2015年7月アーカイブ

内海聡

user-pic
0

最初は新聞の書籍広告で存在を知ったのだが、内海聡という医師がいて、いろいろ本を出している。「医学不要論」、「精神科は今日も、やりたい放題」などかなり物議をかもしそうな本を出しているようであるが、とりあえずということで、「99%の人が知らないこの世界の秘密」イースト・プレスを買って読んでみた。

すると、私がある程度知っているロックフェラー、ロスチャイルド、フリーメーソン、イネミナティなどの陰謀論の基礎知識が一通り網羅され、それだけでなく、それの上位に位置するという血族も紹介される。

また、優生学だの人工削減計画だの、次第にナチスじみてくる。

これは全く知らなかったのだが、原爆が落ちたあと、米国は直ちに広島に、ABCCという設備を作ったという。それは日本語では放射線影響研究所といい、被爆者の人体を調べて放射能による人体への影響を科学的に調べた。このことをとってみても、原爆の投下は、日本軍を打ち負かすという単なる軍事目的でなく、壮大な、あるいは壮絶ともいうべき人体実験だったことがわかる。

ここにいちいち書かないが、他にもなるほどそうなのか、と思わせる内容が沢山含まれれている。

そして、内海聡の特徴的な概念にグーミンがあり、それは愚民をもじったものであるが、要するに、他人に理解してもらうことを求め、決して自分では調べようとはせず、自分たちを被害者とみなし、責任をとろうとはせず、権威にひれ伏すみたいな人達のようである。これは昔からあるオルテガの「大衆の反逆」に出てくる大衆のようなものかもしれない。

しかし、この本にはオルテガは出てこず、寧ろ一貫して引用されるのは、ニーチェの箴言である。

内海聡のメッセージは、この本に書いてあることをもとに自分で真偽を調べ、グーミンから脱却せよ、ということなのだろう。

しかし多分それはなかなか難しい。なぜなら、グーミンである方が世間から受け入れられ、出世や現世的利益を得られやすいからである。

内海聡はよく、「子ども心」という。すなわち、あまり捉われないで素朴な疑問をもち、それを大切にしなさい、ということなのだろう。金出武雄氏に素人思考、玄人実行というキャッチフレーズがある。そのもじりでいくと、子ども心と大人の論理、というところだろうか。すなわち、いろいろな例を示して、「子ども心」でみたらおかしいだろ、あとはそこをベースにして大人の論理で考えなさい、というところだろう。実はどう大人の論理で考えるかが問題なのだが、そこまでは内海氏は教示しない。というより、教えようがない。もがきながら自分で習得するよりない。

グーミンの一つの対極に、ニーチェのツァラトウストラがあるが、ツァラトウストラは結局孤独になり、場合により石もて追われたりする。

内海聡もツァラトウストラになろうとしているのだろうか。いや、虚無主義者を名乗るのだから、何にもなろうとしていないのだろう。

それにしても、内海聡は、リチャード・コシミズやベンジャミン・フルフォードと同類なのだろうか。違うような気がするが、分からなくなるのだった。

死命

user-pic
0

薬丸岳は、「天使のナイフ」、「虚夢」と面白く読んだのだが、悪党でちょっとトーンダウンし、逃走は、まあ面白いんだけど、というところだった。

で、次第に薬丸岳の本を読む気持ちが次第に萎えてきたのだが、ある日新刊本屋に行ったとき、黒い装丁の本が目に入った。それが薬丸岳の「死命」文春文庫。なぜか、これは読むしかないという気になり、この本だけ買うのもなんなのでと自分に言い訳して、「解明!相穴熊最先端」北島忠雄著、マイナビを併せてレジに並んだ。

「死命」の主人公は、榊信一、33歳。不幸な生い立ちだが、デイトレーダとして才能を発揮し、一生で使いきれないほどの資産を稼いだ。そして豊洲の高級マンションに住んでいる。ああ、豊洲か、と私は外資系に行っていた最後の頃を思い出した。

榊信一の恋人は、山口澄乃。信一の幼馴染だが、訳あってバツイチである。

榊のカウンターは、蒼井凌。警視庁日暮里署の刑事である。2年前に糟糠の妻を病気で亡くした。そして、蒼井とペアを組むのは若手刑事の矢部。鬼刑事である蒼井は、新米の矢部になにかと辛く当たるが、そのせいで矢部は次第にしっかりしてくる。

さて、榊には恐ろしい癖があった。それは女性と性行為の最中に女性を絞め殺したくなるのである。そんな悪癖を知っているので、榊は意図的に女性から遠ざかってきた。そんな人が本当にいるのか小説の中だけの世界ではないか、というとそうでもない。例えば、イギリスを恐怖に陥れた切り裂きジャックがいる。

そんな榊は、体調がよくないので医者に行って、末期のがんであることを宣告されてしまった。あと数ヶ月の命で基本的に助からない。そこで、数ヶ月しか生きれないなら、と封印していたまがまがしい欲望の封印を解くことにした。こうして女性連続殺人の幕が切って落とされた。

蒼井と矢部は、その連続殺人を追うのだが、榊は巧妙でなかなか尻尾を掴ませない。

ところが蒼井は、3年前にがんに罹り、手術して一旦は退院したものの、今になってがんが再発したことが分った。しかも進行がはやく、榊と同様に余命は数ヶ月である。

榊はというと、あと数ヶ月しか生きられないという妙な高揚感を伴う快感で殺人を続けた。人はそこまで仕事に打ち込めるかと思うかもしれないが、例えば、愛川欽也は、死の直前まで仕事に復帰するつもりだった。

一方、蒼井は、生きているうちに絶対に犯人を逮捕するのだという使命感で、次第に弱る体に鞭打ちながら、犯人を追いつめていく。榊はというと、刑事から逃げながらも、刑事もまた末期がんであることを知り、妙な親近感を感じる。

ともかく、どうせ死ぬんだからやりたい放題やる、というのは人間に潜む共通の感情であり、一方で、死ぬまで現役で闘うぞという気持ちもまた、比較的多くの人に共有されている。

だからといって、そういう二人がぶつかる、というのは相当に珍しい取り合わせであり、おそらく空前絶後だろう。空前はともかく、絶後なのかという疑問が出るかもしれないが、ここまで明確なプロットの小説を出されては、後世の作家はちょっとこのアイデアは借用できない。

ということで私は大変入れ込んで読んだのだった。薬丸岳の小説をすべて網羅したわけではないが、私はこれを薬丸岳のベストに推したい。

間口

user-pic
0

今更であるが、世の中、間口が広いとか狭いとか、あるよね、と思う。一体何のことを言っているのかというと、学者の世界である。

学者というと典型的には大学のポストであるが、いまどき、仮に東大を卒業してとても優秀でも、ある程度運がないと大学のポストを得るのは難しい。ましてや、それ以外の大学出身者なら一層難しい。

ただ、研究者という意味では、ポストは大学だけとは限らない。工学系、薬学系、農学系そして理学系でも、企業の研究者のポストはあり、多分大学よりは少しは間口が広い。

それで私は、この歳になって少しだけ後悔していることがある。それは大学の学部選びである。中学と高校時代の私の趣味は、電子工作で、電子回路も興味をもって勉強した。大学での志望は当然に工学部電子工学科だった。それが物理に変わった経緯はどうしても思い出せないが、電子工学科よりも理学部物理の方が、より根本的であるような気がした。

今の私なら、その根本的ってどういう意味?と自己突っ込みするところである。多分であるが、何も知らない田舎者の少年の私は単に、物理の方が電子工学よりも格好いいと思っただけなのだろう。

入試の偏差値という意味では、電子工学も物理もほぼ同じだったから、電子工学科だって受かったはずである。しかし、偏差値がほぼ同じでも、大学生活も同じとは限らない。

電子工学科だと普通に努力していれば、多分就職に困らない。大学院も、私の見る限り、少なくとも当時私が通っていた大学の事情であるが、希望すればたいてい入れてもらえたようである。

一方、物理学科では、普通に努力しているだけでは未来は拓けない。普通に就職できるあてはない。大学院もよほど勉強しないと受からない。晴れて大学院に受かっても、よほどの能力と運がないと大学のポストはえられない。

一方、電子工学科だと、ほとんど無試験みたいに大学院の修士課程に進んで、そこそこの成績をとっていると、比較的大きい会社の研究所に配属になって、いきなり研究員と呼ばれたりする。

そういえば、仕事柄、従来技術として特許文献だけでなく、論文にもよく目を通したりするが、理学系の論文はほとんどの著者が、東大か京大の大学院出身なのに、工学系だと、国立大学だけでなく、あまりメジャーでない私立大学出身の人まで著者に名を連ねていたりして、ううんやはり工学系は間口が広い、こっちに針路をとれば、私だって研究員と呼ばれていたかもと、今更のように未練たらしく後悔するのだった。まあ、針路というからには、後悔でなく航海なのだろう。それだって難破の虞れがあるので、容易ではないか。

古書店

user-pic
0

瀬戸内海の離島で育った私は、小学生の頃友達と遊ぶよりも本を読みたいと思う子供だったが、生憎島には一軒も本屋がなかった。本屋のある本土の尾道市内に行くには、船に乗らなくてはならなかったが、勿論運賃が必要なので、しかも当時は比較的家庭も貧しくて決まった小遣いもなかったので、滅多に尾道市内に行く機会はなかった。当時の私が尾道市内に行くことは、現在の私が渋谷や六本木を訪れる以上の意味があった。

当時欲しい本といえば、小学館の図鑑だったが、母にねだってもなかなか買ってもらえなかった。要するに貧しかったのである。それで何度も本屋の夢を見た。夢の中で、本屋で本を手に取って眺めていると天国に行っているような気持ちだった。

私は、ネオテニーというか、大人になりきれていない面を比較的多く残すナイーブな大人なので、当時のことは今でも忘れていない。なので、自宅から15分程度で歩いていける古書店や新刊本屋があるという喜びを、いまでもときどき噛みしめる。少なくとも本に関しては、初心を忘れていない。

さて、回顧モードから急に、現在モードに切り替える。上記のような書店への憧れから、東京に出てきてから、真っ先に訪れるようになったのは、神田の古書店街だった。哲学と日本思想の研究者である大学の先輩と一緒に訪れて、どんな古書がいいか、初歩から指南してもらった。不肖の弟子だが、今でもときどき哲学の本をかじるのはそのときの影響である。新刊本屋よりも古書店に高い優先順位をおくのも、そうである。

結婚してからは流石に、神田の古書店街通いというわけにもいかなくなった。それで、古書店に行く機会からしばらく遠ざかっていた。ところが、今住んでいる場所の中古マンションを買って引っ越したあと、あてもなく駅前付近をうろついていると、たまたま古書店をみつけた。えっ、こんなところに?と思いつつ、ちょっとためらいながら中に入ってみると、特に哲学や思想関係の本のレベルが高いのに意表をつかれた。それを機会にその古書店は何度も訪れるようになったが、なにしろ私は人見知りが激しく、内向的な性格で軽口一つも言わないので、そこの店主と馴染むのも随分時間がかかったように思う。

それでも、ある程度顔を知られるようになると、少なくとも私が真の本好きであることは分かってもらえたようで、その点で信用してもらえているのが分かった。

私はあまりあちこちに出歩くタイプではないので、結局、私の蔵書で古書の部分は、かなりの割合でその古書店で買わせてもらった。自分でいうのも何だが、なかなか多様な充実した蔵書であると自負している。

普通に考えると、いろいろな古書店を巡って本をかき集めないと充実した蔵書にならないと思われる。しかし、それはあくまでも商売として古書店を営業する場合であって、読書家として本を買うなら、そんなに多くの古書店を巡らなくても、注意深く本を選択することにより、蔵書に多様性をもたらすことができる。

これは、数学的に言うと、世間の本全体の集合から、特定の古書店にある本全体の集合に対する準同型写像が存在する、という私が考えた、本の準同型定理があるからである。この定理により、本全体の集合を本の宇宙だとすると、特定の古書店にある本全体の集合は小宇宙となる。準同型定理は、本全体の多様性を、非零の測度で、すなわち有意味なレベルで特定の古書店に持ち込むのである。そして、人間というものは、いささかの想像力をもちあわせれば、小宇宙を宇宙全体に投影できる。そこは当然に写像にはならない。なにかの対応程度であるが。

別の側面では、古書店の本が小宇宙であるのは、そこにある本に通時性が成立するからである。いろいろな時代に発行された本が共存している。

新刊本屋だと、どんな大型書店でも小宇宙にならない。そこに成立しているのは、通時性でなく共時性だからである。すなわち、本空間がビッグバンにより成立したとすると、新刊本屋の本は、球体の本空間の表面、すなわち2次元なのである。一方、古書店の本は、球体の本空間を特定の立体角で円錐状に切り取った3次元である。

もちろん、フロントエンドの本も必要なので、当然に私は新刊本屋にも訪れる。最近、なにげに新刊本屋に行く機会が増えたような気がする。しかし、私の軸足はあくまでも古書にある。

世間には本好きという人は結構いるから、私と似たようなことを考えている人は案外いるのだろうと思う。しかし、上記のようなことを秘密の趣味のように誰かと語り合うことは多分ないだろう、という確信はある。

白日夢

user-pic
0

古書店でたまたま、笹本稜平の「白日夢」光文社文庫というのをみつけた。かなりミステリーは読んできたはずなのに、笹本稜平という作家は知らない。ともかく、読まないかもしれないけど、と思ったが、一応買った。

そして、アマゾンでみてみると、なかなか高い評価を得ている人気作家の一人であることが分った。ううん、将棋のプロ棋士なら引退した人も含めて大抵知っている自信があるが、作家となると、ミステリーに限ってもまだまだ知らない人が沢山いるようである。

あと、アマゾンでみてみると、笹本稜平で高い評価を得ているのは「還るべき場所」、「天空への回廊」、「太平洋の薔薇」などであって、決して「白日夢」ではない。でもまあいいか、と「白日夢」を読み始めた。

するとこれは、素行調査官シリーズの第2作なのだった。素行調査官というのは、別名監察とも呼ばれ、要するに警察において内部審査を行う部署である。この小説の主人公は、警視庁警務部人事一課監察係の入江透、本郷岳志、北本一弘の三人。入江は東大法学部卒のキャリアで30台にして既に警視正の地位にある。本郷は入江の高校の同級生で、私立探偵をしていたのだが、入江にヘッドハンティングされて警視庁に入庁した。実際、そういう外部の専門家を採用する制度があるらしい。北本は、巡査部長のまま定年まであと5年、刑事にもなったことがないという典型的なノンエリートである。しかし、そうだから無能だとはいえなくて、長年培った独特の人脈とノウハウがある。

そんな監察チームが立ち向かうのは、辣腕の元潜入捜査官が退職に追い込まれて、そのすぐ後に自殺した事件。その発端は、自殺した場所の所轄の山形県警から、その自殺した元潜入捜査官のお骨を引き取ってほしいと依頼が来たことである。本郷と北本が山形県警に出向きお骨を引き取りがてら、自殺の現場や元潜入捜査官の車が乗り捨ててあった場所を訪れているうちに、ヤクザらしき者の存在の関与を知った。

東京に戻って、そのヤクザを追ううちに、そのヤクザと癒着しているらしい、警視庁の刑事の存在を突き止めた。しかもその刑事は、組対部五課長の地位にあって警視正という高い地位にある。

その刑事の容疑はほとんど真黒なのだが、その監察を妨害する上層部の動きも感じられた。そして、最初はコミカルとでもいうべきユーモアタッチで進行いていたのだが、後半から急に、切迫した緊張モードになり盛り上がってきた。

私は基本的に朝型なので、当然に寝るのも早い。しかし、この小説は読み始めたら止まらなくなって、結局深夜12時半までかけて読み終えた。ここまで引き込まれた小説というのは最近珍しく、新宿鮫シリーズでさえ、ハラハラの瞬間最大風速はこれほどでなかったかもしれない。監察チームの思い詰めたような正義感に打たれて、自分のささやかな経験に重ねたという面もある。

かくして、この一冊ですっかり笹本稜平のファンになってしまった次第である。この小説もアマゾン不活性で且つ個人的には引き込まれるという、あまたある例の一つなのだった。

先日、天彦降臨という記事を書いた。じっさい、将棋界に新しいスターが現れるのは誠に悦ばしいのだが、個人的にはというか、より卑近に降臨してほしいのは、シスタンなのだった。

そう、言わなくても分かる話だが、先日のディスクの空き容量という記事は、勤務先で使っているパソコンで、ディスク容量が減りすぎて困った、という話なのだった。

私が使っているパソコンは一時代前のものなので、相対的に新しいものと交換してくれるように上司に依頼したのだが、元シスタンというか元部門のIT責任者として代わりのパソコンなるものが簡単に入手できるわけもないことを知っているので、弥縫策を私なりに考えた次第だった。

仕事が比較的忙しい中で間に合わせの手を考えながら、シスタンのような人がいてほしいと切に願った。というのは、私が今勤務している部門に配属になったとき、確かにシスタンと呼べる人がいたのである。

私自身が元シスタンなので、多分世間平均よりは少しだけ上のパソコンスキルはある。しかし、ITスキルなるものも会社依存の部分が少なくなくて、いちいち戸惑っているとき、Mさんという方に随分ヘルプしてもらった。いろいろヘルプしてもらううちに、どうもベースのITスキルが、元シスタンである私よりも少し上だと悟って、ちょっと悔しかった。それでも、PCでヘルプしてもらえる有難さが身に染みた。例は適切ではないかもしれないが、看護師だった人がどこかの病院に入院して、そこの看護師に看護してもらえるようなものである。

そうやって部門のみんなから頼りにされていたMさんであるが、去年の4月に別の部門に異動してしまい、シスタンに相当する人が誰もいなくなった。なので、私の目下のPCの困難も自分でなんとかするよりない。

それにしても、と私は回想した。前の外資系にいて管理職だったとき、どんな小さなITの相談もきちんと受けた。それは、PCが使えないとそれが仕事のパフォーマンスに及ぼす影響が大きいから、という私なりの効率重視の方針である。ただ、そのとき自分自身の効率というのは考えなかった。なので、単に部員たちのPCのOSの導入のため深夜まで働いていたことは何度もある。

あと、自分でも馬鹿みたいだと今更苦笑いするのは、PCが壊れたら修理するのに時間がかかるから、ということで全体の稼働台数の3割くらいも予備のPCを用意していたことである。そこまでするのはちょっと病気の一歩手前のような気がするが、なにしろ身近にPCの開発拠点があったので、開発部門だって試作が終わると余剰のパソコンをどこかの部門に引き取ってもらいたがっていたのもある。そんなとき私はいい顧客だったわけである。ともかく、その方針のせいで、どの部員もPCが壊れてもほとんどロスタイムゼロで仕事が再開できたはずである。

ただ、仕方ないのかもしれないが、そういう私のサポートも、すっかりコモディティ化して特に誰からも感謝されることがなかった。私が管理職を降りた後は、私の部下でPCが強い人がシスタンを引き継いでくれて、その人は私よりも性格がずっと緻密なので、私以上に重宝がられるサポートを提供していた。その人は今でもPCサポートを与えているので、その部門にいる人は信じられないくらいの幸運なのだが、やはり誰も感謝しないのだろう。

しかし、国を護っている自衛隊は結構大変な目に遭っているが、特に感謝している国民がいるとは聞かない。すると、私程度のPCサポートで感謝されようとは10年、いや100年早いということか。ううん人生は難しい。それにつけても、シスタンが降臨してくれないのか・・・・。

出署せず

user-pic
0

町田で人に会う予定があったのだが、時間に余裕があったので、ブックオフを覘いてみた。すると、レジのそばのお奨めコーナーに、安東能明の「出署せず」新潮文庫が目に付いた。

最近すっかり大沢在昌の新宿鮫シリーズにはまっていたので、「出署せず」はそれなりの警察小説らしいが、新宿鮫ほどではないんだろうな、とちょっと偏見でみてつつ、とりあえず買った。

そもそも、安東能明という作家の本は初めてみる。安東能明は、「あんどうよしあき」と読むらしいのだが、普通、あんどうというと、安藤だろう。この安東という姓は、大阪にいたとき、若い青年で(というか、私も当時はなんと20台前半だった)、いかにもちゃらい、頼りない人がいて、どうしても安東という姓にポジティブなイメージを抱くことができない。

それでも、比較的短い時間でこの本を読み始めたのは、いろいろなマイナス要因が重なってプラスに転じたのだろう。

「出署せず」は実は短編集で、「折れた刃」、「逃亡者」、「息子殺し」、「夜の王」、「出署せず」の五篇からなる。しかし、短編集といっても、基本的には警視庁の綾瀬署が舞台で、主人公は、警務課の柴崎課長代理。柴崎は警視庁総務部企画課というエリートコースを歩んでいたのだが、部下の不祥事の責任をとるかたちで綾瀬署に都落ちさせられた。ここらあたり、隠蔽捜査とも新宿鮫とも少し似ている。

その他の登場人物は、副署長の助川や、刑事課長の浅井など。いや重要な登場人物を忘れていた。それは、キャリアで大使館から転任してきた女性の署長、坂元。

こういうキャリアにとって、綾瀬署の署長という地位は腰掛けであって、捜査などの実務は署員に任せて、外部での挨拶や決済などに専念すればよいとしたものである。大過なくすごせばすぐに栄転していく。

ところが、坂元署長は、女性だからよけいに馬鹿にされたくないのか、全く素人である捜査の実務に介入してきて建前を振りかざすので、当然に刑事などの署員から敬遠され、あるいは嫌われていった。

それを柴崎課長代理は必死でフォローし、警務課としての人事などの本来の業務に加えて、本来の役割でもないのに捜査の真似事もさせられて大童となる。

「折れた刃」は、現場の署員が、銃刀法でなく軽犯罪法で躱そうとして、刃物を勝手に折ってしまったというスキャンダルの話。まあまあで流そうとする周囲に掉さすように、坂元署長が厳罰を主張して周囲から浮き上がってしまう。そこをなんとか柴崎が立ち回る。

「逃亡者」は、盗難車によるひき逃げ事件なのだが、どうみても犯人は明らかで、実際すぐに犯人は捕まってしまう。しかし、刑事でもないのに独特の勘で、柴崎は、他に真犯人がいそうにしか思えない。それで自分の仮説を裏付けるため、忙しい仕事の合間に、聞き込みをはかった。尤も、それが坂元の指示でもある。

「息子殺し」は、確かに息子殺しは明らかなのだが、結局正当防衛で大した罪が問われそうもない事件に、例によって柴崎が粘り強く食い下がる。

「夜の王」は、証拠品保管ミスを隠蔽するための行動がばれてしまい、それをなんとか収めようとする柴崎と、例によって厳罰を主張する坂元のせめぎあいが見物である。結局地位が上の坂元が有利なのだが、なんとか落としどころがあるのだろうか。

「出署せず」は、短編といいつつ240ページもある立派な中編である。上記一連の事件で完全に坂元が所員からの信頼を失った現状で、その各々は大したことがないように見える一連の事件が綾瀬署管内で起きた。ところが、大したことがなさそうでも、裏に複雑な事情がからんでいそうで、ストーリーが進んでいくうちに、次第に、坂元や柴崎の思惑を超えた大事件となっていく。

そして、新宿鮫などと比べると事件そのものは小粒なのだが、組織の悲哀や事件の意外性など、安東能明が、横山秀夫にも匹敵する名手に思えてきた。そういえば、横山秀夫で、やはり警務部を舞台にした小説がいろいろと書かれている。ロクヨンはその典型である。

今から数年前、まだ外資系に勤務していた頃、トイレの小の方に行く頻度が増えた。要するに、尿意を催してトイレに行くのだが、ちょろちょろしか出ないので、残尿感がある。

それでまたトイレに行くという繰り返しで、いかにも不愉快なのだが、どうもそれは、男性共通の前立腺肥大という症状らしい。ある意味老化現象なら仕方ないかと思っていたのだが、外資系を辞めたあと、尿道の狭まりが進んで、一層尿が出にくくなったような気がしてきた。

そういう不愉快が解消できなくて、これはいかん、といろいろ調べたら、ノコギリヤシが効くらしい。

しかし、ノコギリヤシというけど、そんな薬が薬局にあるのだろうかと思いつつ、ある日テレビをみていたら、アサヒのノコギリヤシ・トマトリコピンプラスというのがあるらしい。

でもなあ、と考えた。サプリメントに書いたように、私は既に日々沢山のサプリを摂っている。この上ノコギリヤシなのか、と自問したが、いまの尿道の現状を考えたら仕方ないという結論になり、アサヒのノコギリヤシを摂ることにした。なにしろ、ドラッグストアやスーパーなどでも簡単に買える。

しかし、飲み始めても全く効かない。やはりこういうのは医者にいってちゃんとした薬を処方してもらわないといけないのかと思った。それでも、少なくとも1ヶ月は続けてみようと思った。すると、1ヶ月過ぎた頃から、次第に尿道の通りがよくなってきた。

そして、飲み始めて3ヵ月くらい経つと、トイレにいっても、比較的スムーズに尿が出るようになった。なので、今に至るまでアサヒのノコギリヤシを続けている。

ただ、アサヒのノコギリヤシのコマーシャルでは、夜トイレで起きなくなる、という触れ込みだが、そんなことはなくて、ノコギリヤシを続けても私は夜ほとんど必ず一度は起きる。それは、水分が不足すると血管が委縮するのではという不安があって寝る前に必ずコップに一杯水を飲むせいなのかもしれないが、ともかく夜起きなくなるという効果というよりも、尿道の圧迫感が減って尿が出やすくなるとう効果だよね、と自分では思っている。

ともかく、今から年齢が進むと他にもいろいろ支障が出てくるのだろう。そういう不便と暮らすのも人生なのだと今更思う次第である。

白砂

user-pic
0

前にも書いたが、私は新聞の書籍広告を眺めるのが好きである。そこで面白そうなのがあると、基本的にアマゾンの古書で注文する。書店に行っても、目指す本がある可能性はあまり高くないからである。

さて、少し前の新聞の書籍広告に、「白砂」という小説の広告があり、哀しすぎるストーリー云々と宣伝文句が書いてあったので、お涙ちょうだいは苦手なんだとスルーしようとして、作者が鏑木蓮であることに気付いた。おっ、東京ダモイの作者かと気持ちが動き、早速「白砂」双葉文庫を買うことにした。もともと、私が本を買うためのポテンシャルバリアは、よほど高価な本でないかぎり、低い。

「白砂」は、「はくしゃ」と読ませる。「しろすな」ではない。「しろすな」だと、猫砂みたいだからか。そんなこともないか。

さて、「白砂」でキーになるのは、京都から単身で東京に出てきて、コンビニで働きながら大学受験を目指す、高村小夜。両親を亡くすという不幸な生い立ちだが、美人で頭がよく、故郷の同級生たちからの人望も厚く、しょっちゅう励ましの手紙を受け取って、それを励みに生きている。

しかし、あるとき、住んでいるアパートで、鈍器で頭を殴られて亡くなっているのが発見された。衣服の乱れはないので、強姦殺人の類いではなさそうである。

捜査に当たるのが、目黒と山名の二人組。目黒はベテラン警部で、山名はまだ駆け出しの刑事なのだが、山名がボケで目黒がツッコミの、漫才コンビのように面白い。しかし、特に目黒警部は、いかつい容貌にも拘わらず、やたら情に篤い。篤すぎるかもしれないのだが、そういうキャラクタがこの小説には相応しい。

そんな刑事二人組は、捜査の手掛かりを求めて、小夜の生まれ故郷の京都府南丹市を訪れた。私は日本の地理に疎いので、南丹市なんて聞いたこともなく、まさかスティーヴン・キングの小説に出てくるメイン州デリーのような架空の場所ではないよね、と思ってしまった。しかし、グーグル検索してみると、南丹市が実在であることを知った。全く、自分の知識の偏りは困ったものである。

ともかく、南丹市で小夜の友達や、その他の関係者に会って、周辺情報を洗ったが、小夜を殺害した犯人の手かがりは全く得られなかった。ただ、微かな手かがりは、何年か前に亡くなっている、小夜の母親と仲が良かったらしい男性の存在である。

一方で、小夜のアパートに出入りしていた男がいたという聞き込みを得た。当然にその男が怪しいということになり、捜査が行われた。

さらに、全く別のところから、容疑者の手掛かりらしきものが浮かび上がった。警察署に出頭させ目黒らが尋問するのだが、容疑者は頑として認めない。

目黒たちは今度は容疑者の出身地を訪ねてみた。こうして、プロットは、まったく異なる「白砂」が交差するところから解決へと導かれるのだった。

新宿鮫に馴染んだので、「白砂」のストーリーに緊張感不足というか、物足りないものを感じたのも確かなのだが、こういう情緒リッチな小説もまあありなのかな、と読み終えて少しだけ涙ぐんだ次第である。

天彦降臨

user-pic
0

いつだったか、次期順位戦では豊島が降臨するだろうと書いたら、ISSEIさんが、いや天彦だとコメントしてくれたことがあった。確かこちらの記事だった。

そして私はいま、まさに天彦の降臨を目の当たりにしようとしている。それはおそらく、今期のA級順位戦、佐藤康光対佐藤天彦の佐藤対決で始まった。難しい将棋だったが、康光九段の力戦振飛車をなんとか凌いで、天彦は幸先のよい一勝を挙げた。

次に天彦は、順位戦第2戦で、A級の優勝候補の一人、広瀬と対戦した。天彦は後手番で得意の横歩取り。なかなか難しい将棋だったが、結局は玉形の差で、天彦が難敵を下した。

もちろんこの程度で天彦は満足しない。王座戦の挑戦者決定トーナメントの準決勝でこれも難敵の渡辺棋王。戦型は角換わり腰掛銀だったが、穴熊に入った渡辺の玉を天彦はなんとか寄せきった。

そして昨日のことだが、王座戦の挑戦者決定戦があり、天彦の相手は宿敵、豊島。ここまで確か少しだけ豊島が勝ち越している。先手の豊島はしかし、角道を止めた。もしかして、圧倒的な勝率を誇る天彦の横歩取りを嫌ったか。

だとしたら、既に豊島が気合負けしている。実際、天彦は三間飛車にした。そして、豊島の端攻めを逆用して逆襲し、豊島を玉を右辺に追いやって寄せた。堂々たる力勝ちだった。

実はその日、囲碁将棋チャンネルの銀河戦で、羽生名人対天彦の対戦があった。私はちょっと帰宅が遅くなって観戦する時間がなく感想戦からみたのだが、なんと天彦が羽生を打ち負かしたのだった。戦型は相振飛車。羽生ほどではなくても、天彦も何でもこなす。

この前日、囲碁将棋チャンネルの竜星戦で、趙治勲対井山四冠の対戦があった。流石に井山が勝つだろうと思って観戦していたら、案の定、趙治勲が序盤でひどい勘違いして、隅で石を取られてしまった。アマチュアならともかく、プロなら序盤からそんな損をしては勝てない。ましてや相手は井山なのである。これは趙治勲投了かな、と思っていたら、なんか死んだふりして辺の石をハネた。どうってことないと思ったら、井山が間違えて、井山の石が分断されてしまった。それでも井山なら簡単にサバくよねと思ったら、次第のその石が重くなり死んでしまった。これは流石に井山中押し負けとなった。

この一連の動きをみていて、天が天彦降臨の下準備をしているのだと思った。なので、将棋だけでなく囲碁の盤上にも波及的に雷鳴が轟いている。

さあいよいよ王座戦は、羽生対佐藤天彦。もうそろそろ、羽生と渡辺に続く新たなヒーローが出るべくボラティリティが高まっているようである。

Windowsパソコンを使っていると、特にCドライブの空き容量が次第に減ってくる。特にCドライブに何か大きいファイルをセーブしたりしなくても、である。そこで、Cドライブの空き容量が次第に減ってくる理由と、必要に応じて空き容量を増やす方法を調べてみた。

まず、一番典型的な方法は、スタート→コンピュータで、ディスクのプロパティを開き、「ディスクのクリーンアップ」を実行する。すると、複数の消してよいファイルの候補がリストされるので、項目にチェックしてOKをクリックする。Windows Updateをかけた後など、この方法でかなりディスクの空き容量が増えたりする。

次の方法は、スタート→コンピュータで、ディスクを開き、Ctrl + Fを押し、サイズ→巨大を選ぶと、128MB以上あるファイルがリストされる。ただ、注意しなくてはならないのは、リストされるファイルのうち、すべて消していいわけではないことである。

  1. 例えば、msiやmspという拡張子のものは消すとまずいものがある。消していいものもあるのかもしれないが、消してしまって動作がおかしくなっては目も当てられないので、慎重を要する。
  2. c:\Windows\SoftwareDistribution\Datastoreというフォルダに、DataStore.edbというかなり大きいファイルがある。勇気をもってこれを消してみたが、特に支障はないようだった。しかし、DataStore.edbを消すとWindows Updateに支障があることが分った。その支障は、Windows Updateで「更新の確認」を走らせると回復いるが、なんのことはない、すると消したDataStore.edbが復活している。
  3. c:\Windows\Logs\CBSにある、CBS.logというのもかなり大きいサイズだが、これは消してもいいようである。
  4. あと、c:\ユーザー\(ログインID)\ダウンロードというところにあるファイルは、Webなどからダウンロードして導入するためのプログラムを一旦保存する場所であり、導入が終わったら消していいようである。
  5. さらに、c:\Windows\SoftwareDistribution\Downloadというところに、暗号のように長い名前のフォルダとファイルが多数ある。これもかなりのディスク容量を占めるが、消していいようである。

さらに、スタート→コンピュータ→システムのプロパティ→「構成」で、復元ポイントを消すことにより、ディスクを空けることができる。しかしできればこれはあまりやりたくない。

また、コマンドプロンプトで、dir c:\*.sys /A:H とすると、隠しファイルであるhiberfil.sysと、pagefile.sysがリストされ、どちらもかなり大きいサイズだったりすることがわかる。hiberfil.sysは、コマンドプロンプトから、powercfg /h offとすることで消える。ただ、ログインしているのが特権モードでないと、「管理者として実行」を選ばないとpowercfg /h offできない。ところが折角管理者としてpowercfg /h offして、hiberfil.sysを消しても、非特権モードのオペレーションをすると、hiberfil.sysが直ちに復活してしまう。pagefile.sysの方は、仮想メモリの設定で、ページング・ファイルなし、を選ぶと消える。

ただ、ディスクが300GB以上あるパソコンでは、余程変にパーティションを切ったり、写真や動画などの巨大コンテンツをがんがんCドライブに保存したりしなければ、まずディスクが不足することはないだろう。

ともかく、Cドライブの空きが最低で800~900MBくらいあると、Windows Updateがあったときディスクの空きスペース警告は出るが、なんとか凌げるということが分った。凌げる、というのはWindows Updateの後、上記の手続きでディスクの不用ファイルを消す、という手間が不要であることを意味するものではまったくないのだが。

読売新聞をみていたら、特許法の職務発明規定の改訂の記事があった。これは、私が以前に外資系に勤務していた頃からメインの話題の1つだった。

粗くいうと、現行の特許法では、従業者等がした発明の特許を受ける権利は、原始的にはその従業者等に帰属する。しかし、従業者等と使用者(会社)との事前、あるいは個別のその都度の契約によって、職務発明の特許を受ける権利が会社に譲渡されるようにすることができる。しかし、その場合、従業者等は会社から、相当の対価を受ける権利を有する、となっている。

ここが、改正法では、従業者等がした発明の特許を受ける権利は、それが職務発明の場合、原始的に会社に属する、となるのだろう。そして、その際、発明者は、会社から相当の利益を得る権利を有する、となるのだろう。

私なりの留意点を記してみる。
  1. 職務発明の認定基準は同じなのだろう。そして、今までの特許法第35条第2項の規定はそのまま残る。
  2. おそらく、今まで発明の権利帰属に関して、従業者等と使用者で交わされていた契約は不要になる。ただ、全く不要ということはなくて、もっとシンプルな形で契約はなされるのだろう。
  3. 相当の利益とは、昇進、留学の機会、その他の経済的利益ということらしい。そこに「対価」という文言はないので、金銭的報酬がなくても、法律上問題ないということになるが、しかし、私は十分な利益を与えられていない、と訴える社員を抑えるまでにはいかないと思われる。
  4. 私の知る限り、今までは、「相当の対価」に手当するために、社内規定で、特許出願したらいくら、とか報酬額が明示されていた。しかし、今後は、そこに、課長にするなどの昇進の約束を書くわけにはいかない。むしろ、そこがより曖昧になって、きちんと会社から相当の利益を得ていない、という裁判が起こされることの予防にはあまりなっていないのではないか。すなわち、彼は発明を10件しか出していないのに課長だが、自分は発明を100件出したのにまだ係長ではないか、みたいな不満にどう対処するのだろう。
  5. で、結局、きちんと発明報奨規定をもっていなかった中小企業以外は、あまり関係ないのではないか。
  6. あるいは、いっそ「相当の利益」とさえ言わず、そこは別途の従業者等と使用者の契約による、と言ってもよかったのではないか。そもそも米国特許法には、発明者に使用者から与えられる報酬の規定はない。

参考までに、現行の特許法の職務発明の条文を引用しておく。

第35条 使用者、法人、国又は地方公共団体(以下「使用者等」という。)は、従業者、法人の役員、国家公務員又は地方公務員(以下「従業者等」という。)がその性質上当該使用者等の業務範囲に属し、かつ、その発明をするに至つた行為がその使用者等における従業者等の現在又は過去の職務に属する発明(以下「職務発明」という。)について特許を受けたとき、又は職務発明について特許を受ける権利を承継した者がその発明について特許を受けたときは、その特許権について通常実施権を有する。
2 従業者等がした発明については、その発明が職務発明である場合を除き、あらかじめ使用者等に特許を受ける権利若しくは特許権を承継させ又は使用者等のため仮専用実施権若しくは専用実施権を設定することを定めた契約、勤務規則その他の定めの条項は、無効とする。
3 従業者等は、契約、勤務規則その他の定めにより職務発明について使用者等に特許を受ける権利若しくは特許権を承継させ、若しくは使用者等のため専用実施権を設定したとき、又は契約、勤務規則その他の定めにより職務発明について使用者等のため仮専用実施権を設定した場合において、第34条の2第2項の規定により専用実施権が設定されたものとみなされたときは、相当の対価の支払を受ける権利を有する。
4 契約、勤務規則その他の定めにおいて前項の対価について定める場合には、対価を決定するための基準の策定に際して使用者等と従業者等との間で行われる協議の状況、策定された当該基準の開示の状況、対価の額の算定について行われる従業者等からの意見の聴取の状況等を考慮して、その定めたところにより対価を支払うことが不合理と認められるものであつてはならない。
5 前項の対価についての定めがない場合又はその定めたところにより対価を支払うことが同項の規定により不合理と認められる場合には、第3項の対価の額は、その発明により使用者等が受けるべき利益の額、その発明に関連して使用者等が行う負担、貢献及び従業者等の処遇その他の事情を考慮して定めなければならない。

ハング

user-pic
0

新宿鮫を読み尽くしたのだが、最近はどうしてもミステリーというか警察小説の中毒なので、ちょっと間があくと、その手の小説が無性に読みたくなる。禁断症状か。

で、手にとったのが、誉田哲也の「ハング」中公文庫。誉田作品史上最もハードな警察小説、と裏表紙の粗筋に書いてあったが、果たしてどれほどなのだろう、と寧ろ興味をもって読み始めた。

すると、出だしは明るい青春小説のような朗らかなシーンだった。すなわち、警視庁捜査一課の堀田班の若手刑事たちが、休暇の日に、知り合いの女性たちと浜辺で楽しく遊んでいる。知り合いの女性の中にはお目当ての美女もいるのだが、初心な男たちは照れくさいのか誰もうまくアプローチできない。

そういう恋愛初心な男たちも、一たび捜査となると、気合いが入る。堀田班の役割は、重要未解決事件の継続捜査や、他の班の手助けを役割とする、遊軍である。

そんな堀田班に振られたのは、赤坂の宝石店の店主殺しの事件。犯人らしき人物の目撃者がいたのだが、その犯人らしき人物には決定的なアリバイがあり、捜査は振り出しに戻った。改めて堀田班のメンバーが聞き込みしてみると、何やら有力な容疑者が浮かび上がった。職務質問しようとすると逃亡したのでいかにも怪しい。なんとか追いかけて捕まえた。そして、取り調べが始まると、容疑者はあっさり自白した。

なんとあっけなく事件は解決したのかと思っていると、ここからが堀田班の艱難の始まりだった。手始めに堀田班の五人全員が別々の警察署に異動を命じられる。これだけでも生木を裂くような仕打ちだが、堀田班のうちの一人、杉並署に異動した植草がなんと、自殺してしまった。

本当に自殺なのかと堀田班の旧メンバーがいぶかっているうちに、更なる災厄が旧メンバーを襲い、新たな犠牲者が生じた。この後も事態はどんどん暗転していく。

警察の捜査の論理が公安の上位の論理で操作されてしまう、というのは新宿鮫などでもよく出てくるが、この小説も公安というか政治の論理に弄ばれてしまうストーリーなのであった。

そんなの小説だけの話だよと嗤うだろうか。しかし、真相追求の日本人記者のような事件は結構ある。

また、首つり自殺と見せかけた殺人というのも結構あるのではないだろうか。その手口は、この小説に解説されているとおりである。例えば、3年くらい前に、ある70歳くらいの代議士が、浮気が妻にばれたという理由で首つり自殺したという事件があったが、その代議士の死で政治的に得する人がはっきりいて、あんな見え透いたことするのか、と唖然とした憶えがある。もちろん、それを警察が追求することはなかった。

戻って、どんどん暗転していくストーリーを救いがないと評したコメントがアマゾンであったが、私はこの小説の最後のところで、いささかのカタルシスを覚えた。十分に救いになっていないだろうか。

豊島の様子をみていると、流石に将来有望と目されるだけあって、どの棋戦でも結構勝ち上がるのだが、なんか最後の急所のところで負けているような気がする。いや、ちゃんとこうして棋聖戦の挑戦者になっているではないか、と言われるかもしれないが、私はその程度では豊島の活躍に満足しない。それにしても、羽生の堅塁はなかなか抜けない。と思っていたら、棋聖戦第4局が始まった。

【図1】 28手目△3三桂まで
持ち駒:△豊島=角歩



持ち駒:▲羽生=角歩
例によって28手まで一気に進める。私は矢倉もありかと思ったが、流石に飽きたか、羽生は第一手▲2六歩として、相掛りを志向した。最近なぜか横歩取りをしない豊島は、△8四歩と追随した。△3三桂は、先手の銀を牽制して、よくあるかたちである。以下、▲1六歩,△2二銀,▲1五歩,△4二玉,▲4六歩,△7三銀,▲7七銀,△6四銀,▲6六歩,△7五歩,▲同歩,△同銀,▲7六歩と進んだ。

【図2】 41手目▲7六歩まで
持ち駒:△豊島=角歩2



持ち駒:▲羽生=角歩
実は前図で豊島が△7五歩,▲同歩,△同銀と指したのは不思議な手順である。なぜなら、▲7六歩と打たれて、後手は銀交換できないのである。玉がまだ5九で、8七歩成から7八とが王手にならない。そこで、▲7六歩には△6四銀と下がって、以下▲4七銀,△5五銀と進んだ。

【図3】 44手目△5五銀まで
持ち駒:△豊島=角歩2



持ち駒:▲羽生=角歩
この△5五銀が豊島の流石の構想だった。以下、▲6五歩,△8二角,▲5八金,△6二金,▲5六歩,△4六銀,▲同銀,△同角,▲5五銀と進んだ。

【図4】 53手目▲5五銀まで
持ち駒:△豊島=銀歩3



持ち駒:▲羽生=角歩
▲5五銀と打たれると、羽生がよくなったのではないだろうか。豊島の角が窮屈なのである。以下、▲2五歩,△同桂,▲同飛と羽生が桂馬を奪ったが、豊島の△3一玉が落ち着いた好手であった。

【図5】 58手目△3一玉まで
持ち駒:△豊島=銀歩4



持ち駒:▲羽生=角桂
豊島としては、桂損だが、先手が歩切れなので、これでいけるとの大局観なのだろう。以下、▲6四歩,△同歩,▲6九玉,△7三桂,▲1六桂,△3三角,▲7五角,△7四飛,▲6四銀と進んだ。

【図6】 67手目▲6四銀まで
持ち駒:△豊島=銀歩5



持ち駒:▲羽生=歩
ここでは、羽生の方から分かりやすい攻めがあるので、羽生方が良さそうにみえるのだが、どうなのだろう。ここから、△8五桂,▲6三歩,△6一金,▲6二歩成,△7七桂不成,▲同桂,△6八歩なのだが、途中羽生が、▲6三歩,△6一金,▲6二歩成という秒読みの時間つなぎのような無意味な手順を採ったのがおもしろい。▲6三歩はよくなかったのでやり直しということなのだろうが、それに豊島が応じなかったのが、またおもしろい。

【図7】 74手目△6八歩まで
持ち駒:△豊島=銀2歩4



持ち駒:▲羽生=桂
△6八歩は一気に決めにいく手なのだが、どうなのだろう。ここから手数は多いが、△6八歩,▲同玉,△6七歩,▲同金左,△6六歩,▲同金,△6二金,▲5五銀,△7五飛,▲同歩,△7六歩,▲同金,△4九角,▲4五飛,△3八角成,▲6七金上,△4七銀,▲6六金寄,△5八銀打と進んだ。途中の△4九角あたりで豊島が優勢かと思われたのだが、△5八銀打まで進むと解説の鈴木八段は、最早先手がいいのだという。ううん、途中豊島の何が悪かったのだろう。

【図8】 92手目△5八銀打まで
持ち駒:△豊島=歩2



持ち駒:▲羽生=飛桂歩4
△5八銀打以下は、▲4四歩,△6七銀成,▲同玉,△4四歩,▲同銀,△5六銀不成,▲同金でまだ先がありそうだが、なんとここで豊島が投了してしまった。

【図9】 投了図99手目▲5六同金まで
持ち駒:△豊島=金歩4



持ち駒:▲羽生=飛銀2桂歩4
途中でぽっきり折れたような豊島の指し方だった。羽生が強すぎるのだろうか。それだけとは思えないのだが。多分であるが、【図7】 74手目△6八歩が指し過ぎで、じっと△6二金とと金をはらっておいて、悪い材料はないと思われる。
いや、実は、【図7】の△7五飛,▲同歩の局面が真の分岐点だった。あと、検討陣によると、【図7】 で▲6七金上に△4七銀もよくなくて、△5五角と切るのが正解というのだが、そんな手順はみえない。

ともかく、今期も棋聖戦はあっさり終わった。豊島は捲土重来をめざすであろう。

黒にんにく

user-pic
0

若い頃から、にんにくは体にいいと思いこんでいた私は、独身時代、にんにくの酢漬けなるものをつくって冷蔵庫に入れていたことがあった。酢もにんにくも体にいいはずだから、にんにくの酢漬けはその相乗効果で一層体にいいに違いないと思い込んでいたものの、なにしろ生にんにくを、原液の酢に漬けただけのものだったので、ちょっと口に入れただけで胃が痛くなるほどの刺激があり、下手したら胃潰瘍になりそうな気がして、結局そのま捨ててしまったことがある。

その後は、コンロで焼くなどして、にんにくを食べたりしてきた。ところが、最近のある日、スーパーで黒にんにくなるものを見つけて買ってみた。しかし妙な味で、ちょっとこれはパスだな、と敬遠した。

ところが家人が、モナの丘というところで、黒にんにくを一袋買ってきた。前のイメージがあったので、ちょっとネガティブな印象だったのだが、その黒にんにくは大粒で、甘味さえあって、いっぺんで気に入ってしまった。モナの丘は、一種の栽培農家のようなもので、にんにくやその他の野菜を栽培しつつ、黒にんにくを製造したりしている。なので、独特のノウハウがあるのだろうと思った。

その後知った情報では、電気釜を保温にした状態でその中に何週間もにんにくを入れておくと、黒にんにくが出来上がるのだという。しかし、電気釜を保温にした状態を維持するためには、その電気釜で炊飯はその間できないのであって、すると一家に2つも電気釜が必要ということになる。そんな家庭、結構あるのだろうか。

黒にんにくは静かなブームなのか、モナの丘だけでなく生協でも注文を受けているらしい。

我が家では、とりあえずモナの丘で買ったり、それと生協のものを比較したりしながら、一日一人2ピースの黒にんにんを健康のために食べようと思っている次第である。

ただ、健康にいいかもといっても、黒にんにくは口当たりがソフトすぎて、ちょっとインパクトに欠けるのが難点である。ともかく、急に効果が出るものでもないので、この夏をかけてじっくり効果をみるとしよう。

鮫島の貌

user-pic
0

新宿鮫10を読み終えて、なんか名残惜しいなぁと思っていたら、「鮫島の貌」という短編集があることが分り、これも読んでみることにした。

「鮫島の貌」は、「区立花園公園」、「夜風」、「似た者どうし」、「亡霊」、「雷鳴」、「幼な馴染み」、「再会」、「水仙」、「五十階で待つ」、「霊園の男」の十篇からなる。なお、短編小説にはよくうるパターンなのだが、この場合には「鮫島の貌」という作品があるわけではない。

「区立花園公園」は、桃井が、新人の頃の鮫島を回想する話。栴檀は双葉より芳しではないが、鮫島は新人の頃から、なかなか半端でなかったことがわかる。

「夜風」は、鮫島が、もう「終わってしまっている」ヤクザに引導を渡す話。地味な仕事だが、仕方がない。

「似た者どうし」は、晶が、親に見放されたっぽい中学生と話すストーリー。突っ張っていながら思いやりみせる晶は格好いい。

「亡霊」は、死んだはずだよお富さん、みたいな話。

「雷鳴」は、冴えない鉄砲玉の話。なぜか鮫島は、冴えないヤクザに縁がある。

「幼な馴染み」は、鮫島の同僚の藪が、幼な馴染みと出会って、やり込められる話。意外なキャラが登場する。

「再会」は、鮫島が高校の同窓会に出席する話。どうも鮫島は、麻布とか開成のような東大に沢山入る名門校の出身で、きっと東大法学部卒なのだろう。しかし、単なる同窓会が意外な展開となる。

「水仙」は、エスのような美女が登場する。新宿鮫でよく出てくる公安がらみの事件のようである。

「五十階で待つ」は、グレイトになるには、みたいな都市伝説を逆手に取った話。

「霊園の男」は、鮫島のライバルで盟友でもある男の話。いろいろ名前があるのでなんと呼ぶべきか。

比較的短くて軽いストーリーばかりなので気楽に読めるが、基本的には新宿鮫の本ストーリーのサプルメントみたいな位置づけなので、できれば新宿鮫10まで完読してから読むのが好適だろう。自分がそうだから、そう言っているにすぎないのかもしれないが。

嫉妬

user-pic
0

だんだん人生の終わり近づいてきたせいか、今更過去を振り返って、ああ、あそこは配慮が足らなかったなあ、と反省している。そうやって考えていると、反省するネタに事欠かないが、少なくとも前向きではないので、適当に打ち切ることにしている。

今日考えていたのは、嫉妬ということである。私は到底人間ができていないので、当然に他人の成功や幸せを妬む。ただ、言い訳であるが、異様に嫉妬の感情が強いということはなくて、まあ世間並かな、と思っている。あと、他人の能力がはっきり私より上だと認めると、嫉妬の感情をカットオフすることができる。こういう性格でもって、私は世間で優秀と言われる人達とうまく付き合うことができる。

すると何が問題なのだ、ということになる。実は、自分が他人に対して抱く嫉妬の感情が普通レベルに留まっている、ということが寧ろ問題なのかもしれない。というのは、結構他人からの嫉妬の感情に無神経なのである。なので、分かっていて、嫉妬を買うようなことを平気でいう。

例えば、以前に勤務していた外資系での話である。結構優秀な人材が沢山いたので、私程度の能力が嫉妬を買うという虞れはまずなかった。それで油断していたのだが、私は本来的に世話好きで、時間が許す限り、周囲の人やメールの相手の外国人などの面倒をみた。

母にも言われたことがあるが、私は田舎では決して面倒見がいい方でなく、むしろ自分勝手といっていいくらいである。しかし、ドライな外資系では私程度の面倒見でもかなり稀有で、面倒みられて嫌な人はいないので、次第に私は人気が上がっていった。実は私は、極端に内向的な性格のコインの裏側で、軽いといってよいほどにギャグを飛ばし、人付き合いのよい面ももっている。私はあまり性格の遺伝を信じないが、それでも強いていうなら、極端に内向的な性格は母からの遺伝で、チャラい性格は、父からの遺伝である。

もし外国の同僚も含めて人気投票で部門長を決めるなら、私はぶっちぎりで部門長になっていただろう。まあそんな地位、遠慮したいが。

ともかく、人気や人望があるのはうれしいので、私はつい、それを自慢するようなことも無神経に言ってしまったこともあるかもしれない。

ところが、私より地位が高く、私ほどは人望がない人達がいて、私に対して内心密かに火花を散らしていたようなのである。無神経な私はそれに全く気付かなかった。気付ないどころか、あいつら人望がないよね、結局人徳の違いだよね、などと不遜なことまで考えていたりした。

そしてあるとき、私は陰謀のように、昇進据え置きというまるで新宿鮫の鮫島のような目に遭ってしまった。なにしろ同僚の管理職全員が昇格しているのである。しかしどうみても貢献度で私は彼らに遜色はない。

それで落胆していたらさらに追い打ちがきた。データベースのデータの不具合をみつけて、お前の責任だからそれを一刻も早く修正しろと迫る。毎日のように不具合のリストを作って私に突きつける。データの不具合のかなりの部分は、旧式のシステムからのデータマイグレーションの不具合に係っており、私は少なくともそこは関与していないので責任はない。そう言い訳したらさらに叱られた。

そうなっても私は方針は変えなかった。そして嫉妬を受けつづけた。頑固というよりも、どうやって嫉妬を躱すかやり方を知らなかったということなのだろう。なんという不細工なのだろうか。きっとそのことは、私が女性にもてないということとリンクしている。すなわち、感情を戦略的に駆使することができないのである。

こうなると、配慮が足らなかったなあ、と反省している、という言い方はおかしい。将棋でいえば、あそこでこう指せばよかったというより、どう指せばよかったのか、今でも分からないのである。

だから、今の会社に再就職してからも、やることはあまり変わらない。例えば、ある人が、特許調査でこんなやり方を考えました、と発表したとき、実は私は前から、もっといいやり方を考えていたので、実は、とそのやり方を開示してしまった。すると、私の前に発表してしまった人の面子がないではないか。こうしてまた、余計な反感を買ってしまっている。

私にも微かに言い訳はあって、そういう反発をバネにしてさらに努力するのである。でもやはり、賢明なやり方ではないなあと、やっと最近少し反省するようになった。そしてときどきであるが、知っていても、別の工夫があっても、わざと黙っているようになった。

でも、なんとかの魂百まで、で、こういういらぬ苦労は一生続きそうである。

新宿鮫10

user-pic
0

新宿鮫もはっと気づくと、ターミナル駅の中央林間ならぬ、新宿鮫10「絆回廊」である。こうなったら、行きつくところまで行くしかない。

さて、「絆回廊」は、例によって鮫島が新宿の街中をパトロールしているとき、クスリの売人である露崎の様子を見張るところから始まる。

鮫島が露崎に声を掛けたら、まるで将棋で羽生に王手された若手棋士のように、露崎は観念した。そして、お目こぼしをと情報提供したのが、ある長身の男の話である。なんでも、チャカ(拳銃)を所望していて、なんでチャカがいるんだと聞くと、警官を撃つのだという。

それを聞いて鮫島は仰天し、露崎に更なる情報提供を依頼した。露崎は個人的興味もあったか、自分なりに調べて新宿の暴力団、栄勇会、そして謎の命知らずのグループ「金石」の情報をもたらした。

そこから例によって、鮫島の、容赦ない聞き込みが始まった。ところが、鮫島が聞き込みした先が、惨殺されるということが起き、鮫島は身の危険を感じるようになった。

さらなる聞き込みで、「金石」が中国残留孤児二世のグループらしいということが分った。それだけではない。なぜか、警察を辞めた香田が関わっている、公安系の外部団体が「金石」にも関与しているらしくて、鮫島は事態の複雑さに当惑する。

すると、晶のフーズハニイに問題が発生し、さらに露崎にチャカを所望した男の素性も明らかになってきた。こうしてパニックになっている鮫島に追い打ちをかけるような新たな仕打ち。

最後の新宿鮫かもしれない「絆回廊」がこんなかたちで終わるのはありなのだろうか。いや、いつも突っ張ってきた鮫島にはこれが相応しいのかもしれない。

それにしても「絆回廊」の主人公はきっと、刑務所から出所してきて露崎にチャカを所望した男の身受け人なのだろう。読めば私に同意する人もいるかもしれない。

質問リスト

user-pic
0

2006年に管理職を降りて特許実務屋に戻ったとき、何をメインにやるか自分で決めていて、それは、特許明細書を書くことであった。しかし、まともな特許明細書が書けるだろうか、という不安は当然あった。その一番の理由は、もう11年も特許実務から遠ざかっていたからである。

しかも私が勤務していた外資系の技術内容は複雑で、理解が難しくて大変だと、管理職時代に仕事を依頼していた外部特許事務所の担当者から聞いた。なので、特許明細書を書く以前に技術が理解できるだろうか、という不安もあった。

技術に対する不安を鎮める私の儀式は、ともかく本屋に行って関連がありそうな本を買って眺めることであった。まるで神社でお祈りするときの賽銭の額でご利益が決まるみたいな思い込みと同様に、技術書に投資した本代の額で、自分のスキルも決まるみたいに思い込もうとしていた。

ただ、管理職になる直前のたった2年間であるが、主として基礎研究所の発明を基に特許明細書を書く仕事をしていたので、技術書(私は、工学書とも呼ぶ)を眺めながら、昔特許明細書を書くために採っていた方法論を次第に思い出してきた。それは、質問リスト法と自称する方法である。

その具体的なやり方を記述してみる。先ず、発明が記述された開示書、あるいは論文などを見て、自分はこの内容の何が分っていないかを見出そうとする。でも、言い換えるとそれは、分かっていることに印をつけ、その補集合をみつける、ということなのだが。

そして、分かっていないことに対して、具体的に質問を考える。しかし、質問しようにもそもそも、その分野の基礎的な技術知識が不足しているので、質問さえつくれなかったりする。そこで、上記の技術書にアクセスする。ちゃんと理解したいので、この段階でグーグル検索などにはあまり頼らない。

そして、少しでも、粗くても、質問を思いついたら、まず手書きでノートに書いてみる。1つ質問を思いついたら、連想的に次々に質問を思いついたりする。

ノートの質問がある程度揃ったら、今度はそれを、秀丸などのテキストエディタで、再考しながら書き下してみる。すると、書きながら、答えが自然に分ってしまう質問があることに気づく。そういうのは省く。一方、質問が質問を呼び、そこから発展していく質問群があったりする。

一旦質問をすべて書き下したら、それを読み直して、不明瞭な質問を書き直し、場合により追加・削除して、完成したら、発明者に送る。

それに対して発明者から回答があったら、場合により、回答に対してさらに質問する。そういうことを時間の限度内で繰り返して、回答を集めていく。

飽和したら、その回答に基づき、特許明細書を書き始める。

実はいくら質問しても理解できない特異点のような箇所はブラックボックス化する。そして、明細書を書く際には、そこは論文や他の特許を引用して、そこに記述されているように、みたいに逃げを打つ。この段階で、グーグル・スカラーも含めて、ウェブ検索をかなり援用する。卑怯と思われるかもしれないが、100%理解しないと書けないなら、まともに書ける明細書は少ない。そこをどう審査官の追求を躱すかも、1つテクニックなのだった。

多分であるが、こういう質問リスト法は、特許実務専用でなく、ルポライターなど、他の人も無意識のうちに行っているに違いない。いや、ルポライターだともっと深く広く書き切らなくてはならないので、もっとソフィスティケートされた方法を使っているのだろう。物書きのプロは偉大であって、一特許実務屋崩れの私など到底及ぶところではない。なので私は間違っても本を出版しようとはせず、この程度のブログでお茶を濁している次第である。

王位戦が始まった。広瀬が久しぶりに挑戦者として登場である。ただ、先日のA級順位戦で渡辺に完敗したのをみてから、広瀬が好調であるように思えない。一方、羽生は最近、あまり負けていないように思われる。

【図1】 26手目△7四飛まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲広瀬=歩2
さて、一気に26手目△7四飛まで進める。戦法は後手番の羽生が横歩取りにした。渡辺との順位戦をみていて、広瀬は横歩取りが得意でないと判断したか。△7四飛以下は、▲3七銀,△7六飛,▲6九玉,△9四歩,▲4六銀,△9五歩,▲2八飛,△7四飛,▲5六歩となった。そこで後手は△2四飛とぶつけた。

【図2】 36手目△2四飛まで
持ち駒:△羽生=歩3



持ち駒:▲広瀬=歩2
先手は流石に△2四飛は取れないので、▲2五歩と受けた。以下、△3四飛,▲5五歩,△3六飛,▲6八銀,△3四飛,▲5七銀,△6二玉となった。ここで先手が▲5六銀としたところで封じ手となった。

【図3】 45手目▲5六銀まで
持ち駒:△羽生=歩4



持ち駒:▲広瀬=歩
この封じ手での羽生の指し手は比較的自明であって、羽生は△7一玉。以下、▲6六角,△4二角,▲7七桂,△3三銀,▲5七角,△9四飛と進んだ。

【図4】 52手目△9四飛まで
持ち駒:△羽生=歩4



持ち駒:▲広瀬=歩
△9四飛の位置だと、一応飛車はくつろいでいる。以下、▲6六角,△4四銀,▲8六歩,△5四歩,▲同歩,△同飛,▲6五銀,△5一飛,▲2四歩,△2二歩。そこで広瀬は、▲9六歩。待望の反撃である。

【図5】 63手目▲9六歩まで
持ち駒:△羽生=歩4



持ち駒:▲広瀬=歩2
この▲9六歩の反撃で、広瀬が好転したのかもしれない。ところが羽生は平気で△8六角と出てきた。以下、▲9五歩,△6四歩,▲7六銀,△9八歩。これは二枚替えが確定した。そこで広瀬は▲8二歩と叩く。

【図6】 69手目▲8二歩まで
持ち駒:△羽生=歩4



持ち駒:▲広瀬=歩2
▲8二歩に対して、△同玉,▲9八香,△9七歩,▲8七金,△7七角成,▲同金,△9八歩成,▲同飛,△8三歩,▲9四歩。そこで羽生は△9七歩。

【図7】 80手目△9七歩まで
持ち駒:△羽生=桂香歩2



持ち駒:▲広瀬=角歩4
△9七歩に広瀬は飛車を横に逃げるしかないが、一旦▲8八飛。そして、△5四桂,▲3九角,△4六桂,▲同歩に羽生は△5七歩とした。

【図8】 86手目△5七歩まで
持ち駒:△羽生=銀香歩



持ち駒:▲広瀬=角桂歩4
△5七歩は角道を止めた手だが、ここから広瀬は、▲8四歩,△同歩,▲8三歩,△同銀,▲7五桂,△7四銀打,▲8三桂成,△同銀,▲6三角と反撃した。

【図9】 95手目▲6三角まで
持ち駒:△羽生=桂香歩3



持ち駒:▲広瀬=銀歩2
▲6三角のところで、プロ的には少し先手もちらしい。そしてここから、△9四香,▲8五歩,△9八歩成,▲2八飛,△7四銀,▲5二歩,△同金,▲1八角成と進んだ。

【図10】 103手目▲1八角成まで
持ち駒:△羽生=桂香歩5



持ち駒:▲広瀬=銀
▲1八角成となってもまだ、先手がいいのだろうか。しかし、以下△8五歩,▲5七角,△6二金,▲4八金,△5四香,▲8四角,△7二桂,▲6六角,△6五歩,▲7五角,△同銀,▲同銀,△8八と,▲5八歩,△3九角となってみると最早後手が勝勢である。

【図11】 118手目△3九角まで
持ち駒:△羽生=歩6



持ち駒:▲広瀬=銀2
おかしい。終盤が鬼のように強いはずの広瀬がおかしい。以下▲3八飛,△4八角成,▲同飛,△4七金で広瀬があっさり投了となった。

【図12】 投了図122手目△4七金まで
持ち駒:△羽生=歩6



持ち駒:▲広瀬=角銀2
広瀬の敗着は、【図9】から【図11】のどこかにあることになるが、もしかして、【図9】の△9八歩成あたりで既に先手の雲行きはあやしいのかもしれない。そもそも、【図10】あたりで既に後手が優勢である。すると、【図8】の△5七歩で既に後手が優勢なのか。いよいよ分からなくなった。

ともかく、少なくとも現時点では広瀬に横歩取りは鬼門である。次は羽生の先手で、矢倉と私はみる。それなら広瀬も力が発揮できそうである。

霧のソレア

user-pic
0

古書店で、「霧のソレア」光文社文庫をみかけて、おおっと思い手に取った。なんと、私が何気にファンである、東大出の美人タレント、菊川怜が書いた本だからである。

しかし、それは私の老眼のせいで見間違えたのだった。菊川怜でなく、緒川怜(おがわさとし)という人だった。ややこしい名前つけんといてんか、と文句いいつつ、でもその本を買ったのは、この本が、私が好きなジャンルの一つである航空ミステリーだったからである。

以前読んでなかなか面白かった航空ミステリーとして、楡周平の「クラッシュ」がある。しかし、「霧のソレア」はそれを上回るスケールで、まさに手に汗握った。

話は、ニカラグアのサンディニスタを騙る男に逆ハニートラップかけられて騙され、機内に爆弾入りのトランクを持ち込むことになった米国人女性の話で始まる。もちろん、その米国人女性は、爆弾だとは知らない。

さらに、CIAに追われるロシア人原子核物理学者も、たまたま同じ飛行機に乗る。その飛行機とは、ロサンゼルス発成田行きの日本トランス・パシフィックで、機長はベテランの塚田祐之介。副操縦士は、美人女性パイロットの高城玲子。航空機関士は、佐伯宏明。このクルーで飛ぶ。

実は爆弾入りのトランクは、成田で別の航空機にトランジットされるはずだった。しかし、ロサンゼルス空港を出発したときにバードストライクに遭ったことで、出発が遅れ、予定が狂ってしまった。

その遅れは、爆弾入りのトランクにとって本質的で、予定でもないのに、成田行きの日本トランス・パシフィックの貨物庫で爆破してしまい、機体に穴をあけてしまった。そのせいで、何人かの乗客だけでなく様子をみにきた塚田機長までが機外に吸い出されてしまって、玲子は孤軍奮闘を余儀なくされた。

もちろん被害は単に機体に穴があいただけでなく、いくつかの油圧系統やエンジン、燃料タンクが駄目になり、もともと旅客機に備わっている多重化構成によりなんとか飛んでいるものの、客室は寒冷になるは、燃料切れのおそれは出てくるは、自動操縦はきかないわで、成田に無事着けるのか甚だ怪しいことになってきた。

そのようにほっといても落ちるかもしれない状態なのに、某国の空軍の飛行機が、信じられないような手段で安全を脅かしにきて、玲子を絶望に陥れる。

しかし、開き直ると女は、却って男より強い。ここからはネタバレになるので書かないが、読んでいて終始ハラハラの絶品の航空ミステリーであった。

それにしても、航空機オタクとでもいうべき、微に入り細を穿つ記述に感心したのだが、実は作者は、共同通信社の記者として、いくつも飛行機事故を取材し、防衛庁付の記者も経験し、戦闘機に同乗した経験もあるという。道理で航空機の記述がまるで元パトロットのように詳しいわけである。

ということで、菊川怜じゃなかった、緒川怜の手腕にはすっかり脱帽した次第である。

生涯健康脳

user-pic
0

大学受験でも資格試験でもいいが、やたら、どの参考書がいいだの、どういう勉強方法がいいだの、どういう出題傾向になるだのという情報に詳しい受験生がいる。

もちろん、合格するためには、そういう情報はある程度必要だろうが、なんでも程度問題で、あまりにそういう情報に過敏になる人に優秀な人は少ないというのが世間の常識ではないだろうか。

大学受験生として、私はそんな情報云々以前のレベルだったが、例えばボケ防止という記事を書いたりして、還暦をすぎて、呆けないという方法論に少し過敏になっている自分を見出したりする。そういうことばかり考えていたら呆けるぞ、とときどき反省したりする。

ところで、例によって新聞の書籍広告をみていると、「生涯健康脳―こんなカンタンなことで脳は一生、健康でいられる! (いきいき健康シリーズ)」ソレイユ出版という本が目に付いた。著者は、瀧靖之という人で、東北大学加齢医学研究所機能画像医学研究分野教授という肩書きである。少なくとも肩書きをみる限り、ボケ防止を語るにベストな人であるように思われる。そこで、その広告にあった、生涯健康脳のつくりかたを引用させて戴く。

  • 1日たった30分歩くだけで、脳はイキイキする!
  • 質のよい睡眠は、認知症の原因物質を洗い流す!
  • 飲酒と肥満が、脳の委縮を早める!
  • 脳の最高の栄養素は、「知的好奇心」!
  • 楽しい!嬉しい!が記憶力を高める!
  • 「新しいこと」をすると脳が元気になる!
  • いくつになっても海馬の神経細胞は増える!
  • 脳はトレーニングで変化する!
  • リスクをもった遺伝子でも、生活習慣で変えられる!
  • 脳はあきらめない!

1日たった30分歩くだけで、脳はイキイキする!は、確かにそうであるが、私は最近忙しいことを理由にあまり散歩にも行かない日々だった。すると、なんか頭の中に靄がかかったようになって、いまいち脳が働かないような気がした。そこで最近やっと、日常的な散歩を復活させた次第である。すると確かに、なんとなく気分がよく、頭も働くような気がする。

質のよい睡眠は、認知症の原因物質を洗い流す!は、確かにそうだと思うし、私は基本的に不眠症になったことはないのだが、それでも最近、仕事のストレスで酒量が増え、やたら濃い夢をみて、うなされるようになった。例えば、先日の夢では、なぜかビル・ゲイツが日本にきて、私がなぜかその接待役を仰せつかっているのだが、なにしろ大物なので、神経が疲れて困っていた。ここで濃い夢というのは、夢の中で精神的な圧迫を感じ、且つ起きてしばらくしても当分内容を忘れられない夢という意味である。これなど、酒を減らし、散歩で適度に体を疲れさせて寝るよりないのだろう。

飲酒と肥満が、脳の委縮を早める!は、確かにそうだと思うので、酒量をセーブして、少しダイエット・モードを採りいれた。数年前は、72キロくらいまで体重を落としたのに、知らない間に80キロくらいまで体重が増えて、焦ったというのもある。

脳の最高の栄養素は、「知的好奇心」!。これはまさに私が昔からモットーとしていることである。例えば、私が、合格すれば確実に地位と年収の向上が見込める資格試験を忌避したのは、少なくとも私の場合、それの受験準備をことで知的好奇心が毀損されると懼れた。すなわち、私の場合、知的好奇心は、その本来の意味とは異なる意味で、知的財産なのである。もちろん、そんな人生観は到底一般的ではなく、誰かと共有したことはないし、おそらく、単に受験嫌いの下手な言い訳なのだろう。ただともかく、今のところ、知的好奇心に不足は感じていない。知的好奇心があると、若干の本とパソコンと余暇があれば、それだけで結構お手軽に楽しめる。

楽しい!嬉しい!が記憶力を高める!は、確かにそうなのだろうが、ちょっと留保が必要だと思っている。例えば、私はもちろんたしなんだことはないが、ものの本などの記述によると、麻薬や覚せい剤は、一時的に極めて大きい楽しさをもたらすのだろう。別の意味で、ギャンブルもそうである。絶え間ない異性遍歴などもそうであろう。しかし、おそらくであるが、そういう即効性の楽しさは、脳によくない。即効性の楽しさは、中毒や禁断症状につながる、と思う。私は脳の楽しさの本質は、遅効性の楽しさであると思っている。例えば、将棋のように、面倒な定跡や詰将棋などを何年も勉強して、やっとわかってくる楽しさじゃないと本物ではないのではないか。私はしないが、登山などまさにそうだろう。将棋ほど面倒でなくても、読書も、そんなに自明な楽しさではない。例えば、将棋の内藤九段でさえも、長い推理小説を読む根気がなくなってきた、と言っていた。

「新しいこと」をすると脳が元気になる!は全く同感で、私は最近、金曜日の夜8時からのミュージック・ステーションを観て、おおこれが若者向けの歌なのか、と感心しつつ、違和感もある。違和感というのは、工学的な言い方をすると、ビット列として信号は受信しているのだが、どういう方法で変調されているのか分からないので、全く意味があるメロディーとして復調できない。それで当然にそういう曲をカラオケで歌うことはできない。それでも脳に新しい刺激は与えなくてはいけないと思っている。

それ以下の項目は、脳の生理的な性質であり、私はほとんど知識がないのであるが、ドクサとして、脳には、将棋でいうところの遊び駒として未使用の脳細胞が沢山あるので、なるべく遊び駒を活用して駒組みしたいと思っている次第である。イソクラテスに少しだけ馴染んで、ドクサにポジティブな意味を込めるようになったのだった。これもまあ、ささやかな「新しいこと」である。

新宿鮫9

user-pic
0

別に新宿鮫シリーズばかり読んでいるわけではないのだが、それでも、面白いのでつい読んでいると、ついに新宿鮫9「狼花」に辿りついた。あと一冊で新宿鮫シリーズも終わりかと思うと、なんか寂しい。

さて、新宿鮫9「狼花」は、新宿で、ナイジェリア人が、別のナイジェリア人に、ハッシッシュを盗まれる、という事件で始まった。それを捜査した鮫島は、今まで中国人、イラン人、コロンビア人などを相手にしてきて、ついにナイジェリア人まで日本にやってきたのか、と嘆息した。

ナイジェリア人は、中国人のように、日本に住みついて組織化するつもりはない。ナイジェリアは、大麻の産地でもあるので、それを日本に持ち込んで売り、そのお金で日本の電気製品を本国に持ち帰って売れば、大層な稼ぎになる。日本の電気製品はなんといっても人気が高い。

ナイジェリア人が、盗んだハッシッシュをどう捌くのだと考えて、鮫島は、故買マーケットの存在を探し始めた。そして、その関係から、中国人の美人女性、明蘭に辿りついた。

ところが、明蘭には、鮫島に因縁が深いある男と、広域暴力団の幹部の両方が関与しており、事態を複雑化させていた。

それだけではない、警視庁に新しくできた、組織犯罪対策部(組対)を仕切るようになった鮫島のライバル、香田が掟破りのような施策を打ち出して、鮫島を激怒させた。

実は、「狼花」は最初の100ページくらいは、淡々とした記述で、ストーリーは大丈夫かと少し不安になったが、後半から、上記したすべての配役がいろいろと絡んできて、息もつかせない展開となった。

それで、読み終えてみると、これが新宿鮫中ベストかな、と感じた。実は毎回のようにそのように感じているのだが、ということは、新宿鮫は高いクオリティをずっと維持している、ということで、やはり日本の警察小説の金字塔と言われるだけのことはあると思う。

もちろん、新宿鮫以前に日本に警察小説がなかったわけではないが、解説の郷原宏氏は、大沢在昌を、日本の警察小説の中興の祖だと指摘する。すなわち、新宿鮫に刺激されて、横山秀夫、佐々木譲、高村薫、乃南アサ、今野敏、堂場瞬一、雫井脩介、誉田哲也らの作家が質の高い警察小説を書き始めた、というのだが、私はこの中で乃南アサ以外の作家の作品をそれぞれ複数読み、個人的な感想も述べることができる。そして、優劣はともかく、コンテンツ・リッチ性というかストーリーの彩りで、新宿鮫を凌駕するのはなかなか大変だな、改めて感じる。

今年の箱根駅伝で、青山学院大学が優勝したのはとても意外であると同時に鮮烈な印象だった。

そして、一躍マスコミの寵児となった原晋監督は何度もテレビに出たので、あまりテレビを観ない私も、原監督の発言や、青学陸上競技部の宿舎の様子はある程度知っている。

なので、日経情報ストラテジーの2015年8月号のトップインタビューで原監督が採り上げられているのを見たときも、ああまたかとちょっと食傷感を覚えたのもたしかである。

ただ、一方で私が原監督に対して親近感をもつ理由は二つあって、一つは原監督が広島県の世羅高校の出身であること。世羅は、私の出身の尾道から近い。もう一つは、青学陸上競技部の宿舎は町田にあって、今の住まいからかなり近い。

それで、改めてトップインタビューを読んで感じたのは、これは「もしドラ」だな、ということである。「もしドラ」というのは言うまでもなく、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のことであるが、文字通りでなく、要するにビジネスのマネジメント手法を実直にスポーツに適用して実績を挙げたのだなあ、あっぱれ、というのが私の感想である。

原監督は中国電力で伝説の営業マンと呼ばれた。きわめて優秀なセールスマンで、しかも、QC手法など顕在知な手法をちゃんと学んでいた。なので、青学陸上部の監督に就任すると、選手に目標管理シートを作らせた。

そして選手に自分で考えさせるようにした。野球の野村克也氏の手法に似ている。というか、優れた方法というのは、結局そうなるのだろう。

また、原監督は自分で考えたビジョンを壁に貼り、それを面白おかしく見せる。こういうのもビジネス・プレゼンテーションに似ている。

あと、きちんと平等に学生たちに接する。これが普通なかなか当たり前のようにできない。

それにしても、2004年に青学陸上部の監督に就任したときから、箱根で優勝することを目標としてはっきり示し、そのために何をすればよいのか、長期計画で積み上げていったのもすごい。

あとは、一度優勝してしまって、モチベーションをどう維持していくか、そのあたりが課題だと思う。ビジネス手法はそのあたりの解決策も与えると信じる。

工学書読みの一環で、「映像配信のための伝送路符号化技術」伊藤泰宏監修、オーム社を電車の中で読んでいて、最初の方に当然ながら、ハフマン符号化の解説があった。ハフマン符号化とはエントロピー符号化の一種で、要するに頻繁に出現するシンボルには短い符号を付与し、出現頻度が低いシンボルには長い符号を付与する、というものである。

ここまで読んで、疲れたので目をつぶって頭を休めているときにふと、高エントロピー組織という言葉が浮かんだ。

エントロピー符号化の概念を適用すると、高エントロピー組織では、ハフマン符号化と逆のことをする。すなわち、単にどこかに挨拶に行くというどうでもいい仕事に、ぞろぞろと何人も大名行列のように出かけて、直帰する。

また、だれかが一人で5分で判断すれば決められるようなどうでもいいことを、会議室に5人も缶詰になって、朝から晩までああでもない、こうでもないと議論する。それでも結局決まらなくて、次の日に持ち越したりする。要するにありふれた事象に、長いコードを付与するのである。

それでいて、本当にやらなければならない、管理部門の内部監査対応に、末端の担当者が一人だけ申し訳程度にアサインされるだけだったりする。管理職は、それにまったく関与しないくせに、末端の担当者に粗相があって管理部門から警告されると、責任は末端の担当者に押し付けられ、叱責される。これもまた、稀な事象に短いコードしか付与しないという意味で逆エントロピー符号化である。

結果、無意味に冗長な、極めて効率の悪いコードが生成される。

高エントロピー組織は、それだけに留まらない。気の利いた部下が作った、スマートな仕事のガイドラインが管理職に見咎められる。すなわち、こんな場合はどうするんだと、ありえないケースを沢山持ち出されて、それに対する例外処理の文言を多数追加していると、次第に誰が読んでもさっぱり理解できない複雑怪奇なものになる。

このようにして、部門内のあらゆる文書や通達は、冗長に長ったらしく、何がどこに書いてあるのかさっぱりわからないものになる。

さらには、部門内会議では、イントラネットウェブに書かれていて、社員なら誰でも見れるようなことを1時間もかけて延々と管理職が読み上げ、それでいて、仕事の割り振りの変更、その他のアナウンスなど、必要なことは全く知らされない。

実際、組織において管理めいたことを何もしなければ、自然に組織は高エントロピー化する。もちろん管理職は楽である。それでも、管理職にとって、いいじゃないの幸せならば、なのだろうか。

そういえば、桶狭間の戦いで、織田信長の一行は、寡兵能く今川義元の軍勢を破った。これは、高エントロピー組織の今川軍を、低エントロピー組織の織田が撃破した、ということではないのか。

このように、高エントロピー組織は、動脈硬化の血管のように実に脆く破裂しやすい。そして一旦高エントロピー組織になってしまうと、肝硬変の治療と同じくらい治癒は困難なのだった。

棋聖戦第3局が始まった。今までは対局の日が平日だったので、「事後観戦」のような形で、いまいち臨場感が得られなかった。ネット観戦とはいえ、土曜日に対局があって、リアルタイムに観戦できるのはありがたい。

さて、第2局で激闘を制し豊島が1勝を返したので、いい古された言い方だが、第3局が正念場である。豊島の先手番。ここらあたりで流石に角換わりが登場するかと思ったらまたしても矢倉である。しかも、第1局と同様の脇システム。最早46銀戦法ではない。「神は死んだ」ではないが、「46銀戦法」は死んだのだろうか。ともかく、例によって一気に44手まで進める。

【図1】 44手目△9二飛まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲豊島=歩
この局面になると、あくまでも私の素人考えであるが、微妙に後手が指しやすいような気がする。というのは、とりあえず△9五歩,▲同歩,△9七歩,▲同香,△9七角成以下、端が破れるからである。ただ、一点攻めなので、いきなり敢行しても右側に逃げられて続かない。それでもこの手が含みとしてあると手詰まりにならないので、後手としては救いである。
さて、△9二飛以下、▲5七角,△3四歩,▲2六銀,△8四銀と進んだ。

【図2】 48手目△8四銀まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲豊島=歩
△8四銀は当然の活用で、それに対して豊島は、▲5七角の趣旨を活かして▲6五歩。以下、△7五歩,▲同歩,△9五歩,▲同歩,△同銀,▲同香,△同飛,▲9七歩,△7三桂,▲7六銀と進み、羽生は△7四歩。

【図3】 60手目△7四歩まで
持ち駒:△羽生=香



持ち駒:▲豊島=銀歩2
この△7四歩のこじあけが強引できびしい。以下、▲7四同歩,△6五桂,▲同銀,△8六歩,▲7六銀,△7五歩に豊島は、▲8四銀と二枚替えを怖れない強い手である。とはいえ、▲6五銀なら、△6四歩あたりでも困る。

【図4】 67手目▲8四銀まで
持ち駒:△羽生=香



持ち駒:▲豊島=桂歩3
▲8四銀に飛車を逃げると、▲7五銀引くらいで、後手の攻めは完全に切れてしまう。なので、△7六歩,▲9五銀,△同香となったのは必然だろう。ちなみに激指は、△9七飛成,▲同桂,△7六歩で互角というが、そうだね、と同意する人がいるとは思えない。さて、次の▲7六金が流石の豊島の受けである。

【図5】 71手目▲7六金まで
持ち駒:△羽生=銀2香



持ち駒:▲豊島=飛桂歩4
単なる私の思い込みかもしれないが、プロの検討陣はここでは少し後手が攻めあぐねている、という感触だったのではないだろうか。ただ、先手は2六銀が邪魔になっており、相手の玉頭に対する脅威を弱めている。▲7六金以下、△8七歩成,▲同玉,△7五歩となった。

【図6】 74手目△7五歩まで
持ち駒:△羽生=銀2香



持ち駒:▲豊島=飛桂歩5
さて、ここが本局最大の局面である。普通に考えると、△7五歩には▲同金で、後手の継続手が難しい。△7五歩,▲同金には△同角で、△8五金には▲3一角打が厳しい。なら、▲7五同角には△6五金か。すると、▲9三角成,△8五香,▲8六歩,△7六銀以下、とりあえず後手の攻めは続くが、先手が悪いとは思えない。本譜は、△7五歩に▲6六金だが、これって敗着ではないのだろうか。というのは以下、△6四香,▲7五金,△6六銀と幸便に攻められてしまったからである。しかし、先手は待望の▲2四桂の反撃。

【図7】 79手目▲2四桂まで
持ち駒:△羽生=銀



持ち駒:▲豊島=飛歩6
▲2六銀が邪魔しているとはいえ、やはり▲2四桂は厳しい。しかし、後手は5七角が只で取れてしまう。なので、激指は、▲2四桂にいきなり△5七銀成と取って優勢というが、普通は一旦▲2四桂を△同歩と取るだろう。なぜなら、先手は香などの23に打ち込む駒を持たないからである。本譜は、△同歩,▲同歩,△5七銀成,▲1五銀,△3一桂,▲8一飛と進み、羽生は△1四歩と突いた。

【図8】 86手目△1四歩まで
持ち駒:△羽生=角銀



持ち駒:▲豊島=歩7
△1四歩は決め手である。ここで先手は死んでも銀を逃げるわけにはいかないし、▲1四銀,△同香,▲1五歩も話が遠い。で、本譜は▲2三歩成,△同金,▲2四歩,△1三金,▲7三歩成,△1五歩,▲3二歩,△同玉,▲6三と,△6七香成,▲6四歩と進み、次の羽生の△2七歩が絶対負けない指し方である。それにしても手順中、▲7三歩成と歩をカラ成りして、△1五歩と銀を取らせるなんて、泣きそうな手順である。

【図9】 98手目△2七歩まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲豊島=なし
△2七歩以下は、▲同飛,△4九角,▲5二と,△2七角成,▲6七金,△同成銀,▲4二と,△同金,▲6三歩成と進み、△7九飛で投了である。

【図10】 投了図108手目△7九飛まで
持ち駒:△羽生=金銀2歩2



持ち駒:▲豊島=角香歩6
それにしても豊島のこんな拙戦は私は見たことがない。図6までは順調だったはずなのだが。

ただ、一般的に、あまりに拙戦だと心機一転して、次は意外にいい将棋になりやすかったりする。でも、次もまさか矢倉の脇システムじゃないよね。いいんだけど、いまいち滋味に欠ける戦法なのである。

逃げない

user-pic
0

いよいよ将棋の順位戦が始まった。これから、来年3月まで長丁場となる。そこで、名人戦棋譜速報をみていて、A級は、渡辺棋王対広瀬八段というゴールデン・カードが一回戦でいきなり組まれていたことを知った。

そこで渡辺棋王対広瀬八段の棋譜をみてみて驚いた。なんと広瀬が後手番で横歩取りに誘導している。ところが、広瀬は今まで公式戦で、横歩取りの後手番を1局しか指したことがない。

一方の渡辺はというと、どんな戦法でも強いが、特に横歩取りの先手番は41勝16敗。ほとんど鉄板に近い強さである。これでは、広瀬は、鋼鉄の板に向かって頭を押し付けていくに等しい。

そして結果はというと、中盤の一手の緩手を渡辺が見逃さないで、そのまま押し切ってしまった。

それをみていてふと思ったのは、なぜ極めて重要な意味をもつA級順位戦の緒戦に、広瀬は経験が極めて浅い横歩取りの後手番を採用したのだろう、ということである。普通は手慣れた戦法でとりあえず勝ちに行くはずである。

そう思っていて、ふと浮かんだ言葉は、「逃げないよ」である。三浦知良に新潮新書で「やめないよ」という本がある。それのもじりである。

すなわち、広瀬が目指しているのは目の前の一勝ではない。今大事なのは、逃げないで、渡辺が一番強い横歩取りの先手番に挑まなければ意味がない、とおもったはずである。

穴熊のスペシャリストだった広瀬は、ばたりと穴熊を指さなくなり、矢倉でも角換わりでも、相掛りでも、臆さずチャレンジしていった。逆説的であるが、広瀬は、穴熊から「逃げない」ことが将棋から「逃げる」ことになると考えたのだろう。それが吉と出るか否か誰も知らないが、逃げないことがもっと上にいくための必要条件であるに違いない。

A級ではないが、私が注目している棋士がいる。それはB級2組の青野九段である。実は私とほぼ同い年なので、還暦を過ぎている。それでいてB級2組を維持している、というのは相当に画期的であり、そんな棋士は今の時代いない。

で、なぜかと考えてみると、青野九段は基本的に穴熊の類を指さない。振飛車にも基本的に急戦で攻めていく。しかし、振飛車に急戦で攻めていくと、いくら中盤でそこそこよくなっても、終盤猛反撃をくらう。昭和の定跡で述べたように、振飛車に対して急戦だと、ちょっとくらい不利でも振飛車側もって中盤以降なんとかなると、菅井六段は思っていて、久保九段もそれを言下に否定できない。

すなわち、いくらでも弾が飛んでくる戦場に青野九段は逃げないで身を晒し続けている。これが、還暦になってもあのクラスに留まっている秘訣なのではないか、私はそう考えている。

そういう私はというと、難しい試験にチャレンジすることも、将棋で強豪に挑むことも、気になる異性にアプローチすることも、すべて逃げてきた。退嬰の極みである。唯一逃げなかったのは、外資系にいたときに、上司に対してきちんと筋を通して問題を指摘したことくらいのものである。それさえもFさんに先導されてだった。まあ、この文章の文脈で、私のことに言及するのはお門違いも甚だしいのであった。

新宿鮫8

user-pic
0

自分のブログ記事をみていて、最近小説の感想文みたいなエントリが多いよね、とちょっと苦笑する。その理由は自分には明らかで、要するに仕事のプレッシャが増加してストレスが溜まっているのである。

仕事のプレッシャというけど、と自問するのは、今は基本的に残業しないし、仕事を自宅に持ち帰ることは禁止されているので、どうみても外資系に勤務していた頃より楽なはずなのである。それでこのストレスはなに?と考えてみると、残業しないという条件で、ある一定以上の量の仕事がくると、極めて高い密度で仕事する必要がでてくる。

しかし、勤務スタイルで書いたように、私はもともと冗長と冗漫と、非集中力を売りにする人間なのであって、雑談しながら、適当に油売りながら、まったりと仕事するのが本来の働き方なので、高純度の勤務というのは、水で割らない焼酎を飲むようなもので、胸焼けするのだった。だからそれの癒しに、特にミステリ系の読書を要する、という次第である。

それでもラウンドロビンではないが、小説を読んだら次に工学書読みにしたり、哲学書を入れたりと、私なりに気分を変えながらいろいろな本を読むのがパターンなのだが、最近自発的ラウンドロビンの破れを起こす事件があった。それは、新宿鮫シリーズである。

いっぱしのミステリー読みのはずなのに、恥ずかしながら還暦を過ぎるまで、新宿鮫シリーズの面白さを知らなかった。それで今更のように新宿鮫にはまってしまった。なにしろストーリーの練度が半端じゃない。それで気づくと、新宿鮫8「風化水脈」を通勤鞄にロードしていた。

しかし、「風化水脈」はなんと700ページ以上もある。ただ、光文社文庫の新装版では、老人対策なのか文字が大きくなっているし、もともと大沢在昌の配慮なのか短い会話文のページが多くて、そんなに文字の密度が高い本ではないが、ともかく物理的にずっしりくるのは一応の重みである。

その本の厚さに相応しいというか、この本は、新宿での車の窃盗という比較的地味な事件を鮫島が追うところから始まる。手口はというと、駐車場にプレート式の車止めで置かれている車の車止めを解除して、偽造のキー操作で車をどこかにもっていってしまう。

しかし、そのまま車を走らせていると、都内のNシステムに引っかかってしまう。Nシステムとは都内の複数個所にあって、ナンバーや運転手を撮影するシステムである。そのため、鮫島は、盗んだ車は、どこかのガレージでナンバーを取り換えられ、色も塗り替えられて特定の場所まで運転していって、外国に運び出されるのだと想定して、新宿近辺のそれらしいガレージを探して回った。

そうしているうちに、鮫島は、ある駐車場の老いた係員と懇ろになり、新宿の歴史の話題に花咲いた。それによると、新宿のというのは江戸時代から遊興の地であったらしい。何もいまに始まった話ではないのである。

そうやって怪しいガレージを監視していると、あやしい動きがあった。そこでガレージの隣の空き屋に入ってみると、鮫島は驚くべきものを発見したのだった。

一方で、藤野組の真壁が出所したらしいと鮫島は知った。一本筋が通ったヤクザである真壁に共感を覚えていた鮫島は、さりげなく真壁の様子を探っていた。

そんな真壁には、雪絵という情婦がいて、雪絵の母はいまでも新宿で小料理屋を営んでいる。そして、雪絵の母は女の勘なのか、雪絵の付き合っている男がヤクザらしいと察知し、嫌悪感を示した。

真壁は、服役している間に藤野組がすっかり変わってしまったことを知る。そして、組の中で自分の居場所をみつけるのに苦労し、その苛立ちを雪絵も感じた。

こういう淡々とした日常的なストーリーが展開されるのだが、これも大沢在昌の卓越した手腕なのか、ストーリーに全く退屈しない。むしろ、淡々とした中に、次第に明るみになる自動車窃盗団のメンバーと藤野組の関係、そして真壁の関与、と最初はノイズのようだったストーリーの微かなうねりが、次第に可聴音となって、緊張感を高めていく。

新宿鮫2「毒猿」の対極にあるようなスタティックなストーリーなのであるが、まるで副主人公の真壁のような一本筋の通った小説なのだった。

今更なんという当たり前のことを言うのだと言われそうであるが、米国留学のような本格的な英語の修行をしたことのない私にはやはり、英語を読むのは辛い。なので、毎週機械的に送られてくるTIMEを1ページも読まないで放置する週というのはそれほど稀ではない。

しかし、ちょっと前の号だが、TIMEの6月29日号は違った。見出しをみると、Putin's Secret Army - How the Russian President turned Chechen enemies into his closest allies とある。えっ、どういうことだ、と私は食い入るように記事を読んだ。以下は私なりの記事の要約である。

1990年頃、ソ連が崩壊したのに伴って、ウクライナ、グルジア、アルメニアが相次いでロシアから分離独立した。エリツィンが、チェチェンとの国境線を引いた。

伝統的にロシアにとって、黒海とカスピ海の間の戦略地域を支配することは重要である。その意味で、ロシアは是非ともチェチェンに対するコントロールを失いたくない。

そして、1999年頃、チェチェンのゲリラが、ダスゲダン地域に攻め入った。それを好機と捉えたプーチンは、チェチェンに攻め入った。そこらあたりは、アンナ・ポリトコフスカヤの「チェチェン やめられない戦争」三浦みどり訳、あたりに詳しい。といいつつ、私は買ってはいるが、この本をまだ読んでいない。なんという怠慢。

さて、プーチンは、本格的にチェチェンを空襲した。空軍をもたないチェチェンは、まったく対抗できなかった。そして、勝ち目がないと諦めた流石のチェチェンのゲリラは次々と投降した。それでもチェチェン国内にはまだ沢山の抵抗分子がいた。

そこでロシアは、チェチェンの指導者であるAkhmad Kadyrovに、国内のゲリラを掃討することの手助けをすることを申し出た。こうしてKadyrovは、ロシアが国内のゲリラを制圧するのを援助した。

しかし、ゲリラも手を拱いていない。2004年の首都グローズヌイでの軍事パレードで、爆弾を仕掛け、Kadyrovを爆殺した。それをみたKadyrovの息子のRamzanはモスクワに急行し、涙ながらにプーチンへの権限移譲を受け入れた。

その見返りに、ロシアから豊富な資金援助を受け、Ramzanは、屈強な武装部隊を組織した。そして、チェチェン国内のあちこちで、降伏か然らずんば皆殺しか、と迫った。

こうして、2009年頃までにチェチェンは平定され、チェチェンは少なくとも表面的にはロシアに忠誠を誓うまでになった。

そして今年になって、ウクライナへ進行する尖兵となったのもチェチェンの志願兵だった。もともと、子供のときから国民皆兵で軍事教練するような国だから、チェチェンの志願兵は屈強である。

そういえば、チェチェンゲリラ従軍記の記事で私は、アンナ・ポリトコフスカヤを暗殺したのがFSBであるかのように書いたが、2006年の時点でチェチェンがロシアに降伏し、忠誠を誓っていたなら、アンナ・ポリトコフスカヤを暗殺したのがチェチェン人であってもなにもおかしくない、ということになる。まあ指示したのがFSBなら、意味は同じだが。

しかし、ロシアの自爆テロで書いたような事情だと、チェチェンがこのまま親ロシアを続けるとも思えない。一体どうなるのだろう。

規律という記事を書いたのはまだ、前の外資系に勤務していた頃だった。あれから早期退職し、再就職して随分時間がたったような気がするが、早期退職してからまだ2年もたっていない。光陰矢のごとしの反対なのだが、こういうのをなんというのだろう。

ともかく、前も書いたが、前の外資系というのは、ありえないくらい自由な勤務体系で、それならせめて、仕事の件数や質など、最低限の成果主義を敷かないと、少なくとも営利企業としてはおかしいが、大した成果もなくただひたすら野放図にやっている輩もいたりして、それでいいのかと自問して、いいわけないじゃんと自嘲して、まあ自分はせめて、自分なりに高い基準を課して仕事しようと言い聞かせていた。

それで私がやったことは、自由な勤務体系を利用して、通常の勤務時間は、チャットなどにより、気の合った仲間と延々と雑談したりした。そうやって雑談しながらいろいろ情報も仕入れるというのが私のやり方で、社内にそこそこ知り合いを作っていたはずが、退職するとそのほとんどは無になってしまった。人間関係というのは本質的に儚い。

さて、勤務時間中に延々とチャットしていても、あるレベルの仕事をしようとすると、どこかで長時間仕事するよりない。私は土日や休日を仕事に充てた。思い出すと、土日や休日はほとんどいつも特許の明細書を書いていた。家内は呆れていたが、次第に文句いっても仕方ないので無視するようになった。そうやって時間を贅沢に浪費して明細書を書くのが私の道楽だった。

ところが、今勤務している典型的な日本の会社に再就職してからは、基本的に残業なしで、定時勤務となった。私は冗長に時間をつかって勤務するスタイルだったので、定時勤務というのに異様にストレスを感じたのだが、他に変わる会社もなくて仕方ない。

せめてもの抵抗で、朝定時よりも1時間くらい早く着くように会社に行くことにした。その方が電車も混まないし、仕事が忙しいときのバッファにできる。

まあなんのかんのといっても、仕事の絶対量は外資系に勤務していたときよりは随分少なく、特許調査というのは明細書を書くよりは楽なので、なれてくると、退屈を感じるほどだった。

ところが、定年で65歳以上の人が何人か辞め、それでいて人の補充がない、ということになると、一人当たりの仕事がぐっと増え、気持ちの負担が半端なくなってきた。

すなわち、仕事の量がふえても残業は原則しない、仕事の持ち帰りも禁止となると、きわめて高い密度で仕事しなくてはならない。で、私がやったことは、コンピュータツールを駆使しての能率化である。しかし、ツールを駆使して合理化できることとそうでないことがある。

それでやったことは、質をあまり落とさない程度に、手間を間引くことである。なんだ手を抜くのかといわれそうだが、なにしろ仕事には期限がある。期限を過ぎることは、多少の質を下げるよりもはるかに罪が重い。それで、あまり得意でないのだが、集中力を高めることにした。すなわち、将棋でいえば、朝からチェスクロックで秒を読まれながら指すようなものである。

そうやって数ヶ月間、仕事の質と期限のバランスをとりながらなんとか仕事をこなす生活をしていたら、流石にストレスが限界に達しそうになった。酒量が増え、土日は、まるでうちの飼い猫のようにだらしなく怠惰に安息するだけだった。

ま、でも、通勤が100%座れて、寝ようと読書しようと自由という時間が一日3時間以上もがっちりもてるのが、救いかもしれない。これくらいを不幸といったらバチがあたるのだった。

単なる野次馬的興味かもしれないが、私は、ウイルスはどうやって発生したのだろう、きっとそれは生物のDNAやRNAが剥離して体外に抜け落ちたものなのだろう、くらいに漠然と考えていたりした。

ところが、「生命のからくり」中屋敷均著、講談社現代新書を読んでいたとき、ちらっとエピソード的にウイルスの起源の話題が記述されていたので、とりあえず書き留めて今後の考察のネタにする。

すなわち、この本によると、ウイルスの起源の説には、以下の3つがある。

  1. 細胞性の生物ができる前に存在した元祖「自己複製子」が現在も生き残っているとする説。
  2. 細胞性生物内のmRNAやtRNAといった核酸分子が進化し、細胞外に独立して出て行ったとする説。
  3. 細胞性生物内のゲノム縮退が極端に進み、現在のウイルスになったとする説。

私のナイーブな考えは、2番目の説に近いのかもしれない。ただ、何かの科学的根拠に基づいているわけではないので、私の卓見は皆無なのであるが。

この本の筆者によると、3番目の説は、根拠が乏しく、いままで表舞台にはあまり登場しなかったが、ブフネラ、カルソネラ、ミミウイルスなどの発見により、次第に注目されるようになってきているようである。

まず、ブフネラであるが、アブラムシと共生関係にあるグラム陰性菌である。その共生関係は極めて強力で、ブフネラなしではアブラムシは生育が悪くなり生殖能力を失うほどであり、一方、ブフネラはアブラムシの中でしか生きていけない。このように依存関係が強くなると、ブフネラは、独立に機能すべき遺伝子を脱落させ、遺伝子を軽量化している。その分、アブラムシの遺伝子に依存している。

同様に、キジラミのバクテリオサイト内に棲む共生細菌であるカルソネラは、遺伝子数が182個と、極端に少ない。

逆に、ミミウイルスは、大きさが細菌レベルであるのに表面形状がどうみてもウイルスなのでミミウイルスと名付けられたものであるが、ミミウイルスは、独立生活している細菌の中で最小ゲノムをもつ細菌と同等のゲノム数と同等のゲノム数をもち、なんとウイルスにあるまじきにも、ほとんどのたんぱく質合成に関与する遺伝子ももっている。

ここからは私の想像なのだが、細菌は、共生により、機能を共生生物にアウトソースすることによりゲノム縮退させウイルスになっていく方向と、ウイルスあるいはゲノムの断片のような存在が、M&A?を行い、細菌に昇格する方向があるのだろうか。

個人的には前者の方向が気になるが、進化論的には、後者の方が本質的なのだろう。そう思って本棚を眺めると、「自己組織化とは何か」都甲、江崎、林著、講談社ブルーバックスが目に付いた。ここらあたり、関係してくるのだろうか。

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。