音楽

user-pic
0

知り合いから薦められた、三島由紀夫の「午後の曳航」が実に怖いというか面白かったので、同じくお薦めの「音楽」も読んでみることにした。

さて、「音楽」は、精神分析医、汐見和順氏による、クライアント弓川麗子氏の症例の記述という形式を採る。

クライアントとして汐見のクリニックを訪れた弓川麗子の症状は、音楽が聴こえない、というものだった。ベテランの精神分析医の汐見さえ、「音楽?」と怪訝になった。で、聞いてみると、OLで、稀に見る美貌の持ち主である麗子は、勤務する会社で、全女子社員の憧れのイケメンである江上のハートを射止めた。そして二人は付き合い、自然に深い関係になった。

ところが、江上の懸命の努力にも拘わらず、麗子は「感じ」ない。それを以て麗子は、音楽が聴こえないと表現したのだった。

女性の不感症は、精神分析医にとって典型的な治療対象なので、汐見は最初気軽に考えていた。ところが、精神分析を続けていくと、汐見は次第に苦しくなってきた。なぜなら、麗子が汐見に挑んでくるし、前言を翻して平気で嘘をつく。

ここまで読んで私は、外資系で管理職をしていたときの、大変困った女性の部下のことを思い出した。ものの本で読んでみると、もしかして境界性人格障害だったかもしれない。それはいわゆる精神病ではないのだが、逆にいうと病院に行っても治らない。なので、もしかして麗子も人格障害なのかと思ってしまった。

ところが、精神分析とは関係ないところで麗子にブレイクスルーがあった。それは、親が勝手に決めた、又従兄の許婚が故郷の山梨にいたのだが、その又従兄が嫌で、麗子は故郷に帰らないできた。しかし、又従兄が末期の肝臓がんで助からないと聞くと、麗子は帰省し、懸命に看病した。そしてその間、麗子は活き活きと生き甲斐を感じたのだった。

又従兄が結局亡くなると、今度は麗子は、弱点を抱える男を見出して、哀れみ共感することに懸命になり、それが充実しているので、江上の許を離れ、汐見のクリニックとも長らく御無沙汰となった。麗子に対して単なるクライアント以上の思い入れをもつ汐見は本気で心配した。

そうしていると、随分やつれた様子で麗子が久しぶりにクリニックを訪ねてきた。そして麗子は追い詰められた心理状態で、汐見に、音楽が聴こえない真の原因は、子供時代の兄との近親相姦にあることをやっと告白した。

それを聞いて汐見は驚いたが、そこはプロの精神分析医、兄との関係をどうにかすることが真の解決策だと認識して、ついに思い切った勝負に出た。

ここからは、まさにミステリー小説のような、ストーリーのキーなので、記述を省くが、もともと心理学好きの私には、精神分析の用語も駆使されて、デレッタントな嗜好が満足できるだけでなく、ページをめくるのが待ち遠しいような、スリルと興奮の内容で、大満足だった。

ただ、一点だけ小さい不満を述べさせていただく。それは、今回のリオオリンビック、体操個人総合優勝の内村航平の競技のようなこの小説の終わり方である。すなわち、途中沢山捻りも入って紆余曲折が多々あったのだが、最後の鉄棒競技のようなピタリと美しく着地するこの小説のエンディングは、ちょっと違うんじゃない?とつい思ってしまった。

すなわち、人間心理という、非線形且つ不可思議なものを相手にするのだから、結局、サマセット・モームの短編「雨」のような結末を期待していたのだが。まあ、このあたりは意見が分かれるところだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4293

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年9月15日 05:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本気なら、手将棋」です。

次のブログ記事は「井山、二連敗」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。