小池重明

user-pic
0

単なる思い込みであるが、私は小池重明のことは大抵のことは知っているつもりでいた。それは、私が団鬼六主幹の将棋ジャーナル誌の熱心な読者で、そこに小池の記事もよく取り上げられていたからである。

なので、最近たまたま古書店で、団鬼六の「真剣師 小池重明」幻冬舎アウトロー文庫を見かけたときも、100円だったのに、一旦はスルーした。今更その本を読んでもなあ、という知ったかぶりである。

しかし思い直して結局「真剣師 小池重明」の本を買ったのは、最近の暑さのせいだった。すなわち、こんなに暑いとちょっと凝った本を読む根気がわかない。そこいくと、小池重明の本はアルファ読みもいいところなので、どんなに暑くても気軽に読めるだろう、ということである。

ところが読み出してみると、知らないこともいろいろ書かれていて、どんどんストーリーに引き込まれた。すなわち、小池は名古屋で生まれたのだが、父が物ごいで母は売春していた、というのだから私が最近よく読む典型的なミステリー小説の犯人の生い立ちである。これでもかと悲惨な子供時代が描かれ、そのせいで大人になって身を持ち崩した、みたいなストーリーである。

この本は、小池自身の回想録をもとに団鬼六が書き下した本なので、回想録に嘘があったら仕方ないのだが、甘いかもしれないが、どうもかなり真実であるような響きはある。

さて、丁度色川武大がそうだったように、頭そのものは悪くなかったはずなのに小池は学校でほとんど勉強せず、高校に進んでも遊んでばかりだった。そんなとき小池は将棋に出会い、その不思議な魅力に憑りつかれた。そして将棋道場にも通い始めた。最初は板谷道場。最初は級位者だったが、1年くらい努力したら、一気に三段まで昇段した。

あとでそれは甘い段位だったと知るのだが、板谷道場に飽き足らなくなった小池は、西田道場に通うようになった。西田は、花村とともに全国を行脚したような強豪で、小池は全く歯が立たない。それでも懸命に努力していたら、次第に西田にも少しずつ勝てるようになってきた。

そんなとき悪友にそそのかされて、大学生と賭け将棋をやってしまったことで西田から破門された。次に訪れたのが、元アマ名人の坪井の道場。坪井といえば、やはり花村のライバルだった人で、アマチュアとしては段違いに強い。ところが持前の負けん気で小池努力し、坪井にもなんとか互角の勝負ができるようになった。

そしてアマ名人戦の愛知県代表にまでなったのだが、全国大会では東京代表の関則可に敗れ、世の中には強い人がいるもんだと思った。

そこでもっと強い人と指して修行するため東京に行き、関則可を頼って、道場の手合い係の仕事を紹介してもらった。すると、小池は実に要領がよく指導も巧みで人気を博した。ところが小池の悪い癖で、ギャンブルで損して、道場の金を持ち逃げするようなことをした。

それで追われて名古屋に逃げ帰り、今度は父から葬儀屋の仕事を紹介してもらい、今後こそ真面目にやるんだとまるで泉谷の歌のように決意した。実際小池は真面目に働き、信用もされた。

ところがある男が病気で亡くなったとき、その葬儀で、若い未亡人に一目ぼれしてしまった。未亡人も小池を憎からず思っているようで、結局二人は駆け落ちして東京に出てきた。

東京に出てきたら、トラックの運転手などして最初は真面目に働いていたのだが、ふと将棋が指したくなり、新宿の天狗クラブというところに顔を出してみると、真剣師たちが屯していた。そこで将棋を指していると、駆け落ちしてきた女性のことも完全に放置して将棋にのめり込んでいった。どんどん将棋の腕を上げ、ほとんど無敵となり、新宿の殺し屋と呼ばれた。

そうなってくると、下手に有名になり、真剣を挑んてくる者もいなくなった。そんなとき将棋ジャーナル誌が、大阪の伝説の真剣師、加賀敬治との対決を企画してくれた。表にはでないが勿論、裏では賭け将棋で、競馬のようにお金を出して乗る後援者が互いにいる。

それは壮絶な戦いで、結局15番闘い、ほとんど五分に終わった。しかし実質は小池の勝ちだろう。なぜなら、その後加賀は、小池に勝てないとみなして小池とは指そうとしなかった。

こうしてアマでは無敵になった小池は、将棋世界のアマプロ対抗戦の企画で出場し、飯野四段(当時)を破った。当時は、アマがプロに勝てるわけがないという風潮だったので、これには世間は驚いた。しかし小池は進撃を続け、森けい二九段までも指し込むというところまできた。

こんなに強くてもいつまでも無冠というのもどうかと、小池はアマ名人戦の予選に出ることにした。悪友がそそのかすので、予選の前日も一晩中酒を飲んで、寝ないで大会に出場した。それでも東京では予選を勝ち抜き、代表になった。アマ名人戦の本戦でもやはり悪友が押しかけてきて試合の前日も徹夜で飲んだ。それでもアマ名人になった。実力が図抜けていたのだろう。結局翌年もアマ名人になった。

アマ名人として小池は大山名人と角落ち対局を指し、難なく勝った。そしてなんとかプロになれないものかと画策した。しかし、棋士会で猛反対され、プロ試験を受けることさえまならなかった。そうしているうちに、子供向けの将棋教室を開くからと、借金した金が返せず、それを返すために別のところから借りるなどしているうちに、借金が雪だるま式に増え、結局故郷の名古屋に逃亡した。

名古屋では、親に会わせる顔もなく、ひたすら土方で生活をしのいだ。そんな生活を2年も続けるとまた将棋が指したくなった。それで東京に出てきて、将棋ジャーナルを通じて知り合いだった団鬼六に会いに行った。

すると面倒見のいい団は、小池のために賞金付きの三番勝負を企画した。最初の相手は、当時アマ最強かもしれないと言われた田尻アマ名人。しかし、田尻をあっさり2連勝で下した。

次の相手は元奨励会三段で、かまいたち戦法の創始者鈴木英春。しかし、英春にも2連勝すると、団の元で将棋の指南番のようなことをやっていた奨励会の伊藤能三段(当時)が是非とも対戦したいという。伊藤能はなんとか一番勝って、気を吐いた。

ところが、小池は誰かに何かを言われたか、将棋ばっかりやっているわけにはいかないと思い始めた。それで、横山公望との対戦は気合いが入らなかったのか二連敗し、結局、知り合いを頼って、茨城県石岡市で焼き肉屋の店長を任され、しばらくは真面目に仕事に打ち込んでいた。

しかし、例によって悪癖が出てしまう。それは、焼き肉屋のお金を持ち出して、別の人妻と駆け落ちしてしまったのだった。こうして逃避行が始まったのだが、なぜか小池はその女を連れて、団のところに挨拶にきた。団が励まそうと何ほどかをお金を渡すと、その金でアパートを借り、トラックの運転手をして真面目に努力するのだという。

そう思ったのもつかの間、小池は肝硬変になっており、静脈瘤破裂で血を吐き、入院してしまった。しばらくして退院してきた小池を励まそうと、団は、アマ名人の天野高志との対局を用意した。すると病み上がりにも拘わらず、小池はなんと天野を2タテで破ってしまった。

団はこれが絶局ではないかというのだが、私の記憶によると、櫛田陽一に書いたように、その後、当時奨励会三段だった櫛田との三番勝負があった。これに1勝2敗だったのが最後の対戦ではないか。

そこから小池らしいのは、生きているうちから自分の香典を集めたということであるが、結局、肝硬変には勝てず、病院で亡くなってしまった。享年44歳とまだ若かった。

小池は私より7歳年上だから、普通に節制して生きていればまだ68歳でばりばりの現役だったはずである。もしかして今泉四段のようにプロ試験を受けてプロになれていた、ということもありえる。

そういえば、小池が亡くなる何年か前だったと思うが、小池がアマ名人戦の東京代表で出場したとき、大学将棋で私より1年年上の熊本大学将棋部OBの米村憲輔氏が小池に予選で勝ち、本戦でも勝つという、いわゆる往復ビンタを食らわせたことがあり、九州学生棋界のOBとして私もうれしく思ったことがある。米村氏は九州の伝説の真剣師、三崎巌氏にも三間飛車で勝ち、三崎氏が、「三間飛車に負けるかね~」と呻いたというエピソードもある。備忘のため記しておく次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/3891

コメント(2)

| コメントする
user-pic

米村憲輔氏が小池氏に往復ビンタを食らわせたのは、小池氏の晩年ではなく連覇した翌年ですね。
小池氏は前アマ名人の資格で出場しています。それ以降は出場していないはずです。
米村氏はその大会ではその後も勝ち進み、準決勝ではアマ時代の櫛田陽一氏を破って準優勝しています。

user-pic

通りすがりさん

ご指摘のとおりです。それにしても昔のことをよくご存知ですね。私はこの記事を書いた後しばらくして間違いに気づいたのですが、訂正するのが面倒で、そのままにしていました。ずぼらな性格で、いけません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2015年8月14日 04:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「扇風機」です。

次のブログ記事は「ナイロビの蜂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。