2015年12月アーカイブ

照井一成氏の「コンピュータは数学者になれるのか?」青土社を読んでいると、停止決定問題の例としてコラッツの問題が挙げられていたので、私なりに簡単にまとめてみる。

コラッツの問題とは、角谷の問題とも呼ばれ、ある3以上の整数nから出発して、nが偶数なら2で割り、nが奇数なら3n + 1とする、という計算を繰り返す。そして、計算結果が1になったとき停止とする。すると、必ず有限の数列で停止する、という予想であるが、アルゴリズム的には極めてシンプルなのに、その停止性の証明は、数学的には未解決問題なのだという。

今のところ、260までの数について、この予想が正しいことが確認されているという。

数論の達人であるエルディシュは、「数学はまだこの手の問題を解けるほど成熟していない。」と言ったそうである。「この手の問題」には、双子素数ゴールドバッハ予想も含まれるのかもしれない。

さて、折角なので、コラッツの問題の例を計算してみる。上述のように、プログラム的には極めてナイーブといってよい。n =9でのPerlのコードと、その計算例を示す。9から始めると、停止まで結構長い旅になることが分る。なお自明な蛇足コメントを述べると、コラッツの問題というか予想は、どこかで必ず2mみたいな値にぶつかって、そこで2で割る手続きの連続で一気に収束してしまうことを意味する。なので、2mという刑事の張り込みを避けて、永遠に逃げ切る数があるかどうかというのがコラッツの問題の言い換えでもある。

# Collaz problem

$n = 9;

while ( $n > 1 )        {
 printf "%d, ",$n;
 if (($n % 2) == 0 )  {
  $n /= 2;
 } else               {
  $n = 3*$n + 1;
 }
}
printf "1\n";
9, 28, 14, 7, 22, 11, 34, 17, 52, 26, 13, 40, 20, 10, 5, 16, 8, 4, 2, 1

また、数nの停止までの数列の長さをcn(n)と記すことにして、n = 3から1000までのcn(n)を計算してみた。こちらにリストで示す。

これを眺めていると、いくつかの面白い結果が見てとれる。例えば、290から294まで5個連続して長さが118であり、386から391まで6個連続して長さが121である。数列をつくるアルゴリズムからして、隣接する数の数列の長さが同じになるというのはどうしても想像できない。

また、3n+1という計算式と、cn(8) = 4, cn(9) = 20, cn(10) = 7という結果から、n = 3mのような場合に特異的に数列が長くなるのかなと推察させる。じっさい、cn(26) = 11, cn(27) = 112, cn(28) = 19でもある。ところが、cn(80) = 10, cn(81) = 23, cn(82) = 111と急に、81が82に完敗してしまう。このように、コラッツの問題の素直でなさがちらっと窺える。

ララポート

user-pic
0

豊洲にあるオフィスで勤務していたとき、会社の帰りに工学書の専門書を買いたいと思い、ウェブで近辺の大型書店を調べてみた。するとどうも豊洲駅のそばのララポートの中に紀伊国屋書店が入っているらしいと分かったので、行ってみることにした。

地図でみると、ララポートは駅のそばなのだが、方向音痴の私は随分迷って、豊洲駅を過ぎてからさらに10分くらいかかってなんとか辿りついた。行ってみるとそれは、ニューヨークの郊外にあるような、大型のショッピングモールなのだった。ただ、そこに来ている人達は若いカップルだったり、ベビーカーを引いている若い主婦だったりして、私のような中年過ぎの男性はまず見かけない。

違和感を感じながら、ともかく紀伊国屋書店に行ってみて、売り場面積がある程度広いことに安堵した。で、目的の専門書を探したのだが、失望するまでに長い時間はかからかった。なにしろ、サラリーマン向けのビジネス書や小説、学参、コンピュータの入門書の類だけで、目指す専門書が皆無だったのである。

そこで、そもそもララポートは、私のようなおじさんは相手にしてないと分かったので、その後ララポートには一切足を向けなかった。

なので、最近、海老名にララポートがオープンしたときも、一切行ってみる気はしなかった。ところが、家人が最近、海老名のララポートに行くので、是非同行するように、という。私は普段読んでいる警察小説の中の、係長に命令された巡査部長のような気持ちになった。渋々感、一杯である。まあ無理やり行ってみる理由をこじつけるなら、ララポート海老名のオープンの日がたまたま私の誕生日である、ということくらいだろうか。

で、行ってみて感じたのは、当然かもしれないが、海老名のララポートは、豊洲のララポートとほとんど相似なのだった。厳密にみれば入っているテナントは違うのかもしれないが、私にはそんな細かい違いは分からない。ともかく私は、家人が買い物している間、テナントのひとつ、有隣堂で本を眺めていることにした。ところが、その本の品ぞろえは、豊洲のララポートに入っていた紀伊国屋以上に私を落胆させるものだった。なにしろ、専門書が豊洲のララポートよりもさらに薄く、コミックが大部分を占めている。近くに、リコーや富士ゼックスなどの大企業の事業所もあるのにどうしたことだろう。

で、今更再確認したのだが、ララポートは、専門書を買いに来るような人はターゲットにしていない。コミックやライトノベル(私も最近はライトノベルは嫌いではないが)を好んで読むような人がくればよいと思っているふしがある。

ともかく有隣堂で時間をつぶしていると、買い物を終えた家人と下の階に降りた。で、ロピアというスーパーを通りががると、そこに置いてある野菜や魚などが結構安い。私は普段からスーパーで買い物するのが意外に好きなので、買い物センスは少しだけある。さらに見回っていると、鈴木商店というのがあり、三崎のマグロを売っていた。いかにもおいしそうで安かったのでそこでマグロを買い、ロピアで野菜を買って、比較的沢山の買い物で満足して帰宅した。

結論としてララポートは、私には大域的には幾何学的に好ましい構造ではないが、局所的にはときどき面白い代数構造が見出されると分かった。もしかしてそのうち、また行くかもしれない、家人に同伴してだが。

交友関係

user-pic
0

前に外資系に勤務していたときは、一応多国籍企業だったもので、気楽にチャットで話せるような友人が、欧米、アジアからイスラエルまで全世界に多数いた。管理職時代はいつも夜11時くらいまで仕事をいていたが、すると、米国の知り合いともチャットで話すのに好都合な時間になった。大抵はつまらない世間話だが、ときには予算やリストラがらみの重い話もした。

そうやって、日本国内にも海外にも話し相手に不足したことがなかった私だが、ちょっと不自然な会社の辞め方だったこともあって、必ずしも意図したわけではないが、急ハンドルを切るように、多くの知り合いとも関係が途絶した。まあ、仕方がないことだと思う。

結局、ほとんど挨拶メールも出すことなく、ほとんど隠密で会社を辞めたのだが、辞める直前に、中国のSさんが、あなたはとてもカラフルな存在だった、とても残念であるといってくれたのが嬉しかった。

また、辞めた後、私の元部下が、台湾のPさんが、私にコンタクトしたいといっている、私の個人メールアドレスを教えてもいいかと聞いてきたので、Pさんなら構いません、と応えた。すると次の日早速Pさんからメールがきて、あなたは割増金付きで辞めれてラッキーである、自分はもう会社にうんざりだが、管理職なので、今辞めても割増金はでない。なので、自発的に辞めることもできない、困ったものだ、のように書かれていた。確かに会社は厳しい状態なので、Pさんの気持ちにも共感した。

ちなみに、SさんもPさんも、実質的に私より若い女性であって、日本にあってほとんど女性にもてなかった私だが、日本以外のアジアなら、もう少しだけもてたのかもしれない、としばしの錯覚に陥ったとしてもバチは当たらないだろう。

ところが、数ヶ月前、Pさんが突然会社を辞めたと知り合いから聞いた。というよりも、部門そのものが閉鎖されたらしくて、不本意な辞め方だったのだろう。ふと、井上陽水のチエちゃんという歌の、♪誰にもさよならいわないままで、誰にも見送られずに♪という歌詞が頭に浮かんだ。私が辞めた後でPさんは、彼女の個人メールアドレスでメールをくれていたので、そのメールアドレスにメールすればPさんに何かメッセージを送れたわけだが、自分が不本意に会社を辞めたときの心理を思い出すと、軽々しいことはPさんに書けない気がして、今に至るまで何もメールしていない。きっとこのまま互いに忘却のベルトコンベアで運ばれるのだろう。

こうして、それなりに広がっていた私の海外ネットワークは、いまやほとんどゼロに収束しつつあるのだが、思い出したように海外からメールをくれる唯一の存在が上記中国のSさんである。最近も上司のYさんとのツーショットの写真を送ってくれて(誤解なきようにいうと、Yさんも女性である)、Yさんといえばもう15年前にRaleighの会議で私が偉そうに管理職道を説いて以来の長い間柄なので、これまた懐かしく感じた。

とはいえ、私が元いた外資系は結構揮発性の高い会社なので、YさんもSさんもそのうち辞めてしまうかもしれず、そしたら次第にメールもこなくなるかもしれず、それはそれて仕方ないなあと諦めモードだったりする。

失敗体験

user-pic
0

私は何をやっても要領が悪いので日常的にミスが多いが、それでも神経質で臆病なので、大失敗というのはそんなに多くない。主な失敗を挙げると以下のとおりである。

  1. 2009年3月に車で左折するときに、左に寄りすぎてドアを近所の駐車場のブロック塀にぶつけて破損してしまい、当時車両保険に入っていなかったので、ドアの修理代の20万円を自費で払うよりなかった。
  2. 2011年4月の酔っ払い事件。
  3. 台風一過に書いた、2011年9月の台風の際の高速道路インターでの事故。

これを、そんなに多くないというと笑われるかもしれない。こんな頻度なら立派なものだと。

ところが、最近、大事には全く至らなかったのだが、かなりショックなことがあったので、ちょっと記述してみる。

すなわち私は、今年の3月に車を買い替え、ハイブリッドのトヨタのアクアにしたのだが、車のキーは盗難されにくいようにと、スマートエントリーというのにした。すなわち、電波を発生するデバイスをポケットなどに入れておいて車に乗り、ブレーキを踏みながらボタンを押すことによりエンジンがかかる。

ところがあるとき、家人を駅に送ろうと車を始動させようとしてもどうしてもエンジンが始動しなかった。おかしい、故障かといろいろみたが分からない。そもそもシフトレバーがPからDに全く下げられない。で、家内が指摘するのは、私はどうもうっかりブレーキでなくアクセルを踏みながらエンジンをかけようとしたらしい。運転免許を取得して30年、運転は下手だがブレーキとアクセルを踏み間違えたことは一度もない(はずの)私は慄然とした。もちろん設計によりフェイルセーフでアクセルを踏みながらではエンジンがかからないようになっているので、一応は大事に至らないのだが。

気を取り直してあとはなんとか普通の運転に戻ったが、世間でよく聞く、ブレーキとアクセルの踏み間違えというのはこれか、と思ってしまった。

で、自分の心理を顧みると、注意不足というよりもむしろ、魔が差した行動だったような気がする。

その背景に確かに、ここ数日の普段よりレベルの高い疲労度があったことは事実である。そして確かに上述の主な失敗にも、やはり根底に高い疲労度があった。おそらく魔のメカニズムというのは、疲労による心の空隙に、何かの霊的なものが憑りつくのかもしれない。しかし、自分で疲労度が髙いから今は避けようのような動機が働くことはなかなかない。なので、どうやって魔がさすミスを防いでいいのか分からない。

ともかく、ブレーキとアクセルを踏み間違えは致命的な事故になりかねないので、今日のことをインフルエンザのワクチンのように考えることで注意深さを取り戻さねば、と強く認識する次第である。

A級順位戦の対戦結果が6回戦まで埋まったので、例によって挑戦・降級確率を計算してみた。以下のとおりである。

順位棋士名レーティング挑戦権の確率決定戦になる確率降級確率
1行方尚史八段42181326.3%20.3%0.0%
2渡辺 明棋王42185923.8%18.3%0.0%
3久保利明九段1518090.0%0.0%55.3%
4広瀬章人八段1517670.0%0.0%62.5%
5深浦康市九段2417860.0%0.0%31.2%
6郷田真隆王将2418140.1%0.1%37.8%
7森内俊之九段3317583.9%3.9%12.2%
8佐藤康光九段42179323.7%18.3%0.6%
9佐藤天彦八段51191569.3%35.0%0.0%
10屋敷伸之九段42176023.8%18.4%0.6%

前回、「毎回思うのだが、この表だけみると、天彦の挑戦がかなり確実のように見えてしまうのだが、次に一敗したら一気に確率は下がるので、あくまでも目安である。」と書いたのだが、まさについに天彦が一敗して5勝1敗になり、4勝2敗が、行方、渡辺、佐藤康光、屋敷と四人もいるので、挑戦のゆくえはさっぱり分からなくなった。こうなってくると私の確率計算は、ほんの目安でしかない。

降級の方はというと、これも確率計算にたよる必要もないほど自明なのだが、広瀬、久保、郷田、深浦、森内の順に確率が高い。そしてこれ以外の人は基本的に降級対象外となった。順位最下位の屋敷は、普通だったらこの時点で4勝しても降級の可能性について安心してはいられないのだが、今期は星が偏ったので、もうまず落ちない。

ところで、昨年挑戦争いした広瀬の不調はどうしたことだろう。まあA級は実力が拮抗しているので、ちょっとした不調が負けにつながるのだろう。広瀬ほどの人がこのまま終わるはずがないので、なんとか残留し、次期は頑張ると期待したい。

一方、囲碁の話題だが、井山棋聖の連勝記録がストップしたという。以下、朝日新聞のウェブ記事から引用する。

今年7月下旬から無敗のまま勝ち続けていた囲碁の井山裕太名人(26)=棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖をあわせ六冠=が、21日収録のテレビ棋戦で敗れ、連勝は24でストップした。
日本棋院などによると、日本囲碁界の公式戦最多連勝は、1963~64年に故坂田栄男九段(二十三世本因坊栄寿)が記録した29連勝。日本棋院のプロ棋士に限れば、井山の24連勝は、坂田に次ぐ史上2位タイの記録になる。

これをみて、ああ、囲碁というのは将棋より連勝が難しいのだ、と思った。しかし、調べてみると、将棋の連勝記録は、神谷八段(現在)の28連勝が最高で、次が丸山九段(現在)の24連勝なので、まあ似たようなものかもしれない。

ところで、囲碁のテレビ棋戦というのは、NHK杯と竜星戦があるが、確認したところ、どうみてもNHK杯の方が井山の対局までの行程が短い。ただ、竜星戦の方がリードタイムを長くとる傾向があるので分からないが、おそらくNHK杯なのだろう。すると、井山はおそらく河野臨九段に負けたのだろうと推測できる。ただ、テレビ棋戦の結果が前もって分かるというのは、かなり興ざめではある。

かなり前だが、囲碁将棋チャンネルで、高見五段対中川アマの銀河戦をみていて、終盤の互いの応手があまりにも絶妙なので感心していたら、ふとある命題がひらめいた。それは、この応手は確実にプロレベルであるが、果たして世間の医師と呼ばれる方々は、この手の高度さの専門性を日々の医療行為に発揮しているのだろうか、と。

で、いくらなんでもそれは無理なのでは、と思った。というのは、日本の将棋人口は一千万人くらいはいるかもしれないが、高見五段や中川アマのレベル指し手となると、日本に200人もいないだろう。すると、トップクラスの名医をもってこないと、高見五段や中川アマの将棋のレベルに匹敵できないことになる。

じゃあ、と私は思った。すると、日本の医師の医療行為の平均レベルは、私の将棋くらいだろうか、と。そしていくらなんでも、甘く見てアマ四段程度の私の将棋を引き合いに出したら、高度な専門職である医師の方に申し訳ないだろうと自分で苦笑いした。

しかし、将棋の方が医療行為よりずっと有利な点がある。それは、将棋は完全情報ゲームである、ということである。基本的に運にも左右されない。

そこいくと、医療の対象である人体というのは、相当にブラックボックスなのではあるまいか。確かに人間ドックなどで検査すれば、沢山の数値が集まる。しかし、それは人体の断片のデータの寄せ集めにすぎない。医学は科学ではないの趣旨によると、医師が検査数値から人体の様子を正確に理解するのはまず無理である。そう考えると、どう贔屓目にみても、私が将棋を指していて感じる不透明感と同程度の不透明感を、平均的な医師の方々は治療行為で感じることがあるのではないか。

もしそうだとすると、手術をすべきか、どの薬を処方すべきか、など医師は確立された状況の場合を除き、なかなか正解手が指せない可能性が結構あるはずである。

すると、きちんと攻めるべきとき手抜きし、何もしないで様子をみるべきとき、余計な手を指して形勢を悪化させてしまうことがないだろうか。どんな医師だって、正解手が指せる確率はあまり高くないのではないだろうか。

こうして、私は最近の、検査や治療を減らそうとする傾向について考えてしまう。医療のことは分からないが、無理やり将棋に置き換えて考えると、少なくともプロは基本的に成算がないと仕掛けない。私からみて信じられないほど慎重だったりする。それはそうで生活がかかっている。

医師だって、自分の体に関する治療だったら、癌になって安易に抗癌剤に委ねたりするだろうか。

一方で、医師が生活がかかっているというのは、治療行為をしたり、投薬をしないと収入につながらないのである。すると、つい無理攻めしてしまうのではないか。結局、自分の体ではないのである。なので、もちろん近藤誠医師の主張はちょっと言い過ぎのような気もしないではないが、それにも増して、特に腫瘍内科医という人達の近藤誠医師に対する反応は、合理性を超えて怨嗟を感じさせる。生活基盤をundermineされるような不安を感じる。

という単なる感想なのであった。

USPTOの停電

user-pic
0

最近知ったのだが、12月22日にUSPTO(米国特許商標庁)が停電になり、まだ復旧しておらず、特許出願システムも、特許検索システムも、特許支払いシステムも使えないようである。USPTOのサイトから、その通知文を引用する。

A major power outage at USPTO headquarters occurred Wednesday, Dec. 22, resulting in damaged equipment that required the subsequent shutdown of many of our online and IT systems. This includes our filing, searching, and payment systems, as well as the systems our examiners across the country use. Additionally we are unable to receive faxed documents. We are working diligently to assess the operational impact on all our systems and to determine how soon they can be safely brought back into service in the coming days. We understand how critical these systems are for our customers, and our teams will continue to work around the clock to restore them as quickly as possible, though we are currently estimating that these systems will be impacted at least through the Christmas holiday on Friday, December 25.

元特許実務屋であり元特許管理担当である私としては、これが知財担当者にとって実に困った事態であることが痛感されるのだが、特許に関与しない者にとっては、ああら大変ね、くらいであまりピンとこないかもしれない。

それにしてもなぜこんなことが起きたのか、これはテロかとつい思ってしまうのは、たまたま最近、ジェフリー・ディーヴァーのバーニング・ワイヤーを読んだからである。そこでは犯人が、電力切り替えシステムのネットワークに不正侵入し、電力を遮断し、あるいは迂回させてしまった。

ただ、テロの対象として特許庁というのはちょっと地味で、国防総省や国家安全保障局などを狙わないとインパクトが弱い。一瞬ISのテロかなとも思ったが、ISならやはりこんな地味なところはターゲットにしないだろう。なので、ちょっとした変電所のトラブルなのかもしれない。

しかし、出願予定だった特許出願を目標の日に出せないというのは実に困るだろう。そのあたり、私は痛いほどわかる。なにしろFAXさえ受信不能というのだからどうしようもない。早く復旧することを願う。

女流名人・林葉直子に続いて、日本の名随筆別巻8、「将棋」団鬼六編、作品社を拾い読みしているのだが、弟子の桐谷七段(現在)による「升田先生の素顔」という一文がなかなか興味深いので、私なりに要約してみる。

この随筆は、桐谷七段が、師匠の升田九段が病気で亡くなられたあと、師匠の思い出を綴るというかたちで書かれたものである。桐谷七段は師匠思いの弟子なので、升田讃美に満ちているかというと、必ずしもそうではない。

広島県竹原市出身の桐谷少年が棋士を志望したとき、三原の松浦卓造八段のところに相談に行った。広島県尾道市出身の私は、高校生のとき、ときどき福山に将棋を指しに行っていたが、そのときも松浦卓造八段の話は聞いたことがある。なにしろ田舎なので、プロの八段の先生なんて珍しい。

もしかして、桐谷少年は、松浦八段の弟子にしてもらいたかったのかもしれないが、なぜか松浦八段は、升田九段に話をつけてくれた。これは、棋士になれそうな見込がある子はいい先生に紹介し、なれそうもない子は自分の弟子にし、どうしようもない子は断る、という方針だったからだそうである。

で、升田九段の家を桐谷少年が訪ねると、怖いと思っていた升田先生は意外に優しく、細かい気遣いをされていれたそうで、しかしそれを聞いても私はあまり意外ではない。そして、自分は敵が多いから、弟子になるといじめられるだろうと先生にいわれたが、棋士になってみてそんなことは別になかったそうである。

桐谷さんが棋士になったあと、将棋連盟で、名人戦が朝日から毎日に移籍するという問題が起きた。朝日の嘱託であった升田九段はこれに反対であったが、桐谷さんは独自の判断で、移籍に賛成した。そのことで升田九段は桐谷さんのところにたびたび電話をかけてきて、朝日に弓を引く人間は弟子にはおいておけん、破門だ、と言った。

桐谷さんも一本芯の通った人なので、売り言葉に買い言葉で、ではもう先生の関係のところには出入りしません、と弟子の方から絶縁宣告した。

ところが升田九段も、あまり破門に乗り気でないようで、数日して、松浦の紹介で弟子にしたので、松浦の承諾なしに破門にはできない、みたいに連絡してきた。

そこで桐谷さんが、松浦八段のところに相談に行くと、「升田氏はあんたが謝っていったらそりゃあ喜ぶじゃろう。ワシの顔を立てて会いにいってくれ。」という。そう言われて、桐谷さんは、嫌ですともいえず、病気入院した升田九段を見舞いにいくことでなんとか和解し、破門にはならなかったそうである。

ともかく、升田九段というか升田実力制第四代名人は、不世出の将棋の天才で、プライドも高く、つい余計なことも言い過ぎて、周囲の誤解を招く人だったが、根はやさしくて気遣いができる人であることがわかる。しかし、親身になって話せる知り合いは少なく、意外に孤独な人でもあったのかもしれない。それで、数少ない弟子の桐谷さんとも絶縁したくなかったのだろう。

そんな升田九段は、生前から、亡くなっても香典や花輪など一切受け取らず、告別式や将棋連盟葬もしないという方針だった。大勢の人に時間的、金銭的負担をかけたくないという独特の気配りの方針だそうで、世間には升田九段がそんな人だとは思っていない人もいるかもしれないので、このあたりもきちんと書いておくべきと思う。

なので、亡くなってもマスコミにも一切知らされなかったが、流石に大山十五世名人、丸田九段、中原名人、加藤九段、米長九段をはじめ、主だった棋士が焼香に訪れたという。

去年はジェフリー・ディーヴァーの作品をよく読んだものだった。が、あまりに集中して続けてディーヴァーの作品を読んだせいでちょっと飽きたような状態になって、去年の5月に静寂の叫びを読んで以来、ディーヴァーの作品は読まないできた。

ところが、新聞広告で、ジェフリー・ディーヴァーの「バーニング・ワイヤー」上下二巻、文春文庫を見かけて、久しぶりにディーヴァーの作品を読んでみたくなった。

そこで、会社の勤務時間の昼休憩に、近くの啓文堂に出かけていって、「バーニング・ワイヤー」上下二巻、文春文庫を購入し、その日の通勤の帰路で電車読みを始めた。すると、随分緻密な構成の小説だと今更感心した。というのは、今まで読んだジェフリー・ディーヴァーの作品は、ジェットコースターのように一気読みで、構成の精粗なんて考える暇もなかったからである。

ただ、「バーニング・ワイヤー」の細部が気になったのは理由があって、ここ何週間か、仕事の技術理解のため、アナログ電子回路の本を読んでいる。はずかしながら、今更、空乏層だの、電子のコレクタ注入など、バイポーラ・トランジスタの基本動作原理から学んでいると、嫌でも電気的な話の詳細に注意がいく、という次第である。じっさい、「バーニング・ワイヤー」は電力の送電線の経路制御や、何ミリアンペアの電流で人間が死に至るとかなど、その分野の専門書に書かれているような説明が豊富である。

さて、ストーリーは、正体不明の犯人がニューヨークの電力会社のコンピュータ・ネットワークに侵入し、特定の変電所に電力を集中させることから始まった。そうしておいて、犯人は事前にその変電所に忍び込み、内部の送電線からワイヤを接続して、外部に垂らした。そこで、近くをバスが通りがかるタイミングで、犯人はスイッチを入れ、何十万ボルトの電圧をかけることでワイヤの先端にアークを生じさせた。それによってバスに壊滅的な衝撃が与えられ、死者が発生するほどだった。

現場検証で、これは事故でなく新手のテロだと判断したFBIとニューヨーク市警は、事件の難易度と重大性から、リンカーン・ライムに相談を持ち込んだ。そしてアメリア・サックスやロナルド・プラスキーらが、鑑識の観点で現場をより詳細に検証し、見つかった証拠物件を持ち帰った。しかし、電力テロは未経験で、流石のアメリアも、感電させる罠などが仕掛けられていないか、恐怖に怯えつつの検証だった。

物件の数だけはいろいろと持ち帰ったのだが、流石のリンカーン・ライムも、犯人を同定する証拠は見出すことができなかった。

FBIはもちろん手を拱いておらず、タッカー・マクダニエルたちのクラウド捜査チームが、ネット上で電力会社のコンピュータ・ネットワーク不法侵入をトレースし、一方、潜入捜査官のフレッド・デルレイが、昔ながらの地を這うような変装捜査で、情報提供者に不審な者に関する情報を集めていった。

そうやって捜査陣はいよいよ、犯人の身元らしきものに辿りついたのだが、それにも拘わらず犯人から脅迫状が電力会社に届き、一定期間電力を止めないと、さらにテロを脅すと脅かしをかけた。そんな要求はとても受け入れられないと電力会社が拒否すると、本当にニューヨーク市内のビルで電力テロが起き、感電で数人が亡くなった。こうしてニューヨーク市内では、いつどこで感電死するか分からないという恐怖が蔓延した。

その後も度重なる脅迫状が犯人から届き、新たな犠牲者が出たのだが、リンカーン・ライムは、深刻な自律神経の障害に苦しみつつも、犯人の行方と、その意図を絞り込んでいった。

ここからはストーリーの佳境なので記述は省くが、工学書のように緻密に積み上げたストーリーは、なかなか日本には類作がなく、流石ディーヴァーであると感心した。ただ、得意のどんどん返しはあるにはあったが、ディーヴァーとしては抑制が利いたものだったかもしれない。

そういえば、自宅には、随分前に買ったディーヴァーの「ウオッチ・メーカー」が積読になっていた。ちょっと間をおいて、これもそのうち読んでみよう。

手順前後

user-pic
0

あるいみ溝の口の続きで、さらに昔のことを思い出してきた。昔のことというけど、たかが30年や40年のスパンであり、セネカだったか、ストア派の哲学の本に書かれていた人生の短さとはこういうものかと、今更苦笑する。

で、回想はさらに、私が最初に就職した大阪の会社でいじめのような目に遭って、逃げるように東京に出てきた頃に遡る。首尾よく東京の機械メーカーに就職できた私は、狛江の安アパートから、国領というところにある会社に歩いて通うようになった。

入社した最初の日、部門の先輩に連れられて社内を挨拶して回ったが、デザイン部門に来たとき、小柄で才気煥発みたいな女性に何か声をかけられて、その女性のことが意識の片隅に残った。

それから、部門では溝の口で言及したように、私と同期入社の横浜出身のSさんと仲良くなり、ふたりでよく飲みに行った。

あるときSさんと、狛江の駅前の小さい居酒屋に行ってみた。すると、入社時に印象に残った小柄で才気煥発の女性と、少し年配の男性の二人がいた。女性はTさん、男性はKさんと名乗った。なんでもデザイン部門の先輩後輩らしい。一体二人はどういう関係なのか、不倫なのかとSさんと私は怪訝に思ったが、どうもそういう関係でもないらしい。

ところが、私とSさんがいつその狛江の居酒屋に行っても、必ずTさんとKさんが来る。それで次第に打ち解けてくると、私とSさんに対して彼らは容赦なく毒舌を投げてくるのだった。それが彼らなりの親しみの表現だと分かるのに少し時間がかかった。ただ、素朴な私は度が過ぎた毒舌に、うまくやり過ごせないでときどき傷つくことがあった。

それでも、私にとって楽しみなのは、飲んだあと、SさんとKさんが電車で帰り、途中まで帰路が同じなので、私とTさんが二人で歩いて帰ることだった。それで道すがら、Tさんと雑談していると、普段の毒舌とは違う一面があって私は少しずつTさんに惹かれていった。Tさんはというと私のことはそんなに嫌じゃないと思っているだけの程度のようだった。なので、いつまでたってもふたりの距離はあまり縮まらなかった。

酔った勢いでつい何度か、そのうち結婚しませんかみたいに打診したことがあったような気がする。しかし、その都度Tさんに適当にかわされた。まあ、デートと呼べるものさえ一度も行っていないのだから、随分浅い付き合いである。

で、よく分からないのは、その後母に見合いを勧められたとき、Tさんのことが一秒も頭に浮かばなかったことである。私がもうちょっと恋愛馴れしていたら、俺、今度見合いするんだけど、とTさんに気持ちを打診したところだろう。しかし、そもそもTさんのことが意識に上らなかったのだから話にならない。じっさいのところ、既に別の会社に転職していて、物理的に離れてしまったのも決して小さくない。

見合いは予想されたことだが、連敗続きだった。流石の母も、見合い相手を探すのに疲れて、今回の見合いが駄目なら自分で相手を探すようにと私に言ってきた。で、私は、今度駄目なら、ちょっと腹案もあるので、そちらに打診してみる、と母に応えた。腹案とはなぜか急に頭に浮かんだTさんのことだった。しかし、Tさんが受諾してくれる見込もなかった。そうなったら当初の予定により独身を通そうと思った。

ダメモトと思った最後の見合いは、何かの運命でうまくいき、結婚して今に至っている。ところが結婚した直後、Sさんから、Tさんが何か残念な顔をしていると聞いた。私は、あそう、と思っただけである。私はそのとき既に外資系に転職していたので、もう狛江の居酒屋に顔を出すこともなくなっていた。

それから数か月後、Sさんの結婚式に呼ばれた。仏滅の日の、どこか横浜の神社だった。案の定というか、Sさんの新妻は、「溝の口の彼女」だった。そこにはTさんとKさんも招待されていた。私はTさんとKさんと会うのが久しぶりだったので懐かしささえ感じた。

ところが、結婚式が終わって、びっくりすることがあった。Tさんが、自分のアパートの電話番号を書いた紙を私に渡して、今度よかったら電話して、というのである。当時はまだ世間に携帯はなかった。結局、Tさんに電話することは一切なかった。

で、今更の想像であるが、少なくともボーイフレンドに不自由していなかったTさんにとって私は結婚相手のリストの末尾に位置していたのだろう。すなわち大学入試でいえば滑り止めみたいなポジションである。ところが意表をついてその滑り止めが募集を突然締め切ったので、慌てたのだろう。だからといって今更私を誘ってどうすると、私は冷静に考えた。もっと早くそうしてくれればまた運命も変わっていただろう。将棋用語を使っていうと、それは重大な手順前後であった。

Tさんはそれから7年か8年くらいして結婚したらしい。これにまつわる感情の綾を慮ることもなく、まるで特許の明細書でも書き下すように淡々と記述する私にはやはり純文学は相応しくない。ただ、いまさらそんなことを思い出すというのだけがちょっぴり文学的かな、とつぶやく次第である。

B級1組

user-pic
0

B級1組の9回戦が終わって、さらに煮詰まってきた。そこで例によってルーチンになっている確率計算を行ってみた。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1三浦弘行九段71181895.4%0.0%
2阿久津主税八段4516830.0%0.0%
3松尾 歩七段5417341.2%0.0%
4山崎隆之八段3517640.0%0.9%
5橋本崇載八段4417020.6%0.1%
6木村一基八段63177021.9%0.0%
7豊島将之七段3518510.0%0.2%
8村山慈明七段2617210.0%20.7%
9畠山 鎮七段2615800.0%79.2%
10谷川浩司九段5416310.1%0.1%
11丸山忠久九段5317302.3%0.0%
12稲葉 陽七段71180778.5%0.0%
13先崎 学九段1715580.0%98.8%

この表に関するコメントは以下のとおりである。

  1. 特に確率計算に依存するわけではないが、三浦はほとんど当確だろう。なぜなら、残り4局を、2勝2敗で昇級確定である。その4局の相手はというと、橋本、村山、丸山、山崎。あくまでも相対的な意味であるが、特にきついメンバー揃いというわけでもない。
  2. 一方、稲葉はというと、残り4局の相手は、丸山、橋本、畠山、木村。ここは最低限でも2勝2敗で乗り切らなくてはならないが、特に当面のライバル木村には勝たなくてはならないだろう。いまの稲葉なら、なんとか昇級できそうではあるがまだ油断できない。
  3. 木村は、残り3局が先崎、谷川、稲葉。ここは是非とも3連勝して「キャンセル待ち」したいところである。
  4. 降級確率は依然、先崎、畠山、村山の順。10回戦の村山対畠山の対局が大一番である。それで一人の降級者の帰趨がかなり決まる。先崎はやはり逃れられないだろう。先崎は、もう一番負けると、確率が収束(デコヒーレンス)して、降級が数学的にも決定するはずである。と思って、先崎が次に木村に負け、畠山が村山に勝ち、あとは適当という先崎に最悪のシナリオを作ってみたら、先崎の降級確率は98.8%から99.6%に増えたが、まだ100%にデコヒーレンスしないのだった。

ところで、順位戦の昇級・降級計算アルゴリズムで、計算に使うパラメータは、順位・勝敗の数・レーティングという3つしかないが、このうちどのパラメータが一番重要なのだろうか。それはもちろん勝敗の数なのだが、あとは順位とレーティングのどちらが重要なのかというと、一般論としては、リーグ戦の序盤であるほどレーティングが効いてきて、切羽詰まるほど順位が効いてくるということなのだろう。

あと、お前はどうしてB級2組やC級2組などの他の順位戦の確率を計算しないのだ、と自問してみた。で、表向きの理由は、他の順位戦の昇級・降級は、A級やB級1組ほど結果がドラマチックではないのだということなのだが、それはあくまでも建前で、本音は、A級やB級1組以外だと降級点という概念があって、アルゴリズムがやや面倒だからなのだった。もちろんやってできないことはないのだが、もともと実験的なトライアルなので、そこまで入れ込むつもりもないというところである。

溝の口

user-pic
0

先日、溝の口で知り合いと飲み会をした。一応夕方6時半に現地の居酒屋で集合なのだが、私は三鷹からなので、どんなに頑張っても、溝の口というか、武蔵溝口の駅に6時半より早くは着けない。

それでも、なんとかスムーズに乗り換えて、駅探案内のベストタイムである18時33分に武蔵溝口の駅に着いて、いったん安堵した。しかし、方向音痴の私は、心配なので、Goole mapを最大の縮尺で印刷した地図をポケットに入れて、眺めた。そしてどちらに行くべきか考えた。

ところが何を思ったか、南口に行くべきなのに、魅入られたように北口に行ってしまい、ラビリンスに入り込んだ。で、ん?と一瞬デジャヴに捉われたような気がしたが、そんな感慨に耽っている場合ではなく、いくら歩いても目的地に着きそうもないので、ちょっとコンビニに入って、地図を見せて、ここに行きたいんですけど、どういけばいいんでしょうかと聞いてみた。すると、それは線路の反対側ですよ、と指摘されて、ええっとがっかりした。そして気を取り直して階段を上り、反対側にいってみたのだが、やはり分からない。そこで私は、最後の手段で目的の居酒屋に電話した。そして、いまケンタッキーのそばにいるんですけど、と電話で説明したら、意外に近い場所に来ていたようで、店員のちょっとしたヒントで目的の居酒屋に着けた。それにしても着いたのは午後7時過ぎで、電車の事故でもあったのかとおもった、とひやかされてしまった。

で、なんとか無事飲み会を終え、電車で帰っているときふと、溝の口で道に迷ったときの一瞬のデジャヴに意識を戻した。それは多分、私がまだ国領にある機械メーカーに勤務していたときのことである。所属する部門には、私とほぼ同期入社の社員Sさんがいて、私とは意外に気が合い、よく飲みに行ったものだった。

Sさんはとても親切で、お前は田舎者だから、俺が東京や横浜を案内してやる、というモードでいろいろなところに連れていってくれた。愛宕のNHK放送博物館とか、横浜の本牧などである。横浜のどこだったか、豚足の店に連れて行ってくれたのはいいが、あまりにも脂っこくて私は気分が悪くなったりした。それから、「13日の金曜日」とかいう怖い深夜映画をみて、まだ始発電車まで時間があるので、なぜか二人で近くの安ビジネスホテルのツインの部屋に宿泊した。別にふたりは怪しい関係ではない。そうやって田舎者の私は次第に、観光的知見を広げていった。

そしてある日、Sさんは会社が終わってから、急に溝の口に行こうと言い出した。溝の口なんて地名は聞いたこともないが、きっと東京でも有名なところだろうと勝手に想像した。そして、南武線で行くんだともいう。南部? まるで東北か、と余計なことを考えたら、南武線の電車は、私の田舎の山陽本線よりももっとローカルな電車だった。

そして溝の口の駅前に着くと、なんだこれはと思った。場末的な居酒屋がバラックのように立ち並んでいるのである。新宿のしょんべん横丁のようなものである。今でこそ溝の口の駅は高架で、近代的なビルがそびえているが、当時は1980年代前半で、本当に溝の口はしなびた雰囲気だった。

そんな居酒屋群の中でもとりわけ小さい、ぼろい建物の階段を上った店に、Sさんは私を連れて行った。とりあえずビールと、なにかの肴を注文して、私とSさんが談話していると、奥から女性が出てきた。ん?と思ったのは、掃き溜めに鶴のようだったからである。ちょっと石川さゆりっぽい雰囲気がある。するとSさんは私をその女性にちょっと紹介した後、その女性と親しげに話し始めた。私は一人無視された格好になって、仕方なくビールを飲んでいた。結局二人でビールを二本飲んだだけで、その店を出て、で別の店で飲み直すのかと思ったら、そのまま帰るとSさんはいう。で、私はちょっとふてくされつつ聞いた。あの女性は、誰?

Sさんは、よくぞ聞いてくれたとにやにやしながら、昔からの知り合いなのだという。で、私は、じゃ、彼女なのかと聞いたら、そんなんじゃないという。こうして、趣旨不明の溝の口へのショート・トリップが記憶の底に沈んだ。

もちろん、そんな記憶が甦って、溝の口のラビリンスに迷い込んだ訳ではない。たんに私の方向音痴のせいである。しかし、これは私なりの「失われた時を求めて」なのだろうか。それにしてはあまりにも他愛ないトピックである。

先日南禅寺の決戦で言及した日本の名随筆別巻8、「将棋」団鬼六編、作品社を眺めていたら、国枝久美子氏の「女流名人・林葉直子」という随筆が目に付き、二重の意味で懐かしくなった。

二重というのは言うまでもない、一方は林葉直子で、他方は国枝久美子である。

随筆のタイトルが示すように、これが書かれた当時、林葉直子は女流名人で、女流の第一人者であった。今でいう、里見香奈のようなものである。

そんなこというけど、里見香奈は奨励会三段ではないか、と指摘されたらそのとおりなのだが、当時の林葉直子は小説家でもあり、なんと著書の「とんでもポリス」シリーズは、13巻もあり、全部で200万部も売れた。しかも、別に将棋の棋士がストーリーに出てくるわけではない。純粋にプロットで勝負している。

国枝さんがいうには、当時の林葉直子は、将棋と小説以外にも多方面に才能を発揮しており、すると凄い天才だ、といっても過言ではない。

しかも、当時、林葉は、フランス人形のような容姿である(これは、私が勝手に書いている)。

ただ、国枝さんがいかに鋭い直観の持ち主だったとしても、流石に林葉直子が現在のようになるとは予想していない。というか、そんなの誰が予想できただろう。

私は、どうして才女、林葉直子が、有り余る才能を浪費して今のようになってしまったのか、暫し黙考してみた。すると、いろいろやってみて、もともと頭がいいのでなんでもできてしまうのだが、その分、将棋が手薄になってしまった。そして、兎と亀の寓話の亀のように清水市代にのそりと追い抜かれ、悔しかったのではないか。

そう、多才であることは、一芸を鈍麻させる。NHKの司会をみてわかるが、清水市代も相当に頭が良い。しかし、多才でないというよりもむしろ、多才であろうとしない、多才でなくても自己不全感を覚えない。

そんなちょっとした違いが、林葉直子をカオスに導いてしまった、ということなのかもしれない。人生のバタフライ効果である。

そういえば、林葉直子の最近のブログを読んでいて、「私は尽くすタイプで、いい奥さんになれたと思う。」という意味のことを書いていたが、私はそうかもしれないと思ったりする。なので、中原誠の妻になろうとしたのだろう。ただ一点、それは不倫だった。そして、林葉直子は過度に真面目なタイプで、それが不倫であることを必要以上に気に病み、酒浸りの日々となり、そして、藤沢秀行のような頑健な内臓でなかったので、肝硬変になってしまった、というわけなのだろう。もっと不器用で、しかも不真面目なタイプなら、と思えてならない。

そうそう、国枝さんなのだった。もちろん私は国枝さんには面識がないが、将棋ジャーナルの熱心な読者だったので、いつもその味のある文章を楽しみにしていた。

将棋ジャーナルというと小池重明でもあるのだが、小池重明にも書いたように、伊藤能三段(当時)も、将棋ジャーナルに出入りしていて、当然に国枝さんとも会っていた。で、私の記憶によれば、国枝さんが伊藤能三段(当時)に、四段になって下さいね、と応援したら、伊藤能が、国枝さんに、四段になったら付き合ってくれますか、と言った。それはもしかして深い付き合いの意味なのかもしれないが、それに対して国枝さんが、四段になれたら好きにしていいわ、みたいに言って、伊藤能は発奮し、晴れて四段になったのだった。

それで、伊藤能六段(現在)の妻が国枝さんだったりしないよね、と調べてみたが、どうみてもそんな様子はない。

で、グーグル検索してみたら、「馬主 国枝久美子」というのにヒットしたが、ご本人なのだろうか。

もう10年くらい前、テレビでラストサムライという映画を観た。それで、おっ、なかなかいい演技をしているな、と思った女優がいたのだが、後で確認したら、それは、小雪という女優だった。

それからしばらくして、小雪が、ほぼ私の地元である座間市の出身であること、そしてなぜか私の自宅から歩いて三分の幼稚園の卒園生であることを知って、小雪のファンになった。

そういう一連の刷り込みのあと、サントリーのコマーシャルで、小雪が、♪ウィスキーがお好きでしょ♪と歌うのを見て、グッときた。思わず、ええ、ウィスキー、好きです、とつぶやきそうになった。

しかし、それは正しくない。私は実はウィスキー、嫌いである。その理由は、何度か知り合いに連れられてスナックなるところに行った経験による。スナックに連れられていくと、ああら、○○さん、と私の連れが声を掛けられる。で、こちらはお友達?と私のことである。

で、大抵水割りを作ってくれるのだが、どうもこれがいけない。なぜなら、ツマミというとピーナッツだったり、ポッキーだったりするのだが、場末の酒場で、日本酒とマグロ納豆で上司の悪口言ったりするのが最高と思っている私には、どうもしっくりこない。

そして、♪ウィスキーがお好きでしょ♪の次の歌詞は、♪ありふれた話でしょ、それでいいの、今は♪と来るのだが、よくない、よくない。私にとって退屈で極まりない話が延々と続き、トイレに行くふりして、そのまま帰りたくなる。連れの方だけ盛り上がっているのが、余計むかつく。

私は、スナックに伊藤かりんみたいな若い女性がいて、水割り飲みながら、将棋の話ができるなら、最高である。将棋でないなら、小説でもよい。もしミステリー小説の話なら、一晩でもできる。もちろん、場の量子論の話でもよい、ありえないが。

結局、そんなのがありえないので、ウィスキーなんて嫌いなのである。ところが、最近ちょっとした相転移があった。それは、サントリー白州工場見学である。それは漸近的自由のように仕組まれた企画だったが、行ってみて、確かにウィスキーのファンになった。ウィスキーがお好きでしょ、の歌を使ったコマーシャルもそうだが、サントリーは宣伝がうまい。そして私は父親譲りのミーハーだったりする。堅物のようで、コロッと乗せられてしまう。

それで今までは晩酌というと基本的にビールというか発泡酒だったのだが、最近は、結構な頻度で、ウィスキーの水割りになった。ウィスキーの水割りだと、ぐいぐい飲むわけにはいかないので、却ってコストパフォーマンスがよい。

最初は、サントリー白州工場見学のきっかけで、「白州」を飲んでいたのだが、これは高いので、スコッチウイスキーの"Ancient Clan"というのも飲んでみた。クランという小説を読んだからである。"Ancient Clan"も悪くない。

より最近では、キリンの「富士山麓」というウィスキーを飲んでみたが、値段の割に結構おいしい。こうして、通にはほど遠いが、一応、ウィスキーがお好きでしょ?と聞かれたら、嘘でなく、ええまあ、と言えるようになった。でも、ウィスキーが、じゃなくて、ウィスキー、なんだけど。このあたりのニュアンスは難しい。

クリーピー

user-pic
0

たまたま本屋で、前川裕のアトロシティーを見かけて読んでみたら、ちょっとペダンチックな雰囲気はあるものの、かなり面白かった。ただ、じつはアトロシティーは前川裕の第2作で、第1作の「クリーピー」というのがあるらしいとわかった。なんとなくアマゾンで注文する気がしなかったが、しばらくして新刊本屋を覗いたら、ぽつんと棚にあって、すかさず買った次第である。流石に平積みというのでもない。

さて、クリーピーとは、英語でcreepyとかく。ところが恥ずかしながらcreepyなる単語を見たことがないので、American Heritage Dictionaryを引くと、Inducing a sensation of uneasiness or fear, as of things crawling on one's skinとある。"as of things crawling on one's skin"という表現に背筋がぞくりとしてしまった。

「クリーピー」の主人公は、東洛大学文学部教授の高倉。犯罪心理学が専門で、事件のコメントを求められて、ときどきテレビにも出演するので、多少世間にも顔を知られている。

そのせいか高倉は、ある日突然、警視庁の野上という警部にコンタクトされた。じつは野上は高倉とは高校の同級生なのだが、卒業以来一度も会っておらず、もともとほとんど付き合いはない。高倉が戸惑っていると、日野市の一家三人行方不明事件のことで相談を受けた。シロアリ駆除の業者が訪問してきてからほどなくして、娘一人を残して、両親と息子が行方不明になってしまったという不思議な事件だった。

ところが、野上は、高倉の自宅にも訪れてきた。何かの聞き込みらしいのだが、捜査の秘密にかかわるのか理由は明かしてくれない。ところが、野上が訪ねてきてからしばらくして、高倉の周囲で不審なことが起きた。隣家の娘が深夜、虐待されているからと、保護を求めてきたのである。そして娘を匿っていると、隣家の父親が怒鳴り込んできて、刃物をふりかざすので、警察を呼んだ。

娘は結局、児童相談所に保護されたのだが、そこが隣家の父親によって襲撃され、職員は殺傷されるは、娘は連れ去られて行方不明になるは、で高倉とその妻は大パニックになった。

それだけではない、高倉の家の近所で放火や殺人事件が起き、いよいよ高倉は収拾がつかなくなり、大学の勤務にも支障がでてきた。そんなとき、久々に自宅に戻ってみると、野上の元妻で有名なピアニストである女性からコンサートの招待状が届いており、コンサートの後是非話したいことがある、というメモも入っていた。

そこに行って、高倉が野上の元妻に会い、決定的な情報を入手するに及んで真相は次第に明らかになっていったが、なぜか依然として闇が晴れたような感覚が全くなかった。

以下はストーリーのコアなので記述しないが、それにしても、まさに不安が不安を呼び沸騰しそうになる、絶妙なクリーピーなストーリーである。

その不安感とストーリーの綾の多様さで、私は「アトロシティー」よりもこちらのほうが面白いと感じた次第である。

古書店で、日本の名随筆別巻8、「将棋」団鬼六編、作品社という本を見かけたので、ほとんど迷わず買った。要するに、将棋に関する随筆を集めた本ということなのだが、最初から読んでいくうちに、織田作之助の「聴雨」という随筆が私の心を捉えた。

それは、京都の南禅寺1937年2月5日から7日間、持ち時間30時間というルールの下で行われた、阪田三吉と木村八段との対局を、織田作之助が綴ったものだった。これに基づき、私なりにまとめてみる。

阪田は、名人僭称問題で将棋連盟から追放されて依怙地になっていたが、読売新聞社が10年かけて粘り強く阪田を説得し、ついに十六年ぶりに阪田の対局が実現したのだった。

しかし、阪田の相手は、名人位獲得戦で一位、二位にある木村八段と花田八段。一方の阪田は、十六年間全く対局がなかったばかりか、年齢は68歳で、盛りを過ぎているもいいところである。

そんな阪田の付添は、阪田の娘、玉江。阪田の妻が亡くなってからは結婚もしないでずっと阪田の身の回りの面倒をみている殊勝な女性である。

さて、対局であるが、京都の2月といえば、底冷えがする。なので関係者は、火鉢を用意したが、阪田は、「火鉢に当たるような暢気な対局やおまへん」と、火鉢をしりぞけた。

そんな阪田は、将棋連盟から追放され、新聞社の顧問も断られ、本当に食うに困り、妻を含む家族は困窮した。そんな妻は、亡くなるとき、「あんたは将棋がいのちやさかい、まかり間違うても阿呆な将棋は指しなはんなや。」と言い残したのだった。

そのことがあったので、「火鉢に当たるような暢気な対局やおまへん」と強がりを言ったのだろうが、対局が始まって三日目には、寒さに耐えかねて、火鉢を抱えていた。

じつは対局が始まって三日目には、阪田の形勢は相当悪かった。意地を張る余裕もなくなったということなのかもしれない。

その阪田の手というのが問題だった。先手の木村の▲7六歩に、阪田は△9四歩と端歩突きで応じたのである。もちろんそれは木村も全く予想するところではなく奇異の感をもった。阪田の真意は不明であるが、決して「阿呆な将棋」のつもりはなく、彼なりの自己主張なのだろう。

ところが、織田作之助は、△9四歩に、「阪田はやったぞ、阪田はやったぞ」と声に出して呟き、感動したのだった。

では、▲7六歩と△9四歩の後はどう進んだのだろうか。YouTubeに棋譜がある。みてみると、以下、▲5六歩,△3四歩,▲5五歩,△4四歩,▲4八銀,△3二銀,▲5七銀,△4三銀,▲2六歩,△3五歩,▲2五歩,△3三角,▲6八玉,△2二飛,▲4六歩,△3二金,▲5八金右,△3四銀,▲7八玉,△6二金,▲6八銀上,△6一玉,▲4七金,△2四歩,▲同歩,△同角,▲5四歩,△3三桂,▲3六歩となって、玉形の差がそのまま出て木村が優勢となった。

私程度の棋力で阪田の棋譜を云々するのは僭越だが、現代将棋の目でみて△9四歩は全く悪手にならない。普通に居飛車にすれば、△9四歩はいずれ指す手である。そういう意味でも△2二飛と向飛車にしたのは不適切であり、△3二金は玉側に金を寄せるべきだろう。しかし最大の悪手は△2四歩と反撃した手で、▲同歩,△同角,▲5四歩となっては収拾がつかなくなった。ここはともかく持久戦にすべきだった。そうすれば△9四歩が必ず活きる。

これに惨敗したあと、阪田は同様の指し方を花田八段にも採用したようで、やはり破れてしまった。現代将棋の装いを施さないと、▲7六歩,△9四歩でプロで後手が勝つのは難しいだろう。

そんな阪田であるが、その後、八段格として第2期名人戦挑戦者決定リーグ(八段リーグ)に参加し7勝8敗の成績をあげた。年齢を考慮すると、やはり半端な棋才ではない。

無線LANに書いたように、私は2000年頃からJ-COMのユーザーなのだが、その間、乗り換えると料金が安くなりますよなどの光フレッツなどからの売り込みにも一切応じなかった。その理由は、劇的に料金が変わるわけでもなく、現状に大きな不満もないなら、システムを乗り換える必要はない、というシスタンで学んだ知恵である。そうやって長らくJ-COMのユーザーをやっていて、電話や訪問サポートが手厚いことにとりあえず満足している。

そして最近、J-COMからシステム刷新の提案の電話があった。なんと、ケーブルテレビ用セットトップボックスと、電話と、LAN用のモデムを一遍に入れ替えるというもので、システム変更してトラブルがあったりするのが嫌いな私はためらったが、システム刷新で却って料金は月500円安くなり、しかも工事費無料というので、申し込むことにした。あと、このシステム刷新は時代の流れで必然なのだと感じさせる雰囲気もあった。

そして予約した土曜日の午前中に、J-COMの係員が二人やってきた。何やら沢山の機材を抱えている。当然に新しいケーブルテレビ用セットトップボックスと、新しい電話用のモデムと、新しいLAN用のモデムもあるが、あとは通信状況の計測機器と、タッチパッドなどである。

係員はまず、我が家の屋根裏部屋に登った。そこに、J-COMの引き込み線があるからである。そこのコネクタだったか、ブースターだったかを取り換えていた。こうしないと、新しいサービスが使えないそうなのだが、特に通信技術に疎い私は、そうですか、と生返事するよりない。あと、近くの電柱にも上っていた。何をしているんですか、とも聞かなかった。どうせ聞いても理解できないと思った。

それが終わると、二階にあった旧いLAN用のモデムを取り外し、一階のリビングのテレビのそばに新しいLAN用のモデムを設置し、そこからテレビ用の出力を取るのだという。それと並行して、別の係員が、LANケーブルを分岐させて、電話用のモデムを設置した。要するに電話がIP電話になるのだった。それで、IP電話になるのなら電話料金も安くなるのですよね、と聞いたら、いいえとそっけなく言われてしまった。何か言おうと思ったが、忙しそうに作業しているので、それ以上ごちゃごちゃ言わなかった。

結局、3時間近くもかかって、大体作業が完了してきた。新しいLAN用のモデムは内臓無線LANの機能もあるので、そちらを使いますかというので、いえ、無線LANのルータは今使っているのがありますのでそれを使いますといったら、内臓無線LANの方がいいと言われた。理由は、ときどきホストの方でサーバをリセットするので、するとDHCPでLAN用のモデムのIPアドレスが勝手に変わる。しかし、接続されている無線LANのルータは旧いIPアドレスのままアクセスしようとするのでつながらなくなる。すると電源を入れ直すなどしてリセットするしかなくなる。ところが、LAN用のモデムだと、DHCPでLAN用のモデムのIPアドレスが変わっても、内臓無線LANは影響を受けないというので、うんそれは合理的な理由だと判断して、折角以前に友人からもらったものだが、今まで使った無線LANのルータは二軍落ちしてもらうことにした。まだまだ新しいので、場合により出番もあるだろう。だれが要る人がいたらあげてもよい。無線LANが変わったことで、パソコンの側でも無線LANのアクセスキーを入れ直さなくてはならないが、それもサービス範囲なのでやります、というので依頼した。

そしていよいよメインイベントは、新しいセットトップボックスである。このセットトップボックスはフル・ディジタルで、テレビのHDMI端子に接続される。そして、新しいセットトップボックスには、USBでハードディスクが接続され、これに録画できる。ハードディスクは、1TBと2TBのものが提示されたが、ちょっと料金をけちって1TBの方を選んだ。置き換えサービスは無料でも、ハードディスクは有料なのだった。なお、メーカーはアイオー・データで、本当は私はバッファローがいいのだが、まあ仕方ない。ちなみに、録画画質にもよるが、1TBだと、高画質で100時間近く録画できる。また、同時に3つまで録画できるのもいい。そんなにテレビばかり観ているわけではないし、見終わったら消せばいいので、この容量で十分である。しかも、地上放送、BS、CATVを横断して録画できる。番組表も地上放送、BS、CATVををすべてカバーしている。また、これはいまどき当然なのかもしれないが、ジャンル別、あるいはキーワード番組検索&録画指定もできる。

一方で我が家の三菱のテレビは、テレビ側にも500GBの内臓ディスクがあるので、そちらにもいままでどおり別に録画できる。

ところで、CATV用のセットトップボックスといっても要するにインターネットにつながったコンピュータなので、メニューをたどると、YouTubeを呼び出せるメニューもある。テレビのフル画面でYouTubeを観るのもなかなかである。ただ、慣れてないせいか、セットトップボックスのリモコンでキーワードを入れるのが面倒で、まあこんな機能もあります、程度の認識となった。

こうして、またJ-COMの満足度がちょっと上がったのだった。

健康診断

user-pic
0

毎年、健康診断の時期になると気が重くなる。なぜなら、今勤務している会社では、結構健康診断がヘビーだからである。そこらあたりのことは、こちらにも書いた。

実は私は、若い頃はあまり健康診断が嫌いではなかった。若い看護師さんに構ってもらえるのが何気に嬉しかった時期がある。

ところが、健康診断が苦痛になってきたのは、年齢が40台になった20年くらい前だろうか。コレステロールが高いことを何かと指摘されて、このままではまずいと強く薬を勧められるようになったからである。

薬を飲むのが嫌いな私であるが、家系的に親戚も含めてほどんどコレステロールが高いが長生きである、要する遺伝性なので問題がないのだと主張したのだが、うまく反論になっていない。そもそも家系というが父はコレステロールは正常値だった。しかし家族で癌になったのは父だけなので、皮肉なものである。

ともかく、あまりに産業医がうるさいので仕方なく、メバロチンだかを飲んでみたが、著しい意欲の低下を感じて、飲むのを止めてしまったことがあった。前にも書いたが、意欲の低下は、美人を見てもときめかないことと、仕事のアイデアが全くわかなくなることだった。

で、コレステロールはまあ適当にやり過ごす術をマスターしたのだが、この歳になって健康診断が嫌なのは、癌などの重大な病気が見つかる可能性が若いときより高いからである。

なんというか、もし癌だったとしても、癌そのものよりも、想定される治療が嫌である。抗癌剤なんて断りたいし、手術も受けたくない。近藤誠氏の影響か。

そもそも、胃カメラの検査が嫌なので、去年はバリウム検査を選んだが、今年は胃の検査そのものを避けた。そんな話を会社の同僚にしたら、呆れて苦笑いするばかりであった。どんだけ意気地がないと思われたのだろう。

また、健康診断で、デフォールトで便を事前に二日に亘って検査用に取らなくてはならないのも負担である。私は基本的に便秘はほとんどしたことがないが、検査用に便をとらなてくはならないと思うと急に出なくなってしまう。

このように、健康診断がある度に、情けなさと不甲斐なさを感じてしまい自己嫌悪になる。

ということで、健康診断もうええねん、と何度もいいたいのだった。

二日酔い

user-pic
0

今から数年前までは飲み過ぎてよく二日酔いになり、吐いたりもしたが、どういうわけかここしばらく、吐くほど飲んだことがない。もう若くないからと自粛しているせいなのだろうか。あまりそういう自覚もないのだが。

ところが先日、会社の飲み会で三鷹で飲んだときは、ついひどい二日酔いになってしまった。そのときのことを書いてみる。

店の名前は忘れたが、狭い路地を入ったところで、入口が分かりにくかったが、今まで行ったことがある人が何人かいたので、なんとか入れた。で、席について、そんなのありと、いい意味で驚いたのは、飲み放題なのに時間制限がないという。すなわち、午後6時から始めて、店が閉まる午後11時半までいてもいいのだという。私は三鷹から遠方なので、それでは終電に間に合わなくなる。なので、その前に失礼しなくてはならないのだが、それにしても折角飲み放題なので、ある程度は飲んで帰らなくてはとつい思った。

すると、いきなり落胆することがあった。最初はビールを頼んだのだが、なんとビールといいつつ、出てきたのは発泡酒だった。あまり発泡酒を居酒屋で飲んだことがない。それで、次からは日本酒に切り替えた。すると、これが口当たりがよくおいしい酒だった。

それで日本酒を飲んでいたのだが、ちょっと困ったのは食べるものがあまり出てこないのである。私は、亡くなった父もそのタイプだったのだが、よく食べないと飲めないタイプなのである。で、食べるものが少ないので仕方なく飲むという悪循環になってしまった。

それで上司の機転で、午後9時半には全員でお開きにしたのだが、私はあまり意識しないけどかなり酔っていたのか、新宿でJRから小田急線に乗り換える前に軽く転んでしまった。なんか後ろから知らないサラリーマンに大丈夫か?と声をかけられたような気がするが、気をとりなおして起き上がって歩いていった。

一旦転んで却って気合いが入ったか、電車でも寝ることなく、目的の駅まで着いた。電車の中では小説を読んでいた。駅からは平気で自宅まで歩いた。この時点で二日酔いになるという意識は全くなかった。

ところが朝起きて、どうもムカムカする。実はこの日は平日だったが、事前に休暇にしていた。なので朝起きてコーヒーを飲んでぼんやりしてたが、どうしてもムカムカが収まらない。ついに我慢できなくなってトイレに行って吐いた。

それから水を飲んでは4回くらい吐いたような気がする。なんとか落ち着くまでに3時間くらかかかった。それにしてもこんな遅延性の吐き気はいままで経験がない。

で、どこか体が悪いのかなと省みると、ここ一週間くらい、目にものもらいができている。普通はストレスがたまると口内炎になるのだが、ものもらいなることもある。このあたりの選択メカニズムはさっぱりわからない。

別に覚悟は決まっていないのだが、どこか悪くて手遅れだと仕方ない。この歳だと、そんなジタバタすることもないのかもしれない。

などと考えているうちに、体調は戻り、普通に自宅でビールを飲む日々となった。うまく言えないが、まだ自分の老境に馴染んでいない自分を発見した次第である。

核融合

user-pic
0

TIMEは英語なのでどうしてもすらすら読めなくて、まともに読むのが、発行から何週間遅れになりがちなのだが、TIMEの11月2日号をみると、表紙に"FUSION"とある。おおっ、核融合の特集なのかと軽く叫んだ。そして、"IT MIGHT ACTUALLY WORK THIS TIME"とサブタイトルがあったので、思わず、まじ?と言ってしまった。

なぜ、まじ?と言ってしまったかというと、国際熱核融合実験炉に書いたような事情があるからである。このTIMEの記事にも、核融合炉の完成は、昔からずっと30年後だと言われ続けてきた、というジョークが述べられていた。どこまでいっても30年後なら、永遠なのだが。

確かに、昔からのパラダイムであるトカマク炉は、どうしてもプラズマを安定して維持することが難しいのだという。しかし、Tri Alpha Energy, Inc.という会社のRostokerとプラズマ物理学者が、トカマク炉とは全く異なる、粒子加速器のようなタイプの核融合炉を設計した。Rostokerは2014に亡くなったが、Binderhauerがその遺志を継いだ。

そして、今年の8月、Tri Alphaは、彼らのマシンが、プラズマを5ms安定に保てたとアナウンスした。わずか5msでも、この世界では長足の進歩である。

しかし、Tri Alphaにはライバルがいる。ブリティッシュ・コロンビアにある、General Fusion、レドモンドにあるHelion Energy、ラーレーにあるIndustrial Heart、ニュージャージにあるLawrenceville Plasma Physics、英国にあるTokamak Energy、そしてLockheed Martinにも核融合部門がある。

こうして、2040年頃、私はもしかして生きていないかもしれないが、核融合が商業ベースに乗っていると期待される。

核分裂ベースの原子炉は放射線汚染が必須なので、クリーンでエネルギー効率のよい核融合は切望される。

探偵の探偵に続いて、松岡圭祐の「探偵の探偵Ⅱ」講談社文庫を読み始めた。

それにしても、この本はいわゆるエンタメなのだろうけど、なぜか軽くない。この本に纏わりつく暗い、不安に満ちた雰囲気は何なんだろう。

私はふと、DV男から逃げ隠れて暮らす女性が、なぜか居場所を突き止められてしまい、殺されてしまうという悲惨な事件を思い出した。そんなに稀な事件ではない。例えば3年前に起きた逗子ストーカー殺人事件などである。その事件のときも、もしかしてストーカーやDV男から依頼を受けて、被害女性の居場所を突き止める不法な探偵というのがいるのではないか、と考えたことがある。

「探偵の探偵」の主人公、紗崎玲奈はまさに、そういう悪辣な探偵を目の仇にし、追い詰めようとする。それは、死神と呼ばれる、不法な探偵によって居場所を突き止められ殺されてしまった妹の報復である。

「探偵の探偵」では、導入部というか前提のような話が長くて、後半から事件の話に入っていった。しかし、「探偵の探偵Ⅱ」では、そういう前提は説明済なので、いきなり紗崎が怪しい探偵、堤のオフィスに忍び込むシーンから始まる。

不法侵入、窃盗など悪には悪で堤を締め上げた紗崎は、堤のクライアントで、婦女暴行魔の男に行きついた。そして激しい怒りでその男を懲らしめるとともに捉われていた少女を解放し、さらには行きがけの駄賃で、その男が依頼していた他の探偵の報告書も持ち出した。なんとか妹の件を引き受けた探偵に行き当たらんとする懸命の努力である。しかし、あと一歩で目的の死神に到達できない。

そんなとき、別の事件が起き、紗崎は、そちらの事件に転進した。それは、DVシェルタに匿われていた11人もの被害者女性が、何者かによって一挙に連れ出されたという事件だった。

紗崎は、一人のDV加害者を突き止めることで、それを手かがりとして、野放図と呼ばれる、半グレの知能集団の存在に行き当たった。野放図は、智謀と暴力を兼ね備えたおそるべき集団で、紗崎は絶対絶命の状況に追い詰められたが、そこに忽然と現れたのは、警視庁の窪塚。そこから、紆余曲折を経て、紗崎・窪塚対野放図の壮絶なる戦いが始まった。

それにしても毎回、紗崎の命知らずのハードな闘いにはハラハラさせられる。身内の死をきっかけに命知らずの闘いを仕掛けるという意味では、アウトバーンの八神瑛子も同様だが、過激さで紗崎が勝る。

「探偵の探偵」は、Ⅳまであるらしいので、追々読んでみる。

ウェブで検索すると、今年も「IBMの特許管理」あるいは「IBMの知的財産戦略」のような題名で、どこかで何回か講演が行われたようである。

ところで私は、IBM内に若干の知り合いはいるが、最早ほとんどメールのやりとりや付き合いもなく、ましてや内部の状況を聞ける立場にもない。そこで、公開されている(publicly available)情報だけに基づき、IBMの特許管理について論じてみる。

まず、IBMの年毎の米国と日本特許庁における特許件数は以下のとおりである。この件数はそれぞれ、私が独自にUSPTOのサイトと、日本特許庁のサイトで調べた。なので、IBMの公式発表の数値と微妙に異なるかもしれない。

登録年米国日本
20002892548
20013427599
20023314568
20033402537
20043251443
20052962399
20063622492
20073135628
20084166532
20094883412
20105874421
20116154497
20126435889
20136773735
20147511590

IBMが今世紀に入って、液晶、ハードディスク、PC、サーバ、半導体製造など、相次いで事業分割し、それによって社員が転籍したことは周知である。こういう開発部門がなくなると、常識的には特許件数は減るはずである。開発部門こそは発明のソースだからである。しかし、上の表をみていると、一時的な漸減はあるものの、米国特許件数は、ここ数年でうなぎ上りである。一方、日本における特許件数は、ここ15年でほぼコンスタントといってよい。

なぜそのようなことが起きるのだろうか。不思議である。ただ、明らかにIBMの特許管理の売りは、22年連続米国特許No.1の宣伝文句である。すると、事業分割した後の狭まった技術分野から、件数を達成するために、絞り出すように出願する、ということになる。あるいは、水増しするのか。それでも、とりあえず審査されて特許されるのだから、個々の発明は、進歩性(米国流に言うと、非自明性)の要件をみたしていることになる。流石IBMの底力といえる。

ところで、米国特許取得の費用は一般的に日本よりも高く、1件につき100万円程度かかると言われている。すると、2000年の特許件数と2014年の特許件数の差分である4612件は、約46億円もの追加の費用になる。それを正当化するためには、米国特許No.1の宣伝効果がこのような費用を凌駕するほど大きくないといけないということになるが、株価も宣伝効果も全く素人の私には本当にそうなのか分からない。少なくとも、特許管理屋のセンスでは、ただ数だけを誇るというのはナイーブすぎて、話にならない。

また、もし米国特許No.1の宣伝効果がそれほどに大きいなら、なぜ例えば、マイクロソフトは特許件数で競わないのだろうか。少なくとも、資金力でいまのIBMに負けないはずである。また、OSや様々なアプリケーションソフトを開発し、PCやタブレットなどのハードウェアにも関与し、クラウドの分野にも進出しているので、発明のネタにあまり困るとは思えない。

さらに言うなら、米国特許の数でIBMのライバルであるサムスンは、韓国国内に1年で約14000件も出願する。すると、このうちの1万件を米国に出願すれば、間違いなく米国特許No.1になれる。しかしそうしないのは、お金の無駄だからだろう。すると、米国特許No.1というのは何のことはない、単に費用だけの問題である。すると、IBMはよほど特許関係の予算が潤沢なのだろうか。

一方で、審査経過データベースをみていると、IBMは去年までは日本への出願のほぼ97%を審査請求していたが、今年になって2012年5月出願分から、毎月10件ずつくらい、審査未請求で出願から3年が経過し、取り下げ扱いになるものが見かけられる。この分では今年から急に審査請求率が7割程度になる。これはおそらくであるが、予算が厳しいので日本での審査請求を減らすのだろう。じっさい、審査請求するとその費用はだいたい13万円くらいかかり、その後中間処理で費用がかかり、さらに特許査定になると毎年費用がかかる。ただ、予算が厳しいということと、米国内での特許取得のための惜しみない費用ということが、私には矛盾しているというか、バランスがとれないように思われる。やはり米国特許No.1の宣伝効果のためなのだろうか。

そういえば、IBMのある未審査請求取り下げになった日本出願のパテント・ファミリをみると、米国では2件の特許として登録されていた。日本が優先権のベースである。未審査請求取り下げにするくらいだから、あまり価値のある出願ではないのだろう。それを追加のコストをかけて2件の特許として登録するというのは、少なくとも特許管理の常識ではない。普通は外国出願はコストが高いので、複合優先(multiple priority)といって、複数の日本出願を束ねて、それらの内容を詰め込み、一件の米国出願にしたりする。これもまた、米国特許No.1の宣伝効果のためなのだろうか。

つい、♪稚内、わか~らない♪と、名曲「稚内ブルース」が響くのだった。

私はピーター・ウォイトのファンなのだが、彼のウェブページは、そんなに頻繁に覗くわけではない。その理由は、英語である、ということもあるのだが、やはり理論物理や数理物理の記述が私には重いからである。

それでも、久しぶりのそのウェブページを覗いたところ、以下のような記述が目に付いた。

Junior recipients in math are Larry Guth and Andre Neves, in physics Bogdan Bernevig, Liang Fu, Xiao-Liang Qi, Raphael Flauger, Leonardo Senatore, and Yuji Tachikawa.

これをみて、あれっ、Yuji Tachikawaって、どうみても日本人じゃん。でも聞いたことないなあ、誰だろう、とつい考えてしまった。そもそもが日本人だとしても、漢字でどう書くのだろう、まあ、Tachikawaは、立川以外にありえないだろうけど。

それで、Google Scholarも含めていろいろ検索しているうちに、東大のカブリ数物連携宇宙研究機構のウェブページに行き当たった。以下、一部引用してみる。

立川裕二准教授がヘルマン・ワイル賞を受賞
東京大学国際高等研究所 カブリ数物連携宇宙研究機構
東京大学理学部物理学科准教授で東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構科学研究員の立川 裕二(たちかわ ゆうじ)氏が2014年のヘルマン・ワイル賞(Hermann Weyl Prize)を受賞しました。
ヘルマン・ワイル賞は、対称性を使った物理学において、独創的で重要な仕事をした若い科学者に光をあてるべく、2000年に創設されました。35歳以下または、博士号取得後5年以内の研究者が対象となります。過去の受賞者にはエドワード・フレンケル カリフォルニア大学バークレー校教授らがおり、立川氏は日本人としては初の受賞者となります。
今回の受賞は、超対称な場の量子理論の分野に傑出した貢献をしたことによるものです。Alday-Gaiotto-Tachikawa予想により、数学および量子物理学に目覚ましい進歩をもらたしたことが評価されました。立川氏は受賞に際し「今後も Weyl の名前を汚さぬよう精進したいと思います。」と述べています。

へえ、ヘルマン・ワイル賞というのがあるんだ、と思った。私の知る限り、ヘルマン・ワイルは物理学者というよりも数学者で、しかし、知っている著書は、「時間・空間・物質」や「シンメトリー」なので、純粋数学者というよりも、数理物理学者に近いのかもしれない。

それにしても、立川氏は、Alday-Gaiotto-Tachikawa予想、別名AGT対応に名前を連ねるとは、大したものである。AGT対応とは、Wikiによると、2次元リウヴィル場理論のVirasoro共形ブロックと4次元超対称SU(2)ゲージ理論のインスタントン分配関数が一致するという関係であるだそうで、ああ、そ、そうなんですか、と苦しげに呻くよりない。

立川氏は、灘高-東大という秀才で、最近の数理系有望研究者は、中高一貫の名門出身者が結構多い。作用素環論の河東教授は麻布だし、数論の加藤和彦は、四国の名門校、愛光学園である。

先日のノーベル賞で、受賞者が地方国立大学であると話題になったが、実験物理や臨床医学では、寧ろ名門の一貫校でない人が意外に幅を利かせている。ニュートリノ物理の一方の旗手、鈴木厚人氏は新潟大学出身である。実験だと手作業のセンスなどが入るので、大学入試的な頭の良さとは少し違ってくる。

一方、理論物理や数学では、受験の名門校出身が出っ張っている。喩えでいうと、高速なスポーツカーが高速道路で競争するようなものである。実験系だと、オフロードを走るようなもので、スポーツカーではなくて4WDの方がよかったりする。

ともかく、立川氏は、2chによると、日本の若手で恐らく現在最も頭の良いノーベル賞級天才ということらしくて、なんかあまり異論が出ないのではないだろうか。天才・秀才好きの私は、なんとなくうれしくなる。ミーハーだといわばいえ。

B級1組

user-pic
0

B級1組順位戦で8回戦が終わったので、とりあえず昇級・降級確率を計算してみた。以下のとおりである。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1三浦弘行九段61181179.7%0.0%
2阿久津主税八段4416890.6%0.0%
3松尾 歩七段5317406.0%0.0%
4山崎隆之八段2517430.0%2.0%
5橋本崇載八段4317143.7%0.0%
6木村一基八段62177839.0%0.0%
7豊島将之七段2518400.0%0.6%
8村山慈明七段1617130.0%24.4%
9畠山 鎮七段1615590.0%81.2%
10谷川浩司九段5316411.3%0.0%
11丸山忠久九段5317212.0%0.0%
12稲葉 陽七段61180467.6%0.0%
13先崎 学九段1615660.0%91.7%

この表をみると、以下のことが自明である。

  1. 昇級はほぼ三浦、稲葉、木村の三人に絞られる。他の人の出る幕は実質的にゼロに近い。
  2. 降級はほぼ、先崎、畠山、村山の三人に絞られる。特に先崎はまず助からないだろう。しかし、畠山は、昨年の例によれば、猛ラッシュで残留する可能性は案外ある。
  3. というけど、そんなの猫がみてもわかるほど当たり前である。
  4. ともかく、阿久津、谷川、丸山が数学的に絶対落ちないと言い切れるだけが、この表の計算の価値だろう。

証明支援系

user-pic
0

数学セミナーの11月号の「コンピュータにできる数学・できない数学」の特集の照井氏の記事に続いて、証明支援系の記事についても簡単に触れておく。そこでは、Jacques Garriegue氏によるCoqの記事と、中正和久氏によるMizarの記事があり、これらに基づいて私なりに要約する。

まず、Coqについてだが、CoqはINRIA(フランス国立情報学自動制御研究所)で1984年に開発された。へえ、そんな昔に、と感心する。流石フランスは数学先進国である。Coqというのは、Calculus of Constructionの略らしいが、なぜ最後のCがqになったんだろうと怪訝に思ったりする。Coqのウェブサイトは、https://coq.inria.frである。

Coqは、公理や命題を宣言する言語と、証明のための言語の二本立てからなる。Coqは、Alonzo Churchが提唱したラムダ計算に基づく論理体系を採用する。もともとプログラム言語理論を淵源とする型付きラムダ計算が、数学の証明に使えるのは、Curry-Howard対応の原理による。すなわち、Curry-Howard対応は、型付きラムダ計算の型が論理の命題に、項(プログラム)が証明に対応することを保証する。

Coqは、四色問題を証明してみせただけでなく、Feit-Thompson奇数位数定理も証明した。これだけでもすごい実績だが、代数、解析、幾何、圏論、ホモトピー論、ホモロジー論などの証明にも使われている実績がある。

Coqは、照井氏の記事で指摘されていた、従来コンピュータが苦手だった高階論理をもサポートしているので、必要な公理を用いれば、理論的には証明できなてものはないという。そうはいっても、定理の形式化の部分は人間が記述するのであって、そこは場合により難しい。

次はMizarである。Mizarプロジェクトは、ポーランドの数学・計算機科学者Andrzej Trybulecによって1973年頃開始された。Coqよりさらに古い。ポーランド数学は、例えば志賀浩二氏の著書「無限からの光芒」日本評論社などを通じて私にはビッグネームである。象徴的数学者を一人挙げるとすると、バナッハだろうか。

Mizarプロジェクトのウェブサイトは、http://mizar.orgである。Mizarはもともと、数学論文を執筆するための形式言語(Mizar言語)と、その検証を行うための処理系(Mizar自動検証システム)を開発することを意図していた。Mizarはオープンソースのようにいろいろな人が記述したライブラリを付け加えつつあり、現時点で54360の定理、10955の定義、271万行の証明記述が蓄積されているという。

Mizarの特徴の一つとして、その記述言語が自然言語(英語)に近いということがある。ただ、あれっと意外に思うのは、Mizar言語は基本的に一階述語論理のみを扱うのだ、ということである。そのことが制約になる場合もありえるが、大抵の数学では、一階述語論理で間に合うのだという。

Mizarが依拠する集合論の公理は、標準的なZFC公理系でなく、集合論の通常実行されるすべての操作を内部にもつ集合である、グロタンディーク宇宙の存在をZFC公理系に追加した、タルスキー・グロタンディーク公理系である。これは、ポーランド数学なのに、Mizarプロジェクトがフランスのブルバキの影響を受けているということで、興味深い。

その他の証明支援系として、ケンブリッジ大学のIsabelleがある。Isabelleは、高階述語論理をサポートしているだけでなく、Sledgehammerと呼ばれる強力な推論機構をもち、多少入り組んだステートメントでも、タクティクスなしで自動検証できるという。

じつは証明支援系は、数学の定理の証明支援だけでなく、実際に制御に使われるプログラムの検証にも使われる。例えば、航空機のエアバスなどで使用されるプログラムの意味と動作が一致することが、Coqで開発された、Compcertというプログラムで検証されたという。そうなってくると、産業上の利用性が出てくるので、証明支援系も特許の対象となる。調べてみると例えば、エヌ・ティ・ティ・コムウェアの特開2015-14890がある。それの従属項である、請求項5に、証明支援系という文言が出てくる。

【請求項5】
前記取得ステップがデータベース言語で記述された前記第1システムから前記第2システムへの前記手続的な複数のトランザクション記述を取得するように前記取得ステップを前記コンピュータに実行させ、
前記取得ステップが取得した前記データベース言語で記述された前記手続的な複数のトランザクション記述を定理証明支援系言語で記述される関数に変換するように変換ステップを前記コンピュータに実行させ、
前記命題生成ステップが前記検証式と前記変換ステップが変換した前記定理証明支援系言語で記述される前記関数とに基づいて前記冪等性に関する命題および前記可換性に関する命題を生成するように、前記命題生成ステップ
を前記コンピュータに実行させるための請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の検証プログラム。

Coqも、Mizarも、Isabelleも、ウェブサイトから処理系を自分のパソコンにダウンロードできるが、PythonやRubyならとりあえずトイプログラム書いてみることはできても、証明処理系だと、数学の絶対的な知識がないと岩にぶつかって撃沈するようなものである。アタックしても、ふられることが分っている美女に対するように、遠くから眺めるだけとしておこう。

西山三段

user-pic
0

私は、今年の10月16日のブログ記事里見の三段リーグの中で、次のように書いた。

で、西山朋佳二段はというと、直近は2連勝だが、その前の10局は5勝5敗で、最短で三段になるのはここから7連勝しなくてはならない。ううん、それはあまりにも話が遠すぎる。

ところが、今朝の新聞をみて、西山が三段になっていることを知った。うれしい驚きである。あと、上記の記述で私は、昇段条件の星勘定を微妙に間違えていたことも分かった。ともかく、産経新聞のウェブ記事から引用する。

将棋のプロ棋士養成機関「奨励会」に在籍する西山朋佳二段(20)は5日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われた対局で2連勝し、直近の成績が規定を満たす12勝4敗となり三段に昇段した。現行制度で女性が三段になったのは里見香奈三段(23)=女流4冠=に次いで2人目。20歳5カ月での昇段は、里見三段の21歳9カ月を抜く女性の最年少記録。
西山三段は大阪府大阪狭山市出身の慶大2年生。男性と同じプロ棋士を目指して平成22年に伊藤博文六段門下で奨励会に入会した。

将棋連盟のホームページには、奨励会の成績の精緻な記録がある。この点はおそらく日本棋院のホームページより優っている。そこで、その記録に従い、西山三段の昇段への途をみてみる。

対局日勝数敗数
8月20日11
9月12日11
9月22日11
10月3日20
10月18日11
11月17日20
11月23日20
12月5日20
合計124

いい意味で私の予想を裏切って、西山は11月から6連勝とスパートして一気に三段に駆け上がった。その原因の一つに、まあ誰でも考えそうなことであるが、里見の三段リーグ復帰があるのだろう。そして、里見さん待ってて、私も三段リーグに入るわ、そして女流初のプロ四段は、里見さんじゃなくて私よ、みたいな意気込みなのだろう。

その里見であるが、11月3日の三段リーグで二連敗して大丈夫かなと心配していたら、11月7日の対局で西田三段に勝ちなんとか片目をあけたのが私には妙に安堵させることだった。そして11月23日には桝田三段に勝ち、ここまで2勝4敗。私としてともかく両目をあけたことがうれしい。昨日も三段リーグの対局はあったはずなのだが、流石にまだ将棋連盟のホームページには結果が反映されていない。

こうして私はすっかり、女流奨励会員ウオッチャーになったのだった。もし晴れて、里見か西山が四段になれたら、♪その日にゃ泣こうぜ、うれし泣き♪

竜王戦は、ある意味私の予想したとおり、3勝1敗と渡辺有利で進んでいる。ここから糸谷の巻き返しも期待したいところだが、糸谷は、他棋戦では結構勝っているのに竜王戦では調子がふるわない。なんとなく渡辺に敬意を表してしまっているのか。さて第5局が始まった。

【図1】 6手目△3二金まで
持ち駒:△糸谷=なし



持ち駒:▲渡辺=なし
さて、糸谷が6手目△3二金と、いきなり変化した。横歩取りにするなら、ここは△8五歩なのだが。ここから▲2四歩,△同歩,▲同飛,△2三歩,▲2六飛,△8五歩,▲7八金,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲8七歩,△8二飛,▲1六歩,△7二銀,▲3八銀,△6四歩,▲1五歩,△6三銀,▲3六歩と進んだ。▲2六飛と引いたのが、ちょっと昭和の定跡を思わせる。

【図2】 26手目△5四歩まで
持ち駒:△糸谷=歩



持ち駒:▲渡辺=歩
ここで△5四歩と突いたのが、常識にとらわれない糸谷流である。以下、▲3七銀,△5五歩,▲4六銀,△5二飛,▲6九玉,△5四銀,▲3五歩,△4四角と進んだ。

【図3】 35手目▲6八銀まで
持ち駒:△糸谷=歩



持ち駒:▲渡辺=歩
△3五歩が見えているが、渡辺は落ち着いて▲6八銀。以下、△3五歩,▲7九玉,△7二金,▲5九金,△4二銀,▲3七桂,△3三銀,▲9六歩と進んだ。

【図4】 44手目△3四銀まで
持ち駒:△糸谷=歩2



持ち駒:▲渡辺=歩
糸谷は、△3四銀と立った。あとで▲1六角で狙われるので怖い手であるが、無事△3三桂と跳ねられれば、自陣は締まる。しかし、△6三金もあったところである。ともかく以下、▲5六歩,△同歩,▲4四角,△同歩と進んだ。渡辺のリスクを恐れない踏込である。ただ、▲5六歩,△同歩に▲5五歩もあった。

【図5】 49手目▲1六角まで
持ち駒:△糸谷=角歩3



持ち駒:▲渡辺=歩
▲1六角にどう受けるのかと見ていると、糸谷は△4三銀右と受けた。大丈夫なのだろうか。なぜなら渡辺に▲2四歩と嵩にかかって攻められたからである。ここは△4三角もあったと思うのだが。

【図6】 52手目△4一角まで
持ち駒:△糸谷=歩3



持ち駒:▲渡辺=なし
▲2四歩に、糸谷は△4一角だが、いかにも顔面受けである。大丈夫なのだろうか。△4一角は普通に考えると、△2四同歩,▲同飛,△1二角なのだが、それだと角の姿が悪いのか。ともかく、△4一角以下、▲2三歩成,△同金と進んだ。

【図7】 55手目▲2二歩まで
持ち駒:△糸谷=歩4



持ち駒:▲渡辺=なし
そして渡辺は▲2二歩。なんとなくぬるそうだが、糸谷は手抜きできない。なぜなら、放置すると▲2一歩成から、▲3一とが厳しい。なので、△2二同飛,▲3五銀,△同銀,▲5六飛と進んだ。なかなか凝った手順である。

【図8】 60手目△4二玉まで
持ち駒:△糸谷=銀歩5



持ち駒:▲渡辺=歩2
△4二玉のところでは、△5二銀という受けが目に付くが、それには▲3二歩で困るという。へぇ、私の棋力ではまったく見えない。だからといって、△4二玉だって相当怖い手である。なぜなら、▲4三角成,△同玉,▲5一飛成,△7四角,▲8一龍と進んで、糸谷は相当収拾が難しい。

【図9】 66手目△5五角まで
持ち駒:△糸谷=銀歩5



持ち駒:▲渡辺=銀桂歩2
それでも糸谷は、△5五角と懸命の反撃である。そして次の▲3六歩が憎い手である。以下、△9九角成,▲3五歩,△5三香,▲8八銀,△9八馬と進んだ。

【図10】 73手目▲4八金まで
持ち駒:△糸谷=銀歩5



持ち駒:▲渡辺=銀桂歩
すると、渡辺は悠々▲4八金とかわした。ここではなんと糸谷の持ち時間が切迫しているという。早指しがどうしたのだろう。以下、▲4八金,△3六歩,▲9九銀打,△3七歩成,▲同金,△3六歩,▲3八金,△4六桂,▲9八銀,△3八桂成,▲6一角,△3三玉,▲7二角成,△4七角成と進んだ。

【図11】 87手目▲7七銀左まで
持ち駒:△糸谷=金銀歩4



持ち駒:▲渡辺=金桂歩2
▲7七銀左に私はヘボなので、△9九銀とか見えるが、▲9七桂とかで続かないのだろう。で、▲7七銀左以下、△2四玉,▲2六金,△2五銀,▲1六桂,△同銀,▲同金,△7二飛,▲同龍,△3五玉,▲2七飛,△4六玉と、糸谷は入玉作戦を採った。それにしても、糸谷は駒数が少ない。

【図12】 99手目▲4二龍まで
持ち駒:△糸谷=角金桂歩5



持ち駒:▲渡辺=銀歩2
ここで渡辺は▲4二龍。いい手にみえたのだが、感想戦によれば、▲3五銀が有力だったという。△同玉,▲4七飛,△3七歩成には▲3二竜△3三金,▲同竜,△同桂▲,1七角で寄り。▲1七角に△3六玉は▲4六金△2七玉▲2六金で詰んでしまうので、受からないのだという。ううん、なんという高度な議論。戻って本譜は、▲4二龍以下、△3五桂,▲2三飛成,△3七玉,▲5三龍,△2七歩。とりあえず入玉はできそうである。

【図13】 105手目▲5八金まで
持ち駒:△糸谷=角金歩4



持ち駒:▲渡辺=銀香歩2
流石に▲5八金は厳しくて、大勢は決した。後は手順だけ示す。△2八玉,▲4七金,△同桂成,▲5九龍,△2九角,▲1八銀,△3七歩成,▲2九銀,△同成桂,▲1七金,△1九玉,▲2七金,△3八金,▲3七金,△同成桂,▲8八玉,△7四歩,▲8二角,△7五歩。

【図14】 投了図、125手目▲7五同歩まで
持ち駒:△糸谷=金2銀香歩4



持ち駒:▲渡辺=角香歩5
▲7五同歩と冷静に応じられて、糸谷は全く駒数が足りない。なにしろ、大駒四枚が相手側にあり、下手したら10点くらいしかないかもしれない。なので糸谷の投了は仕方ない。

こうして、3期ぶりに渡辺が竜王に復帰した。渡辺は竜王戦が始まった時点で、自身の未曾有の不調だったが、不幸中の幸いだったのは、不調のトンネルの出口付近にいたことである。もう一つ渡辺にとって幸いだったのは、糸谷も決して本調子ではなかったことである。特に、糸谷は、渡辺将棋に敬意をもっているのか、いまいち手が伸びなかった。

さて、竜王に復帰した渡辺も、竜王から降りた糸谷も、今後どのような将棋を指すのか、いまからがチャレンジである。

孤独の歌声

user-pic
0

古書店で、天童荒太という作家の「孤独の歌声」新潮文庫を見かけたとき、ああ、「永遠の仔」の作家だね、と思い出した。といっても、「永遠の仔」を読んだことがあるわけではなく、新聞の書籍広告をみているとき、何かとてもすごい作品である、みたいに宣伝されていた。

広告なので話半分に認識していて、まあ、そのうち読もうと思いつつ、なんとなく別の本に関心が移ってしまった。そうやって忘れ去る本というのは無数にある。

ただ、完全に忘れ去ることもなくて、何となく無意識から浮かび上がった意識で以て、「孤独の歌声」を買い、比較的早く読み始めた。

すると、何だこれは、と戸惑ったのは、霧のように立ち込める孤独の雰囲気である。孤独を愛し、一方で淋しがり屋でもある私は、胸が締め付けられるような想いに捉われながら、追い立てられるように読み進めた。

主人公は、芳川潤平。四国出身で、訳あって高校を中退し、音楽で身を立てるため東京に出てきた。しかし、音楽だけでは食べていけないので、コンビニでバイトした。そんな潤平を災難が襲った。バイト中に強盗に入られ、お金を奪われた。それだけではない、同僚の中国人従業員が強盗に刺され、大怪我を負った。

その捜査で、警視庁八王子署の河原崎と、女性刑事の朝山風希が、潤平の事情聴取をした。潤平は密かに風希に心惹かれ、風希も、潤平の、あまりに孤独でそれでいて心を打つ声音に魅せられ、捜査を言い訳にしてときどき潤平のアパートを訪ねた。

しかし、風希は、コンビニ強盗とは別に、女性連続殺人事件の犯人を追っていた。それは、女性の死体をビニールにくるんで山中に埋めるというもので、凶悪性と猟奇性の強い事件であり、警視庁はとても憂慮していた。

ところが、コンビニ強盗の捜査を通じて、女性連続殺人事件の犯人が、密かに潤平が勤めるコンビニにも立ち寄っていたことが分ってきた。こうして、潤平、風希、犯人の各々が不幸な生い立ちをもち、屈折した孤独に生きていることが次第に明るみになってきた。

読みながら、鏑木蓮や薬丸岳が描くような、悲惨な生き方を連想してしまったが、天童荒太が描くストーリーはなぜか、それより一段孤独で寂しい世界のように思えてならなかった。それは、やはり田舎から出てきて、東京の乾いた人情の世界をむしろ心地よく思う私の中の孤独感とも共鳴してしまったからなのかもしれない。

さらに天童荒太の作品を読むのだろうかと自問して、潜水艇から覗く深海の世界のような暗さに気が重くなり、つい茫然としてしまうのだった。

もう1年以上も前にワールドという記事を書いたが、最近、その実例のようなことを経験したので、ちょっと書いてみる。

2年経過で述べたように、最近ではなんとか特許調査の仕事に慣れてきたのだが、私は、自分でも苦笑するほどのワールド人間で、入社当初は、他の特許サーチャと同じシステムで検索していたのに、Perlで実績を少し積むと、外資系時代に使っていた別の特許検索システムを使いたいと、部門長にわがままをリクエストした。

すると、普通そんなリクエストをする人はなかなかいないし、ましてや入社間もない身分なのにということで、部門長は戸惑ったようであるが、Perlとの相性がいいんだという強引な論理で説得して、希望の特許検索システムの環境を首尾よくゲットした。私は基本的におとなくして引っ込み思案の人間なのだが、ときどき相当図々しい人間に豹変する。ただ、言い訳だが、その図々しさは、基本的には自分の個人的な利得ではなく、部門全体の利益に貢献するという大義名分に基づいているつもりなのだが、勝手な思い込みなのかもしれない。

こうして私は、蜂の巣作りのように、自家薬篭中の特許検索システムの周囲を、Perlのツールで固めていった。特許検索システムという城の周囲をPerlの外濠で固めるという雰囲気である。本当はPerlだけでなくC++も駆使したかったのだが、流石にC++コンパイラまでは許可されず、その分Perl作りで代用させた次第である。

ジャンクのようなPerlスクリプトも50個くらいを超えたとき、マルクスがいう量は質に転化するで、自分の仕事がかなり効率化されたのを感じた。それで、図々しさだけでなく押しつけがまさも併せ持つ私は、周囲の人に独自のPerlツールの便利さをアピールして、宣伝した。

すると、私のツールを採用したいと申し出る人はだれもいなかったが、Excelのマクロ処理だけでは限界がある処理で困っている人が、なんとかPerlでできないか、と相談してきた。

聞いてみると、それはなんとか私のスキルの範囲内だったので、結構楽しんでプログラミングした。結局、その貢献が私の居場所を広げた。

ただ、毎日通勤の行きかえりの電車で座って、ある意味人生で一番読書に耽溺していると、こちらの読書ワールドを至高のものと思えてきた。そして、Perlは自分だけの世界に留めて、宣伝は止めた。局面を落ち着かせようと思っただけである。いかなる意味でも急に謙虚になったわけではない。

そして最近、部内で特許調査勉強会なるものが企画され、毎月一人の人が自分の仕事の実例などを話すのだが、私はまた図々しさを発揮して、部門長に、勉強会の発表の役割をアサインしないようにお願いした。部門長は、事情を汲み取って、了承してくれた。

実は私のお願いは、わがままではない。あまりにPerlのツール装備の仕事のスタイルは、他の担当の方々の仕事に全くコンパチビリティがなく、発表資料を私が作成することも、それを他の人が聴くことも壮大な時間の無駄になってしまう可能性があるからである。

もちろん、このようなワールド的な生き方は、反発を受ける可能性が少なくない。そのために不本意に会社を去る羽目になる可能性もあるかもしれないが、ワールドに生きるということはそういうことであって、その程度の覚悟くらいできなくてどうする、なのであった。

少し前の号だが、数学セミナーの11月号は、「コンピュータにできる数学・できない数学」の特集で、コンピュータと数学の両方に興味がある私には、なんとなくうれしい特集だった。

ただ、私の限られた知識では、コンピュータが数学にできることは多くないのでは、というものだった。ところがそれを見透かすように、最初の照井一成氏の「コンピュータに証明できること・できないこと」という記事に、いまではコンピュータ将棋は人間棋士の大局観に太刀打ちできるのだから、みたい仰る。

数学はともかくとしてコンピュータ将棋には一家言ある私は、いやあ、将棋というのはそれはそれで深い世界だが、数学と違うだろうと反論したくなった。そもそも、将棋は斉一な論理がどこまでも広がっているが、数学は分野によって適用できる論理が異なる。

照井氏によれば、数学にもそういう斉一な論理の世界があるらしい。例えば、人間が証明できなかったブール代数のロビンス予想をコンピュータは証明したのだという。

おお、それは凄いと思ったら、照井氏は、コンピュータは、実数だけなら大丈夫、自然数や集合は難しいのだという。それにもええっと思ってしまった。だって、コンピュータは離散的な数を扱うので、実数より自然数の方が扱い易いはずである。

さて、論理にも一階論理と二階論理があり、集合の演算は二階論理で、コンピュータは二階論理が苦手なのだという。確かに、私もC++のプログラミングで集合演算を考慮したことがあったが、どうも勝手が違った。例えば、素朴にいうと、集合というオブジェクトを考えたとしても、その中にある元が含まれているかどうかはいちいち調べなくてはならず、ましてや元の数が多いと、和集合や積集合がとてつもなく扱いにくかったりする。

このような二階論理に対する苦手さを考えていたら、照井氏は、証明支援系、または対話的定理証明システムが提案されてきたのだという。

実際、このような対話的定理証明システムは有効で、それを用いてケプラー予想の厳密証明も与えられたのだという。また、ケプラー予想の厳密証明には多くのライブラリが作られ、それらのライブラリの間の依存関係は、機械学習により突き止められるのだという。

この特集号には、別の著者による、既存のコンピュータによる証明支援系の話題もあるが、それは別稿とする。

ところで、照井氏には、「コンピュータは数学者になれるのか?」青土社という著書があり、宣伝というわけでもないのかもしれないが、記事の末尾にこの本が言及されていたので、さっそく購入して、私の机に積んである。なるべく早いうちに読みたいと思っている。

ちょっと前のTIMEをちらっと眺めていると、乳がん放置療法としてコメントした記事の隣に、"Why chasing happiness might be making you miserable."と題する記事があり、さらに"5 WAYS TO FEEL HAPPIER, BACKED BY SCIENCE"というサブタイトルがあった。すると、幸福の科学か、ということになるが、それだと別の団体と誤解されるので、あえて「幸福の心理学」とした。

そこで、私なりに5 WAYSを、部分的に翻訳しながらコメントしてみる。

その第一は、楽しい行動をスケジュールすることである。一日の中で、庭いじりや、友達と会うなど、前向きな感情をもたらす条件を意図的につくりだす人は、より幸福な気分に浸り、鬱病になりにくいのだという。実は私はこれをやっていて、通勤電車で好きな本を読むと想像しただけでワクワクしてくる。いかにも安上がりで日常的な行動である。

その第二は、観点を変えることである。人は、時間が限られていると考えざるをえないとき、幸福で興奮するよりも、静かな幸福を感じるという。これは、友達を駅まで送っていって、電車が出発するまでの限られた時間に会話するような気持ちのことだろうか。

第三は、今という時にとどまること。例えば、音楽を聴いて、なるべく幸せであると感じようと努力することは却って、気分が沈んでしまうことになりかねない。単に聴いているのがよい。

第四は、期待を下げること。これは私はしょっちゅうしているけど、つい期待してしまう。そういえば、中島みゆきの歌で、♪なんにつけ一応は、絶望的観測をするのが癖です♪という歌詞があった。これも実は少し幸福を感じようとする試みだろう。

第五は、大いなる時(great moment)を思い出して、味わうこと(savoring)。これ、実は私は苦手で過去の大いなる時を思い出そうとして、辛かったこと、悲惨なことばかり思い出してしまう。別に捕虜収容所に入れられていたわけではないので、辛い過去ばかりでもなかったはずなのだが。

こうして私は、幸福の心理学の手筋を一部は実行しているものの、なかなか練達ではないのだった。

このアーカイブについて

このページには、2015年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年11月です。

次のアーカイブは2016年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。