トニオ・クレーゲル

user-pic
0

文学好きの知り合いから、トーマス・マンの「トニオ・クレーゲル」と、「ヴェニスに死す」という作品を紹介された。知り合いも流石に私がこれらの小説を読むことは期待しなかったようである。なぜなら、これらは、読んでみて分かったのだが、あまりストーリー性がなく、むしろトーマス・マンの文学論について述べるものだからである。

私じしんも、いつか読むだろうと期待したわけではないが、もし読めばじぶんの嗜好を広げることにはなるだろうと、上記二つの小説が収められた、高橋義孝訳の新潮文庫版を買っておいた。そして、たまたま「トニオ・クレーゲル」を読み始めたのは、ミステリー小説を読んだあとのエアポケットのような状態のせいであろう。

「トニオ・クレーゲル」は、トニオ・クレーゲルの子供時代のことから始まる。場所は北ドイツだから、トーマス・マンの出身地である。もしかして、トニオ・クレーゲルは、太宰の人間失格の葉蔵のような仮想化された個人の投影なのだろうか。

トニオ・クレーゲルは、同級生のハンス・ハンゼンのことが好きでたまらない。なぜなら、ハンスは美しくて、勉強もでき、スポーツも得意で人気があるからである。

一方、ハンスの側は、トニオにさほど関心を払ってくれないのだが、ハンスは親切な性格なので、声をかければ付き合ってくれる。トニオは詩を書くし、文学の造詣が深いのだが、ハンスはそういう方面に関心がないので、そういう話題ではなかなか盛り上がらない。

さらにトニオには、インゲボルク・ホルムという片想いの女性がいたが、なかなか相手にしてもらえない。マクダレーナ・フェルメーレンという女性はトニオを慕ってくれるのだが、あいにくトニオはあまり気がないようである。

ともかく、トニオ・クレーゲルは、美しい人であるなら、男性であれ、女性であれ恋してしまうのだが、このあたりギリシャ的で、ホモセクシュアルとかヘテロセクシュアルとか区別する意味をあまり感じさせない。

その後、父が亡くなり、母が知らない男と再婚すると、トニオ・クレーゲルは南の国へと赴いた。そして、知らない間にトニオ・クレーゲルは、ひとかどの作家として知られるようになっており、リザヴェータ・イヴァーノヴナというロシア系の女友達に、長々とじしんの文学論をぶつ。ここで述べられている文学論は、創作者の視点を書いた私にも興味深いのだが、あいにく私はそれを要約する技量をもたない。

それを聞かされるリザヴェータは、うんざりした様子で聞いているのだが、最後にトニオの俗物性を指摘する。そして、トニオは当惑しつつそれを認める。

それからトニオ・クレーゲルは、北欧へと旅立った。まず、生まれ故郷の北ドイツを訪ねると、なんと怪しい人と勘違いされて、警官に職務質問されてしまった。当惑しつつ、職務質問を無事逃れると、船でデンマークへと向かった。

すると、デンマークで、トニオはハンス・ハンゼンとインゲボルク・ホルムのカップルに出会い驚き、向こうもトニオを看止めるのだが、旧知を温めることにはならない。

さいごにトニオ・クレーゲルは、リザヴェータ・イヴァーノヴナに長い手紙を書く。それは、自分の俗物性と人生への愛情が同一であると述べる内容なのだが、それはロマン主義的文学を旨とするトーマス・マンの主義表明でもあるのだろう。なにしろ文学論にあまりにもノーヴィスである私は、ほとんど意味があるコメントができなくて、とりあえず「トニオ・クレーゲル」を意外にも最後まで読み終えることができたことを喜んだことを述べておく次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://commutative.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/4298

コメント(4)

| コメントする
user-pic

「トニオ・クレーゲル」といえば、北杜夫は当初、ペンネームを、
心酔するトーマス・マンの作品と、「杜の都」との両方に因んで、「杜二夫」とつけようとしたらしいですね。

ぼんちゃん
>心酔するトーマス・マン

ああ、そうか、北杜夫の「楡家の人々」は、トーマスマンの「ブッデンブローク家の人々」のオマージュ作品だったのですね。
どっちも長すぎて読んでませんが(笑)

user-pic

ぼんちゃん

>「トニオ・クレーゲル」といえば、北杜夫は当初、ペンネームを、
> 心酔するトーマス・マンの作品と、「杜の都」との両方に因んで、「杜二夫」とつけようとしたらしいですね。

へぇ、そうなんですか。私は高校の頃、北杜夫が好きでよく読んだのですが、それは全く知りませんでした。

山椒魚さん

> ああ、そうか、北杜夫の「楡家の人々」は、トーマスマンの「ブッデンブローク家の人々」のオマージュ作品だったのですね。
> どっちも長すぎて読んでませんが(笑)

私は「ブッデンブローク家の人々」は全く読んだことないですが、北杜夫の「楡家の人々」は高校のとき愛読書でした。今の私よりずっと読書力が劣る高校生の私がそんなに苦労なく読めたので、「楡家の人々」は読むのは大変ではないと思います。

user-pic

山椒魚さん

>北杜夫の「楡家の人々」は、トーマスマンの「ブッデンブローク家の人々」のオマージュ作品だったのですね。

仰るとおりですね。
「楡家の人びと」は、高校時代に読みましたが、長い割にはすんなり読破できました。
今とは、集中力が違いました(笑)


あやたろうさん

>私は「ブッデンブローク家の人々」は全く読んだことないですが、北杜夫の「楡家の人々」は高校のとき愛読書でした。

私も、「ブッデンブローク家の人びと」は読んだことがありませんが、同じく「楡家の人びと」は、高校時代に読みました。

「どくとるマンボウ」シリーズと、「狐狸庵」シリーズは、中学時代のバイブル的存在でした。

コメントする

このブログ記事について

このページは、あやたろうが2016年9月20日 05:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「溝の口のラビリンス」です。

次のブログ記事は「病気にさせない医療」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。