2015年8月アーカイブ

人魚姫

user-pic
0

今まで何度も書いたことがあるが、私はときどき本に「呼ばれる」ことがある。本屋、特に典型的には古書店なのだが、誰かに見つめられているような気がして振り向くと、そこに興味がある本があったり、疲れていてどこにも出かけたくないのに胸騒ぎがして、ある古書店に行ってみると、果たして、前から読みたかった本がそこにある、などである。

例えば、最近買って読んだ、誉田哲也の「インビジブルレイン」と、海堂尊の「チーム・バチスタの栄光」がそうで、ええ本あるさかい、近くの古本屋を覗いてみんかい、とどこからともなく呼ばれて、この暑いのにと心の中で愚痴を言いながら行ってみると確かにある、というパターンなのだった。

ところが、その後また、同様に呼ばれて古書店に行ってみると、特に目当ての本がない。あれっ、今回は勘が外れたか、それにしても空手で帰るわけにもなあ、と本棚を眺めていると、カミラ・レックバリという女流作家の小説が集英社文庫で三冊並んでいた。どれも結構分厚い。とりあえず「人魚姫」というのを手にとって、裏表紙をみると、著者の写真が載っていた。まあ美人なんだろうけど、ちょっと私の好みのタイプとは違う。

作家が美人かどうかはともかく、そもそも「人魚姫」というタイトルに引いてしまう。きっと過剰にメルヘンチックだったり、ラブロマンスだったりして、砂糖を過剰に加えた紅茶みたいなものではないかと軽い嫌悪感を催して、一旦は本棚に戻した。

ただ、ポジティブに作用した要素があって、それは、カミラ・レックバリがスウェーデンのミステリー作家であるということである。ちょっと前にやはりスウェーデンの人気作家であるヘニング・マンケルの「殺人者の顔」を読んで、やはりスウェーデン・ミステリーはレベルが高い、と感心した。すなわち、おそらくであるが、ミステリにおけるスウェーデンというのは、サッカーにおけるイタリアのようなものなのだろう。そのスウェーデンにおけるミステリ界で、カミラ・レックバリは、イギリスにおけるアガサ・クリスティなみに国民的作家という評判らしくて、これは半端ではないかも、とともかく「人魚姫」を買った。

しかし、止せばいいのに、例によってアマゾンで「人魚姫」の評価をみると、かなり厳しい。とても本国で大人気のミステリとは思えない。それで、ちょっと構えて、いつでもリタイヤしてもいいぞ、倒れたら骨は拾ってやるからな、と自分を励ましながら、骨って何の骨だよと自己突っ込みしつつ、「人魚姫」を読み始めた。すると、意外にも?グイグイ引き込まれるのだった。

「人魚姫」は、エリカ&パトリック事件簿というシリーズの一つで、夫婦であるエリカ・ファルクとパトリック・ヘードストルムが力をあわせて事件を解決する、というものだが、パトリックは刑事であるものの、エリカは作家なのだった。すると、パトリックが事件に遭遇して、その推理をエリカに相談するのかとおもったら、スウェーデンの女性というのはとても積極的なようで、捜査権もないのにエリカが単独で暴走して調査し、うんざりしつつ、妻に何もいえない(よくあるパターンである)パトリックがそれを追認するということなのだった。

「人魚姫」の中心人物は、クリスチャンという新進作家の男性。妻と子供二人がいる。そのクリスチャンの小説のデビュー作が「人魚」というのであって、当然に「人魚姫」という題とリンクしている。

事件の発端は、クリスチャンの仲間の一人、マグヌスが行方不明になったことだった。それと関連しているのかどうか不明であるが、クリスチャンに脅迫状が何通も届いていた、という事実も発覚した。

しかし、クリスチャンはそれを必死で隠蔽し、あるいは問題ないことのように振る舞うので、逆に怪しんだエリカとパトリックは、クリスチャンの過去に何か関連があるらしいと調べるのだが、まるで断絶したかのようなクリスチャンの過去を探るのに困難を覚えた。

そして、ありとあらゆる手を尽くして次第に浮かび上がったクリスチャンの過去は、マグヌスだけでなく、クリスチャンの他の仲間であるエーリック、ケネットにも広がる深淵なものだった。

カミラ・レックバリの一つの特徴は、推理やストーリーの展開がとても丁寧で緻密であることである。なので、ある程度注意深く読んでいると、ストーリーを見失うことはない。

別の特徴は、心理描写がとても巧みであることである。特に実体験に基づいているのだろうが、夫婦や恋人間の心理的葛藤、不安、期待、出産や育児の大変さなど、読んでいて気が重くなるほどリアルである。最初に予断した、浅薄さから遠い、重厚ともいえる記述である。そういえば、レックバリ自身、一度結婚して離婚し、また別の男性と再婚している。

なるほど、こういう推理と心理描写の緻密さと、プロットの巧みさが、レックバリをして、ミステリ王国スウェーデンでも、高い評価を勝ち得させているのだ、と納得した。そして、「人魚姫」を半分くらいまで読んでレックバリの力量を認識した段階で、この本を買った古書店に急いて行き、残りの二冊のエリカ&パトリック事件簿を買った。これは「呼ばれた」わけではなく、純粋に私の意思である。

特許で、本権一部抹消登録申請という手続きがある。知っている人はあまり多くないかもしれないが、どういう手続きかというと、特許査定になったあと、複数の請求項がある場合に、特定の請求項の番号を指定して、権利から落とすことができる手続きである。

折角取得した請求項をなぜ落とすのかという疑問が出てくるが、その理由は、例えば100個くらいの請求項で特許査定になると、最初の維持年金の額はそれほどではなくても、年分が増えると倍々で高くなるので、比較的重要でない請求項を選んで落とすことがありえる。

しかし、特許庁のJ-PlatPat(旧IPDL)のメニューをいくら調べても、どの特許に本権一部抹消登録申請がなされているか全く調べることができない。

ところが、前にブログに書いた審査経過データベースを使うと、本権一部抹消登録申請がなされた特許を調べることができる。

そのコードは、R311802, R321802, R341802, R332802の4種類がある。私はこの4種類の違いが判らないので、IM=R311802+R321802+R341802+R332802と、論理和で指定してみた。

すると、本権一部抹消登録申請がなされた特許は2237件だった。私は実は、ほとんどないと思っていたので、意外に多いではないかと感じたのだが、審査経過データベースは、整理標準化データを利用しているので、ここ20年くらいの審査経過ということになる。すると、結局本権一部抹消登録申請は平均して、年に100件程度しかない、ということになる。

一方、特許査定になった累計件数は300万件程度なので、本権一部抹消登録申請がなされるのは、1500件に一件程度のかなり稀な手続き、ということになる。

そこで日本で一番多く特許を取得しているパナソニックでみてみると、なんと本権一部抹消登録申請をしているのは今までで一件だけだった。それは炊飯器の特許で、到底重要なものとはおもえない。

他には、東芝とその子会社全体で今まで本権一部抹消登録申請したのは今までで2件だけ、ソニーに至っては今まで0件だった。このように、ほとんどの会社は、本権一部抹消登録申請など利用したことがないはずである。

なぜ本権一部抹消登録申請が使われないかというと、おそらくであるが、手続きが面倒なのである。なぜなら、手続きは紙ベースで、どの請求項を落とすと記載しなくてはならないが、請求項を読んでそれを判断するのは面倒である。そうするくらいなら、重要性が乏しくなった特許そのものの年金支払いを止めればよい。

本権一部抹消登録申請が不都合な点を他に挙げると、普通の特許データベースではその手続きがなされているかどうかわからないこと、また、審査経過データベースを使っても、どの請求項が落とされたかと調べる方法はない、ということである。特定の特許番号に対して本権一部抹消登録申請があったかどうかだけは、特許庁J-PlatPatの経過情報のところから一応わかる。

このように分かりにくいと、特許のライセンスや譲渡に極めてなじみにくい。なので、特許実務上、まず考慮されることがない手続きである。

参考までに、本権一部抹消登録申請をした権利者を件数で類別してみると、約100件程度手続きした権利者が5名(5社)あり、その中には外資系も2社ある。その他はロングテールで、1件しか手続きしたことのない権利者が極めて多数である。おそらく、どんなもんか1件やってみようとやってみたら、面倒というか意味がなかったと分かったということなのだろう。

本権一部抹消登録申請を駆使して特許年金の費用を削減しようとしている人がいるとは思えないが、もしいたら、特許管理のイロハさえ分かっていないか、正気を疑うべきであろう。

前局の広瀬の完敗からみてとれるように、広瀬はどうみても本調子ではない。もちろん羽生は強いのだが、普段ならもうちょっといい勝負になるはずである。そう思っているうちに、カド番の王位戦第5局が始まった。広瀬の先手。数年前の広瀬ならともかく、いまはもう穴熊の連採はないだろう。すると矢倉か、角換わりかと思っていたら、角換わり腰掛け銀だった。例によって一気に41手目まで進める。

【図1】 41手目▲4七金まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲広瀬=角
ここは一局の骨格を決める局面だが、広瀬は▲4七金と上がった。これ対して羽生は△4三金直と指したが、それ以外の手だと、いきなり▲4五歩と仕掛けられて後手が悪いのだという。ううん、そんなことさえ私は知らなかった。以下、△4三金直,▲4八金,△6五歩,▲6四角,△9二飛,▲6五歩,△6三銀,▲5五角,△5四銀,▲6六角と進んで、羽生は△7三桂と指した。

【図2】 52手目△7三桂まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲広瀬=歩
△7三桂に対していったん▲6四歩とかわす手もあるようだが、広瀬は▲2四歩と果敢に攻め合いを目指した。そして以下、△2四同歩,▲2五歩,△6五桂,▲6八銀,△9五歩,▲同歩,△9七歩と羽生も攻め合いを志向し、広瀬の▲2四歩に、一日目の夕方となり、羽生は次の手を封じた。

【図3】 61手目▲2四歩まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲広瀬=歩2
▲2四歩に対する羽生の封じ手は、△6九角だった。これに対して広瀬が▲8四角といったん出たのはやや意外だった。以下、△3六角成,▲4七金,△2七歩,▲3八飛,△2六馬,▲6六歩,△6七歩,▲同銀引と進み、

【図4】 72手目△3五歩まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲広瀬=歩2
羽生は当然の△3五歩だった。以下、▲6五歩,△3六歩,▲2五桂,△同馬,▲3六金,△2八歩成,▲2五金,△3八と,▲3五桂と進んでみると、玉頭が圧迫されていて、いかにも羽生が苦しそうである。

【図5】 82手目△2九飛まで
持ち駒:△羽生=桂



持ち駒:▲広瀬=角歩3
羽生は当然の△2九飛の反撃である。これに対して広瀬は▲4一角で、次に▲2三桂成があるので、羽生は△2五飛成とは金を取れない。ところが▲4一角に羽生が△3一桂と受けると、意外に広瀬の継続手段が難しい。以下、▲4三桂成,△同銀,▲3四歩,△2五飛成,▲3三歩成,△同桂,▲5一角成と広瀬は迫ったのだが・・・。

【図6】 92手目△2四龍まで
持ち駒:△羽生=金桂歩2



持ち駒:▲広瀬=金銀歩2
羽生が△2四龍と金を払うと、にわかに上部の視界が開けてきた。以下、▲9七香,△6六歩,▲同銀,△4八と,▲3六銀と広瀬は上部を抑えようとする。

【図7】 98手目△2五金まで
持ち駒:△羽生=桂歩



持ち駒:▲広瀬=金歩4
すると羽生も、抑え込まれまいと△2五金と応じて、以下▲3七金,△5四桂,▲6七銀となった。

【図8】 102手目△5八とまで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲広瀬=歩4
ここで、なにか駒に当たっているわけではないのにじっと△5八とが厳しい。以下、▲2五銀,△同龍,▲2六金打,△6六桂,▲同銀となって、羽生は龍に金が当たったままであるが。

【図9】 108手目△6九銀まで
持ち駒:△羽生=銀歩



持ち駒:▲広瀬=桂歩4
羽生は、△6九銀とひっかけた。あと、金が一枚あると簡単に詰む。なので、広瀬は▲7九金と耐えるが、羽生は△6八銀と追撃を緩めない。以下、▲6九金,△同銀不成となった。

【図10】 113手目▲9六香まで
持ち駒:△羽生=金歩



持ち駒:▲広瀬=銀桂歩4
そこで仕方なく広瀬は、▲9六香と玉の懐を広げたが、次の羽生の△5二飛が決め手となった。以下、▲5二同角成,△同銀,▲7九銀,△6八角,▲同銀,△同と,▲9七玉,△7八銀成,▲9九角と広瀬はとりあえず粘ったが。

【図11】 投了図124手目△8八銀まで
持ち駒:△羽生=金歩



持ち駒:▲広瀬=飛桂歩4
△8八銀は▲同角の一手だが、△同成銀で先手は全く受けがなく、後手に対する手掛かりもないので、投了もやむなし。

またしても羽生の強さだけが目立ち、防衛となった。こうして羽生は、後顧の憂いなく天彦と王座戦を戦える。しかし、天彦は、いまの広瀬よりはちとばかり手強そうである。

里見三段

user-pic
0

ちょっとうっかりしていたのだが、将棋連盟のホームページに下記のアナウンスがあって、思わずおおっ、と心の中で叫んだ。

2014年4月の第55回三段リーグ戦から休場しておりました里見香奈奨励会三段(=女流名人・女流王位、23歳)が、このたび2015年10月からスタートする第58回三段リーグ戦より参加することをお知らせいたします。

里見がとりあえず女流棋界に復帰したのは、ウェブで改めて確認すると今年の1月8日だった。そのとき、10ヵ月のブランクがあるし、体調ももしかしていまいちなので、女流相手でもそんなに簡単に勝てないと私は思っていた。

なにしろ甲斐や香川は、公式戦でときどき男性プロに普通に勝ったりするし、清水や上田もまだまだ健在である。

ところが復帰した里見は鬼のように強く、なんと女流相手に30連勝してしまった。これは多分、C級1組の男性中堅棋士でも達成は困難であろう。

で、そろそろ里見は奨励会に復帰してもいいのでは、と私だけでなく世間の人達も思ったはずだが、一方で私は、奨励会での戦いが精神的にプレッシャになって休場したので、奨励会に復帰はやはり難しいのか、今すぐではないにしても、このまま奨励会は退会して純粋な女流棋士に戻るのかと予想していた。

そこで私はむしろ、里見よりも西山朋佳二段が三段になることを期待しようとし、その成績を細目にみている時期があった。すると、西山は一時期好調で、私の記憶が正しければあと三連勝で三段という時期があった。ところがその後連敗し、その後持ち直したものの、成績は一進一退で、勝率はほぼ五割、三段は遠くなってしまった。

その一方で、里見の三段リーグ復帰はないんだよなあ、と考えていた矢先なので、里見の奨励会はまさに望外なのだった。

でもなあ、と悲観的な私は一方で思う。里見三段はもう23歳、奨励会三段は25歳で退会の規定で、すると約1年のブランクは実に惜しいな、と。ともかくなんとか里見に三段リーグを突破してほしいものである。天野貴元さんなど、結局四段になれなかった人達のことが思い出されて、なんかちょっと難しいかな、と気持ちがどうしても出てしまうのだが。

殺人者の顔

user-pic
0

先日、読売新聞の朝刊を眺めていたら、スウェーデン・ミステリの小特集があった。そこでは当然に、「ドラゴンタトゥーの女」を含む、スティーグ・ラーソンの「ミレニアム」が採り上げられていたが、それ以外にも、ヘニング・マンケルの刑事ヴァランター・シリーズが人気とあったので、最近ミステリに関して進取の気質に富む?私は、迷わずアマゾンで、ヘニング・マンケルのヴァランター・シリーズの第一作「殺人者の顔」創元推理文庫を注文し、届いたら直ちに読み始めた。

さて、主人公は当然に、刑事のクルト・ヴァランター。スウェーデンのスコーネ地方の小都市であるイースターに住む。ストックホルムとは違い、そういう田舎では滅多に大事件は起きないが、ときには例外もある。

すなわち、ある老夫婦は朝起きて、どうも隣家の様子がおかしいと感じる。そこでおそるおそる覗いてみると、なんと隣家で人が血を流して倒れているのがちらっと見えた。

大慌てで警察に通報すると、やってきたのは、ヴァランターとその同僚の鑑識担当刑事、リードベリ。殺人事件には慣れているはずなのに、その現場は凄惨すぎて正視できなかった。しかし、手掛かりは多く残されていそうなので、早目に解決できそうとそのときは思ったのだが、実際はなかなかそうは問屋が卸さなかった。

ところで、ヴァランターは、刑事にありがちなのだが、娘がぐれて手に負えなくなり、妻も愛想をつかして出て行ってしまった。また、実の父親が呆けて、それでも一人で絵を描いて暮らしているのだが、ちょっちゅうヴァランターを呼び出すので、うんざりしていた。そんなヴァランターであるが、責任感あふれる性格により、警察署での人望は厚い。

事件に戻って、被害者は老夫婦だったが、夫の方は駆けつけた時既に亡くなっていたが、妻はかろうじて生きていた。その妻は病院に運ばれ、ついにこと切れてしまうとき、「外国の」とだけつぶやいた。

スウェーデンは、外国人の亡命を安易に受けていれるということで、政府が批判をあびており、なのでその発言が世間に漏れると騒然となるため、警察はこの情報を内部に留めておいた。しかし、誰かが密かにマスコミにタレこんだらしく、その記事が新聞に載ると、スウェーデンの極右のような活動家が、外国人を襲う事件を起こし、ヴァランターは、そちらの対応にも大童となった。

老夫婦虐殺事件であるが、全く手がかりがみつからないで困っていると、誰かが殺された夫の方に関する個人情報を密告してきた。その情報に色めきたったヴァランターたちは、夫の方の周辺を洗ったが、どうしても核心に近づけない。そこで、ヴァランターは、直観に基づき、一見無謀のような推理で、突破口を見出そうとした。

オーストラリアの、ある意味大味のミステリを読んだ後なので、スウェーデン・ミステリの緻密な描写とストーリー展開がうれしかった。もしかして、スウェーデン・ミステリというのは日本のミステリにも似ているのかもしれない。いや、心理描写で、日本のそれよりさらに巧みであるような気がする。

直木賞はともかくとして、純文学に苦手感のある私は、どうしても芥川賞にいまいち興味がもてないでいるのだが、それでも、一方でお笑い好きなので、又吉さんの芥川賞受賞には関心をもった。

その又吉さんの芥川賞受賞インタビューで、ああそうだよね、と思ったことがある。それは、又吉さんが、人生で辛いときは本をよく読んだ、それで気分が救われた、みたいな趣旨の発言をされていたということである。

辛いときに本の世界に入って、なんとか気分を慰めるということができる、ということが本好きの定義といってもよく、私もそれで何度救われたか分からない。そういう本好きであることが作家であるための必要条件なんだと思う。

そういう本好きから一歩踏み出して、日常的に何かを書き始める、となると、そんなに多くないかもしれない。さらには書くことを仕事にする、いわゆる作家になるという人はさらに少ない。しかし、読むことと少し違うような、似ているような、よく分からないのだが、書くことでしか救えない心の状態というのもあるのだと思う。

ドフトエフスキーが小説を書いたのは、いろいろな意味で破滅的な性格からのひとつの救済であったのは確かだろうし、より具体的には、裏切りを書いたカーリン・アルヴテーゲンが小説を書くようになったきっかけは、実兄の事故死で深刻な鬱症に陥り、そこから抜け出すためだった。

私のブログは、そこまで本質的な意味はないが、日々心に溜まっていくアイデアというかテーマを短い文章にして書き出すのは何ほどかのカタルシスであるのはたしかである。ただ、毎日なにか書くというのが負担に感じるのもたしかであるが、そういう場合は、本当にどうでもいい内容でお茶を濁したりする。

また、読むことに戻るが、ミステリー小説というのがこれだけ世間に人気があるのは、読書という仮想空間で殺人を経験することで、現実の悪意や殺意をうまく解消するという作用があるのだろうと思う。書きながら、よくもそんなベタなことがかけるよね、と自嘲したりするが。

ただ、今更そういうのは理由がある。先月だったか、奈良県で、ディスカウントストアに家族と一緒に買い物にきていた小学六年生の女の子が誘拐されるという事件があった。幸い、数日以内に犯人は捕まり、女の子も無事保護されたのだが、犯人が警察に話していたのは、仕事をクビになり、面白くないので気分を紛らすために誘拐したというのだった。

そのとき思ったのは、犯人が読書好きなら、何か犯罪小説を読んで溜飲を下げれたのに、ということである。しかし実は、本をよんでうまく気分転換できるというのは、多分そんなに誰もができる技ではない。

内向的で思い詰めるところがある私は、ちょっと怖いというか不気味な雰囲気があると高校時代にクラスメートに言われたことがある。そんな私が犯罪者にならなかった(今のところであるが)のは、まさに読書のお蔭なのだった。

情報砂漠

user-pic
0

例によって、自宅でビールを飲んだあと、YouTubeでクールファイブの曲を聴いていたら、情報砂漠という言葉が浮かんだ。

そして記憶は、私が知的財産協会のペーパーレス委員会の委員であったことに遡る。当時私は、電子出願やインターネット出願の仕様作成に中心的な役割を果たしていたメンバーの一人であり、そこで得た知識を、自社用ツールに反映させて、それなりに会社に貢献していると自負していた。

しかし、部下の一人が私に苦情を呈してきた。それは、折角知的財産協会の委員会に出席しているのに、その情報のフィードバックがほとんどないということである。ううんそうか、と私は反省して、知的財産協会の委員会で聞いたことの議事録のメモを自分が使っていたパソコンに入力した。折角なので、日時やカテゴリで分類できるように、ロータスノーツのテンプレートを利用した。そしてだいたい、月に一度のペースでグループミーティングを開き、そこでデータベースの内容をプロジェクタで投影しながら説明すると、みんなああだこうだと勝手なことをいうのだが、少なくとも情報フィードバックが足らないという批判は出なくなった。

そして、折角情報を伝えるなら、と自分が管理している予算や経費の情報も、これは部内限りだが、とコメントしつつきちんと説明した。もちろん人件費やその他の間接費用については、差支えあるので、開示しなかった。費用のところは結構突っ込みどころが多いので、みんな争うようにコメントしてくるのだが、そういうのに臆さず対応するのが私の特質だった。もちろん喜んでそうしていたのでなく、管理職というものはまあ仕方ないのだ、と覚悟のうえである。

もちろん管理職だけで保持すべきで開示してはいけないという情報はある。例えば各人の年収、昇進計画、異動計画、時限付きの人事情報、その他の個人情報、人事制度などである。それらをきちんと秘匿するのは理由がある。なので私の方針は、管理職として秘匿すべき理由がある情報以外は、求めに応じて開示すべし、という方針だった。これは間違えてはいないと今でも信じている。ただ、私はそそっかしいところがあるので情報開示にフライングは少しはあったかもしれないが、大枠では大過なかったはずである。

そのような方針をとったのは、情報は力であり、適切に情報を開示しないと部門の活力が損なわれる、と思ったからである。

ところが、私が管理職を降りてから、こういう情報政策がまさに180度変わってしまった。すなわち、開示してよいはずの情報が、手間がかかるとか、属人制度を維持するための偏りなどの理由で、極端に制限されるようになったのである。他部門の知り合いから教えられて初めて知る、ということが何度もあり、なぜそれを管理職が教えてくれないのかとその都度怪訝になった。

それはすぐには影響はなかったが、時間をかけてじわっじわっと部門のモラールを蝕んでいった。5年間も知的財産協会に出ているのに、一度も情報をフィードバックしない管理職がいた。それで、私がそのことを指摘すると、一度だけ10分くらい全体ミーティングで何か話して、あとで、これでどうだもういいだろうというので、私は駄目だこりゃと呆れ果てた。

駄目だこりゃはそれだけではない。何かを部門で機論するようなミーティングはなぜか必ず、管理職が外出する用件がある直前にセットされ、議論が盛り上がって肝心なところを質問しようしたとき、出かける時間なのでここで打ち切ります、と会議が終わり、何も実のある議論ができない。

また、誰か部員が辞めたあとも、辞めたことが関係部署に伝えられないで、外部の関連部署の担当者が、ええっ、彼は辞めたんですか、なぜ知らされないんですか、と私に抗議してきたりした。

その都度、それはまずいと私は元管理職として指摘したのだが、指摘しても無視されるか、挙句の果てには問題社員扱いされる始末なのだった。

こんな雰囲気を私は、クールファイブの歌の題をもじって、情報砂漠と呼ぶべきと思った次第である。こんな情報砂漠は、なんとなく様子を聞くと、私が辞めたあとも砂漠度を高めているらしい。

♪ああ、あなたがいても、あなたがいても、日はまた沈む、この情報砂漠♪

古書店で、江上剛の「もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら」文春文庫というのをみつけて、即買った。私が買わなければ誰が買うのか、などともちろん思うわけがない。ただ、なんとなく買っただけである。

実は私は、さらば銀行の光小説 金融庁などの著書を通して江上剛氏のファンなので、「もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら」も比較的短いタイムラグで読み始めた次第である。

で、江上氏の「顔を見るのも嫌な人間である上司」の対策は、きちんとその上の上司に問題を上申することなのであるが、私に言わせれば、それがうまくいくなら何も問題はないのである。普通は、結局自ら会社を辞めるか、変節して上司に阿るしかないところである。しかし、「もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら」などという本を読む人は、本心から上司に阿るとは思えない。すると、反抗して特攻のように散っていくのだろうか。それも男らしくていい。

もちろん、「もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら」は、それだけではない。部下と不倫になり妻にみつかったけどどうすればいいか、など即答できない質問が沢山ある。そして江上氏の回答は常にストロングスタイルというか、きちんと筋を通しなさい、責任をとりなさいというもので、そもそもが江上氏は総会屋であるヤクザが会社に訪ねてきて、机に刃物を突き立ててもきちんというべきことは言ったのである。

ううん、到底私はそこまで筋は通せない。なので外資系にいるとき、逡巡していたらFさんが導師のように私を導いてくれた。一旦導かれると我が心の原子炉は燃えた。

で、江上氏が指摘する例とは違って功を奏さなかったが、まあそうなることはしょっちゅうあると江上氏はもともと承知だろう。私だってそれでなんとかなると考えるほど世間知らずではなかったはずだが、結局きちんと筋を通したことで、後ろめたさや後悔のようなものはない。

それにしても、江上氏は、第一勧銀にあって不良債権の処理や総会屋問題に対処する渦中にあり、私が遭遇した問題などよりはるかに困難な事態をなんとかのりきった挙句に自ら決断して退職し作家になったのだから、私程度の問題が大変だったというと申し訳なくなるほどである。

そうやって一歩引いて自分をみれるだけでもこの本を読んだ価値があったと思う。

暑さのせいでバテていたというのもあるが、約一か月ぶりに図面入りの棋譜観戦メモを書いてみる。王位戦は、2連敗から広瀬が一勝を返し、第4局は追いつくか突き放されるかの重要な一局である。そんな対局に、デターというべきなのだろうか、広瀬は満を持して伝家の宝刀、四間飛車穴熊を投入した。広瀬はあえて封印していたのだろうか、久方ぶりにみるような気がする。新研究があるのだろうかと期待させるものがある。

【図1】 31手目▲5五歩まで
持ち駒:△広瀬=なし



持ち駒:▲羽生=なし
31手▲5五歩まで一気に進める。ここで普通なら後手は△6三銀、激しくいくなら△6五銀。この二択だと思っていたら、なんと△4三銀。誰も予想しなかった手である。広瀬の穴熊関係の著書にも記述はないはすである。以下、▲8八銀,△4四銀,▲3六歩,△7一金,▲7九金,△5二金,▲7八金寄,△4一飛,▲5八飛,△6二金左,▲1六歩,△3五歩,▲同歩,△4六歩,▲同歩,△3五銀,▲3四歩,△2二角,▲5四歩,△同歩,▲同飛,△6五歩,▲5五銀。ここではまあ五分なのだろう。広瀬はどう指すのかとみていると・・・。

【図2】 56手目△5六歩まで
持ち駒:△広瀬=歩



持ち駒:▲羽生=歩2
広瀬は、△5六歩だった。確かに5筋のと金は大きいと言われる。素人目には、▲5五銀と△3五銀の位置の違いでなんとなく先手が模様が良さそうなのだが、5七にと金ができると確かに分らないだろう。
以下、▲5三歩,△5一飛,▲3三歩成,△同角,▲3七桂,△5三金,▲3四飛,△5七歩成,▲3五飛,△3四歩,▲同飛,△4三金,▲3三飛成,△同金となって、

【図3】 71手目▲4二角まで
持ち駒:△広瀬=飛歩2



持ち駒:▲羽生=銀歩2
▲4二角と、只で取れないにしても両取りをかけるとどうみても先手が指しやすい。以下、△4一飛,▲5三角成,△4三金,▲7一馬,△同銀,▲5三歩,△同金,▲4五桂,△5二金,▲5三歩,△6二金となって、

【図4】 投了図 83手目▲5二金まで
持ち駒:△広瀬=飛角歩3



持ち駒:▲羽生=銀
▲5二金で広瀬は投げてしまった。まだ指そうと思えば指せるが、羽生相手とあっては、綾がないと戦意喪失したのだろう。

それにしても、穴熊のスペシャリストである広瀬のこの拙戦はなんなんだろう。【図2】 56手目△5六歩あたり、まだ五分かと思ったが、その後広瀬に悪手らしい悪手が窺われなかったところをみると、【図2】で、広瀬の玉は、「お前は既に死んでいる」だったのだろうか。だとすると、穴熊は難しく、微妙であり、怖いということになる。

ともかく、【図1】の△4三銀は、広瀬として指してみたい手だったのかもしれないが、やはり△6五銀が正解で、難しい戦いではなかったろうか。

東海大相模

user-pic
0

子供の頃私は、野球ファンで熱烈な巨人ファンであった。しかし運動神経はまるで駄目なので、田舎の草野球といえどもせいぜいが球拾いで、仕方なくアイデンティティを観る野球に見出した。

そして、野球をみながら、ここはエンドランしかないぞ、とか勝手に叫んでいたのだが、なにしろ野球理論の入門書を一冊だって読んだことがないのだから、知識もまた草野球のレベルだった。

そんな私だから、高校野球もファンで、特に夏に甲子園の高校野球の放送があると、テレビにかじりつくように観ていた。応援するのは当然に地元の広島県のチーム。そんなに頻繁に優勝したわけではないが、広島商や広陵はそこそこ強くて、いつも優勝候補と目されていた。そういえば、地元中の地元、尾道商も一度か二度、春の甲子園で準優勝したことがあり、そのときは地元でパレードがあった。

といいつつ、一時は江夏や津田などの黄金のストッパーを抱えて隆盛を極めた広島カープが退潮していくにつれて、私はプロ野球、そして高校野球にも次第に興味を失っていった。家庭に、仕事に忙殺されていった、というのもある。

そんな私が本当に何十年かぶりに、今年は高校野球への興味を復活させた。その理由は猛暑にある。あまりに暑いので、自宅のリビングでクーラーを利かせて、地方予選の段階から高校野球を観戦した。

あと、ぶっちゃけ、60歳を過ぎて暇になったというのもある。外資系にいた頃は、自宅にいるときもいつも特許明細書を書いていたような気がする。ちょっとした流行作家気分である。しかし、特許明細書は、小説と違って、審査官という単一の読者しかいないのだが。

戻って、地方予選をみていて、早実は準決勝で、序盤からエラーが重なり、大差をつけられてしまった。ううん早実は大したことないのかと思ったら、8回の裏だったか、清宮のヒットなどもからめて一気に8点取り、逆転してしまった。粗削りだが、なかな底力のあるチームだと思った。

一方、神奈川県予選であるが、だいたい例年、横浜高校と東海大相模が最大のライバルなのだが、今年は東海大相模の強さが際立った。なにしろぶっちぎりなのである。横浜高校でさえ鎧袖一触だった。ここ何年か死語になっていた「神奈川を制する者は全国を制する」というドカベンの言葉が甦った。

さて、甲子園。私はno questionで東海大相模を優勝候補の筆頭に据えた。対抗は早実、春の優勝校の敦賀気比、大阪偕星、沖縄の興南あたりかと思った。仙台育英があんなに強いなんて、完全に私の見落としだった。

途中から私は、興南の応援にリキを入れた。理由は、戦争の特集番組で、悲惨な沖縄戦のことを観たからである。もちろん、原爆を落とされた広島・長崎は、人類史上でもトップクラスの悲劇の都市であるが、多数の民間人が暮らす沖縄に米軍が上陸して戦闘したという悲惨さは、硫黄島やペリリュー島をさらに上回る。沖縄の人達に元気を与えるためになんとか興南に優勝してほしいと願った。それでも現実には、東海大相模に勝つのは難事だろうが。

早実が仙台育英に準決勝で完敗したのは、地方予選のときの弱みが出たと思った。地方予選なら地力で逆転できたが、仙台育英は半端ではなかった。

そして、東海大相模が優勝したのは、以上の記述から分るように、あまりにも当然の帰結で、私にはなんの感慨ももたらさないものだった。

といいつつ、プライぺード度を高めて言うと、東海大相模の校舎は、我が家から歩いて30分程度の近所である。あるとき散歩していて、東海大相模というラベルのついた校門をみたとき、おお、これが東海大相模なのか、と元野球少年(といっても観戦専門であるが)の血が騒いだ。それは、映画ファンが道を歩いていて、三船敏郎の家を通りがかるくらいの思いだったりする。なにしろ出不精な私は、甲子園出場経験がある高校は、他には尾道商業くらいしか訪れたことがない。

そんな東海大相模が45年ぶりに夏の甲子園で優勝とあっては、当然にパレードや地元の商店街のセールや、あるんだよね、と昨日はいろいろネットで情報を探ってみた。そして意気消沈させる記事に出会った。それによると、交通が混乱するので優勝パレードはしないし、野球憲章により、高校野球を商業的に利用することは遠慮してもらっているので、地元の商店街の優勝セールもないのだという。

よく言うよと私は思った。あれだけ高校野球の放送が全国区で幅を利かせて、マスコミは報道を煽り、一方で地元の商店街の優勝セールを自粛するなんてバランスを欠いていないか。

じつは東海大相模の最寄駅の小田急相模原の駅そばの商店街、通称サウザン通りは、私の散歩コースの一つでもある。なんかこっそり景気づけくらいやってよ、と虚しく叫ぶのであった。

壊れた海辺

user-pic
0

古書店で、「壊れた海辺」ピーター・テンプル、ランダムハウス講談社を買ったきっかけはよく分からない。本の後ろの方に、オーストラリア・ミステリ界の第一人者とあったので、、はて、どんなミステリだろう、と興味をもったのは確かである。最近なにげにミステリの版図を広げており、先日買って読んだ、ル・カレの「ナイロビの蜂」は、アフリカ情緒豊かで、なかなかよかった。そこで、今度はオーストラリアの下にドジョウを狙ったのかもしれない。

さて、いきなり読み始めると、主人公は、オーストラリアのポート・モンロー署署長のジョー・キャシン。もともとは都会の警察署にいたのだが、事件がらみで同僚が亡くなったので、傷心、生まれ故郷のポート・モンローに帰ってきた。

ポート・モンローは、名前から分るように港町で、サーファーのメッカでもある。自然豊かだが、開発が進み、次第に自然が失われつつある。

そんなポート・モンローは、港町にありがちなのだが、荒くれ者が多くて、小さい犯罪は絶えない。なので、キャシンの目の前に、流れ者のデイヴ・レップが現れたとき、当然にキャシンは素性を疑った。それでもつい心を許してしまうのは、キャシンの人間性がおおらかなのか、それとも田舎町なので、凶悪な奴はいないと高をくくっているのか。

そんなデイヴ・レップとキャシンが適当に付き合っていると、本当に犯罪が起こってしまった。地元の名士で社会奉仕家のチャールズ・ブルゴインが、自宅で何者かに殴打され、瀕死の重傷を負ったのである。実際、即死ではなかったものの、命は助からないほどである。

キャシンは関係者に聞き込みをはかり必死で捜査するのだが、全く手がかりが得られない。ところが、あるアボジリニの不良少年が、ブルゴインがもっていたのと同型の高価な腕時計をもっていたとの情報が入ってきた。

そこで、ポート・モンローの近隣のクロマティ署と共同で捜査していると、容疑がかかっているアボジリニの不良少年とその仲間が車で逃げていった。パトカーでキャシンやクロマティ署署員が追跡すると、少年たちが銃で撃ってきたので、刑事たちが銃で応戦すると、弾が少年たちに当たってしまい、三人の少年のうちふたりは死亡、一人は怪我という事態になってしまった。

要するに、警察に過剰防衛の疑いが生じてきたのである。このせいでキャシン他の関係者は、マスコミなどから激しく叩かれ、謹慎処分になった。

そうしているうちに、三人の少年のうちの残った一人も行方不明となってしまった。キャシンの立場はいよいよ悪化するのだが、意外にタフで打たれ強いキャシンは、謹慎にも拘わらず、隠密で捜査を続けた。そして次第に真犯人に迫ってきたのだった。

こう書いてみると、随分興味をもって面白く読んだようであるが、実は途中で退屈になり、何度も読むのを中断しようと思いつつ、切れそうな細い興味をつないで(このあたり将棋的表現の借用である)、結局最後までノンストップで読み終えた。

読むのを中断しなかったのは、何気に記述されるオーストラリアの情景がなかなかエキゾチックだったからである。また、私自身海辺で育ったので、やや懐かしさを覚えた、というのもある。

それでも、ストーリーが勝手にどんどん飛んでいって、何度もついていけなくなった。その都度、戻って読み直してなんとかフォローできた。そして我慢して読んでいると、残り1/3くらいまで達したとき、やっとミステリーぽくストーリーが急展開して興味深くなったからだった。

といいつつ、読み終えたときは、面白かった、というより、ううんなんとか読了したのぞ、という達成感の方が大きかった。

そこでやっと自分の気持ちが分かったのは、みるからに興味をそそりそうにないこの本をあえて選んだのは、今後もっといろいろな知らないミステリを読んでみるための読書の地力をつけるためなのだった。

ただ、ぶっちゃけ、これなら最近読んだ、今道友信の講談社学術文庫「西洋哲学史」の方がまだしも興味をもって読めたかな、などと折角の自分の努力に水をかけるようなことを思うのだった。

とりあえず次に読むミステリは手慣れたところに戻るとする。まあでも、「壊れた海辺」の読後感は意外にそんなに悪くない。あと、どうでもいいが、クロマティと聞くと、以前に巨人軍にいたあのスラッガーのたくましい姿がイメージで浮かんで、私を威圧するのだった。

矢切の渡し

user-pic
0

歳を取ってくると、最近のことはなかなか思い出さないのに、昔のことをスポットで思い出したりする。最近もふと、思い出したことがあって、あれはないよね、と思い出したのは、ある結婚式で「矢切の渡し」を歌った人がいたなあ、ということである。

「矢切の渡し」は私も好きな曲で、カラオケのレパートリーでもあるのだが、結婚式にはご法度だと思うのは、なにしろ、連れて逃げてよ、という歌詞から分かるように、駆け落ちの歌なのである。

映画のことは私はとても疎いが、確か、結婚式に彼氏が突然現れて花嫁をさらって行くという映画があったような気がする。それはそれでもし本当にあったら驚天動地であるが、でも考えようによってはとてもロマンチックで、小説のテーマになりやすい。駆け落ちしたはいいが、追い込まれて心中するなら、曽根崎心中になる。

で、連想ゲームではないが、私にとって駆け落ちといえば、小池重明である。随分女とお金にだらしなかった小池であるが、実質駆け落ちは二回か。まあ二回もすれば立派なものだろう。

刹那的な気持ちの時間微分あるいは空間微分がある種の悦楽であるなら、駆け落ちほど甘美な恋愛もなかなかない。後ろめたさ満点であるし。しかし、加速度をつけたジェットコースターがいつか止まるしかないように、どんな駆け落ちにも停留点が訪れる。そこで、お金はない、住まいはない、仕事はない、という現実に直面し、俄かカップルは絶望的気分になる。それでも愛があればいいのだろうか。

それにしても、なぜ小池のような、いかにも怪しげな男がもてるのだろう。これは言うまでもなくやっかみの表出である。すると、私の周囲の知り合いは、いかにも頼りなさげなのが女心をくすぐるのだと分かったように説明するのだが、私は全く納得しない。

私のように人畜無害で暴力も振るわないし、真面目に働く男の方が一緒に暮らすにはいいのではないかと自分勝手に思うのだが、自分でもそう書きながら馬鹿馬鹿しくなっている。

戻って、小池の駆け落ち性と、彼の将棋の強さには相関があるのだろうか、と自問してみた。しかし、私には駆け落ち性も、彼の半分の将棋の強さもないので、いくら考えても分かるわけがない。ただ、直観では、彼の中で相関がありそうである。

また突然思い出したのは私の最近の夢である。その夢の中で私は、川中島のようなところに閉じ込められており、私以外にも何人か閉じ込められているのだが、番人がいて、逃げたければ逃げればいい、しかし川の中にはピラニアがいて、逃げたら確実に食い殺されるぞ、と嗤う。それでも、勇気のある人が何人か川に飛び込み無事逃げおおせた。それをみて、我もと次々に人が川に飛び込んでいく。しかし、私はそれをみてもどうしても川に飛び込む気がしないで、じっと川辺に佇んでいる。それを番人が不思議な顔をして眺めている。

どうも私ほど矢切の渡しが似合わない者はいないようである。分かったからといって、それがどうした、なのであるが。

二上の引退

user-pic
0

先日、週刊将棋をみていたら、内藤の詰将棋のコーナーに、二上さんは54歳で引退したが、その理由の一つが自作の詰将棋が詰まなくなったことだというので、なんか驚いてしまった。

まず、第一の驚きは、詰将棋作家というのは、回答を自作の詰将棋のそばに書いておくのではないか、ということである。そうしないと後で回答が分からなくなるというのは当然考えられる。

多分であるが、当然にどこかに回答は書いておくのだが、ふと、作者から解答者になって自分の作品を解いてみる、ということはあるのだろう。そのとき、あれっ、解けないということはどうしてもあるにしても、次々と解けなくなると、引退を考えるのだろうか、いやとてもそうとは思えない。

例えば加藤一二三九段など、C級2組でどんなに負け続けても、自発的には引退する様子がない。有吉九段がそうだったように、負け続けて降級点を2回取って、制度的に引退せざるをえなくなるまで指し続けるのだろう。

私と加藤一二三九段を比べるのは不遜だが、私もできればなにかできる仕事を可能なかぎり続けていたいと思う。そういえば内藤九段は、制度としてはまだ現役を続けられたが、腰痛が現役を続けることを困難にしたのだろう。そういう意味では、目だった身体的障害のないヒフミンは、大したものである。無事これ名馬なので、ヒフミンも名馬ならぬ元名人なのだろう。

二上九段に戻って、私は「二上詰将棋 金剛篇」という小品集をもっている。これが1990年刊だから、まさに引退した年である。この本の序にも、二上九段は、記憶力や、創作力や、解図力の減退を嘆く記述がある。

そういえば、私よりも詰将棋を解くスキルがあって、いろいろな作品を解いている知り合いから、二上の詰将棋は、筋がなくて妙に解きにくいと聞いたことがある。その創作過程というのは私には窺うすべもないが、もしかして二上は、既存の手筋を組み合わせて一丁あがり、みたいなことはしないのではないだろうか。

なんでもいいからとりあえず創ればいいというなら、手筋の順列組合せでかなり量産できるはずである。そして、たくさん創っていると、ほとんどは駄作だとしても、ときどきはっとするような好作が偶然できる。それでいいではないかと私は思うのだが、二上はそれを是としない、美意識があるのだろう。すなわち、流行ミステリー作家でなく、自分になり納得いく純文学作品として詰将棋を作りたいし、解きたいので、それが叶わなくなったとき、54歳にして引退してしまったのか。

それにしても長い余生を二上はどう暮らしているのだろう。などとついいろいろ考えてしまうのだった。

あれは2年前の電王戦をニコ生でみていたときである。ゲストに海堂尊という人が登場して、誰だろうと思っていたら、なんでも作家で「チーム・バチスタの栄光」という本で有名になったのだという。しかも現役の医師でもあるらしい。へぇ、そうなのかと思った。でも、チーム・バチスタって何なの?サッカーチームか、それなら、「チーム・バチスタの栄光」とはスポーツ小説なのか、と訳もわからず勝手なことを考えた。

そのことがあって、「チーム・バチスタの栄光」という書名は頭にインプットされ、新刊本屋で上下二冊の比較的薄い本を何度もみかけたのだが、面白いのかな?と怪訝になってずっと買わないできた。あれっ、自分は本を買うポテンシャル・バリアが低いんじゃなかったっけ、と自分に言い聞かせるのだが、買わない理由はわからない。

そして最近になって、勤務している会社の昼休みに、なんとなく胸騒ぎがして、オフィスのそばの古書店に行ってみると、ずっと前から読みたいと思っていた誉田哲也の「インビジブルレイン」が100円で売られていて、迷わず即買った、ということがあった。

それからしばらくしてやはり会社の昼休みに、落ち着かない気持ちになってオフィスのそばの古書店を覘いてみると、今度は「チーム・バチスタの栄光」宝島文庫が上下二巻揃いで200円で売られていた。これも即買いだった。そして、ゼロ待ち時間(instantly)で帰りの電車で読み始めたら、面白くて止まらなくなった。

ストーリーは、東城大学医学部付属病院でのことである。その病院には、チーム・バチスタという有名なグループがある。バチスタとはある種の心臓手術のことで、チーム・バチスタは、天才外科医の桐生助教授、第一助手の垣谷、第二助手の酒井、麻酔医の氷室、臨床工学士の羽場、看護師の星野、基礎病理医の鳴海の七人からなる。バチスタ手術は平均6割の成功率という難易度の高いものであるが、チーム・バチスタはそれに26連勝という驚異的な成功率を収めてきた。

ところが、ここにきて、手術に失敗し患者を死なせるという案件が続いた。もともと難しい手術なので、ときに患者が亡くなるのも仕方ないのだが、リーダーの桐生助教授は、どうも死因に納得がいかない。なぜなら事前の健康状態を把握し、手術も成功だったと認識しているからである。

そこで桐生は院長の高階に、内部監査を依頼した。そして高階が監査員に指名したのは、神経内科医で、まったくうだつがあがらない田口医師だった。

田口はこの指名に戸惑った。バチスタはおろか、外科自体が素人だからである。しかし、高階の業務命令で仕方なく内部調査を始めた。

調査は、バチスタのメンバーに一人ずつインタビューすることから始まった。すると、当然ながら、バチスタのメンバーは、一体なぜお前にそんな権限がある、お前に何が分ると反発された。それでもこつこつと田口はインタビューを続けた。

インタビューをしていて田口が一番意外だったのは、看護師の星野が、大友に代わっていたことである。星野は寿退社だった。そして、その交代タイミングで術死が起きていたので、大友が疑われた。ある意味仕方ないことである。

そうやってインタビューを終えたが、田口は何も手掛かりが掴めなかった。ともかく実際の手術を間近で観察することにした。すると観察した一例目では手術が成功したが、二例目で目の前で術死が起き、田口も含め全員が激しく動揺した。

監査員として田口が絶望しかかっているとき、意外な助っ人が現れた。厚生労働省大臣官房秘書課付で、医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室長の白鳥である。

不思議な肩書きで、ほとんど落伍者のような経歴の白鳥であるが、医師の免許ももち、実は鋭すぎる論理的知能をもつ。白鳥は、田口の報告書をもとに、バチスタのメンバーをときどき激怒させて田口をハラハラさせながら、次第に問題の核心に近づいていった。

ここからはストーリーの佳境なので記述を省略するが、流石に現役の医師ならではのディテールを尽くした手術や治療の記述は、迫真度を高めている。それでいて、人間心理も巧みに描き、エンターテイメント性も高い。厚生労働省の白鳥に関する記述は、かなりありえないもので現実性の乏しさを指摘したくならないでもないが、ミステリー小説としてこれくらいのハメの外し方なら許容範囲だろう。

ともかく、田口・白鳥シリーズは他にもあるらしいので、是非そちらも読んでみたいと思った次第である。

中学校の同級生で、薬品会社のプロパーになった知り合いがいる。それで、田舎に帰省したときは、よく薬品業界の話を聞いたものである。その友人によれば、大阪の道修町というところに業界トップクラスの武田薬品があるのだという。

それで、武田薬品が今でも日本のトップの医薬品メーカーなのかと思っていたら、最近の新聞広告で、「大丈夫か武田薬品」原禮之助・原雄次郎著、ソリックブックスという本をみた。その広告によると、武田薬品は、2008年に米国の「ミレニアム」、スイスの「ナイコメッド」と合計2兆円も費やして買収したものの、利益は急低下し、それなのに社内のメインの高い地位のほとんどを外国人が占めるに至ったのだという。

そこで、「大丈夫か武田薬品」を購入して私なりに以下まとめてみた。なにしろ、薬品業界の事情にも経営学にも疎いので、的外れかもしれないが、文責は当然に私にある。

さて、M&Aの決定は、武田國男会長の退任を受けて社長の地位に就いた長谷川閑史社長によってなされた。上記のM&Aを行うに当たり、当然社内から反対の声はあったが、長谷川社長は、いまなにもしないことのリスクは、ナイコメッドを買収しないことのリスクより大きい、と買収を押し切ったという。

それだけではない、長谷川社長は、経営陣を次々に外国人に置き換えていき、今や15人のエグゼクティブ・チームのうち、生え抜きの日本人は三人だけで、あとはすべて外国人だという。

なぜこんなことが起きるのだろうか。強いて理由をつけるとすると、国際化・グローバル化に後れをとっていると認識した武田の経営陣が焦って大型M&Aをし、そうなってみると、買収した海外企業をコントロールするノウハウと経験が武田の生え抜きの人材にはないので、外国人を責任者に据えたということになるのだろうか。

しかし、それでは長年武田薬品を支えてきた経営陣、従業員たちが納得するわけがない。じっさい、今回の買収を機に、優秀な人材が辞めて他社に移ったりしているという。

こうなってくると組織は浮足立ち、武田薬品のレガシーを知らない外様外国人たちが経営のかじ取りをすることは一層困難だと思われる。

それでも、M&Aの結果、武田薬品の営業利益や純利益が好調ならいいが、営業利益は2008年の4200億円から2015年の1700億円と激減し、純利益も2008年の3550億円から2015年の650億円への減少と、惨憺たるものである。

そもそも、外国人は経営陣に数億円もの年俸を払うという習慣があり、するとそういう経営陣を揃えるだけでも年間数十億円もの追加の人件費がかかる。

もちろんM&Aの直後は混乱するのでしばらく業績が低迷するのも仕方ないかもしれない。だとしても、M&Aから7年も経過してもこの業績では言い訳はできないのではないか。

武田薬品がこのような思い切ったM&Aを行った背景には、医薬品の問題で述べたような、医薬品開発の歩留りの悪さがある。すなわち、武田薬品も例外に漏れず、数少ないブロックバスター製品に売上の大半を依存し、特許の権利が切れると、ジェネリックに市場を蚕食されるという危機に瀕する。

それなら、コンピュータ支援創薬や地中微生物の探索など地道な技法の開発に励むしかないように思われるが、それが困難なので、海外の有力メーカーの買収という安易な方法に頼ったのだろう。

しかし明らかに、M&Aを焦るあまりに、買収前のデュー・ディリジェンスを惜しみ過ぎたのではないか。

この原因の一つに、武田薬品において、重要事項の決定が経営幹部会議(Global Leadership Committee)で行われ、取締役会が形骸化しているという問題がある。このあたり、倒れゆく巨象で述べたように、IBMのパルミサーノが経営委員会のようなものを廃止してしまい、経営権を独占したことに似ている。

経営者がときに反対を押し切って思い切った施策をとることが必要になることもあろう。しかし、そこにきちんと成果主義を適用し、失敗したら数年以内に退任してもらわなくてはならない。あまりにも当たり前の常識だと思われるのだが。

それと、英米流のグローバリズムは偽物なのではないか。私は前に勤務していた外資系にいたとき、それを身をもって感じた。すなわち、世界標準だ、グローバリズムだと施策を進めれば進めるほど、モラールやスキルは荒廃し、仕事の効率が低下していった。それで得して嬉しいのは、グローバリズムの旗振りをしているHQの人達と、それに尻尾を振る忠犬たちだけである。グローバリズムといいつつ、利権と権益をおそろしいまでに局在化・私物化しているだけである。ちなみに、英米流のグローバリズムが偽物だとして、本物のグローバリズムなんて幾何学的にありえない。多様化され、正の曲率と特異点をもつ世界に適用可能な一様なグローバリズムという尺度は無理がありすぎるのである。

新刊本屋をでうろうろしているとき、なんとなく面白そうだと思って買ってみたのが、「絶望の裁判所」瀬木比呂志著、講談社現代新書である。

あまり抵抗なく読めそうなので、買ったあとわざと数週間、満を持して読み始めた。著者の瀬木氏は、元裁判官で、現在は明治大学法科大学院の教授である。すると、よくある元裁判官の暴露話なのかというと、そうでないことはないのだが、どちらかというと組織論、制度論も踏まえて、きちんと書かれているようである。

この本のトピックは結構多岐に亘るが、私になり思い切って要約してみると、最高裁を頂点に裁判官に対する統制というか締め付けがきつくなり、個々の裁判官が裁量を発揮する余地がなくなり、優秀な裁判官がついていけなくて辞めたり、画一的で最高裁の眼鏡に適う金太郎飴のような判決ばかり出ている、という次第である。

瀬木氏は東大在学中に旧司法試験に受かるという秀才で、東大ならばそんなに珍しくないのかもしれないが、それでもエリート候補だったはず。なので、瀬木氏にも多少エリートの自覚はあったはずで、東京高裁の長官などの地位にいずれ就く、みたいな野望はあったはずである。

ところが、瀬木氏に転機が訪れた。普段から裁判官としてやっていくことに違和感はあったのだが、40歳の頃、鬱病にかかり、しばらく休職した。

もともと瀬木氏は、文学や音楽などの素養があって、決して法律一辺倒でない。なので、裁判官よりもむしろ大学での研究者に適性を感じていたのだが、なんとなく裁判官になった。

ところが裁判官になってみると、視野が狭く、一般教養がなく、出世主義で、面白くもなんともない奴ばかりでうんざりしたのだった。それでも頑張って裁判官を続けてきたのだが、いろいろ限界に達して、2012年に学者として、大学に転進したのだった。

裁判官というと確かに、学歴といい、地位といい、世間でもトップクラスのエリートなのだが、あまりにも閉鎖社会で、セクハラ、パワハラ、自殺など、世間水準よりも人数比率が大きい。要するに内に閉じすぎている。

これを解消するには、法曹一元論、すなわち、裁判官を弁護士からもっと登用できるようにする、というものだが、途は遠い。

瀬木氏はまた、裁判員制度がなぜ推進されたかの本当の事情も明かす。それはすなわち、マイナーな存在である刑事系裁判官に主導権を与える趣旨なのだという。というのは、裁判員制度は基本的に刑事事件に適用されるので、それの指導役としての刑事系裁判官の役割も重くなるのである。

こう書いてきたが、私は、稀有といってよい、モラルとモラールの壊れた組織に何年もいたので、瀬木氏の記述に全く驚かない。むしろ、瀬木氏は民間企業にいたことがないので仕方がないと思うのだが、営利企業なら業績がからむので、酷い組織が放置されることはありえないだろうという楽観論を述べられている。

しかし、官庁はビューロクラシーであるがゆえに、組織のたがの緩みがどこかで下げ止まったりする。このあたりの官民比較論は、両方に通じる人が意外に少ないので、難しい。

あと、個人的な意見として、司法というか裁判官といえども、国家が国民を統治する仕組みというか、統制マシーンなので、ある程度無機質になるのは仕方ないのではないだろうか。ただ、無機質が進むと、瀬木氏のような感受性豊かな人は耐えられないのだろう。

確かに、裁判官があまりに画一化されると、1/fノイズみたいな意味の個々人のダイナミズムがなくなり、組織が不活性になってしまう。今はその状態なのだろう。すると結局いい人材も確保できず、裁判官の組織がじり貧になってしまう、それを瀬木氏は憂慮しているのだろう。

どうも通り一遍の感想になってしまったが、それは私が実際の裁判というものをほとんど経験したことがないからだろう。

一方で、瀬木氏は、刑事裁判で、疑わしい十人の人々を無罪にしてしまうより、無罪の一人を間違えて有罪にすることを避けなければならないというが、すると光市母子殺害事件はどうなるのか。無期懲役で、そのうち出所できるということで社会の公正を保てるのか。あればごく例外です、と言って平気な顔をするのか。と、いろいろ難しい。まあ、あのケースはなんとか覆せたのだが。

当たり前だが、本を買うときは、こちらから面白そうと背表紙などをみて手に取って、とりあえず気に入るというプロセスがある。恋人えらびのようなポテンシャルがあるわけではないが、そこに何ほどかの選択コストというか選択ポテンシャルバリアのようなものがあるのも当たり前である。

ところが、もう何度も書いたことだが、不思議なのは、古書店でぼうっとしていると、本の方から声を掛けられるような気がすることがある。最近私に呼びかけてきた本は、「ナイロビの蜂」ジョン・ル・カレ、加賀山卓朗訳、集英社文庫上下二巻、である。

なぜか外国ものの小説に引いてしまう傾向のある私は、この本にもちょっと構えてしまった。そもそもジョン・ル・カレなんて作家、全く聞いたこともない。それでもこの本を手に取ったのは、数年前、外資系企業に勤務していたときに、ある研究者からナイロビの話を聞いたからである。

聞くところでは、ケニヤのナイロビに研究所を作るというので現地に滞在していたのだが、治安が悪くて、アパートからオフィスに着くまで一歩も車から出ることができない。街のあちこちには銃弾を撃ち込まれたような箇所があり、アルカイーダのような過激派の出没も日常茶飯事だという。

もしかして話を面白くするために多少誇張して話していたのかもしれないが、それにしてもそんなところに研究所をつくるなんて、意味が分からなかった。国際政治的な研究所からともかく、純粋なIT技術の研究所なのである。

そのときの興味にドライブされて、「ナイロビの蜂」を買い、早速読み始めた。すると、ベースのストーリーは比較的単純なのだった。すなわち、ナイロビの地で、英国外務省一等書記官、ジャスティン・クエイルの美人若妻、テッサ・クエイルが、同志の医師、アーノルド・ブルームと現地調査に出かけ、テッサと車のドライバは惨殺され、アーノルドは行方不明である、というものである。

ジャスティンは、ナイロビの地にあって、世捨て人のように、日常のルーチン仕事以外のほとんどの時間を庭いじりに費やしていた。また、若妻にはやりたいようにやらせて、一切介入しなかった。それが思いやりだと思い込もうとしていた。

ところが、テッサは弁護士の資格ももつ聡明な女性であるとともに、ある意味強すぎる正義感の持ち主で、アフリカの地における西欧人たちの横暴や、現地人に対する差別に日々憤り、貧民街を訪れ、マザーテレサのように貧民の面倒をみる日々だった。

そして、ある医薬品会社の横暴を知るに至って、正義感が沸騰点を超えてしまった。すなわち、安全性が確認されていない薬をアフリカの現地人に処方し、副作用で現地人が死亡する有様をみてしまったのである。そのため、医師であるアーノルド・ブルームと各地を訪れ、医薬品会社を訴えようと資料を集めていたのだが、当然に医薬品会社がそれを拱手してみているわけもなく、ある犯罪組織を使って葬り去られてしまった、というわけである。

妻の突然の死に呆然とする日々を送っていたジャスティンだが、妻が残した資料を読み漁るうちに、内なる正義感が呼びさまされ、妻の遺志を継いで、医薬品会社を追求することを決意した。それはすなわち、自らの生命を危険にさらすことになるというのは承知の上だが、妻を亡くして、出世欲も現世に対する執着もある意味捨てたのだった。

しかし、英国外務省は、どんな事情があるにせよ、一職員に勝手な行動を許すわけにはいかない。そこでジャスティンを本国に呼び戻し、ある意味幽閉しにかかった。

一方、ジャスティンは、妻の遺産が入ったことを利用して、もてる外交上のスキルと人脈を駆使し、英国外務省の目を逃れて、あるときはスイス、あるときはカナダ、あるときはアフリカとまさにスパイのような活動をして、亡き妻の足跡を辿った。

この小説の白眉は、上記の単線のストーリーの枝葉であるかもしれない、さまざまな外交の手練手管と、ケニアやそれに隣接するスーダンの込み入った政治的な事情や、限りなく悲惨な現地人の暮らし、内戦の続くおそるべき治安状態などである。そこにリアリティを与えているのは、ジョン・ル・カレの外交官としての経験と、国際情勢の情報収集能力である。

アマゾンなどのコメントによると、この小説のストーリーの救いのない結末を好ましく思っていない読者が結構いるようであるが、ここが下手にハッピーエンドだと却ってリアリティを欠くだろう。私はこれでいいと思う。

ところで、「ナイロビの蜂」集英社文庫上下二巻は、全体で700ページ程度で、私が読む小説として極めて長大というわけではなく、一日の電車通勤の往復で3時間を読書に費やす私の基準だと、ページ数だけでいうなら、そんなに困難なく2日で読める程度の量である。

ところが、この小説は、読み終えるのに電車読みで5日、すなわち、普通の小説の2.5倍も時間がかかってしまった。その理由はどうも、ジャック・ヒギンスの「鷲は舞い降りた」でもそうだったように細部を書きこむ記述と、外交スキルのような手練手管の記述と、馴染みのないアフリカなどの地の地勢の記述に想像力を働かせるのに余分の時間がかかった、という次第なのだった。

小池重明

user-pic
0

単なる思い込みであるが、私は小池重明のことは大抵のことは知っているつもりでいた。それは、私が団鬼六主幹の将棋ジャーナル誌の熱心な読者で、そこに小池の記事もよく取り上げられていたからである。

なので、最近たまたま古書店で、団鬼六の「真剣師 小池重明」幻冬舎アウトロー文庫を見かけたときも、100円だったのに、一旦はスルーした。今更その本を読んでもなあ、という知ったかぶりである。

しかし思い直して結局「真剣師 小池重明」の本を買ったのは、最近の暑さのせいだった。すなわち、こんなに暑いとちょっと凝った本を読む根気がわかない。そこいくと、小池重明の本はアルファ読みもいいところなので、どんなに暑くても気軽に読めるだろう、ということである。

ところが読み出してみると、知らないこともいろいろ書かれていて、どんどんストーリーに引き込まれた。すなわち、小池は名古屋で生まれたのだが、父が物ごいで母は売春していた、というのだから私が最近よく読む典型的なミステリー小説の犯人の生い立ちである。これでもかと悲惨な子供時代が描かれ、そのせいで大人になって身を持ち崩した、みたいなストーリーである。

この本は、小池自身の回想録をもとに団鬼六が書き下した本なので、回想録に嘘があったら仕方ないのだが、甘いかもしれないが、どうもかなり真実であるような響きはある。

さて、丁度色川武大がそうだったように、頭そのものは悪くなかったはずなのに小池は学校でほとんど勉強せず、高校に進んでも遊んでばかりだった。そんなとき小池は将棋に出会い、その不思議な魅力に憑りつかれた。そして将棋道場にも通い始めた。最初は板谷道場。最初は級位者だったが、1年くらい努力したら、一気に三段まで昇段した。

あとでそれは甘い段位だったと知るのだが、板谷道場に飽き足らなくなった小池は、西田道場に通うようになった。西田は、花村とともに全国を行脚したような強豪で、小池は全く歯が立たない。それでも懸命に努力していたら、次第に西田にも少しずつ勝てるようになってきた。

そんなとき悪友にそそのかされて、大学生と賭け将棋をやってしまったことで西田から破門された。次に訪れたのが、元アマ名人の坪井の道場。坪井といえば、やはり花村のライバルだった人で、アマチュアとしては段違いに強い。ところが持前の負けん気で小池努力し、坪井にもなんとか互角の勝負ができるようになった。

そしてアマ名人戦の愛知県代表にまでなったのだが、全国大会では東京代表の関則可に敗れ、世の中には強い人がいるもんだと思った。

そこでもっと強い人と指して修行するため東京に行き、関則可を頼って、道場の手合い係の仕事を紹介してもらった。すると、小池は実に要領がよく指導も巧みで人気を博した。ところが小池の悪い癖で、ギャンブルで損して、道場の金を持ち逃げするようなことをした。

それで追われて名古屋に逃げ帰り、今度は父から葬儀屋の仕事を紹介してもらい、今後こそ真面目にやるんだとまるで泉谷の歌のように決意した。実際小池は真面目に働き、信用もされた。

ところがある男が病気で亡くなったとき、その葬儀で、若い未亡人に一目ぼれしてしまった。未亡人も小池を憎からず思っているようで、結局二人は駆け落ちして東京に出てきた。

東京に出てきたら、トラックの運転手などして最初は真面目に働いていたのだが、ふと将棋が指したくなり、新宿の天狗クラブというところに顔を出してみると、真剣師たちが屯していた。そこで将棋を指していると、駆け落ちしてきた女性のことも完全に放置して将棋にのめり込んでいった。どんどん将棋の腕を上げ、ほとんど無敵となり、新宿の殺し屋と呼ばれた。

そうなってくると、下手に有名になり、真剣を挑んてくる者もいなくなった。そんなとき将棋ジャーナル誌が、大阪の伝説の真剣師、加賀敬治との対決を企画してくれた。表にはでないが勿論、裏では賭け将棋で、競馬のようにお金を出して乗る後援者が互いにいる。

それは壮絶な戦いで、結局15番闘い、ほとんど五分に終わった。しかし実質は小池の勝ちだろう。なぜなら、その後加賀は、小池に勝てないとみなして小池とは指そうとしなかった。

こうしてアマでは無敵になった小池は、将棋世界のアマプロ対抗戦の企画で出場し、飯野四段(当時)を破った。当時は、アマがプロに勝てるわけがないという風潮だったので、これには世間は驚いた。しかし小池は進撃を続け、森けい二九段までも指し込むというところまできた。

こんなに強くてもいつまでも無冠というのもどうかと、小池はアマ名人戦の予選に出ることにした。悪友がそそのかすので、予選の前日も一晩中酒を飲んで、寝ないで大会に出場した。それでも東京では予選を勝ち抜き、代表になった。アマ名人戦の本戦でもやはり悪友が押しかけてきて試合の前日も徹夜で飲んだ。それでもアマ名人になった。実力が図抜けていたのだろう。結局翌年もアマ名人になった。

アマ名人として小池は大山名人と角落ち対局を指し、難なく勝った。そしてなんとかプロになれないものかと画策した。しかし、棋士会で猛反対され、プロ試験を受けることさえまならなかった。そうしているうちに、子供向けの将棋教室を開くからと、借金した金が返せず、それを返すために別のところから借りるなどしているうちに、借金が雪だるま式に増え、結局故郷の名古屋に逃亡した。

名古屋では、親に会わせる顔もなく、ひたすら土方で生活をしのいだ。そんな生活を2年も続けるとまた将棋が指したくなった。それで東京に出てきて、将棋ジャーナルを通じて知り合いだった団鬼六に会いに行った。

すると面倒見のいい団は、小池のために賞金付きの三番勝負を企画した。最初の相手は、当時アマ最強かもしれないと言われた田尻アマ名人。しかし、田尻をあっさり2連勝で下した。

次の相手は元奨励会三段で、かまいたち戦法の創始者鈴木英春。しかし、英春にも2連勝すると、団の元で将棋の指南番のようなことをやっていた奨励会の伊藤能三段(当時)が是非とも対戦したいという。伊藤能はなんとか一番勝って、気を吐いた。

ところが、小池は誰かに何かを言われたか、将棋ばっかりやっているわけにはいかないと思い始めた。それで、横山公望との対戦は気合いが入らなかったのか二連敗し、結局、知り合いを頼って、茨城県石岡市で焼き肉屋の店長を任され、しばらくは真面目に仕事に打ち込んでいた。

しかし、例によって悪癖が出てしまう。それは、焼き肉屋のお金を持ち出して、別の人妻と駆け落ちしてしまったのだった。こうして逃避行が始まったのだが、なぜか小池はその女を連れて、団のところに挨拶にきた。団が励まそうと何ほどかをお金を渡すと、その金でアパートを借り、トラックの運転手をして真面目に努力するのだという。

そう思ったのもつかの間、小池は肝硬変になっており、静脈瘤破裂で血を吐き、入院してしまった。しばらくして退院してきた小池を励まそうと、団は、アマ名人の天野高志との対局を用意した。すると病み上がりにも拘わらず、小池はなんと天野を2タテで破ってしまった。

団はこれが絶局ではないかというのだが、私の記憶によると、櫛田陽一に書いたように、その後、当時奨励会三段だった櫛田との三番勝負があった。これに1勝2敗だったのが最後の対戦ではないか。

そこから小池らしいのは、生きているうちから自分の香典を集めたということであるが、結局、肝硬変には勝てず、病院で亡くなってしまった。享年44歳とまだ若かった。

小池は私より7歳年上だから、普通に節制して生きていればまだ68歳でばりばりの現役だったはずである。もしかして今泉四段のようにプロ試験を受けてプロになれていた、ということもありえる。

そういえば、小池が亡くなる何年か前だったと思うが、小池がアマ名人戦の東京代表で出場したとき、大学将棋で私より1年年上の熊本大学将棋部OBの米村憲輔氏が小池に予選で勝ち、本戦でも勝つという、いわゆる往復ビンタを食らわせたことがあり、九州学生棋界のOBとして私もうれしく思ったことがある。米村氏は九州の伝説の真剣師、三崎巌氏にも三間飛車で勝ち、三崎氏が、「三間飛車に負けるかね~」と呻いたというエピソードもある。備忘のため記しておく次第である。

扇風機

user-pic
0

私は、瀬戸内海という、日本でも比較的温暖な気候の地域で育ったので、厳寒や大雪の環境に慣れていない。一度、仕事で2月にニューヨークに出張に行ったとき、屋外で、数分寒風にさらされるだけで、なんか凍死しそうな気がして、オフィスに逃げ込んだものだった。

一方、瀬戸内海といえども夏は日中はかなり暑くなる。そもそも田舎は、建物があまりないので、日陰に逃げ込むということが簡単でない。それで、子供時代は直射日光の中を何時間も遊んだものだったが、不思議に暑さで気分が悪くなることはあまりなかった。

考えてみると、日本で最高気温を観測するのは、群馬などの内陸地であり、瀬戸内海は海が暑さを緩和してくれる。しかも、夕方になると海風が吹き、適当に心地よかった。夜になると、昼間の暑さが嘘のように涼しかったりする。なので、少なくとも子供時代、耐え難い暑さというのはあまり経験したことがない。

大学に進学して、福岡にいたときも、そんなに暑さに苦しんだ記憶がない。そもそも将棋部にいたので、ほとんど屋内にいたせいかもしれない。その後就職して大阪にいたときもそうである。

そして、私の本格的な酷暑体験は、東京に出てきてからである。その頃住んでいたのは、家賃が月3万円程度の狛江の安アパートで、何しろ壁が薄く、となりの部屋の声が筒抜けだったり、上の階の洗濯水がリビングに漏れてきたりとなかなかすごいところだったが、当時部屋がゴミ屋敷状態で、そんなことは細かいことだとまったく気にならなかった。

しかし、どうしても我慢できないのは夏の暑さだった。エアコンは設置されてないし、部屋は一階で、目の前が道路なので、いくら女性じゃないからといってまさか窓をあけっぱなしで寝るわけにはいかない。しかも、風呂付きではないので、シャワーさえ浴びられない。

そこで唯一の冷却手段は、扇風機なのであった。実は、大阪の八尾市久宝寺というところのアパートに住んでいたとき、粗大ごみでハンディ扇風機が捨ててあったことがあった。いまならそんなことしないが、当時は倫理観も曖昧で、捨ててあるなら貰っていいだろうと部屋にもって帰ったら、使えるのでラッキーと思った。その扇風機は愛用で、東京に引っ越してきたときも、そのままもってきた。

それが私にとって暑さに対する唯一の武器となった。すなわち、夏の暑いときは、寝るとき裸で布団に横になる。そしてどうするかというと、愛用のハンディー扇風機を一番強風にして直接体に風を吹き付けるのである。すると体温が下がったような気がして気持ちがいい。

普通は扇風機で風を当てるにしても、タイマーにして自然に切れるようにするだろう。しかしそもそも、ハンディ扇風機でタイマー機能さえなく、朝までつけっぱなしだった。

そんな話を当時、飲み友達にしたら、馬鹿な、絶対風邪を引くぞ、体調を壊すぞというのだが、なぜか一度も風邪をひかなかったし、お腹が冷えて下痢になることもなかった。それで分かったのは、私は扇風機の風に相性がいいようである。

なので結婚した後も、夏の暑いときは扇風機の風は欠かさなかった。もちろん流石に結婚したあとはエアコン付きの部屋に住んだので、エアコンで温度調整しておけば、扇風機は不要なのだが、もう癖といってよく、寝るとき家人には当たらないようにして自分だけ風を受けるように扇風機を配置した。

当然にそんな癖は嫌がられたが、いくら注意しても私がそれを止めようとしないので、流石に家人は諦めたようだった。実際、それで風邪を引くわけでもないので、実害はないからいいか、と思ったのもあるようである。

そういえば、大阪時代から愛用したハンディ扇風機は、結婚してからもなぜか、一緒にもってきた。ちゃんとした扇風機を買ってからは、ハンディ扇風機は納屋に収められていたが、なぜか捨てなかった。別に私はいつでも捨てていいよと言っていたのにずっとそのままで、そうしているうちに、粗大ごみの扱いが面倒になって捨てにくくなったので、ハンディ扇風機を正式に処分したのはかなり最近になってのようである。

それでともかく、今日も私は扇風機の風に当たったまま寝るだろう。ここまでくると、なんというべきか。

経歴その他をみても、誉田哲也という作家と私はなんら共通点がないのだが、なぜか不思議に私は誉田哲也の作品を、まるで超伝導のように、かぎりなく低い抵抗で読むことができる。

かぎりなく低い抵抗というのが、必ずしも限りなく面白いということにはならないのだが、ともかく誉田哲也の作品の広告などをみると、迷わず買ってしまう。そんな経緯で「ブルーマーダー」を新刊本で買って読んだのも自然の流れである。

ところが、「ブルーマーダー」の感想でも書いたのだが、姫川玲子シリーズの直前作である「インビジブルレイン」を先に読むべきだったな、と少し後悔し、流石に「ブルーマーダー」を中断して「インビジブルレイン」に行くというのも不自然なので、「ブルーマーダー」はそれで面白く読み終えた次第である。

そして「インビジブルレイン」も読まねば、という軽い強迫観念が残った。ところが、会社の仕事の休憩時間のあるとき、どこからともなく、近くの古書店を覘いてみろ、と示唆があったような気がした。最近仕事が忙しくて昼休み時間もほとんど仕事に充てているのだが、まあ仕方ないなあと古書店に行ってみることにした。

するとなんと、その古書店の入り口の100円均一コーナーに「インビジブルレイン」の文庫本があるではないか。うっそー、と声を挙げそうになった。なぜなら、その古書店は、ミステリー関係の本はあまり置いていないからである。ともかく、買わない理由はないので、即買った。折角なので、講談社学術文庫の「空の思想史」立川武蔵著、というのも買った。

そして、ほとんど待機時間なく、「インビジブルレイン」を読み始めた。最初に、ヤクザがチンピラが自室で惨殺された事件が起きた。姫川玲子らの捜査陣は早速捜査に取り掛かるが、上層部から不可解な指示が下った。すなわち、容疑者として「柳井健斗」という名前が浮かんでも決して追求してはならない、というものである。

ほとんどの刑事はその指示に従ったが、玲子は納得いかないので単独で柳井健斗を追い、下川や菊田らの、玲子を憎からず思うベテラン刑事たちは、上層部からの圧力から玲子を懸命に庇った。

さて、柳井健斗の捜査の途上で、玲子は、極清会会長、牧田というヤクザと知り合い、次第に互いに男女として惹かれあうようになった。警察とヤクザの、まさに道ならぬ恋であるが、道ならねばならぬほど燃え上がるのも恋なのであって、玲子も牧田も、気持ちの切なさに我を忘れるほどだった。

しかし、現実が恋に溺れていることを許さない。牧田は、極清会の上位組織の石堂組の内部抗争に苦慮し、玲子は次々に起こる殺人事件に追われる。

これ以下の粗筋はネタバレになるので省くが、読み終えてみて、ヤクザの牧田が、新宿鮫8「風化水脈」の真壁並みに恰好よく、禁断の恋をした玲子は、女を上げたのだった。

尤も、いくら女を上げようと、女優ならぬ所詮警視庁の刑事である玲子は、柳井健斗の捜査がらみの問題もあって、警視庁本庁から、池袋署に異動になってしまった。そして、「ブルーマーダー」の事件に出会うのだった。

去年の9月中頃、羽生さん、お疲れという記事を書いた。それを書いた理由は、王座戦第1局、竜王戦挑決第3局、王位戦第6局と続けて、三連敗したからである。

三連敗くらいするわな、それくらいで羽生さんお疲れもないだろうと指摘されたらそうなのだが、私の中では羽生大明神は絶対の存在で、二連敗はあっても、三連敗はなかなかないのである。

で、今年は一足先に「羽生さんお疲れ」がやってきた。すなわち、竜王戦挑戦者決定トーナメントで羽生は、永瀬に負けてしまったのである。羽生対永瀬というと、私が羽生の呪いとして書いた記事がある。すなわち、永瀬は羽生に勝ったせいで、他の棋戦でなかなか勝てないというものだが、じっさい、あの強さで永瀬はC級2組から脱出できないのだから、あれは羽生の呪い以外の何物でもないだろう。

そして永瀬は、呪うなら呪ってみよと、また羽生を急所で負かしてしまった。あ~あ、やっちゃった、である。それにしても将棋は矢倉だったが、金駒を沢山取って永瀬の完勝だった。流石に羽生は暑さで参っているのではないか。すなわち、甲子園ではないが、こういう暑さだと若い永瀬の方が体力的に有利である。

次は王位戦の第3局、羽生対広瀬。広瀬は横歩取りの先手番をもっても後手番をもっても、ここのところ連敗しているが、今回、羽生の後手番でやはり羽生がよくなった。そして解説のプロも見事に羽生が勝ったとおもったら、あれよとばかり、広瀬が羽生を即詰みに討ち取ってしまった。またしても、あららである。

極め付けは先日のNHK杯の羽生対北浜。みていて北浜の方が少し模様がよさそうだったが羽生が千日手模様で粘っているうちに、少し先手の羽生のほうがよくなったように思えてきた。ところが、北浜に53歩と蓋をされてしまうと分からなくなった。そこからもしかして羽生は千日手しかないかもしれないが、強引に飛車を切って寄せにいったら、はっきり一手負けに陥っていた。

あ~あ、お疲れ、ご苦労さん。でもファンとしては、そろそろ復活して、まず広瀬に対して王位戦を防衛し、次の難敵天彦を、王座戦で下してほしいものである。

それにしても私もお疲れというか夏バテで、棋聖戦第4局以来、盤面付きのブログ記事を書く根気がないのだった。

黒にんにくに書いたように、生協で注文した黒にんにくが届いたので、こちらも食べてみた。

再度述べると、最初に食べた方の黒にんにくは、モナの丘製のもので、匂いや味という意味ではもともとのにんにくとしての素性をかなり消し去り、しかも常温保存可とある。

一方、生協で注文した方はというと、株式会社たから製である。株式会社たからは、日本におけるにんにくのメッカといわれている青森県三戸郡田子町にあり、当然にその地元のにんにくを使う。

そこで、両社の黒にんにくの違いを比較する。

  1. まず使っているにんにくであるが、モナの丘の方は、基本的に自家栽培のものらしいが、青森県のものも使われているようである。一方、株式会社たからは、当然に田子町のにんにくである。
  2. で、風味であるが、上述したように、モナの丘製はもともとのにんにくとしての素性をかなり消し去り、甘味が豊富で、しかも常温保存可である。おそらく熟成時間が長いのだろう。一方、株式会社たからは、にんにくの匂いがまだ残っている。常温でなく冷蔵庫で保存が望ましいとある。おそらく、熟成時間が相対的に短いのだろう。
  3. 株式会社たからの黒にんにくは、海洋深層水に漬ける工程を経ているが、モナの丘の方は、特に記載がないので、そういう工程はないのだろう。

ということで、優劣はつけがたいが、どちらを好むかは、まさに好みというよりない。私は最初に食べたのがモナの丘の方なので、なんとなくこちらに親しみがある、ということはいえる。場所も自宅から車で10分程度にある、という地元感もある。

ともかくこの猛暑にあって、黒にんにくは夏を乗り切るために私には必須のアイテムなのだった。

数ヶ月前に麻耶雄嵩の隻眼の少女というミステリー小説を読んだ。基本的にコンサバな私は、ううん、こんなのありかと正直思ったのだが、最近歳に負けないように、何かと新しがっているので、うん、こんなのもありなんだと自分に言い聞かせて、この小説を評価した。

言い訳ではないが、視点の座標変換を得意とする私には、そんなに無理しなくても、この小説の斬新さに共感できた。

そして、今回読み始めたのが、麻耶雄嵩の「まほろ市の殺人 - 闇雲A子と憂鬱刑事」祥伝社文庫。

まほろ市というのは、真幌市と書く。なんか札幌市と似ているのだが、どうも北海道にあるわけでもないようである。そもそも架空都市なので、どこにあるのかと考えてても仕方ないのかもしれない。

そんなまほろ市で、連続殺人事件が起きる。そして、闇雲A子とは、まほろ市に居住する女流ミステリー作家。職業柄、連続殺人事件に興味をもち、地元の警察にもアドバイスしている。

警察に影響力をもつ闇雲A子は、サポート役の刑事をつけてくれるように警察に依頼する。闇雲A子に手を焼いている警察は、使えない地味な刑事である憂鬱刑事という二人をアサインして厄介払いする。

ところが、全く事件は解決せず、殺人は続く。剰え、闇雲A子の二人の助手まで殺されてしまい、闇雲A子は悲嘆に暮れる。

そして、事件は意外な決着をみる。のだが、隻眼の少女と同様に、こんなのありか、という思いは拭えない。私は頭が固いのだろうか。

ところで、アマゾンでみると、まほろ市の殺人という題の複数のミステリーがある。どうも、京大ミステリー研究会の有栖川有栖、安孫子武丸などの連作であり、特定のテーマで作ってみようという、まるで若島正の詰将棋の趣向ようである。京大なので、京大ミステリー研究会と若島正もどこかでつながっているのだろうか。

ともかく、京大は凄いというかついていけないというか、とぶつぶつつぶやきながら、感想を終わるのだった。

良い指揮官

user-pic
0

吉田俊雄著、「良い指揮官 良くない指揮官」光人社刊を古書店で見つけて、なんとなく気軽に読み始めた。気軽に読み始めた理由は、ある程度知っているつもりの海軍指揮官が何人かリストされているからである。ただ、本を読むときのまずい態度の一つに、生半可な知識しかないのにああ知っているから読まなくていいやと思いこむことがある。そう思って読んだら、知らないことが沢山あって、ううむと唸ることは何度もあるのに、それでも毎度知っているから読まなくていいのでは、と思い込むのは未熟の至りである。

さて、この本には以下の14人の海軍指揮官が言及されている。
  1. 永野修身
  2. 米内光政
  3. 山本五十六
  4. 南雲忠一
  5. 井上成美
  6. 小沢治三郎
  7. 栗田健男
  8. 伊藤整一
  9. 大西瀧治郎
  10. 木村昌福
  11. 吉川潔
  12. 江草隆繁
  13. 中村虎彦
  14. 浅野賢澄

永野修身は、土佐の出身で、海軍兵学校主席卒業のエリートだった。そうなると、よほどのことがない限り速やかな昇進の道を歩むのが海軍であり、実際そうなった。ただ、永野修身は明治の人で、よくも悪くも明治の日露戦争勝利のパラダイムに染まった人だった。永野は、陸軍の大山巌がそうだったように、よきにかはらえ型の部下に任せるタイプのトップで、山本五十六が真珠湾の計画をもって乗り込んできたときに、妥協案としてこれを承認した。これを含む一連の永野の承認と同意は、日米開戦を促すものであり、永野は、自分は一切の責任をとる、と東京裁判で判決を受け、刑死することも厭わなかった。

米内光政と山本五十六は、三国同盟阻止を図った海軍の中心勢力だった。吉田俊雄氏は、米内を高く評価するものの、山本五十六に対しては、無鉄砲な真珠湾作戦を遂行したことで手厳しい。ただ、山本五十六が航空機の重要性に着目して強化を図ったことは評価する。

南雲忠一は、山形県出身。山本五十六の下で真珠湾作戦に参加した。南雲は、参謀のときに、対米戦のマニュアルである「海戦要務令」を改定した。ところが、命令とはいえ、「海戦要務令」の趣旨に全くそぐわない真珠湾作戦に参加させられるとは何事かと内心憤慨した。ミッドウェー戦でも、南雲艦隊は失敗した。南雲はもともと水雷の権威だったが、時代のパラダイムは航空戦に移っており、時代に適応できなかった司令官の一例となった。

井上成美は、ある意味米内光政と山本五十六の「一味」であり、海軍きっての理論派であり、みんな一目を置いていた。しかし、妥協をしない性格で、反対派閥に常に命を付け狙われていた。私には、いろいろな意味で、陸軍の永田鉄山に似ているようにも思われる。ただ、違いは、文系的というか法学部的であった永田鉄山に比べて、井上は理系的であり、部下に温情を示していた永田と違い、井上は峻厳でとりつくしまがなかった。

小沢治三郎は、鹿児島県出身。レイテ戦にも参加したことで有名である。吉田俊雄氏は、小沢治三郎は、海軍における昭和の最高の指揮官であると推す。すなわち、戦術に詳しくすべて自分を頭の中で組み立ててしまう。そんな小沢でも、第二次大戦は苦難と失敗の連続であった。リソースと環境が劣悪すぎた。

栗田健男は、茨城県出身。海大を卒業していないが、海軍中将まで昇進した。栗田艦隊は、ミッドウェー戦に参加したが、あまり貢献できなかった。栗田艦隊は、レイテ戦で、いろいろ理由はあるにしろ、最後の突撃をしなかった。栗田が名将だった、ということにはどうしてもならないだろう。

伊藤整一は、戦艦大和が最後の決死航海に出たときの艦長である。草鹿参謀長の申し出に、そんな馬鹿なと思いつつ、死に場所を求める意味で、艦長を引き受けた。悟りきったさわやかな表情だった。一億総特攻の先がけとなるのだという。そして、艦が沈むと決まったとき、自分は艦とともに沈むことを決意しつつ、生存者をなるべく救助するように言い渡した。

大西瀧治郎は、特攻の創案者。特攻についてなどの記載に譲るとする。

以下の五人は初めて知ったので、簡単に述べる。

木村昌福は、駆逐艦や巡洋艦を駆使する部隊のエキスパートで、部下からの人望が厚く、命を顧みない作戦行動で、多くの武勲を挙げた。海軍が解体するとき、中将にまで昇進するほどだった。

吉川潔は、中佐で駆逐艦艦長。まさに海の男で大胆不敵な作戦行動で敵の度肝を抜くのだった。

江草隆繁は、急降下攻撃のベテランで、命中率88%を誇った。最後は、部下を引き連れてサイパンの空に消えた。

中村虎彦は、南鳥島の守備隊副長。勇猛果敢に攻め、味方の危機を救っただけでなく、終戦後米軍の准将と肝胆相照らす仲となり、何かの勘違いで戦犯として死刑なりそうなところを、米軍要人からの感状で助命された。なんとも傑人である。

浅野賢澄は、普通の大学を卒業して海軍経理学校で数ヶ月学んだだけで任官した主計大尉であるが、フィリピンのタウィタウィの守備隊を務め、地元の勇猛果敢なモロ族をよく懐柔して友好的な関係を築き、情報網としても活用した。なかなかできない特殊なスキルであった。

以上取り留めもなく記述してきたが、指揮官というのは考えれば考えるほど大変な仕事で、例えば山本五十六は愚将であった、などととても安易に言えないような気持ちになってきた。一歩引いて、リーダーシップについて考えてみることにする。

新聞広告で、誉田哲也の「ブルーマーダー」をみて、まあ広告というのはだいたい、面白いと書くものだが、もともと誉田哲也の、特に姫川玲子シリーズは好きなので、本屋に行ったついでに、迷わずそれの光文社文庫版を買った。

そして、早々に電車読みのルーチンに入れると、確かに面白い。ただ、ちょっと後悔したのは、同じシリーズの「インビジブルレイン」から先に読むべきだったかな、と感じたからである。というのは、「インビジブルレイン」で姫川玲子にひと波乱もふた波乱もあって、その経緯で玲子は、本庁から池袋署に異動したからであった。「ブルーマーダー」はその続きみたいな位置づけのストーリーである。

その異動先の池袋で、おそろしい事件が勃発した。なんと、人が、骨を砕かれて、出血もせず殺されているのである。どんな武器を使ったのか想像もできない。マル害はヤクザや半グレが多いので、最初、ヤクザ同士の抗争かと警察は思った。

しかし、ヤクザや半グレなら、拳銃や刃物を使うので、そんな妙な武器は使わない。警察がそうやって手を拱いているうちに、次々に同じ手口で人が殺されていった。

被害者にほとんどカタギの人はいないので、なんか正義の味方が悪を成敗してくれているのかと思ったが、職務質問した警官でさえその武器で危害を加えられていた。

こうして、その殺人犯は、ブルーマーダーとして怖れられ、池袋の街を恐怖で覆ってしまった。特にヤクザや半グレは、いつターゲットになるかもしれないと警戒に警戒を重ね、遠方に避難する者もあらわれた。

そんな状況を打破したのはなんと、玲子の仇敵、ガンテツで、独自の情報網を駆使して、ブルーマーダーを追跡した。そこからは、玲子や他の刑事も捜査に関与し、ストーリーが進展した。

読み終えてみて、「ブルーマーダー」は広告倒れではないなかなかの力作だと感じた。特に前半の、ブルーマーダーが醸し出す静かな恐怖が、スティーヴン・キングのITのようで、なかなかいい味が出ている。ただ、ITがストーリーが長すぎて興味が発散したのとは逆に、もうちょっとブルーマーダーの怪しさを引っ張ってほしかったような気もした。

そういえば、「ブルーマーダー」の後、ある戦史関係の本を読んでいたら、日本軍の駆逐艦から発射される九三式61センチ酸素魚雷を、米海軍は、「蒼い殺し屋」と呼んで、怖れていたという。なんとなく、英語でのblue murderのニュアンスをうまく伝える逸話だと思った。

黒雲

user-pic
0

最近の私は、文字通り推理小説の読み過ぎなのだが、しかし、たまたま死体をみたというのではない。それでも、ある現象を目の当たりにして、正確な時間と日時を記しておきたくなった。

それは、2015年8月5日の午後7時半頃のことである。駅から歩いていくと、前方、北の方に黒い雲がかかっている。いまいち距離感が掴めないが、もしかしてあれは津久井の方かもしれない。

この時間だともう薄暗くて、周囲を見渡すと、雲があるのはそこだけなのだが、それにしても、天に向かって屹立していて、真黒で、いかにも不気味な雲である。

おそらくその雲の下では局所的な豪雨なのだろうが、それだけでは流石に私は注目しない。真に不気味さを醸し出しているのは、雲の合間に頻繁に漏れだしている閃光である。

冷静に考えれば、雷が閃っているのだということになるのだが、それにしても黒雲を背景に頻繁に閃光が煌めくというシーンを私は、多分SFのような映画でしか観たことがない。

そう思っていたら、私が歩いている道の反対側にあるアパートで若いご婦人が、「何よあれ、雲が光っているわ、まあ気持ち悪い。こんなの見たことないわ。」と叫んでいるので、ああ、私の感覚は普通なんだ、と安心した。

そのご婦人は、夕食の準備で忙しいのか部屋に入ってしまったが、私は飽くことなく黒雲の煌めきを眺めて、昔を回想していた。

その回想とは、小学生の頃に遡る。少年マガジンだったかもしれないが、山からマントをなびかせてコウモリのように不気味に降りてくる黒装束の男のストーリーがあった。私の田舎の家の前は高さ100m程度とはいえ、一応小高い山で、夜ともなると、嫌が応でも目の前に聳えて迫ってくるものがあった。そして今にも黒装束の男が山からグライダーのように降りてきそうで不安に押しつぶされそうになっていた。黒い雲をそのときの山に喩えて、自らの不安を煽っていると、すぐ横を車が通った。

おっと、星を眺めすぎて溝にはまったターレスのように車に撥ねられてはかなわないと、黒い雲から目の前に意識を切り替えたのだが、それにしてもあの雲の閃光は本当に単なる雷なのかと怪訝なままである。こういうのを雲黒斎の野望というのかとベタな、それでいて場違いなセリフをふと思いついた次第である。

人をみる目

user-pic
0

いまさら何を当たり前のことをいうかと思われそうだが、人をみる目というのは大事だな、と思う。

回想は、今世紀のはじめころ、私が管理職になってやっと慣れて板についてきた頃に遡る。当時私は三人の管理職のうちの一人だったが、他の二人の管理職が、いわゆる管理に当たる雑用をあまりしないので私は、困っていた。だいたいが、管理職なんて、雑用の塊なのである。放置するわけにはいかないので、私がほとんどそういう雑用をこなしていた。

そんなとき、ある後輩社員が管理職に新しく登用されることになった。学歴といい経歴といい、外見といい申し分なく、私の見立てでも、なかなか理想的な管理職になると予想した。

ところが、その後輩社員が管理職に就いてしばらくして、困ったことが起きた。どういうことかというと、相変わらず私は管理的な雑用に追われていたのだが、新任管理職として、まるで悪意のように、私の手間を増やすようなことばかり提案してくるのだった。しかも、そんなことをしても意味があるとは私には到底思えない。

まだ新米管理職だから知らないのだろうと私は、先輩管理職として何度も言い聞かせたが、まったく聞き入れない。それでついに、この人は管理職には向かないと判断した。なぜなら、彼の部下になった弁理士たちは明らかに以前のようには働かないのである。また、やる気をなくして辞めていく弁理士も結構いた。

しかし、私はせいぜいが彼の同僚の管理職にすぎず、彼に対する人事権はない。そこで、米国に出張に行ったついでに、私は、あの新米管理職は管理職として適任でないので、降ろしたほうがいいと上位管理職に意見具申した。私はその上位管理職の良識を信じていたので、なんらかのポジティブな反応があると期待した。

ところが、その上位管理職も、私の意見を全く聞き入れてくれなかった。そして、新米管理職はポテンシャルがある、経験を積めば間違いなくいい管理職になる、君も応援してくれ、となんか私に落胆したような顔をして冷たく言っただけだった。

結局その後、その新米管理職に挙動には失望するばかりだった。そして、昔の管理職三人の頃を懐かしんだ。なぜなら、その頃は、他の管理職は、管理の雑用を手伝ってはくれないが、少なくとも邪魔はしなかった。こうしたいというと、一応同意してくれた。

実は私にとってもっと残念だったのは、上位管理職に人を見る目がなかったことである。そんなこと軽々しくいうべきではないが、多分私は、その人の人材登用のケースを5つくらいみた。で、結局後でみると、その登用は1勝4敗くらいだった。その結果は私の独断でなく、他の何人かの人にも確認したので、そんなに的外れではないだろう。ただ、その1勝は誰がみても文句ない1勝なのでそれでよいのだろうか。いや、打率が低すぎるだろう。

で、分かったことは、仕事のスキルと人を見る目はほとんど相関がない、ということである。

私の観察によると、家族主義、同族主義のような気持ちが強い人は、人を見る目があまりないことが結構ある。一旦身内だとみなすと、人物判断を停止してしまう。

さらに困ったことは、人を見る目がない人は、人を見る目がない人を登用しがちであることである。おそらく、同類の匂いを嗅ぐのだろう。そして、人を見る目がない人はほとんど確実に、属人主義のマネジメントを遂行する。その恐ろしさは、経験した人でないと分からない。

ところで、私も決して人を見る目があるとはいえない。外見や肩書に捉われて、不適切な評価をしてしまいがちである。

しかし、自分でいうのもなんだが、少なくとも私は、あまり家族主義や同族主義ではない。そして、将棋を趣味とすることから、機能主義である。組織は効率化して勝たなければならない、と強く思う。なので、もし私に人事権があるなら、初期値として間違えた人選をしたことが分ったら、確実に更迭する。また、耳が痛いことでも、他人の意見を参考にする。そうしないと勝てるわけがない。

なので、人を見る目がない人としての定義は、初期値としての人を見る目のなさよりむしろ、その後の判断の硬直性と、効率、機能をないがしろにする性質である。

永田鉄山

user-pic
0

私の行きつけの古書店は、軍関係の文献が充実していて、歴史の知識が乏しい私が、相対的には昭和史のうちの戦史関係の知識はなんとか世間の平均並みにあるのは、ここの古書店の品ぞろえに恩恵を受けている。

そんな私が、この古書店で、「秘録 永田鉄山」永田鉄山刊行会(編)芙蓉書房を買った時期ははっきり記憶にないが、もしかして20年以上も前のことかもしれない。しかし、知識の乏しい私は、井上正美や山本五十六のことは知っていても、永田鉄山のことは全く知らなかった。なぜこの本を買おうと思ったのかもわからない。

その本は結局きちんと通して読んではいないが、それでも、陸軍省のオフィスで執務中に永田が、問答無用で相沢三郎中佐という人に斬殺されたとあり、なんと乱暴な、と嘆息したのを覚えている。また、永田鉄山が大層英明な人で、統制派の権化のような人だということも知った。

そして、永田鉄山が日本陸軍史上間違いなく極め付けの重要人物であるのに、どうして「秘録 永田鉄山」のような資料集以外に、解説書が刊行されないのか、とても怪訝だった。

すると、今から4年ほど前に、中公新書で、「昭和陸軍の軌跡 - 永田鉄山の構想とその分岐」川田稔著、というこが刊行されたことを知り、おお、ついに永田鉄山が注目されるようになったか、と嬉しく思った。そう思うなら、直ちに買えばいいのに、なぜか見送っているうちに買わないまま今に至ってしまった。

そしてつい先日、新刊本屋に行ってみたところ、文春新書で、「永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」」早坂隆著、というのを見つけた。流石に買いだよね、と心の中でつぶやいて、もともと買おうと思っていたミステリー小説とともに本をレジに差し出した。以下は私の、この本に基づく粗いメモである。

永田鉄山は、1884年1月14日に、長野県諏訪郡上諏訪村で生まれた。上にも書いたことを繰り返すと、日本陸軍史上間違いなく極め付けの重要人物であるのに、なぜか地元の名士や有名人のようになっていない。相沢中佐に斬殺されたという事件がなにかと不吉感を醸し出しているからなのだろうか。

子供時代は、特に抜群の秀才というほどでもなかったが、ともかく正直で真面目な性格だった。この性格は生涯変わらなかった。

東京に出てきて、陸軍地方幼年学校に入ると、地道な努力で勉強し、めきめきと頭角をあらわした。ただ、勉強は得意だったが、柔道や剣道は普通だった。

そのまま陸軍幼年学校に進学すると、同期に岡村寧次と小畑敏四郎がおり、三人の友情は長く続いた。陸軍幼年学校では、特にドイツ語を真面目に勉強したが、全科目に亘って抜群の成績で、卒業時には、明治天皇の前で式辞を述べた。ちなみに、東條英機は、永田の一級後輩である。東條は、永田に対する尊敬を最後まで維持していた。

さらに陸軍士官学校に進学し、そこも主席で卒業した。ここまでくると、陸軍でのエリートの地位が約束されたと考えてよい。

永田は、身体頑健というわけではないが、酒は強く、煙草も吸う。部下は厳しく指導するが、思いやりも忘れなかった。交友関係もそれなりにあった。

1908年には、当然のごとく陸軍大学校に入校した。1911年、陸大を二番の成績で卒業すると、1912年に教育総監部に所属し、軍隊教育令を起草する仕事に就いた。

1914年にはドイツに留学したが、翌年の第一次世界大戦の勃発により、早々に帰国した。しかし、1916年になるとスウェーデンに駐在し、戦況を研究した。ここで国家総動員体制の重要性を認識するようになった。すなわち、国家全体で戦争に準備しなくてはならないということである。

第一次世界大戦が終わった後の1921年、再びドイツに留学し、そこで、永田、小畑、岡村の三人が集い、バーデンバーデンの密約なるものを交わした。すなわち、人事刷新と軍制改革を断行して、軍の近代化と国家総動員体制の確立、藩閥の撤廃などを誓うものだった。

帰国後、教育総監部に戻った。そこでの上司は、宇垣一成だった。当時は大正デモクラシーの時代で、軍縮が叫ばれ、軍備が縮小された。このままでは国家総動員体制どころではないと、永田は深く憂慮した。

1924年になると、軍務局軍事課に異動した。より陸軍の中枢に近づいた。当時の上司は杉山元だった。当時永田は、国家総動員体制に向けての一環として、学校配属将校制度をつくった。また、戦争になると外国からトラックなどの車両を輸入できなくなるため、国内自動車産業の育成を図った。

1929年には、真崎甚三郎と出逢い、親睦を深めた。後年、真崎は皇道派の首領として永田とは決定的に決裂するのだが、その頃はまだ互いに交際があった。

1930年には永田は、妻を病気で亡くすが、軍務局軍事課長に就任。戦争作戦を実質的に取り仕切りるようになった。しかし、永田は、中国との戦争には反対で、板垣征四郎や石原莞爾との対立が深まった。

1931年には3月事件が起きた。すなわち、陸軍のクーデター未遂のような事件である。そのとき、永田は当時の軍務局長、小磯国昭から妙な依頼を受けた。すなわち、もし陸軍を根本的に刷新するならどうような施策をとるかというもので、その案を仮定の話として起草してほしいというものであった。

そんな計画の案などとんでもないと思ったが、上司からの依頼とあっては仕方なく、渋々起草した。それは陸軍省の金庫の奥深く仕舞い込まれたが、後年なぜか取り出され、永田メモとして永田を皇道派が攻撃するネタに利用された。小磯の陰謀なのだろうか。

一方で、満州では関東軍が暴走し、満州事変を起こしてしまった。それは明らかに永田の意に完全に反するものであるが、起きてしまうと中止命令を出すと却って収集がつかなくなるので、渋々永田は追認した。常に永田は合理主義であると同時に現実主義だった。

1932年になると、永田は軍政部から軍令部に異動し、少将に昇進した。いずれは、陸軍大臣や総理大臣の地位もありえると周囲の人達は思った。

しかし、陸軍の中で、統制派と皇道派の対立が激化した。永田は自分のことを統制派と呼んだことは一度もなかったが、皇道派からみたら、永田こそが諸悪の根源だった。そのために、秘匿されているはずの永田メモや、その他ありもしないデマの文書まで流布して、それを読んだ皇道派の兵士たちは、永田に対する憎悪を募らせた。

そんな状況では、永田が皇道派の兵士に襲われるという可能性は十分あった。しかし、永田は特段の警護の人間を配置することを断った。軍人として死ぬときは仕方ないと開き直っていた。

1934年に永田は軍務局長に就き、皇道派の人々を人事権で以てどんどん左遷していったので、いよいよ皇道派のターゲットとなった。

そんなとき陸軍省の永田のオフィスに日本刀をもって現れた男がいた。相沢三郎中佐である。北一輝の薫陶をうけ、がちがちの皇道派であった。アポもなくいきなり現れると、永田を斬り付けた。剣道の名手でもあった。出血が多く、ほどなく永田は絶命したが、陸軍はこの事実をしばらくの間隠蔽し続けた。

また、上官を斬殺したのだから即刻軍事法廷で裁かれるべきところ、陸軍の相沢中佐に対する扱いは、なんとなく煮え切らないものだった。裁判は開かれたものの、判決もその後の刑の執行も滞った。陸軍内の皇道派の無視しえない影響力を感じる。

ところがというべきか、案の定というべきか、永田斬殺事件の翌年、二・二六事件が起きた。随分と甘い観測で開始された皇道派によるクーデターであるが、昭和天皇の英断により、クーデターの試みはあっさり潰え、逆賊とさえ認定されてしまった。永田が生きていたら、皇道派を抑え込む人事に一層加担しただろう。

クーデターに関与した兵士たちは、即決で死刑になった。ところがなんとこの時点まで、相沢中佐の裁判は未決で留め置かれていた。そして、二・二六事件に連座した人達が死刑になったことを受けて、相沢中佐もほどなく死刑になった。

権力を握った統制派は、東條内閣に書いたような事情で、東條英機を首相に据えた。この場合も、永田が生きていれば、永田を差し置いて東條という図式はなかったかもしれない。

それでは、俗説にあるように、永田が生きていれば日米開戦は避けられたのだろうか。永田なら身を挺して開戦を防ごうとしただろうが、そもそも満州事変でさえも勝手に起こされて、仕方なく事後追認したのである。真珠湾攻撃もきっと、永田のあずかり知らないところで仕掛けられ、結局その善後策を考える、という重い課題が永田に課せられ、永田は海の底に沈むような絶望に捉われたであろう。

それにしても、永田ほどメジャーだった陸軍のキーパーソンが戦後、学校の教科書に取り上げられることもなく、一般向けの解説書も長く刊行されることがなかった、というところに何者かの意図があったと感じてしまう。

推理小説

user-pic
0

ブログのタイトルが「推理小説」だと、当然になにか、推理小説論でも述べるのだろうと思うのが普通である。ところが私は、秦建日子「推理小説」河出文庫という推理小説の感想文を書こうとしている。

そもそもが、「推理小説」というタイトルの推理小説なんて、完全に妥当性を欠いているので、リアリティがないのだが、そうはいっても、本当にそういう推理小説があるのだから、それはまさに、地面に叩きつけられて地面にのめり込みながらも割れていない、石のようなものである。

そういう書き方すると、どうしようもなく食えない推理小説なのではないか、ということになるが、そんなことは全くない。ただ、ちょっとケレン味ありすぎるよね、と少し苦笑いする程度である。

この小説のストーリーは至ってシンプルで、ある連続殺人事件が起き、その出来事を再現し、警察あるいは犯人そのものでないと知らない事実を盛り込んだ小説がメジャーな出版社各社に届く。

そして、犯人は、ある高額のお金を出版社に要求し、もし要求に応じないなら、更なる犯罪が起きると宣言する。

そんな馬鹿馬鹿しい要求に応じると出版社の恥とばかりに、逡巡しつつも出版社がお金を払いそびれると、本当に次に殺人事件が起きてしまい、世間は騒然となる。

さて、捜査に当たるのは警視庁の女美人刑事の雪平夏見。まったく、男なのか女なのか、はたまたどれが姓でどれが名前か分からないのような名前であるが、警視庁で検挙率ナンバー1なのだという。

しかし、相当にユニークなのは、雪平夏見は、バツイチの子持ちなのだが、普段の一人住まいのアパートは、この上なく乱雑で埃が積みあがっている。それだけでなく、酔っぱらうと自分のアパートの部屋で全裸で寝るし、相方の若手男性刑事の安藤は、雪平の部屋の鍵をあずかり、自由に入ってよく、するとあられもない姿の雪平の姿をみてしまう、というのだから、ほとんどケッコー仮面の世界である。

その雪平夏見であるが、相方の安藤は、「無駄に美しい」と表現する。これ、私がいままで見た最高の美的表現であるような気がする。そもそもが美は過剰の一形態なのだから。

こういうユニークな取り合わせである、とだけ書いて、ストーリーは想像にまかせるのが賢明かもしれない。ともかく、この小説は、雪平夏見シリーズのとっかかり(私はあえて、adventという英語をあてる)なのであって、この後、新宿鮫のように延々と続編が刊行されるのだった。

昔、知的財産協会の委員だった頃の話である。普段比較的気安く会話している、富士通からきている人がいて、リストラというわけではないが部門の予算が厳しくなって、担当者が何人か異動して補充はなく、剰え、事務的なサポートをしてくれていた派遣社員もほとんど契約を打ち切って、雑用のようなことまで全部自分でやらなくてはならない、大変だ、と語っていた。

当時管理職で部門の予算管理担当だった私は、まあそうだよね、と相槌をうった。すなわち、会社の業績が苦しくなると予算を減らされるが、特許の仕事というのは現時点の景気ではなく、数年前の出願件数などに依存するから、予算が減っても仕事が増えるということがありえる。

そういう場合、予算管理担当としては当然、米国の責任者とも交渉するのだが、予算額というのはなかなか簡単に増やしてもらえるものではないというのが普通だった。それで私は、部門全体会議で、弁理士を含む特許実務担当者に、申し訳ないが、内部処理の仕事を増やすので大変だと思うが、頑張ってほしいとお願いした。みんな不満そうだったが、予算が理由とあっては、仕方がないという雰囲気だった。

当時、特許実務担当者と外部特許事務所に特許の仕事をディスパッチする役割も私が担っていたので、何かとコントロールしやすかった。ただ、扱う件数が多いので、自分でコンピュータツールを作成して、管理のため毎週データを眺めていた。そのデータをみると、各人の仕事のインプットとアウトプットがフローのように一覧できるので、件数が少ない担当者がいると、直接その席に行き、今なんの仕事が忙しいのですか、といちいち聞いた。そしてその理由によって次の仕事のインプットを加減した。なかなかうざい管理職だったと思う。でもそれが管理職として当然なので、仕方ない。私は必ずしも評判のよい管理職ではなかったが、でもとりあえずadministrative minimumはみたしていたと思う。

要するに、予算が減れば、その分内部での仕事を増やすか、場合によっては仕事そのものをある程度見切るしかないというのは当たり前で、それ以外のオプションはない、というのは誰もが同意するだろう。

ところが、私が管理職を降りて、管理ということが私のコントロールを離れてから、不思議な現象が起きた。すなわち、人員がリストラされるというのは場合により仕方ないし、リストラの結果内部処理担当者が減ると、その人達がやっていた仕事を外注するために、外注量を増やさざるをえなくなることもあるが、それは内部の人達が一層頑張るということが前提のはずである。

ところが、観察していると、リストラで大変だからと外注量を増やしたら、実は便乗でいままでやっていた仕事も併せて外注され、なんか却って内部の担当者は楽をしているようで、私はえもいわれぬ違和感に捉われた。うまくいえないが、ユークリッド幾何学の世界から、非ユークリッド幾何学に移行したようなものである。いや、量が関係ないなら、位相幾何学か。

他人はともかく自分は予算が厳しいときはその分沢山仕事をこなそうと努力したら、一応私が処理件数では部門で一番になっていた。まあ、仕事は件数じゃないなどという人もいて、そういう面もあるので特に私は自慢もしなかった。

それでも、なんか見ていると、リストラの度にそれを口実に外注量が増やされて、一層内部の人達が楽しているように思えてならなかったので、あるとき、堪らなくなって、なんか君たち、予算が厳しいといいつつ楽してない? もっと、内部で処理できない?と、元管理職風吹かせてつい言ってしまったら、当然反発をうけた。

あなたは、みんな楽しているというけど、仕事というのは拘束時間じゃないし、あなたに見えない仕事というのはいろいろあって、みんな大変なんです、と反論された。

私はそうなのかな?と内心同意できなかった。というのは私は社歴だけは長くて、実際に担当したことがない仕事のワークロードも一応は把握しているつもりである。管理職のときは全体のワークタイム管理もしていた。

そこで私は、当時勉強し始めていた宇宙論のキーワードを思いついた。そうか、ダークマターなのだ、と。ものの本によると、宇宙の質量の95%をダークマターが占め、それが何なのかそれは誰も分からないのだという。

そうか、いつの間にか、部門でダークマターが増えていることを悟った。もちろん仕事でダークマターをゼロにすることはできない。ここでダークマターとは、自分の把握していない仕事、あるいは仕事の遊び時間のようなものである。しかし、私が予算管理していた時代はダークマターはせいぜい5%だったという自負はある。そうでないと予算管理などできない。

ところが、ダークマターがほんものの宇宙のように、もしかして部門においても95%を占めるようになったのかもしれない。それからほどなくして私は部門を去った。ビッグクランチの微かな軋みの音を聞きながら。

傍聞き

user-pic
0

例によって古書店で本をみていると、長岡弘樹「傍聞き」双葉文庫というのが目に付いた。長岡という姓の人を私は複数知っていて、一応互いに知り合いであったり、一方的に知っている人だったりするのだが、私が長岡という姓の人にポジティブな意味を込めるのは、将棋の長岡裕也五段によってである。面識はないのだが、その真面目で精緻な棋書と、かの羽生名人のブレーンである、ということで尊敬している。

そういうポジティブさで、実はあまり面白そうでなかったのだが、薄い本なのでとりあえず買った。前にも書いたが、私がとりあえず本を買うポテンシャル・バリアというのは大きくない。とりあえず本を読むというポテンシャル・バリアは当然だが、それより少しだけ高い。

それでも、「傍聞き」を比較的買ってすぐに読み始めたのは、本の薄さと、2008年日本推理作家協会賞短編部門受賞ということからかもしれない。

「傍聞き」は上述のように短編集で、「迷走」、「傍聞き」、「899」、「迷い箱」の4編からなる。

「迷走」は、救急救命隊のストーリーである。救急の怪我人や病人の通報があると当然に救急車は受け入れ先の病院を探して、受け入れてくれることが分るとそこに急行するのだが、たまたま乗せた怪我人が、隊長と何かと因縁のある人だった。複雑な表情の隊長だが、さらに不可解な行動をとる。折角病院が受け入れOKというのに救急車を迷走させるのである。何するんですか隊長、と隊員は詰め寄る。一体何が?

「傍聞き」とは、面と向かって話されても人は怪訝に思って信じないことが多いが、たまたま通りががったりして漏れ聞いたことはなんとなく信じてしまう、という人間の心理作用のことらしい。主人公は強行犯係の女刑事。娘がいる。夫も刑事だったが、昔逮捕した犯人が出所後、お礼参りと称して殺されてしまった。それで、自分と自分の家族もそういう目に遭いをしないかとふと不安に思ったりする。ところが自分が逮捕した犯人が妙な行動をとる。留置所に面会に来いというのである。一方で、娘が妙な行動を採る。どちらも「傍聞き」のテクニックを使った行動なのだが、その仕掛はなかなか高度でちょっと分かりにくい。しかし、流石刑事の娘だと思わせるものがある。

「899」は、消防隊員の話。ある消防隊員は、幼児を抱えた近所の女性になんとなく惹かれてしまう。なぜならどうも夫はいないらしい。ところがたまたま、その女性の住まいが火事になり、消防隊員たちは現場に駆けつける。しかし、中に幼児が取り残されているらしい。そこで当然に救助しなくてはならないのだが、隊員の一人が驚くべき行動をとる。趣旨はちょっと違うが、「迷走」の別バージョンといえなくもない。なお、「899」とは、消防士の専門用語で、要救助者ということらしい。

「迷い箱」は、刑務所から出所した人を一時的に収容する施設の話。そこの施設長は女性で、送られてくる、社会的に落伍した人達から信頼されているのだが、元犯罪者だった人達は普通のことがきちんとできなくて、施設長は苦労の連続である。ところが入ってきた人達はある一定期間以内に就職するなどして出ていかなくてはならなくて、そこに施設長も就職を斡旋する苦労がある。そもそも、また犯罪に手を染めないか気が気ではない。そんなときに事件が起きる。「迷い箱」とは、捨てるかどうか迷うとき一時的に入れておくための箱らしいのだが、ストーリーと「迷い箱」の関係はわかりにくい。

読み終えた感想は、手に汗握る面白さというよりも、ストーリーの着想の秀逸さに感心するというものであった。どちらかというと読む側というよりも創る側の視点で評価しやすいのだった。ところがアマゾンの読者は普通、わざわざ創る側の視点には立たない。なので結構厳しい評価なのだが、私はこういう小説が推理小説のレベルを上げると信じて疑わない。そして、それが日本推理作家協会賞短編部門受賞なのだと思う。

このアーカイブについて

このページには、2015年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。