2016年1月アーカイブ

知財立国

user-pic
0

以前に、新聞の朝刊に、元特許庁長官の荒井寿光氏の「知財侵害の「やり得」防げ」という記事があったので、それをスクラップしておいてみているのだが、要するに、日本ではの知財関連裁判の件数が少なすぎ、払われる損害賠償額も米国の40分の1である、これは日本の裁判所が信頼されていないせいで問題だ、というのだが本当にそうだろうか。

そもそも知財関連の裁判は専門的なので、スペシャリストの弁護士に依頼しなくてはならず、普通の裁判より費用がかかる。なので、費用と手間の点で訴訟を避けているというのが日本の実情ではないだろうか。

荒井氏は米国のような訴訟が乱舞する環境を理想としているようであるが、確かに知財関連訴訟が沢山起きると、判例やノウハウが蓄積するので、裁判所や訴訟制度が充実するということはあるだろう。

しかし、日本的な考えかもしれないが、訴訟しないで済ませられるならそれに越したことはないのではないか。ところで、聞きたいのだが、荒井氏が標榜する「知財立国」とは何を目指す方針なのだろうか。

もしかして、ちょっとしたことで特許侵害だと訴えられるので、みんな戦々恐々としている社会のことなのだろうか。それで嬉しいのは、弁護士や弁理士たちだけなのではないだろうか。

また、知財で稼ぐのが先進的で、毎年10億ドルを知財で稼ぐIBMは世界の最先端の知財管理をしているといわれたりするが、それならなぜ、IBMの特許管理で私が書いたような、ピアノ線が映ってしまう怪獣映画のような杜撰さが見えてしまうのか。そもそもきちんとあのIBMのやり方を批判できないで、まともに知財コンサルタントをやっていられるのか。

重ねていうと、知財はビジネスを支えればそれでいいのではないか。知財で稼げなくてもビジネスで稼げればいい。こんな当たり前のことをどうして考えないのだろうか。

ともかく国家たるもの知財立国よりむしろ、科学立国、産業立国であるべきなのであり、それを知財は地道に支えればいいのである。

B級1組

user-pic
0

B級1組の11回戦が終わったので、例によって確率計算してみた。以下のとおりである。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1三浦弘行九段82181295.9%0.0%
2阿久津主税八段4616770.0%0.0%
3松尾 歩七段7417481.6%0.0%
4山崎隆之八段4617640.0%0.0%
5橋本崇載八段6416980.5%0.0%
6木村一基八段73176232.2%0.0%
7豊島将之七段5518410.0%0.0%
8村山慈明七段2817430.0%58.3%
9畠山 鎮七段3715820.0%41.7%
10谷川浩司九段5616140.0%0.0%
11丸山忠久九段6417450.0%0.0%
12稲葉 陽七段82179869.7%0.0%
13先崎 学九段1915560.0%100.0%

これをみて先ず感じるのが、三浦が順調に勝ち星を伸ばして、昇級がほぼ当確になったことである。ただ、若干まだ三浦が昇級できない可能性はある。ここで問題です、三浦が昇級できないのは、誰の勝敗がどうなったときでしょう、と言われたら、実はそんなに難しくない。暗算でできる。要するに、三浦を残り二連敗と仮定して、木村と稲葉の勝敗さえ考えればよいので楽勝である。

ところが、松尾にはまだ昇級確率が1.6%あります。それは全員がどんな勝敗になったときでしょう、という問題だと、急にぐっと難しくなる。

さらに難しいのは、橋本にもまだ昇級確率が0.5%あります。それは全員がどんな勝敗になったときでしょう、という問題で、ちょっと考える気がしないのではないか。かんがえなくてはならない場合の数が多すぎる。と思ったが、残りあと2回戦なので、そんなに難解でもないのだった。

一方、降級はついに、先崎がデコヒーレンスした。そして数学的にも、落ちるのはあと、村山か畠山のどちらかで、他の人は全く関係なくなった。

こうして、13人中8人にとってあとは、実質的に順位を決めるだけの戦いとなった。だからといってもちろん、順位がどうでもいいわけではなく、一つの順位の違いが、1勝分にも相当することがあるので、とりあえず勝って来期の順位を一つでも上げておくのが重要なのだった。

A級も7回戦が終わったので確率計算しようと思ったら、来週の月曜日に一斉対局だった。それが終わって計算した方が合理的である。尤も、残り1局となると、挑戦・降級の確率はだいたいは目でみて分かるので、コンピュータがわざわざ出張るまでもないのだが。

ISSEIさんから、Googleのディープラーニング囲碁ソフト「AlphaGo」がプロ棋士に完勝したというニュースを教えてもらって、驚いたので、私もグーグル検索してみた。

そこで、ITMediaの記事から引用させて戴く。

米Googleは1月27日(現地時間)、同社が開発したディープラーニングシステム「AlphaGo」が、囲碁戦で人間のプロ棋士に5戦5勝で圧勝したと発表した。
コンピュータがプロ棋士に勝つのはこれが初という。

なるほど、何子とは書いていないので、互先でAlphaGoは勝ったのだろう。でも中国棋士って誰よ、と思ったら・・・

AlphaGoと対戦したのは中国出身でフランス在住のプロ棋士で欧州大会で3回優勝した樊麾(Fan Hui)氏。対戦はGoogleのロンドンオフィスで昨年10月5~9日に行われた。

なんだ、古力や連笑などの中国在住の世界トップランカーではないのか。

あと、以下の手法が使われたようである。

AlphaGoでは、機械学習の一種であるディープラーニングの手法を用いてシステムを構築し、ニューラルネットワーク同士で対戦を繰り返すことでスキルアップしてきた。この過程では同社の「Google Cloud Platform」や「TensorFlow」を活用した。

そういえば、以前、私のコンピュータ囲碁という記事に、コンピュータ囲碁の研究者のArakiさんが、以下のようにコメント下さった。

現在注目しているのは、モンテカルロの改良の他には、Deep Learningという技術ですね。興味があればググっていただければ結構情報が出てくると思いますが、画像認識などで少し前にブレイクスルーを起こした技術です。

なるほど、やはり専門家の間では、ディープラーニングが注目されていたのだった。それにしても、Arakiさんも、今回のことでは焦っているのでは。

ところで、AlphaGoは、なんと次はイ・セドルと戦うという。間違いなく世界トップランカーではないか。

Googleは3月に、世界囲碁選手権富士通杯などの国際棋戦で10勝以上している韓国のプロ棋士、李世ドル(Lee Sedol)氏とAlphaGoの対戦を計画している。李氏は「AlphaGoとの対戦相手に選ばれて光栄だが、勝つ自信がある」と語った。

また、日本棋院のホームページによると、2016年2月6日(土)に名古屋で、伊田十段とZenのクラスタ並列版の4子の対戦がある、という。AlphaGoの記事があってしまうと、この対戦はかなり盛り上がりに欠けるのではないだろうか。

絵画の能力

user-pic
0

今では誰も信じてくれないが、私は子供の頃絵を描くのが得意だった。正直いって得意だったかどうかよく分からないのだが、少なくともコンクールでよく入選とか特選の賞をもらっていた。

じっさい、小学校に上がる前は、紙と鉛筆をあてがわれて、暇さえあれば何か絵を描いていたような気がする。当時は乗り物が好きだったので、描くのは汽車だったり、船だったりした。

ところが、そんな僅かな絵を描く才能は、少なくとも小学校の高学年には雲散霧消していた。そして、図工の時間などに絵を描かされることが苦痛で仕方がなくなっていた。

その絵の才能というか嗜好と入れ替わりに何か新しい興味が芽生えたという記憶は全くない。なので、小学校の時代は精神的に暗黒時代だった。が、その空隙を次第に埋めたのは将棋で、暇さえあれば将棋のことを考えていた。そしてそのモードのまま大人になって今に至る。

さて、絵というと、化学などの分野の発明を除き、特許出願には図面を付けることがほぼ必須である。その図面が私は結構好きで、特許明細書を書く前に私は、図面をある程度きっちり決めてしまう方針だった。すなわち、どんな図面があると明細書の理解が容易になるかいつも考えていた。なので、A4のコピー用紙に、ああでもないこうでもないと図面の構図を書いて悩んでいた。

ただ、絵を描くのが苦手な私なので、それは所詮ポンチ絵だった。しかし最終の特許出願になるときは、ポンチ絵が見事にフォーマルな図面に変身する。それは専門の図面作成者が部門にいたからであり、その担当者と個人的に親しかったので、いろいろ期限など無理なお願いをしたりした。そうやって長年付き合っていると、相当にいい加減なポンチ絵から、私の意を汲んだ見事な図面ができあがって、いつも満足なのだった。

そうやって特許図面はなんとかなるのだが、問題はアプリケーション作成である。すなわち、いくら最近のコンパイラがRADだといっても、GUIのレイアウトのスマートさまでは自動化してくれない。なので、私が作るアプリケーションは、ボタンが不ぞろいだったり、色のコーディネートが最悪だったり、それは惨めなものだった。そんな惨めなGUIの私のアプリもまだ、前にいた外資系で使われているらしい。困ったものである。

しかし、さらなる問題があることが分った。私はGUIベースの画面を設計するのが極端に苦手なだけでなく、既存のGUIを使いこなす才能も乏しい。例えば、世間一般でみると、決してC++そのものよりも難解ではないはずなのに、GUIベースのNOTES DBの作成がどうしてもマスターできなかった。それはすべて絵画を扱うのが苦手である、というところからきているらしい。どうも意外なのだが。

私は未だに携帯がスマホでなくてガラケーであるが、それも要するに、絵画のスキルの乏しさから来ているようである。

そうやって小学校以来、絵画のスキルを捨てる(ていうか、もともとなかったんだけど)ことで得たものは何かというと、それはわずかばかりの数学的嗜好らしい。ううん、それはせいぜいPerlのスクリプトを書くくらいしか今は役に立っていない。

こうして今日も、エクセルで報告書に添付するための統計チャートの作成に苦労するのだった。エクセルのピボット機能も使わず、すべてPerlの計算で間に合わせている。まあせめてもの救いは、そのチャートのベースとなる数値はなかなか練達のスキルで計算できるのだった。♪それでいいの、今は♪、と歌を歌ってごまかすことにする。

王将戦第2局が始まった。王将戦第1局は、相矢倉で先番の郷田の快勝だったが、本局はどうだろう。羽生の先番で、流行の角換わり腰掛け銀となった。例によって一気に47手目まで進める。

【図1】 47手目▲4八飛まで
持ち駒:△郷田=歩



持ち駒:▲羽生=なし
ここまでで変わっているのは、羽生が9筋を突き越していることである。これがどう効いてくるのだろうか。▲4八飛以下は、△8六歩,▲同銀,△6五歩,▲4六角,△同歩,▲6五歩,△4七歩成,▲同飛,△3八角,▲6六角,△3三銀,▲4八飛,△2九角成と進んだ。手順中、▲6六角が局面を決める手である。

【図2】 61手目▲3五歩まで
持ち駒:△郷田=桂歩



持ち駒:▲羽生=歩3
ここで▲3五歩が、すこぶる厳しい手である。これに対して△4四歩では、▲3四歩,△同銀,▲4四飛で後手は適当な受けがない。なので郷田はなんと、▲3五歩に△3一玉と我慢した。しかし、それで幸せになれるとは到底思えない。以下、▲3四歩,△2二銀,▲9四歩と、9筋の突き越しまでも活用しては、羽生がはっきり優勢だろう。以下、△3九馬,▲4四飛,△4三歩,▲4六飛,△2八馬,▲4八飛,△3七馬,▲6八飛,△6五銀,▲5五角と進んだ。

【図3】 76手目△5九馬まで
持ち駒:△郷田=桂歩



持ち駒:▲羽生=歩4
郷田は懸命に△5九馬としがみつくが、▲6三歩,△同金,▲6五銀,△同桂,▲7二銀,△5四金,▲7三角成,△4一飛に羽生は▲6三歩と垂らし、手勝ちを読み切った。以下、△6六歩,▲6二歩成,△6七歩成,▲同飛,△4二飛,▲6三銀,△5五桂,▲6六飛,△8五歩と進んだが。

【図4】 95手目▲5二とまで
持ち駒:△郷田=金銀



持ち駒:▲羽生=歩3
羽生は、△8五歩を無視して▲5二とで分かりやすい勝ちである。以下、△8六歩,▲5一馬,△8七歩成はかたちづくりであろう。

【図5】 投了図99手目▲8七同金まで
持ち駒:△郷田=金銀2歩



持ち駒:▲羽生=歩4
羽生は▲8七同金とした。後手玉は分かりやすい詰めろというか必至だし、先手はどうやっても詰まない。なので投了も仕方ない。

それにしても、王将戦第2局も、王将戦第1局と同様に先手の完勝となった。なにしろ、郷田玉の壁銀があまりにも痛い。ああ受けるようにするのが読み筋だったとは到底思えない。第3局は熱戦になってほしいものである。もしかして次あたり、羽生の横歩取りになったりするだろうか。

バス旅行

user-pic
0

今年に入って、家内が、チラシにあった、読売旅行のバスツアーにいってみないかと提案した。うちは読売新聞なので、読売旅行のチラシも入るのだけれども、行先は、新潟県の越後湯沢のあたりで、船盛りの昼食と結構なお土産がつくのだという。日程は1月の後半。

普通なら、出不精な私はあまり気が進まないのだが、去年、サントリー白州工場見学のバスツアーがポジティブな印象だったので、いってみることにして、正式に申し込んだ。

ところが、相当間が悪いことに、申し込んでから少しして、例のバス事故が起きた。ニュースで事故の惨状を知らされるにつれ、バス旅行をキャンセルしようと何度も思ったが、事故のあとだからこそ安全、という意見もあったり、怖気づいて逃げるのもどうかという気持ちもあり、結局そのままキャンセルしなかった。

さて、当日がやってきた。予定の時間に指定された、相模大野の伊勢丹前に行くと、何人かが待っていた。なんでもバスは、中央林間など各地を回って人を拾って、やってくるのだという。

バスに乗ると、ほぼ満席で、あのバス事故でキャンセルした人は多くないようだった。行く先が越後湯沢だと、それほど遠方でもないので、運転手は一人でもいいのかもしれないが、バス会社は、あの事故の直後なので安全を期してと、運転手が二人いたのが、なんとなく安心だった。しかも二人の運転手は結構若く、体力もありそうなので、頼もしかった。

こうしてバスは定跡のように、相模原愛川インターで圏央道に乗った。ここまでは、サントリー白州工場見学と同じである。違うのは、分岐路で右に行ったことである。サントリー白州工場見学の場合、行先が山梨なので、中央道に乗るため左にいった。右は関越道を目指す。

狭山サービスエリアでトイレ休憩したあとは、関越道から一気に北上していったのだが、群馬県に差し掛かったあたりから、どうも雲行きがあやしい。道路の周辺に積雪もみえてきた。歌がすきな私は、つい、小林旭の「北帰行」の歌詞が浮かんだ。

そして、最後のトイレ休憩の谷川岳パーキングエリアではすっかり雪が降っており、ガイドの人が、関越トンネルを抜けると雪国、という文学的情緒が味わえますと前もって説明していたのが、既に雪国性が始まっているので、やや興ざめになった。

それでも長い関越トンネルを抜けると、流石に雪国性は一気に深まった。こんな雪の中をバスが走れるのかと懸念したが、流石雪国、散水車が水を撒いたり、いろいろ安全走行のための工夫がされている。

食事をする場所に行くと、確かに船盛りだったのだが、船のかたちをした木枠に刺身が並べられているという程度で、ううんとちょっと絶句した。まああまり期待すぎてはいけないというところだろう。ただ、甘海老が食べ放題だったり、いろいろお土産付きだったり、綜合的には悪くなかった。

折角越後湯沢に来たのだからと、地元の名酒、八海山を買った。八海山の本社は、新潟県南魚沼市にある。あと土産物を眺めていると、やたら海産物が多い。瀬戸内海出身の私は海産物に馴染みがあるのだが、不思議なのは、ここから日本海までたしか、100キロメートルもあることである。私の出身地の尾道のように海に面した都市で海産物の店が多いというのは当たり前なのだが、広島県では、少なくとも海から100キロ入った場所で、土産物屋で海産物がメインということはまずない。

それからバスは、関興寺という禅宗のお寺に行った。臨済宗円覚寺派なのだという。ブログで仏教宗派を書いたくらいなので、私は仏教宗派にはそれなりに興味があるのだが、あいにく、意味があるコメントをするまでの知識はない。

関興寺を特徴づけるのは、味噌である。そこの和尚さんに話して戴いたのだが、関興寺は戦国時代から、上杉家の庇護を受けていた。ところが、上杉謙信が亡くなり、その家督争いで戦乱が起きると、庇護されていることが裏目に出て、目の敵にされた。それで建物に火をつけられて、消失することがあった。そこで僧たちが機転をきかせて、大事な経典は味噌蔵に移動して保管したので、消失を免れた。それで関興寺の味噌は、ありがたいご加護があるという評判がたった。

また、和尚さんは深雪の雪国で仏教の修行をする、ということの苦労も話して下さった。そういえば、外資系にいた頃、私の同僚で秋田、山形、岩手などの出身の人がいた。そういう人達は、雪国で暮らすことの苦労を少しだけ話してくれたのだが、私には全くその苦労が実感できなかった。経験していないからである。当時は実感できないということさえ分かっていなかっていなかったような気がする。分かっていない、ということが分るということの重要さを最近少しずつ分かってきた次第である。

もう一つ付け加えると、雪国へのバス旅行ということで、かなり着込んでいったのだが、雪が多い割には、思ったより寒くない。なぜそんなことをいうかというと、もう15年くらい前だったか、2月にニューヨークに出張したことを思い出したからである。そのとき、雪は決して豪雪ではなかったが、戸外の寒さは暴力的(brutal)とでもいうべきもので、一瞬たりとも戸外で我慢できなかった。その理由は簡単で、緯度の違いである。すなわち、ニューヨークの緯度は、北海道に匹敵するのだった。

その後は、来たのと逆の道を辿ってバスで帰った。次第に雪が強くなってきて、関越トンネルが通行止めにならないか心配したが、なんとか通過した。それでも谷川岳パーキングエリアを過ぎても依然として雪が強く降るので、雪に追いかけられているような気がした。そして、群馬あたりまで戻って晴れ間が見えると、ああやっと雪から逃れたと安堵した。そんな弱気ぶりは、雪国出身の人からみたら笑止であろう。

かんがえてみたら、私の出身の瀬戸内海は、地震が少ないし、台風も滅多にこない、雪もほとんど降らないし、海のせいで気候は一年を通して温暖である。すなわち、世界でも屈指の温和な気候の地なのであり、そのことがかなりな程度、私の呑気というか素朴な性格に影響を与えているだろう。軍隊でも大抵、厳しい気候の地域の出身地の人が精鋭というのが通り相場なのだった。

刑事失格

user-pic
0

数学セミナーの1月号「変分法」特集を気合いを入れて読んでいたら疲れたので、気分転換になにか警察小説を読もうと自室の周囲を見渡してみると、太田忠司の「刑事失格」講談社文庫が目に付いた。これは、確か1年くらい前に古書店でなんとなく買って、積読しておいたものだが、どうもあまり面白そうな雰囲気がしなくて、依然として読む気がしなかった。しかし、なぜか他の本に気持ちが移せなくて、渋々とりあえず通勤電車で「刑事失格」を読み始めた。そしたら案の定というか、淡々とした出だしで、哲学の本でもあるまいに、読み進めるのに意志の力を要するほどだった。

さて、主人公は若手の巡査の阿南。阿南で先ず思い起こすのは、終戦時の陸軍大臣で自決した阿南大将。そして、元広島カープの監督。ところが、この本の主人公の阿南も生硬なまでに生真面目で杓子定規なのだった。

そんな阿南はもともとエンジニア志望で、大学の工学部で学んでいた。ところが、大学の近所の銀行に強盗が入り、親友がたまたま現場に居合わせた関係で事件に巻き込まれて殺されるということがあった。そのことがショックで阿南は取れる単位も取らないで一年留年し、急に警察官を目指した。

そして警察官になったあと、フィアンセがいたのだが、阿南の生真面目な性格のために関係がおかしくなり、紆余曲折のあと、結局彼女は亡くなってしまった。

このような屈折した過去のトラウマに捉われながら、それでも健気に阿南は鶯橋派出所で警察官を続ける。ちなみに、鶯橋という地名は京都と、横浜市保土ヶ谷区にあるが、ここは多分後者なのだろう。さて、ある日阿南がパトロールに行くと、道端で行き倒れになった男をみつけた。既に死んでいたが、後頭部を殴られた様子だったので、殺人事件として帳場が立った。

そこで、上司の指示で捜査に励んでいると、女の子が、行方不明の飼い犬を探してほしいと、ポスターをもってやってきた。普通は警察は行方不明の飼い犬なんて相手にしないのだが、真面目な阿南は、女の子に、ちゃんと犬を探すと約束した。

またあるときは、派出所に、自宅の納屋の蛇を捕まえてほしいという依頼が近所の主婦から来た。そんなことも疎かにできない阿南は、現場に行き、蛇を捕まえて、近くの森に逃がしにいった。そこで、何かが埋められているのを発見し、掘り返すと、なんと行方不明の犬だった。

ここらあたりから、局面が動きだし、次第に面白くなってきた。すなわち、バラバラのピースがつながってきたのであって、犬を発見したので、少女に家に報告に行くと、少女の母親が出てきて、阿南は茫然としてしまう。亡くなった元カノにそっくりで、一目ぼれしてしまったのだった。

そして、次第にその母親と、半ば不倫モードで親密になるにつれ、阿南の直観で、いろいろなことが殺人事件とつながっているのではと思えてきた。

そうやって恋愛感情に呆然としながらも捜査をしていると、なんと同僚の坂崎巡査が、派出所で殺されるという大事件が起きた。

そんなバラバラの出来事が凝集してきて、水が一気に沸騰するように阿南の身に災難が迫ってきたのだった。ここからはストーリーのコアなので、記述しないが、極めてスローな立ち上がりから、中盤以降激しい攻め合いの様相を呈するのは、まるで熟練した棋士同士による矢倉戦法のようで、読み終えてみると、太田忠司というのは、もしかして孤独の歌声の作家である天童荒太にも匹敵するように感じられた次第である。

私のこのブログは、Nitfyが運営しているLaCoocanというサーバ上にあるのだが、最近、Niftyの事務局から、権利侵害通報というメールを送られて、びくっとした。

以前に、大学時代の知り合いで、今は立派な東大教授になっているMさんのことを実名で、大学時代のエピソードをありのまま書いたら、多分Mさんの東大での教え子の方だと思うのだが、いくらなんでも失礼ではないですか、と直接コメントで抗議されたので、すいませんと、その記事は削除した。

なので、今回の権利侵害通報もそういう類だろうか、それとも私が誰かの記事を引用して、引用の範囲を超えて著作権侵害と解釈されることになっているのたろうか、と不安になりつつ、そのメールを読むと、こういう趣旨なのだった。

それは2008年の6月で、ある事件報道があったので、新聞社のウェブ記事を引用して、こんな事件があった、とコメントを書いた。その事件とは、ちょっとした違法行為だったのだが、それに関与した人は、当時二十代前半だったので、実名報道されていた。

私はそんな記事をブログで引用したことは忘れてしまったし、新聞社のウェブサイトでも、少なくなくとも誰もがアクセスできるところからは、とっくに削除されているのだが、ブログ記事というのは、基本的に書いた人が意図的に消すか、ブログそのものを閉鎖しないかぎり、残ってグーグルの検索でもヒットするようになっている。

さてそれから7年が経ち、当時二十代前半だった人は、今では普通に社会人として働いている。もともと、たいして悪質ではなく、あくまでもちょっとした若気の至りにすぎないようなことだったのだが、もしかして誰かにこんな記事がまだウェブにあるよ、と指摘されたのかもしれないが、自分の名前でインターネット検索すると、私の記事にヒットする。それが大変不愉快なので、削除してほしいと思った。

ところが、私のブログには三世代あり、最初の世代のブログにその記事は掲載されていたのだが、最初の世代のブログは、一時期あまりにもジャンクのコメントが多いので、コメントが書けないように設定した。なので、ここは憶測なのだが、コメント機能で通知できないので、Niftyの事務局に申し入れし、Niftyの事務局は私に、当該の記事を削除するように通知してきた、という次第なのだろう。

私はその経緯を聞いて、確かに不愉快であったでしょう、申し訳ありませんと、その記事を直ちに削除した。知らないうちに私が誰かにご迷惑をかけていたという次第である。

ブログは、ある意味日記のようなものだが、性質上、世界の誰もが見えてしまうので、特に事件の実名報道の記事の引用には注意しなくては、と改めて思った次第である。

今まで、七冠への道七冠へのアプローチ七冠に前進と井山の活躍をみてきたが、ついに井山が七冠を目指してタイトルに挑戦するところまできた。以下、日本棋院のホームページから引用する。

森ビル杯第54期十段戦(主催:産経新聞社)の挑戦者決定戦、井山裕太棋聖vs.余正麒七段が1月21日(木)に日本棋院関西総本部で行われた。
結果、277手までで黒番の井山棋聖が中押し勝ちをおさめ、3期ぶりの十段戦五番勝負出場を決めた。終局は19時11分、残り時間は黒番の井山棋聖が2分、白番の余七段が1分だった。また、これにより井山棋聖は史上初の七冠獲得へ挑むこととなった。余七段は入段7年目での七大タイトル初挑戦はならなかった。
伊田篤史十段との五番勝負は3月8日(火)に開幕する。

こうなるだろう、という十分な予想はついていたが、それにしても、余正麒七段は井山よりも若く、進境著しいので、井山がうっちゃられる可能性も少なくないと思っていた。

さて次は、伊田十段への挑戦なのだが、一方で井山は現在、山下九段と棋聖戦を戦っており、棋聖戦は6番までずれ込むと、3月10日になるので、棋聖戦と十段戦を並行して戦わなくてはならなくなる。

それはきつい戦いなので、井山としてはできれば棋聖戦は第5局の2月24日あたりまでで決着をつけておきたいところだろう。といいつつ、去年の棋聖戦は同じく山下で、井山は3連勝のあと3連敗で、やっと最後に勝ったのだが、冷や汗ものの勝利だった。なので、早目に方をつけておく、という発想は勝負的には緩んでいるといえる。

優勢になっても決して緩まないことで有名な井山がそんな甘い発想をするわけはないのだが、すると逆に、連戦の疲労が気になるところである。ともかく、これからの井山の戦いから目が離せない。私が考えた連勝の理論によれば、囲碁の七冠制覇は、多分将棋のそれより決して容易とはいえない。強気の伊田十段も必死で闘うだろう。だからこそ、七冠の歴史的瞬間を是非とも見てみたいものである。

そういえば、羽生の七冠制覇のとき、将棋界でも囲碁界でも、こんなことがもう起きるわけがない、という空前絶後感が溢れていた。当時の囲碁界は、趙治勲、小林光一が健在であり、それを小林覚、依田が追い、山下、羽根、高尾、張栩という平成四天王が次世代を担うことが確実視されていた。逆に言うと、囲碁界ではタイトルの分割割譲で絶対王者を欠いていたのであり、井山のような超怪物が後から出てくるなんて、誰も予想していなかった。

それにしても、将棋界と囲碁界を均等に眺めていて囲碁界がうらやましいのは、どんどん有望な若手が出てきていることである。例えば、芝野虎丸二段なんて、まだデビューして間もない16歳なのに、年間成績が40勝8敗で、レーティングベースのランキングが全体で18位である。これは将棋でいえば、B級1組に匹敵する。きっと、プロとしてデビューできるまでの行程が将棋より短いので、その過程で才能をすり減らす度合が少ないのであろう。また、韓国や中国の若手からの強烈な刺激もある。

IBMの特許管理を書いたあと、適当にウェブで他人のブログを眺めていると、パテント・マイニングというセッションでブレーンストーミングのようにアイデアを出して煮詰め、それを特許出願することで、ライセンスの価値がある発明の権利がどんどん得られるらしい。とてもすごい、みたいに書かれていた。

それは、パテント・マイニング・コーディネータの公式発表のようなものであるが、到底リアリティではない。おそらく実際にパテント・マイニングを経験したことがないのであろう。そこで私がリアリティと信じるものを記述してみる。いうまでもないが、私の個人的な見解にすぎない。

さて、パテント・マイニング・セッションであるが、いくらブレーンストーミングだからといって、雑多な人たちが急に一同に会するわけではない。どうしてもある程度方向付けは必要である。そうしないと見事に発散してしまう。

一つのやり方として、プロブレム・ステートメントが事前に決定される。それはどうやって決めるかというと例えば、パテント・マイニング・コーディネータがある開発部門の部門長と話し合って、ある程度トップダウンで決める。

そして、プロブレム・ステートメントが決まると、そのステートメントに解決策を与えるスキルをもつ一群の人達にプロブレム・ステートメントが知らされる。そしてそれから例えば一週間後に、パテント・マイニングの決められた部屋に、当該の一群の人達が集まる。尚、このとき、プロブレム・ステートメントに対して粗アイデアをその人達が思い浮かぶなら、パテント・マイニング・コーディネータに粗アイデアの記述を送っておく。するとたちどころにパテント・マイニング・コーディネータが特許検索で関連技術を見出しておく。

パテント・マイニングの当日は、関係者は基本的に携帯は切っておくし、パソコンも持ち込まない。要するにこれに集中する。各人はコーディネータが提示する特許関連技術を回避するようにアイデアを詰めていく。コーディネータは基本的に、出てくるアイデアを否定することなく、産婆のような役割で発明がかたちをなすのを手助けする。アイデアは模造紙に書かれる。

するとセッションが終わると、成果物して模造紙ができあがる。粗アイデアを出した担当者は、自分の書いた模造紙を持ち帰って、自分の席でパワーポイントなどにアイデアをまとめる。

そのパワーポイントがあれば、知財部員または外部弁理士の人に面談して特許明細書をまとめることができる。

ただ、そこからが問題で、パテント・マイニングでトップダウンで与えられたプロブレム・ステートメントはどうしてもお仕着せで、各人の心底のアイデアではなかなかない。よってどうしても発明の練度は一般的に低い。

ただ、最近では日本の特許庁でも、以前より随分進歩性の判断が甘くなったので、特許になるだけならなんとかなる。しかし、真にライセンス価値がある発明となるとなかなか難しい。

私はある、尊敬している研究部門の人たちとこの点について真剣に議論して、やはりパテント・マイニングは粗製濫造しかできないのではないか、という結論に達した。本当に価値のある発明は、最低でも数ヶ月は考えないと、ということである。

漬物なら一夜漬けでもそれなりにおいしいが、発明は違うということである。ただ、なぜそうなのか、説得力のある説明は難しい。追々考えてみる。

米国特許ナンバーワンの続きであるが、IBMのウェブページをみたら、やはり下記のアナウンスがあった。以下のとおり引用させて戴く。

ARMONK, N.Y. - 13 Jan 2016: IBM (NYSE: IBM) today announced that it has once again topped the list of annual U.S. patent recipients, receiving 7,355 patents in 2015, marking the 23rd consecutive year of leadership. IBM's 2015 patent results represent a diverse range of inventions as well as a strong and growing focus on cognitive solutions and the cloud platform as the company positions itself for leadership in a new era of computing.

当然であるが、Samsung全体なら、IBMの件数を上回る、という事情に言及されることはない。そもそも子会社や関連会社の特許件数もカウントするというルールはないので、言及する必要もない。

改めてCNBCの記事も確認してみたが、きちんと以下のように書いており、本当はSamsungが勝っているのはないか、という記述を蒸し返していない。

IBM retained its top spot in U.S. utility patents for a 23rd-consecutive year, followed by Samsung and Canon, which maintained their numbers 2 and 3 slots, according to IFI Claims Patent Services.

ただ、CNBCは、以下のようにも書いている。

"Some people would like to see how much intellectual property is fed into a parent company stock ticker - we can't provide that," said Cady. "IFI is looking at ways of aggregating the data under the parent company, but we do not have anything to announce at this time."

このように件数を集計する必要がでてきているのは、例えば、Microsoftが、Microsoft Technology Licensingの出願人名で出願し、パナソニックがPanasonic Intellectual Managementの出願人名で出願したりしているからである。ただ、そうすることの意味は、私が馴染んでいる特許管理技法だけの文脈では理解できない。そのうち調べてみることにする。

ただ一ついえそうなのは、IBMは他の競合会社が本質的でないと思っていること、すなわちUS Patent No. 1になりふり構わず偏執的に拘っていることである。それが賢明かどうか、判断するのにあまり深い洞察力は要さないと思うが。

流れ星の冬

user-pic
0

大沢在昌は、新宿鮫シリーズが名作で感動の嵐だったが、流石に10冊も読むと流石にお腹一杯で、しばらくは大沢在昌の作品は遠慮してきた。

ところが先日、会社のそばの古書店に行ってみると、大沢在昌の「流れ星の冬」双葉文庫があり、面白いかどうか分からなかったが、大沢ブランドというか、大沢氏の作品ならそんなに失望することもあるまいと、とりあえず買っておいた。

そして比較的短い待機時間の後に、「流れ星の冬」を読み始めた。この小説の主人公は、大学教授の葉山英介。ただ、大学教授といっても、前川裕の「クリーピー」に出てくるような本格的な大学教授ではなく、花嫁修業のためのような女子短大の教師であった。

そんな葉山は、妻に先立たれたが、今はオカマバーに勤める甥と同居してそれなりに平穏に暮らしている。ただ、そんな甥と暮らしているというと、世間は二人の関係を誤解するが、家事を分担する単なる同居人にすぎない。

ところが、葉山に、日常の平穏を破る出来事が起きた。魚釣りのため千葉の別荘を訪れていたとき、暴力団風の男たちにからまれたのである。それはどうみてもたまたまではなく、仕組まれたもののようであった。そこで葉山は、からんできた男たちを逆に脅して、誰が依頼したきたか問いただした。

一介の大学教授になぜそんな芸当ができるのかというと、実は葉山はもともと、戦後一世を風靡した強盗団の一味なのだった。そこで、聞きだした依頼者にコンタクトして、次第に真の依頼者に迫っていった。

ところでその強盗団は、葉山を含む四人のメンバーで、戦後のどさくさに紛れて、闇物資を強盗し、売りさばくことで莫大な財産を獲得したのだが、ある財宝にからむ事件を起こしたあと、リーダーの判断で解散され、少なくとも表面的にはかたぎに戻ったのだった。

ところが、強盗団のメンバーの一人がある理由で経済的に困窮し、そのためなんとか、昔の事件で獲得したはずの財宝を切望するようになった。その欲得に関して不穏な人々が動き、甥が誘拐されるに及んで、葉山の静かな怒りが沸騰し、かたぎの衣を脱ぎ捨てて、葉山の強盗団だった頃の熱い血潮が甦った。

ここからはストーリーの佳境なので、記述は省くが、65歳の葉山が人生最後かもしれない決意を固めるシーンなど、ある意味同等の老境にある私に幾許かの勇気と元気を与えてくれる、なかなかありがたい小説なのであった。

車体感覚

user-pic
0

大抵の若者は、大学時代に教習所に通って車の免許をとるが、私は車なんて興味がないというか、運転がおっかないので、車の免許を取る気なんて微塵もなかった。それでも、周囲の私以外のほとんどの人が運転免許があって私だけない、という状態は流石にバツの悪さを感じていた。そのとき、周囲の人が、運転はやっぱり車体感覚だよね、というので、えっ、車体感覚ってなに?とつい聞いてしまった。

そのとき、聞いた相手がたまたま親切な同僚だったので、それは要するに、自分の体感を車と同一視することだ、みたいに説明してくれた。なるほど、少年が鉄人28号を操縦するようなものなのだな、と変な例を思いついて、勝手に納得したものだった。

さて、運転免許なんて死んでも取らないと思っていたら、結婚して家内が、どうしても取ってほしいと懇願する。確かに、例えば家内が病気になって、私が車で連れていかなくてはならない場面もあるかもしれない。また、子供が生まれたら、家族で行楽に行くなら、夫婦で交代して運転できるようにしなくてはならない。そう覚悟して、当時住んでいた柿生で、たまたま駅前に送迎バスが来る、向ヶ丘自動車学校というところに通うことにした。会社に勤務しているので、土日コースである。

ところが行ってみて、こりゃあ大変だ、と嫌になった。というのは学科はいいのだが、実技で、私があまりに要領が悪いので、毎回教官にどやされるのである。それこそ、車体感覚がないので、道路に対する車の相対的位置をきちんと認識できないで、車体がポールに当たったり、タイヤが縁石に乗り上げたりする。あまりに毎回どやされるので、もう自動車学校を止めようと何度も思った。そうして家で暗い顔をしていたら、嫌なら止めていいのよ、と家内に馬鹿にされたように言われたので、将棋で鍛えた?負けず嫌いの根性がちょっとだけでてきて、なんとか根性を出してまた次の日、どやされに行くのだった。

そうやっていっていて、ほとんど実技は上達した様子はないのだが、とりあえず少しだけ車体感覚が身について、四ヶ月くらいかかって、やっと免許が取れた。心底、安堵した。

最初は、折角免許を取ったので、少しは運転に慣れようと、土日は意味もなく住んでいたアパートの周囲を走っていた。それから30年くらいたち、毎年少なくとも1000キロくらいずつは運転して、経験だけは積んだはずだが、車体感覚は依然として未熟なままで、ちょっとした駐車場に入れるのさえ、毎回苦労する。一応の才能という記事を書いたのも、典型的には自分の運転の才能のなさのことを思ってである。

実はここまで書いたのは、ある意味、先日のバス事故につながる話のマクラだったりする。

すなわち、その後のニュースを聞く範囲では、事故を起こして亡くなられたバスの運転手は、もともと大型バスの運転経験に乏しく、以前の勤務先では、ほとんど中型のマイクロバスしか運転していなかったようで、そもそも大型バスの運転に苦手意識があったようである。すると、バスの運転手をするのだから大型二種の免許はもっているものの、大型バスの運転手に必要なレベルの車体感覚が備わっていなかったのだな、と自分の運転スキルを例にとって、感じてしまう。要するに、一応の才能を欠いている。そして、それはおそらく訓練や経験でなかなか補えない。

それは、職業適性で述べたことでもある。もちろん、そこで例を挙げたルビッツ副操縦士の行動は意図的な殺人かもしれず、今回のバスの運転手と同一に論じるのは妥当ではない。

ただ、職業適性を欠く人達が、他人の命を預かる仕事に就いてはいけない、と強く感じる。そこで問題は、職業適性を欠いても、努力すれば大型二種の免許であれ、パイロットの資格であれ、なんとか取れてしまうことである。そして一旦資格をとると、一人前と見なされて、仕事のローテーションに組み入れられてしまう。

そして、ある種の疲労や焦り、精神的不安などが昂じると、職業不適性がカタストロフをもたらしてしまう。言い換えると、前にも論じたが、不適性がカオスをもたらし、それがどんな結末になるのか、ちょっと予測できない。

それを解決するには、ともかく他の仕事に配転するよりないのだが、他の人の都合や、なりよりも本人の希望、また他の仕事に対する適性をみつけることの困難というのもあって、なかなか一筋縄ではいかないのであった。

王将戦第1局が始まったが、どうも私的にはあまり気持ちが盛り上がれない。どうみても、来月から始まる、渡辺対天彦の棋王戦の方が面白そうである。それは、羽生対郷田という対戦にいまいち新鮮味が感じられないということと、対戦成績からいって、流石に羽生が勝つのでは、という期待的意外性(expected unexpectedness)の低さがあるからである。ともかく棋譜をたどってみる。

【図1】 38手目△6四角まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲郷田=なし
さて、予想どおりとも意外ともいえるのだが、矢倉になった。どういうことかというと、矢倉自体は予想の範囲なのだが、あまりみたことのない矢倉になった、ということである。すなわち、絶対のような4六銀戦法がそのヘゲモニーを失ってから、矢倉は百家争鳴の時代に入った。すると、各人が定跡を外れて、さまざまな工夫をする。森内もNHK杯の村山戦と、A級順位戦の行方戦で、矢倉の出だしから、飛先交換を許して相掛のように戦うかたちを試みている。まだ、あまり戦果はあがっていないようであるが。本譜は以下、▲6五歩,△7三角と進んだ。

【図2】 41手目▲7八飛まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲郷田=なし
しかし、郷田の▲7八飛が気合いの一着で、局面をリードした。以下、△3一玉,▲3七桂,△6四歩,▲同歩,△同角,▲6五歩,△4二角,▲5七角,△8二飛,▲7五歩,△6二飛,▲7四歩,△6五飛,▲6六歩,△7七歩,▲6五歩,△7八歩成,▲同金,△2二玉,▲8一飛,△7七歩,▲同桂と進んだが。

【図3】 64手目△7一歩まで
持ち駒:△羽生=飛



持ち駒:▲郷田=歩2
結局、羽生は△7一歩と受けなくてはならないようでは、歩切れで、いかにも苦しい。▲7三歩成と無条件でと金を作られては、郷田の優位は明らかである。以下、△4九飛,▲9一飛成,△1九飛成,▲8二龍,△6九龍,▲7九歩,△5八龍,▲2五桂,△4五香,▲8四角,△4六香,▲同歩,△7七桂成,▲同玉,△7二桂,▲9三角成,△5三銀,▲5五香,△4四銀左,▲5三香成,△同角と進んだが、とりあえず指してみただけ、という感じもある。

【図4】 投了図 87手目▲6六馬まで
持ち駒:△羽生=銀香



持ち駒:▲郷田=銀桂香歩3
そして、▲6六馬で羽生の投了となった。先手だけ馬ができており、7三と、もいる。大差なので、投了もやむなしである。

羽生は、先日も、竜王戦1組の一回戦で久保に敗れた。多分、今はやや不調なのだろう。名人戦に向けて調整中ともいえる。七冠に向けて邁進する囲碁の井山棋聖は、一番一番全力を尽くしているが、井山より約20歳も年上の羽生は、選択と集中で重要対局にリソースを注ぐよりない。そういえば、羽生の七冠達成も、25歳のときだった。その頃が人間の能力のひとつのピークなのだろうか。ピークといえるものが何一つなかった私にはわからないが。

私は子供も頃から麺類が好きで、特にラーメンには目がなかった。ただ、孤島なのでラーメン屋なんて一軒もない。なので、ラーメンというとインスタント・ラーメンだった。

近所の商店のおばさんが私がラーメンが好きなのを知っていて、新発売のインスタント・ラーメンが来ると教えてくれた。そして私はそれを買って、自分で作って食べ、麺はまあまあだがスープがちょっと薄いとか、いろいろコメントをつけたものだった。

ところで、私が小学校の頃はまだ給食がなく、それで学校から近所の子供は昼休みは自宅に食べに帰り、遠い子供は弁当持参だった。私はというと、自宅は比較的遠いのだが、小学校のそばに母方の祖母の家があり、昼休みになるといつも祖母の家に行き、ラーメンを所望した。それで次第に、何もいわなくてもラーメンを作って待っていてくれるようになった。孫というのは可愛がられるので得である。

そんな私は大人になってもラーメンは好物だったが、次第に食べる頻度が減ったのは、ラーメンの塩分や脂があまり体によくない、という風評が立ったからである。それでも、ついときどきラーメンが食べたくなるのは一種の本能のようなものである。

で、最近、家人がお菓子商店で、「寒干し(R)ラーメン」というのを買ってきた。お菓子商店というのは、最近できたお菓子のチェーン店で、いろいろなお菓子が揃っていて結構安い。どうしてそこにラーメンもあるのかわからないが、まあ食べ物なので、あってもおかしくないと思うことにした。

なぜ、寒干し(R)ラーメンと(R)を入れたのかというと、寒干しというのが、株式会社菊水の登録商標なのだった。ちょっと調べてみると、寒干しは、登録番号 第2718014号で、1996年11月29日に登録になっている。【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】は、低温乾燥めん、だけで、ちょっと決め打ちしすぎなのでは。

さて、「寒干し(R)ラーメン」を株式会社菊水のホームページでみてみると、味噌、醤油、塩の三種類がある。そもそも菊水は、北海道江別市にある会社なのだった。

私が食べてみたのは、「本場札幌寒干し(R)味噌ラーメン」で、一袋に3食入っている。普通インスタント・ラーメンというのは一袋に5食入っていて、それでもあまり重くない。しかし、「本場札幌寒干し(R)味噌ラーメン」は、3食しか入っていないのにずっしり重い。その理由は、麺にあった。麺が重いのである。

麺は乾麺なのだが、油で揚げていない。しかし、いかにも密度が髙そうである。なので、普通のインスタント・ラーメンのゆで時間は3分なのだが、これはその倍の6分。空腹だとちょっと待ち遠しい。

スープは液体スープで、一食あたりの量が結構多い。そして作ってみて感じたのだが、食感が、普通のラーメン屋で出てくるラーメンとほとんど変わらない。むしろ、普通のラーメン屋のラーメンよりおいしいくらいである。

これは将棋でいえばアマチュア・トップクラスの実力なのであってすなわち、アマチュア・トップクラスが羽生名人にはまず勝てないのと同じように、人気のラーメン屋には寒干しは勝てないが、フリークラスの棋士の中には勝ち越せるプロもいるかもしれない、ということである。

ともかく、寒干しはお薦めなのだが、株式会社菊水のホームページをみると、寒干しは商品群のほんの一部で、他にも垂涎のラーメンがいろいろあるのだった。

バス事故

user-pic
0

昨日は、所用で休暇をとった。すると、朝特に早く起きる必要はないのだが、よほど疲れていないかぎり、習慣的に朝5時には起きてしまう。

それで、Niftyのウェブメーラーをみようとしたところ、バス事故の速報があった。ん?と思ったのは、二人死亡とあったからである。ところが、しばらくして心肺停止11人とあり、心肺停止というのはかなりの確率で亡くなるので、これは大事故だと、テレビのニュースを確認した。以下、今朝の読売新聞のウェブ記事を一部引用してみる。

長野県軽井沢町の国道18号バイパスで15日未明、大学生らのスキー客を乗せたバスが道路脇に転落した。運転手と交代要員を含む計14人が死亡し、26人が重軽傷を負った。
現場は緩やかな左カーブの下り坂で、積雪や路面の凍結はなかったという。事故の起きやすい条件ではなかったにもかかわらず、バスは対向車線にはみ出し、ガードレールを押し倒して転落した。
運転手に何があったのか。「運転が荒い」と感じた乗客もいる。崖下と道路の高低差は3メートルだが、被害は甚大だった。シートベルトの着用が乗客に徹底されていなかった可能性もある。
長野県警は捜査本部を設置し、東京のバス運行会社を捜索した。国土交通省も特別監査に乗り出した。運転手が死亡したことで、原因究明は難航も予想されるが、発生時の状況の解明が不可欠だ。
 - 中略 -
事故が発生したのは、一般道だ。行程表上、この区間は高速道を通行するはずだった。なぜルートを変更したのか。疑問点を明らかにすることで、原因に迫りたい。

事故原因は、警察の調査を待つよりないので、この段階で軽々しいことをいうべきではないのかもしれないが、失敗体験で述べたようなヘボな体験をした私は、上記の記事をみて、なんとなく思い当たるふしがある。

まず、高速道を通行するはずだったのに一般道を走っていたことだが、おそらく運転手は、疲労か病気によりぼうっとしていて、高速を降りるインターを間違えて早目に一般道に降りてしまったのではないか。運転が下手で地図が読めない私は、高速道路から一般道に降りるインターを間違えた回数は、かなり多い。練達のバスの運転手といえども体調が悪いと疑似的に運転初心者のように振る舞ってしまうことはありえる。

そして間違えてインターを降りてしまうと、当然に焦る。しまった、と思って頭に血が上り、動転する。バスの運転手だと、予定時間に間に合わなくなるので、必死で遅れを取り戻そうとするだろう。

すると、ついアクセルを強く踏んでしまう。そしてカーブを曲がりきれず、バスが左側のガードレールに当たる。その反動でバスは右に蛇行する。すると運転手は本能的にブレーキを踏むが、急ブレーキはむしろ、バスをスピンさせてしまい、右側のガードレールを突き破って、バスが転落してしまった。

以上が私の推理であるが、運転が下手な私は、山道で、急ブレーキを踏んで車をスピンさせてしまったこともある。たまたま他の車が来ていなかったからよかったものの、一歩間違えると大変なことになるところだった。なので、上記の推理はかなり私の実体験に基づく。

新聞記事によると、バス運行会社のイーエスピーは、事故の2日前、運転手10人が健康診断を受診していなかった事実が発覚したため、国交省の行政処分を受けていたという。すると、管理体制に問題があったと強く推定される。なお、イーエスピーのウェブページは、この記事を書いている時点でアクセスできなくなっている。アクセスが集中しすぎたのだろうか。

そういえば、今思い出したのだが、日本酒という記事で書いたように、関越道でバスの運転手の居眠により、バスが防音壁に衝突し、乗客7人が死亡するという大事故に対して、日本酒で二日酔いの私は、意識がシンクロナイズしたのだった。しかし今回の事故ではシンクロニシティの胸騒ぎはなかった。きっと、二日酔いでなかったからだろう。

私は特許調査の仕事で横須賀や厚木の研究所には比較的よく行くのだが、つくばにある研究所にはまだ行ったことがなかった。ところが急につくばの仕事が回ってきた。

つくばの研究所って、どうやっていくんですかと部門のコーディネータに質問したところ、それは、秋葉原からつくばエクスプレスで行くんだよ、とあっさり回答された。

つくばエクスプレス? それって成田エクスプレスのつくば版なのだろうか、と私はふと考えて、ウェブで調べてみた。すると、つくばエクスプレスは、そもそもJRではなく、つくばエクスプレスという会社が運営しているらしい。

そういえば私は、つくば万博に行ったことがある。まだ結婚する前のことで、自宅のアパートに、韓国人の叔母から電話がかかってきた。そして、自分の甥が東京に仕事の出張に行っているので、何万円か小遣いを立て替えて渡してほしい、あとで送金するから、という。それで、宿泊しているという六本木のホテルアイビスに行くと、面識がない、その甥という人は、あんただれ?という顔をするので、実は、と拙い英語で説明した。なにしろ私は韓国語がしゃべれないし、向こうは日本語がしゃべれない。なので英語しかコミュニケーション手段がないのだが、向こうは、ああ、と急に了解した顔をした。叔母から話があったことを思い出したのだろう。それで私は用意していたお金を渡して帰ろうとしたら、まってくれ、という。なに?と思ったら、つくば万博に連れて行ってほしい、交通費は出してあげるから、という。そのときは知らなかったが、韓国人は、親戚だと思うと面倒なことも平気で頼む人達なのだった。で、仕方なく、ともかくつくば万博に行ったのだが、そのときもつくばエクスプレスで行ったのだろうかと思い出そうとしてどうしても、どうやって行ったのか記憶にない。

で、Wikiで確認したら、そのときつくばエクスプレスで行ったはずがないということが分った。なにしろ、つくばエクスプレスは2005年開通で、つくば万博は、1985年なのである。

そんなことを考えつつ、ちょっと迷いながら、秋葉原駅で、総武線からつくばエクスプレスに乗り換えた。みると、つくばエクスプレスは、秋葉原とつくばの間をつなぐだけの路線で、そういう意味ではちょっと相鉄ぽいのだが、流石に2005年開通なので、電車は新しい。快速と、区間快速と、各停がある。快速だと45分だが、私はたまたま来合せた区間快速に乗ったら、つくばに着くのに52分かかった。

つくばというのは田舎かと思ったら、駅前は意外に開けていた。ただ、都内より冷え込む。研究所までは、つくバスというバスで駅のターミナルからすぐ次の停留所だというのだが、なかなか着かない。随分走ってやっとついたのだが、駅のターミナルから、その停留所までの距離がなんと7キロもあるのだという。7キロというと、小田急線だと、町田から海老名までくらいの距離ではないか。まさか、その途中に誰も住んでいないのか。ううん、つくばはやっぱり田舎か。

さらに、バス停を降りて、周囲に全く案内表示がない。降りていく人について行こうとしたら、なんと歩く人が一方と逆方に二手に分かれていってしまった。どちらについていくべきか茫然としながら、えいやっ、と一方にいったら幸い正解だった。反対にいくと、別の独立行政法人の研究所であることが後で分かった。

早くついたので、研究所のカフェテリアでコーヒーでも、と受付の人に聞いたら、カフェテリアはないので、自販機で缶コーヒーを買って下さい、という。やっぱりつくばは田舎か。

ところが、意表をついて、打ち合わせの会議が始まったら、女性の方がコーヒーをもってきてくれた。他の研究所ではお茶さえ出たことがない。流石につくばは、あったかいんだから、とクマムシの歌を思い出した。

で、帰りもバスなのだが、普通反対方向に行くバスのバス停というのは、順方向のバス停の対面の位置にあるものだが、ちょっと歩いてもみつからない。しばらく歩いていたらやっとみつかったのだが、それは対面のバス停よりも200メートル近くずれた場所で、バス停を見つけたと同時のころバスも来ていて、走ってやっとバスに間に合ったのだった。やっぱりつくばは田舎か。

帰りの電車では、男女を含む若いアメリカ人が大声で数人歌を歌いながら盛り上がっているので、閉口した。もちろん私は、Please be a little bit quiet.なんて注意はしない。ヤクザと外国人は、触らぬ神に祟りなしである。ともかく結構外国人をつくばで見かけたので、流石に研究都市なのかな、と改めて感じた次第である。

鹿島さん

user-pic
0

前にも書いたが、ずぼらな私は、定期購読の雑誌を放置して、結局そのままちり紙交換に出してしまうことはそんなに稀ではない。それでも捨てるのはもったいないので、ときどきちらっとめくってみるのだが、去年の12月に発行された数学セミナーの1月号を眺めていて、おおっ!と思ったことがあった。それは、鹿島久嗣さんが寄稿していたからである。

鹿島さんは、私が以前に勤務していた外資系の会社で研究員で、統計数学、別名、ビジネス・アナリティクスの研究者で、研究員はみんなプライドが高く、滅多に同僚研究者のことを褒めないのに、鹿島さんはガチで一目置かれていた。

鹿島さんと私の接点は、私が知的財産部にいて、彼の発明の特許明細書を私が何件か書かせて戴いたことである。

しかし、いかに私が数楽者だといっても、代数学(の初歩しか知らない)ならともかく統計数学は全く無知で、発明が理解できないで困り果てて、鹿島さんに助け舟を出してくれるように席にお願いにいったことがある。そのとき、私のような素人にも理解しやすいように機械学習の理論の初歩から説明してくれたのだが、その内容がまさに、この号の数学セミナーの内容だった。

結局、その説明でなんとかその発明の特許明細書は書けたのだが、2009年に書いた、「リンク予測システム、方法及びプログラム」という発明の数式の難解さは超絶的で、鹿島さんが呆れるくらい何度も数式の説明を聞きにいったものだった。流石の鹿島さんの説明の前提さえ理解できなかったので、アマゾンで、「統計のための行列代数」D.A.ハーヴィル著、伊理正夫監訳、シュプリンガー・ジャパンを買った。上下二巻で8000円くらいかかった。スキルはともかく、私が特許明細書に懸ける意気込みは理解してもらえるだろう。ところが、この本を必死で読みながら特許明細書を書いていたら、頭痛がしてきて、とても会社にいられる状態ではなくなり、上司に断って、ふらふらしながら帰宅した。そして家内に布団を敷いてもらうと倒れ込むように寝込んでしまった。結局二日会社を休んだ。私は自慢ではないが、1995年に管理職になって、2009年のこのときまで、一度も病気で会社を休んだことがなかった。それほどこの発明の理解は私の頭にインパクトがあった。

それからほどなくして、鹿島さんは、東大からスカウトされて情報工学科の准教授になった。みんな驚いたが、一方で、さもありなんと、納得した。

そして数学セミナーをみると、肩書きが京都大学大学院情報学研究科教授になられている。東大からこちらに移ったことになるが、もともと京大は母校なので、なにかと馴染みがあるのだろう。

ともかく、芸能人対ファン的な非対称性により、私は鹿島さんのことを知っていて、向こうは私のことなど全く憶えていない、ということになるのだが、まさに統計数学や機械学習が時代の要請になってきたので、今後の一層のご活躍を期待するものである。そういえば、つい、数学セミナーの2月号をみたらやはり鹿島さんの機械学習に関する記事があったので、これは連載ということになる。すると一年を通した記事に加筆して一冊の本として日本評論社から出版される可能性もある。そちらも待望するものである。

最近、会社の同僚が、モチベーション下がるよね、と私に対してつぶやいた。どういうことかというと、まずその背景から書いてみる。

私が勤務している部門のメンバーは、ほとんどが、勤務している会社の親会社からの出向や転籍なのだが、私とその同僚は、別の会社を早期退職して採用された、いわば例外的な外様的存在である。そして、外様であるがゆえに、毎年契約更改する必要がある。

契約は、勤務している財務状態やビジネス的な理由で、あるいはわれわれの仕事のパフォーマンスが期待に沿わないという理由で更改されない可能性がある。一方、我々の方も、当然ながら、他の仕事が見つかったなどの理由で、契約更改に応じないということもできる。今言ったことは単なる一般論にすぎない。

しかし、今から付け加えることもまた一般論なのであって、それは、同僚も私も60歳を過ぎているので、給与条件は下がるか据え置きのどちらかであって、決して上がることはない、ということである。さらに契約の更改回数かかなり有限で、65歳前に打ち切られる。

それをきちんと言い渡されたので、モチベーション下がるよね、ということになるのである。

私はそれに同意しつつ、ちょっと違うと思うこともあるのだが、いちいち言うのもと思って黙っていた。それはどういうことかというと、定年後の仕事としては、下がった給与でもまあ世間的にはいい方ではないか、ということである。私はずっと前から、定年後、勤務していた外資系に残るつもりはなかったが、それではどうするかというと、駅前の駐輪場の管理人でもなるかと思っていた。じっさい、数年間駅前の駐輪場に自転車を置いて通うという経験をしたからである。そのとき親切な管理人にお世話になった。その時給は知らないがどう考えてもいまの仕事のほうがましなはずである。要するに贅沢はいっちゃいけない年齢に入りつつある。

もう一つ理由があってそれは、私のメインの仕事が、親会社の研究所にヒヤリングに行って、研究者に調査内容を聞いて理解し、特許調査することだからである。それがなぜモチベーションなのかというと、立派な研究者に直接いろいろ話を聞くということは、普通はまず不可能なのであって、とても恵まれた立場なのである。私は有意義にヒヤリングするために、前もって専門書で予習するのだが、それもまた勉強になる。

それでモチベーションは下がっていないのだが、やはり収入の漸減は現実であり、ちょっと酒を控えるとか、買う本の量を減らすとか仕方のないところである。

さらに数年後契約を打ち切られるのが必然なのだから、もしかして無為の年金生活に突入するかもしれないが、なにか仕事したいので、多少あがいてみたい。そういう苦労がいささかボケ防止に貢献するだろうか、といろいろ考えている次第である。

まあ、モチベーションは、与えられるものでなく、つくるものなのだろう。

浅草

user-pic
0

NHKの将棋フォーカスをみていたら、伊藤かりんが、浅草を「ブラかりん」するシーンがあり、約10年前の私の記憶が蘇った。

それは、米国から、練達のpatent attorneyであるBS(とイニシャル・トークさせていただく)が日本にやってきて、米国特許法とその実務との関連を、なんと四日間に亘り講義するので、私が例によってフル・コーディネートするという機会だった。

それは貴重な教育機会なので、インドの女性patent engineerである、SC(同じくイニシャル・トークする)も招待することになった。ホテルの手配だけでなく、成田空港でのピックアップもすべて私の仕事である。ただ、空港でのピックアップというけど、米国のRaleighからやってくるBSと、インドのバンガロールからやってくるSCを、少しずれたタイミングでダブルピックアップしなくてはならないだけでなく、全く初対面のBSを識別しなくてはならないので不安になりつつ、二人の名前を書いたプラカードを掲げて到着ゲートで待った。

それにしても、二人とも第一ターミナルだからいいものの、一方が第二ターミナルに到着なら、私はどうやって切り抜けたのだろう。

ともかく、既に面識があり、いかにも典型的インド人であるSCは直ぐに見分けられたが、BSもとても勘のいい男で、向こうから私を簡単に見分けてくれた。こうしてBSとSCと私の三人がバスで相模大野に向かった。道中、SCの強い訛りの英語には相変わらず閉口したが、BSの英語が分かりやすいのは救いだった。もちろん私のために分かりやすく話してくれるというのもあるのだが、Raleighがあるノース・カロライナ州は、全米一スローな聞き取りやすい話し方をする地方である、ということもある。

BSの米国特許法の講義はきわめて印象的で教育的であった。単に法律的な配慮だけでなく、クレームの書き方など実務ともきちんと関連付けてくれて、みんなに評判がよかった。

その御礼に、私は毎日のように、BSとSCをディナーに連れていった。ところが、SCはヒンズー教のバラモン階級なので、完全菜食主義である。もちろん酒も一切飲まない。なので、メニューにはいつも苦労した。メニューはまあいいのだが、もっと困ることがあった。それは両親がイギリス出身のBSが、インド人のSCに対して侮蔑的なことを平気でいうのである。例えば、インドはイギリスが統治したのでインフラができてお前たち助かっているだろう、などというのである。それを聞いてSCは激怒した。私はなんとか話題を変えるのに苦労した。

ともかくこうして全日程を終え、明日は二人が帰国するという土曜日になった。それで私は、ちょっと考えて、二人を浅草に案内することにした。いかにも日本的なところだから、と考えたのもある。BSは、おお観光かと喜んでくれるのだが、SCはあまり嬉しそうな顔をしない。ところが、浅草に行って喜んだのは寧ろSCだった。浅草寺の仏像に真剣に祈りをささげている。SCにとって、仏教もヒンズー教も距離は大きくないようである。一方のBSはドライな人でしかも生粋のクリスチャンなので、仏像なんてなんだ、と醒めている。

しかし、仲見世通りにいくと、二人とも物珍しそうに目を輝かせているので、うれしくなった。実はBSの妻はベトナム人で、アジア的なものに違和感がない。SCはなにやら買い物をしていた。親戚のお土産なのだという。

ただ、驚いたことがあって、BSは日本から帰国した直後に会社を辞めてしまった。予定の行動だったようである。事前に辞めることが分かっていれば、決して彼を日本での講師に指名しなかった、なんともアンフェアな奴だとある米国のマネジャがあとで憤慨していた。ただ、私はまあそんなこともあらあなと、思っただけだった。ところが、しばらくしてSCも辞めてしまった。もともと特許サーチャーだったSCは、特許実務の仕事が肌にあわないようだった。

その後どこかの会社の特許部長になったBSは、日本にきたついでに、ディナーに誘ってくれた。私は、是非ともBSに再会したかったのだが、あいにくどうしても抜けられない会社の仕事があった。

それはともかく、二人を連れて行った浅草ツアーはまあまあの成功だった。なのでその同じ年の10月に、マネジャー会議で、交友関係で言及した中国のYさんと、台湾のPさんが日本に来たときも、彼女たちを浅草に案内したのだが、流石に中国や台湾の人達は、お寺に違和感がないので、観光気分をあまり感じなかったようだった。ということで第二次浅草ツアーは成功だったとはいいがたいが、ともかく私は二人を回転寿司に連れて行ってお茶を濁した。

ただ私はそれ以来、浅草に一度も行っていない。もう10年以上のブランクである。お笑いが好きな私は一度浅草の演芸をみにいってみたいような気もするのだが、一方で、浅草を、過ぎ去った過去の1ページに留めたいと思っているふしがある。きっと、交友関係に書いたような無常観を引きずっているからなのかもしれない。

B級1組

user-pic
0

単なるルーチンなのだが、B級1組順位戦の10回戦が終わったので、例によって確率を計算してみた。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1三浦弘行九段72180786.3%0.0%
2阿久津主税八段4516830.0%0.1%
3松尾 歩七段6417432.0%0.0%
4山崎隆之八段3617550.0%1.8%
5橋本崇載八段5417040.6%0.0%
6木村一基八段73176622.1%0.0%
7豊島将之七段4518540.0%0.1%
8村山慈明七段2717230.0%54.5%
9畠山 鎮七段3615910.0%43.7%
10谷川浩司九段5516240.0%0.2%
11丸山忠久九段5417240.1%0.1%
12稲葉 陽七段81181788.9%0.0%
13先崎 学九段1815500.0%99.6%

10回戦のトピックは、鉄板だと思っていた三浦九段が、橋本八段に敗れて7勝2敗となったことである。そして、それを横目でみながら、稲葉七段が8勝1敗と勝星を伸ばしたことである。

しかし、そうなっても、9回戦で95.4%だった三浦九段の昇級確率は、86.3%に下がっただけであり、その鉄板性はそんなに変わらないともいえる。それは今期は星が偏っていること、そして三浦九段が順位が一位であるのが大きい。なので3位の木村八段は、距離を保って後をついていき、先を行く人達が転ぶのを待つよりない。

別のトピックは、畠山七段が村山七段を破って、残留への望みをつないだことである。毎年のように畠山七段は、順位戦の終盤で薄氷の湖で華麗に舞って、ぎりぎり残留している。前期も、畠山七段の後半の頑張りのあおりで、楽に残留すると思われていた藤井九段が落ちてしまった。今期はその役割は、村山七段なのだろうか。しかし村山は決して単なる序盤巧者ではない。根性もある。そういえばNHK杯で村山が森内に勝った将棋はまさに根性だった。

ところで、先崎九段は1勝8敗となったが、9回戦の時点で試算したように、降級はまだデコヒーレンスしていない。残留確率0.4%なので、皮一枚というよりも、分子一個分で残している。

七冠に前進

user-pic
0

七冠へのアプローチの続きであるが、井山六冠が、七冠に向けてさらに一歩前進した。以下、産経新聞社のホームページから引用する。

産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第54期十段戦」の本戦トーナメント準決勝が7日に行われ、井山裕太六冠(26)が今村俊也九段(49)を、余正麒七段(20)が志田達哉七段(25)をそれぞれ破り、21日の挑戦者決定戦進出を決めた。
両者は昨年9月の王座戦挑戦者決定戦でも対戦している。この勝負で余を破った井山はその後、王座を奪還。保持していた棋聖・名人・本因坊・碁聖と、後日奪取した天元を加え、3度目の6冠に返り咲いている。
囲碁界初の七大タイトル独占がかかる井山六冠は3期ぶり4度目、プロ7年目の余七段は初の十段戦五番勝負出場を目指す。伊田篤史十段(21)との五番勝負は、3月に開幕する。

井山六冠は、七冠制覇に向けて、あとは、決勝で余七段を、五番勝負で伊田十段を倒せばよいところまで近づいた。

確率的というか実績的にいえば、井山が七冠になる可能性は高いが、いまから山下との棋聖戦もあるし、油断がならない。この機会を逃したら、井山に七冠のチャンスが巡ってくるのは何年先になるか分からないので、是非とも勝って十段に就き、棋聖も防衛して囲碁界初の七冠が実現することを期待するものである。

その妥当性が大いに疑問をもたれている、私の多冠理論によれば、七冠に就いた直後から、井山に不調の津波が押し寄せてくるかもしれないが、それはそれで、しばらくは波に翻弄されるしかないであろう。

ひとつ前の記事のselectとchooseの最後で、みる、の様々な漢字表記のニュアンスの違いが分からないと書いて、ちょっとして、ああ、と武部良明著「漢字の用法」角川書店という蔵書があったことを思い出した。そこで、補足として、「みる」の漢字表記のニュアンスの違いをこの本から書き写してみる。

  • 看る:そばにいて、よく世話をすること。
  • 観る:遠くから、そのものだけをよくながめること。
  • 見る:物事を、目で感じること。
  • 視る:物事を、よく注意して調べること。これは、「見る」も使う。
  • 診る:これは、医者が患者の体を調べること。
  • 覧る:物事を、ひととおりながめること。これも、「見る」も使う。

ううん、現実の用法とちょっとずれているような気もするが、なんとなく妥当のような気もする。しかし私は、視るも、覧るも、文章で使った記憶がない。多分、「見る」で代用したのだろう。

これ以外に、「覗る」と書いて、「みる」と読ませる言い方もするが、要するに覗き見る、という意味なのだろう。しかし、この本でカバーされていないというのは、正式な読み方ではないのだろうか。

あと、「書いてみる」というときの「みる」は、該当する漢字はなくて、ひらがな表記しかないのだという。

「みる」と同じくらいの同音異義性をもつものとして、他に、「あう」がある。これは、「会う」、「遇う」、「合う」、「遭う」、「逢う」がある。これは、「みる」よりは微妙でないような気もする。

これ以外というと、「たすける」の「援ける」、「助ける」、「扶ける」、「輔ける」、「たずねる」の「温ねる」、「尋ねる」、「訊ねる」、「訪ねる」などがある。

漢字が苦手な私は、次第に頭が混乱してくるのだった。

selectとchoose

user-pic
0

最近、ある知り合いから、selectとchooseのニュアンスの違いについて、独特の見解を聞いた。私は英語を単なる道具と思っている節があるので、そういう細かいニュアンスの違いに神経質ではないのだが、それではいけないので、自宅にある英英辞典を調べてみた。

まず、American Heritage Dictioninaryのchoose:
To decide on and pick out; select.

あれっ、これをみると、choose ≒ selectだったりする。

次に、American Heritage Dictioninaryのselect:
To choose from from among several.

なるほど、どうもselectとchooseはあまり大きなニュアンスの違いはないようである。強いていうなら、ともかく選ぶのがchoose、ある決まった範囲から選ぶのがselect.

折角なので、COBUILD ENGLISH DICTIONARYでもみてみる。まず、choose:
If you choose someone or something from several people or things that are available, you decide which person or thing you want to have.

次にCOBUILD ENGLISH DICTIONARYのselect:
If you select something, you choose it from a number of things of the same kind.

なるほど、American Heritage Dictioninaryとあまり違わない。そういえば、レミオロメンの「粉雪」という歌で、「一億人から君をみつけたよ」という歌詞があるが、これは選ぶ範囲が広すぎるので、どうみてもselectでなくchooseである。一方、択一問題というとき、これは間違いなくselectである。

これと似たニュアンスで、ある英語の雑誌に、accurateとpreciseの違いが分かるか、という問題があった。COBUILD ENGLISH DICTIONARYによると、accurateとは、An accurate information are correct to be a very detailed level.

一方、COBUILD ENGLISH DICTIONARYによると、preciseとは、You use precise to emphasize that you are referring to an exact thing, rather than something vague.

ううん、依然として違いが分かりにくい。なので急に少し話題を変える。日本語で、みる、というと、見る、観る、看る、視る、診るなどあるが、これらのニュアンスの違いはなんなのか、私は半日悩んで結局はっきりとは分からなかった。まあ、流石に診るは別だが。

クランⅡ

user-pic
0

沢村鐵の「クランI」中公文庫は、こちらに書いたように、新聞広告でみて、吸い寄せられるように買って読み始めたのだが、確かに期待を裏切らない好著だった。冷静に考えるとちょっと現実にはありえない想定だったりするのだが、そういうありえないかもしれないポイントがいくつもちりばめられているうちに、ポイント間の相互作用でリアリティをもってくる。

そして思わせぶりな「クランI」の終わり方に、「クランⅡ」を待望した。ところが、「クランⅡ」がなかなか出ない。それもそのはずで、クラン・シリーズは、既に単行本で出ていてそれを単に文庫本化したものではなく、いちいち書き下ろしなのである。

そこで私は、アマゾンで週に一回は「クラン」と打ち込んで本を検索した。しかし、ヒットするのは「クランI」だけだった。ところが、12月に入って「クラン」と打ち込むとついに「クランⅡ」がヒットした。そこで会社の昼休みに、すぐそばの「つたや」に買いにいった。しかし、ない。

次の日の昼休み、思い切って駅の向こうの啓文堂に足を延ばすと、新刊コーナーに確かに数冊、「クランⅡ」があった。

そして、少したって読みながら激しく頷いたのは、「クランⅡ」は、「クランI」の強連結性の続編なのだった。強連結性というのはコンピュータ科学の用語なのだが、言いたいことは分かると思う。要するに、「クランⅡ」は、「クランI」が終わったところから始まっている。こういうパターンは、週刊の漫画雑誌の連載でよく採られる手法であるが、小説では珍しい。例えば、大沢在昌の「新宿鮫」のシリーズは全10冊だが、前の巻の経緯が少しだけ次の巻で登場するものの、ストーリーは一応独立している。こういうのは、弱連結性と呼んでいいかもしれない。

強連結性のシリーズというのはまるで劇画のようなので、俗な印象を与えかねない。しかし、クランは不思議にあまり俗な感じがない。

さて、「クランⅡ」は、「クランI」の最後で、捜一のある刑事が警視庁内で自殺したという大事件から始まる。そして、そこになぜか公安の面々が入り込んできて、捜一を追い出し、捜査に実権を握る。

そこに当然晴山もいて、そんな有様を苦々しく思っている。そんな晴山に、人払いした後妙な話をし始めたのは、区界という公安の刑事だった。それはあまりにも不思議な話なので、晴山は怪訝に思った。

しかし、「クランⅡ」の主役は、晴山ではなく、渋谷南署の岩沢である。岩沢は、独自の嗅覚で、渋谷にとてつもない禍々しい雰囲気が漂っていることを感じた。そして、元マル暴としての人脈を使って知り合いの暴力団にコンタクトし、怪しさの根源のことを示唆された。結局、ついに渋谷駅に潜むという魔物に行き当たった。そして、危険を感じつつも、岩沢は晴山の部下の土沢とともに、駅職員の案内で夜の渋谷駅に入り込んでいった。

そういえば、この本にも記述があるが、渋谷駅での乗り換えの難しさは、まるで迷宮である。例えば、三鷹から溝の口に行くとする。すると駅探は、三鷹→吉祥寺→渋谷→溝の口を案内する。それに従って私は、渋谷の乗り換えで15分以上も迷って時間をロスしたことがある。なので、決して駅探には出てこないが、私は、三鷹→新宿→登戸→武蔵溝の口というルートを採るようにしている。実は時間はほぼ同じであり、乗り換えは自明である。なによりも大部分定期が使える。定期が関係ないなら、時間はほぼ同等であるが、三鷹→立川→武蔵溝の口の方が乗り換え回数でまさる。

戻って、岩沢たちが渋谷駅を探検している間、クランのメンバーは当然に手を拱いていたわけではなく、千徳主席監察官のリーダーシップの下、上郷の科学力と晴山の行動力で、渋谷へと赴いた。

ここからはまさにクライマックスなのであり、記述を省くが、結果的に「クランⅢ」がまたしても待望される。

それにしても、「クラン」は例えば誉田哲也の姫川玲子シリーズなどと比べるとそんなにメジャーな小説ではないだろうと思っていたら、なんと中央線の電車内の液晶テレビの広告が打たれていた。すると、じわっじわっと人気が出てきたということなのか。だとしたら、私の小説の感性は結構世間並のようである。うれしいようなそうでないような。

約一か月くらい前にIBMの特許管理という記事を書いた。そして、グーグルで、たんに「IBMの特許管理」というキーワードで検索すると、なんと私のその記事が上位で出てくる。これは、私のその記事が比較的よく閲覧されているということなのだろうかと考えてみたが、グーグルのページランクのアルゴリズムを忘れてしまったので、そうなのかどうか分からない。

ともかく、そろそろ米国特許ナンバーワンが決まる時期だよね、ぼちぼちその記事がウェブにあるのではと探してみたら、去年の暮の記事であるが、www.cnbc.comで、"Samsung set to unseat IBM in US patent wars"と題する記事を発見した。えっ、SamsungがUS patent top 1でIBMにとって代わるだって? 少なくとも2015年の特許ではそれはないのでは、と怪訝になった。

上記のページはそのうちリンク切れになるかもしれないので、ちょっと引用しておくと、記事は、以下のようになっている。

IBM has held the top spot for more than 22 years, but unless it is granted a slew of patents by the end of the year, which experts say is extremely unlikely, Samsung will claim the top spot. The Korean company has been No. 2 for almost a decade.
That's according to new data compiled by data journalism site Sqoop, which tracks public records from the U.S. Patent & Trademark Office.The office typically releases its final tallies in the spring.

そこで、私もUSPTOのサイトで件数を確認してみたところ、2015年issueでは以下のとおりだった。

特許権者件数
IBM7320
Samsung Electronics5053
Samsung Display1828
Samsungすべて8176

少なくともIBMの解釈では、US patent top 1の比較の文脈では、Samsungとは、Samsung Electronicsのことである。確か去年だったかもしれないが、Samsung ElectronicsとSamsung Displayの件数を足したら、IBMを上回っていた。しかし、Samsungは、特にわれわれの勝ちだとは主張しなかった。今年は、Samsung ElectronicsとSamsung Displayの件数を足しても、IBMの件数には及ばない。

しかし、上記CNBCの記事では、Samsungとは、Samsungすべてのことなのだろう。実際、Samsungには、Samsung ElectronicsとSamsung Displayだけでなく、Samsung Electro-Mechanicsなど結構いろいろな子会社が米国特許を出していて、それらをすべてかき集めると8176件となって、確かにIBMの特許件数をかなり上回る。

そして、今のところ、US patent top 1の件数には子会社は含めないはずなので、今年もIBMの1位は揺るがないということになる。

ただ、Samsungに、本当は自分たちが勝っているけど、今のルールならまあ、IBMの勝ちだが、かなり条件的な勝ちだがね、みたいに言われてしまうと、IBMも、23年連続1位だとあまり胸を張れないのではないだろうか。

なんにしても、何度もいうが、US特許の件数だけ競うなんて、特許管理的にはナイーブすぎて、話にならない。なぜなら、発明の実体が増えなくても、形式的に出願件数を増やす技なんて、将棋でいえばアマ初段程度の特許管理テクニックがあれば、誰でも思いつくからである。単に、Budget does matterである。

私は健康診断のたびに、コレステロールが高すぎるので薬を飲みなさいと医者に言われるのが嫌で、別に少々コレステロールが髙くてもいいのだということを正当化するために、コレステロールに書いたようなことを勉強してきた。

そして、こういうことを議論するために外せないと私が思ったのは、浜六郎医師の著書で、どれがいいのか分からないので、とりあえず「コレステロールに薬はいらない!」角川ONEテーマ21を読んでみた。以下は私なりのまとめである。

どんな学問もそうかもしれないが、医学というのも膨大な分野を含むので、一人の医師がカバーできる範囲というのはそんなに広くないはずである。なので、医師が医学について述べているからといって、無条件に信頼できるとは限らないが、浜六郎医師のコレステロールに対する取り組みは結構筋金入りである。

というのは、浜医師は、医師としてのキャリアの初期に、狭心症用のコラルジルという薬の副作用で多くの人が亡くなったという案件の裁判に原告側の証人として関与したからである。コラルジルとよく似た化学組成の医薬にトリパラノールがあり、トリパラノール自体、副作用が大きいので、米国で製造中止になった。

そこで浜医師は、米国の関係者に意見を聞きに行った。そして、コラルジルも副作用が大きいというデータを得た。それで裁判も比較的原告にポジティブな結果となった。

ところが、1987年にスタチン系のコレステロール薬が登場し、副作用があまりなく、高コレステロール症の人の心筋梗塞のリスクを下げる画期的な薬であるという触れ込みで、一躍ブームになった。関連の薬は、日本で数千億円もの規模になった。

浜医師は、しかし、スタチンの安全性に疑問をもち、具体的な臨床データを沢山集めた。そして、コレステロールは高め(総コレステロールが240から260くらい)の方がむしろ長生きであり、スタチン系の薬でコレステロールを下げることは、心筋梗塞のリスクは下げるかもしれないが、全体としてむしろ死亡率を高めてしまう、という結論に達した。これは今でも、医学界の通説にはなっていない。

さて、「コレステロールに薬はいらない!」に従い、コレステロールが出来る仕組みについて簡単に述べてみる。まず、クエン酸回路で、アセチルCoAが産生され、アセチルCoAはメバロン酸になる。メバロン酸は、ファネシル2リン酸になり、ファネシル2リン酸は一方で、コエンザイムQ10とドリコールになる。コエンザイムQ10は細胞のエネルギーの源であり、ドリコールは糖タンパクになる。ファネシル2リン酸は一方で、スクワレン → ラノステロール → デスモステロール → コレステロールとなる。

スタチンは、アセチルCoAがメバロン酸になるのを阻止する。すると、コレステロールだけだなく、コエンザイムQ10とドリコールも産生を阻止される。しかし、これらはどれも、生命活動に重要な物質ばかりであり、その不足が副作用につながる。

コエンザイムQ10の不足は細胞のエネルギーを奪い、ドリコールの不足は体内のたんぱく質の不足になり、またがんの転移を阻止する仕組みを働かなくする。

コレステロールは細胞膜の重要な原料であるだけでなく、免疫細胞の活性にも影響を与える。

さらにコレステロールは胆汁酸の原料にもなる。

なので、コレステロールが低下すると、がんになりやすい、筋肉障害になる、神経障害になる、元気がなくなるなどいろいろな障害が起きる。

私は40台に、渋々数ヶ月、メバロチンというスタチン系の薬を飲んだことがある。すると、筋肉障害にはならなかったが、仕事に悪影響が出るほど意欲が低下した。冗談でなく、美人の女性をみかけても全くなにも感じなくなった。40台のころは流石にいまより男性的に活発だったのにである。それで早々に薬を止めたのは正解だった。

私は当時から、コレステロールが高いのはがんを防ぐには有効だと感じていた。それはいくつかの事例をみてである。例えば、私の家族や親戚でがんになったのはうちの父だけである。そして父だけがコレステロールがいわゆる正常値で、あとの人はみんな高かった。脳卒中になったのも父だけである。

また、私のある知り合いは、自分は総コレステロールが300もあるが、妻は200以下で理想的だと自慢していた。しかし、ほどなくして奥さんは悪性のがんになり、数年後に亡くなってしまった。奥さんは確か、私と同い年だった。そのときも、低いコレステロールはまずいのでは、と感じた。それから14年くらい経過したが、総コレステロールが300の知り合いはまだ元気である。

その知り合いほどではないが、私もコレステロールはかなり高い。しかし、薬で下げるつもりは全くない。健康診断のたびに医師に指摘されるが、受け流している。

それにしても、動脈硬化学会に対抗するように、日本脂質栄養学会は、相当に緩和された総コレステロールの基準値を提示しているのに、多くの内科医は、動脈硬化学会の基準値を墨守するばかりである。これはやはり、医師たちが、スタチン系のコレステロール薬の売り上げで潤う製薬会社からバックアップされているからだろうか。まあ、資本主義だから仕方ないのかもしれないが、それでも、強引にコレステロール薬を処方しようとする姿勢はなんとかならないのだろうか。コレステロール薬が、生命の源のような物質を根源から絶つような生理メカニズムはまずいと思う。

私はというと、心筋梗塞のリスクが多少あるのは甘受して、コレステロールが高いことのメリットを重視したい。コレステロールの高さは、感染症を防ぐのにも有効で、なにしろ私は外資系で管理職をやっていた12年間、一度も風邪を引かず、病気で休むことも皆無だった。

どうなったって最後は死ぬのだが、下手な薬の副作用は避けて、自己責任で最後までQoLを最適化して生きていきたいと思う次第である。

ついに「探偵の探偵」も、第三巻まで読み進めてきた。ここにきてふと思うのは、果たして数年前、明細書を書いたり、意見書を書いたりして、いわゆる特許実務にいそしんでいた頃、この小説を熱心に読んだろうかと自問すると、とてもそうとは思えない。

逆にいうと、特許実務を離れて今日々専念している特許調査の仕事と、「探偵の探偵」に趣味的なまでに詳しく書かれている探偵の仕事に私が、一通りでない類似性を感じているということである。ただもちろん、特許調査は、特許検索システムによって検索可能な、公開された情報しか使わない。なのだけれども、だからといって自明に得られる情報ばかりでなくて、検索するためにいささかのテクニックを要するというところに私は親近感を感じているらしい。

前置きはこれくらいにして、探偵の探偵Ⅲのストーリーに入る。最初は、紗崎玲奈が、女性からの依頼を引き伸ばして依頼料をむしり取る悪徳探偵をとっちめるところから始まるが、それは飽くまでも導入部で、スマ・リサーチの建物の前で、「探偵の探偵Ⅱ」でのDV被害者の女性が、夫から刃物で追われることから本論が始まる。

紗崎は女性をスマ・リサーチの建物に匿い、DV夫を探すのだが、結局、自分を囮にして、野放図の黒幕である、究極の悪徳探偵である「死神」をおびき寄せることを画策した。

ところが、紗崎の対探偵の活動が業界に波紋を投げかけすぎて、どういう流れなのかスマ・リサーチ以外の探偵事務所も、対探偵課を設置した。なんと、紗崎に対して対探偵活動をするためだというなのだから、困ったものなのだが、もちろん紗崎はそんなことは意に介さない。

しかし、死神はもちろん手を拱いていなくて、琴葉を人質にして、紗崎をおびき寄せた。紗崎を待っているのは死神の巧妙な罠で、絶体絶命のピンチ。ここからは、ストーリーの佳境なのでこれ以上は書けないが、いろいろな意味で今回の事件が紗崎にとって大きな転機になるのだった。ううん、いかにも厳しい現実である。

それにしても、四面楚歌のような状況で、地獄に仏モードで、紗崎に助けの手を差し伸べる人もいる。これも一種の人徳なのだろうか、それとも単に美人は得なのだろうか。私にはわからない。

手筋と定跡

user-pic
0

手筋と定跡と書くと、それは明らかに将棋の話なのだが、将棋を梃に、他の分野にも話を広げてみたい。

先ず、手筋だが、将棋で手筋というと、継歩、銀による割打ちなどあって、数は決して少なくないのだが、一応、私程度の棋力でも、全部の手筋を知っていると言える。何年か、普通の努力をしつつ将棋を指していると、自然に手筋は覚える。

ただ、手筋をマスターしているとはいえないのは、TPOが分っていないというか、どの局面でどの手筋を使うべきか、私は到底分かっているとはいえない。おそらく、アマチュアのトップとかプロだと、手筋のTPOもだいたいわかっているのだと信じる。

そこで、手筋と、そのTPOと、船囲い、美濃囲い、穴熊、棒銀などの基本的な定跡をセットにして、ベース・スキルと呼ぼう。ベース・スキルというけど、決してレベルは低くない。私も含むほとんどのアマチュアは、ベース・スキルをマスターしているとはいえない。

そして、私の主張は、ベース・スキルは江戸時代に確立されて、その後、多少の変遷はあっても実質的に進歩していない、というものである。

しかし、もちろん将棋の進歩が江戸時代で止まっていると主張するものではない。なぜなら、定跡、とそれのセットとしての大局観が日進月歩だからである。

今から50年前でも、定跡は進歩していたが、いまよりずっと緩慢だった。なので、ベース・スキルが十分発達した、いわゆる力戦派なら、定跡にあまり神経質にならなくても十分戦えた。

いまは違う。どんな力自慢でも、定跡に神経質にならないと戦えない。なぜなら、縦横無尽に定跡の罠が張り巡らされており、知らないと落とし穴にはまって、倒されてしまう。

なので、私程度の棋力でも、最新の定跡の本には目を通す。しかし、プロは、最新の定跡を知るだけでは足らない。研究能力というか、自分で定跡を作っていく能力が必要である。

これのアナロジは、私が長年携わってきた特許の仕事にも当てはまる。すなわち、特許請求の範囲の書き方など基本的な手筋というのは、数年の経験でだいたいマスターできる。しかし、どの拒絶理由通知にどの手筋を使うかというTPOはそんなに簡単ではない。そしてTPOまでマスターすると、ひとかどの実務家と呼ばれる。

実務家がそれだけで完結しないのは、特許の場合、個別の技術の知識が必要である。技術の知識なしで特許なし、とまで言ってよい。

ところが、技術の知識というのが日進月歩で、ついて行くのが大変である。しかも、広い意味では似たような分野かもしれない、重電の分野と、通信の分野では、あまりコンパチビリティがない。なので、特許技術者がスキルを深めようとすると、どうしても分野をある程度絞る必要がある。

私の観察によると、大抵の特許実務家は、ベーススキルを身に着けてベテランと呼ばれるようになると、あまり熱心に技術を勉強しなくなる。それでもなんとかやり過ごすスキルを身に着けるともいえる。しかし、それだとあまり深みのある特許実務ができなくなる。見る人が見ると、そういう粗は分かる。

ともかく、時代を超えてある程度確立されたベーススキルと、日進月歩の定跡というスキルセットという組み合わせは、スキル全般に普遍的なのだろうと想像している次第である。

浅田次郎は、鉄道員日輪の遺産と今まで読んで、かなりポジティブな印象だったのだが、なぜかその後しばらく作品を読んでいない。小林麻美の「初恋のメロディー」の歌詞の、♪あなたは何をためらうのかしら~♪を歌いたくなる。

ところが、昼休みに会社のそばの古書店を覗いたとき、浅田次郎の代表作の一つである「地下鉄に乗って」講談社文庫があったので、迷わず買って、数週間を置いて読み始めた。この本では、地下鉄をメトロと読ませる。

主人公は、小沼真次。父は小沼財閥の総帥で、一代で大会社を築いた。真次は3人兄弟の次男である。父はワンマンな性格で、一本気な兄はいつも父に反発していた。そしてある日、父と喧嘩した兄は、そのまま家を飛び出して鉄道自殺してしまう。痛恨の出来事である。

そのことをきっかけに真次は、母を伴って家を出て別の家に住むようになった。弟が結局父の許に残った。真次は、大学も諦め、生活のため小さい服飾会社に就職し、結婚して妻子ももった。

しかし真次は、服飾会社に服飾デザイナーとして勤務する、みち子と不倫関係になり、いずれは妻と別れて、みち子と結婚することまで考えるようになった。

そんな真次に、父の会社に役員として勤務する弟から、父が入院してかなり危ない状態なので、見舞いに行ってほしいと依頼がきた。迷ったが、やはり見舞いにいかないと決めた真次が地下鉄の永田町の階段を上がっていくと、そこはなぜか、昭和39年、東京オリンピックがあった年の東京で、そこにはまだ自殺していない兄がいた。兄を救おうと画策した真次は、よく分からないまま現代に戻ってきた。

それから地下鉄で、あるいは夢で、真次は、戦前、戦中、戦後の父に会い、その都度異様な感慨に捉われるのだが、さらに意外なのは、同床同夢というか、なぜかいつも、みち子もその場に登場するのだった。

ここからはストーリーのコアなので記述を省くが、ストーリーの雰囲気は奥田英朗のウランバーナの森に似ていなくもないけども、戦前、戦中、戦後の日本の風物の記述がリアルで、いろいろな運命や情念を感じさせる内容である。広い意味ではSFなのかもしれないが、いい意味で全くSF臭もない。これもまた渾身の力作なのであった。

年賀状

user-pic
0

私は子供時代のあだ名が「変人」であり、よくもわるくも(ほとんど、わるくもの方だったような気がするが)ユニークな人間なのかもしれないが、それでも母方の祖母が道徳的にしっかりしていた人であり、その影響を受けて育ったので、一応世間並の義理は欠いてはいけないと思って生きてきた。

なので、年賀状も、そんなに気が進まないのだが、今まで年賀状をもらっていた人には、きちんと1月1日に配達されるように、12月の中頃までには出すようにしていた。

そんなスキームが変わったのは、2013年のことである。なにしろ、1月に父が亡くなり、4月には、相次いでというか、父の後を追うように、母も亡くなってしまった。二人とも80歳を過ぎていたので、流石に私は慟哭はしなかったが、それでも何ほどかの精神的ショックはあった。

そんな気持ちのわだかまりが収まらない6月の上旬に、早期退職を打診された。黙っていてもあと1年ちょっとで定年の私に早期退職の打診がくるとは思ってもみなかったが、今にして思えば、リストラの定員枠が達成できず、上司にとって限りなく煙たい私が候補に選ばれたのはその時点で必然だったのだろう。それにしても6月の上旬に打診で7月末に辞めろ、はないのではないか。結局引き継ぎどころではなく、抱えている仕事を期限内に処理するために7月もあまり休暇が取れなかった。また、あなたがしている仕事は、外注すれば済むので、あなたはもう必要ないという言い方をされたが、長年の功労者である(自分でいうなよ、なのであるが)私に対して、もうちょっと他の言い方はないのか。

そんなこんなで、その年末に年賀状でなく喪中葉書を出すときに、気持ちの相転移が起き、誠に大人げないのかもしれないが、ある意味ふてくされたというか、次年度から年賀状は出すまいと一旦は軽く決意した。

それでとりあえず2014年の年末の時点では、年賀状を誰にも出さなかった。ところが、新年になって、私が年賀状を出さなくてもきちんと年賀状を下さる一群の人達がいることを改めて発見した。というより、その時点で私のスキームチェンジが相手に伝わっているわけもないので、普通に年賀状を下さっているだけなのだが、それでも妙にうれしくて、新年の時点で年賀状を用意して各々の方に返信した。

こうして、そのスキームが私の新たな恒例になってしまった。すなわち、年賀状のデザインは一応用意するのだが、年内は出すのを保留しておく。そして、新年に年賀状をもらったら返事として年賀状を書く。すると、先方には絶対1月1日に年賀状が届くことはありえないが、それがけしからんと言われたら、すいませんと謝るしかない。

そんなやり方が、diligenceとしてどうなのかという疑問はあるが、少しだけメリットもある。まず、喪中なのにうっかり年賀状を出すというリスクが回避される。実は去年の大晦日に、家人の親戚から喪中の葉書が届いた。家人は私と違って、in timeに年賀状を出すので、こういう場合行き違いは避けられない。

あと、年賀状の文面は、新年になっていることを擬制して、今年もよろしく、みたいに書くが実はまだ前年なわけである。ところが、新年に年賀状を書くと、気持ちの上で擬制する必要は全くなく、本当に今年もよろしくと書けるだけでなく、相手が年賀状に書いてきた文面に本当に応答するメッセージが書ける。

さらにいうと、交友関係に書いたように、すっかり友人関係が縮小してしまった私だが、それでも、少なくとも最低限年賀状くらいはやりとりしたい一群の長年の友人というか知り合いがいる。そういう人にはやはり、旧スキームで年賀状を出そうかなどとも思ったりする。ただ、年賀状は親しさの必要条件でもなく、比較的頻繁に飲みにいったり、カラオケに行ったりする仲間でも一度も年賀状のやりとりがない人達もいる。

という年賀状に関する雑感なのであった。

棋王戦挑決

user-pic
0

棋王戦挑決は、佐藤康光九段対佐藤天彦八段となり、第一局を天彦が勝ったが、敗者復活から勝ち上がった天彦に一勝のディスアドバンテージがあり、挑戦するためには天彦がもう一勝する必要がある。対戦成績からして天彦が少し有利かと思ったが、そこは歴戦の強者佐藤康光、そんなに簡単に後輩の軍門に下るとは思えない。そして棋王戦挑決の第2局は、康光の先番で始まった。

【図1】 4手目△3二飛まで
持ち駒:△天彦=なし



持ち駒:▲康光=なし
▲7六歩,△3四歩に康光は、▲6六歩。ちょっと気合いが悪いような気もするが、天彦の後手番横歩取りを避けたのだろう。なにしろ、その横歩取りは、圧倒的な勝率を誇る。そして▲6六歩には大体天彦は、△3二飛と決めているようだ。以下、手順は省略して43手まで一気に進める。

【図2】 43手目▲7五銀まで
持ち駒:△天彦=歩2



持ち駒:▲康光=なし
天彦は、穴熊にした。昔からあるかたちであるが、あまり後手が勝ったのをみたことがないような気がする。一方、康光は、これもあまりみたことがないが、▲7五銀と棒銀にした。いかにも康光らしくて力強い。以下、△5五銀,▲6四歩,△同歩,▲8四銀と進んだ。

【図3】 48手目△6六銀まで
持ち駒:△天彦=歩3



持ち駒:▲康光=歩
△8三歩を打たないで△6六銀も力強いが、△8三歩を打つと▲同銀成と食いちぎられて、△同銀、▲8四歩のようになって却って攻めを呼び込む。それでも康光は、△6六銀に▲8三歩,△7一銀,▲9三銀成と攻めていった。▲9三銀成はすごい強手である。

【図4】 52手目△8五歩まで
持ち駒:△天彦=歩2



持ち駒:▲康光=歩
ここで、当然のような△9三同香は、▲9五歩で危険。なので、天彦は△8五歩だが、いかにもうまい、柔らかい受けである。ここでの先手の正解は、検討陣によると、じっと▲9五歩らしい。△7七銀成には▲同桂△同角成▲9八飛。黙って飛車を寄るのが好手で、△9三香と成銀を取れば▲9四歩が当たって攻めが加速するということらしい。しかし本譜は、△8五歩に▲6三歩だった。以下、△同金直、▲8二歩成,△同金,▲同成銀,△同玉,▲8五飛,△8四歩,▲4五飛,△5四銀,▲2五飛,△2四歩と進んだ。

【図5】 65手目3五金まで
持ち駒:△天彦=歩3



持ち駒:▲康光=歩
康光は、あくまで力強く3五金。以下、△3一飛,▲2四飛,△3三角,▲3四飛,△7七銀成,▲同桂,△3二歩,▲6八金,△7九角,▲6九歩,△7二銀,▲2八玉,△2三歩,▲5六歩,△7七角成,▲同金と進んだ。

【図6】 82手目△3三歩まで
持ち駒:△天彦=桂歩



持ち駒:▲康光=角銀歩
一見無謀のような△7七角成,▲同金は、その後飛車を捕まえる△3三歩が狙いだった。長いが以下手順を示すと、▲5四飛,△同歩,▲4五金,△8八角成,▲8六金,△9九馬,▲8五歩,△同歩,▲7五金,△6六馬,▲2二角,△5一飛,▲1一角成,△7四歩,▲8四香,△8三香,▲同香成,△同銀,▲6八香,△6七香,▲同香,△同馬,▲6八香。

【図7】 105手目△4九馬まで
持ち駒:△天彦=飛金桂香歩2



持ち駒:▲康光=銀2
そして、ずはり△4九馬と切るのが当然ながらきびしい。以下、▲4九同銀,△7五歩,▲5四金,△同飛,▲8四歩,△同銀,▲4五角と進むのだが。

【図8】 114手目△5七桂まで
持ち駒:△天彦=飛金3香歩3



持ち駒:▲康光=銀2
△5七桂で事実上終わっている。以下、▲3八銀打,△4九桂成,▲同銀,△5九飛,▲3八銀打,△5八金,▲2六歩,△3九銀,▲同玉となって。

【図9】 投了図、124手目△2七香まで
持ち駒:△天彦=金2歩3



持ち駒:▲康光=銀桂
△2七香で華麗なる必至がかかって投了もやむなしである。なお、△3九銀に▲2七玉なら、△2八金,▲3六玉,△3四香くらいでどうしようもない。

康光は、図4で、▲9五歩の手を逃したのが、悪かったのではないだろうか。

さて、これにて天彦が渡辺棋王に挑戦だが、最近の二人の対戦をみていると結構天彦が勝っており、渡辺にとってもしかして羽生と同等以上の難敵かもしれない。ただ、流石の渡辺もこれ以上負けるわけにはいかず必死だろう。タイトル戦が待望である。

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。