNHK杯にも出たし、結構好調で、このままいくとC級2組順位戦に復帰できると何かの記事でみたからである。

そこで改めて将棋連盟のホームページで確認すると、引退棋士は、以下のとおりだった。

内藤 國雄 九段(本人の申し出により)     2015年3月31日付
淡路 仁茂 九段(フリークラス棋士規定により) 引退日付・最終対局日 未定
大島 映二 七段(フリークラス棋士規定により) 2015年3月12日付
安西 勝一 六段(フリークラス棋士規定により) 引退日付・最終対局日 未定
熊坂 学  五段(フリークラス棋士規定により) 引退日付・最終対局日 未定
植村真理女流三段(引退女流棋士規定により)  2015年3月31日付

それにしても、調べてみると、熊坂五段はまだ37歳、しかも最近結婚したばかりである。ここで引退に追い込まれると、収入が減って苦しくないか。故郷の宮城で、将棋道場を経営しているらしいが、東京でなく地方だと、そんなにお客さんは集められないのではないか。

そして改めて囲碁界と比べると、囲碁の世界では、どんなに負け続けても引退に追い込まれたりしない。引退するかどうかは、個人の自由意思である。負けると対局数が減るので、対局料が減るだけである。なので、94歳で未だ現役という杉内九段のような人もいる。

囲碁のプロは、ランキングの換算でみたように、460人もいるので、熊坂五段のランキングを囲碁に換算すると牛窪義高九段くらい、そこそこ準中堅といったところか。

ちなみに、熊坂五段のブログは、こちらである。なんとなく哀愁が漂っていると感じるのは、考え過ぎだろうか。

それにしても、なんと将棋界はしのぎにくいところなのだろうか。ここでしのぐ、とは、やくざ用語で、稼いで生活するという程度の意味である。

そういえば、今泉さんはこの4月から、晴れてプロ四段になった。果たしてどこまでしのげる、だろうか。

色川武大こと阿佐田哲也とは、私が学生の頃、人気のヒーローの一人だった。なにしろ、当時の学生の必須の教養の一つに麻雀があり、当初麻雀のルールさえ知らない私は随分肩身の狭い思いをしたが、その麻雀で高くリスペクトされていたのが、雀聖とも呼ばれた阿佐田哲也だった。

そんな阿佐田哲也は、色川武大という名前の小説家でもあると後年知ったが、結局、阿佐田哲也であれ色川武大であれ、その作品はほとんど読んだことがない。学生時代の後半でやっと麻雀のルールを覚えて、確か一冊だけ読んだのは、小説でなく麻雀の戦術書だったが、なにしろ、前にも書いたように、私の麻雀の才能は悲惨ともいえるレベルなので、どんな内容だったかも全く記憶にない。

なので、古書店で色川武大の「うらおもて人生録」新潮文庫を手に取ってみたことさえ、私にとって奇跡に近いのだが、それを買って、しかも直ぐに読み始めたのはどういう風の吹き回しなのだろう。

「うらおもて人生録」というのは、色川氏が、仮想的に中学生くらいを相手にしながら、気取らず淡々と人生を説く、という設定なのだが、最初はなんだか退屈だなあと思いながら電車読みしていると、次第に内容に引き込まれていった。

引き込まれていった理由として、そういうと語弊があるかもしれないが、色川武大の子供時代というのが、ちょっと私に似ているのである。すなわち、肉親から溺愛された時期をもち、学校に行くとどうも疎外感がある。仲間に入れないのである。そして団体行動が実に苦手である。私も身に覚えがある。

ところが、色川氏が学校に通った頃は、まさに戦争たけなわの頃で、軍事教練もある。それにきちんと従うという画一的なことを嫌悪する色川氏は、たちまち落伍して劣等生のラベルを貼られてしまった。ここらあたりは森毅と似ているが、森毅は少なくとも勉強はできた。

色川氏は勉強も全く真面目にやらなかった。それでいよいよ落伍者になったのだが、なるほどと思ったのは、要するに教えられるのが嫌なのだそうである。それで学校の勉強をしないで雑学のようなことを独習して、クラスの友達にそういうのを話すと、面白いと受けた。教えられるのが嫌というのあたり、いかにも私にも似ている。しかし、私は色川氏ほど根性がないので、結局、劣等生になれなくて、小学校では、中くらいの成績を維持した。

そして戦争が終わると、わずかな私との類似性なんて吹き飛んで、色川氏は上の学校には行かず、戦後の混乱に紛れて、バクチ打ちになった。麻雀もそのときに覚えたらしい。ただ、麻雀はメインではなく、チンチロリンだかなんだか知らないが、もっとサイクルの短いバクチに主に打ち込んだらしい。

色川氏は、はっきり言って博才があったようである。すなわち、バクチの同僚たちから一目置かれ、バクチ打ちだけでしのげた、すなわち生活できた。で、色川氏は明示的にそう書いているわけではないが、どうも、「人生の大事なことは皆、バクチから学んだ。」ということではないだろうか。

しかし、バクチ打ちとして一生終わっていたら、「うらおもて人生録」は決して書かれることがなかったはずである。すなわち、バクチ打ちとしてもしのげたはずなのに、22歳の頃、急に足を洗って、カタギになろうとした。小説家になるという血が疼いたのである。三つ子の魂云々で、生来のストーリーテラーであったのかもしれない。

しかし、まともな学歴もないので、ちゃんとした会社に入れるわけもない。それで、小さい出版社を受けると、なんとか入れるところがあった。そこで編集者を担当した。もともと、取り入る能力があった。学歴とは関係なく頭がよく、要領もいいのである。

そこから、色川氏は、バクチから学んだ教訓を一般化して、人生に活かしていった。そういうノウハウが詰まっているので、「うらおもて人生録」は相当面白い。

例えば、長所・短所論である。私は今まで何度も、短所があるから長所があるんだと遠慮がちに言ってきたが、色川氏は、長所・短所は必ず裏表だからね、と断言する。そしてツキの理論を援用する。

例えば、頑張って東大に入ったとする。そこで人生の成功が保証されると思いたければ思ってもいいのだけれども、頑張って東大に入った時点で相当にツキを減らしている。すると、今度はツキを貯める方向に進まなくてはならない。なのに、そこからただちに邁進すると人生、失敗する。

こういうツキというのは、確かに麻雀やってても、野球をやってても、その存在が実感されるのだが、私は普通に人生やっていて、ツキの効果をどうも忘れていた。

そういうツキというものがあるので、大勝してはいけないと色川氏は、指摘する。大勝するとツキを使い果たし、長い目でみて勝てなくなる。すなわち、15連勝でなく、9勝6敗を目指すべきである。8勝7敗でもよい。

そもそもが、普通に生きているだけでもツキを消費する。なのでがむしゃらにやったら、人生を壊すかもしれない。

私はというと、できるものなら15連勝したいと生きてきた。それで結果的に力がないので15連勝どころか、6勝9敗、いや2勝13敗だったかもしれないが、最初から8勝7敗を目指すという発想はなかった。

何しろ私は、博打とはいわず、勝負の駆け引き的発想が完全に欠落しているので、「うらおもて人生録」を読んでも、その言わんとするところは、五分の一も理解していないかもしれない。しかし、人生のこんな晩期になっても、この本を読んだことは意味があったと思う。

もう2年以上前に、誤解を招く方言を書いたが、方言というか言語というのはなかなかに人間にとって華であって、ソシュール先生は偉大だと今更思う。

で、ソシュール先生を持ち上げときながら、それとは全く関係なく、ちょっと方言について感じることを追加で書いてみたい。

すなわち、関西方言についてである。周知のように、関西方言は漫才コンビが平気で関西弁丸出しでテレビでしゃべっている影響もあって、会社などのオフィシャルの場でも東京方言と並んで公的な場で使える方言となっている。

一方、私がネイティブの話者であり、アクセント的には関西弁よりもはるかに東京方言に近いが広島弁といえども、流石に公的な場では使えない。

例えば、国会中継で、関西出身の議員が、「そないなことが許される思いますか」ということはありだろう。しかし、それと等価な広島弁で、「そがいなことが許される思うとりますか」というのは、意味は大抵の人は理解可能だろうが、普通は、は?という反応だろう。なので、私は関東地方にあって、自宅以外で広島弁を話すことはまずない(自宅で広島弁を使うのは、家人が同郷だからである)。

そのように日本で広く公認の関西弁であるが、関西出身の人は二分される。すなわち、東京に出てきて、関西弁丸出しの人と、巧みに東京方言を駆使する人とである。

前者はあまりにも多数いるの例示できないが、後者として例えば谷川九段がいらっしゃる。それで、私が言いたいのは、関西出身で、私が気が合うのは例外なく、普段でも普通に関西弁を使う人である、ということである。

気取って東京弁を使ってみようとする関西人とはまず、私は気が合わない。実に不思議であるが、これは例外がない。ただ、言うまでもないが、関西弁丸出しであることは私が気が合うことの必要条件であって、決して十分条件ではない。なにしろ、非社交的な私は、気の合う人というのをなかなか簡単に見つけられない。

私が東京にあって広島弁を丸出しにしないのと同じ意味で、九州の人も東北の人も東京で方言を丸出しにすることはまずないが、それでも、本人が標準語をしゃべっているつもりでもつい、お国訛りが出たりする。おそらくであるが、ベースのアクセントが標準語に比較的近い広島弁よりも、九州弁や東北弁の方が標準語からの偏差が大きいだろう。

そして、私はふと浮き上がってくるお国訛りを喜ぶ。出身地の習慣などに水を向けると、嬉しそうに話してくれる人を歓迎する。

要するに私は、ローカリストで、文化の多様性が好きなのである。国際性とか、グローバルスタンダートとか、丸めてゴミ箱に投げ入れたい。ただそれが言いたいだけなのかもしれない。

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。