2016年9月アーカイブ

螺鈿迷宮

user-pic
0

私は海堂尊のバチスタシリーズが好きで、もしかして最後の「ケルベロスの肖像」以外全部読んでいると思うが、スピンオフというか、バチスタシリーズの複素共役のような作品がいくつかあり、そのうちの代表的なのが「螺鈿迷宮」角川文庫かもしれない。

なので先日ブックオフで「螺鈿迷宮」をみかけて即買っておいたのだが、すぐに読むつもりはなかった。当面読む予定の本が沢山あるからである。

ところが「螺鈿迷宮」の優先度が急に上がったのは、下記の事件のニュースを知ったからである。朝日新聞のウェブから引用する。

横浜市神奈川区の大口病院で点滴に異物が混入され、入院患者2人が相次いで中毒死した事件で、神奈川県警は事件が起きた4階に現在も入院している患者十数人について、血液検査を始めた。他の階の患者についても病院が検査を実施する。無差別に患者が狙われていた疑いがあり、体内に界面活性剤の成分が入っていないかなど、入院患者全員の健康状態を調べる。

これなど、いかにもチーム・バチスタの栄光に似ているのである。

さて、「螺鈿迷宮」の登場人物は、時風新報、桜宮支所社会部主任補佐の別宮葉子。そして、東城大学医学部の落ちこぼれ医学生、天馬大吉。もともと二人は幼馴染で、まあ恋人同士といえなくもない。

その葉子の知り合いの会社で、メディカル・アソシエイツというのがあった。なんでも病院のっとりとか阿漕な商売に関わっているらしい。ようするに、メディカル・アソシエイツは暴力団のフロント企業なのである。そこの社長、結城と葉子が結託して、天馬を嵌めた。なぜなら、天馬にある使命を果たしてほしかったのである。その使命とは、桜宮病院に出かけたまま行方不明になったメディカル・アソシエイツの社員、立花を探すため、桜宮病院に潜入することである。それは時風新報の取材という意味もある。

そこでともかく天馬は、桜宮病院に行ってみた。医者の卵なので、医療ボランティアとしての応募である。すると、いかにも不器用な大柄な看護師がいたのだが、その看護師の不手際により天馬は怪我をしてしまい、医療ボランティアどころか、入院患者になってしまった。

ただ、怪我をしたとはいえ、天馬の本来の使命は潜入捜査なので、桜宮病院内をうろついていると、桜宮病院の女医、桜宮すみれに見咎められた。しかし、一癖も二癖もあるすみれは、非難するだけでなく天馬を誘惑するようなこともいう。その妖しい魅力に惹かれた天馬はあやうくすみれの罠にはまりそうになった。

ところが、すみれの一卵性双生児でやはり女医である桜宮小百合が天馬を現実路線に引き戻す。

それだけではない、女医たちの父親であり、太平洋戦争では南方に出征した軍医だったという桜宮巖雄が現われて、独自の医学理論をぶつものだから、所詮落ちこぼれ医学生にすぎない天馬は、圧倒された。

それでもともかく病人なので、大柄な担当看護師に看護してもらっていると、その看護師の更なる不手際で天馬は骨折はするは、火傷はするは、頭を打って額から流血するはで散々な目に遭った。

仕方なく天馬が別途で安静にしていると、突然妙な医師が目の前に現われた。なんでも東城大学病院から派遣された皮膚科の医師だというのだが、どうみても医師らしくない。それは実は、火食い鳥こと白鳥なのだった。そして、大柄な担当看護師とは白鳥の部下で氷姫こと姫宮。なんで彼らが桜宮病院にいるかというと、それもまた潜入捜査なのだった。

その潜入捜査の背景に、東城大学病院と桜宮病院の壮絶なバトルがあった。すなわち、桜宮病院はながらく、東城大学病院で助からない患者のターミナルケアを担当してきたのだが、ある理由から東城大学病院は、桜宮病院を切り捨てようとした。

そうしているうちに天馬がスパイであるのがばれてしまい、桜宮病院の経営者父子から命を狙われるまでになった。そこで白鳥と姫宮が懸命の機転で天馬を救った。

そうやって一命を取り留めた天馬だが、怪我が癒えると、何を思ったのかまた桜宮病院に行くという。ここでいよいよ、桜宮巖雄、小百合、すみれVS白鳥、姫宮、天馬の壮絶克最終決戦となった。

このストーリーは、ナイチンゲールの沈黙と同時期の別スレッドみたいな位置づけであるが、例によってオートプシーイメージング、終末医療の問題、解剖の位置づけなど盛り沢山の海堂ワールド全開で、いまいちついていけなかったりしたのだった。

それにしても、病院というのは、その専門性というか医療の特殊性、特権性というか、どうしても不透明になってしまいがちであり、上記横浜の事件も解決には時間がかかりそうである。

前に書いたことがあるが、J-COMのケーブルテレビを契約したときおまけでついてきた囲碁将棋チャンネルであるが、契約当時は管理職で多忙で、テレビを観るどころではなかった。

それで腰を入れて囲碁将棋チャンネルを観るようになったのは、管理職を降りてからである。ところがなぜか、私の周囲の棋友で囲碁将棋チャンネルを契約している人がほとんどおらず、私は囲碁将棋チャンネルの内容をほとんど誰とも共有しないで一人で噛みしめる日々が長い。

そんな思いで先日も囲碁の竜星戦を観ていたら、なんと決勝トーナメントの決勝で、井山七冠対一力七段の対戦だった。普通に考えると、井山七冠の貫録勝ちと思ってよいだろうが、なにしろ井山七冠は名人戦で高尾九段に三タテをくらっており、一方の一力七段は、天元位に挑戦を決めており、さらには先日農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦でイ・セドルに勝ったほどで、進境著しい。

それで観戦していると、どう考えても井山が有利で、一力は大石が死にそうなのに、さらに手抜きして、一層大石が危機に陥った。ところが、一力はうまく大石を凌ぎ、それだけでなく井山の失着を誘い、はっと気づくと井山は地合いの差が決定的になり投了せざるをえなくなった。気のせいか井山に疲れがみえた。当然かもしれないが、七冠を背負っているだけで異様に疲れるのだろう。私なんぞ経験したくても到底できない経験である。

もしかして早々と井山から一力への世代交代がじりっじりっと進むのかと思ったら、夜寝てうなされた。一力の得意満面の顔が夢の中にあった。

次の日の夜は、銀河戦の決勝、広瀬八段対藤井九段だった。藤井は全盛期の勢いは最早ないので、どうみても広瀬が有利だとおもった。ところが、広瀬の居飛車穴熊に対して、藤井はあっさり角交換して、無造作に8五桂とはねておいたのがいい手だった。

藤井は馬をつくって広瀬に動かせ、それに乗じて反撃し、8五桂もさばいて、最後は広瀬の玉を即詰みに討ち取った。こうして、竜星戦は19歳の新鋭一力が優勝、一方銀河戦は46歳の藤井が優勝と、年齢差がくっきりと分かれたが、これを以て囲碁界の方が若いというのも即断で、将棋界は藤井は藤井でも、14歳の新四段、藤井聡太が躍進してくるのが時間の問題だろう。

そういえば羽生は、王位戦第7局で木村を破って防衛した。当分三冠は安泰だろう。それにしても羽生は46歳になったばかり、こんな強い46歳が過去の将棋界にいただろうか。

藪の中

user-pic
0

私は、ミステリー小説を読んでいて、その解説の中で「藪の中」が云々みたいな記述に何度か出会ったと思うのだが、「藪の中」って何よ?と思っただけで、今まで一度すら、それを調べようとしたことがない。いまどき、Googleを使えば、ほとんど手間なく調べられるのに、なんという知的に怠惰な態度なのだろうか。そんなことだから、会社の上司にいい加減と謗られてしまうのである。

でもともかく、偸盗が収められている、芥川の「地獄変・偸盗」の巻に、「藪の中」も収められているのをみて、おおっ、とにんまりしたのだった。「藪の中」って、どんなストーリーなのかな~という素朴な好奇心である。

すると「藪の中」というのは、ある殺人事件に関して、複数の関係者が個別に供述する、という形式をとる。以下のとおりである。

  • 検非違使に問われたる木樵りの物語
  • 検非違使に問われたる旅法師の物語
  • 検非違使に問われたる放免の物語
  • 検非違使に問われたる媼の物語
  • 多襄丸の白状
  • 清水寺に来れる女の懺悔
  • 巫女の口を借りたる死霊の物語

まず前提として、検非違使という職であるが、時代に逆行してGoogleでなくわざと旺文社の古語辞典第八版を引いてみると、令外の官の一つで、平安時代初期に置かれ、京都の治安維持にあたり、後に訴訟・裁判も行った、とある。要するに、警察官と裁判官を兼ねた職ということらしい。当然に検事の役割もしたことになる。

分からないけど、裁判も行った、というが流石に民事は担当せず、刑事専門とみていいのだろう。すると、殺人事件などあると、検非違使が各当事者に訊問するということもありえることである。

検非違使に問われたる木樵りの物語であるが、これは被害者を山で発見した木樵りの証言である。被害者は胸を刺されて、血があたりに飛び散り、凄惨だったという。死体のそばには縄目が落ちていた。現場の発見者も、一応犯人かと疑うのが捜査の常道であるが、犯人そのものが自白しているので、その線はない。

検非違使に問われたる旅法師の物語は、殺される前の被害者とその妻に、道中で出会ったという旅法師の話である。妻は、馬に乗っていたという。

検非違使に問われたる放免の物語は、犯人と目される多襄丸に縄をかけた、今でいう現場の警察官というところである。普通は警察はそういうことを公式には言わないが、この放免は、多襄丸が犯人だと決めつけて憚らない。もともと有名な盗人であり、女好きとしても知られている。

検非違使に問われたる媼の物語は、殺された妻の母親の話である。被害者である妻の夫は、気立てが優しいので、遺恨を受けるはずがないという。それより、自分の娘が今に至るまで見つからないのが悲しくてならない。

多襄丸の白状とは、被疑者である多襄丸の自白であり、一番内容に富んでいる。とても意外なのは多襄丸は殺人を認めている。すると死罪は確定であろうが、もとより覚悟の上だろう。きっかけは多襄丸が、かの夫婦、特に妻の方を見てしまったことにある。それで多襄丸の好色の血が沸騰し、是非ともこの女をものにしたいと思った。よほど好みのタイプだったのだろう。それで、奸計をもって、夫婦に、向こうに宝物が埋まっていると誘った。そんな見え透いた誘いに乗るのかと思うのだが、ともかく二人を竹林の奥に連れ込んだ。女は馬に乗って待っているというので、男だけを連れ込み、木に縛って、口に葉っぱを詰め、声が出ないようにした。そうして女を呼びにいくと、付いてきた。ところが夫が縛られているのをみると、ふと小刀で斬り付けてきた。こんな気の強い女はみたことがないと多襄丸は思った。しかしそこは百戦錬磨の多襄丸、小刀を躱して取り落とすと、女を手込めにした。そして一応思いを遂げたので逃げようとすると、女が泣いて叫んだ。それは、こんな辱めを受けては、辛すぎる。二人の男のどちらかが死んでほしい、という。そこで急に色欲以外に、この女を妻にしたいという強い気持ちが湧きあがり、それには男を殺すよりないと決心した。そして、縛られた男をそのまま刺すのは忍びないので、縄を解いた。すると男は俄然と太刀を抜いてかかってきたが、多襄丸はなんとか男を仕留めた。で、ふとみると、女がどこにもいないではないか。ということで多襄丸は最早死罪を覚悟した次第である。

清水寺に来れる女の懺悔は、被害者の妻の話である。その妻が、多襄丸に手込めにされたところまでは、多襄丸の話と整合している。ところが、その後、縛られている夫が妻を見る目が、異様に蔑んだ冷たい目で、それがショックで妻は気を失ってしまったという。そして意識を取り戻すと、もはや犯人は姿を消してして、夫は縛られたままだった。それで、これほどの辱めを受けては、夫を刺して自分も死のうと思った。しかし、夫が蔑んだ目で殺せというので、小刀で夫を刺したのだが、その後再び気を失ってしまった。その後意識を取り戻して自分も死のうと思ったのだが、どうしても死にきれないで、今に至っている。

巫女の口を借りたる死霊の物語は、被害者が死後、巫女の口を借りて語る内容である。すなわち、妻が犯人に手込めにされると、犯人は何やら妻に語りかけているようである。それは、俺の妻にならないか、というものであった。すると妻はそれをうっとり聞いている。それで二人は手をつないで逃げていくと思ったらなんと妻が犯人に、あの男を殺してほしい、さもないと犯人の妻にはなれない、という。それを聞いて犯人が狼狽しているうちに、さっと妻は逃げてしまった。犯人は、男を殺すではなく、男の縄を切って解放すると去ってしまった。いかにもやりきれなくなった男は、そこにあった小刀で自分を突いて自害した。

こういうストーリーなのだが、最初の四つの話はいいのだが、多襄丸の話も、妻の話も、夫の話も、夫が多襄丸に縄で縛られたことと、妻が多襄丸に手込めにされたこと、意外に全く整合せず、且つ荒唐無稽まではいかないにしても、かなりありえない。

一番普通のストーリーは、妻の方を見染めた多襄丸が直ちに夫を殺し、妻を手込めにすると、妻が検非違使に訴えるのを防ぐため、妻の方も殺してしまう、というものである。最後の三つの話は、多襄丸が温情を見せすぎというか、自らもリスクを負いすぎるという意味で非現実であるように思われ、そもそも真相を云々することは不可能である。

なお、これほどの真相の不明度ではないが、やはり相当曖昧模糊としてストーリーを終えるのは、恩田陸のユージニアだろうか。

トーマス・マンの「トニオ・クレーゲル」に続いて、「ヴェニスに死す」も読むことにした。果たして読めるかなと心配していた、文学論のような小説がなんとか読めたので、その続編のような「ヴェニスに死す」も多分読めるだろうと思った。その続編というのは私が勝手に推量したのではなく、知り合いからの示唆に基づく。

さて、「ヴェニスに死す」の主人公は、初老の大作家、グスタフ・アシェンバハ。私は、老いたトニオ・クレーゲル自身が登場するものと思っていたのでちょっと落胆したが、まあ概念的にアシェンバハはクレーゲルと同型なのだろうと思いなすことにした。

アシェンバハは若い頃から文才に恵まれ、周囲から期待された。その期待に応えるべく努力し、数々の名作をものにした。そのうちの代表作は、フリードリヒ大王の生涯を描いた「マヤ」。主人公は運命を甘受し、苦痛を受けてなお、優雅を失わない主人公。

まさにその主人公は、なにほどかアシェンバハの投影で、アシェンバハの人生は、懐疑と反語からくるすべての抑制を乗り越えて、昂然として威厳への道を辿ることだった。

アシェンバハは結婚し娘をもったが、妻は早世し、娘は最早嫁いだ。そして、貴族に叙せられ名声と資産を得た。しかしふと、気分転換に旅行にでなくてはならないような強制観念に駆られ、慌てて旅装した。

行先は、トリエステからポーラ、そしてイストリア付近の島。しかし着いてみると、直ちにそこは本来の行先でなく、行くべきところはヴェニスだと悟った。まさにヴェニスこそがdestinyだったのである。

ところが、ヴェニスに着くと、得も言われぬ禍々しいものを感じた。それでもホテルについてあるポーランド人の家族をふと観ていると、とても美しい少年に目が留まった。その少年にことはアシェンバハの意識に深く刻み込まれたが、依然として居たたまれないものを感じて、ヴェニスから引き上げることにした。美しい少年に未練がなかったというと嘘になるが、なにかここに居てはいけないと本能的に感じたのである。

そうして出発したものの、ホテルの側のちょっとした手違いから、折角出発したのにホテルに一旦戻ることになってしまった。そこからしばらくして予定どおりチェックアウトすればいいものを、再びホテルに居つき、ぼんやりとビーチを眺める日々となった。すると例の美少年がビーチで友達と遊ぶのが見え、その優美さに魅了された。もうすっかり美少年に恋してしまっているのであり、まさにプラトンのパイドロスの世界である。

そんなイデアの世界とは裏腹に、ヴェニスで怖ろしい疫病が猖獗していることをふと、アシェンバハは知った。すると理性的に判断すれば、直ちにヴェニスを去るのが正解で、じっさいホテルの逗留客は日に日に減っている。

そして、理性を保って厳然として生きていたはずなのに、アシェンバハは凄まじい内面の葛藤と矛盾に巻き込まれ、理性的に判断できない状態となり、ヴェニスに居続けてそこで亡くなってしまうのだった。

読み終えて私は、とてもベタだが、Liebe und Todという言葉が浮かんだ。大学時代にドイツ語の授業で、Singen und Todという小説を教材に使ったのを思い出したからである。

それにしても、美少女なら分かるが、ここまで美少年に翻弄されるとなると、私には理解できないが、きっとわかる人にはわかるのだろう。

ともかく私は、ロマン主義文学の入口にやっと立ったところである。

アマゾンで適当に本を探しているとき、岩瀬達哉「ドキュメント パナソニック人事抗争史」講談社+α文庫をみつけて、これは買いだと、迷わず注文し、着いたらすぐ読み始めた。

この本は最初に親切にも全体のまとめみたいな章から始まっていて、確かにストーリーの骨子は難しくない。すなわち、松下電器、すなわちパナソニックの創業者の松下幸之助には娘はいるが、息子はいない。それで、東大出のエリート、正治を娘婿とした。その夫婦には正幸がいて、幸之助からみたら可愛い孫なのだが、そこはそれ、冷静なビジネスマンである幸之助は、正治と正幸の経営的手腕を買っていない。

それでも、一応同族企業なので、正治が二代目社長になったのだが、幸之助はなんとか正治が経営の現場から引退してほしい。しかし、松下電器で絶対の存在であるはずの幸之助は、なぜか娘婿にそれが言えない。というのは、奥さんが猛反対するからである。家庭と会社は違うのではないかと思われるのだが、どうも幸之助は、松下電器の創業のとき、資金繰りに相当困り、奥さんの実家に負担をかけたらしい。

それで幸之助は、自分で言えないものだから、三代目の社長の山下俊彦に、正治に引導を渡すことを申し送りした。山下社長は冷徹なビジネスマンで数々の業績をあげたが、松下ファミリーに気を使って、どうしても自分ではそれが言えなかった。

それで、四代目の社長の谷井昭雄にさらに、正治のことを申し送りした。真面目で有能なリーダーである谷井は、臆さずそのミッションを実行した。やや無骨だったかもしれないが。それでことが収まるならいいが、正治の逆鱗に触れてしまった。それで正治は、谷井のやることなすこと一々にいちゃもんをつけ、本来なら優れたエグゼクティブであるはずの谷井は力が発揮できなかった。なにしろ、最早幸之助が逝去しているので、正治にきちんとものがいえる者がいない。同族企業の悲劇である。

不運なことに、谷井社長の時代に、ナショナルリース事件と、松下冷機の冷蔵庫事件が起き、谷井はより立場が悪化した。

そんな流れで、正治が人事権も握り、五代目の社長に森下洋一を選んだ。が、森下は取締役の中でも序列が下で、サプライズ人事だったが、やはり資質の不足は覆い難く、次第に会社の業績は低下した。しかし、正治は、自分にとってイエスマンなので都合がよかった。

そして、森下の後任の中村邦夫も、低い序列から森下が抜擢したのだが、中村は、破壊の創造というスローガンを標榜して、恐怖政治を敷いた。すなわち、自分に楯突く分子をバッタバッタと左遷し、大幅なリストラも断行した。しかし、社員が戦々恐々とする雰囲気で会社の業績が伸びるわけがない。

中村の後任の七代目社長、大坪文雄もいまいちぴりっとせず、中村路線を踏襲したが、さらに八代目の津賀一宏社長でようやく軌道修正がなされはじめた。しかし、森下-中村-大坪の路線で会社が失ったものはあまりに大きかった。

ただ、津賀社長の下で次第にパナソニックの業績が回復しつつあるのは、流石老舗企業の底力だろう。

なんにしても人事は難しい。パナソニックに限らずどんな会社でも、適材適所は言うや易く、達成するのは大変である。時代の移り変わりも激しいからである。

ただ一つ言わせて戴くと、私が以前に所属していて外資系の部門ほど不適切な人事というのはちょっと考えられない。なにしろ、完全に能力主義や適性を無視し、属人主義の極みのようなやり方だったからである。そういう意味では、同族企業といいつつ、それなりに能力主義が問われているパナソニックの人事はまだしも私からみて高嶺の花である。

駅のトイレ

user-pic
0

尾籠な話題で申し訳ないのだが、ちょっと駅のトイレについて書いてみる。

先日、ウェブをみていたら、究極の選択と題して、終電間際にトイレに行きたくてたまらないとき、トイレに行って終電を見送るか、あるいはトイレを我慢して終電に乗るか、という選択肢が掲げられていたが、私はそんな馬鹿な、と一蹴した。そんなもの究極の選択でもなんでもない、トイレに行く一手である、と。

例えばその駅が新宿駅だとしよう、すると終電を見送ると、タクシーで帰るか、近くのホテルに泊まるかということになるが、私の住まいだと新宿からタクシーで帰ると、だいたい12,000円くらいかかる。ホテルだと、私はカプセルホテルは嫌いなのだが、まあ5000円くらいで泊まれるビジネスホテルがあるのを知っている。じっさいに泊まったこともある。ただ、新大久保のとあるホテルに泊まったときは、どうも若干治安の不安を感じたが。

一方、トイレに行きたいのに無理やり電車に乗って粗相があったとしたら目も当てられない。精神的苦痛も含めて、一万円やそこらの損害額では済まない。なので証明終わりである。

さて、新宿駅に言及したのは、小田急線沿線に住む私にとってキーのハブ駅だからなのだが、大阪から東京に出てきたときは、メインの交通路は京王線で、そのときもやはり新宿駅がキーポイントだった。当然かもしれないが、鉄道的には東京のcenter of stationsは、東京でもなく、上野でも品川でも渋谷でもなく、新宿だと信じる。

その新宿駅であるが、大阪から東京に転居してきたばかりでまだお上りさん気分が抜けない私にとって、最もインパクトがあるのは駅のトイレの汚さであった。私は大阪でも、鶴橋や天王寺など、あまりガラのよくないところをうろついていたことがあるので、ガラの悪さそのものにはある程度抵抗力があるつもりなのだが、それでもあの新宿駅のトイレの汚さに匹敵するものに大阪で出会ったことがなかった。

なにしろ小の方は便器がおそろしく黄ばんでいるし、大の方はあちこちに便がこびりついて、腰を下ろすにも場所を選ばなくてはならない。ひどい悪臭はいうまでもない。また当然にトイレットペーパーが備え付けつけられていることなどまずないので、ティッシュペーパーをもってないと大変なことになる。私は、仕方なく読んでいた週刊誌を破ってお尻を拭いたことも一度ではない。そういう人は他にも沢山いたみたいで、あれで水洗が壊れなかったら奇跡である。じっさい、水が流れないトイレは稀ではなく、トイレの醜悪さに拍車をかけた。

私は若い頃から酒に弱いくせについ飲み過ぎる癖があって、吐きそうになって駅のトイレによく駆け込んだものだったが、特に新宿駅はハブ駅なので、吐くのにもよく利用させて戴いた。こういうとき新宿駅のトイレの汚さが逆にメリットになるのであって、なにしろ酔っていなくても吐きそうになるくらいおぞましいので、酔っているといくらでも吐いてしまう。ああ流石に新宿駅のトイレは吐くのにいいね、なんて思う訳ないが。

ところが東京に出てきてから36年、幾星霜を経て、駅のトイレは劇的に改善された。すなわち、トイレットペーパーはきちんと補充されていて、清掃も頻繁に入るので、かなり清潔に維持されている。よりうれしいのは、最近ではほとんどの大のトイレが洋式になり、場合によりウォッシュレットも備え付けられていることである。先日小田急相模原駅の大のトイレを利用させて戴いたときは、あまりにもきれいで豪華な雰囲気さえあって、これは一流ホテルのトイレに匹敵するなぁ、と感激した。尤も、一流ホテルなんて米国出張以来泊まったことがないので、最近の一流ホテルの様子なんて知らないが。

まあでも、小田急相模原の駅のトイレがきれいなのは乗降客の人数が新宿駅よりも圧倒的に少ないからで、相当改善されたとはいえ、新宿駅のトイレが感激するきれいさに維持されるのは、あの利用人数の多さでは無理なのだろうと思う。

それでも、今の新宿駅のトイレのレベルなら、最初に言及した究極の選択で安心して身を委ねられるというものである。

漏洩

user-pic
0

笹本稜平は、白日夢を読んで、コミカルなようなシリアスなようなタッチが気に入ったのだが、その後、笹本稜平の本分は山岳小説にあることを知り、南極風を読んだところ、なるほどこちらの方が本来の力が発揮できていると感じた。

ただ、どうしても私は登山の趣味がないことから、いまいち山岳小説に共感することに限りがある。それで白日夢の素行調査官シリーズの「漏洩」を買ったのだが、妙な葛藤を感じて、これはしばらく放置してきた。

で、放置期間が半年くらいになるので、そろそろ読んでもいいだろうと、「漏洩」を読み始めたら、これが思いの外、力作だったのである。読んでみないと分からないものである。

「漏洩」の主人公は、沢井明敏。警視庁二課の巡査部長である。商業高校卒で、簿記を勉強した経験があることから、警視庁二課へと抜擢された。それで、係長の戸田の指揮の下で、数々の経済犯罪に取り組み、それなりに成果を挙げてきた。

そして、レキシスという会社の横領事件の発覚に先立ち、仕手筋が同社株を大量に空売りし、その後株を底値で買い戻すことにより巨額の利ザヤを稼ぐという事件があった。

これは当然に、捜査関係者から仕手筋への情報漏洩が疑われるので、戸田と沢井は、素行調査官の本郷の取り調べを受けたが、一応クリアであると認定された。

ところがその後、上層部からレキシスの捜査を打ち切るように指示があるとともに、辣腕刑事だった戸田が閑職に左遷してしまった。戸田自身はこれに嫌気がさして、警察を辞めたが、戸田を父親のように慕う沢井は、戸田と親しくし続けた。

すると今度は、沢井がいかなる捜査からも外され、自宅待機を命じられた。戸田と親しくしていることが原因としか思えない。

沢井が様子を窺ってみると、戸田は、なにか上層部のスキャンダルにつながるような情報を握っているらしい。しかし、警視庁捜査二課が戸田が握っている情報を奪おうとしているらしいと知った戸田は、沢井にさえ分からないように情報の隠蔽工作を図った。

すると、戸田が突然、くも膜下出血で倒れるというハプニングがあった。沢井が病院に駆けつけてみると、なんとか一命が取り留めたが、予断は許さない。

一方、入江たちの素行調査官たちは、捜査二課が捜査を打ち切った事件の会社幹部との知り合いということで、守屋警視監という大物が浮かび上がってきた。そこで素行調査官たちが守屋警視監を尾行してみると、なんと自宅は田園調布の豪邸だった。しかも、仕手筋の大物、矢島と、警視庁の生活安全部長の荻野が三人で密会している場面をみてしまった。これはいかにも怪しいが、会うだけでは何も犯罪ではないので、入江たちはとりあえず様子をみていた。

すると、守屋警視監はなんと、与党の大物の元警察官僚にも会っていることが分り、入江たちはいよいよ手が出せなくなった。

一方、ついに戸田が亡くなると、沢井はいよいよ孤立してきた。そして藁をもつかむ気持ちで、素行調査官の本郷に相談したかったが、そうしているうちに、何者かに邪魔された。

結局、紆余曲折をへて沢井は素行調査官の陣営に加わるのだが、それでも、入江たちの素行調査官と沢井は、警察内で孤立しており、そのたった四人で、警察全体に対抗することは当然にできない。

そこでキャリアの入江が、搦め手から攻めていくことにした。すなわち、東大同級生の人脈から、要所にいる警察内の同窓生に協力を仰ぐのである。

それだけではない、武闘派とは真反対の入江は、死中に活を求めるため、単身、矢島の陣営に入り込んでいった。

実は素行調査官には強い味方がいた。本郷が以前に勤務していた探偵社の経営者がファンドマネジャの矢島に騙されて、巨額の損をしたのである。その怨みで、なんとか矢島のスキャンダルを探り、それを本郷に知らせてくれた。

こうして、素行調査官たちは、細い攻めを繋ぎ、なんとか手を作っていった。そのための頼りは、戸田が亡くなる前に残していったメモであるが、その存在はなかなか明らかにならなかった。

というストーリーなのだが、最後は外為法まで出てくる、意外にスケールの大きい内容で、寡兵よく強敵と戦う素行調査官たちはあっぱれであった。自分の出世欲を強い正義感に転化できる入江も単なる秀才ではないのだった。

王座戦第2局が始まる前に、たしか将棋連盟のホームページの広告で、「糸谷&斎藤の現代将棋解体新書」マイナビを見かけたので、おっ、これは買いだと思い、たまたま町田に行ったとき有隣堂にいったら一冊だけあり、即買った。そして帰りの電車で早速読み始めた。すると、斎藤六段の深い研究に、糸谷がちょっとコメントするという感じで斎藤六段がメインなのだが、糸谷はその短いコメントにも深い思想が籠められていて、流石だと感心した。特に糸谷が、矢倉の先手番のメリットが見いだせない、だから先手番だと角換わりをするんだとあったので、なるほどと思った。そして本局は糸谷の先番。すると当然に糸谷の角換わりだと思ったのだが。

【図1】 21手目▲5五角まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲糸谷=なし
ところが蓋をあけてびっくり。羽生は藤井流の四間飛車だった。これも本気なら、手将棋の一種なのだろうか。ともかく▲5五角以下は、△6三銀,▲6六歩,△4三銀,▲1六歩,△1四歩,▲3七角,△7一玉,▲9六歩,△8二玉,▲8八玉,△4五歩,▲6七金,△4四銀,▲7八銀,△3五歩,▲2六角,△3六歩,▲3八飛,△3二飛,▲3六飛,△3五歩,▲3八飛と進行した。

【図2】 44手目△2四歩まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲糸谷=歩
羽生は△2四歩から捌きにいくが、ここでは微妙に先手が指しやすいらしい。以下は、▲2八飛,△2五歩,▲5九角,△2二飛,▲1七桂,△3六歩,▲2五飛,△2四歩,▲2七飛と進んだ。

【図3】 54手目△1五歩まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲糸谷=歩2
ここでの△1五歩は、らしい味付けである。そして、▲同歩,△3五銀だが、羽生は△3五銀を危ないと思った、という。ただ、他に適当な手がないらしい。以下、▲3四歩,△4四角,▲4六歩,△5四歩,▲4五歩,△5三角となっては、羽生が押されている感じがある。

【図4】 63手目▲6五歩まで
持ち駒:△羽生=なし



持ち駒:▲糸谷=歩3
そして糸谷の▲6五歩が、次の角出をみた味のいい手である。△6五同歩,▲7七角,△1二飛,▲3三歩成,△6四角となっては糸谷がよさそうである。と金が大きい。

【図5】 69手目▲3四とまで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲糸谷=歩3
ここで▲3四とを、糸谷は手が遅かったというのだが、どうすればいいのだろう。そもそも▲3三歩成のところで▲2二歩もあったようで、どれがいいか難しい。▲3四と以下は、△3七歩成,▲2九飛,△3八と,▲5九飛,△4七歩,▲5八飛,△4八歩成,▲6八飛と進行した。と金をつくって、羽生がやや挽回したのではないだろうか。

【図6】 78手目△1五飛まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲糸谷=歩3
そして羽生は△1五飛と出た。これは一歩を確保して、受けに使う意味である。ここから▲4四歩,△4二歩,▲5五歩,△同歩,▲4三歩成,△同歩,▲4四歩,△同銀,▲同と,△同歩,▲4六銀となった。なんとも複雑な手順である。

【図7】 90手目△1六歩まで
持ち駒:△羽生=歩3



持ち駒:▲糸谷=銀歩2
△1六歩は、飛車が追われるのを防ぐ意味がある。以下▲5三歩,△同角,▲5五銀,△5八歩,▲6四歩,△同銀,▲5四歩,△4二角,▲6四銀,△同角と糸谷は後手陣を薄くしにいった。

【図8】 101手目▲5三銀まで
持ち駒:△羽生=銀歩4



持ち駒:▲糸谷=銀
▲5三銀は、角で取る手と金で取る手があるが、角だといろいろからまれる筋があるためか羽生は△同角と取り、▲同歩成,△同金となった。

【図9】 105手目▲8六角まで
持ち駒:△羽生=銀2歩5



持ち駒:▲糸谷=角銀
そして▲8六角と出たのが厳しい手。ここでは先手歩切れだが、角得のため先手が少しいいらしい。以下、△5二銀,▲4二角,△6二銀,▲2四角成,△1七歩成,▲4二銀と、羽生は懸命に受け、糸谷は懸命に攻める。

【図10】 112手目△5九歩成まで
持ち駒:△羽生=桂歩5



持ち駒:▲糸谷=歩
そして△5九歩成が、あとの△5一歩の受けもつくって大きい。以下△5九歩成,▲同金,△同と,▲5三銀成,△同銀右だが、糸谷は▲5一金と懸命にからむ。

【図11】 118手目△5五飛まで
持ち駒:△羽生=金銀桂歩5



持ち駒:▲糸谷=歩2
ここで羽生は5三にひもをつけて△5五飛だが、薄そうで大丈夫なのだろうか。以下、▲5六歩,△5四飛,▲6一金,△同銀,▲3四馬,△7一金,▲5五歩,△同飛,▲5六金打,△5四飛,▲5五歩,△6四飛,▲4三馬,△5二銀,▲2一馬と進行した。

【図12】 134手目△7四桂まで
持ち駒:△羽生=金歩6



持ち駒:▲糸谷=桂
ここで△6六桂と直接迫る手もありそうだが、羽生は△7四桂と、少し遠まわしに攻めた。ここでは羽生が優勢のようである。自然に玉が堅くなったのが好都合である。以下▲6四角,△同銀,▲5四馬,△5三金,▲3六馬,△6六桂,▲同金上,△同歩と進んだ。

【図13】 143手目▲8六桂まで
持ち駒:△羽生=角金歩6



持ち駒:▲糸谷=飛桂
ここで▲8六桂は、▲7四桂打からの継桂をみた手であるが、これに対する羽生の△3七とが、馬の利きをそらす好手である。以下、▲7四桂打,△同歩,▲同桂,△9二玉,▲6二歩,△3六と,▲6一歩成となったが。

【図14】 152手目△6一同銀まで
持ち駒:△羽生=角2金桂歩6



持ち駒:▲糸谷=飛銀
△6一同銀で依然として後手陣は堅い。糸谷は▲9五歩と嫌味をつけるが、ここで△8四桂が厳しく、▲9四歩の取り込みは利かない。なので糸谷は▲6六飛と受けるが、△8五角,▲6五銀,△7三銀,▲6二歩,△7四角,▲同銀,△同銀とついに羽生は目障りな桂馬を外した。

【図15】 163手目▲7七銀まで
持ち駒:△羽生=角金銀桂歩6



持ち駒:▲糸谷=飛角
ここで▲7七銀は、△9六桂打以下の先手玉が詰めろなので仕方ない。以下、△9六桂打,▲9八玉,△6二銀,▲9四歩と一応迫ったが、△9七歩,▲同桂となって。

【図16】 投了図 170手目△6五歩まで
持ち駒:△羽生=角金銀歩6



持ち駒:▲糸谷=飛角歩2
△6五歩で、▲6二飛成以下の頓死筋を消されては先手はどうしようもなく、投了は仕方ない。

さて、この将棋の羽生はまるで大山のように、受けて余して勝ったと思う。糸谷の敗着はよく分からない。図4での▲3三歩成では、▲2二歩が正解なのかもしれないが、難しい。

囲碁名人戦の井山名人対高尾九段の戦いは、高尾九段がせいぜい一勝すれば上出来と思っていたのだが、果たして高尾九段の三連勝になった。以下、日本棋院のホームページから引用する。

井山裕太名人に高尾紳路九段が挑戦する第41期名人戦挑戦手合七番勝負【主催:朝日新聞社】の第3局が9月20日(火)、21日(水)に静岡県沼津市「千本松・沼津倶楽部」で行われた。
結果は169手までで黒番の高尾が中押し勝ちをおさめ、開幕から3連勝となった。終局は16時50分、持時間各8時間のうち残り時間は黒番の高尾が1時間44分、白番の井山が2分だった。
第4局は10月4日(火)、5日(水)に兵庫県宝塚市「宝塚ホテル」で行われる。

高尾九段の三連勝は意外だったが、解説の棋士の説明の内容を聞いていると、どの碁もぎりぎりの勝負で、しかも井山の方が間違えているようなので、井山の側をもってあまり文句もないだろう。要するに井山は今不調のようである。

それにしても、井山が七冠でなくなるとしたら、それは最短で10月5日だが、すると、2016年4月20日に七冠になったので、133日、七冠が続いたことになる。しかし、羽生の七冠は、Wikiによると167日続いたというのだから、井山が名人戦を第七局まで引っぱらないと、意外にも井山の方が七冠の期間が短いことになる。

あと、発見したのだが、今羽生は好調で、一方井山が七冠を奪取したあともタイトル防衛に邁進していたとき、羽生は名人戦などで不調に喘いでいた。すると、井山が好調なとき羽生が不調で、あるいはその逆もいえるという、井山・羽生の排他原理(Exclusion principle of Iyama-Habu)が成立するのではないだろうか。

すなわち、いまの羽生は当分勝ち続けると思うので、井山が六冠に後退するのはほとんど必然だと思われる。

私は笑点が好きなので、よく観ているのであるが、そのスポンサーの一つに健康医学予防協会があって、普段働いている人が、明日は人間ドックに行くんだね、大事だね、みたいなストーリーのCMが打たれる。そして、「病気にさせない医療」という標語が現われてCMが終わるのだが、健康診断嫌いの私はつい、「病気にさせない医療」という文句に反応してしまった。

というのは、誰かが癌にかかったとして、病院に行って医師に、なぜ私は癌になったのでしょうね、と聞いても、普通は医師は答えに窮するだろう。一般的に、なぜ病気になったのかなんて、分からないからである。

もしその人が愛煙家なら、煙草が原因かも、といえるかもしれないが、それでも煙草を吸ったら癌になる、というのはかなり長い時間を経てからであり、しかもその確率はそんなに高い訳ではない。

癌でなく肝臓病だったとしたら、もし日本酒を一升毎日飲むということをやっていたら、確実に肝臓はやられて、数年で肝硬変になるかもしれない。だとしても、それを防ぐのは医療でなくて生活習慣である。

こうして、「病気にさせない医療」という標語は相当怪しいということになる。それでも、健康診断や人間ドックで稼ぐインセンティブがある医師は、人間ドックで、放置していたら手遅れになったはずの病気が見つかり、直ちに治療したので完治した、という事例を引いて、健康診断や人間ドックの有効性を謳うだろう。

しかし私の周囲の知り合いでそういう人を知らない。寧ろ知っているのは、毎年まめに人間ドックに行っているのに、癌が手遅れになり亡くなった知り合いである。

すると、人間ドックが致命的な病気の進行を阻んだという例は、数学的にはザリスキー位相におけるザリスキー閉集合なのであり、すると、重大な病気でない人たちは、その補集合のザリスキー開集合となり、それはハウスドルフ空間にならない。

なんか数学を衒ってザリスキー閉集合やハウスドルフ空間などと言うものだから、自分でも何を言っているのかわからなくなってきたが、それならといい例を思いついた。

それは、ある住宅ローンである。普通住宅ローンは、契約者が亡くなったとき、その後の返済が免除されるように保険に入るのだが、なんと、契約者が癌と診断されただけで、その後の返済が免除される住宅ローンがあるらしい。すると、癌と診断されることさえ、よほど稀ということになる。

すると、自分がザリスキー閉集合に属していると思う人は、人間ドックをまめに受けましょう、ということになる。

ううん、いよいよ自分が何がいいたいのか分からなくなってきたが、少なくとも私がアンチ人間ドックであるというメッセージは伝わっているだろう。

文学好きの知り合いから、トーマス・マンの「トニオ・クレーゲル」と、「ヴェニスに死す」という作品を紹介された。知り合いも流石に私がこれらの小説を読むことは期待しなかったようである。なぜなら、これらは、読んでみて分かったのだが、あまりストーリー性がなく、むしろトーマス・マンの文学論について述べるものだからである。

私じしんも、いつか読むだろうと期待したわけではないが、もし読めばじぶんの嗜好を広げることにはなるだろうと、上記二つの小説が収められた、高橋義孝訳の新潮文庫版を買っておいた。そして、たまたま「トニオ・クレーゲル」を読み始めたのは、ミステリー小説を読んだあとのエアポケットのような状態のせいであろう。

「トニオ・クレーゲル」は、トニオ・クレーゲルの子供時代のことから始まる。場所は北ドイツだから、トーマス・マンの出身地である。もしかして、トニオ・クレーゲルは、太宰の人間失格の葉蔵のような仮想化された個人の投影なのだろうか。

トニオ・クレーゲルは、同級生のハンス・ハンゼンのことが好きでたまらない。なぜなら、ハンスは美しくて、勉強もでき、スポーツも得意で人気があるからである。

一方、ハンスの側は、トニオにさほど関心を払ってくれないのだが、ハンスは親切な性格なので、声をかければ付き合ってくれる。トニオは詩を書くし、文学の造詣が深いのだが、ハンスはそういう方面に関心がないので、そういう話題ではなかなか盛り上がらない。

さらにトニオには、インゲボルク・ホルムという片想いの女性がいたが、なかなか相手にしてもらえない。マクダレーナ・フェルメーレンという女性はトニオを慕ってくれるのだが、あいにくトニオはあまり気がないようである。

ともかく、トニオ・クレーゲルは、美しい人であるなら、男性であれ、女性であれ恋してしまうのだが、このあたりギリシャ的で、ホモセクシュアルとかヘテロセクシュアルとか区別する意味をあまり感じさせない。

その後、父が亡くなり、母が知らない男と再婚すると、トニオ・クレーゲルは南の国へと赴いた。そして、知らない間にトニオ・クレーゲルは、ひとかどの作家として知られるようになっており、リザヴェータ・イヴァーノヴナというロシア系の女友達に、長々とじしんの文学論をぶつ。ここで述べられている文学論は、創作者の視点を書いた私にも興味深いのだが、あいにく私はそれを要約する技量をもたない。

それを聞かされるリザヴェータは、うんざりした様子で聞いているのだが、最後にトニオの俗物性を指摘する。そして、トニオは当惑しつつそれを認める。

それからトニオ・クレーゲルは、北欧へと旅立った。まず、生まれ故郷の北ドイツを訪ねると、なんと怪しい人と勘違いされて、警官に職務質問されてしまった。当惑しつつ、職務質問を無事逃れると、船でデンマークへと向かった。

すると、デンマークで、トニオはハンス・ハンゼンとインゲボルク・ホルムのカップルに出会い驚き、向こうもトニオを看止めるのだが、旧知を温めることにはならない。

さいごにトニオ・クレーゲルは、リザヴェータ・イヴァーノヴナに長い手紙を書く。それは、自分の俗物性と人生への愛情が同一であると述べる内容なのだが、それはロマン主義的文学を旨とするトーマス・マンの主義表明でもあるのだろう。なにしろ文学論にあまりにもノーヴィスである私は、ほとんど意味があるコメントができなくて、とりあえず「トニオ・クレーゲル」を意外にも最後まで読み終えることができたことを喜んだことを述べておく次第である。

溝の口に書いたように、溝の口で知り合いと飲む約束をして随分迷い、指定の場所に遅れていって恥ずかしい思いをしたのは、去年の12月のことだった。

あれから約9ヶ月経過して、また同様のお誘いを受けた。それで喜んで出席することにした。だいたい年に一度か二度の頻度で会っているのだが、そういう頻度だと前回からのアップデートもあって、話し甲斐もあったりする。

前回は随分迷ったので、今回はGoogleのストリートビューで仮想的にじっくり下見した。それで、メールで、もう前回のようには迷いませんと書いた。

さて、飲み会当日もいくつか工夫した。すなわち、今までは定期が利く範囲を最大限に利用する方針で、三鷹から中央線で新宿に出て、そこから小田急の急行(快速急行に間違えて乗らないこと)で登戸に行き、そこで南武線で武蔵溝の口に行くという経路を採ったのだが、よく考えたらそれはかなり冗長で、三鷹から中央線で立川に出て、そこから南武線一本で武蔵溝の口というのが時間的に最適だと改めて判断した。すると定期は全く使えないが、年に一度か二度しか行かないのだから数百円程度の金額にこだわるのはどう考えてもおかしい。

こうして、考えられる最早時間である18:33に武蔵溝の口に着いた。ここからは、手許の地図に従い、手なりで歩けば、自然に目的地に着くと高をくくった。ところが、それは溝の口のラビリンス性を軽視した悪手だった。そもそも、敵を知らず自も知らないという、孫子の兵法でいえば必敗の戦略だった。

すなわち私は、初期値は任意でよいと、うっかり、ラビリンスとして悪名高い溝の口の南口から探索を始めたのである。それが敵を知らない、ということである。

また私は、自分のおそるべき方向音痴も軽視していた。もし地図をもって、歩いて目的地に着きなさいという試験があったら、私の偏差値は確実に30以下だろう。すなわち日本人の中でも下位3%に確実に入る。それが自を知らない、ということである。

そして私は混迷に陥り、何度も通行人に目的地への行き方を聞いたが、極度の方向音痴が、聞いたとおりの道を辿ることを許さなかった。そして歩きに歩いて、溝の口神社というところまで迷い込んだ。そこから、店に電話して店員に、ここからどう行けばいいんですかと聞いたら、「は?」と絶句して、なんでそんなところから道を聞くんだと怪訝だった。あとで地図でみたら相当遠いところにいたようである。

それでも食い下がって、歩きながら何度も聞いているうちに、指示に従い、栄橋というメインの交差点の一つにたどりつき、そこからは流石にある程度自明だった。というのは、そこからは最初に心の中に作成した探索関数の適用範囲だったからである。

で、感想戦というか今回の敗因を考えてみると、前回は特に探索関数をつくらず適当に歩いて迷って早期に店に電話したので、今回より早く着けた。といっても30分も遅れたのだが。

今回は、なまじ探索関数を作ったのだが、その初期値の適用範囲が狭く、間違えた初期値を探索関数に与えたことで却って発散し、異常終了してしまった。そんなことをしていたので、前回の30分を上回る45分の遅刻になってしまった。気の短い人なら、私を待たないで怒って帰ってしまっただろう。

ともかく、なんとか着くと、呆れる知り合いに平謝りに謝って、つい、方程式に間違えた初期値を与えてしまって、と言い訳したら、この文脈では意味不明の言い訳だったようで、再度呆れられてしまった。

そこで私は、傾向と対策として、近々密かに(ここに書いてしまって、密かにもなにもないのだが)単独で休日溝の口を訪れ、駅から目的の飲み屋への最適な経路への目印をきちんとマークするとともに、ラビリンスを散策し、溝の口の情緒を味わってくるつもりである。じつは、目的の飲み屋のそばには幸便にも古本屋があり、そこで私が好む本たちのザリスキー閉集合が見いだせるはずなので、何冊か買うというのも予定に入っている。

ここまで書いて、今回の溝の口ラビリンスの件は、遠い新宿の件とも無関係ではないよね、と苦笑した。あれはあれで、別の友人に呆れられてしまったのだった。

それにしても、私が好きな歌謡曲の歌詞で、♪もしも生まれ変わっても また私で生まれたい。この体と この色で 生き抜いてきたんだから♪というのがあるが、「もしも生まれ変わっても また私で生まれたい。」なんてとんでもない。少なくともこの方向音痴なんてまっぴらである。この歌詞の後半の「この体と この色で 生き抜いてきたんだから」は、「この体と この感性で 生き抜いてきたんだけど」と静かに言い換える。

人生の法則として、欠点の裏側にはなにほどかの長所があるというのだが、私が方向感覚の悪さと、運動神経のなさと、要領の悪さと、女性にもてなさの引き換えに得たものといえば、決して平均以上ではない文章力と、相当狭いプログラミング能力だけなのだった。そんな乏しい手駒を駆使して生きていきなさいというのが神の指示らしい。

本気なら、手将棋で言及した王位戦第6局について棋譜をみてみる。例によって一気に46手目まで進めるが、角換わり腰掛け銀の出だしで、羽生が銀を出て引いたり、4二にいる玉をまた右翼に動かして手損したり、木村が4六に角を設置したりといろいろ駆け引きがあった。

【図1】 46手目△7二玉まで
持ち駒:△羽生=角



持ち駒:▲木村=なし
さて、△7二玉で一応右玉が完成である。ここから、▲6七金右,△4四歩,▲同歩,△同銀,▲4五歩,△5三銀,▲2四歩,△同歩,▲同角と進んだ。普通の進行にみえたのだが。

【図2】 56手目△2七歩まで
持ち駒:△羽生=角歩



持ち駒:▲木村=歩
羽生の△2七歩が、どう応じても先手が困ってしまう好手なのだった。▲同飛には、△5九角で困る。次に△2六歩と△4八角成の両狙いがあって受けにくい。なので木村は、▲2九飛と辛抱し、以下△4八角,▲4六角,△2八歩成,▲同飛,△3九角成,▲2六飛と進行した。

【図3】 64手目△3三桂まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲木村=歩2
しかし、△3三桂が好手で放置すると、△4八馬,▲5七金,△4五桂が厳しい。なので木村は▲5七金と受けたが、それでも△2五歩,▲同桂,△4五桂,▲5八金と進んだ。

【図4】 70手目△5七桂成まで
持ち駒:△羽生=歩



持ち駒:▲木村=歩3
ところが、△5七桂成がまたまた好手で、この将棋は羽生の独壇場である。△5七桂成は▲同金なら△4五歩,▲同角なら△同馬,▲同金,△4八角の両取りで、結局△5七桂成は取れない。なので木村は、▲9五歩と攻め合いに活路を見出し、△5八成桂,▲同銀,△4八馬,▲2八飛,△5八馬,▲同飛,△4七金,▲2八飛,△4六金,▲9四歩,△3七金,▲2六飛と進んだ。

【図5】 84手目△4一飛まで
持ち駒:△羽生=角銀歩



持ち駒:▲木村=角桂歩4
そして△4一飛だが、これをみて私は、あっ、大山の飛車だと思った。というのは、昔みた棋譜で、大山対加藤一二三の将棋で、加藤が棒銀で大山の振飛車を苦しめるのだが、懸命に凌いだ大山が中盤の終わりの頃に、4八にいた飛車を9八に回ると、加藤は飛車成りを防げない、というのがあった。この△4一飛も、先手は行く手を遮ることができない。△4一飛以下は、▲4二歩,△同飛,▲3三桂成,△同金,▲2一飛成,△4一歩,▲9三歩成,△8六歩,▲8八玉となった。▲2一飛成に△4一歩がぴったりである。

【図6】 94手目△6九角まで
持ち駒:△羽生=銀桂歩



持ち駒:▲木村=角桂歩3
そして△6九角が厳しい。ここでは既に大勢は決している。木村は▲2九龍と懸命に受けるが、△7八角成,▲同玉,△4八飛成,▲6八桂,△9三香,▲同香成,△8七歩成,▲同玉,△9五桂,▲9七玉,△9六歩,▲同玉,△8五金,▲9七玉,△9六銀,▲8八玉,△8七桂成,▲7九玉と羽生は決めるだけ決めた。

【図7】 投了図 114手目△6一玉まで
持ち駒:△羽生=歩2



持ち駒:▲木村=角2香歩5
そして、△6一玉が最後の決め手で、これで角と香の先手の持ち駒ではどうやっても後手玉を寄せることはできない。一方先手玉は、△7七成銀,▲同桂,△8七銀成くらいで受けなしになる。

さて、先手の敗因だが、明らかに【図1】での▲2四歩,△同歩,▲同角はよくなかったが、かといって▲2四歩を保留して▲8八玉と入っても、後手から△3三桂と跳ねて、△4一飛と捌かれる筋がある。

羽生は先日のA級順位戦でも、行方を相手に後手番で一種の矢倉中飛車を採用した。手将棋度は本局より低いかもしれないが、そんなに頻繁にみる戦型ではなかった。その将棋は結構難解だったが、行方の方に、こうすれば勝ちだったみたいな明白な手がなく、一応羽生の完勝といってよいのではないかと思った。

ともかく、この調子だと王位戦は羽生の防衛の可能性はかなり高そうで、勢いで王座戦も防衛しそうである。

瑠璃の雫

user-pic
0

私はときどき、アマゾンであまり考えないで適当なキーワードを入れて本を探すことがあり、それでヒットした本を衝動買いしたりする。

そうやって買った本が面白かったことはあまりないのだが、懲りないで何度もそのパターンで本を買っている。そうやって最近買った本として、伊岡瞬の「瑠璃の雫」角川文庫がある。

そもそも伊岡瞬という作家は知らないし、アマゾンの紹介文をみても随分暗そうなストーリーである。じっさい私は、孤独の歌声で暗いイヤミスはもう沢山だと思ったはずなのに、なんで「瑠璃の雫」を買ったのだろう。

で、考えたのだが、どうも残暑と仕事疲れの気持ちに、このような小説がしっくりくるらしい。それにしても、読み始めて、いくらなんでも暗すぎない?と後悔し始めた。

なぜなら、主人公は美緒という小学生の女の子なのだが、弟が二人いて、なんと、上の方の弟が、いたずらして、まだ七ヶ月の下の弟を死なせてしまったのだという。それで夫婦喧嘩が絶えないで、父が出ていき、母は酒浸りになり、アル中で頻繁に病院に担ぎ込まれるほどになってしまった。

せめてもの救いは、母の親戚の薫さんという女性で、喫茶兼スナックを経営する傍ら、不憫に思って、美緒たちの家族を助けてくれる。

そんな薫さんがあるとき、永瀬丈太郎という初老の弁護士を紹介してくれた。なんでも、元検事らしい。その永瀬氏がまた、極め付きの不幸な人で、検事として長野県の松本にいるとき、幼稚園児の娘が誘拐され、そのまま行方不明のままである。おそらく亡くなっていると思われる。その娘の名前が瑠璃なのだった。

そして、永瀬氏は最近妻を病気で亡くし、さらには最近山に登ったら、足を踏み外して滑り落ちてしまい、足を怪我して歩行困難なままである。

薫さんは、そんな一人暮らしの永瀬氏の家に行って、掃除したり、いろいろ助けてあげようと美緒たちに提案したのだが、不幸勝負ではないが、他人に劣らず不幸な美緒はなかなかそういう気にならない。

それでも、仕方なく永瀬氏の家に行ってみると、古いがなかなかの豪邸で、また元検事といいつつ、永瀬氏は穏やかで好人物なのだった。永瀬氏はペーパークラフトが趣味で、連れて行った美緒の弟の充が、すっかりペーパークラフトにはまってしまい、永瀬氏に師事するほどになった。

そうやって永瀬氏と付き合う年月が重なるうちに、美緒は次第に永瀬氏の亡くなった奥さんのことや、松本時代の不幸な事件を知り始めた。

年月がたち、永瀬氏が事故で亡くなってしまったとき、美緒は19歳になっていた。大学に行くお金がないので就職したのだが、母はアル中のままだった。

そんなときふと、松本から、元新聞記者が永瀬氏を訪ねてきて、美緒は偶然その人に会い、松本時代の事件の深い事情を知らされた。それから、自分なりに新聞記事を調べたりして、いよいよ、亡くなった永瀬氏に代わり、松本に、事件の総決算に行く、というストーリーなのだった。

正直いって、三分の一くらいまでは、辛くなるほど暗いストーリーで渋々読んでいたのだが、半分くらいまで読んだときに面白くなり、あとは一気読みだった。

読み終えてみると、意外にもそんなに嫌な雰囲気でもなくほっとしたのだが、しかし冷静になって考えてみると、過去の事件はいかなる意味でも解決したわけではないし、美穂は依然としてアル中の母を抱えていて、ときどき殺意をいだくほど母が憎いし、薫さんは、頑張って女手一つでスナックを経営しているものの、素敵な彼氏が現われるでもなく、日々大変である。ううんやはり微妙にイヤミスか。

日本棋院のホームページによると、井山が名人戦で二連敗した。

井山裕太名人に高尾紳路九段が挑戦する第41期名人戦挑戦手合七番勝負【主催:朝日新聞社】の第2局が9月14日(水)、15日(木)に愛知県田原市の「和味の宿 角上楼」で行われた。
結果は236手までで白番の高尾が中押し勝ちをおさめ、開幕から2連勝となった。終局は18時53分、持時間8時間のうち残り時間は黒番の井山が1分、白番の高尾が35分だった。

二連敗くらいどんな強い棋士でもするが、なんか井山に限って不沈艦モードというか、絶対二連敗しないような気がして、なので、上記ニュースをみたときは、意外にもかなりショックだった。

実は私は勝手に、井山からタイトルを奪取するのは、一力七段か、許家元三段か、芝野虎丸二段だと決めていて、直近には一力七段との天元戦があるので、そこいらあたりが一つの山場かと思っており、ここでもし高尾九段に名人のタイトルを取られたら予定が狂ってしまう。

それとも、死んだはずだよお富さんではないが、死んだふりの多冠理論が高尾九段の背中を押しているのだろうか。いや、もっと現実的にいうと、多冠理論というよりも勝ち疲れだろう。すなわち、ある棋士が言っていたが、もちろん負け続けるのは精神的に堪えるが、勝ち続けるのも相当に疲れるという。今まで井山は、あるいみ神ってきたが、やはり井山といえども人間なのだから。

音楽

user-pic
0

知り合いから薦められた、三島由紀夫の「午後の曳航」が実に怖いというか面白かったので、同じくお薦めの「音楽」も読んでみることにした。

さて、「音楽」は、精神分析医、汐見和順氏による、クライアント弓川麗子氏の症例の記述という形式を採る。

クライアントとして汐見のクリニックを訪れた弓川麗子の症状は、音楽が聴こえない、というものだった。ベテランの精神分析医の汐見さえ、「音楽?」と怪訝になった。で、聞いてみると、OLで、稀に見る美貌の持ち主である麗子は、勤務する会社で、全女子社員の憧れのイケメンである江上のハートを射止めた。そして二人は付き合い、自然に深い関係になった。

ところが、江上の懸命の努力にも拘わらず、麗子は「感じ」ない。それを以て麗子は、音楽が聴こえないと表現したのだった。

女性の不感症は、精神分析医にとって典型的な治療対象なので、汐見は最初気軽に考えていた。ところが、精神分析を続けていくと、汐見は次第に苦しくなってきた。なぜなら、麗子が汐見に挑んでくるし、前言を翻して平気で嘘をつく。

ここまで読んで私は、外資系で管理職をしていたときの、大変困った女性の部下のことを思い出した。ものの本で読んでみると、もしかして境界性人格障害だったかもしれない。それはいわゆる精神病ではないのだが、逆にいうと病院に行っても治らない。なので、もしかして麗子も人格障害なのかと思ってしまった。

ところが、精神分析とは関係ないところで麗子にブレイクスルーがあった。それは、親が勝手に決めた、又従兄の許婚が故郷の山梨にいたのだが、その又従兄が嫌で、麗子は故郷に帰らないできた。しかし、又従兄が末期の肝臓がんで助からないと聞くと、麗子は帰省し、懸命に看病した。そしてその間、麗子は活き活きと生き甲斐を感じたのだった。

又従兄が結局亡くなると、今度は麗子は、弱点を抱える男を見出して、哀れみ共感することに懸命になり、それが充実しているので、江上の許を離れ、汐見のクリニックとも長らく御無沙汰となった。麗子に対して単なるクライアント以上の思い入れをもつ汐見は本気で心配した。

そうしていると、随分やつれた様子で麗子が久しぶりにクリニックを訪ねてきた。そして麗子は追い詰められた心理状態で、汐見に、音楽が聴こえない真の原因は、子供時代の兄との近親相姦にあることをやっと告白した。

それを聞いて汐見は驚いたが、そこはプロの精神分析医、兄との関係をどうにかすることが真の解決策だと認識して、ついに思い切った勝負に出た。

ここからは、まさにミステリー小説のような、ストーリーのキーなので、記述を省くが、もともと心理学好きの私には、精神分析の用語も駆使されて、デレッタントな嗜好が満足できるだけでなく、ページをめくるのが待ち遠しいような、スリルと興奮の内容で、大満足だった。

ただ、一点だけ小さい不満を述べさせていただく。それは、今回のリオオリンビック、体操個人総合優勝の内村航平の競技のようなこの小説の終わり方である。すなわち、途中沢山捻りも入って紆余曲折が多々あったのだが、最後の鉄棒競技のようなピタリと美しく着地するこの小説のエンディングは、ちょっと違うんじゃない?とつい思ってしまった。

すなわち、人間心理という、非線形且つ不可思議なものを相手にするのだから、結局、サマセット・モームの短編「雨」のような結末を期待していたのだが。まあ、このあたりは意見が分かれるところだろう。

王位戦の第6局が始まったので、一日目の封じ手の局面を9月12日の夕方みてみると、羽生の後手番でなんと羽生は角換わりで右玉だった。うっ、これは本気だ、と思わずつぶやいた。

一方、王位戦第5局をご覧戴きたい。これが本気でないとはいわない。いわないが、なにほどか、羽生に学習モードの匂いがある。特に早目に▲4五歩と突いて、▲4六角と設置したあたりに、手順の実験性を感じる。雑誌かなにかのインタビューで読んだが、羽生は将棋を究めるために、負けという税金を払うのも仕方ないと思っている。

それにしても負ければカド番になる将棋で実験するのかと問われるかもしれないが、多分羽生は、タイトルを防衛することよりも将棋を究めることの方が重要と思っているはずである。そもそもその将棋は、負ければカド番になるだけで、まだタイトルを取られるわけではない。

なので、負ければタイトルを取られることになる王位戦の第6局では、将棋を究めることよりも勝負に拘ったため、右玉という手将棋にした。そして、9月13日の夜結果をみると、果たして羽生が勝っていた。なお、この詳しい棋譜は、今週末にみてみる。

羽生がここ一番で手将棋にするのは、真の強者は、海図も磁石もない局面で一番力を発揮するからである。なので、去年の王座戦第4局でも、天彦を相手に、意表をついて一手損角換わりを採用した。

羽生が積年の借りを返すために、手将棋を駆使しまくったのは、2014年の名人戦である。そのとき羽生は、森内名人(当時)を4局とも手将棋で4タテで下し、名人位を奪回した。

なら普段から手将棋を駆使すればいいではないかと思われるかもしれないが、そうしないのは2つの理由があると思われる。

その一つは、羽生が勝負師である以上に、将棋学徒であるということである。沢山課題局面をもっていてそこでいい手はないかと研究している羽生にとって、手将棋は必ずしも研究にならないし、勉強にならない。

もう一つの理由は、手将棋は、過去の研究が活きないのでいちいち自分で考えなくてはならず、とても疲れる。ある程度心身が充実した状態でないと手将棋は使えない。ところで今期の名人戦で、負け越したあたりで羽生は本当は手将棋に切り替えたかったのではないだろうか。しかし、チェスの欧州遠征や、NHKの人工知能特集番組のコメンテーターを務めるなどした疲れが残っており、手将棋にする余裕がなかった。それでせめて、横歩取りの名手、佐藤天彦から横歩取りの神髄を学ぶため、なるべく横歩取りを受け、自分でも横歩取りを指してみたのだろう。

ここで史上最強の棋士かもしれない大山について言及する。大山にとって将棋を究めることがどうでもよかったかどうか分からないが、なによりも大山は勝負の鬼だった。なので大山は不定形の振り飛車にすることにより、毎回手将棋にした。それで、大山と指す棋士は、的が絞りにくて困った。山田道美等が大山の振り飛車を研究しても、変異するインフルエンザ・ウイルスのように、大山の振り飛車にはワクチンが効かなかった。

大山はとても体力があったので、毎回手将棋にしても体力的に平気だった。こういう線の太さは羽生も敵わない。また、大山は別に流行形の戦型を学ぶつもりもなかった。独自の世界に相手を引き込み、勝つことに徹した。

そういえばある大学受験予備校のコマーシャルで、本気なら○○予備校というのがあった。本気なら○○予備校は、特に高偏差値でない普通の予備校生にも適用可能であるが、本気なら手将棋、というのは、ごく限られたトップ棋士にだけ該当するように思われる。

猫と扇風機

user-pic
0

私の知る限り、犬は健気なほどに飼い主に尽くすものだが、猫は犬と違ってわがままで飼い主のことはあまり気にしないのではないかと思ってきた。しかしそうでもないのかな、と最近思い始めたきた。

それは、扇風機に書いたことであり、暑いときはクーラーよりも扇風機という思いこみがあるので、飼い猫が暑くてぐったりしているときは、猫を団扇で扇いだり、扇風機の風を直接猫にあててきた。飼い主なりの思いやりである。

ところが、猫というものは、というか一般化できないのでうちの飼い猫は、ということになるのだが、直接風が当たるのを嫌がる。毛が毛羽立つからだろうか。なので、うちの猫は、暑いとき、ちょっと開けた窓からの隙間風に当たるために、窓際に佇む。扇風機が嫌いなのだが、クーラーの冷風もあまり好きでないようなのである。

ところがある日突然、うちの猫が、扇風機の枕元に立つようになった。まるで怪談の幽霊であるが、そう表現するよりない。すなわち、扇風機が回っていると、その斜め後ろにそっと立つか寝そべる。そんなので涼しいのかと私も扇風機のうしろに座ってみたのだが、全然涼しくない。ただ、微風に敏感な猫にしてみれば、そういうのがちょっと開けた窓からの隙間風をエミュレートしているのだろう。

そうして次第にうちの猫はすっかり、扇風機中毒になってしまった。なにしろ、餌を食べるときとトイレに行くとき以外はずっと動いている扇風機の後ろに寝そべっている。家人は誰もいないところで扇風機をむなしく稼働させるのがいやなので(まあ、それが常識だろう)、扇風機のスイッチを切ってしまうのだが、すると猫は背に腹はかえられないので、仕方なくエアコンの部屋で暑さを凌ぐ。

ところが、私が会社から帰ってくると、猫は私の顔をじっとみる。私はうん、と頷き、自分の書斎に行き扇風機のスイッチを入れる。もちろん猫は私のすぐ後ろをついてきており、回り始めた扇風機の後ろに満足げに寝そべる。

猫の扇風機中毒は昂じて、とても暑苦しいときは、扇風機の前面にでてきて、直接風に当たることもいとわないようになった。依然としてクーラーは嫌いのようである。

ところが飼い主である私はついに、猫を裏切る行動をとってしまった。それは今まではどんな暑いときでも寝るときは扇風機だけで凌いできたのに、今年から耐えきれなくなって、エアコンもつけるようにしたのである。歳のせいで、耐暑力が下がってしまったのだろうか。

ともかく私が家にいる間は、私の書斎では24時間扇風機が稼働し、そのうしろにずっと猫が佇むという光景が、今年のマイ風物詩である。ロバート・ハインラインの夏への扉とは比べるべくもないが、これも一応猫が絡む夏の話なのだった。

王座戦が始まった。棋士というのはサラリーマンよりもはるかに個性の強い人達の集団だが、その棋士たちにあってひときわの個性を発揮しているのが糸谷八段である。なので、糸谷八段が登場するタイトル戦は興味が一層もりあがる。一方の羽生は、王位戦で木村八段にカド番に追い込まれたのがちょっと気になるが、そんなに不調とも思えない。

さて、将棋は、糸谷の後手番で、得意の一手損角換わりとなった。私は思わずにんまりした。というのは、今たまたま読んでいる棋書が、糸谷の兄弟子の山崎八段の「山崎隆之の一手損角換わり」だからである。例によって24手目まで一気に進める。

【図1】 24手目△6五歩まで
持ち駒:△糸谷=角



持ち駒:▲羽生=角
この△6五歩のところで普通の手は△4二飛で、他には△5二金というところである。「山崎隆之の一手損角換わり」にも解説がある。ただ、解説されているのは△8四歩のかたちで本局は飛車先の歩が突かれていないので微妙に違う。△6五歩以下は、▲3四歩,△同銀,▲7九玉,△7三角,▲3七角,△4二飛と進んだ。△7三角が、△6五歩を継承した工夫である。

【図2】 31手目▲6六歩まで
持ち駒:△糸谷=歩



持ち駒:▲羽生=歩
ここで▲6六歩が羽生らしい力強い反撃である。以下、▲6六歩,△6六同歩,▲同銀,△7二金,▲5八金,△4五歩,▲7三角成,△同桂,▲3七銀,△3三角,▲6七金右となった。△3三角は2筋を安定させ、先手の浮駒を狙った好手である。

【図3】 42手目△3六歩まで
持ち駒:△糸谷=歩



持ち駒:▲羽生=角歩2
ここで△3六歩が、糸谷の狙い澄ました反撃である。▲同銀,△3五歩で羽生が困ったようにみえる。なぜなら▲2七銀だと△4六歩で困る。なので、△3五歩に対する普通の応手は、検討陣によれば、▲2四歩,△同歩,▲1六角で、以下△2三金,▲3四角,△同金,▲2三銀,△6六角,▲同金,△3三金で後手がいいらしい。よって羽生は、△3五歩に対して▲2六角と勝負手を放った。これに糸谷は素直に△3六歩と銀を取ったが、激指によると△4四角と受ける手もあるようである。

【図4】 47手目▲5三角成まで
持ち駒:△糸谷=銀



持ち駒:▲羽生=歩4
羽生は勇躍5三に角が成ったのだけれども、流石に後手の丸々の銀得は大きく、大抵の棋士は後手もちだった。ここから、△5二銀,▲4二馬,△同玉,▲8一飛,△6四角,▲1八飛,△6五銀,▲同銀,△同桂,▲6六歩,△5七桂成,▲同金と進んだのだが、糸谷の手順にわずかな無造作感が漂うような気がするのは思い過ごしだろうか。

【図5】 60手目△6一歩まで
持ち駒:△糸谷=銀



持ち駒:▲羽生=銀桂歩3
どの手が悪いのか分からないけど、△6一歩となっては最早、後手がいいとはいえないようである。というのは、△6一歩以下、▲5六桂,△5三角,▲8八玉,△5五角と進んで、

【図6】 65手目▲4四銀まで
持ち駒:△糸谷=銀



持ち駒:▲羽生=歩3
▲4四銀となってみると、どうしても飛車で9一香を取る手が防げない。すなわち、△4四同角,▲同桂,△同角となって、

【図7】 69手目▲9一飛成まで
持ち駒:△糸谷=銀2桂



持ち駒:▲羽生=角香歩3
▲9一飛成と香を取られ、この局面で極めて香の価値が高いのである。すなわち、▲9一飛成に糸谷は△4三銀左だが、▲5六香が歩切れの後手には極め付けの有効打で、糸谷は△6二金と活用したのだが、

【図8】 73手目▲6四角まで
持ち駒:△糸谷=銀2桂



持ち駒:▲羽生=歩3
羽生の▲6四角が幸便だった。これに対して私だったら△5三銀打ちとかしそうだが、それだと後手がじり貧になってしまうのかもしれない。それで後手は△3三玉とかわし、以下5二香成,△同銀,▲4六歩,△5三香,▲4五歩,△5七香成,▲4四歩,△6七銀,▲5一角,△2二玉と一気に進んだ。

【図9】 85手目▲3三歩まで
持ち駒:△糸谷=金銀桂



持ち駒:▲羽生=銀歩3
しかし、▲3三歩で誰がみても先手の一手勝ちである。すなわち、△3三同桂,▲4三銀,△同金,▲同歩成,△同銀,▲3四歩,△同銀,▲6七金,△同成香と進み、

【図10】 投了図 95手目▲3二金まで
持ち駒:△糸谷=金2銀2桂歩3



持ち駒:▲羽生=銀歩2
▲3二金で後手玉は簡単な即詰みである。

本局、羽生はもちろん冴えていたが、糸谷にいつもの怪しい粘りが感じられなかった。特に銀得して5三に角を成られてから、何か手段がなかったのだろうか。

ついに広島カープが優勝した。毎日新聞のウェブ記事から引用する。

プロ野球のセ・リーグは10日、広島東洋カープが1991年以来25年ぶり7回目のリーグ制覇を果たした。広島は12球団中、最も優勝から遠ざかっていた。優勝までの勝利数の目安となるマジックナンバーを「1」としていた広島は、2位・巨人との直接対決(東京ドーム)を6-4で制し、就任2年目の緒方孝市監督(47)が7回宙に舞った。

思い起こすと、私は子供時代、熱烈なプロ野球ファン、それも巨人ファンだった。住んでいたところは広島県で、ということはほとんど必然的にほとんどの人が広島カープ・ファンだったのだが、大鵬・巨人・卵焼きと言われた時代で、小学生は全国区で巨人ファンだったりした。なにしろ、王・長嶋がカッコよすぎるし、川上監督の時代巨人は、将棋の大山名人のように圧倒的な強さで、大抵の子供は巨人に憧れた。

そんな私の巨人崇拝が崩れたのは、大学に進学したときである。そのとき、巨人軍は川上監督から長嶋監督に代わり、もしかして長嶋監督の采配が未熟だったか、あるいは目先の勝ち星に拘って選手の養成を疎かにした川上時代のツケが回ったか、巨人は前年の日本シリーズの制覇から一気に最下位に転落した。それで巨人に幻滅したところに、故郷を離れたことによる郷土愛が目覚めて、一気に広島カープ・ファンになった。なお、故郷を離れるとついパトリオットになる傾向は、東京プリズンにもみてとれる。

まるで私が広島カープ・ファンになるのを待っていたかのように、忽然と広島カープの黄金時代が訪れた。古葉竹識監督の下での時代で、1975年のことである。私は丁度大学生だった。そこから何度も広島カープはリーグ優勝だけでなく、日本シリーズも制した。ストッパーの江夏、そしてそれに続くストッパーの津田が活躍した。私は、1979年にたまたまサラリーマンとして大阪にいて、近鉄対カープの日本シリーズを、近鉄フランチャイズの日生球場に観戦にいくという幸運をえた。そのときまさに、江夏が第7戦で、ノーアウト満塁という絶体絶命の場面を無失点で切り抜けるという神技ピッチングを目の当たりにしたのだった。

しかし、これもたまたまだが、私が大阪から東京にでてきた1980年あたりから次第に広島カープの勢いが翳ってきた。あれは私が外資系に転職した頃だったか、折角日本シリーズに進んで、西武を3-0で追い込んだ広島カープは、地力で追い上げられ、3-4で日本シリーズで負けてしまった。チームの柱の山本浩二が往年の力を発揮できなくなっていたのも痛い。

そして山本浩二監督の下で優勝したことは記憶にあるのだが、それが1991年で、もう25年も前だとは完全に忘れていた。私は広島カープが毎年低調になるとともに、仕事と家庭が忙しくなり、次第にプロ野球に対する興味を失い、実は今に至るまで1970年代のときのようなプロ野球に対する関心を回復できないでいる。

なので、広島カープに関しても、資金力は十分でないのに優れた養成システムをもち、折角養成した選手を巨人など有力チームにFAでもっていかれる、くらいしか認識がなかった。

今期の広島カープは、というと確かあまり出だしの調子はよくなかった。例年は最初からロケット・スタートするのだが、鯉のぼりの季節を過ぎると低迷するというのがいつものパターンで、なのでスタートから低迷しているのだから、駄目だこりゃ、と早々に見切ってしまった。

ところが今年はどうしたことだろう、鯉のぼりの季節を過ぎた頃からむしろ調子をあげ、そこから首位を奪還するとほとんど首位から落ちず、ついに一気にリーグ優勝した。絶対のエース、マエケンを大リーグに取られたのに、どうしてここまで快進撃できたのだろう。緒方監督がいうように、「神っている」のだろうか。

もし「神っている」のだとすると、神は気まぐれなので、そんなに長く降臨してくれない。「神っている」間にクライマックスを制し、その勢いで日本シリーズも制してほしい。私の好きな歌謡曲の歌詞を借りると、♪今なら間に合う終列車♪なのである。

決して特技ということではないのだが、私がちょっと変わっているのは、世間で面白くもなんともないと思われていることで、盛り上がれることである。

かつての特許電子出願がそうだった。知財協の専門委員会のメンバーと、飲みに行って、こういう仕様が問題だとよく盛り上がっていた。当時は、自らα版からテストした私が、仕様の詳しさで一応リーダーだった。

外資系の知財部にいたときも、シスタンの同僚がいて、パソコンの導入や設定の微妙な綾について、飲みに行って盛り上がったものだった。

外資系の会社を辞めてから、そういう同好の士と離ればなれになってしまったので、ときどき会うにしても随分頻度が減ってしまった。それで仕方ないので、自分ひとりで盛り上がれるトピックを探すようになった。

そして、去年、ディスクの空き容量に苦しんだときは、普通はまずしなくていい、ディスクの空き容量をつくる特別なテクニックに親しんだ。

ところが、堤防を乗り越える津波のように、私の小賢しい工夫をあざ笑うのが、Windows Updateなのだった。というのは、もともとディスクの空き容量が少ないとWindows Updateがうまく動作しないので、予めディスク容量を空けておいてWindows Updateを走らせ、それが終わるとWindows Updateによって生成された仮ファイルをまた消すのだが、いくら努力してもWindows Updateの度毎に使えるディスクの領域がじりっじりっと減っていき、ついに限界まで来たので、上司に泣きついてパソコンを交換してもらったのだった。

その後もうディスクの空き容量で苦しむことはなくなったのだが、Windows Updateを懐かしい戦友のように感じている自分がいることを発見した。それで部門のシステム責任者と雑談しているとき、Windows Updateが毎月第2水曜日にやってくるよね、と言われ、えっそうなんですか、と言ってしまったものだから、えっ、そんなことも知らないのか、という目でみられてしまった。

それから私は、毎日のようにWindows Updateで「更新プログラムの確認」をするようになった。深い意味はなくて、もっとWindows Updateことを知りたかっただけである。

すると、意外に高い頻度で毎月第2水曜日の定例以外にもUpdateがやってくることを発見した。もちろん私は、そういうものは即導入した。いうまでもないが、Updateは導入前と導入後で、気が付くような機能の差は全くない。

さらに分かったのは、「更新プログラムの確認」に基づき上がってくるUpdateのはずなのに、どうしても導入エラーになってしまう場合がある。一つには、既に導入されているソフトとの適合性がなくて導入できない場合がある。その他の場合として、例えば、デバイスドライバのUpdateの場合、外部ベンダのサイトからの導入になるのだが、リンク切れになっていたりして、みつからないことがある。別の場合、なぜか32ビットOSと64ビットOSを誤認して間違えたセキュリティ・パッチを勧めることが稀にある。そういう場合は何度やってもエラーになるので、私は「更新プログラムを非表示にする」オプションを選ぶようにする。

こうやって私は日々Windows Updateと付き合っているのだが、Windows 10の押し売りが期限切れとなってほっとしたあと少したって、自宅のWindows 10パソコンで、Windows Updateをやってみた。すると、あれっ、通信エラーか、と思われるくらいWindows Updateが進行しない。しかし、それはとても重いWindows Updateで、途中何度もリブートし、結局一時間くらいかかった。

そして、やっとWindows Updateが完了したとき、静かに、導入成功を告げるテロップが流れたので、なんだこれは?と怪訝になってしまった。

実はこれはかなり本格的なWindows 10のUpdateなのであって、少なくともスタートメニューががらっと変わっていた。だから使いやすくなったとき思わないのだが、Windows 10はマイクロソフトに言わせれば、最後のパソコンOSらしいので、こうやって何度も機能強化のWindows Updateがあるのだろう。なんにしても、Windows Updateフリークの私は歓迎である。

新聞の新刊書コーナーで、田中桂一著「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」幻冬舎文庫の広告をみかけたとき、あまり深く考えないで、とりあえずアマゾンで注文した。

そして、注文した後で、少し後悔した。というのは、いかにも劇画チックな設定で、ストーリーがベタすぎるかも、ということを懼れたのである。その理由は、著者の田中桂一氏が、テレビで人気を博した「料理の鉄人」の演出家だったからである。あの乗りでそのまま小説を書かれてもなあ、と懸念した。

それでも、まあいいかと納得したのは、この小説が、相当に稀な料理ミステリーだったからである。実は私は、料理の腕前は将棋でいえばアマチュア4級か5級程度しかないが、料理そのものは好きで、味は論外なのだが、独身時代はずっと自炊してきた。将来仕事から引退したら、本格的に料理を勉強して、なんとか平均的家庭の主婦より少し下のレベル(すなわち、アマ初段程度)になって、家事の一翼を担いたいと思っている。

それで、本が届くと、なんとなくワクワクしながら、この本を読み始めた。さて、「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」の主人公は、佐々木充。「最期の料理請負人」の肩書をもつ。ここで、麒麟の舌というとき、麒麟とは動物園にいるキリンではなくて、中国の伝説の霊獣であって、麒麟の舌とは一度食べた料理の味は決して忘れないという絶対味覚の持ち主のことである。佐々木こそは、麒麟の舌をもつ天才料理人なのだった。

「最期の料理請負人」とは、医師の判断で、余命が少ないとみなされた人から、最後に食べたい物が何か聞いて、その所望の味を可能な範囲で再現するという仕事である。そのため、仕事を請け負うと、どんな料理だったかそれこそ探偵並みにいろいろ調べたりする。そして料理の味の再現に、麒麟の舌が活きる。

佐々木は、「最期の料理請負人」という仕事の形態が、本来の料理人の道からすると際どい、ヤクザなものであることはよく知っている。そして、分っているのだが、料亭を一度は経営してそれに失敗した後の借金を返済するために、やむを得ず採っている業務形態なのである。すなわち、料理に対するストイックすぎる思い入れが従業員には厳しすぎ、結局従業員がみんな辞めてしまい、料亭の経営が成り立たなくなったのだった。

一方、遡ること1932年、まだ第2次大戦が始まる前のころ、山形直太朗とその妻、千鶴が、満州に向かっていた。もともと山形直太朗は、フランス留学経験があり、和洋の料理の蘊奥を究めた一流の料理人で、その腕と真面目な人格により、宮内庁にスカウトされた。

そして宮内庁で、天皇陛下向けの料理を作る仕事に従事していたのだが、その腕に目を付けた関東軍の幹部が、ある密命のために、直太朗を満州のハルピンに招聘したのである。

その密命とは、中国に古来から伝わる一流料理、満漢全席に対抗しえる、大日本帝国食菜全席を作ることなのだった。もっと言うと、満州帝国に将来天皇陛下にお越し戴いて、そこで振る舞う世界最高の料理のレシピをつくるということである。それを知って、直太朗は、使命感に身が引き締まる思いだった。

現代に戻って、佐々木が、周という、中華料理レストランを経営する、癌末期の中国人事業家の「最期の料理請負人」の仕事を請け負い、周が亡くなった後の葬式に出ていたとき、劉という中国人から目をつけられ、後日、コンタクトされた。

劉の依頼は、先ず北京を訪れて、楊晴明という中華料理の大人と会ってほしいという、いかにも怪しいものだったが、示唆された報酬額の大きさに心動かされ、劉とともに北京を訪れた。そして、楊晴明から依頼された仕事は、山形直太朗という満州帝国の料理人が考え出した「大日本帝国食菜全席」というレシピを見つけ出して、その料理を再現することなのだという。

その依頼の荒唐無稽さ、明らかな困難さに面食らって、これは辞退するしかないと気持ちを固めつつある佐々木に、その心情を見透かすように楊晴明は五百万円の手付金を渡し、とりあえずそれを受け取ってしまった佐々木は、後に引けなくなった。

そして佐々木は、日本に戻ると、先ず料理関係の知り合いの伝手で、宮内庁の料理の責任者にコンタクトし、そこからまるで刑事の聞き込みのように、山形直太朗の遺族や親戚、知り合いを探して事情を知るにつれて、「大日本帝国食菜全席」の背景にある満州帝国、あるいは関東軍の闇や陰謀に押し潰されそうになった。また、垣間見た「大日本帝国食菜全席」の内容とボリュームにも圧倒されてしまった。

そして、ついに佐々木は、中華料理の店長を務める朋友を伴ってハルピンを訪れ、そこで究極の事実を知るのだが、ここからはストーリーのコアなので、記述を省略する。

それにしても、最初はおそらく劇画チックで浅い設定だろうと軽い気持ちで読み始めた「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」であるが、田中桂一氏の圧倒的な料理の薀蓄と、日中戦争あるいは太平洋戦争の原因となった満州帝国の歴史を関連させるという壮大な構想のストーリーに私は酔ったのだった。

蓋し、究極の料理ミステリー小説だと言って過言ではあるまい。

夏への扉

user-pic
0

スタニスワフ・レムのエデンを読み終えたあと、次に読むSFは、ハインラインの「夏への扉」だと勝手に決め、福島正実訳のハヤカワ文庫版を買っておいた。

すると、私が読む前に知り合いが先に「夏への扉」を読んだというので、ちょっとがっかりした。それで少し間があいたが、自分にとって定番の警察小説を読み終えたあと、やっぱり「夏への扉」を読むか、と思い、通勤鞄に入れた。

で、おお、と思わず嬉しくなったのは、この小説の副主人公が猫だったのである。なにしろ私も猫を飼っていて、いまこの文章を書いている隣で、うちの猫が扇風機に当たってくつろいでいる。

さて、「夏への扉」の主人公は、ダン・ディヴィス。大学で機械工学を学び、利便性の高い機械を設計することに才能があり、かつその設計に無上の楽しみを見出すのだった。

副主人公である猫の名前はペトロニウスで、略してピート。牡猫である。おっ、ピートかと懐かしくなった。というのは、外資系にいたとき、ピートという上司がいたからである。ピートは極めつけの優秀な米国弁護士なのにどこか世間慣れしていなくて、恐妻家で、憎めなかった。ときどき酒席で冗談を言い合ったものである。

ダンが得意なのは、家事をするロボットで、今でいうルンバというところか。それだけでなく設計を自動化するCADのような発明もした。彼が設計する製品はとても優れていたので、人気を博した。しかし、ダンは根っからの技術屋で商売が苦手だった。そこで知り合いのマイルズに営業活動を任せた。さらに、美人のベル・ダーキンを秘書に雇った。

ナイーブなダンは、ベルにぞっこんになり、結婚しようと願った。ところが、経営方針でマイルズと意見が合わなくなった。そして生憎、ベルがダンでなくマイルズの側に付いたので、ダンは追い出された形になった。

そして人生が嫌になり、宣伝されている冷凍睡眠により、数十年後まで目覚めまいかと退嬰的なことも考えたのだが、実はダンは、マイルズの養女のリッキィがとても好きで、リッキィに財産を分与しようなどと考えているうちに、冷凍睡眠なんて嫌になった。

ところが、ベルという女性は実は奸婦で、計略をもってダンを意に反して冷凍睡眠に送り込んだ。そして、ダンは、ピートとリッキィのことに気を病みながら、深い眠りに落ちた。

なので、30年後、2000年に目覚めたときも、ダンが気にするのはピートとリッキィのことだった。そして、マイルズとベルに対する憎悪。

ここからはストーリーのコアなのでおおまかにしか記述しないが、要するに、ダンは、ある先端技術のことを聞いて、なんとしてもそれを利用したくなった。それはタイムトラベルである。

要するに、ダンは、どんな窮地に追い込まれても決して諦めず、どんな強引なことをしてでも結局無理攻めを通してしまうのだが、その手段としてタイムトラベルと冷凍睡眠があった、という次第である。

実はあまりに前向きすぎる主人公はどうも私は苦手なのだが、オタクっぽいエンジニアであるダンと猫の組み合わせが気に入ったので、この小説はありだと最後に思った。歌の文句ではないが、必ず最後に愛は勝つ、である。もちろん愛には、猫への愛も含まれている。

私は、自分が次第に老いてきて、いつかボケるのではないかと心配していて、それでボケ防止みたいな本があるととりあえず買って読むのだが、古書店で、フレディ松川「絶対ボケない生活」健康人新書、廣済堂出版をみかけたとき、トンデモ本ではないかと思ってしまった。

だって、フレディ松川という名前がいかにもチャらい芸能人みたいだし、絶対ボケない生活なんて、絶対にガンにならない生活というのと同じくらいありえないし。

しかし、とりあえず買って、軽い気持ちで読み始めたら、実はフレディ松川という人はれっきとした認知症専門医だし、書いている内容も医学的根拠があって、しかもまさに私の知りたいことだった。

私の知りたいことというのは、頭を積極的に使うという生活がどれだけボケを防ぐかということで、私は頭を使うことはボケ防止にそれほど有効ではなくて、遺伝的なもの、普通の健康状態に主として依存するのでは、くらいにしか考えていなかった。

ところが、そういう遺伝的なことは無関係ではないにしても、職業的にボケやすい人達が確実にいるそうである。典型的には公務員。リストラはないし、休暇はとりやすいし、決まりきった仕事をして毎日定時に帰れる。

ただ、私の知り合いに市役所で契約社員で働いていた人がいて、聞くと、部署によっては下手なサラリーマンより大変でよく働いている人達もいるらしい。なので、公務員だからボケるみたいに決めつけるのはいけないが、フレディ氏の外来に来る人の割合には統計的に圧倒的に元公務員が多いそうである。

公務員といえば、私の出身の島で、父と同年代で東大に合格した人がいた。なにしろ、今まで島で、東大に合格した人は二人しかいない。父と同年代の人は、私の出身高校の先輩にあたる。もう一人は、私よりもかなり若く、愛媛の有名私立進学校から東大に入った。父と同年代の方の人は、広島県庁に入って結構出世した。東大の学歴もものをいっただろう。しかし、定年になって島に戻ってくると、あっという間にボケて、道で会っても、父のことも誰か分からなくなったそうである。

それと、次にボケやすいのは学校の先生だそうである。特に古文、地理、歴史などの人文系の教師がそうで、英語の先生もそうらしい。逆にボケにくいのは、数学、物理、化学、音楽、美術などの教師だという。人文系の教師だと、毎回古ぼけたノートを読んでいるだけでも授業が成立するからのようである。

大学の教授だった人でも、権威面してふんぞりかえっている人は結構ボケたりするようである。もしかして最早頭はあまり使っていないのかもしれない。

一方で、ボケにくい職業として、政治家がある。名誉欲とか権力欲とか強いのがよいようである。欲といえば、女好きもボケ防止にいいらしい。なんとなく私にも分かる。

この本には出てこないが、私は昔から落語家やお笑い芸人で、何歳になっても活発に活動している人達を知っているので、ボケにくい職業というか生き方は必ずあると思っていた。それをフレディさんが医学的に説明してくれてとても嬉しかった。

フレディさんは、意欲とか興味などが重要と説くが、それはまさに私が普段から重視していることである。

そして、フレディさんは、頭を使うだけでなく、歩くことも重要というが、それはまさに、外山滋比古氏が仰っていることである。

さらにフレディさんは、几帳面な人はボケやすいというが、意外かもしれないが私は実は結構几帳面で、ルーズに放置できない面がいろいろあって、まずいなぁと思う。ただ、どう几帳面さを崩していいのか分からず悩むというあたりが、ちょっと将来のボケが不安な私なのだった。女性は、あくまでもプラトニックだが、結構好きなんだけどね。

あ、フレディさんは、カラオケがボケ防止にいいと推奨していた。今更女性をナンパなんて無理なので、カラオケに邁進することにしよう。

安東能明の出署せずを読んだとき、なかなかポジティブな印象を受けたので、しばらくたってその前篇である「撃てない警官」新潮文庫を古書店で見かけたとき、とりあえず買っておいた。

で、私の気まぐれで、買って半年くらいたって「撃てない警官」を読み始めると、これも地味ながらなかなか面白い。

「撃てない警官」は短編集で、「撃てない警官」、「孤独の帯」、「第3室12号の囁き」、「片識」、「内通者」、「随監」、「抱かれぬ子」の七篇からなる。

短編集というが、どれも主人公は、出署せずでもそうだったように、柴崎警部補が主人公で、それぞれの物語はある程度時系列に沿っているので、七篇のストーリーを、全体として一つのストーリーの個別の章とみることもできる。

「撃てない警官」は、警視庁総務部企画課というエリートコースを歩んでいた柴崎警部補が、綾瀬署に左遷された原因となった事件に関連する。すなわち、柴崎のある部下が鬱病になり、経過観察のため、内勤に配転され、警察官に義務となっている拳銃訓練も保留になっていた。それはそうで、鬱病の警官に拳銃訓練を許すと、自殺など不祥事になりかねない。

ところが、ある日柴崎の上司から内線電話があり、例の鬱病の部下は最近状態が回復し、拳銃訓練も問題ないと健康管理本部から連絡があったので、拳銃訓練に行かせるように、と指示があった。それで拳銃訓練に行かせたところ、本当に突然自殺してしまい、大問題になった。

すると、直属の上司である柴崎が責任をとらなくてはならなくなるが、柴崎は上司の指示なのでと抗弁した。ところが、上司はそんな電話をした覚えはないと言い張る。

じつは、ある経緯から鬱病の部下を陥れたいと思っていた第三者が、柴崎の上司を騙って電話で指示してきたのだった。そこで柴崎は誰がそんな指示をしてきたのか探るうちに次第に真相がみえてきたのだが、それでも最早警視庁総務部企画課の地位を維持することができず、綾瀬署に左遷された。怪訝なのは上司がそのままの地位に留任していたことで、柴崎ははらわたが煮えくり返るほど悔しかったが、当面どうしようもなかった。

「孤独の帯」は、綾瀬署に左遷された柴崎が最初に出会った、死体がらみの事件だった。ところが一貫して事務職の柴崎は死体など一度もみたことはなく、聞き込みさえしたことがなく、大変とまどった。しかし、柴崎は刑事の経験がないことを逆手にとって、独自の貢献をし始めた。それは元人事職として人物にインタビューしたりして、ソフトに調査を進めることでである。そうやって柴崎は、不承不承ながら、綾瀬署で居場所を広げていった。

「第3室12号の囁き」は、おれおれ詐欺で収監されてきた容疑者と、看守の巡査との内通の話である。そもそも綾瀬署では、綾瀬の東京武道館での世界柔道選手権の警護計画書を作成して、秘密裡に保管していた。ところがその警護計画書が紛失するという大失態の事態が生じ、署長以下、大慌てになった。そんなとき柴崎は、情報管理ともみ消しを任される。しかし、柴崎は独自の調査方法で警察内の内通者を洗い出し、すると突然、警護計画書も降って湧くように戻ってきた、という不思議な話である。

「片識」とは、要するにストーカーのことであり、あるまじきことに、綾瀬署管内の交番勤務の警察官がある女性にストーカーした、という事件である。柴崎は例によって非刑事的なやり方でストーカー被害者の女性に話を聞いたり、さらにストーカーしているという警官に事情を聞いたりしているうちに、意外な展開になり、周囲が驚くのだった。

「内通者」は、部下自殺という不祥事で自分だけが割を食い、元上司が警視庁総務部に留まっていることに憤り、元上司のスキャンダルを探ろうと手を尽くす話。それで元上司が警察学校副校長の地位にあるときのスキャンダルに行きついたのだが、さて、このネタをいつ元上司にぶつけるか、思案することになった。

「随監」は、綾瀬署に打ち込みの監察が入ったという話。その監察によって、綾瀬署管内の交番で、傷害の被害届が放置されているのが発覚し、大問題になった。それは、ある男が複数の中学生に殴られで怪我したという話なのだが、なぜか被害届を懸命に取り下げさせようとするベテランの警官がいた。柴崎は、そのベテランの警官の妙に開き直った態度を怪訝に思うが、独自の調査を進めるうちに、ベテランの警官の善意の意図を次第に理解し始めた。要するに組織の論理と、個人の主張である。

「抱かれぬ子」は、不特定複数の男性と援助交際するうちに妊娠してしまい、赤ん坊をスーパーで産み落とした女子高校生の話。柴崎は、元警察官で、ある病院の総務部長をしている義理の父に頼み込んで、女子高校生と赤ん坊を入院させてもらった。ところが赤ん坊が病院から連れ去られるという事件が起きた。

ということで、あまり凶悪ではないが、放置すると綾瀬署の責任問題になりかねない事件を、柴崎が独特の事務警察官僚の経験でうまく処理していくストーリーが横山秀夫ライクで興味深かった。

結構地味だが、安東能明はいぶし銀の味がある。

新四段

user-pic
0

先日、三段リーグをみていて、藤井聡太が四段になりそうと思っていたら、私がうっかりチェックを忘れていて、もう三段リーグが終わっていた。すなわち、藤井聡太三段と大橋貴洸三段が四段昇段を決めたのだという。それを囲碁棋士の白石勇一六段のブログをみて知ったのだから、なんとなくバツが悪い。

将棋連盟のホームページから引用する。

9月3日(土)に将棋会館で行われました第59回奨励会三段リーグ戦(2016年4月~2016年9月)18・19回戦において、藤井聡太三段と大橋貴洸三段が四段昇段を決めました。最終成績は藤井三段13勝5敗、大橋三段12勝6敗の成績です。四段昇段日は2016年10月1日付となります。
藤井聡太三段の四段昇段年齢は、加藤一二三九段の14歳7ヶ月の記録を5ヶ月更新し、14歳2ヶ月で史上最年少プロ棋士誕生、また加藤一二三九段、谷川浩司九段、羽生善治三冠(王位・王座・棋聖)、渡辺明竜王に次ぐ5人目の中学生棋士となります。2002年生まれの21世紀棋士の誕生となりました。

なんと、藤井聡太三段は、神武以来の天才、加藤一二三九段の記録を破ったのか、すごい。それにしても、中学生で棋士になった人達は例外なく一流棋士になっており、すると、藤井聡太も羽生や渡辺に匹敵する棋士になるかも。だとしたら、これは棋界の至宝である。

そういえば、藤井聡太三段は、詰将棋解答選手権で書いたように、二段のときに去年の詰将棋解答選手権で優勝したのだった。詰将棋の達人=将棋の強者とは限らないのだが、詰将棋が解けるに越したことはない、ということである。

ちなみに、私が応援している里見香奈三段は7勝11敗、西山朋佳三段は10勝8敗だった。里見は去年の成績よりかなりよくなった。やはり西山三段が加わったのが刺激になったのだろう。四段までもうひと頑張りだが、里見はすでに24歳で、残りの三段リーグの回数が少ないのが気になる。一方、西山三段はいきなり勝ち越しとは、四段になれる可能性を十分に感じる。まだ、二十歳だし。

王位戦第5局が始まった。前局からちょっとサイクルが短い。ここまで2勝2敗だが、本局は羽生の先番。ここらあたりで羽生が地力を出して木村を振り切ると信じて疑わなかった。

前局は角換わり腰掛け銀でそろそろ矢倉かと思ったら、またしても角換わり腰掛け銀。ううん、とうなったのは、角換わりはどうしても矢倉よりも滋味に欠けるという気がするからである。例によって48手まで一気に進める。

【図1】 48手目△6五歩まで
持ち駒:△木村=角



持ち駒:▲羽生=なし
本局は、羽生が早目に▲4五歩と突いて、▲4六角と設置したのがやや目新しい。ともかく木村は△6五歩と開戦である。以下、▲6五同歩,△8六歩,▲同歩,△6五銀,▲2四歩,△同歩,▲2二歩,△同金と進んだ。手順中、△8六歩では△7五歩もあったようである。

【図2】 57手目▲5六金まで
持ち駒:△木村=角歩3



持ち駒:▲羽生=歩
羽生の▲5六金は金を捌く手だが、4七に隙ができるという意味もある。実際、△4七角,▲3五歩,△同歩,▲3四歩,△同銀,▲5五角と進んだ。

【図3】 64手目△6六歩まで
持ち駒:△木村=歩4



持ち駒:▲羽生=なし
ここで木村の△6六歩がひねった手である。以下羽生は▲同金と取ったが、これで後手の角が楽になった意味がある。以下、△8七歩,▲同金,△5四歩,▲6四歩,△6二金,▲6五金,△5五歩と進んだ。

【図4】 73手目▲5四金まで
持ち駒:△木村=角歩3



持ち駒:▲羽生=銀歩
先手の▲5四金は、と金づくりをめざして当然だが、ここでは既に後手が少しいいらしい。もしかして、前図で▲6六同金よりも同銀左の方がよかったのかもしれない。▲5四金以下は、△6五角成,▲6三歩成,△5四馬,▲7三と,△4六角,▲2四飛,△2三金,▲2九飛,△7三金,▲2四歩,△3三金寄,▲2三桂,△同銀,▲同歩成,△同金直と進んだ。手順中、▲7三とに△同金だと▲4六桂が厳しい。それで打たれて困るところに△4六角と打った。

【図5】 89手目▲2五桂まで
持ち駒:△木村=桂歩5



持ち駒:▲羽生=銀2歩
▲2五桂は懸命のしがみつきだが、依然として後手が優勢のようである。以下、△2四金右,▲3三歩,△4二玉,▲3二銀,△6五桂,▲6六銀上,△5七桂成,▲4九飛,△5六成桂と進んだ。

【図6】 99手目▲6五銀打まで
持ち駒:△木村=歩6



持ち駒:▲羽生=なし
しかし、▲6五銀打となっては俄かに形勢は混沌としてきたようにみえる。以下、△4五馬,▲5六銀,△同馬,▲5八桂,△3三桂,▲2三銀成,△同金,▲4六桂,△7八銀と進んだ。

【図7】 109手目▲5四桂まで
持ち駒:△木村=銀歩7



持ち駒:▲羽生=角金
△7八銀は詰めろだが、羽生は▲5四桂と一旦王手した。これに△3一玉と逃げておけば詰まないので、後手が勝ちになったとみられている。▲5四桂以下、△3二玉,▲7九金,△同銀,▲同飛,△7八銀,▲3三桂成,△同金,▲7八飛,△同馬,▲同玉,△2八飛,▲6八桂,△5六桂,▲4六角と進んだ。羽生の闘志はまだ衰えない。ここにきて、後手優勢だったはずが、形勢不明になったという。

【図8】 124手目△5八飛成まで
持ち駒:△木村=金歩8



持ち駒:▲羽生=角銀2
木村は当然の△5八飛成で、以下、長手順だが、▲6七角,△7九金,▲同玉,△6七龍,▲7八銀,△6八桂成,▲同銀,△6六龍,▲5七角,△6一龍,▲8四角,△同金,▲4五桂,△5六桂,▲7七銀,△6八銀,▲8八玉,△7九角,▲9八玉,△9六歩,▲4二飛,△2三玉,▲9二飛成,△7七銀成,▲同銀と進んだ。この手順を経るうちに後手が再び優勢になった。すると羽生が間違えていることになるのだが、どこが間違えているのだろう。

【図9】 150手目△7八銀まで
持ち駒:△木村=角歩8



持ち駒:▲羽生=金銀2香
そして、△7八銀が詰めろだが、▲8八金打としてまだ難しそうにみえる。以下、△8七銀成,▲同金,△9七歩成,▲同桂,△6九角,▲6二歩,△2一龍に▲3三桂成とした。しかし、▲3三桂成の代わりに▲2九香が正解で、これだとむしろ先手が優勢かもしれない。なぜなら、後の△2八龍がないからである。▲3三桂成が多分敗着で、△同玉,▲4五銀,△2八龍,▲8八香,△3四金,▲8九金,△5七角成,▲3四銀,△同玉,▲6一歩成,△9五桂,▲3二龍と進んで最早羽生に勝ちはない。

【図10】 投了図 172手目△4五玉まで
持ち駒:△木村=銀歩9



持ち駒:▲羽生=金銀2
△4五玉で羽生の投了となった。

結局、感想戦では、図9の▲3三桂成では▲2九香と打つ手がまさったという。以下△2六歩,▲3三桂成,△同玉,▲4五銀,△3四金,▲4二銀に(1)△2四玉,▲2六香,△2五歩は▲3三銀打で先手の勝ち筋。
▲4二銀に(2)△2三玉,▲2六香,△2五歩,▲9三竜,△8三歩,▲8四竜,△同歩は▲3三金,△1三玉,▲2三金打,△同竜,▲同金,△同玉,▲3三飛以下の即詰みだという。

この棋譜をみると、羽生、変調とまではいかないが、夏バテかやや調子を落としているように思われる。来週はいよいよ、糸谷八段を迎えての王座戦も始まる。羽生、大丈夫だろうか。

若い頃、当時はCDでなくレコードだったが、中島みゆきの曲をよく聴いた。何度も聴いたので、心に沁み込んでいて、今でもことある毎に曲と歌詞が浮かび上がってくるのだが、そういう曲の一つに、「店の名はライフ」があり、その歌詞は、♪店の名はライフ 自転車屋のとなり どんなに酔っても たどりつける♪で始まる。

どうってことないといえば、どうってことない歌詞だが、最近ふと疲労ハイに関連して、この曲を自分の中でルネッサンスさせた。

というのは、私はちょっと頭脳マゾのところがあって、特に数学を勉強していると、次第に没入して、それはいいのだけれども、概念の深海に潜っていって、次第に息も絶え絶えになり、それでもそこから浮かび上がろうとしないので、本当に意識を失いそうになったことがある。

たしか志村五郎氏が象徴的に仰っていたのは、そういう概念の深海に深く潜ることができることが数学的才能である、ということである。志村五郎氏にしても、岡潔氏にしても、そういう概念に沈殿して、倦まず思考を続けることができるところが一流の才能なのであって、私のような凡人は、ちょっと概念の深海に潜ると、それこそ水圧に圧し潰されそうになる。

で、自分に戻って、概念の深海に一旦押し潰されてしまうと、もうしばらく数学のことなど考えることができなくなる。すると、精神の混迷モードを検知したら疲労ハイの概念により、店の名はライフの教示に従い、プリエンプティブに、どんなに酔ってもたどりつける場所に自分を強制連行しなくてはならない、ということになる。

しかし、自分にとって、ライフという店がなにかと問うてみると、もともと将棋の本だったのだが、将棋はじつは結構思考を要し、それはそれで疲れたときはきつい。そうしてやっと行きついたライフが、自分にとってミステリー小説であり、警察小説なのだった。それを今や、ホームポジションと呼ぼう。

こうしてホームポジションを確立するまでに数百冊のミステリー小説を読み漁る必要があったのだが、趣味というのはそうしたもので、もちろん数学ほどではないにしても、それはそれは安易ではない。

で、面白いのは、一旦ホームポジションを確立すると、そこで読む小説は、必ずしも趣味のいいものではなく、水戸黄門モードというか、おもいっきりベタな、例えば、六道慧の警視庁行動科学課のようなものが却って安息を与える、ということになる。

そしてホームポジションが重要なのは、そこからアウェーに出かけていって、疲れると戻る基点だからである。私にとってアウェーとは、数学だけでなく、哲学、工学書、そして純文学たちだったりする。

最近では、概念空間における近傍性から、ある種の純文学もホームポジションに取り込めるのではないかと構想しつつある。あ、中島みゆきの別の曲が頭の中で流れてきた、♪私の帰る家は、あなたの声のする街角♪

でも、なぜか「三界に家なし」という言葉が身に沁みるこの頃なのでもあった。

知り合いから、森本哲郎の「そして文明は歩む」新潮文庫というのが面白かった、と聞いたので、私もアマゾンで注文して読むことにした。ちなみに、特定の本を確実に手に入れる目的で、アマゾンに優るものはない。古書店に行ってたまたまその本がある、と期待するのは難しいし、新刊書店では古本は無理である。基本的に古書店は、本との未知との出会い、というところに価値があるとおもっている。

ところが「そして文明は歩む」は、興味が続くかな、とちょっと懸念した。なぜなら、やはり森本哲郎の「ある通商国家の興亡」PHP文庫というカルタゴについて書いた本が積読になっているからである。実は、「ある通商国家の興亡」を読み始めたとき、併せて塩野七生のカルタゴに関する本を読み、見解が森本哲郎と反対で、なんとなく塩野七生の方が納得性があった、という経緯がある。

ただ、それはそれで、捉われても仕方ないと改めて「そして文明は歩む」を読んでみると、これは宗教的文明論とでもいうべきスケールの大きい内容で、つい引き込まれていった。

この本によると、森本氏は、世界の宗教、あるいは文化を、以下のように類別する。

  • ユダヤ教あるいはイスラム教の「一」の文明
  • 易経(中国)の「二」の文明
  • キリスト教の「三」の文明
  • ギリシャの「多」の文明
  • インドの「無」の文明
  • 日本の「万」の文明

ユダヤ教あるいはイスラム教が、唯一の絶対神を奉じるという意味で、それがの「一」の文明である、というのは分かりやすい。しかし、ある意味ユダヤ教から派生したキリスト教が「三」の文明というのはどういうことだろうと読み進めてみると、どうもキリスト教の教義の三位一体のことらしい。すなわち、ユダヤ教あるいはイスラム教では、神から一方的に人間に啓示があるだけだが、キリスト教では、「父」と「子としてのイエス・キリスト」と「精霊」が一体である、とすることにより、何か人間と神とのインタラクションを可能ならしめたみたいにこの本から解釈したのだが、どうも読めていないかもしれない。

ともかく、ある理由で、ローマという巨大国家がキリスト教を国教にしたことで、キリスト教は世界宗教になった。しかし、ローマはもともと文化的にはギリシャから多くを継承しており、ギリシャの多神教(すなわち、「多」の文明)をどうして棄却したのかという問いかけに対する答えは自明ではない。一神教の方が、政治支配に都合がいいのだ、ということにしても、なぜそうなのか問うと難しい。

ところが、ローマのユリアヌス帝は、国教をキリスト教からギリシャの多神教に復古させようとして失敗し、殺されてしまったという。すると、キリスト教への遷移は、エントロピー増大のように元に戻れない流れなのだろうか。

ところが、エジプトにあっても、アメンホテプ四世は、複数のエジプトの神のうち、自分の奉じる神を唯一の信仰として国教にしようとして民衆の反発を受け、やはり殺されてしまったという。なぜそんな無謀なことを、という問いに対する答えもこの本にはない。

インドの「無」の文明は、ヒンズー教のことだが、ヒンズー教も多神教ではと思ったら、多神教は多神教でも、ギリシャの神々のような個性がなく、ある神は別の神でもある、みたいな多義性がある。そして、何一つ一つの実体にとどまっていないので、一切は空であり、無なのだという。してみると、インド人がゼロを発見したのも偶然ではない。

そういうインド思想は、アレキサンダー大王が東方を制服して凱旋したことで、欧州にも広まった。そして、西洋思想の通奏低音にもなった。そういえば、ショーペンハウアーの「意志と表象の世界」も、ヴェーダなどのインド思想に基づいている。

転じて、易経(中国)の「二」の文明であるが、これは易経の陰陽のことである。そこで私の手許にある、丸山松幸訳「易経」中国の思想シリーズを開いてみると、2の4乗の64通りの卦の説明がある。すなわち、(中国)の「二」の文明は、まさに情報処理の二分木のように、あらゆることを分類していくのである。そのようなdecision-treeによる分類法は西洋人には斬新で違和感をもって迎えられたようであるが、結局、コンピュータの世界がそうなのだから、ある意味世界を支配せんとする原理になりつつあるのかもしれない。

そして、日本の「万」の文明に還りつく。私には、ギリシャとインドと日本の多神教の違いが実はいまでもよく分からないが、森本氏は、松尾芭蕉と本居宣長を引いて、日本のもののあわれ、あるいは女性原理を強調する。すると、ここにきて、講学的な意味で、私は日本文化のことが一番分っていないことに気付いた。潜在的には祖母や両親からいろいろ教わってきたはずなのだが、意識的に勉強したことはほとんどない。ともかく小林秀雄の「本居宣長」を読んでみることにした。

ということで、自分が何が分っていないかよく分かって、「そして文明は歩む」はとても啓発的な良書であった。

ところで、森本氏は、アフリカの奥地にまで出かけていって、文明を考えるという行動派の知識人でどういう人かと経歴をみたら、東大文学部の哲学科を卒業して、ジャーナリストやテレビキャスターを経験した人で、それでいて、「そして文明は歩む」に現われてくるように、現地で取材しながら哲学や文明論の勉強や思索を続けてきたのだな、と感心してしまった。どうも単なる書斎派で、しかも思考も教養も浅く狭い自分が恥ずかしくなるが、まあ仕方ない。私がサハラ砂漠を旅しにいったら、即ドライアップだろう。

ともかく、このぶんなら、「ある通商国家の興亡」PHP文庫も面白く読めそうである。

OJL

user-pic
0

OJLというアクロニムは私の造語であるが、なんのことはないOJTのもじりで、On the Job Learningを意図しているというのだから、それを考えた私でさえ、月並みさに唖然とするほどである。

なぜなら、仕事をしながら勉強するというのだから、それでなに?と聞き返されても、いや別に、と黙るよりない。

ただ、私が観察していると、多くの人の場合、OJLというのは仕事に必要な資格の勉強をしたり、TOEICの勉強をしたり、週末大学院に通って博士の学位をとったり、みたいなのが多い。それは当然で、そういう勉強は確実に仕事のキャリアの足しになり、生活を安定させる。

そして私は、OJLを提唱しているくせに、資格勉強とか、会社の昇進につながるような勉強が実に苦手である。好意的に考えると、君はもしかして資格を取るポテンシャルがあるに、そういう勉強は主義にあわないということで勉強しないのか、という見方もあるかもしれないが、それは穿ちすぎで、妥当な努力で資格が取れるなら私だって取りたい。しかし、どうも集中してあるテーマを何年も勉強するというのが実に苦手で、私はそういうのがすぐ飽きてしまうのである。

ほとんどの人が資格をもっていて、自分がもっていないという悲哀は結構味わったが、まあ仕方ない。こんな資格が取れないのは能力的に問題があるといわれても私は反論できないで黙っているしかない。

それでも折角OJLなどと言い出したので、私流のOJLに少し言及してみる。それは要するに、仕事で分からないことがあると、多少値が張っても、とりあえず関連の書籍を買うことから始まる。

仕事で分からないことがあると、と書いたが、私の場合大抵、特許関連の技術だったりする。そこで工学書読みとなるが、一冊の工学書は内容豊富で、目下の発明に関連がある箇所は、1/10くらいしかない。そこからが私の本領発揮であって、1/10しか関係なくても、残りの9/10も読む。流石にちゃんとは読まなくて流し読みだったりする。

こういうパターンで読んでいる工学書は結構あるのだが、最近印象に残っているのは、八木毅、秋山満昭、村山純一著、「コンピュータネットワークセキュリティ」コロナ社である。すなわち、ポートスキャンとか、脆弱性スキャン、トロイの木馬などのマルウェア、C&Cサーバ、DNSアンプ攻撃など、サイバー攻撃のプロ筋の攻防が細かく技術的に描かれており、人智の業の深さ?を改めて垣間見たような気がした。

こういう工学書読みを続けると、上記残りの9/10の知識が溢れて知識の下水溝に流れるのだが、何ほどか手許に残って醗酵すると、自分で教養と呼びたいものになる。

こういう努力をもしかして少なくとも10年以上続けてきて、それは案の定、笑ってしまうほど収入や地位の向上に貢献しなかったが、少なくとも特許実務であれ、特許調査であれ、多少の仕事の自信にはなっているかな、と自己満足している。

周囲を観察していると、周囲の立派な学歴や資格をもつ人は、向こうは元甲子園のエースのようなもので、それだけでラベルになっているせいか、私のような無意味なOJLはやらず、一方こちらは単に草野球の補欠だったかもしれないが、一応毎日のように素振りと投げ込みを欠かさないのだから、ガチで勝負したら、勝つよね、と思ったりするのだが、別に将棋道場ではないのだからガチの勝負なんてあるわけがない。

まあそんなことはどうでもよくて、今日も地道な修行僧のような勉強なのだった。

このアーカイブについて

このページには、2016年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年8月です。

次のアーカイブは2016年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。