2016年4月アーカイブ

私は実に花鳥風月を解さない男であって、なので家内に先日、足利フラワーパークへのバス旅行に行かないかと誘われたとき、ううんと考え込んでしまったが、西行物語ではないが、とくに私くらいの歳になると、余命測りがたいものがあって、家内とあと何度一緒に出掛けることができるか分からないので、行くことにした。4月23日のことである。

出発は町田バス・ターミナル。昔東急ハンズがあったところである。そこから、小淵、相模原、橋本で人を拾って、一路圏央道へ。

サントリー白州工場見学南魚沼へのバス旅行と、すっかりバス旅行に慣れた私は、例によって詰将棋を解きながら、外を眺める。

圏央道の菖蒲パーキングエリアでトイレ休憩を取ったあとは、一路東北道で、まず栃木県佐野市の、とある農園で、イチゴ狩り。要するに、イチゴ栽培のビニールハウスの中に入って、時間制限でイチゴを食べ放題なのだが、私は二つ懸念があった。まず一つは、イチゴ狩り、という表現。狩りというのは動物に使うのではないか。なので、イチゴ狩りは、正しくはイチゴ摘みだろう。もう一つのより本質的な懸念は、農薬である。イチゴ狩りというからには、農薬がついたイチゴをそのまま食べるのだろう。いいのか?というものである。ただ、一つ救いだったのは、受精のためミツバチが飛び回って花に群がっていることで、これは意図的にミツバチを放っているらしい。それなら農薬は軽度かな、と思うことにした。それにしてもミツバチってなんて可愛いんだろう、と思わず見とれてしまった。ちょっとアブナイか。これでは、花鳥風月でなくて花鳥風虫である。あと、イチゴは確かに甘くておいしく、果物好きでない私もつい食べ過ぎてしまった。

イチゴ狩りの次は、六月の森というフランス料理のレストランに行き、昼食である。まあまあおいしかったのだが、なんというかウエイトレスの応対が素朴で、まあそれも愛嬌かも。そういえば、私が好きな歌手の一人である森山愛子は、栃木県出身なのだった。なので、田舎の純朴さもそれはそれでいい。瀬戸内海の田舎出身の老人が、何いってんだか。

それから、いよいよメイン・イベントの足利フラワーパークに行った。するとなんと人の多いこと。そして、広大な敷地に沢山の花があり、その花々の美しいこと。昔夢で出会った極楽も、たしかこんな感じだった。しかし、花の種類をほとんど知らない私は、ガイドを見ないではほとんど花の名前をいい当てられない。

ところで、足利フラワーパークを特徴づけるのが、藤の花(wisteria)であり、その盛りには、紫の花をつけ、180cm以上も蔦が垂れ下がるのだが、まだそこまで行っていなかった。じつは足利フラワーパークでも私は、花に群がるミツバチに見惚れていたのだが、そんなことを口外すると折角花を愛でている家内の雰囲気を壊してしまいそうで、沈黙した。それと、これだけ広大な土地にある花々を美しく保つノウハウというか労力は、どんだけ大変なんだろうとつい考えてしまった。長年、会社で部門のインフラを支える仕事をしてきたので、どうしてもそういう思考になってしまう。

最後に訪れたのは、大麦工房ロアの工場。工場見学というのではなく、そこの売店に立ち寄るだけの買い物ツアーだったが、大麦のお菓子がおいしそうだったので、いくつか買った。

そこでやっと帰れると思ったら、なんかどっと疲れてきた。で、バスで東北自動車道に乗ると、すぐに埼玉かと思ったら、なんと一旦群馬に入った。ええっ、と思ったが、東京からみて、群馬がまずあって、その奥が栃木なのだった。そして群馬を抜けるのに随分時間がかかった。よく関東出身の人で、中国地方で岡山と広島はどちらが東京からみて近いのか知らない人がいるが、私だって、関東の地理にこんな自明な勘違いをするなら、他人のことはいえないと改めて思った。

そういえば、帰路に立ち寄った羽生パーキング・エリアは、別名、鬼平江戸処ともいい、江戸時代の建物を擬した店が立ち並び、なかなかな風情があって興味深かった。

ということで、地味かなと懸念した栃木へのバス旅行も、なかなかなのだった。

最近、相模大野のブックファーストによく行くのだが、目的の本を買ったあと、ちょっと未練がましくIT関連の書籍コーナーも廻ってみた。すると、黄色が目立つ装丁で、クラウド関連の本が積まれていた。

その本は妙に私の注意を引いた。しかし、その日は規定の予算を超える本をもう買ってしまっていたので、後ろ髪を引かれるようにして帰った。

そして別の本を自宅で読んでいたのだが、まるで街で出会った見知らぬ美人のように、その黄色の本が妙に気になって仕方がない。そこで、それから一週間後の週末、また相模大野のブックファーストに行った。そしてIT関連の書籍コーナーに行ってみると、まだ目当ての本は複数積まれていた。本の題名は、「絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み」平山毅著・監修、翔泳社だった。

おお、翔泳社かと、昔を懐かしんだ。というのは私は、一時期、翔泳社の「ドクタードブス・ジャーナル」というプログラミング雑誌を定期購読しており、はっきり言ってその雑誌のレベルは、プロのプログラマでない私には難しすぎたが、それでもこの雑誌で学んだことが、その後、C++ Builderで電子出願向けアプリを作成するときの参考になった。

そして、気合いを入れて、「絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み」をレジにもっていった。まったく、いい歳をして、そんなことで気負ってどうする。

自宅に帰ると、早速この本をちらりちらりとめくってみた。すると、内心おお、と歓声を上げたのは、この本の粒度が私の要求をみたすのである。というのは、「クラウド」に関して私は、日経BPムックの「すべてわかるクラウド大全」などの本を読んできた。それはそれでいいのだが、どういうクラウドのベンダがあるかとか、今後のクラウドの動向とか、それはそれでもちろん有用な情報なのだが、私にとって不満なのは、クラウドの仕組みというのが、この本では依然としてブラックボックスのままなのである。例えば、仮想サーバーはどうやって構築するのか、みたいな疑問には答えてくれない。

そこいくと、「絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み」では、OpenStackで仮想サーバーを作成するときは、特定のサーバーに対して「POST」を実行する。このとき、リクエストボディに、作成する仮想サーバーの条件を与える。みたいな粒度の話が続き、この後、OpenStackは、受け受けたリクエストに従って、ユーザーから見えない場所で、さまざまな判断を行って、仮想サーバーを作成する、みたいな話が続く。

しかも、絵で見てわかる、というだけあって、まるで特許明細書のように、説明に対応して図が描かれていて、説明を補足している。なので良質の特許明細書を読んでいるような気にもなる。

ああ、このような参考書が昔あれば、もうちょっと質の高い特許明細書が書けたのになあ、とちょっと悔しくなった。私は、特許明細書を、単に特許査定になればよい、広い権利が取れればいいとは考えない。実施例の技術的記載も、あるレベルよりも細かい粒度で書かれていなければならない。そんな緻密さは無駄だ、と大抵の人に馬鹿にされてしまうかもしれないが、職人というのは、見えないところにも拘るのである。例えば、数式はきちんとTeXで書くとか。そこに美学がある。まあ、どうしても、♪ああ、分かってくれとは言わないが、そんなに俺は馬鹿なのか?♪と、ついチェッカーズの歌風に歌うしかないのであるが。

実は「絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み」は、その記述の粒度のせいで、そんなに読みやすい本ではなく、なので少しずつじっくりと読み進めているのだが、その裏表紙に、絵で見てわかるシリーズの他の本が示されており、その中の「絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用」という本が目に付いたので、これもいい本に違いないと、これはアマゾンで注文した。

そして、「絵で見てわかるIoT/センサの仕組みと活用」も、届いたので眺めているのだが、こちらも「絵で見てわかるクラウドインフラとAPIの仕組み」に劣らず、末端の入力デバイスの選定方法も書かれていて、実際的でよい本なのだった。

で、考えたのだが、絵で見てわかるシリーズを読んだあと、日経BPムックのすべてわかるシリーズを読めば、「木をみて森もみる」みたいになことになって、工学書読みとしてはなかなかよいシナリオになるのでは、とちゃんと理解する前から、取らぬ狸を決め込んでいるのだった。

ユージニア

user-pic
0

恩田陸という作家は、前から気になっていて、前にも「中庭の出来事」新潮文庫というのを買っていて、そのうち読もうと思いつつ、しばらく積読のままである。

そんな状態なのに、古書店で恩田陸の「ユージニア」角川文庫というのをみかけたら、これもとりあえず買った。依然として恩田陸は、私にとって気になる作家のようである。なのに「ユージニア」は、比較的短い待ち時間で読み始めた。単なる気紛れかもしれない。

ところで私は、ずっと恩田陸を、恩田睦だと勘違いしていた。さらに男性作家だと思っていた。ところが、ペンネームであれ、陸(りく)という名前で、しかも女性と知って、しばらく呆然としていた。

さて、「ユージニア」のコアにあるのは、まるで帝銀事件を彷彿とさせるような大量毒殺事件である。すなわち、金沢で、古くからある有名な医院の医師が誕生日を迎えるというので、そのお祝いに近所の人が集まった。

そこで、宅急便の係員のような人が、酒とジュースの荷物を届けてきた。送り主は、知り合いの他県の医者だった。どうもお祝いの品のようである。そこで、ホストである医師の家族は、自分の家族と、お祝いに集まった人達に、酒とジュースを振る舞った。

すると、その酒やジュールを飲んだ人達が突然激しく苦しみ始めて、しばらくしてこと切れてしまった。明らかに酒とジュースには毒が盛られていた。しかし、誰が一体?

結局、事件起きた家である青澤家の家族ほとんどと近所の人を含む12人が死に、当時中学一年だった緋紗子だけが、青澤家の中でジュースも酒も飲まないで生き残った。世間はたった一人生き残った緋紗子を大変不憫に思ったが、一方で緋紗子のことを疑う複数の人達もいた。しかし、緋紗子は目が見えないのである。どうやって犯行を犯すことができようか。

ところが、それからしばらくして、自分のアパートで自殺している男が見つかった。そして、その男の部屋から、現場に残っていた指紋などの物証と関連付けられるものが発見され、犯人であったと認定された。こうして事件は容疑者死亡で片づけられてしまった。

すると、世間というものは忙しいので、この事件のことは急速に忘れられたが、近所に住み、じっさいに事件を間近に体験した人は、この事件が強烈なトラウマになっていて、忘れようとしても忘れられるわけがない。ということで、事件があった家のそばに住み、一歩間違えば毒ジュースを飲んでいたかもしれない少女が、事件から10年たち、大学生になったとき、当時の関係者たちにインタビューして、事件のドキュメンタリーのような「忘れられた祝祭」という本を出した。この本は大変な人気になったが、一方で、大量殺人事件が祝祭だなんてとんでもないという非難もおきた。

普通の推理小説なら、ここから、ある刑事が関係者に地道な聞き込みを続けて、次第に真相が解明されていくのだが、この小説では、ブラックホールのような真相の周囲を複数の惑星が周回するだけである。

周回する惑星には、「忘れられた祝祭」の著者の女性だけでなく、その女性の兄、母、事件を担当した刑事、剰え、容疑者と認定され自殺した男の回想さえ出てくる。それだけではない、ブラックホール内部の住人であるはずの青澤緋紗子でさえも彗星のように現れたりする。

これだけ多数の惑星が周回すると、その重力の相互作用で次第に事件の本当の姿が仄かにみえてくるのだが、詰将棋でいえば、詰みそうで詰まない、詰まなそうで詰むような、よく分からない状態のまま小説は終わる。

きちんと詰み手順が示されないとフラストレーションがたまる、硬派のミステリーファンなら我慢できないかもしれないが、幻想小説も好きな私にはこういうのもありである。ただ、次にもし恩田陸の別の小説を読むなら、期待しつつちょっと構えてしまいそうになるだろう。

二人の叔母

user-pic
0

私の母は四人兄弟で、母が最年長の長女で、女・男・女と続く。すなわち私は、二人の母方の叔母をもつ。

母の父親、すなわち私からみて祖父であるが、フィリピンに出稼ぎに行っているとき、向こうで兵隊に取られ、フィリピンのどこかの部隊に組み入れられて、戦死してしまった。

大岡昇平の俘虜記を読んだ記憶では、フィリピン戦線でも日本軍は相当不利な戦いを強いられており、生き残るのは相当困難だったようである。

祖父がフィリピンに行った理由は、要するに日本であまり割のいい仕事がなかったからである。確か漁業のような仕事だったと聞くが、フィリピンでの仕事は結構稼げたそうである。母方の祖母は、夫の戦死が悔しくて、欲を出してフィリピンなどに行くから兵隊に取られて死んだんだ、と愚痴をこぼしていた。まあでも、あの時代なら、どこにいても軍から召集されただろう。

ところで、母が亡くなる前の年だから、2012年の秋くらいだったと思うが、病院に見舞いにいって母とぼそぼそと雑談してたら、母が突然驚くようなことを話してくれた。すなわち、兵隊に取られる前のことであるが、祖父がフィリピンから自宅に稼ぎを送金した。なんでも家が一軒建つくらいの大金だったらしい。ところが誰かが横取りしたらしくて、とうとうそのお金は、着くことがなかった。あの頃は騒然とした時代なので、いかにもありえるといえるが、それにしても残念であった。もちろん私は初めて母から聞いた話なので、母の勘違いの可能性もなくはないが。

そのお金があれば残された家族の生活はかなり余裕があったはずなのだが、それも叶わず、祖母は四人の子供を女手ひとつで育てなくてはならなかった。無理して道路工事の仕事に行き、過労からか足を踏み外して坂を転げ落ち、足に大怪我をしてしまった。このせいで祖母は生涯に亘って歩行がやや困難だった。

そうやって苦労して育てられたので、母を含めた四人の兄弟は結束が固かった。母は、私の父のところに嫁いだものの、姑や親戚とあまりうまくいかず、父の収入も少なかったので、私が産まれたあと、一時実家に帰っていたことがあった。

そのとき、上の叔母は二十歳くらいでまだ嫁に行っていなかった。下の叔母はまだ小学生だった。で、祖母にとって私は初孫でもあったし、特に二人の叔母が私を随分可愛がってくれたらしい。

これも母に聞いたのだが、小学生だった下の叔母は、私を抱いているとき、つい手がすべって私を地面に落としてしまい、私が激しく泣くのでみんなが心配したことがあったという。まあ、よくある話である。そういえば、私の名前を命名したのは下の叔母だという。

上の叔母は、普段の性格は温厚なのだが、場合によっては剛毅というか筋を通す強気な性格だった。下の叔母は、本が好きで、おとなしい性格だった。結構勉強もできたのだが、なにしろお金がないので、上の学校に行けず、大層残念がっていたそうである。母の兄弟の中で一番私が性格が似ているのは下の叔母だと思う。すなわち、普段はおとなしくて弱弱しいともいえるが、なにか理不尽なことがあると絶対に妥協しない。そういえば、祖母の家には、ドフトエフスキーやロマン・ロランなどの小説が何冊もあった。下の叔母が、嫁に行く前、OLをしながら読んでいたものである。ドフトエフスキーは、いまの私にも手強い。お金があれば、大学の文学部に進学していたはずである、残念である。

そうやって子供のとき随分可愛がられても、世間一般だと、中学、高校と成長するにつれて、次第に叔母との関係は疎遠になって、自然消滅したりするものだろう。ところが、二人の叔母との付き合いは、私が大阪の会社に就職してからも続いた。すなわち、二人の叔母の住まいがどちらも大阪にあったので、ときどき訪れて食事をご馳走になったりした。

とくに、上の叔母の自宅が八尾にあり、私の勤務していた会社も八尾にあったので、いろいろとお世話になった。すなわち、最初会社の寮に入っていたのだが、人間関係がうまくいかなくなって寮を出るといったら、アパートを探してくれた。そのアパートは大家さんと叔母が知り合いで、都合よく入ることができた。なのに会社で上司と喧嘩して、短期間でそのアパートを引き払って東京に出ると私が言ったときも、叔母はそうか、と言っただけで一切苦情めいたことも下手な忠告もしなかった。そして黙々と面倒な後始末をしてくれた。

なのに私は叔母になんら感謝めいたことは言わなかった。こういうのを、よくない意味で甘えているというのだろう。せめてもの恩返しというわけでもないが、上の叔母に、祖母を連れて東京に出ていくので、靖国神社に案内してくれと言われたとき、もちろん喜んで引き受けた。靖国神社に参拝して、祖母が、もうこれで思い残すことはないとつぶやいたとき、私は一つ仕事を終えたような気がした。

ホテルに泊まると費用がかかるのでと、当時の私の汚い狛江のアパートに、祖母と叔母と私の三人で雑魚寝した。叔母は、部屋の汚さに絶句したが、それでも黙々と片付けてくれて、一時的にではあれ、部屋が見違えるようになった。

ともかく私は、二人の叔母に対して、ほとんどポジティブな記憶というか思い出しかない。こういう人間関係も珍しいというか、ありがたいというか、私はうまく感謝の言葉も浮かばないくらいである。

三段リーグ

user-pic
0

最近急に、昔好きだった谷山浩子の「山猫おことわり」という歌を思い出した。そもそも谷山浩子は、将棋の十七世名人資格保持者の谷川浩司九段と、名前の漢字がかなりダブっているのがいい。

なぜ思い出したのか。それは、谷川九段にも無関係ではない。将棋の三段リーグの勝敗表を眺めてである。前期の三段リーグ、私が応援する里見は、何勝かして健闘したが結局順位は最下位だった。ううん、流石に三段リーグは厳しいか、私は自分の娘のことのように落胆した。

今期の三段リーグ、初戦が4月23日にあった。今期は西山三段も新規加入である。そして、成績をみると:
里見三段 対長谷部三段○ 対荒田三段○
西山三段 対出口三段○  対西田三段○

私は、ガルルッと、低く山猫のように唸った。これは考えられる最高の出だしではないか。

そして、「山猫おことわり」の下手な替え歌を歌った。
♪教えて その日のことを忘れかけた夢じゃないと♪
♪いつのまにかなったの いつのまにかなったのでしょう プロ四段♪
♪里見と西山がプロ四段で プロ四段が女流だったとしても♪
♪何がおかしいことがあるのよ なんにもおかしいことはない♪

囲碁界では井山が七冠になったんだから、将棋界もそれくらいのトンネル効果があってもいいんじゃない? いいんじゃない?と、つい本能寺の変を踊りそうになった。

名人戦第2局が始まった。名人戦第1局は敗因ははっきりしない熱戦だったが、それだけに羽生の奥深さが感じられ、名人戦はどうも羽生の一方的な勝ちに終わるのではないか、という根拠のない予感をもった。さて天彦の先手番だが、例によって角換わり腰掛け銀を予想したのだが。

【図1】 3手目▲6八銀まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲佐藤天彦=なし
私はこの▲6八銀をみて驚いた。普通に矢倉にする手なのだが、私は、当然に角換わり腰掛け銀と決め打ちしていたのである。しかし当然に天彦は予定の作戦なのだろう。以下、△3四歩,▲6六歩,△6二銀,▲5六歩,△5四歩,▲4八銀,△4二銀,▲5八金,△3二金,▲6七金,△4一玉,▲2六歩,△5二金,▲7七銀,△7四歩,▲7九角,△3三銀,▲3六歩,△3一角,▲3七銀,△6四角,▲6八玉,△4四歩,▲7八玉,△3一玉,▲4六銀,△4五歩,▲3七銀,△5三銀,▲4六歩,△同歩,▲同角と進んだ。

【図2】 36手目△6二飛まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲佐藤天彦=歩
ここで△6二飛とするのは趣向だが、確か羽生対行方で、行方が指していたような気がする。ともかく、以下、△6二飛,▲6八金上,△4四銀右,▲2五歩,△5五歩,▲4八銀,△4三金右,▲4五歩,△同銀,▲5五角,△4六歩,▲6四角,△同歩,▲2四歩,△同歩と進んだ。

【図3】 51手目▲3七桂まで
持ち駒:△羽生=角歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=角歩
▲3七桂は銀を呼び込むので、怖い手である。以下、△3六銀,▲7一角,△4二飛,▲2六角成,△3五歩,▲同馬,△3七銀,▲同銀,△4七歩成,▲3六銀と進んだ。

【図4】 62手目△3七とまで
持ち駒:△羽生=角桂歩3



持ち駒:▲佐藤天彦=銀歩2
▲3六銀と立ったので、羽生は当然に△3七とである。以下、▲2九飛,△3四歩,▲4六馬,△3六と,▲同馬,△5三金,▲4六歩と進んだ。

【図5】 70手目△7二角まで
持ち駒:△羽生=銀桂歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=銀歩2
ここで羽生の△7二角は、ひねった、曲線的な手である。ただ、△6三角もあったようである。以下、▲7二同馬,△同飛,▲3五歩,△4七角,▲3九飛,△3五歩,▲3四歩,△4四銀,▲5四銀,△同金,▲6三角,△8二飛,▲5四角成,△5三銀打,▲6三馬と進んだ。

【図6】 86手目△7一桂まで
持ち駒:△羽生=銀歩3



持ち駒:▲佐藤天彦=金
ここで△7一桂がさらに検討陣の意表をついた。羽生はかなり曲線的な手が多い。ここから▲2七馬,△5四銀打,▲5五歩,△同銀左,▲3五飛,△4四銀引,▲3九飛,△6三桂,▲4五金,△同銀直,▲同歩,△2五角成と進んだ。

【図7】 99手目▲3三銀まで
持ち駒:△羽生=金歩4



持ち駒:▲佐藤天彦=歩
しかし天彦は、▲3三銀と攻め込んだ。攻め切れるのだろうか。以下、△3八歩,▲同飛,△5五桂,▲5七金,△5六歩,▲同金と進んだ。

【図8】 106手目△3五歩まで
持ち駒:△羽生=金歩



持ち駒:▲佐藤天彦=歩3
羽生は△3五歩と受けたが、天彦は次にどうやって手をつくるのだろう。以下、▲5五金,△同銀,▲5四歩,△同銀,▲3二銀成,△同玉と進んだ。

【図9】 113手目▲8八玉まで
持ち駒:△羽生=金2銀歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=金桂歩2
ここで天彦は、▲8八玉と早逃げして、手を渡した。好手らしい。以下、△2六金,▲同馬,△同馬,▲5六歩,△同銀,▲4四金,△4三金,▲3三歩成,△同桂,▲3四金打,△同金,▲同金,△4五銀引,▲4四桂,△4二玉,▲5二金,△同飛,▲同桂成,△同玉と進んだ。

【図10】 133手目▲3三金まで
持ち駒:△羽生=角金2銀桂歩5



持ち駒:▲佐藤天彦=飛桂歩
▲3三金までのところで、先手は一気に寄せるのは難しい。以下、△6三玉,▲5五歩,△同銀と進んだ。

【図11】 137手目▲5一飛まで
持ち駒:△羽生=角金2銀桂歩6



持ち駒:▲佐藤天彦=桂
そして、▲5一飛までのところで、羽生は自分の方が悪いだろうと認める。以下、▲4三金,△6二金,▲6七桂,△4六銀右,▲8一飛成,△5六角,▲5八飛と進んだ。

【図12】 146手目△5七歩まで
持ち駒:△羽生=金銀歩5



持ち駒:▲佐藤天彦=桂
そして△5七歩となったところではどちらがいいのだろう。以下、▲2八飛,△5九馬,▲9八玉,△7七桂成と進んだ。

【図13】 151手目▲7七同桂まで
持ち駒:△羽生=金銀2歩5



持ち駒:▲佐藤天彦=桂2
▲7七同桂のところでは、先手玉は相当危ない。以下、△5八歩成,▲2四飛,△3四銀となった。しかし、羽生が△3四銀と引いたところで、先手玉に詰みがあった。△8九銀,▲同玉,△6七角成,▲同金,△7八金,▲同玉,△8六桂,▲8九玉,△7八銀,▲8八玉,△7九銀不成,▲8九玉,△7八桂成,▲同玉,△6八馬,▲同金,△同と,▲8九玉,△8八金までの19手詰である。

【図14】 155手目▲4四金まで
持ち駒:△羽生=金銀2歩5



持ち駒:▲佐藤天彦=桂2歩
天彦は▲4四金とし、羽生はこれに対して△5四歩と受けたが、ここでも上記と同様の手順で先手玉に詰みがあった。羽生ほどの棋士がこのような詰みを二度までも見逃すのだろうか。そこで天彦は、▲7五桂打として逆に羽生玉を即詰みに討ち取った。以下、△7五同歩となり、

【図15】 投了図159手目▲7五同桂まで
持ち駒:△羽生=金銀2桂歩4



持ち駒:▲佐藤天彦=桂歩2
▲7五同桂で詰みである。具体的には、△5二玉,▲2二飛成,△4二銀,▲同龍, △同玉,▲4三歩, △同銀,▲3三銀, △5二玉,▲5三歩, △同金,▲同金, △同玉,▲6三金までである。

こうして、羽生は二回も相手の詰みを見送ってしまった。時間に追われたとはいえ、実に珍しいといえる。もしかして不調なのだろうか。

ともかく、こうして名人戦の帰趨は分からなくなった。次も天彦は、横歩取りでなく後手番の新機軸を出してくるだろうか。例えば、二手目を△8四歩として、矢倉でも後手番角換わりでもいいですよ、とかである。

七つの会議

user-pic
0

書店で、池井戸潤の「七つの会議」集英社文庫を見かけたとき、普段だったらこの手のビジネス小説は一旦は見送るのだが、ほとんど迷わず買って、しかもすぐに読み始めたのは、東芝不正会計や、シャープ崩壊の本を読んで、企業の不正や問題に対する興味が高まっていたからだろう。

さて、「七つの会議」は、以下の八編の短編からなる。

  • 第一話 居眠り八角
  • 第二話 ねじ六奮戦記
  • 第三話 コトブキ退社
  • 第四話 経理屋稼業
  • 第五話 社内政治家
  • 第六話 偽ライオン
  • 第七話 御前会議
  • 第八話 最終議案

「七つの会議」は、東京建電という電気製品と住宅設備関連機器のメーカにおける話である。

第一話の居眠り八角は、出世頭の営業一課、坂戸課長が、部下で年上の万年係長、八角があまりに怠慢なので、しつこく叱責し、それをパワハラとして八角がパワハラ委員会に申し立てた、という話である。坂戸課長は確かに厳しいが、その程度は誰でもあるという程度の叱り方で、しかも八角の給料泥棒のような働きぶりは社内で周知だった。なので、そんなパワハラの申立など適当に取り下げられると誰もが思っていたら、驚いたことにパワハラと認定され、坂戸課長は人事預かりになってしまった。後任の課長は、営業二課だった原島である。これは実は、東京建電の不正が暴かれるプレリュードなのだった。

第二話のねじ六奮戦記は、老舗のねじ製造会社、ねじ六の話。鉄鋼会社に勤務していた三沢逸郎は、父が倒れて亡くなったことから、仕方なくねじ六の後を継いで社長になった。このあたり、下町ロケットを彷彿とさせる。ともかく、逸郎が頑張ってねじ六の社長をやっていたとき、東京建電の坂戸課長がやってきて、ねじの注文をした。資金繰りに苦しんでいたので、それはとてもありがたい注文だったが、提示する金額があまりにも低く、それでは作れば作るほど赤字になるので、仕事を断った。ところが、ねじ六の赤字は嵩む一方で、倒産しかないと思われていたとき、突然現れたのが、東京建電の原島課長だった。そして黙ってねじを大量発注してくれた。なんとか、ねじ六は救われたのだった

第三話のコトブキ退社は、東京建電で社内不倫していた浜本優衣が結局不倫相手にもふられ、仕事のやる気を完全になくし、退社を決意したのだが、折角辞めるなら最後に一花咲かそうと企画を立てる話である。浜本優衣が黙っていない、か。

第四話の経理屋稼業は、浜本優衣の不倫相手だった経理課の新田が、あるきっかけから営業一課の原島課長に恨みを抱き、経理屋としての直観から、営業一課には何か問題があるに違いないのでそれを究明して原島に復讐しようとする話である。要するに、指し過ぎである。

第五話の社内政治家は、社内政治家と揶揄されつつ、社内遊泳していたある要領のよい社員である佐野が、カスタマー室長に左遷された話。佐野は、左遷した北川部長に一泡吹かせようと、ある顧客からのクレーム案件を調べていくうちに、会社の重大なリコール隠しに気づく。

第六話の偽ライオンは、リコール隠しが暴かれようとしたとき、北川部長が烈火のごとく怒り、それを八角が偽ライオンだと揶揄する話。

第七話の御前会議は、東京建電の親会社であるソニックにリコール隠しの問題が挙げられ、いよいよ問題が大きくなっていく話。

第八話の最終議案は、いよいよ東京建電とソニックが決着する話。どのようになるかは読んでのお楽しみである。

以上、八篇の短編小説は、互いに緩く、あるいは緊密に結合され、結果的に一つの大きいストーリーを構成している。話としては、東芝不正会計にかなり近く、結構現実的にありえることだろう。ただ、八角が格好良すぎるという気はする。まあ、いいのだけれど。ともかく、次第に問題が解明されていく点で、上質のミステリー並みにかなりの面白さであった。

乱数というと、無規律の象徴みたいであまりポジティブに思われないかもしれないが、シミュレーションなどのコンピュータ・プログラムにとって必須であり、先日話題になったAlphaGoだって当然に使っている。私の順位戦勝敗予想のトイ・プログラムでさえ使っている。

なので、よい乱数を生成するアルゴリズムの必要性も高い。よい乱数とは、周期が長いこと、呼び出す度に異なる乱数列を発生するということがある。要するに、コンピュータのアルゴリズムで生成する限り、乱数といっても本当は疑似乱数なのである。疑似でない乱数を得ようと思ったら、原子核の崩壊を観測するみたいな物騒な?話になるのかもしれない。そういえば、かなり昔にコンピュータで、s = random(1.0);のようにして乱数を発生させたら、毎回同じ乱数が生成されるので閉口したことがあった。それを防ぐには一旦、randomize_timer();のような初期化関数を呼び出して、内部クロック時間を乱数のシードにセットする必要があり、そんなもんrandom()が面倒みてよ、と文句言ったことがあった。これは、今は改善されているようである。

で、一転して話は生物に移る。生物、特に動物は、同じことをしていると飽きる。特に知能が高い動物はそうで、猫など、観察しているとかなり頻繁に、寝る場所を変えている。人間はおそらく猫より知能が高いので、もっと飽きやすい。

そんな人間であるが、一応会社で仕事をしていると飽きないというか、退屈しない。やってくる仕事や、サイコパスも含めてトラブル・メーカも沢山いたりして、要するに乱数のシードに事欠かない。

ところが、会社生活は続けたくてもどこかで終わらせられてしまう。すると、会社生活をシードとしていたランダマイザは最早使えなくて、このまま手を拱いていると、絶望的な退屈が押し寄せる。そこで旅行に行ったり、グルメに凝ったり、単にお金を使う趣味に走ったりするが、使えるお金は有限だし、そもそもそういう受動的な趣味はすぐに飽きる。

しかし、能動的な趣味、すなわちシードを自己生成するランダマイザを内蔵した趣味を構築するのは結構大変である。それは会社で高い地位や優秀社員であったことと全く関係がない。

なので、私は管理職として仕事に忙殺されているときから、能動的な趣味としての将棋を大事にしてきた。将棋のどこがいいかというと、たった40枚の駒しかないといっても、その組み合わせは、コンピュータからみてさえ、ほとんど無限といってよい。しかも、一つ駒が動いただけで局面ががらっと変わったりする。カオスなのである。ランダマイザとして理想的で、ただ唯一の問題は、ちょっとというか、かなり修練を要する。

実は、能動的な趣味はすべてそうである。ゴルフであれ、登山であれ、囲碁であれ、俳句であれ、本質的にはあまり変わらないかもしれない。

あと、能動的な趣味が複数あると、生成される乱数列の周期が長くなって退屈する程度が減る。そう思って、最近は囲碁も能動的な趣味として加えたのだが、当たり前だがこれはこれで、将棋と同じくらい大層なランダマイザで、習得が大変である。まあでも、そういう苦労はある程度厭わないほうがいいのだろうと思い、努力している次第である。

一方で、能動的な趣味を複数心の中で飼っていると、それらの趣味たちと付き合うのに疲れてきて、空をぼんやりと見つめているだけで自己満足できるという自分に憧れたりする。人生はなかなか難しいものである。

冬芽の人

user-pic
0

大沢在昌の新宿鮫シリーズを読み終えたとき、次に読む大沢在昌の作品は「冬芽の人」だと勝手に決めていたのだが、アマゾンで頼む気がしないで、古書店で見かけたら買おうと思っても、なかなか見かけない。こうして、たまたま見かけるまで半年以上かかってしまった。その間、流れ星の冬など、別の大沢作品も読んだ。

「冬芽の人」は新潮文庫なので、栞紐がついている。さて、読み始めて、なんとも地味な作品だと戸惑った。主人公は、牧しずり。もと警視庁捜査一課の女性刑事だったが、ある先輩刑事、前田の死をきっかけに刑事を辞め、今では警察とは全く別の会社でOLをやっている。

ところで、同僚または関係者の死で警官を辞めた主人公は、ミステリー小説ではよくあるパターンで、ジョン・ダニングの小説に出てくるクリフ・ジェーンウェイ、ローレンス・ブロックの小説に出てくるマット・スカダーなど、枚挙に暇がない、というほどではないにしても、例は少なくない。

一方、しずりは、自責の念が強いタイプなのか、ほとんど完全に周囲との付き合いを閉鎖して、ひっそりと生きている。このまま静寂の人生を送り、そのまま朽ち果てたいくらいである。

そんなしずりに否応なく転機が訪れた。先輩刑事、前田の墓参をした際に、知らない人物がやはり墓参りに来ていた。学生のような若い男で、名前を仲村岬人といった。なんとなく透明感のある若者に惹かれて話してみると、なんでも前田の息子だという。えっ、前田に息子がいたのかと聞いてみると、前妻との間の息子らしい。それでつい、前田が亡くなった経緯をしずりは岬人に話した。その内容は、こういうことである。

すなわち、奥平という独居老人の殺人事件の捜査で、ある日しずりは、先輩刑事の前田から一緒に出掛けようと声をかけられた。先輩の指示なので、絶対である。行先は、村内という前科者で、容疑者なのかとしずりが聞くと、いや参考意見を聞くだけだと前田はいう。なのに不思議なのは、前田がわざわざ銃を帯びていることである。

村内のアパートの部屋に、前田が一人で入り、しずりが外で待機していると、村内が飛び出してきて、しずりに乗りかかった。前田はしずりを助けようと、村内と組み合ううちに、頭を打って、動けなくなってしまった。村内は逃亡するが、前田はしずりに銃を渡して、村内を捕まえろと指示した。村内が自転車に乗って逃げ、道路を横断しようとしたところにたまたま大型トラックが通りがかり村内を轢いた。即死だった。トラックの運転手は、君津といった。

病院に入った前田は二年間病床に伏していたが、結局亡くなった。それからしばらくして、しずりは自責の念にかられ、警察を辞めた。

それを聞いた岬人は、自分のバイト先のドライバーが、委託殺人としてトラックで轢くことができるようなことを聞いたといい、しずりは驚いた。そして、岬人の案内で、そのドライバーの面通しに行くと、確かに君津だった。しかも君津は、しずりをみた瞬間に逃げ去った。いかにも怪しい行動である。そしてその数日後、君津がトラックの中で亡くなっているのがみつかり、それは自殺として処理されたが、しずりと岬人はいよいよ、裏に事件が潜んでいると判断して、真相を探る行動に出た。

ここからがストーリーの佳境なので詳しい記述は省略するが、しずりと、15歳年下の岬人の間の密かな歳の差恋愛がどう発展するか、また、沖縄、福島県の山奥と場所を変えながら、しずりが身の危険を感じて、元刑事のスキルを活かしてどう切り抜けるか、などミステリーとしてもなかなか上質のストーリーなのだった。

流れ星の冬はちょっとスパイスが欠けていたが、「冬芽の人」は流石大沢在昌という作品なのだった。

4月20日、会社から帰って早速ウェブをチェックしたのは、いうまでもなく囲碁の十段戦の記事である。そして、井山がついに七冠を達成したことを確認した。以下に、産経新聞ウェブの記事を引用する。

伊田篤史十段に井山裕太棋聖(名人、本因坊、王座、天元、碁聖)が挑んだ産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第54期十段戦五番勝負」の第4局が20日、東京都千代田区の「日本棋院」で打たれ、午後5時21分、黒番の井山棋聖が163手中押し勝ちを果たした。この結果、対戦成績は井山棋聖の3勝1敗となり、4期ぶりの十段復位とともに、囲碁界初となる七大タイトル独占を達成した。第4局の残り時間は黒番の井山棋聖が2分、白番の伊田十段が1分(各3時間持ち)。

この記事をみて最初に感じたのは、うれしいというよりも、ほっとした、というのが正しい。というのは心配性の私は、この碁でもし井山が負けて、その勢いで十段を防衛された日には、私は数日茫然としてしまいそうだったからである。

ここで、いまの文脈で誰よりも発言に重みがあると思われる、羽生名人の談話を引用する。

「1年を通じて気力、体力、精神力を維持し続けての偉業に心から敬意を表します。自分が成し遂げたときよりもはるかに競争が激しくなっている現代での達成に感嘆するとともに、井山さんであれば当然と感じました。まだまだ余力も進歩の余地もたくさんあると思うので、今後の活躍も期待しています。囲碁の大きな歴史を現在進行形で作られている姿に、同じ棋士として誇りに思います」

それにしても、税金で以下のように書いたが

そんな井山六冠も流石に常勝ではなく、先日のNHK杯で、河野臨九段に敗れてしまった。それだけではない、井山六冠は棋戦優勝者選手権戦で、許家元三段に敗れた。去年は井山は棋戦優勝者選手権戦もきっちり優勝したので、今年はどうしたのだろう、と思ったら、ああ、と私は悟った。これは井山が七冠になるための税金なんだ、と。
じつは井山七冠は、ぼんちゃんに指摘して戴いたように、離婚という税金も去年の暮の段階で払っていたのだった。天のバランスシートでは、これによって七冠が可能になったのだろう。

それでふと頭に浮かんだのは、浪花恋しぐれの、♪芸のためなら女房も泣かす♪という歌詞である。で、私は、室田はん、あんた別れんといて、天下の囲碁の大天才を支えたらえかったのにな、辛抱できへんかったんか。あんたならできたはずやで、と思ってしまった。

ともかく、ほとんど瀕死状態にある私の多冠理論によれば、井山にはいまからスランプが訪れるはずなのだが、きっと井山七冠なら、そんなインチキ理論なんてものともしないで、驀進するだろう。

三四郎

user-pic
0

ちょっと前に軽い気持ちで、夏目漱石の「三四郎」を読んでみようと書いてはみたものの、実は本当に読むという自信はなかった。何しろ数年前に、読もうと試みて一度挫折している。それでも、一応通勤鞄に入れて、電車で読み始めたら、あらっ、と意外な気持ちに捉われた。不思議にどんどん読める。そして、丸二日分の電車読みで、最後まで「三四郎」を読み切った。ミステリー小説と同じくらい面白く読めた。

私の解釈では、いろいろな作家のミステリー小説を読むうちに、中にはかなり読みにくいものもあり、それでも我慢して読んでいたので、どうも読書忍耐力がついた、ということらしい。いわば、読書の大リーガー養成ギブスをつけていたようなものである。そうやって読書忍耐力というか読書筋力を強化したので、「三四郎」が比較的気軽に読めた、ということらしい。本当だろうか。

さて、「三四郎」が書かれたのは明治41年というから、日露戦争が終わったちょっと後のことである。ストーリーは、主人公の小川三四郎が、熊本の高等学校(すなわち、五校)を卒業して、東京帝国大学の文科に入学するため汽車で上京するところから始まる。

道中いろいろなことがあったが、三四郎は、汽車で知り合った女性と名古屋で降り、宿を探したら、何かの間違いで、その女性と相部屋になってしまった。で、まんじりともせず、なにもなく朝を迎えたら女性に馬鹿にされてしまった。このあたり、三四郎の純朴さが微笑ましい。私も似たような経験があったような気がするが、まあそれは措いておく。

東京に出てきて下宿したら、なんか近くの線路で女性が飛び込んで亡くなって、三四郎はびっくりした。当時から人身事故というのはあったということになる。

さらに知り合いの紹介で、野々宮さんという、光線の圧力を研究している物理学者を訪ねていった。すると、野々宮さんは病気で妹が入院しているので、見舞いにに行くので、自宅の留守番をしてほしいという。ともかく暇なのでちょっと歩いていると、はっと目を引く女性に出会った。それが後に三四郎と憎からぬ仲になる、里見美禰子だった。そのあと、三四郎は、野々宮さんの妹のよし子とも知り合いになる。

それから、三四郎が大学の講義に出席するようになると、佐々木与次郎という学生と知り合った。与次郎は事情通なので、三四郎はいろいろ聞いて学んだ。それから、三四郎は、与次郎の師のような広田先生とも知り合いになった。

こうして、与次郎や野々宮さんと付き合って世界を広げていくうちに、三四郎は、美禰子と何度も出会って、次第に心惹かれていく。美禰子も三四郎にまんざらでもない様子だが、なにしろ三四郎は私のようなニュートリノ人間なので、美禰子との仲は深まらず、結局恋は成就しない。

そうやって粗筋を書いていくうちに、私が「三四郎」を面白く読んだ理由が分ってきた。要するに、田舎から東京に出てきて、与次郎のようなSさん(溝の口で言及した)に案内され、知見を広げていくうちに恋もして、結局恋は全く成就せず、悶々たる日々を送ったという意味で、私の生きざまと三四郎はかなり同型なのだった。

ただ、三四郎と違って私が残念だったのは、私には野々宮さんも広田先生もいなかった。いや、私が学問の初歩を教わった師匠はまあ、広田先生に擬してもよいかもしれない。

あと、三四郎の付き合う世界では、やたら西洋の文学の話も沢山出てきてレベルが高い。これはすなわち、当時の第一級の文化人だった夏目漱石の学識が横溢しているのだった。

また、この小説で、軍部の批判のような話も出てくるが、当時はまだ大正デモクラシーに移行しようという時代で、まだ世間が切羽詰まっていなかったのだろう。

ともかく、古き良き明治の時代の青春小説といった趣で楽しく読めたのだが、どこかしらストーリーの底流に暗鬱なものを感じるのは、漱石が時代を先取りして日本が暗転していることを予感していたせいなのだろうか。

「三四郎」は、「それから」と「門」へと続く三部作になっているらしいので、後の二つの作品もそのうち読むとする。正直言って、面白く読めてほっとしている次第である。

経路探索

user-pic
0

2007年に、管理職から特許実務家に戻って、特許明細書を書くようになったとき、今でも思い出すのだが、2番目に書いた特許明細書の発明が、最短経路(厳密にいうと、最小コスト経路)探索アルゴリズムだった。

それは、A*というアルゴリズムの改良だったが、そもそも最短経路探索アルゴリズムそのものの知識がほとんどなかったので、アルゴリズムの本をみて、ダイクストラ法から勉強した。要するに、重み付きグラフの最短経路探索である。

最短経路探索アルゴリズムの身近な応用は、駅探のような鉄道の経路案内で、この場合、リンクの重みは、時間か料金のどちらかである。しかし、会社だと、経費削減が重要なので、最短経路探索のリンクの重みは、普通料金である。

例えば、私の通勤経路でいくと、町田から三鷹に行くには、時間的には町田から横浜線で八王子に行き、そこで中央線に乗り換えるのが少し速いが、費用的には町田から小田急で新宿に行き、そこで中央線に乗る方が安い。なので私は後者を利用している。会社も基本的に最安の交通費しか負担してくれないはずである。

さて私は最近、一旦会社に出社してから、大手町にあるビルに出かける用事があった。すると、三鷹から新宿までは定期があるので、新宿から中央線で東京に出て、そこから歩くのかなあと思っていたら、上司が、それは途中、中野で乗り換えて、東西線で大手町に行く方がいいとアドバイスしてくれた。というのは、新宿から中央線で東京に行くと、そこから5分くらい歩かなくてならないが、東西線で大手町だと、出口を間違えなければ、目的のビルは近いという。それで少し考えて後者にすることにした。ところが、大手町の駅が現在工事中で、もしかして4分くらい歩いたような気がする。すると東京駅から歩くのとあまり変わらない。

そうやって用事を終わり、また三鷹に戻ってきて、交通費を精算しようと思った。というのはパスモで乗り降りしていて途中実際にお金を払うわけではないので、かかった交通費は電車の乗り降りではあまり意識しない。そして駅探で調べて、ああっ、と声を出しそうになった。それは、定期があるので、新宿から東京までのJRの料金が194円、中野から大手町までの東西線の料金が195円で、あまりにも微妙にしか違わない。で、私は、流石に総務部門は1円高い経路の選択に文句言わないよね、と後者で精算した。

で、私がいいたいことは、目的地への異なるルートで最小の金額差になる、というのは実に珍しい、という、それがどうしたレベルの、かなり冴えない話であった。

面白がり

user-pic
0

私は、いかなる意味でも、質・量ともに他人に誇れるほど本を読んでいるわけではないが、呼吸をするように本を読む、という点で、愛読家である。例えば、ある人がいて、暇さえあれば将棋の本を読み且つ指して、それでもアマチュア二段しかないとすると、どうみても棋才豊かとはいえないかもしれないが、それでも将棋が好きでたまりません、ということなら、愛棋家であることは誰も否定できない。

さて、世の愛棋家には、四間飛車しか指しませんとか、石田流しか指しませんとか、結構いたりして、するとある特定の変化には詳しくなって、そこに相手を引きずりこめば勝てる可能性が高まるので、方針としては悪くないかもしれない。しかし、私の性格は、いい加減というか、興味が発散するというか、将棋を指すにしても、一応居飛車本格派を基調にしつつも、戦法全般に目を向けないと気が済まない。なので、広く浅く(いや、場合により結構深い)多様な戦法に言及している、「三浦&阿部健の居飛車研究」マイナビがすっかり愛読書になっていて、もう2巡目を読んでいたりする。

そんな私なので、いったんミステリー小説に凝ると、そこにも多様性を求める。例えば、ブログのエントリが増えたので、2011年2月から、いまのblog3を新設したのだが、そこで小説のカテゴリは260エントリをもつ。これは2011年2月から、今に至るまで260冊の小説(ほとんどは、ミステリといってよい)を読んだことになる。

すると、1年でほぼ50冊、週に1冊のペースなので、なんだたったそれだけかと、ミステリー通に笑われても仕方ないが、言い訳だが、その間サラリーマンとしてそれなりに多忙な生活をし、類体論などの数学書や機械学習などの工学書を読む合間なので、まあ自分でもよく読んだと思っている次第である。

さらに、折角ミステリー小説を読むならと、なるべく読んだことがない作家に手を広げていった。いわゆる幅優先探索である。260冊の小説を読んだとして、もちろん新宿鮫シリーズやビブリア古書堂シリーズなども含まれているが、たった一作しか読んでいない作家も相当数いるので、ちょっと粗く一人の作家三冊として計算しても、少なくとも80人の作家の小説を読んだことになる。この多様性は、ミステリー通としては大したことないが、単なる趣味で読む分にはまあまあではないだろうか。

そういうミステリー小説は、エンタメと呼ばれていて、軽く読めるので気分転換に最適という意味だったりするが、でもそれはnot alwaysではないだろうか。というのは、80人の作家の小説に行き当たるうちに、どうしても馴染めない、あるいはなかなかその世界に入っていけない作家の作品も結構出てくる。例えば、ピーター・テンプルの壊れた海辺など、そうである。

それでも、ありえないような非合理な管理職の元で耐えて働いてきた私の忍耐力を駆使して、読み始めたどのミステリー小説も、一冊たりとも途中で放棄しなかった。魚拓のようにブログに感想文は書いておこうというインセンティブがあったからである。

そして、私はミステリー小説というか、小説をあまりエンタメと呼ばないことにした。将棋の内藤九段でさえ、長いミステリー小説は根気が続かないといっていた。読書というのは意外に安易ではないのである。安易な娯楽としてお酒を飲むことがあるので、それでいいかな、と思っている。

ともかく、必ずしも自分の趣味に合わない小説も、楽しく読める小説も、いろいろ読んでいるうち、心の中に次第に触媒ができてきた。すなわち、あまり感性にあわないような小説に対する反応障壁というかバリアが下がったのである。そして、どんな小説でも、少なくともミステリーであれば、そこそこ面白く読めるようになった。

それは、別の意味では、面白がり係数が高まったということなのだが、どんなことにも長所と短所があって、いわゆる下らないといわれる作品に対する批判精神も下がってしまうのである。例えば、私は珈琲店タレーランの事件簿ってなかなか面白いじゃん、と思ってしまうのだが、私の周囲の本好きで、この本の評価が高い人はいない。

アマゾンの評価でも、いやあこの小説は面白かったと感激したのが、メタメタだったりすることがある。これって、私の小説に対する鑑識眼の杜撰さを意味するのかもしれないが、最近ではまあ、あまり気にしないことにしている。

そして、ボケ防止には面白がりもいいかな、ととりあえず静観している。といいつつ、最近自分の多様性に対する不満があって、それは世間でいうところの純文学に対する触媒がまだ私の中にできていないことである。なので、そもそも純文学を避けようとしている。しかし、人類のヘリテージの一環である、純文学の沃土を知らないで死んでしまうのも結構惜しい。なので、例えば、ランダムに選んだ初期値として、夏目漱石の「三四郎」と、ホーソンの「緋文字」あたりから始めてみようとも思う。もともと、高校時代に太宰を読んだりしていたのだから、そんなに無理な話でもないだろうと楽観的に考えることにする。

週刊将棋が休刊(本当は事実上、廃刊だろう)になってから2週間以上が経過した。

当初の私の反応は、まあ別に、というものだった。いろいろ日々忙しいし、週刊将棋が休刊になったことをいちいち気にしている暇もない。ところがふと、今更になって週刊将棋がなくなったことを残念に思う気持ちが高まってきた。まあ、ちょっとした煩悩にすぎないのだが。

さて、週刊将棋が私に与えてくれていた楽しみを粗く分類すると、以下の3つになるだろう。

  1. 詰将棋
  2. 次の一手
  3. 一週間の範囲の棋界情報

つい先日床屋に行ったのだが、私が行く床屋は安くて丁寧なので、いつも結構混んでいる。その待ち時間をつぶすために必ず小説をもっていくのだが、そのときはなぜか、勝浦の詰将棋の本だけをもっていった。そして例によって10分で三段とかいう9手詰めに、20分以上も苦しんでいたが、この方が時間がつぶれるのでいいや、と負け惜しみのようなことを考えていた。ともかく、詰将棋のところは、いくらでも週刊将棋の代わりはあるので困らない。

次の一手は、というと、今までちらっと眺めるだけだった新聞の将棋欄を以前より真面目にみるようになった。そして、棋譜の最後のところで次の一手を考えて、次の日の将棋欄で、考えた手が当たったかどうか確認する。もともと段級位認定を受けようと週刊将棋の次の一手を考えていたわけでもないので、これくらいのことでも、週刊将棋の次の一手の代わりにはなる。

ところが問題は、一週間の範囲の棋界情報を週刊将棋レベルで知る方法がないことである。どんな対戦があり、どちらが勝ったのか程度なら、将棋連盟のホームページをみればよい。ところが、ここ一週間の注目の対局で、どんな棋士が、どんな名手、あるいはどんな悪手を指したのかのような局面図付きの解説は、どうやっても一覧することができない。そしてこれこそが週刊将棋の真の価値だった(私にとってだが)ことを今更知るのであった。

困り果てて考えたのは、将棋世界を定期購読するか、ということである。しかし将棋世界は月刊誌なのであって、そのタイムリーネスにおいて、到底週刊将棋が与えていた活きのいい情報は提供してくれない。それでも、タイトル戦などの自戦記や棋譜の検討のような詳細な解説が載っているのはうれしいのだが。ただ、私の悪い癖で、どんな雑誌でも定期購読にすると、そのうち読もうと思って積み上げて放置し、そのまま読まないで何ヶ月もたってちり紙交換に出してしまい自己嫌悪に陥る、ということがある。ならば書店に行って、面白そうなときだけ将棋世界を買うかとも思うのだが、私がよくいく書店は、将棋世界を取り寄せる冊数が少ないのか、大抵売り切れになっている。

ということで、まあ仕方がないのだが、アイ・ミス週刊将棋というか、週刊将棋ミシングなのだった。

私は組織の中でいろいろな目に遭って、組織の健全性とは何かとずっと考えてきた。普通に考えるとそれは、自由闊達な雰囲気であるとか、実力主義とか、いろいろ言えるがどうも決定的でないような気がする。

ところが最近ふと、これが、組織の健全性の必要条件ではないかと思い至ったことがある。それは、駄目かどうかきちんと判断する人がいて、駄目と分かったらきちんと退場してもらう仕組みである。

なんだそんなことかと馬鹿にしてはいけない。私は生物の生理機構と、組織を比較して改めてそれに気づいた。例えば動物は、異物を排除するために免疫機構をもつだけでなく、オートファジーの仕組みや、小胞体ストレス反応、DNAの修復機構、アポトーシスの仕組みなど、傷んだ細胞を修復し、それが駄目なら退場させる仕組みが発達している。なぜなら、駄目になった細胞を放置すると、そのような細胞が体内で分裂して増殖し、体内で、場合により致命的ともいうべき悪影響を及ぼすからである。

そういう生理学と組織の運営を比較するというアナロジが有意義である、ということはありえる。なぜなら、生物の体内も、会社などの組織も、その中の構成要素が、維持運営しようと絶えず努力しているからである。

そのアナロジでいくと、会社などの組織においても、駄目な者を教育する機構、組織に害をなす者をきちんと排除することが一番重要ということになる。もしかして、会計の健全さや、計画立案、実力主義、自由闊達な雰囲気など、組織にとって重要と思われることも先ず、不適切分子を修復しあるいは排除する機構を前提して構築すべき、ということになる。

そういう意味で、私がいた外資系が、きちんと駄目マネジャをスクリーンするために伝統的に用意されたサーベイの仕組みを2009年に廃止したのは、大いなる失敗だった。他社よりも大きい管理職権限は、そのサーベイの仕組みと対だったのに、サーベイの仕組みだけを無くして管理職権限はそのまま残したので、明らかに管理職として失格の人達が我物顔で社内を跳梁することになった。会社の上層部がどうしてこんな自明なことに気づかないのか、私にはさっぱり分からなかった。

最近でも、ときどき聞くのは、そういう管理職がきちんと部下を指導監督できないので、今度は不適切な部員もまた跳梁しているという話である。こうなるとどうやって収拾をつけるのだろうか。

特に、多剤耐性菌のようなサイコパスをどう組織は駆除するのだろうか。なにしろ全社員の4%もいるのである。それは健全なる組織にとって、大いなる課題である。

私は、父がタンカーの乗組員だったので、仕事というものは基本的に大変なものだという認識を子供の頃からもっていた。例えば、たまたまタンカーが瀬戸内海を航行するときは、船長に相談して、島の沖に船を停泊してもらい、ちょっとだけ帰宅することがあった。しかし、時間の都合で、例えば朝3時には起きてまた船に戻らなくてはならない。父は前の日どんなに酔っぱらっていても、きっちり深夜でも起きて船に戻っていった。また、台風の日など気象が分っていれば予め港に停泊するのだが、気象は突然変わることがあり、沖を航行中に船が暴風に晒されるということも避けられない。そのときは、本当に大きな山のような波が船に襲いかかってきて、もう駄目だと覚悟を決めたことも何度もあったそうである。

なので、父は、陸(おか)の仕事は楽でいい、嵐に襲われることも、引火性の高い危険な油を扱うこともないのだから、といつも言っていた。私はどうみても体力がないので、父の言う陸(おか)の仕事に就こうと、一応勉強していた。

そういう父をみていたせいもあるのかもしれないが、私が就いたのは、会社の中でも最もスタチックというべき、特許の仕事だった。危険なコンビナートに行くこともなく、カスタマにどやされることもない。システム障害を修復するために徹夜することもない。サラリーマンになって、半ば自嘲的に父に、いま自分がやっている仕事は、船の仕事に比べたら楽で、仕事とはいえないかもと父に言ったら、まあ頭は使うだろうとカバーしてくれたが、頭もどれくらい使っているか怪しいものであった。

そうやって、私なりに退屈だが平和なサラリーマン・ライフをエンジョイしていたら、会社の状況が変わり、私が管理職に任命されてしまった。私は先輩管理職の仕事ぶりを見ていたので、ううん大変だなと覚悟を決めたが、それでも父のことを思い出して、まあ所詮陸(おか)の仕事だもんな、と私なりに頑張ることにした。

最初に上司の指示で着手したことは、特許関係の情報が把握できていなかったので、それを整備することだった。当時はシステム化されていなかったので、特許の書類を部下と一件一件みていき、毎日夜11時まで働いた。女性の部下を深夜まで拘束してはいけないので、9時には帰ってもらい、あとは私が一人で作業した。

そうやって毎日深夜労働していると、それが常態化し、いいことではないのだが、自分の仕事の帯域が広がり、以前よりも一層働けるようになった。それでさらに部門の状況が変化して私が、部門長代行のような権限ももつことになると、予算管理、外注管理、部内の全部員の特許関係のワークロード管理と、八面六臂の仕事ぶりとなった。

それでも、父と比べても、社内のパソコン関係の開発部門のエンジニアたちと比べても、自分の方がずっと楽をしていると信じていた。実際そうだったと思う。

そのイナーシャで、管理職を降りてからも特許実務に頑張ったので、流石に特許明細書作成や中間処理の処理件数の合計で、私が部内でトップだった。部下を管理しなくていいのはなんと楽なのだろうと、逆の意味で嬉しくて涙が出そうになったこともある。

そういうメンタリティを引きずって、派遣社員として特許調査の自分のいまの仕事ぶりをみると、客観的には楽である。なにしろ残業はゼロで毎日定時帰宅である。また、仕事を持ち帰ってはいけないというので、一切土日に仕事することはない。なにしろ外資系に勤務していた頃は、土日に特許明細書を書くことが習慣化していた。そうしないと、会社関係の雑務もこなしつつ明細書を書くのは大変である。

では今の方が楽かというと、そうであるというべきなのかもしれないが、だとしたら、この切迫感はなんだろうと自問していた。特に今年の1月から3月まで息つく暇もないような気持ちだった。

どうしてそうかというと、今の職場では、ちょっと気分転換に誰かと雑談したり、チャットしたりするということが一切ない。また、下手したら一日1000件くらいの特許の、少なくとも特許請求の範囲のところを読まなくてはならない。そういう切れ目ない努力を、せいぜいトイレにいくついでに外を眺める程度の最小の息抜きで、要求されることは結構疲れる。

また、先輩社員が年齢制限で何人か辞めたのに仕事の絶対量はあまり減っていないので、どうしても今までより多くの仕事が回ってくるのだが、それを残業もしないで、土日を使うこともなく働くというのは、今まで持ち時間6時間で将棋を指していたのを、1時間で指せと言われるようなもので、それでいて仕事の質はあまり落としてはいけないとなると、仕事の帯域の時間微分を高めなくてはいけなくて、やはり切迫感が募る。

それが、今年の1月から3月までで感じた、今まであまり経験したことがない切迫感なのだった。できるものなら私は、外資系時代のように、仕事中に半分遊びながら、時間を気にしないで冗長に仕事したいものだと思う。すると特許調査の仕事だって、今の倍はできるだろう。別にそれでもいまと同じ給料で構わない。なぜなら、私にとって仕事は半分遊びなのである。そういうと、私の仕事が相当適当なものだと誤解を受けるかもしれないが、それは違っていて、仕事のクオリティは実にシリアスである。遊びながらクオリティを高めるべく努力するのが、私のスタイルなのである。そういうと、父が冥界から、陸(おか)の仕事は気楽じゃのう、と言ってくるような気がする。私は、まあね、と笑う。

ただ、私にとって相当救いなのは、いまの通勤状況では、行きも帰りもほどんど100%座れることであり、そうして電車で、どんなに疲れていても楽しめるのが、ミステリー小説なのである。なので私はミステリー小説たちに足を向けて眠れない。

こういう状況があと何年続けられるかわからないが、ともかく私なりに仕事とも本達とも折り合いをつけて生きていきたいと思っている。

私は今日、いつになくソワソワしていた。なぜなら、きっとおそらく今日は井山七冠が誕生するからである。

そして帰宅して、頃合いをみて産経新聞のホームページをみた。

産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第54期十段戦五番勝負」の第3局が14日午前9時半から、長野県大町市のくろよんロイヤルホテルで行われ、初防衛を目指すカド番の伊田篤史十段(22)が269手までで、囲碁界初の七冠独占を目指す挑戦者の井山裕太六冠(26)=棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖=に黒番中押し勝ちし、対戦成績を1勝2敗とした。
注目の第4局は20日、東京都千代田区の日本棋院東京本院で行われる。

で、私の感想は、あちゃー、見送りかい!というものだった。

井山さん、次で決めてよね、心臓に悪いから、そう言い置いて、私はブログを閉じた。

ダブル

user-pic
0

私が好きな作家の一人に、深町秋生がいる。アウトバーンアウトクラッシュアウトサイダーの八神瑛子三部作を読み、そのバイオレンスな世界に痺れた。

その乗りで、「ダブル」幻冬舎文庫を読むことにした。「ダブル」の主人公は、刈田誠次。子供のとき、ある事情で両親の庇護を完全に失い、弟の武彦と、児童養護施設に入れられた。

ところが、その児童養護施設というのが酷いところで、ありとあらゆる虐待を受け、誠次はそれに反発して素行が荒れた。武彦は気が弱かったので、誠次は必死で武彦を庇った。なにしろ、唯一の肉親なのである。

児童養護施設を出ると、誠次はアウトローな道に入った。児童養護施設での負の体験をバネに暴力行為に磨きをかけ、その世界ではひとかどの存在とマークされるまでになった。

武彦は、何かスキルを身に着けようと、自衛隊に入った。気の弱さを少しでもカバーしようとしたのもある。そこで射撃の腕を身に着けた。除隊すると、誠次とは違い、カタギの仕事に就いた。

一方、誠次は、あるきっかけから、強烈なカリスマをもつ神宮寛孝に惹かれ、神宮が率いる半グレというか、新興シンジケートに加わった。そのグループは、容赦ない暴力で近隣の暴力団からも一目置かれていた。そんな中で、誠次は、神宮に命じられて従事する暴力行為に自らの存在価値を見出していた。

そして、あるとき、武彦が、勤務していた会社をリストラになって生活に困っていると聞くと、武彦をそのグループに呼び入れた。そして、武彦は、グループにあって、スナイパーの役割を担った。

そうやって兄弟で敵対グループと戦う行為に従事していたのだが、武彦は気が弱いので、精神的プレッシャからついグループで扱っている覚醒剤を密かにたしなむようになった。それはグループにあってご法度で、神宮にばれたらどんな懲罰を受けるかわからないほどのものだった。

しかし、神宮は緻密な情報網を張り巡らしているので、結局その事実が神宮に知られ、弟は結局処刑されてしまった。それを庇って反撃しようとした誠次も銃で撃たれ、海に落ちた。どうみても助かる状況ではなかった。

ところが、運よく漁船に助けられ、病院に収容されると、なぜか警視庁の組対の監視下におかれることになった。神宮のグループをずっと監視している刑事たちがいたのである。

傷がなんとか癒えると、警視庁の組対は、誠次に、容姿を完全に変える手術を受けて神宮のグループに潜入することを持ちかけた。警察なんて大嫌いな誠次は、その提案に絶句したが、神宮に対して弟の仇をとるためなら、と必死でその提案を入れた。

そして、暴力団崩れの肩書きを騙って、なんとか神宮のグループに潜入し、再び戦闘に従事するようになった。ところが、いくら容姿を変えようと、戦いの「棋風」のようなものはどうしても変えられない。そこで誠次は、次第に仲間たちに正体がばれていく。そんな緊迫感を抱きつつ、なんとか神宮に迫ろうとする誠次の人間の業の深さに、私は心打たれたのだった。

八神瑛子シリーズとはまた違った陰影を帯びていて、それでいてバイオレンスは相変わらず冴えている作品なのだった。

秀才の裏表

user-pic
0

先日、瀧本哲史著、「戦略がすべて」新潮新書という本に関するコメントを書いたが、その本ではまさに戦略的に極めて重要のことが見落とされていると、今気づいた。すなわち、瀧本氏は、麻布から東大というエリートコースを進み、今は京大産官学連携イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授なのだから、極め付きの秀才である。

そういう経歴と能力なので、秀才であればあるほどいいみたいな、秀才positivismを主張しているが、純粋学問ならともかく、ビジネスの世界では多分まずい。なぜなら、偉大な能力の持ち主は、必ず偉大な欠点をもっているのであり、秀才を取りそろえると、それは一方で、知らない間におそろしいほどの欠点をかき集めていることになる。

すると、原子炉の核分裂生成物のような欠点を取り崩してくれるトリックスターというか、スカベンジャーのような人を要するのだが、それは、パラダイムの中心から外れた、無能のように見える人材でなくてはならないので、もしいたら、たまたま追い出されないで居残っているだけである。合理性を追求する組織なら、トリックスターも、スカベンジャーも居場所がない。

このことをうまく表現しているのが、海堂尊のチーム・バチスタの栄光に出てくる田口医師である。

東城大学医学部付属病院にあって、田口医師は、論文も全く書かないし、さしたる業績もない、まさに窓際医師なのだが、そんな田口医師に次々に重要な役割を与えていく高階院長はまさに、トリックスターの役割を期待したのだった。

しかし、孤軍奮闘しても、田口医師だけでは滓のように溜まった、秀才たちが吐き出した欠点をスカベンジするには力不足だった。なので白鳥という強烈なスカベンジャーの助けが必要だった。

一方、私の経験について述べてみる。すなわち、また外資系時代の話なのだが、私がいた部門は、基本的に複数の弁理士が中心メンバーで、それ以外の人達は、単なるサポートで雑用係に過ぎないという位置づけだった。

当時、当時の弁理士試験は今より難しく、すると部門は秀才の集まりということになるのだが、どうしても特定の分野の秀才というのはベクトルが揃ってしまうので、スキルに大いなる偏りが出てしまう。私の観察ではその弊害があちこちに出ていたのに、既存パラダイムに染まった人達は、そういう問題点がなかなか理解できなかった。むしろ、もっと弁理士を増やすことで問題を解決しようした。それは、ビタミンと繊維質が不足して体調が悪化しているのに、野菜でなくさらに肉を食べることで健康を回復しようとしているようなものだと私は思った。そこで、私はコンピュータなどのスキルを以て、少しでもそういう偏りを補償しようと努力したのだが、孤軍奮闘ではどうしようもなかった。

ともかく、そういう孤軍奮闘を蔭で見ていて、なんとか部門を立て直そうと、私を管理職に登用したマネジャもいたのだが、私とその部下たちだけでは多勢に無勢で、なかなか部門のバランスを保つまではいかず、私も異様な努力を強いられて、なんども壊れそうになった。そして、私が管理職を降りてしまうと、結局、バランスが崩れて、以前以上に部門が荒廃してしまった。

要するに、秀才であればあるほど、却って大きな欠点をもつので、別の人達がその欠点をカバーしてなくはならない、という発想はなかなか理解してもらえなくて、困るのだった。

4月4日から4月10日まで、NHKの総合テレビで、水泳のオリンピック選考競技の放送があった。今まであまり水泳競技の番組は観なかったのであるが、ココナッツオイルを摂るようになってから、いろいろなことに興味が広がった。

別の理由は、家内の趣味が水泳で、水泳競技の番組を観ていると、家内がいろいろ説明してくれるので、普段は少ない夫婦の会話が補える。

さらに別の、一番メインの理由は、私が、水泳界の若手ホープ、池江璃花子のファンだからである。まだ高1なのに、鈴木京香ばりの美人で、気品がある。それでいて、最早日本水泳界のエースといってもよい実力がある。

それで、早く池江璃花子が出ないかなと競技をみていて、派遣標準記録なるものがあることを知った。私は会社では一応派遣社員の身分であるが、派遣標準記録の派遣は、オリンピックに選手を派遣する、すなわち代表として送り込む、という意味である。

派遣標準記録は、200メートルバタフライ、100メートル平泳ぎなど、各競技ごとに設定される。オリンピックに出場するためには、予選を勝ち抜いて決勝に進むことが必須であるが、予選では派遣標準記録は関係ない。ともかく上位何人かに入ればいい。

そして、決勝でオリンピックに出場するためには、2位以内に入り、且つ派遣標準記録を上回らなくてはならない。

私は最初、派遣標準記録なんて普通の目安のようなタイムで、要するに決勝で2位以内に入ればいいんだろ、と思っていた。ところが、この派遣標準記録が相当に難物なのだった。例えば、50メートル自由形での派遣標準記録は、私の記憶が正しければ、日本記録と同等のタイムにセットされており、そのレースで池江は1位だったが、その競技ではオリンピック代表の地位は得られず、要するにその競技では誰もオリンピックに出れないということである。そうなると、一応3位までの人にはメダルが授与され、表彰式もあるのだが、折角1位になっても派遣標準記録を超えないと憮然としている選手が沢山いた。

ところが、競技種目によっては、派遣標準記録がそれほどタイトでない場合がある。このあたり、どういう基準で派遣標準記録がセットされるのか、水泳が素人の私にはさっぱり分からない。

ともかく、200メートルバタフライでは、池江璃花子は、決勝でゆうゆうと派遣標準記録を超えてぶっちぎりで1位になり、ついにオリンピック代表を獲得した。私は観ていて、もともと池江璃花子は最有力視されたいて選手なので、勝って当然で平然とインタビューを受けるものと思っていた。ところが、感極まって泣き出し、ほとんどしゃべれないほどだった。

私は、そもそもほとんど恋愛というのがなかったので、女を泣かした経験もない。振られて私が泣いたことはあるが。ただ、何年も女性の部下を抱える管理職だったので、女性同士の軋轢で泣き出す部下を宥めることはあり、そういうとき、どう声をかけていいのかわからず、おろおろして、実に役に立たない管理職だった。そういう記憶が蘇って、池江の涙顔をみてついおろおろしてしまった。

別の競技で次に池江がオリンピック代表を獲得したときは、もうそんなには興奮しなかったが、私はそこに、まるで里見香奈のような女勝負師のど根性をみてとった。そして、こんな日本語の表現があるのかどうか知らないが、いい意味で私は池江に幻滅した。単なる清楚な女子高生ではないのである。どうみても適切な表現ではないが、ヤクザの姉御のようにも感じた。

その一方で、池江は、競技が終わったあと、最強のライバルである塩浦慎理に、髪の乱れを優しく直してもらっていた。まるで、姉が妹の面倒をみるように自然で、ああ、池江は、先輩たちにも可愛がってもらっているんだと嬉しくなった。

おっと、忘れてはならないのは、北島康介の引退である。33歳にして背水の陣でオリンピック代表をかけて臨んだ選考会だったが、小関や立石という旬の若手の壁を破れず、決勝まで進んだものの、五位に終わった。準決勝で、「レベルたけー」と漏らしたのには笑ってしまった。

引退会見のインタビューの一言一言もなかなか含蓄があって、今更私はやっと北島のファンになった。

ということで、今後も競泳の番組があれば、時間の許す限り観て応援するつもりである。池江だけでなくその他の有力で魅力的な選手も沢山知ったことだし。

新刊書店でたまたま、瀧本哲史著、「戦略がすべて」新潮新書をみかけて、ん?と手に取ってみたのだが、単に素朴に努力する、というなんの戦略もない生き方をしてきた私は、こういう本が苦手で、すぐに元の位置に戻した。そして、別の目的の本を買って帰ろうとしたら、この本が、「おい、お前、俺を買わないで帰るのか?」と呼びとめようとする。振り切って帰ろうとしたのだが、なんとなく気になるので、「ったく、買えばいいんだろ。」とその本も追加で買った。

こうして、帰宅すると、実質的にレイテンシなしでこの本を読み始めた。とりあえずいったん積読してアニールする癖がある私には珍しい。

さて、著者の瀧本哲史氏は、東大法学部卒で、京大産官学連携イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授であって、みるからに尖った秀才である。ちなみに尖った秀才とは、まったく皮肉な意味ではなく、私にとってかなり実質的な賛辞である。

この本は、24の必勝パターンからなる、という。なんか、最近棋書コーナーでみかけた、コキゲン中飛車で勝つための7つの鉄則と18の心得、みたいな本だな、と場違いな感想を抱いたが、ともかく、24の必勝パターンを列挙して、私なりに拙い感想を述べてみたい。

  1. コケるリスクを排除する
  2. 全てをプラットフォームとして考える
  3. ブランド価値を再構築する
  4. 「儲ける仕組み」を手に入れる
  5. 資本主義の歩き方を学ぶ
  6. コンピュータにできる仕事はやめる
  7. 人の流れで企業を読む
  8. 二束三文の人材とならない
  9. 勝てる土壌を作り出す
  10. 多数決は不毛である
  11. 人脈とは「外部の脳」である
  12. アナロジーから予測を立てる
  13. ネット上の炎上は必然である
  14. 不都合な情報を重視する
  15. 若者とは仲間になる
  16. 教養とはパスポートである
  17. 優秀な人材を大学で作る
  18. エリート教育で差別化を図る
  19. コミュニティの文化を意識化する
  20. 頭の良さをスクリーニングする
  21. 入試で人間力を養う
  22. 勝ち組の街を「足」が選ぶ
  23. マーケッティングで政治を捉える
  24. 身近な代理人を利用する

コケるリスクを排除する、というのは、仕事のコモディティ化したところと、管理的というか戦略化したところを見分けて、次第に戦略化したところを扱うように成長しなさいという意味らしい。まあ確かにそうだろう。私はコモディティ化した仕事の職人でもまったく構わないし、そういう達人を目指すのもありとは思うが。

全てをプラットフォームとして考える、では、私もいつも、有利だよね、と考える電鉄会社が出てくる。たしかに黙っていても電車にはみんな乗る。そして、路線にからめてデパートやショッピング・モールをつくったりする。まあでも、マイクロソフトやグーグルのように一代でプラットフォームをつくるのって、超絶的だよね、と私はただ思う。

ブランド価値を再構築する、というのは、東京オリンピックを成功裡に誘致できた、という話なのだけれども、要するにソフトパワーの話なのかな、ということになる。

「儲ける仕組み」を手に入れる、というので面白いのは、たいていの学習可能なスキルは高収入につながらない、という命題である。例外だらけの命題のような気がするが、たしかに弁護士などは、次第に高収入が得にくくなっている。そして、使われるのでなく、使う側にいなくてはならないというのだが、そうは言ってもね、で終わるような命題でもある。

資本主義の歩き方を学ぶ、では、RPGゲームが引き合いにだされ、資本主義の歩き方を学ぶにはRPGゲームは有用だと説かれる。あと、麻雀もそういう意味で有用なのだと言われるが、囲碁や将棋はひきあいに出されない。囲碁や将棋は、コモディティな専門職への途なのだろうか。

コンピュータにできる仕事はやめる、という命題は、コンピュータでできる仕事と、人間ができる仕事をきちんと分けられるという素朴な考えなのだろうか。私はコンピュータになったふりをして仕事するのが好きで、それなりに成果も挙げているつもりなのだが。

人の流れで企業を読む、は、人の出入りで企業を評価するというある意味当たり前の話。

二束三文の人材とならない、というのは要するに、自分がいる職場を、時代に合うように変えるというのだが、二束三文の人材とならない、というタイトルと違うような気がする。

勝てる土壌を作り出す、とは、楽勝でできることを徹底的にやる、というのだが、それはまあわかるような気がする。ただ、それで成功するには方向付けが重要である。

多数決は不毛である、はコメント不要と思う。

人脈とは「外部の脳」である、もまあ当たり前なのだが、さいきんめっきり人脈不足の私は、どうしようもない。

アナロジーから予測を立てる、は命題として普通であるが、北海道の成功がとりあげられているのが意味がある。

ネット上の炎上は必然である、という命題は意味がよくわからかった。どうも、炎上しやすい情報は、価値が高いかもしれない、という意味らしいが。

不都合な情報を重視する、は新聞記事の誤報の話だが、新聞記事の偏向や誤報は普通の話である。

若者とは仲間になる、は同感だが、当然である。しかし、私のような歳になると、どうやって若者に相手してもらえるのか、わからない。

教養とはパスポートである、というのは教養の俗な定義だよね、と思う。

優秀な人材を大学で作る、というけど、優秀な人材って、つくれるのだろうか、という普通にソクラテス的疑問を私はもつ。

エリート教育で差別化を図る、は古典的命題なので、いまさら蒸し返してどうする、と思ったりする。

コミュニティの文化を意識化する、において面白かったのは、部活が人生を通して影響を与えるという命題で、確かに私において、将棋部の影響は大きい。

頭の良さをスクリーニングする、は英語入試の話なのだが、そんなに英語で能力を測定することが意味があるのか、私は分からない。

入試で人間力を養う、もちょっと入試を買い被りすぎなのではないか。まあ、東大に沢山入る進学校出身なので、そういう発想になるのも無理もないが。

勝ち組の街を「足」が選ぶ、というところで、面白いと思ったのは、敗者の企業でなく敗者の個人を救え、という命題だが、企業を救うことが個人を救うことになるので、難しい。

マーケッティングで政治を捉える、は政党のイメージの差別化の問題であるが、ちょっと理解できない。

身近な代理人を利用する、は地方議員の存在の薄さを指摘するが、本当にそうだろうか。

以上、あまりに多くの命題を扱い過ぎて、発散しているような印象もうけたが、それでも、いろいろ考えさせるという意味で面白かったともいえる。案外再読するかもしれない。

待望の名人戦第1局が始まった。天彦が後手だと、先手が居飛車党の場合、ほぼ戦型がきまってしまう。なので、予想どおり、横歩取りとなった。私はこういう風に戦型がはっきり決まってしまう、というのをあまりいいこととは思わない。狙い撃ちされてしまうからである。なのに、プロでも、私の知り合いの棋友でも、このことを批判する声を聞かない。きっと今まで圧倒的に勝ってきたからである。しかし、天彦は棋王戦で渡辺に防衛され、微妙に潮目が変わってきているように思われる。さて、例によって、25手目まで進める。

【図1】 25手目▲3六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
後手が△7二銀としたとき、先手は▲4八銀か▲3八銀で、単に▲3六歩は、前例がないわけではないが、かなり珍しい。以下、△7四飛,▲3五歩,△2五歩,▲同飛,△7六飛,▲7七角,△同角成,▲同金,△3六飛,▲3八銀,△3三桂,▲2四飛と進み、ここで封じ手となった。

【図2】 38手目△2三銀まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩2



持ち駒:▲羽生=角歩3
ここでは手が広いが、封じ手は、私も予想した△2三銀だった。以下、▲8四飛,△8三歩,▲8五飛,△2六飛,▲2七歩,△2四飛,▲4六角と進み、この▲4六角を狙って△4四歩が好手だった。以下、▲8六飛,△4五歩,▲3七角,△6二玉,▲9六歩,△7四飛,▲6八玉,△2四銀,▲7六飛,△同飛,▲同金と羽生は飛車交換を迫った。

【図3】 58手目△4三角まで
持ち駒:△佐藤天彦=飛歩



持ち駒:▲羽生=飛歩2
ここで、△4三角が、3四の地点をカバーするとともに△3二金に紐をつけて、評判がいい手だった。以下、▲7七金,△3五銀,▲2一飛,△4六歩,▲同歩,△2六歩,▲同歩,△3一飛,▲同飛成,△同金,▲7八玉,△7一玉,▲6八銀,△8二玉,▲5六歩,△3四角と進んだ。

【図4】 75手目▲4八角まで
持ち駒:△佐藤天彦=飛歩



持ち駒:▲羽生=飛歩4
ここで▲4八角が検討陣が推す好手である。以下、△3二金,▲7五角,△4二金,▲3六歩,△4六銀,▲4四飛,△4五飛,▲3四飛,△7五飛,▲4七歩,△2八歩,▲4六歩,△2九歩成,▲6六角,△7七飛成,▲同銀と、なんとも激しい変化だが、知らないうちに先手が駒得になっている。ここでは先手よしらしい。

【図5】 92手目△1九とまで
持ち駒:△佐藤天彦=角金桂香歩



持ち駒:▲羽生=飛銀歩2
しかし、天彦も、じっと△1九とと香を補充して、差を詰める。以下、▲5八金,△6五金,▲3三角成,△同金,▲同飛成,△7四香,▲3一龍,△4一歩,▲同龍,△8五桂,▲3二飛,△7七桂成,▲同桂と進んだ。

【図6】 106手目△5一銀まで
持ち駒:△佐藤天彦=角2



持ち駒:▲羽生=金銀桂2歩3
しかし、△5一銀と一枚使わざるをえないのでは、いかにも苦しい。そして、羽生の▲8六桂が将来の頓死筋をみてうまい。以下、△7七香成,▲同玉,△8五角と、天彦が攻防に角を打ったが、

【図7】 111手目▲6二香まで
持ち駒:△佐藤天彦=角桂



持ち駒:▲羽生=金銀桂歩3
▲6二香が勝ちを読み切った手である。以下、天彦は、△7六金,▲6八玉,△6六桂と怪しく迫るが、詰めろではないので、▲6一香成と金を取られ、△5八桂成,▲同玉,△6七金,▲4七玉となったが。

【図8】 120手目△9四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=角金歩



持ち駒:▲羽生=金2銀桂2歩3
一旦、△9四歩と詰めろを消さざるをえない。しかし、ここで羽生の▲7五金が決め手で、実はこれが詰めろなのだった。以下、△5七金,▲3七玉,△1八とと、天彦が詰めろをかけたが、▲7二飛成,△同玉,▲7一成香,△8二玉と進んで。

【図9】 投了図 129手目▲8一成香まで
持ち駒:△佐藤天彦=飛角金歩



持ち駒:▲羽生=金銀2桂3歩3
▲8一成香で、即詰みである。以下、△同玉,▲5一龍,△7一金に、▲7二銀で、△同玉なら▲6二金以下簡単。▲7二銀に△9二玉だと、以下▲8三銀成,△同玉,▲8四銀以下、これも簡単。といいつつ、私はぱっと見、なかなかわからなかったのだから、偉そうに言えない。

さて、【図5】では最早天彦が不利で、【図4】では形勢不明だったはずなので、形勢の差分方程式によれば、【図4】から【図5】に至る手順中に、天彦の敗着があるはずである。それはどれだろうか。それとも【図4】で既に先手よしなのだろうか。もしかして、76手目△3二金が甘くて、△5六角と攻め合う手がよかったという可能性もある。

ともかく、天彦は、次の先手番の角換わり腰掛銀から、立て直すよりない。

同級生

user-pic
0

歳を取ったせいか、昔知り合いだった同級生が何をしているのか微妙に気になったりする。例えば、対抗的メンタリティで言及したHさんも、気になっていた同級生の一人である。

さいきんウェブ検索して、ある二人の同級生の近況を発見して、へぇそうなのか、と興味をもった。二人はたまたま、姓をイニシャル表示すると同じになってしまうので、かりにAさん、Bさんとする。

Aさんは、大学の将棋部の同級生であるが、新入部員の頃、Aさんの方が私よりかなり将棋が強く、いつも負かされていた。私が負かされる人は他にも沢山いたのだが、どうもAさんはニヒルというか、いかにも垢抜けない私を馬鹿にしているようで、苦手だった。

そんな私も努力して、なんとか最低限レギュラークラスの棋力になった。さあなんとかAさんにも簡単にも負けないぞと思っていたら、Aさんは知らない間に将棋部に顔を出さなくなった。その後の噂では、工学部の電気系だったAさんは、真面目に勉強してどこか一流会社に就職したらしいが、別にそんなにAさんのことに興味もないので、忘れてしまった。

で、最近驚いたのは、ウェブ上で、Aさんの名前を九州の電力会社の組織変更の辞令のアナウンスでみたときである。なんと、取締役執行役員の中にAさんの名前があった。電力会社の取締役執行役員というのはかなりの地位で、偏見かもしれないが、将棋部では高い地位に就いた人をほとんど知らないので、最初は同姓同名の別人かと思った。しかし、経歴で出身地や卒業年度を調べていくうちに、どう考えても私が知っているAさん以外ありえないと判断した。しがない派遣社員をやっている私にとって、どうやったら一流企業の取締役執行役員なんてなれるのか想像もつかない。さらに調べていくと、Aさんは趣味が将棋から囲碁に転向し、日本棋院の理事にもなっているようである。すると、すべては出世のためか、見事じゃ、と感心した。どうも世の中というのは、ある程度、求めよ、そうすれば与えられるだろう、という側面があるのだろう。私のように、求めたって、そんなもんなんぼのもんじゃい、と思う時点で負けているということである。

次のBさんは、高校の同級生である。高校のとき、クラスで友達と何かしゃべっていたら、私は、地味なようで意外にキャラが立っているのだろう、ちょっと不良っぽい同級生に、おい、お前生意気だぞ、とからまれた。それがBさんだった。どうみても強そうなので私は引いて、静かにした。そんな出会いだったのに、なぜか親しくなったのは、どうも卓球を介してらしい。私のことを卓球部だと知ったBさんは、卓球なんてまともにやるスポーツじゃない、と私を馬鹿にする。最近では卓球はメジャーになったが、当時は確かに地味だった。そういうBさんであるが、中学時代は卓球部にいて、福山市で優勝して県大会に出ている。しかし、高校になって今更卓球なんてと、ラグビー部に入った。まあ確かに、彼の立派な体格ならラグビーの方が似合っている。

で、親しくなって彼といろいろ話すと、彼の家は自動車学校を経営しているという。すると、お前が将来は、自動車学校の社長か、と聞くと、まあそうだろう、という。ともかく、Bさんとは全くタイプが違うのに妙に気が合い、授業中に二人でふざけて騒ぎ、よく先生に注意されたものである。

その後、文系理系のクラス分けから次第疎遠になったが、最近彼の自動車学校のホームページをみたら、Bさんが社長としてどこかで講演するシーンと談話があった。写真の面影は昔とほとんど変わっていなかった。その内容は要するに、彼の自動車学校がハローワークと提携して、フォークリフトや大型特殊などの免許取得を支援し、再就職の面倒もみているというものだった。ウェブで口コミをみても、彼の自動車学校は、教官が親切で丁寧、となかなかの評判だった。おおBさん頑張っとるな、と不意に目頭が熱くなった。また、家内に聞くと、たまたまだが、昔、家内は彼の自動車学校で免許を取ったのだった。まあ一時期であれ、自分と相性がよかったような人はみんな真面目で努力家でいい奴なんだ、と相当我田引水のようなことを考えたりした。

以上、人生いろいろあらあな、という雑談であった。

私は海堂尊のバチスタ・シリーズは結構気に入っているのだが、去年の10月に「イノセント・ゲリラの祝祭」を読んで以来、バチスタ・シリーズは休止していた。しかし実は、「イノセント・ゲリラの祝祭」を読んでいたとき「アリアドネの弾丸」も買っていたのであり、それを読み始めるまでブランクが空いたのは、おそらく、圏論やコンピュータによる定理の証明のような話題に関心が向いたからかもしれない。

ともかく、久々にバチスタ・シリーズの「アリアドネの弾丸」を読み始めたら、まるで故郷に帰ったように一気に本の世界に入っていった。

「アリアドネの弾丸」では、田口医師がなんと、高階院長の指名で、エーアイセンターのセンター長になる。エーアイといっても、海堂尊の小説なのだから決して人工知能ではない。オートプシーイメージングである。ところが、いくらなんでもそれはないのではと思ったのは、田口医師はCTもMRIも全く素人なのである。

しかしそこは高階院長の深謀遠慮で、エーアイセンターには、斯界の権威を集めてくる予定なので、センター長に権威をもってくると、力のバランス上うまくいかない。それで、放射線医学はど素人だが、妙にバランス感覚がある?田口医師が就いたという次第なのだった。

果たして、副センター長には、本来の権威者である島津准教授、法医学の笹井教授、とここまではいいのだが、彦根新吾、桧山シオンなど意表をつくメンバーが集い、さらには警察からも加わった。

そして、エーアイセンターは、すさまじい陰謀に晒され、殺人まで起き、東城大学医学部病院は、存亡の危機に陥った。頼みの加納警視正と玉村警部補は、あいにくの米国出張である。

そこで決然と謎に挑んだのが、例によって白鳥圭輔、MRIの知識を駆使して、且つ周囲のエキスパートたちの助けを借りて、相手の陰謀を一歩一歩暴いていった。

田口はというと、センター長は名ばかりで、白鳥に奴隷のごとくこき使われ、右往左往するばかりだった。

それにしても、「アリアドネの弾丸」は、「ジェネラル・ルージュ」や「イノセント・ゲリラ」から原点回帰して、本格ミステリー仕立てとなった。さらに特徴づけるのが、MRIとエーアイを駆使した、もしかして海堂尊にしか書けない、放射線医学ミステリーなのだった。

しかも最後の解説が、島田荘司というのだから、ミステリーファンには堪えられない。といいつつ、あれっ、私は島田荘司の小説、読んだことあったっけ。まあそのうち読むということにしておこう。自分で自分を白けさせてどうする、なのだった。

これも、ヒクイドリ、白鳥の毒気にあてられたせいである、とブログには書いておこう。

以前に、TIMEの記事を基に、アルツハイマー発生の仕組みを書いたが、ちょっと前の記事だが、TIMEの2月29日号によると、フランク・ロンゴというスタンフォード大薬学部の学者が、アルツハイマーの新しい治療薬を作り出したという。以下、この記事に基づき、私なりにまとめてみる。

アルツハイマーが最初に発見されたのは1906年で、2000年依頼、200種類以上の治療薬がテストされたが、未だ有効な治療薬にはなっていない。

ロンゴはいう、われわれはネズミのアルツハイマーは何度も治療してきたのに、どうして人間では駄目なのだ、と。

しかし、ロンゴの新薬、LM11A-31は、人間のアルツハイマーを治療しえるキーとなるかもしれない。ロンゴは、アルツハイマーの薬を開発するために、PharmatrophiXという会社をつくった。現在、LM11A-31は、フェーズⅡにある。

従来のアルツハイマーの治療薬は、ひたすらタアミロイドを除去することにフォーカスしてきた。しかし、LM11A-31は、アミロイドに働きかけるよりもむしろ、脳細胞を強化するように働く。

すなわち、LM11A-31は、アミロイドが蓄積しても、脳細胞の活性を保つのである。

また、70歳以上の人の30%は、アミロイドが脳細胞に蓄積していても、痴呆の症状を呈していない。

ともかく、まだはっきりとはいえないが、LM11A-31は、アルツハイマーの治療に有望かもしれない。

知り合いから、マックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を読了したと聞いて、ええっ、あの難解な本をよく読めたものだと感心した。

私は以前に中公バックスの「マックス・ヴェーバー」をもっていて、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」も最初の方だけ読んだような気がするのだがなにしろ全く内容に記憶はない。そこで中公バックスの「マックス・ヴェーバー」を読み直そうと思ったのだが、捨てたつもりはないのだがどうしても見つからない。なので、岩波文庫の大塚久雄訳のものを買ったのだが、これは正解だった。というのは、1989年の改訳版で、読みやすくなっていたからである。

それで知り合いの示唆により、途中の膨大な注釈は無視して、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」を読み始めた。なにしろ難解な本なので、巻末の大塚久雄氏による訳者解説を読むことで、論旨に馴染もうとした。確かに、この解説は、本文を読むためのよい触媒だった。

そうして、私もなんとか最後まで読み終えたので、自分なりに内容を要約してみる。正しく要約できている自信は全くない。

まず、ヴェーバーの観察によると、資本家、企業家、熟練労働者は、プロテスタント的色彩を帯びている。すなわち、ローマ・カソリック教会の旧規律が形式的だったのに、新しい規律であるプロテスタント的色彩、より具体的にはピューリタニズムは、家庭生活と公的生活の全体に亘って、厳しく厄介な規律を課すものだった。資本家、企業家、熟練労働者は、自発的にピューリタニズムを受け入れた。

すなわち、逆説的であるが、ピューリタニズムは経済的合理性と親和性があった。資本家になるということは、経済的ということを一度抽象化する必要があった、ということなのだろうか。

そして、ここでピューリタニズムというとき、ルター派よりもカルヴィニズムの方が資本主義精神に馴染む。要するにカルヴィニズムは、純粋に神の意図の実現として賃金の獲得、勤勉、そして禁欲を説く。それはまた、天職(Beruf)の概念につながる。それは、労働の自己目的化であるともいえる。

経済的な自己破壊に陥らないためには、伝統的でない独自な倫理観が必要というのだが、それがなぜピューリタニズム、あるいはカルヴィニズムなのか、私にはどうしてもやや牽強付会感は免れなかった。それは私がピューリタニズムというよりもキリスト教思想に全く馴染みがないせいだからかもしれない。

もともと、キリスト教は金儲けに対する嫌悪があったはずである。ところが、米国においてベンジャミン・フランクリンの時代に、利潤の追求が天職になっていった。そうなったきっかけは、修道士的禁欲を世俗的道徳より高く考えたりしないというルター派の考え方にあるのだが、それだけでは資本主義の精神につながるものではなかった。前記したように、禁欲的プロテスタンティズムこそが資本主義精神なのであるが、禁欲的プロテスタンティズムは代表的に以下の四種類に分けられる。

  1. カルヴィニズム
  2. 敬虔派
  3. メソジニスト派
  4. 洗礼派運動から発生した諸信団

さて、カルヴィニズムの教義は、現世にとって定められたことは、神の自己栄化だけであり、選ばれたキリスト者が生存しているのは、選ばれたキリスト者が生存しているのは、それぞれの持ち場にあって神の戒めを実行し、現世において神の栄光を増すためである。

ルターにおいては、職業労働もまた隣人愛から導き出されるのだが、そのことはあまり明確ではない。

カルヴィニズムでは、その初期では、自分が選ばれた者かどうかが分からないということが問題にならなかったが、後になって、そのことが重要になってきた。

ルター派は神の容器たることを強調し、パスカルは静寂主義を採った。カルヴィニズムは神の道具たることを強調し、救いについての不安を取り除くために禁欲的な行為を採った。

結局、カルヴァン派とならんで、プロテスタント的禁欲の独自な担い手になったのは、洗礼派、パブテスト派、メノナイト派、クウェイカー派だった。それらは労働は禁欲の手段であり、天職としての労働に励め、という方針を推進した。すなわち、労働は神の定めたもうた自己目的であり、神の栄光のために働け、という方針になった。

しかし、経済的に合理的な生活態度に向かおうとする傾向は、富の誘惑のあまりに強大な試練に対してはあまりにも無力で、宗教の形は残るが、精神は次第に形骸化していった。

言い換えると、ピューリタニズムのもたらした禁欲と天職義務であるが、ピューリタンたちは、神の栄光のために、単なる仮物のような外衣をまとっていたが、運命(というよりも、人間の本性)により、外衣は鋼鉄の檻と化した。

そうして、末人たち(letzte Menschen)は、最早ピューリタンの精神を忘れ、ひたすら営利活動に励む。その典型が米国人たちとヴェーバーは予想するのだが、それは慧眼というよりも、欲に目がくらみやすい人間という意味で当たり前のような気がするのだが、それは所詮後知恵だろうか。

ともかく私は、ヴェーバーの主張を、ルネサンス後の近代的人間からストレートに資本主義的人間に移行するのでなく、一見資本主義的人間に反するような禁欲的ピューリタンとしての人間を一旦減る必要があった、という命題だと理解した次第である。これもヘーゲルの弁証法の一種なのだろうか。

私のブログにはときどき意味不明なタイトルがあるが、流石にこのブログのタイトルの意味は自明だろう。

先日、例によって電車の中で、週刊将棋の詰将棋を解いていた。まだ休刊になる前のことである。ところが、がっかりするほど手こずるので、一旦思考を中断した。そして、半年以上前、若島の詰将棋を必死で考えていた時期のことに思いを馳せた。あの頃、若島の詰将棋がすらすら解けるまではいかないが、少なくとも週刊将棋の詰将棋は、当時は鎧袖一触だった。

ところで、詰将棋の本でも、詰碁の本でもよいが、まえがきのところに、「一回通りこの本の問題を解いたら、是非繰り返し解いてみて下さい。2回目以降に解いたとき、回答時間が大幅に短縮されているはずです。」みたいに書かれていることがよくある。しかし、経験的にこれは嘘である。なぜなら、最近私は、勝浦九段の「詰将棋道場」マイコミを二度目に解いているが、9手詰のところの5分に初段というのに、20分以上もうなったりしている。要するに初回から全く進歩がないどころか、退歩しているような気がする。

こうしてスキルのシジフォス性が、のそりと現れてくる(loom)。要するに、シジフォス性は、スキルを積み上げようとするあらゆる努力をあざ笑って、賽の河原の積石を崩してまわる鬼なのである。

私はこのように何度積石を崩されたか分からない。もしかして、私の頭の中に、賽の河原の鬼が棲んでいるのだろうか。

そう考えていたら、ある例が浮かんだ。例えば、東大に合格した人は、入試に受かった瞬間に、大学入試テクニックを忘れていくだろう。そういうのもシジフォス性ではないだろうか。しかし、これは違うのである。なぜなら、東大に合格してしまうと、誰も今更大学入試テクニックを復活させようとしない。なので、復活させる意志がないと、シジフォス性は関係ない。私はなんという自明なことを言っているのだろう。

あと、以前、私の知り合いで大学入試の予備校の数学の講師をしている人がいたが、彼がいうには、どんな大学入試の数学の問題でもパターンが頭に入っているので、一瞬みただけで解けるのだという。そのときは感心したのだが、でも本当だろうか。

なぜなら、どんなスキルでも、維持しようとした途端にシジフォス性が圧し掛かってくるのであって、予備校の数学の講師とて例外ではあるまい。だから、あれっ、この問題は・・というケースもあるはずで、私が単に入試問題が苦手なので、指摘できないにすぎないのかもしれない。

まあでも、賽の河原の鬼が崩すよりも速く、石を積み上げろというのが藤沢秀行の「強烈な努力」なのだろう。仕方がないから、今夜は一題詰将棋を解いてから寝ることにする。

認識の徒

user-pic
0

今から4年以上前に認識の徒という記事を書いたが、それは、羽生名人が認識の徒であるのでは、という内容だった。

そこで、今更のように自分の問題として認識の徒とはどういうことか書いてみる。すなわち、私は若い頃、学者になりたくてたまらなかったが、そのためには先ず大学院に行かなくてはならず、そのための資金も能力もなかった私は、半分ふてくされて、サラリーマンとして仕事をしていた。

そしてあるとき、ずっとふて腐れ続けているわけもいかないので、なんとか正当化の方策を考え付いたのは、それでは「認識の徒」になろうではないか、というものだった。おそらく、ニーチェの本かなにかで読んだのだろう。

「認識の徒」を自覚してから、なるべく分かりやすい自分の幸福というのを考えないようにした。そしてその代わりに、世の中の仕組みはどうなっているか、少しでも認識を進めることが重要と思うようになった。

ところが、認識の徒になるためには、どうしても広い知識が必要になる。そして広く浅く本を読むようになって、個別の分野では、一部の分野で深さが失われた。これもまた、ハイゼンベルグの不確定性原理のようなものである。

認識の徒を意識するようになって、人生が少なくとも表面的には、あまりうまくいかなくなった。それはおそらく、不幸な人生の方が世間のことがよく分かるから、という神慮?だろう。

ところが、スピリチュアルの本を読むと、認識の徒であるだけでは片手落ちであるということが分った。すなわち、スキルを活かして実働し、世間の役に立つ必要がある、というのである。

それで、真面目に仕事に努力することが、広い意味で世間にも役立つ、というスピリチュアルの趣旨にも適うと考えるようになった。このあたり、マックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」でもピューリタニズムとして主張されていることである。

私が認識の徒に留まっていたら、あるいは対抗的メンタリティのようなことは貫かなかったかもしれない。しかし、きちんと筋を通していうべきことを言わないと、そもそも認識の徒であることさえ維持できないとあるとき感じた。それでもガリレオは認識の徒だとは思うのだが。このあたりはまた別稿で論じることにする。

極大射程

user-pic
0

ライフルバードに書いたように、スティーヴン・ハンターの「極大射程」(上下巻)扶桑社文庫を買おうと思って、先日、行きつけの書店のひとつである、相模大野のブックファーストに行った。どこにその本があるかわからないので、店員に聞こうと思ったのだが、近くにいない。仕方がないので、検索端末で調べてみたら、みつかりません、と出てくる。ええっ、と怪訝になっていたら、店員が通りがかったので、聞いてやっと本が置いてある場所がわかった。検索端末でみつからなかった理由は、「スティーヴンハンター」と入れるべきところを、「スティーブンハンター」と打ち込んでしまったのだった。一応熟練した特許サーチャーを自負している私としては恥ずかしい。でも、「ヴ」と「ブ」は、特許検索システムでは同一視してくれるはずなのだが、多分。

そして買い置いて、しばらくして読み始めた。すると、聞いていたとおり、確かに面白いのだが、不思議にものすごくゆっくりとしか読めない。例えば、1時間でやっと50ページくらいだったりする。野球でいえば、バッターが、ピッチャーの球筋に慣れていない、というところか。

ああ、そうだった、ゆっくりしか読めない他の理由は、たまたま仕事関係で、誤り訂正符号理論の本を併せて読んでいたからだった。それで結局、「極大射程」の上巻の2/3を読むのに、ほとんど一週間くらいかかり、果たしていつ読み終わるのかと怪訝になった。

ところが、そこから加速して、通勤の往復2回、すなわち6時間くらいで、「極大射程」の上下巻を読み終えた。読み終えた感想は、ううんこれは読んでよかった、といういかにも私らしい、味も素っ気もないものだったが、確かに面白かったのである。それでともかく、ネタバレにならない程度にストーリーの粗筋を書いて、もう少し気持ちのこもった感想も書いてみる。

まず、「極大射程」の絶対の主人公は、ボブ・リー・スワガー。ベトナム戦争に参加した元海兵隊員であり、おそるべき銃の腕前のスナイパーである。その技術で、数々の武勲をたてた。

しかし、敵のスナイパーの一撃で瀕死の重傷を負い、もう一撃で、絶妙のコンビだった部下のダニー・フェンを失うと、除隊になって帰国した。

その勇名は米国内に轟いたが、退院して懸命のリハビリに努めて肉体的に回復したボブは、多くのベトナム帰りの兵士がそうであるように、深い精神的なトラウマを抱えていた。結婚をしたが破局し、アル中にもなった。

そのあと、山中の住まいに引きこもり、犬と数少ない友人だけと付き合い、銃の手入れをし、銃関係の雑誌を読み、ときどき狩猟のエクササイズをするという日々だった。ここで狩猟のエクササイズとは例えば、鹿の急所を狙いすまして撃ち、殺さないで麻痺させ、角を切って鹿を放つというものである。こうすると、角が切られた鹿に猟師たちは興味をもたないので、殺される機会が減るだろうという、ボブなりの思いやりだった。

あるとき、そんなボブを山中の住まいに訪れる者があった。なんでも、ラムダイン・セキュリティという政府機関の外局のような組織の関係者である。シュレック大佐と、ペインと名乗った。

用件は、ボブの腕前と経験に着目して、射撃のコンサルティングのようなことをしてほしいというものであった。ボブは怪しいと感じつつも、射撃のこととなると大いに興味を引かれた。そして、ラムダインの施設を訪れ、最高の弾薬でテスト射撃をしているうちに、ボブは上機嫌になった。

そして、それを見計らって、シュレック大佐に用件の詳細を切り出した。それは、ある重大な要人暗殺計画が示唆されており、それを阻止したいので、知恵を貸してほしいというものだった。さらに、相手のスナイパーが、まさにベトナムでボブとダニーを撃ったロシアのソララトフかもしれないと示唆されるに及んで、ボブの興味は沸騰した。一流の策略家であるボブも、名誉心と復讐心を刺激されると、少し脇が甘くなる。

そして案の定というか、実際に要人暗殺事件が起きると、ボブは、極めて巧妙な罠で、犯人に仕立て上げられていた。まさにボブのスナイパーとしての名声が仇になった。こうなるとボブは懸命に逃げるしかないが、アメリカ中の人が敵で、四面楚歌どころか百面楚歌で、人里離れた森の中に逃げ込むしかなかった。そこで、ベトナムで鍛えたサバイバルスキルを駆使して生き延びた。そして、しばらくたって、ある女性の許を密かに訪れた。それは一種の賭けだったが、幸いにも女性に介抱され、次第に健康を取り戻した。

一方、FBIでは、捜査官のニック・メンフィスが苦境に立たされていた。じつはニックは、要人暗殺事件の警備を担当していたのだが、逃げてきたボブに銃と車を奪われるという大失態を演じた。その失敗を取り戻そうといろいろな証拠を探しているうちに、ラムダイン・セキュリティの関与に疑念をもった。そのことで、ニックはラムダインに目をつけられた。

そして、ボブが突然現れた事件でニックは、ボブに再び出会うことになった。FBIの捜査官であるニックは、ボブを逮捕すべき立場なはずなのに、知らない間にボブと運命共同体になっていった。そして、天才的なスナイパー兼策略家である、将棋でいえば羽生と大山を足したようなボブと、羽生の研究パトーナーの長岡五段のような実直なニックは、なかなかにいいコンビで、ラムダインに挑んでいった。

ここからはストーリーの佳境なので省略するが、ストーリーは特に銃に拘らない第一級のハードボイルドで、けっしてミリタリーオタクではない私にも十分楽しめた。すなわち、スナイパーのスキルと玄妙さを、圏論のように将棋のそれにプロジェクションして悦に入ったりもしていた。

一方で、米国で銃撃事件が起きるたびに、私は今までは全米ライフル協会のコメントに憤ってきたのだが、今後は少しだけその反応が変わりそうである。別に、ボブ・リー・スワガーというか、スティーヴン・ハンターに義理はないのだが。

中鎖脂肪酸で言及したココナッツオイルであるが、そこにも書いたように、カラオケや将棋などに興味が広がったという効果があった。

もともとココナッツオイルはアルカロイドのような刺激物ではないので、劇的な変化をもたらすことはありえないのだが、それでも多少精神的な変化はもたらしたと思うので、重複をおそれず、そのあたりを記述してみる。

  1. まず、前にも書いたが、カラオケで新しい曲に挑戦する気持ちが高まった。ただ、これも付け加える必要があると思うのだが、気持ちの新奇性は高まったとは思うが、新しい曲を覚える能力が高まったとは思えない。なので、何度も繰り返し曲を聞いて歌ってみる必要がある、というのは同じである。
  2. そういう学習能力が高まっていないというのはそうなのだが、それでも、なんというか退屈力というか忍耐力か少し高まった。すなわち、カラオケでも、覚えやすい曲(典型的には、和歌山ブルースがそうか)と、何度聴いてもなかなか覚えられない曲があるのだが、後者でも、諦めないで何度もしつこく聴くようになった。とはいえ、ゲスの極み乙女。の「私以外私じゃないの」を覚えようと何度聴いても無理そうである。やはり自ずと限度があるようである。
  3. さらに、酒を飲んでいて、以前は、特にストレスが溜まっているときなど、つい深酒する傾向があったが、ココナッツオイル効果のせいか、最近では深酒に至る一歩手前で切り上げられるようになった。これは意外に大きい。
  4. また、私はあまり逆上するタイプではないのだが、それでも以前はキレそうになって、必死で我慢することは何度もあった。ところが最近は、以前なら切れそうになったような状況でも、一歩引いてある程度冷静に自分をみれるようになった。
  5. ようするに、以前より熱くならないようになった。それでいて、社会情勢や、俗世間のことに対する関心は高まった。ただ、世論に安易に迎合しそうになる自分をつい発見する。
  6. しかし、物事にはなんでも長所短所が表裏一体なのであって、ココナッツオイルによって沈思黙考性の低下というか、哲学的、宗教的思考が少し平面化したような気もする。なので人里離れて静謐な暮らしを送ったり、宗教的な生活を送る分には、ココナッツオイルはネガティブな影響もあるかもしれない。そこまで書いて思い出したのだが、イランのホメイニ師だったか、朝食はパンなのだが、決してバターを塗らないと何かに書いあったたような気がする。要するに、バターなどの脂肪分は、精神を俗化させる働きがあり、なので宗教家たちは、脂を絶った食事をするのだろう。

数学と体力

user-pic
0

数学セミナーの3月号のある記事を読んでいたら、数学研究と体力の話題が触れられていた。すなわち、ヴェイユとセールという当代一流の数学者が日本にやってきたときに、いきなり寒中水泳して周囲を驚かしたそうで、どうも一流の数学者は体力もある、ということらしい。

そういえば、外資系に勤務していたとき、私が尊敬する優秀な研究員は、自転車が好きで、中国地方に旅行した時に、しまなみ海道を自転車で往復したそうである。私はそういう趣味も体力もないので、流石に偉い人は違うと感心していた。

ただ、私はスポーツや筋力を要することの体力はないのだが、じっくりと頑張る体力というか根気はある。例えば、管理職時代は、10年以上も病気で一日も休むことなく、毎日夜10時や11時まで仕事していた。そういう様子をみていてどんだけ頑張れるのだと呆れられたものだが、それもまあ体力なのだろう。

あと、普段運動していて私よりもずっと体力がある人が、将棋を指したらすぐに頭が疲れて参ってしまったことがあった。私はというと、あまり将棋や囲碁をしない人に比べると、長い時間考えてもそんなに疲れない。なので、頭の体力ありますね、と感心されたことがある。

しかし、将棋仲間と比べると、私は到底頭の体力があるとはいえない。すなわち、私より将棋が強い人は本当にゴロゴロいるが、そういう人たちは確実に私よりも延々と考えることができる。また私はちょっと不利になるともう駄目だとめげてしまうが、将棋が強い人は頭の体力があるだけでなく精神的にもタフで、ぎりぎりまで勝負を捨てない。

そういう将棋の強者が、走って息が切れないかというと、そうでもないかもしれないが、やはり根本的に体力があるはずで、それが証拠に病気になると、確実に将棋は弱る。

そういえば私は、A型肝炎で3ヵ月くらい入院したことがあったが、たった3ヵ月ベッドで寝ていただけなのに、体力の低下は目を覆うばかりで、将棋も銀一枚くらい弱くなり、普段は楽勝の相手にも惨敗したりした。不思議なもので、3ヵ月くらいの入院による体力の衰えを回復するのに1年もかかった。こういうのもヒステリシスというのだろうか。

それにしても、やはり勉強は体力で、試験が苦手な私が、ラッキーとはいえ大学受験勉強を乗り切れたのも、高校の2年半くらい卓球部で鍛えていたからかもしれない。今では到底考えられないが、高校2年のとき、後輩が入部してきたので、みんな、千光寺公園の上までダッシュだ、俺についてこいと、上り坂20分くらいのところに走りにいったら、誰もついてこれなくて、先輩、速すぎますよ、と息を切らしていた。いやあ、あの頃は元気だったな、と今にして思うと嘘のようである。

なので、大学に入って勉強が頓挫した理由はいろいろあって、一つには勉強の才能がなかったのもあるが、スポーツを全くしなかったので、体力が低下したのも大きかったかもしれない。もし体力があれば、多少の勉強のできなさを体力でカバーできたかもしれない。

ううん、大学生活のことを思いだしたら、何度も悪手を指した将棋の感想戦のようで辛くなってきた。だいいち、将棋部に入ったのも決して好手とはいえない。しかし、それを死んでも悪手とは認めたくない自分がいるのだった。なんかスポーツと数学の話題から外れてしまったけど、まあいいか。

このアーカイブについて

このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年3月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。