2015年6月アーカイブ

ミュートスの続きで、なぜか、と自分でかくのも変だが、「イソクラテスの修辞学校」を読み終えることができたので、ミュートスに引き続いて、エピステーメーと題して、雑文をかいてみる。

ここでは、エピステーメーを、「イソクラテスの修辞学校」の文脈に従い、厳密学、と定義する。具体的には、論理学、天文学、自然学などである。

エピステーメーをそのように定義してみると、ソクラテス以前の哲学なるものは、例えば、イオニア学派、ピュタゴラス学派、ヘラクレイトス、パルメニデス、エンペドクレス、アナクサゴラスなどであるが、彼らの研究対象は、天体論、世界始原論(宇宙開闢論)、原子論、数学、音楽、時間論、存在論、音楽、神学、など多岐に亘り、後世の哲学と科学のほとんどがそのルーツをソクラテス以前の哲学に見出すことができる、と思われる。そして、これらはほとんどが、エピステーメーの範疇に入るのではあるまいか。

ところが、イソクラテスは、プラトン創設のアカデメイアに対抗意識を燃やしているせいか、プラトン流のエピステーメーは、実際の言動と行動の指針にはなりえないがゆえに、無価値である、と断言する。

これはもしかして、普段アカデメイアの学徒たちから、イソクラテスの修辞学校に対して、難癖をつけられていたことに対する、売り言葉に買い言葉なのであろうか。

ただ、イソクラテスは、エピステーメーを、自らが主宰する弁論術や修辞学のための準備的な基礎学科としてなら、意味はなくはない、という。なんとも手厳しい。

そういえば、エピステーメーを無意味ではないかと嗤うというのは、古代からある話で、ソクラテス以前の哲学者のうちの代表的な一人であるタレスは、哲学など無意味だと世人がタレスを難詰したところ、天文学の知識を駆使してオリーブが豊作であることを予想した。そして、資金を集めてミレトスにあるオリーブの搾油機を安い値段で買占め、時期がきてオリーブがたわわに実ると、搾油機が飛ぶように売れ、タレスは多額の利益を得たという。このように、エピステーメーも、行動の指針になりえるのだが、イソクラテスはそれにどう反論するのだろうか。

しかし、世間をみると、イソクラテスの主張が幅をきかせている。すなわち、日本の官僚は、東大法学部卒が一番力をもっているといえるが、東大法学部に合格するためには、エピステーメーたる数学も勉強して、テストで所定の得点をえなくてはならない。そういう意味では、弁論術や修辞学を武器とする官僚にとっても、数学は知性を鍛えるための一学科なのである。しかし、一たび官僚に就くと、テクノクラートでもないかぎり、数学はもはや必要ない。

さて、エピステーメーと弁論術や修辞学のどちらが重要であるかというと、それは場合によるとしかいえないが、私の主張は、どちらに与するかというと、それは気質による、としかいえないのだと思われる。

哲学においても、実存哲学を好むか、現象学を好むか、新カント派なのか、など周囲の影響の下で、気質により選ばれるに違いない。

世間の傾向としては、どうしてもエピステーメー、言い換えると、科学技術や論理学、数学などは、どうしてもメジャーになりえないようである。

魔女の笑窪

user-pic
0

行き当たりばったりに本を読む私にはよくあることなのだが、古書店で大沢在昌の「魔女の盟約」を買って読み始めてから、これは上下二巻の下巻の方だと気づいた。

だからといって、背景の情報不足でストーリーが不明になるほどではない。下巻から読み始めても、それなりに支障がない程度の補足説明があるからである。

とは言っても、もう少し背景を詳しく知りたいと思うのも人情で、上巻にあたる「魔女の笑窪」を読み始めた。すると、「魔女の盟約」が終始緊迫した雰囲気でスリリングなストーリーだったことに比べると、ちょっと間延びしたストーリー展開で拍子抜けした。

それは、思い出すと、スティーグ・ラーソンのミレニアムの第2巻、火と戯れる女の出だしに似ている。「火と戯れる女」では、失恋したと勘違いしたリスベット・サランデルは、せしめた巨額の資金を使って、南の島のホテルでくつろいでいた。傷心の度というやつである。そして、それなりに男好きなリスベットは、かっこいい男を誘ってつかの間のアバンチュールも楽しんでいた。

一方の「魔女の笑窪」の主人公の水原はというと、実はこれは小説の中でも仮名で、実名は不明なのだが、「島」を抜けて、いろいろあってビジネスを立ち上げ、裏社会とのネットワークも構築し、商売繁盛の傍ら、男に誘惑され、自らの美貌を武器に策略し、一方で本当に、魅力的な男に惚れたりもする。分かりにくいが、私はリスベット・サランデルから水原への一本の同型写像を想定する。

すなわち、どちらもそれなりに人間的魅力があり、命がけで尽くしてくれる人達ができる。しかし原則、自己中心的というか、利益指向で、問題がある人物がいたら、この世から排除するのも辞さない。そのためには蛮勇も振るう。

さて、前編緊迫の連続だった「魔女の盟約」に比べて、退屈を感じるほどだった「魔女の笑窪」であるが、後半になって、前半蒔かれたプロットの種が少しずつ芽を出し、次第に、刈らないとどうしようもなくなるくらいにジャックと豆の木的な巨木になってきた。

それは、水原にとっておぞましいトラウマである「島」に淵源をもち、これと対決しないと今後の人生そのものがありえないと決意した水原は、広域暴力団一木会の幹部に渡りをつけ、また韓国のヤクザ一味との関係もできた。

そして、例によって、囲碁でいうところの絶体絶命のコウを水原は仕掛ける。そもそも、コウ材があるかどうか全く成算はない。そうするしか生きる道はないのだった。そして、ストーリーは、「魔女の盟約」へと続く。

大沢在昌の新宿鮫シリーズと比べると、ストーリーに強引さが目立つが、その分独自性というかワールド性は高いといえる。これもありだろう。

賢さ

user-pic
0

よく、誰それは偉いとか、賢いとか、立派とか、いろいろな言い方があるが、それは要するに、学歴が高いとか、地位が高いとか、お金持ちとか、そういう俗な話だったりする。

そういえば亡くなった父は、偉いとか、賢いとかいうけど、いろいろ種類があるんだ、よく言っていた。それはどういうことはいちいち例示することはあまりなかったが、父の文脈では、船の操縦がうまいとか、魚釣りが得意とか、カラオケがうまいとか、歌をすぐ覚えるとかそんなニュアンスだったかもしれない。そういう特性を偉いと呼んでも、私は違和感はない。

一方で、警察小説を読んでいると、よく暴力団の話が出てくる。それによると、今の時代、切った張ったのヤクザというのは流行らなくて、大卒で法律学や経済学の知識があって、知恵を働かせて稼げるのが、偉いヤクザということになっているようである。

そして、そういうヤクザの幹部となると、下手な大企業のエリートサラリーマンが束になってかかっても敵わないくらい優秀なのもいる、と聞くと、元であるが、下手な大企業の非エリートサラリーマンだった私は、確かにヤクザの幹部だと、場合により体を張らなくてはならないし、頭も度胸も必要で、それはすごい資質なんだろうと同意する。

そこで再び、偉いとか、賢いとかいうけど、いろいろ種類があるんだ、という父の言葉が浮かんだ。すなわち、ヤクザの幹部になるような経済ヤクザだと確かに間違いなく頭がよくて腹も座っているのだが、一方で言えることは、大きい野望を抱いて、欲が深いだろう、ということである。

そう考えていると、今度は父の言葉でなく、エピクロスあたりのギリシャ哲学の教えを思い出した。すなわち、お金も地位も美女も得て、何不自由ないような暮らしをしていながら、欲が欲を呼び、拡大志向で生きていくのを、アメリカンドリームの世界では称賛するのかもしれないが、もし幸福を得るのが人生の目的なら、そんな燃費の悪い話はないのではないか。

すなわち、たった1キロを走るだけで1リットルのガソリンを消費するようなデラックスカーがあったら、みんなすごいというだろうか。それは流石に言わないのではないか。しかし世間は、そういう高燃費の生活にみんな憧れる。

また、どんなに取り締まっても麻薬が根絶されないのは、安易に一気に強烈な快楽に浸れるという愉悦から逃れられない人々がいる、ということである。

しかし、ほとんど努力を要することなく、一気に楽しめることは、中毒になってしまう。それは、すぐに飽きてより強烈な悦楽を求めたり、切れたときに禁断症状につながる。

こうして、努力を必要とし、なかなか楽しみを得られない地味な行為の意味がクローズアップされる。言い換えると、なかなか楽しみえられず、長い努力が必要で、大したコストを必要としない趣味の重要性に気づくことになる。

手前味噌になるが、その典型は将棋であり、数学(あるいは、数楽)であったりする。もし仲間がいなくても、一人で公園の砂場で、黙々と一人で遊べる子供がいれば、もし学校の成績がよくなくても、それは十分に賢いのではないか。

そう、まさにショーペンハウアーが指摘するように、すべての災厄は、人が一人でいられないことから生じる。これを言い換えると、すべての災厄は、人が手持ちの(ささやかな)リソースで満足できないことから生じる。

なので、私の賢さ、偉さの定義は、人が手持ちの(ささやかな)リソースで満足できることである。

もっと言うと、偉さとは、目の前のリソースで満足できない自分に、満足するように説得できる克己心であり、限られたリソースから、妄想により、珠玉のような楽しみを紡ぎだすイマジネーションである。

こんな種類の偉さのメトリックは、測定しにくい。そもそもなんで測定する必要があるのか分からない。

まあしかし、資本主義の世の中では、どうしても、限られたリソースから、妄想により、珠玉のような楽しみを紡ぎだすなどと戯言をいっても誰にも相手にされないで、もしかしたらどこかのフロントなのかもしれなくても、一見かっこいいベンチャーの社長の方がもてはやされる。

私はそういう世間から超然として(でもないか)、世間の誰からも評価されない、パソーナルな賢明さを、地味に磨くのであった。

新宿鮫7

user-pic
0

あまり同じシリーズを続けて読むのもどうかと思いつつ、なにしろ面白いのだから仕方ない、そう言い訳しつつ読み進めた新宿鮫は、第7巻の「灰夜」に辿りついた。

「灰夜」は、鮫島が、警察学校のキャリアの同期で、いわくつきで自殺してしまった宮本の七回忌に出席するところから話が始まる。もともと鮫島は、宮本と仲がよかったわけではない、しかし、仕事で悩んだ宮本は、鮫島以外に相談する相手がいなかったのだろう。

それで、警察機構そのものを揺らがしかねない内容を含む遺書を宮本から預かり、その本人が自殺してしまっては、鮫島は永遠の負債を負ってしまったかたちになった。すなわち、鮫島は警察組織にいる限り、ずっと公安からマークされるのである。

ということは、なにしろ宮本の七回忌なので、それに鮫島が出席することさえ、公安の監視がつくことになる。それでも一つのけじめとして、鮫島は宮本の法要に出席したかった。そして、公安からの監視を受けようと、終わり次第鮫島は、東京に戻れるはずだった。

ところが、宮本の出身地(どうやら九州らしい。明示されないが、北九州あたりだろうか)でたまたま、麻薬取締官が内偵中だった。どうも地元の暴力団が関与しているらしい。それとは別に、大陸に対する禁制品の密輸を仕組んでいるグループがあって、きわめてボラティリティが高まっているような一発触発の状況だった。

そんなところに、公務外とはいえ、現職の刑事である鮫島が訪れたものだから、一気に均衡が崩れ、鮫島はわけがわからないうちに監禁されてしまった。水さえ与えられない状況で、衰弱死しそうになった。

なんとかその監禁から逃れたのだが、次は宮本と幼馴染という地元の会社社長が代わりに監禁されてしまった。責任を感じる鮫島は、なんとか会社社長を解放しようと、地元のやくざたちと交渉するのだが、なにしろここは九州で新宿ではないので、鮫島は勝手が違い過ぎて、打つ手に窮した。

それでも鮫島は、例によって孤軍奮闘で、自分の身も顧みず打開を図るのだが、大きな犯罪のうねりに鮫島は飲み込まれそうになるのだった。

読んでみると、それなりに面白いのだが、舞台が新宿でなく、桃井も藪も晶も出てこないので、ちょっと違和感を感じたのも確かである。

それと、たった学生時代の五年しかいたことがないのに、私は九州を第二の故郷のように思っていて、なんとなく九州を舞台にした大がかりな犯罪ストーリーは歓迎していない自分を改めてみいだした。

といいつつ、九州のヤクザは武闘派が多いので有名で、典型的には「仁義なき戦い」に登場する夜桜銀次などもそうである。その文脈からは、新宿鮫と恐れられている鮫島が、なんぼのもんじゃいと相手にされないのも仕方ないのであった。

そういう意味で、いつもの援軍がなく、アウェーの孤独な鮫島の戦いも見どころ十分だった。

ミュートス

user-pic
0

イソクラテスに書いたように、折に触れて「イソクラテスの修辞学校」を読んでいるのだが、第5章の「間奏の章」を読み終えて、ちょっと感じるところがあったので、書いてみる。私のひどい勘違いや思い込みかもしれないが、だとしたらあとで訂正すればいい、ということにする。ちなみに、上記したミュートスという題は以下で述べることとあまり関係ないかもしれない。仮題のようなものである。

先ず記されるべきは、プラトンがそうであるように、イソクラテスもまた、ソクラテスの直系の弟子である、ということである。特に「ソクラテスの弁明」の頃あたりに、ソクラテスがイソクラテスに与えた影響をみる。

イソクラテスは、たしかにゴルギアスの弟子だったのだが、ソクラテス流の「よく生きる」ことを追求した。その点はまさに、プラトンもそうである。

さて、プラトンのどの作品だったか、不勉強により私はきちんと指摘できないのだが、その記述によると、ソクラテスも若い頃は、パルメニデス流の論理学や、エンペドクレス流の宇宙開闢論などに染まった。それをとりあえずミュートスと呼ぶことにする。

しかし、いつからかソクラテスは、あるいみそういう空理空論から離れ、正義とかよく生きるとはなど、広場で若者と論じるようになった。すると、ソクラテスにあって、ミュートスは隠し味になってしまった。

そして、イソクラテスは、ミュートスを極力抑えたソクラテスを継承し、プラトンは、寧ろソクラテスから継承したものにミュートスを増量して、イデア論を作り上げた。そういえば、ミュートスの香りがふんだんにするプラトンの作品として、ティマイオスがある。

そんなイソクラテスで意外だったのは、「ドクサ」という用語が肯定的に用いられている。正しいドクサこそが議論を正しい方向に導くという。

確かに、例えばインフレーション宇宙論は、イソクラテスの文脈では、所詮ミュートスであろう。そんなことをいくら論じても、世界平和にはびた一文貢献しない。それよりも、世界の福祉や平和のためにしなくてはならない議論はいくらでもある。

そういうイソクラテス流の教えは、確かに世間に訴える力がある。ゆえに、なによりも現実主義のローマの人達に、イソクラテス流の哲学が広まっていったのだろう。

一方のプラトン哲学の方は、文字通りプロティノスなどのネオプラトニストによって継承され、伏流となっていったのだが、どの川に流れ着いたのか私の知識では全くわからない。

そもそも、偉大なるアリストテレスがここでは置き去りにされている。そこで、「イソクラテスの修辞学校」に戻り、さらには最近買った、今道友信「西洋哲学史」講談社学術文庫を読んだりしながら、穴だらけの議論を少しでも埋めようと努力してみる。

私は特に女流作家が好きということもないはずだが、先日買った、新津きよみの「星の見える家」光文社文庫を急に取り上げて読み始めた。

これは心理ミステリーというので、先日読んだ、永井するみの隣人と比べてみようと思ったのかもしれない。

実は私の趣味の一つに、似たようなものをいろいろ比べて、違いを探る、ということがある。最近は、囲碁と将棋を比べて、世間であまり指摘されていない(と、私が思っているだけかもしれないが)相違点を思い浮かべて、悦に入っていたりする。

さて、「星の見える家」も「隣人」と同様に短編集で、「危険なペア」、「星の見える家」、「二度とふたたび」、「五年日記」、「約束」、「再来」、「セカンドオピニオン」からなる。

「危険なペア」は、運命のいたずらかもしれないが結婚しないで会社で昇進し頑張っている女性。近所の小学校のバザーに、辛い思い出である元カレの結婚式の引き出物のワイングラスを出すと、それが巡り巡って、最終的に手に入れた人は、想像を楽しむ。

「星の見える家」は、私がこの中で一番気に入った短編。両親と姉弟の一家四人で東京に住んでいた家庭は、弟の方の喘息の発作を改善しようと、安曇野に引っ越し、ペンションを経営しはじめた。それはメルヘンチックで楽しい日々だったはずなのに、一家は次第に離散し、ペンションに一人残ったのは、最早成人した姉一人。それでもそこを離れないのは理由があったのだった。

「二度とふたたび」は、ほんの出来心の万引きを知り合いに見咎められ、次第に泥沼に陥っていく女性の話。なぜかこの小説は、なかなか結婚しない女性がよくでてくる。

「五年日記」は、癌を発病して、なんとか生きたいと願いつつ、その気持ちを日記に綴っていく主婦の話。夫との関係、夫の女性関係、それを乗り越えて、日記が個人を超えて引き継がれていく。

「約束」は、自分の兄が事故で車椅子生活になったので、兄の元カノに対して、幸せになるのは許さないと無茶をいう妹の話。兄はなんとか明るさを取り戻すのだが、妹は収まらない。

「再来」は、過去の強烈なトラウマと、前世の記憶が交錯した不思議なストーリー。もしかして、「星の見える家」よりもこちらの方が私の好みかも。

「セカンドオピニオン」は、美容師である実の母と、医師である継母の間で揺れ動く娘の心理の話。年頃の娘は難しいが、なんとか収束するのだろうか。

読み終えてみて、永井するみの隣人との甲乙はつけがたいが、心理描写で永井するみが優り、プロットの奇抜性で新津きよみ、といったところだろうか。

ところで、Wikiでみてちょっと驚いた。新津きよみの夫は、私が以前読んだ逃亡者の作者である、折原一なのだった。

ともかく、永井するみもそうだが、一作だけ読んで終わらせるのはあまりに勿体ない作家である。

多重化

user-pic
0

工学書読みで、「光情報ネットワーク」、菊池和朗監修、オーム社というのを読んでいると、最初の方に「多重化方式」と題する章があった。その道の専門家にはあまりにも当たり前であるが、自分の知識の整理と参考のため、簡単にまとめてみる。

例えば、大型トラックで荷物を運ぶとき、一番素朴な荷物の積み方は、トラックの荷台に平面的に並べていくだけというものであるが、それでは荷台の高さ方向が利用されないので、積み方としてはあまりにも効率がわるい。そこで、高さ方向に積み重ねたり、折りたたんだりして積荷の量をかせぐ。

同様に、光ファイバに光を通し、その光を変調して信号を送るとき、光ファイバは一本のファイバであっても極めて大容量の伝送キャパシティをもつので、なんとか情報を詰め込むことを考える。それが多重化である。

多重化方式は、以下のように類別される。

  1. 時間分割多重方式
  2. サブキャリア多重方式
  3. 空間分割多重方式
  4. 波長分割多重(光周波数分割多重)方式
  5. 光符号分割多重方式

時間分割多重方式は、光領域で超短パルス信号を時間分割多重するものである。

サブキャリア多重方式は、電気領域で周波数分割多重化した信号を、光で伝送するものであり、光領域ではアナログ信号となる。

空間分割多重方式は、光ファイバーアレイを使用した伝送方式である。

波長分割多重(光周波数分割多重)方式は、異なる波長の光信号を混ぜて、一本の光ファイバで送る方式であるが、波長が異なると屈折率が異なるので、分光器などで異なる信号を個別に取り出せる。

光符号分割多重方式は、例として、携帯などでも使われているCDMAなどがある。すなわち、線形代数でいうところの、ベクトルの直交基底系を使って符号化すると、直交基底系の数の分だけ多重化できる。ただ、光通信の分野では使われているのはあまり聞いたことがないのだが、私が知らないだけだろうか。

ここまで書いてきて急に、哲学者と言われる人達は、工学書は読まないのだろうか、とふと思った。そういえばウィトゲンシュタインは、一時航空工学を専攻していたはずである。しかし、ウィトゲンシュタインの哲学に、機械工学的な視点があるとは聞いたことがない。

私が考えたのは、宇宙というか、この世の情報は、分かりやすい言い方?でいうと、神が多重化しており、それをなんとかデマルチプレクスするというのも哲学の課題ではないか、ということなのであった。神が採用しているのは、時間分割多重方式か、波長分割多重のような気がするのだが。

監修

user-pic
0

私はコーヒーが好きで、一時的にコーヒー断ちしたこともあるのだが、また復活してしまった。

ただ、コーヒー好きではあっても、決してコーヒー通ではない。なぜなら、本格ドリップのコーヒーでなくても、缶コーヒーでも、それなりに満足できてしまうのである。なので、珈琲店タレーランの事件簿のようなストーリーにはいまいち入り込めないのだけれども、少なくとも興味はある。

その缶コーヒーなのだが、ラベルをみていると、世界一のバリスタ監修だの、猿田彦コーヒー監修だのというのがあって、ミーハーな私はつい、そういう有名どころの監修のラベルがあるのを買ってしまうのだけれども、缶コーヒーを飲みながら、「監修」ってなによ?と考え込んでしまった。

手許の電子辞書の広辞苑でみてみると、「監修」とは、書籍の記述や編集を監督すること、とある。すると、もともと本の編集の用語だったのが、他のことに適用されたようであるが、するとコーヒーの監修とは、コーヒーの製造や調合過程を監督すること、ということになるのだろう。

では例えば、猿田彦コーヒー監修の缶コーヒーというのがあったとして、飲んでいまいちおいしくなかったとき、猿田彦コーヒー店に対して、貴店が監修というけど、なんかいまいちでしたよ、と文句いえるのだろうか。多分であるが、そんなことを猿田彦コーヒーに言っても相手してもらえないだろう。

そもそも、広辞苑の定義をみても、監修というのは監督だけで、品質に責任を負うなんて意味は全くない。しかも、その監督というのも、どの程度の関与なのかも全く不明である。

例えば、将棋で、渡辺明監修の次の一手の本、というのがあるが、みてみると、渡辺明は、一題たりとも問題を作ったわけでなくて、序文を書き、その中で、基本的な問題が多いが、○○の問題は手こずってしまった、みたいに感想を書いているだけである。

してみると、監修というのは要するに、有名人の単なる「名前貸し」なのだと思った。なので、「推薦」というのと近いかもしれない。しかし、猿田彦コーヒー推薦というと、単に結果を褒めているだけで、製造プロセスへの関与が示唆されない。そこで、監修という言い方で製造プロセスに関与しているかのような印象与えるが、実はそうでないかもしれない。そしてそうでなくても、監修と書いても全く詐欺ではない。

このように、監修というのは使う側からはとても便利な言い方なのだが、字義的にはとても曖昧で、私にはそういう曖昧さがときどき、とても耐え難く感じてしまうのであった。

私がまだ若い頃、すなわち、20台半ばくらいだろうか、講談社の人類の知的遺産シリーズというのがあった。

とりあえず本を買っておくのが趣味だった私は、そのシリーズの「カント」とか、「ウィトゲンシュタイン」とか何冊か読んだのだが、あいにくどんな内容だったのか記憶にない。

ところが最近、古書店で講談社学術文庫で「フッサール」というのをみつけた。これは後で分かったのだが、人類の知的遺産シリーズを文庫本に焼き直したものだった。それが意外だったのは、私は講談社の人類の知的遺産シリーズというのであまり感心した内容であることはなかった。なんというか、中公の世界の名著シリーズとつい比べてしまうのである。そしてなんとなく、中公の世界の名著シリーズの方が、講談社の人類の知的遺産シリーズよりも優れているという根拠のない思い込みをずっと抱いてきたので、講談社学術文庫の「フッサール」にしっくりくる、というのは意外なのだった。

で、ともかく、講談社学術文庫の「フッサール」の第二部の「フッサールの生涯」というところの臨終の記述をみて、なかなか興味深いと思ったので、とりあえずここにメモしてみることにした。

それは、1937年8月のことである。風呂場で足を踏み外して大怪我をしたフッサールは、床についたままだったが、不屈の闘志で、なんとかもう一度よくなって哲学の論文を書くつもりだった。

しかし、流石のフッサールも歳には勝てず、1938年の4月13日になると、自分の死期が来たことを夫人に告げた。ところが、みるからに衰弱しているフッサールはなぜか、内面で深い思索活動をしているようだった。

そしてある朝、深い眠りからさめたフッサールは、異常に幸福な面持ちで、次のように夫人に言ったという。"I habe etwas ganz Wunderbares gesehen. Nein, Ich kann es Dir nich sagen, Nein !".著者の田島節夫氏の訳があるが、流石にこのドイツ語は分かりやすい。あえて私なりに訳してみると、「全く驚くべきものを見たよ。いやでも、とてもお前には言えない、そうなんだ。」

要するに、私が言いたいことは、普通の人が臨終前に朦朧としているところ、フッサールは何か哲学的思考に沈殿していて、肉体から離れた精神は、鳥籠から飛び立った小鳥のように空を逍遥して自由に思索に耽ったのだった。

言い換えると、フッサールの臨死体験は、徹頭徹尾一思索者のそれで、このままあの世へとなだれ込んだに違いないのである。お金も地位もあの世にもっていけないが、思索は時空を超えてポータブルなのである。

もし輪廻転生で、フッサールが現世に還っていないなら、フッサールはあの世で今でも、たとえようもなく深い思索に耽って、幸福に浸っているだろう。そして、その思念の一部は確実に、現世の哲学者の思念に流れ込んでいるだろう。

そしていまふと、疑問が浮かんだ。おそらくフッサールよりも世間受けして、一般の知名度も高いハイデガーは、フッサールのようにあの世まで思念をconveyしなかったのではないか。

しかし、私が今更なんでそんなことを考えるのだろう。フッサールの怨念を少しだけ感じたのだろうか。Nein !

棋聖戦第2局が始まった。棋聖戦第1局だったので、後手番の豊島は横歩取りに誘導するかと思ったら、またしても矢倉になった。ともかく羽生は今季7勝1敗で絶好調である。いや、他でもない羽生なので、これが実力なのかもしれない。ともかく、なんとなく豊島が勝つのは大変かもと思いつつ、棋譜観戦してみた。

【図1】 24手目△6四角まで
持ち駒:△豊島=なし



持ち駒:▲羽生=なし
さて、矢倉とはいえ、羽生が早々に▲3五歩と突っかけ、豊島が△6四角と出たところから始める。ここで、▲3七銀なら激しい将棋になるが、羽生は▲1八飛とした。以下、△4三金右,▲3四歩,△同銀,▲6八角,△3五歩,▲7九玉,△7四歩,▲6七金,△5三銀,▲6五歩,△7三角,▲6六銀,△4五歩,▲7五歩,△同歩,▲同銀と進んだ。
それにしても、あれほど隆盛を極めた矢倉46銀戦法はもう終わってしまったのだろうか。

【図2】 42手目△5一角まで
持ち駒:△豊島=歩



持ち駒:▲羽生=歩2
ここで△5一角は、当然ながら、いかにもプロらしい手である。以下、▲7七角,△3三桂,▲5七銀,△3一玉,▲5五歩,△2二玉,▲5六銀,△4二角,▲7四銀,△5五歩,▲同角,△6四歩と進んだ。

【図3】 55手目▲5八飛まで
持ち駒:△豊島=歩2



持ち駒:▲羽生=歩3
羽生は▲5八飛と指した。自然な手だが、すぐ▲2八角と引いて飛車のコビン攻めを狙うのが有力だったという。なんか飛車が一瞬蟄居みたいになるのは変だが。ともかく、以下、△5四銀,▲2八角,△4六歩,▲同角,△7三歩,▲6四歩,△7四歩,▲6三歩成,△9二飛となり、羽生は銀損して代償にと金をつくった。しかしこのあたりで既に、後手の豊島が有利だという。

【図4】 65手目▲6四歩まで
持ち駒:△豊島=銀歩



持ち駒:▲羽生=歩4
羽生はとりあえず、▲6四歩とと金を支えたが、あとで6筋に歩が使えなくなって苦しむことになる。以下、△4五銀左,▲3五角,△5六銀,▲同金,△4五桂,▲5五歩と進んだ。

【図5】 72手目△6六歩まで
持ち駒:△豊島=銀2



持ち駒:▲羽生=銀歩4
そう、この△6六歩が厳しい。羽生は仕方なく▲6八銀と受けたが、激指10は、▲5四歩と激しく攻め合って、先手がいいのだという。本当だろうか。ともかく本譜は、▲6八銀以下、△3四金,▲5三と,△1五角,▲4六角,△3六銀,▲3八飛,△3七桂成,▲同桂,△4七銀不成,▲3三歩,△同金,▲2五桂,△3八銀,▲5四歩,△4九飛,▲8八玉と進んだ。

【図6】 90手目△3四銀まで
持ち駒:△豊島=歩2



持ち駒:▲羽生=銀桂歩3
そして、豊島は、△3四銀と羽生の攻めを催促する。▲3三桂成,△同角となってみると、後手の角が先手の玉を睨んでいる。それで羽生は仕方なく▲9八玉とかわした。それでも、△7六桂,▲4四歩,△6八桂成,▲同金,△6七歩成,▲同金と進んだ。

【図7】 100手目△7八銀まで
持ち駒:△豊島=歩2



持ち駒:▲羽生=金銀桂2歩3
そして、△7八銀でいよいよ羽生の玉に詰めろがかかった。どう受けるのかとみていると、羽生は▲7九桂。普通に考えると豊島は、△6七銀成とか、△4七銀成などだが、△6六歩とひねった。一体好手なのか。以下、▲7七金,△7九銀成,▲4三歩成,△同銀,▲2五桂,△8九成銀,▲3三桂成,△同金,▲7九歩。

【図8】 112手目△8五桂まで
持ち駒:△豊島=桂2歩2



持ち駒:▲羽生=角金銀歩2
そして、△8五桂が厳しい。羽生が8九の成銀を取っても、後手玉は詰めよにならない。だからといって▲7八金では、△7六桂とさらに迫られる。それで羽生は開き直って▲5一角とし、以下△4八飛成,▲7八歩,△4四銀,▲3四歩,△3二金,▲4二と,△同飛,▲同角成となった。
なお、激指は、▲5一角のところ、▲6八角打を推すが、それでもやはり後手が優勢のようである。

【図9】 122手目△4二同金まで
持ち駒:△豊島=角桂2歩3



持ち駒:▲羽生=飛金銀歩
さて、△4二同金の局面は、羽生に詰めろがかかり、豊島は詰まない。結局、詰めろ逃れの詰めろみたいな起死回生の一手はなく、羽生は▲5三歩成と形作りした。

【図10】 投了図 124手目△8八成銀まで
持ち駒:△豊島=角桂2歩3



持ち駒:▲羽生=飛金銀歩
そして、△8八成銀で即詰みとなった。すなわち、一例であるが、△8八成銀,▲同玉,△7七桂成,▲同玉,△6七歩成,▲同玉,△4九角,▲6六玉,△7六角成,▲同玉,△7八龍,▲6六玉,△6七金,▲6五玉,△7五龍,▲5四玉,△5三金まで。私だったら間違えるかもしれないが、プロなら一目だろう。

こうして、棋聖戦の帰趨は分からなくなった。羽生の【図3】 55手目▲5八飛がよくなくて、そこでは▲2八角だったというのだが、それは敗因というには局面が早すぎるだろう。ともかく、次は豊島の先手番で、私は角換り腰掛け銀とみるが、どうだろう。羽生の横歩取り誘導は、多分ないだろう。

ボケ防止

user-pic
0

私は、どうやったら老人ボケを防げるか、いつも考えているのだが、どう考えても完全に防ぐ手段はない。なぜなら、老人ボケは、老化現象の一環であり、それは生物にとってエントロピーの増大と同じなので、逃れるすべはない。

だとしても、ボケるのを遅らせることはできるのであって、最近気づいたのだが、それは一言でいうと定点に依存しないこと、ということになる。

ここで定点というのは私の、場合の造語なので説明が必要なのであって、すなわち、何も努力しなくても維持できる特性である。

具体的な例を挙げると以下のとおりである。

  1. ノーベル賞などの受賞経験
  2. 学歴
  3. 弁護士などの資格
  4. 囲碁・将棋などの段位
  5. 元○○会社社長などの地位
  6. オリンピックの金メダルなど
  7. ある高名な人に昔、優秀だと評価してもらったという経験

これらは、現時点で、何一つ努力しなくても維持できる。過去の事実なのだから、虚偽で資格をとったりしたのでなければ、誰かからチャレンジを受ける、ということもありえない。なのでとても安泰である。

こういう定点にすがって努力しないでプライドだけ高い、ということほどボケやすいものはない。なぜそうなのか、説明の要もないだろう。

実は、ボケの原因となるのは、こういう定点だけではない。他にも他人に対する気働きの欠如、欲望の抑制のたがが外れること、などがある。

例えば、恋愛は人生の華とばかりに歳とっても淫乱な日々を送ったらどうなるか。確実に老いを促進させるだろう。また、口癖のように「お金は邪魔にならない」という老人は結構いるが、それは要するに、お金のためなら多少えげつないこともやるし、厭な奴の言うことも聞く、という意味だったりする。このあたりをきちんとけじめと節度をもって生きることは、正しい老人生活の必要条件なんだと私は思う。

では、逆に、ボケにくい生活とは、努力を要する基準、例えば、あるリーグ戦で戦っていて勝率6割キープとか、毎日詰将棋を10題解く、などである。もちろんここでも閾値ありモデルが効くので、定点にすがる生き方も、ある程度は容認されるし、人間である限り、全く定点に依拠しないというのはまず困難である。要は程度問題なのであって、ある程度の努力が必要な時間と、気働きと、節制が必要ということになる。

この定点の視点は重要で、例えば、もう30年も前にノーベル賞を受賞した人に、創造性セミナーの講師をさせるという無謀な企画がよくあるが、その人が少なくともここ数年にどんなライブな業績を挙げたか問うてみればいい。もし、単にどこやらの学長を名誉職としてやっていただけなら、それほど創造性セミナーに向かない人はいない。

改めて書いてみて、あまりにも当然なのであった。

日経情報ストラテジーの2015年7月号を眺めていたら、トップインタビューとして、ソシオネクストの代表取締役会長兼CEOで、元京セラ社長の西口泰夫氏のインタビュー記事があったので、文責私でまとめてみる。

西口氏は、1943年生まれだから、私よりも11歳年上ということになる。1975年に京セラに入社し、1999年に代表取締役社長、2005年に代表取締役会長兼CEOに就任した。そこから京セラを退任すると、同志社大学の大学院で技術経営を専攻して博士号を取得した。

一方で西口氏は、2008年から2013年まで、富士通セミコンダクターの非常勤取締役を務めた。しかし、富士通では、システムLSI事業の経営不振が続いていた。そこで、同様にシステムLSIで混迷していたパナソニックのシステムLSI事業部と統合会社をつくることが計画され、発足したのが、ソシオネクストである。西口氏は推されて、代表取締役会長兼CEOに就いた。

折からの半導体不況で、このような会社を率いることはある意味火中の栗を拾うような気がするのだが、西口氏が引き受けると決めた理由は、2200人ものシステムLSI技術者が集まっている会社である、ということで、この人達のスキルを活かさなくてはと感じたからだという。

また、システムLSI事業の収益性は高くないにしても、産業のコメではないが、システムLSIはディジタル機器に必須であり、システムLSI事業の進歩が止まると、産業に悪影響を与える、とも考えた。

そこで、技術経営をベースに、優れた技術がなぜ利益に結びつかないのかとと考えてみた。

そのために採った施策の一例が、人が自分の能力を出し切る環境をつくることだという。具体的にいうと、本音と建て前を一致させる。そのことで、優秀な社員のスキルを活かしきるのだという。

そのための具体的施策として、オープンな場で重要な事項を決定する、そのために、上司の意見と違っていても、担当分野でなくても自由に意見を言ってよい、とした。今の時代だから、ウェブ会議も駆使する。2200人の技術者のうち、300人くらいの参加がある、という。

尤も、そういう場でどうって意思決定するかを決めるというテクニカルな問題はもちろんあろうが、とっかかりとしてそういう会議を意図するのはとても有意義だと思う。少なくとも私が外資系にいたときは、いかに意見を言わせないか、情報を共有しないで済ませるか、というおそるべき後ろ向きの会議だった。

また、西口氏の示唆で面白いと思ったのは、技術経営の一環で、ある会社の特許消滅率を調べたという点である。すなわち、特許というのは登録になった後、毎年年金を払わないといけない(ここでいう年金というのは、人が老後に支払われる年金とは何も関係がない)。それは年分が高まると金額がぐんぐん高額になるので、予算の観点で、満期まえのある段階で特許の重要性、利用性などに鑑み打ち切る必要があるのだが、年分が6年以内に30~40%を放棄している会社もあり、そういう会社は、技術パフォーマンスがよくないのではと考えたのだという。

確かに、特に日本の会社の特許管理では、一応出願しておいて、防衛的な出願だと審査請求しないということがかなりある。そこで審査請求して権利化するということはそこそこ意味のある技術なのだから、年分が6年以内に30~40%を放棄する、というのは確かに放棄しすぎである。

あと、西口氏は、京セラ出身だが、アメーバー経営は導入するつもりはないという。それはそうで、アメーバー経営は優れた経営の一手法ではあっても、自ずと適用範囲があるだろう。

新宿鮫6

user-pic
0

新宿鮫5のあと、新宿鮫6も読みたくなったのは、単なる偶然だろうか。が、私は偶然ではないと思っている。すなわち、新宿鮫1~5と呼んできた蓄積が続きを読むインセンティブを高めた。よく知っている登場人物が、次はどんな活躍をみせるか期待する、ということである。

新宿鮫6「氷舞」は、なにやら前衛的な一人芝居のシーンから始まる。チケットが入ったのでと鮫島が誘われたのだが、普通に考えるとそれは、晶でなくてはならないのだが、なぜか、新宿署の鑑識、藪。そんな男二人で観に来るというのが、なんともおかしい。ともかく、鮫島は、芝居というか劇を演じていた女性に、不思議な、そして忘れがたい印象をもってしまう。

さて、本来の鮫島の仕事であるが、そのときクレジットカードの窃盗犯を追っていた。窃盗犯は、ひったくりなどで財布が入ったバッグなどを奪うのだが、普通は現金を抜いて、クレジットカードはそのままにして財布は放置される。なぜなら、盗まれるや否や、持ち主はクレジットカードを停止してしまうので、窃盗犯が使おうとすると足がつきやすいからである。しかし、そんなカードでも東南アジアなどでは、番号だけで払えるので、一時的に使えたりする。そこで元締めがいて、窃盗犯からクレジットカードを買い取り、その情報を海外に流す。

その元締めのアジトを鮫島が監視していると、何やら見慣れない暴力団らしい人物が出入りしている。鮫島は、新宿の暴力団なら主要な人物はだいたい把握している。

ところが、新宿のホテルで、米国人が殺されるという事件が起きたので、鮫島がそちらにいってみると、なぜか警視庁の捜査一課でなく、そこに詰めていたのは、公安部の外事担当の課で、鮫島の同期の香田が仕切っていた。そこで当然に鮫島と香田の掛け合いがあった。どうも米国人は元CIAらしくて、それで公安が関与したのかもということになるのだが、スパイでなく殺しであり、また、殺された元CIAはヘロインももっていたようで、するといよいよ普通の刑事事件として処理すべきである、ということになる。

そこに公安が関与したのは、20年以上前のスキャンダルが関与するからなのであった。そして、そのスキャンダルを知り抜いている公安の元刑事、立花が暗躍する。

一方、鮫島は、前衛的な一人芝居を演じていた女性、杉田江見里と出逢い、深く惹かれていく。本来の鮫島の彼女である晶は、音楽家として、ヒットチャートの上位に入るほど売れて忙しくなり、次第に鮫島と疎遠になっていく。そこに杉田江見里があらわれると、鮫島と晶は決定的に別れてしまうのか。

そんな恋愛沙汰をよそに、局面は激しく動く。立花の手足となって犯罪に手を染めている暴力団手下が、鮫島に迫ってきた。一方で立花は、公安との太いパイプを利用して、警察組織として鮫島を追い込む。

そんな中で、鮫島の仇敵であるはずの香田との間で、意外なコミュニケーションが成立する。そして、杉田江見里との関係が浮かび上がる。

このように、ストーリーは入り組んでいて、次々に意外な展開があり、全く飽きさせない。公安の陰謀がメインの推理小説として、曽根圭介の沈底魚があるが、どうみてもスケールで、新宿鮫6「氷舞」には到底及ばない。

それにしても、新宿鮫1~6と毎回新しい趣向で飽きさせない大沢在昌を、今まできちんと評価していなかったとは、ミステリー読みとしての私の見識も大したことない、ということになる。まあそもそも、海外の主要な古典的なミステリーも、教えられてやっとフォローしている有様なのだから、偉そうにいえるわけがないのである。

手作り感

user-pic
0

料亭ではないが、小料理屋で家庭の味を売りにする店もあって、そこそこ人気がある。すなわち、メニューはどこかの家庭にあるようなものだし、味はレストランに及ばないのだが、アットホームな感じが嬉しいということのようである。

グローバルが嫌いで、ローカリティを偏愛する私はもっと極端で、レストランで食べるよりも、自分の作った、あまりにも平凡な手作りの料理の方を好むという面が私にはある。すなわち、いかなる意味でも私の作った料理がおいしいはずがない。例えば、レストランの味が将棋でいうとプロ初段だとすると、私のつくる料理なんて、アマ五級もあればいいほうである。プロとの棋力の差は、二枚落ち以上である。

それでも、なんとか手作りの方に加勢するとなると、その正当化は、手作りだと、細かい味のニュアンスまで自分で調整できる、ということがある。

実は、私程度の料理のスキルだと、味をコントロールするスキルもほとんどないので、レストランの味と比べるのは全く意味がない。

私が比較したいのは実は、仕事で使うコンピュータ用のツールである。すなわち、周囲をみていると、仕事用にプログラミングするといっても、せいぜいがエクセルのマクロ程度で、もちろんエクセルのマクロの機能も半端ではないが、それだとできることが、基本的にエクセルのシート内に留まってしまう。

一方、私の作るツールというと、ある程度本格的なものはC++で作ってあるが、大抵はPerlで作って相当手軽に作られている。私のツールの売りは、決して高度なものではなくて、しかし、市販のツールではない機能を実現している、というところだろうか。

すなわち、約1年半前にはからずも特許のサーチャーになってからは、仕事があまりないときの暇つぶしも兼ねて、せっせと特許サーチ用のPerlのツールを作り溜めていった。

一方、私のツールとコラボする特許検索システムは、JP-NETである。結構無骨なシステムで、必ずしも使いやすくないが、使えば使うほど次第に馴染んでくる良さがある。今所属している特許サーチの部門で、JP-NETを使っている人は、私以外にいない。それは私が特別に会社の部門長に無理を言って契約してもらったのである。

なんでそんな我儘が通るかというと、これもPerlのスキルのお蔭である。すなわち、部内のある仕事があって、どう処理するか困っていたので余計かもしれないと思いつつ、私がPerlのスクリプトを作成して、その課題を解決したところ、俄然評価された次第である。そのタイミングでJP-NETの契約を申し出たら、なんとか受け入れてもらえた。

JP-NETという検索システムは、例えばPatentSquareのような豊富な機能をもつ特許検索システムではないが、なんとなく手作り感漂うシステムなのであって、Perlのスクリプトとの相性が抜群である。こうして私は、特許検索の分野で、誰も追随できない独特のワールド を構築したが、このワールドの場合、誰も追随できないのでなくて、馬鹿馬鹿しくて誰も追随しないだけだろう。それはワールドのもともとの定義でもあった。

それでも、検索式の自動生成、報告フォームの自動作成、パテントマイニング用特許統計データの生成と、私のPerlスクリプトたちはなかなかに芸達者である。

ただ、仕方ないことだが、このJP-NETとPerlスクリプトの組み合わせの欠点は、あまりにも手作り性が高くて、他人に伝達できないことである。逆にいうと、世間にゴマンといる私よりもスキルのあるプログラマなら、もっと華麗なワールドの華を咲かせるに違いないのだが、みるところそういう人材は、特許サーチャーにはならない。そこが私という人材の新規性なのであって、残念ながら程度が高くないので、進歩性ではない。なので、特許出願しても、特に引例もなく、当業者なら容易に云々で拒絶される程度の私のスキルなのだが、そこでも決め手のセリフは、いいじゃないの幸せならば、なのだった。

本当にそれで幸せなのかどうか、私もいまいち自信がない。

知り合いから「沈みゆく大国アメリカ」堤未果著、集英社新書というのを紹介されたので、買って読んでみた。

著者は、米国の大学を卒業した後、リーマン・ブラザーズに勤務した。おそらく高給をエンジョイしたことだろう。ところがそれも2008年までだった。リーマン・ブラザーズが倒産して、必然的に解雇されると、再就職に大変苦労した。米国は労働市場が活発なので、解雇されてもまた簡単に次の職場がみつかる、というのは今では都市伝説であろう。実際、リーマン・ブラザーズ時代の同僚で、まだ再就職できていない人もいるという。

ともかく筆者はなんとか再就職できてラッキーだったのだが、それでも、米国社会の辛酸をそれなりに嘗めたことだろう。

そして、米国社会のネガティブな側面が目に付いた。この本はしかし、金融ではなく健康保険がテーマである。すなわち、米国では医療費が信じられないくらい高いというのは、米国に出張した知り合いなどから聞いてそれなりに知っていた。

一方、日本では国民皆保険制度があり、それがとてつもなく優れた制度であることを、この本を読んで改めて知った。すなわち、10年以上前、父が胃癌にかかり、手術した。見舞いに行った私は父の代わりに、父の財布を預かって会計の窓口で手術代と入院費を払った。17万円だった。おお、リーズナブル、とつい内心でつぶやいた。これが米国だと、下手したら支払するために家を一軒手放さなくてはならない。

そんな状態がいいはずがない。それで、オバマが大統領になると、ついに皆保険制度を実現した。誰もが素晴らしいと思った。しかし、実態は理想的から遠すぎた。

すなわち、オバマケアと呼ばれる皆保険制度に加入するためには、多くの条件をクリアしなくてはならない。その条件がクリアできないと、自分で別の民間保険に加入しなくてはならない。

また、薬価の上限がなくなり、一粒100ドルみたいな薬もでてきた。なぜこうなるのか。その背景に薬品メーカーなどの強大なロビー活動の存在がある。そういうロビー活動に薬品メーカーは、膨大な予算をあてている。その結果、折角成立した皆保険制度が骨抜きになり、薬品メーカーが濡れ手に泡みたいな状態になっている。

しかし、新しい保険制度の下で、医師もまた被害者だった。すなわち、保険適用の医療行為の報酬が減り、それだけでなく膨大なペーパーワークを要するようになった。それで無意味な労働時間が増え、収入が増え、いまや米国で自殺率トップは医師なのだという。

こんな中で笑いが止まらないのは、薬品メーカー以外には民間医療保険会社である。何しろ黙っていても仕事の契約はどんどん押し寄せてくる。

一体、オバマケアは、ごく少数の企業と富裕層にメリットを与えただけなのか。私がちゃんと理解できていないので、この本をうまく要約できていないが、なにしろ重要なテーマなので、ちゃんと勉強してみよう。日本の皆保険制度がなし崩しにされないように見張るために。

私が黒川博行の文章を初めて読んだのは、確か藤原伊織の小説の解説だった。なんでも、二人は結構仲良しだったらしい。ただ、その解説が随分ふざけた調子だったので、では小説はどんな感じなのだろう、ととりあえず読んでみたのが、蒼煌で、これは美術界のスキャンダルを描いたものだったが、結構重厚な格調の高い文章で、感心した。

ところが、最近本屋に行ってみると、「祝直木賞受賞」と帯がついた、黒川博行の一連の警察小説が並んでいた。警察小説ならもっと馴染めるかな、と適当に一冊手に取ったのが、「キャッツアイころがった」創元推理文庫で、なんでもこの作品で、黒川博行が売れ始めたらしい。

他に読みたい本がいろいろあったので、3週間くらい積読期間はあったが、比較的順調に「キャッツアイころがった」を読み始めたら、別にトリッキーな出だしを期待したわけではないが、滋賀県余呉湖で身元不明の死体がみつかった、というミステリーとしてきわめてまっとうな出だしで、ちょっとがっかりしたような、安心したような妙な気持ちだった。

ところが、まっとうでないのは、死体がキャッツアイを口に含んでいた、というくだりで、おっと、それは下手したら三文推理小説にならないか、黒川はん、どないすんねん、と心配になってきた。

しかし、ストーリーはさらに錯綜する。すなわち、京都府立美大の学生、村山が下宿で死んでいるのがみつかったが、どうも毒殺らしい。それだけでなく、村山もキャッツアイをくわえていたというのである。

キャッツアイという小道具を使ってこれからストーリーはどうなるのかとみていると、舞台は京都府立美大の村山の仲間たちの話になった。そもそも村山は亡くなる前にインドに渡航した。そのために仲間たちからカンパを募った。ところがインドでお金などの貴重品を盗まれたらしくて、落胆して帰国したので、カンパのお金を返すどころではなくなった。

ところが、村山が亡くなったあと、村山の仲間たちは大学の個人ロッカーを探してみた。すると、なんとインドで書かれたと思われるスケッチブックがあり、村山の仲間たちの中の女子学生である羽田弘美と、河野啓子が、なんとスケッチブックの謎を追ってインドにいってみる、というので、さらに唐突な感じをもったが、ここまでくると、ええい好きなようなにやってくれ、と読む方も開き直った。

ところが、インドのシーンが妙にリアルで、これは黒川がきっちり取材したのだろうけど、次第にストーリーに引き込まれてきた。

そして、インドでは、弘美と啓子は、随分回り道しながら、次第に村山の足取りを追っていった。その間、日本では刑事たちが、大阪府警、京都府警、滋賀県警の縄張り意識に苦しみながら、犯人を絞り込んでいく。

そういえば、滋賀県警の刑事の知り合いで、元宝石の故買商、山本の語る宝石の裏取引の薀蓄もなかなか興味深かった。なぜ村山がインドに行ったのか、という理由もそれでよくわかった。

ともかく、弘美と啓子は、日本に帰ってきてからも大車輪の活躍で、そこに刑事の捜査がどう交差するかが興味になってきた。ここからはストーリーのメインなので書かないが、読み終えてみて、あまりに活発な弘美と啓子のキャラが立って、面白かった。そこが関西弁というのも漫才のようでいい。女性二人の漫才といえば、私がファンで、美人二人組のモエヤンというコンビがいる。そのモエヤンの決まり文句が「男のばかやろっ」で、まさに弘美と啓子は、もしかして刑事までも手玉にとったのだった。

で、私はついつぶやいた、黒川はん、この小説ノワールちゃうよ、どないなってん?そういいつつ私は意外に軽妙なストーリーがそれなりに気にいったのだった。

共立出版

user-pic
0

以前に、私としては結構多くのコメントを戴いた数学書の出版社という記事を書いたが、先日、数学セミナーをめくっていて、軽く感嘆の声を挙げた広告があった。

それは、共立出版「創立90周年記念出版」第1弾!と題する広告で、以下の数学書を一気に刊行し始めるのだという。

  • 数学探検【全18巻】
  • 数学の魅力【全14巻+別巻1】
  • 数学の輝き【全40巻予定】

しかし、と私は内心でつぶやいた。ビブリア古書堂の本でもあるまいに、数学書をこんな一気に刊行して、共立出版大丈夫か、と。

ともかく、数学探検の第1回配本は「初等整数論-数論幾何への誘い」、数学の魅力の第1回配本は「確率論」、数学の輝きの第1回配本は「数理医学入門」。

これだけ見ると、数学探検は比較的基本的な入門書、数学の魅力は大学数学科の3年以上を対象とした本格的な数学書、数学の輝きは数学の他分野への応用だろうか。

そこで、それぞれの刊行予定の内容をリストしてみる。まず、数学探検:
第1巻 微分積分(吉田伸生)/第2巻 線形代数(戸瀬信之)/第3巻 論理・集合・数学語(石川剛郎)/第4巻 複素数入門(野口潤次郎)/第5巻 代数入門(梶原健)/第7巻 結晶群(河野俊丈)/第8巻 曲線・曲面の微分幾何(田崎博之)/第9巻 連続群と対称空間(河添健)/第10巻 結び目の理論(河内明夫)/第11巻 曲面のトポロジー(橋本義武)/第12巻 ベクトル解析(加須榮篤)/第13巻 複素関数入門(相川弘明)/第14巻 位相空間(松尾厚)/第15巻 常微分方程式の解法(荒井迅)/第16巻 偏微分方程式の解法(石村直之)/第17巻 数値解析(齊藤宣一)/第18巻 データの科学(山口和範,渡辺美智子)

この中で、買ってみたいのは、第18巻 データの科学と、第9巻 連続群と対称空間あたりだろうか。

次に、数学の魅力:
第1巻 代数の基礎(清水勇二)/第2巻 多様体入門(森田茂之)/第3巻 現代解析学の基礎(杉本充)/第5巻 層とホモロジー代数(志甫淳)/第6巻 リーマン幾何入門(塚田和美)/第7巻 位相幾何(逆井卓也)/第8巻 リー群とさまざまな幾何(宮岡礼子)/第9巻 関数解析とその応用(新井仁之)/第10巻 マルチンゲール(高岡浩一郎)/第11巻 現代数理統計学の基礎(久保川達也)/第12巻 線形代数による多変量解析(栁原宏和・山村麻理子・藤越康祝)/第13巻 数理論理学と計算可能性理論(田中一之)/第14巻 中等教育の数学(岡本和夫)/[別巻] 「激動の20世紀数学」を語る(猪狩惺・小野孝・河合隆裕・高橋礼司・竹崎正道・服部晶夫・藤田宏)

へぇ、マルチンゲールというのもあるんだ。この中でどれ買う? 思いつかないとは哀しい。

最後に、数学の輝き:
数理医学入門 / 岩澤理論(尾崎学)/ 楕円曲線の数論(小林真一)/ ディオファントス問題(平田典子)/ 素数とゼータ関数(小山信也)/ 保型関数(志賀弘典)/ 保型形式と保型表現(池田保・今野拓也)/ リーマン面と代数曲線(今野一宏)/ K3曲面(金銅誠之)/ 可換環とスキーム(小林正典)/ 有限単純群(北詰正顕)/ 代数群(庄司俊明)/ D加群(竹内潔)/ カッツ・ムーディ代数とその表現(山田裕史)/ リー環の表現論とヘッケ環(加藤周・榎本直也)/ リー群のユニタリ表現論(平井武)/ 対称空間の幾何学(田中真紀子・田丸博士)/ 非可換微分幾何学の基礎(前田吉昭・佐古彰史)/ シンプレクティック幾何入門(高倉樹)/ グロモフ-ウィッテン不変量と量子コホモロジー(前野俊昭)/ 3次元リッチフローと幾何学的トポロジー(戸田正人)/ 力学系(林修平)/ スペクトル幾何(浦川肇)/ 結び目の不変量(大槻知忠)/ 多変数複素解析(辻 元)/ 反応拡散系の数理(長山雅晴・栄伸一郎)/ 粘性解(小池茂昭)/ 確率微分方程式(谷口説男)/ 確率論と物理学(香取眞理)/ ノンパラメトリック統計(前園宜彦)/ 機械学習の数理(金森敬文)/ 超離散系(時弘哲治)以下続刊

これは、どうみても私の理解できるレベルをはるかに超えているが、それでも、岩澤理論(尾崎学)/ 楕円曲線の数論(小林真一)/ ディオファントス問題(平田典子)/ 素数とゼータ関数(小山信也)/ 保型関数(志賀弘典)/ カッツ・ムーディ代数とその表現(山田裕史)グロモフ-ウィッテン不変量と量子コホモロジー(前野俊昭)/ 機械学習の数理(金森敬文)など、とりあえず買って書棚のこやし?にしたい本が目白押しである。

そういえば、私が普段通勤鞄に入れて眺めたりしているのは、「数学のかんどころ」シリーズで、これも共立出版なのだった。もはや、共立出版は、the most outstanding publisher on mathematics in Japanと言ってよいのではあるまいか。

ミトコンドリアの起源に述べたように、ミトコンドリアというのは細胞の中に存在していて、細胞の貴重なエネルギー源になっているのだが、読売新聞の科学欄によると、ミトコンドリア病というのがあるという。

すなわち、細胞内のミトコンドリアの働きが低下して起こる病気の総称なのだが、特に脳や筋肉のような、大きいエネルギーを必要とする箇所の細胞にミトコンドリア病が起きると目立った障害があらわれるようである。

すなわち、脳細胞だと、痙攣、意識障害、運動麻痺、鬱、発達障害など。耳だと難聴、心臓だと心筋症、不整脈、筋肉だと筋力の低下、疲れやすさ、膵臓だと糖尿病、腎臓だと腎不全などである。

ミトコンドリア病の原因はほとんどが遺伝的なものであるが、突然変異により起こることがある。治療方法としては、ビタミンを補充するなどしてミトコンドリアの働きを活発化させる方法があるが、まだ確立されていない。それで、現在のところ、普通の対処療法が採られている。例えば、ミトコンドリア病が原因の糖尿病であっても普通にインシュリンを使用するなどである。

ミトコンドリア病の患者は国内で2000人程度らしくて、そんなに多くない。しかし、ミトコンドリア病が原因かどうかの診断は難しい。

卵子または受精卵がミトコンドリア病をもつ可能性がある場合、正常な卵子から核を抜き、異常なミトコンドリアをもつ卵子または受精卵から核を抜き出して正常な卵子に移植する。そして、受精卵なら子宮に戻し、卵子なら体外受精する。

ただ、ミトコンドリアは独自のDNAをもつので、この方法だと、関係ない人のDNAをもつミトコンドリアが細胞に留まることになり、倫理的な議論が生じる。

ともかく生物が正常に機能することは、多くの偶然に支えられていると改めて感じる。

新宿鮫5

user-pic
0

新宿鮫4「無間人形」を読んだとき、流石にこれが、新宿鮫シリーズの最高傑作なのだろうと勝手に思った。直木賞受賞作というのもその思い込みを促している。そうは言っても、実際に読んでみなければ分からないではないか、と次に読み始めたのが、新宿鮫5「炎蛹」である。

新宿鮫5は、鮫島が、どうもイラン人のグループが秋葉原で電気製品を盗み、それを新宿の外国人娼婦たちに売って稼いでいるのではないか、と当たりをつけるところから始まる。

そんなイラン人たちが車で埼玉方面に行くのを、鮫島はBMWで追跡した。すると、イラン人たちは、どこかの倉庫にたどりついた。どうも盗難された電気製品がそこに格納されているらしい。ところが、イラン人たちには対立する中国人の一味が、その倉庫に乗り込んできて、当然に壮絶な抗争になった。すると最早鮫島は、一人ではどうしようないので、110番に連絡して警察の出動を依頼した。

この時点で私は、イラン人のグループと中国人のグループの争いがこの小説のメインの路線かと思い、だったらちょっと地味だなと苦笑しそうになったが、その私の予想は、見事にうまく裏切られた。

すなわち、新宿でコロンビア人の娼婦が殺害された事件が起き、さらには都内のラブホテルで連続放火事件が起きた。この2つの事件は関連しているのかどうかさえ分からなかった。

先ず、放火事件で鮫島が協力を依頼されたのが、東京消防庁の予防部調査官の吾妻。火災の原因を調査する役割で、消防庁にあって消火活動をする部署がどうしても花形で、原因を調査する部署は、灰掻き屋と呼ばれて、低くみられている。裏方を低くみる傾向はどこでもある。しかし、吾妻は優秀で使命感も強く、鮫島とうまく協力関係を築いて、次第に放火犯を絞り込んでいった。

配役は以上かと思っていたら、さらにいた。農水省植物防疫官の甲屋である。なぜ急に植物防疫官が登場するかというと、あるコロンビア人の娼婦がうっかり、米のおそるべき害虫フラメウス・プーバを日本に持ち込んだのだという。もしそれが孵化して田畑に飛んで繁殖すると、日本の稲作は壊滅的な打撃を受ける。それでそのコロンビア人の娼婦の居場所を特定して、まだ蛹状態の害虫を駆除する必要があるので協力してほしいと鮫島に依頼があった。最初は当惑していた鮫島だが、プロ意識が高く使命感もある甲屋に意気投合して、一緒に捜査に当たるまでになった。

そしてもちろん、最初に述べたイラン人と中国人の抗争は尾を引き、そこにはさらにコロンビアの麻薬シンジケートもからんでいるらしい、ということになった。

ここまで多種多様な配役がからむ警察小説というのもちょっと例がない。そう思ったとき、ふと、コンテンツ・リッチという言い方が頭に浮かんだ。これはもしかして、私が馴染んでいるITテクノロジーから借用した用語かもしれない。ともかく言いたいことは、大沢在昌は、コンテンツ・リッチな作家である、ということである。

私がいままでやってきた仕事で、特許明細書を書くという仕事の場合、私はコンテンツ・リッチ性を重視してきた。すなわち、ある発明を特許明細書のネタとして渡されると、基本書、論文、関連特許など時間の許す限り読んで、前提となるコンテンツを可能な限り仕入れるようにした。発明者にもいろいろ質問した。そうすることで質の高い明細書がなんとか書けたと自負する。しかし、そんなこと言っていると特許事務所の弁理士の方から叱られそうである、こちらは1件いくらで安い料金で仕事しているのだ、そんな道楽みたいな時間の使い方ができるわけがない、と。

小説の場合流石に特許明細書よりもずっと時間がかけられる。そして大沢在昌は、本当にたくさんの文献を読み、且つ取材してコンテンツ・リッチ性を高め、それを新宿鮫シリーズ他の小説に投入したように思われる。なにしろ、毎回異なるテーマを盛り込み、まだ使い切れなくて倉庫に積まれているコンテンツが潜んでいるという印象を与える。

そうやって多くのコンテンツを駆使した結果、新宿鮫5「炎蛹」はちょっと雑然とした印象も与えるのだが、うまくコンテンツを煮込んでいい味が出せていると思う。

電王戦finalをみているとき、急になりやらキャッチーなコマーシャルが流れてきた。Surfaceというタブレット端末である。えっ、どこのメーカー?とみると、なんとマイクロソフトだという。ああ、純粋なソフトウェア会社のマイクロソフトも、ついにタブレット端末というハードウェアを出すのか、とちょっと嘆息した。嘆息した理由は、倒れゆく巨象に書いたことである。

すなわち、そこにあるように、IBMは、ハードウェアで採算が取れないので、液晶部門、ハードディスク部門、PC部門、プリンタ部門、PCサーバ、半導体と、これでもかというほど、ハードウェア事業部門を事業分割してきた。人員も、関連する知的財産も移管する、というパターンである。

それを身近でみていて、不本意に会社を離れていく人達の怨嗟と哀愁を痛切に感じていたのだが、一方で、流石IBM、時代の先端をいく選択と集中の経営方針だと称賛する外部のメディアもあった。しかし、事業分割というのは人体の手術と同じなのであり、癌などの病気なら手術することがやむを得ないことはあるとしても、それを称賛することは普通はあるまい、と感じていた。

別の観点では、ハードウェアから離れるという意味である。コンピュータ、ソフトがなければただの箱、と言われるが、それこそソフトウェアこそ、コンピュータがなければ、ただの箱どころか、無意味な媒体上のコードの並びにすぎない。CDプレイヤにかけて、美麗な音楽となることもない。

さて、企業というのは、他社にない付加価値をもつ製品を開発・販売しないと生き残れないが、特にITの世界では、付加価値をもつ製品というのは、普通のハードウェアに特殊なソフトウェア、特殊なハードウェアに普通のソフトウェア、特殊なハードウェアに特殊なソフトウェアのどれかである。そして、ハードウェアから離れるということは、普通のハードウェアに特殊なソフトウェアという組み合わせしか付加価値を発揮できなくなる。

それは言い換えると、普通のAPIだけを用いて、付加価値の高いソフトウェアをつくるということで、すると極めてアプリケーション特有のソフトウェアでなくてはならない。

そのようなソフトウェアの例として私が思いつくのは、MathWorks社の、MATLAB/Simulinkである。これはシミュレーション用のソフトウェアとしてほとんどde factoの標準である。しかし、それはかなり狭いアプリケーションであり、IBMが意図するような、銀行など向けの汎用ソリューション構築ツールとは違う。

こうして、一般サービスアプリケーション構築業として、ハードウェアから離れることは、独自性を出すことに苦労することを意味する。

今のところ独自性を出せているのは、ワトソンくらいしか思いつかない。しかし、ワトソンがそんなに多くの応用をみいだせるだろうか、また、ワトソンは古典的な人工知能アプリの延長線上にあり、そんなに独自的だろうか。こうしてIBMは、その独自性を、ビジネス・アナリティックスに見出そうとする。そして次は、ビジネス・アナリティックスに独自性を見出す議論であるが、なんとなくそこが隘路のような気がするのは、アルゴリズムがもつ本質的な狭さである。

きちんと証明できているわけではないが、上記のような議論から、特殊な、狭いかもしれないアプリケーションに特化しないかぎり、ハードウェアを離れると行き詰るまる可能性が低くないという命題が成立する。

そういえば、日本のメーカーで比較的IBMに似た企業として富士通があった。しかし、富士通は、確かハードディスク部門は手放したが、それ以外のハードウェアからは離れていない。そして、富士通は少なくとも、IBMのようなコンセキュティブなリストラを行う必要性のところまで追い込まれていないように思われる。

マイクロソフトがSurfaceを製造するのも、ハードウェア抜きの事業戦略が困難になるからだろう。尤もマイクロソフトは、必ずしも成功しなかったX-Boxというゲームハードウェアのメーカーでもあった。

そういえば、アップルが日本につくる予定の研究所も、カーエレクトロニクスなどのハードウェア関連らしい。

こうして、ある程度以上の規模のITベンダは、ハードウェアから離れてはいけないという原則が分る。なので、倒れゆく巨象でのCringelyの提案のIBM救済策も、確かハードウェアに回帰することが含まれていたように思われる。

忘れ物

user-pic
0

どんな人でも、歳をとってくるとある程度忘れっぽくなる。典型的には、人名が出てこない。ほら、あの人、誰だったっけ、とよく言う。

もちろん私が例外であるわけがない。どんなに呆けないように努力していても、じりっじりっとボケの影は忍び寄る。それにしても、人名ではなく結構変わった忘れ物だったりするので、ちょっと書いてみる。

まず去年の12月、普段はネクタイはするものの、スーツは着ない。お客様のところにいかないなら、それでいいということになっている。そしてその日は横須賀の研究所に出かけるので、スーツを着ることにした。スーツだけだと寒いので、上にコートを羽織る。

ところが、横須賀の研究所のロビーでコートを脱いだとき、唖然とした。なんと、スーツの上着を着るのを忘れていたのである。すなわち、カッターシャツを着て、ネクタイをしたその上に直接コートを着ていた。そんなミスってみんなするのではと周囲を見回したが、いるはずもない。

それで、コートを脱いで抱えたとき、スーツの上着もそこに入っているふりをしようとしたのだが、いかにも無理がある。ただ、流石に、あらっ、スーツの上着を忘れたのですね、なんて指摘する野暮は人はいない。

次は今年の3月。この忘れ物は比較的軽い。どういうことかというと、今までほとんど忘れたことがない腕時計をするのを忘れて会社に行った。いつもの習慣で左腕をみると、いつもあるはずの腕時計がなく、どこかでベルトが切れて落とし、遺失したのかと本気で心配した。ただ、自宅に帰ったら、いつもの場所に腕時計が置いてあったので、本当にほっとした。

しかしまあ、上記はまだ座興だった。もっと困ったのは、最近通勤で家を出るときに、自宅に眼鏡を忘れた。厳密には、老眼用の眼鏡のほうである。

実は、近視用の常用の眼鏡の方が本質的で、老眼用の眼鏡は補助的だくらいに思っていたふしがある。それで、いつもの電車読みで近視用の眼鏡で本を読もうとすると、読めないことはないが、焦点をあわせる努力をしていると次第に視野がかすんできて、集中して読めたものではない。それで、眼鏡を外して裸眼で読んでみたら、まあこの方がましだが、物理的に本をかなり近づけなくてはいけなくて、体勢に無理が出ることが分った。それで電車読みはやめてふてくされるようにして寝たふりをした。

会社に着くと、近視用眼鏡をかけたままでちゃんとパソコンの画面を判読しようとすると、画面をかなり遠ざけなくてはならないことが分った。しかし、遠ざけすぎると今度は文字が小さくなりすぎる。それでまた、裸眼にしたら、今度はほとんど顔すれすれに画面を近づけなくてはならず、あまりに不自然なので、また近視用眼鏡をかけて、画面を遠ざけた。

こんなことをしていたら結局、その日は普段の半分も能率があがらなかった。将棋でいえば飛車落ちである。そうか、老眼用の眼鏡は飛車一枚の価値があるんだ、と知った。

では、近視用の眼鏡は角かというとそれは違う。すなわち、視力が0.1もない私は当然に裸眼では運転できない(道路交通法な意味以前に能力的な意味である)が、老眼用の眼鏡をかけて運転したとしても、裸眼よりはましであるが、通行人がぼやっとしか見えなかったりする。こんな状態で運転したら私は確実に他の車にぶつかるか、通行人を轢いてしまうだろう。そして、最早終わりかかっている私の社会的な生命に投了を促すことになる。すると、近視用の眼鏡は、下手したら、角一枚でなく、飛車角金銀くらいに匹敵する。

このようにときどき忘れ物をすると、それを欠けたときの価値というものがとてもよく分かっていい。教育的効果がある。しかも、一度忘れると身に染みて、今後忘れないように気をつけるようになる。なのでこれはきっと、守護霊の配慮なのだと思うことにした。

いまのところ、上記忘れ物は、「再犯」も「累犯」もない。「再犯」や「累犯」があると、いよいよボケを疑わなくてはならなくなる。

菅井対広瀬という対戦が新鮮で、王位挑戦決定戦をネットでみてみた。実績では広瀬かと思われるが、菅井も最近勝率が高い。なので、菅井にも十分勝算があると思った。

【図1】 12手目△5七角まで
持ち駒:△広瀬=なし



持ち駒:▲菅井=なし
ところが、いきなりなんという力戦なのだろう。ここで、互いに馬をつくりあう展開というのは見たことがない。そういえば、先日NHK杯で横山五段との対戦をみたときも、すごい力戦形だった。わざとそうしているとしか思えない。

【図2】 107手目▲4五桂まで
持ち駒:△広瀬=桂香歩4



持ち駒:▲菅井=銀歩
さて、107手▲4五桂となってみると、誰がみても菅井が優勢である。ところが、▲4五桂に△5四金と上がられると、菅井からみて急に寄せが分からなくなった。以下、141手まで進めると、▲5五歩,△4四金,▲3三桂成,△同馬,▲4五歩,△3五桂,▲4四歩,△2七香,▲3九玉,△4四馬,▲3一金,△3三玉,▲5一龍,△2九香成,▲4八玉,△8八龍,▲5八銀,△4五桂,▲4六銀,△6二銀,▲9一龍,△5七歩,▲4五銀,△5八歩成,▲同金,△6六桂,▲4四銀,△同歩,▲6六金,△4六銀,▲6七金,△5七歩,▲6八金。そして次の一手に菅井がしびれる。

【図3】 142手目△6六銀まで
持ち駒:△広瀬=歩4



持ち駒:▲菅井=角桂2香歩
すなわち、△6六銀が厳しく、受けがない。検討の佐藤伸哉六段がここで▲7六角という攻防手をみつけた。△6七銀成に▲3二金からばらして▲6五角成とするのだが、金合されて足らないか。それで菅井は、仕方なく▲3五歩と桂馬を外して、△6八龍で詰まされて投了した。いやあ、いつもながら広瀬の終盤は凄い。これでは羽生もかなり苦戦するのではないか。

【図2】から【図3】に至るまでの間に菅井の敗着があると思われるが、さっぱりわからない。△5四金に▲5五歩がおかしいのだろうか。それにしても、その後の広瀬の△3五桂が鋭いというかいやらしい。流石広瀬なのだった。

最近意図的に、今まで読んだことのない作家の作品を主に読んでいる。なぜかというのも変だが、女流作家が多かったりする。そんな例として、今邑彩の「ルームメイト」を採り上げてみた。

この小説は最初に、ある男のモノローグで始まる。すなわち、男が、惚れた女から、死ぬほど憎い男を殺してくれと依頼される。当然のごとく男はそれを受け入れ、実際に殺人が起こる。

そこから話は、大学生活を送るために東京に出てきた萩尾晴海のことに移る。晴海は、東京で暮らすためのアパートを探しているうちに、西村麗子という女性から、ルームシェアしないかと声をかけられる。

普通は、見ず知らずの女性とルームメイトなんてとんでもないのだが、晴海は、西村麗子になんとなく親近感を感じ、ルームシェアに同意した。

そこから淡々とした共同生活が始まるのだが、互いにプライバシーは維持して、相手になるべく干渉しない生活となった。

ところが、互いのプライバシーを尊重したので晴海は気づかなかったのだが、西村麗子は何日も部屋を空けることが多かった。次第に分ってきたのは、西村麗子は、まるで怪人二十面相のように、いろいろな面をもって暮らしていた。すなわち、あるときは主婦、あるときはOL、あるときはキャバレーのホステス、あるときは大学生のふりだった。

そしてあまりにも長く帰ってこないので、心配になって晴海は、大学の男性の先輩の工藤に相談してみた。工藤は親切にもあちこちに聞きまわって、京都にある西村麗子の実家を突き止め、一緒に訪れてみようと提案した。こうして次第に西村麗子の正体が解明され、ホステスとして住んでいるアパートの場所も分かったが、西村麗子が何者かに殺害されるという事件が起こった。果たして西村麗子の元カレによる痴情関係か。なにしろ西村麗子は、男関係の派手な人気ホステスだった。

最早マスコミ的にも興味深々の事件となってきたので、工藤の親戚でジャーナリストの武原も動き始めた。武原の関与で解明に拍車がかかった。ところが、解明されればされるほど一方で混迷を深める何かがでてきて、驚天動地の展開となった。

読み終えてみて、これは空前絶後ともいえる新趣向だと感心した。ただ、いかにもイヤミスであり、好き嫌いがはっきり分かれそうである。私は一応、こういうのが好きな部類に属するだろう。まあなかなか万人に好かれる小説というのはないものである。

棋聖戦第1局が始まった。去年の王座戦に続き、羽生は豊島を5番勝負に迎えるのだが、名人戦の行方よりも、この棋聖戦の豊島の方が羽生にとって手強そうと考えるのは、私だけだろうか。

【図1】 56手目△7五同角まで
持ち駒:△羽生=銀桂歩



持ち駒:▲豊島=銀歩3
さて、戦型は、名人戦第5局に続き矢倉になったが、やはり一時流行した先手の46銀戦法ではなかった。46銀戦法は、単に45歩と追い返されて、よくないのだろうか。ともかく、56手目△7五同角まで一気に進める。そこから、▲7六歩,△6四角,▲4六歩,△8六歩,▲同 歩,△9四桂,▲7五銀,△同角,▲同歩,△8六桂,▲同角,△同飛,▲8七歩,△8二飛,▲1四歩,△同銀,▲同香,△同香,▲2四歩となった。

【図2】 76手目△6九銀まで
持ち駒:△羽生=角銀香歩2



持ち駒:▲豊島=角銀桂歩2
【図1】の最後の局面で羽生がどうするかとみていると、なんと△6九銀だった。▲2四歩を放置して△6九銀とはいかにも強気だし、それで勝てるのか不安になるが、何しろ羽生の指し手なので。ここから、▲7四桂,△7八銀成,▲同 玉,△7七歩,▲同桂,△9二飛,▲2三歩成,△同金,▲2四歩,△同金,▲2五歩,△2三金,▲2四銀,△3三金,▲同銀成,△同金,▲2四歩となった。

【図3】 94手目△2七歩まで
持ち駒:△羽生=角金銀2香歩2



持ち駒:▲豊島=角金銀歩2
羽生は、あくまでも強気の、△2七歩。以下、▲2三金,△同金,▲同歩成,△同玉,▲4一角,△3三玉,▲2三金,△4三玉,▲4八飛と進んだ。ここで、▲2三金に△3一玉のような手では後手は勝てないというが、具体的にどうやるのか。

【図4】 104手目△5九角まで
持ち駒:△羽生=金2銀2香歩3



持ち駒:▲豊島=銀歩2
ともかく羽生は、△5九角と攻めの拠点を築き、以下、▲5二銀,△同飛,▲同角成,△同玉,▲8二飛,△5三玉,▲6五桂,△6四玉,▲6二桂成となったが、流石にここでは勝敗は決した。

【図5】 投了図 114手目△7六香まで
持ち駒:△羽生=角金2銀3歩3



持ち駒:▲豊島=歩2
すなわち、△7六香で先手玉は即詰みだが、なぜかわが激指10は、これは詰まないという。そんな馬鹿な。ただ、サービスで▲7六同金まで進めると、次のような即詰手順を披露してくれた。
△6九銀,▲同玉,△4七角,▲7九玉,△6八金,▲同飛,△同角成,▲同玉,△6九飛,▲7七玉,△6八銀,▲8六玉,△7七銀打,▲同金,△同銀不成,▲同玉,△7六金,▲同玉,△5八角成,▲7七玉,△6八飛成,▲8六玉,△7六金,▲8五玉,△7五金,▲8四玉,△9四馬。ちょっと詰将棋のような手順である。
一方、検討陣は、▲7六同金△6九銀▲同玉△6八銀▲同飛△同角成▲同玉△3八飛▲5八香△5七銀▲同玉△7九角▲6八銀△4七金以下、手数は長いがぴったり詰んでいる、という。また、△7六香に▲6九玉だと、6九玉△6八銀▲同金△同角成▲同玉△7九角▲5九玉△6八金▲4九玉△5八金打▲3八玉△4八金▲同玉△5八飛▲3七玉△2八飛成▲4七玉△5八銀▲5七玉△6七金まで。
ただ、△7六香に▲6九玉以下の激指10の読み筋は、△4七角,▲同飛,△5八銀,▲同玉,△4八金,▲同飛,△同角成,▲同玉,△4七銀,▲同玉,△3八銀,▲同玉,△2八飛,▲3七玉,△3八金,▲4七玉,△4八金,▲5七玉,△5八金,▲4七玉,△4八飛成まで。あくまでも△4七角の筋を使いたいようである。
ところで、いまのところ、豊島の明確な敗因は分からない。激指10は、【図3】の最後のところで示した、▲4八飛は▲6八飛の方がいいのでないかというのだが、さっぱり私にはわからない。

スキルの周辺に関連して、アウトソーシングにも触れておきたい。

私が30年前に外資系の会社に入社したとき、仕事はほとんど内製だった。当時の主な仕事は、外内の英文明細書の翻訳と、中間処理であった。新米は大抵、翻訳から始めるので、私も日々翻訳をやらされた。

たかが翻訳と思われるかもしれないが、結構大変で、技術分野になじみがないせいもあって、辞書ばかり引いていた。ただ、翻訳は大変勉強になった。私の特許のスキルなんて大したレベルではないが、それでもそのとき、明細書作成などの基礎が、かなりできたと思う。

ところが、契約レビューとか、ライセンシングとか、いろいろ他の仕事がふえたせいで、翻訳の一部は外部の翻訳会社に依頼することになった。それはまさにアウトソーシングなのだが、当時はそういう言い方はなかった。

そのとき分かったのは、アウトソーシングというのは化学でいうところの発熱反応なのだった。すなわち、家屋に火が燃え移るように一気に広がって、燃え尽くすように、翻訳のほぼ全部が外注になってしまった。すると、翻訳関係の仕事は外注から納品された仕事をレビューすることだった。

最初は納品された翻訳の質がよくなかったこともあって、結構ちゃんとレビューした記憶がある。

さて問題は、私より後に入社した人達は、入社していきなり翻訳レビューを担当するのだが、みているとレビューの要領が分からないようである。それもそのはずで、自分で翻訳したことがないのだから、ちゃんとレビューするのはほぼ不可能なはずである。そもそもどんな翻訳が適切なのかも想像できないだろう。

そこで発見したことがあって、それは、自分でやるという経験を経ないでいきなりレビューしても、人間というのは勝手なもので、なんか尤もらしくレビューしたり、これはいいとか、あれは駄目とか適当なことをいう。

また、そんなレビューを何年やっていても、全くスキルはつかない。哀しいほどである。こうして、私以前の年代で何年も翻訳をやらされた人達と、そうでない人達の間には埋めがたいスキルギャップが生じた。

なら、少なくとも若い人達には、修行のため何年も翻訳を担当してもらうか、という意見も出たが、なにしろアウトソーシングというのは、エントロピー増大のような不可逆過程なのであって、決して元には戻らなかった。

それからさらに、中間処理も件数が増えたので、一部を外注にした。今までは100%内製が建前だった、日本でオリジナルに書き起こす明細書作成もじりっじりっと外部特許事務所に依頼する率が上がっていった。

ところが、部門の方針が変わって特許実務を重視しなくなったせいのなか、雪崩をうったように有力弁理士たちが辞めていくと、明細書作成もほとんどがアウトソースされるようになった。

アウトソーシングする言い訳として大抵の人は、これこれの仕事が忙しくなったからだ、というのだが、私が管理職のとき、アウトソーシングの代わりにどんな仕事をしているのかとみてみると、どうも説得力がない。単に楽しているとしか思えなかったりした。

それで、そのことを指摘すると私は随分煙たがられた。しかし、私は管理職としてきわめて多忙で、毎日夜10時、11時まで残業していたのだから、その程度のことを言う資格はあったはずである。

しかし、私が孤軍奮闘しても、アウトソーシングの発熱反応性により、いろいろな仕事でアウトソーシング率が高まっていった。アウトソーシング率の歯止めは、外注予算の制限であり、予算管理も担当していた私が、今月は予算的にこれ以上外注できないというと、それは流石に説得力があった。

ところが、私が管理職を降りてから、後任の管理職たちは、アウトソーシングに対する予算的歯止めのことをあまり言わなくなった。はて、そんなに予算の余裕があるのか、会社の財務状況は悪化しているのに、と私はいつも怪訝だった。そんなことを口にする私は、管理職たちにとって最高にスモーキーな社員だったろう。

問題はもちろん予算だけではない。スキルのこともある。すなわち、上述のように、自分でやらないで単にアウトソーシングするだけではビタ一文スキルがつかない。外注の仕事に対する鑑識眼も育たない。実際、管理職になる前は中堅どころの特許実務屋だった私は、管理職になって実務から離れると、見事に実務に対する鑑識眼を失った。それでも、いいだのよくないだの適当なことを言っていたが、全く根拠がなかった。もっと哀しいのは、鑑識眼を失ったという自覚もないのだった。そのことに気付いたのは、管理職を降りて何件も明細書を書くようになってからである。そうなってなんとか、他人の明細書に意味があるコメントができるようになった。

それでも仕事の量が多すぎたら、少なくとも一部はアウトソーシングするしかないのだが、アウトソーシングの発熱反応性と、スキル麻痺性にはいくら注意しすぎてもしすぎることはない。なにしろ、スキルは組織の基本である。人材とスキルに配慮しないで、組織はなんの存在価値があるのだろう、という当たり前の結論を改めて繰り返したい。

新宿鮫4

user-pic
0

新宿鮫に書いたように、去年の暮あたりから急に新宿鮫を読み始めたのだが、この有名な警察小説を自分でもなぜこんなに長く読まないで放置していたのか、その理由はさっぱりわからない。ただ、こういうといかにも非科学的だが、どの本を読むかというのは、ほとんど原子核の崩壊と同じくらい予測のつかないことだと感じたりすることがある。

で、原子核の崩壊のきっかけがなにか量子力学的確率に基づく偶然だとしても、一旦崩壊が始まるとそこからは自発的にプロセスが進む。それと同じで、新宿鮫1を読み始めたら、そこからは次々に読みたくなり、止めるのに意志の力を必要とするほどとなった。

読み進めるプロセスを促進した一番の理由は、新宿鮫2の「毒猿」で、新宿鮫1から面白さが一気にブーストアップされたからである。もちろん主人公は常に鮫島なのだが、ジェフリー・デーヴァーの石の猿のような中国マフィアに関する薀蓄を駆使し、壮絶ともいえるアクション・ストーリーが構築された。

そして、一転して新宿鮫3「屍蘭」で、おぞましい堕胎ビジネスの裏面を描き、スタティックであるが、これも佳作だった。

こうして、もしかして新宿鮫シリーズの最高傑作かもしれない新宿鮫4「無間人形」にたどりついた。

「無間人形」は、新宿の街で、鮫島が不良少年から、アイスキャンデーと呼ばれる新型覚せい剤を摘発するシーンから始まる。警察の常套手段であるが、末端の売人をあまり熱心に摘発することはなく、むしろ泳がせておく。根元を把握して根絶やしにさなくてはならないからである。

ところが、そうやってアイスキャンデーの製造元を追求しようと思案する鮫島に、強力なライバルが現れた。厚生省の管轄の麻薬取締官である。警察に対して強いライバル意識を抱き、決して得られた情報を開示しようとしない。

しかし、麻薬取締官は、アイスキャンデーの製造元が、保守党の地盤であるような地方都市であることを把握していた。

一方、アイスキャンデーの製造元の責任者は、どうも保守党の強力な地盤である地方都市らしくて、その責任者は、取引先の新宿の暴力団との関係が錯綜していった。折あしく鮫島の彼女の晶がツアーのついでに、元の音楽仲間に会うためにその地方都市を訪ね、アイスキャンデーの製造元の周辺にいた人達に晶が監禁されるという事態になり、鮫島は大変に動転することになった。

そこから例によって、鮫島の命がけの八面六臂の活動が始まった。

主観的には新宿鮫2と同じくらいの面白さだったが、ストーリー性という意味で、こちらが直木賞というのも頷ける。

前にも書いたように、私は、囲碁・将棋とも、マイナビの「ひと目の」シリーズのファンであるが、週刊将棋に、長岡裕也五段の「ひと目の角換わり」が刊行されると広告があったので、本屋に行ったらみてみようと思った。というのは、前に別の棋書を読んで角換わり腰掛銀戦法について消化不良に陥っていたことから、丁寧な棋書を書くことで定評のある長岡五段の本ならもう少しきちんと理解できそうだったからである。

で、最近たまたま本屋に行って棋書のコーナーにいったら、長岡裕也五段の「ひと目の角換わり」が確かにあったので、内心でおお、と叫びながら急いで手に取ってみた。

しかし、ページをちょっとめくってみてがっかりした。もちろん一部高度な内容の記述もあるのだが、どちらかというとレベルがアマ初段が程度向けなのである。そして、これは私の勘違いなのだが、角換わり腰掛銀に特化しているのかと思ったら、棒銀や早繰り銀の記述もかなりあって、角換わり腰掛銀自体はそんなに詳しくない。

で、折角手に取った「ひと目の角換わり」を書棚に戻してしまった。しかし、自分でいうのもなんだが、私は新刊本屋にそんなに頻繁に行くわけではない。それであまり興味なげに、隣にあった武市三郎著「ひと目のしのぎ」マイコミを手に取ってぱらぱらページをめくってみて、おおっ、と思ってしまった。

というのは、入門編のところでさえ、そんなに回答が自明でないのである。それも当たり前であって、しのぎの周辺には詰む変化が沢山埋まっており、詰将棋が苦手な私は、しのぎだって得意でないのである。

それで弱点強化ということにして、「ひと目の角換わり」でなく「ひと目のしのぎ」を買うことにした。考えてみると、世の中に詰将棋の本は掃いて捨てるほどあるが、必至の本は相当少なく、もっと少ないのは、しのぎの本なのであった。そして、武市三郎七段は、かなり珍しい、しのぎの問題づくりのスペシャリストなのだった。

そういえば、なんか取って付けたような言い方になってしまうのだが、羽生などのトッププロの棋譜をみていて、相手玉を即詰に取ることよりも、はっとするような詰回避のしのぎを指す局面の方がずっと多いような気がする。

自分ではミステリをかなり手広く読んでいるつもりでも、私はせいぜいアマ初段程度のようで、その道のアマ高段者やプロしか知らない裏定跡のような作品があるらしい。その裏定跡の一つが、小泉喜美子「弁護側の証人」集英社文庫なのだった。

私は、誰かの示唆で「弁護側の証人」を知ったわけではない。古書店でたまたまみかけて、おおこれは、と手に取ったのだった。ちゃんと読んでいるかどうかはさておいて、私にも最低限の本の目利きできる程度の読書経験はある。少なくとも読んだ本の絶対冊数は、サラリーマンとしてはまあまあだろう。なにしろ、余暇時間のほとんどを読書に充てている。

そんな前口上なんてどうでもよくて、「弁護側の証人」を読み始めて、いきなり気が重くなった。というのは、主人公は、元ストリッパーで、それを一流会社の社長の御曹司が見初めたのである。そして電撃で結婚し、二人は、社長である父親と、お手伝いさんが複数いる大邸宅で新婚生活を送ることになった。そんな生活が、元ストリッパーだった新婦にいかに気が重いか、流石に元ストリッパーではない私にも、漬物石を背中に担ぐくらいずっしりと分かる。

そして、経緯は詳らかにされないのだが、どうも遺産分割協議を巡って、親戚の誰かがその父親をなぐり殺してしまったらしい。状況からして犯人は明らかで、すぐに警察がやってきて緊急逮捕となった。

この小説の白眉は、事件が起きた後の裁判手続きにある。すなわち、一見犯人は明白で、とんとん拍子に一審で死刑判決が下ったのだが、そこで元ストリッパーの親切な先輩が、飲んだくれでどうみても風采の上がらない弁護士を紹介してくれた。

しかし、一審で死刑判決が確定してしまったのである。二審以降は、事実審が閉鎖されてしまうわけではないが、どうしても法律審の色合いが強くなってくる。

こうなってくると、普通に考えられる手段では、裁判の帰趨に本質的影響を与えることができなくなる。そこで風采の上がらない弁護士が採った策は、弁護側の証人選びとその内容について驚天動地の奇抜なものであった。ここからはネタバレになるので、書くのを控える。

ともかく、私が普通に読んでいるミステリーや推理小説とはかなり趣を異にするので、読後戸惑うほどだったが、このアイデアの斬新性は、50年前の作品であるということにも鑑みると、かなりのものであることが分る。

ところで、小泉喜美子さんであるが、Wikiによると、「1985年、酒に酔って新宿の酒場の階段から足を踏み外して転落し、脳挫傷を負い、意識が戻らぬまま外傷性硬膜下血腫で死亡した。」とある。酔っ払いで書いたように、私も新宿で似たような経験をしたが、ちょっと歯を折っただけで済んだ。だいたい、普通はちょっと飲み過ぎたくらいで死ぬ事故になることなんてまずない。きっと神は、文筆のアーチストが特にお好みなのだろう。でなければ、私でさえ、太宰治、北森鴻、永井するみ、今邑彩、スティーグ・ラーソンなど、早世の作家をリストするのに苦労しないことの理由が説明できない。

ビブリア古書堂の事件手帖ですっかりライトノベルに馴染んだ私は、その勢いで珈琲店タレーランの事件簿も読んだ。まあ正直いって、珈琲店タレーランの事件簿ビブリア古書堂の事件手帖の二番煎じみたいなところがあり、クオリティもどうかと思われたのだが、その最後で、切間美星に「また会えたなら、あなたの淹れたコーヒーを」と言われて、ぐっときた。

それで、ちょっと間があいたが、珈琲店タレーランの事件簿2も読み始めた。すると、珈琲店タレーランの事件簿1でいろいろな事件があって、アオヤマはもう完全に美星と絶縁したかと思ったら、アオヤマは何事もなかったかのようにタレーランに通い、平穏な日が戻った。

すると、平穏を破る出来事があった。なんと、美星の妹、美空が現れたのだった。美空というと、全く私の個人的な思いでだが、小中学校の同級生で美空という女性がいた。女性という言い方も変だよね、普通なんていうんだろう。ともかく、ほとんど何かをしゃべったのを聞いたことがない超おとなしい人だった。しかし、珈琲店タレーランの美空は、バンドを組んでベースを弾いたりするような快活なタイプ。姉が静かで思慮深いので、いよいよビブリア古書堂と似てきた。

その美星は、東京の大学に通っているのだが、夏休みを利用して京都にやってきた。そして珈琲店タレーランでアルバイトをしながら観光しているような、誰かに密かに会っているような。

なんとアオヤマとも密かにデートしているらしい? こうして美星の行動の謎が謎を呼び、ついに大事件が勃発してしまう。

そして、美星はついにアオヤマに、自分の家庭の秘密を話す。これは告白なのか?それにしてもビブリア古書堂と比べてなんと進展が遅いのだろう。

で、かなりベタなはずの珈琲店タレーランの事件簿に私がつい惹かれてしまうのは、ある意味ビブリア古書堂よりもワールド性が高い。そこに隠し味のように控えているのは、なんといっても、京都という街の風情なのである。京都はやっぱり偉大だなあと思うのは、我孫子武丸の狩人は都を駆けるという、どうってことない小説も、京都が舞台というだけで趣がある。

狩人は都を駆ける、がどうってことない小説というなら、珈琲店タレーランの事件簿だってno lessどうってことないかもしれないが、でもやっばりワールドなんだよね、なぜか力弱く私はつぶやくのだった。

しばらく前に買っておいた「非社交的社交性」中島義道著、講談社現代新書をなぜ急に読もうと思ったのかわからないが、単なる気分でちょっとページをめくってみた。

すると、カントは、毎日のように人を招いて自宅をサロンにしていろいろ話題について会話していたのだが、そこに哲学者と女性は招待されることがなかった、と書いてあって急に興味をもった。

なんでもカントは、単なる自分の気分転換と世間の話題を仕入れるためにサロンをもったのだという。そこで哲学者を招待しなかったのは、自分の哲学的思考を乱されたくなかったということと、女性を招待しなかったのは、下手な恋愛感情に陥りたくなかった、すなわち完全に自分でコントロールしたモードでの付き合いしかしなかった、ということのようである。

しかし、そこまでいくと、流石の紺鯖な私もカントについていけない。別に哲学的議論してもいいではないか、妙齢の女性がいても楽しいではないか、と思うのだが、そんなことでは純粋理性批判は書けないのだろう。

そこから中島氏は、ショーペンハウアーなど他の哲学者の交友関係も論じるのかと思ったら、そうはならず、孤立してはいけない、しかし他人と依存関係を築いてはいけない、と独特の交際論を説く。そして中島氏は自分の経験も語るのだが、哲学をすることは一種の病気なのだとも説く。

こうして次第に非社交的社交性というテーマから外れて、哲学は人生の虚しさを見つめる遊びである、と説かれる。それはいいのだが、ついに「未来はない」という説になって、そんなの哲学の通説だろうかと怪訝になってきた。ならベルクソンはどうなのか。

そこから急に第二部に入って、「こころ優しく凶暴な若者たち」というテーマで何か議論されるのかというと、自らの主催する哲学塾に、変な若者たちがやってきて、授業料を滞納したり、失礼なことを言ったりして、出入り禁止を言い渡したりすると嘆くのだが、それは、哲学塾には人生に悩む若者がやってくるのだから仕方がない。それにしても、哲学塾を主催するというのは、非社交的社交性と真逆なのであって、なぜ隠遁して読書の思索三昧しないのか、小銭を稼ぎたいのか、といろいろ疑問に思ってしまう。そして、この本は決して、居心地のよい人間関係のつくりかたは教えていないなあ、と半ばあきれてつぶやいてしまった。まあ、中島氏がそんなハウツーみたいな本を書くわけもなく、それでも納得しないでこの本を読み終えたのだった。私は、渡部昇一ライクな付き合いの人生論を読みたかったのだが。

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年5月です。

次のアーカイブは2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。