2016年5月アーカイブ

サイコパスという記事を書いてから、決して多くはないが、複数の知り合いからコメントがあった。また、私自身も、完璧から遠いが、知り合いからコメントに関連し、あるいは独立にいつくか感じたことがあるので、前回述べたこととの重複を懼れず、少しだけサイコパスについて補足してみる。

まず、サイコパスは倫理観が欠落しているが、仕事の実務能力は卓越していて、冷酷に他人を押しのけて昇進する、みたいな世間的イメージもあるが、当たり前のことを改めていうと、サイコパスであることと、仕事の実務能力は独立である。よって、統計的には無能なサイコパスも沢山いる、ということになる。

仕事が無能なサイコパスであったとしても、学歴、家柄、容姿などに恵まれているということはありえる。あくまでもそういうファクターとサイコパスであることは、何度もいうが独立である。

ただ、サイコパスは、もっている有利な特質を最大限利用する。世間には、美人であっても、イケメンであっても、学歴が高くてもなんとなく影が薄く生きている人というのは少なくない。多分であるが、そういう人はサイコパスではない。サイコパスであるかぎり、無駄に美人であるとか、無駄にイケメンである、ということはない。

すなわち、サイコパスは目立つというか、他人の目にとまりやすい。そうなるように持ち前の特質を駆使する。なので、会社組織でも、業務遂行能力とは関係なく、知らない間にサイコパスが高い地位に就けられているということがありえる。サイコパスにしてみれば、得たりであろう。

ここで再び、もっている有利な特質を最大限利用する、というサイコパスの特質に言及する。すなわち、サイコパスは、その地位に付随する権限を最大限に利用する。典型的には人事権である。上司がサイコパスであっても、そうでなくても、有利なポストに登用されること、さらにはそれに伴う昇給などの魅力に抗することができる人は多分多くない。

さてここで、サイコパスのドメインという概念を導入する。いうまでもないが、心理学的に確立された用語ではなく、私がこの場でそう呼んでいるだけである。どういう意味かというと、サイコパスの同族である。すなわち、ドメインとは、サイコパスが倫理的にまともな人であるかのように振る舞う有限の場である。

例えば、大藪晴彦の野獣死すべしの伊達邦彦は紛れもなくサイコパスであり、友人さえ利用するだけ利用したら殺してしまうような冷酷さを発揮するが、両親と姉からなる家族に対してだけはサイコパス性を発揮しなかった。なので、彼には家族がドメインである。これはたまたまであって、親を裏切っても平気なサイコパスもいるだろう。なんにしても、単独では人間はこの世で生きていけないので、どうしてもドメインの存在は必須である。疲れるとそこで、サイコパスの剣を収める停泊地なのである。

戻って、会社などで相応の人事権を与えられたサイコパスは、人事権を駆使して、社内にドメインを構築し始める。要するに、サイコパスと、サイコパス親和性のある人達をドメイン内に集めるのである。それはまさに、属人主義そのものである。

ここで、サイコパスと、サイコパス親和性を区別しなくてはならない。すなわち、サイコパス親和性の人は、サイコパスに出会わなければまともである。しかし、私にもよく分からない理由でサイコパスに魅入られ、どんどんおかしくなっていく。

このほかに、サイコパス・トレラントな人達もいて、そういう人は、サイコパスに同調はしないが、なんとか合せることができる人達である。こういう人は、サイコパス親和性の人ほどは堕落しないが、それでも多少劣化することは免れない。

サイコパスが決して許容できない人達がいて、それは信念として堅固な正義感をもつ人、堅固な常識をもつ人、そしてプレコックス感をもつ人である。

例えば私は、外資系にいたとき、米国出張の際、優秀で人望があって、きわめて常識に富んだある弁護士に出会った。流石米国は違うと感心した。ところが、どうみてもサイコパスとしか思えない人物が高い地位に就くと、その弁護士は真っ先に追い出されてしまった。私は若干の社内人脈を使って米国の知り合いに聞いてみると、どうも上司に、その堅固な常識ゆえに嫌われたようである。確実に次世代を担う人材だったのにと私はとても残念に思った。

プレコックス感をもつ人、というのは説明を要する。すなわち、私は堅固な正義感をもつ人、堅固な常識をもつ人には該当しないが、たぶんプレコックス感は結構強い。例えば、電車の中に、精神的におかしいような人がいると、到底我慢できないで、途中で電車を降りてしまう。大抵の人は不愉快でもなんとか我慢する。一方私は、他人のサイコパス性にも過敏に感応してしまう。それはおそらく私が、サイコパスではないにしても、強迫神経質的で微妙に精神病質だからであろう。最近はかなり落ち着いたが、青春時代は変な妄想に困惑したこともあった。ということで、サイコパスの側では、高感度のサイコパス・センサのような人間は排除したいだろう。少なくとも私は、直観で、短時間でサイコパス的幻惑を見破る。

長くなってきたので、サイコパスのドメインの目的という概念を掲げて、続きは別稿とする。すなわち、サイコパスがドメインを作る目的は、おそらくある自分勝手な目標を達成するための踏み台をつくることである。

それがもし仮に、会社の業績を伸ばすことで自分の地位を強化するためであったなら、私は利用された結果捨てられても、納得はできないが、理解はできたであろう。あまりにも機能主義的な将棋的人生観に基づき、である。

ところが、構築されていくサイコパスのドメインの性質を観察すると、サイコパスが自身の無能ぶりを指摘されないような人材を集めていることに気付いた。

要するに、当該サイコパスは、ある能力に強烈なコンプレックスを抱き、そのことが明るみに出されないような人材を集めることに、もしかして無意識のうちに専念したのである。それは当然に能力主義ではなく、機能主義、効率主義でもない。

私は、将棋的にいえば、わざと悪手を指し続けるような組織の存在がこの世のものとは思えなかった。ドメイン内の限られた人々が恩恵をえるだけである。当然に組織は劣化する。

こういう組織の病理はどんな組織にもありえるが、いま伝統的な日本の会社に転職してみて、官吏主義だと揶揄されても、こちらの方がずっとましだと信じるのは、強固な社内ルールがサイコパスの跳梁を抑えていること、不適切な管理職が長期に亘って恣意的に権限をふるわないように定期的に人事異動があるからである。

私は明らかにカラオケが好きで、スキル・レベルを措けば、将棋と同等くらいにカラオケに馴染んでいるといっていい。そんな私だが、テレビでカラオケ・バトルという番組があると知ってもどうも観る気になれなかった。コンピュータで採点してその点を競ってどうする、みたいな先入観をもっていた。

ところが、家内が観ているのにつられてつい観ていると、おお面白いじゃんと次第に興味をもっていった。なんのかんのといっても要するに私は歌が好きなのである。

で、何度も観るうちに、これは歌のプロレスだよね、と思った。どういう意味かというと、プロレスというのはどうみても誰かがシナリオを書き、それに従ってレスラーがリングで暴れ回るのだが、確実に言えることは、プロレスのレスラーというのは本当に鍛えが入っているよね、ということである。そういう鍛えが入ったレスラーだから、かなり無理なシナリオでもこなすことができる。素人なら即死するかもしれない場面がある。

同様にカラオケ・バトルの出演者たちも本当に歌がうまい。ほれぼれとすることを通り越して、呆れるくらいである。そういう凄腕の人達をもって得点ランキングをつけるので、もし仮にカラオケの得点があるシナリオに従い操作されているとしても、プロレス的な意味で私はありだと思う。

そうやってすっかりカラオケ・バトルのファンになった私だが、今年の3月か4月だったかテレビ番組を観ていると、5月に相模大野の相模女子大グリーンホール(長いので、グリーンホールと称することにする)でカラオケ・バトルがありそのチケットはウェブで申し込んで抽選だという。そこで家内と相談して2人分を申し込んだのだが、流石の大人気のせいか抽選は外れた。まあ仕方ない。

それでがっかりきたというわけでもないが、私にはそういうコンサートには縁がないと思っていると、家内が、新聞のチラシに同窓会コンサートというのが入っていたという。みてみると、場所はやはりグリーンホールで5月末の日程。出演者が西条秀樹、今陽子、辺見マリ、などの超ベテラン歌手からなっているというもので、ううん将棋ならフリークラスかいと思いつつも、外れたカラオケ・バトルのalternativeとしてまあ行ってみるかと申し込んでみた。すると直ぐに当たった。家内はそんな旧い人達の歌はあまり興味がないということで、私一人で行くことにした。

そして、5月28日(土)にグリーンホールに行ってみると、なんとも多くの人が押し寄せていて、ほとんど満席。当たり前かもしれないが、みんな私とほぼ同年代かそれ以上と思われる人達だけである。これまた当たり前かもしれないが大抵は夫婦できていて、私のようにおっさんひとりというパターンはあまりない。♪ひとり上手と呼ばないで♪、と中島みゆきの歌が心に響いた。ともかく、私の買ったチケットは昼の部なので、午後2時開演である。

そして観ていると、出演者は、西条秀樹、今陽子、辺見マリ、尾藤イサオ、小川知子、あべ静江、大野真澄、西口久美子、伊藤咲子、リリーズで、あと、あいざき進也とフィンガーファイブの晃も出演していたような気がするが、なにしろ私はケチって二階席を買ったので、舞台はよく見えない。

で、ともかく余り期待しないで聴いていると、1960年代や1970年代の流行歌ばかりで、懐かしくて涙が出そうになった。で最初に出演者はみんな今ではA級八段ではなくC級2組でもなくてフリークラスかもしれないと思ったが実は元Aクラスで、みんなほれぼれとするくらいうまくて、言うまでもないが、私なんぞ二枚落ちでぶっとばされてしまうと感激した。

しかもみんなベテランの味か、歌の間に挟む語りも絶妙で飽きさせない。折角なので記憶の範囲でどんな曲だったかリストしてみる。ひとりが何曲も歌ったので、これは一部にすぎない。?は、記憶違いかもしれないものである。

  • 西条秀樹 - ヤングマン
  • 今陽子 - 恋の季節
  • 辺見マリ - 経験
  • 尾藤イサオ - 悲しき願い
  • 小川知子 - 別れてよかった
  • あべ静江 - みずいろの手紙(?)
  • 大野真澄 - 学生街の喫茶店
  • 西口久美子 - 太陽がくれた季節(?)
  • 伊藤咲子 - ひまわり娘
  • リリーズ - 恋人もいないのに(?)

結果的に、コンテンツ・リッチで大満足だった。どういうことかというと、選曲やトークで十分観客を楽しませるだけでなく、休憩時間も、バック演奏のチーム2020が、オリジナルの曲を聴かせてくれるし、休憩時間のCD販売コーナーでは出演者自らがツーショットの写真OKと頑張ってキャンペーンしているし、昼の部は16:30終演の予定なのに、そんなことはお構いなくどんどんみんなが歌い、ほとんど17:00時近くまでずれ込んだし、とこういうのをてんこ盛りというのだろう。

ただ、盛り上がったのはいいが、なにしろ3時間近くも歌を聴いていたので、自宅に帰るとどっと疲れた。しかし、この同窓会コンサートは同様に、しかし、全く別の曲で別趣旨で夜の部もあるのであり、私よりも実質的に年上の出演者たちはどんだけタフなのか、と感心してしまった。

いろいろな意味で、自分の歳を感じてしまったが、でも同窓会コンサートは近場であるなら、またそのうち行ってみることする。でも、ライブで歌手の歌を聴くことの楽しさに目覚めたので、唐突だが森山愛子のコンサートというのが近場であったら、それも行ってみたいな、とふと思った次第である。

名人戦第2局で羽生が即詰みを二度まで逃したのはショックだったが、升田の「錯覚いけない、よく見るよろし」にあるように、どんな名手にもそういうことはありえる、といえる。

ところが、名人戦第3局となるとどうだろう。羽生は、作戦負けからそのままあっさり土俵を割ってしまった。羽生のタイトル戦で、これより出来の悪い内容の将棋を私は思い出すことができない。

ともかく、百戦錬磨の羽生なのでここから盛り返すだろうという期待を抱きつつ、それにしては、この不調は、と錯綜する気持ちで不安になりつつ名人戦第4局を観戦した。

私は第4局は、天彦が先手なので、角換わり腰掛け銀か矢倉と予想した。あるいは、羽生得意の完全な手将棋かというところである。ところが、名人戦第2局、第3局から続けて、私の予想は覆されてしまった。なんと、羽生が天彦のお株を奪って、後手番の横歩取りを採用したのである。こういうのは普通、ある程度勝ち星に余裕があるとき採用される。なぜなら、完全に相手の土俵に飛び込んで胸を借りるモードである。それが功を奏したのは、1972年に中原が大山名人(当時)に挑戦した第6局で、2-3とカド番に追い込まれたとき、意表をついて振飛車にしたときくらいではないか。このとき、中原は7局目も振飛車にして名人位を奪取したのだった。ともかく、21手目まで進める。

【図1】 21手目▲8七歩まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=歩2
さて、ここから、△5二玉,▲5八玉,△7二銀,▲3八金,△9四歩,▲4八銀,△1四歩,▲7七角,△2三銀,▲3六歩,△2四飛,▲2五歩,△7四飛,▲3五歩,△6二玉,▲3七桂,△4四歩,▲6八銀,△7一玉と進んだ。先手が▲7七角と上がるのは、手順は少し違うが、去年の王座戦第5局で先手番の羽生も採用した指し方で、ひとつの有力なかたちなのだろう。そのあと天彦は、9筋を攻めたが、本局の羽生は、一目散に美濃囲いに入った。なんとなく後手が工夫に欠けると思ってしまうのだが、気のせいだろうか。

【図2】 41手目▲6九玉まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=歩
しかし、先手が▲6九玉となってみると、先手の玉が安定していて、特に遊び駒もないのに、後手の2三銀、3二金が中途半端で、形勢判断するには時期尚早かもしれないが、既に先手の作戦勝ちを感じる。ああ、まだ羽生の不調は続いているんだ、と思った。ともかく、ここから△9五歩,▲7九玉,△8二玉,▲5九銀右,△8三銀,▲8六歩,△7二金,▲8五歩,△9四銀,▲8六角,△4三金,▲7七桂,△3二銀と進んだ。依然として後手玉の玉頭の薄さが気になる。

【図3】 55手目▲2四歩まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=歩
▲2四歩は自明な封じ手で、以下、△2二歩,▲7五角,△8三銀,▲6六歩,△9四飛,▲6五歩,△4二角,▲8七金と進んだ。この▲8七金が、△9四飛に対する9筋からの逆襲を狙って好着想だった。

【図4】 64手目△5四飛まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲佐藤天彦=歩
そこで羽生は△5四飛と端の圧力をかわしたが、歩越飛車でいかにも窮屈である。ここで私は先手の▲7八玉を予想したが、天彦は単に▲6六角とした。△4五歩を避けたのだろうか。以下、羽生は△6四歩として飛車を捌きにいったが、これは私も予想した手である。しかし、私の素人予想が当たるというのはいいこととは思えない。△6四歩以下、▲8四歩,△7四銀,▲6四歩,△同飛,▲6五歩,△6一飛,▲7五歩,△6三銀となってみると、▲8四歩の拠点が残っているのが嫌らしい。天彦が▲4六歩から圧力をかけていくと、羽生は、△5四歩,▲4五歩,△5五歩,▲4七金,△5四銀,▲5六歩,△6四歩,▲同歩,△6五歩と懸命の反撃である。

【図5】 85手目▲5五角まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲佐藤天彦=歩3
ところが、彼我の陣形の差に鑑みた、天彦の▲5五角が強い手だった。じっさい、▲5五角でなく▲4八角などと引くと、△6四飛で8四歩を払うモードで指されて、混戦になってしまう。それで、▲5五角以下、△5五同銀,▲同歩,△6四飛,▲8六飛と、ついに8四歩を最大限に活用されることになった。ここで、8三銀と打ち込まれてはひとたまりもないので、羽生は△8三歩と受けるが、▲同歩成,△同金と進んだ。

【図6】 93手目▲7一銀まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲佐藤天彦=歩4
そして天彦は▲7一銀と打った。これには当然△7二玉とかわして、えっ、先手の手は続くのかと思ってしまった。なぜなら普通に思いつく▲8二歩だと、もしかして△8四歩で切れてしまうかもしれない。いや、激指は、▲8二歩でいいんだという。すなわち、以下、△8四歩,▲8一歩成,△同玉,▲7六桂で攻めが続くのだという。しかし、本譜の方が明快だった。すなわち、一旦▲6三歩として△同飛とさせた。これが深い読みに裏打ちされた手だということがあとで分かる。そして、以下、▲8三飛成,△同玉と切っていった。ええっ、そんなので寄るのか、思ったのだが。

【図7】 99手目▲8二金まで
持ち駒:△羽生=飛角歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=歩3
俗に▲8二金と打たれると、△9三玉とするしかなく▲8四歩で、これは詰めろではないものの、後手の応手が難しい。これに対しては、後手は△9四角と△8四玉の二択であると思われるが、△9四角には▲8六金,△8四玉,▲8五歩,△9三玉,▲9五金,△8三歩に▲8一金と、桂馬の質駒を拾われて、受けなしとなる。なので、▲8四歩には△同玉なのだが、▲8六金と進まれて依然として羽生は苦しい。しかし、羽生は△8八歩と忍者のような手裏剣を放った。

【図8】 105手目▲8五歩まで
持ち駒:△羽生=飛角歩2



持ち駒:▲佐藤天彦=歩
△8八歩は絶妙手かと思ったのだが、▲8五歩,△9三玉,▲9五金,△8九歩成,▲同玉,△6四飛,▲8四歩,△8七飛,▲7九玉,△8四飛,▲同金,△同飛成と平凡に進んでみると、やはり羽生の敗勢は争えない。ちなみに、▲6三歩を利かせておいたので、ここで△6四飛と受ける手が一手必要という仕掛けである。プロなら当然なのかもしれないが、私はなんと深い読みだろうと感嘆する。

【図9】 117手目▲8三飛まで
持ち駒:△羽生=角金歩3



持ち駒:▲佐藤天彦=歩3
▲8三飛以下は、後手に即詰みはないものの、△8三同龍,▲同金,△同玉,▲8二飛,△9三玉,▲8一飛成となっていよいよ受けなしである。とはいえ、私程度のアマチュアだと、ここで△9二金と打たれたら焦る。じっさいどう寄せるのか。で、考えてみると、▲8六桂,△8四歩,▲8五歩あたりで受けがないか。いや、▲8六桂に△8三飛と受けられると紛れる。しかし、平凡に▲8五桂打,△9三玉,▲7三桂成でいいようである。ともかく羽生は、▲8六桂を嫌って△8六歩とした。そして、▲9一龍に△9二金と合駒すると先手玉が詰まず、後手は受けがないので、▲8二銀不成,△8四玉,▲9二龍で先手勝ちである。そこで羽生は、△8四玉,▲7六桂,△7五玉と形作りした。

【図10】 投了図 129手目▲9五龍まで
持ち駒:△羽生=飛角金2歩3



持ち駒:▲佐藤天彦=香歩3
そして、▲9五龍で詰みで投了となった。以下例えば、△7四玉,▲6五龍,△8三玉,▲8四香で、△9三玉,▲8二銀不成,△9二玉,▲9五龍で詰みである。

それにしても、羽生も懸命に粘ったが、天彦の寄せが見事で、羽生は序盤の作戦負けの差を詰められなかった。羽生の敗因は私には難しすぎてとても分からないが、美馬囲いにしたのがよくなくて、やはり王座戦第5局のように、定法に従って9筋から攻めるのではないだろうか。ともかく、いよいよ名人位が危なくなってきた。果たして防衛できるだろうか。

今からもう20年くらい前だろうか、私が管理職になる前の頃、会社にまだ余裕があったせいか、部門である程度実績を上げた人を、ホテルに招待してディナーなどを提供する、という制度があった。その際、外部講師などを招いて講演などを行うこともあった。幸い私は、複数回に亘って、そのような催しに招待された。

あるとき、たしか一橋大学の米倉誠一郎氏の講演があって、講演以外にも、出席した社員を複数に分けて、何かアイデアを競う、という企画があった。そのとき、私を含めて、いろいろな社員が必死でいろいろな企画を出したが、総評で、米倉氏が、結構頑張ってますが、まだ既成概念に捉われているというか、発想の柔軟性が足りませんね、と述べたのを憶えている。

そのとき、ある程度広く浅い知識があって、発想の視野の広さには自信があった私は、ちょっとショックを受けた。ううん、自分の発想もまだ硬直的なのか、と。

じっさい、私は日常的に、なにかにつけ捉われてくよくよしているが、それは一つの観念に固着して、そこから発想を転換できないからである。典型的には詰将棋を解くとき、それが観察される。すなわち、ある迷路の筋に捉われると、局所最適化された筋を堂々巡りして、そこから出られず、いつまでたっても本当の解に至らない。

同じ傾向は、数学や物理を学ぶ場合にも顕れ、すぐに無限ループみたいな隘路に陥るので、理解を深められない。なので、私は二流の(三流かもしれないが)理系人間に留まっている。

そんな私のわずかな救いは、一応アイデアのリソースに不足しないことである。すなわち、ぼうっとしていると、自然放射能のようにアイデアが降ってくる。私の解釈は、霊界のようなところからアイデアが電波のように飛んでいて、心のアンテナがそれを感知する、というものである。アイデアには抽象性の高いものと、物質性の高いものとがあって、ちょうどラジオのチューニングのように、心の状態の波長とほぼ等しいアイデアが検知される。なので私は、あまり煩悩的な欲望をもたないように努力しているのだが、つい自分の俗物性に負けてしまう。

ただ、検知してもそれをきちんと復号する必要があり、そのため私は、アイデアが降ってきたら、その都度紙にメモするようにしている。それは一種の訓練であり、そういう訓練を疎かにすると、折角検知しても、アイデアは素通りしてしまう。

さらに、私の思考能力の売りは、アイデアを検知するだけではなく、一見関係ない2つのアイデアを組み合わせて、なにか新規な、あるいは珍奇なアイデアを作り出すことである。

以前に仕事関係で、相手の会社の当事者とある程度懇意になったとき、貴方はアイデアを抽象化して組み合わせる能力に優れていますね、と褒められてことがあって、妙にうれしかった記憶がある。

さて、そこまではいいのだが、話はまた思考の硬直性に戻る。すなわち、折角抽象化して組み合わせて面白そうなアイデアを得ても、そこに内的なブレークスルーを導入して、アイデアを深化させることができない。言い換えると、発火しないし、醗酵しない。なので私は、よくない意味でいつまでもジャーナリスティックで、典型的にはPhD的な専門家になれない。

そういう自分の欠点を無意識に、あるいは意識的に理解して、私は欠点を解消するのではなく、欠点を発散させ、多極化させるために、シジフォスのように、より広くいろいろなアイデアを仕入れ続けている、という次第である。

この努力は、虚しいといえば虚しいが、私の業なので、命尽きるまで続けられるだろう。そこで、命尽きるまで、と言ったが、本当は、そういう努力があの世に解析接続されるとどこか信じているところがある。そう信じると、降ってくるアイデアの質も少し高まるような気がしている。

という、雲を掴むような、分ってくれるはずの人にも分かってもらえないような話なのだった。

リュシス

user-pic
0

岩波新書の藤沢令夫著、プラトンの哲学を読んだのをきっかけとして、30年ぶりにプラトンの対話編を読もうと思い立った。ただ、30年ぶりとはいうが、一応3年前にメノンを読んだことを思い出した。

そうはいっても、その程度ではまともにプラトンの対話編を読んだとはいえない。なので、昔読んだ中公の世界の名著の「プラトンⅠ」に収められている対話編から、ぼちぼち再読することにした。

その最初にあるのは、「リュシス」で、友愛(φιλια)について、という副題をもつ。じつは、最初にプラトンの対話編を読んだとき、「リュシス」が比較的読みやすいように感じたので、挫折しないでその後の対話編も読み進められたのだった。

ところが、改めて再読してみると、「リュシス」はというか、「リュシス」といえども、極めて複雑なテーマを含んでおり、到底全体像を把握できそうもないことが分った。なので、以下は私の簡単なメモにすぎない。

まず最初に、友というのは、愛し、且つ愛されているものだ、みたいな定義がでてくる。この定義はまあ妥当かと思う。すなわち、片想いも愛かもしれないが、相愛にあらざれば友にあらず、みたいな定義である。すると、酒を愛することはできるが、酒は愛し返すことはありえないので、酒とは友になれない、ということなのだろう。ともかく片想いだろうと、愛するもの(φιλον)ではある。

そこからさらに論証を発展させて、愛する側が友なのか、愛される側が友なのか、憎む側が敵なのか、憎まれる側が敵なのか、という議論がなされるが、ここにきて、そういう一見自明な問いかけに意外に答えにくいことに気づく。このあたりで私は、公理論的集合論を読んでいるような気になった。

そして、上記の議論の一種の言い換えとして、似ているもの同士が友なのか、それなら悪人は悪人と友なのか、という議論がなされる。これは相当にit dependsであって、なにか利害が一致すれば憎みあう悪人同士も結託するだろうし、そうでなくなんとなく相性があう同士の悪人もあろうとふと思った。

さらに転調して、善き人同士が友なのか、善き人というのは全き人なので、自身で完結しており、友を必要としないのではないか、という議論には思わず考え込んでしまった。このことは中国でいうところの、聖人同士の交わりは淡き水のごとし、に対応するのだろうか。

そして、もし善き人でない人が、何か欠陥、あるいは悪ゆえにそれを補うために、あたかも病人が病気を治すために医者を求めるように友を求める、としたら、知を愛する人は、無知を自覚するがゆえに知を愛するのではないかという、ソクラテス的な議論の萌芽となる。

最後に、友とはなにか、同類なのか、互いに欠けているものを補うのかという議論に次第に頭が混乱してきた。このことにきちんと答えるためには、ラッセルの文脈でいう、友についてのタイプ理論が必要なのかもしれないが、それにきちんと考えるのは容易でなさそうである。

私は、若手アイドルのことはほとんど知らないのだが、先週の土曜日に、冨田真由さんという大学生アイドルが、ライブの準備をしていたときに、ファンと称する男に何箇所も刃物で刺され、一時は心肺停止に陥ったとか噂されていた事件に大変衝撃を受けた。事件が起きた現場が、私の勤務地である武蔵野市から比較的近いというのもある。

それで、その後の情報をウェブ上でウオッチしていたら、容態はなんとか一番危ないところは乗り切ったとあり、私はまるで親戚のことのように安堵した。

ただ、この手のストーカー傷害事件をみるにつけ、なにかの理由で不埒な人物につけ狙われるということの理不尽さを感じてしまう。というのは、冨田さんはツイッターなどに危険を感じるような書き込みをされ、警察にも相談していたようなのだが、警察は、政治あるいは経済的に高い地位にあるなど、よほどVIPではない限り、事件の起きる前に警備の人員を配置することはできず、結局、最悪の事態を防げないという問題がある。

だからといって、要人警護のようなサービスは、極めてコストがかかり、相当に売れっ子の、あるいは知名度を得た人気タレントでないと受けることはできない。

そう考えると、とりあえず誰からも付け狙われていないということは随分幸せなことだと改めて痛感する。

さらに考えると、誰からも付け狙われていないとしても、癌などの病気にかかると、ささやかな安心感はふっとんでしまう。そして、ある現役の医師が正直に告白するように、どんなに健康に留意しても、綿密に人間ドックに通っても、重大な病気を完全に防ぐことはできない。

さらに、先日神戸で、通行人の列に乗用車が突っ込んで、複数人が大怪我をするという事件があった。なんでもドライバの人は、病気治療のために服用していた薬の副作用で、運転中に意識を失ったということなのだが、これなども、どんなに運動神経がよい人でも、道を普通に歩いていて、いきなり歩道に突っ込んでくる車を避けることは無理である。

そして、地震。これも、大きい地震で、滞在しているビルや住まいが崩壊したらどうしようもない。

しかし、一番ありえる災厄は、経済的なものかもしれない。すなわち、私は不幸にも、リストラの候補が極めて恣意的に選ばれることを知っている。リストラでなくても会社自体が倒産することは稀なことではない。そして、ローンが返せなくなり、経済的に困窮し、サラ金などで借りて、利子がかさむと、生活を普通に維持することさえ一遍に困難になる。

こうして、QoLミニマムなるものが、意外に多くの僥倖というか、条件に支えられている(unexpectedly condition rich)ことを改めて知るのである。

破戒

user-pic
0

谷崎潤一郎の「痴人の愛」もそうだったのだが、島崎藤村の「破戒」岩波文庫も、古書店でたまたまみつけて、とりあえず買った。最近、純文学趣味が少しだけ復活して、どの程度のものか自分でも見極めようとしているところがある。そして私は、嗜好に関しては欲張りで、かりに純文学趣味が復活しても、数学趣味もミステリー趣味も、そのまま維持しようとしている。すると、時間配分の最適化問題を解かなくてはならないが、それは別の話である。

ということで、「破戒」を読み始めようとしたのだが、「痴人の愛」の場合、エロチシズムというプロモータがある。ところが、「破戒」には一見面白そうな要因が思いつかず、さて読めるかと懸念したが、案ずるよりはと、とりあえず読み始めた。するとあら不思議、これもぐんぐん読める。

さて、「破戒」の主人公は、瀬川丑松。瀬川というと、私はどうしても将棋の瀬川晶司五段のイメージが浮かぶのであるが、真面目で一本気なキャラは、そんなに外れではないかもしれない。

そんな丑松は、穢多と呼ばれた、被差別部落の出身で、当時は新平民とも呼ばれていたが、世間の差別というか蔑視は、甚だしいものだった。なので、尊敬する父の教えは、決して素性を明かすなというものだった。丑松は、勉強ができたので、素性を隠して師範学校に進学し、信州のある田舎の小学校の先生になった。

丑松は、教え方がうまく、面倒見がいいので、生徒たちに大変人望があった。そして、正義感が強くて正論を通すので、形式主義に染まった校長など、管理職からは妬まれ、且つ疎まれていた。

そうやって、とりあえず平穏な日々を送っていた丑松に、ある事件が起きた。すなわち、丑松は、親元を離れて下宿して小学校に通っていたのだが、その下宿の空き部屋に、病院に入院する一時的な居場所として、ある男が留まった。ところが、あるきっかけでその男の素性が穢多だと分かると、下宿の住人は寄ってたかってその男を追い出してしまった。

その様子に慌てた丑松は、とり急ぎ、蓮華寺というお寺に下宿を替えた。ところが、蓮華寺には志保という若い女性が養子にきており、丑松は、要するに志保に一目ぼれしてしまった。

そして、縁とは不思議なもので、志保は、最近小学校を辞めたばかりの元同僚教員、風間敬之進の娘なのだった。丑松は、たまたま敬之進と居酒屋で飲むことで、そのことを知った。そして、敬之進からいろいろ話を聞くうちに、妻を病気で亡くして後妻をもらったこと、志保は先妻の娘であること、後妻との間にも子沢山で、少ない収入で大変苦労していることなどを聞き、同情した。

一方、丑松は、新平民であることを表明している社会運動家の猪子蓮太郎のファンで、彼の著書はほとんど読み、共感していた。

そうしていると、丑松を突然の不幸が襲った。父の死である。牧畜業を営んでいた父は、仕事中に事故にあってしまったのだった。そこから丑松の運命が暗転し始める。

すなわち、選挙運動がらみで、猪子蓮太郎がある弁護士の候補を応援していて、丑松が猪子蓮太郎と関係があると政敵の候補に知られると、政敵側は、それとなく丑松の素性を小学校に示唆するという嫌がらせをしてきた。そうして、丑松の立場は苦しくなり、次第に追い込まれていく、というストーリーである。

この「破戒」については毀誉褒貶あるようであるが、私は大変興味深く読み終えた。その一つの理由は、私の出身の島に、被差別部落の人がおり、かなりimplicitではあるが差別されているのを知っていたことと、中学校のときに、部落差別の教育を受け、いろいろ感じるところがあったからである。また、詰まらないことまでいちいちくよくよする私の内向的な性格は、丑松に投影しやすいともいえる。

そして、流石に「破戒」は100年の時の隔たりを感じさせない古典的な名作だと感じていたら、「破戒」は島崎藤村が、教員の地位を退き、背水の陣を敷いて書いた、自然主義文学の金字塔なのだった。だとしても、いくらなんでもと思うのは、この小説を書く間収入を絶たれたことで、藤村の三人の娘が次々に栄養失調で亡くなり、妻もまた栄養失調で苦しんだというのだから、私には理解できないというか許しがたいような気がする。藤村自身も栄養失調で亡くなるならまだわかるのだが。

しかも「破戒」は、日本水平社からも、差別される人達の苦悩をきちんと描いていないと批判され、改訂版を出さざるを得なかった。

ただ、私としてはそういう妥協版を読むのは嫌だと思っていたら、幸い、私が読んだ「破戒」は、改訂前の初版の内容なのだった。

ということで、有名な文学作品を読むということは、いろいろなしがらみが関与して、なかなか重いと改めて感じた。だから、私好みのB級ミステリーのほうが気楽でいい、と短絡はしないつもりではあるが。

本因坊戦

user-pic
0

多冠理論かの続きで、本因坊戦がどうなるのか気になっていたら、以下のようになり、なんかほっとした。

兵庫県尼崎市の本興寺で、23日から繰り広げられていた第71期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第2局は、24日午後7時1分、230手で井山裕太本因坊(27)が挑戦者の高尾紳路九段(39)に白番中押し勝ちし、対戦成績を1勝1敗のタイとした。第3局は6月2、3日、秋田県能代市の旧料亭金勇で打たれる。【最上聡】

私は心配性なので、いくら井山が強くても、多冠理論の独特の力学が働き、アバランシェで井山がタイトルを失うのではないか、と考えてしまった。これで井山が勝ったことで直近の失冠がなくなったので、意識を明日から始まる将棋の名人戦に移し、羽生を応援することにしよう。

なにしろ先日、羽生名人出演の人工知能特集の番組があったように(私は観ていないのだが)、羽生の軸足が微妙に将棋からずれているような気がしてならない。なにしろ先日の竜王戦一組の出場者決定戦でも、羽生は豊島に負け、今年はもう竜王戦のトーナメントに出る目がなくなってしまった。大丈夫か、羽生。

以前にも書いたように、東川篤哉という作家については、密室の鍵貸しますという小説を読んで、軽すぎる文体と絶妙のトリックの組み合わせにポジティブな評価だったのだが、なんとなく他の作品は読まないでいた。

ところが先日、新宿から三鷹に行く総武線の中で、席の隣の中学生が小説を読んでいて、あまりマナーとしてはよろしくないのだが、何読んでんの?みたいな軽い気持ちでちらっと覗いてみると、タイトルは分からないが東川篤哉の小説で、おお、東川って中学生も読んでいるんだ、と嬉しくなって、頭の中で東川篤哉に一つポイントが加算された。

そんな状態で古書店で東川篤哉の「殺意は必ず三度ある」光文社文庫をみかけたので迷わず買って、比較的すぐ読み始めた。硬軟とりまぜて読むのが最近の私の方針である。なにげに「軟」の方が多いような気がするが、気のせいである。

さて、この小説は、烏賊川市シリーズとは別で、国分寺市にあるという鯉ヶ窪学園高等部での話である。そういえば、日立中央研究所は、国分寺市東恋ヶ窪にあるんだよな、そのもじりだよね、とか言わずもがなの自明なことをつい考えてしまうのは、私が依然として田舎者である名残である。

そして主要な登場人物は、ストーリーにあって全然主役ではないのだが、鯉ヶ窪学園にあって部室さえももたない弱小サークルである探偵部の多摩川部長と、八坂と、赤坂。いずれも男子生徒である。その三人が鯉ヶ窪学園野球部にまつわるミステリーに挑むのだが、最初に起きたのは、野球部でベースが盗まれるという単なる窃盗だった。

しかしそれは序曲にすぎず、次に起きたのは、鯉ヶ窪学園野球部が、そのライバルである飛龍館高校野球部と、飛龍館の球場で練習試合をした後、バックスクリーンで、鯉ヶ窪学園野球部の野口監督が他殺体となって発見されるという事件で、周囲は騒然となった。

そもそも野口監督はここ数日行方不明で、キャプテンの土山が代行監督も務めていたのだった。その知らせを聞いて探偵部の面々は、押っ取り刀で事件現場に駆け付けた。

そして探偵部のメンバーは、伝手を頼って飛龍館高校の理事長やその取り巻きにも会い、聞き込みから刑事顔負け?の鋭い推理を進めていくのだが、そのような推理をあざ笑うかのように第二の殺人が起きてしまった。多摩川部長はさらに、「野球見立て殺人」という新説を打ちだし、周囲を感心させるのだが。

ストーリーの終盤に至って、あっと驚く秘密が次第に明らかになり、例によって東川流の軽い文体と、絶妙のトリックの組み合わせが小気味良いアンサンブルを呈するのだった。

しかし折角尾道市出身なので、東川氏に故郷の尾道や福山などを舞台にした学園ミステリーも書いてほしいような気がするが、まあそれだとごく一部の人しか注目しないので売れないだろう。私だってじつは、フランチャイズを東京(いや、神奈川か)に移していることだし。

数学の効用

user-pic
0

一年以上前に数学の効用という記事を書いてみたものの、まったく説明になっていなかった。で、最近、これは流石に数学の効用だろうと思われることがあったので、書いてみる。

さて、ワールドの実例に書いたように、一旦は勉強会での発表を免除してもらったのだが、今年度の勉強会が始まって、再び発表を上司から指名されると、流石に断り切れなくなった。

そこで、多少ペダンチックになるのを覚悟で、私の特許調査のやり方を説明してみることにした。これは仕事の内容そのものとは関係ないので、特に問題ないと思い、以下記述してみることにする。

  1. 検索式の標準形
  2. 特許分類による被覆
  3. 論理和による充足
  4. アセンブラライクな検索式変換
  5. 検索式逆変換

検索式の標準形というのは、特許分類、キーワード群クラスタ、実際の検索式という順で記述する標準形であり、なんとなく線形代数の標準形を意図したのだが、構造化プログラミングのようでもある。

特許分類による被覆というのは、解析学の重要な定理である、ハイネ・ボレルの被覆定理を意識して、特許分類による有限被覆と記述しようとしたのだが、そこまで書くとペダンチックすぎるので、単に被覆とした。じつは問題はどうやって、少なくともメイングループ・レベルの有限個の特許分類を調べるかであるが、これは私は、粗式を走らせて、検索結果を特許分類でグルーピングし、グループ毎のヒット件数でソートして上から順にみていく、という方法を採った。

論理和による充足というのは、集合論の初歩にすぎない。そうやってノイズが増えても、漏れを防ぐ。

アセンブラライクな検索式変換、というのは、検索式の番号を#12のように絶対指定すると、式を編集して行数が増減してもいいように、:p1のように、行にラベルをつける。そしてそのラベルを行番号に変換する。それは数学というよりも、コンピュータ・サイエンスの初歩である。

検索式逆変換というのは、ラベル付された複数の検査式があったとき、それらをマージして1つの検索式にするときの工夫である。すなわち、マージする前に、ラベルに、検索式毎に異なるprefixを付すことで、マージした後で行番号が重ならないようにする。

これだけみても何のことか分からないかもしれないが、何か抽象的なことを述べているようでも、実はしっかり実用的な技法である、というのがこのやり方の売りで、そのあたりが、極めて広い意味で数学的なのだ、と私はいいたいのであった。まあ、ほとんどの人は、何いってんの?という感じで呆れていただけだった。

少し前新聞広告で、佐藤青南の「サッド・フィッシュ 行動科学捜査官 楯岡絵麻」宝島社文庫を見かけたとき、クランと同様に、ビビッときた。それで、アマゾンでこれを買おうと思ったのだが、調べたらシリーズもので、前作があるらしくて、それで、「ブラツク・コール 行動科学捜査官 楯岡絵麻」というのを買った。しかしさらに調べたら、これは第二作らしい。なので本来は第一作を買うべきだったが、まあ大したミスでもあるまいと、早速「ブラツク・コール」を読み始めた。

すると、行動科学捜査官、楯岡絵麻というのは、FBI流のプロファイリングではなく、訊問というか取り調べの専門家である。そして心理学のスキルを活かして100%の自白率を誇るというのだから、ジェフリー・ディーヴァーが描くところのキャサリン・ダンスも真っ青である。そしてこの手の小説としてあまりにもベタかもしれないが、超のつく美人なのだった。

その楯岡の相方は、警視庁捜査一課の巡査、西野である。男性である。楯岡は警視庁捜査一課の巡査長で一つ階級が上である。

西野に言わせれば、楯岡は、美人であるのに、極端に性格が悪く、その微妙な階級差を利用して、楯岡は西野をこき使う。また、女性なのに全くデリカシーがなく、用があると男性便所に西野を呼びに行くことさえ臆さない。

しかし、美人は結局得で、おとなくしていれば、周囲がおしとやかだと推定してくれる。そんな硬軟取り混ぜた戦略的な対応が絶妙で、どんな容疑者も落とせるという次第である。

取り調べに当たっては、まず西野だけが取り調べ室に入り、柔道有段者の巨体を利して、容疑者に心理的圧迫をくわえる。そうしておいて、楯岡が天使然とした様子で取り調べ室に入り、容疑者を宥める。そうやってつい容疑者は楯岡に心を許すのだが、次第に恐ろしい魔女に変身していくので、楯岡絵麻という名前をもじって、エンマ様とも呼ばれている。

楯岡絵麻が駆使するのは、人並み優れた洞察力と、行動心理学の裏付けによるノンバーバル行動の観察であり、まさにキャサリン・ダンスと同様である。すなわち、容疑者のなだめ行動やマイクロジェスチャーから相手の嘘を見破って、相手の心理に切り込んでいく。そのため、容疑者に最初に会ったときから、行動をサンプリングする。普段の行動としてのベースラインを認識して、そこからの逸脱として異常を認識するのである。まさに、機械学習における異常検出と同じである(例えば、井手剛著「入門 機械学習による異常検知―Rによる実践ガイド」コロナ社、などを参照されたい)。

楯岡は捜一の秘密兵器として信頼を集めているが、一方で男社会である警視庁で、男性刑事たちから猛烈な反発を受けているのも確かである。

楯岡が警察官を志したのは、高校時代に慕っていた女性教師が、悪辣な犯人によって強姦殺人されたからであった。その事件は結局迷宮入りで時効になってしまったが、それでも、半ば人生の課題のように、その犯人を、ある信頼できる先輩刑事とともに今でも楯岡は追っている。

すなわち、軽い乗りのようでいて、なかなか緊迫したストーリーに魅せられてしまった。駆使されている心理学の知識もなかなか本格的である。久しぶりに一気読みのストーリーであった。例によってアマゾンの評価はいまいちであったが、気にしないことにする。

Windows10来襲

user-pic
0

Windows10の押し売りに書いたように、去年の10月頃、Windows 10が隙をみて強制導入されようとしていることに懸念を示した。

知り合いに話しても同様の感想で、すると世間には私と似たような不満をもつ人が沢山いると想定される。そういう人達からの集合的なクレームがあったか、マイクロソフトのWindows 10押し売り攻勢は下火になったかと思われた。

私は、Windows10の押し売り以来、Windows Updateを推奨のまま導入しないように注意していた。なぜなら、その中にひっそりと、それとは分からないように、Windows 10導入のイニシエータのようなコードが忍び込んでいたりするからである。こういうのを英語の正しいニュアンスでsneakyと呼ぶのだった。

しかし、いちいちWindows Updateのたびに細かくチェックするのが面倒になり、マイクロソフトも流石に押し売り方針を変えたのだろうと、自分に都合のよい想定をして、以前の無防備な態度に戻ってしまった。ここらあたり、田舎者のナイーブさか。

ともかくそれで今年の前半はやりすごせていたのだが、ここにきて、今年の7月のWindows 10の無料導入期限切れを前にして、マイクロソフトが再び攻勢に出た。それは、Windows 10を導入しませんか、のホップアップ・ウインドウが頻繁に現われるようになった。私は、幕末に浦賀沖に出没する黒船を眺める、幕府の木端役人の気持ちが少しだけ分かる気がした。

私はもちろん、そのホップアップ・ウインドウが出る度に瞬時に撃退した。上記幕末とは時代が違うのに、「世の中に蚊ほどうるさきものはなし、ブンブ、ブンブ(文武、文武)と夜も眠れず」という落首を思い出したりした。

さて、私の家には、私がメインで使っているWindows 7のVAIOと、Windows 8.1のASUSのタッチパッド・パソコンと、ASUSパソコンのトラブルで買ったWindows 8.1のAcerのAspire V13というアクティブなパソコンが3台ある。アクティブという意味は、他に、ほとんど使っていないWindows XPのパソコンもあるという意味である。

そのWindows 7のVAIOのパソコンで最近ショックなことがあった。すなわち、Windows 10導入の押し売りホップアップ・ウインドウをその都度撃退していたはずなのに、突然Windows 10導入の押し売りホップアップ・ウインドウとは別のポップアップが現われて、Windows 10の導入がこれこれの日時にスケジュールされている、というのである。びっくりして私は、その画面にあったキャンセルのメニューから、スケジュールを取り消した。私は毎回注意深く押し売り画面を撃退していたので、どうもWindows Updateにsneaky codeが潜んでいたらしい。ううん、両面作戦できたか、ついにノルマンディー上陸か、と意味のないつぶやきをした。

そして昨日の午後のことである。会社で仕事をしてたら、家内から私の携帯に電話があった。出てみると、上記Acerのパソコンをつかっていて、なんとWindows 10の導入が始まって、導入が10%まで進んでいるという。私は20秒くらい短考し、パソコンの電源をコンセントに差し、そのまま放置するように指示した。なにしろ私が現場にいないので、下手なことをしてパソコンがおかしくなっては困るからである。

なんとなく不安になりながら仕事をして、定時になると急いで帰宅した。しかし、途中で本屋に寄って、Windows 10のガイドブックを買うことも忘れなかった。そして帰宅するとすぐに、Acerのパソコンを確認した。すると、Windows 10の導入が無事終わっていたので安心した。出ている画面で指示に従いクリックするという操作をすると導入されたWindows 10のイニシャライズのための処理が始まり、数分でログイン画面となった。ログインパスワードは、きちんと前のままだったので安心した。

結果的にWindows 10になってもメニューなどほとんど変わっておらず、違和感なく使えるので安心した。また、Acerのパソコンでは基本的にウェブ・ブラウザくらいしか使っていないので、互換性の問題もないようである。ウイルス・バスターも問題なく動作している。

しかし、もしクリティカルなアプリを使っている場合は、Windows 10への導入は注意する必要がある。例えば、特許の仕事に必須のインターネット出願ソフトはまだWindows 10に対応していない。こういうオペレーション・クリティカルなソフトは世間に沢山あるはずで、なので、Windows 10の強制注入というか、sneaky attackは暴挙なのである。

ともかく私は、仕方なく、折角買った「Windows 10大辞典」技術評論社というのを眺めて、新機能を勉強することにする。そういうの自体は嫌いではないので。あ、なにげにWindows 10に籠絡されつつある自分を発見するのだった。この裏切り者め。

将棋とコンピュータの両方に関心がある者として、私はコンピュータ将棋選手権が楽しみなのだが、それはいつも連休中で、連休は休みのはずなのにいろいろ予定があって、いつも見逃してしまう。じつは今年は、ちゃんとニコ生にログインしたのだが、あまり混んでいないのに追い出されてしまい、なんかがっかりして小説でも読み始めたのだった。なので、今更コンピュータ将棋協会のホームページで確認している次第である。

さて、その結果は以下のとおりである。

プログラム名1234567SBMD順位
1技巧5○6○7○8○3○4○61015102
2ponanza8○7○6○4○5○3○1○70021151
3NineDayFever7○8○250106
4大合神クジラちゃん8○7○3○340315
5大将軍3○4○7○8○6○5201063
6Apery4○3○8○7○430634
7うさぴょん2070008
8読み太7○160007

これをみた私の感想は、あ~あ、またponanzaかというものである。囲碁の井山七冠ではないが、コンピュータ将棋は、ponanzaの一強時代になってしまったのかもしれない。

ただ、救いは、新星の「技巧」が二位に食い込んだことである。作者は、出村洋介さんで、なんでも東京大学大学院法学政治学研究科(ロースクール)出身で、司法試験に合格した後の去年の5月から今回の将棋ソフトの開発を始めたとのことである。

また、PR文書によると、技巧の特徴は以下のとおりである。

  1. 評価関数は、人間的な4つの評価項目、すなわち駒の損得、駒の効率、玉の堅さ、手番を考慮して形勢判断を行う。
  2. 多クラス・ロジスティック回帰という手法により、指し手の確率を学習して、読みを強化している。

ちなみに、Bonanza型の評価関数は、玉の堅さと手番は考慮に入れていないという。

それ以外に、以下の技術的特徴を利用している。

  1. 平均化確率的勾配降下法
  2. RMSprop
  3. Forward Backward Splitting

あと、PR文書には、私が特許出願を担当したことがある海野裕也さんが共著になっている「オンライン機械学習 (機械学習プロフェッショナルシリーズ)」が参考文献として挙げられている。

機械学習プロフェッショナルシリーズには、やはり私が特許出願を担当したことがある井手剛さんも著者として挙がっており、特許明細書作成者なんて所詮裏方というか黒子であるが、汗をかいて頑張って書いてよかったと今更思う。

ところで、「技巧」の作者の出村さんって、司法試験に受かったというけど、学部はまさか法学部じゃないよね、理学部情報か、工学部計数工学とかだよね、と思ってしまった。もし、いえ、法学部で、アルゴリズムはすべて独学です、なんて言われたら、あまりにも畏れ入ってしまう。

痴人の愛

user-pic
0

前にも書いたが、私は、「自分の心は誰のもの?」と思っているので、最近急に夏目漱石の「三四郎」を読む気になったのも、意外ではない。

そもそも私は、なぜか突然、20台の後半から、一切小説を読まなくなった。その代わりに数学やコンピュータの本ばかり読んでいたというわけでもなくて、気分転換は、軽いビジネス書というか、ハウツーものばかり読んでいた。

小説の嗜好が回復したのは、2008年頃のことで、たしか橋本大也のブログのファンで頻繁にみていたら、この小説が面白かったと紹介があり、そういうなら読んでみるかと読んで、夢中になったのがきっかけだった。

尤も、学生時代は松本清張や横溝正史、江戸川乱歩などよく読んでいたので、小説を読むようになったのは失地回復にすぎないし、純文学だって、高校の時は太宰のファンだったのだから、漱石の「三四郎」だって更なる失地回復である。とはいえ、高校の時は、苦手だった現代国語の成績を上げることも意図していたので、あまり動機は純粋ではないかもしれない。

そんなことを考えながら、休みの日に古書店に行ってみると、100円均一コーナーに、谷崎潤一郎の「痴人の愛」新潮文庫があるのが目に付いた。数ヶ月前までの私ならおそらく手に取ってさえみないだろうが、そのときは、とりあえず「痴人の愛」を含む数冊を買って帰った。

そしてなぜか、比較的短い待機時間で「痴人の愛」を読み始めたら、独特のエロチシズムというか堕落の世界に惹かれていった。

主人公は河合譲治という何の変哲もない、30代の男性で、特にイケメンでもないし、女遍歴があるわけでもない。仕事も電機メーカーのエンジニアで仕事ぶりも真面目という評判である。

そんな河合がカフェに行ったとき、ナオミというまだ十五のウエイトレスに目をつけた。花ならまだ蕾だが、この子は磨けば光るとみてとった。そして、自宅に連れて帰ろうとした。

そう書くと、まるで先日東中野で起きた少女監禁事件のようだが、河合はそこはきちんとナオミの家族に会い、預かってもいいかと了承をとった。不思議にナオミの家族は、娘にあまり関心がないようで、あっさり承諾した。

そこから、河合の夢のような日々が始まった。すなわち、会社から帰ると、ナオミに食事をつくってあげたり、剰え、水浴びして体を洗ってあげたりもする。なんと淫靡だろうと私は読みながら思った。ただ、その時点ではまだ事実上、夫婦の関係になっていなかった。

しかし、それも時間の問題で、ナオミが成長すると、自然に実質的な夫婦に移行した。河合は音楽や英語などの勉強をさせて、立派な婦女に育て上げるつもりだった。ところが次第にナオミの本性が顕れてきた。すなわち、家事はしない、勉強もサボる、高い洋服を欲しがる、ダンスに行きたがる、などである。

河合は、ナオミが可愛いので甘やかした。するとどんどん増長して、なんと河合の留守に、大学生などのボーイフレンドをつくり自宅に連れ込むまでになった。要するに、先天的に妖艶な娼婦なのである。

それで、河合は愛想を尽かしてナオミを激しく叱った。すると、ナオミは出て行って行方が分からなくなった。最初は済々したと思っていた河合は、次第に狂おしいほどナオミが欲しくなり、手を尽くしたが戻ってこない。しかしある日突然戻ってくると、結局河合は再びナオミに首ったけになり、いいようにあしらわれて暮らしているという、ストーリーなのだった。

私はここまで一人の女性に男が狂うものなのかとつい思うのだが、ちょっと考えてもそういう例は枚挙に暇がない。典型的には、クレオパトラにぞっこんのアントニウス、楊貴妃に夢中の玄宗皇帝、青森でアニータに貢いだ住宅供給公社巨額横領事件など。

私は馬鹿なので、そこまで女性に入れ込むというのは夢のようかも、などとつい思ってしまうのだが、本当はそんな生活が、力学的に安定した解であるはずがない。短期間で発散してしまうはずである。そういう意味では、痴人の愛の生活がこんなに長く続くというのは、サイエンス・フィクションならぬ、サイコロジカル・フィクションなのだと私は思う。

ところで、谷崎潤一郎の「痴人の愛」は、夏目漱石の「三四郎」よりもはるかに現代文的で読みやすいと思ったら、「痴人の愛」は「三四郎」よりも16年後に書かれたのだった。なるほど、その間にある意味、現代小説の文体が完成したのかと、つい分かったようなことを考えてしまった。

それにしても、一切卑猥な表現を使わない谷崎潤一郎のエロチシズムは大したものだと、返す返すも感心するのだった。

20代の半ば頃、私が学問の初歩を教わっていた師匠から、ギリシャ哲学の話を聞いて興味をもち、あるときから自発的にプラトンの対話編を読むようになった。そんなにきちんと読んだわけではないが、対話調だととりあえず読みやすいので次々と読んでいき、ほとんど読んだような気がしていたのだが、今にして思えば作品の7割くらいしか読んでいないような気がする。

それで、いくら私が愚かといっても、その程度の読み方でプラトンをちゃんと理解しているとまでは思わなかったので、そのうち、読んでない作品(例えば、「法律」とか「プロタゴラス」など)を読むとともに、一度読んだ作品も再読しようと思いつつ、結婚したり、仕事が忙しくなったりして、30年以上もプラトンを再読しないできた。

それでせめて、死ぬ前にもうちょっとはプラトンの理解を深めたくて、たまたま本屋でみつけた、岩波新書の藤沢令夫著、「プラトンの哲学」を買った。これで概要を理解してから作品を読むのがよいと判断した。

といいつつ、「プラトンの哲学」も一年以上積読の状態にあったのだが、最近ようやく重い腰を上げたのは、仕事が一段落したせいだろう。

さて、岩波新書なので、「プラトンの哲学」はそんなに難解ではないだろうと思って読み始めたら、私のレベルが低すぎるのか、まるで哲学の本格的専門書のように難しく感じた。ただ、流石田中美知太郎氏の一番弟子の藤沢令夫氏だけあって、随分気合いが入っているとも感じた。

ということで、私の理解レベルでは到底まともな要約は書けないのだが、分からないという降参でもよいので、何か書いてみることにする。

最初に、あらっと思ったのは、ニーチェやハイデガーがプラトンを批判したという件である。私はポパーがプラトンを明示的に批判する本を書いたのは知っている。私はポパーのファンであるが、この本は読んでいない。多分意図的に読んでいないのだろう。

まあでも、プラトンのイデア論は、ツッミコどころ満載で、現代のマテリアリズムからみたら到底受け入れられないだろう。ただ、救いは、ホワイトヘッドや一部の理論物理学者、そして数学者がプラトンに賛辞を与えていることである。

この本では作品としてはまず、「ソクラテスの弁明」が言及される。ソクラテスが不敬罪で、不当な死刑を受け取れたことが、当時若かったプラトンにはあまりにも衝撃だった。それからプラトンは、「クリトン」、「ラケス」、「カルミデス」など初期の対話編を書き始めた。

そして中期対話編の「国家」、「パイドロス」頃にはソクラテスから引き継いだ思想が独自の成熟を遂げて、イデア論が完成をみた。

ところが、後期になってくるとプラトンは、イデア論に本質的欠陥をみつけ、「パルメニデス」で、老パルメニデスと若いソクラテスを登場させ、パルメニデスに半ば強引にソクラテスを批判させている。

その「パルメニデス」であるが、私が20代にA型肝炎で入院したとき、たまたま鞄にもっていた本は、「パルメニデス」と、田中美知太郎の「ギリシャ語入門」と、中公バックスの「キルケゴール」と、何か忘れたけどホワイトヘッドに関する入門書だった。ところが病気の身にはそのどの本も読む気力がわかず、見舞いに来てくれた母に、簡単な推理小説を買ってきてくれるように頼んだ。

それからプラトンの最晩年の著作に「ティマイオス」と「法律」がある。どちらもコスモロジーに関する記述を含むらしいが、まだ読んでいないのでなんともいえない。

ともかく、比較的沢山の初期のプラトンの作品が収められている中公バックスの「プラトンⅠ」あたりから再読し始めるとしよう。再読というのは、確かに中公バックスの「プラトンⅠ」は30年まえに一応読んだからである。あいにくほとんど内容は記憶にないが。

天頂の囲碁

user-pic
0

ほぼ2年前に、週刊将棋をみていたらponanzaが発売されるという広告があり、マイナビに注文したが、折角なので天頂の囲碁5も併せて購入した。

ponanzaはバグがあって返却し、料金は返してもらったが、それでもバグ付きとはいえ、ponanzaに二回勝てたのはよい思い出である。

さて天頂の囲碁5であるが、折角なので最強の五段モードに対して置き碁で教わることにした。人間の五段の人が、気軽にいくらでも打ってくれるということはありえないので、このあたりコンピュータはありがたい。

最初は四子でもなかなか勝てなかった。すなわち、ときどき大石を仕留めて一時的に楽勝になることもあるのだが、モンテカルロ法できっちり地合い計算してきて、最後は一目負けになっていることがあり、悔しかった。

しかし、100局から200局くらい打ったとき、手厚くまとめる技法が身に付き、四子ではまず負けなくなった。そこで三子にしたのだが、またしても全く勝てなくなった。置石を一つ減らすことがこんなにクリティカルとは知らなかった。

三子でなんとか五分に持ち込むのに半年で500局くらい打っただろうか。それからさらに半年かけてさらに500局くらい打って、三子でもほぼ負けなくなった。その間、囲碁の本を主として通勤電車で読んでいた。手筋の本、定石の本、詰碁の本などである。将棋や数学や小説も読んでいるので、そんなに膨大な時間を囲碁に傾注したわけではないが、ついに最初から1年以上かけて、なんとか天頂の囲碁5の五段モードに二子で挑むまでになった。

そして例によって二子では全く歯が立たないという期間が続いた。半年かけて500局くらい打った段階で、二子で三番に一番くらいなんとか勝てるようになった。そこから、ある程度読みを入れて慎重に打つことを心掛けるようにしたら、勝ち越すこともあるようになった。しかし、依然として二子というのは私にとって厳しい手合いのようで、疲れていたりすると、あっという間に5連敗したりする。なのでまだまだ天頂の囲碁5の五段モードに互先ではないし、なんかそうなる日がきそうな気がしない。

ところで、最近ウェブをみていたら、「天頂の囲碁6 Zen」というのが今年の夏に発売されるらしい。今までの流れからして、これは買うことになるだろう。そして将棋ソフトもそのタイミングで刷新しよう。といいつつ、いま使っている激指10にさえ、私は平手でほとんど勝てないのだが。

最近の電聖戦で、Zenは、小林光一名誉棋聖に3子で勝利した。きっとこの思考エンジンが搭載されるのだろう。これだと、アマトップではないにしても、普通の県代表の棋力があるだろう。そういう「天頂の囲碁6 Zen」だと、また四子から教わることになるのかもしれない。

ウェブに囲碁ソフト「天頂の囲碁6 Zen」の開発者である、尾島陽児氏の談話があった。そこで私の文責で、その内容を以下まとめさせて戴く。

  • イ・セドル対アルファ碁については、あまり派手な戦いは発生しなかったので、囲碁は複雑にしなくても勝てるゲームなんだな、という感想をもった。
  • イ・セドル対アルファ碁については、グーグルの強気ぶりから、アルファ碁が勝ち越すのではと考えた。
  • イ・セドル対アルファ碁の第2局をみて、これは5連敗かなと思った。
  • イ・セドルが一勝を返したのは、いわゆる水平線効果が現れたのだと思う。水平線効果とは、囲碁プログラムの読みが有限であることを前提として、プログラムの読みの範囲内で悪い図しか読めなかったとき、その図が盤面に現れるのを遅らせようと、一見意味のない手を連発してしまうこと。
  • 囲碁ソフトには、着手の評価と、局面の評価の両方が必要。前者に対しては、モンテカルロ法とは別のアルゴリズムが従来から使われてきた。後者については、モンテカルロ法とディープラーニングを組み合わせることが最善かどうか分からない。もしかして、アルファ碁はディープラーニングだけでやっているかもしれない。
  • Zenもディープラーニングを採用している。これによって、布石が強くなり、ヨセも大きい所をしっかり受けるようになった。
  • Zenの目標は、囲碁ソフトの特異点を見つけること。
  • 将来的には、学習データを蓄積することで、PCレベルでプロの実力を再現できるはず。

もう随分前に、六道慧の「警視庁行動科学課」光文社文庫というのを買っておいたのだが、いかにもB級警察小説っぽくて、放置していた。

と書いたものの、「いかにもB級警察小説っぽくて、」ってよく言うよ、食べ物だけでなく、小説だってB級小説が好きなんだろ、と自問した。

すると、言い訳は、たまたま読み始めた、藤沢令夫の「プラトンの哲学」岩波新書を精読して面白いのだけれども、半分くらいまで読んで疲れてきたので一旦気分転換のために「警視庁行動科学課」を読むのであって、特にこれが面白い小説だと期待したわけではない、ということのようである。

というどうでもいい言い訳をしつつ、「警視庁行動科学課」を読み始めたら、六道慧は実は女性作家なのだった。乾くるみと逆のパターンである。しかも、六道慧は、「ろくどうさとし」なのかとおもったら、「りくどうけい」と読むらしい。「りくどう」なんて、仏教用語っぽくていい、となんかポジティブになってきた。

さて、警視庁行動科学課というのは、上條麗子、一柳清香、本間優美という三人の女性警官からなる。上條麗子は37歳で独身、FBIでプロファイリングを学んだ、冷静で男勝りの刑事である。一柳清香は、上條麗子と同い年で幼稚園以来の仲良し。米国留学してME(medical examiner)の資格ももつ検屍官であるが、美人で男性に人気があるだけでなく、男たらしで艶聞が絶えない。そんなので検屍官が務まるのかと思われるが、まあそれはそれ、ということで。さらには警視総監の娘ということで、水戸黄門印籠的強みも発揮する。本間優美はサポート的役割を果たす秘書役である。

こんなユニークな配役を想定するならこれはやはり、コチカメ的なドタバタを期待すべきB級警察小説なのかな、と肩の力を抜くことにした。

さて、警視庁行動科学課が最初に遭遇したのは、無免許の少年がバイクの事故にあったという事件である。それだけなら交通課の仕事であるが、バイクの燃料タンクにはガソリンに水が加えられてエンジントラブルを起こさせようとしていた、という意味で殺人未遂のような事件性を帯びてきた。そうして上條麗子のプロファイリングが開始された。

次の事件は、金子というとび職の男が自宅で亡くなったという事件があり、そこに警視庁行動科学課が駆けつけ、一柳清香は検屍官として一旦は、中国語でいうところの色風、すなわち腹上死だと判断した。しかし、清香がより詳細に調べていくと、どうも事前の外因性の怪我がその原因らしい、と判断を変えた。

ここまで読んできて、コチカメ的だと最初決めつけていたら、記述が極めて実証的というかシリアスなのに逆に戸惑ってきた。要するに、科学的に根拠づけられたしっかりした記述なのである。

その事件の捜査で、上條と一柳が両国あたりの下町で聞き込みを続けていると、いかにも困窮しているような少女に出会った。そして、亡くなった金子と、その少女の関連性が疑われてきた。すなわち、どうもその少女が美人局のような役割で金子を誘い、そして金子に暴行を加えた男がいたらしい。

そうしていると、隅田川で少年の水死体がみつかる、という事件がおき、さらに行動科学課の出動となった。その身元を調べていくうちに、上記の困窮している少女との関係も浮かび上がってきて、彼らを預かっていた児童養護施設や、その親たちの育児放棄の問題も浮かび上がってきた。

そして次第にバイク事故の少年や隅田川で水死体でみつかった少年などに共通に関係する黒幕のような存在が浮かびあがり、上條がさらに推理を深めていった。

以下は、ストーリーのコアなので、記述を省略するが、ここまで読んで私はすっかりコチカメ的モードから本格推理モードに切り替わっており、その練達のストーリーは決してB級警察小説でないと断言するに至った。

六道慧が描くストーリーが練達なのも当然で、今まで歴史小説、SF、ファンタジーと様々なジャンルの小説を手掛けており、その手腕を駆使して警察小説にも手を拡げた、ということなのだった。

ただ、アマゾン不活性な作家であるのも確かなのだが、そのことはあまり作品の質に関係ない、というさらに別の例なのでもあった。

名人戦第3局が始まった。ここまでの戦いを振り返ってみると、名人戦第1局では、羽生が、難解な中終盤を制した。誰も天彦の敗因を明確に指摘できない、熱戦だった。これをみて気の早い私は、羽生の防衛を予想してしまった。羽生の懐の深さが遺憾なく発揮されているからである。ところが、名人戦第2局では、先手番となった天彦が、意表をついて矢倉にした。これもまた難解な戦いだったが、なんと終盤、羽生が二度も即詰みを逃すというハプニングがあり、羽生ファンの私は落胆した。そして、羽生の名人防衛に一点の黒雲の翳りを感じた。

そこで名人戦第3局。私は、名人戦第2局の流れを汲んで、後手番の天彦が、期待を裏切って、横歩取りを避けると期待した。具体的には、後手番角換わり腰掛け銀に甘んじる、などである。ところが、天彦は、期待を裏切るだろうという期待を裏切って、やはり横歩取りを採用した。これは単なる二重否定なのだろうか。ともかく29手目まで進める。

【図1】 29手目▲2四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩
まず、【図1】に至るまでで、天彦の常形である5二玉、7二銀形に対して、羽生が6八玉、3八銀の形で応じたのが、もちろん前例はあるが、比較的珍しい。これに関して、私が辞書のように参照している、村田顕弘著、「現代横歩取りのすべて」マイナビによると、この形は先手が飛車交換に強いので、定法である2四飛のぶつけを後手は採用せず、7四歩、7三桂から5七の地点の弱点を狙うものらしい。そして、著者の村田五段はこの戦型に2ページしか割かず、先手に否定的なニュアンスで終わっている。そこを敢えて羽生がチャレンジしたのだろう。角交換しないで【図1】の▲2四歩も羽生の工夫なのだろう。以下、△3四銀,▲3六飛,△7五歩,▲同歩,△5四飛と進み、ここで羽生の封じ手となった。解説陣の予想は、▲7四歩が本命だったが、あとは5筋を補強する▲5八金も考えられる。

【図2】 35手目▲5八玉まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
ところが羽生の封じ手は、誰も予想しなかった▲5八玉。次に▲6八銀と上がる狙いだろうが、そんな余裕があるのだろうか。そもそも、2筋から攻められることが見えているのに、戦場に近づくのは、意味がわかりにくい。以下、△2七歩,▲同銀,△2八歩,▲3三角成,△同桂と進んだ。後手、自然な攻めである。

【図3】 41手目▲6五角まで
持ち駒:△佐藤天彦=角



持ち駒:▲羽生=歩3
そこで羽生は、飛車取りに▲6五角だが、そういう手でうまくいくのだろうか。以下、△5五飛,▲7七桂と進んだ。

【図4】 44手目△4五角まで
持ち駒:△佐藤天彦=なし



持ち駒:▲羽生=歩3
そこで、天彦に銀に紐をつけるとともに飛車取りに△4五角と打たれてみると、最早羽生が勝てる将棋ではなくなっている。以下、▲1七桂,△2九歩成,▲5六歩,△3六角,▲同銀,△6五飛,▲同桂と進んで、大駒の総交換となった。

【図5】 52手目△1九とまで
持ち駒:△佐藤天彦=飛角香



持ち駒:▲羽生=飛角歩3
そこで天彦はじっと△1九と取って、この香得が実に大きい。7六の地点など、使いどころが多いのである。以下、▲2一飛,△3一飛,▲同飛成,△同金,▲5五角,△2八飛,▲5七玉,△4五桂,▲6六玉,△6四香,▲3三飛,△6五香,▲7七玉,△4二金,▲3四飛成と進んだが、後手は香が有効に使えているし、差は縮まらない。

【図6】 68手目△5七桂成まで
持ち駒:△佐藤天彦=角桂



持ち駒:▲羽生=銀歩3
ついに△5七桂成と迫ってきた。羽生は、▲2三歩成と反撃した。次に▲3三とと寄れれば大したものだが、以下、△7八飛成,▲同銀,△6七香成,▲同銀,△6八角,▲6六玉と網を絞った。

【図7】 投了図 76手目△7三桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=金桂歩



持ち駒:▲羽生=飛銀香歩3
そして、△7三桂となっては上下の挟撃が受からないので実質的に必至で、羽生の投了はやむを得ない。

それにしても、プロの検討でも、【図2】の▲5八玉以下、先手がよくなる変化はなかったらしくて、▲5八玉が敗着、という可能性もある。

ともかく、この棋譜をみる限り、羽生はここ数年で一番出来のよくない将棋なのではないだろうか。前の将棋で即詰みを逃した後悔が尾を引いているのだろうか、果たして次局で復調するのだろうか、次の天彦はいよいよ先番で角換わり腰掛け銀か、など思いは巡るのだった。そして次の将棋で羽生が負けるといよいよ、名人位に赤信号が灯る。羽生先生、なんとか頑張ってほしいものである。

会社の昼休みに、古書店を覗いたら、結城充考著、「プラ・バロック」光文社文庫というのが目に付いた。そもそもタイトルのプラ・バロックなんて意味不明だったが、著者の結城という姓に惹かれた。なぜなら私は囲碁の結城聡九段の大ファンだからである。

それで、とりあえず「プラ・バロック」を買って帰ったのだが、たった数日積読にしておいただけでこの本を読み始めたのは、おそらく結城効果だろう。

「プラ・バロック」の主人公は、機動捜査隊に所属する女性警官のクロハ。へぇ、クロハってなかなかいい名前じゃん、と思っていたら、どうも姓らしい。名前はユウだが、大抵の人はクロハと呼ぶ。

ところでこの小説では、大抵の登場人物がカタカナで呼ばれる、サトウ、タカハシなど。別にみんな日系二世というわけではない。単に作者の趣向でカタカナで表記されているだけだが、そのことが妙にSFっぽい雰囲気を醸し出している。

そのクロハであるが、趣味は仮想空間で遊ぶことで、はて、セカンド・ライフなどの仮想空間って、いまどき流行っているのか、と思ったら、「プラ・バロック」は2009年に書かれた小説だった。それだと確かにまだ、仮想空間は流行していた。

クロハはアゲハという名前で、独特のアバターで仮想空間内で過ごす。そこで、キリというアバターと知り合い、仲よくなった。また得体のしれない管理人もいた。

現実世界に戻って、クロハは、いくつかの殺人事件に遭遇した。すなわち、どうみても睡眠薬自殺のような案件なのに、被害者は首を刺されて出血して亡くなっている。

その事件が全く解決しないのに、今度は、臨海地区の冷凍コンテナで、なんと14人もの人達が整然とした姿で凍死している、という異様な事件にクロハは立ち会った。クロハは最初の方の事件の担当なのに、後の方の事件にも強い関心をもった。まあある意味当然である。

あとの冷凍コンテナの方は、サトウというネットオタクのような警官が担当し、仮想空間が趣味のクロハは、サトウとも意気投合して、いろいろ情報を提供してもらった。そして、冷凍コンテナの事件を裏でオーケストレートするような黒幕がいるらしいという感触をもった。

ここからは、ストーリーの核心になるので、記述を省略するが、仮想空間と、ネット社会と、現実が交錯する、一種異様な、独自のストーリーであると興味深く読んだ次第である。

特に、クロハの孤独でニヒルなキャラクタが魅力的だと感じたのだが、それはきっと私がコンピュータ親和性の高い人間だからであって、伝統的なミステリーのファンには、この小説は受け入れられないかも、と思ってしまった。

しかし、この小説は、有栖川有栖を含む、日本ミステリー文学大賞の四人の審査員の満場一致で選ばれたのであり、その理由は、そういうプロのミステリー作家たちが、何か独自のsomething newを作品に見出したから、ということらしい。これは詰将棋の世界でもそうで、詰将棋プロパーな人達は、単にきれいに詰むとか、単に難解とかいう理由では決して詰将棋を評価しない。独自の趣向を求める。そういう意味では、私は、ミステリー小説についても詰将棋についても、凡庸な感性しかもたないのだな、とちょっと寂しくなってしまった。

そういえば、「プラ・バロック」というタイトルの意味は、とうとう最後まで分からずじまいだった。よほど私は勘が鈍いのだろう。

先日、部門内の管理部門のある人に、ちょっと所用があって相談に行ったら、席に不在だった。周囲の人に聞いたら、なんでも社内の英語研修に出かけているのだという。

それで、私は、へぇ、業務として社内で英語の研修があるんだ、と思った。私が前いた会社は外資系で、英語力は場合により必須だったが、少なくとも業務内での社内の英語研修なんてなく、それで必要な人は、ボランタリーで会社が終わってから、あるいは自宅で通信教育で英語を勉強していた。

私はというと、外資系にいたとき、不本意ににも突然管理職に就かされ、すると上司がインド人だったので、仕方なく必死で英語を勉強した。上司の指示が聞き取れない、では仕事にならなくて、そのままではクビになるのは時間の問題だからである。

当時、管理職の仕事は多忙だったので、英会話学校に通うこともできず、それでアルクという会社の通信教育を受けた。それは、イングリッシュ・ジャーナルという雑誌についていた英会話のテープを聴いて、なにか聴き取りの問題を解答する、という方式だったが、それでも必死で勉強したので、少しであるが、少なくともクビにならない程度には英会話力がついた。

それから惰性で今に至るまでずっとイングリッシュ・ジャーナルは購読しているが、最近は完全に積読状態になっている。なぜなら、少なくとも英会話を使う機会が全くないからである。

じっさい、社内を観察していると、ポテンシャルの知的レベルという意味では、私がいた外資系と比べてそんなに遜色はないのに、英語がしゃべれる人は少ない。その理由は明らかで、上述のように、英語を使う必要が全くないからである。なので、社内英語教育というのも、昇進のための研修の一過程にすぎないのだろう。

その社内英語教育とはどのようなものか実際に出席した人に聞いてみると、コースは四日間くらいあって、初日はどこかの英会話学校の日本人講師が英会話の初歩を教えてくれて、そのあと三日間くらい、米軍基地の主婦らしい人が、これもまた英会話の手ほどきをしてくれて、それで終わりらしい。

で、結局仕事の必要性がないなら、そういう内容の研修なら、後に全く残らない形式的なものに終わってしまうよね、と思ってしまった。

それを意味がないように言うのは簡単であるが、それでは例えば、私が外資系時代に管理職として年に三日くらい定期的に受けた研修の内容が少しでも仕事に役にたったかというと、全く違う。

なので、英語研修であれ、管理職研修であれ、それを身に着けないと仕事に支障がある程度でないと、普通は研修を受けてもほとんど使えない。それを無駄と思うのはまあそうかもしれないが、だからそういう研修は止めてしまえ、というほどのものではないだろう。

ともかく、少なくとも英語は、かりに学校時代英語が苦手でも、TOEICが500点に満たなくても、日常的に米国人とコンタクトするような立場にあれば、早いか遅いかの違いはあっても、誰でもそこそこ話せるようになるだろう。そのことは、「できる人」という幻想という本にも書かれているとおりである。

user-pic
0

夏目漱石の作品を、「三四郎」「それから」と読んできて、三部作ということで、「門」も読んでみることにした。新潮文庫版である。

「門」は、宗助と御米という夫婦の地味な暮らしの話から始まる。仲の良い夫婦のようなのだが、どうも暗い調子が気になる。それは一つには、宗助の勤め先の給与が少なくて生活が苦しいことであり、もう一つは、御米の体調がいまいちすぐれないせいかと思ったが、どうもそれだけではないようである。

じっさい、宗助の両親が亡くなったときに、宗助には小六という弟がいて、家屋を含め、兄弟で継ぐべき財産があったのだが、処分手続きが面倒なので、宗助は財産の処分諸々を叔父に託した。

しかし叔父は、財産を運用するタイプで、それでいささか損をすることで、財産は目減りしてしまった。それでも幾許かの財産が余ったので、そのお金でもって、叔父の家で小六を養ってもらうことにした。

そうこうしているうちに、叔父の家も生活が逼迫してきて、小六をいつまでも置いておくことができなくなり、すると宗助の家に引き取るよりなくなる。しかし、狭い家だし、御米も気づまりになる。

そこで次第に明らかになってきたことは、御米の体調がすぐれないのは何度も流産したり死産したりしたという悲しい過去があったからである。特に、宗助の隣の坂井という家は、裕福であるだけでなく子沢山で、そのことが特に御米には苦痛の種である。

それでも宗助と御米は、他に頼る人もないというのもあるが、懸命に寄り添って生きていく。健気とさえいえる。

さらに明らかになってきたのは、御米はもともと、大学時代の親友の安井という男の妻で、細かい経緯は詳らかにされないが、どうも御米を安井から略奪するようなかたちで妻にしたようなのである。その結果、当然に安井とは絶交になっただけではなく、親からも見放され、大学も辞めざるをえなくなった。きちんと大学を卒業していれば状況も違っただろうに、御米がそれほど魅力的だったのだろうか。そのことも明らかにされない。

ところが、絶交になったはずの安井の影が忍び寄るような状況が発生し、絶望に近い状態で宗助は、鎌倉の禅寺を訪ねて、仏教の修行をし始めた。結局禅寺からも戻ってくるのだが、立ち込める暗雲をそのままに、物語は終わってしまった。

ううん、ある意味「それから」以上に重いストーリーであった。で、「三四郎」、「それから」、「門」がなぜ三部作なのかというと、三四郎の雰囲気が「それから」の代助に反映し、「それから」の代助が、「門」において宗助に、三千代が御米に反映したのか、というのが普通の解釈だろう。

それにしても、宗助は到底激しい男女間の三角関係を演じるような人格にはみえないのであるが、あるいは若いときに燃えるような恋愛をして、日陰に陰伏するような暮らしをしたので、燃え尽きたのだろうか。

多冠理論か

user-pic
0

本因坊戦が始まった。井山本因坊対高尾九段である。そして、結果は以下のとおり。

広島県尾道市の「本因坊秀策囲碁記念館」で9日から繰り広げられた第71期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第1局は10日午後7時2分、244手で挑戦者の高尾紳路九段(39)が井山裕太本因坊(26)に白番中押し勝ちした。残り時間は井山1分、高尾42分。第2局は23、24日、兵庫県尼崎市の本興寺で打たれる。

私は、ううん多冠理論か、と唸ってしまった。ほとんど死に体かと思ったら、まるで水虫のように、多冠菌は潜伏しており、タイトルが一人に集中すると、多冠菌は活気づくようである。多冠菌は死なず、たた潜伏するのみ。

ご存じのように羽生七冠(当時)は、棋聖戦で、三浦五段(当時)の挑戦を受けたとき、まさに多冠菌に侵されており、あえなく棋聖位を奪還されて、七冠から滑り落ちた。

もしや井山七冠も多冠菌にやられてしまうのだろうか。私は、六冠から四冠まで後退しながら、じりっじりっと七冠まで積木を重ね直した井山の不屈の闘志に期待したい。そして、水虫のような多冠菌を根絶してほしいものである。

ところで、広島県尾道市で本因坊戦第一局というので、米長が中原を破って名人位に就いたベラビスタ境が浜かと思ったら、因島の「本因坊秀策囲碁記念館」とは、そういうのができているとは、元尾道市民とはいえ、ほとんど帰省しないので、知らなかった次第である。

そういえば、将棋の話題であるが、三段リーグをみたら、里見と西山がともに四連勝で、暫定トップを走っている。三段リーグは長丁場なので、まだまだこの段階で云々できないが、なんとか勝ち数を積み上げてほしいものである。

初心者指導

user-pic
0

私は基本的にあまり人付き合いが得意でないので、対人のインタラクションを伴うこともあまり得意でない。だから恋愛だって苦手なのでしょ?と聞かれたら、あまりためらわずに同意するだろう。

さて、人間世界では、動物だってそうかもしれないが、先輩が後輩に指導することが文化の一部として本質的であり、そうすることで文化の継承がなされ、時代に応じた発展も可能になる。

そして私も人間社会に生きているので、文化の継承の一翼を担いたいのだが、上記したように対人のインタラクションが苦手であり、よって誰かに自分のスキルを教えるのも苦手と思っているのだが、案外そうでもないのかな、と思うこともときどきあるので、ちょっとそのあたりを書いてみる。

私はなぜか地元の公民館の行事の役員を任命されており、そこでの私の役割のひとつに、子供たちに年に一度、将棋を教えることがある。すなわち、指導者が私一人のところに(最近、もう一人の方が加わった)、ルールも知らないような小学生が複数人やってきて、先生、将棋ってどうやるんですか、という素朴な質問されたとき、いままでは律義に駒の動かし方から教えていたのだが、なにしろ時間はせいぜい2時間ほどしかなく、その時間範囲では、勘のいい子供でも駒の動かし方をすべて覚えるには至らない。

ところが、昨年のことである、やってきた小学生の中に、どうみてもアメリカ人としかみえない女子小学生がいた。なにしろ私が住んでいる地域は、ちかくに米軍基地があるので、アメリカ人に出会うことはそんなに稀ではない。なのに、私は、長年外資系にいたはずなのについ構えてしまった。すなわち、どうやって将棋を英語で教えるのだ、ということである。

ところが、その女の子が話し始めるとなんと、ネイティブな日本語で、安堵して逆に拍子抜けしてしまった。本人がいうには、お母さんが日本人で、お父さんが米軍基地の軍人で、すると、お父さんの遺伝子が強いので外見は欧米人なのだが、地元の小学校に通っているので日本語がネイティブということらしい。

そこで私は肩の力が抜けて、ある将棋の指導法を考え付いた。すなわち、将棋を知らない同士の小学生を組ませて、とりあえず駒の並べ方を教えた。そして、最初はこうだよ、と角道をあけることを教える。そのついでに駒の動かし方を教える。そうやって例えば、四間飛車対居飛車みたいな戦型に誘導し、すると子供たちはついルールを外れた動きをするのでそこは指摘して戻させ、将棋をほとんど知らないのに将棋を指す楽しさがある程度体験できるように工夫してみた。

それはかなり気を使う作業で、私は疲れてしまったが、じつは私はみんなのために労力を費やすという作業が意外億劫でなくで、そうやって自分の潜在能力を引き出したりする。で、結果的に、将棋を知らない子供達に楽しんでもらえたようで、終わったあとのアンケートもポジティブなコメントが多かった。とくに、アメリカ人としかみえない女の子が、ネイティブな丁寧な日本語で、コメント用紙に、「たのしかったです。また、来年もきたいです。」と書いてくれたのが妙にうれしくて、うん、来年もきてね、と内心喜んで、お願いした。言い訳ではないが、私は決してあやしいおじさんではない。いちいち言うと逆効果だが。

戻って、私が意外に初心者指導が苦手でないとしたら、おそらく私は、万事不器用なので、何をするにも心の中で意識化して、マニュアルのようなものを書き下してリストする、という作業を普段からしているからなのだと思う。なので、指導のときはそのテンプレートを使う。ただ、単なるマニュアルのインプリメントでは退屈なので、イマジネーションを働かせて、楽しい作業としての付加価値をつけようとする。

思い出すと、外資系に私が入ったばかりのころ、先輩部員に厳しく指導されたが、次第に教育の価値が部門で軽んじられて、その会社生活の最後の10年間は、部門で私がほとんど唯一の後輩指導係だったような気がする。なので、私は、複数人の後輩に、中間処理と、明細書作成の指導をした。私の方針は、上述のように、基本的なところはテンプレート化し、最初はテンプレートに従って作成してもらう。その後はテンプレートを自分の工夫で改良してもらう、という方法を採った。これは私自身が仕事に熟練してきたやり方でもある。

そして、ある程度熟練してきたら、完全にまかせて、あとは本人の本来の潜在能力で頑張ってもらい、しかし、ときどき仕事内容をチェックして、ちょっと疑問に感じたら指摘するというよりも対等の立場で議論するようにした。すると、私が言い負かされて相手のいうことが正しいと認めることも結構あった。

そうやって、私がみるところ、指導した人達はみんな平均以上のスキルの特許実務家に育った。私の指導云々よりも、彼らは潜在能力がもともと高かっただけだと思う。ただ、少なくとも私の指導法は彼らをミスガイドし、あるいは能力を閉塞はさせはしなかったはずである。

すると、相手のために労力を惜しまないというサポート精神と、平等意識というか抑えつけないデモクラティックな方針とで、私も最悪な指導者ではないような気がしてきた。ただスキルがあまりないので、高度なことは到底教えられない、というだけのことなのだった。あと、サポーティブなのはいいが、私のサポートは悪しき意味で親的(parental)で、押しつけがましいというか、うっとおしくてちょっと息苦しいところもあるようで、分かっているのだが、なかなか改善されないでいるのだった。

たまたま古書店の本を眺めていたら、乾くるみ「クラリネット症候群」徳間文庫という本が目に付いた。で、手にとってみると、表紙のイラストが、ミニスカートの女性だった。それで、なんとなく、乾くるみ=若手女流作家みたいな思い込みで、ちょっと心が浮き立ち、とりあえずこの本を買った。

ところが、自宅に帰って、Wikiで「乾くるみ」を調べてみると、なんと髭ズラのおっさんではないか。で、詐欺だ!と叫んで、本を床に投げつけようとしたが、「静岡県静岡市出身。静岡大学理学部数学科卒業」という経歴をみて止めた。理学部数学科という文字をみると私は敬虔な気持ちになる。

そしてしばらくこの本を放置していたのだが、夏目漱石の「それから」を読んで感動したあと、なるべく落差のある本を、と思って「クラリネット症候群」を読み始めた。たしかに、落差の方は期待を裏切らなかった。

「クラリネット症候群」はじつは、「マリオネット症候群」と「クラリネット症候群」の二編からなる。もともと「マリオネット症候群」は2001年に書いたものなのだが、それ単独で文庫本にするには分量が足らないので、「クラリネット症候群」を文庫用に書き下して一冊としたらしい。

「マリオネット症候群」はSF仕立てで、主人公は御子柴里美という女子高校生。深夜、自宅で寝ていてふと目を覚ますと、意識はあるのだが、体が思うように動かないというか、勝手に動いてしまう。で、困り果てて思案してみると、どうも誰かが体を乗っ取ったらしいということが分った。しかも恥ずかしいことに自分自身をまさぐって確認したりしているので、乗っ取ったのが男性らしい、ということもわかり当惑は最高潮に達した。

分かっていても、里美はなにもできず、手を拱いているしかない。いや、拱こうにも、手も使えない。すると、乗っ取った人は、周囲をみて最初はぎこちなかったのだが、次第に状況を理解し、朝になるとなんとか制服を着こなして学校にもいった。

そして、周囲に怪訝がられながらも、学校で一日を過ごすと、乗っ取った人は、森川という家に電話をかけた。すると、そこの男子生徒が昨夜亡くなったらしい。じつは、森川というのは里美が思いを寄せて、バレンタインデーのチョコを贈った男子生徒だった。

こうして里美は、紆余曲折を経て、自分に憑依したのが、森川だとわかり、なんだか嬉しくなったりした。しかし、なぜ亡くなった森川が憑依したのかと考えるうちに、自分の家の家系の不思議が秘密に思い至った。そうしているうちに、事態は急展開して第二、第三の憑依も起きるという、筒井康隆ばりのドタバタSFなのだが、まあ面白いかな、というところであった。

「クラリネット症候群」は、未婚の母から産まれたが母から捨てられ、関夏彦というクラリネット奏者に面倒をみてもらっている、犬育翔太という高校生の話。翔太は、系統だった音楽教育を受けたわけではないが、門前の小僧で、ある程度クラリネットが演奏できるようになり、最近はときどき関さんにも指導をうけてそれなりにクラリネットが上達した。

ところがある日関さんが出かけてしまい、その日は特に予定もなかったので、関さんのクラリネットを借りて、戸外で演奏していた。すると、憧れの女子生徒がやってきて聞き惚れてくれたので、しめしめと思っていると、今度がガラの悪い高校生たちがやってきて、翔太からクラリネットを取り上げて、腹いせに壊してしまった。すると、関さんの大事なクラリネットを壊したことがショックで、翔太はクラリネット症候群に罹ってしまった。どういうことかというと、「クラリネットを壊しちゃった」という歌の歌詞にあるとおりで、♪ドとレとミとファとソとラとシの音が出ない♪にあるように、そこにある音だけ抜けて聞こえてしまう。なので事実上、ほとんど聴き取れないのと同じである。

それでも、クラリネット症候群に苦しみながら、なんとか翔太が過ごしていると、次第に分ってきたのは、関さんは、クラリネットがらみの暗号解読のため、暴力団に連れ去られたらしいということである。どういうことかというと、ある重要なブツの隠し場所が、楽譜で書かれていて、それにクラリネットの運指を適用すると、暗号が解読される、というものらしい。作者の乾くるみは、この作品のためにわざわざクラリネット用に作曲したらしくて、相当に音楽というか、クラリネットの造詣が深い、と感心してしまった。

そうして、この作品も、ドタバタで結末を迎えるのだが、マリオネット症候群」と「クラリネット症候群」を読み終えて、う~ん、like no otherだね、とある有名メーカーのキャッチコピーを思い出した。まあ、目の付けどころがシャープでしょ、よりましか。

こうして、夏目漱石の「それから」との落差をしかと確認したのだった。落差がありすぎて、飛び降りたら、足を捻挫しそうになった。

肉親の縁

user-pic
0

今まで、何億人、いや何百億人の人が考えてきたであろう、超当たり前の話を淡々とかいてみる。それは、肉親の縁のことである。

最近は熊本地震があり、被災地の人達が大変な目に遭っているので、別の地震の話をするのさえ不謹慎のような気もするが、東北大震災の津波で、一家四人のうち三人も津波に流されて亡くなり、あるいは行方不明のままで、小学生の子供一人だけが残されてしまった、みたいなケースがあり、なんと不憫なんだろう、いっそ一家全員が流されてしまったほうがましだったのではないかと、どうみても顰蹙を買いかねないコメントをもったりしたが、日本人の一部にそういうことをつい考えてしまうメンタリティがあるのも確かであろう。

先日、ニュースをみていたら、中国自動車道で、渋滞で止まっていた乗用車に、トラックが突っ込んできて、運転していた母親と、娘、息子の三人が亡くなったとあった。山口市に住んでいて、広島の実家に車で帰省しての帰りの事故だった。その女性は山口県に夫ともう一人の子供がいるので、一挙に三人も失った残りの家族のショックと悲痛は、想像を絶する。

こういうとき私はつい、肉親の縁ということを考えてしまう。すなわち、仏教的にいうと、人生ははかないもので、いつあの世に召されてもおかしくないのであるが、空から巨大彗星が降ってきて地球に激突しないかぎり、人ひとりがあの世に召される確率は、あくまでも統計的には高くなくて、なので大抵の家族は、疑似的に安定を享受できる。

その家族をつくるための結婚にしても、結婚して子供が生まれ、さらには孫や曾孫が生まれて子孫繁栄を願うことも、普通のようでいて、そうとも限らない。

例えば、笑点という番組で、春風亭昇太という噺家がいつも、結婚できないという自虐ネタで笑いをとっているが、どうみても私には昇太さんが結婚できない理由がわからない。家内に聞いても、みるからにいい人で結婚相手として悪くないはず、という。なので、結婚ひとつをとっても、本人の思惑を超えた、隠れたパラメータが介在しているのだろうか。

そういえば、先日床屋にいったら、結構待ち時間が長かったので、仕方なく詰将棋を解いていたのだが、80代の年配の方が何人かで世間話していた。すなわち、自分は癌で治療できない状態で先は長くないのだが、まあここまで生きたら、あとはいつ死んでもいいやと苦笑いしつつ、昔話をしていたので、つい聞いてしまった。それによると、その人は戦争中は中学生くらいの年齢で、深川だったか都内にいたのたが、東京大空襲に遭い、目の前に焼夷弾が落ちてきたので、ああ、これは駄目だと覚悟したが、たまたまそれは不発弾で命が助かった。

戦後は自分で商売をしたらそこそこ稼げたので、結婚した。すると、子供が二人できた。ところが、奥さんがまだ30代半ばで病気で亡くなってしまった。まだ学校に通う子供二人がいるので途方にくれたが、何年かして、子供たちの面倒をみてくれそうな女性があらわれたので、その女性と再婚した。ところが、子供たちが成人したあとだが、その女性も病気で亡くなってしまい、自分は女好きだし周囲に好きな女性はいないではなかったが、もう結婚はしないことに決めたという。

さらにその人がいうには、二人の子供たちは幸いどちらも結婚した。そして、もう結婚して随分時間が経つが、孫が生まれそうな様子はない。まあ、仕方ないな、と寂しく笑った。

そのときも、肉親の縁という言葉が私は浮かんだ。そういえば、私の母の知り合いにも、結婚はしたものの、病気で夫が亡くなったという女性がいた。そのあと縁あって別の男性と再婚したのだが、ある日の朝、夫をみて言った、「あんた、なんか顔が歪んでみえるよ、変だから病院にいってごらん。」夫は、「えっ、そうかい、別になんともないがそういうなら病院に行ってみるよ。」病院に行くと、医師は検査して確かにこれは病気だという。そして入院となったが、最初は夫は意識があり、直ぐに退院するなどといっていたのだが、次第に夫は意識がなくなった。それで、その女性がしんみり話してくれたのは、なんか見舞いにいっても、夫から何も反応がないので甲斐がない。それでも、三日に一度くらいは見舞いに行った。結局夫は意識が戻ることなく一年後に亡くなったという。その女性は最初の夫とも、次の夫とも、子供が生まれなかった。そして、上記の老人と同様に、流石に三度目の再婚はしなかった。

私は何かいいたいわけでもない、ただ、肉親の縁ってなんだろうと思案するだけである。それはみるところ、霊格とも関係なさそうで、前世の因果なのかもしれないが、それはロジカルには、何もわかりません、ということと等価にすぎない。

それから

user-pic
0

夏目漱石の「三四郎」読んでみたら、ちょっと意外にも面白くて一気読みだったので、「三四郎」と「門」とで三部作をなしているという「それから」も読むことにした。もともと新潮文庫で読む予定だったが、古書店にいったらたまたま、岩波文庫版の「それから」があったので、こちらを買って読んだ。

さて、「それから」の主人公は、長井代助。実家が事業をしていて裕福なので、大学を出ても代助は、仕事に就かず結婚もせず、ただ親のすねをかじって生きている。いわゆる高等遊民である。

代助には、大学時代に、平岡という友人がいた。当時代助には、三千代という好きな女性がいたが、平岡も三千代が好きだというので、義侠心というか友情を発揮して、三千代を平岡に譲り、こうして平岡は目出度く三千代と結婚した。

そして、平岡の仕事の都合で、平岡夫妻は関西に移り住んだが、平岡が銀行に勤めていて、部下の不祥事の責任をとるかたちで会社を辞めた。一方、三千代は子供を死産するという不幸に見舞われ、その後も三千代の体調は思わしくなかった。

平岡は自棄になって遊興に浸り、借金をつくってしまう有様だった。結局、平岡夫妻は東京に戻ってきて、代助に借金を申し込むほどだった。

その借金のことで、代助は三千代に久々に会い、三千代に対する想いが蘇った。そして深く三千代を愛している自分を確認した、という今の時代にしてみれば古風な恋愛小説だが、何しろ百年前の小説なのである。しかし、男女の機微というか感情の揺れや葛藤は今と全く変わらない。人間の情愛が時代を超えたものであることがわかる。

それにしても、当時の日本にはまだ姦通罪があるのであり、不倫的な恋愛に対する社会的制裁はいまよりもずっと厳しく、平岡とは絶交になり、代助は結果的に親から勘当されて金銭的援助を絶たれ、学歴と教養はあるものの手に職のない代助は窮地に立たされた。それだけではない、これから支えていかなくてはならない三千代は心臓が悪く、どうみても長生きしそうにない。

実は代助は、父親によって資産家の娘を紹介され、結婚することを強く勧められた。しかし、三千代のことが気になって、どうしてもそれに同意できず、結局自ら火中の栗を拾ったのだった。

自分を代助の立場において考えるのは変かもしれないが、私だったら、三千代への想いを抱いたまま、結局父親の勧めで結婚しただろう。げんじつに私は、あまり気が進まなかったが、親の勧めに従い見合い結婚した。当時明確に好きな人がいたわけではないが、もともとずっと独身かな、という気はしていた。

ただ、決して親孝行というわけではないが、あまり親に反発しないで生きていたので、仕方ないと思うところがあった。また、私は、代助と違って、子供の頃から貧乏だったので、きちんとお金を稼ぐことを重んじる価値観になった。私の故郷では、病気でもないのに真面目に働こうとしない男は、甲斐性がないといわれて、まともに相手にされなかった。

なので私には代助のような価値観というか生き方は絶対できない。また、私は、ちゃんと食べさせていけないなら絶対結婚しない。私の場合、最低限の生活力はあっても、結婚相手がなかなかいなかった。それはまあ別の話である。

それにしても、漱石の時代に、このような小説を書くことさえ不謹慎とはいわれなかったのだろうか。それとも当時は、大正デモクラシーに至る走りのような自由で、それでいて来るべき不安に包まれた時代だったのだろうか。

ともかく、暢気なようで不安症の代助の気性に、時代精神がよく表れているといえる。

ところで、先日読んだ野獣死すべしという小説は、松田優作主演で映画化されたが、なんと漱石の「これから」もやはり、松田優作が代助役で映画化されたのだった。

いくら松田優作が伝説の名優だからって、「野獣死すべし」の伊達邦彦と、「これから」の長井代助の両方を演じるなんて、とつい苦笑した次第である。

表面科学

user-pic
0

工学書というか科学書というのも奥が深いと改めて最近感じたのは、表面科学という分野があると知ったからである。

すなわちたまたま本屋で、「すごいぞ!身のまわりの表面科学」日本表面学会編、講談社ブルーバックスというのを買って読んだら、感心してしまった。以下、私なりの感想を書いてみる。

水前寺清子の古い歌で、♪ボロは着てても心の錦♪というのがあって、要するに人間は中身であって容姿や衣装ではない、という意味である。私もそう思っていて、なので普段から服装や身なりに無頓着なのだが、この本を読んで、そうも言っていられないかな、と思うようになった。

なぜ表面が意外に本質的かというと、ある立方体の物質があるとき、物質の内部では、共有結合などで分子同志が互いに手をつないでいるのに、物質の表面の分子は、手をつなく相手がいないので、手が余ってしまっている。すると、そこでは、余った手のせいで別の物質が反応しやすくなっている。この高まった反応性に対して、酸素、炭素、フッ素、硫黄などのいろいろな官能基を作用させることで、表面の性質ががらっと変わる。

表面の吸着がファン・デア・ワールス力であるなら、それは物理的な作用であり、化学結合であるなら、それは化学的な作用である。よって、表面科学は、表面物理と呼ばれる場合があり、表面化学と呼ばれる場合もある。

一般に表面科学というとき、物質と空気の境を想定しているが、異種の物質どうしが接触すると、その境界は界面と呼ばれ、界面科学とも呼ばれたりする。例えば、異種のドーパントを打ち込んだ半導体の境界は界面である。なので当然に界面科学というのもありえるが、表面科学で総称される。

さて、その表面科学の応用分野であるが、曇らない鏡、撥水スプレー、洗剤、消臭剤、接着剤、無反射フィルム、髪のキューティクル、潤滑の特性、サメ肌の水着、STM、ドライポロジー、汚れにくいコンタクトレンズ、触媒、太陽電池、燃料電池など多岐に亘る。

また、固体表面の化学反応過程、触媒によるアンモニア合成法、青色発光ダイオード、光エレクトロニクス用半導体ヘテロ構造、光電子分光法、などノーベル賞の宝庫でもある。

なので、一般教養として、表面科学はなかなか学び甲斐があると思われる。

特許実務

user-pic
0

特許部というか知財部において、特許実務がメインの仕事であることは多分、ごく一部の偏頗な人を除いて異論がないだろう。しかしもちろん企業なので、契約や、商標、意匠、特許の事務管理、などもろもろの仕事があり、丁度人間が生きていくためにはさまざまなビタミンやミネラルも必要であるように、もろもろの仕事も必須である。ただ、特許実務がコメというか主食のような位置づけであることに議論の余地がないものとして話を進める。

その特許実務は広義には、発明評価処理、特許明細書作成、中間処理、特許調査、特許侵害訴訟、特許ライセンスなどの仕事を含むが、特許侵害訴訟と特許ライセンスは、特許実務の応用分野として位置づけられており、特に中間処理のスキルを駆使したりするが、特許侵害訴訟では民事訴訟法、特許ライセンスでは交渉テクニックなど、他の分野の知識も必要なので一層の経験が必要である。

そこで、特許明細書作成と中間処理を狭義の特許実務と定義してみるが、これに対してもあまり異論はないと思われる。私はもともと特許実務屋であったが、10年くらい管理職をしていてブランクがあったので、すっかり特許実務のスキルが減退していた。なおその間、実際に特許明細書作成や中間処理を書いたりしないので、書こうとして書けないという意味でのスキルの減退は感じようがなかったのであるが、他人が書いた特許明細書や中間処理をレビューしようとして、きちんとレビューできないという点でスキルの減退を感じた。ただ、それでもなんとかレビューしようと真面目に特許明細書や中間処理を読み返したことが、管理職を降りて特許実務をstart-overする際に役に立った。

ところで、特許事務所の弁理士の方で、企業で特許明細書作成や中間処理を行っていると、絶対件数が少ないので、スキルとしてどうか、みたいに指摘する人がいるが、その指摘はたしかに一般論として正しい。当然であるが、企業に勤めていたら、知財部であっても、特許明細書作成や中間処理だけに専念できない。研究者から雑用を頼まれたり、その他もろもろの仕事があるからである。ただ、企業内にいると、特定の技術分野に集中して特許明細書作成や中間処理を担当できるし、社内なので密に発明者に問い合わせられるというのもあって、技術specificには特許事務所の弁理士よりも有利である。ただ、もし特定の技術分野を、指名で特許事務所の特定の弁理士の方に依頼し続けると、このアドバンテージも減ることになる。

私が、管理職を降りてから、ちょっと過剰ともいえるくらい意識して特許明細書作成や中間処理にエネルギーを傾注したのは、会社を辞めたあと、そうする方がどこかの特許事務所などに採用してもらいやすいと考えたからである。その考えは一般的には間違いではなかったが、年齢の高さと、弁理士の資格がないということが、再就職を困難にした。まあ、それが現実なのだから仕方がない。

ともかく、特許明細書作成や中間処理にエネルギーを傾注すると、もちろん仕事の質や量も上がるのだが、それに加えて、他人の特許実務に対しての鑑識眼も上がった。外部特許事務所の仕事に対して、有意義な指摘ができるようになった。それによって、無条件で質がいいという評判だった特許事務所の明細書に信じられないような手抜きを発見したので、会社に呼びつけて指摘したら、全く反論もできないで困っていた。私は基本的に他人の仕事の粗をみつけて指摘し、虐めることに悦びを見出すタイプではない。ただ、手抜きが限度を超えていたのである。

そういうことがあってから、企業の知財部の特許実務担当者は、きちんと外部特許事務所の仕事のクオリティをコントロールするためには、ある程度自分で特許明細書作成や中間処理も担当すべし、という、書いてみたら当たり前と思われるようなことを今更信じるようになった。もちろん、狭義の特許実務を離れて特許調査屋になった今も、その考えは変わっていない。

ところが、転職というか再就職して、よその会社の知財部の話を聞くに至って、ええっ、それでいいの?と素朴な疑問をもった。まず、特許明細書作成は社内ではほとんど、あるいは全く作成しない。私からみたらあんな面白い仕事もないのだが、まあ確かに、特許明細書作成の仕事は、time-consumingというか、労働集約的である面があることは否定しない。しかし、さらに驚いたのは、中間処理も知財部はまったく社内処理しない会社もあるらしい。すなわち、外部特許事務所から拒絶理由通知の知らせがくると、それを発明者に転送してコメントをもらい、それを特許事務所に返す。要するにリエゾンというわけだが、そこに付加価値を付けるのは困難で、下手したらメッセンジャーボーイになってしまわないだろうか。それとも、そこにも独特の情報渡しのノウハウもあるのだろうか。きっとあるのだろう。

しかし、それでも地球は回っているではないが、それでも知財部は廻っている、らしい。きっとその会社が使っている特許事務所が優秀なのだろうと、特許明細書や中間処理を複数件スポットチェックしてみたが、よく出来たものもあれば、いくらなんでもというものもあった。

そういえば、私が以前勤務していた外資系の知財部では、私が辞めてから特許明細書作成の内製率は下がったが、それでも中間処理のある割合は内製されているようで、ううん、それなら最悪じゃないよね、と思ってしまった。私は人生長年生きていて、褒めるのが苦手で困る。だから女性にもてないのだろう、まあそれ以前の問題のような気もするが。

最近、ある知り合いから、「野獣死すべし」が面白かったと聞いた。ああ、大藪晴彦だね、とすぐに分かったが、そもそも私は大藪晴彦を読んだことがないし、一時代前の小説だよね、とあまりまともに読もうと考えたことがなかった。でも、まあとりあえずと、アマゾンの古本をオーダーして、着いたらなんとなく読み始めた。

ところが、読み始めたら、ぐいぐい本の世界に引き込まれた。その著者の大藪晴彦であるが、事前にWikiで調べたら、1935年生まれなので、1929年生まれの私の父より6歳くらい若い。終戦の年に朝鮮半島の北部にいたが、父親が徴用され、母と本人と妹の三人で必死で頑張った。敗戦後、日本人が朝鮮人になぶり殺しにあうのを見て、大変ショックを受けた。そして、なんとか1946年に闇船で日本に帰ってきたが、父は既に帰国していた。このあたりの苦労は、五木寛之にも似ているが、五木寛之は、ソ連軍の進駐の混乱の中で母を亡くしている。

さて、「野獣死すべし」の主人公は、伊達邦彦で、終戦の頃ハルピンにいたという設定が大藪晴彦の実体験と少し違うが、あとは帰国するまでは、基本的に大藪晴彦の実体験を反映している。

小説のストーリーを辿ると、ハルピンで邦彦の父は、会社を経営していた。しかし、日本のコンツェルンに騙されて会社を乗っとられてしまった。仕方がないので父は、官吏として働いた。

日本で学校に通い始めた邦彦は、暴力で一目置かれたワルだったが、勉強もできた。そして、地元の進学校の高校に難なく入学すると、そこでも反発して、マルクス・エンゲルスの本を読んだり、新聞部で左かがった記事を書いて、先生に注意されたりした。この頃から女性にもてて、派手な女性関係だった。

高校を卒業して東大を受験したが落ちたので、仕方なく神学校に入学した。しかし、そこでも先生に逆らって放校になった。そして結局、早稲田の文学部に入学した。

早稲田では、邦彦は、ダシール・ハメットなどのアメリカン・ハードボイルドを読みふけるとともに、射撃に精を出した。ストイックに体も鍛えた。

大学の教授に頼まれた翻訳の仕事を真面目にこなしつつも、邦彦は、次第に悪だくみを考えるようになった。すなわち、密かに警官を殺害して、銃を奪ったりした。

次のターゲットは、近所の大学の入学金を奪うことだった。邦彦の手は、関係の女性に先ず取り入る。なにしろ絶世の美男子なので、大抵の女性が籠絡されてしまう。そうして女性から必要な情報を聞きだすと、その情報に基づき襲撃するのだが、邦彦は非情にも、折角惚れてくれた女性も容赦なく殺す。関係ない他人の犠牲も全く厭わない。要するに真のサイコパスである。

こうして資金を貯めると、邦彦は、米国のハーバードとコロンビア大学に留学し、箔をつけて日本に帰ってきた。次なるターゲットは、父の会社を昔乗っ取った、京急コンツェルンである。なんとしても、京急コンツェルンに重大な復讐を仕掛けるのだと、邦彦の頭がフル回転した。

ここからはストーリーの佳境なので、省略するが、なにしろ強烈なストーリーに、読み終えて頭が茫然となり、さらに夢でうなされるほどだった。

ところで、大藪氏は、この作品を早稲田大学の3年生で書いたのだった。そういう意味で、大藪氏がいかに早熟の天才か分かる。ただ、囲碁の世界ランキング一位の中国の柯潔はまだ19歳で、人間は普通にそれくらいの歳でピークを迎えたとしても何も意外ではない。

ということで、大藪氏の他の作品もそのうち読むことにする。私が今まで読んだハードボイルドとは一風変わった、時代の古さを感じさせない作風が斬新である。

転用

user-pic
0

唐突であるが、転用というか移植(transportation)というか、よく分からないけど、そういうことってあるよね、とふと思ったのは、伊坂幸太郎の小説を読んでいるときである。例えば、フィッシュストーリーや、ラッシュライフを読んでいて、そこに流れる妙にシュールな雰囲気は、何かの哲学書の導出物(derivative)であると感じた。

要するに、何かの哲学書を読んでいて、ふとストーリーが閃き、そこに小説的修飾をほどこして仕上げたと感じた次第である。もちろん私はありきたりのことを言っているにすぎなくて、例えば、田中美知太郎著「哲学入門」にも、こちらに書いたように、モームが哲学書を愛読書としていた、とある。ただ、ある程度熱心なモームの読者であった私は、哲学的雰囲気をもつモームの作品を思い出すことができない。

が、私がこれからかこうとすることは、哲学の主題による変奏曲の諸相ではない。そんなのあまりにも私の手に余る。ここで単に触れたいと思ったのは、小説とそれ以外の分野の学問の間の圏論的な意味の対応付けみたいなはなしである。自分でも何かいいたいのかわからなくなってきた。そもそも最初に言い出したことと話の趣旨が変わってきている。

ともかくざっくりいうと、(哲学)⇒(文学)という遷移があって、(文学)⇒(哲学)という遷移もあるのだが、(哲学)⇒(文学)という遷移の方が起きる確率が高くて、(文学)⇒(哲学)の方は確率が小さいので、無視してもよいだろうという話である。ん?それって化学反応のような話で、圏論なんて何も関係ないじゃん、なんという悪しき衒学と自己批判したくなった。

ともかく、そういう遷移を一つみつけると、他の例も類推で挙がってくる。すなわち、(数学)⇒(物理学)である。これはどういう意味かというと、ある数学の道具立て(例えば、タイヒミュラー空間論)が、ある物理学の構築(超弦理論)に役立つという次第である。ただ、その逆の(物理学)⇒(数学)も、フォン・ノイマンによる、量子力学を抽象化したことによる作用素環論のような例があるので、(文学)⇒(哲学)よりは多いかもしれない。

ただ、(数学)⇒(経済学)はあっても、(経済学)⇒(数学)はどうか。ゲームの理論がそうなのだろうか。しかし、ゲームの理論って数学なのだろうか。

文学に戻って、(心理学)⇒(文学)、(歴史学)⇒(文学)、(経営学)⇒(文学)、(犯罪学)⇒(文学)は、それぞれ、いわゆる大衆小説を生み出すだろうし、純化すれば、語呂合わせのようであるが、純文学にもなりえるかもしれない。しかしそれぞれ、逆は考えにくい。

次に、(物理学)⇒(文学)は、典型的なSFだし、(生物学)⇒(文学)もまたそうか。例えば、マイクル・クライトンの「アンドロメダ病原体」とか。しかし、(化学)⇒(文学)となると、極めて少なくて、化学探偵Mr.キュリーくらいか。

では、(数学)⇒(文学)は、どうだろうか。「ゲーデル,エッシャー,バッハ―あるいは不思議の環」という本を思い出したが、どうみてもあれは小説ではない。

こうして、議論の杜撰さに自己嫌悪になってきたので、ここらあたりで一旦擱く。

死神の浮力

user-pic
0

先日、ある知り合いと、サイコパスについて議論していた。すると、知り合いは、サイコパスが主題の小説がある、という。しかもサイコパスが究極の復讐を受けるともいう。私はもちろん、その小説の題名を聞いた。するとなんと、伊坂幸太郎の「死神の浮力」文藝春秋だという。

私はアマゾンでその本を直ぐに注文するとともに、以前読んだ伊坂幸太郎の「死神の精度」のストーリーを思い出した。そこでは、死神は千葉という名前だった。もちろん人間ではない。死神の役割は、上層部から選ばれた人間を調査して、可か不可かの回答をすることである。可だと、ある期間の後に死亡する。しかし、どんな条件で可か不可が決まるのかがよく分からない。なので、千葉の同僚で、ほとんど調査もしないで、適当に可だと答える死神もいるらしい。

そんな前提知識を思い出して、「死神の浮力」を読み始めた。すると、作家の山野辺夫妻という人達が登場する。この人達がサイコパスなのかと思っていたらそうではないようである。すなわち、山野辺夫妻は、一人娘を本城という男に殺された。この本城がサイコパスらしい。

もちろん、山野辺夫妻は、本城に人生を懸けた復讐を誓い、そのために徹底的に準備した。司法によってではなく私的制裁するため、わざと一旦裁判を無罪にするようにもっていったくらいである。

しかし、サイコパス本城は、山野辺夫妻の想像を超えて、はるかに強かだった。山野辺夫妻がどうするか思案しているとき、死神の千葉が山野辺夫妻を訪ねてきた。死神のミッションが何かここでは繰り返さないが、ともかく千葉は、もてる力を駆使して、山野辺夫妻が、逃亡する本城にコンタクトできるように協力した。千葉は、死神ネットワークを使うと、人間が知りえないことも分かる。それだけではない、千葉は、自らの不死の体を駆使して、それこそ体を張って、山野辺夫妻が本城と闘うことを支援した。まるで同志のようだった。なぜ一介の死神がそこまでするのは分からない。というか、千葉が死神だなんてもちろん知らないのだが。

千葉はクールで、人間を突き放しているようなところがあるので、山野辺夫妻にとって、千葉が本当に信頼できるのかどうか不明だった。しかし、山野辺夫妻は最早千葉に頼るしかない状態に追い込まれた。

すると、最後に、千葉が超人的な技を駆使して、山野辺が本城と闘うのをセコンドした。まあ千葉に超人的という形容詞は似合わない。人間ではないのだから。

本城の結末は、このストーリーのコアなので、特にここでは触れない。ただ、この小説ではサイコパスをまさに、良心がないがゆえに融通無碍の力を発揮する、ある意味死神のようなスーパーマンとして描いているが、現実のサイコパスは必ずしもそうではない。例えば、私の知るあるサイコパスは、これほど仕事ができない人間はみたことがないというくらい無能であった。なのでその人の凄さは、仕事の能力ではなく、それほど無能なのに、お咎めを受けず、剰え昇進していく、という別の能力なのだった。それはそれで驚嘆に値する。

そうそう、この小説ではパスカルやカントの著作や箴言が言及される。なぜなら、死神は死を間近にみることを強いるがために本来的に哲学者なのである。すると、ファウストの悪霊もまた死神だったのだろう。

ところで、科学好きであるのに、あるいは科学好きだからこそ迷信深い私は、街で無機質な印象を与える礼儀正しい人間をみると、ふと本当に死神なのかも、と思ったりする。その人の名前はきっと、森目々人なのだろう。

例えば、誰かと会う約束で都内を歩いていて、ちょっと道を間違えてしまったとき、見上げると、4階建てくらいのどうってことないビルが見えることがある。そんなとき、私はふと心の中でつぶやく、「ああ、こんなビルでさえ、俺は造れない。」

それを別の自分が聞きとがめて、そんな、ビルを設計することも、コンクリートを固めてビルを建造することも絶対お前にできないことは自明なのに、なんでそんなこというのだ、と呆れている。

そんなどうみても頭がおかしいのかもしれない私であるが、東京都庁の建物をみたら、同様の感想は流石にない。距離が大きすぎるのである。

そこでもうちょっと別の例を挙げよう。場末のラーメン屋に入ってラーメンと餃子をみたら、やはり私は、「ああ、こんな料理でさえ、俺は作れない。」と心の中でつぶやくのだが、距離感というか現実味は、ビルの場合よりもありえるものになっている。なぜなら、場末のラーメン屋が作るラーメンなら、私もある程度修行すれば作れるだろうという気がするからである。

もうちょっと卑近度を上げて、小説をみてみよう。私が面白そうとおもって古書店で買った本が、アマゾンで評価が最悪、ということはそんなに稀なことではない。しかし、と私は唐突に、クレヨンしんちゃんに出てくるブリブリザエモンのように、作者の側に立っていうのである、「文句があるなら、じゃ、自分で小説を書いてみろ!」と。

そしたらまた、別の自分が現われて、まあまあ、それは言い過ぎなので、抑えろよ、と忠告する。ただ、私が小説その他の著作に対して妙に評価が甘くなるのは、唐突に創作者の視点に立ってしまうからである。もしかして広い意味で一種の精神病なのだろうか。

しかし、対象が小説だと、それはビルディングやラーメンに比べて、その創作行為は私にとってより切実なのであって、すなわち、小説か、書いてみたいけど難しいよなあ、とある程度現実味を帯びつつ嘆くのである。

例えば、私が書いているブログであるが、その記事を200個くらい並べれば、文章の分量としては中編小説くらいにはなる。しかし、そこには全く脈絡はないのであって、ある程度そこに脈絡を入れてcontext constraintな文章を書くというのは大変だよね、と私が嘆く嘆き方は、流石に四階建てのビルの場合より尤もらしいだろう。

さらに別の例は詰将棋である。前にも書いたが、私は一応100個くらい詰将棋を創ったことがあるので、日本の詰将棋作家という人達の、真の意味で末席に位置することができるだろう。そんな私であるが、ごくたまであるが、新聞や将棋雑誌の詰将棋で、これは流石に、と思うことがある。どういうことかというと、これなら俺が創った作品でもっとましなのがあるぞ、ということである。そして私は深呼吸をする。やっと私の創作者の視点が地面から顔を出すことができた、と。しかし実は、週刊誌程度の自明に近い大抵の詰将棋でも私は、ううん、この程度のものさえ創れないかも、とうつむく自分がいたりする。

さらに別の例は、コンピュータ・プログラムである。私のプログラミングのスキルなんて本当に吹けば飛ぶようなものだが、それでもちょっとした機能のプログラムでも、特にGUIが関与したりすると、それこそ宮廷儀式的というか、官僚根回し的というか、信じられないような煩瑣な宣言をしたりしてプログラミングする必要があることを知っている。なので、世の中で誰も省みないような、もしゲームならクソゲーと言われて100円均一でカートにあっても誰も手に取ってみようとしないようなソフトでも、実は作るのは大変なんだ、と眉間に皺を寄せたりする。これもまた、創作者の視点である。

そして最後は特許明細書である。私は仕事柄、ほぼ毎日特許公報を読んでいる。すると、私の創作者の視点が欣喜雀躍するのは、特に情報処理の分野で、いまいちの品質の特許明細書をみることであって、これなら俺が書いた方がましだと自信をもっていえるケースに結構出会える。そんなのは本当に掃いて捨てるほどある。なぜなら、特許公報というのは市井のラーメン屋の味よりもはるかに玉石混交なのであって、まあ年間何十万件の出願があっては、仕方ないのであった。

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。