芝野虎丸

user-pic
0

囲碁界で、芝野虎丸が16歳にして稀有の大器であることを見抜くのに、なんの慧眼も要らない。なぜなら、日本のプロ棋士の囲碁ランキングで、現時点(2016/7/17)で14位で、依田九段よりも上位だからである。

そして、NHK杯の囲碁トーナメントで、芝野虎丸二段が、趙善津九段と対戦するというので、期待して観戦した。

すると、芝野二段は、外見は線の細い、青白い秀才のようで大丈夫かと思うのだが、そういえば羽生も若いときはそうだった。しかし、解説の王めいわん九段は、碁は線が太いのだという。それはそうだろう、じゃないとあんなに勝てるわけがない。

そして、公平を欠くというわけではないが、王めいわん九段は、芝野二段の才能を最大限に評価するような言い方で、有望な若手が現われたことが嬉しくてたまらないような様子である。

一方、相手の趙善津九段がいい。なにしろ囲碁界屈指の筋がいい棋士である。なので、相手の力を引き出すのにぴったりである。そういえば、NHK杯戦 - 趙善津 vs 井山裕太というブログを書いたのはもう9年以上前のことである。すると、趙善津九段は有望若手の関門のような人らしい。

対局は、芝野二段が序盤から個性みなぎる手を打ち、それに対して趙善津九段は気合いで応じた。結局芝野二段は、終盤冷静に打ち回し、白番で二目半を余した。解説の王めいわん九段は、次も芝野二段がテレビで観れると、心から嬉しそうだった。ちなみに次の芝野二段の相手は、黄翊祖八段。強敵だが、綾だろう。

ともかく、まだ二段だが、芝野虎丸は、井山七冠を追う急先鋒の一人のような気がする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4234

コメント(6)

| コメントする
user-pic

芝野虎丸さん,本当に楽しみです.とにかく打つ碁が独特で面白い.ああいう棋風であれだけ勝てるのが信じられません.シャイな感じの人柄もいいですね.
同学年に大西竜平という,こちらはイケメン系で名前も人柄も対照的な感じの有望株のライバルがいるのは,まるで漫画の設定のようです(個人的には芝野さんに親近感を覚えますが笑).
この世代が,将棋の羽生・森内たちのように切磋琢磨して,井山時代をすぐに終わらせるくらいの勢いで成長して欲しいものです.

ところで,解説の方は,日本の碁界では,ふつうは王メイエンさんと呼ばれています.本来は中国語読みするべきでしょうから,「正しい」読み方とは言えないのでしょうが,慣用的にはメイエンさんと言う呼び名で親しまれています.ご承知のうえで「めいわん」と書かれていたら申し訳ないですが,気になったので,一応指摘させていただきます.

user-pic

以前通りすがった碁打ちさん

コメント戴き、ありがとうございます。

> ご承知のうえで「めいわん」と書かれていたら申し訳ないですが,

あ、そうでしたね。王メイエンと呼ばれているのは知っているはずなのに、つい杜撰になってしまいました。今後気を付けます。

> 芝野虎丸さん,本当に楽しみです.

それにしても、逆偏見かもしれませんが、囲碁界は将棋界よりも陸続と有望な若手が輩出するようで羨ましいです。このあたり別途また論じてみたいです。

user-pic

芝野虎丸二段,この前のNHK杯戦の対局を拝見して本当にびっくりしました。あの若さで,あの布石とは!
今日,9月18日の黄翊祖八段との対局も楽しみです。

user-pic

ぼこさん

そうなんですよ、私は若くて才能がある人が好きで、その中でも芝野虎丸二段はイチオシです。正直いって相手が黄翊祖八段だとかなり厳しいと思いますが、なんとか個性を発揮してほしいと思っています。

user-pic

芝野虎丸三段,今日 NHK 杯に登場ですね!

user-pic

ぼこさん

> 芝野虎丸三段,今日 NHK 杯に登場ですね!

あ、そうですね。今日の相手は芝野虎丸三段が実力を発揮すれば普通に勝てると思います。それにしても、藤沢三段が早めに敗退したのは残念。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年7月18日 05:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ザリスキー位相」です。

次のブログ記事は「ノスリの巣」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。