2016年6月アーカイブ

異邦の騎士

user-pic
0

サラリーマンになって、森村誠一のミステリーを好んで読んでいたとき、やはり森村誠一のファンの知り合いから、高木彬光と島田荘司が面白いよ、と紹介された。そして、知り合いは、島田荘司は面白いんだけど、トリックが独特だからね、と言葉を濁した。

それを聞いて、松本清張を沢山読んだせいで社会派ミステリーがファンの私は、凝ったトリックのミステリーになんとなく批判的で、そのせいで、島田荘司も今に至るまで避けてきた。なのに島田荘司に最近注目したのは、アリアドネの弾丸の解説を島田荘司が書いていたからだった。

そんなことで、そろそろ島田荘司を読んでみるかと、ブックファーストにインターネット技術の本を買いにいくついでに、文庫本ミステリーのコーナーも覗いてみた。そして、本の帯に、島田荘司を読むならこれがお勧めとあった、「異邦の騎士」講談社文庫をとりあえず買った。

そして、一か月くらいの積読の後、「異邦の騎士」を読み始めると、全くトリック指向のミステリーの出だしでなくて拍子抜けした。というのは、過去の記憶のほとんどを失くした男が、公園で目を覚ますところから始まり、ただ途方に暮れていたからである。

自分の名前も思い出せないで男が歩いていると、なかなか美人の女性がヤクザ風の男から虐待されていて、助けを求めてすがりついてきた。そして、言われるままに女性の引っ越しを手助けするうちに、男はその女性と同棲することになった。

男は、ともかく女性のために生活費を稼がなくてはならないので、工場勤務をしていてたのだが、勤務の帰路で、たまたま、ある占星術の占い師のオフィスを訪ねた。それが、探偵の御手洗潔なのだった。名探偵のデビューである。

そうしているうちに、男は、女性と一緒に暮らす部屋で、自分のものと思われる免許証を発見し、そこに自分の現住所を発見して驚いた。そして、自分の素性を確認するためにその場所を訪れたいという欲求と、そこに行くと、女性との蜜月の暮らしが壊れてしまうという畏れの葛藤に苦しむのだが、ついに男は一歩を踏み出すのだった。

ここからはストーリーのコアであり、微に入る絶妙のプロットがこの小説の特徴なので、これ以上の記述は避けるが、類のない仕掛には深く感心した。

ところで、Wikiをみると、島田荘司は福山市の出身で、尾道市出身の私はとても親近感を感じるのだけど、大学は武蔵美だそうで、芸術の苦手な私はつい引いてしまう。そういえば芸術系のミステリー作家というと黒川博行がいるけど、島田荘司は大学を出て、ダンプの運転手、ライター、ミュージシャンなどいろいろな仕事を転々としたようで、それがのちの作家活動の肥やしになっているようである。

そして、「異邦の騎士」の後書きによると、島田氏は、20台の後半にミステリー作家になることを意識して、30歳になったとき、いろいろな残務を片付けていよいよ小説を書き始めた。そして、その第一作がこの「異邦の騎士」だというのだけれども、それにしてはこの小説の完成度はなんなんだろう。私の知る限り、東野圭吾も初期の作品は結構青いというか未熟である。

ともかくいきなり第一作でこんな作品が書けるのは天才なのだろうけど、その割には「異邦の騎士」は九年もその存在さえ忘れられて、抽斗に塩漬けにされていたようである。その封印が解かれたとき、いきなり代表作になった。

あと、島田氏は美術大学出身なのに、「異邦の騎士」では美術というよりも寧ろ、音楽、特にチックコリアなどのジャズの色合いが濃い。

それと、これも知らなかったのだが、島田氏は後進のミステリー作家にも絶対なる影響を与えているようで、意識的に後進の作家を育成することさえしている。まるで、秀行塾を作って若手を養成した藤沢秀行のようである。

こうして私は、この歳になって島田荘司の作品を知ったという喜びに浸っているのだった。

こむら返り

user-pic
0

昔、故郷の孤島で小学生だったとき、夏になると海に泳ぎにいったものである。とはいえ、小児結核の既往歴があり、虚弱児童だった私は、小学校五年になるまで泳ぎを控えてくた。なので、当然に泳げず、小学校六年のとき初めて泳ぎを覚えた。海は深くて怖く、海に入るのは勇気が要ったが、周囲の人が泳ぐのの見よう見まねで10日くらいでなんとか泳げるようになった。すると、それが妙に嬉しくて、友達と一緒に海に行くと競うように泳いだ。しかしどうしてもクロールがマスターできず、結局平泳ぎしかできないままである。

そんな水泳の前は必ず、準備体操をすることになっていた。それを怠ると、水泳中に、こむら返りといって、ふくらはぎの筋肉が攣って、酷い場合は溺れて死ぬこともあると脅されたものである。それで私は十分に準備体操をしたので、水泳の途中でこむら返りを起こしたことは一度もない。

ところが、寝ていて突然こむら返りになる、ということが起きたのは、2003年のことだった。そのとき、外資系に勤務していたのだが、米国、欧州、中国、台湾、韓国の関連部門から人を招き、会社でセミナーをするという機会があり、私はホテルの手配、アジェンダの策定、夜のディナーの予約など、八面六臂で働いた。結構地位が高い人達もいるので、心身ともすり減らすような激務だったが、当時まだ40台で体力があったのだろう、なんとかブレークダウンしないで予定を滞りなく完了できた。

そして、自宅に帰って安堵して風呂に入ったあと横になっていると、突然、左足のふくらはぎに激痛が走った。こむら返りである。痛みが続いたのは1分くらいだったかもしれないが、随分長い時間に感じた。その間、左足のふくらはぎを揉んでもさすっても、痛みは収まらない。痛くて涙が出るほどであった。当時既に猫を飼っていたのだが、猫は、人間の痛みを感知できるらしい。私の頬を舐めて、慰めてくれたのが妙にうれしかった。

そういうことがあってから、肉体的にというよりも精神的にひどく疲れたとき、ときどきこむら返りになるようになった。特に夜寝ているときだったりする。痛くてもちろん目が覚める。そして、痛みが通過するのをひたすら待つしかないのである。

ところが、先日知り合いと飲んだあと、電車に乗って、電車が着いたので降りて歩こうとすると、ときどきこむら返りを起こす左のふくらはぎが妙に攣った状態で、あまり痛くはないのだが、歩こうとすると歩行が困難になるほどだった。で、遅い時間でバスはないし、タクシーに乗ろうとしたのだが、たまたまタクシーも駅にいないので、仕方なく駅から自宅まで歩いた。普段は20分程度の行程なのだが、30分以上かかってしまったような気がした。

それは激痛を伴うわけではないのでこむら返りではないのだが、次の朝起きても、左のふくらはぎの筋肉が強張った状態がつづき、どうしてもびっこを引いているような歩き方になる。

これは要するに老化現象ということかもしれないが、それにしても2003年以来、どうして左足のふくらはぎに弱点を抱えることになったのか、その箇所に怪我や打ち身などの経験があるわけではないので、不思議である。

川の深さは

user-pic
0

古書店で、福井晴敏の「川の深さは」講談社文庫を見かけたとき、なんだろう、知らない作家だな、くらいしか感じなかった。そもそも、福井晴敏という名前も、「川の深さは」というタイトルも、特に印象深いものではない。それでもこの本を買ったのは、いつもの幅優先探索の一環であり、しばらくして読み始めたのは、アマゾンでみての評価がかなり高かったということにすぎない。

そして、読み始めてみると、逢坂剛の「百舌の叫ぶ夜」ほどは読みやすくないが、重厚に読ませる文体とストーリーに惹かれていった。ストーリーは、地下鉄爆弾テロで数千人の死傷者を出したという大事件の公判の話から始まった。その事件はなんでも、ある新興宗教の教団が起こしたものだという。それが地下鉄と絡むと、本当にあった事件にちなんてストーリーが作られたと、誰でも分かる。

そういう大事件の余波を伏線として、主人公の桃井が登場する。桃井は、警視庁で組対、すなわち暴力団担当の刑事だったが、ある事件の因縁で警察を辞め、しがないガードマンで細々と暮らしているのだった。警察を辞めてからはまるで魂が抜けたようで、全くやる気のない日々だった。

そんな平凡な日々を送る桃井に、びっくりするようなことがあった。それは、桃井が警護しているビルの地下室に、若い男女が勝手に入り込んでいたからである。そもそも、この部屋は鍵がかかっいて、特殊なスキルがないとこの部屋には入れない。

桃井が地下室に入ると、男女は極端に警戒したが、桃井がみてみると、男の方が大怪我をしており、その怪我を桃井が手当すると、次第に男女は桃井に対する警戒を緩め始めた。

そして、次第に打ち解けて桃井が会話すると、男は増村保、女は須藤葵という名前だった。増村は、自衛隊の特殊工作班として猛訓練を受けた兵士であり、須藤は北朝鮮の工作員の娘だった。すると、増村と須藤は互いに敵ということになるが、ある事情から増村が組織を裏切り、須藤を連れて逃亡しているのだった。

増村と須藤は、傷を癒すためにしばらく地下室におり、桃井は彼らと会話するのを無常の楽しみに感じたが、ある日二人が地下室からいなくなっているのを発見して、大いなる虚脱感に襲われた。しかし、それもそうで、逃亡している二人がいつまでも一箇所に留まっているわけがない。

茫然としていると、桃井は、公安調査庁の城崎涼子という女性からコンタクトされた。なんでも増村と須藤の行方を追っているらしい。要するに桃井も公安調査庁からマークされている、ということである。

そこから、桃井は密かに増村からコンタクトされ、次第に増村と行動をともにするようになる。増村の意図は、新興宗教の教団の背後にあって地下鉄爆破事件の絵を描いた一味に復讐することなのだが、何しろそのグループは現役の自衛官も含むので、警視庁の公安どころではない恐ろしい相手なのだった。そこを増村は、あらゆる武器と情報を駆使しながら、相手のアジトに単身突入していく。

そのミリタリー・オタクな記述にはちょっとついていけないものを感じたが、ともかく凄い迫力で、最後の泣かせる結末にも痺れたのだった。

ちなみに、この本の題の「川の深さは」は、須藤葵が桃井に、ある雑誌のアンケートをもとに、「前には川があります。 その川の深さを以下の4つから選んでください。 1.踝まで 2.膝まで 3.腰まで 4.肩以上 」という心理テストとして試したことに基づく。これはもしかして、作者の福井晴敏にとって、国家を護る思い入れの強さを測るテストなのかもしれない。

老人の仕事

user-pic
0

私が外資系に移る前に、機械メーカーにいたときのことである。私が所属していた部門は、特許室といった。その特許室に月に一度、もうかなり年配の、Yさんという弁理士の方が訪ねてくるのだった。

聞くと、元特許庁の審査官をしていたそうで、今はその会社の顧問弁理士である、という。それで会社は顧問料を払っていて、月に一度、何か特許関係の相談をするのが恒例だった。

それでYさんがやってくる数日前になると、室長は、Y先生が来られるのですが、皆さんなにか相談事はありますか、と部員たちに聞くのだが、部員たちは苦笑いしながら困ったような顔をするだけである。それで室長は、まあでも折角Yさんが来られるので、ある一人の部員を指名して、例の問題特許のことを相談したらどうかね、と半ば業務命令で指示する。

それで指名された部員は仕方なく相談内容をまとめて、Yさんが来たら相談するのだが、Yさんは結構ご高齢で、どうもあまりちゃんと話を理解していない様子がある。そして、ちょっと話を聞くと、ああ、それは特許侵害には該当しません、なのでじゃんじゃん作っていいですから、私が保証しますというのだが、誰もまともに聞いていない。

それで思ったのは、顧問だか何だか知らないが、用があってもなくても定期的にやってきて、ただ相談を受けて、責任も負わずその場で適当に答えるだけ、というのはどれほど意味があるのだろう、ということである。

もし本当に意味があるとしたら、その弁理士がばりばりの現役のスキルをもち、定期的に来るのではなく、問題が起きそうで要請を受けたときだけやってくるのでなくてはならない。そして、やってきたら、きちんと調べて責任をもって応えるのでなくてはならない。

失礼だが私には、Yさんは引退後の暇つぶしと小遣い稼ぎにやってきていたとしか思えなかった。

それで私が今、派遣の特許調査員として働いていて思うのは、60歳過ぎて働く立場で、もし定期的に会社に仕事にくるなら、調査を一件仕上げるとか自己完結的に済ませることができる仕事でないといけないということである。

自己完結的に済ませる仕事だと、依頼する方も複数件依頼しておいて、あとは自宅でも一件一件仕事してもらえて、完了したら一件いくらで給料も払える。そもそもが定期的に顧問としてやってきて、依頼する側が無理やり相談案件を事前に考えておかなくてはならないなんて、それでは顧問の意味がない。あちこちに意味のない余計な仕事を作り出しているだけである。

そもそも、そのような名誉職的なと顧問形態が成立するのは、古き良き優雅な時代だけで、今のようなリストラも当たり前のような世知辛い世の中で、なんのために会社にくるか分からないような勤務体系が成立するわけがない。

それで私も、日々の研鑚を怠らず、なんとか仕事を自己完結させるよう努力している次第である。それでも年齢とともに気力・体力か低下しがちであるのは自然の摂理として仕方がないところだろう。定期的に自分の能力を測って、どこかで見切って辞めなくてはならない。それもまた大事な仕事である。

Windows10来襲で述べたように、不本意にもWindows10が一台のパソコンに導入されてしまったのだが、実質的損害は今のところないので、Windows10に慣れることができると思えば、あまり腹もたたない。

そこで問題になるのは、Windows10の互換性であるが、導入されたパソコンには、あまり実質的なプログラムが導入されていないので、互換性を調べるのにはあまり相応しくない。

そこで、もう10年も前にC++ Builder 3.0で作成した自作のプログラムがWindows10でちゃんと動作するかどうか確認してみることにした。その結果は、互換性に全く問題がないとうもので、予想されたことだが一応安堵した。

一瞬不安だったのは、C++ Builder 3.0は、Windows 98時代のコンパイラで、生成するコードが要するに初期のWin32 APIに準拠しているので、それとの上位互換性をWindows10がどれくらい維持しているのかというところだった。

ただ、初期のWin32 APIを拒否してしまうと、Windows用のかなりの割合のプログラムが動作しなくなってしまう。なので示された互換性は、当然なのだろう。

ところで、面白いのは、Windows10が下位のWindowsとの互換性を保っているといっても、OSが用意するデフォールトのGUIのウインドウの現われ方が微妙に違う、ということある。GUIのウインドウの外観は、Windows XPからWindows 7になってから一気に洗練された。そこからWindows 8.1になると、ウインドウの外観は、Windows 7と本質的な違いはなかった。

ところが、Windows10になると、ウインドウの外観がちょっと地味で、さみしくなった。先祖がえりだと思った。

ともかくWindows10が初期のWin32 APIをサポートしているのには安心したが、おそらく無理なのは、C++ Builder 3.0そのもののをパソコンに導入することである。これは、Windows XPでは許されていたが、Windows 7になってセキュリティが厳しくなると、プログラム導入時のレジストリ変更などの操作がOSのセキュリティ・ルールに違反するのか、C++ Builder 3.0は導入できなかった。その程度のセキュリティの厳しさは、Windows10も当然に継承しているに違いなく、そもそも試してみる気さえ起きない。

また、スーパーセキュリティ・ゼロなどのウイルスチェック兼不法侵入阻止プログラムになると、APIの深いところを叩きに行くので、Windows 8.1で許されても、Windows10では駄目らしい。このため、スーパーセキュリティ・ゼロには、Windows10向け無料アップグレード機能がある。一方、Windows 8.1のAcerパソコンで導入したウイルスバスター・クラウドは、Windows10でそのまま動作しているようである。流石高いだけあるか。

また、前にも述べたが、インターネット出願ソフトは、まだWindows10に対応していない。それは来る7月に対応するそうで、そうやって世間も次第にWindows10を認知するのだが、Windows10、入れたいときには無料導入サポート終わり、ということになるのだろう。世間というのはそうしたものである。

利他主義

user-pic
0

TIMEという英語の雑誌をもう何十年も購読しているが、毎週一応目を通してますというのさえ、嘘になってしまう。なぜなら、忙しくて、あるいは単に気が向かなくてまったくページを開かないでそのまま放置してしまう号はそんなに稀でないからである。当たり前かもしれないが、英語を読むというのは何年たっても結構重い。

そのTIMEであるが、年に一度、THE 100 MOST INFLUENCIAL PEOPLEという特集号があり、例年、私はリストされている数少ない日本人や既知の人に関する紹介文を読んで終わりにしているのだが、今年は、全員とはいかないまでも、ある程度知らない分野の人達の記事も読んでみようとふと思った。これも、ココナッツオイルの効果だろうか。

その序文に、次のような記述があった。"Each year our TIME 100 list lets us step back and measure the forces that move us. Which is more powerful ? hope or proof ? Ambition or altruism ?"

ここで、ん?と考え込んでしまったのは、私はaltruismという単語を知らないからなのだった。その程度の単語も知らないレベルの英語力なのか、と馬鹿にされても、それが事実なのだから仕方がない。

それで辞書をみたら、利他主義とある。なるほど、と思った。ちなみに、American Heritage Dictionaryを引くと、Unselfish concern for the welfare of others; selflessnessとある。こちらの方が説明的でいい。

で、私はというと、hopeもproofもambitionもaltruismも積極的に採らないで生きているが、強いていうなら、hopeとproofではproofを採るし、ambitionとaltruismではaltruismを採る。一応数学好きなのでproofはいいとしても、altruismなんてよく言えるよね、と自分に対して抗議するのは、私はボランティア精神から遠くて、電車でも一旦座ると、よほどのことがないと席を譲らない。

それでも、ぎりぎり利他主義に言及できるかな、と思うのは、外資系で管理職をやっていた時代に、一日一度は、「すべては部門のために、会社のために」と自分に言い聞かせていたからである。言い聞かせていた理由は明らかで、私は根っからの自己中人間だからである。放置すると自分にとって楽しいこと、興味があることだけにのめり込んでしまう。それでは管理職の役目が果たせないので、そういうモットーを言い聞かせていた。

その成果の一端は、例えば、部門の人全員のパソコンにOSを導入して必要なアプリも導入するために連日深夜まで残業していたということがある。いくらパソコンが好きでもそんなの退屈なだけであるので、一応利他主義の発露であろう。すると本来の予算管理などの仕事の時間を奪うので、さらに残業は続いた。普通に管理職の仕事だけでも忙しいのに、その上シス担をやり、さらには電子出願関係のシステム開発もするというのだから忙しさは半端ではなく、当時子供が小さかったが、ウィークデーで夕食を一家団欒で食べたという記憶がほとんどない。どうみても理想的な父親から遠かった。今更家族に申し訳ないと思う。

それを心裡留保と呼ぶほどでもないかもしれないが、ともかく私は表面的には利他主義を装っていた。武道でも棋道でも形は重要であり、よって形だけの利他主義というのも無意味でないと思ったのは、そういう利他主義で以て私は社内の人脈を広げるとともに、自分が困ったときにヘルプしてくれる人達に不自由しなかった。

ただ、利他主義による人脈というのは、会社の権限機構に対しては無力であり、折角利他主義で積み上げた功徳も、一人の気まぐれな上位管理職の判断で、ろうそくの火を吹き消すようにあっというまに吹き飛んでしまう。それで何度も人間不信になるほど悩んだのだが、私が利他主義を完全には捨て去らなかったのは、利他主義は居場所を作り、自分の心身の健康にいいからである。でもそれって、"Selfish concern for the welfare of others"にならないかい?と自問すると、どうみても答えはyesになってしまう。

そこを問い詰めすぎると自分を保てなくなりそうで、最近ではある程度割り切って、本当にささやかであるが、依然として利他主義を続けることにした。その内容は具体的にここで書くつもりはないが、自分の限られたスキルまたはリソースを無償で提供して、少しだけ他人に役だってもらうというものである。将棋、コンピュータ等である。そういうクライアントを私はいま複数もっている。

そこで難しいのは、ついわずかでも見返りを求めてしまう、というさもしい根性が出てしまうことである。それと似ている感情として、つい恩着せがましくなってしまう、押しつけがましくなってしまう、ということがある。また、利他主義を続けるとクライアントとの人間的つながりができたような錯覚に陥って、ある程度それが続くことを願ったりする。それらはすべて煩悩であり虚妄であって、こだわるべきでないというのが仏教的に正しいであろう。ただ私は、病気などの止むを得ない理由でもない限り、クライアントを自分から見切らないつもりである。もちろん気紛れであれ、どんな理由であれ、向こうから切られるのは仕方ないといつでも思っている。

また別に商売ではないのだから、自分から積極的に別のクライアントは探さない。あくまでもたまたまの縁があったら、というだけのことである。そもそも私のリソースはかなり有限である。そこらあたりに私のselfishnessがみてとれるともいえる。

そういう関係は、大域的には単調減少なので、そうやって、年齢が進むにつれて、次第に人脈が減っていき、かりに、ささやかな利他主義の見返りが孤独死だとしても、それを想像するとどこか気持ちが浮き浮きしてしまうのはなぜなのだろう。不思議である。

逢坂剛の百舌シリーズは、「百舌の叫ぶ夜」、「幻の翼」、「砕かれた鍵」と読んできて、読み進めるにつれて最初の「百舌の叫ぶ夜」スピード感は減衰してくるものの、別の色合いの魅力が次第に浮き上がってきて、私は期待感、ドキドキ感を絶やさず第3作まで読んだ。

その勢いで、百舌シリーズ第4作の「よみがえる百舌」を読み始めたのだが、ん?と感じるものがあった。なんとなくストーリーがスタティックになって、減速感、停滞感がある。そういえば、同様の感想を、新宿鮫6にももった。それは、人間心理に普遍的な倦怠感なのか、それとも小説を書く側の一種の飽きなのか、それとも両方なのだろうか。

ともかくストーリーは、倉本美希が、夫と同様に検察庁の監察官に就いたところから始まる。そしてストーリーの序盤で、ある男が別のある男に、相当の報酬を以て殺人を依頼する。依頼される側の男はなにか事情があるのか、断りきれないようである。そしてその殺人には、千枚通しを使用することと、百舌の羽を現場に残すことという不思議な条件がつけられた。要するに、関係者の間でだけ悪名高き殺人犯、百舌をエミュレートしろ、仮想百舌モードで殺人しろ、ということである。その理由は?と依頼される側は問うのだがもちろん答えはない。

そうして第一の殺人が起きた。「砕かれた鍵」の事件で美希の夫を死に至らしめた首謀者の一人が、仮想百舌モードで殺されたのである。その事件に深く関与していた美希と大杉は、当然に事件に深い感心をもったが、いくら周辺を洗っても誰が犯人なのかさっぱりわからない。

さて、美希は、中央線内で二人のヤクザにからまれ、一人では持て余しているところを別の男に助けられた。お互いに身分を明かすと、その男は青山警察署の警部補だった。その男はイケメンで服装のセンスもよく、美希は不安を抱きつつもその男に惹かれ、食事をともにするまでになった。そして、一緒に青山警察署管内のカジノに出向いたりした。

そんな折り、別のカジノで、やはり例の事件の関係者が仮想百舌モードで殺される、という第二の事件があった。ここにきて大杉と美希に、百舌をエミュレートした殺人の意図がみえてきた。そうすると、次に狙われるのはあいつだという連立方程式も自明に解けて、大杉がそのターゲットの周辺を洗い始めた。要するに、そのターゲットを狙ってやってくる百舌を捕まえる、という意図である。

しかし、大杉と美希の懸命の努力にも拘わらず、第三の殺人も起きてしまった。やはり仮想百舌モードである。

こんな事件の推移を冷静に眺めている者がいた。美希の上司の津城である。そんな津城は急に意表の行動に出た。なんと休暇をとって故郷の佐賀県に近い鷲ノ島で静養するというのである。

それが百舌を誘い込むことだと察知した大杉と美希は、津城に無断で、鷲ノ島に乗り込むことにした。ここからはストーリーの動きが速くなって、停滞モードから変曲点を越え、一気読みモードになった。

ともかく、前半の退屈な前提で用意された複数の定義と補題が後半の急展開に利用されるそのやり方に、逢坂剛のストーリーテリングの巧みさを感じて、再び痺れてしまったのだった。

定跡の勉強

user-pic
0

何を思ったか、最近月に一冊弱のペースで将棋の定跡の本を読んでいる。今年になって読んだ将棋の本は、以下のとおりである。出版社はすべて、マイナビである。

  • 三浦&阿部健の居飛車研究
  • 山崎の一手損角換わり
  • 三浦の矢倉研究・脇システム編
  • 矢倉5三銀右戦法、西尾明著

決して流し読んだわけではないが、説明されている手順などほとんど記憶にない。ただ、将棋の考え方を学んだというか、人工知能の言葉を使うと、棋書を読むことで、教師付き学習を行い、将棋を考えるためのモデルを形成した、というところである。

個別では、矢倉5三銀右戦法はなにしろ、普通の棋書の1.5倍の厚さなので、読み通すのに苦労しているが、著者の西尾六段のシステマチックな書き方が見事で、なるほどといちいち納得してしまう。それにしても、先手に不利が変化が多い。道理で以前に渡辺竜王が多用したはずである。ただ、最近プロ棋戦でとんと見なくなったのは、何か後手に嫌な変化があるのだろうか。それとも単に飽きられたのだろうか。

三浦&阿部健の居飛車研究は、私が今年棋書に馴染むようになったきっかけの本である。あまりに真面目すぎる三浦九段と阿部健治郎五段(著作時)の濃い組み合わせが私に感銘を与え、私は二度読んで、それでもときどき読み直している。

一手損角換わりは、以前に糸谷八段のを読んだが、高尚過ぎてついていけなかった。そこいくと、山崎の一手損角換わりは実戦的でとっつきやすい。ただ、一回読んで、じゃ、指してみなと言われたら全然無理である。これもそのうち再読するだろう。

三浦の矢倉研究・脇システム編は、私にはこれほど実戦に役に立つ本はない。なにしろ、脇システムというのはまさに研究勝負のような戦法だからである。しかし、足を止めての殴り合いみたいな流れになるので相当研究してかからないと危ない。そのスリルがいい。

あと、去年読んだか、今年読んだか忘れたが、飯島七段の「横歩取りハメ手定跡研究 相横歩取り編」マイナビも、私が全く知らない真田流2七角などあっと驚く変化が満載でとてもためになった。

さて、これだけ将棋の本を読んでも、どうせびた一文強くなっていないよね、と試しに激指10と指してみた。激指10は、もちろん今の最新のコンピュータソフトには勝てないが、私の記憶によれば、アマチュアトップよりは強くて、ほぼ奨励会三段はあるはずである。なので、まず私が勝てる相手ではない。

すると、以前は中盤に行くまでに簡単に攻めつぶされていたのが、終盤の入り口まで優勢という場面が増えるようになった。ところが、やはり終盤力が足りなくて、そこからどうしても勝ちきれないのだが、まあ将棋の序盤勉強というのも無駄ではないといっていいのではないだろうか。

薔薇盗人

user-pic
0

泉鏡花の小説を読んでいたら、なぜか急に浅田次郎の小説が読みたくなり、買い置いておいた「薔薇盗人」新潮文庫を読むことにした。

「薔薇盗人」は短編集で、「あじさい心中」、「死に賃」、「奈落」、「佳人」、「ひなまつり」、「薔薇盗人」の六篇からなる。

「あじさい心中」は、会社の写真部門の管理職だった人がリストラになり、人生を諦めて暇つぶしに地方競馬に出かけた。競馬が終わってつい、場末のストリップにいくと、ふと、そこの踊子と懇意になった。普通ならありきたりに肉体関係があって、それで終わるのだが、そうならなくて、二人は身の上話をし始めた。そして、すっかり意気投合した二人はいっそ心中しようかと。さてどうなるのか、という話。ううん、いかにも切ないが私にも相当共感できる。あ、もちろん、場末の踊子とねんごろになった経験があるからではない。

「死に賃」は、ある会社で会長が亡くなったとき、長年の盟友のような社長が安楽死の会社のパンフレットを見つけるという話。社長は秘書に連絡させて、その会社の営業マンの話を聞いた。自分もそんなに老い先は長くないということである。そんなことを考えていたら、社長の妻が浮気しているらしいとか、長年信用してきた秘書に男がいるらしいとか、いろいろ混乱してきたのだった。

「奈落」は、ある会社で、庶務課の課長代理が、エレベータから転落して亡くなったという事故の話。その課長代理はピカイチの優秀社員で将来は役員も間違いなかったのだが、あるきっかけて社長に睨まれ、一切異動も昇進も許されなかった。それで結婚はしたが、生活は荒み、まるで自殺のようなタイミングでエレベータ事故で無くなったのだった。しかし、昔の因縁を知る社長は、まるで菅原道真の祟りを怖れる藤原氏のように慄くのだった。それにしても、庶務課の課長代理という存在に異様に共感してしまうのはなぜなんだろう。

「佳人」は、ある夫婦の許に、その夫の母親が、見合いの話をもってくるという話。要するに、会社で管理職をしている夫の部下に見合いの話を勧めたいという趣旨である。それで、その夫は、自宅に、有望な部下を呼び寄せ、母親と結婚の話をさせていると意外な進展になったのだった。

「ひなまつり」は、母娘だけの家庭に、ある男が通ってくる話。その男は、母にも娘にも好かれているのだが、出過ぎた真似はできないと、つねに距離を置いている。ところが、その距離が縮まる出来事があった。

「薔薇盗人」は、海外航路の船のキャプテンの父に、息子が手紙を書くという話。父が船乗りでめったに帰ってこなかった私にはしっくりくる。父と息子の共通の趣味は薔薇を育てることで、手紙にはもちろん薔薇の話題も書くのだが、それ以外にも学校の先生が変わって、ハリウッドあがりのイケメンの先生になったという話題も書いた。さらには息子にも彼女ができ、イケメンの先生が家庭訪問と称して我が家にやってきて、長すぎる滞在だったりといろいろ書くうちに、きっとキャプテンの父には家庭の様子が筒抜けなのだろう。

この中で、私のお気に入りは「あじさい心中」で、はかなさ、切なさがいい。ところが浅田次郎は若い頃、三島由紀夫の熱狂的ファンで、三島の死をきっかけに自衛隊に入ったそうで、「薔薇盗人」は三島にかこつけて書いたらしいが、どういう関係なのか、文学の素養のない私にはわからない。

戻って、私の中でなぜ浅田次郎と泉鏡花がつながるのかさっぱりわからない。幻想性だろうか。かりに幻想的だとしても、あまりにも質が違うと思うのだが。

例えば、線形計画法の問題にあるように、限られたリソースをどう配分するかは重要且つ難しい問題で、ほとんどの場合、ある一箇所にどんどんリソースを投入するというのは賢明ではない。

私は、大学生になったばかりのとき、なんとか物理学者になるんだ、と猛勉強をすることを誓った。たまたま将棋部で知り合った数学科の同僚が、ガウスは一日10時間勉強していたと教えてくれた。それで、私もそれをやってみようと思った。

で、やってみると妙に楽しい。そのときは、名著の評判が高い、山内恭彦の「一般力学」岩波書店を精読した。それを一か月くらい続けると、何か力学のコツが少しだけ分かったような気がした。ところが、次第に気分が沈んでして、軽い鬱のような状態になったので、一旦勉強を中断した。それは今にして思えば、自分の思考の体力におけるリソース配分のミスだったが、結局、勉強のし過ぎで体調がおかしくなったという経験をうまく教訓化できなかった。

教訓化できなかったので、勉強し過ぎては体調を壊すという悪循環を繰り返し、勉強は次第に非効率化していった。そういう状態になったとき、自分はやはり学問に向いてないのかと過度に悲観的になったりしたが、もちろん私は卓越した才能がないことは明らかであるにしても、とうとう勉強時間のリソース配分に工夫しようという発想に至らなかった。

じつは私は、この歳になっても、一時的に勉強しすぎて、ノイローゼのような状態になり、しばらく勉強が手につかないのようなことを繰り返しており、なかなか学習効果がない。

そして、今にしても思えば、私にも三四郎のような先輩や友人が物理学科にいればなあ、と思えてならない。といいつつ、あまり付き合いのよくない私は、どうしても物理学科の同僚には馴染めず、むしろ数学科に何人か親しい知り合いがいたが、それも将棋部を通じてであった。

さて、そこでいう勉強のリソースであるが、体力と、才能と、持ち時間とからなる。体力というのも、必ずしも長距離走や山登りが得意というのと同じではない。例えば、当時から大秀才としてマークされていた宮野さんは、いつみても夜、下宿の机の蛍光灯スタンドが点っていた。あのペースで勉強していたら私だったらすぐに音を上げてしまう。逆にあれを続けられる宮野さんは頭の体力もあったのであり、そんなの言うまでもないことだろう。そもそも、ちょっと難しいことを考えたら参ってしまう秀才なんてありえない。

一方、勉強の体力も才能もない私は、もっと別のリソース戦略を立てなくてはならなかった。それをアドバイスしてくれる人がいればよかったなあ、とふと思ったりする。

しかし、そういうリソース配分に悩む人は多いと思ったのは、私が管理職になったときである。すなわち、部下で特許の仕事に適性を欠く人達が何人かいて、私はどうすればちゃんと仕事をやってもらえるか悩んだのだが、そのとき感じたのは、リソースが足りない人は、決してリソースが足りないということを認めず、例えば、別の仕事が入ってきて集中できないとか、管理職や先輩がちゃんと仕事を教えてくれないとか、懸命に言い訳して、その言い訳が尤もらしいので、つい周囲は幻惑されてしまう。

そんなとき私は、言い訳はともかく要するに能力の問題だ、と見破るのが比較的得意だった。おそらく私自身が長年能力のリソース不足で悩んでいるからだろう。

そして私は、還暦を過ぎ、ようやく、勉強で疲れたときは、ともかく休むということの優先度を上げるということを学んだ。私の場合、休むといっても、寝るのではなくて、面白いミステリーやハードボイルド小説を読むことが多い。

そして最近、もうちょっと休むことのレベルを上げたのは、積極的に休暇をとるようにしたことである。すなわち私はサラリーマンとして、とりあえず会社に行くということに重点を置いて、有休をとるのはやむを得ないものだ、という位置づけだった。

それじゃ駄目じゃん、もっと積極的に休むべきだぞ、と第一線を引いた今にして思うなんて遅すぎる。戻って、今レベルの休暇法は、大学時代の初期に身に着けるべきだった。そうやって足踏みしないで大学生活を送れば、両親にも大学院修士くらいまで進むことは許してもらえて、すると憧れだった研究職にも就けたかもしれないと、取らぬ狸のようなことも考えたりする。

まあ、こんなことを考えるのも、頭を休めているのだろうと思うことにする。

砕かれた鍵

user-pic
0

百舌シリーズの「幻の翼」があまりにも面白かったので、その続編の「砕かれた鍵」を読み始めた。すると最初からぐいぐいとストーリーに引き込まれた。

最初は、ある女性が警官にストーカー殺人される事件で始まった。なにしろ現職の警官なので、驚天動地だったが、じつはその警官は精神病だったので、心神耗弱という理由で、量刑は不当と言えるほど軽かった。それは関係者に波紋を投げかけた。

それから10年後、警官が殺されるという事件が頻発した。犯人はどうも、ペガサスと呼ばれる人物らしい。しかし、ペガサスの人相も犯罪歴も全く不明である。

一方、美希は念願で、倉木と結婚できて、子供も生まれたのだが、子供は心臓に先天的な欠陥があり、ずっと入院していた。そこに美希の母親が見舞いに行っているとき、たまたま持ち込まれた爆弾によって、母親と子供が一遍に亡くなるという大事件が起き、美希は悲嘆に暮れ、絶対に犯人に報復すると、復讐の念を燃やした。実は爆弾は、他所に仕掛ける予定だったのが、誤って持ち込まれたのだったが、そんなことは美希の慰めにはならない。

こうして倉木の制止を全く聞かず、美希の単独行動はどんどんエスカレートしていった。ところが、警察の公安内部で不穏な動きが蠢動してきた。一つは公安庁創設であり、もう一つは警察内労働組合である。その動きを察知した津城は、病み上がりながら活動を始めた。

それとは別に、ペガサスは依然として事件を起こすし、美希の単独行動はペガサスとも、公安内部の謀略とも交錯して、美希は次第に命の危険に晒されるようになった。それは、倉木の勤務の合間の片手間の援助ではカバーしきれなかった。

しかし、強い味方がいた。それは大杉で、警察を辞めたあと探偵事務所を営んでいたが、倉木からの依頼で、美希をサポートするようになった。こうして、倉木、美希、大杉で協働して公安内部の敵に挑んでいったが、流石に公安の権限を阻むことは難しく、次第に苦境に陥っていった。

こうして前作にも増してハラハラドキドキしながら読んでいったのだが、百舌シリーズといいながら、この本では百舌は一切登場しない。

そういえば、少し前の記事なのだが、ウェブで、逢坂剛と大沢在昌の対談があり、大沢は先輩の逢坂を一応立てるのだが、それでも言いたいことはしっかり言うのであって、流石に作家は個性が強いと感じた次第である。

その乗りで、百舌シリーズと新宿鮫を比べてみた。すると、委細を尽くしたストーリー展開の妙という意味では、百舌シリーズが新宿鮫より上のような気がした。一方、登場人物のキャラクタ設定では、新宿鮫の方が心理描写が巧みで、華があるような気がした。しかし、逢坂剛は、倉木を描くとき、わざと心理描写なく乾いたキャラとして描いたのであり、そのことが百舌シリーズの雰囲気をクールなものとしている。そして、心理描写を抑えると、ストーリーのモビリティというか易動度が上がり、ストーリー展開が速くなる。そのことが読み手の心をより揺さぶるという面もある。こうして、百舌シリーズと新宿鮫では甲乙つけがたく、結局は個人の好み、ということになってしまうのだった。

羽生の不調は明らかで、目下6連敗中。これは羽生のワースト記録なのだという。その内訳は、名人戦での天彦に対する4連敗と、豊島に竜王戦で負けたのと、棋聖戦第1局で永瀬に負けた、というものである。そういえば連敗で書いたように、渡辺も去年6連敗し、そこから連敗を脱して竜王位を奪取したのだった。果たして羽生はどうなるか。

さて、本局は永瀬の先番で、羽生は矢倉に誘導した。ところが、矢倉といっても、一時は大流行し、今ではすっかり誰も指さなくなった4六銀戦法になった。最近では4六銀は早目に△4五歩と撃退されるのでそうならないのだが、本局は永瀬が早囲いで一手稼いでいるのが4六銀戦法を成立させたのかもしれない。例によって39手まで一気に進める。

【図1】 39手目▲5八飛まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲永瀬=なし
4六銀戦法で、一旦▲5八飛と回る手も以前からある手で、5筋の歩を交換してから▲3八飛と回るなら、歩をもっているので、単に▲3八飛と回るより先手は得である。なので、後手も素直に応じない。すなわち、△7三角,▲5五歩,△同歩,▲同銀,△5二飛,▲6五歩,△5一飛,▲9八香,△4二銀,▲5四歩と進んだ。この手順中、▲6五歩の評判があまりよくない。普通は、▲4六銀,△3五歩,▲5五歩,△3六歩,▲2五桂,△3一金,▲3八飛,△3二飛,▲5六金のように進むものらしい。ただ、5筋を制圧して本譜で永瀬が悪くないようであるが。

【図2】 50手目△5四同金まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲永瀬=なし
羽生に驚きの手が出た。なんと△5四同金と急所の金を捨てて、角で3七の桂馬を取って馬をつくるのであるが、普通はちょっと思いつかない手である。しかし、激指10もこの手を推すのであって、コンピュータ的には普通の手なのかもしれない。以下、△5四同金,▲5四同銀,△3七角成,▲6二金,△4七馬,▲5一金,△5八馬,▲6八金引,△3六馬,▲5二飛と進んだ。

【図3】 60手目△3三銀引まで
持ち駒:△羽生=飛桂歩4



持ち駒:▲永瀬=なし
ここで単に△3三銀引としたのも検討陣を驚かせた手で、普通は△5九飛らしい。ただ、永瀬は感想戦で、ここで△3一飛の自陣飛車が嫌だったそうである。以下、▲5三銀成,△5一銀,▲8二飛成,△5二歩で後手よしである。本譜に戻って、△3三銀引以下は▲5三銀成,△同銀,▲同飛成,△4二銀打,▲5二龍,△4九飛,▲4一金,△1九飛成,▲4二金,△同金,▲5一龍,△3一香,▲8一龍と進んだ。

【図4】 74手目△5七歩まで
持ち駒:△羽生=金桂歩3



持ち駒:▲永瀬=銀2桂
ここで羽生の△5七歩が当然ながら好手である。以下、▲2五桂,△5八歩成,▲3三桂成,△同桂,▲9九玉,△4五馬,▲6七銀,△6八と,▲同銀と進んだ。

【図5】 84手目△6六桂まで
持ち駒:△羽生=金2桂歩3



持ち駒:▲永瀬=銀2歩
そして、△6六桂となっては筋に入っており、羽生の優勢がはっきりした。以下、▲5六歩,△同馬,▲8八金,△6七馬,▲同銀,△7九龍,▲7七銀と進むが。

【図6】 92手目△4五角まで
持ち駒:△羽生=金2銀桂歩4



持ち駒:▲永瀬=角銀
△4五角の追撃が厳しい。▲6八銀打,△8八龍,▲同銀と進んで、

【図7】 投了図 96手目△7八銀まで
持ち駒:△羽生=金3桂歩4



持ち駒:▲永瀬=飛角
△7八銀で先手は受けなしになり投了も止む無しである。

これで羽生は6連敗で止め、対永瀬の戦績も4連敗で止めた。特に△5四同金の妙手と、その後の着実な寄せをみると、羽生は復調したように思われる。この調子が名人戦に発揮されていれば、あんなに簡単に天彦に名人位の奪取を許すこともなかっただろう。羽生の不調の原因はやはり、今年の前半のチェスでの欧州遠征や、NHKのAI特集での取材で疲れが蓄積したのだろう。連敗したことで対局の間があき、それで休息できた、ということになる。今後羽生は巻き返すと期待される。

高野聖

user-pic
0

さいきん、意識して明治時代の小説を読んでいるのだが、昔から気になっている作家の一人に泉鏡花がいる。なぜ泉鏡花に興味をもったかというと、ちょっとしたことが昔あった。

すなわち、私がサラリーマンになって、東京にある会社に転職してからは、大阪にいた頃の闇のような精神の暗黒時代を抜け出して、晴れ晴れとした気持ちで暮らしていた。それで、とある5月の連休に、福岡に大学の将棋部の知り合いに会いにいった。未だ学生気分が抜けていなかったような気がする。

そこで、既に結婚している知り合いの家に行くと、知り合いの奥さんが自分の友達を紹介してあげるので、気が合えば付き合ったらどうですか、という。もちろん彼女のいない私はどんな人だろうと期待した。

そして会ってみると、なんでも上智大学の文学部の大学院で泉鏡花の研究をしているのだという。いかにも学者然とした超俗な雰囲気に興味を覚えて、私は、ない知識を絞って文学の話題を振り向けてみたのだが、その女性は、いま思い出しても笑い出したくなるほど私に無関心で、数学の用語でいうと、私のベクトルと彼女のベクトルの内積はゼロなのだった。

いや、じつはベクトルの内積は微かにゼロではなかったようで、それが証拠に私は泉鏡花に微妙に興味をもち、さらに微妙の二乗でかぎりなく無視してもいいような誤差項でその女性の印象もまだ残っている。

それで、もう何年もまえに講談社版現代文学全集の「泉鏡花集」というのを古書店でみかけて買っておいたのだが、例によって積読で、で最近興ってきた文学趣味で古書店で、泉鏡花「歌行燈・高野聖」新潮文庫をみかけたので買って、まずそこにある「高野聖」から読み始めた。

すると、なにやら江戸時代の文体のようで、森鴎外や夏目漱石よりも一時代前の人かと思ったら、泉鏡花は森鴎外や夏目漱石よりも若いのだった。

ともかく、独特の修辞に富んだその文体に最初は違和感を感じたのだが、次第に幻想性に惹かれていった。「高野聖」の粗筋は以下のとおりである

すなわち、主人公の僧が、敦賀の宿で、高野山の僧から話を聞いた、という形式で物語が進んでいく。

高野山の僧が旅をしていて、飛騨の山道を越えようとしたら、道が二つに分かれている箇所に差しかかった。一つは普通の山道、もう一つは川を越えていかなくてはならないので、どうみても前者を選ぶべきようであるが、通りがかった農夫に聞くと、前者の道は途中まではいいのだが、そこから先は道らしい道もなく、難義するので、後者を選ぶべきという。

ところが、そういう事情も知らない旅の薬売りが、ずんずんと前者の道を進んでいくではないか。これは是非とも呼び戻すべきと、高野山の僧は薬売りを追っていった。

しかし、いくら行っても薬売りの姿はみえない。そしてさらに進むと道がなくなり、林の中を木々をかき分けて進むしかなくなった。が、地面が湿ってきたかと思うと、上からポトリと落ちてきたものがあった。みると、山海鼠、すなわち蛭なのだった。そして多数の蛭が血を吸うので次第に貧血になってこのまま斃れるのかと懸念しつつ、僧が懸命に前に進むと、ようやく視界が開けて、ふと一軒屋がみえた。

おおこれは幸いと、そこを訪ねてみると、白痴の少年と、その少年をの面倒をみる女性がいた。ところが、その女性の妖艶なこと。僧は一遍で魅せられてしまった。

その女性はとても世話好きで、僧の体が蛭に吸われるなどであまりにも汚れているので、下の川で洗う方がいいという。それで女性に案内されて川に一緒に行った。するとなんと、女性は、僧の衣装を脱がせて、いちいち洗ってくれた。それだけでなく、暑いので自分の着物も脱ぎ、一緒に水浴びするという。僧は、これぞ法悦と、天にも上る気持ちになった。

ところが、不思議にも、女性の周りには動物たちが集まってくる。ともかく、衣服を着て、女性と一軒屋に戻った。親切なその女性は、夜になると、質素ながら工夫を凝らしたご馳走で僧をもてなしてくれた。

一晩泊めてもらって、僧は次の日に旅立ったのだが、どうしても美人で親切な女性のことが忘れられない。それで、いっそ還俗してあの女性と夫婦になり、一軒屋に暮らすのも悪くないと引き返しかけたら、後ろから男がやってきて、女性の素性を説明してくれた。それによると、女性は一種の超能力をもち、邪心をもって近づく者を動物に変える魔力をもつのだという。どうりで女性の周りには、慕うかのように馬だの猿だの鳥だのいろいろな動物が集まってきていた。

聞いた僧は、怖くなって慌てて旅路を急いだ、という次第なのだった。

これを読んだ感想は、エロスとタナトスで書いた、今昔物語集の巻5の第1話との類似である。すなわち、今昔物語では美女が、釣られてやってくる男どもを殺してしまうのだが、ここでは動物に変えるということで、残虐性は減るものの、ともかく人間界から引き離してしまうということで、共通するものはある。それにしても、泉鏡花の幻想性、エロス性は、まるで万華鏡のようだと私は魅せられてしまった。私があの僧なら、あっさり女性に籠絡され動物に変えられていただろう。私はどんな動物になるのかな、できれば猫か山猫がいいが、そんな希望なんて叶えられるのだろうか、と妙なことをしばし考えてしまった次第である。

幻の翼

user-pic
0

逢坂剛の「百舌の叫ぶ夜」があまりに面白かったので、その続編である「幻の翼」集英社文庫も読むことにした。

「幻の翼」では、「北」に亡命した百舌が、「北」でスパイとして訓練を受け、偽装漁船で日本海の海岸に辿りつく、ということから始まる。ただ、スパイとはいえ、どんな使命を帯びているのかは分からない。

一方、「百舌の叫ぶ夜」で、陵徳会病院での大量殺人事件は、高度な政治性を帯びているので、周囲の批判をよそに突然捜査打ち切りになった。

ところが、事件の当事者の一人ともいえる、公安の倉木警部は、なぜか警視に昇進して津城と同じ特別監察官に任命された。また、明星美希は、公安の外事課に異動した。しかし、大杉だけは大久保署の防犯課の係長に左遷された。あまりにも屈辱の人事だが、そこにも黒幕の津城の思惑が働いている。

さて、倉木は、陵徳会病院事件の背景を暴露する手記を書き、大杉にみせた。もちろん大杉は驚いたが、倉木は、この原稿を、大杉の知り合いの出版社に、雑誌に掲載するよう依頼してほしいというので、大杉はさらに驚いた。なぜなら、こんな超ど級のスキャンダルが、まともな雑誌に掲載されるわけがないからである。

そして、大杉が出版社に持ち込むと、案の定没にされたが、戻された原稿には、コピーされた跡があった。それは、ある筋から森原法務大臣に渡ったらしい。

そこから、森原法務大臣の指示で、特に倉木に対する露骨な暴力的行動が開始された。すなわち、無理やり保護観察処分ということにして、倉木を暴力的に陵徳会病院に閉じ込めた。

倉木が酷い目にあっているらしいと危惧した美希は、倉木を救出しようと陵徳会病院に潜入を試みるが、返り討ちにあってしまった。一方大杉は、南多摩署の刑事に阻まれてしまった。

なのに、津城はなぜか冷静である。それにしても、百舌の正体はいまいち明らかではないし、津城が善人なのか悪人なのかも不明である。ここまでの多義性、隠蔽性は新宿鮫にも見出すことができない。

そうやって思案し当惑しているうちに、どんどんストーリーは展開して深化し、いよいよ息もつけない状態になっていくのだった。

私はタバコを吸ったことはないが、喫煙の習慣がある知り合いに聞くと、今まで何度も禁煙の経験があるという。何度もというのは、言うまでもなく、何度も禁煙に失敗している、ということである。

私のダイエットも似たようなもので、一時86キロも体重があったのに、こちらに書いたように、71.5キロまで体重を落とすことができた。しかし案の定リバウンドして、今は77キロもある。

そのときダイエットが成功したのは、まさかライザップに通ったわけでもないし、強い意志で食べるのを我慢したわけでもない。弟が肥満なのをみて、これはまずいと考えたらスイッチが入って、あまり食べなくても平気になったのである。

ところが、最近、ダイエット特集の番組をテレビでみていて、急にスイッチが入った。そのダイエット法というは、わざと代数学の記法を使うと、[16:8]ダイエットということになるが、ガロア理論で使う拡大体とは全く関係がない。要するに、一日のうち、連続する8時間の間だけ食事をして、あとの16時間は水くらいは飲んでもいいが、基本的に一切食べない。もちろん寝てもいい。

これは平日は会社勤務があるのでちょっと難しい。そこで、ある土日に試してみた。私は習慣により、土日でも朝4時半に起きる。そこで、今までは起きていきなり、食事をしていたのだが、朝コーヒーを一杯飲むだけで、とりあえず何も食べない。そうやって朝9時まで何も食べない。すると空腹で苦しいかと思ったら、意外に平気で空腹感もない。ダイエット・スイッチが入ったからだろう。

そうやって朝9時に食事をしたら、なぜか五臓六腑に滲み込むような気がした。あまり食べなくても満腹を感じた。そして、午前10時過ぎに、ちょっと本を見に町田に出かけた。結構炎天下を歩いたのに、不思議に喉が渇かないし、空腹も感じない。そうやって午後2時に自宅に帰ってきたが、依然として喉が渇かないし、空腹も感じないままである。でも、ヨーグルトを少しだけ食べた。

夕方は、午後4時半に食べ始めて、午後5時前に食べ終えた。ここで、心の中でゴングが鳴り、食べていい時間の終わりである。午後9時には寝たが、それまで全く空腹を感じず、睡眠もいつもより深く感じた。

ただ、そうやってもそんなに簡単に体重は減らない。一日で0.5キロくらい減ったような気はしたが、まだダイエットのせいかどうかわからなかった。

そういえば、以前に、知り合いにヨガの先生をしている人がいて、彼がいうには、ヨガの修行をすると、酒が飲めなくなるし、辛い物が食べれなくなるのだそうである。それは体が健康になるからなのだそうである。

[16:8]ダイエットを続けると、やはりあまり酒が飲みたくなくなるし、塩辛い物もほしくなくなる。なので、[16:8]ダイエットは体にいいのだろう。

さて、ダイエットのスイッチが入ることがあれば、それが切れることもある。実はスイッチが入る仕組みがいまいち分からないのであるが、スイッチが切れるのは分かっていて、例えば強いストレスなどそうである。そうなると、つい暴飲暴食してしまい、ダイエット・スイッチが切れてしまう。

ただ、人間には暴飲暴食を続けて病的に肥満してしまうモードや、飲み過ぎてアル中になってしまうモードや、逆に拒食症で餓死してしまうモードもある。よって、ダイエット・モードというのは、普段のモードから拒食症の側に少しだけハンドルを切ることなのだろう。

ともかく目下の目標は、ダイエット・モードを続けることであるが、そのスイッチが入る様式も、強いストレス以外でスイッチが切れる様式もまだよく分かっておらず、気がつくと自然に非ダイエット・モードに戻っているのが常である。

前にも書いたが、私は天頂の囲碁5の熱心なユーザであって、決して天頂の囲碁5の棋力が物足らないというほどの棋力ではないのだが、マイナビから天頂の囲碁6 Zenの案内メールが来たとき、ノータイムで買うことにした。

そもそも、天頂の囲碁を書いた時点で、天頂の囲碁6を買うことを決心していた。もちろん、AlphaGoの影響もある。

天頂の囲碁6 Zenのパッケージが届くと、早速パソコンに導入した。すると、あらっ、と思ったのは、アイコンもGUIも天頂の囲碁5とほとんど同じで、目に見える違いといえば、「レーティング戦」、「七番勝負」、「ひと目の詰碁」というメニューが追加されただけである。

しかし真の追加機能は棋力の向上なのであって、天頂の囲碁5が最高棋力五段だったのに対して、天頂の囲碁6 Zenの最高棋力は七段なのだった。そもそも小林光一九段に三子で勝ったのだから、アマ・トップとまではいかないにしても、県代表はあるだろう。

ところが、コンピュータ囲碁に詳しいプロ棋士の大橋拓文六段は、対天頂の囲碁6 Zenのコツを知っているので、四子置かせても勝ち越すのだという。それをウェブの記事で読んで、なんとなく天頂の囲碁6 Zenの神通力が薄れたような気がしたが、私はともかく天頂の囲碁6 Zenと打ってみることにした。天頂の囲碁5に対して一応二子の手合いだったので、四子にした。

すると、流石にdeep learningだけあって?一手打つのに、天頂の囲碁5より数倍の時間がかかる。ともかく四子で教わっていると、明らかに天頂の囲碁5より筋が良くなっていて油断ならなさが漂っている。それでも四子だとなんとか余せそうと感じていたら、ちょっとの隙をつかれて石を分断され、大石が死んでしまった。で、仕方なく投了すると次からは慎重に打ち進めた。

すると余裕で2連勝できた。そしてもう一局打つと、今度は目算してみてどうも地合いが足らない。それで仕方ないので隅の石を殺しにいったら、天頂の囲碁6が受け間違えてあっさり石が死に、私が中押し勝ちした。こうして、天頂の囲碁6 Zenはほんまにアマ七段なんかいなと怪訝になっているのが今の状態である。

それで次はまあ三子かなと思いつつ、例えば趙治勲の「ひと目の定石」マイナビを眺めていて、この本にある定石を覚えれば、初段になるための定石はすべてマスターしたといっても過言でないでしょうとあるのだが、そこにある基本定石さえさっぱり覚えられない自分の棋力ってどうよ?とそちらもわからなくなるのだった。

絶対倫理観

user-pic
0

まだ独身だった頃から、渡部昇一の「人間らしさの構造」講談社学術文庫を何度も読んだ。その中で一番印象に残っている言葉は、内なる違和感を抑えつけない、ということである。

私は、典型的な日本企業を二つ経験してから、前に勤務していた外資系に転職した。外資系というのは初めてだったので、随分違和感を感じたが、それでも、自堕落な学生からサラリーマンになったときの違和感ほどではなかった。私は田舎者のナイーブさを抱えたままサラリーマンになり、自分を社会的に洗練する努力を怠ったので、最初に入った会社でも、次に入った会社でも、随分叱られもし、虐められもしたが、今にして思えば、生意気すぎたのでああいう目に遭うのも仕方ないと思える面があった。

そういう感性からすると、外資系の実力主義の雰囲気は、風通しがよくて私には寧ろ快かった。将棋大会でよく負かされる私は、優勝劣敗に馴染んでいるので、仕事の不備を上司に指摘されるのも、仕方がないとある程度納得した。

その後、大リストラで主だったシニアな人達が退職し、何かの偶然で私が管理職になってみると、同僚の管理職たちも私と同様に未経験で、いわば手さぐりで管理職をやっていたようなものだった。

実は私が管理職になる直前に、さらにひと波乱あり、私がこの人ならと期待していた管理職が辞めてしまった。そして私が管理職になった後も、私を管理職に登用してくれた部門長が責任をとって職を追われるということがあり、さらに混乱は深まった。正直いって、私も含めて、残った管理職は、経験といい資質といい、部門を運営するには力不足であった。

そこで米国本社は、将来の部門長候補として、若手のホープを登用した。私も、次世代の部門長候補と目して、自分なりの管理職スキルを伝授した。ところが正直いって、この人が完全な外れだった。

すなわち、今まで私と同僚だった既存の管理職たちは、私と同様に管理職の資質が十分ではないにしても、それなりに一生懸命やるという気概はあった。なので、困ったもんだと思いつつ、私はなんとか彼らと折り合いをつけることができた。私はハードワークして彼らをカバーすることさえした。

ところが、新任の管理職は、私の方針とは真逆の、部門のパフォーマンスを、わざわざ手間かけてまで低下させるようなことを遂行しようとする。しかも自分は手間かけないで、私とその部下に負担を押し付けてくる。それでは私は悩んで病気になりそうだった。しかも私と同僚だった旧来の管理職たちも、将来の部門長が誰かと考えて、私の側には就かなかった。

しかし新任の管理職は、部員たちには人気があった。なにしろ甘やかすのである。仕事の効率が上がらないのは私と私の部下たちのサポートが足らないせいだと、もっとサポートを強化しろといってくる。それは結局はスキルとモラールの不足であると当時感じたが、それをきちんと例証するためには、特許実務に書いたように、私が管理職を降りて実務をやってみて、他の人達のパフォーマンスを吟味する必要があった。

私の管理職の晩期には、管理職の常識では絶対にありえない、やってはいけないことも横行するようになり、私はいよいよ耐え難くなった。私はそれをモラル・ハザードだと呼ぶことにためらいはない。まあ、世の中にはいろいろな人もいるので、もしかしてそれをお前の考えすぎだという人もいるかもしれない。C'est la vie.である。

そして、最近の熊本地震で被災する人達の困難のニュースをみていて、2011年3月11日震災のことを思い出した。そのとき部門長は、適切とは遠い行動をとり、特にFさんが激怒した。そういうFさんに触発されて、私も、Nさんとともに部門ではきわめてマイナーであるレジスタンス勢力に加わった。

正直いって、私は定年間近で、ここで反抗してリストラになっても仕方ないと思った。というか、私の絶対倫理観では、結果がどうなれ、このことはきちんと上位マネジメントに諮るべきと思った。

ただ、まだ今から上位学校への進学を控えた息子さんがいらっしゃるFさんには、それはリスキーすぎる決断だったかもしれない。一方で、私は、自分と同様の違和感を抱えつつ、反抗しないで我慢していた人達がいたのも重々に感じていたが、今の時代おいそれとは転職もできないので、仕方ないだろうと、そういう人達の立場も理解していた。私だって若くて先が長ければそうしていただろう。

だから、元管理職でもあり、比較的身軽な立場である私が、先陣を切るべきところ、Fさんに負担をかけてしまったのは今でも大変申し訳ないと思っている。なにしろFさんは、健康がすぐれないのに、当然にこのことも含むもろもろのストレスが重なって亡くなってしまったのである。

戻って、元いた部門に残っていた人達に是非言いたいことは、保身に拘るあまりに、違和感をうやむやにしないでほしいということである。違和感を曖昧にして現状に満足して生きることは楽だし、その方が地位や収入にむしろ恵まれることもある。

ただ、違和感を曖昧にしてしまうと、それは確実に絶対倫理観にヒットし、知的能力、判断能力も低下させてしまう。sheerな知的能力、判断能力、そして倫理観がどれほど人生に本質的なのか私にはわからないが、Fさんに与したことをきっかけにして、愚直な生き方に拘ってみるつもりである。さいきんプラトンを再読し始めたのも、偶然ではない。

user-pic
0

最近はいわゆる純文学にも版図を広げたはいいが、一般的に純文学はミステリー小説などと比べるとあまり売れないので、古書店にはあまり揃っていない。

で、あっ、と思いついたのは、ちょっと前のことだが5月の大型連休の期間である。そのとき、ブックオフで全品20%オフというキャンペーンが走っているのを思い出して、町田のブックオフに行ってみた。そして、キャンペーンでにぎわう店内を見渡すと、やはり純文学の本は多くない。それでも、川端康成、三島由紀夫、谷崎潤一郎、森鴎外の小説を何冊ずつか買った。なにしろ純文学は知識がないので、恥ずかしながら、目に付いたのをとりあえず買い物かごにピックした。

そんな中で一番馴染みがない、森鴎外の「雁」新潮文庫を読むことにした。買った中で一番読むことのバリアが高そうだったので、一種のチャレンジのつもりである。

ちなみに、前にも書いたことがあるが、私のブログのペンネームの「あやたろう」は、森鴎外にちなんでいる。話せば長いのだが、大学の将棋部にいたとき、相手の悪手などで形勢が好転したときなど、望外、望外と叫ぶのが流行った。そして、単に望外と叫ぶのも何なので、森鴎外の名前にちなんで、望外、望外、森望外というようになった。

ところで、森鴎外の本名は森林太郎である。そこで、それをもじって私は、森綾太郎というペンネームをつくり、大学将棋部の機関紙に、「酒と将棋の日々」という短編小説を書いた。だから、ブログは「あやたろう」なのである。そうやってもじっておきながら、私は今に至るまで、森鴎外の小説を一冊も読んだことがない。そこでついに、そのツケを返すときがきたのである。

それがなぜか、森鴎外の「雁」なのだった。「雁」は、鴎外が東大医学部に通うために下宿していた頃という設定で始まる。そこで、鴎外自身がモデルかもしれない僕の語りという形でストーリーは進んでいく。

僕の下宿の隣には、岡田という、東大医学部の学生がいた。この岡田が、美男子で、ボート部の選手であるため立派な体躯であり、素行もよい。なので、岡田のことを悪くいう人は誰もいない。模範的学生なのである。

そんな岡田は、散歩をするのを日課としてして、なんと、その散歩コースで、いつも岡田に憎からず微笑みかける美女がいた。岡田がそれが気にならないはずはない。

その女性は父親と二人暮らしであったが、日々の生活にも事欠くほど貧乏し、それでは女性を嫁にやるかということになった。そのとき警察官という男性が嫁に欲しいと現れ、それはいい話だと婚約しようとしていたら、実は警察官は故郷に妻子がいた。そのことを知ってショックだったその女性、名前をお玉という、は、絶望して自殺するとまでいう。

周囲が必死で留めて、自殺は免れたが、依然として父と娘の生活は苦しい。そんなときある伝手から、お玉を妾にという話があった。末造という男である。実は末造は金貸しで、妻子もあるのだが、そのことはお玉には明らかにされない。

ともかく、お玉は名うての器量よしなので、末造はひと目で気にいった。こうして、末造から手当のようなものをもらい、そのお金で、父親も別の家に引っ越すことができた。そして、末造が借りた家で末造を待つという日々である。女中もついている。末造に気をつかって、滅多に父のところへは行かない。

ところが、近所の噂で、お玉は末造が金貸しだと知って猜疑心をもった。一方、末造の妻のお常も、近所の噂で、末造が妾を囲っていると知り、末造に問いただすが、末造は適当に言いくるめる。

そういう家庭不和のような雰囲気をなんとなくまとって末造がやってくるので、次第にお玉は妾暮らしに倦怠感というか開き直りを感じ始める。そんなとき、いつも散歩で家の前を通りかがる岡田をお玉が知り、次第に心惹かれるようになる。岡田もお玉を気に入っている風である。

そしてある日のこと、飼っている鳥籠に蛇が闖入するという事件があり、そこを通りがかった岡田が、蛇を首尾よく退治した。そのことで岡田とお玉の心理的距離が一気に縮まった。

お玉は女性特有の向こう見ずさで、岡田に告白することにした。そして、いつもの時間に道で岡田を待ち受けることにした。ところが、運命の悪戯が、・・・というストーリーなのだった。

こう書いてしまうと比較的よくあるストーリーなのであるが、無縁坂とか、東大付近の風情のある様子や、いまの東京と違って、まるで田舎のような噂話の広がる人情世界など、とても興味深かった。

あと、当然であるが、教養人である鴎外の文章にも、頻繁に外国語が出てくるのであるが、鴎外といえばドイツ語であるかと思ったら、ほとんどフランス語で、やはり当時文化といえばフランスなのか、と改めて感じた次第である。

といいつつ、漱石の小説よりも鴎外の小説に人情味を感じてしまうのは、たまたま「雁」だったからだろうか。

ともかく初対面の鴎外の小説が好印象でラッキーなのだった。

完黙

user-pic
0

なんとなく正統派の警察小説を久しぶりに読みたくなって、自分の部屋の隅の積読コーナーから、麻生俊平「捜査班 完黙」徳間文庫を選び出して読み始めた。

するといきなり、少年が、ふとした気紛れから、建設が中座した廃ビルに行ってみて、知り合いの女の子が、同級生の男の子に性的に乱暴されているのを見てしまった、というシーンから始まった。

男の子は県の有力者の息子で、親の七光りを笠に着てやりたい放題なのだが、だれも正面切って咎めない。また、なんでも空手を習っているらしくて、強そうである。

少年は、知らない顔して立ち去ろうとしたのだが、乱暴されている女の子が、密かに恋焦がれている子である、というのもあって、次第に気持ちが高ぶってきた。そして勢いで出ていって、男の子に突っかかっていった。

ところが、相手は空手を習っていることもあって、どうみても自分より強い。いきなり倒されて殴られ、殺されるかと少年は覚悟した。しかし、捨て身でぶつかっていったら、何か積んである荷物が崩れたような気がして、荷物が男の子に圧し掛かった。それで男の子は押されて、どこかの穴から下に落ちたらしい。下にいってみると、男の子はしゃべらないしピクリとも動かない。ああ、死んでいるんだと少年は蒼くなって、その場から逃げた。

じつは少年は事情があって父親しかいない。しかも父親は刑事なのであった。なので、その息子が殺人を犯したとなると到底警察に居られない。なのでとりあえず自首は思いとどまったのだが、気持ちはずっと混乱したままである。ただ、少年に乱暴された少女は、もともとの父親の予定で九州に引っ越していったので、とりあえず安心した。

そして場面は切り替わって、公園で浮浪者風の男の死体がみつかった、という事件が起きた。ここでの主役は、新米刑事の小田桐良。まだ経験が浅いので、エリート商社マンからなぜか転身してきた暮林警部や、たたき上げの歌川警部補とペアで行動し、指導を受けているのだが、小田桐は、二人の方針のあまりの違いにただ戸惑うばかりである。しかし懸命の捜査にも拘わらず、被害者がフリーのプログラマであることしか解明されれていない。

一方、不本意にも殺人を犯してしまった少年は、いっそ自殺するか、あるいは思い切って自首するか、嵐のような葛藤に苦しみながら、なんとか生きている。

このように、論理的に直交する二つの話が独立に進んでいき、二つの話が交わる様子がないので、読んでいて次第に焦燥が募ってきた。当然に、公園での殺人事件を担当する刑事のチームに、少年の父親の刑事が参加するのだろうと思っていたのだが、なかなかそうなる様子もない。

こうしてちょっといらいらしつつ、ストーリーは次第に佳境に向かうのであった。このように読者に徒に忍耐力を強いるような小説が、ミステリーという成功しているかどうか評価の分れるところだと思われるが、異なる時空を微妙につなぐような作者の構想に、私は感心したのだった。

私は一貫して藤沢里菜を応援し続けているが、約1年前の藤沢里菜のNHK杯デビューでは、林漢傑に序盤のミスを咎められて、終盤追い込んだのだが、力及ばなかった。

そして今期の相手は、王銘エン。ううん、去年の林漢傑に劣らぬ強豪で、やはり今期も厳しいかと、それでも懸命に応援しながら観ていた。すると案の定というか、序盤で失敗して棒石を取り込まれてしまった。このままでは明らかに地合いで不利である。

そう思ってみていると、藤沢里菜は、コスミから懸命に手をつくり、ついに王銘エンに逆転してしまった。ううむ、なんたる強腕。そこからもさらに差を広げ、白番なのに盤面10目以上いいという圧倒的優勢を築きあげた。

ところがそこからがいけない。藤沢里菜は終盤になって、全く利かないコウ材を打ったり、明らかに損な手を打ったりして、打つ度に一目、二目と損をし、ええっ、これでは逆転かと思わせる雰囲気だったが、流石に貯金は大きく、終局すると盤面一目、コミを入れて7目半の勝ちとなった。記念すべきNHK初勝利である。

きっと冥界からこの碁をみていた藤沢秀行名誉棋聖は、可愛い孫の終盤の乱れに相当やきもきしていただろう。ただ、私は、あんなに終盤緩んでも勝つんだから、藤沢里菜はまだ伸びしろがあると、前向きに考えることにした。そもそも藤沢秀行名誉棋聖も、あまりポカが少ない方ではなかった。却って大物の片鱗とみたい。

他の棋戦の予選をみると、一時は凄い勢いで勝っていた藤沢里菜も最近はちょっと減速気味で、それでもイベロジャパン杯決勝では若手ナンバーワンの芝野二段に勝って優勝したり、新人王戦では去年のNHK杯準優勝の寺山四段に勝ったり、と半端ではない。

しかも今期のNHK杯囲碁トーナメントでは、謝依旻が瀬戸八段に勝ったり、鈴木歩が淡路九段に勝ったりと、女流が手強いところを破って勝ち上がっているのがいい。

一方、残念なのは、将棋の奨励会三段リーグである。折角暫定トップの5勝1敗で飛ばしていた里見香奈と西山朋佳であるが、ともに直近で二連敗して5勝3敗となり、四段昇段に黄信号が点った。ここからなんとか盛り返してほしいものである。

何気なくアマゾンで本を見ていると、もしかしたら、「この本を買った人は、こちらの本も買いました」機能なのかもしれないが、逢坂剛の「百舌の叫ぶ夜」集英社文庫がリストされてきて、それをみたときなぜか軽い電撃を感じた。そして、その本のコメントをみると、二十世紀を代表するミステリの一つである、みたいなすごい賛辞もあって、これは読むしかないなと決心した。

ところで私は、アマゾンでみて本屋で買う、あるいは本屋でみてアマゾンで買うという意味のないひねりをときどき入れたりする。なので、会社の昼休みに、新刊本屋に行って、この本を買い、早速帰りの電車で読み始めた。すると期待どおりにぐいぐい引き込まれた。

最初に登場するのは、百舌。もちろん鳥ではなくて、ある人間のあだ名なのだが、どんな人間なのかプロフィールは一切記述されない。そして、百舌はある男を追っているという。すると百舌は刑事なのか、あるいは殺し屋なのか、探偵なのか、それも全くわからない。

すると、百舌が追っている男が逃走をはかり、当然に百舌もそれを追うのだが、その男が人ごみに紛れたとき、大きな爆発が起こり、百舌も爆風を受けて、吹っ飛ばされた。そこから、百舌が登場しなくなるのだが、まさか爆死したのではあるまい。

その事件の捜査のため、警視庁捜査一課の大杉警部補が調べると、どうも二人が亡くなったらしい。さらに調べると、ある男のバッグの中に爆弾が仕込まれていたらしい。そして、亡くなったのはその男と、近くにいた女性の二人である。怪我人は多数である。そして、なんとその亡くなった女性は、警察官の妻だという。その警察官とは、公安の倉木警部。それを聞かされた倉木は茫然とし、絶対に犯人を捕まえてやる、と復讐の念を燃やした。

一方、大杉警部補は、公安の若松警部が事情を持ち出して捜査情報を独占するので、困り果てて、公安の巡査部長、明星美希にコンタクトするが、当然に何も話してくれない。

さらなる取り調べにより、爆弾のバッグをもっていたのが、左翼活動家の筧であると分かり、警察はどよめいた。そして、豊明興業というヤクザのフロントのような会社が、筧の殺人を請け負ったということも分かった。すると、豊明興業から依頼を受けた下手人が爆弾を仕掛けたということになる。

ともかく豊明興業は、筧の殺害に成功したので、口封じのため、下手人の新谷という社員を自殺に見せかけて殺した。しかし、倉木警部と、大杉警部補が独立に豊明興業にやってきて追求するので、豊明興業の幹部は気が休まる暇がない。

そうしていると、警察庁の津城監察官が現われた。なんでも来日予定の南米のある国の大統領の警護に関する疑惑を追って、内偵を進めているらしい。

そのように、様々な事件が交錯して今にも沸騰しそうな局面で、満を持して、百舌が現われた。ここからはストーリーのコアなので、ストーリーに言及するのはこれくらいにしておくが、私が感じたのは、大沢在昌の新宿鮫シリーズの氷舞と、藤原伊織のテロリストのパラソルを併せたような作品である、ということである。

しかし、それらの作品の方が「百舌の叫ぶ夜」よりも後に書かれたものであるので、逆に両作品が「百舌の叫ぶ夜」の影響を受けた可能性もあると推測したりするが、じっさいのところは、分らない。

そういえば、逢坂剛の作品としては、カディスの赤い星も有名であるが、私としては「百舌の叫ぶ夜」の方がしっくりくる。あくまでも趣味の問題だが。

ともかく、百舌シリーズとして、この後数冊刊行されているらしいので、追々読むことになりそうである。

自分でも今更初期の電子出願用プログラムの話をするのかと怪訝なのだが、文系プログラミングの中身の電子出願用プログラムのところを、記憶が残っているうちに、以前に書いたこととの重複を懼れず、やや詳しく述べてみたい。

1980年代の終わり頃、社内で特許庁電子出願に対応したシステムを開発すべく、SE部門でプロジェクトが立ち上がったとき、私は特許部門から、仕様について意見を述べるため、プロジェクトに参加した。

なにしろ特許庁電子出願の仕様は複雑怪奇で、通信プロトコルや文字コードのことなど、コンピュータをやっとまともに勉強し始めた私には全く歯が立たなかったが、SEたちはそんな仕様に基づきC言語で、当時先進的なコンピュータOSであったOS/2向けに電子出願アプリを作成するというのだから、私はSEたちのスキルにただ感心するばかりであった。

そんな通信プロトコルに関与するようなプログラムは到底作成できないのだが、自分でも折角なので何かプログラムを作りたいと自分なりに検討していたら、OS/2向け電子出願アプリの文書形式が、なんとバイナリではなくて、今でいうHTMLのような形式であることが分った。

ともかくその文書形式の添え字と下線の仕様は、なんとか解析できたのだが、問題はイメージのはめ込みである。すなわち、特許出願では、ほとんど必ず図面が必要なので、これはスキャナーでスキャンしてイメージファイルとして取り込む必要がある。しかし、HTMLと違って、その文書形式にはページという概念があり、イメージファイルの縦横のサイズを認識して、ページ内における現在のカーソル位置を判断し、その位置からイメージをはめ込むようにタグを生成するだけでなく、ページの半ばでそのページにイメージが収まらないなら、改ページして次ページに送る。一週間くらい悩んでいると、なんとかアルゴリズムの目途がついたので、プロトタイプのプログラムを書いてテスト段階に入った。

じっさい、私のスキルでは死にそうに大変で、ああ私のコンピュータの師匠のMさんがいればなあ、と何度思ったことだろう。Mさんは数年前に白血病で、30代半ばで夭折していた。

じつは、イメージファイルの縦横のサイズを認識するのもどうしていいか分からず、そのバイナリファイルをダンプして何度も眺めていると、ヘッダらしきフォーマットがみえてきた。それで異なるサイズのイメージを用意して、ヘッダのところの値の変化を見極めることで、プログラムでヘッダの何バイト目をチェックすればいいのかが分かった。

そうやってある程度電子出願用アプリのユーザサイドのプログラムの概要ができたが、当初は単なるコマンドラインにパラメータを手書きする形式だったので、オペレータの女性の人に使ってもらうには不便すぎた。かといって、OS/2用のC言語を駆使してGUIのプログラムを書くのは、私の手に余る。そこで苦肉の策だが、CUIのインターフェースで疑似GUIのプログラムを書くことにした。これは、別の目的でファイラーとして自分で書いたプログラムがあったので、そのインターフェースを流用することにした。

しかしさらなる問題があった。それは、文書の取り込みである。OS/2用電子出願アプリの文書形式はあまりにも独自で世間で使われているワープロの形式と全く互換性がなかった。

そこで私は、当時一番世間で使われていたジャストシステムの花子Ver.3から取り込めないかと考えた。なぜなら、花子Ver.3の1つの文書は複数のファイルからなり、その1つのファイルはプレーンテキストで、もう一つのバイナリファイルが下線や添え字などの属性の指定を記述している。

私は何書類もの花子の文書のサンプルを作成してみて、属性の指定のバイナリを解析した。それでもどうしてもわからないと悩んで床についたら、夢の中で、こうしたらいい、という示唆があったような気がして、朝起きてメモした記憶がある。そして実際に実装した内容が以下のとうりで、当時のソースコードがたまたま残っていたので、コメントの一部をそのままコピーしてみる。

/* 一太郎Ver.3の、.ATRファイルは、5バイトずつの組になっており、
 * (属性1)(属性2)(属性3)(属性4)(オフセット)
 * の並びになっている。
 *  (属性1)= 0x01 :下付き添字(@y~@z)
 *  (属性1)= 0x02 :上付き添字(@x~@z)
 *  (属性2)= 0x01 :添字(@u~@t)
 *  (属性3)(属性4)は、PAS55には無関係の属性に関連する。
 * これは、知的所有権内部用に作成したので、PAS55のETX用に
 * ETXヘッダをつけるとともに、
 *               @x -> (<添字=上>)
 *               @y -> (<添字=下>)
 *               @z -> (<添字.>)
 *               @u -> (<下線=細線>)
 *               @t -> (<下線.>)
 *
 *  のような読み替えを行う。
 * このプログラムの使用方法は、
 *  C:\>JXW2DOC ソース・ファイル
 * 但し、ソース・ファイルには、一太郎の *.JXWファイルを指定する。
 * すると、同ディレクトリ内に、同名で、.DOC という結果のファイルが
 * 作成される。
 * 尚、下記のDataRead()、DataWrite() は明らかに、read(),write()
 * で書き直すべきである。
 * 1992.10.07  .CTL ファイルの287バイト目以下に、タブの設定
 * 情報があるのを、発見。これに、基づき、TAB解釈を行う。
 * 1996.02.08 
 * 1997.11.09 @->@@ 
 */

当時、これはどうみても自分のスキルではなく、Mさんが霊界から教えてくれたのだ、と信じて疑わなかった。

こうして、半端ない努力で、部門に確かな貢献をしたと自分では自負していたのだが、その間、数ヶ月も特許実務を放棄してプログラマの真似をしていたのだから、上司の受けは決してよくなく、むしろ何コンピュータで遊んでいるんだみたいな反応で、そんな貢献が昇進につながることは一切なかったのである。

なので、頑固で書いたような経緯も、そのような背景があるのだった。つい、♪怒るのは、怒るのは、ネェ、あったりまえでしょう。♪と歌いたくなるのである。

ちなみに、このプログラムは後に、C++ Builderで、HTMLベースになった電子出願用に私が書き換えた。それはWindows 2000(XP)上で完全にGUIなので、少しは使いやすくなった。なお、そのC++ Builderベースの電子出願ソフトは、私が辞めた後も今でも部門で使われているらしい。一応ソースコードはそっくり残していったので、元開発部門でプログラミング経験がある、私よりも本格的なスキルがある部員の人が、メンテしてくれているらしい。

作者としては正直いって、使ってくれるのはうれしいが、もういい加減引退させてほしいような気もする。ソースコードたちだって、疲れているに違いない。なにしろMS-DOS時代のコードが混在しているのだから。

伊豆の踊子

user-pic
0

最近、いわゆる純文学といわれる小説にも読書の版図を広げているので、古書店でたまたま川端康成の「伊豆の踊子」新潮文庫をみかけたとき、とりあえず買った。

そして、ちょっとベタだなあと照れながら、「伊豆の踊子」を読み始めた。ベタだなあ、というのはもしかして現代国語よりもむしろ日本史の領域かもしれないが、川端康成といえば「雪国」または「伊豆の踊子」のように受験勉強的に記憶しているからである。

しかし、本当にちゃんと「伊豆の踊子」を読んだ人は、昔はともかく今はあまり多くないのではないか、と勝手に思ってしまった。それは単に自分がそうだから、というとこにすぎないのかもしれない。

さて、「伊豆の踊子」新潮文庫には、「伊豆の踊子」、「温泉宿」、「抒情歌」、「禽獣」という四つの作品が収められている。それでともかく、「伊豆の踊子」から読み始めた。すると、おそらく川端康成じしんの体験に基づくのだと思われるが、旧制高等学校の時代に伊豆を旅して、旅の一座に出会ったというものである。その一行は、大島の波浮港の出身で(ああ、都はるみの「アンコ椿は恋の花」という歌の♪三日おくれの便りをのせて船が行く行くハブ港♪は、大島の波浮港のことだと今更知った。私はつい、出身地の地元で因島の土生港のことかと思った時期もあった)、男と四十女、若い女と、踊子の四人からなっていた。

そして、一行の中でも一番若いというよりも幼い踊子が、主人公の高等学校生の目の前にくるとなぜか顔を真っ赤にして慌ててしまう。それを四十女が、「まあ、この子は色気づいたんだよ」とからかう。必ずしもそういうことがあったせいではないのかもしれないが、主人公は踊子のことが気になって仕方がなくて、結局下田港まで一行について行ってしまう。その旅の間に主人公は、踊子にせがまれて本を読んであげるという、ささやかで無上にたのしいときを過したりする。そんなことがあっても各々の都合で、下田港で主人公は一行に別れを告げて、船で東京に帰らなくてはならないのだが、その帰りの船の中で主人公は涙が出て仕方ない、というストーリーなのだった。

こう書いてしまうといかにもシンプルなストーリーなのであるが、私は、みずみずしい果実のような、それでいて修辞の委細に富んだ川端の文章に魅せられてしまった。

それを三島由紀夫は、「処女の主題」のように解説していて、長年川端作品を読んできた三島がいうのだから確かにプロ的にはそうなのだろうが、私には、南らんぼうの「ウイスキーの小瓶」の♪たわむれだと思っていた恋に打ちのめされてしまうなんて♪なんじゃないの、と思ってしまう。というのは決して本格的な恋愛に発展しないけどというよりも、しないが故かもしれないが、私は見かけによらず結構惚れっぽい性格で、つい出会った女性に惹かれてしまうという経験は数知れない。そういう女性は、二十歳年上だったり、同年代だったり、もしかして中学生くらいだったりしたかもしれないが、例えばプラトンのリュシスの文脈で恋愛を魂の同型性とみるなら、年齢は関係ないし、ましてや処女性なんて、何言ってんのと三島に文句いいたくなる。

まあ勝手なことをこれ以上言っても仕方ないので、次の「温泉宿」に移ると、どの場所なのか明示されないが、舞台は川端が生涯愛して止まなかった伊豆のどこかの温泉なのだろうか。

「温泉宿」では、清純そのもののような「伊豆の踊子」とはうってかわって、淫売のような女性、貧乏でお金に目がない女性、病気で死にそうで床に就いているのになぜか子供に人気のある女性、などいろいろな女性が登場してきて、多様な人生模様を写しだす。巧妙に雑駁を描くという川端の別の面をこの小説で発見した。

「抒情歌」は、ある女性に、深く愛した男がいてしばらくは同棲していたが、別の女性に傾いて男は離れて去っていった。その男が亡くなってもその死は告げられることがなかったが、なにかのきっかけてそれを知り、その女性が、男を恨むのような死を悼むような抒情歌を、非キリスト教的に、仏教的に、多神教的に、あるいはスピリチュアルに切々と、流麗に謳いあげるので、心に沁みて涙が出そうになった。川端のさらに別の面を知った。

「禽獣」は、私が犯罪小説を読み過ぎたせいかもしれないが、冷酷で他人を傷つけても顧みない非倫理的な男の話かとつい思ってしまった。しかし実は、女性に絶望し、鳥や犬など動物を飼ってひたすら愛情を注ぐという歪んだストーリーなのだった。三島はこの小説の意味を諄々と説くので、これも川端の重要な作品のひとつなのかもしれないが、人間ぎらいで動物を偏愛するというのはいいとしても、ストーリーの中で、主人公が自分のエゴでわざと動物の赤子を見殺しにするみたいな記述があって、私は深い嫌悪感を感じてしまった。動物好きで人間嫌いなら、人工的に動物を飼わなくても、自然の中に入っていって、ただ動物でも昆虫でも、さらには草花でも眺めればいいのではないだろうか。私ならそれだけで満足する。ただ、これもまた川端作品のanother aspectであるのもたしかである。

こうして、とりあえず川端の短編小説を四篇読んだだけであるが、それだけからも川端の作品の多様性をみてとれたのは幸いであった。川端、ああノーベル文学賞作家だね、というラベルだけでは寂しすぎる。ちょうど、大山名人、ああ、受け将棋の達人だねのラベルだけでは意味がないのと同じである。と書いたら、急に大山康晴名局集を一局並べたくなった。

以前にある友人にビブリア古書堂の事件手帖を紹介したら、もしかして私以上に内容に感激してくれたようで、うれしかった記憶がある。だいたい、私が面白いと思った本は他の人にはあまり受けないのが普通だと思っているからである。

そもそも、その友人は、もともとライトノベルに対する偏見があったようだが、ビブリア古書堂の事件手帖でその偏見が払拭されたらしい。So did Iである。

その友人が最近、万能鑑定士Qシリーズを読んでいるが面白いと、逆に紹介してくれた。私はああ、松岡圭祐だね、と探偵の探偵シリーズを思い出した。ただ、探偵の探偵を知っているがゆえに、もしかしてその類似作なのかな、といまいち興味をそそられないでいたら、友人がいうには、主人公は島出身で、高校の成績は最悪で、はっきりいって駄目生徒だったのに、状況してきて貪欲な知識欲でどんどん知識を吸収して、ついには万能鑑定士と言われるまでになったのだ、という。

おお、島か、アイランドかと私は反応した。しかも、私は高校の成績は普通でとりあえず最悪ではなかったが、本屋さえ一軒もない環境にいたので、却って貪欲な知識欲だけはあるよね、なんか似てるよねと急に乗り気になり、「万能鑑定士Qの推理劇Ⅰ」角川文庫というのを買った。そして、比較的短い待ち時間で読み始めた。

「万能鑑定士Qの推理劇Ⅰ」では、主人公の凛田莉子が、石垣島から飛行機で東京へ向かうシーンから始まる。莉子の出身高校は石垣島にあるが、莉子の出身地は日本の最南端といわれる波照間島で、莉子はフェリーで高校に通った。ここらあたりも私は感情移入してしまう。

ところが、莉子は田舎者丸出しで、ほとんど知識ゼロに近く、まさに友人が指摘するように学校の成績は最下位だったのだが、なぜかとても美人なのだった。

さて、莉子は、石垣島から東京へ向かう飛行機で、いきなり事件に遭遇してしまう。なんと、その飛行機に爆弾が仕掛けられているという脅迫メッセージが届き、飛行機は羽田ではなく新千歳空港に無理やり向かうことになった。この段階では莉子はなんの知識もない「天然」にすぎず、まったく事件に対処できなかった。

ともかく事件は収まって、莉子は目的の東京に行き着くのだが、そこで就職しようと何社面接しても、知識のなさが災いしてすべて落ちてしまう。美形なので、キャバクラなら受かったのかもしれないが、そういう志向は全くない。

ところが、たまたま吉祥寺のリサイクルショップを受けたときである。社長の瀬戸内陸が莉子のポテンシャルを見抜き、とりあえず採用すると、そもそも勉強のやりかたから一から教えた。すると、それがとても適切だったか、莉子は猛然と勉強し始め、メキメキと知識を身に着けていった。莉子が20歳になったとき、瀬戸内はその知識と目利きの才能を活かすため、鑑定士として独立することを勧めた。その名も、万能鑑定士Q。

果たして莉子は、鑑定士として成功を収め、メディアの知り合いとして、角川書店の小笠原というボーイフレンドもできた。そして、その縁で、角川書店で劇画のデータが盗まれるという事件の解決に関与した。

しかし、それは後の浪滝琉聖主催の宝石鑑定トーナメントへの前哨戦だった。莉子は、決して宝石鑑定の専門家ではないが、請われて参加し、天才宝石鑑定士の蓮木愛美と対決する。しかし、そこに浪滝の深慮遠謀があり、莉子でさえも翻弄されてしまった。

以下はストーリーのコアなので、記述を省略するが、駄目生徒であった莉子が瀬戸内の示唆で急速に成長したのが不自然であることと、万能鑑定士としての完璧さが、度が過ぎるような気はするが、それでも松岡圭祐らしく周到に調べあげたストーリーになっており、なかなか面白かったと思う。探偵の探偵よりも暴力シーンが少ないのが安心して読める、というのもある。

迷い

user-pic
0

去年だったか、若島正の詰将棋の本を読んでいたとき、若島が中学生のとき、ある五手詰がどうしても解けなくて、それを一か月くらい考え続けて、ふと解答が浮かんでからは、大抵の詰将棋がそんなに苦労しないで解けるようになった、という記述を読んで、ああそうだよね、と思った。分からないが、一見無駄にハイバネートしているようで、そのバックグラウンドでしっかり脳が神経の配線を進めているようなことがあるんだね、と思った。

で、私は大学時代の自堕落な生活をまた思い出した。当時大学三年生で、大学院に進学しようとするならそろそろ入試勉強してなくはと思い、とりあえず苦手意識のあった電磁気学を勉強したりしていた。

ところが、将棋部の方でも私は比較的中心的なメンバーの一人で、将棋部に没頭するか、そこからほぼ完全に足を洗うかの二者択一を迫られていた。そして、然したる葛藤もなく、前者を選ぶと、アバランシェ効果というか、急に全く授業に出なくなり、かといって将棋に打ち込むでもないモラトリアム状態に陥った。自分でいうのもなんだが、私は、物理学科のクラスメートに比較的優秀なメンバーの一人と目されていたので、私が急に授業に出なくなったのを怪訝に思っていた知り合いも複数いたようである。しかしそこはそれ、自由な大学生活のこと、私のことを誰も気にしなくなるのに時間はかからなかったようである。

そのとき私はスチューデント・アパシーというか、今でいう仮面鬱病のような状態にあったようである。すなわち、授業には出る気がしないし、将棋部の部室に顔を出す気もしないのだが、なぜか夜の雀荘のバイトにだけは真面目に通った。

しかし、そんな状態は長く続けられなかった。経済的に必ずしも余裕がないせいで1年留年しただけで親から仕送りを打ち切られなりそうになり、仕方なく、単位を揃えて卒業を決め、さらにはまるでサイコロを振るような適当な気持ちで就職も決めた。人生には何も希望も期待もなく、ただ惰性で生きていくしかないと思っていた。

で、最初の若島の詰将棋の話に戻ると、私はどうも迷い方が足らなかったようである。すなわち十分に迷えていない。なのでその後の人生でも、恋愛であれ、学問であれ、会社生活であれ、家庭であれ、その不完全燃焼のパターンを繰り返してきた。

すなわち、会社に就職してから向学心が復活してきたのだが、バイトをしながらぎりぎりの生活で勉強するというふんぎりがどうしてもつかなかった。このあたりの中途半端さというか、逆にいうと生活感覚を重視して、自堕落になりそうなとき自分を引き戻すというか、リスクをとらない詰まらない人間なのだった。

それでも、私は人生というものは迷って迷い尽くさなくてはならないと思っているのに、観察しているとそんな迷いとは無縁で、大学院までストレート、会社生活も順調に出世し、家庭も安泰みたいな人が少なくない。そこまで迷わないできたなら人生どこか挫折したら大変なことになるのでは、とみていても一向にそうなりそうにない。

で、悔しいので、自分のように迷って生きてきた方が人生は深みというか味があるのだと負け惜しみのようなことを考えても、どうみても向こうの方が素直に人生をエンジョイしているとしか思えない。

こうして、未だに(迷いに迷う)+という無限後退に陥ってしまっている自分を見出すのだった。

名人戦第5局の歴史的敗戦から三日しかたたないのに、もう棋聖戦が始まってしまった。羽生ほどの歴戦の強者なら、直前の敗戦を引き摺ることなく気分転換できているに違いないと、今までなら言えたのだが、今はなぜか素直にそういいにくい雰囲気がある。すなわち、羽生の気持ちに溜まっている滓は、単に名人戦によるものだけでないと推察させるものがあると感じるのは、私だけだろうか。

さて、棋聖戦の挑戦者は、羽生に対して3勝0敗の戦績の永瀬六段。ただ私は、羽生が最初に何局か負けても、そのあと付け入る隙を与えていない例を沢山知っている。例えば、対山崎八段、対橋本八段など。そして、ある程度の局数戦ったあとで、羽生に五分以上の戦績を残しているのは、渡辺竜王しかいないはずで、流石に永瀬六段を渡辺竜王相当と見立てるのは無理があるだろう。

そんな思いを抱きつつ、棋聖戦第1局を観戦した。すると、後手永瀬の横歩取りから、なんといきなり千日手になった。

【図0】 79手目▲5六香まで
持ち駒:△永瀬=金桂2香



持ち駒:▲羽生=桂歩5
すなわち、【図0】から△5四桂と合駒し、▲6六桂,△6二桂,▲5四桂,△同桂,▲6六桂という手順を繰り返して千日手になった。谷川九段のように千日手を極端に嫌う棋士もいるが、永瀬は千日手を避けないというか、戦略の一つに組み入れているという印象があるので、こうなっても全く意外でない。


さて、指し直し局は、永瀬の先手番で、「三浦&阿部健の居飛車研究」のテーマ14の藤井矢倉として採り上げられている流行形の一つである。最近では、羽生王将(当時)対郷田九段の王将戦第6局にも現われた。例によって一気に43手目まで進める。

【図1】 43手目▲4一角まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲永瀬=なし
ここに至るまで、普通によくある手順と思ったが、▲3五歩に△同歩と応じたのがよくなく、△3五同歩の代わりに△7五歩と攻め合う方がよかった、というのだから将棋は難しい。ともかく、▲4一角以下、△6五歩,▲3五銀,△8六歩,▲同歩,△8八歩,▲同玉,△6六歩,▲同金,△3九角,▲3八飛,△6六角成,▲同銀,△3四歩,▲4六銀,△9五銀,▲7七銀,△8六銀,▲同銀,△同飛,▲8七歩,△7六飛,▲7七歩,△6六飛,▲6七歩,△6二飛と進んだ。

【図2】 69手目▲7四角成まで
持ち駒:△羽生=金銀歩2



持ち駒:▲永瀬=角銀歩2
派手に攻め込んだ後手の景気がいいようだが、じっと▲7四角成となってみると、先手が後手の攻めを余したようになって、先手がいいのだという。▲7四角成以下は、△2七銀,▲4八飛,△3六銀成,▲5七銀,△7三歩,▲7五馬と一転して地味な展開になった。

【図3】 76手目△7四金まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲永瀬=角銀歩2
ここで、先手が優勢であるものの、△7四金が意外にうるさいのだと検討陣はいう。ただ激指の形勢判断でも、天手よしである。以下、▲8六馬,△6五飛,▲2八飛,△4七成銀,▲2四歩,△同歩,▲2五歩,△同歩,▲4一角,△6四歩,▲2三歩,△同玉,▲3六銀,△5七成銀,▲同金,△4二金引,▲6三角成,△7五金,▲9六馬,△1二玉,▲6六銀,△9四歩,▲5四馬,△8五金,▲6五銀,△9六金,▲7六銀,△5三歩,▲8一馬,△3九角,▲2七飛,△2六歩と進んだが、後手にとって、一応指してみましたが感は否めない。

【図4】 投了図 109手目▲4七飛まで
持ち駒:△羽生=銀歩3



持ち駒:▲永瀬=飛桂香歩
私はここで羽生が投了したので驚いた。なぜなら、確かに先手が優勢なのだろうが、△9五金と一旦逃げるとか、△3八銀とか、じっと△2八角成とか、いろいろ手はありそうだからである。しかしやはり9六金をぼろっと取られては話にならないので、一旦△9五金か。すると、▲9六歩と追求され、△同金,▲同香,△9五歩,▲同香,△同香,▲9二飛と打たれて、9筋を精算したあと、▲9二龍と入られ、▲4三歩の筋で攻められたら、後手はひとたまりもない。また、△9五金の代わりに△3八銀もあるが、一旦▲3七飛と逃げ、△4八角成に▲4九歩でもよいし、△3八銀に単に▲9六歩と金を取って、△4七銀成に▲同金でもよい。そもそもこんな局面をあれこれいじること自体がアマチュアであろう。なのでやはり投了は仕方ないのだった。

それにしても、羽生が▲3五歩を△同歩と取ってからずっと後は後手が悪いのだろうか。だとしたら現代将棋はおそろしすぎる。ともかく、月並みだが、羽生の次局からの復活を祈る。

名人戦は、佐藤天彦新名人の誕生で、第5局をもって終わってしまったことは既に報道されたとおりなのであるが、棋譜をたどってブログ化する作業は時間がかかるので、一応サラリーマンの身にはその作業は週末になってしまって、ちょっと間が抜けている。まあ、間が抜けているのは私の本性でもあるので、そんなには気にしていないのだが。

ともかくこの歴史的(epoch-making)ともいえる一局を、辿ってみる。例によって26手目まで一気に進める。

【図1】 26手目△6二銀まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
まず、この△6二銀をみて、おおっと思った。というのは、横歩取りの後手で最近ではほとんどが、7二銀、6一金の形で、この戦型はほとんどみないからである。それは決して後手のこの形に何か嫌な変化がある、というのではなくて、単なる気分というか流行なのだろうが、単なる気分で流行が決まってしまうというのも一種の「自発的対称性の破れ」なのだろうと私は思う。ともかく△6二銀以降は、▲3六歩,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲3五歩,△8五飛,▲3七銀,△8六歩,▲7七桂,△3五飛,▲5六飛,△3四飛,▲3八金,△9四歩,▲7五歩,△8七歩成,▲同金,△9三桂と進行した。なお手順中▲3七銀はひとつの分岐点で、代わりに▲7五歩とするのも従来からある手筋である。

【図2】 45手目▲8六飛まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩2



持ち駒:▲羽生=歩4
▲8六飛は、検討の村山七段も指摘していたという有力な手である。以下、△8五歩,▲7六飛,△4一玉,▲9六歩,△2四飛,▲2六歩,△8四飛,▲6八銀,△5四歩,▲9七角,△4二角と進み、先手陣はひねり飛車のようになった。ただ、先手の玉形は不安定で、ここで決戦はないと思ったいたのだが。

【図3】 57手目▲7四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=歩



持ち駒:▲羽生=歩3
なんと羽生は、▲7四歩と仕掛けていった。普通は、▲8八金などと自陣の安定化を図るところだろう。なにしろ、もし飛車交換になると、△8九飛などと打たれるのが厳しい。ただ、▲7四歩に対して後手の応手が悩ましい。一番普通に考えられるのは、△9七角成とする手である。あとの選択肢は、△7四同飛と△7四同歩だが、天彦は、一番厳しい△7四同飛を採った。これが封じ手だった。気合いであろう。以下、▲4二角成,△同金寄,▲4六飛,△5五歩,▲8八金,△8四飛,▲8七歩,△3三桂と進み、意外にも局面は落ち着いた。

【図4】 67手目▲6五角まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
局面は落ち着いたと思ったとき、羽生の▲6五角が放たれた。▲4三角成と、▲9五歩,△同歩,▲9二歩の両方をみた、一見好手である。なお、▲4三角成は、単に▲4三角成でなく一旦▲3四歩とする。それに△同飛とさせて▲4三角成が厳しい。このとき▲4三角成の代わりに▲4三飛成もある。さあ、天彦困ったかと思ったのだが、実はこの▲6五角はよくなくて、ここは単に▲7八金と整形するのがプロ的な好手だった。なぜ▲6五角がよくないかというと、天彦に△2三銀という好手があったのである。そして以下、▲9五歩,△3四銀,▲9四歩,△4五銀,▲9六飛と進んだ。
ところで素人発想だが、▲6五角と打つ前に、▲9五歩,△同歩,▲9二歩,△同香を決めてから▲6五角はなかっただろうか。すると、△7四歩には▲3四歩で以下先手がいいと激指君も言ってくれる。歩を損していかにも筋がよくないが、この手もあったと思う。

【図5】 74手目△6四歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩2



持ち駒:▲羽生=歩3
▲6五角がよくない理由は、△6四歩で困っているからである。以下手順を進めると、▲7六角,△9五歩,▲同飛,△7四飛となって、角取りが受からない。▲9六飛とヒモをつけても、△9五歩がある。それで羽生は仕方なく△7四飛には▲3四歩と勝負した。これに△同銀だと、▲5四角と逃げられてしまうので、△7六飛と角を取り、すると▲3三歩成と桂馬を取れば、まだ難しいと思っていたのだが。

【図6】 80手目△2五桂まで
持ち駒:△佐藤天彦=角歩



持ち駒:▲羽生=歩3
ここで△2五桂と跳ねて捨てたのが好手で、決め手といっていい。以下▲2五同歩となると、後で先手の飛車が2五に回る手がない。以下、△7六飛,▲9三歩成と進んだ。

【図7】 84手目△5六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=角2歩



持ち駒:▲羽生=桂2歩3
そして、△5六歩が厳しい。△8四角と組み合わせる手がある。ただ、この時点では検討陣も後手が明確に優勢とまでは判断していない。ともかく△5六歩以下は、▲8五飛,△5七歩成,▲同銀,△7九角,▲7八金,△5七角成,▲同玉,△5六飛と進んだ。手順中、△7九角が打てるのは金が8八にいるせいで、なので、▲6五角では▲7八金が推奨されるのだった。

【図8】 93手目▲4八玉まで
持ち駒:△佐藤天彦=角銀歩2



持ち駒:▲羽生=角桂2歩5
さて、△5六飛に▲4八玉と引くと、普通に考えると△5七角,▲4九玉,△5八銀,▲同玉,△7九角成のように攻めるのだが、それでは後手よしとは明確には言えず、難解のようである。そこで天彦は長考して、△5九角,▲4九玉,△5七歩と攻めた。ここで一本▲3三桂と様子を見る手が勝負手だったが、羽生は、単に▲4五飛と取り、以下△5八歩成,▲3九玉と進んだ。

【図9】 投了図 100手目△3六歩まで
持ち駒:△佐藤天彦=銀



持ち駒:▲羽生=角銀桂2歩5
そして後手は当然の△3六歩だが、なんと羽生はここで投了してしまった。というのは、この局面では先手はまだ詰まないが、例えば▲3三桂と打ち、△同金,▲同歩成となって桂馬を渡すと、△4八銀,▲同銀,△同と,▲2八玉,△3八と,▲同玉,△3七歩成,▲同桂,△2七銀,▲同玉,△1五桂,▲3八玉,△5八飛成,▲3九玉,△4八龍のような手順で先手玉は詰んでしまう。ならば、△3六歩に▲同銀と取ると、単に△同飛でもいいし、△4九銀と打っても後手勝ちのようだが、そんなに明快ではなく普通なら投了しないでもう少し指すのではないだろうか。このあたり、羽生はすっかり淡泊になっていると感じる。

結局、▲6五角が敗着で、△2三銀となってからは、難解だが双方が最善を尽くすと羽生に勝ちはないようである。なので、▲6五角の代わりに▲7八金としておけばまだまだこれからの勝負だった。どうも羽生に焦りを感じる。昨日の棋聖戦第一局でも、天敵永瀬六段に、千日手の後、余されるようにして負かされてしまった。

この羽生の不調の原因であるが、今年に入って強行日程でヨーロッパにチェス遠征したり、NHKの人工知能特集でコメンテータとして活躍したこともその一つの原因だろうが、私が最近あれっと思ったのは、羽生が詰みを逃して負けた名人戦第2局の直前に、井山の七冠達成があったことである。それと羽生の不調は関係ないのかなとある知り合いに対してつぶやいたら、いくらなんでも関係ないでしょ、と知り合いはいう。それはそうだろう、囲碁界と将棋界は別に対局はないし、今まで日本で唯一の七冠達成者だった羽生が、井山の登場でそうでなくなったからといって、羽生がショックを受けるわけがない。

なので私は、井山の七冠効果が量子力学的な多冠効果で羽生の方にエンタングルしたのかな、と荒唐無稽この上ないことを考えてしまった。というのは、昨日の本因坊戦で井山は挑戦者の高尾九段に勝ち、これで二勝一敗、多冠効果は窺われないからである。

冗談はさておいて、なんとか羽生が復調してほしいものである。ただ、少し時間はかかりそうである。まさか羽生の復活は、井山が一冠を失ったときではないよね(あ、まだ言っている)。

エデン

user-pic
0

とくに純文学開眼ということはないが、夏目漱石の「三四郎」、「それから」、「門」の三部作を一応、それなりに退屈せずに読むことができたので、安心した。もちろん純文学探訪は始まったばかりだが、気になるジャンルの小説がしばらく手つかずであるのが気になっていた。それはSFである。

じつは今から30年くらい前、SFばかり立て続けに読んでいた時期があった。フレドリック・ブラウン、マイクル・クレイトンや、つとに巷間の評価が高いスタニスワフ・レムなどである。スタニスワフ・レムの三部作といえば、「ソラリスの陽のもとに」、「砂漠の惑星」、「エデン」であるが、「ソラリスの陽のもとに」と「砂漠の惑星」は当時読み、粗筋も多少記憶している。ただ、新訳が出たらしいので、また再読してみたいとおもっている。ただ、とりあえず「エデン」が未読なので読もうと思い、アマゾンで注文した。そして届くと早速読み始めた。

買ったのは、「エデン」小原雅俊訳、ハヤカワ文庫である。じつはスタニスワフ・レムはポーランド人であって、その作品はポーランド語で書かれている。すると、その訳者となると結構希少である。じっさい、訳者の小原雅俊氏は、ワルシャワ大学卒である。

さて、「エデン」は、惑星エデンに、六人の地球人乗組員が宇宙探索船で不時着したことから始まる。六人の地球人乗組員とは、コーディネータ、技師、物理学者、化学者、サイバネティスト、ドクターからなる。彼らは当然個々に名前があるはずなのに、不思議なことに、ストーリーの中で、その名前で呼ばれることはほとんどなく、単にコーディネータ、技師のように呼ばれる。

惑星エデンに宇宙探索船が不時着したのは、ちょっとした軌道計算のミスだったが、それでも大気の摩擦による熱で、乗組員は探索船が燃え尽きるかと不安になった。それでも懸命に減速したが、すごい衝撃で砂地のようなところに探索船が突っ込んで止まった。ぎりぎりで六人の命に別状はなかったが、探索船の制御回路が衝撃で壊れ、飛び立つには多大の修理を要することが明らかであった。しかしともかく、宇宙船に閉じ込められたままでは困るので一旦外に出る必要があるが、宇宙船の出入り口が地中に埋まっているので、出入り口を開けてトンネルを掘る必要があった。

さて数日後、懸命に乗組員が外に出てみると、幸いにも酸素を含む大気で、普通に呼吸も可能である。すると、乗組員の最優先事項は宇宙探索船の修理のはずだが、好奇心には勝てず、数人の乗組員が、徒歩で周囲を探索してみることになった。すると、明らかに文明の標があった。例えば、オートメーションの工場があり、実際に稼働して何かを作り続けているのだが、何を作っているのか不明である。さらに行くと光のカーテンがあったり、植物とも動物とも、あるいはロボットとも識別できないものがあちこちに林立していた。

極限までの違和感を感じながら、乗組員たちは連日探索を続けた。すると、一種グロテスクともいうべき複体生物と出会い、慌てた。これがエデン人なのかと思う間もなく、不安でつい、武器で殺してしまった。

それでも乗組員が探索を続けると、なんと複体生物が多数埋められた墓のような場所があった。それに当惑していると、突然複数のUFOのような乗り物が多数あらわれ、襲撃してきた。熊のような動物をけしかけられたが、武器でなんとか撃退した。

こうしてみると、明らかに乗組員たちは、監視され敵対されているのだが、不思議にエデン人たちの襲撃は致命的レベルではない。それで、一部の乗組員たちは日を改めて乗り物で遠出することにした。遠方に、エデン人たちの街があると期待したのである。

するとたしかにエデン人たちが多数住む街があった。しかし、エデン人たちは歓迎するでも敵対して攻撃してくるでもなく、ひたすらパニックを起こして逃げ惑うだけだった。

ところが、そういうエデン人たちのなかで、言葉は通じないし、テレパシーというわけでもないが、ある乗組員と微妙な信頼関係を築いたエデン人がいた。その乗組員が、そのエデン人を宇宙探索船に連れ帰りたいと申し出たとき、当然かもしれないが他の乗組員が猛反対した。突然、なにかの策略で皆殺しに遭うかもしれないからである。しかし、今に至るまで一度も致命的なレベルを襲撃を受けていなかったことが安心感となったか、結局、エデン人を宇宙探索船に連れ帰った。そして、人工知能も駆使して、次第に互いに情報交換できるようになっていった。すると、驚くようなエデンの歴史が開示されていった。

で、私なりの感想なのであるが、生命が存在する可能性のある惑星と、そこのリンクにある記事に書いたように、私は生命が存在する可能性のある惑星にひとかたならぬ興味をもっているが、それだけでなく、そこを人類が訪れた際のコンタクトはどのようか、違和感はどのようか、鎧袖一触で殲滅されてしまうのだろうか、などいろいろ想像を巡らしたりする。

そういう観点でみたとき、スタニスワフ・レムの「ソラリスの陽のもとに」、「砂漠の惑星」、「エデン」は、地球人と異星人の通約不可能性をある種のリアリティを感じさせるまでに描いた、傑作であると思われる。そして、そこにレムの哲学、世界観、宇宙観がみてとれる。

ただ、こういうシリアスSFは、レムにとってすら荷が重いのか、それともある程度書きつくしてしまったとおもったのか、1959年に「エデン」を書いて以来、未知の生物との出会いをテーマとしたSFは書くことがなかったようである。

そういえば、スタニスワフ・レムをグーグル検索しているときに、松岡正剛の千夜千冊でスタニスワフ・レムの「虚数」国書刊行会の書評をみつけた。これなど、衒学がみずみずしい果汁のようにほとばしっている名作ではないだろうか。是非これも読むべし、と読書ノートにメモした次第である。

ある休日、ちょっと駅に用があったので、ついでに行きつけの古書店に寄って少し本を買ってから駅に向かった。なんの用件だったか忘れたが、駅ビルの中に入っているダイソーで何か買おうと思っていたのかもしれない。

ところが、駅に行ったら急に相模大野まで電車で行きたくなった。定期があるので交通費はかからない。で、相模大野に行くということは私にとって、ほとんど99%の確率でブックファーストに行くことになるのだが、その日はステーション・スクエア(通称、ステスク)からの引力を感じた。

微かな引力なので、振りきってブックファーストに行こうとしたらなんと、離れるほど引力が強くなるという漸近的自由の力で、ステスクに引き戻された。

それで仕方がないので、ステスクのエスカレータを上っていった。私にとって、ステスクに行くということは、くまざわ書店に行く、ということと同値である。なので、紆余曲折を経て、馴染みのある6階へと上がっていった。

くまざわ書店に着くと、しばらく囲碁・将棋の本コーナーで本をみていた。すると、さらに引力を感じた。ははあ、と数学の本のコーナーにいくと、海老原円著「14日間でわかる代数幾何学事始」日本評論社が異彩を放っていたので、この本が、数キロ離れた地から私を呼んでいたことを知った。

じつは私は、「代数幾何学」と名がつく本を少なくとも5冊買って、全く歯が立たないでいる。その歯の立たなさは、圏論のそれとは違って、もう少し実体的な歯の立たなさであるが、それでも歯が立たないことには変わりはない。

それで、この本を読むことが少しでもブレークスルーになれば、と買おうとしたら別の自分が、馬鹿やろう、大学書林の語学四週間シリーズでもあるまいに、代数幾何学が14日間でわかるわけないだろう?という。

もう一人の自分が、まあそうかもしれないが、この本は2300円+税でそんなに高くないので、だめもとで買ってもいいんじゃないとなげやりにいう。

で、つまらない葛藤にうんざりしてきて、いつものことかもしれないが、買えばいいんだろとこの本だけを買って、さっさと電車で帰った。

さて、ちょっとこの本を読んでみると、あらっ、と思ったのは、唐突にまるでおじさんギャグのような短歌がでてくる。正直言って芸術性なんて皆無の短歌なのだが、妙に数学の気持ちがよく表れているような気がして、これはもしかしていい本なのかも、と次の日から通勤電車で本格的に読み始めた。

それで、まだ講義第1日というところまでしか読んでいないのだが、丁寧過ぎるほど初心的な説明で、とはいえ私にはこのレベルでもゆっくり読まないとちゃんと理解できない。要するに、代数幾何学そのものが難解ということである。

で、会社の昼休みに、この本の著者の海老原円さんの名前でグーグル検索していると、なんと小島寛之さんのブログに行き当たった。小島寛之さんというと、経済学者であるが、もともと東大理学部数学科卒で、リーマン予想の研究で有名な黒川信重さんとの共著もあるし、単著で数学の啓蒙書も結構出されている。要するに、ほとんどプロの数学者で、私のような吹けば飛ぶよな市井の数楽者とは格が違う。

なんでも、小島さんは東大数学科では、代数幾何学を専攻したのだという。それでも、代数幾何学を理解したいので、「14日間でわかる代数幾何学事始」を読んだそうで、

海老原円『14日間でわかる代数幾何学事始』日本評論社は、徹頭徹尾、「それはなにをやってるのか」ということを訴え続けるスタイルで書かれている。それはそれはみごとと言っていい。登場する多くの定理に対して、「それはこういう意味を持っている」という「解釈」を補足してくれている。また、それが何処を目指しているのか、という「少し先の風景」を常に与えながら書いてくれるのだ。
と絶賛しているではないか。そして、この本を読み終えたあとは、上野健爾著「代数幾何」岩波書店を読んでいる、という。このブログはかなり前の記事なので、実際はもうとっくに読了されているかもしれない。ともかく私が辿ろうとしてる行程と同じなので、なんか恐縮してしまった。あ、違った、私が次に読む予定なのは、もっと易しい上野健爾著「代数幾何入門」岩波書店の方なのだった。

まあでも、私以外は私じゃなくて、当然に小島寛之さんではないので、そもそも「14日間でわかる代数幾何学事始」さえも読み終えられるという自信はないのであるが、ただ、空元気かもしれないが、妙に元気づけられたような気がしたのだった。

呪い唄

user-pic
0

古書店で、川崎草志「呪い唄」角川文庫を見かけたとき、あまり期待しないでとりあえず買った。それでも、なんとなく、昔馴染んだ横溝正史のようだと感じて、ちょっと中身をみていると、これには前作の「長い腕」という作品があって、それが横溝正史ミステリ賞を受賞した、とあって、ああやっぱりと思ってしまった。逆順買いの悪い癖である。

そして、いつも頭の中の読書の待ち行列が自分でもよく分からないのだが、かなり短い待ち時間で、「呪い唄」を読み始めた。すると、いきなり伊予の早瀬という地方の話から始まった。すなわち、宮大工の喜助は、早瀬の鶴喜神社の改修を行おうと思っていたところ、村の有力者たちは、檜が高く売れるので、切り出して売るという。そんなことをしては鶴喜神社の改修が行えないので反対したら、村八分にされ、稼業の炭売りも買ってもらえず、もともと貧乏だったので、一気に生活が苦しくなった。いよいよ困窮して、喜助は一家の無理心中をはかった。そして、喜助は、末代まで村人を祟ってやると誓った。

そこからなぜか時代は江戸末期に移る。なんと西郷隆盛と勝海舟の江戸城開城の交渉の場面なのだった。

さらにタイムスリップして、現代の愛媛県早瀬町の場面になった。愛媛県というのは、瀬戸内海で私の出身の島からみて海を隔てて四国側なので、私は半分地元のような意識がある。それであれっ、そんな地名が愛媛にあったっけと思ったら、これは、スティーヴン・キングの小説に出てくるメイン州デリーのような仮想都市なのだった。

さて、現代の場面の主役は、早瀬町の出身で、島家の次女、島汐路。実は宮大工の喜助が一家心中を図ったとき、息子の鶴太だけが生き残った。その後、江戸に引き取られ、父の血を引いて近江敬次郎という名前の天才建築家として活躍したが、父の遺志を継いで、自分の家族に仇なした早瀬町の旧家の人達を呪うことを誓った。汐路は、もともとゲーム会社に勤務していたが、辞めて早瀬町に戻ってきて、フリーのデザイナーをしつつ、近江敬次郎の呪いの謎を解こうと調べていた。すると、早瀬町の旧家のから当然のように警戒された。

と思ったら、突然ストーリーは、勝海舟が蘭学を学んでいた頃に遡った。海舟は当時、麟太郎という名前だった。蘭学の辞書を引き写すアルバイトで細々と食いつないでいた。そんなとき江戸で、の師範レベルの武士が次々殺害されるという事件が起きた。麟太郎それを調べようと画策していると、父の勝小吉が麟太郎の家を訪ねてきた。それからふと、麟太郎は娘が歌う不吉なかごめ歌の響きを知る。

ストーリーはさらに、終戦直後の早瀬町に戻り、そこに駐留していた日本軍の話に移った。それからまた現代の早瀬町に戻り、汐路の知り合いを含め、複数の人間が行方不明になるという事件が起き、汐路は心痛した。

こうして、タスクスイッチのように切り替わる時代に目が回って、次第にストーリーが錯綜してきた。

それでも、結構面白く読めたのだが、結局、近江敬次郎の呪いの真の狙いと、起きた事件での犠牲者の関係がいまいち分からないままだった。

ともかく、勝麟太郎と勝小吉のキャラに興味が湧き、勝小吉の「夢酔独言」や、勝海舟の「海舟座談」も読んでみることにした。

このアーカイブについて

このページには、2016年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年5月です。

次のアーカイブは2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。