2015年10月アーカイブ

王座戦第5局がついに始まった。一時は羽生が押し切られるかと思ったが、第4局で意表の一手損角換わりを採用して流れを変えたので、私には羽生が少し有利になったのかと思った。しかし、第5局は天彦の後手番。となると、横歩取りの投入にためらいはないだろう。果たしてそうなった。

【図1】 23手目▲7七角まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
しかし、ここで▲7七角としたのは、もちろんある手だが、比較的珍しい。私が読んだ横歩取りの本では、発展性に乏しいのであまり推奨されていなかったような気がするのだが、どうなんだろう。ともかく、天彦のメインストリームの研究を外した意味はあるだろう。以下、△5一金,▲6八銀,△6二銀,▲4八銀,△9四歩,▲5八玉,△2三銀,▲3八金,△9五歩,▲3六歩,△9六歩,▲同歩と進んだ。ここでは、△7二銀の形をとるところではないのだろう。私は分からないが。

【図2】 36手目△9七歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩



持ち駒:▲羽生=歩3
ここで単純だが、△9七歩の端攻めが厳しい。以下、▲同香,△9三桂は予想された進行だが。

【図3】 39手目▲2二歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩



持ち駒:▲羽生=歩3
▲2二歩が絶妙の利かしである。ここでは△同金と取るよりないというわけでもないのだが、ともかく△2二同金となり、以下、▲3七桂,△8五桂,▲3三角成,△同桂と進んだ。

【図4】 45手目▲8六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩2



持ち駒:▲羽生=角歩3
▲8六歩はすごい手である。なぜなら、こう突くとあとで△8六飛と走られてしまう。しかし、▲8六歩の意味はなんなのだろう。以下、△9七桂成,▲同桂,△8六飛,▲2四歩,△1四銀となってみると、▲8六歩は△8六飛を誘った手ということになるのだろうか。

【図5】 51手目▲3四角まで
持ち駒:△佐藤天彦=角香歩3



持ち駒:▲羽生=桂歩2
ここで▲3四角が羽生の狙いの好手である。以下、△2五歩,▲1六飛,△8九飛成,▲7九金,△8四龍,▲3五歩,△2六香と進んだ。△2六香では、△2六角もあったという。

【図6】 59手目▲5五桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
▲5五桂と一見単純な数の攻めだが、後手の受けが難しい。以下、△3二金,▲1四飛,△同歩,▲2三歩成,△4二金,▲3二銀,△6一玉,▲8五歩と進んだ。

【図7】 68手目△8二龍まで
持ち駒:△佐藤天彦=飛角歩2



持ち駒:▲羽生=歩
後手は△8二龍と引くが、以下▲4三銀成,△同金,▲同桂不成,△5二金,▲3三と,△7一玉,▲4四桂,△5一金,▲同桂成,△同銀とどんどん攻め込まれてしまった。

【図8】 79手目▲8四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=飛角銀桂歩2



持ち駒:▲羽生=金2歩2
ここで、▲8四歩が芸の細かい決め手である。以下、△8四同龍に▲8三歩もさらに細かい手順で、△同龍よりないが。

【図9】 83手目▲5二桂成まで
持ち駒:△佐藤天彦=飛角銀桂歩4



持ち駒:▲羽生=金2歩
普通に▲5二桂成で、次に▲5一成桂が詰めろであり、これより速い攻めが後手にないので、ここでは勝敗は決している。後手は一応△2七香成としてみたが。

【図10】 投了図 85手目▲2七同金まで
持ち駒:△佐藤天彦=飛角銀桂歩4



持ち駒:▲羽生=金2香歩
▲2七同金と取られて、先手に詰めろがかからない。例えば、△3八銀でも▲5一成桂でどうしようもない。

本局の天彦の敗因はなんなのだろう。【図4】の▲8六歩,△9七桂成,▲同桂に△8六飛と走った手なのだろうか。それで▲3四角を与えてしまったからである。しかし、△8六飛の代わりにどう指すのだろう。

それにしても、羽生が地力を出した完勝だった。2014年に森内名人(当時)に挑戦した名人戦もそうであるように、羽生は本気を出すと、流行形を大きく、または微妙に外す。今回の王座戦では第4局の一手損角換わりと、本局の【図1】の▲7七角がそうである。そうやって急所で勝ちながら、今週の次の対局の棋王戦、阿部健治郎五段には敗れた。おそらく羽生流の機械学習なのだろう。手抜きというのではなく、負けるかもしれない際どい局面にして相手から学ぶプロセスも必須なのだろう。そういう意味では当代トップクラスの研究家の一人、阿部健治郎五段からは学び甲斐がある。

古書店で、「医学は科学ではない」米山公啓著、ちくま新書という、ちょっとスパイシーな本をみつけて、早速買った。

米山氏は、神経内科医の傍ら、小説やエッセーを書き始め、文筆専業になったのかと思ったら、まだ診療も続けているという。神経内科医というところに反応してしまうのは、チーム・バチスタの栄光の主役の一人、田口医師が神経内科医だからなのであるが、そういうところに反応されてしまうのは神経内科医としては本望ではないかもしれない。

さて、「医学は科学ではない」というコントロヴァーシャルな命題は、その主張をみると実に明快なのであって、以下私なりにまとめてみる。

  • 科学というからには、いつ、どこで誰が同じことをしても結果に再現性がなくてはならない。しかし、医学は明らかにそうなっていない。
  • 例えば、同じ治療を別の患者に施したとき、結果が患者によってまちまちである。性別、年齢、病歴、体質など患者のパラメータが多様すぎる。
  • 多様性をさらに複雑化しているものとして、遺伝子の相違がある。じっさい、遺伝子の違いが医薬に対する感受性を本質的に変えてしまうことがある。
  • さらに医師の経験とスキルが結果に大きく反映する。経験とスキルが結果に大きく反映するという意味では飛行機の操縦もそうであるが、少なくとも飛行機がパイロットに対して猜疑心をもったり信頼したりということはありえない。しかし、医療の場合、患者にはきちんと意思があり、医師との信頼関係もある。
  • さらに医療には、同等の効果をもたらすかもしれない複数の治療のオプションがある。どれが最適なのかは患者のパラメータに依存するのかもしれないが、その適合性を見出すのは一般的に困難である。
  • さらに医療の投薬には、いわゆるプラセボがありえる。
  • さらに医療には、大学病院の教授からの指示に従うという慣習がありえる。言い換えると、教授の指示があればベストでない治療を選ばざるをえないことがある。

きりがないのでこれくらいしておくが、確かに、再現性という意味では医学はなかなか達成できそうもなくて、もし再現性が科学の条件なら、医学は科学でない、ということになる。

で、きっぱり言うと、ここでいう科学の模範とは物理学ではないのか。確かに物理学では、再現性が要求されていて、特定の人でないと実現できない結果は、科学とは認定されにくい。

そして私の示唆は、上記医学の科学性を判定した基準は厳しすぎるのではないかということである。おそらくこの基準を満たしえるのは、化学くらいしかない。

じつは本家の物理学だって、超弦理論が科学の基準をみたしているのかどうか結構あやしい。

そこで私の提案は、ある有意義な部分集合をとって、そこで科学性が成立していればいいのではないかという基準である。それが許されるなら、医学の特定の検査の領域には、はっきりとした科学性を言い立てることができる。遺伝子検査、血液検査などである。

そういえば、一番物理学の夢をみたのは経済学だった。可能な限りの数式を駆使して、科学性を主張しようとした。その結果がどうだったか私は知らないが、別に医学がその轍を踏む必要はないのではないか、と私は穏当に指摘するだけである。

ところで、ずっと前に一応読んで、内容をほとんど忘れてしまったので、そのうち読もうと思っている本に、最早法律学の古典ともいえる、川島武宜著、「科学としての法律学」弘文堂がある。多分であるが、この本で意図される「科学」というのは、裁判の先例を素材にして将来の裁判の結果の予見を行うことを可能ならしめるような、一種の確率モデルのことなのだろう。そして、そういう確率モデルの構築が可能なのか、可能としたらどのように可能なのかと問うというなら、「科学としての法律学」は、「科学としての法律学は可能なのか?」という意味なのだろう。こういうステートメントなら、どんな分野でも、例えば「科学としての文学理論」など、いろいろ議論することができよう。例えば文学部唯野教授にそのような議論の例があるが、そのときなされるべきことは、科学の定義を脚色し、且つ科学として適用される学内ドメインを定めることである。特定の学問Wにおいて、ドメインを(∀p)(p∈W)としては、物理学だって科学性が怪しくなるに違いない。

私は基本的に寝付きのいい方なのだが、10月27日(火)の夜は妙に寝付けなかった。そこで、止せばいいのに、勝浦の詰将棋の本を眺めて、7手詰を考えたら、どうみても簡単そうなのに迷路のように解けない。こんなのが解けないのかと悶々としているうちに、知らない間に寝ていたようである。

そんなわけで朝もなんとなく目覚めがよくない。ぼうっとしながら会社に行き、本能的に「天野貴元」というキーワードでグーグル検索してみた。すると、天野貴元さんが亡くなったという記事に出会い、うんいよいよ来たか、と画面を睨んだ。以下、読売新聞のWeb記事を引用する。

がんと闘いながら再びプロ棋士を目指した八王子市の天野貴元さん(30)が27日、東京医科大学八王子医療センターで死去した。死因は多臓器不全。
天野さんは同市出身。6歳で羽生善治名人も所属した「八王子将棋クラブ」に通い始めた。10歳でプロ棋士養成機関「奨励会」に入会し、16歳で三段に昇段。プロ棋士である四段を目指したが、2012年に年齢制限の26歳に達して奨励会を退会した。
その1年後、舌がんが見つかり舌の大半を切除する手術を受けた。退院後はアマで活躍していたが、昨年5月、肺にがんの転移が見つかった。闘病しながらアマ将棋の全国大会で優勝し、今年2、3月、アマにプロへの道を開く奨励会三段リーグ編入試験に挑戦したものの、突破はならなかった。
告別式は11月1日午後0時半、八王子市館町311宝泉寺別院。喪主は父、良夫氏。

天野貴元さんのことを知ったのは、去年の4月頃、棋友から、オール・インという本を紹介されて読んだときである。そのとき、プロになれなかっただけでなく、舌癌になるとはとその不幸に唖然とした。

それから私は毎日ほとんど欠かさず、天野さんの「あまノート」というブログを読むようになった。仕事がある日は、朝一番で「あまノート」を眺めてから仕事にとりかかるのが日課だった。

なので、天野さんの一挙手一投足が私の関心事で、どんな治療をいましているとか、どんな大会に顔を出しているとか、いちいち把握していた。

そして、将棋の大会で結構勝つ天野さんの様子をみていて、ホーキング効果という記事を書いた。私は根拠なく、将棋への執念により、天野さんはあと何十年も生きるのではないか、と希望的観測をもった。

ところが、天野さんの癌は、あちこちに転移する悪性のものだった。今年の8月になって、ブログの更新は滞りがちになった。それでも記事を読むと、癌の痛みが強くて将棋の対局に差し支えるので、医用麻薬を処方してもらって将棋を指すといっていた。執念である。

9月に入って、ブログの更新はほとんどなくなった。それでも9月に棋友の応援で社団戦に行ったとき、天野チームは二部リーグで優勝し、天野さんは優勝の表彰式に出席していた。ただ、痛々しいほど痩せていた。その二部リーグ優勝の記事が「絶筆」となった。

それでも、今月の11日に天野さんは大会に出ようとしていたらしい。車椅子で臨んだのだが、痛みを緩和する薬で朦朧として指せなかったそうである。

ともかく、天野さんは将棋を核にして最後まで立派に生きたと思う。なかなかここまで執念をもって打ち込めるものではない。

人生の価値は多分、生きる長さなのではない。ガロアが、また天野さんがそれを示してくれたと思う。現世の塵芥にまみれた私は、それをなかなか分かろうとしないのだが。

古書店で「箱崎ジャンクション」藤沢周著、文春文庫を古書店で見つけたとき、ちょっとおっ、と思ったのは、「箱崎」というキーワードに反応したからである。「箱崎」という地名には、いちいち言及する必要もないほど微かな因縁がある。

それと、藤沢周という名前である。藤沢周平の間違いではないの?と思ったら、それは私の不明で、グーグルで調べたら、法政大学の教授で文学研究者であるだけでなく、芥川賞の受賞者なのだった。よって押しも押されもせぬ純文学の作家であり、更には藤沢周というのは本名で、有名な作家である藤沢周平にちなんだ訳でもない。

さて、「箱崎ジャンクション」の主人公は、都内の弱小タクシー会社である光タクシーに勤務するタクシードライバーである室田。もともと出版社に勤務していたのだが、なにかの折にリストラになり仕方なくタクシードライバーになったという次第である。

ところが、リストラその他の事情があり、室田はパニック障害になってしまった。本来そういう病気にかかるとタクシー勤務は無理なのだが、弱小タクシー会社であるのでそのあたりのチェックはいい加減で、精神科に通いながらなんとかタクシー勤務を続けた。

ただ、病気を抱えてタクシー勤務を続けるために、室田は毎朝、ある儀式をすることにした。それは、都内の渋滞の名所である箱崎ジャンクションから勤務を始めるのである。そんな、下手したら一時間も一歩も動けないかもしれない渋滞の名所に車を置くことはどう考えても非能率なのだが、うらを返すと、全く動けない車内で居眠りできる、ということなので、安心して勤務を始動できる場所なのだった。

が、東京というところは怖いところで、いつどこで誰が何を見ているか分からない。箱崎ジャンクションでの室田の様子を、大手の都タクシーに勤務する川上というタクシードライバーがみていた。

そして、ある種のナンパのように手練を尽くして川上は室田に接近し、室田は嫌々ながらも次第に川上と付き合い始める。付き合い始めてしばらくした頃、川上は室田に妙な依頼をしてきた。それは互いのタクシーの車両を一時的にスワップというか、エクスチェンジしてほしい、というものである。

怪訝になりながらも車両を交換した室田と川上は、それぞれ秘密の行動に出た。室田は都タクシーの車で、別居している妻とその情夫に会いに行き、修羅場一歩手前となった。一方の川上は、光タクシーの車両で、密かに公園に行き、子供達を眺めていた。

ところが、室田と川上は、車両を交換しているので、外部から連絡した人は室田と川上を混同して、混乱していった。この混乱から、室田と川上は次第に状況が悪化し、追い詰められていく。

室田と川上がもし親友なら、この苦境を互いに慰め合ったかもしれない。しかし、親友ではない単なる腐れ縁の二人は、怒鳴り合い、罵りあいながら、デフレスパイラルならぬ、困惑スパイラルを下っていく。

こうして室田と川上はそれぞれ、世間の重さに押しつぶされそうになりながら、ふて腐れて、あるいは開き直ってタクシードライバーとして生きていくのだった。

それにしても途中で過度の修辞性に出会って、ははぁ、この小説は純文学だよね、と自分に言い聞かせた、なにしろ芥川賞作家なのである。そう思っていると、一瞬見えたはずの純文学の定義が虹のように雲散霧消していた。

以前に、自宅の近くの広場で、地元の自治会の主催で健康セミナーがあったとき、なんとなく行ってみると、保健師の人が身長と、体重と、血圧と、基礎代謝を測定するというので、渋々であるが、測ってもらった。

すると、血圧は正常なのだが、体重はちょっと重いということになった。そこまでは想定の範囲だが、意外だったのは、基礎代謝が高いのだという。何か日常的にスポーツをされていますかと聞かれたので、いいえと応えた。それで、保健師は怪訝なのか首をかしげていたが、次の人に測定に移ったので、私は測定値のプリントアウトをもってその場を離れた。

その後なぜ自分が意外に基礎代謝が高いのか考えてみて、おそらく以前にマルチスレッドとして述べたことに関係があるのかもしれない、と推察した。

すなわち、パソコン上でプログラムを書き、例えばABC予想の計算にあるようなシンプルな計算をさせると、CPUはほぼフル稼働になって発熱量が増える。その温度上昇を検出して、ファンが全開になりうなりをあげたりすることがある。

人間の脳もそれと同様で、何かを一生懸命考えると、エネルギーを消費する。すなわち、基礎代謝が上がる。ところが、私の脳というは性格は気まぐれで、1つのことを一生懸命考えるというよりも、同時並行的にいろいろなことを考えたりする。すなわちまさに、思考のマルチスレッドなのだが、一つ一つのスレッドでは大して深く考えていないにしても、スレッドの本数が比較的多いので、それらを足し合わせると結構なエネルギーを消費しているので、基礎代謝が高いのかもと仮説をたててみた。

しかし、マルチスレッドにも書いたように、そういう広く薄い思考方法が、顕著な結果をもたらすことはまずない。なぜなら、学者の研究でも、資格試験でも、特定の分野に興味と意識を集中して懇々と努力しないと一定の成果に結びつかない。

ところが私の場合、嫌でも多数のスレッドが頭の中を走ってしまうので、ちょうど幼稚園の部屋で10人くらいの五歳児がめいめい勝手に叫んだり、走り回ったりして適当に遊ぶようなもので、なかなか協働して意味がある成果にもっていくことができない。

なぜそうなのかと自分で考えてみると、もしかして自分の幼児体験に基づくのかもしれない。私の両親は大凡学問というか勉強そのものに縁遠く、自宅にはまともな本は一冊もなかった。田舎なので近所には本屋はなく、学習塾もないので、きちんと勉強のやり方を教わるということもなかった。そんな状態は高校卒業まで続いた。そして私は、他律的に勉強のため努力するという訓練をとうとう幼児から少年時代に受けることなく大人になってしまった。ある知的レベル以上になるためには、そのような訓練が必須であることは福翁自伝などからも明らかである。

そんな無統制な知的興味の傾向をもつ私が、一時的にも曲がりなりにも学者を目指したというのは信じられないくらいの暴挙である、ということになるのだが、人間というものは数々の失敗を経ないと自分の特質というものをなかなか理解しないので、仕方がない。

そんな私なので、公務員かサラリーマンになるくらいしか生きる糧を得る仕事はなさそうであるが、公務員になるためには公務員試験の受験が必要で、そのための受験準備でさえ嫌だったので、なんとかサラリーマンになるしかなかった。私はメンタリティに多少ヤクザ親和性があるので、喧嘩が強くて根性があったら今頃はヤクザになっていて、そして抗争に巻き込まれてとっくに死んでいただろう。しかし、それほどないものねだりの言い方もない。

そういえば最近妙な夢をみた。何か、今まで会ったこともない女性が数人出てきて、美人の人もいるしそうでない人もいるのだが、私は折角なので、近くにいた一人の女性に、お茶でも飲みに行きませんかと声をかけてみた。すると、ありえないわ、と素っ気なくいう。他の女性も口を揃えてそういうので、居づらくなってその場から逃げだしてしまった。

そして起きてから、私は、もしかして思考のスレッドあるいはデーモンかもしれないドリーム・コーディネータに、どんな夢を企画しようと勝手だが、自分が女性にもてないことは熟知しているのに、今更あんな夢はないのではないか、クレームをつけた。

すると、それが気に障ったか、ドリーム・コーディネータは、数日後、私が仕事からあぶれて、いろいろな会社にコンタクトするのだが、ことごとく断り続けられて途方に暮れている夢を用意した。これはこれで冷や汗がでる夢だった。

かくのごとく、私の思考のスレッドたちは実に気ままで、私を翻弄し続けるのだった。それでも彼らは基礎代謝消費の一部で、かくして今日も腹が減るのだった。

家人から、スーパーの抽選に申し込んだら、サントリー白州工場のウイスキー醸造工場見学の無料バスツアーの抽選に当たったので、行かないかと打診された。ビールや日本酒ならともかく、ウイスキーはいまいち興味がないのでちょっと引いたが、ともかく行ってみることにした。

バスは、相模大野のグリーンホールの裏から出発した。最初はマイクロバスだと聞いていたのだが、行ってみると、ちゃんとした観光バスで、バスガイドもいるという本格的なもので、もしかしてもう何十年もバスガイドつきのバス旅行というのは経験したことがないので、なんとなく感激した。同じ抽選に当たった人が集まっており、だいたいみんな夫婦できていて総勢30人くらいだった。

サントリー白州工場(念のため記すと、白州は、「しらす」でなく「はくしゅう」と読む)は、南アルプスの麓、山梨県北杜市白州鳥原に位置するので、相模大野からは、北里大学病院の前の道を通って、最近できた圏央道に入り、八王子インターから中央高速に乗った。一応車はもっているのだが、なにしろ近所のデパートくらいしかドライブしないので、高速道路に乗るのさえ新鮮だったりする。バスガイドの女性はベテランで、風景や山などの説明を練達の話術で語るのだが、私は外も観ないで詰将棋の本をみて考えているので、なんともつまらないパセンジャーである。

途中一度談合坂のサービスエリアでトイレ休憩をとって、約3時間かかってサントリー白州工場に着いた。すると、ここは工場見学の名所らしくて、既に他のお客さんも沢山きている。

着くといきなり、場内のレストランで昼食であるが、どうみても2000円相当はする料理で、ここらあたりで無料ツアーの恩恵をありがたく思った。折角なので私は、「白州」というウイスキーの水割りを頼んだ(これは有料)が、流石これは絶品で、いやあいいところに来たと感激した。私のミーハーな素朴さが絶好調である。

食事の後は、場内のウイスキー醸造博物館を見学したり、売店でミニチュアウイスキーを買ったりした。そして1時間くらいすると、いよいよ工場見学のセッションが始まった。

会議室のようなところに集まり、ウイスキー造り40年というベテランの管理職の方がまず、パワーポイントで白州工場の背景や歴史を説明してくれた。もともとサントリーの蒸溜所は大阪府三島郡の山崎にあったが、ウイスキーの多様性を求める佐治社長(当時)のリーダーシップで別の蒸溜所の候補地が探され、水質の良さと森の中の寒冷な気候で、白州に工場を建造することが決定された。こうして、白州工場は、1973年から稼働を始めた。

説明の後は、実際の製造現場の見学である。最初は、発芽した大麦の水分を飛ばすためのピートという原料をみせてもらった。これは泥炭とも呼ばれ、独特の香りがある。ピートを燃やして大麦を加熱することによって、ピートの香りが大麦に移る。このあたりで、ははあ、ウイスキーづくりでは移り香が1つのキーワードなのだと思った。

次のステップは、加熱して水分を飛ばした麦芽を、仕込み水とともに仕込漕に入れてかき混ぜる。すると、麦芽中の酵素の作用ででんぷんが糖に分解される。これを濾過すると、澄んだ麦汁が得られる。

次に、麦汁は発酵漕に移され、そこに酵母が加えられる。すると、発酵が始まって二酸化炭素とアルコールが生じる。発酵漕は最近ではステンレスのものが使われることが多いが、白州工場では木桶漕が使われる。機械的強度では木桶漕はステンレスより劣るが、保温性に富み、また、木は酵母などの菌を材質の隙間に保持する性質がある。こういう残留酵母が発酵にポジティブな効果をもつ。こうしてできた発酵液は、もろみと呼ばれる。

次に、もろみは、ポットスチルと呼ばれる銅製の蒸溜釜に移され、加熱される。ポットスチルは巨大なフラスコのような形状であるが、先端が曲がっている。その胴体部分の形状や先端の曲がり具合が結果のウイスキーの性質に影響を与えるというのだから複雑である。この性質を利用して、サントリーではさまざまな形状のポットスチルを用意して、多彩なウイスキーの味わいを醸し出している。

ポットスチルによる蒸溜は結局2回行われる。これはウイスキー特有で、焼酎も蒸溜工程を経るが、1回だけである。

こうして出来上がった成果物は、ニューポットと呼ばれる。しかしこのままではウイスキーと呼べるものではなく、次に樽で寝かせる工程が必要である。寝かせている間に、樽に含まれる成分がウイスキー原液に滲み出し、色や風味を変える。このとき、樽の形状、大きさ、材質、気候風土、保管位置、寝かせる期間、履歴などの多くのパラメータによって結果のウイスキーの色や風味が異なるので、無限のバリエーションがあるといえる。

まず、寝かせる期間は、10年、20年はざらである。長いほどウイスキーが高価になる。樽は完全気密ではないので、長い時間貯留しておくと、中のアルコールは次第に揮発して減る。それも製造者は織り込み済みである。

気候風土であるが、当然に暖かい方が熟成は進みやすい。また、樽が小さいほど熟成は速い。なので寒冷な気候では小さい樽を使用する、などの配慮がある。

保管場所であるが、樽には、途中で試飲してみるための穴が側面にもうけられていて、当然に蓋がしてある。しかし、蓋も完全気密ではないので、樽は穴が上向きになるように配置しなくてはならない。そうしないと、重力でウイスキー原液がこぼれる惧れがある。白州工場は、多段のラックのレールに転がすように樽が配置されるが、最終位置までの転がり行程を計算して、結果的に穴が上向きになるように樽が転がされる。コンピュータで制御されるのだろう。

樽の履歴というのは、今まで樽が何に使われていたか、ということである。普通ウイスキーでは、できたばかりの新しい樽にはウイスキーの原液は貯留されない。実はバーボンでは、新しい樽の内部を焼いてから貯留するが、一度使った樽は二度と使わないということになっている。なぜそうなのか説明がなかったので、そのうち調べてみる。で、ウイスキーでは、なぜか一度バーボンに使った樽を貯留に使用することになっている。バーボンの主要生産国はアメリカなので、サントリーではアメリカからバーボンに使った樽を輸入してきた。ただ、樽をそのまま運ぶと嵩張るので、いったんばらして運送し、日本について、樽工場で樽を組み直すようにしている。バーボンに使った樽以外に、シェリー酒の貯留に使った樽を使うこともある。樽の材質はウイスキーにとって本質的なので、テイスターのような責任ある地位の人がスペインなどのシェリー酒の産地に行き、樽に好適な原木を見定めたりする。このことからも、ウイスキーの多様な品質を実現するために、膨大な努力がなされていることが分る。

さて、こうして工場見学が終わると、最初の部屋に戻って、待望の試飲となった。目の前に6個のテイスター用のグラスが並べられ、その各々に異なる種類のウイスキーが底から5ミリくらい注がれていて、香りと味を試す。それを飲もうと思ったら、含んで別の紙コップに吐き出すのだという。ただ、もったないので少しだけ飲んでいたら、後でちゃんとしたハイボールが出てきてほっとした。

ともかく、味覚も嗅覚も鈍い私には、ウイスキーの種類種類ごとの微妙な差は分からず、テイスターの仕事はあまりにも微妙且つクリティカルでな専門職であると感じた。

こうして一日過ごして、すこしだけウイスキーファンになった私なのだった。サントリーの目論見は成功なのだと思う。

池井戸潤は、半沢直樹の番組の「倍返し」で有名になったせいで、果つる底なきを読んだらなかなか面白くて、ポジティブな印象をもった。

そしたらその後、知り合いから池井戸潤の「下町ロケット」を読んで面白かったと聞いたので、そのうち読もうと思いつつ、何となくためらっていたのは、「下町ロケット」に出てくる神谷弁護士が、私が個人的に知っている弁護士をモデルにしたものである、と聞いたからである。

人間の心理とは不思議なもので、いろいろと背景を良く知っている小説をアルファ読みとして安心して読むという面がある一方で、なるべく自分にとって新規性のある本を読みたいという要望もある。

その後者の要因で「下町ロケット」はなんとなく敬遠してきたのだが、ある古書店の百円均一コーナーでたまたま「下町ロケット」小学館文庫をみかけたので、とりあえず迷わず買った。

それで自室の積読コーナーに置いておいたのだが、あるときふと、手にとって裏表紙を眺めると「特許侵害」云々という記述がある。それでへぇと思い、読み始めたら面白くて一気に引き込まれた。

「下町ロケット」の主人公は、元々大学でロケットエンジンを研究していた佃航平。が、ロケット打ち上げ実験の失敗で責任をとったというか、嫌気がさしたというか、大学を辞め、父が経営していた佃製作所を継ぎ、社長となった。

経営者というよりも研究者肌の佃は、社長業に悪戦苦闘しながらも、なんとか経営を成り立たせていた。佃製作所は、小型エンジンを主力製品として、技術力で売る中小企業である。

ところが、折からの不景気で、ある大手の顧客会社から取引中止を言い渡されてしまった。もともと、ぎりぎりの利益で会社を廻しているので、佃は慌てた。このままでは資金繰りが苦しくなる。

その苦しい状況に追い打ちをかける事件が起きた。なんとライバルの大手企業が、特許侵害で訴えてきたのである。佃は、顧問弁護士に相談したのだが、顧問弁護士は経理関係には詳しくても特許となると全くの素人で、裁判で頓挫してしまった。

そのとき、別れた元妻が、優秀な特許関係の弁護士を紹介してくれた。上述の神谷弁護士である。神谷弁護士は技術的バックグラウンドがあり、特許関係の裁判の経験も豊富である。そして、神谷弁護士は、佃製作所の特許ポートフォリオを調べて、ライバルの大手企業に対する反訴の特許侵害訴訟を用意した。

この反訴が痛打で、結局、佃製作所はライバルの大手企業に訴訟で勝利し、賠償金まで勝ち取った。ところが、ストーリーはここからが本番である。

すなわち、日本のロケット製造のリーディングカンパニーである帝国重工(三菱重工がモデルなのだろう)の次世代ロケットのキーデバイスの特許を佃製作所がもっていることを帝国重工の担当者が突き止めて、特許を譲渡してほしいと佃製作所にコンタクトしてきた。

特許を譲渡すれは一時的に巨額の資金が入るが、その特許を使った独自の技術展開ができなくなる。すると、特許ライセンスするか、あるいは別の道を考えるか、佃製作所内部で意見が分かれ、佃社長は一時四面楚歌状態になる。そして明らかに反旗を翻す部下、懸命に佃を支える側近、入り混じって佃製作所は崩壊寸前のような状態になる。

そこからはこの小説の白眉なので省略するが、会社経営とは何か、夢を追うことのリスクと将来性の担保、信頼関係、リーダーシップ、特許管理の在り様などいろいろ考えさせられた。

そういえば私は、大学を卒業するとき、大学でまともに勉強しなかったことと折からのオイルショックの不景気で、有名どころの会社に入ることは無理だったので、せめて、中小企業でも技術力のしっかりしたところに入って、そこの社長のリーダーシップの下で何か独創的な製品を開発したいと思っていたのだが、あいにく最初に入った会社は私との相性が悪く、早々に転職してしまった。ただ、私は何にしても不器用なので、製造部門の仕事は向かなかったかもしれない。ともかく、「下町ロケット」を読んでいるとき、私が入社したかったのは、佃製作所のような独自技術をきちんともった会社だと感じた次第である。私は精密な物は作れないかもしれないが、技術情報管理や特許管理のような仕事なら、それなりに貢献できたと信じるものである。

あと、神谷弁護士のモデルで、若干面識のあるS弁護士にもし会う機会があったら、「下町ロケット、読みましたよ。超面白かった。でも、神谷弁護士、格好良すぎじゃない?」と言ってみたいような気がする。

連敗

user-pic
0

渡辺の不調の続きであるが、10月23日(金)の昼休みは、会社でちょっと緊張して将棋連盟のホームページをみた。

その理由は、前日の久保対渡辺の王将戦の結果が載るはずだからである。俄か渡辺ファンの私は、渡辺がこれ以上連敗するはずがないと信じていた。少なくとも信じようとしていた。ところが、なんと久保にも負けて、6連敗。一体どうしたのだろう。

例によって、渡辺明ブログから引用させて戴く。

後手番らしくチャンスが少ない将棋ではあったのですが、互角を保つ順をあっさり見送って敗勢になりました。
どうも勝てないほうに手を選んでしまう状況ですが、なんとか打破したいですね。

なんか、チャンスの場面で、見送ればボールの球に手を出して凡退してしまう、スランプの野球選手のようなものかもしれない。しかし、これだけツキを貯めたので、来週の竜王戦第2局は勝つのではないか。私の渡辺ブランドへの信頼は、羽生に対するそれと劣らない。

竜王戦といえば、同じ日の王将戦リーグで糸谷竜王は、羽生名人と当たり、勝っていた。ここらあたり、羽生は来週の王座戦第5局に向けて、調整しているのだろう。最近では羽生もすっかり、森内流の使い手である。ただ少なくとも、糸谷が今不調でない、ということはいえそうである。

さらに、その同じ日に、B級1組順位戦があって、豊島は、橋本に負けて順位戦5連敗。A級昇級の目が完全にないどころか、降級の目もある。

豊島の不調を恋愛のせいにしたいのだが、やはりISSEIさんのご指摘どおり、コンピュータ将棋のやりすぎなのだろう。2014年の電王戦は、こちらに書いたように、棋士側の1勝4敗だったが、その唯一の勝利が豊島なのだった。あれからもう1年以上経つので、豊島が、日露戦争で勝った帝国海軍状態に陥っているとは思わないが、微妙な影響はあるかもしれない。そういえば、ボナンザ対渡辺竜王に書いたように、渡辺は竜王としてボナンザの挑戦を受けてなんとか撃退したが、そのあとB級1組で五連敗して、順位戦で足踏みした。

こう書いてみると、豊島は渡辺に妙に同期している。同期の桜(この場合、synchronized cherry blossomと訳す)と言ってよいであろう。なのに、頭の中に響くのは、♪貴様と俺とは同期の桜♪ではなく、♪There is a house in New Orleans They call the rising sun♪という、「朝日の当たる家」なのだった。この脈絡のなさには自分ながら苦笑するよりない。

将棋連盟のホームページをみていて、なに!?というアナウンスがあった。なんでも週刊将棋が休刊するのだという。

以下、そのアナウンスの内容を引用する。

平素より「週刊将棋」をご愛読いただき、ありがとうございます。
 公益社団法人日本将棋連盟と株式会社マイナビ出版の共同事業として制作・発行しております「週刊将棋」は、来年3月30日号をもって休刊することとなりました。
1984年1月25日号での創刊以来、30年以上にわたり発行を継続してまいりましたが、メディアをとりまく環境の変化は著しく、「週刊将棋」はその役割を終えたと判断いたしました。
 支え続けていただいた読者のみなさま、取材にご協力いただいた関係者のみなさま、誠にありがとうございました。
 最終号までは通常通り発行いたします。残り5カ月も変わらぬご愛読をよろしくお願いいたします。
 また今後も月刊誌「将棋世界」をはじめ、将棋書籍など各種出版物で良質な情報の発信に努めてまいります。

この記述をみて、あれっ、週刊将棋の創刊は1984年1月25日号だったっけ、と思ってしまった。私はてっきり1982年頃かと思っていた。しかし、1982年創刊だと、私が肝炎で入院したのは1983年のことなので、病室に週刊将棋を持ち込んでいたはずなのに、そんな記憶は全くない。それにしても週刊将棋の創刊の直後に私は、つい2年前に事情があって早期定年扱いで辞めた外資系の入社試験を受け、その年の暮には見合いしたのだなぁ、と目まぐるしい年だったことを思い出した。

そういえば結婚する前は、狛江のアパートに住んでいて、日曜日朝に週刊将棋が宅配されると、京王線の国領駅のそばにあったデニーズまで歩いて行ってモーニングセットを頼み、飲み放題のコーヒーを飲みながら、週刊将棋の詰将棋と次の一手を解いたものだった。

今はデニーズには行かなくて、週刊将棋の詰将棋と次の一手を通勤電車の中で解いているが、やっていることは30年前と全く同じで、いい意味で進歩がない。ただ、確実に言えることは、週刊将棋を読むことが私の生活のペースメーカーになっているのであり、休刊になったら、どうやって自分のペースをつくるか、しばらく模索しなくてはならない。なにしろ30年の習慣は大きい、結婚生活より長いのだから。

ただ、"メディアをとりまく環境の変化は著しく、「週刊将棋」はその役割を終えたと判断いたしました。"というけど、「週刊将棋」の囲碁界におけるカウンターパートである「週刊碁」が休刊になるとは聞かない。すると、メディアをとりまく環境の変化云々は単に言葉の綾で、要するに読者が減って採算がとれなくなりました、ということなのかもしれない。でもじっさい、ウェブで「週刊将棋」に載るようなすべての情報がみれるわけではないのし、もし仮に見れるとしても、「週刊将棋」の一覧性はないので、依然として「週刊将棋」の存在価値は小さくない、まあ私にとってであるが。

一方で、日本棋院は資金難で、将棋連盟は日本棋院よりまだましと聞く。それでも、「週刊将棋」は「週刊碁」より先に休刊になってしまうのか、どういうことなんだ、やはり、わざわざ棋書を買ったりするような、有意味なファンというのは、囲碁の方が将棋より多いのか、と諦めが悪い老人である私は、延々と考えるのだった。

私はカラオケが好きであるが、そんなに頻繁に行くわけではない。ところで、この機会にウェブで、好きなカラオケのランキングを調べてみると、一例ではあるが以下のとおりである。

  1. シダックス
  2. ビッグエコー
  3. カラオケ館
  4. ジャンボカラオケ広場
  5. カラオケ本舗まねきねこ
  6. JOYSOUND
  7. コート・ダジュール
  8. バセラ
  9. カラオケルーム歌広場
  10. カラオケの鉄人
  11. カラオケ歌うんだ村
  12. カラオケバンバン
  13. コロッケ倶楽部

これをみて思うのは、カラオケの鉄人の順位が随分下がったなあ、ということである。少なくとも10年前は、カラオケの鉄人は文字どおりKing of Karaokeだったはずである。

一方、私がよく行くのはカラオケの鉄人であるが、それは常連のカラオケ仲間がカラオケの鉄人のファンだからである。ただ、常連のカラオケ仲間以外の人とカラオケに行くのは、ビッグエコーと、カラオケ館が多い。理由は簡単で、都内の駅前で飲んで、じゃカラオケに行くかというとき、一番身近に存在している。そういえば、三鷹の駅前で、飲み屋だったかパチンコ屋だったか忘れたが、店内を改装していたので、何ができるのかと思ったら、なんとカラオケ館だった。

で、ビッグエコーやカラオケ館に何度か入って、カラオケの鉄人は、倒れゆく巨象ならぬ、倒れゆく小象なのかなとふと思った。なぜなら、ビッグエコーやカラオケ館の方が垢抜けていて、QoSで優っている。

一方、シダックスは、私の自宅から歩いて10分くらいの距離にあって、今まで何度か行ったことがあるが、確かに店内に豪華な雰囲気があって、ちょっとしたセレブ気分が味わえる。ただ、都内などであまりみかけたことがない。

それ以外のカラオケ店は、前に勤務していた外資系の送別会でコート・ダジュールを使ったことがあるが、雰囲気はまあまあだった。あとは、リストされている中には存在しないが、ドレミファクラブというのに行ったことがあるだけである。

そういえば、カラ鉄に書いたように、ヒカチューの「20世紀の終わりに」と、たまの「そんな僕が好き」はカラ鉄では、not availableなのだが、以前には確かに入っていたはずのビッグエコーで、これらの曲がやはりないことを発見した。これ以外にも、原みつるとシャネル・ファイブの「稚内ブルース」もなぜかどこのカラオケ店にもない。名曲だと思うのに、ないのが残念である。

ともかく、私としては、QoSや、受付のお姉さんの美人度は普通でいいので、料金が安いこと、実質的に放送禁止でないすべての曲をカバーしていること、が達成されているとうれしい。

渡辺の不調

user-pic
0

10月19日は、会社から帰ると、慌ててパソコンを立ち上げ、名人戦棋譜速報をみた。佐藤天彦対渡辺の、まさにゴールデンカードというべきA級順位戦があったからである。すると、天彦が先手なので、ほとんど必然的に角換り腰掛け銀の戦型になっていた。

【図1】 69手目▲2五桂まで
持ち駒:△渡辺=金銀歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=飛銀歩3
私が観戦し始めた局面がまさに、天彦が▲2五桂と跳ねたところだった。私の素人判断は、△8七歩成と、△3六角があるので、少し渡辺がいいのかな、というものだった。以下、△4四歩,▲7一飛,△6二銀,▲9一飛成,△8七歩成,▲8八歩,△7八歩,▲同金,△同と,▲同玉,△3六角,▲4八飛,△7六歩,▲8六銀,△7七歩成,▲同玉,△8四桂,▲6八玉と進んだ。

【図2】 88手目△2七角成まで
持ち駒:△渡辺=金2



持ち駒:▲佐藤天彦=香歩5
ところが、ここで渡辺が3六にいる角を△2七角成としたのが、緩手というかはっきり悪手で、折角の渡辺の優勢がふっとんでしまった。そもそも、5八や6九などの急所に利いている角をわざわざ一手かけて利きをそらすなんて、あまりにも渡辺らしくない。次の天彦の▲5二香が鋭い好手だった。以下長手数だが進めると、△3七馬,▲1八飛,△3六馬,▲3八飛,△2七馬,▲3九飛,△4一金,▲3三桂成,△同金,▲4二歩,△同玉,▲5一銀,△3二玉,▲6二銀,△6三金,▲5三銀成,△同金,▲5一香成,△3一金,▲6一龍,△2二玉,▲4一成香,△3二金上,▲4二成香,△5四馬,▲4一角成,△7六桂,▲6七玉,△1二玉,▲1五歩,△7九銀,▲6五歩,△6八桂成,▲7六玉,△4二金,▲1四歩,△1八歩,▲4二馬,△7四香,▲7五歩,△8四桂と渡辺は一応迫ったのだが。

【図3】 投了図131手目▲8七玉まで
持ち駒:△渡辺=金



持ち駒:▲佐藤天彦=金銀歩5
▲8七玉と逃げられて天彦の玉は詰まず、渡辺の玉は受けなしである。なので、投了もやむなし。

この将棋をみて、渡辺が明らかな不調であることが分った。これで渡辺は5連敗なのだが、渡辺はいままで棋士になって5連敗以上の連敗がないそうで、これは実は結構すごいことである。ということで、流石に渡辺の不調もここらあたりで底のような気がする。この将棋に対する渡辺自身の感想を、ご本人のブログから引用させて戴く。

終局後はひどい将棋を負けたと思って悪態をついていたのですが、感想戦で調べた結果、必勝だったのは一瞬だけで1手間違えてもう微差の優勢、そこからまた1手間違えてもう激戦。まあでも、2手も小ミスをしてまだ不利になっていないのはプロレベルでは大差だから、これを勝てないと勝つ将棋がないとは言えます。加えて時間も有利だったし。それにしても天彦のあやしい粘りには高勝率の要因を見た気がしました。

渡辺のような強い棋士に判官びいきという言い方は相応しくないかもしれないが、私は次第に渡辺のファンになりつつあるようである。なんとか竜王を獲ってほしい。

中鎖脂肪酸

user-pic
0

新聞広告をみていると、日清オイリオの広告で、中鎖脂肪酸が認知症リスクを下げるのだというので、つい詳しくみてみた。

中鎖脂肪酸が認知症について改善した一番の症状は、不安と無関心とうつ症状で、その後易刺激性、記憶と続く。その他、興奮、描画能、歩行能、睡眠障害、徘徊にも若干の改善例がある。

では、中鎖脂肪酸を含む食用油にはどんなものがあるのだろうか。ここは適当にウェブ検索してみた。すると、その1つに、一時期テレビ番組で話題になったココナッツオイルがあるという。また、牛乳にも中鎖脂肪酸が含まれているという。

また、健康油として話題になっていたものに、エゴマ油がある。エゴマ油は、α-リノレイン酸で、動脈硬化予防、不整脈予防、視力向上、痴呆の予防、中性脂肪低減、血中コレステロール低減、血圧低下、精神安定、記憶学習能力向上、抗アレルギー、抗炎症、抗腫瘍作用 n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸の摂取比率改善で『ガンの予防』、ダイエットなどに効果があるというのだが、中鎖脂肪酸とは別なのだろうか。

ちなみに私は、ココナッツオイルとエゴマ油を毎日少しずつ摂るようにしている。ココナッツオイルは焼いた食パンに塗る。エゴマ油は野菜サラダにかけるようにしている。

ココナッツオイルで面白いのは、人間がちょっと寒いと思える程度の温度で白く凝固することであり、この程度の温度で固まる食用油は他にない。

で、問題は体にいいのかということになるが、ココナッツオイルを摂るようになっての明確な心理的な変化は、知的興味の増大である。典型的には、カラオケにいっても、以前は昔から知っている歌をただ歌うだけだったが、最近は何気に歌番組やYouTubeなどで覚えた新しい歌をレパートリーに加えようとしている。

また、将棋に関しても、最近は以前よりも新戦法の本を買って読む頻度が増えた。まあ贅沢をいうと、興味が深くなるというよりも広くなるというところで、深くする方は油を摂るだけだは駄目で、きちんと知的努力をすべしということなのだろう。ということで、少なくともココナッツオイルとエゴマ油はポジティブな効果があるのだろうと信じている次第である。

遷移可能性

user-pic
0

以前から、棋道と数学に関連して考えていることがあって、もう一度ブログで書いたような気がするのだが、それは遷移可能性のことである。

遷移可能性なんてどう考えても日本語の単語としてこなれていないので、まず一つ例を挙げる。それは、高木貞治が書いた「解析概論」という本のことである。高木貞治は、高名な代数学者、整数論学者であり、なのになぜ数学とはいえ専門外の解析学の本を書いたのであろうか。

そこで、手許にある「解析概論」の緒言や序文を読んでみたが、解析学の本を書こうと思った動機のようなことは特に書かれていないようである。

その動機を私のような者が適当に推察しても仕方ないので、代わりに考えてみるのが、遷移可能性という概念である。どういう意図でそのような不自然な用語を使うのかというと、私は、異分野あるいは専門外の研究をしたり本を書いたりすることをもって、そう呼ぼうとしている。そして、私が言い立てる命題は、二つの専門分野の間の遷移可能性は非対称である、ということである。

例えば、代数学の専門家が幾何や解析の研究をしたりその本を書く可能性は、幾何学や解析学の専門家が代数の研究をしたりその本を書く可能性より大きいように思われる。

そこで、棋道と数学で述べたことを用いて代数を将棋に、幾何や解析を囲碁に置き換えることにより、将棋の棋士が囲碁をたしなむ方が、囲碁の棋士が将棋をたしなむよりも頻度や程度が大きいという命題がえられる。これも私の普段の観察に合致する。

その命題が正しいとして、どうしてそういうことが起きるのだろうか。自分なりにいろいろ考えてみたのだが、決定的な心理的根拠は分からない。

ちょっと観点を変えてみよう。将棋も囲碁もどちらもほとんど知らない人が、将棋と囲碁の対局をそれぞれ観戦するとして、果たしてどちらが複雑にみえるだろうか。それはおそらく囲碁ではないかと思う。なぜなら盤面は広いし、相手の駒を取ったり玉に迫っていく将棋に比べて、囲碁は、厚みと活きの概念があって、直截に地を囲いにいくことが少ないので、将棋よりも手の意味が茫漠としている。

実は将棋にも随分茫漠とした手があって、結構いい手であったりするのだが、その茫漠性を初心者が理解することは無理である。私だってよくわからなかったりする。

また、数学の整数論における素数定理と、フィールズ賞で述べた小平の消滅定理とどちらが難解なのか、そもそも私のような素人が云々するようなものではないが、定理の意味ということでは、素数定理の方がはるかに分かりやすい。そしてその分かりやすさが仇になって、素人は数論より幾何学や解析の方が高級と思いがちである。

そういえば最近、棋友に、駒数が少なくて七手詰なのに極めて難解な詰将棋という例を何個か見せられて、詰将棋の苦手な私は解けなくて困ったのだったが、一方で、こんな少ない枚数で難解を表現できるなんて、将棋はなんて表現力が豊かなんだろうと感心してしまった。でもそれは言い換えると、将棋は分かりにくさが分かりにくいのである。きっと囲碁は、分かりにくさが分かりやすい。

一方、数学で分かりにくさが分かりにくいの最たるものは、整数論のフェルマーの定理だろう。証明されたことがこれほど有名になっては、一好事家が今更独自の証明を与えようなんて考えてもみないだろうが、一時は数論学者は、好事家から、フェルマー予想を証明したという手紙をもらって、開封しないでゴミ箱に投げ入れるのが習慣だった。しかし、好事家は間違っても、ワイル・ストーン・ティッチマーシュ・小平の理論の定理を証明しようなんて試みないだろう。分かりにくさが分かりやすいからである。

しかしなぜ、分かりにくさが分かりにくい世界から、分かりにくさが分かりやすい世界への遷移可能性が高いのだろう、と考えて分からなくなってしまうのだった。

古書店で深町秋生の「アウトバーン - 組織犯罪対策課 八神瑛子」幻冬舎文庫をみかけたときとりあえず買ったのは、それほど深い思い入れがあったわけはない。何度もいうように、私が本を買うポテンシャルバリアは結構低い。

それにしても、と私は思う、八神瑛子とはなんという安易なネーミングなのか、と。というのは、私の知っている女性歌手で、典型的には「パープルタウン」を歌った八神純子と、私のもっとも好きな曲の一つである「長崎の夜はむらさき」を歌った瀬川瑛子の組み合わせではないかと私は勝手に決めつけてしまった。

それは措いといて、やはり女刑事が主人公というのはいいよね、と思わせるのは、私が誉田哲也の姫川玲子シリーズのファンだからである。

ところが、「アウトバーン - 組織犯罪対策課 八神瑛子」を読んでみると、八神瑛子は姫川玲子よりもはるかに尖っている。すなわち、極め付けの美人であることを除けば平凡な婦人警官だった八神瑛子は、出版社の雑誌編集記者の男性と結婚してもしかして平凡でそれなりに幸せな家庭生活を送っていた。お腹に子供も宿していた。ところが、それを一変させたのは夫の突然の死だった。表面的な状況は自殺だったが、瑛子は夫が自殺する理由などないと信じて疑わなかった。しかし、警察は結局自殺として事件を封印してしまい、瑛子はそのときから警察という組織に対する深い絶望感に捉われた。剰え、心的ストレスでお腹の子供も流産してしまった。

そのときから瑛子は豹変した。ヤクザとも普通ではありえないほどの深い関係を築き、捜査情報を適宜提供する代わりに、犯罪に関するさまざまな情報を提供してもらった。また、24時間闘うような命知らずの懸命の捜査をした。そのおかげで、トップクラスの検挙率を誇った。このあたり、推理小説の女刑事、雪平夏見と実によく似ている。ただ、八神瑛子も雪平夏見も相当な美人で、雪平は相棒の刑事に無駄に美人と言われているのだが、瑛子は、インプリシットではあれ、自分の美貌をしっかり利用している。

さて、「アウトバーン」は、ヤクザの組長の娘が殺されるという事件で始まった。当然にヤクザの親分は報復を意図するが、犯人の目途はつかない。そこで、瑛子は、当該ヤクザの組長補佐からコンタクトされる。警察で犯人が分ったら知らせてほしいというものである。そしたら、司法によらず自分たちが私的制裁するというものなのであった。

かぎりなくヤクザと癒着しているはずの瑛子はなぜか明確な回答を避ける。そうしているうちに、まるでヤクザの組長の娘殺しの酷似した別の殺人事件が起き、すわ同一犯かと警察が色めきたった。

一方、中国マフィアとも深いパイプをもつ瑛子は、別の殺人事件の被害者が中国人だったことに鑑み、そのパイプを使って犯人を割り出していった。

このような様子をみていると、瑛子は、姫川玲子よりも、雪平夏見よりも、魔女の笑窪に出てくる水原に近い。しかし、瑛子は、水原と違って一応警官なので、羽目を外すにも限度がある。

とはいえ、瑛子の行動は警察官として到底許される範囲になく、じっさい、上司や素行調査官からの強いマークに遭って問題視されていた。

こうして、瑛子が極めて魅力的なキャラクタとして私の前にあらわれ、私はまるで新宿鮫の鮫島に匹敵するくらい印象づけられたのだった。

私が以前最強の挑戦者として採り上げたパート1である竜王戦が、満を持してついに開幕した。パート2の王座戦は、佐藤天彦が期待通りの最強性を発揮し、伯仲しているが、パート3の囲碁名人戦はちょっと期待外れだった。まあそんなこともある。そして言うまでもなくパート1である竜王戦が真打なのだが、気になるのは最近の渡辺の成績である。王将戦で糸谷に敗れたとか思ったら、同じ王将戦で深浦にも負けた。そして、その後の日本シリーズで三浦にも負けた。それをみて、渡辺の最強性を疑っていない私は、ああ、森内流だね、とつぶやいた。森内流というのは、私が勝手にそう呼んでいるだけなのだが、大事な対局の前に、相対的に軽量の対局で決して手抜きするのでなく、惜しくも負けてツキを貯めるというものである。この方法で、絶不調を喧伝されていた森内名人(当時)は、2012年の名人戦で羽生の挑戦を斥けた。

なので、私は、ついに渡辺も、森内流を駆使するほど円熟したのか、これはいよいよ竜王奪取は間違いない、と勝手に判断した。

さて、竜王戦第1局は、渡辺の先手番となった。すると、当然糸谷は、一手損角換わりかと思ったら、なんと意表を衝いて横歩取りに誘導した。研究家の糸谷は、当然に横歩取りも詳しい。去年の竜王戦挑戦者決定戦の第3局で羽生を破ったのも、横歩取りだった。ただしそれは先手番をもってであり、公式戦で横歩取りの後手番は一度ももったことがないという。それをいきなり竜王戦の舞台でぶつけてきた。しかも渡辺というと、横歩取りの先手番をもって、当代随一の鉄壁の強さを誇る。なので意表なのであるが、そういうのが糸谷らしいともいえる。ともかく、28手まで一気に進める。

【図1】 28手目△1五歩まで
持ち駒:△糸谷=歩2



持ち駒:▲渡辺=歩2
ここまでは典型的な横歩取りの戦型の1つである。△1五歩以下は、▲3六歩,△9四歩,▲3七桂,△8八角成,▲同銀,△3三桂,▲7七銀,△2三銀,▲6八玉,△6二玉,▲7九玉,△3四飛,▲2九飛,△2四歩,▲4六歩,△3六飛,▲4七銀,△3四飛,▲5六角,△3五飛,▲3六歩と進んだ。手順中、▲5六角が局面の方向を決めた手である。なお、▲3六歩に△9四歩も珍しい手で、△9四歩の代わりに△2四飛とぶつける実戦例もあるが、糸谷は避けた。

【図2】 50手目△8五飛まで
持ち駒:△糸谷=角歩2



持ち駒:▲渡辺=歩
糸谷の△8五飛で封じ手の局面となった。ここで見える手は、▲6八玉とあがり、6六銀から7七桂として8筋から逆襲する手であるが、渡辺の封じ手は▲9六歩だった。ここでは少し先手が模様がいいようである。以下、△5四歩,▲6六歩,△5五歩,▲6七角,△7一玉,▲8八玉と進んだ。

【図3】 58手目△6二角まで
持ち駒:△糸谷=歩2



持ち駒:▲渡辺=歩
糸谷は、△6二角と設置して、一筋に狙いをつけた。勝負手である。これに対して、渡辺の▲3五歩が、糸谷がもっとも恐れていた手で、以下、△5六歩,▲同角,△3五飛,▲2七金,△8二玉,▲3六金,△5五飛,▲3四歩,△3五歩,▲3三歩成,△3六歩,▲3二と,△3七歩成と進んだ。

【図4】 73手目▲5八銀まで
持ち駒:△糸谷=金桂歩2



持ち駒:▲渡辺=金桂歩
▲5八銀となってみると、駒の効率で依然として先手優勢である。ここで普通に指すなら△4八とだが、それでは詰まらないので、糸谷は△3八とと工夫した。以下、▲3八同角,△4八金,▲5六角,△同飛,▲同歩と進んだ。

【図5】 80手目△5八金まで
持ち駒:△糸谷=角銀桂歩2



持ち駒:▲渡辺=飛金桂歩2
とりあえず糸谷は△5八金と銀を取って迫った。これに対して検討陣は▲4二とを推奨していたが、渡辺は▲2一飛。以下、△3二銀,▲1一飛成,△8三歩,▲3一龍に△6九銀と絡んでは難しくなった。そこから、▲7九金,△4七角,▲3九飛,△3八歩,▲2九飛と進んだ。

【図6】 92手目△8五桂まで
持ち駒:△糸谷=歩



持ち駒:▲渡辺=金桂香歩2
糸谷は△8五桂だが、渡辺の局後の感想は、△8五桂に対する対応を間違えた、というものだった。△8五桂以下は、▲6七金,△7七桂成,▲同桂,△3五角,▲8六桂,△4六角,▲5七香と進んだ。

【図7】 100手目△4八銀まで
持ち駒:△糸谷=歩2



持ち駒:▲渡辺=桂歩2
糸谷が4八銀としがみつくと、渡辺は▲7四桂打と後手玉に嫌味をつけた。こうしておくと、後手は駒を渡しにくい。以下、△7四同歩,▲同桂,△9二玉と進んだ。なお、糸谷は、▲7四桂打では、▲8五桂が嫌だったという。
なお、100手目△4八銀の局面で、長いが、阿久津八段他の検討結果を引用させて戴く。
▲6九金△同金▲3二竜△5七銀成▲同金は(1)△5六角成▲4六金△7八金▲9八玉△4六馬▲6九飛△8八金打▲9七玉△7七金で後手勝ち。(2)△5七同角成だと▲7四桂打△同歩▲同桂△9二玉は▲6九飛が詰めろで逆に先手がよくなる。
▲7四桂打△同歩▲同桂△9二玉▲8五桂はあるか。この形で先手がカナ駒を2枚持つと後手玉が詰む。たとえば▲8五桂以下、△5七銀成は▲6九飛△6七成銀▲同飛△5六角成▲9三銀△同桂▲同桂成△同玉▲8五桂△8四玉▲7五銀△8五玉▲8六歩△7六玉▲7七飛は詰み。「▲7四桂打が第一感です。△4八銀を空振りにさせたい」と阿久津八段。

【図8】 105手目▲9五歩まで
持ち駒:△糸谷=桂歩2



持ち駒:▲渡辺=歩3
渡辺は、端玉には端歩で▲9五歩だが、ここではどうやら後手が優勢になっているらしい。渡辺のどの手が悪かったのだろう。▲2一飛なのだろうか。ともかく以下、△8四歩,▲9四歩,△8三玉,▲3二龍,△5七銀成,▲同金,△同角成,▲6九金と進んだ。

【図9】 114手目△5六角成まで
持ち駒:△糸谷=金桂香歩3



持ち駒:▲渡辺=銀3歩4
そして△5六角成だが、このとき糸谷は形勢よしと感じたという。以下▲7五銀で、これは▲8四銀,△同玉,▲7五銀,△8三玉,▲8四銀打,△9二玉,▲9三歩成,△同桂,▲同香成△8一玉,▲8二桂成までの詰めろ。なのでともかく糸谷は、△8九金と王手して、▲9七玉となった。

【図10】 118手目△6六馬寄まで
持ち駒:△糸谷=桂香歩4



持ち駒:▲渡辺=銀2歩4
糸谷は▲8四銀を避けるために△6六馬寄としたが、ここは、△9六歩,▲同玉,△9五歩を決めた方がよかったと思われる。なぜなら、渡辺に▲9五銀と埋められてしまったからである。以下、△7五馬,▲同歩,△同馬,▲8六歩,△8八銀,▲9六玉,△7七銀成,▲5八金,△7四馬,▲8五金,△同歩,▲同歩と進んだが、かなりきわどい。

【図11】 132手目△9二桂まで
持ち駒:△糸谷=金桂2香歩5



持ち駒:▲渡辺=角銀歩5
糸谷は△9二桂を三分だけの考慮で指したことを後悔した。なぜなら▲9三歩成とされて結構危ないからである。以下、△9三同桂,▲8四銀打,△同桂,▲同銀,△9二玉,▲8九飛と渡辺は飛車を使って迫ったが、糸谷に△8四馬があった。仕方ない▲同歩だが。ちなみに、激指君は△9二桂のところでじっと△8八金でも勝ちだというのだが、そんな手、指せるだろうか。

【図12】 投了図 142手目△9五歩まで
持ち駒:△糸谷=金銀2桂2香歩5



持ち駒:▲渡辺=角2金桂歩5
△9五歩で王手して、あとは9四まで玉をおびき寄せたときに△8二桂と打てるので簡単な詰みである。

終わってみると、やはり渡辺はいつもの終盤の冴えが見られなかった。森内流でなくて本当に不調なのかもしれない。しかし、次の対局まだ2週間あるので、建て直せるだろう。糸谷は、△9六歩と決める手を逃して単に△6六馬寄はかなり危険だった。運にも恵まれているのかもしれない。

里見三段の続きであるが、女流の対局と日程が重なっているので延期になっていた里見の三段リーグの対局がついに開始された。

ところが、成績をみてみると、2連敗だった。ううん、三段リーグで片目が開く日はいつだろうか。

ちなみに、対戦相手は佐々木大地三段と、谷合三段。佐々木大地三段は一度昇段の次点を取っており、谷合三段は順位が6位。なので、里見三段は三段リーグで相対的に強い方の二人と対戦したので、2連敗も仕方ないのかもしれないが、一方で、以前に三段リーグに入る一歩手前でメンタル的な理由で休場したので、三段リーグが苦手意識というかトラウマになっていなければ、と懼れる。

ところで、三段リーグは30人いるが、2連敗の出だしの人は、確認したら9人もいる。ということは里見もそんなに悲観することはないのかもしれないが、私は自分が神経質なので、どうしても休場に至った経緯が気になる。

それにしても、将棋で、女性が普通のコースでプロの四段になるのは、今まで歴史上誰もいなかったという意味では、プレッシャは異様に大きいのだろうか。

で、西山朋佳二段はというと、直近は2連勝だが、その前の10局は5勝5敗で、最短で三段になるのはここから7連勝しなくてはならない。ううん、それはあまりにも話が遠すぎる。

その西山が随分足踏みしている箇所をかつて、里見はほとんど最小の対局数であっさり三段へと昇段したのだった。その里見をして、あれだもんな、と改めて女流における、男性プロへの道の困難さを痛感させる。

一方囲碁では、藤沢里菜が順調に三段に進み、若手有望男性棋士と同じくらい勝ち続けている。このギャップはなんなんだろう。女性の脳に将棋は向きにくいという大脳生理なのだろうか。

で、繰り返しになるが、里見にまず、早く三段リーグで片目を開けてほしい。そうやって、一旦失った自信を少しずつ積み上げてほしい。なにしろ里見は、あっさり奨励会で三段に昇段したときも、いまよりずっと対女流で苦労し、香川に王将を取られた。今の方がぶっちぎりで対女流には実質無敵に近いのだから三段リーグでそこそこ勝っても不思議ではない。ただ、最終的に四段になれるかどうか、それは神のみが知るであろう。

先日、Windows Updateをしていて実に困ったことがあった。それは、Windows Updateの画面が変わっていて、うっかりするとWindows10が導入されるような設定になっていたからである。

じつは二度ほどWindows10が導入されかかって、必死でキャンセルボタンを押してしまった。

私の自宅のPCに導入されているのはWindows7なのだが、Windows10が単に上位コンパチのベターOSであるなら文句はない。しかし、Windows XPからWindows7への移行だけでも、随分なプログラムの互換性を失って導入や使用不可になるものがあった。例えば、Windows 7の壁に書いたとおりである。

なので、知らないうちにWindows10が導入されてしまうという、勝手にどこかに拉致されるような真似は絶対さけなくてはならない。

それにしてもマイクロソフトはなぜ、こんな強引なことをするのだろうか。無償でもいいから無理やりWindows10を導入させて、その上でしか動かないオフィス製品を売りつけようとするのだろうか。

必ずしもパソコン初心者でない私がWindows10の強制導入を避けようと必死で努力しているのだから、私よりもパソコンに強くない人は、どう対応しているのだろう。Windows10が導入されてしまって困っているというブログ記事があちこちで見つかりそうなものだが、意外にない。なにか導入ブロック・ソフトでも導入しているのだろうか。

ともかく、Windows Updateの画面が変わったことで、Windows7の更新プログラムを導入するためには、「スタート」から「シャットダウン」を選ばなくてはならなくなった。すると、更新プログラムの導入中(10/17)みたいなブルーの画面が出てきて、それが終わると、30000くらいの数字までカウントアップして、モジュールの更新が進み、終わるとパソコンが自動的に立ち上げ直される。

それを眺めていたら、頭の中で急に、辺見マリの♪やめて、愛してないなら♪という歌詞の曲(確か「経験」という題名だった)が流れてきた。そう、ビル・ゲイツに言いたいのだが、Windows10の強制注入(forcible injection)は決してパソコンを愛する者の仕業ではない(This is not the way to really love a personal computer.)。

じつは私の本音は、パソコンのOSは、Windows XP程度の機能があれば十分である、というものである。しかしマイクロソフトがWindows XPをいつまでも引っ張っていたら商売上がったりになるだろう。なので、マイクロソフト帝国も実際のところ自転車操業なのだった。なんという巨大な自転車なのだろう。

職人学

user-pic
0

私は普段仕事をするとき、サラリーマンである前に職人であろうと心掛けてきた。なので、本屋で小関智弘著「職人学」日経ビジネス文庫を手に取ったとき、迷わず買って読み始めた。

著者の小関氏は、長年旋盤工を努めつつ、文才があって、書いた小説は芥川賞の候補が二度、直木賞の候補が二度だから相当大したものである。

「職人学」は、小関氏の旋盤工としての目線を維持して、主として機械加工の匠の職人たちを訪ねて、仕事ぶりや仕事の考え方などの聞いて記述し、併せて自らのコメントを付したものである。

さて、普通世間で職人というと、昔気質で頑固で、昔ながらの道具を使って、こだわりの作品しか作らない作るみたいなイメージがある。確かに世間にはそういう名人、達人もいらっしゃるだろう。しかし、「職人学」に出てくる職人たちがそういう人だと思ったら大間違いである。

最近の若者は、すぐれた技芸の持ち主をかなり安易に、「神だね」と呼ぶ。「職人学」に出てくる職人はみな、まさに神と呼びたいような名人、達人ばかりである。

そして、作る製品は、なにしろ道楽でやっているのでなくて工場勤務なので、外部から注文を受けた内容のものばかりである。そして、職人たちがその名人ぶりを発揮するのは、注文の仕様が、きわめて困難で、普通の方法では達成できそうもないものばかりである。

朝鮮戦争のときは、米軍から戦車の部品の注文が来た。戦争特需である。米軍の部品は規格化されているので、一品生産してきた工場には世界標準を知るいい機会となった。その後、難しい注文として宇宙関係のロケットの部品がある。

そういう場合、NC機械でもパソコンでもフライス盤でも、職人はなんでも駆使する。なにしろ注文されたものを、所定内のコストで、きめられた期限までにきちんと仕様を満たして製作しなくてはならないのである。

しかし、既存の装置で、仕様をみたすものができると限らない。すると職人は、既存の装置に取りつけるための切削刃などの冶具の製作から始める。

それ以前に、NC機械やパソコンに職人が熟練しているとは限らない。が、職人は強かなのであって、何か新しい工作装置を入手すると、まず「遊び倒す」、すなわちいろいろ思いついた製作物を試しに作ってみて、可能性を試す。そうしておくと、こういうものならできると分かるので、その可能性を以て営業に行ったりする。

ともかく、注文を受けると、仕様をみたす製品をどうやったら製作できるか、職人はこんこんと考える。プロ棋士が長考するのと同じである。

職人が理論や数式が嫌いとは限らない。自分の目標を達成するために大学に入り直して勉強する職人もいる。もちろんそうでない人もいるが、どの職人にも共通しているのは、結局は自分の感覚と感性を信じて依存することである。視覚はもちろん駆使するし、切削の音も鋭敏に聞き分ける。なにしろ、金属加工の職人で、金属を舐めたり、匂いを嗅いで確認する人もいる。要するに、頭だけでなく体を駆使して作るのである。

だからといって、いつも呻吟しているわけではない。むしろ、職人は仕事を楽しむ達人でもある。楽しんで工夫する。また、改善を楽しむ。その楽しみは、自らのスキルを活かして他人に貢献できる楽しみでもある。

職人は一方で、常識にとらわれない。いい意味で我流であり邪道である。そして我流で目的を達成しているうちに、我流が、邪道が正道になる。

ところで、AIの衝撃で2045年問題が喧伝されているが、職人の観点ではそれはありえない。なぜなら、どんな分野でも職人がいないと話が進まず、またどんな分野でも職人の人間的感性が関与しないと、成功はおぼつかないのである。私は世間平均以上にアルゴリズムの威力を信奉する人間なのであるが、それでも、コンピュータのアルゴリズムだけで人間の知性を凌駕するなど、勘違いも甚だしいと思う。

そもそも、2045年問題というけれども、微分方程式の数値解析やその他の計算など、コンピュータは、50年前にとっくに人間をはるかに超えている。そのときも当然に、2045年問題に似た議論はあったはずである。なので、2045年問題なんて、いまさらたわけたことを、と嗤うのもありだと思っている。

振飛車党

user-pic
0

典型的には社団戦などのようなアマチュアの将棋大会に観戦に行くと、振飛車党が結構多い。その理由は明らかで、振飛車だと相手の対応をある程度絞り込める。なので、実戦で、想定できる大抵の対応を用意しておけるので、意表の戦法に持ち込まれるという可能性が低い。

一方、居飛車党だと、横歩取り、角換り腰掛け銀、矢倉、相掛り、一手損角換わり、対振飛車と目が回るほど対応すべき戦法があって、普通のアマチュアでは個々の戦法に十分な対応を盛り込んでおくなど、まず不可能である。

あと、振飛車だと、形勢を手で微分した値、言い換えると一手で形勢が変化する割合が一般的に相居飛車より小さい。すなわち、一手ばったりということが少ないので、はっと気づくと一手で形勢が奈落の底ということがあまりない。

だからといってアマチュアでは、振飛車党の方が勝率が高くなるというほど物事は単純ではないが、精神衛生という意味では振飛車党の方が楽なのは間違いない。

では、プロではどうかというと、信じられないくらい振飛車党の旗色が悪い。すなわち、順位戦のA級で、振飛車党は久保九段くらいしかいないし、B級1組だと見当たらない。橋本八段は確かに振飛車を多用しているが、本質的にオールラウンダーであり、振飛車党とは誰も呼ばない。

B級2組では、藤井九段、鈴木八段、戸辺六段、菅井六段、そして居飛車党から乗り換えた北浜八段。ここはまあ結構いるといえる。ただ、菅井六段の戦法採用率をみていると、角換わりも矢倉もあり、果たして振飛車党といえるのだろうか。

C級1組では高崎六段、近藤六段くらい。

C級2組では、中村亮介五段、佐藤和俊六段、田中悠一五段、西川和宏五段、中田功七段、小林健二九段。まあまあいるといえる。

このように絶対数で振飛車党は居飛車党に対して不利であるだけでなく、クラスの上に行くほど数が減るという現実がある。

ではなぜそうなっているのかというと、振飛車だと相手の対応をある程度絞り込めるのでというアマチュアにおける振飛車党の多さの理由がそのまま、プロでの振飛車党の少なさの理由になっている。

すなわち、最近では、特にプロにおいて戦法を研究するというスキルが上がっている。特にプロ間のクラウドソーシングで、よってたかって研究し尽くす、ということをする。これをやると、研究し尽くされた戦法というか戦型にはもはやぺんぺん草も生えないということが起きる。なので、対応を絞り込みやすい振飛車は、研究というウンカの大群の餌食になりやすいのである。

こういう状況で生き残っている振飛車党は、独特のセンスをもつ、中終盤が異常に強い、独自の研究があるなどの特質をもっている。

ただ、いくら独自の研究があっても、上記のウンカの大群が押し寄せてくるので、ちょっとしてアドバンテージでは、一年くらいしかもたない、ということもありえる。

すると、振飛車党の隆盛は最早ありえないのだろうか。少なくとも私の乏しい想像力では、それはみえないのであった。

1つのヒントとして、最近出版された、石井健太郎四段の「四間飛車の逆襲」 (マイナビ将棋BOOKS) がある。これは、いわゆるノーマル四間飛車戦法の本であり、みんなの注意があまりにも角交換四間飛車に集まったので、その隙をついてノーマル四間飛車が復活してきた、という次第なのだった。なので、どんな時代になっても、過去に流行った少なくとも一つの戦法が装い新たに使える、という法則がありえる。そこで必要なのは、新築そっくりさんではないが、リニューアルスキルなのであった。

口内炎

user-pic
0

子供の頃から口内炎は私の持病のようなものである。私が口内炎になるのは2つのパターンがある。一つは強いストレスに晒されたとき、もう一つは、何か食べているとき、ついうっかり口の中を噛んでしまったときである。

ところが、周囲の人に聞くと、口内炎などほとんど経験したことがないという人が多い。また、うっかり口の中を噛んでしまっても、特に口内炎に発展しないという。うらやましい。

じつは、もう亡くなった私の母も、私同様結構神経質なところがあったのだが、口内炎にはなったことがないと言っていた。しかし、母の末の妹は、すなわち私にとって叔母であるが、私と同様、結構口内炎になって困っていた。たしかに見ていると、叔母はいろいろな面で私に似たところがある。本が好きで、大人しくて弱気なようで、変に筋を通してみたり、である。体質も似ているのだろう。

さて、子供の頃は、口内炎になるとひたすら耐える以外の方法を知らず、その間、何を食べても沁みるので、おいしくないというか、不愉快極まりない。

流石に大人になってからは、副腎皮質ホルモンの軟膏を口内に塗ったり、ビタミンB1の錠剤を飲むなどして、少しは早く治るようになったが、それでも最低四日はかかった。

そこで最近発見した秘密兵器は、はちみつ飴である。すなわち、口の中をうっかり噛んでしまい口内炎になりそうと感じたら、すかさずはちみつ飴を舐める。患部に飴が当たるように舐めるのも有効である。この方法により、最近は、口内炎が苦痛を覚えるほどには発展しないできた。

なので、先日も、好物のさしみこんにゃくを食べているときに思わず思い切り口の中を噛んでしまったときも、しまったと思いつつ、すかさずはちみつ飴療法を施すことで、被害を抑え込んで(confinement)それ以上拡大しないようにしたので、辛いものが沁みるなどということが特になかった。

それから一週間くらいたったとき、会社のまとまった仕事がなんとか一応完了したので、ほっとして、ビールや日本酒をかなり飲んだ。たしか、次の日も、その次の日も、そこそこ飲んだ。

すると、口内炎は、将棋の穴熊戦法のように、細い攻めをつないできたのである。すなわち、はちみつ飴療法にもかかわらず、わずかな傷が口内に残っていて、飲酒の刺激や、体の疲れを利して、口内炎はひそかにと金をつくり、角も成りこんで、はっと気づくと、燎原のように口内炎は広がっていた。

そして、ある朝、習慣のようにコーヒーを飲むと、コーヒーが患部に当たった瞬間、口内に激痛が走った。涙が出てきたほどである。残りのコーヒーは捨てた。私はコーヒー好きで、飲み切れないからとビールを捨てたことは何回かあるが、飲みかけのコーヒーを捨てたことはなかったはずである。

それから1週間弱、食事が苦痛の時間になった。ちょっとした醤油さえも沁みる。もちろん酒も飲まない。こんな状態ではどんな美食も意味がない。

そういえば、私がまだ20代の中頃で、風邪のような二日酔いのような異様に気分が悪い状態が続いたことがあった。それから病院にいくとそれはA型肝炎だったのだが、そのときは、美女をみると寧ろ吐き気がするのだった。枯れた老婆に会うとほっとしたりする。あのような心理というか感覚がその後再現したことはない。なんにしても、世の中の審美的な感覚というのは、健全な肉体(と精神)をベースにしたものである、というごく当たり前のステートメントを述べてみる次第である。

戻って、以前ならなんとか完封できたはずの口内炎の細い攻めに屈してしまうということは、免疫力というか広い意味の肉体の回復力が、加齢により衰えてきた、という事実を受け入れるしかないのであった。

AIの衝撃

user-pic
0

講談社現代新書で、「AIの衝撃」小林雅一著という本があるのは知って、それなりに興味があったのだが、しばらく静観していたのは私の悪い癖で、AIについてはある程度知っているので、いまさら啓蒙書を読むほどのこともあるまい、という驕りである。

しかし、私は、ある意味AIよりずっとよく知っているはずの小池重明の本を読み、知らなかった多くの事実に当惑した。ならば云々と遠回りの正当化をするつもりはないが、ともかく講談社現代新書「AIの衝撃」を読むと、案の定、おおそうなのか、という事実に圧倒された。

以下、私なりに、この本から知ったことをまとめてみる。

まず、AIを復活させたのは、MLPでも言及した、ディープ・ラーニングという機械学習手法だという。機械学習手法としてニューラル・ネットワークというのはかなり前から知られており、文字認識技術などに応用されて有効だったが、結局メジャーにならなかった。一つには当時コンピュータ・ハードウェアがまだ非力だったというのもある。

ディープ・ラーニングは、ニューラル・ネットワークの研究の延長線上にあるのだが、計算論的神経科学という分野の知見を入れることによって、従来のニューラル・ネットワークに対するブレイク・スルーをもたらした。すなわち、ディープ・ラーニングは、計算論的神経科学という分野の知見によりスパース・コーディングという技法により、学習を続けていくと、より人間らしく、様々な例外も考慮にいれたモデルをつくることができる。

すると従来の技法では精度に限界があった機械翻訳システムも、ディープ・ラーニングによりかなり実用的なレベルになる。

ただ、もしかしてプロ棋士のレベルを超えているかもと言われるコンピュータ将棋も、まだ計算量などの問題により、ディープ・ラーニングは実装していない。するとコンピュータ将棋もまだ伸びしろがあることになる。

米国でディープ・ラーニングを含むAIを盛んに研究している企業としてグーグルやフェイスブックがある。特にグーグルは、豊富な資金量をもちいて、英国のディープ・ラーニングの専門家集団のような会社を買収した。

グーグルがAIの研究に力を入れる理由は、ウェブクローリングなどによって得られる膨大な情報に対して、ビッグデータ解析を行うことである。そのための更なる情報収集として、グーグルは、AIやセンサを実装したロボットを製造しつつある。

そのような先進的なロボットの研究は、今後重要になってくるので、もちろん日本も欧州も座視していない。各国が入り乱れて激しい競争になっている。

あと、2045年問題というのがあって、なんでもその年に、コンピュータが人間の知能を超えるという予想があるというのだが、私は一体どういう分野で超えるのか、そこで超えられるべき人間の知能とはどんな知能なのかきちんと定義されていないので、標語以上の命題になっていないと指摘したい。

先日、最強の挑戦者という記事で、将棋の王座戦、竜王戦、そして囲碁の名人戦に言及した。しかし、囲碁の名人戦では、高尾挑戦者が、井山名人にあっさり四タテで敗れてしまい、最強性は当てが外れてしまった。多分であるが、高尾九段はいま不調なのであって、また復活するであろう。一方将棋の王座戦は、天彦八段の2勝1敗、しかも2勝の内容がほとんど完璧である。なのでこのまま天彦が押し切る流れもあるかもしれないが、そこは羽生、そんなに簡単に牙城を明け渡すとも思えない。そして王座戦第4局が始まった。

【図1】 6手目△8八角成まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲佐藤天彦=なし
後手番の羽生は、角換わり腰掛け銀に追随するかと思ったが、なんと△8八角成と一手損角換わりにした。最大の球種を誇る羽生なのでなんでもありなのだが、一手損角換わりは随分久しぶりの起用で珍しい。ある意味背水の陣なのだろうか。以下、▲8八同銀,△2二銀,▲6八玉,△3三銀,▲3八銀,△7二銀,▲5八金,△7四歩,▲7七銀,△8四歩,▲7八金,△9四歩,▲3六歩,△7三銀,▲4六歩,△8五歩,▲4七銀,△6四銀,▲3七桂,△4四歩,▲7九玉,△5二金と進んだ。私だったらすぐに△7五歩と攻めたくなるのだが、それではあまりにも味がないのだろう。

【図2】 29手目▲4五歩まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲佐藤天彦=角
対一手損角換わりに▲4五歩とする指し方は珍しいと思うのだが、単に私が不勉強なだけだろう。以下、△4五同歩,▲5六銀,△4六歩,▲6六歩と進んだ。

【図3】 34手目△3五歩まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦=角
こうなっては最早△7五歩を狙う局面でもないので、羽生は△3五歩とした。以下、▲6五歩,△7三銀,▲4五桂となった。

【図4】 38手目△3六歩まで
持ち駒:△羽生=角歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=角
羽生は▲4五桂に、銀を逃げている場合でもないと、△3六歩と取り込んだ。そして天彦は、3三桂成を急がずじっと▲4八金。落ち着いている。

【図5】 40手目△5九角まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=角
しかし羽生は△5九角と、3七歩成を狙って追求する。以下、▲2六角,△4三金左,▲6八銀,△4八角成,▲同飛となった。△4八角成は、先手陣の凝り形をすっきりさせる手なので、普通では考えにくいのだが、羽生なりの考えがあるのだろう。

【図6】 46手目△4四銀まで
持ち駒:△羽生=金歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=角
△4四銀に対して、先手はどうするか難しい。検討陣によると、ここで▲7一角が検討されていて、以下△7二飛▲4四角△7一飛▲1一角成△3七角▲4九飛△6二玉が一例なのだという。しかし、天彦は▲4四同角とし、以下△3七歩成,▲4六飛,△4四金となった。なんとも複雑な手順である。

【図7】 51手目▲7一角まで
持ち駒:△羽生=角金歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=銀歩
ここが問題の局面で、感想戦では▲7一角の代わりに▲5三桂成が優ったという。以下、代表的な変化は△同金▲7一角△6二飛▲同角成△同玉▲2二飛△5二金打▲2一飛成△5一歩▲6四歩△3五角▲1六飛△6六桂▲6五桂△7八桂成▲同玉△5四金寄▲3二竜△4四角▲5三桂成△同金引▲5五銀打△6六桂は難解。
しかし本譜は、▲7一角以下、△4五金,▲同飛,△7二飛と進んだ。

【図8】 55手目▲6四歩まで
持ち駒:△羽生=角金桂歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=金銀歩
天彦は、▲6四歩と手筋で応じた。以下、△7一飛,▲4一銀,△6九金,▲8八玉,△4四歩,▲3五飛と進んだ。

【図9】 62手目△4一玉まで
持ち駒:△羽生=角2銀桂歩



持ち駒:▲佐藤天彦=金歩
しかし、△4一玉となってみると、なんとなく後手玉がしっかりしてきた。当然先手は▲6三歩成と迫るが、△3四歩,▲同飛,△3三銀,▲3七飛となってはこれ以上の追撃は難しい。

【図10】 68手目△6八金まで
持ち駒:△羽生=角2銀桂



持ち駒:▲佐藤天彦=金歩4
羽生は△6八金と決めにいった。そもそも、△6八金としないと、▲7七銀と逃げられると空を切ってしまう。以下、▲6八同金,△5九角,▲3八飛と進んだ。

【図11】 72手目△4九角まで
持ち駒:△羽生=銀桂



持ち駒:▲佐藤天彦=金2歩4
そして、羽生の△4九角が決め手である。以下、▲3四歩,△3八角成,▲3三歩成,△同桂,▲6九金打,△6八角成,▲同金と進んだ。

【図12】 80手目△8六歩まで
持ち駒:△羽生=飛金銀桂歩



持ち駒:▲佐藤天彦=角金銀歩3
△8六歩で勝負は決まった。以下、▲3四角,△8七歩成,▲同玉,△8六歩,▲7八玉,△8七銀,▲6九玉と進んだ。

【図13】 投了図88手目△3九飛まで
持ち駒:△羽生=金桂歩



持ち駒:▲佐藤天彦=金銀歩4
△3九飛に▲5八玉は△4九馬▲4七玉△3六金まで。△3九飛に▲5九金は、例えば△7九金,▲5八玉,△5九飛成,▲6七玉,△7六銀成,▲同玉,△7五金,▲7七玉,△6八龍,▲同玉,△7六桂,▲6七玉,△6六歩,▲7七玉,△7八金打まで。△3九飛に▲5九銀なら詰まないが、△7九金,▲5八玉,△4九馬,▲4七玉,△3四飛成と角を抜かれては綾なしである。なので、投了はやむなし。

結局、【図7】の▲7一角が敗着で、▲5三桂成が正解なのだろうか。【図7】の一手前の局面の次の一手という問題があったら、30分でプロ八段という難易度になるだろうか。私には到底分からない。ともかく王座戦はいよいよクライマックスとなった。ここまでくると羽生が微妙に有利か。第5局は、もし天彦後手番なら躊躇せず、横歩取り5二玉、7二銀型を投入してくるだろう。それを避けて羽生が初手▲2六歩? まさか。

一昨日のノーベル物理学賞の続きであるが、ノーベル化学賞は流石に日本人ではなくて、DNA修復の仕組みを解明した米国の研究者1人とトルコ出身で米国在住の1人、スウェーデン出身で英国在住の1人の計3人に授与された。流石にそれは当然で、今更「ノーベル化学賞、日本人受賞せず」などという記事をみると、頭がおかしいのかといいたくなる。

実は、人は放射線になぜ弱いかという本を読み、その後福島の原発事故を受けて放射線の影響の記事を書いたほどで、私はDNA修復の仕組みに並々ならぬ興味がある。なので、もしかして、梶田氏のニュートリノの質量に関するノーベル物理学賞よりもこちらの興味の方が私にとって切実かもしれない。そういう観点では、誰がノーベル賞をもらおうと、あまり関係ないともいえる。

一応、読売新聞のウェブページから引用させて戴く。

スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2015年のノーベル化学賞を、DNA(デオキシリボ核酸)が傷付いた時に、それを修復する基本的な仕組みを解明した米教授ら3氏に贈ると発表した。
受賞するのは、英フランシス・クリック研究所のトマス・リンダール名誉グループリーダーと米デューク大のポール・モドリッチ教授、米ノースカロライナ大チャペルヒル校のアジズ・サンシャー教授の3人。
日本人は受賞せず、生理学・医学、物理学、化学の自然科学3賞の日本人同時受賞にはならなかった。
授賞理由は「DNA修復の仕組みの研究」。DNAには体を構成するたんぱく質や様々な酵素の設計図が書き込まれている。DNAは、紫外線などで常に傷付くが、ほぼ正確に修復される。修復がうまくいかないと、細胞ががん化するなど病気につながる。

ただ、私は、生田哲著「がんとDNAのひみつ」サイエンス・アイ新書、ソフトバンククリエイティブを通じて、ノーベル化学賞を貰ったのがどのようなDNA修復の部分なのか気になる。例えばがん発生の仕組みに書いた内容である。でも、何度もいうようにそれって、ノーベル化学賞じゃなくて医学生理学賞だよね。

以下、「がんとDNAのひみつ」に従い、DNA修復について簡単にまとめてみる。DNA修復には、以下の3つのパターンがある。

  1. DNAの複製が始まる前の除去修復
  2. DNAが複製する途中で修復する組み換え修復
  3. ミスマッチ修復

DNAの複製が始まる前の除去修復は、一本のDNAだけがダメージを受けたとき、ダメージを受けていない健全なDNAをテンプレートとして作り直すものである。この場合、DNA切断酵素が、UVによって生じたチミンダイマーがどこにできたか常にチェックしていて、損傷の周辺も含めてDNAを切り取る。次にDNAペリカーゼが2本鎖を切り離し、DNAポリメラーゼがテンプレートを作り直し、DNAリガーゼがDNAを糊付けする。

DNAが複製する途中で修復する組み換え修復は、DNAグリコシラーゼがチミン・ダイマーのところに切れ目を入れる。ここでレックAタンパク質がDNAのAA断片を切り取り、次にDNA切断酵素が切れ目を拡大し、DNAポリメラーゼがテンプレートを作り直し、DNAリガーゼがDNAを糊付けする。

ミスマッチ修復は、DNAの二本鎖のうちどちらが新しく作られた鎖なのか分かるので、新しく作られた鎖を調べる。そこで活躍するのは、mmH、mmL、mmSという3つのタンパク質である。mmSがミスマッチの箇所にドッキングし、mmHがGATCの箇所にドッキングする。そしてmmLがその間をつなぐ。次にmmHは、GATCの隣の塩基からmmSがドッキングしている箇所まで切り取り、後は例によってDNAポリメラーゼの出番となる。

このように、3つのDNA修復機能は、どれも複雑であるが、どれが英フランシス・クリック研究所のトマス・リンダール名誉グループリーダーと米デューク大のポール・モドリッチ教授、米ノースカロライナ大チャペルヒル校のアジズ・サンシャー教授の3人の誰のクレジットなのだろう。追々調べてみることにする。

残穢

user-pic
0

ネットサーフィンというか、適当にウェブを散策していたら、誰かのブログで、小野不由美の「残穢」新潮文庫という小説が、極め付けのホラーなのだという。いろいろ小説を読んでいるわりにはあまり小説家を知らない私は、小野不由美という名前も聞いたことがない。そこで早速Wikiで調べると、大分県出身で、夫は推理作家の綾辻行人なのだという。へぇ、新津きよみと似たパターンだと思った。

別の特徴は、大谷大学仏教学科卒で、仏教系大学卒の女流作家として、沼田まほかるを私は思い出した。私は沼田まほかるのアミダサマを読んだことがある。決して詰まらなくはなかったのだが、粘りつくような暗い雰囲気にどうも馴染めなかったので、その後沼田まほかるの作品をなんとなく読んでいない。

さて、ホラー小説と言っても、貴志祐介の「黒い家」のように不気味で残虐な人間が襲ってくるものや、カーリン・アルヴテーゲンの「裏切り」のような心理ホラーや、マイケル・クライトンの「アンドロメダ病原体」のような科学ミステリーものや、「牡丹灯籠」のような怪談話などがある。

「残穢」はというと、どうも怪談話に属するらしい。しかし、沼田まほかるのアナロジと、幽霊系というか怪談系はあまり歓迎しない私と傾向として、「残穢」を読む気になるかどうか自信がなかったが、とりあえず買っておいたら、不思議に短いタイムラグで読み始めた。

読み始めると、どうみても小野不由美自身が自分の体験を語るみたいな乗りで話が進んでいく。すなわち、以前書いた「悪霊がいっぱい?」というライトノベルのあとがきで、怖い話を募集しますみたいに書いたので、いまだに読者から怪談が手紙で送られてくる、という。

その中で、作者は、住んでいるマンションの部屋で幽霊が出るという、一見ありきたりの話に注意を奪われてしまった。いろいろあって、その話を手紙で知らせてくれた女性と実際に会って話すことにした。怪談作家として、ネタが仕入れられればという気持ちもある。

会って話すと、どうも幽霊が出るというのは本当らしい。それだけではなくて、このマンションの別の部屋や、マンションのそばの集合住宅でも幽霊が出る家があるらしくて、そのせいか、このマンションであれ、そばの集合住宅であれ、やたら人の出入りが激しい。

それだけではない。刑事のように近所に聞き込みして、出ていった人の行方を追ってみると、自殺した人も、一家心中した人もいる。これは大変なところに来たと思いつつ、作者は、そこは筋金入りの怪談作者なので、むしろ興味津々となる。

手紙で知らせてくれた女性も、出版社で記事を書く仕事なので、自らの意志で聞き込みしてどんどん調べていく。こうして作者と情報交換するようになった。

こうして手分けして調べていくと、問題のマンションの場所は以前駐車場だったこと、その前は工場だったこと、その工場は別の地方に由来すること、問題のマンションの周辺の家で自殺騒ぎがあったことなど、どんどん判明した事実が溜まっていった。

作者は、知り合いの怪奇小説作家などとも連絡をとり情報交換すると、この現象が、相当根が深い祟りであることを知るに至った。

普通の推理小説なら、刑事が聞き込みを続けて、犯人に迫っていくのだが、この小説では、次第に輪郭が明らかになるのは、穢れや呪いをもたらすもの本体である。

そして、この小説の怖さは、穢れが属人的・属地的に広がっていくだけでなく、穢れの由来に興味をもち調べるだけでも災いがあるらしいということである。それは、この小説を読むだけで、未知の穢れの戸が開くかもしれない、という底知れぬ不気味さなのである。

でも、私は幽霊や憑き物や呪いの類は普通にあると思っているので、幽霊や憑き物が主題の小説は、どちらかというと月並みに響いて、そんなに面白く読めない。

しかし、「残穢」は、普通の怪談ならすっ飛ばしてしまうようなディテールも丁寧に詰められており、それにより、一見どうってことない話もとてもリアリティが増すという意味で、とても面白く読めたのだった。怖いかというと、私にとってはまあ、普通だろうか。

いくらなんでもないだろうと思っていたのだが、ノーベル物理学賞も日本人が受賞した。毎日新聞Webの記事を一部引用する。

スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2015年のノーベル物理学賞を梶田隆章・東京大宇宙線研究所長(56)ら2人に授与すると発表した。梶田氏は素粒子のニュートリノに質量があることを、観測装置「スーパーカミオカンデ」(岐阜県飛騨市)を使って実証、1998年6月の国際会議で発表した。観測データが蓄積された03年6月には質量の存在が確実なものとなり、「ニュートリノの質量はゼロ」という前提で組み立てられた現代物理学の見直しを迫る成果として世界的に注目を集めた。

梶田氏は、ノーベル賞候補でもリストされているように、長年、いわゆるガチの本命だったが、本命がなかなか受賞できないのがこの世界なので、私は今年は貰えないのではと思っていた。いくらなんでも去年の物理学賞が日本人だったし、というのがあるし。

ただ、ニュートリノに質量があるという事実は、別に駄洒落ではなくて現代物理学には重くて、質量の起源に述べたように、ニュートリノに質量があるということ自体は標準理論とは矛盾しなくても、その質量の大きさを説明するためにはマヨラナ質量項を考えなくてはならなくて、その時点で標準理論から乖離してしまう、という次第なのだった。このように、標準理論に重大な再考を促すという点で梶田氏の発見は重要なのだろう。

ところで、ニュートリノに関してのノーベル賞候補としてニュートリノについてで言及した鈴木厚人氏もいらっしゃるが、梶田氏と同時受賞というわけにはいかなかったのだろうか。そもそも、梶田氏がニュートリノに質量があることを発見したスーパーカミオカンデは、鈴木氏も深く関与しているのだった。そして梶田氏と鈴木氏の役割分担が私は分からない。

それにしても私は意表を衝いて、インフレーション宇宙論の佐藤勝彦氏に受賞してほしかったのだが、そんな連日連夜意表があるわけない、ということでもある。

ノーベル賞候補という記事を書いたばかりなのであるが、ニュースをみて意表を衝かれたのは、北里大学特別栄誉教授である大村智氏がノーベル医学生理学賞受賞したことである。

NHKのホームページによると、その業績は、寄生虫によって引き起こされるオンコセルカ症やリンパ性フィラリアなどの発生を劇的に抑えることができる「イベルメクチン」のもととなる「エバーメクチン」など、数々の抗生物質を発見したことなのだという。

ノーベル賞候補に書いたように、私は今年は日本人のノーベル賞受賞はないものと思っていたし、万が一、ノーベル医学生理学賞があるとしても、阪大の坂口志文教授か、京大の森和俊教授だと思っていた。私は大村智氏という方がノーベル医学生理学賞に相当する業績があるとは全く知らなかった。私にとっては、2008年に緑色蛍光タンパク質をクラゲで発見した業績により化学賞を受賞した下村脩氏と同じくらい意表である。

ところで、大村智氏が在籍している北里大学は、キャンパスが東京、神奈川、青森、岩手に分散していて本部は東京都港区白金台にあるので、東京の大学と言ってもよいのかもしれないが、北里大学の看板である医学部、医療衛生学部と理学部は、相模原市内で私の自宅から20分程度で歩いていける場所にある。すると、ノーベル賞受賞者がいる大学のキャンパスと、今年の夏甲子園で優勝した東海大相模の校舎が自宅から普通に歩ける距離にあるわけで、私は何気にうれしいのだった。

あ~あ、俺ってなんてミーハーなんだろう。

毎年この時期になると、ノーベル賞の話題が新聞などを賑わす。それで読売新聞の科学欄をみていて、ちょっと驚いたのは、物理学賞の候補に、インフレーション宇宙論の佐藤勝彦氏がリストされていたことである。

近年の物理学賞では、物性分野と宇宙分野が一年毎に交互し、去年が青色発光ダイオードで物性だったので、今年は宇宙分野だから、というのだが、ノーベル賞は理論物理学者に比較的冷淡で、あのアインシュタインでさえ、ノーベル賞を受賞したのは、相対性理論ではなく光電効果の理論的解明によってであった。すると、佐藤勝彦氏がノーベル賞候補になるというのは、インフレーション宇宙論が観測によって裏付けられた、ということなのだろうか。私の拙い知識の範囲ではそのような事実は知らないのだが。

もちろん他の日本人候補も記事にはリストされているのだが、便宜上、去年リストした候補からの差分をみてみる。

すると、生理学・医学賞候補で、大阪大学教授の坂口志文氏、東工大名誉教授の大隅良典氏、京都大名誉教授の本庶佑氏が挙げらている。

坂口志文氏は、制御性T細胞を発見した。これは自己免疫疾患の新療法の解決へと糸口となる。

大隅良典氏は、オートファジーの仕組みを解明した。

本庶佑氏は、がん免疫療法に貢献する研究をした。

物理学賞では、東大宇宙線研究所長の梶田隆章氏が挙げられている。梶田隆章氏は、ニュートリノに質量があることを解明した。

化学賞では、東京理科大学長の藤嶋昭氏、東大名誉教授の向山光昭氏と柴崎正勝氏、北九州産業推進機構の国武豊喜理事長がリストされている。

藤嶋昭氏は、酸化チタンに光を当てると水が酸素と水素に分解されるホンダ・フジシマ効果を発見した。

向山光昭氏と柴崎正勝氏は、薬の開発につながる有機化合物を効率よくつくりだす手法を開発した。

国武豊喜理事長は、世界で初めて生体の細胞膜によく似た人工膜を作り出すことに成功した。

ただ、正直いって、去年三人もノーベル物理学賞を出した日本としては、今年は来ないのではないかというのが常識的な考えなのではないだろうか。それでも、一番可能性があるのは、文学賞の村上春樹か。

海堂尊の「ジェネラル・ルージュの凱旋」がとても面白かったというか、主人公のジェネラル・ルージュがあまりに面白かったので、その続編の「イノセント・ゲリラの祝祭」上下二巻、宝島文庫を迷わず買ったが、読んでみて、これはちょっと想定外だった。

想定外というのは、ニュアンスとして失望したという意味があるが、それもちょっと違う。私はもともと、「ジェネラル・ルージュの凱旋」の続編として、医療ミステリーを期待したのだが、「イノセント・ゲリラの祝祭」はそうではなかった、という意味である。

しかし実は、「ジェネラル・ルージュの凱旋」だって別に殺人事件が起きるわけでなくて、そういう意味ではミステリーの範疇には入らない。それでも、当然にストーリー・テリングの範疇にはあると明確に言い立てることができる。

ところが、「イノセント・ゲリラの祝祭」となると、ストーリー・テリングといえばそうなのだが、そうもいいにくい雰囲気もある。

まずストーリーは、例によって高階院長が、田口講師を呼びつけるところから始まる。それでまた面倒なミッションを与えられることを怖れた田口は、予感が当たってしまう。なんと、東城病院リスクマネジメント委員長として、厚生労働省の「医療関連死モデル事業」委員会への出席を命じられてしまうのである。

そしてお登りさんのように田口は、霞が関の厚生労働省の会議室を訪れるのだが、そこには法学部の教授、医学部の外科医、新聞社の論説委員、医師会の常務理事、など錚々たるメンバーが出席し、それを厚生労働省の課長が仕切る。

ところが、いろいろ議論するものの、何一つ物事が決定されないことに、田口は驚き、カルチャーショックを受ける。

そこには医療事故の可能性に晒されている医学部の外科医と、検視官でもある法医学の専門家と、法律家の根本的な対立があり、その対立の合間を縫って厚生労働省の官僚たちが、腹案の施策を通そうとする。

そこで明らかになった問題の一つとして、不審死に対する検死の少なさがある。すなわち、法医学医というか検死官の絶対的不足により、亡くなって死因がわからない人が極めて沢山いるということである。それは犯罪かもしれないことが見逃されているということにもなる。

そんなとき忽然と登場するのが、房総救命救急センターの病理医である彦根新吾。実は、彦根は、強力なAi(Autopsy imaging)推進論者で、あまりにラディカルなので、特に法医学の専門家から蛇蝎のこどく嫌われている。すなわち、死因究明のための解剖の専門家である法医学医は、Aiの導入によって、自分たちの存在基盤を脅かされると心配している。

また、彦根がやろとうしていることは、ある意味医療中心主義であり、既存の社会常識に対する挑戦なので、既得権にこだわる法学者も、厚生労働省のお役人も、彦根を徹底的に敵視している。

そんな彦根が厚生労働省に招聘される可能性なんて万に一つもないが、実はそうするための布石として、田口が厚生労働省の検討会の委員に指名された理由である。黒幕は言うまでもなく、厚生労働省大臣官房秘書課付で、医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室長の白鳥である。

白鳥は、スパイのように彦根と内通し、田口をプロキシとして、厚生労働省を攪乱する。じっさい、一見大人しそうな田口は、超一流のプロキシなのであって、絶妙のトロイの木馬と呼んでもいい。

こうして、トロイの木馬を通して、文字通りペルソナ・ノングラータとして厚生労働省に現れた彦根のスピーチこそがこの小説の白眉なのであって、どうみても夢想のようで実は論理の裏付けのあるそのステートメントは、読む人を啓発しないではいない。実際、海堂氏の意見そのものであるような彦根のステートメントは、国会議員や世論を動かし、Aiの導入を促進したのだった。

まさにベストセラー小説にメッセージを乗せるという方法論の勝利である。しかし、それは採用するには極めて困難で、誰もが真似できるということからほど遠い。なにしろ、ベストセラー小説が書ける小説家なんて小説家のごく一部だし、ましてやそこに込められるメッセージが高度な科学知識を盛り込んだ施策であるというのだから、希少性はほとんど至るところで極大になるほどなのである。

ともかく、この小説は、医学や医療行政の解説書と読まれてもいいはずである。

週刊将棋を眺めていたら、羽生王座対佐藤天彦八段の王座戦に、中原名誉王座が来訪したという。

中原名誉王座は、2009年3月31日に、61歳で引退した。竜王戦は一組に在籍のままだから、決定的に棋力が衰えたわけではない。しかし、その前年に、脳内出血で入院し、その後リハビリしたが回復状態が思わしくないので、引退したという次第である。

そんな中原名誉王座であるが、2011年からリハビリを兼ねて月3回から4回碁会所に行き、NHK杯を録画して何度も観たり、棋譜並べもして、もともとアマ二段程度だったのが、アマ四段まで上達したのだという。

それを読んで、以前に囲碁フォーカスで、ある元日本棋院の院生だった女性医学研究者の、囲碁をボケ防止やリハビリに活用する研究の特集があったのを思い出した。

それを観ていて、私はどうしても将棋に肩入れしてしまうので、別に囲碁でなくて将棋や麻雀でもいいのではないかと思ったのだが、いろいろ考えてみると、麻雀はともかくとして、やはりリハビリには将棋よりも囲碁の方が相応しいのではないか、と思えてきた。

その理由は以下のとおりである。ちなみに私は、ある程度囲碁にもたしなんでおり、おそらく中原名誉王座より少し弱い程度の棋力だと思われる。なので、囲碁を学ぶということの方法論のようなものもある程度分かる。また当然に、それを将棋を学ぶことと比較することもできる。

さて、囲碁でも将棋でも、上達するということを、袋に石を入れていくような作業だと喩えてみよう。ただ、本物の石と違って、棋力というのは、しばらく努力しないと下がるので、揮発する石のようなものだと考えてもよい。

そのとき、思い切り単純化して、袋に入れた石の重さの総量が棋力だとみなすことにすると、どうも囲碁の方が一つ一つの石が将棋より小粒らしいと思われる。なので、比較的脳力や体力が低下していても、囲碁だと小さい石を持ち上げればいいので、袋に石を入れやすいのではないかと思われる。なので囲碁の方が上達しやすいし、歳とっても棋力を維持しやすい。するとどうしても囲碁の方がリハビリに向いているということになる。

もちろん囲碁でも将棋でも、トップ棋士のぎりぎりの読みは、短距離を全力で走るようなもので、脳力が全開でないと無理だろうが、囲碁だとリハビリとして散歩程度の軽い努力でも適切に頭を使うことになるけれども、将棋だと散歩程度の努力ではそもそも将棋を指しているといえないのかもしれない。

ただ、今述べたことは単なる一般論で、技術的に囲碁のどういう努力が散歩程度のエネルギー消費で効率のよいリハビリになるのか、ここらあたりどうしても囲碁の方が将棋より土地鑑が乏しいので、わからない。多分であるが、ヨセとか目算のような分野よりも、布石のような右脳的なことがいいのか、という議論になるのかもしれない。

一方、努力の粒度がどうしても囲碁よりも粗くなってしまう将棋でも、例えば三手詰めを解くような、軽度のリハビリになるアイテムもありえるのかもしれない。

と、まあいろいろ考えてみるのであった、自分のボケ防止用にである。

突き捨て

user-pic
0

将棋用語で、一番一般的に使用されているのは、王手だろうか。例えば、巨人軍が優勝に王手をかけました、みたいに使う。

あとは、全然いい意味でなくて、将棋倒しというのがある。例えば、花火の催しで、人混みで将棋倒しになり、怪我人が出ました、みたいな言い方になる。

それ以外の将棋用語は極端に使用頻度が下がる。例えば、課長が来るのでここは早逃げといっても、多分それが将棋用語だと気づく人は少ない。

ましてや、突き捨てとなると、将棋をしない人にとって、全く意味不明だろう。しかし、私にとって突き捨てというのは単に将棋用語に留まらず、私に人生に意外に本質的な意味がある。

そもそも将棋を知らない人が私のブログを読むかどうかあやしいが、ともかく、突き捨ての意味から説明する。将棋というゲームは、互いに歩が前線にいて、その後ろに飛角や金銀桂香、そして玉がいる。なので、まず歩を進めなくては話にならない。

突き捨てというのは、自分の歩を相手の歩にぶつけて、取らせる行為である。その瞬間、歩を一つ損するので、そのまま何も起きないと確実に自分が不利になる。なので、その後相手の歩を飛車や角で取るなどして攻めを続けるの普通である。

私が人生に喩えるのは、そこでいったん歩を損する行為である。私の人生を振り返ってみると、数少ない人生がうまくいった出来事の前には、突き捨てに相当する出来事があった。例えば、いわれなく謗られ、あるいは怪我したり、突然のド不調に陥ったり、などである。

より最近には、左手の腕に急にジンマシンのような赤い斑点が何個もできて、痒くてたまらないことがあった。これはもしかして、私が不潔にしているので、ダニなどの虫に刺されたのかと思ったが、それにしては、赤い斑点は他の箇所にはない。もしダニが犯人なら、腕だけでなくお腹や背中にも斑点ができたはずであるが、そのようなことはなかった。

そして人生でそれなりに痛い目あっている私は、この斑点は将棋の突き捨てのようなものだと割り切って、特に軟膏の類も塗らなかった。

じっさい、私の経験では、その程度の軽い災難は、下手に撃退しない方がよく、放置しておいた方がいい。すると、少なくとも軽い肉体的苦痛はそんなに気にならなくなる。

赤い斑点が収まると、今度は口内炎になった。すると、ちょっと刺激があるものを食べても滲みて甚だ不愉快である。ともかくこんな状態を耐え忍ぶと、まあいいこともある(ないかもしれないが)。

そういう何かの出来事に先だっての軽い災難を私は、将棋にちなんて突き捨て、と呼ぶことにした。するとまさに、何事も軽い災難から始まるのである。

いや、私の観察によると、相当なレベルの災難の前には、軽い災難でなく、晴れ渡ったような人生順調感がやってくる。幸せに浸ったりする。おそるべき不幸は、ささやかな幸福の顔をして忍び寄るのである。それって、まるで詐欺師ではないか。

私は無意味に心配性だったりするが、それは不安を煽ることで軽い災難をinduceし、より大きな不幸を遠ざけようとする本能なのかもしれない。しかし、どう論理的に考えても、induceされた軽い災難が、より大きな不幸を避けることになるという、一種予防接種のような命題が成立するわけがない。

ところで、私は精神的に甚だもろい人間なのであって、上述したように、ちょっとしたストレスで口内炎になったりする。それはいいことだとはとても思えないが、私はなぜかある程度の心労に遭遇しても、胃潰瘍や、不眠症など一歩踏み込んだ体調不良になったことがない。

それで私は、蕁麻疹や口内炎が、あるいは急に足がつったりすることが、もっと大きい災難を防いでくれているのだ、と思うようになった。ある意味一病息災とも呼ぶ。

私に今まで降りかかった災難は、そういう一連の比較的軽い体の不調で捌ける程度だったということで、こういうのを文字通り不幸中の幸いというのだろう。

例によって、何がいいたいのかさっぱりわからない文章になってしまった。

哲学入門

user-pic
0

世の中に「哲学入門」と題する本は、汗牛充棟であって、三木清のもの、ショーペンハウアーのもの、その他いくつか思いつくが、当然に私には枚挙は無理である。

ともかく、例えば「数学入門」なら、代数や幾何などの基本的な考え方がカバーされて、著者のオリジナルな考えが盛り込まれることは少ないが、「哲学入門」だと、哲学史の通史のようなものがカバーされることはほとんどなくて、いい意味で偏った著者の個性が強くでるものになることが多くて、それが私には却ってうれしい。

それで、古書店で田中美知太郎著「哲学入門」講談社学術文庫が100円均一コーナーにあったとき迷わず買って、読む前から、こういう本が100円で買って読めるという愉しさを心に帯びてしまった。

田中美知太郎著「哲学入門」は、「モームの哲学勉強」、「関東大震災の頃」、「京都での学生生活」、「哲学とその根本問題」、「科学史の視点」の五篇からなる。

「モームの哲学勉強」では、なぜかモームの「要約すると」が取り上げられる。じつは「要約すると」に関して最近ちょっと恥ずかしいことがあって、それは、知り合いからモームの「要約すると」の新訳である「サミング・アップ」行方昭夫訳、岩波文庫を紹介されて、これを最近読んで面白かったが、「君が読むなら、君は演劇とか興味ないだろうから、XX章から読むことを勧める。」というのを、いえ、モームなら学生時代に沢山読んだので、その文体にも慣れています。なので、最初から普通に読みますよと、見栄を張って読み始めたら、案の定、半分くらいまで読んで頓挫してしまった。ほらいわんこっちゃない、という知り合いの声が聞こえてきそうである。

ところが、田中氏がいうは、「サミング・アップ」には、モームが哲学に言及した箇所があって、そこでは哲学の古い問題がいろいろ言及されていて、しかもモームは哲学の本をまるで小説を読むみたいに楽しんで沢山読んだのだ、ということで、へぇそうなのか、なら「サミング・アップ」のその箇所だけでも少なくとも読まなくては、と改めて思った次第である。

ところで、哲学の古い問題というのは、数学の古い問題というものとは根本的に違う。例えば、数学の三平方の定理というのは、学校では一応習うれけども、問題としては完全に解決済みであり、少なくとも学者が悩むようなものではない。

しかし、哲学の古い問題として、例えば、時間とは、空間とは、存在とはのような問題は、数えきれない人達が論じているけれども、論じ尽くされることはない。田中美知太郎氏は、そういう古い問題に改めてアプローチすることを、後の「哲学とその根本問題」の章で議論する。

次に、「関東大震災の頃」。田中氏は、新潟の出身であるが、関東大震災の頃たまたま東京にいてじっさいに震災に遭ったのだった。家具が倒れてきたり、近所が火事になったり、近所で自警団を組織するというので、仕方なく自分も加わったりと、いろいろな目に遭ったのだが、それを悲惨がるというよりも、どこか醒めていて、哲学者として観想しているという趣がある。おそらく、羽生名人が生まれついての棋士であるように、田中氏は、生まれついての哲学者なのだろう。哲学者以外の生き方は考えたこともない、とはっきりというほどである。

次に、「京都での学生生活」であるが、務台理作「哲学十話」によると、務台氏は西田幾多郎に学ぶために京大に行ったのだが、田中氏は、ギリシャ語で哲学を勉強できる大学は当時日本では京大しかなかったので、京大に行ったのだった。京大ではもちろん、西田幾多郎の講義にも出席したが、大層失望したようである。弟子であった務台氏も、思想的には次第に西田幾多郎とは袂を分かっていったようであるから、西田幾多郎の思想はこれいかに、みたいな疑問が当然に出てくる。

「哲学とその根本問題」では、まさにギリシャ哲学の伝統に沿って、知を愛すること、驚くこと、そして疑問をもつこと、が根源的に説かれる。そして、絶対確実な思考の立脚点を求めつつ、それを疑うような、甚だつかみどころのない話にもひろがってゆく。その中で、論理実証主義、ヴィトゲンシュタイン、分析哲学などが俎上に載せられ、田中氏はそういうものに理解を示しつつも、問題を矮小化しているのではないかという疑問を抑えきれない様子もうかがわれる。

「科学史の視点」は、へぇ、田中氏は科学史にも関心と興味があるんだとつい思ってしまったが、プラトンの伝統に従うなら、哲学者はあらゆることに関心があるので、当然に科学史も外せない。そして、サートンの科学史の著書が言及される。田中氏は、科学者が書く科学史の本は、科学の理解は正しくても、歴史学としてみたとき甚だアマチュアである、という。なるほどと思いつつ、例えば、数学史を例にとると、私は歴史学に則っているかはともかく、いつ誰がどんな概念を思いついたかを淡々と記述した数学史でもよいような気もするが、どうなんだろう。

ともかく、「サミング・アップ」の哲学に言及した箇所を拾い読みすること、そして、本棚の奥で眠っていた、辞書ほどの700ページもの厚さがある田中美知太郎著「プラトンⅡ」哲学(1)岩波書店を読むという課題を自分に課すことにした次第である。

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年9月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。