2016年8月アーカイブ

地獄変

user-pic
0

芥川龍之介は、「偸盗」に続いて、「地獄変」を読んでみた。芥川の作品はどれも珠玉で愚作がないと言われているが、そのなかでも「地獄変」は代表作の一つであるといわれている。

「地獄変」ではまず、堀川の大殿様が登場して、地獄変の屏風を宝物のように大事にしているという。

地獄変の屏風の作者は、良秀という高名な絵師である。大変に優れた技能の持ち主なのだが、容貌は不気味で人格はとても立派とはいえず、描く絵も邪気に満ちいて、人々からは嫌われていた。

そんな良秀には一人娘がいて、親に似ず大変器量がよかった。狷介な性格な良秀も、この娘だけは大事にしていた。

その娘は、堀川の大殿様のところに小女房として上がり、その器量から大殿様に目を懸けられたが、父親思いで、なかなか靡こうとしなかった。

堀川の大殿様のところでは猿を飼うことになったが、人々は面白がって猿に良秀と名前をつけたが、猿のこととて不始末があり、手討ちにされようした。そこに良秀の娘が通りがかり、この猿は父と同じ名前ゆえ、自分にも縁があるとおもえてならない。是非とも助けてやって下されと助命を乞うた。それがあったせいか猿は娘にいたく懐いたのだが、いよいよ堀川の大殿様がおもしろくない。

それで大殿様は、良秀に、地獄変の絵を描くように指示した。すると、狷介とはいえ職人肌の良秀、より真に迫った絵を描くため、死体を見に行って微に入り細に入り観察して描いたり、弟子を裸にして縛ったり、蛇や梟など妙な動物を飼ったりさえした。

しかし良秀はどうしても描きたくて描けないものが一つあった。それは、燃える船で女が断末魔にあえぐシーンである。それを描くためにその現物を用意してほしいと良秀から依頼された大殿様は、劇画風にいうなら、目が妖しく光ったかもしれない。あるたくらみをおもついた。そして、良秀に依頼された物を用意した。

良秀が現場に行ってみると、確かに船が用意されて、中に女が閉じ込めている。そしていよいよ船に火がかけられたが、なんと閉じ込められた女は良秀の娘だった。そこに遠方から走って飛び込んできたものがある。娘が可愛がっていた猿である。猿も娘と運命をともにしたのである。

娘が火あぶりになっているのをみて良秀は大変ショックを受けたが、プロの絵師としての矜持を取り戻し、冷徹に燃える船、断末魔にあえぎ崩れ落ちる女を観察し、その印象をもって、地獄変の絵を完成させた。

ともかくその絵を大殿様に納めると、良秀は大殿様からお褒めの言葉を賜ったが、娘を亡くして無常の感極まり、自ら縊死してしまった。

と、この小説を読み終えて、これを何かの雑誌で読んだことがあるのを思い出した。そこに芥川の作と明示されていたかどうか記憶にないのだが、ともかくもこれがとても有名なストーリーであるということが改めて分かった。

それにしても、良秀が、その娘が、堀川の家にその後祟ったという後日談はないのだろうか。日本霊異記ではないが、そういう流れが、その時代なら普通に思えるのだが。少なくとも私なら、祟れるものならそうしただろう。

ところで、「地獄変」は、宇治拾遺物語の「絵仏師良秀ノ家ノ焼ヲ見テ悦プ事」に基づく。それによると、絵仏師良秀は、自分の家が火事になったのに、それをじっと見ているだけある。それで人々が、なんとも呆れていると、これで火焔の図の描き方が分かったといって感心している。剰え、良秀は、君達はなんの取り柄もないので、私のやっていることの意味は分かるまい、といい放ってますます呆れられている。偏屈の良秀は、芥川の「地獄変」によく受け継がれている。

脳男

user-pic
0

久々にブックオフを覘いたら、200円コーナーに、首藤瓜於、「脳男」講談社文庫が目に付いた。なんか気味が悪そうな装丁だったが、裏表紙をみると、江戸川乱歩賞とあったので、とりあえず買った。そして、ほとんど間を置かずいきなり読み始めた。

すると、ストーリーは爆弾事件で始まった。舞台は愛宕市とあって、東京なのかと思ったら、名古屋のそばにある都市なのだという。そもそも、この小説は愛宕を、あたご、ではなく、おたぎ、と読ませる。

最初の爆弾事件は、愛宕市にある大手建設会社の新築ビルの屋上で起きた。そのビルの落成記念パーティの際、屋上に設置された初代社長の大理石像のそばで爆弾が爆発したのである。死傷者は出なかったが、パーティーは大混乱に陥った。

しかし、爆弾事件はこれには留まらなかった。第二の事件では芸能人の自宅でのパーティの席で爆発が起き、第三の事件では、救急車に爆弾が仕掛けられていて、ついに死者が出た。第四の事件では、裁判所の合同庁舎内で爆発が起き、四人が死亡して八人が心身に重大な後遺症を負った。

もちろん警察は手を拱いていなかった。巨漢の名物刑事茶屋警部と、その部下たちは懸命に捜査し、証拠物件を集めた。それを精密に調べた、カリスマ鑑識官の黒田は、爆弾の部品をつなくワイヤを切断する工具が極めて特殊なものであることを突き止め、ついに犯人を割り出した。そして、そのアジトに茶屋たちが乗り込んでいった。

するとなんと、二人の男が取っ組み合いの喧嘩をしていた。一体犯人たちの仲間割れかと思っていたら、一人の男が茶屋たちに、ここは危ないから退避しろと指示する。実際、その直後爆発が起き、踏み込んでいたら茶屋たちは爆死するところだった。こうして、一人の男はもしかして犯人ではないのか、と思えてきた。そうしているうちに、もう一人の男、すなわち爆弾犯人は逃亡してしまい、ともかく残った一人の男は警察に確保された。

そして、様々な経緯を経て、残った一人の男、鈴木一郎、は、市内随一の医療施設、愛宕医療センターで綿密な精神鑑定を受けることになった。

その精神鑑定を担当するのは、米国ハーバード大留学で研鑚した鷲尾真梨子。もともとは脳神経科医であるが、次第に自閉症などの精神医学に傾倒し、カウンセラーの資格ももつ。

その真梨子が調べれば調べるほど、わけがわからなくなっていった。なにしろ、鈴木一郎には感情が窺われないのである。そんな例は、真梨子のカウンセリング経験にもない。それでいて、異様に記憶力と、学習能力が高い。真梨子はサバン症かとも思ったが、それとも違うようである。それで真梨子は、まるで刑事のように、鈴木一郎の背景を知りたくて、関係者を当たった。そして次第に驚くべき過去が明らかになってきた。

一方、茶屋は茶屋で鈴木一郎のことが知りたくて、真梨子にコンタクトしてきた。真梨子は真梨子で、茶屋のもつ捜査情報が知りたくて、かくて、相補的に利害が一致し、ここに美女と野獣コンビが成立した。

しかし、美女と野獣コンビは忽ち、安閑としていられなくなった。真梨子のお膝元、愛宕医療センターで爆弾テロが勃発したのである。そしてここで満を持して鈴木一郎が動き出す。彼の意図は?というところだが、ここからは佳境なので記述を省略する。

それにしても、意味と論理が交錯し、機械学習のように知性ができあがっていくという、哲学のような、心理学のような、情報工学のような側面をもつ、不思議な作品で私の評価は高いのだが、こういうのがきちんと世間で受けるのだろうか。

午後の曳航

user-pic
0

三島由紀夫の美徳のよろめきを読んで、女の業が描かれた小説だと感じたが、どうもあまり読後感がよくなかった。しかも、これは三島由紀夫の一群の代表作ではないよねと思って、文学に詳しい知り合いに、三島由紀夫の作品のお薦めを聞いてみた。すると、例えば、「午後の曳航」、「音楽」、「禁色」あたりかな、という。そこで自分で勝手に決めた純文学のイニシエーション段階を経たあと、とりあえず「午後の曳航」を読んでみることにした。新潮文庫である。

「午後の曳航」で、最初に登場するのは、黒田登という13歳の少年。父が9歳のとき亡くなり、あと母がいる。ただ、もともと裕福な家庭だったので、今でも立派な家に住み、生活は余裕がある。お手伝いさんもいる。

母は、横浜で輸入高級物品の店を経営し、芸能人も顧客であるくらいで、かなり繁盛している。店の細かいことは、昔からいるベテラン社員に頼っている。

登は中学校で、ちょっとした世界観というか哲学のような議論をする仲間が数人いて、彼らは自分たちのことを天才と自称して憚らない。学校の成績もいいのだろう。ようするに自意識過剰なのだが、どこにでもいそうな子供たちである、ともいえる。

夜抜け出して、そんな仲間たちと話していて帰宅が遅くなったことを母に咎められて、母は登を、夜になると外から鍵がかかる部屋に閉じ込めてしまうのが習慣になった。登はうんざりしつつそれを受け入れている。

そんな黒田家にある転機が訪れた。それは、登が船が好きなので、横浜港に一万トンの大型貨物船が停泊したとき、母と登が船内見学に行ってみたことである。

そのとき、親切に船内を案内してくれたのが、塚崎竜二という航海士で、母、黒田房子は、俗にいうと五年も寡婦を続けてきて、塚崎の厚い胸というか逞しさに魅せられてしまった。まだ30台の女盛りであり、しかもひと目を惹くような美人ときている。それに塚崎が無関心でいられるわけがない。

こうして塚崎は黒田家に招待され、そこで塚崎は房子と一気に深い関係に陥ってしまった。登はそのことがなんなのか理解する程度には成熟している。そもそも、学校の自称天才仲間と性的な議論もよくしているのである。

天才グループは、世界を無意味だと見抜き、世界に意味を与えようとする大人の努力を嫌悪する。でもそれは、物理学でいえば、ボソンたちに、自発的対称性の破れを起こさないで質量ゼロのままいなさい、というに等しくないか。

そんな天才グループたちの神経を最高に逆撫ですることが起きた。それは、数ヶ月の航海から帰ってきた塚崎が船の仕事を辞めて、陸にあがり、房子と結婚して登の父親になる、ということである。

そして、塚崎がよき父親として振る舞おうと努力していくにつれて、天才グループの怒りは頂点に達し、ついにある行動をとるべく立ち上がった、というストーリーなのだが、私は天才グループに多少の共感は感じるものの、神戸の少年Aのような、あるいは先日の相模原の介護施設での殺人事件の犯人のような不気味な感触をもった次第である。

それにしても、すぐれた文学作品のゆえか、この小説を読みながら、いろいろ記憶が甦り、また連想もした。その最初は、船乗りだった父のことである。塚崎を父と見立て、登を自分に同化しようとした。しかし、私の父は実の父だし、母は房子ほど華麗ではなかったし、私は登ほど尖っていなかった。それで同化はほとんど不可能だった。

それから、浅田次郎の薔薇盗人も思い出した。ここでも主人公の父親が外国航路の船員であることと、裕福な暮らし、そして母親が美人で浮気していたことが「午後の曳航」と似ているが、それだけである。

いったい、この収束しない連想たちはなんなんだと自分に問うたら、どうも裏で、アンファンテリブルたちのことを考え続けていたようである。

王位戦第4局が始まった。羽生はもうすっかり復調していると私は信じているので、数ヶ月ほど前の「大丈夫か?」感はもうない。一方の木村は最近、必ずしも好調ではないようである。すると羽生が順当に勝つのかな、と思った。

さて、将棋は、ちょっとリバイバル感のある、角換わり腰掛け銀となった。一時は猫も杓子もこれだったのだが、それから横歩取りに席巻された。人間の脳は本質的に飽きるものなので、必然的に揺り戻るのだろう。まあ、ものすごい短いスパンの話をしているのだが。この将棋は、後手の羽生が△7三桂と攻め合いを目指したのがちょっと新鮮である。例によって一気に50手目まで進める。

【図1】 50手目△6四角まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲木村=角歩2
さて、△6四角が攻防の要所を占めており、こうなっては少しだけ羽生が味がいいようである。そこから、▲6五歩,△同銀,▲4六角,△同角,▲同金と進んだ。

【図2】 56手目△5四銀まで
持ち駒:△羽生=角歩2



持ち駒:▲木村=角歩3
ここで△5四銀というのは、そう我慢しなくてはならないのだろうか。普通に考えると、△7五歩と攻め合いを図るところなのだが。しかし、▲4三歩成から▲5五角を狙われるのが嫌らしい。それで△5四銀と我慢したら、当然に先手は▲6八飛である。これで後手は△6五歩と受ける手がないというのだから驚きである。じっさい、△6五歩には▲6四角で先手がいいらしい。

【図3】 58手目△5九角まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲木村=角歩3
なので、▲6八飛以下は、△5九角,▲6一飛成,△3七角成,▲6四角,△8七歩,▲同金,△8一桂,▲5五金,△6三歩,▲5四金,△6四歩,▲7一龍,△9二飛,▲4三歩成,△5四歩,▲3二と,△同金,▲8一龍と進んだ。こうなっては、流石に先手がいいのではないか。

【図4】 76手目△2六馬まで
持ち駒:△羽生=角金歩



持ち駒:▲木村=金銀桂歩4
羽生は△2六馬と、懸命に▲4四桂を防ぐが、△2六馬,▲4四歩,△6五桂,▲同銀,△同歩,▲4三銀,△4四馬,▲3二銀成,△同飛,▲5六桂,△5五馬と木村の順調な攻めが続く。

【図5】 87手目▲4四桂打まで
持ち駒:△羽生=角金銀2歩2



持ち駒:▲木村=金2歩3
▲4四桂打も私でも分かる自明な攻めである。▲4四桂,△4二飛,▲3二金,△同飛,▲同桂成,△同玉,▲3一飛,△2二玉,▲2一飛成,△1三玉となって、後手玉は風前の灯である。一方、今の状態で、先手玉が詰むかどうか分からない。少なくとも激指10は詰まない、と判断した。

【図6】 97手目▲6七桂まで
持ち駒:△羽生=角金2銀2桂歩2



持ち駒:▲木村=金歩3
もし詰まないことが見切れたら、▲1五歩とすれば、先手が確実に勝ちである。しかし、木村は大事をとって▲6七桂と攻防手を放った。好手である。豊富な持ち駒を使ってなにか先手玉に詰めろはかかるのだが、▲5五桂と馬を取られては拠点を失い、綾なしになる。だからといって△3三馬では、▲3二金とされ、そこで何か先手に詰めろをかけても、一旦▲1一龍で合駒請求され、桂馬を合駒すると詰めろが消えてしまうので、▲3三金と取られて、これも綾なしである。なので羽生は、形づくりに△7八金と打ち、以下▲7八同玉,△6六桂,▲同銀,△同馬,▲7七金,△1二銀,▲2二金,△2一銀,▲2三金,△同玉と進んだ。

【図7】 投了図 109手目▲2一龍まで
持ち駒:△羽生=飛角金2銀2歩2



持ち駒:▲木村=金銀桂歩4
そして▲2一龍となって、以下簡単な即詰である。

本局は、【図3】以降、一貫して木村がよく、それは▲4四歩の取り込みが大きいような気がする。すると、【図1】に至るまでの手順で、▲4五歩に△6五歩と攻め合わず、一旦△4五同歩が正解だったか、ということになる。しかし、そんなところで優劣が決まってしまうのだろうか。多分そうではないような気がするが。

少し前に横山秀夫の「ルパンの消息」光文社文庫、を古書店で見かけて、とりあえず買ったが、なかなか読み始めなかったのは、その当時、逢坂剛の百舌シリーズに夢中で、他の小説になかなか関心が移らなかったからだろう。

ただ、そうやって積読しておくと次第に関心が薄れて、お蔵入りになってしまいそうだったので、ちょっと疲れてミステリーが読みたいと思ったタイミングで、半ば強制的に通勤鞄に入れて、電車で読み始めた。

すると、約15年前、高校で自殺として処理された嶺舞子という女性教師の事件が実は殺人であったというタレコミが警視庁の刑事部長に直々にあり、刑事部長は再捜査を命じた、というところからストーリーが始まった。しかし問題は、時効まであと一日しかない、という。

私は、おっと、と心の中で唸った。なぜなら、そういう設定ってベタすぎるのである。少なくとも名手、横山秀夫の書く小説とは思えない。しかし横山秀夫のこと、何かあっと驚く工夫があるに違いない、と信じて読み進めた。

そして警察は、約15年前にその高校で生徒だったという、喜多、橘、竜見という三人の男を重要参考人として警視庁に任意同行を求めた。いや、任意同行ではなく、強制連行に近い。なぜなら時効まであと一日しかないので警察も焦っているのである。

ともかく、喜多と竜見は、あっさり居場所が分かったので、早目に警視庁に連れてこられた。そして二人は最初は不機嫌だったが、警察の硬軟とりまぜた対応に次第に口を割り始めた。それは、約15年前に喜多、橘、竜見で綿密に計画したルパン作戦のことである。

ルパン作戦とは、夜高校の職員室に忍び込んで期末試験のテストを盗み出そうというものである。なにしろ三人はほとんどドロップアウトしかかっている不良生徒で、ろくに勉強していないので、合格点がとれそうもない。それでそういう計画をたてた次第である。

なお、ルパン作戦がなぜルパン作戦と呼ばれるかというと、いつもたむろしている喫茶店の名前がルパンという名前だからである。しかも、その店のマスターは、もしかして三億円事件の犯人かもしれないという噂があり、実際に警察もマークしていたという。

ここまで読んできて、これは当時の高校生が主役で、いかにもアルキメデスは手を汚さないぽい雰囲気だな、と感じてきたが、すると横山秀夫のイメージからは一層遠ざかっていく。

しかし、後半に差し掛かり、ルパン作戦の供述は次第に佳境に入ってきた。というのはついに、嶺舞子の死体を発見した場面に差し掛かってきたからである。そして、その内容は、校舎の屋上から嶺舞子が飛び降り自殺したという公式発表とはあまりにも違い過ぎた。それで刑事たちは、三人を犯人かとと改めて疑い始めたのだが、嶺舞子の不純な交友関係が明らかになるにつれて、刑事たちは新たに推理を逞しくした。

こうして決めても掴めないまま、次第に時効のときが迫るのだが、地検の担当の粕川検察官が、意味深にも刑事訴訟法255条、すなわち「その他の理由による時効の停止」を示唆すると、刑事たちは思案に沈んだ。

ここでようやく、アルキメデスは手を汚さないのような世界を離れて、横山秀夫らしさが漂ってきたのだが、ここからまさにストーリーの佳境なので、記述は省略する。

それにしても、この作品は横山秀夫のデビュー作だという。それで、過剰な気合いと、その裏に見え隠れする稚拙さが気になるのかと思ってしまった。

しかし、横山秀夫は、文庫化するにあたり、かなりこの作品に加筆し、それによって完成度を高めた、というのだから、それはまさに、島田荘司にとっての異邦の騎士と同様の位置づけの作品ということになる。

そして、アイデアの斬新さなら、ルパンの消息よりも異邦の騎士が優るが、人生の機微あるいは人情度ではルパンの消息かな、と勝手な主観の感想をもった次第である。ともかく、警察小説でない横山秀夫の作品はどうもしっくりこない。私の思いこみが強すぎるだけかもしれないが。

思考の整理学に書いたように、私は外山滋比古氏のファンであって、なので、新聞の書籍広告で、「長生き」に負けない生き方、講談社α文庫というのを見かけたとき、即、アマゾンで注文した。すると、今更こんなことに感心しても仕方ないのだが、送料無料でその日のうちに届くのがありがたい。

届くと、すぐに読み始めたのだが、一体外山氏は何歳になられたのか確認してみた。すると、1923年11月3日生まれというのだから、92歳である。その歳にしてこれだけ活き活きとした文章が書けるのかと感心しつつ読んだ次第である。

最初にでてくるのは、「悪玉の長生きにつけこまれない」という言葉である。なんとなく言いたいニュアンスは分かる。そして、そうなるためには、自分でできることは自分でやる、という当たり前のことだが、それが重要だと改めて感じた。

そして、悠々自適はよろしくない、という。得たりである。なにか忙しくしていないと気が済まない貧乏性の私にはぴったりである。

さて、流石に90歳を越して亡くなるなら、あまり惜しいとは言われないかもしれないが、例えば、今の私の61歳で亡くなると、世間ではちょっと早いというだろう。それでも、私の家族以外で悲しんでくれる人がいるかどうかわからない。ただ確実に、私が居なくなって済々したと思う人は何人かいるはずである。

で、私はいまとりあえず定年後のサラリーマンをやったり、趣味をたのしんだりしてそれなりに夢中に生きているつもりなのだが、もしそういう最中に脳溢血などでぽっくりいったとしても、死の恐怖に怯えることもなかったわけだし、周囲を煩わせることが最小限だったわけだから、それはそれは慶賀すべきことではないか、と外山氏と指摘する。なるほどと思う。不謹慎とはおもわない。そもそも私が今亡くなると、国家は年金負担が減る。それだけでも公共の福祉に貢献する。そういう意味では、癌であれ、肺炎であれ、案外福音かもしれない。まあ敢えて、死に急ぐつもりはないが。

それと、外山氏があるとき健康診断に行ったら、肺に影があり、若い頃かなり重篤な結核だったことが分ったそうである。しかし、特に医者に行かなかったので、結核だったという自覚がなかった。で、今思うに、結核だった友人からうつされたものらしい。しかし、しかし友人は医者にかかって、結核の治療をしており、当然に病識がある。それで友人はほどなくして結核で死んでしまったという。すると、医学的根拠はわからないが、あんがい病識がなく能天気なのも悪くないことがありえるということになる。そういう意味で、私の健康診断嫌いも正当化されるか。かなり牽強付会だが。

まあでも、死なない間はなんとか自分のことは自分でできるように生きていかなくてはならないので、外山氏は散歩を日課にしているという。先ず足を鍛えなくてはならない。しかし、足だけでは駄目なのだそうである。手も鍛える必要がある。すると日曜大工なのかと思ったら、料理でいいのだそうである。ああ料理かと思うのだが、最近は料理はやっていない。私が台所に立つと食材を散らかして後片付けが大変なのだと家人がいう。すると、手を鍛えるのは難しい。最近は楽器もやっていないし。どうするか考えよう。

それと、口を使うのも重要なのだという。フルートでも吹くのかと思ったら、要するにしゃべることだという。私は雑談は意外に嫌いではないのだが、家人がうるさがるので家では大人しくしている。会社では朝の挨拶以外一言もしゃべらない日もある。するとやはりカラオケかな、とそっちに話をもっていきたい自分がいる。

そして頭を使うことなのだが、私は頭はそれなりに使っているつもりだが、頭脳マゾというか、頭を酷使して疲れることにちょっと変態的な悦びを感じたりする。そういう使い方はよくないなかな、と思うが、流石に外山氏はそこにアドバイスはしてくれない。ただ、老人はつい早起きして朝食前の時間が長いが、そこが一番頭が冴えている時間なので、活用すべきだという。なるほど。

戻って、悠々自適はよろしくない、というけど、そのためには収入につながるかどうか以前に、歳とってもなにか仕事があるがとうか私は不安である。そこいくと、外山氏は、あれだけ著書があるので、執筆の仕事に不自由しないのだろうと思ったら、意外にそうでもないという。すると私は細々とでも、傘貼り浪人的な仕事をみつける必要がある。取らぬ狸でちょっとあてはないではないが、果たしてどうなることやら。

あと、今の時代、子孫に財産は残す必要がないので、ときには贅沢をすればいいではないかと外山氏はいうが、最近の年収に鑑みてもあまり贅沢する気にはなれない。老後にある程度の資産は確保しておかなくてはならない、という意見もあるし。こんご年金生活になったら一層厳しくなるかもしれないし。そうはいっても、あまり貧乏くさくなってもね、といろいろ考えるのであった。

ともかく、この本は、折に触れて読み返すことにしよう。

偸盗

user-pic
0

私の純文学学習ツアーは、夏目漱石、島崎藤村、森鴎外、川端康成、泉鏡花、三島由紀夫、樋口一葉、太宰治と少なくとも一つの作品を読んできて、終盤に差し掛かった。そういうと、これでもう純文学を読むのは止めるとかいうと全く違う。要するに、自動車教習でいうと、なんとかエンジンをかけて、自動車学校の敷地内をぐるっと回るという第一段階と、それに続き車庫入れなどの練習する第二段階を終えるという次第で、あとは公道にでて、自分が行きたいところに行く。

しかしまだ純文学学習ツアーは終えることができない。それは、トリを務める芥川龍之介をまだ読んでいないからである。このため、かなり前に新潮文庫で、「蜘蛛の糸・杜子春」、「戯作三昧・一塊の土」、「地獄変・偸盗」という三冊を買った。特にこれが読みたかったというより、たまたま古書店にそれしかなかったという適当な理由である。

文学通の知り合いに聞けば、芥川ならまずこれから読み始めればいい、というお薦めがあるのかもしれないが、なんとなく気儘に読むことにした。そして、六の宮の姫君が含まれていてなんとなく親しみやすさを感じる「地獄変・偸盗」の巻から読み始めることにした。

「地獄変・偸盗」は、「偸盗」、「地獄変」、「竜」、「往生絵巻」、「藪の中」、「六の宮の姫君」の六篇からなる。別にこの順に読む必要はないのであるが、無駄に律義な私は、「偸盗」から読むことにした。

「偸盗」の舞台は京の町で、具体的な年代は不明だが、戦乱で京の都が荒廃の極みにあった時代である。

太郎と次郎という、それなりに立派な身分の武士がいた。沙金という女が盗みの咎で牢獄に入れられた。太郎は、牢格子を介して沙金と話しているうちに次第に情が移ってきた。というよりも、独特の魔力のような魅力をもつ、美しい女だった。それで、沙金の仲間が牢破りして沙金を助け出すのを見て見ぬふりをした。

結局魂を売って身を持ち崩した太郎は、次郎を連れだって、沙金が属する盗賊団に仲間入りした。

盗賊団で、沙金は、太郎を籠絡して虜にした。ところが、しばらくすると沙金は、意図的に太郎を避け、次郎にしか逢わなくなった。それで、太郎は、沙金の母親の猪熊の婆に様子を聞きにいくのだが、埒があかない。それで次郎に対して嫉妬というか、軽い殺意も感じ始めている自分に驚く。

想うに、太郎は痘瘡を患ったせいで顔に痘痕があり醜い。一方、弟は美丈夫であって、なので沙金が弟の方に傾くのも仕方ないのかもしれないが、納得はいかない。

それにしても、と太郎はさらに思う。沙金は、養父の猪熊の爺とも肉体関係があるらしい。なんともおぞましい。しかし、太郎は妖婦だと分っていても、沙金への思いが断ち切れない。次郎も同様なのだった。

さて、どんな男でも手玉に取る沙金は、藤判官を誘惑して仲良くなった。そして、次郎に、盗賊一味が藤判官の家を襲うことを伝えた。次郎が怪訝に思っていると、なんでも太郎を嵌めて、藤判官の手下に殺させるつもりである、みたいなことをいう。

ともかく、沙金の一味と太郎、次郎は、予定どおり藤判官の家を夜襲したところ、事前に漏らしているのだから、藤判官の手下たちは待ち構えていた。そして、沙金の意図どおり、太郎は敵に取り囲まれて危機的状態に陥った。

それだけではない、次郎も藤判官の屈強の犬たちに追われ、噛み殺される一歩手前だった。そのとき、なんとか敵の手を逃れて、馬に乗って逃げてきた太郎が、犬たちに襲われて這う這うの体である次郎のところに通りがかった。太郎は最初、これは放置しておけば犬にやられて次郎は確実に死ぬ。好都合ではないか、と考えたが、心に突然義侠心が湧きあがって、懸命に犬を追い払って次郎を馬に乗せ、なんとか犬たちや追手から逃れたのだった。

これをきっかけに太郎と次郎は覚醒し、盗賊団を抜けて堅気の元の武士の生活に戻り、努力したので大層出世したらしい。

という話だが、このストーリーを芥川は、今昔物語をヒントにして考え出したそうである。それにしても、芥川の小説をきちんと読んだことが今までなかったが、太郎や次郎の心理描写や、ストーリーのメリハリや、戦闘シーンの緊迫感など、どれをとっても第一級で、流石芥川、と感心してしまった。

また、沙金のキャラクタから、ノスリの巣の洲走かりほをつい思い出してしまう。ということは、美貌で男たちを籠絡して手玉にとる女性というのは、昔からいつも時代にもいた、ということなのだろう。

私はというと、幸いにして奸婦に騙されて酷い目に遭ったことはないが、一度くらい籠絡されて堕ちてみたかったなあと、つい考える馬鹿な自分が心の片隅にいるのも確かである。大抵の男は業の深さをもっているようである。

不屈の棋士

user-pic
0

新聞広告で、大川慎太郎「不屈の棋士」講談社現代新書をみたとき、しばらくしてアマゾンで注文した。なにしろ、「人工知能に追い詰められた「将棋指し」たちの覚悟と矜持」というサブタイトルなのだから、読むしかないではないか。

で、お急ぎ便で注文したその日に着くと、即読み始めた。ただ、読み始める前にちょっと自分で考えてみた。それは、本当に将棋界は危機なのか、ということと、もしそうだったとして、それは本当にコンピュータ将棋のせいなのか、ということである。これに対しては、そうであるようなそうでないような、という曖昧な答えしかいまのところない。

さて、この本は大川さんが棋士にインタビューする形式なのであり、いきなり登場するのが第一人者の羽生三冠。羽生は間違いなくAIに馴染んでいる。それはNHKの特集番組と、棋士がコンピュータに敗れる年を何年も前からほぼ正確にいい当てていることからも例証される。しかし、この本にあって、なぜか羽生の影が薄い。というのは、羽生は、コンピュータ将棋は普段、終盤詰みがあるかどうかくらいしか使っていないし、どのソフトを使っているかも教えない、という。

次にインタビューした人は、羽生と並ぶ存在の渡辺竜王。渡辺は例によって歯切れがいい。しかし、将棋は人間同士が指すから面白いのであって、コンピュータと指しても面白くないと素っ気ない。そして、もしかしていずれ、棋士に勝てるようなソフトがコモディティになると、今の人数の棋士で今と同等の収入を得ることは不可能、と決して楽観論を語らない。なかなか辛口であるが、実際そうなんだろうとおもわれる。

ここから、コンピュータ将棋三銃士ともいうべき、勝又、西尾、千田に順次インタビューされる。じつは、この三人のインタビューが、当然かもしれないがこの本の白眉である。

まず勝又。いままで、棋界でコンピュータ将棋といえばこの人で、そういう催しがあると必ず勝又が解説役を引き受けていた。ところが、勝又は最近、コンピュータ将棋の場から引き気味である。一つには、西尾と千田という有力な後輩が輩出したことと、東大の客員教授の仕事が忙しいからである。私は勝又先生から直接、大学での講義は大変だと伺ったことがある。なにしろ将棋の歴史など、史料にないいい加減なことは言えないが、史料がほとんど揃っていないので大変だという。

次に西尾。西尾は、東工大中退というくらいで、コンピュータを使いこなすスキルは機会ぴか一である。なにしろ、電王戦でも、棋士側のアドバイザを務めていたくらいである。対コンピュータの戦略はとても詳しい。

次は千田だが、棋界広しといえども、千田ほどコンピュータ将棋に入れ込んでいる棋士はいない。なにしろ、コンピュータを駆使して上達することが至上命題であり、そのためにはタイトルを取ることの優先順位さえ低い。人間と指すよりもコンピュータを使って研究する方が有意義であると宣言してはばからない。

次に、公式対決でコンピュータに負けた棋士にインタビューがなされる。うぁあ、そんなインタビューって可哀想ではないかと思うのだが、棋士は負け慣れているのか、淡々と応える。

まず山崎。山崎はコンピュータは苦手だし、序盤研究とかもあまりしないので、コンピュータを研究にあまり使おうとしないのだが、それでも電王戦に出場した棋士にだけソフトが貸与されて、そうでない人は使えないというのは不公平ではないかとはっきり宣言する。また、意外にコンピュータの序盤は自由で、自分の序盤に似ているともいう。なんか興味深い。

次は村山慈明。序盤は村山に聞けと棋界でよく言われるが、本当に村山は親切で、聞かれるとなんでも丁寧に教える。サービス精神旺盛で人気があるが、勝負師としてはどうなんだろう。ところで、ポナンザと対戦することになって、アドバイザーの西尾と相談して、プロがほとんど指さない相横歩取りにすることにした。そして進行の予想を立てて詰みまで研究したが、低い確率でポナンザがその局面を外したので、空振ってしまった。序盤研究の達人として村山はコンピュータ将棋を使うことの意味と威力を痛感している。それで実戦で勝ったこともある。しかし、コンピュータ将棋に依存しすぎると地力が下がる。なので最近はコンピュータの使用を減らしているという。

コンピュータとの対決を恐れないのは、森内と糸谷である。

森内は、コンピュータ将棋にも冷静で、必要に応じて使うし、なにかこだわりのようなものはない。しかし、千田のようにコンピュータにどっぷり浸かることはない。

そして、コンピュータ将棋にはかなり詳しいが、人間的な、あまりに人間的なのは糸谷である。なぜなら、ソフトで将棋を研究しても楽しくない、自分で考えた方が楽しいと平気でいう。ソフトは詰みかどうか調べるときくらいしか使わないという。でも、山崎が叡王戦で戦うときは、千田とともに山崎のアドバイザを務めた。もともと森一門である。

最後に、ソフトに背を向ける棋士としてインタビューされるのが、佐藤康光と、行方である。まず、佐藤は、激指12を使っているが、序盤研究には使わないという。それは基本的に自分の頭を使わないと意味がないと思っているのかもしれない。他の棋士がソフトを使ってもその方針は変えない。

行方も同様で、コンピュータを使って研究する棋士像というのが、自分が理想とする棋士像とあまりにもギャップがあるようである。それでも一時は激指を活用してみたことがあるが、それを使って立てた対策が実戦で空廻ってしまって、それからもう使わなくなったそうである。

多くの棋士が指摘する衝撃は、三浦九段がGPS将棋に負けたときだという。当然かもしれないが、三浦九段の強さはみんなが認めていて、そんな三浦九段が手も足も出ないようなかたちで負けたのがあまりにもショックだったようである。

また、私など安易に、もうプロ棋士はコンピュータ将棋には勝てないと思ってしまうのだが、プロ棋士は意地があるのか、なかなかそれを認めようとしない。あっさり脱帽するのは、コンピュータに接する時間が長い棋士たちである。孫子ではないが、どうしてもより敵を知ることになってしまうのか。

ところで、佐藤天彦名人は、ソフトを研究の3割くらい使っているのだという。序盤の研究にも使う。かなり使っている方ではないのだろうか。

ということで、直ちにソフトが将棋のプロ棋士の仕事を奪うということにはならず、叡王戦をみるかぎり、寧ろソフトが仕事を作り出しているともいえるが、ロングレンジにどうなるか、予断は許さない。

噛む犬

user-pic
0

会社のそばの古書店で、香納諒一「噛む犬」徳間文庫を見かけたとき、読まないかもしれないけど、とりあえずというパターンで買った。ただ、その副題のK.S.P.警視庁歌舞伎町特別分署が目に付いてちょっと興味をもったということはある。

その「噛む犬」を読み始めたのはかなりの偶然である。すなわち、私の通勤鞄にはいつも必ず、少なくとも一冊の推理小説か警察小説が入っているのだが、その日は通勤の往路で手持ちの推理小説を読んでしまった。すると、通勤の帰路は数学書か、工学書か、哲学書か純文学書を読むことになるのだが、疲れた頭がそのどれをも拒否した。

それで、会社の机の抽斗に無造作に置かれていた「噛む犬」を、通勤鞄に、やはり無造作に入れた。そして通勤の帰路で、「噛む犬」を無造作に読み始めた。

そのように、最大限の無造作さで読み始めた「噛む犬」は、新宿の高層ビル街の植え込みで白骨死体が見つかるというシーンから始まった。そこで、K.S.P.の特捜部に捜査指令が下った。そして、K.S.P.特捜部の部長、村井貴里子警部以下、沖警部補、柏木刑事、平松刑事、柴原刑事のチームが捜査を担当した。村井のチームには他にも円谷刑事もいるが、円谷は事情があって謹慎を命じられている。なお、村井はキャリアなので、まだ若いが特捜部のチーフを務めている。

さて、捜査が進むと、白骨死体は実は警視庁の刑事、溝端悠衣だと分かり、村井は大変ショックを受けた。というのは、溝端は、村井が警官になったばかりの頃、一から指導してくれた恩人のような先輩女性刑事だったからである。

そして、K.S.P.がさらに捜査を続けると、溝端が亡くなる前に助川組という暴力団の組員がひき逃げで亡くなった事件の聞き込みをしていたことがわかった。また、その組員には生命保険がかけられており、婚約者がいたことから、保険金殺人の疑いもでてきた。

しかも、その組員がひき逃げで亡くなったあと、助川組の組長がヤクザから足を洗い、得度していることがわかり、その組長も怪しいと、K.S.P.は聞き込みしたが、流石に元組長だけあって、刑事の質問にもまともに応えなかった。

さらにひき逃げされた元組員のフィアンセ、元カノ、元カノの現彼氏と捜査が進み、しかも元カノの父親が、勤務していた会社の関係で自殺したらしいとわかり、今度はK.S.P.は汚職関係でも捜査を始めた。

戻って、溝端悠衣には付き合っていた男が複数いて、その中には警察関係者も混じっており、さらには妊娠していたということが分り、村井はさらにショックを受けた。そして、悠衣が付き合っていた男の一人が、なにかの理由で悠衣を殺したのではないかと疑いをもった。

こうしてK.S.P.は一歩一歩真相を解明していったのだが、そこに横槍が入った。溝端悠衣が所属していた警視庁二課の管理官である。すなわち、捜査そのものを横取りしようと画策してきた。

K.S.P.には更なる危機が迫ってきた。それは、警察内の政治抗争から、K.S.P.そのものを潰してしまおうという警察官僚たちからの企みである。

そんな動きにK.S.P.の面々、特にチーフの村井が猛反対した。村井は、キャリアで女性なので、いろいろな意味でK.S.P.内で別格視され、あるいは女性であるがゆえに軽視されてきたのだが、その端麗な容姿にも拘わらず火の玉のような正義感の持ち主で、それに手を焼いた警察官僚たちは、君はキャリアなんだから、K.S.P.を踏み台にして昇進すればいい、との提案もしてきた。しかし、頑牢なまでにそんな意見を無視し、捜査に邁進するので、屈強で経験豊かな部下たちは村井を慕い、応援している。特にスキンヘッドで強面の沖警部補が一番の村井のサポーターで、村井も密かに憎からず思っているのだが、当然に浮いた話にはならない。

なぜなら、この小説は徹底的に硬派なのである。下手な理想主義や正義が通用しない。警察官僚たちは容赦なく権力を振るい、村井たちを翻弄する。そして、律儀な警察官である村井は決してある枠を踏み外そうとせず、流石に新宿鮫の鮫島のようにはならない。

そういう、ある意味手堅すぎるストーリーなので、文庫本で600ページちかくあるこの小説の300ページくらいまで、淡々とした、やや退屈ともいえる調子で進んできて、決して詰まらなくはないのだが、興味をつなげるのに少し苦労していた。しかし、そこから過ぎるとストーリーは俄然スピードと興味を増してきて、ここでようやく作者の香納諒一の手腕を感じた。

しかし、あくまでもストイックな作者は、決して安易なハッピーエンドに落とし込もうとはせず、主人公たちは挫折と試練にさらされながら、ファイティング・スピリットを失わないのだった。

いまさらいうのもなんだが、「噛む犬」は、K.S.P.シリーズの第三作で、第一作の「孤独なき地」と第二作の「毒のある街」から順に読むべきだった。まあ、私にはよくあることだが。

遊び心

user-pic
0

私は四角四面で融通の利かない真面目人間のように思われていて、それは確かにpartly trueなんだけど、遊び心の大切さも知っているつもりである。

例えば、たまたまお絵かきソフトを買ったとしたら、それに熟達する一番の方法は、マニュアルを首っ引きで読むことではなくて、ウルトラマンでも美女でもいいのだが、描いてみたい対象をせっせと描いてみることである。マニュアルは、そのために必要に応じて必要な箇所を参照するだけである。そのお絵かきソフトが業務用に買ったものだとしたら、仕事中にウルトラマンを描くことになってもいいのか、仕事中に遊んでいることになるぞ、やはり仕事中なので、実際の仕事で必要な図面をいきなり描こうとすべきできないのかというと、ノンである。

なぜなら、特に学び始めは楽しさを触媒にしなくてはならない、そうすることで上達が早まる。間違っても最初から、嫌々ながらみたいな対象を選んではならない。

なので私は、外資系にいた頃、ある時期、上司に睨まれても、業務時間中にコンピュータで遊んだ。遊び倒したと言ってよい。どうやって遊んだかというと、コンピュータでフラクタルの図形を描き、8086のマクロアセンブラでπの多倍長計算のプログラムを書いた。それにしても当時、マクロアセンブラでπの多倍長計算のプログラムなんてよく書いたものだと思う。正直いって、それはプログラミングとして自明であり、テクニック的に極めて困難とは思わないが、ただ相当面倒であることは確かである。今ならきっと根気が続かないだろう。

それをもしかして上司は特に気づいていないだろうと思っていたのだが、忘年会の席だか何だかで、コンピュータの勉強もいいが、遊ぶのもいい加減にしとけよ、と釘を刺されて、苦笑いした記憶がある。

それでも私はコンピュータで遊ぶのを止めなかったのだから、なかなか根性があるといえるだろう。ただ、言い訳だが、そうやって数年に亘り、仕事時間中にコンピュータで遊ばせてもらったおかげで、特許庁電子出願システムが走り始めたとき、自分のスキルを活かすことができた。もしかして、上司が見て見ぬふりをしてくれたのも、そういう時代が来ることを見越していたのかもしれない。

それから管理職になり、部門のシステムサポートが業務の一環になると、コンピュータを使い倒すことが最早遊びでなくなった。しかし、私は究極の遊び人なので、何か別の遊びが必要になる。そこで編み出したのが、海外の人とのチャットである。英語で適当に話しかけると、向こうも退屈していたのか、応答して世間話したりする。それが1時間にも及ぶことがあって、ちょっと時間の無駄かと思ったが、少なくとも管理職である私に何やってるのかと問いただす人はいない。しかしそういう時間も、海外の担当者と人間関係を深め、且つ英語力をつけるのに役に立った。じっさい、英語で質問がきて瞬時にチャットで英語で返すには多少の修練が必要である。

そして私が外資系にいたときの最後の遊びはなんと、明細書書きだった。すなわち、技術的な理解に無駄に深い努力を捧げ、決してライセンス価値がないだろうと思われる発明に工夫の限りを尽くした。これを壮大な無駄と笑わば笑えである。ただ、言い訳だが、土日のほとんどの時間が明細書書きに費やされた。それが遊びが仕事になる、ということである。特許事務所では、cost-effectivenessを無視できるわけがないから、こんな道楽はありえないだろう。

要するに、遊び心が嵩じると、仕事が遊びになり、遊びが仕事になるのだが、そうは言ってみるものの依然として生硬さが抜けないよね、と還暦を過ぎても思うのだった。

そういう生硬な私の遊び感覚からして、さいきんのポケモンGOのブームはいかがなものか。コンピュータが提供する仮想世界の楽しさは私にもある程度共感できるが、それにしても、遊びの質が受動的すぎないか。私は世界の被操作性を高めるだけのような気がするのだが。

そういう感想を抱きつつ眠ったら、怖ろしい夢をみた。ある独裁国家にいて、仏教のデリバティブみたいな宗教が強制され、その宗教では、棒で殴られて痣をつくることが修行なのである。一切の自由がない暮らしに息が詰まりそうで、私は必死の思いで逃げたのだが、連れ戻される不安に慄いているうちに目が覚めて、しばらくの間不安感が消えなかった。ポケモンGOとの関連性は不明である。

絶対王者

user-pic
0

笑ってしまうほどに何の創見もないコメントなのだが、オリンピックをみていて、中国の卓球ほど絶対王者性を発揮しているものは他にはないよね、と改めて感じた。

絶対王者性を発揮できている理由を、これまた自明であるが、書き下してみる。

  1. 伝統的な国技であること。
  2. 圧倒的な競技人口をもっていること。
  3. 成功者には、ほぼ生涯にわたる栄達が保障されていること。

日本の相撲の場合、1.は満たすが、2.も3.も該当せず、そのため、モンゴルから来た人達に席巻されている。しかし、これだけならモンゴルだけでなく、他の国でもよいように思われるが、おそらくモンゴルの相撲であるブフの伝統があるからなのだろう。そして、2.もモンゴル国内で満たすので、日本での3.と合わせて定義に合致する。すなわち、定義1,2,3は、国をまたがって成立してもよい。

戻って、2.という条件で中国に優る国は世界にない。すると、数学的な大数の法則で、統計的に優秀な人材を確保しやすい。そして、一種国家主義的な体質により、3.が成立すると、功成り名を挙げたい人々が卓球競技に流入するとしても、蓋し当然ということになる。なお、そういう典型的な人として卓球の元世界チャンピオンの荘則棟がいる。以前に中国人の知り合いに荘則棟のことを聞いたら、中国内で彼は超有名人だといっていた。日本で今それに匹敵する地位の人は、スポーツ庁長官で、元背泳金メダリストの鈴木大地だが、日本人でスポーツ庁の存在を知っていたり、スポーツ庁長官の名前を知っている人はあまり多くないのではないだろうか。

ただ、定義1,2,3のセットが、ここは議論が分かれるところかもしれないが、ある種の国家主義を前提とするがゆえに自由な民主主義の価値観の多様性と相いれないなら、民主主義を標榜する国で、金メダルを取ることが一時的な名声にしかならない、というのも悪くない。

しかし一方で、勝利至上主義が激化する最近のオリンピックで、勝つためには普段、過去になかったような厳しくシステマチックな努力を要するようになり、その結果金メダルにつながったとしても、それが一時的なアイコンにしかならず、ごく少ない可能性で商業主義にしか乗れないとなると、スポーツのヒーローあるいはヒロインを目指すのも結構リスクが高いということになる。すると、私のようななんの特技もない平凡なサラリーマンの方が下手したら、金メダリストよりも生涯に亘るQoLの積分値が大きいということになる可能性もあり、それでいいのかと自問すると、天才好きで英雄主義のところもある私は、意外に納得がいかない。

という何がいいたいのか分からない、甚だ歯切れの悪いステートメントなのだった。確実に言えることは、他の国の人が、中国の卓球の牙城を崩すのは極めて困難である、ということだけだった。なにしろ、中国のトップクラスの卓球選手で、ここ数年、中国人選手以外に負けたことがないという人が沢山いる。

そういえば、中国の囲碁も、最近では卓球のように、かなり絶対王者性を発揮しつつある。ただ、韓国や日本の棋士が健闘していることと、技芸の性質もあって、流石にここ数年、中国人選手以外に負けたことがないという人はなかなか存在しないはずである。

よく知られているように、公開鍵暗号のスキームでは、100桁以上の大きい素数を生成する必要があるが、当然にエラトステネスの篩のような方法で100桁以上の大きい素数を生成するにはそれこそ天文学的な時間がかかり、現実的ではない。

すると、とりあえず100桁以上の大きい整数を乱数などで適当に生成して、それが素数かどうか判定するのかということになる。ところが、100桁以上の大きい整数が素数かどうか厳密に判定するのも大変な時間がかかり、それもまた現実的でない。

なので現実問題、どうするのだろうと普段疑問に思っていたのだが、岡本龍明、山本博資著、「現代暗号」産業図書を眺めていて、確率的素数判定というのがあるのを知った。なるほど、それだと、とりあえず生成した大きい整数が素数かどうか確率的に判定して、ある確率で素数とみなしてよいなら、とりあえず話が済むということになる。

ただそのとき、合成数を素数だと誤認してしまう可能性もあるのだが、例えばRSA暗号の場合、素数と判定した2つの数p,qをもとに、(p-1)(q-1)を計算するスキームなので、たまたまp,qが合成数だったとしても、そんなに支障はないのだろう(本当か?)。

ともかく、「現代暗号」産業図書に確率的素数判定の例としてRabin法が紹介されていたので、それに基づきコーディングしてみることにした。

Rabin法は、次のような手順をとる。
  1. まず、nを素数判定する数とする。そこで、n = 2sm + 1を満たすsとmを求める。
  2. iを0とおく。
  3. 2 ≦ a ≦ n-1 をみたす整数aを乱数的に選ぶ。
  4. y = am mod nを計算し、y = 1またはy = n-1なら、nは素数であると判定して終わる。そうでないなら、次のステップに進む。
  5. i = i + 1として、i = sならnは合成数であると判定して終わる。そうでないなら、y = y2 mod nを計算し、y = n-1ならnは素数だと判定して終わる。y=1ならnは合成数であると判定して終わる。どちらにも該当しなければ、このステップ5の先頭に戻る。

これをC++で書いてみた一例のコードをrabin.cppとして示す。

このコードについてのコメントは、以下のとおりである。

  • このコードにおけるprimex.txtは、予めエラトステネスの篩により、106以下の素数を一つずつ改行でならべたプレーン・テキストである。このコードではとりあえず、73から999983までの78478個の素数について、Rabin法で素数判定した。
  • すると、普通にコーディングしてみただけだと、素数を合成数だと誤判定(false negative)するものが陸続と出てきて話にならない。どこかおかしいぞとコードを見直したら、ああ、と判った。C++では整数は32ビットで表現されるのだが、例えば y = ((y % n)*(y % n))%n;という計算箇所で、要するにyの二乗を計算するようになっており、すると、yが46000を超えたあたりから、yの二乗がオーバーフローしてしまう。これを回避する一番簡単な方法は、yを64ビット整数として宣言することなのだが、そんなオプションってあるのかなと調べてみた。すると、long long int y;のように宣言すればよいことが分った。そうやって描き直して恐る恐るコンパイルしてみると、きちんとコンパイルできた。そして、73から999983までの78478個の素数について素数判定したら、すべて素数だと判定した。なんと100%の正解率である。
  • 確率的素数判定ではないのかと怪訝になって考えてみた。するとこういうことではないかと解釈した。すなわち、せいぜい106程度の素数なら確実に判定できるが、公開鍵暗号で使用する100桁以上の大きい整数の素数判定だと、流石にRabin方法でも誤判定(false positive)する確率が高まるのだろう。
  • そもそも100桁以上の大きい整数の素数判定だと、多倍長整数として表現する必要性から、コードが複雑になり、処理も遅くなる。
  • ともかく、どんな大きい整数の素数判定でも、Rabin法の誤判定(false positive)率は1/4以下であるらしい。なので、1つの整数に対してL回Rabin法を適用してすべて素数と判定されたときのみ結果的に素数であるとみなすことにより、誤判定率は1/4Lまで低減できることになる。

いい加減

user-pic
0

外資系にいた時代から、上司からお前はいい加減な奴だと何度も言われた。しかも、その噂は流布されていたようで、私のことを憐れむように見る一群の人がいたりした。

確かに私に緻密でない面が多々あるのは確かであるが、私がいい加減な奴だと認定された理由はおそらく、私が圧倒的に沢山の仕事をしていたことにあると私は自分に都合よく解釈している。

すなわち、私は将棋の早指しのように、仕事を見切るところがあり、これでいいのだと見切ったら、合理的なやり方を考えて、どんどん処理するところがある。例えば、特許の中間処理で、発明の重要度に鑑み、米国対応特許の許可されたクレームに合わせればよいと見切ったら後は話が早い。

しかし上司は、それでいいのか、米国対応特許に合わせるだけでは駄目なケースもあるだろうという。確かにそうなのだが、では聞くが、なぜ貴殿は私に、他の人の倍の件数の中間処理をあてがうのか、と私は何度も言いそうになった。他の人達にもっと仕事を廻して私にじっくり処理する時間をつくろうとどうして考えないのか、ということである。

すると上司は、他の担当者は君のようにいい加減ではないから、じっくり考えていい仕事をするのだといいたいのだろうか。それにしては他の担当者はいつも期限ぎりぎりになって慌てて処理している。あんなやり方ではまともな仕事はできないのではないか、と私は内心でいつも思っていたが、言い訳になるので特になにも言わなかった。

しかし私のより本質的な不満は、私がもっている精細モードを上司たちが意図的に見落としているということである。というのは、私がルーチンワークを合理的に処理するのは、そういうやり方で大局的にみて十分だという見切りと、それによって余った時間を他の、より優先順位の高いことに投入するためである。

そして他のこととは当時、特許電子出願のアプリを作成していたことである。ところが特許電子出願のフォームが極めて厳密で、いささかのいい加減さも許されないものだった。結局そのアプリというかツールはその後20年以上も部門で使われるのだから、私が単にいい加減な奴でないのは明らかだと思うのだが、そのことを指摘してくれた人は誰もいない。

あと付け加えたいのは、特許明細書の作成である。管理職を降りて、特許明細書の作成に、私はある意味人生を懸けた。どうやって懸けたかというと、もちろんきちんと発明者に聞くとともに、関連技術の理解のため、書籍を買う費用を惜しまないということである。それこそ、一発明で最低一冊の本を買うようにしていた。その本で得た知識は必ず明細書の内容に反映した。それで私としては単に部門内のことであるが、かなりトップクラスの品質の明細書を書いたつもりで、流石に何人かの人にその内容を評価してもらえた。今のところ私が書いた明細書は111件審査されて、特許査定率は99%である。といいつつ、私が会社を辞めてから、私が書いた明細書の中間処理は、部門の後輩の人達や外部弁理士の方の手を煩わせている。とても大変だった件もあったようで、私は実は大きなことが言える立場ではない。

さて、外資系時代に、部門内に何人か、特許出願が決まっても1年以上も明細書の作成を放置している人がいた。その人の上司が何も言わないので、見るに見かねて私が、いくらなんでも放置しすぎではないか、と指摘したら、「俺はお前のようにいい加減ではないから、じっくり仕事を考えるんだ、一緒にするな。」と逆切れされてしまった。

あ~あ、私がいい加減だという都市伝説はまだ生きているんだ、と悲しくなった。そういえば、もうとっくに定年になっていてたまに会社に来ていた私の元上司は、私の具体的な仕事ぶりを全くみないで、私が未だにいい加減な仕事をしているみたいに言いなすんだよな、と思い出した。

で、私がどんな仕事をしようと、結局、私に否定的な人達は、私の具体的な仕事ぶりは一切みないのだから、どうしようもないな、仕事は将棋のようにはっきり結果を見せられないものな、と諦めてしまった次第である。

人間失格

user-pic
0

私の純文学ツアーもそろそろ、学習モード、すなわち有名どころの作家の作品を一巡してみる、というモードから、作家に拘らず気に入ったもの、面白そうなものを読む実施モードに移ろうと思うのだが、学習モードの終盤でどうしても読んでおきたい作品があるのであって、それは太宰治の「人間失格」である。そのため、岩波文庫で、「人間失格、グッド・バイ 他一篇」というのを買っておいた。

じつは「人間失格」は、高校のとき読んだことがある。そのときは、あまりにも現代国語が苦手なので、入試対策に何か有名な文学作品を読んでおこうと、文学全集のうちの一巻である「太宰治集」を買って読んだ。その中に「人間失格」と「斜陽」などが収められていて、どちらも読んだのだが、そのときの私は「斜陽」の方が面白いと思った。

「人間失格」も私には結構しっくりきたのだが、その理由は、「人間失格」の最初の方で葉蔵が、人嫌いなのにそれを韜晦するために道化をする件である。すなわち、田舎でずっと異邦人のような生活をしていた私は、なんとかみんなに受け入れてもらうために、道化を演じた。それは場合により功を奏し、場合により見破られて却って立場が悪くなったりした。ただ、基本的に人付き合いが苦手で、今に至るまで一種人工的な対応で世間を渡ってきたのは確かである。

だから最初に「人間失格」を読んだとき、葉蔵が竹一という白痴っぽい同級生に「ワザ。ワザ。」と指摘されて一気に不安と恐怖に捉われてしまったというのも、嘘でしょうと二重の道化と思ってしまったのだった。だって、道化が100%成功することなんてなくて、当然にすべったりするはずである。

あと、勝手な思い込みで「人間失格」のストーリーはだいたい憶えているつもりでいたのだが、読み直してみて、「ワザ。ワザ。」のところ以下は全く記憶にないことが分った。高校生の私は本当に「人間失格」を本当に最後まで読んだのだろうか。で、今にして思えば、あまりにもナイーブな高校生の私は、受験勉強の現代国語の足しに一応最後まで読んだものの、乏しい人生経験では女のところに入り浸って、酒だけでなく麻薬にまで手を出し、女と心中して自分だけ助かるという人生が理解できるわけがない。なので、記憶に全くないのだろう。

本当のことをいうと、今だって理解できない。だって、カフェで女に見初められて、そのまま女のところに転げ込むなんて経験、私にはないもの。

それを少しでも分かったような気になるのは、例えば、小池重明の生涯とのアナロジだったりする。

太宰治と小池重明は、酒に溺れ、女にだらしないこと、つい道化を演じること、そして各々分野は違うが、ぴか一の才能があることと、いろいろ似ているのだが、どちらも人格障害だとしても随分色合いが違う。少なくとも小池重明は女と心中しようとしていないし、他人との付き合いに怯えるほどの恐怖は感じていない、多分。

で結局私は、折角「人間失格」を読み終えたものの、太宰治とはどんな人間なのか、と雲を掴むような気分のままである。内気なところと、道化を演じるところは私とも共通点はあるが、私は下手に現実的で、人生を踏み外せない。なんともつまらない男なのである。だから女性からみてなんの魅力もないのだが、「人間失格」を再読して一つだけよかったことがある。それは、いやあ女にもてなくて本当によかった、と人生で初めて安堵した。冗談でなく、行く先々で女性に色目使われまくったら私の繊細な神経はもたない。そのあたり、太宰も小池も平気で受け入れられるのだろう。

いやいや、「人間失格」に出てくる男は太宰そのものではなくて、なにかデフォルメされた、仮想化された人格なのだが、そうはいっても、太宰が何度も女性と心中を試み、一度は女性だけが亡くなって警察沙汰になったのもたしかである。で、いよいよ「人間失格」と本物の太宰との相違点が分からなくなってきた。

それにしても、まったく感想文にもなっていない。いったい自分は何に動揺しているのか。ともかく太宰の他の作品も読んでみよう。

夏バテ

user-pic
0

ある休日、自宅でくつろいで、家入レオの「君がくれた夏」をYouTubeで聴いていたら、3年前の夏を思い出した。それは、今年よりも数段暑い夏でその暑さも一因だと思うのだが、朋友というか戦友のFさんが突然亡くなってしまい、大変ショックだった。それでなくても私は予定外の早期退職で気持ちが鬱屈していたのだった。

そんなに暑く、気持ちは随分鬱屈していたのに、3年前は夏バテしたという記憶がない。というか、私は決して体力に自信はないのだが、なぜかあまり夏バテしたという記憶がない。ビールでも飲んで、スタミナのつくものを食べて、寝ていればなんとかなっていたと思う。

ところが、つい先日のことである。決して夜更かししたわけではないのに、また早起きは得意なはずなのに、朝起きるのがとても辛い、ということがあった。しかし、急ぎの仕事があるので会社を休むわけにはいかない。ちょっとふらふらしながら、なんとか電車に乗って会社に行った。

会社に行く途中で、もしや、と思いコンビニで、ペットボトルのお茶と、塩飴を買った。そしてオフィスで席に着くと、お茶をがぶ飲みし、塩飴を3個くらい一気に舐めた。すると、ようやく人心地がついたような気がした。

それで冷静になって思い出すと、前日の夜、暑かったので、ビールを何杯かがぶ飲みして、そのまま寝たのだった。しかし、これは負ければ敗着で、見事に脱水症状で熱中症の初期症状だったようである。そもそもがビールは液体とはいえ、決してお茶の代わりにはならない。利尿作用があるからである。そういえば、暑いとき、おいしいのでビールをどんどん飲んで脱水症状で朦朧となって死ぬ一歩手前までいき、救急車で運ばれた人がいたと聞いたことがある。

そもそもが私は、約一か月ほど前に原因不明で左足の不調になり、そのせいで、習慣にしていた土日の散歩をしばらく自粛した。しかもオリンピックが始まったので、最近はクーラーをきかせて部屋にこもり、テレビばっかり見ていた。それで急速に体力を失い、今までになく夏バテした、ということのようである。

で、外資系の会社を辞めてから三年間に、じりっじりっと老化が進み、体力を奪われてきているのだな、と改めて感じた。すると、少々足が痛いなどと言っていられない、朝晩の涼しいときには散歩に行かなくてはならない。また、オリンピックでたまたま日本人選手がメダル取ったからといって、それを言い訳にして昼間からビールを飲みまくるのも体にいいわけない。

要するに、私くらいの歳になると、黙っていても、穴のあいたバケツから水が漏れるようにどんどん体力を失うのだから、体力作りは必須なのだった。わかっちゃいるけど、やっぱり外は暑い。

にごりえ

user-pic
0

樋口一葉のたけくらべは、苦労して読み終えたら、その独特の情緒の世界に魅了された。なので、もうひとつの代表作である「にごりえ」も読むことにした。

「にごりえ」の主人公は、菊の井という料亭のナンバーワンである、お力。この料亭であるが、単に料理を出すというだけでなく、お気に入りのホステスを指名して、お酌をしてもらい、三味線を弾いてもらって団体で宴会したり、場合によっては泊まることもできるというので、高級遊郭でもあるのだろうか。

ともかく、お力は菊の井で一番若くて器量もよく、ただあまり愛想がいいわけではないのだが、そういう突き放したところが却っていいのか、指名する人が後を絶たない。

さて、町内に蒲団屋の源七という男がいて、妻子があり、結構羽振りがよかったのだが、お力に入れ込んで身上つぶし、落ちぶれて今では家族で八百屋の裏の小さな家に住んでいる。源七はいまでもお力のことが忘れられず、ときどき菊の井に会いにくるのだが、お力と源七のスキャンダルは町内でもすっかり有名で、それを気にしてお力は決して源七に会おうとしない。

あるとき、菊の井にお客として、結城朝之助という若い男がお客としてやってきて、お力が相手した。気難しいお力だが、若くてイケメンの結城には気安く感じて、軽口をたたいたりした。もちろん結城もお力のことがすっかり気に入った。それで、結城はお力に身の上を尋ねるのだが、お力はのらりくらりとかわして、まともに応えようとしない。

それでも、結城が何度も通ってくるので、お力は次第に結城に身の上やいままでの経緯も切々と打ち明けた。源七との仲もである。そうしていると夜も更けてきた。あらっ、こんなに晩くなったのか、帰らないとと結城が帰ろうとするのをお力は必死で留めて、泊まらせた。そうやってお力と結城は昼間でも一緒に町を歩くような仲になった。

さて、源七の家では、源七が妻のお初に酒を所望するのだが、酒を買うお金なんてないわよ、と不機嫌に言われてしまう。なにしろお力とのスキャンダルは当然に妻にも公然で、源七は妻に頭が上がらない。源七は蒲団屋をたたんでからは力仕事のようなアルバイトの仕事をするのだが、その薄給では生活するのに苦しいので、お初は必死で内職を仕事をしている。それでも、一人息子の太吉が生きがいでなんとか生活している。

その太吉であるが、ある日遊びに行っていたのだが、帰ってくると、お菓子を袋を抱えている。当然お初は、どうしたんだい、そのお菓子、と聞く。すると、太吉は、お力のおねえさんが知らないお兄さんと一緒にいて、たまたま出会ったのでお菓子を買ってくれたのだという。

それを聞いたお初は形相が変わった。なにしろお力というと、不倶戴天の仇敵である。お初は激怒して、そんなお菓子なんて捨ててしまいなさいと激しい口調でいうのだが、息子は折角のお菓子なので、困っている。

すると、源七は、誰にもらったのであれ、折角のお菓子、食べさせてやればいいではないかと口を出した。それがお初の怒りに油を注ぎ、お初は普段の鬱憤をこのときとばかり並べ立てた。わたしたちがこんな惨めな暮らしをもあんたがあんな鬼女に入れこむからじゃないかと、延々とまくしたてる。

すると、売り言葉に買い言葉で、源七は反論した。すなわち、おい、俺だってこの家の主だ、今までなにがあったにせよ、この一家の大黒柱だ、そんな俺にそんな物言いがあるか、お力が鬼ならお前は閻魔王だ、お前なんぞこんな家に置いておけない、離縁だ、出ていけと怒鳴ると、出て行ってもすがる実家も知り合いもないお初は、お前さん、私がいいすぎたよ、許しておくれ、と涙ながら謝った。

そこで矛を収めておけばいいものを源七は、普段から妻に嫌味を言われ続けていたのが溜まっていたか、いいや、絶対に許さん、お前が出て行かないなら俺が息子を連れて出ていくという。

しかし息子はやはり母親の方に懐いており、どこに行くあてがあるのか知らないがお初は、太吉を連れて出て行ってしまった。ひとり茫然とたたずむ源七。

それからしばらくして、お力が町を歩いていると、ふと、源七に呼び止められた。そんな町中で声をかけられては、逃れようもなく、お力は源七と仕方なく道すがら話した。そういう二人をみた人がいたらしい。

ところが、それからほどなくして、男が女を刺して、自分も切腹し果てるという心中事件があり、町内で話題になった。これで一番の売れっ子だったお力を喪った菊の井は大変な痛手だった。

ともかく、この事件は長く怨みを残し、お寺の方には人魂が飛ぶのがみえたという。

さて、読み終えて、「たけくらべ」よりもストーリーの線が太くて分かりやすかったが、その分、抒情性としては「たけくらべ」の方が富んでおり、それで世間の評判は、「にごりえ」より「たけくらべ」の方が高いのであろう。

私の評価は、どちらも同じくらいだが、ただ、「にごりえ」の夫婦喧嘩のシーンが妙にリアルで身につまされるので、どちらかというと「たけくらべ」の方を好むというところである。

あと、最後にどうでもいい蛇足をいうと、私は、お力というと、囲碁の一力七段がイメージされてどうしようもなかった。しかし、お力 = 一力七段ではストーリーが成立しないので、一力七段のイメージを掻き消すことにいささかエネルギーを費やしてしまった。まったく、私の想像力の不随意性には困ったものである。

昔から耳学問により、徳川時代の思想家になんとなく興味はもっているのだが、なにしろ知識が皆無に近い。日本思想史という意味では、当然であるが、空海や、道元、菅原道真など偉人は沢山いるのだが(といいつつ、知識がないのであまり列挙できない)、戦国時代を経て、徳川家康が日本を統一したことで戦乱の世が安定し、すると文化が栄えるので、徳川時代には多くの思想家が輩出した。そして特に徳川思想は明治に継承され、現代日本にも相当流れ込んでいるので重要であろう、みたいな認識で、この際、私の普段からの興味とはいささか遠いのだが、たまたま古書店でみつけた、源了圓著「徳川思想小史」中公新書を読んで、自己メモとして簡単にまとめてみることにした。なにしろ前提知識がないので、随分的外れなことを書いてしまうかもしれないが、それはそれで綾である。

さて、徳川思想は、朱子学から始まる。なぜ徳川幕府が経世の学問として朱子学を選んだのか、いくら考えてもわからない。というのは、私の知る限り、朱子学は思弁的な哲学体系であり、あまり政治に役に立たないのではないか。しかし、それは朱子学の一面にすぎず、朱子学が林羅山によって受容されたとき、上下定分の理、すなわち身分固定の思想として理解されたという。朱子学は多様な側面をもつのであって、武士の公的世界への責任感を引き起こしたり、あるいは朱子学には尊王論の一面もあり、徳川時代末期に水戸藩の思想的根拠になった。あれっ、水戸藩がその拠り所としたのは国学ではなかったか。それとも国学も朱子学の分派とみるのだろうか。全く何も分かってないので、困ったものである。

林羅山の学風は、山崎闇斎に受け継がれた。山崎闇斎は熱心な教師であったが、圭角の人であり、弟子たちは畏れていたらしい。ともかく山崎闇斎の基本的思想は「敬」の概念であり、その厳格な性格ですぐれた業績を残した。

朱子学の文脈で他に挙げられるのは、貝原益軒と新井白石である。貝原益軒といえば、「養生訓」を読んだことがあるが、医学啓蒙書のように感じた。じっさい、貝原益軒はベーコンに比すべき経験的合理主義者だったという。新井白石は歴史研究に新しい側面を拓いたのだが、彼も朱子学者に連ねられるのだろうか。

次は知行一致で知られる陽明学であるが、果たして陽明学が一度でも徳川時代にメジャーになったことがあるのだろうか。しかし、陽明学を受容した学者として、中江藤樹や熊沢蕃山がいる。結局陽明学はメジャーにならなかったが、西郷隆盛など討幕派たちの心術に影響を与えたようである。

さて、朱子学を儒学の一派とみたとき、始祖の孔子の教えからかなり乖離しているのではないか、と考えたとしてもおかしくないだろう。そこで原点回帰として古学が現われた。典型的には山鹿素行、伊藤仁斎、伊藤東涯、及び荻生徂徠である。古学者は、中国の古典的儒教文化に対する尊敬の念を持ち続け、そこに普遍的な人間的理念が展開されているとみなして、自己の人間性を培おうとした。これは果たして、マルティン・ルターが聖書そのものに拠ろうとしたことと似ているのだろうか。

徳川時代のように平和が長く続くと、武家よりも商人が幅を利かせてくる。そして商人、あるいは町人の思想として特筆すべきは、石田梅岩の心学である。石田梅岩は、商人の活動を神儒仏老荘で基礎づけた。まるでプロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神の文脈におけるカルヴァンのようではないかというアナロジは浅薄すぎるか。

そして、私にとって徳川思想の精髄というか繚乱のような開明思想に言及する。その担い手は富永仲基、三浦梅園、前野良沢、平賀源内、杉田玄白、山片蟠桃、海保青陵に言及する。これらの担い手は、蘭学などにも配慮し、自分の頭で合理的に世界観をつくりあげようとした。私は個人的には富永仲基、三浦梅園、山片蟠桃に特段の興味があるが、なにしろほとんど知識がないのだから、乃木坂46に対する興味とあまり変わるところがない。勉強しなくては。

さて、経世家の文脈で安藤昌益が言及されるが、彼はユートピア思想家であれ、経世家と呼ぶにふさわしいのだろうか。ちなみに、私が浮気をしないのは安藤昌益の教えに従うものであるが、単に女性にもてないから、という説の方が有力である。

駆け足できたので、もう国学に言及することになった。国学も古学と同様に朱子学を離れて原点回帰しようするものであるが、古学が孔子以前の先王の道に還ろうとしたのに対して、国学は、典型的には古事記、万葉集などに綴られている日本の古道に還ろうとするものであった。国学の創始者として挙げられるのは、契沖である。契沖は日本の古い文芸を研究することで日本古来の思想を探ろうとした。

契沖に続く国学者は荷田春満である。荷田は、神社の神官の子として生まれ、神道と歌学を基礎として自己の学問を形成し、国史、律令にも研究を広げた。

その荷田春満の弟子のような存在なのが、賀茂真淵である。賀茂真淵は古歌の研究を推し進めた。そしていよいよビッグネーム、本居宣長の登場である。その基準が私にはわからないが、徳川思想のビッグスリーは、伊藤仁斎・荻生徂徠・本居宣長だそうである。高校の日本史の教師は、ここ、試験に出るから憶えておこうね、というのだろうか。

本居宣長は、荻生徂徠の影響を受けて古文辞学に熟練し、実証的学問としての国学を確立した。

そして最後に挙げられる国学者として平田篤胤がいるが、私は平田篤胤の名を聴くとちょっと暗澹としてしまう。なぜなら、戦時中に軍部は、平田篤胤の思想をわざと誤解して、狂乱的な国粋主義に走ったからである。

次は幕末志士の思想である。幕末志士の思想というとどうしても、後期水戸学派が外せない。桜田門外ノ変で井伊直弼を斬ったのは、水戸藩士だった。

一方、幕末改革思想の担い手は、佐久間象山、横井小楠、吉田松陰である。佐久間象山は西洋思想を積極的に取り入れて、日本を強化しようとした。横井小楠は、世界の中の日本の位置づけ、外交など思索を続けた。吉田松陰は、攘夷論から出発し、一君万民の思想まで高めた。

以上、とりあえずキーワードを皮相的に並べたにすぎないが、ここをstemにして、徳川思想の勉強をしていきたいと思う次第である。

人生の縄

user-pic
0

人生の縄というのは、たんに「禍福は糾える縄の如し」ということわざをもじっただけで、なんの新規性もない。もし特許出願したら、20個くらい従来技術を引かれてあえなく拒絶されてしまうくらい従来より周知の命題なのだが、それでもオリンピックを観ていて、ちょっと感じたので、とりあえず書いてみる。

目下、私の中に映えているオリンピックのアスリートに、水泳の萩野と、平泳ぎの金藤と、卓球の水谷がいる。

まず、水泳の萩野である。去年のカザンでの世界水泳を観戦していて、目だったのは瀬戸と、渡部香生子だった。本来エースだった萩野は怪我でその大会には出場できず、とても悔しい思いをしたようである。

平泳ぎの金藤は、広島の庄原の出身なので、つい親近感を覚えるのだが、前回のロンドン大会のときは、期待されていたのだが、そもそもオリンピックの選考から漏れて出場さえできず、悔しくて引退さえ考えた。しかし、その後、加藤コーチを信頼し、二人三脚で猛練習してここまできた。

水谷は、押しも押されもしない日本男子卓球のエースなのだが、前回のロンドン大会では個人戦の四回戦で負けて、ふてくされてしまった。それでその後の世界戦にわざと出なかったり、国内戦で一回戦で格下に負けたりして、引退まで考えた。しかし、家族の支えがあってその後努力して、ついにオリンピックの個人戦でメダルを取るまで到達した。

しかし、私がより注目してしまうのは、栄光の影にいる瀬戸と渡部香生子である。瀬戸は銅メダルが取れたからまだいい。渡部香生子は期待された200mの平泳ぎ準決勝で、八位に終わり、その後のインタビューで本人は情けなくて涙していた。これの原因は、カザンで活躍したことにあるのだろうか。

しかし、この惨敗は渡部香生子にとってむしろ福音である。確実に東京大会への活躍につなげられる。今回の卓球個人戦の一回戦で敗れた石川は、これをバネに今大会の残りで活躍するだろう。

むしろ、これまた自明ながら人生の縄のステートメントは、成功の後には必ずスランプがある、ということである。それは慢心のせいなのだろうか、それとも成功に至るまでの努力の結果としての疲労なのだろうか。私にはそれを超えた人生の自然法則であるように思われる。そしてこれも自明だと思うがあえて蛇足で付け加えると、失意から這い上がる努力よりも、成功を忘れて(undo)一から努力する方がさらに難しい、ということである。

すると人生の真のチャレンジは、金メダルを取り、その栄光をかみしめつつ、新たな目標を見つけて、人生にセキュリティパッチをあててリブートすることである。そういう意味では、空前のメダルに受かれる日本チームにとって、次期東京大会が案外に大きなチャレンジ(艱難)になりえる。

大山康晴は、一時の栄光より勝ち続けることだ、と言った。ううん、技芸の性質上、アスリートに大山康晴を持ち出すのは場違いか。

夜の床屋

user-pic
0

古書店で、沢村浩輔「夜の床屋」創元推理文庫というのをみたとき、なに?と注目した。「夜の居酒屋」というなら、なんの新規性もないが、夜と床屋という組み合わせが目新しい。しかも、創元推理文庫というのだから、推理小説なのだろう。もしかして、風俗関係で夜の仕事を終えた人達の髪を洗ったりする床屋の人情ミステリーなのかな、と乏しい想像力を働かせながら、読んでみたらどうも様子が全く違う。

「夜の床屋」は短編集で、「夜の床屋」、「空飛ぶ絨毯」、「ドッペルゲンガーを捜しにいこう」、「葡萄荘のミラージュⅠ」、「葡萄荘のミラージュⅡ」、「「眠り姫」を売る男」の六篇からなる。

「夜の床屋」は、山奥に旅行にいった二人の学生が、道に迷ってしまった、というところから始まる。ともかく泊まるところを見つけようと歩くのだが、ホテルはおろか喫茶店もない。これは野宿かと、それでも歩き続けていたら、たまたま線路に出会った。そこでちょっと危険だが、線路に沿って歩くことにした。電車が来そうならよければいい。

そうやって歩いていると、一応駅に着いたのだが、駅といっても無人駅であり、駅前も、以前は多少店もあったのかもしれないがすべてシャッターが下りて、ゴーストタウン化している。駄目だこりゃ、駅のベンチで野宿かと思っていると、急にある場所で灯りが点った。二人は、えっと驚き、飛んで火に入る夏の虫のように、灯りに惹かれていった。

すると、床屋のようであるが、もう夜の10時を過ぎていて、そんな時間に床屋が開いているという話は聞いたことがない。で、聞いてみると、初老の店主は、以前ここで床屋をやっていたのだが、町に人がいなくなって、商売が成り立たなくなったので、今では昼間は工場で働いているのだが、しかし近所の人達は近くに床屋がないので、ときどき散髪してほしいという要望がある。それで予約制で夜だけ営業しているんだという。それで折角なので、二人の学生はシャンプーしてもらうことにした。男の娘という美人の女性も助手で出てきたので、二人はすっかり気をよくした。しかし、それはある犯罪計画の一環だった、というのだから意外や意外である。これ以上はネタはあかせない。

「空飛ぶ絨毯」は、ある少女が、霧の深い町で、霧を怖がっていたのだが、思い切って霧の中を散歩してみたら、幻想的ですっかり散歩が病みつきになった。しかも、同様に散歩している格好いい男の子に出会って、ちょっとしたロマンスのようになった。そして、七夕の夜に決まった場所で会いましょうと約束したのだが、実際に七夕になったとき、少女には用があってどうしても行けなかった。そしてそのままその約束のことは忘れてしまった。

それから何年かたち、大学生になって親とは離れ、一人暮らしになったその少女、すなわち女子大生は、寝ているベッドの下には確かに絨毯が敷いてあったのだが、起きたら絨毯が消えていたという事件があった。すると、誰かが女性の部屋に無断で入ったということになるのだが、女性は乱暴されていないし、絨毯以外盗まれていない。それを女子大生が男友達に話すと、どうも様子がおかしい。なにか真相をしっているらしい。そして、一人の学生が話すところによると、どうも、七夕で約束した男と関係あるらしいとなって、いよいよ何それ?と謎は深まるのだった。

「ドッペルゲンガーを捜しにいこう」は、あるアパートに住んでいる学生のところに、見ず知らずの小学生が訪ねてくるところから始まる。当然に学生は怪訝がるのだが、どうも大家さんの孫で、大家さんの紹介らしい。それで聞くと、小学生の友達にドッペルゲンガーが出て困っている。それを放置すると友達は呪い殺されてしまう。なんでもドッペルゲンガーは廃工場に住んでいるので捜しにいくのだが、子供だけだと不安なので、付き添ってほしいという要望だった。

学生は、馬鹿馬鹿しいとは思ったが、暇だし、面白そうなので付き合うことにした。そうしたら、廃工場に行く道すがら、小学生の関係者にいろいろ話しかけられる。実はドッペルゲンガー捜索ツアーも、「夜の床屋」と同様の壮大な、ある意味荒唐無稽ともいえる計画の一環なのだった。

次は「葡萄荘のミラージュⅠ」であるが、勘の鈍い私はここでやっと、学生たちが、「夜の床屋」から一貫して登場しているんだと分かった。すると、するとこれは短編集のようで、実はloosely coupledされた長編とみなすこともできるということになる。そして、「葡萄荘のミラージュⅠ」になって、ストーリーはクライマックスに向かうことになる。すなわち、ある学生が、別の友人の学生に、北陸にある、別荘に招待された。それは先祖が明治時代に建てた、とても由緒ある別荘らしいので興味をもった。それだけでなく、別荘には秘宝が隠されていて、それを探すこともできるという。ところが、駅に着くと、迎えにきたのは、友人でなく友人の弟で、なんでも所用で不在なのだという。その別荘に着くと、早速、友人の弟と宝探しを始めたが、どうも手かがりが掴めない。怪訝なのは、この屋敷に猫が沢山集まってくることである。

そして、「葡萄荘のミラージュⅡ」になると、秘宝はどうもミラージュという香水に関係あるらしいと分かった。そして、イギリスやドイツにも連なる壮大な謎と野望の一端が次第にみえてきた。

「葡萄荘のミラージュⅡ」の中で、主人公の学生は、ある外国人の学者兼作家の作品を紹介された。その小説が「「眠り姫」を売る男」である。そのストーリーは、イギリスの、元お城だった牢獄を舞台に始まる。その牢獄に、あるインテリ風の男が入ってきた。凶悪犯の多いその牢獄は、ほとんどが荒くれなので、インテリは目立つし、何かと虐められる。

特にインテリは、ジャックという性質の悪い看守に、ことあるごとに目をつけられて虐められた。ところが、ある夜、ジャックが何者かに惨殺されるという事件が起きた。クローズド・スペースに他所から人が入ってくる余地は極めて少ないので、当然に、いつも虐められているインテリが、疑われた。しかし、インテリだけでなくすべての囚人はみんな確たるアリバイがあった。被監視社会では、アリバイを明確にしやすいのである。で、結局事件は迷宮入りになった。

そんなインテリは、次第に打ち解けてきた、ごく一部の囚人たちに、怯えながら、自分は犯人を知っているという。仲間の囚人たちが問いただすと、とても言いにくそうに、インテリは、それは「眠り姫」だという。ここからはこの一連の小説全体のコアなので、言及しないが、それにしても、特に「葡萄荘のミラージュⅠ」あたりから始まって、なんとも壮大な幻想的なストーリーに仕上がっていることよ。

じつは、この短編集には、「エピローグ」と称する文字通りの最終章があって、この章により、「夜の床屋」から「眠り姫」までが一気通貫する。いや、じつはかなり強引であって、決してstrongly correlatedではなく、merely conceptually associatedなのかもしれないがともかく、その強引さもふくめて、作者の卓越した想像力を称賛したい気持ちになった次第である。

王位戦第3局が始まった。私はもうすっかり羽生の復調を信じているので、安心して観戦することにした。さて、戦法はというと、矢倉をメインに予想したが、木村が横歩取りを選ぶことも十分考えられた。なぜなら、観察する限り、後手番横歩取りは依然として勝率が高く、有力に思われるからである。

すると、果たして木村は横歩取りを選んだが、羽生は比較的例が少ない3八銀形を採用した。例によって31手まで進める。

【図1】 31手目▲3七桂まで
持ち駒:△木村=歩3



持ち駒:▲羽生=歩2
さて、▲3七桂と跳ねた形はかなり前例があるらしい。ここで後手の前例は、△2三歩、△2七歩、△2五歩、△8八角成のどれかであるが、どれがいいのか難しい。本譜はがっちり△2三歩で、以下、▲7六飛,△8八角成,▲同銀,△2八角と進んだ。ここで羽生の封じ手となった。

【図2】 37手目▲4六角まで
持ち駒:△木村=歩2



持ち駒:▲羽生=歩3
ここでの一応の選択肢は、▲4六角と▲7三歩だが、羽生は▲4六角を選んだ。過去の実戦例では、この局面で先手が勝っている例が多いそうである。▲4六角に対しては、とりあえず後手が香取りを受けなくてはならないが、受け方は△6四歩と△7三歩があり、一見△6四歩がプロ筋なのだが、木村はがっちり△7三歩と受けた。これに対して羽生は▲7四歩とこじ開けにいったが、以下、△6四歩,▲4五桂,△4六角成,▲同歩と進んだ。

【図3】 44手目△7四飛まで
持ち駒:△木村=角歩2



持ち駒:▲羽生=角歩2
ここで木村の△7四飛がすごい手である。なぜなら先手からの▲9六角が見えているからである。しかし、▲9六角だと△6三角と受けられて先手が思わしくない。そこで羽生は▲7五歩と打ち、以下△8四飛,▲5六飛,△6二金,▲8六歩,△6五歩と進んだ。ここで普通に考えると、先手は△6五歩をターゲットにして▲7七桂なのだが。

【図4】 51手目▲7四歩まで
持ち駒:△木村=角歩2



持ち駒:▲羽生=角歩
ここで▲7四歩が羽生の好手で、放置すると▲7五角があるし、△同歩なら▲6四角がある。なので、木村の△7四同飛は仕方ないが、以下、▲9六角,△6三角,▲7四角,△同角と進んだ。

【図5】 57手目▲3四歩まで
持ち駒:△木村=角歩3



持ち駒:▲羽生=飛歩
ここで羽生は▲3四歩だが、ここは▲7一飛が正解らしい。▲7一飛だと△4四角,▲5三桂成,△同角,▲2一飛成,△3一金,▲6四桂,△4二玉,▲3一竜,△同銀,▲7二桂成,△同金,▲3三金,△5二玉,▲4三金,△同玉,▲5四銀,△5二玉,▲5三銀成に△6一玉で難解という。
それで羽生は▲3四歩を選び、以下、△6六歩,▲同飛と進んだ。

【図6】 60手目△6三歩まで
持ち駒:△木村=角歩2



持ち駒:▲羽生=飛歩2
そして木村はがっちり△6三歩を選び、これで自陣が引き締まった。形勢は互角らしい。ここから、単に△4四歩と面倒をみる手と、△3七歩と攻める手があるが、木村は後者を選んだ。そして、△3七歩,▲3七同銀,△2九角成,▲6八玉と進んだ。

【図7】 66手目△4四歩まで
持ち駒:△木村=角歩



持ち駒:▲羽生=飛歩3
ここでようやく木村は△4四歩だが、▲3三歩成,△同桂,▲同桂成,△同銀,▲3四歩,△2二銀と進んだ。

【図8】 73手目▲3六桂まで
持ち駒:△木村=角桂歩2



持ち駒:▲羽生=飛歩2
そして羽生の▲3六桂が好打である。木村がこれに対して△4二玉と受けると、▲2四歩,△1九馬,▲4八金,△2四歩と進んだ。

【図9】 79手目▲6五桂まで
持ち駒:△木村=角桂香歩3



持ち駒:▲羽生=飛歩
そして、羽生の▲6五桂が厳しい。これを放置すると、▲4四桂,△3一金,▲2三歩,△同銀,▲5三桂成がある。そこで、木村は△1四角と受けた。▲2三歩に△同角の余地をつくった。そこで▲4五歩,△同歩,▲4四歩と進んだ。

【図10】 84手目△5一桂まで
持ち駒:△木村=香歩4



持ち駒:▲羽生=飛
しかし、木村は受け師の本領を発揮して△5一桂と頑強に受ける。羽生はどうするのかみていると、▲2四桂,△3一金,▲1六飛として飛車の活用を図った。そして木村の△7四香に羽生は▲7七歩とがっちり受けた。

【図11】 90手目△6四歩まで
持ち駒:△木村=歩4



持ち駒:▲羽生=飛
木村は△6四歩から桂馬を取り外しにかかるが、羽生が▲1四飛,△同歩,▲7一角と角で攻めると、これは収束に向かって大きく局面が動いた。すなわち、▲7一角以下、△6一飛,▲6二角成,△同飛,▲3二金,△5二玉,▲3一金,△同銀となって。

【図12】 101手目▲5三桂成まで
持ち駒:△木村=角金歩4



持ち駒:▲羽生=飛金歩
▲5三桂成となると、いつの間にか羽生が勝勢になっている。すなわち、▲5三桂成,△5三同玉,▲3三飛,△5四玉,▲3一飛成,△4二角,▲1一龍,△2四角,▲5六香,△5五歩と進んだ。

【図13】 投了図 111手目▲3三銀まで
持ち駒:△木村=金桂2歩3



持ち駒:▲羽生=金歩
そして▲3三銀となってみると、▲5一龍と▲2四銀成のどちらかがあり、木村の投了となった。

木村の敗因はなかなか分かりにくいが、【図11】の△6四歩のところで、私の素人考えだが、じっと△4一角と飛車切りを避けて逃げて、それから△6四歩を狙う手はなかっただろうか。いやそれは、▲5六飛と回られて、▲5三桂成,△同金,▲6二飛を狙われて後手が悪そうである。蛇足だが、▲5六飛に△5四歩,▲同飛,△5二歩と受けても、▲7一飛が厳しい。あるいは単に▲4三歩成でもよい。こんな変な手を考えると私の弱さがばれる。

また、局後の検討によると、羽生が▲1四飛と角を切った瞬間に、単に△同歩でなく、△3七馬と銀をとっておく方がよかったという。すると、▲7一角に△6一銀打と銀が受けに使えて、後手が簡単には寄らない。そして▲3七金と馬をとった時、後手も△1四歩と飛車を取り返して、△3九飛などの手が残り、大変のようである。

ともかく、終盤は木村が羽生の気合いに押されたと言える。こうして気合いが漲ってきた羽生から木村がタイトルを奪取するのは相当に難しそうである。また、今の調子の羽生なら、佐藤天彦にあんなに簡単に名人位を奪われたとは思えない。数ヶ月に亘る気の迷いのような羽生の一時的な不調が返す返すも残念である。

少しだけバックナンバーだが、数学セミナーの7月号は、中心極限定理の特集だった。で、中心極限定理って一体なんのこと?と思って眺めてみると、二項分布の極限が、ガウス分布というか正規分布になる、という話なのだった。

これはもともとド・モアブルが見出したことで、ド・モアブルは階乗を指数関数で近似するというスターリングの公式も独自に導いたのだった。

しかし、これだけでは中心極限定理のさわりで、ラプラスが示したという次の定理でいよいよ中心極限定理ぽくなる。

独立で同じ分布をもつ確率変数X1,X2...の和、Sn = X1 + X2 + ... + Xnの分布は、nが大きいと正規分布で近似できる。

ここまで言ってもらうと納得である。というのは、例えば典型的な統計学の教科書では、いきなり天下り式に正規分布がでてきて、私はいつも戸惑っていたからである。

ただ、上記の命題に対するラプラスの証明は粗くて、チェビシェフ、リャプノフ、マルコフら、ロシア学派が議論を精密化した。

さて、金融ファイナンスで、ブラック・ショールズ・モデルは、近似的に対数正規分布になることが知られているという。

一方で、1998年に、LTCMという、ノーベル経済学受賞者を擁した投資会社が破綻した、という事件があった。その原因は、対数正規分布を金科玉条にして、中心極限定理に対する反例に配慮しなかった、というところにあるらしい。

リーマン・ショックの原因は、そこまでナイーブではないが、それでも、金融モデルの不明な箇所で、とりあえず正規分布を想定してしまったことが一因らしい。では、一体どうすればよかったのだろう。

ところで、ものの本によると、連続分布だけをとってみても、指数分布、ガンマ分布、ワイブル分布、アーラン分布、正規分布等とあって、要するに正規分布はいろいろある分布の一つにすぎないのだが、どうしてつい正規分布が出張るのだろうと考えて、知識がないので分からない。困ったものである。また勉強しなくては。

昔から、歴史は(も?)苦手なのだが、なぜかフランス革命に興味があって、フランス革命に関する本を数冊読んだのだが、どうもピンとこない。比較的最近読んだのは岩波文庫のマチエ「フランス大革命」ねづまさし、市原豊太訳、上・中・下の三巻なのだが、上を読み終えたところで挫折してしまった。原因はどうも、沢山登場人物が出てきて、混乱してしまうようである。

ともかくそんな私なので、古書店で、シュテファン・ツヴァイク「マリー・アントワネット」中野京子訳、角川文庫、上下巻、を見かけたとき、とりあえず買っておいた。

果たして読む気になるのかなと怪訝だったが、何かの偶然で比較的短い積読期間で読み始めた。中野京子さんの翻訳が、とても読みやすいのがよく、ぐいぐい引き込まれた。

さて時代は18世紀、オーストラリアのハプスブルグ家と、フランスのブルボン家は、長年戦争をしてきたが互いに疲弊し、なんとか講和しようとした。そのためには互いに親戚になるのが一番である。そして、ときのハプスブルグ家のマリア・テレジアの末娘、マリー・アントワネットが、ブルボン家のルイに嫁ぐことになった。愛も恋もない完全な政略結婚である。ところがルイはまだ16歳、マリー・アントワネットは14歳。

しかし、若さ以外の問題があった。ルイが性的に不能だったのである。それは7年後、ルイが手術を受けるまで続いた。そのことが負い目になって王子は王女にわがままを許した。

ところがマリー・アントワネットは名うての遊び人で、贅沢好きで、勉強嫌いだった。まともに人の話を聞かず、誰に対しても上目線で、やりたい放題。それでルイ15世の妾とも衝突し、問題は大きくなってフランスとオーストラリアは一発触発の危機になった。

そこでマリア・テレジアはもてる外交手段を駆使してなんとかことを収めたが、手紙でマリー・アントワネットをこっぴどく叱った。こういうこともあろうかとマリア・テレジアは、ベルサイユに、目付け役のメルシ伯爵を送り込んでいた。

しかし、根性が入った遊び人であるアントワネットはこれくらいでは懲りない。またやりたい放題し始め、マリア・テレジアは気が休まる暇がなかった。

そうしているうちに、ルイ15世が崩御し、アントワネットの夫がルイ16世になり、アントワネットはなんと王妃になった。こうなるとアントワネットは怖い物はない。思う存分権力を振るうことができる。

王妃になってもアントワネットは、特定の限られた気に入った人以外には気遣いを全くせず、宮廷で評判が悪かった。

それでけやりたいことをやっても、アントワネットはベルサイユにいることが退屈になってきて、トリアノンに、自分のお気に入りの邸宅を建てさせた。それはそれは贅沢を尽くしたもので、いちいちアントワネットの好みを入れたので、費用は国家予算に影響を及ぼすほどだった。

トリアノンが完成するとアントワネットは、トリアノンに入り浸ってほとんどベルサイユに出向かないので、ベルサイユのアントワネット付の人々は失職しそうだった。こうして宮廷では、反アントワネットの気風が渦巻いた。

それなのにアントワネットはトリアノンに籠って仮面舞踏会やギャンブルなど、おおよそ王妃に相応しくない行為に耽った。そんな噂はフランス中に広まり、アントワネットは反感を買った。それでもアントワネットは街に出かけて行って国民に愛想を振りまくことをしなかった。

そんなとき、オーストリアから兄のヨーゼフがベルサイユを訪ねてきた。一つの目的は、おてんば王妃のアントワネットを諌めることだったが、もう一つはルイ16世と、男同志の話をすることだった。その話の具体的内容は分からないが、性的不能を治す手術のことだったらしい。その後ルイ16世は男性機能を回復し、ついにアントワネットとの間に男二人、女二人の子供をもつに至った。

そのときから、アントワネットは母としての自覚がでてきて、真面目に子供の面倒をみるようになった。しかし、それはつかの間の平和だった。なぜなら1789年、民衆が蜂起して、バスティーユ牢獄を襲撃したのである。

しかし、ルイ16世もアントワネットも、ただ革命を、民衆を敵視するだけで、きちんと時代の流れを把握しようとも、何か手を打とうともしなかった。

それだけではない、プロヴァンス伯爵やオルレアン公は、謀略をもってルイ16世とアントワネットを陥れようとした。

そんなとき、アントワネットの目の前に、スウェーデンの貴族、ハンス・アクセル・フォン・フェルゼンが現われた。そして二人あっという間に恋におち、その愛は終生衰えることがなかった。

さて、暴徒と化した民衆が、ベルサイユに迫ってきた。しかし、ベルサイユにはラ・ファイエット率いる国民軍がいる。ところがルイ16世が全く適切を欠く指示をするため国民軍はうまく働かない。こうして、民衆たちに引き立てられて、王家一族は、ベルサイユから、ルイ14世が住んでいた旧宮殿に連れてこられた。

そんな王家に援助を申し出た者がいた。ミラボーである。ミラボーは、王家と革命軍の間に立って、なんとか王家の立場を修復するように獅子奮迅の努力をしてくれたのだが、結局過労死してしまった。そしてミラボー亡き後、王家の立場は却って悪化した。

そして、これはいよいよ国外に脱出するよりないと、王家の国外脱出計画が周到に建てられた。それは成功の確率が高そうだったが、アントワネットの恋人、フェルゼンの懸命の策が却って裏目にでたり、その他やることなすこといちいち失敗して、王家一族はパリに連れ戻され、逃亡を図ったことでさらに立場が悪化した。

責任を感じたフェルゼンは、見つかれば惨殺されることが必至なのに、変装してアントワネットに会いにパリにやって来た。そして、ついに一夜をともにした。もう会えないだろうと決死の覚悟だった。

アントワネットは、こうなったらプロイセンとオーストリアの連合軍をフランスに攻め込ませるよりないと、フランス軍の動向を教える手紙をオーストリアに密かに送った。果たして連合軍はフランスに攻め入ってきたが、そのことが革命軍を一層激高させ、王家はタンプル塔に幽閉された。

そして、ルイ十六世が裁判にかけられ、あっさりギロチン台で死刑になった。いくら最早愛情はないとはいえ、長年連れ添った夫が亡くなったのはショックで、度重なる心労でアントワネットは白髪、老婆のような容姿になってしまった。まだ年齢は30台である。

しかし、容姿は衰えてもそこは元王妃、アントワネットには不思議な魅力があり、刑吏も日々アントワネットに出会う度に次第に、なんとかアントワネットに尽くしたいと思うようになっていった。そして、ある貴族がやってきた。刑吏に賄賂を与えているので、誰も咎めない。そして、アントワネットに逃亡を示唆するメッセージを残していった。ところがスパイにみつかり、あっさり計画は中止になった。

これで終わりかと思ったら、今度は、王党派のド・バッツ将軍が豊富な資金を駆使して、アントワネットを救出する計画を立てた。これは成功しそうだったのだが、偶然に邪魔か入り、見咎められたアントワネットはついに、子供たちからも引き離され、コンシェルジェリの独房に入れられた。そこに入るということは、やがてギロチンにかけられるということとほとんど等しい。しかし、アントワネットは最早死を恐れていなかった。ただ、子供たちと引き離されたことだけが残念だった。そして、フェルゼンともう会えないことも。

そこからさらにカーネーション事件というのが起き、いよいよアントワネットは追い詰められて、地下の日の射さないじめじめした独房に入れられてしまった。そしてついに裁判が始まった。

そこでは、あることないこと、罪状が読み上げられたが、どれ一つとして確たる証拠はなく普通の裁判ならあっさり無罪になるところだった。ところが、アントワネットの国選弁護士は何もきちんと弁護できない。というのは、ルイ16世の弁護士は、正義感が強かったのか実質的な弁護をしたところ、あとで王党派とみなされてギロチンにかけられた。まさに恐怖政治だった。

それでもアントワネットは、臆することなく立派に反論した。裁判官もたじたじだった。しかし出来レースなので、死刑の結論ありき、アントワネットは従容と死に就いた。とっくに覚悟はできていた。というよりもここ数年死よりも辛いことの連続で、死こそが待ち望んだ安楽だった。

残念なことに、アントワネットの死は、故国オーストリアになんら反響を呼ばなかった。ただ、オーストリア皇帝は、そうしないと不自然というだけのため、形式的な喪に服した。

唯一恋人のフェルゼンだけが、アントワネットの死を自分の死と同様に捉え、沈鬱になった。

ところで、シュテファン・ツヴァイク「マリー・アントワネット」は、最大限の客観性を以て書かれているので、かなり信頼がおける伝記になっていると思われる。そうしてみたとき、私がいままで聞いたアントワネットの俗説は、かなり違うと思われる。なにかアントワネットのことを悪く言っておけば、どんなデタラメを言っても許されるみたいな時期があったのだろうか。

ともかく今度は、マチエ「フランス大革命」などで外側からアントワネットについての記述を読んでみることにする。マリー・アントワネットは、私が想像していたよりもはるかに多様で複雑な個性の持ち主のようであるから。

特許の中間処理が何かは、その業界にいる人以外には馴染みがないと思うので、簡単に説明すると、特許庁に特許出願したあと、審査官が審査して発行してくる拒絶理由通知に対して、特許権を許してもらえるように特許明細書を補正したり、進歩性があるという根拠を説明する文書を審査官に対して提出する手続きのことである。

で、それがどうした、ということになるのだが、例えば、既に日本に特許出願された特許明細書に基づき、外国特許出願用の特許調査を行うということがある。その調査の主要な目的は、特許調査により見つかった先行技術文献に対して、新規性あるいは進歩性に鑑み、外国で特許を取得できそうか判断する材料を与えることにある。

ところがあるとき、そのベースになる特許明細書をみたとき、新規性あるいは進歩性の議論以前の問題だな、と感じることがあった。すなわち、それはアルゴリズムの発明なのだが、実施例のところの記載のところにも、いくつかの具体例が書いてあるだけで、処理アルゴリズムに相当する数式や処理フローチャートの記述がないのである。

で、その特許明細書の発明者に、上記問題点を指摘したところ、どうしても私がいうことが理解してもらえない。すなわち、自然言語で処理の具体例が書いてあるのだからいいのではないですか、何が問題なんですか、という。

それで私は、複数の具体例が確かに書いてあるのですが、どういうアルゴリズムでそこに書いてある数値が出てくるのか、何個例を記述しようと、読む人に理解できないのではないでのではないですか。数式で書くとどうなるのですか、と聞いたら、ああ、と手許の紙に、こんな数式ですか、と書き下してくれた。

で、私は、ああ、それですよ、そのアルゴリズムです。ただ、特許明細書には、アルゴリズムを記述する数式だけでなく、その数式の処理の具体的処理のフローチャートも描いて下さいね、というと、数式があるのに、なんでフローチャートも要るんですか、と怪訝がられた。

そして私は、特許業務における中間処理という仕事の重要性を改めて感じた。すなわち私が上記のような、言いがかりのような指摘をついしたのは、アルゴリズム系の特許明細書を何件も書き、それに対して、コンピュータのハードウェアを利用していないなどの、審査官の手厳しい、あるいは理不尽とも思える拒絶理由通知を何件も受け、悩みながら必死で対応してきた経験に基づくからである。そういう経験により、少なくとも自分が書く特許明細書についてはあまり手厳しい拒絶理由通知は受けなくなったと自負する。

そういう中間処理がとてつもない高度な専門的技能であるといいなすつもりは全くない。特許事務所や企業の知財部などに配属され、先輩からの指導により4~5年くらい経験すれば、人によって適性はあるものの、大抵一応のレベルに達するであろう。

なのでとてつもない高度な技能ではないのかもしれないが、すくなくとも特許出願を行うような企業で、中間処理を担当する人員が配属されている部署は知財部しかない。なのに、かなり大手の企業の知財部でも、中間処理は外部特許事務所に任せればいいという会社が結構あったりする。

しかし、それが何がまずいかというと、先ず少なくともそれでは社内に、特許出願の特許取得性という意味での特許明細書の質を判断できる人がいなくなってしまう。

また、ライセンス交渉や特許訴訟で、特許請求の範囲がイ号物件を技術的範囲として含むかどうかの判断もできない。特許侵害性の判断は審査官の審査とは違うというかもしれないが、中間処理での請求項の補正経験がそのベースとなる。言い換えると中間処理での精妙を経ない限り、請求項の侵害性要件の解釈などできるわけがない。

なのに、中間処理という仕事が地味すぎて、知財部でさえないがしろにされつつあるのを私は今更のように遺憾に思うのだった。

少し前のトピックであるが、今年のコンピュータ将棋選手権の優勝のponanza対準優勝の技巧の棋譜を辿ってみる。一位対二位の戦いなので、コンピュータ将棋の最高レベルと戦いということができる。しかし、コンピュータ将棋に詳しい人には違和感がないかもしれないが、私はコンピュータ・ソフト同士の対戦というのはあまり知らないので、棋譜をみて大変驚いた。異次元の闘いなのである。その思いを綴ってみる。

さて、初手から13手までをみると、▲7六歩,△3四歩でいきなりponanzaは、▲5八玉。誰もが、何だこれは、ヘボではないかと思うだろう。しかし、ponanzaには最高峰のプロ棋士でさえ大変手こずる。それから、△6二銀,▲4八銀,△5四歩,▲2六歩,△4四歩,▲2五歩,△3三角,▲3六歩,△5三銀,▲3七銀と進む。相掛りのような棒銀のような、ここまででも人間が決して採用しない手順である。

【図1】 14手目△3二金まで
持ち駒:△技巧=なし



持ち駒:▲ponanza=なし
後手の技巧の方は比較的ケレン味のない指し方だが、ponanzaに関してさらに驚くのは、△3二金に対して▲6八玉と寄ったことである。なんか丸々一手損ではないか。以下、△5二金,▲2六銀,△4三金,▲3五歩,△同歩,▲同銀,△3四歩,▲2四歩,△2二銀,▲2三歩成,△同銀,▲2四歩,△1四銀と、強引なponanzaの棒銀が一応功を奏しているか。

【図2】 29手目▲1六歩まで
持ち駒:△技巧=歩



持ち駒:▲ponanza=歩
この▲1六歩があってみれば、△1四銀では、△1二銀の方がよいのではないか。すると少なくとも先手は攻めのとっかかりを失う。しかし、ここからの手順がすごい。すなわち、普通なら単に△3五歩と銀を取ればいいところ、後手は△4五歩と角道をあける。なんで?と疑問である。そこから、▲3三角成,△同桂,▲7一角,△5二飛,▲1五歩,△6四角,▲1四歩と、先手は飛車取りも構わず攻める。

【図3】 38手目△2八角成まで
持ち駒:△技巧=飛歩



持ち駒:▲ponanza=銀歩
後手は当然に△2八角成と飛車を取るのだが、ponanzaは、▲2三歩成と攻撃の手を緩めない。以下、△4二金寄,▲4四銀打だが、次の技巧の△5五馬が銀の利きに馬を引く手で信じられないし、それを無視してのponanzaの▲5三角成もすごい。以下、△5三同金上,▲5五銀,△2八飛,▲3八銀と進んだ。

【図4】 48手目△3五歩まで
持ち駒:△技巧=角銀歩



持ち駒:▲ponanza=角歩
とりあえず後手が△3五歩と銀を取ると、ponanzaは、▲2七歩と飛車を封じた。技巧が△5五歩と銀を取ると、予定どおりponanzaは、▲3九金と飛車を殺した。これで流石に先手が優勢なのだろう。以下、△2五桂,▲2八金,△6二玉,▲3一飛となって、ここがキーポイントである。

【図5】 56手目△5六歩まで
持ち駒:△技巧=角銀2歩



持ち駒:▲ponanza=角
ここで▲7一角が見えているので、△5一銀と一枚入れるしかないと思うのだが、△5六歩とはどういうことか。まさか、▲同歩,△5一歩という甘い読みだったか。それとも、△5一銀と一枚入れてもどうせ負けということか。
ともかく、先手は当然▲7一角,△7二玉,▲5三角成として一発で後手は必至である。以下は、後手が無駄に暴れただけである。手順を示す。△8六角,▲同歩,△5七歩成,▲7八玉,△5一歩,▲5二馬,△6七と,▲同玉,△6六銀,▲同玉,△6五銀,▲7七玉,△6六銀,▲同玉,△5二歩,▲6一銀,△6二玉,▲7二飛,△5三玉,▲5二銀成,△4四玉。ほとんど意味のない手を技巧が繰り出している。

【図6】 投了図 81手目▲5五銀まで
持ち駒:△技巧=角歩2



持ち駒:▲ponanza=角金歩2
で、▲5五銀で簡単な詰みだが、なんとも味気ない終盤である。

この将棋の序盤をみてponanzaってヘボではと感じ、中終盤をみて技巧って弱いのではと感じるのが普通の人間の感覚なのではないだろうか。しかし実際は、プロ棋士でもponanzaや技巧に勝つのは大変なのであり、この感覚と現実のギャップは何なのだろうと考えて、今のところ思考の手掛かりが掴めていない。

そして今一歩、技巧の敗着を調べたのだが、どこまで戻っても、こうすれば技巧の方がいいのではという局面がなかなかない。当然だが、ponanzaは適当な序盤のようで、実に緻密に読んでいることが改めて分かった。

当たり前だが、ponanza畏るべしである。

定跡の勉強に書いたような努力をしてみて、今更のように分かったことがある。それは、私にはスキルを維持するために、このような努力が必要条件である、ということである。

というのは、誠に情けないのだが、私は将棋で一旦不利になったとき、一発逆転を狙って粘ったり、罠を仕掛けたり、みたいなことが極端に苦手で、もちろん詰将棋も苦手なので終盤一気にまくることもできない。

なので、序盤を広く勉強して、少なくとも中盤では、やや有利くらいに保っておかなくてはならない。

そこいくと、私のある棋友は、終盤の入り口でちょっと不利くらいでも、地道に粘ったり、あっと驚く勝負手を放って逆転してしまう。私がその棋友と指しても、ちょっとくらい有利になっても終盤の地力で負けてしまう。

ところが、ある程度序盤戦術を勉強すると、とりあえず序盤で委縮しなくていい。すなわち、何本かの通り道が既知になるので、精神的に安心できる。

そうやってある程度序盤の知識がたまると、なぜか中盤や終盤もあまり臆さないで済む。ただ、臆さないということと、結果的に勝つということは全く別である。しかし、しばらくブランクがあると、将棋の知識なんて急速に衰えるので、私のような知識派だと、始終勉強していなくてはならない。

こうして、ともかく勉強するという私のスタイルが正当化される。そして、何の新鮮味もない言い方だが、今更のように知識の開放系ということに想到した。

説明は不要だと思うが、要するに、知識で勝負しようとすると、常に勉強し、興味を養っておかなくてはならない、ということである。自分は専門家なのだと自負して、知識を仕入れることを怠ると、比較的短時間で知識は枯渇する。特にプロ棋士のように、知識レベルが直接目の前の結果に反映するような仕事だとかなりしんどい。だから、知識を仕入れることが苦痛な人はまず、プロ棋士は向かない。というよりも、なれるわけがない。

そして、知識を仕入れることの原動力は、功名心と興味である。私も若い頃はかなり功名心があったが、最早出世ということが関係なくなって、そういう野望は消えた。しかし興味は減衰させるわけにはいかない。なぜなら、それこそが人生を楽しむ最後のリソースでありリゾートだからである。

最近思うのだが、そのとき、興味を養うためには、背伸びと享楽の両方の側面が必要である。典型的には、音楽を例に挙げてみる。私はカラオケが好きだが、以前は特にレパートリーを増やす努力をせず、結果としてカラオケに行く度に、歌う曲が限られてマンネリ化しているのを感じた。別にカラオケが趣味でなく単なる社交手段ならそれでもいいのだが、趣味というか興味の涵養としてはそれは寂しい。なので、背伸びとして、意識して最近の曲を聴き、少しでも歌えるように努力する。例えば、家入レオとか、J Soul Brothersとか、ゲスの極みの乙女。とか、西野カナだったりする。まったく限定しない。敢えて週に一人は知らないミュージシャンを興味に導入したりする。ここで特に非限定であるということが、知識の開放系の、開放性の所以である。

しかし、背伸びだけでは興味が筋肉疲労を起こすので、享楽性により興味を安心させるために、慣れ親しんだ曲を心の中でリバイバルさせたり、違和感のない演歌にスポットを当てたりする。

こうかくと、背伸びと享楽性が一次独立であるように思われるが、そんなことは全くなくて、背伸びの中に享楽性が入り込み、享楽性の中に、背伸びとして意識的努力が必要だったりして、非線形になる。そういう非線形で興味を廻していると、興味がカオスになる。すると、七色の電子雲が興味の周りに漂う。七色はバラ色だけでなく、solitudeもsaudadeも含む。

要するに、知識の開放性は、知識の非線形性である、というのが要約なのだった。ほんの一例でいうと、知識のナビエ・ストークスの方程式である。何いってんだか、意味不明。それでいいのだ。

棋聖戦第5局は、既報のように、羽生の防衛で決着が着いているのだが、例によって棋譜をたどってみたい。

さて、第5局は永瀬の先番となった。▲7六歩,△8四歩という出だしに、おっ矢倉かと思った。もともと矢倉は永瀬の得意戦法の一つであり、避ける理由はないだろう。ところが▲2六歩。なんと久々に角換わり腰掛け銀かと思ったら、それにもならなかった。以下の進行は、う~んとうなるよりない。ともかく35手まで進める。

【図1】 35手目▲6八玉まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲永瀬=角歩
なぜう~んとうなったかというと、【図1】をみたらわかるように、先手側の狙いがよく分からない将棋になったからである。永瀬は受け将棋なので、こういう曖昧な戦型もレパートリーの一つなのだろうか。しかし相手は羽生。こういう訳のわからない将棋に無類の強みを発揮する。▲6八玉以下は、△3三銀,▲2九飛,△7四歩,▲6六銀,△8五歩,▲5八玉,△6三金,▲5七金,△7三桂と進んだ。先手が随分手損しているようなのだが、手損をあまり気にしないのが現代将棋である。ここらあたり、一手打つ度に加算していく囲碁との本質的違いがあると思う。

【図2】 45手目▲4八玉まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲永瀬=角歩
▲4八玉となって、右玉がはっきりしてきた。それにしても互いにどこに戦いの焦点を求めるのだろう。以下、△8六歩,▲同歩,△同飛,▲8七歩,△8二飛,▲5八金,△4五歩,▲5五歩,△4三銀,▲5七銀,△4四銀,▲4五桂と進行した。▲4五桂が桂馬を捌くなかなかの手だと思った。

【図3】 58手目△6五桂まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲永瀬=角歩2
▲4五桂に△同銀から、▲4六歩で銀が死ぬよね、と当たり前のことを考えていたら、羽生はなんと△6五桂。これには当然▲4六銀左が形だよねと思っていたら、それは、△4五銀,▲同銀,△3三桂,▲5六銀引,△4四桂で後手がいいらしい。なにしろ先手は自分の玉頭なので強い戦いができない。それで、△6五桂には、▲6六銀,△5四歩,▲4六歩,△5五銀,▲2四歩,△同歩と進んだ。それにしても△6五桂といい、△5五銀といい、この将棋の羽生はとても積極的である。今期の前半の成績や対永瀬の負け越しを怒っているのだろうか。

【図4】 65手目▲5六歩まで
持ち駒:△羽生=角歩3



持ち駒:▲永瀬=角
▲2四歩,△同歩と突いた以上は当然▲同飛と走るんだよね、と思っていたら、なんと永瀬は▲5六歩。ううん、これは究極の受け将棋ばい、と思ってしまった。しかし、この将棋の羽生は、相手が下手に出るなら、まあこちらも大人しくなんて考えない。△6六銀,▲同歩,△8四角,▲6七金左と、進む。ここで普通は△4四歩と桂馬を取って十分と思われるのだが、羽生は△7八銀とあくまでも強気な攻めである。以下、▲7五歩,△6七銀成,▲同金,△7五角,▲7六銀。

【図5】 76手目△6八金まで
持ち駒:△羽生=歩4



持ち駒:▲永瀬=角銀
で、どうするの?とみているとなんと羽生は、△6八金と強気な攻めを続ける。これで果たして羽生が優勢なのかと次第に怪訝になってきた。▲6八同金,△6六角,▲3八玉,△9九角成,▲7一角,△7二飛,▲1七角成,△2五香,▲4九飛,△4四歩,▲5三金,△同金,▲同桂成となっては次第に局面が混沌としてきた。永瀬のペースになりつつあるんだろうか。ただ、一本△2五香の利かしは大きい。

【図6】 90手目△6六馬まで
持ち駒:△羽生=金歩4



持ち駒:▲永瀬=金銀
ここで羽生の△6六馬は当然の馬の活用だが、▲6七銀,△9三馬,▲5八銀右と進んだ。ん?▲5八銀右は永瀬にしては薄くない?普通は▲5八金と打つのではと思った。あるいは▲6六銀打もあるかもしれないが、いったん△8二飛と寄られるのも嫌か。

【図7】 94手目△5七金まで
持ち駒:△羽生=歩4



持ち駒:▲永瀬=金銀
当然羽生は△5七金と打ち込んでいく。これには当然▲5九金と打って受け、あわよくば千日手を狙うのかと思ったら、なんと永瀬は▲5七同銀と取り、以下△同桂成,▲同金,△同馬,▲5八金と進んだ。どうも、△5七金に▲5九金だといったん△7三飛と催促する手があるようである。そうして桂馬を手にいれると後手の攻めが続く。

【図8】 100手目△2七銀まで
持ち駒:△羽生=金歩4



持ち駒:▲永瀬=金銀桂
だとしても、△5七金に▲5九金の方がましではと思うのは、羽生に△2七銀という明確な決め手があったからである。以下、▲2七同馬,△3九金,▲同飛,△2七香成,▲4九玉,△3九馬と進み、これを▲同玉なら△3七角で必至である。▲3八金と受けても△2八飛。だから△3九馬に▲5九玉なのだが、△4九飛,▲6八玉,△8九飛成,▲7八金は、先手単に投げ場を求めて指しているだけである。

【図9】 投了図 112手目△5七角まで
持ち駒:△羽生=桂歩4



持ち駒:▲永瀬=金銀2桂
そして△5七角で簡単な即詰み。すなわち、▲5七同金,△同馬,▲同玉,△6五桂でどこに逃げても金打ちまでである。

永瀬は、どれが敗因というよりも、序盤の作戦負けをそのまま終盤に持ち越されてしまったという感じで、終盤も、らしくなくてぽっきり折れてしまった。羽生の気合いに押されたとしか思えない。これで羽生の呪いに囚われてしばらく永瀬は不調になるのではあるまいか。

英語の勉強

user-pic
0

当たり前のことを言うと、英語に限らず語学全般において、読む・書く・話す・聴くという4つのファクターがある。そのとき、英文レターを書きたいのでひたすら書く勉強をすればよいのだとか、ともかく話したいので沢山話すことの練習ばかりすればいいだかとか素朴には考えてしまうのだが、実は書く前提には読むことがあり、話す前提には聴くことがあるので、もしかして理想の語学の勉強方法は、最初はとりあえず沢山読み、沢山聴くことなのだろう。

以前勤務していた会社は米国系の外資系で、しかも管理職だったので、英語を使うことは必須であった。そして、読む・書く・話す・聴くのうち、読む・書くは得意とはいわないが、少なくとも苦手感はなかった。それは20台に、将来の転職に備えて、TIMEを辞書を引きながら毎週読んでいて、そうやって読むことで培った語彙と表現で、書くこともある程度熟練していたからである。このとき注意しなくてはならないのは、沢山読めば自動的に書く力がつくわけではなくて、読みによって培ったポテンシャルを書く力に転化するには意識的な努力が必要ということである。私は、英作文の本を何冊も読んで、基本的な言い回しを記憶した。そうすることで、読むことで培った語彙の一部が書く方に流入してくる。あくまでも一部だが。ちなみに、不思議なことに、いくら書いても読む方には貢献しない。するともしかして、作家という人達は、案外いい読み手ではないのかもしれない。

さて私のことに戻ると、話す・聴くとなると全く駄目で、当初、外資系なのに外国人が来ると逃げ回っていた。これは、もともと内向的というか内気な性格で、日本語であっても会話自体あまり好きでないのだから、必要性もないのに英語で会話しようなんと思うわけがない。

もし私が管理職にならなければ、きっと今でもまったく英語が聞き取れないし、話せないという状態のままだっただろう。今にして思えば、その方が生涯獲得賃金は少なかったかもしれないが、もっと家庭的で安楽な人生だったろう。

もともと英会話なんて大嫌いな私は、仕事柄英会話しなくてはならない生活というのを蛇蝎のように嫌った。独身だったら確実に会社をエスケープして、特許翻訳会社にでも転職していただろう。しかし家族があっては、収入を実質的に下げることはできず、涙を飲んで英会話の勉強をすることにした。

そして、会話に馴染む方法論は、迂遠のようでもまずひたすら聴くことである。そこで私は、アルクのイングリッシュ・ジャーナルという雑誌についていたテープ(いまならCD-ROM)を必死で聞いた。それだけでなく通勤時間はFEN(今はAFNという)をひたすら聞いた。淡泊なようで意外にしつこい私は、そんな生活を5年以上も続けた。いや管理職であった間はずっと続けていたような気がする。

それでも英会話の才能のない私は、なかなかジャパニーズ・イングリッシュの域から出られなかったが、最低限、外国人上司との折衝やテレコンなど、必要性は満たした。

私がいかに英会話が嫌いかは、管理職を降りた途端に通勤時間にFENを聴くのを止めたことで分かる。それでも日常的には外国人とのコミュニケーションは電話でなくチャットだったので、あまり苦手感のない英作文能力がここで活きた。

そして今、典型的な日本の会社で特許調査の仕事をするようになって、英語の特許公報を読む以外全く英語に縁のない生活になった。すると英語の勉強は、私にとって生活の背景雑音のようなTIME読みだけになった。ただ、TIMEは比較的真面目に読んでいるので、もしかして英語を読む力は以前よりも少し上がったかもしれない。

しかし、見事なまでに崩壊してしまったのは英会話力であり、そして、もともとある程度自信があったはずの英作文能力である。要するに英語については、読む力以外全滅である。

それじゃ駄目じゃんと、私が温存していたものがある。それはアルクのイングリッシュ・ジャーナルである。ほとんど読まないのにとりあえずバックナンバーを積み上げていて、そのCDを聴くのに在庫は全く不自由しない。それで最近、CDプレーヤーを通勤鞄に入れるようにした。まず聴くことから会話を復活させたいのだが、問題は英語を話しかける相手はいないし、英文メールを書く相手もまずいない。冷静に考えて、やっぱり英語力を復活させるのは無理があるか。インセンティブがないもの。

ある日会社から帰ったとき、家内が、ほら、額の広い将棋のプロ棋士がいるでしょ?という。額の広い将棋のプロ棋士というと私は大山しか思いつかないので、大山?と聞くと、ほら、奥さんが漫画を書いている人、というので、ああ渡辺竜王だ、とすぐ分かった。

家内があるテレビ番組を観たところでは、渡辺竜王の奥さんは、結婚してみて、渡辺竜王が日常的なことが何もできないので、それを面白ろおかしくブログに書いていたら、それを見た出版社の人が、それを出版したらどうですかと提案してくれたので、伊奈めぐみという旧姓で、「将棋の渡辺くん」というコミックを出したら、売れたということらしい。

家内は、伊奈めぐみさんが、棋士の生態に驚いてコミックを出したと思っているようであるが、もともとめぐみさんの兄はプロ棋士であり、彼女自身詰将棋作家だったというのだから将棋の棋士に違和感なんてないと思う。

そういえば、大学の将棋部の先輩が結婚したとき、奥さんが、こういう人達の世界は未知との遭遇だったと言っているのを聞いたことがある。確かに将棋にどっぷり浸かった人なんてあまりいないので、そういう人と結婚するのは何かと驚くことや違和感があるだろう。

しかしその先輩は私自身と比べると、随分世間慣れているというか常識人なので、じゃ私はどうなんだろうと顧みると、そういえば家内は、あなたと結婚するときは清水の舞台から飛び降りるようなものだったという。確かに私は、その先輩よりも社交的ではないし常識もない。男性的魅力も乏しい。なので、結婚するメリットは普通の女性はあまり感じないだろう。なにしろ私は小学校のとき、そのものずばりで変人と仇名され、私が外資系で勤務しているときわざわざ中学の先輩が、お前のような者がよくその会社でやっているなと電話してくるのである。私はどんだけ異邦人なのだろうか。

そういう意味では、弁舌さわやかで社交性もある渡辺竜王よりも私の方がずっと、女性にとって未知との遭遇度が髙いかもしれない。しかし、私の将棋の才能など、渡辺竜王に比べると無に等しい。なので、世間離れした非常識人だから何かの才能があるとは限らないのである。そういう天の不平等さなんていまさら云々するに値しない。

未知との遭遇といえば、私は小学校低学年の頃、宇宙から宇宙船でやってきたと信じていたことがあった。なんとなく、どんな宇宙船だったかおぼろげなイメージもあったが、少年漫画でそういうのがあったので、そのイメージに染まっていただけかもしれない。

ともかく私が宇宙に還る日も遠くないのかもしれない。

3年近く前に、純文学についてという記事を書いたことから分るように、純文学論は私の主要な関心事の一つなのだが、最近はもしかして生まれて初めて実質的に純文学を読書のローテーションに組み入れているので、以前より多少実質的な純文学論に思い至った。

といっても私のことだから、数学の例をとった純文学論だったりする。それは確か、川端康成の「抒情歌」を読んでいたときのことである。あまりに純粋に美しい文章に、これは文学の整数論だと思った。

そして、高木貞治の「初等整数論講義」の序文にあった文章かもしれないが、ガウスは、すべての数学は、整数論の精妙を経なくてはならない、と言ったらしい。

このガウスの言葉を借りると、すべての文学は純文学の精妙を経なくてはならない、ということになる。そして、最近では整数論は物理学の超弦理論などにも応用されているが、基本的にはその定理は、数学の範囲にとどまっている。

これとのアナロジで、純文学も基本的にはその固有の領域にとどまっている。その固有の領域とは、人間の心理や人生観などであり、多くの場合恋愛が該当する。なので、純文学は人間探究を目的とする、のように言われる。

ただ、まだ純文学ビギナーにすぎない私の初心者意見では、純文学の主要なテーマは、人間探究よりも寧ろ、修辞の美を追求するものではあるまいか。なぜなら、人間探究へ至る道は、戦争文学、犯罪小説、経済小説など様々な経路がある。

しかし、小説に戦争が題材として出てきてもいいのだが、ついミリオタのように武器に主題が移っては最早純文学にならない。例えば、大岡昇平の「俘虜記」は戦争文学であるが、人間心理からぶれていないので、依然として純文学性を保っているらしい。野間宏の「真空地帯」も純文学といってよいか。このあたりだと微妙かもしれない。

この純文学の定義は、故米長邦雄が、将棋の戦法において矢倉は純文学であると述べたのとそんなにずれていないとおもう。

そこで、これもまた決して斬新ではないのだが、もう一つの純文学の定義を与えてみる。それは以下のような条件をみたす。

  1. ともかく、物語の形式である。
  2. 知識的、心理的に読み手に対してある程度距離があるので、ある程度の知識、前提、教養を駆使しないと読み進めるのが困難である。

このように定義することで、少なくとも、ページをめくるのが待ち遠しくなるほど面白い、逢坂剛の百舌シリーズは、純文学から外れるのだが、それでは例えば、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」はどうか。私はまだ読んだことがないので、妥当性を欠くのかもしれないが、これは江戸時代の当時、いまでいう逢坂剛の百舌シリーズや、大沢在昌の新宿鮫シリーズのようなハードボイルド小説だったのではあるまいか。なので当時の第一級のエンタメ小説であったに違いないが、それでも現代人が読むと、江戸時代の文体という言語の距離や時代背景の違いなどから、ある程度の知識、前提、教養を駆使しないと読み進めるのが困難である、に該当するだろう。そして私としては、こういうのも純文学に入れたいのである。少なくとも教養を高めるために私はこういうのも読みたいのである。

すると人はいうであろう、教養を高めるために江戸時代の小説を読むというのは分かるが、しかしそれを純文学と呼ぶのはどうか、と。

私に言わせれば、こういう純文学の定義はやはり数学的である。すなわち、数学で、距離空間というものを定義できて、その距離空間の性質を抽象して、開集合の交わりということを考えることにより位相空間が定義され、一旦定義されると、距離空間とは似ても似つかない議論がそこで展開される。それで、心理的距離空間で純文学を再定義してみたいのだが、まあきっとそんなことを考えたことがある人はゴマンといるに違いない。

ともかく、この拡張された純文学の定義によると、明らかにミステリー小説の範疇にはいる、恩田陸のユージニアは、その世界に入っていくことの困難さから、私にとって純文学なのである。もちろん平家物語もそうである。

どうみても誰の賛同もえられそうにないが、仕方ない。

遠い新宿

user-pic
0

毎日の通勤に新宿を経由している私は、何か用があって都内に出かけるときも、帰路はなるべく一旦新宿に行くようにしている。理由は、新宿駅だと小田急が始発なので、ホームで待てば必ず急行に座れるからである。

ところで、私は夏のこの時期は、月に一度、棋友の社団戦リーグの将棋の応援に行くことにしている。社団戦リーグは去年までは浜松町の都立産業貿易センターで開催されており、数年前はメンバーが足らなくて助っ人でときどき出場させてもらったりしていたが、今ではメンバーが充実して私が出る余地はない。しかし、必ずしも実戦が好きというわけでもない私は、観戦だけで特に不満はない。

さて、浜松町だと帰路はだいたい東京駅から中央線で新宿、という経路を経ることになるので、普通に新宿に接続できて違和感はない。ところが、浜松町の都立産業貿易センターは改修工事を行うとかで、今年の社団戦は、浅草の都立産業貿易センターでの開催となった。浅草は浅草で情緒があっていいのだが、問題は帰路である。すなわち、将棋観戦のあとは棋友と飲んでカラオケして帰るというのがルーチンになっているのだが、1つ問題は、浅草からだと、well-definedな新宿経由の帰路がなかなかないのである。

前回は、メトロ銀座線の浅草から乗って、赤坂見附で丸ノ内線で乗り換えたのだが、酔っていて逆方向の電車に乗ってしまった。乗っていったん寝込んでしまい、ふと目を覚ますと、新中野の駅だという。ええっ、なんで新中野?とさっぱり意味が分からなかった。で、どうしたらいいか迷っているうち、丸ノ内線の新宿駅に着いた。山の手線ではないが、丸ノ内線も折り返すので、どっち方向に乗っても結局新宿に着くらしいが、それにしてもあまりにも冗長で大変時間をロスしたようである。結局、もともと十分時間に余裕があるはずの帰路だったのに、そのロスタイムで新宿は終電ぎりぎりになってしまった。

そこで次回は、well-definednessを重視して、あえて新宿経由を捨て、浅草→表参道→代々木上原で小田急線に乗ることにした。ところが、また電車で寝てしまい、銀座線の終点まで行ってしまった。銀座線の一方の終点といえば渋谷だが、酔っているので品川に着いたみたいな錯覚に陥った。終点で降りて乗り換えようと歩いていたら、よろよろしたのか、横から妙齢の女性に「大丈夫ですか。」と声をかけられて妙にうれしかった。それで気分をよくして、渋谷から訳もわからず電車に乗り換えたら、今度は山手線の逆方向に乗ってしまった。ちょっと寝入ってはっと見ると、五反田とある。ああ、品川から山手線外回りで帰っているんだ、と確認してまた寝入った。再度気が付くと、田町とある。それで、あらっ?と、やっと山手線の逆方向に乗ったことに気づいたので、東京で中央線に乗り換えた。

ところが遅い時間だと、東京発の下り中央線は快速でなく各停だったりする。それでまた余計に遅く新宿に着いてしまった。ただ、前回よりロスタイムは少ないので、流石に新宿で終電ぎりぎりにはならなかった。

今回も帰りの小田急ではキッチン・タイマーを使ったのできちんと目的の駅で目が覚めた。次回からは、浅草から表参道までの間もキッチン・タイマーを駆使するのか、それだと相当時間を予め駅探で調べておいてその時間をセットしなくては、と、こんなことやっていたら、きっと、あいつ大丈夫か、と知り合いから変に思われるのだろうな。

疲労ハイ

user-pic
0

リソース配分の続きの議論であるが、ランナーズ・ハイを拡張したような議論として、疲労ハイのような現象があると思う。

すなわち、人間は疲れてくると休みたいと思うのが普通であるが、一方で疲れてくると、ドーパミンなのかもしれないが脳内物質が分泌されて、一種の幸福感、全能感に満たされ、一層頑張ったりすることがある。そういう頑張りで何か偉大なことが達成されたという歴史は多々あるに違いないが、その一方で、頑張りすぎて体力・精神力の限界に達し、破滅してしまったということもそれと同等以上にあるに違いない。

私がポジティミズムというか、ともかく前進せよみたいな言い方が嫌いなのは、そういう疲労ハイの状態を悪化させることはあっても、鎮静させることはないからである。

しかし、人生というのは無理をしても頑張らなくてはならないという局面があるので、さらに踏み込むべきか、それとも腰を落として一旦退却すべきかという形勢判断は難しい。囲碁や将棋と同様である。

さて、頑張りすぎたら、無理をしすぎたら、また休めばいいではないかということになるが、人体の生理はそんな単純なものではない。そこにはヒステリシスがあるのであって、例えば疲労ハイにドライブされて1ヶ月間限界まで働いてしまうと、ある日の朝起きたら、世界が黄昏のように感じて、とてもグルーミーな自分を発見することがある。それは、初期鬱症状の始まりであって、自己不全感が続き、何をやっても駄目な気がする。そうしてともかく休むしかなくなるのだが、1ヶ月間でそういう状態に陥ったはずなのに、ヒステリシスにより、回復には3ヵ月も半年もかかったりする。なので、パフォーマンス最適化という観点からいくと、頑張りすぎることは確実に非効率である。

ここで私が思い出すのは、グロタンディークの例である。異常な集中力でおそろしく多産な数学的業績をあげたグロタンディークは、1968年頃突然、数学から興味が離れてしまった。それを本人は、勤務する高等科学研究所に、政府の軍事部門からの資金が流れ込んでることを知ったから、というのだが、疲労ハイにドライブされて行きつく先では人間というものは、過労と興味の倦みとは周囲に悟られないような意外な、一見尤もらしい理由をつけてしまう。周囲はそれに当惑し、それでも意外にも数学的興味が途絶えてしまったとは察知しない。

ともかく最近私は、自分に頑張りすぎることを期待せず、歳のせいにして甘やかしている面があり、それはそれで問題のような気がするが、妥当な努力点というのがどうしても見極められないでいるのだった。

このアーカイブについて

このページには、2016年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年7月です。

次のアーカイブは2016年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。