2015年11月アーカイブ

A級順位戦

user-pic
0

A級順位戦の対戦結果が5回戦まで埋まったので、例によって挑戦・降級確率を計算してみた。以下のとおりである。

順位棋士名レーティング挑戦権の確率決定戦になる確率降級確率
1行方尚史八段32180113.7%10.8%1.2%
2渡辺 明棋王32185210.5%8.8%1.4%
3久保利明九段1418160.1%0.1%41.7%
4広瀬章人八段1417670.0%0.0%49.9%
5深浦康市九段1417950.1%0.1%57.2%
6郷田真隆王将2318372.8%2.7%25.3%
7森内俊之九段32176110.8%8.9%7.0%
8佐藤康光九段32179610.8%8.9%7.2%
9佐藤天彦八段50190586.1%26.9%0.0%
10屋敷伸之九段32176210.7%8.8%8.9%

渡辺の挑戦確率がもう少し多くなくてはおかしいような気がするが、Perlのソースコードを見ても間違いが分らなかったので、目安としてこのまま載せる。

毎回思うのだが、この表だけみると、天彦の挑戦がかなり確実のように見えてしまうのだが、次に一敗したら一気に確率は下がるので、あくまでも目安である。この表で確実に言えるのは、降級する可能性が全くないのは天彦だけであり、久保、広瀬、深浦の挑戦確率は実質的にゼロである、ということだけである。

先日、北の湖敏満氏が突然亡くなられたとき、惜しい人を亡くした、現役時代は憎たらしいほど強かったなどの反応が多かった。それはそれで適切な反応だと思うのだが、もっと他にも言うべきことがあるだろう、と私は感じていた。

それは、理事長の資質に書いたことと関係がある。すなわち、理由は忘れたが、北の湖親方が更迭され、そのあとを武庫川親方が継いだ。

その武庫川親方も、例の八百長スキャンダルの責任を取って退任したが、その後2012年に理事長として登場したのが北の湖親方だと知ったとき、私は唖然とした。普通は、理由があって更迭された人を再度登場させない。

問題はそれだけではない。NEWポストセブンの記事によると、北の湖親方は、2012年に理事長として再登板した直後の2月に直腸がんの手術を受けたのを皮切りに入退院を繰り返し、昨年の1月からは本場所も何度も休場。理事長が行なうべき千秋楽の協会挨拶と表彰式での天皇賜杯の授与は、3場所連続で事業部長の八角親方(元横綱・北勝海)が代行していたという。

これは明らかに、北の湖親方の健康状態が職責に耐ええないものであることを示す。亡くなる2日前の11月18日、週刊ポストの記者が北の湖親方に直撃取材したとき、北の湖氏は、中入り後をすぎても車から出て来なかったという。訪問客も理事長の車に乗り込んで話をする状態だった。なのに、北の湖親方は単に、腰を痛めたからだ、とだけ応えたという。

ところがこの2日後に多臓器不全で亡くなるのだから、北の湖親方は実は癌の末期で、余命幾許もない状態であったと思われる。なぜ相撲協会は早目に後任に譲らなかったのだろうか。

そこいくと、日本将棋連盟はずっとましである。毀誉褒貶があった米長前会長であるが、自分が助からない癌だと知ると、早目に後任に谷川九段を指名し(その人事が適切であったかどうか議論はあるところだが)、米長九段が亡くなった時点で既に谷川九段が会長を引き継いでいた。

将棋連盟が立派というよりも組織として当然であり、相撲協会が明らかにおかしい。私がもっとおかしいと思うのは、北の湖親方が亡くなったとき、このようなことを誰も指摘しなかったことである。私がそういう記事を見落としただけだろうか。

なんとなく気軽に読み始めた、深町秋生の「アウトバーン - 組織犯罪対策課 八神瑛子」だが、そのスピード感溢れるストーリーが面白くて、一気に読み切った。

なので、次の「アウトクラッシュ」も読み、まるで新宿鮫の「毒猿」のように手強い敵に立ち向かう姿がスリル満点だった。

で、第三作のタイトルが「アウトサイダー」。これをみて私は、ん?と反応してしまった。実はタイトルにちょっと失望したのである。というのは、第一作の「アウトバーン」というのは、outburn、すなわち、燃え尽きるという意味だろう。どうみてもドイツの高速道路のアウトバーンのことではないはずである。そもそもドイツのアウトバーンは、Autobahnなのだった。

第二作のタイトルの「アウトクラッシュ」は、outcrashなのだが、これは普通の英和辞典にはなく、クラッシュし尽す、みたいな意味なのだろう。

ところが、第三作のタイトルの「アウトサイダー」は、outsiderで、ごく普通の単語であり、そのひねりの足らなさにがっかりした次第である。なので、ここは、アウトブレイクとか、アウトバウンドとか、もうちょっと一般的でないタイトルにしてほしかった。

ただ、タイトルはひねりが足らなくても、ストーリーはなかなか緊縛なのであって、「アウトクラッシュ」で千波組組長の有嶋から、亡き夫の八神雅也に関する情報を聞き知った瑛子は、いよいよ、雅也と、雅也に先だって自殺したとされる高杉会の芦尾と、その金融コンサルタント、島本の真相に迫った。そして、高杉会の芦尾の部下だった設楽がキーパーソンであると知るに至る。

そして、その設楽が、いったんフィリピンに逃亡した後日本に舞い戻っているという噂を聞き、瑛子は手を尽くして設楽の行方を追い始めた。

しかし、設楽の行方を追っているのは瑛子だけではなさそうで、瑛子は直接、瑛子を設楽に会わせたくない一味から暴力で邪魔を受けた。

ではその一味とは誰なのか、高杉会の残党なのか、と密かに情報を探っていた、瑛子の上司、富永署長は、ついにその一味の正体が次第にみえてくる。この段階で、今まで不正警官として瑛子を辞めさせようとしてきた富永署長はなぜか急に瑛子に肩入れし始め、側面から瑛子を支援し始める。すなわち、かなり違うが、新宿鮫の桃井課長ライクな行動となる。

ともかく、富永署長とは独立に真相に迫る瑛子には、何度も死の危険が迫り、友人で元女子プロレスラーの里美にも助けられたりして、瑛子はついに、背後で暗躍してきた勢力の全貌を知るに至った。

そして最後は意外な結末を迎えるのだが、そこはストーリーの佳境なので、乞うご期待である。

渡辺正和

user-pic
0

最近、三浦九段が20歳年下の女性と結婚したと聞いて驚いたが、吉田正和五段の結婚も相当に意表である。スポーツ報知の記事から引用する。

競技かるたの第一人者で永世クイーンの渡辺令恵(ふみえ)さん(51)と将棋の吉田正和五段(29)が結婚したことが19日、分かった。ともに初婚で17日に婚姻届を提出した。取材に応じた渡辺さんは「かるたも将棋も相手と一対一で向き合う競技なので、夫婦としてもしっかり向き合ってすてきな家庭を築きたいです」と笑顔。吉田五段は結婚を機に渡辺姓に改姓し、今後は「渡辺正和」の名前で活動する。

それにしても、22歳も年上の女性とは知らなかった。もうちょっと引用してみる。

出会いは昨年1月、将棋の森内俊之竜王・名人(現九段、45)の竜王就位式の席上だった。森内九段と10年来の友人だった渡辺さんが祝福パーティーに駆け付けると、吉田五段と偶然同じテーブルになった。
お互い相手の職業を知らないまま談笑していたが、控えめな性格の吉田五段が恥ずかしがって名乗らずにいると、渡辺さんから名刺を渡してあいさつ。名刺を切らしていた吉田五段は、箸袋に名前を書いて手渡した。その後、吉田五段から「楽しかったです」とだけメールを送って連絡し、ディズニーシーに一緒に行くなどして交際がスタート。

実は男女の恋愛は歳の差ではない。多分容姿も意外に本質的ではない。一般的には男性の方が年上だが、逆のパターンの例を私は結構知っている。要するに、一緒にいて疲れないか、話題が途切れないかが重要で、おそらく女性に対して晩生の吉田(旧姓)五段にとって、渡辺さんは稀有の存在だったのだろう。

今はとりあえずいいのだろうが、私の懸念は、今から10年くらいたって、渡辺五段が回りの若い女性を眺めて、自分の妻と比較して、他所の女性の方に気持ちが移ってしまうことである。しかし、仮にも将棋のプロ、そんなことはない、なんて言えるだろうか。

ところで私は、自分より年下の女性から好意を持たれたという記憶がほとんどないが、年上の女性に気に入られたという経験は、少しだけある。以前に機械メーカーに勤務していたとき、風邪を引いて健康管理室に行ったとき、そこの保健婦のおばさんから、あんたは私の息子みたいに大事だからね、といきなり言われて戸惑った。

また、外資系で豊洲に勤務していたとき、朝早く会社にいって、トイレに行くと、掃除のおばさんがいて、妙に会話が弾んだ。あるときなど、そのおばさんは、別の知り合いの掃除のおばさんを連れてきて、私のことを紹介するのである。まさか、ボーイフレンドとでも思ってくれていたのだろうか。それにしても私も、そのおばさんとの会話が妙に楽しかったのは確かで、美人とか不美人とかそういうレベルを超越した存在だったが、そう考えると、渡辺五段の気持ちがなんとなく分かる。

すなわち、三浦九段のように、20歳くらい年下の女性と結婚したら、多分であるが、楽しいのだが、自分から局面をつくらなくてはならないような息苦しさもあるような気がする。

一方、20歳年上の女性と結婚したら、相手に任せられるというか、なんとなく安堵できそうな気もするが、しかし、今61歳の私に、83歳の妻がいるという状況はどうしても想像できない。83歳の女性と一緒に住んでいるなら、それは妻でなく母親でなくてはならない。

結婚するということは、そういう分かりきったことに対する判断を停止することである。エポケーである。それでいいの、今は、という歌の歌詞もあった。

早起き

user-pic
0

私は子供の頃、特に早起きだった記憶はない。寧ろ、朝なかなか起きなくて母によく叱られたものであった。田舎の朝はみな早いのである。

そんな私が早起きになったのは、高校生になり、船で本土に通わなくてはならなくなってである。なにしろ、朝7時の船に乗るので、6時には朝ごはんを食べなくてはならないが、卓球部の部活が忙しくて、帰りの船でちょこっと勉強できるだけなので、朝の1時間を英語の単語を引いたりいる勉強に充てるために、朝5時に起きるのを日課にした。当時、朝のラジオで広沢虎造の浪曲をやっており、それを聴きながらの勉強も乙なものだった。ただ、どれほど能率がいい勉強だったのかは怪しいものだが。

大学に進学してからは、早起きとは遠い生活になった。特に大学生活の後半自堕落な日々になってからは、朝5時に寝て、午後3時に起きるという完全に昼夜の逆転した日々だった。まあ、限定した期間なら、そんなことが人生にあってもいいのではないだろうか。

私の早起きが復活したのは、結婚して、会社から比較的遠方の地に中古マンションを買ってからである。そのときは高校のときを思い出しながら、朝5時に起きるようにした。そして朝5時50分の各駅停車で通うようにしたら、必ず座れて、本が沢山読めた。C++を勉強したのも、その電車の中である。

ところが自宅から電車でたった4駅の研究所勤務になって、また早起きでなくなった。まあ普通に7時起き、あるいは8時に起きたこともある。そんな状態がなんと20年近くも続いたが、突然研究所が閉鎖になり、豊洲に移転になってからは、また朝5時起きを復活させた。不思議に朝5時起きを始めると、再々度高校生に戻ったような気持ちになる。

豊洲に通うのが大変だなあと、老体のせいか疲れを覚えていたのに、早期退職して勤めるようになった会社が三鷹だった。あ~あ、ある意味豊洲より遠いではないかと嘆いていたら、そう嘆くものでもないことが分った。というのは、やはり朝5時起きにすると、新宿までは100%座れることは確実なのだが、新宿から三鷹までも総武線の各停に乗ることで100%座れ、帰りの三鷹から新宿を中央線快速にすることで座るのを諦めるとしても、新宿駅で並んで待つとこれも必ず急行に座れるということが分った。

こうなると、人生で一番今が本が読めるのではないかというくらい本が読める。なにしろ、往復の通勤で一日確実に3時間、座って本が読める。

すると私は調子に乗って、朝5時起きを、4時半に早めた。何かの本で、ポール・ヴァレリーが朝早く起きて、「カイエ」と称して自分の思索を延々と書いていたことが私の頭にあるのだろう。

しかし流石に4時半に起きるのを4時や3時半に繰り上げるつもりはない。4時半起きで充分に夕方眠くなってしまうからである。

本当は、朝4時半に起きて本を読むだけでなく、夜も12時まで寝ないで書き物をするという生活をしてみたい。そして、どうしてそんなに寝ないのかと聞かれたら、「墓場にいけば、いくらでも眠れるさ。」と聞いたようなセリフを吐いてみたいのだが、それほど私に似合わないセリフもないので、背伸びしないで、早寝早起きとすることにする。

数学の本を読むというよりも先ず、とりあえず買っておくのが趣味の私は、読んでもさっぱり理解できない数学の本を何冊も、文字通り「無駄に」所有しているが、それでも、その理解できなさの質が違う一群の本があって、それは、圏論の本である。

最初に買った圏論の本は、この分野では有名な、竹内外史著、「層・圏・トポス」日本評論社である。私にとって、難解な数学の本とは例えば、典型的には数論の本であるが、私にとって鋼鉄の板みたいなもので、噛もうと思っても硬くて歯が立たないという感じである。ところが、「層・圏・トポス」は、歯が立たないというよりも空気を噛むようなもので、全く理解するための支点が得られない。だから、頭を悩ませることさえできない。

その次に買った圏論の本は、河田敬義著、「ホモロジー代数」岩波書店で、竹内外史の「層・圏・トポス」より噛み応えがありそうと思って、まず序文を読むと、その最後に以下のように書かれていた。

このように、第2次大戦以後のホモロジー代数や圏と関手の理論と発展は、第1次大戦後の急激な抽象代数学の発展にも比べられるものであるが、それらの理論は一体複雑なつ理解困難なものであろうか? 事実はその反対である。ただ従来省みられなかった分野に目がつけられたのであって、その理論は明白かつ簡単である。数学の進歩の中にはこうしたものが沢山あるという一つの例を示すものであろう。

未だにナイーブな田舎者である私は、このステートメントを額面どおり信じて、ちょっと最初の方を読み始めたが、普通の数学書ではあまり出てこない→の嵐に圧倒され、ページを閉じてしまった。そして、河田敬義という数学者が、世間的にはあまり有名でないものの実は世界的な数学者だったということを改めて思い出した。彼にしてみれば、圏論なんて自明なのだろう。私のような凡人のなかでも劣等生に属する者の参考にはならないと思った。

それでも、未練が断ち切れない私は、その後もサイエンス社のSGCライブラリ75「数物系のための圏論」梶浦宏成著と、SGCライブラリ89「弦理論の代数的基礎 - 環・加群・圏から位相的圏論,ミラー対称性へ」高橋篤史著、というのもとりあえず買ったが、これは被疑者の完黙ならぬ、完積読状態のままである。しかし、少なくとも目次のところは眺めて、どうして理論物理に圏論が関与するんだよ?という素朴な疑問は残った。

そして最近、数学セミナーの書籍広告蘭を眺めていたとき、「圏論の歩き方」日本評論社というのを発見して初恋の人に出会ったように胸がときめいたが、なぜかアマゾンで注文する気にはならず、その日は休みだったので、急に思いたって新宿のブックファーストへと急に赴いた。実は私はなぜか本屋ではブックファーストが気に入っている。自宅から近いブックファーストとしては相模大野にもあるが、新宿のブックファーストの方が本が置かれている可能性が高いと思った。そもそも新宿までの定期があるのが大きい。

新宿のブックファーストの理工学書コーナーで探したがみつからなくて、店員に聞いたところ、なんと私の目の前に数冊重ねられていた。あまりにも数学書らしからぬ装丁で気づかなかったようである。

で、帰りの電車で早速読み始めたら、まえがきのところに、圏論というのは、数学の中の代数学、幾何学、解析学などの異なる分野の関係性を明らかにするだけでなく、物理学、論理学、計算機科学、システム生物学などでも使われているらしいと書かれていて、へぇそうなんだ、興味が湧いた。そして、「この本を最後まで流し読んでみてください。」とあったので、はい、わかりました、と最後まで流し読むことをこの本に約束した。それから、必ずしも毎日読んだわけではないが、通勤鞄の中にはいつもこの本があり、だいたい40日くらいかかって、まさに最後まで流し読んだ。

で、分かったか?と聞かれると、全然、と応えるよりない。ただ、少し分かったのは、圏というものが、集合よりも広い概念で、対象の集まりであり、矢印の図形で記述され、結合律と単位律を満たす、ということである。

最初に出てきた応用例は、絡み目の理論における圏論の例である。

次の例は、プログラム意味論への圏論の応用。特にプログラムの型付きラムダ計算というのが、カルテシアン閉圏というのに対応するらしい。また、型付きラムダ計算を数理論理学の証明に対応付ける、カリー・ハワード対応という理論もあるらしい。ただ、プログラムにおける圏論の適用は、プログラムのカノニカリティを調べるにはよいが、プログラムを高速化するのには使えないよね、みたいな本音が面白かった。

プログラムといえば、オートマトンに圏論が適用できるらしい。

さらに、物理学では、観測可能量における変換に圏論が適用できるらしい。でも、プログラムを高速化するのには使えないよね、の同様の議論として、場の量子論に重力場を組み込むために圏論は使えないよね、と的外れなことを考えてしまった。あと、ミクロ・マクロ双対性というのもあるらしい。

次は、論理学と圏論だが、これは物理学における応用以上に抽象的で分かりにくい。

これは面白いと思ったのは、数学の専門家の教師が少なくて、学生も数学のレベルが決して高いとはいえない長浜バイオ大学で数学を教えている西郷さんの話である。本当に基本的なことさえ分かっていない学生に、なんとか圏論の矢印を使ってかんどころを教えようと奮闘するシーンが、なんとなく笑えなくて興味深かった。

それから話は、ホモロジー代数と圏論の関係に移る。ホモロジー代数はまさに圏論の発祥地なのだった。その路線は河田敬義の「ホモロジー代数」にある。

それから表現論と生物ネットワークにおける圏論の話題に移り、次に座談会では、圏論が専門でないボケ役と、圏論の専門家であるツッコミ役のかけあいみたいな話が面白かった。そこでは少なくとも、河田敬義の「ホモロジー代数」の序文のような話にはならなくて、ボケ役が、結局全然理解できないではないか、と愚痴をいうと、ツッコミ役も、アホちゃうかと突き放すのではなくて、まあ分かりにくいかもと遠慮がちに応えるのが面白かった。ただ、本当は全員圏論の専門家で、わざとロールプレイングして、私のような素人の読者に自信をもたせるためにあんなこと言っているのかとも邪推してしまった。

少なくとも将棋なら、プロ棋士同士の一方が初心者のふりして応対していたら私は、実は彼はプロ棋士だと発言から見破ることができるのだが、数学、それも圏論となると全く土地鑑がないので、芝居なのかマジなのか私には推察しようもない。

まあそれでも、サービス精神で少し舞台裏もみせてくれたので、1ミリくらいは圏論の理解に近づけたかもしれない。圏論本体はここから数百メートル離れているような気がするのだが。

そうそう、「圏論の歩き方」のまえがきには、「ぜひ何度も読んでみてください。」とあった。それには、はいそうします、と約束しなかったが、これもできれば実行してみたいものである。

深町秋生のアウトバーンを読んだときは、そんなに期待しなかったのだが、読み終えて、テンポのよさがしっくりきた。なんといっても、八神瑛子のキャラがいい。それで、その続編の「アウトクラッシュ」幻冬舎文庫も、そんなに間をおかないので読み始めた。

瑛子は、懇意にしている暴力団の千波組組長の有嶋に、伊豆まで招待された。運転するのは千波組の若者だが、乗る車に同乗するのは、千波組の幹部、甲斐。しかし、有嶋が直々になんの用件なんだろうと瑛子は怪訝になる。

すると、有嶋の話は、対立する日本最大の暴力団、華岡組と、それと提携するメキシコの麻薬組織のことだった。すなわち、メキシコの麻薬組織ソノラ・カルテルが華岡組と組んで日本に麻薬を輸入しているので、千波組の売り上げがあがったりになってしまっている。それで、瑛子の力で華岡組を抑えるような方策を考えてほしい、という極めて難易度の高いものだった。

実はもっと先の話があって、千波組は訳ありでソノラ・カルテルを裏切った日系メキシコ人のキタハラをかくまっているのだった。そしてさらに、裏切ったキタハラを暗殺すべく、ソノラ・カルテルは一線級の刺客を放った。その刺客のあだ名はグラニソ(granizo)。スペイン語で雹(ひょう)という意味である。

すなわち、有嶋の依頼を依頼を受けることは、猛獣のように残酷なグラニソとの対決を意味するが、辣腕とはいえSATのような訓練を受けているわけではない瑛子が一対一で対決してもまず勝ち目がない。こうして命知らずの瑛子でさえ、今回だけは命がなくなる可能性が高いと思うようになった。

有嶋ももちろん加勢を用意した。千波組の上位団体、印旛会傘下の戦闘集団である沢渡組である。キタハラを匿っているのも沢渡組である。

これだけでは不安な瑛子は、知り合いの中国人マフィアの女首領や、元女子プロレスラーの里美にも声をかけた。

そして、沢渡組のアジトに瑛子やキタハラ、そして沢渡組の屈強のメンバーが待機しているところにいよいよ、グラニソが、華岡組からの依頼で通訳兼助手のようなことをしている比嘉とともにやってきた。

ここからグラニソが単身、まるで映画のランボーのように、多勢を相手に驚異的な戦闘を行うのだが、ここからの展開こそがこのストーリーに白眉なので、この程度で記述を止めておく。

そういえば、たしかアマゾンのコメントに、面白いが所詮、新宿鮫の毒猿の劣化版ではないかとあったが、私はそうは思わない。これはこれで第一級のアクション小説であろう。なぜなら、通勤電車でこの本を読んでいて、あまりに息もつけない展開に苦しくなって、小休止するために一旦電車を降りたくらいなのだった。

こちらに書いたように、セカンド・マシンとして昨年の6月頃、タッチパネル・タイプのASUS T100シリーズのパソコンを買った。ところが、あまりヘビーな使い方ではなかったのだが、最近突然画面が暗くなってパソコンが立ち上がらなくなる、という不具合を生じた。

困って、ASUSのサポートサイトに連絡して、症状を伝えたところ、どうも本格的な故障らしい。修理費は、バッテリ交換程度で済むなら15000円だが、もしマザーボードの交換も伴うなら、さらに15000円かかるかもしれないという。そもそも、もともとのパソコンを4万円プラスアルファの値段で購入したのだから、修理費に30000円もかけるなんてちょっと堪えられない。しかも、修理に出すと数週間はかかるという。その間、メインのユーザである家人はパソコンを使えない。

そこで修理するかどうかは保留にして、新しくパソコンを買うことにした。自宅のそばのコジマ電気でもいいのだが、折角なので、品数の豊富な町田のヨドバシカメラに行ってみることにした。

特にハイスペックのパソコンは要らないのだが、ASUSでたまたまトラブルが起きたので、なんとなく日本のパソコンメーカである、NEC、富士通、東芝、パナソニックあたりを目指してみた。ところがそういう日本のメーカのパソコンは、最低でも10万円以上の値段である。係員がいうには、日本のメーカのパソコンは、マイクロソフトのオフィスが必ず導入されていて、しかもサポートが手厚いので、どうしてもそういう値段になる、ということである。私はマイクロソフトのオフィスを抜いて安くしてくれないかとせこい提案をしたら、そんなオプションはないと一蹴されてしまった。

で、係員が推すのは、ASUSのパソコンなのだった。私が、ええっ!と声を挙げたのは、ASUSだけは絶対買うまいと決意してヨドバシカメラに行ったからである。

しかし、係員がいうには、その係員は私の故障したASUSのパソコンと同じ機種をもっていて、特にトラブルはないという。だから私がもっているASUSパソコンが壊れたのはたまたまであって、普通はそんなに壊れるものではないという。長年パソコンと付き合ってきて、しかも元シスタンであってそのあたりの感覚を肌で分かっている私は、まあそうだよね、とお奨めのASUSのパソコンを買うことにした。なんといっても、CPUがインテルCore i3、メモリ4GB、ディスク500GBでWindows 10、それでいて6万円台なのでコストパフォーマンスは抜群なのである。適切な例ではないのだが、ある航空会社のある便で事故があった直後に、次の日の同じ便で事故はまずないだろうみたいな発想である。

そこで、ともかく、タッチパッドタイプでないASUSパソコンを購入して、自宅に帰ると早速セットアップを始めた。なにしろパソコンのセットアップは、最初にWindows Updateが山ほど来るなど、時間がかかるのでさっさと始めなくてはならないからである。

で、電源を入れて、当然にブートするよね、と思ったら、いきなりバイオスセットアップの画面になった。少なくとも新品のパソコンでそういう状況というのは出会ったことがないので戸惑ったのだが、もしかして、バイオスセットアップでアドミニストレータ・パスワードを設定させたあと、立ち上げ直してブートするのか、とも考えた。しかしともかくこの段階ではパスワードは設定しなかった。日付と時間がかなり違っていたので、それを正しくセットしてSave & Exitした。

これでやっとWindows 10のブート画面が拝めるかと思ったら、またバイオスセットアップになった。段々自棄になってきて、単にSave & Exitしたのだが、何度やってもバイオスセットアップ地獄から脱出できない。これはいかん!とヨドバシカメラに電話して症状を話したら、それは多分初期不良ですね、というので、折角買ったASUSパソコンをまたヨドバシカメラにもっていった。車を運転して行ったのだが、じっさい道中かなり怒り心頭で、事故を起こさなくてよかった。

ヨドバシカメラにもっていって、パソコンを開いて症状を再現してみせた。すると、こんなエラーは見たことがないという。私だって初めてである。私はプロのパソコンサポート係ではなかったが、元シスタンとしてキャリアだけは長い。

最初は、トラブルを起こしたASUSのパソコンと同じ、色違いの機種と取り換えてもらおうと思ったが、考えているうちに、やはりASUSは避けるべき、という非合理的な結論に達した。私とASUSは相性が悪いのでは、という思いこみである。もちろんこれは個人的な感情であって、一般的にはASUSのパソコンはコストパフォーマンスがよいので、ヨドバシカメラにも沢山展示されている。これは、冷静に考えると、ASUSに本質的な問題がないことを示唆している。

ともかく私は、一種のアニマル・スピリット、あるいはわがままガキのスピリットで、ASUSのパソコンは避け、迷った挙句、同じ台湾メーカのAcerのパソコンを買うことにした。じつは、Acerのパソコンは前に一度買っていて特に問題がなかった、という実績がある。

で、AcerのAspire V13という、CPUがインテルCore i3、メモリ4GB、ディスク500GBでWindows 8.1、それでいて6万円台というパソコンに決めた。ただ、あまりにも神経質と言われるかもしれないが、店員に無理を言って、店頭で一旦梱包を解いてもらってブートできることを確認してもらった。そもそもあのような初期不良自体が超稀なので、あまり渋々でもなく、係員は無理な提案に応じてくれた。

結果的にAspire V13は正しくセットアップできたのだが、一日に二度もヨドバシカメラに行くというロスタイムのせいでセットアップの開始が遅れ、Windows Updateが189個も一度に来たので、結局すべてのセットアップが終わると深夜2時になっていた。本当に心身ともに消耗した一日だった。

それにしても私はどうやって、ASUSに対する信頼感を取り戻したらいいのだろうか。それとも、取り戻す必要などないのだろうか。

渡辺は連敗を脱出したのだが、だからといって好調になったわけではない。なぜなら、A級順位戦で森内に完敗し、その後の王将戦でも森内に負けた。いわゆる往復ビンタである。だから糸谷にとってチャンスのはずなのだが、なぜか糸谷に、竜王戦で盛り返すという勢いを感じない。むしろ自信のなさが窺える。その自信のなさは、この竜王戦第4局の序盤にもあらわれている。初手からみてみよう。▲7六歩,△8四歩,▲2六歩,△3二金,▲7八金,△9四歩,▲5六歩,△3四歩,▲5五歩,△8五歩,▲7七角,△6二銀,▲6八銀,△7四歩,▲5七銀,△7三銀,▲5六銀,△6四銀。そもそも△9四歩に▲5六歩というのは、▲2六歩と齟齬なのではあるまいか。

【図1】 19手目▲5八飛まで
持ち駒:△渡辺=なし



持ち駒:▲糸谷=なし
5筋を突いたからには5八飛と中飛車にするところなのだろうけど、依然として先手のメリットがみえない。以下、△4一玉,▲4五銀,△4二銀,▲4八玉,△3三銀。この△3三銀は、▲5四歩がみえているので、相当読みが入っているはず。それでも糸谷は▲5四歩,△同歩,▲同銀と進めた。

【図2】 28手目△6二金まで
持ち駒:△渡辺=歩



持ち駒:▲糸谷=歩
△6二金と受け止められてみると、先手に急な攻めはないようである。まさか、▲3三角成,△同角,▲7一銀みたいな荒攻めが成立するわけがない。それで△6二金,▲4五銀,△4四歩,▲5六銀,△4二銀,▲5五銀,△5三金,▲6四銀,△同歩と進んだ。

【図3】 37手目▲5九飛まで
持ち駒:△渡辺=銀歩



持ち駒:▲糸谷=銀歩
ここで▲5九飛は割打ちを防ぐ当然の手で、以下、△3一玉,▲3八玉,△3三角,▲2八玉,△2二玉,▲3八銀,△7三桂,▲6六歩と進んだ。どこまで行っても▲2六歩が変である。

【図4】 46手目△5四歩まで
持ち駒:△渡辺=銀



持ち駒:▲糸谷=銀歩
がっちり△5四歩と受けて、後手の完全な作戦勝ちである。以下、▲1六歩,△6五歩,▲7五歩,△8四飛,▲6九飛,△7五歩,▲6五歩と進んだが。

【図5】 54手目△6七歩まで
持ち駒:△渡辺=銀



持ち駒:▲糸谷=銀歩2
△6七歩の楔が厳しい。以下、▲6二銀は懸命のしがみつきだが、△6三金,▲7三銀不成,△同金,▲2五桂,△8六歩,▲3三桂成,△同銀と進んで、依然として先手に好転しない。

【図6】 63手目▲6二角まで
持ち駒:△渡辺=銀2桂



持ち駒:▲糸谷=歩2
糸谷は、△8七歩成が見えているのに、▲6二角と攻めた。非常事態だと認識しているのだろう。しかし、△8三飛と冷静に受け止められると大したことはない。以下、▲6七金,△7二金,▲4四角,△4二銀打,▲5九飛,△8七歩成,▲5四飛,△6二金,▲同角成と進んだ。

【図7】 74手目△4五角まで
持ち駒:△渡辺=銀桂歩



持ち駒:▲糸谷=金歩5
ここで△4五角が絶好点である。▲2六歩を直接咎めている。以下、▲5七飛,△7七と,▲同桂,△8八飛成と進んだ。

【図8】 79手目▲4八金打まで
持ち駒:△渡辺=銀桂歩



持ち駒:▲糸谷=歩6
先手は、ここに金を打つようでは辛い。しかし、渡辺は嵩にかかって△3五桂。持ち駒に歩しかないので、2七に数を足せない。だからといって、△3五桂を馬で食いちぎってもどうしようもない。ここでは大勢は決しているので手順だけ進めると、▲3六歩,△同角,▲3七玉,△4五銀,▲4六歩,△5六歩,▲同金,△4八龍,▲同玉,△5六銀,▲同飛,△4七金,▲5九玉,△5七金打,▲同飛,△同金,▲5八歩。

【図9】 投了図 98手目△8九飛まで
持ち駒:△渡辺=歩



持ち駒:▲糸谷=飛金銀歩6
△8九飛に先手が何を6九に合駒しても、△4七桂不成,▲同銀,△同角成で必至である。

それにしても、糸谷がこんなに惨敗したのはみたことない。そもそも、渡辺の△9四歩をみてどうして急に中飛車にしなくてはならないのか、意味不明である。普通に角換わり腰掛け銀でなぜいけないのか。この分では、糸谷の防衛はかなり難しそうである。

自信

user-pic
0

私は基本的に万事自信がないので、なるべく責任が重いポジションに就くのは避ける。なのに、断ろうと思えば断れたのに管理職に渋々就いたのは、当時、師事していた師匠が、管理職に指名されたならそれは上がよくよくの考えがあるはずなので、断ってはいけない、と言われたからである。

その後何年か管理職をやるうちに、上の方に必ずしも大した考えがあるわけでなく、フィーリングで指名する面もあると分かったが、ともかく指名されたからには、自信のなさをカバーするために必死で努力した。部門の中では一番遅くまで働いていたことは間違いない。

ただ、いくら努力しても、管理職としての適性は、どうしても自分で肯定する気になれなかった。部下を管理する自信もいつまでもつかなかった。なので、誰か様子が分かる人が、然るべき人に、彼は管理職は向かないと思うとか上申してほしいとときどき思った。言い換えると誰かがタオルを投げてくれないかな、という思いの一方で、不適のレッテルを貼られて降りるのも情けないという思いもあった。ともかく師匠から、自分から責任放棄のようなかたちで投了してはいけないと言われていたので、まるで入玉将棋のように半分仕方なく、しかし日々必死で努力しつつ管理職を続けた。ちなみに責任放棄でない、きちんとかたちを作った辞め方というのは、後継者を養成して引き継ぐという意味らしかったが、こんな責任が重くて雑用が多く、特許専門職よりも一段も二段も地位が低い地位に誰が就きたいと思うだろうか。じっさい、この人ならという何人かの人に打診してみたが、全く相手にされなかった。

それでも諸般の事情により、熟した柿が木から落ちるように管理職を降りたのだが、後任のある管理職をみていて、いかにも自信がないのが見え見えで、まあ自分もそうだったので、飲みに行って、努力すればなんとかなるよ、とちょっと先輩風吹かせてアドバイスした。困ったことがあったら、私なりにヘルプしようとした。

ところが私が次第にずっこけるほど呆れたのは、その後輩管理職は、努力しないで、自信のなさをごまかすような姑息な手段を取り始めたのだった。

彼が採った第一のステップは、部下を甘やかすことだった。なぜなら、部下を厳しく指導すると、反発がくる。彼は万事に自信がないので、部下をきちんと指導できない。しかし、ある程度指導しないと部門の伝統は維持できない。が、部下たちは、甘やかす方針を喜んで、いい上司だと思ったようである。私が余計なこといっても、元管理職風ふかして、みたいに煙たがられた。

彼はまた、事業所の管理職会議にも、必ず腹心の部下を伴って出席した。他のほとんどの部門の管理職が単身で出席してるのに、である。見ていると、部門の実情を把握していないので、そういう質問を受けたら困るということが明らかなのだが、本人は、腹心の部下に経験を積ませるのだと言い訳していた。なら、別の部下を輪番で同席させればよいではないかと私は指摘したのだが、そんな意見は単に無視された。

しかし、部下の信頼を得るのは難しくても、部門の実情を把握するのは日々いろいろな部下と広く会話していれば積み重ねでできることであって、そんなに努力を要さない。その程度の努力さえも嫌なら、それこそ管理職を降りればよいと思うのだが。

そして、自信のなさは、極端なまでの属人的な施策となり、私には耐え難いものとなった。他の人にもそれなりに耐え難かったと思うのだが、多くの人達は保身のためにエコー・キャンセリングしたようである。まあやむを得ないのは分かるのだけれども、エコー・キャンセリングは必要な感性や倫理感覚をも鈍麻させ、結果的にQoLを下げてしまう。仕方がないのだろうか。

で、私がさらに言いたいことは、このまま続くと、折角脈々と受け継がれたレガシーが駄目になってしまう。もう手遅れだろうか。

ロシア語

user-pic
0

地方都市ならともかく、ここは花の東京なので、前にいた外資系で落ちこぼれだった私よりも英語が強い人なんて、それこそ掃いて捨てるほどいる。それでも、電車の中という狭い空間では、たまたま周囲に英語が話せる人がいなくて、渋々私がヘルプしたという機会は数回ある。少なくとも私は、10年以上外国人が直属の上司だったので、外国人に対して英語で話すことに臆することはあまりない。

そんな私であるので、朝の小田急線で座って本を読んでいるとき、目の前で外国人の男性と日本人が英語で話しているので、つい聞き耳を立ててしまった。外国人も英語がネイティブでないようで、私にも随分分かりやすい英語を話している。

そうやって話していた日本人が登戸で降りると、外国人の男性は、そばにいる外国人の女性二人のところに行って話始めた。私はまた、聞き耳を立てた。そして、ん?と怪訝になった。なぜならどうもロシア語のようなのである。

そして回想は、大学の教養部で、ロシア語の授業に出ていた頃に遡った。なぜ必修でもないロシア語の授業に出ていたかというと、ロシア(当時、ソ連といった)は、物理学のレベルが高く、ロシア語の物理学の文献をいつか読みたいと思っていたからである。それだけではない、私には、将来モスクワ大学かレニングラード大学に留学するという夢があった。

しかし、当時の私に、今の私が言いたいことは、モスクワ大学かレニングラード大学に留学したいだって? 笑わせんじゃないよ、である。なぜならまず、物理学の学力がどうみても足らない。ロシア語に熟達することも考えられない。極寒のロシアで生き延びるたくましさが私にはない。そしてある意味決定的なのは、私の実家の財力である。なにしろ大学で四年勉強する学費でぎりぎりで、普通に大学院もありえない。そう考えていたら、次第に気分が沈んできた。目の前では依然としてロシア語の会話が続いている。

ロシアに留学云々はともかく、私はロシア語自体は好きで、サラリーマンになった後も、暇をみてロシア語の文法書を眺めたり、NHKのロシア語講座を見たりしていた。ただ、その程度の勉強ではあまりに中途半端で、ネイティブのロシア語会話を聴いて意味を理解するところには全く至らない。

そもそも私程度のロシア語の知識では、目の前の会話がロシア語でなく、他のスラブ語族のポーランド語かチェコ語だったとしても、果たして聞き分けられるかどうか怪しい。そのあたりまで考えていたら電車は新宿に着き、ロシア人たち(多分)は、大きい旅行鞄を引いて降りていった。おそらく成田エクスプレスで成田空港に向かうのだろう。

その後ろ姿を眺めつつ、飛行機、撃ち落されないように気をつけてね、と余計なことを考えた。まったく私は、もうちょっとましなことを考えられないのだろうか。

血の轍

user-pic
0

古書店で、相場英雄の「血の轍」幻冬舎文庫を見かけたとき、あまり面白そうという感じは受けなかったが、とりあえず買ってみた。気が向いたら読むだろうという程度の軽い気持ちである。

果たして、2ヶ月くらい放置していきなり「血の轍」を読み始めたのは、瞬間的に気軽に読める本が払底したからだった。疲れると、ミステリーが読みたくなるのである。

「血の轍」は、警視庁戸塚署の志水と、その部下の兎沢。ところが、志水は犯罪を憎むあまり、容疑者に対して強く当たりすぎて、自宅謹慎をくらった。こうなっては左遷は必至と覚悟を決めていたとき、公安が志水をスカウトした。

一方の兎沢は、刑事としての実績を積み、警視庁捜査一課に異動した。そして、警視庁SITのOBの香川が、自殺を装って殺されるという事件があった。

その事件を捜査一課として兎沢は追い、一方公安に異動した志水は別の方面からその事件に関与し、香川が密かにSITの先輩OBに送った資料を巡って、兎沢と志水は真っ向から対立した。まさに刑事部と公安部の骨肉の闘いである。

結局、兎沢はなんとかその資料を入手し、それによって、公安の幹部が香川殺しとつながっていることを突き止めた。一方の公安の側は、非合法ぎりぎりの手段を使って、兎沢と刑事部の捜査を邪魔しようとした。

一方の刑事部は、科学捜査班のサイバーテロ対策の専門家が、これまた非合法な手段で公安を罠に陥れた。

そのようなやりとりの間、志水も兎沢も次第に自らの家庭生活が崩壊していく。今まで、新宿鮫の氷舞狼花などの一連の小説で、公安対刑事部の争いはいろいろ見てきたが、ここまで正面から仁義なき戦いで、公安と刑事部がぶつかり合う小説はなかなかなく、その救いのなさも相当で、相場英雄の手腕に畏れ入った。

相場英雄は、「震える牛」という作品が有名らしくて、そちらもそのうち読んでみよう。

七冠への道の続きであるが、いよいよ井山が七冠を視座に入れて、アプローチに入った。

王座戦は村川王座に2連勝、天元戦は高尾天元に2連勝、手がつけられない勢いである。天元戦について日本棋院のホームページから引用する。

井山挑戦者「(お昼の)打ちかけの時には苦しいと思っていました。ぜんぜんだめだったと思います。中盤で得をしたので細かくなりました。勝ちがみえたのは最後の最後です」
高尾天元「途中ははっきり良かったのですけれど、後半があまりにもだらしなかったです」

このコメントみて以外なのは、高尾天元が優勢を維持できなかったことである。高尾天元でいつも思うのは、ご自分のブログの自戦解説で、序盤で大失敗してしまい、全然駄目になった。しかし最後はなんとか勝ちました、みたいに大抵最後は勝つのである。なのでとてつもなく終盤が強いはずなのであるがそれだけ井山も強いということなのか。まあ、当たり前なのだが。

ここまできて井山が王座戦と天元戦にそれぞれ三連敗するというのはちょっと考えられないので、六冠復帰はほぼ手堅いだろう。

問題は、残る十段戦で、トーナメントは以下のようになっている。このようなトーナメントをHTMLの表タグであらわすのは、日本棋院の得意技なので、私もちょっと真似してみた。

今村俊也九段     
一力七段
結城九段井山
井山四冠
余七段     
高尾九段
小林覚九段  
志田七段

これをみると、一力七段、余七段、高尾九段、小林覚九段と強豪揃いで、そろそろ勝ち疲れてきた井山にはちょっと辛いかもしれない。しかも、伊田十段は井山よりも若い。

ともかく、私としては多冠理論は棚上げして、井山を見守ることにする。

最近、警察小説を読んでいて、いろいろ新しい捜査のツールというか道具立てが現れていると感じる。例えば、交通の要所に配置され、カメラで車のナンバーを自動的に読み取ってホストで解析するNシステムや、防犯カメラの映像を繋ぎあわせて容疑者の足跡を追う、捜査支援分析センター(SSBC)などである。

ただ、小説で読むと、もともと新しい捜査のツールは、ストーリーの説明のため出てくるだけなので、どうしても知識は限定的というか断片的になってしまう。なので、一度きちんとした解説書を読んでみたいと思っていたら、古書店で、新潮新書の「警視庁科学捜査最前線」今井良著があったので、迷わず買った。

今井氏は、元警察官なのかと思ったら、テレビ局で、警視庁記者クラブキャップをしているのだという。

この本はまず、警視庁では比較的新しい組織である、捜査支援分析センター(SSBC)の解説から始める。SSBCの役割は、主として、防犯カメラの画像解析や電子機器の解析と、犯罪の手口から犯人像を分析するプロファイリングがある。これらのスキルを活かして、犯罪情報を集約したり、現場における初動捜査支援などを行う。なお、プロファイリングはFBIが有名だが、沢村鐵の「クラン」という警察小説でも、FBIへの留学経験があるSSBCの婦人警官がキーパーソンの一人として登場する。当然ながら、現在警察小説の書き手は、警視庁の科学捜査システムをきちんと勉強している。

それ以外のシステムは、上記したNシステムである。新宿鮫の「地下水脈」でも言及された。

ただ、SSBCやNシステムは、大域的システムであって、最後の詰めは、従来からの鑑識の手法が必要である。鑑識といえば指紋採取であったり、検視だったりするが、最近ではDNA鑑定が新しい武器として使われていて、最新のDNA解析では、ほぼ確実に個人を同定できる。

一方、SSBCとは別に、警視庁には、科学捜査研究所があり、ここでは、血液やDNA鑑定を担当する法医グループと、電気系の事故を調べたり、機械的損傷を調べたりする物理グループと、文書鑑定やポリグラフを担当する文書鑑定グループと、ガス事故などのを担当する第一化学グループと、麻薬や医薬品などを担当する第二科学グループがある。

そういえば、大学四年のとき、就職難で困っていたら、福岡県警の科学捜査研究所の物理グループの募集がきていた。藁をもつかむ気持ちで受けてみようと一瞬思ったが、私のように根性がなく杜撰な性格で、科学捜査研究所の仕事が務まるわけがなく、そもそも受けても落ちるだろうと結局見送った。しかし、話のタネに受けてみるのも面白かったと今更思ったりする。

戻って、警視庁は、サイバーテロやインターネットがらみの犯罪捜査にも力を入れており、そちら方面の人材も増やしている。いつだったか、コンピュータセキュリティの参考書を買おうと大型書店に行って本を探していたら、一番いいと思った本は、なんと警察庁に勤務するコンピュータセキュリティの専門家である羽室英太郎という人が書いた本だった。最近、羽室英太郎という名前をウェブで調べたら、なんと奈良県県警本部長に昇進されていた。IT技術一本でやってきたはずなのにその地位まで行くとはと、警察においてITというか科学技術が随分重要になってきたといえる。

その他、警視庁では指紋や手口のデータベースを充実させたり、警察官に、警官用に機能を強化したスマホであるPフォンを配布したりと、日進月歩のようである。

11月14日で起きた、パリ同時テロの事件はあまりにも衝撃的である。毎日新聞ウェブから引用させて戴く。

【パリ賀有勇、アンタルヤ(トルコ南西部)秋山信一】パリ中心部と近郊で13日夜(日本時間14日早朝)に起きた同時多発テロで、過激派組織「イスラム国」(IS)は14日、インターネット上に「(ISの)戦士たちが"不貞の都"を攻撃した。爆弾と自動小銃で武装した8人の同胞がパリの選ばれた場所を標的にした」などと犯行への関与を主張する声明を発表した。AFP通信によると、死者は少なくとも128人に上っている。また、約300人が病院に搬送され、うち80人が重体。短時間のうちに劇場やレストラン、競技場など6カ所が襲撃されており、仏メディアは「フランスで起きた戦後最悪のテロ」と伝えた。
オランド仏大統領は14日、国民向けのテレビ演説で、「フランスと、我々が世界中で守っている価値に対するISの戦争行為だ」と非難し、テロについてISの犯行と断定した。根拠は明かさなかったが、「国内の共犯者の支援を受け、海外で準備・組織・計画された」と指摘した。また、「全土は3日間の喪に服す」と述べた。
ISの声明は「いまいましい十字軍とのパリでの戦い」と題され、「ISフランス州」名義で出された。従来のISの声明と共通の書式を使い、フランスが9月からシリアで参加している対IS空爆や、イスラム教の預言者ムハンマドに対する風刺を非難した。これとは別にネット上に投稿されたIS広報部門による映像では、「空爆を続ける限り平和はないと思え。(IS支配地域に)移住できない者は仏国内で作戦を実施せよ」とテロを扇動した。

このような衝撃的事件が、治安が保てているはずの法治国家内で起きるのは実に驚きだが、それでも、私がつい考えてしまうのは、9.11との比較である。

9.11は、複数の航空機乗っ取りと、米国の象徴的存在の一つともいえる、ワールドトレードセンター・ビルの破壊も含む、はるかにオーケストレートされたものだった。そして、事件発生直後、米国責任者によってアルカイーダが計画したテロだとアナウンスされたが、結局、アルカイーダはこのことに公式には沈黙を保った。米国は、アルカイーダが関与したという証拠を明確に示すことができなかったはずである。

一方、今回のパリ同時テロの事件は、直ちにISが、関与を認める声明を出した。その理由を、「フランスが9月からシリアで参加している対IS空爆や、イスラム教の預言者ムハンマドに対する風刺を非難した。」と明示した。

そういえば、先日ロシアの旅客機が墜落したときも、ISの関与が示唆されたりした。ロシアは確かに、シリアに対して空爆した。TIMEの2015/10/26号の記事では、ロシアのシリア空爆は、米国などに歩み寄る意図の表明であると書かれていたような気がする。TIMEの2015/11/16号の記事では、ロシアもエジプトも、この墜落に関するISの関与は否定しているが、USとUK当局が、当該旅客機に爆弾が仕掛けられていた疑いがあると示唆している、とある。

戻って、シリアに対する空爆に対する報復として、ISがパリ同時テロを引き起こしたのだとすると、9.11は、米国のアフガニスタンとその後のイラク進攻作戦に先立つものではなくて、その結果ではなくてはならない。なのに因果関係が逆である。

また、米国のイラク進攻作戦は、当然にイスラム過激派の強い反発に遭ったが、パリ同時テロの事件を小規模にした程度の事件さえ、報復として米国では起きていない。米国内の徹底的なセキュリティ強化が功を奏したのか。しかし、不埒な犯罪者による銃乱射事件は米国内でときどき起こる。

さらに、田中 宇氏の2015年2月22日の記事は、ISと米、イスラエルのつながりを示唆する。

私はたんに、公開されている情報を繋ぎ合わせただけだが、国際政治では、否定の否定が肯定にならないし、必然的に多値論理を帯びる。なので、医学が科学ではないのとはまったくちがった意味で、国際政治学は科学ではない。

このように、国際政治は、数学や理論物理とは全く違う意味で、謎に満ちている。おそらく謎の仕掛け人自身にも、全貌は見えていないはずである。

B級1組

user-pic
0

B級1組順位戦で、私が推している豊島が5連敗と揮わないので、恒例の確率計算をする気にならなかったのだが、やっと7回戦で豊島が片目を開けたので、以下のとおり昇級・降級の確率を計算してみた。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1三浦弘行九段51179365.9%0.0%
2阿久津主税八段4317025.1%0.0%
3松尾 歩七段4317536.5%0.0%
4山崎隆之八段1517210.0%11.3%
5橋本崇載八段42171910.9%0.0%
6木村一基八段52177330.1%0.0%
7豊島将之七段1518350.0%2.6%
8村山慈明七段1517380.0%16.3%
9畠山 鎮七段1515620.0%79.5%
10谷川浩司九段4316210.5%1.4%
11丸山忠久九段52173812.3%0.0%
12稲葉 陽七段61180368.8%0.0%
13先崎 学九段1515620.0%88.8%

すると、昇級確率は、稲葉、三浦、木村、丸山、橋本、松尾、阿久津の順で、最初飛ばしていた松尾が停滞しているのが気になる。ちょっと今期の昇級は無理っぽい。ともかく私としては、稲葉が昇級して、天彦を追撃してほしい。

一方、降級確率となると、先崎、畠山、村山、山崎、豊島の順で、7回戦が終わった段階で豊島の降級確率がゼロでなかったことはいままでなかったはずである。普通に考えると降級は先崎、畠山なのかもしれないが、前期も畠山はこちらに示すように、降級確率が2位だったのに後半猛ラッシュして残留した。底力は侮れない。

谷川先生は、今期は多分、昇級にも降級にも関与しない。ご立派である。

無駄に

user-pic
0

私は特許調査の仕事をしていて、その特許調査の技術内容を聞くために、依頼元である研究所を訪ねることがある。

先日研究所に会った担当者は、まだ30代前半の男性で、女性の方が少しうれしいのだが、まあ仕方ない。それにしても30代前半だと世間では、親子ほども歳が離れているのだろうなと考えたりしながら、予約してもらっている会議室に向かった。

すると、あらっと思ったのは、20人も入れるような広い会議室で、他に何人かいらっしゃるのですかと聞いたら、「いいえ」と担当者は応えて、「なんか無駄に広いですね。」と照れくさそうに笑った。

それで、ああ、「無駄に」かと、無駄に美人である推理小説の雪平夏見を思い出した。

ただ、「なんか無駄に広いですね。」は、うれし恥ずかしの現代日本語で、慣用的にはこれは「なんか広過ぎますね。」というところだろう。現代日本語は、「ガチで」みたいな新造語を駆使する場合と、「無駄に」みたいな普通の日本語をちょっと別のニュアンスで転用して使うというのがあり、私は後者の方が将棋の新手みたいで興味深い。

将棋の新手みたいというのは、将棋の新手は、今まで銀が斜めに出ていたのをちょっとまっすぐ立ってみました、みたいな、将棋の有段者でない人には何が新手なのか分からない微妙なものだったりするという意味である。

最近の若者には他にもこういう言い方がいろいろあって、意外に言語感覚が鋭い?私はその都度面白いと感じて自分でも使ってみたりする。その使い方が微妙(これも現代用法である)にチグハグなので、ときどき私の書く文章は若いのか若くないのかさっぱりわからないと揶揄される。

「無駄に」に戻って、「なんか無駄に広いですね。」と「なんか広過ぎますね。」が意味もニュアンスもほぼ等価であるとして、それでは、「雪平は無駄に美人である。」というのと、「雪平は美人すぎる。」のが意味が等価かというと、明らかにまったく違う。

「雪平は無駄に美人である。」だと、折角の美貌が川のように滝に落ちて、異性を籠絡するために使われることもなく(in vain)全く活かされない。ところが、「雪平は美人すぎる。」だと、その溢れる美貌が異性を圧倒(overwhelm)して、相手はタジタジである。この違いは、「広い」と「美人である」の述語の違いなのか、「部屋」と「雪平」の主語の違いなのか、そんなことを考えて、つい面談がおろそかになってしまい、いかん!と気持ちを立て直すのだった。これも部屋が無駄に広いせいなのだった。

南極風

user-pic
0

以前、笹本稜平の白日夢という小説に感想文を書いたとき、山椒魚さんから、笹本稜平はクライマーものが十八番では、とご指摘戴いた。

それで、新刊書店でみているうちに目に付いたのが、笹本稜平の「南極風」祥伝社文庫で、とりあえず買っておいて、2週間くらいたって読み始めた。するとこれは確かにクライマーもののようである。

「南極風」の主人公は、森尾正樹。大学で山岳部に所属し、登山にのめり込んだ。大学を卒業後、紆余曲折あって、大学山岳部の先輩、藤川と、ニュージーランドのマウント・アスパイアリングをガイドするアスパイアリング・ツアーズという会社を作った。

ニュージーランドの山というのは、ヒマラヤやヨーロッパの山と比較して知名度で落ちるが、じつはマウント・アスパイアリングの絶景は並ぶものがないほどだった。そもそも、小さい会社なので、ありきたりの場所ではお客を集められない。

ともかく社長の藤川の営業活動により、何人かの日本人の顧客を集めることができ、ツアーを開始した。

小さい会社なので、正社員は藤川と森尾だけで、あとは契約社員のケビンと内村である。どちらも登山の経験は豊富で頼りになる。

そんな一行は、通いなれた道なので、顧客を山頂までなんとか導いて、一段落した。あとは降りるだけだと思って下山を始めると、急に天気が崩れ、風も強くなって、途中で落石があった。

その突然の事故で藤川が転落死し、ケビンが怪我をし、一人の顧客が滑落した。そこで、森尾は絶望感に捉われながらも、他の顧客のガイドをケビンに任せ、滑落した顧客を救助しにいった。

結局顧客が見つからなかったので、森尾は仕方なく、ケビンの一行が既に着いていると思われる山小屋に向かった。ところがそこにケビンたちはおらず、焦って、ケビンをあてもなく探しに出た。やっと見つけたものの、天候の乱れが激しくてさらに死者を出すことになったしまった。

結局、残ったメンバーで失意とともに山を下り、森尾はアスパイアリング・ツアーズは解散した。

ところが地上に戻ってみて仰天。なんと、未必の故意の疑いで刑事告発され、検察の尋問と留置が待っていた。検事は、これは殺人なので最悪極刑までありえると脅す。

山の事故で失意にある森尾を国家権力がさらに絶望に陥れるのだが、一応法学部卒の森尾はどう考えても、こんな告発はおかしいとずっと怪訝であった、これは裏があると。

ここからはストーリーの佳境なので省略するが、流石に笹本稜平は山岳小説のエキスパートで、警察小説の白日夢よりもずっと格調が高く、特に登山の間の準備や工程や、悪天候に対する凌ぎ方など、いちいちディテールがしっかりしていて、まるで映画を見ているような気持ちになるのだった。

ただ、裁判の成り行きは、ちょっと小泉喜美子の弁護側の証人のようでもあったが、それはこの小説の興味を削ぐものではない。

ということで、笹本稜平の山岳小説は、流石の質なのだった。

例えば、横井清の「中世を生きた人びと」福武文庫を読んでいると、「建礼門院右京大夫」や「藤原定家」のところで、和歌というものがいかに日本人に浸透していたかよくわかる。何かの節目で、そのときどきの感情を和歌に託すのである。

といいつつ、詩心のない私は、そういう記述を読んで、寧ろ当惑する。なにしろ、悲嘆に暮れても、感情を託す一片の詩も和歌も思い浮かばない。その代わりに折に触れて思い浮かぶのは、好きな流行歌の一節だったりする。

せんじつ、YouTubeで、ザ・ピーナッツの「大阪の女」を聞いていたとき、ふと自分の人生の過去のシーンを思い出した。あ、ザ・ピーナッツの「大阪の女」なんて、最近の若い人は知らないだろう。むしろ、BOROの「大阪で生まれた女」なら知っているかもしれない。しかし、「大阪で生まれた女」は、なぜか私の失恋体験にバインドされてしまっており、あまり好きではない。

もどって、「大阪の女」の♪悪い噂もあったけど、優しかったわ、私には♪を聞いていたとき、ふとグッとするものがあって、世紀末頃の管理職時代を回想していた。まさに、ヒカチューの「20世紀の終わりに」である。

そのとき、あまりにもimperative且つintimidatingなインド人のマネジャにほとほと辟易していたのだが、後任のマネジャが米国から来ると聞いて、おっ、と思った。丁度米国出張があり、その会議の席で、後任のマネジャの秘書のようなことをしている人がいたので、どんな人なのか聞いてみたら、very niceよ、という。その表情をみていたら、嘘ではないんだよね、と直感した。

ほどなくして、後任のマネジャ(Vさんと呼ぶことにする)が日本にきて紹介されたとき、まるでスーパーマリオのような顔をしていて、とても親しみがもてると感じた。同僚の管理職も同じ印象をもったようだった。

インド人のマネジャに鍛えられていたので、少々無理難題の指示でも耐えようと思っていたら、Vさんの指示は極めて合理的で納得のいくものだった。ただ、仕事の要求は厳しくて、私の席によく電話がかかってきた。恥ずかしい話だが、当時の私の英会話力は、今の私ほどでもなくて、仕事の説明を求められると、ちょっと複雑な内容になると説明に窮してしまうのだった。それでもVさんはじっと我慢して聞いてくれた。なので、Vさんの期待に応えようと、必死で英会話を勉強したのもその頃のことである。

私の英語力はどうみてもプアだったが、Vさんが私に目をかけてくれたのは、私の情報管理能力と事務管理能力である。すなわち、データベースを駆使して特許出願のプランニングのシステムを作ったのだが、それは海外のどの部門でもまだやっていないことだったので、Vさんの配慮で結構なアワードをもらったりした。考えてみれば、いい時代だった。

そんなVさんにも任期があり、米国に戻ることになった。例によって後任が誰になるか気になったのだが、Vさんは考えられるベストの人材だよ、と笑ってそれ以上なにも言わなかった。

Vさんが帰任して後任の人がきたあとも、私の仕事ぶりは過去のイナーシャでそれなりに順調だったが、状況は次第に私にとって望ましくない方向に移りつつあった。

それを例示するかのように、Vさんは帰任して数年して会社を辞めてしまった。Vさんは根っからの米国西部の自由な気質の人で、典型的な東部カルチャの会社である、私がいた外資系の文化に次第に馴染まなくなってきたらしい。

その後、カリフォルニア州のどこかのローファームで弁護士として働いていたらしいが、台湾の知り合いのKさんから、最近Vさんが台北にきて一緒に食事したよ、と聞いたので、へぇと思ったりした。

それを最後に、Vさんのことは意識から遠のいてしまったのだが、YouTubeでザ・ピーナッツの「大阪の女」を聞いたきっかけで、Vさんの名前をグーグル検索してみると、なんとドイツ大手電機メーカーの半導体部門の知的財産部の取締役部長に収まっていた。同姓同名の別人かとも思ったが、ちょっと老けたとはいえ、あのスーパーマリオ顔はVさん以外の何者でもない。しがない特許サーチャーをやっている私の身と比べて引け目を感じなかったというと嘘になる。

ともかく、Vさんには特に悪い噂などないし、私はオネエでもないのだが(色白で、どうみても男らしくない私は、ときどきそちらの方かと勘違いされる)、それでも私は、♪悪い噂もあったけど、優しかったわ、私には♪と歌うのである。少なくとも私がVさんに評価してもらった時期があったのは確かだと信じている、とブログには書いておこう。

世の中にはカリスマ的資質ってあるよね、とときどき思う。ちなみに、手許にある岩波国語辞典第三版みると、カリスマとは、「超人間的・非日常的な資質、能力。英雄・預言・教祖などに見られる、民衆をひきつけ心酔する能力」とある。

そういう定義だと、例えばナポレオンやジャンヌ・ダルクは間違いなくカリスマだろう。しかし、私なりに人生を生きてきて、もっと微妙なカリスマというべき人物もいると感じるようになってきた。以下、例示するが、世間ではそういう人をカリスマとは呼ばないかもしれない。

どういう例かというと、どうみても人望はないし、能力もないのだが、何故か昇進し、高い地位を維持する人がいる。そういう人は、人物評価のキーとなる、ステークホルダだけにカリスマ性を発揮する。

そういう人のカリスマ性は昇進だけではない。何か不祥事があっても、なぜか責任を問われないで逃げおおせる。プロジェクトなどに加わっても、面倒な仕事には全く加担しない。ほとんどお邪魔虫のようにぶらさがっているだけなのに、プロジェクトが成功裡に終わって顕彰されるときは、しっかり功績者のリストに載っている。私はもしかして、ジョージ・カトレット・マーシャルのことが意識の片隅にあるのかもしれない。

もちろん、そんな所業が周囲の反発を買わないわけがなく、例えばインパール作戦の牟田口中将を、叩き切りたいという武将は沢山いた。実際に、牟田口中将の連隊に、手討ちにしようと刀を研いである将校が訪れたとき、牟田口はなぜか用事があってどこかに出かけていた。ヒットラー暗殺計画で、ヒットラーがことごとく間一髪で逃れているのとちょっと似ている。

そういう観察から私は、人望を欠くカリスマ性を、負のカリスマと呼びたい。すると、通常のカリスマは正のカリスマとなるが、私からみてどちらも超能力である。

超能力とは普通、テレパシーとか読心術とか、サイコキネシスなどがあるが、カリスマは、他人の認識能力、判断能力を麻痺させ、あるいは狂わせる。

負のカリスマの場合、どうみても何が魅力的なのか、何か優秀なのかさっぱりわからないのに高いステータスにいるので、周囲は怪訝になり、あるいは不愉快になる。

じっさい、負のカリスマの人物は、近くにいる人を異様に不愉快にし、疲れさせる。そばにいて心地よく感じる人は、負のカリスマをもつ同志だけである。正のカリスマはそもそも負のカリスマなど相手にしない。

私の観察によると、天賦の才能に恵まれた正のカリスマとは違い、負のカリスマは、天賦の才能とは縁がなく、そして子供時代に肉親の愛情に恵まれず、あるいは周囲から虐められて、コンプレックスの塊りになる。ところが、あっさり学会から葬り去られてしまったSTAP細胞の理論によれば、刺激をうけた細胞は万能細胞に変質しえる。それとのアナロジにより、艱難によりコンプレックスの塊りとなった人物の一部に、負のカリスマの超能力が芽生える。

さらなる観察によると、コンプレックスの塊りである負のカリスマの持ち主は、常に自信がなく、追い落とされないかと日々怯えている。そのため、周囲を属人主義の電子雲で固め、不安を宥めようとする。

みる人がみると、その行動は失笑に値するが、慣性の法則により周囲の人達は、エコーキャンセリングの法則により、次第にその愚行を気にしなくなる。

仏教などで、この世は穢土であると言われるが、負のカリスマの持ち主こそが、この世の穢土性のメジャー・コントリビュータであると私は信じるものである。

古書店で、森博嗣の「『やりがいのある仕事』という幻想」朝日新書をみかけたとき、ああ森博嗣か、と思ってとりあえず買った。

そうやって、しばらく積読しておいたら、たまたま手許に置いていたせいか、気分転換にちょっと読んでみたくなった。ところが、いきなり「人は働くために生きているのではない。」とか、「一生食べていけるお金があるなら働く必要はない。」とか、私が普段考えていることと微妙に違うことをいうので、そこで読むのを止めようと思ってしまった。

しかし我慢して読んでいると、仕事は楽しいとは限らないし、そこに生きがいを見出せるとき限らないが、なんとか折り合いをつけてやっていかなくてはならないし、仕事が楽しくないなら、余暇に楽しいことを見出すべきであると、私の意見に近づいてきたので、俄然読み進める気がしてきた。

私がそうだよね、と思うのは、世の中は物が豊富になって機械化もされてきたので、仕事自体は減る傾向がある、だからこそ多品種少量生産というか、仕事が個別化専門化してくるので、日常的に勉強して仕事を工夫しなくてはならない、という趣旨で、私はいまでもそのような細かい努力を積み重ねている。

そこまではいいのだが、犀川&萌絵シリーズの、まさに犀川そのもののような、ドライすぎるステートメントがどんどん出てきて、まあ私はそういうのにある程度シンパシーがあるのだが、仕事に関して相談する若者は、このドライさにはちょっとついていけないだろうな、と思ってしまった。

ところで周知のように、森博嗣氏は、名古屋大学工学部建築学科の助教授だったのだが、研究の余暇に小説を書いたら、これがすさまじく売れて、一生かかっても使いきれないくらいの印税が入ったという。それで、大学を辞め、北海道に家を買って移住し、一日1時間だけ働いてあとは、模型作りなどの趣味に打ち込み、それが楽しくてたまらないそうである。

そもそも森博嗣氏はもともと理系で、小説などほとんど読まないし文章を書くのもそれほど好きでないといいつつ、ちょっと本を書いたらベストセラーになった、というのだから、私には冗談を言っているとしか思えない。

そして、その恵まれた環境にあることが、彼が書く人生論のようなものをかなり説得力のないものにしてしまうのではないかと思われるのだが、そういう森博嗣氏に、「『やりがいのある仕事』という幻想」で本を書くことを依頼する朝日新書の担当者も、なかなか面白いと思った。

それにしても私がどうしても理解できないのは、一日中趣味に時間を費やしていて、本当に楽しくてたまらないのだろうか、飽きないのかということである。

私にとっては、仕事こそが、多少嫌なことがあっても飽きない最高の娯楽だと思うのだが、いかがだろうか。

以前に金融工学がブームになったとき、どんなものか知りたくて何冊か入門書を読んだ。でも、そういっては偏見になるが、経済学部出身の先生の書いたものは、数式のところがどうも説得力がなくて、一応理系のつもりの私にはどうもしっくりこなかった。

そんなときたまたま本屋で見つけた今野浩氏の「金融工学の挑戦」中公新書が私にはとてもしっくりきて、そのリンクにあるように、私なりに丁寧に要約を書いてみた。

そのときから今野浩氏のファンになり、「金融工学20年」東洋経済新報社「すべて僕に任せてください」新潮社「スプートニクの落とし子」毎日新聞社など、目に付くかぎり著書を買って読んできた。

ところが、3年前に「工学部ヒラノ教授」新潮文庫を本屋でみかけたときは、面白そうと思ったのに見送ってしまった。例によって、「だいたい知っていることが書かれているのではないか」という私の悪い癖の思い込みである。

しかし、小池重明を読んでからは、そういうドクサを少しずつ修正してきたので、本屋でたまたま、「工学部ヒラノ教授」の続編である「工学部ヒラノ教授の事件ファイル」新潮文庫を見かけたときは、迷わず買って、比較的短いレイテンシで読み始めた。

さて、「工学部ヒラノ教授の事件ファイル」であるが、そのはしがきにもあるように、これは、筒井康隆の文学部唯野教授に対するひとつのオマージュとして書かれたのかもしれない。

ただ、どちらも大学の暴露話だとしても、文学部と工学部では相当様子が違う。また、実質的に大学教授ではなかった筒井康隆氏は一種の取材のようなことをして「文学部唯野教授」を書いたのかもしれないが、今野浩氏はかなりの程度大学教授として直接経験したエピソードをふんだんに織り込んでいる。週刊誌的な意味でそこまで書くかと思うほどである。

「工学部ヒラノ教授の事件ファイル」は、以下のような14篇からなる。

  1. 自宅潜伏一週間
  2. 経歴詐称
  3. 服務規定違反
  4. 幻の奨学寄附金
  5. 単位略取
  6. 違法コピー
  7. 大学という超格差社会
  8. セクハラとアカハラ
  9. 研究費の不正使用
  10. 論文盗作とデータの捏造
  11. 領土略奪事件
  12. キャンパス殺人事件
  13. 原発事故
  14. STAP論文事件

「自宅潜伏一週間」は、文学部唯野教授」にあったように、海外出張にいくつもりが都合でいけなくなり、出張費を返すとい手続きがないので、仕方なく出張したふりをして自宅潜伏したという話。まあ、会社勤めでは絶対ありえないし、会社でそれがばれたらクビだろう。

「経歴詐称」は、海外大学に赴任するとき、教授待遇だったはずがじつは助教授待遇だったというものだが、まあこれは急に先方での扱いが変わったので仕方ないだろう。

「服務規定違反」は、ヨーロッパ出張のとき、つい観光で共産圏にはいったのが実は重大な違反になる、という話である。当時はまだソ連健在だった。

「幻の奨学寄附金」は、東工大に、裕福な家庭に育った出来の悪い海外の学生を引き受けることで奨学寄附金が得られそうだったが、あまりにも出来が悪すぎてそれが潰えたという話。たしかにどこにでもありそうである。

「単位略取」は、米国の大学で教えていたとき、テストの評価を塩梅してほしいと、魅力的な女子学生がハニートラップを仕掛けてきた、という話。危機一髪で仕掛けをかわしたというのだが、それは単に今野先生が女性に対して晩生であるにすぎないのだろう。私もじつはそうである。ただ、私は露骨にハニートラップを仕掛けられたことがない。もしあったら、あっさり詰まされていただろう。たんに、ハニートラップを仕掛けるに値する権限を私がもっていなかっただけである。それにしても「赤い花なら曼珠沙華」なのだなあ。そういえば、司法試験問題漏えいもハニートラップなのだろうか。

「違法コピー」は、以前は大学でまともに本なんか買わないでコピーしまくっていたが、最近は著作権法が厳しいので、そうもいかないという話。一方、インターネットからかなり自由にPDFで論文がダウンロードできたりする。

「大学という超格差社会」は、じつはアメリカの大学の大学院教育がとてもきちんとしており、一方、日本の大学のそれはじつにいい加減という話がメインである。

「セクハラとアカハラ」は概要を述べるまでもない。まさにその実態が書かれている。

「論文盗作とデータの捏造」はかなり微妙である。論文査読者が盗作することもあるし、データの捏造かどうか、客観的な判断は難しい。それにしても例えば、筑波大学データ改竄事件はどうなっているのだろうか。ヒラノ教授にもこの事件についてコメントしてほしかったが、裁判がからんだので避けたのだろうか。

「領土略奪事件」は、筑波大で、折角ソフトウェアをメインにした学科を新設し、コンピュータサイエンスの専門家で教授陣を固めようとしたのに、伝統的な物理系の教授に侵略されたという話。どうしても新設の分野は軽視される。

「キャンパス殺人事件」は、なんとヒラノ教授が中央大学教授殺人事件の際、中央大学に勤務中で事件を間近に経験したという話。なんとも臨場感あふれる記述。

「原発事故」は、ヒラノ教授が以前に原子力発電の経済性評価の仕事に関与し、日本はどうしても3割程度原発に依存するよりないと結論を下したという話。私の思い込みとだいたい近いので安心した。原発は怖いが、atomic power or povertyなのである。

「STAP論文事件」は、専門分野が違うせいか、流石のヒラノ教授も穏当で常識的な意見にとどまっている。

ところで、特に親しいというわけではないが、以前勤務していた外資系の研究員が大学教授になり、大学教授はやっはり、会社勤めよりも自由があっていいよ、といっていると漏れ聞いた。

しかし、以上みてきて、大学というものは決してお気楽な場所ではないと感じた。なにしろ研究費を獲得してこないと日常的な研究もままならないし、会議や書類作成などの雑務も多い。また、ハニートラップならまだしも、よかれと思って指導した学生から逆恨みされて殺されたりする。企業なら、ロックアウト解雇されたからといって、元上司を殺したという話は聞かない。

すなわち、大学というところは企業より自由度が高いのかもしれないが、その自由度の高さが百家争鳴というか自己責任というか、かえって仇になることがあるようである。

古書店で、胡桃沢耕史の「翔んでる警視事件簿」文春文庫を見かけたとき、内心で、ああと思ったのは、同じ著者の作品で「夕日よ止まれ」徳間文庫を大分前に読み始めて、止まっているからである。

「夕日よ止まれ」は、"東洋のマタハリ"と呼ばれた女スパイ、川島芳子の生涯を描いたものであって、陸軍中野学校で謀略やスパイに対する興味を喚起された私にとって、「夕日よ止まれ」はやはり読むべしと思っていたところなのであった。ただ、もしかして一時代を風靡した「翔んでる警視」なるものも読んでおこうと一応「翔んでる警視事件簿」買って読み始めた。タイトルからしてなんとなく軽い乗りを期待したようなところもある。ところが、軽い乗りという期待は軽く裏切られたのだった。

「翔んでる警視事件簿」の主人公は、岩崎白昼夢警視正で、白昼夢は「さだむ」と読ませる。そのあたりからして、ふざけた調子の軽い乗りを思わせるのだが、なかなかそうでもない。岩崎警視正は、新宿鮫の鮫島がそうであるように東大出のキャリアなのであり、多分このシリーズが始まった頃は警視だったのだろうが、シリーズ後半になって警視正に昇進している。そのあたりからして、キャリアであっても訳ありでずっと警部に留められている鮫島と大違いである。

じっさい、岩崎警視正は、警視庁での覚えもめでたく昇進街道まっしぐらで、「社内結婚」であるが、美人妻をもち、一人息子がいる。妻はいまでも現役の警部補である。それでいて部下からの信頼も篤く、事件が起きると自らの危険も顧みず、現場に急行する。その最後のあたりだけが新宿鮫の鮫島に似ている。

岩崎警視正でどうしても外せない特徴は、語学の天才である、ということにある。英独仏だけでなく、アラビア語や中国の辺鄙な地方の方言まで話せる。そういうポリリンギストというのは確かに世界にいることはいると思うが、そういう人が同時に優れた警官であるということはまずありえない。そういうありえなさが「翔んでる警視事件簿」の「翔んでる」あたりに出ているのかもしれない。

さて、「翔んでる警視事件簿」は、短編集であって、「誰がために人を殺すや」、「下請けは悲しからずや」、「小便小僧で又逢おう」、「革婚旅行は海底で」、「新宿黒社会」の五篇からなる。

「誰がために人を殺すや」は、ソウルオリンピックを前にした、大韓航空爆破事件をモデルにしたストーリーであって、生き残った犯人の女性はアラビアのある国に監禁されているのであるが、本人が日本人を名乗っているので、日本政府は苦慮している。そこで警視庁の国際課を通じて、岩崎警視正に支援の要請があった。そのときたまたま逮捕された赤軍派の日本人から、生き残った犯人の女性とコンタクトがあったと知ると、岩崎警視正は部下を引き連れて、旧満州地方あたりに飛んだ。そして紆余曲折があって、生き残った犯人の女性のルーツを知るに至り、国際問題は解決したのだった。

「下請けは悲しからずや」は、福島原発の話。といっても、この小説が書かれたのは、福島原発事故の20年も前の話なのである。いや、東海村臨界事故よりもさらに前に書かれたのであって、それでいてまるで東海村臨界事故を題材にしたようなストーリーなのである。それにからめた殺人事件というプロットは当時はかなり斬新であったと思う。

「小便小僧で又逢おう」は、ヨーロッパにおける日本赤軍と日本政府との交渉に、岩崎警視正が関与してヨーロッパに赴くという話である。一発触発のテロの危機を、岩崎警視正が、語学と智謀を駆使してどう乗り切るかというストーリーでなかなか手に汗握る。日本赤軍ではなんと、重信房子が登場する。

「革婚旅行は海底で」は、シベリア抑留がらみでソ連の活動家になった日本人が登場する。その日本人は、ソ連の活動家からもう足を洗うために岩崎警視正に秘密の告白をする。それに関連して岩崎警視正のその部下たちが採った活動が緊迫感あふれる。

「新宿黒社会」は、まるで馳星周の「不夜城」のようなストーリーで、台湾マフィアの抗争による殺人事件なのだが、殺人現場を確認した岩崎警視正は、テーブルの上に残されていたある証拠から、殺人の背景を推察し、ある専門家にそれを確認することで解決へと導いたのだった。

こうして私は、お気楽なエンタメを期待して読み始めたのに、いい意味でそれが裏切られ、胡桃沢耕史の歴史感覚と、諜報感覚と、同時代の事件感覚の鋭さに感心したのだった。

しかし、それような感覚というのも胡桃沢耕史の経歴を知るとある意味当然で、Wikiによると、胡桃沢耕史は、戦時中に単独で満州へ密入国し3年間の放浪生活を送り、1945年に現地で召集を受けて、混成第八旅団で特務機関員として活動、終戦後はシベリアで抑留生活を送ったというのだから、あまり例のない幾多の危機や経験もあったはずであり、そういう経験が作家活動に活きているといえる。

先週竜王戦第2局があったばかりなのに、もう竜王戦第3局である。竜王戦はサイクルが短い。第2局で渡辺が復調の兆しをみせたので、熱戦が期待される。さて糸谷の後手番とあっては、いよいよかと周囲は思うだろう。

【図1】 6手目△8八角成まで
持ち駒:△糸谷=角



持ち駒:▲渡辺=なし
「いよいよ」とは、言わずと知れた、一手損角換わりで、△8八角成でほぼそれが明らかになった。以下、▲8八同銀,△2二銀,▲3八銀,△3三銀,▲7七銀,△6二銀,▲6八玉,△7四歩,▲5八金,△8四歩,▲7八金,△6四歩,▲2七銀,△6三銀,▲2六銀,△4四歩,▲1五銀,△2二銀,▲2四歩,△同歩,▲同銀と進んだ。

【図2】 28手目△4二飛まで
持ち駒:△糸谷=角歩



持ち駒:▲渡辺=角歩
△4二飛はこのかたちの定跡といえるが、定跡でないのは△2三歩を受けないで△4二飛と回ったことである。▲2三歩を決められて△3一銀では普通に考えて得とは思えないのだが、▲2三歩が先手の負担である、という大局観がありえるのだろうか。以下、▲3六歩,△6二玉,▲2三歩,△3一銀,▲2六飛,△7二金,▲7九玉,△7三桂と進み、糸谷が△2三歩を受けないので、渡辺が▲2三歩を決めた。特に、仕方なく、というニュアンスでもあるまい。

【図3】 37手目▲3五歩まで
持ち駒:△糸谷=角歩



持ち駒:▲渡辺=角
▲3五歩となって、善悪はともかくとして、先手に不満はないのではないか。▲3五歩に、△同歩,▲同銀であるが。

【図4】 40手目△4三金まで
持ち駒:△糸谷=角歩2



持ち駒:▲渡辺=角歩
大方のプロの予想はここで△6五歩あたりだったのだが、糸谷は大胆にも△4三金。2筋のガードを薄くして平気なのだろうか。以下、▲8八玉,△7五歩,▲同歩と進んだ。

【図5】 44手目△8五桂まで
持ち駒:△糸谷=角歩2



持ち駒:▲渡辺=角歩2
△8五桂に渡辺は、▲7六銀と立った。△5五角が見ているので大胆にみえるが、プロ的には普通の手らしい。以下、△2五歩,▲同飛,△5五角,▲7七桂,△1九角成,▲8五桂と進んだ。

【図6】 52手目△5五馬まで
持ち駒:△糸谷=香歩



持ち駒:▲渡辺=角桂歩3
△5五馬と引くと、天王山なので、見た目には後手が景気がよい。しかし実際は難しいのだろう。▲6六歩に後手はいきなり桂馬を取らず、△5四馬とした。以下、▲6七金,△8五歩と進んだ。

【図7】 57手目▲2二歩成まで
持ち駒:△糸谷=桂香歩



持ち駒:▲渡辺=角桂歩3
ここでついに渡辺が、▲2二歩成と踏み込んだ。以下、△2二同飛,▲同飛成,△同銀だが、ここで渡辺に好手があった。

【図8】 61手目▲5五桂まで
持ち駒:△糸谷=飛桂香歩2



持ち駒:▲渡辺=飛角歩3
▲5五桂が、検討のプロも気づかない好手だった。以下、△5五同馬,▲4一飛,△5四桂,▲4三飛成,△6六桂と進んだ。

【図9】 67手目▲7七金直まで
持ち駒:△糸谷=飛桂香歩3



持ち駒:▲渡辺=角金歩3
▲7七金直がまたまた好手で、このあたりで渡辺は勝ちを意識したそうである。以下、△2八飛に▲6八歩が利くのが大きい。そして、△5二銀,▲4二龍,△4一香,▲9五角,△7三歩,▲7四歩と進んだ。

【図10】 76手目△4二香まで
持ち駒:△糸谷=飛桂歩2



持ち駒:▲渡辺=金歩2
糸谷は、単に△4二香と龍を取ったが、検討陣は一旦△8四桂と中合いすることを推奨していた。以下、▲7三歩成,△同金,▲7四歩,△5一玉,▲6六金左,△4五馬,▲7三歩成,△2九飛成,▲7九歩,△3九飛,▲6二と,△4一玉,▲5二と,△同玉,▲7八金と進んだ。

【図11】 92手目△3五飛成まで
持ち駒:△糸谷=銀桂2歩4



持ち駒:▲渡辺=金銀桂歩
△3五飛成の局面で渡辺の優勢は明らかで、ここではひと目▲5五桂だが、渡辺は、それだと△3一龍,▲3二銀,△6一龍で攻めが切れる可能性があるという。このあたりの慎重さは、渡辺が復調しつつあることを示唆する。そこで▲4六銀,△4三玉,▲3五銀,△同馬,▲4六桂,△6九銀,▲5一角成,△3三玉,▲3四金,△同馬,▲同桂,△同玉と進んだ。

【図12】 105手目▲4二馬まで
持ち駒:△糸谷=金銀桂3歩4



持ち駒:▲渡辺=飛角香歩
▲4二馬に対して糸谷は△3三金と受けたが、△3三銀もあったらしい。それでも渡辺の勝ちだそうであるが。△3三金以下、▲5六金寄,△5四桂,▲7七金上,△7八歩,▲5二角,△4三桂,▲同角成,△同金,▲3五歩,△同玉,▲4三馬,△3六玉と進んだ。

【図13】 119手目▲1六馬まで
持ち駒:△糸谷=角銀桂歩4



持ち駒:▲渡辺=飛金桂香
▲1六馬でほぼ受けなしである。検討陣によると、ここで△2七歩は、▲3四飛~▲3八香で詰み、また△4七玉は▲4九飛で、攻防とも見込みがなくなるそうである。なので、糸谷は△7九歩成と形作りし、▲2六飛,△同龍と進んだ。

【図14】 投了図123手目▲3九香まで
持ち駒:△糸谷=飛角銀桂歩5



持ち駒:▲渡辺=金桂
▲3九香で詰みである。これに対して、3八の中合いは、▲4六金打で意味がない。△4七玉も▲4八歩じゃなかった、▲5九桂でよい。

この将棋は、糸谷が飛車交換したのがよくなかったようである。直後の▲5五桂が厳しかった。ということはそもそも、▲2三歩と打たせた構想がどうだったか、ということになる。あと、△8四桂の中合いもしたほうがよかったのではないか。

さて、渡辺が本格的に復調してくると糸谷は苦しい。どう打開するのだろうか。

クラン

user-pic
0

新聞の書籍広告蘭で、沢村鐵の「クランI」中公文庫をみたとき、沢村鐵という作家は全く知らないのに、これは是非読まなくてはと追い立てられるように感じてしまった。

その一つの理由は、これが警察の内部告発ものである、とそこに説明があったからだと思われる。じっさい、警察のスキャンダルで述べたように、警察はさまざまな不正にまみれている。実はどんな組織でも不正やスキャンダルはあるが、不正やスキャンダルの大きさはその組織のもっている権力に比例するという面があり、国家装置の一部を担う警察に深刻なスキャンダルがある、というのはある意味当然ともいえる。絶対権力は絶対に腐敗する。

佐々木譲の笑う警官は、2002年に北海道警察で、銃器対策本部に所属していた現職警部が覚醒剤取締法違反で逮捕されたという事件を題材としたもので、迫真の手に汗握るストーリーだった。警察で内部告発することで、警察の上層部を敵に回すということがいかに怖いかということもこの小説からは感じ取れる。

しかし、どんな会社にも内部監査部門があるように、警察にも当然、内部の不正を追及する監察部門がある。笹本稜平の白日夢は、そのような役割を担う警視庁警務部人事一課監察係の活躍と苦悩を描くストーリーであるが、きちんと警察内部でオーソライズされた監察官であっても、大抵の警察官からは疎んじられ、あるいは蛇蝎のごとく嫌われるので、内部監査は困難を極めるのであった。

そこで「クランI」を買って読んでみると、内部監査ものでもまた切り口が違う。その前にクランとは何かというと、英語でclanと書き、American Heritage Dictionaryによると、例えば、A division of tribe tracing descent from a common ancestorとあるので、もしかして警察学校の同期の有志達が力を合せて、内部の不正と闘うのかと思ってしまった。

しかし読み始めてみると、全くニュアンスは異なる。ストーリーは、警視庁捜査一課の晴山警部補が、警察庁の首席監察官に密かに呼び出されるところから始まる。そもそも、典型的にはノンキャリアである普通の刑事が警察庁を訪れることはまずないし、かりに不祥事があってもそれは警視庁の警務部のようなところから呼ばれる以外にありえない。

それで強い不安を感じながら晴山警部補が首席監察官の席を訪ねると、意外にもにこやかに首席監察官が話しかけてくる。そして話の趣旨を聞いて怪訝になったのは、晴山警部補自身に、警察の内部の不正を糺す役割を担ってほしいというのである。そしてどうやら警察内部に同様の役割を与えられた警察官が他にもいるらしいのだが、もちろんその氏名は明らかにされない。

そして捜査一課に戻ると、ある知り合いの刑事が自殺したと知らされ、びっくりする。その刑事は、ある女性警官と結婚間近でどう考えても自殺する状況にない。

その女性警官というのが、警視庁のエース検視官、綾織美音だった。綾織も当然に結婚する予定だった刑事の突然の自殺に検視官の視点から疑問をもち、追求しようとしたが、無理やり上層部で自殺として処理されてしまったのだった。

このことをきっかけに、エースなはずの綾織の検視内容が杜撰になり、信頼から遠いものになってしまった。例えば、警察の大物OBが殺されたと思われる事件も自殺で切り抜けようとした。それを憂慮した警視庁の上層部は、晴山警部補に、綾織自身を取り調べるよう指示し、仕方なく伝手を頼って、FBI仕込みの科学捜査官である上郷奈津実の援助を仰ぐことにした。

こういう一連の動きは首席監察官の意図するところで、次第に、晴山、綾織、上郷という一連のメンバーがクランとして浮かび上がってきた。さらには、ベテランで捜査一筋の真面目な刑事が、オフィシャルではないが、晴山に協力し始めた。

ここまでみると、クランの定義として、COBUILD English Dictionaryの、You can refer to a group of people with the same interests as a clan.の方がしっくりくるのかもしれない。

すなわち、クランとは首席監察官を影の首領とする、警察風紀更生の、あたかもフリーメーソンのような秘密組織なのだが、メンバーの下ごしらえができたところで、次巻に続くみたいな展開になってしまった。

こういう独特の警察風紀更生裏組織の話は面白いのだが、「クランI」でもう少し完結性もあってもいいのではと思いつつ、「クランⅡ」の発刊を待つのだった。

知り合いからマックス・ウェーバーの職業としての政治を紹介されて、甚だ不完全燃焼ながら読んで一応感想文を書いたのだが、続いて「職業としての学問」も紹介されたとき、これは一応読んだと応えた。

というのは私は、中公の世界の名著シリーズのマックス・ウェーバーの巻を持っており、そこに「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」と「職業としての学問」が収められており、その本はざっとであるが、一応全体を読んだからである。ところが読み方が粗すぎたのか、哀しいことに、どんな内容か全く記憶にない。そこで、中公の世界の名著シリーズのマックス・ウェーバーの本を部屋の中で探し出して「職業としての学問」を再読しようとしたが、どうしても見つからない。そこで仕方なく、岩波文庫版を買い直した次第である。

さて、私は政治家を志したことは人生でおそらく一秒もないが、学者を志したことは、少なくとも数年はある。なので、職業としての政治よりも「職業としての学問」の方がしっくりくるはずなのであるが、それでも依然として読みにくさというか違和感を感じてしまうのは、時代背景の違いというか、社会科学臭がするからなのかもしれない。

ともかく、「職業としての学問」で先ず説かれるのは、当然かもしれないが学者として給料をもらい生活を成り立たせるということの困難さである。その理由は、大学の教員のポストの少なさと、首尾よくポストをみつけられることに相当な僥倖を必要とする、ということである。なので、ウェーバーは学生たちに、君達、学生を志すなら、特に経済的困窮について相当覚悟しなさいよということになるのだろう。

ちなみに私が学者を志した理由は甚だ幼稚というか安易で、要するにあまり社会に関わらないで隠遁して仙人のように生きていきたかったのである。あともう一つの理由は、学者として狭い専門である程度の業績をあげると自分のプライドが維持できる。

ところが第一の誤算は、私の能力が学者になるには不十分だったということがある。いや、能力を試す以前のところで頓挫してしまっている。それは、ものごとを深く掘り下げていく集中力と忍耐力が私に欠けているということである。その時点で、どんな学問であれ、私には無理である。

第二の誤算は、第一の誤算と独立ではないのだが、私には初志を貫くための根性というか生活力がなかった。そもそも両親は私が学者になることには反対だったというか、そんな経済的余裕はないので大学院で勉強を続けようとすると確実に学資を絶たれる。ならば、アルバイトしながら大学院に進学してしがみつくということを試みればいいのに、あっさり放棄して生きていくために安易に、なりたくなかったサラリーマンになってしまった。一度でも高学歴ワーキングプアでもやってみろよといいたいところだが、高学歴ワーキングプアは蟻地獄のように一度嵌まり込んだらなかなか脱出できないのかもしれない。

おっと、「職業としての学問」の趣旨から微妙にずれてしまったが、要するにウェーバー先生は、学者になるには不退転の決意を要する、といいたいのだろう。

次にウェーバー先生が説くのは、学者は専門分野に打ち込み、そこで必ずしも画期的でなくてもよいかもしれないが、新規な業績を、学問のレガシーに積み上げるべきである、ということである。そのためには、その専門性の意義にあまり疑問をもってはいけない。そもそも、ゲーデルの定理ではないが、ある専門分野の価値はその学問のパラダイム内では決められない。そんなことに迷っていては、同じ分野の他の学者に後れをとってしまう。

そういう意味では、既存のパラダイムに疑問をもち、パラダイムを否定するような研究をすることは地位を危くする可能性がある。例えば、超弦理論の妥当性を疑う、などである。なので、科学哲学者が専門分野の科学者に蛇蝎のごとく嫌われる理由も説明の必要はないだろう。

さらにウェーバー先生が説くのは、大学の教師の本分というか、学者は政治的立場や価値判断から自由(Wertfreiheit)でなくてはならないというのだが、理論物理学者ならともかく、例えば憲法学者がそんなことが可能なのだろうか。政治的立場や価値判断から自由で、どうやって憲法九条を解説するのだろうか。

ちょっと穿った見方をすると、ウェーバーが政治的立場や価値判断から自由性を説くのは、学者が政治的に弾圧されるのを防ぎたいということなのかもしれない。例えば、苫野一徳氏は、ヘーゲルは政治的弾圧を怖れて、著書をわざと晦渋に書いたみたいな趣旨のことを書かれていた。実際、ウェーバーが生きた時代のドイツは、その後ヒットラーが台頭することになった政治的に不安定な時代だった。とはいえ、ヒットラーの時代になって、研究内容に拘わらずユダヤ人であることで弾圧される時代が来ようなどとは、ウェーバーの想定範囲外だったろう。

ところで、ウェーバーは顔を顰めるだろうが、今の、特に日本において、若い頃ある程度努力して博士号や大学教授、あるいはノーベル賞などの知的ラべルを得ると、その後は、研究はある程度そこそこにして、テレビに出たり、講演をしたり、通俗書を書いたり、政治的立場を表明して一生暮らすという方法もある。ある種のコミュニケーション能力と俗にまみれることを厭わない性格が必要となるが、それはそれでなかなか賢明な生き方だろう。

そういう意味では、これもウェーバーは否定するだろうが、強烈な名誉欲、物欲、出世欲も今の学者はあったほうが望ましいのだろう。それこそが、今風の職業としての学問なのかもしれない。

私は、特に多い方とは思わないが、TIME、数学セミナー、イングリッシュ・ジャーナル、日経情報ストラテジーと雑誌を購読していて、なにしろずぼらな性格なので、読まないまま縛ってちり紙交換に出してしまうことも少なくない。

それでも捨てる前に部屋のあちこちに放置して、面白そうな記事が見えたら手に取って読んでみるのだが、今日はTIMEの10月12日号の"What if I decide to just do nothing ?"と題する特集記事が目に付いた。カバーが女性が胸を押えている写真なので、どうも乳がんの放置療法のことらしい。

以下、私なりにこの記事をまとめてみることにする。それにしても、ただでさえTIMEのボキャブラリは私にはハードなのに、医学用語が頻出してくるとパニックになりそうになる。

登場するのは、Desiree Basilaという女性。60歳で、サンフランシスコの高校で科学を教えている。そんなBasilaはあるとき医師に、DCIS(非浸潤性乳管がん)と診断され、文字通り、ガーンとショックを受けた。ただ、まだ初期の段階にある。医師はBasilaに乳腺腫瘤摘出手術を勧めたが、Basilaは勝気な女性なのか、いらいらして一旦診察室を出ていった。

そして、しばらくして診察室に戻ってきて再び医師と面談し、結局何もしないと決めた(she decided to do nothing)。ただ厳密には何もしないのではなくて、エストロゲンを抑えるタモキシファンという抗腫瘍薬は摂る。そして2年毎にマンモグラフィの検査を受ける。

もともと、DCISの死亡率は3%程度であまり高くない。また、最近は遺伝子検査の技術が進歩して、その結果に応じて多様な治療が行われるようになってきている。とはいえ、もちろん世間には重篤ながんもあり、例えば、先日亡くなった天野貴元さんは、かなりヘビーな治療を受けたが、止むを得なかったのだろう。その一方で、過度の手術や抗癌剤などで却って寿命を縮めてしまうケースがあるのも確かである。

以前のパラダイムでは、がんは放置すると次第に大きくなり、ある大きさになると人体に害を及ぼす、というものだった。もちろんそういうがんもあるが、最近の研究では、放置しても安定した状態を保つがんも結構あることが分ってきた。これはまさに近藤誠医師の説くところであり、それは次第に医学界の最近のトレンドの一つになりつつことでもあるので、医学界でほとんど袋叩きのような発言に遭っても、近藤誠医師のファンがいなくならないのだろう。

また、テレビなどをみていると、健康を維持するために健康診断やがん検診を定期的に受けましょうというコマーシャルをよくみるが、このTIMEの記事によると、少なくともマンモグラフィの検査が普及した現在でも、以前と比べて乳がんによる死亡率は変わらないという。

もちろん、検診を業とする医師はそれは誤解だというステートメントを箱一杯に用意できるかもしれないが、すくなとも量子力学の観測のような原理により、検査自体が人体に悪影響を及ぼすことはあるのではないか。例えば、胃のバリウム検査の過度の放射線による発がん性が問題になったりする。

Basilaは次のように言う。すなわち、私がやっていることが絶対正しいわけではない。それは認める。しかし一方で、人生は有限で死は避けられないことも知ってる。すると私は、QoLというところに落ち着くわけよ。できるのものなら、疲れ果てて文句たらたら言いたくないの。死なないためだけに頑張るなんて人生を却って駄目にするわ。

探偵の探偵

user-pic
0

昔若い頃、ある哲学の本を読んでいたとき、「哲学は学の学である。」みたいな議論があったような気がするが、どの本なのか全く思い出せない。もしかして科学哲学の本だったのかもしれない。

ともかく、「哲学は学の学である。」という議論は常に頭の中にあって、折に触れては世間の諸学問の関連マップのようなものを頭に描いてみるのだが、なにしろ、私は、何ひとつ個別学問で成果といえるものを挙げているわけではないので、それはレゴブロックで簡単な車を作ってみる児戯以上のいみをもたない。

それでも「○○の○○」みたいな同一語反復の言い方をみると私はつい反応してしまうのであって、新刊書店で、松岡圭祐著「探偵の探偵」講談社文庫をみかけたとき、思わず買ってしまった。ただ、ちょっと不満なのは、表紙に、当該小説のテレビドラマの主演の北川景子の写真があったことである。私は美人好きなはずなのに、そして北川景子も間違いなく極め付きの美人のはずなのに、どうもいまいち好きになれない。

そんな、複雑といえるほど陰影を帯びているわけでもない感情を抱きつつ、「探偵の探偵」を読み始めた。すると、最近陸軍中野学校に関する本を読んで鼓吹された諜報技術に対する関心が後押しして、なかなか面白いのだった。

「探偵の探偵」の最初の主要な登場人物は、須磨康臣。46歳であり、様々な経歴を経て現在、スマ・リサーチという探偵会社(調査会社ともいう)を経営する傍ら、2年間で探偵技術を徹底的に学ぶスマPIスクールという専門学校を開設している。

なお、スマ・リサーチという調査会社に、スマPIスクールが併設されているとなると、スマPIスクールを修習するとスマ・リサーチで働けるのかとつい考えてしまいそうだが、須磨には全くそんな意図はない。たんにスマ・リサーチの不安定な売り上げを補う、副収入源くらいにしか考えていない。

というのは、スマPIスクールにはいろいろな人がやってくるが、本当に探偵の適性がある人はごく一部である。どんな仕事もそうであるが、探偵は特に、向かない人が就くと悲惨である。なのでスマPIスクールの修習生をどこかの調査会社に紹介することは基本的にはしない。それでも、誠実な性格の須磨は、スマPIスクールできちんと厳しく探偵技術を叩きこむ。

そんなスマPIスクールに、須磨が目を瞠る応募者が現れた。まだ18歳の少女、紗崎玲奈である。静岡の進学校を卒業し、新体操の選手でもあった。須磨が目を瞠る理由は、極め付きの美人なのにとても雰囲気が暗い、ということである。そもそも美人は探偵に向かない。ハイプロファイルで目立ちすぎるのである。スパイならありえるのかもしれないが。それだけでなく須磨は紗崎に負の情念のようなものを読み取り、絶対この人を探偵にしてはいけない、とまで思った。

しかし、須磨は、紗崎に心惹かれてしまった。別に異性として好きなのではない、心配なので応援するだけだ、という正当化理由をつけて支援した。そして、紗崎がスマPIスクールを卒業すると、紗崎のためだけに対探偵部という部門をつくり、採用した。このあたり、ドラゴン・タトゥーの女に出てくる、リスベット・サランデルを彷彿とさせる。

じつは、紗崎には、暗すぎる過去があった。仲のいい妹がいて、おそるべきストーカーに脅迫された。遠い親戚に遠ざけるなどして妹を隔離したのだが、結局居場所を突き止められ、妹は殺された。後で分かったのだが、ストーカーは、探偵に依頼して居場所を突き止めたのだった。そのことがあまりにも悔しくて、紗崎は探偵に対する復讐を誓ったのだった。そのためには探偵技術を徹底的に学ばなくてはならない。その情念は、もともとの素質もあったにしても、紗崎を優秀な探偵にした。

そして、須磨は、紗崎に、他の探偵社の不正を暴き、うまくいくとスマ・リサーチに仕事をもってくるという役割を与えることで、紗崎の存在を正当化しようとしたが、そんな方針は他の調査員の容れるところではなく、紗崎はスマ・リサーチで孤立していた。

しかし、紗崎の真の問題は、不正を暴かれた他の探偵社から強烈な憎悪を受けたことである。そして、海千山千の屈強な探偵社の調査員が、あらゆる手段で紗崎の命を付け狙ってきて、紗崎はまるで戦場にいるように満身創痍だった。しかし、そういう闘いが紗崎を一層鋼の闘士にした。

一方、敵対する探偵社も然るもので、警視庁の捜査に協力することで、警視庁との強大なコネをつくりあげ、紗崎を犯罪者に仕立て上げることにより、自社の不正の追求を躱した。

こうして紗崎は、自らの意志で、命尽きるまでのエンドレスな壮絶な戦いに身を置くのだが、須磨は決して紗崎を積極的に支援しようとはせず、遠くからみているだけである。

ここまで書いてきて、icyなキャラクタの紗崎が、テレビドラマでは北川景子というのは、なかなか嵌りではないかと思った。すくなくとも、どうみても竹内結子ではない。

それしても、この小説に関してはさらっと流して感想文を書こうと思っていたのに、ここまで入れ込むとは自分でも意外なのだった。

2年経過

user-pic
0

2013年7月末で、ほぼ30年勤務した外資系企業を早期退職するとき、契約社員のような形で残らないかと上司から軽く打診されたが、少なくとも2009年あたりから、定年になったら他の企業または特許事務所などに転職しようと決めていたので、全くためらいなく断った。上司はもともと私が受けるとは期待していなかったようで、慰留めいたことは一切なかった。むしろ慰留のようなことを言われたのは研究所の知り合いからだったりした。

私が部内では明細書を書く件数や中間処理の件数で後れをとらないように努力してきたのは、少しでも実力をつけていれば、転職の足しになるのでは、と考えていたからである。しかしその考えは甘くて、まず年齢を理由として相手にされなかった。もちろん、弁理士の資格がないのもネガティブだった。ただ、弁理士の資格があり且つ、私より若くて実務能力があるような人でも転職に苦労する例もあるようで、ということは特許業界自体がそもそも不況なのかもしれない。

なので、ハローワークに通いながら、これは再就職は長期戦になるかも、と覚悟した。昔から知っている、ある知財専門の転職斡旋業者に登録したとき、ある大手企業の子会社で特許調査の仕事があるけどどうですか、と提案されたが、私の希望はあくまでも特許実務です、と最初は全く相手にしなかった。

しかし、特許事務所に断られ続けると、あまり根性がない私は、他にないなら、特許調査でも仕方ないかと次第に弱気になってきた。特許調査はいちおう、自分が担当した発明の先行技術調査を外注しないで100%自分で調査してきたので、まるっきり素人とはいえないが、それでも特許実務よりも経験もスキルも薄すぎる。

それでも特許調査の仕事に応募したのは、信頼できる友人から、あまり長く就職浪人しているとスキルが低下し、人間が腐ると言われたからである。自慢ではないが、スーパーの刺身ではないが、私は結構腐りやすい人間である、特に精神的にであるが。

ところが面接に行ってみると、意外なほど友好的な対応で、その日のうちに内定をもらった。特許調査の仕事にいまいち納得していない私は、快哉を叫んだわけではないが、ともかく行先が決まったことに安堵した。そもそも、ハローワークから失業保険をもらっているとはいえ、貯金はじりっじりっと目減りしている。

そうして新しい勤務先に通うようになったのが、丁度2年前である。ところが、入社した会社は典型的な日本企業で、カルチャーが違い過ぎて、日々違和感に苛まれた。そもそも、前に勤務していた外資系だって、最初は慣れるのが大変で、少なくとも2ヶ月は神経性胃炎や下痢に苦しめられた。なので、この歳になって新しい会社に適応するのが大変なのも無理もないのだろうけど、それにしても周囲とも会話はなく、仕事を丁寧に教えてもらえるわけでもなく、当分、鬱屈と思考錯誤の日々だった。

そんなめげそうな私に軽いブレークスルーがあった。それは、上司から依頼された仕事に、もう10年以上も日常的に使ってきたPerlを駆使して、高速にデータ処理してみせたときであった。処理効率は劇的で、それは確かに称賛してもらえた。そのときから、私は微妙に居場所を得たような気がした。囲碁でいえば、地は少ないものの、なんとか二眼できたようなものかもしれない。

その後、囲碁でいう、模様を少し張ることができたのは、外資系で長年行ってきた特許実務のノウハウを調査に採りいれたときである。すなわち、明細書を書くときは、いろいろ質問を考えて発明者に送って回答してもらったものだが、そのノウハウを活用して、技術内容を依頼者に聞くことでより依頼者の意向に沿った調査ができるようになった。依頼者には研究所の所員が多く、研究員との付き合い方は、外資系で慣れていたのも私には有利だった。

こうして2年経ってみると、10年社員のようにくつろいている自分を見出したりする。ただ、そうはいっても、61歳を過ぎて不安定で、いつ契約を切られても仕方ない身分なのであるが、それでも2年前に拾ってもらった一宿一飯の恩義は忘れまいと肝に銘じている次第である。

また、今後どうなろうと、武士にとっての剣術ではないが、独自のスキルを磨くことだけは怠るまいと思う。築いたはずの人脈を一旦完全に失った状態で、少なくともPerlと発明理解力を含む特許実務の蓄積は、役にたった。外国調査の際の英語力もまあまあかもしれない。さらに、この2年間で身に着けた特許調査のスキルも役に立つこともあるだろう。労働市場をみていると、特許実務よりも特許調査の方がなんとなくつぶしが利きそうなのも、やや安心要素のような気がする。まあその分、特許調査の方が給与は低いのだが、いまさら贅沢はいえない。ともかく芸は身を助くなのだった。

折角竜王戦が始まったのに、連敗に書いたように、渡辺は自身の連敗記録を更新中である。NHK杯は収録した日でなく放送した日に対局があったとみなすので、先週の渡辺対阿部健治郎五段の将棋を入れると、7連敗ということになる。それにしてもNHK杯の将棋は、渡辺が私でも分かる△5七馬捨てを逃したので、これはかなりの不調だと思ったが、あの実際の対局はおそらく数週間前なので、かなり前から不調が始まっていたということになる。言い換えると、そろそろ潮目が変わるのではともいえ、竜王戦第2局はそれを確認する試金石である。

【図1】 6手目△3四歩まで
持ち駒:△渡辺=なし



持ち駒:▲糸谷=なし
さて、早々と渡辺の6手目△3四歩に注目である。なぜなら渡辺が横歩取りを指向しているからである。昔、渡辺が森内から竜王を奪取したときは確かに、横歩取りでタイトルを獲得したともいえたが、その後、渡辺は理由は分からないが、後手番の横歩取りを自ら封印し、矢倉や角換わりに専念した。
なので久々の横歩取り指向は、連敗の流れを変えるためと、仲の良い佐藤天彦が、横歩取りで勝ちまくっているせいなのかもしれない。ともかく、△3四歩以下は▲2五歩,△8五歩,▲2四歩,△同歩,▲同飛,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲3四飛,△3三角,▲3六飛,△8四飛,▲2六飛,△2二銀,▲8七歩,△5二玉,▲5八玉,△7二銀,▲3八金,△1四歩,▲4八銀,△2三銀,▲3六歩,△2四飛,▲同飛,△同銀と進んだ。

【図2】 33手目▲8四飛まで
持ち駒:△渡辺=飛歩2



持ち駒:▲糸谷=歩2
糸谷は▲8四飛と打った。これは、よくある手で、後手はこれに対して△7四歩と突くのが定跡かと思っていたら、渡辺はなんと△8三歩。すると、▲2四飛,△同角,▲1一角成まで一直線である。

【図3】 38手目△1三桂まで
持ち駒:△渡辺=飛2歩



持ち駒:▲糸谷=銀香歩2
ここで△1三桂と飛んだのが、渡辺の新趣向だった。普通は△3三桂なのだが、それだとあとで3三桂に角が引けない。そういう意味で、△1四歩は必須である。ともかく△1三桂以下、▲1二馬,△6二玉,▲7七桂,△7一玉,▲7五歩,△2五桂と進んだ。
すると、▲3四馬としたくなるが、そこで後手の△2六飛が好手で、それに▲2七歩とすると、△3六飛と回られてしまう。すると、△2六飛には▲2七銀とするよりないが、△3七歩,▲同桂,△同桂成,▲同銀,△2七飛成,▲同金で、△2九飛や△1五角と攻め合われて先手が悪いのだという。なので、ここで糸谷が考えて、封じ手になった。

【図4】 45手目▲6五桂まで
持ち駒:△渡辺=飛2歩



持ち駒:▲糸谷=銀香歩2
糸谷の封じ手は、▲6五桂だった。しかし、渡辺の△1五角が厳しい。以下、糸谷の▲7四歩に無視して△4八角成,▲同玉だが。

【図5】 50手目△3七歩まで
持ち駒:△渡辺=飛2銀



持ち駒:▲糸谷=角銀香歩2
当然とはいえ、△3七歩が厳しい。以下、▲3七同桂,△2九飛,▲2五桂,△4九飛打,▲3七玉となった。

【図6】 56手目△2五飛成まで
持ち駒:△渡辺=銀桂



持ち駒:▲糸谷=角銀桂香歩3
すると渡辺は当然の△2五飛成。最早勝勢といってよいだろう。後手玉は結構遠い。以下、▲3五角,△4四桂,▲2七銀,△7四歩,▲5三桂成,△3五龍,▲同歩と進み、

【図7】 64手目△6四角まで
持ち駒:△渡辺=銀歩



持ち駒:▲糸谷=飛桂香歩4
△6四角がシンプルな決め手である。もっと他に勝ち方はありそうだが、連敗続きだったので、渡辺は紛れを減らそうとしたのだろう。以下、▲2六玉,△2四歩,▲3四歩となって、

【図8】 投了図68手目△4六角まで
持ち駒:△渡辺=銀



持ち駒:▲糸谷=飛桂香歩4
△4六角が次の一手のような手である。▲同歩は△同飛成だし、▲3七桂は△1五銀で詰み。なので投了も止むなし。△4六角に無理やり指すなら▲1六歩だが、△2五銀,▲1七玉,△1九飛成で、▲1八飛なら、△同龍,▲同銀,△2六銀,▲同玉,△3六飛,▲1七玉,△3八飛成で必至。△1九飛成に▲1八桂または1八香なら、△3五香,▲4六歩,△3八香成で必至。プロなら自明なのでこんな変化なんて余計だが、弱い自分自身のために確認してみた。なにしろ、後手玉が、なにか入ると詰むような形でないのが綾なしである。

結論として、【図3】の△1三桂があってみれば、そもそも△2四飛に▲同飛と取ったのが敗着と理解してよいのだろうか。いや、△2四飛に▲同飛,△同銀はいいのだが、そこで▲3七銀だと、激指はいう。これは今期のB級1組順位戦、後手谷川九段に対して、村山慈明七段が指した手だそうなので、やはり【図2】 ▲8四飛が敗着なのだろう。その谷川対村山の棋譜をみてみたが、村山がなんと、わざと▲8二角と打って△9二飛を打たせ、角を犠牲にして渋い展開にもっていったのだが、それが疑問だったのか村山の完敗だった。なので、あまり参考にならないとみた。
なおもちろん、△2四飛に▲同飛と取らないで▲2五歩と謝る手もあって、それも一局だろう。

しかし、この一局だけでは、渡辺の調子が戻ったかどうかまだわからない。研究が嵌った一方的な将棋だったからである。もっと接戦を制してから、渡辺の復調を謳うべきである。

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。