2015年9月アーカイブ

決勝戦辞退

user-pic
0

9月28日(月)、帰宅すると早々に食事をして、自室のテレビを点けた。竜星戦の決勝である、趙治勲九段対結城聡九段戦を観戦するためである。

ところが、何か様子がおかしい。結城聡九段が大盤で解説し、吉原由香里六段が聞き手になっている。そもそも結城九段は対局者なのだから、解説者なわけがない。怪訝な気持ちで観ていると、結城聡九段は、竜星戦の決勝トーナメントの自分の対局を順に解説している。

ははぁ、と私は思った。なるほどこれは新趣向で、優勝者が自分の対局を一回戦から順に解説していって、最後に決勝の趙治勲九段戦の解説をするんだ、と思った。

思ったけど納得するわけがない。そもそも、決勝の対局が放送されないで、いきなり解説になるわけないので、もしかして先週か週末に決勝の対局が戦われたのだろうか。そう思って、囲碁・将棋チャンネルの数日前のプログラムをチェックしてみたけど、そういう様子は窺われなかった。

ともかく番組を続けて観ていると、趙治勲九段が決勝の対局を辞退したのだという。ええっ、辞退!?と私は内心で叫んだ。そして、これは陣屋事件なのかと推察してしまった。囲碁であれ将棋であれ、プロ棋士が対局の決勝戦を辞退したということは他に私の記憶にない。

ちなみに、陣屋事件とは、Wikiによると、以下のとおりである。

陣屋事件(じんやじけん)は、1952年(昭和27年)2月18日、神奈川県の鶴巻温泉の陣屋旅館で行われる予定だった、将棋の王将戦第1期第6局で、升田幸三が木村義雄との対局を拒否した事件。

陣屋事件の真相は、升田八段(当時)が時の名人の指し込むことが非礼になると考え、このような形で対局を拒否したということらしいが、果たして趙治勲九段と囲碁将棋チャンネルのスタッフの間にどんなやりとりがあったのか、と想像を巡らしてみた。

その一方で、「趙治勲 辞退」というキーワードでグーグル検索してみると、趙治勲九段は奥さんの看病で対局を辞退したのだ、ということが分った。尤も棋士たるもの、少々の家族の病気では対局辞退などしない。しかし、少々の病気などではなかった。奥さんは対局予定日の次の日に亡くなったのだった。なので、趙治勲九段は、妻に最後のお別れをすべき重大な場面だったのである。なるほど、そういう状況なら対局辞退は止む無しである。

さらにグーグル検索して、nitro15というブログを見つけた。以下、引用させて戴く。
8月7日、夫人京子女史死去
[訃報]日本棋院で活躍している趙治勲9段が夫人喪にあった事が一歩遅れて知らされた。
趙治勲9段の夫人趙京子女史が去る7日午後10時すい臓癌で亡くなった。 享年65才.
千葉県の自宅で癌闘病終わりに永眠した故人は趙治勲9段との間に1男1女を置いた。
10日、趙治勲9段は夫人の死亡の便りを知らせないまま近い親戚だけ集まって家族葬を行い、香典なども一切辞退した事が分かった。 趙治勲9段は葬儀を行った翌日に日本棋院にこのような事実を通知してきたと日本棋院関係者が韓国棋院に伝えた。
- 以下略 -

私は、不屈の勝負師、趙治勲の深い悲しみと、強い意志を感じた。是非とも結城九段と決勝を戦ってほしかったが、あまりにもやむを得ないのであった。

ところで、銀河戦は、次の日、すなわち9月29日の夜に観戦していたのだが、深浦九段が、今一番売り出し中の佐藤天彦八段を意欲的な指し回しで下して優勝した。佐藤天彦八段、最近ちょっと勝ち過ぎなので、バランスという意味でも是非深浦九段に勝ってほしかったのだった。

別れ話

user-pic
0

日テレニュースによると、看護師絞殺の事件で行方不明だった交際相手の男が逮捕されたという。以下、引用:

東京・小平市のアパートで24歳の看護師の女性が殺害されているのが見つかった事件で、警視庁は事件後行方がわからなくなっていた交際相手で25歳の男を殺人の疑いで逮捕した。
殺人の疑いで逮捕されたのは、東京・小平市の職業不詳・高野隼一容疑者。警視庁によると、高野容疑者は今月24日午前から25日までの間に、自宅アパートで同居していた交際相手で看護師の高木梨花さんの首を絞めて殺害した疑いが持たれている。
高野容疑者は事件後、行方がわからなくなっていたが、27日午前11時ごろ、静岡・熱海市内の路上に1人でいるところを熱海警察署員が発見したという。その後、午後7時半すぎ、警視庁が逮捕したということで、調べに対し、「私が梨花の首を絞めて殺してしまいました」と容疑を認めているという。

なんか別のニュースで、別れ話を持ち出されて逆上したとあったが、こんなこと言うと文脈として変かもしれないが、私は別れ話というのに縁がない。そういうと、なんと女性に振られたことがないのかといわれそうだが、そんなのじゃなくて、そもそも同棲するどころか単にデートする程度にさえ女性と交際したことがないので、別れ話ということにもならないのである。それ以前で終わっている、ともいえる。

で、高野隼一容疑者は職業不詳というくらいなのだから、頼りない男なのだろうが、そういう男がとりあえず女性の心を掴むというのは、小池重明のケースと同じくらい私にはわからない。

月並みな言い方だが、頼りなさそうな男は母性本能をくすぐるのだろうか。頼りなさそうという意味では私も人後に落ちないので、多分頼りなさそうだけでないプラスアルファが必要なのだろう。

問題は付き合い始めた後である。単なる恋愛感情の高まりは長続きしないので、その後は基本的な相性のよさとか、甲斐性とか、他の要素が重要になってくる。しかし、これが意外に難しくて、私が若い頃いろいろ話を聞いた女たらしの達人も、自分は直ぐに飽きる、続かないといっていた。

さて、互いに飽きてあっさり別れるなら万々歳なのだが、一方が執着すると話がこじれる。いわゆる情が深いということである。女性が男性を追いかけるという話では安珍清姫の話がある。女性に追いかけられたことがない私は、一度追いかけられたいものだと思ったりするが、本当に追いかけられたらそんな呑気なものではないだろう。少なくとも蛇に化けるのは止めてほしい。

ただ現実問題、男性が女性を追いかけるパターンが多く、男性は腕力が強いので、殺人になる例もそんなに稀ではない。典型的にはストーカー殺人だったりする。

付き合っていた女性から別れてほしいと言われるとそれはショックだろうけど、別れてほしいと言われてジタバタしても仕方ないと普通は考えるのではないだろうか。きっと感情を抑えるというか昇華することが苦手が人が暴力に及ぶのだろう。

すると、避難所としての読書でした議論になる。前にも書いたことがあるが、私はお見合いした相手に信じられないほど屈辱的な暴言を吐かれたことがあって、完全に切れる一歩手前まで行ったことがあった。それは、もしかして高野隼一容疑者に告げられた別れ言葉と同等以上に辛辣だったかもしれない。

そしてそれを救ったのは読書であった。読書だけでは払い切れなかった残穢?は、将棋に打ち込むことで発散させた。要するに、読書と将棋の組み合わせは辛い気持ちを乗り切る優れたツールであるということである。また、そういう辛さを乗り切る力は、日々の仕事を乗り切る力にもなり、するとなんとか職業不詳とは呼ばれないのかもしれない。

そういえば、歌の文句に、酒は涙か溜息か、心の憂さの捨てどころ、とある。すると、高野隼一容疑者が大酒飲みなら、別れ話に深酒して酔いつぶれ、酒と涙と男と女の歌詞みたいになるのだろうか。じつは私はそっちの方向もあまり苦手ではない。

すると私はなかなかの安全弁人間なのであった。それがどうした、なのであるが。

廃校利用

user-pic
0

折角つくった学校が、人口の減少により通う生徒が少なくなり、効率が悪いので、他の学校に通うようにすることで、廃校になるということは日本全国にあちこちで起こっている。その原因は、過疎化であり少子化である。

私の出身の百島という島では、私が子供の頃、島内に小学校と中学校が一応あった。木造で、どちらも戦争前に建てられたという古い建物だった。

小学校にも中学校にも体育館さえなく、中学校のとき私は卓球部に所属し、授業が終わるとある教室の机を全部廊下に出して、そこに卓球台を出して練習し、終わるとまた元に戻すというなんとも面倒なことを日々繰り返していたが、あれはあれでいい思い出である。

もともと運動の嫌いな私は、卓球より、当時夢中になっていた将棋の方がはるかに面白く、もし将棋部というのがあったら文句なくそちらに入っただろうが、今考えたら、子供のとき結核で、運動が制限されていたことからひ弱な子供だった私は、卓球の部活のおかけで体が丈夫になったので、下手に将棋部がなくてよかったのかもしれない。

さて、孤島のような僻地は、逆差別というか、市の予算がつきやすいようで、小学校も中学校も、私が卒業した後で給食センターができたり、鉄筋コンクリートの建物に建て替えられたりと、島の私の年代は見事に新校舎や設備の恩恵を受けられなかったのだが、私はなぜかそのことを残念と思ったことは一度もない。多分であるが、私の悪い癖で、学校というものが私の中で大きい価値をもたないからだろう。

それにしても無駄ではと思ったのは、既に生徒が激減することがみえていた中学校を鉄筋に建て替えたときである。鉄筋になって程なくして、小学校が、幼稚園と小学校と中学校を統合した設備になり、そちらに生徒が吸収され、中学校の校舎は空き家になってしまった。

そして、何年も中学校の校舎は、次第に荒廃しつつ神社のそばに虚しく佇んでいたのだが、瀬戸内海の犬島や直島のアートサイトの流れを汲んで、広島市立大学芸術学部准教授である柳幸典さんらが、廃校となった中学校の校舎を利用して、アートベース百島を立ち上げた。

帰省した折に一度訪ねてみたのだが、なにかくすぐったいような、申し訳ないような気持ちになった。くすぐったい、というのは、百島という、確実に私の故郷であり、それでいて時代から取り残されたような孤島にそぐわないような現代アートが設置されていることであり、申し訳ないというのは、百島で18歳になるまで育ちながら、百島を盛り上げるような活動が何もできないで、物理的にも精神的にも百島から距離を置いている自分だからである。

私は芸術に全く疎いので、アートベース百島の作品にコメントする資質を欠く。ともかく、私のブログの数少ない読者の誰かが、アートベース百島に興味をもって下さるなら幸いである。

さいきん、生物多様性ということが話題に上ることがある。要するに、自然環境破壊などにより希少生物が絶滅に瀕しているので、保護しなくてはならないという趣旨である。なぜ保護しなくてはならないかというと、遺伝子の多様性が世界には必要である、ということなのだと思う。すなわち、多様な遺伝子が交配し、あるいは交錯し、そこからまた新たな生物がうまれてくることが世界存続のための条件なのだと私は解釈している。

ところで、私が以前外資系の知財部門に勤務しているとき、いくらなんでもと思っていたのは、部門に既に弁理士が10人くらいいるのに、新入社員や他部門から移ってきた人にも、いきなり弁理士試験の勉強が勧められたことである。私は、弁理士試験を受けるか受けないかは各人の自由で、その資格がないことで昇進など多少不利益はあるかもしれないが、それは自己責任だと思っていた。それに特許事務所ならともかく企業の特許部で、弁理士が10人いるところで11人目が増えてもあまり意味がないのではないかと私は、当然の限界効用逓減の法則で考えていたのだが、当時の管理職たちはそんな常識さえわきまえず、まともに仕事を覚える前にまず弁理士試験の勉強をするのが当然の方針となっていった。

一方当時は、特許庁の電子出願が開始された頃で、どう仕事をこれに合わせて変えていくか模索する時期で、部内の電子出願を計画立案を任された私は、コンピュータや特許庁から出ている仕様を勉強しながら、さっぱりわからず困ったものだと苦闘していた。

電子出願という特許のシステム的な面から勉強を始めたのだが、部門全体の手続きをシステム化する必要性から、特許の事務的側面も勉強し始め、それはそれで複雑な知識を要する深い分野だと認識した。優先権証明書を取得する手続き一つをとってみても、仕様書とくびっぴきで作成しなくてはならない。なので私は、拙いコンピュータスキルで、特許のフォームの作成を自動化するツールをつくっていった。一方で、どうしてもシステム化できない特許事務の知識も沢山あることを知り、その知識の膨大さにおののいた。

ともかく、自然に私をリーダーとするチームができたので、不承不承私が事務方の管理職になってしまうのも仕方なかったのかもしれない。

ところが、事務方の管理職になって見渡すと、事務方の仕事の担当者が極めて地位が低いので慄然とするほどだった。例えば、弁理士がレベル9やレベル10だとすると、事務方はレベル4で十分で、レベル5にするのももったいないのだと本社のマネジメントはいう。

私は暗澹とした気持ちになった。なぜなら、弁理士だの事務方だのというのは所詮仕事の役割なのであり、状況に応じて事務方の方が弁理士よりも重要になってくることがある。じっさい、知り合った日本のM電機などの大手企業の知財部では、事務方のような仕事を、一番のエリートが担当していた。なので、世間では一流と言われていたその外資系の後進性を私は痛感することになった。これは21世紀の組織ではない、20世紀ですらない、19世紀の遺物だと思った。

ところが、さらに状態が悪化していった。それは、「知財部は法務部の夢をみる」とでも呼ぶべき管理職が知財部門の責任者になったときからである。すなわち、特許実務よりも、知財部における法務部的仕事である契約レビューの仕事が偏重され、その仕事を経験しないと昇進はないといわれるまでになった。

部門繁栄にはスキル多様性が必須だと信じていた私は、それがおそろしい愚挙だと感じて、精神のバランスを崩すほどだった。なぜなら、昇進するということは広い視野ももつということである。契約レビューの仕事は重要であり、そういう担当者は必要であるが、特許実務がそうであるように、所詮は一専門分野にすぎない。それをやるとあらゆる見識が得られるという万能のスキルからはほど遠い。広さというなら、新規な技術の理解も要求される特許の方がスキルとしてずっと線が太い。そもそも単一のことをやっていれば視野が広がる仕事なんてない。いろいろ経験したのち昇進すべきである。

そんな風潮だから、私や私の部下の事務方はいよいよ冷遇されていった。時代が時代なので、コンピュータベースの特許管理システムも充実させなくてはならないのに、会社の方針はそんなことにリソースをかけるという発想がほとんどなかった。

そして、スキル多様性はどんどん失われていき、もともと冷遇されていた事務方だけでなく、特許実務のスキルに自負がある弁理士たちも冷遇されていき、その資格とスキルにより外部に就職先をみつけやすい彼らは、雪崩をうつように会社を辞めていった。知財部門の責任者に、これではまずいのではないかと質したのだが、弁理士なんて世間にはいくらでもいる、辞めたらまた採ればいいというだけだった。ありえないと思った。

こうして年々部門のスキルとモラールは荒廃していったが、それは詰まるところ、スキル多様性の低下ということに尽きる。特許実務のスキルがないがしろにされているのだから、事務方のスキルや特許情報システムのスキルも推して知るべしである。もしかして、社内の特許管理システムなど、枯死一歩手前ではないか。ここから部門を復興させるということは、極大化したエントロピーを収斂させることだから、膨大なエネルギーを要する。まず無理だろう。

王座戦第3局が始まった。第1局で羽生が接戦を制したときは、流石に羽生に一日の長があるかと思ったが、天彦の第2局の完勝をみると、いやあこれは分からないと思った。そして、第3局。当然に天彦は高い勝率を誇る後手番横歩取りを投入してくるだろう。果たして羽生の対策はいかに、である。

【図1】 28手目△1五歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
例によって28手目まで一気に進める。天彦はやはり、横歩取りを採用した。対して羽生の対策が注目されたが、第1局とは異なり、5八玉、4八銀、3八金形だった。こちらの方が普通だろう。【図1】以下、△1五歩,▲3六歩,△2三銀,▲3七銀,△9四歩,▲9六歩,△6二玉,▲4六銀,△8八角成,▲同銀,△3三桂,▲2八飛と進んだ。△6二玉がこの形特有の、美濃囲いへの転身である。こうしてゆっくりとした流れになると思われたのだが。

【図2】 40手目△1六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩2



持ち駒:▲羽生=角歩2
なんと、天彦は△1六歩から仕掛けていった。指し過ぎではないのか。羽生の当然の▲1六同歩に△1七歩と垂らした。

【図3】 43手目▲2一角まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩



持ち駒:▲羽生=歩3
ここで羽生は▲2一角だが、当然天彦は△2四歩と受ける。これで先手に成算があるのだろうか。以下、▲3七桂,△4二金,▲7七銀,△5二金右,▲6六銀と進んだ。

【図4】 50手目△4一金まで
持ち駒:△佐藤天彦=角



持ち駒:▲羽生=歩3
そして天彦は△4一金。さあいよいよ、2一角がピンチである。で、なんとか羽生は手を作ろうと▲4五桂。

【図5】 52手目△2二角まで
持ち駒:△佐藤天彦=なし



持ち駒:▲羽生=歩3
△4五同桂なら▲同銀で、▲3五桂などの筋があって綾がある。で、どうするかとみていると天彦は△2二角である。渋い受けの好手で、要するに▲3五桂などで2三銀が移動したときの▲2四飛を防いでいる。これで羽生は困ったのではないか。以下、▲3三桂成,△同角,▲7五銀,△8二飛,▲7七桂,△3一金,▲3五桂,△3四銀,▲4五銀,△3五銀,▲同歩と進んだ。どうみても羽生がいいとは思えない。

【図6】 64手目△2一金まで
持ち駒:△佐藤天彦=角桂2



持ち駒:▲羽生=銀歩3
天彦は△2一金で待望の角を取った。駒割は、角桂と銀歩の交換で、羽生のかなりの損である。以下、▲3四歩,△5一角,▲3三銀,△2五歩,▲同飛,△4六桂,▲6八玉,△3八桂成,▲2一飛成,△4八成桂,▲1一龍,△5九角,▲7九玉,△6八金,▲同金,△8七飛成,▲7八金打と進んだ。

【図7】 82手目△3三角まで
持ち駒:△佐藤天彦=銀桂歩



持ち駒:▲羽生=金香歩4
ここで△3三角が華麗且つ冷静な決め手である。▲8七金には、単に△1一角と龍を外しておけば、羽生はどうしようもない。なので、以下▲3三同歩成,△6八角成,▲同玉と進み、

【図8】 投了図86手目△5九銀まで
持ち駒:△佐藤天彦=金桂歩



持ち駒:▲羽生=角2金香歩4
△5九銀で羽生の玉は即詰みである。蛇足ながら記すと、以下▲7九玉,△6八金,▲同金,△同銀成,▲同玉,△8八龍,▲7八合駒,△5八金までである。

なんかみていて、第2局と同等に、あるいはそれ以上の羽生の拙戦だった。普通に考えて、【図3】の▲2一角で先手が良くなるとは到底思えない。1筋から綾をつけられて、羽生が焦ったのだろうか。百戦錬磨の羽生にそんなことがあるとも思えず、私は怪訝である。

チーム・バチスタの栄光を読んで、すっかり海堂尊のファンになった私が、その後、「ナイチンゲールの沈黙」、「ジェネラル・ルージュの凱旋」、「アリアドネの弾丸」の3つの小説を一気に古書店で買ったことは、ナイチンゲールの沈黙で述べたとおりである。

そして、勢いでナイチンゲールの沈黙を読み終えたあと、続いて「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読もうと思ったのだが、それは将棋でいうところの含みに欠けるような気がして、間に複数の本を挟んで、「ジェネラル・ルージュの凱旋」を読み始めたところ、いきなりジェネラル・ルージュこと、ICU部長速水の気合いに圧倒されるかたちになった。

すなわち、命を救うために一刻を争う日々を送る速水は、救急ヘリの導入を強く願っていた。しかしそれは初期費用も維持費も数億円を要する。コストカットと経営健全化のために東城大学医学部付属病院に送り込まれた事務長の三船が、そんな要望を受け入れるわけがない。

そんな速水には、「ジェネラル・ルージュの伝説」があった。それは、十数年前、速水が駆出しの医者だった頃のことである。地元の桜宮の街のデパートで火災があった。それで東城大学医学部付属病院に怪我人が救急で殺到で運ばれてきたのだが、あいにく主だった医師が不在で対応に困った。そのとき、まだ若手医師だったのに、速水は緊急事態に鑑み病院を、自らの神のごとき独裁制の下におき、おそるべき手腕で事態を収拾させた。そんな速水がのちに、ICU部長に就いたのはほとんど必然だった。

ところがそんな速水に関する告発文書が、リスクマネジメト委員会の委員長である田口のところに届いた。内容は、速水が業者と癒着して収賄しているというのである。しかし収賄とあっては、田口が大の苦手とする沼田のエシック・コミティにもかけるよりない。

こうして、田口は沼田の迷路のようなビューロクラシーに翻弄されたが結局埒があかず、速水の件は紆余曲折を経てリスクマネジメト委員会預かりとなった。田口の更なる苦悩が始まる。

この小説を一貫するのは、速水のマッカーサーのような強烈な個性と格好よさである。マッカーサーが格好いいのかと突っ込まれると応えに窮するのだが。

なお、この小説も田口・白鳥シリーズなので、当然に白鳥が出てくる。で、白鳥が何もしなかったかというとそんなことはなく、独特の論理モンスターぶりを発揮して間接的に田口にエールを送ったのだが、今回ばかりは、速水の強烈な個性の前に影が薄かった。

そうそう、今更言うのもなんだが、「ジェネラル・ルージュの凱旋」は、「ナイチンゲールの沈黙」とのコンカレントなマルチスレッドであって、しかしストーリーが混乱しないように、海堂氏はセマフォというか、メモリの排他性というか、二つのスレッドがなるべく干渉しないように、それでいて「ナイチンゲールの沈黙」が「ジェネラル・ルージュの凱旋」の変数の宣言にもなるように、巧妙に仕組んだのだった。

それで思うのは、「ナイチンゲールの沈黙」の方でリソースを割いたので、白鳥の出番が少なかったというのもある。

また、白鳥の部下の姫宮が何気に登場したのも興味深かった。あだ名が「氷姫」というのもなんとなく頷ける。

以前、TIMEを読んでいて、Nanjing Atrocitiesという語句に出会った。文脈からして、南京大虐殺のことを言っているらしくて、すると、Atrocityというのは、とても悪い意味なのだろう。じっさい、辞書を引いてみると、残虐、非道、極悪とあって、相当に悪い意味らしい。ついでにAmerican Heritage Dictionaryをみると、atrocityとは、extremely evil, savage or cruelな状態のことで、これの方が却ってわかりやすい。

そんな背景があったので、最近たまたま本屋で、前川裕「アトロシティー」光文社文庫というのを見かけたとき、流石に単なるラブロマンスの類ではないよね、と理解できた。

でも、ちょっと私の趣味とは違いそうで、初見では買わなかったのだが、しばらくしてやはり買おうと、アマゾンで注文し、届いたら直ちに読み始めた。

ストーリーは、三鷹で、母子が住んでいるアパートで餓死するというところから始まる。おっと、三鷹かと反応したのは、毎日の通勤駅でもあるからである。ともかく、戦時中ならともかく、いまどき餓死なんとありえないよね、とも思うが、こんな事件があるにはあった。

主人公は、ジャーナリストであり、大学の非常勤講師でもある田島。妻と離婚して一人暮らし。東大の大学院を出て、アメリカ文化論が専攻というのは、著者の経歴が反映している。というのは著者はまさに東大の大学院を出て、法政大学の教授、比較文学、アメリカ文学が専門。おっと、パキパキの学者ではないか。そんな人がなぜわざわざミステリーを書くのかと思うのだが、きっともともとミステリーファンで、いろいろストーリーの構想は温めていたのだが、私より3歳年上だから、例えば60歳になったきっかけに、応募してみたということかもしれない。

戻って、餓死事件に続き、今度は田島の周辺で、別の事件が起きた。すなわち、マンションの隣の部屋は、アニメソングを歌う龍之介という女性と、そのマネジャである妹が住んでいるのだが、そこに浄水器を高額で売りつける訪問販売の男たちが居座り、因縁をつけるという事態になり、隣から助けを求められた。

で、渋々隣に助けで行ってみたものの、訪問販売の男たちは硬軟取り混ぜて強かで、一介のジャーナリストである田島には手に負えない。そこで、龍之介が、知り合いの緑川という、どうみてもヤクザとしか思えない刑事に助けを求め、それで当座の訪問販売の件は解決するのだが、それがきっかけとなって、緑川と田島の不思議な関係が始まった。

すなわち、緑川は刑事として、別の訪問販売強盗ともいうべき事件に関与しており、その捜査方針について警視庁内で孤立しているので、捜査に協力してほしいというものである。田島は田島で、そのことを記事にできれば、稼げるという頭も働いた。

ところが、緑川に協力して動いているうちに、田島は犯人グループから狙れて、次第に追い詰められていった。一方、犯人グループと三鷹の餓死事件の意外な関連性も浮かび上がってきて、事件はさらに混迷していった。

読み終えて、流石に大学教授というべきか、文章は論理的でしっかりしているし、プロットの意外性もいい。それで、上質のホラーミステリーに仕上がっていると思った。また、学者ならではの衒学趣味が出たりするが、そういうのに嫌悪感を催す人もいるかもしれないが、私は、学者という人種が嫌いではないので、ペダンチックも歓迎である。

ミステリー作家としての実質的デビュー作である、「クリーピー」も読んでみることにする。

感想戦

user-pic
0

私は週刊将棋を定期購読していて、読み終えたらそのまま駅のごみ箱に捨てたりすることがあるが、自宅の自分の部屋に積んである週刊将棋をちらっと眺めると、私が図面付きで棋譜をたどったタイトル戦の追加のコメントというか感想戦のような内容が述べられていたので、それを転記してから、廃棄処分にすることにした。こうしておくと、自分でもあとでああだこうだと考え直してみることができる。

まず、2015年8月26日号である。そこでは、王位戦第4局がカバーされている。私はその自分のブログで、

【図2】で、広瀬の玉は、「お前は既に死んでいる」だったのだろうか。
と書いたが、そんなことはなくて、解説によると、【図2】の▲5三歩に広瀬が△5一飛と応じたのが悪くて、ここでは△6一金寄と辛抱するのが優ったという。△6一金寄に▲6四銀だと、△7七角成,▲同金,△2七角,▲5六飛,△5五歩,▲同銀,△3八角成で、▲5九飛には△4八馬,▲6九飛,△4六銀となると難解である。△3八角成に▲5七飛だと、△2九馬,▲3二角,△5一飛もはっきりしない。また、▲5七飛に△4八馬,▲5六飛,△4七馬のように千日手模様で指すオプションもある。

次に、2015年9月2日号は、王位戦第5局をカバーする。これの1つのポイントは、【図4】で▲6五歩,△3六歩と進んだ局面である。そこで本譜は、▲2五桂,△同馬,▲3六金と進んだのが、▲5一角成,△3四金,▲9七香,△2四金のように進めた方が先手もいいのだという。いかにも間接的な手順で、私には到底思いつかない。しかし真の敗着は、【図10】の▲9六香で、ここでは▲2五金,△同桂,▲8六歩で△同歩,▲7七玉と逃げると先手玉は容易に捕まらないという。あるいは、【図10】の▲9六香の代わりに単に▲7七玉も有力で、後手は△5六金の妙手で迫るが(取れば、△2六龍,▲同金,△7八金以下詰み)▲7五歩とすると逃れている。まるで、逃れ将棋の問題のようである。ともかく、広瀬の本来の終盤力はこんなものではないはずで、かなり不調であるに違いない。

2015年9月9日号は、王座戦第1局をカバーする。これのポイントは【図5】で、△8六歩に羽生が▲5六歩と受けたとき、天彦は△8七歩成,▲同金,△3四銀,▲5五角,△7七歩,▲同桂,△8六歩,▲同金,△7七桂成,▲同銀のように進めたのだが、△8七歩成のところでは、△2七角成の筋を検討すべきだったという。△2七角成以下の一つの想定手順としては以下▲2五歩,△3八馬,▲同金,△2五桂,▲同桂,△同飛,▲2六歩,△7六桂,▲2五歩,△6八桂成,▲4九玉,△5七桂成となると、▲3九玉に△2七歩が詰めろとなって先手玉もかなり危険である。この変化を逃してからは、難解ながら後手にチャンスはないのだという。

2015年9月23日号は、王座戦第2局をカバーする。私は、

【図2】で▲4六角と設置して、▲4五歩と蓋をした形が作戦勝ちで、そこで羽生は仕方なく仕掛けていったが、それを天彦が的確に咎めて受け切り、反撃して寄せきったということになろうか。
と書いたが、週刊将棋によると、羽生の敗着は、【図5】での△6四歩で、正解は代わりに△7五歩なのではないかという。以下▲7五同歩,△7七歩,▲同桂,△同桂成,▲同銀,△6五桂,▲6六銀,△9七歩成,▲同歩,△同香成,▲同香,△7七歩,▲同銀,△同桂成,▲同金,△7六銀,▲6六香,△同飛,▲同歩,△9八角と絡むのだが、ここで▲5八金が受けの好手で、以下△2六香,▲同飛,△8九角成,▲6九玉,△7七銀成,▲5九玉,△7六角成に▲4八玉と逃げておけば、後手は歩切れで金銀の持ち駒なので、1筋の端攻めや▲24桂などの筋をみれば、先手が優勢なのだと思われる。すると、▲4五歩と蓋をした形が作戦勝ちという言い方は間違いではないのだろう。

最近、ときどきテレビの歌番組を観るようになったが、すると、ナツメロというか、何十年前、それこそ私が小学生だった頃流行っていたような歌さえ流れることがあって、それを聞いたときの感情は、単に懐かしいというものでなくて、うまく説明できないが、結構複雑だったりする。

それでも、おおっ、と軽く歓声を上げたのは、園まりが出てきて、「逢いたくて逢いたくて」を歌ったときである。私が小学生のとき、まだ色気づいていない私にも、園まりは聖母のようだった。隣で観ていてた父はもうちょっと色目で観ていたはずである。

私が歓声を上げた理由は単純で、要するに、私のイメージの中にある園まりから容姿がほとんど衰えていないのである。あれからもしかして、50年ちかく経つのに、こんなことがありえるのかと怪訝になった、もしかして妖怪ではないかと。

ちなみに、容姿も含めて、大抵の減衰は、e-λtであらわされる。tが時間で、λが減衰定数である。λ = 0だと、何百年経とうと、何億年経とうと全く減衰しない。しかし、そんなことが人間でありえるわけがないので、減衰しない美人というのは、λが限りなく0に近いという次第である。

λがゼロに近い美人としては他に、吉永小百合がいる。しかしなぜか私は、吉永小百合に対して感情を込めた反応ができない。世間一般にはサユリストなる人々は、石を投げたら当たるほどいまでも沢山いるはずである。

では私は最早女性に対する感性が完全に枯渇してしまったのかというとそうでもなくて、先日、あるコンビニに入ったら、そこのあまりにも平凡な、どうってことない女子店員に胸がときめいてしまい、つい、アイスクリームはどこですか、と無意味な質問をしてしまった。私はもちろん典型的な美人も好きだが、信じられないような平凡な女性のところにも感性スペクトルが立っていて、その周波数領域のスペクトルを逆FFTで時間領域に変換すると、どんなことが起きるのだろうと想像したりする。

戻って、必ずしも美人というわけではないのだが、減衰しない女性というのは2つのパターンがあると思う。

その一つは、園まりや、吉永小百合のようなタイプ。他には藤圭子もそうだったかもしれない。不幸にして死を急いだようだが、生きていれば私はファンの一人だった。ただ、藤圭子と一緒にいたら楽しいだろうか。全くそうとは思えない。そんなことを考えて、ファンといえるだろうか。

もう一つのパターンは、若い頃から際立った美人というわけではないが、なんとなくなまくら四つでそのままの容姿を維持している人。例えば、野際陽子や中島みゆきがそうである。そういえば、私は子供の頃からキーハンターの野際陽子のファンだったが、最近どうしてもその名前が思い出せず、家人に、あのキーハンターの、ほらだれだったっけ、と言って、そんな名前も出てこないのかと馬鹿にされた。

私自身は、もちろん女性ではないが、容姿としては中島みゆきタイプかと自負している。すなわち、若い頃から決してイケメンではないが、この歳になってもそれなりに若くみえると自負している。しかし、いまから4年くらい前、母がまだ生きていた頃、病院に母を見舞いに行ったら、「お前も歳とったのう」としみじみと言われてしまった。若く見えるというのはどうも私の思い過ごしのようである。

私は情報処理技術に関与してきたので、諜報技術に興味がなくもない。特に暗号にはそこそこ興味があって、こちらに書いたような、オリジナルな暗号アルゴリズムを考案したこともある。

しかし、スパイ一般が、ジェームス・ボンドのように女性にもてて、運動神経抜群という私とは真逆な人間となると、私はただ僻んで敬遠するよりないのである。

そんな私がさいきん、スパイに対する興味を少しだけ高めたのはおそらく、ジョン・ル・カレのナイロビの蜂を読んだせいである。

その高まった興味の状態で、「秘録 陸軍中野学校」畠山清行著、保阪正康編、新潮文庫を古書店でみかけたので迷わず買って、読み始めた。以下は私なりのこの本についてのメモである。

ところで、日本は諜報技術に疎く、今ではスパイ天国だと言われる。第2次大戦中でも、暗号が米軍に漏れているのも気づかず、予定どおり作戦を実行して罠に嵌るなど、諜報というか情報そのものに対するセンスのなさを喧伝されてきた。

しかし、もともとそんな国民でなかったと思われるのは、戦国時代の忍者の跳梁である。伊賀、甲賀の忍者は、当時世界的にみても諜報技術で高い水準にあったはずなのである。

ところが、徳川家康が天下をとると、諸大名に忍者の類を抱えることを禁止し、幕府は忍者技術を独占し、お庭番とした。その独占は、日本の諜報技術をほとんど枯死させてしまった。そして江戸時代から明治になっても、日本国は諜報技術軽視の悪しき伝統を継承してしまった。

しかし流石に、それではまずいだろうという意見が陸軍に出てきて、陸軍省兵務局に防衛課が設けられた。その後、軍務局課員の岩畔中佐、兵務局付の秋草中佐、福本中佐ら、陸軍で比較的防諜センスのある人達が上層部に働きかけて、「情報勤務要員養成所設立準備事務所」ができたのは、1937年のことだった。陸軍中野学校の前身である。

じつは特殊任務員養成機関として、満州のハルピンに訓練所があるにはあった。しかしこれは半官半民で、陸軍直轄ではなかった。

こうして学校設立案が固まると次は生徒募集であるが、陸軍士官学校卒業生から選ぶ方がいいという意見と、陸軍予備士官学校卒業生から選ぶ方がいいという意見が対立した。陸軍士官学校は軍人教育を叩きこまれた純粋培養人材、陸軍予備士官学校は一般の高等専門学校、大学を卒業した民間人である。

結局、陸軍予備士官学校卒業生から選ぶ方に決定されたのは正解だった。なぜなら、防諜は語学を始め、幅広い知識を必要とする。

で、結局、情報勤務要員養成所は陸軍予備士官学校卒業生のえりすぐりの秀才を集めることに成功した。スパイというものは、少なくとも日本では、ヤクザと同じで、馬鹿ではできない悧巧はやらないのであるが、戦争という大義のために、悧巧に無理やり指名したのだった。

最初は九段下にあった情報勤務要員養成所であるが、いかにも仮住まいの体であったところ、中野に空き屋がみつかり、そこに引っ越して改装した。かくして、陸軍中野学校の誕生である。

陸軍中野学校の初代校長は、秋草中佐であるが、学校というからには教科書が必要である。ところが、その秘密的性質により、諸外国もノウハウを書いたテキストなど発行していない。困り果てて陸軍の資料庫を探した秋草は、プリント刷りを発見した。明石元二郎大佐の「革命のしをり」である。

他でもない、明石元二郎大佐こそは、帝政ロシアにあって、場合によってはレーニンとも手を組み、反政府活動を支援して後方攪乱することにより、日露戦争を勝利に導いた立役者なのであった。

その明石大佐の精神を継ぎ、学校生は日々謀略の勉強と訓練に励んだ。陸軍中野学校の訓練はもちろん厳しいが、一方で、普通の軍隊にはありえない自由なものだった。すなわち、軍服でなく平服を着用し、天皇は人間であると平気で議論し、門限に拘らず新宿の赤線街に遊びにいったりした。それもまた防諜の訓練であること論を俟たない。

訓練内容は、英語、ロシア語、中国語、マレー語などの語学、暗号、変装、爆破、武道、世界情勢、歴史など多岐に亘った。まさにえりすぐりの秀才でないと無理で、軍人精神に凝り固まってはとても習得できない。

このように訓練を経た中野学校卒業生は、タイやビルマなどの南方、中国、ロシアなど各所に場合により民間人を偽装して派遣され、八面六臂の活躍をした。

しかし、中野学校の存在は秘匿され、中野学校に隣接する中野憲兵学校の学生さえ、単なる陸軍の研究所程度の認識しかなかった。

じつは「秘録 陸軍中野学校」は極めて多岐に亘る内容で、ここに紹介しきれなかった多くのエピソードを含み、著者の畠山清行自身も極めて変わった経歴で、私はまだ十分に読み切れていないといえる。追々、読み返してみたいと思う。

王座戦第2局が始まった。今度は佐藤天彦の先手番である。つい先日のNHK杯戦が佐藤天彦の先手番で後手が郷田だった。NHK杯戦は収録の関係で、対局日はかなり前だとしても、ついこの将棋も、NHK杯戦と同様に角換わり腰掛銀になるのだろうと想定したら、やはりそのとおりになった。

【図1】 41手目▲6八飛まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲佐藤天彦=角
角換わり腰掛銀といっても比較的バリエーションがあって、本局は羽生が、最近では比較的珍しい6五歩形を採用した。すると、これを▲6八飛と逆に目標にするのも一つの定跡である。ここから△6二飛,▲4八飛,△9二飛,▲4五歩,△8二飛,▲4四歩,△同銀,▲2八飛,△3三銀,▲4八金,△4二金引,▲2九飛,△4三金上,▲4七銀,△4二金引,▲5六歩,△8六歩,▲同歩と進んだ。角換わり腰掛銀特有の手待ちのような手順である。

【図2】 60手目△7四歩まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦=角歩2
ここ△7四歩が局面を方向付けた手である。これに対して天彦は当然に▲4六角と打ち、以下△7三角,▲同角成,△同桂,▲4六角,△8三飛,▲4五歩,△6六歩,▲同銀と進んだ。

【図3】 70手目△9五歩まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦=歩2
羽生は、△9五歩と果敢に仕掛けた。ここでは形勢はまだ不明なのだろう。以下、▲同歩,△9六歩,▲8七金,△9五香,▲9八歩と進んだ。

【図4】 76手目△6五銀まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲佐藤天彦=歩2
羽生は△6五銀と攻めていった。以下▲同銀,△同桂となったが、ここでは後手の攻めが細いのではないか、というのが山崎八段などの検討陣の意見だった。

【図5】 79手目▲7八玉まで
持ち駒:△羽生=角銀歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=銀歩2
天彦は▲7八玉と受けた。安定感のある手である。以下、△6三飛,▲6六銀,△6四歩,▲5八金,△6一飛,▲8五歩,△6三飛,▲8六金と進んだ。金で端の香を取ろうという強引な手である。

【図6】 88手目△9四銀まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲佐藤天彦=歩2
羽生は、仕方なく△9四銀と香を支えた。以下、▲8四歩,△9三角,▲3五歩,△同歩,▲2四歩,△同歩,▲2五歩,△8八歩,▲7七桂,△同桂成,▲同銀,△8四角,▲3四歩,△同銀,▲5五角,△3三金右と進んだ。一気に進めたが、ここでは天彦が優勢から勝勢に進めたといえる。

【図7】 105手目▲4六桂まで
持ち駒:△羽生=桂歩3



持ち駒:▲佐藤天彦=なし
ここで▲4六桂が決め手である。以下、△4三銀,▲2四歩,△5四歩,▲3三角成,△同金,▲2三金,△3一玉,▲3三金,△同桂と進んだ。

【図8】 投了図115手目▲2三歩成まで
持ち駒:△羽生=角金桂歩3



持ち駒:▲佐藤天彦=金歩
羽生は持ち駒が豊富なのだが、詰めよで迫る手がないので、投了もやむをえない。

なんとなく羽生に覇気が感じられなかったと思うのは私だけだろうか。ともかく【図2】で▲4六角と設置して、▲4五歩と蓋をした形が作戦勝ちで、そこで羽生は仕方なく仕掛けていったが、それを天彦が的確に咎めて受け切り、反撃して寄せきったということになろうか。

TIMEを読んでいると、時節柄、ヒラリー・クリントンや、ドナルド・トランプなどの大統領候補の記事が頻繁に出てくるが、大統領選挙にいまいち興味がないというか、米国の政治の事情に疎いので、どうも真剣に読む気がしない。

一方で、記事を読みながらいつも感じることがあって、どうして大統領選挙なんかに出ようとするんだろう、ということである。だって、米国大統領選挙戦は、キャンペーンを張ったり、遊説したりして、手間とそれにかかる費用が半端ではない。そして幸い大統領になれたなら、膨大な公務が待っている。息つく暇さえない。静謐にして読書することを無常の楽しみとする私には到底我慢できない。確実に鬱病か神経性胃炎になりそうである。

そう適当に妄想していたら、ある知り合いが、マックス・ウェーバーの「職業としての政治」が面白いと紹介してくれた。特に社会科学に疎い私は、マックス・ウェーバーの「職業としての学問」は読んだことがあるが、これは知らなかった。それで、「職業としての政治」脇圭平訳、岩波文庫を買ってみると、結構薄い本なので、なんとなくほっとした。

しかし、読み始めると、薄い割には私にとってあまり読みやすい本ではない。これはマックス・ウェーバーの講演なので、本当は読みやすいはずで、私が読みにくいと感じるのはきっと、社会科学が苦手だからだろう。

で、以下私なりに感想を書いてみるが、あまりちゃんと読めていないので、せいぜい高校生の感想文程度の内容になりそうである。

それでも、読み進めていて、そうだよねと、まず、にんまりしたのは、「すべての国家は暴力の上に基礎づけられている」という記述である。

最近テレビをみていて、安倍首相の安保関連法案に反対して、子供をもつ母親たちがデモというか集会をしていた。そして、「子供を戦争で死なせない」という意味のメッセージカードを掲げていたような気がする。

それはもちろん理解できる。私だって戦争で死にたくないし、家族の誰も戦争で失いたくない。命題としては確かに善である。

しかし、他国が攻めてきたらどうするのか。自衛隊が戦うから任せるのか。自衛隊の隊員も人の子ではないのか。すると、「子供を戦争で死なせない」という命題に抵触しないのか。

ウェーバーは、「善から善のみが生じるといまだ信じている者がいるとすれば、政治のイロハもわきまえない。」と指摘する。じっさい、「子供を戦争で死なせない」だけではナイーブすぎるので、そこから平和を達成するには政治的権謀術策が必要である。

そして、「すべての国家は暴力の上に基礎づけられている」という命題に戻る。すなわち、国家には軍隊と警察という暴力装置が必須である。戦争はいくら厭だといっても、軍隊をもつ別国家が攻めてくる可能性がある。ちょうど、どんな家にも強盗が入る可能性がゼロでないのと同じである。

ウェーバーは明示的に書いていないかもしれないが、軍隊と警察をもつ国家と、武力をもたないシビリアンの間に折り合いをつけなくてはならない。それこそ、シビリアンの「子供を戦争で死なせない」のである。

そこで政治家の登場である。戻って、ヒラリー・クリントンや、ドナルド・トランプはなぜ政治家になりたいのかというと、権力がほしいのだろう。じっさい、米国大統領になると世界最強の権力を行使できる(個人的にはロシア大統領の方が恣できそうと思われるが)。

ウェーバーは、政治家を、政治によって生きる者と、政治のために生きる者に分けようとする(ただ、この二つのカテゴリは排他的ではない)。

なんにしても、政治家は、国家という魔物、暴力装置を相手にするがゆえに、清濁併せ呑む覚悟が必要である。覚悟といっても、根っからの政治家には、権力というものが、蜜蜂にとっての花弁なのだろう。権力という仇花が咲き誇る丘は傍目には絢爛であるが、多分天国より地獄に近いだろう。

しかし、地獄の料理人に事欠かないのが現世だろう。それほど必要悪という言葉が似合うものはない。

私の実力不足で、「職業としての政治」を読み切れなかったので、適当な言葉で誤魔化してしまった。

新社長

user-pic
0

一介のサラリーマンとして到底自慢できる話ではないのだが、私は新聞を読んでいて、囲碁将棋欄と、スポーツ欄と、書籍広告蘭と、テレビ番組欄しかみないことが結構ある。逆にいえば、そこくらいは見るということなのだが、そんなのが自慢になるわけがない。

ところが最近ふと、読売新聞の「トップ2015」という欄をみて目を瞠った。それは、日本板硝子で、森重樹さんという生え抜きの社員が新社長になったという記事をみたからである。

なんでそんなことにいちいち目を瞠るのかというと、日本板硝子は数年前に、傍目にはちょっと無謀ともいえる、小が大を呑むみたいな英国企業ピルキントンを買収したものの、結局社内の要職を英国人に抑えられ、生え抜きの有為の人材はやる気をなくして会社を去り、会社は赤字に苦しむという、大丈夫か武田薬品と酷似する状況になった。

酷似というけれども、日本板硝子がピルキントンを買収した方が、武田薬品がミレニアムなどを買収したより先なので、武田薬品は何も先例(prior case)から学んでいない、ということなのであった。

で、私がなぜ森重樹さんのことで目を瞠ったかというと、だいたい外資が跋扈するようになると、やれTOEICだ、やれMBAだと、社内が英米流の嵐に席巻され、次期社長というのも、外国人か、どこかの外資系から引き抜かれたような、米国風を吹かせる傀儡日本人だったりするのだが、森重樹さんは知る限り、そのような人ではなく、生え抜きで穏健派、常識派であり、人望もある人のようなので、ああこれが揺り戻しかと私は納得した。

揺り戻しというのは、私が駆出しの管理職り頃、元部門長の会社OBの人から教わったことである。すなわち、物事というのは、極端に走るものだが、針が振れるところまで振れたら、あとは戻るのだというもので、ある意味当たり前なのかもしれないが、少なくとも私が以前勤務していた外資系は、どこまで行っても針が揺り戻る気配がなく、行きつくところまで行ってしまいそうである。一方、日本板硝子では、常識とか健全性の種が枯れていないのだ、だからこうして芽が出たのだ、と羨ましくなってしまった。

もう一つ別の例を挙げよう。別の日の読売新聞の「トップ2015」に、JFEスチールの柿木厚司社長が採り上げられていた。柿木さんは旧川崎製鉄に入社後、一貫して人事畑を歩んできた。

人を評価する人事部にあって、柿木さんのモットーは、偏りなく評価することであった。なので、2002年に川崎製鉄とNKKが統合してJFEになったときも、たすぎがけを廃し、実力本位の人事を徹底した。

遡って、川崎製鉄が1980年代後半に多角化でいろいろな事業に手を出し失敗したときは、撤退する部門の社員のために再就職先をみつけるべく走り回った。飲みながら、いろいろな人々の要望を聴くのを旨とした。

そういう人事一本の人が社長に登用されるというのはすばらしいことだと思った。まさに、「人は石垣、人は城」 なのである。

今勤務している会社で、仕事が忙しいと昼休みもコンビニ弁当を食べながら仕事をするのが習慣なのだが、最近、以前よりは余裕があるので、特に本から呼ばれた?気配はなくても自発的に会社の近くの古本屋を覗く頻度が増えた。

それで、ある日古本屋を覗いてみておおっと思ったのは、海堂尊のチーム・バチスタの栄光の続編である「ナイチンゲールの沈黙」、「ジェネラル・ルージュの凱旋」、「アリアドネの弾丸」が一気に百円均一コーナーに置かれていた。

ただ、百円均一といっても、このシリーズは各々が比較的ページが薄くて上下二巻なので、締めて600円で微妙に割高感があるのだが、新刊本屋で買うことを思えば、誤差の範囲内である。実はその前日に自宅近くの新刊本屋で「ナイチンゲールの沈黙」他を買おうとして、なぜか胸騒ぎがして見送ったのだが、こうして次の日にその同じ本たちに古書店で出会えるとは、一回目のチャンスは見送れと言った偉大なる大山先生の教えはやはり正しかった、ということになる。

そして当然に「ナイチンゲールの沈黙」から読み始めた。とはいえ、特に新人作家にありがちなのだが、シリーズの最初の作品は力が入っていて面白いのだが、続編はそうでもないということがよくあるので、「ナイチンゲールの沈黙」はもしかしてイマイチなのかもと軽く危惧した。

ところが、いい意味で「ナイチンゲールの沈黙」は私の期待を裏切ってくれた。すなわち、「チーム・バチスタの栄光」では、白鳥のキャラがよくも悪くも他を圧倒していたが、「ナイチンゲールの沈黙」では、白鳥並みのユニークなキャラが目白押しで、流石の白鳥も頑張らないと影が薄くなるほどであった。

その濃いキャラのトップバッターは、小児科病棟の看護師、浜田小夜。看護師なのに、プロの歌手も脱帽するほど歌がうまくて、病院内の宴会ではいつもアイドルである。

次は小児科病棟に入院していて、網膜芽腫の中学生、牧村瑞人と、五歳の佐々木アツシ。網膜芽腫とは、かなり珍しい目の癌で、眼球を取ってしまわないと周囲に転移するというおそろしい病気である。

ところで、世間でよく、親がだらしないと子供は却ってしっかりすると言われるが、牧村瑞人の父親は元優秀な営業マンだったが、会社が倒産して仕事を失うと急に飲んだくれて仕事しなくなり、母親は呆れて出ていき、自宅は荒れ放題なのだった。それを補うように、牧村瑞人は父親に反発しつつ異常に早熟で、しっかり者である。

牧村瑞人は未成年なので、手術には親の承諾が必要だが、なんともいい加減な親で、どうしてもその手術に同意しようとしない。そこで小夜が瑞人の父に交渉にいき、ひと悶着あった。

ところが、その直後、瑞人の父が殺されてしまったので、話はややこしくなってきた。当然に最後に会った小夜が疑われる。

そしてそこに当然現れたのが、警察庁から桜宮署に出向中の警視正・加納達也と、その部下の玉村誠警部補。加納は、コンピュータ画像を使った捜査であるディジタル・ムービー・アナリシス(DMA)が得意なのだった。

おっと、重要な配役を忘れていた。それは、酔いどれ迦陵頻伽こと、人気歌手の水落冴子とそのマネジャの城崎。ところが冴子はアル中で重度の肝硬変のため、東城大学医学部付属病院に入院した。そんな冴子は、歌に関して、小夜と火花を散らす。

その他には、MRIの研究者島津と、救急病棟の将軍(ジェネラル)速水。さらに忘れてならないのは、白血病の薄倖の美少女杉山由紀と、小夜の上司で独特の存在感を示す看護師長、猫田麻里。

これでだいたい配役が揃ったかなというところで、レギュラーの田口と白鳥が登場する。ところが加納と白鳥は旧知の仲で、コインの裏表のように火花を散らし合う。

もともと白鳥は犯罪捜査に協力する意図でなく、Ai(autopsy imaging)の件で東城大学医学部付属病院にやってきたのだが、院長の高階の依頼もあって、得意のロジカルな尋問手法で犯人を絞り込んでいく。

まあはっきり言って、これだけ個性のあるキャラが横溢すると、不利なときは戦線を拡大せよ?との格言のように局面は混沌としてくる。なので、アマゾンの評価をみても、この作品の完成度を云々するような意見もあるが、蓋し当然だろう。

しかし、元ゴミ屋敷の住人だったという理由でなくて、私は雑然そのものを愛する面があるので、「ナイチンゲールの沈黙」は私にとって面白さが沸騰する作品だった。もっというと、「ナイチンゲールの沈黙」は、後に続く一連のバチスタシリーズのための、CやC++のプログラミングにおけるヘッダファイル的位置づけであると私はみた。

どういうことかというと、「ナイチンゲールの沈黙」で今後出てくる登場人物のキャラを宣言しておけば、後で呼び出しやすくなる。加納は、C++のクラス宣言のようにメソッド付きで濃く記述され、速水はそれほどでもなく最低限の型宣言だけであるが、それはそれで、海堂氏に意図があるのだろう。

海堂氏の意図といえば、この本にも、Ai(autopsy imaging)推進の強い意図を感じる。それもそのはずで、海堂氏は国立研究開発法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センターAi情報研究推進室室長なのであった。そのあたりも勉強してみると面白そうである。

がん放置療法に書いたように、私は近藤誠医師のがんに対する意見に共感してきたのだが、それはそれで一つの立場だとしても、最近、そうとばかりも言えないなと如実に思ったのは、天野貴元さんのブログを読んでである。

すなわち、舌がんの手術後、肺などに転移し、ステージⅣまでがんが進行し、一時は絶望視されたのだが、サイバーナイフや抗がん剤などを駆使して、持ち直し、天野さんは将棋の赤旗名人になるまでに回復した。

しかし完治したわけではないがんは、ぶり返してきて、その都度天野さんは、将棋の自戦記を書くように淡々と治療の様子と気持ちを綴るのが読んでて痛々しかった。先月までは、ほとんど毎日ブログの更新があったのだが、9月に入って急に頻度が減り、ここのところ一週間エントリがない。大丈夫だろうか。

ともかく、天野さんがここまで持ちこたえることができたのは、少なくとも近藤誠理論に依存したからではないのだろうと思い、アンチ近藤誠理論の本を何か読んでみたくなった。

しかし、医学界で近藤誠氏が嫌いな人を探すことに何の苦労もなくて、そういう本は雨後の竹の子のようにある。そこで、これが代表作かどうかわからないが、とりあえず、大場大著「がんとの賢い闘い方 - 近藤誠の理論徹底批判」新潮新書を買って読んでみた。

読んでみて、これはこれで冷静な記述でいい本だと思うのだが、いけないのは帯の記述である。すなわち、「放置がベスト」、「抗がん剤は毒」、「検診はムダ」はすべて大嘘、とあるが、これは場合により真になる命題ばかりなので、頭ごなしにすべて大嘘というのは妥当ではない。そもそもが、「抗がん剤は毒」はまさにそうで、毒である抗がん剤をうまく駆使するのが腫瘍内科医の腕の見せ所ではないか。

それでも、大場氏の指摘でなるほどと思うのは、近藤氏の「がんもどき」という呼び方が全く学問的でない、ということで、そういうものに治療方針が依存するわけにはいかない、という点である。すなわち、がんもどきなら治療する必要はなく、がんもどきでないなら、転移しているので治療しても無駄というのだが、大場氏も指摘するように転移してもなんとか持ちこたえている例は聞く。

そこまではいいのだが、以下は少数の症例をもって、なんとか近藤理論を叩き潰そうと、力み過ぎていると思われる。例えば、腫瘍内科医として抗がん剤に肩入れするあまりに、抗がん剤が著効を示して患者が快方に向かった例を挙げているが、多分であるが、抗がん剤で体力を低下させて寿命を縮めてしまった例も少なからずあるのではないか。

また、がん検診は絶対に有効みたいな言い方をされているが、「過剰診断: 健康診断があなたを病気にする」H.ギルバート ウェルチ 筑摩書房のような本もある。

私は、健康診断をうけて思うのだが、放射線その他、検査されるということの体に対するインパクトが結構大きい。これが無条件で是ということはないのではないか、と感じる。

ということで、正解は、近藤理論と大場理論の中間にありそうだが、それは人により症状により異なるので、正解を見つけるのは難しいのではないか。

私はというと、がんになったら放置はしないかもしれないが、なるべく体にインパクトの少ない治療で済ませたいものである。尤も一旦治療が始まったら、自分の希望どおりになるという保証もない。結局、なんで死んでも死には死になのだろうか。

古書店でローレンス・ブロック「八百万の死にざま」田口俊樹訳、ハヤカワ文庫をみかけたとき、そもそもローレンス・ブロックという作家は全く知らないので、特に何の印象もなかったのだが、それでも買ったのは、最近少しずつ翻訳もののミステリ小説に馴染んてきたからだろう。買っておけばそのうち読むかもしれない、程度の軽い気持ちである。

最近の傾向としては、買うと一旦アマゾンの評価をみて一喜一憂するのだが、アマゾン不活性に書いたように、アマゾンの評価はあくまでも参考にすぎない。そうは言ってもつい気にしてしまうのが私の悪い癖である。

ところが、「八百万の死にざま」のアマゾンの評価がかなりよかっただけでなく、ローレンス・ブロックは有名な作家の一人であり、しかも「八百万の死にざま」は多分作品の中のベストである、みたいなコメントをみては、どれどれと早目に読んでみることにした。

「八百万の死にざま」の舞台は、ニューヨークのマンハッタンの北部。アップタウンとも呼ばれる。ここらあたりはかなり治安が悪いところという印象がある。そういえば、1999年だったか、仕事でニューヨークに出張し、そのときセレモニーで、ハドソン川の川下りがあった。そして船から岸辺をみながら知り合いのAさんに、ここらあたりってかなり治安が悪いんだよね、と聞いたら、Aさんがなんか照れくさそうに言うには、昔は確かにそうだったが、財政が豊かになったことでニューヨーク市は警官を採用を増やし、取り締まりを強化したので、今では随分安全になったということだった。

しかし、「八百万の死にざま」の時代は1982年の頃で、マンハッタンが相当に危険な場所だった頃である。

「八百万の死にざま」の主人公は、マット・スカダー。もともとはニューヨーク市警の警官だったが、ある事件で犯人と銃撃戦になったとき、誤って近くにいた関係のない少女を撃って死なせてしまった。

そのことで警察を辞め、妻とも離婚し、酒浸りの日々となった。その挙句にアル中になったのだが、生きていくためには稼がなくてはならないので、しがない私立探偵をしているという次第なのだった。

ただ、もともとは優秀な警官であり、信頼される真面目な性格なので、探偵としての評判はまあまあだった。

そんなスカダーに、知り合いの女友達の紹介で、キムという美貌のコールガールがある依頼をしてきた。キムの容姿に目を瞠るスカダーだが、その依頼というのが奇妙なものだった。すなわち、キムの売春の元締めはチャンスという男なのだが、売春から足を洗いたいので、チャンスに話をつけてほしい、というものだった。そんなの自分で言えばいいではないかとスカダーは当然に応じたが、キムは、自分がいうと暴力を振るわれるなど、嫌がらせされるか心配なのだという。

キムが美人だということもあったのだろう、スカダーはとりあえず依頼を受けたが、そもそもアップタウンでチャンスに会おうとおもっても、電話サービスに連絡しても電話はかかってこないし、そもそも黒人という以外に、どんな容貌なのかも全くわからない。そこで、スカダーは警察時代から利用している情報屋のダニー・ボーイ・ベルに聞いてみた。するとチャンスとどこで会えるか知っているという。

こうしてなんとかチャンスと会うと、ボクシング観戦などの趣味が一致して、スカダーは意外に意気投合した。キムが足を洗う話をしたら、まったく問題ないという。そもそも、キムの代わりなんて簡単に見つけられるし、ともいう。

こうして、とんとん拍子に話が進んでキムは喜んだ。スカダーも、依頼が成功して安心した。

ところがである、それから程なくして、キムは高級ホテルの一室で、これ以上にないというくらい切りつけられて惨殺された。こうなると当然にチャンスに嫌疑がかかる。しかし、チャンスは先回りして警察に出頭し、キムの殺害の時刻のはっきりとしたアリバイを証明した。

しかし、スカダーは納得しない。いくらチャンスにアリバイがあっても、アップタウンには、金さえ払えば代わりに殺ってくれる奴なんて掃いて捨てるほどいる。なので依然としてチャンスに嫌疑を抱いていたら、なんとびっくり、チャンスの方から連絡があり、スカダーに、キム殺しの犯人を見つけてほしいというのであった。

こうしてスカダーは、元刑事のスキルを駆使して犯人を探した。警察にも何度も足を運び、協力を依頼した。そして、チャンスが管理する他の売春婦にもインタビューするも最初は全く手がかりがなかったが、粘り強く足で調べるうちに次第に犯人像が浮かび上がってきた。

それにしても、スカダーは途中で何度も酒がほしくなり、バーに行くのだが、なんとかコーヒーやジンジャエールで我慢する。気を紛らすために、断酒協会のようなところに足繁く通う。

また、アップタウンは怖いところで、新聞には毎日のように凶悪な殺人事件のニュースが載る。スカダー自身も路地で見知らぬ男に銃を突き付けられ、殺されそうになる。

そういうマンハッタンの地を這うような描写と、スカダーのアル中としての葛藤が、スカダーの犯人追求のための活動とうまくあいまって、とても緊迫したいい雰囲気が醸し出された小説に仕上がっていると感じた次第である。

それにしても、こういう酔っ払いの探偵というのは、レイモンド・チャンドラーのフィリップ・マーロウとも似ていて、ローレンス・ブロックは実によき、アメリカ・ミステリーの継承者であるということになる。

だからといって、「八百万の死にざま」がレイモンド・チャンドラーの二番煎じという感じは全くなく、ローレンス・ブロックの独特の世界が現出している。私としては、レイモンド・チャンドラーよりもローレンス・ブロックの方が時代が新しい分、入り込みやすいといえる。

阿刀田髙の「ミステリーのおきて102条」角川文庫を眺めていたら、江戸川乱歩賞に言及した章があったので、この内容を私なりにまとめて、コメントしてみる。

先ず、改めて知ったが、江戸川乱歩賞は新人賞であって、第一線で活躍しているミステリー作家が対象になるものではない、ということである。その点で、第一線で活躍している、黒川博行氏すらも対象になる直木賞とは大いに異なる。

なので一般的に作家にとって、江戸川乱歩賞受賞作が代表作ということはない。例えば、池井戸潤の江戸川乱歩賞受賞作は、果つる底なきであり、これはなかなかに力作であるが、もちろんその後の作品の方が完成度が高い。

新人の登竜門となるような文学賞は他にもいろいろあるが(といいつつ、文学通でない私はなかなか挙げられないのだが)、江戸川乱歩賞は特にそのままプロになれる可能性が高いようである。

理由はやはり、ミステリーというソースをかけたパイは、純文学のようなプレーンなパイよりも大衆の口にあうのだろう。そういう私も、ミステリーなら気軽に読むが、純文学だと引いてしまうという意味で、普通に大衆である。

江戸川乱歩賞受賞作家がテイクオフしやすい他の理由として、フジテレビでのドラマ化を前提に1000万円、講談社から出版される印税が500万円程度と、文学賞に贈られる賞金として破格なのだった。なぜ破格かというと、芥川賞や直木賞でも賞金は100万円程度。これでは、文学仲間と銀座あたりで飲んだら一晩でなくなる程度の額である、たぶん。

ということで、江戸川乱歩賞を受賞できたらプロ作家への道がほぼ約束されるので、毎年200から300本の力の入った作品の応募があるのだという。なので、他の文学賞は芸術性を追求しているのかどうか知らないが、特に江戸川乱歩賞の応募作は、痛いほど野心が漲っているようである。

ところで、当然かもしれないが私は江戸川乱歩賞受賞作のファンなのであって、印象に残っているのは、赤井三尋の翳りゆく夏、鏑木蓮の東京ダモイ、渡辺容子の左手に告げるなかれ、早瀬乱の三年坂 火の夢あたりだろうか。

最近記憶力が低下してきたので、他に読んだ江戸川乱歩賞受賞作を上げるのに困難を覚えるのだが、翔田寛の「誘拐児」、曽根圭介の「沈底魚」、桐野夏生の「顔に降りかかる雨」あたりはかろうじてストーリーに記憶がある程度である。こうしてみると、江戸川乱歩賞受賞作というのはかなり質に、ばらつきがある。

七冠への道

user-pic
0

最近、昔聞いた懐かしの英語の曲が聴こえてきたような気がした。ディオンヌ・ワーウィックの「サンホセへの道」である。しかし、よく聴くと歌詞が微妙に違う。

Do you know the way to Nanakan ?
I've never been there.
I may go wrong and lose my way.

私は、憑かれたように日本棋院のホームページを開き、下記の記事を確認した。 まず、王座戦。

村川大介王座への挑戦者を決める第63期王座戦【主催:日本経済新聞社】の挑戦者決定戦が9月7日(月)に日本棋院関西総本部で行われた。
結果は、井山裕太棋聖が余正麒七段に157手までで黒番中押し勝ちし、前期タイトルを奪われた村川王座への挑戦権を獲得した。余の初の挑戦手合出場はならなかった。
村川大介王座との五番勝負は10月20日に宮城県仙台市「仙台ロイヤルパークホテル」で開幕する。
そして、天元戦。
高尾紳路天元への挑戦権を争う第41期天元戦挑戦者決定戦【主催:新聞三社連合】が9月10日(木)に日本棋院関西総本部で行われた。
結果は、井山裕太棋聖が結城聡九段に228手までで白番中押し勝ちし、前期タイトルを奪われた高尾天元への挑戦権を獲得した。結城の4期ぶりの挑戦手合出場はならなかった。
高尾天元との五番勝負は10月23日に岐阜県岐阜市の「岐阜グランドホテル」で開幕する。

い、いかん、と私は叫んだ。折角少壮の多冠理論者である私があれほど警告したのに、井山四冠がまた、懲りずに七冠への道を歩もうとしている。

そもそも、井山四冠は、最強の敵、高尾天元と名人戦を戦っているのに、それに飽き足らず、村川王座に挑戦し、またさらには、高尾天元の天元位に挑戦する。

私は、「サンホセへの道」の歌詞を借りて、"You may go wrong and lose your title."と再び警告を発するのだが、私の声は届かない。もしかして、井山四冠は、リソース全開で、一連のタイトル戦を勝ち抜けるのかもしれない。もしそうなら私は、潔く多冠理論に別れを告げよう。

最近、新刊本の書店で、曽野綾子の「人間の分際」幻冬舎新書と、百田尚樹「大放言」新潮新書を見かけた。もちろん買うつもりはなくて、ちらっと中身を斜め読みしただけだが、あらっ、と思ったのは、どちらの本も、「やればできる」なんてことはない、という内容のことが書かれていたことである。

確かに世間一般に、やればできるとか、努力の前に不可能はないとか、そういうことを書いた本は汗牛充棟であるが、だからといって、世間の多くの人が、どんなことでもやればできると思っているわけではない、というか思っているわけがない。

そういう私は、世間では「やればできる」わけないだろ、という論者の先鋒なのであって、別の言葉では、かなり尖鋭な才能論者である。言い換えると、才能がなきゃ、何やったって仕方ないだろ、ということである。

しかし、そういうと必ず反論されるのは、では、どうやって才能があるかどうか見極めるのか、ということになる。私は不用意にもそんな単純な反論さえ想定していなかったので慌てたりするのだが、とりあえず、まあ二三年やってみて、それでできそうか駄目そうかなんとなくわかるんじゃないの?それでできそうなら才能あるんじゃないの?といかにも歯切れの悪い回答するだけである。

あと、才能があれば、ほっといても夢中になったりする。そして、人知れず自然にあるレベルまで到達できる。

ただ、その才能は、私がいうところの一応の才能であって、一流になれる才能かどうか、時間をかけて努力してみるよりないのだが、膨大な時間をかけて一流になれないなら、どうする、という観点もある。

おっと、話が微妙に「やればできる」からずれてきた。なぜ「やればできる」という標語がみてはやされるかというと、言うまでもない、それは資本主義だからである。すなわち、「やればできる」という機運にした方が、商売をする側は確実に儲かるのである。

典型的には、予備校は、どんな人でも、一日10時間勉強すれば東大に受かりますよ、ただそのための方法論もあるので、それを伝授しますよ、ともっていかなくてはならない。

エステ・サロンは、当サロンに通うと、どんな女性も、容姿に拘わらず、年齢に拘わらず、驚くほどの美貌になりますよ、と宣伝する。

新刊本は、この本を読むと、面白いほどアイデアが湧きます、どんな苦境でも動じない人になりますなどと謳うが、それも「やればできる」の一つの変形である。

ただ、私自身としては、才能を重視うんうんは実は面倒な努力をしたくないという言い訳もかなりある。例えば、どうみても面白くなくて読むのに忍耐力を要するだけと感じた壊れた海辺をなんとか読み終えた途端、今まで苦手意識があった海外ミステリーに対する違和感が消えて、今では、読む本の半分は海外ミステリーになっている次第である。

すると、「やればできる」は、「やれば、ある程度はできるようになるかもしれない」とか、「やらないかぎり、できるようにはならない」みたいに言い換えると、現実的で、まったくキャッチーでないスローガンになるのであった。

サーベイ

user-pic
0

エントロピー増大の法則というか、組織というものはなんらかのフィードバックを受けて時代に適応し、あるいは不適切分子を更迭しないと次第に機能しなくなり、最後には熱的死である倒産に至る。ここでは、「不適切分子を更迭」のところにフォーカスして記述してみる。

どんな仕事でも向き不向きはあり、知能の程度云々とは別の意味で、適性がないので特定の仕事に向かない、ということはありえる。多分であるが、私はすぐれた、というよりも、平均レベルの営業マンになれないし、タフ・ネゴシエータになれる素質も欠いている。

それでもなんとかここままでやってこれたのは、特許の実務はなんとかこなすことができたからである。少なくとも文章を書くことに苦手意識はない。

管理職はというと、多分向かない。きちんと部下を叱ることができない。もしかして営業の仕事より向かないかもしれない。ただ、私がサラリーマンとしていろいろ教えを受けた師匠のような人から言われたのは、管理職になることを上司に打診されたなら、上司はそれなりの考えがあってのことだろうから、断ってはいけない、ということである。

いまにして思えば、できないと思えば、無理だと思えば、断るのが正解だったが、当時は断るなんて、考えもつかなかった。

それで部下に迷惑をかけたりしながら、なんとか管理職を務めたのであるが、もともと幹部候補でなかった私が登用された理由は、あいにくというべきか、既に管理職をしていた同僚たちが、私以上に管理職に不適だった。たんに弁理士の資格があってシニアである、という以上の理由が見いだせなかった。

私が管理職になって、彼らに対するアドバンテージを感じたのは、事務処理能力と、面倒見のよさである。その2つの要素でなんとか、リーダーシップのなさを補っていた。

そんな私がとりあえず管理職としての必要最低レベルはなんとか維持できたのは、オピニオンサーベイと呼ばれる社内制度のせいだった。まあある意味、管理職の車検といってもよい。少なくとも、サーベイで酷評されない程度のマネジメントはしようと努力した。これは、2年に一回、部下が上司を評価するもので、ここで部下からあまりに悪い評価やコメントをもらうと、確実に管理職から更迭され、その後もあまり日の目をみない経歴を送ることになるので、管理職はサーベイの前になると神経質になった。

神経質になる理由は、管理職は、サーベイの集計が出たあと、結果が良くないと、それに対するアクションプランを立て、部門全体に対してフィードバックする会議を開かなくてはならない、という義務があった。

私も当然に神経質になったが、次第にサーベイが近づいても特に自分のスタイルを変えようとは思わなくなった。私の管理職としてのやり方が完璧から遠いということは知っていたが、どう改善するか私のスタイルの全体性を失わないで達成する方法が分らなかったというのもある。

あと、私がスタイルを変えようと思わなかった他の理由は、管理職を続けることに次第に疲れてきたというか、やはり自分は実務屋が向いていると改めて感じてきたからである。なので、部下から見放されて管理職から降ろされるならそれもよし、という開き直りもあった。

一方で、管理職を降ろされる程度に部下から酷い評価を受けなかったことに安心しもしていたのだから、このあたりの心理は複雑だった。

ところで、私の勤務していた外資系の会社で、サーベイの制度は、普通の会社よりもずっと必然性があった。それは、課長レベルの管理職でも、相当の人事権と予算権限を付与されていたからである。部下の採用でも、人事は形式的なことしか口出しせず、個々の課長レベルの判断でかなりの程度決めることができる。

一方で人事部は、普通の会社のような人事権をほとんどもたない。個々の部門人事に関与できないのである。すなわち、各部門の個々の課長レベルが強い権限を与えられるので、サーベイを設けて、場合により不適切な管理職を更迭できるようにしておくことは、制度のバランスの必然だった。

しかし、このようなサーベイが突然廃止されたのは、2008年、かなりドラスチックなリストラが行われた年であった。当時私は管理職を降りていたので、サーベイが廃止されたことは知らされなかった。

知らされる代わりに、簡易なミニサーベイが行われた。これが今までのサーベイに代わるものかと思い、いろいろフィードバックしてみたが、一切その反省ミーティングのようなものもなかった。

本格的なサーベイが廃止されたのは、リストラの傾向の中で、サーベイが炎上するからというものであったが、じつはサーベイの廃止により不適な管理職を野放しにすることのリスクは、サーベイの炎上リスクよりはるかに大きい。極端な喩えであるが、人食い虎が野に跳梁し、頻繁に人間を襲っているときに、虎を討ちに行くと、鉄砲や人的コストや、逆襲されて襲われる危険性があるからと、討伐そのものを諦めるだろうか。ここらあたり、苛政は虎より猛なり、という中国の故事に倣ってみた。

ともかく、私がみるところ、ここらあたりから部門が、そして会社全体がつるべ落としに劣化していった。自動制御系では、わずかなフィードバック系の欠如が、短期間で系全体の暴走、あるいは停止をもたらす。

それは経営学の基本でもあるはずなのに、どうしてこのような欠陥ある制度にしたのか、私には理解できない。

その外資系はまさに、フィードバック系の欠如というキーワードで特徴づけられる。経営幹部たちは、外部のどんな意見も一切聞かず、権限を私物化し、ひたすら自分たちの私腹を肥やしつづける。

内部告発の時代だからと、勇気をもって上司の不適切な行動を訴えた社員は、返り討ちとしてリストラされてしまう。

一方で、管理職に対して従順以外の取り柄のない人達は、周囲が呆れるほど働かないのに高給をエンジョイし続ける。

私はただ傍から、崩れゆく巨象の姿を眺めるだけである。

最近特に技術理解の必要性があるわけではないのだが、ふと無線通信技術の概略が理解したくて、なんとなく本屋で、「知識の森 - 無線通信の基礎技術」電子通信情報学会編、オーム社というのを買って電車の中で眺めていると、電波の減衰やフェージングなどの無線通信特有の課題がなんとなくわかってきてなかなか興味深かった。工学書を思想書みたいに教養書として扱うのも悪くない。

といいつつ、技術の論理を追うのにちょっと疲れて、鞄に入っている東川篤哉「密室の鍵貸します」光文社新書をちらっと開いてみた。別にすぐに読むつもりはなく、どんな本なのかなと眺める程度である。野球でいえば、外角に外して、バッターの反応をみるピッチャーの心理である。

ところが、眺め始めて、架空都市「烏賊川市」での事件というくだりをみて、外角に外したはずの球が、ちょっと甘いところに入ってしまった。そして、はっと気づくと、球は一気にセンターのバックスクリーンの方に運ばれていた。

はっきり言って烏賊川市というネーミングはオヤジギャグ一歩手前である。それが、ゆるい文体とあいまって、漫談のように妙に面白くて惹きつけられてしまう。

「密室の鍵貸します」の主人公は、地元の三流大学、烏賊川市大の戸村流平。決して真面目でもなく秀才でもないのだが、一応、烏賊川市大の看板学科である映画学科に所属し、将来は世間から注目されるような映画クリエイターになろうと一時は夢をもっていた。

流平には、紺野由紀という同じ大学に通う彼女がいて、将来は結婚もと考えないではなかったが、一方で流平は現実的な男でもあり、この就職難なのでと、地元のIKA映画社に就職を決めた。そのことを当然に彼女も祝福してくれると思っていたのだが、予想に反して、そんな現実路線の男は嫌い、と一気に振られてしまった。

流平はもちろんそれがショックだったが、努めて平静を保とうとした。しかし、それはうわべだけで、友達と飲んだときはつい深酒してしまい、酒場にいたサラリーマンとも喧嘩沙汰になった。なんでも彼女の悪口も言いまくっていたのだという。

そんな様子を心配したのは、IKA映画社に勤務している、流平の先輩の茂呂。自室に特設した防音設備完備の自慢の映画シアターで、一緒にお気に入りのビデオでも見ようということになった。それで流平が選んだのは、B級映画といわれている「殺戮の館」。

ここまではのんびりユーモア・モードでストーリーが進んできたのだが、急展開した。なんと、紺野由紀が殺されてしまったのである。それだけではない。程なくして、茂呂も、自宅の風呂場で、どう考えても密室殺人としかいえない状況で殺されてしまった。

さて、慌てた流平は、警察に通報することなく、知り合いの探偵のところに行き、善後策を相談した。

もちろん、花咲舞じゃなかった、警察は黙ってない。追うのは、烏賊川市警の砂川警部と志木刑事。これがまた漫才コンビのようなとぼけたキャラなのだが、それでも、どう考えても容疑者性満点の流平と、行動を共にしている探偵を懸命に探した。

私の好きな数学の本で、共立出版の「数学のかんどころ」シリーズがある。例えば、飯高茂氏の「群論、これはおもしろい」など、文章は平易なのだが、数学の中身は決してレベルを落としていない。

それと同様に、「密室の鍵貸します」も、語り口はほとんど冗談なのだが、密室トリックなどの仕掛けは一級品で、その道のプロ、有栖川有栖氏も絶賛するほどである。

ところで、東川篤哉氏の経歴は、広島県尾道市出身で、岡山大学法学部卒。ああっ、と私が思ったのは、この経歴だと、99%の確率で、東川氏は私の高校の後輩である。もしそうなら、私は、大学を卒業以来一度も高校の同窓会に出たことがないが、優秀な後輩をもったことを慶びたい。

そういえば、元赤軍派議長の塩見孝也氏も尾道出身ということで、一時はこの人は私の高校の先輩かな、と思っていたら、そうではなくて、地元で東大に二桁受かる名門校、広大付属福山出身らしい。まあ、どうでもいいけど。

9月8日の朝刊をみて驚いた。なんと司法試験の問題が漏えいしていたという。しかも、漏らしたのは明大教授で、教え子に、とある。

そういえば絶望の裁判所の著者の瀬木氏は、明大法科大学院教授だったよね、とちらっと頭によぎったが、漏えいを疑われているのは、明大法科大学院教授青柳幸一氏だそうで、正義感の強い瀬木氏がそんなことするわけないよね、と思っていてもなんとなく安心した。

記事を読むと、青柳氏は、憲法が専門で、2006年に現在の新司法試験が導入された時から、試験問題の作成に当たる「考査委員」を務めてきた大ベテランだという。

それにしても、問題を教えた疑いがあるのは、特定の教え子の20代女性ということで、私はつい、STAP細胞の小保方さんと故笹井氏の関係の噂を想像してしまった。

毎日新聞Webの記事によると、

青柳教授の授業を受けた明治大法科大学院の男子大学院生は「法律の基本や歴史的背景などが分かりやすく、授業の評判は良い。ただ、女子学生を高級な食事に誘うと評判で、実際に行った知り合いもいる。法曹への信頼に関わるので、教える人と試験問題を作る人は分けた方が良い」と話した。
とある。

青柳教授は積極的な人で発言力もあるそうで、そういう人が女性に人並み以上の関心をもつとしても意外ではない。一方、司法試験を目指していて、多少なりとも打算の働く女性なら、食事に誘われて、試験のことを教えてもらえるなら、むしろ歓迎なのではないか。

漏えいがばれたのは、この女性の試験の憲法の点数が、他の科目と比べて突出して高かったので、法務省が調査に乗り出したというのだが、もし全般的に点数が高かったならばれなかったかもしれない。しかし、もともと優秀な学生なら、試験問題を事前に教えてもらう必要もないわけで、そこは、なんとか少しでも得点を得たい女子学生と、女子学生を高級な食事に誘うのが好きな法科大学院教授との間で、魚心水心が成立したのだろうか。

それにしても漏えいがばれた女性は、このことで不合格になるだけでなく、実質的に法曹への道が閉ざされてしまうのではないか。あまりにも軽率だったということになる。

MLP

user-pic
0

今年の1月くらいだったろうか、研究所に出向いて、研究者にトピック・モデルの話を聞いていた。この話を聞くにあたって、自宅にある、ビショップの「パターン認識と機械学習」の本を復習しておいたのだが、私の理解力というかそもそも知識が足りないので、いくら話を聞いてもちゃんと理解できない。

そこで私は慣例として、研究者に、何かいい解説書はありませんかね、と聞いたのだが、ううん、まあせいぜい論文ですかね、というので、Google Scholarを検索してお茶を濁すしかなかった。

別の機会で、私のコンピュータ囲碁の記事に対して、コンピュータ囲碁の研究者であるArakiさんからいろいろ貴重なコメントを戴き、特に

現在注目しているのは、モンテカルロの改良の他には、Deep Learningという技術ですね。興味があればググっていただければ結構情報が出てくると思いますが、画像認識などで少し前にブレイクスルーを起こした技術です。
というコメントに、おお、Deep Learningかとご教示のとおりグーグルで検索してみたのだが、私のレベルで理解できるよい論文や記事は見当たらなかった。

そんな背景は、私の頭の中で陰伏していたのだが、最近ある大型書店を覘いたとき、白地に青い装丁の本が二冊並んでいるのに目を瞠った。

一冊は「トピック・モデル」、もう一冊は「深層学習」。講談社のMLP = 機械学習プロフェッショナル・シリーズ。なんとまるで私のために誂えたようなラインアップではないか。

本の帯についているメッセージがまたいい。すなわち、「トピック・モデル」の帯のメッセージは「おそろしく親切、すさまじく丁寧」、「深層学習」の帯のメッセージは「この本でしか味わえない充実感。さすが!」

専門書なのにキャッチーなのがまたいい。私はこの両方の本をとりあえず即買いした。

それにしても、典型的には将棋の本がそうなのだが、最近の傾向として、特定の分野を掘り下げた本が沢山でている。売れるのかなと心配するのだが、将棋人口そのものは減少傾向だとしても、あるレベル以上のアマチュア棋士が増えているので、特殊な分野の本も売れるのだろう。

MLPについていうと、最近のビッグデータ解析の傾向がこういう本の売り上げを促進しているのだろう。そう思って本屋を眺めると、物理でも数学でも、丁寧な解説書が増えていて、学ぶ気になればかなりのところまで独習できる。

そんな傾向をみていて、いやあいい時代になったな、本当に学ぶための情報には全く不自由しない、足りないのは私の理解力だけだね、と私は寂しく笑うのだった。

前にも書いたように、新聞でスウェーデン・ミステリの小特集をみて、ヘニング・マンケルの「殺人者の顔」を読んでから、スウェーデン・ミステリにはまってしまった。

たまたま古書店でカミラ・レックバリの人魚姫をみかけて早速買って読み終えると、今度は、日本のミステリー作家たちがこぞって絶賛するマルティン・ベック・シリーズを読みたくなって、その典型である「笑う警官」角川文庫を読んでみた。

ちなみに、蛇足ながら補足すると、マルティン・ベックというのは、ヘニング・マンケルの小説における刑事ヴァランターのような主人公の刑事である。それにしても「笑う警官」は、笑う警官に書いたように、佐々木譲に同名の小説がある。

当然に佐々木譲の方が、マルティン・ベック・シリーズより後なので、マルティン・ベックにちなんだのだろうと思ったら、あるウェブ記事によると、確かに佐々木譲は、マルティン・ベックのオマージュとして同名の小説を書いたのだという。

そう言いつつ、佐々木譲の「笑う警官」はもともとの題が「うたう警官」だったのだから、どこまでオマージュになっているのか不明である。

戻って、マルティン・ベック・シリーズは、マイ・シューヴァルとペール・ヴァールーという夫婦での合作なのだった。合作のミステリ小説は、エラリー・クイーンもそうだったような気がするが、かなり珍しい。

さて、マルティン・ベック・シリーズの「笑う警官」は、夜の定期バスで、運転手と乗客あわせて九人全員が、何者かによって射殺されるという、極めて衝撃的な事件で始まる。

そこでストックホルムにある警察本庁殺人課のマルティン・ベック他、コルベリ、メランダー、ラーソン、ルンなどとともに捜査に取り掛かった。

捜査は基本通り、殺された被害者の身元を洗うことから始まったが、最も謎だったことの一つは、警察本庁殺人課の同僚刑事ステンストルムがバスの中の被害者に含まれていたことである。

マルティン・ベック他警察関係者はその事実に一様に驚いたが、次第にステンストルムの存在を梃にして難航しながらも、問題の核心に迫っていった。

それにしても、日本の警察小説では、警部などの管理職の指示の下に、部下の刑事たちはきちんと役割分担して一糸乱れず捜査を進めるのだが、マルティン・ベックはみんなより地位が高いはずなのに特に指示するでもなく、みんなバラバラに気に行ったところの捜査を進めていった。まとまりがいいのかわるいのかさっばり分からない。

そして、登場人物がみな、いかにも人間臭く、欠点も煩悩も丸出しでせめぎ合っていった。こういうカオス状態が優れた警察小説の必要条件かどうかわからないが、その人間臭さがこの小説のたまらない魅力になっているのは確かである。

今野敏は、マルティン・ベック・シリーズは、自分の警察小説の教科書である、というが、私のみるところ、今野敏の警察小説は、マルティン・ベック・シリーズにあまり似ていない。当然ながら、ヘニング・マンケルの小説あたりが多くを継承していることが感じられるが、それは同国人なので当然かもしれない。また、教科書として勉強したからって、その真似をしなくてはならない、ということはもちろんない。

ところで、私が読んだマルティン・ベック・シリーズ「笑う警官」は、柳沢由美子氏がスウェーデン語から直接新訳したものである。なんでも、以前の版は、スウェーデン語から英語に翻訳されたものを重訳したものだという。

わからないど、重訳より直接訳の方がよさそうな気がするが、スウェーデン語の翻訳者なんて日本にあまり多くないので、なかなか新訳は揃いそうもない。まあ気長に待つとしよう。他に読む本に不足しているわけではないし。

塩分

user-pic
0

甘い物との双対で、塩辛い物というか塩分について若干論じてみる。甘い物だって決して体によいとは認識されていないが、塩分は塩分で、高血圧の原因ということで摂る量を控えるべき最右翼にあったりする。

塩分というと、大学の熱力学の講義で、教授が突然、人間は塩分を摂りすぎると死にます。それは生理的な理由以前に熱力学的な理由によるのです、というので、は?どういうことと疑問をもっていたら、教授は何も補足することなく講義の内容に入ってしまった。

それから何年かして、米国で、何かの雑誌を読んでいたら、娘が言うことを聞かないので、懲らしめるために母親が口に塩の塊を入れたところ、娘がそれを飲み込んでしまい、本当に死んでしまった、という事件があったのだという。それで今更のように、大学時代の熱力学の講義の雑談を思い出してしまった次第である。ちなみに、どうして過剰な塩分が、生理的以前に熱力学的な死になるのか私はきちんと理解できていない。

ここまでは塩分のネガティブな側面であるが、司馬遼太郎の小説を読んでいたとき、塩分のポジティブな側面を知った。それは、「関ヶ原」という小説である。周知のように関ヶ原は、いろいろな要因が重なって石田三成の陣営の負けになってしまうのだが、徳川方に捕えられて引き回された石田三成は、意気盛んで罵詈雑言を限りを尽くして反抗した。

そこで徳川方は一計を案じて、石田三成に与える食事から塩分を抜いた。すると、石田三成はみるみる意気消沈して、大人しくなってしまった。それで私は、塩分は実は重要なんだと今更理解した。

私はそれを身を以て体験することになった。といっても流石に投獄されたわけではない。ダイエットと称してちょっと食べる量を減らしたら、この暑さで発汗が多くて、知らないうちに体が塩分不足になっていた。

仕事が終わって電車で最寄の駅に帰ってきた私は、その日は家人が出かけて食事がないので、自宅に帰って素麺でも茹でるかと思っていた。もともと自炊は好きである。ところが、歩いて帰ろうとすると頭がふらついてきた。典型的な塩分不足の兆候である。それで私は、自炊の予定を変更して、駅の日高屋でラーメンを食べることにした。実はその日ほど注文したラーメンが出てくるのが待ち遠しかったことはない。そしてラーメンが出てくると、飢えたようにラーメンのスープを飲み干した。完全にラーメンを食べ尽くすと、流石に塩分補給ができて、自宅まで歩いて帰る元気が復活した。

このことがあって、糖分を控えるために止めていた仕事中の飴を食べる習慣を復活した。飴といっても、塩飴である。なので、糖分というより塩分の補給を意図している。じっさい、塩飴を舐めるようになって、喫緊の塩分不足は解消された。

ちなみに、私が愛用する塩飴は、岩塩飴である。岩塩だと、塩化ナトリウム以外にも、他のミネラルも補給できそうな感じがある。

ということで、この暑さで、私にとって塩分の重要性はいや増しなのだった。

私が最強の挑戦者にパート2として述べた、王座戦が始まった。今季、天彦は横歩取りの後手番で10勝0敗なのだという。そういえば、NHK杯の稲葉七段戦で、苦しそうだったのに一気に即詰みに討ち取ったのが印象的だった。

しかし、どんな実績だろうと羽生が避けるはずもなく、天彦の後手なので、当然に横歩取りとなった。例によって25手まで一気に進める。

【図1】 25手目▲3八銀まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
さて、天彦は得意の7二銀形だが、羽生の3八銀形がやや珍しい。以下手を進めると、△7四歩,▲1六歩,△7三桂であるが、さて羽生はどうする。

【図2】 29手目▲1七桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
羽生は、▲1七桂と跳ねた。横歩取りでこのような手は屋敷九段が得意としているが、この形とはかなり違う。ともかく、以下、△7五歩,▲同歩と進んだ。

【図3】 32手目△6五桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩3
そして天彦は、△6五桂と跳ねた。これは、NHK杯の稲葉七段戦のときと似ている。あのときは、稲葉七段の巧妙な指し回しで、いったんは天彦が苦しくなったと思われた。以下、▲3六飛,△2三銀,▲6八銀と進んだ。▲6八銀が厚いかたちである。

【図4】 36手目△2四飛まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩3
これに対して天彦は、7筋を直接触るのではなく、いったん△2四飛と回った。以下、▲2七歩,△8八角成,▲同金,△3三桂,▲6六歩,△4五角,▲4六飛と進んだ。

【図5】 44手目△8六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩



持ち駒:▲羽生=角歩2
そこで天彦は、△8六歩と攻める。これに対して羽生は、▲5六歩と受ける。怖い手だが仕方ないのかもしれない。以下、△8七歩成,▲同金,△3四銀,▲5五角,△7七歩,▲同桂,△8六歩,▲同金,△7七桂成,▲同銀と進んだ。

【図6】 56手目△5四桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=なし



持ち駒:▲羽生=桂歩5
天彦はそこで△5四桂で、これで飛角交換が必然となった。飛車を渡すと、駒が上ずった羽生の陣形はこわい。以下、▲4五飛,△同銀,▲9一角成と羽生はとりあえず角を成って香を取ったが、△5六銀が厳しい。羽生は▲6八角と打って耐える。

【図7】 62手目△6七飛まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩



持ち駒:▲羽生=桂香歩5
しかし、△6七飛の攻めが厳しい。受けきるか攻めきるかのぎりぎりのところである。これで放置すると△4五桂が厳しいので、羽生は▲5五馬。以下、△7七飛成,▲同角,△5七銀打,▲5九玉,△6七銀成。先手玉は相当食いつかれているようにみえる。

【図8】 69手目▲5八歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩



持ち駒:▲羽生=飛桂香歩4
しかし、羽生は▲5八歩と耐える。まるで、武市三郎の「ひと目のしのぎ」の問題のようである。そこで単に△7七成銀では、単に▲5七歩と銀を取られて迫力がない。そこで天彦は△7六歩と一歩千金の追撃。これは取れないので、羽生は単に▲5七歩。以下、△7七歩成,▲4八玉と早逃げ。

【図9】 74手目△6六桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩



持ち駒:▲羽生=飛銀桂香歩4
それでも△6六桂と追撃で、持ち駒の角とあわせて四枚の攻めなので、これは受けて切らせることはできない。すると羽生は攻め合いしかないのだが、ここで▲6二歩が鋭い。どう取っても味が悪いので、後手は△7一金と逃げた。そこで羽生は▲3六桂。飛車に2筋からどけてもらわなくてはならない。以下、△8四飛,▲8五歩,△6四飛。

【図10】 81手目▲3九玉まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩



持ち駒:▲羽生=飛銀香歩2
ここで△5八桂成があるので、▲3九玉の早逃げは当然である。以下、△5八桂成,▲2一飛,△3一歩,▲2四桂,△5七成銀,▲6四馬,△同歩と進んだ。

【図11】 89手目▲3二桂成まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩2



持ち駒:▲羽生=飛金銀香歩2
羽生の玉は相当迫られているがまだ詰まないので、▲3二桂成と攻めた。しかし、これは詰めろにはなっていないはずで、すると、△4八角と迫られて必至がかからないのだろうか。が、羽生に読みぬけはない。そうなったら、▲4二飛,△6三玉,▲7四銀,△5四玉,▲2四龍と王手して合駒請求すればやはり羽生が勝ちらしい。それでも天彦は、△4八角,▲2八玉,△4九成桂,▲4二飛,△6三玉,▲7四銀,△5四玉,▲2四飛成,△4四金という順を選ぶよりない。

【図12】 99手目▲4六金まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩



持ち駒:▲羽生=香歩2
合駒請求で後手の持ち駒から金がなくなったので先手の詰みが消えたとはいえ、普通なら▲4九銀などと成桂を外して、玉の安全度を高めるところだろう。しかし、それだと△5五玉と入玉含みに逃げだされて紛れるのだろうか。なので、羽生は▲4六金と詰めよをかけた。以下、△3九角成,▲1八玉,△5五角となり、先手の次の一手は意外に難しそうである。

【図13】 103手目▲3三成桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩



持ち駒:▲羽生=桂香歩2
ところが、▲3三成桂が詰めろなのだった。ちょっと詰めろだとは見えにくい。以下、△4六角,▲4三飛成,△5五玉,▲4四龍引,△5六玉,▲6六金で天彦の投了となった。以下は、△6六同玉,▲6四龍,△同角,▲同龍,△5六玉,▲6五龍までの即詰みである。

私には【図9】の羽生の▲6二歩が絶妙手で勝着であるように思われる。多分あれ以外では羽生が勝てない。それに対する△7一金はおかしいのかもしれないが、正着は分からない。

ところで、まだ序盤で、観戦記者の柳瀬さんの次のようなコメントがある。

観戦記者の柳瀬さんが対局室から戻ってきた。「佐藤さんは、やはり少し緊張していたように見えました。羽生さんは、なんだか楽しそうで、笑いをこらえている感じにもみえましたよ」とのことだ。

私は羽生が嬉しそうな理由が理解できる。きっと目の前に、学ぶべき才能豊かな若者がいるので、笑いがこみあげてくるのだろう。すると羽生は、有望な若手から学んでさらに進化する人間機械学習マシンなのだろうか。私は、今風に、人間ディープ・ラーニング・マシンと呼びたい。

甘い物

user-pic
0

去年の今泉さんのプロ試験の対局で瀬川五段が解説をしていて、話題がスイーツのことになったとき、プロは対局中は頭を激しく使うので、甘い物をよく食べると言っていた。そもそも、加藤一二三九段が対局中に板チョコを何枚も食べるのも有名な話である。

確かに糖分は脳のエネルギー源なので、甘い物は思考力を高めるのだろうと私も、仕事中に飴を舐めるようにした。流石にチョコレートはカロリー過多だと思ったからである。すると確かに、一時的に思考力が高まるのだが、急に精神的な疲労を感じたりする。そこでまた飴を舐めると元気が出るのだが、結局続かない。

どうもおかしいと思って古書店で本を眺めていると、「甘い物は脳に悪い」笠井奈津子著、幻冬舎新書というのがあったので、買って読んでみた。すると、甘い物を食べると次のような生理状態になるという。

すなわち、甘い物を食べると体内では急に血糖値が上がる。それで一時的に疲れがとれたような気分になり、頭もすっきりしたと勘違いする。ところが、血糖値の上昇は体にとって負担なので、血糖値を下げるために脾臓がインシュリンを分泌し、これによって血糖値が下がるので集中力が低下して却って疲れを感じる。

これはまさに私が経験したとおりのことであり、却って疲れて仕事の能率が総合的には下がってしまうのである。

ただ、将棋の対局では、糖分が思考力を高めることに貢献するようで、私なりに考えてみたのは、将棋の対局の思考というのは、普通のサラリーマンのデスクワークよりもはるかに濃密な脳の酷使なのだろう。すると、摂った糖分が脳で燃やし尽くされ、インシュリンのお出ましを待つ必要はないのではないか。

じっさい、アマチュアとはいえ私も将棋指しの端くれ(文字どおりなのだが)なので、将棋の思考の密度の濃さというのは想像がつく。あんな濃い思考を毎日駆使していては体がもたない。なので、プロの対局というのは流石に毎日ではない。

あと、私は、飴を舐めて仕事することを続けていたら、軽い中毒症状になり、どんどん糖分が欲しくなり、また、ちょっと階段を登っても息切れするようになった。これは流石にいかん、とある日決意して、飴を舐めるのをスパッと絶った。また、私が働いているオフィスはビルの6階なのだが、意識してエレベータは使わず階段を歩くようにした。

すると、最初の頃はちょっと歩いただけで息切れしていたのが次第に平気になり、また飴に対する禁断症状もおさまり、一日中まったく糖分を摂らなくても平気になった。それでここ数ヶ月、そういう状態を続けている次第である。

それで分かったのは、糖分に関して人間は少なくとも次のような3つの状態があるということである。

  1. 糖分をきちんと燃やせる高度な思考状態。するとインシュリンにお出まし願う必要はない。
  2. 糖分を摂ると、消費しきれないで血糖値が上がるので、脾臓がインシュリンを出して血糖値を下げ、すると元気がなくなる状態。そこで糖分を摂るとまた一時的に元気になるが、またインシュリンが出される。こんなことしていたら、糖尿病になるかそうでなくても確実に体は弱る。
  3. 糖分が少ないが体内の脂肪分などを分解して、糖分のバランスをとっている状態。これは一番普通の状態なのだろう。

糖分をきちんと燃やせる高度な思考状態、というのは棋士や雀士などの頭脳スポーツの選手に特有のモードなのだろう。こういう人達なら、過剰と思われる糖分を摂っても、加藤一二三がそうであるように健康を維持できる。

なお、将棋の思考も数学の思考もどちらも私は一アマチュアにすぎないので、プロの思考というのは理解できないが、推察するに、数学的思考は将棋の思考よりもマラソン的なのだと思う。なので、数学的思考に糖分は似合わないのだろう。コーヒーくらいならいいのかもしれない。そういえば、エルデシュも確かコーヒー党だった。

私の理解が正しければ、誉田哲也の、文庫本で出ている姫川玲子シリーズは以下のとおりであり、いずれも光文社文庫である。発行順に並べて、既読分には自分の感想文へのリンクを張ってみる。括弧内の数字は、読んだ順番である。なお、これ以外に最新刊で「インデックス」という短編集があるのを私は知っているが、まだ文庫本化されていないので、それを待っている次第である。

  1. ストロベリーナイト(2)
  2. ソウルケイジ(1)
  3. シンメトリー
  4. 感染遊戯(3)
  5. インビジブルレイン(5)
  6. ブルーマーダー(4)

以上のように、「シンメトリー」が未読となっている。ところが、ラッキーなことに、最近たまたま古書店で「シンメトリー」が100円で売られていたので、no hesitationで買って、読み始めた。

「シンメトリー」は、姫川玲子シリーズの中では、数少ない短編集である。「感染遊戯」も短編集のかたちをとっているが、実は連作形式の中編である。

「シンメトリー」は、「東京」、「過ぎた正義」、「右では殴らない」、「シンメトリー」、「左だけ見た場合」、「悪しき実」、「手紙」の7篇からなる。

「東京」は、姫川がまだ駆出しの刑事だった頃、木暮という先輩刑事に教えを受けたときの話である。木暮は厳しさと愛情の両方を兼ねた素晴らしい先輩だったが、あいにく癌で亡くなってしまった。木暮の墓参に関連して、姫川がある事件を回想する。かなり広い意味ではあるが、鮫島の貌の「区立花園公園」に相当するような話ではある。

「過ぎた正義」は、少年法の縛りにより、凶悪犯が軽い刑ののち出所して、相変わらず悪事に手を染めているのを見かねて、強すぎる正義感をもつ何者かが鉄槌を下す話。何者かは元刑事らしいのだが、証拠はない。ある意味、ブルーマーダーにもつながる話である。

「右では殴らない」は、援助交際で補導された女子高校生にさらに余罪があるらしいと尋問する姫川に対して、女子高校生が余計なこと言った一言に反応して姫川が切れる話。、姫川にも強すぎる正義感と使命感があり、普段はそれを必死で抑えて生きている。

「シンメトリー」は、酔っぱらって踏切に進入した車のせいで列車が転覆し、多数の死者を出してしまったという事故にまつわる話。踏切に進入した車の運転手は比較的軽い罪で済み、そのあとあまり反省もしてない様子で暮らしている元容疑者をみて、事故時に救助活動をし自らも大怪我を負った元鉄道員が、たまらなくなってある一線を越える。その様子を探っていた姫川が動く。

「左だけ見た場合」は、あるマジシャンが殺されたという話。そのマジシャンのもっていた携帯の電話帳にエントリされている人に一人一人当たって話を聞くうちに、マジシャンは大工だった、という話を聞き、姫川は興味を覚えた。一方で、そのマジシャンの手腕は神業で、プロでもネタが見破れない、あれは超能力だったのではという噂に、神仏を信じない姫川は怪訝になるのだが・・・

「悪しき実」は、暴力団の雇われ殺し屋とその情婦の話。殺し屋が首を絞められて死んでいると情婦から警察に通報があったのだが、死体をいくら調べても自殺なのは他殺なのかわからず、通報した情婦の行方も知れない。そんな状況で姫川の推理が光る。

「手紙」は、姫川が以前に送検し有罪が確定した犯罪者が、出所後姫川に手紙を出し、お礼参りの危険性も顧みず姫川がその本人に会いにいった話。そして話はその犯罪自体に遡る。さてどう話が落ち着くのかがみものであった。

読み終えてみて、やはり誉田の作品はテンポがよく読みやすいと感心した。それで私は誉田のどの作品にも肯定的な評価なのだが、アマゾンの評価には随分厳しいものが多い。その理由を考えていたら、この本の友清哲氏の解説を読んでいて感じるものがあった。それは、誉田哲也がリーダビリティーと文章を乗りを重視して作品を書きつつ、別に最高の一作を書こうとは思っていないと言った、というくだりを読んでなるほどと思った次第である。これは実は私の仕事のやり方にも似ていて、囲碁でいえば、好手を駆使しなくても好形でなくても、とりあえず一目余せばいいやと思っているというのと位相同型だったりする。

なので、ありえない想定だが、仮に私と誉田氏が会話したとしても決して盛り上がるとは思えないし、経歴に共通点があるわけではないのだが、かなり大枠の位相同型性において私は誉田氏の作品のファンなのだった。そしてこの位相同型性がある限り、いくら他人が酷評しても私はポジティブに誉田作品を受け入れるのである。

8月31日は、渡辺対永瀬の竜王挑戦者決定戦第2局だった。第1局は渡辺が例によって手堅く完勝し、この第2局も渡辺の勝ちに終わると私は信じて疑わなかった。もちろん永瀬も最近進境著しいが、まだまだ渡辺の堅塁は抜けないと思っていた。

なので、第2局を観戦する前から私には、「最強の挑戦者」というキャッチフレーズが浮かんだ。言うまでもなく、糸谷竜王に対する、最強の挑戦者、渡辺という構図である。

そして私にはその結果も見えている。4-2で渡辺が竜王のタイトル奪取である。奪取というよりも渡辺には、竜王復帰という方が相応しいかもしれない。

私のその予想を意外と思う人はあまり多くないと思う。なんというか、糸谷は、竜王になってすっかり野性味がなくなってしまった。もちろん今でも強いのだが、指し手に以前のような工夫が感じられない。竜王ともなると第一人者なので、免状書きなどの雑用に追われているのだろうか。

そう思いながら、竜王挑戦者決定戦第2局をネット観戦していると、矢倉で渡辺玉はがっちり入場しているのに、永瀬の玉は左側が壁で、玉形が息苦しい。しかし、永瀬が48にと金を作ったとき、57金と58とを防いだのがどうだったか。そこから永瀬が渡辺の玉頭に猛攻を加えて一気に寄せてしまった。こうして、「最強の挑戦者」はお預けとなってしまったが、私は依然として次で渡辺が勝って挑戦者になることを疑っていない。

それが「最強の挑戦者」のパート1。パート2は、羽生王座に挑戦する天彦である。なにしろ今、天彦は絶好調で、プロ棋士のレーティングでも瞬間最大風速で単独2位のことがあった。王位戦第5局にも書いたように、今調子がいまいちの広瀬よりも天彦の方が手強い。実績の差のバリアを勢いのトンネル効果で一気に乗り越えてしまう可能性がある。

そしてパート3は急に囲碁である。囲碁の名人戦は9月3日から始まるが、井山名人に挑戦するのは最強の挑戦者、高尾天元。あれっ、日本の囲碁界のナンバー2は、山下九段か河野臨九段あたりではないかと思われるかもしれない。客観的実績はそうなのだが、私の記憶が正しければ、ここ1~2年で井山に一番勝っているのは高尾なのである。直近では、去年の暮、高尾は井山から天元位を奪取した。

このように、最強の挑戦者を迎えるタイトル棋戦が3つもあるというのは、月並みな表現なのだが、ファンには垂涎なのだった。

最近、ふるさと納税なる手続きがあるのを知った。すなわち、所定の手続きで地方自治体に寄付金を支払うと、オプションに応じてお礼の品が送られてくる。そして、寄付金を支払った地方自治体から、自分が住んでいる地方自治体に通知がなされ、寄付金マイナス2000円の額が、自分が住んでいる地方自治体の課税額(典型的には市民税)から控除される、というものである。

住民が上記の手続きをとるモチベーションを起こすためには少なくとも、お礼の品の相当額が2000円を上回らなくてはならない。そこで、お礼の品を用意する地方自体はそのボトムラインはきちんとクリアするだけではなく、なんとか魅力的な品を用意しようとする。基本的にはその地方の特産だが、そうでない場合もある。

ふるさと納税というからには、東京などに出てきた人達が自分の出身地に寄付金のかたちで税金を払う趣旨のようにも思われるが、そんなことは全く関係なくて、各人が好きなところを選べばよい。よって、美人コンテストではないが、それぞれの地方自治体は、なんとか寄付金を集めるべく注意を引こうと画策するわけである。

こんな制度があると、特定の地方自治体に納税額が集まってしまい、一方で地方税の財源が目減りして困ってしまう自治体がでてきそうなものだが、いまのところそんな話はあまり聞いたことがない。

で、ともかく、家人も勧めもあって、私もふるさと納税なるものをやってみた。その具体的なコメントのようなものを書いてみる。

どの地方自治体がどんなお礼の品やサービスを用意しているかということは、グーグルで簡単にヒットするポータルサイト上での検索でみつけることができる。しかし、1700以上の地方自治体がふるさと納税の制度を利用しているとあっては、なにを選んでよいのか全く暗中模索といってよく、この時点で気持ちが萎えそうになる。とくに開示しないが、私は縁もゆかりもないが、関東のある地方都市を、寄付金に対して相対的にお礼の品が立派そうという俗な理由で適当に選んだ。品物が既に一部届いたが、一応期待に応えるものだった。

あと、年収や家族構成に応じて地方税を控除してもらえる寄付金の上限額というのが決まっているらしいのだが、それを確認する目安がなかなかない。それで新聞記事でふるさと納税の特集記事があり、そこに寄付金の上限額を年収の幅や家族構成毎に示す表があったので、それを利用して寄付金の上限額をみつもった。ただ、これも、ふるさと納税を面倒だな、と思わせる要因の一つである。

選んだ地方自治体に寄付金を払うのは、その地方自治体のホームページにいって所定のメニューからクレジットカードなどで簡単にできることが多いが、クレジットカードが使えないで郵便局などでの支払いに限定している地方自治体もある。私としては、クレジットカードが使えないと引いてしまう。

お礼の品の選択は、寄付金に応じて選べるオプションや点数が決まっているのだが、直接品物を選ぶ方式の自治体と、ポイント方式を採っている自治体がある。ポイント方式というのは例えば、これこれの寄付金ならポイントはいくら、と決めておいて、寄付者に自治体がカタログを送る。このカタログにポイントに応じた品物がリストされており、ポイントの上限の範囲で複数の品物を選んで注文することができる、という次第である。このあたりも考えようによっては面倒である。

あと、さらに面倒さを醸し出しているのは、寄附金税額控除に係る申告特例申請書というフォームの必要性である。ふるさと納税を用意している地方自治体のホームページには、このフォームのPDFへのリンクがあって、寄付者は、それを印刷して記入捺印し、それを寄付した地方自治体に郵便で送るのだが、なぜここだけが郵便なのか急に戸惑ったりする。また、寄付をしたあとどのタイミングで地方自治体に寄附金税額控除に係る申告特例申請書を送るのかも自明ではない。私は寄付したその日にこの申告特例申請書を郵送した。ただ、この申告特例申請書を寄付をした地方自治体に郵送しておくと、あとの自分が住んでいる地方自治体への手続きは、寄付をした地方自治体がやってくれるのだという。ここは助かる。

こうして手続きをしてみると、ふるさと納税というのは初夏の海水浴のようなものだと思った。すなわち、初夏だと海水はまだ冷たくて、水に体を浸けるのにちょっと勇気が必要である。ひやっとして、そのショックで心臓に負担がかかるのではないかとちょっと心配したりする。しかし、いったん水に入るとあとは平気である。私はいささかの心理的障壁を超えてふるさと納税の海に入ったので、このあと泳ぐのも平気であるが、ここまで到達するインセンティブがもてない人もいるだろう。実際、ふるさと納税を利用したことがある人は、全納税者の1割程度だそうである。もっと増やしたいなら、寄附金税額控除に係る申告特例申請書を省略可能にするなど手はあると思うのだが、おそらく総務省もそこまで推進したいとは考えていないのだろう。

あと、典型的には私が住んでいる相模原市のように、管轄区域に多くの企業があり、住民も多くて財源に不自由していない自治体は、ふるさと納税に熱心でない。すなわち、相模原市では特にお礼の品は用意せず、寄附金の使い道を福祉、子育てなどに指定できるだけである。これではあまり、寄付者を引きつけることはできないだろう。

一方で、あまりに財源が乏しい地方自治体も、十分なお礼の品のオプションを用意できていないようである。ふるさと納税に対処するインフラとリソースが足らないのだろう。こうして、貧しすぎもせず、富み過ぎもしない一群の地方自治体が、魅力的なお礼の品とサービスを提供して咲き誇っているのだった。ここにも、放射能の人体に対する影響のように、閾値ありモデルが成立している。

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。