2016年7月アーカイブ

羽生の復活で述べたように、王位戦第2局の棋譜をたどってみる。本局は木村の先手で、私はまさかまた横歩取りではないよね、と懸念したが、羽生が▲7六歩に△8四歩と応じて、矢倉になった。そういえば最近、一時流行した角換わり腰掛け銀もあまりみない。要するに単なる流行だとしても、なんでだろうとつい考えてしまう。

さて、例によって36手目まで一気に進める。

【図1】 36手目△9二飛まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲木村=歩
△9二飛は、定跡なのだという。以下、▲3五歩,△同歩,▲2六銀,△3六歩,▲3五銀,△3七歩成,▲同角,△3四歩,▲4六銀,△3一玉,▲5五歩,△5三銀と進んだ。この手順中、単に▲3五銀ではなく、いったん▲2四歩,△同歩と突き捨ててから▲3五銀と出る手もある。また、△3七歩成のところでは、△45歩,▲6八角,△5三銀とする手もある。このあたり、手が広くてどれがいいか分からない。

【図2】 49手目▲5八飛まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲木村=歩2
△5三銀に▲5八飛と指したところで封じ手となったが、ここでの後手の手を予測するのは難しくない。羽生の指し手も、予想された△2二玉だった。これに対する▲7四歩に普通に考えるなら△7二飛で、それで特に後手に不満があるわけではないが、羽生はじっと含みをもたせて、△9四歩。これはのちの9三桂跳ねの余地をつくったのかもしれないが、なかなか評判のよい、羽生の好調を示唆する手である。以下、▲5四歩,△同銀,▲5五銀,△4五銀,▲6六銀引,△3六銀と進んだ。

【図3】 59手目▲9一角成まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲木村=香歩2
ここで▲9一角成は強引なようでも当然の手である。以下、△9一同飛,▲5二飛成,△7六歩,▲同銀,△7五歩,▲同銀直,△4七銀成と進んだ。△7五歩に▲同銀直なのか▲同銀右なのかは迷うところである。

【図4】 67手目▲2四歩まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲木村=香歩4
本譜の▲2四歩は一本手筋であるが、素朴に考えるなら、▲9二香と飛車を捕獲する。それで先手が悪いとも思えないのだが、プロ筋ではないのか、検討陣は誰も▲9二香を指摘しない。ともかく▲2四歩以下は△9三桂,▲8二龍,△5一飛,▲5六香,△5五歩,▲同香,△同飛,▲同銀,△7五角,▲6六銀,△4二角,▲5三歩と進んだ。

【図5】 80手目△5八銀まで
持ち駒:△羽生=角香



持ち駒:▲木村=飛歩4
しかし、△5八銀となっては、最早後手がいいのだという。すると、【図4】の▲2四歩があまりよくなかったか。なぜならその瞬間△9三桂の余地を与えたからである。△5八銀以下は、▲2三歩成,△同金,▲5八金,△同成銀,▲5二歩成,△7五香,▲同銀,△5五角,▲6六銀,△8二角,▲4二と,△同金,▲4三歩と進んだが。

【図6】 94手目△4六角まで
持ち駒:△羽生=飛金歩2



持ち駒:▲木村=飛角銀香歩4
△4六角が分かりやすい詰めろで、受けても一手一手である。以下、△4六角,▲5七歩,△5九飛,▲4二歩成,△6九飛成,▲7七玉,△7六歩,▲同玉,△7八龍,▲7七銀引,△6七龍,▲同玉と進み、

【図7】投了図 106手目△5七角成まで
持ち駒:△羽生=金2歩2



持ち駒:▲木村=飛2角金銀香歩4
△5七角成で即詰である。具体的には、例えば、▲7八玉,△6七金,▲8八玉,△7七金,▲同玉,△7六歩,▲同玉,△7五銀,▲7七玉,△6六馬,▲7八玉,△6八金まで。

すると、もしかして【図4】の▲2四歩,△9三桂となっては後手がいいのだろうか。だとすると、その前のじっと△9四歩が好手だったということになる。こんな手が指せるということはどうみても本来の羽生であり、この調子なら簡単には天彦に名人を取られなかったのに、と残念である。ともかく、なにかハプニングさえなければ、羽生が順調に王位を防衛するであろう。

国境事変

user-pic
0

古書店で誉田哲也の「国境事変」中公文庫をみかけたとき、ああ誉田哲也かと多少の食傷感を感じたのは確かだが、「国境事変」というタイトルに惹かれたのも確かである。つい頭の中で、東海林太郎の「国境の町」のメロディーが響いた。

そして、しばらく積読しておいたのだが、なぜか逢坂剛の「百舌シリーズ」を読んだ後、「国境事変」を読む気になった。公安警察が別の切り口でどう扱われているか確認したかったようである。

すると、つい「百舌シリーズ」と比べて、テンポが遅いのが気になった。しかし、テンポが遅いのも当然で、舞台が対馬なのである。そこで、長崎県警からなぜか転任してきた桑島刑事が、あまりにも平和な対馬の日々に倦んで、うんざりしているのだった。

しかし、対馬から韓国までは高速船でたった1時間程度の近距離、まさに国境の島である。なので有事の際の対応のために、対馬には自衛隊が駐屯している。そんな自衛隊の隊長とも懇意の桑島は、部下と見回りしている際に、海岸で不審なものを発見した。そして、どうも韓国人らしい怪しい人物が対馬に密かに上陸しているらしいという情報を掴んだ。

ところが場面は一転して東京の新宿になる。そこでは、在日韓国人の会社の社長が何者かに殺されるという事件があり、警視庁捜査一課の辣腕刑事、東警部が犯人を追った。東警部は、事情聴取の一環として、マル害の弟である、呉英男にも訊問した。ところが呉英男の反応がどうもおかしい。

じつは、東警部はその事情を全く知らないのだが、呉英男は警視庁公安のスパイであって、外事二課の川尻冬悟巡査部長が専ら呉英男にコンタクトし、以前からマル害の会社を監視していた。北朝鮮とのつながりを疑っていたのである。

そんな関係で、東警部の捜査は、警察上層部からの圧力により潰されそうになった。しかし、数年前に公安部との因縁の事件があった東警部はそういう圧力に全く屈することなく捜査を進めていった。

一方、外事二課は、マル害の殺人の背後に、北朝鮮における政権転覆工作が失敗して脱北した北朝鮮の元高官に絡む因縁があることを突き止めた。そして、そこに呉英男もどうやら関与しているらしいと知った。

東警部と川尻巡査部長が独立に事件を追ううちに、普通ではありえない、刑事部と公安の奇妙なコラボが生じた。そうして二人は呉英男を追って対馬に向かった。

さて対馬で何が起きるのか。それはこのストーリーの白眉なので記述を省くが、事件が日本海に面する九州の島でクライマックスを迎えるという意味で、よみがえる百舌との類似も感じた。

まあ作品の客観的な質という意味では、「国境事変」は、「よみがえる百舌」よりも地味かもしれないが、警察組織のセクショナリズムを超えた男の熱い連帯と、ユニークな国際問題を扱っているという点で、「国境事変」も隅におけない作品であると思った次第である。

羽生の復活

user-pic
0

棋聖戦第4局で羽生が永瀬に勝ち、番勝負を五分に戻したとき、将棋の内容もよかったので、これは流石に羽生が復活かと思ったし、そのようにブログにも書いた。

ところが、先週の金曜日の棋王戦トーナメント、対佐々木勇気戦で羽生は負けてしまった。その結果をみて、あれっと思った。なぜなら、以前は羽生は格下の相手には、鉄板のように、ほとんど負けなかった。それが羽生の高い生涯勝率につながっている。

ともかく私は、王位戦の第2局を確認した。すると、矢倉の力戦形だったが、羽生は、ぎりぎりの攻め合いを制して、木村玉を即詰みに討ち取った。この棋譜については、週末にカバーする予定である。

それで私は悟った、羽生が佐々木勇気に負けたのは森内流だったのである。すなわち、決して手抜きするのではないが、相対的に重要度が軽い対局で、比較的勝ちにくい戦型を選んで、相手の強さを確認しつつ、指し方を学ぶ。こじつけのような言い方をすると、まさにOJT、すなわちOn the Jissen Trainingである。

さて、今週の月曜日に、佐藤天彦名人対糸谷八段の、王座戦挑戦者決定戦があった。糸谷八段はもちろん強いが、天彦名人は、名人位を取ってから乗りに乗っているので、流石に天彦に厚いと思った。そして天彦得意の後手番横歩取りで、天彦優勢だと思っていたら、なんと糸谷が怪力で天彦をねじり倒してしまった。糸谷強し。ただ、挑戦者を受ける立場の羽生にとって、天彦よりも糸谷の方がやや与しやすいのではないだろうか。そうでもないか。

一方、囲碁界では、羽生の復活の兆しとは全く独立に、井山七冠が、ストレートで村川八段を下して碁聖位を防衛した。どうもエンタングルド多冠理論も正しくないようである。しかし、そういう井山も流石に常勝ではなく、先日桐山杯で、羽根九段に負けていた。これもある意味森内流なのかもしれないが、本因坊戦などのメジャーな棋戦ではなく桐山杯での負けで済ませてしまうというのが、なんともカラいというかgreedyで、苦笑してしまう。

ともかく、来週の月曜日、羽生が永瀬を下して棋聖を防衛することを期待するものである。

私は折角J-COMのCATVを折角契約しているのに、普段は囲碁・将棋チャンネルしか観ていない。それでふと、いくくらなんでも勿体ないんじゃないと思って、毎月送られててくるジェイコムマガジンというのをみてみてた。すると、私が契約しているスタンダードプランで、以下の音楽チャンネルがあることを今更発見した。

  • 音楽ライブ! スペースシャワーHD
  • MUSIC ON! TV HD
  • MTV HD
  • 歌謡ポップスチャンネル

音楽ライブ! スペースシャワーHDは、基本的にポップスというのだろうか、福山雅治とか、安室奈美恵とか、木村カエラとか、有名どころの歌手が次々に登場して切れ目なく歌う。しかも下に歌詞が出て、カラオケのレパートリーにするための練習にも対応できる。

MUSIC ON! TV HDは、音楽ライブ! スペースシャワーHDと曲の傾向は似ているといえるが、もうちょっと流行ベースというか、若者向けというか、ぱっと見たら西野カナが出ていた。

MTV HDは、外国人アーティストの曲が多い。私はこっちのファンでないので、よく知らないのだが、ファンには結構垂涎なのではないだろうか。

歌謡ポップスチャンネルは、ご当地ソングの記事のソースなのであって、私に一番趣味が近いのだが、ポップスもかかるけど、実はほとんど演歌だったりする。先日は、有線ベスト20というのがあったので、ずっと聞いていたら、なるほどこういう曲が有線で今流れているのかと感心してしまった。また、別のときは、70年代女性アイドルソングベスト100というのもあり、懐かしさに過ぎし青春を振り返った。ここでカラオケで歌うネタを探すとしよう。

ということで、これらを見逃しては宝の持ち腐れになるところだった、とちょっと嘆息した。

しかしよくみると、それだけではない、映画チャンネルとか、ナショナルジオグラフィックとか、アニメとか、数十のチャンネルが目白押しで、このコンテンツ・リッチはなかなかありがたいのだった。とはいえ、そんなにテレビばっかりも観ていられないのだが。

7月26日、仕事から帰ってみると、家内が、相模原で大変な事件があった、という。えっ、大変な事件って、とネットで検索すると、以下のニュースがヒットした。

相模原市緑区の「津久井やまゆり園」で多くの人が刺された事件で、同市消防局は26日、午前8時半現在で19人の死亡を確認したと明らかにした。40~60代の男性9人と10~70代の女性10人。施設で医師が確認したという。

私は会社の昼休み、大抵ウェブをチェックしているので、そんな大事件があったら普通は気づくのであるが、その日に限って、仕事で普段あまり使っていないシステムを使う必要が出てきて、焦って昼休みもずっとそのシステムのマニュアルを読んでいたので、とうとうこの事件に気付かなかった。

他の記事もみると、容疑者の植松聖という男は、大麻の薬物反応があったり、元この施設の職員だったり、ツイッターで怪しい書き込みをしたり、今年2月に衆院議長公邸に殺害予告の手紙を持参したりと、やることがいちいち芝居じみている。

なんか、フランスやドイツのテロとも呼応しているような気がするが、流石にそんなことはないだろう。

私は長年相模原市に住んでいて、今まで身の危険を感じたことはないが、オウム真理教の菊池直子が潜伏していたのは相模原市緑区だし、少し前に母親が殺されて子供が行方不明になった事件もあったし、先日美容師がアパートで亡くなっていたのも相模原市であるから、どうみても人口比に比べて事件が決して少ないとはいえない。

ところで、今まで会社関係の飲み会などで、どこに住んでいますかと聞かれて相模原市ですと答えて、一度たりとも、お世辞にも、ああいいところですね、と言ってもらったことがない。

しかし私は相模原市は意外に気に入っているのであって、それは、ここにもともと、陸軍士官学校があったからである。私は決してミリオタではないが、座間神社にときどき参拝に行くと、戦時中の兵士たち気持ちの残存を感じて、つい身が引き締まるような気がする。

とはいえ、ほとんど歓楽街もない相模原でどうしてこんなに事件が多いのか不思議である。せめて隣近所の人と連絡を取り合って、防犯体制を維持するよりない。

震える牛

user-pic
0

相場英雄は、力量を感じさせる作家であるが、血の轍は、力作であることは認めるものの、ちょっとストーリーの流れの後口がどうだったか。

そこで、より世間の評価が高い、「震える牛」小学館文庫を読むことにした。「震える牛」は、私の予断では、食品偽装ミステリーである、というものであった。そして、食品業界にいかに食品偽装が跋扈しているのか延々と書き連ねる小説なのか、それでストーリーが引っ張れるのかと心配していたら、中野の大衆酒場に強盗が押し入り、レジで現金を強奪するだけでなく、行きがけの駄賃でたまたま居合わせたお客2人が巻き添えになって殺された、という展開から始まった。そしてそれを、警視庁捜査一課の田川警部補と、その後輩の刑事、池本が追う。あ、なんだ、普通の警察小説の展開ではないか、と私は安堵した。これならストーリー展開は自然に回せる。

そして、中野の大衆酒場の事件は最初はいきずりの外国人の犯行ということになっていたのだが、田川と池本が捜査を続けるうちに不自然な点が次第に浮かび上がってきた。殺された二人はほぼ同じ時刻に居酒屋に呼び出されたのだった。しかし、田川と池本は、殺された二人の間の関係は解明できていない。

一方、インターネット・メディア、ビズ・トゥディの記者、鶴田真純は、全国チェーンの大型店舗モール、オックスマートの問題を、独自の私憤とともに追う。すなわち、オックスマートの進出によって地方都市の商店街を枯死させ、テナントから高い家賃を取って支配するという強欲な資本主義の構図である。

そうしているうちに、田川と池本の捜査は、オックスマートのある幹部候補に辿りついた。そして、中野の大衆酒場の事件は決して通り魔ではなく、ある意図をもった殺人事件であるという確信をもった。

捜査のさらなる展開は、中野の大衆酒場の事件の事件で殺された二人と、ミートボックスという食品偽装を得意とする会社との関係に行きついた。他方、鶴田真純は、リストラされた内部告発者の線から、オックスマートとミートボックスの関係を開示し始めた。

ところが、オックスマートも然る者、係累の国会議員を駆使して、警察官僚に圧力をかけてきた。その煽りで、末端の捜査員にすぎない田川と池本は翻弄されるが、それでも鶴田とコンタクトすることにより、互いにミッシング・リングを補完し、オックスマートとミートボックスを容赦なく追い詰める用意が整った。

というストーリーなのだが、純粋の警察小説としてみればそこそこかもしれないが、それよりも、大手スーパーの進出手口や、食品偽装の内実、食肉の処理など、相場英雄の緻密な取材能力が光る社会派小説の佳作であろう。このことは、アマゾンにあった、この小説の最低評価のコメントにみてとれるだろう。すなわち、この小説はミステリーや警察小説としてみたとき一流ではないかもしれないが、それを補って余りある社会派的記述の厚さにおいてどうみても星一つがつくはずのない作品である。それはすなわち、食品業界、流通業界にとって、この本の開示内容が痛撃であったという証拠ということになる。

数学ブーム

user-pic
0

毎日新聞のウェブにユーザ登録していると、毎日のようにニュース記事のリンクのついたメールが飛んでくる。私は大抵適当にそのタイトルを眺めるだけだが、「数学ブーム、なぜ続く 囲碁、将棋に匹敵する知的遊び IT、金融企業に需要」というタイトルをみて、あらっ、と思ってしまった。

その記事の一部を引用してみる。

東京・渋谷に建つビルの一室。夜になると、仕事帰りのビジネスマンらが次々と訪れ、カーテンなどで間仕切りされた個室へと入っていく。講師がホワイトボードに数式を書き込むと、受講者は熱心にメモを取り、質問を浴びせる。この「大人のための数学教室 和(なごみ)」は、1対1の個別指導が特徴だ。料金は1回50分で7000~9500円。学校や予備校などの授業に飽き足らない小・中・高校生も学びに訪れる。

これをみて私は驚く。というのは、趣味で数学を勉強するのに1回50分で7000~9500円というのは高くない?ということである。だって、7000円もあると、古本ベースで、共立出版のデュドネの数学史全三巻がほぼ揃えられる。

しかも、大人だったら、かりに大学で文系だったとしても、高校程度の数学程度なら自習できるはずだし、寧ろそうすべきなのではないだろうか。私にはその程度の自習力があることが、数学を勉強して馴染むことの必要条件のように思えてならない。

それと、

数学に対する熱気の背景には、ビジネスの現場が求めていることもありそうだ。例えば、ビッグデータを活用するため、統計学をマスターしたいなどの需要だ。前出の堀口さんは「パソコンがなぜ動くのか、人工知能とは何か。それらは数学的な背景を知らなければ根本原理を理解できません。高度な科学技術に裏打ちされた『モノ』や『仕組み』の構造について、理解を深めたいビジネスマンが増えているのです」。
という議論もあって、これは、現代の一種のプラトニズムと呼ぶこともできる。数学を、幾何学を学ばざる者は、みたいな議論である。

しかしそれは常に、イソクラテスで述べたような議論に晒され混迷しえる。なので、かりに趣味であれ、真剣に数学を学ぼうとする者はイソクラティズムの挑戦を受ける。私はそれに勝つ自信がなく、いじいじと一人で数学するだけである。

歌謡曲、特に演歌が好きな私は、ご当地ソングと聞くと、おお、と反応する。そして、ご当地ソングといえばなぜか圧倒的に長崎である。ちょっと思いつくまま列挙してみる。

長崎は今日も雨だった、長崎物語、思案橋ブルース、西海ブルース、長崎の女、長崎の夜はむらさき、長崎のお蝶さん、長崎の鐘、あれっ、これで終わりか? 一応自分が歌える曲を挙げてみたが、大して知らないようである。これでは到底、通とはいえない。

長崎に次いでご当地ソングが多いのは大阪であろう。これも自分が歌える範囲で列挙すると、先ずなんといっても宗右衛門町ブルース。そして、大阪ラプソディー、大阪の女、雨の御堂筋、たそがれの御堂筋、大阪で生まれた女、など。ううん、結構長崎に拮抗している。

長崎や大阪に比べると、都市のカラーが脱色されているというか、いろいろな色が混ざり合ってスペクトル的に白色化(whitened)されている東京はそんなにご当地ソングがないかと思ったら、銀座関係で結構ある。例えば、銀座の恋の物語、銀座ブルース、たそがれの銀座などである。他の場所では、コモエスタ赤坂、池袋の夜、などあるが、新宿も、新宿そだち、新宿の女、新宿ブルースなど多少ある。

ところで、代数幾何学事始には、環の局所化という議論が出てくるが、ご当地ソングの局所化という概念もあるよねと思ったのは、ケーブルテレビの歌謡ポップスチャンネルを観ていたときである。

まず、北川かつみの四谷三丁目。YouTubeで聴いてもらうと分かるが、四谷三丁目といいつつ、それはダシに使われているだけで、本当は秋田のご当地ソングなのかもしれない。しかし、四谷三丁目というご当地ソングの局所化は、グロタンディークの代数幾何学におけるスキームの理論にも匹敵する偉業であろう。他にも、前田有紀の西新宿で逢ったひと、というのもある。前田有紀というのはなかなか私好みの美形の歌手なのだが、それにしても、新宿を西新宿と局所化するなんて、ニクイではないか。

こうして演歌の世界に新しい概念が拓かれたのだった。

クランⅢ

user-pic
0

前にも書いたが、クランを新聞広告で一目ぼれして読んで、うん、俺の見立てどおりだい、と安心したのは半年以上前のことである。

なので、その勢いでクランⅡも読んだのだが、ぶっちゃけ、将棋でいえば手過ぎているというか、趣向倒れになっていたことは否めない。しかし、なんか悔しいので、そこのコメントではあえてあまり手厳しく書かなかった。

なぜなら、沢村鐵なら、きっと広げ過ぎた風呂敷を次は収束させてくれるだろうと私は期待した。その証拠に、4月くらいからアマゾンでクランⅢの発売日を確認して、発売を今か今かと期待する日々だった。私は意外に我慢強いし、簡単に見切らないのである。このあたり典型的日本人だろう。なんか日本男児と胸を張ることがなぜかできないのだが。

そして、クランⅢの発売日、会社の昼休みに行きつけの三鷹の啓文堂に行き、即買った。そして少し間をおいて読み始めた。

すると、作者が広げ過ぎた風呂敷を撤収して、ストーリーの流れを持久戦調に変えようとする努力が見てとれた。その流れに沿って、まず、渋谷南署の岩沢が退院した。もともと、岩沢はほとんど怪我はない。強いていうなら、晴山から預かった若手刑事、土沢を殉職させたことの心の傷というか、後悔の念が余りにも大きい。

しかし、晴山はまだ病院に入っている。そんなとき、場を仕切るのは、公安の区界。以前に晴山が区界に会ったとき、あまりにも怪しすぎてまともに相手しなかった。しかし、渋谷駅のテロがあり、これだけ事態が逼迫してしまっては、最早異次元の区界しか、場は仕切れないかもしれない。

さて、一足先に退院した岩沢は、区界の案内で、クランのアジトへと導かれ、そこでは千徳警視監にも出会い、恐縮する。しかし、そこにいたのは千徳警視監だけではなく、FBIの高官、ワイズ。なんでも渋谷テロで環境保護グループに混じっていたテロリストを追って、日本にやってきたのだという。もともと、FBIに留学したことのある上郷の旧知である。

一匹狼の岩沢はしかし、クランへの加入をためらって一旦その場を離れた。そうしているうちに晴山も退院し、クランに復帰した。そして、警視庁内部の敵を討つという目標を改めて掲げた。それを担うのは、フィアンセを不当に殺された綾織。

一方岩沢は、コップキラーで撃たれて入院中の足ヶ瀬巡査を見舞った。ところがなんと足ヶ瀬巡査は「神」を見たのだという。そして、彼を撃ったのは「神」なのだという。

こうしてストーリーは佳境に入ってきたので詳細は省略するが、いよいよクランと「神」の全面対決となった。しかし、警察庁長官の罷免の権限さえもつという謎の権力者である「神」との闘いに勝ち目はあるのか。そこで区界は身を挺して、「神」をdemystifyしようとするが、それによって「神」から放たれる巨大なポテンシャル・エネルギーにクランの面々が耐えられるという保証はない。

ともかくも今回は私は、うまくストーリーに乗れたのであるが、一方で、沢村鐵の想像力の軋みも感じた。すなわち、懸命の努力により、ストーリーのビッグバンは拡大から縮小に転じたようにも見えるのだが、あまりにも遠方に行ってしまったストーリーのフロントエンドが青方偏移する様子はまだ観察されない。ともかく私はクランⅣも読むだろう。こういうとき、毒食らわば皿までという日本語は多分誤用である。

今週のTIME

user-pic
0

私は、決してTIMEの熱心な読者ではないが、今週のTIMEは楽しみだった。なぜなら先週、フランスのニースにおけるテロと、トルコのクーデターという事件があったからである。

ただ、トルコのクーデターは流石に締切の関係でカバーできないかと思ったが、ニースのテロは当然記事になっていると信じて疑わなかった。日本の新聞がカバーしてないディテールが解説されることを期待した。ところがである、今週のTIMEをみても、テロやクーデターの記事は一切なく、間の抜けたような、大統領候補のトランプの記事がメインだったりする。

トランプ候補の記事が間が抜けているのは、本当にマンネリのようなトランプの陳腐な発言が並べられているだけだからである。あと付け加えると、次期大統領はヒラリーで決まっているのであり、要するにトランプは当て馬というか、トリックスターであるに過ぎない。だからああやって過激な発言を繰り返すのである。将棋でいえば、単にこけおどしの勝負手であり、みっともなくて見ていられない。

TIMEに戻って、あくまでも私が確認した範囲なのだが、トルコ空港でのテロも、ダッカのレストランで日本人を含む多くの人がイスラム過激派に殺されたテロも、確かきちんとした記事にされなかった。どうみてもTIMEでカバーするに値する事件だと思うのだが、どうなんだろう。

もっというと、先月米国のフロリダ州で銃乱射事件があり、49人が亡くなった。それに関してTIMEは流石に米国国内の事件なので、ある程度の紙面を使ってカバーしていたが、長年のTIMEの読者である私がおかしいと思ったのは、亡くなった48人の犠牲者(一人だけ写真がなかった)の写真が変に整然と、名前とともに掲載されていたのだが、流血のシーンの写真が一切なく、臨場感も緊張感もまるでない記事だったからである。ちなみに私は残虐シーンは嫌いというか怖いが、そういうのを全く欠く殺人事件の記事は、絵空事感を漂わせる。

そういう疑問をもっていたら、ネットで記事を検索するうちに、フロリダ州の銃乱射事件は実はやらせで、クライシスアクターと言われる人達が出演していたのだという誰かのブログ記事を発見して、いくら私がトンデモが好きでもそれはないのでは、と絶句してしまった。しかし、臨場感も緊張感もまるでないTIMEの記事は、それを完全否定できない雰囲気を感じさせる。

しかも、去年のフランスのテロもクライシスアクターが出演する、やらせだったという記事も発見して、私は何を信じていいのか分からなくなった。

ただ、歴史をみても、別の国に攻め込むきっかけを作るために、自国内でテロを仕掛け、それを別の国から来たテロリストのせいにするというのは常套手段である。9.11もそれに近い雰囲気がある。

そして、TIMEという雑誌は、米国政府ご用達っぽい雰囲気を漂わせていて、だからニューズウィークの方がいいのだという話も誰かに聞いたことがあるのだが、それにしても、外国のメジャーなテロ事件を無視あるいは軽視したような紙面づくりはいかがなものか、とやはり疑問をもってしまう。

ともかく世界は操作可能であり、可能であるところ、操作は猖獗するのだった。

ノスリの巣を読んで、一応、百舌シリーズは読み終えたと思ったのだが、どうしても気になるのが「裏切りの日日」で、これを読まないで今急に肺炎か脳溢血などで急死したら後悔するよね、とまで思ったわけではないが、とりあえず「裏切りの日日」集英社文庫も読むことにした。

そうやって、仕方なく読むかみたいな態度は、本にしてみれば冗談じゃない、お前なんか読んでくれなくても俺は読者に不自由してないんだ、そんないい加減な気持ちで読まないでくれ、というところだろう。

で、読み始めのところはちょっと変な葛藤があったのだが、読み始めたら一気に本の世界に引き込まれた。「裏切りの日日」の主人公は、警視庁公安部特務一課の桂田警部補。そして、その相棒で部下の浅見部長刑事である。

桂田は、仕事の鬼として知られていて、仕事への没入が半端ではない。そのせいで、妻と離婚して、一人暮らししているらしい。

そんな桂田は、なぜか、右翼の大物遠山の身辺警護をし、遠山から少なくない謝礼を受け取っている。なので、桂田は警察官としてはリッチな方で、浅見を銀座のキゃバレーに連れていったりしている。しかしこれはどう見ても監察に値する行為である。

そんなとき、桂田と浅見がある商社のビルを監視にしているとき、役員室に掃除夫のふりをした男が侵入してきた。なんでもビルに爆弾を仕掛けたので神妙にしろと、社長や役員などを人質にとり、身代金を要求した。

ところが結局犯人は身代金を受け取ることなく行方を晦ましてしまった。人質や駆けつけた警官たちが怪訝になっていると、近くのマンションで、右翼の大物遠山が射殺されるという別の事件が起きた。

なんと事件が続くものだと周囲が驚いていたのだが、監察官の津城警視が現われ、事件の背景を解明してみせるのだった。それは桂田の背景にある謎に迫るものであり、よって津城と桂田との間のすさまじいバトルになったが、浅見はどちらにも加勢することができず、ただおろおろするばかりだった。

読み終えて、桂田の乱脈ぶりよりもむしろ、津城の得体のしれない不気味さの方が気になったのは、先に「百舌の叫ぶ夜」や「幻の翼」などで津城の善悪を超えた策略を何度もみたからであろう。

ともかく、ハードボイルド小説でありながら、商社ビルから忽然と犯人が消えたり、同時多発的に右翼の大物が射殺された事件の謎解きもなされるなど、推理小説の要素も十分に盛り込まれており、確かに百舌シリーズの原点といえると感心した次第である。

なお、百舌シリーズの原点というのは単に津城が現われたというだけではなく、桂田のことをもずのように冷酷と表現したり、ビル占拠の犯人が隼と呼ばれたりと、鳥の名前が悪役で引かれていることにも現われているのだった。

たけくらべ

user-pic
0

さいきん、自分の文学的世界を広げようと、泉鏡花の「高野聖」や幸田露伴の「五重塔」などを読んできたのだが、樋口一葉の「たけくらべ」を角川文庫で手にとってみたとき、流石に当惑した。泉鏡花よりも、幸田露伴よりも、文体の文語度が髙いのである。言い換えると江戸時代の文章に接したような気持ちになった。

あらためてその角川文庫を眺めると、「大つごもり」、「たけくらべ」、「にごりえ」、「十三夜」、「わかれ道」、「われから」という作品が収められており、後ろの解説をみると、24歳で結核で早世したがゆえに必然的に多作ではない一葉にとって、これらの作品が一葉の代表作であるといえるそうである。しかも森鴎外、幸田露伴など名だたる作家が、一葉の作品に肯定的評価を与えている。すると次第に、一葉の作品をなんとか読みたいというモチベーションが高まってきた。そこでともかく、一番の代表作とされる「たけくらべ」を読んでみることした。

すると愕然とした。作品の世界に全く入っていけないのである。文体の文語度が気にならないというと嘘になるが、なんかそれ以前の問題というか、感性というか、描かれている世界が、普通の下町であるはずなのに馴染めない。森鴎外のと表面的には似たような時代と土地柄のはずなのにである。ただ幸い、「たけくらべ」は50ページ程度の作品なので、なんとか頑張って最後まで読んだ。

ミステリー小説を一冊読んでからまた「たけくらべ」に戻ってきたのは、最初に「たけくらべ」を読んだ終盤のほうで、樋口一葉の世界に次第に共鳴できている自分を発見したからである。そこで今度は、本当に丁寧になぞるように「たけくらべ」を読んだ。朝の通勤電車の往路という、私のとって最高の環境をその読書に割り当てた。また数学書を読む程度の緻密さを以てした。こうして、めくるめき樋口一葉の世界が目の前にentwickelnしてきたのである。

「たけくらべ」の主人公は、大黒屋の美登利。舞台はいまでいう台東区で、吉原遊郭のそばである。遊郭というといまの人は顔をしかめるだろうが、「たけくらべ」では芸能界のような肯定的な雰囲気で言及されている。時代の流れであろう。

だからといって、美登利が遊郭に勤める遊女、というわけではない。美登利はまだ少女で、紀州から東京に出てきた。顔の造作の個々の細部をみると、とりたてて美人ではないかもしれないが、全体のバランスがよく、華がある。間違いなく男好きのする魅力がある。ちょっとした紀州なまりも寧ろ可愛い。面倒見がよく男勝りの気の強さもあって、近所の子供たちにも人気がある。特に、金貸しの家の正太とも仲良しである。それにしても美登利にしても正太にしても、いまの平成の時代でも全く違和感がない現代的名前である。森鴎外ののヒロインがお玉という、いかにも明治っぽい名前だったのと対照的である。

そんな美登利は育英舎という私学に通い、そこが龍華寺というお寺の息子の信如が同級生だった。美登利は信如のことを密かに憎からず想っていたが、あるとき美登利の目の前で、信如が何かに足を取られて転ぶということがあった。もともと面倒見のよい美登利は、信如を助け起こしたり、泥を払ったりして甲斐甲斐しく面倒をみたが、極度の照れ屋である信如は、わざと素っ気ないふりをして、まともに美登利に相対しない。それで折角面倒をみているのに、と美登利も次第に気を悪くしてきた。

さて、信如の友達で、長吉という男がいた。悪い奴ではないのだが、正太とは仲が悪く、あるお祭りのとき、浮かれ気分に乗じて、正太をやっつけようと信如に持ちかけた。大人しい信如が黙っていると、長吉は黙認の同意が得られたと勝手に決め、正太をやっつけに行ったのだが、たまたま正太が不在だったところ、長吉は美登利と、正太の友達の三五郎の一行に出会った。長吉は正太と仲がよい三五郎をみて敵意を示して殴りかかると、気の強い美登利は止めにかかった。すると美登利まで長吉に暴力を受けた。そして、長吉が、これは信如の指示だと言ったものだから、美登利とその取り巻きにとって、信如は仇敵扱いになってしまつた。ともかく、後で正太は、そのときの不在を謝って、美登利と三五郎その結束を確認した。

一方の信如であるが、その父親はれっきとした和尚であるのに、お金が好きで商売に余念がない。そのことを信如は好ましからず思っているのだが、そういうドライな和尚であるからこそ、さばけた物分りもよいところもあって、そこは信如も助かっている。

そうして、ある大雨の日、信如が用を言いつけられて出かけることになった。そして大黒屋の前を通りがかったとき、信如は美登利のことが気になって緊張した。ところが、風雨で信如が転んで、鼻緒を切ってしまった。はて、誰かかが入口のところが転んでしまったらしい、どうしたのかと美登利が様子を見に行くと、なんと信如だった。そこで美登利は深い葛藤に捉われた。すなわち、今でも信如に対する深い想いはくすぶっているのに、オフィシャルには信如は正太や三五郎の敵であって、あからさまに親切にできない。そこで美登利は迷った挙句、鼻緒を結ぶ布きれを入口に投げ渡して奥に引っ込んでしまった。

するとそこに長吉がとおりがかり、信如に履物を貸して、自分は裸足で歩くという。ともかくそうやって信如と長吉が去ったあと、美登利が置いた鮮やかな色の布きれが、美登利の無念の象徴のように佇んでいた。

そのときから美登利は人が変わったようになった。正太が遊びにいっても相手にしないだけでなく、帰ってくれとまでいう。周囲は美登利は何かの病気ではないか、とまで心配する。ともかく、あんな快活だった美登利は、一人で物思いに耽ることが多くなった。

このこととは関係ないのかもしれないが、信如は、育英舎を辞め、僧侶の学校に移ることになった。そして、町を離れた日、大黒屋の前に水仙のつくり花がそっと置いてあった。

というストーリーで、もちろん拙い私の要約でその微妙なニュアンスが出せるわけもないのだが、樋口一葉という女性が描いた、美登利という女性心理の陰影に私は心打たれたのだった。

ここでふと、唐突に川端康成の伊豆の踊子のストーリーを思い出し、その踊子と美登利を比較し、一葉だったら踊子の心理をどう描いたのかな、とありえない想像をした次第である。

ノスリの巣

user-pic
0

ちょっと間があいたが、百舌シリーズの完結編である「ノスリの巣」集英社文庫を読み始めた。なお、ノスリというのは本当は漢字表記で、狂という字の下に鳥と書くのであるが、環境依存文字であるのでパソコンによっては文字化けするので、あえて仮名表記とした。

ちなみに、ノスリというのは、グーグルで調べてみると、「鳥類タカ目タカ科ノスリ属の1種である。」とあるので、要するに鷹らしい。「カラス大、トビより色が薄く、ずんぐりした感じ。全長:52~57cm 翼開長120~140cm、山地の林で繁殖する。」なのか。ふうん、という感じで、あまり印象的ではない。

しかし、この小説に出てくるノスリはあまり半端ではない。なぜなら、暴力団のアジトを襲って麻薬や銃を奪い、組員を殺害するのであるから。

しかしもっと半端でないのは、警視庁の公安に勤務する女性警官、洲走かりほである。なぜなら警官にはあるまじき絶世の美人であり、その美貌をフルに活用して、エリートのキャリア高官に取り入るだけでなく、手足のように使い回す若手警官もたやすく籠絡する。

すると、要するに男関係が派手なので特に女性警官の反感を買い、タレこみのようなかたちで警察庁の監察官である倉木美希警部の耳にも入った。そこで、倉木は、洲走を呼びつけて訓戒した。ところが洲走も然るもので、平気の平左である。一向に改める様子もない。それはバックに、将来は警察庁長官も狙えるというエリート警察官僚がいるからだった。

そのエリート警察官僚は、その名を朱鷺村(これも鳥の名前だ)というのだが、政府の権力者と昵懇で、暗い野望のため、ありえない企みを進めていた。その意を受けて洲走が、美貌と性的魅力を駆使して使いまわしていたのが、コードネーム、ノスリと言われる男たちで、ノスリは暴力団に睨みを利かせ、ノスリのだんなと呼ばれていた。

そんなノスリのことを調べるように、探偵の大杉は、ある警察官から依頼を受けて動いた。その関係で大杉は、行きがかり上、洲走かりほの後をつけたが、流石に洲走は単なる美人ではない。あっさり大杉の活動を見破り、剰え大杉をも美貌で籠絡しようとした。全く油断も隙もない。

ともかく、美希の監察と、大杉の探偵の目的が一致し、当然のように二人はコラボとなった。しかし、美希と大杉は、まるでチェスの終盤のように駒が足らない。美希の夫か、津城がいればまだ違うのだが、今更ない物ねだりしても仕方ない。ところが、相手方には、洲走かりほというクイーンが手勢を携えてどんと構えている。なので、最初から美希と大杉は多勢に無勢で圧倒的に不利である。例えば、大杉は、ノスリの手配で痛めつけられたりする。

ところが、人生に絶望し、ある意味怖い物がなくなった美希は単身、敵のアジトに乗り込んでいった。そんな美希をサポートするのは勿論大杉であるが、さらに外野で貴重なヘルプを与えているのが、新聞社に勤務する残間である。得意の情報収集能力で、大杉に貴重な情報を提供した。

さて、ここからは、大杉と美希が、寡兵能く洲走かりほの陣営と戦ったという話なのだった。

ともかく最初は地味だったが、最後は盛り上がって、流石百舌シリーズの有終を飾る作品だと思った。おっと、百舌シリーズはまだ終わっていないようである。

芝野虎丸

user-pic
0

囲碁界で、芝野虎丸が16歳にして稀有の大器であることを見抜くのに、なんの慧眼も要らない。なぜなら、日本のプロ棋士の囲碁ランキングで、現時点(2016/7/17)で14位で、依田九段よりも上位だからである。

そして、NHK杯の囲碁トーナメントで、芝野虎丸二段が、趙善津九段と対戦するというので、期待して観戦した。

すると、芝野二段は、外見は線の細い、青白い秀才のようで大丈夫かと思うのだが、そういえば羽生も若いときはそうだった。しかし、解説の王めいわん九段は、碁は線が太いのだという。それはそうだろう、じゃないとあんなに勝てるわけがない。

そして、公平を欠くというわけではないが、王めいわん九段は、芝野二段の才能を最大限に評価するような言い方で、有望な若手が現われたことが嬉しくてたまらないような様子である。

一方、相手の趙善津九段がいい。なにしろ囲碁界屈指の筋がいい棋士である。なので、相手の力を引き出すのにぴったりである。そういえば、NHK杯戦 - 趙善津 vs 井山裕太というブログを書いたのはもう9年以上前のことである。すると、趙善津九段は有望若手の関門のような人らしい。

対局は、芝野二段が序盤から個性みなぎる手を打ち、それに対して趙善津九段は気合いで応じた。結局芝野二段は、終盤冷静に打ち回し、白番で二目半を余した。解説の王めいわん九段は、次も芝野二段がテレビで観れると、心から嬉しそうだった。ちなみに次の芝野二段の相手は、黄翊祖八段。強敵だが、綾だろう。

ともかく、まだ二段だが、芝野虎丸は、井山七冠を追う急先鋒の一人のような気がする。

代数幾何学事始を読み始めて、もう一か月以上経過した。この本は「14日間で分かる」という副題がついているので、スケジュール的には?もうとっくに読み終えていなければならないのだが、なにしろじっくり考えながら読んでいるので遅々として読み進めない。そもそも仕事関係の本を読んだり、いろいろ小説を読んだりして、例によって注意散漫であること甚だしいというのもある。

それでも、なんとか中盤の山場ともいうべきザリスキー位相のところに辿りついたので、この本を読んだ理解に基づき、私なりにザリスキー位相とは何かまとめてみる。

ザリスキーは、代数幾何学の有名な数学者で、ハーバード大学で広中平祐の指導教授だったことでも知られている。C. パリク著、広中平祐監訳、矢野環、正木玲子訳、「数学者ザリスキーの生涯」シュプリンガー・フェアラーク東京、を私はもっていて、三分の一くらい読んだところで止まっている。また読み始めたいと思っている。

さて、位相空間は、開集合族を与えることで定義される。そうやって開集合族が定義されると、開集合の補集合として閉集合も決まる。すると、閉集合族を以て位相空間を定義することもできる。

そこで、kを体として、R = k[X1,X2,...,Xn]とおく。すなわち、Rは、X1,X2,...,Xnを変数とし、k係数の多項式という次第である。

次に、kn = {(a1,a2,...,an)|ai ∈ k, i = 1,2,...,n} をn次元アフィン空間と呼び、Aknとも記す。

そして、Rの部分集合Sに対して、
V(S) = {P ∈ Akn|∀f ∈ S ⇒ f(P) = 0}のとき、V(S)を代数的集合と呼ぶ。要するに、X1,X2,...,Xnを変数とし、k係数の多項式からなる集合Sに対して、そのSに属する多項式fをすべてゼロにするようなn次元アフィン空間の点の集まりがV(S)なのだが、これをみたときの私の感想は、わあっ、V(S)って少なそう、というものである。なぜなら、Sに属する多項式fを連立ですべて0にする点なんてそうそうあるわけがない。そして、Sに属する多項式が増えるほど、V(S)をみたす点は少なくなっていく。なので、S ⊂ Tなら、V(T) ⊂ V(S)がいえる。

孤立した点の集まりである代数的集合を閉集合と定義したとしたら、それは結構自然な定義といえる。そこでもう一歩進めて、代数的集合の集まりを閉集合族としたことによって定義される位相をザリスキー位相と呼ぶ。

これをみたとき私は、いやぁ、めっちゃwell-definedな定義やんけ、流石ザリスキー先生、と訳もわからず感動した。

さて、位相空間の定義に戻って、開集合族が定義された位相空間Xにおいて、Xの任意の点x,yをとって、x ≠ yのとき、xの近傍である開集合Uと、yの近傍である開集合Vをとって、U ∩ V = φとできるとき、Xをハウスドルフ空間と呼ぶ。要するに、Xの任意の要素たちの間で交わろうと思えば交わえるが、互いに離れておける近傍もとれる世界がハウスドルフ空間であり、典型的には普通の距離空間がそうである。

ハウスドルフ空間でない位相空間Xの例として、開集合族を(φ,X)ととった密着位相というのを位相空間論の最初で習うがたしかに、その場合は、どんな点の近傍もXとなるので、嫌でも互いに近傍が交わってしまう。

典型的な密着位相の空間がハウスドルフ空間でないのは分かるが、なんと、ザリスキー位相で定義された位相空間もハウスドルフ空間にならない、というのだからへぇーと思ってしまった。

その証明は一応読んだのだが、私にとって分かったような分からないような曖昧な感じなので、ここには記さない。ただ、ザリスキー位相のイメージというは私にはよく分かるのでその例を以下に書いてみる。

すなわち、三歳から六歳まで結核で入院していたため、故郷の島を離れていた私は、当然に近所の子供たちとも遊ぶことはないので、病院を退院して島に戻り、小学校に入学したとき、私は、孤立する点のような代数的集合で、まさに閉集合であった。そして、私という個人を閉集合として、その補集合として開集合を定義すると、私以外の者たちは、ずっと島に生まれ育ち、プライバシーもないほどに互いに知り尽くしているので、その近傍たる開集合は必ず交わってしまい、よって故郷の島は、ハウスドルフ空間にならない。

言い換えると、私はザリスキー位相のような故郷の島が嫌で、心地よい孤独を与えてくれるハウスドルフ空間の東京に出てきたのだった。

棋聖戦は、ついに羽生のカド番になった。いや、カド番自体羽生は少なくないのだが、ここに至るまでの今期の成績が悪すぎる。ただ、王位戦第1局の負けで、羽生は底を打ったような気がしたのだが、気のせいだろうか。

さて、本局、永瀬が先手なので、恒例により矢倉になったのだが、矢倉といっても広うござんすで、なんと中原が活躍していた頃の旧い戦型になった。そして、旧い戦型、または手将棋=本気、というのが羽生将棋である。ともかく41手まで一気に進める。

【図1】 41手目▲5六歩まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲永瀬=歩
ここに至るまで、矢倉の後手番で△5五歩,▲同歩,△同角するのは渡辺の得意な矢倉5三銀右戦法なのだけれども、二枚銀で中央を厚くするという、もっと昔に流行った、流石に永瀬が研究していないであろう形に羽生は誘導した。▲5六歩以下は、△8五歩,▲7七角,△7三桂,▲3六歩,△1四歩,▲1六歩,△9四歩,▲9六歩,△6五歩,▲5七銀上,△5五歩と進んだ。

【図2】 53手目▲3七桂まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲永瀬=歩
△5五歩で猛然と襲いかかっているようでも、玉形の差で、プロ的には先手もちらしい。でともかく永瀬は、▲3七桂は反撃をみせた。ここから、△3五歩,▲5五歩,△同銀直,▲同銀,△同銀であるが、△3五歩は局面をわざと複雑化する手であって、羽生が復調しつつあることを窺わせる。

【図3】 59手目▲4五桂まで
持ち駒:△羽生=銀歩



持ち駒:▲永瀬=銀歩2
▲4五桂は5三からの反撃をみた手であるが、一旦▲5三歩と垂らす手もあったらしい。ここで後手は普通の手なら△3六歩だが、羽生は△3四銀で、これもなかなか捻りの入った手である。以下、▲4六歩,△4五銀,▲同歩,△6六歩の取り込みに、永瀬は▲6四歩とすごい気合いである。これに対して流石に△6七歩成は無理なので、羽生は一旦△6四同金。以下、▲6六銀,△同銀,▲同金と進んだ。

【図4】 70手目△6五桂打まで
持ち駒:△羽生=銀歩3



持ち駒:▲永瀬=銀3歩2
そして△6五桂打となっては、素人目には羽生が優勢のように見えるのだが、違うだろうか。以下、▲8八角,△8六歩,▲同歩,△8七歩,▲同金,△5七桂成と進んだが、ここではやはり既に後手がいいのだという。ともかく、永瀬は、棋風に忠実に▲4六銀と受け、△6八銀,▲同飛,△同成桂,▲同玉と進んだ。

【図5】 82手目△4八飛まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲永瀬=銀3桂歩4
そして羽生は当然のように△4八飛と打ち、これに対して永瀬の▲5八桂は止むをえない。ところがなんと、△6六角,▲同角と羽生は角を切って。

【図6】 投了図 86手目△6七歩まで
持ち駒:△羽生=金歩



持ち駒:▲永瀬=角銀3歩4
△6七歩で永瀬はどうしようもないので投了した。以下、▲同玉なら、△5六金で、▲同玉なら、△5八飛成,▲5七銀,△5二飛以下、即詰である。なんにしろ後手が少々駒が入れば詰むという形ではないので、どうみても先手に勝ち目はない。

ともかく私は、以下の点で羽生の復活を確認した。

  1. 今では誰も顧みないオールドファッションの矢倉を採用したこと。
  2. 54手目△3五歩のアヤ付け
  3. 60手目△3四銀の捻り
  4. 84手目△6六角でずばりと決めた。

一方、永瀬の敗因は、よく分からない。少なくとも51手目の▲5七銀上までは五分のはずである。ところが59手目の▲4五桂あたりでは既に後手がいいようで、すると、平均値の定理によれば、51手目から59手目までに先手になにか悪い手があったはずなのだが、それがさっぱりわからないのである。

こういう、perfect humanな勝ち方は、今期の名人戦第1局がそうだった。

恐れるな おののくな
吠えろ 声あげろ
その血と魂を今ささげろ
I'm a perfect human

こうして、ハブの叫ぶ夜の到来を感じるのだが。

今更

user-pic
0

ブログのタイトルで、「今更」と書いたのは、もう還暦を過ぎたので、今更無理をせず後はのんびり余生を過ごすという意味とはちょっと違う。

ちょっと違う、と書いたのは、あまり違わないからである。すなわち、無理をしないといえば、無理をしないし、無理をしてみるといえばそうでもある。

だんだん何かいいたいか分からなくなってきたので、いいたいことをズバリと言おう。すなわち、私はできれば生きているうちにフェルマーの定理を理解したいと思ってきたが、そう思う端から、そんな、数論学者だって、その分野の専門の人しか理解できないだろ、ありえんこと考えんといてくれ、と内心嗤ってきた。

で、私が最近思うのは、今更、この歳で、この限られた能力で、フェルマーの定理を理解したいと思ってもいいではないか、俺の勝手だろ、ということである。

もっと言うと、普通に冷静に考えて、自分がフェルマーの定理を理解するなんてまあ無理なんだけど、今の状態から保型型式の理論を勉強するなどして、フェルマーの定理を理解しているといえる状態に1ミリでも近づけばいいではないか、要するに、無限ともいえる遠方にある目標と現在の間を線でつないで、そこをカタツムリのように辿ればいいということである。

「今更」はそれだけではない。例えば、大学教養程度の解析力学でない力学の初歩なら、ある程度理解していると自負している。ところが、実はそうでないのは、本当に力学の本を開いて、ダランベールの原理を説明してみろと言われたら、絶句してしまう。それ以外にも当たり前のようなことで実は全然わかっていないことは山ほどあって、なので、今更は実は今更でないのである。いくらでも今更再考に値する。

それは言い換えると、既習であることに拘らないということである。どんなことでも復習に値する。そして、復習するたびに新しい景色がみえるだろう。

既習であることに拘らないということは、未習であることにも拘らないということである。すなわち、ある未習の事柄を学ぶための前提にいろいろなことがあるなら、一歩一歩前提を学んでいき、その志半ばで斃れるということがあっても、まあ仕方ないと諦める。

そして、会社を辞めて引退しても、今更怖いものはない、と開き直らず、きちんと節度をもって生きる。以前新聞をみていたら、人生相談で、ある年老いた主婦が、夫が病気で入院したら、何を勘違いしたか、病院で夫が看護婦さんに触りまくって顰蹙を買っている。嫌でたまらない、とあった。きっと、人生の晩期なので、欲得を抑える必要がないと恣なのだろうが、歳を取ってこそ、今更、節度を維持すべきである。若いときは多少羽目を外しても大目にみてもらえたりするが、老いて節度を外れて欲望丸出しになると、老醜が際立って、見苦しいことこのうえない。

最後に、上記すべての背後にあるのは今更の知的好奇心である。数学の問題を考えたり、文学書を読んだり、そうやって時間をつぶすすべを知っていると、下郎な欲望に身を委ねる必要がない。恬淡と生きていけるのである。

そして、今更、人生の意味を考えたい。かりに明日死ぬ身であっても、である。

古書店で、小峰元の「アルキメデスは手を汚さない」講談社文庫を見かけたとき、そんなに興味があったわけではないが、これは確かにある時代に話題になった作品であり、一種の記念碑的、あるいは古典的作品として、とりあえず買ってみた。

そして、何気なく解説のあたりからちらっと読んでみると、これは昭和48年8月刊とあるから、私が大学一年のときの作品ということになる。あの頃私は、松本清張の作品のファンだったが、「アルキメデスは手を汚さない」なんて全く意識に上らなかった。私の興味の範囲が狭かったからだろう。

そしてともかく「アルキメデスは手を汚さない」を読み始めると、いきなり、女子高校生の葬式の場面から始まった。うむ、女子高校生の強姦殺人事件なのか、とつい深刻に考えたのは、じっさい私が住んでいる相模原市でもときどきそういう事件があるからである。先日も東林間で、23歳の美容師の女性が住んでいるアパートで亡くなっているのが発見されたばかりである。

ところが、この小説では、女子高校生は殺されたのではなくて、妊娠して中絶手術したところ、子宮外妊娠で手術により亡くなってしまったのだった。

なんであれ、娘が亡くなったのだから、女子高校生の父親は怒り心頭になった。父親は建設業者で、部下には多少手荒なことも厭わない輩もいる。娘を孕ませたのは高校の同級生だと信じて、娘が通っていた高校にねじ込んでいった。

ところが、先生に呼び出されて集まった娘の同級生たちは、信じられないくらいドライというか生意気である。ここに出てくる高校生は、この小説の設定だと、私と同級生くらいなのだが、我々の年代はそんなに生意気だったっけ、いやいつの年代でも高校生は生意気であろう。

ところが、高校生たちは単に生意気なだけではなかった。仲良し四人組がいて、信じられない深い奸計を企んでいたのである。その企みの嚆矢が女子高校生の妊娠だった。ただもちろん、それが死に至るなんて想定外なのであったが。

ところで、高校生たちの学校は、結構自由な校風というか、親に作ってもらってもってきた弁当をセリに出したりする。というのは折角弁当をもってきてもパンを食べたいという者もいるし、逆に親が多忙で、弁当を作ってもらえない者もいる。そうやって弁当を交換すると、仲良し四人組のリーダーが、競り落とした弁当を食べて苦しみだすということがあった。なんでも弁当に毒が入っていたらしい。そもそも、その弁当は、仲良し四人組の別のメンバーのものだった、というのだからいよいよ訳が分からない。

それから、仲良し四人組のリーダーの家で、OLをやっているのリーダーの姉が、妻子がある不倫相手を自宅に連れ込むということがあった。たまたま他の家族が出かけるので、そのスキに自宅で新婚ごっこをするという次第である。

ところが、リーダーも、リーダーの母親も、それぞれにとって姉であり、娘であるのだが、その不倫をとても憂慮しており、なんとか別れさせよう、不倫相手を懲らしめようと意見が一致していた。そして、自宅を留守にするふりをして自宅に潜んでいたリーダーは、不倫相手に暴力を振るったのだが、特に殺意はない。しかし、加減を間違え、不倫男は死んでしまった。そして親子であるリーダーとリーダーの母親は、なんとか事態を収拾しようと躍起になった。

そこでも、仲良し四人組は暗躍して、リーダーが刑事の追求を躱すのを助けた。すなわち刑事たちは、普通の高校生のレベルを超えた仲良し四人組の智謀に甚だ手を焼くのだった。

ところで、「アルキメデスは手を汚さない」の題名の由来は、亡くなった女子高校生が亡くなる直前に、「アルキメデス・・・」とつぶやいたことによる。もっというと、仲良し四人組が文化祭で演じたアルキメデスのユーレカの英語劇を思い出していたのだった。その英語劇も企みの一環だったというのだから、四人組の陰謀はどこまでも深い。

ところがそこは高校生、意外に正義感がつよく純粋なところがあって、そこを刑事たちが追求していく。

読み終えてみて、青春の矛盾がそのまま露呈しているような露悪的なストーリーであまりすっきりしなかったが、類のないミステリーであることは確かだと思った。

また、東野圭吾がこの本を読んで推理作家を志したというのだから、それだけのポテンシャルのある作品なのだろう。たんなる学園ミステリーではないのである。

以前は主としてソフトウェアやアルゴリズムの分野の特許の明細書を書いていて、今はソフトウェアに限らず通信など様々な分野の特許調査を担当しているのだが、以前から特にソフトウェアやアルゴリズムの分野の特許の進歩性って、結構意外だよね、と思ってきた。すなわち、ある新規且つ顕著なアルゴリズムは、産業上の利用性をみたすなら、極めて進歩性が高かったりするのだが、既存のアルゴリズムを既知のプロセスに適用しただけだと急にトーンが下がってしまう。

例えば、典型的なソフトウェア特許の請求項として、以下のような形式を考えてみる。

  • コンピュータにより実施される方法であって、
  • アルゴリズムXを用いて処理されるステップAと、
  • ユーザからの入力を、アルゴリズムXを用いて処理した結果を、前記ステップAの結果に適用して問い合わせることにより結果を得るステップBと、
  • 前記ステップBの結果を表示するステップC、
  • を有する方法。

ここで、アルゴリズムX自体は前世紀に著名なコンピュータ・サイエンティストが考え出したものであって、アルゴリズムXを用いて処理されるステップAというのも、アルゴリズムXが現われるとすぐに、世界中のソフトウェア技術者がさまざまな方法を考え出した。

また、ユーザからの入力を、対称暗号システムなどで暗号化・復号化した結果を、前記ステップAの結果に適用して問い合わせることにより結果を得るというステップも、従来より周知である。

以上に鑑み、どうみても上記の請求項は進歩性なんてないよね、と予断したとしても、あまり不適切とはいえないだろう。練達ではないにしても、少なくとも私はnoviceな特許実務屋ではない。それでも私は慎重なので、一応従来技術をサーチしてみる。まあ強いていうなら、「ユーザからの入力を、アルゴリズムXを用いて処理した結果を、前記ステップAの結果に適用して問い合わせることにより結果を得るステップB」が新規かもしれないが、そんなの探せば山ほど出てくるに決まっている。なにしろ、アルゴリズムXは既知もいいところで、アルゴリズムX自体一種の暗号化なのだから。なので数件出てきたら、それ以上調査しても意味ないのでもう調査は打ち切ろうと思う。

そう思って調査を始めて、数年分みた段階で、次第に怪訝になってくる。なんと、「ユーザからの入力を、アルゴリズムXを用いて処理した結果を、前記ステップAの結果に適用して問い合わせることにより結果を得るステップB」を示唆する従来技術が全く見つからないのである。

こうして当初の予定ではなかった1200件ほどの特許を全部確認してみても、やはり「ユーザからの入力を、アルゴリズムXを用いて処理した結果を、前記ステップAの結果に適用して問い合わせることにより結果を得るステップB」の新規性を切り崩す先行特許はみつからなかった。

こうして、ううん新規なのかと内心でつぶやくのだが、そこで終わるわけにはいかない。進歩性の議論がある。そこで、頭の中で次のような仮想拒絶理由を組み立てる。「先行技術には、ユーザからの入力を、アルゴリズムXを用いて処理した結果を、前記ステップAの結果に適用して問い合わせることにより結果を得ることは開示されていないが、ユーザからの入力を、対称系暗号化アルゴリズムを用いて処理した結果を、前記ステップAの結果に適用して問い合わせることは周知であり、アルゴリズムXもまた、広い意味で暗号化アルゴリズムであってみれば、当業者ならユーザからの入力を、アルゴリズムXを用いて処理した結果を、前記ステップAの結果に適用して問い合わせることにより結果を得ることは、特段の困難なくなしえることであると判断するのが相当である。」

で、マッチポンプではないが、この自問自答に意外に苦しんでいる自分を見出す。そこで1時間くらい考えて、次のようなロジックに想到した。すなわち、「アルゴリズムXは、複数の入力を統合して結果を得ることに適したアルゴリズムであるところ、ユーザからの単一入力に適用するのは効率的でないと、当業者なら思考から排除するであろう。ところが、アルゴリズムXは、単一のユーザからの入力に対して、従来にないセキュリティを高める効果があることに発明者が気づいたのであって、そこに顕著な効果を見出すことができる。また、一実施例レベルであるが、アルゴリズムXを実施するモジュールは、ステップAだけでなく、ステップBにも共用できる、というメリットもある。」

ちょっと牽強付会感はあるが、特許実務を通じて、この程度なら審査官は納得してくれるだろうと判断した。20年前ならともかく、今の時代は審査官は進歩性に比較的鷹揚なのであって、ただ多少苦しくても論理一貫性は担保しなくては、ということなのだった。

例によって新聞の書籍広告をみていたら、中島聡という人の「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」という本の広告が目に付き、気になって仕方なかった。

それでウェブで中島聡さんの経歴を調べたら、マイクロソフトでWindows 95を開発していたとあったので、いよいよ興味をもち、ちょっと天邪鬼の私は、上記の本でなくて、その前作の「エンジニアとしての生き方」インプレス選書をアマゾンで注文し、届くといきなり読み始めた。

するとやはり、マイクロソフトでWindows 95を開発していた頃の話があったので、文責私で簡単にまとめてみる。それは、1994年末の頃である、中島さんはWindows 95のシェル、すなわちデスクトップ、エクスプローラ、スタートメニューなどの開発を担当していた。

そのときの一番の問題は、Windows 3.1のメジャーなアプリで、Windows 95上で動かないものがある、ということである。そして、それを解決しないと顧客はWindows 95に乗り換えてくれない、という意味でそれは喫緊の課題だった。

それに対処するには、Windows 95のカーネルを書き換える必要があるが、下手にカーネルを書き換えると、他のWindows 95の機能と整合性がとれなくなる。それで困り果てて中島さんが互換性のないメジャーなアプリたちを調べていると、そういうアプリたちが特定のパターンを示すことを発見した。そして、カーネルを書き換えるのでなく、アプリがメインメモリにロードされる際にアプリのコードをメインメモリ上で書き換えることにより、なんとか互換性の問題をクリアできることが分った。こうしてWindows 95は市場へとテイクオフすることができたのである。

それにしてもいかにも危なっかしいやり方であり、もしそのようなトリッキーな仕組みで動いていたなら、道理で当時仕事でWindows 95を使っていて、頻繁にOSが死んでしまったはずである。

しかしわがOS/2は、折角Windows 95と違ってプリエンプティブOSだったのに、既存アプリとの互換性を含め、user-friendlinessでWindows 95に勝てず、結局市場から駆逐され、メジャーになることはなかった。弥縫だったWindows 95に代わって登場したWindows NTやWindows 2000がそれをダメ押しした。

戻って、さらにこの本を読み進めていくと、日本の大学や企業で努力するより、米国に行って頑張るべきだ、そのためには英語くらい勉強しなくては、というよくある議論がなされているので、つい苦笑してしまった。確かに、プロ野球選手でも、あるレベル以上の能力をもっている人はFA宣言して大リーグに行く方がチャレンジングだし稼げることは間違いない。しかし、私を含めた多くの人達は、米国での過度に競争的でドライな環境に強いストレスを覚えるはずである。それが証拠に、私が前にいた外資系では、幹部候補の人が家族とともに1年ないし2年米国ですごす制度があるのだが、私が観察していると、日本に戻ってきて、家族または本人が病気になったりして、とくに昇進するわけでもなくあまり幸せになっていない。そういうネガティブ志向だからお前は縁の下の力なしで終わったんだと指摘されても、力が足りませんでした、すいませんと謝るよりない。

とはいえ、私は、中島さんのプログラマのメンタリティには共感を覚えるのであり、例えば、プログラミングの経験もスキルもないのに仕様を作って外注してもろくなコードができるわけがないという件には得たりである。

また、この本で読んだのではなく、中島さんのブログで読んだのだのだが、拙速でプロトタイプを作成し、とりあえず期限に間に合わせることが極めて重要なのだという意見にも深く同意である。これはまさに私がやっていることでもある。じっさい、とりあえずプロトタイプを作成すると、時間があればバージョンアップしていけるし、ともかくも間に合わせることの意義はあまりにも大きい。私の周囲には目先の品質にこだわって、期限ぎりぎりになってもなかなか仕事が進まない御仁がいつもいたりするが、そういう人が私程度の者に仕事に勝つのはなかなか大変なのではないか、と考えたりする。尊大だろうか。

ともかく、そういうことで、「エンジニアとしての生き方」はじつは通勤電車の片道だけでさらっと読んだのだが、短くても充実した時だった。

再会

user-pic
0

もうすっかり気分転換に小説を読むというルーチンが定着しているのだが、最近ではミステリー小説と純文学を混ぜて読むようにしていて、だいたいミステリー小説:純文学 = 3:2というところである。このようにした理由は、読む本のジャンルを拡げた方が飽きにくくて読書の楽しみが広がるという理由による。

別の観点からいうと、私の読書は純粋に読む楽しみと、視野を広げるという少なくとも二つの要素からなっている。なので、ひとくちにミステリー小説というけど、後者の要素に注目すると、今まであまり読んだことがない作家やジャンルの小説を優先するという方針となる。

そういう方針で最近選んだのは、横関大「再会」講談社文庫である。これは、江戸川乱歩賞受賞作なのだが、そのことが直ちに作品の高いレベルとか面白さにつながるとは限らないというのがいままでの経験である。

しかも「再会」は、同級生ものであって、昔の学校仲間がなにかのきっかけに集まるという作品である。そういえばスティーヴン・キングのITもそうだったが、私はなぜか仲の良い同級生という概念があまり好きではない。同窓会だってもう、下手すると40年近く出たことがない。

なので、「再会」は、こういう諸々の理由から、最近密かに気に入っている泉鏡花の小説よりも抵抗を感じる作品だったのだが、ともかく思い切って読み始めた。すると、あらっ、意外に面白いではないか。

この小説の舞台は、神奈川県三ツ葉市。一応神奈川県に住む私は、そんな市なんてないことは知っているので、おそらく呪い唄に出てくる愛媛県早瀬町みたいな感じなのだろう。ちなみに私は、三ツ葉市を、海老名市の近くの綾瀬市のことだと勝手に思って読んだ。

その三ツ葉市の、今は廃校になった小学校の同級生で、清原圭介、岩本万季子、飛奈淳一、佐久間直人という仲良し四人組がいた。

圭介は建築士、万季子は美容室のオーナー、淳一は刑事、直人は地元のスーパーの専務をやっている。圭介と万季子は元夫婦で、正樹という息子がいるのだが、事情があって二人は離婚し、今は万季子が息子を引き取って育てている。

そんな正樹がふと、直人のスーパーで万引きしてしまうという事件があった。それ自体大したことはないのだが、直人の兄の佐久間秀之が店長をしていて、正樹の万引きを見咎めて、万季子を呼びつけた。普通ならちょっと注意して済む話だが、あいにく秀之は札付きのワルで、金銭と万季子との交際を強要してきた。

それで万季子は、元夫の圭介に相談して、二人で秀之のところに交渉に行ってみると、なんと秀之は何者かに殺されていた。その事件には淳一も当然駆り出され、捜査に加わった。

ところで、仲良し四人組には、23年前の秘密があった。すなわち、そのとき三ツ葉市で強盗事件があり、警察官だった圭介の父も捜査に加わった。ところが、犯人を追いつめた圭介の父は、犯人からの銃撃で亡くなってしまった。一方犯人も圭介の父からの銃撃で死んだらしい。

しかし、圭介の父は仲良し四人組から剣道の指導を通じて慕われていたので、その事件のことを封印するため、四人はある物をタイムカプセルに入れて小学校の校庭に埋めた。

それは永久に封印されるべきものだったはずなのだが、佐久間秀之の殺害事件に関係して、タイムカプセルとの関係が浮かび上がり、実際に刑事である淳一も含めた仲良し四人組は、タイムカプセルをなんとか隠蔽しようと躍起になった。

ところが、事件の捜査のため県警捜査一課から派遣された南良という刑事とペアを組まされた淳一は、一見優男の秀才然とした南良に、次第にタイムカプセルの秘密まで暴かれ始めてひどく動揺するのだった。

そこからのストーリーの展開はコアなので記述を省くが、いい意味で期待を超えてとてもハラハラし、また謎解きもよくできていると思った。

なのに、アマゾンでの評価がいまいちなのは、なんなのだろう。まあともかく、私の中では横関大の印象はポジティブである。

王位戦第1局が始まった。羽生の不調は最早明らかで、今更云々しても仕方ないのだが、挑戦者が最近の若手でなく木村であるというのは、羽生にとって既視感があっていいのでは、と勝手に考えた。

さて、戦型は、最近プロではこれしかないというくらい流行している横歩取りになった。例によって35手まで進める。

【図1】 35手目▲2六飛まで
持ち駒:△木村=歩



持ち駒:▲羽生=歩
ここまでよくある展開であるが、木村対豊島では、▲2六飛でなく▲4六飛としたらしい。▲2六飛以下は、△6二金,▲1五歩,△8一飛,▲7五歩,△同歩,▲7四歩,△6五桂,▲3三角成,△同桂と進んだ。△8一飛と引くかたちは知らなかったが、これも類局があるらしい。

【図2】 45手目▲5六角まで
持ち駒:△木村=角歩2



持ち駒:▲羽生=なし
▲5六角は幸便の両取りにみえるが、先手よしということでもないようである。△2五歩に飛車は1六、4六、2八の三か所があったようであるが、羽生は▲4六飛を選んだ。以下、△4五銀,▲同角,△同桂,▲同飛と進んだ。

【図3】 52手目△4四角まで
持ち駒:△木村=角歩



持ち駒:▲羽生=銀桂
△4四角はなかなかの好手にみえるが、激指は、これに対して▲2三歩成,△同金,▲4四飛,△同歩,▲3二角で先手がいいのだという。本当にそうなのかどうかわからないが、△4四角の局面で先手は二枚替えで、歩が7筋と2筋に垂れている。先手が少し良くてもおかしくはない。ともかく、△4四角以下、▲8八銀,△8六歩,▲同歩,△8八角成,▲同金,△8六飛,▲8七歩,△2六飛,▲2七桂,△7六飛,▲7七銀,△同桂成,▲同金と進んだ。

【図4】 66手目△4四銀まで
持ち駒:△木村=角銀歩



持ち駒:▲羽生=角桂
そして△4四銀となってみると、わからないけど最早後手が少し模様がいいように思われる。すると、【図3】の▲8八銀がよくなかったのだろうか。△4四銀以下は、▲4四同飛,△同歩,▲7六金,△8八飛,▲4九玉,△7六歩,▲2一飛,△1二角,▲1一飛成,△6七角成,▲3九玉と進んだが、こうなっては流石に後手よしが明白だろう。△8八飛が痛い。

【図5】 78手目△2二銀まで
持ち駒:△木村=金歩2



持ち駒:▲羽生=角銀桂香
そして△2二銀が木村らしい決め手である。仕方ない▲9一龍に、△4九金でも勝ちなのかもしれないが、△8一歩で盤石である。以下、▲2八玉,△4九金,▲3九銀打,△8九飛成,▲6八香,△4五馬,▲4六香,△3四馬,▲5六桂,△4五歩,▲7三歩成,△同金,▲4五香と羽生がしがみついたが。

【図6】 94手目△4三歩まで
持ち駒:△木村=桂歩



持ち駒:▲羽生=角歩
△4三歩とがっちり受けて揺るがない。▲6四歩とあやをつけるが。

【図7】 96手目△2六桂まで
持ち駒:△木村=歩



持ち駒:▲羽生=角
無視して△2六桂で木村の勝ちは確定である。羽生は▲6三歩成と攻め合いだが。

【図8】 投了図 98手目△4二玉まで
持ち駒:△木村=歩



持ち駒:▲羽生=角歩
▲6三歩成に相手しないで、△4二玉とかわして、木村の一手勝ちは明らかだろう。でもまだ指すよねと思ったら、ここで羽生が投げてしまった。確かに先手が不利だろうが、まだ指すところではと思うのは、激指は投了図で、▲5三と,△同玉,▲7四歩,△3八桂成,▲同玉,△2六歩,▲8六角,△6四歩,▲7三歩成以下、まだ難しいのだという。激指の指摘する手の信頼度は必ずしも高くないが、普通、いくら激指でも、投了図を五分だみたいに指摘することはめったにない。

ということで、羽生は手の善悪以前に、明らかに闘志が減少していると思われる。羽生の特徴は、いい意味での悪粘りで、どうしようもない局面から、羽生マジックで逆転した将棋は数知れない。なので羽生の不調は、精神的な疲れがまだとれていないということなのだろう。よって【図3】の勝負どころでも、いまいち踏込みを欠いたのだと思われる。

羽生がトンネルを抜けるにはもう少し時間がかかりそうである。その間、タイトルがさらに減るかもしれないが、調子が戻れば、また奪回しに行くだろう。ある意味いまの不調を、羽生マシンの長期に亘る機械学習モードの一環と考えてもよい。

五重塔

user-pic
0

古書店で、幸田露伴「五重塔」岩波文庫をみかけたとき、とりあえず買ったが、文学音痴の私は、かなり昔、幸田露伴という大文豪の名前を、文学作品を通じてでなく、一将棋ファンとして知ったのだった。じっさい、幸田露伴には、「将棋雑話」という、かなり本格的な一文がある。

ちらっと「五重塔」を眺めると、まるで江戸時代のような旧い文体で、もしかして泉鏡花の文章よりも読みにくいように感じた。しかし、文学修業と思って、ある意味清水の舞台から飛び降りるつもりで、「五重塔」で読み始めた。すると、確かに文章の旧さは抵抗があるものの、それを上回るストーリーの面白さで、ぐいぐい引き込まれた。

すなわち、「五重塔」は、谷中感応寺の五重塔の建立を、大工が請け負う話である。

もともと谷中感応寺の普請は、源太という大工が担当してきて、今まで十分な実績があった。なので、お布施が潤沢に集まり、今度は五重塔を建てようという計画が興ったとき、当然にその見積もりは、源太に依頼された。

ところが、「のっそり」と仇名される十兵衛という大工がいた。十兵衛は、いい腕をもっているのだが、頑固で融通が利かず、仕事が遅いのであまりいい評判でなく、よってあまり仕事の依頼がこないので、妻と息子を抱えて、いつも貧乏していた。

そんな十兵衛が夜寝ていると、何か悪魔のようなものが出てきて、十兵衛に、谷中感応寺の建立を請け負うように脅すのである。フロイト流にいうなら、十兵衛の深層心理なのかもしれない。

それで十兵衛は、アポなしで谷中感応寺に出向いた。感応寺の最高権力者の朗円上人と直接交渉するためである。しかし、貧乏で汚いなりの十兵衛は、上人にまみえるどころか、追い返されそうになった。そこでたまたま上人が声をかけてくれたので、十兵衛はなんとか上人と話すことができ、五重塔建立の請負の話を持ち出したのだが、上人としてはもう源太に依頼する予定なので、今更と感は否めなかった。しかし、十兵衛が五重塔の五十分の一の模型をみせると、上人の心は動いた。見事な模型だったからである。

そして上人は、源太と十兵衛のコンペということにした。それで納得がいかないのが源太である。ところがそれだけではない、上人は、兄弟が助け合うという法話を例に引き、源太と十兵衛が協力し合ってどうするか決めなさいということにした。

源太はいよいよ憤怒が募ったが、そこは大人のふりをして、十兵衛に、一緒に五重塔を建立しないかと提案した。もともと五重塔のプロジェクトに入り込む余地がなかった十兵衛にとって、これでさえも夢のような提案であるべきところ、十兵衛は自分の単独請負でないなら降りる、どうぞ勝手にやってくれと開き直った。源太は激怒し且つ困り果てた。

結局デッドロックに陥った二人は独立に上人に相談に行ったが、結局源太は耐えがたきを耐えて、十兵衛に全権を委譲した。ところが、そこまで譲歩してあげたのに、源太からのささやかな援助の提案を十兵衛が無下に断ったので、源太は完全にキレて、もう知るか勝手にしろと十兵衛と縁を切った。

こうして十兵衛の監督指示の下、職人たちを使って五重塔の建造が始まった後、何者かが大工道具をもって十兵衛を襲い、怪我をさせた。犯人は周囲の者に取り押さえられた。みてみると犯人は、源太の部下だった。すなわち、あまりに親分が憤って辛そうなので、代わってその怨みを晴らさんとする行動だったが、所詮は狼藉だった。

当初、源太の使嗾かと疑われたが、源太はそんな悪辣な人間ではない。ともかく源太は、十兵衛に対して立場を悪化させたのは確かである。

そうしているうちに、五重塔は無事完成した。そして、五重塔は何十年に一度という超大型の嵐にもびくともせず、十兵衛の腕前の確かさを実証した。

朗円上人は、源太と十兵衛の両雄の栄誉を称え、物語は大団円となった。

と読み終えて、「五重塔」のストーリーの起伏と感情の揺れは見事で、古文調の文体も読み進めるのに全く苦にならなかった。まさに幸田露伴の畢竟の名作である。

左足の不調

user-pic
0

こむら返りの続きだが、湿布を貼ってもなかなかよくならないので、半休をとって自宅の近くの整体院にいってみた。

すると、整体師の人が、左足のふくらはぎを揉んでみて、やはり筋肉が強張っていますね、電気マッサージをしましょう、という。そして、健康診断のとき心電図の検査のため胸につけるような電極をふくらはぎに設置して電気を流しはじめた。すると、ちょっとピリピリするが気持ちがいい。それが終わってマッサージしてもらうと確実に歩行が楽になったような気がした。

実は私の自宅にも足マッサージ器があり、今まで使ったことがなかったが、これも毎日使うようにした。そして土日は散歩するのが習慣だったのだが、とりあえず自粛するようにした。そうすると、四日くらいして、まだ左のふくらはぎに筋肉のコリは多少残っているものの、歩行が以前と同じくらい普通にできるようになった。

ところがそこからが私の悪い癖で、もう足が直ったのだとみなして、会社の6階のオフィスも、エレベータでなく階段を歩いて上るのを復活させた。駅でも決してエスカレータに乗らないようにした。オフィスから歩いて30分の研究所も、往復ともバスでなく歩くようにした。これはすべて普段足を鍛えるためとやっていることである。

しかし、左足のふくらはぎは、そういう普通の努力に対して、着実に疲労を蓄積して筋肉を強張らせていた。そして、会社から駅に帰ってきたとき、普段はそこから自宅まで歩くのだが、夏バテもあるのかもしれないが、どうも歩きたくない気分になりバスに乗ろうとした。ところが、バスが今にも発車しそうだったので、思わず早歩きになった。そのときである、左足のふくらはぎの筋肉がゴキッと痙攣したようになって痛みが走った。そして顔をしかめて立ち止まってしまった。バスは乗り遅れるが仕方ない。

そしてまた、歩行に困難を感じる状態が復活してしまった。元の木阿弥である。で、足マッサージ器を使ったり、湿布を貼ったりして懸命に回復を図っているのだが、困ってしまったのは、これではいつ、普段のトレーニングモードに戻していいか分からないということである。

すなわち、私は足を鍛えることは頭を鍛えるのと同じくらいボケ防止に本質的であるという認識があり、ともかく暇があったら歩くべしと思っているのだが、左足の養生のため歩かないでじっとしていると足が弱ってしまう。しかし、普段のトレーニングモードに戻すと左足に筋肉疲労が蓄積して、なにかの機会に痛みが復活する。まあいかにも老人らしい課題であり、初老の練習問題といったところか。

以前に時間の習俗に書いたように、空間的であるよりもむしろ時間的な私は、時間厳守性を重んじる。その象徴ともいえる嗜好がキッチン・タイマーである。

例えば自宅で疲れてちょっとうたた寝する場合、普通に寝ればいいのに、わざわざキッチン・タイマーで50分とかセットして休む。するとなぜか、キッチン・タイマーが鳴る前に自然に起きてしまう。もしかしてキッチン・タイマーが気になって深く眠れていないのかもしれないが、そういうことを気にしないというか、気にすることを気にしないのがちょっと私が変なところである。

そんな私は、百均に行くとどんなキッチン・タイマーがあるか眺めるのだが、今から10年近く前は、単三電池一本で動く、不恰好なまでに大きい丸い形のキッチン・タイマーがあり、そのだささが私のお気に入りだった。

ところが、コストが合わないのか最近百均においてあるキッチン・タイマーは、薄型で電池も乾電池でなくボタン型電池なのが私は気に入らない。というのは、ボタン型電池は乾電池と違って大きさなどに応じて種類が多く、買うとき慎重に選ばなくてはならないし、もっと問題なのは百均においてあるキッチン・タイマーは、ボタン型電池の収納部分のつくりがちゃちで、何回か電池を交換しているとそこのプラスチックの成型部分が駄目になって使えなくなる。また、液晶表示部分も暗くて、どうも見にくい。

そこで、意を決して(というほどでもないのだが)、百均ではないキッチン・タイマーを買うことにした。minimal requirementは、乾電池駆動である。ウェブでいろいろ調べてみると、タニタのキッチン・タイマーの評判がいいということが分った。我が家の体重計はタニタであり、便利につかえていて印象がいいので、タニタのキッチン・タイマーTD-384を買うことにした。標準価格は831円で、探せばもっと安い価格で買えるのかもしれないが、近くのコジマ電気で、その価格で買うことにした。

すると単四電池一本で一年以上もつし、液晶が大型が文字もクリアで気にいった。私がわざわざハイエンドの?キッチン・タイマーを買ったのは、飲み会に行って帰るときに、寝込んで電車を乗り過ごすのを防ぐためである。すなわち、カバンに入れておいて60分とか時間をセットしておけばいいという次第である。

それを家内に言ったら、そんなことをしたら周囲の人に騒音で迷惑だろうというのだが、突然マナーモードでない携帯が電車内で鳴るということはそんなに珍しくなく、少なくともその程度で周囲が苦情をいうことはないだろうと想定した。

そこである飲み会のときに、キッチン・タイマーを携行し、帰りの新宿駅で電車に乗るときカバンの中のキッチン・タイマーに60分をセットした。そんなに飲み会のお開きが遅くなかったはずなのに、電車の乗り換えを間違えて、終電になってしまったので、きちんと起きることがクリティカルになり、キッチン・タイマーの役割は重い。

ところがやはり私の性格か、キッチン・タイマーをセットすると意識して眠らない。それで無事目的の駅についたのだが、キッチン・タイマーをリセットするのを忘れたので、駅から歩いて帰る途中でキッチン・タイマーが鳴るという間抜けなことになった。そのときカバンの中にあってもキッチン・タイマーの音は耳障りで、電車の中で鳴らなくてよかったと改めて思った次第である。

そういえば、知り合いはキッチン・タイマーなんか使わなくても携帯やスマホのタイマー機能を使えばいいだろうというのだが、どうも私は、ローテクに拘るところがあるのだった。

さいきん流行の人工知能のことばで言うと、どんな分野の本もある程度そうなのかもしれないが、特に文学作品を読むということは、評価または鑑賞のベースとなるモデルを構築するための学習モードと、そうやって一旦構築されたモデルを使ってじっさいに作品を鑑賞する実行モードとがある。

私は、ミステリー小説については、学習モードがある程度終えて一応のモデルが出来上がったのであるが、それでもモデルが固まってしまわないように、学習モードをオープンのまま保っている。なので、なんだこれは?みたいなミステリー小説に出会うことを奇禍じゃなくて、むしろ奇貨としているもりである。

一方、純文学となると、さいきんやっとモデルを構築するための学習モードを始めたばかりであるが、特にその際なるべく、教師なし(unsupervised)学習モードでなく、教師付き(supervised)学習モードを採るようにしている。理由は簡単で、教師なし学習モードだとモデルの構築にやたら時間がかかってしまうからである。そのため、多少のバイアスは覚悟で、世間一般に有名な純文学作品をとりあえず読むようにしている。

なので、古書店などで有名どころの純文学作品に出会うと、読むかどうかわからずとりあえず買っておくようにしているのだが、一つ問題があって、それは古書店には(おそらく新刊本の書店でも)純文学作品はあまり置いていないようである。理由は明らかで、いまどき純文学作品はあまり売れないのである。

それでも純文学について教師付き学習モードを続けようとするなら、アマゾンで注文すればいい。しかし、横着にも私は、そこまではする気がしないで、出会いがしらの読書を続けている。

そんな経緯があって、まだ読んだことがない三島由紀夫の小説を読もうとたまたま買った小説が、「美徳のよろめき」と「青の時代」(ともに新潮文庫)なのだった。いきなり三島を読むというときこんな選び方をしたら、少しでも純文学の趣味のある人から嗤われてしまうかもしれないが、それが教師なし学習モードの酷薄さか。まあ酷薄さは、いいすぎであるが。

それでとりあえず、「美徳のよろめき」から読み始めることにした。するとこれは、もしかして典型的な不倫小説なのだった。

主人公は、節子という女性。もしかしてすごくは美人ではないのかもしれないが、良家に育ち、優雅な雰囲気をまとっている。夫と子供がいて、ある意味ありきたりの、幸せな生活を送っている。

要するに、有閑マダムなのだが、そういう女友達と雑談するうちに、女友達は亭主に隠れてこっそりアバンチュールを愉しんでいることを知った。それで節子がふと思い出したのは、土屋という男性である。結婚前に一度接吻をしただけなのであるが、夫と出かけた舞踏会でたまたま土屋に会い、こっそりデートに誘われたことから状況が動き始めた。

節子は勿体つけた挙句、土屋に会った。もともと節子は、道徳的というか観念的な恋愛をするつもりだった。それはもしかして、木造の家の一部に火をつけても、自然な小火で終わってしまうだろう、のような楽観かもしれない。

なので節子は最初は肉体関係を拒んだ。しかし、最初は小火だった性愛の業火が、節子に反して母屋全体に燃え広がり、節子の方から土屋に逢いたくてたまらなくなった。

そうやって節子と土屋の逢瀬は続くのに、不思議に節子の夫は、何も疑わず、安穏と深夜に帰宅して寝入るだけである。

ところが、特に不妊措置を講じないもので、節子は何度も妊娠し、その都度、土屋にも夫にも無断で堕胎した。それは確実に節子の体を苛み、節子は次第に衰弱していった。

こうしてストーリーはある結末を迎えるのであるが、私にはあるいみ、谷崎潤一郎の痴人の愛よりもありえないストーリーに思えた。すなわち、いつまでたっても夫が不倫を疑わないことと、土屋が恋愛モードでありながら変に冷静で二股をかけている風であること、節子が土屋以外に版図を拡げないことなどである。

それでも、流石に三島の節子に関する心理描写は見事で、節子の葛藤と身勝手さを描き切っている。しかし、ナイーブな読み手である私でさえ、より身勝手なのは土屋の方であることくらいは分かる。それで翻弄され、肉体を犠牲にしながら、純愛の不倫を貫いたのだった。

私は節子に、痴人の愛のナオミのような娼婦性を発揮してほしかった。また、夫や土屋ともっと修羅場を演じてほしかった。それでも、節子は私にとって印象的である。

それにしても、この小説を読んで、自分に、このストーリーと対比すべき恋愛体験があまりに少ないことに苦笑し、あるいは唖然とさえした。痴人の愛では全く感じなかったのに。不思議である。

久々に仕事の昼休み休憩に、近くの古書店に行ってみた。あまり頻繁には行かないのだが、行こうと思えばいつでも行けるのがいい。それで、例によって100円均一コーナーをみていると、乙一「暗いところで待ち合わせ」幻冬舎文庫というのが目についた。

私は少なくともミステリー小説において、知らない作家のものを優先して読むようにしている。まさかミステリー評論家になるつもりはなく、なれるはずもないが、結構広大なミステリー小説の小道を散策したいだけといってもよい。

そういう意味では、乙一というのは当然にペンネームなのだろうが、相当変わっており、どんな人だろうと興味を引くのに十分である。そして、この本を買って自席に戻って、ウェブでアマゾンの評価をみたら、なんと100件以上もコメントがあって高評価である。なので、ミーハーな私は早速その日の帰りの電車でこの本を読み始めた。

すると、最初に、交通事故の後遺症で、視力を失ったミチルという若い女性が一人暮らししているという話から始まった。ううん、暗そうな話だな、とちょっと構えた。

次の場面では、印刷会社で、非社交的で周囲と馴染めず、ひっそりと勤務しているというアキヒロという青年が出てきた。ところが、その印刷会社には意地悪な先輩がいて、何かとアキヒロを虐める。小学校で虐められっ子だった私は共感できるのだが、虐めが度重なると、殺意に近い敵意さえも内心に蓄積してしまう。アキヒロはつい、そんな敵意をある後輩に吐露してしまった。まずい。

そのまずさは現実化してしまった。駅のホームで意地悪な先輩が電車を待っていて、そこに、その駅には停まらない急行が入ってきたとき、先輩は何者かに線路に突き落とされて死んでしまったのである。たまたまそこに居合わせたアキヒロは、当然に真っ先に疑われる立場だと懸念してその場から一目散に立ち去った。そのことで一層、アキヒロは警察から追われる身となった。

アキヒロが逃げ込んだのは、ミチルの家である。少なくともアキヒロは、ミチルが目が見えないと知っていた。そこで、ミチルの家で、物音を立てないように、アキヒロは静かに移動して過ごした。食べ物は、こっそり冷蔵庫から拝借した。

ミチルは若い女性で、アキヒロは青年なので、そんな状況ではアキヒロはついミチルに手荒なことをしたくなるような気がするが、アキヒロはあくまでもステルスとして振る舞った。内向的なアキヒロは本当は心優しい青年なのである。

しかし、目の見えない人は聴覚その他、健常者よりも感覚が鋭い。ミチルは次第にアキヒロの存在に気づくようになった。ミチルも極端に内向的な性格で、そのレゾナンスで、次第にアキヒロが悪い人間でないと感じるようになった。食事まで用意するようになった。その御礼というわけではないかもしれないが、アキヒロは陰に陽に、ミチルをサポートするようになった。

ところが、ミチルの仲良しの女性が、ミチルの家にやってきた。そのことがきっかけとなって、ミステリー的にストーリーは急展開するのだが、ちょっと気分転換のつもりで読んだこの軽そうな小説が意外に切なく、私は久々に電車の中でつい涙した。

実は作者の乙一は、子供の頃肥満児で、仲間たちから馬鹿にされ、鬱屈の日々だった。それでゲームにのめり込み、その後ミステリー小説を読み漁って、ついに自分で小説を書くまでになった。そして才能があったので、ブレークしたという次第である。

経歴として私とかぶる面は多くないが、それでもつい深い共感を私が感じてしまうのは、そのオタク性である。なので、一見どうってことない、しかし注意深く書かれたこの小説が私の五臓六腑に沁み渡る。そういう哀しい感性の人達は世間に少なくないに違いない。それがアマゾンの高評価の理由であろう。

数年前に、アドラー心理学の紹介のような「嫌われる勇気」という本が随分話題になったが、私はなぜか読もうとしなかった。人気を追うのが嫌だったからではない。なぜなら、少なくとも最近の私は、ビブリア古書堂であれ、その他のミステリー本であれ、話題になった本を読むことにあまりためらわない。

で、もしかして私は、大学の教養部時代に心理学の授業を選択して、フロイトやユンクに興味をもち、いくつかの本を読んだりしてきたので、それとは別の学派であるアドラーを無意識のうちに避けたのかもしれないが、実際のところは分からない。ともかく知り合いからの紹介で、重い腰を上げて、ようやく「嫌われる勇気」を読む気になった。

「嫌われる勇気」は、ダイヤモンド社から出版されていて、岸見一郎という人と、古賀史健という人の共著になっている。経歴をみて初めてしったのだが、岸見氏は京大大学院でギリシャ哲学を研究したのだという。おお、田中美知太郎の後輩なのかとちょっと感激した。そんな岸見氏は、なぜかアドラー心理学を勉強するようになった。古賀氏はというと、フリーランスライターで、多くのビジネス書を手掛けているという。すると、岸見氏の学者的な専門知識を一般の人に分かりやすく書き下す役割を担っているのだろう。

そういう経緯もあって、「嫌われる勇気」は、哲学者と青年という取り合わせの対話編として書かれていて、明らかにプラトンの著作を意識していることが分る。確かに対話編だと、馴染みやすいとはいえる。

読み進めていくと、「大切なのは何が与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかである。」という命題が出てきた。これはまあ、納得である。

さらに、アドラーは、性格や気質をライフスタイルと呼び、それは自ら選んだのだという。このあたりから違和感が出てきた。だったら、ユンクのいう、内向的、外向的はどうなのか。私はどうみても内向的であるが、それはかなりの部分、母からの遺伝で、少なくとも私が選んだものではないと思っている。

そして、そういう性格が変わらないのは、自分で「変わらない」という決心をしているからだという。ううん、そうなのかな。私は管理職になったとき、仕方なく外向的なスタイルを無理やり選んだ。すると、もともと外向的な面もあったのか、とても社交的になったが、どこかで無理しているように感じていた。そして、10年くらいたって管理職を降りたとき、心底ほっとした。こういうのも、自分をずっと、内向的がいいんだと仕向けていたのだろうか。

それでも、まあここまではいいとしても、「これまでの人生になにがあったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない」という命題は流石に受け入れられない。なぜなら、人間は誰でも、生まれてから今まで経験したこと、学んだこと、挫折したこと、成功したことを土台にして生きているはずである。例えば、私の吹けば飛ぶよなアマ四段の将棋のスキルも、それなりに努力した過去の成果である。

すると、アドラーは、何か別のことを意図してそう言っているのだろうが、どうしても私にはわからない。そもそも、アドラーは、トラウマさえも自分の思い込みのようにいう。それに納得できる人がどれくらいいるだろうか。

また、アドラーによれば、すべての悩みは対人関係だといったそうだが、それなら、QoLミニマムに書いたようなことはどうなのだろう。ストーカーも確かに人間なのだけれども、少なくともストーカーに付け狙われるというのは、アドラーのいう対人関係の悩みとは別次元だろう。

ここまでは違和感一杯だったのだが、「自立すること、社会と調和して暮らせること」という命題には共感を覚えた。すなわち、私には能力があるという意識と、人々は私の仲間であるという意識は確かに私にもある。

また、「課題の分離」というのもよく考えると納得である。要するに、自分の課題と他人の課題を分離するのである。仲のよい友人がいたとして、友人がある課題に直面して困っていたとしても、私はその課題を自分の課題とし抱えることはできない。私にできることは、可能な範囲で友人に援助を与えることだけである。いや、もしかしてイエス・キリストには他人の課題を自分の課題と引き受ける特殊能力があるのだろうか。

さらにアドラーによれば、共同体感覚として、自己の執着(self interest)を、他者への関心(social interest)に切り替えていくべきなのだという。ここまでくると、心理学というより宗教である。

ということで、アドラーの深い意図を理解するのは時間がかかりそうなので今後の勉強に委ねることにするが、数楽者として私がふと感じたことがある。それは、アドラーの教説は、数学でいう多様体、あるいは線形空間を前提としているということである。

すなわち、多様体であれば、任意の点でユークリッド空間に同型な近傍をとることができる。そして、その近傍では、自立的な個人心理学が成立する。あるいは、シュレーディンガー方程式における摂動法を想定してもよい。アドラーの想定する素直な空間では、摂動法がよい近似を与える。そこでは、くりこみ理論を要するような無限大の発散の危機はない。

逆にいうと、極端に困難な精神状態では、アドラー心理学は逆効果になる惧れがある。すなわち、トラウマと貧困と病気で押しつぶされそうな個人に、それも君自身が選んだことなのだというと、絶望のあまり自殺するよりなくなるかもしれない。

私はやはり何か誤解しているのかもしれない。

棋聖戦第2局で羽生が久々に勝ったときは、やっと長いトンネルを通り過ぎたか、と安堵した。しかし、山陽新幹線がそうであるように、長いトンネルを抜けたと思ったらまた、トンネルがあったりするので油断ならない。果たして、羽生はA級順位戦で深浦に負けてしまったのだった。それで、この棋聖戦第3局は再び、不安な気持ちで観戦することになった。戦型は、棋聖戦第1局の差し直し前の将棋と同様に、永瀬の横歩取りとなった。例によって38手まで一気に進める。

【図1】 38手目△3六歩まで
持ち駒:△永瀬=角歩



持ち駒:▲羽生=角歩2
この△3六歩はプロなら第一勘の手で、取ると1筋を突き捨てて△5四角がある。なので、以下、▲9六歩,△8六歩,▲同歩,△同飛,▲8七歩,△7六飛と進んだ。
なお、▲8七歩のところで、青嶋五段の指摘によれば、▲3四歩,△8九飛成,▲7九金,△9九竜,▲3三歩成,△7八香,▲8八角,△9八竜,▲3二と激しく行く順もあったが、羽生は大事をとった。

【図2】 45手目▲5六角まで
持ち駒:△永瀬=角歩2



持ち駒:▲羽生=歩2
▲5六角以下は、△2五歩,▲3六飛,△5四角,▲4六飛,△7五飛,▲9五歩と進んだ。なんとか9筋にアヤをつけるという趣旨である。
なお、▲5六角に△4五角だと、▲3四歩があると中尾五段が指摘したという。

【図3】 52手目△2四銀まで
持ち駒:△永瀬=歩



持ち駒:▲羽生=歩3
しかし、△2四銀が飛車いじめをみた好手だった。以下、▲3四歩,△4五桂,▲7六歩,△5五飛,▲3三歩成,△同金と進んだ。

【図4】 59手目▲3六歩まで
持ち駒:△永瀬=歩2



持ち駒:▲羽生=歩
そしてともかく羽生は▲3六歩と受けた。しかし、永瀬は△2六歩と突出し、以下、▲9四歩,△3七歩,▲同桂,△同桂成,▲同金,△2五飛,▲2八歩,△4四歩,▲6六桂,△4三角,▲9三歩成,△同香,▲同香成,△同桂,▲9四歩,△9五飛,▲9三歩成,△同飛,▲3五桂,△同銀,▲同歩,△9九飛成と進んだ。
ここでは飛車が成っているので後手がいいと思ったら、激指10は、がっちり▲7九香と受けておいて、▲3四銀を狙って先手が少しいいのだという。まあたしかに、それも一理あると思う。どうせいつか△7六角と出てくるのだから、6七には二枚利かせておきたいからである。

【図5】 83手目▲3四香まで
持ち駒:△永瀬=桂2香歩3



持ち駒:▲羽生=銀歩
これに対して羽生は一本▲3四香を決め、以下、△2三金,▲4四飛,△5二金,▲7九金と進んだ。▲7九金は仕方ないところであろう。

【図6】 88手目△4二歩まで
持ち駒:△永瀬=桂2香歩2



持ち駒:▲羽生=銀歩2
しかし、永瀬の△4二歩がしぶとい。以下、▲4一銀,△3三歩,▲6五角,△5一桂,▲9三歩,△6四香,▲9二角成と進んだ。途中の△3三歩も永瀬流のしぶとい手である。

【図7】 96手目△7六角まで
持ち駒:△永瀬=桂歩2



持ち駒:▲羽生=歩
すると永瀬は当然△7六角と出てきて、問題はここである。検討陣は▲4六飛を予想し、このあと激指10は△7五桂を予想する。ともかく▲4六飛で形勢は難解と思われるのだが、羽生は▲7四歩。おそらくこれが敗着だろう。なぜなら、以下一本道で、どうも一手足らないからである。すなわち、▲7四歩以下、△6六香,▲6五桂,△4三桂,▲7三歩成,△5一玉,▲5二銀成,△同玉,▲6二と,△4一玉と進んだが、途中△4三桂が玉を広くする好手である。これでどうしても永瀬玉が捕まらない。
ところで私の記憶によれば、羽生が▲7四歩と指したところで、残り時間は羽生の方が長かった。ここでじっくり腰を落として考えたら、羽生なら、▲7四歩がうまくいかないことは直ぐに分かったはずである。このあたりに羽生の不調が窺える。

【図8】 107手目▲8九金打まで
持ち駒:△永瀬=銀桂2歩2



持ち駒:▲羽生=歩
そこで仕方なく羽生は、▲8九金打と受けに回るが、△6七香成,▲同銀,△6六桂,▲6八玉,△9六龍と普通に迫って、永瀬がはっきり一手勝ちになったと思われる。以下、▲5三桂不成,△3一玉と羽生が馬の引き場所を作ったのだが、▲5三桂不成が永瀬の玉を安全な方に逃がしてしまう手で辛い。

【図9】 115手目▲5六馬まで
持ち駒:△永瀬=銀桂歩3



持ち駒:▲羽生=香歩2
▲5六馬としても受けになっていない。なぜなら△7五桂という好手があったからである。これに▲6六銀は、△6七銀と打ち込んでばらして、先手玉は詰む。それで仕方なく▲7六銀だが。

【図10】 投了図 118手目△7六同龍まで
持ち駒:△永瀬=銀2歩3



持ち駒:▲羽生=角香歩2
単に△7六同龍で先手玉は受けなしで、後手玉は全く詰まないので投了も仕方ない。

こうして羽生はまたも終盤ぽっきり折れてしまった。依然として不調が続いているとしか思えない。果たして棋聖は防衛できるのだろうか。

歌行燈

user-pic
0

私は、泉鏡花の小説の幻想的なところが気に入ったようで、「歌行燈・高野聖」と題す新潮文庫を、「高野聖」の後も、「女客」、「国貞えがく」、「売色鴨南蛮」と、他の本との間を行き来しながら読み進めた。そして、最後の「歌行燈」を読み始めたのだが、どうも頭に靄がかかったようになって、ストーリーが頭に入ってこない。それでともかく最後まで読んだのだが、「歌行燈」のストーリーがさっぱり分からないままだった。

それで、私にはかなり異例のことなのだが、「歌行燈」をとりあえず読み終えてから数日して、「歌行燈」をじっくりと読み直し始めた。すると、最初に読んだのが無駄でなかったか、二度目に読むと「歌行燈」のストーリーが心に響いてきた。

「歌行燈」の舞台は、三重県桑名市。そこに、老人と若い男の二人連れがやってきて、桑名の一流旅館である湊屋に泊まった。

一方、そのとき湊屋のそばのうどん屋に、別の男が来ていた。通りにはなぜか按摩が何人も歩いていて、按摩はいかがですか、と入ってきたりする。そのうどん屋で、その男が話すには、以前桑名に、宗山と名乗る、能楽の家元のような芸をする按摩がいた。じつはその男は、きちんと家元の下で修行した能楽師で、宗山と名乗る男のことを聞くと是非とも会ってみたくなった。要するに若気の至りで、新進気鋭の若手プロが、アマ高段者の天狗の鼻を折ってやれ、と思ったのだろう。

無理やり宗山を訪ねたその男は、芸比べして、宗山をやり込めてしまった。ところがプライドの高い宗山は、やり込められたことに大層落胆して、憤死してしまった。

その噂はたちまち都にも広まり、これを聞いて激怒した男の師匠は、男を破門するとともに、二度と能楽を唄うでないと厳命した。それで男は所在なげに全国を彷徨っている次第なのだった。

舞台は湊屋に戻る。宿泊した二人が、宿に芸者を所望すると、芸者が払底していたのか、何も芸ができない女が仕方なく遣られてきた。その女が三味線も踊りもできないというのを聞いて二人が落胆していると、女は、実は能楽のさわりだけできるという。えっ能かと場違いな芸に困惑したが、二人のうちの年長の男が、是非とも能を舞ってほしいと所望する。それでおそるおそる舞い始めると、年長の男は目を瞠った。なぜならそれは以前に破門した弟子の芸だったのである。すなわち、年長の男は、うどん屋で酒を飲んでいる男の元師匠で、踊りに合わせて声を出していると、そっとうどん屋からも男が出てきて、様子を伺っていた、という次第なのだった。なんという運命の出会い、というわけである。

こうやって私の拙い文章でまとめてしまっては芸も味噌もないが、泉鏡花の華麗なる修辞は私には再現すべくもないのだから仕方がない。いや、修辞というよりも、「歌行燈」全体が長い詩のようであり、また能楽でもあるような気がする。

そういえば私は、随分前に古書店で買った、日本文学全集の泉鏡花集をもっている。これは今まで一切読んでいなかったが、ここで改めて手にとってみると、幸い、そこに収録されているもののうち、「高野聖」と「歌行燈」だけが私が読んだ新潮文庫とダブっている。それ幸いと、この泉鏡花集もそのうち読むとしよう。

あと、その泉鏡花集には伊藤整の解説があり、それによると、明治以来の作家で、天才と呼ぶのが最もふさわしいのが泉鏡花であり、しかし、泉鏡花は多くの読者に晦渋であると言ってくれているので、ほっとした。私のように古い文体を苦手とする者が最初「歌行燈」を読んだとき、雲を掴むようだったとしても蓋し当然なのであった。

そういえば、本因坊戦の第5局だったよね、と調べたら、以下のとおりあっさり井山が防衛していた。毎日新聞のホームページから引用する。

福島市の「吉川屋」で29日から打たれた第71期本因坊決定戦七番勝負の第5局(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛、福島民報協力)は30日午後7時26分、井山裕太本因坊(27)が挑戦者の高尾紳路九段(39)に177手で黒番中押し勝ちし、4勝1敗でタイトルを防衛した。井山は5連覇の達成で永世本因坊の資格を獲得し、7冠(本因坊、棋聖、名人、王座、天元、碁聖、十段)の独占も堅持した。残り時間は井山3分、高尾4分。

井山は碁聖戦の第1局でも、村川八段に勝っており、七冠がいつ終焉するのか先がみえない。いよいよ多冠理論なんてどこ吹く風である。

一方の羽生であるが、折角棋聖戦第2局で永瀬に勝ち、連敗を6で止めたと思ったら、6月29日のA級順位戦の緒戦で、深浦九段に負けてしまった。棋譜中継でみていたのだが、もっと難解に指す手があったはずなのに力尽きた感があった。やはりまだ本調子でないようである。この分だと、7月2日の棋聖戦第3局も、どうなるか分からない。困ったものである。私はやはり、破れかぶれで、井山の負け目が羽生に流れ込んでいないかという量子論的エンタングルド多冠理論を唱えたいところである。

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。