2015年5月アーカイブ

前回の名人戦第4局から一週間程度で早くも名人戦第5局となった。いちいち言わないが、これで今回の名人戦が決着がついてしまうと思っている人は少なくないだろう。

さて、ローテーションからいくと、この将棋は行方は角換腰掛け銀を選ぶはずなのだが、後がないということもあるのか、矢倉を選んだ。一方、オールラウンダーの羽生は、後手番では横歩取りを選ぶことも多いのだが、今回の名人戦ではそれは選ばないつもりか。

【図1】 33手目▲6八金上まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲行方=なし
ここでの▲6八金上は、藤井流矢倉と呼ばれるのかもしれないが、普通は▲8八玉と深く囲うものかとおもっていたら、案外こう指すものらしい。時代は変わるものである。

【図2】 37手目▲3五歩まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲行方=なし
【図1】から△7三銀,▲2六銀,△2二玉,▲3五歩と進んだのが【図2】であるが、異様に渋かった前局と打って変わって、行方は積極的である。そして、△3五同歩,▲同銀,△3四歩,▲2六銀,△8四銀,▲6四角,△同歩,▲6三角となったのが、【図3】である。

【図3】 45手目▲6三角まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲行方=歩
実はここが封じ手で、私は△7三銀しかないのかと思っていたら、解説によると△7五歩もあるらしい。以下、▲7四角成,△7六歩,▲同銀,△7三銀となって難解なのだという。
しかし本譜は、△7三銀,▲4一角成,△4二金引,▲6三馬,となって、羽生が力強く△4三金左と指したのが【図4】である。

【図4】 50手目△4三金左まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲行方=歩
△4三金左の狙いは馬を捕獲することであるが、金が玉から離れるのは実戦的には怖い。これに対して先手は当然に▲7五歩であるが、以下、△4一角,▲同馬,△同金となった。△4一角も、金が離れるのが怖い。

【図5】 55手目▲3五歩まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲行方=角
そして先手は当然に▲3五歩と攻める。私の拙い大局観では、どうみても先手が指しやすい。攻めがわかりやすいのである。それに対する羽生の△7五歩というのが結構すごい。さあ攻めてこい、というのである。以下、▲3四歩,△同銀,▲3五歩,△4五銀,▲2四歩,△同歩

【図6】 63手目▲1五銀まで
持ち駒:△羽生=角歩3



持ち駒:▲行方=角
そして、図の▲1五銀となっては、普通の感覚なら、先手が攻めつぶせると思うのではないだろうか。そもそも、△4五銀がソッポなのが痛い。以下、△3二金,▲6一角,△5三金,▲2四銀,△2三歩,▲同銀成,△同金,▲2四歩,△3三金,▲3七桂,△3六銀,▲3四歩,△3二金,▲2三歩成,△同金,▲2四歩となって,

【図7】 80手目△2七銀打まで
持ち駒:△羽生=角歩3



持ち駒:▲行方=なし
ここで羽生の△2七銀打が頑強な受けである。普通は△2七歩なのだが、すると▲3八飛と寄る余地がある。それでも難しいような気がするのだが。ともかく、以下、▲2三歩成,△同玉,▲2七飛,△同銀成,▲5五歩,△同歩,▲2五桂と進んだのだが、激指10は、▲2五桂は敗着で、正解は▲7二金なのだという。しかし流石にそれには同意できない。

【図8】 88手目△3九飛まで
持ち駒:△羽生=角歩5



持ち駒:▲行方=金銀
ともかく、この△3九飛が攻防の要所なので難しい、という次第である。以下、▲3三歩成,△同桂,▲3四銀,△2四玉,▲3三桂成,△3五玉,▲2五銀,△2六玉,▲3六金,△同飛成,▲同銀,△同玉,▲1六角成と進んだ。ただ、▲3四銀を△同飛成と取る手もあったのかもしれない。

【図9】 102手目△3八銀まで
持ち駒:△羽生=角金歩6



持ち駒:▲行方=飛桂
ここで普通は△3七玉であり、それでも羽生が悪くないのかもしれないが、羽生は用心して△3八銀と入れた。以下、▲5一飛,△3七玉,▲5三飛成,△2六歩,▲5五龍,△2八玉,▲5九龍,△4九金,▲5八龍と進んだ。

【図10】 112手目△3九金まで
持ち駒:△羽生=角歩5



持ち駒:▲行方=金桂歩
そして、羽生が一旦△4九金に打った金を△3九金と寄ったのが、【図10】である。そこから、▲6一馬,△1九玉,▲7一馬,△7四香,▲5四歩,△3六歩,▲5三歩成,△7六歩,▲同銀,△同香,▲同金,△8四飛,▲6三と,△4五角,▲6七金打と進んだ。 

【図11】 128手目△6三角まで
持ち駒:△羽生=銀歩5



持ち駒:▲行方=桂香歩
そこで羽生が△6三角とじっと、と金を外したのがうまい。と思っていたら、解説の阿久津八段は、ここでは先手も有望になってきたのだという。とてもそうとは思えないのだが、ともかく以下、▲7五金,△9四飛,▲9六香,△7四飛,▲同金,△同銀,▲5三馬,△8六歩,▲同歩,△3七歩成,▲7五歩,△4五角,▲7四歩と行方は銀を取った。

【図12】 142手目△7六銀まで
持ち駒:△羽生=金歩5



持ち駒:▲行方=飛銀桂歩
しかし、ここで羽生の7六銀が厳しい。すると、行方の【図11】から【図12】に至る手順に問題があったのだろうか。ともかく、△7六銀以下、▲8七銀,△4七銀不成,▲6九龍,△6七銀不成,▲同金,△4八と,▲6四馬,△3七歩,▲4六銀,△5八銀不成,▲3九龍,△同と,▲4五銀と進んだが。

【図13】 156手目△7六歩まで
持ち駒:△羽生=飛金2歩4



持ち駒:▲行方=飛角金桂歩2
羽生の△7六歩が辛い手である。ここでは流石に羽生がはっきり優勢だろう。以下、▲6八金打,△5九飛,▲7六銀,△4五歩,▲8五歩,△6三歩,▲8六馬,△8八歩,▲5七金,△8九歩成,▲5八金,△7九飛成,▲6七玉と行方が粘ったが、途中羽生の△6三歩が、拠点をつくる意味でうまい。

【図14】 投了図、170手目△6四桂まで
持ち駒:△羽生=金2銀歩2



持ち駒:▲行方=飛角銀桂歩2
そして作った拠点をもちいて、羽生が△6四桂と打つと流石の行方もなすすべもなく投了となった。

こうして行方は、あっさりと防衛されてしまった。ただ、第4局など、勝てば行方の名局だった。あれを勝てば2勝2敗でこの第5局を迎えるので、もっと綾があったが、まあそれは結果論だろう。羽生は名人戦の余韻を楽しむ間もなく、6月2日に豊島との棋聖戦を戦わなくてはならない。王者は気の休まる暇がない。

ちょっと前の記事だが、TIMEの5月18日号によると、日本ではどうか知らないが、米国では、心臓疾患は、男性の死因の1/4に達するという。しかし、最近の研究により、心臓疾患になる確率を下げるため、以下のような方法があるという。

  1. テレビを観る時間を減らす。一日にテレビを観る時間が2時間を超えると、心臓疾患や糖尿病になりやすくなるという。
  2. 一人暮らしを避ける。社会的なつながりは健康にもいい。もし人付き合いが苦手なら、ペットを飼えばいいという。
  3. 音楽を聴く。30分音楽を聴くだけで、大動脈の固さがやわらぐという。
  4. ピーナッツやビートなどを食べる。
  5. いびきを抑える。
  6. 瞑想やヨガなどをする。

ある意味、当然かもしれないが、つい日常で忘れがちになることばかりなのだった。

微分積分

user-pic
0

数学セミナーの6月号は、「微分積分の質問箱」の特集号で、なんだそれは?と思ってしまった。それで、期待しないで読んでみると意外に面白い。

例えば、「微分や積分は何のためにある?」という素朴な質問を数学者にしてみると、その質問に対する回答が、数学者の専門分野によって全く異なっている。

例えば、あるトポロジストは、微分はものの「形」を見るため、積分はものの「量」をはかるため、というのだが、それだけではさっぱり意図が分からない。そもそも、トポロジーで、微分はともかく積分って使うのだろうか。

別の数学者は、微分は速度、積分は位置だという。これは物理の発想に近い。数学でいうと解析学か。

さらに別の数学者は、局所化して線形化したのが微分だという。これはまさに微分方程式である。積分はその解として出てくるのだろう。

さらに別の、力学系が専門の数学者も、微分というとやはり微分方程式を挙げる。当然だが、微分方程式は偉大なのである。

それにしても、代数や数論の専門家はここには出てこなかった。代数や数論の専門家だと、微分や積分と聞かれても、結構ベタな回答になってしまうのだろうか。

ところで、微分積分というと、個人的に、高校時代の思い出がある。すなわち、高校に入学したとき、微分積分のことを、微かに分る、分かった積もりになる、と何かの参考書に書かれていたのを斜め読みして、それは単なるジョークだったはずなのに、微分積分とはとてつもない深淵な数学なのだ、と頭に刷り込まれてしまった。一種の一目ぼれのようなものである。

ところが高1の数学の授業では、2次関数のうんざりする計算だったりして、微分積分など出てこない。それで、あるとき、数学の先生に、微分積分はいつ教わるんですか、と聞くと、なんかやる気ある生徒と勘違いしてくれたようで、それはなあ高2だよ、と丁寧に教えてくれた。

高2まで待ちきれないやと、休憩時間に図書室に行って、旺文社の「チャート式数ⅡB」田島一郎著という本の微分積分の章を眺めてみると、確かにさっばり理解できず、流石に微分積分だ、と妙に感心した。

そうやって、ときどき図書室で「チャート式数ⅡB」を眺めて、映画女優に対するかのような憧れを育んでいると、ついに高2になって、微分積分の授業になった。授業を聞いていると、微分は曲線の2点を結ぶ線を次第に近づけていったものとして定義され、積分は区間を細かく切って足していった和として定義されていた。ところが、その定義から離れて、知らないうちに微分積分が単なる計算規則として練習問題化され、本当に接線や区間細分の極限として微分積分が定義されるのか、と怪訝になった。ともかく試験に受からなくてはならないので、計算方法として微分積分の問題を解く練習をしたが、一種の不信感は残った。

その後、大学に進学して解析概論なども勉強してみたが、実は今でも高校時代の微分積分に対する不信感は完全には払拭されていない。ごくたまに、微分積分は本当に正しいのか、とさえ思ったりする。そして、もし微分積分が正しくないなら、数式に基づき設計された飛行機がきちんと飛ぶはずがないだろうがと自分に言い聞かせて、まあそれもそうだな、と一人問答でなんとなく納得する次第である。それにしてもなんと素朴な感情なんだろう。もしかして、高校時代に時期尚早に微分積分に憧れたのがいけなかったのかな、と今更思ったりするのだった。

隣人

user-pic
0

古書店で、永井するみ「隣人」双葉文庫をみかけたとき、なんとなく面白そうだったので一応買ってみた。しかし、なかなか読もうとしなかった。その理由は、イヤミスかもしれないと思ったからである。

小説でなく食べ物でいうと、私は辛いものが好きで、酸っぱいものも嫌いではない。なので、マリネなども好物といえるが、流石に酸っぱすぎると引いてしまう。そして、イヤミスというのは私にとって、まさに酸っぱい食べ物なのである。イヤミスの女王、湊かなえの告白は、私にとって特に不味くはなかったが、ちょっと酸っぱすぎた。それでその後、イヤミスはやや敬遠気味になった。

それでも、少しして「隣人」を読み始めたのはきっと、表紙の猫の装丁が気に入ったからだろう。「隣人」は短編集で、「隣人」、「伴走者」、「風の墓」、「洗足の家」、「至福の時」、「雪模様」の6篇からなる。

「隣人」は、一見何不自由ないような仲睦ましい夫婦の話。ところが、たまたま夫婦で訪れた別荘で海岸を散歩し、気まぐれに泳いだときに夫が海難事故に遭ってしまう。悲嘆にくれる妻。そして愛猫の世話をして気を紛らす。ところが、隣家の老婦人は、隣人をよく観察していた。そして、見透かすような発言をして、妻を慌てさせたのだった。

「伴走者」は、会社に派遣社員として勤め、なりゆきで管理職と不倫関係になってしまう女性の話。二人の関係は発展し、妻と別れて君と所帯をもちたいというよくある話になったが、管理職の本心はいかに。そしてなぜか派遣社員は、管理職の勧めで管理職の妻が勤務する会社に移り、管理職の妻と対決する。

「風の墓」は、実家の両親にべったりな妻にうんざりしている夫の話。そもそもが家を買うときも、ほとんど資金は妻の実家から融通してもらったのだから頭が上がらない。こうして居場所をなくして街をうろついていると、素晴らしいガラス細工の品を発見した。それを買ってから、その作品の作者の若い女性と次第に付き合うようになった。その不倫は出口のない迷路のようにみえたのだが。

「洗足の家」は、両親よりもなぜかとても叔母夫婦と懇意している娘の話。ある交通事故で娘の母は亡くなり、叔母は車椅子生活を強いられるようになった。それでも仲睦まじい叔母夫婦。娘との仲も良好なままである。ところが、娘の婚約をきっかけに何かが変わってきた。

「至福の時」は、美貌の母の遺伝で、女のように華麗な容姿のイケメンの男の話。そんな美貌の母が突然自殺してしまったのがショックで、男はしばらく呆然としていたのだが、美貌のため街で芸能プロダクションにスカウトされたのをきっかけとして、次第に母の秘密を知るようになる。

「雪模様」は、妹が未婚の母で、その不倫相手が元自分の彼氏だったという複雑な姉の話。そこで姉はある復讐を試みるのだが。

このように、一見どこにでもありそうな日常にぽつんとアノーマリーを作り出し、それを浮かび上がらせる永井するみの手腕は卓越していて、それがイヤミスだっとしても、酸味はほどよい程度である。

他の作品も読もうと思ってWikiで調べると、永井するみは、49歳で亡くなった夭折作家だった。スティーグ・ラーソン、北森鴻と並べて書こうとして、永井するみは、北森鴻と、生まれたのも亡くなったのも同じ年なのだった。なんたる偶然。

新宿鮫3

user-pic
0

新宿鮫2「毒猿」から数週間たって、新宿鮫3「屍蘭」を読むことにした。なにしろ、新宿鮫1よりも新宿鮫2は、パワーアップしており、すると新宿鮫3もそうかもと期待させるものがあった。

事件は、鮫島の知り合いで、コールガールの元締めである浜倉が急に亡くなってしまうことから始まった。すなわち、浜倉はレベルの高い若い女性を複数人抱え、筋のいい客に売春していた。ならば法律違反なので鮫島が逮捕しそうなものだが、浜倉は暴力団との付き合いも最小限にして素性よくビジネスしていたので、鮫島もとがめだてしなかった。

浜倉が亡くなった経緯は、抱えている女性の一人が産婦人科、釜石クリニックで勝手に子供をおろされてしまったことを産婦人科に抗議にいってから、変死したというものだった。すると釜石クリニックが怪しいということになるが、浜倉は外傷もなく死因が不明だった。

勝手に子供をおろされてしまった女性の彼氏もおさまらない。やはり釜石クリニックに文句をつけようと出かけていった。ところが、彼氏は行方不明になってしまった。

こうなってくると、いよいよ釜石クリニックの怪しさが濃厚になるので鮫島が動き、その周辺を洗うのだが、何も証拠がでてこない。そうこうしていると、鮫島がコンタクトしようとしていた人たちが更に殺され、その裏に、釜石クリニックと須藤あかねビューティクリニックとの深い関係があることが次第に浮かび上がってきた。なにしろ、釜石クリニックのベテラン看護師、ふみ枝と須藤あかねビューティクリニックの経営母体がつながっていることが分った。

しかし、須藤あかねビューティクリニックの顧問で、元辣腕刑事、光塚の奸計で鮫島にとてつもない冤罪の疑いが押し付けられてしまった。光塚は、元刑事として、警察官を追い詰める急所を知っている。こうして、鮫島は捜査活動もできず、警察を辞めざるをえないという絶対絶命のところに追い込まれた。

読み終えてみると、新宿鮫2の動に対して新宿鮫3の静であるが、そのことはストーリーの質を落としていない。むしろ、ふみ枝と須藤あかねビューティクリニックの経営者、綾香との関係に、東野圭吾の「白夜行」のような女の怨念と哀しさが見てとれる佳作なのだった。それにしても、サイコパスのようなふみ枝に、残忍さよりも哀しさを感じてしまうのは、なぜなのだろう。

倫理と論理

user-pic
0

倫理と論理というと、単なる語呂合わせのようでもあり、また、もし偉い哲学者がそういうテーマで本を書いたなら、なんとも難しい内容になりそうであるが、他でもない私なので、実は大変卑近な話なのであった。

まず、ここでいう倫理というのは文字通りの意味で、責任感とか誠実性のことである。一方、論理というのはもしかして倫理以上に意味が多様かもしれないが、ここでは仕事の判断能力、もっと一般化して業務遂行能力のような意味ももせたることにする。

そこで仕事の経験を通じて、私は、倫理と論理の間に次のような関係がある、と観察した。

  1. 倫理をいくら高めても、論理は高まらない。
  2. 論理をいくら高めても、倫理は高まらない。
  3. 倫理を下げると、論理も下がる。
  4. 論理を下げると、倫理も下がる。

この4つの命題を順にみていく。

まず、「倫理をいくら高めても、論理は高まらない。」であるが、精神の鍛練をして責任感をいくら高めても、仕事ができるようになるわけではない。仕事は、専門書を読み、あるいはOJTでスキルをつけるよりない。

次に、「論理をいくら高めても、倫理は高まらない。」であるが、よい例ではないかもしれないが、マンハッタン計画で原爆を開発した科学者たちは、日々の実験や研究でまさに論理を高めたのである。しかし、いくら論理を高めても、人類の平和を考えるという意味の倫理は全く高まらなかった。

次に、「倫理を下げると、論理も下がる。」であるが、これはまさに私が直接観察したことである。すなわち、私が管理職になって4~5年くらいたった頃、部門は活気があった。私は、特に予算管理・経費管理の仕事が大変なので、いつも夜11時くらいまで残業していたが、弁理士たちも夜10時くらいまで残業して明細書を書いたり、意見書を書いたりしていた。少なくとも面倒な仕事から逃げるという傾向はなかった。

ところが、ある人物が管理職になって、そんなに遅くまで弁理士たちが残業しているのは、非生産的な雑用に追われているからだ、と言い始めた。そして、雑用はすべて、私の部下のサポートの女性人に振ってきた。私は必死で私の部下を守ったが、私の部下に私を裏切る人も出てきて、守りきれなくなった。なぜなら、私の側につくよりも、そちらの若い管理職についた方が有望と思ったのだろう。まあ慧眼?か。同様の趣旨で、他の管理職も、その新人管理職の側につき、私は孤立した。

ではそうやって弁理士たちの生産性が上がったかというと、否であった。ただ私の部下と私が一層忙しくなっただけである。むしろ、弁理士たちは面倒なこと自体を厭い、楽するようになった。しかし、特許実務なんて面倒なことだらけである。そしてフォーマンスは目に見えて下がっていった。それをみて、おかしいではないかと指摘したら、新人管理職は、サポートが足りないのだという。これは論外だと思った。こうして真面目に努力するという意味の倫理が低下することで、仕事の質と量も下がっていった。実際、今に至るまで、改善されていない。

で、いくら言っても誰も私のいうことを聞かないので、管理職を降りたタイミングで私は、傲慢かもしれないが一つの見本を示そうと思った。それで、どんな難しい発明でも逃げないで明細書を書いた。難しすぎて、知恵熱を出して倒れたこともある。それで、一部の人には刺激になったのかもしれないが、結局私が辞めてみると、元の木阿弥になった。

ともかく、真面目に努力し誠実に仕事する、という倫理が低下すると確実に仕事のパフォーマンスが下がる。あまりにも当たり前か。

最後に、「論理を下げると、倫理も下がる。」であるが、ここで論理を下げるというのは説明が必要である。すなわち、本当はできるのに手を抜くというのは、論理を下げることにはならない。それは寧ろ倫理を下げることになる。論理を下げるというのは、適性がないのに勘違いして努力し続けることである。しかし、パイロットでもそうだが、仕事にはどうしても適性というものがあり、努力で埋められないことは結構多い。職業適性で書いた事件など、まさにそうである。もともと真面目な青年が、倫理的にありえない事件を引き起こしてしまう。

実は、怖ろしいのは、「倫理を下げると、論理も下がる。」と「論理を下げると、倫理も下がる。」の連鎖である。倫理が磁気で、論理が電気だとすると、この2つの命題は相俟って電磁波となって、スパイラルのように人間を転落させる。すると、あんなにいい人だったのに、あんなに真面目な人だったのに、という人が犯罪さえ起こす。

だから私は、上司に食ってかかってまでも、なんとか倫理を維持しようとした。また、暇さえあれば本を買って勉強し、OJTで頑張ることにより、論理を下げなかった。どちらが欠けても電磁波スパイラルに陥る。

多分であるが、まあちょっとくらい緩めてもいいかな、というのは論理よりも倫理の方だろう。確かに方便として緩めてよい場合もあるが、緩めたら後で修繕しておかないといけない。魂を売ったらまた買い戻さないといけない。すぐに買い戻さないと永遠に買い戻せなくなる。倫理を下げることで失うものの大きさをつい人は見ようとしない。いや、ショートレンジには見えにくいのかもしれない。

幸福な生活

user-pic
0

百田尚樹というと、今や押しも押されもしないベストセラー作家であり、特に永遠のゼロの感動は鮮烈だった。

なのに、なぜか百田尚樹の他の本で読んだのといえば、風の中のマリアくらいで、これはこれでそこそこ面白かったのだが、彼のメインの作品というわけではないだろう。

そして古書店で久々に買った百田尚樹の本が「幸福な生活」祥伝社文庫なのだが、中を見もしないで買ってあとから気づいたのだが、これはなんと星新一ばりのショートショートなのだった。

いや、星新一を引き合いに出すとSFみたいで、誤解を招く。「幸福な生活」は、19篇のショートショートからなり、会社生活、夫婦生活、恋人関係、親子関係などにおいて、日常性に潜むシニシズムや闇をさりげなく描くものである。

ショートショートだとどうしても中途半端感が漂うが、私はどれもそれなりに面白く読めて、退屈しなかった。特に私のお気に入りは、妻が夫の浮気相手と友達になって、自宅に招待してくるという「夜の訪問者」、深夜タクシーが辺鄙なところまでお客さんを連れてきたら実は、という一見ベタな「深夜の乗客」、そしてなんとも底抜けに明るい「幸福な生活」、といったところである。

それにしても、アマゾンのコメントの「本にするほどのものか?」とか、「しょぼっ」とか、「何故こんなに評価が高いのか分からない」という星1つだけの最低ランクの評価が最初に来ているのだが、そんなにつまらない小説なのかな、こんなもんなんではないかい、とアマゾン不活性論者の私は思うのだが、例によって甘すぎるだろうか。

【図1】 27手目▲4六角まで
持ち駒:△行方=なし



持ち駒:▲羽生=なし
名人戦第4局は、羽生の先手。今回の戦法は、矢倉となった。ローテーションとしては、矢倉、相懸、角換腰掛銀だから、順当か。しかし矢倉は矢倉でも、角がにらみあう脇システムとなった。私はなんとなく、46銀戦法の方が格調が高いと思ってしまうのだが、偏見だろうか。

【図2】 42手目△7二飛まで
持ち駒:△行方=なし



持ち駒:▲羽生=なし
手が進んで、封じ手は△8五桂の局面だったので、次の▲8六銀は当然なのだが、そこで後手の手が注目された。私は△8二角を予想していた。再度▲4六角とぶつけたときに、△6四歩と止めて、△6五歩を狙う意図。しかし、行方は【図2】にあるように△7二飛。これは格調が高すぎて、私には理解できない。そこから、▲1六歩,△4三金右,▲4六角,△4五歩,▲6四角,△同銀となった。

【図3】 49手目▲3五歩まで
持ち駒:△行方=角



持ち駒:▲羽生=角
そこから羽生は、図にあるように▲3五歩を選んだ。ここは羽生がやや苦し紛れ感がある。微妙であるが。それにしても、なぜ羽生は作戦負けしてしまったのだろう。行方が上手かったのか。ともかく以下、△3五同歩,▲2六銀,△3四金,▲1五銀。

【図4】 54手目△8二飛まで
持ち駒:△行方=角歩



持ち駒:▲羽生=角
そこで行方は、△1四歩と追い返すのかと思ったら、渋く△8二飛。まったく黒光りするような序盤である。以下、手を進めると、▲2四歩,△同 歩,▲6一角,△4三角,▲同 角成,△同金,▲2六銀,△4四銀,▲3七銀,△3二玉,▲4六歩,△同歩,▲同 銀,△4五歩,▲3七銀。ともかく羽生は、行方の金を上ずらせて、▲3七銀から一歩をもって建て直そうとする。

【図5】 70手目△1四歩まで
持ち駒:△行方=角歩2



持ち駒:▲羽生=角歩
しかし、行方はあくまでも落ち着いて△1四歩。王者の風格の手である。そこで、羽生の▲2三歩という手裏剣が出た。これに対して△1二香という手も指摘されたが、以下、△3三金,▲2二角,△1三香,▲1一角成,△2三金。

【図6】 77手目▲2六銀まで
持ち駒:△行方=角歩3



持ち駒:▲羽生=なし
こうなると、行方がまだ優勢とはいえ、ちょっと▲2六銀がうるさいか。それに対して行方はあくまでも、△3三銀と自然に指した。ここから羽生は、▲3七桂,△3六歩,▲2五桂,△同 歩,▲同銀,△3七歩成,▲3四銀,△同銀,▲2二金のように、桂を犠牲にしてと金もつくらせ、非常手段のように思われる。

【図7】 88手目△4三玉まで
持ち駒:△行方=角銀桂歩3



持ち駒:▲羽生=歩
▲2二金に△4三玉だと、▲4四歩は誰にも見えるところ。行方は以下、△4四同玉,▲2三金,△3三歩,▲2四飛。これは金を損する手順だが。

【図8】 94手目△3五銀打まで
持ち駒:△行方=角桂歩3



持ち駒:▲羽生=金
がっちり△3五銀打と受けられて、羽生は継続手段を見出すのが大変である。そして羽生は、▲2一馬と飛車を見捨てた。以下、△2四銀,▲同金,△2八飛,▲2五桂,△3五玉。これは入玉模様である。

【図9】 101手目▲1七銀まで
持ち駒:△行方=角桂歩3



持ち駒:▲羽生=金
羽生は、根性で▲1七銀と入玉阻止しようとする。以下、△3八飛成,▲3三桂成,△2四玉,▲3四成桂,△同玉,▲2六銀。こうなっては、一応行方の玉は押し戻されたか。

【図10】 108手目△3二歩まで
持ち駒:△行方=角金桂2歩2



持ち駒:▲羽生=金銀歩
しかし、△3二歩とはあくまでも行方、落ち着いている。以下、▲2二馬,△3三桂,▲1三馬,△3六と,▲3七香,△9五歩,▲3六香,△4三玉,▲3五馬,△9六歩となっては、どちらが得をしたのだろう。

【図11】 119手目▲9八歩まで
持ち駒:△行方=角金桂歩3



持ち駒:▲羽生=金銀歩
△9六歩に▲9八歩と受けるのは当然かもしれないが、以下、△9七歩成,▲同歩,△同香成,▲同香,△9六歩,▲同香,△9八金となっては、羽生の玉は相当危ないと思われる。

【図12】 127手目▲7九玉まで
持ち駒:△行方=角桂歩3



持ち駒:▲羽生=金銀香歩3
△9八金は取ると簡単な詰みなので、▲7九玉は仕方がない。以下、△4六桂,▲6八銀となって、どっちが勝っているのか。

【図13】 130手目△5八角まで
持ち駒:△行方=歩3



持ち駒:▲羽生=金香歩3
実は▲6八銀は好手で、後手容易ではないようである。しかし、△5八角はよくなかった。まだしも後手は、△4九龍、▲5九香、△4八角だったようである。すると以下、▲8五銀、△5九角成、▲同銀,△同角成,▲同香,△同龍,▲6九金、△1九龍となって難解なのだと感想戦にあったという。ただ、激指10は、この手順で、▲8五銀としないで、単に▲3四馬で先手優勢だという。▲3四馬に△4二玉なら▲4四歩。▲3四馬に△5三玉なら▲6一馬,△4二玉,▲3四歩,△2六角成,▲3三歩成,△同歩,▲4三金,△3一玉,▲9三香成。やはり先手がいいのだろうか。
本譜は、△5八角,▲5九香,△4九龍となったが。

【図14】 133手目▲9九歩まで
持ち駒:△行方=歩3



持ち駒:▲羽生=金歩2
▲9九歩で羽生の勝ちが確定した。以下、△6七角成,▲9八歩,△6六馬,▲7七金打,△4八馬,▲9三香成,△6九金と行方は迫ったが。

【図15】 投了図、141手目▲8八玉まで
持ち駒:△行方=歩4



持ち駒:▲羽生=金歩2
▲8八玉で、羽生には詰めろさえかからなくて、行方の投了となった。なんか羽生マジックで大逆転勝ちのように言われているが、終始難しい終盤ではなかったか。ともかく羽生の名人防衛の色がかなり濃くなってきた。行方、善戦しているのだが。

2ヶ月近く前に、「化学探偵Mr.キュリー」 というのを読んで、なかなか面白かったと書いたが、別に誤魔化すつもりはないのだが、あれは実は「化学探偵Mr.キュリー2」なのだった。

それで、この小説の始まりのきっかけを知りたくて、「化学探偵Mr.キュリー2」でなくその前編である「化学探偵Mr.キュリー1」も読んでみたくなった。すなわち、ライトノベルの読書歴が薄い私は、ライトノベルの原点として、ビブリア古書堂の事件手帖を意識しているので、「化学探偵Mr.キュリー1」には、沖野春彦と七瀬舞依の馴れ初めも書かれていると期待したのだった。

ところが、アマゾンで「化学探偵Mr.キュリー1」を注文して読んでみると、タイトルは単に「化学探偵Mr.キュリー」だし、七瀬舞依のデビューも、単に四宮大学の庶務課に七瀬舞依が新入社員として配属になった、すると、猫柳という変な上司だったというだけだった。

そして、沖野と舞依の出会いも、新入社員ながら嫌な役割を押し付けられる舞依が、モラル向上委員会の委員を沖野に引き受けてくれるように依頼しにいく、というとても味気ないものだった。

ともかく、学内の妙なこと、嫌なことの相談が舞依に持ち込まれ、それが手に余った舞依が、沖野に相談にいくというパターンが確立したのだった。

第一話は、「化学探偵と埋蔵金の暗号」。深夜学内で土を掘っている怪しい男がいるという話を持ち込まれた舞依は、掘られた場所に落ちていたという、埋蔵金の場所を示す暗号文のメモとともに沖野に相談に相談にいった。すると、沖野は、初歩的な化学の知識を使って簡単に埋蔵金の場所を突き止めるとともに、その裏にある化学スキャンダルも暴いてみせたのだった。

第二話は、「化学探偵と奇跡の治療法」の話で、なにげに癌の化学療法のことが出てくるので興味をもった。ただ、化学探偵なので、そういう医学的な話よりもむしろ、ホメオパシー療法とその裏にある陰謀を暴くのだった。

第三話は、「化学探偵と人体発火の秘密」。そういえば、森博嗣にもそんなプロットがあったような気がしたが、記憶違いかもしれない。しかし、ここではそんな深刻な話でなくて、頭髪が発火したのだった。ん?それはやはり深刻か。ともかくこの事件はあまり化学的薀蓄を駆使しないで解かれてしまった。

第四話は、同棲しているのに彼女に触らせてさえもらえない男の話。しかも、そこに別のストーカーが絡むので話はややこしい。そういう痴情ミステリーで、あまり化学的でなく解決がはかられる。

第五話は、舞依の幼馴染で、人気アイドルの美間坂剣也が登場する。なにしろ、舞依と剣也は仲良しで、剣也のマンションに舞依は泊まりこんで、バスまで使わせてもらう仲なのだった。それって恋人どうしじゃん、ということになるのだが、違うんだなあ、それが。そして、剣也と沖野が出会ったとき、悲劇的な化学反応が生じてしまう。

まあ、読んでみて、ビブリア古書堂の事件手帖ほどの起伏はないのだが、沖野と舞依のコンビは、森博嗣の犀川創平と西之園萌絵に位相同型で、なかなかいい味が出ているとやはり思った。ホームランは少なくてもコンスタントにヒットが打てる、イチローである。ちょっとほめ過ぎか。

ところで、珈琲店タレーランと比べたらどうだろう。クオリティは化学探偵だが、独自のワールド性はタレーランかな? はて、私はいつからライトノベル評論家になったのだろう。

もう6年ほど前に、人生の目的などという、おそろしくベタな記事を書いた。

それはそれとして、最近テレビを観ていて、小椋佳が自分の生い立ちや銀行を辞めた経緯などを話すという番組があったので、つい興味をもって見入った。すると小椋佳は、サイドワークでシンガーソング・ライターをやりつつ、銀行員としても優秀で、そのまま銀行に残っていたら取締役になり、頭取も狙えたのかもしれないが、そういう生き方をしていると思考パターンがあまりにビジネスマン一辺倒になると49歳で銀行を辞めた。なお、このあたり私の記憶と理解に基づき書いているので、もし正しくなかったらすべて私の文責である。

それで、銀行を辞めた小椋佳が何をしたかというと、東大に入り直して、哲学を6年間勉強した。入り直してというのは、もともと東大法学部卒だからなのであった。なぜ東大で哲学を勉強したかというと、人生の目的について考えるためだったという。

それを聞いて私はつい考え込んでしまった。すなわち、人生の目的はこうである、ときちんと説いた哲学者っていただろうか、と。そしていくら考えても、そういうことを説いた哲学者というのが思い浮かばない。しかし、私はほとんど一冊たりともまともに哲学書を読み通したことがないし、ある程度網羅して読んだこともないので、私が思い浮かばないとしても、そんな哲学者はいないのではないか、という根拠にならない。ただ、私の微かな記憶では、ショーペンハウアーと、バートランド・ラッセルが、人生の目的などないと明言していたような気がする。正しいだろうか。

小椋佳は結局、東大で6年間哲学を学び、そこから人生の目的はみつけられなかったという。すると、それを以て、人生の目的をきちんと説いた哲学者はいないと結論づけてもよいのかもしれない。

そして、やはりそうかと思いつつ、天邪鬼な私は、ちょっと荒唐無稽なことを考え始めた。それは、ヒッグス場とのアナロジである。すなわち、純粋な哲学場というものを考えると、そこではすべての事象の質量がゼロになる。言い換えると、すべての事象は目的をもたない。なので、哲学の世界をどのようにさまよおうとも、目的は見つからない。哲学の青い鳥である。

ところが、純粋な哲学場にはヒッグス粒子が存在し、自発的対称性の破れに似た現象により、質量ならぬ目的が生じる。では、ここでヒッグス粒子として比喩されているものは何なのだろうか。私なりに考えたところ、対称性を破るものは個性らしい。すなわち、平均というものだけを考えると、目的は生じない。ところがパソーナライズによって目的が生じる。そう書きつつ、私はその説の凡庸さに目がくらみそうになった。

そこでもうちょっとペダンチックな記述を与えてみる。哲学によって記述される世界を哲学場と呼ぶことにすると(なんという曖昧な記述なのだろう)、そこから、目的をもつ個別の場、非哲学の場と呼んでもよいが、に対する写像が与えられ、要するに写像自体が目的のジェネレータなのである。

と、粗い記述を与えてみたが、上記は、物理学、あるいは数学のアナロジを哲学にブレンドしてみたものである。これ以外にも、心理学や、文学、宗教などいろいろなものを哲学にブレンドしてみる手法もあろう。これらすべて、哲学から目的を生成させる。

しかし、そもそも、目的を生成するのに何故に哲学がコアになくてはならないのだろう。こうして限りなく粗い考察であることに満身創痍になりつつ、一旦擱くことにする。

水の迷宮

user-pic
0

古書店で「水の迷宮」石持浅海著、光文社文庫をみたとき、なんだこの小説は?とちょっと怪訝だった。石持浅海なんて聞いたことないし、と一旦取り上げた本を書棚に戻そうとして、本の裏表紙をみたとき、ん?と反応してしまった。

そこには、「1966年愛媛県生まれ。九州大学理学部を卒業後、食品会社に勤務。」とある。なんとかなり狭い意味で私の同窓ではないか。以前にも、そして夜は甦るを読んだとき、著者の原尞が九大文学部卒というので、つい反応してしまった。ましてや、石持浅海は九大理学部なのである、そんな作家なんて他に知らない。ということで、「水の迷宮」は読むかどうか心もとなかったが、とりあえず買った。

実際、東京において、九大出身者なんて、数としてはそこそこいると思うが、地理的に東北大や北大出身者と比べてもやはり少ないだろう。そういえば、以前、外資系に勤務していたとき、発明処理関係である若手研究者とメールをやりとりすることがあった。その若手研究者は、普段から勉強熱心で知識もあるせいか、上司や先輩にも直截な意見をどんどん言うということで、煙たがられていた。なので、一特許担当者にすぎない私に遠慮するわけもなく、メールの文面も私を困らせるような内容だった。ところがあるとき、何かの論文の経歴で、その若手研究者が九大理学部物理学科卒だと知った。そこで、若手研究者に、貴殿は私の大学の同一学部学科の後輩に当たりますね、とメールしてみたところ、特に何も反応はなかった。やはり彼にはそんなの関係ないか、と思っていたら、私を困らせるメールはピタリと来なくなって、こちらのアドバイスを素直に聞いてくれるようになった。こんなに著効があるとは、と逆に怪訝になった。こんなの早慶出身ではまず起きないだろう。あちこちに普通に同窓生がいるからである。九大は、東京では、かなりマイナーな大学なので、なんとなく互いに助け合う雰囲気になる。

さて、戻って、「水の迷宮」は比較的すぐに読み始めた。同窓意識なのかもしれない。すると意外にも水族館が舞台の小説なのだった。結構珍しい。実は私は、子供の頃海のそばに住んでいて、友達と遊ぶよりも海岸に行って海岸動物たちを眺める方が楽しかった。なので、かなり昔に江ノ島水族館に家族と行ったときも、私はクラゲの水槽の前から動きたくなかった。こうして、同窓意識なんてどうでもよくなって、博物少年?の心が萌え始めた。なぜ博物少年なのかというと、海岸動物だけでなく、魚類、植物、昆虫、岩石、鉱物など全般に興味があり、小学校では、友達と遊ぶよりも、図書室でこれらの図鑑を眺めているのが一番楽しかったからである。なんともネクラな子供だった。

「水の迷宮」の舞台は、水族館といっても、羽田国際環境水族館という、仮想のマイナーな水族館の設定になっている。もともと、いわゆる都の三セクで、職員が全くやる気がなく、敷地も狭いので、いつ閉鎖されてもおかしくない施設だった。それではいかんと憂慮する有志の意見があって、MBAをもつエリートの経歴の館長や、官庁折衝のプロなど人材を集め、新企画をどんどん出して盛り上げていった。生え抜きの職員片山はそれでは満足せず、何やらアイデアをさらに企画しているらしい。

ところが、いつも深夜まで密かに残業していた片山が、過労死なのか、水槽のそばで亡くなるということがあった。そして、本当の死因がわからないまま、結局過労死で処理され、水族館は普通に運営されて3年が経った後、丁度片山の命日に、妙な脅迫メールが、館長のところに届いた。それは、身代金を払わないと、開放系、すなわち、観客が水に触れるプールに順次攻撃を加え、魚たちに被害を与える、というものだった。

もちろん職員たちは大童で警備に当たったが、そんな警備を後目に、実際にプールへの攻撃は行われた。しかし、その攻撃の内容たるや、実に奇妙なものだった。

この粗筋をみただけで、かなり奇妙な、ソフトタッチのミステリーであると分かる。すなわち、切迫した雰囲気のそばで、何かメルヘンチックな音楽が流れるかのような、違和感溢れるストーリーは読者を飽きさせない。そして最後に巨大な構想が浮かび上がってくる。

これを読み終えた感想は、ううん、こういうストーリーもありか、というものだった。人によっては厳しい評価を下す人もいるかもしれない。私がこの小説に妙に甘い評価を下すのはやはり作者が同窓だからだろうか、それとも元博物少年?だからだろうか、それともアマゾン不活性で述べたような、甘口人間だからだろうか。

まだ独身で、あてもなく哲学書などを読み漁っていた頃である。すると、当時人生とは何ぞやと模索していたのかと思われそうだが、そんな大したものでなく、なんとなく衒学的に、プラトンだの、ライヘンバッハだの、ラッセルだの斜め読みしていたにすぎない。

そんなとき、知り合いから、廣川洋一という人の名前を聞いた。なんでもギリシャ哲学者で、いくつか著書もあるという。紹介された著書のうち、「プラトンの学園アカデメイア」岩波書店、というのを買った。そして、その本は私の書棚に鎮座して、紆余曲折をへて今でも書棚の一隅を占めるが、哀しいことに、未だに積読のままである。

ただ、哀しいことというけれども、私の蔵書のマジョリティが同様の運命を辿っているので、私の蔵書は哀しさに満ちているということになる。

ところで、比較的最近、古書店で、廣川洋一氏の「イソクラテスの修辞学校」講談社学術文庫を見かけ、若干の苦笑いとともに、しかしほとんどためらうことなく、その本を買った。

ためらわなかったのは、イソクラテスとは誰かと好奇心が湧いたからである。また、苦笑いしたのは、結局「プラトンの学園アカデメイア」と同じ運命を辿るのかという懸念を感じたからである。

そして単なる偶然で、比較的早く「イソクラテスの修辞学校」を読み始めることになった。こういうのも運と呼ぶのだろうか。

今、この本の「I 序の章」を読んだだけだが、自己メモとしてこの段階で、軽いコメントを残しておくことにした。

最初に出てくるのは、「無教育な人間であるよりは、むしろ乞食であるほうがましだ。」という、ソクラテスの弟子、アリスティッポスの言葉である。無教育であることと、乞食であることは独立な属性ではないか、などと突っ込んでも仕方ない。

ともかく、ギリシャ人が、いかに教育に強い関心を抱いていたか、ということである。そして問題は、その教育の中身であるが、プラトンの「国家」によれば、それは次のようなものである。すなわち、

  • 数学的諸学科として、算数、平面幾何学、立体幾何学、天文学、及び音楽理論を挙げる。
  • 17~18歳までの少年期に、上記数学的諸学科を、自由に学習する。
  • 20歳までに、2~3年の強制的体育訓練が課される。
  • 20歳から30歳までの期間に、それまでばらばらに雑然と学習した数学的諸学を、綜学的にみる視点と視力を備えなければならない。
  • 30歳から35歳の期間までに、選ばれた者たちのみが、哲学的問答の学習と研究を許される。
  • 50歳までの15年間は、公務に就いて経験を積む。
  • 50歳以降は、少数の最優秀者たちが全存在の究極原理である「善のイデア」の認識に達し、このあと交互に哲学研究と国政の任にあたる。

ここから、ギリシャ的教育の基礎としての数学の重要性をみてとることは容易であろう。私はギリシャ的教育とはそのような一元的なものかと思っていた。しかし、ここにイソクラテスが登場して、「ギリシャ人が異民族よりも秀れているのは、言論と思慮において、一段とすぐれて教育されていることによる。」と、説く。ここでは意外にも、数学的教養でなく、文学的・修辞的教養が意図されている。

そして、ギリシャからローマに継承されたのは、プラトン的でなく、まさにこのイソクラテス的教養であった。プラトン的教養は、形式的あるいはかなり形骸化されたかたちで伝えられたにすぎない。なぜなのか。

イソクラテスは実はゴルギアスの弟子なのであって、プラトンの対話編によれば、ゴルギアスはソクラテスによって論駁された、ということになっている。しかし、大衆に受けてやすいのはなんといっても、ゴルギアスの方であろう。論理的正しさはここではあまり関係ない。そのあたりがローマへの伝搬性に影響したのだろう。

ところが、伏流となった数学的教養の方は涸れることなく16世紀のケプラー、ガリレオ、コペルニクス、フェルマー、そして17世紀のオイラーと、華々しく復活した。なぜなのか。もしかして伏流は、イスラム圏へとバイパスしたのか。

といういくつかの素朴な疑問を抱いて読み進めるというのは、なかなか問題意識的でよい読書になるのかもしれないのであった。

今は武蔵野市にある某会社に勤務しているのだが、去年の2月に会社のそばに古書店ができたので、これはラッキーと昼休みにときどき訪れて、若干の本を買うのはいいが、買って会社の机の中に入れるとなぜか安心してそのまま放置してしまう。

かりにも面白そうと思って買った本なのでもって帰ればよさそうなものだが、なぜか会社の机に放置したままだったりする。

いくらなんでもそれでは勿体ないと、通勤の往路に読み始めたのが、米澤穂信「ボトルネック」新潮文庫だった。

主人公は、いまや人気の観光スポット、金沢に住んでいる。そして恋人がいたのだが、東尋坊で海に転落して亡くなってしまった。そこで、恋人の弔いで、ある日、恋人が落ちたという東尋坊の現場にやってきた。

そこで感慨に耽っていると、突然突風が吹いて崖から海に落ちたような気がした。しかし、気づくと金沢市内の公園にいた。戸惑いながら自宅に帰ると、なんといるはずのない姉がいた。

すなわち、本来自分がいたはずの世界から、自分がいなくて姉がいる別の世界にワープしていた。ところが、自分の代わりに姉がいるだけはずの世界が、自分がいた世界とほとんど同一のようでいて、微妙に異なっていた。それは自分の代わりに姉がいるにすぎないのだけれども、バタフライ効果で、姉のちょっとした言動が世界を作り変えている。

3D眼鏡の原理は、左右で異なる画像で視差を生じさせることによって、平面しかみていなくても錯視により立体視をつくりだすものだが、このような別ワールドの記憶と現ワールドとの差を意識することは、3次元ワールドの立体視、すなわち4次元ワールド・ビューを観させることになる。

しかも、そのワールドが楽しい世界ならよいが、両親が醜悪な夫婦喧嘩をして日々自分がとばっちりを受け、恋人が事故死したという悲惨な世界なのであり、4次元ワールド・ビューは壮絶なまでに救いがたい世界を現出させている。

こんな理不尽な世界観は、カフカやカミュに匹敵するのだろうな、と溜息をつきながら、剰え、目に少し涙を溜めながら、読み終えたのだった。蓋し名作、というべきなのだろう。そして、米澤穂信の才能も讃えたい。

先日、長年購読していた「発明」という雑誌を購読を中止した。長年というのは、23歳のときからであるから、本当に長年なのである。で、そんなに熟読した経験はないのだが、数年前は、米国特許弁護士の服部氏の記事を面白く読んでいた。ところがどういう事情か、その記事がなくなり、代わりにどこからの弁理士が、経営学のような記事を連載するようになって、途端に読む気がなくなった。それで、転職して給料が下がったこともあって、思い切って「発明」の購読中止を発明推進協会に伝えた。必ずしも楽しくなかったが長年住み慣れた町を出るような感慨があった。

そうやって「発明」の購読を中止してみると、今度は、「日経情報ストラテジー」が遊び駒になっているのが気になった。なにしろ毎月ほとんど読んでいない。それで、日経BPに購読中止を伝えたら、「あと1年分、購読料を先払いで引き落とさせて戴いてます。ですので、あと1年間記事をお楽しみ下さい。」と返事が来た。なら仕方ないや、となぜか今更ながら急に真面目に記事を読むようになった。

そこで、ちょっとバックナンバー的な5月号を眺めていると、技能伝承の特集記事があった。なんといまどきの技能伝承は、ウェラブル端末やスマホを使うのだという。しかし、記事をよく読んでみると、ウェラブル端末やスマホを使うというのは表面的であって、その本質は、ベテランのノウハウを可視化して端末に組み込んだことにある。私が驚くのは、ベテランのノウハウというのは非言語的なスキルも含むのであって、実際にベテランのノウハウを可視化するには、それこそ相当なノウハウがそこに必要なはずである。

実は私が管理職だった15年くらい前のこと、当時知識マネジメント(KM)がブームで、私はどうやってスキル伝承を図ろうかと腐心していた。例えば、まさにベテランの人にインタビューして、聞いたことをノーツDBに書き込んでいった。私が書くと、返事をコメントする人もいて、自然に活きた問答集になった。

ところが、同一人物があまりにも長年管理職をやっていてはまずいと、私が管理職から降りると、スキル伝承のフレームワークが崩れた。すなわち、時代が変わったのだから、と私のようなベテランの意見が封じられてしまった。では、代わりに私のあとを継ぐ管理職たちがうまくやってくれるのだろうとみていると、なんと若者を野放図に放任しているだけではないか。そんな若者は、チームリーダーに任命されると、私のようなベテランをアゴで使うようになった。何かを履き違えているとしか思えない。

私がちょっと切れて意見しようとすると、管理職が制止にくる。それでおかしいのは、ノウハウを要する手作業はきっちり私に依頼が来るのである。で、私が大部分処理した仕事もなぜか若者たちの成果ということになってしまっている。それはどうも若者たちを昇進させるための企画だったようである。

私は今更踏み台にされるのは構わないのだが、問題なのは若者たちがやっていることをみると、そんなことを何年やっていてもスキルが身に着くわけないことばかりやっているのである。要するに手配師にすぎない。

結局、スキルの伝承は閉ざされてしまった。ベテランのスキルをデータベース化する以前の問題である。

問題点は沢山あって、列挙してみると:

  1. 地道に汗を流す作業が嫌われる。何か楽して一気にできるようになる方法があると信じられている。しかし、そんな方法があるとしたら僥倖なのであり、頼ってはいけない。
  2. 指示する側の方が、指示される側に対して無条件に上位にあると前提されている。成果も指示する側が得る。しかし、失敗したときの責任は結局指示された側に被さる。
  3. ベテランの発言権がなくなり、実務を知らない抽象的な建前のような意見がまかり通る。こうして次第にスキルは空洞化していった。
  4. 面倒なことはアウトソースすればいいという傾向がはびこった。そこではなぜか予算の観点が欠落しており、長年予算管理をしていた私には目を覆うばかりだった。

その傾向は全く反省に晒されることなくエスカレートしていった。当時、私がリーダーというわけではないのだが、それでも長年の経験に基づき、昔からの仲間何人かで、地道にITインフラを整備していった、ところが、何年かたってみると、ITインフラを維持していた仲間は、私を含めてほとんどがリストラになってしまった。おそらく管理職たちには、ITインフラを維持することの意味が地味すぎて分からないのだろう。なぜなら、ITインフラ屋たちがいなくても、とりあえず出来上がったシステムはそのまま使える。何が困るのかと、管理職たちは思っていることだろう。

しかし、ひとたび何かトラブルがあったり、仕様変更があるともうインフラは立ちいかなくなる。その程度のことも予測できないのだろうか。

また、ITインフラ屋というが、所詮はルーチンだから誰でもできると思われているふしもある。ならやってみてほしい。どうみても一応のITスキルの才能は必要で、流石に誰でもできるというわけにはいかない。スキルというのは、特許実務であれITであれ、なんだってそうである。

だから、スキルのある人たちを焚きつけてガイドを作成し、後進の人達に実作業をやらせてみなくてはならない。すると、ある人は全く駄目で、ある人はまあなんとかできたりする。すると、まあなんとかできたりする人は一応の才能があるのだから、引き続き苦労してもらわなくてはならない。

モバイル機器を使おうと使うまいと、スキルの伝承と育成はきわめて泥臭い作業なのである。君、避けるなかれ。

潜伏

user-pic
0

例によって古書店で本を眺めていたら、「潜伏」仙川環著、小学館文庫というのが目についた。私の最初の印象は、仙川?懐かしい、というものだった。なにしろ、東京に出てきて最初に住んだのが、京王線沿線だった。そして次に、環?男かな、女かな、と思い、本の表紙の裏をみると、仙川環は女性で、大阪大学大学院医学系研究科修士卒で、その後大手新聞社の科学記者をしていたという。ああ、サイエンス・コミュニケータなんだ、と気持ちがポジティブに動き、この本を買って読むことにした。

科学ディレッタントとして、私の興味はどうしても数理科学に偏るが、実は何気に医学も好きなのは、幼児体験として、結核で何年も親許を離れて入院していた、ということがある。そこで出会う医師、看護婦、患者、医療器具などは、どうしても医学への興味を誘うが、医者を志さなかったのは、前提として、国立大学医学部を目指すなどというのが冗談にしか響かない成績だったことと、やはり性格が、使命感がなくて気弱で、どうみても医師向きでないということなのだった。

さて、普通のミステリー小説で「潜伏」というと、犯罪者が逃亡して、誰かに匿われるか山の中に逃げたりして、行方をくらますことなのだが、医学ミステリーの文脈では、きっと、細菌に感染するなどして症状が発現するまでの期間のことなのだろうな、と思った。

そういう前提の下で「潜伏」を読み始めると、主人公は、長山歩美という女性。女性医師か医学研究者なのかと思ったら、なんと失業中で、まだ未婚の女性なのだった。失業中で暇なので、せめて、流行りの言葉でいうなら女性力をアップするために、美容クリニックに通っていた。

その美容クリニックに通うきっかけは、叔母の勧めだった。叔母は未婚だったが、美貌でキャリアウーマンであることから、歩美の憧れの人だった。ところが、そんな憧れの叔母が、まだ50台で若年性認知症に罹り、次第に人格を失い、入院して衰弱し、亡くなってしまう、ということがあり、歩美は大変悲しんだ。

悲しいとしても、普通はそれで終わりなのだが、たまたまニュースで、若年性認知症の女性が、見ず知らずの人から送られた飲料を飲んで亡くなるという事件を聞いた。そこで、歩美は、叔母のところにも、知らない人からジュースだかの贈答品が届き、怪しいので飲まないで処分した、ということがあったのを思い出した。

そうしているとまた同様の若年性認知症の人を狙った毒殺事件がおき、世間の注目を集めてきた。歩美は、失業中で暇であることもあって、叔母の主治医だった佐野医師に話を聞きに行くのだが、当然に形式的以上の対応はされない。それで両親の反対を押し切って警察にも相談にいった。で、結局、叔母の症状に立ち返る必要があって、佐野医師に再度コンタクトを試みるのだが、当然のごとく忙しいなどの理由で相手にされず、次第にストーカーライクに佐野医師を追い回した。

普通ならそんなことをすると一層孤立するだけなのだが、叔母の若年性認知症の症状に疑問をもっていた佐野医師は、次第に歩美の熱意に負けて、時間をとってくれるようになってきた。実は、彼女のいない佐野医師が、歩美に次第に異性的興味も抱くようになってきたというのも大きかった。

そうして、二人三脚で、二人は次第に真相に迫っていった。ただ、行く先には見えない危険な罠が待っていた。

正直な感想としては、小説の文学性としては、ちょっと生硬なものも感じたが、それを補って余りある医学的知識に誘引されて、私としては一気に読めた。他にも「感染」、「転生」、「繁殖」、「再発」などの作品があるようなので、折をみて読んでみることにする。

務台理作「哲学十話」講談社学術文庫を読んでいたら、「西田幾多郎先生」という章で、西田幾多郎が、哲学的思考法として次のように語ったという記述があった。引用してみる。

この考える方法を先生は代数的な思考法と言われた。幾何学的に、空間的に、あらかじめ見取り図を作り上げ、それに従って考えるのではなく、その根源となるものを考えることによってさらに新しい考えを追求していく。だから結論というものはないのだ。どういう考えに到達するかは、考えていかなければわからないではないか。代数の面白いところは、その数式のダイナミックな操作にある。哲学の考え方もそれに似ているのだ、と。

これを読んで私は違和感をもってしまった。しかしそれは、西田幾多郎の哲学的思考法自体のところではない。そもそも、私は哲学的に突き詰めてものごとを考えたことはなく、西田幾多郎のような本格的な哲学者の思考法に私があれこれ意見できるはずがない。

私がつい反応してしまったのは、代数的な思考法の「代数的」という箇所である。ここに書いてあることに従うと、幾何学が見通しを立てて俯瞰的に思考を進めていくのに対して、代数は、なにかその根源となるものを考えることによってさらに新しい考えを追求していく、ということになっているのだが、それは代数というよりも、哲学そのものの手法ではないのだろうか。

例えば、初歩の代数としての一次連立方程式をみてみよう。数学の効用の最初の方に書いた布を切る寸法の問題でもよい。そこで行われていることは、解こうとしている問題を記号で置き換え、そして後は、記号の世界でのオートノミックな方程式の論理で、自動的に解が出る。こう考えると、西田幾多郎が掲げる代数的な思考法なるものとなんと懸隔しているのだろう。

そして、記号の操作という意味では、数学において代数も幾何も大差ないのではないか。代数でも、全体を見通すような理論の俯瞰も行われるはずである。なので、ここで代数的な思考法の、「代数的な」なる修飾語が誤用なのであり、根源的な哲学的思考のことを言おうとするなら、記号を駆使する代数学ほどそれに喩えることが相応しくないものはないのではないか。

ここまで書いてきながら、おいおい、西田幾多郎であれ、務台理作であれ、そんな深い側面で「代数的」なるものに意味を込めてないはずだ、なのでここまで絡むのはやりすぎだ、と内心の声が聞こえてきた。数学者でもないのに、いや数学者ではない一介の数楽者ほど、知ったげにアヤをつけるのかもしれない。ヤクザだって、すぐにインネンをつけるのはチンピラだと相場が決まっているのだった。

ただ、ここらあたりは、「知の欺瞞」アラン・ソーカル、ジャン・ブリクモン、岩波書店などで採り上げられているテーマの一つでもあるのだろう。

今から3年くらい前、恋をしないという幸福という、いかにも分かったような記事を書いたが、つい最近も、それと似た趣旨で、飲まないという幸福ということを思った。

あれっ、酒の飲み過ぎで体を壊したのかと思われるかもしれないが、かなり違う。話せば長いのだが、つまらない話なので手短に説明する。

最近、歯の詰め物が取れたので、プラスチックインレーを詰めてもらおうと歯科に行った。すると、詰め物はすぐに入れてもらえたのだが、どうも、酔っ払い事件のとき折れた歯を治療した後の様子がよくないらしい。それで、その治療箇所の歯を一旦外して歯を入れ直すことになった。

ところがそれが意外に大変な治療で、歯茎に麻酔注射して、歯をかなり削った。口の中でかなり出血があった。その日は処方箋で、化膿止めと痛み止めの薬が出た。そういえば、新宿鮫の「毒猿」で、慢性虫垂炎の毒猿は、病院に行けないので、虫垂炎の発作がおきると、まさに化膿止めと痛み止めの薬を飲んで抑えていた。

ところが、帰宅して麻酔が醒めると、急に酒を飲みたくなった。何かの反動かもしれない。随分ビールを飲んだが、結構平気だった。薬を飲まないでも痛みはない。

その日は平気だったので、次の日も酒を飲んだら、次の日、治療箇所だけでなく、他の箇所も歯が痛くなり、また歯茎も腫れている箇所が複数ある。流石にまずいと急遽化膿止めと痛み止めを飲んで寝たら、次の日は一応収まった。それでその週はもう酒を飲まないことにした。

すると、改めて分かったのは、飲まないとよく眠れるのである。それで、飲んで寝るのは実は、睡眠の質がよくないのだと改めて感じた。で、飲まないとは意外に楽しいのだと分かった。それで、飲まないという幸福、という文句が頭に浮かんだのだった。

そこから分析哲学的?に思考してみて、飲まないという幸福には、次のようなバリエーションがあることが分った。

  1. 飲まないという幸福
  2. 飲まないという不幸
  3. 飲むという幸福
  4. 飲むという不幸

この各々の命題を比べると、飲まないという幸福は、飲むという不幸と等価なような気がするが、微妙にニュアンスが違うような気もする。すなわち、この4つの命題は微妙に異なるニュアンスをもつのだが、要するに量子力学の多重時間理論のように、飲むという行為も、飲まないという行為も、このような四分法に嵌ってしまう。

まあ蛇足だが、4つの命題を補足すると、飲まないという幸福は、飲まないと時間が浮く、飲み代が浮く、肝臓が元気。飲まないという不幸は、飲まないと相手にされなくて孤独、飲まないと会社でも出世できない、飲まないと彼女を口説く勇気が出ない。飲むという幸福は、飲んでほろ酔い気分で楽しい、飲むと普通の女性が美人にみえる(本当か)。飲むという不幸は、飲んで無礼講というのを真に受けて上司に無礼なことを言って左遷される。

しかし、複雑なのは、現実の人生というのは、この4つの状態ベクトルの重ねあわせなのであり、しかもその状態ベクトルは線形ではないので、世の中の行為が酒を飲むことだけだったとしても、行動方程式はきちんと解けないということになる。

そして、恋をしないという幸福にもやはりこれがあてはまり、やはり4つの状態ベクトルの重ねあわせであらわされるのだが、酒と薔薇の日々ではないが、酒と恋しかない人生だとしても、さらに行動方程式は錯綜する。ある数学者の計算によると、酒しかない人生は単に自分が破滅する解しかないが、酒と恋の人生は錯綜して、幸せと不幸が入り混じり、他人をも不幸に巻き込んでしまうという解になるという。そうそう、そのときの方程式はまさに、ハミルトニアンにより記述される。

しかし、ブローウェルはそのようなカオスの解に不動点が存在することを証明した。このような不動点の存在をうまく見つけると、人はなんとか平衡を保ってカオスの世を生き延びることができる。自分でも何を言っているのか意味不明になってきた。少し飲んで気分転換した方がよさそうだ。

今年の初め頃、ビブリア古書堂の事件手帖を全巻読んだが、なんとなく本の評判を確認するためにAmazonで「ビブリア古書堂の事件手帖」を探すと、お奨めとしてシステムが紹介する本が、「珈琲店タレーランの事件簿」岡崎琢磨著、宝島社文庫なのだった。

「ビブリア古書堂の事件手帖」でライトノベルに対する偏見を払拭した私は、それならと続いて「珈琲店タレーランの事件簿」を読もうと思って手が止まった。アマゾンでの評価が随分厳しいのである。例えば、「ビブリア古書堂の事件手帖」の二番煎じだとか、ミステリーのプロットがあまにりも見え見えで、本をゴミ箱に投げ捨てたくなったとか、かなりひどいことが書かれているのをみて、注文するのを見合わせた次第である。

それが、ここにきてなぜ「珈琲店タレーランの事件簿」を読むことにしたかというと、たまたま古書店で買った、南英男の「はぐれ刑事」が軽い乗りで私にはなかなか面白かったのだが、アマゾンの評価的には、ひどい以前で完全に無視なのだった。

そこからアマゾンの評価の偏りというものがあるらしいと推察してみると、「珈琲店タレーランの事件簿」は、「はぐれ刑事」よりmuch betterだとも解釈できる。そこで、ちょっと恐る恐るだが、怖いもの見たさならぬ、下らないもの見たさ?で、「珈琲店タレーランの事件簿」を読み始めると、うむ、そんなに悪くない。

ただ、「ビブリア古書堂の事件手帖」との同型性はたしかにある。例えば、「珈琲店タレーランの事件簿」のヒロインは切間美星で、ビブリアの栞子に相当する。そして、美星はバリスタで、おいしいコービーを淹れるスキルをもつ。美星はどんな容姿なのか、表紙のイラストから推察するよりないが、23歳にして高校生みたいな童顔で、栞子のような正統美人というより、可愛いタイプということになろうか。

そして、相方の、大輔に相当する男性は、アオヤマ。なんでも学生らしいのだが、たまたま道を歩いていて、おっ、こんなところに、と珈琲店に出会う状況は、ビブリアに似ている。ただ、アオヤマは、大輔よりは垢抜けている。その分、大輔のような逞しさはない。

美星は、確かにおとなしいキャラなのだが、栞子のような極端な内気ではない。それでも、過去に深いトラウマをもつのは共通する。もちろん、トラウマの内容はかなり違う。

一番共通するのは、栞子も、美星も、推理能力が抜群ということがある。ただ、栞子の推理は本関係に偏るけれども、美星の推理が珈琲関係だけ、ということはない。これに関しては、ビブリアの方が圧倒的に有利なのは、本のリソースは実質的に無限なのである。一方、コーヒーはというと、いろいろな豆の種類や淹れ方はあるにしても、どうしても使えるネタの種類に関しては劣る。

そして、ヒロインと主人公の男性が、紆余曲折を経て次第に惹かれあうというのも似ている。

これほど似ているのになぜ「珈琲店タレーランの事件簿」は、「ビブリア古書堂の事件手帖」ほど高い評判を取らないのかというと、上にも書いたが、要するに一方は本、他方はコーヒーという、ストーリーのプロットのリソースの違いで、足りないリソースの下で何か技を仕掛けようとすると、「珈琲店タレーランの事件簿」では、ちょっと無理筋のようなことをするしかなくなる。

で、私の提案は、無理筋を咎めるのでなく、アニメ目線、劇画目線で、ストーリーを眺めることである。そういう見方をすると、あら不思議、酷評を受けていたファクタが雲散霧消し、主人公のキャラクタだけが際立つ。

例えば、「魁!男塾」を、普通の小説のストーリーとして眺めると噴飯だろう。しかし、劇画目線に視点を変えると、俄然面白くなる。

あと、何気にでてくる京都の街の風情もいい。私は大阪に2年半もいながら、ほとんど京都にも奈良にも訪れなかった。それでも、学生として過ごす京都の街が快適なのは推察できる。なにしろ、岡崎琢磨は、福岡県出身で今も福岡県に住むものの、大学は京大法学部で、さぞかし楽しい青春を京都の街で送ったに違いない。そのあたりの思いというのも感じられる。その古都性という点で、ビブリアの鎌倉という類似性もある。

こういう相対論の視点で私は、「珈琲店タレーランの事件簿」もなかなか面白いと思ったのだった。ただ、おいおいという場面もなくはなかったが、それでも私は、第2巻以降も必ず読むだろう、なぜなら、「また会えたなら、あなたの淹れたコーヒーを」と美星に言われたら、「そうだね」と静かに、しかし喜んで肯定してしまうからである。そうしないと男がすたる。

新宿鮫2

user-pic
0

新宿鮫を読んで、面白かったのだが、なかなか続編を読もうとしなかった。それは、読む気がしなかったというのは逆で、感染遊戯に書いたように、気が乗ればいつでも読めるがゆえに、わざと放置しておいたのだった。

そして、ほぼ4ヶ月ぶりに手にしたのが、新宿鮫2である「毒猿」光文社。「毒猿」の主題は台湾ヤクザで、まさに歌舞伎町での一大勢力である。そういえば、不夜城はまさに、台湾も含む中国系暴力団同士の凄惨な抗争を描くものだった。なので、「毒猿」もなかなか激しいことになりそうだったが、期待を裏切らなかった。

さて、鮫島は、ふとしたきっかけから、台湾から来ている刑事、郭と知り合った。公務ではなくてプライベートで来ているのだが、その目的は、台湾の凄腕殺し屋、通称、毒猿を追っているらしい。なぜ毒猿が日本に来たかというと、毒猿はかつて、台湾のヤクザの葉に雇われたことがあった。それで、葉の敵のヤクザ一味を毒猿が殺戮したのだけれども、残ったヤクザの一味が葉に脅しをかけて、葉は、毒猿の正体を教えてしまった。それで、毒猿の情婦がみせしめにヤクザに殺されてしまい、毒猿は自分を売った葉を絶対に許さないと誓った。

それで、葉はビジネスのつながりがある日本のヤクザにかくまってもらうために、日本に逃げてきたのだった。毒猿は、歌舞伎町のキャバレーの店員として潜み、葉をかくまう、歌舞伎町の暴力団、石和組の様子を窺った。そこで、奈美と知り合い、深い関係となった。

そこからは、毒猿と石和組の壮絶なる争いとなった。郭は、実は台湾の沿岸特殊部隊で、毒猿と同期で、知り合いだった。厳しい訓練で鍛え上げられて、仲間意識が強かった。しかし、郭も毒猿も事情があって部隊を離れ、皮肉にも一方は刑事に他方は、職業兇手、すなわち殺し屋になった。

なので郭は、毒猿を止めて逮捕するのは自分しかいないと自負している。そしてこの小説では、鮫島はむしろ、日本の警察として、郭をアシストする側に甘んじている。

そんな郭や鮫島にも拘わらず、毒猿は天才ともいえるテクニックで縦横無尽に殺戮テクニックを駆使し、石和組を翻弄していく。

しかし、石和組の武闘派も手を拱いていない。そしていよいよストーリーは佳境を迎えるのだった。

読み終えてみて、ストーリーの密度といい緊迫度といい、前作の新宿鮫を上回るものだった。それにしても、鮫島はいつも蛮勇を奮い、危機に面して生死をさまようような目に遭う。

これでは、鮫島の彼女のロックボーカリストの晶も気が休まるときがない。そんな彼女がいても鮫島の命知らずの行動は刹那的でさえある。そのことが一層ストーリーに緊迫感を与える。

そういえば、同じ大沢在昌の作品で、魔女の盟約というのがあり、そこでは、中国からやってきた女刑事、白理が、やはり日本のヤクザにかくまわれている中国マフィアのボスの敵討ちに日本にやってくるというもので、明らかに「毒猿」と同型の作品である。それを私は安易だとか咎めるつもりはなくて、命に代えても絶対に許さないという執念深さが大沢作品の一つのテーマなのだな、と思う次第である。

藤沢里菜に書いたように、私は藤沢里菜の熱心なファンであるが、鈴木歩で述べたように、NHK杯の一回戦で、林漢傑対藤沢里菜が組まれており、その対局がついに放送されたので、熱心に観戦した。

なお、藤沢里菜は、NHK杯の棋譜読み上げとしては何度も出演しているのだが、NHK杯の対局者としてはまさに、これがデビューである。

さて、藤沢里菜は、男性棋士にも大きく勝ち越しているのだが、林漢傑は名人リーグにも入ったことがある一流棋士。確かまだ藤沢里菜は、リーグ入りレベルの一流棋士には勝ったことがないはずである。そういう意味では、林漢傑は大きな壁である。

解説は、趙治勲。女流棋士の対戦でよく解説に指名されるが、ほとんど必ず趙治勲は、女流棋士の肩を持つ解説をする。しかし、藤沢里菜に対しては全く肩入れする発言をしない。私は一瞬だけ、藤沢里菜と趙治勲は仲が悪いのかと思ってしまった。

しかし、そうでないことがすぐに分かった。趙治勲は藤沢里菜を、その棋力に基づき、女流扱いしていない。有望な若手男性と同等にみなしている。

具体的な打ち手でいくと、藤沢里菜は、趙治勲がプロならこの一手でしょう、というところを無骨な手で応じてしまう。それで、趙治勲もコメントに窮してしまうのだが、そんなことはお構いなく藤沢里菜の打ち手はあくまでも実戦的でバランスを保っている。

ところが、林漢傑の狙いすました一手が出た。上辺のコスミつけである。それが形の急所を突き、藤沢里菜は動揺した。そのコスミつけに対してコウに頑張るか、四子を捨てて、辺に展開するかのどちらかでそれでまだまだ難しかったのに、藤沢里菜は単にツグという最悪の選択をしてしまった。

こうなっては流石に里菜に勝ち目はない。なにしろ相手は、林漢傑なのである。しかし、そこからが並みの女流ではない。林漢傑に上辺を這わせて、自分も右辺を這い、林漢傑の中央の石と右辺の石のカラミを狙うか、相手の右辺の石と自分の右辺を這っている石との攻め合いを目指した。

さらには里菜は、林漢傑の左下隅の石を取ってしまおうとした。そうしないと地合いが足らない。しかしそれも凌がれ、いよいよ手段に窮して投了せざるをえなくなった。

はっきり言って藤沢里菜には不出来な一局だったが、それにしても他の女流にない、屈することない勝負強さが感じられた。負けはしたものの、次につなげる何かを感じさせた。

まあだいたい、一流棋士というのは、入段してしばらくは力碁で、それから次第に垢抜けてくるので、今の藤沢里菜が多少力碁気味なのも、将来に向けて伸びしろが大きいのだ、と思うことにする。

死の蔵書

user-pic
0

ジョン・ダニングの災いの古書がそれなりに面白かったので、クリフ・ジェーンウェイ・シリーズの第一作である「死の蔵書」を読んでみた。

すると、やはり災いの古書でなく、こちらから読むべきだったのかな、と思われたのは、クリフが警察官の時代から描かれているからである。

クリフは警察官としても優秀で、命を張って捜査し、何度も難しい事件を解決したことがある。一方で、素人離れした読書家で、自宅には膨大な蔵書があった。自宅で一緒に暮らすのは、キャロルという女性で、当然ということはないが、災いの古書のときの女性弁護士エリンではない。

クリフは、警察によくある、エストロゲンむんむんの男らしいタイプで、こういうタイプは女性にもてるとしたものだが、気が多くてあちこちの女性に目移りするので、なかなか一人の恋人が続かない。なので、もちろん結婚しない。

そして警察官としては規則に忠実なのはいいが、正義感が強すぎて、ついやりすぎてしまう。実は警察官を辞めざるをえなくなったのも、街のあらくれ実業家との確執が原因だった。

警察官時代に、古本の堀出し屋であるボビーが撲殺される、という事件があった。ボビーはほとんど浮浪者のような存在だったので、普通は警察が捜査に躍起になることはないのだが、古本がからむせいか、クリフは捜査に執心した。

しかし、ボビーの殺人事件が解決する前に、クリフが警察を辞めざるをなくなってしまった。それは残念だったが、辞めてみると、立地のよい場所に、たまたま店舗がみつかり、警察を辞めたきっかけで念願だった古本屋が開業できることをクリフは喜んだ。

といいつつ、クリフは根っからの古本屋であると同時に、生来の警察官なのであり、それを両立させることは難しく、仕方ないので、一民間人として合間にボビーに関する聞き込みも続けた。

古本屋を開業してみると、近所の古本屋仲間との付き合いはなかなかうっとおしいのだが、今までは一介の本好きにすぎなかったので、古本屋を廻していくノウハウをいろいろ教われるのは有用だった。

そして、ふとしたことから女性店員を採用することができると、店番を任せられるので、ボビーの聞き込みにも時間が費やせるようになった。しかし、最早警察ではないので、一歩踏み込んだ捜査をしようとすると、違法ぎりぎりの線も追及しなくてはならない。そういうとき蛮勇を奮ってオーバーランしてしまうのが、クリフの習性なのだった。

結局誰が犯人なのか全く目途がたたないうちに、第二、第三の殺人も起こってしまった。それでもめげず、懸命の聞き込みで、犯人のしぼりこみを図る。警察の元同僚とも情報交換しようとして、当然に敬遠され、あるいは露骨に避けられる。それでも数少ない情報をかき集めて、クリフは懸命に推理した。

こう書くと、息もつかせぬ本格推理のようであるが、実は、古本屋同士の本に関するやりとりや、稀覯本などの知識や文学作品の評価など、本の薀蓄満載で、冗長の雰囲気を与えるほどである。それは、もし私が本好きでなければ、退屈になって途中で読むのを中止にするほどかもしれないが、幸い私は本好きで、あまり退屈しないで読めたのだった。

ところで、スティーブン・キングというのは米国のミステリー界でやたらメジャーな存在らしくて、クリフもよくスティーブン・キングの作品に言及するのだが、毀誉褒貶ありで、結構厳しい評価もしている。私もスティーブン・キングの手放しのファンということもないので、そこらあたりのニュアンスは同感である。

そういえば、ビブリア古書堂にも引用された「時計じかけのオレンジ」であるが、この本でも珍しい高価な本として言及されていた。すると、「時計じかけのオレンジ」は結構インターナショナルな名著らしい。

そうやって、海外版の古本薀蓄書として読むのも悪くない。なにしろジョン・ダニングはもともと古書店の店主だったので、そういう知識も本格的なのである。

小平邦彦

user-pic
0

雑誌について書いた記事にあるように、数学セミナーを読みこなすのは、私にとって難事なのだが、それでも、私が好きな有名どころの数学者の特集があるときは、私なりにまとめておいて、後で自分でも読み返せるようにしている。比較的最近では、小林昭七とかである。

ちょっとバックナンバーだが、2015年3月号の数学セミナーは、日本で最初のフィールズ賞をもらった小平邦彦であった。まさに、日本で最初にノーベル物理学賞をもらった湯川秀樹に匹敵する。

そこで、2015年3月号の数学セミナーの記述をもとに、私なりにまとめてみる。

小平邦彦は、1915年3月16日に東京で生まれた。今生きていたらまさに100歳だが、100歳で存命というのはちらほら聞くので、そんなにありえないことではない。

ランダウもそうであったが、小平邦彦も、幼少の頃から、莢に入っている豆の数を飽きもせずに数えるなど、数に異常な興味があった。そして内気で体育が苦手だったが、小中学校と成績は抜群であった。小平氏の著書で、ぼくは数学しかできなかった、みたいな本があるが、数学が抜群にできただけでなく、他の科目も優秀であった。単に数学と比べたら、相対的に他の科目が見劣りしただけだろう。なにしろ、中学で、大学レベルの教科書を独学でマスターした。しかし、ピアノも練習して、ショパンのバラードを弾きこなすまでになった。

一高を受験したときは、試験で数学以外は駄目だったと落胆して落ちたと思ったらしいのだが、実際は理系ではトップの成績の合格だった。どうも、数学のレベルを基準に考えてしまうので、他の科目を悲観してしまうらしい。

一高を卒業すると、そのまま東大の理学部数学科に入学した。同級生に、伊藤清、河田敬義、古屋茂などの俊英がいた。小平氏は、子供の頃からの独学癖で、ほとんど授業に出ず、定評のある教科書を独習した。

ところが数学科を卒業して、何を思ったか物理学科に再入学した。小平氏と比べるのはありえないが、私は物理学科を卒業したあと、モラトリアムとして、数学科に入りたかった。まあ、そんな道楽が許されるわけがないが。

小平氏が物理学科に入ったのは、量子力学に興味があったのと、当時は戦争真っ最中で、もう少しモラトリアムとして大学に留まりたかったからのようである。ただ、物理学科時代に書いた論文もすべて数学に関するもので、作用素環、リー群、位相群論など、ちょっと物理数学ぽいものではあった。

1943年には、指導教官だった彌永昌吉の妹セイと結婚した。戦後になると、ハイゼンベルグS行列に関する論文を書いた。こうみると、物理学科に再入学したのは、単なるモラトリアムではなかった。

ところで、吉田耕作の「積分方程式論」岩波全書の第5章に「一般展開定理 ワイル-ストーン-ティッチュマーシュ-小平の理論」というのが出てくる。これは、まさにハイゼンベルグS行列に関する論文と関連している。

ともかく、この論文は、渡米した湯川秀樹によって、プリンストンのヘルマン・ワイルに届けられ、ワイルはこの論文を読み、小平の才能に驚嘆した。そして小平をプリンストンに招聘することを決めた。

渡米したとき、小平の英語はこころもとなかったが、セイ夫人がよくカバーした。プリンストンの住居は、日本から訪れる学者の団欒の場所となった。また、プリンストンでは、生涯の研究の友となるD. C. スペンサーとも出会った。

実際、プリンストンでは、小平とスペンサーは、層のコホモロジー理論を用いた複素多様体論の構築を目指した。そして完成した複素射影代数多様体の微分幾何学的特徴付けの理論は、フィールズ賞を受賞した。

しかし、小平の理解者だったリフシェッツがプリンストンを去ると、小平も居づらくなり、スタンフォード大学に移った。そして、1966年に京都での国際会議に出席したとき、東大の関係者から、東大理学部に復帰する気はないかと打診された。

それで結局、1967年から、東大理学部物理学科の教授に就任し、関数論や、複素構造の変形と代数局面などを講義した。小平の講義は明快かつ具体的で人気を博した。また、多くの優秀な研究者を育成した。

1971年には、小平は理学部長に就いた。そして、学生運動の盛んな頃とて、事態の収拾に追われ、研究どころではなく、その年に書いた論文が最後の論文になった。まだ、56歳であった。

1975年には東大を退職し、学習院大学に移った。論文は書かなかったが、数学の教科書や啓蒙書を書いた。結局、学習院大学は1985年に辞めた。

しかし、次第に体調を崩してきて、1990年に入ると前立腺癌がみつかり、次第に弱ってきて、1997年7月26日に病没した。

ところで、小平の専門の代数幾何学というと、代数なのか幾何学なのかわからないが、少なくとも小平の代数幾何学は、かなり解析的色合いが強い幾何学のようである。

その業績の一つに、代数曲面の分類論がある。さらには複素構造の変形理論がある。この文脈で、ホッジ多様体が複素射影空間に埋め込めるという小平埋め込み定理が、フィールズ賞の対象となった。

さらに、楕円曲面の理論、さらには高次元代数多様体論がある。飯高茂は、小平の高次元代数多様体論を発展させ、小平次元という不変量を導入し、飯高ファイバー空間という構造を導入した。

のちにフィールズ賞を受賞した森重文の仕事は、射影多様体に対する理論であり、小平理論とも関連をもつ。

そういえば私は、小平邦彦の岩波講座基礎数学「複素多様体論」をもっているが、これを理解する日とはいわない、この本のページを開く日が来るだろうか。かなり疑問である。

名人戦第2局で行方が1勝を返したので、これでとりあえず一方的にならないと安心した。やはり4タテでは面白くない。その一方で、羽生の出来が悪かったのが少し気になった。まあ、ときにはあんなこともあるだろう。

【図1】 43手目▲45歩まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲行方=角
さて現代流行戦法の一つ、角交換腰掛銀となった。両者得意で避ける理由がない。さて、43手目▲45歩から示す。24銀と45歩の組み合わせがありそうであまりない。

【図2】 54手目△47歩まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲行方=歩
【図1】からの進展は、▲26歩、△同銀となった形が少し珍しいが、今期のC級2組順位戦永瀬六段対岡崎六段戦で前例があるのだという。羽生が△47歩と垂らしたところで一日目の指しかけとなった。大方のプロの予想は▲35歩で、いかにもプロらしい含みの多い手である。しかし、菅井六段は▲58金を予想した。なんと激指10も▲58金を推す。善悪はどうなのだろう。

【図3】 64手目△95歩まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲行方=銀歩3
結局行方は、▲58金を選び、以下△26角成、▲47金、△27馬、▲48飛、△46歩、▲同金、△37馬、▲49飛、△95歩となったのが【図3】だが、羽生がよさそうにみえる。しかし、羽生が攻めさせられているという見方もできなくない。【図3】から行方は気合いで▲95同歩、△75歩、▲同歩、△95香、▲同香、△48歩から馬で金を取らせたが、こうなっては羽生は成功ではないか。ちなみに激指10は、▲95同歩の代わりに、▲74角成、△96歩、▲64馬、△92飛、▲98歩と受けて、46の金にヒモをつけておいて先手が悪くないのだという。本当か?
ただ、行方も手順に飛車を29に回って25銀が取れるので、悪くないとみているのだろう。しかし、△36馬と飛車取りに寄られて、行方、どこに飛車を逃げるのかが難しい。

【図4】 75手目▲43歩まで
持ち駒:△羽生=金歩



持ち駒:▲行方=銀2香歩4
すると、なんと行方は、飛車を逃げないで▲43歩だった。▲33歩よりも取った後の形が先手にとって都合がいいのだろう。以下、△25馬、▲42歩成、△同金、▲27香、△58馬、▲68金打、△76歩、▲58金と進んだのが、【図5】である。

【図5】 83手目▲58金まで
持ち駒:△羽生=飛金歩



持ち駒:▲行方=角銀2歩4
後手はここで当然に△77歩成とするのだが、それに対して▲同玉か▲同金か。多分プロ的には同玉なのだろう。しかし、激指10は同金を推す。そして、△86歩とくると、▲同歩と取っておいて、63角が96に利いてくる。これって、勝手読みではないのか。

【図6】 95手目▲76銀まで
持ち駒:△羽生=金銀歩5



持ち駒:▲行方=角銀歩
ともかく▲77同玉の後、行方は歩を犠牲にして敵玉を吊り上げ、▲76銀とがっちり埋めた。これ、プロは仕方ないのかなというが、激指10は敗着だという。これまた本当か? 代わりに激指10は▲36銀を推すが、解説の中村六段は、△33桂と受けられて、先手一歩足らないのだという。どうみても激指10の判断はおかしい。ともかく▲76銀以下、△89飛成、▲71銀、△69銀、▲68金右、△86金となっては、大勢は決した。以下、手順は省略して、【図7】に投了図を示す。

【図7】 投了図116手目△26龍まで
持ち駒:△羽生=香歩7



持ち駒:▲行方=飛角金銀歩
投了図以下、▲38玉、△36香、▲48玉、△28龍、▲59玉、△39龍、▲49合駒、△47桂不成、▲69玉、△49龍までの簡単な詰み。ところが、この簡単な詰みが激指10は分からないのだという。そんな馬鹿な。私でも一目なのに。激指10は、以前に棋友が示した、私がどうしても解けなかった超難解な25手だったかの二上の詰将棋を一瞬で解いたのに、と怪訝になった。つい、電王戦final第5局のコンピュータ将棋の脆弱性を思い出してしまった。
ともかく、次で勝たないと行方は、そのまま羽生に防衛されてしまいそうである。次は、矢倉か?

もう20年以上前、初めてオブジェクト指向言語としてのC++を勉強したとき、C言語そのものの知識はある程度あったにも拘わらず、大変戸惑った。

クラスの継承だの、多重継承だの、関数のポリモルフィズムだの、いろいろな概念に圧倒され、打ちのめされた。実は、今だってC++はほとんど理解していないに等しい。練習として、何個かのクラスライブラリも書いてみたが、結局、better Cとして使っているにすぎない。

実は、そんな高級な概念以前に、C++のクラスにおける、privateだの、protectedだの、publicだのというアクセス権のラベルがついている意味が分からなかった。ここでいう意味というのは、若者言葉の「意味わかんねぇ」というのと似たニュアンスも含む。

それでも、教則本にあったサンプルプログラムを打ち込んでコンパイルして動作させているうちに、少しずつ見えてきたことがあった。すなわち、C++のクラスのprivateやprotected(実は、privateやprotectedの違いを思い出そうとして、どうしても思い出せない。C++ Primerあたりで勉強しなおすべきかも)は、クラスの内部処理に関する変数や関数に関与するものであり、publicというのはクラスが外部とインターフェースするための変数や関数に関わる。

例えば、あまりいい例ではないが、レストランというクラスを考えてみる。すると、お客さんから注文を受け、出来上がった料理をウエイターがテーブルにもっていく。そこがまさに、インターフェースとしてのpublic関数である。

一方で、料理を作る過程は、privateである。すなわち、いくらお金を払ってもらっているのだからといって、お客さんが厨房にまで入り込んで、料理をつくる人にあれこれ指示するような状況がサービスレベルを向上させるとは思わない。むしろ、徒に混乱を招くだけである。

ともかく、私が言いたいことは、あるまとまった機能を実現するクラスだと、どうしてもprivateとpublicを切り分ける必要があるということである。もちろん、そういう機能がCで書けないことはないが、そのあたりのアクセスコントロールを自然に実装できるC++の方が便利ということである。

将棋と、数学と、プログラミングとなると思い入れが深くて、つい冗長に書いてしまうのだが、私が今言及したいのはプログラミングのことでなくて、私が以前に所属していた部門における業務のことである。

以前も書いたように、私は部門にあってインフラを作ったり、他の人達をサポートする仕事をメインに担当してきたので、クラスでいくと、privateに相当する部分がメインだった。

ところが、privateに相当する部分は、アドミと蔑称されて、特許実務やライセンシング、あるいは契約レビューの仕事よりも、一段も二段も下に位置づけられていた。

しかし、明細書作成などの特許実務にもある程度経験をもつ私が自信をもっていえることは、アドミと呼ばれる仕事は、それを遂行するために要する知識という点からも、決して他の仕事より容易でない、ということである。例えば、雑用の極地のようにみなされているシスタンだって、部門全体を切り盛りするために必要な知識は半端ではない。しかも、それはアドミの一部でしかない。

が、部門の上位マネジメントたちは決してそんな認識を共有してくれない。困ったもんだと思いつつ、問題点を上位マネジメントを説明するのだが、全く相手にされない。そんなもんは所詮アドミではないか、で終わりである。

そして、仕事の上のトランザクションから、財閥系の電機メーカーの特許部の人達と打ち合わせしたときにとても感心したことがあった。その人達は、私がいた部門ではアドミと呼ばれる仕事を担当しているのだが、私は彼らが私以上のスキルのポテンシャルをもつことを見抜くのにそんなに時間がかからなかった。向こうも私を同士だと認定してくれたのだろう、会話がとても弾んだ。そして、とても困難な仕事の処理のボールを私が向こうに投げたかたちになったのだが、彼らは、私にとって想定外のような緻密さと丁寧さで処理してくれただけでなく、わざわざ私を訪ねてくれて、その結果を説明してくれた。

流石財閥系、仕事クラスのprivateもpublicも実に充実している。ところが、それから何年もたって部門長が、他部門(といっても、社内でなく、海外の対応部門)にpublicとして見える機能こそが重要なのだ、と宣言した。で、私はかちんときて、ではprivateの部分はどうなんだと問いかけたが、そこももちろん重要だが、と言って言葉を濁す。

彼の真意はすぐに分かった。私がどんな部内処理向けのツールなどを作成しても決して会議などで採り上げられることはない。ツールとして採り上げられるのは、海外向けツールである。

そのあと、順次、いわゆるリストラになっていったのも、私も含め、privateの部分を担っていた人達である。一体分かっているのだろうか、東海村臨界事故にあるように、放射線などで、人体のprivate機能を担うところを毀損しても、当面は、一見健康体と変わらない。物理的な外傷を受けて血を流したりするのとは違う。

しかし、結局、private機能を失うと、機能不全になって、有限の時間のうちに確実に部門は死を迎えることになる。まだ間に合うかもという言葉は決して彼らに届くことはないだろう。なにしろ、まったく危機だとは思っていないからである。

休場

user-pic
0

将棋連盟のホームページをみていて、以下のような記事が目に付いた。

このたび矢内理絵子女流五段が体調不良により2015年5月1日~2016年3月31日まで休場することになりました。これにより矢内女流五段の休場棋戦等は以下の通りとなります。
 休場期間にかかる女流棋戦の主催各社様、関係者の皆様には御迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
(以下、略)

私は、以前からブログに書いているように、人気が出る前でいまより垢抜けなかった頃から矢内のファンであるので、「あれっ、やうたんどうしたの?」と怪訝に思った。

で、改めて将棋連盟の休場がおかしいと思うのは、現在の病状がどうなのか知らないが、いまから10ヶ月先の2016年3月31日までの休場が設定されてしまっていることである。というのは、私が以前に管理職だったときに部下が病気で欠勤するという経験はたまたま結構あったのだが、そのときの規則は、病気欠勤に入った日から2ヶ月をチェックポイントとし、2ヶ月を過ぎてさらに欠勤するなら、チェックポイント前に、復職できないという旨の医師の診断書を会社に提出しなくてはならない、というものであった。こういう2ヶ月毎のチェックポイントを6回繰り返して1年目に入ると、休職モードに移行する。そこでも定期的な医師の診断書は要求されるが、どうモードが変わるか細則は忘れてしまった。

病気にもよるので、この2ヶ月というのが合理的な期間なのかどうかわからないが、もし癌のような重篤な病気だったとしても、2ヶ月後だと、放射線療法や化学療法などを駆使して、定期的な治療を施しながら勤務可能になることはありえる。なのでいきなり10ヶ月先の復職期限というのは期間の初期値としては長すぎるような気がする。

10ヶ月先の復職期限を正当化する理由としては、将棋連盟の棋戦が2015年4月1日から2016年3月31日までの1年間単位ということが言えるかもしれないが、そうはいっても、すべての棋戦が実質的に4月1日から始まるわけではなく、数ヶ月後に復職しても参加できる棋戦はあるのではという反論もありえる。しかし、普通のサラリーマンと違って、棋士というのは復職直後から厳しい勝負にさらされるので、これくらいの休場期間の猶予は必要なのだろうか。

結論として、私は将棋連盟における長すぎる休場期間の設定に納得していないのだが、そういうルールだから仕方がないと思うしかないのだろうか。私はルールの妥当性を論じていたのだが。

雑誌

user-pic
0

芸能人のゴシップやヌードグラビアが載っている週刊誌ならともかく、主題が私にとって比較的馴染みがある将棋世界などの専門雑誌でさえ、きちんと読みこなすのは大変である。なにしろ中身が濃い。

将棋世界は実は滅多に買わない。毎週週刊将棋を定期購読しているからである。一方、碁ワールドは将棋世界よりも買う頻度が高い。これらの雑誌は、気が向いたら本屋で買うだけだが、定期購読している雑誌に数学セミナーとイングリッシュジャーナルがある。数学セミナーはなかなか身近の書店に置いてないからだが、イングリッシュジャーナルは、外資系にいたときからの惰性であって、購読を中止してもいいのだが、なんとなく垂れ流しように続けていて、そのせいでほとんど積読状態である。最近、流石に勿体ないので、イングリッシュジャーナルも読み始めたところである。

さて、私が読んでいる雑誌の中でダントツに手におえないのは、数学セミナーである。なにしろ、数学のいろいろな分野のかなり専門的な内容が容赦なく専門用語をちりばめて記述されていて、ほとんど一字一句理解できないページに出会うことは稀ではない。例えば、将棋のプロが、いやアマチュア有段者でもいいが、将棋世界を読んで、理解に苦しむ箇所があるということはあまりないだろう。もちろん、棋譜の手順の深い理解までを問うているわけではない。

ところが、数学セミナーだと、例えば、幾何学が専門の数学者が、非可換類体論の最新の話題とかいわれても、もちろんガロア理論の適用というレベルなら理解できるだろうが、流石に定理や今後の課題などの意味するところをきちんとフォローできないのではないか。その逆に、数論学者が、カラビヤウ多様体の話題といわれても、ついていけないこともあるのではないだろうか。

そうはいっても、理論物理学者の大栗博司氏は、高校時代から今に至るまで数学セミナーの熱心な読者だそうで、大栗氏ほどの方なら、私よりもはるかに中身に踏み込んで読んでいるのだろうな、と推察する。まあ、いうまでもないが。

ともかく、未熟というのは寂しいことであって、碁ワールドは流石に数学セミナーよりも読めるとは思うのだが、それでも実に遅々としか読めなくて、結局、囲碁の対局の内容まで及ばないで、棋士の最近の出来事のような、半ば週刊誌的な話題を拾い読みするだけだったりする。将棋なら流石に、最新の流行戦法の動向というトピックは困難なくフォローできても、碁ワールドの囲碁の流行の布石という記事があっても、ただ右往左往するだけである。なので、私が将棋において蓄積してきたちゃちな知識でさえも、なかなか年季を要しているのだなと感じる。

なので私が数学セミナーを、碁ワールドをどう有意義に読むのか、実にチャレンジなのである。

数学セミナーは措いて、将棋世界と碁ワールドに戻ると、別の特徴として、付録の小冊子が充実している、ということがある。例えば、私がたまたま買った将棋世界の付録の「プロの穴熊攻略テクニック」というのは、プロの実戦からとった次の一手で、実に勉強になる。私は二巡目で考えている。碁ワールドの方は、詰碁だったりするが、私程度の初級者の毛が生えた程度の棋力のものにもほどよい難しさを与えてくれる。

そういう意味では、数学セミナーも、例えば、「これだけマスターすれば、群論は大丈夫、群論の頻用定理10」とかいう小冊子があるとうれしいのだが、まあそういう趣旨の雑誌ではないので、無理かな。

知財管理

user-pic
0

もしかして特許庁のホームページかなにかの資料で、日本の知財管理は世界に対して遅れているので、知財管理のやり方を研究して世界水準にもっていき、日本は知財立国を目指さなくてはならない、みたいな文句をみたような気がする。

それに対する私のコメントは、一言、違うだろう、というものである。そして単に違うというけど、何が違うか分からないので、説明する。

日本の知財管理は世界に対して遅れているというけど、一体どこの国のどんな会社を想定しているのだろう。もしかして、ライセンス収入で有名な、某米国の会社のことか。そこで私は聞きたいのだが、何か凡庸な特許群しかなくても、魔術的な知財管理の技法があれば、ライセンス料が稼げるとでもいいたいのか。

そんなマジックはない。むしろ、素晴らしい特許を沢山もっていれば、それこそ凡庸な、まあ平凡と呼ぶべきだろうが、知財管理のやり方でもライセンス料は稼げる。

私のみるところ、実は世界で最も精緻な知財管理技法やノウハウをもつ国は、日本の大企業だと思う。例えば、キヤノン、東芝、パナソニックなどである。私はその一部しか知らないが、長い間のノウハウの粋を凝らした知財管理システムが実装されていて、先行技術調査から、発明評価、特許出願、外注事務所管理まであらゆる機能が設けられている。

そこらあたり、米国系の企業は実に大雑把であって、彼らからみてたかが知財管理システムにそこまで委細を尽くすという発想はないだろう。

なので、日本は知財管理の方法論が遅れているとか、世界水準は高いとか考えるのは単にイメージでものを言っているにすぎない。

特許庁としては、そうやって日本は遅れているというストーリーにして、知財立国を目指すという方針にしたいのだろう。しかし、知財立国にしたら国家が栄えるというものではないはずである。

むしろ研究開発や産業が隆盛すると、その結果としてすぐれた特許も蓄積され、結果的に知財立国になるだけである。

アップルであれ、マイクロソフトであれ、サムスンであれ、特許で稼ごうなんて考えていないはずである。むしろ本来のビジネスで稼ぐのがメインで、ただそのとき、特許でいちゃもんをつけてくる会社があったら、反撃するために特許をもっておく、ということだろう。しかし、パテントトロールに訴えられたら、トロールは製品を作らないので、特許で反訴できない。すると、ライセンス料相当を払って穏便に収めるということになるのかもしれないが、そのためにもビジネスで稼いでおかなくてはならない。

そう書くと、先進的といわれる会社はむしろ、泥臭い世界で、決して華麗な知財管理をやっているとはいえない。知財管理というのは、メインのビジネスの下支えとしてひっそりと、しかし強かに存在感を発揮していればいいのである。まあ警察のようなものであって、逮捕の件数を誇ることで目立つよりも、社会の安寧を下支えして、目立たないようにしているのがベストだろう。

時間の習俗

user-pic
0

前にも書いたような気がするが、私は大学時代、松本清張の小説ばかり読んでいる時期があった。で、一度読んだ小説はだいたいストーリーを記憶していると自負している私は、特に推理小説はまず読み返すことはない。例えば、松本清張の「砂の器」や「ゼロの焦点」とかなり細部までストーリーを記憶しているので、犯人も知っており、いよいよ読み返すということは考えられない。

ところが、他の、読んだはずの松本清張の小説の「時間の習俗」はどうかと頭を巡らせてみたが、全くストーリーが思い浮かばない。そもそもが、一度読んだ小説はだいたいストーリーを記憶しているというが、だったら暗記が通用する資格試験にもっと強いはずではないか。なのに、どうみても試験に強そうでない、というのは、記憶力がいいかも、という自負は全く根拠がない、ということになる。

そう思いつつ、松本清張の小説の「時間の習俗」について思いを巡らせていると、ふと思いつたことがあって、それは、自分自身の「時間の習俗」の傾向である。

すなわち、乱暴な二分法で、人間を空間的と時間的に分けるなら、空間認識に書いたように、私は間違いなく時間的である。

空間的と時間的のどちらがよいかというのは、場合によるので何ともいえないが、少なくとも特許の仕事を担当するためには、時間的である方が相応しい、というのは間違いない。

なぜなら、特許の仕事というのは、まさに期限との闘いなのである。製品出荷などの期限が来る前に特許出願を完了したり、応答期限が切れる前に意見書を提出したり、期限前に維持年金を払ったりなど、期限を問われる場面は数えきれない。

そして、期限を渡過してしまうと場合によっては降格だけでなくクビもありえるとあっては、特許の仕事を担当する人は、期限に異様に神経質にならざるをえない。

生来的に時間的である私は、そのような業務に、ある意味過剰反応して、自分の「時間の習俗」をつくりあげていった。例えば、以下のとおりである。

  1. 基本的に期限の1週間、いや可能なら2週間前に仕事を仕上げて完了してしまう。
  2. 拒絶理由通知を受け取って、簡単に対応できるものだと、基本的に即日意見書を書いて提出してしまう。こういうのを期限ぎりぎりまで引っ張る人の心理が私には全く理解できない。
  3. メールを受けたときもそうで、簡単に応答できるものなら即応答する。ただ、簡単に応答できるメールが10通くらいきたので、まずそれらに応答したら、もっと重要なメールへの応答が遅れたことがあった。あまり機械的に対応するのも考えものである。
  4. 基本的に可能なら並列化する。どういうことかというと、複数の案件を抱えていて、そのうちのいくつかが依頼者への質問を要するものだと、より緊急案件があってもまず、質問文を用意して問い合わせを出してしまう。それで、いわゆるボールを依頼者に投げることでできて、私は仕事の他のスレッドに専念できる。こんなのは仕事の基本中の基本だと思うのだが、意外に知らない人もいたりして、結果的にパフォーマンスが私とは大差になってしまう。まあ、パフォーマンスが大差でも、地位も収入も全く大差にならないところが人生の面白くもつまらないところである。

ただ、私の時間の習俗は、特許の仕事のパフォーマンスには貢献したのだが、勿論問題もあって、先ず、自分が異様に時間に神経質だと、時間にルーズな人がいると、必要以上にイライラしてしまう。そして、つい余計なことを言って人間関係を悪化させてしまう。

別の問題点は、いつも時間に余裕をもって仕事をしているので、突発的な状況で本当に期限がぎりぎりになると、慌てて取り乱してしまうことがある。将棋でいえば、普段秒読みにならないように指しているので、何かの事情で秒読みになると、慣れなくてまったく手が見えなくなって悪手を指してしまったりするようなものである。

こんな時間の習俗は、ただでさえ不人気な私の人間性を一層魅力のないものにしているが、まあ仕方ないというべきだろう。

ある意味私の専門ともいえる、特許の審査経過データベースについてちょっと書いてみる。

例えば、ある会社が、特定の年に何件の特許出願をしたか、ということを検索するのは従来型の特許データベースで簡単に調べることができる。

ところが、ある会社の特許出願に対して、所定の期間に何件拒絶理由通知が来たか、ということを調べる検索は、従来型の特許データベースではできない。私は不勉強にも、そんな検索はできないと思いこんでいた。

しかし、一例としてJP-NETなどの商用特許データベースでは、そのような審査経過について検索できることが最近分かった。

すなわち、JP-NETによれば、審査経過データベースというデータベースがあり、これは、特許庁が提供する整理標準化データから作成されたものらしい。

審査経過データベースで審査経過を検索するには、例えば、http://www.info-sonar.co.jp/sgml_tyuukancode_list.pdfにリストされているような、手続きのコードを知っている必要がある。

例えば、拒絶理由通知書のコードは、A131で、面接に基づく拒絶理由通知書のコードまであって、それはA133である。

すなわち、ありとあらゆる特許手続にコードが付与されていて、審査経過データベースによれば、その手続日で調べることができる。例えば、日立製作所が今年何件の拒絶理由通知書を受けたか、というのだと、JP-NETの審査経過データベースを開いて、以下のような検索式を書く。ちなみに、#001:などの行番号は実際はシステムが付与するので、手で書くわけではない。

#001:PA=日立製作所*
#002:IM=A131  // 拒絶理由通知
#003:DTIM=#2 & 20150101-20150430
#004:T=#1&#3

あるいは、手続きの日付を限定しないで、審査請求していてまだ拒絶理由通知が来ていない件数というのも調べることができる。なお、//は、コメントであり、分かりやすくするため私が手で入れた。

#001:PA=日立製作所*
#002:IM=A621  // 出願審査請求書
#003:IM=A131  // 拒絶理由通知
#004:T=#1&#2  // 日立製作所で審査請求したもの
#005:T=#4!#3  // 日立製作所で審査請求したもののうち、拒絶理由通知がまだ来ていない

基本的には、上記2つのパターンを組み合わせることで、どんな手続きの組み合わせでも検索できる。問題はむしろ、上記のような、審査請求と拒絶理由通知のような有意義な組み合わせを見つけることで、そこは特許実務経験というか、特許管理経験が必要になる。

例えば、さらなる応用として、手続きとして、A711=出願人名義変更届、A712=出願人名義変更届(一般承継)、R313113=本権登録移転申請書などを駆使すれば、特定の会社が、どの期間に、どの会社に対してどの案件を名義変更あるいは権利移転したかということも簡単に検索できる。こんなことは今まで、特許調査会社に相当高い調査料を払わないとできなかったことである。

すなわち、整理標準化データとしては以前から電子的に存在したのだが、各特許検索データベースのベンダが、整理標準化データを検索可能にインデクシングしたところが付加価値となっている。

特許実務屋だっただけでなく、特許管理屋でもあり、いまでは特許検索屋である私は、上記のようなちょっとしたノウハウを発見して、ささやかな幸福に包まれたのだった。なんと地味なのだろう。

伊藤美誠

user-pic
0

テレビ番組をみていたら、世界卓球選手権があるという。そういえば、日本で開催された世界卓球選手権をテレビで熱心に観ていたのはほぼ1年前のことだった。

ただ、万事テンポがいまいちずれている私は、中国の蘇州で開催されている世界卓球選手権に気づいたのは、試合が開始されてからかなり日程が進んでからだった。私は特に石川佳純のファンなのだが、女子シングルスで石川佳純、福原愛など有力選手が相次いで敗れてしまって、落胆した。そして、3回戦で残っている日本選手はなんと、14歳の伊藤美誠だけなのだった。

伊藤美誠のことをあまりよく知らない私は、14歳でここまで勝ち上がっていることに感心しつつも、流石にここからの活躍はあまり期待できないよね、とあまり盛り上がりもせず、3回戦のウクライナのテチアナ・ビレンコとの試合を観戦した。

ビレンコはカットマンであり、世界的にあまり有名な選手ではないが、今回の女子シングルスで福原愛を破っているのだから只者ではない。福原は、ビレンコのカットの粘りと、カットから一転しての攻撃の組み合わせに翻弄されたのだった。ところが、伊藤美誠は、カットでの粘りを許さず、コーナーを衝いて的確に攻め、危なげなく4-1でビレンコを下してベスト8に進出し、鈍い私も流石に伊藤美誠が半端でないと認識した。

しかし、私は認識不足も甚だしいのであって、昨年に平野美宇との女子ダブルスでITTFワールドツアーのドイツオープン、スペインオープンで2週連続優勝したり、今年のドイツオープン女子シングルスで優勝したりと、既に十分な実績を積んでいるのだった。

そして次のベスト4を懸けた戦いであるが、なんと相手は、ロンドン五輪のチャンピオンで世界ランキング3位の中国の李暁霞。ここまで相手に1セットも許していないそうで、いかに伊藤美誠といえども、1セット取ることができれば上出来と思った。

ところが、伊藤美誠は稀に見る勝負度胸を備えており、世界チャンピオンを相手に全く臆するところがない。むしろ気合いに押されたか李暁霞はミスが目立ち、伊藤美誠に2セット連取を許してしまい、動揺の色を隠せなかった。

伊藤美誠は、最初に2セット連取したからといって浮かれている様子も油断している様子もないが、李暁霞ははっきりモードを切り替えてきた。すなわち、伊藤美誠の弱点を見極め、そこを集中的に攻めてきたのである。こうなると流石に経験と実力の差がじわっと滲み出してきて、美誠も頑張ったが、そこから4セット連取されて押し切られてしまった。

李暁霞も、この若さでよくやったと、伊藤美誠に対する賞賛を惜しまなかったという。後生畏るべしと思ったに違いない。

ところで、伊藤美誠に対して、メディアが、まだ14歳なのにすごいということを何度もいうので、それはちょっと違うよ、と文句言いたくなった。文句というのは、いかなる意味でも、すごくないということではない。

私がいいたいのは、柔道やレスリングなどのように絶対的な体力や体躯を要する競技でないなら、14歳で世界トップクラスのレベルに到達してもおかしくない、ということである。但し、その前提に、抜群の生来の才能と、それを育んだ環境があるのだが。

そして、伊藤美誠をみていて私が連想したのは、アスリートではなく、囲碁棋士の藤沢里菜。1998年9月生まれの藤沢里菜は、2000年10月生まれの伊藤美誠よりも2歳年上なのだが、どちらも天性の勝負師で、そして、その技量は、世界トップに対して紙一重のところまで肉薄している。

私が更にいいたいのは、条件が揃えば14歳で世界トップに迫るということはありえることなので、年齢に関係なく純粋にその技量に注目しよう、ということである。そうやって、技量に注目すると、紙一重のように縮退していると思われた技量の差に、構造がみてとれ、そこを天才少女が一歩一歩克服していく様を眺めることができる。

すなわち、14歳というよりも要するに天才なんだよ、といいたいのだが、どうも私の表現力ではいいたいことが尽くされていないようである。

週刊将棋の続きとして、ある日の週刊将棋と題して、最近の私の週刊将棋に関する生態を描いてみる。ここでいうある日とは、4月29日のみどりの日のことである。

すなわち、4月29日は休日なのだが、水曜日なので、週刊将棋の配達の日でもある。私の習慣は通勤電車で週刊将棋を読むことなので、単に週刊将棋を通勤鞄に押し込んで、何か本でも読むかと先ず、思った。

まあでも、三手詰のところくらい眺めてもいいかと、三手詰を考え始めた瞬間に、心が週刊将棋ワールドにワープしていた。そうして、流石に三手詰と五手詰はほぼ瞬時に解けたので、恒例により段級位認定の次の一手のコーナーへと赴いた。

電車の中だとだいたい、段級位認定の次の一手の6題と、詰将棋コーナーの3題を解くと新宿に着くくらいなのであって、時間にして70分くらいである。その程度の時間だと、特に速いと感心されるようなものでもない。

電車の中でなく自宅だと、どうしても集中できないので、70分でなく90分くらいを想定してすべて解き終えるだろうと推定した。そして、段級位認定の次の一手のコーナーでも、級位者クラス、初段クラス、二段クラスは難なく解けた。

ところが、三段クラスの問題を考え始めたとき、頭の中に次第に靄がかかってくる気がした。そして、次第に将棋の手を読む脳の働きが麻痺してくるような気がした。すると、局面を眺めても、意味のある駒の配置とさえ感じられなくなった。

埒があかないので、一旦詰将棋に移った。ところがここでも頭の中の靄はかかったままである。普通は少なくとも一題が難なく解け、それをきっかけに他の二題も次第に解けていくのだが、この日は違った。比較的簡単な問題のはずなのに、にっちもさっちもいかない。それでも特に用はなかったので、1時間くらいぼうっと詰将棋を眺めていた。そして、病気で死にかかっているとき、簡単な三手詰が解けなくなっているだろうと、以前に知り合いと話したことを思い出した。もしかして意識してないけど自分は脳梗塞になって死にかかっているのか、と妙なことを考えた。

そうやって、もう1時間半くらい三題の詰将棋を交互に眺めているのだが、依然として一題も解けない。仕方ないのでまた、次の一手の三段クラスの問題に戻った。

そこから三段クラスの問題を20分くらい考えていたら、なんとなくいけそうな変化が見えた。しかし、私の読みのままだと微妙に玉が捕まらず、すると後手から96桂があるので、先手は一手詰である。さらに20分くらい考えていたら、ある筋がやっと見えて、なんとか解けた。

この勢いでと、四、五段コースを30分くらい考えたのだが、全く手がかりさえつかめない。そこでまた、詰将棋に戻った。依然として頭も靄は残っているが、少しだけ晴れたようである。それで10分くらい考えたら、先ず3題目が解けた。そう思ったら2題目も急に解けた。ところがなぜか1題目がどうしても解けず、さらに30分が経過した。今日はもう駄目だと週刊将棋を眺めるのを止めようとしたとき、やっと筋がみえて、5分くらいで頭が整理できて、なんとか解けた。

そこで、次の一手の四、五段コースに戻ったのだが、やはり全く解けない。六段コースも考えたが、これも全く駄目である。

こうして、昼食を挟んで、朝から8時間くらい週刊将棋を眺めたのに、四、五段コースと六段コースがバックログになってしまった。落胆したのか異様な疲れを感じ、夕食ではピールも飲まず、食事の後、テレビでカラオケバトルを観ると、早々に9時には寝た。

次の日当然に週刊将棋を通勤鞄に入れた。バックログを解消するためである。ところが睡眠時間が十分だったせいか、頭の靄が晴れたのか、あるいは電車読みの威力か、さらには前日の思考の蓄積があったせいか、それぞれ10分ずつくらい考えるだけでバックログが解けた。

いやあ、たかが週刊将棋というと語弊があるかもしれないが、なんとも膨大な時間をかけた思考だった。頭悪すぎじゃん、と自嘲したいところをぐっと抑えて、おお、お前には珍しい粘りの思考ではないかと自分を褒めることにした。そうしないと自信をなくしてめげそうだったからである。

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。