2016年2月アーカイブ

ミーハー性

user-pic
0

私はかなり前、教養をつけようと、数学の本以外に歴史や哲学など、堅い本を中心に読書し、小説などほとんど読まない時期があったのだが、あるとき気分転換にミステリー小説を読み始めたら、その面白さを再発見して、今はミステリー小説は、読書のローテーションの一部になっている。

そして、ミステリー小説を読み終わると、面白くても面白くなくても、なんらかの感想文をブログに書くようにしている。正直いって、つまらない小説の場合は、どう感想を書いていいのか苦しむこともあるのだが、それでも、基本的に一日に1つの記事を書くという自分のノルマを満たすことにはなる。

ところが、そんな私のブログ記事をみている知り合いから、君が読んだ小説はほとんどテレビ・ドラマで見たよ、と指摘されて、なにしろ私はほとんどテレビ・ドラマをみないので、ううんそうなのか、と呻いてしまった。どうみてもポジティブなことではないような気がした。

というのは、マイナー志向である私は、基本的に賞をもらった作品は読まない方針だし、ベスト・セラーも避けてきた。ところが、学生時代のミステリー趣味を復活させて、面白い小説を選択するようにすると、必然的にテレビ・ドラマ化された小説が版図に入ってきたらしい。

そうやって自分の人生を顧みると、確かに私の根底にはミーハー性がある。私の母は愛想がなくて、あまり冗談も言わないので、あまりミーハーとはいえない。それでもキップがいいので、友人は結構いた。一方父は、流行歌が好きで、つまらない冗談が好きで、適当に女好きで、確かにかなりミーハーだった。

そういう両親からの気質の遺伝で、私は日常的には母のように地味で非社交的に生活するのだが、そうすると息苦しくなるので、ときどき父のモードでミーハーに振る舞って、羽目を外す。

私のミーハー・モードが絶好調になったのは、管理職になってからである。多国籍企業であることをうまく活用して、世界中に人間関係を広げたのは、交友関係にかいたとおりである。

しかし、普段の私は、母から受け継いだ非社交モードなので、私の知り合いのほとんどは、私が社交性を発揮したり、セミナーを緻密に運営したりする状況がありえるのを信じられないようである。

じつは私自身も、基軸を非社交モードに置いているので、以前に管理職で世界の関連他部門から、部門内で一番ビジブルであったという私が信じられない。もしかして多重人格なのかと自分でも思うほどである。

しかし、ずっと社交性を続けることは私には相当に無理があり、10年以上に亘る管理職で巨大なストレスを溜めこんでいたのも事実である。だから管理職を降りて、主として特許明細書作成の実務に戻ったときは心底ほっとした。

その反動で、ミーハー性は封印していたのだが、最近、原子炉の制御棒のように、ミーハー性を小出しし始めたのは、ある程度のミーハー性がボケ防止に有効だと気づいてきたからである。そういう関心をなくすと、なにかが枯渇するような気がする。

そこで、テレビ・ドラマとかぶるのを厭わず、今後も面白いと思った小説は読んでいくことにする。ただ、既にテレビ・ドラマ化されているのを知っていたら、やはり読む気はしない。また、又吉さんの芥川受賞作も興味はあるが、当面は読まない。何年かたって、文庫本化されて、古本屋に並ぶようになってから、読んでも遅くないとおもっている。

昨日はA級順位戦最終一斉対局、すなわち将棋連盟の一番長い日だった。そこで夜もネット観戦していたのだが、早寝早起きが習慣になっているので、早く寝てしまい、最後まで見れなかった。そこで、リアルタイムではないのだが、各対局の棋譜をたどってみた。

(1) 行方尚史八段(先手) 対 佐藤天彦八段
言うまでもないが、名人挑戦は、この二人のどちらかでしかないという意味で、最大の大一番である。しかし、テニスのジュースではないが、天彦に一勝のアドバンテージがある。天彦の後手番で、先手が相手の得意を逃げない行方となると、戦法はほとんど必然的に天彦の横歩取り8四飛戦法である。行方は、6八玉、3八銀という、よくある定跡の1つを採った。このかたちは先手の5七が薄いので、天彦は5四飛と回って、桂馬を跳ねての5七からの殺到を狙った。ところで、天彦はある程度戦法を決め打ちして戦うというタイプなのだが、いい意味でまったくワンパターン感がないのは、中終盤の緩急が自在で、とてもカラフルで飽きさせないからである。本局も△2七歩と様子をみたかと思ったら、と金で玉のそばの金を取らせている間に3六の飛車を取った。ただ天彦も人の子、終盤緩手を指して、もつれだした。検討陣は逆転したのではとさえ言い出した。ところが行方が8二飛と王手したのがよくなかったようで、再逆転した。天彦は意表をついて△6三金と自陣に手を入れ、相手の手を完封した。ほどなくして行方が投了、8勝1敗で、A級初参加の佐藤天彦八段が名人挑戦を決めた。

(2) 渡辺 明竜王 対 佐藤康光九段(先手)
佐藤康光九段が関与すると、どんな戦法になるのか予想もつかないが、本局は、渡辺竜王にあっさり横歩取り8四飛戦法を許した。こちらは康光の5八玉、3八金形である。このかたちの定法である2四飛ぶつけに康光は同飛と取り、勇躍1五歩と攻めていった。そして1二歩、同香から1一飛と打ち込んで攻めていったが、いかにも重くて無理で、渡辺にあっさり一手勝ちを読み切られてしまった。

(3) 久保利明九段(先手) 対 森内俊之九段
この将棋は、久保が初手▲5六歩から中飛車に構えると、森内は△3二飛から相振りにした。いや、相振りではなくて久保が中飛車左穴熊にするオプションもある。しかし、久保は結局右側に玉を囲い、9五と突き越しているのを利用して、▲9六飛と相手の端に狙いをつけた。森内は▲8五桂を避けて、△7四金と出た。久保が必死で手をつくり、森内が受けに回るという棋風どおりの展開である。久保が少し優勢だったのかもしれないが、9筋の折衝で知らない間に森内が少し得をしていたようである。少しだけ森内が終盤もたついたかのようにみえたのだが、最後はきっちり久保の玉を即詰みに捕えた。

(4) 広瀬章人八段 対 深浦康市九段(先手)
こちらは、最近では珍しく、矢倉となった。郷田対屋敷戦よりはオーソドックスなのだが、それでも深浦は▲3五歩と早く突っかけるかたちを選んだ。これに対して広瀬は、△同歩、▲同角に、△4四銀と新型で応じた。玉の薄い広瀬が不利なのではという検討陣の反応だったが、広瀬が角交換を迫る手を指すと、次第に広瀬側をもちたいという棋士が増えた。そして怒涛の終盤力を誇る広瀬が一転して渋い手で深浦の手を完封し始めた。そして最後は広瀬、怒涛の寄せで決めた。

(5) 郷田真隆九段 対 屋敷伸之九段(先手)
こちらの対局も、矢倉となった。ただ、矢倉といっても、屋敷が指すと、歩越し銀のような独特の薄いかたちになる。ちょっとカニカニ銀に似ていなくもない。ところが、郷田が隠居していた角を、端歩をついて1三角と覗いた構想が絶妙だった。屋敷も懸命にからんだが、郷田の絶妙の指し回しに完封された。

こうして結果的に、A級の勝敗は以下のようになった。

順位棋士名
1行方尚史八段63
2渡辺 明竜王63
3久保利明九段27
4広瀬章人八段36
5深浦康市九段36
6郷田真隆王将36
7森内俊之九段45
8佐藤康光九段54
9佐藤天彦八段81
10屋敷伸之九段54

それにしても、佐藤天彦八段の名人挑戦は快挙で、やはりこの中で一番羽生名人との対戦がみたいのは、天彦である。私は案外、タイトル奪取の可能性もあるとみている。

一方、久保と郷田は降級してしまった。久保は勝てば文句なく残留だったし、負けても広瀬が負ければ残留の目があったが、やはり最後負けてしまっては仕方ない。郷田は最後勝ったのに、森内が勝ったことで、頭ハネを食らった。郷田ならすぐにA級に復帰するだろう。広瀬は負ければ即降級だったが、なんとか踏みとどまった。来期は期待できると思う。

現役性

user-pic
0

数学セミナーの2月号は、ガウスが愛したという、平方剰余の相互法則の特集号で、私がそれをちゃんと理解しているという意味では全くないが、数論の好きな私には、こういう特集がなにげに嬉しい。

そして、ほとんど慣例かもしれないが、特集の最初の記事は、全体の入門というか総論のような位置づけで、その記事はベテランというか長老のような人が書くことになっていて、この特集の場合、平松豊一さんがその役割をになっている。

私がなぜその名前を知っているかというと、谷山-志村予想という記事で言及した、「類体論と非可換類体論I フェルマーの最終の定理・佐藤-テイト予想解決への道」加藤和也著、岩波書店で、加藤和也さんがその末尾の参考図書として、平松豊一著、「数論を学ぶ人のための相互法則入門」牧野書店を、非可換類体論への分かりやすい招待がなされている本である、と推奨している。

すると、平松豊一さんはもしかして、日本でミスター平方剰余の相互法則のような人なのかもしれない。

しかし、平方剰余の相互法則は、その証明のバリエーションをガウスがいろいろ試して楽しんだというくらいだから、なかなか奥が深く、少なくとも私程度の者には証明はかなり難解である。それを淡々と記述する平松さんの筆致はなかなか面白い。達人の味わいがある。

その平松さんは、1937年生まれだから、今年で79歳のはずてあるが、筆者の挨拶の欄によると、少し前から、ラマヌジャンの関数におけるレーマーの予想にチャレンジしているそうで、この歳で頑張る!と感心してしまった。おそるべき現役性である。

現役性というと、誤解をおそれずいうと、逆の意味で、小平邦彦がいる。すなわち、56歳で論文を書いたのを最後にして、あとは数学の教科書は書いたものの、数学の論文は書かなかった。これは理学部長という要職に就いてしまったことと、折からの学生運動に巻き込まれてしまったからなのだろうけど、理学部長なんていくらでも他にやれる人がいたはずで、小平氏は数学的才能を管理的な仕事で浪費してしまったのだろう。グロタンデーィクまではいかないにしても、半ば隠遁できなかったのだろうか。

そういえば、去年の12月、今勤務している会社の先輩と久々に会った。その人は個人事業主として65歳から働いていて、70歳になっていよいよ完全に引退したのだが、趣味は登山で、埼玉県山岳連盟の会長も務め、今でも登山はばりばりの現役である。その人がいうには、80歳近くになっても、若い者に負けないで難しい山に登っている人が結構いるそうで、あまりにも当然だが、現役性を続けるためには絶やさないでずっと努力し続けなくてはならないと改めて感じた。

さて私がどこまで現役性を維持できるか、目標は100歳近くになっても論文を書き続けていたというレヴィ・ストロースなのだが、私の場合学者ではないので、せいぜいこのブログか。ううん、ちょっと地味である。

日経情報ストラテジーの2月号をみたら、「JALの現場大解剖」という特集号だった。そういえば私は、5年以上前に、JAL再生という記事を書いたのだった。

その記事は、JALが早くも再生したという内容ではなくて、前途多難で稲盛会長の下でどうやって復活を図るのかという懸念を示した内容だったのだが、あれから5年あまり、JALは今や過去最高益を享受したりしているという。ううん、シャープといい、東芝といい、そしてIBMといい、あまり景気のいい話は聞かないのだが、なぜにJALはそこまで好調になったか知りたくて、ともかく日経情報ストラテジーの2月号を読んでみた。以下、私なりの要約である。

まず、JALの現社長は、植木義晴氏。ハーバードのMBA卒なのかと思ったら、航空大学校卒の元パイロットで、ばきばきのたたき上げである。パイロットを統括する部門のマネジャはやっていたが、会社経営なんてまったく経験がない。なのに、稲盛氏が社長に指名したのだという。

ううん、流石稲盛氏というか、下手な経営学は知らなくても、走りながら学んで現場感覚でみんなをリードしていける、と素質を見抜いたのだろう。

そして、JAL好調の理由は、稲盛氏が根付かせた部門別採算制度であるアメーバ経営と、JALフィロソフィーだという。ううん、やっぱりそれか、となんか気が重くなってくるが、確かに適当にみんなやりたいようにやっていては、傾いた会社が復興するわけがない。

ともかく、部門別採算制度によって、社内の小グループが、業績を見える化して、利益を出せるようになった。

JALフィロソフィーというのは、稲盛氏がつくった教育勅語の会社版のようなもので、例えば、「利他の心をもつ」のような標語を含むのだという。JALフィロソフィーは全社員が毎年定期的に学ぶことが義務付けられているそうである。

そうやって、アメーバとJALフィロソフィーで意識改革するだけでなく、スマホやタブレットなどを積極活用し、ワークスタイルを合理化したり、飛行機の席の予約をやりやすくしたりした。

また、オフィスのレイアウトを変更し、無駄な会議を徹底的に減らした。さらには、ベテラン機長直伝の情報伝達テクニックを伝授したり、最大の資産である社員に投資したりと息もつかせぬ改革の流れである。

私は何年か前に、JALが復活したのは、政府のbail outかと思ったいたら、それもあるのかもしれないが、やはり稲盛氏は半端な導師でなかった、ということになる。京セラといい、稲盛氏といい、どうしても新興宗教的なものを感じて私はいまいち好きになれないのだが、そういう強い個性だからこそ、JALを再建できたのかもしれない。

ベルクソン

user-pic
0

花の?独身だった頃、資格試験やTOEICの勉強でもすればいいのに、半ばヤケになって、数学だの哲学だの、半分人生を投げたように適当に勉強していたものだった。学者になれるわけもないのに、当時何を考えていたのか、さっぱりわからない。

当時確か科学哲学の本を読んでいたはずなのだが、誰に勧められたわけでもなく、ついベルクソンの「創造的進化」がつねに鞄の中にあり、とりあえず最初から最後まで読んだ。続いて、中公バックスの「ベルクソン」で、「道徳と宗教の二源泉」を読んだ。さっぱり分からなかったが、無駄に忍耐力を浪費して、とりあえず最後まで読んだ。

でも結局、その結果記憶に残ったものは、ベルクソンという名前と、エラン・ヴィタールという標語だけだった。

それでも、比較的最近になって、古書店で「時間と自由」という本を見つけたらとりあえず買っておいたりしたが、最早若い頃の無駄な忍耐力さえないのか、読み進めることさえできない。で、最近、古書店で篠原資明著、「ベルクソン」岩波新書をみつけたとき、わからないけどこの本でベルクソンをやり直そうと思い、この本を読み通す程度の忍耐力はまだ残っていたことを幸いと感じた。

以下、私なりのこの本を読んでの感想である。そして、いきなり驚いたのは、ベルクソンが、ヨーロッパ哲学の最大の問題として、「われわれはどこから来たのか、われわれは何なのか、われわれはどこに行くのか。」を意識し、この問いに何の答えも持ち合わせないとしたら、哲学は一時間の労苦にも値しない、といいきったというくだりである。

そんな、と私は当惑した、それではまるで、棒高跳びの選手が、10メートルの高さを飛べないと、棒高跳びの競技なんて、一時間の労苦にも値しないと言っているようなものではないか、と。

次に驚いたのは、ベルクソンが、実証的形而上学を唱えたというくだりである。そもそも、形而上学は、カントのアンチノミーによって否定し去られ、ウィトゲンシュタインによって鉄槌を打ち込まれたのではないか。なのに、ゾンビのように形而上学が甦るのか。

ベルクソンは、生物学、特に進化論によって、形而上学に命を吹き込もうとしたのだという。そして、量子物理学によって形而上学を復活させたのが、ホワイトヘッドなのだという。それにしては、と私は思った。すなわち、もしホワイトヘッドがベルクソンと並び称される存在であるなら、ベルクソンに対して、ホワイトヘッドの圧倒的不人気はなんなのだろう。中村昇さんの「ホワイトヘッドの哲学」講談社選書メチエに、「21世紀は、ホワイトヘッドの世紀になる。」とかかれていたが、まだそうなっていないように思われる。しかし、21世紀はまだ始まったばかりなのである、焦ってはいけないのだろう。

そういえば私が「創造的進化」を読んでいたころ、現代物理学を哲学的に解明してみたい、と信じられないほど野暮なことをつぶやいていたことがある。それは決してベルクソンの著書の影響ではなく、単なる私の妄想であったに違いない、なにしろ現代物理学も哲学も全く理解していないのだから。それでも、ヒッグス粒子やダークマター、そして超弦理論、そして重力波などの最近の議論の中に、哲学的におそろしく粗野なものを感じるのも所詮は私の妄想なのだろうか。多分そうなのだろう、なぜなら誰も指摘しないのだから。

篠原氏の「ベルクソン」に戻って、後半で急に密教だの即身成仏などという言い方が出てきた。はて、「道徳と宗教の二源泉」にそんな議論があったっけ? なにしろ、何も記憶にないのだからどうしようもない。

次に篠原氏の「ベルクソン」は、超能力の話になり、ベルクソンが超能力や死後の世界を信じていた、という話になってきて、私は興味がわいた。そういえば私は、シルバーバーチのスピリチュアリズムの本を読んだとき、世界には、スピリチュアリズムの哲学が必要なのだ、とふと思った。果たしてベルクソンがその答えをもっているのだろうか。

そして、篠原氏の「ベルクソン」を読み終えて、手許にある「時間と自由」をちゃんと読んでみようと思った。「創造的進化」もである。さらになぜか、中村昇さんの「ホワイトヘッドの哲学」が通勤鞄に忍び込んでいた。たまたま古書店で、市井三郎の「ホワイトヘッドの哲学」レグルス文庫をみつけたので、とりあえず買っておいた。また三日坊主かい?との自問には答えないことにした。

仮面病棟

user-pic
0

数ヶ月前から、朝食で食パンにココナッツ・オイルを塗って食べるようになってから、明らかに心の持ちようが変わった。

例えば、以前はカラオケのレパートリーは、旧態依然のままで、次第に枯死する運命だったが、最近では、テレビの歌番組で聴いて、おっいいな、と気にいると、YouTubeで何度も繰り返し聴いて、自分の持ち歌にしようとする。なので、今までは紅白歌合戦なんてくだらないと無視して、ひたすら囲碁・将棋チャンネルを観ていたのだが、去年の年末は、紅白歌合戦だけでなくレコード大賞の番組まで観た。紅白歌合戦は番組半ばで寝てしまったが、それは歌に興味がもてなかったのではなくて、ちょっと日本酒を飲み過ぎて酔いつぶれただけである。

その乗りは読書にも影響を与えて、新聞の書籍コーナーで、あるミステリー小説がベストセラーになっていると書かれていたら、あまり深く考えないでとりあえず買って読んでみたりする。少なくとも一年前までは、ベストセラーや、なんとか賞受賞作なんて避けていたのだが。

なので最近、知念実希人の「仮面病棟」実業之日本社文庫を新聞広告で見かけたとき、速攻でこの本を買って、読み始めた。

さて、「仮面病棟」の知念氏は、慈恵医大卒の現役医師であり、ミステリー作家であるという意味で、チーム・バチスタの栄光の海堂尊と似ている。ただ、知念氏も医学用語は駆使するものの、あまり科学的であることに拘らない。むしろ、心理的であるかもしれない。

「仮面病棟」は、元精神病院であった古い病棟を老人病院として使っている、田所病院が舞台である。主人公は医師の速水秀悟。別の病院の勤務医だが、当直のアルバイトで田所病院にときどき、やってくる。ところが、速水のある先輩医師が、どうしても田所病院にアルバイトに行く日の都合がつかないので、速水に代わって行ってほしいと依頼してきた。

先輩の依頼なら仕方ない、断れないと田所病院に出勤したところ、運が悪いことに、若い女を人質にしたコンビニ強盗が田所病院にやってきて、とりあえず人質の女は怪我しているので、手当してほしい、と言ってきた。なにしろ、犯人は銃をもっているので逆らえない。犯人は顔を隠すために、ピエロの仮面をつけている。

ところで犯人はコンビニ強盗をしたくらいなので、お金に困っており、お金がほしいのかと思ったら、ストレートに金員を要求するでもなく、さっぱり何を要求しているのか分からない。

ともかく速水は、経緯はどうであれ、人質の女を治療したのだから主治医ということになる。なので、何かと人質の女の面倒をみているうちに、すっかり魅せられてしまった。妖艶な魅力をもつ女性なのである。名前を川崎愛美といった。そして、速水は愛美を護るためなら、命がけで犯人に対峙しなければ、とさえ思うようになった。

ところが、病院の院長と二人の看護師は、何かやましいことがあるのか、犯人に過度にお金を渡したりするのだが、なぜか犯人はそれに対して激怒するのだった。犯人は寧ろ、ある情報を開示するように院長に迫っているように思われる。そして、院長は一層秘匿モードになる。

こんな様子をみていた速水は、次第に病院そのものに深い闇が潜んでいるのではないかと感じるようになる。そして、疑惑の対象は、犯人から次第に院長に向かった。

以下はストーリーの佳境なので省略するが、この小説はまさに私にとって、年に数冊しか出会わない一気読みの面白さだった。ちょっと褒めすぎと思った新聞広告も、決して誇大広告でなかったと、この小説に限っては思う次第である。

棋王戦第1局は、渡辺の作戦勝ちであり、完勝だった。その勢いで渡辺が連勝するだろうか、というのが棋王戦第2局を前に私が考えたことだった。棋王戦第1局に続き、第2局も会社が休みの日なのが助かる。するとリアルタイムでネット観戦できるからである。さて、天彦が後手なので、ほぼ間違いなく横歩取りになる。なぜなら、渡辺は横歩取りの先手番を得意とし、避ける理由がないからである。

【図1】 19手目▲3六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲渡辺=歩3
果たして予想どおり、横歩取りになったが、おっ、と思ったのは、19手目▲3六歩をみたからである。これは青野流ではないか。そこで、手許にある村田顕弘著、「現代横歩取りのすべて」マイナビ(以下、村田横歩取り本と称する)の青野流のところを確認した。本譜は、19手目▲3六歩以下、△7六飛,▲7七角と進んだ。

【図2】 22手目△2六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲渡辺=歩3
そして天彦は、△2六歩と垂らす。まさに、村田横歩取り本の206ページ第11図にあるとおりである。本譜は、△2六歩以下、▲3八銀,△7七角成,▲同桂,△5五角,▲2二歩,△3三桂,▲2一歩成,△4二銀,▲2三歩,△同金,▲8四飛,△4五桂と進んだ。依然として、村田横歩取り本の210ページ第14図にあるとおりである。

【図3】 35手目▲8一飛成まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩3



持ち駒:▲渡辺=角桂歩
こうなると、先手は、△7七角成と△3七歩の両方を見られているので、▲6八銀などと受けるわけにはいかず、▲8一飛成の一手。そして以下、△7七角成,▲同金,△同飛成,▲6八角,△6六桂と進んだ。これも村田横歩取り本にある通りである。その後、村田横歩取り本は△6六桂に▲4八玉と寄り、以下△6七龍,▲8五角,△5八金以下、ぎりぎり後手勝ちというのだが、本譜は、△7七角成,▲同金,△同飛成,▲6八角,△6六桂に▲同歩と取った。これが渡辺の新研究なのだろうか。以下、△5七桂成,▲5九玉というのが凄い受けであるが、これで先手玉は耐えてするらしい。以下、△6八成桂,▲同銀,△7八龍と進んだのだが、そのとき渡辺は▲6四桂。なるほど、このために桂馬を取っておいたのかと感心した。果たして▲6四桂に後手はどう受けるのだろう。下手に受けると後手は一遍で潰されてしまう。

【図4】 48手目△6二玉まで
持ち駒:△佐藤天彦=角金歩4



持ち駒:▲渡辺=角桂2歩
ところが、天彦は強情に△6二玉。これで大丈夫かと怪訝になるのだが、意外に先手からいい手がない。先手から一番厳しい手は、▲8三角だが、すると、その後の一例の変化は、△6九金,▲4八玉,△6八龍,▲5八歩,△6四歩,▲6一角成,△同玉,▲7二金,△5二玉,▲7一龍,△4一銀となって難解であるが、少し後手がいいか。それで渡辺は、▲8三角でなく▲5五桂と打った。以下、△6九金,▲4八玉,△6八龍,▲3七玉と進み、これも難解か。

【図5】 54手目△4四角まで
持ち駒:△佐藤天彦=銀歩4



持ち駒:▲渡辺=角桂歩
ここで、△6四歩と開き直って、以下▲6三桂成,△同玉,▲4一角と打たせる手もありそうだが、天彦は△4四角。解説の橋本八段は、これを八方にらみの名角と絶賛する。△5五角と手順に王手で桂馬を取られてはかなわないので、渡辺は▲4六角だが、△5七銀とされて困った。渡辺はある意味かたちづくりのような▲7二歩だが、△4六銀成,▲同歩,△9二角と進んだ。実は△9二角は詰めろなのだが、分かっていても仕方ない。渡辺は、▲7一歩成。以下、△5七龍,▲2八玉,△3八角成,▲同金と進んだ。

【図6】 投了図66手目△2七銀まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩4



持ち駒:▲渡辺=角銀2桂
△2七銀であまりに簡単な即詰みである。前図で、△5七龍に4七に合駒すればもうちょっと手順は長いが、依然として簡単な詰みであることに変わりない。

渡辺の敗因であるが、図3の▲8一飛成の形が村田横歩取り本で後手よしになっており、それを渡辺が覆せなかった、ということだろう。棋王戦第1局では、渡辺の△7三角の新手が功を奏したのだが、今回は柳の下にドジョウはいなかったのだろう。村田横歩取り本では、図3の▲8一飛成に至る手順で、▲2三歩,△同金を交換しないで▲8四飛とすると、後手は△8二歩と受けるよりなく、これは研究課題だという。

さて仕切り直しの第三局はまた角換り腰掛け銀だろうか。

七冠に前進の続きなのだが、実に強い、強すぎる! なんと井山が棋聖をストレートで防衛した。以下、日本棋院のホームページから引用する。

井山裕太棋聖に山下敬吾九段が挑戦する第40期棋聖戦挑戦手合七番勝負【主催:読売新聞社】の第4局が2月17、18日北海道帯広市の「北海道ホテル」で行われた。
結果は189手までで黒番の井山が中押し勝ちをおさめ、4連勝でタイトルを防衛した。
これで井山は挑戦手合16連勝、35個目のタイトル獲得となり、棋聖4連覇、名人、本因坊、王座、天元、碁聖の6冠を維持した。
終局は18時57分、持時間8時間のうち残り時間は黒番の井山が9分、白番の山下が1分だった。
前人未踏の7冠がかかる十段戦五番勝負は3月8日に開幕する。

ところで、1年前、井山は、村川に王座を奪取され、高尾に天元を奪取され、四冠で棋聖戦に山下の挑戦を受けたのだったが、そのときは山下は井山が不調だとの認識で、今がチャンスだと思ったようである。

ところが、その棋聖戦で井山が開幕三連勝を収め、これで防衛は安泰だと思っていたら、一気に山下が三連勝と反撃したのだった。井山危し。しかし、その棋聖戦の第7局が転換点になった。すなわち、そこで棋聖位を防衛したら、そこから井山が棋神に変身したのである。以下の表をご覧戴きたい。

棋戦タイトル保持者勝ち負け挑戦者結果
本因坊戦井山41山下防衛
名人戦井山40高尾防衛
王座戦村川03井山奪取
天元戦高尾03井山奪取

そして、今回の棋聖戦の4連勝へと続いている。ここまでの圧倒的強さは、将棋の棋士でいままで果たしてあっただろうか。そもそも、一旦四冠に後退しながら、そこからタイトル戦ほとんど負けなしで六冠に復帰し、七冠を狙うというのは、普通の想像力の範囲を完全に超えている。

ともかく、七冠への最終行程をそっと見守るよりない。

王将戦は、羽生の2勝1敗で第4局を迎えた。流れからして、羽生が押し切るのだろうと気軽に考えて棋譜を追った。すると、羽生が先手で、またかという角換り腰掛け銀となった。ところが、例によって一気に45手まで進めるが、なんだこれは?という手が出現した。

【図1】 45手目▲7一角まで
持ち駒:△郷田=角銀歩



持ち駒:▲羽生=銀歩
それは羽生の▲7一角なのであって、これは一見、素人くさい直接手というか、こんなので将棋に勝てるの?という手なのだが、他でもない、羽生の手なのだった。このあと、△8一飛,▲5三桂成,△同銀と進む。

【図2】 49手目▲4一銀まで
持ち駒:△郷田=角銀桂歩



持ち駒:▲羽生=歩2
そして、素人くさい直接手の第二弾が▲4一銀である。まあ、この局面なら、この一手なのだが。とはいえ、プロでも応手は難しいようで、郷田も長考に沈む。そして指した手が、△4三銀。それに対して先手は当然に▲4四歩だが、後手は堂々と△4一玉。以下▲4三歩成,△同金左,▲5三角成,△同金上と進んだ。

【図3】 57手目▲6二銀まで
持ち駒:△郷田=角2銀桂歩2



持ち駒:▲羽生=銀歩
そして羽生は▲6二銀。一貫して直接手である。しかし、普通の発想だと▲7二銀と飛車を捕獲にいくだろう。ともかく、▲6二銀に対して△4四歩かと思ったら、郷田はそんなにヤワな手は指さず、△3二玉。一体これで大丈夫なのだろうか。以下、▲5三銀成,△同金,▲2二金,△同玉,▲4二飛成,△3二銀,▲5三龍と進んだ。

【図4】 66手目△8六歩まで
持ち駒:△郷田=角2金銀桂歩2



持ち駒:▲羽生=金銀歩
そして、△8六歩となってみると、後手が有利なようである。してみると、羽生の一連の素人っぽい手は、郷田の玄人受けに遭ってみると、あまり有効でなかったようである。以下、▲同銀,△8八歩,▲同玉,△8四桂,▲6七金右,△6九銀,▲6八金打,△7八銀成,▲同金と進んだ。

【図5】 76手目△6九角まで
持ち駒:△郷田=角金2歩



持ち駒:▲羽生=銀2歩3
しかし、郷田は△6九角と追求を緩めない。以下、▲4三歩,△7六桂,▲同金,△6七金,▲7七金引,△8六飛,▲同歩,△8七歩,▲9七玉と進んだ。

【図6】 86手目△8五桂まで
持ち駒:△郷田=角金銀歩



持ち駒:▲羽生=銀2桂歩2
△8五桂が郷田の正確な寄せだった。以下、▲8五同歩,△7五角,▲8六銀,△7八角成,▲同金,△8六角,▲8七玉,△7七金打,▲同桂,△同角成,▲同金と進んだ。

【図7】 投了図 98手目△7五桂まで
持ち駒:△郷田=金銀2歩



持ち駒:▲羽生=飛角2金銀桂2歩3
そして、△7五桂で羽生の投了となった。羽生の構想が無理だったというか、郷田の応手が的確だったというか。

で、ふと思ったのは、これは羽生の実験的な対局でなかったのか、ということである。もちろんふざけているわけでは決してない。王将戦第1局にも同様の雰囲気を感じる。要するに、あるアイデアを思いついて、それを試す場が、テレビ対局であれ、タイトル戦であれ、羽生にとってあまり関係ないのではないか、ということである。そして、思いつきを試す以上、負ける可能性も少なくないのだが、それも将棋探究の一環と割り切っているところがある。実際、この対局も王将戦第1局も、名手郷田の技を引きだし、羽生は完璧なまでに斬られた。そこまでの割り切りを示している棋士は他にいないのではないだろうか。

B級1組

user-pic
0

最近、下手ななぞなぞを考えた。それは、遠ければ遠いほど役に立って、近づけば近づくほど意味がなくなるもの、なあんだ、というものである。

あまりに馬鹿馬鹿しいので、答えを言ってしまうと、それはカーナビなのだった。先日、家人がある場所まで迎えに来てほしいというので、その場所をナビにセットして車で目的地付近まで行った。すると家人は、たまたま、目的地の10mくらい手前で待っていた。そこで家人を乗せてUターンし、自宅に帰っていると、ナビが到底ありえない方向を案内する。

要するに、ナビは、目的地付近まで行かないでUターンしたので、目的地にまだ着いていないと見なして、依然として元の目的地を案内し続けているのだった。これでは役にたつどころか、完全に邪魔である。私は当然にナビの案内を中止しようとしたが、変なインターフェースで、任意の時点ではナビを中止できないのだった。どこかの信号待ちでやっと案内を中止にできた。

じつは、なぞなぞのもう一つの正解は、私の順位戦確率計算プログラムなのだった。すなわち、私のプログラムは順位戦が煮詰まると、誰がみても一目瞭然の結論をただ表示するだけで、実に間が抜けている。それでいて、ナビと違って、私のブログラムは、順位戦の中盤で、的確にレースを予想するわけでもない。

そういう無用の長物になってしまったのだが、ともかくB級1組の計算をしてみたのが、下記の表である。下記の表をみると分かるように、なんと一気に昇級がデコヒーレンスしてしまい、三浦と稲葉の昇級が決まった。あとは、村山と畠山のどちらが落ちるかという、その二人と、その家族や友人などの関係者以外にはあまり関係のない事項に帰着してしまった。

こうなったほとんどの原因は、木村が谷川に負けてしまったことである。もし木村が谷川に勝っていれば、三浦も稲葉も昇級は最終戦まで延期されるところだった。

そして、さらに稲葉が負けていたりすると、前回のB級1組で演習問題に出した、松尾や橋本が昇級するという稀な事態も顕れたかもしれなかった。

ともかく来期は豊島が流石に昇級するだろう。レーティングの高さに基づく、確率でものをいっているのにすぎないのだが。

順位棋士名レーティング昇級確率降級確率
1三浦弘行九段831808100.0%0.0%
2阿久津主税八段4716690.0%0.0%
3松尾 歩七段7417560.0%0.0%
4山崎隆之八段5617680.0%0.0%
5橋本崇載八段7416950.0%0.0%
6木村一基八段7417430.0%0.0%
7豊島将之七段6518280.0%0.0%
8村山慈明七段2917470.0%69.3%
9畠山 鎮七段3816020.0%30.7%
10谷川浩司九段6616210.0%0.0%
11丸山忠久九段7417620.0%0.0%
12稲葉 陽七段921806100.0%0.0%
13先崎 学九段11015570.0%100.0%

過剰診断

user-pic
0

近藤誠理論批判医学は科学ではない医師の判断力などの記事に書いた文脈により、「過剰診断」、H.ギルバード・ウェルチ、リサ・M・シュワルツ、スティーヴン・ウォロシン著、北澤京子訳、筑摩書房を読んでみた。

この本は、300ページくらいあるので、必ずしも薄い本ではないが、その趣旨は私の理解するところでは明快である。なので、あえて私の主観が入ることを畏れず、思い切って要約してみる。

まず、過剰診断をもたらすパラダイムについて述べてみる。

  1. 病気の兆候を見つけるのは、早期であればあるほど、病気を防ぐのに有効である。
  2. どんな微妙な病気の兆候も、見出すに越したことはない。
  3. そのために、血圧、コレステロールなどの検査基準数値が下げられる。
  4. 治療は基本的に人体に善であり、手術、投薬などにより一時的に体が弱ったとしても、結果的に人体をより望ましい状態にもっていく可能性が高い。

上記のパラダイムは確かに、場合により極めて有効である。一つの典型例は、去年のノーベル医学生理学賞の大村智氏の業績に関与するようなケースである。すなわち、寄生虫によって引き起こされるオンコセルカ症やリンパ性フィラリアに感染していることを早期に診断して、大村氏が開発したイベルメクチンを投与することで、失明などを防ぐことができる。

そのようなサクセス・ストーリーは医学において他にも結構あるだろうが、私は医学に疎いのでほとんど思いつかない。ただ、自身のことでいうなら、かなり重度の小児結核だった私は、確実に、当時新薬だったストレプトマイシンに助けられた。ストレプトマイシンがなかったら私は死んでいた可能性はあるし、そうでなくても、不本意な肺の手術など後に残る望ましくない体内の痕跡を残されたかもしれない。ただ、ストレプトマイシンは著効があるだけに副作用も結構ある。例えば難聴や腎臓の障害などである。先日の健康診断でも、検査技師に、微妙に右耳が聞こえにくいですね、まあ日常生活には支障はありませんがといわれた。副作用なのかもしれない。

さて問題は、日露戦争がそうだったように、総数は少なくないが測度論的には全体のほんの一部にすぎないないかもしれないサクセス・ストーリーが、その後の全体を支配してしまうことである。

MRIや血液検査装置などの検査機器、検査医薬などの進歩が、微妙な病気の兆候かもしれないものの発見を促進している。なにしろ、病気の兆候は、なるべく早めに沢山みつけるほどいいというパラダイムなのだから、健康診断や人間ドックはまめに受けましょうというキャンペーンが正当化される。その正当化の裏には医療機関の利益も関与するのだが、とりあえずそれは全面に出されない。

さて、どのような病気が典型的な検査の対象かというと、前立腺がん、肺がん、胃がん、乳がん、DNA検査などがある。ところが、がんの疫学的な問題があり、人体というのは、精密に調べたら、どんな人にも大小はあるにしても、がんはあるという。それが最近は検査機器の性能向上で、きちんと可視化できてしまう。すると、おっ、ここにがんがありますね、内視鏡で除去しておきましょう、などということになる。そういえば、以前勤務していた会社で、誰かの送別会で、少し前に辞めたOBの方で、夫婦で病院にいったら胃にポリープがみつかり、除去したんだとうれしそうに言っていた。なので半年後にも医者にいったらやはりポリープがみつかり除去してもらったという。

なんとなく怪訝な気持ちでその話を聞いていたのだが、がんというものは、急速に増殖するもの、大きさが安定してあまり変わらないもの、消滅してしまうもの、の三種類があるという。以前は、もしかしてほとんどのがんが急速に増殖して人体に仇をなすと考えられていたが、その比率はあまり高くないようである。そして現在の医学では、どの種類のがんなのか、あまり明確に検査で判断できない。

すると、治療は基本的に人体に善であり、手術、投薬などにより一時的に体が弱ったとしても、結果的に人体をより望ましい状態にもっていく可能性が高い、というパラダイムにより、とりあえず手術にがんを除去しましょう、周囲のリンパ腺も除去しておきましょう、ということになる。それが正解になる可能性もあるのだから、難しい。

ところが、手術や投薬というのは、多分世間が認識している以上にリスクが高い。なので、場合により、そのような医療行為のリスクを高くみて、治療は最小限にするか、それとも治療しないことで一層悪化することのリスクを重く見て、手術に踏み込むかという究極の選択を迫られることになる。

「過剰診断」は、医療行為のリスクを高くみる立場を採る。なので、あまり検査を勧めない。手術などしないとクリティカルな状態にならないなら、手術は避けて、様子をみる。

それでいいんだと腹をくくることは、それはそれで勇気がいるので、私も徹しきれるかどうか分からない。ただ、嫌でも病院で手術しなくてはならない場合は結構ある。典型的には交通事故であったり、大腸がんが腸を閉塞させ、放置すると死に至るような場合である。私の経験でも、A型肝炎に罹ったときは、病院に行く以外のオプションはなかった。風邪のような、最悪の二日酔いのような、耐え難い気分が何日も続いたからである。

また、健康診断しなくても、自己診断で、どうみても体調がおかしいと分かるということはある。私は詰将棋をその一つの目安にしている。すなわち、11手詰くらいの普通のレベルの詰将棋がスラスラ解けるときは、多分病気ではない。しかし、なにか病気になると信じられないくらい簡単な詰将棋が解けなくなるし、もっとひどくなると、詰将棋どころか、ライトノベルさえ読む気がしなくなる。

このように、過剰な検査や医療行為を避けて、自己の体が発する信号に素直に注意するというのもまた、かなり難しく、なので「過剰診断」のパラダイムはなかなか素直に受け入れられないのだろう。ある種の新興宗教がそうであるように、誰かの判断にゆだねるほうがずっと楽である。その方が幸せになるという保証はないのであるが。

そこで最後に、まとめとして私の理解する過剰診断回避のパラダイムについて記してみる。
  1. 精密な検査で人体の粗を懸命に探すことは、一般的には健康維持にあまり有効ではない。
  2. 症状に自覚がないのに、強引に治療することは却って人体に有害であることが少なくない。言い換えると、治療するメリットが、治療によるデメリットより大きいときだけ治療するべきである。
  3. 大抵の病気はスタティックで、あまり急変しない。なので、とりあえず様子をみるのがいい。
  4. 自分の体調が不調で医者にかかったほうがいいと判断したときだけ病院にいく。
  5. このパラダイムに与することで、不用意に病気で死亡する可能性はもちろんある。よって、腹をくくって、その可能性は高くないと信じるということになる。

人生相談

user-pic
0

私はときどき、新聞の人生相談の欄をみる。そして大抵は、う~んとうなって終わりなのだが、先日みたのは本当に、FAQとでもいうべき典型的なものだった。以下、私なりに要約してみる。

すなわち、ある主婦がいて、夫と子供二人で、それなりに幸せに暮らしている。ところが、ある男性と出会って、恋に陥った。価値観が変わるほどその男性を愛してしまい、それを胸にしまっておくのは騙しているようで心苦しいので、夫に告白した。すると夫はその主婦を愛しているのだろう、夫はなんとか今の生活を建て直してやっていきたいといってくれた。

それでも、その主婦は別れて好きな男と一緒になりたかったが、自活して稼ぐだけのスキルがないので思いとどまった。が、男性に対する思いは断ち切れず、つい再度会ってしまった。それで離婚も視野にはいったのだが、夫は子供たちの親権は渡さないという。それで男性との関係は終わらせたのだが、想いが断ち切れない、というのだった。

それに対して、作家である回答者は、夫の気持ちを傷つけたのだから、信頼を回復するのは大変で、それなりに心してやっていきなさい、というものだった。

まあ、こういうのに対するアドバイスというのは難しい。草津の湯があらゆるlove affairを癒してくれるなら楽なのだが。

で、アドバイスでなくて一つの現象論として私は次のような意見を述べてみたい。すなわち、人間は、未婚であれ既婚であれ、なにほどかは異性(場合によっては同性)に対する感情というか執心をもつ。それが現世に生きるということである。そういう感情を川の流れとみると、そこでは、思い切って単純化すると、川の水量と、分岐路の存在という2つの要因がある。

川の水量は、感情の量と言い換えてもよい。別の言い方では、鬱勃たるパトスということになる。感情の量があまりに巨大だと、道徳や倫理は無視される。夫がいようと子供がいようと、それこそ介護すべき親がいようと、まさにそんなの関係ないで、好きになった男と駆け落ちしてしまう。客観的にみてそういう幸せが続くというのは考えにくいのだが、そんなことを考えている余裕はない。ここまで書いてきて、その典型は小池重明にみてとれると感じる。

もう一方は分岐路である。すなわち、感情が流れていく分岐路が沢山あれば、流れは分散されて、川は氾濫しにくいだろう。分岐路は社会的地位であったり、趣味であったりする。社会的地位が重要であることは誰もが認めるが、趣味なんて所詮遊びだと世間の人は思うかもしれない。しかし、将棋もある意味所詮ひとつの趣味かもしれないが、吹けば飛ぶよな将棋の駒がいかに巨大なパトスの貯留庫であるか、世間の多くの人はあまり知らない。

こうみると、特に感情の量が多すぎる人にとって、分岐路の存在は、健全な社会生活を送る上で必須である。その意味で、教養を分岐路のジェネレータとして定義してもよい。

その文脈で、教養の別の、上記の定義から独立でないかもしれない定義は、仮想化(virtualization)作用である。すなわち、現実でなく、空想(あえて妄想と呼んでもよい)のリンクで恋心を舞わせる。四回転半ジャンプである。

上記の主婦は、おそらく感情の量が豊かなのだろう。そして、感情の側流が少ないのだろう。避難所としての読書の習慣があったら、と思えてならない。それはまあ、そんなに自明なスキルではないのだが。

重力波の変

user-pic
0

ええと、いまから物理の授業です。今日は、重力波の話。じゃ、ぼちぼち始めましょうか。

重力波の変 重力波の変 重力波の変 重力波の変
2015年 重力波が観測された
米国LIGOが偉業を達成した話
どうして~どうして~
どうしてLIGOは観測できたん~?
重力波は学会で長い間イジられた
みんなの前で言われた言葉は
・・・・・無理っっっ!!!!
どうして~どうして~
どうしてLIGOはできたの~?
LIGOは長い間地道に努力した!
LIGOの軍勢MITにカルテックのエリート!!!
どうして~どうして~
どうしてそんなに頑張るの~?
重力波が観測できたら ガチでノーベル賞
LIGOは仲間と一致団結 世界に先駆けた
無理じゃな~い?無理じゃな~い?
データがとっても微妙じゃな~い?
いや微妙じゃな~い 微妙じゃな~い
文句を言うやつ多くな~い
変じゃな~い?
no変じゃな~い
変じゃな~い?
no変じゃな~い
変! 変! 変! 変! 変! 変! 変! 変! 変!
これが
重力波の変 重力波の変 重力波の変 重力波の変
重力波の変 重力波の変 重力波の変 重力波の変
諸説あり

user-pic
0

横山秀夫は結構好きな作家の部類なのだが、なぜかロクヨンを読んでから、しばらく読んでいない。その理由は自分でもよく分からないのだが、どうもちょっと気が重くなるストーリーだからなのかもしれない。

といいつつ、横山秀夫の本を古書店で見かけたら、とりあえず買っておくのであって、それがちょっと溜まってきたので、「顔」徳間文庫を読むことにした。

「顔」の主人公は、婦警の平野瑞穂巡査。小学校のとき、交通指導かなにかでやってきた婦警さんが格好良かったので、そのまま憧れて、晴れて念願の婦警になった。

瑞穂は、子供のときから絵がうまかったので、採用されたD県警では、似顔絵描き担当となった。「顔」は、そんな瑞穂の活躍と蹉跌など心理的葛藤を描いた一連の短編「魔女狩り」、「決別の春」、「疑惑のデッサン」、「共犯者」、「心の銃口」からなる。

これらのストーリーに入る前提として、瑞穂が、ある事件で犯人の似顔絵を描き、それを用いて犯人が捕まったという事件がある。それならめでたしではないかということになるのだが、実はさらに続きがあって、犯人はちゃんと捕まったはいいが、似顔絵はなぜか犯人に似ていなかった。なので、瑞穂の上司は捕まった犯人に似せて似顔絵を描き直すように命じた。なぜそうするかというと、似顔絵が似てないままだと、瑞穂が事件解決に寄与しなかったことになる。そこで成功ストーリーをでっちあげるために上司は描き直しを命じて、渋々瑞穂はそれに応じたのだが、そのことが深い心の傷になって瑞穂は失踪し、半年も出勤しなかった。

なので、ほとんど駄目警官の烙印を押された瑞穂だが、なんとか復職して今度は、県警の広報室に勤務するようになった。そこで、未発表事件の内容が何度も特定の新聞社に抜かれるという事件が起き、だれか警官がマスコミに情報を流しているのかという疑惑が生じた。それが、「魔女狩り」である。瑞穂は、独特の勘で、まず特ダネを毎回掴んでいると思われる記者にコンタクトを図った。そこが事態は意外な進展をみせるのだった。

「決別の春」は、瑞穂が広報室から、捜査一課の犯罪被害者対策支援室に異動になったあとの話。犯罪被害者対策支援室とは名前はものものしいが、要するに、犯罪の被害を受けるかもしれない人からの電話を受け付けるという仕事である。その結果現場に出向くことは別の人が担当する。ところが、連続放火魔の事件があっている最中に、瑞穂は、火をつけられて焼き殺されるみたいな物騒な電話をある少女から受けた。これも瑞穂が追求していくと、全く予想もしない方向に事件が解明されていった。

「疑惑のデッサン」は、瑞穂の後任で、似顔絵担当の婦警の話。瑞穂の後任とはいえ、あまりにもデッサンの基礎ができていない後任の婦警がある日、あまりにも完璧な似顔絵を描きあげた。なぜと深い疑問に捉われた瑞穂はついに意外な事実に突き当たる。

「共犯者」は、本物さながらの銀行での防犯訓練のスケジュールが事前に漏れてしまうという話。それは本来、ごく限られた人しか知らないはずが、別と人の知るところとなって、犯罪に利用されてしまった。防犯訓練のコーディネータとして、瑞穂は真相解明に躍起になった。

「心の銃口」は、銃を撃つのが苦手な瑞穂が、嫌々ながら銃を携行して、凶悪事件の捜査に関与する話。犯人に危く殺されそうになった瑞穂を同僚の警官が救ったが、そこには裏があった。

このように、駄目警官の見本のような瑞穂が事件を通して、悩みながら一歩ずつ成長していく、ストーリーなのだった。それにしても危なっかしくて頼りなくてみていられない瑞穂は、似顔絵で鍛えた観察眼と、鋭い推理力で、場合により独特の視点で捜査陣に貢献するのだった。

最近ふと、読書の同型性という概念を思いついた。思いついたのだが、自分でも何を意図してそう呼んでいるのかよく分からないので、考えながら記してみると、どうもこういうことらしい。

先ず、何か専門的なことを研究する学者であっても、四六時中専門の勉強だけしているわけにはいかない。気分転換のために、専門の本よりも軽い本も読む必要がある。そのとき、ある専門分野の本と、気分転換に読む軽い本との間には、ある種の位相同型(topologically isomorphic)が成立している、という命題である。

それだけ書いても、依然として意図するところは明確になっていない。そこで具体例を示してみる。例えば、私がまだ若い頃、私が弟子のように学問の初歩を教えてもらっていた大学の先輩は、中国哲学が専門であったが、その先輩は気分転換にSFを読んでいた。具体的には、半村良とか田中光二などだったような気がする。

そういう気分転換の本というのは、あまり再読しないので、私は先輩から何冊かもらったような気がするが、その手のSFは、ちょっと読んでもどうも私の趣味にあわず、結局ほとんど読まなかった。ただ、今にして思うと、先輩が専門分野に関してちらっとしゃべることにふと、SFみたいな議論もでてきたりしたので、その先輩の中では、中国哲学と、ある分野のSF小説の間に同型性が成立するのだろうと思ったりする。

別の例では、幾何学で言及した、数学者の深谷賢治氏である。あるウェブの記事で読んだのだが、深谷氏は気分転換に、山田風太郎の小説を読むのだという。へぇ、と思った。山田風太郎の小説は私は何冊か読んだことがあり、その幻想的な雰囲気がなかなか気に入った。あきらかに、私の興味分野は中国哲学よりも数学に近いので、半村良とか田中光二などのSFよりも、私には山田風太郎の小説のほうがしっくりくるのかもしれない。

私はというと、大学に入学して真面目に物理学を勉強していた頃は、気分転換の読書は、数学科の友人に紹介された、松本清張だった。なんか、物理学の演習問題を解くときに、ここまで問題を解いたら、一冊、松本清張の本を読んでいいぞ、と自分に課していたような気がする。すなわち、私の中では、物理学と松本清張の間に同型性が成立していた。その後、横溝正史も物理学と同型な小説として戦列に加えた。

ところが、よく分からない理由で物理学を勉強する気がしなくなってから、松本清張との同型性を失って、読み始めたのはなぜか、エミール・ゾラの「居酒屋」や、ソルジェニーツィンの「癌病棟」などの、ある意味純文学と呼ばれるものになった。ゾラの「居酒屋」は、実家に帰省していて、人生の希望が全くみえなくなったとき、貪るように読んだ。読み終えて涙が出て仕方がなかった。そのときの気持ちは今は全くわからない。

サラリーマンになって、ある程度落ち着いてきて数学を勉強し始めたとき、同型性を見出したエンタメ小説は、森村誠一だった。そこに一片のサラリーマンの悲哀も見出していたのだろう。

で、最近では、砂を噛むような特許調査の仕事との同型性を、一連の警察小説に見出している。電車の中で読む警察小説の量で、仕事のモチベーションをなんとか維持しているところがある。

すると、学生時代に、気分転換に読む本の種類と冊数を同型性に留意しながら選ぶことにより、勉強するモチベーションを維持できたのだろうか。まあ、学問というのはそんな甘いものであるはずがない。

最後に、ここまで書いてきて、上記の同型性は、本当は準同型性なのかな、あるいは相補性なのかな、とふとひらめいたのだが、これらの語の正確な定義を知らないので、どうしようもないのだった。

新聞の書籍広告や古書店で本をみつけたとき、おっ、これは面白そうだなとビビッとくることがある。読書歴50年の経験で、その勘は大抵当たる、といったらそうでないことも結構あるのだが、少なくともクランは当たりだった。

そして、古書店で深見真の「ライフルバード」ハルキ文庫をみたとき、ビビッとまではいかなくて、ビくらいだったか。なので、買って数週間放置していたのだが、急に読みたくなって読み始めたところ、ぐいぐい引き込まれた。

ストーリーはなんと、熊本市で展開される。そんな小説、いままであったろうか。深見真が熊本の出身なのだった。熊本市というと私は、大学時代に学生将棋の大会で何度も熊本に行ったことを思い出した。チームとしては結構いい成績だったこともあるはずなのだが、なぜか残念な結果で暗澹たる気持ちで鹿児島本線で福岡に帰ったことしか記憶に残っていない。

おっと、ストーリーから外れるところだった。ストーリーは、元彼氏がDV男で酷い目に遭わされ、職場でも上司から叱責されているような幸せ薄い平田香織という女性が登場するところから始まる。こんな薄倖の女性がなぜかヒロインとなる。

そしてヒーローは、大谷浩二。熊本県警機動隊、銃器対策部隊の狙撃手、ようするにスナイパーである。高校時代は野球部でピッチャー、熊本市内の進学校なのに甲子園出場経験がある。それって必然的に濟々黌なのだろう、小説では明示されないが。

こんな二人を結びつけたのは、ある事件だった。すなわち、銀行に銃をもった二人組の強盗が押し入り、行員三人を射殺した。こうなると、普通の警察では対応できず、熊本県警機動隊、銃器対策部隊に動員指示がかかった。そしてエース狙撃手である大谷が、犯人の一人を射殺した。もう一人の犯人はなぜか銃で自殺をはかった。

そのニュースは当然に平田香織も知るのだが、犯人の写真をみたとき、香織はあっ、と思った。なんと、生き別れた父だったのである。しかも、名前が全く父と違う。他人の空似だろうか。怪訝に思って香織は、警察署に相談した。

香織に応対した刑事は、伏見といった。香織が昔の父の写真と本名を示すと、鑑識的に調査して、確かに射殺されたのが香織の父だと分かった。その事実は、射殺を担当した狙撃手である大谷にも伝えられた。事件に釈然としないものを感じる大谷は、結局香織にコンタクトした。

こうして謀ったように、いや本当に謀られたのかもしれないが、伏見・大谷・香織がチームを組み、銀行強盗事件の裏にある真相を解明すべく動き出した。

ところが、その裏にはあまりにも巨大な国際的謀略が関与していた。そして、伏見は実は公安刑事で、その国際的謀略を以前から追求しており、何かの機会に大谷のような能力のある者を仲間に引き入れようとしていた。

一方、国際的謀略に関与する本国は、伏見らの動きを察知し、口封じしようと、軍のトップクラスのスナイパーを日本に送り込んできた。

こうしてついに、大谷は、そのおそるべきスナイパーと対決し、死力を尽くして対決することになった。

これ以上のストーリーは開示できないが、それにしても圧倒的な銃の知識のディテールや迫真の戦闘シーンは、なかなか他の小説の追随を許さないほどで、手に汗握った。

また、カルト教団もストーリーに関与するが、熊本は、かのオウム真理教の浅原彰晃の出身地でもあるだけに、単なる小説とは思えない雰囲気があった。さらに熊本といえば神風連の乱が起きたり、西南の役の舞台であったり、あまりにも武張った土地柄であるので、一層小説の筋書きに興味をそそられるのであった。

ところで、この小説のタイトルのライフルバードは鳥の名前で、英語の綴りとしてはriflebirdであり、日本語では、極楽鳥とも呼ぶ。ライフルバードのライフルはrifleで、まさに銃のライフルと同じ綴りである。すると、随分物騒な名前の鳥ということになるが、ざっとGoogleで調べても、極楽鳥がriflebirdと呼ばれる所以は分からなかった。ともかく、なぜこの小説のタイトルがライフルバードであるのかはもちろん、ひとつはスナイパーの使う道具にかけたのだが、もう一つが何なのか、それは読んでのお楽しみである。

そういえば、先日知り合いから、スティーヴン・ハンターのスナイパー小説が面白いと紹介された。以前も何回か紹介されたような気がするのだが、そのときはあまり意識に残らなかった。ところが、「ライフルバード」を読んだあと、銃の薀蓄に富んだスナイパー小説をさらに読んでみたくなり、そういう意味ではおそらくスティーヴン・ハンターの小説は極上の部類に属すると思われるので、さいきん、「極大射程」(上下巻)扶桑社文庫を買った次第である。

重力波

user-pic
0

新聞のニュースをみていたら、ついに重力波が観測されたという。ところが、そのニュースを聞いて単に、あ、そうとつぶやく私がいた。別の私が、おい、もっと驚けよ、と叱咤している。

ともかく、読売新聞のホームページから記事を引用してみる。

【ワシントン=三井誠】米カリフォルニア工科大と米マサチューセッツ工科大などの研究チームは11日、物理学者アインシュタイン(1879~1955年)が100年前に一般相対性理論で存在を予言した重力波について「初めて観測した」と発表した。
これまで直接観測した例はなく、宇宙初期の状態などを重力波で観測する「重力波天文学」の道を開く成果だ。
重力波は、物体の重さが時間と空間(時空)にゆがみを作り、物体が運動した時、そのゆがみがさざ波のように、光速で宇宙に伝わる現象。物体が重くて速く動くほど、強い重力波が出る。
研究チームによると、米国にある巨大観測装置LIGOが昨年9月14日、重力波を検出した。質量が太陽の29倍と36倍のブラックホールが13億年前に合体した時に、太陽3個分の質量がエネルギーとなった重力波が発生し、地球に届いたとみられる。ブラックホールが合体する瞬間を捉えたのも、世界初の快挙となる。
ワシントンで11日に記者会見したデビッド・ライツLIGOリーダーは「我々は重力波を手に入れた」と宣言。会場から、大きな拍手が起きた。

こういうのを取って付けた、というのかもしれないが、私は若い頃、一般相対論オタクだった。

確か、26歳の頃だった。内山龍雄の「一般相対性理論」裳華房を暇さえあれば読んでいた。ノートに、シュバルツシルトの解を書き写して、おお~、と感動していた。気分転換に新宿に出かけ、図書館で上記の本を必死で読んでいたら、私が異様なオーラを発していたのかもしれないが、隣の席で勉強していた、高校生か予備校生が、嫌がって他の席に移動してしまった。

しかし、勉強というのは直ぐに忘れてしまうのであって、重力波の方程式も全く記憶にない。そこで、とりあえず手近にある、須藤靖著、「もうひとつの一般相対性理論」日本評論社をみてみた。すると、その第4章に、重力波の解説がある。

そこには、「重力が弱いものとしてアインシュタイン方程式を近似すると、波動方程式に帰着する。」とある。

さらに読んでいくと、「その中(注:時空)を伝わるこの波動が実在するかについては、後述のエネルギー運動量擬テンソルがテンソルでないという問題に絡んで大問題があった。しかし、その存在は、連星パルサーの軌道要素変化の精密解析から、間接的には確立しているといってよい。」とある。

さらにみていくと、どうやら重力波も光速度で伝搬するらしい。重力波観測装置の一例は、レーザー干渉型検出器で、2つのおもりを外力のない状態で100km程度遠方に離し、レーザー干渉器でその距離の微小変化を精密測定するもので、日本のTAMA300、米国のLIGO、フランス・ドイツのVIRGOなどのプロジェクトが進行中で、とあるが、このうち米国のLIGOは上記ニュースにあったものなので、まさに先陣争いに勝った、ということになる。一体何が勝因だったのか、気になるところである。

それにしても、「もうひとつの一般相対性理論」を眺めていくと、エネルギー運動量擬テンソルがテンソルでないことがずっと尾を引いていて、重力波の波動方程式を味の悪いものにしている。そんなの、観測ありき、結果ありきで、気にしなくていいのだろうか。また、「重力が弱いものとしてアインシュタイン方程式を近似すると、波動方程式に帰着する。」において、重力場が強いときはどうなのよ、という素朴な疑問もある。

なので、一般相対性理論における重力波というのは、マックスウェルの方程式における電磁波よりもはるかに微妙な存在であることは間違いないようである。

ところで、数学セミナーの書籍広告をみていたら、日本評論社で、「ブラックホール天文学」という本が発行されるらしい。こういうシリーズとして、「重力波天文学」という本が出版されるのはいつのことだろう。

いよいよ、待望の棋王戦第1局が始まった。この日はたまたま休日なので、気合いを入れて観戦することにした。それにしても、相手が仲良しで昔から知っている天彦となると、なにかとやりにくいようで渡辺のブログをみても、この対局のことについて、形式的なアナウンスを除き、ほとんど触れていない。さて、第1局は天彦が先手となると、この二人だとだいたい戦法がきまる。すなわち、角換わり腰掛け銀なのであり、例によって一気に44手まで進める。

【図1】 44手目△6五歩まで
持ち駒:△渡辺=角



持ち駒:▲天彦=角
ここの△6五歩までは、そんなに珍しい展開ではないらしい。これには先手は、▲6四角と打つ。

【図2】 46手目△7三角まで
持ち駒:△渡辺=なし



持ち駒:▲天彦=なし
すると、渡辺は△7三角と合せた。角を合せるのは当然と思ったのだが、なんとこれは渡辺の用意の新手で、今までは△9二飛だった、というのだからプロの将棋は分からない。以下、▲6五歩,△6四角,▲同歩,△7三桂,▲6三歩成,△同銀,▲4五歩,△6四銀,▲4六角と進んだ。渡辺の△6四銀も強い手で、▲6三角を恐れていない。すなわち、▲6三角には△6五銀を用意している。

【図3】 56手目△5四金まで
持ち駒:△渡辺=角歩



持ち駒:▲天彦=歩
▲4六角に対して、私は△6二飛とか予想していたら、渡辺は力強く△5四金。そう指すところらしい。以下、▲3五歩,△同歩,▲4四歩,△7五歩,▲4五桂,△7六歩,▲同銀と進んだ。先手も結構薄くて不安な陣形である。

【図4】 64手目△8六歩まで
持ち駒:△渡辺=角歩3



持ち駒:▲天彦=歩3
ここで渡辺が△8六歩としたのは疑問なのではないか。なぜなら、以下▲同歩,△4四銀となってみると、▲7六銀がゆったりしている。

【図5】 67手目▲2四歩まで
持ち駒:△渡辺=角歩4



持ち駒:▲天彦=歩4
ここは手が広いところで、天彦は長考して▲2四歩から継歩をしたが、結果的にこれが敗着となったのではないか。なぜなら、結局継歩は間に合わなかったのである。ここは、筋がよくないが、じっと▲7七歩と自陣に芯を入れておくと、▲2四歩から▲6四角,△同金から十字飛車が狙えた。これで単純に先手がよくなるわけではないが、やや優勢だったと思われる。▲2四歩以下は、△同歩,▲2五歩,△同歩,▲2四歩,△8六飛,▲8七銀,△8四飛と進んだ。渡辺が単に歩をとって飛車を8四に引いたのが、好手である。

【図6】 75手目▲2五飛まで
持ち駒:△渡辺=角歩7



持ち駒:▲天彦=歩3
天彦は待望の▲2五飛を実現したのだが、△7七歩,▲同金,△7六歩,▲7八金,△8六歩,▲7六銀と自陣を崩されてはいかにも苦しい。

【図7】 82手目△4三角まで
持ち駒:△渡辺=歩4



持ち駒:▲天彦=歩5
そして渡辺の△4三角が決め手になった。飛車取りと先手の7六の銀取りをみている。以下、▲3四歩,△4五金,▲同銀,△7六角,▲4四銀と進んだが、形作りにすぎない。

【図8】 投了図88手目△8七歩成まで
持ち駒:△渡辺=銀桂歩4



持ち駒:▲天彦=金銀歩4
△8七歩成以下は、自明な即詰みである。

こうして一日観戦してみて、天彦らしからぬ拙戦だったと言わざるをえない。本来の強さはこんなものではないはずである。前にも言ったが、神がかりてきな好成績でそろそろ勝ち疲れてくる頃で、図5あたりで手の選択を誤ったようである。

一方の渡辺は、必ずしも本調子でなかったかもしれないが、△7三角の新手が出たり、終盤も危なげなく勝ち切った。ともかく第2局以降に好局を期待する。

囲碁ソフト「AlphaGo」でちらっと触れた、伊田十段とZenのクラスタ並列版の4子の対戦であるが、はっと気づくと、もう対局日を過ぎていた。AlphaGoの出現により話題性は下がったとはいえ、結果が気になるので、グーグル検索してみたのだが、どうもきちんとした記事あまり見当たらず、ツイッターに断片がある程度なので、私の独断で、断片の情報をかき集めてみた。

すると、伊田十段は、「何も対策は立てていない、ガチで負かしにいきますよ。」のように発言したそうである。これは別に伊田十段が準備不足とか、甘くみていた、ということではないと思う。というのは、囲碁でいう4子の手合いというのは、将棋でいえば、飛車落ちくらいだろう。それくらいの差だとプロは余裕なはずである。

打っていて伊田十段は、だいぶ早い段階で「捉えた」と思ったそうである。これは要するに、最初は4子のハンディがあるので明らかに下手が優勢なのだが、その後の打ち手で、形勢にあまり差がなくなった、という意味である。囲碁将棋チャンネルで、プロ対アマチュアの置き碁の指導碁が打たれることがよくあるが、解説の棋士がこうなっては置き碁の差がなくなりましたね、という瞬間がたいていあり、そうなってはまず下手に勝ち目はないとしたものである。

ところが、Zenはそこからが強かった。結果的にみて、そこからZenが押し切り、伊田十段は、「聞いていた話と違いすぎる(強い)」とつぶやいたそうである。

そういえば、ほぼ1年前、第3回電聖戦で、趙治勲vsコンピュータ囲碁という企画があり、趙治勲は、コンピュータ囲碁選手権準優勝のDolBaramとは4子で、優勝のCrazyStoneとは3子で対戦したのだった。himazines.comのページを確認しつつ、引用させて戴く。

趙治勲は、「4子局は指導碁っぽくなるから僕はよく負ける。但し、3子局は負けたことがない。」という。じっさい、よほどのアマ強豪でもプロに本気を出されるとまず勝てない。

DolBaramとの4子局は、攻め合いの読みを制してDolBaramが勝った。解説の依田九段は、コンピュータ囲碁に対しては、大模様を張って打ち込ませるようにしないといけないという。すなわち、棋士も勝つためには、コンピュータ囲碁向きの対策を立てないといけないようである。

一方のCrazyStoneとの3子局は、CrazyStoneが甘い手連発で、解説の依田九段が、かなり早い段階で、白の勝だな、と宣言するほどだった。結果はやはり白の中押し勝ち。

以上を勘案すると、以下のことがいえるだろうか。

  1. pre-AlphaGoの囲碁プログラムたちも、中終盤以降は、特に攻め合い、寄せの読みなどかなり強い。もしかしてプロとあまり遜色がないかもしれない。
  2. しかし、pre-AlphaGoの囲碁プログラムたちは、布石や定石の運用などに難があった。なので、中盤までに差をつけられてしまうと、プロ棋士に対して剛力(そういう姓の女優がいたような)を発揮できない。
  3. よく知らないが、おそらく、AlphaGoは、布石や定石の運用あたりのスキルを、ディープラーニングを駆使して、少なくとも平均的な囲碁のプロ棋士並みのレベルにもっていったのだろう。
  4. すると、非凡な布石感覚と、緻密なヨミの力をもつ一流棋士ならまだ、AlphaGoに勝てるのかもしれない。よって私は、気負ってミスをしなければ、イ・セドルに勝機あり、とみる。
  5. しかし、知識の伝搬性により、post-AlphaGoの囲碁プログラムたちは、ディープラーニング+αを実装してくるだろう。いや、必ずしもAlphaGoの影響ではなく、独自の研究によりディープラーニングその他の機能を既に構想していたのかもしれない。ともかくそれは、ボナンザ以降の将棋プログラムの潮流の再来である。
  6. コンピュータ将棋で起きたことが、コンピュータ囲碁ではどのように変異して再現するのか、私はあるときは静かに、あるときはやや熱狂気味に見守りたい。

古書店で、常見陽平著、「できる人」という幻想、NHK出版新書というのをみつけて、私が普段気になっていることに対するひとつの解答が書いてあるような気がして、早速読んでみた。

ところで、常見陽平氏は、1974年生まれ。私より20歳若い。一橋大商学部を卒業してリクルートに入社。その後複数の会社に転職したあと、フリーになり、最近一橋大大学院社会学の修士課程を修了した。すでに何冊かの著書がある。

この本は、以下のような章立てになっている。

  1. 第一章 入社式に見る平成「働き方」史
  2. 第二章 「即戦力」はどこにいるか
  3. 第三章 「グローバル人材」とは誰のことか
  4. 第四章 そこまで「コミュ力」が必要なのですか
  5. 第五章 「起業家」は英雄なのか
  6. 終章 若者の可能性にかけるな

読んでみて、もしかして著者の思いが全面に出て書かれた本かと予断していたら、じっさいはevidence basedというか、過去の雑誌や新聞の記事をヘビーに引用して、客観性を保持しようとする姿勢がうかがえる本なのだった。

第一章の入社式に見る平成「働き方」史では、過去の入社式での社長の訓示を新聞記事を元に経時的に並べて、会社が新入社員に期待することの内容の変遷を述べている。ただ、誰もが思うことであるが、社長の訓示はかなり建前であり、あまり真面目に聴くに値しないものだが、多数の記事をみていくことでその時代の景気や社会風潮が浮かび上がってくるということのようである。その一般的傾向というのは、会社に余裕がなくなってきて、新入社員の育成にリソースを割けないということである。

そこで第二章の「即戦力」はどこにいるか、につながる。そして短く結論をいうと、「即戦力」の若者なんていない。ちなみに、私見では、「即戦力」というのは、ある狭い分野でならありえる。例えば、ある会社が、その将棋の職団戦チームのメンバーを補充したいとする。すると、どこかの大学の将棋部で学生名人になった若者は、間違いなく職団戦チームの即戦力である。逆にいうと、会社の業務というのは、一般的に学生名人の将棋ほど専門性が高くないかもしれないが、なにしろ学生時代に学んだことと内容が乖離している。

第三章の「グローバル人材」とは誰のことか、の結論もはっきりしているかもしれない。要するに、グローバル人材になるために英語を勉強したり、外国に留学することはもちろん無意味ではない。しかし、あまり英語がしゃべれなくても、学生時代劣等生であっても、会社に入って海外とのトランザクションが生じる部門に入れば、たいていグローバル人材になれる。なので、殊更にグローバル人材求む、みたいに喧伝する必要はないのでは、ということである。

第四章のそこまで「コミュ力」が必要なのですか、であるが、確かに会社では、というよりもそもそも組織では、一人で仕事をするわけではないので、コミュ力、すなわちコミュニケーション力が必要であるが、単にプレゼンしたり、よくしゃべるというのとは違う。静かに雰囲気を察知するというのもまた、コミュ力なのではあるまいか。ということで、あまりにも曖昧な定義なのだった。

第五章の「起業家」は英雄なのか、は、そんなの英雄じゃないだろ、という反語なのかと思ったら、よく読むとやはり起業家は英雄なのである。すなわち、若者よ、安易に起業家なんか目指すな、大変なんだから、ということで、そこには、起業家を目指し、果たせなかった著者の、起業家に対するレスペクトが滲み出ている。

終章の若者の可能性にかけるな、であるが、これは実は、熟年たちよ、若者に安易に依存しないで自分たちで責任をとれ、という意味なのだった。

こうして、evidence basedであるため多少インパクトに欠ける内容になったかもしれないが、穏当な結論に落ち着いたのだった。

山猫

user-pic
0

前にも書いたことがあるが、私の故郷の島では、猫なんて隙をみて魚を盗む悪い奴で、困ったものだという程度の存在だった。なので、東京に出てきて猫を飼うなんて想像もしなかったが、ふとしたきっかけで猫と同棲、じゃなかった、同居するようになってもう10年以上が経つ。

しかし、猫は、同居してみると、あまりにも自分勝手な態度にうんざりすることもあるが、一般的には愛すべき動物で、癒されるのもたしかである。ということで、猫のつくキーワードをきくと大抵ポジティブに響く。

が、山猫はどうか。これも猫がつくのでポジティブというのは例外ではないのだが、冷静に考えると山猫というのは、猫というよりも小型の虎であり、下手にそばにいってよしよし、とかやっていたら、血の雨を降らされてしまうに違うない。

なぜ藪から棒に山猫などというかというと、古書店で、神永学「怪盗探偵山猫」角川文庫というのをみかけて、とりあえず買っておいたからである。じつは神永学は、まえに「確率捜査官 御子柴岳人」というのを買っておいてそのうち読もうと思っていたのだが、優先順位が微妙に逆転したのは、やはり猫というキーワードのせいであるに違いない。

で、読み始めてみたら、山猫というのは、アルセーヌ・ルパンの系列に連なる、高度な盗みのテクニックを駆使する窃盗犯なのだった。どんな困難な状況でも知恵を駆使して盗みを働くのだが、決して切った張ったはしないし、証拠も残さない。

しかも一定の盗みの方針があって、それは、非合法的に資産をなした企業家などの金庫を狙い、盗みの後、金庫の中に一片の紙を残す。その紙片には、企業家の悪行が記述されているので、企業家は警察にも通報できない、という次第なのだった。

とはいえ、警察沙汰になる山猫の事件も少なくないので、警察は常に山猫をマークしているのだが、文字通り全く尻尾をつかめないので、切歯扼腕している次第である。

そんな山猫がらみで、居直り強盗のように人が殺される事件が起きた。ところが、それで殺されたのが、今井というベテランの編集記者で、まだ駆出しの雑誌記者、勝村にとって師事した人だったので、勝村は、自分の所属する会社の上司から指示されたこともあって、この事件を取材することにした。

ところが、この事件にからむ人びとと勝村は強く相互作用することになった。その一人は、警視庁の美人刑事、霧島さくらであり、もう一人はなんと山猫自身である。

さくらにとって勝村は、大学の可愛い後輩であり、とはいえ、この事件を追う刑事としては、安易に勝村に情報提供するわけにはいかない。

さらに、山猫にとって、この事件は冤罪であり、身に覚えがない。そもそも、山猫は事件がらみで殺人を犯すなんてとんでないと思っている。なので、雑誌記者の勝村に接近し、行動をともにすることで、なんとか事件の正しい解決を図ろうと、必ずしも合法的でないやり方で、努力する。

一方のさくらは、山猫こそ捕まえるべき犯人である。なのに、女好きな山猫は堂々と、さくらの前に姿をあらわし、さくらをナンパさえする。尤も、高度なインテリジェンス(ここは謀略という意味である)をまとった山猫がどこまで本気でしゃべっているのか、その真意はわからない。

こうして行きつ戻りつしながら事件は解決に向かうのだが、最初はなんだこれは、三文小説かと脱力したのだが、さにあらず。後半からは引き締まったサスペンス小説に収束してきた。

うん、さすがに猫様だ、と感心した次第である。

囲碁観戦

user-pic
0

去年の暮、A級順位戦などという記事で、井山の連勝ストップに関して以下のように書いた。

ところで、囲碁のテレビ棋戦というのは、NHK杯と竜星戦があるが、確認したところ、どうみてもNHK杯の方が井山の対局までの行程が短い。ただ、竜星戦の方がリードタイムを長くとる傾向があるので分からないが、おそらくNHK杯なのだろう。すると、井山はおそらく河野臨九段に負けたのだろうと推測できる。ただ、テレビ棋戦の結果が前もって分かるというのは、かなり興ざめではある。

じつはそれを書いた時点で、NHK杯の囲碁トーナメントで、まだ河野臨九段と松本武久七段の対局が放送されていなかった。なので、河野臨九段が松本武久七段に勝ったのだろうと決めつけたのは、松本武久七段に申し訳なかった。けっして取って付けたわけではなく、私は、囲碁界屈指の人格者で、それでいて妥協しない戦いの棋風である松本武久七段のファンである。

ともかく、2月7日(日)のNHK杯囲碁トーナメントの対戦は、案の定井山棋聖と河野臨九段の対戦となった。私の頭の中では、きっとこの対局で井山が負けるのだな、と予想していた。そして、やはり予断を与えるような記事を新聞は発表してはまずいだろうと改めて思いつつ、井山が負けるテレビ棋戦が、NHK杯でなく竜星戦であることを願った。

ところが、中盤で、白番の井山が中央の石を捨てて、左下を生きたとき、井山の上辺の囲いが大きいとはいえ、右辺や中央の地合いを数えると、やはり河野臨九段の方が優勢だと判断せざるをえなくなった。もちろん、この判断は、羽根直樹九段の解説に依存している。

こうして河野が逃げ切るかと思われたとき、井山が右上にコウを仕掛け、最後の勝負に出た。素人目には河野が困っているかと思ったが、河野はコウ争いを懸命にリスク分散し、私の目にも河野の勝ちがはっきりすると、井山ファンの私はちょっと落胆した。

井山の対局はともかく、この際囲碁観戦について述べると、J-COMのアップテート以来、CATVの録画予約が容易になったので、私は囲碁将棋チャンネルの銀河戦・竜星戦の観戦方針を以下のように変更した。

すなわち、銀河戦はなるべくその場で(in-situ)観る。一方、竜星戦は決してリアルタイムで観ないで、いったん録画して、土日の空いた時間に観る。

そのようにした理由は、将棋だとその場ですんなり将棋の世界に入って行って観戦できるのだが、囲碁だとどうしても慣れていないので、ある程度集中力を高めて観ないとその世界に没頭できないからである。また、銀河戦は1時間半以内で必ず終わるのに対して、竜星戦は基本的に2時間フルに時間がかかる。すると平日竜星戦を観ていると、朝4時半には起きるようにしている私にはちょっと辛い。

こういう方針で竜星戦を観るようにしたら、ポジティブな効果があったと思えるのは、囲碁のテレビ対局を、将棋と同じくらい楽しめるようになった。すなわち、私は将棋のテレビ対局だと次の手を予想しながら観るのであるが、囲碁だと以前は対局の流れを追うのに精いっぱいで、次の手を予想するなんてとんでもなかった。なにしろ本で憶えた知識はあるものの、布石や手筋が体に滲み込んでいなかった。ところが、竜星戦を10局くらい観た段階で、頭の中にある囲碁の知識に活が入れられ、少しだけ石の声が聞こえるようになったような気がするのだった。まさに、最近気に入っているBEGINの「海の声」の♪海の声が聞きたくて♪である。

ともかく、私は飽きっぽいので、楽しめる対象の帯域を拡げておくことが重要なのだった。独りでも楽しめるもん、がキーワードである。

自分の言葉

user-pic
0

かなり前、NHKのテレビ番組を観ていたら、ある詩人が、学生たちとバスで東北の被災地跡をツアーする企画だった。

それは単なるツアーではなく、学生たちに課題が出される。すなわち、行く先々で感じたことを文章として綴り、それを講師役の詩人が講評する。

その講評に従い、学生たちは文章を書き直しを強いられるのだが、そのときの詩人の典型的な批評の語句は、表現が借り物である、自分の言葉でない、というものだった。

おそらく詩心がある人なら、そんな言い方がしっくりくるのだろう。ところが、あまりに散文的な私は、ううん、自分の言葉か、とそこで立ち止まってしまう。もっと言うと、自分の言葉なんてあるんだろうか、とちゃぶ台返しのようなことを考えてしまう。

ただ、言い訳だが、私が自分の言葉か、とつぶやくのは、単に詩心がないせいというわけでもない。

私は三歳から六歳まで約三年間、結核で広島県の西条というところにある療養所に入れられていた。隔離されていたというべきかもしれない。すると、同じ広島県とはいえ、生まれ故郷の瀬戸内海の島とは次第に方言がずれてくる。なので、退院して小学校に上がったときは、私がしゃべる方言は、意思疎通に支障はないにしても、違和感をもって級友たちに迎えられた。

それだけではない、三歳から六歳までの間、島の同年代の子供と全く遊んでいないのだから、遊びの文法も分からない。私は今に至るまでそのことにキャッチアップできていないような気がする。

島の方言も、そうかこの場合このように使うのかと、まるで外国語を学ぶように意識的に方言をマスターしていった。いったい、小学校一年だと普通、無意識のうちに方言なんてキャッチアップしてしまうのではないだろうか。

それとは関係ないのかもしれないが、小学校の高学年になって、俳句や詩を書くという場面で、私はいつもハタと困った。私にとって文章を書くとは、沢山本を読んで、そこで使われた言い回しを記憶しておいて、適当と思われるものを使うというものなので、俳句や詩を沢山読みこなしていないと、私は一片の詩さえ書くことができない。そもそも記憶にある語句を、そろりと並べるだけで詩になるのだろうか。

そういう外国語や外国文化に接するような態度は、高校になって本土の学校に通うようになってからも発揮された。というのは孤島というのは閉ざされたカルチャなので、本土の尾道とさえ随分違う。

何が言いたいかというと、私は常にあたりに落ちている言葉を拾って袋に入れておき、あとは必要に応じて拾った言葉を、テーブルに並べることで何とか意思疎通を図っているだけなのである。

言い換えると、私のしゃべること、私が書いた文章に一片のオリジナリティもなく、到底自分の言葉とはいえない。少しだけ言えるのは、特許的な意味でごくたまに、組み合わせ新規性的な状況が起きるだけである。そんな組み合わせ新規性でも自分の言葉なのだろうか。私の場合違うような気がする。なぜなら、あまり感情の発露となっていない。とりあえず日本語文法に適合するように既存の単語を並べただけだからである。だから私のかく文章には突然無骨に、文脈を無視して数学や物理学の用語があらわれる。

ここまで書いてきて分かったのは、そういうつぎはぎの表現をしてしまうのは、私がアスペ的だからなのかもしれない。決して詩人にはなれない私。私がニュートリノのように、あまり印象に残らず人びとの中を通り過ぎてしまうのも、そこらあたりのキャラクタなのだろう。

王将戦第3局が始まった。羽生はともかく、郷田はA級残留が結構大変そうで、そっちの方が気になったりする。しかし、一たび対局が始まると、そちらに集中するのが棋士である。第3局は先手の郷田の注文で、相掛りとなった。しかし、後手の羽生も深く8二飛と引いたのが珍しい。

【図1】 30手目△5四銀まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲郷田=角歩
▲2五銀が△3四歩取りなのに、構わず△5四銀と出たのが羽生らしい手である。以下、△5四銀,▲6八玉,△1四歩,▲1六歩,△9四歩,▲9六歩,△4五銀,▲3八金,△2四歩,▲3六銀,△同銀,▲同歩と進んだ。結局、▲2五銀が▲3六銀,△同銀,▲同歩になる、というのも手順の妙である。

【図2】 42手目△2三銀まで
持ち駒:△羽生=角銀歩



持ち駒:▲郷田=角銀歩
結局羽生は、じっと△2三銀と銀冠に構えたのだが、ここからどう指すのかさっぱりわからない。解説の木村八段は、一例として▲3七金を推す。なるほど、である。郷田は、▲4六角と打った。6四と2四の両方を狙うという意味なのだろうか。そして羽生は、両取り逃げるべからず?で単に△5二金と上がった。以下、▲3七桂,△4二玉,▲6六銀,△3三桂,▲5五銀,△3五歩,▲同角と進んだ。△3五歩の味付けからいよいよ開戦である。

【図3】 52手目△8六歩まで
持ち駒:△羽生=角銀



持ち駒:▲郷田=銀歩2
そして羽生は、△8六歩から攻めていく。以下、▲同歩,△同飛,▲8七歩,△7六飛,▲7七桂と進んだ。ここまでくると、△3五歩としたのは、△3六飛と角の根本を掬えるようにしたのだと分かる。

【図4】 58手目△8八歩まで
持ち駒:△羽生=角銀歩



持ち駒:▲郷田=銀歩2
しかし、羽生は、△3六飛などいう自明な手は指さず、△8八歩。8九に桂馬がいるわけではないので、相当わかりにくい手である。これに対して郷田は、▲6六銀。次の狙いは、▲8五銀の飛車取り。なので、それを防いで羽生は△9三桂。以下、▲2九飛,△2五桂,▲4六角,△3七桂成,▲同角と進んだ。

【図5】 66手目△7四桂まで
持ち駒:△羽生=角銀歩



持ち駒:▲郷田=銀桂歩2
そして、△7四桂となっては、羽生が優勢なのだという。なんという羽生マジック。ここから長いが手順を進めると、△7四桂,▲5五銀,△8九歩成,▲同飛,△8六歩,▲7五歩,△8五桂,▲7四歩,△7七桂成,▲同金,△8八銀,▲7六金,△8九銀不成,▲7九銀,△8八角,▲5四桂,△同歩,▲同銀,△8七歩成,▲6四角,△3三玉,▲3五桂,△7九角成,▲5九玉,△2六桂,▲2三桂成,△同玉,▲3五桂,△1二玉,▲1三銀,△同玉,▲3一角成,△2二桂,▲3二馬で一応後手玉は必至だが。

【図6】 投了図100手目△2九飛まで
持ち駒:△羽生=銀2桂歩2



持ち駒:▲郷田=飛金歩4
△2九飛で先手玉は簡単な即詰みである。例えば、3九に合駒して、△6八銀以下。

それにしても、羽生の黒光りする強さが印象的である。このまま羽生が押し切りそうな気がする。ところで郷田の敗着はどれだろう。まさか、【図2】の▲4六角じゃないよね。

求婚の密室

user-pic
0

大学に入ったとき、下宿の隣の部屋の人が岡山出身で、テレビ番組の「木枯らし紋次郎」のファンで、何かあると、その決まり文句の「あっしには関わりのないことでござんす。」を連発するので閉口したものだが、その番組を観てみると確かにニヒルな雰囲気が面白いとは思った。

で、あるとき笹沢左保という作家が、「木枯らし紋次郎」の作者だと知ったが、結局笹沢左保なる作家に興味はもたないできた。ところがその後、笹沢左保は実はミステリー作家であると知って、ではそのうちその作品を読んでみようと思っていると、たまたま古書店で「求婚の密室」光文社文庫というのを見つけたので、一応買っておいた。

「求婚の密室」を読むときがくるような気がしなかったのだが、会社で懸案の面倒な仕事が一段落したので、幅優先探索の一環で、気分転換にこの本を読んでみることにした。

すると、南禅寺の決戦ではないが、ううむ、とつい唸ったのは、ある催しで関係者がある閉ざされた宿に一同に会し、そこで密室殺人が起きる、という古典的なプロットの小説なのだった。

唸った理由は、この分野では古今東西の小説がひしめいており、なかなか新鮮味が出しにくいからだった。しかし、笹沢左保は懸命の構想で、そこに一陣の新手をもたらそうと努力した。

より具体的なストーリーに触れてみる。関係する人々を軽井沢の別荘に呼び寄せたのは、東都学院大学の教授、西条豊士とその妻、若子、長女である富士子と、次女のさつき。

招待されたのはルポ・ライターの天地昌二郎とその息子、春彦。医師の石戸昌也。弁護士の小野里実。西条の甥、綿貫澄夫とその妻澄江。西条の大学の教え子、浦上礼美とその彼氏、前田秀次。東都学院大学で西条と対抗する派閥の医学部教授、大河内洋介とその妻、昌子。やはり東都学院大学で西条と対抗する派閥の文学部助教授、進藤信雄とその妻、季美子。そして西条の元秘書、沢田真弓。

この場に西条が人びとを招待した趣旨は2つあって、一つは西条の引退記念パーティーとすること。もう一つは、西条の長女で美人女優である富士子の結婚を決めることである。そのために二者択一で石戸医師と小野里弁護士が結婚相手の候補として招待されている。さらに、引退にまつわる一種の手打ちのような意味で、対抗派閥の人達が招待されている。ルポ・ライターの天地は、見届け人みたいな役割である。それにしても親が娘の結婚相手を2人決め、その二者択一で相手を決めるなんて、あまりにも時代錯誤というか、非現実性を帯びすぎているのだが、最初は鼻についたその設定も、読み進めるにつれて次第になじんできた。

そしていよいよ、西条夫妻が密室で毒殺されるという事件が起きる。そこから、パーティーの招待客は、互いに犯人捜しで疑心暗鬼となる。これもまたこの手のストーリーの常道だが、そこに彩を添えるのは、富士子と天地との秘めた純愛である。

ここからはストーリーの核なので記述を省くが、私の当初の思惑をいい意味で裏切って、古典的なかたちのプロットに、笹沢左保なりのこだわりの新手というかスパイスの効いた、なかなかのミステリー小説に仕上がっていると感じた。

解説を読むと、笹沢左保は、最初はミステリー作家として出発したが、次第に行き詰って、木枯らし紋次郎のような時代小説に転進し、その後原点復帰として書かれたミステリーの一つが「求婚の密室」なのだった。そういう意味で、「求婚の密室」には笹沢左保のミステリーへの思い入れがぎっしり詰まっている。

ただ、松本清張が沢山推理小説を書けたのは、社会派推理小説だったからであり、最近よく書かれているミステリーは警察小説だったりする。それらは、必ずしも純粋にミステリーのトリックで勝負するわけではないのでバリエーションが出しやすい。よって、よほどストイックにならないかぎり、アイデアに困ることも少ない。

なので私は逆に、笹沢左保のミステリーの寡作性に職人芸をみるようで好ましいとおもった。そういう雰囲気は、「求婚の密室」でもよく出ている。

本能寺の変

user-pic
0

さいきん、面白そうな曲を探してYouTubeを検索するのが土日の習慣の一部になっているのだが、エグスプロージョンという二人組の「本能寺の変」というのをたまたま発見して、な、なんだこれは、と感激した。それで家内に、本能寺の変というのを知っているか、と下手な踊り付きで説明したら、それがなに? ずっと前からテレビでやっているけど、と指摘されて愕然とした。どうも、普段、囲碁将棋チャンネル以外ほとんどみないという弊害が顕れたようである。

私は昔からお笑いが好きで、あまり遊び相手がいなかった子供の頃から、暇さえあればテレビで漫才をみていた。なので、まだ売れる前の有望芸人というのも私なりに鋭くチェックしたりする。例えば、「そんなの関係ねぇ」の小島義雄を比較的早く見出したのだが、次第に売れ来て、さもありなん、と納得したものだった。ところが、「本能寺の変」の場合、完全に売れて(熟れて)からやっと知ったので、ううん俺もヤキが回ったな、とがっかりした次第なのだった。

YouTubeでみると、エグスプロージョンの他の作品として、「関ヶ原の戦い」、「島原の乱」、「ペリー来航」などがあり、どれも絶妙の歌?と踊りの組み合わせで、「諸説あり」で終わるのが特徴である。まあ個人的には、fightという合いの手が唐突に入る、「関ヶ原の戦い」が微妙に好みだったりする。

そういえば、家内の指摘だけでなく、エグスプロージョンがずっと前から流行しているのだなとわかるのは、YouTubeに、高校生の踊りのアップロードが沢山あるからである。例えば、去年の秋の学園祭でかなりの数の高校生が「本能寺の変」を演じて受けていた。また、極め付けは、渋谷かどこかの空き地で、数人の女子高校生が「本能寺の変」、「関ヶ原の戦い」、「島原の乱」、「ペリー来航」と順に踊っているシーンで、通行人も、なんだろうとちらっと眺めている。やっている方も見ている方も馬鹿馬鹿しくなってきそうなものだが、こういう馬鹿馬鹿しさは私は好きである。ただ、こういう素人演技をみればみるほど、本物のエグスプロージョンの切れの良さが際立ってきて、さすがプロのダンサーというか振付師だと改めて感心する。

さらに家内が示唆するのは、こういうストリートダンスが流行る一つの背景として、最近では学校の体育の授業で、ダンスが採りいれられているからなのだという。それを聞いて私は、へぇ、俺は体育の授業最悪で、鉄棒も跳び箱も全くできないで、通信簿が5段階の2(基本的に1はつかない)だったけど、ダンスならちょっとはましかもね、と言ったら、それはない、普通の体育以上に無理、と家内に即座に断言されてしまった。急所の筋を衝かれると、応手に困る。

A級順位戦

user-pic
0

A級順位戦の第8回戦、すなわちラス前の一斉対局が終わったので、例によって確率計算してみた。以下のとおりである。

順位棋士名レーティング挑戦権の確率決定戦になる確率降級確率
1行方尚史八段62184449.7%49.7%0.0%
2渡辺 明竜王5318430.0%0.0%0.0%
3久保利明九段2618150.0%0.0%37.4%
4広瀬章人八段2617580.0%0.0%50.0%
5深浦康市九段3517820.0%0.0%0.0%
6郷田真隆王将2618100.0%0.0%74.9%
7森内俊之九段3517620.0%0.0%37.7%
8佐藤康光九段5317720.0%0.0%0.0%
9佐藤天彦八段711911100.0%49.7%0.0%
10屋敷伸之九段5317630.0%0.0%0.0%

A級順位戦のラス前のハイライトは、天彦と行方が勝ち星を伸ばし、渡辺が屋敷に負けてしまったことである。これで、渡辺の名人挑戦が完全になくなり、名人挑戦は、天彦と行方に絞られてしまった。しかも、最後の対局が、行方対天彦なのだから、行方は挑戦するためには二連勝しなくてはならず、天彦は一勝でよい。なので、天彦は絶対的に有利である。

なお、自分で作っておきながらこの表はmisleadingなのであるが、「挑戦権の確率」とあるところは、単に挑戦決定戦に進める確率というだけの意味である。一方の「決定戦になる確率」は、挑戦決定戦を複数の棋士で争う確率という意味である。

この表中の49.7%というのは本当は50%のはずなのであるが、単なるシミュレーション・プログラムの誤差なのだろう。随分粗い誤差だね、と苦笑いである。いまみたら、イテレーションの回数が100,000になっていた。これはせめて1,000,000だろう。

降級は、久保、広瀬、郷田、森内から二人なのだが、降級確率は、郷田、広瀬、森内、久保の順である。3勝の深浦が絶対落ちないというのは、すごく自明というわけでもなくて、人間なら短考を要する。ところで、3勝の森内が2勝の久保と降級確率がほぼ等しいというのは本当なのだろうか。私は自分で作っておきながらであるが、B級1組のプログラムは一応信用しているのだが、A級の方はあまり信用していない。どこかにバグがあると思うのだが、見つけきれていない。

最後に、2月27日に予定されている、A級順位戦の対戦の組み合わせを書いておく。

先手後手
行方佐藤天彦
佐藤康光渡辺
久保森内
深浦広瀬
屋敷郷田

先日、大学の将棋部のときの仲間二人と飲んだ。そういう飲み会自体、ブログに書く程度のことでもないのだが、ちょっと変わっていたのは、そのうちの一人とはなんと、ほぼ三十年ぶりに会うのだった。年齢は私と同い年。一応Hさんと呼ぶことにする。

Hさんは大学時代、新聞配達のバイトをやったりして苦労していた。なので、いつも部屋に籠って本を読んでいた私よりもずっと社会的に成熟していた。

そして、当然かもしれないが、Hさんは普通に4年で大学を卒業して首尾よく就職した。一方私は、単にモラトリアムの意味で一年無駄に留年し、そのときは母に随分叱られたものだったが、とりあえずHさんより1年遅れで、なんとか就職した。

そして私は、どうみてもおかしいと思った上司の指示に食ってかかり、それが原因で仕事を干され、ほとんど病気になりそうなくらい鬱屈して、2年半でその会社を辞めたのだったが、今にして思えばそれは、かなりの程度、私の社会的未熟さにも原因があった。

一方、苦学生だったHさんは、当然私よりももっとまともなサラリーマン生活だったよね、とずっと思ってきたが、飲み会の席で、Hさんは実は、入社していきなり、上司のやっていることが許せないで、上長に直訴し、それはなんとか聞いてもらえたのだが、直属の上司との関係がさらに悪化して、会社にいられる気持ちではなくなり、入社して数ヶ月で辞表を出したと聞いて、ええっ、そんなことがあったのか、と驚いてしまった。まあその後慰留されていろいろあったらしいのだが、その後の経緯は省略する。

私だって本当は、数ヶ月で辞表を出したかったのだが、いくらなんでもと、とりあえず2年以上も我慢したのだった。なので、へぇ、Hさんてそんなキャラだったっけ、と意外の念にかられた。

で、改めて話してみると、その日飲んだ、将棋部関係の三人は、上司や会社組織に筋を通そうとする、という意味で、かなり似ていることに改めて気づいた。三人の中で一番おとなしそうで、虫も殺さないような私でさえ、勤務していた会社のニューヨーク本社に乗り込んで、副社長に直訴した、という武勇伝?、デンデンデデンデンがある。まあ、返り討ちに遭ったのだが。

で、三人の共通点というのは将棋だから、将棋を趣味とする者は、どうしても目の前の不正やだらしないことを看過できないのかな、と酔った頭で問題提起したら、別の極めて個性の強い、とても俗物のような元将棋部員の例を出されて、そうとは限らないだろ、と説得されたので、まあ、と一応は引き下がった。

で、飲み会の帰路でいろいろ考えたのだが、会社の間違ったやり方に黙っていられない傾向をかりに対抗的メンタリティと呼ぶことにすると、将棋をメインの趣味とするような人は比較的対抗的メンタリティが強いと一般的にはいえるけど、それは将棋とは限らないと改めて思ったのは、私が外資系の会社を辞めたとき、一緒に上司に対抗した、私を含む三人の仲間である。そのときの仲間には、大学将棋部の仲間と同じくらいいまでも連帯感を感じるのであり、すると、将棋というのは対抗的メンタリティの一種にすぎない、ということになる。

いろいろ考えて、どういう人が対抗的メンタリティになりやすいのはどうしても一般化できないので、せめてその属性を、以下のとおりいくつか記述しておくにとどめる。

  1. まず、ほとんど定義的なのだが、要するに、不正や不公平を看過できないで、行動を以て対抗しようとする。
  2. 自分の損得は人間なのでもちろん気になる。地位はともかく給料は多い方がいいに決まっている。しかし、上司や会社に反抗するとき、あまり損得にはこだわらない。勢いで損するのも仕方ないと覚悟している。
  3. 普段から真面目に働く社員で、周囲の評判は悪くなく、人脈もそれなりにある。しかし、人脈をあまり、自分を有利にするために使おうとしない。
  4. 人脈よりもスキルと思っている節がある。なので日々の研鑚は怠らない。
  5. 私は例えば、資格や高学歴があらざれば人にあらずと高慢で、業務担当の女性や派遣社員を差別して平気でこき使うような人達がいるのを知っている。しかし、対抗的メンタリティの人は、仮令どんな立派な学歴でも資格をもっていても、基本的に部下や目下の人に威張らないし、親切である。差別意識をあまりもたない。
  6. 対抗的メンタリティは、なるべく自分でできることは自分でやっていこうとする。依存することを潔しとしない。例えば、将棋の佐藤康光九段は、確か棋士会会長だったが、決して会長の権限をふりかざないで、独力でできる範囲は独力でやるので大変なようだった。私もまあ、似たようなメンタリティである。

私自身が対抗的メンタリティなので、身贔屓で美化しすぎている、という批判もあろう。しかし、美化を正当化したいのは、対抗的メンタリティだと確実に会社や社会で割を食う。能力の割には冷遇される、ということがある。また、とてもワークロードが重い。基本的に会社に有用な人材だと信じる。すなわち、それなりの覚悟がなければ対抗的メンタリティは貫けない。

あと、誤解なきよう付け加えると、対抗的メンタリティというと、いかにもクレーマーのようであるが、基本的には普通に紳士で、激することはまずない。DVなんてとんでもない、寧ろ恐妻家だったりする。ところが、目上の人の言動があまりにも限度を超えた時だけ、緊急避難的に、伝家の宝刀のごとく、自分の損得も顧みず抗議するのが、対抗的メンタリティなのである。正義感が強すぎるだけだともいえる。

ただ、北朝鮮や旧ソ連、あるいはロシアのような状況ではどうだろう。もし対抗的メンタリティを通すことが死を意味するなら、少なくとも私は、アンナ・ポリトコフスカヤのようにはなれない。なんだ、私は結局は意気地なしなのだった。

イラン人

user-pic
0

前にも言ったように、私は数学セミナーやTIMEなど、ちょっと気が重くなるような内容の雑誌を購読していて、すぐに読めないので、部屋の隅に積んである。そして気が向いたら少し前のを読んだり、あるいはそのまま捨ててしまうこともよくある。

ところが、なぜか目に付くところに置いてあるTIMEがあって、それは2015年11月16日号である。そのカバータイトルは、"Iran 2025, How its next decade will change the world"であるが私はなぜかカバーの写真に注目してしまう。カバーの写真は、イランの女性なのだが、もしかして高校生くらいの歳ではないのだろうか。そのあまりにエキゾチックな容姿は特に私の注意を引かなかったが、毎日みているうちに、その瞳に吸い込まれそうになってきた。

そんなとき、ウェブで、岩崎葉子著、「『個人主義』大国イラン」平凡社新書というのがベストセラーだと知った。そこで会社の昼休みの時間に、駅の向こうの啓文堂までいって、店員に聞いたら、パソコンで検索してくれて、一冊だけあります、という。その店員と新書コーナーに行ったのだが、どうしてもみつからない。店員が申し分けそうな顔をしているので、そのまま何も買わないで会社に戻った。

それから2週間後くらいに、別の本を買いに啓文堂に行ったとき、やはりないよね、と期待せずに新書コーナーにいったら、今度はちゃんとあった。そして待望ですぐに読み始めた。

さて、著者の岩崎葉子氏は東京外語大のペルシャ語科を卒業して、現在は日本貿易振興機構アジア経済センターに勤務する。ペルシャ語も駆使できるのだが、なぜか経済学の博士号をもつ。そして、テヘランに滞在して、語学力を活かしてフィールドワークによりペルシャのアパレル産業の流通機構を研究している。この本はそういう体験をもとに書かれたものである。

イランというと伝統が活きている国で、京都がそうであるように排他的なイメージがある。ところが、岩崎氏によると、イランの社会は意外に外国人の参入障壁は低いという。もっと意外なのは、イラン人は基本的に群れない。すなわち一人一人が徹底した個人主義で、もし会社に勤務していても、あまり帰属意識をもたない。

要するに、組織的な行動が苦手なのだが、一方で、仲良くなると、まるで韓国の社会のように、プライバシーを平気で披露しあう。そうやって互いに頼り合う。そういう社会では、相手に面倒をかけるより、無沙汰の方が非礼なのだという。

そのプライバシーがないということと、個人主義ということがどうしても私の頭の中でむすびつかなくて、この本を読みながらしばし考え込んでしまった。

要するに、個人個人がばらばらに動いているようでいて、作ったコネは最大限に利用する、ということのようである。そのために日々、いろいろな人々と雑談することが欠かせない。

また、参入障壁が低いということは、イラン人たちは、大したスキルなく、特定の職業に平気で参入してくる。なので、岩崎氏が住まいのマンションの配管工を呼んだとしても、相当運が良くないとまともな配管工はやってこない。そこでかりに使えない配管工だったとしても、特にがっかりしないのがイラン流だという。

しかし、岩崎氏がみているのは、イランの一面にすぎないのではないか、という感も拭えない。そもそもこんな国民ばかりだと原発も核兵器もつくれない。米国に対抗できるわけもない。なので、別の一面をもつ一群の人達がイランの中枢を仕切っているという感じが捨てきれない。

ともかく、こんなやり方だが、イラン人は強かで、複数の仕事を掛け持ちしてリスクをヘッジし、儲かると思えば平気で中国にも出かけていく。日本に出稼ぎに行く者もいたという。ここらあたり、あまり好ましくない犯罪集団としてイラン人が新宿鮫で登場していたのも確かである。

ともかく、この本によって、イラン人というのが私の知らない国民性で、まさに"How its next decade will change the world"に相応しい民族であると知った次第である。

このアーカイブについて

このページには、2016年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年1月です。

次のアーカイブは2016年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。