2016年3月アーカイブ

前に書いた週刊将棋の休刊であるが、ついにその日がやってきた。今最終号を手にしてちょっと感慨に耽っている。まあでも、中島みゆきの歌にあるように、♪別れはいつもついてくる♪なのであって、仕方がない。人生の自明な公理であるが、別れのない出会いはないのである。

一面をみていて、「週刊将棋、32年間欠かさず読んでいました。今までありがとう!」という誰かのメッセージが掲載されていたが、私はというと、基本的に週刊将棋は駅買いでなく、宅配だった。それで、週刊将棋が創刊されてから5回転居したとき、その都度新聞は新たに販売店にオーダーし、ついでに週刊将棋も購読申込みしたので、転居のタイミングで数号missingだったかもしれない。でも、それをあまり残念に思った記憶がないので、そんなに熱烈な読者ではなかったのかもしれない。

しかし、週刊将棋が休刊になると、やはり残念なのは、この一週間の将棋界の動きを、棋譜や局面図付きで眺めることができないことである。ジャーナリスティックな面もある私は、つねに、棋界情報を取り入りてアップデートしておきたいという願望がある。それはもちろん、将棋連盟のホームページを眺めていけば済むといえばそうなのだが、それにはあちこちのリンクを開いたりする必要があり、紙面で一覧できることに優るものはない。

そして、週刊将棋を開くと、詰将棋や次の一手の問題が必ずあるのも棋力維持に有難かった。ところが、会社で管理職になってからだろうか、仕事が異様に多忙になり、思考の帯域が極端に狭まってしまった。その結果、簡単な詰将棋や次の一手の問題も解けなくなり、一方で週刊将棋の問題くらい解けなくてどうする、と叱咤する自分もいて、正直いって週刊将棋を読むのがプレッシャになった時期もあった。そして、真の意味で週刊将棋を読むのを楽しめるようになったのは、勤務していた外資系を辞めた2年前くらいである。どうも、精神力のリソースが潤沢でない私は、管理職を降りても、明細書書きなどの特許実務も結構負担だったようである。そのときの名残りで、週刊将棋の休刊を残念に思う一方で、ちょっとほっとしている自分がいるのも確かである。

さて、週刊将棋休刊による情報不足を補うのは、やはり将棋世界を購読するよりないのかな、と思ったりする。

そういえば、将棋世界で思い出したのだが、最近の私は書店に行くと、必ず囲碁・将棋の棋書コーナーにも行ってみるのだが、そこで気づくのは、将棋の本が囲碁の本の倍くらいあることである。私の記憶が正しければ、数年前は、明らかに囲碁の本の方が多かった。ところが、将棋の方は、特に若手棋士が、角交換四間飛車、ごきげん中飛車、横歩取りなど似たようなテーマで、重複も厭わずどんどん本を書いている。そんなに出して売れるのだろうかと怪訝になるのだが、マイナビなどの棋書出版社は売れない本を出版して赤字を垂れ流すようなことはしないはずで、すると出せば売れるみたいな見込があるのだろう。しかし、そのことと、週刊将棋が休刊になることと矛盾していないか、みたいな思いに捉われてしまった。もしかして、今の若い人は、週刊将棋で得られるような情報はネットで調べて満足し、しかし一歩踏み込んだ最新定跡のところは、棋書を買うという構造なのだろうか、と考えてしまった。

一方、将棋の本と比べて、囲碁の本は明らかにバリエーションを欠き、将棋の角交換四間飛車やごきげん中飛車の本に匹敵するような最新布石や定石をカバーした本があまり多くない。なのに、週刊碁は休刊にならない。どういうことだろう、と考えて分からなくなるのだった。

ある休日に散歩していて、たまたま本屋に行き当たった。じつは、たまたまというのは嘘であって、何度もいうように、私は散歩コースには必ず本屋を経由するようにしている。そして特別な理由、例えばトイレに行きたいので帰路を急ぐなど、がない限り、必ず本屋に立ち寄る。

そうやって、文教堂の中の新書コーナーを眺めていると、林成之著、「脳に悪い7つの習慣」幻冬舎新書をみかけた。そして、先日の日本棋院のホームページのあるブログにあった記事を思い出した。すなわち、林成之という脳の専門の医師で、日大医学部の教授の方がいて、囲碁のナショナルチームの合宿での講演を依頼したのだという。えっ、なんで囲碁のナショナルチームに、と思って記事を読んでいくと、なんでも北京オリンピックのときに、林教授は、競泳日本代表チームのアドバイスを依頼され、勝つための脳、すなわち勝負脳という観点でアドバイスして競泳日本代表チームが好成績を収めることに貢献したのだという。

それでとりあえず「脳に悪い7つの習慣」幻冬舎新書を買ったのだが、軽い本なので、一気に読んでしまった。以下は私なりの要約というか感想である。

そこでまず、脳に悪い7つの習慣を書き下してみる。

  1. 「興味がない」と物事を避けることが多い
  2. 「嫌だ」「疲れた」とグチを言う
  3. 言われたことをコツコツやる
  4. 常に効率を考えている
  5. やりたくないのに、我慢して勉強する
  6. スポーツや絵などの趣味がない
  7. めったに人をほめない

この著者は、これが脳に悪い習慣というけど、相当に説明が必要なのではないだろうか。

まず、「興味がない」と物事を避けることが多い、であるが、確かに私は、興味というのは貴重なリソースだと思っていて、文学、科学、工学、時事問題など、なるべく興味をもつようにしているのだが、それはある意味私が万事アマチュアだから、という側面もある。研究者や学者だと、専門に対する鋭い関心と、非専門に対する鋭い無関心の組み合わせになるのも仕方ないのではないだろうか。ただ、著者は、この文脈で「自分さえよければいい」と思わないで、他人の役に立ちたいと思うことが脳の能力を引き出すというのだが、それは確かにそういう面はある。著者はまた、脳はつながりたがっているというのも確かにそうで、私は絶対に孤立することは嫌であるが、一方で、喧騒から離れて孤独になりたいというのも大脳前頭葉の性質であると、なにかの本で読んだことがある。

「嫌だ」「疲れた」とグチを言う、であるが、確かにあまりグチをいうのがいいことだと思わないが、グチをいってストレスを解消する面もあるというか、それが人間らしいのではないか。なんでも程度問題で、グチさえいえない環境というのはぞっとする。

言われたことをコツコツやる、というのも仕事ではそうせざるをえない状況があるわけで、それを嫌がっていたら、サラリーマンはできない。著者がいいたいことは、言われたままやらなくて、自分で工夫せよ、ということであろう。野球の野村元監督などもよく言われているところである。しかし、著者は、全力投球と「コツコツ」は別物というが、それは独特の日本語の解釈なのではあるまいか。コツコツと全力投球する、はありえると思う。

常に効率を考えている、というのは私はある意味これは分かる。というのは、自分がそうだからである。今まで仕事を効率化しようとして沢山ツールをつくってきたし、日々、特許調査の仕事を効率化するにはどうするかいつも考えている。私にいわせれば、どうやって効率化するか考えることはかなり脳を駆使して、脳に悪いとは思わない。むしろ、脳によくないかもしれないのは、効率化した後の状態である。コンピュータが一気にやってくれるなら、脳は楽をして安住してしまう。なので非効率に、あるいは繰り返し延々と考えるという側面は常に必要である。

やりたくないのに、我慢して勉強する、というのは私は苦笑するよりない。じっさい、やりたくないのに、我慢して勉強すると、興味のリソースを失うという、世間では到底受け入れられない理由で私は、面倒な資格勉強を避けてきた。到底それがよかったとは思わない。むしろ、勉強のための忍耐力、退屈力は、人生の成功のために必須要件だろう。人生で特に成功してない私がいうと説得力がある?

スポーツや絵などの趣味がない、というのはまさにいけないことは分かっているのだが、スポーツはまるで駄目で、絵画の能力で述べたように、そちらの才能も全く駄目の私は苦笑するよりない。そういえば、手順前後で言及したTさんは、典型的な絵画というかデザイン人間で、しかもスポーツ大好きというタイプだった。なので、私の若干のアプローチにも拘わらず、Tさんと私があまり接近しなかったのは、向こうが、タイプがあまりにも違いすぎる私を敬遠したのだろう。私の限られた観察では、夫婦というのは、相補的であるよりも類似的であるほうがうまくいくことが多いと思う。手順前後が起きたのは一種の心理的錯覚のようなものだろう。普通なら単に見送る。なお、仕事の関係なら、プライベートにあまり立ち入らなければ、相補的に協業することは大きな成果を出せることがある。

めったに人をほめない、に関しては、私は対抗的メンタリティといいつつ、日常的にはあまり辛口ではないので、いい点をみつけて褒めることは少なくない。管理職のときも、部下は、欠点を補うより、長所を伸ばしてほしいと思っていた。例えば、外資系だったので、英語のスキルが昇進の条件だったりしたが、英語ができる人が10人いて、11人目が増えるよりも、他にない経理センスがあったり、コンピュータ・システム管理感覚がある人材がいた方が組織は活性化すると、思っていたし、いまでもそう思っている。ただ、それで昇進できないというのは申し訳ない。

ただ、この本は当然だが、よく読むといいことも書いてあるのであって、例えば、これでもういいと満足したり、やっても無理と決めつけると、脳がそこでストップしてしまう、というのがあり、そんなの駄目でしょう、と判断しがちの私は、改めてその点を認識しなければ、と思った。そういえば、外資系にいた頃、私と相性の悪い上司が、私に、こういう仕組みを作れと指示して、それはコンピュータのツールと部内の仕事の仕組み改善の組み合わせだったが、私の常識で判断して、そんなのできっこない、無理ですよと強行に反対したことがあった。ところが上司が折れないので渋々やってみたら、いい方法が浮かんで案外簡単に実装できたという経験が少なくとも複数回あった。なので、どうも私に、足枷ならぬ、脳枷を自分でつけてしまう悪癖があるのは確かなようである。

老化現象

user-pic
0

最近、ふと思うことがあって、老化現象という記事を書こうと思って、グーグルで検索してみたら、約3年前に同名の記事を書いていた。これを読み直してみて、笑ってしまうのは、そのときは老いということがなんとなくまだ他人行儀というか、他人事のようである。

そもそも、その記事を書いたのは、リストラを宣言される直前で、普通に定年までいられるとのんきに思っていたのだから、笑える。こう書いて改めて分かったのは、私は、ナルシスティックなところの反面、自分自身に対して自分を突き放しているところがある。これはもしかして、大学時代にスチューデント・アパシーという名の一種のノイローゼに陥っていた時、「私の心は私のもの?」と悩んでいた名残なのだろう。ただ、自分を突き放すならもっと堂々と生きればいいのに、日々くよくよしているのはどういうわけなのだろう。

で、老化現象の話に戻る。さいきんかなりはっきりと老いを感じたのは、たった数枚の紙をホッチキスで留めたときである。たしかに紙が10枚くらいだと、ホッチキスの針が通り切れないことがある。たった数枚ならそういう惧れはないのだが、留めてみて愕然としたのは、ホッチキスの針がうまく折れ曲がらなくて、ほとんどコの字のままなのだった。

一度だけならたまたまということがあるが、何度やってもうまくホッチキスが留まらない。で、気合いをこめて力いっぱいホッチキスを押し付けたら、やっと留まった。こんなことは今までなかったのでショックだった。

それで、ある一般的な法則が頭をよぎった。それは、体のどんな機能も、特に私くらいの歳になると、使わないとどんどん低下する一方、ということである。

私は去年の夏くらいから、なるべくエレベータは乗らないようにして、会社の6階のオフィスも、階段で上がり降りするようにした。最初は息が切れていたが、今では平気になった。また、土日は、一日少なくとも1時間は歩くことにした。結果、去年の夏から比べて、かなり脚力がついた。もちろん、山登りが趣味の人とかと比べると、二枚落ちの手合いで劣るので話にならないが、あくまでも健康のためである。

また、頭は一応、将棋、囲碁、数学、その他の読書など、とそれなりに使っているつもりである。

ところが、腕の力となると、それこそ、パソコンのキーボードを打つか、ボールペンをもつくらいであり、そういうヤワな使い方が積み重なって、決定的に腕力が低下したのだろう。

そこで、今更であるが、昔買った握力強化用の道具とか、バネを折り曲げる形式の道具とか、腕力強化のツールを使って鍛え始めた。すると、以前よりホッチキスの失敗が減った。

しかし、使っていないのは腕力だけではない。腹筋も背筋もそうである。するとスポーツクラブに行くかということになるが、どうもそれは気が進まない。

実は私は、肉体はまあ多少貧困でも、健康レベルが維持できればいいやと開き直っているところがあるが、じつは頭だって、かなり偏っている。すなわち、昔勉強したことの復習というところが完全に疎かになっている。例えば、力学で、ラグランジアンを導出したやり方に昔は感動したものだったが、ちょっとでも憶えているだろうか、I have no idea.である。

で、復讐戦略じゃなかった、復習戦略をどう建てるか、最近悩んでいる次第である。老後を豊か(もちろん経済的にという意味ではない)にする復習戦略となると、なかなか難しいのであった。

教場

user-pic
0

昔から私にとって本屋というのはデフォールトで古本屋であり、普通の本屋は新刊本屋と呼ぶのだが、そういう呼び方はあくまでも自分の都合である。ともかく例によって新刊本屋、この場合は、小田急相模原駅前の啓文堂なのだが、にいってみたところ、長岡弘樹の「教場」小学館文庫というのが、平積みになっていた。

おお、長岡弘樹か、と内心でつぶやいたのは、去年に傍聞きという独特の短編集を読んで、言い方は変かもしれないが、面白いというよりも、独特の趣向が気に入った。なので、私が「教場」を見る目はそれなりにポジティブだった。

ただ、帯の横山秀夫の賛辞は、わざとらしくてどうも戴けない。まあいいや四の五のと言っている間に買って帰ろうと、レジにもって行った。

「教場」にもまた長岡弘樹の独特の工夫が盛り込まれているのであって、それは、警察学校を舞台にした小説なのだった。そういえば、私の知り合いで警察官はいないが、家人の知り合いの親戚で、警察官がいて、その人がいうには、警察学校というのは厳しくて、ほとんど半数が卒業できないで退学処分または自主退学するのだという。

それを聞いてええっ、と思ったが、確かに警察の仕事というのは怪我をしたり、最悪殉職することもあるわけで大変で、適性が必要なので、それくらい篩にかけられても仕方ないか、と納得した。そして、交番の警官をみる目が、やや尊敬を帯びるようになった。

そして、「教場」でも警察学校の大変さが描かれる。「教場」は短編集で、「職質」、「牢問」、「蟻穴」、「調達」、「異物」、「背水」の六篇からなる。

「職質」では、最初の受け持ち教官の植松が体調を崩して休職するとの入れ替わりに、風間係長が受け持ち教官になる。風間は、一見大人しくて怒鳴ったりめったにしないし、細かい規則で縛ったりもしないが、決して油断ならない。なぜなら、生徒の一人をスパイのように使って情報収集したり、自らの警察スキルを駆使して、生徒たちに介在していく。そして最初に職質の実技指導では、とても意地悪な対応をして生徒を困らせる。一方で、警察官志望という生徒は個性が強く一筋縄でいかない者が多く、相互に猜疑心がぶつかったりする。喧嘩馴れしている者も多い。

「牢問」は、ある女子生徒が、別の女子生徒に恨みを抱き、半端ない仕打ちをする。警察官志望ともなると、やることに根性が入っていて、受けて立つ者もなかなかである。そんな邪を見過ごすわけにはいかないので、風間はなんとかことを収めようとする。

「蟻穴」は、ある生徒の対応が、別の生徒の懲罰を引き起こし、別の生徒が教官からしごかれたという話である。別の生徒は、その後何気ない様子だったが、しっかりある生徒に対する復讐を用意していた。どうも警察学校の復讐は、まるで少年院のように陰惨である。

「調達」は、ある生徒が、ある警官が覚醒剤を入手するのに加担していた話。それはあまりに巧妙なので、誰も気づかないかに思えたのだが、風間は次第に事実を把握していった。当然に生徒は退学処分である。

「異物」は、蜂を異様に恐れる生徒の話。そのことで、その生徒は決定的な失敗をしてしまうのだが、風間は意外にもその生徒を見込んで、さらなる試練を課す。

「背水」は、卒業を控えて浮足立つ生徒たちの話。開示される卒業文集の一々に、生徒の建前と本音が沁み出る。しかし、警察学校というところはおそろしいところで、日記であれ、いかなる文章にも虚偽を書いてはいけない。ばれたら即退学である。ともかく、ほとんどの生徒は退学すれすれの試練に出会って満身創痍なのだが、ずっと順風漫歩の優等生もなかにはいる。しかし、風間はそういう優等生こそが警察に向かないと喝破して、さらなる試練を課す。

読み終えて、いやあ警察学校というのは大変なところだと改めて感じた。職質、交番勤務、交通取り締まり、怪我人対応、銃の取り扱い、剣道、武道などの厳しい実地訓練があるだけでなく、刑法、刑訴法、警察法などの勉強もしなくてはならない。

まあ、それもそのはずで、国家権力の一部を担うのだから、それくらいの覚悟と試練は必要だろう。この小説は多少の誇張はあるだろうが、警察学校の雰囲気を良く出せている、なかなかの小説だと感じた次第である。

選好

user-pic
0

朝起きたら唐突に、選好という言葉が頭に浮かび、手許の岩波国語辞典をみてみたらなぜか載っていなくて、グーグル検索してみたら、経済学で使われる用語らしくて、「ミクロ経済学の一部をなす消費者行動理論や意思決定理論において、個々の経済主体の嗜好(好み)は選択肢の集合上の順序関係として定式化される」のだそうである。

でも私は、単に他のことよりもあることを選ぶ、みたいな、もっと単純な意味で考えていた。そして、自分の選好のスペクトルはなんで全く鋭さがなく、のぺっ、と広がっているのだろう、と人生を振り返ってみた。

そういえば中学のとき、突然ラジオに興味をもち、どこからか部品を買ってきて、鉱石ラジオを組み立て、放送が受信できるのを喜んだ。それで高校受験が控えているというのに、雑誌でみた五球スーパーラジオキットというのが欲しくなり、なんと当時4000円もしたのだが、母にねだった。すると当時我が家は貧乏だったのだが、勉強頑張るからという単なる言い訳に、渋々母は4000円を捻出してくれた。当時の家計では清水の舞台だったろう。

それがうまく作れたときの感激は今も忘れない。なにしろ不器用なので、半田ごてで指を何度も焼きながら、また感電しながら、満身創痍だった。はっきりいってそれで受験勉強は疎かになったが、普通の県立高校なのでなんとか受かった。落ちていたら大目玉だった。

そのとき私の志望は、電子工学だった。なぜか志望校は、兵庫県立の姫路工大だった。いまにして思えば、姫路工大であってもそうでなくてもよかったのだが、電子工学という志望は変えないでおけばよかった。今更後悔する。というのは、先日、会社の上司と二人で出張に行った。私はあまり親しくない人に対しては寡黙になってしまうのだが、その上司とは意外に気が合うのでいろいろ雑談した。その上司は阪大電子工学科出身で、就職はもう本当により取り見取りだったという。そうですか、と自分が就職で苦労したことを思い出した。

単に格好よさそうという理由で物理学科にしたのだが、物理学科で成功するには半端ない才能を要する。さもなければ高校の教師になるくらいしかない。そういう意味では電子工学なら、なんとかエンジニアになれたと思うし、就職も、今の上司ほどではないにしても、恵まれていただろう。

それで就職ではふてくされて、会社案内の本をえいやっと開いて、とりあえずそこに電話してみたら、履歴書を送りなさいというので、送った。スイッチとコネクタのメーカで、どうみても魅力的には感じられなかった。そこ頃は人生を半分投げていて、しかしどうして投げる必然性があったのかも分からない。

そのメーカに入ったら、研究部門に配属してもらえるかと思ったら、なんと仕事は特許だった。それがショックで、一旦投げた人生を抱えてもう一度背負い投げくらわしたくなった。

そしてふてくされついでに、当時関西のアマチュア将棋の総本山みたいだった京橋の正棋会というところに通った。すると最初はちょっと勝てたのだが、やはり私の将棋の才能では限界があり、やがて頭打ちになった。

それで暇つぶしに府立の図書館に行ったら、ディラックの一般相対性理論の本というが目に付き、それを読んでいたら、テンソルの記号に魅せられ、物理というよりも数学に関心が向かった。のちの一般相対論オタクは、このときの名残りである。

このように、私は若い頃からずっと、気まぐれでランダマイズされた選好に翻弄され続けている。

そんな私だが、友人関係ではなぜか少数だが、数十年続いている友人がいる。また、ほとんど気紛れで見合い結婚して、果たして続くのかと何度も危惧したが、とりあえず今のところは離婚しないで続けている。

それで感じるのは、私の心の中の選好を司る部分は、明らかに私がオーナーシップをもたない。ブログラムでいうと、マルウェアかもしれない外部ルーチンを呼び出しているだけである。もしかしたらマルウェアでないかなと推定するのは、とりあえず私は破滅していない。成功していないのは、なにかの修行なのだろう。

サイコパス

user-pic
0

ある休日、テレビで囲碁・将棋番組を観るのに倦んで、あてもなく散歩に出かけた。あてもなくといいつつ、散歩の経路には必ず本屋が含まれているのであって、この日は文教堂だった。

その文教堂で買う本といえば、特許のクレーム記法のマーカッシュ形式によると、将棋、囲碁、小説及び新書からなるグループから選ばれた少なくとも1つの本、ということになるのだが、その日は、その請求項に微妙に該当しない本が目に付いた。それは、マーサ・スタウト著、「良心をもたない人たち」、木村博江訳、草思社文庫である。

結局、少し考えて、この本だけを買って帰った。そして、いつか読もうと一旦積読コーナーに置いたのだが、とりあえず目次だけでもと眺めていたら、一気にこの本の世界に引き込まれてしまった。

良心をもたない人たちは、サイコパス(精神病質)とも呼ばれる。すると、ちょっと強迫神経症的なところがある私もサイコパスに該当してしまうのかとふと思ったが、ここでは、ある種の倫理観が本質的に欠如してしまった人をそう呼ぶようである。なので、以下の記述もその定義に従う。たんなる自認にすぎないが、私はとりあえず最低限の良心と責任感はあるものと思っているので、サイコパスでないということにしておく。

ともかく、以下私の理解した範囲で、この本を要約するとともに、場合により私の実体験も盛り込む。

さて、サイコパスというと、人を殺しても平気のような、反社会的性格のように思われていたりするが、多くのサイコパスは、案外普通に生活している。なにしろ、人間の25人に1人はサイコパスだというのだから、もし1万人の規模の会社ならなんと400人もいる。これはかなり多い。

それでは、サイコパスはどのような特質をもつのだろうか。以下、この本に従い、列挙してみる。

  1. 人間なら誰でも、自分勝手だったり、怠惰だったり、不道徳な行為をしてしまうことはあろう。そして、その後、しまったとか、申し訳ないとか恥や罪悪感を多少なりとも感じるのが普通である。しかし、サイコパスの人は、そういうことがあっても、ほとんどあるいは全く恥や罪悪感を感じない。
  2. 他人と共感する能力を決定的に欠く。
  3. 自分の下した判断にも、その結果にも一切責任をもとうとしない。
  4. 根拠なく、他の人より自分が優れていると考えたがる。
  5. 自分を魅力的にみせるすべを知っている。
  6. 外見や、ちょっと付き合っただけでは、サイコパスであることが分らない。なので、サイコパスの人と付き合って、最初おかしいと思っても、善良な人は自分の方に問題があるのでは、と考えたりする。
  7. しばしば、強烈なカリスマをもち、他人を操ることができる。
  8. 周囲にいる人の中から、利用しやすい人を見つけるのが巧みである。
  9. 善良な人達の同情心に訴える傾向がある。
  10. 周囲の人を煽るのが得意である。
  11. 他人の安全を全く考えない。他人が疲れていようが、何か事情を抱えていようが関知しない。
  12. 地道な努力や、長時間の労働が苦手だったりする。
  13. 組織的に計画された仕事が嫌いである。なぜなら、自分勝手なルールでやりたいからである。
  14. 知能が高い場合、冷酷な企業戦士となって著しく昇進するパターンがありえる。
  15. 戦争などで、相手を殺すことに罪悪感を感じないので、しばしば優秀な戦士になりえる。
  16. あまり知能が高くないサイコパスは、働かないでパラサイトに陥ったりする。しかし、性的魅力が高く、頼る異性を見つけることに苦労しなかったりする。なので、愛想を尽かされたら、別の相手を容易に見つける。
  17. 他人と共感することで得られる楽しみがないので、いつも強烈に退屈している。なので、いつも刺激を求めている。例えば、あまり必然性がないのに、外部の団体の役員に名を連ね、懸命に会議や宴会に顔を出したりする。

これで尽きているわけではないが、きりがないので、これくらいにしておく。それでは人間はどういう原因で、サイコパスになるのだろうか。私は、親の影響に書いたようなことから、サイコパスも家庭環境の影響かと思っていたら、それもあるにしても必ずしもそれだけではないようで、遺伝的な要因もあるらしい。そして、人格障害がそうであるように、サイコパスは治癒することはありえないという。

あと、この本には書かれていないが、私は、世の中にはサイコパスのクラン、あるいはネットワークといえるものも存在するのではないかと思う。例えば、何かのきっかけでサイコパスの人がある会社の責任ある地位に就いたとしよう。それは、サイコパスがある程度優秀であれば、十分ありえることである。なにしろサイコパスはとても人格的に魅力的にみえる。そして、一旦そういう人が地位に就くと、人事権を駆使して、自分の側近をサイコパスの人達で固めていく。なにしろ、25人に1人がそうなのだから、人選に苦労することはない。おそらく、サイコパスの人は、蛇の道は蛇で、サイコパスの人を直観的に見分けることができるのだろう。すると、サイコパスの人が他人と共感できないというのは正しくなくて、単に、サイコパスでない人達は波長が違うので、共感のプロトコルが違い交信できないだけ、という可能性もなくはない。ともかく、サイコパスのクランができあかると、相当恐ろしいことになる。どうなるかは想像に任せる。

さて、サイコパスを見分けるにはどうするかというと、相手の地位、学歴、肩書き、容姿などを離れて、おかしいと思う自分の直観に従うことが一番重要だと思う。私は必ずしも人を見る目がないので、とりあえずサイコパスの人をつい立派な人格者であると見誤ったりしてきた。しかし、しばらく付き合うと、異様な仕事を課されたり、裏切られたりして、痛い目にあった。そんな経験が重なると、学習により、流石に次第に短時間でサイコパスを見分けられるようになる。じつは私は、もともと自分が神経症的なところがあるせいか、精神的に異常な人に感応する、いわゆるプレコックス感が比較的強い。

しかし、見分けられても、サイコパスを教育によりまともな人間に矯正しようとしてはいけない。それは、岩に向かって生卵をぶつけるような行為である。壮絶な無駄に終わる。無駄どころか、返り討ちにあって酷い目にあう。

すると、サイコパスの人に支配されそうになったら、ひたすら逃げるよりない、ということになる。会社だったら、他部門へ異動を申し出るか、他社への転職である。私は、以前の勤務先で、かなり早い段階から、こんな部門は逃げ出すよりないと実務能力を高めるように努力してきた。しかし、世間はなかなか厳しく、思うような転職先はなかなかなかった。なので、必死の思いで耐えていたのだが、それでも某独裁国家のように粛清されなかっただけでもましかもしれない。

私は神に問いたい、なぜ4%ものサイコパスを世間に配備したのかと。彼らは放埓を恣にして、それでいて罰を受けるよりむしろ繁栄しているように見えるのはなぜか、と。もちろん神は答えない。

税金

user-pic
0

井山六冠が、十段戦で2連勝をして、ついに七冠に王手をかけた。以下、日本棋院のホームページから引用する。

伊田篤史十段に井山裕太棋聖が挑戦する森ビル杯第54期十段戦挑戦手合五番勝負(主催:産経新聞社)が3月23日(水)、三重県湯の山温泉の「湯元 グリーンホテル」で行われた。
結果は井山が251手まで黒番中押し勝ちをおさめ七冠まであと1勝とした。終局は17時45分、持時間3時間のうち残り時間は両者ともに2分だった。
第3局は4月14日(木)に長野県大町市「くろよんロイヤルホテル」で行われる。

伊田十段は、剛力の棋士であるが、今の日本で井山六冠に三連勝できる棋士はいないはずで、するとほぼ七冠は決まったようなものである。

そんな井山六冠も流石に常勝ではなく、先日のNHK杯で、河野臨九段に敗れてしまった。それだけではない、井山六冠は棋戦優勝者選手権戦で、許家元三段に敗れた。去年は井山は棋戦優勝者選手権戦もきっちり優勝したので、今年はどうしたのだろう、と思ったら、ああ、と私は悟った。これは井山が七冠になるための税金なんだ、と。

そう、美輪明宏も指摘するように、人生にはプラス・マイナスの法則というものがあり、何かを得るためには何かを失わなくてはならない、という法則に則って、井山が税金を払ったのだった。

それにしても、と私が苦笑するのは、七冠という大記録を得るにしては、たったNHK杯と、棋戦優勝者選手権戦で負けるだけなんて、バランスが取れなさすぎるのではないかと考えたからである。

きっとこういうのを逆累進課税というのだろう。すなわち、勝負の世界では、金持ちほどわずかな税金を払うだけで済む。

一方、将棋界では、羽生にとって、王将戦で郷田に防衛されたのが払った税金で、そのせいで名人位は安泰だ、ということらしいが、それにしても、井山と比べて、払った税金が高すぎる。このあたりどうしても羽生よりも井山の方が勢いがある、といえる。まあ、若さということもある。

折角なので、王将戦で、羽生が郷田に負けた将棋を、自分のブログへのリンクで以下に示す。

これをみて戴くと分かるように、いかにも、税金なんだから払えばいいんだろ、と負けているという雰囲気を感じてしまうのは私だけだろうか(流石に私だけだろう)。

そういえば、2013年に森内名人(当時)に、羽生が挑戦したときは、名人戦の直前まで森内はたしか10連敗くらいで、どうなるかと懸念したのだが、なんと4勝1敗で森内の名人防衛となってしまった。これは明らかに、払い過ぎた税金が勝利に貢献した。

そうみると、2014年に四連敗で名人位を失冠した森内は、一般棋戦で好調で、税金の支払いが少なかったので、追徴課税されたのだった。

以上、勝負の世界の当たり前の命題を、トートロジーのように淡々と述べたにすぎない。

頑固

user-pic
0

私は、対抗的メンタリティで述べたような一側面はあるにしても、基本的には意志薄弱で、みんなから軽くみられがちである。べつにそれでいいと開き直っている。しかし、ときどき梃でも動かないような頑固さを発揮する。そのことを思い出したので、ちょっと書いてみる。

外資系に入社して、大学の先輩でもあるYさんの部下になったときは、それは厳しく鍛えられた。一番鍛えられたのは特許の中間処理で、拒絶理由通知に対する意見書と手続補正書の案文を書上げたら、Yさんの席にもっていって置いておく。すると、Yさんは、時間ができたときに私を呼ぶ。そして、席に行くと、意見書や手続補正書の内容を具体的に検討するよりもむしろ、私に本発明と、引用例を技術的に説明させる。

そういう質問がくるのは分かっているので、私なりに理解して席に行っているつもりなのだが、予想もしないところから技術内容を聞かれて、答えられないで困っていると、出直してこいと叱られた。いつもそういうことを何度か繰り返して、やっと放免してもらっていた。

Yさんは口が悪いので、方々で、私のことを、あいつの仕事はいい加減だ、詰めが甘い、みたいに言っていたらしく、私がシニアになってもその影響で、お前は半人前だみたいに言う人がいて困った。少なくとも、そのとき特許明細書に関しては、決していい加減ではないという自負があった。

そんなYさんは、技術を完璧に理解しろが口癖だったのだが、そういいつつ、コンピュータがあまり得意でなかった。しかし、彼は基本的に頭が切れる人だったので、ある技術分野のワールドワイドの特許ポートフォリオ・マネジャをしていた。その仕事ぶりを私があるとき横から眺めていて、手作業で延々とテキスト・エディタで編集しているので、私が、そんなのプログラムなら一瞬ですよ、とアドバイスした。彼はどういうことか分からなかったようで、私がBASICブログラムを使って処理してあげたら、感激された。

そこから、私はYさんの専属の助手のようになり、私のヘルプなしでは、特許ポートフォリオ・マネジャの仕事が支障をきたすようになった。

当時われわれは六本木の本社にいたのだが、大和に開発研究所ができるということで、Yさんはそこの特許の部隊のマネジャとして大和に異動した。私はYさんが上司でなくなってほっとしたのだが、リモートで、特許ポートフォリオ・マネジャのサポートだけはしていた。

ところで、特許の仕事で、内外というか、日本で出願した明細書を英訳して外国に送る仕事がある。そのとき、どのソフトか忘れたが、特定のワードプロセッサを使っていたのが、今後は、WordPerfectというソフトに統一しよう、ということになって、ところが誰も使い方を覚えようとしないので、仕方がないので私が500ページもある英文マニュアルを読破して、なんとかみんなに使い方を説明していたら、大和の特許部隊もWordPerfectの説明をしてほしいというので、仕方なく出かけることにした。内心は、そんなの自分たちで英文マニュアルを読めばいいじゃん、と思っていたのだが。

で、半日かけてWordPerfectの機能を説明したら、大和の特許部隊の人達が、お礼に、と飲み会をセットしてくれた。ところが、気分よく飲んでいたら、酔った勢いでYさんが私に、こんな下らないことをいつまでもやっているんじゃないぞ、という。彼にしてみてば、折角本来特許実務の担当者なんだから、パソコンのような雑用に時間を浪費しないでもっと本業をやれ、と励ましたつもりなのだろうが、私だってやりたくないのに仕方なくWordPerfectの説明に来ただけなので、完全にかちんときた。そして、本来そちらの部門で勉強するところを、要請されてわざわざ親切にやってきた私にそういう言い方があるのか、と反論したら、流石のYさんも黙ってしまった。

そして頭にきて、次の日から私は、Yさんからの特許ポートフォリオ・マネジャ関係の依頼を完全に無視した。もともと私の本来の職分ではなく、ボランティアでサポートしていたものだった。

困り果てたYさんは、沽券に係わるのか、自分で謝るわけにもいかず、女性の部下を使って私に頼んできた。私が女性には弱いことを知っていたからなのだが、それもときと場合による。私は頼みにきた女性に、言いたいことがあったら直接私にいうように伝えて下さい、代理では駄目です、とはっきり言った。

結局、私のコンピュータ・サポートのせいだけでなく、そろそろ見切りをつけたかったのかもしれないが、ほどなくしてYさんは特許ポートフォリオ・マネジャを辞めた。

その後もし組織変更があってYさんの再び部下になったら虐められるだろうな。まあ、そのときはそのときだと開き直った。私は基本的には弱虫なのだが、本当にそうなのかときどき分からなくなる。

ところが、私が間違ってもYさんの部下にはなりえない事態が生じた。なんと、未曾有の大リストラが起きて、Yさんも含む50歳以上のほぼ全員が辞めさせられたのである。

大リストラによって、まだ若輩のGさんが部門長になったのには驚いたが、幸いなことに、私は昔からGさんとは比較的仲が良く、そのせいで私は少し昇進したし、以前よりは有意義に仕事ができるようになった。

そこからまた紆余曲折あるのだが、今更自分で思うのは、私がシニアになってもそこそこ特許実務ができたのはYさんに鍛えられたお蔭であり、あのとき頑固にならないで、もうちょっとコンピュータ・サポートしてあげればよかったかな、ということである。

なぜなら、その後一貫して、ある意味今に至るまで、私は管理職とシスタン、あるいは特許実務屋とシスタンの二刀流できたからである。どうみても、コンピュータのサポートを惜しむというのは私らしくなかったなと、この歳になって苦笑する次第である。

王将戦第6局が終わったかと思ったら、棋王戦第4局が始まった。郷田王将には申し訳ないが、どうしても棋王戦の方が相対的に年齢も若いこともあって盛り上がる。羽生名人が何気に気合いが入っていないように感じたのもある。

さて本局は、天彦が後手であり、渡辺が避けるわけもないので、ほとんど必然的に横歩取りになった。26手まで一気に進める。

【図1】 26手目△7四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲渡辺=歩2
この将棋は、△2四飛とぶつけるのでなくて、△7四歩と突くかたちになった。先手は▲3八銀形である。去年の王座戦第1局も似たような出だしとなった。しかし本譜は、▲3六歩,△7五歩,▲3五歩,△7六歩,▲3七桂,△2七歩,▲2九歩,△7四飛,▲7五歩,△5四飛,▲7六飛,△2四飛,▲3九金と進んだ。

【図2】 40手目△8二歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩



持ち駒:▲渡辺=歩
△8二歩は、ここに角を打たれる隙があるのでやむを得ないのだろう。先手は右側が壁だが、△8二歩も威張れたかたちではない。ここでは五分なのだろう。以下、▲7七桂,△5一角,▲6八銀,△3三桂,▲9六歩,△2三銀,▲9五歩,△1四歩,▲1六歩,△4二玉,▲8五桂と進んだ。こうなっては先手の攻勢で優勢にみえる。

【図3】 52手目△7三桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩



持ち駒:▲渡辺=歩
天彦は、自分の方から△7三桂、と桂馬を捌きにいった。以下、▲7三同桂成,△同角,▲4五桂打,△4一桂,▲7四歩,△6四角,▲3三桂成,△同桂,▲6五桂,△7五歩,▲5六飛,△5二金,▲7三歩成,△同銀,▲同桂成,△同角と進んだ。次に渡辺の強手が出る。

【図4】 69手目▲3三角成まで
持ち駒:△佐藤天彦=桂2歩



持ち駒:▲渡辺=銀桂歩
大技であるが、他でもない渡辺が指すので、自信があるに違いない。ただ、わが激指もこの手が読み筋らしくて、案外これが必然なのかもしれない。以下△同玉に、渡辺はひねって▲3四桂だが、ここは普通に▲4五桂で先手が少しいいのではないか。なぜなら、天彦の△2五桂が好手だったからである。以下、▲4一銀,△3七桂成,▲5二銀成,△2八歩成,▲同歩と進んだ。

【図5】 78手目△5四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=角桂2歩



持ち駒:▲渡辺=金歩2
そして、△5四歩が、天彦らしいセンスがいい受けである。取ると、王手飛車取りの筋に入る。以下、▲7四歩,△6四角,▲5四飛,△6六桂,▲6九玉,△7八桂成,▲同玉,△6六桂と進んだ。

【図6】 87手目▲8八玉まで
持ち駒:△佐藤天彦=角金歩



持ち駒:▲渡辺=金桂歩2
△6六桂に取るとやはり王手飛車取りなので、▲8八玉と逃げるしかなくて、一気に先手玉が裸になった。天彦は詰めろなので、一旦△2六飛と逃げ道を開けたが、渡辺も然るもの、▲2七歩,△同成桂,▲2五歩と逃げ道を封鎖した。△2六飛では△3四銀と桂馬を掃うのも見えるが、それでは負けと読んだのだろう。▲2五歩以下、△4五角,▲6四飛,△同歩,▲5六桂,△7八飛,▲9七玉,△3四銀,▲同歩と進んだ。

【図7】 100手目△3四同玉まで
持ち駒:△佐藤天彦=金桂歩3



持ち駒:▲渡辺=角金銀歩
以下、△3四同玉となって、▲2四金,△3五玉,▲5三角,△4四桂,▲3六歩,△同飛,▲2七銀,△5六飛,▲同歩と進んだ。▲3六歩の焦点の歩が手筋だった。

【図8】 110手目△2七角成まで
持ち駒:△佐藤天彦=金銀桂歩4



持ち駒:▲渡辺=飛銀桂
ともかく天彦は△2七角成と開き直るよりない。以下、渡辺は▲7七桂と飛車の利きを止めた。天彦が△8五桂と懸命に攻め、▲9六玉,△8八飛成,▲3四飛,△4五玉となった。

【図9】 117手目▲6四角成まで
持ち駒:△佐藤天彦=金銀歩4



持ち駒:▲渡辺=銀歩
しかし、▲6四角成となっては後手は受けが難しい。以下、△9九龍,▲8五玉,△8三香,▲7五玉,△9五龍,▲8五銀,△同龍と迫ったが。

【図10】 投了図125手目▲8五同桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=金銀歩5



持ち駒:▲渡辺=飛桂歩2
▲8五同桂とされて、先手玉はきわどく詰まず、投了もやむを得ない。

こうして、戦前は最近の対戦成績に鑑み、天彦有利ともささやかれたが、渡辺は、貫禄をみせて防衛を決めた。

本局は、【図4】の▲3三角成以下、天彦に特に悪手がなかったように思われるので、結局渡辺の作戦勝ちなのだと思われる。

こうなってみると、天彦が後手番は横歩取りと決めているのは、まずくないだろうか。なぜなら、どんな剛速球や大きく曲がるカーブがあっても、毎回同じ球筋では、羽生や渡辺のような大リーガー級は、球に慣れて、バットの芯で捉えてしまう。

すると、天彦は、来る羽生との名人戦にも、大きな課題を抱えることにならないだろうか。それとも、名人戦ではあっと驚く後手番の戦法を用意しているのだろうか。

さいきん、友人から、パスカルのパンセにおけるキリスト教に関する論説や、マックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」の趣旨など聞かされているうちに、以前抱いていたキリスト教に関する微かな興味が蘇った。

そして、ある平日の昼休み、会社のそばの古書店にいってみると、徳善義和著、「マルティン・ルター」岩波新書をみつけたので、ほとんどためらわずにこの本を買い、帰りの電車で読み始めた。

すると、私はいままでマルティン・ルターに興味をもったことなど一度もないのに、妙にぐいぐいこの本に引き込まれるのを怪訝に思っていたら、その秘密は著者の徳善氏にあった。すなわち、徳善氏は、いったん東大工学部を卒業しながら、ルーテル神学校に入り直し、その後ルーテル学院大学やルーテル神学校の教授をへて、今では同校の名誉教授である。すなわち、日本でも有数のルター研究の権威であり、思い入れも深いということで、その思い入れが著書を通じて、私にも伝搬した、ということのようである。

そこで、その思い入れが私に残存している間に、この本を私なりに要約してみることで、あまりにも乏しい私のプロテスタンティズムの知識に、ささやかな水遣りをしてみたい。

さて、マルティン・ルターの父は、ハンス・ルダーという名前だった。もともと、ルター(Luther)でなく、ルダー(Luder)が正式な姓なのだが、のちにマルティンがローマ・カソリック協会から破門されたとき、ルターに改名したのだった。

マルティンの父ハンスは、もともと農民だったが、上昇志向の強い人で、世の中の流れを読んで、農民から銅の精錬業を営む事業家に転進し、成功して一財産をなした。そしてその息子として、マルティンは1483年11月10日に生まれた。上昇志向の強い父は、当然のごとく息子にも期待した。そして、幼少の頃からラテン語学校に通わせ、ラテン語、修辞学、論理学を学ばせた。するとマルティンが秀才ぶりを示したので、父は一層教育熱心になった。なにしろ財産は十分あるので、学資に不自由しない。

優秀さに加えて十分な学資、という条件は、マルティンをしてエルフルト大学に進学させた。当時は、きわめて限られたエリートしか大学に進学できない時代である。

マルティンは、エルフルト大学でも優等の成績を収め、最短の成績で教養学学士の学位を取得した。続いて教養修士課程にも進んだ。

さて、当時の大学というと、神学部、医学部、法学部からなっていたが、ハンスはマルティンに法学部に進むことを期待した。法学博士になると、宰相への道も開ける。父の言いつけをよく守るマルティンは当然に法学部に進学したが、ある日事件が起きた。

それはマルティンが帰省していてエルフルトに戻る途中の往路で、激しい雷雨に襲われ、落雷になぎ倒されてしまったのだった。そこでマルティンは、「聖アンナ様、お助け下さい、私は修道士になります。」と叫んだ。当時危機に際してそう叫ぶのが習慣だったというだけのことなのだが、あまりにも義理がたいマルティンは、本当に修道士になることを決心してしまった。その決心に父は激怒したのだが、マルティンの意志は微動だにしなかった。このようなマルティン・ルターの鋼の意志はこのあと何度も発揮される。

こうしてマルティン・ルター(以下、単にルターとも呼ぶ)は、アウグスティヌス修道会に所属し、極めて真面目に聖書の詩篇など勉強した。そこでも優秀さを示したルターは、修道院からエルフルト大学での神学研究を命じられた。

エルフルト大学は、オッカムの唯名論に与する学派の流れにあり、それは人間の意志と能力を肯定的に評価するものだった。エルフルト大学で神学の研鑚を積んだルターは、次に新興のヴィッテンベルク大学に遣られた。

ヴィッテンベルク大学でルターは、聖書の詩篇を講義した。その講義を通じてルターは、「神の義」ということをこんこんと考え続けた。そして、神の義が、イエス・キリストの福音として示されるという解釈に達した。それは、イエス・キリストの受難と十字架の姿を神のあるがままの姿として受け入れることで成就するものだった。

ルターの聖書講義は評判をよび、新興のヴィッテンベルク大学は一躍、有名大学になった。ルターはアカデミズムに留まらず、市井でドイツ語で民衆に聖書を説いた。そこでルターがみかけたものは、免罪符(正式には贖宥状と呼ばれる)があるので自分の罪は許されるのだと嘯く堕落した人々の存在だった。

宗教といえども人びとの集まりの組織であり、何ほどかの資金を要するので、資金を集める手段としての免罪符の存在自体が堕落とはいえない。それにしても、無規律に免罪符を発行し、自浄能力に欠けるローマ・カソリック教会に対して、ルターは批判的になっていった。

そしてついにルターは、九十五箇条の提題をローマ・カソリック教会に申し立てるに至った。それは例えば、こちらに抄訳があるが、要するに、神の救いの啓示は、キリストの十字架によってのみ与えられる、とするもので、ローマ・カソリック教会の権威を根底から否定するものだった。

これに基づく、1517年10月の討論が、宗教改革につながるものとなった。ルター、34歳のときである。

九十五箇条の提題に応じる者はあらわれなかったが、怒りに燃えるローマ・カソリック教会は当然に手を拱いていなかった。そして、以下の試練が続けてルターに襲いかかった。

  1. アウグスブルク審問
  2. ライプツィッヒ討論
  3. ウォルムス喚問

アウグスブルク審問は、教皇が、カエタン枢軸卿に、ルターの異端審問を命じたものである。カエタンはルターを説得して、九十五箇条の提題を撤回させようと努力した。しかし、ルターは撤回を拒否した。カエタンは怒りを顕わにし、捨てセリフを残して去っていった。

次はライプツィッヒ討論である。ルターの仇敵である、インゴルシュタット大学の神学者ヨハン・エックは、誘導尋問のようなことをしてまで、ルターを論破しようとした。ルターも、ギリシャ語にすぐれ、弱冠21歳でヴィッテンベルク大学教授を務めるの博覧強記秀才メランヒトンをセコンドに携え、審問に臨んだ。しかし、所詮はこの討論も出来レースで、ルターをダメ出しするためのものだった。

こうしてウォルムス喚問を迎えた。教皇からの破門の大教勅を受け、皇帝カール五世の顧問官は、ルターの著した本を目の前にし、その本に書かれていることを撤回するかどうかルターに問うたが、鋼の意志をもつルターが撤回するわけもなく、こうしてルターの破門が決まった。

すると、例えばヤン・フスがルターに先立つ100年ほど前に火刑に処せられたように、ルターも同様の刑に遭うかと思ったのだが、教皇の権威は下がっており、ルターを支持する諸侯も多く、あえて処刑には至らなかった。ただ、ルターはあらゆる法的保護を喪失しているので、いつ誰に襲われてもおかしくない。そこで選帝侯フリードリヒが、ルターの身柄を保護した。

ルターはフリードリヒの庇護の下、ひたすら文筆活動に専念した。その最大の功績は、新約聖書のドイツ語訳である。その際、エラスムス校注のギリシャ語聖書も役に立った。

ルターの先導による宗教改革は、世の中を騒然とさせるものでもあり、農民暴動も起きた。ルターは「力によらず、ことばによって」と説得したのだが、激した人々を抑えることはできなかった。ともかく、ルーテル教会は、ドイツを中心に広がっていった。

ルターとは独立にスイスでカルヴァンによる宗教改革が起こったが、カルヴァンの宗教改革は、ルターよりも厳密でラディカルなものだった。

ともかく宗教改革は、大学で、神学から哲学を訣別させるものとなり、後のデカルトなどの哲学者に登場の準備にもなった。

ルターはまた、普通に考えたら修道士にあるまじきことに、やはり修道士の女性と結婚し、子供をもった。このあたり、親鸞を思わせるものがある。しかし、ルターは結婚したことで、人間的幅をえたのだった。

実は私は、高校の世界史でルターのことを知ってから、ルターとは、クレイマーのようなわがままな人で世間を騒がしたのだとばかり勘違いしていた。なので、極めつけの秀才で正義感が強く、使命感にも溢れた人だと知って、今までの誤解が恥ずかしくなった。なにより、対抗的メンタリティなどと自称したことも、ルターの生涯を知っていたら、決して安易に口にしなかったところだった。

私は人生一般で決してゲテモノ趣味ということはないのだけれども、せめて読書の方はときどき変わった本を読みたくて、ユニークな本をとりあえず買っておくことにしている。

例えば、直ぐに目に付くところに置いてある本でちょっと変わっているのは、例えば、中山七里の「連続殺人鬼カエル男」と、堀内公太郎の「公開処刑人 森のくまさん」というところだろうか。どちらも宝島社文庫であり、私が読んだことがない作家である。

で、迷ったが、後者から読むことにした。理由は、森のくまさんという、ゆるキャラがなんとなく面白そうだったからである。歌が好きな私は、もちろん、♪ある日、森の中、熊さんに出会った♪という例の歌がすぐに浮かんだ。ここではとりあえず、羆嵐の話は一旦忘れている。

ところが、読んでみると、ゆるキャラなんてとんでもなくて、森のくまさんとは、現代版の「必殺仕事人」なのだった。すなわち、悪辣なのに法の裁きを免れいる人達に天誅を下す、というのである。

しかし、必殺仕事人が狙うのは大物であるのに、森のくまさんが狙うのは、連続暴行魔程度の悪人である。もちろん、連続暴行魔は相当悪いが、だからといって、森のくまさんなる人物があらわれて、殺害するというのは、あまりにもやりすぎというか、殺人鬼以外の何者でもない。

世間はそれでも、法の裁きを免れいる人達に天誅を下す、ということで、実はシリアルキラーである森のくまさんに喝采を送っていたりする。

その喝采は実は、今風にネットの書き込みによって行われるのであり、森のくまさんが天誅を下す対象を選ぶのも、ネットの書き込みの評判によってであった。なので、やっつけてほしい人の実名をわざわざ、森のくまさんに示すようにネットに書き込む人が後を絶たなかった。

ところが、正義の味方と思っていた森のくまさんが、次第にその本性をあらわし、野放図な殺戮に及ぶようになった。すると、ある意味メルヘンチックに進んでいたストーリーが急に、とてもイタい、残忍なものに変化していった。

そして、最初は退屈だったストーリーが、俄かに緊迫したものとなり、流石に新宿鮫ほどとはいわないが、読後感はなかなかだった。

そういえば、スティーヴン・キングのITでは、最初にピエロの格好をして風船をもったゆるキャラが、不気味で残忍な存在に変質していったのだが、「公開処刑人 森のくまさん」では、残忍さはともかく不気味さは、ちょっと足らなかったかな、というところである。

王将戦第5局とは違って、王将戦第6局の二日目は土曜日だったので、リアルタイム観戦できた。羽生の先手で、いわゆる藤井矢倉になった。この形は、「三浦&阿部健の居飛車研究」マイナビのTheme14にも採り上げられている典型的な戦型のひとつである。36手目まではまさにテーマ14の図そのものである。

【図1】 36手目△7三銀まで
持ち駒:△郷田=なし



持ち駒:▲羽生=なし
以下、▲1六歩,△8四銀,▲6四角,△同歩,▲6三角,△7五歩,▲7四角成,△7六歩,▲同銀,△7三銀,▲6三馬,△7五歩,▲7四歩,△同銀,▲同馬と進んだ。ここまでも、「三浦&阿部健の居飛車研究」でカバーされている。

【図2】 52手目△7六歩まで
持ち駒:△郷田=角銀歩



持ち駒:▲羽生=銀
さて、△7六歩と後手が銀を取ったかたちは、五分らしいが、やはり△7六歩が迫っているのが先手には嫌である。以下、▲6四馬,△7三角,▲同馬,△同桂,▲6四角,△7二飛,▲6三銀,△7一飛,▲6二銀不成,△8一飛,▲7三銀不成,△6一飛と進んだが、どうも▲7三銀と▲6四角の組み合わせが重いというか、はっきりしない。おそらく、ここらあたりで最早後手優勢であろう。

【図3】 65手目▲2四歩まで
持ち駒:△郷田=角銀歩



持ち駒:▲羽生=桂歩
先手はともかく、▲2四歩と攻めるよりない。以下、△2四同歩,▲2三歩,△同玉,▲3五歩だが、△6五歩の攻めが急所である。そして、▲3四歩,△同銀と進んだ。

【図4】 73手目▲3五歩まで
持ち駒:△郷田=角銀歩3



持ち駒:▲羽生=桂
そして羽生は、▲3五歩。ここは▲3五桂も見えるが、△1二玉ではっきりしない。▲3五歩以下は、△4五銀,▲5七桂,△6六歩,▲同金,△3六銀,▲1五銀,△2七銀打,▲同飛,△同銀成,▲5二銀,△6四飛,▲同銀成,△3三金寄,▲4一銀不成,△3一金,▲2五歩と進んだ。手順中、▲5七桂は、△3九角に対する攻防である。

【図5】 90手目△3八飛まで
持ち駒:△郷田=角2歩4



持ち駒:▲羽生=飛
▲2五歩に対して一旦早逃げかとおもっていたら、郷田は強気の△3八飛。ちょっと怖い手である。以下、▲2四銀,△1二玉,▲7二飛,△2二歩,▲3三銀成,△同桂と進んだ。ここではもう実質的に郷田勝勢だろう。

【図6】 97手目▲4九金まで
持ち駒:△郷田=角2銀歩3



持ち駒:▲羽生=歩
それでも羽生は、△5九角を消して▲4九金と粘る。しかし、△2八飛成,▲6九歩,△9五角,▲7六金と進み、実質的に▲7六金は形作りだった。

【図7】 投了図102手目△8三角まで
持ち駒:△郷田=銀歩3



持ち駒:▲羽生=歩
なぜなら、△8三角が詰めろ飛車取りで、放置すると△5六角と出て合駒利かずで即詰みである。

こうして、郷田は4勝2敗と王将位を防衛したが、4勝はすべて、完勝だった。羽生は不調なのか、単に名人戦に向けて調整しているのか分からないが、去年の渡辺の棋王位に挑戦した対局もあっさり三タテ負けで、名人位はがっちり防衛したので、今期もそういう流れかもしれない。

王将戦第5局が始まった。AlphaGo対イ・セドルの盛り上がりや、棋王戦の白熱の蔭でひっそりと指される、ベテラン同志の戦いもまたいい。決して皮肉で言っているわけではない。それにしても、羽生があっさり負けてしまう将棋が多いのはどうしたことだろう。

それにしてもどんな将棋なるのかと思ったら、なんと後手番羽生の四間飛車穴熊。古典的といってよく、広瀬流でさえない。どうしていまどき羽生がこんな戦法を選んだのか、謎である。何か試してみたい変化があるのだろうか。ともかく、一気に43手まで進める。

【図1】 43手目▲6八銀まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲郷田=歩
郷田は、▲6八銀と固めようとする。このあたりやはり現代流の香りがある。以下、△4五歩,▲7九銀,△4四銀,▲8八銀,△5四歩,▲8五歩,△5五歩,▲同歩,△同銀,▲5六歩,△7六歩,▲同金と進んだ。

【図2】 56手目△5六銀まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲郷田=歩2
△5六銀は意外。検討陣によると、ここは、△7五歩,▲8六金,△6六銀と指すところで、それで難しい。どうみても羽生がうっかりするような手とは思えないのだが。
ともかく本譜は、△5六銀以下、△5六銀,▲2四歩,△同歩,▲2二歩,△7五歩,▲8六金,△2二飛,▲6五歩,△7七角成,▲同金,△6五銀,▲4四角,△3三角,▲同角成,△同桂,▲4四角,△7六歩,▲同銀,△同銀,▲同金寄,△7二飛と進んだ。

【図3】 77手目▲8四歩まで
持ち駒:△羽生=角銀歩4



持ち駒:▲郷田=銀歩2
ここで、郷田の▲8四歩が厳しい。既に郷田が優勢のようである。以下、△3九角,▲8三歩成,△同銀,▲8四歩,△同角成,▲7五歩,△2五桂,▲1一角成,△8二歩,▲8七香,△6二馬,▲8五銀,△7三飛,▲5五馬,△3五馬,▲8四歩,△7二銀,▲7四歩,△同金,▲同銀,△同飛,▲7五金,△同飛,▲同金,△6八銀,▲7八金,△6九銀不成と進んだ。

【図4】 投了図105手目▲6八金まで
持ち駒:△羽生=金銀歩6



持ち駒:▲郷田=飛
そして、▲6八金で羽生はあっさり投了した。ちょっと早いような気がするが、どうも羽生から後続手がないようである。

とても本来の羽生とは思えないが、名人戦に向けて力を溜めているのだろうか。なにしろ新進気鋭の天彦には本気で闘わないと大変である。

怒り

user-pic
0

新聞の書籍広告を眺めていると、ほぼ毎日何かの小説が載っており、そのうち少なくとも週に一回は、ミステリー小説だったりする。それだけミステリー小説のファンは多いのであり、私もその一員である。

比較的最近、書籍広告に従って買ったのは、沢村鐵のクランと、知念実希人の仮面病棟で、どちらも期待を裏切らなかった。

その乗りで、最近新聞広告をみて、これは面白そうと思ったのは、吉田修一の「怒り」中公文庫である。ただ、これは上下二巻で、するとアマゾンの注文がちょっとだけ面倒なので、最近よく行く、小田急相模原駅のそばの啓文堂にいってみた。すると、平積みになっていて、メジャー嫌いの私はちょっと引きつつも、「怒り」の上下巻を買った。

そして、なんでそんな気持ちになるのか分からないが、この本については平積みで買ったことが負い目になり、それをアニールするために、10日くらい本を放置し、もう頃はいいかと読み始めた。すると、何かに釣り上げられるようにぐんぐん本の世界に引き込まれていった。

ストーリーは、立川市で、共働きの若い夫婦が、通りすがりの男に家に入り込まれて惨殺される、というショッキングな事件で始まった。37度という猛暑の日だった。怪訝なのは、夫婦を殺したあと、男は現場に数時間留まっていたということである。しかもそこには、犯人が書いたと思われる、「怒」という文字が残されていた。

計画的犯行でなかったせいのかもしれないが、犯人は現場から立ち去るときに、近所の人に顔を見られていた。それで、身元が割れ、警察は犯人のアパートも突き止めた。しかし当然に犯人はそこに居らず、行方をくらましていた。

警察の捜査の途上で、犯人が仕事に応募するために提出した履歴書の写真が手に入った。そこで、警察はその写真をテレビで公開することにした。すると全国から、犯人をみた、と連絡があった。

ところが、身近にいる人が決定的に似ていると周囲の人に思われた箇所が、都内と、房総の港町と、沖縄の離島の三か所あった。まさか、犯人がその三か所を巡っているのかと思った。たしか、今邑彩のルームメイトにそんなプロットがあった。それにしても、都内と房総と沖縄では離れすぎている。

それでは、犯人はよく似た三兄弟の一人なのだろうか。しかし、それなら犯人と疑われた人が、自分の嫌疑を晴らすためにきちんとそのことを警察に説明するはずである。こうして悩んでいたら、どこからともなく、♪私以外私じゃないの♪と歌が聞こえてきたような気がした。ゲスの極み乙女。の川谷絵音のボーカルである。私がこの変なグループに私が興味をもつようになったきっかけは、例のベッキーとの不倫騒動である。ところがテレビで一目みて、あれっ、この人、将棋の佐藤天彦じゃん、と思ってしまった。実に似ている。ネットでもみんなそう書いている。それから、きっと川谷絵音って天才じゃん、と刷り込まれてしまった。

こうして♪私以外私じゃないの♪を聞けば聞くほど、犯人によく似た三人のうちの一人が真犯人だろうと思うようになってきたのだが、依然として三人が関係しているという思いも捨てきれないできた。

ここからはストーリーのコアなので記述を省くが、このような三極でストーリーを廻すというのが斬新で、しかもその三極が三様に入り組んだストーリーで、吉田修一の「怒り」にはすっかり感心してしまった。感動した、といってもよい。

これだから、新聞広告でビビッときた本を読むのは止められないのである、平積みであろうとも。

古書店で、赤坂真理「東京プリズン」河出文庫というのを見かけたとき、あらっ、東京裁判の本かな、と手にとった。で、いろいろページをめくってみるのだが、そうであるような、そうでないような、怪訝な気持ちでとりあえず買っておいた。正直いって、この本を読む日がくるような気がしなかった。

そして、買って半年くらいたったとき、単なるランダマイズの意図から、半ば自分に強制するように、「東京プリズン」を通勤鞄に入れた。私はときどき、自分の精神力を鍛えるため、意図と少し違うことをする。通勤鞄に入れると、あとは一種オートノミーが働き、自分のような自分でないような自分に、本が自動的に読まれる、という次第である。

さて、「東京プリズン」の主役は、著者である、赤坂真理自身である。以下、真理さんでもいいのだが、ちょっと杓子定規であるが、赤坂氏と呼ぶことにする。そして、この小説のキーは、赤坂氏の留学体験にあった。

すなわち赤坂氏は、15歳でアメリカ合衆国のメイン州の家にホームステイし、現地の高校に通うようになった。なぜそのようになったのか、この本の記述から必ずしも明らかでないのだが、親子は、この場合母娘なのだが、愛憎がからんで、互いに離れたくなることがあるものである。

ところが、まだ高校生くらいの歳で、周囲に一人も日本人がいない環境で、異文化で暮らすと半端ないカルチャショックがある。それが私も少しだけ理解できるのは、40台前半に、ほとんど英語もしゃべれないのに、単身で米国出張を命じられ、壮絶ともいえるストレスを感じたからである。そのとき、米国では日本なんて極東のどうでもいい国で、誰も気にしていないことに気づく。そんななかで自分を保つために、自分の中の日本的なものにフォーカスしようとする。そのうちのワンノブゼムが仏教であり、あるいは天皇だっていいわけである。

さて、留学はしたものの、あまり器用でない、それは言い換えると文学的である、ともいえる赤坂氏は、勉強がうまくいかないで、通っている学校で落第した。もし赤坂氏がうまく米国での生活に馴染めて、優等で現地の高校を卒業するような人なら、米国の有名大学に進学し、日米どちらかの企業に勤務してキャリアウーマンを地でいっただろう。そんな人は、私が外資系に勤務していたころ、日々会わないのが難しいくらい、たくさんいた。

ともかく落第して、それでも進級のチャンスとして、高校の先生は、ディベートの課題を出してきた。それはなんと、天皇の戦争責任を問う、というあまりにもセンシティブなものだった。そのディベートの課題をクリアしたら、進級させてあげるというのだが、日本にいたときも、現代史はほとんど習わないし、ましてや天皇のことなんて考えたこともない赤坂氏は、途方に暮れた。

そういう話で終わるなら、この小説は、単なる青春のグラフィティなのだが、この小説を特徴づけるもう一つの軸は、当時の自分と、今の自分のインタラクションである。すなわち、米国に留学していた当時、他に身寄りもないものだから、赤坂氏は、コレクトコールでよく日本の母に電話した。理由があって距離を置いた仲とはいえ、やっぱり親子である。ところが、小説の中で、その母の一部を、現在の自分が身代わりになって、あるいみタイムスリップして、自分が自分を話し、今の自分が過去自分を励ますようなことをする。

そんなことありえない、と言ってはいけない。例えば、浅田次郎の地下鉄に乗ってでは、地下鉄の出口からタイムスリップし、過去の自分にさえであったりする。注意深く記述すれば、SFではないのに、SF的記述が却って文学性を高める。

そういう意味の純粋の記述の練達さで、赤坂氏は、浅田次郎に及ばないかもしれない。というのは、突然夢想し、ベトナム人だの、大君だの、亡くなったヘラジカだの、唐突に湧き出てくる記述にはやや当惑する。しかし、妄想というか幻想は、本来そうした非論理的な、非言語的なものである。

ただ、そうやって当惑する私に救いをもたらすのは、高校でのディベートの記述である。ともかく、天皇の戦争責任を問う、という議題でディベートが始まるのだが、皮肉にも赤坂氏に課せられたのは、天皇の戦争責任を弁護するのではなくて、天皇の戦争責任を問う(prosecute)する側である。

そして議論は、米国人の好きな、真珠湾奇襲が騙し討ちだったという説に及ぶ。すると、赤坂氏は、天皇の戦争責任を問うはずだったのに、急に原爆投下や、東京大空襲の記述を持ち出して反論する。それはまさに、私も普通に思いつく反論で、かなりの日本人の共有されているがゆえに、改めて溜飲が下がる。

それで結局、この本を読み終えてみて、「東京プリズン」とは、東京裁判のことではなく、寧ろ、東京裁判でマッカーサーの意図により免責された、天皇の戦争責任のことを改めて考える、ということなのだった。

しかし、天皇の戦争責任というとき、明治憲法的な議論よりむしろ、天皇が実質的にどのような権限があったか、軍部はなぜ独走したのか、そしてその明治維新からの淵源は、など考えるべきことが多すぎて収拾がつかない。ともかくそんなことを、自分の留学経験やその後の人生経験を通じて考え、それを文学的に記述したのがこの作品ということになり、すると、「小説にはこんなこともできるのか」という池澤夏樹氏の解説も腑に落ちるのであった。

イ・セドル対AlphaGoの第5局は、流石に仕事があるので、リアルタイムで観戦することができなかった。なので、帰宅したら早速グーグルで結果を検索した。すると、下記のITProの記事がヒットした。

米グーグルの研究部門であるGoogle DeepMindが開発した囲碁AI(人工知能)「AlphaGo」と、韓国のプロ棋士イ・セドル氏が2016年3月9日~15日に韓国で実施した五番勝負は、イ・セドル氏が第四局で一矢を報いたものの、4勝1敗でAlphaGoの圧勝に終わった。この五番勝負は、第三次AIブームを牽引するディープラーニング(多層のニューラルネットによる機械学習)のデモンストレーションという枠を超え、その強みと弱点、ビジネス応用の方向性を浮き彫りにした。

ううん、AlphaGoは第4局で、終盤乱れて負けたのに、この対局は持ち直したのか。流石にディープラーニングは強かだ、と感心してしまった。

じつは第4局でイ・セドルがAlphaGoに勝ったとき、イ・セドルが、「ふっふっふ、AlphaGoよ、お前は見切ったぞ、もうお前には負けない。」としゃべったような錯覚に捉われた。明らかに劇画の読みすぎである。

じっさい、第5局の対局の様子をウェブで検索してみると、序盤でAlphaGoがひどい失敗をしたらしい。なにしろ、AlphaGoが石塔シボリという基本手筋を知らなかったらしい。ええっ、それでイ・セドルに勝てるの?と怪訝になるよりない。

そんな失敗があったのに、AlphaGoは、じりっじりっと、イ・セドルのすぐ後ろをついていく。そして形勢は二転三転したらしいが、結局、細かいが絶対に追いつけない地合いの差がついて、イ・セドルが投了してしまった。

で、結果的に、AlphaGoよ、あなたは強かった、ということになる。

私の素朴な感想は以下のとおりである。

  1. AlphaGoは、中国の柯潔とは対戦しないのだろうか。
  2. AlphaGoは、日本の井山六冠とは対戦しないのだろうか。
  3. それとも、イ・セドルとの対局で予定以上の実績を収めたので、グーグルはもう囲碁ソフトから興味が離れ、より一般的な事柄にディープラーニングを応用する方に専念するのだろうか。
  4. 本当にAlphaGoは、コウに弱点があるのか。そうだとすると、将棋ソフトの入玉のようなものか。
  5. AlphaGoが石塔シボリを知らなかったというが、基本手筋は網羅していないのか。基本手筋の種類は膨大ではないはずだが。
  6. AlphaGoは、ハイエンドのコンピュータ・ハードウェアを駆使して実装されていたが、普通のパソコン・レベルでは実装は難しいのだろうか。そうだとすると、なかなか市販ソフトとしての普及は難しいのかもしれない。パソコン・レベルで動くなら、将棋ソフトが既にそうであるように、囲碁の専門棋士の研究にも役にたつだろう。
  7. DEEP ZEN GOプロジェクトの囲碁ソフトはいつ出来るのだろうか。そうなったら、AlphaGo対DEEP ZEN GOのソフト対決はありえるのだろうか。
  8. AlphaGoが駆使したディープラーニングの技法は、将棋ソフトには有効ではないのだろうか。ともかく、来る叡王戦での山崎八段とponanzaの戦いを見守りたい。これが目下のコンピュータ将棋の到達点のはずである。

以前に、これからのニュートリノ研究と題して、真面目な物理学の内容の記事を書いたことがあるが、今回は全く別の意味で、ニュートリノをネタにしてみる。

前にも書いたかもしれないが、私は最近YouTubeをチェックして、歌謡曲を聴いているのだが、歳なのでどうしても古い曲に傾いてしまう。そんな古い曲として、銀座ブルースというのを聴いていたら、♪ほんとにあなたっていい方ね、でもただそれだけね♪という歌詞があって、思わず苦笑いしてしまった。なぜなら、これはまさに私に該当するからである。

私は基本的に生意気で、特に上司や目上にはつい食って掛かる。それで大抵酷い目に遭うのだが、なかなか懲りない。

ところが、相手が女性で、特に美人だったりしたら、私はとことん優しく、また親切である。下心があるんじゃないの、と思われてしまうかもしれないが、まあ生身の人間なので、下心はゼロではない。しかし、今まで一回も下心はインプリメントされたことがない。なぜなら私は、ああら優しいのね、とても親切な方ね、と思われたあと、次のステップに進めるテクニックに決定的に欠けている。例えば、たまたまおいしいお菓子が手に入ったとしよう。すると気の利いた男なら、きれいな箱にいれてリボンをかけ、薔薇の花でも添えて女性に渡すのではないか。

私はほいっ、とテーブルの上に置いて、行ってしまう。女性が後で、あらっ、これは誰からと聞いても名乗ることもない。こうして、ニュートリノのように何とも反応しないで光速で右から左に走り抜けて、誰にも印象を残さないので、私はニュートリノ人間なのである。

若い頃、私はニュートリノ人間であることを大変に残念に淋しく思っていたものだったが、この歳になると、人間関係そのものに疲れてきて、ニュートリノのように無視されて生きるのもそんなに悪くないと思ったりする。というのは、よっぱらっちゃった、という内海美幸の歌があって、♪ここまで女に惚れられる、男はめったに居ないから、あなたひとこと言わせてよ、罪つくり、罪つくり♪という歌詞がある。

男やったら、そこまで惚れられたら男冥利やで、ええなあ、と急に関西弁で思ったりするかもしれないが、どうだか。例えば、そこまで女性にもてると、結婚していても職場で部下や同僚の女性がほっとかず、頻繁に誘われる。下手したら自宅に電話がかかってきて、妻と言い争いになる。出張のついでについ浮気して、それが妻にばれて修羅場になる、など、何もいいことがないではないか。

なので私は、♪ここまで女に無視される、男はめったに居ないから、あなたひとこと言わせてよ、ニュートリノ、ニュートリノ♪でいい。でも、本当にニュートリノかどうか少し疑問なのは、質量が大きすぎるのである。諸説あり。

3月13日(日)は、その前の日に知り合いと飲んだので、朝起きてちょっと頭が重かった。しかし、それは必ずしも二日酔いというわけではない。なぜなら、前の日は午後8時には帰宅し、さらに自宅でビールを一本飲んだほどで体調も悪くなかったからである。

それはどうも、帰宅して、ネットでAlphaGoがイ・セドルに三連勝したことを確認したからであるようなのだった。急にイ・セドルに感情移入して、彼の辛い胸の裡がずっしり私の心に響いてきた。夜もなにかしらAlphaGoに関係する夢を見たようなのだが、思い出せない。

ともかく習慣により、10:00AMから、NHK杯の将棋をみると、千田五段が鋭い寄せで久保九段を破ったのが印象的だった。どうみてもいつもの久保九段でなかった。

12:00AMからは、これも習慣で、NHK杯の囲碁をみた。すると、河野臨九段対寺山怜四段戦で、どうみても格上の河野臨九段が勝つと思ったら、なんと寺山四段が無理っぽい攻め合いを制して、勝った。

さて、2:00PMからは普通なら散歩に行くのだが、イ・セドル対AlphaGoの第4戦があるはずなので、ネット観戦しようと思った。高尾九段のブログをみると、囲碁プレミアムで高尾九段が午後1時から解説するという。ならもう始まっているので観戦しようと、囲碁プレミアムに行ってみた。するとがっかりしたのは有料サイトなのだった。それでも一日だけ会員になろうと思ったら、一日でも500円で、ちょっと高いので、YouTubeのストリーミングの方に行った。すると、マイケル・レドモンド九段が英語で解説している。当たり前だが、純粋ネイティブの英語で、ううん英語かと悩んだが、とりあえず聴いていると、意外に聴き取れる。ある程度中身が理解できれば、専門的な分野の方が却って理解しやすいという法則なのだった。

既に中盤なのだが、AlphaGoはカタツキから、うまく局面を作っていく。しかし、イ・セドルも狙いのある手を駆使し、局面を打開しようとする。が、AlphaGoは、落ち着いた打ち回しで、付け入る隙を与えない。

ところが、乾坤一擲のイ・セドルの勝負手にAlphaGoの打ち手が微妙に乱れたように感じた。それでもレドモンド九段が目算してみると、微妙にAlphaGoの方が厚いのかな、と思わせる雰囲気である。すると、コンピュータのヨセというのは神業なので、これはイ・セドルに勝ち目はないのか、と思ってしまった。

そこからの展開が意表だった。なんと、AlphaGoのヨセが乱れに乱れるのである。私がみてもはっきり損みたいな手を何手も打った。そしてこれはもう駄目だという局面になったら自滅みたいな手を打ち、イ・セドルに囲いに一間トビで飛びこまれたあと、AlphaGoは投了してしまった。これで、イ・セドルの記念すべき一勝だが、内容がどうも、なのだった。

で、まさかAlphaGoが花をもたせたのではないよね、と余計なことを考えてしまったが、そんなことがあるわけがない。もしかして、電王戦final第5局のようなバグなのだろうか。でも、なんか拍子抜けしたので、その後のインタビューは見なかった。まあ、韓国語と英語のミックスだし。

ともかく、AlphaGoも実はまだ発展途上で、日本で結成されたDEEP ZEN GO プロジェクトも、今からキャッチアップできると期待した次第である。

AlphaGoとイ・セドルの方に気を取られていたが、先週観戦した棋王戦第3局も、相当な熱戦だったので、その感想のようなことを例によって書いておく。

さて、そう決めつけてはなんだが、棋王戦第3局は、天彦が先手なので、また角換り腰掛け銀だろうと、わずかにうんざりしながら、一方でどこかで期待していた。ところが、蓋をあけてみると、渡辺のゴキゲン中飛車。しかも、数ある流行形のひとつ、超速からの相穴熊だった。角換り腰掛け銀に追随することが本気ではないという意味では勿論ないのだが、これは渡辺相当気合いが入っていると思った。ゴキゲン中飛車は、渡辺の裏芸のひとつで相当勝率が高い。42手まで一気に進める。

【図1】 42手目△4二角まで
持ち駒:△渡辺=なし



持ち駒:▲佐藤天彦=なし
【図1】となってみると、6五の地点が争点になっているので、なんとなく後手が指しやすいように感じた。あくまでも私のアマチュア感覚にすぎないのだが。以下、▲1六歩,△8四歩,▲7八金引,△7二金左,▲3七桂,△8五歩,▲7七角,△7四歩,▲4五銀と進んだ。先手は、ともかく右銀を捌かないと勝負にならない。

【図2】 52手目△5三銀まで
持ち駒:△渡辺=なし



持ち駒:▲佐藤天彦=なし
ところが、渡辺は、▲4五銀に△5三銀と引いた。解説のプロ棋士たちも、3四歩を見捨てる指し方に驚いた。しかし指されてみると、なかなかである。以下、▲5六歩,△4四歩,▲3四銀,△5六歩,▲4三銀不成,△5七歩成と進んだが、急所の5七にと金を作らせる指し方もかなり勇気がいる。普通は一旦5八に飛車を回るのではないだろうか。

【図3】 59手目▲5四歩まで
持ち駒:△渡辺=歩



持ち駒:▲佐藤天彦=なし
天彦は、▲5四歩に期待したのだった。これに対して渡辺は、△6五歩かと思ったら、△3五歩。へぇ、そう綾を付けるものなのか。そして天彦が逆に▲6五歩と突いた。このあたり、レベルが高すぎて、私にはついていけない。以下、△3六歩,▲5三歩成,△同角,▲5四銀成,△5二歩,▲4五桂,△同歩,▲6四歩,△同飛,▲5三成銀,△同歩,▲5五角と進んだ。一旦▲5五角と出て飛車にあてて様子をみるのが気づきにくいいい手である。これに対して普通の応手は△6五飛だが、それには▲1一角成として手順に香桂を取られてしまう。すると、後手は8四の空間が弱点となる。

【図4】 74手目△6三歩まで
持ち駒:△渡辺=銀桂歩



持ち駒:▲佐藤天彦=角銀歩
そしてまた渡辺に好手が出た。じっと△6三歩と飛車に紐をつける手である。解説のプロ棋士も予想していなかった。普通に考えたら、この筋の歩は相手の陣地に垂らしてと金を作るために使いたいので、なるべくここに打ちたくない。しかし、これが後で相手の攻めを遅らせる好手なのだった。以下、▲6四角,△同歩,▲3一飛,△3七歩成,▲2一飛成と進んだ。と金が二枚できているとはいえ、8四の空間は空いてあるし、駒得だしで、すこし天彦のほうがよさそうだった。

【図5】 80手目△8三銀打まで
持ち駒:△渡辺=角桂歩



持ち駒:▲佐藤天彦=角銀桂歩
ところが、渡辺の△8三銀打が好手だった。自陣の嫌味を消し、一遍で玉が見えなくなった。もしかしてこの一手で渡辺が優勢かと思えるほどである。以下、▲2九飛,△5六角,▲6三歩,△6七と,▲同金,△同角成,▲4三角,△6六桂,▲6二歩成,△同金上,▲6九飛,△5七馬,▲6七銀と進むと、▲6七銀がいい手で、やはり天彦が優勢のようにみえる。この▲6七銀が嫌なので、私は△5七馬で△5七金のほうがいいと思ったのだが、多分あまりにイモ筋で駄目なのだろう。

【図6】 94手目△8六歩まで
持ち駒:△渡辺=金歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=桂歩
ともかく、渡辺は△8六歩で勝負するよりない。これに対して検討陣は4三の角筋を活かして、▲7五歩を主張した。これで先手優勢を維持したと思われる。しかし、天彦は時間に追われて▲6六銀。これが敗着ではないか。以下、渡辺の猛攻を受ける。手順を示すと、△7九馬,▲同飛,△8七歩成,▲同銀,△8六歩,▲同銀,△8七歩,▲8八歩,△6八金,▲7七飛,△7八金打,▲8七飛,△7九金左,▲9七香,△8九金寄と迫るが。

【図7】 111手目▲9八玉まで
持ち駒:△渡辺=桂歩



持ち駒:▲佐藤天彦=角桂2歩3
▲9七香の効果で▲9八玉があって、ぎりぎり耐えている。以下、△4七と,▲6三歩,△同金上,▲5五桂,△8五歩,▲同銀,△7三金寄,▲7五歩,△8四歩,▲7六銀,△9五歩,▲同歩と天彦も懸命に粘るが、追撃は厳しい。

【図8】 124手目△8五桂まで
持ち駒:△渡辺=歩



持ち駒:▲佐藤天彦=角桂歩4
そう、やはり△8五桂が厳しい。以下、▲同銀,△同歩,▲6七角,△8八金引,▲同飛,△同金,▲同玉,△8六飛,▲8七金,△6六飛,▲7七金打,△3六飛,▲8四歩,△同金,▲7六桂,△5七と,▲4五角,△3八飛成,▲7八桂,△4九龍と進んだ。渡辺の優勢がはっきりした。

【図9】 145手目▲6九歩まで
持ち駒:△渡辺=銀2歩3



持ち駒:▲佐藤天彦=歩3
天彦は▲6九歩と粘るが、△4五龍,▲8四桂,△6八と,▲同歩,△4九龍,▲8九歩,△9六歩,▲同香,△7九角,▲9八玉,△8四銀,▲6三桂成と進んで。

【図10】 158手目△4三龍まで
持ち駒:△渡辺=角銀2桂歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=金歩4
▲6三桂成を無視して△4三龍と角を取った。以下、7二成桂,△9七歩,▲同金,△5四角,▲8七金打,△7二角,▲7一金,△8三銀打,▲7二金,△同銀,▲1一龍と進んだ。7二成桂は△5四角で抜けばいいという渡辺の読みであり、当然ながら強かである。

【図11】 投了図170手目△6五桂まで
持ち駒:△渡辺=金銀桂歩



持ち駒:▲佐藤天彦=角香歩5
そして、△6五桂で流石の天彦も力尽きて投了となった。

この番勝負が始まる前は、最近の渡辺対天彦の対戦成績に基づき、天彦がタイトルを奪取する可能性が髙そうとみていたが、この将棋をみていて、ううん、やはり防衛かな、と思えてきた。ともかく次も熱戦を期待する。天彦が後手番なので、横歩取りなのだろうか。

最早予想されていたことだが、AlphaGoは、第3局も勝利した。朝日新聞のホームページから引用する。

米IT企業グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」と、世界で最も強い棋士の一人、韓国のイ・セドル九段(33)の第3局が12日午後、ソウル市内のホテルで行われ、アルファ碁が3連勝した。対局は15日まで全5局行われるが、2局を残してアルファ碁が勝ち越し、勝利を決めた。
12日の対局は開始後4時間余りで、176手目の後にイ九段が投了。李九段が2時間の持ち時間を使い切ったのに対し、アルファ碁は8分31秒を残していた。

ここでAlphaGoの五番勝負での勝利が決まってしまったので、五番勝負は打ち切ってしまっていいのではないだろうか。というのは、おそらくこのまま打ち続けても、イ・セドルに勝てる目はないからである。人間なら勝ちに驕って緩むということがありえるが、コンピュータにはそれがない。ということは、いくら打っても、イ・セドルが負け続けるということを意味する。

今まで必ずしもコンピュータ贔屓ではなかった高尾九段でさえも、以下のように言う。

第2局の碁を何度も並べましたが、alphaGoは、かなり強い。
不思議な手は多いのですが、明確な悪手は、1つもない。
そして、alphaGoに形勢不利な局面は、なかったように思えてきました。
李世ドル九段と言えど、弱点を見出ださなければ、勝つのは難しいかも。

ううん、囲碁界は明らかに新しい時代を迎えた。

照井一成氏の「コンピュータは数学者になれるのか?」青土社を、もしかして3ヶ月ちかくかかって、なんとか最後まで読んだ。私には相当難解であったが、多分圏論の歩き方よりは理解したと思う。

それで、例によって高校生レベルの月並みな感想文を書いて締めくくろうと思ったのだが、その前にとりあえずコメントしておきたいと思ったのが、この本の55ページの記述である。そこには、数学者PA氏というのが出てくる。この本の文脈なのでもちろん、人間数学者でなくて、コンピュータ上で実装される自動証明系である数学者PA氏のことである。

PAとは、有名な論理学者ペアノのことで、数学者PA氏とは、初等数論の公理系に、すべての論理式についての帰納法の規則を追加した公理系をもつ。その数学者PA氏は大変強力で、高度な解析学や代数学を必要としない初等数論の定理なら、ほぼ間違いなく全部証明できるという。

へぇ、そうなの、と思った。ところが、その次のステートメントに真に驚いた。数学者PA氏は、フェルマーの最終定理すら証明できるのではないかと一部の専門家の間で取沙汰されているほどである、とある。

ちょっと待ってよ、と私は思った。だって、さっき、「高度な解析学や代数学を必要としない初等数論の定理なら」って、言ったじゃない。フェルマーの最終定理ってたしか、楕円曲線上の数論とか、岩澤理論とか、保型形式とか、谷山-志村予想とか、ヘッケ環とか(じつは、加藤和也著「解決!フェルマーの最終定理」日本評論社をカンニングしながら書いている)高度な道具をバンバンつかうんじゃない? 高度な解析学や代数学を使ってるわよ、と思ってしまった。ついオネエ言葉になったのは、先日、マツコの番組をみて、影響を受けたからである。

しかし、さらに読み進めると、こういうことらしい。すなわち、もし仮にPAがフェルマーの最終定理を証明できるとしても、PAが現実的な時間の範囲でフェルマーの最終定理を証明できることを意味しない。ワイルズの証明を理解できる、ということにさえならない。そうではなくて、フェルマーの最終定理の証明は、少なくとも原理上は、初等数論の言葉を用いて書き下すことができ、それは何万ページになるかわからないが、基本的な算術と数学的帰納法さえ知っていれば証明を一行一行追っていくことにより理解することができる、というのだが、本当にそうだろうか。

というのは、いま人類がもっているフェルマーの最終定理の証明は、まさにワイルズが書き下したものしかなく、それは上述のように、楕円曲線上の数論とか、岩澤理論とか、保型形式とか、谷山-志村予想とか、ヘッケ環とかを駆使して記述されている。そういう理論に対して、初等数論だけを使った等価な記述が可能なんて、聞いたこともない。なので、単にコンピュータ証明系の推論規則の運用面の改善で済むこととは思えないのだが、私が重大な読み違いをしているのだろうか。

今別の例を思いついたのだが、それはポアンカレ予想である。ペレリマンは、トポロジーの問題なのに、そこに微分幾何学のアイデアを投入して、ポアンカレ予想を証明したのだが、もしコンピュータ証明系で普通にポアンカレ予想を証明しようとしていたら、組み合わせトポロジーや代数的トポロジーの枠内の推論規則が組み込まれるだろう。そして、おそらく決してポアンカレ予想の証明には至らないだろう。それとも、コンピュータ証明系は、人間数学者が決して試みようともしない冗長で迂遠なロジックを経由して、組み合わせトポロジーや代数的トポロジーの枠内の推論規則を駆使して、ポアンカレ予想の証明に到達する、ということがありえるのだろうか。そして同様の議論は、フェルマーの最終定理の証明に対しても蒸し返されることになる。

さらに別の議論もしてみる。コラッツの問題で述べたように、数論の達人であるエルディシュは、「数学はまだこの手の問題を解けるほど成熟していない。」と言ったそうなのであるが、この手の問題を解けるほど数学を成熟させるのは、どう考えても人間様の数学者のはずなのであるが、そこをなんとかコンピュータの助けを借りられないのだろうか。すなわち、証明支援でなく、人工知能的な意味合いで、コンピュータが数学を豊穣化させるのである。ありえないだろうか。

などと考えていたら、AlphaGoとディープラーニングのことが頭に浮かんで、頭が混乱してきたので、このあたりで止めておく。どうも私は議論をきちんと収束させるのが苦手である。

ぼんちゃんのコメントの返事にも書かせて戴いたのだが、改めて、AlphaGoが2連勝した、という記事を読売新聞のウェブから引用させて戴く。

【ソウル=川村律文】米グーグル傘下の英グーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能「アルファ碁」と、世界のトップ棋士である韓国棋院の李世●九段(33)の第2局が10日、ソウル市内で行われ、アルファ碁が勝利し、2連勝とした。(●は石の下に「乙」)
この日は、手厚く打ち進める李九段に対し、アルファ碁は独特な構想を見せつつ、全局的なバランスを取って対抗する展開となった。終盤戦に入ってから、アルファ碁は巧みな寄せで流れをつかみ、快勝した。李九段は対局後の会見で、「今日は言うことがないほどの完敗だった。一局ぐらいは勝てるように頑張りたい」と話した。第3局は12日に行われる。

この記事をみて、あのイ・セドルが、「一局ぐらいは勝てるように頑張りたい」などという弱気な発言をするのか、と私もしばらく固まってしまった。

そういえば、AlphaGoでグーグル検索していたら、ねとらぼに、以下の記事かみつかった。

Google DeepMindが開発した囲碁プログラム「AlphaGo」が韓国のプロ棋士・李世ドル九段に勝利したことを受けて、世界最強プレイヤーとうたわれている中国の柯潔(かけつ)九段が9日、「AlphaGoは李世ドルに勝っても、僕には勝てない」と微博でコメントを発表しました。

確かに、こちらを見ると、柯潔は世界ランキング1位で、イ・セドルは5位、井山六冠はやっと17位につけている。しかし、私は最早、柯潔でもAlphaGoに勝てるような気がしない。というか、人間では無理で、コンピュータでないとAlphaGoに勝てないのではないか、と思わせるものがある。それほど、ディープラーニングを実装した囲碁ソフトは衝撃的である。まさに、AIの衝撃である。

さて、イ・セドルはどうやって、悪い流れを変えるのだろう。

3月9日(水)は、仕事をしていてもなんとなく落ち着かなかった。というのは、イ・セドル対AlphaGoの第一戦があるからだが、直接は、Windows Updateの日で、なぜかいつもよりWindows Updateが妙に重い。これもAlphaGoのせいだろうか。流石に関係ないか。

それで、流石に仕事中にネット観戦するわけにはいかないので、帰宅してグーグル検索してみると、なんとAlphaGoが初戦勝利したという。以下、日経新聞のホームページから引用する。

米グーグルが開発した囲碁の人工知能(AI)「Alpha GO(アルファ碁)」が世界トップ級のプロ棋士のひとり、韓国のイ・セドル九段と対戦する「GoogleDeepMindチャレンジ」の第1局が9日、ソウル市で打たれ、アルファ碁が勝利した。

AlphaGoの棋譜については、前回のヨーロッパチャンピオンの中国棋士との対戦の棋譜を、いろいろな囲碁のプロ棋士が講評していて、高尾九段などは、トップ棋士とはまだ二子の手合いではないかと遠慮勝ちにいっていたのだが、コンピュータ囲碁に詳しい大橋拓文六段は、イ・セドルが苦しいのではないかとまで、言っていた。

私は大橋六段のファンなので、そう先生が仰るならと、次第にAlphaGoに肩入れするようになった。ただ、イ・セドルは、先日の農心辛ラーメン杯で、井山六冠に勝ったばかりで、調子は上々である。なので、そのイ・セドルに勝ったAlphaGoは、Fan Huiに勝ったときより実質的にステップアップしているということになる。

じっさい、今朝の朝刊の関連記事をみると、イ・セドルが優勢な局面もあったが、AlphaGoが勝負手を出して逆転したのだという。イ・セドルは、AlphaGoの序盤の能力に驚き、難しい局面でも読みに自信がないと打てない手が出た、と感心した様子である。この強さは本物である。一気に将棋のponanzaあたりの能力に達したといってよい。

そういえば、以前に将棋雑誌かなにかで読んだのだが、将棋の羽生四冠は、コンピュータ将棋と対戦しますか、と聞かれて、ほとんど一年休場してそのための研究してからでないと、みたいに言っていたような気がする。すると、どうみてもイ・セドルは、普段どおりの気持ちで対戦したに違いないので、コンピュータ囲碁に結構戸惑ったのではないだろうか。

豊島七段は、以前に電王戦でYSSと対戦したとき、なんでも1000局くらい対戦して研究したらしい。その結果YSSに勝てたわけだが、一方、イ・セドルは、AlphaGoに慣れる前に5番勝負を終わってしまいそうで、次の対局からどう気持ちを立て直すか、気になるところである。

ところで、井山六冠は、十段戦の第一局で、伊田十段にしっかり勝った。こちらは着々と七冠への道を歩んでいる。井山は、もし七冠になったら、今度はコンピュータ囲碁ソフトが待ち受けているのではないだろうか。

ともかく次の対局の結果を待つとする。

最近、何気なくウェブ検索していたら、数年前の内容であるが、「多国籍企業からグローバルに統合された企業へと自らを変革し続けているIBM」という語句がヒットした。これをみて、グローバルに統合された企業か、とふとつぶやいて、ある出来事を思い出した。

ヒカチューではないが、20世紀の終わりに管理職になった私は、あまりに業務がOA化されていないのにショックをうけて、コツコツとプログラムを作り、管理職の権限でみんなに私の作ったツールを使うように勧めながら、業務の合理化を進めていった。

そんな私の作ったツールのひとつに、Dbaseで作った、期限管理用のプログラムがあった。ところが、私の部下の一人に、Lotus NOTESの練達の使い手がいて、期限管理はNOTESの方がいいと思うので、データベースをNOTESで作ってみてもいいかと、上司である私に許可を求めてきた。私のDbaseのプログラムを置き換えるものだから、ちょっと戸惑ったが、ともかく、やってみるよう指示した。そして出来上がってみると、あまりにも見事なので、私は言葉を失った。そして、私はこれにエールを送る意味で黙々と、DbaseのデータをNOTESにマイグレートするプログラムを書き、ほどなくして期限管理用のNOTES DBは、部門のかけがえのない資産となった。

そのとき米国から赴任してきた外国人の上司は、私が作ったC++のプログラムや、部下が作った期限管理用のNOTES DBをみて、日本は多様なスキルをもった人材がいる素晴らしい部門だ、と絶賛してくれた。私は管理職の一人として、誇らしく思った。そのときはまだ、ローカルの国の事情が尊重される、多国籍企業だった。

ところが、次第に暗雲が立ち込めてきたのは、2006年くらいからだろうか。多国籍企業からグローバル企業へのトランジションである。それで米国本社から強く言われたことは、期限管理用のNOTES DBは廃止するように、ということである。

どういうことかというと、グローバル企業では、世界共通のツールを使うので、ローカルだけで使われるようなツールは許されないというのである。共通ツールとローカルDBの併用は、ダブルエントリで非効率だとも批判された。しかし、と私は早速反論した。すなわち、既に特許管理に使用しているその世界共通のツールは、あまりにもレスポンスタイムが悪く、日本の事情に合うようにカスタマイズすることもほとんど不可能である。なので、そんなのしか使わないと日常業務そのものが成立しないので、なんとか期限管理用のNOTES DBを使い続けたいと私は主張したのだが、全く聞き入れられなかった。

そもそも、それを主張するなら、世界共通のツールをきちんとブラシュアップすべきなのに、当時の知財部門のトップは、そのようなツールに全く関心がなく、作り変えに投資する気も全くないので、改善される見込みがなかった。

で、私を含め何人かの有志が一致団結して対抗することで、なんとか期限管理用のNOTES DBを維持できたのだが、そのメンバーの一部は、私が辞めたきっかけでもある抵抗戦線(レジスタンスというか、クラン)のルーツともなった。レジスタンスは無傷とはいかなかった。

それだけではない、期限管理用のNOTES DBを作成した、私の元部下だった人も、結局私の少し後でリストラになってしまった。結局、私たちのクランは、辞めて崩壊してしまう運命だったのだろうか。

しかし、多国籍企業からグローバル企業に変容する程度が高まれば高まるほど、日々の仕事のプロセスは、現実から乖離し、煩瑣になっていった。会社の業績もつるべ落としに悪化していった。

世間で話題になった、ある銀行から訴えられた事件が起きたのも、この頃である。この事件は、要約すると、グローバルのツールを使って銀行のシステムを構築しようとしたところ、経験者が退職したり、引き継ぎがうまくいかなかったりして、システム開発が頓挫してしまった、というものだった。

この事件で、米国本社の法務のトップは、なんとしても絶対に訴訟に勝つんだ、金に糸目はつけるな、と指示したと聞いた。それで日本でもトップクラスの法律事務所に依頼された。

その話をきいて私は、ああ、グローバル企業には、たとえ相手がクライアントでも「負けるが勝ち」という言葉はないのだな、と思った。だとしたら、グローバル企業なるものは、いかにも浅薄である。ただ世間には、頭がよく地位が高くて、思想的に浅薄な人というのは少なくなくて、そういう人にとって、グローバル企業はとても居心地のよい会社なのだろう。

しかし、そういう人達が頭がよい、というのは表面的な学歴の話だったりするが、じつは頭のよさも怪しいと思うのは、グローバル企業を続けていて、むしろ会社の業績が下がり、顧客満足度も低下し、ピッグカスタマが離れていっても、全く反省がないからである。どうも、他人の意見に傾聴したり、反省して別のやり方に変えるというのが極端に苦手なようなのである。

でも考えたらわかるように、車を運転していて、左右に曲がったり、バックしたりしないで済むということはありえない。車の運転よりもう少し複雑な経営で、フィードバックによる方針の見直しがほとんどないというのは、さらにありえない。

すると、どうもグローバル企業という言い方は、自分たちが気儘にやるということの隠れ蓑の言い方にすぎないらしい。多国籍企業というのは、その国々のやり方を学ばなくてはいけないので、コストがかかる。グローバル企業では、そういう努力をしないで、マネジメントは、何か黙っていても高給が入るような仕組みを作っておいてやりたい放題やり、ある時期がきたら、ゴールデン・パラシュートで辞める。私には会社を食い物にしているとしか思えないのだが、それは単に世間知らずの私の感想にすぎないのだろうか。

マウス

user-pic
0

さいきん、マウスコンピューターというパソコン・メーカがあるのを知った。結構安くて品質もよさそうである。去年、ASUSパソコンのトラブルに書いたような目に遭った私は、次にパソコンを買うなら、マウスコンピューターかな、とちらっと思った。

しかし、今回のトピックは、パソコンの単なるマウスの話である。前にも書いたが、私は最近すっかり特許調査屋が板についてきた。昔と違って、特許調査は基本的に、コンピュータ上の検索システムで行う。すると、次々に特許公報をめくっていく必要から、かなり激しくマウスによるクリックを使う。すると、普通にパソコンで文章を書いたりするよりも、マウスの消耗は激しいかもしれない。

そしてあるとき、私が会社で使っているパソコンで、マウス・カーソルが思うように動かなくなった。そんなときは、マウスをつないでいるUSB端子を一旦抜いて差し直すことで、また復活したりするのだが、いよいよそのテクニックも使えなくなって、仕事に支障が出始めた。

そこで、部門内の管理部門の人に、予備のマウスはありませんか、と聞いてみたところ、ううん、予備はないね、と素っ気ない対応である。私が少し粘っていると仕方なさそうに、抽斗の中を探して、ボール式の旧式マウスをみつけてくれた。そこで私はそのマウスをしばらく使っていたのだが、いかにもカーソル移動が重くて、うんざりしてきた。

そこでふと考えたことがあった。すなわち、部内に、個人のUSBメモリや個人のパソコンは持ち込んではいけないことになっている。それは機密情報をそれに入れて持ち出しては困るからだが、マウスなら個人のマウスでもいいのではないか、と。

それで、そうに違いないと勝手に判断して、誰にも相談しないてマウスを自分で買うことにした。もし文句言われたら、じゃあ、会社費用でマウスを買って下さい、とお願いすればいい。

そして、日曜日に、町田のヨドバシカメラに行ってみた。マウスを買うためである。いまどきのマウスは基本的に光学式、すなわちLEDのライトを使うものである。ちなみに、私が自宅で使っているのは、青色光のバッファローのマウスである。

で、マウスをみてみると、今まではエレコムのが安いかと思ったら、なぜか最安値はバッファローなのだった。安物買いの癖のある私は結局、680円くらいのバッファローのマウスを買った。そして、折角なので、奮発して、光マウス専用のマウスパッドを買った。エレコム製で330円もした。普通、それくらいの値段に奮発という単語は使わない。

そして、月曜日の朝会社に着くと、早速新品のマウスをパソコンに取りつけてみた。もちろん、新品のマウスパッドも併せてデビューである。それで流石に快適なのだが、ひとつだけ難があった。それは、マウスのクリック音がほとんど聞こえない静音設計なのだった。なので、クリック感は、微妙な振動として指が感じるだけである。

あと、マウスを裏返してみて、マウスが安い理由が分かった。LEDが青でなく、赤なのだった。でも、昔、鄧小平は、「青いネズミでも、赤いネズミでも、よく動き回るネズミがよいマウスである。」と言った。なので、気にしないでこのままマウスを使い続けることにしよう。

専門書

user-pic
0

最近会社で上司に呼ばれたので、えっ、もしかしてもう仕事の契約を打ち切るという話かと心配していってみたら、そうではなくて、ある分野の特許調査を依頼したいのだという。なんでも、化学のような物性のような分野で、是非君に依頼したい、こういうの得意でしょう、というので、ええっ、滅相もない、私の得意なのは情報処理の分野の調査ですよ、と言ったのだが、要するにこういう、雑というか、その他みたいな技術分野は、誰もやりたがらないので、私に来るらしい。

それで、引き受けたのはいいが、自宅に帰って私の蔵書みても、全く該当の本がない。アマゾンでみても、どういうのが関連の本なのか見当もつかない。それで、土曜日に、新宿西口のブックファーストに行ってみることにした。まさに、最初に行きたい書店、という標語どおりである。

ブックファーストは、相模大野のボーノにも入っているのだが、専門性が高い本となると、やはり新宿のブックファーストが品揃えが手厚い。よく考えたら、新宿のブックファーストはいままで、理工書コーナーにしか行ったことがない。ともかく、新宿駅から都庁方面に行って、途中で右に入ってブックファーストに入ると地下に降り、ぐるっと右折して理工書コーナーまで一目散である。

目指すコーナーにいくと、一冊一冊手に取って目次や中身を眺めていった。そういうのができるのが、リアルな書店の強みである。ところが特殊な分野の本のためか、新宿のブックファーストを以てしても、そんなにいい本が見つからなかった。それで手ぶらで帰るわけにはいかないと、比較的ましなのを一冊買って、ブルーバックスのコーナーで、この分野の背景知識を与えるような入門書も買った。あとは、これらの本の末尾に参考図書としてリストされているのを少しずつ注文していけば、次第に知識を増やしていける。

ただ、その路線で突っ走ろうとすると、一つ問題があって、それは資金なのだった。こういう本はあまり売れないので、比較的薄くても結構高い。ところが、モチベーションに書いたような事情で、収入が実質的に減っているので、以前のように闇雲に本を買うことができない。それは、持ち弾の数が少ないスナイパーのようなもので、一発必中で相手を倒さなくてはならないのだが、知らない分野だと、どこを撃てば相手が倒れるかわからないのである。今回も明らかに、急所は射ていないので、分野の核心に迫れていない。

こんなことを考えながら帰りの電車で考えたのは、今まで一番無駄弾撃ったのは、C言語の本だった。その頃はまだ30台の半ばで、趣味のような仕事のような、でプログラミングに燃えており、まだ、私の師匠に当たるMさんもご存命だった。

それで、昼休みに、「初めてのC」みたいな本を読んでいたら、Mさんが、それはちょっと、という。で私はMさんに、どうしたんですか、と聞いたら、C言語の本なら、カーニハン・リッチですよ、という。あらっそうなのか知らなかった、当時は今よりずっとフットワークが軽かったので、会社からの帰りにさっそく本屋で、共立出版のカーニハン・リッチの「プログラミング言語C」を買った。まだ第一版だったと思う。

ところがちょっと読んでみて、カーニハン・リッチの「プログラミング言語C」は、私には格調が高すぎて、かなり理解が難しかった。なので、その後も、比較的やさしいものをメインに合計10冊くらいC言語の本を買った。で、10冊目の本が比較的よかったのか、そこでやっと、最低限の実用的なプログラムがCで書けるようになっていた。

このことから、本というのは、ある分野をマスターしようとしたら、無駄弾も含めて、硬軟取り混ぜて何冊も買わなくてはならない、という信念をもつようになった。

しかし、今の会社でも、こんな能率の悪い勉強方法を採っている人はいない。みんなスマートにウェブで調べて終わりである。そこを敢えて本を何冊も読み理解しようとしている私は、長い目でみて、周囲のスマートにやっている人達に対して微妙に"make a difference"を発揮できていると思う。なので、最初に戻って、雑多なケースの依頼が私に来るのだが、こういう不器用なやり方も、将来の知識の蓄積としては悪くないのかな、と自負したりしている。

ただ、ぶっちゃけ、いちいち専門書を買って精読するという方法は、体力的にも資金的にも最早楽ではない。どこまで続けられるだろうか。

蛇足であるが、コラッツの問題の補足のようなことを書いてみる。

すなわち、上記の記事で定義した、自然数nに対応する、それのコラッツ数列の長さcn(n)は、nが増えていくにつれてどのように変化するのだろうという興味は自然だと思う。そこで、n = 3~10000までのcn(n)を計算して以下のとおりグラフにしてみた。

見てとれるように、nが増えても、cn(n)はわずかしか増えない。なお当然に解像度の関係で、細部は表現できないので、10000付近の拡大図のグラフも以下に示す。局所的にはかなり大きく値が揺れているのが分る。

さらに、より大域性を高めて、cn(n)が最大になる数を、102, 103,104,105,106,107,108,109まで調べてみると、以下のとおりである。普通に考えると、cn(n)は、log2nで増えていきそうなものであるが、それよりはるかに緩慢であることがわかる。

  • 102までのうちで、最大の長さをもつ数 97 : 数列の長さ 119
  • 103までのうちで、最大の長さをもつ数 871 : 数列の長さ 179
  • 104までのうちで、最大の長さをもつ数 6171 : 数列の長さ 262
  • 105までのうちで、最大の長さをもつ数 77031 : 数列の長さ 351
  • 106までのうちで、最大の長さをもつ数 910107 : 数列の長さ 476
  • 107までのうちで、最大の長さをもつ数 7532665 : 数列の長さ 616
  • 108までのうちで、最大の長さをもつ数 92681550 : 数列の長さ 692
  • 109までのうちで、最大の長さをもつ数 520745718 : 数列の長さ 710

いちいち私がリストなくても自明なのだが、それでも一応3月の注目棋戦について言及してみる。

いま個人的に一番関心が高いのは、イ・セドル対AlphaGoである。gigazine.netから引用してみる。

Googleの人工知能研究をリードする天才・デミス・ハサビス氏が、Twitterで「AlphaGo対イ・セドルの対決が、3月9日から15日にかけて、韓国ソウルで1億円の賞金をかけて全5戦の対局が行われることが決まったことを、興奮を持って公式に発表します」と、いよいよ世界最強の棋士・イ九段との対決が決定したことを明らかにしました。
なお、ハサビス氏によると、対局は2016年3月9日、10日、12日、13日、15日に行われ、なんとYouTubeでのライブストリーミング中継が行われる予定だとのこと。

そういえば、グーグル検索してみたら、韓国のテレビ局でのイ・セドルのインタビューがあり、AlphaGoの挑戦を、受けるかどうかどれくらい考えましたか、という質問に、ううん、5分かな、とイ・セドルが応えたというのがあり、なんという決断、と驚いてしまった。そもそも、韓国棋院に諮らなくて、そんなの自分で決めていいのだろうか。そういってはなんだが、イ・セドルにとって、勝って当たり前、負けて失うものが大きすぎる戦いであるが。私はまあ、まだイ・セドルに分があるとみる。今後はじわっじわっとコンピュータ・ソフトが力をつけてくることが見えている。

しかし、コンピュータ対プロ棋士の戦いは今後も続くが、七冠への挑戦となると、果たして今後再現するか、と思われるのが、伊田十段対井山六冠の戦いで、3月8日に第一局が開始される。早ければ、4月14日に七冠が決まる。これはある意味、歴史的戦いである。♪関ヶ原の戦い、関ヶ原の戦い、セキ、セキ、セキ♪と、エグスプロージョンの歌と踊りが鳴り響く。

そして、地味ながら私が注目しているのが、渡辺棋王と佐藤天彦八段の棋王戦。第1局第2局とみてきたが、第3局が3月6日。いずれにせよ、天彦にとってこの戦いは、3月中に終わり、そして4月から羽生との名人戦へとなだれ込む。

さあ、お代は見てのお帰りだよ。

ドルチェ

user-pic
0

久しぶりにブックオフを覘いたら、レジのそばに200円本コーナーというのがあり、そこそこ売れ筋の本が並べられていたが、その中の誉田哲也の「ドルチェ」新潮文庫がなぜか目に付いた。

ちらっと裏表紙をみると、元捜査一課の女刑事・魚住久江、42歳、独身が主人公なのだという。へぇ、誉田哲也で女刑事が主役の小説というと、なんといっても姫川玲子シリーズであるが、また新たに別の女刑事のキャラが現れたんだ、と思った。

そして、誉田哲也というと、典型的にはストロベリーナイトや、ブルーマーダーがそうであるように、かなり残酷な内容のものがある。そして、姫川玲子がそうであるように、そこに出てくる刑事も捜査の鬼のような人達ばかりである。

なので、魚住久江は、姫川玲子が少し歳とったようなキャラなのかと思ったら、全く違った。すなわち、警察官として優秀なので、池袋署勤務のころ、警視庁の捜査一課に栄転したのだが、昇進試験に受かったので、警視庁の内規で、また本庁から練馬署に異動になった。

その後、捜査一課からは何度も、また戻ってほしいと誘いが来るのだが、その都度断り続けて練馬署の強行犯係に留まっている。そして、魚住久江の特徴は、地味な性格と、ゆるキャラなのだった。後輩男性警官に慕われるので、そこそこ美人なのかもしれないが、姫川玲子ほどの華はない。

さて、「ドルチェ」は短編小説で、「袋の金魚」、「ドルチェ」、「バスストップ」、「誰かのために」、「ブルードパラサイト」、「愛したのが百年目」の6編からなる。

「袋の金魚」は、昔、魚住が、金本という刑事と一緒に本庁の捜査一課に抜擢されたとき、どちらも池袋からの異動だったので、「袋の金魚」と呼ばれた、ということに基づく。金本は再度本庁の捜査一課に戻り、ことある毎に魚住に捜査一課に来るように説得するのだが、魚住は決してその申し出を受けない。理由は、殺された人の捜査でなく、生きている人を助ける仕事をしたいということだった。

「ドルチェ」は、ある美人女子大生が、道を歩いていてお腹を刺されるという事件の話。捜査に当たる魚住は、その女子大生の周辺を洗ううちに、大学准教授も含めて結構お盛んな交友関係であったことを知り、推理により、単なる通り魔的な傷害事件でないと分かってきた。そして、魚住は、その女子大生に、犯人像を指摘してみせた。

「バスストップ」は、ある青年が、通り過ぎるバスを眺めるだけのあまりに淡い恋愛の話。

「誰かのために」は、ニートのような青年が、屈折した気持ちで自宅でサソリを飼い、なにかの怨みで元の勤務先の上司に暴行を働くのだが、その経緯は明らかにされないままである。魚住がその青年に、自分のためでなく誰かのために生きなさいと説くのだが、その声が届いたかどうかも分からない。その中途半端さがまたいい。

「ブルードパラサイト」は、怒って夫を刃物で刺してしまった妻の話。どう考えても妻のやりすぎで、刑事罰は必至なのだが、魚住が女性らしい感性で、次第に妻の気持ちを理解し同情し始める、という話。

「愛したのが百年目」は、ずっと前から、友人の妻のことが好きで、その親子に対して支援もしてきたのだが、友人が道徳的にありえないことをしたので、許せない気持ちで犯罪を企んだ話。魚住は、無理筋と思いつつ、犯人の気持ちを汲んで、法でないソフトな裁きを考えてしまう。

読み終えて、たしかに姫川玲子シリーズのようなインパクトというか華やかさはないが、なんというか、横山秀夫的というか、長岡弘樹的というか、しみじみとした警察小説も誉田哲也は描けるんだ、という新しい発見があった、と感じた次第である。

「東芝不正会計」を読み終えたあと、私は同系統の本はなるべく続けてよまないようにしているので、例えば工学書でも読もうと思っていたのだが、シャープと鴻海の関係についてニュースが喧しいので、続けて「シャープ崩壊」日本経済新聞出版社を読むことにした。以下、私なりに要約というか感想のようなことを書いてみる。

さて、もう7年も前に、リストラについてという記事を書いて、当時シャープの会長だった町田勝彦氏の「オンリーワンは創意である」文春新書の感想を書いた。もともと私は、できればシャープに就職したかったし、最初に買ったパソコンもシャープだったので、当時シャープにはポジティブな印象をもっていた。

そういえば、「シャープ崩壊」によると、その記事を書いた年の前年、町田氏は、社長を、東大工学部卒の液晶技術者で、プリンスと呼ばれた片山幹雄氏に社長を譲って、自分は代表権のある会長になったのだった。

片山氏は、専務時代から次世代の液晶工場を堺に建造することを構想しており、社長になったので一層それを推進した。しかし、それはシャープの会社規模では身の丈にあわない巨額投資で、周囲には危惧を抱く者も少なくなかった。片山氏は自信家で、成功を信じていた。

果たして、2009年10月に堺工場が完成すると、翌年、家電エコポイント制などの追い風で、液晶テレビが売れ、堺工場では増産しても追い付かない状態となった。すると、当初は他社に半分以上を供給する予定だったのに、片山は、自社テレビへの供給を優先させ、ソニーや東芝を激怒させた。

ところが、今の時代、景気の動きは激しい。すなわち、その同じ年の後半、景気の悪化で、液晶テレビの在庫が積みあがり、一気に売上が落ちた。しかし、いったん激怒したソニーは、液晶パネルを買い支えてくれなかった。

こうして業績が悪化すると、堺工場の実質的推進者の片山は次第に孤立し始めた。そして、町田と片山の仲も次第に険悪になっていった。町田は、実際の権限を副社長に委譲する人事を採ることで、片山の権限を骨抜きにした。しかし、片山も手を拱いておらず、いろいろ指示するので、指揮系統が乱れて社内が大変混乱した。

ところで、片山は、2010年に、業績が悪化したとき、台湾の鴻海精密工業との連携を画策した。しかし、町田が、鴻海との契約の席から片山を外してしまった。

また、シャープは液晶に関しては唯我独尊で、日立、東芝、ソニーが連合で設立したJDIにも参加を呼びかけられたが、加わらなかった。プライドが許さなかったのかもしれない。しかし、のちにJDIは、シャープの液晶のシェアに実質的に食い込むのである。

2011年になると、シャープの液晶の業績はさらに悪化した。もはや資金不足で自力で回復する見込みはなくなった。そして片山は、2012年3月に、代表権がない会長追いやられた。後任の社長は、無名に近い奥田氏だった。町田が操りやすいということなのだろう。しかし、危機に際して奥田は指導力を欠き、不適任だった。

再び鴻海がやってきたが、どうしても交渉はまとまらなかった。業績は悪化の一途で、2012年末には、ついに希望退職が募られた。

周囲は、奥田降ろしに動いた。また、奥田を指名した町田も退任することになった。そして後任社長は、高橋興三氏に指名された。高橋氏は片山氏の派閥だったと思ったら、社長になると片山を冷遇した。なので、片山氏は嫌気がさして辞め、日本電産に移った。

さらに高橋社長は、町田氏と、第三代の社長の辻氏を特別顧問に追いやり、実質的権限を取り上げた。こうして多頭政治をふせぎ、東京オリンピック誘致の追い風で、2013年度は久々に黒字回復した。それで高橋社長はこれでいける、と楽観したのだが、2014年末には再び悪化した。そして、最早相当な資金調達を含む外部支援なしでは立ち行かなくなってきた。

そこで現われた救済策は、シャープの液晶事業を買い取ってJDIに統合するという、産業革新機構による提案だった。しかし、その案は、みずほと、東京三菱UFJの主力二行が難色を示し、いよいよ、真打なのかもしれないが、鴻海に委ねられた。

ところが、ロイターの3月1日夕方の記事は以下のとおりとなっている。

2月5日、鴻海グループの総帥、郭台銘(テリー・ゴウ)会長は部下を引き連れ、三国志の豪傑で商売の神様としてもあがめられている関羽を象徴する黄色のマフラーを首にかけ、大阪の下町、西田辺のシャープ本社に乗り込んだ。交渉を終えて記者団の前に姿を見せた同会長は書類を振りかざし、「シャープが鴻海に優先的に交渉する権利を与えた」と意気揚々に語った。
しかし、事態は順風満帆には進まなかった。25日にシャープ取締役会が鴻海傘下での経営再建を決定する直前、シャープから鴻海に3000億円超にのぼる新たな債務リストがメールで送りつけられたからだ。
将来、ある条件の下で発生する可能性があるという「偶発債務」。それまでの協議では明らかにされなかった内容に驚いた鴻海は、「リストを精査する必要がある」とシャープに通告。しかし、取締役会での決定延期を求めた鴻海の要請は無視され、シャープは取締役会で買収提案受け入れを決める。

果たしてどういう結末になるのか、目が離せない。

昨年、東芝が不正会計をして大変なことになっているというニュースがテレビなどで流れたが、私はなにしろ会計のことに疎いので、なにが大変なのかきちんと理解できなかった。

ところが、アマゾンをみていると、「東芝不正会計」今沢真著、毎日新聞出版という本が発行されていて、人気がありすぎて一時的に品切れなので、これは本屋で買うしかないのかな、と思った。

そうやって手を拱いていると今度は、「シャープ崩壊」日本経済新聞社編、日本経済新聞出版社というのが発行されたことを知り、これも読みたくなった。そこで、一石二鳥?でこれらを買おうと、相模大野のブックファーストに行くことにした。

ブックファーストでは、本の分野にもよるが、どこに何の本があるかいまいち分からないので、例によって店員の方にサポートしてもらうことで、両方の本を一遍に買うことができた。そしてとりあえず、「東芝不正会計」から先に読むことにした。以下は、この本を読んでの私なりの要約である。

さて、東芝の業績は、2007年までは順調だった。2005年に社長に就任した西田氏は、選択と集中で、特に半導体事業と原子力事業に力を入れた。すなわち、半導体事業に巨額の投資をしたり、米国の原子炉関係の大手、ウェスティングハウスを買収したりした。ウェスティングハウスとの交渉に当たっては、当時原子力事業部長だった佐々木氏と協力した。

ところが、2008年のリーマンショックが東芝の蹉跌の始まりだった。選択と集中の方策が裏目に出て、当期は3435億円の赤字となった。そこで西田氏は、社長を佐々木氏に譲り、自らは会長に就いた。

リーマンショックの影響で半導体事業の業績が悪化すると、東芝は、原子力事業に力を入れた。そのために、原子力事業部長だった佐々木氏を社長にしたのかもしれない。

しかし、さらなる悲劇が東芝を襲った。すなわち、2011年3月の地震による福島原発の事故の影響で、原子力発電所建設の受注が激減してしまった。佐々木氏は、原子力の代わりに太陽光や風力に力を入れようとしたが、結局、社長の地位を、副社長だった田中氏に譲り、佐々木氏は副会長となった。ところが、その交代発表の席で、西田氏と佐々木氏が言い争う場面がみられた。明らかに、二人は不仲になっていたものと思われる。

さて、社長になった田中氏は、低迷する利益の額を少しでも増やそうと、目標の営業利益を事業部ごとに掲げ、各事業部に対して、チャレンジと称して設定した金額を達成するように叱咤した。そのことが続くと、ついに不正な利益水増しが社内のあちこちで行われるようになった。そもそも、いまのような不況に、営業利益を増やせと命令されて、はい分かりましたと頑張って達成できる、とは普通考えられない。なので、パソコン部品の押し込み販売のような無理筋の手段も採られた。

しかし、3年間の利益水増し額は、2270億円にも達していた。不正を隠し通すことは難しく、2015年5月についに東芝は、決算発表延期、配当見送りを発表し、世間は騒然となった。

そのため、6月の株主総会は当然に荒れた。ところで、上記に不正を隠し通すことは難しく、と述べたが、実は利益水増しがばれたのは、証券取引等監視委員会の検査が入ったからである。このような検査がたまたま入るというのは考えにくいので、どうも東芝内部に証券取引等監視委員会に内部告発した者がいたらしい。

ともかくそこから東芝は暗転していった。社長が室町氏に代わっても迷走は止まなかった。なぜなら、子会社のウェスティングハウス社の1600億円の減損という問題がさらに発覚したからである。

それにしても、東芝には外部調査委員会があったり、監査法人の検査が入っていたりして、どうしてこれほど不正が見落とされたのだろうか。どうもお手盛りであった可能性が高い。そもそも公認会計士のことは何も知らないでいうので間違えているかもしれないが、弁護士や弁理士とは違って、公認会計士というのはクライアントの会計に苦言を呈して手数料の支払いを受けるとなると、何かと直言しにくいのではないだろうか。そもそも監査法人の監査の杜撰さを聞くのはこれが最初ではないので、つい考えてしまう。

東芝は、ここから再建するために、大規模なリストラをしたり、事業を売却したりしなくてはならないが、それはそもそも、利益水増しの代わりに実行されるべき施策だったはずである。

こういう東芝の状況をみていると、頻繁にリストラや事業売却をしてきたIBMは、倒れゆく巨象で指摘されているような問題はあるにしても、まだしも東芝より健全なのではないかと思えてくる。なぜなら、IBMが利益水増しの会計操作をしたという話は聞いたことがないからである。

また、倒産必死といわれたJALも、JALの復活で述べたように、外部から社長を招聘して、奇跡の復活を遂げた。IBMのガースナーもしかりである。すると、東芝も、外部から革新的な社長を招聘して委ねることが必要条件なのではないだろうか。そもそも名物社長だった土光氏も、石川島播磨重工から招聘されたのだった。もちろん、復活の十分条件はあまりにも難しいが。

サラリーマンになったばかりで、まだ会社勤めが板についていない頃(いまだって、板についているとは思えない)、そう、大阪の八尾にいたときである。スーツを着て大阪市内にでかけているとき、はっと気づくと、靴がスニーカーだった。ああっ、と思ったが今更アパートに戻って靴を履き直す時間はない。それでバツの悪い思いをしながら一日過ごした記憶がある。それにしても、工場勤務で作業服が制服だったので、スーツで一体どこに出かけていたのだろう。思い出したが、多分、夕陽丘図書館に特許調査に行ったのだった。

そんな記憶が蘇ったのは、最近、朝の通勤電車で例によって座って本を読んでいると、どうもいつもと少し気分が違う。で、足許をみると、靴がスニーカーだった。なにしろほぼ40年ぶりのことで慌てた。しかしやはり、靴程度のことで一旦家に戻るのもどうかと思いとどまって、周囲にもスーツ+スニーカーの人がいるのではないかと見まわした。しかし、スニーカーの人はカジュアルであり、スーツの人は例外なく黒っぽい革靴なのであって、私は微妙に組み合わせ新規性を発揮している。

ただ、東京のような都会では、少々奇異な格好をしていようと誰も気にしない。ましてやスーツ+スニーカーなんて、普通に景色に溶け込んでいる。ただ、本人が勝手にバツの悪い思いをしているだけである。

そして、電車の中で、スニーカーのせいで妙に読書に集中できないので、どうして朝、間違えてスニーカーを履いてしまったのか、考えてみた。すると、玄関から外にでて、道を歩いている間の記憶が完全に消えている。それはある意味、失敗体験で、うっかりブレーキとアクセルを踏み間違えたときと同じである。迷信の好きな私の言い方では、ふとできた意識の空白を、自然霊が横取りする(intercept)のだろう。

会社に着いたら、なんかほっとしたのは、今更気づいたのだが、オフィスの中では革靴を脱いでスリッパというかサンダルのようなものに履き替えている人が結構いる。なので、私のスニーカーもその類と思ってもらえるかもしれない、と期待した。しかし、よくもわるくも、誰も私の履物なんか注目しない。

また、休憩時間に、「スーツ スニーカー」でグーグル検索すると、「教えて、goo」のコーナーで、「スーツにスニーカーはまずい?」という質問があった。それに対して、いえ、まずくありませんよ、という答えを期待したのだが、「結論から言えばやはりスニーカーは合わないと思います。」というのがベストアンサーになっていて、あちゃ~、やっぱりそうか、とがっかりした。

まあでも、言い訳ではないが、オフィスでスニーカーを履いていると、足に締付け感がなくて、リラックスして仕事ができたので、少し能率が上がったような気がした。気のせいかもしれないが。

さらにグーグル検索すると、少し前、ニューヨーカーの間で、スーツを着てスニーカーで通勤するのが流行ったそうである。ただ、そのスニーカーというのが随分ファッショナブルで、スーツとコーディネートされたりしていて、ああ、私から最も遠い世界だ、見なきゃよかった、と後悔した。

それで、その日は急いで帰宅すると、スニーカーを脱いで、下駄箱の奥に仕舞い込み、サンダルも、見えないところに押しやり、革靴を目に付きやすいところに配置した。流石にサンダルを履いて会社にいくわけにはいかない。それにしても自然霊のせいだとすると、全く意図が分からない。靴をくわえて悪戯にどこかにもっていく、犬の心理なのだろうか。

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。